この曲の表示回数 15,514
歌手:

CHAGE and ASKA


作詞:

松井五郎


作曲:

CHAGE


「愛しい女(ひと)よ」の文字を 読み返し束ねた恋文(こいだより)
炎に包んで捨てる 夢の終わりだと
離ればなれの暮らしは 時を枯らしてゆくだけね
五年の歳月あなたは さよならで結んだ
淋しさに涙ぐみひとりで 想い拙き筆をとる
冬枯れのことばが霞むたびに あなたを想い出す

インクが滲んだ後の 便箋はいつでも悔むだけ
追伸ばかりで 別に手紙が出来るほど
想い出にほつれてる一条(ひとすじ)の 髪を忍ばせ封をする
ことばにならない一言と 気づいて欲しくて……

「拝啓 春の風に誘われて
枝には花が満ち
私の心も華やぐ季節
幸せにしています。」
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:嘘 歌手:CHAGE and ASKA

CHAGE and ASKAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-09-19
商品番号:YCCR-35
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP