夕立ち

この曲の表示回数 6,341
歌手:

Something ELse


作詞:

今井千尋


作曲:

今井千尋


8月の祭りのあとは 理由もなく寂しく
薫り立つ浴衣の君は全てが艶やかで

夏がゆくたびに君はまた綺麗になる

ゆっくりゆっくりと君を抱いてもいいの?
カミナリが連れてきた長い夕立ちが肌の熱を覚ましてゆくよ

紫陽花の色が流れてやがて虹に変わる
泣きながら笑ったのはなぜ さよならの最後に

好きなのにどうして僕たちは壊れてゆく

あんなにあんなにも激しく恋におちて
本当の君の重みを知った時に何故か僕は震えていたよ

夏がゆくたびに君はほら大人になる

ゆっくりゆっくりと君を抱いてもいいの?
遠くから聞こえてくる太鼓の音に胸の鼓動は早くなる

ゆっくりゆっくりと君を忘れていいの?
カミナリが連れてきた長い夕立ちが肌の熱を覚ましてゆくよ
肌の熱を覚ましてゆくよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕立ち 歌手:Something ELse

Something ELseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-03-07
商品番号:TOCT-24564
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP