×

堺正章の歌詞一覧リスト  59曲中 1-59曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
59曲中 1-59曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛情あのひとは今 ウェディングドレス 晴れやかな顔見せて しあわせの鐘 鳴り響く中 午後の陽をあびる さようならしか 云ってはいけない それはあまりにも つらいつらい 愛していたと 云うのは遅い しあわせは逃げた 遠くからしか 見つめちゃいけない それはあまりにも つらいつらい 何かが今終り 何かが今消えた 大事なものが 涙とともに 何かが今遠く 何かが今去った 呼びもどせない 時のかなたへ あの人は今 上りの汽車で どの辺を走る 想い出でしか 逢ってはいけない それはあまりにも つらいつらい それはあまりにも つらいつらい堺正章阿久悠筒美京平筒美京平あのひとは今 ウェディングドレス 晴れやかな顔見せて しあわせの鐘 鳴り響く中 午後の陽をあびる さようならしか 云ってはいけない それはあまりにも つらいつらい 愛していたと 云うのは遅い しあわせは逃げた 遠くからしか 見つめちゃいけない それはあまりにも つらいつらい 何かが今終り 何かが今消えた 大事なものが 涙とともに 何かが今遠く 何かが今去った 呼びもどせない 時のかなたへ あの人は今 上りの汽車で どの辺を走る 想い出でしか 逢ってはいけない それはあまりにも つらいつらい それはあまりにも つらいつらい
青空は知らない逢いたい とても 今でも僕は 別れた人達に  輝く丘を 幸せそうに 子供が家へ 一人かけてゆくよ  青空は何も 何も知らない 悲しみのつづく 一人旅よ  タバコをくわえ 想いにふける 涙をこらえ 僕は空を見るの  心の中に 見えるよ僕が あなたの胸に 帰る時のことが  青空は何も 何も知らない 悲しみのつづく 一人旅よ  帰れることを信じて 今日も見知らぬ町へ 宿を求め 一人旅はつづく堺正章北山修筒美京平筒美京平逢いたい とても 今でも僕は 別れた人達に  輝く丘を 幸せそうに 子供が家へ 一人かけてゆくよ  青空は何も 何も知らない 悲しみのつづく 一人旅よ  タバコをくわえ 想いにふける 涙をこらえ 僕は空を見るの  心の中に 見えるよ僕が あなたの胸に 帰る時のことが  青空は何も 何も知らない 悲しみのつづく 一人旅よ  帰れることを信じて 今日も見知らぬ町へ 宿を求め 一人旅はつづく
赤鼻のトナカイ真赤なお鼻の トナカイさんは いつもみんなの 笑いもの でもその年の クリスマスの日 サンタのおじさんは いいました 暗い夜道は ピカピカの お前の鼻が 役にたつのさ いつも泣いてた トナカイさんは 今宵こそはと 喜びました  暗い夜道は ピカピカの お前の鼻が 役にたつのさ いつも泣いてた トナカイさんは 今宵こそはと 喜びました堺正章J.Marks・訳詞:新田宣夫J.Marks真赤なお鼻の トナカイさんは いつもみんなの 笑いもの でもその年の クリスマスの日 サンタのおじさんは いいました 暗い夜道は ピカピカの お前の鼻が 役にたつのさ いつも泣いてた トナカイさんは 今宵こそはと 喜びました  暗い夜道は ピカピカの お前の鼻が 役にたつのさ いつも泣いてた トナカイさんは 今宵こそはと 喜びました
朝の手紙この町は昨日まで 雨つづき涙町 いつでも肩濡らし いつでも胸濡らし ひとりでうつむいて 歩いていたけど 今朝ぼくに 舞いこんだ あの娘からこの手紙 もういちど帰りたい もういちど話したい はじめの日にもどり 暮らしてみたいと こころなごみ 浴びる陽ざしよ  この町は昨日まで 枯葉散る風の町 いつでも肩すぼめ いつでも胸痛み 昔のことばかり 歌っていたけど 今朝ぼくに 舞いこんだ あの娘からこの手紙 こんどは離れない こんどは背かない おわりのない愛を 育ててみたいと こころはずみ 仰ぐ陽ざしよ堺正章小谷夏山下毅雄広瀬雅一この町は昨日まで 雨つづき涙町 いつでも肩濡らし いつでも胸濡らし ひとりでうつむいて 歩いていたけど 今朝ぼくに 舞いこんだ あの娘からこの手紙 もういちど帰りたい もういちど話したい はじめの日にもどり 暮らしてみたいと こころなごみ 浴びる陽ざしよ  この町は昨日まで 枯葉散る風の町 いつでも肩すぼめ いつでも胸痛み 昔のことばかり 歌っていたけど 今朝ぼくに 舞いこんだ あの娘からこの手紙 こんどは離れない こんどは背かない おわりのない愛を 育ててみたいと こころはずみ 仰ぐ陽ざしよ
明日の前にどれだけ歩いたのか覚えていません 気づいた時は風の中 涙がひとしずく ほほをつたう頃 淋しい夜だけが むかえに来ました あーあ人生は流れ星 いつ果てるともなくさまようだけです  いろんな言葉にまどわされました 枯葉の舞う音も覚えています 一人でいてさえも 悲しい町で 愛をみつけても 言葉がないんです あーあ人生は一人芝居 いつ終るともなく続けるだけです  貧しい心で生きてみます こわれた夢も抱きしめて 傷つけあうよりも たしかめあって やさしい鳥になり 空へむかいます あーあ人生ははぐれ雲 いつ消えるともなく流れて行きます  時には自分をふりかえります 話しかけます涙のままで あふれる悲しみを 笑いに変えて さすらう心根(こころね)を 歌にたくして あーあ人生はめぐりめぐる いつ安らぐのかも夢の彼方へ あーあ人生はめぐりめぐる いつ安らぐのかも夢の彼方へ堺正章吉田拓郎吉田拓郎瀬尾一三どれだけ歩いたのか覚えていません 気づいた時は風の中 涙がひとしずく ほほをつたう頃 淋しい夜だけが むかえに来ました あーあ人生は流れ星 いつ果てるともなくさまようだけです  いろんな言葉にまどわされました 枯葉の舞う音も覚えています 一人でいてさえも 悲しい町で 愛をみつけても 言葉がないんです あーあ人生は一人芝居 いつ終るともなく続けるだけです  貧しい心で生きてみます こわれた夢も抱きしめて 傷つけあうよりも たしかめあって やさしい鳥になり 空へむかいます あーあ人生ははぐれ雲 いつ消えるともなく流れて行きます  時には自分をふりかえります 話しかけます涙のままで あふれる悲しみを 笑いに変えて さすらう心根(こころね)を 歌にたくして あーあ人生はめぐりめぐる いつ安らぐのかも夢の彼方へ あーあ人生はめぐりめぐる いつ安らぐのかも夢の彼方へ
あじさいの詩雨の中おさななじみが嫁に行く しあわせになってほしいと手をふった あじさいの花がゆれてる窓ぎわで なぜかしら不意に感じた胸さわぎ だんだん遠くへ行くひとに 心をとどけるすべがない ただ しあわせを祈るだけ ただ しあわせを祈るだけ  あじさいの色が変わって日がくれる 灯りさえつける気持ちにまだなれぬ おもいでといってしまえばそれまでの ささやかな胸の炎が今消える 名前も変わって行くひとに 今さらどうするすべもない ただ しあわせを祈るだけ ただ しあわせを祈るだけ堺正章阿久悠浜圭介竜崎孝路雨の中おさななじみが嫁に行く しあわせになってほしいと手をふった あじさいの花がゆれてる窓ぎわで なぜかしら不意に感じた胸さわぎ だんだん遠くへ行くひとに 心をとどけるすべがない ただ しあわせを祈るだけ ただ しあわせを祈るだけ  あじさいの色が変わって日がくれる 灯りさえつける気持ちにまだなれぬ おもいでといってしまえばそれまでの ささやかな胸の炎が今消える 名前も変わって行くひとに 今さらどうするすべもない ただ しあわせを祈るだけ ただ しあわせを祈るだけ
アップ・ダウン東の空が 染まる頃 天国行きの 階段を 誰かが昇る 音がする 胸に名札を 縫いつけて Up down what make me (8回) La・La……Never know! 見送る人は 誰だろう 別れたはずの 恋人か 泣いているのは 誰だろう 年とりすぎた おふくろか Up down what make me (8回) La・La……No! もしも人生を やり直せるなら 同じ犯(あやま)ちを 二度としやしない Up down what make me (8回) No!……堺正章千家和也筒美京平筒美京平東の空が 染まる頃 天国行きの 階段を 誰かが昇る 音がする 胸に名札を 縫いつけて Up down what make me (8回) La・La……Never know! 見送る人は 誰だろう 別れたはずの 恋人か 泣いているのは 誰だろう 年とりすぎた おふくろか Up down what make me (8回) La・La……No! もしも人生を やり直せるなら 同じ犯(あやま)ちを 二度としやしない Up down what make me (8回) No!……
あのころ君は古いレコードのジャケットに 君の言葉が残ってる 歌に託してこの想い あなたの胸に忍ばせますと 針をのせたら 疲れた心を 時がさかさに 流れ出す ああ ひたひたと懐かしい この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ  君はあの頃は女学生 若さばかりで生きていた 夢中になっているものが 今でも何かあるのだろうか キズだらけの ドーナツ盤が 一途な想い 伝えてる ああ しみじみと ほろにがい この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ堺正章藤公之介川口真川口真古いレコードのジャケットに 君の言葉が残ってる 歌に託してこの想い あなたの胸に忍ばせますと 針をのせたら 疲れた心を 時がさかさに 流れ出す ああ ひたひたと懐かしい この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ  君はあの頃は女学生 若さばかりで生きていた 夢中になっているものが 今でも何かあるのだろうか キズだらけの ドーナツ盤が 一途な想い 伝えてる ああ しみじみと ほろにがい この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ この歌のそばを いろんな人が 立ち止まり振り返り 通り過ぎて行ったよ
アパート借りたよ君のため僕は アパートを借りた 広い部屋ではないが とても素敵だよ 今すぐにおいで アパートにおいで 愛し合う二人なら ここで暮そうよ 迷うことは何もないさ 愛があるならば ここで僕と見つけないか 生きるよろこびを 素晴らしい人生を 二人して始めようよ  窓ぎわに花を 育てよう君と 陽がのぼり陽が沈み 愛も育つのさ 小さいけれど君のための ここはお城だよ とんでおいですぐにおいで 僕のこの胸に 素晴らしい人生を 二人して始めよう堺正章山上路夫筒美京平筒美京平君のため僕は アパートを借りた 広い部屋ではないが とても素敵だよ 今すぐにおいで アパートにおいで 愛し合う二人なら ここで暮そうよ 迷うことは何もないさ 愛があるならば ここで僕と見つけないか 生きるよろこびを 素晴らしい人生を 二人して始めようよ  窓ぎわに花を 育てよう君と 陽がのぼり陽が沈み 愛も育つのさ 小さいけれど君のための ここはお城だよ とんでおいですぐにおいで 僕のこの胸に 素晴らしい人生を 二人して始めよう
行きずりの男雨の中を走る 裸足(はだし)の女に 行きずりの俺は 歌を歌えない 従うだけの女の 哀れは買えても 行きずりの俺は 情けは買えない そばで遊ぶ 女の顔に ひと晩だけの 笑顔をおくる  赤い足跡は 雨に消されて 行きずりの俺は 胸をなでおろす ここにいる女より そこの女に 行きずりの俺は 笑顔をみせる そばで遊ぶ 女の顔に ひと晩だけの 笑顔をおくる堺正章泉谷しげる泉谷しげる泉谷しげる雨の中を走る 裸足(はだし)の女に 行きずりの俺は 歌を歌えない 従うだけの女の 哀れは買えても 行きずりの俺は 情けは買えない そばで遊ぶ 女の顔に ひと晩だけの 笑顔をおくる  赤い足跡は 雨に消されて 行きずりの俺は 胸をなでおろす ここにいる女より そこの女に 行きずりの俺は 笑顔をみせる そばで遊ぶ 女の顔に ひと晩だけの 笑顔をおくる
苺の季節君がかわいい男の子をつれ 街を歩いているのを見ました 横にいたのが旦那さんでしょう ペアのセーター似合っていました 赤い苺を抱きしめて 僕には気付かずに君は 駅の人波にまぎれて いつしか消えたよ 君を愛したわずかな月日も いつか人波に消えていました  苺の季節になると思い出すのは 二階の窓辺のちいさな鉢植え 君が花屋で買ってきたんだったね 青い苺がたくさんついてた いつか真赤になったなら 二人で食べようねと言った けれど別れの時が来て 苺は枯れたね 君を愛したわずかな月日も 青い葉っぱのままで枯れたよ 君を愛したわずかな月日も 青い葉っぱのままで枯れたよ堺正章喜多忠浜圭介若草恵君がかわいい男の子をつれ 街を歩いているのを見ました 横にいたのが旦那さんでしょう ペアのセーター似合っていました 赤い苺を抱きしめて 僕には気付かずに君は 駅の人波にまぎれて いつしか消えたよ 君を愛したわずかな月日も いつか人波に消えていました  苺の季節になると思い出すのは 二階の窓辺のちいさな鉢植え 君が花屋で買ってきたんだったね 青い苺がたくさんついてた いつか真赤になったなら 二人で食べようねと言った けれど別れの時が来て 苺は枯れたね 君を愛したわずかな月日も 青い葉っぱのままで枯れたよ 君を愛したわずかな月日も 青い葉っぱのままで枯れたよ
田舎の教会で汽車の窓 夜明けが近づくよ 疲れて君は眠る 次の駅 二人は降りるのさ めざした山の駅 ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ 愛した二人は いつでも夢見たよ 田舎の教会(チャペル)で 愛を誓う時  ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ 今日から始まる 二人の人生が 悲しみ喜び わけ合い生きよう  走るよ夜明けの中 二人をはこぶよ 汽車は ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ堺正章山上路夫筒美京平筒美京平汽車の窓 夜明けが近づくよ 疲れて君は眠る 次の駅 二人は降りるのさ めざした山の駅 ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ 愛した二人は いつでも夢見たよ 田舎の教会(チャペル)で 愛を誓う時  ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ 今日から始まる 二人の人生が 悲しみ喜び わけ合い生きよう  走るよ夜明けの中 二人をはこぶよ 汽車は ぼくらを待つのさ 小さな教会(チャペル) ぼくらは今日こそ 結ばれるのさ
今では遅すぎるまたもや ちょっと しくじった 言ってしまってから はっと気がついた カーブ投げたのがスッポ抜けた そんな感じだよ 悪気(わるぎ)じゃない 言葉ぶつけて傷つかせ 心あとから追いかける 俺がわるかった…… 今さら言っても遅い あいつの涙は落ちた  男は自分自身に 正直になれずにちょっとすねてみる それがまちがいのはじまりだよ いつもやさしさが曲りくねる 俺の気持はもとのまま 好きと言えずにテレたまま そばへ来てくれよ…… 今さら言っても遅い あいつは戻ってこない  言葉ぶつけて傷つかせ 心あとから追いかける 俺がわるかった…… 今さら言っても遅い 今さら言っても遅い あいつの涙は落ちた堺正章伊藤アキラミッキー吉野ミッキー吉野またもや ちょっと しくじった 言ってしまってから はっと気がついた カーブ投げたのがスッポ抜けた そんな感じだよ 悪気(わるぎ)じゃない 言葉ぶつけて傷つかせ 心あとから追いかける 俺がわるかった…… 今さら言っても遅い あいつの涙は落ちた  男は自分自身に 正直になれずにちょっとすねてみる それがまちがいのはじまりだよ いつもやさしさが曲りくねる 俺の気持はもとのまま 好きと言えずにテレたまま そばへ来てくれよ…… 今さら言っても遅い あいつは戻ってこない  言葉ぶつけて傷つかせ 心あとから追いかける 俺がわるかった…… 今さら言っても遅い 今さら言っても遅い あいつの涙は落ちた
裏がえしみじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし 君があいつに かたむくのは しごく 当然なことに思えて あの日君を ひき止めるどころか 二人をとりもつ 真似までした こんな俺より お似合いさと 君の涙に 背中を向けた 同情なんて まっぴらごめんさと 皮肉あびせた 狭いアパート みじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし とり戻すすべもないままに あの日のすべてに 心痛い  君がこの街 去ったあとで 馬鹿げた誤解に 気づいたけれど このさびしさに つける薬もなく わずかな想い出 つくろうばかり みじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし とり戻すすべもないままに あの日のすべてに 心痛い堺正章竜真知子大野克夫船山基紀みじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし 君があいつに かたむくのは しごく 当然なことに思えて あの日君を ひき止めるどころか 二人をとりもつ 真似までした こんな俺より お似合いさと 君の涙に 背中を向けた 同情なんて まっぴらごめんさと 皮肉あびせた 狭いアパート みじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし とり戻すすべもないままに あの日のすべてに 心痛い  君がこの街 去ったあとで 馬鹿げた誤解に 気づいたけれど このさびしさに つける薬もなく わずかな想い出 つくろうばかり みじめな立場は 見たくない そんな心の 裏がえし 裏がえし 君を誰にも とられたくない 恋心 裏がえし 裏がえし とり戻すすべもないままに あの日のすべてに 心痛い
運がよければいいことあるさ今日までは ふたりは友達 運がよければ 明日は恋人と呼べるさ 地下鉄の中で ふりかえった 君の笑顔に心が 何かを感じたんだよ  そうさ この広い世界に そうだ 恋人は君だけひとりさ 今日までは ふたりは友達 季節はずれの恋にも 必ず幸福 来るよ  そうさ この広い世界に そうだ 恋人は君だけひとりさ 今日までは ふたりは友達 勇気を出して 愛する君のために 生きて行こう ラララ………堺正章橋本淳筒美京平筒美京平今日までは ふたりは友達 運がよければ 明日は恋人と呼べるさ 地下鉄の中で ふりかえった 君の笑顔に心が 何かを感じたんだよ  そうさ この広い世界に そうだ 恋人は君だけひとりさ 今日までは ふたりは友達 季節はずれの恋にも 必ず幸福 来るよ  そうさ この広い世界に そうだ 恋人は君だけひとりさ 今日までは ふたりは友達 勇気を出して 愛する君のために 生きて行こう ラララ………
おやすみ東京男の心には ひとつ椅子がある ひとりの女の ための席がある 都会の波間に さらわれた人 そっとおやすみ 遠いあなた 女の心には ひとつ部屋がある 失くした昔に 逢える部屋がある 都会の流れを 追いかけるひと おやすみなさい 遠いあなた 夜空に飛びかう イルミネーション きらめく星くず 数えながら ああ おやすみ おやすみ東京 眠りたいのに 眠れない ああ おやすみ おやすみ東京 眠れないのに 眠りたい  二人の心には いつも橋がない 都会の片隅 さがす忘れもの 恋としらずに 去った男と 恋と言えずに 消えた女 夜空に舞い散る 恋物語 乾杯グラスに ゆらりゆれて ああ おやすみ おやすみ東京 眠りたいのに 眠れない ああ おやすみ おやすみ東京 眠れないのに 眠りたい堺正章竜真知子佐瀬寿一萩田光雄男の心には ひとつ椅子がある ひとりの女の ための席がある 都会の波間に さらわれた人 そっとおやすみ 遠いあなた 女の心には ひとつ部屋がある 失くした昔に 逢える部屋がある 都会の流れを 追いかけるひと おやすみなさい 遠いあなた 夜空に飛びかう イルミネーション きらめく星くず 数えながら ああ おやすみ おやすみ東京 眠りたいのに 眠れない ああ おやすみ おやすみ東京 眠れないのに 眠りたい  二人の心には いつも橋がない 都会の片隅 さがす忘れもの 恋としらずに 去った男と 恋と言えずに 消えた女 夜空に舞い散る 恋物語 乾杯グラスに ゆらりゆれて ああ おやすみ おやすみ東京 眠りたいのに 眠れない ああ おやすみ おやすみ東京 眠れないのに 眠りたい
帰らざる季節恋したひとが 泣いているという そんなうわさ聞かされた 秋のたそがれに ギターの弦(いと)が 切れた前ぶれに なぜか胸がさわいでた そんな時だった しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 冷たい雨が 落ちて来るような 重い空を見つめてる とても悲しくて  恋したひとが 待っているという そんな便り渡された 秋が終るころ 思い出のこる 海の見える丘 そこで待っておりますと 書いてあったけど しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 行くのはよそう あれは想い出さ 今は遠い 帰らない季節の出来ごと堺正章阿久悠鈴木邦彦高田弘恋したひとが 泣いているという そんなうわさ聞かされた 秋のたそがれに ギターの弦(いと)が 切れた前ぶれに なぜか胸がさわいでた そんな時だった しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 冷たい雨が 落ちて来るような 重い空を見つめてる とても悲しくて  恋したひとが 待っているという そんな便り渡された 秋が終るころ 思い出のこる 海の見える丘 そこで待っておりますと 書いてあったけど しあわせなんて はかないものか あんな笑顔を見せたひとが つらいなんて 行くのはよそう あれは想い出さ 今は遠い 帰らない季節の出来ごと
風光る街で風が光るあの娘の街は 坂道ばかりの街さ 春の道にはかげろうが ゆらゆら揺れているよ いこういこうあの娘の街へ 洗いざらしのシャツ着て いつも淋しい顔をした 君に微笑みあげよう 人生は一度だけさ 春 夏 秋 冬 そして また春が来るころには 涙忘れているよ  いこういこうあの娘の街へ 風に追いつき追いこせ あの娘にあって今日こそは 熱いくちづけしよう  今日は何故か心がはずむ 寝起きの悪い僕には こんな気持ちは久しぶり 青空までが広い いこういこうあの娘の街へ 銀色電車に乗って 改札口のおじさんも 今日はやさしく見える 人生は一度だけさ 春 夏 秋 冬 そして 悲しい思い出なんか 汽車の窓から捨てよう  いこういこうあの娘の街へ 風に追いつき追いこせ あの娘にあって今日こそは 熱いくちづけしよう堺正章喜多條忠浜圭介若草恵風が光るあの娘の街は 坂道ばかりの街さ 春の道にはかげろうが ゆらゆら揺れているよ いこういこうあの娘の街へ 洗いざらしのシャツ着て いつも淋しい顔をした 君に微笑みあげよう 人生は一度だけさ 春 夏 秋 冬 そして また春が来るころには 涙忘れているよ  いこういこうあの娘の街へ 風に追いつき追いこせ あの娘にあって今日こそは 熱いくちづけしよう  今日は何故か心がはずむ 寝起きの悪い僕には こんな気持ちは久しぶり 青空までが広い いこういこうあの娘の街へ 銀色電車に乗って 改札口のおじさんも 今日はやさしく見える 人生は一度だけさ 春 夏 秋 冬 そして 悲しい思い出なんか 汽車の窓から捨てよう  いこういこうあの娘の街へ 風に追いつき追いこせ あの娘にあって今日こそは 熱いくちづけしよう
枯葉の宿手紙を書くしかすることがない 枯葉が舞いちる山あいの宿 一にぎりの悲しみに追いたてられて 言葉もかけずに旅に出たけれど ぼくには何もすることがない あなたを想っているしかない枯葉の宿  あなたがあいつを好きだと知って ひそかに身をひき別れて来たよ らしくもないことだよと笑われるけど あなたを泣かせることは出来なかった ぼくには何もすることがない あの日をしのんでいるしかない枯葉の宿  たとえばひょっこり あなたがここへ たずねて来るなど望めぬ夢か 枯葉の道ふみしめて現われるような 予感にひかれて窓を見つめてる ぼくには何にもすることがない 未練をくやんでいるしかない枯葉の宿堺正章阿久悠井上忠夫森岡賢一郎手紙を書くしかすることがない 枯葉が舞いちる山あいの宿 一にぎりの悲しみに追いたてられて 言葉もかけずに旅に出たけれど ぼくには何もすることがない あなたを想っているしかない枯葉の宿  あなたがあいつを好きだと知って ひそかに身をひき別れて来たよ らしくもないことだよと笑われるけど あなたを泣かせることは出来なかった ぼくには何もすることがない あの日をしのんでいるしかない枯葉の宿  たとえばひょっこり あなたがここへ たずねて来るなど望めぬ夢か 枯葉の道ふみしめて現われるような 予感にひかれて窓を見つめてる ぼくには何にもすることがない 未練をくやんでいるしかない枯葉の宿
北風小僧の寒太郎~New Version~北風小僧の寒太郎 今年も町までやってきた ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 冬でござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 口笛吹き吹き一人旅 ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 寒うござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 電信柱も泣いている ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 雪でござんす ヒュルルルルルルン堺正章井出隆夫福田和禾子清水信之北風小僧の寒太郎 今年も町までやってきた ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 冬でござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 口笛吹き吹き一人旅 ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 寒うござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 電信柱も泣いている ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 雪でござんす ヒュルルルルルルン
気らくに生きよう河を越え 谷を越え 行ったら 緑の牧場にでる 花をつんでる 女の子たち やさしく笑いかける 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから  僕の四畳半の アパートにも 朝日が昇ってくる 雨のつづく いやなこの町も いつの日か 晴れるさ 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから  ひとりぼっちの さみしがりやは 君だけじゃないのさ 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから ララララ…………堺正章北山修筒美京平筒美京平河を越え 谷を越え 行ったら 緑の牧場にでる 花をつんでる 女の子たち やさしく笑いかける 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから  僕の四畳半の アパートにも 朝日が昇ってくる 雨のつづく いやなこの町も いつの日か 晴れるさ 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから  ひとりぼっちの さみしがりやは 君だけじゃないのさ 気らくに生きようぜ 素晴しく いいことが いつか いつか 起るから ララララ…………
恋の痛手恋の痛手をうけて 僕は変ったのか 前の僕ではないと 人は誰でも言うよ だけどそれは違うのさ 君を忘れるために 今日も昨日とちがう キザな女の子を つれて踊っているよ 君のおもかげ君のおもかげ 僕は打ち消して  恋の痛手をうけて 僕は変ったのか 古い友だちさえも 去っていったよいつか だけど僕のこの心 すべて昔のままさ 恋の遊びの中で 僕はおぼれている そんなふりしてるだけ 君のことだけ君のことだけ 今も好きだから  だけど僕のこの胸に 泪ながれているよ 愛のない身はつらい 今日もひとりの夜 僕のところに来るよ 君の帰りを君の帰りを 今も待つ僕さ堺正章山上路夫筒美京平筒美京平恋の痛手をうけて 僕は変ったのか 前の僕ではないと 人は誰でも言うよ だけどそれは違うのさ 君を忘れるために 今日も昨日とちがう キザな女の子を つれて踊っているよ 君のおもかげ君のおもかげ 僕は打ち消して  恋の痛手をうけて 僕は変ったのか 古い友だちさえも 去っていったよいつか だけど僕のこの心 すべて昔のままさ 恋の遊びの中で 僕はおぼれている そんなふりしてるだけ 君のことだけ君のことだけ 今も好きだから  だけど僕のこの胸に 泪ながれているよ 愛のない身はつらい 今日もひとりの夜 僕のところに来るよ 君の帰りを君の帰りを 今も待つ僕さ
恋人捜し晴れたある日 街の中を 口笛吹いて 歩いたら 何気なしに 追い越していった 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ 道のあとを つけていたら いつの間にか 陽が暮れた  雨降る午後 暇つぶしに 珈琲飲みに 入ったら 隅の椅子で 本を読んでる 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ お茶も飲まず 見とれていたら いつの間にか 陽が暮れた  垣根越しに 道を聞かれた 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ 後姿 気にしてたら いつの間にか 陽が暮れた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ堺正章千家和也筒美京平筒美京平晴れたある日 街の中を 口笛吹いて 歩いたら 何気なしに 追い越していった 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ 道のあとを つけていたら いつの間にか 陽が暮れた  雨降る午後 暇つぶしに 珈琲飲みに 入ったら 隅の椅子で 本を読んでる 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ お茶も飲まず 見とれていたら いつの間にか 陽が暮れた  垣根越しに 道を聞かれた 女の子が 眼についた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ 後姿 気にしてたら いつの間にか 陽が暮れた どうせ恋を するとしたら あんな娘があんな娘が いいんだけどなァ
恋人時代今でも時々は 想い出すかい 愛したあの頃 恋人時代 君と二人ボートに 乗ったよ あれは春の終り頃 想い出がつらいよ 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ  遠くのあの街で 忘れたろうか 素敵な愛の日 恋人時代 君と二人揃いの シャツ着て 夏の街で遊んだよ 懐かしいあの頃 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ  君と二人くちづけ かわした あれは秋の並木道 帰らない想い出 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ堺正章山上路夫筒美京平筒美京平今でも時々は 想い出すかい 愛したあの頃 恋人時代 君と二人ボートに 乗ったよ あれは春の終り頃 想い出がつらいよ 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ  遠くのあの街で 忘れたろうか 素敵な愛の日 恋人時代 君と二人揃いの シャツ着て 夏の街で遊んだよ 懐かしいあの頃 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ  君と二人くちづけ かわした あれは秋の並木道 帰らない想い出 都会はひとりでは さびしいところ むなしく季節が 流れてゆくよ
恋人なんかすてちまえグッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  うちあけたのさ ささやいたんだ あなたのこと 好きと ところがもう 逃げられたのさ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  男の子も女の子も あまるほどいるさ そう いつの日か まわってくるよ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  小説のような恋物語 まだまだ遠い夢 あきらめよう 明日があるさ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング堺正章北山修筒美京平筒美京平グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  うちあけたのさ ささやいたんだ あなたのこと 好きと ところがもう 逃げられたのさ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  男の子も女の子も あまるほどいるさ そう いつの日か まわってくるよ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング  小説のような恋物語 まだまだ遠い夢 あきらめよう 明日があるさ 恋人なんか すてちまえ グッド・グッド・フィーリング グッド・グッド・フィーリング
この道の果てまでも花よ 鳥よ 俺に聞くな 旅の行先き ただ歩き続けるだけ それだけのことさ 君のこころ 君のことば 忘れはしない ふりむいてみたくなる 過ぎてきた道を  人はみな愛ひとつ だきしめて生きてゆく この道の果てを信じて 何が待つか 誰も知らず 歩き続ける もし君に会えたなら 何を語るだろう  人はみな 愛ひとつ だきしめて生きてゆく この道の果てを信じて 花よ 鳥よ 俺に聞くな 旅の行先き ただ歩き続けるだけ それだけのことさ  ただ歩き続けるだけ それだけのことさ堺正章伊藤アキラタケカワユキヒデミッキー吉野花よ 鳥よ 俺に聞くな 旅の行先き ただ歩き続けるだけ それだけのことさ 君のこころ 君のことば 忘れはしない ふりむいてみたくなる 過ぎてきた道を  人はみな愛ひとつ だきしめて生きてゆく この道の果てを信じて 何が待つか 誰も知らず 歩き続ける もし君に会えたなら 何を語るだろう  人はみな 愛ひとつ だきしめて生きてゆく この道の果てを信じて 花よ 鳥よ 俺に聞くな 旅の行先き ただ歩き続けるだけ それだけのことさ  ただ歩き続けるだけ それだけのことさ
坂のある街今日から二人だけの 愛のくらしを ムム… 坂の下の小さな 部屋で始めようと 胸おどらせて つれづれ歩いた 日暮れどき 目に映るもの すべてが かがやいて見えた街 裏通りには ぼくの 名前を付けて ムム… この坂道は 君の 名前で呼んだね  季節がいくつか過ぎて 二人は別れ ムム… 坂の下の部屋には 見知らぬ人がいる 知らずに足が 向いてたこの街 日暮れどき 君にはつらい想いを させたまま 捨てた街 川の流れに ぼくの 名前を付けて ムム… 小さな橋は 君の 名前で 呼んだね堺正章藤公之介川口真川口真今日から二人だけの 愛のくらしを ムム… 坂の下の小さな 部屋で始めようと 胸おどらせて つれづれ歩いた 日暮れどき 目に映るもの すべてが かがやいて見えた街 裏通りには ぼくの 名前を付けて ムム… この坂道は 君の 名前で呼んだね  季節がいくつか過ぎて 二人は別れ ムム… 坂の下の部屋には 見知らぬ人がいる 知らずに足が 向いてたこの街 日暮れどき 君にはつらい想いを させたまま 捨てた街 川の流れに ぼくの 名前を付けて ムム… 小さな橋は 君の 名前で 呼んだね
さよならをするために過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ 過ぎた日の悲しみも みんな君にあげる あの日知らない人が 今はそばに眠る  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために  昇る朝陽のように 今は君と歩く 白い扉をしめて やさしい夜を招き 今のあなたにきっと 判るはずはないの 風に残した過去の さめた愛の言葉  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために堺正章石坂浩二坂田晃一高田弘過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ 過ぎた日の悲しみも みんな君にあげる あの日知らない人が 今はそばに眠る  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために  昇る朝陽のように 今は君と歩く 白い扉をしめて やさしい夜を招き 今のあなたにきっと 判るはずはないの 風に残した過去の さめた愛の言葉  温かな昼下がり 通りすぎる雨に 濡れることを 夢に見るよ 風に吹かれて 胸に残る思い出と さよならを するために
さらば恋人PLATINA LYLICさよならと 書いた手紙 テーブルの上に 置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ飛びだした いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった 冷たい風にふかれて 夜明けの町を 一人行く 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない  ゆれてる 汽車の窓から 小さく家が 見えたとき 思わず胸にさけんだ 必ず帰って来るよと いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない  いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは 僕のほうさ 君じゃないPLATINA LYLIC堺正章北山修筒美京平筒美京平さよならと 書いた手紙 テーブルの上に 置いたよ あなたの眠る顔みて 黙って外へ飛びだした いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった 冷たい風にふかれて 夜明けの町を 一人行く 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない  ゆれてる 汽車の窓から 小さく家が 見えたとき 思わず胸にさけんだ 必ず帰って来るよと いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない  いつも幸せすぎたのに 気づかない 二人だった ふるさとへ帰る地図は 涙の海に 捨てて行こう 悪いのは 僕のほうさ 君じゃない
サンタ・クロースが町に来るサア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン ネ 聞こえてくるでしょ 鈴の音が すぐそこに サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン 待ちきれないで お休みした子に きっと 素晴しいプレゼント持って サア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン  クリスマス・イヴを 指おり数えた 幼い想い出も 今宵 懐し サア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン サンタ・クロース イズ カミン サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン堺正章H.Gillespie・訳詞:タカオカンベJ.F.Cootsサア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン ネ 聞こえてくるでしょ 鈴の音が すぐそこに サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン 待ちきれないで お休みした子に きっと 素晴しいプレゼント持って サア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン  クリスマス・イヴを 指おり数えた 幼い想い出も 今宵 懐し サア あなたから メリークリスマス 私から メリークリスマス サンタ・クロース イズ カミン サンタ・クロース イズ カミン サンタ・クロース イズ カミン トゥ タウン
倖・せ・な・女この物語を始める前に ある女の話をしなくてはいけない 美人じゃないけど 酔えば色っぽくて 少し移り気な女だった  いろんな男に捨てられたけど いま煙草のけむりで過去は色づく 純情なのよとグラス傾ける 肩が淋しげな女だった  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  女の涙はバラの花びら 夢の跡をかざって はらりとこぼれる 人生だからと 熱く目を閉じて 俺の指先をそっと噛んだ  この物語はここから始まる 笑ってくれ 心乱れ とまどいながら始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる堺正章中村泰士中村泰士この物語を始める前に ある女の話をしなくてはいけない 美人じゃないけど 酔えば色っぽくて 少し移り気な女だった  いろんな男に捨てられたけど いま煙草のけむりで過去は色づく 純情なのよとグラス傾ける 肩が淋しげな女だった  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  女の涙はバラの花びら 夢の跡をかざって はらりとこぼれる 人生だからと 熱く目を閉じて 俺の指先をそっと噛んだ  この物語はここから始まる 笑ってくれ 心乱れ とまどいながら始まる  (セリフ)いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの…… いつだって私は倖せだったよ、 みんな本気で私を愛してくれたもの……  この物語はここから始まる その女と寝たときから 惚れたときから始まる
幸福への招待きっと幸福に できると思ったら 車を走らせ 迎えに行くよ だから今は 泣かないで 強く生きて ほしいのさ はなればなれも その日のためさ  たとえその日が遠く 淋しい毎日でも いつか必ず来るよ 悲しみ忘れられる明日が  きっと幸福に できると思ったら 夜明けを待たずに 扉をたたくよ 何かひとつ 君のため 胸に抱いて 生きたいさ がまんするのも その日のためさ  たとえその日が遠く 淋しい毎日でも いつか必ず来るよ 悲しみ忘れられる明日が堺正章阿久悠筒美京平筒美京平きっと幸福に できると思ったら 車を走らせ 迎えに行くよ だから今は 泣かないで 強く生きて ほしいのさ はなればなれも その日のためさ  たとえその日が遠く 淋しい毎日でも いつか必ず来るよ 悲しみ忘れられる明日が  きっと幸福に できると思ったら 夜明けを待たずに 扉をたたくよ 何かひとつ 君のため 胸に抱いて 生きたいさ がまんするのも その日のためさ  たとえその日が遠く 淋しい毎日でも いつか必ず来るよ 悲しみ忘れられる明日が
SheShe maybe the face I can't forget The trace of pleasure or regret Maybe my treasure or the price I have to pay She maybe the song that summer sings Maybe the chill that autumn brings Maybe a hundred different things Within the measure of a day  She maybe the beauty or the beast Maybe the phantom or the feast May turn each day into a heaven or a hell  She maybe the mirror of my dreams The smile reflected in a stream She may not be what she may seem inside her shell  She who always seems so happy in her proud Who's eyes can be so prouder than so proud No one's allowed to see them when they cry She maybe the love that cannot hold to last May comes a need from shadows of the past That I remember till the day I die She maybe the reason I survive The Why and when for I'm alive  The one I care for through the rough in many years Me I'll take her laughter and her tears And make them all my souvenirs For where she goes I've got to be The meaning of my life is  She...She...She...堺正章Herbert KretzmerCharles Aznavour清水信之She maybe the face I can't forget The trace of pleasure or regret Maybe my treasure or the price I have to pay She maybe the song that summer sings Maybe the chill that autumn brings Maybe a hundred different things Within the measure of a day  She maybe the beauty or the beast Maybe the phantom or the feast May turn each day into a heaven or a hell  She maybe the mirror of my dreams The smile reflected in a stream She may not be what she may seem inside her shell  She who always seems so happy in her proud Who's eyes can be so prouder than so proud No one's allowed to see them when they cry She maybe the love that cannot hold to last May comes a need from shadows of the past That I remember till the day I die She maybe the reason I survive The Why and when for I'm alive  The one I care for through the rough in many years Me I'll take her laughter and her tears And make them all my souvenirs For where she goes I've got to be The meaning of my life is  She...She...She...
自由なふたりしばり合うことが恋だと信じ 何にをする時も二人でいたが それが傷つくもとだと知って 今は自由に生きてる二人 あなたはあなたで誰かと遊び 楽しい話をきかせてくれる そしてどちらかが逢いたくなれば 燃えて抱き合う初めてのように  甘いくちづけに危険な匂い なぜか気がかりでたずねてみたが それはきかない約束なのと 背中向けてるいとしいひとよ あなたは益々きれいになって 近ごろ心がおびえてしまう だけどいつまでも愛するために こんな関係をつづけたい二人堺正章阿久悠井上忠夫森岡賢一郎しばり合うことが恋だと信じ 何にをする時も二人でいたが それが傷つくもとだと知って 今は自由に生きてる二人 あなたはあなたで誰かと遊び 楽しい話をきかせてくれる そしてどちらかが逢いたくなれば 燃えて抱き合う初めてのように  甘いくちづけに危険な匂い なぜか気がかりでたずねてみたが それはきかない約束なのと 背中向けてるいとしいひとよ あなたは益々きれいになって 近ごろ心がおびえてしまう だけどいつまでも愛するために こんな関係をつづけたい二人
STAY WITH MEStay With Me・・・ お前のくれた 残り香が 俺の心を高ぶらす できることならいつまでも 一緒に居たい この場所で Stay With Me・・・ お前の残したぬくもりが 俺の身体を 熱くする 流れるままに いつまでも 一緒に居たい この心 Stay With Me・・・ つのる想いがふくらんで 翔んで行きそうな この気持 心とられた この俺さ Stay With Me・・・ うるむ瞳のまなざしで 俺のハートを しばり付け 放しはしない いつまでも つのる想いの この俺さ Stay With Me・・・ 堺正章柳ジョージ柳ジョージStay With Me・・・ お前のくれた 残り香が 俺の心を高ぶらす できることならいつまでも 一緒に居たい この場所で Stay With Me・・・ お前の残したぬくもりが 俺の身体を 熱くする 流れるままに いつまでも 一緒に居たい この心 Stay With Me・・・ つのる想いがふくらんで 翔んで行きそうな この気持 心とられた この俺さ Stay With Me・・・ うるむ瞳のまなざしで 俺のハートを しばり付け 放しはしない いつまでも つのる想いの この俺さ Stay With Me・・・ 
早春の便り窓から見える港のいろも 何やら少しはなやいでます 季節は春に移ったのでしょう 突然君をおもい出しました お元気ですか 変わりはないですか 今でも花が大好きですか 大事なことを書かせて下さい ぼくには君が必要なんだと……  市場(いちば)に花がたくさん入り そよ吹く風も香っています 逢いたいひとに逢えそうな季節 今こそ君を迎えに行きます お元気ですか 変わりはないですか 明るい声で歌ってますか 大事なことを書かせて下さい ぼくには君が必要なんだと……堺正章阿久悠平尾昌晃竜崎孝路窓から見える港のいろも 何やら少しはなやいでます 季節は春に移ったのでしょう 突然君をおもい出しました お元気ですか 変わりはないですか 今でも花が大好きですか 大事なことを書かせて下さい ぼくには君が必要なんだと……  市場(いちば)に花がたくさん入り そよ吹く風も香っています 逢いたいひとに逢えそうな季節 今こそ君を迎えに行きます お元気ですか 変わりはないですか 明るい声で歌ってますか 大事なことを書かせて下さい ぼくには君が必要なんだと……
SONGOKUおれは自由に生きるソンゴクウだよ 気楽なもんだよ 世の中いろいろあるけれど おれは関係ないね もしも頭が良くて期待をされたら そいつもつらいね 上見りゃいくらも上がある あまり上など見るなよ  もっと大きく心を広げて 世の中ながめてごらんよ 思ったより悪いとこじゃない この世は結構楽しい ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー  おれは自由に生きるソンゴクウだよ 楽しくやってる 何かにつながれ生きるのは どうも駄目だねおれは もしも世の中つらくて泣きたい時には このおれ見てみろ 失敗ばかりの 連続だ だけど気になどしないね  だれもかれもがいい子になったらば 世の中つまらなくなるよ 人は人さ 君は君なんだ 人まねなんかやめろよ ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー  もっと大きく心を広げて 世の中ながめてごらんよ 思ったより悪いとこじゃない この世は結構楽しい ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー堺正章奈良橋陽子・山上路夫タケカワユキヒデおれは自由に生きるソンゴクウだよ 気楽なもんだよ 世の中いろいろあるけれど おれは関係ないね もしも頭が良くて期待をされたら そいつもつらいね 上見りゃいくらも上がある あまり上など見るなよ  もっと大きく心を広げて 世の中ながめてごらんよ 思ったより悪いとこじゃない この世は結構楽しい ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー  おれは自由に生きるソンゴクウだよ 楽しくやってる 何かにつながれ生きるのは どうも駄目だねおれは もしも世の中つらくて泣きたい時には このおれ見てみろ 失敗ばかりの 連続だ だけど気になどしないね  だれもかれもがいい子になったらば 世の中つまらなくなるよ 人は人さ 君は君なんだ 人まねなんかやめろよ ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー  もっと大きく心を広げて 世の中ながめてごらんよ 思ったより悪いとこじゃない この世は結構楽しい ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー ゼイ・コール・ミーマジック・モンキー 愉快なことさがしながら 生きてるおれだよ マジック・モンキー
たそがれに別れを散歩のふりして この町を出よう うすむらさきの 夕暮れを 覚えておくよ 愛のかたみに さよなら さよなら 細い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 消えて行く 人ごみに まぎれて  駅への小径で ふり返るぼくの 気のせいかしら あの窓に 小さな影が 泣いてるみたい さよなら さよなら 白い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 歩き出す 唇をかんで堺正章小谷夏中村泰士高田弘散歩のふりして この町を出よう うすむらさきの 夕暮れを 覚えておくよ 愛のかたみに さよなら さよなら 細い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 消えて行く 人ごみに まぎれて  駅への小径で ふり返るぼくの 気のせいかしら あの窓に 小さな影が 泣いてるみたい さよなら さよなら 白い指のひと いつか季節が めぐり行き いつかぼくらは ああまた出逢う その日のために 歩き出す 唇をかんで
誰でも愛を求めてる君だけが さみしいわけじゃない 誰だって ひとりはつらいのさ あてのない 手紙はもうやめて 人ごみを 歩いてみることさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる  たそがれが いけないわけじゃない ふたをした こころが悪いのさ しあわせが ほしいと思うなら そのせまい 窓から出ることさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる  悲しみに 逢いたいわけじゃない できるなら 別れを言いたいさ 君だって 今からほほえもう もう二度と 涙はいやなのさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる堺正章阿久悠筒美京平筒美京平君だけが さみしいわけじゃない 誰だって ひとりはつらいのさ あてのない 手紙はもうやめて 人ごみを 歩いてみることさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる  たそがれが いけないわけじゃない ふたをした こころが悪いのさ しあわせが ほしいと思うなら そのせまい 窓から出ることさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる  悲しみに 逢いたいわけじゃない できるなら 別れを言いたいさ 君だって 今からほほえもう もう二度と 涙はいやなのさ  誰でも 愛を求めている こころの 底から求める 誰でも 愛を求めている やさしく ふれあうその日を みんな 待ってる
小さな声で小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君が許せないから 夢を刻んだ目覚し時計も 買ったばかりの指輪もすてた 僕の知らない匂いをさせて 帰って来たのさ あの夜の君に 何故あの時に 言えないの「待ってよ」と 何故あの時に 言えないの「抱いてよ」と ひとり見上げる街の夜空が やけにきれいだ  小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君がなつかしいけど 二人でいるより 一人暮しに 馴れてしまった 僕なのさ 風が噂を運んで来たよ やりなおしたいと あの娘が泣いたと もうふり向くな すぎ去ったあの時を もう戻れない 帰らない この僕は 悪い夢だとつぶやきながら 背中を向けた堺正章杉本真人杉本真人若草恵小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君が許せないから 夢を刻んだ目覚し時計も 買ったばかりの指輪もすてた 僕の知らない匂いをさせて 帰って来たのさ あの夜の君に 何故あの時に 言えないの「待ってよ」と 何故あの時に 言えないの「抱いてよ」と ひとり見上げる街の夜空が やけにきれいだ  小さな声で「ゴメンナサイ」と うつ向く君がなつかしいけど 二人でいるより 一人暮しに 馴れてしまった 僕なのさ 風が噂を運んで来たよ やりなおしたいと あの娘が泣いたと もうふり向くな すぎ去ったあの時を もう戻れない 帰らない この僕は 悪い夢だとつぶやきながら 背中を向けた
地下鉄の駅で地下鉄の駅であのひとを待った 人ごみの中で背のびをしてた 今日こそはきっとお茶にでも誘い この気持ちだけは伝えておこう ずっと以前から好きでした いつも遠くから見てました 地下鉄の駅は帰りの時間 誰もかも 急ぎ足 通り過ぎる  地下鉄をおりたあのひとが見えた ぼくのことすぐに目にしてくれた 洪水のような人波が流れ どうしてもそばに近よれないよ 好きと叫んでもいいですか みんな見ててもいいですか 地下鉄の駅は帰りの時間 誰もかも 急ぎ足 通り過ぎる堺正章阿久悠山下毅雄竜崎孝路地下鉄の駅であのひとを待った 人ごみの中で背のびをしてた 今日こそはきっとお茶にでも誘い この気持ちだけは伝えておこう ずっと以前から好きでした いつも遠くから見てました 地下鉄の駅は帰りの時間 誰もかも 急ぎ足 通り過ぎる  地下鉄をおりたあのひとが見えた ぼくのことすぐに目にしてくれた 洪水のような人波が流れ どうしてもそばに近よれないよ 好きと叫んでもいいですか みんな見ててもいいですか 地下鉄の駅は帰りの時間 誰もかも 急ぎ足 通り過ぎる
ともだちの朝恋人に そむかれて 生きる力を なくして なきながら あてもなく 雨にうたれて あるいた 走る車をめがけ さよならと つぶやき いっぽ ふみだす足に ひとすじの光が それはおまえ 呼びとめた おまえ  死なないで もう一度 生きる勇気を さがして 若い日の つまずきは 誰も 一度は 覚えが 口にするのも つらい 悲しみを 心に 人は それでも 生きる 幸福を 求めて だから君も 生きようよ 僕と  ともだちのいる 明日 涙は きえて おわりのない 希望の日がつづく 口にするのもつらい かなしみを 心に 人はそれでも 生きる 幸福を 求めて おれは にどと 負けないぜ きっと ともだちのいる 明日 涙はきえて おわりのない 希望の日がつづく  You can always depend on me You can always depend on me堺正章ちあき哲也筒美京平筒美京平恋人に そむかれて 生きる力を なくして なきながら あてもなく 雨にうたれて あるいた 走る車をめがけ さよならと つぶやき いっぽ ふみだす足に ひとすじの光が それはおまえ 呼びとめた おまえ  死なないで もう一度 生きる勇気を さがして 若い日の つまずきは 誰も 一度は 覚えが 口にするのも つらい 悲しみを 心に 人は それでも 生きる 幸福を 求めて だから君も 生きようよ 僕と  ともだちのいる 明日 涙は きえて おわりのない 希望の日がつづく 口にするのもつらい かなしみを 心に 人はそれでも 生きる 幸福を 求めて おれは にどと 負けないぜ きっと ともだちのいる 明日 涙はきえて おわりのない 希望の日がつづく  You can always depend on me You can always depend on me
永遠にさよならあなたはそのまま 椅子から立たずに どこかへ消えるのは このぼくの方 すぐに戻るような 笑顔をのこして 軽やかな足どりで ぼくはここを出るよ あなたの涙は見たくない そして永遠(とわ)に 永遠にさよなら  小雨になったと 教えてあげたい けれどもそうしたら 出来ない別れ 無理に楽しそうな そぶりを示して 人ごみにまぎれこみ ぼくは駈けて行くよ あなたの涙は見たくない そして永遠に 永遠にさよなら…………堺正章阿久悠平尾昌晃竜崎孝路あなたはそのまま 椅子から立たずに どこかへ消えるのは このぼくの方 すぐに戻るような 笑顔をのこして 軽やかな足どりで ぼくはここを出るよ あなたの涙は見たくない そして永遠(とわ)に 永遠にさよなら  小雨になったと 教えてあげたい けれどもそうしたら 出来ない別れ 無理に楽しそうな そぶりを示して 人ごみにまぎれこみ ぼくは駈けて行くよ あなたの涙は見たくない そして永遠に 永遠にさよなら…………
涙から明日へなぜひとり行くの 燃える頬を濡らして 歩きはじめよう さよならの向うへ なぜ捨ててきたの 昨日までの想い出 歩きはじめよう 涙から明日へ  誰かうしろから 呼びとめる声が 胸を熱くするがふり返らない もどれない いまひとり行こう 燃える頬を濡らして 歩きはじめよう 涙から明日へ  この町過ぎても ついてくる想い出 歩きはじめよう さよならの向うへ この地図ひらけば 痛みだす傷あと 歩きはじめよう 涙から明日へ  吹き過ぎる風が 忘れた昨日を 胸にはこぶけれどふり返らない もどれない この町過ぎれば 明日への架け橋 歩きはじめよう 涙から明日へ堺正章小谷夏山下毅雄なぜひとり行くの 燃える頬を濡らして 歩きはじめよう さよならの向うへ なぜ捨ててきたの 昨日までの想い出 歩きはじめよう 涙から明日へ  誰かうしろから 呼びとめる声が 胸を熱くするがふり返らない もどれない いまひとり行こう 燃える頬を濡らして 歩きはじめよう 涙から明日へ  この町過ぎても ついてくる想い出 歩きはじめよう さよならの向うへ この地図ひらけば 痛みだす傷あと 歩きはじめよう 涙から明日へ  吹き過ぎる風が 忘れた昨日を 胸にはこぶけれどふり返らない もどれない この町過ぎれば 明日への架け橋 歩きはじめよう 涙から明日へ
涙が通り過ぎるいつでも 窓のすき間から こっそり 君を見ていたよ 夏の毎朝 白い帽子が 風に踊って 通るよ 見送るだけで 幸せで ひとりで ほほえんだ  言葉をかけることもなく 気持を告げることもなく 夏が終って 秋が来るころ 君はそれっきり 消えたよ 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように  あれは幼い 恋の思い出 ぼくの窓辺に いまでも 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように堺正章小谷夏中村泰士高田弘いつでも 窓のすき間から こっそり 君を見ていたよ 夏の毎朝 白い帽子が 風に踊って 通るよ 見送るだけで 幸せで ひとりで ほほえんだ  言葉をかけることもなく 気持を告げることもなく 夏が終って 秋が来るころ 君はそれっきり 消えたよ 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように  あれは幼い 恋の思い出 ぼくの窓辺に いまでも 涙が通り過ぎて行く あの日の 君のように
二十三夜二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 二人の仲は罪しか 芽ばえなくて 睦み合う夜だけが 星に瞬く あなたの胸は薔薇の宿命のようで 時を忘れた二人は異教徒だね 一夜二夜(ひとよふたよ)夢はさやか そして愛は化石に  狂おしい程逢えない夜のあとに 甘く謎めく吐息 結びあうのに 女は海に男は空に乱れ 肌を絡める二人に朝は来ない 二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 一夜二夜 夢はさやか そして愛は化石に  二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 堺正章大津あきら佐藤隆清水信之二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 二人の仲は罪しか 芽ばえなくて 睦み合う夜だけが 星に瞬く あなたの胸は薔薇の宿命のようで 時を忘れた二人は異教徒だね 一夜二夜(ひとよふたよ)夢はさやか そして愛は化石に  狂おしい程逢えない夜のあとに 甘く謎めく吐息 結びあうのに 女は海に男は空に乱れ 肌を絡める二人に朝は来ない 二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 一夜二夜 夢はさやか そして愛は化石に  二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 
ベイビー,勇気をだしてLove とびだそう 今すぐに 灰色の この街を Cry you no more baby Cry you no more now やがて地球は回り出すよ 歩きつづけて 君と僕 線路づたいに どこまでも 光ない部屋で ひとり悩むより ふたり手をあわせ 明日をきづくまで  Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there…… Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there……  Cry you no more baby Cry you no more now やがて歴史はぬりかわるよ かたりつづけて 君と僕 愛と自由と あこがれを いつか若者の夢に 陽が昇る 希望にあふれた 鐘がなる日まで  Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there……堺正章ちあき哲也筒美京平Love とびだそう 今すぐに 灰色の この街を Cry you no more baby Cry you no more now やがて地球は回り出すよ 歩きつづけて 君と僕 線路づたいに どこまでも 光ない部屋で ひとり悩むより ふたり手をあわせ 明日をきづくまで  Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there…… Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there……  Cry you no more baby Cry you no more now やがて歴史はぬりかわるよ かたりつづけて 君と僕 愛と自由と あこがれを いつか若者の夢に 陽が昇る 希望にあふれた 鐘がなる日まで  Love when you feel so blue when you feel so bad you may call me soon and I'll be there……
僕の可愛い人この胸にいる あのひとは誰 ぼくの可愛いひと 忘れはしない 信じやすく 涙もろく 鼻のそばかすを 気にしてたひと それがいいのさ ぼくの人生 君と歩きたい 心にきめた  何もない今 見つめてるだけ ぼくの可愛いひと そよ風みたい せまい部屋を 君のために つくり変えては ひとりで眠る だけどいつかは ぼくの人生 君としあわせに なれるときめた堺正章阿久悠筒美京平筒美京平この胸にいる あのひとは誰 ぼくの可愛いひと 忘れはしない 信じやすく 涙もろく 鼻のそばかすを 気にしてたひと それがいいのさ ぼくの人生 君と歩きたい 心にきめた  何もない今 見つめてるだけ ぼくの可愛いひと そよ風みたい せまい部屋を 君のために つくり変えては ひとりで眠る だけどいつかは ぼくの人生 君としあわせに なれるときめた
まごころぼくが心を 今うち明けてみても それをよろこぶ あのひとじゃないさ がまんできずに 愛していると言えば それですべてを 失ってしまう できるなら この胸を開いてみせて ふくらんだ恋心 捧げたいよ 季節はずれの しおれた花を見つめ 今日もためいき ついているぼくさ  そっと心で しあわせ祈るだけで 過ぎて行くのか このぼくの恋は 広いこの世で ただひとりだけのひと なのにそれさえ 話せないなんて できるなら 暖かいその手をとって しあわせになろうよと 言ってみたい 季節はずれの かわいた花を捨てて 今日もまごころ 見つめてるぼくさ堺正章阿久悠鈴木邦彦高田弘ぼくが心を 今うち明けてみても それをよろこぶ あのひとじゃないさ がまんできずに 愛していると言えば それですべてを 失ってしまう できるなら この胸を開いてみせて ふくらんだ恋心 捧げたいよ 季節はずれの しおれた花を見つめ 今日もためいき ついているぼくさ  そっと心で しあわせ祈るだけで 過ぎて行くのか このぼくの恋は 広いこの世で ただひとりだけのひと なのにそれさえ 話せないなんて できるなら 暖かいその手をとって しあわせになろうよと 言ってみたい 季節はずれの かわいた花を捨てて 今日もまごころ 見つめてるぼくさ
街の灯りPLATINA LYLICそばに誰かいないと沈みそうなこの胸 まるで潮がひいたあとの暗い海のように ふれる肩のぬくもり感じながら話を もっともっと出来るならば今はそれでいいさ 息でくもる窓に書いた 君の名前指でたどり あとの言葉迷いながら そっといった 街の灯りちらちら あれは何をささやく 愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よ  好きな唄を耳のそばで 君のために低く歌い あまい涙さそいながら そして待った 街の灯りちらちら あれは何をささやく 愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よPLATINA LYLIC堺正章阿久悠浜圭介森岡賢一郎そばに誰かいないと沈みそうなこの胸 まるで潮がひいたあとの暗い海のように ふれる肩のぬくもり感じながら話を もっともっと出来るならば今はそれでいいさ 息でくもる窓に書いた 君の名前指でたどり あとの言葉迷いながら そっといった 街の灯りちらちら あれは何をささやく 愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よ  好きな唄を耳のそばで 君のために低く歌い あまい涙さそいながら そして待った 街の灯りちらちら あれは何をささやく 愛が一つめばえそうな胸がはずむ時よ
祭りのあと祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら 祭りの後の淋しさは たとえば女でまぎらわし もう帰ろう もう帰ってしまおう 寝静まった街を抜けて  人を怨むも恥しく 人をほめるも恥しく なんのために憎むのか なんの怨みで憎むのか もう眠ろう もう眠ってしまおう 臥待(ふしまち)月の出るまでは  日々を慰安が吹き荒れて 帰ってゆける場所がない 日々を慰安が吹きぬけて 死んでしまうに早すぎる もう笑おう もう笑ってしまおう 昨日の夢は冗談だったんだと  祭りのあとの淋しさは 死んだ女にくれてやろ 祭りのあとの淋しさは 死んだ男にくれてやろ もう怨むまい もう怨むのはよそう 今宵の酒に酔いしれて もう怨むまい もう怨むのはよそう 今宵の酒に酔いしれて堺正章岡本おさみ吉田拓郎瀬尾一三祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら 祭りの後の淋しさは たとえば女でまぎらわし もう帰ろう もう帰ってしまおう 寝静まった街を抜けて  人を怨むも恥しく 人をほめるも恥しく なんのために憎むのか なんの怨みで憎むのか もう眠ろう もう眠ってしまおう 臥待(ふしまち)月の出るまでは  日々を慰安が吹き荒れて 帰ってゆける場所がない 日々を慰安が吹きぬけて 死んでしまうに早すぎる もう笑おう もう笑ってしまおう 昨日の夢は冗談だったんだと  祭りのあとの淋しさは 死んだ女にくれてやろ 祭りのあとの淋しさは 死んだ男にくれてやろ もう怨むまい もう怨むのはよそう 今宵の酒に酔いしれて もう怨むまい もう怨むのはよそう 今宵の酒に酔いしれて
娘へいい父親じゃ なかったね 生活がすれ違いで…  寂しい思い させたかな 話さえできなくて…  夜遅くに 帰る度 幼い寝顔に キスした 世界で一番 愛してる娘は 僕の宝  大人になった おまえから 僕は どう見えるのだろう?  アルバムの中 少ないね 僕がいる記念写真  仕事ばかりを していたら 成長を見逃した  あの日のこと 覚えてる 神様がくれた 産声 この世に僕が 生きて来たその意味 教えられた  大人になった おまえから 僕は どう見えるのだろう? 僕は どう見えるのだろう?堺正章秋元康Gajin中村康就いい父親じゃ なかったね 生活がすれ違いで…  寂しい思い させたかな 話さえできなくて…  夜遅くに 帰る度 幼い寝顔に キスした 世界で一番 愛してる娘は 僕の宝  大人になった おまえから 僕は どう見えるのだろう?  アルバムの中 少ないね 僕がいる記念写真  仕事ばかりを していたら 成長を見逃した  あの日のこと 覚えてる 神様がくれた 産声 この世に僕が 生きて来たその意味 教えられた  大人になった おまえから 僕は どう見えるのだろう? 僕は どう見えるのだろう?
メリーゴーラウンドねえ おかしいね 人生はメリーゴーラウンド 偶然に 君と会えるなんてさ 何故 言葉にならないの あれから君だけを 愛し続けてたよ もし今 君がさみしけりゃ この肩にもたれて 生きるのが下手な僕だけど 愛だけは上等 ねえ 知ってるかい 人生はメリーゴーラウンド 向い合う 昼下りのカフェで  ねえ 正直にうちあけて メリーゴーラウンド もう誰かと 乗る約束したの? そう あたたかい君だもの 幸福くれる男いるのが当然さ もし君の気が変ったら 電話でもしてくれ 生きるのが下手な僕だもの 愛はただひとつさ ねえ 知ってるよ 人生はメリーゴーラウンド またいつか お茶でも飲めるだろう  堺正章有川正沙子寺尾聰井上鑑ねえ おかしいね 人生はメリーゴーラウンド 偶然に 君と会えるなんてさ 何故 言葉にならないの あれから君だけを 愛し続けてたよ もし今 君がさみしけりゃ この肩にもたれて 生きるのが下手な僕だけど 愛だけは上等 ねえ 知ってるかい 人生はメリーゴーラウンド 向い合う 昼下りのカフェで  ねえ 正直にうちあけて メリーゴーラウンド もう誰かと 乗る約束したの? そう あたたかい君だもの 幸福くれる男いるのが当然さ もし君の気が変ったら 電話でもしてくれ 生きるのが下手な僕だもの 愛はただひとつさ ねえ 知ってるよ 人生はメリーゴーラウンド またいつか お茶でも飲めるだろう  
モヒートの夜もう恋なんて しないだろう 2時間前まで 思っていた  運命って奴は やっかいだね 今 出会った 君と乾杯しようか?  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ  すぐ帰ろうと 思ってたのに 真っ赤なドレスに 足止めさ  昔話 思い出すよ ラテン系だね 君が危なっかしい  モヒートの夜 ラムが似合う 久しぶりに 男になる 嘘をつく ヘミングウェイが 愛した酒 人生はいつも 飲みすぎた 甘いカクテル  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ堺正章秋元康南佳孝清水信之もう恋なんて しないだろう 2時間前まで 思っていた  運命って奴は やっかいだね 今 出会った 君と乾杯しようか?  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ  すぐ帰ろうと 思ってたのに 真っ赤なドレスに 足止めさ  昔話 思い出すよ ラテン系だね 君が危なっかしい  モヒートの夜 ラムが似合う 久しぶりに 男になる 嘘をつく ヘミングウェイが 愛した酒 人生はいつも 飲みすぎた 甘いカクテル  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ
よ・せ・よ君が置いて行く カセット・テープ 雨降りの午後の 遠い想い出 愛し過ぎたから 疲れてなんて 矛盾した嘘が 哀しいね 今も心変わり もしか 強く引き止めたら ドラマのように抱きしめて よ・せ・よ これ以上追いかけるのは もう よ・せ・よ 悲しみを確かめるのは 心はせわしなく騒ぐけど  クセになりそうよ 熱い葡萄酒 満ちたりた朝の 目覚めのキッス 同じくちびるで 醒めたセリフが 良く云えるなんて 淋しいね いつか夢のような 恋に 君がまた飽きたら ふらりと訪ねて来いよ よ・せ・よ そんな目で 涙ぐむのは もう よ・せ・よ いじらしくのぞき込むのは 思わず切なさ 狂うから  よ・せ・よ これ以上おいかけるのは もう よ・せ・よ 悲しみを確かめるのは 心がせわしなく 騒ぐから堺正章湯川れい子林哲司君が置いて行く カセット・テープ 雨降りの午後の 遠い想い出 愛し過ぎたから 疲れてなんて 矛盾した嘘が 哀しいね 今も心変わり もしか 強く引き止めたら ドラマのように抱きしめて よ・せ・よ これ以上追いかけるのは もう よ・せ・よ 悲しみを確かめるのは 心はせわしなく騒ぐけど  クセになりそうよ 熱い葡萄酒 満ちたりた朝の 目覚めのキッス 同じくちびるで 醒めたセリフが 良く云えるなんて 淋しいね いつか夢のような 恋に 君がまた飽きたら ふらりと訪ねて来いよ よ・せ・よ そんな目で 涙ぐむのは もう よ・せ・よ いじらしくのぞき込むのは 思わず切なさ 狂うから  よ・せ・よ これ以上おいかけるのは もう よ・せ・よ 悲しみを確かめるのは 心がせわしなく 騒ぐから
夜ふけの街街もいつか夜ふけて 駅も灯り消した 帰るあなた送りながら 暗い道を歩いた まだ少し何かいい足りないようで 胸の奥がなぜか重たい 君が好きと素直にいえばいいのだけど 指にそっとふれるだけで 夜の町を歩いた  ここでいいとあなたは僕の指をはなし 暗い道の奥の家(うち)へ ひとり駈けて行ったよ また明日(あした)逢えるひとだと知ってても 戻る足はとても重たい やがて朝が来そうな空の色を見つめ 指の熱さ思い出して 君が好きとつぶやく堺正章阿久悠浜圭介竜崎孝路街もいつか夜ふけて 駅も灯り消した 帰るあなた送りながら 暗い道を歩いた まだ少し何かいい足りないようで 胸の奥がなぜか重たい 君が好きと素直にいえばいいのだけど 指にそっとふれるだけで 夜の町を歩いた  ここでいいとあなたは僕の指をはなし 暗い道の奥の家(うち)へ ひとり駈けて行ったよ また明日(あした)逢えるひとだと知ってても 戻る足はとても重たい やがて朝が来そうな空の色を見つめ 指の熱さ思い出して 君が好きとつぶやく
若い旅人あの雲を追いかけて 旅に出かけたいな 走る汽車 ゆれる船 すべてが夢を運ぶ 勇気があれば出かけよう 勇気があれば出かけよう 君をつれて遠くへ 朝の駅にベルが鳴るよ カバンひとつ夢はふたつ 急ごう遅れる ふたりならば気楽さ ふたりならば気楽さ 長い旅のはじまり  さいはての港町 そこで汽車をすてて 燈台の見える丘 君をつれて行きたい 今日まで秘めた言葉を 今日まで秘めた言葉を 勇気を出して告げよう 君のために僕は生まれ 君だけを愛してると てれたりしないで 夕日の海でふたりは 夕日の海でふたりは いだきあうの 初めて堺正章橋本淳筒美京平筒美京平あの雲を追いかけて 旅に出かけたいな 走る汽車 ゆれる船 すべてが夢を運ぶ 勇気があれば出かけよう 勇気があれば出かけよう 君をつれて遠くへ 朝の駅にベルが鳴るよ カバンひとつ夢はふたつ 急ごう遅れる ふたりならば気楽さ ふたりならば気楽さ 長い旅のはじまり  さいはての港町 そこで汽車をすてて 燈台の見える丘 君をつれて行きたい 今日まで秘めた言葉を 今日まで秘めた言葉を 勇気を出して告げよう 君のために僕は生まれ 君だけを愛してると てれたりしないで 夕日の海でふたりは 夕日の海でふたりは いだきあうの 初めて
忘れものGOLD LYLIC時の忘れもの いくつあるだろう? ここまで来て ふと思い出す 遥か彼方 胸の片隅に 浮かび消えて行く 笑い顔や 流した涙 遠い景色  あの頃のトランクは いつしか色褪せて どこか僕に似ている  人は誰もみな 旅のその途中 迷いながら 寄り道をして 立ち止まり また 歩く  時の忘れもの 何度 恋をして 二人きりで 夜明けの空を 眺めただろう 君と 偶然に 会った街角で 昔話 することもなく すれ違ったね  振り向けば 若さとは 瞳を閉じた日々 何も見えなかったよ  道はどこまでも ずっと 続いてる 夕焼けまで まだ ありそうだ もう少し 歩こうか?  生まれ変わっても 同じ道を行く 忘れものは 僕の足跡 思い出に 悔いはないGOLD LYLIC堺正章秋元康Gajin清水信之時の忘れもの いくつあるだろう? ここまで来て ふと思い出す 遥か彼方 胸の片隅に 浮かび消えて行く 笑い顔や 流した涙 遠い景色  あの頃のトランクは いつしか色褪せて どこか僕に似ている  人は誰もみな 旅のその途中 迷いながら 寄り道をして 立ち止まり また 歩く  時の忘れもの 何度 恋をして 二人きりで 夜明けの空を 眺めただろう 君と 偶然に 会った街角で 昔話 することもなく すれ違ったね  振り向けば 若さとは 瞳を閉じた日々 何も見えなかったよ  道はどこまでも ずっと 続いてる 夕焼けまで まだ ありそうだ もう少し 歩こうか?  生まれ変わっても 同じ道を行く 忘れものは 僕の足跡 思い出に 悔いはない
笑えないよ二枚目ぶって 花束抱いて 君の扉の前 あやまろうと 走っていた あの日のケンカ それなのに聞こえてきた 二人の話し声 帰りかける 僕の目に にじんだ影二つ つきさすような 雪が降り出して あの娘のことあきらめようと静けさに告げた たしかに別れは 来たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れは 来たけれど 酔っても 酔っても 笑えないよ  二枚目ぶって えりを立てて ひとり街の中 ゆきすぎる 恋人達 幸福そうだ あざやかに よみがえる あの時の二人 窓ごしに写った影 一つに重なった つきさすような 雪の降る中で 甘えていた 笑っていた 昔は今どこに たしかに別れて 見たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れて 見たけれど 酔っても酔っても 笑えないよ堺正章杉本真人杉本真人若草恵二枚目ぶって 花束抱いて 君の扉の前 あやまろうと 走っていた あの日のケンカ それなのに聞こえてきた 二人の話し声 帰りかける 僕の目に にじんだ影二つ つきさすような 雪が降り出して あの娘のことあきらめようと静けさに告げた たしかに別れは 来たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れは 来たけれど 酔っても 酔っても 笑えないよ  二枚目ぶって えりを立てて ひとり街の中 ゆきすぎる 恋人達 幸福そうだ あざやかに よみがえる あの時の二人 窓ごしに写った影 一つに重なった つきさすような 雪の降る中で 甘えていた 笑っていた 昔は今どこに たしかに別れて 見たけれど のんでも のんでも 笑えないよ たしかに別れて 見たけれど 酔っても酔っても 笑えないよ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Set Sail
  2. Bling-Bang-Bang-Born
  3. ボクら
  4. うれしいひなまつり
  5. オレンジ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×