CHAGE and ASKAの歌詞一覧リスト  272曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
272曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛すべきばかちんたちへ風にのせて この想いを届けよう 忘れかけた なにかをとりもどすために 宝物はいつでも そう机の中 ビー玉 めんこ パチンコ 2B弾 銀玉鉄砲 みんな想い出の中 夕焼け小焼けの 暮れゆく川辺で 捨てられた小犬を 抱きしめたあの日 なにもかもが あざやかに輝いてた あの頃の少年に 帰るために  空の青さ 雲の流れ 夢中で追いかけたのは 遠い日々 なにもかもが あざやかに輝いてた あの頃の少年に 帰るために 帰るために 帰るために  ふうたらぬるい生きかたのくさ どうしょうもない俺たちばってんがくさ この歌を 愛すべきばかちんたちへ ララ…   ※“ふうたらぬるい”とは   のらりくらりと言う意味の博多弁CHAGE and ASKACHAGE・飛鳥涼CHAGE・飛鳥涼風にのせて この想いを届けよう 忘れかけた なにかをとりもどすために 宝物はいつでも そう机の中 ビー玉 めんこ パチンコ 2B弾 銀玉鉄砲 みんな想い出の中 夕焼け小焼けの 暮れゆく川辺で 捨てられた小犬を 抱きしめたあの日 なにもかもが あざやかに輝いてた あの頃の少年に 帰るために  空の青さ 雲の流れ 夢中で追いかけたのは 遠い日々 なにもかもが あざやかに輝いてた あの頃の少年に 帰るために 帰るために 帰るために  ふうたらぬるい生きかたのくさ どうしょうもない俺たちばってんがくさ この歌を 愛すべきばかちんたちへ ララ…   ※“ふうたらぬるい”とは   のらりくらりと言う意味の博多弁
I'm a singer差し込んでくる 斜めに差し込んでくる シャワーのような夕陽うけて ベッドを出る  毎日がひっそりと 秘密ばかりみたいだが そいつは誤解だ  隣の主人は 俺をとても嫌ってる だけどワイフはずっと俺に興味をもってる  壁の向こうで夫婦を切り抜けながらも 女を消せない  足元に積み上げた雑誌の記事は イージーに稼げると誘う うまい話は避けて来たんだ 俺は 俺は何とかやってる  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  恋人たちはいつだって 力づけてくれたよ “どんなときも一人じゃない”って言ってくれたよ  俺のこと新しい彼に話してるかい 遠回りだったと  長いこと自分を大事にしてる 生き方も上手くなった 失うものは失いながら 俺は 俺は何とかやってる  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.CHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE差し込んでくる 斜めに差し込んでくる シャワーのような夕陽うけて ベッドを出る  毎日がひっそりと 秘密ばかりみたいだが そいつは誤解だ  隣の主人は 俺をとても嫌ってる だけどワイフはずっと俺に興味をもってる  壁の向こうで夫婦を切り抜けながらも 女を消せない  足元に積み上げた雑誌の記事は イージーに稼げると誘う うまい話は避けて来たんだ 俺は 俺は何とかやってる  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  恋人たちはいつだって 力づけてくれたよ “どんなときも一人じゃない”って言ってくれたよ  俺のこと新しい彼に話してるかい 遠回りだったと  長いこと自分を大事にしてる 生き方も上手くなった 失うものは失いながら 俺は 俺は何とかやってる  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.  now you know, I'm a singer. 運命に勝ちたいじゃない so you know, I'm a singer.
赤いベッドLove Time 更紗ドレスに セイロン・ティーがこぼれたから 急にキスが欲しくて 妙な衣擦れの音  スキャンダル大好きな二人には とてもスキャンダル隠しきれない  こんな異常気象は きっとフロンガスのせいで 円レート上がってるのは 愛が不埓なせいで…  スキャンダルもて遊ぶ二人なら はやくスキャンダル見つけられたい  Blue Moon 赤いベッドで 今日もファルセットのレッスン Blue Moon ころがる月が 君を笑わせるんだよ  スキャンダル 赤いベッドで スキャンダル 赤いベッドでCHAGE and ASKA澤地隆CHAGELove Time 更紗ドレスに セイロン・ティーがこぼれたから 急にキスが欲しくて 妙な衣擦れの音  スキャンダル大好きな二人には とてもスキャンダル隠しきれない  こんな異常気象は きっとフロンガスのせいで 円レート上がってるのは 愛が不埓なせいで…  スキャンダルもて遊ぶ二人なら はやくスキャンダル見つけられたい  Blue Moon 赤いベッドで 今日もファルセットのレッスン Blue Moon ころがる月が 君を笑わせるんだよ  スキャンダル 赤いベッドで スキャンダル 赤いベッドで
遠ざかる 遠ざかる 愛した人の足音 別離(わかれ)行く 別離(わかれ)行く 心には冷めたい 風が吹くよ  いつの日も いつの日も 一人になれば旅立つ 過ぎた日に背を向けて たどり着いた町では 夢をもとめ 夢にひたる  まだ見ぬ空へ 想いははるか たしかな ぬくもり 追いかける旅路は 果てなく続く 暁の道程…そうさ今  限りなく 限りなく 人はみんな自由さ 気まぐれに 気まぐれに 俺はもうどこでも 生きてゆける 生きてゆくさ  まだ見ぬ空へ 想いははるか いつかは終わるさ あてもない旅路は 明日へつながる 時を刻む  たしかな ぬくもり 追いかける旅路は 果てなく続く 暁の道程…そうさ今CHAGE and ASKA阿里そのみCHAGE遠ざかる 遠ざかる 愛した人の足音 別離(わかれ)行く 別離(わかれ)行く 心には冷めたい 風が吹くよ  いつの日も いつの日も 一人になれば旅立つ 過ぎた日に背を向けて たどり着いた町では 夢をもとめ 夢にひたる  まだ見ぬ空へ 想いははるか たしかな ぬくもり 追いかける旅路は 果てなく続く 暁の道程…そうさ今  限りなく 限りなく 人はみんな自由さ 気まぐれに 気まぐれに 俺はもうどこでも 生きてゆける 生きてゆくさ  まだ見ぬ空へ 想いははるか いつかは終わるさ あてもない旅路は 明日へつながる 時を刻む  たしかな ぬくもり 追いかける旅路は 果てなく続く 暁の道程…そうさ今
あきらめのBlue Dayペンキで落書きだらけの 煉瓦の壁にもたれてた 悲しいくらいに イキ巻いて 性懲りもない オレはCrazy  彼女をJimの店先で とにかく誘ってみたけど 見事なくらいに 完璧に ふられたわけで オレはLonely  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain よどんだ空を見上げ Shadow on the Wall ステップ踏めばいいさ 問題ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue Day  彼女は他のくちづけに あいにく忙しいようで 笑えるくらいに 正直に つれないわけで オレはCloudy  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain かすんだ街を見つめ Shadow on the Wall 口笛吹けばいいさ 関係ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue Day  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain よどんだ空を見上げ Shadow on the Wall ステップ踏めばいいさ 問題ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue DayCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE村上啓介ペンキで落書きだらけの 煉瓦の壁にもたれてた 悲しいくらいに イキ巻いて 性懲りもない オレはCrazy  彼女をJimの店先で とにかく誘ってみたけど 見事なくらいに 完璧に ふられたわけで オレはLonely  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain よどんだ空を見上げ Shadow on the Wall ステップ踏めばいいさ 問題ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue Day  彼女は他のくちづけに あいにく忙しいようで 笑えるくらいに 正直に つれないわけで オレはCloudy  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain かすんだ街を見つめ Shadow on the Wall 口笛吹けばいいさ 関係ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue Day  ピシャリとたたみこまれ Standing in the Rain よどんだ空を見上げ Shadow on the Wall ステップ踏めばいいさ 問題ないぜと Ah- 今日は今日で あきらめのBlue Day
明け方の君慌てて履いた靴で 朝の駅に向かう 信号待ちのショーウインドーで髪を直しながら  昔も今も僕は 同じ朝を繰り返して 誰も聞かない君の事 いつまでも包んだまま  明け方の君は あの日の笑顔で 恋人のまま シーツを抱いて 僕の夢にまぎれ込んで遊んでた  もう君を忘れたいと思うよ 今は 君を愛してたくらいに 愛したい人が居る  彼女は僕の中の 君までも愛せる人 いつか君に告げたよりも 聞かせたい言葉がある  想い出の君は 心の継ぎ目を 恋人のまま 歩いて来た 僕の恋にまぎれ込んで 戻りたい振りをする  君は心で 君は遠くで 綺麗な人で  明け方の君は あの日の笑顔で 恋人のまま シーツを抱いて 僕の夢にまぎれ込んで遊んでた 遊んでたCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼慌てて履いた靴で 朝の駅に向かう 信号待ちのショーウインドーで髪を直しながら  昔も今も僕は 同じ朝を繰り返して 誰も聞かない君の事 いつまでも包んだまま  明け方の君は あの日の笑顔で 恋人のまま シーツを抱いて 僕の夢にまぎれ込んで遊んでた  もう君を忘れたいと思うよ 今は 君を愛してたくらいに 愛したい人が居る  彼女は僕の中の 君までも愛せる人 いつか君に告げたよりも 聞かせたい言葉がある  想い出の君は 心の継ぎ目を 恋人のまま 歩いて来た 僕の恋にまぎれ込んで 戻りたい振りをする  君は心で 君は遠くで 綺麗な人で  明け方の君は あの日の笑顔で 恋人のまま シーツを抱いて 僕の夢にまぎれ込んで遊んでた 遊んでた
アジアンレストランにてDoesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを引き留める  二つ三つ頭を 下げるということが この橋を渡る パスポートになるらしい  テーブルの下じゃ きっと蜜を計ってる奴もいる スロットの古コインを その口に投げ込む俺が浮かぶ  It doesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを押さえてる  化石のような話を 真顔で浴びせてくる 地下に潜む奴らの方が 賢く見えてくる  この街と入れ替わるように お前のベッドに朝がくる カーテンを開けるときの 窓越しのシルエットが浮かぶ  もうすぐここにも 夜が降りてくる 受け止めたものが 胃袋を塗り潰す ため息じゃ どうすることもできずに  It doesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを引き留める  It doesn't matter 21時の青空だ  Doesn't matter 俺の苛立ちを押さえてるCHAGE and ASKAASKA・CHAGECHAGEPaul Staveley O'Duffy・Tsutomu MurataDoesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを引き留める  二つ三つ頭を 下げるということが この橋を渡る パスポートになるらしい  テーブルの下じゃ きっと蜜を計ってる奴もいる スロットの古コインを その口に投げ込む俺が浮かぶ  It doesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを押さえてる  化石のような話を 真顔で浴びせてくる 地下に潜む奴らの方が 賢く見えてくる  この街と入れ替わるように お前のベッドに朝がくる カーテンを開けるときの 窓越しのシルエットが浮かぶ  もうすぐここにも 夜が降りてくる 受け止めたものが 胃袋を塗り潰す ため息じゃ どうすることもできずに  It doesn't matter that it's clean or not. 21時の青空だ  Doesn't matter that it's clean or not. 俺の苛立ちを引き留める  It doesn't matter 21時の青空だ  Doesn't matter 俺の苛立ちを押さえてる
紫陽花と向日葵接吻(くちずけ)が長すぎたようで 僕が目を開ける それでも君は接吻を止めない  二回半の瞬きのあと 僕は目を閉じる 遠い景色に誘われて  ゆりかごを揺らす 母のように 紫陽花は六月 雨に煙る  君の胸で眠ろうか 雨音 聞こうか 故郷のあの海へ帰ろうか  いつだって君のことは 僕が見つけたね 上手に陽炎に隠れても  肩ぐるました 父のように 向日葵は八月 祭りのあと  僕の肩で眠りなさい 風になりなさい つないだ指を絡めなさい  君と僕を運ぶ 時の川 さらささら さらささら 花火の夜  紫陽花と向日葵が愛し合う ふたりならあの海で揺れている  紫陽花と向日葵揺れているCHAGE and ASKACHAGECHAGE接吻(くちずけ)が長すぎたようで 僕が目を開ける それでも君は接吻を止めない  二回半の瞬きのあと 僕は目を閉じる 遠い景色に誘われて  ゆりかごを揺らす 母のように 紫陽花は六月 雨に煙る  君の胸で眠ろうか 雨音 聞こうか 故郷のあの海へ帰ろうか  いつだって君のことは 僕が見つけたね 上手に陽炎に隠れても  肩ぐるました 父のように 向日葵は八月 祭りのあと  僕の肩で眠りなさい 風になりなさい つないだ指を絡めなさい  君と僕を運ぶ 時の川 さらささら さらささら 花火の夜  紫陽花と向日葵が愛し合う ふたりならあの海で揺れている  紫陽花と向日葵揺れている
熱い想い今までのぼくの道程は 君に逢うためのもの いくつかの愛をなくした まわり道だけれど 君は白い風の中で ぼくをむかえてくれた 穏やかな陽につつまれて 明日へ扉ひらこう  熱いこの胸 たどりついた最後の愛よ ふりかえらない もうまよいはしない いつまでも いつまでも 君のために  過ぎてゆく日のひとこまが すべて詩であればいい ありふれたことばだけでは 想いを語れない 静かにそっと瞳をとじたまま ふたりの道程(みち)をかさねよう ほんとうに君が好きだから 愛しているのだから  熱いこの胸 たどりついた最後の愛よ ふりかえらない もうまよいはしない いつまでも いつまでも 君のために  熱い想いは 誰にも誰にもわたしはしない ほくの大事な 君だけに愛を いつまでも いつまでも ふたりだけで いつまでも いつまでもCHAGE and ASKA飛鳥涼・松井五郎飛鳥涼今までのぼくの道程は 君に逢うためのもの いくつかの愛をなくした まわり道だけれど 君は白い風の中で ぼくをむかえてくれた 穏やかな陽につつまれて 明日へ扉ひらこう  熱いこの胸 たどりついた最後の愛よ ふりかえらない もうまよいはしない いつまでも いつまでも 君のために  過ぎてゆく日のひとこまが すべて詩であればいい ありふれたことばだけでは 想いを語れない 静かにそっと瞳をとじたまま ふたりの道程(みち)をかさねよう ほんとうに君が好きだから 愛しているのだから  熱いこの胸 たどりついた最後の愛よ ふりかえらない もうまよいはしない いつまでも いつまでも 君のために  熱い想いは 誰にも誰にもわたしはしない ほくの大事な 君だけに愛を いつまでも いつまでも ふたりだけで いつまでも いつまでも
ADIOS SENORITA娘たちの衣装があでやかに 石畳を彩れば 街中が太陽に微笑んで 鳴り止まないギター  誰かが来るわと人目気にして 走り書きだけ残すと パティオに消えた女(ひと)  西風に誘われて 黒い瞳さがすよ  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいい  広場の向こうに見えた気がして 手傘をかざしてみても 蜃気楼見てただけ  異国の香り受けて 本気になりそうだよ  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいい  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいいCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE娘たちの衣装があでやかに 石畳を彩れば 街中が太陽に微笑んで 鳴り止まないギター  誰かが来るわと人目気にして 走り書きだけ残すと パティオに消えた女(ひと)  西風に誘われて 黒い瞳さがすよ  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいい  広場の向こうに見えた気がして 手傘をかざしてみても 蜃気楼見てただけ  異国の香り受けて 本気になりそうだよ  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいい  髭のカルロス 陽気にテキーラ 飲みほして騒ぐアミーゴ 俺はさびした浮かべてテキーラ アディオス・セニョリータ それもいい
あとまわし私は2の次 3の次 あなたは歌に狂う人 最初は毎日電話もあったけど 今じゃそれもとぎれがち  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわし  歌もたまにはいいけれど 歌におぼれちゃおしまいね 私のことばは軽すぎて あなたの耳にはとどかない  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわし  あなたと話がしたいのに いつも逃げ腰 知らんふり 強がり言うんじゃないけれど あなたにはついて行けません  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわしCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼私は2の次 3の次 あなたは歌に狂う人 最初は毎日電話もあったけど 今じゃそれもとぎれがち  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわし  歌もたまにはいいけれど 歌におぼれちゃおしまいね 私のことばは軽すぎて あなたの耳にはとどかない  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわし  あなたと話がしたいのに いつも逃げ腰 知らんふり 強がり言うんじゃないけれど あなたにはついて行けません  そうよ私は2の次 3の次 いつまでたっても あとまわし
あの娘にハ・レ・ル・ヤ灼けついた 夏のヒロインは 太陽なんかじゃない 町中の男達は あの娘の噂に夢中 謎めいた瞳の光 誰のために輝く やさしく熱い接吻を誰もが夢見てる あの娘にハ・レ・ル・ヤ  夏には甘い予感があり 女にはセクシーなアドリブがある 誰に許すかは夏が決めるもの  銀色の空よ 消えないで 季節よ 浮気しないで あの娘にはゆらめく夏が いちばんよく似合う まつげの間を漏れて薔薇色の瞳が微笑めば 男達は腕にいっぱいの花束を投げかける あの娘にハ・レ・ル・ヤ  夏には甘い予感があり 女にはセクシーなアドリブがある 誰に許すかは夏が決めるものCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼灼けついた 夏のヒロインは 太陽なんかじゃない 町中の男達は あの娘の噂に夢中 謎めいた瞳の光 誰のために輝く やさしく熱い接吻を誰もが夢見てる あの娘にハ・レ・ル・ヤ  夏には甘い予感があり 女にはセクシーなアドリブがある 誰に許すかは夏が決めるもの  銀色の空よ 消えないで 季節よ 浮気しないで あの娘にはゆらめく夏が いちばんよく似合う まつげの間を漏れて薔薇色の瞳が微笑めば 男達は腕にいっぱいの花束を投げかける あの娘にハ・レ・ル・ヤ  夏には甘い予感があり 女にはセクシーなアドリブがある 誰に許すかは夏が決めるもの
あばんぎゃるど白い溜息を吐く 南へ向う汽車が 赤い鉄橋(はし)を渡ってるよ まだ街は遠い その日の暮らしは風まかせと 片意地を張れば 誰かがおいらの生き方 ほめてくれるかね  おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい なりゆくままを 歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  おいらが望む愛って奴は いつもつかめぬままで いつまでつづくか この歌稼業 愛を捜しつづけ  おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい なりゆくままを歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  平凡な人生を 悔んでる人よ おいらの風変わりな歌に 酔ってみないかい  おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい なりゆくままを 歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい なりゆくままを歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい 心おきなく歌ってしまえCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼白い溜息を吐く 南へ向う汽車が 赤い鉄橋(はし)を渡ってるよ まだ街は遠い その日の暮らしは風まかせと 片意地を張れば 誰かがおいらの生き方 ほめてくれるかね  おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい なりゆくままを 歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  おいらが望む愛って奴は いつもつかめぬままで いつまでつづくか この歌稼業 愛を捜しつづけ  おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい なりゆくままを歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  平凡な人生を 悔んでる人よ おいらの風変わりな歌に 酔ってみないかい  おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい なりゆくままを 歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 気楽な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ  おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい なりゆくままを歌にしてしまえ おいらはあばんぎゃるど 陽気な歌うたい 心おきなく歌ってしまえ
ある晴れた金曜日の朝なんだか街はパレード 大騒ぎ 鼻歌も消されて ビルの窓掃除  毎日高い空を 独り占め てなとき ロープが切れた  蟻の動きで 人が集まる 俺は空でそれを見てた  ある晴れた 金曜日の朝だった 神様と契約の 期限ぎれ  もうちょいっと 派手な人生欲しかった こんなこと分かってるならば ビートルズに生まれりゃよかった  俺は自分なりのやり方で 生きる幸せ感じてた  彼女は突然を 苦しむだろうな ところが 男がいた  “ゴースト”のような 愛の形で 去りたかったけど 絶対ヤメタ!  ある晴れた 金曜日の朝だった 神様と契約の 期限ぎれ  もうちょいっと 派手な人生欲しかった こんなこと分かってるならば ビートルズに生まれりゃよかった  若死にするのが 善人だっていうなら 神様は認めてくれたってわけか それにしても突然だよ 律儀に契約どうりでさ 今度の希望欄は BEATLESだな  ゲームのような画面とFANTASY そろり目覚めた 白いドアの前にたたずむ そしてくぐった  thank you for meeting us today! we are THE BEATLES!!  ある晴れた 金曜日の朝だった 街中が騒いでた I LOVE YOU  ジョンもポールも 俺もジョージも手を振った リンゴはいつものように ドライヴァーをジョークでからかう  ある晴れた 金曜日の朝だった 道路沿いのビルの上から 人が舞う  歓声と悲鳴の横 手を振った 俺たち五人はいつもの ステージに向かって進んだCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼なんだか街はパレード 大騒ぎ 鼻歌も消されて ビルの窓掃除  毎日高い空を 独り占め てなとき ロープが切れた  蟻の動きで 人が集まる 俺は空でそれを見てた  ある晴れた 金曜日の朝だった 神様と契約の 期限ぎれ  もうちょいっと 派手な人生欲しかった こんなこと分かってるならば ビートルズに生まれりゃよかった  俺は自分なりのやり方で 生きる幸せ感じてた  彼女は突然を 苦しむだろうな ところが 男がいた  “ゴースト”のような 愛の形で 去りたかったけど 絶対ヤメタ!  ある晴れた 金曜日の朝だった 神様と契約の 期限ぎれ  もうちょいっと 派手な人生欲しかった こんなこと分かってるならば ビートルズに生まれりゃよかった  若死にするのが 善人だっていうなら 神様は認めてくれたってわけか それにしても突然だよ 律儀に契約どうりでさ 今度の希望欄は BEATLESだな  ゲームのような画面とFANTASY そろり目覚めた 白いドアの前にたたずむ そしてくぐった  thank you for meeting us today! we are THE BEATLES!!  ある晴れた 金曜日の朝だった 街中が騒いでた I LOVE YOU  ジョンもポールも 俺もジョージも手を振った リンゴはいつものように ドライヴァーをジョークでからかう  ある晴れた 金曜日の朝だった 道路沿いのビルの上から 人が舞う  歓声と悲鳴の横 手を振った 俺たち五人はいつもの ステージに向かって進んだ
アルマジロ・ヴギWoo 今夜は踊ろうぜ Baby Woo 誰にも止められない 3つ数えればParty仲間を呼んで めくるめく汗をかこう Woo 今夜は帰れないかもね Baby Woo ママにはうまく言っとけよ ふられたばかりのあいつ C調なあの娘 YesterdayよりましなRomanceがあるかも1、2、3、Hey!! この指とまれで Be Ba Bu 嫌なこと忘れて Be Ba Bu みんなで騒げば もう何もこわくない  Woo 今夜はハメをはずして Baby Woo ひとりじゃ何もできないんだ おまえの真っ赤な靴にWineを注(つ)いで 星の数ほど下心Romanceになるかも1、2、3、Hey!! ヨイショ! 羽のばして Be Ba Bu 元気が一番 Be Ba Bu みんなで騒げば もう何もこわくないCHAGE and ASKA亜留間ジローCHAGEWoo 今夜は踊ろうぜ Baby Woo 誰にも止められない 3つ数えればParty仲間を呼んで めくるめく汗をかこう Woo 今夜は帰れないかもね Baby Woo ママにはうまく言っとけよ ふられたばかりのあいつ C調なあの娘 YesterdayよりましなRomanceがあるかも1、2、3、Hey!! この指とまれで Be Ba Bu 嫌なこと忘れて Be Ba Bu みんなで騒げば もう何もこわくない  Woo 今夜はハメをはずして Baby Woo ひとりじゃ何もできないんだ おまえの真っ赤な靴にWineを注(つ)いで 星の数ほど下心Romanceになるかも1、2、3、Hey!! ヨイショ! 羽のばして Be Ba Bu 元気が一番 Be Ba Bu みんなで騒げば もう何もこわくない
安息の日々いつの日も 私は見えない道を たよりない足どりで 歩いた ためいきひとつで こわれてしまうよな そんな人生を 時には人知れず 休むことを覚え このまま眠りたいと思った ありきたりの夢 ありきたりの愛 それさえも わずらわしく感じた ただ流れてゆく 季節の中で 私は何を何を感じて 生きてゆけば 生きてゆけばいいのか  この空を見あげて 今度こそはと 何度つぶやいてみただろう 春はいつの日も やさしいふりだけで 私の目の前を 過ぎてゆく ただ流れてゆく 季節の中で 私は何を何を感じて 生きてゆけば 生きてゆけばいいのか  ああ 限りなく風吹けども この道遠けれども この瞳をあけて 歩けるような そんな勇気が そんな勇気が 今はほしいCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼いつの日も 私は見えない道を たよりない足どりで 歩いた ためいきひとつで こわれてしまうよな そんな人生を 時には人知れず 休むことを覚え このまま眠りたいと思った ありきたりの夢 ありきたりの愛 それさえも わずらわしく感じた ただ流れてゆく 季節の中で 私は何を何を感じて 生きてゆけば 生きてゆけばいいのか  この空を見あげて 今度こそはと 何度つぶやいてみただろう 春はいつの日も やさしいふりだけで 私の目の前を 過ぎてゆく ただ流れてゆく 季節の中で 私は何を何を感じて 生きてゆけば 生きてゆけばいいのか  ああ 限りなく風吹けども この道遠けれども この瞳をあけて 歩けるような そんな勇気が そんな勇気が 今はほしい
YELLOW MEN3日も寝てない かなりのノイローゼ 貝殻の夢が怖くてね 黄色い満月見ている臆病なオレ 出口を探して瞳を震わせる  モラルがないのさ 眼鏡のインベーダー 異国の地面に杭を打つ 黄色い顔してたたずむアレルギーのオレ ニュースを眺めて静かに笑っている  何をしてるんだ 嘆きのYELLOW MEN 女も金貨も狙われてる どこへさまようんだ 悲しいYELLOW MEN 迷路のような朝ばかり  ノゾキが過ぎるよ お固いコンピューター 金曜の夜も監視する 黄色い顔して痩せてるロボットのオレ ヒューズを切らして世界に捨てられる  愛がほしいんだ  嘆きのYELLOW MEN 自由も明日も疲れている 気づいてほしいんだ 悲しいYELLOW MEN 迷路のような朝ばかり  めまいしている 悪夢を見ている しゃべり過ぎている うつむいてる 舌打ちされる あしらわれてる うんざりされる 裏切られる 早くしないと 早くしないと 早くしないと…  嘆きのYELLOW MEN 悲しいYELLOW MENCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE村上啓介3日も寝てない かなりのノイローゼ 貝殻の夢が怖くてね 黄色い満月見ている臆病なオレ 出口を探して瞳を震わせる  モラルがないのさ 眼鏡のインベーダー 異国の地面に杭を打つ 黄色い顔してたたずむアレルギーのオレ ニュースを眺めて静かに笑っている  何をしてるんだ 嘆きのYELLOW MEN 女も金貨も狙われてる どこへさまようんだ 悲しいYELLOW MEN 迷路のような朝ばかり  ノゾキが過ぎるよ お固いコンピューター 金曜の夜も監視する 黄色い顔して痩せてるロボットのオレ ヒューズを切らして世界に捨てられる  愛がほしいんだ  嘆きのYELLOW MEN 自由も明日も疲れている 気づいてほしいんだ 悲しいYELLOW MEN 迷路のような朝ばかり  めまいしている 悪夢を見ている しゃべり過ぎている うつむいてる 舌打ちされる あしらわれてる うんざりされる 裏切られる 早くしないと 早くしないと 早くしないと…  嘆きのYELLOW MEN 悲しいYELLOW MEN
ifGOLD LYLIC帰り道の風のように 君を抱いて行こう  たとえばもしも僕じゃなくて 誰かを愛した君がいて 名前も知らずにいたならどうするって?  哀しいお話しが好きだな キスの側で 星の歴史さえも変えながら 朝には横に居る  どんなもしもが 君の未来に わりこんでも かまわないさ 僕はずっと味方さ  たとえばいつか愛の前で 心が痛み出す日も来る リングのコートを君の指に着せよう  君の瞳と僕の瞳の中に しまい込んだ秘密はいつまでも温かい 朝には手を振った  どんなときでも 触れていたいよ 帰り道の風のように 君を抱いて行こう  恋をすると何度も思うよ 爪のかからない そんなもどかしさ  どんなもしもが 君の未来に わりこんでも かまわないさ 僕はずっと味方さGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼十川知司帰り道の風のように 君を抱いて行こう  たとえばもしも僕じゃなくて 誰かを愛した君がいて 名前も知らずにいたならどうするって?  哀しいお話しが好きだな キスの側で 星の歴史さえも変えながら 朝には横に居る  どんなもしもが 君の未来に わりこんでも かまわないさ 僕はずっと味方さ  たとえばいつか愛の前で 心が痛み出す日も来る リングのコートを君の指に着せよう  君の瞳と僕の瞳の中に しまい込んだ秘密はいつまでも温かい 朝には手を振った  どんなときでも 触れていたいよ 帰り道の風のように 君を抱いて行こう  恋をすると何度も思うよ 爪のかからない そんなもどかしさ  どんなもしもが 君の未来に わりこんでも かまわないさ 僕はずっと味方さ
いろはにほへと宵闇にうつらうつら ひざ枕くずされ くらり 洗い髪 月に浮かんで ゆるむ顔つねられ ちくり 酔醒にぽつりぽつり 世捨てびと種をあかせば えりあしに無情の風が からめあう指をほどく からめあう指をほどく 今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるを  頬そめてふわりふわり 浮かれ酒口にあうなら 抱くも抱かぬもままよ ふりだしはみだし ぽろり 野暮天はとろりとろり 故郷は何処の空か 笛吹けど踊らぬ暮らしに 子守唄 涙 ぽろり 子守唄 涙 ぽろり  今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるを 今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるをCHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE宵闇にうつらうつら ひざ枕くずされ くらり 洗い髪 月に浮かんで ゆるむ顔つねられ ちくり 酔醒にぽつりぽつり 世捨てびと種をあかせば えりあしに無情の風が からめあう指をほどく からめあう指をほどく 今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるを  頬そめてふわりふわり 浮かれ酒口にあうなら 抱くも抱かぬもままよ ふりだしはみだし ぽろり 野暮天はとろりとろり 故郷は何処の空か 笛吹けど踊らぬ暮らしに 子守唄 涙 ぽろり 子守唄 涙 ぽろり  今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるを 今宵 いろはにほへと 夢はちりぬるを
Wasting Time決して萎れない花 光に翳(かざ)した どれくらい世界は なにが変わったんだ  「終わらない未来」と言う 終いにはそう言う 迷ってる理由を 誤魔化すために Route を選んでも 違う場所に出る 言葉さえ もう 磁石じゃない  なんの意味もない 点と線に 行く先は 示されている  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time あやまちも 楔(くさび)になる つながりを探そうか  先送るClock の Alarm が鳴りだす 躊躇(ためら)う間に 時代はゆがむ  途切れることなく 残る足跡 どれも次への 問いかけに変わる どこへ 続く  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time 止まらないで 今を ここに 刻んでいけばいいか  効果ない昨日も 該当なしの今日にも 実体なんかないほど 案外なんかあるもの  嘘はあふれて ほんとうと重なる やらないでだめより やってだめな方がいい  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time Wasting Time 今を 今を Wasting Time 閉ざされた 雲の透き間に 出口でも探そうかCHAGE and ASKA松井五郎・石塚貴洋CHAGE・村田努Tsutomu Murata決して萎れない花 光に翳(かざ)した どれくらい世界は なにが変わったんだ  「終わらない未来」と言う 終いにはそう言う 迷ってる理由を 誤魔化すために Route を選んでも 違う場所に出る 言葉さえ もう 磁石じゃない  なんの意味もない 点と線に 行く先は 示されている  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time あやまちも 楔(くさび)になる つながりを探そうか  先送るClock の Alarm が鳴りだす 躊躇(ためら)う間に 時代はゆがむ  途切れることなく 残る足跡 どれも次への 問いかけに変わる どこへ 続く  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time 止まらないで 今を ここに 刻んでいけばいいか  効果ない昨日も 該当なしの今日にも 実体なんかないほど 案外なんかあるもの  嘘はあふれて ほんとうと重なる やらないでだめより やってだめな方がいい  Wasting Time 誰が決める なにを従う Wasting Time Wasting Time 今を 今を Wasting Time 閉ざされた 雲の透き間に 出口でも探そうか
WALKGOLD LYLIC眠れないままに朝の光を 仰いだ 入れ変わるばかりの気持ちに 身体を絞られながら 長い長い映画の途中で メインキャストからも 外れている  溢れる地下鉄の波を 泳いだ クロールの手つきで 心の焦りをかきわけながら ありったけの呼吸で 君へ走った  どんなバラを噛んでたのか 僕の夢は いつまでLa,la,la, 痛むのか  あの日の言葉 呼び起こすよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  確かに見えるチャンスをネガに 押し込む 未来が値札を外して そっと そっと 寄り添い掛けて来た 切り札(カード)の出し違いで また瞳を閉じる  どんな時も 僕のことは 君がわかる 心をLa,la,la, 無くしても  抱きしめる度 歩きだせる  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君が微笑みくれると 弱い男を見せられそうさ 君が涙に濡れると 大切なもの 守れそうさ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけてGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼眠れないままに朝の光を 仰いだ 入れ変わるばかりの気持ちに 身体を絞られながら 長い長い映画の途中で メインキャストからも 外れている  溢れる地下鉄の波を 泳いだ クロールの手つきで 心の焦りをかきわけながら ありったけの呼吸で 君へ走った  どんなバラを噛んでたのか 僕の夢は いつまでLa,la,la, 痛むのか  あの日の言葉 呼び起こすよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  確かに見えるチャンスをネガに 押し込む 未来が値札を外して そっと そっと 寄り添い掛けて来た 切り札(カード)の出し違いで また瞳を閉じる  どんな時も 僕のことは 君がわかる 心をLa,la,la, 無くしても  抱きしめる度 歩きだせる  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君が微笑みくれると 弱い男を見せられそうさ 君が涙に濡れると 大切なもの 守れそうさ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて  君を失うと 僕のすべては止まる いつも離さずに 暖めるよ  君を失うと 僕のすべては止まる いつも側に居て 勇気づけて
「愛しい女(ひと)よ」の文字を 読み返し束ねた恋文(こいだより) 炎に包んで捨てる 夢の終わりだと 離ればなれの暮らしは 時を枯らしてゆくだけね 五年の歳月あなたは さよならで結んだ 淋しさに涙ぐみひとりで 想い拙き筆をとる 冬枯れのことばが霞むたびに あなたを想い出す  インクが滲んだ後の 便箋はいつでも悔むだけ 追伸ばかりで 別に手紙が出来るほど 想い出にほつれてる一条(ひとすじ)の 髪を忍ばせ封をする ことばにならない一言と 気づいて欲しくて……  「拝啓 春の風に誘われて 枝には花が満ち 私の心も華やぐ季節 幸せにしています。」CHAGE and ASKA松井五郎CHAGE「愛しい女(ひと)よ」の文字を 読み返し束ねた恋文(こいだより) 炎に包んで捨てる 夢の終わりだと 離ればなれの暮らしは 時を枯らしてゆくだけね 五年の歳月あなたは さよならで結んだ 淋しさに涙ぐみひとりで 想い拙き筆をとる 冬枯れのことばが霞むたびに あなたを想い出す  インクが滲んだ後の 便箋はいつでも悔むだけ 追伸ばかりで 別に手紙が出来るほど 想い出にほつれてる一条(ひとすじ)の 髪を忍ばせ封をする ことばにならない一言と 気づいて欲しくて……  「拝啓 春の風に誘われて 枝には花が満ち 私の心も華やぐ季節 幸せにしています。」
噂のトラブル・メーカー太刀打ちできないよ いかれた思考回路 精一杯のいでたちも 悲しいくらいなぜかヤボだね  君が振る舞うたび 鼓動は高くなって お構いなしに ライバルもふえてゆくのさ  ビリヤード・ルームでは 街の強者たちが 牽制しあって 火花散らしてる  噂のトラブル・メーカー きわどいドレスが素敵にカラフル 気になるトラブル・メーカー 男をコテンパンに打ちのめす  せっぱつまってるよ たじろぐ判断力 取り繕った落ち着きも おかしいくらいちょいとチャチだね  君がきらめくほど 覚悟はぐらつくだけ 口説き文句を 繰り返し唱えてるのさ  ピンボールをやっても ティルトばかりするから 体制崩して 一歩出遅れる  噂のトラブル・メーカー いかしたラインが綺麗にスマート 手ごわいトラブル・メーカー 世界のボルテージが揚がり出す  噂のトラブル・メーカー きわどいドレスが素敵にカラフル 気になるトラブル・メーカー 男をコテンパンに打ちのめすCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE太刀打ちできないよ いかれた思考回路 精一杯のいでたちも 悲しいくらいなぜかヤボだね  君が振る舞うたび 鼓動は高くなって お構いなしに ライバルもふえてゆくのさ  ビリヤード・ルームでは 街の強者たちが 牽制しあって 火花散らしてる  噂のトラブル・メーカー きわどいドレスが素敵にカラフル 気になるトラブル・メーカー 男をコテンパンに打ちのめす  せっぱつまってるよ たじろぐ判断力 取り繕った落ち着きも おかしいくらいちょいとチャチだね  君がきらめくほど 覚悟はぐらつくだけ 口説き文句を 繰り返し唱えてるのさ  ピンボールをやっても ティルトばかりするから 体制崩して 一歩出遅れる  噂のトラブル・メーカー いかしたラインが綺麗にスマート 手ごわいトラブル・メーカー 世界のボルテージが揚がり出す  噂のトラブル・メーカー きわどいドレスが素敵にカラフル 気になるトラブル・メーカー 男をコテンパンに打ちのめす
EXPLOSION見つめているだけじゃ 息が詰まりそうさ  シームストッキング 粋に踊る まわりの誰もが目立たない 飛び散る汗 誘いの腰 くぎづけにされて ONE ON ONE  あれこれ気をもんで やっと投げかけたウィンク  君の視線 止まった時 みだらなことを考えてた 何かが今夜 起こりそうで 期待と予感が ALRIGHT NOW  ラ・ラ・ラ 俺の ラ・ラ・ラ 中で 踊りなさい ラ・ラ・ラ 君の ラ・ラ・ラ からだ 弾いてみたい  夜の行方 浮かべたなら もう待てない 心は EXPLOSION  名前 聞くかわりに 君に“好き”と告げた  とにかくここを 抜け出さないかい 夜が明けるまで ハモらないかい 噂が俺を 囲み始めた 今さら遅いぜ Go waste your time!  ラ・ラ・ラ 俺の ラ・ラ・ラ 中で 踊りなさい ラ・ラ・ラ 君の ラ・ラ・ラ からだ 弾いてみたい  夜の行方 浮かべたなら もう待てない 心は EXPLOSIONCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼見つめているだけじゃ 息が詰まりそうさ  シームストッキング 粋に踊る まわりの誰もが目立たない 飛び散る汗 誘いの腰 くぎづけにされて ONE ON ONE  あれこれ気をもんで やっと投げかけたウィンク  君の視線 止まった時 みだらなことを考えてた 何かが今夜 起こりそうで 期待と予感が ALRIGHT NOW  ラ・ラ・ラ 俺の ラ・ラ・ラ 中で 踊りなさい ラ・ラ・ラ 君の ラ・ラ・ラ からだ 弾いてみたい  夜の行方 浮かべたなら もう待てない 心は EXPLOSION  名前 聞くかわりに 君に“好き”と告げた  とにかくここを 抜け出さないかい 夜が明けるまで ハモらないかい 噂が俺を 囲み始めた 今さら遅いぜ Go waste your time!  ラ・ラ・ラ 俺の ラ・ラ・ラ 中で 踊りなさい ラ・ラ・ラ 君の ラ・ラ・ラ からだ 弾いてみたい  夜の行方 浮かべたなら もう待てない 心は EXPLOSION
Energy目覚ましがわりに 道路じゃ工事のバイブレイション ロマンティックが ひずんで消えて たえきれないから 早起きぶってみた  あの時夢の入り口で 浮かべたフレーズを 夜の何処かに 置き忘れてる 捜せずじまいの 宝と夢の地図  今日もメロディー 進まない モーツァルトなら どう書くの? だけどエナジー失くさずに 胸のトレモロで  Dancing heart day by day 時間旅行に誘えるように Dancing heart day by day さもなきゃ 眠れない  アドリブは スリルが色よぶ大事なイミュレイション デジャブひろがる わずかな時間 ひらめきの匂い 集めて息をはく  ピアノはなんだか ここいら四、五日不機嫌で 角ばった空 がくぶちの空 見上げるばかりの切ないEveryday  今日もメロディー 走らない 明日のデート どう言うの? だけどエナジー失くさずに 喉をふるわせて  Dancing heart day by day 殺し文句が 飾れるように Dancing heart day by day 今夜も 眠れない  今日もメロディー 進まない モーツァルトなら どう書くの? だけどエナジー失くさずに 胸のトレモロで  Dancing heart day by day 時間旅行に誘えるように Dancing heart day by day さもなきゃ 眠れない Dancing heart day by day 殺し文句が 飾れるように Dancing heart day by day 今夜も 眠れないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼目覚ましがわりに 道路じゃ工事のバイブレイション ロマンティックが ひずんで消えて たえきれないから 早起きぶってみた  あの時夢の入り口で 浮かべたフレーズを 夜の何処かに 置き忘れてる 捜せずじまいの 宝と夢の地図  今日もメロディー 進まない モーツァルトなら どう書くの? だけどエナジー失くさずに 胸のトレモロで  Dancing heart day by day 時間旅行に誘えるように Dancing heart day by day さもなきゃ 眠れない  アドリブは スリルが色よぶ大事なイミュレイション デジャブひろがる わずかな時間 ひらめきの匂い 集めて息をはく  ピアノはなんだか ここいら四、五日不機嫌で 角ばった空 がくぶちの空 見上げるばかりの切ないEveryday  今日もメロディー 走らない 明日のデート どう言うの? だけどエナジー失くさずに 喉をふるわせて  Dancing heart day by day 殺し文句が 飾れるように Dancing heart day by day 今夜も 眠れない  今日もメロディー 進まない モーツァルトなら どう書くの? だけどエナジー失くさずに 胸のトレモロで  Dancing heart day by day 時間旅行に誘えるように Dancing heart day by day さもなきゃ 眠れない Dancing heart day by day 殺し文句が 飾れるように Dancing heart day by day 今夜も 眠れない
NとLの野球帽もくもくと煙を吐き出す 工場の敷地の裏にある 砂利の山を駆け登りそして滑り落ちる… でこぼこだらけの空き地で 仲間を待ったんだ  いつも兄貴のお下がりの ぶかぶかの服でバットを振る 空に突き刺さるあの鉄塔に 狙いを定め… 夢はいつでも どでかいホームラン  1969 光の中生きていた  舵の壊れたこの俺は何処へ行く 迷っては 壁の写真に見つめられる  俺が笑ってる 俺が突っ立ってる 大事そうにシャッターを押す 親父を覚えてる  大人達は働いたんだ 鉄くずにまみれ働いたんだ 豊かな暮らしに憧れて昼も夜も… 咳込みながら俺も大人になったんだ  1969 愛するものが近くにあった  人のすき間からはじかれても もぐり込んだ 孤独なこの瞳を見つめるな  俺が笑ってる 俺が突っ立ってる 不器用そうな親父の背中を おふくろが見ていた  NとLのくたびれた野球帽 失くしたものは景色だけさ 一緒に歩かないか  1969 光の中生きてきた  1969 愛するものが近くにあったCHAGE and ASKACHAGECHAGE重実徹もくもくと煙を吐き出す 工場の敷地の裏にある 砂利の山を駆け登りそして滑り落ちる… でこぼこだらけの空き地で 仲間を待ったんだ  いつも兄貴のお下がりの ぶかぶかの服でバットを振る 空に突き刺さるあの鉄塔に 狙いを定め… 夢はいつでも どでかいホームラン  1969 光の中生きていた  舵の壊れたこの俺は何処へ行く 迷っては 壁の写真に見つめられる  俺が笑ってる 俺が突っ立ってる 大事そうにシャッターを押す 親父を覚えてる  大人達は働いたんだ 鉄くずにまみれ働いたんだ 豊かな暮らしに憧れて昼も夜も… 咳込みながら俺も大人になったんだ  1969 愛するものが近くにあった  人のすき間からはじかれても もぐり込んだ 孤独なこの瞳を見つめるな  俺が笑ってる 俺が突っ立ってる 不器用そうな親父の背中を おふくろが見ていた  NとLのくたびれた野球帽 失くしたものは景色だけさ 一緒に歩かないか  1969 光の中生きてきた  1969 愛するものが近くにあった
終章(エピローグ)GOLD LYLIC最後の言葉を さがしていたのはあなた 私は震える心押さえて 想い出話くり返す いつもと同じね 透きとおる あなたの声は からっぽの私の胸の中に 溶けこんでゆきます ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグ  最後の最後に あなたは優しかったわ これでほんとに もう終りなの 二度と会えないの とぎれた電話を 耳にあてたまま 私は あなたの声を夢の中で 聞いているようです ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグ  ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグGOLD LYLICCHAGE and ASKACHAGE・田北憲次CHAGE最後の言葉を さがしていたのはあなた 私は震える心押さえて 想い出話くり返す いつもと同じね 透きとおる あなたの声は からっぽの私の胸の中に 溶けこんでゆきます ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグ  最後の最後に あなたは優しかったわ これでほんとに もう終りなの 二度と会えないの とぎれた電話を 耳にあてたまま 私は あなたの声を夢の中で 聞いているようです ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグ  ありきたりの別れはしたくなかったの 涙で幕をおろすよな 紅い口紅で鏡に書くけど 文字にならないエピローグ
男と女GOLD LYLIC誰もが一度は ひき返す道 二人でここまで 歩いて来たのに あなたの心が 足をとられて 冬の坂道 ころがりはじめた ふるえる肩越しに あなたのさよなら 背中で涙をかくす 私  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった 言葉ひとつに うなずいたのは あなたが望む離別(わかれ)だから  心の支えは いつの時代も 男は女 女は男 あなたを信じて ささやかな夢 積み上げたのは女の 私 幸せだったと 最後に言わせて せめてさよならは 飾ってみたい  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった 心の支えは いつの時代も 男は女 女は男GOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼誰もが一度は ひき返す道 二人でここまで 歩いて来たのに あなたの心が 足をとられて 冬の坂道 ころがりはじめた ふるえる肩越しに あなたのさよなら 背中で涙をかくす 私  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった 言葉ひとつに うなずいたのは あなたが望む離別(わかれ)だから  心の支えは いつの時代も 男は女 女は男 あなたを信じて ささやかな夢 積み上げたのは女の 私 幸せだったと 最後に言わせて せめてさよならは 飾ってみたい  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった  あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと あふれるほどに あなたの愛をもっと ぬくもりをもっと 感じていたかった 心の支えは いつの時代も 男は女 女は男
お・や・す・み窓にうつる白い雪が ゆらゆら落ちてゆくよ おまえは僕にもたれかかり ミルクが沸くのをまってる 心ゆくまで唇あわせて 夜の深さを感じて このひと時よ止まれと願うのは 勝手な想いだろうか  窓からこぼれる雪灯り 二人をつつんでるようだね こんな夜ならば 降りつもる雪のささやきを聞きながら おまえの好きな歌 僕が歌うから 静かに 眠りの中へ…  なにも知らないおまえだから やさしく愛したいね 肩までのびたこの黒い髪 今宵は僕の腕の中  おまえのやさしい瞳が 僕の愛に輝いてる 今宵もふけたよ めぐりめぐる夢二人で奏でよう おまえの好きな歌 僕が歌うから 静かに 眠りの中へ…  静かに 眠りの中へ…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼窓にうつる白い雪が ゆらゆら落ちてゆくよ おまえは僕にもたれかかり ミルクが沸くのをまってる 心ゆくまで唇あわせて 夜の深さを感じて このひと時よ止まれと願うのは 勝手な想いだろうか  窓からこぼれる雪灯り 二人をつつんでるようだね こんな夜ならば 降りつもる雪のささやきを聞きながら おまえの好きな歌 僕が歌うから 静かに 眠りの中へ…  なにも知らないおまえだから やさしく愛したいね 肩までのびたこの黒い髪 今宵は僕の腕の中  おまえのやさしい瞳が 僕の愛に輝いてる 今宵もふけたよ めぐりめぐる夢二人で奏でよう おまえの好きな歌 僕が歌うから 静かに 眠りの中へ…  静かに 眠りの中へ…
On Your MarkGOLD LYLICそして僕らは いつもの笑顔と姿で 埃にまみれた服を払った  この手を離せば 音さえたてない 落ちて行くコインは 二度と帰らない  君と僕 並んで 夜明けを追い抜いてみたい 自転車  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがそれでも止めないのは 夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから  そして僕らは 心の小さな空き地で 互いに振り落とした 言葉の夕立  答えを出さない それが答えのような 針の消えた時計の 文字を読むような  君と僕 全てを 認めてしまうにはまだ 若すぎる  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがこれを無くせないのは 夢の心臓めがけて 僕らと呼び合うため  そして僕らは  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがそれでも止めないのは 夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがこれを無くせないのは 夢の心臓めがけて 僕らと呼び合うためGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼澤近泰輔そして僕らは いつもの笑顔と姿で 埃にまみれた服を払った  この手を離せば 音さえたてない 落ちて行くコインは 二度と帰らない  君と僕 並んで 夜明けを追い抜いてみたい 自転車  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがそれでも止めないのは 夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから  そして僕らは 心の小さな空き地で 互いに振り落とした 言葉の夕立  答えを出さない それが答えのような 針の消えた時計の 文字を読むような  君と僕 全てを 認めてしまうにはまだ 若すぎる  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがこれを無くせないのは 夢の心臓めがけて 僕らと呼び合うため  そして僕らは  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがそれでも止めないのは 夢の斜面見上げて 行けそうな気がするから  On Your Mark いつも走りだせば 流行の風邪にやられた  On Your Mark 僕らがこれを無くせないのは 夢の心臓めがけて 僕らと呼び合うため
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
オンリー・ロンリーあきらめましょうか オンリー ロンリー 夢にまでみたシンデレラ 鏡に寄せる唇 泣き笑い くもり顔  ひとり芝居で オンリー ロンリー 好きと言えずに パントマイム 恋に吹き寄せた風が 幸せを めくって逃げた 涙の跡 乾かないで 傷跡が残るから このままで このままで 次の恋を待ちましょう もう二度と あなたの夢 見えないように決めた オンリー ロンリー  どうにもならない オンリー ロンリー 壊れたままの カスタネット つないだ紐は 解かれて 重ねても 響きはしない 少しくらい 哀しいほうが 人にやさしくなれる このままで このままで 次の恋を待ちましょう もう二度と あなたの夢 見ないように決めた オンリー ロンリーCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼あきらめましょうか オンリー ロンリー 夢にまでみたシンデレラ 鏡に寄せる唇 泣き笑い くもり顔  ひとり芝居で オンリー ロンリー 好きと言えずに パントマイム 恋に吹き寄せた風が 幸せを めくって逃げた 涙の跡 乾かないで 傷跡が残るから このままで このままで 次の恋を待ちましょう もう二度と あなたの夢 見えないように決めた オンリー ロンリー  どうにもならない オンリー ロンリー 壊れたままの カスタネット つないだ紐は 解かれて 重ねても 響きはしない 少しくらい 哀しいほうが 人にやさしくなれる このままで このままで 次の恋を待ちましょう もう二度と あなたの夢 見ないように決めた オンリー ロンリー
O Domineやさしい寝息が聞こえてきそう 夢みてるの 母の深い祈り 君は心に感じただろうか 愛しき神の手よ この子を抱き寄せ給え 君の背中に天使達がそっと翼をつけた 愛しき神の手よ この子を抱き寄せ給え 白い白いよそ行きの服で 君は天に消えた 君は天へ消えた O Domine Jesu Christe O Domine Jesu Christe Oh Christe Oh Christe Kyrie Kyrie Eleison Christe Christe Eleison Eleison Kyrie Eleison (O Domine Jesu Christe 主イエスキリストよ) (Kyrie Eleison 主よあわれみ給え) (Christe Eleison キリストよ哀れみ給え)CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼やさしい寝息が聞こえてきそう 夢みてるの 母の深い祈り 君は心に感じただろうか 愛しき神の手よ この子を抱き寄せ給え 君の背中に天使達がそっと翼をつけた 愛しき神の手よ この子を抱き寄せ給え 白い白いよそ行きの服で 君は天に消えた 君は天へ消えた O Domine Jesu Christe O Domine Jesu Christe Oh Christe Oh Christe Kyrie Kyrie Eleison Christe Christe Eleison Eleison Kyrie Eleison (O Domine Jesu Christe 主イエスキリストよ) (Kyrie Eleison 主よあわれみ給え) (Christe Eleison キリストよ哀れみ給え)
Count DownCount Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 止まらない 裸の瞳に操られて  ブラインドを下げた部屋 あなどれない腰のカーブ うなずいて あとは 夜が夜に罠が罠になるだけ イヤリングは はずれてる  仕組んだのはみんな女 気後れしてたのは男 導かれ あとは 恋が恋に 愛が愛にならない ただなすがままのふたり  Ah Count Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 戻れない 裸の瞳に見つめられて  溺れそうな白い肌 名前聞かないのがルール 問い詰めて あとは 嘘が嘘に 罪が罪になるだけ ストッキングがあざ笑う  誰のものでもない女 一人占めしたがる男 かわされて あとは 恋が恋に 愛が愛にならない あした目覚めればひとり  Ah Count Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 止まらない 裸の瞳に操られて  Count Down…CHAGE and ASKA澤地隆CHAGECount Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 止まらない 裸の瞳に操られて  ブラインドを下げた部屋 あなどれない腰のカーブ うなずいて あとは 夜が夜に罠が罠になるだけ イヤリングは はずれてる  仕組んだのはみんな女 気後れしてたのは男 導かれ あとは 恋が恋に 愛が愛にならない ただなすがままのふたり  Ah Count Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 戻れない 裸の瞳に見つめられて  溺れそうな白い肌 名前聞かないのがルール 問い詰めて あとは 嘘が嘘に 罪が罪になるだけ ストッキングがあざ笑う  誰のものでもない女 一人占めしたがる男 かわされて あとは 恋が恋に 愛が愛にならない あした目覚めればひとり  Ah Count Down 3・2・1 Dance Dance 誘われて Count Down 3・2・1 Dance Dance 止まらない 裸の瞳に操られて  Count Down…
鏡が映したふたりでも悩みじゃなくて 哀しみ痛みとは言えなくて 伝えようのない 気持ちが僕にはある  同じものを きっと君も持っているだろうね また始まって ここに戻った恋だからね  君の背中は僕の胸で 休日のようになってる 「あの時 今を覗けていたら」って 鏡を見上げながら  未来のことが分かるのも便利だけど こんな気持ちでいられる今を素敵に思おう  もうこれ以上 側に寄れない距離で ずっといると どっちの体温か分からなくなるんだね  君の呼吸に合わせてみたり 温もりに愛を込めたり 外れた線をつなげるように 明かりを増やして行く  心はいつも寂しさを連れてるから 支え合うための言葉を欲しがってると思える そうだろう  愛する人を愛したいだけ 愛せる日まで愛してみる もしも鏡に悲しいふたりが 映っても うかんでも  未来のことが分かるのも便利だけど こんな気持ちでいられる今を素敵に思おう 思おうCHAGE and ASKAASKAASKAASKA・Akihiko Matsumoto悩みじゃなくて 哀しみ痛みとは言えなくて 伝えようのない 気持ちが僕にはある  同じものを きっと君も持っているだろうね また始まって ここに戻った恋だからね  君の背中は僕の胸で 休日のようになってる 「あの時 今を覗けていたら」って 鏡を見上げながら  未来のことが分かるのも便利だけど こんな気持ちでいられる今を素敵に思おう  もうこれ以上 側に寄れない距離で ずっといると どっちの体温か分からなくなるんだね  君の呼吸に合わせてみたり 温もりに愛を込めたり 外れた線をつなげるように 明かりを増やして行く  心はいつも寂しさを連れてるから 支え合うための言葉を欲しがってると思える そうだろう  愛する人を愛したいだけ 愛せる日まで愛してみる もしも鏡に悲しいふたりが 映っても うかんでも  未来のことが分かるのも便利だけど こんな気持ちでいられる今を素敵に思おう 思おう
かけひき振り返る二人は 黄昏時のシルエット 恋を渡りきれずに ほとりを歩いてゆく 口は閉じたまま 虚ろな瞳のまま 切れた絆たどって 何を捜しにゆくの 羽根を持つ愛ならば ただ自由を追いかける 夢だけは交わさない それが二人のかけひき  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねない  愛の証しだよと 指を飾るリングも 変わらぬ愛の姿 見せるわけでもないし “もう離れないわ”と しゃくる声で甘えて “真実の心です”と つくった顔が笑う 何もかも 投げ捨てて 愛の深さ つきとめて 信じ合い 重ね合う それが二人のあやまち  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねない  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼振り返る二人は 黄昏時のシルエット 恋を渡りきれずに ほとりを歩いてゆく 口は閉じたまま 虚ろな瞳のまま 切れた絆たどって 何を捜しにゆくの 羽根を持つ愛ならば ただ自由を追いかける 夢だけは交わさない それが二人のかけひき  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねない  愛の証しだよと 指を飾るリングも 変わらぬ愛の姿 見せるわけでもないし “もう離れないわ”と しゃくる声で甘えて “真実の心です”と つくった顔が笑う 何もかも 投げ捨てて 愛の深さ つきとめて 信じ合い 重ね合う それが二人のあやまち  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねない  恋はつかず離れず じらしながらする方がいい いつか倖せさえも かどわかす風になりかねない
風のライオン力まかせの 喧嘩じゃ負けない それが絵になる少年の日々  何処かに眠る わがままな瞳は 時間を積んで 優しく消えた  気疲ればかり 大人の顔で  秘密が増えれば 臆病になり 笑顔の数さえ 心に重いだけの飾り  昨夜 手元に粉雪が来て 冬のチョウチョの姿になった  シルクの雪を かわすように舞い 僕を連れて 季節を越えた  まぼろしの底 歩きすぎたね  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてから  いつか 走り出す いつか 走り出す  忘れた爪を 想い出す時  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてからCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼力まかせの 喧嘩じゃ負けない それが絵になる少年の日々  何処かに眠る わがままな瞳は 時間を積んで 優しく消えた  気疲ればかり 大人の顔で  秘密が増えれば 臆病になり 笑顔の数さえ 心に重いだけの飾り  昨夜 手元に粉雪が来て 冬のチョウチョの姿になった  シルクの雪を かわすように舞い 僕を連れて 季節を越えた  まぼろしの底 歩きすぎたね  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてから  いつか 走り出す いつか 走り出す  忘れた爪を 想い出す時  心は四月の草原の中 痛んだ たて髪 しばらく風にあずけてから
風舞風は愛を追うごとに音をたててく いつか私の心にも風がまわる あいつ一人私一人 共に腕の中 つかむ腕のすきまから 愛がこぼれる  別れの調べにあわせて踊れ やさしく照らす月の下で 別れの調べにあわせて踊れ まどろみの中 踊りつかれ みんな忘れて眠るまで  夜は長く冷たい風は北向き 踊る私 裸足で踊る人形 あいつ 誰かと枕ならべ眠るころ 踊る私 一人腕を かるくまわして  別れの調べにあわせて踊れ 沈む心よ ああ風に舞う 別れの調べにあわせて踊れ まどろみの中 踊りつかれ みんな忘れて眠るまでCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼風は愛を追うごとに音をたててく いつか私の心にも風がまわる あいつ一人私一人 共に腕の中 つかむ腕のすきまから 愛がこぼれる  別れの調べにあわせて踊れ やさしく照らす月の下で 別れの調べにあわせて踊れ まどろみの中 踊りつかれ みんな忘れて眠るまで  夜は長く冷たい風は北向き 踊る私 裸足で踊る人形 あいつ 誰かと枕ならべ眠るころ 踊る私 一人腕を かるくまわして  別れの調べにあわせて踊れ 沈む心よ ああ風に舞う 別れの調べにあわせて踊れ まどろみの中 踊りつかれ みんな忘れて眠るまで
カーニバル誰もが 誰もが 同じ顔をして 騒いでる 華やいだ街の中で ふるえる風をみた 寄りそうように 歩く二人連れ 恋をなくした 女が 横目で笑う  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルを  吹き鳴らせ 吹き鳴らせ 空に高々とらっぱ吹き おまえの奏でる歌は 街にやすらぎくれる 張りつめた生活に 疲れた紳士(おとこ)が 靴を投げ捨てて 踊り出す  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルを  いつでも夢だけが 先を急ぎ過ぎて ころんだ後で にが笑い  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルをCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼誰もが 誰もが 同じ顔をして 騒いでる 華やいだ街の中で ふるえる風をみた 寄りそうように 歩く二人連れ 恋をなくした 女が 横目で笑う  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルを  吹き鳴らせ 吹き鳴らせ 空に高々とらっぱ吹き おまえの奏でる歌は 街にやすらぎくれる 張りつめた生活に 疲れた紳士(おとこ)が 靴を投げ捨てて 踊り出す  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルを  いつでも夢だけが 先を急ぎ過ぎて ころんだ後で にが笑い  人は哀しみにさえも 幸福装うから 素直な涙 流すために 今日のカーニバルを
GUYSシャツの袖を引き裂かれそうな 女がいいね 疲れた夜 転がり込める 女がいいね  夢の隅で 切り捨てられない10パーセント 金儲けはカードでやると決めている  あの日 GUYS (遠いあの日) 赤や青の馬を見てた 背(せな)に乗るか 瞳をそらすか OH YEA YEA YEA  身震いするような時を 胸の磁石ひとつで 勇気の背に乗るか 涙に瞳をそらすか OH YEA YEA YEA  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go around  恋をシャベルで運びつづける 女のなかで 靴の底に愛を隠して 眠りたいね  孤独の海 投げ出されると決めている 燃える太陽 狙撃出来ると信じてる  いつか GUYS (揺れるあの日) 止まりかけの風車を見てた 風になるか 星になるか OH YEA YEA YEA  確かなことなど無くて 何度も途方に暮れて 走る風になるか 見守る星になるか OH YEA YEA YEA  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go around  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go aroundCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼村上啓介シャツの袖を引き裂かれそうな 女がいいね 疲れた夜 転がり込める 女がいいね  夢の隅で 切り捨てられない10パーセント 金儲けはカードでやると決めている  あの日 GUYS (遠いあの日) 赤や青の馬を見てた 背(せな)に乗るか 瞳をそらすか OH YEA YEA YEA  身震いするような時を 胸の磁石ひとつで 勇気の背に乗るか 涙に瞳をそらすか OH YEA YEA YEA  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go around  恋をシャベルで運びつづける 女のなかで 靴の底に愛を隠して 眠りたいね  孤独の海 投げ出されると決めている 燃える太陽 狙撃出来ると信じてる  いつか GUYS (揺れるあの日) 止まりかけの風車を見てた 風になるか 星になるか OH YEA YEA YEA  確かなことなど無くて 何度も途方に暮れて 走る風になるか 見守る星になるか OH YEA YEA YEA  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go around  CALL ME GUYS,ALWAYS 回りつづける CALL ME GUYS,OH YEAH いつまでも Merry go…Merry go around
北風物語あなたの足音 北風に消えた 二人を結んでた愛の糸は 切れたのですか  よりそう名前をはずした部屋で 鏡をのぞいたら おろかな顔が見えた  ひとり遊びに なれては いないのです 心の行き場を うしないました  涙ばかり涙ばかり あふれてきて こまります 悲しくても悲しくても 泣きたくは ないけれど 別れたあの日の 風が吹きます  あなたの呼ぶ声 北風がまねる いたずらと知りつつ なぜか ふと胸さわぎ  風に答えようと 扉を開けてみれば そこにあなたが あなたがそこに  涙ばかり涙ばかり あふれてきて こまります 幸福なら幸福なら 泣いてもいいでしょう あなたは微笑み 愛をかかえて 愛をかかえてCHAGE and ASKA飛鳥涼・松井五郎飛鳥涼あなたの足音 北風に消えた 二人を結んでた愛の糸は 切れたのですか  よりそう名前をはずした部屋で 鏡をのぞいたら おろかな顔が見えた  ひとり遊びに なれては いないのです 心の行き場を うしないました  涙ばかり涙ばかり あふれてきて こまります 悲しくても悲しくても 泣きたくは ないけれど 別れたあの日の 風が吹きます  あなたの呼ぶ声 北風がまねる いたずらと知りつつ なぜか ふと胸さわぎ  風に答えようと 扉を開けてみれば そこにあなたが あなたがそこに  涙ばかり涙ばかり あふれてきて こまります 幸福なら幸福なら 泣いてもいいでしょう あなたは微笑み 愛をかかえて 愛をかかえて
君の好きだった歌君が残した brother sun and sister moon your mam said, too young to love. 坂道を下った喫茶店で 紹介された そしてふたりはすぐ 恋をはじめた  いつの間にか君が使う コップや椅子が 僕の部屋の中 決まっていった  いろんな人が 若すぎるって言ったんだ  君の好きだった歌 brother sun and sister moon 僕のギターじゃ 曇り顔だったね  いろんな人が 若すぎるって言ったんだCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼君が残した brother sun and sister moon your mam said, too young to love. 坂道を下った喫茶店で 紹介された そしてふたりはすぐ 恋をはじめた  いつの間にか君が使う コップや椅子が 僕の部屋の中 決まっていった  いろんな人が 若すぎるって言ったんだ  君の好きだった歌 brother sun and sister moon 僕のギターじゃ 曇り顔だったね  いろんな人が 若すぎるって言ったんだ
君はなにも知らないままどこで恋を 間違えたの 君は自分を責めてばかり 戻れなくて 進めなくて そして涙が運ばれた  無理に微笑む笑顔が とても悲しそうで ためいきをつくだけでも 壊れてしまいそうな  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない 恋しかないひと  いつも僕は 愛しすぎて まるで終わりを急ぐみたいに 傷つくこと 選んでいる 君はなにも知らないまま  伝えられない気持ちは だんだん深くなる 言えないままの言葉は たったひとつだけど  どこで 巡り逢っても 愛していたはずさ 風の中で読む 物語ほどのやさしさで  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない恋 凍えそうなほど 冷たい景色だね  どこで 巡り逢っても 愛していたはずさ 風の中で読む 物語ほどのやさしさで  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない恋 歩けそうなほど 確かな景色だねCHAGE and ASKA青木せい子CHAGEどこで恋を 間違えたの 君は自分を責めてばかり 戻れなくて 進めなくて そして涙が運ばれた  無理に微笑む笑顔が とても悲しそうで ためいきをつくだけでも 壊れてしまいそうな  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない 恋しかないひと  いつも僕は 愛しすぎて まるで終わりを急ぐみたいに 傷つくこと 選んでいる 君はなにも知らないまま  伝えられない気持ちは だんだん深くなる 言えないままの言葉は たったひとつだけど  どこで 巡り逢っても 愛していたはずさ 風の中で読む 物語ほどのやさしさで  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない恋 凍えそうなほど 冷たい景色だね  どこで 巡り逢っても 愛していたはずさ 風の中で読む 物語ほどのやさしさで  君の 震える肩を 抱きしめたくなる こころの片隅には 僕の映らない恋 歩けそうなほど 確かな景色だね
Castles In The AirFrom the darkness to the daylight The world could die and we don't care We build a dream of life That we can't deny If you say that you believe, so will I  Everybody's under pressure You could be the one to save us all It's the love that we must revive Take a chance and make it Come alive  Genius of fools stole the day Everybody's trying to find themselves a life Somehow, some way Don't let your tears run dry Some feelings never die Our healing hands will pull you out of the fire One voice will ease your mind So let me carry you until you fly We'll be building castles in the air If you want me to, I'll take you there  From the wreckage of a lifetime The crying from a lonely avenue From all the fear the city seems so still We stand alone on this shadowed hill Look in the mirror, you don't have to take it All you got to do is say the word Your wings of love will carry you tonight Trust in me, we'll be alrightCHAGE and ASKARyo AskaRyo AskaFrom the darkness to the daylight The world could die and we don't care We build a dream of life That we can't deny If you say that you believe, so will I  Everybody's under pressure You could be the one to save us all It's the love that we must revive Take a chance and make it Come alive  Genius of fools stole the day Everybody's trying to find themselves a life Somehow, some way Don't let your tears run dry Some feelings never die Our healing hands will pull you out of the fire One voice will ease your mind So let me carry you until you fly We'll be building castles in the air If you want me to, I'll take you there  From the wreckage of a lifetime The crying from a lonely avenue From all the fear the city seems so still We stand alone on this shadowed hill Look in the mirror, you don't have to take it All you got to do is say the word Your wings of love will carry you tonight Trust in me, we'll be alright
CATCH & RELEASEモザイクの中の コザイク見つめてるの boy グラビアに中の ピラニア見つめてるの girl  光に群がる 真夏の魚たち ワナにはまるのは 生まれた時から  コインを失くして ロマンを待っているの boy クィーンの仕草で サインを送ってるの girl  とぎすまされた ナイーブな神経 月にまぎれて 愛の言葉をサンプリング  きっと きっと ずっとね Love you love you it's a joke  私の愛したあの人は 今 アフリカにいるらしい キリンや象に囲まれて とてもシアワセみたいだって 確かにあなたは 昔のboy friend  だからと言って 電話かけないで だからと言って 遊びにこないで だからと言って 抱きしめないで だからと言って kissまでしないでね  モダンな服着て ラテンの気持ちになる boy ピアノを忘れて ピアスを覚えるのよ girl  都会によくある デジタルの関係 今夜だけなら とても素敵なカップリング  きっと きっと だってね Love you love you it's a game  暗闇の中のこの人は 今 雲の上にいるらしい フワリ フワリといい気持ち まるで天国みたいだって 感激するのは 勝手だけど  だからと言って 名前呼ばないで だからと言って 本気にしないで だからと言って 朝までいないで だからと言って あしたは来ないでね  暗闇の中のこの人は 今 雲の上にいるらしい フワリ フワリといい気持ち フワリ フワリ ユラリ ユラリ 感激するのは 勝手だけど  だからと言って 名前呼ばないで だからと言って 本気にしないで だからと言って 朝までいないで だからと言って あしたは来ないでね  ツカマエタラ ニガシテネ… CATCH & RELEASECHAGE and ASKACHAGECHAGEモザイクの中の コザイク見つめてるの boy グラビアに中の ピラニア見つめてるの girl  光に群がる 真夏の魚たち ワナにはまるのは 生まれた時から  コインを失くして ロマンを待っているの boy クィーンの仕草で サインを送ってるの girl  とぎすまされた ナイーブな神経 月にまぎれて 愛の言葉をサンプリング  きっと きっと ずっとね Love you love you it's a joke  私の愛したあの人は 今 アフリカにいるらしい キリンや象に囲まれて とてもシアワセみたいだって 確かにあなたは 昔のboy friend  だからと言って 電話かけないで だからと言って 遊びにこないで だからと言って 抱きしめないで だからと言って kissまでしないでね  モダンな服着て ラテンの気持ちになる boy ピアノを忘れて ピアスを覚えるのよ girl  都会によくある デジタルの関係 今夜だけなら とても素敵なカップリング  きっと きっと だってね Love you love you it's a game  暗闇の中のこの人は 今 雲の上にいるらしい フワリ フワリといい気持ち まるで天国みたいだって 感激するのは 勝手だけど  だからと言って 名前呼ばないで だからと言って 本気にしないで だからと言って 朝までいないで だからと言って あしたは来ないでね  暗闇の中のこの人は 今 雲の上にいるらしい フワリ フワリといい気持ち フワリ フワリ ユラリ ユラリ 感激するのは 勝手だけど  だからと言って 名前呼ばないで だからと言って 本気にしないで だからと言って 朝までいないで だからと言って あしたは来ないでね  ツカマエタラ ニガシテネ… CATCH & RELEASE
CAT WALK囁くように ベルが鳴る 彼女は 受話器を取る わずかな 言葉だけ覚えて 甘い蜜の香り 星までゆらす  秘密の夜が 滑りだす 彼女は いつも待つだけ 断わる理由は 探さない ためらいがないと言えば 嘘になるけど くるくる変わる 彼女の瞳にはMOON  それから シャワーを浴びて モノクロの服に 着がえて 赤いルージュを 2回ひいて 出かける後姿は CAT WALK  彼女は今 非常階段を上る 愛の深さと 罪の深さにとまどう KISSだけで 終わらない夜  夜が一番 似合う場所で 彼女は 女に変わる 視線を はずせない距離まで あとどのくらいの 時間がかかるの 近くて遠い 幸せの上にはMOON  人気のない 廊下を 誰にも 気づかれずに そっと 足音を忍ばせて 後ろにも瞳を光らせて CAT WALK  彼女は今 ドアのノブに手をかけた 愛の深さと 罪の深さを味わう KISSだけで 終われない夜CHAGE and ASKACHAGECHAGE囁くように ベルが鳴る 彼女は 受話器を取る わずかな 言葉だけ覚えて 甘い蜜の香り 星までゆらす  秘密の夜が 滑りだす 彼女は いつも待つだけ 断わる理由は 探さない ためらいがないと言えば 嘘になるけど くるくる変わる 彼女の瞳にはMOON  それから シャワーを浴びて モノクロの服に 着がえて 赤いルージュを 2回ひいて 出かける後姿は CAT WALK  彼女は今 非常階段を上る 愛の深さと 罪の深さにとまどう KISSだけで 終わらない夜  夜が一番 似合う場所で 彼女は 女に変わる 視線を はずせない距離まで あとどのくらいの 時間がかかるの 近くて遠い 幸せの上にはMOON  人気のない 廊下を 誰にも 気づかれずに そっと 足音を忍ばせて 後ろにも瞳を光らせて CAT WALK  彼女は今 ドアのノブに手をかけた 愛の深さと 罪の深さを味わう KISSだけで 終われない夜
キャンディー・ラブになり過ぎて聞きたくもない 週末のスケジュール 話したがる 濡れた髪気にしながら 人気のひいたプール・サイド 君だけが8月のまま  知りたくもない タレントのスキャンダル 読ませたがる グラビア・ページさがして 時計じかけのI Love You くちづけで誤魔化したまま  キャンディー・ラブになり過ぎて 退屈な夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの言葉もうわ滑り  行きたくもない 新しい流行り店 誘いたがる 黒いサングラス越しに 風も寝そべるデッキ.チェアー サヨナラを飲み込んだまま  キャンディー・ラブになり過ぎて 間違えた夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの心もうわ調子  キャンディー・ラブになり過ぎて やけ気味の夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの瞳もうわの空CHAGE and ASKA澤地隆CHAGE聞きたくもない 週末のスケジュール 話したがる 濡れた髪気にしながら 人気のひいたプール・サイド 君だけが8月のまま  知りたくもない タレントのスキャンダル 読ませたがる グラビア・ページさがして 時計じかけのI Love You くちづけで誤魔化したまま  キャンディー・ラブになり過ぎて 退屈な夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの言葉もうわ滑り  行きたくもない 新しい流行り店 誘いたがる 黒いサングラス越しに 風も寝そべるデッキ.チェアー サヨナラを飲み込んだまま  キャンディー・ラブになり過ぎて 間違えた夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの心もうわ調子  キャンディー・ラブになり過ぎて やけ気味の夏が終わらない キャンディー・ラブになり過ぎて ぼくの瞳もうわの空
can do nowふと目を覚まして 女の顔を見た 他にやり方が なかったんだ  誰にもやれない事をやった夢を見た 汗の匂いのする 明け方に  こんなにも病める心で もうこれ以上 崩れたくない  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 滴る水のように 呟く I can do now  心がとても 感じやすくなってる 瞼が涙の 重さに耐えられない  これですべてが 時間どおりに終わって行くなら いつまでも孤独を 味わうことになる  嘘をつくときの 懸命さで もうこれ以上 凍えたくない  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 隙間をみたすように 呟く I can do now  切り立つ屋根で風を受けて ただひたすら紙を撤いた  誰かがそれを見守ってる そして目覚めたとき お前が横にいた  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 滴る水のように 呟く I can do now  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 隙間をみたすように 呟く I can do nowCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ふと目を覚まして 女の顔を見た 他にやり方が なかったんだ  誰にもやれない事をやった夢を見た 汗の匂いのする 明け方に  こんなにも病める心で もうこれ以上 崩れたくない  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 滴る水のように 呟く I can do now  心がとても 感じやすくなってる 瞼が涙の 重さに耐えられない  これですべてが 時間どおりに終わって行くなら いつまでも孤独を 味わうことになる  嘘をつくときの 懸命さで もうこれ以上 凍えたくない  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 隙間をみたすように 呟く I can do now  切り立つ屋根で風を受けて ただひたすら紙を撤いた  誰かがそれを見守ってる そして目覚めたとき お前が横にいた  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 滴る水のように 呟く I can do now  祈りのように指を絡ませては 呟く I can do 隙間をみたすように 呟く I can do now
キューピッドはタップ・ダンス殺気を感じて とってもギクシャク さっきから君には  アンティックな別れを テクニックも使わず あっさり言われそう  ピッタリ桟橋に車くっつけたら やっぱり今日は帰るわって ここには き・きっとない愛・eye・I  せっかく今夜は かっこをつけてさ 持ってきた花束  だったらあの長いキスはいったい何? うっとり目を閉じたくせに ここには ちょ・ちょっとない愛・eye・I  「タイミングワルスギル ジョークハ ナオサラフタリノ ココロヲ チギハグニ スルダケサ! Hi Hi Hi Hi Hi」  じっくり攻めても しっくりいかずに とっかりないまま キューピッドは手を抜き Dr.Johnのリズムで タップを刻んでた  あっけにとられるくらいにそっけなくて ゆっくりミラー合わせたよ ここには だ・だってない愛・eye・I  「コンヤハ キューピッドノパーティ コイノユミヒク ヒマモナイ ワルイケド アキラメテ! Bye Bye Bye Bye Bye」  キューピッドは手を抜き Dr.Johnのリズムで タップを刻んでたCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE殺気を感じて とってもギクシャク さっきから君には  アンティックな別れを テクニックも使わず あっさり言われそう  ピッタリ桟橋に車くっつけたら やっぱり今日は帰るわって ここには き・きっとない愛・eye・I  せっかく今夜は かっこをつけてさ 持ってきた花束  だったらあの長いキスはいったい何? うっとり目を閉じたくせに ここには ちょ・ちょっとない愛・eye・I  「タイミングワルスギル ジョークハ ナオサラフタリノ ココロヲ チギハグニ スルダケサ! Hi Hi Hi Hi Hi」  じっくり攻めても しっくりいかずに とっかりないまま キューピッドは手を抜き Dr.Johnのリズムで タップを刻んでた  あっけにとられるくらいにそっけなくて ゆっくりミラー合わせたよ ここには だ・だってない愛・eye・I  「コンヤハ キューピッドノパーティ コイノユミヒク ヒマモナイ ワルイケド アキラメテ! Bye Bye Bye Bye Bye」  キューピッドは手を抜き Dr.Johnのリズムで タップを刻んでた
今日は…こんなに元気です思い出の街 あたらしい陽射しが 僕の後ろに僕を作ってる 深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう  嫌いになれないこの街のざわめき 今日もみんなが誘い合うように スクランブル 風に吹かれ 季節をひとつ 僕は渡ろう ふたり過ごした景色が 背中ではしゃいでる  改札の側 君がいる気がして 息を切らした僕が来るようで あの日の恋を 訪ねてみよう 失くした恋を 愛してみよう 時計を気にしてた場所も 素直になつかしい  冷たくしてみたり 本気を試したり そんなふうにしか 愛せなかったあの頃 All by myself  深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう ふたり過ごした景色が 背中に遠ざかる  あの頃の僕等は 今を愛することに精一杯で いつも大事な物から紐を解いてしまうような そんな二人だったですね 今日は…こんなに元気です  僕の名前を呼ぶ 笑顔が好きだった 振り向けばいつも そこにいたのにあの頃 All by myself  深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう スクランブル 風に吹かれて 季節をひとつ 僕は渡ろう ふたり過ごした景色が 背中に遠ざかるCHAGE and ASKA青木せい子・飛鳥涼CHAGE村上啓介思い出の街 あたらしい陽射しが 僕の後ろに僕を作ってる 深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう  嫌いになれないこの街のざわめき 今日もみんなが誘い合うように スクランブル 風に吹かれ 季節をひとつ 僕は渡ろう ふたり過ごした景色が 背中ではしゃいでる  改札の側 君がいる気がして 息を切らした僕が来るようで あの日の恋を 訪ねてみよう 失くした恋を 愛してみよう 時計を気にしてた場所も 素直になつかしい  冷たくしてみたり 本気を試したり そんなふうにしか 愛せなかったあの頃 All by myself  深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう ふたり過ごした景色が 背中に遠ざかる  あの頃の僕等は 今を愛することに精一杯で いつも大事な物から紐を解いてしまうような そんな二人だったですね 今日は…こんなに元気です  僕の名前を呼ぶ 笑顔が好きだった 振り向けばいつも そこにいたのにあの頃 All by myself  深呼吸で 空を見上げて 深呼吸で 君を忘れよう スクランブル 風に吹かれて 季節をひとつ 僕は渡ろう ふたり過ごした景色が 背中に遠ざかる
Key wordこうなるような気がしたから 言葉は決めていたつもり だけど涙こらえたら 口も結んだまま  愛してるなんて 言われなかった 側に居るだけでよかった 冷めた瞳がやさしくて 時間を戻せない  「もうこれで 逢うこともないね さよならだね」 最後まで勝手なところが あなたらしい  雨に煙る街 ぼんやり見ていた 嘘じゃ言えない あなたにつづく I say good bye  あなたのことを 今日も数えてる 動かない笑顔ばかりを 愛す程に解からない あなただったから  ただ少し 信じて見たいの 二人のこと 何もかも忘れてゆくには 哀しすぎる  指に光る愛 そっと外した 確かめるように あの日のキーワード I say good bye  振り返るばかり If we can only go back to the time we first met. 確かめるように あの日のキーワード I say good byeCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼こうなるような気がしたから 言葉は決めていたつもり だけど涙こらえたら 口も結んだまま  愛してるなんて 言われなかった 側に居るだけでよかった 冷めた瞳がやさしくて 時間を戻せない  「もうこれで 逢うこともないね さよならだね」 最後まで勝手なところが あなたらしい  雨に煙る街 ぼんやり見ていた 嘘じゃ言えない あなたにつづく I say good bye  あなたのことを 今日も数えてる 動かない笑顔ばかりを 愛す程に解からない あなただったから  ただ少し 信じて見たいの 二人のこと 何もかも忘れてゆくには 哀しすぎる  指に光る愛 そっと外した 確かめるように あの日のキーワード I say good bye  振り返るばかり If we can only go back to the time we first met. 確かめるように あの日のキーワード I say good bye
くぐりぬけて見ればあんなに苦しんでた 時間はもう 過ぎ去った  本当のことは何も 言えないままの終しまい  君の涙に つき合えなかったのが 解からない  さよならを言いながら 震えてた 扉の閉まる音だけを 覚えてる あれは二人が二人を なくした日だね  あの頃は傾いて やさしい時のことばかり  指先が忘れない 君の部屋を呼ぶ ナンバー  何かを捜すつもりだったんだけど 解からない  すべり落ちた恋達は 何処へ行く 残された想い出は 輝いて あれは二人が二人を なくした日だね  さよならを言いながら 震えてた 扉の閉まる音だけを 覚えてる あれは二人が二人を なくした日だねCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼あんなに苦しんでた 時間はもう 過ぎ去った  本当のことは何も 言えないままの終しまい  君の涙に つき合えなかったのが 解からない  さよならを言いながら 震えてた 扉の閉まる音だけを 覚えてる あれは二人が二人を なくした日だね  あの頃は傾いて やさしい時のことばかり  指先が忘れない 君の部屋を呼ぶ ナンバー  何かを捜すつもりだったんだけど 解からない  すべり落ちた恋達は 何処へ行く 残された想い出は 輝いて あれは二人が二人を なくした日だね  さよならを言いながら 震えてた 扉の閉まる音だけを 覚えてる あれは二人が二人を なくした日だね
CRIMSON赤を打ちつけろ 真っ赤な時間に転がれ 誘惑はいくつ 微笑みはひとつ ドアのこちらは夜です 胸が高鳴る su su su 素敵さ  すべてをあずけろ 真っ赤なライトに包まれ 組み替える足は マニュアル通りで まるでミルクの味です 口説き文句の pa pa pa パレード  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を 並ぶネオンの隅で どんな嘘を見たいの 悲しくないですね 切なくないですね 月の灯りも届かぬ部屋で 星の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRed  舵をとりながら 真っ赤なシャドーが揺れてる たどり着く場所は 僕だけ知ってる 嵐の中の舟です 失くさないでね chi chi chi 地図だけ  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を だるいワインの側で どんな朝を見たいの 楽しくないですか 優しくないですか 海の甘さも教えたいから 波の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRed  過去と未来の隙間は  息を潜めるひまもなく ずっと何かに抱かれて 涙を流すこともなく  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を 並ぶネオンの隅で どんな嘘を見たいの 悲しくないですね 切なくないですね 月の灯りも届かぬ部屋で 星の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRedCHAGE and ASKACHAGECHAGE村上啓介赤を打ちつけろ 真っ赤な時間に転がれ 誘惑はいくつ 微笑みはひとつ ドアのこちらは夜です 胸が高鳴る su su su 素敵さ  すべてをあずけろ 真っ赤なライトに包まれ 組み替える足は マニュアル通りで まるでミルクの味です 口説き文句の pa pa pa パレード  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を 並ぶネオンの隅で どんな嘘を見たいの 悲しくないですね 切なくないですね 月の灯りも届かぬ部屋で 星の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRed  舵をとりながら 真っ赤なシャドーが揺れてる たどり着く場所は 僕だけ知ってる 嵐の中の舟です 失くさないでね chi chi chi 地図だけ  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を だるいワインの側で どんな朝を見たいの 楽しくないですか 優しくないですか 海の甘さも教えたいから 波の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRed  過去と未来の隙間は  息を潜めるひまもなく ずっと何かに抱かれて 涙を流すこともなく  ドラマチックな街で エキゾチックな夢を 並ぶネオンの隅で どんな嘘を見たいの 悲しくないですね 切なくないですね 月の灯りも届かぬ部屋で 星の数だけKiss  Crimson ふたりはBed 求めつづけるRed
クルミを割れた日幼子の歩く日は サーチライトの中 ミュージカルの景色で  すれ違う顔よりも クルミを割れたあの日 好きだった空色の シャツを脱いだ  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  あしたの月の形より確かに 愛された気がしていた少年の頃  いつからか僕の手は 夢とあの娘を抱いた ミュージカルの景色で 教会の鐘よりも クルミを割れたあの日 目に映るすべてが 抱けそうだった  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  昨夜の月の薄れる場所のあたりに なんだかひとつのメロディ 訪ねてるようさ  いつも いつも隠された小道を行く 遠い 遠いあの歌を探しに行く  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  何度弾いても 風の声ばかり真似る 壊れかけのオルガンであの日が浮かぶ  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼幼子の歩く日は サーチライトの中 ミュージカルの景色で  すれ違う顔よりも クルミを割れたあの日 好きだった空色の シャツを脱いだ  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  あしたの月の形より確かに 愛された気がしていた少年の頃  いつからか僕の手は 夢とあの娘を抱いた ミュージカルの景色で 教会の鐘よりも クルミを割れたあの日 目に映るすべてが 抱けそうだった  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  昨夜の月の薄れる場所のあたりに なんだかひとつのメロディ 訪ねてるようさ  いつも いつも隠された小道を行く 遠い 遠いあの歌を探しに行く  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる  何度弾いても 風の声ばかり真似る 壊れかけのオルガンであの日が浮かぶ  僕はいつも勇気を探る度に うらがえすポケットからあの日が落ちる
crossroad~いまを生きる僕を~忘れようと 寄せる時間に 押されてきたけど 今でも時々 さびしくなるんだ あれこれ話したいな  眠りを待ち 待ち疲れて ひらいてゆく夜明け 例年より遅めの 初雪のしらせ  届いたよ  あの静かに寒い 帰り道がなつかしい  つないだ掌に 託していた思い いまを生きる僕を ずっと満たしている きみ  気忙しさと前向きさの違いを知りながら 人は駅に向かう 歩く速さを落とせない  こんな時どんな言葉 きみは渡すのかな  つないでゆくために 朝が世界をめぐるなら 受け取るよ しっかり 戻ったりしないように  果てることのない 望みを照らすなら 暮れゆく空も もうイヤじゃないよ きみと見てた未来が 少しだけ 呼吸をはじめる そっと…  つないだ掌に 託していた思い つないだ掌に 通ったあのぬくもりは いまを生きる僕を 紡いで行くための しるし  やがて僕も 同じ場所に 行くことになっていて あの頃のふたりを 持ち寄りたいな あの頃のCHAGE and ASKATakahiro IshizukaCHAGE・Tom WattsTaisuke Sawachika忘れようと 寄せる時間に 押されてきたけど 今でも時々 さびしくなるんだ あれこれ話したいな  眠りを待ち 待ち疲れて ひらいてゆく夜明け 例年より遅めの 初雪のしらせ  届いたよ  あの静かに寒い 帰り道がなつかしい  つないだ掌に 託していた思い いまを生きる僕を ずっと満たしている きみ  気忙しさと前向きさの違いを知りながら 人は駅に向かう 歩く速さを落とせない  こんな時どんな言葉 きみは渡すのかな  つないでゆくために 朝が世界をめぐるなら 受け取るよ しっかり 戻ったりしないように  果てることのない 望みを照らすなら 暮れゆく空も もうイヤじゃないよ きみと見てた未来が 少しだけ 呼吸をはじめる そっと…  つないだ掌に 託していた思い つないだ掌に 通ったあのぬくもりは いまを生きる僕を 紡いで行くための しるし  やがて僕も 同じ場所に 行くことになっていて あの頃のふたりを 持ち寄りたいな あの頃の
幻夜気がつけばお前と俺は すれちがいのかわいた言葉 つかれはててたどりつくのは 重くけだるい眠れぬ夜 俺とお前の背中のすきまから 小さなため息が生まれた 互いに心を探りあうけれど 霧も深いやみも深い うらぎりの夜が落ちてゆく 落ちてゆく  気がつけばお前の指に 俺の知らない銀の指輪 あこがれだけで恋がしたいと つぶやく口びるふるえていた 俺とお前が歩いて来た道 ふり返ればそれはまぼろし  互いに心を探りあうけれど 霧も深いやみも深い うらぎりの夜が落ちてゆく 落ちてゆくCHAGE and ASKACHAGECHAGE気がつけばお前と俺は すれちがいのかわいた言葉 つかれはててたどりつくのは 重くけだるい眠れぬ夜 俺とお前の背中のすきまから 小さなため息が生まれた 互いに心を探りあうけれど 霧も深いやみも深い うらぎりの夜が落ちてゆく 落ちてゆく  気がつけばお前の指に 俺の知らない銀の指輪 あこがれだけで恋がしたいと つぶやく口びるふるえていた 俺とお前が歩いて来た道 ふり返ればそれはまぼろし  互いに心を探りあうけれど 霧も深いやみも深い うらぎりの夜が落ちてゆく 落ちてゆく
恋はア・ヤ・フ・ヤひざまで波にとける おまえ 呼んでもふりむかない きらめく季節(とき)を過ぎた ふたり 心はかたむくまま 波が打ち寄せる砂に さよならがみえかくれ 恋はもともと もともとア・ヤ・フ・ヤ 出逢った頃より ほらほらぼんやりしてる ふたりはそろそろ行きどまり やさしさも綱わたり  ところが 夏を抱いた おまえ いつになく まぶしい 灰色の街には なじまずにいたのに 海に帰る 女は不思議さ 生まれかわるよ ほらまた つかまりそうだ ひざまで波にとける おまえ しばらくみつめたい 今まで 気づかずにいたよ おまえの輝きCHAGE and ASKA松井五郎CHAGEひざまで波にとける おまえ 呼んでもふりむかない きらめく季節(とき)を過ぎた ふたり 心はかたむくまま 波が打ち寄せる砂に さよならがみえかくれ 恋はもともと もともとア・ヤ・フ・ヤ 出逢った頃より ほらほらぼんやりしてる ふたりはそろそろ行きどまり やさしさも綱わたり  ところが 夏を抱いた おまえ いつになく まぶしい 灰色の街には なじまずにいたのに 海に帰る 女は不思議さ 生まれかわるよ ほらまた つかまりそうだ ひざまで波にとける おまえ しばらくみつめたい 今まで 気づかずにいたよ おまえの輝き
恋人はワイン色すれ違う 君に見とれて スローモーション はねたワイン  君のドレス 紅に染まって 戸惑いは 恋の顔  突然すぎた出逢いは 想い出さえ シネマじたての 甘いストーリーに変えて行く  I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人は ワイン色 記憶の香り グラス持つたびに  オレンジを 絞る横顔 まぶしくて 好きだった  朝と夜 違って見える 唇を 愛してた  アパルトのミセス達は 噂好きで 君のさよならの理由に 花を咲かせていた  I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人は ワイン色 記憶の香り グラス持つたびに I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ガラスのアベニュー 変らない景色  恋人は ワイン色 濡れたまつ毛で 何を見てたのかCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼すれ違う 君に見とれて スローモーション はねたワイン  君のドレス 紅に染まって 戸惑いは 恋の顔  突然すぎた出逢いは 想い出さえ シネマじたての 甘いストーリーに変えて行く  I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人は ワイン色 記憶の香り グラス持つたびに  オレンジを 絞る横顔 まぶしくて 好きだった  朝と夜 違って見える 唇を 愛してた  アパルトのミセス達は 噂好きで 君のさよならの理由に 花を咲かせていた  I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ビロードのシャワー 決まりの場面で  恋人は ワイン色 記憶の香り グラス持つたびに I don't forget you Missing you  恋人は ワイン色 ガラスのアベニュー 変らない景色  恋人は ワイン色 濡れたまつ毛で 何を見てたのか
荒野その時俺は夢の中 道は空へゆれていた 風は向きを変えながら 俺の顔色を見る 風よおまえに抱かれて 空から見おろせば 顔をゆがませ歯をくいしばる 俺が歩いてた  渇いた口に 叫ぶことばは 大地のざわめきに 消えるけど ひたむきに 燃えながら  いつしか俺は砂塵の中 ひとり荒野をめざしてた 何処かで誰かが俺を呼ぶ ― 静かな生活に戻れ!― と 夢を斬る深い嵐 俺をつつんでも 少しだけ身をふるわせ 睨みつけて歩こうか  果てしなく続く 長い人生(たび)で 幾つかの悲しみ 置き忘れても ひたむきに 燃えながら 果てしなく続く 長い人生で 幾つかの悲しみ 置き忘れてもCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼その時俺は夢の中 道は空へゆれていた 風は向きを変えながら 俺の顔色を見る 風よおまえに抱かれて 空から見おろせば 顔をゆがませ歯をくいしばる 俺が歩いてた  渇いた口に 叫ぶことばは 大地のざわめきに 消えるけど ひたむきに 燃えながら  いつしか俺は砂塵の中 ひとり荒野をめざしてた 何処かで誰かが俺を呼ぶ ― 静かな生活に戻れ!― と 夢を斬る深い嵐 俺をつつんでも 少しだけ身をふるわせ 睨みつけて歩こうか  果てしなく続く 長い人生(たび)で 幾つかの悲しみ 置き忘れても ひたむきに 燃えながら 果てしなく続く 長い人生で 幾つかの悲しみ 置き忘れても
告白あなたとみつめあうのは ひと前でするキスに似て 禁じられてはいないのに なぜかうろたえてしまう  髪は少し乱れてた 瞳は悲しそうだった だけど確かに微笑んでた つらい恋も知ってるひと  あの夜から僕はうまく眠れない あなたにすべてが傾いている 隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられない  あなたがそばにいるだけ それだけで縛られるから いつもと違う僕になる 月も氷の冷たさ  そして僕を苦しめる あざやかなその美しさ あなたのそばの人達に 意味もなく僕は嫉妬する  あの夜から夢も迷うものばかり あなたに意識がすいこまれてく 忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えない  忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えないCHAGE and ASKA青木せい子CHAGE十川知司あなたとみつめあうのは ひと前でするキスに似て 禁じられてはいないのに なぜかうろたえてしまう  髪は少し乱れてた 瞳は悲しそうだった だけど確かに微笑んでた つらい恋も知ってるひと  あの夜から僕はうまく眠れない あなたにすべてが傾いている 隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられない  あなたがそばにいるだけ それだけで縛られるから いつもと違う僕になる 月も氷の冷たさ  そして僕を苦しめる あざやかなその美しさ あなたのそばの人達に 意味もなく僕は嫉妬する  あの夜から夢も迷うものばかり あなたに意識がすいこまれてく 忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えない  忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えない
告白(NOT AT ALL)あなたとみつめあうのは ひと前でするキスに似て 禁じられてはいないのに なぜかうろたえてしまう  髪は少し乱れてた 瞳は悲しそうだった だけど確かに微笑んでた つらい恋も知ってるひと  あの夜から僕はうまく眠れない あなたにすべてが傾いている  隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられない  忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えない  隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられないCHAGE and ASKA青木せい子CHAGEあなたとみつめあうのは ひと前でするキスに似て 禁じられてはいないのに なぜかうろたえてしまう  髪は少し乱れてた 瞳は悲しそうだった だけど確かに微笑んでた つらい恋も知ってるひと  あの夜から僕はうまく眠れない あなたにすべてが傾いている  隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられない  忘れるにはとても愛しすぎたから 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 僕には見えない  隠すのはとても無理になっている 黙って聞いて欲しい あなたのことしかもう 考えられない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
心のボール空高く蹴り上げた ボールが落ちて来るまで  少しだけ夢を見た 幼い日の夢  想い出は 螺旋の風 訳もなく 涙が降るよ 胸の中  だけどほら 人はほら 未来に生きてる  ひらがなを ほどいたら やさしい愛を つないだ  歩き出す 街並は 時代の服を着た  やすらぎは 故郷の空 跳ねて行く 心のボール 確かめて  いつもほら 人はほら 未来に生きてる  君はほら 僕はほら 未来に生きてる  いつもほら 人はほら 未来に生きてるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼近藤敬三空高く蹴り上げた ボールが落ちて来るまで  少しだけ夢を見た 幼い日の夢  想い出は 螺旋の風 訳もなく 涙が降るよ 胸の中  だけどほら 人はほら 未来に生きてる  ひらがなを ほどいたら やさしい愛を つないだ  歩き出す 街並は 時代の服を着た  やすらぎは 故郷の空 跳ねて行く 心のボール 確かめて  いつもほら 人はほら 未来に生きてる  君はほら 僕はほら 未来に生きてる  いつもほら 人はほら 未来に生きてる
この愛のために少しイケテルと 思うと決まって 津波のように さらわれる未来さ  もういいかげんに 焦ることはない 大事なものが 変わってきた  すべてはお前と この愛のために 溺れてみるなら この愛のなかで  nobody but you いつか 胸を満たしてた夢まで戻れそうだ 夜明けに俺を 紅く俺を染めるのはお前しかいない  ふたりは小さな 複数だけれど oh とても大きな勇気になれる  すべてはお前と この愛のために 寂しくなるなら この愛のなかで yeah  nobody but you あれは あの日消し忘れた灯りか太陽か ここから俺を 遠く俺を照らすのはお前しかいない  この愛のために この愛のために  nobody but you いつか 胸を満たしてた夢まで戻れそうだ 夜明けに俺を 紅く俺を染めるのはお前しかいない  あれは あの日消し忘れた灯りか太陽か ここから俺を 遠く俺を照らすのはお前しかいないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼十川知司少しイケテルと 思うと決まって 津波のように さらわれる未来さ  もういいかげんに 焦ることはない 大事なものが 変わってきた  すべてはお前と この愛のために 溺れてみるなら この愛のなかで  nobody but you いつか 胸を満たしてた夢まで戻れそうだ 夜明けに俺を 紅く俺を染めるのはお前しかいない  ふたりは小さな 複数だけれど oh とても大きな勇気になれる  すべてはお前と この愛のために 寂しくなるなら この愛のなかで yeah  nobody but you あれは あの日消し忘れた灯りか太陽か ここから俺を 遠く俺を照らすのはお前しかいない  この愛のために この愛のために  nobody but you いつか 胸を満たしてた夢まで戻れそうだ 夜明けに俺を 紅く俺を染めるのはお前しかいない  あれは あの日消し忘れた灯りか太陽か ここから俺を 遠く俺を照らすのはお前しかいない
この恋おいらのからまわりもどっていいよ 強がりじゃない あいつのところへさ おいらはいいよ なぐさめ役で 通した恋だった 別れたばかりの 重い荷物を しょったおまえを 駆け足で引きずり 連れだそうとしたおいら  力まかせに愛したけれども 影は消えず この恋おいらのからまわり  寒がらないで 帰ってゆけよ 裸身のまんまで きっとあいつも おまえのこと 待ってるはずだから おいらはいつでも おまえの前では 陽気に振舞い おまえが笑えば それで満足していた  おいらの心で 傷が癒えればと思っていたが この恋おいらのからまわり  おいらはいいよ 傷はそんなに 深くはないから おまえがおいら いたわることが なおさらみじめにさせる 別れたばかりの 重い荷物を しょったおまえを 駆け足で引きずり 連れだそうとしたおいら  力まかせに愛したけれども 影は消えず この恋おいらのからまわりCHAGE and ASKA松井五郎飛鳥涼もどっていいよ 強がりじゃない あいつのところへさ おいらはいいよ なぐさめ役で 通した恋だった 別れたばかりの 重い荷物を しょったおまえを 駆け足で引きずり 連れだそうとしたおいら  力まかせに愛したけれども 影は消えず この恋おいらのからまわり  寒がらないで 帰ってゆけよ 裸身のまんまで きっとあいつも おまえのこと 待ってるはずだから おいらはいつでも おまえの前では 陽気に振舞い おまえが笑えば それで満足していた  おいらの心で 傷が癒えればと思っていたが この恋おいらのからまわり  おいらはいいよ 傷はそんなに 深くはないから おまえがおいら いたわることが なおさらみじめにさせる 別れたばかりの 重い荷物を しょったおまえを 駆け足で引きずり 連れだそうとしたおいら  力まかせに愛したけれども 影は消えず この恋おいらのからまわり
琥珀色の情景木の葉が舞い落ちる 西陽のあたる部屋で 虚ろな時間のなか ゆり椅子にひとり 過ぎた日々は 想い出の中 めぐりあいは 時の悪戯 そんな恋だと我が心に 言い聞かせたはずなのに ああ 新しい恋を 拾おうとする度に 忘れた「あの人」を いつも想い出す  ただひとりを 恋するゆえに 何もかもを捨てた 一途な日よ 「あの人」の愛の言葉 聞けないままだったね ああ 新しい恋を 拾おうとする度に 忘れた「あの人」が いつもよみがえるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼木の葉が舞い落ちる 西陽のあたる部屋で 虚ろな時間のなか ゆり椅子にひとり 過ぎた日々は 想い出の中 めぐりあいは 時の悪戯 そんな恋だと我が心に 言い聞かせたはずなのに ああ 新しい恋を 拾おうとする度に 忘れた「あの人」を いつも想い出す  ただひとりを 恋するゆえに 何もかもを捨てた 一途な日よ 「あの人」の愛の言葉 聞けないままだったね ああ 新しい恋を 拾おうとする度に 忘れた「あの人」が いつもよみがえる
今宵二人でX'mas淡いシャンペンのグラス鳴らして 始まるパーティ キャンドルライトに灯りともした 12月のごきげんな夜 着飾るハートに嘘はないけど 輝きたいね だけどあの娘は僕のあの娘は ライバルたちにかこまれていた Oh, tonight  今宵二人でX'mas 夢を描いてたのに スローバラードでアイツと踊るあの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに そこだけが色づいて見えたよ  誰のため息か曇ったガラス 指でこすって 鏡がわりに映したのは 僕のしらけたネクタイ姿 Oh, tonight  今宵二人でX'mas 夢を描いていたのに チャンスひとつくれないままであの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに 平気そうな顔をして見せたよ  今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに 大事なシナリオを変えてしまったあの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに サンタクロースあきらめた僕だよ  La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas 大事なシナリオを変えてしまったあの娘 La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas サンタクロースあきらめた僕だよ La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas La la la… La la la…CHAGE and ASKA澤地隆CHAGE淡いシャンペンのグラス鳴らして 始まるパーティ キャンドルライトに灯りともした 12月のごきげんな夜 着飾るハートに嘘はないけど 輝きたいね だけどあの娘は僕のあの娘は ライバルたちにかこまれていた Oh, tonight  今宵二人でX'mas 夢を描いてたのに スローバラードでアイツと踊るあの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに そこだけが色づいて見えたよ  誰のため息か曇ったガラス 指でこすって 鏡がわりに映したのは 僕のしらけたネクタイ姿 Oh, tonight  今宵二人でX'mas 夢を描いていたのに チャンスひとつくれないままであの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに 平気そうな顔をして見せたよ  今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに 大事なシナリオを変えてしまったあの娘 今宵二人でX'mas 過ごすはずだったのに サンタクロースあきらめた僕だよ  La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas 大事なシナリオを変えてしまったあの娘 La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas サンタクロースあきらめた僕だよ La la la la la la la X'mas La la la la la la la X'mas La la la… La la la…
今夜ちょっとさ一度ふくれたら もう言葉じゃ追えない 僕の愛する分だけ 君は強いけど  人が言うほどは 僕は不器用じゃなくて ほんのタイミング ねらって君の膝のうえ  君の膝で 角を曲がって 赤い屑かごに ほっと溜め息投げる  霧が晴れたら 僕の番だよ 今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  何度場所を決めても 朝は鍵を捜しちゃう 楽なことだと言うけど 僕には無理みたい  離れて暮らすのは もう不自然じゃないか ほんのタイミング ねらってずっと僕のもの  君の膝で 今日が終わりそう 回す両手はドーナッツより甘く  これは宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  君の膝に 貼りついたまま 僕はエジプトの まるで壁画のようさ  これは 宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  これは 宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢までCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼一度ふくれたら もう言葉じゃ追えない 僕の愛する分だけ 君は強いけど  人が言うほどは 僕は不器用じゃなくて ほんのタイミング ねらって君の膝のうえ  君の膝で 角を曲がって 赤い屑かごに ほっと溜め息投げる  霧が晴れたら 僕の番だよ 今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  何度場所を決めても 朝は鍵を捜しちゃう 楽なことだと言うけど 僕には無理みたい  離れて暮らすのは もう不自然じゃないか ほんのタイミング ねらってずっと僕のもの  君の膝で 今日が終わりそう 回す両手はドーナッツより甘く  これは宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  君の膝に 貼りついたまま 僕はエジプトの まるで壁画のようさ  これは 宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで  これは 宇宙の決まりだからさ  今夜ちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで だからさちょっとさ 抱かれて欲しいよ 夢まで
御意見無用退屈すぎる生活(くらし)にあきたら ひとりでふらり 旅に出てみよう 初めての風に逢い 何かが変わればいいのさ どこへでも 流されよう  俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  都会の流れを横目で追い越し 気まぐれ者と笑う奴らの 色あせた影を踏み 無言のあいさつ交わすさ どこへでも 流されよう  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさCHAGE and ASKA阿里そのみCHAGE退屈すぎる生活(くらし)にあきたら ひとりでふらり 旅に出てみよう 初めての風に逢い 何かが変わればいいのさ どこへでも 流されよう  俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  都会の流れを横目で追い越し 気まぐれ者と笑う奴らの 色あせた影を踏み 無言のあいさつ交わすさ どこへでも 流されよう  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ
御意見無用'82俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  退屈すぎる生活(くらし)にあきたら ひとりでふらり旅に出てみよう 初めての風に逢い 何かが変わればいいのさ  どこへでも流されよう 俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  都会の流れを横目で追い越し 気まぐれ者と笑う奴らの 色あせた影を踏み 無言のあいさつ交わすさ  どこへでも流されよう 俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさCHAGE and ASKA阿里そのみCHAGE俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  退屈すぎる生活(くらし)にあきたら ひとりでふらり旅に出てみよう 初めての風に逢い 何かが変わればいいのさ  どこへでも流されよう 俺は俺 今日は今日 もうあせらず 次の町へ向かおう  都会の流れを横目で追い越し 気まぐれ者と笑う奴らの 色あせた影を踏み 無言のあいさつ交わすさ  どこへでも流されよう 俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ  俺は俺 今日は今日 もう二度とは 嘆くこともないのさ
砂漠のイリュージョン紅なら赤がいい つかむ薔薇の棘に 落ちた女の色がいい  どうやら恋ならば あなたへ傾いた 夜のめまいに運ばれて  ガラスの都会に砂漠のイリュージョン スローな吐息をおよいで そんなかすかな余韻に夢見てる  波打つざわめきに からだを包まれて 白いシーツに決め言葉  心は恋じたく まばたきするごとに 触れる唇終わらない  ガラスの指先 素肌をかすめて せつなさ過ぎたらあぶない ただのあやとり遊びに火がついた  ガラスの都会に砂漠のイリュージョン スローな吐息をおよいで そんなかすかな余韻に夢見てるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼紅なら赤がいい つかむ薔薇の棘に 落ちた女の色がいい  どうやら恋ならば あなたへ傾いた 夜のめまいに運ばれて  ガラスの都会に砂漠のイリュージョン スローな吐息をおよいで そんなかすかな余韻に夢見てる  波打つざわめきに からだを包まれて 白いシーツに決め言葉  心は恋じたく まばたきするごとに 触れる唇終わらない  ガラスの指先 素肌をかすめて せつなさ過ぎたらあぶない ただのあやとり遊びに火がついた  ガラスの都会に砂漠のイリュージョン スローな吐息をおよいで そんなかすかな余韻に夢見てる
Something ThereI'm so alone in a crowd and cry Too many tears Just like a child who's lost I became a prisoner of my fears  People come, people go They are hiding in shadows, Hiding in dreams  Moving in, moving out They are nothing but strangers, Strangers as it seems  My paper heart is so easily torn Again and again I never know what the reason may be It just doesn't end  There's a sound in the air While the time goes on slipping, Slipping away  In the air, it is everywhere,  nowhere, somewhere So I'm gonna have to say  Why (Is it there) Tell me why (Is it there) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why) I feel there may be something there I feel there may be someone there  Sometimes a ship's gotta break every chain To go to sea I'm getting on, I'm getting on,getting on I want a love to set me free  Take a chance, take a stand There's a destiny, waiting on a train And your kiss,it is everywhere, nowhere,  somewhere It is warmer than rain  Why (Is it there) Tell me why (Is it there) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why) And when I'm wounded in the heart That's when I play my greatest part  Come on, come on, come on Cover me tonight Come on, come on, come on I'm gonna make it right  You Know that I try, and I try and I try  Why (Tell me now) Tell me why (Tell me how) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why)  Maybe somewhere (Tell me why) Maybe someaway (Tell me why) Gonna find something to set me free (Do you ever wonder why) I don't know what it's gonna be Somebody tell me why (Somebody tell me why)  I feel there may be something there I feel there may be someone thereCHAGE and ASKA飛鳥涼・英訳詞:CharlieMidnight飛鳥涼ASKA・松本晃彦I'm so alone in a crowd and cry Too many tears Just like a child who's lost I became a prisoner of my fears  People come, people go They are hiding in shadows, Hiding in dreams  Moving in, moving out They are nothing but strangers, Strangers as it seems  My paper heart is so easily torn Again and again I never know what the reason may be It just doesn't end  There's a sound in the air While the time goes on slipping, Slipping away  In the air, it is everywhere,  nowhere, somewhere So I'm gonna have to say  Why (Is it there) Tell me why (Is it there) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why) I feel there may be something there I feel there may be someone there  Sometimes a ship's gotta break every chain To go to sea I'm getting on, I'm getting on,getting on I want a love to set me free  Take a chance, take a stand There's a destiny, waiting on a train And your kiss,it is everywhere, nowhere,  somewhere It is warmer than rain  Why (Is it there) Tell me why (Is it there) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why) And when I'm wounded in the heart That's when I play my greatest part  Come on, come on, come on Cover me tonight Come on, come on, come on I'm gonna make it right  You Know that I try, and I try and I try  Why (Tell me now) Tell me why (Tell me how) I don't ever wanna say good-bye (Do you ever wonder why) As I look into an empty sky Somebody tell me why (Somebody tell me why)  Maybe somewhere (Tell me why) Maybe someaway (Tell me why) Gonna find something to set me free (Do you ever wonder why) I don't know what it's gonna be Somebody tell me why (Somebody tell me why)  I feel there may be something there I feel there may be someone there
SOME DAY二人 風の音聞いてた 草の葉が寄り添う音  確か遠く出会った日も 風の中ただよってた  あれから何が僕らを変えただろう あのとき誰が行き先を知っていただろう  泣いてた夜も 迷ったあの朝も きっと SOME DAY 思い出せる その人と  It's a long way to you It's a long way to love  今は僕も 旅のまだ途中を歩いてる 右手には青い夢と 熱い野心と  少し君は 少しきのうよりも大人びて 穏やかに微笑んでる そんな気がする  人の優しさ僕らは感じてたい 人の痛みは忘れない 忘れたくない  はかない夏も 無口なあの冬も ずっと SOME DAY 覚えていて あの空も  It's a long way to you It's a long way to love  二人 風の音聞いてた きっと SOME DAY 抱いていたい この愛を  It's a long way to you It's a long way to dream It's a long way to loveCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEBLACK EYES・村上啓介二人 風の音聞いてた 草の葉が寄り添う音  確か遠く出会った日も 風の中ただよってた  あれから何が僕らを変えただろう あのとき誰が行き先を知っていただろう  泣いてた夜も 迷ったあの朝も きっと SOME DAY 思い出せる その人と  It's a long way to you It's a long way to love  今は僕も 旅のまだ途中を歩いてる 右手には青い夢と 熱い野心と  少し君は 少しきのうよりも大人びて 穏やかに微笑んでる そんな気がする  人の優しさ僕らは感じてたい 人の痛みは忘れない 忘れたくない  はかない夏も 無口なあの冬も ずっと SOME DAY 覚えていて あの空も  It's a long way to you It's a long way to love  二人 風の音聞いてた きっと SOME DAY 抱いていたい この愛を  It's a long way to you It's a long way to dream It's a long way to love
さようならの幸せこんなにも 愛しすぎて さよならが 言えない 熱い額に 手をあてたまま 動けない 哀しい影 もう少し 側に居れたら 淋しさも 見えたはず 僕がとても 幸せだから 君もそうだと思っていた 季節の中に漂う 二人の忘れ物 最後まで君は 自分を責めながら 愛を放した  わかってる わかってるつもり ささやかな 思い違い だけど僕の 言いそびれた 言葉の数 知って欲しい ひとつ ひとつを今は 確かめることばかり もう 君は愛を 別れることでしか あらわせなかった Oh Oh 君と僕の さようならの幸せ Oh Oh 君と僕の さようならの幸せCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼こんなにも 愛しすぎて さよならが 言えない 熱い額に 手をあてたまま 動けない 哀しい影 もう少し 側に居れたら 淋しさも 見えたはず 僕がとても 幸せだから 君もそうだと思っていた 季節の中に漂う 二人の忘れ物 最後まで君は 自分を責めながら 愛を放した  わかってる わかってるつもり ささやかな 思い違い だけど僕の 言いそびれた 言葉の数 知って欲しい ひとつ ひとつを今は 確かめることばかり もう 君は愛を 別れることでしか あらわせなかった Oh Oh 君と僕の さようならの幸せ Oh Oh 君と僕の さようならの幸せ
さよならは踊る終わりにしようなんて おもしろいジョークだね 可笑しすぎて涙が 止まらないくらい どうしよう  三日月の甘い夜に さよならは踊る こんなはずじゃなかったと そしてわたしは笑ってうつむいて  それにしても偶然 星よりきれいな涙を 用意してた…  微笑んでみせた理由 今さら聞かないでよ 強がりは生まれつき 嘘が下手なのも前から  ため息で飾る夜に さよならは踊る そんな予感がしたから わざとあなたの好きな服着て来た  それにしても偶然 星よりきれいな涙を 用意してた…CHAGE and ASKA澤地隆CHAGE終わりにしようなんて おもしろいジョークだね 可笑しすぎて涙が 止まらないくらい どうしよう  三日月の甘い夜に さよならは踊る こんなはずじゃなかったと そしてわたしは笑ってうつむいて  それにしても偶然 星よりきれいな涙を 用意してた…  微笑んでみせた理由 今さら聞かないでよ 強がりは生まれつき 嘘が下手なのも前から  ため息で飾る夜に さよならは踊る そんな予感がしたから わざとあなたの好きな服着て来た  それにしても偶然 星よりきれいな涙を 用意してた…
36度線−1995夏−紅いお日様が 海に浸かるころ 紅茶のティーバッグを カップに沈めてた 僕の地球儀は もう使えなくて ただ部屋のスイッチで 朝と夜とを行った 36度線のベルトの下あたりじゃ 誰もが 流行のように 上書き されあってる  忘れ物が 見つからない 放課後の 寂しさがした カップの中の 海を揺らした 色が深くなり 心は沸いた  街ですれ違う 若い人たちは みんなタレントさんで 茶色の髪してた 36度線のベルトの下あたりじゃ 誰もが 自分らしさを 誰かで計ってる  僕のままで 横たわる ジーンズはいて 歌を歌った カップの中の 朝日をあげる そんなフレーズに 憧れてみた  忘れ物が 見つからない 放課後の 寂しさがした カップの中の 海を揺らした 色が深くなり 心は沸いた  僕のままで 横たわる ジーンズはいて 歌を歌った カップの中の 朝日をあげる そんなフレーズに 憧れてみたCHAGE and ASKAASKAASKA澤近泰輔紅いお日様が 海に浸かるころ 紅茶のティーバッグを カップに沈めてた 僕の地球儀は もう使えなくて ただ部屋のスイッチで 朝と夜とを行った 36度線のベルトの下あたりじゃ 誰もが 流行のように 上書き されあってる  忘れ物が 見つからない 放課後の 寂しさがした カップの中の 海を揺らした 色が深くなり 心は沸いた  街ですれ違う 若い人たちは みんなタレントさんで 茶色の髪してた 36度線のベルトの下あたりじゃ 誰もが 自分らしさを 誰かで計ってる  僕のままで 横たわる ジーンズはいて 歌を歌った カップの中の 朝日をあげる そんなフレーズに 憧れてみた  忘れ物が 見つからない 放課後の 寂しさがした カップの中の 海を揺らした 色が深くなり 心は沸いた  僕のままで 横たわる ジーンズはいて 歌を歌った カップの中の 朝日をあげる そんなフレーズに 憧れてみた
Sons and Daughters ~それより僕が伝えたいのは~雨にも風にも 負けない心で 涙も見せずに 生きて行くのは哀しい  僕から君へと 伝えたいのは 愛の強さや 恋の魔法や 残した夢の つづきじゃなく  帽子の向こうで 息を読まれては ひとり空に見送った あの夏  楽しいときにも (どんなときも) 寂しいときにも (すべての君を) うつして欲しいな 一緒に風邪をひくように  誰にもあるけど(きっと) 誰にもないような 命の海に 君を浮かべて 水平線の両手をまねて  君はいつでも 知らん顔して ひとり夢の音域を  風 薫 海 航 空 翔 伝えたいのは あの日の夏 君を抱きながら 僕を抱いている いつか来た道で 思い出したい あの日の僕  風 薫 海 航 空 翔  君を抱きながら 僕を抱いている いつか来た道で 思い出したい あの日の僕  風 薫 海 航 空 翔CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼雨にも風にも 負けない心で 涙も見せずに 生きて行くのは哀しい  僕から君へと 伝えたいのは 愛の強さや 恋の魔法や 残した夢の つづきじゃなく  帽子の向こうで 息を読まれては ひとり空に見送った あの夏  楽しいときにも (どんなときも) 寂しいときにも (すべての君を) うつして欲しいな 一緒に風邪をひくように  誰にもあるけど(きっと) 誰にもないような 命の海に 君を浮かべて 水平線の両手をまねて  君はいつでも 知らん顔して ひとり夢の音域を  風 薫 海 航 空 翔 伝えたいのは あの日の夏 君を抱きながら 僕を抱いている いつか来た道で 思い出したい あの日の僕  風 薫 海 航 空 翔  君を抱きながら 僕を抱いている いつか来た道で 思い出したい あの日の僕  風 薫 海 航 空 翔
the corner妙にのれないことばかりで 風の匂いや消えてきた 空模様で 傘なんか持つようになった  少しばかり広い通りに 歩き慣れた気もしてる しゃがみこんだ 人の理由も抱ける  やけにルールな人達が 割れ物注意のテープを配る  愛する人に愛されて ベッドに夢を乗せられて 決まった場所で眠るなら ここを 角を曲がろう  透明なものを欲しがるくせに 見えないところへ行きたがる 霧に浮かんだ 朝の遊園地のような・・・・  賭けをしたいなら呼んでくれ あてにされるのは 悪いもんじゃない  間違うはずのないものを 退屈なほど望まれて 利き手で事が済むならば ここを 角を曲がろう  俺は今 心の体温を 上げることでいっぱいだ  愛する人に愛されて ベッドに夢を乗せられて 決まった場所で眠るなら  ここを 角を ここを 角を曲がろうCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼妙にのれないことばかりで 風の匂いや消えてきた 空模様で 傘なんか持つようになった  少しばかり広い通りに 歩き慣れた気もしてる しゃがみこんだ 人の理由も抱ける  やけにルールな人達が 割れ物注意のテープを配る  愛する人に愛されて ベッドに夢を乗せられて 決まった場所で眠るなら ここを 角を曲がろう  透明なものを欲しがるくせに 見えないところへ行きたがる 霧に浮かんだ 朝の遊園地のような・・・・  賭けをしたいなら呼んでくれ あてにされるのは 悪いもんじゃない  間違うはずのないものを 退屈なほど望まれて 利き手で事が済むならば ここを 角を曲がろう  俺は今 心の体温を 上げることでいっぱいだ  愛する人に愛されて ベッドに夢を乗せられて 決まった場所で眠るなら  ここを 角を ここを 角を曲がろう
THE TIMEどんな大事なことも どんな馬鹿げたことも 今日のいま このためと言える きっと言える  入るとはみ出る 小部屋の中で 見張りも逃げそうな 音出して  パズルのような言葉を並べただけで 明日のチャイムを押してた  互いに持ち寄る 楽器の側で いつかは燃えそうな 夢を見た  砂漠の蜃気楼で木を見つけ出す夜は 深いところに眠る水を呼び起こす 何処まで追いかけようか  どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言える  いつしか僕らも 若いつもりが 全てに答え せまられてる  行方不明の靴の足音聞いた夜は ガムを包んだ紙に銀の詩残す 何処まで追いかけようか  どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言える  The time is now. So Come Come Come Come alive. Live Live Live your life.  どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも 今日のいま このためと言える きっと言える  どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言えるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも 今日のいま このためと言える きっと言える  入るとはみ出る 小部屋の中で 見張りも逃げそうな 音出して  パズルのような言葉を並べただけで 明日のチャイムを押してた  互いに持ち寄る 楽器の側で いつかは燃えそうな 夢を見た  砂漠の蜃気楼で木を見つけ出す夜は 深いところに眠る水を呼び起こす 何処まで追いかけようか  どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言える  いつしか僕らも 若いつもりが 全てに答え せまられてる  行方不明の靴の足音聞いた夜は ガムを包んだ紙に銀の詩残す 何処まで追いかけようか  どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言える  The time is now. So Come Come Come Come alive. Live Live Live your life.  どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも 今日のいま このためと言える きっと言える  どんな大事なことも どんな馬鹿げたことも どんな素敵なことも どんな皮肉なことも 今日のいま このためと言える きっと言える
The RiverI'm not gonna ask you Just how much you do believe Or how long this will last I wouldn't want to Be the one to tie you down We all know thats in the past  Don't keep it all inside When you say you're lonely It's sometimes easier to walk away  But it's natural Only natural They're just feelings Let them flow  Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit free  I won't say forever Cos forever never knows But together we are strong  If you ever need me Then I'll always be around To let you know where you belong  Don't keep it all inside Take me to the river I wanna be the one To understand  Cos it's natural Only natural They're just feelings Let them flow Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit free  I'll be there To wrap myself around you girl Be your shelter from the storm  I'll be there Always and forever girl To keep our love safe and warm  Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit freeCHAGE and ASKARyo AskaRyo AskaI'm not gonna ask you Just how much you do believe Or how long this will last I wouldn't want to Be the one to tie you down We all know thats in the past  Don't keep it all inside When you say you're lonely It's sometimes easier to walk away  But it's natural Only natural They're just feelings Let them flow  Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit free  I won't say forever Cos forever never knows But together we are strong  If you ever need me Then I'll always be around To let you know where you belong  Don't keep it all inside Take me to the river I wanna be the one To understand  Cos it's natural Only natural They're just feelings Let them flow Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit free  I'll be there To wrap myself around you girl Be your shelter from the storm  I'll be there Always and forever girl To keep our love safe and warm  Let me take you to the river Where dreams flow to the sea Throw your soul out on the water And set your spirit free
SHAKIN' NIGHT暮れ行く街並 見おろしながら 待つ身の辛さに イライラしてる 早く此処へ 訪ねてくれよ たいくつなこの部屋に ひとり  あいつが このドア 触れた時から となえた呪文は 朝まで消えない 早く此処へ 訪ねてくれよ とびきりのいい夢に もぐり込んで  ようこそこそ ようこそ此処まで Let's happy night Let's happy night  ようこそこそ ようこそ此処まで Shakin' Shakin' Shakin' Night ロマンティックに Welcome to the dream one night show  最初のキスなら 触れるくらいで それから それから それから チャッ チャッ チャッ 早く此処まで 訪ねてくれよ からだなら オクターブ熱いまんま  ようこそこそ ようこそ此処まで Let's happy night Let's happy night ようこそこそ ようこそ此処まで Shakin' Shakin' Shakin' Night ロマンティックに Welcome to the dream one night showCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼暮れ行く街並 見おろしながら 待つ身の辛さに イライラしてる 早く此処へ 訪ねてくれよ たいくつなこの部屋に ひとり  あいつが このドア 触れた時から となえた呪文は 朝まで消えない 早く此処へ 訪ねてくれよ とびきりのいい夢に もぐり込んで  ようこそこそ ようこそ此処まで Let's happy night Let's happy night  ようこそこそ ようこそ此処まで Shakin' Shakin' Shakin' Night ロマンティックに Welcome to the dream one night show  最初のキスなら 触れるくらいで それから それから それから チャッ チャッ チャッ 早く此処まで 訪ねてくれよ からだなら オクターブ熱いまんま  ようこそこそ ようこそ此処まで Let's happy night Let's happy night ようこそこそ ようこそ此処まで Shakin' Shakin' Shakin' Night ロマンティックに Welcome to the dream one night show
失恋男のモンタージュ枕のかわりのクッションに きつく顔をうずめて 言葉にならない声が 身体までねじらせる 朝から朝まで 恋は苦しいね  こだわりつづけたコンプレックス 打ち勝つことも出来ず 性懲りもなく繰り返し 涙を流すパターン KA・KA・KA・KA 悲しい 恋の巡礼  ハートの中に こぬか雨が降る どうしょうもない どうしょうもないけれど けれど 眠れば想い出す Want you オッ、オッ、オッ!  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃ  キュンと締まるような胸で 夜の峠を越して うさぎの目をした Bad Morning その姿なら変わらない 幾つになっても 恋は切ないね  “あなたはとてもいい人よ 心やさしい人よ” そこから先は言わないで 百万聞いたセリフ KA・KA・KA・KA 悲しい 恋の途中下車  ハートを壊す 鐘が鳴り響く どうしょうもない どうしょうもないけれど けれど ないものねだりの Want you オッ、オッ、オッ!  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃ  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼枕のかわりのクッションに きつく顔をうずめて 言葉にならない声が 身体までねじらせる 朝から朝まで 恋は苦しいね  こだわりつづけたコンプレックス 打ち勝つことも出来ず 性懲りもなく繰り返し 涙を流すパターン KA・KA・KA・KA 悲しい 恋の巡礼  ハートの中に こぬか雨が降る どうしょうもない どうしょうもないけれど けれど 眠れば想い出す Want you オッ、オッ、オッ!  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃ  キュンと締まるような胸で 夜の峠を越して うさぎの目をした Bad Morning その姿なら変わらない 幾つになっても 恋は切ないね  “あなたはとてもいい人よ 心やさしい人よ” そこから先は言わないで 百万聞いたセリフ KA・KA・KA・KA 悲しい 恋の途中下車  ハートを壊す 鐘が鳴り響く どうしょうもない どうしょうもないけれど けれど ないものねだりの Want you オッ、オッ、オッ!  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃ  男だって泣きますよ 失恋って奴にゃ  男だって泣きますよ さよならって奴にゃ
シナリオ長い夜が 頬のしずくぬぐえないまま なにもかもを こわしたはずの ふたりなのに 今さみしさに 帰れる胸は ただひとつ  瞳を閉じて 悲しみのたびに 覚えたやさしさがあるから さあ あの頃のほほえみをもう一度  甘い声は いつか熱い吐息に変わり ガラスのように こわれたおまえを 抱きしめる 愛の強さ 忘れずにいた この腕で  さよならを 思い出さないで かわいた時間をかさねよう さあ 今夜こそぬくもりをはなさずに  瞳を閉じて 悲しみのたびに 覚えたやさしさがあるから さあ あの頃のほほえみをもう一度 さあ あの頃のほほえみをもう一度CHAGE and ASKA松井五郎飛鳥涼長い夜が 頬のしずくぬぐえないまま なにもかもを こわしたはずの ふたりなのに 今さみしさに 帰れる胸は ただひとつ  瞳を閉じて 悲しみのたびに 覚えたやさしさがあるから さあ あの頃のほほえみをもう一度  甘い声は いつか熱い吐息に変わり ガラスのように こわれたおまえを 抱きしめる 愛の強さ 忘れずにいた この腕で  さよならを 思い出さないで かわいた時間をかさねよう さあ 今夜こそぬくもりをはなさずに  瞳を閉じて 悲しみのたびに 覚えたやさしさがあるから さあ あの頃のほほえみをもう一度 さあ あの頃のほほえみをもう一度
SHINING DANCEイツモ イツモ ナニカニ オビエテ you're a cowardly ストレス ト プレッシャーガ カラミアウ complex カビノハエタヨウナ セリフデ everyone need love ウワメヅカイガ ウマイト ホメラレル  マヨナカノ テレビニモ ワラワレ ライターノ オイルモ キレテル カノジョハ アキレテ ネガエリヲウチ 3%ノ イイワケモ ウカバナイ  ジット ジット テヲ ナガメテタラ shining ユビノ スキマカラ ヒカリガ サシコム  ヒトリポッチニ ナリタクナケレバ ゴゼン3ジニ マホウヲ カケナサイ ミミモトデ ダレカガ ササヤク ハートノナカノ イタミヲ ハキダスンダ! ho* ho* ho* ho  ボルテージガ アガッテユクネ ホラ カラダガ リズム トッテル エガオハ ナンニチ ブリダイ? クエッションニハ コタエルナヨ オドリツヅケルンダ shining dance  マルイ マルイ オツキサマ ミテタ moonlight ユレテ last night blues イマダッタラ シンジテモ イイカナ UFOヲ  ヒトリポッチニ ナリタクナインダ ヨアケヲ オクラシテ クレルカイ? アシノウラデ ビートヲ カンジテ ダレノタメデモナイ アセヲ ナガスンダ hi* hi* hi* hi  ボルテージガ アガッテユクネ ホラ カラダガ リズム トッテル エガオハ ナンニチ ブリダイ? クエッションニハ コタエルナヨ オドリツヅケルンダCHAGE and ASKACHAGECHAGEイツモ イツモ ナニカニ オビエテ you're a cowardly ストレス ト プレッシャーガ カラミアウ complex カビノハエタヨウナ セリフデ everyone need love ウワメヅカイガ ウマイト ホメラレル  マヨナカノ テレビニモ ワラワレ ライターノ オイルモ キレテル カノジョハ アキレテ ネガエリヲウチ 3%ノ イイワケモ ウカバナイ  ジット ジット テヲ ナガメテタラ shining ユビノ スキマカラ ヒカリガ サシコム  ヒトリポッチニ ナリタクナケレバ ゴゼン3ジニ マホウヲ カケナサイ ミミモトデ ダレカガ ササヤク ハートノナカノ イタミヲ ハキダスンダ! ho* ho* ho* ho  ボルテージガ アガッテユクネ ホラ カラダガ リズム トッテル エガオハ ナンニチ ブリダイ? クエッションニハ コタエルナヨ オドリツヅケルンダ shining dance  マルイ マルイ オツキサマ ミテタ moonlight ユレテ last night blues イマダッタラ シンジテモ イイカナ UFOヲ  ヒトリポッチニ ナリタクナインダ ヨアケヲ オクラシテ クレルカイ? アシノウラデ ビートヲ カンジテ ダレノタメデモナイ アセヲ ナガスンダ hi* hi* hi* hi  ボルテージガ アガッテユクネ ホラ カラダガ リズム トッテル エガオハ ナンニチ ブリダイ? クエッションニハ コタエルナヨ オドリツヅケルンダ
焦燥つまずきながら 時が流れたそのあとで 冷たいくらい 君は優しいさよならを 言い残し街に消えた  ひとりよがりで 寂しがりやで 強がりで・・・・ どうかしてるのさ 僕は背中に手を振ると 青ざめて微笑む  死んでる心の行き場所が どこにも見つからない 愛に焦るほど 悩むほど 暗闇に落ちてゆく  何が理由で どちらのせいで いつからで・・・・ もうやめにするよ 僕は静かにうつむくと 吐くようにささやく  つたない心の置き場所が どこにも見つからない 愛に焦るほど 悩むほど 暗闇に落ちてゆく  愛に焦るほど 悔やむほど 暗闇で溺れるCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEつまずきながら 時が流れたそのあとで 冷たいくらい 君は優しいさよならを 言い残し街に消えた  ひとりよがりで 寂しがりやで 強がりで・・・・ どうかしてるのさ 僕は背中に手を振ると 青ざめて微笑む  死んでる心の行き場所が どこにも見つからない 愛に焦るほど 悩むほど 暗闇に落ちてゆく  何が理由で どちらのせいで いつからで・・・・ もうやめにするよ 僕は静かにうつむくと 吐くようにささやく  つたない心の置き場所が どこにも見つからない 愛に焦るほど 悩むほど 暗闇に落ちてゆく  愛に焦るほど 悔やむほど 暗闇で溺れる
少年吹けもしないトランペットを いつも僕はガラス越しにみつめてた あの頃 手のとどかないものだけが 輝いてみえていたよ うまくゆくと 夢は色あせるね コインの数で世界をみてしまうのさ 本当にほしい何かをさがしたい この夏を歩きだすよ  Bye Bye My Home Bye Bye My Town 心をとめられないのさ OK もう一度CHAGE and ASKA松井五郎CHAGE吹けもしないトランペットを いつも僕はガラス越しにみつめてた あの頃 手のとどかないものだけが 輝いてみえていたよ うまくゆくと 夢は色あせるね コインの数で世界をみてしまうのさ 本当にほしい何かをさがしたい この夏を歩きだすよ  Bye Bye My Home Bye Bye My Town 心をとめられないのさ OK もう一度
ショート・ショート皮肉ね わたしの言葉 今夜も裏返しで伝わる  バカだわ 愛してるのに 一人でタクシーつかまえたわ  気性の激しさで 損してばかりなのね そうよ かわいく拗ねられたなら  ショート・ショートね わたしの恋はいつも ショート・ショートで 今度の恋も終わりそう オシャレに 決め込むはずが やり場のないため息ついてる  なりふりかまわずに レンアイしてみたいわ ダメね 心は求めてるのに  ショート・ショートね わたしの恋はいつも ショート・ショートで 今度の恋も終わりそう 今さらあなたをさがす いやよこのまま会えないなんてCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE皮肉ね わたしの言葉 今夜も裏返しで伝わる  バカだわ 愛してるのに 一人でタクシーつかまえたわ  気性の激しさで 損してばかりなのね そうよ かわいく拗ねられたなら  ショート・ショートね わたしの恋はいつも ショート・ショートで 今度の恋も終わりそう オシャレに 決め込むはずが やり場のないため息ついてる  なりふりかまわずに レンアイしてみたいわ ダメね 心は求めてるのに  ショート・ショートね わたしの恋はいつも ショート・ショートで 今度の恋も終わりそう 今さらあなたをさがす いやよこのまま会えないなんて
シルバーパラダイス繰り出した街はまるで 星が降りたよう ビルや舗道 街路樹まで おしゃれきめてる  さりげなくキスしようって 誘いかけたら なにげなく うなずきそうな 魔法の一夜  正直なデジタルは 腕からはずすよ 台詞ならオルゴール 何度も歌うよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイス  君の手を仕舞い込んだ 僕のポケット 指の先を さがしたわけは リングのプレゼント  真夜中の宝石たち 眺めて歩こう パパやママや 最終電車 二人の外さ  抱きしめたシンデレラ シネマのようだよ 街中のエキストラ 見守るようだよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイス  抱きしめたシンデレラ シネマのようだよ 街中のエキストラ見守るようだよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイスCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼繰り出した街はまるで 星が降りたよう ビルや舗道 街路樹まで おしゃれきめてる  さりげなくキスしようって 誘いかけたら なにげなく うなずきそうな 魔法の一夜  正直なデジタルは 腕からはずすよ 台詞ならオルゴール 何度も歌うよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイス  君の手を仕舞い込んだ 僕のポケット 指の先を さがしたわけは リングのプレゼント  真夜中の宝石たち 眺めて歩こう パパやママや 最終電車 二人の外さ  抱きしめたシンデレラ シネマのようだよ 街中のエキストラ 見守るようだよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイス  抱きしめたシンデレラ シネマのようだよ 街中のエキストラ見守るようだよ  急がないで パラダイス 待ち望んだ パラダイス 季節ごと愛を仕掛ける シルバー・パラダイス
シングル・ベッドジェットの音で目覚めた朝は 昨夜(ゆうべ)のウォッカが頭で騒ぐ ブランケットがスルリと落ちて ため息で肩もガクリと落とす  テレフォン・ナンバー メモに残して 空港近くのホテルで待った シャワーのあとでくしゃみが2回 フロントにたのむコーヒー2杯  ダブル・ベッドに一人で寝たよ 雨音聞いて 寂しさ抱いて ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけて  南の海を見に行くのさと 強がり言ってとび出して来た コインが5枚カチャリと落ちて 受話器に目線をチラリと落とす  インフォメーション ロビーに響き フライト時刻がしだいにせまる 人まちがいで手を振る2回 手元に残ったチケット2枚  ダブル・ベッドに一人で寝たよ 冬に凍えて 悲しみ抱いて ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけて  ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけてCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEジェットの音で目覚めた朝は 昨夜(ゆうべ)のウォッカが頭で騒ぐ ブランケットがスルリと落ちて ため息で肩もガクリと落とす  テレフォン・ナンバー メモに残して 空港近くのホテルで待った シャワーのあとでくしゃみが2回 フロントにたのむコーヒー2杯  ダブル・ベッドに一人で寝たよ 雨音聞いて 寂しさ抱いて ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけて  南の海を見に行くのさと 強がり言ってとび出して来た コインが5枚カチャリと落ちて 受話器に目線をチラリと落とす  インフォメーション ロビーに響き フライト時刻がしだいにせまる 人まちがいで手を振る2回 手元に残ったチケット2枚  ダブル・ベッドに一人で寝たよ 冬に凍えて 悲しみ抱いて ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけて  ダブル・ベッドに一人で寝たよ おまえの場所を半分あけて
Sea of Gray今夜逢えなけりゃ 乾いちまう なんでこんなに 欲しいんだろう sometimes i get so afraid.  暗闇に浮かぶ階段を 激しい身振りで 駆け上がりたい there is no place to go.  俺の病める脳みそには カミソリがない 何処かでグレイの釘を叩き込まれてる  小さな紙のコップで ワインを飲むように 味気ない満足に慣れてる 銀の器を忘れてる  街の電光掲示を見上げたら 帳尻合わせの偉い人が捕まった everyone is so untrue.  デリケートな問題がデザートになる 女装の売春男が一生懸命になる  上手にスライスされて 並べられた真実さえも 全てを操っているような グレイの海に染められてる グレイの海に染められてる  苛立ちを押さえながら 与えられた時代を行く 湿ったビルから吹く風に 俺たちは海を泳いで行く  グレイの海を泳いで行く グレイの海を泳いで行く にがい鈍い光の中を行くCHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE・村上啓介今夜逢えなけりゃ 乾いちまう なんでこんなに 欲しいんだろう sometimes i get so afraid.  暗闇に浮かぶ階段を 激しい身振りで 駆け上がりたい there is no place to go.  俺の病める脳みそには カミソリがない 何処かでグレイの釘を叩き込まれてる  小さな紙のコップで ワインを飲むように 味気ない満足に慣れてる 銀の器を忘れてる  街の電光掲示を見上げたら 帳尻合わせの偉い人が捕まった everyone is so untrue.  デリケートな問題がデザートになる 女装の売春男が一生懸命になる  上手にスライスされて 並べられた真実さえも 全てを操っているような グレイの海に染められてる グレイの海に染められてる  苛立ちを押さえながら 与えられた時代を行く 湿ったビルから吹く風に 俺たちは海を泳いで行く  グレイの海を泳いで行く グレイの海を泳いで行く にがい鈍い光の中を行く
C-46懐かしい歌をレコードで 聴いてみたくなった 箱から取り出したとき あのカセットがあった  歪んだ音の透き間に 笑い声の君がいる 悪戯好きな君が録ったやつさ  何も知らずに 喋っている僕を ずっとずっと笑ってる  近くを通るといつだって 見上げてしまう 君もこんなふうに 想い出を見上げたかい  短いテープの中で 遠くを誓ってる 君の言う言葉通りに 僕がつづいている  あのときの約束とは 違うところにいるけど いつかどこかで 君の幸せに  出会ってみたいと 確かめてみたいと ずっとずっと 思ってる  あのとき僕らは どこまで離れたのかな いつものことだと どこかになかったかな  傷つけないよう 針をそっと下ろした 君と何度も 聴いた歌さ  近くを通るといつだって 見上げてしまう 君もこんなふうに 想い出を見上げたかい  あのとき僕らは どこまで離れたのかな いつものことだと どこかになかったかなCHAGE and ASKAASKAASKAASKA・鈴川夏樹・Paul O'Duffy・Richard Cottle懐かしい歌をレコードで 聴いてみたくなった 箱から取り出したとき あのカセットがあった  歪んだ音の透き間に 笑い声の君がいる 悪戯好きな君が録ったやつさ  何も知らずに 喋っている僕を ずっとずっと笑ってる  近くを通るといつだって 見上げてしまう 君もこんなふうに 想い出を見上げたかい  短いテープの中で 遠くを誓ってる 君の言う言葉通りに 僕がつづいている  あのときの約束とは 違うところにいるけど いつかどこかで 君の幸せに  出会ってみたいと 確かめてみたいと ずっとずっと 思ってる  あのとき僕らは どこまで離れたのかな いつものことだと どこかになかったかな  傷つけないよう 針をそっと下ろした 君と何度も 聴いた歌さ  近くを通るといつだって 見上げてしまう 君もこんなふうに 想い出を見上げたかい  あのとき僕らは どこまで離れたのかな いつものことだと どこかになかったかな
J's LIFE綺麗な涙だね このまま めぐわずに やさしい ゆびさきに 願いを込めてくれ  いつも 気まぐれに響く 言葉ばかりだけど うまく言えるなら I LOVE YOU  まじめな横顔は 5分と もたないさ ほほえみ 素敵 yeah yeah 本気でみつめたい  そばにおいで もう少し 心にふれるまで 君に さりげなく I LOVE YOUCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE綺麗な涙だね このまま めぐわずに やさしい ゆびさきに 願いを込めてくれ  いつも 気まぐれに響く 言葉ばかりだけど うまく言えるなら I LOVE YOU  まじめな横顔は 5分と もたないさ ほほえみ 素敵 yeah yeah 本気でみつめたい  そばにおいで もう少し 心にふれるまで 君に さりげなく I LOVE YOU
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Gently君のために 眠れぬ夜 あったことを話したなら 君は僕のために 涙流した事 話してくれるかな 愛をつなぎ 夢が叶い 心にかけたサングラスを 今はずして見つめたなら きっともっとそっとやさしくなれる  波の音がかすかに 聞こえた気がしたのは ふたりとも昨日より 素直な気持ちになれたから 僕のような君がいて 君のような僕がいる  どちらともなく たぶん同時に ここちよい愛をささやくはず  うなずく君 ときめく風 ほほえむ僕 はにかむ月 愛のメロディ奏でるから そっとそっと君に転がってゆけ  波の音はいつまでも ふたりの心で聞こえてる 流れ星が消えないうちに ひとりだけ願い事  僕のような君がいて 君のような僕がいる どちらともなく たぶん同時に ここちよい愛をささやくはず ささやくはずCHAGE and ASKACHAGECHAGE君のために 眠れぬ夜 あったことを話したなら 君は僕のために 涙流した事 話してくれるかな 愛をつなぎ 夢が叶い 心にかけたサングラスを 今はずして見つめたなら きっともっとそっとやさしくなれる  波の音がかすかに 聞こえた気がしたのは ふたりとも昨日より 素直な気持ちになれたから 僕のような君がいて 君のような僕がいる  どちらともなく たぶん同時に ここちよい愛をささやくはず  うなずく君 ときめく風 ほほえむ僕 はにかむ月 愛のメロディ奏でるから そっとそっと君に転がってゆけ  波の音はいつまでも ふたりの心で聞こえてる 流れ星が消えないうちに ひとりだけ願い事  僕のような君がいて 君のような僕がいる どちらともなく たぶん同時に ここちよい愛をささやくはず ささやくはず
自由DOWN TOWNに鐘が鳴る 夜明けを 霧がつつんで DOWN TOWNに鐘が鳴る 夢の絆は つまんだまま  DOWN TOWNいつの日にか 空が青く 澄むまで DOWN TOWN瞳閉じて あの人の 帰りを祈る  He Is Wandering In The Dark Regretting The Killings Hoping The Smile Will Never Fade Away Wandering In The Dark Wandering In The Dark Wandering In The Dark He Is Wandering In The Dark In The Dark  人々の願いに どうぞ耳を傾けて あの空の向こうに 自由が逃げて行くCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼DOWN TOWNに鐘が鳴る 夜明けを 霧がつつんで DOWN TOWNに鐘が鳴る 夢の絆は つまんだまま  DOWN TOWNいつの日にか 空が青く 澄むまで DOWN TOWN瞳閉じて あの人の 帰りを祈る  He Is Wandering In The Dark Regretting The Killings Hoping The Smile Will Never Fade Away Wandering In The Dark Wandering In The Dark Wandering In The Dark He Is Wandering In The Dark In The Dark  人々の願いに どうぞ耳を傾けて あの空の向こうに 自由が逃げて行く
swear容易いことだけ 手を伸ばしていたんだ 楽しいことだけ 足を向けていたんだ  煉瓦色の空しかない ペテン師の哲学さ 自由と気まま履き違えている  swear DA. DA. DA. DA. 今までの僕は きっとブリキの騎士  swear 罪のない嘘と 笑ってくれた君に 愛をswear  本当はいつだって 不安に見張られてた 告げた夢なんて とうに賞味期限切れてた  琥珀色の雨しかない 夕暮れの憂鬱さ 頬を濡らしてたのは 雨だけじゃない  swear DA. DA. DA. DA. 君が見てたのは 賭けのないルーレット  swear 回り始めたら シェルターよりも深い愛をswear  ah 左に見せかけて 右を叩き込んでみるよ ah 明日が歪むくらい ねじ切れるくらいのそんな強さだ  swear DA. DA. DA. DA. 今までの僕は きっとブリキの騎士  swear 罪のない嘘と 笑ってくれた君に 愛をswear 笑ってくれた君に 愛をswearCHAGE and ASKACHAGECHAGE西川進容易いことだけ 手を伸ばしていたんだ 楽しいことだけ 足を向けていたんだ  煉瓦色の空しかない ペテン師の哲学さ 自由と気まま履き違えている  swear DA. DA. DA. DA. 今までの僕は きっとブリキの騎士  swear 罪のない嘘と 笑ってくれた君に 愛をswear  本当はいつだって 不安に見張られてた 告げた夢なんて とうに賞味期限切れてた  琥珀色の雨しかない 夕暮れの憂鬱さ 頬を濡らしてたのは 雨だけじゃない  swear DA. DA. DA. DA. 君が見てたのは 賭けのないルーレット  swear 回り始めたら シェルターよりも深い愛をswear  ah 左に見せかけて 右を叩き込んでみるよ ah 明日が歪むくらい ねじ切れるくらいのそんな強さだ  swear DA. DA. DA. DA. 今までの僕は きっとブリキの騎士  swear 罪のない嘘と 笑ってくれた君に 愛をswear 笑ってくれた君に 愛をswear
好きになるそこへ行こうとするから いつも 水の中ではがれ落ちてく 紙のような 気持ちになる  今君をまた 恋を見つけて 砂時計を倒してる  好きになる そんな旅をはじめた 切り過ぎた前髪を悔やむ 君を好きになる  言葉を持て余す 沈黙がいやで ふたりの時間をキスで渡った 水の底 歩くように  今何を考えてるのって 君はよく聞くけれど…  好きになる そんな旅をはじめた 肩先を少しすくめる君を 君を好きになる  現在がすべてと思いたい 過去は嘘でもかまわない  君のこと… 君のこと…  好きになる そんな旅をはじめた 切り過ぎた前髪を悔やむ 君を好きになる  好きになる そんな旅をはじめた 水の中 もつれ合いながら 君を好きになるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼そこへ行こうとするから いつも 水の中ではがれ落ちてく 紙のような 気持ちになる  今君をまた 恋を見つけて 砂時計を倒してる  好きになる そんな旅をはじめた 切り過ぎた前髪を悔やむ 君を好きになる  言葉を持て余す 沈黙がいやで ふたりの時間をキスで渡った 水の底 歩くように  今何を考えてるのって 君はよく聞くけれど…  好きになる そんな旅をはじめた 肩先を少しすくめる君を 君を好きになる  現在がすべてと思いたい 過去は嘘でもかまわない  君のこと… 君のこと…  好きになる そんな旅をはじめた 切り過ぎた前髪を悔やむ 君を好きになる  好きになる そんな旅をはじめた 水の中 もつれ合いながら 君を好きになる
すごくこまるんだすごくこまるんだわかるけれど 胸に倒れこんできそうな まなざしが答えすぐに迫る 伸びる右手左手が止める ちょっと惜しいけどね  それはできないよ揺れるけれど もどかしげな野バラみたいな 開きかけたくちびるのかたち  僕の男試されてるようで これはかなり効くね  だけど醒めた僕の朝に きみの笑顔無邪気すぎる しんとしてる僕の迷路 きみの声は響きすぎる その先はさ あと一歩も とてもこまるんだ  味方の数の敵がいるから それが男だと思ってる ひとりきりになれる場所の鍵 なぜかいつも壊したがるんだ 女はだれだって  それは痛すぎるよちょっと待って 愛してると涙まじりに 言葉できみは銃を撃つから 3度ばかり体温が上がる  気持ちはいいけどね  いつのまにか縛りたがる 腕に腕をからめたがる そして僕は無口になる きっとすべて捨てたくなる わかるように 言えばつまり とてもこまるんだ  すごくあせるんだその角度は 危ないところに手が触れる かまわないわなんて急な接近 ついに理性乱れはじめてる ここでキスしたいよ  すごくあせるんだ それはできないよ とてもこまるんだCHAGE and ASKA青木せい子CHAGE村上啓介すごくこまるんだわかるけれど 胸に倒れこんできそうな まなざしが答えすぐに迫る 伸びる右手左手が止める ちょっと惜しいけどね  それはできないよ揺れるけれど もどかしげな野バラみたいな 開きかけたくちびるのかたち  僕の男試されてるようで これはかなり効くね  だけど醒めた僕の朝に きみの笑顔無邪気すぎる しんとしてる僕の迷路 きみの声は響きすぎる その先はさ あと一歩も とてもこまるんだ  味方の数の敵がいるから それが男だと思ってる ひとりきりになれる場所の鍵 なぜかいつも壊したがるんだ 女はだれだって  それは痛すぎるよちょっと待って 愛してると涙まじりに 言葉できみは銃を撃つから 3度ばかり体温が上がる  気持ちはいいけどね  いつのまにか縛りたがる 腕に腕をからめたがる そして僕は無口になる きっとすべて捨てたくなる わかるように 言えばつまり とてもこまるんだ  すごくあせるんだその角度は 危ないところに手が触れる かまわないわなんて急な接近 ついに理性乱れはじめてる ここでキスしたいよ  すごくあせるんだ それはできないよ とてもこまるんだ
砂時計のくびれた場所闇に溺れそうな 星に包まれて 僕はあなたに溺れた  ただの優しさで とり乱すあなたに 僕はやすらぎ覚えた  抱きしめたら そっと抱いてくれる 昨日までの痛み すべての羽根をあずけた  寝つけない夜の 子供のように 風の動きを感じて  夢の中まで 染みるくらいに あなたの吐息を集めた  孤独顔で あなたに近づいて 時を分ける ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった いつか もがれた羽根なのに  朝が来るまでに 恋にしてみようよ やさしさ ぬくもりだけじゃなく  無意味な力で 恋を押さえないで 心のミュートを外して  砂時計のくびれた場所を見てた そこが今の ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった 勇気じゃない あなたの愛で  やさしさだけじゃなく ぬくもりだけじゃなく  やさしさだけじゃなく ぬくもりだけじゃなく  今夜からの ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった 勇気じゃない あなたの愛でCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼闇に溺れそうな 星に包まれて 僕はあなたに溺れた  ただの優しさで とり乱すあなたに 僕はやすらぎ覚えた  抱きしめたら そっと抱いてくれる 昨日までの痛み すべての羽根をあずけた  寝つけない夜の 子供のように 風の動きを感じて  夢の中まで 染みるくらいに あなたの吐息を集めた  孤独顔で あなたに近づいて 時を分ける ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった いつか もがれた羽根なのに  朝が来るまでに 恋にしてみようよ やさしさ ぬくもりだけじゃなく  無意味な力で 恋を押さえないで 心のミュートを外して  砂時計のくびれた場所を見てた そこが今の ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった 勇気じゃない あなたの愛で  やさしさだけじゃなく ぬくもりだけじゃなく  やさしさだけじゃなく ぬくもりだけじゃなく  今夜からの ふたり ふたり  届かない夢が 欲しくなった こんなに胸が暖かい  空を追い駆けて みたくなった 勇気じゃない あなたの愛で
スローダウン切れ味悪いシェーバーだから 今にも 眠る君を起こしそうなほど うなるよ  ちょっとだけ愛しすぎたね Woo Baby このまま深入りしてしまいそうな そんなフンイキ  夕べ二人であけた缶ビール 転がる テーブルの隅でいれたコーヒー 飲みほす  ちょっとだけ 許しすぎたね Woo Baby このまま落ち着くのも悪くはないかも そんな予感  走りつづけた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウン  17階の窓から 朝の街見おろし 背中で君のおだやかな寝息聞いていた  ちょっとだけ おぼれ過ぎたね Woo Baby このまましばられても悪くはないかも そんな気分  少し疲れた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウン  少し疲れた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウンCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE切れ味悪いシェーバーだから 今にも 眠る君を起こしそうなほど うなるよ  ちょっとだけ愛しすぎたね Woo Baby このまま深入りしてしまいそうな そんなフンイキ  夕べ二人であけた缶ビール 転がる テーブルの隅でいれたコーヒー 飲みほす  ちょっとだけ 許しすぎたね Woo Baby このまま落ち着くのも悪くはないかも そんな予感  走りつづけた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウン  17階の窓から 朝の街見おろし 背中で君のおだやかな寝息聞いていた  ちょっとだけ おぼれ過ぎたね Woo Baby このまましばられても悪くはないかも そんな気分  少し疲れた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウン  少し疲れた 心なら スロー スローダウン そろそろ俺も その女に スロー スローダウン
SAY YESPLATINA LYLIC余計な物など無いよね すべてが君と僕との 愛の構えさ  少しくらいの嘘やワガママも まるで僕をためすような 恋人のフレイズになる  このままふたりで夢をそろえて 何げなく暮らさないか  愛には愛で感じ合おうよ 硝子ケースに並ばないように  何度も言うよ 残さず言うよ 君があふれてる  言葉は心を越えない とても伝えたがるけど 心に勝てない  君に逢いたくて 逢えなくて 寂しい夜 星の屋根に守られて 恋人の切なさ知った  このままふたりで朝を迎えて いつまでも暮らさないか  愛には愛で感じ合おうよ 恋の手触り消えないように  何度も言うよ 君は確かに 僕を愛してる  迷わずに SAY YES 迷わずに  愛には愛で感じ合おうよ 恋の手触り消えないように  何度も言うよ 君は確かに 僕を愛してるPLATINA LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼十川知司余計な物など無いよね すべてが君と僕との 愛の構えさ  少しくらいの嘘やワガママも まるで僕をためすような 恋人のフレイズになる  このままふたりで夢をそろえて 何げなく暮らさないか  愛には愛で感じ合おうよ 硝子ケースに並ばないように  何度も言うよ 残さず言うよ 君があふれてる  言葉は心を越えない とても伝えたがるけど 心に勝てない  君に逢いたくて 逢えなくて 寂しい夜 星の屋根に守られて 恋人の切なさ知った  このままふたりで朝を迎えて いつまでも暮らさないか  愛には愛で感じ合おうよ 恋の手触り消えないように  何度も言うよ 君は確かに 僕を愛してる  迷わずに SAY YES 迷わずに  愛には愛で感じ合おうよ 恋の手触り消えないように  何度も言うよ 君は確かに 僕を愛してる
青春の鼓動それは戦闘機みたいな音になって キーンと心が接近してた  恋に犯されたとたん 一日だって 省略出来ずに 苦しくなった  夏の日のサーカスのように あざやかに 訪れた秘密さ  若い日を 若いとは思わず 恋をした 恋をした  それは印刷みたいな同じ生活で はじめて見つけた 抜け道だった  校則違反のコートでふたり遅刻した 笑ってカバンに詰め込み合った  あの日 愛してるとか好きだとか言うのに どんな言葉で伝えてたんだろう  マーマレードの空がジャムに変わる頃 高架線の駅で待ち合わせした  若い日を 若いとは思わず 恋をした 恋をした  いつか 嫌いな先生の写真を張って ボコボコになるまでダーツしたっけ  胸の中のこの場所じゃ 時間は過ぎない 色を変えない 君を変えない 何も変えない  それは青春のかたまりみたいだった 鼓動の聞こえるくちづけだった  それは青春のかたまりみたいだった 鼓動の聞こえるくちづけだった  それは青春のかたまりみたいだった それは青春のかたまりみたいだったCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼それは戦闘機みたいな音になって キーンと心が接近してた  恋に犯されたとたん 一日だって 省略出来ずに 苦しくなった  夏の日のサーカスのように あざやかに 訪れた秘密さ  若い日を 若いとは思わず 恋をした 恋をした  それは印刷みたいな同じ生活で はじめて見つけた 抜け道だった  校則違反のコートでふたり遅刻した 笑ってカバンに詰め込み合った  あの日 愛してるとか好きだとか言うのに どんな言葉で伝えてたんだろう  マーマレードの空がジャムに変わる頃 高架線の駅で待ち合わせした  若い日を 若いとは思わず 恋をした 恋をした  いつか 嫌いな先生の写真を張って ボコボコになるまでダーツしたっけ  胸の中のこの場所じゃ 時間は過ぎない 色を変えない 君を変えない 何も変えない  それは青春のかたまりみたいだった 鼓動の聞こえるくちづけだった  それは青春のかたまりみたいだった 鼓動の聞こえるくちづけだった  それは青春のかたまりみたいだった それは青春のかたまりみたいだった
SAILOR MANラッシュアワーの すき間から 胸を焦がした浪漫が 手を振るよ 手をのばすよ  うすむらさきの 空の果て サテンの風が生まれた 夢を見る 夢を呼ぶよ  抱きしめて 離さないYAI・YAI・YAI もう 七つの海をすべて 手のひらで すくいとれ  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 涙は頬で止めて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 季節に漂う小舟達さ いつまでも  昨日の空が狭すぎて 若さの無駄遣いでも 悪くない 悪かないね  明日へ弓を向けたなら 愛する人が来るような 気がするよ 気がはやるよ  輝きは なくさないYAI・YAI・YAI もう 銀河の壁を越えて 何処までも 舵をとれ  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 両手に風を受けて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 光を欲しがる子供達さ いつまでも  物語だと想えば OH OH OH どこもかしこも夢だよ 見知らぬ海に向かえば OH OH OH きっと…  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 涙は頬で止めて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 光を欲しがる子供達さ いつまでもCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ラッシュアワーの すき間から 胸を焦がした浪漫が 手を振るよ 手をのばすよ  うすむらさきの 空の果て サテンの風が生まれた 夢を見る 夢を呼ぶよ  抱きしめて 離さないYAI・YAI・YAI もう 七つの海をすべて 手のひらで すくいとれ  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 涙は頬で止めて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 季節に漂う小舟達さ いつまでも  昨日の空が狭すぎて 若さの無駄遣いでも 悪くない 悪かないね  明日へ弓を向けたなら 愛する人が来るような 気がするよ 気がはやるよ  輝きは なくさないYAI・YAI・YAI もう 銀河の壁を越えて 何処までも 舵をとれ  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 両手に風を受けて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 光を欲しがる子供達さ いつまでも  物語だと想えば OH OH OH どこもかしこも夢だよ 見知らぬ海に向かえば OH OH OH きっと…  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 振り向くな Ride on time 涙は頬で止めて  SAILORMAN、SAILORMAN、SAILORMAN 誰もが 光を欲しがる子供達さ いつまでも
世界にMerry X'masMerry X'mas 世界に X'mas 未来からの贈り物を 抱きしめ合いたい  子供が微笑むような 胸の中に届けられた カードをあげよう  雪の降る町 砂の吹く町 みんなで幸せになりたいね  Merry X'mas 世界に X'mas 柔らかさを確かめてる 兵士の指先  悲しい夢と 故郷の夢 みんなで優しくなりたいね  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  語りつづけられてる お話が たとえ少し 消されたとしても  罪人の姿で 時を行くよりも みんなで幸せの顔をして  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  空を駆け降りて来る 鈴の音が たとえ少し 歌を忘れても  みんなで幸せの顔をして  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  空を駆け降りて来る 鈴の音が たとえ少し 歌を忘れても  So,happy X'mas wishing upon the stars So,happy X'mas dreaming for peaceful world…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・ジェス・バイリーMerry X'mas 世界に X'mas 未来からの贈り物を 抱きしめ合いたい  子供が微笑むような 胸の中に届けられた カードをあげよう  雪の降る町 砂の吹く町 みんなで幸せになりたいね  Merry X'mas 世界に X'mas 柔らかさを確かめてる 兵士の指先  悲しい夢と 故郷の夢 みんなで優しくなりたいね  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  語りつづけられてる お話が たとえ少し 消されたとしても  罪人の姿で 時を行くよりも みんなで幸せの顔をして  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  空を駆け降りて来る 鈴の音が たとえ少し 歌を忘れても  みんなで幸せの顔をして  So,happy and It's X'mas time ここからはじまればいい  空を駆け降りて来る 鈴の音が たとえ少し 歌を忘れても  So,happy X'mas wishing upon the stars So,happy X'mas dreaming for peaceful world…
絶対的関係右の耳のイヤリングをはずしおえたら はだかのまま 手さぐりして ここへおいでよ  空には月もない (暗闇に) またたく星もない (甘い匂い) このまま夜明けまで (はやくおいでよ) 僕の腕の中に  ああ 追いかけながら ああ 追いかけられて ああ 迷路のような ああ シーツの中で ふたりでみるのは熱い花火  ああ 火をつけながら ああ 火をつけられて ああ 燃える速さで ああ 夜がふけてく 1分1秒僕のそばを はなれないでくれよ  言葉のうらおもて (嘘じゃない) 疑う恋よりも (本当さ) その指で たしかめて 絶対的さ 笑い顔より怒った顔が刺激  おまえとなら どんなことも はじめてなのさ 痛いくらい 抱いてあげる 灯りを消して  ああ 閉じこめながら ああ 閉じこめられて ああ 奈落の底の ああ 朝がくるまで どこまで落ちても僕の腕を はなさないでくれよ  不安な愛がいい (あしたなら) 裏切る罠もいい(まだ遠い) 約束の ない距離は 絶対的さ 憎む強さで愛して愛されたい  おまえとなら 夜も朝も シネマに変わる つらいくらい 甘いキスを 奪いあおうか 憎む強さで愛して愛されたい  右の耳のイヤリングを はずしおえたら はだかのまま 手さぐりして ここへおいでよ  おまえとなら どんなことも はじめてなのさ 痛いくらい 抱いてあげる 灯りを消して  おまえとなら 夜も朝も シネマに変わる つらいくらい 甘いキスを 奪いあおうかCHAGE and ASKA青木せい子CHAGE右の耳のイヤリングをはずしおえたら はだかのまま 手さぐりして ここへおいでよ  空には月もない (暗闇に) またたく星もない (甘い匂い) このまま夜明けまで (はやくおいでよ) 僕の腕の中に  ああ 追いかけながら ああ 追いかけられて ああ 迷路のような ああ シーツの中で ふたりでみるのは熱い花火  ああ 火をつけながら ああ 火をつけられて ああ 燃える速さで ああ 夜がふけてく 1分1秒僕のそばを はなれないでくれよ  言葉のうらおもて (嘘じゃない) 疑う恋よりも (本当さ) その指で たしかめて 絶対的さ 笑い顔より怒った顔が刺激  おまえとなら どんなことも はじめてなのさ 痛いくらい 抱いてあげる 灯りを消して  ああ 閉じこめながら ああ 閉じこめられて ああ 奈落の底の ああ 朝がくるまで どこまで落ちても僕の腕を はなさないでくれよ  不安な愛がいい (あしたなら) 裏切る罠もいい(まだ遠い) 約束の ない距離は 絶対的さ 憎む強さで愛して愛されたい  おまえとなら 夜も朝も シネマに変わる つらいくらい 甘いキスを 奪いあおうか 憎む強さで愛して愛されたい  右の耳のイヤリングを はずしおえたら はだかのまま 手さぐりして ここへおいでよ  おまえとなら どんなことも はじめてなのさ 痛いくらい 抱いてあげる 灯りを消して  おまえとなら 夜も朝も シネマに変わる つらいくらい 甘いキスを 奪いあおうか
ゼロの向こうのGOOD LUCKドラスティックな奴は 言葉のナイフ立てる 立てる 怒りと涙 ときに刹那  ヒステリックな喉で ロックビートを誘う 誘う 拳の下の ミンクが素敵だね  いつか崩れる空を知りながら  雨のさ中のゲリラ ひざを抱えてみれば みれば 奴の描いた 地図に出逢う  金で覚えたエクスタシー 地中海です今夜は 今夜は 報復のない キスをえらぶんだね  解け始めた靴が脱げかかる  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 満月の満月の顔して暴れ出す 死ぬまで YOU GOOD LUCK  いつでも俺の何処か 開いたままのページが ページが 伏せられたまま 息をしてた  ゼロをはさんで二人 極彩色のムードで ムードで ムードで ムードで 似てる気がする ミラーじみてるのさ  ただ一つ遠い記憶をのぞいて  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 歯車の歯車の顔してバネを切る 死ぬまで YOU GOOD LUCK  心の中の 許せない人は誰? 誰? 愛したくても 愛せないのは誰? 何故?  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 満月の満月の顔して暴れ出す 死ぬまで YOU GOOD LUCKCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・Jess Baileyドラスティックな奴は 言葉のナイフ立てる 立てる 怒りと涙 ときに刹那  ヒステリックな喉で ロックビートを誘う 誘う 拳の下の ミンクが素敵だね  いつか崩れる空を知りながら  雨のさ中のゲリラ ひざを抱えてみれば みれば 奴の描いた 地図に出逢う  金で覚えたエクスタシー 地中海です今夜は 今夜は 報復のない キスをえらぶんだね  解け始めた靴が脱げかかる  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 満月の満月の顔して暴れ出す 死ぬまで YOU GOOD LUCK  いつでも俺の何処か 開いたままのページが ページが 伏せられたまま 息をしてた  ゼロをはさんで二人 極彩色のムードで ムードで ムードで ムードで 似てる気がする ミラーじみてるのさ  ただ一つ遠い記憶をのぞいて  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 歯車の歯車の顔してバネを切る 死ぬまで YOU GOOD LUCK  心の中の 許せない人は誰? 誰? 愛したくても 愛せないのは誰? 何故?  流れ星用の 網を貸しましょうか 幼い頃から 磨いた刃が 満月の満月の顔して暴れ出す 死ぬまで YOU GOOD LUCK
ソプラノふたりは甘く 痛い 言葉より許した背中  月夜にパールピアス 溶けて ため息のソプラノ 響いた  逢うための嘘に 少し疲れても こばめない瞳が 夢ばかりさがしてしまう  窓辺にシルエット 浮かび とまどいのソプラノ 泣いてた  かなわない恋で 抱き合ってみても 震えてるまつ毛が 行く先を見失ってる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心  夜風にムーンシャドウ 揺れて 誘惑のソプラノ 腕の時計が気になる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心  夜風にムーンシャドウ 揺れて 誘惑のソプラノ 腕の時計が気になる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心CHAGE and ASKA澤地隆CHAGE澤近泰輔ふたりは甘く 痛い 言葉より許した背中  月夜にパールピアス 溶けて ため息のソプラノ 響いた  逢うための嘘に 少し疲れても こばめない瞳が 夢ばかりさがしてしまう  窓辺にシルエット 浮かび とまどいのソプラノ 泣いてた  かなわない恋で 抱き合ってみても 震えてるまつ毛が 行く先を見失ってる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心  夜風にムーンシャドウ 揺れて 誘惑のソプラノ 腕の時計が気になる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心  夜風にムーンシャドウ 揺れて 誘惑のソプラノ 腕の時計が気になる  ふたりは強く もろい 優しさに乱れる心
そんなもんだろうどれだけ心から願っても どうにもできなくて 諦めたものがあるよね  やるだけ やれることの全てを 出し切って生まれた後悔もあるよね  どこを過ぎれば 素晴らしいくらい つまんないことって 未来の僕が言いやすいんだろう  僕のまわりをハサミで切り取るように 飛んで行ったバタフライ  立ち止まって眺めたら 景色は消えて僕と空になった  心を決めるものってなんだろう 心に引かれたラインってどこだろう  言葉にすれば 理由もなくとか ふとそう思ったとか 最後はそれくらいのもんだろう  僕は色んなことを考えながら 意地悪なこと思った  どんな夢を抱いたかより 僕はどんな夢を抱かなかったか  僕のまわりをハサミで切り取るように 飛んで行ったバタフライ  立ち止まって眺めたら 景色は消えて僕と空になったCHAGE and ASKAASKAASKAASKA with Elder Street Boysどれだけ心から願っても どうにもできなくて 諦めたものがあるよね  やるだけ やれることの全てを 出し切って生まれた後悔もあるよね  どこを過ぎれば 素晴らしいくらい つまんないことって 未来の僕が言いやすいんだろう  僕のまわりをハサミで切り取るように 飛んで行ったバタフライ  立ち止まって眺めたら 景色は消えて僕と空になった  心を決めるものってなんだろう 心に引かれたラインってどこだろう  言葉にすれば 理由もなくとか ふとそう思ったとか 最後はそれくらいのもんだろう  僕は色んなことを考えながら 意地悪なこと思った  どんな夢を抱いたかより 僕はどんな夢を抱かなかったか  僕のまわりをハサミで切り取るように 飛んで行ったバタフライ  立ち止まって眺めたら 景色は消えて僕と空になった
TIME KEEP DANCER結ぶネクタイ鏡の向こう 服をつかんで飛び出してゆく 彼は哀しい浮き世のTime Keep Dancer  ゆれる箱詰電車の中 細いからだをすりきらしながら すべるかころぶか 哀れなTime Keep Dancer  時代に後向けばクレイジー 心を押さえてただ YES MAN こぶしに淡いレースかぶせて 口をとがらせるのも忘れた  夜の都会に 落ちたひとしずく それでも地を踏み 微笑むTime Keep Dancer  良くもならねば悪くもならぬ 踊りつづける独楽のようだと 誰かが囁く 孤独なTime Keep Dancer  からだはなにを求めてるの 迅い足どりきまりのステップ しどろもどろで 夢なきTime Keep Dancer  時代に後向けばクレイジー 心を押さえてただ YES MAN 季節の中を泳ぎ疲れ 頭を下げることを覚えた  夜の都会に 落ちたひとしずく それでも地を踏み 微笑むTime Keep DancerCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼結ぶネクタイ鏡の向こう 服をつかんで飛び出してゆく 彼は哀しい浮き世のTime Keep Dancer  ゆれる箱詰電車の中 細いからだをすりきらしながら すべるかころぶか 哀れなTime Keep Dancer  時代に後向けばクレイジー 心を押さえてただ YES MAN こぶしに淡いレースかぶせて 口をとがらせるのも忘れた  夜の都会に 落ちたひとしずく それでも地を踏み 微笑むTime Keep Dancer  良くもならねば悪くもならぬ 踊りつづける独楽のようだと 誰かが囁く 孤独なTime Keep Dancer  からだはなにを求めてるの 迅い足どりきまりのステップ しどろもどろで 夢なきTime Keep Dancer  時代に後向けばクレイジー 心を押さえてただ YES MAN 季節の中を泳ぎ疲れ 頭を下げることを覚えた  夜の都会に 落ちたひとしずく それでも地を踏み 微笑むTime Keep Dancer
太陽と埃の中でGOLD LYLIC名前も国もない 生まれたての元気 all right どんな羽根をくれるの  僕等はいつだって 風邪をひいたままさ オイルの切れた未来のプログラム 大事に回してる  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  太陽と埃の 匂いを覚えてる all right どんな種子を蒔いたの  僕が君についた あの日の嘘よりも 上手に上手に はぐれて行く 涙も誘わずに  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  風吹く丘の少年 すべての夢を 手にしたような……忘れない  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  DAY AND NIGHT TIME, RAIN AND SUNSHINE I SEEK MY DREAM EVERYWHERE  DAY AND NIGHT TIME, RAIN AND SUNSHINE I SEEK MY DREAM EVERYWHERE  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えないGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・ジェス・ベイリー名前も国もない 生まれたての元気 all right どんな羽根をくれるの  僕等はいつだって 風邪をひいたままさ オイルの切れた未来のプログラム 大事に回してる  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  太陽と埃の 匂いを覚えてる all right どんな種子を蒔いたの  僕が君についた あの日の嘘よりも 上手に上手に はぐれて行く 涙も誘わずに  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  風吹く丘の少年 すべての夢を 手にしたような……忘れない  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない  DAY AND NIGHT TIME, RAIN AND SUNSHINE I SEEK MY DREAM EVERYWHERE  DAY AND NIGHT TIME, RAIN AND SUNSHINE I SEEK MY DREAM EVERYWHERE  追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ  愛して 愛しても 近づく程 見えない
TAO輝くもの 導くもの 形のない それはTAO  水よりやわらかい君 確かめ合うから おわんない 素直な気持ちで 海まで運ぶから  歌よりあたたかい君 ささやく声も たまんない 誰にも聞かせない もう一度だけ  僕を愛するためにだけ 君は生まれてきたのさ  ずっと ずっと 側にいる 君を感じていたいから そっと そっと 重ねていこう さりげない言葉だけを 僕の横で 君が笑う ただそれだけ  一人よりさみしい君 僕がいなければ つまんない? 涙はずるいよ 僕は泣けない  君にめぐり逢うためにだけ 僕は歩いてきたのさ  もっと もっと 強くなる 君を守るためなら きっと きっと 幸せにする ありふれた言葉だけど  愛している 愛されてる ただそれだけ  僕の横で 君が笑う ただそれだけ 愛している 愛されてる ただそれだけ  輝くもの 導くもの 形のない それはTAOCHAGE and ASKACHAGECHAGE輝くもの 導くもの 形のない それはTAO  水よりやわらかい君 確かめ合うから おわんない 素直な気持ちで 海まで運ぶから  歌よりあたたかい君 ささやく声も たまんない 誰にも聞かせない もう一度だけ  僕を愛するためにだけ 君は生まれてきたのさ  ずっと ずっと 側にいる 君を感じていたいから そっと そっと 重ねていこう さりげない言葉だけを 僕の横で 君が笑う ただそれだけ  一人よりさみしい君 僕がいなければ つまんない? 涙はずるいよ 僕は泣けない  君にめぐり逢うためにだけ 僕は歩いてきたのさ  もっと もっと 強くなる 君を守るためなら きっと きっと 幸せにする ありふれた言葉だけど  愛している 愛されてる ただそれだけ  僕の横で 君が笑う ただそれだけ 愛している 愛されてる ただそれだけ  輝くもの 導くもの 形のない それはTAO
黄昏の騎士旅立つ心をとぎすまし 黄昏の都あとにする 戦うことが生きることと 男の掟をきざみこみ 愛よいつの日か おまえが大空をつつみこむまで 俺は逃げはしない どんな苦しみが待とうと けだかくたくましい騎士となる  “ばかな奴だ みんなあきれて おまえを笑ってるじゃないか おまえが信じてる愛なんてものは 飢えをみたすこともできない ひときれのパンほどの 値打ちもないんだ 雲の上に神様なんて もういやしない まるでおまえは まるでおまえは ドン・キホーテじゃないか”  涙のひとには楯となり 罪深きひとに槍を突く 風よどこまでも運んでゆけよ やさしさだけを 俺は負けはしない たとえひとりになろうと この世の悲しみを吹きとばせ  “目をさませ おまえになにができるものか もっと気楽に 生きるが勝ちさ”  俺は逃げはしない どんな苦しみが待とうと けだかくたくましい騎士となる 愛よ いつの日も 心照らし続けろ 愛よ いつの日も 心照らし続けろCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE旅立つ心をとぎすまし 黄昏の都あとにする 戦うことが生きることと 男の掟をきざみこみ 愛よいつの日か おまえが大空をつつみこむまで 俺は逃げはしない どんな苦しみが待とうと けだかくたくましい騎士となる  “ばかな奴だ みんなあきれて おまえを笑ってるじゃないか おまえが信じてる愛なんてものは 飢えをみたすこともできない ひときれのパンほどの 値打ちもないんだ 雲の上に神様なんて もういやしない まるでおまえは まるでおまえは ドン・キホーテじゃないか”  涙のひとには楯となり 罪深きひとに槍を突く 風よどこまでも運んでゆけよ やさしさだけを 俺は負けはしない たとえひとりになろうと この世の悲しみを吹きとばせ  “目をさませ おまえになにができるものか もっと気楽に 生きるが勝ちさ”  俺は逃げはしない どんな苦しみが待とうと けだかくたくましい騎士となる 愛よ いつの日も 心照らし続けろ 愛よ いつの日も 心照らし続けろ
黄昏を待たずにS字型スロープ 滑るハイウェイ 広がる空にナイフを入れてゆく 触れるだけの肩先じゃ 不自然な気がした  もうじき恋人になる頃だね あとは誘いのタイミング合わそうか インクがそっとにじむように 僕の心の色になれ  せつないムードの中で 黄昏待たずに I LOVE YOU 次のカーブが来たなら キスをくれないか  たとえば気持なら 振り切れてる うなずく君をみるまで 止まらない じらすような溜息は 僕の胸で落とせばいい  このまま何処へ行こうか 横顔のぞけば SEXY LIP 次のカーブが来たなら キスをくれないか  せつないムードの中で 黄昏待たずに I LOVE YOU 次のカーブが来たなら キスをくれないかCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼S字型スロープ 滑るハイウェイ 広がる空にナイフを入れてゆく 触れるだけの肩先じゃ 不自然な気がした  もうじき恋人になる頃だね あとは誘いのタイミング合わそうか インクがそっとにじむように 僕の心の色になれ  せつないムードの中で 黄昏待たずに I LOVE YOU 次のカーブが来たなら キスをくれないか  たとえば気持なら 振り切れてる うなずく君をみるまで 止まらない じらすような溜息は 僕の胸で落とせばいい  このまま何処へ行こうか 横顔のぞけば SEXY LIP 次のカーブが来たなら キスをくれないか  せつないムードの中で 黄昏待たずに I LOVE YOU 次のカーブが来たなら キスをくれないか
放浪人(TABIBITO)風立ちぬ心悲しき かりそめの時は消えてゆく わが想いあてもないまま 流浪(さすらい)の旅にでてゆく  醒めた酒に酔い ひとときの戯れに身をこがし 明日を占おうと 仰ぎみる天(そら)には流れ星  錆びついた日々の鎖を断ち切れる心がほしい  かげりなき貴女のまなざし ゆきずりに夢を誘い 浮き沈むひとの情に 旅浪人(たびびと)は仮の宿をとる  醒めた酒に酔い めざめれば暁に夢は枯れて 過去をふりかえる ながい影 街角に立ちつくす  錆びついた日々の鎖を断ち切れる心がほしいCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE風立ちぬ心悲しき かりそめの時は消えてゆく わが想いあてもないまま 流浪(さすらい)の旅にでてゆく  醒めた酒に酔い ひとときの戯れに身をこがし 明日を占おうと 仰ぎみる天(そら)には流れ星  錆びついた日々の鎖を断ち切れる心がほしい  かげりなき貴女のまなざし ゆきずりに夢を誘い 浮き沈むひとの情に 旅浪人(たびびと)は仮の宿をとる  醒めた酒に酔い めざめれば暁に夢は枯れて 過去をふりかえる ながい影 街角に立ちつくす  錆びついた日々の鎖を断ち切れる心がほしい
標的 ~ターゲット~ダンス気分のままで 指を鳴らして 恋を引き寄せる 慣れた手順  誘われ上手な あなたの背中 ほんのり紅い すべてが見たい  感じ合えたなら 二人 Mellow in the night 絹の夜をほどく 夢を見る  SALIN' 何処までも SALIN' Oh just tonight 盗んだ心 返さない  LOVIN' いつまでも LOVIN' In your heart 今夜の標的は 外せない 外せない  ゆれる唇 華麗なまでに 甘い香りを 運んでくれる  月がさよなら 告げないうちに あなたへ倒す 恋のドミノ  なんとなく 急に 二人 Sweet in the mood 青い闇の中へ 溶けるまで  SALIN' 何処までも SALIN' Oh just tonight 盗んだ心 返さない  LOVIN' いつまでも LOVIN' In your heart 今夜の標的は 外せない 外せないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ダンス気分のままで 指を鳴らして 恋を引き寄せる 慣れた手順  誘われ上手な あなたの背中 ほんのり紅い すべてが見たい  感じ合えたなら 二人 Mellow in the night 絹の夜をほどく 夢を見る  SALIN' 何処までも SALIN' Oh just tonight 盗んだ心 返さない  LOVIN' いつまでも LOVIN' In your heart 今夜の標的は 外せない 外せない  ゆれる唇 華麗なまでに 甘い香りを 運んでくれる  月がさよなら 告げないうちに あなたへ倒す 恋のドミノ  なんとなく 急に 二人 Sweet in the mood 青い闇の中へ 溶けるまで  SALIN' 何処までも SALIN' Oh just tonight 盗んだ心 返さない  LOVIN' いつまでも LOVIN' In your heart 今夜の標的は 外せない 外せない
TURNING POINTショーウィンドゥに飾られた 世の中が ハートブレイクダンス 夢は渇いて とうとう空を噛じり始めた  うなだれた大人達 虚ろな瞳をして 枯れた両手で 砂を掻きあつめている  喜びも悲しみも 使い回しの慣れた涙 あの頃の懐しさ 暖めるにはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ  自由なら 拳の中 立ち上がれ ワンサイド・ゲーム 錆びた時計が とうとう朝を刻み始めた  人は皆 一人ぶんの 孤独に耐えて 地図を拡げ 風が吹くのを待ってる  あいつのために生きれば いつか自分を愛せるさ 押し込められた時代に 瞳を閉じるのはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ  あいつのために生きれば いつか自分を愛せるさ 押し込められた時代に 瞳を閉じるのはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ショーウィンドゥに飾られた 世の中が ハートブレイクダンス 夢は渇いて とうとう空を噛じり始めた  うなだれた大人達 虚ろな瞳をして 枯れた両手で 砂を掻きあつめている  喜びも悲しみも 使い回しの慣れた涙 あの頃の懐しさ 暖めるにはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ  自由なら 拳の中 立ち上がれ ワンサイド・ゲーム 錆びた時計が とうとう朝を刻み始めた  人は皆 一人ぶんの 孤独に耐えて 地図を拡げ 風が吹くのを待ってる  あいつのために生きれば いつか自分を愛せるさ 押し込められた時代に 瞳を閉じるのはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ  あいつのために生きれば いつか自分を愛せるさ 押し込められた時代に 瞳を閉じるのはまだ早い Wow Woo  君の愛する人を 息が止まるぐらい もっと もっと もっと もっと抱きしめてやれ 
DIAMOND SAND時はサラサラと こぼれ落ちるけれど 君は僕のDIAMOND SAND いくどもいくども別の恋を追いかけた すべて君のREPLICA気づくまで  1984-CHRISTMAS 君に出逢った日だね めぐり逢うってことを ライリー ライリー ライルー 初めて知ったよ  DIAL回す指 途中で止めた 自分を信じようと決めたから 夢の中で夕べ君が笑ってた 君が僕に逢いたがってる気がする  1985-VALENTINE 誰かを好きになるって つまりこういうことなんだ ライリー ライリー ライルー やっとわかったよ  見慣れたPARK AREA過ぎれば 君の街に 夢の中のSMILIN' きっと幻に終りはしないさ  1986-YOUR BIRTHDAY 僕は君のところへ 君は君のままで ライリー ライリー ライルー 迎えに来たよCHAGE and ASKAM. TakayamaCHAGE時はサラサラと こぼれ落ちるけれど 君は僕のDIAMOND SAND いくどもいくども別の恋を追いかけた すべて君のREPLICA気づくまで  1984-CHRISTMAS 君に出逢った日だね めぐり逢うってことを ライリー ライリー ライルー 初めて知ったよ  DIAL回す指 途中で止めた 自分を信じようと決めたから 夢の中で夕べ君が笑ってた 君が僕に逢いたがってる気がする  1985-VALENTINE 誰かを好きになるって つまりこういうことなんだ ライリー ライリー ライルー やっとわかったよ  見慣れたPARK AREA過ぎれば 君の街に 夢の中のSMILIN' きっと幻に終りはしないさ  1986-YOUR BIRTHDAY 僕は君のところへ 君は君のままで ライリー ライリー ライルー 迎えに来たよ
抱いたメモリー-as time goes by-5年ぶり? それ以上? あれは春 さよならを飾るように散る桜 …つらい思い出  すれ違う 立ちすくむ 交差点 ふり向いた とまどった 二人とも 心が止まる 今は春  微笑んでた君の瞳は あの頃よりも優しさに包まれてた これで as time goes by いいさ as time goes by as time goes by  信号の点滅に気がついて それぞれの恋人が待つ場所へ きびすをかえし 抱いたメモリー 抱いたメモリー  時計が止まる 今は春  歩いて行く君の背中は ほんのりだけど幸せがにじんでいた これで as time goes by いいさ as time goes by as time goes by  5年ぶり? それ以上? あれは春 さよならを飾るように散る桜 …甘い思い出 抱いたメモリー 抱いたメモリーCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE村上啓介5年ぶり? それ以上? あれは春 さよならを飾るように散る桜 …つらい思い出  すれ違う 立ちすくむ 交差点 ふり向いた とまどった 二人とも 心が止まる 今は春  微笑んでた君の瞳は あの頃よりも優しさに包まれてた これで as time goes by いいさ as time goes by as time goes by  信号の点滅に気がついて それぞれの恋人が待つ場所へ きびすをかえし 抱いたメモリー 抱いたメモリー  時計が止まる 今は春  歩いて行く君の背中は ほんのりだけど幸せがにじんでいた これで as time goes by いいさ as time goes by as time goes by  5年ぶり? それ以上? あれは春 さよならを飾るように散る桜 …甘い思い出 抱いたメモリー 抱いたメモリー
だから…何も語らず 何も聞こえない 冬の夜空が とても綺麗で だから…  言葉と耳だけで 恋などしないで 涙と引き替えの 過去なら言わないで だから… だから…  チャイナタウンで食事をした後は つないだ指先をひくように  どこまでも揺れてる 君と僕 迷い込みたい ふたりきり  唇じゃものたりない 唇じゃ このままじゃ 君がはぐれる だから…  記憶のどこかで 忘れる心 秘密のない恋など どこにもないから だから… だから…  花売り娘のやさしさで 温もりを感じてくれたなら  いつまでも囁く 君と僕 訪ね合いたい 海の音   愛し合う 悲しみも 愛し合う 目を閉じたなら 深さが見える だから… だから…CHAGE and ASKACHAGECHAGE  村上啓介村上啓介何も語らず 何も聞こえない 冬の夜空が とても綺麗で だから…  言葉と耳だけで 恋などしないで 涙と引き替えの 過去なら言わないで だから… だから…  チャイナタウンで食事をした後は つないだ指先をひくように  どこまでも揺れてる 君と僕 迷い込みたい ふたりきり  唇じゃものたりない 唇じゃ このままじゃ 君がはぐれる だから…  記憶のどこかで 忘れる心 秘密のない恋など どこにもないから だから… だから…  花売り娘のやさしさで 温もりを感じてくれたなら  いつまでも囁く 君と僕 訪ね合いたい 海の音   愛し合う 悲しみも 愛し合う 目を閉じたなら 深さが見える だから… だから…
誰かさん CLOSE YOUR EYES呼び出した 真夜中すぎ どうしたの?とたずねない 誰かさん 星にいちばん近い この丘まで車とばした  あの日ここで 恋を止めたけど 二人をいつも待ってた今夜の星たち  気づいたかな  CLOSE YOUR EYES もう一度 CLOSE YOUR EYES 口づけを Hu… 泣き出しそうな顔をして とまどう 誰かさん  夢が夢でなくなる時 夢のようねとつぶやく 誰かさん 穏やかに過ぎてく この気持ちはなんだろう  遠まわりして 夜が朝に逢う こんな恋の話を 見守る星たち  幸せかな  CLOSE YOUR EYES もう一度 CLOSE YOUR EYES 口づけを Hu… 泣き出しそうな顔をして とまどう 誰かさん  I LOVE YOU 心から I LOVE YOU そう思う 涙がこぼれないように 空を見つめる 誰かさん  どうぞ…ありがとうCHAGE and ASKACHAGECHAGE十川知司呼び出した 真夜中すぎ どうしたの?とたずねない 誰かさん 星にいちばん近い この丘まで車とばした  あの日ここで 恋を止めたけど 二人をいつも待ってた今夜の星たち  気づいたかな  CLOSE YOUR EYES もう一度 CLOSE YOUR EYES 口づけを Hu… 泣き出しそうな顔をして とまどう 誰かさん  夢が夢でなくなる時 夢のようねとつぶやく 誰かさん 穏やかに過ぎてく この気持ちはなんだろう  遠まわりして 夜が朝に逢う こんな恋の話を 見守る星たち  幸せかな  CLOSE YOUR EYES もう一度 CLOSE YOUR EYES 口づけを Hu… 泣き出しそうな顔をして とまどう 誰かさん  I LOVE YOU 心から I LOVE YOU そう思う 涙がこぼれないように 空を見つめる 誰かさん  どうぞ…ありがとう
Darlin'とても 愛してるわ Darlin' やさしく Kissして Darlin' 悲しみ 淋しさは Bye, Bye わがまま聞いてね Hi, Hi 踊りましょうか Dancing 甘えてみたいのよ Love you 冷たくしないでね Darlin' あきれてる顔も ステキよ  星が見えるから 夜 ベッドは 空飛ぶジュータン 魔法のランプを こすったら ダイヤモンドの 夜になる  Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある  とても 不思議だわ Darlin' 二人の愛が Rolling 言葉が 消えてゆくのは それさえも 邪魔になったみたい  月に手が届く 夜 二人 体寄せて Dreamer 愛を確かめるには 夜の方が いいみたい  Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある  (Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある)CHAGE and ASKACHAGECHAGEとても 愛してるわ Darlin' やさしく Kissして Darlin' 悲しみ 淋しさは Bye, Bye わがまま聞いてね Hi, Hi 踊りましょうか Dancing 甘えてみたいのよ Love you 冷たくしないでね Darlin' あきれてる顔も ステキよ  星が見えるから 夜 ベッドは 空飛ぶジュータン 魔法のランプを こすったら ダイヤモンドの 夜になる  Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある  とても 不思議だわ Darlin' 二人の愛が Rolling 言葉が 消えてゆくのは それさえも 邪魔になったみたい  月に手が届く 夜 二人 体寄せて Dreamer 愛を確かめるには 夜の方が いいみたい  Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある  (Darlin' このまま Good-night 夜の壁をつきぬけ 宇宙へ そこには まだ誰も知らない 夢の世界がある)
誓い砂煙舞い上がり 地平線さえも見えない 荒れくるう空の果て やすらぎは幻なのか 悲しみはいつの日も 眠りから夢を奪った 幸せへ続く道 おまえはつらい旅路 たとえ孤独に くじけようと この愛だけは 死なせない いつまでも微笑よ 暗闇の星の如く  稲妻におびえている 麗しきお前の胸に 歓びの薔薇を刺す 愁いなき日々がみたい たとえ嵐に 打たれようと お前だけは 離さない いつまでも微笑よ 暗闇の星の如く 稲妻におびえている 麗しきお前の胸に 歓びの薔薇を刺す 愁いなき日々がみたいCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE砂煙舞い上がり 地平線さえも見えない 荒れくるう空の果て やすらぎは幻なのか 悲しみはいつの日も 眠りから夢を奪った 幸せへ続く道 おまえはつらい旅路 たとえ孤独に くじけようと この愛だけは 死なせない いつまでも微笑よ 暗闇の星の如く  稲妻におびえている 麗しきお前の胸に 歓びの薔薇を刺す 愁いなき日々がみたい たとえ嵐に 打たれようと お前だけは 離さない いつまでも微笑よ 暗闇の星の如く 稲妻におびえている 麗しきお前の胸に 歓びの薔薇を刺す 愁いなき日々がみたい
地球生まれの宇宙人優しい人と居ると優しくなる 君が意地悪になるワケだ  言葉は心の中 写すから 君を優しくさせなきゃ  喜びと悲しみはセットでやってくる 幸せだって齧って行けば きっとどこかで苦い気がする  地球で生まれただけの どこにもいそうな宇宙人 そうかな 僕だけなのかな  どんなに上を向いて歩いても やっぱり涙はこぼれる  自分のために自分を使うのが どうしてこんなに ヘタなんだろう  焦らずに行くことはいつだって難しい 水溜まりに映り込んだ 青い空の上を僕は飛んだ  一つと一秒と一歩 昨日を楽しく語りたい 大げさに 明日の近くで  地球で生まれただけの どこにもいそうな宇宙人 そうかな 僕だけなのかな  一つと一秒と一歩 昨日を楽しく語りたい 大げさに 明日の近くでCHAGE and ASKAASKAASKATomoji Sogawa優しい人と居ると優しくなる 君が意地悪になるワケだ  言葉は心の中 写すから 君を優しくさせなきゃ  喜びと悲しみはセットでやってくる 幸せだって齧って行けば きっとどこかで苦い気がする  地球で生まれただけの どこにもいそうな宇宙人 そうかな 僕だけなのかな  どんなに上を向いて歩いても やっぱり涙はこぼれる  自分のために自分を使うのが どうしてこんなに ヘタなんだろう  焦らずに行くことはいつだって難しい 水溜まりに映り込んだ 青い空の上を僕は飛んだ  一つと一秒と一歩 昨日を楽しく語りたい 大げさに 明日の近くで  地球で生まれただけの どこにもいそうな宇宙人 そうかな 僕だけなのかな  一つと一秒と一歩 昨日を楽しく語りたい 大げさに 明日の近くで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
月が海にとける夜月灯りの海が みたくなった 君の微笑みを 思いだす 恋にゆれていた 遠い日々 ぼくは淋しがりやなのかもしれない ささやかなやすらぎを 守れずにいたけれど かぞえきれない想い出が あの街にはある よせてはかえす 波になってみたかった たえることなく 君の心に  遠まわりしてた ぼくひとり 夢を追いかけて 傷ついて… 君のぬくもりが 残る胸 いつも心をささえてた 気がするよ 涙ながしたぶんだけ 幸せになりたいね 淋しくさせたぶんだけ やさしさあげる さむい夜には 星になって輝くよ はなれていても みつめられるように  ふたりのめぐり逢いを 信じたい それは少しも 不思議なことじゃないCHAGE and ASKACHAGE・松井五郎CHAGE月灯りの海が みたくなった 君の微笑みを 思いだす 恋にゆれていた 遠い日々 ぼくは淋しがりやなのかもしれない ささやかなやすらぎを 守れずにいたけれど かぞえきれない想い出が あの街にはある よせてはかえす 波になってみたかった たえることなく 君の心に  遠まわりしてた ぼくひとり 夢を追いかけて 傷ついて… 君のぬくもりが 残る胸 いつも心をささえてた 気がするよ 涙ながしたぶんだけ 幸せになりたいね 淋しくさせたぶんだけ やさしさあげる さむい夜には 星になって輝くよ はなれていても みつめられるように  ふたりのめぐり逢いを 信じたい それは少しも 不思議なことじゃない
月のしずく哀しい時にだけ 現われる空がある 漂泊う人に似てる 暮れ残りそうな空  疾風におされながら 白い帆を高く広げ  月のしずくのアルペジオ そっと たばねて 夢を織る びろうどの夢を織る  どこまで 滑ろうか この海を どこまで 渡ろうか この空を どこまで 結ぼうか この夢をCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼哀しい時にだけ 現われる空がある 漂泊う人に似てる 暮れ残りそうな空  疾風におされながら 白い帆を高く広げ  月のしずくのアルペジオ そっと たばねて 夢を織る びろうどの夢を織る  どこまで 滑ろうか この海を どこまで 渡ろうか この空を どこまで 結ぼうか この夢を
今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせて おまえは無邪気な娘 一人で光る風と戯れるだけ 右へ左へ迷う風見鶴みたいなもんだよ 俺は 深く息をして 見つめ合えたら 海をも渡る 鳥になれそうだ  今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせて  おまえは夢の娘 手の届かない所で笑うばかり 俺は腕を拡げて それが翼になるのを待とう 大地を離れたら 子供達は驚き 俺を追いかけて 丘へ登るだろう  今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせてCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせて おまえは無邪気な娘 一人で光る風と戯れるだけ 右へ左へ迷う風見鶴みたいなもんだよ 俺は 深く息をして 見つめ合えたら 海をも渡る 鳥になれそうだ  今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせて  おまえは夢の娘 手の届かない所で笑うばかり 俺は腕を拡げて それが翼になるのを待とう 大地を離れたら 子供達は驚き 俺を追いかけて 丘へ登るだろう  今 おまえを奪い去って 誰もいない地球の裏側まで 飛んで行くんだ 風にまかせて
TEKU TEKUほんのはずみで ローリングストーン 気づいたとき 空を見てた いつからここに居たか 何を捜して来たか 解からない 約束なら嫌いさ 自然に嘘が 増えてゆく 選んだ言葉さえも うまく伝えきれずに イミテーション  急ぎ過ぎてた 気がする 時計で夢を切った  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れない  大人は今日も クラウディ・スマイル 優しさだけの 綱渡り 夢を確かめながら 幼い日々のドアを たたいてる  小高い丘の上から 吹きおろす風になりたい  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れない  急ぎ過ぎてた 気がする 時計で夢を切った  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ほんのはずみで ローリングストーン 気づいたとき 空を見てた いつからここに居たか 何を捜して来たか 解からない 約束なら嫌いさ 自然に嘘が 増えてゆく 選んだ言葉さえも うまく伝えきれずに イミテーション  急ぎ過ぎてた 気がする 時計で夢を切った  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れない  大人は今日も クラウディ・スマイル 優しさだけの 綱渡り 夢を確かめながら 幼い日々のドアを たたいてる  小高い丘の上から 吹きおろす風になりたい  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れない  急ぎ過ぎてた 気がする 時計で夢を切った  Ah こんな Ah とこまで 来てしまったよ TEKU TEKU 行くさ もう 戻れない
天気予報の恋人君の愛は信じてる 天気予報くらいにね “またね”と手をふる君 ミラーで送る僕  愛しすぎて勝てないよ 心が夕焼けてゆく 何も見えなくなって 君の思い通り  綺麗な人だねと言われる度 不安だよ みんなさらった はずなのに  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は 一つの繰り返し  いつも片手でハンドル 君の手のひらサンドイッチ つながる温みだけは 忘れずにいたいよ  あやとりの危なさで 君を惑わせてみたい いつか指のタクトで 踊らせてみようか  クールな恋はできそうにないよ 首ったけ 少し 気がかりの色で  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  目隠しでも 君のキスはわかる 不思議なほど風を 感じてしまう恋  みんなさらったはずなのに  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は 一つの繰り返しCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼君の愛は信じてる 天気予報くらいにね “またね”と手をふる君 ミラーで送る僕  愛しすぎて勝てないよ 心が夕焼けてゆく 何も見えなくなって 君の思い通り  綺麗な人だねと言われる度 不安だよ みんなさらった はずなのに  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は 一つの繰り返し  いつも片手でハンドル 君の手のひらサンドイッチ つながる温みだけは 忘れずにいたいよ  あやとりの危なさで 君を惑わせてみたい いつか指のタクトで 踊らせてみようか  クールな恋はできそうにないよ 首ったけ 少し 気がかりの色で  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  目隠しでも 君のキスはわかる 不思議なほど風を 感じてしまう恋  みんなさらったはずなのに  誰のための 君だろうと想う ひとりじめ出来ても  どんな風に 君を閉じ込めても 伝えたい言葉は 一つの繰り返し
tomorrow今日から明日に変わるだけ 夜の川をひとまわりするような 円い場所で  心が上手く行けない夜 ほんのすきに 新しい靴を盗まれた あの日のように恋は  捜し疲れた顔をしながら もう歩かない  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  変わらない失くさない 口にすれば 削られるような 気がするのは何故?  涙の影さえ映す道は 愛や夢に似た物を信じては 拾いやすい  心の中の心が見た 空の色は 憧れとあきらめと 消し忘れの人が  子供の顔で泣き笑うから 悩みたくない  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  並んでは笑えない ふたりになる わかり合うように 手を振るのは何故?  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  変わらない失くさない 口にすれば 削られるような 気がするのは何故?  そして今日もまた 誓うよ…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼今日から明日に変わるだけ 夜の川をひとまわりするような 円い場所で  心が上手く行けない夜 ほんのすきに 新しい靴を盗まれた あの日のように恋は  捜し疲れた顔をしながら もう歩かない  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  変わらない失くさない 口にすれば 削られるような 気がするのは何故?  涙の影さえ映す道は 愛や夢に似た物を信じては 拾いやすい  心の中の心が見た 空の色は 憧れとあきらめと 消し忘れの人が  子供の顔で泣き笑うから 悩みたくない  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  並んでは笑えない ふたりになる わかり合うように 手を振るのは何故?  愛しては愛される ただそれだけ 今日 明日とつながるだけなのに  変わらない失くさない 口にすれば 削られるような 気がするのは何故?  そして今日もまた 誓うよ…
two of us道玄坂登りきって 次の交差点 右へ ゼブラを渡れば クリーム色の 古いマンション そこがふたりの始まりの場所 夢の卵を暖めていた  エレベーターを降りたら 突き当たりを 右へ 世界にふたつだけの鍵を使い ドアを開ける そこがふたりの始まりの部屋 結末を知らない 君と僕さ  この街の隅で 泣いたり笑ったり 無邪気なふたりが 手を振る  閉じ込めた記憶に 蘇る場面 短すぎるカーテン 笑いながら付けた 窓の外には 首都高  息をひそめ忍び足 非常階段 右へ 契約違反の犬をコートで隠し 連れ出す 通りへ出たらふたりと一匹 弾むように駆け出す 真夜中すぎさ  この街の隅で 泣いたり笑ったり 確かにふたりは 溶け合ってた  風の便りも 今は届かない いくつもの季節が 通りすぎた ひとり車走らす 首都高  戻れない ふたりは 何を見たんだろう 思い出の すべてが 取り壊されるらしい すべてが…  この街の隅で 泣いたり笑ったり あの頃のふたりに 手を振ろう  風の便りも 今は届かない いくつもの季節が 通りすぎた ひとり車走らす 首都高  道玄坂登りきって 次の交差点 右へ ゼブラを渡れば クリーム色の 古いマンションCHAGE and ASKACHAGECHAGE岡本洋道玄坂登りきって 次の交差点 右へ ゼブラを渡れば クリーム色の 古いマンション そこがふたりの始まりの場所 夢の卵を暖めていた  エレベーターを降りたら 突き当たりを 右へ 世界にふたつだけの鍵を使い ドアを開ける そこがふたりの始まりの部屋 結末を知らない 君と僕さ  この街の隅で 泣いたり笑ったり 無邪気なふたりが 手を振る  閉じ込めた記憶に 蘇る場面 短すぎるカーテン 笑いながら付けた 窓の外には 首都高  息をひそめ忍び足 非常階段 右へ 契約違反の犬をコートで隠し 連れ出す 通りへ出たらふたりと一匹 弾むように駆け出す 真夜中すぎさ  この街の隅で 泣いたり笑ったり 確かにふたりは 溶け合ってた  風の便りも 今は届かない いくつもの季節が 通りすぎた ひとり車走らす 首都高  戻れない ふたりは 何を見たんだろう 思い出の すべてが 取り壊されるらしい すべてが…  この街の隅で 泣いたり笑ったり あの頃のふたりに 手を振ろう  風の便りも 今は届かない いくつもの季節が 通りすぎた ひとり車走らす 首都高  道玄坂登りきって 次の交差点 右へ ゼブラを渡れば クリーム色の 古いマンション
東京CARRY ON空を撃つ ビルの街 吹きぬける風を払い歩いた この街の誰よりも 幸福の色を欲しがりながら  Carry On Carry On 孤独なふりはもう止めて La・La・La Woo 知らず知らずのうちに La・La・La Woo 心休む Illumination Town  薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京  秘密という噂ほど 人の口を上手く渡る奴はない 人待ちの顔をした 甘い夢に騙された日々もある  Carry On Carry On 悲しむふりはもう止めて La・La・La Woo 気がつけば片意地ばかり La・La・La Woo 張り続けていた Lonely My Life  薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京  La・La・La Woo 気ままに Carry On La・La・La Woo いつまでも Carry On   薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼空を撃つ ビルの街 吹きぬける風を払い歩いた この街の誰よりも 幸福の色を欲しがりながら  Carry On Carry On 孤独なふりはもう止めて La・La・La Woo 知らず知らずのうちに La・La・La Woo 心休む Illumination Town  薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京  秘密という噂ほど 人の口を上手く渡る奴はない 人待ちの顔をした 甘い夢に騙された日々もある  Carry On Carry On 悲しむふりはもう止めて La・La・La Woo 気がつけば片意地ばかり La・La・La Woo 張り続けていた Lonely My Life  薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京  La・La・La Woo 気ままに Carry On La・La・La Woo いつまでも Carry On   薄暗く渇いた空だけど 妙に気が合いそうな 東京
東京Doll愛がないと言って泣いた そんな東京Doll 人生なんてこんなもんと いつもBaby Face  Down Town Barでふいに逢った そんな東京Doll 恋に散ってルージュひいた Lonely Eyes  誰のせいでもなくて この都会(まち)のしくみなのさ 足を組んだ時にツンと 安っぽい香水が匂ってた東京Doll  15才で全て知ったなんて そんな東京Doll 結構聞いたふうでしょって なぜかCloudy Smile  Down Town Barで酔って抱いた そんな東京Doll きっとシャイなハートなんだ Fancy Girl  かたことの英語使い 届かない夢を話し 煙草抜いて遊びながら 色っぽい横顔で笑ってた東京Doll  Good-bye, Good-bye, Sayonaraと 明け方に消えて行った さびしそうに手を振って 汗っぽいキスだけを残してさ東京Doll  Oh 東京Doll それきり1度も逢えない東京Doll  Oh 東京Doll それきり1度も逢えない東京DollCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE愛がないと言って泣いた そんな東京Doll 人生なんてこんなもんと いつもBaby Face  Down Town Barでふいに逢った そんな東京Doll 恋に散ってルージュひいた Lonely Eyes  誰のせいでもなくて この都会(まち)のしくみなのさ 足を組んだ時にツンと 安っぽい香水が匂ってた東京Doll  15才で全て知ったなんて そんな東京Doll 結構聞いたふうでしょって なぜかCloudy Smile  Down Town Barで酔って抱いた そんな東京Doll きっとシャイなハートなんだ Fancy Girl  かたことの英語使い 届かない夢を話し 煙草抜いて遊びながら 色っぽい横顔で笑ってた東京Doll  Good-bye, Good-bye, Sayonaraと 明け方に消えて行った さびしそうに手を振って 汗っぽいキスだけを残してさ東京Doll  Oh 東京Doll それきり1度も逢えない東京Doll  Oh 東京Doll それきり1度も逢えない東京Doll
背中の声に 耳を押えて 雨の階段 駆け降りた  冷たく輝く アスファルト 涙のつぶは 吸い込んだ  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  ひどい話だと 叫んでみたのに あなたの顔さえ 浮かんでこない  あなたの嘘なら 最後まで 信じたふりでいたかった  震える心が 寒すぎて 自分の肩を 抱いてみた  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  心の隅では 知らない誰かが あなたの残した 棘をかばうの  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  心の隅では 知らない誰かが あなたの残した 棘をかばうのCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼背中の声に 耳を押えて 雨の階段 駆け降りた  冷たく輝く アスファルト 涙のつぶは 吸い込んだ  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  ひどい話だと 叫んでみたのに あなたの顔さえ 浮かんでこない  あなたの嘘なら 最後まで 信じたふりでいたかった  震える心が 寒すぎて 自分の肩を 抱いてみた  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  心の隅では 知らない誰かが あなたの残した 棘をかばうの  別れの棘を 握りしめて わずかなぬくもり 捜しながら  心の隅では 知らない誰かが あなたの残した 棘をかばうの
Trip摩天の森が呼吸をしてる 恋人達は呑み込まれて  レモンの月が落とす滴 素肌に浴びたい気もするわ  しゃらしゃら 涙も溜まらないうちに また恋の迷路 手を引かれて行く  心の隅にある 守れない場所 言葉のやさしさで 崩れ始める そこからは 入れ替わる シルエット  過ごした部屋は 星の近く ガラスの小箱で 舞い降りた  はしゃいだ夜に 静かな朝 街の目覚めは 恋の眠り  しゃらしゃら 愛さえ使い分けされて 擦り切れた弦を いたわりながらも  心に棲みついた 顔と身体と 少女の切なさが 傾いて行く そこからは 入れ替わる シルエット  心の隅にある 守れない場所 言葉のやさしさで 崩れ始める そこからは 入れ替わる シルエット  心に棲みついた 顔と身体と 少女の切なさが 傾いて行く そこからは 入れ替わる シルエット  そこからは 入れ替わる シルエットCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼摩天の森が呼吸をしてる 恋人達は呑み込まれて  レモンの月が落とす滴 素肌に浴びたい気もするわ  しゃらしゃら 涙も溜まらないうちに また恋の迷路 手を引かれて行く  心の隅にある 守れない場所 言葉のやさしさで 崩れ始める そこからは 入れ替わる シルエット  過ごした部屋は 星の近く ガラスの小箱で 舞い降りた  はしゃいだ夜に 静かな朝 街の目覚めは 恋の眠り  しゃらしゃら 愛さえ使い分けされて 擦り切れた弦を いたわりながらも  心に棲みついた 顔と身体と 少女の切なさが 傾いて行く そこからは 入れ替わる シルエット  心の隅にある 守れない場所 言葉のやさしさで 崩れ始める そこからは 入れ替わる シルエット  心に棲みついた 顔と身体と 少女の切なさが 傾いて行く そこからは 入れ替わる シルエット  そこからは 入れ替わる シルエット
TWILIGHT ZONE激しいワルツはいかが 嘘で固めた愛はいかが 愛し懐かし話 記憶のリングなら外して  黒い太陽はいかが 墜ちた天使の羽根はいかが つぶやく願いならば とうに誰かの胸で壊れた  ああ いつの日か 涙も忘れ 人の夢さえも 握りつぶそうとしてた  TWILIGHT ZONE 闇に浮かんだ TWILIGHT ZONE パンドラの箱 俺の心で 今にも開きそう  TWILIGHT ZONE 何かがちがう TWILIGHT ZONE こんなはずじゃない 心の炎 消えてはいない  薔薇の仮面はいかが 棘の光る唇はいかが 試すだけの女は からだを過ぎてく季節達  咲かない花はいかが 這いずり回る鳥はいかが 風は引きちぎられて 空を恋しがるように鳴いた  ああ ただひとり 明日におびえ 人を傷つけて やすらぎを覚えていた  TWILIGHT ZONE 闇に浮かんだ TWILIGHT ZONE パンドラの箱 俺の心で 今にも開きそう  TWILIGHT ZONE 何かがちがう TWILIGHT ZONE こんなはずじゃない 心の炎 消えてはいないCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼激しいワルツはいかが 嘘で固めた愛はいかが 愛し懐かし話 記憶のリングなら外して  黒い太陽はいかが 墜ちた天使の羽根はいかが つぶやく願いならば とうに誰かの胸で壊れた  ああ いつの日か 涙も忘れ 人の夢さえも 握りつぶそうとしてた  TWILIGHT ZONE 闇に浮かんだ TWILIGHT ZONE パンドラの箱 俺の心で 今にも開きそう  TWILIGHT ZONE 何かがちがう TWILIGHT ZONE こんなはずじゃない 心の炎 消えてはいない  薔薇の仮面はいかが 棘の光る唇はいかが 試すだけの女は からだを過ぎてく季節達  咲かない花はいかが 這いずり回る鳥はいかが 風は引きちぎられて 空を恋しがるように鳴いた  ああ ただひとり 明日におびえ 人を傷つけて やすらぎを覚えていた  TWILIGHT ZONE 闇に浮かんだ TWILIGHT ZONE パンドラの箱 俺の心で 今にも開きそう  TWILIGHT ZONE 何かがちがう TWILIGHT ZONE こんなはずじゃない 心の炎 消えてはいない
DO YA DO何もないような 振りが出来なくて ついつい 恋に指紋つけ過ぎてしまうね  コートの中で 君を抱いたから ああ 恋はもう秘密の罪 着せられて  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た あどけない君の顔が 少しだけ… 少しだけ…  雑誌のような 恋が出来なくて ついつい 君に無理をさせ過ぎてしまうね  君は僕のこと 倖せにしてるよ ああ 君の瞳に映る僕を変えないで  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  カタログの中で 夢を選ぶような 思いはさせてないかい  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た 微笑む僕の顔は 少しだけ… 少しだけ…  坂道のカーブを 右の空へ向かえば 君がドアを降りて行く  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た あどけない君の顔が  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  あどけない君の顔が…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・Jess Bailey何もないような 振りが出来なくて ついつい 恋に指紋つけ過ぎてしまうね  コートの中で 君を抱いたから ああ 恋はもう秘密の罪 着せられて  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た あどけない君の顔が 少しだけ… 少しだけ…  雑誌のような 恋が出来なくて ついつい 君に無理をさせ過ぎてしまうね  君は僕のこと 倖せにしてるよ ああ 君の瞳に映る僕を変えないで  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  カタログの中で 夢を選ぶような 思いはさせてないかい  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た 微笑む僕の顔は 少しだけ… 少しだけ…  坂道のカーブを 右の空へ向かえば 君がドアを降りて行く  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  恋人用の鼓動 いつも鳴らしてた 誰にも気づかれぬよう  あいつが君に愛を告げた 君が花を抱えて来た あどけない君の顔が  DO DO DE DO YA DO 約束など DO DO DE DO YA DO 何もなくて  あどけない君の顔が…
どのくらい“I love you”I know You know 秘密のなかで 息づいた  Fallin' Fallin' 知るほど 恋が深くなる  時計が地球を回すように 夢ごと未来を 僕にあずけて欲しい  “I love you” とても好きな言葉 すべての愛を 語ってくれる  “I love you” 唇はいつでも君を見てる 離れていても 喧嘩をしても “I love you”  Long long story あした あさって しあさって  Sing song Sing song 仕事で歌うだけじゃない  音符が五線を埋めるように 自然に君だけ 僕に閉じ込めていたい  “I love you” 君の中に僕は いま どのくらい? もう どのくらい?  “I love you” 悪い男だけど いい恋人 きっと君なら そう答えるさ  “I love you” 君の中に僕は Oh Oh いま どのくらい? もう どのくらい?  “I love you” 悪い男だけど いい恋人 きっと君なら そう答えるさ “I love you”CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼I know You know 秘密のなかで 息づいた  Fallin' Fallin' 知るほど 恋が深くなる  時計が地球を回すように 夢ごと未来を 僕にあずけて欲しい  “I love you” とても好きな言葉 すべての愛を 語ってくれる  “I love you” 唇はいつでも君を見てる 離れていても 喧嘩をしても “I love you”  Long long story あした あさって しあさって  Sing song Sing song 仕事で歌うだけじゃない  音符が五線を埋めるように 自然に君だけ 僕に閉じ込めていたい  “I love you” 君の中に僕は いま どのくらい? もう どのくらい?  “I love you” 悪い男だけど いい恋人 きっと君なら そう答えるさ  “I love you” 君の中に僕は Oh Oh いま どのくらい? もう どのくらい?  “I love you” 悪い男だけど いい恋人 きっと君なら そう答えるさ “I love you”
Don't Cry, Don't TouchDon't Cry 夢を引き裂く夜のダイナマイト Don't Cry なにが そんなに悲しいの  愛するBaby シャウトの抵抗 眠らせて 今夜こそ  愛するBaby 狙いはなんだい 機嫌とりの パパとママ  Don't Cry 何でンマンマンマンマ言うの Don't Cry 泣いてすがって天使のギャング  愛するBaby つかめぬ回路 どしゃ降りと 天気雨  愛するBaby どうすりゃいいの パントマイムの パパとママ  You So Funny Honey Bee 君は命に 一番近い  You So Funny Honey Bee 何を伝えにやって来たの 恋も知らないはずなの  No, No, No, No, No……… Don't Touch テレビ、カセット、テレフォン、ギター Don't Touch 働き蜂の つまみ食い  愛するBaby 探検旅行 少しずつ 責めてくる  愛するBaby あくびはまだかい 時間稼ぎの パパとママ  Don't Touch 何でそこからいきなりそんな Don't Touch ハップニングで パンクしそう  愛するBaby すばやい逃亡 息をのんで 瞳を見てる  愛するBaby どうすりゃいいの だけど Love, Love Love, Love, Love  You So Funny Honey Bee 君はいつか僕を追い越して  You So Funny Honey Bee 誰を愛する人になるの ママの答えもきかないで  You So Funny Honey Bee 君はいつか僕を追い越して  You So Funny Honey Bee 誰を愛する人になるの ママの答えも聞かないで  You So Funny Honey Bee ダンスまじりの ヒップでWalking  You So Funny Honey Bee あぶなごっこに 明け暮れる せつなごっこの パパとママCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼Don't Cry 夢を引き裂く夜のダイナマイト Don't Cry なにが そんなに悲しいの  愛するBaby シャウトの抵抗 眠らせて 今夜こそ  愛するBaby 狙いはなんだい 機嫌とりの パパとママ  Don't Cry 何でンマンマンマンマ言うの Don't Cry 泣いてすがって天使のギャング  愛するBaby つかめぬ回路 どしゃ降りと 天気雨  愛するBaby どうすりゃいいの パントマイムの パパとママ  You So Funny Honey Bee 君は命に 一番近い  You So Funny Honey Bee 何を伝えにやって来たの 恋も知らないはずなの  No, No, No, No, No……… Don't Touch テレビ、カセット、テレフォン、ギター Don't Touch 働き蜂の つまみ食い  愛するBaby 探検旅行 少しずつ 責めてくる  愛するBaby あくびはまだかい 時間稼ぎの パパとママ  Don't Touch 何でそこからいきなりそんな Don't Touch ハップニングで パンクしそう  愛するBaby すばやい逃亡 息をのんで 瞳を見てる  愛するBaby どうすりゃいいの だけど Love, Love Love, Love, Love  You So Funny Honey Bee 君はいつか僕を追い越して  You So Funny Honey Bee 誰を愛する人になるの ママの答えもきかないで  You So Funny Honey Bee 君はいつか僕を追い越して  You So Funny Honey Bee 誰を愛する人になるの ママの答えも聞かないで  You So Funny Honey Bee ダンスまじりの ヒップでWalking  You So Funny Honey Bee あぶなごっこに 明け暮れる せつなごっこの パパとママ
長い雨のあとに長い雨のような 淋しさに 心は濡れていた たった一言が言えず 悩む日々 いつかピリオドを 打ちたかったよ  出逢いは確かに 俺だけが拾った幸せさ 夢をわかち合える おまえだから 辛い事さえも 笑い飛ばせる  かけてこい この胸に かけてこい この愛に 俺達は もう離れない かけてこい この胸に かけてこい この愛に おまえを もう離さない  戸惑い 震える おまえの心をつかみたい もしも 消えない過去が あるのなら 俺に隠さずに 言ってほしいのさ  かけてこい この道を かけてこい この愛に 俺達は ひとつになれる かけてこい この道を かけてこい この愛に おまえを 迎えに来たよ  かけてこい この道を かけてこい この愛に 俺達は ひとつになれる かけてこい この道を かけてこい この愛に おまえを 迎えに来たよCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE長い雨のような 淋しさに 心は濡れていた たった一言が言えず 悩む日々 いつかピリオドを 打ちたかったよ  出逢いは確かに 俺だけが拾った幸せさ 夢をわかち合える おまえだから 辛い事さえも 笑い飛ばせる  かけてこい この胸に かけてこい この愛に 俺達は もう離れない かけてこい この胸に かけてこい この愛に おまえを もう離さない  戸惑い 震える おまえの心をつかみたい もしも 消えない過去が あるのなら 俺に隠さずに 言ってほしいのさ  かけてこい この道を かけてこい この愛に 俺達は ひとつになれる かけてこい この道を かけてこい この愛に おまえを 迎えに来たよ  かけてこい この道を かけてこい この愛に 俺達は ひとつになれる かけてこい この道を かけてこい この愛に おまえを 迎えに来たよ
流れ星のゆくえ甘い愛のあとは 深い夜 見つめながら 流れ星のゆくえを 聞かせてあげよう  いつもそばにいるよ 君だけを守ってるよ 淡い恋のゆくえを 信じてくれるね  東の月と南の星が 話しているのが聞こえるだろう 心配しないで静かにおやすみ  ふたり揺れていたよ 君となら飛べそうだよ 熱い恋のゆくえを 大切にしようね  東の風と南の海が 歌っているのが聞こえるだろう 子守歌にして静かにおやすみ  甘い夢の淵で 長い夜 滑りながら 流れ星のゆくえを 聞かせてあげよう…CHAGE and ASKA澤地隆CHAGE甘い愛のあとは 深い夜 見つめながら 流れ星のゆくえを 聞かせてあげよう  いつもそばにいるよ 君だけを守ってるよ 淡い恋のゆくえを 信じてくれるね  東の月と南の星が 話しているのが聞こえるだろう 心配しないで静かにおやすみ  ふたり揺れていたよ 君となら飛べそうだよ 熱い恋のゆくえを 大切にしようね  東の風と南の海が 歌っているのが聞こえるだろう 子守歌にして静かにおやすみ  甘い夢の淵で 長い夜 滑りながら 流れ星のゆくえを 聞かせてあげよう…
なぜに君は帰らないThere is no forgiving you now. But you are the one for me.  なぜに君は帰らない なぜに愛は帰らない  君を嫌ってしまうには あまりに理由がなさすぎる  ゆっくりねじれて行ったから 秒読みされてる気もするよ  寂しさから始まった恋 君と僕は似ていた 気づいていないだろうけど  なぜに君は帰らない 僕は走り出せない なぜに君は帰らない 開いたままの 傷からつらい夜が来る  いつか負ける日も来る そんなとき君がいなけりゃ…  とんでもない女だけれど ひとりぼっちよりましだよ  夜明けは沈黙のなかへ 沈みかけてる気もするよ  僕の視線を吸い込んだ 君が消えて行くのを 許すわけにはいかない  なぜに君は帰らない なにが愛を取り巻く なぜに君は帰らない ひとつひとつの 胸の痛みを連れて行け  曖昧な言葉を探っても 埃のように積もる時間 今夜も 今夜も 今夜もうごけない  忘れさせない 心の路地から駆け出して来る  なぜに君は帰らない 僕は走り出せない なぜに君は帰らない 開いたままの 傷からつらい夜が来るCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼十川知司There is no forgiving you now. But you are the one for me.  なぜに君は帰らない なぜに愛は帰らない  君を嫌ってしまうには あまりに理由がなさすぎる  ゆっくりねじれて行ったから 秒読みされてる気もするよ  寂しさから始まった恋 君と僕は似ていた 気づいていないだろうけど  なぜに君は帰らない 僕は走り出せない なぜに君は帰らない 開いたままの 傷からつらい夜が来る  いつか負ける日も来る そんなとき君がいなけりゃ…  とんでもない女だけれど ひとりぼっちよりましだよ  夜明けは沈黙のなかへ 沈みかけてる気もするよ  僕の視線を吸い込んだ 君が消えて行くのを 許すわけにはいかない  なぜに君は帰らない なにが愛を取り巻く なぜに君は帰らない ひとつひとつの 胸の痛みを連れて行け  曖昧な言葉を探っても 埃のように積もる時間 今夜も 今夜も 今夜もうごけない  忘れさせない 心の路地から駆け出して来る  なぜに君は帰らない 僕は走り出せない なぜに君は帰らない 開いたままの 傷からつらい夜が来る
謎2遊戯妖しく際どく ほら 悩ましく くすぶる想いを 遊ぶのは 誰? ほつれて とぎれて これ意図電話 噂の男の 調子はいかが? おまえが好きさ それでも おまえが好きさ やっぱり おまえが好きさ Wow wow yeah  愛しさ100倍 狂おしいのに 魔女のささやき さよならは何故? 押しても引いても もう揺れないの 二股かけたら どうですか? “嫌いじゃないの あなたも 好きは好きなの だけども おともだちなの” Wow wow yeah  女はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wow ころんで泣いても すぐ起きあがる そこそこ丈夫な ロマンの淑女 わかったつもりで のばす掌 お釈迦様さえ ひとまわり あなたも好きよ ほんとに おまえが好きさ ほんとに ただ それだけさ Wow wow yeah  女はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wow  愛はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wowCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE妖しく際どく ほら 悩ましく くすぶる想いを 遊ぶのは 誰? ほつれて とぎれて これ意図電話 噂の男の 調子はいかが? おまえが好きさ それでも おまえが好きさ やっぱり おまえが好きさ Wow wow yeah  愛しさ100倍 狂おしいのに 魔女のささやき さよならは何故? 押しても引いても もう揺れないの 二股かけたら どうですか? “嫌いじゃないの あなたも 好きは好きなの だけども おともだちなの” Wow wow yeah  女はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wow ころんで泣いても すぐ起きあがる そこそこ丈夫な ロマンの淑女 わかったつもりで のばす掌 お釈迦様さえ ひとまわり あなたも好きよ ほんとに おまえが好きさ ほんとに ただ それだけさ Wow wow yeah  女はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wow  愛はいつでも なぞなぞだらけさ ほんとの答えを みせておくれよ Wow wow
NATURAL愛しているのか迷っても 一緒に居たいのは解る 解る  心に広がるよりも なんだか涙が先に 緩むよ 知りたい事なら 無い物ねだりじゃない  ひとつの悲しみに 胸がつぶれそうでも ふたつの温度使いわけよう  小さな独り言 並べて愛に混ぜよう 知らない気持ちが生まれてるはず  何も変わらないくせに もっと心は深くなる  すべてがあたり前のような 仕草で側に居たい 居たい  永遠の気持ちなんて… その場限りの言葉が 自然さ 決まり事なら 得意じゃなくて  夢よりは近くの恋をしたいけれど 恋より棘のない夢もいい  愛し合えば合うほど 意地悪になってゆく 愛といえばそれも愛だね  何も伝えないくせに もっと心は深くなる もっと心は近くなる  きっと僕らは natural 心細さも natural 嘘と真実でつくられる愛も わずかな隙間も natural  愛し合えば合うほど 意地悪になってゆく 愛といえばそれも愛だね  何も伝えないくせに もっと心は深くなる もっと心は近くなる もっと心は熱くなるCHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE・村上啓介村上啓介愛しているのか迷っても 一緒に居たいのは解る 解る  心に広がるよりも なんだか涙が先に 緩むよ 知りたい事なら 無い物ねだりじゃない  ひとつの悲しみに 胸がつぶれそうでも ふたつの温度使いわけよう  小さな独り言 並べて愛に混ぜよう 知らない気持ちが生まれてるはず  何も変わらないくせに もっと心は深くなる  すべてがあたり前のような 仕草で側に居たい 居たい  永遠の気持ちなんて… その場限りの言葉が 自然さ 決まり事なら 得意じゃなくて  夢よりは近くの恋をしたいけれど 恋より棘のない夢もいい  愛し合えば合うほど 意地悪になってゆく 愛といえばそれも愛だね  何も伝えないくせに もっと心は深くなる もっと心は近くなる  きっと僕らは natural 心細さも natural 嘘と真実でつくられる愛も わずかな隙間も natural  愛し合えば合うほど 意地悪になってゆく 愛といえばそれも愛だね  何も伝えないくせに もっと心は深くなる もっと心は近くなる もっと心は熱くなる
夏の終わり言葉をなくして 無理して笑って ため息こぼれて すべてが壊れた  愛した分だけ 見つめた分だけ つらくなるのねと 君はうつ向いた  地下鉄のホームでふたりは サヨナラをきりだせないまま  いま別れを決めた その横顔が ただ綺麗すぎる 夏の終わり見てた  心をかくして 憎んでほしくて 冷たいふりして すべてを読まれた  最後になるほど 他人になるほど やさしいものねと 君はほほえんだ  ベルの音鳴り終わる間際 思い切り駆け込んだ背中  いま別れを決めた その唇を まだ愛せそうな 夏の終わりだった  いま別れを決めた そのまなざしで いつ恋をするの 夏の終わりだったCHAGE and ASKA澤地隆CHAGE言葉をなくして 無理して笑って ため息こぼれて すべてが壊れた  愛した分だけ 見つめた分だけ つらくなるのねと 君はうつ向いた  地下鉄のホームでふたりは サヨナラをきりだせないまま  いま別れを決めた その横顔が ただ綺麗すぎる 夏の終わり見てた  心をかくして 憎んでほしくて 冷たいふりして すべてを読まれた  最後になるほど 他人になるほど やさしいものねと 君はほほえんだ  ベルの音鳴り終わる間際 思い切り駆け込んだ背中  いま別れを決めた その唇を まだ愛せそうな 夏の終わりだった  いま別れを決めた そのまなざしで いつ恋をするの 夏の終わりだった
夏は過ぎて曲がりくねった細い道 揺れて過ぎたる紬の貴女(あのひと) 白い日傘に添えし指にも 忘れぬあの日のしぐさそのままに あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 風に浮かんだ衿の白さも 知らぬ誰かのためにと思われて  思いもよらぬ二人の再会(であい)に 心は揺れて時さえまわらず 戸惑う貴女(ひと)の影を追いかけ足を早める 虚しさ噛みしめて あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 紅く汗ばみ燃ゆる爪紅(つまべに) 女になりし貴女(あのひと)息づかせ  坂道を下る二人の影は 結んだ糸もほぐれてしまって 影踏みしめる私の足は 過去の幸せ引きずったままです あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 帰れとは言えず戻れとも願えぬ 遠い遠い昨日が後ろから 帰れとは言えず戻れとも願えぬ 遠い遠い昨日が後ろからCHAGE and ASKA田北憲次CHAGE曲がりくねった細い道 揺れて過ぎたる紬の貴女(あのひと) 白い日傘に添えし指にも 忘れぬあの日のしぐさそのままに あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 風に浮かんだ衿の白さも 知らぬ誰かのためにと思われて  思いもよらぬ二人の再会(であい)に 心は揺れて時さえまわらず 戸惑う貴女(ひと)の影を追いかけ足を早める 虚しさ噛みしめて あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 紅く汗ばみ燃ゆる爪紅(つまべに) 女になりし貴女(あのひと)息づかせ  坂道を下る二人の影は 結んだ糸もほぐれてしまって 影踏みしめる私の足は 過去の幸せ引きずったままです あれから季節は幾度 生まれ死んでいったのでしょう 帰れとは言えず戻れとも願えぬ 遠い遠い昨日が後ろから 帰れとは言えず戻れとも願えぬ 遠い遠い昨日が後ろから
涙・BOYどしゃぶりに髪をぬらして 君はひとり Rainy Girl ふられたら戻ってこいよ そんな冗談真に受けて 猫を拾って帰るようには 君を連れて帰れないよ 死ぬほどの悲しみで あの時さよならを聞いたんだから  涙・涙・涙 涙 BOY なぜ泣けてくるんだろう 涙・涙・涙 涙 BOY あきらめた恋なのに  振り返れば君は震えて びしょぬれの Lonely Girl 恋なんてもうしないと 決めた心に雨もりさ あいつを選んだ君の気持 本気だったと信じてたいよ わがまま許せるほど あれからやさしさを とりもどしちゃいないさ  涙・涙・涙 涙 BOY なぜ泣けてくるんだろう 涙・涙・涙 涙 BOY あきらめた恋なのに  どしゃぶりに髪をぬらして 君はひとり Rainy Girl ふられたら戻ってこいよ 今度だけだからねCHAGE and ASKA松井五郎CHAGEどしゃぶりに髪をぬらして 君はひとり Rainy Girl ふられたら戻ってこいよ そんな冗談真に受けて 猫を拾って帰るようには 君を連れて帰れないよ 死ぬほどの悲しみで あの時さよならを聞いたんだから  涙・涙・涙 涙 BOY なぜ泣けてくるんだろう 涙・涙・涙 涙 BOY あきらめた恋なのに  振り返れば君は震えて びしょぬれの Lonely Girl 恋なんてもうしないと 決めた心に雨もりさ あいつを選んだ君の気持 本気だったと信じてたいよ わがまま許せるほど あれからやさしさを とりもどしちゃいないさ  涙・涙・涙 涙 BOY なぜ泣けてくるんだろう 涙・涙・涙 涙 BOY あきらめた恋なのに  どしゃぶりに髪をぬらして 君はひとり Rainy Girl ふられたら戻ってこいよ 今度だけだからね
21世紀輝く星たちが見守る南の海で 僕は女神と不思議な出逢いをした 緑の長い髪 夜の風に遊ばせ 悲しい唄を一人で歌ってた歌ってた  あなたは僕に向って何か語りかける だけど それは少しも解らない あなたの頬つたう 涙見た時にはなぜか 未来の不安を少し感じた 感じた  夜の魔法の世界に惑わされているようだ きっとそうさ 立ち去ることも出来ず ただあなたの瞳見てた 21世紀に愛の唄はありますか 21世紀に愛の唄はありますか  それからどのくらい時は回っただろう あなたの歌に遠い夢を重ねてた つまびく竪琴は人の世の心を あらわすかのように 鳴らなくなった 鳴らなくなった だけど僕は未来を信じていたいのです これは たわいもない一夜の夢だから あなたの 落とした涙 それは恋に破れた 乙女の涙と僕は受けとろう 受けとろう  夜の魔法の世界に惑わされているだけさ きっとそうさ 響かぬ竪琴ならば無理に鳴らさないで これ以上 21世紀の愛を今こそ歌おう 21世紀の愛を今こそ歌おうCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼輝く星たちが見守る南の海で 僕は女神と不思議な出逢いをした 緑の長い髪 夜の風に遊ばせ 悲しい唄を一人で歌ってた歌ってた  あなたは僕に向って何か語りかける だけど それは少しも解らない あなたの頬つたう 涙見た時にはなぜか 未来の不安を少し感じた 感じた  夜の魔法の世界に惑わされているようだ きっとそうさ 立ち去ることも出来ず ただあなたの瞳見てた 21世紀に愛の唄はありますか 21世紀に愛の唄はありますか  それからどのくらい時は回っただろう あなたの歌に遠い夢を重ねてた つまびく竪琴は人の世の心を あらわすかのように 鳴らなくなった 鳴らなくなった だけど僕は未来を信じていたいのです これは たわいもない一夜の夢だから あなたの 落とした涙 それは恋に破れた 乙女の涙と僕は受けとろう 受けとろう  夜の魔法の世界に惑わされているだけさ きっとそうさ 響かぬ竪琴ならば無理に鳴らさないで これ以上 21世紀の愛を今こそ歌おう 21世紀の愛を今こそ歌おう
201号こんな場所に挟んでたなんて 思わなかった 君の写真拾って 荷物の上に座った  やっと君を あきらめたよ ちょっと恋を 引きずったけどね  貝殻の中の 無人のプラットホーム そんな気がするこの部屋に ゆっくりと 朝がくる  仕事に追われる毎日さ 相も変わらず この世界もそんなに 甘くはいかなくてね  いつか会いましょう 懐かしがりましょう 春のような 温もりでいましょう  明日この部屋を 出ることになったんだ 積み残してく思い出に あやまった ひとつひとつ  手を止めて眺めてる 写真にも そしてあやまった…  明日この部屋を 出ることになったんだ もう無理のない この部屋に ゆっくりと 朝がくるCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼・西川進こんな場所に挟んでたなんて 思わなかった 君の写真拾って 荷物の上に座った  やっと君を あきらめたよ ちょっと恋を 引きずったけどね  貝殻の中の 無人のプラットホーム そんな気がするこの部屋に ゆっくりと 朝がくる  仕事に追われる毎日さ 相も変わらず この世界もそんなに 甘くはいかなくてね  いつか会いましょう 懐かしがりましょう 春のような 温もりでいましょう  明日この部屋を 出ることになったんだ 積み残してく思い出に あやまった ひとつひとつ  手を止めて眺めてる 写真にも そしてあやまった…  明日この部屋を 出ることになったんだ もう無理のない この部屋に ゆっくりと 朝がくる
Newsにならない恋ドキドキしてない ハラハラしてない そんなふたりじゃ 味気ないじゃない 相手が読めちゃう 心が見えちゃう こんな関係も困ったもんだわ  デートを重ねる度に 馴合いになってくるのね 体が近づく程に 会話が少なくなるのね ネタが尽きてる わかりすぎてる ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  胸騒ぎしない ときめきもしない そんな気分じゃ 情けないじゃない 安心できちゃう マモリについちゃう こんな恋人も切ないもんだわ  サヨナラ言われそうな 心配がなさすぎるのね ビシバシ言い合うことも 忘れてしまっているのね スリルが欲しい 賭け引きしたい ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  だけど心弱いから なんとなく抱かれてるのね 薄々気づいてながら ぬるま湯につかってるのね あくび殺した 溜息ついた ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  胸騒ぎしない ときめきもしない そんな気分じゃ 情けないじゃない ドキドキしてない ハラハラしてない そんなふたりじゃ ニュースにならない ニュースにならない ニュースにならないCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEドキドキしてない ハラハラしてない そんなふたりじゃ 味気ないじゃない 相手が読めちゃう 心が見えちゃう こんな関係も困ったもんだわ  デートを重ねる度に 馴合いになってくるのね 体が近づく程に 会話が少なくなるのね ネタが尽きてる わかりすぎてる ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  胸騒ぎしない ときめきもしない そんな気分じゃ 情けないじゃない 安心できちゃう マモリについちゃう こんな恋人も切ないもんだわ  サヨナラ言われそうな 心配がなさすぎるのね ビシバシ言い合うことも 忘れてしまっているのね スリルが欲しい 賭け引きしたい ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  だけど心弱いから なんとなく抱かれてるのね 薄々気づいてながら ぬるま湯につかってるのね あくび殺した 溜息ついた ニュースにならない ニュースにならない恋ならパスするわ  胸騒ぎしない ときめきもしない そんな気分じゃ 情けないじゃない ドキドキしてない ハラハラしてない そんなふたりじゃ ニュースにならない ニュースにならない ニュースにならない
濡れた夢積まれた書類のような 重さに似ている 誰も気づかぬ振りで 僕を見つめてる ガラスに囲まれたような 温もりを感じてる  愛し合うのはいつも 同じ夢のなか 憎む事も 恨む事も 眠りにつくまで いっそこのままずっと 眠りつづけてみたい  何処まで泳いで行こう 君の背中も跳ねる 昇って行く それとも沈んで行く 素敵さ wet dream  ひとりベッドの中で 君を感じてる シーツが汗に絡んで 君を探す膝 夢の終わりはきっと 意地悪な君の声  「さよなら」を消しに行こう(夢の中へ) 乾いた毎日はつらい(夢の中で) 夢の中だけは 僕が濡れていく 素敵さ wet dream  出逢いのあの日に行こう(夢の中へ) 乾いた毎日はつらい(夢の中で) 夢の中だけは 僕が濡れていく 素敵さ wet dreamCHAGE and ASKACHAGECHAGE澤近泰輔積まれた書類のような 重さに似ている 誰も気づかぬ振りで 僕を見つめてる ガラスに囲まれたような 温もりを感じてる  愛し合うのはいつも 同じ夢のなか 憎む事も 恨む事も 眠りにつくまで いっそこのままずっと 眠りつづけてみたい  何処まで泳いで行こう 君の背中も跳ねる 昇って行く それとも沈んで行く 素敵さ wet dream  ひとりベッドの中で 君を感じてる シーツが汗に絡んで 君を探す膝 夢の終わりはきっと 意地悪な君の声  「さよなら」を消しに行こう(夢の中へ) 乾いた毎日はつらい(夢の中で) 夢の中だけは 僕が濡れていく 素敵さ wet dream  出逢いのあの日に行こう(夢の中へ) 乾いた毎日はつらい(夢の中で) 夢の中だけは 僕が濡れていく 素敵さ wet dream
熱帯魚夜の無い水の中の 泳ぐ絵を見てた ぼく達はこの部屋の 底に座ってた  時々ここに スプーンのような光が来る  あの水槽を飛び出せば 命は消える ぼく達はこの部屋で リセットを押す  愛の温度も 水の種類も選べないけど  誰より 君は深くて 愛しい人  ふたり別々に歩いても 生きていられる それも寂しいな  言葉なら化粧すれば 上手く使える 綺麗ごとに聞こえるなら ただ黙ってよう  君の背中を 抱き締めながら照らされてる  誰より 君は未来で 愛しい人  ふたり別々に歩いても 生きていられる それも寂しいな  それも寂しいな 君は 愛しい人…CHAGE and ASKACHAGECHAGE亀田誠治夜の無い水の中の 泳ぐ絵を見てた ぼく達はこの部屋の 底に座ってた  時々ここに スプーンのような光が来る  あの水槽を飛び出せば 命は消える ぼく達はこの部屋で リセットを押す  愛の温度も 水の種類も選べないけど  誰より 君は深くて 愛しい人  ふたり別々に歩いても 生きていられる それも寂しいな  言葉なら化粧すれば 上手く使える 綺麗ごとに聞こえるなら ただ黙ってよう  君の背中を 抱き締めながら照らされてる  誰より 君は未来で 愛しい人  ふたり別々に歩いても 生きていられる それも寂しいな  それも寂しいな 君は 愛しい人…
熱風逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に 鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へ向けて  泡の如き運命が 俺に櫂をにぎらせる 船は何処の岸辺に 女神を見るのだろうか  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  北をめぐる疾風(かぜ)よ 南からの瀬流(うねり)よ 荒(すさ)んだ祖国を洗え いつの日か金色の 竪琴を持ちかえり とこしえに奏でるまで  たけり狂う嵐にも 俺は負けることはない 船は熱い風を受け 何処までも翔けてゆく  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara 鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へむけて 太陽の胸に剣をむければ Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後にCHAGE and ASKA松井五郎飛鳥涼逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に 鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へ向けて  泡の如き運命が 俺に櫂をにぎらせる 船は何処の岸辺に 女神を見るのだろうか  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  北をめぐる疾風(かぜ)よ 南からの瀬流(うねり)よ 荒(すさ)んだ祖国を洗え いつの日か金色の 竪琴を持ちかえり とこしえに奏でるまで  たけり狂う嵐にも 俺は負けることはない 船は熱い風を受け 何処までも翔けてゆく  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara 鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へむけて 太陽の胸に剣をむければ Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に
熱風(僕はMusic)逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へ向けて  泡の如き運命が 俺に櫂をにぎらせる 船は何処の岸辺に 女神を見るのだろうか  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  北をめぐる疾風(かぜ)よ 南からの瀬流(うねり)よ 荒(すさ)んだ祖国を洗え  いつの日か金色の 竪琴を持ちかえり とこしえに奏でるまで  たけり狂う嵐にも 俺は負けることはない 船は熱い風を受け 何処までも翔けてゆく  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後にCHAGE and ASKA松井五郎飛鳥涼逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  鴎は泣き叫び 風に帆はゆれてる 紺碧の海原へ向けて  泡の如き運命が 俺に櫂をにぎらせる 船は何処の岸辺に 女神を見るのだろうか  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に  北をめぐる疾風(かぜ)よ 南からの瀬流(うねり)よ 荒(すさ)んだ祖国を洗え  いつの日か金色の 竪琴を持ちかえり とこしえに奏でるまで  たけり狂う嵐にも 俺は負けることはない 船は熱い風を受け 何処までも翔けてゆく  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる  太陽の胸に剣をむければ この心も炎になる Luara Luara Luara  逆巻く波は吼え 船出の時がきた 滅びゆく祖国を後に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
眠ったハートに火をつけて女の歴史が変わる前から 熟したワインはいかがですか 心にしみたら焼きついて はねあがる OH YA! YA! YA! ナイフも持たずに愛しいひとを 思いのままにあやつれますか たよれる男を捜すのは 無駄なこと OH NO! NO! NO! NO!  その顔 その胸 そのからだ きらめく未来がかくれてるのに OH LADY 始めよう 君の心のジャンヌダルクへ 眠ったハートに火をつけて  いつかは幸せ 手にするために 片目で自分を裏切りますか 少女が鏡を遠ざける その日から OH YA! YA! YA!   危険なしぐさで恋をきりぬけ 痛んだ想い出はどうしますか あずける男をあやまれば 怖いこと OH! NO! NO! NO!   その顔 その胸 そのからだ きらめく未来がかくれてるのに OH LADY 始めよう 君の心のジャンヌダルクへ 眠ったハートに火をつけてCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE女の歴史が変わる前から 熟したワインはいかがですか 心にしみたら焼きついて はねあがる OH YA! YA! YA! ナイフも持たずに愛しいひとを 思いのままにあやつれますか たよれる男を捜すのは 無駄なこと OH NO! NO! NO! NO!  その顔 その胸 そのからだ きらめく未来がかくれてるのに OH LADY 始めよう 君の心のジャンヌダルクへ 眠ったハートに火をつけて  いつかは幸せ 手にするために 片目で自分を裏切りますか 少女が鏡を遠ざける その日から OH YA! YA! YA!   危険なしぐさで恋をきりぬけ 痛んだ想い出はどうしますか あずける男をあやまれば 怖いこと OH! NO! NO! NO!   その顔 その胸 そのからだ きらめく未来がかくれてるのに OH LADY 始めよう 君の心のジャンヌダルクへ 眠ったハートに火をつけて
野いちごがゆれるように指を折りながら 想い出すのは いつか愛した 誰かのこと  すべてすべては 変わりつづける 落ちた涙が 蝶々になる 追いたくなる  過ぎて行く時間(とき)だけは 変わらない  恋して燃えた日は 誰も懐かしい いくつかの物語に 服を着せて やさしくなれれば それだけでいい  からだの何処かに 河が流れて 夢の残りを 流してみる  雨あがりの空の下 遠い日の夕焼けの歌 風に青い実をゆらしてる いちごになる 泣きたくなる  想い出に抱かれても 罪はない  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 幸せと悲しみとが 寄り添って 甘い実をつける 見つめている  野いちごゆれた 野いちごゆれた  恋して燃えた日は 誰も懐かしい いくつかの物語に 服を着せて やさしくなれれば それだけでいい  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 幸せと悲しみとが 寄り添って 甘い実をつける 見つめている  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 恋して燃えた日は 誰も懐かしい 恋して燃えた日は 誰も懐かしい…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・ジェス・バイリー指を折りながら 想い出すのは いつか愛した 誰かのこと  すべてすべては 変わりつづける 落ちた涙が 蝶々になる 追いたくなる  過ぎて行く時間(とき)だけは 変わらない  恋して燃えた日は 誰も懐かしい いくつかの物語に 服を着せて やさしくなれれば それだけでいい  からだの何処かに 河が流れて 夢の残りを 流してみる  雨あがりの空の下 遠い日の夕焼けの歌 風に青い実をゆらしてる いちごになる 泣きたくなる  想い出に抱かれても 罪はない  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 幸せと悲しみとが 寄り添って 甘い実をつける 見つめている  野いちごゆれた 野いちごゆれた  恋して燃えた日は 誰も懐かしい いくつかの物語に 服を着せて やさしくなれれば それだけでいい  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 幸せと悲しみとが 寄り添って 甘い実をつける 見つめている  恋して燃えた日は 誰も懐かしい 恋して燃えた日は 誰も懐かしい 恋して燃えた日は 誰も懐かしい…
NO PAIN NO GAIN小舟のように傾きながら 君と揺れながら行く 僕の毎日  イスとりゲームみたいな波をよけて行く 時にあやまちも 次の波じゃ正しい  ここからは今までより ずっと早そうな時間 だけど僕は まだ僕はダメになりはしないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 痛めた胸に手を当てたままじゃ空しい  いつも最後まで上手く使えなかった 消しゴムや鉛筆や僕の気持ち  病を書き込む 白いカルテのように 僕の生きる理由は君に書き込んでいたい  ここいらが僕の答えと 思い着いてしまう だけど僕の まだ僕の靴紐は切れちゃいないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 少しばかりの寂しさも生きる理由  もう少しだよ あと少しだよ まだまだ僕は ダメにはならないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 少しばかりの寂しさも生きる理由  no pain no gain all sun and no rain if there is no pain, do you gain c'mon now  no pain no gain all sun and no rain if there is no pain, do you gain c'mon nowCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼小舟のように傾きながら 君と揺れながら行く 僕の毎日  イスとりゲームみたいな波をよけて行く 時にあやまちも 次の波じゃ正しい  ここからは今までより ずっと早そうな時間 だけど僕は まだ僕はダメになりはしないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 痛めた胸に手を当てたままじゃ空しい  いつも最後まで上手く使えなかった 消しゴムや鉛筆や僕の気持ち  病を書き込む 白いカルテのように 僕の生きる理由は君に書き込んでいたい  ここいらが僕の答えと 思い着いてしまう だけど僕の まだ僕の靴紐は切れちゃいないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 少しばかりの寂しさも生きる理由  もう少しだよ あと少しだよ まだまだ僕は ダメにはならないさ  no pain no gain 積み木のようなこの都会も動いている  rising and falling 少しばかりの寂しさも生きる理由  no pain no gain all sun and no rain if there is no pain, do you gain c'mon now  no pain no gain all sun and no rain if there is no pain, do you gain c'mon now
KnockYESと言いそうな女を選んだ 泣ける話を並べて誘った 抱いた ベッドに入ればすべてを合わせて 少しばかりの切なさ売った  俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう だめになりそうな気がして 夢中で抱いた  負けの込んだ生き方じゃ もがき続けたところで 水に浮かんだアリのようだよ  ピースのサインで女と別れた 本当の名前最後に聞いた 別れた 知らない間に雨になったらしい 光る道路に朝が跳ねてた  俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう 問い詰めるような顔をして 朝日を抱いた  負けの込んだ生き方じゃ 牙をむいたところで 執行猶予の夢のようだよ  のぞき込んだ水溜まりには 空がまばたきしてる ゆがんだままの姿は 俺の知ってる奴じゃない  ラッシュアワーの吊り革で 叫びたい言葉がある 迷惑顔のお互いで 叫びたい言葉がある 俺はここからドアを打つ  俺はときどき倒れる 俺はときどき砂を噛む 俺はときどき空を見る 地図を見下ろすこの瞳で見る  俺は何処へ行くんだろう (俺の明日は何だろう) どんな顔をしてんだろう (誰が俺を待つんだろう) 問い詰めるような顔をして 朝日を抱いた  負けの込んだ生き方じゃ (最後は笑うはずだろう) 牙をむいたところで (最後は笑うはずだろう) 執行猶予の夢のようだよ  Oh… 俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう 俺はここからドアをうつ Oh… 俺の明日は何だろう 誰が俺を待つんだろう 俺はここからドアをうつ Oh… 俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろうCHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGEYESと言いそうな女を選んだ 泣ける話を並べて誘った 抱いた ベッドに入ればすべてを合わせて 少しばかりの切なさ売った  俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう だめになりそうな気がして 夢中で抱いた  負けの込んだ生き方じゃ もがき続けたところで 水に浮かんだアリのようだよ  ピースのサインで女と別れた 本当の名前最後に聞いた 別れた 知らない間に雨になったらしい 光る道路に朝が跳ねてた  俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう 問い詰めるような顔をして 朝日を抱いた  負けの込んだ生き方じゃ 牙をむいたところで 執行猶予の夢のようだよ  のぞき込んだ水溜まりには 空がまばたきしてる ゆがんだままの姿は 俺の知ってる奴じゃない  ラッシュアワーの吊り革で 叫びたい言葉がある 迷惑顔のお互いで 叫びたい言葉がある 俺はここからドアを打つ  俺はときどき倒れる 俺はときどき砂を噛む 俺はときどき空を見る 地図を見下ろすこの瞳で見る  俺は何処へ行くんだろう (俺の明日は何だろう) どんな顔をしてんだろう (誰が俺を待つんだろう) 問い詰めるような顔をして 朝日を抱いた  負けの込んだ生き方じゃ (最後は笑うはずだろう) 牙をむいたところで (最後は笑うはずだろう) 執行猶予の夢のようだよ  Oh… 俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう 俺はここからドアをうつ Oh… 俺の明日は何だろう 誰が俺を待つんだろう 俺はここからドアをうつ Oh… 俺は何処へ行くんだろう どんな顔をしてんだろう
not at all脱げないシャツのように 張り付いた日々で 見上げた遠い空 浮かぶ風船 風に耳打ちされて 行く先を決めたみたい  誰の手を放れて来たのだろう 上手く選べない僕を追い越して  いいさ描いた絵を 何度でも 直す手を 僕は持とう not at all  そこに立って そのとき わかることばかりさ 今の僕にはない答えなんだろう 何かだろう  悪いことばかり考えていると 心はひとつの 色で塗られてく  いつも どれかひとつを どこかひとつを くぐり抜けて来ただろう not at all  そこに立って そのとき わかることばかりさ それが自分と思えたら 軽くなる 歩ける  人混みで止まって 空を仰いだ時 何だか理由もなく 今すべての真ん中に立ってるって思えた  そこに立って そのとき わかることばかりさ 今の僕にはない答えなんだろう 何かだろう  そこに立って そのとき わかることばかりさ それが自分と思えたら 軽くなる 歩けるCHAGE and ASKAASKA・松井五郎ASKAMasaki Suzukawa・Paul Staveley O'Duffy・Richard Cottle脱げないシャツのように 張り付いた日々で 見上げた遠い空 浮かぶ風船 風に耳打ちされて 行く先を決めたみたい  誰の手を放れて来たのだろう 上手く選べない僕を追い越して  いいさ描いた絵を 何度でも 直す手を 僕は持とう not at all  そこに立って そのとき わかることばかりさ 今の僕にはない答えなんだろう 何かだろう  悪いことばかり考えていると 心はひとつの 色で塗られてく  いつも どれかひとつを どこかひとつを くぐり抜けて来ただろう not at all  そこに立って そのとき わかることばかりさ それが自分と思えたら 軽くなる 歩ける  人混みで止まって 空を仰いだ時 何だか理由もなく 今すべての真ん中に立ってるって思えた  そこに立って そのとき わかることばかりさ 今の僕にはない答えなんだろう 何かだろう  そこに立って そのとき わかることばかりさ それが自分と思えたら 軽くなる 歩ける
no doubtここに君は頭をのせ 寝息をたてた 僕の肩は君が見つけた 隠れ家のようだった  いつもふたりは 友達のように話ができた ソファの隅で 傾く本になって  生まれ出た意味さえも 感じたのに  僕らは夏の肌が消えるように 別れた “恋人のようだ”なんて さよなら言えずに ただテレビ見つめて並んでいた  僕の物を 君が自分の物のように 使うことが 訳もなく嬉しかった  溶けながら ひとつになったようで  僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け 絵の具が切れたとこに たたずんでいた 空と海を分ける線のように  この肩には 柔らかな重みがある 君が僕に残したもの  僕らはきっとあの恋を閉じ合った 思い出を愛せるように  僕らは夏の肌が消えるように 別れた 僕らは夏の肌が消えるように 別れた  僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け 絵の具が切れたとこに たたずんでいた 空と海を分ける線のようにCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼松本晃彦ここに君は頭をのせ 寝息をたてた 僕の肩は君が見つけた 隠れ家のようだった  いつもふたりは 友達のように話ができた ソファの隅で 傾く本になって  生まれ出た意味さえも 感じたのに  僕らは夏の肌が消えるように 別れた “恋人のようだ”なんて さよなら言えずに ただテレビ見つめて並んでいた  僕の物を 君が自分の物のように 使うことが 訳もなく嬉しかった  溶けながら ひとつになったようで  僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け 絵の具が切れたとこに たたずんでいた 空と海を分ける線のように  この肩には 柔らかな重みがある 君が僕に残したもの  僕らはきっとあの恋を閉じ合った 思い出を愛せるように  僕らは夏の肌が消えるように 別れた 僕らは夏の肌が消えるように 別れた  僕らは愛の色を 伸ばしながら通り抜け 絵の具が切れたとこに たたずんでいた 空と海を分ける線のように
no no darlin'土曜の夜は 朝まで君を抱く 窓の外 過ぎて行く世の中で ふたり動かずに  振り向く度に 僕を許している 急いでは悲しませた 君の瞳に甘えた  no no darlin' 雨の向こうに 広がる空を いつもふたりで 呼んで来たじゃない  時計の側で 時間を無くしてる ゆるやかにたたみあう腕と腕 ふたり鳥のように  いつかは幸せ いくらでもあげるよ 言葉ならあふれてる 君の胸にこぼすよ  no no darlin' 言葉よりも やさしいお花を いつもふたりで 育てて行こうよ  君が (君が) 君が僕のなかに (いつも君が) 描いてくれた 雨あがりの空を  君が (君が) 君が僕のなかに (いつも君が) 預けてくれた 大切な花を  心に Stay on (Stay on) Stay on (Stay on) 雨上りの空を 心に Stay on (Stay on) Stay on (Stay on) 大切な花を  いつまでもふたり  no no darlin' 雨の向こうに 広がる空を いつもふたりで 呼んで来たじゃない  no no darlin' 言葉よりも やさしいお花を いつもふたりで 育てて行こうよCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・ジェス・バイリー土曜の夜は 朝まで君を抱く 窓の外 過ぎて行く世の中で ふたり動かずに  振り向く度に 僕を許している 急いでは悲しませた 君の瞳に甘えた  no no darlin' 雨の向こうに 広がる空を いつもふたりで 呼んで来たじゃない  時計の側で 時間を無くしてる ゆるやかにたたみあう腕と腕 ふたり鳥のように  いつかは幸せ いくらでもあげるよ 言葉ならあふれてる 君の胸にこぼすよ  no no darlin' 言葉よりも やさしいお花を いつもふたりで 育てて行こうよ  君が (君が) 君が僕のなかに (いつも君が) 描いてくれた 雨あがりの空を  君が (君が) 君が僕のなかに (いつも君が) 預けてくれた 大切な花を  心に Stay on (Stay on) Stay on (Stay on) 雨上りの空を 心に Stay on (Stay on) Stay on (Stay on) 大切な花を  いつまでもふたり  no no darlin' 雨の向こうに 広がる空を いつもふたりで 呼んで来たじゃない  no no darlin' 言葉よりも やさしいお花を いつもふたりで 育てて行こうよ
higher groundツンとこめかみの辺りを 針で刺されたみたいだ 顔を隠すようなポーズで 乗ればドアは閉まった  吊られたナイフの カーブに沿って 滴のような 記憶が戻る  I'm living in this world? I'd better watch the ground.  乗りこんでみたこの箱は 俺をどこかに押し出して ざらついた坂の向こうで また俺が辿り着くのを待っている  弓なりの空の下を 矢のようにせかされる  数字のような 言葉を喋る 子供の声を 聞いた気がする  I'm living in this world? I'd better watch the ground.  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 俺の命は繋がれた プラグの中にあるような気配だ  季節も空も 用意されてる すべてが次を 用意されてる  覗き込むような視線で見張られてる 見晴らしのいい 場所で見張られてる  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 何故か眠りを許されず 生きることを与えられた  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 俺の命は繋がれた プラグの中にあるような気配だ  ゲームの気配だ…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・十川知司ツンとこめかみの辺りを 針で刺されたみたいだ 顔を隠すようなポーズで 乗ればドアは閉まった  吊られたナイフの カーブに沿って 滴のような 記憶が戻る  I'm living in this world? I'd better watch the ground.  乗りこんでみたこの箱は 俺をどこかに押し出して ざらついた坂の向こうで また俺が辿り着くのを待っている  弓なりの空の下を 矢のようにせかされる  数字のような 言葉を喋る 子供の声を 聞いた気がする  I'm living in this world? I'd better watch the ground.  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 俺の命は繋がれた プラグの中にあるような気配だ  季節も空も 用意されてる すべてが次を 用意されてる  覗き込むような視線で見張られてる 見晴らしのいい 場所で見張られてる  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 何故か眠りを許されず 生きることを与えられた  何故か眠りを許されず 生きることを与えられた 俺の命は繋がれた プラグの中にあるような気配だ  ゲームの気配だ…
花暦春は一夜の桜(はな)の宴 浮世の盃 花をつぎ 秋は楓の舟をだし 河流(かりゅう)の旅人 歌に読む 幾歳月が過ぎゆくとも 人はさみしい荒野原  わたしは風 たったひと吹きで いにしえを 舞いあげて わたしは風 たったひと吹きで 心に彩をそえる  夏はまぶしい娘等を 百合の香りに包み込み 冬は紅さす恋の女(ひと) 風花一輪 簪(かんざし)に 想い焦がれて時が熟すとも 人は咲かせる花がない  わたしは風 たったひと吹きで いにしえを 舞いあげて わたしは風 たったひと吹きで 心に彩をそえるCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE春は一夜の桜(はな)の宴 浮世の盃 花をつぎ 秋は楓の舟をだし 河流(かりゅう)の旅人 歌に読む 幾歳月が過ぎゆくとも 人はさみしい荒野原  わたしは風 たったひと吹きで いにしえを 舞いあげて わたしは風 たったひと吹きで 心に彩をそえる  夏はまぶしい娘等を 百合の香りに包み込み 冬は紅さす恋の女(ひと) 風花一輪 簪(かんざし)に 想い焦がれて時が熟すとも 人は咲かせる花がない  わたしは風 たったひと吹きで いにしえを 舞いあげて わたしは風 たったひと吹きで 心に彩をそえる
華やかに傷ついて影がゆれる 別れを告げてる あなたの影がゆれる 何も言えない 言葉が浮かばない 夢を見てるようで  下手な言い訳 繰り返す人 責める気には なれないけど  恋の終りは その場限りだけでも 綺麗な理由(わけ)を 欲しがるのです 飾れるものならば 飾れるものならば 華やかに 傷ついて  あなたの顔 とてもゆがんでる 涙の向こう側で 寒い心に 気の早い冬が そっと目隠しをした  別れを引きずる つもりはないけど そんなに答えを 急がないで  恋の約束 誓った指が 心変わりに ふるえています  恋の終りは その場限りだけでも 綺麗な理由(わけ)を 欲しがるのです 飾れるものならば 飾れるものならば 華やかに 傷ついてCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼影がゆれる 別れを告げてる あなたの影がゆれる 何も言えない 言葉が浮かばない 夢を見てるようで  下手な言い訳 繰り返す人 責める気には なれないけど  恋の終りは その場限りだけでも 綺麗な理由(わけ)を 欲しがるのです 飾れるものならば 飾れるものならば 華やかに 傷ついて  あなたの顔 とてもゆがんでる 涙の向こう側で 寒い心に 気の早い冬が そっと目隠しをした  別れを引きずる つもりはないけど そんなに答えを 急がないで  恋の約束 誓った指が 心変わりに ふるえています  恋の終りは その場限りだけでも 綺麗な理由(わけ)を 欲しがるのです 飾れるものならば 飾れるものならば 華やかに 傷ついて
HANG UP THE PHONEドアボーイの横を抜け 鍵を鳴らしながら 知らない誰かと 同じ箱に乗る  26時の部屋に戻って コートのままで指先はねた 真夜中のダイヤル つながらないベル  落書きのような 荷物を眺めて 靴を脱いだとき ひとりになった  役者のようなだるい背中で 伸ばした指が何度もはねた 真夜中のダイヤル さえぎられたベル  呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い 眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さ  よくなりかけてた ふたりの間に 息をひそめてた 始まりが来る  はりつけられたベッドの上で 君の言いわけ考えていた 真夜中のダイヤル 疲れ果てたベル  あの日君を失えずに 許した愛がいまさら辛い そしてまわりの奴たちは 僕をなぐさめてみる  僕の中が変わり始めた 君の思う僕が消えて行く  呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い 眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・ジェス・バイリードアボーイの横を抜け 鍵を鳴らしながら 知らない誰かと 同じ箱に乗る  26時の部屋に戻って コートのままで指先はねた 真夜中のダイヤル つながらないベル  落書きのような 荷物を眺めて 靴を脱いだとき ひとりになった  役者のようなだるい背中で 伸ばした指が何度もはねた 真夜中のダイヤル さえぎられたベル  呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い 眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さ  よくなりかけてた ふたりの間に 息をひそめてた 始まりが来る  はりつけられたベッドの上で 君の言いわけ考えていた 真夜中のダイヤル 疲れ果てたベル  あの日君を失えずに 許した愛がいまさら辛い そしてまわりの奴たちは 僕をなぐさめてみる  僕の中が変わり始めた 君の思う僕が消えて行く  呼びつづけた見えない部屋 ワインが覚めてなおさら寒い 眠りのほとりで見た君は 疑問だらけの君さ
HEART振り向かなくても 何処かで愛していたはずさ 覚めないつづきを いいだけ苦しんでみたはずさ  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて 今のすべて  貨物船のように運ばれる街ですれ違う 言葉の船底をこする思いで語り合う  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて  いつも頑張ることだけが 素晴らしいなんて言わない ハッピイエンドだらけじゃ 笑顔もやっぱりつまんない  だけど結局僕ら そういう事って僕ら 求めてるような 感じてるような  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  壊れたなら 恋や夢のかけらだってあるらしい HEART OH HEART HEART OH HEART  この薄い紙でさえ 僕の指を切った 眠っている間に ふと外れた腕のように寂しい  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて  いつか真昼間の星に 校庭で瞳を凝らした 誰かが見たと騒げば 僕はそっと羨んだ  だけど結局僕ら そういう事って僕ら 繰り返すような 感じてるような  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  汚れたなら 恋や夢で洗い流せるらしい HEART OH HEART HEART OH HEART  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  汚れたなら 恋や夢で洗い流せるらしい HEART OH HEART HEART OH HEARTCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼十川知司振り向かなくても 何処かで愛していたはずさ 覚めないつづきを いいだけ苦しんでみたはずさ  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて 今のすべて  貨物船のように運ばれる街ですれ違う 言葉の船底をこする思いで語り合う  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて  いつも頑張ることだけが 素晴らしいなんて言わない ハッピイエンドだらけじゃ 笑顔もやっぱりつまんない  だけど結局僕ら そういう事って僕ら 求めてるような 感じてるような  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  壊れたなら 恋や夢のかけらだってあるらしい HEART OH HEART HEART OH HEART  この薄い紙でさえ 僕の指を切った 眠っている間に ふと外れた腕のように寂しい  僕のすべて 君のすべて 今日のすべて  いつか真昼間の星に 校庭で瞳を凝らした 誰かが見たと騒げば 僕はそっと羨んだ  だけど結局僕ら そういう事って僕ら 繰り返すような 感じてるような  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  汚れたなら 恋や夢で洗い流せるらしい HEART OH HEART HEART OH HEART  HEART OH HEART 騙せない HEART OH HEART 離れない  汚れたなら 恋や夢で洗い流せるらしい HEART OH HEART HEART OH HEART
BAD NEWS GOOD NEWSBAD NEWS あいつに 裏切られてた GOOD NEWS 探せば 胸の奥には 風が吹いている音しかなくて BAD NEWS よくない 知らせばかりさ GOOD NEWS あせれば つかみそこねて 右手の中であしたが消える  いつも危険な海を泳いでる 目を閉じれば終りと知っている サーチライトがぐるりと 闇の広さを照らした ほんの少し ふりむいても 溺れそうさ  隠れたくて そして逃げ出したくて 今なら誰も気づかない けれど 昨日の俺が 許さない顔で見てる 視線を 感じている… 背中を 押されている  BAD NEWS 数えて 夜を過ごして GOOD NEWS いつかは 届くはずだと 言い聞かせている 何度もひとり  奇跡的なしあわせを待っても 記録的にわるいこと続きで 見えていたゴールだって 追いかければ遠いけど ふりかえれば 戻ることも 無理みたいさ  隠れたくて そして逃げ出したくて 今なら誰も気づかない けれど 昨日の俺が 許さない顔で見てる 視線を 感じている… 背中を 押されている  視線を 感じている… 背中を 押されているCHAGE and ASKA青木せい子CHAGEBAD NEWS あいつに 裏切られてた GOOD NEWS 探せば 胸の奥には 風が吹いている音しかなくて BAD NEWS よくない 知らせばかりさ GOOD NEWS あせれば つかみそこねて 右手の中であしたが消える  いつも危険な海を泳いでる 目を閉じれば終りと知っている サーチライトがぐるりと 闇の広さを照らした ほんの少し ふりむいても 溺れそうさ  隠れたくて そして逃げ出したくて 今なら誰も気づかない けれど 昨日の俺が 許さない顔で見てる 視線を 感じている… 背中を 押されている  BAD NEWS 数えて 夜を過ごして GOOD NEWS いつかは 届くはずだと 言い聞かせている 何度もひとり  奇跡的なしあわせを待っても 記録的にわるいこと続きで 見えていたゴールだって 追いかければ遠いけど ふりかえれば 戻ることも 無理みたいさ  隠れたくて そして逃げ出したくて 今なら誰も気づかない けれど 昨日の俺が 許さない顔で見てる 視線を 感じている… 背中を 押されている  視線を 感じている… 背中を 押されている
万里の河GOLD LYLIC遠く遠く 何処までも遠く 流れる河で 暮れかかる空にあなた想い今日も待っています 愛しい人よ私は歌う 千もの言葉願いをこめて 遠い昔のおとぎ話の恋のように  どれだけ待てばいいのですかああ届かぬ愛を 二人の運命知らぬ河は 淡い夢をのせて 流れて行くようで  会えぬつらさを語れぬ日々よ 私は想う せめてこの髪があなたのもとへ のびるぐらいになれと 愛しい人よ帰らぬ人よ 私の愛をさえぎるものは 深く冷たいこの河の 流れだけなのでしょうか  どれだけ待てばいいのですかああ届かぬ愛を 二人の運命知らぬ河は 淡い夢をのせて 流れて行くようでGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼遠く遠く 何処までも遠く 流れる河で 暮れかかる空にあなた想い今日も待っています 愛しい人よ私は歌う 千もの言葉願いをこめて 遠い昔のおとぎ話の恋のように  どれだけ待てばいいのですかああ届かぬ愛を 二人の運命知らぬ河は 淡い夢をのせて 流れて行くようで  会えぬつらさを語れぬ日々よ 私は想う せめてこの髪があなたのもとへ のびるぐらいになれと 愛しい人よ帰らぬ人よ 私の愛をさえぎるものは 深く冷たいこの河の 流れだけなのでしょうか  どれだけ待てばいいのですかああ届かぬ愛を 二人の運命知らぬ河は 淡い夢をのせて 流れて行くようで
パパラッチはどっち混ざり合うミラクル 背中合わせのルーム Everywhere 懐いた猫が 君に呼び戻されるEveryday  いつもかける 朝のミュージック君が壁を叩く 足音や 笑い声も 聞き覚えて 空が覗いたファインダー ふたつの窓で知らずに 掛けた同じ色のカーテン  Oh No パパラッチはどっち きっと怪しいのはこっち 切っ掛け何度もしくじって 想像は膨らんで  真夜中のテレフォン 泣き声がしてた One day 週末の誰かは 訪ねてこなくなった So long  同じ位置の鏡 ふたり 気づかないで見てる 感じても 出逢うことのない くりかえし 夏の終わりとともに イニシャルプレートは外され 消えた君と部屋のカーテン  Oh No リグレットはどっち きっと悲しいのはこっち いまさら配達間違いで 名前を知ったって  その時入れ替わる人の中で聴こえた 着信melody ためらいもなく振り向いたmelody 偶然 目が合う君を 素早く電車がさらう 心でシャッターの音がした  Oh No パパラッチはどっち ずっと知ってたのはどっち ちょっとせつなくなる感じ この先は その先は  Oh No ミスマッチはどっち 運命を試すのはどっち ちょっとせつなくなる感じ この先は その先は  Oh No パパラッチはどっち Oh No パパラッチはどっち ちょっとせつなくなる感じ Ah Ah Ah  混ざり合うミラクル どこにでもミラクルCHAGE and ASKAASKA・松井五郎ASKATaisuke Sawachika混ざり合うミラクル 背中合わせのルーム Everywhere 懐いた猫が 君に呼び戻されるEveryday  いつもかける 朝のミュージック君が壁を叩く 足音や 笑い声も 聞き覚えて 空が覗いたファインダー ふたつの窓で知らずに 掛けた同じ色のカーテン  Oh No パパラッチはどっち きっと怪しいのはこっち 切っ掛け何度もしくじって 想像は膨らんで  真夜中のテレフォン 泣き声がしてた One day 週末の誰かは 訪ねてこなくなった So long  同じ位置の鏡 ふたり 気づかないで見てる 感じても 出逢うことのない くりかえし 夏の終わりとともに イニシャルプレートは外され 消えた君と部屋のカーテン  Oh No リグレットはどっち きっと悲しいのはこっち いまさら配達間違いで 名前を知ったって  その時入れ替わる人の中で聴こえた 着信melody ためらいもなく振り向いたmelody 偶然 目が合う君を 素早く電車がさらう 心でシャッターの音がした  Oh No パパラッチはどっち ずっと知ってたのはどっち ちょっとせつなくなる感じ この先は その先は  Oh No ミスマッチはどっち 運命を試すのはどっち ちょっとせつなくなる感じ この先は その先は  Oh No パパラッチはどっち Oh No パパラッチはどっち ちょっとせつなくなる感じ Ah Ah Ah  混ざり合うミラクル どこにでもミラクル
パラシュートの部屋で空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  ねえ君がゆっくりと 丁寧に喋り出す時は 危険なムードが漂うんだよ  だから僕の回線は色んな場所で 高速でクラッシュして 言葉がカタカナみたいになっちゃう  愛する物はいっぱいあるけど 恋する人は君なんだよ こんなんじゃ疑いは消せないね  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  こんなに狭いシーツの部屋で 世界を感じ合う 今日も同じ分だけ 満たし合おうよ  ねえここでは街中の時間じゃなく ふたりに合わせた時間が流れているんだよ  君の聞き取れない言葉が 僕を幸せにするんだよ もっと虹色で歌って  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  薄明かりで君の顔が 染まって見えるとき 僕は誉められてる 気持ちがするよ  寄せて返す波のように 僕の砂浜に戻ってくる ずっと君に触れていたいねって 想い願うことって変じゃないだろう  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってるCHAGE and ASKAASKAASKAASKA・鈴川夏樹・Paul O'Duffy・Richard Cottle空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  ねえ君がゆっくりと 丁寧に喋り出す時は 危険なムードが漂うんだよ  だから僕の回線は色んな場所で 高速でクラッシュして 言葉がカタカナみたいになっちゃう  愛する物はいっぱいあるけど 恋する人は君なんだよ こんなんじゃ疑いは消せないね  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  こんなに狭いシーツの部屋で 世界を感じ合う 今日も同じ分だけ 満たし合おうよ  ねえここでは街中の時間じゃなく ふたりに合わせた時間が流れているんだよ  君の聞き取れない言葉が 僕を幸せにするんだよ もっと虹色で歌って  この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  薄明かりで君の顔が 染まって見えるとき 僕は誉められてる 気持ちがするよ  寄せて返す波のように 僕の砂浜に戻ってくる ずっと君に触れていたいねって 想い願うことって変じゃないだろう  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる  空から この部屋にパラシュートが降りて 君と僕の形をした 部屋を造ってる
Here & Thereなにかを知りたい 次のページへ行きたい 夕焼けはすぐに朝焼けに変わる  この蝶の羽ばたきも いつか春…風になる 雨音は潮騒に繋がってゆく 始まりに戻ってゆく  違う言葉で呼ぶけれど 同じものに ふれてるのだから 微笑みが 微笑みに 伝うように 夢と夢の その先へ  選んだシャツも 意味があるかもしれない かからない電話も 愛しさを生む 悲しみは 心の重さを 想い出を受け止めてる 行く先を気づかせる  違う場所にいたとしても 同じ空を見ているのだから 幸せが 幸せに 伝うように 夢と夢の その先へ  めぐり逢えたのは 僕らがめぐり逢えたのは  ここに残された昨日は まだ見えない 明日の目印 微笑みが 微笑みに 幸せが ただ幸せに 途切れることなく 伝うように  ここは君のどこか そこは僕のどこか ここは君のどこか そこは僕のどこかCHAGE and ASKAGoro MatsuiCHAGE・Tsutomu Murata十川知司なにかを知りたい 次のページへ行きたい 夕焼けはすぐに朝焼けに変わる  この蝶の羽ばたきも いつか春…風になる 雨音は潮騒に繋がってゆく 始まりに戻ってゆく  違う言葉で呼ぶけれど 同じものに ふれてるのだから 微笑みが 微笑みに 伝うように 夢と夢の その先へ  選んだシャツも 意味があるかもしれない かからない電話も 愛しさを生む 悲しみは 心の重さを 想い出を受け止めてる 行く先を気づかせる  違う場所にいたとしても 同じ空を見ているのだから 幸せが 幸せに 伝うように 夢と夢の その先へ  めぐり逢えたのは 僕らがめぐり逢えたのは  ここに残された昨日は まだ見えない 明日の目印 微笑みが 微笑みに 幸せが ただ幸せに 途切れることなく 伝うように  ここは君のどこか そこは僕のどこか ここは君のどこか そこは僕のどこか
悲炎眠れぬままに 夜が逃げてゆく ひとつになれない 二人を連れて 空の彼方へ 吹きとばされようと 俺はおまえを つかんでいたかった ああ 信じればこそ 愛してゆけた 心の叫びも おまえには届かない  夜明けの雲を みつめるおまえ 涙の跡に 陽がかげる 心を伏せた おまえは化石 さぐる歴史には 解けぬ秘密 ああ 限りなく燃えろよ 悲しみの炎 心の骨さえも 残さずに焼きつくせ  限りなく燃えろよ 悲しみの炎 心の骨さえも 残さずに焼きつくせCHAGE and ASKACHAGE・松井五郎CHAGE眠れぬままに 夜が逃げてゆく ひとつになれない 二人を連れて 空の彼方へ 吹きとばされようと 俺はおまえを つかんでいたかった ああ 信じればこそ 愛してゆけた 心の叫びも おまえには届かない  夜明けの雲を みつめるおまえ 涙の跡に 陽がかげる 心を伏せた おまえは化石 さぐる歴史には 解けぬ秘密 ああ 限りなく燃えろよ 悲しみの炎 心の骨さえも 残さずに焼きつくせ  限りなく燃えろよ 悲しみの炎 心の骨さえも 残さずに焼きつくせ
光と影涙がこぼれて ほら 君の頬をつたわるのは 僕がときどき そう 君のことを忘れたときで 愛はいつでも ほら かたちのない光と影 晴れたり曇ったり そう 心もすぐに変わってしまう  僕の気持ちを探して いくつ胸を痛めた 冷たいひざを抱いて いつもひとりで 悲しみ乗り越えてきたね  もう泣かないで (そばにいるから) どこにも行かないから 雨があがれば 虹がかかるはずさ 僕らの上に  風にとまどい ほら 立ちどまるのは 小がらな君 思い出すと そう 僕はいつも急ぎ足だね  せつない気持ちはいつも 君と同じくらいさ 今 僕にできることは せめて離れずに 君の横を歩くこと  もう泣かないで (言葉よりも) 抱きしめていよう かけがえのない 君をまもりながら 虹を待とうよ  もう泣かないで (そばにいるから) どこにも行かないから 雨はあがるさ きっとあがるはず  もう泣かないで (言葉よりも) 抱きしめていよう かけがえのない 君をまもりながら 虹を待とうよ  もう泣かないで… もう泣かないで…CHAGE and ASKACHAGECHAGEジェス・バイリー・村上啓介涙がこぼれて ほら 君の頬をつたわるのは 僕がときどき そう 君のことを忘れたときで 愛はいつでも ほら かたちのない光と影 晴れたり曇ったり そう 心もすぐに変わってしまう  僕の気持ちを探して いくつ胸を痛めた 冷たいひざを抱いて いつもひとりで 悲しみ乗り越えてきたね  もう泣かないで (そばにいるから) どこにも行かないから 雨があがれば 虹がかかるはずさ 僕らの上に  風にとまどい ほら 立ちどまるのは 小がらな君 思い出すと そう 僕はいつも急ぎ足だね  せつない気持ちはいつも 君と同じくらいさ 今 僕にできることは せめて離れずに 君の横を歩くこと  もう泣かないで (言葉よりも) 抱きしめていよう かけがえのない 君をまもりながら 虹を待とうよ  もう泣かないで (そばにいるから) どこにも行かないから 雨はあがるさ きっとあがるはず  もう泣かないで (言葉よりも) 抱きしめていよう かけがえのない 君をまもりながら 虹を待とうよ  もう泣かないで… もう泣かないで…
光の羅針盤使い古された言葉ほど せつなくて だたうれしくて 未来の景色に追いついた 終わらない空  瞼閉じたから見えるもの 胸焦がすあなたへの想い さえぎるものなど何もない からっぽの空  悲しみに染まらぬように (そんな日々を) 涙こぼさぬように (奏でて) 誰よりも ふたり  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  光の羅針盤でゆく明日は この胸に 何を標すだろう? 螺旋の軌道に憧れて 舞い上がる空  ぬくもりを絶やさぬように (願うものを) こころ冷やさぬように (叶えて) 遥かなる ふたり  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  かけがえのないあなた 自分より大切な人 命だって…こんなふうに…惜しくない  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外はCHAGE and ASKACHAGECHAGE・Tom Watts使い古された言葉ほど せつなくて だたうれしくて 未来の景色に追いついた 終わらない空  瞼閉じたから見えるもの 胸焦がすあなたへの想い さえぎるものなど何もない からっぽの空  悲しみに染まらぬように (そんな日々を) 涙こぼさぬように (奏でて) 誰よりも ふたり  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  光の羅針盤でゆく明日は この胸に 何を標すだろう? 螺旋の軌道に憧れて 舞い上がる空  ぬくもりを絶やさぬように (願うものを) こころ冷やさぬように (叶えて) 遥かなる ふたり  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  かけがえのないあなた 自分より大切な人 命だって…こんなふうに…惜しくない  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は
光の羅針盤 album ver.かけがえのないあなた 自分より大切な人 命だって…こんなふうに…惜しくない  使い古された言葉ほど せつなくて だたうれしくて 未来の景色に追いついた 終わらない空  瞼閉じたから見えるもの 胸焦がすあなたへの想い さえぎるものなど何もない からっぽの空  悲しみに染まらぬように (そんな日々を) 涙こぼさぬように (奏でて) 誰よりも ふたり  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  光の羅針盤でゆく明日は この胸に 何を標すだろう? 螺旋の軌道に憧れて 舞い上がる空  ぬくもりを絶やさぬように (願うものを) こころ冷やさぬように (叶えて) 遥かなる ふたり  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  かけがえのないあなた 大切な人CHAGE and ASKACHAGECHAGE・Tom WattsJun Asahiかけがえのないあなた 自分より大切な人 命だって…こんなふうに…惜しくない  使い古された言葉ほど せつなくて だたうれしくて 未来の景色に追いついた 終わらない空  瞼閉じたから見えるもの 胸焦がすあなたへの想い さえぎるものなど何もない からっぽの空  悲しみに染まらぬように (そんな日々を) 涙こぼさぬように (奏でて) 誰よりも ふたり  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  光の羅針盤でゆく明日は この胸に 何を標すだろう? 螺旋の軌道に憧れて 舞い上がる空  ぬくもりを絶やさぬように (願うものを) こころ冷やさぬように (叶えて) 遥かなる ふたり  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  ここからは夢の海 おぼれる恋は深く 何もかも邪魔になる 愛すること以外は  風とゆく雲とゆく 息を止めて超える 何もかも無駄になる 愛すること以外は  かけがえのないあなた 大切な人
HIDARIMEが感じてるよそゆき顔して恋人を待つ女 自分の姿を確かめたショー・ウィンドー 最後に髪型整えて構えれば 都会に溶け込む首筋のライン  男の視線なら上手にもて遊ぶ 遠くからオレは熱いまなざしを 投げかけたら 投げかけたら  左目が感じてる 横顔で演じた女 左目が感じてる 感じてる とても感じすぎる  見られていることを意識して待つ女 きれいな仕草を選んではリフレイン つま先までにも神経を走らせて 都会に浮き立つ胸元のライン  誰かが来るまでの夜の楽しみ方 もう少しオレは熱いテレパシー 投げつけたら 投げつけたら  左目が気づいてる 横顔で話した女 左目が気づいてる 気づいてる とても気づきすぎる  左目が感じてる 横顔で演じた女 左目が感じてる 感じてる とても感じすぎるCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEよそゆき顔して恋人を待つ女 自分の姿を確かめたショー・ウィンドー 最後に髪型整えて構えれば 都会に溶け込む首筋のライン  男の視線なら上手にもて遊ぶ 遠くからオレは熱いまなざしを 投げかけたら 投げかけたら  左目が感じてる 横顔で演じた女 左目が感じてる 感じてる とても感じすぎる  見られていることを意識して待つ女 きれいな仕草を選んではリフレイン つま先までにも神経を走らせて 都会に浮き立つ胸元のライン  誰かが来るまでの夜の楽しみ方 もう少しオレは熱いテレパシー 投げつけたら 投げつけたら  左目が気づいてる 横顔で話した女 左目が気づいてる 気づいてる とても気づきすぎる  左目が感じてる 横顔で演じた女 左目が感じてる 感じてる とても感じすぎる
ひとり咲きGOLD LYLICとぎれとぎれの話はやめてよ あんたの心にしがみついたままの 終りじゃしょうがない あたいは恋花 散ればいいのよ あたいはあんたに夢中だった 心からあんたにほれていた  燃えつきてしまった恋花は 静かに別れ唄歌うの 疲れたまんまで 二人で心あわせたけれど 大きな夢を咲かせすぎた 燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き  あたい恋花 実は結べないわ あたい恋花 枯れても また咲くだけ あんたと心重ねたけれど ずれてゆく ずれてゆく こわれてゆく  燃えつきてしまった恋花は 静かに別れ唄歌うの 疲れたまんまで 二人で心あわせたけれど 大きな夢を咲かせすぎた 燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き  燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋  燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲きGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼瀬尾一三とぎれとぎれの話はやめてよ あんたの心にしがみついたままの 終りじゃしょうがない あたいは恋花 散ればいいのよ あたいはあんたに夢中だった 心からあんたにほれていた  燃えつきてしまった恋花は 静かに別れ唄歌うの 疲れたまんまで 二人で心あわせたけれど 大きな夢を咲かせすぎた 燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き  あたい恋花 実は結べないわ あたい恋花 枯れても また咲くだけ あんたと心重ねたけれど ずれてゆく ずれてゆく こわれてゆく  燃えつきてしまった恋花は 静かに別れ唄歌うの 疲れたまんまで 二人で心あわせたけれど 大きな夢を咲かせすぎた 燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き  燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋  燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き
VISIONとりあえずふたりはここまで来たね あの頃より荷物も増えたようだね  形あるもの それは 色あせるけど 風に足跡が 時間に答えが 消されても  見果てぬ夢を見てるだけだと人は笑うだろう 理屈なんかなくて  終わらない終わらせない未来に愛されていたい 約束はないままで  いつもいつもふたりは満たされないけど 一番近い他人になれると思う  共に行くもの それが かたわらの君 足元の野ばらが滲んで見えても僕のせい  見果てぬ夢のつづきふたりで語り明かそう 言葉なんかなくて  昇りゆく空の高さ 沈みゆく海の深さに もう憧れないから  道なき道を行こうか 君は前だけを見据えて 羽ばたいて 僕はもう静かにこの爪を磨ぐ  見果てぬ夢のつづきふたりで語り明かそう 言葉なんかなくて  終わらない終わらせない未来に愛されていたい 二度と戻れなくてもCHAGE and ASKACHAGECHAGE西川進とりあえずふたりはここまで来たね あの頃より荷物も増えたようだね  形あるもの それは 色あせるけど 風に足跡が 時間に答えが 消されても  見果てぬ夢を見てるだけだと人は笑うだろう 理屈なんかなくて  終わらない終わらせない未来に愛されていたい 約束はないままで  いつもいつもふたりは満たされないけど 一番近い他人になれると思う  共に行くもの それが かたわらの君 足元の野ばらが滲んで見えても僕のせい  見果てぬ夢のつづきふたりで語り明かそう 言葉なんかなくて  昇りゆく空の高さ 沈みゆく海の深さに もう憧れないから  道なき道を行こうか 君は前だけを見据えて 羽ばたいて 僕はもう静かにこの爪を磨ぐ  見果てぬ夢のつづきふたりで語り明かそう 言葉なんかなくて  終わらない終わらせない未来に愛されていたい 二度と戻れなくても
BIG TREE海の上にそびえる不思議な木を 大きな旗を立てて眺めている  眠りから覚めて 夢を着替えた どんな季節にも 自由の姿で 倒れない気がしたから 朝のドアをくぐった  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心にふちどられてる 君だけの BIG TREE  非常口の明かりを気にしながら 小さな窓を開けて微笑む人  ためらいを捨てて ビルに上(のぼ)ろう 空に掛けた絵を 胸に持ちこんで 昨夜見た夢の中 はためかせてみようか  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心の場所を知らせる 君だけの BIG TREE  大きな海と 大きな空と 大きな旗と 君だけの BIG TREE  黄昏の夕陽うけても 沈まない 君だけの BIG TREE  大きな海と 大きな空と 大きな旗と 君だけの BIG TREE  動かない景色のような 誰かがくれた生命の BIG TREE  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心にふちどられてる 君だけの BIG TREECHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼海の上にそびえる不思議な木を 大きな旗を立てて眺めている  眠りから覚めて 夢を着替えた どんな季節にも 自由の姿で 倒れない気がしたから 朝のドアをくぐった  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心にふちどられてる 君だけの BIG TREE  非常口の明かりを気にしながら 小さな窓を開けて微笑む人  ためらいを捨てて ビルに上(のぼ)ろう 空に掛けた絵を 胸に持ちこんで 昨夜見た夢の中 はためかせてみようか  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心の場所を知らせる 君だけの BIG TREE  大きな海と 大きな空と 大きな旗と 君だけの BIG TREE  黄昏の夕陽うけても 沈まない 君だけの BIG TREE  大きな海と 大きな空と 大きな旗と 君だけの BIG TREE  動かない景色のような 誰かがくれた生命の BIG TREE  君は見たか ひとつの鼓動分け合いながら 心にふちどられてる 君だけの BIG TREE
BELIEVE IT?喉の渇きで目覚めて うなる頭を持ち上げ ハッと隣を見たら 見覚えのあるいい女  口に手を当てたまま そっとベッドをすりぬけ もう一度覗き込んだら まさか そんな 某女優  だって彼女のドラマは いつも欠かさず見てるし 誰が犯人かぐらい 二週先まで読んでる  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  最後は店のカウンター 誰かと飲んでいたような 記憶の糸を引いても 切れっぱなしで続かない  床に転がるヒールと 沈むブラウス悩ましい 只事じゃない夜は 越えちまってるらしいね  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  悔やまれるじゃない キスのひとつも 悔やまれるじゃない 何も覚えちゃいない なんてこったい  飛び起きざまに女優は やっちまったとばかりに あわてて服をまとって ドアの向こうにサヨナラ  一言しゃべることなく けっして振り向くことなく 赤の他人を演じて 赤の他人を演じて  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  悔やまれるじゃない どんなだったか 悔やまれるじゃない 何も覚えちゃいない なんてこったい  交わした言葉よりも 想い出したいことがある 自分の手をながめても 何も覚えちゃいない  何も覚えちゃいない…CHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE喉の渇きで目覚めて うなる頭を持ち上げ ハッと隣を見たら 見覚えのあるいい女  口に手を当てたまま そっとベッドをすりぬけ もう一度覗き込んだら まさか そんな 某女優  だって彼女のドラマは いつも欠かさず見てるし 誰が犯人かぐらい 二週先まで読んでる  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  最後は店のカウンター 誰かと飲んでいたような 記憶の糸を引いても 切れっぱなしで続かない  床に転がるヒールと 沈むブラウス悩ましい 只事じゃない夜は 越えちまってるらしいね  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  悔やまれるじゃない キスのひとつも 悔やまれるじゃない 何も覚えちゃいない なんてこったい  飛び起きざまに女優は やっちまったとばかりに あわてて服をまとって ドアの向こうにサヨナラ  一言しゃべることなく けっして振り向くことなく 赤の他人を演じて 赤の他人を演じて  A・HA・HA・HA…Believe It? Believe you? you? you? you? you?  悔やまれるじゃない どんなだったか 悔やまれるじゃない 何も覚えちゃいない なんてこったい  交わした言葉よりも 想い出したいことがある 自分の手をながめても 何も覚えちゃいない  何も覚えちゃいない…
B.G.M春を待つ朝の風が レースをゆらして 僕はまだ ずれた毛布引き寄せて 夢の中  君は少し はずれた唄 得意気に歌い けだるい朝を楽しんでいる  むかしむかしの中をゆられるみたいに 君の声が遠くなってゆく 愛しているのに 愛しているのに  目が覚めたらおはようの しるしをかわそう 愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ  愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ…CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼春を待つ朝の風が レースをゆらして 僕はまだ ずれた毛布引き寄せて 夢の中  君は少し はずれた唄 得意気に歌い けだるい朝を楽しんでいる  むかしむかしの中をゆられるみたいに 君の声が遠くなってゆく 愛しているのに 愛しているのに  目が覚めたらおはようの しるしをかわそう 愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ  愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ 愛しているよ…
ピクニック口笛吹いて 空を見上げた 口笛吹けば 地球が回る  マスタードたっぷりのサンドウイッチと ミルクたっぷりのコーヒー  言い訳たっぷりの手作りクッキー 間違えて持ってきた梅干し  それは僕の目に映る ありったけの気持ち達 こんな普通も いいね  今日は楽しいピクニックだね 明日のことは明日考えよう  吉田さん家で飼ってる犬のケン太君 やっと僕にも馴れた  君が育てた七つの水仙 やっときれいに 咲いた  そして思い出した 君の好きなもの ずっとそばに いなさい 居てください  今日は楽しいピクニックだね 心のシワにアイロンかけよう  今日は楽しいピクニックだね 明日のことは明日考えよう  口笛吹いて ふたり歩こう 今日は地球も あくびをしてるCHAGE and ASKACHAGECHAGE口笛吹いて 空を見上げた 口笛吹けば 地球が回る  マスタードたっぷりのサンドウイッチと ミルクたっぷりのコーヒー  言い訳たっぷりの手作りクッキー 間違えて持ってきた梅干し  それは僕の目に映る ありったけの気持ち達 こんな普通も いいね  今日は楽しいピクニックだね 明日のことは明日考えよう  吉田さん家で飼ってる犬のケン太君 やっと僕にも馴れた  君が育てた七つの水仙 やっときれいに 咲いた  そして思い出した 君の好きなもの ずっとそばに いなさい 居てください  今日は楽しいピクニックだね 心のシワにアイロンかけよう  今日は楽しいピクニックだね 明日のことは明日考えよう  口笛吹いて ふたり歩こう 今日は地球も あくびをしてる
Far Away紅い爪を 夜の真ん中で切る 月の輪より まるい円を描いた 僕は見つめてる 恋人の顔で 君を見つめてる  人見知りで さみしがり屋の君は 愛の行方 とても知りたがるけど はじめての夜に 服を脱ぐよりも きっとむつかしい  Far Away それは Far Away 信じ合うよりも ずっと ずっと  どんな愛がいいの 君に答えるなら 黒い髪を撫でる 僕の吐息  恋のうちに 君を抱いていたいな 恋のうちに 君と死ねたらいいね 頬のぬくもりで 眠りに落ちたら もっと恋らしい  Far Away それは Far Away 未来の向こうの ずっと ずっと  どんな愛がいいの 君を守るならば たたむ腕の中で 鳥になって  ずっと ずっと どんな愛がいいの 君を守るならば たたむ腕の中で 鳥になって  Far Away, Far Away 確かめ過ぎないで  Far Away, Far Away 今がすべて  Far Away, Far Away 確かめ過ぎないで  Far Away, Far Away 今がすべてCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼紅い爪を 夜の真ん中で切る 月の輪より まるい円を描いた 僕は見つめてる 恋人の顔で 君を見つめてる  人見知りで さみしがり屋の君は 愛の行方 とても知りたがるけど はじめての夜に 服を脱ぐよりも きっとむつかしい  Far Away それは Far Away 信じ合うよりも ずっと ずっと  どんな愛がいいの 君に答えるなら 黒い髪を撫でる 僕の吐息  恋のうちに 君を抱いていたいな 恋のうちに 君と死ねたらいいね 頬のぬくもりで 眠りに落ちたら もっと恋らしい  Far Away それは Far Away 未来の向こうの ずっと ずっと  どんな愛がいいの 君を守るならば たたむ腕の中で 鳥になって  ずっと ずっと どんな愛がいいの 君を守るならば たたむ腕の中で 鳥になって  Far Away, Far Away 確かめ過ぎないで  Far Away, Far Away 今がすべて  Far Away, Far Away 確かめ過ぎないで  Far Away, Far Away 今がすべて
Fifty-Fifty街のはずれには ころがるBudweiser なつかしい黄昏が 窓を染めてゆく 想い出をかさねたシャツは あの日の柄 おまえが すぐに 俺を みつけられるように  愛しきれないくせに 別れきれずにいた二人 約束は またここで逢おうと 決めた夏の日  扉がひらくたび 見知らぬ笑い声 時計をはずして 心をかるくした 幸せになれたと おまえの答えだね 気まぐれ 俺も 終わりにするつもりだった  愛はそれほどうまく季節のようにめぐらない いたずらに手ばなした ぬくもりに片思いだぜ  愛しきれないくせに 別れきれずにいた二人 さみしさに苦笑い 唇かめばひとりきり そしてまた 扉から 冷たい風がCHAGE and ASKA松井五郎CHAGE街のはずれには ころがるBudweiser なつかしい黄昏が 窓を染めてゆく 想い出をかさねたシャツは あの日の柄 おまえが すぐに 俺を みつけられるように  愛しきれないくせに 別れきれずにいた二人 約束は またここで逢おうと 決めた夏の日  扉がひらくたび 見知らぬ笑い声 時計をはずして 心をかるくした 幸せになれたと おまえの答えだね 気まぐれ 俺も 終わりにするつもりだった  愛はそれほどうまく季節のようにめぐらない いたずらに手ばなした ぬくもりに片思いだぜ  愛しきれないくせに 別れきれずにいた二人 さみしさに苦笑い 唇かめばひとりきり そしてまた 扉から 冷たい風が
不思議の国La La 光る森をぬけたところにある 昔見つけた 秘密の国 La La 春の陽差しに花は咲きゆらぎ 湧き出す泉は眠りくれた まだ僕が幼い頃 心悲しい時にだけ 訪れていた気がする 不思議の国 おしゃべり好きな風と僕は 空を翔けたり 息きらしたり  La La 僕の友達の草原達は …口笛上手 La La 僕は友達に寄り添いながら パパやママのことをいつも話してた 絵空ごとを並べながら僕はいつも得意顔 そっと瞳を閉じてみるだけで 不思議の国 大人になれば悲しみなど すべて消えると信じてた頃  大人になれば悲しみなど すべて消えると信じてた頃CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼La La 光る森をぬけたところにある 昔見つけた 秘密の国 La La 春の陽差しに花は咲きゆらぎ 湧き出す泉は眠りくれた まだ僕が幼い頃 心悲しい時にだけ 訪れていた気がする 不思議の国 おしゃべり好きな風と僕は 空を翔けたり 息きらしたり  La La 僕の友達の草原達は …口笛上手 La La 僕は友達に寄り添いながら パパやママのことをいつも話してた 絵空ごとを並べながら僕はいつも得意顔 そっと瞳を閉じてみるだけで 不思議の国 大人になれば悲しみなど すべて消えると信じてた頃  大人になれば悲しみなど すべて消えると信じてた頃
不条理なkissを忘れないそして君は「綺麗だね」って どんな時も「綺麗だね」って そんな言葉ねだって 無理に言葉ねだって  「約束には早く来て」って 「私よりも早く来て」って それで愛をはかって 君は愛をはかって  甘えた素振りの目くばせで 過剰なサービス求めないでくれ  不合理なロマンスだね 不似合な恋人だよ 不得意なタイプなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れない  そして君は「綺麗だね」って どんな時も「綺麗だね」って そんな言葉ねだって 無理に言葉ねだって  「土曜日には会いに来て」って 「私だけに会いに来て」って それで愛を気取って 君は愛を気取って  計算通りの気紛れで 勝手にペースを乱さないでくれ  不可解なロマンスだね 不注意な関係だよ 不愉快なリズムなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れない  計算通りの気紛れで 勝手にペースを乱さないでくれ  不可解なロマンスだね 不注意な関係だよ 不愉快なリズムなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れないCHAGE and ASKA澤地隆CHAGEそして君は「綺麗だね」って どんな時も「綺麗だね」って そんな言葉ねだって 無理に言葉ねだって  「約束には早く来て」って 「私よりも早く来て」って それで愛をはかって 君は愛をはかって  甘えた素振りの目くばせで 過剰なサービス求めないでくれ  不合理なロマンスだね 不似合な恋人だよ 不得意なタイプなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れない  そして君は「綺麗だね」って どんな時も「綺麗だね」って そんな言葉ねだって 無理に言葉ねだって  「土曜日には会いに来て」って 「私だけに会いに来て」って それで愛を気取って 君は愛を気取って  計算通りの気紛れで 勝手にペースを乱さないでくれ  不可解なロマンスだね 不注意な関係だよ 不愉快なリズムなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れない  計算通りの気紛れで 勝手にペースを乱さないでくれ  不可解なロマンスだね 不注意な関係だよ 不愉快なリズムなのさ けれど二人 不条理なkissを忘れない
ふたりならここにたどり着いた 迷い選んだ道だ 褪せたアルバムの中の君  せつない顔でめくる そこに僕はいないけど ほのかな薫りは 確かにするよ  誰のために笑ってるの 今と同じ表情をして  君が指先でなぞる写真を 柔らかな言葉で包むんだ  この頃の君 肩越しの君 僕のすべてになる  やっと抱いたものと 砕け散ったものを 忘れることはできない ふたりさ  あの日君と出逢ったとき ふいに風が どこかを抜けた  遠い約束 守れたようだ 時間に少し 遅れたけど  僕の知らない 僕がいたんだ 君のすべてになる  書き換えられるさ ふたりなら 歩いてゆけるさ ふたりなら  あの日君と出逢ったとき ふいに風が どこかを抜けた  遠い約束 守れたようだ 時間に少し 遅れたけど  懐かしいものが増えつづけては ふたりのすべてになる  ふたりのすべてになる ふたりのすべてになるCHAGE and ASKACHAGE・ASKACHAGEAkihiko Matsumotoここにたどり着いた 迷い選んだ道だ 褪せたアルバムの中の君  せつない顔でめくる そこに僕はいないけど ほのかな薫りは 確かにするよ  誰のために笑ってるの 今と同じ表情をして  君が指先でなぞる写真を 柔らかな言葉で包むんだ  この頃の君 肩越しの君 僕のすべてになる  やっと抱いたものと 砕け散ったものを 忘れることはできない ふたりさ  あの日君と出逢ったとき ふいに風が どこかを抜けた  遠い約束 守れたようだ 時間に少し 遅れたけど  僕の知らない 僕がいたんだ 君のすべてになる  書き換えられるさ ふたりなら 歩いてゆけるさ ふたりなら  あの日君と出逢ったとき ふいに風が どこかを抜けた  遠い約束 守れたようだ 時間に少し 遅れたけど  懐かしいものが増えつづけては ふたりのすべてになる  ふたりのすべてになる ふたりのすべてになる
冬に置きざりあなたはもう 春に向かって歩きだした 夢を追いかけて 都へとのぼる あなたのひとみの中を のぞきこんでも もうそこには 私はうつらない その時からあなたの笑顔は つくり笑いにかわる かなしくて くやしくて やるせない 2月の終わり 街は静かに 春の身仕度 私一人 この冬に置きざり  あなたは昔ほど 恋を語らない ひとつひとつ 約束を忘れる その時から私の笑顔も つくり笑いにかわる かなしくて くやしくて やるせない 2月の終わり あなたはもう 春に向って歩きだした 夢を追いかけて 都へとのぼる 夢を追いかけて 都へとのぼるCHAGE and ASKACHAGECHAGEあなたはもう 春に向かって歩きだした 夢を追いかけて 都へとのぼる あなたのひとみの中を のぞきこんでも もうそこには 私はうつらない その時からあなたの笑顔は つくり笑いにかわる かなしくて くやしくて やるせない 2月の終わり 街は静かに 春の身仕度 私一人 この冬に置きざり  あなたは昔ほど 恋を語らない ひとつひとつ 約束を忘れる その時から私の笑顔も つくり笑いにかわる かなしくて くやしくて やるせない 2月の終わり あなたはもう 春に向って歩きだした 夢を追いかけて 都へとのぼる 夢を追いかけて 都へとのぼる
冬の夜お前の声が耳に残る こんなけだるい冬の夜は ただ音もなく降る雪に 恋の重さ感じたのです どちらが先に目をふせたんだったろう 二人でいることに疲れたのだろう 話すことも切れはてて 笑い一つもつらかった あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えた  こんなに寒い冬の夜に なんでお前を思いだしたのだろう お前の笑顔 お前のくせ お前の涙 お前の嘘 二人は深く時を分けあい すべてが二人に重なりあっていた それは心 それは夢 疲れた二人 表と裏 あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えた  あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えたCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼お前の声が耳に残る こんなけだるい冬の夜は ただ音もなく降る雪に 恋の重さ感じたのです どちらが先に目をふせたんだったろう 二人でいることに疲れたのだろう 話すことも切れはてて 笑い一つもつらかった あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えた  こんなに寒い冬の夜に なんでお前を思いだしたのだろう お前の笑顔 お前のくせ お前の涙 お前の嘘 二人は深く時を分けあい すべてが二人に重なりあっていた それは心 それは夢 疲れた二人 表と裏 あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えた  あとはだんまり ひっそり閑と 降る雪の下で 愛が冷えた
From coast to coastまた人を傷つけた 氷の言葉が尖る 流さなくてもいい涙を流させた つらいね  僕は誰よりも弱い そして誰よりもずるい 真実(こたえ)のないものに 返事(こたえ)を求めてた あきれるね  ため息はこの海を汚すから こぼしたくはないから たとえば 嘘 たとえば 罪 情けなくて 空に投げる  From coast to coast 雨に打たれてる僕の声が聞こえるかい Close to your heart 夢も風邪をひく 君の優しさに触れてもいいな 包まれてもいいな  君は誰よりも強い そして誰よりも遠い すべて疑う僕 すべて許す君 深い愛  雲が流れる夜にテレパシー 君をいつも感じる たぶん それは きっと そうだね 僕と君に残されたもの  From coast to coast 幼子のように 君のもとへ馳せる心 Close to your heart 時間を埋めるように 春 夏 秋 冬 数えながら  From coast to coast 雨に打たれてる僕の声が聞こえるかい Close to your heart 夢も風邪をひく 君の優しさに触れてもいいな 包まれてもいいな  From coast to coast…CHAGE and ASKACHAGECHAGEまた人を傷つけた 氷の言葉が尖る 流さなくてもいい涙を流させた つらいね  僕は誰よりも弱い そして誰よりもずるい 真実(こたえ)のないものに 返事(こたえ)を求めてた あきれるね  ため息はこの海を汚すから こぼしたくはないから たとえば 嘘 たとえば 罪 情けなくて 空に投げる  From coast to coast 雨に打たれてる僕の声が聞こえるかい Close to your heart 夢も風邪をひく 君の優しさに触れてもいいな 包まれてもいいな  君は誰よりも強い そして誰よりも遠い すべて疑う僕 すべて許す君 深い愛  雲が流れる夜にテレパシー 君をいつも感じる たぶん それは きっと そうだね 僕と君に残されたもの  From coast to coast 幼子のように 君のもとへ馳せる心 Close to your heart 時間を埋めるように 春 夏 秋 冬 数えながら  From coast to coast 雨に打たれてる僕の声が聞こえるかい Close to your heart 夢も風邪をひく 君の優しさに触れてもいいな 包まれてもいいな  From coast to coast…
BROTHERフタを開けたなら 結局最後はこうだ 考えた通りの場面を食わされちまった  好きな女から 突然無視されたようさ ベルト解く手を ベッドで不意にかわされたようさ  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHER  薄められて 飲まされてる ミルクの味だ BROTHER  俺の日めくりは 他人とは違うらしい 5枚ずつめくるような それともただ落ちるような  遮断機を降ろされた 少年兵みたいだよ 退くことができないまま 雨の行方をずっと気にしてるようさ  濡れた靴が 上手く脱げない 夢中だったよ BROTHER  わかってても やっかいなのは 気持ちなんだ BROTHER  そして俺は BROTHER また始まりを見てる  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHER  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHERCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼フタを開けたなら 結局最後はこうだ 考えた通りの場面を食わされちまった  好きな女から 突然無視されたようさ ベルト解く手を ベッドで不意にかわされたようさ  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHER  薄められて 飲まされてる ミルクの味だ BROTHER  俺の日めくりは 他人とは違うらしい 5枚ずつめくるような それともただ落ちるような  遮断機を降ろされた 少年兵みたいだよ 退くことができないまま 雨の行方をずっと気にしてるようさ  濡れた靴が 上手く脱げない 夢中だったよ BROTHER  わかってても やっかいなのは 気持ちなんだ BROTHER  そして俺は BROTHER また始まりを見てる  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHER  折れた船が やがて向かう 朝は何処だい BROTHER
Break an egg楕円の壁 つつき割って 光をうけた小鳥たち 空に憧れて 生まれただけか -Drifting the mood away-  いつか夢を抱いた腕で 青い空の壁を破れ  命の変わるとこまで -Break an egg- 繰り返せば 繰り返せば 風になれる  アルミのドア 箱の中でうめくような 計算機と人間たち 上りも下りも いつも満杯 -Drifting the night away-  いつも愛を削る時間の 厚い扉を蹴り破れ  命の変わるとこまで -Break an egg- 愛し合えば 愛し合えば 星になれる  生まれ変わる度に 想う 誰かに近づいて 行くよ  願いかなえてくれるなら -Break an egg- 悪魔だって天使だって いいじゃないかCHAGE and ASKA飛鳥涼CHAGE楕円の壁 つつき割って 光をうけた小鳥たち 空に憧れて 生まれただけか -Drifting the mood away-  いつか夢を抱いた腕で 青い空の壁を破れ  命の変わるとこまで -Break an egg- 繰り返せば 繰り返せば 風になれる  アルミのドア 箱の中でうめくような 計算機と人間たち 上りも下りも いつも満杯 -Drifting the night away-  いつも愛を削る時間の 厚い扉を蹴り破れ  命の変わるとこまで -Break an egg- 愛し合えば 愛し合えば 星になれる  生まれ変わる度に 想う 誰かに近づいて 行くよ  願いかなえてくれるなら -Break an egg- 悪魔だって天使だって いいじゃないか
PRIDEGOLD LYLIC思うようには いかないもんだな 呟きながら 階段を登る  夜明けのドアへ たどり着いたら 昨日のニュースと手紙があった  折れたからだを ベッドに投げ込んで 君の別れを 何度も見つめてた  伝えられない事ばかりが 悲しみの顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある プライド  光りの糸は レースの向こうに 誰かの影を 運んで来たよ  やさしい気持ちで 目を細めたとき 手を差しのべる マリアが見えた  何が真実か わからない時がある 夢にのり込んで 傷ついて知ること  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライド  僕は歩く 穏やかな愛で 白い窓辺に 両手を広げた  伝えられない事ばかりが 悲しみ顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライドGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼思うようには いかないもんだな 呟きながら 階段を登る  夜明けのドアへ たどり着いたら 昨日のニュースと手紙があった  折れたからだを ベッドに投げ込んで 君の別れを 何度も見つめてた  伝えられない事ばかりが 悲しみの顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある プライド  光りの糸は レースの向こうに 誰かの影を 運んで来たよ  やさしい気持ちで 目を細めたとき 手を差しのべる マリアが見えた  何が真実か わからない時がある 夢にのり込んで 傷ついて知ること  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライド  僕は歩く 穏やかな愛で 白い窓辺に 両手を広げた  伝えられない事ばかりが 悲しみ顔で 駆けぬけてく  心の鍵を壊されても 失くせないものがある  誰も知らない 涙の跡 抱きしめそこねた 恋や夢や  思い上がりと 笑われても 譲れないものがある プライド
PLASTIC KISS彼女は確かに イイ女かも知れないが きっと ウ・ソ・ツ・キ マニキュアの色とルージュの色が合いすぎて どこか ウ・ソ・ツ・キ  着飾るだけの 愛と知りつつ 短い夜に 男は焦る すべてのノイズが 彼女の味方にまわる  Ah 男の心 すり減らして 使い捨ての涙と Plastic の Kiss の味  彼女は確かに 殺したいほど優しい だから ウ・ソ・ツ・キ  投げ出すだけの 愛に疲れて 夢が見たいと 男は眠る 月が雲に隠れて 彼女の瞳が光る  Ah 男の心 もて遊んで 使いまわしの笑顔と Plastic の Kiss の味  Ah 男の心 すり減らして 使いまわしの涙と Plastic の Kiss の味CHAGE and ASKACHAGECHAGE彼女は確かに イイ女かも知れないが きっと ウ・ソ・ツ・キ マニキュアの色とルージュの色が合いすぎて どこか ウ・ソ・ツ・キ  着飾るだけの 愛と知りつつ 短い夜に 男は焦る すべてのノイズが 彼女の味方にまわる  Ah 男の心 すり減らして 使い捨ての涙と Plastic の Kiss の味  彼女は確かに 殺したいほど優しい だから ウ・ソ・ツ・キ  投げ出すだけの 愛に疲れて 夢が見たいと 男は眠る 月が雲に隠れて 彼女の瞳が光る  Ah 男の心 もて遊んで 使いまわしの笑顔と Plastic の Kiss の味  Ah 男の心 すり減らして 使いまわしの涙と Plastic の Kiss の味
Primrose Hill小高い丘に 寝ころんで 斜めに傾く 君を見る  恋のマネゴトをした君は 自分の弱さを 涙にかえた  見知らぬ人が 行き過ぎる 見知らぬ声が 駆けめぐる  誰もが帰り道を急ぐ 解りあえるのは 君と僕だけ  そこで二人 長いkissをする 転がりながら 長いkissをする  流れる雲は うわの空 捕まえるんだ 雲の影  七色の風がふく丘で 君は無邪気な 少女に戻るね  見つめる瞳に 何がある 痛みもいつか 語れるさ  虹より素敵な 夢がある 誰より君に それを伝えたい  そこで二人 長いKissをする 転がりながら 長いkissをする  そこで二人 長いkissをする 転がりながら 長いkissをする  Primrose HillCHAGE and ASKACHAGECHAGE村上啓介小高い丘に 寝ころんで 斜めに傾く 君を見る  恋のマネゴトをした君は 自分の弱さを 涙にかえた  見知らぬ人が 行き過ぎる 見知らぬ声が 駆けめぐる  誰もが帰り道を急ぐ 解りあえるのは 君と僕だけ  そこで二人 長いkissをする 転がりながら 長いkissをする  流れる雲は うわの空 捕まえるんだ 雲の影  七色の風がふく丘で 君は無邪気な 少女に戻るね  見つめる瞳に 何がある 痛みもいつか 語れるさ  虹より素敵な 夢がある 誰より君に それを伝えたい  そこで二人 長いKissをする 転がりながら 長いkissをする  そこで二人 長いkissをする 転がりながら 長いkissをする  Primrose Hill
ベンチもう少しここで 海を眺めてたい 丘の上にある古ぼけたベンチにひとり じいちゃん 逢いに来たのさ  忘れ物だらけの人生だったけど 最後もひとりでさっさと風になっちまって じいちゃん あんたらしいよ  純情可憐 お下げ髪のあたしを無理矢理口説いてね…祝言 三日後に大きな軍艦に乗ったまま ただいまは三年後  穏やかな木洩れ陽の中 今となっては じいちゃん笑い話だね じいちゃん 風と話してる  今度はこっちが毎日戦争よ 見果てぬ夢ばかり追いかけて追い抜かれて じいちゃん 愛を守って  波乱万丈 おかげであたしもずいぶん強い女になったと思うけど…涙 夕焼け空 孫達が迎えに来るまで そっと泣かせて  穏やかな時間の流れ ありがとう じいちゃん 幸福だったよ じいちゃん また明日ね  穏やかな時間の流れ ありがとう じいちゃん 幸福だったよ じいちゃん また明日ねCHAGE and ASKACHAGECHAGEもう少しここで 海を眺めてたい 丘の上にある古ぼけたベンチにひとり じいちゃん 逢いに来たのさ  忘れ物だらけの人生だったけど 最後もひとりでさっさと風になっちまって じいちゃん あんたらしいよ  純情可憐 お下げ髪のあたしを無理矢理口説いてね…祝言 三日後に大きな軍艦に乗ったまま ただいまは三年後  穏やかな木洩れ陽の中 今となっては じいちゃん笑い話だね じいちゃん 風と話してる  今度はこっちが毎日戦争よ 見果てぬ夢ばかり追いかけて追い抜かれて じいちゃん 愛を守って  波乱万丈 おかげであたしもずいぶん強い女になったと思うけど…涙 夕焼け空 孫達が迎えに来るまで そっと泣かせて  穏やかな時間の流れ ありがとう じいちゃん 幸福だったよ じいちゃん また明日ね  穏やかな時間の流れ ありがとう じいちゃん 幸福だったよ じいちゃん また明日ね
星屑のシャンデリア愛する乙女よ 今宵ベールは脱いで 夢見心地で 盗んだ口づけ 夏の海辺に 影はゆらゆら揺れて 今 恋が呼吸を始めそうだ  愛する乙女よ 星屑のシャンデリア 言葉につまる 君の唇を 見つめながら 指先でなでた時 愛の言葉たち こぼれ落ちた  生まれたばかりの恋が 風を渡り 僕の吐息に 長い髪はとかれて ためらい ふるえる 風のようさ  愛する乙女よ 僕からのプレゼント 二人の時間を 確かめるために 僕の手から 君の手のひらの中 さらさらにこぼれて 砂時計  生まれたばかりの恋が 風を渡り 思わせぶりな 夜の魔法うすれて いつしか夜明けが 近づいてきた  思わせなぶりな夜の魔法うすれて いつしか夜明けが近づいたCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼愛する乙女よ 今宵ベールは脱いで 夢見心地で 盗んだ口づけ 夏の海辺に 影はゆらゆら揺れて 今 恋が呼吸を始めそうだ  愛する乙女よ 星屑のシャンデリア 言葉につまる 君の唇を 見つめながら 指先でなでた時 愛の言葉たち こぼれ落ちた  生まれたばかりの恋が 風を渡り 僕の吐息に 長い髪はとかれて ためらい ふるえる 風のようさ  愛する乙女よ 僕からのプレゼント 二人の時間を 確かめるために 僕の手から 君の手のひらの中 さらさらにこぼれて 砂時計  生まれたばかりの恋が 風を渡り 思わせぶりな 夜の魔法うすれて いつしか夜明けが 近づいてきた  思わせなぶりな夜の魔法うすれて いつしか夜明けが近づいた
刹那すぎる霧笛は(ふたりを包んで) 愛を奏でる旋律(どこまでも漂う) 波に言葉は消されて それでも ただ抱き寄せるだけ 麗しき 唇添えましょう Misty Kiss?  それは不規則な恋(だけど蜜の味) はかない恋の脚本(誰もが知ってた) いつか来る結末に とまどい もっと確かめるだけ 恋焦がれ 涙も添えましょう One more Kiss?  ここは遥か異国の空 叶わぬ夢に躰を寄せて そして ふたつのホタルは 糸を引くように もつれて ほどけて はじけて 夜空へ…  笹の葉を揺らして(青い月の雫) ふたりだけで 輪舞を(星をすり抜けて) うたかたの恋でも かまわない 心 はり裂けてもいい 今宵こそ どこまでも行きましょう One more Kiss?  ここは遥か異国の空 叶わぬ夢に躰を寄せて そして ふたつのホタルは 糸を引くように もつれて ほどけて はじけて 夜空へ…CHAGE and ASKACHAGECHAGE刹那すぎる霧笛は(ふたりを包んで) 愛を奏でる旋律(どこまでも漂う) 波に言葉は消されて それでも ただ抱き寄せるだけ 麗しき 唇添えましょう Misty Kiss?  それは不規則な恋(だけど蜜の味) はかない恋の脚本(誰もが知ってた) いつか来る結末に とまどい もっと確かめるだけ 恋焦がれ 涙も添えましょう One more Kiss?  ここは遥か異国の空 叶わぬ夢に躰を寄せて そして ふたつのホタルは 糸を引くように もつれて ほどけて はじけて 夜空へ…  笹の葉を揺らして(青い月の雫) ふたりだけで 輪舞を(星をすり抜けて) うたかたの恋でも かまわない 心 はり裂けてもいい 今宵こそ どこまでも行きましょう One more Kiss?  ここは遥か異国の空 叶わぬ夢に躰を寄せて そして ふたつのホタルは 糸を引くように もつれて ほどけて はじけて 夜空へ…
HOTEL土曜日のホテル街 やっと見つけた部屋 割り込んでものにした キャンセル待ちのキス  結びながら ほぐしながら つなぎあわす 唇  待てないから 欲しがるから 君を盗む 奪う 夜更けのホテル  薬指を隠せずに 迷いが見え隠れ “愛してる?”って聞かないで 抱かなきゃわからない  崩れながら 泳ぎながら 綺麗になる 女だね  リズミカルに テクニカルに 君を渡る ねだる 壁に揺れるカーブ  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending Down  古びてる扉の向こう 知らない恋がある “愛してる”の台詞なら 誰かが使ってる  抱かれながら 香りながら つき過ぎてる スピード  沈みなさい はぐれなさい 君を捜す たぐる また空へ連れてく  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending Down  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending DownCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼土曜日のホテル街 やっと見つけた部屋 割り込んでものにした キャンセル待ちのキス  結びながら ほぐしながら つなぎあわす 唇  待てないから 欲しがるから 君を盗む 奪う 夜更けのホテル  薬指を隠せずに 迷いが見え隠れ “愛してる?”って聞かないで 抱かなきゃわからない  崩れながら 泳ぎながら 綺麗になる 女だね  リズミカルに テクニカルに 君を渡る ねだる 壁に揺れるカーブ  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending Down  古びてる扉の向こう 知らない恋がある “愛してる”の台詞なら 誰かが使ってる  抱かれながら 香りながら つき過ぎてる スピード  沈みなさい はぐれなさい 君を捜す たぐる また空へ連れてく  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending Down  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで  朝も夜もない部屋 たどり着く場所がある  海の響き懐かしむ アンモナイトになるまで Surrending Down
WHY感じてた君のこと 力つきた二人だから 返す言葉もなくて  少しだけこのままで 横を歩いてくれないか 別れてもきっと君のこと 変わらずに愛してる  Why あした また 逢える気がする いつもの夜だね Why 僕の肩に もたれてみせる 恋人のしぐさで  いつの日かうつむいて 君がここにあらわれても 僕は別の恋をしている  いつまでも泣けるような 恋をしたとも言えなくて 寂しいね ねぇ 抱いていいかな こんな夜に  Why ひとりでは 生きて行けない 君だったはずさ Why 帰り道えらんでみたの それとも 何処かへいくの  ただ 離れて行く… ただ 流れて行く…  Why あした また 逢える気がする いつもの夜だね Why 僕の肩に もたれてみせる 恋人のしぐさで  Why ひとりでは 生きて行けない 君だったはずさ Why 帰り道えらんでみたの それとも 何処かへいくのCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼ジェス・バイリー感じてた君のこと 力つきた二人だから 返す言葉もなくて  少しだけこのままで 横を歩いてくれないか 別れてもきっと君のこと 変わらずに愛してる  Why あした また 逢える気がする いつもの夜だね Why 僕の肩に もたれてみせる 恋人のしぐさで  いつの日かうつむいて 君がここにあらわれても 僕は別の恋をしている  いつまでも泣けるような 恋をしたとも言えなくて 寂しいね ねぇ 抱いていいかな こんな夜に  Why ひとりでは 生きて行けない 君だったはずさ Why 帰り道えらんでみたの それとも 何処かへいくの  ただ 離れて行く… ただ 流れて行く…  Why あした また 逢える気がする いつもの夜だね Why 僕の肩に もたれてみせる 恋人のしぐさで  Why ひとりでは 生きて行けない 君だったはずさ Why 帰り道えらんでみたの それとも 何処かへいくの
WHITE NIGHT, WHITE MOONOn this cold and busy Christmas Night I am waiting in the snow for a taxi My heart's yearning to be with you tonight Merry Christmas, Merry Christmas White Night, White Moon Merry Christmas, Happy Christmas I'll hold you soon, In the falling snow, hurrying to you, on the frosty road so cold to feel the Love by your Kiss  Last year this day was just another day Never believed it could ever happen to me Yes, My heart is full of Joy and Hope Merry Christmas, Merry Christmas White Night, White Moon Merry Christmas, Happy Christmas I'll hold you soon, In the falling snow, hurrying to you, on the frosty road so cold to feel the Magic by your Kiss  In the falling snow, hurrying to you on the frosty road so cold to feel the Love by your Tender, Sweet Soft, Loving Kiss Merry Christmas My LoveCHAGE and ASKA飛鳥涼・英訳:Linda飛鳥涼On this cold and busy Christmas Night I am waiting in the snow for a taxi My heart's yearning to be with you tonight Merry Christmas, Merry Christmas White Night, White Moon Merry Christmas, Happy Christmas I'll hold you soon, In the falling snow, hurrying to you, on the frosty road so cold to feel the Love by your Kiss  Last year this day was just another day Never believed it could ever happen to me Yes, My heart is full of Joy and Hope Merry Christmas, Merry Christmas White Night, White Moon Merry Christmas, Happy Christmas I'll hold you soon, In the falling snow, hurrying to you, on the frosty road so cold to feel the Magic by your Kiss  In the falling snow, hurrying to you on the frosty road so cold to feel the Love by your Tender, Sweet Soft, Loving Kiss Merry Christmas My Love
僕がここに来る前に菜の花の向こうにある キャベツ畑に行こう 白い花が空へ昇るみたいな 蝶々を捕りに行こう  あの子が来る前に  新聞紙の上でくらべた 赤い屋根模様のスイカは 僕が井戸に 放り込んだやつさ 残りを数えたら  妹より 早く  あのどんな小さな ことだって 今の僕に繋がってる  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・  この土手の上まで登ろう 手をついちゃ負けだよ 思い切りつま先まで息を吸い込んだなら 体が軽くなる  僕にはできるんだ  少しずつ増えてきた 無理なことが いろんなことが 思えてきた  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・  菜の花の向こうで あなたは手を引かれ つま先に息は届かずに 僕がここに 来る前に・・・・  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼飛鳥涼・松本晃彦菜の花の向こうにある キャベツ畑に行こう 白い花が空へ昇るみたいな 蝶々を捕りに行こう  あの子が来る前に  新聞紙の上でくらべた 赤い屋根模様のスイカは 僕が井戸に 放り込んだやつさ 残りを数えたら  妹より 早く  あのどんな小さな ことだって 今の僕に繋がってる  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・  この土手の上まで登ろう 手をついちゃ負けだよ 思い切りつま先まで息を吸い込んだなら 体が軽くなる  僕にはできるんだ  少しずつ増えてきた 無理なことが いろんなことが 思えてきた  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・  菜の花の向こうで あなたは手を引かれ つま先に息は届かずに 僕がここに 来る前に・・・・  僕のすべての 時間を 少しだけ前にずらして あなたに逢えてたら・・・・
僕はこの瞳で嘘をつくGOLD LYLIC本気でこんなこと言えないよ 言葉の迷路にはまり込む  どうにも許されるわきゃないよ あの娘の事は言えない あの娘の影は見せない  推理小説を最後から めくれるような筈はない  傷のない別れなどあるわきゃないし ただハート 眠らせたい ただハート 眠りたい  噂話だよ そんな話は嘘さ 懐しそうな瞳をしながら 僕の中の秘密の事 僕の中の誰かの事…?  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  愛した君だから言えないよ 言葉の密度を抜けて行く  どうでもいいなんて思わないよ あの娘の事は言えない あの娘の影は見せない  ガーゼで心を切るような 時間に運ばれながら  読みとれない意味を確かめられそうで ただハート 破らせたい ただハート 破りたい  心のリズムは散らばるようなタンブリン 話の何処かできっと 掛け違えたボタンがある 君が僕を見つめている  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  女の瞳で僕を見てる 君が僕を見つめている  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  僕はこの瞳で嘘をつくGOLD LYLICCHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼本気でこんなこと言えないよ 言葉の迷路にはまり込む  どうにも許されるわきゃないよ あの娘の事は言えない あの娘の影は見せない  推理小説を最後から めくれるような筈はない  傷のない別れなどあるわきゃないし ただハート 眠らせたい ただハート 眠りたい  噂話だよ そんな話は嘘さ 懐しそうな瞳をしながら 僕の中の秘密の事 僕の中の誰かの事…?  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  愛した君だから言えないよ 言葉の密度を抜けて行く  どうでもいいなんて思わないよ あの娘の事は言えない あの娘の影は見せない  ガーゼで心を切るような 時間に運ばれながら  読みとれない意味を確かめられそうで ただハート 破らせたい ただハート 破りたい  心のリズムは散らばるようなタンブリン 話の何処かできっと 掛け違えたボタンがある 君が僕を見つめている  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  女の瞳で僕を見てる 君が僕を見つめている  だから君の顔 見つめたよ だから君の顔 見つめたよ どんなに君の瞳が僕を疑っても 僕はこの瞳で嘘をつく  僕はこの瞳で嘘をつく
僕は僕なりの何も知らないくせに 馬鹿だな いつまで僕の事を 愛せるの?  こんな遠いとこへ ついて来たね 涙ばかり目立つ恋だけど  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  君が僕の生き方 愛す度に 少しずつ自分を 好きになれた  いつも別れ道を選ばせたね 夢にしがみついた 僕だから  君は君なりの愛で 来たんだろうけど  君の寝顔を見つめるとなぜか 聞くに聞けない 気がかりが生まれる  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  いつまで僕の事を 愛せるの? CHAGE and ASKA飛鳥涼飛鳥涼Jess Bailey何も知らないくせに 馬鹿だな いつまで僕の事を 愛せるの?  こんな遠いとこへ ついて来たね 涙ばかり目立つ恋だけど  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  君が僕の生き方 愛す度に 少しずつ自分を 好きになれた  いつも別れ道を選ばせたね 夢にしがみついた 僕だから  君は君なりの愛で 来たんだろうけど  君の寝顔を見つめるとなぜか 聞くに聞けない 気がかりが生まれる  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  僕は僕なりの愛を 与えて行くから  いつまで僕の事を 愛せるの? 
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アルジャーノン
  4. 第ゼロ感
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. NO GRAVITY
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照