少年

この曲の表示回数 7,067
歌手:

イルカ


作詞:

イルカ


作曲:

イルカ


幼ない頃は 明日のことなんか
何も見えない 遠い夢の彼方
心の中に小さなモノサシを持ちはじめたのは
友達が昨日よりまぶしく見えた日から

誰もが一人で生まれて 一人で死んでゆく
これじゃ淋しすぎるよね
この世でただ一人の
君は、君のことを大切にして…

すさんだ心を誰にぶつけても
君の心の方が傷つくだけ
暮れかけた空 放課後の屋上で
「オトナなんかになりたくない」
「帰りたくない」あの子はつぶやいた

どんな悪い子だって すばらしい物を
きっと持ってる筈だよ
今はうもれてるだけ
君を、君のことを信じていいね…

誰もが通るこの時を 青春と言うならば
君が作った箱の中でもがいていないで
君は君の道を走りつづけて、
走りつづけて、走りつづけて…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年 歌手:イルカ

イルカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-21
商品番号:CRCP-132
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP