人生という途中

この曲の表示回数 3,532
歌手:

鈴木康博


作詞:

松本一起


作曲:

鈴木康博


人生という途中 人が生きることって
日一日と絡みついた 古い物語を捨ててゆく
そんなものじゃないだろうか

この手で掴んだものすべて 捨てて自分に帰ろうか
思い出もわずかな知恵も今 この場所に捨てて帰ろうか

君がそばにいれば それ以上何が必要だろう

人生という途中 人が生きることって
ともに生きて人それぞれ ある日物語を終わらせる
そんなものじゃないだろうか

涙も笑った数もすべて 捨てて自分に帰ろうか
花が咲きいつしか雪が降り 移りゆく季節もここにある

だから僕は君と どこまでも歩いて行ける

この手で掴んだものすべて 捨てて自分に帰ろうか
思い出もわずかな知恵も今 この場所に捨てて帰ろうか

君がそばにいれば それ以上何が必要だろう
だから僕は君と どこまでもずっと歩いて行ける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人生という途中 歌手:鈴木康博

鈴木康博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-19
商品番号:FLCF-4403
フォーライフミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP