君の人生

この曲の表示回数 8,710
歌手:

イルカ


作詞:

イルカ


作曲:

イルカ


明け方の街を 子猫がじゃれてる
首についた鈴を もどかしげに 響かせて
「つかの間の時を 楽しんでるのさ」
そう言って 猫は走り去った

私は私を泣かせてばかり
臆病で 自信なくて ごめんね

君は君の人生の 主役になれるのか
誰の為でもなく 自分の道
誰かが泣いてる 心の底で怒ってる
それはまだ見えぬ 君の姿

この時代と言う 時の流れが
行き詰まって ただ横に流れてるとしたら
直角に下から 突き上げる そんな生き方をしてみたい

耳をすませば 聞こえて来る筈
寝静まった 夜の街に声が響くよ

君は君の人生の 主役になれるのか
誰の為でもなく 自分の道

念ったとたん星は流れ 願ったとたん想い叶わず
叶わずとも いつも あの星
心の中に いつかいつか

君は君の人生の 主役になれるのか
誰の為でもなく 自分の道
君は君の人生の 主役になれるのか
誰の為でもなく 自分の道
誰の為でもなく 自分の道
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君の人生 歌手:イルカ

イルカの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-10-24
商品番号:CRCP-20280
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP