Sin編曲の歌詞一覧リスト  95曲中 1-95曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
95曲中 1-95曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
この手とその手手越祐也手越祐也ChristinaChristinaSin教室 窓の外 見つけた 君の姿 元気な おはようは 太陽みたいだった  ひとり 出来なくて 悔しい 放課後に あと少し!もう少し! 励ましてくれていて 嬉しかった  この手とその手を 繋いだこと きっとずっと忘れないでいる 自分にない 直向きさ 勇気も優しさも教わった この手とその手を 振り合っても それはさよならの意味じゃないね これまでと同じように ただ またね。と言おう  すれ違う 予定が 僕らを 遠くさせた だけど この街で今 必死に 頑張っている  凹んだ時には 君の“大丈夫” そっと 思い出してる 涙を堪えながら ひとりじゃない!  この手とその手を 繋いだこと 過去がくれた 未来への勇気 あの頃が蘇る ねぇ、どんな言葉 かけてくれる?と この手とその手を 合わせ 鳴らす 喜ぶ 瞬間が好きだった これからも同じように ほら 心の中で  あぁ ありがとう あぁ ありがとう 悲しい言葉は言わない  この手とその手を 繋いだこと きっとずっと忘れないでいる 次にまた 会えた時 笑って 笑って またね!と言おう  いつでも いつでも 変わらないよ 大切はいつも 変わらないよ これまでと同じように ただ またね。と言おう
雨の菫青石佐藤聡美佐藤聡美佐藤聡美airbagsin私を抱きしめる 夕暮れ5時 腕は冷たくて 許されない菫青石(アイオライト) 瞼の裏 星を探す  鈍色の海 醒めない絶望へと 爪を立てて 祈るのはやめた  貴方のための強さ誓い全部 嘘の箱庭で朽ち果てたわ。 鎧を脱いだら愛は名を変えて 小さな雨に濡れたまま まどろみを連れて 嗚呼、美しく微笑む。  宝箱のカギは みずたまりの中で眠る。 閉じ込められたまま 言えなかった 私の 「行かないで。」  紅く煌めく ギミック 終わらせましょう。 狙い定め リミッター外して  いびつな私を抱きしめた鎧(おり)は 貴方のいない宙(そら)で星屑に 理想郷(ユートピア)なんかじゃなかった この場所で 歩き方思い出せない。 くちびる震わせ 雨を待ってるの。  絶望と不安に降り注ぐ雨は 私に生きる意味をくれたの。 心に綻びはじめた花の名 今は誰も知らなくていい。  後悔ばかりで滲んだ指先 つつまれたら 差し出すわ 全て 知りたくなかった気持ちに気付いた 鎧を脱いだ その先は 眩いくらいの 雨の菫青石(アイオライト) 雨の菫青石(アイオライト)
恋は劇薬、口に甘し。佐藤聡美佐藤聡美佐藤聡美James Panda Jr.sin恋は劇薬口に甘し。過剰摂取にご注意下さい! 迫りくる使用期限(タイムリミット) ご利用は計画的にお願いしますね。  つまさきからてっぺんまでひたしたら とろけちゃう?  【1人に1人運命の相手】 そんな制度あったらいいな。 止まらない妄想 ぐるぐる迷走 気付けば鏡の中 君の理想 近付きたい。  昨日までは「No」だったのに、今日は「Yes」 オセロみたい。そんな出来事があるのなら 君の心を攫う方法はないものでしょうか??  【愛されている私】…ダメ、想像出来ないです。  恋のオセロゲーム?未来何色??? そんな妄想、空想、捨てて 「君が好きです。」口にすれば 私泡になってしまうでしょうか アメジストは、ふりむかない。  うばわないで さわらないでね 煌びやかな思い出たち 息が詰まりそうになるけれど 私の唯一の輝きなの。  届かなくていいんです。 手を伸ばすの好きなんです。  繋がらない好き同士に 淡い夢見ていたのです。 戸惑う手も嘘のない瞳も 未来永劫好きでいさせて 永遠の片想い。
Wonderful DaysキタコレキタコレMayuSinSin君と見たいWonderful Days 眩しいくらい 輝いて 離さないよIt's all right 二人なら何処までも行けるpace  君の歩くspeedが いつもよりlittle bit早くて うつむいたままで 笑顔の君がいない  怒ったその顔も愛しいと思うから そんな君とだから二人のpace ゆっくりと歩けるさ  君と見たいWonderful Time 眩しいくらい 輝いて 離さないよ It's all right 雨の日も晴れた空に 君といたいWonderful Days 苦しいくらい抱きしめるよ 守りたいからずっと 君となら何処までも行けるpace  何度も来るトラブルに 手を繋ぎ直してきた メールの既読マーク 君の返信がない  上手く伝えられない 『ごめんね。』の言葉も 君はただ頷いて笑うから その笑顔永遠に  君と歩くWonderful Time 見つめ合うその先に 光が射す未来へ 二人なら越えて行ける 君といたいWonderful Days 流れてく時間がほら 甘すぎるくらいでも 君とならいつまでも居れるpace  君と見たいWonderful Time 眩しいくらい輝いて 離さないよIt's all right 二人なら何処までも行けるpace 君と歩くWonderful Days 苦しいくらい抱きしめて 守りたいからずっと 君となら何処までも行けるpace
Trouble shooting小松未可子小松未可子SiNSiNSiN覗き込んだスコープの中に 写ったのは未来だったっけ? それともキミだったっけ?  あの思い出の日から 何日たったかも分からない 何らかの法則に従って  Trouble Shooting on the my life.  オリジナルな世界を ボールペンで描いたんだ どっかの偉い人が 力ずくで撃ち抜いてった  誰か、誰か聞こえていますか? 何が、何が目に写りますか?  今 一番正しい事は何? 一番悪い人は誰? 街中が叫んでるよ  何を言えばキミに届いて 何をしたらイケナイかなんて 誰かに言われたくないんだ  I have my life in the field on my heart. Right on the mission is “survive my heart.”  狙い定めて  こんなにも変化してしまう 生活に擦りむいてゆく その前に気付いて  何だかんだ言ったって 自分から手に取った昨日が 取り返しのいらない 現実で  Trouble Shooting on the my life.  酷い言葉撃ち合って 手応えも間に合わなくって 部屋中にバラまいた 憤りと眠りについた  いつか、いつか分かり合えますか? どこか、どこかここじゃない場所で  今 一番会いたい人は誰? 一番嫌いなのは誰? ちゃんと分かっててもまだ  なんにも言えない時だって なんにも出来ない時だって それでも無くしたくないんだ  In some bullet and the correct selfish, I shoot through the target, trouble on life.  狙い定めて  どこかで誰かが 今日も何かを撃ち抜いた音が  誰か、誰か聞こえていますか? 何が、何が目に写りますか?  今 一番正しい事は何? 一番悪い人は誰? 街中が叫んでるよ  何を言えばキミに届いて 何をしたらイケナイかなんて 誰かに言われたくないんだ  I have my life in the field on my heart. Right on the mission is “survive my heart.”  狙い定めて
ひと欠片のキセキ柴田あゆみ柴田あゆみ柴田あゆみ・中嶋ユキノSinSin寒い夜を溶かす 街の灯り揺れてる 冷たい冬の風が 二人の距離を 今日も 近づけてく  ひとりの夜に 寂しくなって 不安で 眠れない日もある だけど 僕は どんな時でも 誰より キミを想うよ そう  真っ白な粉雪 降り注いでゆく 柔らかいぬくもりを ずっと 忘れたくない 未来は 目に見えないけど それでも信じてるよ 想いを伝えるから 果てしない夜をこえて いつもそばにボクはいる  変わりゆく季節を あてもなく過ごしてた 今は キミの笑顔があるから 辛いことでも 乗り越えられるよ  たまには 些細なすれ違いで 背を向けてしまう日もある だけどボクは そんな時でも 気持ちは変わらないよ そう  真っ白な粉雪 降り積もってゆく 寄り添う二人を今 きれいに彩るように 温かいぬくもりを ずっと守って行くと決めた 何も怖くないから 果てしない日々の中で いつもそばにキミがいる  指の先に 舞い落ちてく ひと欠片のキセキのように 今 長い時間をこえて キミにこうして 出逢えたんだ  真っ白な粉雪 降り注いでゆく 柔らかいぬくもりを ずっと 忘れたくない 未来は 目に見えないけど それでも信じてるよ 想いを伝えるから 果てしない夜をこえて いつもそばにボクはいる
夏至の果実小松未可子小松未可子sinsinSiNこれは正に愛の症状だって 隣の声で気付いちゃって  描いた幻抱いて 眠らない  ステレオで叱らないで 嬉しそうな顔で  カオス空間抜け出して 泳ぐ  夏の空まだ 憧れの中で 動けないまま 愛を無くさないで  正論じゃなくても 本能を囁いて  君もこの空も心も まるで浮かんでる  チェリー 沈まないで もう少しだけ甘く照らして ここで 二人だけの世界  チェリー 間に合うなら 18時35分の 飾らない言葉を ただ包んで  強烈な言葉で切って 暗い迷いの中で  意味の無い情報の中 見つけ出す  体の真ん中もっと 深い深い場所から  君の声の感覚を 止めないで  夏の空まだ 映し出す影に 怯えたまま 心を止めないで  安全じゃなくても 衝動を追いかけて  君もこの空も心も まるで浮かんでる  チェリー 焼け付く空 この感情を甘く照らして ここで 二人だけの世界  チェリー 夏の風が 心臓の音をかき消したら 嘘じゃない言葉を ただ照らして
この道秋川雅史秋川雅史北原白秋山田耕筰Sinこの道はいつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる  あの丘はいつか見た丘 ああ そうだよ ほら 白い時計台だよ  この道はいつか来た道 ああ そうだよ お母さまと馬車で行ったよ  あの雲もいつか見た雲 ああ そうだよ 山査子の枝も垂れてる
ナミダソラMilky BunnyMilky BunnyTsubasa・唐沢美帆SinSinあの子の素直が眩しくて ふいにココロが惨めになる  行き先も見えず 立ち止まる そんな自分は もう嫌だよ  ガラクタばかりの世界だけど それでも明日を探してる  いつから僕は つばさ忘れて 泣き虫のままで 震えてたんだろう 壊れて明日も変われないまま 弱さも拭えない もう逃げたくないのに  どれだけナミダを流せば 強い自分に会えるのかな  期待されたいわけじゃないけど ただ必要とされたかった  作り笑いの世界だけど それでも自由を探してる  いつから僕は つばさ忘れて 無駄なものばかり 着飾りだしたの 壊れて明日も変われないまま あの日に戻りたい 君のそばにいたいよ…  「ありのままでいい そのままでいいんだよ ココロはそばにあるから」 あの日君がくれた言葉 ずっとずっと忘れない  素直な僕じゃなくてごめんね ホントは ただ 愛されたくて 声あげて泣いた あの日の僕は 誰より素顔でいられたのに  いつから僕は つばさ忘れて 泣き虫のままで 震えてたんだろう 壊れて明日も変われなくても それでも好きだともう一度聞かせて
SceneryMilky BunnyMilky BunnyTsubasaSinSinふたり見上げた 星空 明日もきっと君と  意識のない近さが 心地よいこと気づいた  懐かしい夏匂(なつこう) 自動販売機で 唇の共有 ふとね 胸が弾けた  いつも見ていた景色や なんてことない横顔も  明日もそうだ明後日も 変わらないものにしたい  ふたりで語る屋上 来年もきっと君と  少しでもそう夜明けが 延びればいいと気づいた  寄りそった夜嵐 距離がもどかしくて 止まらない感情 前とは違う僕ら  僕にしか見せていない 不器用さとかその涙  明日もそうだ明後日も 特別なものにしたい  友達と思ってた あの日がくるまでは 今恋をしている 君が好きだよ  出逢って初めて想う 芽生えた不安なぜだろう?  もっともっと知りたいよ 満足できない ねぇ  いつも見ていた景色や なんてことない横顔も  明日もそうだ明後日も まだ見ぬ未来 探そう
Birthday songGOLD LYLICAAAGOLD LYLICAAAKenn KatoJam9・ArmySlickSinHappy birthday to you おめでとう 生まれて来てくれて、ありがとう Happy birthday to you おめでとう いまこうしていられることが なにより、なにより、 本当に嬉しいよ  なんとなく過ごしてても ぼくたちは日々を少しずつ 大人になっていて  当たり前のことが どんなに大切か… みんなのこの声が 気づかせてくれる  Happy birthday to you おめでとう 何度も繰り返す、ありがとう Happy birthday to you おめでとう まるで自分のことのようで なにより、なにより、 本当に嬉しいよ  Happy birthday to you おめでとう 生まれて来てくれて、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう 元気でいてくれて、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう 想い出をたくさん、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう いつも優しさを、ありがとう Happy birthday to you おめでとう しあわせな気持ちを、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう すてきなその笑顔、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう 心の底から、 ありがとう Happy birthday to you おめでとう いまこうしていられることが なにより、なにより、 本当に嬉しいよ
透明な夜空~瞬く星に包まれて~小松未可子小松未可子sinsinsin透明な夜と時間のしじまに 純粋な星の青さがにじんで  ぬくもりの明かり灯るよ やさしさのそばで咲く花から もどかしさも 今の切なさも 抱えたまま  かがやきの中 まぶし過ぎて 大人になる 星空の中 本当の宇宙(ソラ) 追いかけてる  街灯の影も光も遠ざかる 流されない様に想いを重ねた  無邪気な言葉を隠して 少しでもはやく飛べる様に なつかしさも キミへの言葉も 抱えたまま  瞬(またた)きの中 まぶし過ぎて 大人になる 星空超えて 朝が来れば 強くなれる  初めての空が 水平線を照らしてた 呼吸を忘れて 帰れない心にふるえる  ぬくもりの明かり灯るよ やさしさのそばで咲く花から もどかしさも 今の切なさも 抱えたまま  かがやきの中 まぶし過ぎて 大人になる 星空の中 本当の宇宙(ソラ) 追いかけてる  瞬(またた)きの中 まぶし過ぎて 大人になる 星空超えて 朝が来れば 強くなれる
My HERO菅原紗由理菅原紗由理菅原紗由理・Lisa HalimSinSinMy HERO... きっと君なら出来ない事なんてない  Remember? はじめて君が 勇気を口にした日を Your smile 本当の中に 少しの強がりが見えた  涙こぼれる前に背中向けて 遠くなって行く君に叫んだ  My HERO! きっと 君なら出来ない事なんてない My HERO! ずっと ただ前だけを見て突っ走れ 君の輝き未来へ...  One day 星降る夜に 急に会いにきた君は Feeling 涙は乾いて 瞳の奥光っていた  やっと気づいたんだね 本当の自分に やっと気づいたんだね 本当の道を  My HERO! 空へ 心の荷物解き放って My HERO! もっと 大きな壁乗り越えれるから So you don't have to be afraid yeah!  夜空に逆立ちしたって 月には届かないけど つまずいてもまた何度も 立ち上りここまで来たから...  My HERO! きっと 君なら出来ない事なんてない My HERO! ずっと ただ前だけを見て突っ走れ  My HERO! いつも 私は君の味方だから My HERO! ずっと 振り返らずに進んで行け So you don't have to be afraid yeah!
WISHESGOLD LYLICAAAGOLD LYLICAAASHINJIROH INOUESHINJIROH INOUESinいつの間にかそばで見てた 一番大切な君のこと 僕はいつも探していた 君に贈る似合いの言葉を  泣きたくもないのに 泣いたのはほら 君が泣くから  哀しみも 切なさも 君のそばで謳いながら いつまでも変わらない想いが 出会えた僕らの本当の奇跡 君がいて 僕がいる ふたりで手をつないだなら この空に いつか虹をかけて 渡っていけるよ 汚れのない my wish  抜けるような空を見てた 一番大切な君の横 こんな時がいつまででも 続いていけばいいと思った  忘れたくないから 忘れないように 写真に撮るよ  優しさも 凛々しさも 君のそばで感じながら しあわせの溢れる瞬間が 出会えた僕らの本当の奇跡 君がいて 僕がいる 過ぎる日々を讃えながら 心から 君を好きと言うよ 何年経っても 終わりのない my wish  どんな壁も君と越えて 夢と希望をまた抱(いだ)いて きっと誰もが 欲しがるような 敬虔(けいけん)な愛の強さで ずっと  哀しみも 切なさも 君のそばで謳いながら いつまでも変わらない想いが 出会えた僕らの本当の奇跡 君がいて 僕がいる ふたりで手をつないだなら この空に いつか虹をかけて 渡っていけるよ 汚れのない my wish
明日になる前に菅原紗由理菅原紗由理菅原紗由理・加藤哉子SinSinざわめく街を照らす イルミネーション眺めて 二人肩並べ歩いてく 初めてのHoly Night  You fill my heart 『寒いね』とつぶやくのは Hold me tight あたためて欲しいから It's just love きっと キミも同じ気持ちなら…  明日になる前に 今日が終わる前に 消えない想いを 確かめたいよ 降り出した雪が 溶けてしまうまでに 私を抱きしめて欲しいの きらめく二人の想いが繋がるように  I've never loved like this before. ずっとこのまま I've never loved like this before. みつめていたい  キミに言えない想いを 白い息にこめた 沈黙が続けば続くほど 想い零れそうで  You fill my heart ふいにキミと瞳があって Hold me tight 時間が二人を包む Silent Night 指先触れ手を握った 今日は…  待ち続けてきた 二人きりのHoly Night 降りそそぐ雪 頬を伝っていく 溢れる人ごみに はぐれないでいてね カラフルに光るこの景色を 来年もキミとまた一緒に眺(み)れますように  Uh...Let my love open your heart. 今夜だけは 大切に過ごしたいの だって…Especial Day for You&Me.  来年の今日は 今日よりもずっと 「キミの特別」でありますように この夜の魔法が 解けてしまう前に 私を抱きしめて欲しいの きらめく二人の想いが繋がってく
ROCKSTAR菅原紗由理菅原紗由理菅原紗由理Ina Wroldsen・Allan Peter Grigg・Joshua Emanuel ColemanSinクールな瞳 誰もが振り向く魅惑なSMILE 寄り添い歩くあの娘(こ)は嬉しそう 私を見て鼻で笑うNO! あのこ娘(こ)よりも アナタを知ってるつもり ステージの上で歌うハスキーボイス 隠れたユーモアも全て  アナタを一番想っているのは 私なのに どうしたら気づいてくれるの? ねぇ、振り向いてよ 心の声聴かせて!! (ROCKSTAR!!) アナタ、私のロックスター!! (ROCKSTAR!!) 抱きしめてくれる日を夢見てるの You're the only one for me.  アナタが吸ってる 煙草の香りさえ愛しい 「またライブに来て」と去っていく 革ジャンの後ろ姿に『好き』と囁いたの  アナタの特別になりたいの こんなにも 私なりに頑張っているの ねぇ、振り向いてよ 心の声叫んで!! (ROCKSTAR!!) 私だけみつめて!! (ROCKSTAR!!) Tシャツも履きつぶしたブーツも輝いてみえるの  Let me hear your heart's voice.  ライブの後高鳴るこの胸 抑えながら妄想しちゃうの 赤のバイクで私を今すぐ迎えにきてくれるかな?って I wanna be where you are...  アナタを一番想っているのは 私なのに どうしたら気づいてくれるの? ねぇ、振り向いてよ 心の声聴かせて!! (ROCKSTAR!!) アナタ、私のロックスター!! (ROCKSTAR!!) 抱きしめてくれる日を夢見てるの You're the only one for me.
星に願いをルミカルミカベイビー一休Sin凍える夜、不安を数えて 張裂けそうなほど痛い胸 涙の跡、温もり感じて 1人きりの場所、哀し過ぎるよ。  願いが叶うのなら 強い自分をください。  もっともっと 空に星が生まれて 流れるヒカリ増えたら きっともっと 願い届くよ、すぐに なんてね…1人で想う夜  あきらめない、夢だけ信じて生きてく程あたしは強くない? 弱い自分、抑える振りして 涙は夜になぜこぼれ落ちるの。  願いは叶うものと 幼い頃に聞いたの  もっともっと 空が近づくように 翼があればいいのに そしてもっと 星に願いを言うの お願い…1人にしないでね  もっともっと 空に星が生まれて 流れるヒカり増えたら きっともっと 願い届くよ、すぐに なんてね…1人で想う夜 お願い…強くなりたいの
I can Friday!Neko JumpNeko Jumpsinsinsin秘密の場所で (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) キミに会える 誰も知らないドアを開けて 夢の世界へ飛べる  誰もがみんな (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) 夢を笑って 邪魔しちゃうけど いつかキミを連れてゆくんだ 自由な世界へ  秘密のトーストかじって 内緒の場所に出かけるんだ まるで気分は TV show Movie star 鮮やかに エスケープ  誰かのルールも 嫌いな野菜も寝不足も 今日だけ気にしないで  秘密の場所で (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) キミに会える 誰も知らないドアを開けて 夢の世界へ飛べる  誰もがみんな (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) 夢を笑って 邪魔しちゃうけど いつかキミを連れてゆくんだ 自由な世界へ  笑えない苦手なあの子に バレない様に出かけるんだ 日が沈んだら Every day Every night 大胆に変身  神様どうして いつもはご機嫌ななめなの? 今だけ気にしないで  いつもの場所で (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) キミに会える 誰も知らないココロ開けて 夢の世界へ飛べる  悲しい事を 吹き飛ばして 負けないように いつかキミを連れてゆくんだ 自由な世界へ  秘密の場所で (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) キミに会える 誰も知らないドアを開けて 夢の世界へ飛べる  誰もがみんな (Make a wish. Hey! do. Be wanna.) 夢を笑って 邪魔しちゃうけど いつかキミを連れてゆくんだ 自由な世界へ
ダイジナコトGOLD LYLICAAAGOLD LYLICAAATetsuya_Komuro・Rap詞:Mitsuhiro HidakaTetsuya_KomuroSinI don't know why... 未だ 見えない shine 愛想笑い 心にはブラインド Fiction of Life それでも I got my pride  どれだけの悔しさ どれだけのつらさ こらえきれず 投げ出しては 甘い自分 誰より許せない  愛という言葉なんて 最近感じれない 世の中には 暇つぶして 人と人が揺れて 空回り  Day by day 心 動いている Time after time 今 動いてく Step by step 今 過ぎて行く Goodbye day 今夜も暮れて行く Uh...  言葉に ならない永遠の こころざし いつ誰か気付いて 世界の どこかの誰かとは つながる たった 1つの ストーリーで  One love... Tell me where is the love 表で笑って裏で泣く 時に表裏すら解らなくなる ハッと気がつきゃ闇に捕まる 光探すため 儚く笑う  いくつもの涙と いくつもの勇気 投げ出しても 捨て切れない 今の私 自分が見えない  他人は他人といつしか決めつけ 自ずと自分の首を締めつける 目を合わす事なくすれ違う度 自分の事すらも見失う 人が人と重なる交差点 線と線はつながる何処かで 一人一人が持つストーリー 俺のページに君がいた様に  Day by day 心 動いている Time after time 今 揺れている Step by step 今 上を向く Goodbye day 今夜も抱いている Uh... 君の事  言葉に ならない永遠の こころざし いつ誰か気付いて 世界の どこかの誰かとは つながる たった 1つの ストーリーで  I don't know why... 未だ 見えない shine 愛想笑い 心にはブラインド Fiction of Life その隙間に差し込んだ Light  大好きな思いこそ やっぱり大事だね あなたのため 役に立てる そんな私になりたい 欲が出る  優しさの代わりに 穏やかな空気 そんな時が 1日でも つながって過ごせる夢 憧れる  Day by day Time after time Step by step Goodbye day
I Wanna Cry...菅原紗由理菅原紗由理菅原紗由理SinSin何気ない言葉に傷ついて また一人きりで朝まで泣いていたのに 「どうしたの?」とあなた笑顔で 何もなかったような態度をした  他の子の話を 楽しそうされる度 ねぇ、不安になるの  この気持ちに 気づいて欲しいよ Baby, Baby, I Wanna Cry... 心の声聴いて! 思いやりなんていらないから 本当の気持ちを聞かせて欲しいの I'm in love with you...  夕陽に染まる帰り道で 「あとで電話する」ってあなた言ってくれたから 嬉しくなって ずっと待ってた それなのに連絡はこなくて ah...  いつものことだから 慣れてるはずなのに なぜか苦しくなる  この気持ちを わかって欲しいよ Baby, Baby, I Wanna Cry... 泣いて困らせたい! 優しい声で「ごめん」なんて もう聞き飽きたの 心の叫び気づいて!  Baby, Baby, I Wanna Cry...!!  この気持ちに気づいて欲しいよ Baby, Baby, I Wanna Cry... 泣いて困らせたい! 思いやりなんていらないから 本当の気持ちを聞かせて欲しいの  この気持ちに気づいて欲しいよ Baby, Baby, I Wanna Cry... 心の声聴いて! もしこの恋が叶わないとしても やっぱり私 まだ好きでいたい Don't leave me alone...
『好き』という言葉GOLD LYLIC菅原紗由理GOLD LYLIC菅原紗由理中嶋ユキノSinSinもしも二人で この先 何年も 隣りにいる事ができたら これ以上ない 幸せとか 愛しさに包まれるのだろう  寂しい時は 人のぬくもり 欲しくなるけど 誰でもいいわけじゃない そうだよ 君だから この手を繋いでるんだよ  『好き』という言葉だけは 今すぐ 君のその声で聞きたいよ ずっと 待ってるよ ずっと 待ってるんだよ この暖かい気持ちは 嘘じゃないよ  周りからしたら 間違いなく きっと 恋人に見えるよね 思わず君を 見つめてたら 「何だよ」って いたずらな顔する  一緒にいると 電話が来ても出ようとしない それは 何故なの? ねぇ 他にも 優しくしてる人がいたりするのかな  『好き』という言葉だけで この関係が壊れてしまうのなら いっそ このままでいた方がいいかな 考えても 答えが見当たらない  君の事を想いすぎて 眠れない夜が増える 今夜も 一人で 携帯の光るボタンを指先で押してはみるけど それでも 怖くて...  『好き』という言葉だけを 今すぐ 君のその声で聞きたいの ずっと 待ってるよ ずっと 待ってるんだよ この気持ちは 嘘じゃないよ  I wanna say “I love you” But ,I can't say “I love you” I wanna say“I love you” いつになっても  I wanna say “I love you” But ,I can't say “I love you” I wanna say “I love you” 変わらないよ
Clap your Sunday!Neko JumpNeko Jumpsinsinsinこんなんじゃ始まる前から大変だって 言ったってやめらんないのが大変です いつだって頭ん中パニックって そんなにもう子供じゃないです 週末は大体闘いだからって 最近じゃ感じてるからハイテンションです 個人的にはノーサンキューな日って 完全に怠けてるんです  強く 強く 信じられる 事ばかりじゃないから とぎれとぎれ掴み取った 言葉で話せる 知らない事、知らない場所 知らない言葉、知らない人 さあ! ドキドキしよう Sunday  まずはサワディーカー!  Choo Choo with me imagine 両手鳴らして始めましょう Choo Choo with me slow dance やさしい歌で踊ろう! Ha Ha Choo Choo with me imagine 今が永久なんて信じないでしょ? キミとボクの 予感もっともっと感じ合いましょう  単純に張り切ったってダメだって 言ったって張り切っちゃうから大変です なんだって大体頑張れちゃうなんて そんなにまだ大人じゃないです 1回も出来ないなんて逃げたって 本当は諦めないのが根性です 可愛い事やったりばっかに見えたって もうちょっと真剣なんです  いつも、いつも、忘れないで 繰り返した言葉も 今までより少しだけど 輝いてます 知らない事、知らない場所 知らない言葉、知らない人 さあ! ドキドキしよう Sunday  まずはサワディーカー!  Choo Choo with me imagine 両手鳴らせば負けないでしょ? Choo Choo with me slow dance 素敵な歌で踊ろう!Ha Ha Choo Choo with me imagine 今がA級なんて信じないでしょ? キミとボクの 予感もっともっと感じ合いましょう
Clap your Sunday! Thai ver.Neko JumpNeko Jumpsin・タイ語詞:ターニー・ウォンニワッsinsinマンペンアライティータムマイ ラオインハーンインジュー ナイジャイミーテートゥー タンテーワンティーマイジューカン トゥーマーコーイウォンウィエンナイアーロム ユートゥッククーントゥックワン ルームターラップタージューテーナートゥー トゥーグラーイペンコンジャイローイローイベープチャンユールプラオ ワンワンアガオラコーガオコーマイルータムガイ マンペンアーガーントーラマーンベープマイルージャトークライ トークライマイダイトートゥラカン  グワージャルートゥーナーラック マンコーラックトゥーマークマーイ ダイインマイワークライコンヌンエーブスンジャイ ジャークトロンニースートロンナン クワームキットゥンドゥーンターンパイ ローイパイハー ヤーグポップナートゥー マンジャグライサックケーナイ ジャイガムランカームファーパイ トゥーヤンロー ヤンローユーチャイマイ ディアウコンダイジューカン マイナーン ピエンラオラップターレローンプァーフアジャイ ガムランソンジャイパイナ  ドゥーンターンマープアラックトゥー コートゥーコンニータオナンクーコンティートーンガーン  ジャトロンパイハーテートゥーマイウェパイハークライ ドゥーンターンマープアラックトゥー ハイルーワーチャンナマンキットゥントゥーケーナイ  ジャドゥーンターンパイプアジャユッジャイユーケートゥー
会いたくて下川みくに下川みくにMikuni ShimokawaMikuni ShimokawaSinどれだけの言葉で伝えればいい? こんな胸の切なさを 忘れられるはずなんてないよ 君の透き通った瞳を  君なしじゃもう 生きられなくて 失うことが 怖かったんだ  会いたい…もう一度だけ 私のわがままを聞いて欲しい 出会って 愛して 傷つけ合って それでもまだこんなに愛しいよ  どれだけの想いを伝えたら ねぇ あの日に帰れるのかな 道に迷った子猫のように 泣きじゃくるしかなくて  過ぎていく時はまるでふたりを 押し流していく波のようだね  会いたい…あの日のまま 君の背中に顔をうずめさせて 溢れる想いを風に乗せて 歌うよ 君の元に届くまで  会いたい…もう一度だけ 私のわがままを聞いて欲しい 出会って 愛して 傷つけ合って それでも君のことが愛しいよ
君がいるから下川みくに下川みくに下川みくに下川みくにSin夢見る瞳に世界は 美しく見えたけど 疑うことを覚えて 人は臆病になっていくの?  似たもの同士だよねと笑いあったあの頃 ささいな嘘さえ優しく見逃してくれたよね  もし二人に帰る場所がなくてもかまわない 私がその笑顔を守るから  星の数ほどの出会いや別れや 失いたくないものも全部 なんにもいらないと思えるよ今 ただ君のそばで見つめてたい 喜びも悲しみも 何もかも  大人になるたび少しずつ 忘れてしまった いつでも自分の心に 素直でいること  君からもらった勇気のカケラ 君だけにあげる 私の心に咲く花を  溢れだす涙が教えてくれた なくしちゃいけないものは全部 あの頃のまま心の中にある 太陽のような君の笑顔が こんなにも私のこと強くする  星の数ほどの出会いや別れや 失いたくないものも全部 なんにもいらないと思えるよ今 ただ君のそばで見つめてたい 喜びも悲しみも すべて  今からここから始めようよ 二人の明日を始めようよ 生まれたままの気持ちでいようよ 夏風に揺れた 花のように 今この一瞬を咲き誇ろう
愛のメモリー秋川雅史秋川雅史たかたかし馬飼野康二Sin愛の甘いなごりに あなたはまどろむ 天使のような そのほほえみに 時は立ち止まる 窓に朝の光が やさしくゆれ動き あなたの髪を ためらいがちに染めてゆく  美しい人生よ かぎりない喜びよ この胸のときめきを あなたに この世に大切なのは 愛し合うことだけと あなたはおしえてくれる  愛は風のささやき あなたは目覚める 子供のような 瞳を向けて 指をからめるよ そっと肌をよせれば 水仙の花のような やさしい香りが はじらうようにゆれている  美しい人生は 言葉さえおき忘れ 満ち足りた二人を 包むよう この世に大切なのは 愛しあうことだけと あなたはおしえてくれる  美しい人生よ かぎりない喜びよ この胸のときめきを あなたに 二人に死がおとずれて 星になる日が来ても あなたと離れはしない
いっそセレナーデ秋川雅史秋川雅史井上陽水井上陽水Sinあまい口づけ 遠い想い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか  忘れたままの 恋のささやき 今宵ひととき 探してみようか 恋のうたが 誘いながら 流れてくる そっと眠りかけたラジオからの さみしい そして 悲しい いっそやさしい セレナーデ  風の便りの とだえた訳を 誰に聞こうか それとも 泣こうか 君のことを 想うたびに 聞こえてくる そっと淡い恋がゆれるごとに さみしい そして 悲しい いっそ やさしい セレナーデ  あまい口づけ 遠い想い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか
Stay with you菅原紗由理菅原紗由理加藤哉子・菅原紗由理SinSin数え切れないほどの時間を 二人一緒にすごしてきたけれど 変わらないその笑顔見るたび 素直な私に戻れるの いつも  いそがしく過ぎる日々の中で 立ち止まってしまう日もあるけど 「大丈夫」…ただそれだけで がんばれる気がしているの ありがとう 心から  I wanna be with you  ただ君だけを みつめているよ たとえ今は 小さな光でも 照らし続ける 強い力を信じてる いつまでも stay with me  あの日二人で 語り合った それぞれの夢 それぞれの未来を ねぇ…今も まだ覚えてる? その気持ちかわらずに育ててゆきたい  君と出会い“愛”の意味を知ったの その笑顔が 私を優しくさせるよ アイシテル…ただそれだけで 涙さえ いつかはきっと輝いていくよ  I wanna be with you  ただ君だけを みつめていたい どんなときも 一緒にいたいから 同じ歩幅で 支え合い君と歩きたい いつまでも stay with you  ただ君だけを みつめているよ どんなときも となりにいたいから 前に進める 強い力を感じてる いつまでも stay with you  ねぇ君の笑顔を隣で見ていきたい これからもずっと 今すぐその手でそっと抱きしめてほしい いつまでも stay with you…
素直になれなくてGOLD LYLIC菅原紗由理GOLD LYLIC菅原紗由理中嶋ユキノSinSin触れてるだけで 守れるのならば 今すぐ 引き寄せて 抱きしめてたい  いつも 君が愛しくて この想い伝えたくて 心から 素直になれなくて “...I miss you”  誰もいない 帰り道で 静けさの中 二人歩いた 張り裂けそうな 胸の鼓動は 君に聞こえてたかな?  『塞がれた唇には ちゃんと深い愛はあるの?』 目の前にしてしまうと 何も訊けない  ずっと 君に この気持ち 奪われて 優しさに 包まれるけど  心から 素直になれなくて “...I miss you”  他人の前で 決して泣かない そう生きると誓ったけど 君の前じゃ 胸が熱くて 涙 零れそうになる  『温かい腕の中で くれた言葉に意味はあるの?』 抱きしめた 君の背中に そっと呟いた  いつも そばにいたいから 一人にはさせないから ぬくもりの 全てを感じたい I believe you  奇跡は起こるものじゃなくて 運命が導くものだから 引き寄せられた 二人は 離れたりしないよ  ずっと 君の 笑顔を 見ていたくて 優しさに 包まれていくよ 心から 素直になりたくて  いつも 君が愛しくて この想い伝えたくて 心から 素直になりたくて “...I miss you”
童神 ~私の宝物~城南海城南海古謝美佐子佐原一哉Sin天からの恵み 受けてこの地球(ほし)に 生まれたる我が子 祈り込め育て イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐわ) 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 太陽(ていだ)の光受けて ゆーいりよーや ヘイヨー ヘイヨー 健(すこ)やかに 育て  暑き夏の日は 涼風(すずかぜ)を送り 寒き冬来れば この胸に抱いて イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐわ) 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 月の光浴びて ゆーいりよーや ヘイヨー ヘイヨー 健やかに 眠れ  嵐吹きすさむ 渡るこの浮世(うきよ) 母の祈り込め 永遠(とわ)の花咲かそ イラヨーヘイ イラヨーホイ イラヨー 愛(かな)し思産子(うみなしぐわ) 泣くなよーや ヘイヨー ヘイヨー 天の光受けて ゆーいりよーや ヘイヨー ヘイヨー 天高く 育て
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆SoulJaSoulJaMiho Karasawa・SoulJaSin・SoulJaSin今はまだ 私だけのワガママだけれど あなたに伝えたい この想いを  わがままでも勝手でもね 今 君に逢いたいよ 私 恋に落ちていく途中  過去の恋に傷つけられてた君に 出会ったころの俺も同じで 人のこと信用できなくて だけど君は他とは違くて 惹かれあってく自分が怖かった どうせまた傷つくだけなんじゃねぇかとか思い 心を閉ざしてた俺に君が注いでくれた  やわらかな気持ち 溢れて (Yo 最初は戸惑いながらも君に少しずつ開いた心) 街のnoiseが 心地よく響いて(feel so good)  わがままでも勝手でもね 今 君に逢いたいよ 明日が待てないなんておかしいね 明け方の空眺めて 確かめている きっと 私 恋に落ちていく途中  いつも仲のいい お似合いの二人って やたらちゃかされるぜ友達に けど 結局はただの友達 てか それでよかったはずなのにいつの間にか 俺ら二人が何気なく過ごした時間の中で 今まで感じたことなかった何かに二人が  不思議なリズムに包まれ (いつもずっと探してた 何かがいつのまに目の前にいた) いつもと違う 初めての瞬間 (俺の本当の気持ちは)  I just wanna keep on lovin you いつも (いつまでも君のことを) 不器用なこの想い 独りの幸せはもう 悲しいから (伝えたいこの気持ちが) 温かく優しい気持ち そっと大切にしたい 最後の恋に落ちていく時間  君に会いたくて ただ近くに居させて お願い 側にいていつまでも 君のこと守り抜きてえ この最後の恋は離したくねえから Baby girl 今すぐ会いてえ  今はまだ 私だけのワガママだけれど あなたに伝えたい この想いを  I just wanna keep on lovin you いつも (いつまでも君のことを) 伝えきれない想い 言葉が胸の奥で震えている (伝えたいこの気持ちは) 抱きしめてKissして強く (何度でも何度でも) もっと感じていたい 最後の恋に落ちていく夜...  私 恋に落ちてく途中
Eternal Love菅原紗由理菅原紗由理中嶋ユキノ・菅原紗由理浜渦正志Sinあなたとの愛が このままずっと続きますように 夜空に願うの この手は まだ 離せない  何気ない日々 繰り返してた 何も怖くなかった 二人で明日を迎えられる事が 当たり前だったね  強い瞳に守られている この時間(とき)が止まればいいのに 沢山の光に照らされた横顔 見ていたい  あなたとの愛が 永遠であるように 夜空に願うの この手は まだ 離せない  どうしても甘えてしまう もっと大人になりたいのに 愚痴とか弱音を吐けるのは あなたしかいないから 初めてキスをした あの時の甘い味を覚えているよ 今思えば 幸せすぎたのかもね  頬を流れる涙に気づかれないように うつむいていたの 「アイシテル」 あなたの言葉が微かに震えてた  あなたとの愛を 失いたくないから 夜空に誓うの この手は もう 離さない  あなたとの愛が 永遠であるように 夜空に願うの この手は まだ 離せない  あなたとの愛を 失いたくないから 夜空に誓うの この手は もう 離さない
Christmas Again菅原紗由理菅原紗由理松本一起F.LisztSinMerry Christmas まつ毛の雪が水玉になる その日に逢えなくても 涙にしない 街中がサンタクロース いつだって美しくいて欲しいと あなた言う  Merry Christmas この寂しさが誰かを救う ひとつの幸せを 掴む人と泣く人がいて カラフルなサンタクロース 銀色の波が散る 今夜だけはサイレント・ナイト  Christmas Again 二人のために一人でいると思う きらめく雪の夜 そんな時にあなたが分かる そして手を繋ぎ始まってゆく Ah 去年一緒の キャンドルさえまぶしい Christmas Again もう一度わたしのため 街中が騒いで欲しい もう一度 Tonight
君がいるからGOLD LYLIC菅原紗由理GOLD LYLIC菅原紗由理中嶋ユキノ・菅原紗由理浜渦正志Sin「泣いたっていいんだよ」 君がふいにそう言ってくれたから 何だか嬉しくて 涙じゃなく 笑顔が零れた  不器用すぎる言葉で 君を傷つけてしまった それでも 離れたりしないで 今もこうして 支えになってくれてるんだ きっと…  叶えたい願い 叶えたい夢 届けたい想い 全て 信じ続ける事が奇跡を呼んで 未来に繋がって行くよ ずっと ねぇ ずっと 見守っていて欲しい Dear My Friends  「君なら大丈夫だよ」 別れ際にそう言ってくれたから 感じてた孤独が その一言で 綺麗になくなった  新しい扉を開く それは誰でも怖くて不安だらけだけど 背中を押してくれた 君を思い出せば 力が溢れてくるからね  素直な気持ち 譲れないもの 正直な言葉 全て 声にして伝える事ができたなら 未来は広がって行くよ いつも そう いつも 心に君がいるから Dear My Friends  立ち止まっても 忘れそうになっても 何度も何度でも 前を向いて行くと誓うよ 見上げた空 光が差し込んでいる 君にまた逢える日まで  素直な気持ち 譲れないもの 正直な言葉 全て 声にして伝える事ができたなら 未来は広がって行くよ  願い 叶えたい夢 届けたい想い 全て 信じ続ける事が奇跡を呼んで 未来に繋がって行くよ ずっと ずっと 見守っていて欲しい Dear My Friends
あの日の約束菅原紗由理菅原紗由理中嶋ユキノSinSin季節が変わっても 何年が経っても 一緒にいると約束したのに 今もまだおぼえているよ 君がいるそれだけでよかった  オレンジ色 染まる秋空が 綺麗すぎるから このココロに痛く染み渡る これ以上ないくらい切なくなるよ  まだ何日も経ってない なのに随分昔のよう 面影探し思い出の場所に今日も来てしまったよ  逢いたい けど 逢えない 君は隣にいない あの日には二度と戻れない いくつ涙を流しても 次々と溢れてきてしまう  君がくれた 思い出とピアスを この海の中に 思い切って捨てられないのは どんなコトでもいい 繋がっていたいから  二人の距離は いつから離れていってしまったの? 別れる少し前まで 好きだと言ってくれていたのに  逢いたい けど 逢えない 君は隣にいない あの日には二度と戻れない 期待しててもしょうがないと わかってるはずなのに 砂浜に座って 寄り添いながら見た 花火が胸に残っているよ 幸せを感じてたのは ただ一人 私だけだったの?  もう一度 もう一度だけ 君のぬくもりに 触れられたなら…  逢いたい けど 逢えない 君は隣にいない あの日には二度と戻れない いくつ涙を流しても 次々と溢れ出す 季節が変わっても 何年が経っても 一緒にいると約束したのに 叶わないまま「サヨナラ」をするなんて思っていなかった
ありがとう菅原紗由理菅原紗由理中嶋ユキノSinSinありがとう いつまでも忘れないよ 過ごした時は戻らないけれど それでもいい 心に焼き付いているからね 君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで  携帯で撮った写真を一人見返してたら 切なすぎるくらいに笑う 二人がいたんだ 涙ポロっと一粒 零れてきそうになる 消せないのは胸の中に まだ君がいるからかな  仲のいい友達から 新しい女友達ができたらしいって聞いた時は嫌だったよ けれど 君にはね 幸せでいて欲しいから  ありがとう いつまでも忘れないよ 過ごした時は戻らないけれど それでもいい 心に焼き付いているからね 君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで  仲のいい友達には 新しい彼氏ができた事にして欲しい って強がったんだ だって 君のコト まだ好きと思われたくない  ありがとう いつまでも忘れないよ お揃いの指輪は色褪せていくけど それでもいい 心は色褪せる事はない 君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで  『せめてもう一度 声が聞きたい』 何回も そう強く願ったよ 届くことはないと 伝わらないと わかってるから  ありがとう いつまでも忘れないよ 大好きな人に変わりはないけど 少しずつでいいから 前を向いて行きたい 君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで
CRIME OF LOVE藤木直人藤木直人藤木直人オオヤギヒロオSin胸の中に 隠していた 欲望のままに踊ろう 壊れるほど 抱きしめたら 離さないよ このまま CRIME OF LOVE  君の瞳に 魅入られるよに 絡む視線外せない ふとした瞬間 触れた指先 君を惑じてる  突然の嵐のような この出会いが 刹那でも 偽りでも 構わないから  胸の中に 隠していた 欲望のままに踊ろう 壊れるほど 抱きしめても 満たせない この想い CRIME OF LOVE  美しいものを 気高いものを この手で汚してみたい 押さえきれない 炎が今も 僕を狂わせる  じりじりと肌を焦がす この陽射しが ためらいさえ 戸惑いさえ 奪い去ってくから  時の中で 忘れていた 情熱の花を咲かそう 今両手で 抱き寄せたら 走り出す この想い CRIME OF LOVE  そう まだ誰も知らない 本当の自分を 君だけに見せるから  重ね合った唇から こぼれ落ちる吐息ひとつ... たとえ誰を傷つけても 譲れない この想い CRIME OF LOVE  胸の中に 隠していた 欲望のままに踊ろう 壊れるほど 抱きしめたら 離さないよ このまま CRIME OF LOVE
One WayNAONAONAO・MicroNAO・MicroSINありきたりな言葉じゃ 何度繰り返しても届かない 長い間 君を苦しめていたのは僕のせい?  ただ泣いて抱きしめ合って それだけが欲しいわけじゃない いつだって思ってるんだけれど 「ありがとう」「ごめんね」って 同時に言えたなら  どこへ行こうか 心休めに 元気になるため 僕のそばにいて 重ねた涙を車に注いで 二人で進むLove life is one way  ずっと待ってたようなそんな気がする 出逢った日の思い出 カレンダーめくる  お互いの違いを愛せたら ささやかな幸せも 毎日が記念日です  風の中を君と遠くまで行けば 涙乾き そして笑顔Be with you, Always  求めて すれ違って そう不安を隠した 目の前に広がった この景色が消し去った  どこへ行こうか 心休めに 元気になるため 僕のそばにいて 重ねた涙を車に注いで 二人で進むLove life is one way  どこへ行こうか 心休めに 元気になるため 僕のそばにいて 重ねた涙を車に注いで 二人で進むLove life is one way
いつかNAONAONAONAOSINだから今夜はその手 つないで眠ろう 安心は僕の腕の中に 怖い夢を見てたの? 腕を強く抱いて 二人を感じて  単純だと思ってた君の仕草 気付けずに今までごめんね 教えて その涙の理由を 二人だから繰り返し考えないでよ  だから今はこの手を つないで歩こう 雨の日も君の傘に二人 輝いた虹を見て 世界中晴れろと 祈る二人で  はぐれた子犬を抱き 愛してるわと いつまでも腕の中眠らせるの それを見て僕は 胸を熱くする この瞬間 永遠を誓ったよ 密かに  だから今と未来を 二人で進もう 悲しみは遠く果てないとこへ 晴れの日はいつもそう 何もない場所へと 笑顔の二人で  伝えたい あなたが必要な事 いつもそばでそれを感じてほしい  だから今はこの手を つないで歩こう 雨の日も君の傘に二人 輝いた虹を見て 世界中晴れろと 祈る  だから君の明日を 守り続けたい 僕が今できる事全てで 輝きだけを求め いつかあの場所へと 誓った 誓った 二人で
LoverFOTPFOTPJUSMESinSinWhen the sun goes down There are only two of us On the beach with of memories I will promise you my love  Every summer comes We will come back here again Just believe in you and me You know we'll never be apart  Summer time love Summer time love…  夏に恋し君よ 静かな浜辺に 想い出の足あと 二つ重ねる  手を繋ぎ見上げた 花火のきらめき 照らし出す横顔 胸が高鳴る 今でも…  (RAP) 両手ですくった白い砂 小さい手からこぼれ落ちた 俺はここだよ 君の心はどこ 今想えば小さい事  Don't you say good bye Even fall is on the way It's the time for new beginning Another happy season's coming  Summer time love Summer time love…  夕日が眩しくて 風が冷たくて 二人を近付ける 秋の訪れ  来年もここから 夏を始めよう 日に焼けた肌より 心焦がして 何度も…  (RAP) 今年も同じように夏は up & down up & down ビーチではしゃいだあの夜は happy time happy time 涙は波に流した時から holy night holy night up & down up & down 夕日が沈む その前に 繋いだ手のその体温 Bunning my heart more than 太陽 変った態度 胸が痛いよ 一夏の恋で終わらすの? 君の言葉をKissでさえぎる 抱き寄せた君の腕は 俺を包まずに 終わっちまった summer time love on deem…  夏に恋し君よ 静かな浜辺に 想い出の足あと 二つ重ねる 手を繋ぎ見上げた 花火のきらめき 照らし出す横顔 胸が高鳴る 今でも…
Smiley FriendFOTPFOTP森月キャスDAIHEISin落ち込む顔なんてらしくないよと君の言葉 へこんだ私のすぐそばに居てくれた君はいつも  仕事も恋も簡単だったら つまらないよって  君が笑えば心晴れわたる 太陽よりも眩しく光る 悩み事なんて今は忘れて 笑顔が弾ける瞬間をもっと  ブレーキ効かずに暴走しちゃって傷ついてる いつでも前向き全力で走るから大怪我する  近道よりも遠回りして 楽しもうよ  君が笑えば心軽くなる 太陽よりも温もりくれる 迷い道だって共に歩こう 仲間と寄り添う永遠をずっと  君が笑えば心晴れわたる 太陽よりも眩しく光る 悩み事なんて今は忘れて 笑顔が弾ける瞬間をもっと
CEREMONYFOTPFOTPJUSMESinSin優しい言葉に心揺れたり 涙あずける胸を求めたり It's easyその場しのぎは 後で後悔 自分にだけは負けたくないから  Don't call me baby 美しいのは 誰かを誘うためのjewelじゃない Coz I'm a fighter メイクもおしゃれも 一日戦い抜くためのceremony  眠れぬ夜は 会いたい会えない あなたにだけは 弱さは見せない いつも輝いていたい  幸せほど儚いものはないと 気付いた頃にはいつも遅くて Once again 失ったモノの代わりに ここにあるモノ守るしかない  出る杭は打たれるとよく言うけど 力ずくじゃなくて才能で勝負して 女も男も関係ないこの時代 自分が信じる道を貫いていく  自由を手にして 孤独も覚えた  凍える朝は 夢の中であなたを思う 強くなれるの その微笑があるから  眠れぬ夜は 会いたい会えない あなたにだけは 弱さは見せない いつも輝いていたい
夏色の恋奥村初音奥村初音奥村初音・Yurica奥村初音Sin地味で目立たない女の子 なぜか突然 まるでドラマのように彼と出会い ひとめぼれなんて  恋とは不思議で人生のすべてを変える  この夏の恋に こころ焦がされて 運命なんかを信じてみたら 上手な駆け引きも 不安な夜も 新しい君への 恋の道しるべ  泣き虫な君が ずいぶんと昔のことみたい 愚痴も嬉しそうに話すから つられて笑った  恋とは不思議で運命を変えてく魔法  この夏の恋に こころ奪われて だんだんキレイになってく君 失敗おそれないで ためらわないで 飾らない君なら きっと大丈夫  この夏の恋に こころ焦がされて だんだんキレイになってく君 誰よりまぶしくて 戸惑ったけれど 君らしくいるなら それで大丈夫
東京日和伴都美子伴都美子伴都美子財津和夫Sin元気でいますか? 何かと毎日 忙しい時間 過ごしていますか?  並べた写真の中で笑う君は 今も変わらずに勇気をくれるよ  はしゃいだ日々が 遠ざかるほど 愛しさ押し寄せて 涙こぼれるね  黄昏に染まるこの街の中 信じていたい温もりがある いつかまた出会う悲しみさえも 優しさに変ってゆくんだね  何気ない誰かの 声に傷ついて 自分の弱いとこ 思い知らされる  きっと誰もが探している 幸せはとても些細な出来事  始まりの朝も涙の夜も 君を想えば 強くなれるよ 明日への扉 開くカギなら この手の中にあるはずだね  時は巡りゆくそして僕らは 少しづつまた大人になって どんな悲しみも涙もいつか 優しさに変ってゆくから
HOMELisa HalimLisa HalimLisa HalimLisa HalimSinあたたかい光が 頬なでて夢から覚める パンが焦げた香り 世界で一番のミルクティー  どんな時でも愛を感じられる 何があっても信じてくれる HOME…帰ろう  愛する人に「ありがとう」って 今 心から伝えたいよ 明日も帰る場所があること 待っててくれる人がいること  白い息吐きながら テーブルの上イメージする 明るい窓が見えれば 自然と走り出していた  たとえ道を見失っても 隣で日を差してくれた HOME…「自分の信じた道をいけばいい」って  古里離れ一人になって ありがたさを感じてるよ 言葉じゃ照れくさくて素直になれず いつも手紙でごめんね  愛する人に「ありがとう」って 今 心から伝えたいよ 明日も帰る場所があること 待っててくれる人がいること  La La La La……「ありがとう」
切ないくらい、愛してた。PLATINA LYLICLisa Halim feat.JAY'EDPLATINA LYLICLisa Halim feat.JAY'EDLisa HalimLisa HalimSinあなたの声が聞きたくて 耳をすます 今でも聞こえる あなたの笑い声が  切ないくらい愛していた 想うほどこわかった いつか来るさよならを どこかで感じてたの  「愛してた」なんて言わないで もう一度ぎゅっと抱きしめて  あなたと出逢えて良かった 涙を拭いて 笑っていて今は 私はあとで泣くから  あの時私を見てたあなたは もうどこにもいないんだね あきられるほどキスをして笑う あなたに会いたい  夜空見上げて右の頬 背伸びしてももう届かない  切ないくらい愛していた 想うほどこわかった いつか来るさよならを どこかで感じてたの  あの日二人出逢わなかったら こんなにも苦しい思い しなかったかな でもあなたがいたから強くなれた  優しくキスをして いつものように 「はい仲直り」って言って
秋川雅史秋川雅史谷村新司谷村新司Sin目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開ければ 荒野に向かう道より 他に見えるものはなし 嗚呼 砕け散る宿命の星たちよ せめて密やかに この身を照せよ 我は行く 蒼白き頬のままで 我は行く さらば昴よ  呼吸をすれば胸の中 こがらしは吠き続ける されど我が胸は熱く 夢を追い続けるなり 嗚呼 さんざめく 名も無き星たちよ せめて鮮やかに その身を終われよ 我も行く 心の命ずるままに 我も行く さらば昴よ  嗚呼 いつの日か誰かがこの道を 嗚呼 いつの日か誰かがこの道を 我は行く 蒼白き頬のままで 我は行く さらば昴よ 我は行く さらば昴よ
川の流れのように秋川雅史秋川雅史秋元康見岳章Sin知らず知らず 歩いて来た 細く長い この道 振り返れば 遥か遠く 故郷が見える でこぼこ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた人生 ああ 川の流れのように ゆるやかに いくつも 時代は過ぎて ああ 川の流れのように とめどなく 空が黄昏に 染まるだけ  生きることは 旅すること 終わりのない この道 愛する人 そばに連れて 夢探しながら 雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかは また 晴れる日が来るから ああ 川の流れのように おだやかに この身を まかせていたい ああ 川の流れのように 移りゆく 季節 雪どけを待ちながら  ああ 川の流れのように おだやかに この身を まかせていたい ああ 川の流れのように いつまでも 青いせせらぎを 聞きながら
Flow with itLisa HalimLisa HalimLisa HalimLisa HalimSinもしも晴れたら みんなででかけようよ 何も決めないで足の向く方向へ 地球のどこか 石につまづいても 大丈夫!私は“ツイテル晴れオンナ”よ  歩き続ける時もあれば 立ち止まる時もあっていい 一生懸命もいいけど 自分らしさを忘れないで  明日吹く風変えてみよう 一歩踏み出して見つけに行こう 今私に出来る事がある こんな幸せなこと他にないじゃない  ほらね!晴れたでしょ 出だし好調♪ いつかの笑い話探しに行こうよ ねぇ覚えてる?あの日の約束 思い描いた 夢…  いらないと言って捨てたもの もう一度手にしてもいいじゃない 私こうしていられるのは 君が振り向いてくれたから  そんないそいでどこ行くの? 寄り道ちょっとして行こうよ 花や土・風・太陽・空も海も 大丈夫 みんな君を待ってるから  明日吹く風変えてみよう 一歩踏み出して見つけに行こう 今私に出来る事がある こんな幸せなこと他にないじゃない  明日吹く風変えてみよう 一歩踏み出して見つけに行こう 今私に出来る事がある こんな幸せなこと他にないじゃない
NEWSnavy&ivorynavy&ivory吾郷水木生吾郷水木生Sinどんな小さな君の仕草も どんなにささいな君の言葉も 僕は心のアンテナ伸ばし ささやかなNEWSも受け止めよう  「今日は一日楽しかったね。」と何度も口にしながら 夕方の匂いの駅通りを歩いた 改札で君に手を振る頃 急にさみしくなるけど 次に会う日の事を考えているから ホームに続く階段降りる 愛しい背中を見送るときは ずっと今まで言えないでいる‘愛してる’って叫びたくなる  さっきまで君がいたキッチンを片付けるもの気がひけて もうしばらく幸せの余韻の包まれながら 君と交わした会話をもう一度 胸の中巻き戻せば またすぐに会いたくなる そんな自分に照れてる どんな小さな君の仕草も どんなにささいな君の言葉も 僕は心のアンテナ伸ばし ささやかなNEWSも受け止めよう  どんな小さな君の仕草も どんなにささいな君の言葉も 僕は心のアンテナ伸ばし ささやかなNEWSも受けとめよう  時々でいい旅行に行こう 時には本気でケンカもしよう ふたりの間の幸せのNEWSと ふたりの未来を育ててゆこう
コーヒー・ルンバ伴都美子伴都美子中沢清二Jose Manzo PerroniSin昔アラブの偉いお坊さんが 恋を忘れた あわれな男に しびれるような 香りいっぱいの こはく色した 飲みものを教えてあげました やがて心うきうき とっても不思議このムード たちまち男は 若い娘に恋をした  コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム 南の国の情熱のアロマ それは素敵な飲みもの コーヒー モカマタリ みんな陽気に飲んで踊ろう 愛のコーヒー・ルンバ
home伴都美子伴都美子川村結花川村結花Sinあなたはわたしをやわらかくする だれにもできないやりかたで  妙に励まそうなんてしてくれるワケじゃなく どこか見当違いのコトバで笑わすから いま涙がでるほど ほっとしたんだ  ねえ 寂しいとき「寂しい」って言っていいのかな ねえ ダメな時ダメなカオ見せてもいいのかな 「おかえり」ってひとこと ドアを開けてあなたが笑った  なにもいらないって思えるほど なにも持たない二人じゃないから  今日もべつべつの町でなにかと忙しく 夜に近づくほどに足取りは重たく 人ごみのなか あなたを思い出してる  ねえ 寂しいとき「寂しい」って言っていいのかな ねえ かなしみを全部持ち帰っていいのかな ここでだけはいいのかな この場所がそうなのかな  声を立てず泣くことに慣れないように わたしがわたしで あなたがあなたでいられるように 「おかえり」ってひとことが 二人のお守りでありますように
終わりにしよう上戸彩上戸彩柚木美祐大貫成一Sin眩しかった 子供のようにはしゃいでた遠い夏 焼けた素肌 潮辛いキス どこまでも青かった海辺(うみ)  恋した時間はすごく早く過ぎて 沈んでく夕陽 愛しくて せつなくて 最後まで瞳に灼きつけるように ずっと並んで見つめてた  終わりにしよう 一緒にいるのに思い出しかない もう二人は 幸せだった 出逢った頃には 戻れないくらい 疲れ過ぎてしまったね  空っぽな夜 涙もかれて今はただ眠りたい なのになぜか鳴りだす電話 あなたなの? また期待した  何かが変わると思って抱きあって 何度も何度もやり直して でも駄目で 繰り返し傷つけ傷つけられて すべてをだんだん諦めた  終わりにしよう どんなにさよなら引き伸ばしてみても虚しいだけ 永遠なんてどこにもなかった 信じあえなかった二人が見た夢(まぼろし)  あなたじゃなければ きっと出逢えなかった日々 これからどれだけこの胸締めつけるの あなたの全部で 私の全部で 愛していた あぁ愛していた  終わりにしよう どんなにさよなら引き伸ばしてみても哀しいだけ 永遠なんてどこにもなかった ただそれは二人で見た夢(まぼろし) 二人で見た夢(まぼろし)
Bird下川みくに下川みくにMikuni ShimokawaMikuni ShimokawaSin一瞬夢をみた… あなたが笑っていた いくつもの夜越えて 今やっと辿り着いた  ねぇ あの空の果て 何があるの? あなたが向かう場所へ 導いて下さい  I sing for you いつか 風になれ 夢追いかけて あなたのため 生きる強さ この私に 授けて下さい  あなたからの手紙 夏の匂いがした 旅に疲れたときは 私の名前呼んで欲しい  なぜ すべての命 かぎりあるの? それでもあきらめずに 明日へ向かってく  I sing for you 今も 同じ空見ているから あなたのため生きる強さ この私に授けて下さい  例えば 路傍(みち)の上 誇らしげに咲く花 光が射す方に向かって 負けないように 手を伸ばしてく ずっと…  I sing for you 今も その胸に 夢はいますか? なくしたもの 手にしたもの もう泣かないで 抱きしめればいい  You make my dreams come true そしてまた 歩きだそう もう一度だけ 羽ばたくから この翼に 風をはらんで  あなたのために 生まれ変わるよ…
signSNoWSNoWSNoWSinSin君の寝息をずっと隣で聞いてる 長い夜になりそうだよ 不思議な気持ちになる 変な気持ちになる なんだか朝まで眠れそうにないよ  yeah, I'm alright 思い出す ひとりきり脅えてた夜 no, no I'm not もう今では信じる強さを覚えたんだ  疑ってしまうほど好きになっていく 止まることを知らない君 たくさんの願いをいつも抱えてる君 どんな夢見ているのだろう 今すぐ抱きしめたい 夢からさらってもいい? 止まることない時の中で 本当に大事なもの見失わずにいたい 同じ夢見ていられるように… いつも  君が寝返りうつ 少し狭くなる いつまでもそばにいたいって思う 失う辛さを知ることは恐れないけど 失わないって信じてたいんだ  yeah, I'm alright 目を閉じれば 二人で見たプラネタリウムの空 no, no I'm not つないだ手はいつでも勇気をくれるんだ  ほら光りだす 急に眩しくなる プラネタリウムの星座のように… 心つながってる そう信じていたい どんな空より奇麗だったよ 心に焼き付けたい 君の眠ってる顔 いつもどっかに向かってる君 本当に大事なもの 見失わずにいたい 同じ朝日を見られるように… ずっと  時が経つほど失っていく そばにいればいるほど変わっていく 夜が明けたら… 君が目を覚ましたら… この想いを全部打ち明けよう  疑ってしまうほど好きになっていく 止まることを知らない君 たくさんの願いをいつも抱えてる君 どんな夢見ているのだろう 今すぐ抱きしめたい 夢からさらってもいい? 止まることない時の中で 本当に大事なもの見失わずにいたい 同じ夢見ていられるように… いつも
いつか二人でhirohiroKozo NagayamaSinSinたぶんいつか春は過ぎて 僕たちは大人になるんだ 愛という木の下で 甘くて痛いキスを交わしたね キラキラ光る夜の向こう 漠然とした不安、孤独渦巻いて 暖かい温もりと 君の優しさも怖くなった  はしゃいでいたね 笑って泣いて  真夜中の 駐車場で 何かを待ち続けていたよ 君の手 離せば 僕の未来はどうなるのかな… このままずっといたいっていう気持ちと 何か変わりたいってうずく気持ち キミは幸せですか? それだけが聞き出せなかった…  勇気がなくちゃ 届かない夢 夜明けの街に映っているよ キミもいつかは 羽ばたけるはず かけがえのない今を生きていれば  はじけ飛んだ 空にいつも 形のない愛を探してた 透明な 自分を 映してくれる鏡の中に もし今きみがここにいたら もし今キミを抱きしめられたら 騒ぎ始めた胸は 確かな鼓動を刻んでいる  約束しよう いつか二人で  愛をなくして 彷徨う夜は 溢れ踊る フロアで泣いた きりがないよね でも今夜だけ あの日の夢忘れたくないから  壁にもたれて 光を探す ビートの向こう君が揺れてる たぶんいつか 春が来たなら 過ぎ去った日懐かしく思えるはず  勇気がなくちゃ 届かない夢 夜明けの街に映っているよ 誰もいつかは 羽ばたけるはず かけがえのない今を生きていれば
うらら。伴都美子伴都美子Tomiko VanDan Miyagawasin坂を下る 自転車に乗って 昨日までの 私にさよなら 流れる 街の景色 風に揺れる髪 微笑む 塞ぎ込んだら 何も掴めないまま 今 見つけた 未来(あす)へ想いは届く  分かり合えた 仲間たちにさえ 言い出せない 想いがあったの… わがまま…そんな風に 感じさせていた あの頃 きっと心は 迷い続けてたの 今 見つめる 光り導く場所を  言葉に出来ず 困らせてたね…今まで 「ありがとう」と素直に 言える 想いを音(かたち)にしたい 強い私になれそう だから 昨日に 迷い捨ててきたの 今 見つめる 光り導く場所を ずっと…
fermata上戸彩上戸彩SinSin二人はなかなか会えなくて 久しぶりに会って 離れたくない ゴメン 分かってる 強くならなくちゃ あなたにもらった リングが勇気をくれた  いつからだっけ? ドキドキを感じたのは? いつからだっけ? 好きになり始めたのは? 最初に逢った時は 何も感じなかったのに いつのまにか 大切な人に変わったの  季節も変わり 服装も変わり でも あなたを思う 心は変わらない 景色も変わり 気持ちだけは募る 薬指のリングに KISSをしてみる  逢えなくなって? ベッドで一人 泣いた夜 逢えなくなって? メールの数が増えた夜 言葉に出来ず ケンカの数が増えた 手をつないで 二人が街を歩くことを 思ったの  笑顔も変わり 優しさも変わり でも あなたを思う 心は変わらない 涙も変わり 強くなった私 逢えない日々が増えて 抱きしめてみる 抱きしめてみる…
この世界に生まれて上戸彩上戸彩中島有紀SinSin桜並木道行く人の群れ それぞれが新しい心になり 真っ白い雪の跡も消えてく サヨナラと告げ去り 溶けてく冬  新たな道を行く時は ためらう事ばかり 決めた答えに迷う事もあった けれど自分を信じたい…  この世界に生まれてきた意味を 探して人は生き続ける 色んな壁が立ちはだかって つまずく事もあるでしょう  全て受け入れる力あれば 明日を生きる力になる 諦めないと指切りをして 君と約束した日  初めから完璧な人なんて きっとどこ探してもいないからね この世に生まれてきて誰もが すぐ歩けないのと同じように  辛い時も嬉しい時も たくさんあるけれど 桜の香り 心包む季節 これから行くよ 未来まで…  この世界に生まれてきた事を 幸せと感じられるように いくつもの道乗り越えたとき きっと気付けるでしょう 自分信じる力があれば 明日を切り開いてゆける 君とまた笑って逢えるように 春の日差し受けて  この世界に生まれてきた意味を 探して人は生き続ける 色んな壁が立ちはだかって つまずく事もあるでしょう  全て受け入れる力あれば 明日を生きる力になる 諦めないと指切りをして 君と約束した日
星空ハイウエイ上戸彩上戸彩shoko渡辺未来SinShadan dan dan dan dan-dan dan License Shadan dan dan dan dan-dan dan to love Shadan dan dan dan dan-dan dan you know? Now I got my license to be with you  今 宇宙の果てで 星が生まれた 夜空彩るMessage 瞳閉じて感じてる  永遠というマボロシを 追いかけたあの幼い日々 誰か愛することの 意味も知らずに  あなたに見つける明日はきっと 時を超え交わす約束 出会いはいつだって突然だから ひらめきで 受け止めて 守りたい 愛するために 宿した願いを あの星に祈るよ 届けよと  ねえ 違う時代に生まれてたら ふたりどんな風に すれ違い出会うのだろう?  絶え間なく流れてく 世界中のラブソング集めて 歌い続けたなら 呼び合えるかな?  ふたりが見つけたこの季節 それはどこへ移ろうのだろう 偶然より美しい奇跡 だから 運命に身を任せて 分かち合う 愛するために 生まれた命を かけがえのない明日へ つないでく…  あなたに見つける明日はきっと 時を超え交わす約束 出会いはいつだって突然だから ひらめきで 受け止めて  響き合う二つの想い 誇れるように 星空へのハイウエイ 続いてく
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もしも願いが叶うなら feat.KOHEI JAPAN上戸彩上戸彩Gajin・KOHEI JAPANGajin・KOHEI JAPANSinJust clap ya hands 喜び合おう こんな二人の出会いを Just me & you 築き上げようよ 僕らだけの世界を Like this!  なぁ何故?ただこうしてるだけで 君の横顔を見てるだけで 今日もこうして癒される くたびれた心が満たされる たまに微笑んでくれる無口な僕に 突き刺さるよ 胸の奥の奥に そして君は決まって口ずさむのさ こんな歌を  たぶんこの時間は 永遠 たぶんこの瞬間は…  もしも願いが叶うのならば 時よ止まって欲しい 今日のキミは 果てしない海 もしも願いが叶うのならば ずっと煌めきながら あの空へと飛んで行きたい 風に乗り 二人は自由なのさ  Just clap ya hands 喜び合おう こんな二人の出会いを Just me & you 築き上げようよ 僕らだけの世界を Like this!  君とならば恐いもんなんてない 君とならば周りとか関係ない 君と手をつなげば分かり合える 手を離せば君を悲しませる だからしっかり握ってるよギュッと この先もずっと そうすればスーっと 空にはばたける気がすんだ 自由に… なぁ、どう思う?  そっと手を伸ばせば そこに 探してた答えがある  もしも世界が一つになれば 二人も一つになる 今日という日は 旅路の始まり もしも季節がめぐり過ぎても 変わることない想い 二人でなら 超えてゆける どんな日も 夢はこの手の中に  もしも願いが叶うのならば 時よ止まって欲しい 今日のキミは 果てしない海 もしも願いが叶うのならば ずっと煌めきながら あの空へと飛んで行きたい 風に乗り 二人は自由なのさ
悲しみに負けないで下川みくに下川みくに下川みくに下川みくにSin独りきり泣きそうになる 夜なんて いくつもある 終わりのない 旅の途中 誰だって 夢見ている  いつも何かを信じて そして何か失って 君を抱きしめた 流した涙の数は 優しさに変わってゆく きっと  悲しみに負けないで まっすぐに明日を見ていて 独りじゃない 誰もみんな かなえる願いがある  明日の風はきっと 優しい香りをつれてくる 約束だよ どんな時も きっと君のそばにいる  言葉では言えないほど 募ってく想いがある 木枯らしに抱かれる夜は 切なさも強さにして  出会いはいつも突然 響く鐘の音のようにやってくる 君が手にした全てが 明日へつながればいい だから  悲しみにサヨナラ 瞳閉じて そして笑って 忘れられない 思い出たち 少しずつ抱きしめて  たとえ遠く離れても いつも君だけに祈るから 君が歩く路の上に 花が咲きますように  星空を見上げながら 見果てぬ夢追いかけて いつか風になる もっと自由に…  悲しみに負けないで まっすぐに明日を見ていて 独りじゃない 誰もみんな かなえる願いがある  会いたいと思うから いつでも声が聴きたいから 過ぎ去ってゆく 季節に今 ありがとうと言えるよ…
May Be TomorrowEXILEEXILEKozo NagayamaHiroshi FurukawaSINきっと明日からは新しくなる May Be Tomorrow 乾いた風が吹いて 夜明けはもうすぐさ あふれる欲望だけ 眠らずに騒いでる かすかな光求め 東の空を見る いつまで立ちつくせば 不安は消え去るの  繰り返す誤ちと悲しみを 忘れないで 生きていけたら May Be Tomorrow  僕たちは何処へ行くの 幸せな明日をめざし 夢のカケラを拾い集めて 新しい時間を 戦い続ける May Be Tomorrow  希望と勇気だけで 過ごした時は去り 心をまどわす声 暗闇に響いてる  溶け出したいつわりの愛の日々 素直になればきっと誰かを傷つける  僕たちは何処へ行くの 満ち足りた明日を探し 今日は昨日より強くなろうと 嵐に立ち向かい 戦い続ける May Be Tomorrow  僕たちは何処へ行くの 見えない明日を数え 陽の差す世界を作るために 自分を信じて 戦い続ける May Be Tomorrow  明日は誰の上にも 新しい夢を降らし 傷ついた過去を洗い流して 許しあえるだろう 僕たちはきっと May Be Tomorrow
セラフィータの子守唄松本莉緒松本莉緒永山耕三SinSin藍に染まるとき 青は溶けてゆき 夜は静か星をつないで 遥か遠くへ 愛を運ぶよ 眠る君をのせて  おはよう おやすみなさい 繰り返す日々の中 無くさないで 握りしめた 手のひらの温もりだけは  星をわたる船の行方 あなたにしかわからない いつか辿り着く世界は 愛に溢れていて  そばにいてほしい いつもいてほしい 深く深く海のように ただひたすらに 歌うひたむきに あなたと愛の詩  心を縛られぬように 優しい夢を数えなさい  微笑みの理由はいつの日も 何も起こらないこと 涙の理由はいつの日も 何か求めること  愛に染まるとき 青は溶けてゆく 空と海と風の声 ただひたすらに 歌うひたむきに 明日を祈り続け  そばにいたいから いつもいたいから 高く高く空のように ただひたすらに 歌うひたむきに あなたと愛の詩  そばにいてほしい いつもいてほしい 深く深く海のように ただひたすらに 歌うひたむきに あなたと愛の詩
Shinin'days光永亮太光永亮太光永亮太SinSin並んだ2つのTシャツ 片方が小さく見えて やっぱり君を守らなきゃだめだと 自分に言い聞かせてるんだ  自信ならあるとは言えないけど 大丈夫!と胸を張って言える 不安要素は確かにあるけれど 心配ないよと不思議と言い切れる  誰かが選んでくれたシャツを 頑なに拒み続けてる 君は君 僕は僕らしくと 誇らしげに言える日が来ると 信じてるから  今までの君との思い出 指折り数えてみたんだ ひとつ浮かぶとひとつ辛いこと 答え合わせのように消えていくんだ  いつの日か聞いた君のうわさは 決してロクなもんでもないけれど どことなく頼りない僕でも そんなものに振り回されないさ  ここから始まるShinin'days 散らかった部屋 気にも止めずに 揺れるシャツをこれからもふたりで 眺めるんだ 強い風にも飛ばされぬように  ひとりで思い描いてた 遠い日々はいつか…  誰かが選んでくれたシャツを 頑なに拒み続けてる 君は君 僕は僕らしくと 誇らしげに言える日が来る  ここから始まるShinin'days 散らかった部屋 気にも止めずに 揺れるシャツをこれからもふたりで 眺めるんだ 強い風にも飛ばされぬように
Love Generationdreamdream永山耕三SinSinいつまでも変わらず ずっと二人 愛しあい生きてゆきます あの星に誓います やっぱ二人 愛しあい生きてゆきます  雨の日トキメキの出逢い 泥だらけ宝物見つけた 光より速く 恋に落ちていました  そしてハダカになって ドキドキしましょ どこでも ワクワクしていたいよ そして もっとキスしていたい 抱きしめていてね 君と二人 Love Generation  素直になれなくて I love you, forever ウソはつきたくなくて 新しい出逢いに こっそり無理してる私がいるから いつもいつだって True love never run smooth  もっと ホットホットしたい いやしてあげる 恋は初めての楽しい予感 そして もっとキスしていてね 抱きしめていてね 君といつも Love Generation  もっと ギュッとギュッとしてね いやしてほしい 二人初めての楽しい夜に そして もっとキスしていてね 抱きしめていてね 君と明日 Love Generation
PUREdreamdreamUKIMAH・TAKE-CSinあの空の向こう 幸せの国がある オトギ話を 信じた 僕たち 甘い言葉と 寂しさ つなぎあわせ 大人のふりをしてる 誰もがみんな 繰り返す過ちと悲しみを忘れて ぬくもりを求めてる 渇いた心うるおして 愛の雨降れ いつの日にか きっと 花は咲くから How can people be so cool 愛の雨降れ 僕たちはそんなに弱くないんだ  明日を探し 今日を見失って 不安の前で 一人 立ちつくしてた 傷つけることより 傷つくこと恐れ 自分だけ守ってる 僕たちは何処へ行くのだろう 許しあえたら いつの日にかきっと 花は咲くから How can people be so hard 愛の雨降れ あの日の笑顔を取り戻すために  (セリフ) I wanna be free I wanna be fresh I wanna be strong I wanna be pure…  How can people be so cool 愛の雨降れ 僕たちはそんなに弱くないんだ How can people be so hard 愛の雨降れ 僕たちはそんなに弱くないんだ  いつまでも自由で純粋でいたいよ いつまでもキレイで輝いていたいよ So I just wanna be pure  いつまでも自由で純粋でいたいよ いつまでもキレイで輝いていたいよ So I just wanna be pure
涙をふいて上戸彩上戸彩広沢タダシSinSin世界でひとりきりと もし感じるのなら どこかであなたのこと 待ってる人は もっと寂しい  もう少しだけ素直に ありがとうって言えたら 太陽の下 こころとココロつなぐ ひとつになる  涙をふいたら ほら 知らない明日が見える 誰かを愛することで きっと 初めて自由になれる  ひとりじゃできないこと ふたりで試してみよう 大事な人がそばにいること 必ず気がつけるはず  迷子になったなら 夜空を見上げよう 輝く星たちなら 昨日と同じ場所にあるから  泣いたり 笑ったり 雨のち虹が出たり どんな時も 分かり合える きっとそういうものだから  涙のあとには ほら 七色の花が咲いて ここまで歩いてきた全てを 愛しく思えるよ きっと  幸せのタネをまこう 思いきり笑ってみよう 涙はうれしい時にも出る それはね スバラシイこと  手と手をつないでゆこう 今年も夏が待っているから  涙をふいたら ほら 知らない明日が見える 誰かを愛することで きっと 初めて自由になれる  ひとりじゃできないこと ふたりで試してみよう 大事な人がそばにいること 必ず気がつけるはず それはね スバラシイこと
far away光永亮太光永亮太光永亮太SinSin大きな空の下で 奏でる無数の声を この胸に刻み込みたい 深く熱く たとえ身体壊れて 立ちあがれなくなっても きっと僕は悔やまないだろう  幼い瞳に焼きついたままの あの憧れは 今も色褪せず ひたすらに走ってきたけど 今もまだ手にしてないものがある 遠く見つめたその先に 何が待ってるか 確かめたいだけ  背負う君の情熱(おもい)が 僕を奮い立たせる 限りなどないはずだから 手を伸ばせる 何度もつまずいては 泥だらけの背中を 僕らしく追いかけるから  思いやりを繰り返しながら 踏み込んでいく 真っ直ぐに強く 今 響かせよう 心の合図を 残された時間の分だけ  大きな空の下で 奏でる無数の声を この胸に刻み込みたい 深く熱く たとえ身体壊れて 立ちあがれなくなっても きっと僕は悔やまないだろう  背負う君の情熱(おもい)が 僕を奮い立たせる 限りなどないはずだから 手を伸ばせる 何度もつまずいては 泥だらけの背中を 僕らしく追いかけるから  大きな空の下で 奏でる無数の声を この胸に刻み込みたい 深く熱く たとえ身体壊れて 立ちあがれなくなっても きっと僕は悔やまないだろう
月の雫我那覇美奈我那覇美奈我那覇美奈SinSin月の雫 頬を濡らす 心 満たされてゆく ふわり髪に とまる花びら あなたを思いだす  深く深く 珊瑚の森を 照らす光のように 側にいても 離れていても そっと 見守っている  祈り 願い 抱きしめながら 揺れる 月の道  星の影に 息をひそめ あの日 口づけした 砂に書いた 誓いの言葉 波が消せないよう  高く高く 夜空(そら)を見上げて 涙こらえていた 海の底も照らす力を 少し分けて下さい  遠く遠く 愛しいあなたのもとへ 届くように どこにいても どんな時でも ずっと 唄っているから  祈り 願い 抱きしめながら 月へと続く道  あなたへ続く道
贈る言葉上戸彩上戸彩武田鉄矢千葉和臣Sin暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあなたへ 贈る言葉  悲しみこらえて 微笑むよりも 涙かれるまで 泣くほうがいい 人は悲しみが 多いほど 人には優しく 出来るのだから  さよならだけでは さびしすぎるから 愛するあなたへ 贈る言葉  夕暮れの風に 途切れたけれど 終わりまで聞いて 贈る言葉  信じられぬと 嘆くよりも 人を信じて 傷つくほうがいい 求めないで 優しさなんか 臆病者の 言いわけだから  はじめて愛した あなたのために 飾りもつけずに 贈る言葉  これから始まる 暮らしの中で だれかがあなたを 愛するでしょう だけど 私ほど あなたの事を 深く愛した ヤツはいない  遠ざかる影が 人混みに消えた もうとどかない 贈る言葉 もうとどかない 贈る言葉
Silence光永亮太光永亮太矢野睦SinSin僕たちは目の前にある 数えきれぬ道に迷い 何度も立ち止まっては 冷たい雨にふたりうたれた  時代(とき)が変わる 季節が巡る いつも誰か涙流す 色あせない痛みは さめざめと僕に注ぎ込む  夜の街 風をきって 朝日の見える丘ヘ 一緒に行こう 光る運命のはじまりを確かめに  君の夢にうたをもらう 今日も僕は生きるために 少しくらいの言葉をなくしても ふたり ほら あたたかい  引き裂かれた空の下で 明日が何も見えなくても 怖がらないで 決してひとりじゃない きらめいた君を想うよ  笑いあった夜の終わりも 孤独からは逃げられない 弱さ さらけ出せる 飾ることない強さが欲しい  君の夢にうたをもらう 今日も僕は生きるために 少しくらいの言葉をなくしても ふたり ほら あたたかい  つらい涙、憎しみあい 同じ地球(ほし)で生まれている 愛を知ってる そう今 僕たちから 手を取って想いをつなごう  君の夢にうたをもらう 今日も僕は生きるために 少しくらいの言葉をなくしても ふたり ほら あたたかい  瞳を閉じて 思い出して あの悲しみをおぼえた日のことを 乗り越えてきたその横顔から 今 かわらない強さあふれる
君が好きだから...光永亮太光永亮太光永亮太SinSin会話もないまま 歩く帰り道の 余計な一言で 君のこと怒らせた  歩幅を合わせて わざとつまずいたんだ 何気なく君のことを 笑わせたくて  ひとりじゃきっと 何も出来ず佇むだろう 守るものがあるから 強くなれるのかなあ  上手く言えないから 抱きしめてもいいよね それまでの痛みさえ 塗りかえしてしまおう  沈むあの夕陽が 切なく見えないのは はにかんだ横顔が すぐに浮かぶから  朝が来るたびに 君からのメールを 確かめる癖きっと 君は知らない  会えるようで 会えないんだよね ふと気付けば 君をそばに感じれる 声があればいいのさ  愛しいその温もりに 今すぐ包まれたい あたたかな潤いで 満たされてゆくから  そっと開けた窓から 射し込む木洩れ陽に やわらかく照らされる まるで君のよう  (Cho.) I'll be there for you, when you feel alone. Don't you worry babe, there's no need to cry. When I close my eyes, I feel next to you. Anywhere anytime, I'll be there.  迷わないように 僕が道標になるから 暗い闇の中でも 進めるだろう  眩しいこの毎日は いつまで続くのだろう 少しだけ横切ってる 不安もあるけど  色を分けた空に 祈り続ける僕の 手を取って歩きだす 君が好きだから…  (Cho.) I don't wanna lose you 'cause you are the only one for me Wish that I can be with you. For the rest of my life forever.  I'll never make you cry No. never I'll promise you I won't let you down and I sware 'cause I love you.
FaithTasty JamTasty JamTasty JamSinSin聞かせてあげる one more time これが最後の story 求めてる VIBES 感じるJAM It's my life (my life)  大胆な Lady はべらし得意気 Naughty BOY 勘違い Baby 中身ない話 Please stop it  あなたの手に負えるとでも思ってるの? そうはさせない だまされる前にだましてあげる  抱きたいならば Tasty Girl 甘い言葉はいらない 誰の指図も uh wow 受けない 虜にさせるアクション 志し高く the real flavor of like Wow oh… Like goes on oh_2 precious time  快感をBaby あなたに教えてあげる 最高のHoney 本気で求めるなら  男なんてみんな単純 手口見え見え そんな程度 この私 オトすことはできない  とびきりのイイ Tasty Girl 磨きかけ 手を抜けない 誰の指図も uh wow いらない 勝手気ままなアクション 志し高く the real flavor of like Wow oh… Like goes on oh_2 precious time  流されてくだけなら 簡単だけど 決して逃げない Twenty-Four-Seven More on we gotta go up to heaven right now Twenty-Four-Seven More on we gotta go up to heaven right now  抱きたいならば Tasty Girl 甘い言葉はいらない 誰の指図も uh wow 受けない 虜にさせるアクション 志し高く the real flavor of like Wow oh… Like goes on oh_2 precious time
君に吹く風下川みくに下川みくに何茶李SinSin走りだす瞬間 坂道で風になる 焼きつけた陽射しが 胸の奥熱くした  Ah- 君に近づいて 行くたび早くなる 時を駈ける 始まりの予感させる眼差しが好き  小さな愛でいい いつも側で あたり前の時間 今日出来ることは こんな風に 何気ないことで 君が振り向くように短く切った髪がゆれて また一つ増える笑い声 空に響いていく  優しさに甘えて 少しだけ傷ついた 移りゆく季節に また二人結ばれる  Ah- こんな瞬間を シアワセと呼べたら 見つめあってこの街で 出会えた奇跡を感じてる  遠回りして帰ろう 君ともう少し歩きたい 何もない日こそ 側にいて 風になれたら 雲の切れ間に届きそうだね 同じ空を見上げ その瞳に映した明日も こうして過ごしたい  Ah- 今日も手のひらに のるようなヨロコビが あふれるから“ありがとう” 優しくなりたい 君のため  小さな愛でいい いつも側で あたり前の時間 今日出来ることは こんな風に 何気ないことで 君が振り向くように短く切った髪がゆれて また一つ増える笑い声 空に響いていく
それが、愛でしょう下川みくに下川みくに下川みくにSinSin例えばね 涙がこぼれる日には その背中を ひとりじめしたいけど  優しさは時々 残酷だから 求める程 こたえを見失う  雨上がりの街 虹が見えるなら 今 歩き出そう 何かが始まる  君がいるから 明日があるから 一人きりじゃ生きてゆけないから こんなに近くに感じる それが、愛でしょう 涙の数の痛みを 君は知ってるから 透き通るその目の中に 確かな意味を探して 笑顔見つけたい  何も言わないでも こんな気持ちが 君の胸に伝わればいいのに  少しずつ街は色を変えるけど ほら想い出がまたひとつ増えた  君の言葉のひとつひとつを 今は抱きしめられるからきっと 二人で重ね合っていく それが、愛でしょう 誰も知らない 明日が待っているとしても 大丈夫 もう泣かないで 君と手と手をつないで 歩いてくずっと  ふとした瞬間 つのる気持ちじゃなく 少しづつ 育てていくものだね 愛する気持ちは  君がいるから 明日があるから 一人きりじゃ生きてゆけないから こんなに近くに感じる それが、愛でしょう 涙の数の痛みを 君は知ってるから 透き通るその目の中に 確かな意味を探して 笑顔見つけたい
Joy光永亮太光永亮太光永亮太sinSin眠れない夜に鳴り響く 君からのコール 思わず握りしめた受話器  こらえていた涙も ただとめどなく流れてく 自分の弱さもさらけ出せそう  感じよう 変わらぬやさしさを たとえ形が見えなくても 近くできっと愛されてるから ただ信じようこのまま そっと射し込んだ光を  「甦える記憶はいつしか 微笑みに変わる」 思わず握りしめたその手  怯えていた孤独も ただいつの日か忘れてく 他人の弱さも受け止められる  見つけよう 輝く愛しさを たとえ形が見えなくても 心で君と触れ合いたいから ただ見つめ合おう真っ直ぐ きっと分かり合えるはずさ  抱きしめられるさ 変わらぬやさしさを たとえ形が見えなくても 近くできっと愛されてるから ただ信じようこのまま そっと射し込んだ光を
Always~piano mix~光永亮太光永亮太光永亮太sinSinふと懐かしいメロディ 行き交う人の群に 立ち尽くした 何をしてるのだろう?  幼い頃描いた 果てしない夢のカケラ 守ってますか? 胸を張っていますか?  君の書いた言葉が 突然 胸をよぎるよ 「未来は無限に広がる」 逢いたくて 泣き出しそう  どれだけ精一杯 手を伸ばしてても 届かないものもあると 教えられたけど  「願いは誰でも ひとつは叶うよ 無理に答えを出さないで 灯した火を消さないように」  誰でもいつかは 幸せになれるよね つないだ手を離さずに 笑顔忘れずに  「願えば誰でも いつかまた飛べるよ 無理に答え出さないで 灯した火を消さないように」
all the way下川みくに下川みくに何茶李SinSin空は果てしない 心の鏡だからね 毎日色を変えてく 映し出すように  白く はいた 煙 雲になって こぼれ そうな 涙 隠していて 信じる 物が 壊れてく時には 目を閉じて願う  一人きりで 眠れない 夜に落ちても 闇の中に 瞳とじて 星の輝きに耳を澄ましてる  長い旅路に 一人たたずむ時には 心に浮かぶ 日々を辿り歩きだす  この身 汚し 頷く強さと いつも 前を 見つめたい弱さを 誇り 高く 眼差しで誓う 負けたくないから  譲れないから 裸足でも 走り続ける 蒼い空の 月のように 儚さ抱いて手を伸ばしたい  遠く遠く 飛んでいく 渡り鳥みたいに 君の元に 届けたい 明日吹く風を  一人きりで 眠れない 夜に落ちても 闇の中に 瞳とじて 星の輝きに耳を澄ましてる
恋のユクエ星野真里星野真里坂元裕二SinSin三回目の出会いで たぶん間違ったキスをした きつい恋になるはずだって 私がいちばん知ってた  君に泣き顔を見せない 君に笑顔だけ残したい 恋に落ちてゆく坂道で ふいに振り返るのは何故?  情熱の風の中 どこか遠く 連れてって 少しずつずるくなる この恋が止まらない Is this love?  もう行かなきゃと言いながら 私のすべてを預けてる ガラクタなキスを集めて 心の岸辺に浮かべた  君の真っ直ぐな弱さを 折れてった夢を守りたい ひとりの部屋の冷えた風に いつもほっとするのは何故?  優しいね 悲しいね 結ばれて ちぎれてく そばにいてくれるなら 悲しみはあたたかい  情熱の風の中 どこか遠く 連れてって 少しずつ痛くなる この恋を信じたい  ポラロイドに滲んだ 君のうつむいた横顔 はじまりも終わりもない 恋がふっとあっただけ  どうしてと聞かないで せつないと言わないで 恋は行方知れずに いたずらにここにある
きらきら星野真里星野真里坂元裕二宮島律子Sinきらきら きらめいて 光りながら恋は 夢がさめるみたいに 消えた ショーウィンドウに映る 欲しかったバッグに きみの後ろ姿が 消えた  真冬の星座は 恋に嘘をつく あの日抱きあって 見てた星が流れた  はしゃいで来た道が 帰りはさみしいよ 空が小さく見えて 泣いた  星の数ほどの めぐり会いの中 二人はいたのに 見逃してた約束  同じ空の下 同じ星を見て はげまされるから いつかきみに会えるね  きらきら きらめいて 光りながら恋は きらきら きらめいて 流れ星のように
冬の色星野真里星野真里千家和也都倉俊一Sinあなたから許された口紅の色は からたちの花よりも薄い匂いです くちづけもかわさない滑らかな恋は 人からは不自然に見えるのでしょうか  いつでもあなたが悲しいときは 私もどこかで泣いてます 恋する気持ちに疑いなんて はいれる隙間はありません  あなたなら仲のいい友達にさえも 微笑んで紹介が出来る私です  あなたからいただいたお手紙の中に さりげない愛情が感じられました 倖せのほしくないぜいたくな恋は 世の中にめずらしいことなのでしょうか  突然あなたが死んだりしたら 私もすぐあとを追うでしょう 恋する気持ちにためらいなんて 感じる時間はありません  あなたなら他の子と遊んでるとこを 見つけても待つことが出来る私です
WHITE星野真里星野真里坂元裕二SinSinあたたかい缶コーヒー コートにしまって 夜明けの駅のホームで きみが待っている ダッフルのフードに 隠した横顔 ため息 白くこぼれて 少し怖かった  無口なきみから つないだ指先 泣いてみたかった 恋だって知ったから  ねえ どんなふうに 愛は愛になってゆくんだろう ねえ 雪が降る 胸に ずっとずっと つのるから  ひとつのマフラーを 分け合い 歩いた 天使が持ち去った 夢さがしてた 不器用なやさしさに 照れて笑っては 世界に もうふたりしか いなければいいのに  きみの手のひらの ぬくもりにとけてゆく 涙になるから ぎゅっと抱きしめていて  ねえ いたずらに 愛は愛を傷つけてゆくけれど ねえ 雪のような キスで 心に ふれていて  ねえ 街の灯が 遠くかすむ 強く抱きしめていて ねえ 明日へと進む 強さを下さい
MESSAGE上戸彩上戸彩岩里祐穂T2yaSinまだ見ぬ明日が僕らに見える つないだ指ほどけば終わる 今ならその手に たったひとり何も持たないまま  始まりの言葉はいくつもあるけど 最後はいつだってサヨナラさ たったひとつのその言葉を言わないために 会える日も会えない日も 心通わせ続けたね  まだ見ぬ明日が僕らに見える 真っ青に正直な空 此処からその手に何ひとつも何も持たず 私は何を探しているの 輝きは振り返れない 差し出すこの手に何ひとつも掴めないとしても  僕達はまだ泣くことはできない 立ち去るには若すぎるから  壊れものみたいに思っているけど 傷ついた心は弱くない あの日もらったひたむきさや 届けた一途な想いが きっと互いの心強くしてくれた  君とは何を見つけただろう 同じ夢を抱いた日々 ちがう未来へと向かうことなど知らないで 僕らは何を信じただろう 同じ愛に抱かれた日々 ちがう幸せをひとりひとりそっと祈りながら  僕らは何を探しているの 真っ青に正直な空 差し出すこの手に 何ひとつも掴めないとしても
小さな世界光永亮太光永亮太光永亮太SinSinI saw the news today Says“a boy killed his mother” Stabbing her to death With all the hate and anger  A father lost his life In the train going home A hard working man His son was only one  Someone, tell me why? How come the world has turned so cold? In darkness, I am lost Looking for answers to the lives we live Release me from this pain  昨日置き去りにされて 悲鳴をあげた誰かの 痛みも届かないほど 僕らは深く埋もれている  悲しさのこの世界で 輝くもの集めて 小さな温もりから 僕は光をたどる  ありふれてる毎日の中で 自分だけをただ守った  確かめ合うことさえもせずに抱き合い 合わせた胸 ほんのわずかに聞こえた君の叫び  「どうして目を逸らすの?」 知らぬ間についた嘘 いつから君にさえも 向き合うこと避けてたんだろう  愚かさを噛み締めて ただ救いを求めた 行く場所導いたのは 君が照らした光  明日さえも見えないこの道を 歩いてるのは君ひとりじゃない たとえ僕だけ幸せをつかんでも 空は仰げないから  抱きしめた腕の中 初めてのときめきを 遠くに置き忘れた 僕らは戻れないままで  あたためた想いさえも 伝えられずにいて 交わしたあの約束を いつかは果たせるはず  A girl of hope one love Dreamed of becoming a singer One day a aid in school Her future has been vanished  A man has taken her life He just wanted his name to be known Have you really forgotten love? Have you really forgotten love?
