さよならの代名詞

この曲の表示回数 5,444
歌手:

勝生真沙子


作詞:

安藤芳彦


作曲:

上田知華


消えてゆく 街の明かりが今
さよならに滲み始めている
空の隙間から零れ落ちた
雨が心まで濡らした

最後には分かりあえた事を
ささやかな救いに感じてる
星も隠れてるこんな夜は
愛はモノクロの想い出
そして遅すぎた出会いに
このほほを濡らしながら
寂しくはないと心でつぶやく

遠い日の記憶が蘇る
あの人が私を変えてゆく
すべて投げ出して 腕の中で
声を上げて泣いてみたい

いつも寂しさに包まれ
この心に鍵をかけた
本当の自分を見せたくなかった
今 遅すぎた出会いに
このほほを濡らしながら
寂しくはないと心でつぶやく
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さよならの代名詞 歌手:勝生真沙子

勝生真沙子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP