この曲の表示回数 2,151
歌手:

上野優華


作詞:

岩里祐穂


作曲:

上田知華


翌朝 窓を開けて 吸い込んだ青空は
昨夜の雨さえ 忘れたみたいに

こんなふうに少しずつ 慣れていけたらいいな
離れていたって

君のいない初めての週末
がらんとした部屋にいつか影はのびて

好きになってしまったら 途端 不安になるの
幸せなはずの気持ちも 裏返しにしてしまうの

夢の見方がわからない そんな私の特技は
あんまり多くを望まないこと

与えられるものは有限で いつも
求めるものは無限で

君がいればそれだけで こんな温かいから
いつだって どこにいたって 大丈夫なのに

好きになってしまっても きっと変わらないよね
幸せなはずの気持ちを 怖がったりなんかしないで

翌朝 窓を開けて 吸い込んだ青空は
昨夜の雨さえ 忘れたみたいに 高く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空 歌手:上野優華

上野優華の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/01/23
商品番号:KICS-3771
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP