歌詞を

ヘルプ

イルカ作曲の歌詞一覧リスト

149 曲中 1-149 曲を表示
2021年12月8日(水)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
聖家族新曲イルカイルカイルカ遥かなる星の下宙い夢が生まれ
あたしだってLove song!イルカイルカイルカ逢いたいそんな気持ちだけで
君に贈るFOLK SONG 2020イルカイルカイルカ私がイルカになる前は
とんがらしイルカ・神部冬馬イルカイルカ私はトンガラシさんです
杉の木山イルカ・神部冬馬イルカイルカつられつらなる杉の木山は
We Love You Planet!~ひびけ!惑星に。(日本語版)イルカイルカイルカAcross the borders
回転木馬にのってイルカイルカイルカ水平線に陽が昇る前に
真っ暗から~歩いて行こう!冬の道を(WINTER WONDERLAND)イルカイルカイルカ真っ暗な闇を抜け
Jazz屋の娘イルカイルカイルカアパート中が大騒ぎ
日曜日イルカイルカイルカこの間の日曜日デパートへ
人生フルコースイルカイルカイルカ成人式の前には既に結婚を
おかあさんの手イルカイルカイルカ少し前までは着飾って街を
言葉って不思議だねイルカイルカイルカおいしいなって言ったらね
とねりこの木イルカイルカイルカ偶然なんてないよ
We Love You Planet!~Echo to our Planet(英語版)イルカイルカイルカAcross the borders
Dewa SURYAイルカイルカイルカTiang nyigakin ragane
たからものイルカ松本一起イルカみせたいけれどみせたくない
にじイルカ松本一起イルカあめふりあとのごほうびに
逢いたさ指数古賀栄子葛原直樹イルカくちづけしてって
共に生きる…この時をイルカイルカイルカ手を伸ばせばいつだって
桜の精イルカ江原啓之イルカ桜の精ある日晴れた
私は東京イルカイルカイルカ春になれば今年もみんなが
昭和の子イルカイルカイルカぼくら仲良し昭和の子
…とは言えイルカイルカイルカ眠りの中でもう雨の音を
ブラック・ローズイルカイルカイルカ胸の奥底にある暗闇に
Appleイルカイルカイルカ忘却の水を飲まされて
ボンボン・ブーケ石野真子イルカイルカボンボンブーケ頭がいたいの
いつか見る虹~“モルダウ”から~イルカイルカイルカ愛する者のいる事は幸せな事と
夢の散歩イルカイルカイルカ原稿用紙の畑に言葉の種を撒く
はんぶんこイルカイルカイルカ願い事を聞いてくれるなら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
はるじょおん ひめじょおん ~野生の花~イルカイルカイルカあなたに初めて出逢った日
まあるいいのち竹田えり・ひまわりキッズイルカイルカぼくから見れば小さなカメも
アヴェマリア江原啓之江原啓之イルカアヴェマリア私の悲しみを抱き
とねりこの木江原啓之イルカイルカ偶然なんてないよ
桜の精江原啓之江原啓之イルカ桜の精ある日晴れた空のもと
十九の春にイルカイルカイルカ私あなたのお部屋にうかがう
真冬の天使イルカイルカイルカこの広い空の下どこにでも
枯葉のシーズンイルカイルカイルカまさかあなたとさよならなんて
ラピスの丘で ~Lapislazuli~イルカイルカイルカラピスの丘の上あなたが待って
エニー・キイ・OK!!イルカイルカイルカWhen I was still a little
こころねイルカイルカイルカこころね胸の奥深くこころね
イルカイルカイルカ春早く来てね私の所へ
風にのせてイルカイルカイルカ見知らぬ街のあの少年に
星の長距離電話イルカイルカイルカ引き出しをあけたら
