虹の日

この曲の表示回数 3,812
歌手:

森口博子


作詞:

戸沢暢美


作曲:

上田知華


ひとつの傘の中
ふたりきりになれた午後が
最後でした

遠くの大学に
進む彼を 責められずに
黙り込んだ
18才(じゅうはち)

恋人じゃなく
友達のまま
いとしさを
育てた恋

今も憶えていますか
ふたり 見た空を
傘をたたんだ せつなさ
胸に閉じ込めた 虹の日

あれから しばらくは
好きなひとが出来なかった
私なのに
22才(にじゅうに)

愛することは
傷つくことと
なげやりに 思えた冬

ずっと忘れていました
ひとはステキだと
雨が上がった舗道で
心 晴れてゆく 虹の日

Rainbow Sky
憶えていますか
あんな
はかないものが
澄んだ勇気をくれたの
今はひとりの 虹の日
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:虹の日 歌手:森口博子

森口博子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-11-21
商品番号:KICS-141
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP