清水信之編曲の歌詞一覧リスト  293曲中 1-200曲を表示

全2ページ中 1ページを表示
293曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
RESET氷川きよし氷川きよし木根尚登木根尚登清水信之まっ赤なランプが点滅を始めた 眠れない夜が何日も続く  どこに行こうか ここにいようか 涙枯れても 花は咲かない  誰のそばにいよう 賑やかな静けさ 残された思い この空にとどけ  僕から生まれた 音楽の子供たちは 風に舞い上がる たくさんの風船みたい  君から生まれた いくつもの落書きは どこかで誰かが 色をつけて夢見てる  何も動かない朽ち果てた この大地で 逆さまに見れば 雲の上走る君が  何度もジャンプして 遥かな星つかもうとする 失われた時間 取り戻そうと もがいてる  道に迷ったら あの唄を口ずさむ 君と見つけたい これからのMyself
You are you氷川きよし氷川きよしkii木根尚登清水信之あなたはかけがえのない あなた 誰にも変えられない あなた 自分を認めてあげて 全部受け入れてあげて 絶対ダメなんか思わないで あの子もあなたも この場所で  幸せになる為に 生まれた 他人の顔色なんか 伺わなくていい 清く志 誇れ!  You are you この言葉が 届くといいな You are you この世界で たった一つの あなたの名前 それは生命 You are you  変えられない変わらない 変えたい 時がくれば変わって いくよ そのままのあなたでいい 素顔のままでいい 一緒に 笑えたらいいね  You are you ねえ、聞いてよ わたしの歌を You are you 辛い時は思い出してね わたしはいつも味方だから You are you  あなたはいないといけない あなた 誰に何を言われたって あなた 自分を抱きしめて 思いを叫べばいい いなくてもいいなんて 思わないで  あの子もあなたも この場所で 幸せになる為に 生まれた 傷つける言葉なんか 未来はないから 清くナチュラルに 生きよう!  You are you この言葉が 届くといいな You are you この世界で たった一つの あなたの名前 それは生命 You are you  You are you  You are you
マチルダMARiAMARiA岡本定義山崎将義清水信之月のない夜 瞬く星たち 彷徨う魂を導いてくれ 遥か彼方に灯された光 流離う旅人を慰めてくれ  温かなスープと柔らかな毛布と 天国のように心地のよい褥 ささやかな眠りと束の間の癒しを 惜しみなく与えた女神のような人  もうどれくらい揺られて来たのだろう 振り返れば闇に消える轍 あとどれくらいで辿り着けるのだろう 目の前には果てしなく続く荒地  屋根裏の窓辺で真夜中のギターが 咽び泣くように奏でたあの調べ 何気ない仕草も飾らない笑顔も 尽く奪った悪魔のような街  温かなスープと柔らかな毛布と 天国のように心地のよい褥 ささやかな眠りと束の間の癒しを 惜しみなく与えた女神のような人  路地裏の廃墟の安宿の主人が 吐き捨てるように呟くあの言葉 あどけない体も汚れなき心も 携えたままで咲き誇る白い花
MARiAMARiA宇宙まお本間昭光清水信之夜空に呼ばれたようで 顔を上げたら静寂 スイッチを入れたままの ケトルが口笛吹く  ひとりで過ごす日々には 大きすぎる冷蔵庫 色揃えたスツールも 誰かを待ってる  いつの間に過ぎてく 前にしか進まない時間(とき)  こわいの あんなに君だけを 君だけを見つめ 愛した私が 変わっていくこと いつかは ふたり別の星で 別の軌道に乗って消えてゆく 燃え尽きれば 時が止まるわ  星座も詳しくないし 思い出してしまうのは 君の誕生日だとか そんなのばっかり  ねえ 最後に触れたね 頬流れる無言の河  くらいの あんなに永遠と  疑わないほどの愛の火種が 残っていないの 見えない ふたり別の星で 別の軌道に乗って消えてゆく どこにいても 眩しい君が  こわいの あんなに君だけを 君だけを見つめ 愛した私が 変わっていくこと このまま ふたり別の星で 別の軌道に乗って消えてゆく 燃え尽きても きっと生きてる
二年前の横浜駅西口BEYOOOOONDSBEYOOOOONDS児玉雨子星部ショウ清水信之のぼって くだって ダイヤモンド まっすぐ行けず 遠回り 全然 全然 興味ない 映画だったけど (だったけど…)  高校受験参考書 探すふりして 遠回り 好きって 告(コク)って すっきりする つもりだったけど (だったけど…)  工事の音で聞こえなかったの ちょっと ホッと してたんだ  すべて二年前の横浜駅西口の 君がいた頃の 心模様(心模様) 地下通路ができたことさえも 君は知らないでしょ  ~横浜駅とは~ 1872年、品川駅とともに作られた 日本で初めての鉄道駅です。 いろいろあって…現在の横浜駅は三代目。 いつもどこかが工事中である様子から、 「日本のサグラダ・ファミリア」 と呼ぶ人もいるんだとか。  「いつか交番のあたりにさ イルミネーションができるんだって」 全然 全然 普通っぽい 話し方でしょ (だったでしょ)  「ごめん うるさくて 聞こえなかったよ」 ぐっと ぐっと 顔を寄せ  それも二年前の横浜駅西口の 髪も染めてない 片思い(片思い) 今年、カレと観に行く予定よ 君は誰と行くの  1923年、現在の場所に作り始めてから、 横浜駅が約100年間、 一度も完成したことはありません。 時代にあわせて、その姿も変化してきました。 ……それってなんだか、わたしみたい。 わたしの気持ちみたいだな……。  工事の音で聞こえなかったの ちょっと ホッと してたんだ  すべて二年前の横浜駅西口の 君がいた頃の 心模様(心模様) 地下通路ができたことさえも 君は知らないでしょ
七色のフィナーレKEIKOKEIKOKEIKO梶浦由記清水信之誰かが繋いだ希望の灯を 未来へ 光へ 僕らが描いた虹色の明日(あす)を 未来へ 光へ  選ばれた約束と 残された心にうまれた 新緑の種を青空にかざすから 君と  誰かが残した夢の欠片 未来へ 光へ 僕らが交わした夢の話をしよう 未来へ 誓うよ  Lalalala 笑顔も Lalalala 涙も 一つ抱えて歩こう 七色のフィナーレ この空を奏でた 君は1人先へ  優しい僕らの世界へ 静かに落とした春の色も 世界は歌うよ  見上げて Faraway...Believe the light 信じた昨日に明日(あす)への別れを 僕らを照らすよ 心は歌うよ 届くかな...  Lalala......  願いを咲かせて 僕らの世界へ 未来を繋ぐよ
再見ELISAELISASIRALisa Ono清水信之何度でも巡りあって 目覚めるように高鳴って 鼓動がいつもあなたを見つける 神様はいたずらに 忘れかけてた記憶に 愛しい声を響かせるの  約束なんて してないけれど きっとまた あなたに恋する気がしたの  何度も生まれ変わって それでもまだ覚えてて 鼓動がいつもあなたを見つける 言えずにいた言葉が 伝えたいと願うから その為に産声を上げるの  この世界に 持ってくる荷物は いつだって あなたに会いたい寂しさだけ  振り向いてその背中 振り返らないでまだ 困った心風に揺れたまま 透明な瓶の中 弾けるように またね たった一言で精一杯でした  いつかまた巡りあって 見つめる視線に気づいて 時空を超えた宝箱開くの 私が呼ぶより先に 私を呼んだ君に 愛を歌ってもいいですか
星芒~君の星 君の光~ELISAELISAELISA・中国語訳詞:根元晃Lisa Ono清水信之空に星を並べて 浮かぶ雲を透かして “希”だけを見つめて 急ぐ君の心に 雨を降らして 虹を掛けたい  闇を照らす光を まぶた閉じて探した 歌を歌ってみよう どんな暗い道でも 歩いたら “キセキ”に変わる…  忘れないでね ひとりの夜も 空の向こうで 君は光るよ  在風里 游移不定 淡淡的 搖晃的灯火 灯火イ尓 不要消失 祈祷着 イ尓的背影 温暖イ尓 我想温暖イ尓  流逝的歳月 可以治愈傷口 痛苦終究 会変成温柔  不要忘記我 一个人的夜晩 在天空的別一辺 イ尓永遠耀眼閃鑠  明日に怯えて 眠れなくても 空の向こうで 僕も光るよ  忘れないでね ひとりの夜も 空の向こうで 君は光るよ
尊いBeverlyBeverly岡崎体育岡崎体育清水信之神様 彼を愛するのは いけないことでしょうか 愛の芽を育むのは涙 悲しみを注いで 人知れず枯れさせるつもりだったのに  お人好しなキミの言葉が心をつねるの 夢なら醒めているはずでしょう わかってるつもりさ  ☆4.5のラブロマンス映画にも 負けないくらいの感動超大作 キミとならどこまでも行けそう 天の川でさえもバタフライで横断して  尊い 尊い 尊い 尊い キミの横顔 ホクロ 仕草のすべて 存在 存在 存在 存在 存在が罪 もう どうしてくれるの 交われないなら通じあおう 二人で全て確かめ合っていこう また今日もキミを愛してるお Oh Precious Love  神様 彼に愛のレシピ 伝えられるでしょうか プラモデルのパーツみたいに一つずつ丁寧に 組み立てていくのが幸せだってこと  Precious love Crazy‘cause I'm so in love with you Precious love God, you are like a dream  冗談でキスなんてするわけないのに 鈍感なのは不治の病ね でもキミだから心が緩むの さぁ ハッピーでラブリーな クライマックスにキュンキュンして  尊い 尊い 尊い 尊い キミの眼差し 吐息 仕草のすべて 存在 存在 存在 存在 存在が罪 もう どうしてくれるの 交われないなら通じあおう 二人で全て確かめ合っていこう また今日もキミを愛してるお Oh Precious Love
高輪ゲートウェイ駅ができる頃にはCHICA#TETSUCHICA#TETSU星部ショウ星部ショウ清水信之「春が来れば私たち、別々の進路を行くのね。」 「あぁ。あと何回、君と帰れるの?」  田町駅の前 偶然よそおい 君に声かけた 今日も途中まで 一緒に帰ろうよ 山手線で  Loving you! ずっと前から Loving you! 言えないまま Loving you! 君と乗った 外回り  高輪ゲートウェイ駅ができる頃には 私を彼女にしてね 目と目合うだけじゃ 恋は未完成 高輪ゲートウェイ駅をすぎる頃には 儚い夢も終わりね 今日も品川で 二人すれ違う  流れる景色が フィルム映画のように 瞳を滑る 右に泉岳寺 左に巨大な 折り紙の屋根  Loving you! でも心は Loving you! 窓に映る Loving you! 君のことを 見ているの  高輪ゲートウェイ駅ができる頃には 気持ち伝えられるかな 一駅分だけ 長くいられるし 高輪ゲートウェイ駅をすぎる頃には 儚い夢も終わりね 今日も大崎で 一人泣き濡れる  「ここで突如の一岡豆知識! 高輪ゲートウェイ駅は、山手線49年ぶりの新駅。 2020年春に、暫定開業を予定しています。 駅名を決める際は賛否両論色々あったみたいだけど、 どんな名前だって、耳に馴染んでくるものよ。」  Loving you! 朝のラッシュ Loving you! やっと品川 Loving you! 君を探す 内回り  高輪ゲートウェイ駅ができる頃には 私を彼女にしてね 目と目合うだけじゃ 恋は未完成 高輪ゲートウェイ駅ができる頃には 少し寄り道しようね 春の高輪へ 君と出かけたい Woo 春の高輪で 愛を咲かせたい Oh Woo
都営大江戸線の六本木駅で抱きしめてCHICA#TETSUCHICA#TETSU星部ショウ星部ショウ清水信之都営大江戸線の六本木駅で...  「部活で会えない」 気のない返信 小さなため息 曇った窓ガラス メトロは 帰宅ラッシュ 都会の底  些細な言葉で 二人はギクシャク どんな一言が 君を傷つけたの? 共有させてよ 心の底 もっと深くで 繋がりたいの  都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 私変わらず君にゾッコンだけれど How deep is your love? 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 君を深く深く... 愛しているのよ  嫌われたのかな? 良からぬ想像 地下の暗闇で 迷子になっちゃうよ 出口が見えない 心の底 照らし出してよ 輝く笑顔で  都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 愛の深さを何に例えるのかな How deep is your love? 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 君を深く深く... 愛しているのよ  「ここで突如の一岡豆知識! 六本木駅1番線ホームは地下42.3m。 日本一深い地下鉄の駅として有名です。」  「また2番線ホームは地下32.8m。 上下二層構造になっています。 私のことも、深く愛してね。」  都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 私変わらず君にゾッコンだけれど How deep is your love? 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて 君を深く深く... 愛しているのよ だから早く早く...仲直りしよう
Beautiful Womanジェジュンジェジュン坂詰美紗子坂詰美紗子清水信之You are Beautiful You are Beautiful この手でなぞる 君の顔 僕だけのものなの? You are Beautiful You are Beautiful その目で誘う愛しさは 僕だけのものなの?  Miss you tonight Miss you tonight 美しい人よ 美しい人 もうダメさLovin' you  You are Beautiful You are Beautiful 抱き寄せた 小さな身体 僕だけにゆだねて欲しい  Miss you tonight Miss you tonight ねぇ 会いたくなって ねぇ どうかしちゃって 狂うほどに恋している No reason .. uh だって 君がいい 美しい人よ 美しい人 もうダメさLovin' you  I wanna go back to that day そうは思わない Caz caz caz caz 君と未来が見たい I only have one wish 君へ 伝えたいことがある  Miss you tonight Miss you tonight ねぇ 会いたくなって ねぇ 愛しくなって 狂うほどに恋している With you そう ずっと居たいよ 美しい人よ 美しい人 もうダメさLovin' you
いちばん最後の夏鈴木みのり鈴木みのり南佳孝南佳孝清水信之夏が来るたび 思い出すのかな あなたの短い 浴衣姿を  金魚すくいに花火 いろんな事をしたね あんなに楽しい 夏は初めてだった  思い出すのは 二人でキャンプ場へ 焚き火囲んで 語り合った夜のこと  ひと夏の夢 平成最後の夏 何年経っても 忘れない 過ぎ去りし夢 たったひとつの恋 あなたの心に 届いた夜  遠くの空を ずっと眺めていたい UFOなんか 見つからないかって  季節が流れ 周りの人も変わり わたし一人が 取り残されてゆく  思い出すのは あなたの気まずい顔 いつものカフェで 突然の別れ話  ひと夏の夢 いちばん最後の夏 何年経っても 忘れない 過ぎ去りし夢 たったひとつの恋 涙が止まらず 見上げた空  ひと夏の夢 平成最後の夏 駆け抜けて行った 二人の影 甘い思い出に 変わってゆけ
君のいちばんにはなれない宇宙まお宇宙まお宇宙まお宇宙まお清水信之永遠に 続くものなどないのに それなのに 目の前に 君がいると何もかも 麻痺する  知ってるよ 仕事だとか言ってたね あの夜 嘘つきも 隠し通してくれたら 楽なのに  タクシーの窓 映り込む 街の明かりに紛れて 妖しく光る 君の携帯  君のいちばんにはなれない それじゃなけりゃ意味がないのに くやしいくらい 好きなの 甘くていびつでうつくしい夜 止まない着信だけが 響いてる  ただ君に 見つめられる それだけで 良かった 願っても あの頃の二人にはもう 戻れない  へッドライトが照らす 未来はどんな場所なの 君には何が 見えてるのかな  君のいちばんにはなれない それじゃなけりゃ意味がないのに くやしいくらい 好きなの 暗くて深くてやわらかい夜 いっそ永遠に 騙し続けて  君をいちばんにはできない 愛し方がわからないから くやしいけれど 好きなの 甘くていびつでうつくしい夜  きっと手放せない こんな恋でも きっと今夜もまた言えない さよなら
コーナー・オブ・ザ・スカイ城田優城田優スティーヴン・シュワルツスティーヴン・シュワルツ清水信之Everything has its season Everything has its time Show me a reason and I'll soon show you a rhyme Cats fit on the windowsill Children fit in the snow Why do I feel I don't fit in anywhere I go?  Rivers belong where they can ramble Eagles belong where they can fly I've got to be where my spirit can run free Got to find my corner of the sky  Every man has his daydreams Every man has his goal People like the way dreams have Of sticking to the soul Thunderclouds have their lightning Nightingales have their song And don't you see I want my life to be Something more than long....  Rivers belong where they can ramble Eagles belong where they can fly I've got to be where my spirit can run free Got to find my corner of the sky  So many men seem destined To settle for something small But I won't rest until I know I'll have it all So don't ask where I'm going Just listen when I'm gone And far away you'll hear me singing Softly to the dawn:  Rivers belong where they can ramble Eagles belong where they can fly I've got to be where my spirit can run free Got to find my corner of the sky
僕こそ音楽城田優城田優ミヒャエル・クンツェ、日本語詞:小池修一郎シルヴェスター・リーヴァイ清水信之詩は書けない 感じたまましゃべる 心に浮かんだまま 何かに動かされて 絵も描けないさ 光と影の色を パレットに作れない 夢の中で描くだけだよ 役者じゃない 芝居は出来ない 見かけ通りの奴だよ この僕 ありのままなんだ このままの僕を 愛してほしい  メジャーとマイナー コードにメロディーも 僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ リズムにポーズ 響くハーモニー フォルテにピアノ 紡ぐファンタジー 僕こそ ミュージック ミュージックだけが 生きがい  哲学なんて 何も知らないさ バカ騒ぎが 大好き それが僕なんだ 礼儀知らず 無礼者と言われても 訳もなく叫びたくなる 退屈ブッ飛ばす 爆発しそうなんだ 自由と輝き求め 歩もう 何処までも 行く先は知らない 僕が誰かさえ知らない このままの僕を 愛してほしい  メジャーとマイナー コードにメロディーも 僕は語ろう 感じる全てを音に乗せ リズムにポーズ 響くハーモニー フォルテにピアノ 紡ぐファンタジー 僕こそ ミュージック  このままの僕を 愛してほしい
上手な恋の終わり方稲垣潤一稲垣潤一山田ひろし田村信二清水信之君が決めなよ それで構わないよ  借りていた恋を 今夜返すから  素敵な夢を見た 幸せだった 傷ひとつ残さず 離れてゆこう  上手な恋の終わりかた 大人の男なら それが出来なきゃ 恋をする 資格はないね  本当に 君を 愛していたとしても 男は 黙って 背中を向けるのさ  恋を魔法に 仕立てる手順なら  100通りだって 今でも言えるさ  時代は変わっても 恋をするなら 幸せにするのが 男のルール  上手な恋の終わり方 悪いのはいつでも 男の方と決まってる それでいいのさ  君しか いないと 心が囁いても ミラーも見ないで 走り去ればいいのさ  上手な恋の終わりかた 大人の男なら それが出来なきゃ 恋をする 資格はないね  本当に 君を 愛していたとしても 男は 黙って 背中を向けるのさ
ONandON稲垣潤一稲垣潤一河口京吾稲垣潤一・塩入俊哉清水信之いろんなこと変わったね テレビは薄くなって メールやネットや 電気のクルマも  みんな若かった頃 いつも集まっては 熱く夢語った 店はもうない  遠い夏 見送って 胸にこだましたクラクション 海の色を 君は覚えているかい  立ち止まらず走っていこう ON and ON 何を手に 失くしたとしても いつかまた笑って会おう その日まで ON and ON 約束さ  これからも変わってく 様変わりする街 流されずに僕は 歌を探すよ  あぁ二人 雨の中 恋はドラマティックだった 大人脱いだ 心 今でも濡らす  息切らして走ってるかい ON and ON 諦めたり負けたりもあるけど いつかまた笑って会おう この道は ON and ON 続いてる  立ち止まらず走っていこう ON and ON 何を手に 失くしたとしても いつかまた笑って会おう その日まで ON and ON 約束さ
シングルベッド高橋克典高橋克典つんくはたけ清水信之流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺 おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性(おとこ)になったつもりが  それでもこの年齢(とし)まで俺が 育てた裸の心は おシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま  早く忘れるはずの ありふれた別れを あの時のメロディーが思い出させる  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ 辛くないのに  寄り道みたいな始まりが 二年も続いたあの恋 初めてお前抱いた夜ほら 俺の方が震えてたね  恋は石ころよりも あふれてると思ってた なのにダイヤモンドより 見つけられない  シングルベッドで二人 涙拭いてた頃 どっちから別れ話するか賭けてた  あの頃にもどれるなら お前を離さない  シングルベッドで夢とお前抱いてた頃 くだらない事だって 二人で笑えたね 今夜の風の香りは あの頃と同じで 次の恋でもしてりゃ ああ 辛くないのに
川の流れのように高橋克典高橋克典秋元康見岳章清水信之知らず知らず 歩いてきた 細く長い この道 振り返れば 遥か遠く 故郷(ふるさと)が見える でこぼこ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生 ああ 川の流れのように ゆるやかに いくつも 時代は過ぎて ああ 川の流れのように とめどなく 空が黄昏(たそがれ)に 染まるだけ  生きることは 旅すること 終わりのない この道 愛する人 そばに連れて 夢探しながら 雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかは また 晴れる日が来るから ああ 川の流れのように おだやかに この身を まかせていたい ああ 川の流れのように 移り行く 季節 雪どけを待ちながら  ああ 川の流れのように おだやかに この身を まかせていたい ああ 川の流れのように いつまでも 青いせせらぎを 聞きながら
愛してる高橋克典・西内まりや高橋克典・西内まりや秋元康伊秩弘将清水信之愛してる 知らぬ間に 恋におちていた 風の向きまで 変わった  愛してる 知らぬ間に 心 惹かれてた 昨日と違う 太陽  なぜに2人 出逢った瞬間 愛に撃たれて この不確かな 予感に胸騒がせたのだろう?  愛してる 愛してる たった 一言が 言えないで来た 今日まで  愛してる 誰よりも… 信じ合えた時 本当の自分に 気づいた  愛してる 誰よりも… 教えられたのさ 目を塞いでた 世界に  君も僕も わかってはくれない群れからはぐれ もう1人の自分 心に宿していたのだろう  愛してる 愛してる たった 一言が 言えないで来た 今日まで  道に迷っても 僕ならここにいる ずっと どんな時にでも 君のことだけを見てるよ 君しか見えない  愛してる 愛してる たった 一言が 言えないで来た 今日まで  I should love you. You should love me. I don't need anything. I need only you. ………MY one and only
あなたの春香さん千菅春香千菅春香三重野瞳玉城和夢・岩田アッチュ清水信之声優で Change All Future  月曜日は朝10 火曜の昼ボイトレ 憧れてたお仕事なれたのです ハートワク♪  世界中のあなたへ届けよう届けたい 私史上最高の声!  春香さん春香さん 想像より大変です 春香さん春香さん 連呼されちゃ恥ずかしい 春香さん春香さん 「ウソ!」ホントはちょっと嬉しいの 春香さん春香さん あえいうえお Wow!気持ちE クセになる…  水曜から Oh!ディション 木曜日も Oh!ディション 金曜日は Oh! my God! 反省の涙ポロン  何にでもなれるから なににもなれない 千菅春香はどこを目指す??  春香さん春香さん 週末OFF!だと不安 春香さん春香さん あめんぼあかい 言えるかい? 春香さん春香さん 「いやん!」努力してもカミカミだ… 春香さん春香さん ゴールはない焦らない やめられない!  夢叶い声優です I'm 声優 Say me Say you…fighting voice!  体調もテンションも自分管理頑張ります! 今日よりも明日よりも素敵な声飛ばしたい!  春香さん春香さん どんな時も声優です! 春香さん春香さん なんだかんだ幸せで…クセになる…
そうよ Mambo秋川リサ秋川リサ安井かずみ加藤和彦清水信之好きは人を みつめて 踊る Mambo そうよ Mambo 言葉で 囁くより ゆれる Mambo  例え心に 嫌な事が あったとしても 忘れてしまう そうよ Mambo で tonight  恋が近づいてくる 今宵 Mambo そうよ Mambo 誰かが 振り向いたら チャンス Mambo  軽い気分で この世のうさ 晴らしてよ 一緒に 踊りましょうよ そうよ Mambo で tonight  I love Mambo, Mambo そうよ Mambo, Mambo I love Mambo, Mambo tonight  誘われたら 気軽に 踊る Mambo そうよ Mambo グラスを飲みほしたら そうよ Mambo  軽い気分で この世のうさ 晴らしてよ 一緒に 踊りましょうよ そうよ Mambo で tonight
TOMORROW木山裕策木山裕策岡本真夜・真名杏樹岡本真夜清水信之涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く 花のように 見るものすべてに おびえないで 明日は来るよ 君のために  突然会いたいなんて 夜更けに何があったの あわててジョークにしても その笑顔が悲しい  ビルの上には ほら月明かり 抱きしめてる 思い出とか プライドとか 捨てたらまた いい事あるから  涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く 花のように 見るものすべてに おびえないで 明日は来るよ 君のために  季節を忘れるくらい いろんな事があるけど 二人でただ歩いてる この感じがいとしい  頼りにしてる だけど時には 夢の荷物 放り投げて 泣いてもいいよ つきあうから カッコつけないで  涙の数だけ強くなろうよ 風に揺れている花のように 自分をそのまま 信じていてね 明日は来るよ どんな時も  涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く 花のように 見るものすべてに おびえないで 明日は来るよ 君のために  涙の数だけ強くなろうよ 風に揺れている花のように 自分をそのまま 信じていてね 明日は来るよ どんな時も  明日は来るよ 君のために
スタートライン木山裕策木山裕策馬場俊英馬場俊英清水信之もうダメさ これ以上は前に進めない そんな日が 誰にだってある  だけど 雨でも晴れても何でもいつでも その気になりゃ 何度でもやり直せる 何度でも  これからのことを思うと 負けそうになる 心配なことがあって しゃがみそうになる あと少しだけ もう少し 強くならなくちゃ でも 大切なことはいつも 誰も教えてくれない  だから そうだよ くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ チャンスは何度でも 君のそばに  この道の先に何が待ってるのかなんてこと わかるわけない  答えがあっても無くても YesでもNoでも 決めた道を行くしかないさ あるだろ? そんな時  青春と呼べた 時代は過ぎたのに 今でも心の奥に 風が吹き抜ける 優しい人にばかり 悲しみが降り掛かる 報われないことが ここには多すぎる  だけど そうだよ どんな時も 信じることをやめないで きっと チャンスは何度でも 君のそばに  だから そうだよ くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ 見えない このスタートラインから また ここから  きっと そうだよ いつかきっと 真心が何かに変わるんだよ そうさ チャンスは何度でも いつも君のそばに  いつも君のそばに
ただ、ありがとう木山裕策木山裕策PLANT BLAISE・PLANT MAYNARD・TAXPLANT BLAISE・PLANT MAYNARD清水信之ただ ありがとうを 伝えたくて ただ キミの笑顔を 見たくて もう振り向かないよ 瞳の先へ いま 幸せを伝えたくて 大切な人が誰かってね ありがとう キミと出会えて  このすべての 覚えたこと それはいつも it's hard for me でも何度も つまずいて それでも今ここにいるのは 描いていたから  いつかきっと 信じていたのさ everything we know つながるよ…今  ただ ありがとうを 伝えたくて ただキミの笑顔を 見たくて もう振り向かないよ 瞳の先へ まだ うまく伝えられなくて 大切な人が誰かってね ありがとう キミと出会えて  真夜中空見上げ not knowing 震える脅える揺れる not showing その上どうしようもない 不安で眠れない かすかな声で叫ぶんだ 「さようなら涙の日々よ」 Your heart and soul is in, feel it! 昨日と違う明日にするよ Make a brighter day.  もしもずっと そばにいてくれたら everything we know はじまるよ…今  その キミの溢れる笑顔が 悲しみをやさしさに変えて もう振り向かないよ 瞳の先へ この 幸せを伝えたくて大切な人はキミだってね ありがとう キミと出会えて  手と手を繋いで yeah! いつか話した 夢の続きを叶えよう I'll be ready.  ただ ありがとうを 伝えたくて ただ キミの笑顔を 見たくて もう振り向かないよ 瞳の先へ いま 幸せを伝えたくて 大切な人が誰かってね ありがとう キミと出会えて
やさしさで溢れるように木山裕策木山裕策小倉しんこう・亀田誠治小倉しんこう清水信之目が覚めればいつも 変わらない景色の中にいて 大切なことさえ 見えなくなってしまうよ  生きてる意味も その喜びも あなたが教えてくれたことで 大丈夫かもって 言える気がするよ 今すぐ逢いたい その笑顔に  あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように わたしは強く迷わず あなたを愛し続けるよ  どんなときも そばにいるよ  当たり前の事は いつでも忘れ去られがちで 息継ぎも忘れて 時間だけを食べてゆく  花の名前も 空の広さも あなたが教えてくれたことで 愛と呼べるもの 分かった気がする せわしなく進む 時の中で  わたしの生きる世界が 光で満たされるように あなたの生きる時間を わたしが輝かせるから  離れていても そばにいるよ  雨に打たれても 風に吹かれても 寒さを感じない 今は ぬくもりはいつも この胸の中に 決して失くさないよ ありがとう  巡る季節の中でも この手を離さないでいて 二人を繋ぐ想いが 決して色あせないように  あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように わたしは強く迷わず あなたを愛し続けるよ どんなときも そばにいるよ  離れていても そばにいるよ
リスタートHoney L DaysHoney L DaysKYOHEI丸山真由子清水信之晴れない気持ちを時間が追い越してゆくよ 誤魔化せないタメ息 別にヒトリで抱えていても構わない そんな意地も捨てられない  今より前へ進んでいかなきゃ 考えたって始まらない きっと  どんな明日も笑ってゆけるさ 自分(こころ)とキミに正直でいれば さぁ、リスタート!ここから叫ぶよ いくつの涙だって越えてゆける 何度でも  何が正しいかなんて分からなくていい 答えはもう知ってるから  そうやって前へ進んでゆくんだ 見慣れた景色も変わってゆく だから  どんな明日も信じてゆけるさ 駆け抜けた後に笑えばいい さぁ、リスタート!ここから叫ぶよ あの虹はいつだって涙空の先のヒカリ  今より前へ進んでいかなきゃ その瞬間に始まってる きっと  どんな明日も笑ってゆけるさ 自分(こころ)とキミに正直でいれば さぁ、リスタート!ここから叫ぶよ いくつの涙だって越えてゆける 何度でも
Winter MelodyHoney L DaysHoney L DaysKYOHEI丸山真由子清水信之長いマフラー 顔うずめて 「予報では雪なのに」いじけてたね  重なり合う指と指が 手袋に邪魔されただけで笑えたね  凍えた息が寒空に消えた たったそれだけの事で君を思い出した  愛しさが何気ない時間を埋めた 君となら小さな愛に気付けた white snow 何もかも全部包んでよ 戻らない日々 ずっと 届けたいmelody  飲む気のない 缶コーヒー 冷めるまで君のもの 後は僕のもの  あの公園の冷えたベンチで 君と描いた明日を 今も夢にみてる  街路樹がデートの理由になる冬に ふたりなら幸せばかりあふれた bright star あのベンチで君を想って 口ずさんでる もう 届かないmelody  愛しさが何気ない時間を埋めた 君となら小さな愛に気付けた white snow ねぇ予報外れの雪だよ 君といた冬 ずっと 届けたmelody
デイジーゴスペラッツゴスペラッツ山田ひろし村上てつや清水信之斜め左 この角度の君がとても 綺麗なのさ  君はデイジー 白く揺れる風の花さ 僕の胸にずっと咲いてほしい 君を愛してる  こっちへおいでよ、デイジー 少し話そうよ 優しい髪に触れさせて 本当に幸せだよ  斜め後ろ この角度の君もとても 素敵なのさ ずっと、そばにいて 君を愛してる  こっちへおいでよ、デイジー 少し眠ろうよ 背中を抱いて 微睡みに漂う小さな舟  斜め後ろ この角度で 僕はずっと守ってゆく  デイジー、僕のデイジー 君を愛してる  君と生きてゆく
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青空ハピネス渡辺美里渡辺美里渡辺美里伊秩弘将清水信之交差点 信号が変わるたびに 我先に歩き出す人波  水玉模様の風が吹いたら それは次の季節の始まり  自由と孤独は そう 隣あわせ 心はいつでも そう 旅支度 どこか 遠くの まだ見ぬ世界へ  キラキラキラッ!と 笑顔を抱きしめたい まばゆい光の中 一番すきな場所を見つけ出して さぁもう一度 青空ハピネス  新しい靴を履いた日には どこまでも行ける気がするよ  遠回り 道草もいいんじゃない あの頃観た映画の2人のように  未来は今日よりも 少しだけ 幸せになれると 信じてた どこへ行くの まだ見ぬ時代へ  ドキドキドキッ!と 胸がざわめくような もう一度 恋をしよう 一番すきな服で会いに行くよ さぁ あなたと 青空ハピネス  いつもいつも あなたを生きていてね 青春の虹を渡り 夢のあいだを 今も旅している さぁもう一度 青空ハピネス
恋桜paletpalet渡瀬マキ平川達也清水信之川を見下ろす橋の上 夜に浮かぶ白い桜 人並みにおされながら 君の腕をつかんだ  少しまだ冷たい風が 君のシャツを揺らしている 昨年(きょねん)は2人揃って 風邪をひいちゃったよね  ヒラヒラ花ビラが散るように 愛の形も変わってくのかな?  君と歩いて行く未来はきっと輝いてる 夢を見るほど明日がとても怖くなるけど Ah100年たっても君のそばにいたい こぼれる涙いつも ふいてあげたいから スキだよ  最近君がふと見せる少し大人びた横顔 無理して履いたヒールが 痛いなんて言えない  君が笑うと勇気がわくの 私ももっと強くなりたいよ  君と作っていく未来はきっと輝いてる 幸せを知るほど心が苦しくなるけど Ah100年たっても君のそばにいたい 誇れる想い胸に抱きしめているから スキだよ  君と歩いて行く未来はきっと輝いてる 夢を見るほど明日がとても怖くなるけど Ah100年たっても君のそばにいたい 誇れる想い胸に抱きしめているから ララララ ララララ スキだよ
アイラブ東京花見桜こうき花見桜こうき石井克明田尾将実清水信之まるで貴方は東京 憧れの男(ひと)よ 祈る様に捧げた 大切な操(もの) 大人になる為 傷付く事さえ 貴方となら 怖くないわ アイラブ東京 三宿 恵比寿 中目黒(なかめ) 下北沢(しもきた)で 貴方に愛されたから 強くなれたわ アイラブ東京 忘れられないの 私を女に変えた この街を  ほんと貴方は東京 冷たい男(ひと)ね 私に夢を魅せて どこかに消えた 他の男(ひと)知った 今の私にも 心の奥 秘めさせたの アイラブ東京 高田の馬場 野方 永福で 貴方の匂いがしたの 振り向いてみた アイラブ東京 今もこの街で 貴方に出会えるような 気がするの  大人になる為 傷付く事さえ 貴方となら 怖くないわ アイラブ東京 三宿 恵比寿 中目黒(なかめ) 下北沢(しもきた)で 貴方に愛されたから 強くなれたわ アイラブ東京 忘れられないの 私を女に変えた この街を
夢冒険さんみゅ~さんみゅ~森浩美西木栄二清水信之心に冒険を 夢を抱きしめたくて そんな君の傍 見守ってたい  枯れた芝生寝転んで 夕日を胸に吸い込む 愛情するよりこんなとき 友情したい…  微笑むそのたび 夢だけを数える 横顔 しっかり 灼きつける  いつでも… 心に冒険を夢が聴こえるよネ 自分の速度(ペース)で 近づけばいいよネ 心に冒険を 夢を抱きしめたくて そんな君の傍 見守ってたい  コンクリートの落書きは やりたいことでいっぱい カバンの中の何よりも 大切なもの…  駆け出すその後 風の中ついてく 輝く気持ちを 読みとるよ  誰より… 心に冒険を お願いそのままで クールな逃げ道 つくったら嫌いさ 心に冒険を 夢を止めないでいて そんな君だから 大好きになる  心に冒険を 夢が聴こえるよネ 自分の速度(ペース)で 近づけばいいよネ 心に冒険を 夢を抱きしめたくて そんな君の傍 見守ってたい見守ってたい
タイムカプセルCRaNECRaNEsanae林哲司清水信之小さくたたんで 飛んできた手紙 内容なんてもう 覚えてないけど…  好き同士 確かめない 小さな恋 短い髪と日焼け 迷いはなかった  タイムカプセル あの頃と似ている 夏の匂いに 蘇る どうして? 苦しいよ タイムカプセル あの時に「うん」と うなづいていたら 変わってた未来も 知りたくはない 今を生きるから  香る足跡 辿り疲れたわ 余計な気持ちが あふれてくるから  幸せに生きるのが 当たり前だと 思ってたあの日の 私に言わせて  タイムカプセル カーテンの隙間を 星が踊って なぜかまた今日 泣いている タイムカプセル 人生の長さが わかる人いるの 教えて神様 波風強く すんなりいかない  タイムカプセル あの頃と似ている 夏の匂いに 蘇る どうして? 苦しいよ タイムカプセル あの時の日焼けに 愚痴をこぼして 辛い分大きな 幸せ感じる 今を生きてゆく
線香花火CRaNECRaNEsanae田中昇吾清水信之一本ずつ持った 線香花火 くっつけて 大きな丸にしたけど  パチパチもせずに 線香花火 すぐに地面にとけた  瞳かさねた ふたりの恋は 長く長く続けたい  空が流れてゆく夏 明日は雨だってさ そうね消えてくこの火の 真似はしたくはないよ  あなたが離れて いってしまう時は 理由はなんであれ きっと私が悪い  落ちる寸前 線香花火 引き止めはしないけど  願っているの 願っているの ずっとずっと一緒だと  風が歌いだした夏 今はやさしく吹いて そっとね ねばってこの火を 消したくはないから  空が流れてゆく夏 明日は雨だってさ そうね消えてくこの火の 真似はしたくはないよ  消したくはないから
空を飛べる日CRaNECRaNEsanae田中昇吾清水信之飛び立てない 傷ついた翼を 折りたたんで 迷子になってる 硝子割れた音  透き通る青空も 指先触れそうな星さえも 全てが淋しく映る  諦めたことの 数を数えてみる 息切れせずに 涙目のまま 近づければいい いつの日か…  昨日みた夢のままに 空を飛べる日が来るの? 泣いてもいい? 哀しいから 花びら舞い散る  「華やかな桜は苦手だ」と 風に舞う花びらの中で 君がつぶやいてた  緑の上に 揺れて淡く光る 木漏れ日の様に 君のことを 愛すればよかった もう一度…  昨日みた夢のままに 君と歩ける日がくるの? 泣いてもいい? 哀しいから 花びら舞い散る  緑の上に 揺れて淡く光る 木漏れ日の様に 君のことを 愛すればよかった もう一度…  昨日みた夢のままに 君と歩ける日がくるの? 泣いてもいい? 哀しいから 花びら舞い散る  昨日みた夢のままに 空を飛べる日がくるの? 泣いてもいい? 哀しいから 花びら舞い散る  泣いていいよ 哀しいなら 雪が溶けるように
サンシャインCRaNECRaNEsanae田中昇吾清水信之始まるサンシャイン 閉ざしてた扉を 開いたらどんな ストーリーが見えるの?  淡い光線 顔をくすぐって だるい身体も 喜んでるよう  出会う前にも 見てた街並みが なぜか違うね 微笑む人達  求めているもの 何かよく分からない 知ってしまえば 泣くかもね 空模様みたい 恋は動いて 雨、くもり、晴れ  始まるサンシャイン 光る君の笑顔 いつでもサンシャイン 覚えた優しさ You are my only Sunshine 手のひらかざして 弾けだす風受けて 歩き出す  白いミルク ブラックに溶けて 優しい色が 君を思い出す  星の数ほど 揺れる気持ちだけど 今は静かに 待っている 焦げ付くとれない想い でもそう なおさらにいいさ  始まるサンシャイン 光る君の笑顔 いつでもサンシャイン 感じた切なさ You are my only Sunshine 閉ざしてた扉を開いたら どんなストーリーが 見えるの?  始まるサンシャイン 光る君の笑顔 いつでもサンシャイン 覚えた優しさ You are my only Sunshine 手のひらかざして 弾け出す風受けて 歩き出す
ガラスの季節さんみゅ~さんみゅ~深川琴美河原嶺旭清水信之自転車の うしろに乗り 背中ごしの景色 肩よせて 落ちないように 川沿いを走る  ひとつになった影法師 いつか離れてゆくのね なんだか 涙が出そうよ  Be With Me ! ガラスの季節を ただ寄り添っていたい あなたの笑顔と 風に揺れながら 嫌よ 大人の坂道 まだ上(のぼ)りたくないの わたしの気持ちを 思い出にしないで そばにいてね Dear My Darling  振り向いた 頬に当てて 汗かいたジュース 1人分 半分こね いつのまにかルール  瞳にうつる 未来には 大人のわたしはいるの? お願い おいていかないでね  Be With Me ! ガラスの季節を まだ漂っていたい 隣に寝ころび 空見上げながら 好きよ ふるえる言葉に 微笑んで抱き寄せた あなたの気持ちを 思い出にしないで そばにいてね Dear My Darling  Be With Me ! ガラスの季節を ただ寄り添っていたい あなたの笑顔と 風に揺れながら 嫌よ 大人の坂道 まだ上(のぼ)りたくないの わたしの気持ちを 思い出にしないで そばにいてね Dear My Darling
き・い・て MY LOVE坂上とし恵坂上とし恵三浦徳子亀井登志夫清水信之穴のあいた 傘さしては 濡れないように 気をつけて A-han いつもこうなんです  うちの鏡に 聞いてみたら もう世界一の 美人だよと A-so それはもうそうでしょ  あなたの家の 前にある 魅力的な 赤いポスト ポトン お手紙しに来たの  徹夜して書いた Love Letter あなたが手にとる その時はお願いね  バックに流れる レコードは 波の音なんかを させちゃって  できれば雨の降る こんな日は じっとしてれば いいはずなのに A-han いつもこうなんです  びしょ濡れのまま 歩いてたら 風邪を ひいちゃったみたい ホント それはもうそうでしょ  徹夜して書いた Love Letter あなたに早く届くように この努力  やさしいことば かけられて ニコニコしてみたい 好きだよなんて 言われて あたしもですと 答え うつ向いたりしながら でも はっきり言うの  雨の日のすごしかた…
マグネティック・ラヴ中森明菜中森明菜epo大貫妙子清水信之スピンしながら たおれこむ ジルバのように マグネティック・ラヴ  あなたの腕に だかれたら ショート しちゃう マグネティック・フィーリング  ふたりの あいだに 流れてる エネジ―  プラス マイナス 持ち寄って 引き合う時 マグネティック・ラヴ  他の誰にも ゆずれない 恋の予感 マグネティック・フィーリング  磁力の 運命 信じても いい  あなただけに 愛されたい 必要なものは おしまずに あげるわ マグネティック・ラヴ  あなただけに 愛されたら いたずらな恋と あそんだり しないわ マグネティック・フィーリング  スピンしながら たおれこむ ジルバのように マグネティック・ラヴ  あなたの腕に だかれたら ショート しちゃう マグネティック・フィーリング  プラス マイナス 持ち寄って 引き合う時 マグネティック・ラヴ  他の誰にも ゆずれない 恋の予感 マグネティック・フィーリング  スピンしながら たおれこむ ジルバのように マグネティック・ラヴ  あなたの腕に だかれたら ショート しちゃう マグネティック・フィーリング  プラス マイナス 持ち寄って 引き合う時 マグネティック・ラヴ  他の誰にも ゆずれない 恋の予感 マグネティック・フィーリング
改めて 恋は妙小椋佳小椋佳小椋佳小椋佳清水信之恋は妙なものだ 薄暗い暮らしに 急に光を射し 色鮮やかにする 恋は妙なものだ 一人を選び出し 他の人全てを もっと他人にする  恋は駄目なものだ 違い夢に向かい 励んでた心を 直ぐヘナヘナにする 恋は駄目なものだ 実に薄っぺらで 中身の無い歌に 涙させたりする 恋はいつも 相手の中に 見つめてるよ 自分の夢を 愛は不思議 自分の中に 慈しむよ 相手の夢を  恋は嫌なものだ 胸底に勝手に 住み着いて家主の 言うことを聞かない 恋は嫌なものだ 昨日まであれほど 熱っぽかったのに 理不尽に冷え込む  恋は変なものだ 別れの深い傷 消し難い辛さも 時が葬り去る 恋は変なものだ また性懲りもなく 漸くの静かな 暮らしに忍び寄る 恋はいつも 相手の中に 見つめてるよ 自分の夢を 愛は不思議 自分の中に 慈しむよ 相手の夢を  恋は妙なものだ 時に愛に変わり 捨ててもいい命 永くあれと祈る 恋は妙なものだ 愛し生きることを 生き甲斐幸せと 錯覚したりする 錯覚したりする
蕃茉莉小椋佳小椋佳小椋佳小椋佳清水信之黄昏にもなお 馨しい花 皐月華やぐ ばんまつり 真白と紫 麗しい花 君の居住い 映して 優しさ身に染みて 心に和み覚え 来し方に頷く私になる  去年(こぞ)も一昨年(おととし)も 緑葉(みどりば)の中 花見せぬまま ばんまつり それだけ嬉しい 今年の開花 命の不思議 艶(あで)やか 首傾(かし)げてはまた 感傷と感動 悦びに頷く私になる  黄昏にもなお 馨しい花 君の手塩の ばんまつり 真白と紫 麗しい花 その慈しみ 映して 優しさ身に染みて 心に励み覚え 行方(ゆくえ)に顔上げる私になる 黄昏にもなお 馨しい花 皐月華やぐ ばんまつり
恋はくじけず ~You can't worry love~鈴木雅之鈴木雅之吉田Q吉田Q清水信之夕暮れに赤めく街並は季節の終わりの影 話しかけても返事はなくサイドミラー見ているだけ 不機嫌な仕草もいとおしく思えてしまう女性(ひと)よ だけど俺はやっぱりお前に笑っていてほしいよ  Baby, Come On, Come On そばにおいで お前らしく素直に Ooh... カーラジオからMusic ハートに甘くDoo-Wop Yeah  いつまでもいつまでも優しいお前でいてよ とこしえに変わらずたまにゃHoldin' You 花でさえ涙する明るい恋のメロディーよ シュビドゥビドゥダンダン明日もくじけずにやりましょう  近頃お前もどこかしら淋(さみ)しい背中してる 仕事ばかりの日々の中で夢を一つ見たいよ  Baby, Come On, Come On ついておいで 悪いことばかりじゃない Ooh... 道沿いのBurger Shop 二人で食べに行こうよ Yeah  いつまでもいつまでも可愛いお前でいてよ ため息、妬きもちもたまにゃSweet & Soul 星でさえ知り得ない楽しい夜のリズムよ シュビドゥビドゥダンダン明日もくじけずにやりましょう  いつまでもいつまでも優しいお前でいてよ とこしえに変わらずたまにゃHoldin' You 花でさえ涙する明るい恋のメロディーよ シュビドゥビドゥダンダン明日もくじけずにやりましょう  シュビドゥビドゥダンダンお前を「幸せ」と呼びたい
ほほにキスしてさんみゅ~さんみゅ~伊藤薫伊藤薫清水信之頬にキスして そしてサヨナラ 今度会う時は笑顔で 頬にキスして そしてサヨナラ 今日の日は忘れない  恋人にして下さい 振り向くあなたの腕に 風船の様に軽く 飛び込んでいた私  緑咲きほこる春に 小麦色に焼けた夏 センチメンタルな秋が そして冬色の愛  輝くメリーゴーランド きらめく季節風も 地球が回るように 訪れる物語  頬にキスして そしてサヨナラ 今度会う時は笑顔で 頬にキスして そしてサヨナラ 今日の日は忘れない  涙なんておかしいわ 瞳をみつめあって 指先をからませて 旅立ちを祝いましょう  だからキスして そしてサヨナラ 今度会う時は笑顔で 頬にキスして そしてサヨナラ 今日の日は忘れない  頬にキスして そしてサヨナラ 今度会う時は笑顔で 頬にキスして そしてサヨナラ 今日の日は忘れない  頬にキスして そしてサヨナラ 今度会う時は笑顔で 頬にキスして そしてサヨナラ 今日の日は忘れない
Secret Blue Memoriesさんみゅ~さんみゅ~大内正徳河原嶺旭清水信之Secret Blue Memories みんなに内緒 約束よ 二人だけの秘密が どんどん増える  あなたの手で そっと乙女は変わるの 誰も知らない私を見て 「はじめまして」  恋は不思議な魔法だわ 見た目 性格 変わっちゃう  綺麗になるとか言うけど 内緒 内緒 あなただけ  Secret Blue Memories 明日ファーストデイトなの どんな服や 髪型 してけばいいの?  手を握って 少し見つめあうだけで 恋はそこから 生まれるもの 「はじめまして」  クラスで少しうわさなの 「ちょっとこの頃 明るいね」  制服のリボンだけが 秘密 秘密 知ってるの  Secret Blue Memories きっとメールじゃ伝わらない 恋の熱い体温 触れて感じて  抱きしめたら 何かが壊れていくの そして何かが 生まれるのよ 「はじめまして」  友達も知らない あなただけなのよ  Secret Blue Memories みんなに内緒 約束よ 二人だけの秘密が どんどん増える  あなたの手で そっと乙女は変わるの 誰も知らない私を見て 「はじめまして」
忘れないよ。中島愛中島愛矢吹香那矢吹香那清水信之水面(みなも)で揺れている 心照らす光 気付けば見上げてた つながる青い空  時を忘れるほど 夢中ではしゃいだね 過ごした毎日が  えないでと願った  忘れないよ 時が過ぎ 今日が遠くなっても 波の音やこの空は いつもここで待ってるから  膝を抱えたまま 何度も問いかけた ひいては返す波 優しく聴いてくれた  交わした約束は ここに置いていこう いつか会いたい時 ここを目指すように  変わらないよ この街は 描く未来 包んで 暮れゆく空 揺れる風 今日も明日(あす)へ届けるから  ひとりきりで迷った時 繰り返すよ 奏でた言葉を  思い出すよ 時が過ぎ 今日が遠くなっても 波の音やこの空は いつも心の中にある  忘れないよ どんな時も つながる空たどって あの日浮かべた願いが いつも空で輝くから
ある恋の物語稲垣潤一稲垣潤一Almaran Carlos Eleta・日本語詞:湯川れい子Almaran Carlos Eleta清水信之初めて 目と目が合った 昼休みの Cafe なぜか うるさく響いていた音が すべて 消えた 瞬間  例えば 初めての夜 後ろから 君を抱いて 鏡に映った いとしいヴィーナス 奇跡 見てたよ  神さまの指 すべり堕ちて 粉々に砕けた ワイングラス きらり 想い出が 冷たくて 刺さる だけど 変わらない 君への 想い  だから もし逢えるならば 何もかも 放り捨てて 跪(ひざまず)き 新しい 夢の入り口に 立つだろう  思えば あの日の朝も 子供のように ふざけて 愛のあと 君は 「さよならは 嫌(いや)!」と 急に 泣いたね  世界中 捜したとしても 君はもう 幻の国へ 遠くに またたく あの星のよう 決して 忘れない 恋の 想い出  だから もし逢えるならば 命さえ 放り捨てて 跪き 新しい 夢の入り口に 立つだろう
オルフェの唄稲垣潤一稲垣潤一Antonio MARIA・Francois LLENAS & Marcel CAMUS・日本語詞:薩摩忠Luiz BONFA清水信之夢さめてあおぐ この朝の光 バラ色した 花のつゆが 真珠のように かがやく 苦しみをのがれ この春の空に 新しい天国が 今ひらける 歌え 恋をめぐる 朝の陽の 光の中で
恋心 Duet with 伊集院幸希稲垣潤一稲垣潤一Rene Pascal Blanc・日本語詞:永田文夫Enrico Macias清水信之恋は不思議ね 消えたはずの 灰の中から 何故に燃える ときめく心 せつない胸 別れを告げた 二人なのに 恋なんて むなしいものね 恋なんて 何になるの  恋がめざめる 夜になると あなたのことを 夢に見るの けれど私が めざめる時 夜あけと共に 消えてしまう 恋なんて はかないものね 恋なんて 何になるの  恋をするのは つらいものね 恋は愚かな 望みなのね あなたのために 命さえも 捨ててもいいと 思うけれど 恋なんて 悲しいものね 恋なんて 何になるの  恋なんて 恋なんて
Dream稲垣潤一稲垣潤一Johnny Mercer・日本語詞:杉真理Johnny Mercer清水信之Dream 辛い時 Dream 夢見よう 君が 行きたい場所 思い出させるはずさ  So Dream もし夢を Dream なくしたら もう 君は君じゃない So Dream Dream Dream  夢は 君の味方 So Dream Dream Dream
神様のいたずら中島愛中島愛大江千里大江千里清水信之きみが指でつくるフレームには タンポポの綿毛が映り込むよ 格子窓 竹細工 急な階段 懐かしい景色もそのままだね  塩田のにおいを吸い込んだら 高台のポストから手紙を出そう 降りる駅も知らない未来のきみに 切符を一枚同封して  そこにあるなにげないこと てのひらからこぼれてても おそれないで 止まらないで きみはきみのままでいて  神様は時々いたずらする いちばん大切なものだけを どこかに置き去りにさせて ぼくたちを大人にするんだ  特別なことなどどこにもなく 出会えたぜんぶは偶然じゃない たとえ悲しみに包まれても 笑顔だけは忘れないでよ  団地裏 綿帽子 大吉のでる神社の鳥居をくぐれば 真新しい光のシャワー きみを包み込んでいく  真心と勇気でつながれば 一瞬はいつか永遠になる 夢の行き先はそれぞれでも 決してひとりじゃないよね  神様は時々いたずらする いちばん大切なものだけを どこかに置き去りにさせて ぼくたちを大人にするんだ  きみを大人にするんだ
夏鳥中島愛中島愛杉森舞杉森舞清水信之あなたが生まれた町に ふらりと旅に出てみました 白い汽車に揺れながら 流れゆく雲とともに  こんな私をあなたが見たら 優しいあなたは叱るのでしょう 古いホームに降り立つ時に むせるほど漂う初夏の匂い  夏鳥つらなる晴れた空 私はまだ飛び立てない… 潮風にあなたを感じて まだ、迷っています 遥か遠くに浮かぶ小島 あなたを育てた町並み なんだか私も懐かしい… 二人で来たかった  あなたが生まれた町に 今年も夏がやってきます 線路沿いの並木道 陽炎が揺らめきだつ  こんな季節をあなたと共に ずっと過ごしていきたかったの 河原に咲いたアザミの花が あの時の笑顔に似ていました  夏鳥飛び立つ青い空 あなたは二度と帰らない この町にあなたを映して まだ、探しています あなたがいつか話していた 古い神社の木漏れ日 やわらかい日差しが私に 優しく問いかけた  ねえ いつかは 思い出になるのかな  夏鳥羽ばたく広い空 二人は二度と出会わない 窓の外 夕凪の町は とても切なかった オレンジ色に染まる電車 ゆっくり今走り出せば 「さよなら」と手を振る私に 町が微笑んでる
けんかをやめて稲垣潤一 Duet with 小林明子稲垣潤一 Duet with 小林明子竹内まりや竹内まりや清水信之けんかをやめて 二人を止めて 私のために争わないで もうこれ以上  ちがうタイプの人を 好きになってしまう 揺れる乙女心 よくあるでしょう だけどどちらとも 少し距離を置いて うまくやってゆける 自信があったの ごめんなさいね 私のせいよ 二人の心 もて遊んで ちょっぴり 楽しんでたの 思わせぶりな態度で……  だから けんかをやめて 二人を止めて 私のために争わないで もうこれ以上  ボーイフレンドの数 競う仲間達に 自慢したかったの ただそれだけなの いつか本当の愛 わかる日が来るまで そっとしておいてね 大人になるから ごめんなさいね 私のせいよ 二人の心 もて遊んで ちょっぴり 楽しんでたの 思わせぶりな態度で……  だから けんかをやめて 二人を止めて 私のために争わないで もうこれ以上……
稲垣潤一 Duet with 森高千里稲垣潤一 Duet with 森高千里森高千里松浦誠二清水信之ひとつひとつ 消えてゆく 雨の中 見つめるたびに 悲しくなる 傘もささず 二人だまっているわ さよなら 私の恋  思いきり泣いて 強く抱かれたいけれど 今の私は遠すぎる あなたが  雨は冷たいけど ぬれていたいの 思い出も涙も 流すから  そっとあなた 私の手を 引きよせ 最後の言葉 探してるの? だけど私 泣いたりなんかしない 涙は 雨のせいよ  思いきり泣いて あなたに抱かれたいけど 何もいらない このままそばにいて  雨は冷たいけど ぬれていたいの あなたのぬくもりを 流すから 雨は冷たいけど ぬれていたいの 思い出も涙も 流すから  思いきり泣いて 強く抱かれたいけれど 今の私は遠すぎる あなたが  雨は冷たいけど ぬれていたいの あなたのぬくもりを 流すから 雨は冷たいけど ぬれていたいの 思い出も涙も 流すから
Brand New PARADISEWトラブルWトラブル前田たかひろTSUKASA清水信之タイムマシーンがあれば 戻ってみたい 18の春がいいな  本気で喧嘩したり 笑い合って泣いた バカで愛しいアイツに会いたい  ノスタルジーはいつでも やさしくせつない 今日が色褪せてゆく  生きると言う仕事と遊戯(あそび)の中で ときめく心わすれてる  Everyday…  あの日にはもう戻れなくて 歩き出せもしない もどかしい時の中に 錆びたナイフ捨てたけど  It's my brand new, brand new, brand new PARADISE 明るい日と書く 楽園がある It's my brand new, brand new, brand new PARADISE  絶望するにはまだ早い 卒業していい今日がある  桜が青空に 咲き誇るように もっと自由になろう  明日をあきらめて 自分偽った 人生から抜け出そうか  Oh Yeah…  アイツは今 シアワセなのか? 繋がれちゃいないか? 胸の奥 飼い馴らした 夢のクサリ切ればいい  It's my brand new, brand new, brand new PARADISE 未来に賞味期限はない It's my brand new, brand new, brand new PARADISE  あの日みたいに歩き出そう 桜色の風の路を  It's my brand new, brand new, brand new PARADISE 明るい日と書く 楽園がある It's my brand new, brand new, brand new PARADISE  卒業していい今日がある 誰にだって来る Brand New PARADISE
スローバラードWトラブルWトラブル忌野清志郎・みかん忌野清志郎・みかん清水信之昨日はクルマの中で寝た あの娘と手をつないで 市営グランドの駐車場 二人で毛布にくるまって カーラジオから スローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ あの娘のねごとを聞いたよ ほんとさ 確かに聞いたんだ  カーラジオからスローバラード 夜露が窓をつつんで 悪い予感のかけらもないさ ぼくら夢を見たのさ とってもよく似た夢を
サイレント・イヴ稲垣潤一 Duet with 大貫妙子稲垣潤一 Duet with 大貫妙子辛島美登里辛島美登里清水信之真白な粉雪 人は立ち止まり 心が求める場所を思いだすの いくつも愛を 重ねても 引きよせても なぜ 大事な夜にあなたはいないの さよならを決めたことは けっしてあなたのためじゃない 不安に揺れるキャンドル 悲しかったから “ともだち”っていうルールはとても難しいゲームね もう二度と二人のことを邪魔したりしない  本当は誰れもが やさしくなりたい それでも 天使に人はなれないから 瞳をそらさずに 想い出はうるむけれど 移りゆく季節が ページをめくるわ さよならを決めたことは けっしてあなたのせいじゃない 飾った花もカードもみんな Merry Chistmas for me “ともだち”って微笑むより今は一人で泣かせてね もう一度 私の夢をつかむまで Silent Night  もう一度 私の夢をつかむまで Silent Night
PIECE OF MY WISH稲垣潤一 Duet with 辛島美登里稲垣潤一 Duet with 辛島美登里岩里祐穂上田知華清水信之朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
あなたに逢いたくて~Missing You~稲垣潤一 Duet with 松浦亜弥稲垣潤一 Duet with 松浦亜弥松田聖子松田聖子 & Ryo Ogura清水信之二人の部屋の 扉を閉めて 思い出たちに“さよなら”告げた  あれから半年の時間(とき)が流れて やっと笑えるのよ 毎日 忙しくしているわ 新しい人生を私なりに歩いてる...  あなたに逢いたくて 逢いたくて 眠れぬ夜は... あなたのぬくもりを そのぬくもりを思い出し... そっと瞳 閉じてみる  あなたの後 歩きたかった 二人で未来 築きたかった  どんなに愛しても 叶うことない 愛もあることなど 気付きもしないほど あなただけ... 見つめてた 愛してた 私のすべてをかけて  あなたに逢いたくて 逢いたくて 眠れぬ夜は... あなたのぬくもりを そのぬくもりを思い出し... そっと瞳 閉じてみる  一緒に 過ごした日々を 忘れないでね 後悔しないでしょう... 二人 愛し合ったこと...  あなたに逢いたくて 逢いたくて 眠れぬ夜は... あなたのぬくもりを そのぬくもりを思い出し... そっと瞳 閉じてみる  愛してると つぶやいて...
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
She堺正章堺正章Herbert KretzmerCharles Aznavour清水信之She maybe the face I can't forget The trace of pleasure or regret Maybe my treasure or the price I have to pay She maybe the song that summer sings Maybe the chill that autumn brings Maybe a hundred different things Within the measure of a day  She maybe the beauty or the beast Maybe the phantom or the feast May turn each day into a heaven or a hell  She maybe the mirror of my dreams The smile reflected in a stream She may not be what she may seem inside her shell  She who always seems so happy in her proud Who's eyes can be so prouder than so proud No one's allowed to see them when they cry She maybe the love that cannot hold to last May comes a need from shadows of the past That I remember till the day I die She maybe the reason I survive The Why and when for I'm alive  The one I care for through the rough in many years Me I'll take her laughter and her tears And make them all my souvenirs For where she goes I've got to be The meaning of my life is  She...She...She...
北風小僧の寒太郎~New Version~堺正章堺正章井出隆夫福田和禾子清水信之北風小僧の寒太郎 今年も町までやってきた ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 冬でござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 口笛吹き吹き一人旅 ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 寒うござんす ヒュルルルルルルン  北風小僧の寒太郎 電信柱も泣いている ヒューン ヒューン ヒュルルンルンルンルン 雪でござんす ヒュルルルルルルン
モヒートの夜堺正章堺正章秋元康南佳孝清水信之もう恋なんて しないだろう 2時間前まで 思っていた  運命って奴は やっかいだね 今 出会った 君と乾杯しようか?  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ  すぐ帰ろうと 思ってたのに 真っ赤なドレスに 足止めさ  昔話 思い出すよ ラテン系だね 君が危なっかしい  モヒートの夜 ラムが似合う 久しぶりに 男になる 嘘をつく ヘミングウェイが 愛した酒 人生はいつも 飲みすぎた 甘いカクテル  モヒートの夜 甘い予感 口当たりが いい女 後を引く 昔みたいに 酔わせてくれ 天井のファンが かき混ぜる 真夏の夢さ
忘れもの堺正章堺正章秋元康Gajin清水信之時の忘れもの いくつあるだろう? ここまで来て ふと思い出す 遥か彼方 胸の片隅に 浮かび消えて行く 笑い顔や 流した涙 遠い景色  あの頃のトランクは いつしか色褪せて どこか僕に似ている  人は誰もみな 旅のその途中 迷いながら 寄り道をして 立ち止まり また 歩く  時の忘れもの 何度 恋をして 二人きりで 夜明けの空を 眺めただろう 君と 偶然に 会った街角で 昔話 することもなく すれ違ったね  振り向けば 若さとは 瞳を閉じた日々 何も見えなかったよ  道はどこまでも ずっと 続いてる 夕焼けまで まだ ありそうだ もう少し 歩こうか?  生まれ変わっても 同じ道を行く 忘れものは 僕の足跡 思い出に 悔いはない
二十三夜堺正章堺正章大津あきら佐藤隆清水信之二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 二人の仲は罪しか 芽ばえなくて 睦み合う夜だけが 星に瞬く あなたの胸は薔薇の宿命のようで 時を忘れた二人は異教徒だね 一夜二夜(ひとよふたよ)夢はさやか そして愛は化石に  狂おしい程逢えない夜のあとに 甘く謎めく吐息 結びあうのに 女は海に男は空に乱れ 肌を絡める二人に朝は来ない 二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 一夜二夜 夢はさやか そして愛は化石に  二十三夜 愛し抜いて あなた恋の雫に 
ひまわり娘杏里杏里阿久悠シュキ・レヴィ清水信之誰のために咲いたの それはあなたのためよ 白い夏のひざしをあびて こんなに開いたの 恋の夢を求めて まわるひまわりの花 そしていつも見つめてくれる あなた太陽みたい 涙なんか知らない いつでもほほえみを そんな君が好きだと あなたはささやく  もしもいつかあなたが 顔を見せなくなれば きっと枯れてしまうのでしょう そんなひまわりの花  涙なんか知らない いつでもほほえみを そんな君が好きだと あなたはささやく 誰のために咲いたの それはあなたのためよ あなただけの花になりたい それが私の願い あなただけの花になりたい それが私の願い
GOODBYE DAY杏里杏里来生えつこ来生たかお清水信之少しだけ 疲れた顔で 君は静かに 眠ってる スタンドの 淡い光 そっと睫毛の 影が出来る  昔より 愛が足りない 君はぼんやり 呟いた 費した 君との月日 惜しみはしない 僕がいる  Goodbye day 今日が終わり One more day また一日 何ごともなく それでいい Oh Goodbye day ケリをつけて One more day また一日 新しい日に すればいい  てのひらに 口づけすると そっと力を こめてくる 無意識に 甘えてるだろ 僕が隣りに いることに  こんなにも 愛は深いよ それに気づかぬ だけだろう 余りにも おだやかすぎて 時の流れに 埋もれるから  Goodbye day そして I love you One more day また一日 信じていれば それでいい Oh Goodbye day そして I love you One more day また一日 おだやかならば それでいい  Goodbye day そして I love you One more day また一日 信じていれば それでいい Oh Goodbye day そして I love you One more day また一日 おだやかならば それでいい
ワインレッドの心杏里杏里井上陽水玉置浩二清水信之もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはその透き通った瞳のままで あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を持つあなたの願いが かなうのに  もっと何度も抱き合ったり ずーっと今夜をゆれ合ったり 哀しそうな言葉に 酔って泣いているより ワインをあけたら  今以上 それ以上 愛されるのに あなたはただ恥らうよりてだてがなくて あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心をまだもてあましているのさ この夜も  今以上 それ以上 愛されるまで あなたのその透き通った瞳の中に あの消えそうに燃えそうなワインレッドの 心を写しだしてみせてよ ゆれながら
瞳をとじて杏里杏里平井堅平井堅清水信之朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい  苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう 眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ  あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり 消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている  Your love forever 瞳を閉じて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても  いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな 今の痛み抱いて 眠る方がまだ いいかな  あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は 瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる  I wish forever 瞳をとじて 君を描くよ それしか出来ない たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても  Your love forever 瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも  記憶の中に君を探すよ それだけでいい なくしたものを 越える強さを 君がくれたから 君がくれたから
さよなら杏里杏里小田和正小田和正清水信之もう 終わりだね 君が小さく見える 僕は思わず君を 抱きしめたくなる  「私は泣かないから このままひとりにして」 君のほほを涙が 流れては落ちる 「僕らは自由だね」 いつかそう話したね まるで今日のことなんて 思いもしないで  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  愛は哀しいね 僕のかわりに君が 今日は誰かの胸に 眠るかも知れない  僕がてれるから 誰も見ていない道を 寄りそい歩ける寒い日が 君は好きだった  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  さよなら さよなら さよなら もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ そのままの君だけ  外は今日も雨 やがて雪になって 僕らの心のなかに 降り積るだろう 降り積るだろう
もう悲しくない~ハピふる!杏里杏里杏里杏里清水信之愛してる もう悲しくない あなたに また出逢えた 奇跡に 感謝している So ハピ ハピ ふる!(Happy Happy Full!)  見果てぬ 夢追って ここまで生きて来た あの日の出来事も 無駄じゃなかったわ  涙流しながら 心の中で サヨナラをしてた 私がいたの  愛してる もう悲しくない どんな未来になるんだろう? やり直す 勇気がある So ハピ ハピ ふる!(Happy Happy Full!)  何だか虫のいい 話だとあきれる 昔の仲間達 笑っていたね  何か言いたそうな あなたの瞳よ 言い訳なんかしなくてもいい  愛してた あれからずっと 答えは変わらないの プライドすてて来たのね 愛のシズル  人生は いつだって試されているの ねえ2人この愛をずっときっと続けよう  愛してる もう悲しくない あなたに また出逢えた 奇跡に 感謝している So ハピ ハピ ふる!(Happy Happy Full!)
青い鳥PLATINA LYLICゴスペラーズPLATINA LYLICゴスペラーズ安岡優北山陽一清水信之目と目が合うと上手に言えない 足りない言葉が胸を叩くよ 一秒ごとに横顔見上げて 瞳の奥でまた名前を呼んでる  通り過ぎる季節の中 僕達が語り合えるなら 何気ない時の欠片さえ かけがえのない未来さ  それは青い鳥 こんなに近く微笑むから いつか世界中の空 旅をして大人になる もう―度 めぐり逢えるまで  手を振る背中をそっと見つめた 言葉はなぜに全てを欲しがる 見知らぬ声が聞こえた気がして 振り返れば今日が遠くに逃げてく  止めどもなく夢を見てた 僕たちは傷つけ合うけど 手に入れた思い出と地図を 握りしめまたゆくのさ  それは青い鳥 終わらない歌口ずさめば いつか世界中の空 響き合うあのメロディー 誓うよ めぐり逢えるまで  人は求めすぎて 何を失うだろう 移り気な雲を 追いかける風も 重ね合い許し合い この地球を回せば  きっと青い鳥 誰もがすぐに見つけるのさ 今も世界のどこかで 生まれゆく朝日の色 心に翼を広げて  それは青い鳥 君が信じてくれるのなら いつか世界中の空 旅をして大人になる もう一度 めぐり逢えるまで 必ず あの日見た夢と めぐり達えるから
セピアD-51D-51吉田安英Kiichi & REO清水信之I don't wanna let you go 耐えられない wanna back to your life セピアに染めたくないのさ その涙が答えと言葉を超えて 僕へと伝えているね  そんな悲しい顔をしないで そんな風にあやまらないで 白く残るサヨナラの理由 言わなくてもいいよ  誰でも終わりは似ているね どっちかが残される方 最後のウソをついて 楽にさせたいけれど  I don't wanna let you go 耐えられない wanna back to your life セピアに染めたくないのさ その涙が答えと言葉を超えて 僕へと伝えているね  きっと僕ら分かり合えてた きっと誰も悪くないよね? たとえどこか偶然会っても 声はかけないよ  永遠を夢見たあの頃 気づけば優しさも忘れて 取り戻せないことはわかっている だけど  I don't wanna leave you now 行かないでよ wanna back to that day もう終わりしかないのかい? 夜が君を連れてく 声さえ届くことのないほど遠くへ  I don't wanna say good bye 消えないでよ please stay by my side いっそ凍らせてしまえば 香りや温もりさえ いつかは僕の記憶から薄れてゆく  最後のウソをついて 楽にさせたいけれど  I don't wanna let you go 耐えられない wanna back to your life セピアに染めたくないのさ その涙が答えと言葉を超えて 僕へと伝えているね  I don't wanna say good bye 消えないでよ please stay by my side いっそ凍らせてしまえば 香りや温もりさえ いつかは僕の記憶から薄れてゆく
スケッチブックを持ったまま牧野由依牧野由依大江千里大江千里清水信之蛙が鳴く道 蹴りながら歩いた 自転車の音 あなたは振り向く ゆるりと動いた 駐輪場の風 とたん屋根を夕立が叩き始めたね  大事なものは言わずに 心にしまい込んでた 無口なあなたが今もとても好き  いきなり 雲が切れて 空が晴れて 虹が見えた あわてて あなたが瞳に スケッチをした景色 わたしにもおしえて  10年後もあなた しあわせでいるよと 妹みたいな背中につぶやく  土手沿いに聞こえるのは 仲間達の笑う声 出会った全てがあの日でよかった  これから そこまで行こう 走りながら 転がりながら あわてて あなたが瞳に スケッチをした景色 わたしにもおしえて  いきなり 雲が切れて 空が晴れて 虹が見えた あわてて あなたが瞳に スケッチをした景色 わたしにもおしえて 今のわたしにも少しおしえて おしえて
会いたい杏里杏里沢ちひろ財津和夫清水信之ビルが見える教室で ふたりは机並べて 同じ月日を過ごした 少しの英語と、 バスケット、そして 私はあなたと恋を覚えた  卒業しても私を 子供扱いしたよね 「遠くへ行くなよ」と 半分笑って、半分 真顔で 抱き寄せた  低い雲を広げた 冬の夜 あなた 夢のように 死んでしまったの  今年も海へ行くって いっぱい 映画も観るって 約束したじゃない あなた 約束したじゃない 会いたい…  波打ち際 すすんでは 不意にあきらめて戻る 海辺をただ独り 怒りたいのか、泣きたいのか わからずに 歩いてる  声をかける人を つい見つめる 彼があなただったら あなただったなら  強がる肩をつかんで バカだなって叱って 優しくKissをして 嘘だよって 抱きしめていて 会いたい…  遠くへ行くなと言って お願い一人にしないで 強く 抱き締めて 私のそばで生きていて  今年も海へ行くって いっぱい 映画も観るって 約束したじゃない あなた 約束したじゃない 会いたい…
やさしいキスをして杏里杏里吉田美和中村正人清水信之あなたの一日が終わる時に そばにいるね 何も言わないで やさしいキスをして  そっと髪を撫でて 肩を抱いて そばにいるね あなたが眠るまで やさしいキスをして  電話してくれたら 走って行くから すぐに行くから なにもかも放り出して 息を切らし 指を冷やし すぐ会いに行くから  報われなくても 結ばれなくても あなたは ただ一人の 運命の人  今日という一日が終わる時に そばにいられたら 明日なんていらない 髪を撫でて 肩を抱いて あなたが眠るまで  この出会いに やさしいキスを これが運命なら
あなたのキスを数えましょう~You were mine~杏里杏里高柳恋中崎英也清水信之散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the night and days cure my feel of pain? “Please somebody, say” All of my heart is almost cryin' “In your eyes, in your sight, was it certainly my place?” Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
セシールの雨傘飯島真理飯島真理松本隆飯島真理清水信之Rain Rain Rain 雨の街で 不意に君を見掛けたのさ Rain Rain Rain 目があったのに 知らん顔のセシール  気付かぬ振りしてるの? ぼくを忘れたの?  花柄の傘はあの頃と同じ 寄り添う影が ぼくじゃないだけ 新しい彼は優しそうだね 少し安心したよ  Rain Rain Rain 愛し過ぎて 傷をしるしあった  雨が消してくれるさ ぼくたちの過去を  映画のパンフレット セーターの胸に 抱いてた  地下鉄に降りる階段の手前 君は一瞬 振り返ったね そして泣きそうに微笑みながら 傘をたたんで消えた  花柄の傘と擦れ違うたびに 君じゃないかと覗きこむのさ 短く揃えた栗色の髪 それがぼくのセシール  花柄の傘と擦れ違うたびに 君じゃないかと覗きこむのさ 短く揃えた栗色の髪 それがぼくのセシール
Prisoner of loveゴスペラーズゴスペラーズ村上てつや村上てつや清水信之いつからか 君がすべてと 秘めた恋心 それは 木枯らしに耐える 蕾のような 情熱さ 切なくなる 遠ざかる声に もっと逢いたくて 欲しいよ 君の心に僕だけが 開けるドア ひとつだけでいい  君を愛して 求め続けて すべて失くしても I'm a prisoner of your love どれほど愛を試しているの  叶う恋 叶わぬ恋の 話ではなくて 君に出逢えたこと ただそれだけで 歩き出せる力が生まれていくよ  君を愛して 求め続けて すべて失くしても 好きだから I'm a prisoner of your love 心は君につながれている  永遠の夢を願う それがどんなに儚くても いつまでも いつの日も (君を) 思い続ける I'm a prisoner of your love 壊れるほどに愛の虜さ 君を愛して 求め続けて すべて失くしても 好きだから I'm a prisoner of your love 心は君につながれている
ガールズ'ン'ボーイズ!ユハラユキユハラユキユハラユキユハラユキ清水信之アスファルト踏む足取り軽くこの坂を超え君のとこまで 近づくほどに鼓動高鳴る 腕をつねって実感をした  なんてステキな世界でしょう 君のいるこの世界は なんで楽しくなるんだろう 君を思い浮かべるだけで ずっとそばにいてくださいね そして私もここにいるよ  君の光 有り 私の悩み 病み しっかり手をつないで二人 私の光 在り 君をあたためて 二人で一緒に笑ってウソつこう  今日は前から決めてた日だね24時間二人で過ごす 焦らぬようににやけぬように胸に手をあて自分落ち着かせる  なんで不安になるんだろう ふと君から笑顔消えるたびに なんでドキドキするんだろう 君の顔覗き込むだけで きっとケンカもするでしょう それだって大好きな証です  風にゆらり ラリ 月の明かり 狩り ため息まじりの二人 君の涙見た 私の胸 痛っ 嫌なあいつ殴って二人でスッキリしよう  lalala…  I'm gonna love you you're gonna love me we can be happiest Girl & Boy  君の光 有り 私の悩み 止み しっかり手をつないで二人 私の光 在り 君をあたためて 二人で一緒に笑ってウソつこう 風にゆらり ラリ 月の明かり(仮) ため息まじりの二人 君の涙見た 私の胸 痛っ 嫌なあいつ殴って二人でスッキリしよう
夢ノカケラGOLD LYLICAAAGOLD LYLICAAA井上勝人橘井健一清水信之要らないモノと守るモノ 区別がつかなくなっていたよ 未来 希望 不安 自由 何が必要なんだろ? 溜息に曇る雑踏の中で 深い迷路に迷い込んだ影 半端になる 夢のカケラ 夕日に染まる 真っ赤に腫れ上がる 情けない声上げ 描いた理想の間で 叫んでみても もがいてみても 誰にも届かなくて  眩しい未来なんて容易(たやす)く手に入ると思ってたのに  寂しさとすれ違う度 涙で明日が滲んでゆく 存在を丸ごと否定するかのように 僕等は何処に向かえばいい? 少しでも進めているのかな? 誰か声を聞かせて欲しい  浅い眠りについた頃に 少年が僕に話しかける 「勝たなくてもいいんだよ」「負けなくてもいいんだよ」って 目覚ましの音が新たな未来を呼び また違う景色与えてくれるから  あの頃の自分に大きく手を振り負けないで行くよ  夢を追いかけ飛び出した少年が大人になり 手放したカケラは数え切れないけれど 覗き込んで見てごらんよ 胸の中に秘めている声や愛は 決して消えないからね  今の僕でさえ誇らしげに思う日が来る 目の前にそびえ立つそのハードルずっと飛び越えてくよ  夢を追いかけ飛び出した少年が大人になり 手放したカケラは数え切れないけれど 覗き込んで見てごらんよ 胸の中に秘めている声や愛は 決して消えないからね  何年先になったって余計な心配しなくったって 僕等には変わらないモノが心深くにある 人は生まれいずれかは全てを受け入れ土に還る運命 だからもっと だからもっと輝ける日を信じて
オリジナルな二人岡村孝子岡村孝子岡村孝子岡村孝子清水信之やるせないことばかりで 疲れてしまうよね 生真面目すぎるところが あなたのいい所 時には世の中とharmony 負ける訳じゃないしね 余裕で涼しく行こうよ 格好いいじゃない  でも泣きたい夜には夢を描いて とびっきりのドラマ いつかかなう時まで  世界中を敵にしても 私はついてるから あなたらしく いつもらしく 素顔のままでいてね 誰にも真似のできない オリジナルな人 信じ続ける 瞳を守りたい  忘れてしまいたいことや 誇りに思うこと 未来でひもとくページを 彩るhistory その時あなたの隣りで 微笑み交わすのが 私でありますように…そっと祈ってる  もし会えない時にも平気なように ありったけの愛で私を包んでいて  世界中を敵にしても あなたがいてくれたら 私らしく いつもらしく 自由に生きてゆける 凍える冬の月さえ 溶けだす位に このままずっと ねぇ抱きしめていて  夜空に輝いてる太古の星達 ありったけの愛で見守り続けていて  楽しいこと 悲しいこと 何度もめぐり会って 素敵なとこ 嫌いなとこ いくつも見つめながら 誰にも真似のできない 特別な二人 このままずっと ねぇ歩いていこう  世界中を敵にしても 私はついてるから あなたらしく いつもらしく 素顔のままでいてね 誰にも真似のできない オリジナルな人 信じ続ける 瞳を守りたい
ロコロコのうたGOLD LYLICロコロコ・イエローGOLD LYLICロコロコ・イエロー河野力清水信之清水信之パッチョンボ~ モ~イノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン ノ~ラッ チュレレ~ロットン ポラポラペットン プ~ロラッタンタン パップ~ラッ モ~イノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン オ~ラッ ポルケッティ~ノ ポポラッタンタンソ~ ココレッチョ ピエ~ントゥ~ラ マ~ニマ~ニ ウンガラフォッチャ~ラ デ~ラ トゥトゥラ~ペティトン トゥトゥラ~ポティトン セネキニコ~セ~ポン ココレッチョ ピエ~ントゥ~ラ マ~ニマ~ニ ウンガラフォッチャ~ラ デ~ラ トゥトゥラ~ペティトン トゥトゥラ~マティシ~ポ~ン パッチョンボ~ モ~イノイノイ チャカレタパトン パンコラケットント~ン ノ~ラッ チュレレ~ロットン ロコロコペットン プ~ロラッタンタン パップ~ラッ モ~イノイノイ チャカレタパットン パンコラケットント~ン オ~ラッ ポルケッティ~ノ ポポラッタンタンソ~
ホタルSHOWTA.SHOWTA.Satomih-wonder清水信之逢いたさを 願うたび 光を解き放つは ひとりきりを嘆いた あの日のホタルのように  宵待ちの空には 崩れかけた月 淋しげに浮かんで 淡い光、放ってた  想いはそっと 記憶の彼方へ ボクはしまいこんだ 今でも好きなのに…  逢いたさを 願うたび 光を解き放つは うたかたの この想い 産まれて来た理由へと 静かに姿を変えた  鬼灯の提灯 持ちながらはしゃぐ 浴衣姿のキミ 今、何処にいるのかな?  気持ちをちゃんと あの時、言えたら こんな痛みさえ 知らずにいたでしょう  逢いたいと 云う想い 仄かな希望になり 音もなく 込み上げた 愛しさはせつなさへと 静かに姿を変えて  逢いたさは 知らぬまに 孤独な胸の闇へ 微かなる 光射す あの日のホタルのように  逢いたさを 願うたび 光を解き放つは うたかたの この想い 産まれて来た理由へと 静かに姿を変えた
ハリケーンゴスペラッツゴスペラッツ湯川れい子井上大輔清水信之あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン  追いかけて 夜汽車の窓 運んでよ バカな俺を 辛いのと メモを残し 消えたのさ サヨナラも言わないで まるで 胸に 穴が開いたように 止まらない 止まらない 孤独の嵐だよ ハリケーン ハリケーン ハリケーン Everyday is ザ どしゃ降り  離さない 今度こそは 移り気な 罪の痛さに泣いた 俺の胸は ハリケーン  頼りない 記憶あてに 海沿いの 町をたずね歩く まるで 胸に 穴が開いたように 止まらない 止まらない 孤独の嵐だよ ハリケーン ハリケーン ハリケーン Let me show you ザ まごころ  ごめんねと 長い髪を 抱き寄せて くちづけ交わすまでは 俺の胸は ハリケーン  あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン あの娘探すのさ Midnight チュー・チュー・トレイン
たったひとりの君だけに米倉利紀米倉利紀松井五郎伊秩弘将清水信之好きだったんだよ わかってたんだ でもそっけない二人でいるね 抱きしめたくて のばす腕 いつでも君を逃がしてる  喧嘩をしたり ふざけあったり ただあっけないやりとりばかり ほかの誰かに そらす瞳に またうっかりジェラシー  なぜだろう眠れなくて 真夜中過ぎに かけた電話なら あんなに 素直になるのに TONIGHT TONIGHT むきになってた  もう離せない 離さない 離したくない あふれる気持ち きりがないさ この世界で たったひとりだけ決めた 大事なひとは 君しかいない  たった一日 逢わないだけで またぎくしゃくしそうなLONELINESS 綺麗に見える 唇も その秘密まで 知りたがる  君に気がある奴らのことで ほらちぐはぐしてゆく感じ ともだちなんか 失くしても ふたりきりでいたい  馬鹿だろう そばにいても 優しいことばなんか でやしない ほんとは 泣けてくるくらい TONIGHT TONIGHT 思いつめてる  もう離せない 離さない 離したくない 打ちあけたくて 胸が熱い この世界にたった一度だけでいい 守りたいのは 君しかいない  そうだろう ひとりじゃない 夜風にさらした涙をふいて ふれあう 指のその先に TONIGHT TONIGHT なにかはじまる  もう離せない 離さない 離したくない あふれる気持ち きりがないさ この世界でたったひとりだけ決めた 大事なひとは 君しかいない  もう離せない 離さない 離したくない 打ちあけたくて 胸が熱い この世界にたった一度だけでいい 守りたいのは 君しかいない
MRYTHEMRYTHEM富田京子奥居香清水信之いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった 季節はまた変わるのに 心だけ立ち止まったまま  あなたのいない右側に 少しは慣れたつもりでいたのに どうしてこんなに涙が出るの もう叶わない想いなら あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ  You are only in my fantasy 今でも覚えているあなたの言葉 肩の向こうに見えた景色さえも So once again Leavin' for the place without your love  星が森へ帰るように 自然に消えてちいさな仕草も はしゃいだあの時の私も  いつも一緒にいたかった となりで笑ってたかった 季節はまた変わるのに 心だけ立ち止まったまま  出会った秋の 写真には はにかんだ笑顔ただ嬉しくて こんな日がくると思わなかった 瞬きもしないで あなたを胸にやきつけてた恋しくて  You are only in my fantasy あなたの声聞きたくて 消せないアドレスMのページを 指でたどってるだけ So once again Leavin' for the place without your love  夢見て目が覚めた 黒いジャケット後ろ姿が 誰かと見えなくなっていく So once again  You are only in my fantasy  星が森へ帰るように 自然に消えて ちいさな仕草も いつまでも あなたしか見えない 私も
TEA FOR TWO奥村愛子奥村愛子IRVING CAESARVINCENT YOUMANS清水信之肩にもたれて あなたのささやきを 夢うつつ聞くわたし バラ色に輝くような 二人きりの愛の世界 幸せすぎて胸がはちきれそうよ ほほとほほ寄せ いつまでもいつまでも 二人きりでいたいの あなたのわたし わたしのあなた 二人でお茶を飲みましょう  バラ色に輝くような 二人きりの愛の世界 幸せすぎて胸がはちきれそうよ ほほとほほ寄せ いつまでもいつまでも 二人きりでいたいの あなたのわたし わたしのあなた 二人でお茶を飲みましょう
満月arparp大宮あん朱濱田貴司清水信之一人で泣いていませんか 愛してる人はいますか 幸せになろうとしてる あなたのままでいますか  今年もまた同じ季節が鼻先かすめた 昔二人で見上げた あの月を覚えてますか  誰にも言い出せない不安が募っていくときは 夜の空を眺めてみて そしてこの唄を思い出して  あなたの見てるその月が どんな形をしていても 影に隠れているだけで 本当の姿があるの  わたしは分かってるから 頑張れってもう言わないよ だからうまくいかなくても 自分を責めたりしないで  足りないものばかりに 気がとらわれてしまうけど ここまで来た自分のこと ちゃんとほめてあげてほしいんだよ  一人で泣いていませんか 誰に愛されていますか 幸せになろうとしてる あなたのままでいますか  夜に輝く三日月は 欠けてしまったわけじゃない 影に隠れているだけで 本当は満月だから  もしも小さな悲しみが 心に影を落としても あなたらしさも優しさも 変わらず輝いているよ
愛はかげろう白羽玲子白羽玲子三浦和人三浦和人清水信之窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を 細い指先で なぞってみる くもりとかして すべる指先に 伝わる冷たさ 心にしみる 忘れ去られた 部屋の片隅 貴方の影 今もゆれてる  愛はかげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心を ゆらして  別れ言葉を 口にする貴方は いつもとちがって やさしすぎた はき出すタバコの 煙の影が 教えてくれた 偽(つく)り言葉と あつく いだかれた日々を 倖せと言えば かなしい  愛はかげろう さめきった愛の 過ぎ去る後に 残るものは いつも女の 乾いた涙 さまよい歩く 迷い子  愛はかげろう つかの間の命 激しいまでに 燃やし続けて 別れはいつも 背中合わせに 人の心を ゆらして
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
j・e・a・l・o・u・s・y池田聡池田聡湯川れい子タケカワユキヒデ清水信之ロフトのソファー 透き通る横顔 瞳はなぜか 遠くを見てる  心のヴェール すべらせて開いた 昨夜(ゆうべ)の君は どこに消えたの  恋はゲームと 笑った言葉 砕けた夢が 刺さるよ 胸に ゆれる微笑み わずかな約束 謎めく君は 愛さえ風のように  答えてくれ 僕だけのものと その瞳の 優しさ降りそそいで 答えてくれ こんな切ない愛を ジェラシーと呼ばずに 受けとめて  海の匂いの ガレージにもたれて どこまで酔えば 愛が見えるの  時にわたしも 誰かの胸で 泣きたいだけと 呟く君さ  もしか 小さな手がかりひとつ 触れ合う指が 聞いてる 君のLONELINESS  聞かせてくれ 永遠はあるの 求めるほど 虚しさ星になるよ 聞かせてくれ こんな苦しい愛を ジェラシーと笑わず 抱きしめて  答えてくれ 僕だけのものと その瞳の 優しさ降りそそいで 答えてくれ こんな切ない愛を ジェラシーと呼ばずに 抱きしめて
濡れた髪のLonely池田聡池田聡松井五郎中崎英也清水信之Lonely 愛がこわくて Lonely 夢がふるえて 心を逃げだしたいよ とても Lonely 声がきけない Lonely みつめられない きみを思うほど  夜明けのドアを しずかに閉めて きみは靴をぬいだ 泊った場所は 髪の匂いで すぐに気づいてしまうさ  とても Lonely ききかえせない Lonely 知られたくない ありふれた迷いならば とても Lonely ほほえみなんて Lonely やさしさなんて 嫌いになりたい  上手な嘘に 疲れたように きみは服をぬいだ 小さなベッド 寝返りうてば ふたり抱きあうしかない  だけど Lonely 愛がこわくて Lonely 夢がふるえて 心を逃げだしたいよ とても Lonely 声がきけない Lonely みつめられない きみを思うほど  とても Lonely ききかえせない Lonely 知られたくない ありふれた迷いならば とても Lonely ほほえみなんて Lonely やさしさなんて 嫌いになりたい  だけど Lonely 愛がこわくて Lonely 夢がふるえて 心を逃げだしたいよ とても Lonely 声がきけない Lonely みつめられない きみを思うほど
君の生き方をつらぬいて五十嵐浩晃五十嵐浩晃松本隆五十嵐浩晃清水信之海沿いの駅 乗り遅れた汽車 もう少し君と話せるね 次に逢う日には違う名の君を 何て呼べばいい 戸惑いが滲む  心を見せてはしゃぎあえた 宝石のような季節 胸にしまう  サヨナラは新しい 愛に飛び立つ助走 泣かないで 透明な 君の生き方をつらぬいてくれ  故郷の古い木造の校舎 イニシャル刻んだあの机 ピースと笑う色褪せた写真 同じ夢抱いたぼくたちはいない  誰もが違う道を選ぶ それぞれの人生を作りながら  サヨナラは新しい 未来を探す切符 片道の長い旅 ぼくの生き方をつらぬくつもり  時代って激流さ ちっぽけな人間を飲む 汚れずに純粋な 君の生き方をつらぬいてくれ  サヨナラは新しい 愛に飛び立つ助走 泣かないで 透明な 君の生き方をつらぬいてくれ
街は恋人五十嵐浩晃五十嵐浩晃高村圭山崎稔清水信之街は恋人 二人を抱きしめる きらめく風を 追いかけ 駆け出す  ちぎれた愛は すてて とめた時計を もとに戻し 街を歩こう かわいた涙 わすれ 恋のメロディー きっと出会う 君にあげよう  時間よ止まらないで 長い髪の天使は 舞い降りたばかりさ  街は恋人 二人を抱きしめる きらめく風を 追いかけ 駆け出す  ささやく風に のせて ゆれる気持を 書いた手紙  空にとばそう 見なれた街も なぜか ちょっと まぶしい 光の中 君が見える  瞳をそらさないで 二人の物語は いま始まったばかりさ  街は恋人 心を踊らせる あしたの夢を 追いかけ 翔び立つ  時間よ止まらないで 長い髪の天使は 舞い降りたばかりさ  街は恋人 二人を抱きしめる きらめく風を 追いかけ 駆け出す  街は恋人 心を踊らせる あしたの夢を 追いかけ 翔び立つ
VITAMIN E・P・OEPOEPOEPOEPO清水信之毎日に追われて どことなく 疲れ顔をしてる  あのひとが ほうばる ひとつぶの 薬になりたいの  心の中の やっかいごとに 寝てもさめても うなされる  そんな晩には よく効く 催眠術に だまされたと思って  Papa Shuwa Dubi Dubi Du Papa Shuwa Dubi Dubi Du Papa Shuwa Shuwa Shuwa Dubi Dubi Du  北向きの窓辺へ 一輪のバラを そえるように  お互いに苦手な いくつかを 助け合えばいいわ  人の都合も待たずに空が 急にくずれてしまっても  かけこむ屋根の下には 同じ未来が 約束されているから  Papa Shuwa Dubi Dubi Du Papa Shuwa Dubi Dubi Du Papa Shuwa Shuwa Shuwa Dubi Dubi Du
HarmonyEPOEPOEPOEPO清水信之ハーモニー 届けてあげたいの  胸に手を置いて 思い出しましよう あの日ふたりの 指でかなでた 愛のラプソディー  風の吹く朝は 心ざわめいて 隠しきれない 熱い思いが 鍵盤の上で 踊る  ハーモニー あなたの耳もとで 金のハープを鳴らし  ハーモニー 優しく 揺り起こす 唄になりたいの  耳に手をあてて 感じ合いましょう 気粉れな霧 ひくくたち込め ふたり遠ざける 時は  ハーモニー あなたはあせらずに 恋の続きを語り  ハーモニー 私は隠やかな 時を紡ぎましょう  ハーモニー あなたの耳もとで 金のハープをならし  ハーモニー 優しく ゆりおこす 唄になりたいの
ラブレター白羽玲子白羽玲子甲本ヒロト甲本ヒロト清水信之本当ならば今頃 ボクのベットには あなたが あなたが あなたが居て欲しい 今度 生まれた時には 約束しよう 誰にも じゃまさせない 二人の事を  読んでもらえるだろうか 手紙を書こう あなたに あなたに あなたに ラブレター 新しいステレオを 注文したよ ボクの所へ あそびにおいで ああ… ラブレター 百分の一でも ああ… ラブレター 信じて欲しい  ほかの誰にも言えない 本当の事 あなたよ あなたよ しあわせになれ  あなたよあなたよしあわせになれ
愛はエナジー小林明子小林明子来生えつこ小林明子清水信之今も 私と同じ 夕日を見てるはずよきっと あなた 見えない糸で 結ばれていると信じてる  Oh, Sky road for you and me ずっと近くに あなたの気配 ゆれて 光の風を 浴びるたびに 愛はエナジー ひろがる  長い髪の少女は 昔の私に似ているわ 花と人のバザール あなたも見たの同じ景色  長い過去さえ 止まるほどの 無限の陽ざし 感じて 光の道を たどるあなた 瞳閉じて 見えるわ  置いてきた部屋の ポストに向けて この空気ごと 送りたい  Oh, Sky road for you and me もっと近くに あなたの呼吸 感じて 光の風を 浴びるたびに 愛はエナジー ひろがる  Oh, Sky road for you and me ずっと近くに あなたの気配 ゆれて 光の風を 浴びるたびに 愛はエナジー ひろがる
ためらい森川由加里森川由加里松任谷由実松任谷由実清水信之手をつなぐほど 若くないから あなたのシャツの ひじのあたりを つまんで歩いていたの  道ゆく人と すれちがうとき 二人いつから つみあっている 仲に見られるかしら  もしも新しい このめぐり逢いが 心の傷あと もうひとつふやす ことになろうとも  勇気を出して うちあけてみた 昔の恋を さりげなくきく あなたは 冷たい人  舗道によせた 車の中に 今夜二人で 旅立つための 小さな荷物がある  私はもうすぐ不幸になりそう いっしょの時間があまりに楽しく はやく過ぎるから  明日のことは わからないけど ずっと愛すと 云ってくれない あなたは冷たい人 あなたは冷たい人
Forever & Moreゴスペラーズゴスペラーズ安岡優北山陽一・安岡優・村上てつや清水信之必ず僕らは消えてゆくだろう 喜びと悲しみをどれだけ残してゆくだろう  道端で花が咲いた 知らず知らず誰かを傷つけてた 遠くで眩しい光が 君を見たら泣いてた  永遠とこの一瞬を Forever & More 僕らは会いたくて ただ会いたくて 時の砂漠でめぐり逢えたね  何が正しいかより ありのままを感じて 何故か心騒ぐ その答えの中へ  掌を眺めていた 久しぶりにきれいな虹が出てた 時計が今日を刻んだ 君のそばで眠った  永遠とこの一瞬を Forever & More 僕らは会いたくて ただ会いたくて 時の砂漠でめぐり逢えたね  嬉しい苦しい 胸の奥で幾つもの声が その全て抱きしめ歩いてゆくんだ I Say 「Bye-bye-bye-bye-bye」  明日も昨日も二度とは戻らない いま君がいること ずっとずっと 歌い続けよう  永遠とこの一瞬を Forever & More 僕らは会いたくて ただ会いたくて 時の砂漠でめぐり逢えたね  La-la-la.....La-la-la.....
ミモザGOLD LYLICゴスペラーズGOLD LYLICゴスペラーズ安岡優黒沢薫・佐々木真理清水信之誰かと比べるような 恋なんてしなくていい 誰も知らない(秘密の)その扉開けてあげる  もしも全ての光を(思い出も)暗闇と引き換えても たったひとつの(君だけに)愛の形を確かめて  ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを 連れてゆくよ君がいれば きっと最後の恋さ  触れた場所にメロディーライン(I love you) お互いを覚えてる 二度と消えない(君だけに)真実のこの鐘を何度でも鳴らそう  ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを 連れてゆくよ君がいれば きっと最後の恋さ  ミモザの花の季節を いつしか時が追い越しても ふたり巡り会えたら ただ真直ぐに運命を迎えに行くだけ  ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを 連れてゆくよ君がいれば きっと最後の恋さ  ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを (忘れられない あの日の君が) 連れてゆくよ君がいれば きっと最後の恋さ (見つめるだけで 恋に落ちてた)  ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを (忘れられない あの日の君が) 連れてゆくよ君がいれば きっと最後の恋さ (見つめるだけで 恋に落ちてた)
あふれそうな愛、抱いて上戸彩上戸彩三浦徳子織田哲郎清水信之あふれそうな愛、抱いて 青いカゲを見つめてた 少し切なくて 触れると弱くて 真夏の日差しに ゆらゆら揺れた…記憶  太陽が くちびる 撫でて 君の名前 ささやかす まるで魔法かけるように 波がさらってゆくよ  去年とは少しだけ違う 君がいない夏  あふれそうな愛、抱いて 青いカゲを見つめてた 透き通る風が 海を渡ってゆく 今 体中 感じるよ  誰も知らない私に 今日は ここで会えるでしょ 水平線から陽が昇るように 青いヴェールで包んでくれる…きっと  “ありがと”って いつか言えるよ 後悔はしたくないから まっすぐに見つめていよう 君をそばに感じて  潮風に ただ包まれて 涙がこぼれる  あふれそうな愛、抱いて 青いカゲを見つめてた 過ぎた日の歌は なつかしい香り 薄いBlueが はじけとぶ  風に揺れてる想いを 今君に伝えたいよ どんなに小さな 願いでも すべて そっと優しく 包んでくれる 季節
marionette中島美嘉中島美嘉中島美嘉清水信之清水信之まわる記憶の中で私は 不思議な物語の夢を見た  操られた その足は もつれて動けない 次に誰が 訪れる それもわからずに きっといつか 生まれ変わる それだけを信じて 涙もなく 言葉もなく 倒れこんだまま  その姿 小さくて 箱の中だけじゃ 気付かず どれだけの時を…?  目覚めた私の胸の中は 砕けた後の様な痛みを もう後に引けない 何かが絡んだ この物語にはまだ続きがあるはず  待ちに待った この人形 出番がやって来た ホコリの中 取り上げた 一人の老婆は 何も言わず これまでの 全てを見ていたの 微笑んだら そこら中 光が包んだ  恐いほど 美しく 生まれ変わった 瞳に すい込まれてゆく…  今夜魔法で幸せになる 誰もが信じた幼い頃 暗闇の中の自分がこんなに 弱いこの心を大きくしてたのかな?  気付かず どれだけの時を…?  まわる記憶の中で私は 不思議な物語の夢を見た  目覚めた私の胸の中は 砕けた後の様な痛みを もう 後に引けない 何かが絡んだ この物語には この物語は まだ続きがあるはず
小麦色のラブソングRYTHEMRYTHEMRYTHEMRYTHEM清水信之人を好きになる種は 誰の心にもあると 聞いたけど今だに ふりまけないまんま  強がるわけじゃないけど 誰かと支え合うより まっすぐな一本道を みつけたい  夢追い人は旅へ出ます そして海へ行って 聞こえた言葉  打ち上げる花 歌いきれない 小麦の色したラブソング たなびく雲 さらさら髪 通せんぼ はじける花びら 奏で合うのは 小麦の色したラブソング 誰もが持つ 真っ赤なハート 見えてくるよ きっと…  沖に霞む恋心 くりかえされる毎日 そんな風に大きく なっていけばいい  風をまとう旅人が 優しい顔で言うのは 「ここはみんな通った通過点だ」と  静かな海に漂います  いつかふいに島へ たどりつくから  白い砂浜 なぞり描くのは 小麦の色したラブソング とまどうまま ビーチサンダル 歩き出す つづく足跡 意味を知るまで 小麦の色したラブソング 誰もが持つ 真っ赤なハート あの夏残して 季節は巡りくる 同じ歌をのせて いつしかわかる その耳で口で目で指で 感じてごらんよ  打ち上げる花 歌いきれない 小麦の色したラブソング たなびく雲 さらさら髪 通せんぼ はじける花びら 奏で合うのは 小麦の色したラブソング 誰もが持つ 真っ赤なハート 見えてくるよ きっと…
神様これって恋?星井七瀬星井七瀬岡本真夜岡本真夜清水信之長い長い坂道が ずっと続けばいいな もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?  君のこと「友達」って ずっと思ってたから ほんと困ったな  きっかけもなく 突然の鼓動 大きくなるばかり 神様 これって恋?  長い長い坂道の 左角を曲がれば 君にバイバイ いつものように 手を振るけど 「明日 またね!」って言えない 正確には言いたくない もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?  予想通り 眠れなかった 睡眠不足 ほんと参ったな  だって理想は 背が高くて やさしくて 君とは正反対! ありえないよぉ!  長く長く居たから 少し戸惑ってる 好きな人がいるなら 切なくなる前がいいな  長く続く坂道の 左角を曲がれば 君にバイバイ いつものように 手を振るけど 「明日 またね!」って言えない 正確には言いたくない 好きな人がいるなら 切なくなる前に  長い長い坂道が ずっと続けばいいな もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?
上戸彩上戸彩三浦徳子織田哲郎清水信之自転車で走った 制服ひるがえし それぞれの 夢を抱いて 未来は無限と  走ったあと 振り返る時 それは もっと ずっと先だね 思いきり 風を吸いこんだ  永遠だと感じるもの 何かひとつ 出会いたい なんのために 誰のために 生きているの? 知りたい  困難な道をね 選ぶ癖がある そこが いいところだって 君は言ってくれた  何か我慢している私 それは きっと ずるい考え 欲しいもの 手に入れたくて  幸福だと 感じる瞬間 ほんの少しあればいい ここは何処で どこへ行くの? 生きる意味 知りたい  永遠だと感じるもの 何かひとつ 出会いたい なんのために 誰のために 生きているの? 知りたい  桜、咲けば 分かるでしょう 永遠がね 少しだけ ここは何処で どこへ行くの? 生きる意味 知りたい
Silence~COCONUTS GROOVE version~上戸彩上戸彩田中花乃清水信之清水信之ねぇ 分かるでしょう? 始まりはいつも 甘い香り そっと 踏み込んでゆく 明日の私は誰も知らない  今はただ 優しさに揺られて 包まれたい ほら はりつめた吐息さえも 安らぎに変わるよ  切なさは 切なさは 咲き誇る恋の花 抱きしめて 抱き寄せて そして許される 愛しさは 愛しさは 舞い落ちるよ 粉雪 思い出す あの朝も ただ雪が降っていた… 淡く 強く 燃える 一輪の炎  なぜ 夢の途中で 誰かの記憶が 心くすぐる?  教えてよ あなたひとりで見る 夢もすべて ねぇ 本当に 大切なのは 言葉じゃなく ほら…  二人きり 二人きり どこまでも行けるはず 淋しいなら 淋しいなら 素直になればいい 止めないで 止めないで このリズム 熱くなる そしてまた 朝焼けが 雪を溶かすのでしょう 紅く 甘く 燃える 一輪の炎  切なさは 切なさは 咲き誇る恋の花 抱きしめて 抱き寄せて そして許される 愛しさは 愛しさは 舞い落ちるよ 粉雪 思い出す あの朝も ただ雪が降っていた…  二人きり 二人きり どこまでも行けるはず 淋しいなら 淋しいなら 素直になればいい 止めないで 止めないで このリズム 熱くなる そしてまた 朝焼けが 雪を溶かすのでしょう 紅く 甘く 燃える 一輪の炎
青空上戸彩上戸彩浅田信一森元康介清水信之些細な言葉を交わすだけで 不思議と笑顔になれる 心のトゲさえ消えてくから そのまま素顔でいれる  河原の小道を二人乗りして 白転車揺られながら 背中越し伝う心地良さに 寒さも忘れて北風追った  青空彩る光が はやく君に届くように 無限な未来の先でも そっと見つめているよ…  しばらく電話もくれないけど 変わらず今も元気かな 逢えない時でも君のことを 胸に留めて歩いてる  夢語る時の君の声を 聞くのが好きだった 季節流れてもその瞳を なくさずいてねと右手を振った  あれから君と見た夢を 今も探し続けてるの? ここから確かな気持ちで そっと見つめているよ…  青空彩る光が はやく君に届くように 無限な未来の先でも 君を見つめているよ…
君とまた逢える日をSPEEDSPEED伊秩弘将伊秩弘将清水信之Morning Blue 目覚めた夜明け キミが隣りにいない 本当に別離(わか)れたなんて まだ信じられない  何もなかったように 夢の中で二人 笑ってKISSしてた ―今日を知らずに―  Woo... I'm missin' you あの日に戻れたら Say I Love You 時計は戻らない キミは今頃 少しは後悔してくれてるなら メールしてきて すぐに…  Sunday Blue キミが残した 歯ブラシとAshtray 窮屈に思えた部屋は キミの帰り 待ってる  ふたりでしかできない事がありすぎるね 借りっぱなしの映画 ひとりじゃ笑えない  Woo... Do You Remember? いつかまた逢えるね Believe in love さよならはいわない 未来の再会は 想い続けた人に 与えてくれる Destiny  忘れないよ ずっと本気で愛したから キミの代わりなんて 誰にもなれない “I still love you...”  Woo... I'm missin' you あの日に戻れたら Say I Love You まだ行ってないとこ 沢山あるのに キミは今頃 少しは後悔してくれてるなら メールしてきて すぐに…  Woo... Do You Remember? いつかまた逢えるね Believe in love さよならはいわない 未来の再会は 想い続けた人に 与えてくれる Destiny
ニュアンスしましょ香坂みゆき香坂みゆき大貫妙子EPO清水信之秋の風に誘われて 女心も ころもがえ 本気 浮気 どちらでも あなたしだいと背を向けます こんなにそばにいて 他人のふたり デスクの端に 秘密のサイン  しましょ しましょ ニュアンスしましょ 恋が恥じらいながら映る あなた しましょ しましょ ニュアンスしましょ 秘めた想い ほんのり香る  はしゃぎすぎて黙りこむ うしろめたさのうらがえし 正直なわたしを見て そして静かに手を回して ふたつの惑星の甘い引力 誰も知らない 真昼のロマン  しましょ しましょ ニュアンスしましょ いとしい指で 約束しましょ あなた しましょ しましょ ニュアンスしましょ 人目忍ぶ 可憐な花よ  しましょ しましょ ニュアンスしましょ 恋が恥じらいながら映る あなた しましょ しましょ ニュアンスしましょ 秘めた想い ほんのり香る  あなた しましょ しましょ ニュアンスしましょ 人目忍ぶ 可憐な花よ
LAST WALTZ中島美嘉中島美嘉中島美嘉岡野秦也清水信之沈む夕日から ラララ 零(こぼ)れる 愛の歌 近いあなたから ラララ 零れる 愛の雫  出会いさえ運命と呼べるの あなただけに今すべての瞬間(とき)を捧ぐわ  眠る時にもどうか忘れないで 揺れるココロを強く受けとめてね  深い眠りから ラララ 溢れる 夢の歌 遠い私から ラララ 溢れる 夢の雫  世界中 どんな勇者より あなただけが今私を守る伝説  誰も知らない真実ここにあると 言葉なくても切ない程伝わる  あなただけに今すべての瞬間を捧ぐわ  眠る時にもどうか忘れないで 揺れるココロを強く受けとめてね
竹田の子守唄花*花花*花京都府民謡京都府民謡清水信之守もいやがる 盆から先にゃ ゆきもちらつくし 子も泣くし  盆が来たとて なにうれしかろ かたびらはなし おびはなし  この子よう泣く 守をばいじる 守も一日 やせるやら  はよも行きたや この在所こえて 向うに見えるは 親のうち 向うに見えるは 親のうち
風の花花*花花*花おのまきこおのまきこ清水信之雪深き さみしい冬が もうじき終わるでしょう 頬たたく 冷たい音が 背中を見せる  風の花よ さあ 開くのよ 私の心に 春を呼んで 風の花よ さあ 開くのよ さよなら 雪たちよ  夢遠き 明日のことは 誰にも見えぬでしょう 目を閉じて 君を想う いつか出会う  風の花よ さあ 開くのよ 私のこの目に 春を見せて 風の花よ さあ 開くのよ さよなら 冬の街  風の花よ さあ 開くのよ 私の心に 春を呼んで 風の花よ さあ 開くのよ さよなら 雪たちよ
童神花*花花*花古謝美佐子佐原一哉清水信之天からの恵み 受けてこの地球に 生まれたる我が子 祈り込め育て イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛し思産子 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 太陽の光受けて ゆういりよーや へイヨー ヘイヨー 健やかに 育て  暑き夏の日は 涼風を送り 寒き冬来れば この胸に抱いて イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛し思産子 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 月の光浴びて ゆういりよーや ヘイヨー ヘイヨー 健やかに 眠れ  嵐吹きすさむ 渡るこの浮世 母の祈り込め 永遠の花咲かそ イラヨーへイ イラヨーホイ イラヨー 愛し思産子 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 天の光受けて ゆういりよ-や へイヨー ヘイヨー 天高く育て
朱い馬花*花花*花こじまいづみこじまいづみ清水信之夜更けの空を飛んでいる ひとりぼっちの 朱い馬 さみしがりやで 怖がりで まるで 私みたい  愛する人と 過ごす夜 朱い馬が やって来て 私にこう言いました 「この人の眠りをもらって行くわ」  隣りで眠る愛しい人 どうか つれて行かないで 触れて 満たされて ひとつになって それでも 私を1人にしないで  窓の外には 細い月 愛する人と 朱い馬 小さな声で 話してる 何も聞こえない  眠ると 人は遠くへ行く 愛の言葉も 届かない 朱い馬がかける魔法 月が空の外に消えるまで  夜の間にまに墜ちる夢 どうか つれて逃げだして 深い藍の闇 透ける愛の灯 お願い 私を1人にしないで  
愚図KanaeKanae阿木燿子宇崎竜童清水信之あの娘がアンタを 好きだって こっそりアタシに打ち明けた時 友達だもの「まかせときなよ」なんて 心にもない事 云っちまった   あの娘はまつ毛が 自慢の娘で 瞬きしながら 人を見るのさ 比べてみたって 仕方がないよなんて 独りで勝手に 決めていたっけ アタシって本当に 愚図なお人好し   あの娘にアンタを 逢わせたのは アンタと行きたかった コーヒー・ショップ 「仲良くしてよ いい娘だから!」なんて 二人を笑わせて ばかりいたっけ   あの娘は精一杯 おめかしをして アタシは色の褪せた ジーパン姿 一人で矢鱈 喋ってばかりいたから 目の前のコーヒーも 冷めてしまった アタシって本当に 愚図なおせっかい   早く独りに なりたかったよ そして何処かで 泣きたかった 急に重たい 心の中に 二人の笑い声 遠く聞こえた    喉まで出かかった 言葉だけれど 言わずに先に 帰って来たのさ 本当はアンタが 好きだなんて 今更云える訳 ないじゃないの アタシって本当に 愚図なおばかさん  本当はアンタが 好きだなんて 今更云える訳 ないじゃないの アタシって本当に 愚図なおばかさん
君の住む街角大澤誉志幸大澤誉志幸銀色夏生大沢誉志幸清水信之すこしだけテレて笑った ほほえみを頼りにして はじめて君を送った街角  ここからは海が見えると 暗いから今は無理だと 見えない海を見せてくれたね  君をさらって君がのぞんだ どんな場所へも連れていきたい 君はこころに誰かがいるの 繰り返す波の音 address in my life 抱きしめたくなると 遠くをみたよ  何もかもわからないけど 永遠の片思いでも 心から君を大切に思う  君をさらって君を泣かせる どんなことからも守ってあげよう 君はこころに誰かがいるの この時を止めながら address in your life 大人びた約束を待ってる人  近づいてくる足音 遠ざかってく足音 このまま ここから WOO……  君をさらって君がのぞんだ どんな場所へも連れていきたい 君はこころに誰かがいるの どうしてと聞かないで address in my life 抱きしめたくなって 困るから
太陽がいるからMISIAMISIAMISIANobuyuki Shimizu清水信之水の色も 風の色も 私達のいる世界みたい 明日の空も 光る海も 全て  ちょっとだけ 見つめていても いいのかしら 少し わがままばかりを気にしている  カッコ悪いだなんて すぐ 言い出すから 言葉と愛情 全部 裏返しなら 絶対条件 もっと 優しくして  水の色も 風の色も 私達のいる世界みたい 明日の空も 光る海も 全て そうよ いつでも 心の中に2人だけの太陽がいるから  ちょっとだけ 甘えてみても いいのかしら? あなたの腕に この手を廻してみた  だって どのくらい求めていいものなのか さっぱり分からなくて 空回りする 絶対条件 ずっと 笑い合いたい  水の色も 風の色も 私達のいる世界みたい 明日の空も 光る海も 全て そうよ いつでも 心の中に2人だけの太陽がいるから  だって どのくらい求めていいものなのか さっぱり分からなくて 空回りする 絶対条件 ずっと 笑い合いたい  水の色も 風の色も 私達のいる世界みたい 明日の空も 光る海も 全て そうよ いつでも 心の中に2人だけの太陽がいるから  太陽がいるから
風に吹かれてMISIAMISIAMISIANobuyuki Shimizu清水信之君から電話をくれるなんて 本当に久しぶりね あれから元気にしていたの? 私はもう大丈夫  何となく気になる出会いも あったり無かったりで 相変わらずだよって笑って まるであの日々のような 二人がいる 不思議なくらい  変わってくお互いを お互い見ない振りして  君の知らない朝 君の知らない夜 これからどんどん 増えていくよ そしてまた出会ってく 新しい喜びと 涙と 悲しみと 幸せ いつだって 明日は明日の風に吹かれて 風に吹かれて  愛とか夢とか追いかけて いつかすれ違ってた 求めていたものはお互い 同じだったはずなのに 優しささえ 空回りして  変わってくお互いに お互い戸惑ってたね  開け放った窓から 優しい風が吹いた これからどんな日と出会うだろう? 離れた場所にいても 心でそっとそっと 君の幸せを祈ってる ゆっくりと雲がながれた 風に吹かれて 風に吹かれて  開け放った窓から 優しい風が吹いた これからどんな日と出会うだろう? 離れた場所にいても 心でそっとそっと 君の幸せを祈っているよ 君の知らない朝 君の知らない夜 これからどんどん 増えていくよ そしてまた出会ってく 新しい喜びと 涙と 悲しみと 幸せ いつだって 明日は明日の風に吹かれて きっときっと
I love you小柳ゆき小柳ゆき小柳ゆき村上てつや清水信之I love you, I love you, I love you 何度もつぶやいてる めぐり逢えた奇跡が 思い出にならないように  またねと 手を振ったけど 本当は まだ帰りたくなかった 2人並んで 歩いてるだけで 色のない自分が 輝きはじめる  I love you, I love you, I love you 声にならないくらい これほどにまで人を 愛した事はない I love you, I love you, I love you 何度もつぶやいてる めぐり逢えた奇跡が 思い出にならないように  あなたの香りが残る 今夜は 抱きしめながら眠る どこにいても あなたの姿 知らないうちに捜してしまうの  月日が流れるほど 押さえられなくなる 流れるこの想い 受け取ってくれるなら I love you, I love you, I love you 何度も言って欲しい 同じ気持ちでいると 思わせて欲しいから  もしも1つだけ 願いが叶うなら あと少しだけでも 2人でいさせて  I love you, I love you, I love you 声にならないくらい これほどにまで人を 愛した事はない I love you, I love you, I love you 何度もつぶやいてる めぐり逢えた奇跡が 思い出にならないように
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
once more小柳ゆき小柳ゆきYUKI KOYANAGIKAORI KANO清水信之「さよなら」という 簡単なその一言 それだけで 愛しあってた日々を終わらせるの?  銀の指輪を ためらいもせずはずして 遠ざかる足音に 耳をふさいでいた  追いかけて あなたの姿探して 求め続ける そしてもう一度 抱きしめて もっと愛して  二人で見つけた キャンドル灯るあの店 あなたがいない 今では通りすぎてくだけ  振りむいて すべて嘘だと言ってよ ねぇ 今ならまだ 笑いとばしてあなたの過ち許すから  追いかけて あなたの姿探して 求め続ける そしてもう一度 抱きしめて もっと愛して
好きになっちゃった榎本加奈子榎本加奈子秋元康日下賢司清水信之ねえ 急に 息ができないの 胸のどこかがキュンとして ねえ 私 何か変でしょう? あなたと会ったあの日から 夏を運ぶ波の音まで 今 切なく聞こえる  好きになっちゃって ごめんね きっと あなたは困るでしょう? ただの友達だと思ってるから 好きだと言えない  もう 私 生まれ変わったの 愛されるより愛したい もう ずっと 時間(とき)を止めたまま そばにあなたがいればいい 何でもないしぐさひとつが 今 愛しく思える  好きになっちゃって ごめんね こんな告白 苦手でしょう? せめて この夏が通り過ぎるまで 気づかぬフリして  手と手が触れるくらい 近くにいるあなたなのに 恋には遠いよ  好きになっちゃって ごめんね きっと あなたは困るでしょう? ただの友達だと思ってるから 好きだと言えない  好きになっちゃって ごめんね こんな告白 苦手でしょう? せめて この夏が通り過ぎるまで 気づかぬフリして  ねえ 急に 息ができないの 恋がどこかに消えそうで こんな風にあなたに会えて そう私はしあわせ
TOO MUCH HAPPINESS稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之清水信之岬のその丘の斜面に 2人 寝そべって 海を見てたら 眠くなって来た 昨日の夜ふかしのせいかな さっきのワインと 遅いランチに催眠術かけられ  ああ 手にしてみれば 愛なんて退屈なものさ  誰か 僕を 不幸にしてくれよ しあわせすぎてちゃいけない 誰か 僕を 不幸にしてくれよ 何かが 麻痺して 来るのさ Happiness  突然陽射しのすき間から 夕立ちが降って あたりはまるで 雨脚のダンス どこかの飼い猫を 抱き上げ 車へ走れば 少し遅れた君が 横で拗ねてる  ああ 手にしたものを 人はみな忘れるものだよ  きっと 僕は 欲張りなんだろう 瀬戸際で 愛し合いたい きっと 僕は 欲張りなんだろう 何かが いつでも 足りない Happiness  誰か 僕を 不幸にしてくれよ しあわせすぎてちゃいけない 誰か 僕を 不幸にしてくれよ 何かが 麻痺して 来るのさ Happiness
IMPOSSIBILITY稲垣潤一稲垣潤一秋元康松本俊明清水信之愛してはいけない 思うほど愛しい 氷の中に美しく咲いてるバラの花よ  遅すぎた出逢いは 運命の気まぐれ 今さら 君に 神を裏切れとは言えない  濡れたその瞳 僕を責めてるのか? If it's possible… 君をこの腕で 折れるほど抱きしめよう 今すぐ If it's possible… そして 2人 どこへでも行こう BE FREE  指先の誓いは 外しても十字架 これから ずっと 懺悔して行くのは悲しい  触れてしまったら 君を帰せないよ If it's possible… 僕は もう何を 失くしてもかまわない すべてを If it's possible… たった ひとつ 愛だけが欲しい Good-bye  涙 拭わずに 夢も 流れて行く If it's possible… 君をこの腕で 折れるほど抱きしめよう 今すぐ If it's possible… そして 2人 どこへでも行こう BE FREE If it's possible… たった ひとつ 愛だけが欲しい Good-bye
星降る二人稲垣潤一稲垣潤一松井五郎松本俊明清水信之季節をめぐる風が 星の光 部屋へ招くよ 背中からやわらかく 君を抱いていたい いま  聴こえるかい 君を呼んだ僕の声  永遠に一度しか めぐり逢えないひと ときめきと ためいきが 君だけ 選んだ  きっと新しいどこかで たいせつななにかを ふたりなら いつだって 見つけられる かならず  いままでにした恋に 疲れた理由(わけ) ふたり似ていた 傷ついた場所 隠す ことばなどいらない もう  見えないけど 結ばれた気持ちがある  永遠に一度だけ 訪れる星空 さみしさを 許される 優しい 微笑み  たとえこれからの出逢いを すべて失っても かまわない それでいい 君がそばにいるから  聴こえるかい 君に響く胸の音  永遠に一度しか めぐり逢えないひと 想い出も 憧れも かぎりなくできる  きっと新しいどこかで たいせつななにかを ふたりなら いつだって 見つけられる 信じてみないか
黄昏が目にしみる稲垣潤一稲垣潤一秋元康松本俊明清水信之この道を 何度 送っただろう なつかしい景色に ふいに苦笑い  いつからか 並ぶコンビニストア あの頃の記憶が 時にすれ違う  ただ そばにいれば わかり会える そんな気がしてた 今 振り返れば 若さは 勝手なもの  黄昏が背を向けて 甘く切ない空 忘れていた痛みに 甦る思い 黄昏に背を向けて 何もないように 僕は車走らせ 1人になるだけ  この街に 今も 住んでるのか? 途切れた思い出が 僕を責めている  なぜ 永遠なんて 脆い夢を 求めてたのだろう 今 あの未来は 2人の 答えになる  黄昏が目にしみる 遠いあの日の恋 眩しすぎる季節が 過ぎ去った後で 黄昏が目にしみる やがて 今日が終わる 散り際には すべてが 美しく見える  黄昏が目にしみる 遠いあの日の恋 眩しすぎる季節が 過ぎ去った後で 黄昏が目にしみる やがて 今日が終わる 散り際には すべてが 美しく見える
WAKE UP稲垣潤一稲垣潤一山本秀行岸正之清水信之手に入れた肩書きを 掲げて 友達とくらべてしまうのか どこまで駆け抜けたら 優しくなれるのだろう 少年の瞳 思い出せるの  すりへらしたシューズの踵に映るのは 微笑み 忘れた よく似た欲望の群れ  このままじゃ きっと あゝ やりきれない 気づいてるはずさ ごまかしてるよ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 目を覚ませよ  張りつめたプライドを 抱えて 知らず知らずに 駆け引きしてる 失くしかけてた夢や あの日の憧れまで もう一度 この手に取り戻せるの  乗せられてたレールは冷たく錆びついて 立ち止まることも 心のままにならずに  このままじゃ きっと あゝ 耐えきれない 気づいてるはずさ だましてるだけ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 目を覚ませよ  秒刻みのレールに まんまと縛られて 身動きとれずに 言い訳だけを探して  冗談じゃないぜ あゝ やりきれない 気づいてるはずさ ごまかしてるよ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 裸の自分を信じてみたい 目を覚ませよ
マラソンレース稲垣潤一稲垣潤一秋元康谷本新清水信之目の前にあなたがいて 愛しく想うよりも そばにいない間 胸が痛いくらい切ない  違っているその時にも 今度は いつ逢えるか? 今が永遠なら 僕は化石だっていい  愛は いつも 激しい嵐のように 心の海を荒らして やがて 静かになるけど  マラソンレース 百万年 愛したい マラソンレース さあ スタート 誓いこそが ゴール  どこまでも続く道は 人生よりも長い 誰もいないギャラリー 僕と君がいれば  時は愛 燃え上がる炎に似て すべてを灰にするほど 燃えて 尽きてしまうけど…  マラソンレース 百万年愛したい マラソンレース もう ギブアップは 絶対したくない  愛は きっと 後になって想うもの 走り続ける途中は 何も考えられない  マラソンレース 百万年愛したい マラソンレース そう マイペースで ユアペースで  マラソンレース 百万年 愛したい マラソンレース さあ スタート 誓いこそが ゴール
キスなら後にして稲垣潤一稲垣潤一秋元康三井誠清水信之キスなら後にして それほど暇じゃない 背中に 甘えないで キスなら後にして それほど楽じゃない “Oh, I LOVE YOU!” 間に合ってるわ  今 あなたの都合で プロポーズされても まだ 仕事の途中よ なぜ結論を急ぐの?  Ahー 愛し方の速さが違う 男と女  キスなら後にして 嫌いなわけじゃない 自分を 確かめたい キスなら後にして 嫌いなわけじゃない 振り向く 時間が欲しい  今 手に持ってるもの 投げ出してしまえば この私は私で そう なくなってしまうわ  Ahー 愛だけしか 残らないのは 悲しすぎるわ  キスなら ちゃんとして 気持ちを 選ばせて あなたの腕の中で キスなら ちゃんとして 人生 選ばせて 瞳を 閉じたりしない  Ahー愛の方へ 逃げ出さないで 見つめ合いたい  キスなら後にして それほど暇じゃない 背中に 甘えないで キスなら後にして それほど楽じゃない “Oh, I LOVE YOU!” 間に合ってるわ
あのことばを言わせたい米倉利紀米倉利紀松井五郎羽田一郎清水信之やるせなく抱きしめて 後がないKISSをして さみしさを 麻痺させる あのことば 今夜 言わせたい  友達でいたはずの その唇 とても 近い ナチュラルにふれる肩 閉ざしてきた距離 崩れそうだよ  このまま 放っといたら 心は 傷つくだけの 嘘つき  やるせなく追いつめて 想い出はあきらめて いままでと 違うほど あのことば 今夜 言わせたい  ぎこちなくなるのなら 愛しさを今は 忘れていい  それでも 苦しい理由 いつかは 隠せなくなる ためいき  やるせなく抱きしめて 後がないKISSをして さみしさを 麻痺させる あのことば 今夜 言わせたい  このままじゃ これきりじゃ ありふれた絶望さ いままでとは 違うほど あのことば 君に 言わせたい  このまま 放っといたら 心は 傷つくだけの 嘘つき  やるせなく抱きしめて 後がないKISSをして さみしさを 麻痺させる あのことば 今夜 言わせたい  このままじゃ これきりじゃ ありふれた絶望さ いままでとは 違うほど あのことば 君に 言わせたい
慣れない肌米倉利紀米倉利紀朝水彼方都志見隆清水信之少しだけ暗くした部屋 夏の日の灼け跡隠す どうしても君は遠い人 誰もすぐ変われないから 慰めが必要だから このままで君を包んでる 今 誰かの愛を忘れて 僕にもたれていて欲しい  慣れない肌よ 悲しまないで 抱きしめて 深いソファで 心の肌に たどりつくまで 夜はまだ ぎこちなくて  曖昧な距離でいたのは 君のこと包む人がいた いつの日も君を愛してた 今 絡めた指や背中で 悩んだ月日 壊したい  慣れない肌に 怯えているの その愛を 忘れられずに 心の肌に たどりつくまで 夜はまだ 続いてゆく  慣れない肌よ 悲しまないで 抱きしめて 深いソファで 心の肌に たどりつくまで 夜はまだ ぎこちないけど  慣れない肌よ こっちを向いて 近づいて このままずっと 心の肌に たどりつくまで 夜はまだ 続いてゆく
slow米倉利紀米倉利紀米倉利徳米倉利徳清水信之Don't forget 恋にしびれ 燃えた夜を 優しくその胸で Don't forget 脅えさせる あやまちさえ 二人を熱くする あの場所で…話そうか…  Don't forget 行き場のない 濡れた夜に ほねまで満たされて Don't forget 耳元で 鼓動揺れて 波打つこの指が あの場所で…始めよう…  あどけない夜 生まれたそのままで シーツに抱かれて 記憶をかき消して ゆれる炎のかげろうが 流れる汗が 愛に落ちさせてくれているのかと 髪をなで上げ 重ね合えば  Why 見せないの うぶな過去を 笑っても 奪いやしないから もう いいだろう 偽らないで 君のままで 唇しめらせて この場所で…つづけよう…  迷わずに…愛せるかい…  時折みせる ぬけがらな横顔は 何もない場所だから 心が息をのむ 強く深く結ばれた もう一つの愛 通りすがりの病と なぐさめて 至上の時間を 君に捧げて  はなれてても sing“Kissing you” oh my baby ぬくもりだけ 感じ合えれば  Don't forget 恋にしびれ 燃えた夜を 優しくその胸で Don't forget 行き場のない 濡れた夜に ほねまで満たされて あの場所が…oh my lover
きっとできない じっとしない米倉利紀米倉利紀松井五郎羽田一郎清水信之きっとできない じっとしない それが愛の指図 暴いてやる ためいきまで いましかない  殴られたいかい? くじけてるHEART 傷つくことを いまさら怖がるな  いつでも 恋のために 思うまま 君でいろよ  きっとできない じっとしない もっとなにかしたい 君が燃える つよく燃える この唇で  きっとできない じっとしない それが愛の素敵 暴いてやる ためいきまで いましかない  想い出なんか 捨てたっていいさ ときめく胸を つかまえられるなら  かならず 君のすべて 奪うまで あきらめない  きっとできない じっとしない ずっとなにかしたい 君が燃える つよく燃える この唇で  きっとできない じっとしない それが愛の指図 暴いてやる ためいきまで いましかない  どんなに 長い夜の さみしさも 抱きしめよう  きっとできない じっとしない もっとなにかしたい 君が燃える つよく燃える この唇で  きっとできない じっとしない それが愛の指図 暴いてやる ためいきまで いましかない  きっとできない じっとしない もっとなにかしたい 君が燃える つよく燃える この唇で
Dear friend岡村孝子岡村孝子岡村孝子岡村孝子清水信之夜更けのチャイム 雨に打たれて 立たずむ彼女 はにかんでいる ありきたりの言葉はいらない だって二人は長い友達 悲しい恋にピリオド 決めたなんて 微笑む横顔 少しやせたみたいだね 知らず知らずに 時は流れる あの頃も二人何かにつまずく そのたび励まし合ったね 暖かい部屋と 優しい時間で 輝く明日を探して  パジャマのままで ソファーにもたれ 今日は朝まで 飲み明かそうよ 何だか妙になつかしくなる 学生時代にスリップして あの日は今日と違って 私の恋を打ち明けたよね いつか彼ができてから ごぶさたばかりしててごめんね 幸せになって 見返すよなんて 強がるくせも そのままね いいよ今夜だけ 涙を流して やがて 小さな過去になる  幸せになろう よりもきっと 輝く明日を見つけて そして別々の 道を歩いても 語り合いたい永遠に
夏のスピード岡村孝子岡村孝子岡村孝子岡村孝子清水信之青い空の彼方に 夏の陽ざしが注ぐ ゆれる木々を追い越して行く 恋のスピードで 国道沿いの海には 光きらきら泳ぐ そっと横顔盗んで見ている まるで少女のように やっとめぐりあえたね二人予感してたの 大切に大切に瞬間を重ねて 愛のパワーがずっと変わらぬように 少しずつ少しずつお互いを求めよう  きっと二人はいつか 出逢う運命だった 砕け散った思い出達にも 今は感謝できるわ いつも恋の行方はとてもきまぐれだから 愛されて愛してもまだ油断できない 恋の魔法がいつか解けないように 少しずつ少しずつお互いをわかりあおう  愛を運ぶ風よ 永遠に守って  恋の行方はとてもきまぐれだから 愛されて愛してもまだ油断できない 恋の魔法がいつか解けないように 少しずつ少しずつお互いをわかりあおう  やっとめぐりあえたね二人予感してたの 大切に大切に瞬間を重ねて 愛のパワーがずっと変わらぬように 少しずつ少しずつお互いを求めよう
無敵のキャリア・ガール岡村孝子岡村孝子岡村孝子岡村孝子清水信之唇かみしめて あふれ出す涙ぬぐう 若さが武器だった あの頃は二度と帰らない  蝶よ花よなんて みんなちやほやして 少し位の失敗 大目に見ててくれたじゃない  キャリア・ガールだって涙するわ なぐさめて優しく フォローしてね 冷たい捨てゼリフ 浴びるたびに いつの日か 大人になる  群がる彼の虫 けちらして奪い返す ごめんねこの恋は ゆずれない命かけてるの  私おとなしそうに きっと見えるでしょ でもね欲しいものは欲しいと 今は言えるのよ  キャリア・ガールだって恋をするわ 抱きしめて優しく KISSをしてね 波乱なシチュエーション くぐりぬけて いつの日か 無敵になる  キャリア・ガールだって涙するわ なぐさめて優しく フォローしてね キャリア・ガールだって恋をするわ 抱きしめて優しく KISSをしてね キャリア・ガールだって涙するわ なぐさめて優しく フォローしてね 波乱なシチュエーション くぐりぬけて いつの日か 無敵になる
くやしい海松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ松崎ナオ清水信之海をいっしょに見た日に夕陽を見すぎて あなたの顔が見えなくなって泣いた 大笑いしてたあなたは 私の中にこのまま傍にいたい イタイ イタイ イナイ 分かり合うための我慢 手をつなぎたくなる衝動 空がゆっくり夜になった 取り乱すことなくなく いつも笑う声が重なり 響け  少しの距離 2人でいる 海に降る雨の水 のんで 吹きさらしの 心よ散れ 身体が触れ合ってわからない 楽しい くやしい  海を愛するあなたと山を愛する私がいる それはささいな違いですね 時計は光のため 心はあなたの傍にいる そっと  空を見てた 合わせてみた 転んでもママに気付かれない くやしい 笑ってみた 実りの夏 川に流されて見えなくて なくて あなたのなかに僕は  高い気持ちと 高い思いと 高い空の果てに あなたから 私から 包み込めるように  駆け抜けてく あわずにいる 転んでもママに気付かれない うれしい 駆け抜けてく 靴が脱げる 素足は痛いけど心が叫ぶ 叫ぶよ 走れ走れ もっと走れ 音も重なって楽しいね うれしい 悲しい 目隠しして くやしい海 数を数えてて 1、2、3、4 来た 来たね この海のようにね 好きになって 好きになるよ
バラ色の日々MAXMAXM. Martin・K. Lundin・B. Littrell・日本語詞:海老根祐子M. Martin・K. Lundin・B. Littrell清水信之そんな笑顔で見つめられたら 涙を我慢できなくなるじゃない 最後まで優しさをありがとう  All my バラ色の日々よ あなたと過ごした永遠 幸せも悲しみも すべてがそこにあった  どんなときでも大丈夫だって 強く手を握りしめてくれるたび どれくらい愛を返せてたかな  All my バラ色の日々よ この胸に輝いてる ケンカして抱き合って あなたを感じていた  わがままで愛を試してごめんね  All my バラ色の日々よ あなたと過ごした永遠 幸せも悲しみも すべてがそこにあった  Yeah クチヅケモ Yeah ヌクモリモ Yeah スベテガノコッテル  All my バラ色の日々よ 時を越えてもう一度 くり返す出会いから探し続けた あなたがいる未来へ連れてって
Graduationてん・むすてん・むす園田凌士清水信之清水信之教室を眩しく照らす 春の輝きが それぞれの 新しい道 照らし始めた  明日の今頃にはもう この瞬間も 思い出になるんだねと 友達と抱き合ってた  振り返れば with you 喧嘩したり 笑いあったり いつまでも友達だって 言える人がいた 離れてても with you 電話したり悩み聞いてね それぞれに誓った夢 いつか叶う時が来るまで 想い出抱きしめ 笑顔のGraduation la la la la ・・・  イニシャルを並べて書いた ノートの隅っこ 「友達でしかいられない」 あの人の言葉  いつかどこかで会っても 忘れないでいて! 静かな広い教室 下校のチャイムが響く  振り返れば with you 本音でぶつかりあってた かけがえのない友達 本当にありがとう 離れてても with you 一緒に過ごした時間は いつまでも記憶の中 焼き付けて これから始まる 未来の 扉を 開けよう Graduation la la la la ・・・  振り返れば with you 喧嘩したり 笑いあったり いつまでも友達だって 言える人がいた 離れてても with you 電話したり悩み聞いてね それぞれに誓った夢 いつか叶う時が来るまで 想い出 抱きしめ 笑顔のGraduation 未来の 扉を 開けよう Graduation la la la la ・・・ 
たこやきなんぼマンボGOLD LYLIC杉田あきひろ・つのだりょうこGOLD LYLIC杉田あきひろ・つのだりょうこもりちよこパラダイス山元清水信之たこやき (ハァーッ!) なんぼ? マンボ!!  たこやきマンボで なんぼ マンボ たこやきマンボで なんぼ マンボ  うちら ようきな たこやきやから やたいの あるとこ かおをだす おどらにゃ そんそん えらぃやっちゃ たこやきマンボで なんぼマンボ  (まいど!) たこやきマンボで なんぼ マンボ たこやきマンボで なんぼ チューチュー たこやきマンボで なんぼ マンボ  たこと いっしょに しょうがや ねぎも でんぐりがえって まるなって こげたら あかんよ がんばりやー たこやきマンボで なんぼ マンボ  (ええにおい!) たこやきマンボで なんぼ マンボ たこやきマンボで なんぼ チューチュー たこやきマンボで なんぼ マンボ  「おきゃくさん いっぱいや!」 「いゃあ~ マンボ おどってはるわ!」 たこやきマンボで なんぼ マンボ たこやきマンボで なんぼ マンボ  かつお あおのり ソースがとろり ほっぺた おちたら どないしょー ようじの かんざし ポンとさし たこやきマンボで なんぼ マンボ  (マヨネーズもな!) たこやきマンボで なんぼ マンボ たこやきマンボで なんぼ チューチュー たこやきマンボで なんぼ マンボ  (ほないこか!) うちら おいしい たこやきやから たこやきマンボで めちゃウーマンボ!! ウ!!  (おおきに!)
Ring西脇唯西脇唯西脇唯西脇唯清水信之指輪をはずした あなたに会えない午後 少しだけ 自由になった  ひとつの夏を着たら 薄く 淡く 跡がついた 黄昏にかざした 左手  こんな ちっぽけな金属に そっと 左右されている毎日に ふっと 視線をそらしてみたくなる  見えない鳥カゴ アナタノ モノ ダヨって 「安心」したいだけ 二人  ずっと 大好きでいたいのに ちゃんと どんな約束もしてるのに ふっと 時々 ちがうものが見たい  何度も選び直して 探した指輪だったね あなたのとなり ほほえみながら 泣きたい程 ながめていた…  飽きない保証が ねえ どこかにあるといいな やさしげで 意地悪な時間  ひとつの夏を着たら 薄く 淡く 跡がついた 黄昏にかざした 左手
SOYOIDE ~BREEZIN' SOUL~V6V6サエキけんぞう浅田直清水信之空を開き 夢をなびかせ 虹の奥へ 進もう  こわばる言葉でつい 夢中さを伝えてる ヘヴンはガラスのよう… 割りそうになる  恋する胸は なぜ とがるように求める? 溶け合う時 愛は 花のようにたよりないほど 優しいはず  そよいでいきましょう! なでる速度で包みましょう 心とボディのはざまを 微笑をなげて照らそうよ 浮かんでいきません? 見えない果実に変わりましょう 君の宇宙を変えるよに 朝焼けのように 愛したいから  光あつめて 波に酔わせて 笑顔の先へ 泳ごう  シャイを裏返して こわもてな服選ぶ ぬくもり 伝えるには ほど遠くなる  しゃべりすぎてくことが この時代の弱点 いいたいことすべて 空気の中こぼれてるはず 息を染めて…  うるんでいきましょう はやる気持ちをとかすよに キスで足りない空間を 艶やかな波でみたそうよ ちぎれていきません? 花びら散らし飛びましょう 甘い陽射しに乗るように やわらかな色を伝えたいから  Lalala…  そよいでいきましょう! 粋にゆらいで踊りましょう 胸の真ん中キラメキを きれいな動きで伝えたい 浮かんでいきません? なじむ温度でつるみましょう 君のスクリーンあでやかな 朝の彩りで染め上げるから  空を開いて 夢をなびかせ 虹の奥へと 進もう 光あつめて 波に酔わせて 笑顔の先へ泳ごう
中西圭三中西圭三関沢新一古賀政男清水信之勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる 柔の夢が 一生一度を 一生一度を 待っている  人は人なり のぞみもあるが 捨てて立つ瀬を 越えもする せめて今宵は 人間らしく 恋の涙を 恋の涙を 噛みしめる  口で言うより 手の方が早い 馬鹿を相手の 時じゃない 行くも住るも 座るもふすも 柔一すじ 柔一すじ 夜が明ける
Someday Everyday森口博子森口博子平松愛理平松愛理清水信之Someday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で  例えば落ちこんだなら 何とかしたいって思うでしょ? それはすでに前向きで 不幸だって 幸福(シアワセ)なこと 恋したい キレイになりたい 夢を見たい 自分が欲しい 全ての願い叶えば 何目指して 生きていくの  AH ゼロにならなければ 始まらない道がある 卒業に手土産は 要らぬもの  Someday 少しだけ特別な未来 それでいい Everyday 八分目でいけば結構最高な日々としよう  最近気がついたけど 悩みのない人間(ヒト)はいないよね 皆何か辛さ持って 生きてるよね きっとそうよね ここまでやってきたのも 全部自分選んだこと 今日みたいに迷いながら やはり先に続いていった  そう あせったところで 神様はよく見ている 運はこの天下の マワリモノ  Someday 痛みゆえに楽しかったと言えるように Everyday その1コマごとに泣いて泣いて笑って Someday あれもこれもまだ欲しいよな自分がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる Someday  Someday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で
星空に歩けば大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之想い出を数えたら 夜空の星になる さりげない一言に 触れると泣きたくなった 出逢ったこと 別れたこと ぼんやり思い出せない 走り続けて見上げた空 残らず星屑になる  騒がしい風にせかされたら 少し休めばいい 静かな草に耳を澄ますと 明日が聞こえてくる  辿りついたら きみはいつでも 雨上りの遠い窓 離れていても 同じ空に 輝ける星を見てたい  懐かしい友達から 忘れた頃返事がくる “そして”が多い素気ない字を 見てたら照れくさくなる  追われてる今に疲れたら たまに歩けばいい 静かな川に耳を澄ますと 夜明けが聞こえてくる  辿りついたら きみはいつでも 雨上りの遠い窓 離れていても 同じ空に 輝ける星を見てたい 輝ける星を見てたい
DAY BY DAY倉田まり子倉田まり子亜蘭知子都倉俊一清水信之眩しい陽差しを 素肌に浴びて 目覚めた朝は Beautiful sky 冷たいmilkを 飲み干しながら 窓を開ければ Ah…風が唄い出す  離れていたって あの人の 胸の鼓動を 感じるの Day by day 昨日より確かな from day to day ときめきのスコール in my heart  あなたのために 輝く私がいるの  別れてもすぐに 逢いたくなるの 心はいつも Just fly away ダイヤル手をかけ 受話器を置いた こんな私じゃ Ah…嫌われるかしら  ふいに鳴り響く bellの音 思わず 胸は躍り出す  Day by day 昨日より確かな from day to day 幸せのハーモニー in my heart  あなたの声に ふと涙ぐむ私よ  Day by day 昨日より確かな from day to day ときめきのスコール in my heart 輝く私がいるの
心の距離中西圭三中西圭三中西圭三・村野耕治中西圭三清水信之どんなに理由(わけ)を 探してみたとしても 二人のすき間は もう埋まらないのだろう  どんな言葉よりも 深く心はきっと 知っていたのかな 僕らの行先を  Heart to Heart 今は全てを この夜の闇に溶かして Heart to Heart 心の距離が oh, NO NO… 変わらなくても NO NO… 抱きしめている NO NO… さまよう想いを…  情熱と愛の 温度差についてなら 知らない訳でも 僕もないワケだけど  今 確かなことは こんなにも楽じゃないこと Oh my baby, Oh my babe どうにもできなくて  Heart to Heart 胸の叫びが この夜に堕ちて行くまで Heart to Heart 心の距離が oh, NO NO… 変わらなくても NO NO… 感じていたい NO NO… 素直な自分で…  どんな痛みさえも越えて 心はきっと 探して行くのかな 明日出逢う何かを  Heart to Heart 今は全てを この夜の闇に溶かして Heart to Heart 心の距離が oh, NO NO… 変わらなくても NO NO… 抱きしめている NO NO… さまよう想いを…
Summerpolis杏里杏里Masao UrinoANRI清水信之いくつの夏が過ぎて行ったの あの夕映え 風吹く街路樹には 次の夏がざわめく  知らない惑星の風景ながめるようさ 切なさ越しに見る街は  それは Sign Of Love, Say“No One Alone” 未来から誰かの声が叱る 夏を忘れて失くしかけてたInnocence  Say No One Alone, Stay In That Summerdays 愛や生きる意味を 波音や青空に感じてた頃  サッカー場に不意に灯る明かりがきれい 好きだと告げた時の君の瞳に似てる  静かにシャツがなびいて 悲しくないのに 涙がくちびるに落ちた  それは Sign Of Love, Say“No One Alone” 青空の流星たちのように 誰にも見えない大人の胸のInnocence  Say No One Alone, Stay In That Summerdays 何も変わらないの 終わらない夏を生きている Sign Of Love  知らない惑星の風景ながめるようさ 切なさ越しに見る街は  それは Sign Of Love, Say“No One Alone” 未来から誰かの声が叱る 夏を忘れて失くしかけてたInnocence  Say No One Alone, Stay In That Summerdays 何も変わらないの 終わらない夏を生きている Sign Of Love
左ききのジンクス杏里杏里Gen TaneichiANRI清水信之長い夜の 一番深い場所で いつも あなたに会ってた たとえ それが何であろうと 感じるままに 飲みほすだけ  Why Don't You Take Me Now あふれる程の吐息を 胸に So, I'll Be There 吸い込まれそう 言葉はもういらない Happy Space 永遠にずっと 抱きしめて 欲しい Ah  重いドアを 開けてくれるだけの キザな男なんて イヤ 左ききのジンクスを信じて あなたの手に振れるだけ…  Look For Me Every Night 踊りつかれた私を みつけて So, I'll Be There 願わくばただ そばにいてくれたら… Happy Space いみじくも今 手さぐりで 愛した  Why Don't You Take Me Now あふれる程の吐息を 胸に So, I'll Be There 吸い込まれそう 言葉はもういらない Happy Space 永遠にずっと 抱きしめて 欲しい Ah
Our days谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美清水信之どんな言葉を話せば この想い伝えられるだろう ‘逢いたいね’とか‘大好き’だとかなんかじゃ足りない  思い出だけを数えながら泣いた夜いくつあっただろう あなたのことを見つけられなくて ah..切ない気持ち  どんな言葉で伝えたら この想いあなたに届くのでしょう つまらないと思いながら思い出確かめていたけど  もうあなたへのあの日も近い 変わらぬ想いを受けとめたくて 今まで愛した誰より大切に思うから  あなたの言葉を信じたら心が優しさ取り戻した ‘不安’だとか‘迷い’だとか忘れてしまった  季節外れの恋人達は変わらぬあしたを信じている 生まれたばかりのぬくもりを抱きしめていたいから  季節外れの晴れた街角 二人並んで歩いたこと 寄りそったときかばってくれたね 優しさがくれた切ない気持ち 愛するという気持ちを暖かく包んでくれた  愛するあなたの生き方をいつまでも隣で見ていたい 嬉しいこと素直に伝えてくれる 無邪気な笑顔を守っていたい 心に生まれたぬくもり大切に育てたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
はじめの一歩谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美清水信之朝の渋滞も あまり気にならなくなった 駅の人込みも まるで マッシュルームみたいで  心に咲いた花は 何よりも強いもの ハイヒールの踵が 折れても平気よ  肌が荒れるのは いつも化粧品のせいだと 決めてかかってた それが一番の原因  何にもしないよりも クヨクヨしないで ほら 街は捨てたもんじゃない ――意外とネ  「はじめの一歩」はいつも踏み出せないもの A・HA でもその瞬間 優しくなれる自分を見つけるはず  髪を切りすぎて 悩むことなんてないから いつも前向いて 風を身体中に受けよう  悲しいこといつまでも メソメソしないで ほら いつかその気持ちさえも “包容力=キャパシティ”  「はじめの一歩」は“最後のKISS”より軽く A・HA 理屈じゃないのよ 捨てるものなんて何も無いし 素敵な自分を探す旅に出てみよう A・HA ‘はじめは’一歩で そのうちジャンプしながら ――焦らないで  遠くの赤い光 いつの日か緑になる  「はじめの一歩」はいつも踏み出せないもの A・HA でもその瞬間 優しい自分に気付くはずよ 素敵な何かを探す旅に出てみよう A・HA 「はじめの一歩」で そのうちジャンプできるよ ――約束する
あしたの私に会いたくて谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美清水信之形だけで始まる恋くり返してたとき 自分以外のもの見えなかった  気持ちだけの言葉よりもキャンドルの灯の中で 偽りに恋してた  大切にしていたもの違うと気付いたとき 恐れずに捨てること今解り始めたの  あしたの私に会いたくて歩き出したら 目に見えるものが今までと変わってみえる 恋した数だけ落ちてく涙は流れ星に変わり あしたの私の願いを叶えてくれるの  忘れられる想い出など想い出と呼べない きっと今は言える  胸の奥のサヨナラ 出せずにいたあの日の 寂しい帰り道は蜃気楼になってく  あしたの私に会いたくて歩き出したら 悲しいことさえ迷わずに受け止められる 鏡に向かって一人言ばかり呟いてた私 今度は鏡の向こうに飛び出して見せる  雪のように溶けてく固く閉ざした心 暖かさに気付いて眠りから覚めて行く  あしたの私に会いたくて歩き出したら 好きなものは好き 誰にでも言える日が来た 肩肘張らずに 毎日が過ぎて行くこと あしたの私が手を取って教えてくれる 冬から春へと変わる季節にも ありがとうと言える気持ちがあしたの私の宝物になる
白い雪まいおりた大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之世界中 同じ夢 祈るよ  つまらないことが 理由だった気がするけれど 今年もきみとケンカを してる思いばかり 幸せなのかと たずねられりゃ 吹き出すけれど それも悪くはないなと 実は思った  世界中 同じ夢 祈ってるこんな夜は そばにいて となりにいて しばらく きみを見てるよ  渋滞の明かり 枝にとまりツリーのようさ ぼくが話すと笑った あの空き地へ行こうよ 先のことなんて言えないけど きみとこうしている まっかな鼻をすすって きみは笑った  白い雪まいおりた 車の屋根で歌うよ 今日の日がいつだって ぼくらを励ますように  たとえどんなに忙しくても 遠くはなれて暮らしていても 何も見えないくらい疲れて 願いがなくても  世界中 同じ夢 祈ってるこんな夜は そばにいて となりにいて しばらく きみを見てるよ  白い雪まいおりた 車の屋根で歌うよ 今日の日がいつだって ぼくらを励ますように 励ますように 励ますように  Lalalalala Lalalalala Lalalalalalalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalala Lalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalalalalalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalala Lalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalalalalalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalala Lalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalalalalalalalalala Lalalalala Lalalalala Lalalala Lalalalalala  
キミとボク鈴木蘭々鈴木蘭々EPOEPO清水信之キミとボクは昔からの 友だちのようにたたずむだろう 胸のおくで甘く香る 赤い薔薇が咲くとき  ひとめ会ってわかるものさ 目印などなくても 星が生まれ夜が生まれ そして朝がくるように  それが愛にかわるなら 僕は泣いてもいい 声をあげて  人と人のめぐりあいは 砂のつぶほどの奇蹟さ キミとボクは昔からの 恋人のように抱きあう  たとえ愛とよべなくても 僕はそれでもいい そばにいれば  人と人のめぐりあいは 砂のつぶほどの奇蹟さ キミとボクは昔からの 恋人のように抱きあう
デリカシーに雨が降る米倉利紀米倉利紀戸沢暢美林哲司清水信之男に振られたと 泣かれたせいで なぐさめたいはずが 邪険になるよ ネオンが霧雨に にじんだ路地で 送ると言えず 立ちつくした夜更け  デリカシーに雨が降る せつない目で誘わないで せつないのは 抱けば終わる 恋だから デリカシーに雨が降る 感じやすい胸にしみる とまどうのは ふらちな気持ちを 消せないから  傷つくたび 僕を 呼び出す君に 優しいヤツのまま 付き合えなくて HOTELの文字の下 おびえるフリの 手首を きつく つかんだまま歩く  デリカシーに雨が降る 愛してから求めてくれ 愛されないで 抱いた方も 傷つくさ デリカシーに雨が降る 感じやすい街が濡れる ものわかりのいい男になんて なりたくない  デリカシーに雨が降る せつない目で誘わないで せつないのは 抱けば終わる 恋だから デリカシーに 雨が降る 感じやすい夜が更ける 不機嫌だと責めてもいいけど  デリカシーに雨が降る さびしそうに黙らないで さびしいのは みんな同じだと思う デリカシーに雨が降る 感じやすい胸にしみる 君の頬のしずくをぬぐおう  デリカシーに雨が降る 愛してから求めてくれ 愛されないで 抱いた方も 傷つくさ デリカシーに雨が降る 感じやすい街が濡れる なんにもないのがつらくていい............
ほんのりブルー米倉利紀米倉利紀戸沢暢美羽場仁志清水信之部屋中の窓をあけ 闇にひたる夜は ひとりの時を 愛してることに 気づこう  恋人は優しくて とても いい娘だけど この頃すこし やきもちがすぎる 気にしてないけれど  カーテンをなでにきた 風たちを 行かせて  ゆるやかに おだやかに 孤独になじんでゆくよ 真夜中はほんのりBlue 海の底のようさ  遠くではビルの灯が 赤くウィンクしてる 情熱が去り 消え残るものが ほんとのいとしさか  ふたりして眠る日に あの夏に帰ろう  はなやかに あざやかに 誰もが出逢って そして 幸せはほんのりBlue ゆうつ 秘めている  月明り かたむいて ため息を切りとる  ゆるやかに おだやかに いとしく思える人よ 真夜中はほんのりBlue さめたわけじゃない  はなやかに あざやかに 誰もが出逢って そして 幸せはほんのりBlue ゆうつ 秘めている
“彼女”になりたかった日西脇唯西脇唯西脇唯西脇唯清水信之小さな頃からなまいきだとか 冷たいとか言われて そんな風にしか自分のことを 思えなくなっていた  靴ずれができたあの子にそっと 差し出したバンドエイド あなたが初めて言ってくれた 「やさしいとこあるじゃん」  アカンベーをして まとわりつく あの子がまぶしかった 腕をくむ二人 見えないように いつも前を歩いた  あの子にはなれないけれど “彼女”にはなれる気がした 欲しい恋はつらぬかなきゃ ふりかえらない 少年は大人になって 私のすぐとなりにいる 長い長い片思いは やっと扉をあけたの  胸元のめだつ洋服なんて わざと着ないようにした 仲間で出かけるときは いつでもしわしわシャツ着てた  呼捨ての名前 車の話 まるで男の子みたい 頭のうしろに目がついてる そんなカンジの毎日  そのくせちゃんと カバンの中「さいほう道具」を入れて なさけないほど あなたを無視して 誰かとふざけあっていた  あの子にはなれないけれど “彼女”にはなれる気がした 欲しい恋は思い込みも たいせつな武器 信じることをやめたとき 魔法はすぐに消えるから 恋の歴史のエピローグ 私だけだと念じる  遊園地 行くと 思い出す… みんながあなたやあの子に見えてくるから  あの子にはなれないけれど “彼女”にはなれる気がした 欲しい恋はつらぬかなきゃ ふりかえらない 少年は大人になって 私のすぐとなりにいる 長い長い片思いは やっと扉をあけたの
7月の雨なら西脇唯西脇唯西脇唯西脇唯清水信之こんなガラス張りのカフェじゃ泣けない 小雨が街路樹に静かに落ちる 待つことが苦痛に思えてきたの シグナルの点滅それは胸の中  今日はすっぽかさないと祈るように待ってた いつもと同じあなたがただ悲しかっただけよ  心のストライキうそでも気がついて 息をきらすほどの 会いたさを見せつけて 恋することだけに 縛られたくはない 7月の雨なら一人歩き出せるかも  ひとことの電話もできないくらい 忙しさの中で 何を見ているの  やりたいことだけやって 生きてゆけるといいね だけど綺麗でいられる 時間はあとどのくらい?  心のストライキ 今すぐほどいてよ 街にひびくくらい 名前を呼んでみてよ 山積みの現実… ぎりぎりの情熱… この恋を降りたら ちがう明日がはじまる  ドウスルノ ドウシタイ ドウナルノ…  心のストライキうそでも気がついて 息をきらすほどの 会いたさを見せつけて 恋することだけに 縛られたくはない 7月の雨なら一人歩き出せるかも
恋に落ちた谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美清水信之つかまれた腕に振り向いて 抱きすくめられて 動けなくなる うつむいた頬を手のひらですくって 唇を重ねた 狂おしいほど  車を停めて海岸線歩いた 細い月が蒼く照らしてた あなたの歩幅に合わせて歩いてみた 泣きたいほど幸せだった  愛することは 暖かいこと この気持ち初めてあなただけがくれたの  言葉には出さなくていいから このまま黙って 抱きしめていて たとえ他の誰かを傷つけてでも 引き返せないほど 恋に落ちた  数え切れないほど曲がり角くぐり抜け そして今あなたへと着いた 優しい背中に そっと寄り添ってみた ねぇ きっとあなたで良かった  愛する瞳 曇らぬように あなたの笑顔をずっと守り続けたい  負けないでどんな悲しみにも 輝くあしたが 来ると信じて 切なさも喜びもあなたとならば 分かち合えるの そう永遠に  愛することは 生きていくこと あなたの隣をずっと歩き続けたい  つかまれた腕に振り向いて 抱きすくめられて 動けなくなる うつむいた頬を手のひらですくって 唇を重ねた 狂おしいほど  このまま永遠に抱きしめていて
宇宙でたったひとつの今日平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之いい日悪い日どちらもそんなに続きはしない 神様もあれで結構人まかせ だけどどんな毎日もすぐに過去になるから 今日みたいな日は漂っていましょう 届かない夢よりも目の前の宝物 ほら 気づいたでしょ? ねぇ呼んでいるでしょ?  Let's make a dream 永遠より永い一瞬拾いに行こう 休んでることさえ忘れてしまう遊びがいいな Let's take a chance この先何が起きても 怖がらずにいよう 今日にちょうどの分の風  吸い込んだあとは ただ吹かれたいな  今日が二度と来ないのは自分へのメッセージ 大事にしてから役立てなさいと 次の1秒 それが未来で思い出の絵になる いつがそうなのか今はまだ分からない 本当の Love & Peace 日々にきっかけ潜む ほら 見つけたでしょ? ねぇ 隣にいるでしょ?  Let's make a dream 今よりも永い思い出を作りに行こう 過ごすことだけを楽しめる二人の場所がいいな Let's take a chance あたりまえの時を重ね幸せになろう 宇宙でたったひとつの今日  あなたといる続いてほしいな  Let's make a dream 今よりも永い思い出を作りに行こう 過ごすことだけを 楽しめる二人の場所がいいな Let's take a chance あたりまえの時を重ね幸せになろう 宇宙でたったひとつの今日 あなたといる いつもいつまでも続いてほしいな 
Shocking Blue森口博子森口博子平松愛理平松愛理清水信之良薬口に苦しというけど とどめの薬をThank you この晴れた朝私に届いた ブルーなメールと青い空  ピカピカの天気 伸びして すぐ目にしたもの 震えた ポストからのぞくあなたの名前ある青いカード 一瞬期待よぎったのに 連ねてあった名の人と 未来を誓うとパーティーの案内 書かれていた  立ちすくんで短くなる影に ますます濃くなるMemories 祝福で幕を閉じろというの? すがる雲さえないのに  アドレス帳のナンバーを 消しても指が憶えてた 二度とかけぬよう悲しい日は家へ帰れなかった あなたが去ったこのドアを 開ける度息つまりそうで けどいつか帰る一筋の予感が つないでいた  のど元過ぎれば熱さ忘れる その程度だったの?Crazy! あの日の写真のラストに貼るわ 刻んだ青い葉書  世界中の雨よりも流した 涙を返してちょうだい 私あなたより幸福になる なぜかな勇気出たわ 極上の贈り物 わざわざホントありがとう
この街のどこかで平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之君なしじゃただの街 そんなこと言っていたっけ 忘れかけてた 一歩ずつゆっくりと  胸の隅 しまった記憶よみがえるの この本屋 通り過ぎたら いつもあなたがいなくなり捜した そしてここから店をのぞくあのくせ 今日もまた知らずくりかえすの それぞれの人生 もう待つ人がいて どんなに幸福だとしても 時に迷って 時に悩んで 自分を確かめたい日もある お互いあの恋は必死に守ったね 愛とは言えなかったけど あなたどうなの?ふと思い出す? この街のどこかで  今日の様に陽がだいぶ短くなったあのベンチでケンカをしたね  理由さえ失くすほど 難しい 長話(ながばなし)で 風邪をひいた 熱が出た と電話したら 二つもつぶれた目玉焼きサンキュー 今は愛する人に作る 卵  失敗したらその日は風邪をひく あれからの道のり  充分 過去になって毎日満たされていても 時に迷って 時に悩んで  自分を確かめたい場所がある 笑顔でもう一度 会いたくはないよね あの日はここで終わったの 全てのものが始まりだったこの街のあの頃  いつからか あなたと同じ名前呼ばれても振り向かなくなり いつからか 人混みの中あなたの面影と歩かなくなったの  それぞれの人生 もう待つ人がいて どんなに幸福だとしても  時に迷って 時に悩んで 自分を確かめたい日もある お互いあの恋は必死に守ったね 愛とは言えなかったけど あなたどうなの?ふと思い出す? この街のどこかで今ごろきっとくしゃみしてるね この街のどこかで 
バタフライSMAPSMAP森浩美谷本新清水信之夜更けの2時過ぎに ドアを叩く誰か 名前もない君 どうせ眠れなかったんだよ 中に入りな さぁさ ah Oh yeah  首筋にかすかに残ったコロンの香りで 素肌なら甘い モヤモヤとしたオレ自身を いますぐ晴らしたいだけさ  路地裏の窓 光に群がる虫なんかいて ふたりの姿 なぜか そうダブらせながらの 抱きあって夜は  あやしげに 赤いトキメキが 君の奥深くまで 飛んでけば 苦しげに羽をもがれては 堪えきれなくなってきて 闇に堕ちてゆく yeah  明日も明後日も 大した意味なんてない 知ったことじゃない きれいに着飾ったとこで みんな同じ 迷うばかりなら  もうこれ以上考えるほどのアタマなんかなく やりきれなくて つよくそう 熱いそのゆびさきに つかんでおくれよ  あやしげに白い溜息が 君のその素肌まで 花びらに 楽しげに 心ヒラヒラと その蜜を求めては 濡れて溺れる  曇った瞳 何にも 解き明かさなくてもいい 生きてはゆける もっとそうぐちゃぐちゃになって どうでもいいだろう(Fu…)  あやしげに 赤いトキメキが 君の奥深くまで 飛んでけば 苦しげに羽をもがれては 堪えきれなくなってきて 闇に堕ちてゆく  白い溜息が 君のその素肌まで 花びらに 遠い空 今日もズルズルと その部屋を避けながら 朝日が昇ってく
さよなら久宝留理子久宝留理子久宝留理子伊秩弘将・清水信之清水信之さよならだけが あなたの答えなら どうして二人 出逢ってしまったんだろう 思い出の距離 近すぎて動けない 私の行先 教えてよ  思いつく言葉は 今日も 呼び慣れた名前ばかり ひとりきりくるまるシ-ツに あなたの匂いを探す  すべてを受け入れることが やさしさと信じていた もう一度やりなおせるなら 何もかも捨ててもいい  さよならだけが あなたの答えなら どうして二人 出逢ってしまったんだろう 思い出の距離 近すぎて動けない 私の行先 教えてよ  どんな日もどこへ行くにも 離れたりしなかった ふざけ合う瞳の中に 朝焼けが映っていた  心の指がたどる二人の思い出多すぎる どこかの見知らぬ同士になれる日が来るだろうか  さよならなんて 目指した訳じゃない こんなことなら 未来は語らなかった 離れず二人 いると誓ったのに 眠れないまま 朝がくる  すべてを受け入れることがやさしさと信じていた もう一度やりなおせるなら何もかも捨ててもいい  さみしくなんて ないと言ってみても 思い出すのは あなたの後ろ姿 いつもそばに いると誓ったのに あなたがいない 朝がくる 
セロリPLATINA LYLICSMAPPLATINA LYLICSMAP山崎将義山崎将義清水信之育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ 夏がだめだったりセロリが好きだったりするのね ましてや男と女だからすれちがいはしょうがない 妥協してみたり多くを求めたりなっちゃうね  何がきっかけでどんなタイミングで二人は出逢ったんだろう やるせない時とか心許ない夜 出来るだけいっしょにいたいのさ  がんばってみるよ やれるだけ がんばってみてよ 少しだけ なんだかんだ言っても つまりは 単純に 君のこと好きなのさ  もともと何処吹く他人だから価値観はイナメナイ 流行が好きだったりそのわり古風なとこあったりするのね  性格曲げてまで気持ちをおさえてまで付き合うことないけど 一人じゃ持ち切れない素敵な時間に 出来るだけいっしょにいたいのさ  がんばってみるよ やれるだけ がんばってみてよ 少しだけ なんだかんだ言っても つまりは 単純に 君のこと好きなのさ  がんばってみるよ やれるだけ がんばってみてよ 少しだけ なんだかんだ言っても つまりは 単純に 君のこと好きなのさ
夜空を仰いでASKAASKA弾厚作弾厚作清水信之夜空を仰いで 数える星も 君のいない砂浜は 淋しいぜ かがやくつぶらな 君の瞳を 見せておくれ夢にでも 側にきて  僕はいつでも君の面影 しのんで歌ってる 君は何故で僕のことを 思っていてくれるの  歌おう明日の 虹をふたりで 消えぬ愛の幸せよ とこしえに  (セリフ) 「さみしいなあ 君がいないとつまんねえや 僕は君とはなれていられないんだ 愛してる」  遠い空になつかしい想い出 うかべて歌う僕 君はいつでも僕のこと 愛していてくれるね  昏れゆく波間に 君を呼んでる 僕の声がきこえるかい 逢いたいな
二人だけの海木根尚登木根尚登岩谷時子弾厚作清水信之君のために渚で ひとりかなでる 心の歌 つぶらな瞳を 青空のなかに うかべては つまびく愛の歌 君と別れた日から また逢うときを 待ちつづけて 波間にただよう 夕月のような ほほえみが 歌えばなつかしい  君のために渚で ひとりかなでる 心の歌 君がいないから 夏も色あせて 秋もただ 君が恋しいだけ きっと逢えるねきっと 雪がやさしく とける明日 渚を走ろう 君をこの胸に 抱きしめよう 二人だけの海で 抱きしめよう
まだ見ぬ恋人平松愛理平松愛理原とし子・岩谷時子弾厚作清水信之夕暮れの浜辺を 貝殻踏みながら 淋しさにただひとり さまよう 君はどこにいるのか まだ見ぬ恋人よ 君と逢うその日まで 僕は行く 夢に見るあまいくちづけよ 僕を呼ぶ優しい声 君はどこにいるのか まだ見ぬ恋人よ たとえ地の果てまでも 僕は行く  夢に見るとこしえの誓い 幸せは僕が守る 君はどこにいるのか まだ見ぬ恋人よ たとえ海の底でも 僕は行く
Boys and Girls-You can do it!-辛島美登里辛島美登里MIDORI KARASHIMAMIDORI KARASHIMA清水信之5月の窓 早起き 久し振りに バスケットにランチ詰めた これは仕事?それとも自由参加?とりあえず顔だしとこう  せっかくの日曜 文句を言いながら なんだかワクワクしている グランドへ急げば 水まきしたばかりの 芝生のにおいが 懐かしい  いつも会社に遅刻するアイツが やけに張り切ってる Let's do it, do it! 始まるベースボール ウエスト貫禄ついてるネ、でも ムキになってる瞳が新鮮! You can do it, do it! We are boys and girls  青い空に ボールはゆるいカーブ 決定打は タッチアウト 選手交代 ベンチに戻ってきた うなだれたまるい肩  あの頃平気だった距離が走れない 同じよ 新人じゃないもの 頭で描くヒーロー 身体はもうオーバーヒート これからは マインドで 勝負する  UVケアのオンナたち 声を枯らし応援する Let's do it, do it! Goin'Goin'My way みんなオヤジ(オバサン!?)にみえるけど そっか子供の頃があったんだ You can do it, do it! We are boys and girls  いくつになっても プレッシャーだらけでも 夢はあるの、言わないだけ スタンドの静寂 ピンチをチャンスに変える 奇蹟に 息をのむ  こんな単純に笑って こんなもう仲良くなって Let's do it, do it! まだまだ Playin'Ball 人を愛せる自分なら もっともっと やさしくなれるはず You can do it, do it! Always boys and girls  You can do it, do it! Forever boys and girls!!
初めての恋辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里清水信之初めての恋をしてる あなたをそっとみつめる せつなくて そんなことで 涙があとからあふれた くり返す そして人は 慣れてゆく だけど愛は わからない ことばかり 臆病になっていくの どんなふうに始めたら、いいのかしら? なぜだろう・・・・自分の ことになると、 だめなの かたちのないものを今、抱きしめてる 重ねて生きたい、あなたと ちいさな未来を 大切な想いがある 想いでの数だけある 言いたいこと 言えないこと  全部話さなくていいから 愛すると 苦しいのは あなたへと できることが なにもない ただそれだけの 自分をかみしめるから どうすればねえ、やさしさは 届くかしら? いつでもチャンスに 乗り遅れてしまうの 震える手で ためらいのドアをたたく 逢いたい気持ちが こんなに勇気をくれるの  つないだぬくもりが 普通の毎日が うれしいと思う気持ち ずっと忘れずに、 いる 私らしく やさしさを届けたいの 襟元くすぐる 透明な風になる おなじことに なんとなく微笑うように 重ねて生きよう、あなたと ちいさな未来を 初めての恋をしてる 心がそう叫んでいる……
最後のバレンタイン西脇唯西脇唯西脇唯西脇唯清水信之一緒にいたいと 誰よりも思った きりのない“大好き”をかかえながら うれしかった  やさしげな2月の 街並みがさざめく 小さめの箱を買う そっと二粒 ビターチョコレート  キスをしなくなる 抱きしめなくなる 手をつながなくなる あたりさわりのない会話だけで 毎日が過ぎてゆく  最後の最後の最後のバレンタイン あなたの気持ちは彼女へ急いでる そのうち上手なウソもつけなくて 「わかってくれよ」って顔をするんだ あなたらしく せつなく  合鍵はやっぱり どうしても使えない ドアの前 ポストには 入りきらない リボンが揺れる  “真夜中の電話”“絵ハガキの名前”彼女の分身が あなたの部屋の中 ふえつづけてる 気づいても守れない  最後の最後の最後の約束 会いたさをぐっとこらえてここにいる 待ち合わせしてるカフェの窓際で あなたは時計を気にしているはず たぶん今頃……  遅れてゆくのは ささやかな抵抗 あなたはあたしを どのくらい待つんだろう  最後の最後の最後のバレンタイン あなたの気持ちは彼女へ急いでる そのうち上手なウソもつけなくて 「わかってくれよ」って顔をするんだ あなたらしく  最後の最後の最後の約束 寂しさをぐっとこらえて歩きだす どうしようもなく好きになっちゃって 「仕方がないな」ってきっと言うんだ あたしが先に もうすぐ……
ビビッとドキッとGood Day平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之人混みに押されて進む Rush Hour いつもの看板あたりで待つ乗車口 顔ぶれのきまった朝のプラットホーム 又同じ電車乗り込むよ  ぶつかる背中承知で 足を止め降りてみた 今日はいちぬけてみるわ 悪いわね  そっとVivid Bit.Sukiっときっと Good GoodっとGood Day 人波逆らって心の日光浴 ほんの10?あご上げて見えた空に 雲に乗りたいと走った日甦る 普通の日の思いがけない朝 素敵な adventure できたてのサンクチュアリ  やりかけの机の上のroutine work 誰かに気にならないと言えば嘘になる 仮病なの 心の中で I'm sorry 受話器おく知らない町角  様々にはめこまれた 石畳で分かった 私も代わりのきかない 人でいたい  やっとVivid Bit.Dokiっときっと Good GoodっとGood Day 私と太陽とではじまる光合成 ずっと忘れていた口笛で吹くメロディー ひとつかみの風残さずに深呼吸 通り過ぎたすべての日々が今 明日への station 私発(わたしはつ) 私行き  ちょっとした思いつきに Vividがかくれてる パッとしない毎日の どこかで すぐ傍で  ずっとVivid Bit.Ukiっときっと Good GoodっとGood Day 狙わないで探さないescapeが大切 そして行き帰り見飽きた街路樹にさえ 季節があること知る自分好きになる ほんの少し時間を忘れたら 予期せぬsituation 昨日とは違うGood Day めげた日がチャンスのGood Day 
あなたの愛になりたい辛島美登里辛島美登里辛島美登里辛島美登里清水信之うれしいこと せつないこと いっぱい感じられるように 渇かない瞳をもって ひとは 生まれてきた  そう ふたりは ふたつのこころ 育てながら巡り会った すこし違う すこし不安 だからなおさら 好きになれる  あなたの愛になりたい はなれても そばにいても 眠っても 目覚めても その声を 聞いてる あなたの愛になりたい ひとりでは生きられない 気づいたの となりにある 温もりに はじめて  かたちより ことばより いっぱい伝えられるように あたたかい 体にふれて ひとは 愛しあうの  傷ついた羽根 癒してほしい わたしのなかで 海のように 哀しい記憶 分けあいながら 愛は静かに満たされてゆく  あなたの愛になりたい 新しい わたしをみて 素直にはなれなくて 失くすのがこわくて  惜しみなく愛は与えて 惜しみなく愛されていく あぁ なにも言わず あなた てのひらを かさねた  あなたの愛になりたい 時間を越え 夜を照らす 風のなか みつめあう 空と星でいたい あなたの愛になりたい ひとりでは生きられない 寄り添った瞬間から 永遠は はじまる  うれしいこと せつないこと いっぱい感じられるように 渇かない 瞳をもって ひとは 生まれてきた  あなたのため 生まれて、きた
Miss Very well平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之空と海の色 溶け合う彼方へ これから未知のJourney 助手席に置いたトランクひとつで すべてがはじまるの  バックミラー消えそな見慣れた景色 涙より多く思い出があふれ出す  仕事もやめて恋も捨てたわ こわれかけた自分壊してきたの やるべきことじゃなくやりたいことに 生きていくのよ 今気分は Miss Very well  ワイパーと雨は 忘れない傷と それをぬぐう手のよう でも進むよHighway 止まってしずくで 虹は見逃せない  夢の架け橋がナビゲーターになる 前向いていけば道は見失わない  泣いて笑って喜び怒る そうだった私をとり戻すのよ 見えてきた地平線窓を開けたら 自由の波間 もう気分は Miss Very well  毎日が人生で 最初で最後の日 明日より若い今日という日は 二度とは来ない 自分の記念日  次のステディは自分を見せよう いいたい放題の友達つくろう 今度は何ひとつあきらめないの たどりつきたい 思う存分 Miss Very well
追伸平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之あれから三度目の夏がまた来ますね あなたは元気で日々暮らしてますか 日曜日に雨が降るとキュンとします 二人で淹(い)れたCoffee香るから  あなたが飛び出した日 傘を忘れましたね 私は取りに戻るあなたを 待って 泣いて  もう二度と恋しない 誓ってから 孤独という自由だけ付き合ってた そしてね やっと幸福見つけたの あなたよりやさしい人と一緒に  もうつかみましたか夢は? まだですか? 今でも応援陰ながらしてます いつか私を見かけたら過ぎて下さい 悲しい結末はそのままで  あなたにふられたから 今日の私がいます もし笑顔をくれたら歴史が 無駄になるの  りんどうが咲く頃のあのチャペルで 浴びるのよ花びらとライスシャワー どこかであなたも噂聞いたなら ホッとするの? それともどんな気持ち  あなたの身勝手さに 強くひかれてました あの熱さと違うおだやかさ 今は守る  あなたがね 手放した薬指に もうやがてプラチナのリング光る いつかね 年をとったら言おうかな その昔とても恋をしたこと  もう二度と恋しない 誓ってから 孤独という自由だけ付き合ってた そしてね やっと幸福見つけたの 二番目に好きな人と一緒に さようなら いつまでもお元気で
私をかえして平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之あなたひとりのせいと 憎み切れない 一度でも本当に恋してたから けど違う人を いつか好きになる予定なら なぜ私と付き合ったの 受話器の向こう 何か言って  恋をひとつ失うことは 心すべてなくすこと あなたと出会うあの日までの 私をかえして もっと強かった私に  その女性(ヒト)思う気持ちで 私じゃなくて 二人過ごした季節いとしんでみせて 愛は望まない ただ毎日が手につくまで 夜中こうして話聞いて 彼女いたら すぐに切るわ  あなたひとり失うことは 私全部なくすこと 今さらあなたに聞きたいの どこが嫌だった? なぜ言えなかったの?私に  白んできた窓 世の中が今日もはじまる 涙晴れる日が来たなら 平凡という凄さ 知るね  終わらない夜歩くよりも 短い夜走りたい 口にしない矛盾が叫ぶ やさしくしないで もうつきはなしてよ  恋をひとつ失うことは 心すべてなくすこと その影におびえない朝へ 私を逃がして 私をかえして 私に
幸せはトマトと共に平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之確かにそう 私見憶えある さっき道であなたが紹介した 昔の友達って  きれいな人 けど嫌味ね 私に愛想なかった ちょっとあなた 人の話聞いてよって言ったら 思い出したわ  あなたの部屋はじめて行った日 フォトスタンドの笑顔 ひどくあわてて即座に言った これは僕の妹って その時以来写真がないこと 楽しくて忘れてた なんであの時私だましたの 嫌いよ 一歩前歩かせてもらうわ  ちゃんと言うよ 前の彼女なんだ かくすなんて未練があったのね やっぱり店出るわ  ちょっと待てよ 君の好きな トマトジュース飲めよって ウェイトレス 呼ぶ横顔なんてマジなの おかしすぎるわ  もういいわよ許してあげる 本当に憎めない人 白状するわ 私何より 苦手なのよトマトが はじめての朝グラスに入れて くれたから無理をしたの ああ美味しいと目に涙ためて ちがうの あなたの笑う顔みたさに  あなたも今日 私も今日 二度目の恋しようよ 昨日までの 互いのため ついたけなげな嘘を祝って  好きは嫌い 嫌いは好きに 恋はいつも急転直下 思えば思うほどささいなことが 世紀の大事件 きっと私はこれからあなたに 何度も恋をするわ でもその度に必ず言うでしょう 嫌いって そうしていつしか 仲良くトマトが食べたいな
魔法のメッセージランプ平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之銀色のキーに祈ってみる ドアの向こう彼から メッセージ点滅していてね まるでおみくじ引くように 勢いでノブまわし 超ラッキー! 大吉サインの日  再生して違ったら 泣くからあとにするわ  まずはお化粧おとしましょう 部屋を片付けましょう 明日の準備しましょう 一人暮らしの優等生 なんて私充実してる さあ聞こう 運命の声  今日こそ留守電なかったなら 冷蔵庫のモナカを 気安めに食べていいとしよう まるで合格発表ね つぶった目うすくあけ アンラッキー 大凶サインの日  バッグが肩くいこみ くつずれに急に気付く  そして着替えもする気なくて カップメンで済ませて お風呂洗うの嫌で 一人暮らしをぐうたらする 一喜一憂させてることを ねえ知って 運命の人  またたくランプひとつ 恋に魔法をかける  まずはお化粧おとしましょう 部屋を片付けましょう 明日を夢見ましょう これが順調な恋の日 着替えする気なくて カップメンで済ませて キレイを目指せなくて これが行方怪しい恋の日 こんな毎日変える媚薬を ちょうだい 魔法のランプ
南町から平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之春には海に近い校舎で 記念のスナップにVサイン 離宮公園の桜たち くもった日が鮮やかで グレイのキャンバスに 夢は咲くものと 教えてくれたはずなのに  ありふれた毎日があたりまえじゃなくなる こんな日がくるなんて 何気ない一言がさり気ない微笑みが こんなに暖かくて まだ見ぬ薄紅の花びら もっともっと あの日へと置き去りの人の夢 咲き誇れ  夏には波打ち際走った 遠くで母の呼ぶ声がした 須磨海岸で陸サーファー 気取る頃気がついた 寄せる波が傷 ひく波が時間 そして去ってく 人生のように  あといくつ波くればどれだけの時経てば 痛みおさまっていく どんな偉い学者でも有名な政治家も 心までは量れない 小さな無数の引き潮が そっとそっと いつまでも乾かない深い傷 さらってゆけ  秋には山へ落ちる夕日が 焦がした初めての恋心 お揃いのシャツで三ノ宮 けれど顔さえ見れず 真っ赤な六甲を 背に港へ続く道歩いた 黙ったまま  どこにいてどう生きても何をどう失くしても 思い出は変わらない きんもくせい咲く季節めぐる度甦る 蒼かった日々のこと 神さまでさえ消せはしない ずっとずっと かけがえのない記憶自分だけの History  冬には聖歌隊に混じって 異人館通りでアヴェマリア 山手教会のクリスマス 空届きそなもみの木 積もりはじめる雪は すべての罪を 許してしまう最上の愛  捨てるはずのなかった果たすはずの思いが 天国で雪になる 希望へと向かった時もう一度愛になって すべての人に降るの 新しい生命のうたになる きっときっと 強い町になっていく故郷へ 届くように 人生の道しるべ はじまった 南町へ
Dear My Baby平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之どこかずっと遠くの星からやって来たの? 秘密は守るわよ その記憶に残る 過去の素敵な思い出の 夢は見るの?  新しい奇跡を 叶えたその勇気に 負けない愛をあげるね これからずっとね  恋や愛とは違う気持ちがこの世にあることを 小さな微笑みひとつで教えてくれるの 大人はたやすく変われないもの そう思ってきた あなたと会えるまでは  くるみのようなこぶし何を掴もうとしてる そっと教えてみて いつかその手のひら 夢がこぼれ落ちそうな時 ぎゅっと結ぶのよ  あなたがデビューした この地球という場所 いいことばかりじゃないけど 一緒に歩こう  かけひきなしで許し続ける思いの尊さを 小さな生命が私に教えてくれるの この驚きを忘れないように唄っていきたいの あなたとの別れまで  夜明けの雲を散らすかのように今はばたく鳥よ 一枚の羽根白く空を舞いはじめた この朝日にさえすでに染められ始まった道のり くじけず辿り着いて どんな色でも すりぬけそうでも 抱きとめるから
Midnight Sun平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之木陰もれる月の陽は レモンがしぼった雫  流星の矢のナイフが 空を駆け砕いたの いつも夜しか会えない この恋を笑うような 禁断の果実  思いは星のよう 無限を越えていくの 静寂が深まれば もっと守ろうとするの あなたといれば月夜の晩が水面に はじけて私だけの 太陽になる  夜空が明るいことを 彼女には教えないで これから悲しいことは あの雲に浮かべよう 夜風で磨く涙は いつの日か輝ける 秘密の宝石  嵐がきて空に稲妻がはしる日は 手をつなぐ約束思い出してくれればいい こんなに人を愛せる気持ち ありがとう 心が溶けていくの 闇に抱かれて  思いは星のよう 無限を越えていくの 静寂が深まれば もっと守ろうとするの 二人がかわす愛ほど強く今夜を 照らすの 私たちの 太陽の場所
彼方からの手紙平松愛理 Duet with デーモン小暮平松愛理 Duet with デーモン小暮平松愛理平松愛理清水信之危ないとこだったね 切りすぎだよハンドル 助手席で読んであげた Air Mail 気になるのね くせある宛て名の文字 時間を感じさせない 3人で前みたいに 遊ぼうって書くなんて あせったけど大丈夫気づいてない  彼女は友情 彼は恋のため 昔の日々をかくしつづけてる 尊い嘘に便乗するのよ だって二人は大切な人だから 君を悲しませない なら知らないフリするね  外国好きなところ 相変わらずなんだな この辺り免許取って たしかすぐ一緒に来た こういう時きまって「今日も可愛いよ」とか おべんちゃらはじまるのよ 演技がね下手すぎる もちろん彼そんなこと気づいてない  彼女は僕と君の恋のため 昔のことは忘れようと言った 僕は君等の友情のために決めた 君から親友うばわないこと 彼なりのやさしさ あぁ 時々疲れるよ  いつの日か言ってほしい 私達その時 もっと本物になれること気づくはずよ  彼女は友情 彼は恋のため 昔の日々をかくしつづけてる 尊い嘘に便乗するのよ だって二人は大切だから  彼女は僕と君の恋のため 昔のことは忘れようと言った 僕は君等の友情のために決めた 君から親友うばわないこと  もう時効なんじゃない? さぞ君は悲しむだろう 彼方(カナタ)から遠い恋 もう今さら言えないし…
好きで…好きで…好きなの西田ひかる西田ひかる三浦徳子加藤和彦清水信之好きで好きで好きなの 世界中を探したって... この場所にもどること あなた 誰よりも知っている 嫌いになれるまで...そばにいて  砂浜の足跡たどれば いつもあなたがそこにいた 知らぬ間に風が出てきたの 誰かの気まぐれな愛よ  今なら 遅くないめぐり逢った頃に もどれる 2人よ...  首すじに 潮風が こんなに からみつくから  好きで好きで好きなの 世界中を探したって... この場所にもどること あなた 誰よりも知っている 嫌いになれるまで...そばにいて  コンサート帰りの出来事 そろそろ 送ってくよなんて いつだって私を最後に 送ってくれたはずじゃない  あの夜に知ったの彼女の瞳が 少し遠くを見たこと  さよならは涙では 流れてゆきそうもない  好きで好きで好きなの 世界中を探したって... この場所にもどること あなた 誰よりも知っている 嫌いになれるまで...そばにいて  好きで好きで好きなの 世界中を探したって... この場所にもどること あなた 誰よりも知っている 嫌いになれるまで...そばにいて  嫌いになれるまで...そばにいて
Dear My Soul西田ひかる西田ひかる三浦徳子羽田一郎清水信之di di dan ふたり di di dan di dan 揺れる太陽 生まれた時から ずっと 決まってた 運命  din di dan いつも din di dan di dan 不思議なくらい くちびるで Ah 燃えてる 8月の oh my soul  渚は夢のパレードだから 素足のままで 参加したい気分になる  La La La tu ru ru そっと 砂の上に誰か くっきりしてく線を描き 近づくの La La La tu ru ru きっと あと数秒たてば それは2人の甘いkissに 変わるはず...  din di dan ふわり din di dan di dan 恋は魔法ね グラスの氷を今 指先にのせた  パラソルの下 まぶた閉じてて 真冬の青さ プレゼントしてあげるから  La La La tu ru ru じっと 渇きすぎてる胸 サボテンみたい ひとしずくで生きかえる  La La La tu ru ru きっと 夢からさめた時 目の前の私を見つめて 恋をする...  La La La tu ru ru そっと 砂の上に誰か くっきりしてく線を描き 近づくの La La La tu ru ru きっと あと数秒たてば それは2人の甘いkissに 変わるはず...  変わるはず...
約束カズンカズンカズンカズン清水信之エレベーターを貸し切って 展望台まで上ろう 静かな時が二人を 夜空へと運んでく  あれが環状6号線 その手前が私の部屋ね あなたの部屋は見えない 霧雨にかすんで  たくさんの愛につつまれ 二人は今日まで来れたね 今度ここに来る時には 同じ窓さがそう  同じ灯りともそう
最後の夕暮れカズンカズンカズンカズン清水信之パズルの歩道 夕暮れ ふたつの影がたどる はしゃぎすぎていたのは さよならを聞きたくないから  傷つけて 傷ついて ふたりここまで来たけれど もう見せかけの幸せならば 欲しくない  約束のリングは 微笑んで返すから 愛し合っていた日々は 嘘じゃないと言って  無理をするのはやめてね 優しさがつらくなるの 本当に好きな女性と 結ばれるのが自然な形  追いかけて ひきとめて 愛をとどめてきたけれど もう力つきて ダメみたいね 私達  闇が少しずつあなたの影を消す 流れるライトにじんで 何も見えなくなる  孤独が恐くて 恋してたわけじゃない さよならをする勇気が ただ持てなかったの  さよならをする勇気が ただ持てなかったの
コンクリートに花を咲かせようカズンカズンカズン・小林和子カズン清水信之コンクリートに 花を咲かせよう ベランダの隅っこで 頑張ってる ひらかない 夢なんて ないはずさ 目の前の TVが 笑うけど  今の道が 向いていないと 誰が決めたの? 言っていたの? みんなと同じじゃ つまらない どうするの  Take The Chance 僕らに 不思議な神様がいて One More Chance ピンチは 素敵な友達と言う 大丈夫 大丈夫 波はある 明日も来る 心も体も 鍛えなくちゃ  流れる季節 花はいつ咲くの? こたえは自分で つくるものさ 見るだけの 夢ならば 眠ってて 地球儀をまわしたら 世界旅行  今の道が 向いていないと 誰が決めたの? 言っていたの? だけど悩んだり 迷ったり しているよ  Take The Chance 何とかしなくちゃいけないけど One More Chance 何とかなるさと明るくゆこう 気にしない 気にしない 窓を開け 深呼吸 おっといけない お湯がわいてる  Take The Chance 僕らに 不思議な神様がいて One More Chance ピンチは 素敵な友達と言う 面白く景気よく 瞬間は続いてく 花に水あげて 街に出よう
Singカズンカズンカズンカズン清水信之果てしなく続いてる この空の向こうに 悲しみに震えてる 小さな生命がある  争い傷つけ合う 歴史を繰り返し 何のために 生まれて来たの? 教えてよ  胸に響く 熱い鼓動を この歌にのせて伝えよう いつの日にか きっと出逢える あなたのために  忙しい毎日を ニュースが流れてく あたたかい微笑みで 今日が終わりますように  誰もが 幸せになりたいと願うよ 今 私にできる何かを 始めよう  どんな時代も どんな色でも 無邪気な瞳は変わらない 同じ地球に 同じ未来に 生きるのだから  空をつなぐ 虹の架け橋 遠いあの国へ届けてよ いつの日にか きっと出逢える あなたのために  胸に響く 熱い鼓動を この歌にのせて伝えよう いつの日にか きっと出逢える あなたのために
JEALOUSY IN LOVE林田健司林田健司森浩美林田健司清水信之I… Jealousy in love. Jealousy in love. I hate love. I… Jealousy in love. Jealousy in love. Crazy me.  車の中君は 見知らぬ男に抱かれ Oh, Yeah. 膝の奥で指が「彼女」を捜していたよ Oh, Wow.  昨夜(ゆうべ)はあんなにも この僕愛したのに…  I don't want you kiss my jealousy めまいが起きそうさ 姿を連想(おも)うたび ジェラシーが突き刺すよ 開いた唇で 肩先噛むように 歪んだ声を出す 切り刻む My Jealousy… I hate woman.  I… Jealousy in love. Jealousy in love. I hate love. I… Jealousy in love. Jealousy in love. Crazy me.  世界中に君の秘密がばらされてく Oh, Yeah. 耳を塞ぐ僕は 独りで奮ぶるばかり Oh, Wow.  疲れて眠るのは やっぱり左腕か?  I don't want you kiss my jealousy 鎖につなぎたい はげしく君のこと 突き上げてなじるのさ みだれた髪の毛を後(うしろ)でつかまえて 誰かのその匂い 剥がすまで My Jealousy… I hate woman.  この次逢うときにきっと気づく 愚かな君の Oh…罪の深さと 僕の愛 つよいことに…  You… kiss my jealousy. めまいが起きそうさ 姿を連想(おも)うたび ジェラシーが突き刺すよ  Get down, My Love. I don't want your love. Get down, My dream. Jealousy in my heart.
Downtown Girl大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之Girl きみは はき慣れないヒールのかかとでけつまづいた Girl さっきチューインガムをかんでたら 押されて飲み込んだ  連結に近いドアで 手を振って苦笑いをした ダメなときはダメさ そんなきみも好きだぜ  Downtown Girl 世界中にフラれても Downtown Girl ぼくだけはきみの隣にいるからね  Girl きみは星占いで 今日は最悪だと嘆いてる Girl でもね沖縄では 去年より早く梅雨が明けた  窓をこすれば 意外と都会にも緑があるじゃない 明日早起きして 1駅分歩こうよ  Downtown Girl きみはいつもはじけててよ Downtown Girl めげない笑顔にキスしてもいいかい  自分が思うほどに 毎日が進まなくても かなう時はかなう 信じ続けるだけさ  Downtown Girl 世界中にフラれても Downtown Girl ぼくだけはきみの隣にいるから  Downtown Girl きみはいつもはじけててよ Downtown Girl めげない笑顔にキスしてもいいかい
渚橋大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之only you いつも恋だけが きみのすべてと言えるなら せつない胸に素直でいい 一生最初で最後の I love you  恋をしたいよ 恋をしたいよ 10分だけ海に下りていい きみは悲しい恋をしている なのにぼくを笑わせる 波が熱い昼間の砂をさらう前に ぎこちない指をつなごう  only you 誰かたずねたら 恋人だよと言えばいい エンジンの音がうるさくて つぶやいても聞こえない I love you  “メガネを貸して” 度の合わないレンズ越しにきみはぼくを見る テールランプ顔にはじけて きみは指で目をこする ぼやけてても 今は小さなぬくもりになりたい 友達のまま  only you キスしなくていい 笑ってくれるならそれでいい 一瞬きみがなごんだから 無邪気にうれし涙こぼれた  “きみと逢えてよかった ささいな仕草好きさ”  only you つらい恋なんて やめろなんて止めないから きっと今以上苦しくても 幸せだと思えるきみでいて only you いつも恋だけが きみのすべてと言えるなら せつない胸に正直でいい 一生最初で最後の I love you  ずっと 振り返らないで ずっと きみはそのままで
うぶげのきもち大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之いつもきみの瞳に映ってる 嵐のようなときめき 東京タワーのてっぺんで 今日こそピシッときめようなんて思ったのに  ダウン脱いだ Tシャツのきみが ぼくのひじに当たる度に 胸がきゅんと痛むんだぜ  ぼくがぼくらしくいるために きみに出逢えた気がする きみが気づかせてくれた せつなく揺れるうぶげのきもち  きみは大きな声で笑うし 何でもおいしいおいしいって食べるんだ 双眼鏡をのぞきながら 日比谷の野音はあっちなんて指さす  高い場所は 早起きより苦手さ だけどきみがスキだから 全然OKだぜ  半日あったできごとを きみは面白そうに聞く どんなに疲れてても やさしい気持ちにさせてくれるね  おちこんで悲しい時も きみと笑っていたい ドキドキしてる瞬間が 少しずつ東京の街をそめてく  きみがしわくちゃになった時の笑顔見てみたい だからきみに決めたのさ 今度の休みに神戸へ行こう  夕陽が窓を照らす頃 きれいな富士山見えた ぐるっと3周しよう 星空になるまで一緒にいようよ  ぼくがぼくらしくいるために きみに出逢えた気がする 天使が羽根をくれたんだ 空を飛べそうなうぶげのきもち
雨音大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之雨音で目覚めた 夜のとばりなら きみを探せそうさ 車のクラクション 街のどこかに 流れてく 完全無視の ここ4ヶ月は 胸がはりさけそうさ 飛び出したまま 音沙汰もなくて… 逢いたい  まだきみをどこまでも愛してる あの日も同じ雨降ってた 歯ブラシやコーヒーカップや 好きなページだけ折った雑誌 きみのすべてがほこりをかぶったまま where are you?  停電おきたAM3:00に きみのメッセージがおちてた  まだきみをどこまでも愛してる 突然きみが戻りそうで きみの声も長い髪も 強がるくせも さみしがりやも きみのすべてを今すぐ抱きしめたい  もうきみを悲しくさせない 二度と不安にさせはしないよ きみだけが大切なのに 今頃ようやく口に出せる 雨がすべてをやさしくつつんでゆく where are you?
Echo大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之きみがつけたしみが ようやくとれて二年の月日が それもなんだかこの頃 いとしいから不思議さ 偶然以外きっと 逢うことなんてなかったね ここですれちがっても そのまま通り過ぎればよかったのに  きみは妙に律義なんだ 間が悪くて嘘つけない 彼氏なのと紹介したきり 隣の誰かの目を見上げた  愛などどうでもいいくらい きみを嫌いになりたい ちょっとやそっとじゃ落とせない 心に残ってたしみだぜ まだきみは  きみが入れた紅茶 飲んでみたことあったっけ ぼくは終わりのない時の流れに きみを見ていた  ざわめく街に背中をむけ 歩き出した きみは少し 振り返って手を振った時に あの日と同じ瞳をしてた  十年以上も経ったよな つい5分前の出来事 どうにもこうにも離れない 髭でも剃っときゃよかった でもきっと  愛などどうでもいいくらい きみを嫌いになれない ちょっとやそっとじゃ落とせない 滲んで拡がるしみだぜ きみだけが
Summer Valentine大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之夏のバレンタインデイ きみのバレンタインデイ ぼくのバレンタインデイ みんなバレンタインデイ  シャンパングラスを盾にして 盛り上がってるふりして言うけれど 出し過ぎさ出さな過ぎさ 去年と同じ水着がいいかな どうだろな ぼくだけに見せるなら どうだろな  浜辺のきみはチョコレート ほっとくと溶けてく心配さ パラソルでかくしても いい寄る男は星の数ほど 大変だ やせなきゃ ひっこめなきゃ難関だ  今年の夏は今までにないよな “WAKU WAKU”するよなキッチュな毎日 彼氏見つけて 彼女を見つけて 花火あげたり スイカを食べたり  指をくわえて見てるなんて ダメだよ みんなそれぞれ自信があるでしょ いい汗かいて いい人見つけて 素敵な時間をいっぱいつくろう  La La La
なんでぼくらは逢ったんだろうか大江千里大江千里大江千里大江千里清水信之なんでぼくらは逢ったんだろうか…街の中で ガソリンスタンドとシアターと 夕陽が落ちてた車道のstepで  バッテリーがあがったぼくと トイレに駆け込んだきみと ささいな会話と少しの小銭がなかったから  もう運命なんて信じないよ でも偶然なんて起こらないよ ここでぼくらが別れるのは きっと明日を生きること選んだから  なんでぼくらは逢ったんだろうか…街の中で リムジンバスがマンホールの蒸気に ゆらゆら小さく消された  ちょっとだけぼくの中で 季節を止めてていいかい 冷たい風にせかされて きみが振り返ったから  もうきみのこと離せないよ 少しだけそばにいるよ どこまでいってもきみの背中 追い越せないほど好きさ もうぼくは  もう運命なんて信じないよ でも偶然なんて起こらないよ きみは信じた道を行けよ ぼくは一緒に行けない もうきみと
思い出に変わる時岡村孝子岡村孝子岡村孝子岡村孝子清水信之泣き出しそうな空を黙って見つめてる あなたは遠い人 灼けたアスファルトの匂いと横顔が 二人を遠ざけていく  まるで終わりを急ぐように駆けぬけて行った 季節をいくつ見送ってたどり着いた場所  見つめ合って解り合えたあの日は二度と帰らない みんなみんな思い出に変わる今ここで  出逢った頃のように無邪気にはしゃぎたい あなたを抱きしめて 何度もKissをして何度も傷つけた すべてがモノクロになる  どこで愛を間違えたの すれ違ったまま 最後の時を私達もう止められない  どんな風に愛せてたら上手く続いて行けただろう 胸の中に消えない染みを残したまま  愛している愛していたあの日は二度と帰らない 胸の中に消えない染みを抱いたまま  見つめ合って解り合えたあの日は二度と帰らない みんなみんな思い出に変わる永遠に
おしえて神様平松愛理平松愛理平松愛理平松愛理清水信之ねえ神様教えてよ 別れるならなぜ出逢わせる どこにしまえばいい? どこにすてればいい? 窓ガラスの細かい汗 しずくになって ポロポロの涙へと堕ちていった 恋を失くした冬の夜  あの日を二度と 思い出せないように 新しいカレンダーから捨て去った なのに駅まで 右側をあけるくせ いつまであなたのかげろうと歩いてる  せめて最後 ありがとう言えなくって やるせなくなる やり残したことのために これから日々生きることを 続けていけというの  ねぇ神様教えてよ 人はなぜ後悔するの 何か返ってくる? それで変わっていく? 町にもまれて流されて 風になっても許して そしていつしか振り向けば 今はまばたきの一瞬  信号待ちで すれたかかとの傷を 聞こえる元気ソングが塩でもむ 青になるまで ちゃんとかさぶたにして さっそうと往くまぼろし見た気がした  だけど心 壊れりゃどうしたって 痛いものよ どんなに肩たたかれても 風にゆられうなずく葉の テンポが愛しいよ  ねぇ神様教えてよ 人の未来が見えるなら 私幸福なの? 彼はどうしてるの? 強くなれることの意味は 鈍くなることじゃないと たったそれだけ信じてく いつかきらめいて永遠 今はまばたきの一瞬
君に降る雪安部恭弘安部恭弘西尾佐栄子安部恭弘清水信之真夜中近い広場の時計に コートにくるまり僕を待つ君がいる ちぎれるような胸の痛みなら 降りだす粉雪 寒さのせいじゃない  戻らない時間ならば 後悔はしたくない ときめき殺せない  何度も好きだと言えば いじめないでと笑った 君を愛する誰かに 憎まれたって構わない 何も怖くない  言い聞かせてた 彼女はダメだと 君にも僕にも大事な人がいた 初めて逢った あの夜もこんな 今夜と同じ三日月がでてたね  運命は皮肉だけど でもふたりこれ以上 もう嘘はつかない  息をするのも苦しい 切なさつのる夜には あんなに優しい人を 傷つけるけど戻らない 君が好きだから  何度も好きだと言えば いじめないでと笑った 君を愛する誰かに 憎まれたって構わない 何も怖くない  髪に降る雪を払う横顔に誓えるよ 二度とは迷わない  何度も好きだと言えば いじめないでと笑った 君を愛する誰かに 憎まれたって構わない 何も怖くない  息をするのも苦しい 切なさつのる夜には あんなに優しい人を 傷つけるけど戻らない 君が好きだから
信じるものに救われる谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美清水信之子供の頃は夢が沢山あって いつも笑ってたのに 大人になると現実にしばられて 無邪気さを失くした  遠いあの日帰り道に レンゲ草を摘んでいた 夕暮れ忘れて  夢を見る気持ちをもう一度だけ取り戻そう 信じ続けるものはきっと救われる  走る夜汽車に揺られてた夏休み 星空を旅した  夢を見ていたあの頃は 今よりも大切なことを知ってた  明日を待つ気持ちにもう一度賭けてみよう 信じ続けるものはきっと救われる  きっとつまづいた時こそ しあわせになるための大きなチャンス  無くしかけた夢をもう一度だけ思い出そう 信じ続けるものはきっと救われる 圧倒的な力が心の中に生まれてる 信じ続けたものにきっと救われる
全2ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照