岸正之作曲の歌詞一覧リスト  76曲中 1-76曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
76曲中 1-76曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もうひとりの悪魔石田ひかり石田ひかり松井五郎岸正之零時の針が闇に光る 3度目の接吻(くちづけ)に息を止めた そっと身をそらし 髪をあげて ガラス窓 映る顔 目をあわせてる  誰? あなたが抱いていたわたしは まるで別の誰か 見ているよう  Breaking down my heart こんなにも あなたを思う気持ち 少女にも 女にも なれないままで もうひとりの悪魔が わたしのなかにいるわ 愛しあう さみしさに 誘いこまれてゆくのよ  赤いグラスを飲みほしたら 咳こんだ その後で 泣けてきたわ ふっと気がつけば 袖のボタン たよりなく はずれてる せつない場面  誰? 心を決めていたひとは 好きで好きでしかたないはずなの  Breaking down my heart こんなにも あなたがやさしすぎて 二役を演じてる わたしがいるの ふるえがとまらないわ 声が凍えてゆくわ 愛されて 愛したい ただそれしかないのに  Breaking down my heart こんなにも あなたを思う気持ち 少女にも 女にも なれないままで もうひとりの悪魔が わたしのなかにいるわ 愛しあう さみしさに 誘いこまれてゆくのよ  もう一度 抱きしめて すべてを忘れさせて この夜を信じたい あなたにつつまれながら
Hello, Nice Day石田ひかり石田ひかり松本一起岸正之Hello, Nice Day Hello, Nice Face 何かいいこと起きそうなMorning 照り返す光りの中に私がいる  ときめくたびに胸にブレーキかけて悩んだけど 今日こそ彼のハート射止めそうな気がするわ  地下鉄から駆け上がって シグナル待つ間くじけそうになった  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 陽ざしの中で抱きしめるMorning いつもより素敵な顔を見て欲しい チャンスは自分で作るわ きっと新しい瞳  勇気を出さないまま片思いに終わる涙 少しは経験して分かってきた気がしてる  好きな人に好きと言って 駄目になったときは傷つかないはずよ  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 洗いざらしの微笑みでMorning シナリオは考えないで伝えたい 素直な気持ちを言うだけ 彼の視線だけ見つめ  Hello, Nice Day Hello, Nice Face 陽ざしの中で抱きしめるMorning いつもより素敵な顔を見て欲しい チャンスは自分で作るわ きっと新しい瞳
帰りたくない石田ひかり石田ひかり松本一起岸正之蒼ざめた空には気の早い星屑 貴方といる時間だけがスピードを上げて過ぎてゆく  未だ帰りたくない 連れてって何処でも 星の見える丘の上で夜明けまで一緒にいたい  バスに乗り遅れたくてShow-windowのぞけば 真面目すぎるわ貴方 背中をつっついた  どうかお願いもう少し 次の駅までついてきて 夜と朝までのサヨナラを遠ざけて もっと貴方は乱暴にグッと私を引き止めて どんなルールでも破れるわ touch your heart 帰れない  前髪でかくした哀しみの瞳に セピア色の風が吹いて街中をにじませてゆく  そうよ ふるえているのは寒さじゃないのに 首のマフラーはずし私に巻きつけた  どうかお願い永遠に いつも私を見ていてね たった一人だけ私だけ思ってて そうよいつでも逢えるのに夜がいつでも邪魔をして 二人引き裂いて夢を見る touch your heart 帰さない  バスに乗り遅れたくてShow-windowのぞけば 真面目すぎるわ貴方 背中をつっついた  どうかお願いもう少し 次の駅までついてきて 夜と朝までのサヨナラを遠ざけて もっと貴方は乱暴にグッと私を引き止めて どんなルールでも破れるわ touch your heart 帰れない
BEYOND THE WORDS早見優早見優吉元由美岸正之寝顔の前髪にくちづけしたら あなたが微笑んでいる 気がしたの  銀色の月 冬の空に傾く まるで時を渡る 恋のように  あなたの夢の隣で 輝いていたい どんなに淋しい時も 忘れないでね 誰かが愛していること あふれる想いを 今は 言葉になど できない  夕べの北風が 眠る街角 夜明けが紫のベール降ろす  愛が遠くへ 消えてしまわないよう あなたの肩 ぎゅっと抱いていたの  私の胸で騒ぐよ 切ない涙は 幸せと同じくらい 忘れられない あなたに愛されてること 想い出になんて とても 優しすぎて できない………  あなたの夢の隣で 輝いていたい どんなに淋しい時も 忘れないでね 誰かが愛していること あふれる想いを 今は 言葉になど できない  私の胸で騒ぐよ 切ない涙は 幸せと同じくらい 忘れられない あなたに愛されてること 想い出になんて とても 優しすぎて できない………
乱気流水谷麻里水谷麻里尾関昌也岸正之乱気流!! 吹き荒れる胸 糸がちぎれた 風船みたい 止めて!! つれないあなた 優しくされたことが 原因(はじまり)ね fall in love…  虹のアーチをくぐりぬけ 雲の帆船が渡航(わた)るよ いらなくなった雨傘を くるくると巻いて畳んだ――  春は春雨… 青い五月雨 秋は長雨… 雨は私の雨…  揺れる!! バルーンスカート あなたのもとへ 飛んでゆきたい 秋風(かぜ)の!! 羽衣なびく夢の斜面を 滑りこむように Jump in you…  日付け入りのフォトグラフに 想い出の糸巻(スプール)ほどくの 「アンファンテリブル」読み耽り 早熱(おとな)を織りつくしたいの――  逢えば苦しい… 逢えなきゃつらい 逢うとせつない… だけどいつも逢いたい…  乱気流!! 胸の高鳴り 足踵(かかと)でキュンと うずいているワ 早く!! 言い訳できない2人になって 私ブナンな娘に Say, good bye…
キミを卒業加藤英美里加藤英美里大森祥子岸正之キミを卒業 ここで卒業 鏡映る自分に問いかける Baby, All Right? 大好きだった でもね云わない さよならだけが知ってる幸せ 今、探しにゆくよ  キミのためだった 週末どうするよ 手帳のハートマーク 全部消さなきゃ (I will not look back) 買い物でも行って エステも予約して 何なら料理教室も行っちゃう  忘れるまでが恋なら くすぶってらんない 恋はキレイになるためのものでしょ?  自分愛したい キミの代わりに 魅力だけが最強の武器なら Brush Me Up ほんとは泣いた いっぱい泣いた さよならだけが導く笑顔の種に 水蒔くように  キミが気に入ってた 前髪を切った もっと遠く見渡すため (I will look out over) 洗いたてのシーツ 太陽の匂い 孤独はなんて清潔なリスタート  つないだ手がつかんだのは 永遠より執着? だとしたら手放すのが正解  どこかで会っても もう知らない人 そんな覚悟で着拒ボタン押すよ Maybe All Right 大事なキモチ いとしいキモチ 出逢いがまた運ぶこと信じて  キミを卒業 ここで卒業 鏡映る自分に問いかける Baby, All Right? 大好きだった でもね云わない さよならだけが知ってる幸せ 今、探しにゆくよ
おやすみ加藤英美里加藤英美里大森祥子岸正之あの角 右に曲がればそこに君がいたんだ ごめん いつだって遅れてばかりだったね、私  待たせる時間だけ 想われてる気がした 目を閉じて浮かぶのは あの頃の待ち合わせ  黙り込む携帯にはもう慣れたのに なぜ眠れない 打ち合った「おやすみ」の四文字 あの恋に届いて…  普通にしてるよ 薄情なくらい見た目には でも左胸の奥あたりが 時々痛い  一目で恋に堕ちても 一瞬じゃなくせない 思い出 毛布のように私をつつむから  黙れずに傷つけた言葉も 本気だから出てしまった言葉 「さよなら」より「おやすみ」にしておいて 会えないなら尚更  黙り込む携帯にはもう慣れたのに なぜ眠れない 打ち合った「おやすみ」の四文字 あの恋に届いて…
遠いほゝえみ大橋純子大橋純子松井五郎岸正之ブルーの朝 止めた時計 風が空をはこぶ 古い写真 少女の夏 遠いときめきに 逢いたくて きらめく 瞳だけが あの頃のまま 忘れてく涙には ほんとの気持ちが きっと隠れてた  いつまでも 聞こえてる あたたかい 声があるわ いつまでも 変わらない 心から ほゝえみ消さないで  白い鏡 素顔のまま ふと誰かに似てる 子供の声 響く窓辺 そっと問いかけた やさしさを なくした ことばにさえ 思い出がある めぐり逢うひとたちの 香りとぬくもり ひとりじゃなかった  いつまでも たいせつな ただひとつ 愛があるわ いつまでも あきらめず 心から やさしく抱きしめて  いつまでも 聞こえてる あたたかい 声があるわ いつまでも 変わらない 心から ほゝえみ消さないで
Blanket加藤英美里加藤英美里大森祥子岸正之今日も私の一日は 君のメールで終わるの おやすみっていつもの四文字 そして手を振る絵文字  ねぇ 明日の予報 雨降りを伝えても なぜ憂鬱になれない 全部、君のせいね  眠る時さえ 君を夢見て 休まずに力 生まれて 離れていても こんなにあったかい 君は私包むブランケット  言葉だけじゃ足りなそうで 増えてく下書きボックス 私の言葉はどれだけ まっすぐ伝わるんだろう  ねぇ 君の未来 もしawayの連続でも すぐそばにいる私 忘れないでいて  どんな時にも 君と夢見て 変わらずにエール 贈りたい 傷も涙も 投げ出していいよ 私 君守りたいブランケット  眠る時さえ 君を夢見て 休まずに力 生まれて 離れていても こんなにあったかい 君は私包むブランケット  たったひとつだけのブランケット
話しかけたかった二階堂和美二階堂和美戸沢暢美岸正之風が踊る5月の街で 輝いてる彼を見かけたわ 視線だけで追うアーケイド ほんとはついてゆきたいの  ずっとあこがれてたから いつか振り向かせたいひと  駆け寄って 話しかけたかった 気をひきたかった 無邪気なふりして キレイと思われたかった だけど追えなかった はねた髪  あなただけに逢う偶然を 待ちつづけて時間が過ぎてゆく 朝の電車 夕焼けの道 いつでもオシャレしていたの  友達と待ち合わせた カフェテラスですれ違うの  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった みんなが呼ぶ声 私を気にも止めなかった 背中追えなかった 熱い頬  雨やどり本屋の前 通りすぎた彼とポニーテール  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった 今日までいちども 遠くで思うだけだった 心で時間を止めてたの
シンジアウコト近藤隆近藤隆山田ひろし岸正之見慣れていた その微笑みが ふいに愛しくて なぜだろう? 見つめている僕に気づいて 不思議そうな君  “変わらないよ”と誓った 君は本当に 変わらないままで いてくれてる 優しい瞳  信じあうこと 静かに 君は 教えてくれる 抱きしめるより 確かに 強く伝わるよ 見つめあうだけで  分かり合えない 胸の痛みに 傷ついた それでも、 ふたりでいる そのことだけは 守り続けたね  眠る横顔 起こさぬ ように触れてみた あふれ出してゆく 想いに今 呼吸を止めた  守られてる そうだね それは、僕の方だろう この愛しさが いつでも 僕を 強くする ひとりじゃないんだ  信じあうこと 静かに 君は 教えてくれる 抱きしめるより 確かに 強く伝わるよ 見つめあうだけで  信じあうこと なにより ふたり 守りたいから この愛しさを いつでも ふたり 暖めよう ひとりじゃないから
'Cause it's you近藤隆近藤隆山田ひろし岸正之君のせいなんかじゃない 少し疲れてんだよ 忙しいなんて もう 言い訳に使わないさ ごめんよ  大したコトじゃないんだ コーヒー豆 切れてたとか 燃えないゴミは金曜 忘れたまま 寝てたとか  時差のあるふたり 仕事のタイプ 違うからさ 昨夜 怒らせて そのままだったね  君のせいなんかじゃない 少し疲れてたんだよ 忙しいなんて もう 言い訳に使わないさ ごめんよ  朝ごはん抜きの刑で とばっちりを受けたネコが 僕を責めるみたいに 皿の前で 見上げてる  今日の夕食は 君の好きなモノを並べ 謝罪会見 開く準備をしよう  君でなくちゃ意味はないよ ケンカするのもそうだよ 僕の作ってるパズルには 君が最初と最後に 必要  花を飾るなんて 少し嘘っぽいけれど それくらいの事は この際やってみせよう  君でなくちゃ意味ないよ ケンカするのもそうだよ 僕の作ってるパズルには 君が最初と最後に 必要
心の温度計立花理佐立花理佐風見律子岸正之中村哲恋をしてる ときめいている スカートのすそを つまんで歩くの 風も鳥も ささやいている ふくらむ 気持を隠せはしないの  トランポリン気分で 屋上にかけ昇る はしゃいでいるとこ 見られたわ  いつでも 君は元気と 笑うあなたの 白い歯がスキ  うつむく私の髪の横を過ぎてく 甘い香りを抱きしめて  愛は素敵 虹が見える 心のすき間もあなたで 一杯 夢はすぐに 届かなくて じれったいけれど それさえ楽しい  窓辺にかざってある 写真に想い込めて ひとつKissをして 目を閉じる  このまま ずっと時間が止まれば いいと思う日がある  小さな温度計なの 私の胸は いいの あなたがスキだから  いつでも 君は元気と 笑うあなたの 白い歯がスキ  うつむく私の髪の横を過ぎてく 甘い香りを抱きしめて
君の夢に飛びたい中村由真中村由真吉元由美岸正之膝をかかえるグランドに 夕焼けが輝きを連れてゆく ほこりだらけのセーターの 君だけが影になる  同じ淋しさ感じたいよ 少しでも 自由になるのなら  君の夢に飛びたい 涙がこぼれるより 早く早く走り出せばいいさ 君の夢に飛びたい 明日は見えなくても 忘れないで 信じていたことを  なぐさめる どんな言葉も 北風に舞う紙吹雪になる 夢を見ずにはいられない 青春を教えたね  人は淋しさ抱いてるから 優しさを探し 傷ついてしまうの  君の夢に飛びたい 負けたらその場所から そうよそうよ 立ち上がればいいさ 君の夢に飛びたい はるかな 大空へと 勇気出して ふたり翼広げ  君の夢に飛びたい 涙がこぼれるより 早く早く走り出せばいいさ 君の夢に飛びたい 明日は見えなくても 忘れないで 信じていたことを
One Summer Lonely中村由真中村由真吉元由美岸正之あなたが夢なら fruity kiss 眠り続けて 瞳閉じて ふれた吐息 波にゆられて ゆらめく  夏になる前に会えたらよかった 運命のねぇ いたずら のっぽのあなたは 恋人の best friend 魅かれ合うハート鎮静(しず)めて  黄昏胸に迫るあなた見てると 木陰から投げキッス いけない人ね  あぶない恋なら crazy love デザート気分 誰も傷つけないで  ふたりが夢なら fruity kiss 罪にならない 一度だけのキスをしよう 甘いさざ波 心は  最後の花火が夜空を染めるよ 彼に肩先 抱かれて 素肌で恋した想い出の破片(かけら) 街へ持っては 行かない  星屑胸に痛い あなた想うと サヨナラつぶやいたら 泣きたくなった  ひと夏限りの crazy love 帰るところは 恋人の腕の中  あなたが夢なら fruity kiss 眠り続けて 瞳閉じて ふれた吐息 波にゆられて ゆらめく  あぶない恋なら crazy love デザート気分 誰も傷つけないで  あなたが夢なら fruity kiss 罪にならない 一度だけのキスをしよう 甘いさざ波 心は
話しかけたかった橙条瑠妃(千葉紗子)橙条瑠妃(千葉紗子)戸澤暢美岸正之藤間仁風が踊る5月の街で 輝いてる彼を見かけたわ 視線だけで追うアーケイド ほんとはついてゆきたいの  ずっとあこがれてたから いつか振り向かせたいひと  駆け寄って 話しかけたかった 気をひきたかった 無邪気なふりして キレイと 思われたかった だけど追えなかった はねた髪  あなただけに逢う偶然を 待ちつづけて時間が過ぎてゆく 朝の電車 夕焼けの道 いつでもオシャレしていたの  友達と待ち合わせた カフェテラスですれ違うの  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった みんなが呼ぶ声 私を 気にも止めなかった 背中追えなかった 熱い頬  雨やどり本屋の前 通りすぎた彼とポニーテール  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった 今日までいちども 遠くで 思うだけだった 心で時間を止めてたの
The Love is Too Late稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之The love is too late for me 風の噂が 2人のことを 伝えようとしても The love is too late for me 僕は両手で 耳を塞いで 君を愛した  恋人がいることだけは 知っていたけれど その彼があいつだなんて 恋は皮肉だね  僕達の出逢い 遅すぎた 運命を今 恨んでる  僕はひとり 街を歩いて 胸の痛みを 忘れようとしても 僕はひとり 募る想いは 夕陽のように 心 染めてく  この胸の僕の気持ち 君に話したら 3人のハートの向きに きっと苦しむね  真実はいつも 残酷で ナイフのように美しい  The love is too late for me 君が泣いたと 聞かされたけど 声かけたりしない The love is too late for me それでもそっと 遠い所で 君を愛そう
時の岸辺稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之時の岸辺 僕は1人立ちながら 愛の背中を 見送っていたよ  時の岸辺 たった今までの記憶 風に引かれて そっと崩れていく  心の行き止まりに 少しためらって 君は自分の道を 選んだだけだね  明日を信じて 君のためなら それもいい 衷しみ忘れて いつまでも君を見てた  時の岸辺 2人 ここではぐれても どこかで君と また逢える気がする  遠まわりの分だけ 僕たちはきっと 自分に素直になって 抱き合えるはずさ  明日を信じて 今の気持が わかるから 愛しているけど 思い出は胸の中に……  明日を 信じて 君のためなら それもいい まっすぐ 行きなよ 振り返らないでほしい
さらば愛しき人よ稲垣潤一稲垣潤一渡辺なつみ岸正之埠頭横切る風に 錆びついた時刻表 乗り継ぐバスが見える  どうして出逢ったのか 何故君とだったのか すべてを奪いたくて  愛する人裏切る勇気に怯え 傷ついた君が 腕に崩れてゆく  Good-bye my destiny 君には 二つのせつなさ似合わないよ love you  Good-bye my destiny 僕から さよなら言うから 手を振るから Baby It's all right  動き出した雨雲 別れを急すように 戸惑う胸に降りる  優しすぎる ホントに悲しい人さ そして それよりも弱い僕がいるよ  Good-bye my destiny 愛した ひとつのときめき守りたくて love you  Good-bye my destiny 痛みが 愛を追い越してしまう前に Baby It's all right “Baby, It's all right…”
FOR THE FRIENDS河合奈保子河合奈保子吉元由美岸正之ふたりを忘れない 過ぎ去った輝き そしてこれからきっと出会える明日を 笑いころげた日々 涙に暮れたとき いつも黙ってすぐそばにいてくれたね  あなたは私の一部なの 淋しさも微笑みも分け合いたいの  悲しみに出会うとまわりが見えなくて どんな愛さえ感じたりできなかった  いつしか大人になったとき 孤独だと気づくけど 変わらぬ真実があるわ あなたが私を望むなら会いにゆく 遠くても すべてを捨てて  何も求めずに助け合う 青春を離れても ふたりは友達よ ずっと あなたが私を望むなら会いにゆく 遠くても すべてを捨てて
木洩れ陽のシーズン高井麻巳子高井麻巳子田口俊岸正之レースの陽射しがゆれてる 窓の外 春の坂道 遅い朝食を一人とりながら なぞる遠い季節  いつでもあの角車止めて 乱暴にチャイム 鳴らした人  笑ってよ 私からさよならを 告げたくせに今頃ふりむいているの 誰かに抱きしめられるたびに 何故やるせない想い あふれるの今も  セルフタイマーのレンズに 二人でピースしたテラス それは泣きながら燃やした写真の 淡いワンシーンね  あの頃定期の苗字かえた そんな遊びさえ懐かしくて  笑ってよ あなたの中で今も 私は勝気な子に映っているでしょ 誰かに愛を告げられるたび 何故かすかな裏切り 胸を責める今も  笑ってよ 自分だけをかばって 大切な物すてたあの日の私を 輝く空の青さが今は こんなに哀しすぎる 木洩れ陽のシーズン
グズラだどさとまさのりさとまさのり伊藤アキラ岸正之山中紀昌グズラだど グズラだど グズラだど グズラだど  寄るなさわるな 火を吹くど 鉄がなんだなんだ 食べちゃうど ちょっといばってみせるけど さびしがりやの 目に涙  強いようでも 弱いんだ 弱いようでも 強いんだ いったいどっちが グズラなのか わっからないのが グズラだど  グズラだど グズラだど グズラだど グズラだど  同じ地球の 仲間だど 夢をもっともっと 見るんだど ちょっとカッコは つけるけど なぜか注射が 大きらい デカいようでも チビなんだ チビのようでも デカなんだ いったいどっちが グズラなのか わっからないのが グズラだど  グズラだど グズラだど  グズラだど グズラだど  強いようでも 弱いんだ 弱いようでも 強いんだ いったいどっちが グズラなのか わっからないのが グズラだど グズラだど グズラだど…… グズラだど! グズラだど グズラだど…… グズラだど!
ドタバタでともだち橋本潮橋本潮伊藤アキラ岸正之山中紀昌すましてネ いたってネ ともだちに なれないネ いっしょにネ ドタバタネ あそぶとなかよく なれるんだネ! ドタバタやったら ともだちだ! ドタバタやるから ともだちだ! ぼくの気持 きみの気持 わかるんだよね  泣いたって いいんだネ ともだちに なれるよネ ならんでネ ふたりでネ そろって泣いたら 笑っちゃうよネ ドタバタやったら ともだちだ! ドタバタやるから ともだちだ! あんな気持 こんな気持 わかるんだよね  あの子とも この子とも ともだちに なりたいネ だんだんネ どんどんネ みんなとなかよく なれるんだネ ドタバタやったら ともだちだ! ドタバタやるから ともだちだ! ぼくの気持 こんな気持 わかるんだよね  ドタバタやったら ともだちだ! ドタバタやるから ともだちだ! ぼくの気持 こんな気持 わかるんだよね
Twinkle Twinkle Wink~お願いShooting Star~山野さと子山野さと子佐藤ありす岸正之星をめぐる旅は いつまで続くのか 心細い夜は 宇宙(そら)を見るよ 月は夢を映す 銀色のスクリーン パパとママの笑顔 僕を見てる Don't worry 大丈夫さ いつか会うその日まで 泣かないと心に決めたのさ だからお願い Shooting Star 涙を星くずに変えてと つぶやいたら うなずく様に Twinkle Twinkle Wink  この宇宙(そら)のどこかに パパとママがいてね 僕を待っているよ きっときっと 光るミルキーウェイ そこへ続くのなら 今の気持ち乗せて 舟を流す Don't worry 大丈夫さ 一人ぼっちじゃないよ 友達がいつでもそばにいる だけどお願い Shooting Star 早く会わせてよとこっそり ささやく声 聞こえた様に Twinkle Twinkle Wink  Don't worry 大丈夫さ いつか会うその日まで 泣かないと心に決めたのさ だからお願い Shooting Star 涙を星くずに変えてと つぶやいたら うなずく様に Twinkle Twinkle Wink
エンゲージ河合奈保子河合奈保子吉元由美岸正之あなたが今でもひとりでいるって 風の便りでね 聞かされたわ 若さという名の情熱でふたり 愛したあの日に心疼(うず)く  季節過ぎたら名前変わるの 平凡なしあわせ選ぶわ  逢いたいのよ 求めたのはあなたひとり 涙がほら作る海でいつも溺れたの 燃え残った愛のかけら胸に抱いて 重ねるの いくつもの夜を  何度も泣いてはさよならを言った 抱きしめられたら戻ってたわ ひとりきりでいる 孤独よりいつか ふたりいる方が淋しかった  許しあえたら 分けあえたなら 私たち大人になれたね  もしかしたらせつなさなど忘れるでしょう あなたよりも好きになれる人はいないから 治りかけた傷のあとをはがさないで 果たせない約束がいたい  逢いたいのよ 求めたのはあなたひとり 涙がほら作る海でいつも溺れたの 燃え残った愛のかけら胸に抱いて 重ねるの いくつもの夜を
微笑みでプロローグ山野さと子山野さと子及川眠子岸正之信田かずお空の蒼さを 瞳にうけとめて 遥かな草原 まっすぐ歩きだす 悲しい出来事(こと)に 負けそうになるたび 自分の弱さに また泣けてくるけど  涙という名の ハードル越えて すこしずつ未来に 近付いてゆくの  微笑みでプロローグ 輝く時間をはじめるよ そよ風に吹かれて 昨日よりも 強い私になりたいの  夢という地図 ポケットしのばせる いつでもまぶしい 私でいたいから  ときめき抱きしめ 旅立ってゆく 新しい想い出 捜し続けるの  微笑みでプロローグ 生きてる証しを見つけたい 私の明日は 不思議なほど 煌めく予感あふれてる  微笑みでプロローグ 輝く時間をはじめるよ そよ風に吹かれて 昨日よりも 強い私になりたいの
すてきなジェラシー松本伊代松本伊代川村真澄岸正之船山基紀も一度 すてきなジェラシー ときめきより強く もっと もっと 愛を感じていたいの  タワーボールの屋根ごしに ふたり 朝焼けを見てたね 今はパジャマの上だけで 眠ることもないから  仕事も趣味も違うほど 恋は続くなんて 噂をしてた友達は 少しだけ嘘つきね  も一度 すてきなジェラシー 危なげな言葉で すねる わたし 泣かせてごらん  サヨナラ 浮気なシンパシー 信じ過ぎちゃダメよ もっと もっと 愛に迷っていたいの  そっと 肩に両手のせて くちびるだけのキスをして 出逢いの頃のせつなさが 何故か なつかしくなる  秘密ひとつもつくったら 許せないあなたを 最後の人にしてあげる 少しだけ欺(だま)されて  も一度 すてきなジェラシー あやしげな態度で 笑う わたし 試してごらん  サヨナラ 浮気なシンパシー 判り過ぎちゃダメよ もっと もっと 甘く困ってみたいの  も一度 すてきなジェラシー 危なげな言葉で すねる わたし 泣かせてごらん  サヨナラ 浮気なシンパシー 信じ過ぎちゃダメよ もっと 愛に迷っていたい  も一度 すてきなジェラシー ときめきより強く もっと もっと 愛を感じていたいの
ほほえみの魔法伊東恵里伊東恵里いしいめぐみ岸正之風戸慎介夕焼け雲をひとつ 水たまりに浮かべたら きっと素敵だね 悲しい時 そんな事思うの 扉を開ける魔法はないけど 素直になれば 一人じゃないから みんな寂しがり屋で 泣き虫な天使 夢の階段 二つとばしで ほら! あわてずに  自分に嘘をついて 今も悔やんでいるなら 心閉じないで! 失敗なら 私もね 負けない 眠れない夜 羊の代わりに 行きたい国を 数えてごらんよ “勇気”と“思いやり”を カバンにつめたら 心に光る 宝石をさがしに 出かけよう  自分の輝きには 気づかないものさ 君を映せる 鏡になれるかな いつの日か
Wish You山野さと子山野さと子及川眠子岸正之ねぇさわってごらん ほらね あたたかい 生きているから みんな命を持っているから  ねぇ伝えてほしい ことば違っても 笑顔ひとつで いつかきっとわかりあえるよ  この旅の途中で いまあなたに 出逢えた奇跡を ずっと大切にしたい ずっと大切にしたい  ねぇ見つめあおうよ もっとそばにきて そして私に あなたの夢を教えてほしい  幸せになるため ただこうして 生まれてきたこと どうか忘れないでいて どうか忘れないでいて  ねぇさわってごらん ほらね あたたかい 生きる証しが その胸のなか輝いている
ひとつ前の赤い糸南野陽子南野陽子小倉めぐみ岸正之今年最後にかぶる 夏を越えた キャノチィエ ふたりだけで 遠出したのは 今日がはじめてね  見わたす限りずっと 風にそよぐコスモス バスを降りて うすいピンクの さざ波に抱かれた  誘い出したくせに あなたは無口なの… 私はあんなウワサで 迷わないのに  彼女は ひとつ前の 赤い糸ね そう信じてるわ あなたに寄りそいたい 背中みつめて そっとつぶやいた  ひたむきに恋しても ちぎれたり ほどけたり だけど きっと苦い傷みは やさしさになるの  大きな白いシャツは 陽射しの 匂いがする そばにいると あたたかいのよ 秋が深まっても  そっぽを むいたままで ギュッと手を つなぐ人… 確かめる言葉より あなたらしいね  彼なら ひとつ前の 赤い糸よ そう言い切れるわ テレやで ぶっきらぼう そんなあなたに ついて ゆきたいの  ときどき もつれてもね ふたりの糸 ひきちぎらないで あなたに 寄りそいたい 涙に負けない 愛を続けたい  あなたに 寄りそいたい 涙に負けない 愛を続けたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
幻想曲ノススメ北原佐和子北原佐和子小倉恵岸正之萩田光雄そぉっと夢の中 そぉっと腕の中 ちゃんとだまされて たずねてきたから いじめたりしないでね  レコード聞きにおいで ふいのラブ・コール 一晩だけ 家出娘 妹に感謝 すみっこに投げ出した 雑誌とTシャツ 暗くすれば ムードでるよ ちょっと テレた声 ぼんやりかすむ あなたの部屋 ねェ 霧のファンタジー 甘やかなメロディ 夜の奥深く 手招きするわ そぉっと夢の中 そぉっと腕の中 曲がとぎれたら 好きよって言うから 笑ったりしないでね  いつもはジョーク言って からかってばかり 今日のあなた 静かだけど とてもあたたかい ぼんやり浮かぶ蒼い窓が ねェ 空のファンタジー 乙女座をこえて 夜のかなたまで すきとおってく そぉっと夢の中 そぉっと腕の中 夜明けになったら 寝たふりするから 背中を向けないでね  そぉっと夢の中 そぉっと腕の中 ちゃんとだまされて たずねてきたから いじめたりしないでね
20才のモノローグ北原佐和子北原佐和子小倉恵岸正之飛澤宏元シャワー浴びた素肌に バスローブ 濡れた髪 そのままにしてぼんやり 鏡見てる飾り気のない私 一番好きなの  ルージュ似合い出したくちびる 胸の奥 少しとまどってるの いつかきっと素顔が嫌いになる そんな気がして  朝の気配 感じながら 今日を手ばなしたくない心 夜明け前の 蒼い時間 それは20才のモノローグ  ねェ いつだって知らん顔で まばたくデジタル 足踏みしていたら心だけが おいてきぼり  朝の気配 近づいてる 今日は昨日に変わってしまう かすんでゆく 月の光 ちょっとせつないエピローグ  あなただけには ルージュを頼らないで 愛されたいの  ねぇ 少しずつ追いつくから 急がせないでね 素顔を好きなまま 私らしく 大人になる  朝の気配 もうすぐそこ 今日は昨日に変わってくけど 東の空 頬染めたら それは明日のプロローグ
ズダダン!キン肉マン鈴木けんじ鈴木けんじ森雪之丞岸正之ズダダン ズダダン 嵐が渦巻く リングに ズババン ズババン 奇跡の勇者が 生まれた 右手に勇気を 左手に涙を 心に優しく 愛を抱きしめ  熱く Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン 最強タッグで Jump & Kick 救うために傷つくのが 友情だから 燃えて Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン マッスル・パワーで Go Go Go この星から消えかけてる 正義を見せてくれ  ジダダン ジダダン 邪悪なファイター 蹴散らし ビババン ビババン 勝利の光に 輝け 背中は夕陽を 唇は未来を 瞳は果てない 夢を見つめて  熱く Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン 逆転マジック 1. 2. 3 倒れるたび胸に響く 友情のため 燃えて Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン マッスル・スパーク Go Go Go カッコつけた言葉じゃない 強さを見せてくれ  熱く Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン 最強タッグで Jump & Kick 救うために傷つくのが 友情だから 燃えて Fight! Oh! Fight! Oh! キン肉マン マッスル・パワーで Go Go Go この星から消えかけてる 正義を見せてくれ
TOO MUCH HAPPINESS稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之清水信之岬のその丘の斜面に 2人 寝そべって 海を見てたら 眠くなって来た 昨日の夜ふかしのせいかな さっきのワインと 遅いランチに催眠術かけられ  ああ 手にしてみれば 愛なんて退屈なものさ  誰か 僕を 不幸にしてくれよ しあわせすぎてちゃいけない 誰か 僕を 不幸にしてくれよ 何かが 麻痺して 来るのさ Happiness  突然陽射しのすき間から 夕立ちが降って あたりはまるで 雨脚のダンス どこかの飼い猫を 抱き上げ 車へ走れば 少し遅れた君が 横で拗ねてる  ああ 手にしたものを 人はみな忘れるものだよ  きっと 僕は 欲張りなんだろう 瀬戸際で 愛し合いたい きっと 僕は 欲張りなんだろう 何かが いつでも 足りない Happiness  誰か 僕を 不幸にしてくれよ しあわせすぎてちゃいけない 誰か 僕を 不幸にしてくれよ 何かが 麻痺して 来るのさ Happiness
WAKE UP稲垣潤一稲垣潤一山本秀行岸正之清水信之手に入れた肩書きを 掲げて 友達とくらべてしまうのか どこまで駆け抜けたら 優しくなれるのだろう 少年の瞳 思い出せるの  すりへらしたシューズの踵に映るのは 微笑み 忘れた よく似た欲望の群れ  このままじゃ きっと あゝ やりきれない 気づいてるはずさ ごまかしてるよ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 目を覚ませよ  張りつめたプライドを 抱えて 知らず知らずに 駆け引きしてる 失くしかけてた夢や あの日の憧れまで もう一度 この手に取り戻せるの  乗せられてたレールは冷たく錆びついて 立ち止まることも 心のままにならずに  このままじゃ きっと あゝ 耐えきれない 気づいてるはずさ だましてるだけ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 目を覚ませよ  秒刻みのレールに まんまと縛られて 身動きとれずに 言い訳だけを探して  冗談じゃないぜ あゝ やりきれない 気づいてるはずさ ごまかしてるよ このへんで ちょっと はぐれてみたって そうさ うしろ指さされはしない 裸の自分を信じてみたい 目を覚ませよ
強情なくちびる米倉利紀米倉利紀朝水彼方岸正之君は怒ったように 口を尖らせる 噂だけ広まった 僕らの仲 少し意味ありげに 人気ない道へ 曲がっては 立ち止まる 息がかかる かなり ムズかしいね ルージュたどっても なぜさ そらさないで とても近いふたり いいところなのに・・・ その強情なくちびるが どうにも好きさ いつか必ず 僕のものになると言って  そのしたたかなプライドに太刀打ちできず こんなにずっと見つめるだけじゃもう じれったいよ NO NO  人目気にするように 歩き出す君を つかまえて 何もかも教えたくて かなり ムズかしいね 僕を信じない なぜさ 臆病(おくびょう)な愛 隠しているのかも いいところなのに… その強情なくちびるを 縛りつけたい 心の中を キスで覗いたなら困る? この艶やかなタイミング逃したくない 街がこんなにきれいなうちに きっと奪ってみせたい Uh Yeah Yeah  その強情なくちびるが どうにも好きさ 今夜必ず 僕のものにするとキメた  そのしたたかなプライドに太刀打ちできず こんなにずっと見つめるだけじゃもう じれったいよ NO NO
泣かずにいられない和田アキ子和田アキ子川村真澄岸正之だから大丈夫よ わたし大人だもの 最初の人でも 最後でもない たかが 恋じゃない  そうね 寂しいのは 二人 苦手だから 人ごみまぎれて 別れましょうね 次の交差点  だけど何のために 泣かずにここまできたの あなたよりも 好きな人は いないと分かっているのに  少し離れたまま ついて行きたいのに どうして 涙が止められないの あなたが 見えない  ひとり 生きてゆける こんなわたしよりも かばってあげたい 人ができたの 仕方ないじゃない  少し 寂しくなる 部屋がガランとする 電話を待つのも テレビ見るのも 紅茶を飲むのも  だけど何のために 泣かずにここまできたの もっと上手に愛されて 素直になれたらいいのに  街の明かりの下 あなた 振り向いたね バカだね わたしは 人ごみの中 立ち尽くしていた
僕の気持ちは迷子のままで稲垣潤一稲垣潤一ゆき岸正之桑村達人電話ベルに期待して いったい どれほどの時がたったのだろう 街の人ごみの中にきみのすがたを探してしまうのは きみがいなくなってから  もっとそばにいてよ きっとかわらずに 生まれては、死んでく 僕の気持ちは迷子のまま  街の中で偶然みたきみの顔 なつかしさ覚え 信じた運命 思い出のラバー 小さくなってゆく 消えないでほしいよ 僕にくれたぬくもり  もっと時が流れ きみが僕にあって 瞳のつよさやまわりの空気だけで わかるの? きっと忘れないよ ほほにかかる涙 なぜだろう どうして楽しかった思い出が痛いの?  どこまでもすぎてく時は無限に お願いだよ 幸せにきれいになっていって  そばに 僕のそばにいてよ ずっと抱きしめて 生まれては、死んでく 僕の気持ちは迷子のまま  遠くへいって 手紙もつかない 生まれては、死んでく 僕の気持ちは迷子のままで
話しかけたかった南野陽子南野陽子戸沢暢美岸正之萩田光雄風が踊る五月の街で 輝いてる彼を見かけたわ  視線だけで追うアーケイド ほんとはついてゆきたいの  ずっと あこがれてたから いつか振り向かせたいひと  駆け寄って 話しかけたかった 気をひきたかった 無邪気なふりして  キレイと 思われたかった だけど追えなかった はねた髪  あなただけに逢う偶然を 待ちつづけて時間(とき)が過ぎてゆく  朝の電車 夕焼けの道 いつでもオシャレしていたの  友達と待ち合わせた カフェテラスですれ違うの  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった みんなが呼ぶ声  私を 気にも止めなかった 背中追えなかった 熱い頬  雨やどり 本屋の前 通りすぎた彼とポニーテール  駆け寄って 話しかけたかった でも出来なかった 今日まで いちども  遠くで 思うだけだった 心で時間を 止めてたの
マリーナの夏渡辺満里奈渡辺満里奈秋元康岸正之山川恵津子空のブルーが溶け出して 入江に夏が近づけば 白いヨットのセイルまで 陽射しの滑り台  去年 ボートハウスの売店で アルバイトしてたあの人に 会いたくて  もう一度 マリーナの恋 ひと夏の淡い思い出 私だけ 一人 ここまで来てみたの もう一度 マリーナの恋 陽に灼けた定期のフォトグラフ 片想い12ヵ月を 大切にしたいから  少し心を弾(はず)ませて あの日のドアを開いたら いつも夢みた あの人が 私を待っていた  急に 何も話せやしないから この胸の熱いときめきに 気がついて  ハートに マリーナの風 あの夏の遠い幻 ほほえみで 記憶 つないでみたいだけ ハートに マリーナの風 一年の長い約束 変わらない愛を抱いて 海に帰ってきたの  もう一度 マリーナの恋 ひと夏の淡い思い出 私だけ 一人 ここまで来てみたの もう一度 マリーナの恋 陽に灼けた定期のフォトグラフ 片想い12ヵ月を 大切にしたいから
悲しいな杉浦幸杉浦幸売野雅勇岸正之悲しいなひとりじゃ 泣いても誰も気づかない 淋しいな世界の隅っこで 膝かかえてる私に 背を向ける人波に 私ならここにいると 大声で叫びたい・・・日暮れ時の街角 弱虫ね 後指さされいたずらに強がるけど 憶病ね 優しくして 裏切られ傷つくの怖いの 悲しいな素直に もうなれないの ねぇ私・・・ 苦しいな誰かに 涙の訳を話したい も一度  陰口をささやかれ 誤解よと 泣いてるのに うらはらに 表面だけ馬鹿ね尖ってくの 抱きしめて こんな私でも必要だとささやいて 淋しさに負けちゃだめと 叱ってよ 流される私を 悲しいなひとりじゃ 泣いても誰も気づかない 悲しいな誰かに 涙の訳を話したいも一度
唇を動かさないで稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之2人の話はもう これで終わりにしよう 君が少しずつ 遠い人に 思えて来るから  “どんなに愛してるか?” 互いにわかってても 傾いた心 戻せなくて あふれそうなこの胸  壁のソファーに崩れた 君を抱きしめて  唇 動かさないで 瞳 閉じたまま 唇 動かさないで 最後の夢見て So long…  いつでも 目覚めた時 君がいて 僕がいた シーツに残った 夢のかけら そっと拾い集めて…  愛の小さな背中は 悲しいものだね  腕の中のぬくもりを 忘れられなくて  唇 動かさないで 頬をつけたまま 唇 動かさないで 涙 乾くまで  唇 動かさないで 頬をつけたまま 唇 動かさないで 涙 乾くまで
Just the same …稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之そう友達から 君と彼のことを 噂で少しだけ聞いたよ もう 白いウエディングドレス 選んだ頃だろう あの日に僕たちが眺めた店で 夜中過ぎに鳴ってた 昨夜の TWO CALL きっと 最後のチャンス  Just the same… 君と同じさ 2人の恋は今だって終わってない Just the same… それでも君を 僕の勝手で この腕に抱けやしない  そう 君は若く 強情っぱりなんだから いつでも誤解されるけれど もう ケンカしても 彼のためにどこか すき間を作ってあげなきゃいけない 僕の部屋の扉を パタンと閉めて 君が飛び出した朝  Just the same… 同じ誤ちくり返さずに しあわせを大事にして  Just the same… 僕は このまま 遠い場所から 伝えたいおめでとうと…  Just the same… 君と同じさ 2人の恋は今だって終わってない Just the same… 同じ誤ちくり返さずに しあわせを大事にして Just the same
愛ゆえに……雪村いづみ雪村いづみ小林和子岸正之また愛するから 他人でいましょう 雨の道すがら 捨てて行って こなしきれない そう知ってはいても 気楽な人 ずっと演じていた  いつか みんな 終わりが来るわ だから せめて 寄り添うように  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 忘れてみますか 続けてみますか 指を絡めて うつ向く女は 困るでしょ  灰皿の中 ふたつの煙草が 消したはずなのに 漂う日々 ふと見つめ合い 黙る横顔が さびしいから 今も魅かれてゆく  通り雨は 流れる川に そして何もなかったように  悲しみはすべて 燃やしてしまった あとには どんな想いも 残さぬように 何度も生まれて そのたび出逢って 泣いたとしても 私は私を 生きるだけ  愛ゆえに女 恋ゆえに男 素敵なことに ふたりは旅人同士 何度も生まれて そのたび出逢って 心のままに あなたの 名前を呼ぶでしょう
街をはなれてやしきたかじんやしきたかじん及川眠子岸正之富田素弘Tonight いま電車の窓遠くにじむ街あかり 捨ててきた想い出がせつなくまたたく ねぇ あの尖った瞳で夢ばかりを見てたひと わがままもいとしくてあんたときたけど  尽くしきれずに尽くしきれずに 背中を向けた私を許してね 命を賭けて愛したことに嘘はないのよ すこし疲れただけ なぜ なぜ 悔やむために 別れたわけじゃないのに 強がりで微笑むたびに涙こぼれる  Tonight いまくすむ夜空にめずらしく星が揺れる あの街を抱くようにいくつも流れる ねぇ ねぇあんたの声そっと聞こえた気がした 幸せになれよっていつもの調子で  尽くしきれない尽くしきれない 痛みが心また迷わせるけど あんたのために死ねる女でずっといるから どうか忘れないで なぜ なぜ もっともっと 優しくできなかったの 私より大切だったそんなあんたに  尽くしきれずに尽くしきれずに 背中を向けた私を許してね 命を賭けて愛したことに嘘はないのよ すこし疲れただけ なぜ なぜ 悔やむために 別れたわけじゃないのに あの街が遠くなるほど涙こぼれる 
第二幕和田アキ子和田アキ子吉元由美岸正之片隅の客席 あなたに向かい 愛を歌った あれは十九の夢を見た頃 一輪のバラさえ花束に思え ささやかな輝きさえもふたりを照らした  愛は私の強さになったわ 傷つけながら求めあった 飾る言葉もどんな約束も 愛に色あせていったの でもいつか幕は下りて 違う道のりを歩いてた  どこの空の下で暮らしているの 風の便りも今は届かず 旅から旅へ あなたがいつだって座ってた席は 遠すぎて見えないけれど この歌を聴いて  誰かをきっと愛すことでしょう その人なりに心こめて 想い出なんて時のいたずらと すべてこの胸におさめて ほら幕が上がりだすわ あなたを思って目を閉じる  愛は私の強さになったわ 傷つけながら求めあった 飾る言葉もどんな約束も 愛に色あせていったの でもいつか幕は下りて 違う道のりを歩いてた
恋は涙の如く和田アキ子和田アキ子吉元由美岸正之愛されなければ淋しさなんて 今も知らぬまま過ごせたわ 出逢った頃は見つめるだけで 熱い想いまで分け合えたもの  あなたを待ちわびる真夜中の長さ 今は悲しい予感がしてる  恋は涙の如く あなたに逢うたび いつかくる別れにおびえてしまう ひとりきりでいられる私じゃないのよ 強がりに隠した素顔を受けとめてね  愛しすぎると不幸になると いつも傷ついて知ってゆくのよ  決して重ならない心の距離のこと 人はせつなさと呼ぶの きっと  夢は涙の如く 時のたつままに 求め合うふたりも変わるのでしょう どうか静かな愛で包んでほしいの 寄せるこの想いを明日も抱きしめたい  恋は涙の如く あなたに逢うたび いつかくる別れにおびえてしまう ひとりきりでいられる私じゃないのよ 強がりに隠した素顔を受けとめてね
想い出のキャトルセゾン中江有里中江有里吉元由美岸正之萩田光男卒業写真で好きだと言えない 私が微笑ってる あふれる想いをプレゼントだけで渡せずに  そう かわいい娘をいつも連れて 得意げだったね せつなくて瞳を伏せた  あなたへの love you 心のブーケ フリーザーの中 今も凍らせて いつまでも future 色褪せないね 夢のまま胸に秘めた あー 想い出のキャトルセゾン  フェアウェルダンスで踊ってるあなた 遠くで見つめていた 友達だからね いつでも笑顔で会えるのよ  そう 君をもっと知りたかった つぶやかれた時 急に泣きたくなった  あの頃に love you 素直になれば 今頃ふたりは愛を誓えたの? いつでも future 夢のかたちで 季節はめぐってゆくね あー 思い出のキャトルセゾン  あなたへの love you 心のブーケ フリーザーの中 今も凍らせて いつまでも future 色褪せないね 夢のまま胸に秘めた あー 想い出のキャトルセゾン
Ms.Joanna稲垣潤一稲垣潤一秋元康岸正之亜麻色の夏のドレス 脱がせたのは 月の光(あかり) あの海が見える部屋で 寄せる波は囁く声  イタリアオペラ その途中で 車 飛ばして 来たけど  ジョアンナ 君のせいさ その瞳が 僕を狂わせるのさ ジョアンナ 抱きしめれば 火傷(やけど)をする 愛が見えない I love you…  シェリー酒とバラと指輪 大事な順 床に並べ 1秒もたてば変わる 海の色と 君の自由  聞きわけのいい ロマンスより 少し 危ない バランス  ジョアンナ 君のせいさ その何かが 僕を 魅き寄せるのさ ジョアンナ もう すべてに 溺れている 愛に懲りない I love you…  ジョアンナ 君のせいさ その瞳が 僕を狂わせるのさ ジョアンナ 抱きしめても 愛は いつも キリがないほど I love you…
錆びた時計高杢禎彦高杢禎彦及川眠子岸正之中村暢之サヨナラと言えない君の弱さを いつだって わかってたくせに 行くなよと言わない男のずるさ 責めるよに いまバスがきたよ  悲しい瞳で 見つめられると このまま君を離せないけど  いまは 背を向ける 錆びた時計のように これ以上 ふたりをつなぎたくない きっと この愛で 君を傷つけるだけ 想い出を痛みに 変えてしまうだけさ  君の手をほどけば 胸に北風 ためらいを引き裂くクラクション いつからか 失くした夢のかわりに 君のこと 抱きしめていたね  昨日の時間で 心の針を 止めたままで いられないのさ  いまは この胸の 錆びた時計を壊し 夢を追うことから 始めてみよう だけど 忘れない 遠く離れていても 君なりの未来(あした)を 願い続けてるよ  いまは この胸の 錆びた時計を壊し 夢を追うことから 始めてみよう だけど 忘れない ツラくなったときには この愛でいいなら きっと救(たす)けにゆく
私も…そうだった和田アキ子和田アキ子荒木とよひさ岸正之男嫌いじゃないはず 恋が嫌いじゃないはず カラに閉じこもるなんて 淋しいよ まさか白馬の騎士が そうよ迎えにゃこないさ 誘いあるときが きっと華だよ 心をいつも秤りにかけ みんな生きているけど 惚れていれば それがきっと幸福よ もう飲んで泣くのよしな わかるけれど いつか時間が答え出すさ 想い出に 私も...そうだったよ  男嫌いじゃないはず 夢が嫌いじゃないはず 少し生きること うまくなることよ 古いタイプの女は そうよ都合がいいだけ お茶で 過ごせれば きっといい人 あしたは いつも青空と みんな信じてるけど 今が良けりゃ それがきっと人生さ もう自分だけのことを 考えるの いつか笑う時がくるさ 想い出に 私も...そうだったよ  惚れていれば それがきっと幸福よ もう飲んで泣くのよしな わかるけれど いつか時間が答え出すさ 想い出に 私も...そうだったよ
時計和田アキ子和田アキ子岩里祐穂岸正之部屋を出てゆくわ 今 あなたが留守のうちに らしくない泣き顔は見られたくない  一枚の紙切れで 名前が変わるだけで あなたと暮らした日々 消せはしないのよ  お互い 疲れはてた心を 知ってて 隠しながら 熱い想い それでもまだ あきらめないでいた  壁の時計 このままで はずさないでいて欲しい 幸せだった二人過ごした 時間(とき)をここに残してゆきたいの  好きにさせてよ...なんて 昔 遊んでた頃 口癖だった言葉 ひとり つぶやいた  荷物を運びだせば 私の 影は あとかたもない 私みたく いい女を はやく つかまえてね  壁の時計 きざまれた 過去は二度ともどらない 私のことも 愛したことも あなたは忘れていい すぐにでも  壁の時計 このままで はずさないでいて欲しい 幸せだった二人過ごした 時間(とき)をここに残してゆきたいの
冒険者たち光GENJI光GENJI高柳恋岸正之米光亮行くあてのない風が ビルの谷間を駆ける 俺達の心みたいだね  コンクリートの迷路の 出口を探すために 思いきり叫んでいるのさ  迷わない若さなんてないね いつだって未来は見えないのさ 手探りで進む地図も持たない 冒険者たち  迷宮(ラビリンス) 都会は曲がりくねってる迷宮(ラビリンス) 踵をすりへらし走れよ Chance Chance Chance We'll get a chance 乱れた吐息のなかで覚えたことだけが 心に一輪の花を咲かすのさ  ダイヤよりも輝いている夢が 迷宮のかなたに見える  廃墟のように ひからぴたアスファルト プラスティックの街角 俺達に勇気をください  言葉だけですぺてが わかってしまう前に 本当の汗を流したい  決められたゴールなんてなにも 魅力など感じられやしないね 唇を噛んでひとりさまよう 冒険者たち  迷宮(ラビリンス) 都会は霧に包まれた迷宮(ラビリンス) 心の瞳だけ開けよ Chance Chance Chance We'll get a chance 敗れたシャツを脱ぎすて探し続けるのさ 若さが過ぎ去ってしまわないうちに
カレンダー渡辺満里奈渡辺満里奈吉元由美岸正之Take me to you again 春風の汽車で あなたへと逢いに行くのよ Take me to love again 新しい私 届けたい 今すぐに  ふられて女の子たちは 強くなる ほんとうよ 傷ついても ダイヤモンド 涙でも磨けるの  Blue wind ひとり夏休み 灼けてない素肌 そっと抱いてた  Take me to you again 私の花束 ちぎるようにサヨナラしたね 逢いたかった 華やぐ瞳を 見つめてね もう一度  微笑(ほほえ)みのリボンほどいて 見せましょう カレンダー 悲しみから生まれて来た 夢だって きらめくと  Snow wind 時はやさしさの 魔法で昨日を 想い出にする  Take me to you again きれいになるのが あなたへの仕返しだった キスをあげる 素敵な誰かと 逢うためのピリオドに  Take me to you again 春風の汽車で あなたへと逢いに行くのよ Take me to love again 新しい私 届けたい 今すぐに