夢の人イルカイルカイルカいつもあなたは私の事を
片想いの少女へイルカイルカイルカ世界中で一人きり
あしたの君へイルカイルカイルカ手を出してごらんすてきな物を
月下美人の咲く夜にイルカイルカイルカ南の島ポリポリ島
しあわせイルカイルカイルカ悲しくて悲しくて
海のゆりかごイルカイルカイルカ四角いコンクリの部屋の中じゃ
すべてがラブ・ソングイルカイルカイルカ恋のうたは甘いだけと
我が心の友へイルカイルカイルカみんな私の前から去って行って
まあるいいのちGOLD LYLICイルカイルカイルカぼくから見れば小さなカメも
いつか冷たい雨がイルカイルカイルカ雪がふる駅の片すみでだれにも
夜明けのグッドバイイルカイルカイルカこのまましあわせそうな
Follow Meイルカイルカイルカ本当は明るい人が好きなのね
緑の家族のご招待とみたゆう子イルカイルカアパートのベランダにこしかけて
シオン沢田聖子イルカイルカシオンぼくが内緒でつけた
青春の光と影沢田聖子イルカイルカこの世の事は何も知らない
私の中の私イルカイルカイルカ誰かの声がするよあれは私の声
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
冬の馬イルカイルカイルカ馬の赤ちゃんはね生まれたら
Follow Me (ニューバージョン)イルカイルカイルカ本当は明るい人が好きなのね
夢ひとりイルカ美空ひばりイルカ春になると恋が芽生え
君の人生イルカイルカイルカ明け方の街を子猫がじゃれてる
小夜鳴き鳥イルカイルカイルカ見上げた空一つ星がいつも
To my little boy #2イルカイルカイルカ君がいないこの部屋はガランと
あなたの髪をイルカイルカイルカあなたの髪をなでた時胸の草原に
光のとびらイルカイルカイルカ永いトンネルを抜けると
幻のユウトピアイルカイルカイルカもしもこの世にあればいいな
恋する野原イルカイルカイルカ春の大地に口づけをするそよ風に
地上の愛美川憲一&イルカイルカイルカ逢ってどうなる訳じゃなし
女はつらいよイルカイルカイルカ仕事に追いたてられて人にも
バラの谷から-民草の歌イルカイルカイルカ森は毎日生まれ変わる
坂道の少女沢田聖子イルカイルカ図書館の帰り道赤い自動車の
ドール・ハウス沢田聖子イルカイルカ地下鉄が地上に出て光が
沢田聖子イルカイルカ春早く来てね私の所へ
かくした心イルカイルカイルカあなたが隣にいるだけで
ポスト(to my little boy)イルカイルカイルカいつも何も言えない君は
カメライルカイルカイルカ旅行に行くからカメラ
太陽海岸にてイルカイルカイルカこの海を見せてあげたいな
永遠にいつかイルカイルカイルカ時が止まった静かな夜は
野性の花-Wild Flower-イルカイルカイルカあなたが私を悲しませる時には
遠い人になってもイルカイルカイルカこのままあなたにさそわれる
愛しのジョルジュイルカイルカイルカ雨の中会いに来てくれる
ホクロ月夜にイルカイルカイルカ一人ぽっちの窓辺には
けさらん ぱさらんイルカイルカイルカケサランパサラン飛んで来た
ペイズリイ・ドリームイルカイルカイルカ暗い部屋に一人窓を開ける
ひとりごとイルカイルカイルカ忘れられた物が好きです
ポケットをさぐらないでイルカイルカイルカ会う時は楽しい二人で
Good Nightイルカイルカイルカ君はきっとどこかの星から
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
私のしあわせイルカイルカイルカ誰でも一人で生まれて来る
Lovin' Spoonfulイルカイルカイルカ紅茶にハニーブランデー
眠らなくても会いたくてイルカイルカイルカ最終便に飛びのって今から
17ページのエッセイイルカイルカイルカ重い足をひきずり
鈴の音イルカイルカイルカ私が生まれようとしていた時
愛の飛行士イルカイルカイルカ月の光が差し込む様に
想い出と言う名の妖精(フェアリィ)イルカイルカイルカ未来の私が色んな気持ちを
梅花(メイファ)イルカ松本紘斉イルカ梅花が咲く頃僕は父になる
ママのお皿イルカイルカイルカ12月が一番好きなのはきっと
ぬけがらイルカイルカイルカ大事な物をおとした時は
夢ひとり美空ひばり美空ひばりイルカ春になると恋が目芽え
ふりむけばそこにイルカイルカイルカ赤いノートなくした
涙のコンチェルトイルカイルカイルカいつも一人でヘッドホーンを
夢みるパワーイルカイルカイルカ図鑑の上の虫は知っていても
いらくさ姫の伝説イルカイルカイルカ雲よ月をかくせ今宵
ジェレミーの木イルカイルカイルカブナの森の仲間たち
幻のタペストリィーイルカイルカイルカ私のひざに雨がふる
射手座生まれのキューピッドイルカイルカイルカついおしゃべりになってしまう
ガラス窓の少女イルカイルカイルカ冷たい雨がふり出せば
吟遊詩人(マイスタージンガー)イルカイルカイルカ旅に出てうたをうたい
横浜スタジアムイルカイルカイルカ暮れかけたスタジアム
あなたへの手紙イルカイルカイルカあなたの好きな本のページに
たそがれホテル -ヘミングウェイ夫人の面影によせて-イルカイルカイルカおだやかな昼下がりグラスを
ミスターTVイルカイルカイルカミスターTVとても浮気なBOY
少年イルカイルカイルカ幼ない頃は明日のことなんか
私の庭からイルカイルカイルカ私の庭にいらっしゃい
植物誌イルカイルカイルカ通りすがりの古本屋
タンチョウの詩イルカイルカイルカ雪の朝お嫁に行った
気ばらしドライブイルカイルカイルカ私の好きなあの人は
孤独な歌人イルカイルカイルカいつもおこってばかりいた
スカーフイルカイルカイルカこんな夜の下にも
小さな子守唄イルカイルカイルカ気が付けば外は雨のドレミ
ヨオコソイルカイルカイルカヨオコソヨオコソこの国へ
冬の忘れ物イルカイルカイルカもうそれはきのうの事なみだの
シルエットイルカイルカイルカ大きな帽子のアネモネ婦人
つめたい街イルカイルカイルカ雨にぬれても泣かないよ
ともだちイルカイルカイルカ君といつだって一緒だったのに
いるみねいしょんイルカイルカイルカまどが笑ってるよあんまり
おやすみなさいイルカイルカイルカ今日一日の仕事が終ったら
キタギツネのうたイルカイルカイルカひたすらボクは走るよ
背中イルカイルカイルカこの世の中のしくみは多数決
プリズムイルカイルカイルカ雨の日に帽子をかぶって歩けば
一日イルカイルカイルカ何もせずに部屋の中にただ一人
いつの日か船をイルカイルカイルカむずかしい本をすてこの家も
ラバーボールイルカイルカイルカいつもこんな日だったらいい
心はプラスイルカイルカイルカ大きなビルの足元を小さな
君は悲しみのイルカイルカイルカきのうの事さえ思い出せない程
サラダの国から来た娘イルカイルカイルカ季節の変わり目さえ気づかない
ハートのポプリ大場久美子イルカイルカ今日は何かおきそうな予感
ひとりごとシュリークスイルカイルカ忘れられた物が好きです
いつか冷たい雨がシュリークスイルカイルカ雪がふる駅の片すみで
砂かけおじさんシュリークスイルカイルカ小さな公園一人が気持ちよくて
計算ちがいシュリークスイルカイルカ飛行機に乗りました
1/2シュリークスイルカイルカ横にすわってるおばさん
おやしらずシュリークスイルカイルカプツンと切ったつめが
2001年ぼくの部屋シュリークスイルカイルカぼくがこの世にいつ
私ならイルカイルカイルカ訳もなく真夜中に目覚める
ダイヤモンドイルカイルカイルカ風は遠くから流れてやって来る
ミモザの下で太田裕美イルカイルカ夏の終りに知り会った