森口博子の歌詞一覧リスト  107曲中 1-107曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
107曲中 1-107曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I wish ~君がいるこの街で~I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい  代わりなんて いくらでもいる せつない世界を生きている 他人(ひと)の努力 軽く奪って また誰か 先を行く  人混みを離れて 歩道橋 のぼった 街路樹を見渡した 元気になる言葉 携帯に届いた 一人じゃないと思った  I wish みんな 傷を負うために この世に生まれたわけじゃない I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい  眠り方が わからなくなる 不安 広がる夜がある まだやれると 叱る気持ちが 胸にこみあげてくる  あきらめたらそこで すべて終わるけれど もっとつらさ増すだけ 1ミリでもいいよ 足音響かせて 行きたい道を進もう  I wish 街を 埋め尽くす「願い」 1つ残らずかなうといいな I wish 風が やさしく吹いてる そんな毎日ずっと歩いていたい  今日も どこかで 今日も 誰かが 一人 弱さと闘ってる にがい 痛みに 溶けてしまわないように…  I wish みんな 傷を負うために この世に生まれたわけじゃない I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい 君がいるこの街で森口博子西脇唯伊藤心太郎I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい  代わりなんて いくらでもいる せつない世界を生きている 他人(ひと)の努力 軽く奪って また誰か 先を行く  人混みを離れて 歩道橋 のぼった 街路樹を見渡した 元気になる言葉 携帯に届いた 一人じゃないと思った  I wish みんな 傷を負うために この世に生まれたわけじゃない I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい  眠り方が わからなくなる 不安 広がる夜がある まだやれると 叱る気持ちが 胸にこみあげてくる  あきらめたらそこで すべて終わるけれど もっとつらさ増すだけ 1ミリでもいいよ 足音響かせて 行きたい道を進もう  I wish 街を 埋め尽くす「願い」 1つ残らずかなうといいな I wish 風が やさしく吹いてる そんな毎日ずっと歩いていたい  今日も どこかで 今日も 誰かが 一人 弱さと闘ってる にがい 痛みに 溶けてしまわないように…  I wish みんな 傷を負うために この世に生まれたわけじゃない I wish 君が 幸せと笑う そんな毎日ずっと歩いていたい 君がいるこの街で
会いたくて 会えなくて飛び乗った終電 ため息一つ ハードだった出張 疲労困憊 部屋についたら 彼にすぐテレフォンコール こんな日に限って 留守デン  この私 救えるのは 世界中でたった一人 彼しかいないの  会いたくて 会えなくて 淋しくて 一人じゃろくに 三日ともたない 強気な私が 素直になれる ホント唯一の人  今 会社 きっと徹夜で残業 連絡くらいくれればいいじゃない 今夜は特別 やさしくなれたのに 人生って 上手くいかないね  彼が忙しければ 私は暇になる 悲しい法則  会いたくて 会えなくて 淋しくて わがまま言って 困らせたくなる 意地張りは 愛情の裏がえし ホント I LOVE YOU I LOVE YOU  夢見る明日の事 彼との事 永遠をかなえたい 心底思う 弱気な私を 元気にできる ホント 唯一の人森口博子広瀬香美広瀬香美飛び乗った終電 ため息一つ ハードだった出張 疲労困憊 部屋についたら 彼にすぐテレフォンコール こんな日に限って 留守デン  この私 救えるのは 世界中でたった一人 彼しかいないの  会いたくて 会えなくて 淋しくて 一人じゃろくに 三日ともたない 強気な私が 素直になれる ホント唯一の人  今 会社 きっと徹夜で残業 連絡くらいくれればいいじゃない 今夜は特別 やさしくなれたのに 人生って 上手くいかないね  彼が忙しければ 私は暇になる 悲しい法則  会いたくて 会えなくて 淋しくて わがまま言って 困らせたくなる 意地張りは 愛情の裏がえし ホント I LOVE YOU I LOVE YOU  夢見る明日の事 彼との事 永遠をかなえたい 心底思う 弱気な私を 元気にできる ホント 唯一の人
愛は夢のとなりに ~Dear Formula 1 Pilot~瞳閉じて 夢が動き出す モノクロのかげろうに あなたがゆれる 広い背中、何度 見送ったけど こみあげるせつなさは いつも変わらない  風の向こうに エールが響く 信じる心には ほら 感じるでしょう?  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる  忘れないで 祈るように見てる フラッグが振られたら 私思い出して  夢のとなりで あなたと走った せつなく泣いていた ほら 日々は遠く  悲しみも すべて愛する強さになる 抱きしめられたら 消えてゆく涙を きっと受けとめてね  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる森口博子吉元由美・森口博子上田知華瞳閉じて 夢が動き出す モノクロのかげろうに あなたがゆれる 広い背中、何度 見送ったけど こみあげるせつなさは いつも変わらない  風の向こうに エールが響く 信じる心には ほら 感じるでしょう?  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる  忘れないで 祈るように見てる フラッグが振られたら 私思い出して  夢のとなりで あなたと走った せつなく泣いていた ほら 日々は遠く  悲しみも すべて愛する強さになる 抱きしめられたら 消えてゆく涙を きっと受けとめてね  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる
蒼い生命昨日見てた 空の色 思い出せないのに  二人見上げた 遠い日の 星空ずっと 覚えている  あなたがくれた その優しさ 思い出し 独りこみ上げた 離れていても 繋がってる そう信じていられるの  忘れないよ ぬくもりを いつか 逢える日まで 絆 この地球(ほし)で 息づく 愛はここにある  あたり前の日常が こんなにも尊い  平凡は奇跡 気付いたの 何もかもが 愛しすぎる  思いがけない 風が吹いて 背中向けた 夢もあった でも今度は 越えてみせる たとえ 涙こぼれても  覚えていて 約束を いつか 逢えた日には 何も言わずに抱きしめたい 愛をありがとう  忘れないよ ぬくもりを いつか 逢える日まで 蒼い生命(いのち)は 輝く ほら 愛がここにある森口博子Qoonie・森口博子田熊知存(Dream Monster)昨日見てた 空の色 思い出せないのに  二人見上げた 遠い日の 星空ずっと 覚えている  あなたがくれた その優しさ 思い出し 独りこみ上げた 離れていても 繋がってる そう信じていられるの  忘れないよ ぬくもりを いつか 逢える日まで 絆 この地球(ほし)で 息づく 愛はここにある  あたり前の日常が こんなにも尊い  平凡は奇跡 気付いたの 何もかもが 愛しすぎる  思いがけない 風が吹いて 背中向けた 夢もあった でも今度は 越えてみせる たとえ 涙こぼれても  覚えていて 約束を いつか 逢えた日には 何も言わずに抱きしめたい 愛をありがとう  忘れないよ ぬくもりを いつか 逢える日まで 蒼い生命(いのち)は 輝く ほら 愛がここにある
暁の車風さそう木陰に俯せて泣いてる 見も知らぬ私を私が見ていた 逝く人の調べを奏でるギターラ 来ぬ人の嘆きに星は落ちて  行かないで、どんなに叫んでも オレンジの花びら静かに揺れるだけ やわらかな額に残された 手のひらの記憶遥か とこしえのさよならつま弾く  優しい手にすがる子供の心を 燃えさかる車輪は振り払い進む 逝く人の嘆きを奏でてギターラ 胸の糸激しく掻き鳴らして  哀しみに染まらない白さで オレンジの花びら揺れてた夏の影に やわらかな額を失くしても 赤く染めた砂遥か越えて行く さよならのリズム  想い出を焼き尽くして進む大地に 懐かしく芽吹いて行くものがあるの  暁の車を見送って オレンジの花びら揺れてる今も何処か いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで 消さないで灯火 車輪は廻るよ森口博子梶浦由記梶浦由記風さそう木陰に俯せて泣いてる 見も知らぬ私を私が見ていた 逝く人の調べを奏でるギターラ 来ぬ人の嘆きに星は落ちて  行かないで、どんなに叫んでも オレンジの花びら静かに揺れるだけ やわらかな額に残された 手のひらの記憶遥か とこしえのさよならつま弾く  優しい手にすがる子供の心を 燃えさかる車輪は振り払い進む 逝く人の嘆きを奏でてギターラ 胸の糸激しく掻き鳴らして  哀しみに染まらない白さで オレンジの花びら揺れてた夏の影に やわらかな額を失くしても 赤く染めた砂遥か越えて行く さよならのリズム  想い出を焼き尽くして進む大地に 懐かしく芽吹いて行くものがあるの  暁の車を見送って オレンジの花びら揺れてる今も何処か いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで 消さないで灯火 車輪は廻るよ
明日、風に吹かれて週末ではしゃぐ街の中 私だけが孤独みたいで ビルの上 光る赤い灯が にじみながら 点滅してた  あの日 あの人が最後に 投げつけた言葉が 今もつらいよ みんな自分のことばかり 大切にしすぎてるけど  流行ってる 服を選んでも 似合わなくて悲しくなった 本当に欲しいものなんて ひとつだって知ってるくせに  君は君の良さがあると 言ってくれた人を信じてみよう 誰も自分のことなんて それほどは わかってないから  いつか悲しみをやさしさに 不安なままでもこの場所で 私は私のそのままで 風に吹かれてたいよ  どんな せつなさもほほえみに そして いつも明日の歌を 胸の片隅でつぶやいて 空を見上げてたいよ  いつか今日の日も思い出に 冬は春につながっていく たとえ 答えなんてなくても 少し夢見てたいよ  どんな せつなさもほほえみに そして いつも明日の歌を 胸の片隅でつぶやいて 空を見上げてたいよ森口博子森本抄夜子梅堀淳週末ではしゃぐ街の中 私だけが孤独みたいで ビルの上 光る赤い灯が にじみながら 点滅してた  あの日 あの人が最後に 投げつけた言葉が 今もつらいよ みんな自分のことばかり 大切にしすぎてるけど  流行ってる 服を選んでも 似合わなくて悲しくなった 本当に欲しいものなんて ひとつだって知ってるくせに  君は君の良さがあると 言ってくれた人を信じてみよう 誰も自分のことなんて それほどは わかってないから  いつか悲しみをやさしさに 不安なままでもこの場所で 私は私のそのままで 風に吹かれてたいよ  どんな せつなさもほほえみに そして いつも明日の歌を 胸の片隅でつぶやいて 空を見上げてたいよ  いつか今日の日も思い出に 冬は春につながっていく たとえ 答えなんてなくても 少し夢見てたいよ  どんな せつなさもほほえみに そして いつも明日の歌を 胸の片隅でつぶやいて 空を見上げてたいよ
あした元気になあれフードのついたコート 頭までかぶって歩くの まだはれてる瞼に 夕日がまぶしくて 夕べひと晩泣いて 今日はずっとぼんやりしてた もう忘れるしかない そう言い聞かせて  肩を並べて あなたと歩く そんな時間が とても好きだった 空も風も街も あたたかくて…  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから  自分で思うよりもずっと あなた大好きだった もしやり直せたなら もう離れない  あかね色した 夕暮れの道 空っぽな胸 こみあげる涙 かじかんだ両手で そっとふいた  あしたもっと元気になあれ 太陽はまた昇る 深くかぶった フードを 肩に降ろして 歩き出そう  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから  いつまでも… 忘れない  あしたもっと元気になあれ 太陽はまた昇る 深くかぶった フードを 肩に降ろして 歩き出そう  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから森口博子渡辺なつみ上杉洋史フードのついたコート 頭までかぶって歩くの まだはれてる瞼に 夕日がまぶしくて 夕べひと晩泣いて 今日はずっとぼんやりしてた もう忘れるしかない そう言い聞かせて  肩を並べて あなたと歩く そんな時間が とても好きだった 空も風も街も あたたかくて…  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから  自分で思うよりもずっと あなた大好きだった もしやり直せたなら もう離れない  あかね色した 夕暮れの道 空っぽな胸 こみあげる涙 かじかんだ両手で そっとふいた  あしたもっと元気になあれ 太陽はまた昇る 深くかぶった フードを 肩に降ろして 歩き出そう  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから  いつまでも… 忘れない  あしたもっと元気になあれ 太陽はまた昇る 深くかぶった フードを 肩に降ろして 歩き出そう  あしたきっと元気になあれ さよならに 負けないで あの日知った 幸せな気持ち あなたがくれたから
あなたといた時間あなたといた時間が ほんとに好きだった 「また明日」と笑った 一緒に笑った「あの日」だけが知ってる  ストローのはし 少し噛んで見つめた ふるえてる指先を こらえてもしずくが落ちる  真昼のカフェで向き合う 私たちの恋は こんな青空の真下で 今 はじけようとしてる  あなたといた時間が ほんとに好きだった 誰よりわかっていてた 誰より信じた 迷いのない気持ち どれだけそばにいたら どれだけ思ったら 壊れないで 壊れないで ずっと二人でいられるんだろう  見覚えのない シャツから目をそらせずに 「似合うね」と言いかけて 声の高さにとまどった  彼女を選んだわけも 離れてゆくわけも 苦しくなってく笑顔も どこかへほおり投げたい  あなたといた季節が いちばん好きだった 突然呼び出された 真夜中の散歩 星がきれいだった… さよならしか見てない あなたが悲しくて ビルに映る 白い雲を いくつもいくつも見送った  いつも二人どこか 触れ合って 時計なんて全然 見なかったのに…  あなたといた時間が ほんとに好きだった 「また明日」と笑った 一緒に笑った「あの日」だけが知ってる どれだけそばにいたら どれだけ思ったら 壊れないで 壊れないで ずっと二人でいられるんだろう森口博子西脇唯西脇唯あなたといた時間が ほんとに好きだった 「また明日」と笑った 一緒に笑った「あの日」だけが知ってる  ストローのはし 少し噛んで見つめた ふるえてる指先を こらえてもしずくが落ちる  真昼のカフェで向き合う 私たちの恋は こんな青空の真下で 今 はじけようとしてる  あなたといた時間が ほんとに好きだった 誰よりわかっていてた 誰より信じた 迷いのない気持ち どれだけそばにいたら どれだけ思ったら 壊れないで 壊れないで ずっと二人でいられるんだろう  見覚えのない シャツから目をそらせずに 「似合うね」と言いかけて 声の高さにとまどった  彼女を選んだわけも 離れてゆくわけも 苦しくなってく笑顔も どこかへほおり投げたい  あなたといた季節が いちばん好きだった 突然呼び出された 真夜中の散歩 星がきれいだった… さよならしか見てない あなたが悲しくて ビルに映る 白い雲を いくつもいくつも見送った  いつも二人どこか 触れ合って 時計なんて全然 見なかったのに…  あなたといた時間が ほんとに好きだった 「また明日」と笑った 一緒に笑った「あの日」だけが知ってる どれだけそばにいたら どれだけ思ったら 壊れないで 壊れないで ずっと二人でいられるんだろう
あなたのそばにいるだけであなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ  遠い波音 聴きながら そっと 瞳閉じれば 「やっとめぐり逢えた…」 そんな気持ちに 出逢ったよ 二度と恋なんて出来ない そう思ってた あの日が波に 消える  あなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ  もし好きと言えば きっと もっと 楽になれるけど 何も 言わなくても 伝わる想い あればいい  海を渡る風に光る あなたの瞳 みつめていたい ずっと  あなたのそばにいるだけで 少しずつ 優しくなれる 溢れる 愛しさに揺れて 夏が ゆっくり過ぎるよ  あなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ森口博子渡辺なつみ田原音彦あなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ  遠い波音 聴きながら そっと 瞳閉じれば 「やっとめぐり逢えた…」 そんな気持ちに 出逢ったよ 二度と恋なんて出来ない そう思ってた あの日が波に 消える  あなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ  もし好きと言えば きっと もっと 楽になれるけど 何も 言わなくても 伝わる想い あればいい  海を渡る風に光る あなたの瞳 みつめていたい ずっと  あなたのそばにいるだけで 少しずつ 優しくなれる 溢れる 愛しさに揺れて 夏が ゆっくり過ぎるよ  あなたのそばにいるだけで 昨日より 素直になれる きらめく夏が 終っても ずっと となりにいたいよ
あの日のフォトグラフ放課後のグランドで 肩を並べながら ライバルをきめている あの日のフォトグラフ  人波に変わってく 僕を許さずに 今も輝いていて 少年の瞳たやさずに  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ  傷ついた心さえ 夕映えの季節に溶けて  夢に破れた時も 眠れぬ夜さえ いつも忘れたくない 寂しさを分けた仲間たち  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ森口博子渡辺なつみ芦沢和則放課後のグランドで 肩を並べながら ライバルをきめている あの日のフォトグラフ  人波に変わってく 僕を許さずに 今も輝いていて 少年の瞳たやさずに  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ  傷ついた心さえ 夕映えの季節に溶けて  夢に破れた時も 眠れぬ夜さえ いつも忘れたくない 寂しさを分けた仲間たち  時が幾つ流れて 色あせたとしても 永遠に鮮やかな あの日のフォトグラフ
あふれ出す思いのためにあふれだす思いのため 私は何ができるの 机に散らばった 出せなかったままの手紙たち ともだちの恋のためなら どこへでも乗り込めるのに たかが住所さえも聞きだせないなんて どうかしてる  テレビのスウィッチ切り 窓を少し開いた  電話の向こうから 聞こえてくるあなたの声は どんなふうだろう…ほおがあつい 好きになった理由を ひとつ残さずに言える日は どんなふうだろう…やさしく今 街が揺れた  バカな話ばかりして 面白い「仲間」演じて ようやく逢えたって かんじんな言葉へ つなげない  かなわない願いでも 奪うしかない恋でも  この場所を抜け出し あなたの手をひいてどこかへ 走りだしたい ドアをあけて 思い出もないような 恋になんてしないでと 自分の中の自分が今 怒っている  もっと強く近く見つめたい なにもか  行き先は見えない でもあなたと二人どこかへ 走りだしたい ドアをあけて 思い出もないような 恋になんてしないでと 自分の中の自分が今 怒っている  電話の向こうから 聞こえてくるあなたの声は どんなふうだろう…ほおがあつい 好きになった理由を ひとつ残さずに言える日は どんなふうだろう…いつかきっと森口博子西脇唯西脇唯・緒里原洋子あふれだす思いのため 私は何ができるの 机に散らばった 出せなかったままの手紙たち ともだちの恋のためなら どこへでも乗り込めるのに たかが住所さえも聞きだせないなんて どうかしてる  テレビのスウィッチ切り 窓を少し開いた  電話の向こうから 聞こえてくるあなたの声は どんなふうだろう…ほおがあつい 好きになった理由を ひとつ残さずに言える日は どんなふうだろう…やさしく今 街が揺れた  バカな話ばかりして 面白い「仲間」演じて ようやく逢えたって かんじんな言葉へ つなげない  かなわない願いでも 奪うしかない恋でも  この場所を抜け出し あなたの手をひいてどこかへ 走りだしたい ドアをあけて 思い出もないような 恋になんてしないでと 自分の中の自分が今 怒っている  もっと強く近く見つめたい なにもか  行き先は見えない でもあなたと二人どこかへ 走りだしたい ドアをあけて 思い出もないような 恋になんてしないでと 自分の中の自分が今 怒っている  電話の向こうから 聞こえてくるあなたの声は どんなふうだろう…ほおがあつい 好きになった理由を ひとつ残さずに言える日は どんなふうだろう…いつかきっと
嵐のあとのソリティアDon't Stop キスのたびに あなたのこと信じたくて 違う人といたと 悪いウワサ 否定してた  One Night 家の前に 思いつめた彼女の顔 彼が本気なのは 私だけと キツク 言った  小さな嵐が吹き荒れました せつない心が あばれていました 小さな嵐が去るのを待って 私は 私は あなたを許すわ  Love You 君は僕を 信じないと なじるけれど あなた着てるセーター あの日 彼女 着てた 手編み  見えない嵐が吹き荒れました 私は確かに 恋していました 見えない嵐が 壊したものを あなたは あなたは 直せはしないの  小さな嵐が吹き過ぎました ある時 すべてが 終わっていました 小さな嵐にまかれたあとの 静かな 静かな 孤独がステキよ森口博子戸沢暢美上田知華Don't Stop キスのたびに あなたのこと信じたくて 違う人といたと 悪いウワサ 否定してた  One Night 家の前に 思いつめた彼女の顔 彼が本気なのは 私だけと キツク 言った  小さな嵐が吹き荒れました せつない心が あばれていました 小さな嵐が去るのを待って 私は 私は あなたを許すわ  Love You 君は僕を 信じないと なじるけれど あなた着てるセーター あの日 彼女 着てた 手編み  見えない嵐が吹き荒れました 私は確かに 恋していました 見えない嵐が 壊したものを あなたは あなたは 直せはしないの  小さな嵐が吹き過ぎました ある時 すべてが 終わっていました 小さな嵐にまかれたあとの 静かな 静かな 孤独がステキよ
ありふれた痛みあなたのくちびるが 不意に ごめんとつぶやいたの ビニール傘を傾け ねぇ わざと濡れるのね  子供みたいに肩が すまなそうに小さく揺れてる ゆがんだこの顔 隠した前髪の向こうで  泣きだした夢を なだめても胸が 痛いから 涙が ただ こぼれてく 会えないと言った さよならと言った ありふれた痛みね  冷たい高架下の 璧にもたれてくれたkiss も 帰る背中をうらんだ 夜明けも消せないわ  抱きしめた腕が 名前呼ぶ声が 恋しくて 涙が ただ 止まらない きみだけと言った 永遠と言った 恋してた痛みね  泣きだした夢を なだめても胸が 痛いから 涙が ただ こぼれてく 会えないと言った さよならと言った 好きと言ってたのに  あなたのくちびるが 不意に ごめんとつぶやくから 独りぼっちね わたしは さよならが痛くて ありふれた痛みね森口博子椎名可憐千沢仁あなたのくちびるが 不意に ごめんとつぶやいたの ビニール傘を傾け ねぇ わざと濡れるのね  子供みたいに肩が すまなそうに小さく揺れてる ゆがんだこの顔 隠した前髪の向こうで  泣きだした夢を なだめても胸が 痛いから 涙が ただ こぼれてく 会えないと言った さよならと言った ありふれた痛みね  冷たい高架下の 璧にもたれてくれたkiss も 帰る背中をうらんだ 夜明けも消せないわ  抱きしめた腕が 名前呼ぶ声が 恋しくて 涙が ただ 止まらない きみだけと言った 永遠と言った 恋してた痛みね  泣きだした夢を なだめても胸が 痛いから 涙が ただ こぼれてく 会えないと言った さよならと言った 好きと言ってたのに  あなたのくちびるが 不意に ごめんとつぶやくから 独りぼっちね わたしは さよならが痛くて ありふれた痛みね
いっしょに歩いていける恋は何回目でも ときめく気持ちは止まらない 初恋の様で あなたに会えるまでは こんな気持ちにはしばらくあきらめていた  時間にさえ勝てなかった 悲しみ今は捨てられる あなたのどこがいいのか うまく言えないけど  広い広い空の下で 出会う人達の中で あなたは私を選んでくれたよ いっしょに歩いていける  恋人達はいつも ときめく気持ちが冷めたら 不安になるけど そこのところは うまくきり抜けてみせる この恋 初恋じゃないから  傷付く事を恐れずに あなたをもっと知りたいの だから私といる時は 一番気楽でいて  深い深い海のような 愛があれば大丈夫 私はあなたの弱点知っても いっしょに歩いていける  言葉かざっても 今は好きよりも好き  広い広い空の下で 出会う人達の中で あなたは私を選んでくれたよ いっしょに歩いていける  深い深い海のような 愛があれば大丈夫 私はあなたの弱点知っても いっしょに歩いていける森口博子大城光恵大城光恵恋は何回目でも ときめく気持ちは止まらない 初恋の様で あなたに会えるまでは こんな気持ちにはしばらくあきらめていた  時間にさえ勝てなかった 悲しみ今は捨てられる あなたのどこがいいのか うまく言えないけど  広い広い空の下で 出会う人達の中で あなたは私を選んでくれたよ いっしょに歩いていける  恋人達はいつも ときめく気持ちが冷めたら 不安になるけど そこのところは うまくきり抜けてみせる この恋 初恋じゃないから  傷付く事を恐れずに あなたをもっと知りたいの だから私といる時は 一番気楽でいて  深い深い海のような 愛があれば大丈夫 私はあなたの弱点知っても いっしょに歩いていける  言葉かざっても 今は好きよりも好き  広い広い空の下で 出会う人達の中で あなたは私を選んでくれたよ いっしょに歩いていける  深い深い海のような 愛があれば大丈夫 私はあなたの弱点知っても いっしょに歩いていける
いつもそばに...遠く遠く はなれていても その笑顔が うかぶよ 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”  子供の頃の夢がキラキラ 今も生き続いてる ひまわり揺れる あの夏の日に すべて始まった  心配かけてごめんなさい 0か100かの極端な日々 いつもそばにいてくれたね だから たどり 着けた  遠く遠く はなれていても その笑顔で 歩ける 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”  胸を傷めた頃の日記を 読み返して泣き笑い 過去の自分を 抱きしめてあげたい ぜんぶ愛しい  これから先の人生で いつでも今日が一日目 誰かのために生きられる 届けて行く 愛を  夢は夢は ずっと続くよ 歓び悲しみ 共に きっときっと 乗り越えて行く 繋いだ手が 語る  何か何か 感じ合ってる 言葉を超えて 響くよ 心にいつも あなたがいる 果てしない 空の下  遠く遠く はなれていても その笑顔が うかぶよ 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”森口博子森口博子伊藤心太郎遠く遠く はなれていても その笑顔が うかぶよ 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”  子供の頃の夢がキラキラ 今も生き続いてる ひまわり揺れる あの夏の日に すべて始まった  心配かけてごめんなさい 0か100かの極端な日々 いつもそばにいてくれたね だから たどり 着けた  遠く遠く はなれていても その笑顔で 歩ける 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”  胸を傷めた頃の日記を 読み返して泣き笑い 過去の自分を 抱きしめてあげたい ぜんぶ愛しい  これから先の人生で いつでも今日が一日目 誰かのために生きられる 届けて行く 愛を  夢は夢は ずっと続くよ 歓び悲しみ 共に きっときっと 乗り越えて行く 繋いだ手が 語る  何か何か 感じ合ってる 言葉を超えて 響くよ 心にいつも あなたがいる 果てしない 空の下  遠く遠く はなれていても その笑顔が うかぶよ 人は誰も 一人じゃないと あふれる “ありがとう”
生命の声雲が流れる 今を奪い去りながら 何にも出来ない 心が凍るだけ 涙乾かずに 悲しみの海に染まる 時間を止めてよ 光る世界に変えて  明日が見えない この地球(ほし)の 争いのない日々 祈るわ 過ちの引き金 二度と引かぬように 人は奇跡を手繰り寄せて 愛に満ちた 生命願うわ いつの日か穏やかに 微笑むときが来るわ 必ず  もしもあなたに また巡り逢えたなら もう一度 抱きしめて 強く強く 離さないで  すべてをかけて 守る強さ 矛盾の波連れてかないで 返してよ 安らかな 始まりのあの日たちへ 憎しみの矢が宇宙(そら)へ放たれ 変わり果てた銀河が 嘆く どうしてよ 気付いてよ 許し合えば 繋がると  明日が見えない この時代の 争いのない日々 祈るわ 信じてる 輝く 地球(ほし)に 生まれ変わる 未来を森口博子森口博子宇佐美宏雲が流れる 今を奪い去りながら 何にも出来ない 心が凍るだけ 涙乾かずに 悲しみの海に染まる 時間を止めてよ 光る世界に変えて  明日が見えない この地球(ほし)の 争いのない日々 祈るわ 過ちの引き金 二度と引かぬように 人は奇跡を手繰り寄せて 愛に満ちた 生命願うわ いつの日か穏やかに 微笑むときが来るわ 必ず  もしもあなたに また巡り逢えたなら もう一度 抱きしめて 強く強く 離さないで  すべてをかけて 守る強さ 矛盾の波連れてかないで 返してよ 安らかな 始まりのあの日たちへ 憎しみの矢が宇宙(そら)へ放たれ 変わり果てた銀河が 嘆く どうしてよ 気付いてよ 許し合えば 繋がると  明日が見えない この時代の 争いのない日々 祈るわ 信じてる 輝く 地球(ほし)に 生まれ変わる 未来を
いまはおやすみ翼をひろげて あなたを待つわ きょうのあなたは 辛いのかしら そんなことない わたしたち だから ねぇ おやすみ アムロ こんな時代と人はいう このぬくもりが 確かなら 確かなら 見つかるよ 夢 それは 夢 夢  翼をひろげて あなたを抱くわ あした あなたは寂しいかしら そんなことない わたしたち だから ねぇ おやすみ アムロ こんな二人が巣立つとも ただ悲しみが 果てなくて 果てなくて あこがれる 夢 それは 夢 夢  あした二人は血みどろで 風に 風に 風に 舞う森口博子井荻麟渡辺岳夫翼をひろげて あなたを待つわ きょうのあなたは 辛いのかしら そんなことない わたしたち だから ねぇ おやすみ アムロ こんな時代と人はいう このぬくもりが 確かなら 確かなら 見つかるよ 夢 それは 夢 夢  翼をひろげて あなたを抱くわ あした あなたは寂しいかしら そんなことない わたしたち だから ねぇ おやすみ アムロ こんな二人が巣立つとも ただ悲しみが 果てなくて 果てなくて あこがれる 夢 それは 夢 夢  あした二人は血みどろで 風に 風に 風に 舞う
Ubugoe優しさは 怖いものだね まちがえば 深い傷になる そう 守りたいものがあるほど くりかえす約束にも迷う  So far 変わることのない Long time 幸せはあるの? My heart 求める力は なにかを壊すかもしれない  さぁこの手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 愛がどこかで 光を閉ざす 争いになるのなら  決して 忘れない いのちの産声 心 言うままに 次に選ぶ道が どんな道かを 終わることない空は 見てる  なにもない 遠い闇にも 新しい星は息をしてる もう  So far 希望のかけらを Long time 探し続けてる Your heart 信じる力は 未来を変えるかもしれない  さぁその手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 今日の答えと 違う答えを 明日 問われるのなら  決して 見捨てない いのちの真実 夢に なるように めぐり逢う誰かを 抱きしめたくて 誰もが生まれてきた きっと  それぞれが 見てる世界は それぞれに正しい でも荒れた地平に 訪れる 夜明けはひとつ  さぁこの手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 愛がどこかで 扉を開く はじまりになるのなら  決して 忘れない いのちの産声 心 言うままに 次に選ぶ道が どんな道かを 終わることない空は 見てる森口博子松井五郎doubleglass優しさは 怖いものだね まちがえば 深い傷になる そう 守りたいものがあるほど くりかえす約束にも迷う  So far 変わることのない Long time 幸せはあるの? My heart 求める力は なにかを壊すかもしれない  さぁこの手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 愛がどこかで 光を閉ざす 争いになるのなら  決して 忘れない いのちの産声 心 言うままに 次に選ぶ道が どんな道かを 終わることない空は 見てる  なにもない 遠い闇にも 新しい星は息をしてる もう  So far 希望のかけらを Long time 探し続けてる Your heart 信じる力は 未来を変えるかもしれない  さぁその手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 今日の答えと 違う答えを 明日 問われるのなら  決して 見捨てない いのちの真実 夢に なるように めぐり逢う誰かを 抱きしめたくて 誰もが生まれてきた きっと  それぞれが 見てる世界は それぞれに正しい でも荒れた地平に 訪れる 夜明けはひとつ  さぁこの手にいま 時を与えて 羽ばたけるように 愛がどこかで 扉を開く はじまりになるのなら  決して 忘れない いのちの産声 心 言うままに 次に選ぶ道が どんな道かを 終わることない空は 見てる
生まれ変ったみたいにまぶたの近くで声がはじけた 記憶は何処へゆくのかおしえた 誰の声だったのだろう… 丘の上で途切れた夢  風が今吹いて芝生の上を 雲が流れる いつも花を買う店のあたりに 雨が降る  あなたを愛してた頃 世界はもっとせまく うしなうものだけかぞえおびえてた  みどりの匂いが胸にせつない からん…と鳴っていたのは思い出 あしただけをキタイして ずっと「今」をムダにしてた  駆けあがるたびに街がどんどん 拡がってゆく 遠まわりしてた道もここから 見えるはず  生まれ変ったみたいに ずべてを見つめると 何もかもがまぶしくて涙が出た あなたと生きてくことを 許せなかったから つくづくあれは恋だと感じてる  生まれ変ったみたいに そっと耳澄ますと 未来の囁きさえも聞こえそう 生まれ変ったみたいに すべてをうけとめて ほほえむ勇気をいつも忘れない森口博子佐藤純子亀井登志夫まぶたの近くで声がはじけた 記憶は何処へゆくのかおしえた 誰の声だったのだろう… 丘の上で途切れた夢  風が今吹いて芝生の上を 雲が流れる いつも花を買う店のあたりに 雨が降る  あなたを愛してた頃 世界はもっとせまく うしなうものだけかぞえおびえてた  みどりの匂いが胸にせつない からん…と鳴っていたのは思い出 あしただけをキタイして ずっと「今」をムダにしてた  駆けあがるたびに街がどんどん 拡がってゆく 遠まわりしてた道もここから 見えるはず  生まれ変ったみたいに ずべてを見つめると 何もかもがまぶしくて涙が出た あなたと生きてくことを 許せなかったから つくづくあれは恋だと感じてる  生まれ変ったみたいに そっと耳澄ますと 未来の囁きさえも聞こえそう 生まれ変ったみたいに すべてをうけとめて ほほえむ勇気をいつも忘れない
Um…こまったそんなこと分かってる ねえいいからここで降ろして 雨のインターチェンジよくある Good-bye 彼女の一人二人 そんなこと気にしちゃいないわ 何よドンカン サイテー もう知らない!  全力で恋してホントになんだか損したわ あしたは日曜日 街は今夜も大騒ぎ  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき 雨に濡れても It's All Right 私のことをみんな見てる Um…こまった  いつかツキも巡るわ ホントにそんな日がくるかな そうね典型的なよくある Good-bye  コンビニ化している恋の ラッシュは終わらない タクシー止まらない 今夜心はこてんぱん  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 後悔するの アイツだから かっこいい彼が ぜったい 傘さしかけてくれる ドラマみたいに 期待してる 情けない  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき へこたれないわ It's All Right 雨粒やけに目にしみるわ Um…こまった  そんなこと分かってる いつかツキも巡るわ森口博子小林まさみ斉藤英夫そんなこと分かってる ねえいいからここで降ろして 雨のインターチェンジよくある Good-bye 彼女の一人二人 そんなこと気にしちゃいないわ 何よドンカン サイテー もう知らない!  全力で恋してホントになんだか損したわ あしたは日曜日 街は今夜も大騒ぎ  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき 雨に濡れても It's All Right 私のことをみんな見てる Um…こまった  いつかツキも巡るわ ホントにそんな日がくるかな そうね典型的なよくある Good-bye  コンビニ化している恋の ラッシュは終わらない タクシー止まらない 今夜心はこてんぱん  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 後悔するの アイツだから かっこいい彼が ぜったい 傘さしかけてくれる ドラマみたいに 期待してる 情けない  泣いてやるもんか ぜったい どうってことないわ It's All Right 何がなんでも 頭にきた 独りきりでも へいき へこたれないわ It's All Right 雨粒やけに目にしみるわ Um…こまった  そんなこと分かってる いつかツキも巡るわ
ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~GOLD LYLICまるで悲しみのかけらだわ 街をとざす ガラス色の雪 明日をさがす瞳さえも くもらせてゆくの 闇のかなた  見知らぬ力に流されて 心がどこかへはぐれてく はりさけそうな胸の奥で 鼓動だけが たしかに生きている  光る風の中 聞こえてくる あなたの声 「Pray don't break a peace forever」 その輝きを信じてる  青くけむる水平線を この目はまだ おぼえているから まぶたを閉じれば帰れるの 暖かな時間… 思い出たち…  くりかえすあやまちがいつも おろかな生き物に変えてく 傷つくだけの生き方でも 涙はそうよ 決して見せないわ  光る風の中 ほほえんでる あなたがいる 「Pray don't break a peace forever」 そのまぶしさを 見つめてる  はげしい痛みは誰のため? それがやっと わかる気がするわ めぐり逢いはそう奇跡なの 幾億の星が さまよう宇宙(そら)  さよならが教えてくれたの あなたの本当のやさしさ 誰よりも大事な人だと 胸をはって言えるわ いつの日も  光る風の中 ほほえんでる あなたがいる 「Pray don't break a peace forever」 そのまぶしさを 見つめてる  「Pray don't break a peace forever」 熱い瞳に やきつけてGOLD LYLIC森口博子西脇唯西脇唯・緒野原洋子まるで悲しみのかけらだわ 街をとざす ガラス色の雪 明日をさがす瞳さえも くもらせてゆくの 闇のかなた  見知らぬ力に流されて 心がどこかへはぐれてく はりさけそうな胸の奥で 鼓動だけが たしかに生きている  光る風の中 聞こえてくる あなたの声 「Pray don't break a peace forever」 その輝きを信じてる  青くけむる水平線を この目はまだ おぼえているから まぶたを閉じれば帰れるの 暖かな時間… 思い出たち…  くりかえすあやまちがいつも おろかな生き物に変えてく 傷つくだけの生き方でも 涙はそうよ 決して見せないわ  光る風の中 ほほえんでる あなたがいる 「Pray don't break a peace forever」 そのまぶしさを 見つめてる  はげしい痛みは誰のため? それがやっと わかる気がするわ めぐり逢いはそう奇跡なの 幾億の星が さまよう宇宙(そら)  さよならが教えてくれたの あなたの本当のやさしさ 誰よりも大事な人だと 胸をはって言えるわ いつの日も  光る風の中 ほほえんでる あなたがいる 「Pray don't break a peace forever」 そのまぶしさを 見つめてる  「Pray don't break a peace forever」 熱い瞳に やきつけて
エンドレス・ドリーム心の扉 思いっきりあけて starting ZIGZAGしながら だけど歩き始めたい 青春はいつも 自分を見つける季節(シーズン) だから Don't stop, young heart あゝ 答えは過ぎゆく風の中  It's my endless dreaming 覚えたての ステップみたいに 何度も確かめながら It's my endless dreaming 歩いてゆく私たちの季節  さびしさをひとつ 微笑に変えた my friend ポケットに入れた そこがいつも暖かい 優しさの意味が わかりはじめたよmy heart だから Don't cry, young girl あゝ 悩んだあの日を 越えて今 It's my endless dreaming つまずいたら 笑ってもいちど 始めてみればいいから It's my endless dreaming いつかきっと たどり着ける日まで  It's my endless dreaming 覚えたての ステップみたいに 何度も確かめながら It's my endless dreaming 歩いてゆく私たちの季節森口博子安藤芳彦芹澤廣明心の扉 思いっきりあけて starting ZIGZAGしながら だけど歩き始めたい 青春はいつも 自分を見つける季節(シーズン) だから Don't stop, young heart あゝ 答えは過ぎゆく風の中  It's my endless dreaming 覚えたての ステップみたいに 何度も確かめながら It's my endless dreaming 歩いてゆく私たちの季節  さびしさをひとつ 微笑に変えた my friend ポケットに入れた そこがいつも暖かい 優しさの意味が わかりはじめたよmy heart だから Don't cry, young girl あゝ 悩んだあの日を 越えて今 It's my endless dreaming つまずいたら 笑ってもいちど 始めてみればいいから It's my endless dreaming いつかきっと たどり着ける日まで  It's my endless dreaming 覚えたての ステップみたいに 何度も確かめながら It's my endless dreaming 歩いてゆく私たちの季節
オシャレしよう悩んでいても つらいだけだよ 信じる方が もっと大変な事 だけど気持ち ダメなら 言葉にならないサヨナラだけ  貴方の部屋 メッセージランプ 知らない女性(ひと) そこに居る ノイズの声 途中で消して 友達だよと 笑う彼  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて オシャレしよう  思い過ごしと 思ってみても ウソはつけない やさしい奴だから 見たの2人の 写真 いつもの所に置いてない  あの日キャッチホン かかってきたの かけ直すよと 待たされた 見えない声 耳をふさいだ 友達なのと 聞けないけど  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて オシャレしよう  夜に 泣いてばかり まぶたはれてしまう バカみたいね 明日どうするの  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて  新しい恋 見つけに行こう ときめく心 持っていこう 素直な瞳 映るウインドウ 違う私が 見えてくる  新しい恋 見つけに行こう ときめく心 持っていこう 街へ出よう森口博子山添ヒロユキJoey Carbone・Jeff carruthers悩んでいても つらいだけだよ 信じる方が もっと大変な事 だけど気持ち ダメなら 言葉にならないサヨナラだけ  貴方の部屋 メッセージランプ 知らない女性(ひと) そこに居る ノイズの声 途中で消して 友達だよと 笑う彼  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて オシャレしよう  思い過ごしと 思ってみても ウソはつけない やさしい奴だから 見たの2人の 写真 いつもの所に置いてない  あの日キャッチホン かかってきたの かけ直すよと 待たされた 見えない声 耳をふさいだ 友達なのと 聞けないけど  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて オシャレしよう  夜に 泣いてばかり まぶたはれてしまう バカみたいね 明日どうするの  だから ヒール高く とびきりのトワレつけて  新しい恋 見つけに行こう ときめく心 持っていこう 素直な瞳 映るウインドウ 違う私が 見えてくる  新しい恋 見つけに行こう ときめく心 持っていこう 街へ出よう
悲しき天使こがらしの街を行く 一人ぼっちの私 思い出の広場で おもわず足をとめる 思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……  つめたい風に思う 年月の流れ ほほえみもささやきも もう帰ってこない 思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……  あなたの腕の中で よろこびにふるえた おさなき日の私 もう帰ってこない  思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……森口博子G.Raskin・漣健児G.Raskinこがらしの街を行く 一人ぼっちの私 思い出の広場で おもわず足をとめる 思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……  つめたい風に思う 年月の流れ ほほえみもささやきも もう帰ってこない 思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……  あなたの腕の中で よろこびにふるえた おさなき日の私 もう帰ってこない  思い出すのは あの日のこと 暖かい恋の夢 春の風と鳥の歌と やさしいあなたがいた ラララ ラララ……
悲しみたちを抱きしめてあしたへの風に乗って 悲しみたちを抱きしめて だいじょうぶ少し休もう そしてまた進もう  世界はまわり続けて やがて消えぬ痛みを知る それでもいま目を閉じて  思い出が微笑みに変わる 希望がそれをかなえる いつのまにか陽が傾けば 眠りに包まれて 思い出よ微笑みに変われ 出会えたよろこびだけ大切にしまったら 「さよなら」 そっと手を振るよ  あしたからまた始めよう 嘆きの空を塗りかえて だいじょうぶきっと願いが みんなを照らすから  世界は夢をみている おだやかな時代求めて 静かすぎる夜明け前  約束をかたちにはしない 心がわかってるから 望むことは同じはずだと 無言で伝えあう 約束はあの日のぬくもり 出会えてしあわせだと背中へとつぶやく 「ありがとう」 そっと手を振れば…  思い出が微笑みに変わる 希望がそれをかなえる いつのまにか陽が傾けば 眠りに包まれて 思い出よ微笑みに変われ 出会えたよろこびだけ大切にしまったら 「さよなら」 悲しみ抱きしめ そっと手を振るよ森口博子畑亜貴飯塚昌明あしたへの風に乗って 悲しみたちを抱きしめて だいじょうぶ少し休もう そしてまた進もう  世界はまわり続けて やがて消えぬ痛みを知る それでもいま目を閉じて  思い出が微笑みに変わる 希望がそれをかなえる いつのまにか陽が傾けば 眠りに包まれて 思い出よ微笑みに変われ 出会えたよろこびだけ大切にしまったら 「さよなら」 そっと手を振るよ  あしたからまた始めよう 嘆きの空を塗りかえて だいじょうぶきっと願いが みんなを照らすから  世界は夢をみている おだやかな時代求めて 静かすぎる夜明け前  約束をかたちにはしない 心がわかってるから 望むことは同じはずだと 無言で伝えあう 約束はあの日のぬくもり 出会えてしあわせだと背中へとつぶやく 「ありがとう」 そっと手を振れば…  思い出が微笑みに変わる 希望がそれをかなえる いつのまにか陽が傾けば 眠りに包まれて 思い出よ微笑みに変われ 出会えたよろこびだけ大切にしまったら 「さよなら」 悲しみ抱きしめ そっと手を振るよ
枯葉色のスマイルあなたの肩 もたれていても なぜ あー なぜ悲しい 見つめる時 はにかむ瞳 いつ あー いつ消えたの  枯気の街 ミュージアム 低い声が震えた さよならはいやと  smile on me 笑顔みせて ねぇ 凍える想いに feel my heart 強くないわ 手袋をはずしたその手で hold me tight  煙草持つ手 少し動いて もう あー もう時間ね あなたの胸 よぎるその人 だれ あー だれ おしえて  曇りガラスがにじんで 二人がちょっととぎれた 今日は何曜日  smile on me 笑顔みせて ねぇ つめたい季節は feel my heart 息をかけて やさしかった大きなハートで hold me tight  smile on me 笑顔みせて ねぇ 幸せが好きよ feel my heart 忘れないわ やさしかった大きなハートで smile again森口博子福永ひろみ松宮恭子あなたの肩 もたれていても なぜ あー なぜ悲しい 見つめる時 はにかむ瞳 いつ あー いつ消えたの  枯気の街 ミュージアム 低い声が震えた さよならはいやと  smile on me 笑顔みせて ねぇ 凍える想いに feel my heart 強くないわ 手袋をはずしたその手で hold me tight  煙草持つ手 少し動いて もう あー もう時間ね あなたの胸 よぎるその人 だれ あー だれ おしえて  曇りガラスがにじんで 二人がちょっととぎれた 今日は何曜日  smile on me 笑顔みせて ねぇ つめたい季節は feel my heart 息をかけて やさしかった大きなハートで hold me tight  smile on me 笑顔みせて ねぇ 幸せが好きよ feel my heart 忘れないわ やさしかった大きなハートで smile again
ガラスのオルゴール週末の黄昏に追われて 迷い込む 人波の迷路 淋しさに 背を向けたつもりが 面影を 追いかけていた  でも今は きっと言える 風のようなひとこと  さよなら 昨日までの涙 ふざけ合った あの季節 明日へつづくメロディー 胸に 聴こえてくるから Tonight  この都会は 華やかなリズムで ひとときの愛を奏でる  見上げれば 誰もみな 忘れている 星空  輝く言葉よりも 今は 飾りのないほほえみで 明日へつづく空に そっと 消えない願いを Tonight  ひと色たりない虹 それは こわれそうな夢だけど ガラスのオルゴールが 胸に陽だまりをつくる Tonight森口博子戸沢暢美上田知華週末の黄昏に追われて 迷い込む 人波の迷路 淋しさに 背を向けたつもりが 面影を 追いかけていた  でも今は きっと言える 風のようなひとこと  さよなら 昨日までの涙 ふざけ合った あの季節 明日へつづくメロディー 胸に 聴こえてくるから Tonight  この都会は 華やかなリズムで ひとときの愛を奏でる  見上げれば 誰もみな 忘れている 星空  輝く言葉よりも 今は 飾りのないほほえみで 明日へつづく空に そっと 消えない願いを Tonight  ひと色たりない虹 それは こわれそうな夢だけど ガラスのオルゴールが 胸に陽だまりをつくる Tonight
きっと会いたくなるでしょう長い夜もかならず 朝になることを知ってる いつか違う恋に たどり着けることも…  今夜少しあなたを わざと困らせてみたくて 雨がにじむ街に 立ちつくして動かない  一年 一緒にいて 二年 ひきずるような 未来にはしたくない  きっと会いたくなるでしょう どんなサヨナラしても あなただけをみていたから たぶん泣きたくなるでしょう やさしさも思い出も このまま連れて行って  傘もささずとなりで 家に送るよと待つのね 少しほんの少し わるいひとでいたい…  すぐに部屋に戻って 古いアドレスを消したり 写真整理したり 出来るならばいいけれど  初めて 出会った日や キスを 交わした夜や 記念日が重すぎる  きっと会いたくなるでしょう いくら忘れてみても 眠れそうもない夜には いつか振り向くそのとき なつかしい思い出の 風だけ吹いて欲しい  なつかしくあたたかな 風だけ吹いて欲しい森口博子工藤哲雄宮島律子長い夜もかならず 朝になることを知ってる いつか違う恋に たどり着けることも…  今夜少しあなたを わざと困らせてみたくて 雨がにじむ街に 立ちつくして動かない  一年 一緒にいて 二年 ひきずるような 未来にはしたくない  きっと会いたくなるでしょう どんなサヨナラしても あなただけをみていたから たぶん泣きたくなるでしょう やさしさも思い出も このまま連れて行って  傘もささずとなりで 家に送るよと待つのね 少しほんの少し わるいひとでいたい…  すぐに部屋に戻って 古いアドレスを消したり 写真整理したり 出来るならばいいけれど  初めて 出会った日や キスを 交わした夜や 記念日が重すぎる  きっと会いたくなるでしょう いくら忘れてみても 眠れそうもない夜には いつか振り向くそのとき なつかしい思い出の 風だけ吹いて欲しい  なつかしくあたたかな 風だけ吹いて欲しい
君を見つめて ~The time I'm seeing you~暗闇に走る君は 自分を傷つけ 帰る家さえ見失う 私の胸で眠れ 私の胸で眠れ もしも今この世界が 消えてもきっと君は 戦いが正義と信じ 走り続ける  あゝ このままで明日を探そう 振り返る事などないさ 自分を傷つけないで  You're lookin' for how they live その痛みを分かちあい You're searchin' for you should be 激しさに震えれば  深い宇宙(そら)のむこうから 光が届く すべての意味をみつけて 君は戦士に育つよ 君は戦士に育つよ 次に何をやればいい? 見つけた時にもしも 輝く勇気があれば 明日が来るよ  あゝ もう一度 確かめあおうよ 安息(やすらぎ)の時代が来れば 君だけ抱きしめられるから  You're lookin' for how they live 立ち止まるだけでいい You're searchin' for you should be 何かをみつけるため  You're lookin' for how they live その痛みを分かちあい You're searchin' for you should be 激しさに震えれば  You're lookin' for how they live 立ち止まるだけでいい You're searchin' for you should be 何かをみつけるため森口博子井荻麟・茂村泰彦茂村泰彦暗闇に走る君は 自分を傷つけ 帰る家さえ見失う 私の胸で眠れ 私の胸で眠れ もしも今この世界が 消えてもきっと君は 戦いが正義と信じ 走り続ける  あゝ このままで明日を探そう 振り返る事などないさ 自分を傷つけないで  You're lookin' for how they live その痛みを分かちあい You're searchin' for you should be 激しさに震えれば  深い宇宙(そら)のむこうから 光が届く すべての意味をみつけて 君は戦士に育つよ 君は戦士に育つよ 次に何をやればいい? 見つけた時にもしも 輝く勇気があれば 明日が来るよ  あゝ もう一度 確かめあおうよ 安息(やすらぎ)の時代が来れば 君だけ抱きしめられるから  You're lookin' for how they live 立ち止まるだけでいい You're searchin' for you should be 何かをみつけるため  You're lookin' for how they live その痛みを分かちあい You're searchin' for you should be 激しさに震えれば  You're lookin' for how they live 立ち止まるだけでいい You're searchin' for you should be 何かをみつけるため
今日はお寝坊DAYふりそそぐ まぶしい光は モーニングコール フワフワと 2人の朝 邪魔する もう少し ゆうべの眠りでいたい 今日はお寝坊DAY  都合のいい 映像ばかり 描き続けてたこと それは何よりも 賢い 夢の見方 ありふれた言葉だけれど 素直な気持ち ラッピング どんなものよりも 高価な おくりもの  笑う時 三ヶ月目になる あなたの笑顔 いつも そばにあるから これからは どんな強い風も 怖くないはず  まばたきをするのも惜しい ずっと 見つめていたい こんな好きになる私 新しい  幸せな時間は 流れるものじゃない 二人で 積み重ねてゆくもの 高すぎて くずれない様に そっと抱きしめて  あこがれが 手にとるやすらぎに変わった エナジー感じる  幸せな時間は 流れるものじゃない 二人で 積み重ねてゆくもの 高すぎて くずれない様に そっと抱きしめて  ふりそそぐ まぶしい光は モーニングコール フワフワと 2人の朝 邪魔する もう少し ゆうべの眠りでいたい 今日はお寝坊DAY森口博子森口博子小室和之ふりそそぐ まぶしい光は モーニングコール フワフワと 2人の朝 邪魔する もう少し ゆうべの眠りでいたい 今日はお寝坊DAY  都合のいい 映像ばかり 描き続けてたこと それは何よりも 賢い 夢の見方 ありふれた言葉だけれど 素直な気持ち ラッピング どんなものよりも 高価な おくりもの  笑う時 三ヶ月目になる あなたの笑顔 いつも そばにあるから これからは どんな強い風も 怖くないはず  まばたきをするのも惜しい ずっと 見つめていたい こんな好きになる私 新しい  幸せな時間は 流れるものじゃない 二人で 積み重ねてゆくもの 高すぎて くずれない様に そっと抱きしめて  あこがれが 手にとるやすらぎに変わった エナジー感じる  幸せな時間は 流れるものじゃない 二人で 積み重ねてゆくもの 高すぎて くずれない様に そっと抱きしめて  ふりそそぐ まぶしい光は モーニングコール フワフワと 2人の朝 邪魔する もう少し ゆうべの眠りでいたい 今日はお寝坊DAY
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
GIVE眠ったの? 疲れてるのね 寝顔への Good night  飲みかけの 缶ビールを 片づけるその途中で あなたへの 新しい気持ちに 出逢えたの  あしたから始めよう となりでできること ひとつずつ見つけよう わたしの贈りもの  求めあう 引力よりも たくましい パワーで  目覚ましは 7時半ね まずは笑顔で「おはよう」 この部屋に 恋が生まれ変わる 朝が来る  あしたから始めよう あなたのためのこと 与えれば満ちてくる ふしぎな贈りもの  I want to give you present, for you I want to give you everything, for you  胸のなか いつも何か 足りないような気がしてた これからは 温もりであなたを 包みたい  あしたから始めよう となりでできること 愛してるあなたへの わたしの贈りもの  I want to give you present, for you I want to give you everything, for you La lalalala......森口博子中山加奈子宮島律子眠ったの? 疲れてるのね 寝顔への Good night  飲みかけの 缶ビールを 片づけるその途中で あなたへの 新しい気持ちに 出逢えたの  あしたから始めよう となりでできること ひとつずつ見つけよう わたしの贈りもの  求めあう 引力よりも たくましい パワーで  目覚ましは 7時半ね まずは笑顔で「おはよう」 この部屋に 恋が生まれ変わる 朝が来る  あしたから始めよう あなたのためのこと 与えれば満ちてくる ふしぎな贈りもの  I want to give you present, for you I want to give you everything, for you  胸のなか いつも何か 足りないような気がしてた これからは 温もりであなたを 包みたい  あしたから始めよう となりでできること 愛してるあなたへの わたしの贈りもの  I want to give you present, for you I want to give you everything, for you La lalalala......
銀色ドレス僕を見つめてた 蒼(あお)い瞳 ある日 突然に 消えてしまう こんど出会えれば 間違わない 良い日であったと 抱き合うだろう 心は熱く 踊るだろう 今日という日は 良かったと……  ドレス着て 明日にむかう心を いつまでも 暖めておくわ 小さい僕に こだわらないで 新世紀 開き 宇宙(そら)に求めたりするのは やめよう 銀色のドレスをまとって  濡れた手を拭いて 全てすむと 君が思うのは いけないけど 今日という刻(とき)は 忘れないで 君の髪が舞い 僕を招く 涙は もう 乾ききって 夢などには とらわれず  見つめよう 君が刻(きざ)む ときめき きらめいて 僕の胸 震(ふる)え 力いっぱい 走って行ける 新世紀 掴み 生命(いのち)生まれて 時代(とき)の流れに乗る 銀色のドレスをまとって  見つめよう 君が刻(きざ)む ときめき きらめいて 僕の胸 震(ふる)え 力いっぱい 走って行ける 新世紀 掴み 生命(いのち)生まれて 時代(とき)の流れに乗る 銀色のドレスをまとって森口博子井荻麟馬飼野康二僕を見つめてた 蒼(あお)い瞳 ある日 突然に 消えてしまう こんど出会えれば 間違わない 良い日であったと 抱き合うだろう 心は熱く 踊るだろう 今日という日は 良かったと……  ドレス着て 明日にむかう心を いつまでも 暖めておくわ 小さい僕に こだわらないで 新世紀 開き 宇宙(そら)に求めたりするのは やめよう 銀色のドレスをまとって  濡れた手を拭いて 全てすむと 君が思うのは いけないけど 今日という刻(とき)は 忘れないで 君の髪が舞い 僕を招く 涙は もう 乾ききって 夢などには とらわれず  見つめよう 君が刻(きざ)む ときめき きらめいて 僕の胸 震(ふる)え 力いっぱい 走って行ける 新世紀 掴み 生命(いのち)生まれて 時代(とき)の流れに乗る 銀色のドレスをまとって  見つめよう 君が刻(きざ)む ときめき きらめいて 僕の胸 震(ふる)え 力いっぱい 走って行ける 新世紀 掴み 生命(いのち)生まれて 時代(とき)の流れに乗る 銀色のドレスをまとって
恋人になろうちょっとヒマしてたから 掛けてみただけなのに 留守電だった… この淋しさ 今やっと分かった  辛いことがあるたび きっと頼っていたね いつものように 笑いかけて 会いたくてとても たまらない  馬鹿だと言って!殴ってやって! 何となくつきあって来たことを 叱ってやって!あなたじゃなきゃ 許せない 夢みない 感じない …ごめんね  恋人になろう 3度目の春に あなたしか愛せない 私に気づいたの 恋人でいたい いつまでもずっと 我がままで単純な 心を連れてって 未来(あした)へ  女だけで集まり 恋の話題になると 一番地味な 彼にみえて うらんだりしたけど  少し無口なとこも お金持ちじゃなくても 誰より深く分かってくれる 最高の人よ 私には  好きだと言って!何度も言って! その腕でおもいきり抱きしめて 笑ってやって!二人じゃなきゃ はしゃげない 騒げない 眠れない …本気よ  恋人になろう 3度目の夏は 知りあったあの海に 抱かれて迎えよう 恋人でいよう これからもずっと 何気ない毎日も あなたと二人なら 素敵ね  何が幸せか… 悩むこともなかったわ 今から思えば そうね 幸せ過ぎて  恋人になろう 3度目の春に あふれだすこの想い 私を受け止めて 恋人でいたい いつまでもずっと 我がままで単純な 心を連れてって このまま森口博子工藤哲雄住吉中ちょっとヒマしてたから 掛けてみただけなのに 留守電だった… この淋しさ 今やっと分かった  辛いことがあるたび きっと頼っていたね いつものように 笑いかけて 会いたくてとても たまらない  馬鹿だと言って!殴ってやって! 何となくつきあって来たことを 叱ってやって!あなたじゃなきゃ 許せない 夢みない 感じない …ごめんね  恋人になろう 3度目の春に あなたしか愛せない 私に気づいたの 恋人でいたい いつまでもずっと 我がままで単純な 心を連れてって 未来(あした)へ  女だけで集まり 恋の話題になると 一番地味な 彼にみえて うらんだりしたけど  少し無口なとこも お金持ちじゃなくても 誰より深く分かってくれる 最高の人よ 私には  好きだと言って!何度も言って! その腕でおもいきり抱きしめて 笑ってやって!二人じゃなきゃ はしゃげない 騒げない 眠れない …本気よ  恋人になろう 3度目の夏は 知りあったあの海に 抱かれて迎えよう 恋人でいよう これからもずっと 何気ない毎日も あなたと二人なら 素敵ね  何が幸せか… 悩むこともなかったわ 今から思えば そうね 幸せ過ぎて  恋人になろう 3度目の春に あふれだすこの想い 私を受け止めて 恋人でいたい いつまでもずっと 我がままで単純な 心を連れてって このまま
Someday EverydaySomeday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で  例えば落ちこんだなら 何とかしたいって思うでしょ? それはすでに前向きで 不幸だって 幸福(シアワセ)なこと 恋したい キレイになりたい 夢を見たい 自分が欲しい 全ての願い叶えば 何目指して 生きていくの  AH ゼロにならなければ 始まらない道がある 卒業に手土産は 要らぬもの  Someday 少しだけ特別な未来 それでいい Everyday 八分目でいけば結構最高な日々としよう  最近気がついたけど 悩みのない人間(ヒト)はいないよね 皆何か辛さ持って 生きてるよね きっとそうよね ここまでやってきたのも 全部自分選んだこと 今日みたいに迷いながら やはり先に続いていった  そう あせったところで 神様はよく見ている 運はこの天下の マワリモノ  Someday 痛みゆえに楽しかったと言えるように Everyday その1コマごとに泣いて泣いて笑って Someday あれもこれもまだ欲しいよな自分がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる Someday  Someday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で森口博子平松愛理平松愛理Someday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で  例えば落ちこんだなら 何とかしたいって思うでしょ? それはすでに前向きで 不幸だって 幸福(シアワセ)なこと 恋したい キレイになりたい 夢を見たい 自分が欲しい 全ての願い叶えば 何目指して 生きていくの  AH ゼロにならなければ 始まらない道がある 卒業に手土産は 要らぬもの  Someday 少しだけ特別な未来 それでいい Everyday 八分目でいけば結構最高な日々としよう  最近気がついたけど 悩みのない人間(ヒト)はいないよね 皆何か辛さ持って 生きてるよね きっとそうよね ここまでやってきたのも 全部自分選んだこと 今日みたいに迷いながら やはり先に続いていった  そう あせったところで 神様はよく見ている 運はこの天下の マワリモノ  Someday 痛みゆえに楽しかったと言えるように Everyday その1コマごとに泣いて泣いて笑って Someday あれもこれもまだ欲しいよな自分がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる Someday  Someday あれもこれもまだしたいような明日がいい Everyday あと1cm先に Happy Lucky が待ってる場所で
サムライハート剣をかざして稲妻集めたら my heart 孤独が光る  何を 目ざせばいい 誰を愛したらいい my love  答えはどこさ?  誰もが遠い旅人さこの街では 迷い子になる明日も 歩き続けるさ…  届かない夢 嵐に舞う花びら 風になるよ 雨になるよ いつしか…   心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  ビルのすき間の 月を仰ぐ時 my sweet(スウィート) 瞳はルビイ  赤く燃えあがれば 透き通るよ未来が my love 出逢いはいつさ?  誰もが遠い旅人さ秘かな夢 奇跡さえ おこせるよと  漂い続ける…  心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  愛… 不思議さ… 心の剣やさしさだよ ロンリーハート  いつかどこかで あふれ落ちる涙を 拭きもせずに 流したいと思うよ  心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  届かない夢 嵐に舞う花びら 風になるよ 雨になるよ いつしか…   心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で…森口博子三浦徳子茂村泰彦剣をかざして稲妻集めたら my heart 孤独が光る  何を 目ざせばいい 誰を愛したらいい my love  答えはどこさ?  誰もが遠い旅人さこの街では 迷い子になる明日も 歩き続けるさ…  届かない夢 嵐に舞う花びら 風になるよ 雨になるよ いつしか…   心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  ビルのすき間の 月を仰ぐ時 my sweet(スウィート) 瞳はルビイ  赤く燃えあがれば 透き通るよ未来が my love 出逢いはいつさ?  誰もが遠い旅人さ秘かな夢 奇跡さえ おこせるよと  漂い続ける…  心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  愛… 不思議さ… 心の剣やさしさだよ ロンリーハート  いつかどこかで あふれ落ちる涙を 拭きもせずに 流したいと思うよ  心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で  届かない夢 嵐に舞う花びら 風になるよ 雨になるよ いつしか…   心はサムライ むなしさ抱くヨロイを 脱ぎ捨てよう 勇気だけの素肌で…
幸せは簡単青空 突き抜けてる 乾いた 冬の匂い こんな公園がこんな近所にあるんだね  おさいふ寒いホリデイ ビデオじゃもったいない 外も寒いけどダウンジャケットは無敵  バケットとチーズの シンプルなブランチでも 紙コップのワインで いきなり ぽくなったね  気持ちがいいね たまにはいいね 笑いだしちゃう 二人して その眼差しも ずっと優しい こんな日には 幸せになるのが とっても簡単  芝生に寝転がると 陽射しに溶かされそう そっと目を閉じて踊る影たちと遊ぶ  プロバンスにいるつもり 波の音が聞こえるよ じゃあ今度はねタヒチ どこでもポンと行けるね  なんだかいいね こんなのいいね サイコーゼータクした気分 フリスビーでも取ってこようか 眠くなりそう 日が陰る前に ねえなんかしようよ  気持ちがいいね たまにはいいね 笑いだしちゃう 二人して その眼差しも ずっと優しい こんな日には 幸せになるのが とっても簡単森口博子芹沢類井上慎二郎青空 突き抜けてる 乾いた 冬の匂い こんな公園がこんな近所にあるんだね  おさいふ寒いホリデイ ビデオじゃもったいない 外も寒いけどダウンジャケットは無敵  バケットとチーズの シンプルなブランチでも 紙コップのワインで いきなり ぽくなったね  気持ちがいいね たまにはいいね 笑いだしちゃう 二人して その眼差しも ずっと優しい こんな日には 幸せになるのが とっても簡単  芝生に寝転がると 陽射しに溶かされそう そっと目を閉じて踊る影たちと遊ぶ  プロバンスにいるつもり 波の音が聞こえるよ じゃあ今度はねタヒチ どこでもポンと行けるね  なんだかいいね こんなのいいね サイコーゼータクした気分 フリスビーでも取ってこようか 眠くなりそう 日が陰る前に ねえなんかしようよ  気持ちがいいね たまにはいいね 笑いだしちゃう 二人して その眼差しも ずっと優しい こんな日には 幸せになるのが とっても簡単
視線愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ あなたがみつめてくれるなら きれいになりたい  仕事も未来も恋愛さえ あきらめかけてたころ 勢いだけの新入社員 突然あらわれた 言葉使いから教えたげた 残業手伝わせた 失恋話に笑い転げた 電話もかけあった  涙出ちゃう…なんて歌に ハマっちゃうよ 恋と呼べないほどに 近すぎる 距離がせつない夏だよ  愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ だれより近くで あなただけをみている  逢いたくて どうしようもない 視線で抱きしめてよ あなたがみつめてくれたなら 何でもできるよ  みんなで遊んでいるときしか 出番が来ないカメラ プリントしたら二人の写真 ひそかに抜き取るよ 昨日もそのあと二人だけで 朝まで飲んだけれど 恋の悩みをなんで私に 相談しちゃうわけ?  朝のラッシュアワー 耐えていけることも こんな笑った顔も 目と目がネ 合ったりするからなのに…  愛だって 言えない恋を かかえて逢いにゆくよ 夜更けの電話じゃ なにもわかるはずない  淋しくて たまらない日は あなたのそばにいたい  まっすぐみつめてくれたなら 何にもいらない 涙出ちゃう…なんて歌を うたいながら 頬をこぼれる気持ち 風になれ 車とばしてゆくから…  愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ だれより近くで あなただけをみている  逢いたくて どうしようもない 視線で抱きしめてよ あなたがみつめてくれたなら 何でもできるよ森口博子工藤哲雄伊秩弘将愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ あなたがみつめてくれるなら きれいになりたい  仕事も未来も恋愛さえ あきらめかけてたころ 勢いだけの新入社員 突然あらわれた 言葉使いから教えたげた 残業手伝わせた 失恋話に笑い転げた 電話もかけあった  涙出ちゃう…なんて歌に ハマっちゃうよ 恋と呼べないほどに 近すぎる 距離がせつない夏だよ  愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ だれより近くで あなただけをみている  逢いたくて どうしようもない 視線で抱きしめてよ あなたがみつめてくれたなら 何でもできるよ  みんなで遊んでいるときしか 出番が来ないカメラ プリントしたら二人の写真 ひそかに抜き取るよ 昨日もそのあと二人だけで 朝まで飲んだけれど 恋の悩みをなんで私に 相談しちゃうわけ?  朝のラッシュアワー 耐えていけることも こんな笑った顔も 目と目がネ 合ったりするからなのに…  愛だって 言えない恋を かかえて逢いにゆくよ 夜更けの電話じゃ なにもわかるはずない  淋しくて たまらない日は あなたのそばにいたい  まっすぐみつめてくれたなら 何にもいらない 涙出ちゃう…なんて歌を うたいながら 頬をこぼれる気持ち 風になれ 車とばしてゆくから…  愛だって 言いたい恋が 瞳にあふれてるよ だれより近くで あなただけをみている  逢いたくて どうしようもない 視線で抱きしめてよ あなたがみつめてくれたなら 何でもできるよ
Shocking Blue良薬口に苦しというけど とどめの薬をThank you この晴れた朝私に届いた ブルーなメールと青い空  ピカピカの天気 伸びして すぐ目にしたもの 震えた ポストからのぞくあなたの名前ある青いカード 一瞬期待よぎったのに 連ねてあった名の人と 未来を誓うとパーティーの案内 書かれていた  立ちすくんで短くなる影に ますます濃くなるMemories 祝福で幕を閉じろというの? すがる雲さえないのに  アドレス帳のナンバーを 消しても指が憶えてた 二度とかけぬよう悲しい日は家へ帰れなかった あなたが去ったこのドアを 開ける度息つまりそうで けどいつか帰る一筋の予感が つないでいた  のど元過ぎれば熱さ忘れる その程度だったの?Crazy! あの日の写真のラストに貼るわ 刻んだ青い葉書  世界中の雨よりも流した 涙を返してちょうだい 私あなたより幸福になる なぜかな勇気出たわ 極上の贈り物 わざわざホントありがとう森口博子平松愛理平松愛理良薬口に苦しというけど とどめの薬をThank you この晴れた朝私に届いた ブルーなメールと青い空  ピカピカの天気 伸びして すぐ目にしたもの 震えた ポストからのぞくあなたの名前ある青いカード 一瞬期待よぎったのに 連ねてあった名の人と 未来を誓うとパーティーの案内 書かれていた  立ちすくんで短くなる影に ますます濃くなるMemories 祝福で幕を閉じろというの? すがる雲さえないのに  アドレス帳のナンバーを 消しても指が憶えてた 二度とかけぬよう悲しい日は家へ帰れなかった あなたが去ったこのドアを 開ける度息つまりそうで けどいつか帰る一筋の予感が つないでいた  のど元過ぎれば熱さ忘れる その程度だったの?Crazy! あの日の写真のラストに貼るわ 刻んだ青い葉書  世界中の雨よりも流した 涙を返してちょうだい 私あなたより幸福になる なぜかな勇気出たわ 極上の贈り物 わざわざホントありがとう
じゃあねぇ明日って暇なの? じゃあ楽しいことしよう もうこの頃煮詰まっていいこともさっぱり  はぁ溜息がでちゃうね じゃあ買い物でもしてさ そうアイツとは別れた 話さなかったかな?  何度も好きだなんて 言ってたくせに どこかで良からぬことを フザケた話しで  どうでもいいけどいろんなこととか抱えて 歩けないようなカンジじゃよくない 困ったね  ねぇおなかとか空かない? じゃあ美味しいもの食べよう もう雨もやんで晴れた街が待っているよ  まぁ人生はつづくし じゃあとりあえず笑って そう新しい歌でも歌いながら暮らそう  シゴトもすっぽかして ちょっとズルしたり もがいて苦しんでもね 結局おんなじ  なんとか絶対なるもの今までそうだったね ぐっすり眠った後はやれそうな 気がするよ  どうでもいいけどいろんなこととか抱えて 歩けないようなカンジじゃよくない 困ったね 愛もシゴトも一切まとめて捨てよう 身軽になったら違うワタシが生まれそう なんとか絶対なるもの今までそうだったね ぐっすり眠った後はやれそうな また明日…森口博子森浩美宮島律子ねぇ明日って暇なの? じゃあ楽しいことしよう もうこの頃煮詰まっていいこともさっぱり  はぁ溜息がでちゃうね じゃあ買い物でもしてさ そうアイツとは別れた 話さなかったかな?  何度も好きだなんて 言ってたくせに どこかで良からぬことを フザケた話しで  どうでもいいけどいろんなこととか抱えて 歩けないようなカンジじゃよくない 困ったね  ねぇおなかとか空かない? じゃあ美味しいもの食べよう もう雨もやんで晴れた街が待っているよ  まぁ人生はつづくし じゃあとりあえず笑って そう新しい歌でも歌いながら暮らそう  シゴトもすっぽかして ちょっとズルしたり もがいて苦しんでもね 結局おんなじ  なんとか絶対なるもの今までそうだったね ぐっすり眠った後はやれそうな 気がするよ  どうでもいいけどいろんなこととか抱えて 歩けないようなカンジじゃよくない 困ったね 愛もシゴトも一切まとめて捨てよう 身軽になったら違うワタシが生まれそう なんとか絶対なるもの今までそうだったね ぐっすり眠った後はやれそうな また明日…
上級生方程式で 恋の難問解けるなら 誰か教えて 私 内緒(ないしょ)で覚えたい  ドキドキ ソワソワ あの人 上級生 恋敵(ライバル)の へん差値高くて ちょっぴり 不安なの…  だめネ スキと言えなくて I Love You 片想いなの だから 今は 遠くでみつめてる  鏡の前で 貴方の声を 真似ながら 「キミがスキだ」と 一人お芝居 照れちゃうの  小さな写真を 枕の下に 置いて 瞳(め)を閉じて 呪文をかけたら 夢で逢えるかな?  いやネ イタズラな恋が I Love You キュンと胸刺す だけど 今は 遠くでみつめてる  だめネ スキと言えなくて I Love You 片想いなの だけど そっと 振り向いてほしいの森口博子森浩美中崎英也方程式で 恋の難問解けるなら 誰か教えて 私 内緒(ないしょ)で覚えたい  ドキドキ ソワソワ あの人 上級生 恋敵(ライバル)の へん差値高くて ちょっぴり 不安なの…  だめネ スキと言えなくて I Love You 片想いなの だから 今は 遠くでみつめてる  鏡の前で 貴方の声を 真似ながら 「キミがスキだ」と 一人お芝居 照れちゃうの  小さな写真を 枕の下に 置いて 瞳(め)を閉じて 呪文をかけたら 夢で逢えるかな?  いやネ イタズラな恋が I Love You キュンと胸刺す だけど 今は 遠くでみつめてる  だめネ スキと言えなくて I Love You 片想いなの だけど そっと 振り向いてほしいの
Gin-Marriage急いで急いで 急いで行こう! みんなで 騒ぐ Friday Party-Night 仕事の愚痴でも 噂の恋も 朝まで 語る Friday Party-Night  名刺の交換 忘れずチェック 目的 有りの Friday Party-Night 出会いを求めて オシャレに決めて いい人 捜す Friday Party  あそこ 目立ってる 笑ってる人の隣の かなり タイプだわ クールすぎる横顔  接近しましょ アタックしましょ チャンスを生かそ 始めがかんじん ビールで乾杯 ワインで話そ シャンパン空けて 出来ればジンマリッジ  どちらにお住まい? 何月生まれ? 相性 探る Friday Party-Night 手と手を握って 帰りにKissを 早めに リーチ Friday Party  感謝 しています 運命の人に出会えた かなり 強引な アプローチでゴメンナサイ  接近しましょ アタックしましょ チャンスは二度と 訪れないから 今夜決めよう 明日では遅い 人の目なんか 気にしてられない  接近しましょ アタックしましょ チャンスを生かそ 始めがかんじん ビールで乾杯 ワインで話そ シャンパン空けて 出来ればジンマリッジ  急いで急いで 急いで行こう! 急いで急いで 急いで行こう! ……森口博子川咲そら広瀬香美急いで急いで 急いで行こう! みんなで 騒ぐ Friday Party-Night 仕事の愚痴でも 噂の恋も 朝まで 語る Friday Party-Night  名刺の交換 忘れずチェック 目的 有りの Friday Party-Night 出会いを求めて オシャレに決めて いい人 捜す Friday Party  あそこ 目立ってる 笑ってる人の隣の かなり タイプだわ クールすぎる横顔  接近しましょ アタックしましょ チャンスを生かそ 始めがかんじん ビールで乾杯 ワインで話そ シャンパン空けて 出来ればジンマリッジ  どちらにお住まい? 何月生まれ? 相性 探る Friday Party-Night 手と手を握って 帰りにKissを 早めに リーチ Friday Party  感謝 しています 運命の人に出会えた かなり 強引な アプローチでゴメンナサイ  接近しましょ アタックしましょ チャンスは二度と 訪れないから 今夜決めよう 明日では遅い 人の目なんか 気にしてられない  接近しましょ アタックしましょ チャンスを生かそ 始めがかんじん ビールで乾杯 ワインで話そ シャンパン空けて 出来ればジンマリッジ  急いで急いで 急いで行こう! 急いで急いで 急いで行こう! ……
好きになったら‥わかってるわ 私じゃない ありのままをみせるのが まだ恐くて 好かれたいもっと  野球だって 趣味じゃないし ほんといえば携帯も 持ちたくない 合わせてる  前の恋とかが浮かぶよ‥ 慣れあって“らしさ”みせて こわれて消えた  好きになればなるほど 小さな嘘が上手になってくわ この恋だけは おわりにしたくない  今日も明日(アス)も逢いたい このままずっと隣りにいたいよ 信じて欲しい 少し無理しても私は私  どこにいても 電話ばかり… 忙しいね、なんてただ 笑うけれど 淋しいよ  同じ社会人してるし その胸で泣きたいこと たくさんあるわ  好きになればなるだけ 言えないことが大きくなってくね ともだちじみた 恋にはしたくない  明日もいつも逢いたい たしかな気持ちあふれて来るから 頑張りすぎて 悲しくなっても私は私  好きになればなるほど 小さな嘘が上手になってくわ この恋だけは おわりにしたくない  今日も明日(アス)も逢いたい このままずっと隣りにいたいよ 信じて欲しい 少し無理しても私は私森口博子工藤哲雄伊秩弘将わかってるわ 私じゃない ありのままをみせるのが まだ恐くて 好かれたいもっと  野球だって 趣味じゃないし ほんといえば携帯も 持ちたくない 合わせてる  前の恋とかが浮かぶよ‥ 慣れあって“らしさ”みせて こわれて消えた  好きになればなるほど 小さな嘘が上手になってくわ この恋だけは おわりにしたくない  今日も明日(アス)も逢いたい このままずっと隣りにいたいよ 信じて欲しい 少し無理しても私は私  どこにいても 電話ばかり… 忙しいね、なんてただ 笑うけれど 淋しいよ  同じ社会人してるし その胸で泣きたいこと たくさんあるわ  好きになればなるだけ 言えないことが大きくなってくね ともだちじみた 恋にはしたくない  明日もいつも逢いたい たしかな気持ちあふれて来るから 頑張りすぎて 悲しくなっても私は私  好きになればなるほど 小さな嘘が上手になってくわ この恋だけは おわりにしたくない  今日も明日(アス)も逢いたい このままずっと隣りにいたいよ 信じて欲しい 少し無理しても私は私
Still Love You出逢うのが 少しだけ 遅すぎただけなのに もうあなたに 近づくのも できないのはなぜ? はしゃぎすぎた 季節が 風のように過ぎてく いい奴なんて どこにでも いるなんて 言ったまま  あなたが 声をかけたせいよ 胸が痛むのも 大人になるのも その手を 握りしめたままで 最後にひとこと 言われて I still love you  出逢うのが 少しだけ 遅すぎただけなのに もうこのまま あの女性を 追いぬけないのね 時計の針は いつも 別れをきざむだけ しあわせなんて どこにでも あるなんて うそなの  あなたの 瞳も唇も すべて想い出に 変わっていくのね その手を 握りしめたままで 最後にひとこと 言わせて I still love you I still love you森口博子井上望井上望出逢うのが 少しだけ 遅すぎただけなのに もうあなたに 近づくのも できないのはなぜ? はしゃぎすぎた 季節が 風のように過ぎてく いい奴なんて どこにでも いるなんて 言ったまま  あなたが 声をかけたせいよ 胸が痛むのも 大人になるのも その手を 握りしめたままで 最後にひとこと 言われて I still love you  出逢うのが 少しだけ 遅すぎただけなのに もうこのまま あの女性を 追いぬけないのね 時計の針は いつも 別れをきざむだけ しあわせなんて どこにでも あるなんて うそなの  あなたの 瞳も唇も すべて想い出に 変わっていくのね その手を 握りしめたままで 最後にひとこと 言わせて I still love you I still love you
砂の十字架ライリー ライリー ライリー リラー 命かけて誓えど ライリー ライリー 背中の 羽根はすでに破れて 飛び立てば闇 振り向けば闇 光ははるか遠くに 見えない それでも真実は 伝わるはずだと  祈りを越えた愛だけを 心の糧に 祈りを越えた愛だけを 心の糧に  ライリー ライリー ライリー リラー 人は誰も旅人 ライリー ライリー 両手に 掴みきれない夢を 別離と引き換えに 涙と引き換えに 掴める者だけが 背おった十字架 ふるえるその指が 何かを伝える  祈りを越えた愛だけが 闘う力 祈りを越えた愛だけが 闘う力森口博子谷村新司谷村新司ライリー ライリー ライリー リラー 命かけて誓えど ライリー ライリー 背中の 羽根はすでに破れて 飛び立てば闇 振り向けば闇 光ははるか遠くに 見えない それでも真実は 伝わるはずだと  祈りを越えた愛だけを 心の糧に 祈りを越えた愛だけを 心の糧に  ライリー ライリー ライリー リラー 人は誰も旅人 ライリー ライリー 両手に 掴みきれない夢を 別離と引き換えに 涙と引き換えに 掴める者だけが 背おった十字架 ふるえるその指が 何かを伝える  祈りを越えた愛だけが 闘う力 祈りを越えた愛だけが 闘う力
スピーチに真実(ホント)なしスピーチ慣れしてきちゃうよ このごろ多いもの 少しは緊張して マイクに向かわなきゃ う・ふ・ふ  よけいなこと言わないでと 新婦の目が光る とってもきれいだから ちょっとくらいは許して  あのぅ 彼女はこうみえても… そこまで言いかけたら あなたが息を止める  え−っと 料理が そう 上手くて 良妻賢母でしょう… いま 息 吐いたね  人生最大の舞台は きれいに清らかに ぜったいアレは言えない ねぇみなさんお願い 私のときにもヨロシク  みんなのスピーチがおわり キャンドル灯るころ ほんとは言いたかった 気持ち こころで思うよ  ねぇドレスがよく似合うよ 小さいサイズにして 正解だったようね  ねぇここまでくる間に 気苦労あったでしょう 痩せたね でもきれい…  いちばんきれいな瞬間が キッスとやってくる 秘密はずっと秘密ね さあ私はこれから うれしいたのしい二次会  人生最大の舞台は とにかく美しく ぜったいアレは言わない ああいつかは私も… それではみなさんヨロシク森口博子工藤哲雄宮島律子スピーチ慣れしてきちゃうよ このごろ多いもの 少しは緊張して マイクに向かわなきゃ う・ふ・ふ  よけいなこと言わないでと 新婦の目が光る とってもきれいだから ちょっとくらいは許して  あのぅ 彼女はこうみえても… そこまで言いかけたら あなたが息を止める  え−っと 料理が そう 上手くて 良妻賢母でしょう… いま 息 吐いたね  人生最大の舞台は きれいに清らかに ぜったいアレは言えない ねぇみなさんお願い 私のときにもヨロシク  みんなのスピーチがおわり キャンドル灯るころ ほんとは言いたかった 気持ち こころで思うよ  ねぇドレスがよく似合うよ 小さいサイズにして 正解だったようね  ねぇここまでくる間に 気苦労あったでしょう 痩せたね でもきれい…  いちばんきれいな瞬間が キッスとやってくる 秘密はずっと秘密ね さあ私はこれから うれしいたのしい二次会  人生最大の舞台は とにかく美しく ぜったいアレは言わない ああいつかは私も… それではみなさんヨロシク
スピード「あんなにつらくて ひどい恋だった」 不思議ねこんなに 笑って言える  こころの回復 祝福している ホースで作った 水色アーチ  雲をやぶるように 広がる空 からだじゅう 日射しが走る  今 たまらない笑顔 Dan Dan ふえてく ねぇ あたらしい気持ち Don Don 見つかる ほら 大好きなあなた Dan Dan 近づく ねぇ 最高の時間 Don Don 進むよ 素敵な スピードの中  背中にもたれて まぶたを閉じると 二人のリズムが やさしくひびく 洗ったスニーカー 芝生にならべた 2センチちがいの 影がゆれてる  愛情のサイズが 計れたなら そのさきを たしかめたいね  今「会いたさ」の速度 Dan Dan はやまる ねぇ ツイてない夜が Don Don 消えてく ほら 大好きな私 Dan Dan 近づく ねぇ 最高のキスが Don Don つづくよ うれしい スピードの中  今 たまらない笑顔 Dan Dan ふえてく ねぇ あたらしい気持ち Don Don 見つかる ほら 大好きなあなた Dan Dan 近づく ねぇ 最高の時間 Don Don 進むよ 素敵な スピードの中森口博子西脇唯奥居香「あんなにつらくて ひどい恋だった」 不思議ねこんなに 笑って言える  こころの回復 祝福している ホースで作った 水色アーチ  雲をやぶるように 広がる空 からだじゅう 日射しが走る  今 たまらない笑顔 Dan Dan ふえてく ねぇ あたらしい気持ち Don Don 見つかる ほら 大好きなあなた Dan Dan 近づく ねぇ 最高の時間 Don Don 進むよ 素敵な スピードの中  背中にもたれて まぶたを閉じると 二人のリズムが やさしくひびく 洗ったスニーカー 芝生にならべた 2センチちがいの 影がゆれてる  愛情のサイズが 計れたなら そのさきを たしかめたいね  今「会いたさ」の速度 Dan Dan はやまる ねぇ ツイてない夜が Don Don 消えてく ほら 大好きな私 Dan Dan 近づく ねぇ 最高のキスが Don Don つづくよ うれしい スピードの中  今 たまらない笑顔 Dan Dan ふえてく ねぇ あたらしい気持ち Don Don 見つかる ほら 大好きなあなた Dan Dan 近づく ねぇ 最高の時間 Don Don 進むよ 素敵な スピードの中
すみれの気持ち~TRY ME AGAIN~好きよ でもそれだけ すみれ ローズ アネモネ ため息ほら 花になれ いつか きっとその胸 夢かしら夢だもの 瞳を閉じたら ねェ Try Me Again  Wondering あなたの キス振りほどいてみた シャイネス・ガール 魔法みたいな ときめきの花粉をかけた 恋のノウハウなんでも 知っているわ あなた でもなんにも知らない すみれの気持ち  好きよ もっとやさしく くちびるに想い出 乗せてくれたら I'm a パピヨン 春の恋 まぼろし 夢かしら夢だもの さめないまに ねェ Try Me Again  Tendering 悲しい 事なんてなにひとつないのに ある日突然 さびしさが友達だわ ちょっと冷たくされても しぼんでゆく心 らう意地悪しないで すみれの気持ち 好きよ でもそれだけ すみれ ローズ アネモネ ため息ほら 花になれ いつか きっとその胸 夢かしら 夢だもの 瞳を閉じたら もう一度  好きよ もっとやさしく くちびるに想い出 乗せてくれたら I'm a パピヨン 存の恋 まぼろし 夢かしら夢だもの さめないまに ねェ Try Me Again森口博子康珍化小林明子好きよ でもそれだけ すみれ ローズ アネモネ ため息ほら 花になれ いつか きっとその胸 夢かしら夢だもの 瞳を閉じたら ねェ Try Me Again  Wondering あなたの キス振りほどいてみた シャイネス・ガール 魔法みたいな ときめきの花粉をかけた 恋のノウハウなんでも 知っているわ あなた でもなんにも知らない すみれの気持ち  好きよ もっとやさしく くちびるに想い出 乗せてくれたら I'm a パピヨン 春の恋 まぼろし 夢かしら夢だもの さめないまに ねェ Try Me Again  Tendering 悲しい 事なんてなにひとつないのに ある日突然 さびしさが友達だわ ちょっと冷たくされても しぼんでゆく心 らう意地悪しないで すみれの気持ち 好きよ でもそれだけ すみれ ローズ アネモネ ため息ほら 花になれ いつか きっとその胸 夢かしら 夢だもの 瞳を閉じたら もう一度  好きよ もっとやさしく くちびるに想い出 乗せてくれたら I'm a パピヨン 存の恋 まぼろし 夢かしら夢だもの さめないまに ねェ Try Me Again
ずっと涙の場所を探してるあなたが 悪いの わたしが 悪いの 答えは どこなの あしたは どこなの  ねぇ あなたを 車から見かけた 優しく笑っていた  ねぇ きれいな 人と一緒だった 旅行の帰り みたいだった  TAIL LAMP 流れてった KLAXON ひびいていた なんか 壊れてった  FREE WAY にじんでいた ACCELE 確かめた あの人 誰なの トモダチ じゃないね あの人 誰なの 昔の 恋人?  ねぇ 電話の 数が減って来たのも 週末会えないのも  ねぇ 仕事が 忙しいせいだと ずっといいふうに 思ってたの  RAIN DROP はじいていた KLAXON あおっていた みんな 許せなかった  MID NIGHT 煙っていた ACCELE 踏み込んだ あの人 誰なの いつごろ あったの あの人 誰なの いつから だったの  ずっと 泣きたかった でも泣けなかった みんな 忘れたかった  HEAD LIGHT しかっていた ACCELE 踏み込んだ あなたが 悪いの わたしが 悪いの 何にも 見えない 何にも 知らない森口博子白峰美津子本間昭光あなたが 悪いの わたしが 悪いの 答えは どこなの あしたは どこなの  ねぇ あなたを 車から見かけた 優しく笑っていた  ねぇ きれいな 人と一緒だった 旅行の帰り みたいだった  TAIL LAMP 流れてった KLAXON ひびいていた なんか 壊れてった  FREE WAY にじんでいた ACCELE 確かめた あの人 誰なの トモダチ じゃないね あの人 誰なの 昔の 恋人?  ねぇ 電話の 数が減って来たのも 週末会えないのも  ねぇ 仕事が 忙しいせいだと ずっといいふうに 思ってたの  RAIN DROP はじいていた KLAXON あおっていた みんな 許せなかった  MID NIGHT 煙っていた ACCELE 踏み込んだ あの人 誰なの いつごろ あったの あの人 誰なの いつから だったの  ずっと 泣きたかった でも泣けなかった みんな 忘れたかった  HEAD LIGHT しかっていた ACCELE 踏み込んだ あなたが 悪いの わたしが 悪いの 何にも 見えない 何にも 知らない
Seven Daffodilsねぇ… 不思議なほどに 2人でいると 何でも できそうなの なぜ… 昨日の私 退屈な日々 ときめき 忘れていた  小さな頃に聞いた あの Sweet love song あなたの言葉 似ていたの やさしさが…  Seven Daffodils 君にあげられるもの 今の僕には そうさ 何もないけれど 朝露を浴びて咲いている あの 谷間に揺れる 水仙… 君にあげよう… あの歌を  今… あなたに逢えて 素直になれる Chanceが訪れたの そう… 瞳閉じたら やさしくなれる 私が ここにいるわ  オンボロ車 走らせているけど あなたの背中 誰よりも 素敵だわ  Seven Daffodils 首飾りや指輪は 今の僕には そうさ 何もないけれど 水平線に 昇る 朝日だけなら 君に見せてやれるよ… そんなぬくもりを くれる人…  Seven Daffodils 君にあげられるもの 今の僕には そうさ 何もないけれど 朝露を浴びて咲いている あの 谷間に揺れる 水仙… 君にあげよう… あの歌を  Seven Daffodils 首飾りや指輪は 今の僕には そうさ 何もないけれど 水平線に 昇る 朝日だけなら 君に見せてやれるよ… そんなぬくもりを くれる人…森口博子亜伊林中崎英也ねぇ… 不思議なほどに 2人でいると 何でも できそうなの なぜ… 昨日の私 退屈な日々 ときめき 忘れていた  小さな頃に聞いた あの Sweet love song あなたの言葉 似ていたの やさしさが…  Seven Daffodils 君にあげられるもの 今の僕には そうさ 何もないけれど 朝露を浴びて咲いている あの 谷間に揺れる 水仙… 君にあげよう… あの歌を  今… あなたに逢えて 素直になれる Chanceが訪れたの そう… 瞳閉じたら やさしくなれる 私が ここにいるわ  オンボロ車 走らせているけど あなたの背中 誰よりも 素敵だわ  Seven Daffodils 首飾りや指輪は 今の僕には そうさ 何もないけれど 水平線に 昇る 朝日だけなら 君に見せてやれるよ… そんなぬくもりを くれる人…  Seven Daffodils 君にあげられるもの 今の僕には そうさ 何もないけれど 朝露を浴びて咲いている あの 谷間に揺れる 水仙… 君にあげよう… あの歌を  Seven Daffodils 首飾りや指輪は 今の僕には そうさ 何もないけれど 水平線に 昇る 朝日だけなら 君に見せてやれるよ… そんなぬくもりを くれる人…
0の本気長い トンネルを歩いてた 両肩に 捨てた はずの夢背負って  解ったの 臆病なプライドが 言い訳だったこと 頼り続けた過去の 地図を破り捨てろ  ずっとこれだけは あきらめたくない 泣いた分だけの 未来はきっと来る  陽射し 浴びて深呼吸したなら 急がなきゃ シャツに 風をたくわえて  温かい人たちや想い出に 未練はあるけど まだ嘘が下手くそな大人でいたいだけ  なくせないもの それが分ったから もう振り向かない 未来を信じたい  夢を捕まえたいなら 笑っちゃうほど本気で 身軽な心で  ずっとこれだけは あきらめたくない 泣いた分だけの 未来はきっと来る  なくせないもの それが分ったから もう曲げられない 自分を信じたい森口博子中山加奈子宮島律子長い トンネルを歩いてた 両肩に 捨てた はずの夢背負って  解ったの 臆病なプライドが 言い訳だったこと 頼り続けた過去の 地図を破り捨てろ  ずっとこれだけは あきらめたくない 泣いた分だけの 未来はきっと来る  陽射し 浴びて深呼吸したなら 急がなきゃ シャツに 風をたくわえて  温かい人たちや想い出に 未練はあるけど まだ嘘が下手くそな大人でいたいだけ  なくせないもの それが分ったから もう振り向かない 未来を信じたい  夢を捕まえたいなら 笑っちゃうほど本気で 身軽な心で  ずっとこれだけは あきらめたくない 泣いた分だけの 未来はきっと来る  なくせないもの それが分ったから もう曲げられない 自分を信じたい
Z・刻をこえて今は動けない それが運命だけど あきらめはしない もう目覚めたから 燃えるときめきは 時代を写し 色あざやかに 燃えさかる炎  Crying 今は見えなくとも Searching 道しるべは浮かぶ  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  暗い街角 ひらく空から ひどく虚ろに 星がゆれても そこに残った 若さ取り出し Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now  刻(とき)の海 越えて宇宙(そら)の傷口(きず)見れば 人の過ちを 知ることもあるさ 今を見るだけで 悲しむのやめて 光に任せ 飛んでみるもいいさ  Crying 今は見えなくとも Searching 道しるべは浮かぶ  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  肩が触れ合い 言葉なくして 刻(とき)が残した 熱い命を この手のひらで 明日に残そう Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now  Crying 今は見えなくとも Searching 人を変えてゆく  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  乾く唇 濡れているなら 刻(とき)を乗り越え 熱い時代へと 移るだろうと 信じているから Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now森口博子NEIL SEDAKANEIL SEDAKA今は動けない それが運命だけど あきらめはしない もう目覚めたから 燃えるときめきは 時代を写し 色あざやかに 燃えさかる炎  Crying 今は見えなくとも Searching 道しるべは浮かぶ  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  暗い街角 ひらく空から ひどく虚ろに 星がゆれても そこに残った 若さ取り出し Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now  刻(とき)の海 越えて宇宙(そら)の傷口(きず)見れば 人の過ちを 知ることもあるさ 今を見るだけで 悲しむのやめて 光に任せ 飛んでみるもいいさ  Crying 今は見えなくとも Searching 道しるべは浮かぶ  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  肩が触れ合い 言葉なくして 刻(とき)が残した 熱い命を この手のひらで 明日に残そう Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now  Crying 今は見えなくとも Searching 人を変えてゆく  I wanna have a pure time Everyone's a noble mind  乾く唇 濡れているなら 刻(とき)を乗り越え 熱い時代へと 移るだろうと 信じているから Believing a sign of Z(ゼータ) beyond the hard times from now
その胸の中でずっとずっとその胸の中でずっとずっと 愛してゆくよ 見つめかえしてよ すべてがひとつになれる方法(こと)は ないのかとわかってるけれど そばにいてほしいの  はじめて名前を呼んだとき くちびる ふるえた この名前が呼びたかったんだと 心がハッとした  たくさんのものはいらない ふたりだけでいれば 素直にきれいに笑えるから ああ 人込みで 街角で ありのままで  この胸の中でずっとずっと 抱きしめてくよ うけとめてゆくよ 誰にも言えない本当のこと たったひとり話せる人は あなたしかいないの  春一番がふきぬけたと ニュースが伝える またいろんなことがはじまってく でも一緒にいようね  思うまま時は動かない とまどうこともある でもあなたからの電話はああ 鳴る前に「そうだ」ってわかるから  その胸の中でずっとずっと 愛してゆくよ 見つめかえしてよ すべてがひとつになれる方法(こと)は ないのかとわかってるけれど そばにいてほしいの  すべては一度きりだから… だからねえ いとしさがきっと止まらない  この胸の中でずっとずっと 抱きしめてくよ うけとめてゆくよ 誰にも言えない本当のこと たったひとり話せる人は あなたしかいないの森口博子西脇唯西脇唯その胸の中でずっとずっと 愛してゆくよ 見つめかえしてよ すべてがひとつになれる方法(こと)は ないのかとわかってるけれど そばにいてほしいの  はじめて名前を呼んだとき くちびる ふるえた この名前が呼びたかったんだと 心がハッとした  たくさんのものはいらない ふたりだけでいれば 素直にきれいに笑えるから ああ 人込みで 街角で ありのままで  この胸の中でずっとずっと 抱きしめてくよ うけとめてゆくよ 誰にも言えない本当のこと たったひとり話せる人は あなたしかいないの  春一番がふきぬけたと ニュースが伝える またいろんなことがはじまってく でも一緒にいようね  思うまま時は動かない とまどうこともある でもあなたからの電話はああ 鳴る前に「そうだ」ってわかるから  その胸の中でずっとずっと 愛してゆくよ 見つめかえしてよ すべてがひとつになれる方法(こと)は ないのかとわかってるけれど そばにいてほしいの  すべては一度きりだから… だからねえ いとしさがきっと止まらない  この胸の中でずっとずっと 抱きしめてくよ うけとめてゆくよ 誰にも言えない本当のこと たったひとり話せる人は あなたしかいないの
空と雲空と雲の間の風が二人つつむ 永遠に誓いあったね いくつも夜を越えて  悲しみもわかりあえる せつなさも半分づつ 君は預けた夜 空を焦がした  世界でひとつの愛だけ守っていた 二人の世界に言葉ならいらないさ  夜を駆け抜けて行く夢を追い続けた いつか話せるときが きっとくるよね  埋らない時の隙間 君だけに想いをよせ 風と空の上に 夢をたくした  心がひとつに重ねる夜がくる いつでも感じる すぐそばに君がいる  ひとつの愛だけ守っていた 二人の世界に言葉ならいらないさ森口博子根本要根本要空と雲の間の風が二人つつむ 永遠に誓いあったね いくつも夜を越えて  悲しみもわかりあえる せつなさも半分づつ 君は預けた夜 空を焦がした  世界でひとつの愛だけ守っていた 二人の世界に言葉ならいらないさ  夜を駆け抜けて行く夢を追い続けた いつか話せるときが きっとくるよね  埋らない時の隙間 君だけに想いをよせ 風と空の上に 夢をたくした  心がひとつに重ねる夜がくる いつでも感じる すぐそばに君がいる  ひとつの愛だけ守っていた 二人の世界に言葉ならいらないさ
宇宙の彼方で宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…  鋼の鎧に 身を包んだら 心が悲劇を 纏ってしまった 平和の願いは もう聞こえない 瓦礫が崩れる 音に消されて  動き始めた 歴史の歯車 向かう先には 絶望しかない みんな知っているのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 人は愚かに 生きては死ぬの だけど愛しい 命のために せめて朝まで 祈りましょうか  兵士が流した 血は乾かずに 幼い涙を 朱に染めるでしょう 正義と名付けた 欲望の下(もと) 憎しみだけが 連鎖してゆく  死神が待つ 時空の荒野で 最後に“愛”の 強さを知るのね みんな持っていたのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる その屍が 道になるまで 明日生まれる 命のために 次の未来を 祈りましょうか  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…森口博子森雪之丞服部隆之宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…  鋼の鎧に 身を包んだら 心が悲劇を 纏ってしまった 平和の願いは もう聞こえない 瓦礫が崩れる 音に消されて  動き始めた 歴史の歯車 向かう先には 絶望しかない みんな知っているのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 人は愚かに 生きては死ぬの だけど愛しい 命のために せめて朝まで 祈りましょうか  兵士が流した 血は乾かずに 幼い涙を 朱に染めるでしょう 正義と名付けた 欲望の下(もと) 憎しみだけが 連鎖してゆく  死神が待つ 時空の荒野で 最後に“愛”の 強さを知るのね みんな持っていたのに なぜ?なぜ?なぜ?  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる その屍が 道になるまで 明日生まれる 命のために 次の未来を 祈りましょうか  宇宙(そら)の彼方(かなた)で 争いが始まる 星が静かに 瞬くように…
それでも、生きる夜が明けてゆく 痛みも癒えるわ そう描き続けて 居場所を捜す  突然の暗闇で すべてかき乱れても 恐れずに息ととのえ 祈り込め 光 目指すわ  あなたと生きるって 心に決めた あの日は戻らない 何の為に奪うの あなたが生きる意味 私にくれた すべて失っても 夢は 手放さない  求め続けた 安らぎがあった あの手の温もり 二度と忘れない  愛しさも憎しみも 背中合わせの地球(ほし)で 人は生命(いのち) 輝かす 魂めぐり 時代(とき)紡ぐの  あなたと生きるって 心に決めた あの日が滲んでゆく ちぎれる鼓動抱きしめ あなたが生きる意味 私にくれた 本当の愛 知って 生まれてきてよかったと  心の傷ふさぐのは思い出なんかじゃない ここにいる自分の中に 未来(あした)があるから  あなたと生きるって 心に決めた あの日は戻らない 何の為に奪うの あなたが生きる意味 私にくれた さよなら受け止め 今 涙 力に変えて森口博子森口博子鮎澤貴秀夜が明けてゆく 痛みも癒えるわ そう描き続けて 居場所を捜す  突然の暗闇で すべてかき乱れても 恐れずに息ととのえ 祈り込め 光 目指すわ  あなたと生きるって 心に決めた あの日は戻らない 何の為に奪うの あなたが生きる意味 私にくれた すべて失っても 夢は 手放さない  求め続けた 安らぎがあった あの手の温もり 二度と忘れない  愛しさも憎しみも 背中合わせの地球(ほし)で 人は生命(いのち) 輝かす 魂めぐり 時代(とき)紡ぐの  あなたと生きるって 心に決めた あの日が滲んでゆく ちぎれる鼓動抱きしめ あなたが生きる意味 私にくれた 本当の愛 知って 生まれてきてよかったと  心の傷ふさぐのは思い出なんかじゃない ここにいる自分の中に 未来(あした)があるから  あなたと生きるって 心に決めた あの日は戻らない 何の為に奪うの あなたが生きる意味 私にくれた さよなら受け止め 今 涙 力に変えて
ターコイズブルーが揺れても晴れた日曜 洗いたてのシーツを広げたあと ベランダの隅 ほこりだらけのイヤリング 拾いあげた  突然あなたの顔 フラッシュバックする もう遠い 昔の恋 誕生日のプレゼント  捨ててしまった片方 もう二度と出てこない 手の中にもどっても おそい 恋はいつもあとから きれいに輝くもの 今日の青空と同じ色の Turquoise Blue  いいことばかり おぼえていない 恋も やさしくなる 今ならもっと あなたのことを わかってあげられるね  大好きだった気持ちは どこへ消えるんだろう 年ひとつ 重ねるたび Coolになる気がする  捨ててしまえる勇気を どこかに持っていたい 「サヨナラ」を超えてゆくために ちょっとつらい笑顔で ポケットにそっとしまう こぼれ落ちるようにキラリ揺れた Turquoise Blue  あんなに捜したのに こんなにそばにあった そんなものかも知れない みんな 恋はいつもあとから やさしく輝くもの 今日の青空と同じ色の Turquoise Blue森口博子西脇唯西脇唯晴れた日曜 洗いたてのシーツを広げたあと ベランダの隅 ほこりだらけのイヤリング 拾いあげた  突然あなたの顔 フラッシュバックする もう遠い 昔の恋 誕生日のプレゼント  捨ててしまった片方 もう二度と出てこない 手の中にもどっても おそい 恋はいつもあとから きれいに輝くもの 今日の青空と同じ色の Turquoise Blue  いいことばかり おぼえていない 恋も やさしくなる 今ならもっと あなたのことを わかってあげられるね  大好きだった気持ちは どこへ消えるんだろう 年ひとつ 重ねるたび Coolになる気がする  捨ててしまえる勇気を どこかに持っていたい 「サヨナラ」を超えてゆくために ちょっとつらい笑顔で ポケットにそっとしまう こぼれ落ちるようにキラリ揺れた Turquoise Blue  あんなに捜したのに こんなにそばにあった そんなものかも知れない みんな 恋はいつもあとから やさしく輝くもの 今日の青空と同じ色の Turquoise Blue
だぁーい好きだからね。どうしてあなたなんだろう? どうして出逢ったんだろう? 毎日ありがたい謎に包まれて 理屈なんてどうでもいい 電話の声聴くだけで Umーもう 呼吸が深くなる 過去の恋愛に嫉妬するのも バカらしいくらいのしあわせ むしろ昔の恋人(カノジョ)達にも感謝 すべての出来事で 今のふたり  だぁーい好きだからね やばいくらい だぁーい好きだからね 笑っちゃうくらい だぁーい好きだからね 変になるほど だぁーい好きだからね 泣きたいほど  いつでもあなた感じてる いつでも愛があふれてる ここまで信頼できるって珍しい 歴史育んで浅いのに 抱きしめられただけで そりゃあもう 宇宙な気分よ 眉毛書いてないスッピンが 好きって言ってくれるとこも好き とても穏やかなのに少年のぞかせる その無防備なとこ くすぐられる  だぁーい好きだからね たまんないくらい だぁーい好きだからね とろけるくらい だぁーい好きだからね 壊れるほど だぁーい好きだからね 切ないほど  だぁーい好きだからね やばいくらい だぁーい好きだからね 笑っちゃうくらい だぁーい好きだからね 変になるほど だぁーい好きだからね 泣きたいほど森口博子森口博子森口博子どうしてあなたなんだろう? どうして出逢ったんだろう? 毎日ありがたい謎に包まれて 理屈なんてどうでもいい 電話の声聴くだけで Umーもう 呼吸が深くなる 過去の恋愛に嫉妬するのも バカらしいくらいのしあわせ むしろ昔の恋人(カノジョ)達にも感謝 すべての出来事で 今のふたり  だぁーい好きだからね やばいくらい だぁーい好きだからね 笑っちゃうくらい だぁーい好きだからね 変になるほど だぁーい好きだからね 泣きたいほど  いつでもあなた感じてる いつでも愛があふれてる ここまで信頼できるって珍しい 歴史育んで浅いのに 抱きしめられただけで そりゃあもう 宇宙な気分よ 眉毛書いてないスッピンが 好きって言ってくれるとこも好き とても穏やかなのに少年のぞかせる その無防備なとこ くすぐられる  だぁーい好きだからね たまんないくらい だぁーい好きだからね とろけるくらい だぁーい好きだからね 壊れるほど だぁーい好きだからね 切ないほど  だぁーい好きだからね やばいくらい だぁーい好きだからね 笑っちゃうくらい だぁーい好きだからね 変になるほど だぁーい好きだからね 泣きたいほど
だからここにいるんだねアナウンスが響いてドアがあく 聞き慣れた駅の名を瞳がなぞる 今日はどんなことが楽しかったの?そしてどんなことがせつなかったの?  約束へつづく舗道へと 少しずつ走りながら笑顔になる  ずっとあなたを愛していたい 出会えたときの「驚き」うれしかった この街は悲しみだけじゃないことを教えてくれる だからここにいるんだね  なりたかったものを書いた作文 今は誰も知らない遠い木の下 選んだすべてに胸はりながら 生きてゆけるといいね 明日の風に  いいことがあるといつもより 早口になるあなたを見つめながら  ずっととなりを歩いていたい おだやかな日も心が晴れない日も この街でかなえたいことあきらめないでいる気持ち たどりつける場所がある  切符も地図もない旅を 二人歩きはじめている どこにたどりついてもきっと これでよかったと思う  ずっとあなたを愛していたい 出会えたときの「驚き」うれしかった この街は悲しみだけじゃないことを教えてくれる だからここにいるんだね  ずっと愛していたい ずっと歩いていたい ずっと愛していたい ずっと歩いていたい森口博子西脇唯西脇唯アナウンスが響いてドアがあく 聞き慣れた駅の名を瞳がなぞる 今日はどんなことが楽しかったの?そしてどんなことがせつなかったの?  約束へつづく舗道へと 少しずつ走りながら笑顔になる  ずっとあなたを愛していたい 出会えたときの「驚き」うれしかった この街は悲しみだけじゃないことを教えてくれる だからここにいるんだね  なりたかったものを書いた作文 今は誰も知らない遠い木の下 選んだすべてに胸はりながら 生きてゆけるといいね 明日の風に  いいことがあるといつもより 早口になるあなたを見つめながら  ずっととなりを歩いていたい おだやかな日も心が晴れない日も この街でかなえたいことあきらめないでいる気持ち たどりつける場所がある  切符も地図もない旅を 二人歩きはじめている どこにたどりついてもきっと これでよかったと思う  ずっとあなたを愛していたい 出会えたときの「驚き」うれしかった この街は悲しみだけじゃないことを教えてくれる だからここにいるんだね  ずっと愛していたい ずっと歩いていたい ずっと愛していたい ずっと歩いていたい
月の繭山の端 月は満ち 息づくあなたの森 夏草浴びて眠る 愛(いと)おしい 横顔 おぼろな この星 大地に 銀の涙 繭(まゆ)たる蛹(さなぎ)たちは 七(なな)たび身をかえる  青にLaLaLu LaLaLu染まる 恋し繭玉(まゆだま) 揚羽(あげは)の蝶になる  やがて宇宙(そら)をつつむ 無限の翅模様(はねもよう) いのち輝かせよ  あの月 あなたなら 悲しみを写さずに 世の揺らぎ見つめて 嘆かずに飛んでみる  風にLaLaLu LaLaLu唄え 翅(はね)に月うつし 揚羽(あげは)の蝶になる  揺らぐ夜に生まれ 銀河をわたる蝶よ いのち輝かせよ  青にLaLaLu LaLaLu染まる 恋し繭玉(まゆだま) 揚羽(あげは)の蝶になる  やがて宇宙(そら)をつつむ 無限の翅模様(はねもよう) いのち輝かせよ森口博子井荻麟菅野よう子山の端 月は満ち 息づくあなたの森 夏草浴びて眠る 愛(いと)おしい 横顔 おぼろな この星 大地に 銀の涙 繭(まゆ)たる蛹(さなぎ)たちは 七(なな)たび身をかえる  青にLaLaLu LaLaLu染まる 恋し繭玉(まゆだま) 揚羽(あげは)の蝶になる  やがて宇宙(そら)をつつむ 無限の翅模様(はねもよう) いのち輝かせよ  あの月 あなたなら 悲しみを写さずに 世の揺らぎ見つめて 嘆かずに飛んでみる  風にLaLaLu LaLaLu唄え 翅(はね)に月うつし 揚羽(あげは)の蝶になる  揺らぐ夜に生まれ 銀河をわたる蝶よ いのち輝かせよ  青にLaLaLu LaLaLu染まる 恋し繭玉(まゆだま) 揚羽(あげは)の蝶になる  やがて宇宙(そら)をつつむ 無限の翅模様(はねもよう) いのち輝かせよ
出逢ってくれて ありがとう出逢ってくれて ありがとう あなたの幸せ願うよ  もうダメかと思っても その笑顔で強くなれた 大切なのは 夢信じる事 あたり前の難しさからも 逃げないよ  出逢ってくれて ありがとう ここにいられて とても幸せ 愛をくれて ありがとう この想いどう伝えれば… あなたの幸せ願うよ  一緒に口ずさんできた メロディーは 明日へ向かう 離れていたとしても 繋がる心 そばにいると 涙溢れるほど 温かい  出逢ってくれて ありがとう ここにいられる 奇跡嬉しい 愛をくれて ありがとう どんな日も忘れない あなたの幸せ歌うよ  出逢ってくれて ありがとう ここにいられて とても幸せ 愛をくれて ありがとう この想いどう伝えれば… あなたの幸せ願うよ  歌うよ 願うよ 歌うよ…森口博子森口博子森口博子・信保陽子出逢ってくれて ありがとう あなたの幸せ願うよ  もうダメかと思っても その笑顔で強くなれた 大切なのは 夢信じる事 あたり前の難しさからも 逃げないよ  出逢ってくれて ありがとう ここにいられて とても幸せ 愛をくれて ありがとう この想いどう伝えれば… あなたの幸せ願うよ  一緒に口ずさんできた メロディーは 明日へ向かう 離れていたとしても 繋がる心 そばにいると 涙溢れるほど 温かい  出逢ってくれて ありがとう ここにいられる 奇跡嬉しい 愛をくれて ありがとう どんな日も忘れない あなたの幸せ歌うよ  出逢ってくれて ありがとう ここにいられて とても幸せ 愛をくれて ありがとう この想いどう伝えれば… あなたの幸せ願うよ  歌うよ 願うよ 歌うよ…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Day by Day...きっと人にはみんな 運命があると 誰かが言うのよ 不思議な声で 小鳥を包(つつ)む 手のひらのように 優しくなりたい 明日(あした)はもっと  少し前まで 天使だったみたい あなた守るため 生まれてきたの  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと  月の光に 傷痕が透けて 窓辺のあなたが 迷子に見える 凍えた孤独 温めるために 恋した胸には 微熱があるの  抱いた背中が 微かに震えた 何も言わないで 朝が来るから  Day by Day ときめくたび 愛が夢が One by One 未来という絵に溶ける もしも涙が どこかで待ってても 選んだ運命 後悔しないでしょう …きっと  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと森口博子森雪之丞服部隆之人にはみんな 運命があると 誰かが言うのよ 不思議な声で 小鳥を包(つつ)む 手のひらのように 優しくなりたい 明日(あした)はもっと  少し前まで 天使だったみたい あなた守るため 生まれてきたの  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと  月の光に 傷痕が透けて 窓辺のあなたが 迷子に見える 凍えた孤独 温めるために 恋した胸には 微熱があるの  抱いた背中が 微かに震えた 何も言わないで 朝が来るから  Day by Day ときめくたび 愛が夢が One by One 未来という絵に溶ける もしも涙が どこかで待ってても 選んだ運命 後悔しないでしょう …きっと  Day by Day 微笑むたび 愛が夢が One by One 運命をひとつにする 謎が心に 結んだ途惑いは 時の指先が 解(ほど)いてくれるでしょう …きっと
Tomorrow Girl無数の星のまばたき あなたも見上げてるかしら 離れていても好きだわ せつなさだけの恋じゃない  いろんな涙知ってる 瞳はそうよ かがやくの  いつも 新しい私で あしたをかけてゆきたい 今度 逢える日曜はいっしょに靴を置おうよ My Boy 今日は ちがう街角 歩いている二人でも いつか かかえきれない 思い出たちが笑うよ My Boy  気持ちをはずませるのは あなたがくれるJoke & Promise 真夜中すぎの電話は とても近くに感じるね  いくつになってもイイじゃない 夢は無限のときめき  いつも 次にやってくる季節を見つめていたい 恋を Powerに変えて 空にむかって深呼吸! My Heart ずっと 同じ寂しさ 感じあえる二人なら きっと 同じ瞳で あきらめないでいられる My Heart  いつも 新しい私で あしたをかけてゆきたい ちょっと がんばりすぎたら 笑って胸をかしてね My Boy いつも 次にやってくる季節を見つめていたい 恋を Powerに変えて 空にむかって深呼吸! My Heart森口博子西脇唯西脇唯・緒里原洋子無数の星のまばたき あなたも見上げてるかしら 離れていても好きだわ せつなさだけの恋じゃない  いろんな涙知ってる 瞳はそうよ かがやくの  いつも 新しい私で あしたをかけてゆきたい 今度 逢える日曜はいっしょに靴を置おうよ My Boy 今日は ちがう街角 歩いている二人でも いつか かかえきれない 思い出たちが笑うよ My Boy  気持ちをはずませるのは あなたがくれるJoke & Promise 真夜中すぎの電話は とても近くに感じるね  いくつになってもイイじゃない 夢は無限のときめき  いつも 次にやってくる季節を見つめていたい 恋を Powerに変えて 空にむかって深呼吸! My Heart ずっと 同じ寂しさ 感じあえる二人なら きっと 同じ瞳で あきらめないでいられる My Heart  いつも 新しい私で あしたをかけてゆきたい ちょっと がんばりすぎたら 笑って胸をかしてね My Boy いつも 次にやってくる季節を見つめていたい 恋を Powerに変えて 空にむかって深呼吸! My Heart
遠くから見ていて坂の途中で ひとりふりむく 誰もいないのに 陽だまりの中 悩みも知らず 生きていたあの日  ねぇ ひとはいつも何か 失くした時に ありのままの自分に 気づくの ねぇ 今はいないあなた 聴こえるかしら 私らしく生きてゆくと 約束するから あなたはいつまでも 見ていてね 遠くから 見ていてね  耐えきれなくて 泣いた窓にも 次の春が来る 裸の枝に 見つけた若葉 風に負けないで ねぇ くじけそうな時は 昔のように 少し強く叱ってよ あなた ねぇ 道の向う何が 待ちうけてても 駆けてゆけた頃のように 元気な私に 戻ってみせるから 見ていてね 遠くから 見ていてね  ねぇ ひとはいつも何か 失くした時に ありのままの自分に 気づくの ねぇ 今はいないあなた 聴こえるかしら 私らしく生きてゆくと 約束するから あなたはいつまでも 見ていてね 遠くから 見ていてね森口博子竜真知子芹澤廣明坂の途中で ひとりふりむく 誰もいないのに 陽だまりの中 悩みも知らず 生きていたあの日  ねぇ ひとはいつも何か 失くした時に ありのままの自分に 気づくの ねぇ 今はいないあなた 聴こえるかしら 私らしく生きてゆくと 約束するから あなたはいつまでも 見ていてね 遠くから 見ていてね  耐えきれなくて 泣いた窓にも 次の春が来る 裸の枝に 見つけた若葉 風に負けないで ねぇ くじけそうな時は 昔のように 少し強く叱ってよ あなた ねぇ 道の向う何が 待ちうけてても 駆けてゆけた頃のように 元気な私に 戻ってみせるから 見ていてね 遠くから 見ていてね  ねぇ ひとはいつも何か 失くした時に ありのままの自分に 気づくの ねぇ 今はいないあなた 聴こえるかしら 私らしく生きてゆくと 約束するから あなたはいつまでも 見ていてね 遠くから 見ていてね
翔べ!ガンダムも、え、あ、が、れ、 もえあがれ 燃え上がれ ガンダム 君よ 走れ まだ 怒りに燃える 闘志があるなら 巨大な敵を 討てよ 討てよ 討てよ 正義の怒りを ぶつけろ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム  た、ち、あ、が、れ、 たちあがれ 立ち上がれ ガンダム 君よ 叫べ まだ 絶望に沈む 悲しみあるなら 恐怖をはらって 行けよ 行けよ 行けよ うず巻く血潮を 燃やせ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム  よ、み、が、え、る、 よみがえる 甦える ガンダム 君よ 掴め まだ 愛にふるえる 心があるなら 平和を求めて 翔べよ 翔べよ 翔べよ 銀河へ向って 翔べよ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム森口博子井荻麟渡辺岳夫も、え、あ、が、れ、 もえあがれ 燃え上がれ ガンダム 君よ 走れ まだ 怒りに燃える 闘志があるなら 巨大な敵を 討てよ 討てよ 討てよ 正義の怒りを ぶつけろ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム  た、ち、あ、が、れ、 たちあがれ 立ち上がれ ガンダム 君よ 叫べ まだ 絶望に沈む 悲しみあるなら 恐怖をはらって 行けよ 行けよ 行けよ うず巻く血潮を 燃やせ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム  よ、み、が、え、る、 よみがえる 甦える ガンダム 君よ 掴め まだ 愛にふるえる 心があるなら 平和を求めて 翔べよ 翔べよ 翔べよ 銀河へ向って 翔べよ ガンダム 機動戦士 ガンダム ガンダム
鳥籠の少年最果てに見た 青い星は 光のない 彷徨い人よ 何も知らず 愛を求めてる その力の先に待つ未来へと  たとえ一人になっても 声が届かなくても あなたの儚い想い 胸の中感じているから  砂漠にそっと咲いた花の 負けない強さ 心を閉じ込める 鳥籠を壊していくわ 戸惑いながら広げてく 孤独な翼 愛して失くしても 翔べるわきっと  さえずりさえも 聞こえなくて 分かり合えば 争う心 もがきながら 時が流れてく 人の波に 取り残されようとも  今は答えがなくても 誰か救えるのなら あなたの目覚める瞳 迷わずに見つめあえるから  闇夜を照らす月明かり 浮かんだ雫 影を切り裂いてく 夜明け望んだ願い 傷つき触れる両手には 未来の鼓動 空に響き渡る 届くわもっと  砂漠にそっと咲いた花の 負けない強さ 心を閉じ込める 鳥籠を壊していくわ 戸惑いながら広げてく 孤独な翼 光が閉ざされて 涙がこぼれても 愛して失くしても 翔べるわきっと森口博子ryoMasayoshi kawabata最果てに見た 青い星は 光のない 彷徨い人よ 何も知らず 愛を求めてる その力の先に待つ未来へと  たとえ一人になっても 声が届かなくても あなたの儚い想い 胸の中感じているから  砂漠にそっと咲いた花の 負けない強さ 心を閉じ込める 鳥籠を壊していくわ 戸惑いながら広げてく 孤独な翼 愛して失くしても 翔べるわきっと  さえずりさえも 聞こえなくて 分かり合えば 争う心 もがきながら 時が流れてく 人の波に 取り残されようとも  今は答えがなくても 誰か救えるのなら あなたの目覚める瞳 迷わずに見つめあえるから  闇夜を照らす月明かり 浮かんだ雫 影を切り裂いてく 夜明け望んだ願い 傷つき触れる両手には 未来の鼓動 空に響き渡る 届くわもっと  砂漠にそっと咲いた花の 負けない強さ 心を閉じ込める 鳥籠を壊していくわ 戸惑いながら広げてく 孤独な翼 光が閉ざされて 涙がこぼれても 愛して失くしても 翔べるわきっと
何処かで…何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに求めあった 二人のことを  車の流れがとぎれない街を テーブルに肘をついて ずっと見ている  歩道橋まで歩かずに二人 あの頃は指をからめ タクシーを見送ってた  真夜中のファミレス 今は違う人を待ち 幸せを感じているけど  何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに無邪気な恋 なかなかないよ  恋と夢とがすれ違う夜に 心まですれ違って そして別れた  今は 幼くわがままな恋を 振り向いて照れるような 微笑みもこぼれるけど  しばらくは涙で 何も見えず生きていた 留守電を何度も聞いたよ  夢見た あなたが夢見た 未来(あした)になっているかな はるかな空の下で 応援してる  何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに激しい恋 なかなかないよ森口博子工藤哲雄宮島律子何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに求めあった 二人のことを  車の流れがとぎれない街を テーブルに肘をついて ずっと見ている  歩道橋まで歩かずに二人 あの頃は指をからめ タクシーを見送ってた  真夜中のファミレス 今は違う人を待ち 幸せを感じているけど  何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに無邪気な恋 なかなかないよ  恋と夢とがすれ違う夜に 心まですれ違って そして別れた  今は 幼くわがままな恋を 振り向いて照れるような 微笑みもこぼれるけど  しばらくは涙で 何も見えず生きていた 留守電を何度も聞いたよ  夢見た あなたが夢見た 未来(あした)になっているかな はるかな空の下で 応援してる  何処かで あなたも何処かで 思い出すことがあるかな あんなに激しい恋 なかなかないよ
DREAMS忘れかけた夢が今動き出す 胸の隙間 少しずつ埋めるように  凍り付いた記憶が目覚める瞬間 始まる未来だけをいま願う  いつか見たあの夢を 両手で抱きしめて 離さずあきらめずに 信じ続けたい いつか見たあの夢を この手に掴むまで 想いを忘れないで 追い続けて行きたいから  人の波に挫けそうな時にも 忘れないで 一人きりじゃないこと  温めた手のひらに残された夢を いつか光に変える日の為に  いつの日もこの胸に 想いを抱きしめて 輝く時の中で守り続けたい いつか見たあの夢に たどり着く時まで この手を離さないで 追い続けて行きたいから  凍り付いた記憶が目覚める瞬間 始まる未来だけをいま願う  いつか見たあの夢を 両手で抱きしめて 離さずあきらめずに 信じ続けたい いつの日もこの胸に 想いを抱きしめて 輝く時の中で守り続けたい いつか見たあの夢に たどり着く時まで この手を離さないで 追い続けて行きたいから森口博子ジョーリノイエ・下村依子ジョーリノイエ忘れかけた夢が今動き出す 胸の隙間 少しずつ埋めるように  凍り付いた記憶が目覚める瞬間 始まる未来だけをいま願う  いつか見たあの夢を 両手で抱きしめて 離さずあきらめずに 信じ続けたい いつか見たあの夢を この手に掴むまで 想いを忘れないで 追い続けて行きたいから  人の波に挫けそうな時にも 忘れないで 一人きりじゃないこと  温めた手のひらに残された夢を いつか光に変える日の為に  いつの日もこの胸に 想いを抱きしめて 輝く時の中で守り続けたい いつか見たあの夢に たどり着く時まで この手を離さないで 追い続けて行きたいから  凍り付いた記憶が目覚める瞬間 始まる未来だけをいま願う  いつか見たあの夢を 両手で抱きしめて 離さずあきらめずに 信じ続けたい いつの日もこの胸に 想いを抱きしめて 輝く時の中で守り続けたい いつか見たあの夢に たどり着く時まで この手を離さないで 追い続けて行きたいから
どんなときも どんなときでも何かを伝えたい その気持ちは止まらない 昨日の雨 蹴散らして 風は舗道(みち)を走るよ  残酷なことも やさしいことも住む街で 強くなってゆくことは 誰かを守れること  あなたがいて それがうれしくて また明日と笑って 安心して眠って どんなときも どんなときでも まっさきに届いてゆく そんな愛でいたいよ  手帳も電話も 何も持たずに会いにゆく この両手は 「抱きしめる」 そのためだけ あればいい  まちがったり 後悔をしたり 他愛ないことですぐ 心すごく痛めたり だけどいつも だけどいつでも まっさきにわかっている そんな愛でいたいよ  時々星が見えるから 時々それはきれいだから そんなことでがんばったり 泣くのをやめたり  あなたがいて それがうれしくて また明日と笑って 安心して眠って どんなときも どんなときでも まっさきに届いてゆく そんな愛でいたいよ森口博子西脇唯西脇唯何かを伝えたい その気持ちは止まらない 昨日の雨 蹴散らして 風は舗道(みち)を走るよ  残酷なことも やさしいことも住む街で 強くなってゆくことは 誰かを守れること  あなたがいて それがうれしくて また明日と笑って 安心して眠って どんなときも どんなときでも まっさきに届いてゆく そんな愛でいたいよ  手帳も電話も 何も持たずに会いにゆく この両手は 「抱きしめる」 そのためだけ あればいい  まちがったり 後悔をしたり 他愛ないことですぐ 心すごく痛めたり だけどいつも だけどいつでも まっさきにわかっている そんな愛でいたいよ  時々星が見えるから 時々それはきれいだから そんなことでがんばったり 泣くのをやめたり  あなたがいて それがうれしくて また明日と笑って 安心して眠って どんなときも どんなときでも まっさきに届いてゆく そんな愛でいたいよ
Naturally~愛にかえる日~“君らしさ 信じていればいいさ…” 足もとに咲く花の輝きに 立ち止まる午後  こんなにも 大事だと気が付くの 変わらない優しさをくれていた あなたのことを  あの微笑みに帰いたい 何も言わずに この心 包んでくれる あの微笑みに帰りたい 緑の中で 見つけたの ほんとの愛を  誰よりも高く飛べば 幸せ掴める気がしていた もう それは昨日の私  この微笑みを届けたい 心の大地 駆け抜ける あたたかい風 この微笑みを届けたい 愛さえあれば できること きっとあるはず  忙しい毎日に 流されそうなとき 思い出してみて 風にそよぐ緑を  この微笑みを忘れない 素敵なことを ステキだと思える気待ち この微笑みを忘れない 素顔の勇気 育てよう あなたのそばで森口博子藤光康知恵・補作詞:岩切修子住吉中“君らしさ 信じていればいいさ…” 足もとに咲く花の輝きに 立ち止まる午後  こんなにも 大事だと気が付くの 変わらない優しさをくれていた あなたのことを  あの微笑みに帰いたい 何も言わずに この心 包んでくれる あの微笑みに帰りたい 緑の中で 見つけたの ほんとの愛を  誰よりも高く飛べば 幸せ掴める気がしていた もう それは昨日の私  この微笑みを届けたい 心の大地 駆け抜ける あたたかい風 この微笑みを届けたい 愛さえあれば できること きっとあるはず  忙しい毎日に 流されそうなとき 思い出してみて 風にそよぐ緑を  この微笑みを忘れない 素敵なことを ステキだと思える気待ち この微笑みを忘れない 素顔の勇気 育てよう あなたのそばで
涙の雫で愛は生まれた闇の中で ようやく見える 淡い光なの きっと 同じ色ね 心にあるダイヤモンド 引かれあうように 輝く  いつだって 違う人 恋しては 傷ついて  涙の雫で 愛は生まれた だから悔やまないわ 昨日を 夢のままの夢 迷い子の日々 すべてに 意味があった あなたと 逢えたから  見つめたまま 短いキスで 唇にかける 魔法 氷だった 言葉が溶けて まず何を言うの? あなたは  祝福の 花のよう 星屑が 降ってくる  涙の雫で 愛は生まれた 痛みが優しさを 育てて あなたを愛せる 私がいるわ すべてに 理由(わけ)があった 二人が 逢えたから  指 重ねたら ほら 扉(ドア)がある 目に 見えないけど そう ひとりきりじゃ 行かれない 未来がそこにあるの  涙の雫で 愛は生まれた だから悔やまないわ 昨日を 夢のままの夢 迷い子の日々 すべてに 意味があった あなたと 逢えたから森口博子森雪之丞井上ヨシマサ闇の中で ようやく見える 淡い光なの きっと 同じ色ね 心にあるダイヤモンド 引かれあうように 輝く  いつだって 違う人 恋しては 傷ついて  涙の雫で 愛は生まれた だから悔やまないわ 昨日を 夢のままの夢 迷い子の日々 すべてに 意味があった あなたと 逢えたから  見つめたまま 短いキスで 唇にかける 魔法 氷だった 言葉が溶けて まず何を言うの? あなたは  祝福の 花のよう 星屑が 降ってくる  涙の雫で 愛は生まれた 痛みが優しさを 育てて あなたを愛せる 私がいるわ すべてに 理由(わけ)があった 二人が 逢えたから  指 重ねたら ほら 扉(ドア)がある 目に 見えないけど そう ひとりきりじゃ 行かれない 未来がそこにあるの  涙の雫で 愛は生まれた だから悔やまないわ 昨日を 夢のままの夢 迷い子の日々 すべてに 意味があった あなたと 逢えたから
虹の日ひとつの傘の中 ふたりきりになれた午後が 最後でした  遠くの大学に 進む彼を 責められずに 黙り込んだ 18才(じゅうはち)  恋人じゃなく 友達のまま いとしさを 育てた恋  今も憶えていますか ふたり 見た空を 傘をたたんだ せつなさ 胸に閉じ込めた 虹の日  あれから しばらくは 好きなひとが出来なかった 私なのに 22才(にじゅうに)  愛することは 傷つくことと なげやりに 思えた冬  ずっと忘れていました ひとはステキだと 雨が上がった舗道で 心 晴れてゆく 虹の日  Rainbow Sky 憶えていますか あんな はかないものが 澄んだ勇気をくれたの 今はひとりの 虹の日森口博子戸沢暢美上田知華ひとつの傘の中 ふたりきりになれた午後が 最後でした  遠くの大学に 進む彼を 責められずに 黙り込んだ 18才(じゅうはち)  恋人じゃなく 友達のまま いとしさを 育てた恋  今も憶えていますか ふたり 見た空を 傘をたたんだ せつなさ 胸に閉じ込めた 虹の日  あれから しばらくは 好きなひとが出来なかった 私なのに 22才(にじゅうに)  愛することは 傷つくことと なげやりに 思えた冬  ずっと忘れていました ひとはステキだと 雨が上がった舗道で 心 晴れてゆく 虹の日  Rainbow Sky 憶えていますか あんな はかないものが 澄んだ勇気をくれたの 今はひとりの 虹の日
日曜のパジャマ窓辺に 朝の光が はじけて 呼んでるのに 約束 忘れてあなた まだまだ 夢の中なのね  初めて 出会った頃は マメだと 思ったのに この頃 だいぶ手抜きよ デイトも おあずけなの  1人きリ 放っておいたら 私も さっき滝れたコーヒーのように 冷めちゃうヮ  Say I love you 確かめたいの 心ごと 抱きしめていてよ Cause I love you トボけて あなた 今日も きっと パジャマのままね  寝顔ながめ イライラ Sunday morning 始まっているの  いつでも おはようのキス 歯みがき 済ませてから 不思議よ そんなとこだけ ねぇ なぜ 変わらないの?  ちょっとスネて 困らせたいわ あなたを 腕の中 優しい声で 叱って∃  Say I love you 信じさせてよ 真直ぐに見つめてほしいの Cause I love you 女のコなら ときどきは ときめきたいわ  ルージュひいて ため息 Sunday morning  飾らない生き方が 大好きだけど 会いたくて 待っている 切ない気持ちもわかって  Say I love you 確かめたいの 心ごと 抱きしめていてよ Cause I love you 油断してたら 他の男性 余所見するかも  爪をかんで イライラ Sunday morning つかまえていてよ森口博子柚木美祐立花瞳窓辺に 朝の光が はじけて 呼んでるのに 約束 忘れてあなた まだまだ 夢の中なのね  初めて 出会った頃は マメだと 思ったのに この頃 だいぶ手抜きよ デイトも おあずけなの  1人きリ 放っておいたら 私も さっき滝れたコーヒーのように 冷めちゃうヮ  Say I love you 確かめたいの 心ごと 抱きしめていてよ Cause I love you トボけて あなた 今日も きっと パジャマのままね  寝顔ながめ イライラ Sunday morning 始まっているの  いつでも おはようのキス 歯みがき 済ませてから 不思議よ そんなとこだけ ねぇ なぜ 変わらないの?  ちょっとスネて 困らせたいわ あなたを 腕の中 優しい声で 叱って∃  Say I love you 信じさせてよ 真直ぐに見つめてほしいの Cause I love you 女のコなら ときどきは ときめきたいわ  ルージュひいて ため息 Sunday morning  飾らない生き方が 大好きだけど 会いたくて 待っている 切ない気持ちもわかって  Say I love you 確かめたいの 心ごと 抱きしめていてよ Cause I love you 油断してたら 他の男性 余所見するかも  爪をかんで イライラ Sunday morning つかまえていてよ
猫になる日少しがんばりすぎたから 日曜日は休むよ 化粧もしないでぼんやり お日様の下でねよう 風が吹いたり止んだりが楽しくて気持ちいい  春風にだっこされて いい夢を見よう なにもしなくていい日は 私 猫になる  泣きたい時でも 愛きょう振る舞うのに疲れたら 誰にも見せたことのない 大きなあくびをしよう 日差しがほほをつたうたび 私を取り戻せる  心ごと日向ぼっこ 涙は空になり なにも縛られない日は 私 猫になる  明日がきたら休日の猫は また化粧して がんばるからね  春風にだっこされて いい夢を見よう なにもしなくていい日は 私 猫になる  なにもしなくていい日は 私 猫になる森口博子大城光恵大城光恵少しがんばりすぎたから 日曜日は休むよ 化粧もしないでぼんやり お日様の下でねよう 風が吹いたり止んだりが楽しくて気持ちいい  春風にだっこされて いい夢を見よう なにもしなくていい日は 私 猫になる  泣きたい時でも 愛きょう振る舞うのに疲れたら 誰にも見せたことのない 大きなあくびをしよう 日差しがほほをつたうたび 私を取り戻せる  心ごと日向ぼっこ 涙は空になり なにも縛られない日は 私 猫になる  明日がきたら休日の猫は また化粧して がんばるからね  春風にだっこされて いい夢を見よう なにもしなくていい日は 私 猫になる  なにもしなくていい日は 私 猫になる
happy happy bluehappy happy blue 月が居眠りする様に  happy happy blue 輝けない時もある  happy happy blue あの太陽踊る様に  happy happy blue 私のリズムわかりだす森口博子森口ひろこ本間昭光happy happy blue 月が居眠りする様に  happy happy blue 輝けない時もある  happy happy blue あの太陽踊る様に  happy happy blue 私のリズムわかりだす
春風とあなたとランチ青い空に桜ふぶき 息が止まる もう降りようか 次の駅で  茶封筒を手にしたまま 歩いてみた もう卒業の頃から随分たつね  片思い言えないままに 泣きあかしたあの頃…  忙しさに怠けていた 恋に今ほおずりしたくなった あなたに電話しよう “ランチでもどうですか” …驚いちゃうね?  今日は仕事休んじゃおう 天気いいし ねぇこんな日も あっていいね  仲間たちと海に行った 遠い記憶 ほらズル休みほんとは得意のはずよ  すれ違い私のせいで 怒らせてたあなたを…  大事なこと思いだした 恋が居ていつでも救われてた あなたを誘い出そう “ランチでもご一緒に” …おごってあげる  この次はお弁当でも 作りたいよあなたへ…  忙しさに怠けていた 恋に今ほおずりしたくなった あなたに電話しよう “ランチでもどうですか” …驚いちゃうね?森口博子工藤哲雄宮島律子青い空に桜ふぶき 息が止まる もう降りようか 次の駅で  茶封筒を手にしたまま 歩いてみた もう卒業の頃から随分たつね  片思い言えないままに 泣きあかしたあの頃…  忙しさに怠けていた 恋に今ほおずりしたくなった あなたに電話しよう “ランチでもどうですか” …驚いちゃうね?  今日は仕事休んじゃおう 天気いいし ねぇこんな日も あっていいね  仲間たちと海に行った 遠い記憶 ほらズル休みほんとは得意のはずよ  すれ違い私のせいで 怒らせてたあなたを…  大事なこと思いだした 恋が居ていつでも救われてた あなたを誘い出そう “ランチでもご一緒に” …おごってあげる  この次はお弁当でも 作りたいよあなたへ…  忙しさに怠けていた 恋に今ほおずりしたくなった あなたに電話しよう “ランチでもどうですか” …驚いちゃうね?
PUZZLE海が一望できる カレーハウスのテラス どのくらい 経つのかな 前に来てから  若い恋人達が 今日も戯れる渚 あの頃の二人だわ ガラスのように 光を弾いてた  眩しいものから 持ち去ってしまう 時は残酷な 盗人(ぬすびと) だけどその代償(かわり)に 不思議な欠片を そっと置いていくの  PUZZLE…. 組み合わせた絵の名前は“幸せ” Day By Day….また ひとつ増える あなたと笑顔 重ねて  不意に桟橋でキス あなた あの夏を真似る 嫉妬(ジェラシー)やサプライズ ときめきだけで 未来を探したわ  二度と戻れない 幻影(まぼろし)ねパラダイス 人は流れゆく 旅人 でも次の季節に 少しだけ大人の 自分が待っていた  PUZZLE…. いつの間にかそこにあった“優しさ” Day And Night….ただ 好きな人が 本当(ほんと)あなたで よかった  PUZZLE…. 組み合わせた絵の名前は“幸せ” Day By Day….また ひとつ増える あなたと笑顔 重ねて  PUZZLE…. いつの間にかそこにあった“優しさ” Day And Night….ふと 振り向いたら 見つめてくれてる 運命の人が 本当(ほんと)あなたでよかった森口博子森雪之丞井上ヨシマサ海が一望できる カレーハウスのテラス どのくらい 経つのかな 前に来てから  若い恋人達が 今日も戯れる渚 あの頃の二人だわ ガラスのように 光を弾いてた  眩しいものから 持ち去ってしまう 時は残酷な 盗人(ぬすびと) だけどその代償(かわり)に 不思議な欠片を そっと置いていくの  PUZZLE…. 組み合わせた絵の名前は“幸せ” Day By Day….また ひとつ増える あなたと笑顔 重ねて  不意に桟橋でキス あなた あの夏を真似る 嫉妬(ジェラシー)やサプライズ ときめきだけで 未来を探したわ  二度と戻れない 幻影(まぼろし)ねパラダイス 人は流れゆく 旅人 でも次の季節に 少しだけ大人の 自分が待っていた  PUZZLE…. いつの間にかそこにあった“優しさ” Day And Night….ただ 好きな人が 本当(ほんと)あなたで よかった  PUZZLE…. 組み合わせた絵の名前は“幸せ” Day By Day….また ひとつ増える あなたと笑顔 重ねて  PUZZLE…. いつの間にかそこにあった“優しさ” Day And Night….ふと 振り向いたら 見つめてくれてる 運命の人が 本当(ほんと)あなたでよかった
陽だまりのある場所季節ごと咲き乱れてた 花が綺麗な遊園地 幼い頃に家族とよく行った 陽だまりのある場所  突然の悲しいニュース 閉園の知らせ届く あの観覧車 永遠のループが 終わりを告げていた  最後にアルバムと同じ立ち位置で 家族写真おさめた  嗚呼、時の流れには 残酷の棘が潜む 何故こんなにも温かい思い出が 呼吸しているのに  ありがとう さようなら 失う悲しみ受け止め すべてが変わって行っても 街の風 匂いさえも忘れない  ふるさとを離れて暮らし 手強い夢を生きている 子供の頃に描いていた自分を 今も追い続け  重ねた時間を強さに 歩いてきたけれど ここまで  嗚呼、時代の変化に 追いつけないもどかしさ 都会のせいにしたくない 選んだ自分に恥じぬよう  希望の種だけは ぎゅっと握りしめていよう きっと咲かせると信じて 涙たち その花びらになると  絶望して眠れない夜 理不尽なルールに未来砕かれ でも終わらせはしない ここからまた始めればいい  距離を超えた声に 励まされここに立ってる こんなにも大切な人達が 胸の中にいる いつでも  ありがとう心から どんな景色も受け止め すべてが変わって行っても 明日の光を 求め歩き出す森口博子森口博子神前暁(MONACA)季節ごと咲き乱れてた 花が綺麗な遊園地 幼い頃に家族とよく行った 陽だまりのある場所  突然の悲しいニュース 閉園の知らせ届く あの観覧車 永遠のループが 終わりを告げていた  最後にアルバムと同じ立ち位置で 家族写真おさめた  嗚呼、時の流れには 残酷の棘が潜む 何故こんなにも温かい思い出が 呼吸しているのに  ありがとう さようなら 失う悲しみ受け止め すべてが変わって行っても 街の風 匂いさえも忘れない  ふるさとを離れて暮らし 手強い夢を生きている 子供の頃に描いていた自分を 今も追い続け  重ねた時間を強さに 歩いてきたけれど ここまで  嗚呼、時代の変化に 追いつけないもどかしさ 都会のせいにしたくない 選んだ自分に恥じぬよう  希望の種だけは ぎゅっと握りしめていよう きっと咲かせると信じて 涙たち その花びらになると  絶望して眠れない夜 理不尽なルールに未来砕かれ でも終わらせはしない ここからまた始めればいい  距離を超えた声に 励まされここに立ってる こんなにも大切な人達が 胸の中にいる いつでも  ありがとう心から どんな景色も受け止め すべてが変わって行っても 明日の光を 求め歩き出す
一人じゃないよあなたブルーにしてると みんなが心配するわ きついジョーク飛ばして お願いよ 悩むの美容に悪い 昨日の涙忘れて カッコつけて今すぐ その調子  遅いランチタイム付き合うから パワー出して  あきらめてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 失くしちゃったものは取り戻せばいい 必ず 振り向いてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! 想い出一杯の毎日にしよう 一人じゃないよ  悲しい!切ない! 辛い! 大声で叫んでみてよ 何処かに消えてなくなる そんなもの 楽して生きられるなら とっくに成功してる 回り道もいいじゃない 今のトコ  ハジケてるあなたが一番だよ 笑っちゃおう  さあ元気を出して Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 手に入れたいものは つかまえればいい 必ず 投げちゃ勿体ない Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! あなたなら大丈夫 狙いをさだめて 輝いていて  あきらめてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 失くしちゃったものは取り戻せばいい 必ず 振り向いてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! 想い出一杯の毎日にしよう 一人じゃないよ森口博子川咲そら広瀬香美あなたブルーにしてると みんなが心配するわ きついジョーク飛ばして お願いよ 悩むの美容に悪い 昨日の涙忘れて カッコつけて今すぐ その調子  遅いランチタイム付き合うから パワー出して  あきらめてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 失くしちゃったものは取り戻せばいい 必ず 振り向いてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! 想い出一杯の毎日にしよう 一人じゃないよ  悲しい!切ない! 辛い! 大声で叫んでみてよ 何処かに消えてなくなる そんなもの 楽して生きられるなら とっくに成功してる 回り道もいいじゃない 今のトコ  ハジケてるあなたが一番だよ 笑っちゃおう  さあ元気を出して Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 手に入れたいものは つかまえればいい 必ず 投げちゃ勿体ない Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! あなたなら大丈夫 狙いをさだめて 輝いていて  あきらめてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! いつも恋するように Yeah! Yeah! Yeah! 失くしちゃったものは取り戻せばいい 必ず 振り向いてちゃダメよ Yeah! Yeah! Yeah! まだ夢は真ん中 Yeah! Yeah! Yeah! 想い出一杯の毎日にしよう 一人じゃないよ
BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~You belong to me サヨナラ言えなくて いつまでも 抱き締めたかった I belong to you 張り裂けそうになる この胸を 君に差し出して  We belong to Earth 遥かな宇宙(そら)のもと コバルトに 光る地球(ほし)がある 悲しみは そこから始まって 愛しさが そこに帰るのさ  ああ メビウスの輪から抜け出せなくて いくつもの罪を繰り返す  平和より自由より正しさより 君だけが望む全てだから 離れても変わっても見失っても 輝きを消さないで You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう We can share the happiness 捜してゆく 許し合えるその日を  夢という 風に導かれて あやまちの 船に揺られてく We belong to Earth 生きてゆけるのなら いつかまた 戻れる日がある  ああ メビウスの輪から引き寄せられて いくつもの出会い繰り返す Beyond the time  希望より理想より憧れより 君だけが真実 つかんでいた はかなくて激しくて偽りない まなざしを閉じないで You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう We can share the happiness 捜してゆく 愛し合ったあの日を  You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう  ああ もう一度君に 巡り会えるなら メビウスの宇宙(そら)を 越えて Beyond the time森口博子小室みつ子小室哲哉You belong to me サヨナラ言えなくて いつまでも 抱き締めたかった I belong to you 張り裂けそうになる この胸を 君に差し出して  We belong to Earth 遥かな宇宙(そら)のもと コバルトに 光る地球(ほし)がある 悲しみは そこから始まって 愛しさが そこに帰るのさ  ああ メビウスの輪から抜け出せなくて いくつもの罪を繰り返す  平和より自由より正しさより 君だけが望む全てだから 離れても変わっても見失っても 輝きを消さないで You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう We can share the happiness 捜してゆく 許し合えるその日を  夢という 風に導かれて あやまちの 船に揺られてく We belong to Earth 生きてゆけるのなら いつかまた 戻れる日がある  ああ メビウスの輪から引き寄せられて いくつもの出会い繰り返す Beyond the time  希望より理想より憧れより 君だけが真実 つかんでいた はかなくて激しくて偽りない まなざしを閉じないで You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう We can share the happiness 捜してゆく 愛し合ったあの日を  You can change your destiny 時の向こう You can change your future 闇の向こう  ああ もう一度君に 巡り会えるなら メビウスの宇宙(そら)を 越えて Beyond the time
BE FREELast night 交差点で 君を見かけたのさ call me 淋しい肩 何を思う?  Love light 迷わないで 同じ季節の中 feel me 生きてる  シグナルが赤になる 君は何故か かけ出す…  邪悪な目をした すべての呪いから Be free 君を救けたいよ We are sunshine 教えてくれたのは 君だよ Come on 今日こそ 一番素敵な言葉あげる Say Hello!  Last song アスファルトに 低く流れる歌 Tell you 大事なこと 告げているよ  Love song 熱い気持 ふいに感じあえば Send you 涙が…  ファンタジアある場所は 誰も きっと知らない  想い出の中に 未来は探せない Be free もっと強くなって We are sunshine 信じることから 始めよう Come on 今日こそ 勇気を抱きしめ 世界中に Say Hello!  邪悪な目をした すべての呪いから Be free 君を救けたいよ We are sunshine 教えてくれたのは 君だよ Come on 今日こそ 一番素敵な言葉あげる Say Hello!  想い出の中に 未来は探せない Be free もっと強くなって We are sunshine 信じることから 始めよう Come on 今日こそ 勇気を抱きしめ 世界中に Say Hello!森口博子三浦徳子茂村泰彦Last night 交差点で 君を見かけたのさ call me 淋しい肩 何を思う?  Love light 迷わないで 同じ季節の中 feel me 生きてる  シグナルが赤になる 君は何故か かけ出す…  邪悪な目をした すべての呪いから Be free 君を救けたいよ We are sunshine 教えてくれたのは 君だよ Come on 今日こそ 一番素敵な言葉あげる Say Hello!  Last song アスファルトに 低く流れる歌 Tell you 大事なこと 告げているよ  Love song 熱い気持 ふいに感じあえば Send you 涙が…  ファンタジアある場所は 誰も きっと知らない  想い出の中に 未来は探せない Be free もっと強くなって We are sunshine 信じることから 始めよう Come on 今日こそ 勇気を抱きしめ 世界中に Say Hello!  邪悪な目をした すべての呪いから Be free 君を救けたいよ We are sunshine 教えてくれたのは 君だよ Come on 今日こそ 一番素敵な言葉あげる Say Hello!  想い出の中に 未来は探せない Be free もっと強くなって We are sunshine 信じることから 始めよう Come on 今日こそ 勇気を抱きしめ 世界中に Say Hello!
FUN FUN FUN今 分解してゆく恋を まばたきもせず 見つめてる ほら 割り切れない気持ちさえ きれいな“こなごな”になる  Fun Fun Fun 泣いたりしない Fun Fun Fun あたしのココロ Fun Fun Fun まだまだアツイ そうよ クヨクヨしてるなんて NO NO NO NO!  「好きなものは 好き」大声で 「好きなものは 好き」何度でも 「好きなものは 好き」言えるから 負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!  さあ 新しい空気すって 「明日のあたし」みがくのよ もう 飛び散った悲しみなら きれいな“キラキラ”にして  Fun Fun Fun 素顔もいいね Fun Fun Fun あたしの笑顔 Fun Fun Fun まだイケルから 風が 前髪ふきあげたらGO GO GO GO!  「好きなものは 好き」イジワルで 「好きなものは 好き」ハデずきな 「好きなものは 好き」きみのこと ダイジだった イエスタデイ…  ちょっとナーバスな横顔を ウィンドウ映して見れば ちょっとラブリィないいオンナ ほらね! すぐね! 元気になるわ  「好きなものは 好き」大声で 「好きなものは 好き」何度でも 「好きなものは 好き」言えるから 負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!  負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!森口博子西脇唯西脇唯・緒里原洋子今 分解してゆく恋を まばたきもせず 見つめてる ほら 割り切れない気持ちさえ きれいな“こなごな”になる  Fun Fun Fun 泣いたりしない Fun Fun Fun あたしのココロ Fun Fun Fun まだまだアツイ そうよ クヨクヨしてるなんて NO NO NO NO!  「好きなものは 好き」大声で 「好きなものは 好き」何度でも 「好きなものは 好き」言えるから 負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!  さあ 新しい空気すって 「明日のあたし」みがくのよ もう 飛び散った悲しみなら きれいな“キラキラ”にして  Fun Fun Fun 素顔もいいね Fun Fun Fun あたしの笑顔 Fun Fun Fun まだイケルから 風が 前髪ふきあげたらGO GO GO GO!  「好きなものは 好き」イジワルで 「好きなものは 好き」ハデずきな 「好きなものは 好き」きみのこと ダイジだった イエスタデイ…  ちょっとナーバスな横顔を ウィンドウ映して見れば ちょっとラブリィないいオンナ ほらね! すぐね! 元気になるわ  「好きなものは 好き」大声で 「好きなものは 好き」何度でも 「好きなものは 好き」言えるから 負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!  負けないでよ Heart & Heart これからだわ Fun Fun Fun!
プレゼントねえ!覚えてる? 去年の夏にも ここに来たよね ほら!あの時は Gパンのままで 海の中へ  波は静かに ゆりかごの様 あなたとぼけながら Kissをしてくれたね  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  今 滑走路 ぬけるように行く このハイウェイを もう 止められない ふたりの速さは 風に変わる  FMつけて 流れるメロディ そっと 包み込むわ 愛の Silly Love Song  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも森口博子野村義男野村義男ねえ!覚えてる? 去年の夏にも ここに来たよね ほら!あの時は Gパンのままで 海の中へ  波は静かに ゆりかごの様 あなたとぼけながら Kissをしてくれたね  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  今 滑走路 ぬけるように行く このハイウェイを もう 止められない ふたりの速さは 風に変わる  FMつけて 流れるメロディ そっと 包み込むわ 愛の Silly Love Song  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも  いつもは内気な あなたの最初のプレゼント 今年は私が あなたへ贈るわ この海で  一緒に居ようね あなたに贈るわ プレゼント このままあなたと 今飛び出したい どこまでも
ホイッスル海岸線走りながら 追い越してゆく夏雲 白いソーダはじけるように ぶつかる波がまぶしい  自分だけのハンドル今 強くにぎりしめながら 昨日の夢くやしい恋 みんな一緒につれてく  ピンチが何度おそっても チャンスが守ってくれるよ ゴールをきめる日まで  熱い熱い気持ちでいたい ドキドキする トキメキの中で いつも はじめる合図はここにある 胸にひびくホイッスル  泣きたかった逃げたかった うまくやれないすべてに 鎧のようなプロテクター 心の端につけてた  逢いたい人があふれてる 心配させた人たちに 大丈夫と言いたい  熱い熱い 瞳でずつと ドキドキする 気持ち抱きしめて グッと 背中を押すような風の中 空にひびくホイッスル  熱い熱い気持ちでいたい ドキドキする トキメキの中で いつも はじめる合図はここにある 胸にひびくホイッスル  このままずっと…… ドキドキする 気持ち抱きしめて グッと 背中を押すような風の中 空にひびくホイッスル森口博子森口博子・西脇唯奥居香海岸線走りながら 追い越してゆく夏雲 白いソーダはじけるように ぶつかる波がまぶしい  自分だけのハンドル今 強くにぎりしめながら 昨日の夢くやしい恋 みんな一緒につれてく  ピンチが何度おそっても チャンスが守ってくれるよ ゴールをきめる日まで  熱い熱い気持ちでいたい ドキドキする トキメキの中で いつも はじめる合図はここにある 胸にひびくホイッスル  泣きたかった逃げたかった うまくやれないすべてに 鎧のようなプロテクター 心の端につけてた  逢いたい人があふれてる 心配させた人たちに 大丈夫と言いたい  熱い熱い 瞳でずつと ドキドキする 気持ち抱きしめて グッと 背中を押すような風の中 空にひびくホイッスル  熱い熱い気持ちでいたい ドキドキする トキメキの中で いつも はじめる合図はここにある 胸にひびくホイッスル  このままずっと…… ドキドキする 気持ち抱きしめて グッと 背中を押すような風の中 空にひびくホイッスル
星空だれも見てない だれも知らない こんな夜の果てに星が降る  あなたを好きになったとたんに 世界中で独りきりになる  闇に消された水平線をさがすの 足もとを洗う感触 波よりも激しい想い  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない  見果てぬ夢を追いかけながら 哀しみの森を突き抜けたい  愛することで輝きだけに 包まれてゆくはずだから  私に勇気教えてくれるように 瞬くよ 無数の星 あの空で 力の限り  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない 明日も終わりも知らない森口博子岩里祐穂小倉良だれも見てない だれも知らない こんな夜の果てに星が降る  あなたを好きになったとたんに 世界中で独りきりになる  闇に消された水平線をさがすの 足もとを洗う感触 波よりも激しい想い  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない  見果てぬ夢を追いかけながら 哀しみの森を突き抜けたい  愛することで輝きだけに 包まれてゆくはずだから  私に勇気教えてくれるように 瞬くよ 無数の星 あの空で 力の限り  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない  どうして どうして どうしてなんだろう どうして 涙がでるの 私はまだこんな自分の強さも弱さも知らない 明日も終わりも知らない
星空のBelieveOh, I can't help believing you 必ず会えると あの日から信じていた きっと呼び会う 心があれば 宇宙(そら)に ああ シュプール それは何より 強い祈りの言葉(サイン)なの  無限の energy(エナジー) 呼びさます ああ 傷つけあう前に できることさがして Please  Oh, I can't help believing you 瞳をとじれば 誰にでも胸の奥に あたたかな 記憶があるはず 投げ出さないで 苦しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで  Oh, I can't help believing you ひとつになりたい いくつもの季節越えて あなたの胸に たどり着きたい 風の ああ 方舟(はこぶね) どこへ向うの 優しさを失くしたままで  答えは見えない 地平線 ああ 心がきしむくらい 愛したひとのため Please  Oh, I can't help believing you 求めてるものは 同じかも知れないって 見つめあえれば わかるはずよ あきらめないで 悲しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで  Oh, I can't help believing you 瞳をとじれば 誰にでも胸の奥に あたたかな 記憶があるはず 投げ出さないで 苦しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで森口博子ニール・セダカ、フィリップ・コディ・訳詞:竜真知子ニール・セダカ、フィリップ・コディOh, I can't help believing you 必ず会えると あの日から信じていた きっと呼び会う 心があれば 宇宙(そら)に ああ シュプール それは何より 強い祈りの言葉(サイン)なの  無限の energy(エナジー) 呼びさます ああ 傷つけあう前に できることさがして Please  Oh, I can't help believing you 瞳をとじれば 誰にでも胸の奥に あたたかな 記憶があるはず 投げ出さないで 苦しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで  Oh, I can't help believing you ひとつになりたい いくつもの季節越えて あなたの胸に たどり着きたい 風の ああ 方舟(はこぶね) どこへ向うの 優しさを失くしたままで  答えは見えない 地平線 ああ 心がきしむくらい 愛したひとのため Please  Oh, I can't help believing you 求めてるものは 同じかも知れないって 見つめあえれば わかるはずよ あきらめないで 悲しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで  Oh, I can't help believing you 瞳をとじれば 誰にでも胸の奥に あたたかな 記憶があるはず 投げ出さないで 苦しい時代(とき)こそ いつか見た青い空を きっとあなたと見上げる日まで
星より先に見つけてあげるねぇ、はやく帰ってきてね?  ため息が三日月を揺らす夜は 目を閉じて キミのこと考えてばかり 会いたい気分 泣きたい気分 ロマンティックな気分 届けてこの想い  だってずっと知っているの がんばってること…たくさん  大好きなひとが 強くって心配 私にだけは 弱さみせて 星より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね  遠くっても気持ちだけ寄り添うから 感じるの キミはいま淋しいかもと 呼んじゃってよ 飛んでくよ そう言っちゃいたいけど 邪魔なんてしたくない  でも、でも… 本当は会いたい気分 本当は泣きたい気分で 知ってるよ がんばってる 知ってるよ ほらこんなにキミが愛しい 待ってるよ いつでも 待ってるよ  大好きなひとが 強くって心配 私にだけは 弱さみせて 星より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね  大好きなひとは どこにいるんだろ? 夜空見つめて ロマンティックな気分 誰より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね ねえ、はやく帰ってきてね!森口博子畑亜貴前山田健一ねぇ、はやく帰ってきてね?  ため息が三日月を揺らす夜は 目を閉じて キミのこと考えてばかり 会いたい気分 泣きたい気分 ロマンティックな気分 届けてこの想い  だってずっと知っているの がんばってること…たくさん  大好きなひとが 強くって心配 私にだけは 弱さみせて 星より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね  遠くっても気持ちだけ寄り添うから 感じるの キミはいま淋しいかもと 呼んじゃってよ 飛んでくよ そう言っちゃいたいけど 邪魔なんてしたくない  でも、でも… 本当は会いたい気分 本当は泣きたい気分で 知ってるよ がんばってる 知ってるよ ほらこんなにキミが愛しい 待ってるよ いつでも 待ってるよ  大好きなひとが 強くって心配 私にだけは 弱さみせて 星より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね  大好きなひとは どこにいるんだろ? 夜空見つめて ロマンティックな気分 誰より先に見つけてあげる まっすぐ帰って来てね ねえ、はやく帰ってきてね!
ポジション白いシャツ 乱反射する太陽 サングラス忘れ後悔する年頃  ガラスに映るまぶしい顔 不細工で思わず吹き出した  どんな自分でも 受け止めてあげて 変わっていく毎日 二度と戻らないから  でも 諦めたい 諦めたくない ジグザグな日々 経験が邪魔をする大人になった 投げ出したい やり遂げたい 揺れ動いていても 今 生かされている この瞬間 熱く熱く抱いて  遠いあの日 追い越した夏雲 ふわふわとGood Jobの形に見えた  あの時 響いた胸の合図 もう一度 思い出し行こう  何もかも 上手くいかなかったけど 足宛きながら 乗り越えてきたじゃない  さあ! 新しい風吹かせて 歌を歌おう 結局は前を向いて 進むしかないと 喜びや悲しみたち 歌に そう乗せよう 今出来ることを 見つめて 深く深く 生きよう  その ため息をブレスに変え 歌を歌おう 限りあるこれからの 人生の中で 幸せを描きながら 歌を歌おう 譲れない居場所 心から愛を愛を 愛を愛を込めて ずっと ずっと森口博子森口博子森口博子・時乗浩一郎白いシャツ 乱反射する太陽 サングラス忘れ後悔する年頃  ガラスに映るまぶしい顔 不細工で思わず吹き出した  どんな自分でも 受け止めてあげて 変わっていく毎日 二度と戻らないから  でも 諦めたい 諦めたくない ジグザグな日々 経験が邪魔をする大人になった 投げ出したい やり遂げたい 揺れ動いていても 今 生かされている この瞬間 熱く熱く抱いて  遠いあの日 追い越した夏雲 ふわふわとGood Jobの形に見えた  あの時 響いた胸の合図 もう一度 思い出し行こう  何もかも 上手くいかなかったけど 足宛きながら 乗り越えてきたじゃない  さあ! 新しい風吹かせて 歌を歌おう 結局は前を向いて 進むしかないと 喜びや悲しみたち 歌に そう乗せよう 今出来ることを 見つめて 深く深く 生きよう  その ため息をブレスに変え 歌を歌おう 限りあるこれからの 人生の中で 幸せを描きながら 歌を歌おう 譲れない居場所 心から愛を愛を 愛を愛を込めて ずっと ずっと
水色のくちぶえ雨上がりの公園 噴水の向こう 濡れた髪の少女が ぽつりとたたずむ  ほほえみかける 澄んだ瞳は ちいさな太陽 雨に打たれて 子犬を抱いた やさしさがまぶしい  水色のくちぶえが そよ風を染める それは遠い日の私 手を振る笑顔 いつか忘れかけてた ほんとのやさしさ 自分自身を 好きになれたら きっとみえてくる  疑いや切なさを おぼえたときから 人を好きになるたび 臆病になるの  雲の切れ間に 涙のあとに 降りそそぐ陽差し ほんのささいな 恋のつまずき 雨が消してくれた  心に虹のティアラ もう迷わないわ あなたへダイヤルするの 素直な気持ち 耳もとにあたたかな あなたは青空 瞳とじれば かけがえのない 笑顔が聴こえる  水色のくちぶえが 陽差しにきらめく もうすこしだけ 風に吹かれて 青空のほとり森口博子小林まさみ辛島美登里雨上がりの公園 噴水の向こう 濡れた髪の少女が ぽつりとたたずむ  ほほえみかける 澄んだ瞳は ちいさな太陽 雨に打たれて 子犬を抱いた やさしさがまぶしい  水色のくちぶえが そよ風を染める それは遠い日の私 手を振る笑顔 いつか忘れかけてた ほんとのやさしさ 自分自身を 好きになれたら きっとみえてくる  疑いや切なさを おぼえたときから 人を好きになるたび 臆病になるの  雲の切れ間に 涙のあとに 降りそそぐ陽差し ほんのささいな 恋のつまずき 雨が消してくれた  心に虹のティアラ もう迷わないわ あなたへダイヤルするの 素直な気持ち 耳もとにあたたかな あなたは青空 瞳とじれば かけがえのない 笑顔が聴こえる  水色のくちぶえが 陽差しにきらめく もうすこしだけ 風に吹かれて 青空のほとり
水の星へ愛をこめてGOLD LYLIC蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯すひとよ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う… 波間さすらう難波船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよとGOLD LYLIC森口博子売野雅勇ニール・セダカ蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯すひとよ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う… 波間さすらう難波船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと
Meteor触れてても 冷たい指先 凍り付いた 月に照らされて ひび割れた心が 燃え尽きる夜を抱くけど  一瞬の彼方で 煌めいた想いが 愛なら 幻にしてみせて  放つ光 空に堕ちる 望むだけの 熱を捧げて 死に逝く星の 生んだ炎が 最期の夢に 灼かれているよ  降り積もる 罪は優しさに 刺は微笑(えみ)に 変えてゆけるなら 散る間際の花の 届かない叫びにも似た  祈りの儚さが 求める切なさが 二人の 出逢った時代(とき)を揺らす  嘆き 光 波にのまれ 痛みの中 君は目醒めて 傷つけながら 出来る絆が 孤独を今 描き始める  注ぐ生命(いのち) 刻む羽根で 君よどうか 僕を包んで  光はまた 空に堕ちる 望むだけの 熱を捧げて 崩れ落ちゆく 過ちの果て 最期の夢を 見続けてるよ 森口博子井上秋緒浅倉大介触れてても 冷たい指先 凍り付いた 月に照らされて ひび割れた心が 燃え尽きる夜を抱くけど  一瞬の彼方で 煌めいた想いが 愛なら 幻にしてみせて  放つ光 空に堕ちる 望むだけの 熱を捧げて 死に逝く星の 生んだ炎が 最期の夢に 灼かれているよ  降り積もる 罪は優しさに 刺は微笑(えみ)に 変えてゆけるなら 散る間際の花の 届かない叫びにも似た  祈りの儚さが 求める切なさが 二人の 出逢った時代(とき)を揺らす  嘆き 光 波にのまれ 痛みの中 君は目醒めて 傷つけながら 出来る絆が 孤独を今 描き始める  注ぐ生命(いのち) 刻む羽根で 君よどうか 僕を包んで  光はまた 空に堕ちる 望むだけの 熱を捧げて 崩れ落ちゆく 過ちの果て 最期の夢を 見続けてるよ 
めぐりあいBelieve! 人は悲しみ重ねて 大人になる いま 寂しさに震えてる 愛しい人の その哀しみを 胸に抱(いだ)いたままで Believe! 涙よ 海へ還れ  恋しくて つのる想い 宙(そら) 茜色に染めてく  Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 誰もひとりでは 生きられない  Believe! 帰らぬ人を想うと 胸は翳り いま 哀しみの彼方から 舵をとれば いつの日にか めぐり逢えると信じて Believe! 涙よ 海へ還れ  愛しさに 胸焦がし 想い 宙を染めあげる  Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 誰もひとりでは 生きられない森口博子井荻麟・売野雅勇井上大輔Believe! 人は悲しみ重ねて 大人になる いま 寂しさに震えてる 愛しい人の その哀しみを 胸に抱(いだ)いたままで Believe! 涙よ 海へ還れ  恋しくて つのる想い 宙(そら) 茜色に染めてく  Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 誰もひとりでは 生きられない  Believe! 帰らぬ人を想うと 胸は翳り いま 哀しみの彼方から 舵をとれば いつの日にか めぐり逢えると信じて Believe! 涙よ 海へ還れ  愛しさに 胸焦がし 想い 宙を染めあげる  Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 愛しい人よ もう一度 Yes, my sweet, Yes my sweetest I wanna get back where you were 誰もひとりでは 生きられない
MEN OF DESTINY蒼ざめた瞳 見つめる炎 今 全てを 捨てる時が来た 想い出す事も 悲しむ事も 許されずに 闘い続ける  今日で命が 燃えつきるとしても それでも人は 明日を夢見るものか それが 運命でも “I WANNA GET A CHANCE”  絶望の宇宙(そら)に 吹き荒れる嵐 未来は誰のためにある 滅びゆく世界 駆け抜ける嵐 選ばれし者 MEN OF DESTINY  信じてる物が 心にあれば それだけでも 人は生きてゆく 血の滲む腕に 抱きしめるのは 勝利という 儚い幻  今日で全てが 崩れ去るとしても それでも人は 夢を欲しがるものか それが 運命なら “I WANNA GET A CHANCE”  もう一度 宇宙へ 舞上がる前に 心の中を 見せてくれ 振り向いた君の 横顔に浮かぶ 淋しい笑顔 消せはしない  陽炎の中へ FLASHING BACK 二度と戻らない DREAMIN' DAYS 声を殺し 泣いた 遠い記憶 “I WANNA GET YOUR LOVE”  絶望の宇宙に 吹き荒れる嵐 未来は誰のためにある 滅びゆく世界 駆け抜ける嵐 選ばれし者 MEN OF DESTINY森口博子安藤芳彦松原みき蒼ざめた瞳 見つめる炎 今 全てを 捨てる時が来た 想い出す事も 悲しむ事も 許されずに 闘い続ける  今日で命が 燃えつきるとしても それでも人は 明日を夢見るものか それが 運命でも “I WANNA GET A CHANCE”  絶望の宇宙(そら)に 吹き荒れる嵐 未来は誰のためにある 滅びゆく世界 駆け抜ける嵐 選ばれし者 MEN OF DESTINY  信じてる物が 心にあれば それだけでも 人は生きてゆく 血の滲む腕に 抱きしめるのは 勝利という 儚い幻  今日で全てが 崩れ去るとしても それでも人は 夢を欲しがるものか それが 運命なら “I WANNA GET A CHANCE”  もう一度 宇宙へ 舞上がる前に 心の中を 見せてくれ 振り向いた君の 横顔に浮かぶ 淋しい笑顔 消せはしない  陽炎の中へ FLASHING BACK 二度と戻らない DREAMIN' DAYS 声を殺し 泣いた 遠い記憶 “I WANNA GET YOUR LOVE”  絶望の宇宙に 吹き荒れる嵐 未来は誰のためにある 滅びゆく世界 駆け抜ける嵐 選ばれし者 MEN OF DESTINY
もうひとつの未来~starry spirits~なぜ争いは続く? 心の中で この宇宙(そら)で 寄り添うことも うまく出来なくて 笑顔の向こうで 誰かが泣いているけれど  夢を抱きしめたら 未来は変えてゆける 刻(とき)を越えて  もうひとつの明日へ 想いのまま走るよ 悲しみさえも越えてみせる きっと ただひとつの愛を 知るために痛みがあるなら 何も怖くないから  なぜ僕たちは出会う? つらい別れを繰り返し 目の前にある 果てしない道で 独りの力を 試してみたくなるけれど  隣にいる人と 手をつなぎ合うことは 弱さじゃない  世界の片隅で 生まれては消えてゆく 矛盾に満ちた 幾億もの光 輝きをつないで いつの日にか大きな願いを きっと 叶える日まで  出会えた人が与えてくれた すべてを勇気に変えて  もうひとつの世代(あす)へ 想いのまま走るよ 悲しみさえも越えてみせる きっと ただひとつの愛を 知るために痛みがあるなら 強くなる  Looking for another tomorrow 二度と迷わない spirits 矛盾に満ちた 幾億もの光 輝きをつないで いつの日にか大きな願いを きっと 叶える日まで森口博子青山紳一郎多東康孝なぜ争いは続く? 心の中で この宇宙(そら)で 寄り添うことも うまく出来なくて 笑顔の向こうで 誰かが泣いているけれど  夢を抱きしめたら 未来は変えてゆける 刻(とき)を越えて  もうひとつの明日へ 想いのまま走るよ 悲しみさえも越えてみせる きっと ただひとつの愛を 知るために痛みがあるなら 何も怖くないから  なぜ僕たちは出会う? つらい別れを繰り返し 目の前にある 果てしない道で 独りの力を 試してみたくなるけれど  隣にいる人と 手をつなぎ合うことは 弱さじゃない  世界の片隅で 生まれては消えてゆく 矛盾に満ちた 幾億もの光 輝きをつないで いつの日にか大きな願いを きっと 叶える日まで  出会えた人が与えてくれた すべてを勇気に変えて  もうひとつの世代(あす)へ 想いのまま走るよ 悲しみさえも越えてみせる きっと ただひとつの愛を 知るために痛みがあるなら 強くなる  Looking for another tomorrow 二度と迷わない spirits 矛盾に満ちた 幾億もの光 輝きをつないで いつの日にか大きな願いを きっと 叶える日まで
持ちきれないほどの愛見つめただけの恋で すべてがわかるなんて 思いすごしかな 感じるまま愛した 二人の関係 まだ恋人と呼べない  夕焼けが街に やさしくくちづけするように そっとあなたの腕の中 肩をあずけたい  持ちきれないほどの愛 わかってほしいの 今夜 感じあえるすべてあなたに 素敵な夜だから  「ときどき逢えたらいいね わかってほしいよ」なんて 戸惑うの私 見つめただけの恋で すべてははじまりだなんて 思い込みすぎかな  都会の夜風にまぎれたおとぎ話なら いっそこのまま闇の中 流してほしいの  持ちきれないほどの愛 わかってほしいの 今夜 両手ひろげてよすぐに 素敵な夜だから 持ちきれないほどの愛 つつんでほしいの 今夜 感じあえるすべてあなたに 素敵な夜だから森口博子根本要根本要見つめただけの恋で すべてがわかるなんて 思いすごしかな 感じるまま愛した 二人の関係 まだ恋人と呼べない  夕焼けが街に やさしくくちづけするように そっとあなたの腕の中 肩をあずけたい  持ちきれないほどの愛 わかってほしいの 今夜 感じあえるすべてあなたに 素敵な夜だから  「ときどき逢えたらいいね わかってほしいよ」なんて 戸惑うの私 見つめただけの恋で すべてははじまりだなんて 思い込みすぎかな  都会の夜風にまぎれたおとぎ話なら いっそこのまま闇の中 流してほしいの  持ちきれないほどの愛 わかってほしいの 今夜 両手ひろげてよすぐに 素敵な夜だから 持ちきれないほどの愛 つつんでほしいの 今夜 感じあえるすべてあなたに 素敵な夜だから
もっとうまく好きと言えたならもっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に きっとめぐり逢える  雨上がりの舗道 歩きながら 肩からかけてくれた セーター あなたの優しさ とても嬉しかった  傷つくたび 恋する気持ちに どこか素直になれないでいた ホントの笑顔 胸で眠らせたまま  戸惑うだけじゃ 分け合えない せつなさ あなたが教えてくれた  もっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に めぐり逢える 昨日よりも 確かなこの愛 胸に抱きしめて あなただけを見つめたい  動きだした 雲の切れ間から こぼれる陽差しに 輝く街 不安な気持ちが 勇気に変わってく  たとえ未来に 傷ついても あなたとなら きっと越えてゆける  もっとうまく 好きと言えたなら 明日の私を もっと好きになれる 走り出した 季節の向こうに あなたと迷わず 歩いてゆく “Always I love you…”  もっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に めぐり逢える 昨日よりも 確かなこの愛 胸に抱きしめて あなただけを見つめたい森口博子渡辺なつみ太田美智彦もっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に きっとめぐり逢える  雨上がりの舗道 歩きながら 肩からかけてくれた セーター あなたの優しさ とても嬉しかった  傷つくたび 恋する気持ちに どこか素直になれないでいた ホントの笑顔 胸で眠らせたまま  戸惑うだけじゃ 分け合えない せつなさ あなたが教えてくれた  もっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に めぐり逢える 昨日よりも 確かなこの愛 胸に抱きしめて あなただけを見つめたい  動きだした 雲の切れ間から こぼれる陽差しに 輝く街 不安な気持ちが 勇気に変わってく  たとえ未来に 傷ついても あなたとなら きっと越えてゆける  もっとうまく 好きと言えたなら 明日の私を もっと好きになれる 走り出した 季節の向こうに あなたと迷わず 歩いてゆく “Always I love you…”  もっとうまく 好きと言えたなら 眩しい季節に めぐり逢える 昨日よりも 確かなこの愛 胸に抱きしめて あなただけを見つめたい
もらったBath Saltずっと響いてる 最後のキス 花冷えの中 抱きしめ合ったね  邪魔になってた アゴまでの前髪 よけるその手が 今も暖かい  あなたじゃなきゃダメな事 わかったわ別れて もらったBath Saltの 香り良すぎて フタを開けると 思い出が あふれる  何を言っても おこらない あなたの弱さ 気付かなかったね  ホントごめんね 足らない思いやり 強さ優しさ 見つめ直したい  嫌なとこ全部含めて 好きだってわかった 今度こそ受け止めたい 涙 笑顔 淋しさのために 戻るんじゃない  今よりも変われたら また香りのフタを開けよう  あなたじゃなきゃダメな事 わかったわ別れて もらったBath Saltの 香り良すぎて フタを開けると 思い出が あふれる森口博子森口ひろこ広瀬香美ずっと響いてる 最後のキス 花冷えの中 抱きしめ合ったね  邪魔になってた アゴまでの前髪 よけるその手が 今も暖かい  あなたじゃなきゃダメな事 わかったわ別れて もらったBath Saltの 香り良すぎて フタを開けると 思い出が あふれる  何を言っても おこらない あなたの弱さ 気付かなかったね  ホントごめんね 足らない思いやり 強さ優しさ 見つめ直したい  嫌なとこ全部含めて 好きだってわかった 今度こそ受け止めたい 涙 笑顔 淋しさのために 戻るんじゃない  今よりも変われたら また香りのフタを開けよう  あなたじゃなきゃダメな事 わかったわ別れて もらったBath Saltの 香り良すぎて フタを開けると 思い出が あふれる
やさしい星で手をつないで歩いたら ふと泣きそうになった 好きな人がいるだけで 不思議ね こんなにやさしくなれるなんて  同じ空を 見つめてる 変らぬものを探してる 目をそらさず見つめてる 永遠がそこで待っている  海は悲しみを閉ざし すべてを砂に変える 星の車輪は今夜も 時の流れを 静かに守ってるの  同じ空に抱かれてる 嵐の夜も 虹の日も 忘れないで いつだって 愛する瞳はここにある  ひつじ草が咲き 鳥たちが歌う 奇跡を つないでゆきたいの…  同じ空を 見つめてる 変らぬものを探してる 目をそらさず見つめてる 永遠がそこで待っている  同じ空に抱かれてる 嵐の夜も 虹の日も 忘れないで いつだって 愛する瞳はここにある森口博子西脇唯西脇唯・緒里原洋子手をつないで歩いたら ふと泣きそうになった 好きな人がいるだけで 不思議ね こんなにやさしくなれるなんて  同じ空を 見つめてる 変らぬものを探してる 目をそらさず見つめてる 永遠がそこで待っている  海は悲しみを閉ざし すべてを砂に変える 星の車輪は今夜も 時の流れを 静かに守ってるの  同じ空に抱かれてる 嵐の夜も 虹の日も 忘れないで いつだって 愛する瞳はここにある  ひつじ草が咲き 鳥たちが歌う 奇跡を つないでゆきたいの…  同じ空を 見つめてる 変らぬものを探してる 目をそらさず見つめてる 永遠がそこで待っている  同じ空に抱かれてる 嵐の夜も 虹の日も 忘れないで いつだって 愛する瞳はここにある
優しくなりたいあなたに出会えた 喜びあふれています 心に芽吹いた 蕾が咲き始めて  見慣れた空 とてもきれいね  優しくなりたい あなたのように 微笑み絶やさぬように いつも素直でいよう  太陽 ささやき ぬくもりを届けました 眩しい光が その寝顔包んでる  いつの日にも 愛しい風景  優しくなりたい あなたの為に 微笑み陰る日には もっと素直でいよう  すれ違うこともあるけれど この気持ち伝えたくて あなたに  優しくなりたい あなたのように 微笑み絶やさぬように いつも素直でいよう森口博子信保陽子信保陽子あなたに出会えた 喜びあふれています 心に芽吹いた 蕾が咲き始めて  見慣れた空 とてもきれいね  優しくなりたい あなたのように 微笑み絶やさぬように いつも素直でいよう  太陽 ささやき ぬくもりを届けました 眩しい光が その寝顔包んでる  いつの日にも 愛しい風景  優しくなりたい あなたの為に 微笑み陰る日には もっと素直でいよう  すれ違うこともあるけれど この気持ち伝えたくて あなたに  優しくなりたい あなたのように 微笑み絶やさぬように いつも素直でいよう
誘惑してよね夏だからハデメなキャラクター よく言えば 度胸と愛嬌(あいきょう)が 合言葉 誘惑してよね 夏だから 大きな声出して 好きと言ってよ ドラマに 出て来る様に  電話して待ち合わせ デートして別れてく 日曜日の過ごし方 今まで何度も 繰り返してきた  あきらめちゃいけないよ 人生はハプニング 楽しいこと 望んでれば 奇跡は起きるもの ガンバレ  アニメなキャラクター よく言えば わかりやすい性格 二人とも 誘惑してよね 夏だから 甘い口説き文句 拍手喝采 嬉しい 涙が出るほど  マニュアルは無くてイイ 週刊誌読み飽きた 遊園地とレストラン 映画にカラオケ いつものコースね  障害はつきものよ その方が盛り上がる 色っぽい マナザシで 夢中にさせるわね ホントヨ  マジメなキャラクター よく言えば その気になったなら 命がけ 誘惑してよね 夏だから ため息が出る様な 熱いKissを 決めてよ みんなの前で  ハデメなキャラクター よく言えば 度胸と愛嬌(あいきょう)が 合言葉 誘惑してよね 夏だから 大きな声出して 好きと言ってよ ドラマに 出て来る様に森口博子川咲そらChicaBoomハデメなキャラクター よく言えば 度胸と愛嬌(あいきょう)が 合言葉 誘惑してよね 夏だから 大きな声出して 好きと言ってよ ドラマに 出て来る様に  電話して待ち合わせ デートして別れてく 日曜日の過ごし方 今まで何度も 繰り返してきた  あきらめちゃいけないよ 人生はハプニング 楽しいこと 望んでれば 奇跡は起きるもの ガンバレ  アニメなキャラクター よく言えば わかりやすい性格 二人とも 誘惑してよね 夏だから 甘い口説き文句 拍手喝采 嬉しい 涙が出るほど  マニュアルは無くてイイ 週刊誌読み飽きた 遊園地とレストラン 映画にカラオケ いつものコースね  障害はつきものよ その方が盛り上がる 色っぽい マナザシで 夢中にさせるわね ホントヨ  マジメなキャラクター よく言えば その気になったなら 命がけ 誘惑してよね 夏だから ため息が出る様な 熱いKissを 決めてよ みんなの前で  ハデメなキャラクター よく言えば 度胸と愛嬌(あいきょう)が 合言葉 誘惑してよね 夏だから 大きな声出して 好きと言ってよ ドラマに 出て来る様に
夢が MORI MORI夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 食べきれないほど 夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 今夜は夢がいっぱい  愛の力こぶを見せてくれなきゃ こんなに長い夜もう耐えられない 逢えないその時間 埋め合わせして 瞳を閉じたら そこで 待っていてよ ねえ淋しさに負けそうな時 キスはほうれん草 ほらムクムクと 元気になってハートが強くなる  夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI だって片思い 夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI 逢うのは 夢の中だけ  つらいフルコースを食べたみたいに これ以上入らない この一人よがり 朝まで眠れずに 羊数えて 夢か 現実か もっと 好きになった ねえ目覚めれば 忘れてしまう 恋があるように ほら これからを考えすぎて 頭がゲップする  夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 食べきれないほど 夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 今夜は夢がいっぱい  夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI だって片思い 夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI 逢うのは 夢の中だけ  MORI MORI森口博子秋元康松本敏明夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 食べきれないほど 夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 今夜は夢がいっぱい  愛の力こぶを見せてくれなきゃ こんなに長い夜もう耐えられない 逢えないその時間 埋め合わせして 瞳を閉じたら そこで 待っていてよ ねえ淋しさに負けそうな時 キスはほうれん草 ほらムクムクと 元気になってハートが強くなる  夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI だって片思い 夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI 逢うのは 夢の中だけ  つらいフルコースを食べたみたいに これ以上入らない この一人よがり 朝まで眠れずに 羊数えて 夢か 現実か もっと 好きになった ねえ目覚めれば 忘れてしまう 恋があるように ほら これからを考えすぎて 頭がゲップする  夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 食べきれないほど 夢が MORI MORI てんこ MORI MORI 今夜は夢がいっぱい  夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI だって片思い 夢ね MORI MORI ちょっと MORI MORI 逢うのは 夢の中だけ  MORI MORI
夢ならさめないで愛されることよりも どれだけ愛してるかが大切… そんなの言えるほど 大人になりたいと思わない  世間から奪っても 抱きしめてメロメロな顔をしたいよ ふざけてしまうけど ふれあう胸が熱い  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで感じて感じて あなたがいる となりにいる 夢ならさめずにいて  ジェラシーも振り切れる 愚かな Silly Girl になれない まだまだ運命の 迷路はどこまでも続いてく  太陽がやけおちて 生き残るねえ二人きりになりたい 世界が敵だって それでもいいと思う  離さないで どんなときでも 最後は手を握ってて! 握ってて! 夜明けなんて いらないから 夢では終わらせない  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで叫びたい叫びたい あなたがいる 私にいる 夢ならさめずにいて  離さないで どんなときでも 最後は手を握ってて! 握ってて! 夜明けなんて いらないから 夢では終わらせない  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで叫びたい叫びたい あなたがいる 私にいる 夢ならさめずにいて森口博子工藤哲雄宮島律子愛されることよりも どれだけ愛してるかが大切… そんなの言えるほど 大人になりたいと思わない  世間から奪っても 抱きしめてメロメロな顔をしたいよ ふざけてしまうけど ふれあう胸が熱い  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで感じて感じて あなたがいる となりにいる 夢ならさめずにいて  ジェラシーも振り切れる 愚かな Silly Girl になれない まだまだ運命の 迷路はどこまでも続いてく  太陽がやけおちて 生き残るねえ二人きりになりたい 世界が敵だって それでもいいと思う  離さないで どんなときでも 最後は手を握ってて! 握ってて! 夜明けなんて いらないから 夢では終わらせない  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで叫びたい叫びたい あなたがいる 私にいる 夢ならさめずにいて  離さないで どんなときでも 最後は手を握ってて! 握ってて! 夜明けなんて いらないから 夢では終わらせない  出逢えたよね 嘘じゃないよね からだじゅうで叫びたい叫びたい あなたがいる 私にいる 夢ならさめずにいて
夢の合鍵夢見る気持ちを 忘れた自分が 鏡の向うで 黙りこむ 幸せな振りで 暮らしているけど 何かを諦らめている  賑やかな 街には 一時の 夢が溢れても 分かりあえる 人の事は 忘れないわ  少年の様に 胸を踊らせた あの日の自分を 探したい 壊れたおもちゃを 宝物にした 気持ちを 思い出したい  忙しい 毎日 心まで 少し疲れてる 話し掛ける 勇気もない 毎日だね  Stay my heart Stay my dream 遠い記憶が Make my days Make my nights 夢の手がかり 見付けられること 信じ始めた 自分に気付く Change my heart Change your heart  ガラスの瞳を 鬱ろな涙が 濡らした 昨日を消して  もう一度この手に 砕け散った 夢のかけらを 拾い集め つなぎ合わせ 取り戻そう  Stay my heart Stay my dream 旅の始まり Make my days Make my nights 生まれ変れる 扉を開ける 鍵を見付けた 自分の中に I can fill  Stay my heart Stay my dream 遠い記憶が Make my days Make my nights 夢の手がかり 見付けられること 信じ始めた 自分に気付く Change my heart Change your heart森口博子安藤芳彦中島文明夢見る気持ちを 忘れた自分が 鏡の向うで 黙りこむ 幸せな振りで 暮らしているけど 何かを諦らめている  賑やかな 街には 一時の 夢が溢れても 分かりあえる 人の事は 忘れないわ  少年の様に 胸を踊らせた あの日の自分を 探したい 壊れたおもちゃを 宝物にした 気持ちを 思い出したい  忙しい 毎日 心まで 少し疲れてる 話し掛ける 勇気もない 毎日だね  Stay my heart Stay my dream 遠い記憶が Make my days Make my nights 夢の手がかり 見付けられること 信じ始めた 自分に気付く Change my heart Change your heart  ガラスの瞳を 鬱ろな涙が 濡らした 昨日を消して  もう一度この手に 砕け散った 夢のかけらを 拾い集め つなぎ合わせ 取り戻そう  Stay my heart Stay my dream 旅の始まり Make my days Make my nights 生まれ変れる 扉を開ける 鍵を見付けた 自分の中に I can fill  Stay my heart Stay my dream 遠い記憶が Make my days Make my nights 夢の手がかり 見付けられること 信じ始めた 自分に気付く Change my heart Change your heart
LUCKY GIRL ~信じる者は救われる~信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに  好きなコ見つけたら どんどんチャレンジする 失恋したって ダメモト 失敗は成功のモト 勉強もファッションも ダイエットもがんばって どっかで生きてる王子様 出会えるその日まで  ゴールはただ1つ ルールは2つ “元気”と“勇気”あればいい  信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに  ポジティブな性格 私の売りモンク 仕事も趣味もヤル気次第 恋人だって努力次第 馬券も宝クジも 買わなきゃ当らない ファミコンだって 恋だって やらなきゃ 下手になる  ゴールはただ1つ ルールは2つ “気力”と“体力”あればいい  シンデレラストーリー 目指さなくちゃ 涙は Don't worry 忘れなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない  イザと言う時 勝負に弱いの こわばった笑顔は ほとんど泣き顔 ツイてなくても あきらめちゃダメよ 今度こそ世界一 ラッキーガールになる!  信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに森口博子広瀬香美広瀬香美信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに  好きなコ見つけたら どんどんチャレンジする 失恋したって ダメモト 失敗は成功のモト 勉強もファッションも ダイエットもがんばって どっかで生きてる王子様 出会えるその日まで  ゴールはただ1つ ルールは2つ “元気”と“勇気”あればいい  信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに  ポジティブな性格 私の売りモンク 仕事も趣味もヤル気次第 恋人だって努力次第 馬券も宝クジも 買わなきゃ当らない ファミコンだって 恋だって やらなきゃ 下手になる  ゴールはただ1つ ルールは2つ “気力”と“体力”あればいい  シンデレラストーリー 目指さなくちゃ 涙は Don't worry 忘れなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない  イザと言う時 勝負に弱いの こわばった笑顔は ほとんど泣き顔 ツイてなくても あきらめちゃダメよ 今度こそ世界一 ラッキーガールになる!  信じる者は救われる 未来は Love & Dream 叶えなくちゃ 反省しても後悔しない やるしかない お楽しみに
LOVE FUTURE友達さえ呆れ顔でみてる 「幸せが靴を履いて歩いてるみたい‥」 そのフレーズ メモらせてもらうね あの人に逢いに行く感じ、突いてる  街もときめいてる 前の恋から こんな気持ちなくしてたのに‥  ふりむかない逃げ出さない怖がらない 恋は突然 走り出してしまう からだじゅうで追いかけたいあなたとなら どんな未来もきっと叶えられるよ  くるま停めて見る東京タワー いくつかの辛い恋がダブルはずだけど 今 素直に きれいだと言えるよ 抱きよせる指先を信じてるから  心 不安なほど 信じぬかなきゃ いけないってやっとわかった‥  ひとりじゃないうつむかないあきらめない いつか小さな すれ違いが来ても 世界中のどこにもない恋をしよう どんな未来もきっとおもうままだよ  ふりむかない逃げ出さないこんどこそは 恋は必然 じっとしてられない 世界中のどこにもない恋はつづく おわることない長いものがたりだよ森口博子工藤哲雄宮島律子友達さえ呆れ顔でみてる 「幸せが靴を履いて歩いてるみたい‥」 そのフレーズ メモらせてもらうね あの人に逢いに行く感じ、突いてる  街もときめいてる 前の恋から こんな気持ちなくしてたのに‥  ふりむかない逃げ出さない怖がらない 恋は突然 走り出してしまう からだじゅうで追いかけたいあなたとなら どんな未来もきっと叶えられるよ  くるま停めて見る東京タワー いくつかの辛い恋がダブルはずだけど 今 素直に きれいだと言えるよ 抱きよせる指先を信じてるから  心 不安なほど 信じぬかなきゃ いけないってやっとわかった‥  ひとりじゃないうつむかないあきらめない いつか小さな すれ違いが来ても 世界中のどこにもない恋をしよう どんな未来もきっとおもうままだよ  ふりむかない逃げ出さないこんどこそは 恋は必然 じっとしてられない 世界中のどこにもない恋はつづく おわることない長いものがたりだよ
両手を広げて一人きりで 月を見ています 二人きりの 時を思います  言えなかった 言い訳繰り返してみたり アマノジャクな 自分を反省したり  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて いつまでも 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 心から 嫌になる 毎日が ツラスギ  怒った事 後悔してます 自分勝手 承知の上です  やり直そう 素直に言えたら良(い)いのにね 女っぽく 泣いたり出来たら楽ね  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 今だって 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 本当に 宛のない 日を過ごす サイテイ  Want You あなたを Need You いつでも Love You そばにいたいのに  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて いつまでも 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 心から 嫌になる 毎日が ツラスギ森口博子川咲そら広瀬香美一人きりで 月を見ています 二人きりの 時を思います  言えなかった 言い訳繰り返してみたり アマノジャクな 自分を反省したり  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて いつまでも 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 心から 嫌になる 毎日が ツラスギ  怒った事 後悔してます 自分勝手 承知の上です  やり直そう 素直に言えたら良(い)いのにね 女っぽく 泣いたり出来たら楽ね  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 今だって 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 本当に 宛のない 日を過ごす サイテイ  Want You あなたを Need You いつでも Love You そばにいたいのに  アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて いつまでも 両手広げ待っている ずっと アー 逢いたい 逢いたい あなたに逢えなくて 心から 嫌になる 毎日が ツラスギ
WILD CATガードレールに腰かけた私は 四角い星空を見上げてる 都会の夜は抜けられないジャングルさ迷う恋人たち 馴れ馴れしく声かけて誰かが近付く わざとらしいわその気にはなれない 一人にさせといて LET ME BEALONE! 甘く見ないで私 見かけよりも 手強い女だから 正しい事と正しくない事の境界線なんてスレスレね だからいつでも綱渡りして来た自分をいじめたくて 奇麗事でやりすごすルールは嫌いよ 爪を隠したこの心の中に うまく笑えないの I KNOW WHAT YOU WANT! 甘く見ないで仔猫じゃ いられない 野生の女だから  しなやかな山猫が 真夜中の街を駆け巡る 気分一つで愛し合えるなんて 寂しい人たちね I DON'T NEED YOUR LOVE! 甘く見ないで気紛れじゃ済まない 本気でいきたいだけ わざとらしいわ その気にはなれない 一人にさせといて LET ME BEALONE! 甘く見ないで私 見かけよりも手強い女だから森口博子安藤芳彦戸塚修ガードレールに腰かけた私は 四角い星空を見上げてる 都会の夜は抜けられないジャングルさ迷う恋人たち 馴れ馴れしく声かけて誰かが近付く わざとらしいわその気にはなれない 一人にさせといて LET ME BEALONE! 甘く見ないで私 見かけよりも 手強い女だから 正しい事と正しくない事の境界線なんてスレスレね だからいつでも綱渡りして来た自分をいじめたくて 奇麗事でやりすごすルールは嫌いよ 爪を隠したこの心の中に うまく笑えないの I KNOW WHAT YOU WANT! 甘く見ないで仔猫じゃ いられない 野生の女だから  しなやかな山猫が 真夜中の街を駆け巡る 気分一つで愛し合えるなんて 寂しい人たちね I DON'T NEED YOUR LOVE! 甘く見ないで気紛れじゃ済まない 本気でいきたいだけ わざとらしいわ その気にはなれない 一人にさせといて LET ME BEALONE! 甘く見ないで私 見かけよりも手強い女だから
What a handsome woman!朝日が まつ毛 くすぐれば 不思議なほどに happyな気分よ マシュマロみたいな素肌で シャワー弾くなんて ナルシスト  地下鉄に吸いこまれ 急ぎ足で ハイヒール ローヒール 踏まれるの everyday  でも 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感にふるえてる パソコンの 画面に good good good morning ほほえみまで What a handsome woman!  パールのピアス あけたの 気分変わるわ 今日は トゥリフィック 誰かが すべてOKと Goサイン 出してる 空の上  キャフェ・オ・レのミルク ほら 湯気を立てて かき混ぜた スプーンがささやくは beautiful day  そう 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感に ふるえてる たまには 野外のコンサートでも フラリ行くわ What a handsome weekend!  でも 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感にふるえてる パソコンの 画面に good good good morning ほほえみまで  What a handsome woman!森口博子亜伊林辛島美登里朝日が まつ毛 くすぐれば 不思議なほどに happyな気分よ マシュマロみたいな素肌で シャワー弾くなんて ナルシスト  地下鉄に吸いこまれ 急ぎ足で ハイヒール ローヒール 踏まれるの everyday  でも 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感にふるえてる パソコンの 画面に good good good morning ほほえみまで What a handsome woman!  パールのピアス あけたの 気分変わるわ 今日は トゥリフィック 誰かが すべてOKと Goサイン 出してる 空の上  キャフェ・オ・レのミルク ほら 湯気を立てて かき混ぜた スプーンがささやくは beautiful day  そう 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感に ふるえてる たまには 野外のコンサートでも フラリ行くわ What a handsome weekend!  でも 今日は ちょっと ちがうみたいよ 素敵な予感にふるえてる パソコンの 画面に good good good morning ほほえみまで  What a handsome woman!
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. さとうきび畑
  2. 新時代
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 島人ぬ宝

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照