松本一起作詞の歌詞一覧リスト  197曲中 1-197曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
197曲中 1-197曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
永遠の涙新居昭乃新居昭乃松本一起都留教博痩せた天地を振り向く 予言者が歴史(とき)を哀しむ 二つの瞳と二つの耳で なぜ未来をみないか、と  蒼い星座は輝く 人々の罪を背負って 生命があふれる心の中に また夜明けを捧げてる  美しい人よ行かないで 百年の先で逢いたいけれど 私は一人きりの 永遠の旅  空は孤独を夢見て 近づいた夜を振り切る 地上にただようガラスの海は また炎を吹き上げる  新しい人よ泣かないで 千年を超えて待ち受けていた 涙を口にしたときに ありふれた日々を取り上げられた 私は一人きりの 永遠の旅
ガラス越しに消えた夏CHEMISTRYCHEMISTRY松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
夏の日の1993はやぶさはやぶさ松本一起佐藤健まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy 超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう スキャンダラスに Say Love ダイアモンドに So Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
夢を -Rearranged ver.-東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール松本一起前田克樹空を見上げれば傷ついた涙も 未来へかかる虹に 光ってる  胸のときめきは羅針盤みたいに 私の地図を広げ 追いたててる  きっと明日も晴れる 熱い風 きっと私らしさ失わない  夢を 夢を抱きしめて 越えられない壁は七つの海にもないわ Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  遙か彼方まで見通せる瞳は 真実さがす予感 光ってる  髪が乱れてもTシャツが濡れても 心の中はいつも 輝いてる  ずっと自分のことを 信じてる ずっと他人の手に触れさせない  夢を 夢を抱きしめて 新しいトビラを一つずつ開けてゆけば Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  夢を 夢を抱きしめて 越えられない壁は七つの海にもないわ Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  夢を 夢を…
慕麗路浜圭介浜圭介松本一起浜圭介カモメが一羽 群れにはぐれて 今のわたしによく似てる おぼろ月夜か 滲んで見える すがりつきたい心の共に 涙が涙がこぼれて止まらない ah 意気地なし 海をねじるうずまく風よ 心みだれ 今 日本海 おふくろ こんな悪いわたしを許してください  忘れられない故郷(ふるさと)がある 愛しいあの女は誰かの妻か 叫んで叫んでみたけど虚しさが ah 突きささる 俺は生きる 波立つしぶき 錆びたこの身 洗いながせよ おふくろ こんな悪いわたしを許してください  海をねじるうずまく風よ 心みだれ 今 日本海 おふくろ こんな悪いわたしを許してください
さくら池田聡池田聡松本一起伊勢正三ほんのりべにきた さくらさくら ゆきどけきいて いつひらく いつわらう さくらさくら  ゆらめくじゅうたん さくらさくら とまどうそらに はるのいろ すましてる さくらさくら  はらはらちるのは さくらさくら かぜにさそわれ ついてゆく さようなら さくらさくら
かたおもい伊勢正三伊勢正三松本一起伊勢正三こいがはがれた こころには ざらめのあまさと しぐれのにがさ かわいたまんまで あめもふらない あーかたおもい そっとかたおもい  すこしはなれて のぞきみる すきだといえたら しろくろついて すきだといえない かげになってる あーかたおもい そっとかたおもい  ほしをかぞえて ねむれない あのひとおもって またねむれない しんしんしずまる よるのながさよ あーかたおもい そっとかたおもい ずっとかたおもい
てんさい伊勢正三伊勢正三松本一起伊勢正三かんじるんだ うちゅうのきょり ひかりとかげをたして れきしでわれば うちゅうのきょりが わかるきがする もぐもぐもぐ てんさいだね  かんじるんだ ぎんがのまど えがおとすがおかさねて きぼうでわれば みらいのぼくが みえてくるんだ どきどきどき てんさいだね
うた伊勢正三・太田裕美伊勢正三・太田裕美松本一起伊勢正三うたは、いいよね ひとりでもふたりでも だれとでもうたえるし てぶらでもうたえる  うたは、いいよね あつくてもさむくても どんなひもうたえるし うらはらにうたえる  うたは、いいよね さびしさもたのしさも なつかしくうたえるし かみしめてうたえる  うたは、いいよね うみだってやまだって ふるさともうたえるし ひろびろとうたえる
しおこしょう伊勢正三・太田裕美伊勢正三・太田裕美松本一起伊勢正三ままのては まほうつかい きゃべつ、おにくも ぱっぱっぱっと えがおになる ままのてには しおこしょう  きっちんの たなにずらり おにくと、やさいで さっさっさっと つかいわける ずらりならぶ しおこしょう  ままのては まほうつかい にんじん、おさかな ぱっぱっぱっと ふかみがでる ままのてには しおこしょう ままのてには しおこしょう
くさかんむり伊勢正三・太田裕美・大野真澄・細井豊・モリユイウエノハラ伊勢正三・太田裕美・大野真澄・細井豊・モリユイウエノハラ松本一起伊勢正三くさかんむり あなたはだいじなかんむり  しろいかみに よこぼうひいて うえからちょんちょん くさかんむり そのしたに ばけるとかけば くさがそだち、はなになるよ  くさかんむり しろいかみに よこぼうひいて うえからちょんちょん くさかんむり そのしたに ふるいとかけば くさもしおれ、くるしくなる  くさかんむり あなたはだいじなかんむり  しろいかみに よこぼうひいて うえからちょんちょん くさかんむり そのしたに らくとかけば くさがそだち、くすりになる くさかんむり
のんき伊勢正三・我那覇美奈伊勢正三・我那覇美奈松本一起伊勢正三のんきって どんなきなの おおきいの、ちいさいの ちがうちがう こせこせしない のんびりさんのこと おもしろいね  のんきって どんなきなの はなさくの、さかないの ちがうちがう あくせくしない えがおのようなひと はなやかだね  のんきって どんなきなの のぼれるの、ころがるの ちがうちがう ばたばたしない ゆったりかまえてる たのもしいね おもしろいね
そら伊勢正三・MICHIKA伊勢正三・MICHIKA松本一起伊勢正三そらはどこまで そらなの あお うちゅうのどこかに せんがひいてあるの ねむっているとき ときどき ぼくはそらをあるいてる  そらはどこまで そらなの あか へのじのばんにん おにがたっているの ないしょでくぐったら いきなり あかいきばをむくんでしょ  そらはどこまで そらなの しろ むこうのせかいも くにとくにがあるの たたかいつづけて やさしい かぜもないているのかな
なみだ伊勢正三・MICHIKA伊勢正三・MICHIKA松本一起伊勢正三ふしぎなの ほめられたときにも しかられたときにも なみだがでるよ あじがちがうのかな なにかがちがうのかな  ふしぎなの さよならのときにも めぐりあうときにも なみだがでるよ いろがちがうのかな なにかがちがうのかな  ふしぎなの わらってるときにも ないているときにも なみだがでるよ こさがちがうのかな なにかがちがうのかな
あからんくん。伊勢正三・MICHIKA伊勢正三・MICHIKA松本一起伊勢正三あいうえお かきくけこっこ さしすせそ・そ・そ  たちつてとんとん なにぬねのんの はひふへほ・ほ・ほ  あではじまって んでおわり あからんうたおう  あからん あからん ふしぎなともだち あからん あからん みんながまってる  まみむめも やいゆえよーよー らりるれろん・ろん・ろん  わぃうえうぉんうぉん おおきなそらら みあげよう  あではじまって んでおわり あからんうたおう  あからん あからん ふしぎなともだち あからん あからん みんながまってる  あからん あからん ふしぎなともだち あからん あからん みんながまってる
たからものイルカイルカ松本一起イルカみせたいけれど みせたくない こっそりかくした たからもの おだてられると ついついね みせちゃうよ  さわりたいけど さわれなくて こっそりしまった たからもの ぎゅっとしばった ほうそうし ながめてる  じまんしたいし がまんしたい こっそりのぞいた たからもの きえていないか しんぱいで とおせんぼ
にじイルカイルカ松本一起イルカあめふりあとの ごほうびに なないろひかる にじかかる どこからどこへ かかるのか  どんなにくもが ながれても まあるくたかく にじかかる だれかわたった ひといるか  くうきのうえに いろがつく なないろひかる にじかかる ちかくにいけば そまるかな
あい太田裕美太田裕美松本一起伊勢正三あいって、どこにある みんなもってても、わからない ときめいたり いたくなったり むねをおさえても、そこにない  あいって、どんないろ ぬりかえられても、わからない あかだったり ぶるーだったり むねをさわっても、そまらない  あいって、どんなあじ つよくかじっても、わからない あまかったり にがくなったり むねをこがすのに、におわない
ともだち大野真澄大野真澄松本一起伊勢正三ひゃくてんとったひも ごーるをきめたひも しゅくだいわすれたひも そしてしかられたひも ともだちといれば ともだちがいれば ほっとできるよね  すきだといったひも あめよりさむいひも おしゃれをしてきたひも そしてほめられたひも ともだちといれば ともだちがいれば ほっとできるよね  ともだちといれば ともだちがいれば ほっとできるよね
ぬれぞうきんオプチミシン feat. MIKI-LOWオプチミシン feat. MIKI-LOW松本一起土方英司 from Luster Glossぎゅぎゅっぎゅぎゅっ しぼりたて ゆめさくせいけつ100% びゅびゅっびゅびゅっ みずびたし くうねるそうかい100%  かわいたぬのでは ごみはにげる ちゃぶちゃぶ ちゃぶちゃぶ ぎゅぎゅっぎゅぎゅっ みずをすいこみ くたくたになれば どんなよごれも みのがさない  ぎゅぎゅっぎゅぎゅっ しぼりたて ゆめさくせいけつ100% びゅびゅっびゅびゅっ みずびたし くうねるそうかい100%  せんとうかいしを つげてかがむ びゅんびゅん びゅんびゅん すいすいすいすい ぬれたろうかが ぴかぴかにみえる ねこのあしあと かたづけたよ
おにいちゃん我那覇美奈我那覇美奈松本一起伊勢正三おにいちゃんは いいな がっこうからかえったら ともだちとやきゅうしにいく そしてゆうがたまで かえってこない これが、じゆうという じかんなの~かな  おにいちゃんは つよいね ぼくがいぬににらまれたら りょうてあげてにらみかえした ぼくのまえにたって まもってくれた これが、むすぶという きずななの~かな  おにいちゃんは ないてる せいせきひょうをかくして それでしかられたのかな よるのごはんもなく なみだをすする これが、おとなという しれんなの~かな
きっすのあじ我那覇美奈我那覇美奈松本一起伊勢正三はるのひざしに ちゅーきっす ままのほっぺは、みるくあじ とろっとしてて おいしいな ままにきっすして しろくなる  なつのこかげに ちゅーきっす ぱぱのほっぺは、そーすあじ からっとしてて たのもしい ぱぱにきっすして くろくなる  あきのもみじに ちゅーきっす じじのほっぺは、かれはあじ じわっとしてて やさしいな じじにきっすして あかくなる
ちきゅうぎ我那覇美奈我那覇美奈松本一起伊勢正三せかいが ここにある りょうてのなかに うみがある くるくるくる まわれまわれ くるくるくるまわれ ちきゅうぎ  へいわが ここにある りょうてのなかに あいがある らんらんらん おどれおどれ らんらんらんおどれ ちきゅうぎ  みらいが ここにある りょうてのなかに そらがある くるくるくる まわれまわれ くるくるくるまわれ ちきゅうぎ
ことばしなまゆしなまゆ松本一起しなまゆことばって、つよいよね てっぽうもつわるいひとに いのちのおもさをはなすと てっぽうそっとおろして、あやまった ことばって、つよいよね  ことばって、かくせない だれかのなをよんだ ねているぱぱのねごとで ままからおめだま、しかられた ことばって、かくせない  ことばって、はやいよね せかいじゅうのうらがわの にゅーすもすぐにつたわる まらそんらんなー、かてないね ことばって、はやいよね
すしSHINO from WORLD WONDERφSHINO from WORLD WONDERφ松本一起木本浩之しゃりってなんだかしっている すしことばで、ごはんのこと ぎゅっとにぎって てっぺんにあぁおいしそう とろんととろがのっかりました  あがりをいっちょうなんのこと すしことばで、おちゃなんだよ ゆげがもくもく ぎょくろとかせんちゃほうじちゃ ひとくちたべておくちをすすぐ  むらさきしきぶじゃないけれど すしことばで、しょうゆのこと すしとむらさき つけすぎはあじをこわすよ おなかはへっておくちはへらせず
いっぱい名倉七海名倉七海松本一起伊勢正三ほしいものがいっぱい おもちゃに、おかしに、げーむ ほしいものがいっぱい いっぱい、いっぱいあるよ だから、おかねもいっぱいほしいけど それよりもっと たいせつなものがあるよね  あそびたいひがいっぱい はれのひ、あめのひ、くもったひ  あそびたいひがいっぱい いっぱい、いっぱいあるよ だけど、ぱぱはまいにちはたらいて ほんとはきっと あそびたいときもあるよね  ほしいものがいっぱい こいびと、おもいで、ちょこれーと ほしいものがいっぱい いっぱい、いっぱいあるよ だけど、こころにいっぱいつめこんじゃ よくばりすぎだよ ひとりじめしちゃ… だめだよね
えぁ・ぎたー名倉七海名倉七海松本一起伊勢正三ぎゅんぎゅんぎゅん ぐぁんぐぁんぐぁん ぎゅんぎゅんぎゅん ぐぁんぐぁんぐぁん とうめいの、ぎたーをひく ろっくんろーるだ とーめいの、えあぎたー かっこいいよね  びゅんびゅんびゅん じゃんじゃんじゃん びゅんびゅんびゅん じゃんじゃんじゃん ぴっくもつ、ゆびがおどる ろっくんろーるだ はねをつけた、なげきっす ちょうちょみたいだ  ぎゃんぎゃんぎゃん きゅんきゅんきゅん ぎゃんぎゃんぎゃん きゅんきゅんきゅん すてーじが、りずむのうみ ろっくんろーるだ じょうねつの、えあぎたー かっこつけちゃお
せんせい名倉七海名倉七海松本一起伊勢正三がっこうの せんせいは なんでもよくしっている ぼくのにがてな こくごだって さきにうまれて ずっとべんきょうしていたんだね  じゅくにいる せんせいは なんでもよくしっている ぼくのきらいな さんすうでも あっというまに びぶんせきぶんほどいてしまう  けんどうの せんせいは なんでもよくしっている ぼくがまけると こころのなか そっとのぞいて こいのなやみをきいてくれるよ
けいきがいい細井豊細井豊松本一起伊勢正三これかって あれかって おねがいすると すぐかってくれる そうだね けいきがいいんだね みんながふわふわ  いたりあに あめりかに ちきゅうぎまわし つれてってくれる このごろ けいきがいいんだね みんながそわそわ  すてーきも おすしでも たべたいものが めのまえにならぶ そうだね けいきがいいんだね みんながふわふわ
ねたふり細井豊細井豊松本一起伊勢正三まだおきていたい みんなといっしょに わいわいしたい だけど むりやりねかされて ねむれないから ねたふりしてる ねがえりうって ごそごそ むにゃむにゃ ねたふりしてる  まだおきていたい そらにはいっぱい かがやくほしが いいな おとなはずるいよね よるのとおくに いってるみたい ねがえりうって ざわざわ むにゃむにゃ ねたふりしてる  むりやりねかされて ねむれないから  ねたふりしてる ねがえりうって ごそごそ むにゃむにゃ ねたふりしてる ねたふりしてる ねたふりしてる ねたふり
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
つき南こうせつ南こうせつ松本一起伊勢正三まんま まんげつさん そらのひろばが おおきくて あさまであそんでも とどかない  はんぶん はんげつさん みぎにひだりに うえとした よぞらにたべられた おにごっこ  ゆみなり みかづきさん よるのぶらんこ ちゅうぶらりん ゆらゆらゆれながら どこへゆく
ガラス越しに消えた夏川上大輔川上大輔松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日消えた夏  君は先を急ぎ 僕はふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕はふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
Truth米良美一米良美一松本一起犬飼伸二dream その心の中で 地平線を描き続けて また あなた一人で越えようとする  Truth なぜ 立ち止まるのに 青い息を落とすのでしょう その雨にかくれてやすめばいい  どんなに迷ったときでも どんなに傷ついたときも あなたは誰かに守られてる 生まれたときのように  love あなたがいればいい 踊るための星座(ほし)がなくても ただ一緒にいれば幸せなのに  Truth もし泣きたいのなら 素顔になりただ泣けばいい このわたしの中で瞳を閉じて  どんなに夜が長くても どんなに風が強くても あなたがあなたでいるからこそ 信じていける ずっと  どんなに迷ったときでも どんなに傷ついたときも あなたは誰かに守られてる 生まれたときのように  どんなに夜が長くても どんなに風が強くても あなたがあなたでいるからこそ 信じていける ずっと
ジプシー・クイーン村上ゆき村上ゆき松本一起国安わたる百二十五頁で 終わった二人 燃える愛の途中で Ah すべて  Wine色を染める 重い空に嘆(なげ)き アスファルトのBedに ため息こぼれる  貴方の胸で やせた ランプ灯(とも)し 終わりのない運命 踊っていたけど  男と女は謎 貴方は別の 女(ひと)を愛し 私は Ah 一人  生まれる前の星座(くに)で  あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう  化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで  ジプシー・クイーン  夢みる女一人眠る夜は 夢をさがす女が一人 目をさます  誰も見た事がない 時間(とき)にかくれて 愛は神のあやつる Ah 不思議  貴方との日々今は  かくしてしまったから 以前(まえ)より悲しいけど 寒くない タロット・カード捨てて  夜明けを重ねてゆく 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで  ジプシー・クイーン 生まれる前の星座(くに)で  あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう  化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで  ジプシー・クイーン
ガラス越しに消えた夏ジェニファージェニファー松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕はふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕はふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
夏の日の1993FaylanFaylan松本一起佐藤健1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに …  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイアモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わないひとだと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
Don't Stay 初めての自分石田ひかり石田ひかり松本一起山中紀昌一人でいたって誰かを探してる 海辺のポスターにもたれて  自分らしさも知らずに 時間(とき)を急ぎ 時間を無くし 背伸びしてた  Don't Stay 優しさに甘えて ただ何となく生きてる Time Trip 地図にない私が 何処かにきっといる  泣くほど誰かに恋したこともなく 傷つく失恋も無かった  誰も知らない私を 「探すまでは帰らない」と船に乗った  Don't Stay 見慣れない景色に 今ときめきが広がる Time Trip 初めての自分が 何処かで待っている  Don't Stay 優しさに甘えて ただ何となく生きてる Time Trip 地図にない私が 何処かにきっといる
Hello, Nice Day石田ひかり石田ひかり松本一起岸正之Hello, Nice Day Hello, Nice Face 何かいいこと起きそうなMorning 照り返す光りの中に私がいる  ときめくたびに胸にブレーキかけて悩んだけど 今日こそ彼のハート射止めそうな気がするわ  地下鉄から駆け上がって シグナル待つ間くじけそうになった  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 陽ざしの中で抱きしめるMorning いつもより素敵な顔を見て欲しい チャンスは自分で作るわ きっと新しい瞳  勇気を出さないまま片思いに終わる涙 少しは経験して分かってきた気がしてる  好きな人に好きと言って 駄目になったときは傷つかないはずよ  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 洗いざらしの微笑みでMorning シナリオは考えないで伝えたい 素直な気持ちを言うだけ 彼の視線だけ見つめ  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 陽ざしの中で抱きしめるMorning いつもより素敵な顔を見て欲しい チャンスは自分で作るわ きっと新しい瞳
帰りたくない石田ひかり石田ひかり松本一起岸正之蒼ざめた空には気の早い星屑 貴方といる時間だけがスピードを上げて過ぎてゆく  未だ帰りたくない 連れてって何処でも 星の見える丘の上で夜明けまで一緒にいたい  バスに乗り遅れたくてShow-windowのぞけば 真面目すぎるわ貴方 背中をつっついた  どうかお願いもう少し 次の駅までついてきて 夜と朝までのサヨナラを遠ざけて もっと貴方は乱暴にグッと私を引き止めて どんなルールでも破れるわ touch your heart 帰れない  前髪でかくした哀しみの瞳に セピア色の風が吹いて街中をにじませてゆく  そうよ ふるえているのは寒さじゃないのに 首のマフラーはずし私に巻きつけた  どうかお願い永遠に いつも私を見ていてね たった一人だけ私だけ思ってて そうよいつでも逢えるのに夜がいつでも邪魔をして 二人引き裂いて夢を見る touch your heart 帰さない  バスに乗り遅れたくてShow-windowのぞけば 真面目すぎるわ貴方 背中をつっついた  どうかお願いもう少し 次の駅までついてきて 夜と朝までのサヨナラを遠ざけて もっと貴方は乱暴にグッと私を引き止めて どんなルールでも破れるわ touch your heart 帰れない
赤いエゴイズム石田ひかり石田ひかり松本一起山崎稔抱きしめられた たった一度だけの感触が 熱いシャワーを 浴びた今も消えない  顔を合わすたびに 心だけが 離れる気がして  赤いエゴイズム 何を失くしてもかまわない 貴方だけを愛せるなら  赤いエゴイズム まっ赤なルージュをペンにして 貴方の胸に 炎を描(か)きたい  夏の終わりの あんな激しかった情熱は 枯葉の街で 何故とけてしまったの  わたし恐いぐらい 貴方のこと 愛してしまった  赤いエゴイズム 届く距離にいて届かない 自分さえも もどかしくて  赤いエゴイズム まっ赤なルージュをペンにして 貴方の胸に 炎を描きたい 顔を合わすたびに 心だけが 離れる気がして  赤いエゴイズム 何を失くしてもかまわない 貴方だけを愛せるなら  赤いエゴイズム まっ赤なルージュをペンにして 貴方の胸に 炎を描(か)きたい
オルゴール石田ひかり石田ひかり松本一起山崎稔一度も着たことない ピンクのワンピースで 紅茶を二ついれた 哀しくなりたい  逢いたいとき逢えないから 心だけが 貴方と踊る  テーブルのオルゴール 今すぐ 貴方の手の中で踊りたい いつだって そばにいて 私の この音色を聴いて  窓辺にシルクの雨 静かに心濡らす 貴方がいないときは ネジのない人形  踊らされて歌わされて 今以上に 綺麗になれる  テーブルのオルゴール 貴方を まわりながら愛を感じたい よそゆきの服を着て 一人で 踊れないわ Rainy Heart  テーブルのオルゴール 今すぐ 貴方の手の中で踊りたい いつだって そばにいて 私の この音色を聴いて  テーブルのオルゴール 今すぐ 貴方の手の中で踊りたい いつだって そばにいて 私の この音色を聴いて
金の道藤あや子藤あや子松本一起久地万里子さわさわと戯れる雲の仕業(しわざ)か 夜空に浮かんで消える三日月 果たして何処までたどりついたのか 幾人(いくびと)の心に抱かれ そのたび寄り道 まわり道 だけど だけど だけど 金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 こんなにやってきたんだもん ここらで本当の恋を渡りたい  かなかなと息をする風の仕業(しわざ)か 涙も夜の海では道化師 逢いたい人ほど無事を祈るのに 行方(ゆくえ)も知れずに遥か バシャバシャ海辺を蹴散(けち)らして だけど だけど だけど 金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 このまま月に引っ張られ ここらで本当の道を歩きたい  金の道 鳴くカモメ 月のさざ波 一筋かかる縒糸(よりいと)にほっとする 金の道 こんなにやってきたんだもん ここらで本当の恋を渡りたい
ガラス越しに消えた夏石井聖子石井聖子松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
心はひとつじゃない昆夏美昆夏美松本一起上倉紀行たとえ世界から未来の灯(ひ)を失っても 時間(じかん)は止まらず 歴史という過去を作り続ける 失意は置き去りになる  すれ違う人 もう二度とは逢えない そんな人が抱(かか)えきれないほどいるのに 億千の確率で出逢ったあなた  生まれた理由は知ってる 一人でこの地上には来たけど 輝く眼差(まなざ)しの先 数えてみれば 心はひとつじゃない  時代はいつでも夢とともに火花散らす 微笑みの中に拳(こぶし)ひとつ振り上げれば闘い すべてを炎と燃やす  この地球(ほし)をいま守れるのは優しさ 空も風も人間(ひと)の手が触れればまぶしい 誰一人残さない 一緒に行こう  生命(いのち)は何かさがしてる ときには恋の痛みにざわめく 季節を伝える花がきれいに咲いた みんなで迎えたいね  生まれた理由は知ってる 一人でこの地上には来たけど 輝く眼差(まなざ)しの先 数えてみれば 心はひとつじゃない  生命(いのち)は何かさがしてる ときには恋の痛みにざわめく 季節を伝える花がきれいに咲いた みんなで迎えたいね
マラケシュの人形芝居石井聖子石井聖子松本一起浜圭介愛してると言葉で言ったけど あなたは心のそばにいなかった 優しさもジェラシーも夢だっていつも 出逢うことのない迷路を巡るだけ  スパイスのきいた紅色(べにいろ)の風 幼子(おさなご)をかかえた青い目の少女 目を閉じて地図に指差した異国は 久しぶりにわたしを思い出させる  マラケシュの人形芝居 旧市街のバザールに人が集まり まるで操り人形のようなわたしがそこにいる わたしは笑って わたしは踊って 呪縛(じゅばく)の衣装を脱いでゆく la la la lan la lan la la la la la lan la lan la la...  金色の風にのり鳥が舞う 旅人が言ってた黄金(こがね)色の街 哀しみはうすれたおだやかな心が あの人は恋人と今は思うよ  マラケシュの人形芝居 旧市街のバザールに人が集まり まるで操り人形のようなわたしはここにいた わたしは笑って わたしは踊って 呪縛(じゅばく)の衣装を脱いでゆく la la la lan la lan la la la la la lan la lan la la
あなたがNo.1石川秀美石川秀美松本一起小田裕一郎貴方は今 寂しくないの? 私は今 何も出来ない 女の子は 気まぐれみたい 理由もないのに そっぽ向くの  時間よ 帰れ! 天使の翼で 心 ひとつ あなたがNO.1  Ah 好き 好き 好きよ Stop the music Ah 夢 夢 夢ね 意地悪  Ah 好き 好き 好きよ 離れないで Ah 胸 胸 胸が 胸が痛い  優しくされ わがままゆうの 冷たくされ 魅力感じる 女の子は バランス上手 不思議と きれいになってゆくの  時間を飛ばせ! 明日の向こうへ 恋は ひとつ あなたがNO.1  Ah 好き 好き 好きよ Stop the music Ah 夢 夢 夢ね 意地悪  Ah 好き 好き 好きよ 離れないで Ah 胸 胸 胸が 胸が痛い  Ah 好き 好き 好きよ Stop the music Ah 夢 夢 夢ね 意地悪  Ah 好き 好き 好きよ 離れないで Ah 胸 胸 胸が 胸が痛い
ガラス越しに消えた夏大友康平大友康平松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
笑顔にダーツ伊豆田洋之伊豆田洋之松本一起伊豆田洋之スリルを知らないAngel I never know you, You never know me そんなに笑わないで 愛の謎に 傷つきたい僕さ  街中のKiss 拾い集めて ありふれた愛に 何を求めるの Wooもっと 狂わせたいさ  Pinkの爪で 夜は切れない Magazineの中に 夢をさがしてる Wooもっと 大人になって  スリルを知らないAngel I never know you, You never know me 時間を気にした手で グラス空けて 心も瞳(め)も閉じる  うしろ指さされる 女になって欲しい 笑顔にダーツ投げる 僕の愛 伝えて  スリルを知らないAngel I never know you, You never know me そんなに笑わないで 近く遠い 二人さ
Wall In Love伊豆田洋之伊豆田洋之松本一起伊豆田洋之Woo You, 不機嫌な指でRadio 止める Woo You, 柔らかいソファーに別の愛が 君の為に開かないDoor 好きと言えず あたり散らす  待っているだけの胸に Wall in Love, Wall in Love 悲劇さ 一人で壁を守る Wall in Love, Wall in Love  Woo You, 女から夜は始まるさ 肩に落ちた仕方なさで 君の朝は ため息だけ  少女のシナリオだね Wall in Love, Wall in Love 残酷 別れは怖くないさ Wall in Love, Wall in Love  誰も気づかないまま 愛に迷いながら 立ち止まる  待っているだけの胸に Wall in Love, Wall in Love 悲劇さ 一人で壁を守る Wall in Love, Wall in Love 悲劇さ  待っているだけの胸に Wall in Love, Wall in Love 悲劇さ 一人で壁を守る Wall in Love, Wall in Love 悲劇さ
For You伊豆田洋之伊豆田洋之松本一起伊豆田洋之For You かかえきれない 言葉すべて集めても For You 君への気持ち 伝えきれるものはない  夢中になってた日は 君を受け入れないで ドアのない夜 迷いこんでた  二人でいる時でも 一人でいる時でも 今は静かに 風が聴けるよ  For You 君を孤独に させない手で支えたい  ときめきから逃げてた 愛の壁がひび割れ 街のすべてが笑いかけるよ  深いソファーの中に 心がつつまれてる ひざを抱いてた 時は消えてく  For You 君の記憶に 残る夢も 見つめたい For You 過去とは別の 愛の意味に気づいた Now You're so close to me To be mine
CLASH早見優早見優松本一起岩里祐穂・三浦一年ナイフを抱きしめて 昨日の夢を切る 私なら 一人でも やれるから  夜明けのアスファルト 汚れた涙 雨に流れてく 貴方の思い出さえ すてた  きっといつか 私は見返す 別の夢と 別の愛にときめく 火花で  DON'T STOP 無口な DON'T CRY 瞳で DON'T CLASH 突きさす 甘えちゃイケナイと  ナイフを抱きしめて 昨日の夢を切る 私なら 一人でも やれるから  夜明けのRadioから 流れるMusic 優し過ぎるけど 誰より 許せないわ 貴方  二人の邪魔はしない代わりに 貴方といた日々以上に輝き 見下す  DON'T STOP 渇いた DON'T CRY 言葉で DON'T CLASH 身を引く 孤独も明日の為  きっといつか 私は見返す 別の夢と 別の愛にときめく 火花で  DON'T STOP 無口な DON'T CRY 瞳で DON'T CLASH 突きさす 甘えちゃイケナイと  ナイフを抱きしめて 昨日の夢を切る 私なら 一人でも やれるから  夜明けのテーブルに落としたピアス 古い音を立て 消えてく もう貴方はイナイ 今
シンデレラ・スターライト早見優早見優松本一起伊藤銀次明日まで 千の夜を 過ごしたい 二人だけで 朝まで踊るのよ  半年前から この夜を夢見てた キャンドル・ライトに 照らされる貴方と 窓を飾る雪たち 風たち 暖炉にふたりを揺らす炎が  テーブルクロスに かくれてるつま先が 足を組む貴方 さがしあて触れてる 白いドレス あわてるシャンパン もうずっと離れないで  愛したい 愛されてる この胸は 時間だけを気にして ときめくの  タキシードを着て いつもと違う貴方 鼓動が伝わる ステップに合わせて 腕をまわす 貴方の背中に 今夜だけの気持ち指で伝える  あたたかい部屋で 私だけ ぎこちない 夢の先を今 考えているのよ 必ず又 二人で来たいの この胸が聴こえますか  明日まで 千の夜を 過ごしたい 二人だけで 朝まで踊るのよ 朝まで踊るの
風のヴァレリーナ石田ひかり石田ひかり松本一起アキレス・C・ダミンゴス街の灯かり見下ろす一人の部屋で カーテン身にまとって踊るわ  いつも彼は私を大切にして ニンギョじゃない私を知らない  銀のカガミ向かいあう素顔 Ah 黒い瞳 燃えて 揺れる  胸・砂漠には 花・咲き乱れ 別人を演じたい 求めるものは ほんとの私 昨日とは違う  日付変更線を幾つも超えて ショウジョ脱いだ自分を見にゆく  風を泳ぐヴァレリーナだけど Ah 黒い髪をたばね 踊る  夢・くちびるに 恋・咲かせても 生き方は変わらない 道に迷って確かめながら 新しい私  ‥蜃気楼 過去・振り向かず 憧れを見つけたい 私らしさは何処かにあるわ 時間(とき)をいま超えて  銀のカガミ向かいあう素顔 Ah 黒い瞳 燃えて 揺れる  胸・砂漠には 花・咲き乱れ 別人を演じたい 求めるものは ほんとの私 昨日とは違う  夢・くちびるに 恋・咲かせても 生き方は変わらない 道に迷って確かめながら 新しい私  胸・砂漠には 花・咲き乱れ 別人を演じたい 求めるものは ほんとの私 昨日とは違う  夢・くちびるに 恋・咲かせても 生き方は変わらない 道に迷って確かめながら 新しい私
夏の日の1993山根万理奈山根万理奈松本一起佐藤健まるで別人のプロポーション Ah 水際のエンジェル 君は初めて僕の目に見せた その素肌そのセクシー  超高層ビル 走るハイウェイ Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  1993 恋をした Oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど LOVE 人違い Ohそうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイアモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ Oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは Oh とんでもない 不思議な気分にとまどうよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  1993 恋をした Oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど LOVE 人違い Ohそうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
人生という途中鈴木康博鈴木康博松本一起鈴木康博人生という途中 人が生きることって 日一日と絡みついた 古い物語を捨ててゆく そんなものじゃないだろうか  この手で掴んだものすべて 捨てて自分に帰ろうか 思い出もわずかな知恵も今 この場所に捨てて帰ろうか  君がそばにいれば それ以上何が必要だろう  人生という途中 人が生きることって ともに生きて人それぞれ ある日物語を終わらせる そんなものじゃないだろうか  涙も笑った数もすべて 捨てて自分に帰ろうか 花が咲きいつしか雪が降り 移りゆく季節もここにある  だから僕は君と どこまでも歩いて行ける  この手で掴んだものすべて 捨てて自分に帰ろうか 思い出もわずかな知恵も今 この場所に捨てて帰ろうか  君がそばにいれば それ以上何が必要だろう だから僕は君と どこまでもずっと歩いて行ける
Your Magic杉田二郎&小林明子杉田二郎&小林明子松本一起宇崎竜童もしも優しい言葉が欲しいなら かけてあげたい痛みを包んで 一人眠れず二人は結ばれた 慣れていったね 夜の闇  男はきっとオトナの顔して 女の強さに甘えている  君の魔法は最後の夜を 終りにしないで星を招く  君の両手に広がる海の上 僕は小船で揺れていただけさ 風にさまよい港を駆けめぐり 月明かりからそれていた  遅すぎるとは思っていない もう一度チャンスを分かち合おう  君を哀しませた全てのあやまち 夜空の彼方に沈ませたい  君を哀しませた全てのあやまち 夜空の彼方に沈ませたい  遅すぎるとは思わない
泣き鏡藤あや子藤あや子松本一起久地万里子哀しい日は哀しくなれ そう自分に言い聴かせる たった一つだけの心 もがいたって広がらない 茜色の空はいつか 時間(とき)の中に沈んでいた こんな夜は好きな人と 逢うことさえ重たくなる ぐっとこらえていても 見上げられず ほどいてあげたい どうしても どうしても 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています  まだ生きてた頃のある日 細い廊下酔って歩く 変な顔とうれしそうに のぞいていたこの手鏡 父 それともかくすように 一人だけで忍ばせてた あなただけの男(ひと)だったの 庭の遠くに気にかけてた ぐっと強がるくせは 受け継いでる あなたを真似して いまもなを いまもなを 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています  どうしても どうしても 泣きたくなったときには 母よ あなたの残した手鏡に泣いています
風が聴こえる朝鮎川麻弥鮎川麻弥松本一起鮎川麻弥風は今をきらめき 秒速で過去に消えてく テーマは昨日までの 自分を超えること 次のカーブ切ったら 新しい朝が始まる ビートはゴールのない風の地図  たった一枚の金の Invitation Card 届いた日は何故か弱気になってしまう 夢が多いだけ幸せが遠い 二人いる自分を比べてアクセル踏む  何をしても絵になる適齢期だから 何だって気まぐれに出来ない Bad Bad Age  風は今をきらめき 秒速で過去に消えてく ヒールを高くしても明日は映らない 次のカーブ切ったら 新しい朝が始まる ほんとの自分が今 見えてきた  きっと ありふれた そして特別な 生活を求めて 誰でも急いで行く オフィス街の上 すり抜ける Highway 不確かなリアルで自分を決めたくない  他人と同じレールに戸惑いたくない いつだって何処だって私は Good Good Age  風は今をきらめき 秒速で過去に消えてく テーマは昨日までの 自分を超えること 次のカーブ切ったら 新しい朝が始まる ビートはゴールのない風の地図  風は今をきらめき 秒速で過去に消えてく ヒールを高くしても明日は映らない 次のカーブ切ったら 新しい朝が始まる ほんとの自分が今 見えてきた  風は今をきらめき 秒速で過去に消えてく テーマは昨日までの 自分を超えること 次のカーブ切ったら 新しい朝が始まる ビートはゴールのない風の地図
男泣きジェロジェロ松本一起浜圭介明かりが散らばる街に こごえた時間が止まる 若くはないだろ もう 一人で生きるのか ああ 雨が降る 銀色の壁 愛されるのが下手な女だから 頼れば生きれると思わないのか こらえ こらえ こらえた涙 男泣き  女に尽くして 男 男をしのばせ 女 すべてを失えばいい そして 生きればいい ああ 誰のため 俺はいたのか 甘えることが 下手な女だから 男というものを 何故信じない とめて とめて とまらぬ涙 男泣き  ああ 雨が降る 銀色の壁 ああ 誰のため 俺はいたのか 愛されるのが 下手な女だから 頼れば生きれると 思わないのか こらえ こらえ こらえた涙 男泣き
愛・ルネサンス豊川めい豊川めい松本一起柘植由秀もしも もしも もしも もしも あなたが負けたら 私がやる ついに ついに ついに ついに 終わりがくるなら あなたといく 愛・ルネサンス 愛・ルネサンス  人それぞれ未来の長さは違うけど 今ここで一緒にいられる一瞬を 偶然にしたくはない 見つめあった時から一つの destiny  愛する人の命を強くする それが女の美しさだと思ってる はかなくて散る花みたいに あなたの心の中で咲かせたい  もしも もしも もしも もしも 夏から冬へと繋がるなら きっと きっと きっと きっと 誰でも一人で生きてゆける 愛・ルネサンス 愛・ルネサンス  蒼い月の下から流れる雲の波 ゆくあてもないのに彷徨う人に似て あなたにはそうさせない ぎゅっと結ぶ絆の力が destiny  愛したことが間違いだったねと 人が言うなら見返すほどに愛をする ときめいて未だもっともっと あなたの力になって咲かせたい  もしも もしも もしも もしも あなたが負けたら 私がやる ついに ついに ついに ついに 終わりがくるなら あなたといく 愛・ルネサンス 愛・ルネサンス  もしも もしも もしも もしも あなたが負けたら 私がやる ついに ついに ついに ついに 終わりがくるなら あなたといく 愛・ルネサンス 愛・ルネサンス
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Christmas Again菅原紗由理菅原紗由理松本一起F.LisztMerry Christmas まつ毛の雪が水玉になる その日に逢えなくても 涙にしない 街中がサンタクロース いつだって美しくいて欲しいと あなた言う  Merry Christmas この寂しさが誰かを救う ひとつの幸せを 掴む人と泣く人がいて カラフルなサンタクロース 銀色の波が散る 今夜だけはサイレント・ナイト  Christmas Again 二人のために一人でいると思う きらめく雪の夜 そんな時にあなたが分かる そして手を繋ぎ始まってゆく Ah 去年一緒の キャンドルさえまぶしい Christmas Again もう一度わたしのため 街中が騒いで欲しい もう一度 Tonight
ポキチ・ペキチ・パキチ水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健灼けた砂の上Paradise 南風肌を染めてゆく 熱い視線(まなざし)で 抱きしめて 夏が来て恋をして ポキチ・ペキチ・パキチ  ツンとすまし海辺歩いてた 私びしょ濡れ 波を蹴り上げた変なヤツ 大声で笑ってる  人違いをされて 黙ってる訳にいかない 銀の太陽がまぶしくて 輪郭が見えるだけ  ねえ!どうしてくれるのよ 走り寄って顔を見れば 不思議感覚のドッキン! めまいするドッキン! ムリに笑顔見せた  恋は偶然に咲かないね 逢うべき二人が逢ったのよ 熱にうかされて ショートする 謎めいてときめいて ポキチ・ペキチ・パキチ  小麦色の貴方照れながら ジュースさし出す 浮かぶゴムボート 少年が口笛で茶化してる  恋人たち躍るDance music ボリュームUpして フリースタイルの夏の恋 摂氏100度に燃える  ねえ!始めは誰だって ギクシャクした他人だけど 瞳重ねればズッキン! はじらってズッキン! 同じ夢みたい  もっとセクシーなポーズして 渚のヒロイン一人じめ 熱に浮かされて ショートする 謎めいてときめいて ポキチ・ペキチ・パキチ  灼けた砂の上Paradise 南風肌を染めてゆく 熱い視線(まなざし)で 抱きしめて 夏が来て恋をして ポキチ・ペキチ・パキチ
独りぼっちのマリ水谷麻里水谷麻里松本一起筒美京平貴方が帰って5人になった シナモンティーは冷めてくばかり 二人の友だち集めたパーティー 私もここに いたくないわ  予定があると眼をふせて 何故かとつぜん席を立った  夢中で他の男(こ)と おしゃべりするうち 気分悪くさせていたのですか 楽しい2組(ふたくみ)のカップル にじんで マリは少し前の事を反省してる  悲しみこらえる私を見つめ 「映画 観よう」と 誰かが言った ゴメンね 行けない どんなに暗い 場所でも 青い顔消せない  誰より仲が良かった二人 きっと誤解をしてる 貴方  夢中で他の男(こ)と はしゃいでるうち 嫉妬 感じさせていたのですか シンパイさせたくて 帰ったのでしょう 多分 いつも降りる駅で待っててくれる  夢中で他の男(こ)と おしゃべりするうち 気分悪くさせていたのですか 楽しい2組(ふたくみ)のカップル にじんで マリは少し前の事を反省してる
赤いジェラシー水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健雨が降る 2月の窓 カーテンの色を変えた 退屈な私に 部屋がまぶし過ぎる ずっと赤い 不安の影に包まれ  昨夜(ゆうべ)の彼 変よ よく電話をしてた 駅で 街で 喫茶店で 最後の電話から 私の手をさけた ジェラシー 触(さわ)れない 彼の指  雨が降る 心の中 彼は何故 留守だったの 日曜日の朝は いつも家(うち)にいたわ 一人だけで 出かける人じゃないのに  電話してもいない 電話もかからない 誰と 何処で 笑ってるの 私だけが一人 赤い砂漠にいる ジェラシー 掴(つか)めない 彼の指  電話してもいない 電話もかからない 誰と 何処で 笑ってるの 私だけが一人 赤い砂漠にいる ジェラシー 掴(つか)めない 彼の指
なかよしNo.1水谷麻里水谷麻里松本一起南佳孝ずっと友だちだった 何処に行くのも一緒だった あなたの部屋の壁の 私の写真を見るまでは  ずっと知らなかったの 特別な感情(きもち) 涙があふれだして 止まらないままキスしてた  No.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 でもごめんね 好きな人は別のところにいるの  No.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1  ずっとおちこんでいたの 肩を叩かれるまで それは昔のクラス・メイト わざと陽気にさわいだわ  ずっと友だちだった あんなことがなければ 二度とあなたの部屋に 二人きりではいれない  No.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 でもごめんね 好きな人は別のところにいるの  No.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 なかよしNo.1 でもごめんね 好きな人は別のところにいるの
春が来た水谷麻里水谷麻里松本一起佐藤健三時間だけ南へ Busに乗り 三時間だけ季節を 先回りすれば 彼と別れた冬が ずっと遠くに見えました 風は光り緑は萌えて 鳥が歌う  Shoesの紐をほどいて 心を脱いだ 岩場の影で膝まで 川に入ると 思い出の涙が 一滴一滴こぼれる 今日は足をすべらしても 彼の手はないのね  春が来た 春が来た キュンと一人の春が来た サヨナラの代わりに 春行きキップを買った 春が来た 春が来た ツンとすまして立ってても もう一度 あの瞳(め)にくずれたい 私がいるわ  木綿の風に包んだ 心がとける 悲しい事は忘れなさいと ざわめく 水面の鏡に 映った私をにらんで アカンベーと鼻の先を 上に向け笑った  春が来た 春が来た ジッと待ってた春が来た 寂しさをこらえて 春行きキップを買った 春が来た 春が来た アッとゆう間に忘れるわ 強くなきゃ女を生きてく 資格はないね  春が来た 春が来た キュンと一人の春が来た サヨナラの代わりに 春行きキップを買った 春が来た 春が来た ツンとすまして立ってても もう一度 あの瞳(め)にくずれたい 私がいるわ
すまないテ・ジナテ・ジナ松本一起浜圭介涙もろい海の町は 月も濡れて屋根に浮かぶ すまない 男は想い出一つで 生きても死んでもいける生き物 最後に残った愛しい気持ちが別れだった いつか似合う男(ひと)の腕に 夢の数をこぼせ アァ アァ アァ  夜のバスは過去へ向かう めぐり逢った道をはずれ すまない 男は想い出一つで 生きても死んでもいける生き物 最後に残った愛しい気持ちが別れだった 酷(むご)いそんな言葉なのに 返すものがないさ アァ アァ アァ  すまない 男は想い出一つで 生きても死んでもいける生き物 最後に残った愛しい気持ちが別れだった 酷いそんな言葉なのに 返すものがないさ アァ アァ アァ すまない
花吹雪テ・ジナテ・ジナ松本一起浜圭介哀しくて笑ってしまう 愛されて孤独に沈む あなたお酒は少なめにして 休んで働きすぎだから  花吹雪 花吹雪 消えるからいい 咲き乱れ枯れて華(はな)となる 続かない綺麗だけじゃ 一緒にいても肌と心が遠い  さみしさも慣れりゃ親しみ 想い出で帰ってくるわ あなた誇りを忘れないで たまには浮気もすればいい  花吹雪 花吹雪 消えるからいい 咲き乱れ枯れて華となる 続かない綺麗だけじゃ 一緒にいても肌と心が遠い  花吹雪 花吹雪 消えるからいい 咲き乱れ枯れて華となる 続かない綺麗だけじゃ 一緒にいても肌と心が遠い
はっきり言うよカン・ダヒョンカン・ダヒョン松本一起浜圭介あなたがどんなに人に愛されて どんなKissをしてきたのか こんなに心痛い恋だとは 今さら考えてしまう  はっきり言うよ かくさないで言うよ どうしてあなたのことが好きなのか はっきり言うよ たぶん誰にも さわらせたくないんだよ  わたしの身体に触れどう思う 比べようとする人いた たかだか女というせいにして しばらく自惚れさせて  やっぱり駄目よ ほんの少しだって 誰かがわたしのために泣けばいい はっきり言うよ たぶん誰にも さわらせたくないんだよ  夜空の星を見上げはしゃいでた まるで子供みたいな目で 眠って目覚めたとき髪グシャグシャ 両手で抱きしめたくなる  はっきり言うよ かくさないで言うよ どうしてあなたのことが好きなのか はっきり言うよ たぶん誰にも さわらせたくないんだよ さわらせたくないんだよ
色あせたBlue池田聡池田聡松本一起亀井登志夫勝手に愛し過ぎて 君の影を知らなかった  二人でいた時にも 秘密に隔れられた僕  夕陽は燃えても明日は沈んだ 情熱以外の愛を見てた君  何故 何故 愛されてなくて 笑えるのか? 罪 夢 離れられなくて 楽しいフリしてる  二人は離れられず 一緒の夜もない風さ  信号 Blueに変わり 僕以外の街が動く  季節で衣装を変えてく都会は 君を心変わりさせるだろうか  何故 何故 すれ違う愛に 立ち止まるか? 傷 夢 振り向けないまま 脚音(あしおと) 聴いている  Telephone Box ダイアル見つめて ポケットの中の手を握りしめる  何故 何故 愛されてなくて 笑えるのか? 罪 夢 別れられなくて 楽しいフリしてる  何故 何故 すれ違う愛に 立ち止まるか? 傷 夢 振り向けないまま 脚音(あしおと) 聴いている
My Jenny池田聡池田聡松本一起佐藤健All Right しばらく隣りの部屋に行くよ 読みかけのチャンドラーで 時間をつぶせる All Right パーティーは 未だ始まらないから ゆっくり鏡に向かい 奇麗になればいい  好きだよと素直に言えば Woo きっと 届かない視線で僕を笑うさ  My Jenny 正直言って いつも不安さ 今より素敵な君は 視線集める Lady  Last night 昨夜は別々の部屋にいて 落ち着かないまま朝を迎えてしまった Last night ホテルの最上階に泊まり 鳴らないBellを見つめて 一人で横わたる  泣くほどの嫉妬は君に Woo ないさ いつだって二人は近く遠いさ  My Jenny 愛されながら 愛を知らない パーティー終わった後も 僕を知らない Lady  着飾ったオトナの君は微笑む 誰よりも話題を集めて 二人の存在は消えてく 愛し合えない僕たち  My Jenny 正直言って いつも不安さ 今より素敵な君は 視線集める Lady  My Jenny 愛されながら 愛を知らない パーティー終わった後も 僕を知らない Lady
Moon Shadow池田聡池田聡松本一起池田聡暗闇にいる この僕を誰も気づかない 暗闇にいる 僕の目は話し続けてる  半分の灯(あか)りは 星座と戯(たわむ)れ 地上に堕ちた 月の影  待つ人も消えた 懐かしい街を あても無く一人 夜明けまで歩く Moon Shadow いつか円を描くのか 星よ 月よ 闇よ  欲望のない夢ひとつ 僕は掴めない 欲望のある街角は 夜を深くする  理由さえ告げずに 逆らう運命 僕のすべてが 空に散る  夜明けまで月は 残酷に光り 膝を折る僕は ひたむきに祈る Moon Shadow いつか円を描くはず 星よ 月よ 夢よ
優しい風松平健松平健松本一起浜圭介にわか雨が上がり木漏れ日がひろがる ざわめく人が時間を輝かせる  一人じゃないんだとこんな時に思う すれ違っても同じ明日に向かう  力づけたい泣く人に 伝う涙に虹をかけて  優しい風を感じながら 時間(とき)の流れを聴いてる  坂を駆け抜けてく子供たちが歌う きらめく声に幼い自分と逢う  どんな時代だって思う心があり 思われるのも姿さえない心  星が奇麗な夜のまま 押してあげたい迷う人に  優しい風が聴こえたなら きっと誰かが待ってる  優しい風を感じながら 時間(とき)の流れを聴いてる
冬の日の2009classclass松本一起佐藤健Love 想い出は oh あの日のまま 今からもう一度始めよう  まるであの頃と変わらないね ah 振り向いた君の 遠い夏の日僕だけに見せた その笑顔 その涙  二人で過ごした街の色も ah 銀色に染まる 降り積もる雪 残した足跡 数え切れないね  ロマンティックに Say Love 白い吐息も So Tight やっぱり君しかいないよ  2009 愛してる oh 君がすべて 見慣れた笑顔をたどればときめく Love 今日からは oh 泣かせないよ このままもう一度始めよう 冬の日の君に  いくつになっても変わらないね ah 君の誕生日 ポケットの中 忍ばせたリング なんとなく照れる  ロマンティックに Say Love ダイヤモンドに So Tight 宝の想い出広げて  2009 君がいて oh 僕になれる たまには無邪気な二人もいいよね Love すれ違う oh そんな時も 描いた未来を 信じよう 冬の日の君に  あれから長い時が過ぎて 忘れかけてた胸の鼓動 思えば君は僕のそばで ずっと今まで微笑んでいてくれた 永遠に一緒さ  2009 愛してる oh 君がすべて 見慣れた笑顔をたどればときめく Love 今日からは oh 泣かせないよ このままもう一度始めよう 冬の日の君に
ガラス越しに消えた夏大澤誉志幸大澤誉志幸松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
ガラス越しに消えた夏猿岩石猿岩石松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
モノクローム・ヴィーナスAcid Black CherryAcid Black Cherry松本一起佐藤健忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  走り過ぎた 車には あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ  Back-mirror に僕は飛び込んでも 君は気づかないまま 街に消えた 寂しさを憎しみに変えても もう一度 君に逢える日 心のスミで 信じていたけど  静か過ぎた 毎日が 騒ぎ出した 突然のめぐり逢いがツラくて  胸に閉じた 君はヴィーナス きっと二人 あの日まで帰れるなら 前より愛し合える  Show-Window に映る 僕は一人 古い写真のように君はいない たとえ今 何かを求めても 遠すぎて 見つめ合えない二人になった 季節は変わって  忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  胸に閉じた 君はヴィーナス あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ
テレポーテーション -恋の未確認-中川翔子中川翔子松本一起奥慶一好きよと言い出せないうちに あなたのロッカー 奪ったlove-letter Pinkの噂が 二人を近づけて Ah Ah 私は 敏感・情熱 また一人  口笛吹いて 夏の風にKiss 英語の辞書を 一枚破り マジックで「Wanted my boy friend」 ツイてないね 紙ヒコーキ 先生に命中  テレポーテーション 心の翼が テレポーテーション 今 時間を飛ぶ 私だけが 私の恋を Ah 未確認  シングル少女が一人減り モテない男子が いきなりオーデコロン 見る目がないのね 最近のCity boy Ah Ah 私は 敏感・情熱 まだ一人  困ったことや 何かあればHelp 私はいつも 相談相手 ウィンクで「Mami-chan Thank you bery much」 仕方ないね このチャーミング 簡単に堕ちない  テレポーテーション 誰かがどこかで テレポーテーション また 悩んでる じっとしてる訳にいかない Ah テレパシー  テレポーテーション 心の翼が テレポーテーション すぐ使えても 私だけが 私の恋を Ah 未確認  テレポーテーション テレポーテーション 私だけが 私の恋を Ah 未確認
夏の日の2006 -based on 1993-rockwellrockwell松本一起佐藤健2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  まるで別人のプロポーション Ah 水際のAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに…  2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスにSay Love ダイヤモンドにSo Tight 宝の山だよすべてが  2006 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックにSay Love ミステリアスにSo Tight こんなに一緒にいたのに  2006 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
URAGIRI中森明菜中森明菜松本一起井上大輔右の頬に隠したのは見慣れない女の影 エメラルドの傷のように深く光る  夜明け前のシャワーのあと左手で私を抱く 心とうらはらのちから 指が痛い  二人して御人好し演じてもドラマにはならない 過ぎた日を数えながら素知らぬ仕種(ふり)  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  想い出から哀しみだけ差し引けば夢が残る 貴方の知らない私にくやしがるわ  髪を挙げてルージュひいてアドレスをめくってゆく すれちがった男(ひと)の中に揺れる心  二人して別々の月光(つきあかり) 溺れてもいいのね 十字架 胸の上に指で切った  twilight 貴方に乱れ starlight 流されて moonlight 切なく燃えて midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny  twilight 貴方に抱かれ starlight 迷わせて moonlight 妖しく踊り midnight 散りぎわを 美しく裏切って Destiny
New Age Dragons ~闘う戦士(おとこ)たち~宮内タカユキ宮内タカユキ松本一起松本一起輝く明日(あした)の為に 時間は急いで走る 今 同じ場所に立ち止まれない  都会のリズム以上に 激しく美しいDestiny 今 すべての目がStand-up  Nice Face Nice Chance 抱きしめて Don't Stop Let's Try ときめくまま 手に Hard Play Hard  誰にも出来ない 夢だから新しい 100万の視線に 選ばれた New Age Dragons  どこかで傷つく人に 時代に身を引く人に 生きてゆく強さ 教えてくれる  誰でも独りじゃないと 無口な唇でWith Love 今 貴方の目がShinin' On  Heat Dream Heat Heart 抱きしめて Just Now Hurry up まばたきしないで Hard Play Hard  疲れを知らない 夢だから新しい 貴方を愛した 人の為 New Age Dragons  Nice Face Nice Chance 抱きしめて Don't Stop Let's Try ときめくまま 手に Hard Play Hard  誰にも出来ない 夢だから新しい 100万の視線に 選ばれた New Age Dragons  Dragons Face Dragons Face 選ばれた戦士(おとこ)たち Dragons Face Dragons Face 燃えつくせ New Age Dragons
高速戦隊ターボレンジャー佐藤健太佐藤健太松本一起井上ヨシマサ(ターボ!… ターボレンジャー!) (ターボ!… ターボレンジャー!)  世界中に一人しかいない 自分に 嘘をついて生きられない 生まれたとき与えられた 力強い勇気を分かち合おう 愛を知らない哀しい暴魔 正義のパワーで  はるかな眠りの旅を捧げよう Da! Da! Dash!君と明日へ 蒼く 輝く地球を守りたい Da! Da! Dash!若さ全開 5人の中に君がいる 高速戦隊 ターボレンジャー  (ターボ!… ターボレンジャー!) (ターボ!… ターボレンジャー!)  世界中が一緒に未来を待ってる 一人だけじゃ掴めないさ 流す汗は光る生命 燃えつづける 友情誓い合おう 夢を汚した哀しい暴魔 時代のパワーで 優しい 心を思い出させよう Da! Da! Dash!君と明日へ 風が聴こえる自然を取り戻せ Da! Da! Dash!若さ全開 5人の中に君がいる 高速戦隊 ターボレンジャー  愛を知らない哀しい暴魔 正義のパワーで  はるかな眠りの旅を捧げよう Da! Da! Dash!君と明日へ 蒼く 輝く地球を守りたい Da! Da! Dash!若さ全開 5人の中に君がいる 高速戦隊 ターボレンジャー
風を感じたい石嶺聡子石嶺聡子松本一起佐藤健いつも瞳は未来を見つめている 人に気をつかったjokeなんて一度もない  光るHighway 車を飛ばす貴方 そっと触れた指が熱くなるの 二人でどこまででも生きてゆきたい  風を感じたい 貴方と一緒ならすべて新しい 恋を抱きしめて ヒールや強がりも海に捨てられる 貴方から優しさはタフと教えられたわ  青い入り江にヨットがつながれてる ふっとかけた息で倒れそうよ お願い私の手を強くにぎって  風を感じたい 二人の手掛かりを胸に忍ばせて 恋に触れながら 出逢いのときめきをいつも忘れない 貴方から真実はタフと教えられたわ  風を感じたい 貴方と一緒ならすべて新しい 恋を抱きしめて ヒールや強がりも海に捨てられる 貴方から優しさはタフと教えられたわ
倉庫(ロフト)BARにて池田聡池田聡松本一起佐藤健貴女に もっと素敵なTokyoを見せてあげたい 貴女は 愛した人の背中だけ追いかけてた  夜の高速 見下ろす 海に近い倉庫(ロフト)BAR 缶ビール空けて 酔えばイイ  窮屈過ぎるDressの肩は 彼の手だけを待ってた 孤独 愛する事で 愛されるなら どんな小説も書けやしない Tokyo Night 都会の夜は夜明けに向かってる  貴女は きっと自分の仕方なさ 傷つけてる 貴女は 愛した人の抱きしめる 影を見てる  窓に映ってる顔は 夜が明ければ消えて ざわめきの中で輝くさ  街中さがす ヒールを脱いで 視線を楽にしてれば見える 与える愛が 強い分だけ 僕の愛に気づかない貴女 Tokyo Night もっと素敵な夜明けを教えたい  窮屈過ぎるDressの肩は 彼の手だけを待ってた 孤独 与える愛が 強い分だけ 僕の愛に気づかない貴女 Tokyo Night もっと素敵な夜明けを教えたい
土曜日とペンと腕時計石嶺聡子石嶺聡子松本一起佐藤健グラビアにはデートに着るファッション モデルたちは微笑みを作り 何も予定がない日は これで何日だろう 彼のいない私には夜もゆっくり  強がりを少し抱きしめて 理想を守りたい たやすく手に入る恋は未だいい 土曜日とペンと腕時計 いつもときめくけど 私があせっても明日は明日ね  もしも彼がいれば忙しいわ ドライブとか映画や食事とか きっと私じゃなくなる それに気をつかったり テーブルにはクッキーと少しさびしさ  優しさをずっと抱きしめて 瞳輝かせて 週末分かちあう人を待ってる 土曜日とペンと腕時計 街はニュースの海 空には星屑がキラキラ ドキドキ  いま白い時間に何かを描きたいけど なんとなく見つからない Ah… 強がりを少し抱きしめて 理想を守りたい たやすく手に入る恋は未だいい 土曜日とペンと腕時計 いつもときめくけど 私があせっても明日は明日ね 
Rainy Dayclassclass松本一起北村勝彦雨が降る 心に 雨が降る 君の瞳に 泣かないで 君のほうがさよならを切りだして oh-oh-oh please いいのさ oh-oh-oh please  永遠に一人を 愛せると思っていない 悔やまない 二人でいた歳月は嘘じゃない oh-oh-oh please わらって oh-oh-oh please  哀しい君の顔を 微笑みに変えるのは もう僕じゃない  Rainy Day そっと 君の生きる場所から 僕は一人で出て行くから oh Rainy Day 君を魅きつけたのは 優しい人か 楽しい人か 幸せをくれる人だね  その愛を続けて その愛を大切にして いつまでも 心残りないように燃え尽きて oh-oh-oh please 素敵に oh-oh-oh please  哀しい君の顔を 思い出さないために もう出てゆこう  Rainy Day きっと 去年の夏のように 幻になる この涙も oh Rainy Day 君を抱きしめた手で 僕はこれから 誰を抱くのか 愛だけで君を抱いていた  Rainy Day そっと 君の生きる場所から 僕は一人で出て行くから oh Rainy Day 君を魅きつけたのは 優しい人か 楽しい人か 幸せをくれる人だね  Rainy Day…
夏にかかるWedding Songclassclass松本一起日浦孝則素肌をとかす熱い西風に 洗いざらしのシャツも脱いでしまいたい  恋人たちを近づけるSummer time もっともっと今年はKissをしよう  二人で水着競うのも クーラー抱くのも燃えるけれど  夏にかかるWedding Song 太陽のキャンドル灯し 浮かれないで転ばないで 未来のことを語りあかそう 夏の日のWedding Song シャンパンのグラスの海に 君の瞳 僕の瞳 重ねれば素敵な風が揺れる  出逢った頃の君はメルヘンで 駅のポスターだって意識しなかった  口紅だって夢よりも増えて 頬のスリルな線がとてもLady  二人はよくケンカをして いつも君から電話くれた  夏にかかるWedding Song 約束をプレゼントする 僕でいいと思う日まで 君のハートをいつまでも待つ 夏の日のWedding Song 毎日が幸せになる 街にいても海にいても 君だけと結んだ風に吹かれ  夏にかかるWedding Song 太陽のキャンドル灯し 浮かれないで転ばないで 未来のことを語りあかそう 夏の日のWedding Song シャンパンのグラスの海に 君の瞳 僕の瞳 重ねれば素敵な風が揺れる
百万本の雨classclass松本一起太田美智彦忘れられず君の写真なぞった 去年の夏がこぼれ落ちたあの僕のまま  あれは夢だったと 何度区切りつけても 僕をかばうための 嘘と思えて…  *百万本の雨が心を突きさす すべて洗うよ 百万本の雨が奏でるメモリー 涙が渇けば又 君に似た人を きっといつか奪い返す*  僕以外の腕の中のシナリオ 優しくされていればいいと少し思うよ  君は笑わせたね 床にシャツ脱ぎ捨てて シャワー浴びていたよ そして口笛…  百万本の雨が心を突きさす 聴いているかい 百万本の雨が奏でるメモリー あのとき終わったのさ ダイアリー見つめ ページめくる僕がいる  (*くり返し) 
遥かな愛風間杜夫風間杜夫松本一起タケカワ・ユキヒデオマエを独りにさせていた寂しさを 夜明けまで そっと見守ってあげたい  春はときめきに目覚めて 夏は星くず数え 散りぎわの愛を知り 真冬にはオレの手で  最後の扉を開ける為 待っている 別々の道で輝いてくるのさ  枯れてゆく優しさより 萌えてゆくサヨナラに 真実の愛があれば 耐えてゆける  いつの日か遥か彼方 たどりつく その時は 今よりも信じ合える夜明けをつかみたい  オマエの無邪気な横顔を見るだけで 長すぎる夜も退屈じゃなかった  髪のカタチを変えていた季節さえ見過ごして 何だって知ってると すれ違うオレがいた  慣れすぎた二人 もう一度 出逢う為 サヨナラをしよう 窓に花 咲く日へ  はなれても分かり合える はなれても良く見える そばにいて無関心よそおうよりも  枯れてゆく優しさより 萌えてゆくサヨナラに 真実の愛があれば 耐えてゆける  はなれても分かり合える はなれても良く見える そばにいて無関心よそおうよりも  いつの日か遥か彼方 たどりつく その時は 今よりも信じ合える夜明けをつかみたい
心のPhotograph国安わたる国安わたる松本一起国安わたるum 誰だって um 一人じゃない um 悲しみを um さけないで  立ち読みの book-shop 傷だらけのガレージ 坂の上にある教会 よく通った game-center 壁の落書きには 甘くにがい思い出 よくケンカをしてた頃の 下手な文字が 今も残る いつも何かを求めながら いつも背伸びをしていた 僕たち振り返れば 手を取り合った友達がいた um いつだって um 一人じゃない um 悲しみを um さけないで  時間はすぐに消えて 人もいつか変わった 飾らないでしゃべり合った あの時代が懐かしくて 視線の位置を上げ 他人と比較するうち ぶつかり合う強さ無くし 孤独だけに 沈み込んだ きっと知識を求めながら きっと心のゆとりを忘れた 振り返れば ステキな顔と めぐり逢えるさ um 誰だって um 一人じゃない um 悲しみを um さけないで um いつだって um 一人じゃない um 悲しみを um さけないで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
君が泣くのを見た沢田研二沢田研二松本一起大野克夫一緒にいたいから 毎日 約束して 二時間待たされても 苦にならない 雨が降りだせば 君に胸を痛め あやしげな夢を 逆に期待した  いつも遅刻するのは 君の方だった 不機嫌な心を ついに口に出した それでも愛は 深まっていった 孤独も嫉妬も 夢に変えながら  だけど 君が泣くのを見た 流したものは とても貴重な涙 そしていつか 二人でいることに麻痺していった 夜の淋しさも いたわることも  すべての金を使い 綺麗な花を買った 幸せなんですねと 娘が言う 君の喜んだ顔が 見たいだけさ あの頃の 僕は きっと光ってた  愛に慣れすぎ 傷つけ合ってた 君がいることさえ 自然だった いつしか君は ときめき求めてた 同じ場所にいて 違う空を見た  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ  そして 君が泣くのを見た 失くしたものは 僕の後悔と明日 泣いて泣いて やり直す涙 もう枯れたのか 君の無関心が 何よりツライ
サヨナラのChristmasやしきたかじんやしきたかじん松本一起都志見隆もうこれで終わりね 指輪のあとが白い こんな日に限って雪は降り続くのね  二人で暮らした二年が短くて 貴方に何一つ出来なかったけど  今日までのすべては誰も奪うことはない  サヨナラのChristmas 街中に灯がともる 一人でも寒くはないわ  サヨナラのChristmas 去年より灯がともる 貴方は別のぬくもり抱いて夜を越す  強がりに頼って「らしく」見せてるけれど 哀しみをこらえる小説はありますか  元気に暮らして欲しいと言われても 素直に返事さえ出来なくてツライ  もうこれで終わりね 指輪のあとが白い  サヨナラのChristmas テーブルの灯が消えて 今日からは名前も変わる  サヨナラのChristmas 大人だと言ってても 微笑むときの貴方の顔は未だ若い  サヨナラのChristmas 街中に灯がともる 一人でも寒くはないわ  サヨナラのChristmas 去年より灯がともる 貴方は別のぬくもり抱いて夜を越す
触れていっそ死ねるなら中村雅俊中村雅俊松本一起中村雅俊強く絡み合って解(ほど)けてゆけば 悔やむことはないさ 気持ちの一部さえ伝え切れずに 長い夜を漂う 女はいつも沈黙の手で 男は胸を切りつける  触れていっそ死ねるなら 思い残すことはない 愛がいっそ失くなれば 誰もきっと迷わない すぐに伝えたい You never walk alone  こんな熱い思い届かないのは 俺の何のせいか  たった一人さえも抱きしめられず 千の夢を見ている  言葉はいつも愛を伝えず 心の中でうづくまる  触れていっそ死ねるなら 思い残すことはない 愛がそっと深まると 傷はぐっと深くなる もう戻れない Don't leave me alone  女はいつも沈黙の手で 男は胸を切りつける  触れていっそ死ねるなら 思い残すことはない 愛がいっそ失くなれば 誰もきっと迷わない すぐに伝えたい You never walk alone
横顔のフィナーレ芳本美代子芳本美代子松本一起難波弘之雨降る街はカーニバル 金 銀 衣裳まとう人 小高い丘の上で一人 時間を少し早めてる  去年 咲いたメルヘン 胸に散った 想い出 きれい過ぎて 悲しくない  Change, My New Dream 振り向いちゃダメ サヨナラに立ち止まれば 何も変わらない Change, My New Dream ハートをキック つま先の向きを ちょっと春に近ずけて 傷ついたShoes 捨てるわ  季節を変える雨が降る 誰かが歌い踊ってる 恋人たちは傘の中 人目を ぬすみ Kiss をする  ずっと貴方 追いかけ 夢の扉 閉じてた 私一人 センチメンタル  Change, My New Dream コートを脱げば 振り向いた肩のちから フッと抜けてゆく Change, My New Dream 許してあげる 貴方から借りた本を 開き読み直す 流された日々に サヨナラ  Change, My New Dream 振り向いちゃダメ サヨナラに立ち止まれば 何も変わらない Change, My New Dream ハートをキック つま先の向きを ちょっと春に近ずけて 傷ついたShoes 捨てるわ
ガラス越しに消えた夏中西圭三中西圭三松本一起大沢誉志幸やがて 夜が明ける 今は 冷めた色  次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は 先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきととまどいをその胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼び戻すけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきととまどいをその胸にしのばせて  君は 先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきととまどいをその胸に  さよならを言えただけ 君は大人だったね ときめきととまどいをその胸にしのばせて
Asian Dream石嶺聡子石嶺聡子松本一起都志見隆人はいつからこの地球(ほし)に住み始めて そして違う言葉使い始めたのでしょう  朝の光は誰にだってあふれてる 火花散らす闘いなら欲しくない  truth 優しい人たちよ一つになるときが Asian Dream 未来は叶うから  私たち一つの海でつながる いつだって愛で時代をつなぐ  離れていても手を伸ばせば近づける とてもにてる微笑みには神々がやどる  たとえ涙がこぼれても一人じゃない 海を隔て見守ってる人がいる  truth まぶしい人たちよ一緒に歌うとき Asian Dream 平和のときめきを  私たち一つの海でつながる いつだって夢で時代をつなぐ  私たち一つの海でつながる いつだって愛で時代をつなぐ
遥かなすぐ近くにSomething ELseSomething ELse松本一起今井千尋写真のくやしがる顔 かすかに聴こえる泣き声 乾いた風を追い掛け あれは僕じゃなかったか  言葉を一つ覚えると 心を一つ失くして 嫌だと思うことにも 睨みながら近づいた  一人で見てる海は銀のしぶきが散る 膝をかかえた指が節くれだってる 何故だろう  遥かなすぐ近くに何かが待っているの? 目を開けて見えるものが本当の分かれ道 試される 愛した君のことを何度も傷つけたね あの痛み 逃げた日々を思い出させてくれる さよなら  僕には見向きもしないと思った 君もチャンスも わずかに掴みかけると 別の夢をさがしてた  水平線の上を時間は流れるのに 未来へ向かう時間に僕は駆け寄って 流される  遥かなすぐ近くに誰かが待っているの? 目を閉じて見えるものが未来だと信じない 果てしなく 綺麗に守るものや優しい嘘の数で 人並みに合わせようとしたこと もう止めよう さよなら  あの痛み 逃げた日々を思い出させてくれる さよなら
マリア(Back To The City)CHAGE and ASKACHAGE and ASKA松本一起CHAGEBack to the city, Heartbreak journey Back to the city, Crying journey 夢をくれた女(ひと) Go, Went, Gone, Heartbreak journey Go, Went, Gone, Crying journey 次のバスに乗るぜ  Oh マリア 流れ星 まばたきに消えた きれいな オマエの指先 昨日を消した 西風が追い越してゆく Good luck この道に 最後のコインが 行く先を知っている  Back to the city, Heartbreak journey Back to the city, Crying journey 追いたてるクラクション・ノイズ Go, Went, Gone, Heartbreak journey Go, Went, Gone, Crying journey 扉が閉まった  Oh マリア 何時間 子猫を抱いてた? いつでも 待つことを遊ぶ 無邪気なオンナ もうひとつ 河を越えたら Lay down 過ぎた日を シートに沈める Oh マリア もうサヨナラ  Back to the city, Heartbreak journey Back to the city, Crying journey 夢をくれた女(ひと) Go, Went, Gone, Heartbreak journey Go, Went, Gone, Crying journey 扉が閉まった
GO WEST ~胸いっぱいの愛を~上田正樹上田正樹松本一起井上大輔Go West 光と影 My Life Go West 同じ場所に Don't Stop 遥か西を抱きしめて お前のいない距離を近づける Go West 離れてきづいた いま お前がすべてと  越えられない地平線がある オレにしてみれば二人の絆さ みつめあって (eye to eye) きつく抱きたいよ (hold me tight) すぐにそこへゆく…  Go West 男と女は Can't Stop 言葉だけじゃ ひきとめられない  Go West 光と影 My Life Go West 同じ場所に Don't Stop きゃしゃな体をあずけた 無邪気な瞳 思いだすたびに Go West 昨日のすべてが いま 熱く胸焦がす  長い旅はもう終わるのさ 二人別々に生きてはゆけない つらい夜を (Night & Day) いくつ越えたって (Lonely Heart) 愛は終われない……  Go West 男と女は Can't Stop 言葉だけじゃ ひきとめられない Go West 離れてきづいた Go West ただ一人の女は お前と
ガラス越しに消えた夏(mediumslow version)鈴木雅之鈴木雅之松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
Angel AnniversaryBe-BBe-B松本一起濱田金吾何故 こんなに愛を感じてても 胸に閉じ込めるの 何故 身体に似合う服を着ても どこか心に馴染まない  あとになって分かった 貴方のアクシデント 約束をすっぽかされて 二人は別の空を見た  Angel Anniversary 天使は涙 Angel Anniversary 永遠の愛はそこに  もし 泣けるぐらいの失恋なら いつか忘れられる もし あの時もっと待っていたら きっと別れはしなかった  何かしてあげたいと いつでも思ってる 百の罪を背負ったままで あの日の駅を繰り返す  Angel Anniversary 天使は揺れる Angel Anniversary 永遠の愛はそこに  Angel Anniversary 天使は涙 Angel Anniversary 永遠の愛はそこに  Angel Anniversary 天使は揺れる Angel Anniversary 永遠の愛はそこに
誘われてEX少年隊少年隊松本一起馬飼野康二踊る星屑の波はつつむドレス夜に揺れる 君の悪戯な指は誘うように月に浮かんだ  背中から始まる 夜明けへのラプソディ 悩ましい素顔に時は染まる  Get down!EX 吐息の中に 入り込むような唇 どんな僕を待っているのか 怪しさを隠したままで Get down!EX いけないことは 見つめあうだけの退屈 どんな君が現われるのか つまさきで触れて感じる  遥か見下ろせば街は蜃気楼のように揺れる 千の瞳より語った 一つだけの謎をたどれ  西風のシーツに 夏の夜がほどける 愛される素肌も夜を解かす  Get down!EX 優しさだけを 求めないでくれ いつでも グラス越しの誘惑の瞳に 濡れたひびきさえ きらめく Get down!EX いい女だと 誰よりも強く感じる そっと触れた まつげの先に 僕だけの星座(ほし)が散らばる  carry on mind, feel on beat. can you hear my love song? so many pains, so many rain. that slowly fades away. carry on mind, feel on beat. do you wanna shinig day? so many pains, so many rain. come on, take a shot my heart. 背中から始まる 夜明けへのラプソディ 悩ましい素顔に時は染まる  Get down!EX 吐息の中に 入り込むような唇 どんな僕を待っているのか 怪しさを隠したままで Get down!EX いけないことは 見つめあうだけの退屈 どんな君が現われるのか つまさきで触れて感じる
ジプシー・クイーンGOLD LYLIC中森明菜GOLD LYLIC中森明菜松本一起国安わたる百二十五頁で 終わった二人 燃える愛の途中で Ah すべて  Wine色を染める 重い空に嘆(なげ)き アスファルトのBedに ため息こぼれる  貴方の胸で やせた ランプ灯(とも)し 終わりのない運命 踊っていたけど  男と女は謎 貴方は別の 女(ひと)を愛し 私は Ah 一人  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  夢みる女 一人眠る夜は 夢をさがす女が一人 目をさます  誰も見た事がない 時間(とき)にかくれて 愛は神のあやつる Ah 不思議  貴方との日々今は かくしてしまったから 以前(まえ)より悲しいけど 寒くない タロット・カード捨てて 夜明けを重ねてゆく 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン  生まれる前の星座(くに)で あんなに愛し合って ひとつの時代だけで 失った 振り向く私はもう 化石になってもいい 貴方と次の星座(ほし)で逢えるまで ジプシー・クイーン
雨のTraveller吉川晃司吉川晃司松本一起佐藤健夜どおし走ったバス 雨の中をふり返る コートに隠したのは寒さじゃない 寂しい街角をうろついた日々  右手でにぎった街のリズム ハイウェイに捨ててきた 不安を消す為に急がない 引き返す道などもうないのさ  雨の Traveller 誰でも独りで生きてゆけない 雨の Traveller どこから来てどこへ行くのか 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる  雨のシューズが光ってる 見えない地図を歩いてく わずかな時間と軽すぎるバッグ ゴールはどこにもないのさ  雨の Traveller 誰だって明日を知るはずない 雨の Traveller どんな暗闇も孤独じゃない 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる  雨の Traveller 誰でも独りで生きてゆけない 雨の Traveller どこから来てどこへ行くのか 君のぬくもり 昨日より近くに感じてる
きらわれついでのラスト・ダンス吉川晃司吉川晃司松本一起吉川晃司こんなにプライド捨てたWink 気取られちゃjokeもすくみ込む そつなさ決めてチャンスを逃がす いつも始まりは偶然さ  同じドアを開けた二人 微笑みで夜はごまかせない そんなにつれなくしないで スリルよりきっかけが欲しい  きらわれついでのラスト・ダンス 夜は長い 時間(とき)は早い ジュークBoxだけが踊っているのさ きらわれついでのラスト・ダンス 遠い視線 窓に夜明け 誰も知らない君が欲しいだけ Oh-  最初で最後のすれちがう one night 少しはカッコつけさせてくれ 名前だけじゃ寂しすぎる出逢い 踊っても罪にはならないさ  壁のサーチライト揺れる 行き場を無くした心のシート 楽しむだけでもかまわない ワインよりくちびるによって  きらわれついでのラスト・ダンス 夜は長い 時間(とき)は早い ジュークBoxだけが踊っているのさ きらわれついでのラスト・ダンス 遠い視線 窓に夜明け 誰も知らない君が欲しいだけ Oh-
INNOCENT SKY吉川晃司吉川晃司松本一起佐藤健声をかければ 街が身を引く 理解されずに 逆らう誤解 リズムが狂い 空が曇る ツキがすべて 逃げたのさ  いたわる嘘も きれいなKissも いらないのさ こんな夜は 求めるものが 多過ぎたのか 時間を急ぎ過ぎたのか この胸  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ  誰でもいい 傷つけたいのさ 昨日の笑顔 欲しくないから ガラスの割れた 気持ちを知れば 深い椅子に座れない もう二度と  Innocent Sky Innocent Sky 汚れたプライドはイラナイさ Innocent Sky Innocent Sky 瞳を曇らせないでくれ  Innocent Sky Innocent Sky 忘れない いつか見た空を Innocent Sky Innocent Sky 心に閉じ込めたくはないさ  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ  Innocent Sky Innocent Sky 忘れない いつか見た空を Innocent Sky Innocent Sky 心に閉じ込めたくはないさ  Innocent Sky Innocent Sky 遠くに置き忘れた夢 Innocent Sky Innocent Sky 優しさで曇らせないでくれ
恋はあせらず松岡英明松岡英明松本一起奈良部匠平もっと、 もっと恋を抱きしめて きっと、 きっと夏よりも熱くなるさ シャワーを浴びている←地下鉄かけ上がる 右から左へ、時間は過去に消えるけれど  そんなにあせっちゃダメさ、そんなにきみは綺麗なのに…… 恋する気持ちに気づいて! 街中光りあふれて、街中振り向かせる きみの魅力、もっと僕のために輝いて!  もっと、 もっと空が高ければ ずっと、 ずっと太陽は沈まなくて Tシャツふくらませ、ハートを泳がせる きみだけ知らない……こんなにきみが好きな僕を  毎日きみを愛して、毎日愛し足りなくて 僕ならいつでもここだよ 今すぐきみに逢いたい 今すぐその瞳に、僕の姿、 僕のときめきだけ映したい  きみ住む街の風は、南の島のように、青く澄んだ季節の香りがするよ  そんなにあせっちゃダメさ、そんなにきみは綺麗なのに…… 恋する気持ちに気づいて! 街中光りあふれて、街中振り向かせる きみの魅力、もっと僕のために輝いて!  毎日きみを愛して、毎日愛し足りなくて 僕ならいつでもここだよ 今すぐきみに逢いたい 今すぐその瞳に、僕の姿、 僕のときめきだけ映したい
シェリーと夏と僕松岡英明松岡英明松本一起結城義広何気なく傍にいたきみが、僕にとりすべてだと知った 窓の孤独にもたれると、ああきみはいない・・・・ 「二人して来たいね」と言った、モノクロの街に来ているよ 遥か彼方の海岸に、ああ夏が見える・・・・  シェリー、涙よりも、笑顔が似合っていたよ シェリー、いつかきみは、切りすぎた髪を気にして 一人照れていたね  時間だけ過ぎてゆくけれど、僕はまだ後悔の中に きみを忘れる以外には、ああ僕はいない・・・・  シェリー、僕がいつも、約束破っていたね シェリー、そして僕は、ケンカさえ出来ない場所に 今は独りきりで  きみは忘れる以外には、ああ僕はいない・・・・  シェリー、涙よりも、笑顔が似合っていたよ シェリー、そして僕は、ケンカさえ出来ない場所に 今は独りきりで ああ独りきりで・・・・
初恋は夢のように南こうせつ南こうせつ松本一起南こうせつ風に舞い上がる 光りのしずくに 恋の切なさを フッと吹きかける 君は背伸びして ぽつんと振り向く うなじのカーヴに 季節がはらはら まぶしい少女よ 今を愛して 素顔のそのままが とても君らしい Ah 熱い胸さわぎ  君の唇を彩る 言葉は 紅の色に似て ハッとさせられる 空を照り返す 木綿の背中に 好きとつぶやいて 心ははらはら まぶしい少女よ 人を愛して たとえば雨の日も 僕はそばにいる Ah いつしか初恋  まぶしい少女よ 今を愛して 素顔のそのままが とても君らしい Ah 熱い胸さわぎ
サイレント・サマーribbonribbon松本一起岩田雅之もう貴方など欲しくはないわ 他の女と寝ればいいわ 沈黙のナイフで killing 別れてあげるわ Bye Bye  ルーズなくせにルールもとめ 自分勝手にキャンセルする 思わせぶりな手で Ah 奪われた自由  きっと見返してやる 今以上に輝いて 飾りだけのピアスなんて投げ捨てた  サイレント・サマー ガラスの夏 ひび割れた景色に風が吹く 一人でやれるわ  サイレント・メモリー 光る明日 思い出になんて縛られない 振り向いて気づくのは私の愛  サイドシートで言葉にごし 貴方の言いなりになってた 稲妻のように Ah 気分変えた人  きっと見返してやる 気の休まるスペースで 私いつも不安だけをかかえてた  サイレント・サマー ガラスの夏 貴方まだ女を知らないわ 甘えているだけ  フル・スピードで 冷めてく夏 あんなに燃えたのに嘘のよう 貴方だけ真実を見失うわ  サイレント・サマー ガラスの夏 ひび割れた景色に風が吹く 一人でやれるわ  フル・スピードで 冷めてく夏 あんなに燃えたのに嘘のよう 貴方だけ真実を見失うわ
ヨルノ、ロッポンギ美川憲一美川憲一松本一起林哲司こんな良く出来たオンナ放っといて 鏡のぞきこみ今日も出かけてく  少しチヤホヤされてる saturday night 狙われてるのは credit card いい気になって over drink ジ・ゴ・ク・ネ  ヨルノ ロッポンギ アスファルトには媚薬が漂う ユメノ ロッポンギ 都会の海で心ぬかれる 私よりイイ女なんていないのに  早く気づかなきゃ後で悔やむだけ 貴方待ちながら別の人さがす  がまん出来なくなる日が saturday night ある日曜日の good morning 私が消えて カ・ラッ・ポ ジ・ゴ・ク・ネ  ヨルノ ロッポンギ 出逢った頃は一緒に行ったわ ユメノ ロッポンギ 男はいつも揺れているだけ 私よりイイ女なんて…  ヨルノ ロッポンギ アスファルトには媚薬が漂う ユメノ ロッポンギ 都会の海で心ぬかれる 私よりイイ女なんていないのに
ワンニャンDR堀江美都子堀江美都子松本一起渡辺宙明ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく笑ったり よく転んだり 人気のヒーローたちは おっちょこちょいさ もう行かなくちゃ もう飛ばなくちゃ みんなが出発しても チョロチョロしてる  でもでもね 見かけより 二人 天才的なの もしもしも いなければ ゲッター出来なかったの  また走ったり また隠れたり まあるいメガネの奥で何を見てるの  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ  よく怖がって よく飛びはねる 大きな頭の中はぎっしり科学 またニューヨーク またモスクワと 二人は世界中から期待されてる  いまいまも むずかしい アルファベットをにらんで ひくひくと しわを寄せ ネイサー基地を作ってる  立派な髭の三枚目半 笑顔がとっても似合う楽しい仲間  ポチとタマ ワンニャン じゃれ合って ハイ! ポーズ ポチタマ ポチタマ ワンニャン ワンニャン ポチとタマ
実装!!宮内タカユキ宮内タカユキ松本一起瑞木薫涙が笑顔に変わるとき ハートの衣裳は未来になる 火が飛ぶ 大地がはじける 人が倒れる タフを身につけろ  アクセス・ロックを差し込め OK! 実装・開始! トライ・ジャケット装着 ヘルメットでガードしろ ゴールド・シールド パーフェクト 実装完了(レッダー)  スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 空よりも風よりも太陽よりも スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 輝くトライジャケット(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー! 実装!!  闘いたいとは思わない 言葉と勇気を分かちあおう チャンスだ 最後のチャンスだ 武器を捨てよう 愛を身につけろ  とりだしたスーツで OK! 実装・開始! トライ・ジャケット装着 ヘルメットでガードしろ ゴーグル・シールド パーフェクト 実装完了(ブルース・キース)  スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 優しさを科学した正義のカラー スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 輝くトライジャケット(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー! 実装!!  スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 空よりも風よりも太陽よりも スワット!アレスト!ファイヤー!(実装!!) 輝くトライジャケット(実装!!) スワット!アレスト!ファイヤー! 実装!!
それは命宮内タカユキ宮内タカユキ松本一起鈴木キサブロー心の中の情熱から 真っ赤なレッダー生まれた 誰にだってあるんだよ 生きてゆく強さ 助けあう優しさ  赤く燃える太陽のように ああ 輝かせたい  この地球にいる限り すべての人が分かちあう それは命 それは愛  未来の空は爽やかだよ 青からブルース生まれた 一人一人見上げれば いつだって夜明け どこだって平和さ  青く澄んだ大空のように ああ 見つめていたい  この地球にいる限り すべての人が分かちあう それは命 それは愛  希望をいつも忘れないで 黄色のキース生まれた 夢と勇気捨てないで 生きている人が 美しく微笑む  強く 強く大地のように ああ 支えていたい  この地球にいる限り すべての人が分かちあう それは命 それは愛
抱いてマイ・ラブ早見優早見優松本一起JohnStanley雨の匂い いきなり 胸がさわぐの 今だけなら きわどい 態度できるわ  私はgood girl 傘を閉じるの bad girl 濡れるわ はじらうgood girl うつむいて bad girl 逃げない  寒い肩は 貴方を 待ちぶせしてる 傘の中で いいのよ kissをしたって  貴方にdon't go 触れていたいわ don't stop 知らない 迷わずdon't go 怖くない don't stop 嘘なの  揺れるハート good girl 守れないわ bad girl 眩暈(めまい)するぐらい 愛して  貴方の腕 脱げないほど 私をつかまえて 夢降る街 スリルと行く 貴方キライだわ  悪い人ね jokeで 笑わせないで 貴方の肩 ずぶ濡れ 真面目すぎるわ  馬鹿だわdon't go だけど好きなの don't stop 気づいて いつでもdon't go はなれない don't stop ふたりよ  揺れるハート good girl 守れないわ bad girl 眩暈(めまい)するぐらい 愛して  good girl 雨に踊れば bad girl 虹いろ すてきにgood girl 抱きしめて bad girl GET DOWN  good girl 雨に踊れば bad girl 虹いろ すてきにgood girl 抱きしめて bad girl 欲しいの
西暦1986早見優早見優松本一起佐藤健アクセルふむ横顔 ヤケに孤独してる わりと当り前だわ その気 見え過ぎる  口をかたくするなら すべて許すつもり モテるくせに 貴方 純粋だから  まぶしいHighway 気にし過ぎるBack-mirror 古い愛し方じゃ ついて行けないわ  in the year 1986 in the year 1986 誰より熱い きわどい愛を与えて欲しい in the year 1986 in the year 1986 貴方の腕を 自由に泳ぎ夢を見たい  今以上に貴方を 好きになりたいから 軽はずみの言葉で 戸惑わせないわ  苦しいけどときめく 貴方しか見えない 夢の先を一人 信じているの  流れるCity-light もっと遠くRun away 次のエリアさがす スリル感じてる  in the year 1986 in the year 1986 気の早い窓 Sea-sideから夏を呼んでる in the year 1986 in the year 1986 シャープな息が時間を急ぐ 気づかないの  in the year 1986 in the year 1986 誰より熱い きわどい愛を与えて欲しい in the year 1986 in the year 1986 貴方の腕を 自由に泳ぎ夢を見たい
急いで!初恋早見優早見優松本一起小杉保夫キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love  Fashion Magazineを 真似していても 心には何かが 物足りないわ 彼と呼べる人が今 いない不思議 今日逢えますか 明日(あした)なの ときめきのDiary  お願いよ 急いで!初恋 夏はそこまで来てるのよ 息を止めて しまうほど 光は悪戯(いたずら)  キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love  初恋候補から ささやかれても 聞こえないふりして 可愛いくしない わざと見せる強がりを 怒らないで 少し危険も承知なの わがままな Diary  お願いよ 急いで!初恋 夏はそこまで来てるのよ 息を止めて しまうほど 素敵な誘惑  キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love  キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love キミの香り 深呼吸 Sweet Sweet Sweet Dreaming my Love
ピュアになれ小野正利小野正利松本一起佐藤健青よりも もっと 青くなれ その身体を溶かすぐらいに 僕を思う気持ちpureになれ  君の宇宙の中に 億千の細胞が光ってる その一つ一つに触れたとき 僕は愛した  夏服に 着替えながら 君ははにかんで 僕を見た  輝いて もっと 輝いて その心を僕は信じて 君を慕う気持ちpureになれ  人は未来を見つめ めぐり逢う奇跡から招かれる その一つ一つに触れたとき 君は愛した  よく泣いた 君の過去も ずっと見守るよ 永遠に  青よりも もっと 青くなれ その身体を溶かすぐらいに 僕を思う気持ちpureになれ 君の中に 僕のIslands  君の中に 僕のIslands  君の中に 僕のIslands
不思議Angel橋本潮橋本潮松本一起奥慶一前髪切り過ぎた 土曜日の午後 ビーズの火花 鏡にぶつけたら キュンとひびく 目を閉じれば 胸の中に浮かんだ顔 今まで意識しなかった Class-mateのMr.A 二枚目半だけど 少しインテリ 学園祭の写真 開いてみてハートはshock どの場面も照れた顔で となりにいる 理想(タイプ)と まるで違うのに変にときめく imagination  シッ シッ シッ シッ エスパー シッ シッ シッ シッ エスパー 人の心のぞいちゃ 駄目だけど チェック チェック チェック チェック エスパー チェック チェック チェック チェック エスパー 恋を感じた瞬間 不思議 Angel  テーブルのtea cup 銀のスプーン ナイフのような光が反射してBellが鳴った 目に見えない声が耳に聴こえて来る リボンでかけた日曜が 私の胸にnice message  シッ シッ シッ シッ エスパー シッ シッ シッ シッ エスパー 誰も知らない奇跡と夢ランデブー チェック チェック チェック チェック エスパー チェック チェック チェック チェック エスパー 恋の不安と予感に 不思議 Angel  シッ シッ シッ シッ エスパー シッ シッ シッ シッ エスパー 人の心のぞいちゃ 駄目だけど チェック チェック チェック チェック エスパー チェック チェック チェック チェック エスパー 恋を感じた瞬間 不思議 Angel
テレポーテーション~恋の未確認~橋本潮橋本潮松本一起奥慶一「好きよ」と言い出せないうちに 貴方のロッカー 奪ったlove-letter Pinkの噂が 二人を近づけて Ah Ah わたしは敏感・情熱 また一人 口笛吹いて 夏の風にKiss 英語の辞書を一枚 破り マジックで「Wanted My Boy Friend」 ツイてないね 紙ヒコーキ 先生に命中 テレポーテーション 心の翼が テレポーテーション 今 時間(とき)を飛ぶ 私だけが 私の恋を Ah 未確認  シングル少女が一人減り モテない男子が いきなりオーデコロン 見る目がないのね 最近のCity Boy Ah Ah 私は敏感・情熱 まだ一人 困った事や 何かあればHelp 私はいつも 相談相手 ウィンクで「Mami‐chan Thank you very much」 仕方ないね このチャーミング 簡単に堕ちない テレポーテーション 誰かがどこかで テレポーテーション また 悩んでる じっとしてる 訳にいかない Ah テレパシー  テレポーテーション 心の翼を テレポーテーション すぐ使えても 私だけが 私の恋を Ah 未確認 テレポーテーション テレポーテーション 私だけが 私の恋を Ah 未確認
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
S・O・S橋本潮橋本潮松本一起清岡千穂S・O・S みんな楽しく 不思議な世界に集まれ S さわぎだす O 女の子 S しぶい二枚目 ヒーローがゆく S ソッポ向く O 女の子 S スマートじゃない 男の子はみじめ 恋と夢とスポーツ ここは学園ランド 仲間はずれにしないで みんなみんな楽しみましょう ジェットコースター乗るように そう悩みなんて風に吹き飛ばして S 澄みきった O 大空に S スキップひびく ひびく乙女のハート  S 最近の O 女の子 S 積極的に アタックするの S スカートを O 押さえても S 素敵な彼は 振り向こうとはしない 恋と夢とスポーツ ここは学園ランド 魅力的な私を 知らんふりで通り過ぎる ゴーカートがあればいい 追いかけて胸の中を見てみたいわ S さわぎだす O 女の子 S しぶい二枚目 ヒーローがゆく S ソッポ向く O 女の子 S スマートじゃない 男の子はみじめ  S 澄みきった O 大空に S スキップひびく 乙女のハート S すれ違う O 男の子 S セクシーな目に 呪文をかけられたわ
I Like YouからI Love You橋本潮橋本潮松本一起池毅照り返す光り浴びて グランドを走る貴方 未だ初恋と 未だ友達の 中間だけれど  Tシャツから心がこぼれて この頃 貴方を意識しちゃう  I Like You 夕陽のオレンジ色は ロマンス映画のように ときめかせて とまどわせて I Love You  私の気持ちも知らず グランドから手を振ってる  ねぇ鈍感ね ねぇ気がついて すぐ迎えに来て  教室には私がいるだけ 思わず言葉が出かかったわ  I Like You 夕陽に浮かんだ貴方 誰よりまぶしいシルエット ときめかせて とまどわせて I Love You  夕陽のオレンジ色は ロマンス映画のように  夕陽に浮かんだ貴方 誰よりまぶしいシルエット…
帰れない季節南こうせつ南こうせつ松本一起南こうせつめぐり逢った あの頃の激しさも 遠い夏の日々も 想い出  たった一人 君を愛してるのに 言葉さえも 掛けなくなった  時間(とき)は切ない 幼さを奪って 夢を叶えて 人生を知れと言う  あんなに Ah 君のことを  髪を切った 君の誤解を知って 涙流し 走ったことも  疲れきった僕に 微笑みかえす 今の君に 何故かすまない  時間(とき)は切ない 大人へと誘われ 愛に漂い 人生を知れと言う  あんなに Ah 君のことを  雨は降る 雨は降る 人を濡らし 風が鳴く 風が鳴く 窓をたたき  時間(とき)は切ない 幼さを奪って 夢を叶えて 人生を知れと言う  あんなに Ah 君のことを  夜の中を 逃げるように抱き合い 二人だけの 今を手にして
その気☆不思議浅香唯浅香唯松本一起小杉保夫私を早く 見つけてね 待つことがとても 下手なの 愛していると 貴方から 言わせてみたくて 仕掛けたの  貴方はKissを する為に この世に生まれて 来たのね そっぽを向かれ じらされて 私をとりこに させた人  No reply (No reply) 怖くないわ Love me do (Love me do) ついて行くわ 貴方には 届かない気持ち  裏切る夢 弱みを見せて その気☆不思議 笑いながら 逆転悲劇 こころ盗んだ 貴方が好きよ その気☆不思議 好きよ (好きよ) 好きよ (好きよ) Yesなの  私がツンと すましても 貴方はゆっくり 狂わせ 無邪気な気持 されるまま 体もあずけて しまいそう  No reply (No reply) 海が見たい Love me do (Love me do) もう帰るわ 困らせる わけじゃなく迷う  夏へ急ぐ 素敵な夢に その気☆不思議 心だけが 拒絶反応 しゃくにさわるわ 自分自身が その気☆不思議 好きよ (好きよ) 好きよ (好きよ) Yesなの  No reply (No reply) 怖くないわ Love me do (Love me do) ついて行くわ 貴方には 届かない気持ち
モノクローム・ヴィーナス池田聡池田聡松本一起佐藤健忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  走り過ぎた 車には あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ  Back-mirror に僕は飛び込んでも 君は気づかないまま 街に消えた  寂しさを憎しみに変えても もう一度 君に逢える日 心のスミで 信じていたけど  静か過ぎた 毎日が 騒ぎ出した 突然のめぐり合いがツラくて  胸に閉じた 君はヴィーナス きっと二人 あの日まで帰れるなら 前より愛し合える  Show-windowに映る 僕は一人 古い写真のように君はいない  たとえ今 何かを求めても 遠すぎて 見つめ合えない二人になった 季節は変わって  忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた今まで  胸に閉じた 君はヴィーナス あの日よりも ほっそりとした横顔 確かに君だったよ
Kiss池田聡池田聡松本一起佐藤健君が楽しいのは 僕のせいじゃなくて この街を過ぎれば 君を待つ誰か 二人でいるときも 僕以外の人と 逢った時に交わす シナリオを考えている 愛しあえる星屑の下で とどかない君の唇を見つめ 次の言葉さがす 触れるぐらい近くにいながら 見つめあうための 沈黙もなくて 迷いながら 時間だけが 過ぎる  僕といるときには 彼を忘れてくれ 一人でいるよりも隔てられツライ ビルの影にもたれ 抱きあう人たちを 君は見ないフリで街角の明かりに向かう 愛しあえる 摩天楼の下 遠すぎる君の心を 追いかけ アスファルトをよぎる 君以外の 誰にも出来る Kiss 見つめあうための 沈黙もなくて 近づけない 風の距離を守る 
彷徨える街稲垣潤一稲垣潤一松本一起松田良寂しさを無理やりこらえ 手を振りながら夜明けを待っている 街中に裏切られても あの日の夢は捨てないでいたい  男なんて弱いね 失くした場所に 別の自分をさがし 生きてゆくのさ  誰も代われない 心の傷 Time Trip 救い出すのは オレさ  音もなく 明日も閉じて 愛した人も背中を向けたよ 悲しいね 心泣いても 世界は何も変わらないのか  何もイラナイ オレは なぐさめなんて セピア色の友情 嘘になるのさ  罪なシナリオに逆らえず Time Trip 身を切られてるオレさ  男なんて弱いね 自分以外の 目に見えない抵抗で 足を止めてる  誰も代われない 心の傷 Time Trip 救い出すのは オレさ 罪なシナリオに逆らえず Time Trip 身を切られてるオレさ
トライアングル稲垣潤一稲垣潤一松本一起崎谷健次郎悪いクジを引き 冴えない二枚目 身を引く僕なのさ いくら尽くしても 彼女が愛した男は君だったよ  トライアングル 銀の糸 二人を解けないさ  君はフラれたと誤解して 彼女に冷たい Ah とばっちり受ける僕 真夜中の電話が  意識する距離が二人を遠ざけ ヒヤヒヤさせている 僕とふざけ合い 腕を組むフリで 横目は君を見てる  トライアングル 銀の糸 一人じゃ結べないさ  夏のPosterはプロンズの Sea-side見せて Ah いつだって君たちを手招きするのに  愛されない僕だけが ピエロになり行ったり来たりで  AH 彼女には君以外 ただの友だちさ Ah 僕だけは代われない 近すぎる二人  AH 彼女には君以外 ただの友だちさ Ah 僕だけは代われない 近すぎる二人 AH 彼女には君以外 ただの友だちさ Ah 僕だけは代われない 近すぎる二人
sometime something衛藤利恵衛藤利恵松本一起伊藤浩樹something something ときめく revolution 何かが始まる  胸の中に something something ときめく 誰でもいい touch me, tell me 分けてあげる  自分に惚れると怖いものなくなる それが分かってくる あなたも  少女たちが憧れる showwindow マネキンより夏の日に近い  一人で泣いてた人だって 新しい瞳を信じて  胸の中に something something ときめく 誰でもいい touch me, tell me 分けてあげる  何より自分を大切と思えば 人に優しくなる  古いシャツを脱ぎ捨てる vibration 予定のない週末を飾る  ざわめく黄昏の歩道橋 ラジオのニュースがあふれる  胸の中に something something ときめく 誰でもいい touch me, tell me 分けてあげる  楽しいことだけその腕に抱きしめ 風を切って欲しい  今すぐ背伸びして見上げれば 限りない明日が待ってる  胸の中に something something ときめく revolution 何かが始まるから  自分に惚れると怖いものなくなる それが分かってくる  胸の中に something something ときめく revolution 何かが始まるから  自分に惚れると怖いものなくなる それが分かってくる
夢を東京パフォーマンスドール東京パフォーマンスドール松本一起前田克樹空を見上げれば傷ついた涙も 未来へかかる虹に 光ってる  胸のときめきは羅針盤みたいに 私の地図を広げ 追いたててる  きっと明日も晴れる 熱い風 きっと私らしさ失わない  夢を 夢を抱きしめて 越えられない壁は七つの海にもないわ Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  遙か彼方まで見通せる瞳は 真実さがす予感 光ってる  髪が乱れてもTシャツが濡れても 心の中はいつも 輝いてる  ずっと自分のことを 信じてる ずっと他人の手に触れさせない  夢を 夢を抱きしめて 新しいトビラを一つずつ開けてゆけば Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  夢を 夢を抱きしめて 越えられない壁は七つの海にもないわ Maybe Dream 愛を 愛を抱きしめて 優しさと勇気をいつだって忘れないわ 情熱  夢を 夢を…
WE LOVE HEART欧陽菲菲欧陽菲菲松本一起小杉保夫美しいのは 愛しあう心 美しいのは 認めあう勇気 一人で生きてゆけないから 小さな息を重ねあう 哀しいけれど涙止まらない 哀しいけれど又傷つけあう 億千年も銀河を旅して 目覚めた地球で火を放つ We Love Heart 心はどこにもないけれど We Love Heart 人は誰だって いつも 心を信じてる  We Love Heart We Love Heart 誰かがあなたを愛してる We Love Heart  夢も祈りも生きる為にある 夢も祈りも分けあえば夜明け 子供のように星を見上げ 子供のように眠りたい We Love Heart 貴方の心を愛してる We Love Heart 二度と闘いをまねく 心を持たないで  We Love Heart We Love Heart 誰かがあなたを愛してる We Love Heart  We Love Heart We Love Heart 誰かがあなたを愛してる We Love Heart
What do you love?MASAKIMASAKI松本一起MASAKI振り向く為の君じゃない まばたきで時間は消える  Try Try Try Try 空は Keep on dreamin' 輝く 意志も伝えられずに 微笑むだけなら愛じゃない  What do you love 優しくなるたびに素顔をかくす 前髪上げるその手は 何を迷うのか What do you love コートを脱ぎ捨てて寒さも分かる あずけてくれ俺に Your the love  抱きしめながら君を聴いていた 立ち止まるFllmのように  Cry Cry Cry Cry きっと Maybe your dream はばたく 愛することも忘れ 君は思い出にするつもり  What do you love 言葉はなくていい瞳で語れ シナリオなんてないから 終わりを気にせず What do you love 自分を信じれば何かが変わる あずけてくれ俺に Your the love  What do you love 言葉はなくていい瞳で語れ シナリオなんてないから 終わりを気にせず What do you love 自分を信じれば何かが変わる あずけてくれ俺に Your the love  What do you love  Your the love
X Avenue小野正利小野正利松本一起野崎昌利踊り疲れて西へ向かう少女達 ベンチに腰をかけバスを待ってる 新聞かかえ少年が眠い目を 夜明けの風に向け走っていった  蒼い街に胸がつぶされる 誰一人僕を知らない 手を伸ばせばいつも君がいた 昨日より君を感じる  夢中になって君を追い掛けていた 季節は哀しみも想い出にする オフィスの窓に退屈の息をはき レールを転がって生きたくはない  君の夢が僕を支えてた 君の優しさが分かった 過ぎた日々から瞳をそらせば 僕は新しい旅人  蒼い街に胸がつぶされる 誰一人僕を知らない 手を伸ばせばいつも君がいた 昨日より君を感じる  君の夢が僕を支えてた 君の優しさが分かった 過ぎた日々から瞳をそらせば 僕は新しい旅人
May be Dream田村英里子田村英里子松本一起筒美京平白い風のなかに海が目をさます 銀の波を散らし少年が駆けてゆく 一人渚に立ち朝を見つめてる 遠い水平線ゆっくりと船がゆく 逢うたびに好きだよと繰り返すけど 慣れてゆくその言葉が不安なの  I Love You 心配をかけさせたくて一人旅したの あなたは私をさがしてますか 怒った顔を見たくて 明日にMay be Dream  夢を描く鳥を空が抱きしめる 熱いあなたの手を右肩に感じてる 唇の優しさで大切にされ ケンカさえ未だ一度も出来なくて  I Love You 危なげな男の人を追いかけていたい あなたに守られ支えていたい 頬をぶたれて迷って 明日にMay be Dream  心配をかけさせたくて一人旅したの あなたは私をさがしてますか 怒った顔を見たくて 明日にMay be Dream  危なげな男の人を追いかけていたい あなたに守られ支えていたい 頬をぶたれて迷って 明日にMay be Dream
It's BAD田原俊彦田原俊彦松本一起久保田利伸Ba Ba Ba Ba Ah Ah Ah Ah Da Da Da Da It's B・A・D It's B・A・D It's B・A・D  Ba Ba Ba Ba Ah Ah Ah Ah Da Da Da Da It's B・A・D It's B・A・D It's B・A・D  ドレスの色で 心を着替え Make-upを変えて 背伸びする 誰にも 無邪気な目で微笑むのは 自分の魅力を信じてないからさ  雨の日はBAD 風の日もBAD BAD BAD BAD Ah Ah 楽しいTVがある日もバリバリ It's so BAD 君の不安が たまらなく憎い 二人の秘密が欲しいけど 今夜もMr. Rainy Day  きわどい夜を 笑顔で濁し Discotiqueで聴くMusic 何故 さけるの 二人の未来 お伽話じゃないのに 僕の言葉を信じてないんだね  雨の日はBAD 風の日もBAD BAD BAD BAD Ah Ah 楽しいTVがある日もバリバリ It's so BAD 愛されながら 疑問を持ってる 君のとまどいに 傷つくさ 今夜もMr. Rainy Day  Ba Ba Ba Ba Ah Ah Ah Ah Da Da Da Da It's B・A・D It's B・A・D It's B・A・D  雨の日はBAD 風の日もBAD BAD BAD BAD Ah Ah 楽しいTVがある日もバリバリ It's so BAD  雨の日はBAD 風の日もBAD BAD BAD BAD Ah Ah 楽しいTVがある日もバリバリ It's so BAD  雨の日はBAD 風の日もBAD BAD BAD BAD Ah Ah 楽しいTVがある日もバリバリ It's so BAD  雨の日はBAD
Heart of the backToshlToshl松本一起Toshi傷一つない夜の輝き 微笑むように疑うように  疲れきった人は急ぐだけで見上げるのも知らない  言葉を作り言葉に切られ 時間を減らし擦り切れてゆく  愛を思うために生まれてきた心さえも忘れて  どうして背中が寒い 人の背中見つめ振り向けば そこにいるのは oh I am  心は何故愛も裏切りとか憎しみを持てるか  どうして背中が寒い 人の背中見つめ振り向けば  どうして背中が寒い 人の背中見つめ寒い  You Never Say You Never Say
可愛いい女雪村いづみ雪村いづみ松本一起南こうせつ恋する人から優しくささやかれて うまれて良かったと もう何度思ったでしょう  髪に花飾り微笑む鏡を見て それでも季節(とき)は経ち 気がつくと 一人泣いていた  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私  強がっていても シルクのドレス着ても 恋した瞬間に少女へと引き返してる  今思い出せば出逢った人すべてに 私はいつの日も支えられ 愛されてきた  可愛いい女と いたわりながら いつもいつも涙をふけば それが私  可愛いい女は 愛が下手だと いつもいつも言い聞かせれば それが私
Rain大橋純子大橋純子松本一起佐藤健生きてることは罪ですか どんなに優しい貴方だって きっと私だけで愛を終わらせない ねェ 心は死ぬまで眠らないわ  目を閉じれば 哀しい色した空が見えたり ときめく空が見えたりするの 同じ空なのに 幾つもの姿があるわ  Rain  貴方がにじんで見えなくなっても 誰も恨まないわ Rain たとえ誰かに心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから  生きてくための愛じゃない 貴方と出逢ったあの喜び 時がたつにつれてもっと深まってく ねェ 貴方を守っていたくなるの  歩きなさい 決して自分に嘘をつかないで 私はいつもそばにいるから どんな貴方でも 変わらなく見つめられるわ  Rain  夜更けの雨には希望があるのね すべて洗い流す Rain  たとえ誰かに 心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから  Rain  貴方がにじんで見えなくなっても 誰も恨まないわ Rain たとえ誰かに心奪われても すべて許せる 貴方への愛がいつもあるから
第三章 嫉妬千堂あきほ千堂あきほ松本一起上田知華逢えないなら代わりよこして 一人じゃいられなくなった もうとっくに来ていい時間 貴方に作られたアマン  Joke言えるほど大人になったわ 燃やされて待たされて 貴方の愛で埋めたい  はなさない はなれない 忘れられない 例え他の女(ひと)がいても マニキュアが渇いたら シーツをまとい 鍵をかけた心をとく  タイプじゃない男(ひと)だったけど ひとりじゃ嘘をつけないわ 視線だけで抱きしめられて いつしか腕の中にいた  エレベーターのボタン押したけど 上がらされ昇らされ まったくイライラするわ  誘われて追いかけて 次の手をうつ じらしながら嫉妬させる シナリオの書き直し 第三章を じらしながら嫉妬させる  はなさない はなれない 忘れられない 例え他の女(ひと)がいても  シナリオの書き直し 第三章を じらしながら嫉妬させる
椿姫 ジュリアーナ中森明菜中森明菜松本一起佐藤隆ジュリアーナ 誰でも私を呼ぶ ギターに合わせて 踊る人生 ジュリアーナ 楽しく踊りなよと ドレスの上から 心脱がす  ビルの谷間にテントを張り 舞台をつくるピエロたち とげとげしい顔と衣装で 心かくす私  幕が開(あ)き悲しい場面に 恋人たちは肩を寄せ 媚薬を見る視線(まなざし)  笑いながら泣いて 歌い踊る 私は踊り子 愛もない  ジュリアーナ 孤独な仮面に夢 悲劇に染まって 胸を焦がす  舞台が済むと売れ残りの ワインの瓶を売り歩く 役者たちはベッドに入る 星が見たい一人  ブラウスに スカート巻きつけ 束ねた髪をときはなつ もう誰にも見られず  私だけの私 求めながら 素顔になっても 愛もない  ジュリアーナ 希望もおぼれる夜 未だ見ぬ明日が 唯一の夢  ジュリアーナ 素敵な脚(あし)が見たい 耳に焼きついた 男の声 ジュリアーナ 夢中に踊らされる 生きてゆくことに シナリオない
夢の彼方矢沢永吉矢沢永吉松本一起矢沢永吉Come On Daybreak 夜明けを拾い 生きるために 夢に燃えた Keep On My Heart 切ないときも 沈黙だけが優しかった  俺を信じろ 熱い想いで 風を切って 太陽を見つけてやる  ルーズに 並ぶ 人間の影で ひとり馬鹿をみたさ それでも俺 誰も男は孤独な旅人 いつかきっと 太陽を見つけてやる 言葉なんて 裏切ってしまえ  流れるままに 遥か彼方へ 流れるままに 彼方へ 流れるままに 彼方へ 流れるままに 彼方へ 流れるままに 彼方へ
Oh! 上海欧陽菲菲欧陽菲菲松本一起小杉保夫トランペットが響く 古いジャズのナンバー 人もまばらなダンス・ホール  おさげ髪のチャイナ・ガール 暇をもてあまして 窓の星を数えている  誘われて手をとられて踊れば もうとっくに忘れた貴方を思いだした あの夜は夢のような二人  OH! OH! 上海 輝く都 愛を咲かせた街 OH! OH! 上海 魅惑の夜よ 別れと出逢いを 今宵も繰り返す  貴方は今どこで誰と暮らしてるの 元気でいればいいけど  まるであの日のまま シャンデリアの下で 見ず知らずの人と踊る  誘われて 気を奪った貴方に ついてゆくと泣きだし夜明けまで駄々こねた 目が覚めた時に船は出てた  OH! OH! 上海 心の港 恋があふれる街 OH! OH! 上海 旅立つ人と 見送る女が 涙をかみしめる  OH! OH! 上海 輝く都 愛を咲かせた街 OH! OH! 上海 魅惑の夜よ 別れと出逢いを 今宵も繰り返す
Rain of Dream 夢の罪西城秀樹西城秀樹松本一起沢村拓二淋しいドアの音が 雨の夜明けに孤独のオレを残す オマエを失くした部屋は 冷たい季節が影を落とす  許せないわけじゃない 許したいわけじゃない オマエの求めるものも知らず そばにいただけ  It's Rainy down いつか 優しさに身を引いて オマエは髪を切った Rain of Dream 別の夢見つめ輝いた  男は過去の中に 明日以上に二人の夢を見つめ 女はカタチもない はるかな明日に夢をさがす  立ちどまるわけじゃない 生き急ぐわけじゃない 楽し過ぎたあの思い出だけ 追いかけていた  It's Rainy down いつか 優しさに身を引いて オマエが歩き始め Rain of Dream 何も変わらないオレがいた  許せないわけじゃない 許したいわけじゃない 終わりのない愛 信じたのはオレの弱さで  It's Rainy down いつか 優しさに身を引いて オマエは髪を切った Rain of Dream 別の夢見つめ輝いた  Rain of Dream 同じ夢を見たあの日には オレだけ残るけれど Rain of Dream 二度と愛せない男と女
静かな日曜日小野正利小野正利松本一起佐藤健さよならして見えた 君の顔が愛しくて 懐かしさと呼ぶには早くて 未だ痛みに包まれてる  誤解とジェラシーで 僕たちよくケンカした 今になればすぐ解けるパズル 何故あの日は解けなかった?  高速見下ろす美術館の窓 静かな日曜日だった 君の好きな絵はモディリアニだよね 時間を忘れて見てたね  僕の部屋には未だ 描きかけの似顔絵 君がいるよ  次の誕生日に 贈りたいと思ってた 僕は君を誰より知ってる そう今でも心がある  テレフォン・カード持ち 記憶してる君のナンバー やり直せる期待にあふれた でも一人で窓を見たよ  高速見下ろす思い出の夏に 二度とは帰れないんだね 僕の好きだった君の横顔に 時折映る哀しみに 愛しあい過ぎると 苦しくなるんだね 君がいまも  高速見下ろす美術館の窓 静かな日曜日だった 君の好きな絵はモディリアニだよね 時間を忘れて見てたね  高速見下ろす思い出の夏に 二度とは帰れないんだね 僕の好きだった君の横顔に 時折映る哀しみに 愛しあい過ぎると 苦しくなるんだね 君がいまも
Keep on Shining小野正利小野正利松本一起佐藤健迷わないで ここにおいで 失った愛を捨て  髪を切り出て行った あの日の君 途切れないシナリオを信じたよ  一人だけと長くいると息もつまる 心変わりじゃない 君は違った景色に夢を見ただけ  さぁ Play back 思い出より新しい愛を さぁ Shinin' 今以上に輝いて欲しい 僕が君にエールおくるから  照れながら爪をかむ君の癖は 幼さと大人とを想わせる  どんな君も愛せるのはきっと僕で いつも君を見てる たぶん心のカタチが二人似ている  さぁ Stand up 心燃やす南風にのり さぁ Shinin' 生まれ変わる朝陽を浴びよう 僕が君にエールおくるから  さぁ Play back 思い出より新しい愛を さぁ Shinin' 今以上に輝いて欲しい 僕が君にエールおくるから
もっと美しくなれ小野正利小野正利松本一起Joey Carbone立ち止まる君を連れて夏にゆきたい Tシャツの上にときめきそっとはおり  君のその肌は白くまぶしいけれど 大人になればもっと魅力的さ  もっと美しくなれ もっと輝いてくれ そして君のことを愛してる僕を知って 言葉は冷たくても 気持ちには嘘はない 伝えきれないまま過ごしてた 僕の愛を oh, oh, oh,  優しさはきっと心の中にあって 薔薇の花束ですり替えるものじゃない  僕は僕なりに君の癖も未来も 理解出来ると今は想っている  ずっと好きでいられる ずっと守っていたい いつか僕を好きと思うまで待ってもいい 言葉で愛するより そばにいたい気持ちを 二人で大切にしていたい それまで待つ oh, oh, oh,  人はみんな急いで愛を確かめている 僕は時間をかけて君を抱きしめたくて  もっと美しくなれ もっと輝いてくれ そして君のことを愛してる僕を知って 言葉は冷たくても 気持ちには嘘はない 伝えきれないまま過ごしてた 僕の愛を oh, oh, oh,
Forever My Love小野正利小野正利松本一起佐藤健朝の香りを吸って かすかなラジオ聴いて 未だ眠りから覚めぬ 君の横顔見てる  そっと寝返りうち 僕に見せた肩は 崩れそうにふるえている 夢を見たの?  長く長く こんなに長く君を見つめているのに Forever 心は落ち着かない 見つめ返されたら めぐり逢った頃へ戻りそうな気がする Forever My Love  光が揺れるたびに 次の季節が招く 君と一緒にいれば どんな時代も行ける  君の少女時代 古い写真見たよ あの幸せ あどけなさは僕が守る  遥か遥か どんなに長い旅も君を連れてゆく Forever 二度とは苦しめない 君の泣いた顔を 思うたびに僕はもっと愛しくなる Forever My Love  もしも僕が倒れかけたり もしも君が強がり言ったら いつも愛に戻ろう 心に  長く長く こんなに長く君を見つめているのに Forever 心は落ち着かない 見つめ返されたら めぐり逢った頃へ戻りそうな気がする Forever My Love
夏の日の1993PLATINA LYLICclassPLATINA LYLICclass松本一起佐藤健まるで別人のプロポーション Ah 水ぎわのAngel 君は初めて僕の目に見せた その素肌 そのSexy  超高層ビル 走るHighway Ah 銀色のプール ざわめく街を切るように君は トビウオになった  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に  服の上からは計れないね Ah 色っぽいチャーミング 僕の視線を避けるようにいたね 意識してしまう  スキャンダラスに Say Love ダイアモンドに So Tight 宝の山だよすべてが  1993 ジェラシーさ oh 君に夢中 僕には合わない人だと思った Love 今日からは oh とんでもない 不思議な気分に戸惑うよ 夏の日の君に  ドラマティックに Say Love ミステリアスに So Tight こんなに一緒にいたのに…  1993 恋をした oh 君に夢中 普通の女と思っていたけど Love 人違い oh そうじゃないよ いきなり恋してしまったよ 夏の日の君に
クリスタル・ムーン大橋純子大橋純子松本一起佐藤健摩天楼すり抜けヒール響かせる 女ほど素敵なものは他にない 夢を与えながら ジェラシーさわがせる胸 いつか星は輝いて  街はShow-timeあふれる恋 Show-time別の顔で 愛しい人だけに見せる媚薬 妖しげに Star-light燃えるような Star-light肌に浴びて その指でKill-me  透明なグラスを泳ぐ乙女たち 蠍座は男の腕に寄りかかる きっと女だけが分かる いたたかな爪 何をしても許させる  夜はShow-time月のしずく Show-time抱きしめられ 二人は川になり流れていく 揺れながら Star-light胸に灯る Star-lightこぼす吐息 その指に  きっと少女にもなれる アマン真似てもいい 誰も知らない私を 憎まれるほど綺麗に  夜はShow-time月のしずく Show-time抱きしめられ 二人は川になり流れていく 揺れながら Star-light胸に灯る Star-lightこぼす吐息 その指で Kill-me
片思いだけど大橋純子大橋純子松本一起佐藤健人のいない海はあたたかいね 慰められるのは好きじゃないよ 入り江にはランプが一つ二つ揺れる… 好きという気持ちが胸に揺れてる…  I Love You I Love You I Love You 君に逢いたいのに I Love You I Love You I Love You 好きと言えない僕  片思いを僕は憎まないよ 二人になる前は一人だから 逢うたびに それでも君が消えるようで 僕なんてjokeで冬のままなのさ…  人を好きになると 風が恋しいね I Love You I Love You I Love You 君も感じてる  覚えてるすべてが君の顔や姿 夕暮の浜辺にめぐるこの想い…  I Love You I Love You I Love You 今度 逢ったなら I Love You I Love You I Love You 好きと言えるはずさ  I Love You I Love You I Love You 君に逢いたいのに I Love You I Love You I Love You 好きと言えない僕
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛しいHappy Birthday大橋純子大橋純子松本一起佐藤健貴方のために生まれたと 今 感謝してる 君の魔法は何だって よく叶えてくれる  一つ二つと増えてきた炎に 祈る気持ち一つ  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しいHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと  強い男を演じても よく振り向いたよ 可愛い女 憧れた でも強がり言った  時が過ぎても思いやる心は 懐かしさにしない  FOREVER この世に生まれて めぐり逢えたことが 二人のHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しいHAPPY Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと
東京大橋純子大橋純子松本一起佐藤健次のカーブの先で降りるからね とても一緒にいたわ 貴方こそ元気でいて AH目に見えない運命だった AH最後の日がいつか来るとわかっていたわ  さよならめぐり逢った時から 一緒にはなれない人と思った 愛を越えた2年間 東京この街なら必ず 戸惑(とまど)うほど愛する人がいるはず それでいいと思うの  別れられないときはにじんだ街 心きまってからは すれ違う街がさわぐ AHもの思いにふける横顔 AH明日を見る細い視線きれいだったわ  さよならドアをしめた瞬間 他人になる私が歩き始める バックミラーで見ないで 東京イルミネーションきらめく ステキすぎるパートナー連れていたいわ いつか逢ったときには  “心に嘘をついて 貴方の好きな人に負けたくなかった”  さよならめぐり逢った時から 一緒にはなれない人と思った 愛を越えた2年間 東京この街なら必ず 戸惑(とまど)うほど愛する人がいるはず それでいいと思うの
結婚大橋純子大橋純子松本一起佐藤健一緒になりたいね 一緒になれるとも 貴方の口癖が嘘じゃなくなった日 私は泣いた  何故もっと早く言ってくれなかったの あの日 雨は冷たくて 貴方は傘を差しながら ずぶ濡れ 涙も今は にが笑いになる  友だちは言ってくれた 幸せになりなさいね 貴女によく似合う人だと  JUST MY LOVE 恋と結婚は違う 思い出とは一緒になれない 今はそんな日々が懐かしい 私のとなりに居眠りの人がいる  あのとき貴方より愛せる人は いないなんて思ってた 心に残る後悔を隠して それでも今は幸せになった  友だちも同じように 安らげる家庭を持ち 静かな日曜日を待ってる  JUST MY LOVE 愛は優しさを越えて わがままなど もう言えないけど 今はおだやかな日々の中で 私のとなりに居眠りの人がいる  JUST MY LOVE 恋と結婚は違う 思い出とは一緒になれない 今はそんな日々が懐かしい 私のとなりに居眠りの人がいる
愛しいHappy Birthday大橋純子・佐藤健大橋純子・佐藤健松本一起佐藤健貴方のために生まれたと 今 感謝してる 君の魔法は何だって よく叶えてくれる 一つ二つと増えてきた炎に 祈る気持ち一つ  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しい Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと  強い男を演じても よく振り向いたよ 可愛いい女 憧れた でも強がり言った 時が過ぎても思いやる心は 懐かしさにしない  FOREVER この世に生まれて めぐり逢えたことが 二人の Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい  FOREVER 一年に一度 二人が出逢った日 愛しい Happy Birthday FOREVER 永遠の愛をしっかり抱きしめて 生きてゆきたい ずっと
声・ロマン小野正利小野正利松本一起佐藤健咲き乱れる季節の谷で 届かぬ人 今いずこ 雨のしずく伝ううなじ 目を閉じれぱ遠き日々  優しさに聴き惚れた耳 目覚め半分 眠り半分  貴女に逢いたい 貴女に触れたい 三日もただ待つだけで 僕は人生も 僕は語れない いつまでも Ah 声・ロマン  うす紫 夜明けの風に シルクの雨 忍ぴよる 傘はいらない思い出せば このぬくもり永遼に  愛しさを記憶する指 恋は半分 愛は半分  貴女に逢いたい 貴女に触れたい どこかに身を隠しても 僕は貴女だけ 僕は聴いている いつまでも Ah 声・ロマン  貴女に逢いたい 貴女に触れたい 三日もただ待つだけで 僕は人生も 僕は語れない いつまでも Ah 声・ロマン
Shining Forever小野正利小野正利松本一起佐藤健君が不安になったなら 空を見上げて いつも僕はそばにいて 照らしてる  たとえ涙を流しても まだ好きになる 愛しすぎて夏が終わっても 季節は次の言葉を招く  Sun Shine for You 君だけが愛される人生を Sun Shine for Me 照り返す輝きを Shinin' Forever  とても愛しい人だから 苦しませないさ 風 光 虹を乗りついで 優しく生きる姿 知ってる  Sun Shine for You 永遠に愛されるときめきを Sun Shine for Me 灼けたまま消えてゆく Shinin' Forever  夏は騒がしいスキマから 切なさが胸を痛めつける  Sun Shine for You 君だけが愛される人生を Sun Shine for Me 照り返す輝きを Shinin' Forever  Sun Shine for You 永遠に愛されるときめきを Sun Shine for Me 灼けたまま消えてゆく Shinin' Forever
Love and Pain小野正利小野正利松本一起佐藤健街が動きだす Show window 着飾る人が行く みんな ときめきを待つ人に Ah 逢いにゆくんだね  きっと君を愛せない理由はない だけど 君の恋してる顔を知っている  僕には分かるのさ 出逢いのすれ違い 好きと言っただけで崩れる 失う前にLost Love 守っていたいけど 君をたった一度 抱いて忘れたい  君の愛してるその人は いい人なんだろう もっと大切にされないと Ah 僕まで寂しい  たぶん君の優しさが痛みになる きっと 誰に対しても君は微笑むよ  黄昏せまる街 どうにもならなくて 髪に触れることも出来ない 近くて遠すぎる 僕には分かるのさ 夜を越えるたぴに きっと忘れるよ  きっと君を愛せない理由はない だけど 君の恋してる顔を知っている  黄昏せまる街 どうにもならなくて 髪に触れることも出来ない 近くて遠すぎる 僕には分かるのさ 夜を越えるたぴに きっと忘れるよ
Believe Me小野正利小野正利松本一起和泉一弥誰にでも優しくなる 君を思えぱ 逢えなくて寂しい時 君があふれる  この愛を計ってみて これから生きる時間を 使い果たしても余るよ  I Love You ずっと I Love You いつでも気がつくと 君の目を見ているよ  抱きあって眠った夜 夢で逢ってた 幸せは気持ちの窓 君を手招く  横顔を上手く描ける いつも隣にいるから 君のことすべて分かるよ  I Love You いつも I Love You 吐息の色だけで 君のこと感じるよ  Believe Me ずっと Believe Me 素直なありふれた 毎日があればいい  Believe Me いつも Believe Me 二人は二人より 大切なものはない
朝は窓にこぼれて小野正利小野正利松本一起佐藤健朝の中で例えば僕がいなくなっても どうか取り乱さないで欲しい  愛情は微妙に深まるよ 争いが多いほどに  幸せがいきなり崩れたり 哀しみが突然 微笑んで  憎しみは愛を抱きしめて 君と僕を迷わせる情熱  朝は窓にこぼれて部屋に君があふれて 物足りなさを忘れてしまうよ  朝の中で例えば君がいなくなっても それを僕は哀しみにしない  退屈な時など誰だって 僕のこと誘えるけど  君よりも素敵な声なんて めぐり逢う前にはなかったね  誰よりも君が大切で 背中ごしに迷わせる情熱  花は床にこぼれて胸に涙あふれて 愛は意味さえないのに傷つく  朝の中で例えば僕が消えていたなら 君をもっと愛したいジェラシー  君はポケットにミラー忍ばせて いつも明日だけ映す もっと君だけを愛しぬくために 誰も僕を止められなくて  朝は窓にこぼれて部屋に君があふれて 物足りなさを忘れてしまうよ  朝の中で例えば君がいなくなっても それを僕は哀しみにしない
八月の夏小野正利小野正利松本一起佐藤健手紙を書くのが好きで カタチのいい文字だった 君は未だ ピアノを弾いて 人気者なんだろう 僕は未だ 瞳をとじて 君の映る写真見ている  さよなら八月の夏 影だけはしゃいでいる 身体は明日に向かうけれど 心だけが立ち止まるよ 深まる愛が痛みに変わり 別の夏を抱きしめた  遠くに聴こえるラジオ 陽ざしが揺れるベランダ 君はもう ここにはいない 涙さえ聴こえない 僕はもう 振り向かないよ 君がいない部屋が優しい  さよなら八月の夏 一人に慣れてゆくよ こんなに穏やかな僕なんて 君もきっと知らないはず 言い聞かせても言い聞かせても 夏はきっと未だ遠い  さよなら八月の夏 影だけはしゃいでいる 身体は明日に向かうけれど 心だけが立ち止まるよ 深まる愛が痛みに変わり 別の夏を抱きしめた
Memories安部恭弘安部恭弘松本一起安部恭弘男は昨日に夢を見て 女は明日に夢を見た  何故 サヨナラの為に 何故 時間(とき)は急ぐのか  貴女が消えた部屋の広さ 瞳を閉じて抱きしめてる  もう カーテンで隠す もう ジェラシーも無いさ  Memories 貴女との日々もいつか ただの懐かしさになる Memories こんなに愛した人が ただの思い出なのか  あなたが描いた絵をはずし あなたの目覚めた影を見た  何故 追いかける俺を 何故 振り向かないのか  Memories 出逢った日のままいつも 愛を守り続けてた Memories 貴女が愛した俺は ずっと立ち止ったまま  Memories 貴女との日々もいつか ただの懐かしさになる Memories こんなに愛した人が ただの思い出なのか  Memories 出逢った日のままいつも 愛を守り続けてた Memories 貴女が愛した俺は ずっと立ち止ったまま
君に言い尽くせないまま稲垣潤一稲垣潤一松本一起松本俊明幸せいつも守る君 遥か彼方をさがす僕  どんなに愛しあっていても 分かちあえない何かある  バラの花を心に持ち 言葉一つかけない いつだって悔やんでいた  男なんて船のようで 女は港 とどまる場所が あって漂う 君がいるから  愛だけを待っていた君 愛以外も見ていた僕  その隔たりを ああ うずめる 気持ちでは思ってたけど  バラの花を心に持ち 言葉一つかけない 君に言い尽くせないまま  男なんて船のようで 女は港 とどまる場所が あって漂う 君がいるから
ゆっくりと好きribbonribbon松本一起清岡千穂陽が沈んでゆく海岸 金色に光る潮騒 少年たちがムク犬を追いかける  もう何時間も私は 貴方の隣でぼんやり 二人で枯れた樹に坐って  好きだと言ってくれない…ネ 言われたら怖い  風 ひとすじの距離 隔てて ゆっくりと心がとけてゆくわ  左の視線でとらえた 貴方の横顔まぶしい 言葉もKissも二人ならいらないわ  海から流れるメロディ 空から舞い散るストロボ 貴方の愛を伝えている  好きだと言われたくない…ノ このままが素敵  風 ひとすじの距離 隔てて ゆっくりと心がとけてゆくわ  名残惜しそうなバイクが 夜がHigh-way抜けてく 二人の他に静けさが残ったわ  もう何時間も私は 貴方の隣りでぼんやり 一秒ごとに空が消える
百年の愛忍者忍者松本一起井上ヨシマサこんな時代捨てたくなる 二人引き裂くような時代 きっと俺は百年後も 今の一途を失ってない  一つだけの命だから 一人だけと愛を分かちあった  ずっと約束をする 俺とおまえ永遠  月が濡れるアスファルトで 軟弱(やわ)なガードレールを捨てた すべて二人がいればいい 俺がおまえを守り続ける  弱み知っただけに強い 人はみんな胸に傷を秘める  俺を信じればいい すべて敵にしたって  一つだけの命だから 一人だけと愛を誓いあった  ずっと約束をする 俺とおまえ永遠  すべて敵にしたって 俺とおまえ永遠
100%~貴方を愛したい~かとうれいこかとうれいこ松本一起J.HEROタイトなLady タイツのDancer 女は先を急ぐ Bikeは夏へ 光は街へ すべてが新しい  いらないもの Ah 捨てたら 大切なもの よく見えてきた  貴方を愛してはいけないのですか こ♪た♪え♪て 真面目に抱かれたら 身も心も許せる  音楽よりも Magazineよりも 私と向かいあい 言葉の海を二人で泳ぎ真実を知りたい  忘れないで Ah 強さを 私の方が追いかけている  貴方が決めたなら何処だって行ける さ♪そ♪っ♪て Wedding-Bell 気にしない 恋は時代遅れよ  Fly Fly away to the sky Toutch one hundred % heart 一人だけ愛したくて空を見上げた  Fly Fly away to the sky Toutch one hundred % heart 一人から愛されれば何もいらない  貴方を愛してはいけないのですか こ♪た♪え♪て 真面目に抱かれたら 身も心も許せる  貴方が決めたなら何処だって行ける さ♪そ♪っ♪て Wedding-Bell 気にしない 恋は時代遅れよ
帰らざるビーチかとうれいこかとうれいこ松本一起和泉常寛金のビーズ散りばめた海 夕暮に染まる夏  素肌のままサンドレス着て 渚を一人歩く  南風 気持ちがいい 火照った身体に優しい  貴方に好きな人がいても 私かまわないわ 強がりじゃないのよ  左の胸は貴方だけに ずっととってあった 夢も寂しさも埋めて …  サンゴ礁の南海の島は 寂しさも絵になるわ  たとえば今貴方といれば 砂浜 シーツになる  いけないね♪危ないよね♪ 一人で妖しくなってる  水着を着てた昼間よりも 今の方が熱い 困ってしまうほど  左の胸は貴方だけに いつか触れて欲しい 愛と情熱を込めて …  貴方に好きな人がいても 私かまわないわ 強がりじゃないのよ
ファンタジー鈴木聖美鈴木聖美松本一起NOBODY何度恋をしても 飽きることはないわ 傷ついてもそれ以上の旅を始めてた  よくこぼれる涙 よくときめくハート 感じるまま Ah 生き続けたい  頑固者も 寂しがり(や)も おちこぼれも こっちにおいでよ  愛し合いファンタジー 出逢いがあって かきたてられる 明日の不思議 Ah  哀しみもファンタジー サヨナラしても その向こうには 誰が待ってる  長い時間かけて 私らしくなった この部屋にもこの街にも夢があふれてる  昼下がりの街で 時間(とき)に消えた人と 逢ったけれど Ah 輝いていた  愚か者も ノン気者も 意地っぱりも こっちにおいでよ  愛し合いファンタジー 別れがあって かきたてられた 明日の不思議 Ah  人がいてファンタジー ひとりひとりは 小さくたって 信じ合えるわ  愛し合いファンタジー 出逢いがあって かきたてられる 明日の不思議 Ah  哀しみもファンタジー サヨナラしても その向こうには 誰が待ってる  かきたてられる 明日の不思議 かきたてられる 明日の不思議
ときめくままに鈴木雅之鈴木雅之松本一起久保田利伸雨上がりの街は 新しい季節の前ぶれ ah 誰も待ち合わせ急ぐ 約束までもてあます時間も 今は素敵さ ah どこにいても時間は経つ 君の事で退屈しないのさ  そうさ 愛してるよと 言えないほど自然に ときめくままに 深まる二人  通り過ぎるあの日のposter 今は色あせて ah 何故か 過ぎた日が浮かぶ 君がそっとかくす微笑みに悲しみが見える ah オレは何も出来なくて 別れなんて いつでもできたのに  そうさ 流れに任せ 答えを見失えば 二人でいても さみしさかくせないさ 愛してるよと 言えないほど自然に ときめくままに 深まる二人  愛の為に飾りはイラナイさ  そうさ 過ぎた日々より 誰より光っている 明日を見つめ 輝く君がいれば 愛してるよと 言えないほど自然に ときめくままに 深まる二人
ガラス越しに消えた夏GOLD LYLIC鈴木雅之GOLD LYLIC鈴木雅之松本一起大沢誉志幸やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  ツライ夜を数え 瞳くもらせた ガラス越しの波も 今はあたたかい  君がいないだけ 今は苦しくはない 二度とは帰れない あの日が呼びもどすけれど  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて  君は先を急ぎ 僕は ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった  サヨナラを繰り返し 君は大人になる ときめきと とまどいを その胸に  サヨナラを言えただけ 君は大人だったね ときめきと とまどいを その胸にしのばせて
東京Last Nightバブルガム・ブラザーズバブルガム・ブラザーズ松本一起NOBODY声なき 声の 怪しい影に 追いかけられている  どしゃぶり 東京 ずぶ濡れ ナイフ 男の手が迫る  Woo come on Baby 抱いて お前 奪いたい Woo come on Baby 諸行無常の cry cry cry cry  夜明けのNEWSに お前は泣くが 愛しちゃイケナイ 女の為に ジェラシーの壁に うずくまるオレ 真夜中に一人 迷路を走る アゴナゲッチョンパン  雨に浮かんだ Telephone Box たどりつけば ブロックン・コード コンクリートの 倉庫が続く 東京Last Night  Woo come on Baby どうせやられるならば Woo come on Baby 輪廻転生 cry cry cry cry  愛したオンナに 弱さは見せない 肌が凍りつく 背中の視線 ジェラシーの壁に はさまれたオレ もう一度お前を抱きしめたいさ
I can say, my only loveバブルガム・ブラザーズバブルガム・ブラザーズ松本一起野田晴稔I can say, my only love I can say, my only love  そんなにオレを焦らさないでくれ 一日だって オマエを忘れた事はない 世界中の神に誓いオマエの為 働く I can say, my only love  I can say, my only love  少女のように何もしなくていい 愛しているよ 誰にも負けない手で尽くす  プール付きの家以上の素敵な夢 見させたい I can say, my only love  I can say, my only love I can say, my only love  ダイヤモンドやミンクよりも優しい手で包みたい I can say, my only love I can say, my only love  I can say, my only love
FinGOLD LYLIC中森明菜GOLD LYLIC中森明菜松本一起佐藤健情熱は ガラスの扉 燃えるほど 悲しく冷める めぐり逢った あの日のまま 二人して星座になれれば 夜の火も消えないわ 愛していたい 愛されながら でもその手は 美しい人を いつか抱くわ 心の中の コートにかくす 手でピストル真似て 涙をのむ  酔いつぶれ 甘える貴方 膝に抱き むさぼる私 女なんて 待ってるだけ 男より孤独なピエロよ 悪い夢ほど 光る わかっているわ 愚かな愛よ 百の罪も 一輪の薔薇で許せるのよ 愛する距離を急ぐ分だけ いつ別れが来ても 不思議じゃない Ah Ah Ah  愛していたい 愛されながら でもその手は 美しい人を いつか抱くわ 心の中の コートにかくす 手でピストル真似て 涙をのむ Ah Ah Ah  手でピストル真似て 涙をのむ私 手でピストル真似て 涙をのむ私
もう君はいない福山雅治福山雅治松本一起福山雅治この街の雨はやけに苦くて アスファルトさえ悲鳴あげている 君を失って汚れた時代が 俺の後ろで支えてくれたのに  誰のため傷を負い 誰のため悩むのか 俺の夢はどこに行ったか 子供達が 傘もささずに走ってく  こんなはずじゃないさ 悔やんでも 君と別れ気付いたよ 何が今必要か  せわしげな店のパズルのひとつさ 空いたシートにつめ込まれてしまう 二人いた日は俺がすべてだと そして一人になれば何も出来ない  正しいのか悪いのか 誰だって決められない 強い奴もビク付いている にかげつたつ 君は今頃どこにいる  どうしようもないね 遅すぎる 君といた日とうざかる もう二度と会えないのか  誰のため傷を負い 誰のため悩むのか 俺の夢はどこに行ったか 子供達が 傘もささずに走ってく  こんなはずじゃないさ 悔やんでも 君と別れ気付いたよ 何が今必要か どうしようもないね 遅すぎる 君といた日とうざかる もう二度と会えないのか
この国を福山雅治福山雅治松本一起福山雅治哲学書もアスピリンも使わないで この国なら俺たちほど似合うヤツはいない  遊びほけて立ち止まって見えるけれど 踊りながらKissをしながら世界中を考えている  TIME やりたいことが多すぎるから 時間がなくて TIME 自分のことを幸せにして それから TRY  心配しなくていい悩まなくてもいい それが一人一人の未来  風のように素直に 俺たちの道を開いていくよ 愛のように激しく この国の鼓動 感じているよ  TIME ニュースがあふれ土地が狭くて 時間がないよ TIME 自分のことを幸せにして それから TRY  細かいことはいいさ ぶつかってゆくだけ それが一人一人の未来  風のように素直に 俺たちの道を開いていくよ 愛のように激しく この国の鼓動 感じているよ  言葉の数へらしたってハートがある この国なら俺たちほど似合うヤツはいない  君も君も君も君も よく知ってる 踊りながら Kiss をしながら世界中を考えている
どうしたらいいんだろう福山雅治福山雅治松本一起中村修司・福山雅治逃げたり泣いたり 気分で良く変わる瞳 君は約束さえ すぐに忘れる 言葉を何故 古くするの コートを着た胸 二人でいるはずの一人 俺のポケットの手はやり場もなくて ロード・ショーのチケット握る 眼と眼を重ね映る真実 ほんとの気持ちを知りたい 俺に出来ない たった一つは 君だけ信じる勇気さ Believe My Love  色とりどりのShow-Window いつも何かさがす 眼と眼を重ね映る真実 求める明日を同じに 君に出来ない たった一つは 俺だけ信じる勇気さ Believe My Love
ザラついたシチュエイション福山雅治福山雅治松本一起中村修司錆びついたガード・レール 汗ばんだモーター・バイク 風に舞うニュース・ペイパー ザラついたシチュエイション  俺も一人 何も出来ずに  着飾ったマダムたち 臆病な紳士たち 立ちすくむマネキンに Kissをする少女たち 俺だって変わらないさ  あの日の夢 忘れないさ どうしてしまった 逃げることが死ぬことより 怖いと分かった  ライバルを蹴落として 着る服で差別して ルールだけ振り回し 偽りは捨てよう 人のこと笑えないさ  あの日の夢 忘れないさ どうしてしまった 逃げることが死ぬことより 怖いと分かった  人のこと笑えないさ  あの日の夢 忘れないさ どうしてしまった 逃げることが死ぬことより 怖いと分かった  俺だって変わらないさ 走っているだけ
石井明美石井明美松本一起筒美京平海岸線が似合う彼と 丘の斜面が似合う彼と 二人浮かべながら アドレスをめくる  日曜日の朝 東か西へ この街を飛び出すわ  Selection me 貴方と別れた 寂しさをうめるために Selection me 私が私を 選びたい そして貴方だけを 追いかけていた日々を 忘れたい  熱いCoffee ポットに入れ 髪を乾かし 雑誌開く 海の写真見つけ ダイヤルを回す  気が変わらない 間に来てね やさしくされたいの  Selection me どうでもいいほど 寂しさを傷つければ Selection me 私は私を 思い出す そして貴方だけを 追いかけていた日々を 忘れるわ Selection me  Selection me 貴方と別れた 寂しさをうめるために Selection me 私が私を 選びたい そして貴方だけを 追いかけていた日々を 忘れたい
炎は未来へ宮内タカユキ宮内タカユキ松本一起鈴木キサブロー太陽の光は不滅でも 人間の生命(いのち)は一つだけ 僕らは優しい人たち守りたい  西風が危険を知らせてる 幸せを奪う強がりは許せない すべてが愛を分かち合う仲間さ  ガードレールを飛び越えて 勇気のブリッジ 手にかざした炎は未来へ 涙ぐむ君も立ち上がれ maybe dream maybe dream  大きさや姿は違っても 傷ついて流す哀しみは涙色 誰の生命(いのち)も愛されているのさ  ブルースカイに舞い上がれ 輝くレインボー 生まれてきた喜び感じて 素晴らしい夢を見上げよう maybe dream maybe dream  ガードレールを飛び越えて 勇気のブリッジ 手にかざした炎は未来へ 涙ぐむ君も立ち上がれ maybe dream maybe dream
冷たくしないで田村英里子田村英里子松本一起筒美京平片思いの恋をまぎらわせるために 詩集の表紙ながめていた ……そこへ……  自動ドアがあいて本屋さんに貴方 紙切れ見せて何かさがす  近くにいるのに私を知らない 一人横目だけで追いかける  友だちのように恋人のように すぐすぐに声をかけて お願い  横顔を見つめ憧れをみつめ いま夏のまん中です 好きなんです……とても  カーディガンの袖に指をまるめながら 胸のふるえをかくすけれど  背中のあたりを通ってゆくとき 少しめまいがしてこわかった  友だちのように恋人のように すぐすぐに声をかけて お願い  横顔を見つめ憧れを見つめ いま夏のまん中です 好きなんです……とても  同じ本を読んで話し合えるくらい 近づきたくて待っています ……ずっと……  街は今日も晴れて楽しそうね みんな 貴方と逢えて私嬉しかった  好きなんです……とても
SPIN LOVE池田聡池田聡松本一起池田聡アスファルトに面したカフェテラス テーブル越し君は話しかける  SPIN LOVE AH 君は暇の相手に 僕を選び楽しいフリする  夏の向かう街で 二人だけが時間を止めている  迷いながら君を追いかければ 振り向かずに僕を待ち伏せてる  SPIN LOVE AH 息を切らし触れれば 髪の匂い揺れる蜃気楼  愛し合えるけれど 心だけは満足できなくて  二人は離れていられない 一緒にもなれない 同じ距離を隔て回ってる 二人は逢うたび遠くなり 夢だけ求め合う さよならを言うほど近くない SPIN LOVE  一度でも君を抱きしめたら 僕の胸は溶けてしまうだろう  SPIN LOVE AH 爪で僕の心を 握りしめて消えてしまうのか  愛し合えるけれど 心だけは満足できなくて  二人は離れていられない 一緒にもなれない 同じ距離を隔て回ってる 二人は逢うたび遠くなり 夢だけ求め合う さよならを言うほど近くない SPIN LOVE
Tiny Pretty Girlオフコースオフコース松本一起清水仁・松尾一彦シグナル無視する木綿の風さ 彼だけ追って君は行く 一人で痛みをこらえて僕は 寂しさ隠し笑う  僕たち手を伸ばせば届く距離で いつも遠いね 二人の明日を僕だけ選べないさ …Tiny pretty girl…  ルールを持たない君の生き方 疲れ知らずに恋をする 最後のオンナにしたいと思う 僕の心は迷う  Tシャツ僕の前で脱ぎ替えてる あどけない君 男と女のスリルも感じてない …Tiny pretty girl…  困った僕の目には君以外の 誰も見えない 二人の明日を僕だけ選べないさ …Tiny pretty girl…  逢いたい時逢えても近づけない 影を抱いてる 男と女のスリルも感じてない …Tiny pretty girl…  Ah… …Tiny pretty girl…  Ah… …Tiny pretty girl…
Night池田聡池田聡松本一起佐藤健たった一度だけ交わし合ったkissも たった一度だけ 別れる理由も  君には それほど大きな意味も無くて 始めから友だちでいるべきの 僕の過(あやま)ち  over Night 最後の夜を今 カーブ切る over Night 二人で この夜は超えてゆけない  もしも君の目が 誰も見ないなら もしも今以上 夢を見ないなら  夜空に浮かんだ 夜景も輝くのに サヨナラを近づける 高速に風が聴こえる  over Night すべてを知らないでいたかった over Night 二人で この夜は超えてゆけない  over Night 最後の夜を今 カーブ切る over Night 二人で この夜は超えてゆけない
風の風景池田聡池田聡松本一起木戸やすひろ火曜日の退屈が揺れる 海に面したカフェテリア  レジで欠伸(あくび)こらえながら 音楽聴いてる若いウェイトレス  こんな穏やかな昼下がりは 僕を振り回した君が懐かしいよ  シルクの風に抱かれる気分さ Ah 窓辺には時間(とき)が過ぎてゆく  あきれた女(ひと)さ 別れも出逢いも Ah 決めたのは君 いつも君だった  錆びついた船がゆく入り江 一人 女性が立っている  僕は一度だって君を 待たせたことなどなかったけど  すべて君だった僕の日々が 少し薄れかけて落ち着いたこの頃  シルクの風に抱かれる気分さ Ah 照り返す夏が遠くなる  あきれた女(ひと)さ 別れも出逢いも Ah 決めたのは君 いつも君だった
Dear Friend池田聡池田聡松本一起佐藤健どんなに貴女を好きでも愛されない ただのDear Friend いつでも貴女と逢えても 約束だけ求められない  都会を見下ろすsingle-room 一人check-inして room-servicceを頼んだ時に僕らしさを思い出して安らぐ  5時間前には二人で海を見てた ただのDear Friend 3時間前に貴女はクルマを降り電話をかけた  back-mirrorから見える唇 彼を追いかけている 僕には見せない哀しい顔が 僕一人を無関係に隔てる  Ah 貴女といて心から楽しめることもなく Ah 貴女といて永遠に分かち合える愛もなくて 今以上に魅かれてゆくMy Dear Friend  1時間前にside-seatの甘い香り消えても 僕がサヨナラを言わない限り又逢えると言いきかせて…
陽射しの中でオフコースオフコース松本一起松尾一彦こんなにも知らない事があったなんて 今思えば不思議 陽の当たるこの坂道を 君は歩いて来たんだね  僕だって数えきれない巡り逢いと さよなら繰り返し 君と未だ逢わなかったら 君を何処かでさがしてた  過ぎゆく君の過去には 手を触れない 未だ見ぬ君の明日を 二人で歩く  次の朝 目覚めれば um My Love 陽ざしのなかで  過ぎゆく君の過去には 手を触れない 未だ見ぬ君の明日を 二人で歩く  輝いて 受け止めて um My Love 陽ざしのなかで  次の朝 目覚めれば um My Love 陽ざしのなかで
僕らしい夏オフコースオフコース松本一起松尾一彦僕は夢中になって風を追いかけていた はだしのまま大地を感じて  僕は鳥やミドリの深呼吸を聴いてた ここちの良い時間に沈んで  窓辺には移りゆく時が見えるけど いつだって僕らしい素顔に戻れる oh…  いま貴女といるだけでいい  自分だけを守った季節にピリオド打つ 窓の外は夏が照り返す  僕は貴女と逢って哀しみもときめきも 分かち合えるよろこびを知ったよ  誰だって愛し合う人を待っている この心も この身体も貴女に届いた oh…  窓辺には移りゆく時が見えるけど いつだって僕らしい素顔に戻れる きっと oh…  いま貴女といるだけでいい
クリエイション・マイ・ハート和田加奈子和田加奈子松本一起坂本龍一カラフルな光り マラソンする言葉 彼女たちは止まらない  Danceするtelephone アスファルトにchance 時間(とき)はいつも新しい  空間を愛し合える 二人の視線 離れていても  3mm伸びた 髪を切った今 過ぎた日々を ふりかえらない  Creation My Tokyo Creation My Heart 風のスピードを 貴方に聴かせたい Creation My Tokyo Creation My Heart 風をステージに 私は変わりたい My Dream  早口なラジオ Newsは又 変わる めまぐるしい City Suspense  プログラムされたチャーミングを見せて 同じ場所に いたくない  思い出はAntiqueな二人の鏡 無口に割れた  誰も知らない 地平線を超え 私だけの夢 さがしたい  Creation My Tokyo Creation My Heart 風のスピードを 貴方に聴かせたい Creation My Tokyo Creation My Heart 風をステージに 私は変わりたい My Dream
チャイナ・ドール田中裕子田中裕子松本一起沢田研二いつになったら船に出るかと テープに泣いてる人に聞けば あと5分と イヤな顔される ah 私は悲しくないんだよ  見おくる人もいないデッキで 知らない人に目を合わせ 元気でねと 唇のカタチ ah 私は上海に 行くんだよ  China-Dollの人生だけど 一人ぐらい 踊っていなきゃ China-Dollの人生だけど 泣いた数で 強くなったね ah China-Doll  ママの愛した男(ひと)が住んでる オランダ屋敷の前に立てば 愛(いと)しさより めんどうになった ah 私は何をしに来たんだろ  波止場に戻り 船の時間を 身振りで聞いて タバコを吸う セピア色の地図破り 捨てた ah 私は横浜に 帰るんだよ  China-Dollの人生だけど 一人ぐらい 笑っていなきゃ China-Dollの人生だけど ママのように 弱くないよ ah China-Doll  China-Dollの人生だけど 一人ぐらい 踊っていなきゃ China-Dollの人生だけど 泣いた数で 強くなったね ah China-Doll
月光のドミノ田中裕子田中裕子松本一起佐藤隆月光のドミノ ヨロヨロと 月光のドミノ 膝を折る 月光のドミノ あの日から 月光のドミノ 帰らない  夜の海に浮かぶ月の 道を泳いで 砂の上に たどりつけば あなたが見てた  人は偶然から 悪の華に酔って 愛にゆだねたいと ときめいてゆく  私も又 その一人に なろうとしてた  月光のドミノ 胸をうつ 月光のドミノ 青い傷 月光のドミノ 光る瞳(メ)が 月光のドミノ 見上げてた  濡れた素肌 片手で抱き 涙こぼした せつない夢 求めすぎて 別れまねいた  人は偶然から 悪の華に酔って 愛に傷つきたくなることがある  あなたはもう 振りむかずに 夜に消えてた  月光のドミノ いじめられ 月光のドミノ 愛を知り 月光のドミノ 痛い胸 月光のドミノ 夢に咲く  夜の海に浮かぶ月の 道を泳いで 砂の上に たどりつけば あなたが見てた  人は偶然から 悪の華に酔って 愛に乱れたいと ときめいてゆく  私も又 その一人に なろうとしてた  月光のドミノ ヨロヨロと 月光のドミノ 膝を折る 月光のドミノ あの日から 月光のドミノ 帰らない
星はもうベールをまとい田中裕子田中裕子松本一起佐藤隆鳥達が波のさ中に姿を隠し 公園は子供の笑顔 とおに忘れた 灰色のキャンパスだけが 残された空は 太陽も記憶の彼方 揺れる 揺れる  君だけを 抱きしめて 心ただよっていたい 君だけと 夢を見て そして 沈みたいマイ・ラヴ  星はもうベールをまとい 永遠(とわ)の闇を誓い 貝殻を集めた海に 消える 消える 君だけと 傍にいて 心通わせていたい 君だけど 夢を見て そして 沈みたいマイ・ラヴ  君だけを 抱きしめて 心ただよっていたい 君だけと 夢を見て そして 沈みたいマイ・ラヴ 
ルネッサンス情熱国安わたる国安わたる松本一起国安わたるルネッサンス情熱 僕のこの手は いつも何かさがし燃えてる  超高層ビルつなぐ Highway スウィッチ一つで街が動く 時代という名のメカニズムが 忘れさせた人間の心 自然に生きてく事も素直に泣く事も 出来ないなんてもう思わない  エンドレス深呼吸 一人一人が 熱い息を持っているさ 何だって出来る ルネッサンス情熱 僕のこの手は いつも何かさがし燃えてる  誰にも明日は見えないから 夕陽を見上げて素顔になる Bikeで季節を追い越す人 美術館に通う少女 夢はいつだって同じ場所にはいないから ゴールなんて いつも求めない  エンドレス深呼吸 痛みも傷も 誰も僕に代われないさ いつも新しい ルネッサンス情熱 僕のこの手は いつも何かさがし燃えてる
だらしがないね小柳ルミ子小柳ルミ子松本一起伊藤薫男のくせに傷が似合う いつもそんな奴ばかり 少し甘えて抱いてやると 鳥になってしまう 東京の天使じゃ あるまいし いやになっちゃうね 薔薇のナイフで 自分を刺す だらしがないね 情けだけ強くて 男はみんな 悪女が好き 優しさを見抜かれて そうよ又一人  尽くし過ぎれば 甘く見られ 冷めたフリすれば嫉む 少し女を長くやると 夢も色っぽくて 人込みを二時間も 彷徨えば 声を掛けられる 風のピアノで自分を弾く だらしがないね 強がりのメランコリー  少女のように いつかきっと 愛される喜びに 心ふるわせる 東京の天使じゃ あるまいし いやになっちゃうね 薔薇のナイフで 自分を刺す だらしがないね 情けだけ強くて 男はみんな 悪女が好き 優しさを見抜かれて そうよ又一人 
彼女たちは止まらない鈴木聖美鈴木聖美松本一起Masatoshi Nishimura誰かがswitch入れて 都会にリズム刻む 疲れた戦士たちが 夜明けの道を急ぐ  そんな誰かを待つ日を捨てた 今でも彼と時々逢うけど 私自身のテーマを知った 選べない昨日だけを守らないと  時間(とき)はすぐに「行ってしまう」 時間(とき)はすぐに「行ってしまう」  Highway見降ろす部屋 両手で風を抱いた  いちばん好きな月曜の朝 また新しい私をさがして カガミの前でスーツに着替えた 選びたいぐらい夢がわきでてくる  時間(とき)はすぐに「行ってしまう」 時間(とき)はすぐに「行ってしまう」  時間(とき)はすぐに「行ってしまう」 時間(とき)はすぐに「行ってしまう」  Yes,エレベーターで Yes,地上に降りれば Summer Time  時間(とき)はすぐに
近頃の男鈴木聖美鈴木聖美松本一起Harutoshi Noda指をくわえ watching 火花ちらせる fashion-boy ディスコに誘う 踊り上手な vanity 見た目だけの selection その場限りの lover-game (take care take care of yourself) 切ないね 特技は洋服の (she's very sociable) 上から女を 見…る…こ…と… 近頃の男は何故 もっと (pure love) 隠された美しさを 見抜けないのよ 一年や二年ぐらい きっと (with your love) 付き合えば ハートフルな女が分かるわ  悲鳴あげる klaxon 夜に手招く illumination 背伸びしている 男の人は vanity 理性もなく selection フラれるための lover-game (take care take care of yourself) 哀しいね 特技は make-up の (she's very sociable) 上から女を 見…る…こ…と… 愛という言葉を今 たぶん (pure love) かんたんに使いすぎて 心が消えた 一年や二年ぐらい きっと (with your love) 付き合えば ハートフルな女が分かるわ (take care take care of yourself, don't be don't be like a child)  近頃の男は何故 もっと (pure love) 隠された美しさを 見抜けないのよ 一年や二年ぐらい きっと (with your love) 付き合えば ハートフルな女が分かるわ 愛という言葉を今 たぶん (pure love) かんたんに使いすぎて 心が消えた 一年や二年ぐらい きっと (with your love) 付き合えば ハートフルな女が分かるわ (take care take care of yourself, I'm givin' I'm givin' my love)
GIVENZOOZOO松本一起羽田一郎遊びなら もうFinish プライドの Quality 大切な女を 待たせたくないさ  都会はプラスティック 誰もがマネキン 心をなくして迷う  Big Chance Big News (Woh oh oh) もう離しはしない Big Time Big Chance (Woh oh oh)  与えられた時間(とき)にGood-by  スパンコールで隠した ありふれた素直 妖しげなスリルを 求めてただけよ  I miss you Is it all a joke Believe in me I'm to afraid Hold you tight So deeper in my heart  Big Chance Big News (Woh oh oh) もう離しはしない Big Time Big Chance (Woh oh oh)  与えられた時間(とき)なんて  都会はプラスティック 誰もがマネキン 心をなくして迷う  Big Chance Big News (Woh oh oh) 偽りはいらない Big Time Big Chance (Woh oh oh)  与えられた時間(とき)を  Big Chance Big News (Woh oh oh) もう離しはしない Big Time Big Chance (Woh oh oh)
ナイフの上で抱きあうのさリトル・バッハリトル・バッハ松本一起都志見隆育ちの良さなど脱ぎ捨てた君が欲しい 服の上からじゃハートさえしぼんでゆく 屋根づたいに君を抱いて星へ向かえば 親たちはポリスを呼ぶ Come on(Come on) 悲鳴をあげて Come on(Come on) 追いかけてこい やりたい放題ヴォリュームしまくって生きていたい Kissと言葉を繰り返し天国へ 摩天楼ストロボたく都会のセクシー ピストルを指で真似て Hold up(Hold up) 君を必ず Hold up(Hold up) 守ってやるさ  Dancin' on the Knife 怖いものなんて何もない スリルの上で(踊ろうよ) 家なんて忘れてしまえばはじけるのさ Dancin' on the Knife 楽しいことだけやればいい ナイフの上で抱きあうのさ  間違いだらけのノイズにあやつられ生きたくない 確かにここには君がいて見つめ返す いい子ぶった横顔よりもっとビジュアル 思ってた以上のLady Kill you(Kill you)  最高の愛 Kill you(Kill you) 受け取ってくれ Dancin' on the Knife 君の中ずっと感じたい 見下ろす街は(ちっぽけさ) 二人さえ良ければすべては生まれ変る Dancin' on the Knife このままそのまま動かずに ナイフの上で抱きあうのさ  Dancin' on the Knife 怖いものなんて何もない スリルの上で(踊ろうよ) 家なんて忘れてしまえばはじけるのさ  Dancin' on the Knife 怖いものなんて何もない スリルの上で(踊ろうよ) 家なんて忘れてしまえばはじけるのさ Dancin' on the Knife 楽しいことだけやればいい ナイフの上で抱きあうのさ
眠れぬ美女リトル・バッハリトル・バッハ松本一起都志見隆見つめあった時から抱きあう時まで 時間なんて必要じゃない 抱きあえば  君はうつむいたままためらいを隠す もっと僕にぶつける愛がいい  いっそそのまま眠れる人になれ 誰の腕にも抱いてもらうこともなく 忘れたいほど毎日思うのに いつも空回り 終わりのないメロディー  髪を切りすぎ 何故か懐かしむように 捨てることで何か生まれる それが愛  きっと君の心は咎められていい それは僕の痛みを見ないから  いっそこのままこぼれた星になれ 夜明けだけなら夢を追いかけはしない 君に逢うたび月夜をさがしてる そんな二人には 終わりのないメロディー  いっそそのまま眠れる人になれ 誰の腕にも抱いてもらうこともなく 忘れたいほど毎日思うのに いつも空回り 終わりのないメロディー
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. 風のゆくえ
  4. 世界のつづき
  5. Habit

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. BF is...
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. ベルベットの詩

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照