試聴する

遥かなすぐ近くに

この曲の表示回数 2,127
歌手:

Something ELse


作詞:

松本一起


作曲:

今井千尋


写真のくやしがる顔 かすかに聴こえる泣き声
乾いた風を追い掛け あれは僕じゃなかったか

言葉を一つ覚えると 心を一つ失くして
嫌だと思うことにも 睨みながら近づいた

一人で見てる海は銀のしぶきが散る
膝をかかえた指が節くれだってる 何故だろう

遥かなすぐ近くに何かが待っているの?
目を開けて見えるものが本当の分かれ道 試される
愛した君のことを何度も傷つけたね
あの痛み 逃げた日々を思い出させてくれる さよなら

僕には見向きもしないと思った 君もチャンスも
わずかに掴みかけると 別の夢をさがしてた

水平線の上を時間は流れるのに
未来へ向かう時間に僕は駆け寄って 流される

遥かなすぐ近くに誰かが待っているの?
目を閉じて見えるものが未来だと信じない
果てしなく 綺麗に守るものや優しい嘘の数で
人並みに合わせようとしたこと もう止めよう さよなら

あの痛み 逃げた日々を思い出させてくれる さよなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遥かなすぐ近くに 歌手:Something ELse

Something ELseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-02-27
商品番号:TOCT-24735
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP