上田知華作曲の歌詞一覧リスト  175曲中 1-175曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
175曲中 1-175曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
PIECE OF MY WISH 新曲林部智史 新曲林部智史岩里祐穂上田知華出川和平朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る 太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ 希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH倖田來未倖田來未岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
Et j'aime la vie ~今が好き増田惠子増田惠子鮎川めぐみ上田知華夕暮れまで ひとりの時間 流れる雲 眺めて  走り抜けた 今日までの日々 ひとつひとつ たどれば  傷ついた日も 涙した日も 今ではすべて 愛しい記憶  何も知らず 笑えた日より 痛み解る 今が好き  日暮れ前が いちばん綺麗 空も街も バラ色  他の誰とも 比べられない この人生は 捨てたものじゃない  幸せとは 感じるココロ それが解る 今が好き  ありのまま これからも なるがまま hm Et j'aime la vie
PIECE OF MY WISH木山裕策木山裕策岩里祐穂上田知華宇戸俊秀朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないですべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
上野優華上野優華岩里祐穂上田知華時乗浩一郎翌朝 窓を開けて 吸い込んだ青空は 昨夜の雨さえ 忘れたみたいに  こんなふうに少しずつ 慣れていけたらいいな 離れていたって  君のいない初めての週末 がらんとした部屋にいつか影はのびて  好きになってしまったら 途端 不安になるの 幸せなはずの気持ちも 裏返しにしてしまうの  夢の見方がわからない そんな私の特技は あんまり多くを望まないこと  与えられるものは有限で いつも 求めるものは無限で  君がいればそれだけで こんな温かいから いつだって どこにいたって 大丈夫なのに  好きになってしまっても きっと変わらないよね 幸せなはずの気持ちを 怖がったりなんかしないで  翌朝 窓を開けて 吸い込んだ青空は 昨夜の雨さえ 忘れたみたいに 高く
PIECE OF MY WISH藤田麻衣子藤田麻衣子岩里祐穂上田知華羽毛田丈史朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないですべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
そして物語は行くNegiccoNegicco岩里祐穂上田知華CRCK/LCKS・connieどれかと似ていて どれとも違って あなたは やっぱり あなたなのね  何かが似ていて 何とも違って 私もきっと 一人だけの 私なの  You can't win them all but you can try いま 手を遠くのばして  どんな夢を見るの? どんな風が吹くの? どんな朝に出会うの? 花を抱え 物語は行く  誰も見たことない 誰も歩いてない 目印のない道を いっしょに 歩いてこう  We can't win them all but we can try さあ 手をそっとつないで  奇跡は起きている 奇跡は続いてる 私たちの明日が 思いがけない物語になる  変わり続けてゆく 日々と時代の中で けれど色褪せないもの 追い駆けよう そしてずっと  どんな夢を見るの? どんな風が吹くの? どんな朝に出会うの? 花を抱え 物語は どこまでも
風も空もきっと…月蝕會議月蝕會議上田知華上田知華月蝕會議人込みに消えてゆく 背中に向かって手を振った 昨日までが 嘘みたいに見える  涙出るほど笑って 手をつないで見つめ合えば いつも匂い 胸をせつなくした  わがままもしたし つまらないケンカもした 逢えなくなる日が来ることも 知らないで  あの日 追いかけて 気持のすべてを打ち明けたら 風も 空もまだ ふたりだけを包んでた  明日のこと思ったら 気持ちが少し前を向く きっと(どこかに)続く(小さな) 道を歩いてゆこう  ひとりきりになった 会いたい夜につないだ 言葉のラインも 今はもう届かない  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる
青い空と赤い花今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華そんなつもりじゃないけど あの角を曲がったら 赤い花の蕾がひらいてるかも  だからね ケセラセラ 鏡に向かって  明日から吹く風が 幸せを探してる 風が吹くなら 風に吹かれよう  こんなはずじゃなくたって 坂道を上ったら 会いたかった誰かが待っているかも  だからね ケセラセラ 両手を広げて  明日から吹く風が 悲しみを連れてゆく 昨日も今日も 続くものがたり  だからね ケセラセラ 鏡に向かって  明日から吹く風が 青空を連れてくる 風が吹くなら 風に吹かれようよ 今日も そして明日も ずっと
PIECE OF MY WISH工藤あやの工藤あやの岩里祐穂上田知華岩本正樹朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る 太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ 希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH森恵森恵岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH上野優華上野優華岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩き出せる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人は友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎をくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISHAldiousAldious岩里祐穂上田知華Aldious・小林信一朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇は必ず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで全てが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくいかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらに集めて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか全てが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISHNoaNoa岩里祐穂上田知華内野歩・TOSHiYA朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH米倉利紀米倉利紀岩里祐穂上田知華湯浅篤朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISHMs.OOJAMs.OOJA岩里祐穂上田知華福田貴史朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISHつるの剛士つるの剛士岩里祐穂上田知華中村圭作朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
再会今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華サイモン・ヘイルもしも 時さえ戻せても また 変わらない日々 私は選んだでしょう  きっと 今日までのことすべてが 正しかったと振り返れば思えてくるの  海の見える思い出の場所で あの頃のように 彼女は笑った  私たち 曲がりくねった道も 迷ってばかりで 泣き続けた日も  精一杯 強く生きてこれたら 幸せと今は胸をはって言えるわ  そうね どちらともなく離れた そんな季節があったことも懐かしくって  試すように 人生はいつも 答えの見えない出来事ばかりね  どうしてなの あなたといるとなぜか こんなにも優しい気持ちになれるの  二度とない日を悔やまずに生きて 私たち それぞれの明日を歩こう
PIECE OF MY WISHkevinkevin岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために 雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
あなたしか覚えてない中村あゆみ中村あゆみ松井五郎上田知華泣いて見た夢が 夜明けの空に溶ける 心はいまも あなたを探して  きっと思い出じゃ 幸せにはなれない そう知っていたら どんな道 選んだろう  なぜ こんなに 苦しませるの どこにも帰れないのに  なぜ あんなに 愛してくれたの ただ 私を  なぜ あんなに 愛してくれたの ただ 私を  ねぇ 唇は あなたしか覚えてない  どうせ ぬくもりは 傷を深くするだけ この部屋 いまは 涙にも 冷たい  なぜ こんなに 逢いたくなるの そこにはなんにもないのに  なぜ あんなに ひとつになれたの ただ 二人で  聴いて さみしさは あなたしか覚えてない あなたしか覚えてない
ふたりの事中村あゆみ中村あゆみ松井五郎上田知華ずっとそばにいて 見ててくれた どんな場面にも あなたがいる  きっと愛なんて 言って迷うのなら そっと時を集めて 一緒にいればいい  このままで ただ ふたり 眠りたい  いつか命は 渇れちゃうけれど たぶん心には 続きがある  きっとさみしさを 知ってしまうのは そうよ なにがあっても 一緒にいたいから  このままで ただ 強く 抱いていて  そっと時の流れに 一緒にいたいもの  このままで Wow ふたり 眠りたい  強く 抱いていて
PIECE OF MY WISH華原朋美華原朋美岩里祐穂上田知華Satoshi Takebe朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないですべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
風きり 自転車藤田恵美藤田恵美上田知華上田知華風きり自転車で 駅まで向かう いつもの 散歩の犬が しっぽを振った 朝が 始まる… コンビニの窓に 髪束ねた自分が マラソンのランナーのように 前だけ見てる 胸の中の 深く静かな空 走っても 走っても どこまでも蒼く… 『どうしている? 元気でいる… いつもそこで見ている?』 ちぎれた 雲が流れる  目の前のことに ただ夢中で来たけど もっと暖かく もっと柔らかく なれたらいいのに… 胸の中の 深く静かな空 走っても 走っても どこまでも蒼く… 『それでいいよ…』 声が言った… いつもの朝の街 ちぎれた 雲が流れる
冬の青空薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子尾上文上田知華何気なく見つめてた青空 街角で人を待つ間に 薄い雲が飛んで冬の陽に透き通っていく 耳もとに 波音を運んでくる  一行の風を見送ったら 微笑みが肩を抱き寄せてた 光る砂の上でふとふりむいた微笑みが 冬の陽の街角によみがえる いつも隣にいて  幸福は胸の奥の水平線 溶ける風のひとかけら ゆるやかに波が寄せて いつのまないか時間(とき)が止まる夢の中  街路樹の枝をすべりおちた 木もれ陽が舗道に踊る頃 ささやかな一日が二人の胸に降りつもる 冬色の想い出がまたひとつ いつも隣にいて  黄昏が夜の星を誘っている遠い沈黙(しずけさ)の中で 二人がめぐりあったことの不思議さにいつまでもたたずんでた  幸福は胸の奥の水平線 溶ける風のひとかけら ゆるやかに波が寄せて いつのまにか時間が止まる夢の中
もう泣かないで薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子上田知華あぁ 夜空には たくさんの星がある ひとつひとつ それぞれに 輝いている  そう 誰だって いつでもどんなときでも キラキラした瞬間をもっているから  人は優しさの風 ふれていく度に 同じ風を誰かに 送ることができる  もう 泣かないで そんな寂しい顔 似合わないから 明日になれば きっと 朝日が涙を乾かすわ  あぁ 窓の外 風が木の葉をさらう 刻々と沈む 夕陽はどこへ旅するの 人は忘れられない ことを 想い出にも 変えることができるの だから 生きていける  もう 泣かないで そんな寂しい顔 見たくないから 明日になれば きっと 朝日が涙を乾かすわ  もう 泣かないで そんな寂しい顔 似合わないから 明日になれば きっと 朝日が涙を乾かすわ
風も空もきっと…川本真琴川本真琴上田知華上田知華Jimanica人込みに消えてゆく 背中に向かって手を振った 昨日までが 嘘みたいに見える  涙出るほど笑って 手をつないで見つめ合えば いつも匂い 胸をせつなくした  わがままもしたし つまらないケンカもした 逢えなくなる日が来ることも 知らないで  あの日 追いかけて 気持ちのすべてを打ち明けたら 風も 空もまだ ふたりだけを包んでた  明日のこと思ったら 気持ちが少し前を向く きっと続く 道を歩いてゆこう  ひとりきりになった 会いたい夜につないだ 言葉のラインも 今はもう届かない  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる
梅雨明けの頃上田知華上田知華上田知華上田知華坂の下から見える かげろうの中を 大きな背中を向けて 去って行くあなた 雨があがったあとの 木陰はまだ しずくの声を残している 別れが通り過ぎる かすんでゆく目の前 静かにさえぎる蝶が空へ  いつか季節を重ね忘れたはずなのに 今でも 目覚める時に横顔が浮かぶ 雨があがったあとの通りはもう 子供の中に溶けてゆく 涙も笑い声も ゆくあてなくさまよう 静かにさえぎる蝶が空へ
パープル・モンスーン上田知華上田知華上田知華上田知華気分を変えて みたくなるのは 女心の気まぐれじゃない 髪の形を変えればきっと あなた自身が 生まれ変われるはずよ  とりたての陽差しこぼれる(パープル・モンスーン) 新しい朝に目覚めて 曇った心の窓をあけてごらん 昨日よりステキになれるわ  まだ見ぬものに 憧れるのは 女心のいたずらじゃない 愛のチャンネル 回せばきっと 心ときめく 人と話せるはずよ  とりたてのぶどう色した(パープル・モンスーン) 新しい風を迎えて 曇った心の窓をあけてごらん 昨日よりステキになれるわ  とりたての陽差しこぼれる(パープル・モンスーン) 新しい朝に目覚めて 曇った心の窓をあけてごらん 昨日よりステキになれるわ 昨日よりステキになれるわ
サンセット上田知華上田知華上田知華上田知華図書館の広い窓に 5時の鐘渡る時 言いかけた言葉さえぎって あなた席を立つ 私からあなたとれば 残るのは涙だけ だけどもう遠去かる時間は 誰にも止められない サンセット それはたそがれ 夢が沈んでゆくわ サンセット 知らないうちに 色あせてゆく季節 何処か二人と似てるわ  心のままを口にする 勇気が少しあれば 帰り道あふれる後悔に 立ち止まり振りかえる サンセット そこはたそがれ 夕陽にあなたにじむ サンセット これもあなたの やさしい思いやりなの 悲しいくらいきれいよ サンセット 知らないうちに 色あせてゆく季節 何処か二人と似てるわ
シーユーアゲイン・初恋上田知華上田知華門谷憲二上田知華心の中にあなたは いるけれど 気取っても 恋はできない 感じたなら 今すぐ飛んでゆく この胸の愛を 投げるわ ひたむきに わがままに  シーユーアゲイン・初恋 輝く大空 心はパラダイス シーユーアゲイン・初恋 何度も 初めて 恋をする 女は自由な鳥よ  はなれていると 心が淋しがり とめどなく 涙誘うの 遠い昔 誰かに言ったかな かまわない 今がすべてよ とまどうな ふりむくな  シーユーアゲイン・初恋 哀しみ脱ぎすて あなたの胸に シーユーアゲイン・初恋 よりそう心がある限り あなたが初めての人  シーユーアゲイン・初恋 輝く大空 心はパラダイス シーユーアゲイン・初恋 何度も 初めて 恋をする 女は自由な鳥よ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
レインコート上田知華上田知華岡本おさみ上田知華レインコートの襟をたてながら 木作りのベンチに座ってみるけどもう 聴こえてこない あのにぎわいも 恋する人たちのささやく声も  あなたはいつも黙ってうなずいてくれるし 私は私で激しさみせないまま  レインコートを脱いであなたのあの部屋に立ちたい レインコートを脱いで強く抱かれたい  冬の雨を足にからませて 走り過ぎてゆく青い車よ  送られてまた別れて 別々に眠って ちがう夢見るのも もう淋しすぎるわ  レインコートを脱いであなたのあの部屋に立ちたい レインコートを脱いで強く抱かれたい  レインコートを脱いであなたのあの部屋で眠りたい レインコートを脱いで二人めざめたい
秋色化粧上田知華上田知華上田知華上田知華冷めきった愛と燃えすぎた恋を 黄昏の海に流したい あなた呼び出したわけなどないけど 何より心が欲しかった  二度としないわこんな淋しい恋なら あなた優しく夕陽ながめて  君は君らしく感じればきれいだぜ すこし秋色化粧して  恋したらいつもその人にすべて 合わせて自分を変えてきた あなたと並んで語り合ううちに 心の翳りが消えていた  夏が過ぎてく背のびをしてた夏が 無理に着飾る季節はさよなら 明日桟橋にまたあなた誘いたい すこし秋色化粧して  二度としないわ自分を捨てる恋なら 熱い涙であなたが揺れてる  君は君らしく感じればきれいだぜ すこし秋色化粧して
Lonely Weekend上田知華上田知華上田知華上田知華土曜の午後 賑う人たち 急いでいる 待ちわびた時へ みんな寄りそい うつろな昨日を 脱ぎすてるつもりなの? 嘘をついて 仕事があるのと あいつからの誘い断る そうして ひとりになっても まだ 自由な心になれないの  Lonely Weekend 孤独な私に 今 何かが足りない気持だわ Oh Lonely Weekend 学生時代 あの熱い希望かしら?  不思議がってみんな尋ねるわ 優しい彼 居るじゃないのと でも ぬくもる場所など ほしくない 何かに賭けてみたい 狭い都会(まち)に 自分の明日が 消されそうで 不安になるのよ 浮かれたって ごまかしそれだけ 余計 明日が悲しくなる  Lonely Weekend 孤独な私に 今 何かが足りない気持だわ Oh Lonely Weekend 子供の頃の あのまぶしい夢かしら?  Lonely Weekend 孤独な私に 今 何かが足りない気持だわ Oh Lonely Weekend ほんとの私 探してる 土曜の午後
あなたへのフライト上田知華上田知華上田知華上田知華離陸の知らせ 高まる気持 あなたの住所 小さく読み返す 暮らした土地を 捨てる感傷 見下ろす海は 凍てつく灰色  愛した人のもとへ 旅発つ決意 誰にも告げずひとり もう帰らない  今日の日の情熱に 素直に生きてゆきたいから 私にはあなただけ 他にはもう何もいらない  小説ひざに 開いたままで 心は遠く あの日を 想い出す あなたはまるで 嵐のような 強いまなざし 私に寄せたわ  甘えた日々に迷い 旅発つ決意 到着時刻しるし あなたに宛てた  窓越しに彩やかな 朝陽を胸に深く刻む もう二度と迷わない 私自身の為の旅発ち
いつものエピローグ上田知華上田知華上田知華上田知華傷ついたふりをしてテーブル見つめてね それから鍵を置いてお別れのポーズ だけど胸の奥ではとっくに許してる あと200数えたら舌を出すつもりよ  夕べあんなに頭にきて二人の写真破き 我ままだし口だけの悪い奴と決めた だけどあなたの笑い顔をこんなにそばで見たら カッカしてたハートも優しく溶けてゆく  こんなはずじゃなかった お人好しの私 昨日叫んだことを書いてくればよかった 200までの所を100に負けてあげる いつまでも意地をはる駄々っ子じゃないから  いつもケンカの終わる時は私の方が折れる ジャンケンより確率悪いエピローグ だけどそれより笑いながらたわいないオシャベリを 投げ合ってる時間が何よりいちばん  少しずつ少しずつ顔をあげてゆくわ きっとあなたは困って煙草くゆらしてる 隣のカップルを横目で気にしてね 新しい言いわけを考えてるかしら  なのにあなたは呑気な顔で新聞なんか読んでさ なのにその上大きな声でアメリカンおかわりだって ちょっと真面目に一度ぐらいは あやまったらどうなの そうよ そんなにすぐに言うこと聞いてくれてありがとう
憧れ上田知華上田知華上田知華上田知華その優しさを 私だけに くれたら ああ 誰よりも 強く思う日  熱い心を 窓ガラスに 吹きかけ ああ グランドを 走る影 追いかける  どうして 好きなのに つらいため息ばかり あの人は気付かない くもる窓の一枚  あの人好き?と 昨日ここで聞かれて ああ 別の人 わざと指さす  季節(とき)が移れば それで終る 憧れ ああ ひとこまの 思い出も いらないわ  どうして それなのに つらいため息ばかり あの人と歩く夢 見てる一人 黄昏れ  どうして 好きなのに つらいため息ばかり あの人は気付かない くもる窓の一枚 あの人は気付かない くもる窓の一枚
メロディー上田知華上田知華上田知華上田知華淋しい時は 誰にでもあるわ 心に雨が降る 表はまぶしく 晴れてる みんなが 笑っている そんな時は 小さくメロディー 好きな唄 勇気の唄 風の中へ 小さくメロディー ほらもうすぐ 笑えるわ  悲しい時は 誰にでもあるの 心が寒くなる 誰かに 慰められても ひとりで 考えても そんな時は 小さくメロディー 好きな唄 デタラメ唄 声に出して 小さくメロディー ほらもうすぐ 強くなる  そんな時は 大きくメロディー 好きな唄 勇気の唄 声を出して 大きくメロディー ほらもうすぐ 笑えるわ ラララ ラララ…
Hurricane上田知華上田知華上田知華上田知華夕暮れのシーサイドロード すれ違うヘッドライト 今街へ急ぐ 飛び出したコーヒーハウス 振り向きもせず 素直じゃなかった  あの夜頬をたたいた そのわけがわかったの  街中の人に尋ねる 彼がどこか教えて 1秒も今は待てない 景色がにじんでゆく “I'm so sorry, I love you”  3ッ目のインターチェンジ 消えてゆくトワイライト 何もかも青く めぐり逢ったサンセットビーチ 彼の言葉を 思い出していた  “本当に優しい人は 慰めてくれない”って  疑った私許して 裂けそうな胸の傷 何ももう今はいらない シグナルもつき抜けて “I'm so sorry, I love you”  誰か知らない娘と 重なる彼が見える 心は Hurricane  街中のドアをたたくわ 彼がどこか教えて 1秒も今は待てない 叫び出す胸の声 “I'm so sorry, I love you”
Last Dance上田知華上田知華上田知華上田知華午前零時のホールは ミラーボールが流れて すれ違い始めた日々たどる二人  あなたをひとりにさせた あの夜に出逢ったのね 優しく淋しさを受け止めた それが彼女なの  腕を取って さあ 頬を寄せるの 見つめないで もう あの日思い出すわ  友だちに聞かれるたび 無邪気な自慢をしてた “お互い気ままに暮らせるから…幸せ”と  腕を取って さあ 頬を寄せるの 泣かせないで ああ “忘れないよ”なんて チークタイム最後に ひとつになる影たち 自由なんて ひどく冷たい言葉なのね  腕を取って さあ 頬を寄せるの 抱きしめてよ ねえ 今夜 Last Dance
Bubble Bath上田知華上田知華上田知華上田知華日曜のまだ ざわめきもない朝 ゆっくりからだを 暖める あなたを思って…  あの時はあまり 自分がわからなくて あなたの大切さ 見失っていた  寂しい 甘えたい 優しく してほしい いま バスタブ 揺れながら つま先で 白い泡を蹴飛ばす  メッセージを聞く 元気も勇気もなくて 誰とも話せない 電話したくない  寂しい 甘えたい 優しく してほしい いま 一度も 言えなかった 言葉たち バブルのように溢れる  寂しい 甘えたい 優しい あなたのすべてが  愛しい せつない ため息が 止まらないの 一度も言えなかった 言葉たち バスタブに溢れてる
Time To Say Goodbye上田知華上田知華上田知華上田知華泣かないつもりでいたけれどね そんな優しい顔で 見られると ぱっとあの日が 溢れては 輝きだす  どうしようもできなくなって ひどい事も言ったけれど 何もしない 週末のよく晴れた日が 急にむなしくなったの  どんなチョイスしても 間違ってたかも 傷つけて終わりたくはなかった  抱きしめて 他の誰よりも わかりあっていた日の ふたりのように  降りそうな 空は 叶わない ふたりの未来を 輝くものには しないの  はじめて 触れあった時の 熱い気持ちが今もまだ 本当のことよりもっと 本当に思えてくるの 悲しく  今日で最後なんて 決めなきゃよかった 何もかも投げ出せなくしたけど(したけど…)  抱きしめて 心から笑って 寂しさをぬぐいあった ふたりのように  降りそうな 空も 叶わない ふたりの明日を 輝くものには しないの  お願い もう言わないで(言わないで) 昨日も 明日もいいの(もういいの) 私だけ(今は) 見つめて(見つめていて)  抱きしめて 心から笑って 寂しさをぬぐいあった ふたりのように  降りそうな 空も 夜明けには ふたりの未来に 光を届けて くれるわ
おやすみ上田知華上田知華上田知華上田知華オヤスミをしようね 月も星も眠るから 今日あった楽しいことを 思いながら眠ろう  やわらかい寝息は 天使のためいきみたい またいちにち笑えたこと ほんとうに感謝しよう  Hey だいすきなひと いい夢を見ようね もしも叶うことなら ずっとそばで見ていたい  今は小さな手にも いつか勇気が溢れて 旅立つ日がきっとくるの 少し寂しいけど  Hey だいすきなひと いい夢を見ようね ひだまりの道 草の上 明日もきっと歌おう Wooh Yeah だいすきなひと いい笑顔しよう あなたを見ると誰だって 微笑みたくなるの  Hey だいすきなひと いい夢を見ようね ずっとおとなになってからも 忘れないくらい大きい Wooh Yeah だいすきなひと いい笑顔しよう あなたのまわりがいつも 幸せあふれるように  ラララララ ラララララ
PIECE OF MY WISH上田知華上田知華岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH青木隆治青木隆治岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
幸せのキャパシティBlooming GirlsBlooming Girls松井五郎上田知華石川鉄男そうね 同じ気持ちでも 選ぶルートで 愛はいろんな形になる  きっと うまくいかない時の さみしさにも なにか意味があるはず  みんな扉の 鍵を試してる その先にあるもの 見たくて いつだって  大丈夫 信じなさい 幸せのキャパシティ 心にはあるから 大丈夫 前を向けば 知りたい未来が すぐそこにある  そうね いまこの一瞬が どんなときか ほんとは誰にもわからない  きっと 答えを見つけても 時はふいに 違う方 向いたりする  だけどそれぞれ 別の道なのに この空はひとつに ひろがる いつだって  大丈夫 信じるほど 幸せのキャパシティ 思うよりあるから 大丈夫 傷ついても そのとき気がつく 強さもあるわ  大丈夫 信じなさい 幸せのキャパシティ 心にはあるから 大丈夫 前を向けば 知りたい未来が すぐそこにある  大丈夫 前を向いて 知りたい未来が すぐそこにある
wishBlooming GirlsBlooming Girls松井五郎上田知華石川鉄男昨日はありふれた 一日だったはずが いつか とても大事な 思い出になる  そのとき気づかない なにげない幸せは かならず 心を救う 力に変わる  そう さみしさは 強いけど そこに きっと 意味が あるから  誰だって(誰だって) 愛される(愛される) ために生まれてきたもの 祈るような鼓動 たったひとつ 守りながら  汚れた世界にも 芽吹いた命の種 次へ 繋げるなにか 教えてくれる  そう 悲しみも 続くけど 決して それが すべて ではない  誰だって(誰だって) 愛される(愛される) ために生まれてきたもの 祈るように触れる 朝の光  ただ信じて  明日もありふれた 一日かもしれない それでも そこには はじまりがある
ヘップバーンによろしく早見優早見優松井五郎上田知華ためいきばかりの 真夜中の部屋 偶然つけたテレビ 懐かしいあの映画  待ち合わせた店 服の柄さえ あなたの優しい瞳と 一緒に思いだせる  小さなスクーター 二人 乗って みじかい髪も 真似した遠い夏  愛しても 愛しても たりないほど 愛していた  気がつけば こぼれている 涙 拭ったなら ヘップバーンによろしく  星屑 見た場所 喧嘩した夜 いまでは 違う街に 暮らしているみたいね  噴水の広場で コイン投げて また来ようねと 祈った遠い夏  愛しても 愛しても たりないほど 愛していた  過ぎてゆく ものばかりが いつも 涙になる 帰らない休日  愛しても 愛しても たりないほど 愛していた  気がつけば こぼれている 涙 拭ったなら ヘップバーンによろしく
桜詩集南野陽子南野陽子康珍化上田知華ふたり またね こうして おんなじ川沿い 歩く日が来るって 思えなかった  ぼくは 変わっただろう そんなことないよ あなたらしく 時を 重ねたみたい  誰だって 一生忘れない 恋がある わたしには あなたと生きてた あの頃  今と 違うわたしを 夢見たりするの だけど 臆病なの 子供じゃないもの  しあわせって 簡単 しあわせって 難しい 戻り橋(ばし) 過ぎ橋(はし) 昨日くれたキス  心に 正直に 向き合える日が来たら 迷わずその胸に 帰るから 待っていて  春の細い小枝に 命を燃やして 咲いた 目黒川の 桜がきれい
月夜のくしゃみ南野陽子南野陽子南野陽子上田知華新しい明日のために 人も街も眠り 私だけ 今日に残され 月に語るの  目の前に何があるのか それさえも わからず 冷たい風と景色が 時を進める  Ah 迷いだけ私のそばに近づいてきて ふと涙を落としてゆく Ah 月は満ち いくつ欠けたら 本当の私自身に出逢えるの  優しさと 憎む気持ちを 人は心に秘め 傷つけ そして寄りそい どこへ旅立つ  Ah 忘れたい 想い出だけが 胸をかすめて あわい痛みを残してゆく Ah 星は降り いくつ果てたら もっと強くなれるかしら  あやまちをくりかえし 後悔だけが呼び止めるけど ずっと歩き続けたいの  Ah 月は満ち いくつ欠けても 私を信じていたいの  そっと明けてゆく紫の空 冷えた躰抱いて 私を待ってる人の中に帰ろう
愛しい時ともさかりえともさかりえYOU上田知華いつもよりちょっと早く夏が過ぎ去ってたら どこか遠い目をしたようなあなたに会えなかった スカートの裾だけが風をうけてひろがる 心なくすことがあったのね 笑い方も忘れてる どんな愛があって そして消えてったの 人はみな勝手だと さみしいと 知っているでしょう たぶんその心傷つけたそれも 愛だった ふいに降り出した雨に 二人肩をよせたら 優しいあたたかいその温度が肌にしみるみたい どんな夢があって 壊れてしまったの やめないで 望むこと  続くことでもわかるでしょう いつの日も自分もてあます それが夢だって 喚声みたいな波がよせてはひき 海になる遠い場所へ流れても ここにいてみてるから この空は変われない 変わらない あなたと似てる でもいつか それも懐かしく愛しい時 人はみな勝手だと さみしいと 知っているでしょう まよっても心揺れるから 愛しい時 
泣いちゃいそうよともさかりえともさかりえ秋元康上田知華一緒にいるそれだけでも しあわせだと思ってた だけど今は もっともっとなんて 欲張りだね  いつもの道 歩きながら 曲がり角で立ち止まる 急に消えた私 探している その顔を見たくて…  泣いちゃいそうよ 私の方が あなたのいない世界 泣いちゃいそうよ 私の方が こんなに愛してる  どんな時も 私だけを 見つめていて欲しいのよ 愛はいつも 不安 隠すように わがままになるのね  泣いちゃうなんて 私らしくない あなたの腕の中で 泣いちゃうなんて 私らしくない 何かを確かめる  泣いちゃいそうよ 私の方が あなたのいない世界 泣いちゃいそうよ 私の方が こんなに愛してる あなたを愛してる
PIECE OF MY WISHマルシアマルシア岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る 太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ 希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために 雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
Piece Of My Wish黒瀬真奈美黒瀬真奈美岩里祐穂上田知華朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩き出せる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISHデーモン閣下デーモン閣下岩里祐穂上田知華朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないですべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH稲垣潤一 Duet with 辛島美登里稲垣潤一 Duet with 辛島美登里岩里祐穂上田知華清水信之朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH河口恭吾河口恭吾岩里祐穂上田知華Dr.kyOn朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
PIECE OF MY WISH中西保志中西保志岩里祐穂上田知華朝が来るまで 泣き続けた夜も 歩きだせる力に きっと出来る  太陽は昇り 心をつつむでしょう やがて闇はかならず 明けてゆくから  どうしてもっと自分に 素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが 願いを叶えたいの だけどうまくゆかない 時もあるわ  希望のかけらを 手のひらにあつめて 大きな喜びへと 変えてゆこう  愛する人や友達が 勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは 一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちも 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつかすべてが 崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
瞳がほほえむからSotte BosseSotte Bosse岩里祐穂上田知華ナカムラヒロシねえ この世に生まれて最初の朝に何が見えたの? 今 その輝きであなただけを見つめている  一面に咲いた菜の花の色 ほら拍手のように揺れてる  迷った遥かな日々 涙じゃなく力にして あふれる想いを今こそ果てなく抱きしめて  ねえ 憶えてますか めぐり逢いはいたずらだよね でも 遠い痛みもいつか愛の強さになる  歩き出す肩にとまる光が 二人やさしさへみちびく  感じて あたりまえの、ありったけの心の声 さわって くりかえす明日を乗り越えてゆくのね  うれしい あなただけが私だけをさがしていた 見つめて ふたつの瞳に言葉はいらないの  ほら 瞳に映るあなたが今ほほえむから…
今年最後のシャーベット小泉今日子小泉今日子川村真澄上田知華耳をそろえてサヨウナラ これぽっちも気付かない 冷たさならば やさしさに はきちがえたげる  落葉を足でかきまぜた 乾いた音がする彼女 編みあげた髪 ほどくのが そんなにイイわけ?  今年最後のシャーベット 鼻にツーンと来るがいい 息止めて 寒い心にブランケット 二度と恋などしたくない 思い出寄せた胸のプリーツ 閉じましょうか  偶然だったカフェテラス 黒い御影石(ミカゲ)のテーブルに 映る自分をなだめてた 二人が行くまで  今年最後のシャーベット 鼻にキーンと来るがいい 目を閉じて 愛の背中にプロージット 泣きたくなんかないのにね 涙の味は甘いフルーツ I wish you'll cry for me  恋の空には 三日月も うそつきもいない  今年最後のシャーベット 泣きたくなんかないのにね 涙の味は甘いフルーツ I wish you'll cry for me
ガラス色の午後榊原郁恵榊原郁恵上田知華上田知華林哲司ガラスのドアがあいて 振りむけば違うシルエット 近づくテーブルには 笑顔の相手が待つワ プール・サイド見降ろす 恋人同志気になる ぬれたあなたの腕に 寄りそうはずだった TEL(でんわ)が鳴って ハートが鳴って 名前を呼んで 他の娘が立って 約束の時間 とっくにすぎてる またひとり 涙に揺れる サンシャイン  ピンク色の受話器が ふるえるのを待っている お願い逢えないなら 声だけだっていいのに 人影はもうまばら ひとりふたり消えてゆく まぶしい青空さえ どこかに帰ってく TEL(でんわ)が鳴って ハートが鳴って 名前を呼んで 他の娘が立って あなたのことを 疑いだしてる ゴメンナサイ 涙に揺れる サンセット  TEL(でんわ)が鳴って ハートが鳴って 名前を呼んで 他の娘が立って あなたのことを 疑いだしてる ゴメンナサイ 涙に揺れる サンセット
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Angel Eyes中森明菜中森明菜松井五郎上田知華青い夜明けを流れる あの雲の群れ どんな空へ たどり着くか知らない  まだ名前もない気持ち あふれる胸は たったひとつの 楽園を夢見る  なにかをはじめてごらん 愛と呼べる やさしさがかならず できるから  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつもいつも あなたをみつめてるAngel Eyes  手をのばせば 消えてゆく 想い出ばかり 追いかけても 微笑みは戻らない  心を信じてごらん 愛はけして むずかしくはないと わかるまで  Angel Eyes Angel Eyes 忘れないでほしい いつも いつも あなたのそばにいる Angel Eyes  Angel Eyes Angel Eyes 悲しみより強く いつもいつも あなたを守ってる  Angel Eyes Angel Eyes 涙の向こう側 いつも いつも あなたをみつめてる Angel Eyes
雨が降ってた…中森明菜中森明菜岩里祐穂上田知華こんないとしさに出逢うなんて 思いがけもしなかった 抱きしめる腕を Ah… 逃げるように 愛をすてたのは私  雨が 雨が降ってた あの日の場面が ここにある すこし傷んでる髪を 気にする指がふるえ… あなたが今 見つめてる  駐車場にできた水たまりに 小さな輪が生まれてる ふつうの女ね fu… 私なんて 誰かいなきゃ こわれそう  もっと素直になりたい あやまち それさえ おそれずに あなた ほほえんでくれた とまどうように 涙 あふれるよに  雨が 雨が降ってる あの日の場面が ここにある ゆるく たおれてゆくから 悲しいくらい 強く 激しく ただ 奪って
無実の罪小川範子小川範子松井五郎上田知華新川博知らない国の 港の夜風 悲しい媚薬が 隠されている  手の届かない 恋を欲しがる わたしのまなざしが 海に消えた  ごめんなさい あなたのこと 好きだと 言います 無実の罪のままで ふられたくない  揺れる夕月 涙の船 冷たい予感が 夜にひろがる  せめて一度は 抱いてほしくて やさしい胸の音 頬をあてた  ごめんなさい あなただけを 忘れてゆきます 想い出 持たないまま はなれたくない  ごめんなさい あなたのこと 好きだと言います 無実の罪のままで ふられたくない  ごめんなさい あなたのこと 好きだと 言います 無実の罪のままで ふられたくない
SHINING FOR YOU中山美穂中山美穂中山美穂上田知華夢で逢えたら どれだけ 明日の景色変わるでしょうか 五月雨 届いた手紙 “頑張れ”とだけ 一言だけ嬉しくて  静かな夜を越えて 遠くの夢が光る あなたは いちばん 輝く未来  時差を越えて 見つけて 私に見える ひとつだけ 見上げた空の中に 届けた星  空さえ泣いているけど 流れて雲は行くから 祈りは いちばん 消えない未来  風邪をひかないようにね 遠くにいたら看病も 出来ないから一人で しっかりいて 輝きをあなただけ… あいしてるよ
めぐり逢い石野真子石野真子松本隆上田知華週末のカフェの隅で 懐かしい顔が見えた 相変らず陽気そうに 話してたわ  私に気付いた時に グラスが宙へと止まる 記憶の糸たぐるように wow 泣き笑いしてた  Je T'aime Je T'aime 一度は愛してた 心の熱さがよみがえる Je T'aime Je T'aime 瞳があうだけで あの頃へと時が逆さに戻る  あなたはざわめき避けて 近付いて来るの 一人 ふと最初に声をかけた 夜のように  何故別れたのかなんて そうよ想い出さないで 元気そうね そう微笑む wow 大人になったわ  Je T'aime Je T'aime 楽しい夜だから 涙は見せない努力する Je T'aime Je T'aime あなたの薬指 まだ指輪をはめる人はいないの?  Je T'aime Je T'aime 私も憶えたわ 恋ってゲームのルールなら Je T'aime Je T'aime 遠慮はしないでね 手を重ねるだけで うなずくから  Je T'aime Je T'aime 一度は愛してた 心の熱さがよみがえる Je T'aime Je T'aime 瞳があうだけで あの頃へと時が逆さに戻る
うさぎ杉本彩杉本彩崔呉玉上田知華Do do you want me? You never tell the truth Don't wait for tomorrow 今すぐキスして  会いたくてここまで来たの はるか光越え  Shall we dance tonight 月から来た白いうさぎ Dancing to the beat 幸せ呼ぶ不思議な力 私だけ愛してればツキがまわる 恋も夢も思うまま  She should be in love She never try to hide Don't change it to sorrow 悲しみ要らない  あなただけ愛するために 姿変えたのよ  Shall we dance tonight 月から来た白いうさぎ Dancing to the beat ひとり遊び無邪気なマジック 裏切ると恐いくらい残酷なの 空も星も消せるわ wow wow  Shall we dance tonight 月から来た白いうさぎ Dancing to the beat 幸せ呼ぶ不思議な力 私だけ愛してればツキがまわる 恋も夢も思うまま
ガラスのクツ星井七瀬星井七瀬秋元康上田知華オーディションの会場は みんなの夢の入口 たったひとつのガラスの靴 誰の靴かを探してる  「かぼちゃの馬車に乗りたい」 つぶやく女の子たち もう1人の自分を信じて 私らしく 踊るわ  だって Chance! やってみなきゃ 始まらない もっと Chance! トライしなきゃ もったいない キセキは 勇気の隣に  私はなっちゃん 歌って 踊る 15秒だけのシンデレラ  12時の鐘が鳴っても 夢から覚めないように 明日のスターを そう めざして レッスンはずっと続けるわ  ガラスの靴でいつかは 上手に踊れるように 鏡の中の今の自分は 背伸びせずに 裸足で  いつも TRY! 歩き出せば どこか行ける きっと TRY! -歩一歩 近づくはず キセキは 努力の味方よ  私はなっちゃん いついつまでも 輝き続けるシンデレラ
再会の街で水越けいこ水越けいこ岩里祐穂上田知華十川知司陽ざかりの交差点で 息とめたまなざし あなたとの糸は遠い日 切れたはずだったのに 抱きしめた指の ぬくもりがせつなくよみがえる 許されるものならば このまま駆け寄りたい 愛を捨てたあなたなのに この胸はざわめきだす たとえすれちがっても 私に気づかないで 別離(わかれ)決めた時のように 行きすぎて 冷たく  呼びとめたあなたにとって 懐かしいだけでも 私には大きな賭けに なってしまいそうよ 今もまだあなたを 忘れずにいる私 あなたと暮らした日々 夢だと言い聞かせて 生きてきたの胸の奥に 想い出を隠しながら 小さな幸せでも 今の私のすべて ふたたびもう出逢えぬよう さよならを言わせて
レディのたまご堀江美都子堀江美都子白峰美津子上田知華信田かずおあんな事じゃダメ! そんな事じゃダメ! 怒鳴られてる毎日 胸がキュンと する ペダルをふみこみ アスファルトの道 ここじゃないどこかへ とんでゆきたい いま 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  すましているParty 落ち着かないDress なれない靴もつれて 胸がシュンと する トラブルになんか 意地悪になんか 絶対に振り回されるなんて イヤよ! いつか 気取ったあいつを 威張ったあいつを 見返したい  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご あわてないで Get your love 一人 シーツにくるまり 泣きベソかいても 始まらない  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day  Don't you know レディのたまご 今にみてて Don't you know レディのたまご 生まれ変わる Brand new day
せいいっぱいの瞳堀江美都子堀江美都子白峰美津子上田知華信田かずお緑の そよ風 君のドレスと ダンスしてる 眩しい 素足に 鳥が口笛 鳴らしてく 意地を張って むちゃをしても 憎めないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ  昨日のことより 今が一番 大切なの 嬉しい 瞬間 君は誰より 輝くよ 悩む顔も 笑う顔も あどけないの  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから きっと大丈夫 (Keep your dream) せいいっぱいの 勇気だから 誰もが君を 好きになるよ  涙だって 宝物に かえるエナジー  (Keep your dream) せいいっぱいの 瞳だから ステキになれるよ (Keep your dream) せいいっぱいの 心だから どんな願いもかなうはずよ
瞳がほほえむから伊東ゆかり伊東ゆかり岩里祐穂上田知華中村由利子ねえ この世に生まれて最初の朝に何が見えたの? 今 その輝きであなただけを見つめている 一面に咲いた菜の花の色 ほら拍手のように揺れてる 迷った遥かな日々 涙じゃなく力にして あふれる想いを今こそ果てなく抱きしめて  ねえ 憶えてますか めぐり逢いはいたずらだよね でも 遠い痛みもいつか愛の強さになる 歩き出す肩にとまる光が 二人やさしさへみちびく 感じて あたりまえの ありったけの心の声 さわって くりかえす明日を乗り越えてゆくのね  うれしい あなただけが私だけをさがしていた 見つめて ふたつの瞳に言葉はいらないの  ほら 瞳に映るあなたが今ほほえむから…
痛い恋をした中森明菜中森明菜及川眠子上田知華杉山卓夫あなたの星座を いまでも気にかけてしまう そっとめくる 占いのページ 幸せなの? 呟けば なぜか胸の奥 不意にきしむ  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  優しい気持ちで いつでも抱いてくれてたね そんな風景(けしき) 憎しみに消され 思い出せずいたけれど いつか涙さえかわいてゆく  嬉しくて ほのかにあたたかい とても痛い恋をした あなたがいたから 輝いてた すべてが  儚くて だけどこの心に 永遠(とわ)に残る恋をした もう逢えないから 愛しいまま  いまも揺れながら ひとり生きてるけど あの日痛い恋をした だから少しだけ 強くなれた 私は
微笑みがいつか松下里美松下里美松下里美・野村みき上田知華そっとかわすキスの途中で なぜか風の音が気になった 何も見えないの 心が迷子になっても あなたの胸の中でごまかしてた  いつか いつの日か 見た夢が道標 Bye-Bye Boy 忘れない ありがとう このぬくもりを  ケンカしたら負けてくれた それは嬉しい優しさじゃないの 水たまりには私じゃない私が映っている そんな恋が寂しかった  いつか いつの日か 見た夢が道標 Bye-Bye Boy 忘れない ありがとう ぬくもりを 風にことづけて 時々 微笑んでね Bye-Bye Girl 迷わずに ひとりでも歩いて行くわ  涙が少しこぼれる夜には 浮かんでは消える瞳 心であなたを呼ぶの  いつか いつの日か 私らしく輝いて Bye-Bye Boy もう一度 あなたへと会いに行く 風にことづけて 時々 微笑んでね Bye-Bye Girl 迷わない ひとりでも歩いて行くわ
愛はどこへゆくの松下里美松下里美戸沢暢美上田知華どんなふうにして 気持ちは触れ合うの キスをするたびに ときめきが急ぐ  Why 小さなけんかして 黙るあなた Stay 心は 遠くしないで  My Love 愛はどこへ For You ゆくのかしら まだ淡い悲しみが 素肌に染みる  どんなふうにして 心は抱き合うの 身体ごとすぐに たどりつきたいの  Why せつない出来事に ためされても Stay ふたりは平気 信じて  My Love 愛はどこへ For You ゆくのかしら 言葉よりぬくもりで 教えていてね  My Love 愛はどこへ For You ゆくのかしら いとしさはさびしさに 似ているの  愛はどこへ For You ゆくのかしら 言葉よりぬくもりで 教えていてね
Love you close知念里奈知念里奈森浩美上田知華大坪稔明生まれかわっても 何度でも私になりたい そうすればきっと あなた…また愛せるから  傷つくたび 信じること 今まで遠避けた やっと気づいたの たったひとりに めぐり逢える大切さ  “Love you close” あなたのその腕 ずっと青い空が見える あなたがいるから どんな悲しみさえ もう恐れることはないの  ただ恋しくて せつなくて言葉にならない 見つめあう日々の 気持ち…この胸に刻む  忙しさに 疲れたなら 心にくちづけて すべて隠さずに 分かちあいたい 振り向かずに生きるため…  “Love you close” あなたのその腕 ずっと青い空が見える 明日へ続くよ 日差し抱きしめよう 守りたいのはあなただけ…  今は小さな光だけど やがて大きな勇気にかえてゆくから かがやく季節のなか 私達は歩み出そう… Love…  あなたのその腕 ずっと青い空が見える 明日へ続くよ 日差し抱きしめよう 守りたいのはあなただけ…
Darlin'中山美穂中山美穂中山美穂上田知華小川恵津子合鍵で開けるドアはまだ不思議 住み着いた私の不安(にもつ)が増えてゆく 今夜はただ真っ直ぐ 家に帰る娘のように 疲れたその胸の中 飛び込むの  ねえ来て 私の心で やすらいで あなたの声の色 わかりはじめたから  バスルーム見詰めたまま鏡の中 陽射し浴びた少女のような瞳になる 空気を着るように袖を通したあなたのシャツ なぜ恋は消えると知ってときめくの?  ねえ聞いて 私の胸の奥の言葉 運命と呼べるの 逆らいたくはない Darling あなただけが 探せる気がするの 変わらない気持ちを 増やしていこうよ 愛してる…
六年間の一番の思い出 修学旅行SUPER BELL”ZSUPER BELL”ZSUPER BELL”S上田知華野月貴弘六年間の一番の思い出 修学旅行 二年二組 二階堂裕二 六年間の思い出の中で一番印象に残ったのは修学旅行だった。 修学旅行の中でも特に印象に残ったのは地獄谷。 それと東洋一の大きさのロープウェーだった。  地獄谷では白い水蒸気のようなものがあたり一面に充満していた。  道を数人で歩いていると物がくさったようなにおいがした。 みんなが下り降りていく道があったので降りてみると、4.50cmぐらい 離れているところに硫黄のような黄色い石のようなものがあったので、 取って菅原先生に聞いてみると硫黄だと聞いたので、うれしかった。  火山の近くまで行ったとき岩石を20個ぐらい取れたのは良かったけど、 もう少し登れたらよかったと思った。  ロープウェーに乗ったとき東洋一の大きさのロープウェーに乗れた うれしさよりも、よくこんな大きさで東洋一になったものだという 気持ちの方が強かった。  修学旅行で予定の変更・悪天候が無かったなら 最高の修学旅行になっていたかもしれない。
かわいい 悲しい松本英子松本英子川村真澄上田知華アンディ・ライト泣きたいほどの 事件でもないし でも冗談めいて 話せない 君の背中 指や仕草が 何故か急に わたしにはまぶしかった  いつのまにか 相談相手以上には なれない それはわかっていたよ 雨がつたう バスの窓ガラスごし 青く染まる街 ぎゅっと抱きしめよう  ほんの ほんの小さな 悲しみを糧に じっと明日を待つ わたしを見つけた せつなくて それでもしあわせで  君を好きだと言う 友達がいて バカだよね ようやく気づいたみたい もしもこの恋が最後なら もし そうなら  きっと きっと誰かを 悲しませたって ずっと 平気でいる わたしになれるの かわいくて それから 不幸で  ほんの ほんの小さな 悲しみを糧に じっと君を見てる わたしでいいから しあわせで 不幸で おかしくて  泣きたいほどの 事件でもないし でも冗談めいて 話せない 君の背中 指や仕草が 何故か急に まぶしかった
愛は夢のとなりに ~Dear Formula 1 Pilot~森口博子森口博子吉元由美・森口博子上田知華瞳閉じて 夢が動き出す モノクロのかげろうに あなたがゆれる 広い背中、何度 見送ったけど こみあげるせつなさは いつも変わらない  風の向こうに エールが響く 信じる心には ほら 感じるでしょう?  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる  忘れないで 祈るように見てる フラッグが振られたら 私思い出して  夢のとなりで あなたと走った せつなく泣いていた ほら 日々は遠く  悲しみも すべて愛する強さになる 抱きしめられたら 消えてゆく涙を きっと受けとめてね  たたかい終われば いつものあなたになる 私を その手で 強く抱きよせて ふたり、ひとつになる
あなたを見つめているから松本英子松本英子川村真澄上田知華アンディ・ライト青信号で 深呼吸 一日が始まる合図 忘れないで わたしはいつでも 世界でひとりの あなたを見つめているから  新しいときめきが 胸の中で波打つよ 聞こえたら 微笑んで それだけで きっと分かるから  手を振る時の 笑顔が 昨日よりも確かで イヤホンからもれてくるリズム 視線の行方が 探すものを教えて  暖かな太陽が 二人にそそいだなら まっすぐな この声を 心の奥に届けてよ  とても似てる 生き方や癖が あなたの夢 わたしにも見せて 今日も 明日も  新しいときめきが 胸の中で波打つよ 聞こえたら微笑んで それだけで きっと分かるから  暖かな 太陽が 二人にそそいだなら まっすぐな この声を 心の奥に届けてよ
Naturally Yours松本英子松本英子川村真澄上田知華アンディ・ライト地下鉄が 表に出て 急にまぶしい 夕陽が見えた 一番前に 乗ろうよ 子供みたいに走ったよね  あなたといると 不思議だけど ただの景色も 映画みたいね  ah そばにいよう ずっと 近くにいてね そんなこと 言えない わたしたち だけど 毎日逢える 約束しなくても めぐり逢えた そんな わたしたち  ポケットのコインの音 折り返した ジーンズの裾 あなたのまねをしてみる 一人の時 愛しいほど  大丈夫だよ そう言うけど 平気ではない 気づいていてね  ah 遠くにいても きっと 離れていても 同じ空 見てる わたしたち だから 歩いてゆける ちゃんと前を見てる めぐり逢えた 自然のように  寄り添うと楽になる 泣きたいくらい ah 言葉もなく 抱き合う わたしたち  ah そばにいよう ずっと 近くにいてね そんなこと 言えない わたしたち だけど 毎日逢える 約束しなくても めぐり逢えた わたしたち  ah 遠くにいても きっと 離れていても 同じ空 見てる わたしたち だから 歩いてゆける ちゃんと前を見てる めぐり逢えた 自然のように  I'm naturally yours めぐり逢えた
さよならレイニーステーション倉田まり子倉田まり子門谷憲二上田知華大谷和夫僕がきみにできることは もう何もない 傷ついた季節を通りぬけて ここまで よくきたね いつか もっと 辛いことが あるはずだけど 微笑みを 浮かべて 生きておゆき 教えた とおりに  さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション チェックの 傘に顔をかくして さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション すぐに 季節は 変わる  僕ときみと 逢えたことは もう想い出さ 大丈夫 ひとりで やってゆける また 恋もできるよ 好きな人ができた時は よく話し合い よりそって ごらんよ 君の愛 すべてをあずけて  さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション 発車のベルに少しおどけて さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション きみを 忘れはしない  さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション チェックの 傘に顔をかくして さよなら レイニー タウン さよなら レイニー ステーション すぐに 季節は 変わる
Kisses松たか子松たか子岩里祐穂上田知華武部聡志ありがとうのキスをした ごめんねのキスして「愛してる」 おはようのキッス おやすみの…して ただいまのキス はじめてのキス 別れのキス  私たち いくつ交わすだろう ひとつずつ すべてが愛の歌  もっと もっと 数え切れないくらい いっぱいのキスをしようよ  海の見える場所だった あの日は雨の匂いのなかだった 雑踏のまち 星のした せまいあなたの部屋で 何も言わない腕のなか  私たち いくつ交わしただろう これからも すべてが愛の歌  いつか いつか 白いベールをあげて 誓いのキスをしようよ  私たち いくつ交わすだろう ひとつずつ すべてが愛の歌  もっと もっとね 数え切れない いつも 幸せな キスをしようね 大好き 大好き
ひとり西田ひかる西田ひかる伊藤裕子上田知華久石譲会いたいのあなたに 星空ばかり 見上げている部屋で 何も手につかない 何もしたくなくて 窓の外を見てる 私はそう 最近まで 自分の未来を 動かすことが きっとできると 信じていたけれど ふれたいの そのひとみにそれはいけませんか? 星空はだまってる 私はひとり これからの出会いに 心ひらいて 誰かを愛せるの あなたへの想いが 過去のものになる ことが許せなくて ひとりきりで 生きてくのは あまりにも長くて 今すぐにでも 私の命 あなたのいる場所へ ふれたいの やさしい手に それはいけませんか? 変えられない未来が まさかあるなんて ふれたいの そのひとみに それはいけませんか? 星空はだまってる 私ひとり lalalalala........
二人だけの時間西田ひかる西田ひかる西田ひかる上田知華山川恵津子そばに ずっと ずっと いてほしい だから 止めて 止めて 時計を 今を もっと もっと 大切に 二人だけの時間 loving you ねぇ あなたは 強がりだけど 人に言えない辛いこと いっぱいあるでしょう 素直に弱さを 私には見せてよ 心開いて大丈夫よ 愛が逃げてしまわないように すべて心にきざみ込んで うれしいことも せつないことも 二人だけの時間 close to you いつも心の 笑顔見たくて 私は何でもしたい あなたのためなら さよならのキスも おやすみの電話も ひとつ ひとつ 大事にしてゆこう そばに ずっと ずっと いてほしい だから止めて 止めて 時計を 今を もっと もっと 大切に 二人だけの時間 Hold on 宝物のように 愛が逃げてしまわないように すべて心にきざみ込んで うれしいことも せつないことも 二人だけの時間 close to you
瞳のなかの未来南野陽子南野陽子田口俊上田知華萩田光雄ついてゆくわ あなたが 夢をつかめる世界なら こわくないわ この世がたとえ闇にとざされても  胸に吹く追い風は旅立つよ 生まれたての時代へ  Follow you, my love 感じたいの 今 その心を焦がすときめき Follow you, ねえ 見つめたいの まぶしすぎる 瞳のなかの未来を  離れないわ 涙が二人の愛を試しても 信じてるわ もう二度とつないだ指ほどけないと  あなたがいつもそばにいるだけで 哀しみにも負けない  Follow you, my love わかりたいの 今 その心が耐える痛みを Follow you, ねぇ 叶えたいの 腕の中で あなたがくれた未来を  Follow you, my love 感じたいの 今 その心を焦がすときめき Follow you, ねえ 見つめたいの まぶしすぎる 瞳のなかの未来を
風に乗って薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子上田知華上田知華会社の 帰りの 電車の窓から マーマレード色の夕焼けを見たの  知らない間に涙がこぼれて ともり始めた家の灯 胸に染みた  今夜風に乗り 言葉を届けよう 彼の住む街に素足で舞い降りて  ずっと 本当の自分に背を向けてた きっと わがままに  わたし見えたでしょう  偶然見かけた 懐かしい横顔 一人きりの彼に 何故ほっとしたの………  あんなに優しい気持ちを遠ざけて 寂しいなんて誰にも話せなかった  今夜風に乗り 言葉を届けよう 彼の住む街に素足で舞い降りて  ずっと 気付かずに心閉ざしていた こんな 暖かな気持ち忘れたまま  今夜風に乗り 素直になりたい 彼の住む街に素足で舞い降りて  ずっと この胸に眠ってた言葉を きっと 永遠に……… 今 すべてを込めて………
IN THE RAIN観月ありさ観月ありさ上田知華上田知華小西貴雄RAIN はねあげてく 雨の街のTAXI いくつ見送ったでしょう IN THE RAIN 流れて行く 傘の波の中 ずっと抱きしめていて  いつか こんな苦しい日が来ても あなたを追いかけない そう決めていたのに  今夜 ふたりの上に 輝いてる 空を染めるILLUMINATION 消えないでいて 細かい雨に 打たれながら 今日 最後のあなたを忘れたくない  RAIN “濡れるよ ほら”優しいその声 思い出が溢れてる  ふたり 同じ 夢を見たのに 夏の海も 熱いキスも みんな雨に消える  今夜 ふたりのために またたいてる 空に届くILLUMINATION 消えないでいて 冷たい雨が ほほをつたうけど 最後のあなたを 見つめていたい  ふたりの上に 輝いてる 空を染めるILLUMINATION 消えないでいて 細かい雨に 打たれながら 今日 最後のあなたを忘れたくない  ふたりの上に 輝いてる 空を染めるILLUMINATION 消えないでいて 細かい雨に 打たれながら 今日 最後のあなたを忘れたくない Ah
風も空もきっと…観月ありさ観月ありさ上田知華上田知華大槻啓之人込みに消えてゆく 背中に向かって手を振った 昨日までが 嘘みたいに見える  涙出るほど笑って 手をつないで見つめ合えば いつも(あなたの)匂い(かすかに) 胸をせつなくした  わがままもしたし つまらないケンカもした 逢えなくなる日が来ることも 知らないで  あの日 追いかけて 気持のすべてを打ち明けたら 風も 空もまだ ふたりだけを包んでた  明日のこと思ったら 気持ちが少し前を向く きっと(どこかに)続く(小さな) 道を歩いてゆこう  ひとりきりになった 会いたい夜につないだ 言葉のラインも 今はもう届かない  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる  あの日 抱きしめた しあわせを決して忘れないで とても 好きになった あの時の自分でいよう  あの日 夢見てた あなたの瞳を忘れないで 風も 空もきっと 悲しみを消してくれる
さみしい人にならないで薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子許瑛子上田知華車をとめ あなたと ありきたりの話 喋りすぎてる私に 気づいているわ 落ち込んでるあなたに ことばをかけたくて 傷ついてる 横顔には どうかしたのと聞けない  さみしい人に あなたはならないで 私はそばに いつでもいるわ 弱さを隠し 無理して笑うのね じゃましたくない こんなとき 空気のようになれたら  空と海の境目(さかいめ) 朝が映すように 胸の闇に 陽(ひ)がさすまで 時がたつのを待ちたい  さみしい人に 私をさせないで 何を聞いても 驚かないわ もしもあなたが ことばを捜すなら 思いつくまま 伝えてね 誰よりも わかるつもり  さみしい人に あなたはならないで 私はそばに いつでもいるわ 弱さを隠し 無理して笑うのね じゃましたくない こんなとき 空気のようになれたら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
うたかた薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子吉田美奈子上田知華天国に跪くあなたを乗せた舟が 私の愛から風を集めて 緩く弧を描き静かに水面を滑る 答えを見つける鍵を忘れたまま  陽光しを湛えたダイヤモンドの海 その歌声の様な あなたが探した楽園の日々はまだ 心と共にある  未来を消してまで抱いたものがもしも 自由と言うなら尚更淋し過ぎる  細波に浮かぶダイヤモンドの泡沫 そのきらめきの様に あなたが望んだ束の間の夢が今 儚く弾け飛ぶ  私は手を振らない たとえ この別れが永遠でも  細波に浮かぶダイヤモンドの泡沫 そのきらめきの様に あなたが望んだ束の間の夢が今 儚く弾け飛ぶ  陽光しを湛えたダイヤモンドの海 その歌声の様な あなたが探した楽園の日々はまだ 心と共にある
SYMPATHY中山美穂中山美穂中山美穂上田知華武部聡志cry はじめての くちづけというなまえの smile ほほえみで まぶしい あなた いつまでも みせて  えいえんなんて わからないけれど えがおも きぼうも そうだよね I believe  grow ありしひの ちいさな やさしさ こころに しみて  しあわせなんて わからないけれど なみだも まよいも むだじゃなかった found you ふたりなら どんなつよいかぜも あたらしい くちづけがあれば I'm alright
嘘はやめた~DISAPPOINTED LOVE中山美穂中山美穂中山美穂上田知華もう全て 無くしてからは 友達も なんだか増えて スケジュール 埋める程 泣く暇もない あてのない嘘  “綺麗になったね” 思いがけず 誰かが言った 涙が 零れてしまう 混みあう パウダールーム 鏡に笑顔つくって “髪を切ったから”と呟く  いい女だと 言われたくて あの頃私 蝶々のようなルージュで 嘘をつき 嘘をついて 知らずに 傷つけてた 恋人も 心も  もし恋が 終わらなければ 愛さえも 分からなかった 一人でも 歩いてる 私が見える 今 気付いた  “クルマ買ったら 世界観 違ってくるよ” 友達に背を押されて 走行距離 増える度 時が経っていくみたいで 一人でドライブばかりした  インターFM 片言しか分からないけど なんだか 心地がよくて 流れてくる メロディに 意味を探してみたり 自分が少し 分かった  ただ何か 守れるものが 欲しかった 分からなかった 純情も 純粋も 壊しかけたね あてのない嘘  もし恋が 動きだしたら もう嘘は つかなくていい 泣きそうで 消えそうな いい女なら もういらない  恐れずに人を 愛して 私らしく いま Woo…
GOAL鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華難波弘之・新田一郎学校と反対の電車に乗った 偶然出会った友達を誘った 午前中の のどかな町を抜けて 海に出たら 最初の駅で降りよう  網棚に上げた教科書と上着 置去りにしたい いくつかの悩み 悪いことと 正しいことの違い みんな みんな 偉そうに言うけれど  わかりあった事も 愛しあった事も すぐに答えられない 思い出せない  空の乾いた日には こみあげてくる涙が こらえようとしても 雨の上がった道路 いくら走っても遠い 夢のある場所が ああ…  教室では不良のふりをしてた くだらない質問に耳をふさいで 叫びたくなる心のドア閉ざして いつも いつも あの日の事を思った  何にもしないから 何にも出来ないよ 海が輝いてる 二人の前で  空の乾いた日には こみあげてくる涙が こらえようとしても 白いゴールのテープも 追越してくやつも ああ…  砂だらけの靴 風がしみてくるよ ほんとのことを ほんとのことを だって だって やりたいだけなのに…  空の乾いた日には こみあげてくる涙が こらえようとしても 雨のあがった道路 いくら走っても遠い 夢のある場所が  空の乾いた日には こみあげてくる涙が こらえようとしても いつか見えなくなった 白いゴールのテープも 追越してくやつも ああ…
それぞれの探しもの鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華新田一郎雨上がりの街に はじけるアスファルト イヤホーンに流れる きみのくれたテープ どこまでも歩こう 冷たい風にも 背中丸めないで  “なにか追いかけてる そんな人好きなの” 君の優しい目が 今もずんと重いよ ポケットに入れた 両手でつかもう もっと熱い日を  君にあいたい うれしいときもせつないときにも  Ah! 見えなかった 自分の夢が探せる気がする  胸の鼓動早く 毎日待ってたよ 約束の場所まで このまま駆けて行こう どんな痛みも 分け合っていたい きっと限りなく  君にあえたら 忘れかけてた自分の勇気が  Ah! 目覚めたから もいちど夢を抱きしめたくなる  不安だった 寂しかった それぞれの季節 運命は いちにちで 輝きだした あの日  君にあえたら 自分のことも嫌いじゃなくなる  Ah! どんなときも 優しい君を抱きしめたくなる  君にあいたい うれしいときもせつないときにも  Ah! 見えなかった ふたりの夢が探せる気がする
Blue Moon Blue今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華Blue Moon Blue 波の果て 月の光 きらめく海 愛をささやくため 夜は美しくはじまる  恋の物語 つのる心 ためらう指 交わすくちづけに愛の歌が今きこえる  Blue Moon Blue 波の果て 月の光 消えゆく空 甘い夢のような 揺れたひとときは終わらない 抱いて 抱きしめて 夜明けまで
黄色いTV今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華彼が来る土曜の夜も 彼が来ないふつうの夜も わたしを見てる黄色いTV fu fu fu…  ため息をフゥーッとついたり 時々はすねてみせたり バラ色にほほ染めてもみたり 恋しているから  こんな雨降りの日も 想うだけで 幸せな気持ちになる  ほら 愛してるよ… ささやいて欲しくって 夢見ていた いつも いつも いつも  知らんぷり 時は過ぎるのね 誰ももう来なくなっても わたしを見てる黄色いTV …外は雨  クスッと今笑ったの 静か過ぎて 悲しくてたまらないから  Kiss me 涙がでる 一人ぼっちになった こみあげても みんな みんな 遠い  ああ 愛していた ささやいて欲しかった 夢見ていた ずっと ずっと ずっと
半袖GOLD LYLIC今井美樹GOLD LYLIC今井美樹岩里祐穂上田知華その人を見た 子供と遊ぶ笑い声が 庭にこぼれてた  初夏の匂いの 駅に降り立ち 木立揺れる 長い坂道  まぶしい陽を浴びて 細く美しい腕が 白い半袖からのぞいていた  清らかな空 苦しくて…苦しくて… たおれそうになる  さようならさえ 言い出さなければ 終わることのない二人だけど  あなたは 愛してはいけない人じゃなく 決して愛してはくれない人  愛し続ける勇気を 私はそれでも捨てない
ありふれた love scene今井美樹今井美樹戸沢暢美上田知華Touch のばした指がふるえて Kiss かさなる影になるの  ああ 当たり前の ささやきが あなたの 声を借り 天国へ誘う  腕の中 かくれて 心が せせらぐの 恋は 抱き合うため 生まれる  Why 逢わない夜も眠れない Stay 目を閉じて見るシルエット  もう 泣いているのか ほほえんでいるのか わからない 私でいるわ  ありふれたシーンが 心を 奪うのは からだごと あなたに ひかれてしまったせい  ありふれたシーンに 心は せせらぐの くり返す 罪さえ Moon 恋を Moon 汚せない  I Love You I Love You
9月半島今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華果てしない青さを海まで追いかけたくて 砂の残る素足で 錆びたペダル漕いでゆく  光のモスリンが 柔らかな風を編んで 流れだす黒髪も ほら 息を切らし走る 輝いた翼になる  波のしぶき聞きながら 心は弱さ責めるけど  許せなかった…帰れなかった…忘れたかった  自転車を休めて木影で汗をぬぐった 急ぐたびに誰もが なぜ何かを失うの? 振り向くこともできずに 今は空の下にいる 遠い子供にもどってみる 沖に遊ぶ鳥のように 自由でいたい  波のしぶき聞きながら だけどつらくなった時は 夢でもいい Ah…あなたがいい 思い出でいい  果てしない青さを海まで追いかけたくて 息を切らして走る ああ 傷つけあうよりも 今 一人をえらんだの
もっと もっと もっと今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華それは秘かな待ち合わせ にぎわう通りも暮れて  Riverside 約束の場所へとタクシー飛ばしてゆく 揺れるピアス  風が踊る 夢を見てる シグナルをくぐり抜けて  もっと近くに もっと夢中に あなたを愛してみたい  Twilight… どうぞ 大切な人  それは よくあるめぐり逢い あれから季節は流れ  今も変わらない気持ちで 会える日 胸はいつも高鳴るのよ  頬が燃えて 街は過ぎて シートでパフを直して  もっと優しく もっとまぶしく あなたに奇蹟をあげる  Twilight… もうすぐ キスして欲しい  生まれたての想いを今 心熱く抱きしめて  橋 渡れば きっといつもの 笑顔が待っててくれる  Twilight… 今日は 朝までいたい もっともっとそばへ
幸せになりたい今井美樹今井美樹上田知華上田知華10時ちょうどの便で彼女は 一人になって東京に来る 生まれた場所から 何もかもを捨てて 私をたずねてくる  4年続いた結婚だけど 少しスリムになれただけだわ 受話器に流れた なつかしい強がりに 涙が出た 何故か  渋滞(じゅうたい)は毎日 鳴らし合うクラクション 行く人はみんな急いでる 冷たいヤツもいる だけど友達が待っている ここにおいで  小さな部屋を決めてきたけど 歩いてすぐの距離にしたから 寂しい夜には すぐに行ってあげる 昔してくれたように  冴えない夏の空 少しだけ青い海 灰色の高層マンション ダメになるヤツもいる だけど友達が待っている ここにおいで  渋滞(じゅうたい)は毎日 鳴らし合うクラクション 行く人はみんな急いでる 幸せになりたい ひとりきりだった悲しみと 昨日を 忘れて ここにおいで
泣いてもいいよ安達祐実安達祐実上田知華上田知華山川恵津子暖かい光に みんな染まって 優しい気持ちに なれたから 急ぎ足の今日が 暮れてゆくころ なにも言わないで 会いにゆこう  空から見た 街の隅で 膝を抱えた 君のとこへ  いいよ いいよ 泣いてもいいよ 寂しい時はね 胸の奥が 晴れてゆくまで 泣けるならいいよ  流れてゆく雲を 見上げていると なつかしい声が 聞こえてくる  それはきっと 子守歌の ちょっとせつない あのメロディー  いいよ いいよ 泣いてもいいよ 手をつないでいよう 胸の奥の どんな風にも 負けないようにね  いいよ いいよ 泣いてもいいよ 寂しい時はね 胸の奥が 晴れてゆくまで 泣けるならいいよ
Angelic DreamZOOZOO佐藤ありす上田知華小野沢篤Dream up それは胸に Dream up 舞い込んだ Dream up 不思議な風 連れてく季節へ Angelic Train  繰り返しじゃない明日を今 心は探してる キスをかわす影 すれちがえば 遠い いつかを待っていられない ときめく瞬間 欲しいよと じれる鼓動 追い越し 天使が呼んでる  Dreamer 踊りだした Dreamer 胸騒ぎ Dreamer つかまえよう 願いがかなう場所で Dream up 伸ばした手に Dream up 舞い降りる Dream up 予感が好き 始まる季節へ Angelic Train  キラ星みたいな ハプニングで 埋めていきたい 白い毎日を すばやく恋 きめなきゃと ふくらむ夢 はじいて 天使が 笑うよ  Dreamer 一番乗り Dreamer 出逢いたい Dreamer 間にあわせて 最初の雪の魔法 Dream up そして胸に Dream up 舞いおりる Dream up 誰かがいて 輝く季節へ Angelic Train  Dream up それは胸に Dream up 舞い込んだ Dream up 不思議な風 連れてく季節へ Angelic Train  誘われ出掛けようよ  Dreamer 踊りだした Dreamer 胸騒ぎ Dreamer つかまえよう 願いがかなう場所で Dream up 伸ばした手に Dream up 舞い降りる Dream up 予感が好き 始まる季節へ Angelic Train
TWO HEARTS ~この胸からあなたへ~瀬戸朝香瀬戸朝香西脇唯上田知華どれだけ 話しても 伝えたいこと 止まりそうもない やさしい雨のように あなたのことを 話して聞かせて  人ごみの中で 手をつないだ時 「奇跡」を見つけた  この胸から あなたへつづく いろんな言葉 あふれつづけてる 「大好き」だと 言うだけじゃ 足りない 思いのすべて  はじめて 通る歩道(みち) かどに素敵な 椅子があったよね  似合うねと言った 白い服を着て またいつか来よう  この胸へと あなたがくれる いろんなものが 恋を教えてる そぱにいても それだけじゃ 消えない せつない痛み  他の人には なんにも 感じないのに…  ああ つらいことも うれしいことも 同じ気持ちで わかりつづけたい 帰り道の 寂しさが 二人を つないでいるの  この胸から あなたへつづく いろんな言葉 あふれつづけてる 「大好き」だと 言うだけじゃ 足りない 思いのすべて
太陽の町から瀬戸朝香瀬戸朝香上田知華上田知華新川博街中の灯が きれいに見える夜は どこか遠い 電車の音を聞く もうきっと今頃 疲れて眠ったよね 離れてても いちばん近い人  太陽の降り注ぐ 坂道のその町で わけもなく笑った日を思い出すたび  ずいぶんと泣いては 電話かけたあの頃 少し強くなれたよ今は...  ここへ来て間もない 不安だらけのあの日 長い手紙 ほんとにありがとう  手を触れることもなく そばにいる それだけで 冷えていた心が いつだって溶け出す  優しくて強くて どんなに会えなくても 見つめていて ずっとそのまま... そのまま...
9月の部屋桜井智桜井智桜井智上田知華山川恵津子波の音が 聞こえた気がする あなたに会えない 夜明けの部屋で 過ぎ去った 夏に帰りたい おもいきり 甘えてみたい 9月の空 なぜか淋しくて サファイア色の 涙にゆれてる  たりないものは ハートの半分 部屋のどこかに 落ちてるかしら かざりましょう かきかけの笑顔 いつまでも 見つめているわ 9月の雨 とても優しくて 私の部屋に そっと子守歌
友だち今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華菅野ようこTres cher amie  ありがとう 返事がまた遅くなってごめんなさい あの日からあなたのこと とても心配してたの 元気になってよかったわ 彼も気づいたでしょう やっぱりあなたが誰よりいちばん 大切だってこと  何げない私からの 言葉に救われたなんて 不思議よね そう言われて 私も励まされたわ 一年前のあの頃と 想像できないくらい 空気も時間も今は穏やかに 流れてる感じよ  あの時 あなたやみんなが 支えてくれたことが 今でも私の宝物だって いつでも思ってる  A bientot また逢いましょう Je t' embrasse 連絡ください 待っているわ
after all今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華菅野ようこそれはあきらめじゃない 自分を解き放つこと 深くもう一度息を吸って  いつも探し求めた 二人の理想の姿 強く願いつづけた 永遠の愛  ねぇ 今日までが決して間違いじゃない だけど何も見えないくらい 縛りあった激しい季節  人込みの中を独りで歩いている 抱きしめたい 温めたい この裸の心  きっと自分にできる生き方しか進めない 遠く憧れだけを追いつづけても  ああ 心の炎は燃えつづけてる 手放したあざやかな夢に 精一杯の愛をこめて  誰かをふたたび私は愛するでしょう 変わりのない自分だけの輝きを取り戻して  人込みの中を明日へ歩いてゆく 今ここから この場所から ただ裸の心
$1,000,000の恋高橋洋子高橋洋子高橋洋子上田知華夕暮れのモノレール 滑り始めた二人のデートは 夏を待てない 夜景のパラダイス あなたがくれる Twinkle Midnight Show  1,000,000ドルの恋を 輝くエアポートで 今宵占いましょう ワクワクさせてね  誰だって見つけたい かわいい夢はいつでも 心地良い夜空が 照らしてくれるわ  左肩は居心地良くて じゃれつくように もたれかかったら 輝く星を 見るふりして あなたの頬に Shinning Kiss and Kiss  気どらなくてもいい 気楽な恋はいつも 心地良い夜風が 運んでくれるわ  誰だって見れるはず かわいい夢はいつでも 心地良い夜空が 照らしてくれるわ  1,000,000ドルの恋を 輝くエアポートで 今宵占いましょう ワクワクさせてね  誰だって見つけたい かわいい夢はいつでも 心地良い夜空が 照らしてくれるわ  気どらなくてもいい 気楽な恋はいつも 心地良い夜風が 運んでくれるわ  誰だって見れるはず かわいい夢はいつでも 心地良い夜空が 照らしてくれるわ
12月のある日小野正利小野正利秋元康上田知華岩戸崇ここまで来たのは 夜空が一番 近いから この街を抱きしめてる 静かな高台で……  車のシートを 寝そべるくらい倒しながら ラジオから流れて来る ホワイトクリスマス  僕たちのこの一年は 接吻(くちづけ)よりも短くて そっと 瞳(め)と瞳(め)を合わせて “Merry Christmas!”  星空みたいに 広がる街のキャンドルライト この夜に背伸びすれば 願いも叶うだろう  僕たちのこの一年は 接吻(くちづけ)よりも短くて 君を折れるほど抱いて “Merry Christmas!”  フロントグラスに チラチラと雪が落ちて来た そして すぐ 消えるけれど 2人はここにいるよ  でも 僕たちは一年を ずっと大事に 過ごしたい だから いつまでも 2人 “Merry Christmas!”
PLEASE PLEASE MEWinkWink上田知華上田知華門倉聡激しい雨に 打たれ続けて すべて 失くしてしまいたい  振り向く人も 街のライトも 今は 何もかも幻  NEVER 愛はとまらない FOREVER 誰を憎んでも  苦しい夜か せつない夜か 私を抱いて もう離さない PLEASE PLEASE PLEASE LOVE ME 天使の夢をかえして  青空に見えた 昨日のことも すべて フェイクなウィンドウ  NEVER 最後のキスさえ FOREVER 冷たくはなかった  明日会えたら もしも会えたら 私を抱いて もいちど言って PLEASE PLEASE PLEASE LOVE ME 天使の夢をあげるよ  NEVER 愛はとまらない FOREVER 彼を憎めない  苦しい夜か せつない夜か 私を抱いて もう離さない PLEASE PLEASE PLEASE LOVE ME 私のすべてだった PLEASE PLEASE PLEASE LOVE ME OH YOU LOVE ME 天使の夢をかえして
ボタン屋さんが大好きなんですスリー・グレイセススリー・グレイセス井上鑑上田知華井上鑑貝殻細工に 淡い波よせて 碧の瞳は 静かにかがやく 通り過ぎてしまう ひとばかりじゃない 愛されるきっかけに 出会いは必然  ないと困る、だから あるだけじゃないはず イタ車もピカソも ましてボタンなんて どれでも同じと 言うひとなんか大キライ 中学の頃から おもってたわ  ボタン屋さん 大好きなんです ミニチュアの 夢があふれて 遠くまで行けそうな気がする から  シルクの砂丘には 銀色のキャラバン オペラもコメディも 揺れる胸のうえ 息が止(つ)まるほど 見つめ合うときに とれかけのボタンが 気になるなんて  ボタン屋さん 大切なんです すこしずつ ふたりで歩く 手作りの明日がみえる から  晴れた日は 河へでかけよう 雨ならば お茶をいれましょう 気に入ったシャツとボタンと 人間と  晴れた午後 魚屋へ行き 雨の日は ラム酒の出番 すてきなシャツとボタンと あなたと
パヒュームを残せない佐伯伽耶佐伯伽耶秋元康上田知華萩田光雄夜が明けるまでに 帰らなきゃいけないのでしょう? “明日 電話するよ”身勝手な合言葉ね  あなたには待つ人がいて 帰る家があるから  パヒュームを残せない すべては夢なの 燃え尽きるくらい抱かれた 後でも パヒュームを残せない シャワーで流して ぎこちないくらい離れて キスして  恋に落ちる時は 相手など 選べないわ ネクタイを神経質に 直す顔は他人ね  悲しみに慣れて来る あなたを想えば 不公平なほど一人に されても 悲しみに慣れて来る 遠くでいいから 負担にならない程度に 愛して  パヒュームを残せない すべては夢なの 燃え尽きるくらい抱かれた 後でも パヒュームを残せない シャワーで流して ぎこちないくらい離れて キスして
輝く街で今井美樹今井美樹今井美樹上田知華小森茂生切りたての 髪をみて 少し驚くあなた 柔らかな5月の風が 耳元 くすぐる  突然の再会は 過ぎてゆく流れさえ巻き戻す様に あなたを近くに感じた  「もう戻れない…」と つぶやく横顔見れずに 波のような おしよせる涙があふれた あの日  いつの日か別々の道を選ぶことさえ 何も知らずに愛してた 二人は遠い日  「もう恋はしない」と 誓った苦しい終わりに 何もかもが消えてしまえばいいと思った あの日  今 悲しみはもう 消えたと 素直に言えるの 時の中でいつしか想い出にかわった あなたさえ
海辺にて今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華坂本龍一傷ついて私は歩いた どこまでも打ちよせる波の淵を 暮れわたる水面に抱かれて 燃え尽きる輝きを見つめ続けた  愛することのむずかしさを知り それでも希望を失いたくなかった 何度でも問いかける  人生はくりかえす波ね 飛沫に砕けながら満ちてゆく  燈台の灯りがいざなう 戻るべき港へと船は帰るよ  悩み抱えたあなたを許せず 受けとめきれない自分もはがゆいまま 訳もなく 涙した  守られて愛されたいなら とめどなく満たされる時はない  励ましてゆこう 愛は惜しみなく与え合うものと 支えてゆくものだと たった今 気づいたの  ありがとう 変わらぬ優しさ かけがえのないあなたがそばにいる  愛はただ 懸命に愛すること
どうなるかわからないけど酒井法子酒井法子上田知華上田知華山川恵津子止まらない イライラした気持ち 小さなことなのに 気になる今日は 朝起きて ランチまで作って 晴れた週末が 終わってしまう  誰と飲んで 遅くなっても 少しは自由 認めてあげなくちゃ  渚から 子供たち 笑い声 波しぶき これから先 どうなるかわからないけどふたり TO LOVE  駄目になる 恋のパターンじゃない そんな気がしてる このごろそっと  胸の奥は 信じてるから ほんとはだいぶ しあわせでいられる  だからって 許せない いつだって ごまかして ジョーク言って 笑わせてそれで成功なんて  渚から 子供たち あなたまで 波しぶき これから先 どうなるかわからないけどずっと TO LOVE…
永遠の朝酒井法子酒井法子上田知華上田知華山川恵津子まぶしい光の中 あなたと誓い合う “永遠…”その声に 涙がつたい落ちた  今は 悲しいできごとも 思いつかないけど 愛をただ抱きしめ どんな強い雨の夜も 頬よせあおう 変わらず  いつでも力になった あなたがそばにいると ベールの向こうで今 やさしく微笑むひと  きっと喜びもすべて わけあって行きたい たわいないことでも どんな言葉さがしても 伝えようすべて 心を  今は 悲しいできごとも 思いつかないけど 運命を抱きしめ どんな強い雨の後も 手をとりあおう 変わらず
なないろに輝いて吉田朋代吉田朋代吉田朋代・うぶかた春希上田知華松本晃彦強い雨がプレゼントくれた 生まれたての太陽 雲間からの光のレールに ジャンプで飛び乗る  My dream 空のキャンバス 心のまま 落書きすること Shinin' day スピードあげて なないろに今 描いてゆくの  夢だなんて 肩をすくめてた カッコ悪い気がした だけど雨が虹に変わったとき 何かが(何かが) 生まれた  Rainbow 虹の列車が “頑張れ!”って駆け抜けてゆく My mind スピードあげて なないろに今 輝いてゆくの  My dream 空のキャンバス 心のまま 落書きすること Shinin' day スピードあげて なないろに今 描いてゆくの  Rainbow 虹の列車が “頑張れ!”って駆け抜けてゆく My mind スピードあげて なないろに今 輝いてゆくの  明日へ  My dream Shinin' day…
だからって…サンディ・ラムサンディ・ラム沢ちひろ上田知華杉山卓夫だからって… だからって… 愛しちゃ 駄目なの? わたしは あなたを 好きとしか言えない わたしだからって 心を 騙して 微笑む 人より 胸いっぱい あなたで 悲しくていい  何故 あふれる愛しさ 忘れない 幸せに やっと巡り逢って どうして? 何を傷つけたなら 愛が解るというの こんなにも 好きなのに、愛は…  明日は 優しい あなたに 抱かれたい そうして 二人で 泣けてくるまで でも、今だからわかる 愛のうしろ姿も ずっと、見守ってる 愛せる… 涙だけじゃないもの 淋しさだけじゃない こんなにも好きだから 愛は…  何故 あふれる愛しさ 忘れない 幸せに やっと巡り逢って どうして? 何を傷つけたなら 愛が解るというの こんなにも 好きなのに、愛は…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
第三章 嫉妬千堂あきほ千堂あきほ松本一起上田知華中村哲逢えないなら代わりよこして 一人じゃいられなくなった もうとっくに来ていい時間 貴方に作られたアマン  Joke言えるほど大人になったわ 燃やされて待たされて 貴方の愛で埋めたい  はなさない はなれない 忘れられない 例え他の女(ひと)がいても マニキュアが渇いたら シーツをまとい 鍵をかけた心をとく  タイプじゃない男(ひと)だったけど ひとりじゃ嘘をつけないわ 視線だけで抱きしめられて いつしか腕の中にいた  エレベーターのボタン押したけど 上がらされ昇らされ まったくイライラするわ  誘われて追いかけて 次の手をうつ じらしながら嫉妬させる シナリオの書き直し 第三章を じらしながら嫉妬させる  はなさない はなれない 忘れられない 例え他の女(ひと)がいても  シナリオの書き直し 第三章を じらしながら嫉妬させる
PIECE OF MY WISHPLATINA LYLIC今井美樹PLATINA LYLIC今井美樹岩里祐穂上田知華朝が来るまで泣き続けた夜も 歩きだせる力にきっと出来る  太陽は昇り心をつつむでしょう やがて闇はかならず明けてゆくから  どうしてもっと自分に素直に生きれないの そんな思い 問いかけながら あきらめないで すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを  本当は誰もが願いを叶えたいの だけどうまくゆかない時もあるわ  希望のかけらを手のひらにあつめて 大きな喜びへと変えてゆこう  愛する人や友達が勇気づけてくれるよ そんな言葉 抱きしめながら だけど最後の答えは一人で見つけるのね めぐり 続く 明日のために  雨に負けない気持ちを 炎もくぐりぬける そんな強さ 持ち続けたい それでもいつか すべてが崩れそうになっても 信じていて あなたのことを 信じていて欲しい あなたのことを