SAPP Time!BOB SAPPBOB SAPPBOB SAPP・T.Baba and T.MorisT.BabaSin昨夜からの続きで (The beginning) まだまだカラダがグツグツ燃えてる (Huh!) その続きの続きで (I'm movin' on) なんだかココロもグルグル揺れてる (Now that's fast)  今夜も MAI AGARU, MAI AGARU 空まで舞い上がる  (RAP)SAPP Time! (SAPP Time) SAPP Time! (SAPP Time)早く僕らの Champ  今夜も MORI AGARU, MORI AGARU みんなが盛り上がる  もう 待てない (MATENAI) 待てない (MATENAI) 待てるわけなんてない Oh! もう止まらない Hey! BOB SAPP Please!!  (RAP)I am Beast, 200 is how I stand, Everybody knows that I'm a big man Don't know defeat 'cuz I'm the best one yet, No opponents to fight is my only fret Seattle, is my hometown, but Japan's superstar is also found Don't worry, 'cuz you will see, I traded places with him, now Japan has me!  INOCHI!  その命のしるしが (haha) 今夜もピカピカてっぺんに見えてる (Mm!) Fantasy の続きを (It's not a dream) いまからみんなで見つけに行くのさ (I gotta have it!)  今夜も TSUKI NUKERU, TSUKI NUKERU みんなで突き抜ける  (RAP)Beast Time, (Beast Time) Beast Time (Beast Time) もう恐くなんかない 今夜も MORI AGARU, MORI AGARU みんなが盛り上がる 負けない (MAKENAI) 負けない (MAKENAI) 負けるわけなんかない  そろそろ始まる 始まる 始まる (m! ha!) 聞こえる 聞こえる 何かが聞こえる (listen!) 呼んでる 呼んでる (m hyah!) 誰もが呼んでる (bing bing) 震えるハートを 今夜も TO YOU! (m hya hyah!) Oh! もう止まらない Hey! BOB SAPP Please!!  (RAP)Gotta love BOB SAPP, Gotta love BOB SAPP, Keepin' energy high with my Beast Power Rap “DROP KICK” coming off the top-rope for the guy unaware that he has no hope, As a final gift to show who's boss, come the hooks that fly across Gotta love BOB SAPP, Gotta love BOB SAPP, Keepin' energy high with my Beast Power Rap,  Hey! SAPP Time! (SAPP Time) It's Beast Time (Beast Time) Hey! SAPP Time! (SAPP Time) It's Beast Time (Beast Time) Hey! SAPP Time! (SAPP Time) It's Beast Time (Beast Time) Hey! SAPP Time! (SAPP Time) You didn't think I can do it, did you? Oh yeah, it's a Rap baby!  Yeah!!!!!!!!!!!!! BOB SAPP Yeah!!!!!!!!!!!!! BOB SAPP Yeah!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! BOB SAPP  Oh! もう止まらない Hey! BOB SAPP Please!! Oh! もう止まらない It's BOB SAPP Time!!  (RAP) That's a Rap baby!
AlwaysPLATINA LYLIC光永亮太PLATINA LYLIC光永亮太光永亮太SinSin「願いは誰でも ひとつは叶うよ 無理に答えを出しては 灯した火を消さないように」  ふと懐かしいメロディ 行き交う人の群に 立ち尽くした 何をしてるのだろう?  幼い頃描いた 果てしない夢のカケラ 守ってますか? 胸を張っていますか?  君の書いた言葉が 突然 胸をよぎるよ 「未来は無限に広がる」 逢いたくて 泣き出しそう  どれだけ精一杯 手を伸ばしてても 届かないものもあると 教えられたけど  「願いは誰でも ひとつは叶うよ 無理に答えを出しては 灯した火を消さないように」  思いがけず出逢った オフィス街駆け足で 照れ笑いした 何を話せばいいの?  逢いたかったなんて 絶対言わないんだ ただ悔しくて それより嬉しくて  いつまでこのまま こんな風にふたり 遠く映えるオレンジを 見つめられるだろう  無邪気な瞳と 変わらぬ強さを やわらかな風の中で ずっと感じていられるように  街の灯りが 消えてゆく空に 恋人たちは今 シュプールを描く  誰でもいつかは 幸せになれるよね つないだ手を離さずに 笑顔忘れずに  「願えば誰でも いつかまた飛べるよ 無理に答え出さないで 灯した火を消さないように」
Eternal SnowWish*Wish*Wish*SinSinサヨナラの予感がして 君の手が急に無口になる 空が低く下りてきて 風の音も聞こえない  Ah この夜超えればきっと 約束の日になるよ 永遠をかけても君といたい  フリヤマナイデ 白い雪よ 儚いねがいごと つつみ込むように ツモリツヅケル いとしさが 朝の光あびて 許されるまで  ハテシナイ空をこえて 鐘の音が今胸にひびく 戻らないこの時間が 運命をきっと作り出す  ねぇ 何も言わないでいいから 抱きしめていて欲しいよ 永遠よりこの一瞬だけでいい  ただ降りつもる 白い雪よ 誰かの足跡に汚されぬよう 静かな夜の真ん中で 吐息が届かない 距離がモドカシイ  オチテ・トケル・ユキハ・イツカ・キット・ナミダ・コエテク マブタ・トジテ・キミヲ・オモウ・ユメノ・ツヅキ・アルイテ  幼い頃は知っていた 雪が降りはじめる空の匂いを いつでも胸をしめつける 言葉より確かな カンショックがある  フリヤマナイデ 白い雪よ 儚いねがいごと つつみ込むように ツモリツヅケル いとしさが 朝の光あびて 許されるまで
PrayGOLD LYLICWish*GOLD LYLICWish*Wish*SinSinどんな夢なら追いかけるの? 君がつぶやくみたいに言う 遠い先だった未来は今 すぐそばを走って行く  見えない声で叫んでた 傷ついた体 今 溶かしたい  この痛みはただ私を切り裂いて… リアルな現実を受け止める強さだけ… 夢の結末は記憶の彼方で… 明日を占う 祈りが届くまで… I pray every night and day  アイの涙が流れるほど 君を愛したり感じたり 夢を描くにはこの部屋じゃ 狭すぎて ため息つく  見えない声で叫んでた 悲しみがドアを叩いてるから  眠れない夜は 明日を切り裂いて… 時の旅人が駆け抜ける速さまで… 夢の結末は記憶の彼方で… 幾千の光 願いをかなえてる? I pray every night and day  この痛みはただ私を切り裂いて… リアルな現実を受け止める強さだけ… 夢の結末は記憶の彼方で… 明日を占う 祈りが届くまで… I pray every night and day
SanctuaryWish*Wish*Wish*SinSin生まれ変わる街並みは ボクらを待ってくれない 点滅してる信号が はやる気持ちがきたてる  キミと出会ってから 少しずつ分かってきた イチバン大切なものは 瞳の中のReality  星空へ続く ハイウェイを飛ばして行こうよ ねぇ キミの代わりは この世界にキミだけだよ もっとスピード上げて 夜が生まれる彼方まで 今なら間に合うはず 走り出せ 光より早く  誰かの顔色うかがって ふさぎこんでた心は 夢ばかり見てた頃に 置き忘れてきたみたい  木枯らしに吹かれても 醒めない微熱みたいに 今見えてきた真実… 輝きはじめている  流星のように キセキのこして飛び立とう ねぇ キミと一緒なら どこまでも走れるから 本当は誰ももっと 自由になれるはずだよ 夜空の向こうに 解き放て 溢れ出す想い  星空へ続く ハイウェイを飛ばして行こうよ ねぇ キミの代わりは この世界にキミだけだよ もっとスピード上げて 夜が生まれる彼方まで 今なら間に合うはず 走り出せ 約束の場所へ… 
affection唐沢美帆唐沢美帆m.karasawaSinSin雨が窓をたたく 想い出だらけの部屋 甘く静かに過ぎる夜 どれくらい時が流れたのかな? 君と初めて手を繋いだ日から  忘れないでね こんな広い世界で探しあえた事を  降る雨が頬を伝う時さえも 何度でもスキと言わせて 切なさが言葉にできないそんな夜は 眠るまで抱きしめていて  背中にまわした手のぬくもり 自然に抱きしめて そう言えた夜  夢から覚めた時の現実さえ 愛しく思えたの  幸せに限りはないと信じて 昨日より優しくいたい 唇が乾く前にまたキスをして 不安なら抱きしめ合おう  本当の心は弱くて くだらないことで涙流す日もある 絡み合う指の運命で涙をふいて  ねぇ 約束はしないでいて 必要と思いあえたら 言葉より確かなモノを見つけたから その胸に未来をつめて…
ISMWish*Wish*前田たかひろSlnSin…眠れない僕(きみ)がいる …眠らない夢(よる)がある  サイテーな夢を見たよ あきらめたくせに笑ってた そうやって夢はいつも 迷うボクたちを試す  もうヤメちゃおうっかとか しょーもーナイ時代だとか イイワケを考えても 後悔してしまうから  永遠の夢は夢じゃない 誰にでも叶える才能がある 運命なんて決まっちゃいない ためらうのも嘆くのも 意味がないPARADISE  クレイジーだって言われたら アリガトウって答えたい 冒険心はけなされて育つのを知らないだろ?  リスクのない道はおなじ場所まわるだけ 本当はスゴク恐いけど 後悔とかしない主義  楽しまないで生きられない 立ち止まる時も泣かないように 楽園はきっとここじゃない こんなんじゃない こんな退屈な場所じゃない  眠れないまま僕(きみ)がいる 逃げ出すかい?もう僕(きみ)はもどれない 眠らない夢(よる)がある 生きいそぐコトしか今はまだ…知らない
永遠の海星野真里星野真里坂元裕二小室哲哉Sinどれだけ泳げば君に会える 君を抱ける ひとしずくの海 雫(こぼ)さぬよう 放さぬよう 向こう岸の灯は 近づけば 遠ざかる いつか永遠の前日に君と見てた 夢のかけら 届けたくて 泳いでる  DAYDREAM 三つ数え 瞳を閉じて ほらそこに見えるでしょう この世界で 時は流れて 星へと手が届く  いつもいつの時も ここにいる 夢見ている 白いキイノート 信じている 泳いでる  どれだけ泳げば 見つかるの 聞こえるの あの夢のかけら 届けたい 聴かせたい 水のように 炎のように くちづけよう  DAYDREAM いつかひとり 泳ぎ疲れて この海に沈む時は どうかふたり 刻んだ調べを 永遠と名づけて  遠く遠く 世界の果てで 二人はもう一度出会い 君が見てる 夢の途中で 静かに目を覚ます  DAYDREAM いつかひとり 泳ぎ疲れて この海に沈む時は どうか二人 刻んだ調べを 永遠と名づけて…
冷たい雨唐沢美帆唐沢美帆Miho KarasawaHiroshi FurukawaSin悲しい雨が 明日を濡らしても 優しい風に 体をゆだねて 乾いた心 遠くに流れてく 涙の夜は 通り過ぎていく  愛しあうなんて きれい事なんだと いつも思ってた 信じあうことが 全ての過ちだと そう決めていた 初めて出会った時 どこかで感じてた 見つめあう予感 白く差し込む朝に 昨日までの 悲しみを全部溶かす 裸の心 二人で見せあった 夜明けを越えて 扉を開いた 冷たい雨に 震えたあの頃は 古い記憶の中に 消えていく  見つめあうだけで 分かりあえるなんて 思ってないけど 心のどこかで 不安が 胸を騒がす時でさえも 誓いの言葉を 強さに変えられることが 出来るなら 満たされた時間と 隣りあわせの寂しさを 抱きしめる 冷たい雨が 心を濡らしても 優しい風に 体をゆだねて 凍える心 遠くに流れてく 涙の夜は 通り過ぎていく  静かな夜に 迷い込んだ時は 震える心 あたためて欲しい 一人の空に 天使がおりてきて まぶしい声で 君の名を呼ぶよ 冷たい雨が 明日を濡らしても 優しい風に 体をゆだねて 凍える心 遠くに流れてく 涙の朝は 通り過ぎていく
Way to LoveGOLD LYLIC唐沢美帆GOLD LYLIC唐沢美帆Miho KarasawaSinSin最後に交わした意味のないjokeを 思い出し笑う 独りの帰り道 やわらかな気持ち 溢れて 街のnoiseが 心地よく響いて  わがままでも 勝手でもね 今 君に逢いたいよ  明日が待てないなんて おかしいね 明け方の空眺めて確かめている きっと 私 恋に落ちてく途中  何気なく笑い 何気なく黙って 二人の時間が 何気なく過ぎてく  不思議なリズムに包まれ  いつもと違う 初めての瞬間   I just wanna keep on loving you  いつも 不器用なこの想い 独りの幸せはもう 悲しいから  暖かく優しい気持ち そっと大切にしたい  最後の恋に落ちてく時間(とき)  I just wanna keep on loving you  いつも 伝えきれない想い  言葉が胸の奥で 震えている  抱き締めてKissして強く  もっと感じていたい  最後の恋に落ちてく夜…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. now and future
  3. Why Don't you Leave Me Alone
  4. ライラック
  5. dawn

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3
  4. Click
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×