アン・ルイスアン・ルイス松井五郎上田知華別れぎわに KISS をねだって しゃにむに 腕のなか ひとりじめは 女のノルマ わかっているでしょ  半分 不幸せも 覚悟はするけれど もめごとくらいで 逃げてちゃ 悲劇ばかり やらされる  しらばっくれないで  しらばっくれないで せがむ 愛が もどかしい ただやっかいなほど  そうしっかり抱いて あやす 後で どうするつもり TONIGHT  悪気のない 嘘 許すのは 本気があればこそ 勝手すぎる 事情なんかじゃ 見逃せないでしょ  かわいい女なんて  都合がいいだけさ 泣きごと 言いたくないから 我慢だけで 眠れない  しらばっくれないで  しらばっくれないで そらす息が 乱れてる もうやっかいだよと  すぐはっきりできず じれたあげく どうなる二人 TONIGHT  しらばっくれないで  しらばっくれないで せがむ 愛が もどかしい ただやっかいなほど  そうしっかり抱いて あやす 後で どうするつもり TONIGHT 
ささげたい、あなたに…牧瀬里穂牧瀬里穂上田知華上田知華武部聡志まぶしい微笑み見せて あなたは現われて 胸にあった恋をぜんぶ 目覚めさせてしまった  なぜ 逢うたび胸が とても苦しくなる 偶然 指先触れた ふたりきりの日から  緑も風も 溢れてるのに せつない ベールの街  まぶしい微笑み見せて あなたは現われて 胸にあった恋をぜんぶ 目覚めさせてしまった  なぜ 逢うたび強く 好きになってゆくの ずっと 無口になって あなた 見つめるだけ  恋人いると 聞いてもきっと 止らない 涙の街  まぶしい微笑み見せて あなたは優しくて 胸にあった恋をぜんぶ 目覚めさせてしまった  まぶしい微笑み見せて あなたは現われて 胸にあった恋をぜんぶ 目覚めさせてしまった  まぶしい微笑み誰の ものでもかまわない 胸にある恋をぜんぶ ささげたい、あなたに…  
ジェリービーンズの雨千堂あきほ千堂あきほ田久保真見上田知華Green Pink 悲しくて見てる Jellybeans さよならだね 靴音がそっと消えてゆくの So Sad 言わなくていいことだってある 何故あなた あの子とキスしたと言ったの? 隠しごとひとつ できない人ね 最後まで 一番好きなあなたのまま  Woh Oh そっと降らせよう 7階の窓から あたったら痛いでしょ Jellybeansの雨  Blue Red てのひらで揺らす Jellybeans ケンカをして泣いたらあなた 買って来たね I Believe 本当はあなたも悔やんでる 思い出に 二人を止めてと ささやくの どんなに怒っていてもあなたが ゴメンネと言ってくれたら 許せるのに  Woh Oh そっと落ちてゆく カラフルなTeardrop もう一度ふりむいて 今もあなたが好きよ  Woh Oh ちゃんと伝えてね 本当の気持ちを 仲直りしたいから Jellybeansの雨  Woh Oh そっと落ちてゆく カラフルなTeardrop もう一度ふりむいて 今もあなたが好きよ  Woh Oh ちゃんと伝えてね 本当の気持ちを 仲直りしたいから Jellybeansの雨
さよならの代名詞勝生真沙子勝生真沙子安藤芳彦上田知華消えてゆく 街の明かりが今 さよならに滲み始めている 空の隙間から零れ落ちた 雨が心まで濡らした  最後には分かりあえた事を ささやかな救いに感じてる 星も隠れてるこんな夜は 愛はモノクロの想い出 そして遅すぎた出会いに このほほを濡らしながら 寂しくはないと心でつぶやく  遠い日の記憶が蘇る あの人が私を変えてゆく すべて投げ出して 腕の中で 声を上げて泣いてみたい  いつも寂しさに包まれ この心に鍵をかけた 本当の自分を見せたくなかった 今 遅すぎた出会いに このほほを濡らしながら 寂しくはないと心でつぶやく
flow into space今井美樹今井美樹今井美樹上田知華闇の中に 息づいて ぬくもりを 捜す指先 頬に触れる ささやきが 夢深く 連れてゆく 果てない時空(とき)へ  夜に抱かれ くちづける 柔らかな 甘い唇 こぼれる吐息 溶けてゆく 愛しさに 包まれた 静かな宇宙(そら)へ
おかえり高橋洋子高橋洋子森田由美上田知華加藤達雄天使の寝息に 眼をほそめた 午後の揺りかご あれはそんなに 遠い日じゃない  ボールにじゃれつくキミとパパと 駆けよる小犬 胸に描いた 野バラのフェンス  風をひろげて いつか巣だつキミ 陽射しの扉を きっと 覚えていてね  ありふれた特別な毎日 この腕が あなたたちの場所なの おかえり おかえり さあ おいで ママにキスを……  熱いスープを用意したら また はじまるわ 時計の針が 目をまわす朝  汚れたシューズや オモチャの海 遊ぶクレヨン シャボンの虹を すべるハミング  ちいさなキミも いつかわかるでしょう ほんとの夢は キミのそばにいるって  Ah 初めて出会うような毎日 微笑みが 連れてくる夕焼け おかえり おかえり 待ちわびて 抱きしめたい  ありふれた特別な毎日 この腕が あなたたちの場所なの おかえり おかえり さあ おいで ママにキスを……
心をあげたい麻生よう子麻生よう子及川眠子上田知華芳野藤丸ときめきの色つつまれ いまは街の景色も あたたかく見える 止まったままの時計も 夢という名の鍼が動きだす  あなたの腕(て)のぬくもりふれるたび この命が いとしく思えて  心をあげたい Wow-wow ことばでは 言い尽くせない そんな愛をすべて あなたにあげたい Wow-wow 胸の奥 幸せの意味 確かにかみしめて  まぶしい風に誘われ そっとツボミを開く 花たちのように 誰かの愛に抱(いだ)かれ ひとも生まれ 変わることを知るの  悲しい日々 綴ったアルバムを その笑顔が化石に変えてく  心をあげたい Wow-wow 誰よりも 大切なひと やっと出逢えたのね あなたにあげたい Wow-wow 頬つたう この涙さえ 素直な気持ちなの  陽射しがこぼれる 舗道を歩きだす あなたを信じて 未来をゆだねながら  心をあげたい Wow-wow ことばでは 言い尽くせない そんな愛をすべて あなたにあげたい Wow-wow 胸の奥 幸せの意味 確かにかみしめて
COUNT・DOWN鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華心臓の鼓動 体中に溢れて スニーカーのままで 空を飛べそうになる  静まり返る 誰もいないホールで 夢みた日を もう一度思い出すよ  冷たい風 吹く夜も 悲しい事 あった日も  ああ 会いたかったよ こんな気持ちには 他じゃなれないよ 信じていい  胸の中にある パワーを声にして 走り抜けよう 今夜みんなの前で  くやしくて夢を 捨てかけたあの夏 いろんな事を 知らなかったあの時  うつむくのは もうやめよう 好きなことに 熱くなれ  ああ 会いたかったよ こんな気持ちには 他じゃなれないよ 信じていい  冷たい風 吹く夜も 悲しいこと あった日も  ああ 会いたかったよ こんな気持ちには 他じゃなれないよ 信じていい  ああ 愛しているよ こんな気持ちには 他じゃなれないよ 信じていい
プールサイド鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華まだ冷たい水で ブラシかけるプールサイドは 去年 わけは忘れたけど あいつとハデにケンカをした その場所 みんなが止めるから 止まらなくなった あの夜は長くて 眠れなくて…  一年でずいぶん 変わってしまうこともあるね いつか こだわってたことが 色褪せてしまってどうでもよくなる 破れたTシャツも 水に濡れた本も あの時くやしかった なのに今は…  ああ ガラスのようにすぐ 壊れやすい日々 ああ 夏が来る 汗と少し苦い涙 懐かしく思うよ  何十年もして まだともだちでいられるかな あいつと ここを卒業して いろんなヤツと逢ってもまだ 続いて しぶきあげるホースに びしょ濡れになって ふざけ合ってたら 時が過ぎた  ああ ガラスのようにすぐ 壊れやすい日々 ああ 昨日がもう遅い だけどまじめにずっと ともだちでいたいね  いっしょに帰ろうか 水が揺れるプール さざ波きらめいた 胸に空に  ああ ガラスのようにすぐ 壊れやすい日々 ああ 夏が来る 汗と少し苦い涙 懐かしく思うよ  ああ ガラスのようにすぐ 壊れやすい日々 ああ 昨日がもう遅い だけどまじめにずっと ともだちでいたいね
好きと言おう鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華スタンドに 紙吹雪が舞う 逆転のチャンスをむかえた メガホンを 握りしめて見つめる ボックスの 陽に焼けた顔  みんなの声 聞こえている? 自分のすべて ぶつけて行け  9回裏の ボールは白く シュートを決めて キャッチャーミット すべりこんだ ため息 青空へと 風船のように登って消えた  いつだっけ 声かけられた日 仕方なくいっしょに歩いた そのときから 気付かなかったけど 少しずつ 気になっていた  泥だらけの ユニホームに 自分のすべて ぶつけて行け  9回裏の ボールは誰の 夢を叶えて 気持いい 涙になるの? いいよ 勝つことだけ 望んでそこに立ったんじゃない  好きと言おう もし負けても 自分のすべて ぶつけた人に  9回裏の ボールはきっと 夢を叶えて 気持いい 涙になるよ みんなが 祈る中で はじけるように高く音がした  9回裏の ボールは白く 風に乗って スピードをあげ 空を駆ける 胸に 刻もう今 やるだけやった真夏のいちにち
電話できなかった鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華電話ボックス 何度行ったり来たりして 今日もやっぱり かけないで帰る こわくなったの 冷たい言葉言われたら 今度は きっと 最後になるから あのこのことがほんとうになる  見て 夕焼け そう言ってくれた もう 忘れた お願いそう言わないで  誕生日でしょ? またわたし子供になるね 知らないことが たくさんあるから… だけどあの夜 寂しそうにしてたから 楽しい話を してあげたよね あの笑顔もう一度見たい  ほら 夕焼け 街中を染める 電車 歩道橋 恋人たちもみんな 見て 夕焼け そう言ってくれた もう 忘れた お願いそう言わないで 最後でももういいから…
ひとりぼっちの意味鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華成績で 順番競って毎朝起きて 遅刻して 正門から見た病院みたいな校舎 辞書をひく ともだちの影 窓から見たら ちっぽけな ノートの隅の革命が嫌になった  なんにもできなくて なんてあやまればいいんだろう 消えていった あのこのいのちに  放課後も 授業中も ひとりきり ただ一度も 好きなように 好きなように 笑えなかったの? かっこつけて しょぼくれてる 先生は どんな気持ち? 思ったように 思ったように 言いたいこと言えばいいじゃん  退屈で 教科書めくってお昼になって テレビ見た 夕べのことを みんなが話してるけれど ほんとうの 気持ちは誰も言いたくないの こわいのさ 仲間の輪から 自分だけはずれるのが  なんにもできなくて そして終わってく 今日も明日も 消えていった あのこのいのちに  かっこつけて 押しかけてる 大人たちは どんな気持ち? 思ったように 思ったように 言いたいこと言えばいいじゃん  なんとも思わない そんな心にはなりたくない 消えていった ひとつのいのちを  放課後も 授業中も ひとりきり ただ一度も 好きなように 好きなように 笑えなかったの? かっこつけて 嘘もついて 先生と うまくやって なんのために 誰のために 明日もまた 過ぎればいいじゃん  放課後も 授業中も ひとりきり ただ一度も 好きなように 好きなように 笑えなかったの? かっこつけて マイク向ける 大人たちは どんな気持ち? 思ったように 思ったように 言いたいこと言えばいいじゃん  ラララ ラララ
風に吹かれて鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華夜がやっと明け始める ヘッドライト消して 朝焼け見ようよ 次の街の灯遠く まるで地上に ふたりきりしか見えない  “ごめんね”いつか言いたかった こんな広い空の下 頬寄せて 生まれた時の 天使みたいな気持ちになって  きっと きっと この風を追いかけ どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら  地球は永遠じゃないの 悲しいニュースが カーラジオに流れる 子供だったこと忘れて だんだん勝手に生きて 何をするの  ハッチの窓に遠くなった 走ってきた夜がある 毎日が不安だけれど ここまでちゃんと来れたじゃないか  きっと きっと この道をたどれば どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら  寂しい夜は また来るだろう 抱きしめ合って 星屑見ようよ 朝になるまで  きっと きっと この風に吹かれて どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら  きっと きっと この道をたどれば どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら  きっと きっと この風に吹かれて どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら  きっと きっと この道をたどれば どこまでも行く あの歌 歌うたび 胸が熱くなるなら
軽い気持ちのジュリア酒井法子酒井法子康珍化上田知華おねがい彼を返して たくさんの恋の たったひとつでしょう わたしには宝物  あなたに振り回されて 壊れそうな恋 いくら抱きしめても 彼はもう脱け殻  ふたりがそっと週末を 抜け出したとき わたし気づいた  軽い 軽い気持ちのジュリア 問い詰めたら笑って ごめん ごめん 弾みなのって 髪を跳ねておどけた OH ジュリア  いろんなキスを集めて イヤリングにする 飽きて次にだれが 捨てられる順番  たくさんの恋 奪うのが 自由だなんて ねぇ思えない  軽い 軽い気持ちのジュリア だれにキスをしたって 愛を 愛を知らないジュリア 悲しいのはお互い OH ジュリア  軽い 軽い気持ちのジュリア 問い詰めたら笑って ごめん ごめん 弾みなのって 舌を出しておどけた OH ジュリア  軽い 軽い気持ちのジュリア 夢や恋を語った あんなふうな3人にもう もどれないの このまま OH ジュリア
ガラスのオルゴール森口博子森口博子戸沢暢美上田知華週末の黄昏に追われて 迷い込む 人波の迷路 淋しさに 背を向けたつもりが 面影を 追いかけていた  でも今は きっと言える 風のようなひとこと  さよなら 昨日までの涙 ふざけ合った あの季節 明日へつづくメロディー 胸に 聴こえてくるから Tonight  この都会は 華やかなリズムで ひとときの愛を奏でる  見上げれば 誰もみな 忘れている 星空  輝く言葉よりも 今は 飾りのないほほえみで 明日へつづく空に そっと 消えない願いを Tonight  ひと色たりない虹 それは こわれそうな夢だけど ガラスのオルゴールが 胸に陽だまりをつくる Tonight
嵐のあとのソリティア森口博子森口博子戸沢暢美上田知華Don't Stop キスのたびに あなたのこと信じたくて 違う人といたと 悪いウワサ 否定してた  One Night 家の前に 思いつめた彼女の顔 彼が本気なのは 私だけと キツク 言った  小さな嵐が吹き荒れました せつない心が あばれていました 小さな嵐が去るのを待って 私は 私は あなたを許すわ  Love You 君は僕を 信じないと なじるけれど あなた着てるセーター あの日 彼女 着てた 手編み  見えない嵐が吹き荒れました 私は確かに 恋していました 見えない嵐が 壊したものを あなたは あなたは 直せはしないの  小さな嵐が吹き過ぎました ある時 すべてが 終わっていました 小さな嵐にまかれたあとの 静かな 静かな 孤独がステキよ
虹の日森口博子森口博子戸沢暢美上田知華ひとつの傘の中 ふたりきりになれた午後が 最後でした  遠くの大学に 進む彼を 責められずに 黙り込んだ 18才(じゅうはち)  恋人じゃなく 友達のまま いとしさを 育てた恋  今も憶えていますか ふたり 見た空を 傘をたたんだ せつなさ 胸に閉じ込めた 虹の日  あれから しばらくは 好きなひとが出来なかった 私なのに 22才(にじゅうに)  愛することは 傷つくことと なげやりに 思えた冬  ずっと忘れていました ひとはステキだと 雨が上がった舗道で 心 晴れてゆく 虹の日  Rainbow Sky 憶えていますか あんな はかないものが 澄んだ勇気をくれたの 今はひとりの 虹の日
さよならは云わないで宇都美慶子宇都美慶子宇都美慶子上田知華So Sun set 冷めてゆくのが わかる 抱きしめられても たぶん 黄昏せまる 海が最後の場所ね  海岸線 鼓動だけ響く 時を止めて 心止めて  さよならは 云わないでね ほんの少しそばにいたい In my heart 哀しいほど 平気なふりしてる私をわかって  “君は 優しすぎるよ” そっと 心閉じていった 好きになればなるほど 怖くなるの すべてが  赤い夕陽 雲を染め沈む 誰にだって 止められない  さよならは 云わないでね 涙だけは 見せたくない In my heart せつなすぎる 想い出さえ 胸に刻みたくない  さよならは 云わないでね あなただけを愛してたの In my heart 哀しいほど 平気なふりしてる 私をわかって  In my heart 最後だけは 私から云わせて あきらめつくから
I WILL上田知華上田知華上田知華上田知華Say 素直に言って 私の目を見つめて ああ 不安な夜に あなたを本当に守れた?  抱きしめても 何てはかないの 愛は哀しく青く消えゆく このぬくもり この信じたもの 永遠に見えたあの日  Say もう一度言って 静かに目を閉じたら ああ 優しく光る 春の日 君にまた逢いたい  抱きよせても 何てはかないの 愛は哀しく弱く消えゆく このぬくもりこの手を離れて たそがれの空へ向かう  このぬくもり二度と帰らない たそがれの空へ向かう
DISTANCE今井美樹今井美樹上田知華上田知華ふたり黙ったまま 長距離の電話の 小さなノイズ聞いてた 街の空は雪に 凍りつく静けさ 世界中暖め合うクリスマス  このまま抱き合えず “さよなら”と見つめ合えず 他の人を愛し 他の人と生きて行くなんて 今 哀しみが 降り積もる 心に 想い出の 去年に 戻れない ふたりの上に…  窓の下を急ぐ チェーンの音に今 あなたの声が途切れる “こんなに離れても 愛しているけれど もうきっと君を守れない”  涙拭うことも ひとりきり眠ることも 苦しくはなかった 好きなように生きてきたつもり 今 今夜こそ この距離を越えたい 降りしきる世界に 何もかも消えてく Why don't we love Why don't we love
ひとりになってみよう今井美樹今井美樹上田知華上田知華歩道橋の上で 街を眺めてた 最期の電話を切って 涙が出たから  “ひとりになってみよう” 優しく言ったの 何度 別れ やり直しても ふたりはいつか もっと傷つくのよ  さよなら 彼の壊れた愛 誰か守ってほしい どこかでひとり さみしい影 見かけた時は  めぐり逢った頃は 子供だったもの 肩をぎゅっと抱き合えば けんかは終わった  変わってしまったこと もう悔やまないで 前を 見てた そういつだって まぶしいほどの 生き方が好きでしょう?  さよなら 彼のなくした愛 思いださせてほしい どんな人にも 優しくしてたあの日の愛  さよなら 彼の壊れた愛 誰か守ってほしい どこかでひとり さみしい影 見かけた時は  さよなら 彼の壊れた愛 誰か守ってほしい どこかでいつか さりげなく出会える時まで
笑顔今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華もう 涙も枯れてしまった 残されたものなど 私には何もない あなたは今 愛を捨て去り 歩いて行くのね 新しい道を  愛しい人よ 遠くはなれても 幸せ 願い続けるでしょう  この笑顔をあなたにあげたい 明日もまた会える二人のように別れよう  激しく そう 結ばれた時 何もかも犠牲にできると思った  遥かな虹を見つけた冬の日 優しいあなたの低い声  目に見えない絆があるなら いつの日かあなたは気づいて 変わらぬこの愛に  愛しい人よ 遠く離れても 幸せ 願い続けるでしょう  今 笑顔をあなたにあげたい 明日もまた会える二人のように別れよう 二度と 会えぬなら 笑顔で 別れよう
あこがれのままで今井美樹今井美樹岩里祐穂上田知華うれしかった とても 思わず髪を直した 扉の向こう 懐かしすぎるあなたが入って来たのよ 肩をたたきあう昔の友達は皆 変わったけれど 呼び捨てにすれば あの日へすぐに戻れるね  テーブルの隅に座り 横顔見ていた 飾り気のない姿も あの頃のまま あなたの夢中で話すそんなとこが好き いっしょに夢追いかけたくなる  あなたが笑えば 私も楽しくなった 不思議なくらい そんな純粋な気持ちが よみがえって来たの  言えないけれど あの頃 私ね あなたの事が好きだった  思い出を話しながら 今は別々の 世界で暮らしてるって 誰もが気づく 今でもあなたはまぶしい私の憧れ だからそのまま変わらずいてね  久し振りだった あなたに逢えてよかった 青春の中に 忘れ物してきたような気がした それだけ 心でつぶやくさよなら
リボン結びのWAKU WAKU七つ星七つ星谷穂ちろる上田知華清水信之リボン結びのニコニコ 大きなエリのブラウス リボン結びのキラキラ セロファンかけた花束 リボン結びのトコトコ となりの家のプードル リボン結びのヒラヒラ いちご模様のくつひも みんなスキだよ でもねッ わかってるでしょ? 可愛い 包み紙 その上に結ぶの 赤いリボン 似合うもの クリスマス 約束ね 君だって スキなはず 絶対! 赤いリボン 似合うもの 叫んじゃって いいかな プレゼントちょうだい!どうしても  リボン結びのピョンピョン 踊れば揺れる みつあみ リボン結びのドキドキ 入学式の制服 ぜんぶ ステキよ でもねッ 忘れないでね これで キマリだね お気に入り1番 赤いリボン 似合うもの 誕生日 はやく来て プレゼントちょうだい! お願いね あててみて…わたしの…欲しいもの…なにかな? Merry X'mas  赤いリボン 似合うもの クリスマス 約束ね 君だって スキなはず 絶対! 赤いリボン 似合うもの 叫んじゃって いいかな プレゼントちょうだい!どうしても  プレゼント大スキ! プレゼント大スキ! おまけに君もスキ! ほんとだよ
ひとかけらのShooting Star真璃子真璃子夏目純上田知華Midnight subway 入口の灯りが 月影(ムーンライト)よりも はかなく揺れてるね…… Birthday party あなたらしい人気 Girl friendなんて 両手じゃ足りないね  送るよと 大きな声で呼んだ 気軽な優しさ こんなにも淋しい  Oneway true love 風に舞う 枯れ葉たち 星空の瞬きは 遠いあなたに似てるわ  最終電車 切なすぎる響き…… 後悔なんて 思い出じゃないから  あなたしか 映し出せない瞳 こぼれた澪(しずく)は ひとかけらの Shooting star  だから oneway true love そばにいてほしいの 横顔の流れ星 声にならない I wish you love me  そして oneway true love いつもの 終電車 星空に包まれて 見送ったのは oneway true love
メディテーション松田聖子松田聖子松本隆上田知華砂浜に腰をおろして 静かに瞳を閉じるの 波のハープだけ髪をふるわせ 透明になった心が流れ出すの  もしもあなたが夜だったら 星座になりたい 道に迷った旅人なら 光をあげたい …メディテーション  一度しかない命なら 愛しあう人も一人ね それがあなたならいいのにねって 幻の中の背中につぶやくだけ  もしもあなたが船だったら 港になりたい 嵐をのがれ帆をおろせる 岸辺になりたい …メディテーション  私は海よ 私は空 風にもなれるわ あなたをつつむ すべてのもの 宇宙になりたい …メディテーション
Convenience Boy和田加奈子和田加奈子和田加奈子上田知華本多俊之初めて 出会ったのは 明け方の4時すぎ 誰かを 迎えにきて ふられたみたい そんな わがままに 小石けるくらいで 君のプライドは おとなしくしているの  Convenience Convenience Boy 君は いつでも 居ごこちいい 何人かの BOY FRIENDSのひとり Convenience Convenience Boy 誰かの為 残しておいて ドキドキする HEARTのWAVEを  二度目に会ったのは ざわついた街角 かかえきれない荷物に埋もれていた あの娘のアンテナは君に向いていない どんなに君が電波を強く出しても  Convenience Convenience Boy 君とあの娘は JUICEと COIN すぐ出てくる COLAのひとつ Convenience Convenience Boy 誰かの為 残しておいて ドキドキする HEARTのWAVEを  いつも ここに 君を私だけが見つめてるのに  Convenience Convenience Boy 君とあの娘は JUICEと COIN すぐ出てくる COLAのひとつ Convenience Convenience Boy 私の為 残しておいて ドキドキする HEARTのWAVEを  Convenience Convenience Boy 君は いつでも 居ごこちいい 何人かの BOY FRIENDSのひとり Convenience Convenience Boy 私の為 残しておいて ドキドキする HEARTのWAVE  Convenience Convenience Boy 私の為 残しておいて ドキドキする HEARTのWAVEを
風の丘和田加奈子和田加奈子和田加奈子上田知華本多俊之心の翼 翔かせたくて いつも この丘に会いにくるの 緑が香る やさしい風たちに そっと 包まれてゆく  いつか忘れていた夢が Oh− とても さりげなく この大地の上 あふれてる  誓いあう 瞳と 見つめあう 言葉と 抱きあう 心があれば きっと また会える  子供の頃に いつも感じてた どこか 不思議な国への想い それは遠くて とても届かない なぜか そう信じてた  今 気づきはじめた夢が Oh− あの時の想い こんなに 近くに あふれてる  誓いあう あなたと 見つめあう わたしと 抱きあう みんながいれば きっと また会える  誓いあう 瞳と 見つめあう 言葉と 抱きあう 心があれば きっと また会える  子供の私に会える 風の丘
想いのかけら和田加奈子和田加奈子和田加奈子上田知華本多俊之星の降る夜は 心を開くの そっと結んでいた リボンをほどいて  時の向う かくしてた 確かな記憶 君のすべて 愛してる 月が輝やくように  抱きしめていたい その指先までも 届かない 終わらない 気づかない恋でも 見つめていたい いつか陽が昇ると せめて君の空に 星が消える日まで  誰にも言わずに 想いのかけらを ひとつずつ ひろい 心にしまうの  君の恋を できるだけ 笑顔できいた いつのまにか 二人には 近すぎる 遠さがある  抱きしめていたい その後姿を いつまでも どこまでも ここにいる私で 見つめていたい いつか陽が昇ると せめて君の空に 星が消える日まで  抱きしめていたい その指先までも 届かない 終わらない 気づかない恋でも 見つめていたい いつか陽が昇ると せめて君の空に 星が消える日まで
MOVE OUT渡辺満里奈渡辺満里奈岩里祐穂上田知華まだ早い朝の静か過ぎるざわめき 街は今日も同じ顔で動き始める bookcase 運び出せば downstairs 友達の呼ぶ声 錆のついたテラスへ出て 最後の風を 吸い込む I'll (You'll) find a brighter day なにかが 今 目覚めはじめているから こんな晴れた気持ち 歩き出してみる  ほら 2階建てのバスが走る通りを 渋滞の中 ホロかぶせた私の荷物 some friends はしゃぎながら あの日の事言わない そうじゃないのよ もうみんないい思い出なの 偶然 彼に出会っても 肩をたたける きっと I'll (You're) just moving out 誰よりいい生き方見つけたいから どんな時も 心 飾らないでいる  I'll (You'll) find a brighter day なにかが 今 目覚めはじめているから Move out to myself (yourself) 街にキスでさよならを
夜道渡辺満里奈渡辺満里奈岡部真理子上田知華黄色いランプ 帰り道照らして ふたりの輪郭だけ 並んでく 不思議ね(なんだか) とても(とても) 気持ちいい沈黙 アナタは靴を脱いで 両手に 揺らした  ガードレール とんでおいで 真夜中のアナタが 笑う こんな ふたり どこに いたの はじめて見つけた夜道 あかりが消えても 素足が 冷えても このまま いようよ 帰りたくない 気分  のびては(ちぢんで) 走る(止まる) ふざけ合う 影ふみ ぶつかる肩にたぶん ふたりとも 気づいた 言いかけたとたんのクシャミ 笑いながら指をつないだ こんなふたり どこにいたの はじめて 触れあう夜道  石段 登れば もうすぐ 着くけど このまま いようか もっと迷子に なれる 優しい夜の 中へ
フレンズ渡辺満里奈渡辺満里奈渡辺満里奈上田知華長い髪ほどく 彼女の横顔 うつむく視線の先 誰かの面影 言葉もかけずに ただそばにいても それだけでも気持ちは わかってあげられる  今は 悲しくても ひとりじゃないこと 気づいて いつも 思いのまま 生きてる顔 輝いてて 素敵だから  幸せのかたち ひとつじゃないから いつか白いシャツさえ 思い出に変わってく  今の 自分らしさ そのまなざし 大事にして いつも 笑顔でいる その魅力は 誰もきっと 知ってるから  今は 悲しくても ひとりじゃないこと 気づいて 高い空見上げて 雲の切れ間 優しささえ 見つかるから
かわってゆく渡辺満里奈渡辺満里奈芹沢類上田知華さよなら そっとつぶやいた 胸でつぶやいた あなたを見つめて  いつでも もっと逢いたくて 振り向かせたくて それだけで過ぎた季節  ほかのひとを好きでもいい 誰より近くにいたかった  あなたの優しさがもう辛い 甘えすぎた私のこと 許せなくなったの  ゆうべは ずっと泣いたけど ずっと泣いたから とびきりの笑顔できる  変わってゆく予感がする 私は私をみつけるの  あなたのまっすぐな目が 一人歩き出した私に今 勇気をくれるから  さよなら さよなら あなたの胸に届いたのね そう信じているわ
新しい気持ち渡辺満里奈渡辺満里奈戸沢暢美上田知華森深い湖に 朝が来るように 目の前が 目の前が いま開けてく  お互いを 大切に 思う恋ならば 悩むのも 迷うのも ムダじゃないのね  ねえ あなたの 目を見てると わかち合うもの 信じられる  ココロに 新しくて強い気持ち So Shine So Fine 生まれ変わる恋がまぶしい もう 瞳は曇らない  さびしさにためされて 人はみつけるの 少しずつ 少しずつ 確かなものを  ねえ 私の 弱さ達が わがままを言って こまらせたね  やっときた 新しくて深い気持ち So Shine So Fine 知らなかった こんな いとしさ もう 昨日がなつかしい  ねえ 何かを 失うのは 何かしら 手に 入れる 時ね  ココロに 新しくて強い気持ち So Shine So Fine はしゃぎすぎた私じゃない  やっときた 新しくて強い気持ち So Shine So Fine 生まれ変わる恋がまぶしい もう あの日に帰れない もう ひとりに帰れない
Heart's Delivery薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子野村康子上田知華雪どけの レールの上を すべり出した 横顔 目覚めた 朝のように ぼんやりと 消えてゆく  ずっと ずっと 友達いられるなら 君の夢のいつも隣で…  一秒のさよならを 記憶のかたすみに… いつかまた 会える日は 軽やかに 笑って 抱きあいたい…  手の平に 風をあつめて 君の旅が はじまった 出会った頃は いつも ふたりきり 見てた夢  どんな時も 友達でいられるから 今日が ここで きっとはじまる  一秒のやさしさで 永遠を信じて 君だけに 吹く風を 遠くで 見つめたい 出会えるため…  一秒のさよならを  記憶のかたすみに… いつかまた 会える日は 軽やかに 笑って 抱きあいたい…  夢は戻る…
五月の地図薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子羽金道代上田知華サイドシート 甘い予感 風の速さ 追いかけて ゲート抜けて 戻る笑顔 一年ぶりの キス  遠く会えない時間 迷い込んでた 暗い迷路 答えあせる気持だけ すれちがう夜 くりかえし  軽いリズムで 近づくふたり ずっと夢にみてた ねぇ、言葉の続きを 聞かせて 今 5月の風の中で…  遠い電話 耳の奥に ささやきだけ 抱きしめて きっと帰る その日までは 2人で書いた地図  春の海岸線まで 走ったあの日 もう一度  羽のように 軽やかに 胸に飛び込んでいい? ねぇ この時を ずっと 待ってた 素直な気持 伝えたい 軽いリズムで 近づくふたり ずっと 夢にみてた ねぇ、言葉の続きを 聞かせて 今 5月の風のエアポート  ホラ まぶしい陽ざし 届いた!
輝きたいの渡辺満里奈渡辺満里奈岩里祐穂上田知華Moonlight 冬空はなんだか不思議に透き通る Starlight ひとりきり 夜の人ごみを歩いてた  迷いかけている恋のほほ笑み取りもどすのよ  12月の空に生まれた三日月 かじかむ心を照らしてくれるよ あざやかな光にまぶたをこらせば 涙があふれそうなの  North wind いつだってあなたがとなりにいてくれた  頬打つ冷たい風にやさしさふと気づいたの  冬が輝いてる 友達みたいに あなたへの気持ち教えてくれるよ 見つめる瞳たち おんなじ夢だけ 二人は描いていたの  12月の空に生まれた三日月 友達みたいに見守ってくれる あざやかな光を心に抱きしめ 私も輝きたいの
好きじゃないけど愛してる渡辺満里奈渡辺満里奈戸沢暢美上田知華あなたのキスは 何故か ホッとする ほかの娘も そう思うかしら  浮気なヤツと みんながウワサしてる 責めるほど 仲良しじゃないわ  Ah 舗道に 枯れ葉のウズ 言い訳をしない あなたがけとばす  好きじゃないけれど 愛している たぶん 好きじゃないけれど あなたのこと とても 信じたい  身勝手だけど 自分の思うように 生きるのは 大変と思う  Ah あなたが 傷つく時 セーターのように 包んであげるね  好きじゃないけれど 愛している たぶん 好きじゃないけれど ふたりに来る 未来 信じてる  好きじゃないけれど 愛している たぶん 好きじゃないけれど ひかれてゆく ことも あるみたい
Boogie-Woogie Lonesome High-Heel今井美樹今井美樹戸沢暢美上田知華ハートにキックしてあげる 横目でチェックしていたわ 小さなウィンク返されて 踊る Oh~a full moon night  口説かれたって手ごわいよ スリルだけを感じたい 小意気なJoke かけひきがいい  昨日の痛手が 私を悲しくさせるから 楽しい時間だけを つかむのよ  今夜踊りましょ 夜明けまでBoogie-Woogie Lonesome High-Heel ステキな気分よ  愛するのって それだけで 明日のMy Heart しばること Telephone Number 暗号で言った  淋しいひとほど 楽しいこと 知っている孔雀 華麗にはかない今を生きる  Just I’m Free踊りましょ 帰らないBoogie-Woogie Lonesome High-Heel せつなく見ないで  さあ踊りましょ 夜明けまでBoogie-Woogie Lonesome High-Heel 愛よりリズムを
彼女と TIP ON DUO今井美樹今井美樹秋元康上田知華風の噂で あれから1人じゃないと聞いて 二人の恋が はじめて終わったみたい  あの部屋の家具の趣味まで 新しく揃えて WOW WOW 今の彼女のこと以外は 過去形に  思い出してなんてあげない しあわせそうな人は 彼女と TIP ON DUO 思い出してなんてあげないわ もう私だって 明日からは ハートに忘れもの  いつか会おうと できない約束して別れた 2年前から キャッチホンの間柄  右腕に誰かいないと だめなあなただから WOW WOW やっとつかまえた未来形 大切に  心配してなんてあげない 1人きりじゃないなら 勝手に TIP ON DUO 心配してなんてあげないわ もうバトンタッチ 恋の続き 彼女にまかせるわ  もう気にしてなんてあげない 彼女が待ってるなら 私も TIP ON DUO もう気にしてなんてあげないわ この組み合わせ これで終わり ハートを着替えるわ  思い出してなんてあげない しあわせそうな人は 彼女と TIP ON DUO 思い出してなんてあげないわ もう私だって 明日からは ハートに忘れもの
瞳がほほえむからGOLD LYLIC今井美樹GOLD LYLIC今井美樹岩里祐穂上田知華佐藤準ねえ この世に生まれて最初の朝に何が見えたの? 今 その輝きであなただけを見つめている  一面に咲いた菜の花の色 ほら拍手のように揺れてる  迷った遥かな日々 涙じゃなく力にして あふれる想いを今こそ果てなく抱きしめて  ねえ 憶えてますか めぐり逢いはいたずらだよね でも 遠い痛みもいつか愛の強さになる  歩き出す肩にとまる光が 二人やさしさへみちびく  感じて あたりまえのありったけの心の声 さわって くりかえす明日を乗り越えてゆくのね  うれしい あなただけが私だけをさがしていた 見つめて ふたつの瞳に言葉はいらないの  ほら 瞳に映るあなたが今ほほえむから…
涙の数、大人になれたら南野陽子南野陽子田口俊上田知華陽だまりの窓辺 枝毛探しながら ぼんやりと昔の恋 思い出してた  あの頃一人じゃ 何もできなくて それなのに 危なっかしい事ばかりしてた私  涙の数、大人になれたら 忘れたい 思い出は 輝くかしら 別れの数、優しくなれたら もう誰も 傷つけずに 愛せるかしら  高校(がくせい)の頃は 二十歳(はたち)過ぎの女性(ひと) 大人びて見えたけれど 何故私あの日のまま…  涙の数、大人になれたら いたずらに 消した恋 許せるかしら 出逢いの数、素直になれたら あの人は また私に ふりむくかしら  陽だまりの窓辺 こんな休日は 椅子の上 ひざをかかえ 過ぎた日々 なぞってみるの
My Song渡辺満里奈渡辺満里奈岡部真理子・MARINA上田知華星座が空にちらかる真夜中 流れ星を待ってみるの 枝が抱いてる桜の花束 降り注いで季節は移る  誰ものせつない想いが そっとわかる人になりたい  私の瞳 夢に満ちてる こんな広い空の下 きっと逢える 星の片隅 飾らないまま 見つめ合って ふたりして 歩いていける  悲しい気持ち どこか遠くまで 風にのせて運んでいって  どれだけナミダをためても いつかそれを強さにしたい  幾千の星 追いかけながら 大事な夢 瞳に映して生きる 散る花びらに ふるえる心 君以外に きっと誰も わからないの  幾千の星 追いかけながら 大事な夢 瞳に映して生きる 君のもとへと 伝わるように 私はそう 私になる 明日のために
プールサイド渡辺満里奈渡辺満里奈岡部真理子上田知華ホテルの7階 温水プール 場ちがいなココロ 来てしまったの あかりとりの窓 さしこむ光 エコーにまじって 満ちている  彼が消えた あの日から 閉じたドアを とびだしてきた  青いさざ波の プールサイド ひとりとびこむよ 背中まるめ 誰も 同じそぶりで 悲しみをかきわけてく  ついてくるしぶき 息つぎなしで すすむスピードは 恋に似てる  ターンしては 疲れたココロを みんな 充電してる  かかとあげながら プールサイド 彼の面影が 水に溶けて 光る プールの水面(みなも) 泣き顔を映している  はしゃぐ声のする プールサイド 聞こえないように 潜水した いつも となりにいたの あの恋とこのナミダは
フォトグラフ渡辺満里奈渡辺満里奈沢ちひろ上田知華白い雲がつかめそうな坂道 憶えてるでしょう 遠い街で暮らす君に手を振る あの日の私  夢とか愛がわかる 途中のまま 閉じ込めないで 想い出に  君に送るフォトグラフは 道をたずねて歩いてく私 話しかけて 話しかけて 君は今 何を感じる  いつからかな こんなふうに一人で 写真撮るのは 多分ずっと見せたかった あの日と 違う私も  お願い君もそっと 変わってゆく 横顔や夢 教えてね  君がくれたフォトグラフが 今の私を淋しくさせても もっと明日 もっと明日 追いかける 私になれる  君に送るフォトグラフは 道をたずねて歩いてく私 話しかけて 話しかけて 本当の私にどうぞ 君に感じてほしい
どうやって愛したらいいの?南野陽子南野陽子戸沢暢美上田知華そばにいるのに寂しい あなたもおなじかしら 気まずさを 夕暮れのせいにしていた  雲が形をかえてく ふたりの時間(とき)が過ぎる くちづけて 夢を見て そしてどこまで 吐息のヴェールごと そっと 抱きしめたいのに  誰か どうやって愛したらいいの? ねぇ教えて のばす 指先が ためらいの鼓動 打つ 私は影絵ね  あした 別れはこないと 私に信じさせて ささやきの 花びらは とてもはかない  並んだ距離よりも もっと 近くになりたい  あなた どうやって愛したらいいの? ねぇ教えて けして 乱れない 靴音がくやしくて くちびる かんでた  誰か どうやって愛したらいいの? ねぇ教えて もしも 遠い空 離れても 気持ちだけは となりにいたいの
窓際のハイヒール上田知華上田知華秋元康上田知華清水信之裏通りの古い画廊に 飾られてるピューマは 夜になるたび 本当に吠えるって  趣味の悪い 魔女の絵にも 誰かが爪を立てて 少し湿った空気が動かない  扉の鍵穴 のぞけば少女がいる 時計の針に縛られてた横顔  細いヒール 窓際に並べて 雨を待ったなんて退屈なの  遠い街の教会の鐘 くもりガラスを震わす どうして指を切ったのか わからない  壊れかけたソファーに 描きかけの抽象画 マッチでそっと 灰にさせてあげるわ  細いヒール 窓際に並べて 嘘をついた なんて退屈なの  細いヒール 窓際に並べて 雨を待った なんて退屈なの
幸福への時間荻野目洋子荻野目洋子上田知華上田知華暖かい手 握り合って 涙できる人に会えて良かった  つらいときに こらえていた 苦い涙 今 あふれてくる  Ah 雨のあとの 陽射しの匂い もっと 強く 抱きしめていて さよならだけを 繰り返したのは ここへ来るため すべて 幸福への時間  知らなかった 思ったより ずっとそばに あなたはいたのね  Ah 雨のあとの 夕暮れの匂い どんな午後も 帰り着きたい ひとりきりの 長かった冬も めぐりあうため すべて 幸福への時間  さよならだけを 繰り返したのは ここへ来るため すべて 幸福への時間  Wow Wow Uh…
Passion杉本彩杉本彩岡本千歳永上田知華つま先 膝小僧 ウエスト それから すべて愛してほしい 潮の風が足に触れて過ぎて行くわ  シャボンで洗った髪 今束ねて キスのピアスを待つの たとえここに嵐来ても決して逃げはしない  バラのポプリ 撒散らして 舞い踊るわ passion  朝日もない 夕日もない 愛の彼方へ I do love with you  さざ波 銀色 夕日が照らすわ 夢の世界へ走る このままずっと変わらないで 愛し合えるかしら…  水面 糸引くカヌーの軌跡に ゼブラ模様の波が 音もたてず浮かび消える 二度は繰り返さず  ふたついつつ 明り落す シャンデリアの motion  太陽さえ 剥がす程の 夢を見させて I do love with you  パームトゥリー 砂浜 貝殻 波音 風に揺られたガウン このままずっと変わらないで 愛し合えるかしら… 朝を呼ばないでね
一度だけの昨日鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華一度だけの昨日 一度だけの明日 みんながいつか振り向く 最後の夏休み  水道の蛇口 思い切り開けて 青空に飛ばした 胸の中の モヤモヤがほら 少しは晴れるよ クラスで一番 目立たないあいつ 昨日街で見たよ バイトして汗をかいてた そのきらめいた横顔 いつだっけ 誰を見ても 自信があった頃は 目を閉じて 思いだそう 優しくなれた時のことを  冴えない5月が 雨の6月が 時間割りみたいに 過ぎて行った ああ つまらないことは 他人のせいにした 自分の弱さ気付いた 最後の夏休み  校庭に差す 夕陽の七色 うまく言えないけど 胸を張って 泣きたいときに 泣けるやつになりたいな 南風 頬を吹いて 明日も天気になる あいつには きっといつか 今日のこの気持ち 打ち明けよう woo  7月の残り 8月の初め 埃だらけにして 平気だった ああ 淋しいことまで 誰かのせいにした 自分の影が延びてく 最後の夏休み  目を閉じて 思いだそう 優しくなれた時のことを  冴えない5月が 雨の6月が 時間割りみたいに 過ぎて行った ああ 一度だけの昨日 一度だけの明日 みんながいつか振り向く 最後の夏休み…  wow wow wow…
恋ってさ鈴木彩子鈴木彩子上田知華・鈴木彩子上田知華「乗ってけよ」って あいつに言われた時 痛いくらい胸の奥がきしんだ “いいよ一人で帰るよ…” 駆け降りた夕陽の坂道  「じゃあね」ってあいつはバイクで遠のく その背中に頬寄せたい 目を閉じて “だって”たぶん初めてさ 好きだと思ったまじめに  自分がなぜか その時小さく見えてくるの 自信も何もなくなって  嫌われないで うまくやりたいなんて 冗談飛ばし 言いたいこと言えないなんて Wou… Wou… 恋ってさなんなのさ Wow  ひとりぼっちにはしないでよと 心の中でそっと祈っていた “ちょっと”苦しくなるのさ 好きだとゆう事それだけで  「心配ないよ」ポツンとつぶやいた夕焼け空 何かが歩き始めてた  せいいっぱいの つま先だちでもいいさ なんだかすごく壊れやすいものだから Wou… Wou… 恋ってさなんなのさ Wow  自分がなぜか その時小さく見えてくるの 自信も何もなくなって  嫌われないで うまくやりたいなんて 冗談飛ばし 言いたいこと言えないなんて  せいいっぱいの つま先だちでもいいさ なんだかすごく壊れやすいものだから Wou… Wou… 恋ってさなんなのさ Wow
旅立つ朝に鈴木彩子鈴木彩子上田知華上田知華Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow  やるせない夜がやってくる 街中を見下ろせる所へ 2千年たってもまだ 信じ合えない 人はなぜ また明日を迎えるの  吹き上げる風がささやくよ なつかしい人の声に似ている 眠りなさい 朝になれば きっと出会える 誰かを 愛する気持ちあるなら  戦いはいつも 自分のため ああ 誰かを傷つけるためじゃない  あんなにもひどく 落ち込んでも ああ 決して逃げ出さずにいたのは きっとそうきみを知ったから Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow  河のように流れるハイウェイ 森のように静かな摩天楼 傷ついた 目をしている きみに言われた あの夜の 冷たい雨の降る中  自分の弱さに おびえていた ああ いつか壊されてしまいそうで おんなじ悲しみ 抱いてるって ああ 優しく打ち明けてくれたよね 星空から舞い降りたように Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow  自分の弱さに おびえていた ああ いつか壊されてしまいそうで おんなじ悲しみ 抱いてるって ああ 優しく打ち明けてくれたよね  戦いはいつも 自分のため ああ 誰かを傷つけるためじゃない 地球のどこかで 涙拭う ああ ともだちにどうか届くように この空にきっと誓い合おう Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wow Wo Wow Wow
思い出より遠く高橋洋子高橋洋子田口俊上田知華白いカレンダー 壁に残したまま 住みなれた私の部屋 越してゆく ひとりで暮らした 気ままな寂しさも あなたと別れてから 変わったの 二度と会わないと 受話器置いて ずっと眠れずに 泣いたあの日 もう私たち 思い出より遠いかしら 忘れるのは 待つことより悲しいかしら  ふたりで写した 写真は少なくて あと何度 見なおしたら すてられるの 音の聞こえないスクリーンが ふいに胸の中 流れだす ねぇ私たち 長い夢を見たのかしら 許すことは 悔やむよりも悲しいかしら  もう私たち 思い出より遠いかしら ほほえむのは 泣くことより悲しいかしら
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 絶対アイドル辞めないで
  3. 夢幻
  4. 366日
  5. 永久 -トコシエ-

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. LOUD
  2. 愛し合いなさい
  3. NOW
  4. ブラックホール
  5. 空夢

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×