Miss Lonely Weekend渡辺満里奈渡辺満里奈吉元由美岸正之最後の Chance 追いかけて 海のカーブを曲がれば 肩を Holding 甘えてる 彼女の影が見えたの Blue  言いわけなんか いらないわ キスをしたらサヨナラよと 涙は叫ぶ  なんて今日は デイト日和 国道に車停(と)め 海を見たかった ひとりでもう いられぬほど あなたに恋してるの もしも夢ならば 醒めて Just Now  次の Maybe シグナルで 私は右に折れるわ あなた Break Out クラクション 叩く勇気があったら Blue  地図をひろげて 週末の デイトコース考えたね もう遠いけど  なんて今日は ふられ日和 青空が泣いている 前が見えないわ 優しすぎる あなただけが 心 横切(よぎ)るのはなぜ? とても逢いたいわ すぐに Just Now  なんて今日は デイト日和 国道に車停(と)め 海を見たかった ひとりでもう いられぬほど あなたに恋してるの もしも夢ならば 醒めて Just Now
マイ・ハート・バラード南野陽子南野陽子小倉めぐみ岸正之ライトの星屑を テラスで見下ろした 膝を抱えながら 涙こぼれた  Stadiumの向こう きらめく遊園地 まるい観覧車が 夜空に浮かぶ  人の気持ちを まるで無視して はしゃぐ夜は パレードみたい  元気出そうね My Heart 失恋くらい平気 笑って話す日が来るわ  楽しい昨日だけ きれぎれに並べて 思い出は心を ひきとめるけど  輝く朝が 街を照らせば 違う風が きっと吹くから  元気出そうね My heart 新しいトキメキを 涙のめかくしで 見逃しちゃだめよ  元気出そうね My Heart 明日の方が素敵 違う風が きっと吹くわ
リアウインドーにgood-bye渡辺満里奈渡辺満里奈麻生圭子岸正之窓を開け前髪を 雨に濡らして見ている 台風が来てるから 波の穂が高いね  君がいてこの夏は 本当に楽しかったと 言ってくれるあなたは やっぱり大人だね  あの女性(ひと)があなたのこと 好きなのはすぐ判った ごめんね 知ってて わがまま言ったの  リアウインドー 銀色の雫たち 星屑のように光って 流れて消えてゆくの さよならなら きれいなままがいいね 想い出の中で 私は いつも笑っていたい あなたと  風邪ひくよ 行こうかと サイドを外したあなた この海に二人して もう来ることもない  キャンパスとハイスクール その波は大きすぎて ごめんね 夏中 背伸びをしないで  リアウインドー 哀しみの雫たち 私の心の代わりに 流れて消えてゆくの さよならって 私が言えるなんて 何だかつらくて おかしい ふっと笑っていたの  リアウインドー 銀色の雫たち 想い出の中で 私は いつも笑っていたい あなたと
夏の短編渡辺満里奈渡辺満里奈真名杏樹岸正之いつか小説が もしも書けるなら 青い色の表紙にするわ だって海よりも 揺れるあなたへの 気持ち 今はうまく言えない  好きよりもっと 切ないわけを 打ち寄せるたび 波が教えるの  ふたりの夏が終っても そうよ この瞬間の あなたの瞳 忘れない 見つめるたびに まぶしくて 少し臆病になる 私をこのまま 強く抱きしめて  スコールを待って 泳ぐ魚たち じゃれる仕草 真似するあなた ずっと探してた 懐かしい声が 沖の方で 私を呼ぶの  恋よりもっと 大切なもの 濡れている胸 熱くさせるから  ふたりの夏を閉じこめた 青い短編集を 心の中で開く時 夢見るように 微笑んで ふたりだけのシーンを 覚えているよと 海につぶやいて  ふたりの夏が終っても そうよ この瞬間の あなたの瞳 忘れない 見つめるたびに まぶしくて 少し臆病になる 私をこのまま 強く抱きしめて
8月のバレリーナ中井貴一中井貴一澤地隆岸正之'Cause I love you 8月のバレリーナ もいちど踊ってくれ そして黄昏る頃 サヨナラ  ミステリー小説と 名前聞かない君と ヴァカンスを過ごしたよね  「プールサイドの夢もそろそろ終わるのね」と 大人びた瞳みせる  映画の最後ならドンデン返しだと 少し僕はなぜだかムキになるけど…  Good-bye my love 8月のバレリーナ 夏の風に踊ってた妖精なのさ 'Cause I love you 8月のバレリーナ ほんとは抱きしめたい だけどこれでいいんだ サヨナラ  「街で出逢った時は他人のふりするわ」と 謎めいて背中向ける  呼び止めたい心 左手で隠して わざと僕は大きく手を振ったけど…  Good-bye my love 8月のバレリーナ 恋のように愛したまぼろしだよね 'Cause I love you 8月のバレリーナ もいちど踊ってくれ そして黄昏る頃 サヨナラ  Good-bye my love 8月のバレリーナ 夏の風に踊ってた妖精なのさ Good-bye my love 8月のバレリーナ 恋のように愛したまぼろしだよね
DIARY渡辺満里奈渡辺満里奈沢ちひろ岸正之芝生の隅に置いた ソファーで膝かかえて 黙って あなたは町を見下ろしてる  部屋から選び出した 机の引き出しから DIARY 昨日までのページがめくれた  丘のうえのアパート 英語のLESSON どんな場所や理由(わけ)なら ずっといられたの?  春の日ざしのままで 駆け抜けた日々は 悲しくない時も 思い出してしまうよ 今日のあなたは急に 遠くてせつない そして うるんでゆく景色だけが いとしいの  カーテンのない窓の 鍵を閉める途中で あなたは少しだけ夢 逃がしたのね  ケンカもできるくらい あなたを知りたかった DIARY 明日からのページの白さに  少し力を込めて 握手をすれば 思いがけない痛さ 心しめつける  春の日ざしの中で 出会ったふたりに 似合いすぎてるから ちょっとつらい笑顔よ 今日のあなたは急に 遠くてせつない そして うるんでゆく涙だけが 残るのね
ふたりの少年渡辺満里奈渡辺満里奈沢ちひろ岸正之誰もいない校舎 日暮れまで ふたり 立たされていたね カバン 3つかさねた自転車を おしながら またケンカね  キミは南へ カレは北へと そして私はここで手を振る  1枚目のカードがほら 届いた季節 ふたりの文字がまだ ケンカしてるの 誕生日の消印から 始まる日々は ふたりの少年と たったひとつの恋  眠い目をこする 教室で 机ならべた まん中 ずるい私のこと 気づいても 横顔だけで 笑った  キミはいつしか カレは突然 そして私も大人になるの?  3枚目のカードがそう 届く頃には ふたりの文字はもう 別々かしら 誕生日の消印だけ 変わらないまま ふたりの少年と ひとつ消えた言葉  誰もいない 誰もいない 部屋の片隅 2枚目のカードと 去年の写真 誕生日の消印には 早すぎるけど ふたりの少年と 3枚目のメモリーズ
神様がいない月南野陽子南野陽子小倉めぐみ岸正之夕陽がもえつきた海 冬へいそぐ潮風 タメ息のなかに 立ちどまる あなたとわたし  砂浜に並んでいる さっきまでのあしあと すべりこむ波が かげもなく さらってゆくわ  たぶん ここで サヨナラを言われるのね 胸の奥で 潮騒があばれる  神様はあてにならない 風向きさえ変えられない めのまえの くちびるが ピリオドの言葉 告げたの  ひきとめてもムダなのね 夢を追いかけるのね となりにいたけど 違う星 みつめていたの  砂にうもれたパラソル しずけさをみせつける あんなにはしゃいだ 夏の日は もう遠いのね  ごめん なんて せつない瞳はやめて 握手なんて 今はできないから  幸せなんかにならないで すぐに誰かみつけないで 夕暮れが さみしくて 悔やんだりしてね あなたも  神様はあてにならない ちっとも たすけてくれない 泣き顔の 瞬間に 自分で背中を 向けたの  幸せなんかにならないで わたしの涙とまるまで 春風に 出あう頃 思い出にするわ あなたを……
次のページを開いて渡辺満里奈渡辺満里奈麻生圭子岸正之モノレールから 空の港が見え始めれば もうすぐ逢える あなたの笑顔 到着ロビー  離れて 判ったの こんなにも好きなこと あなたのやさしさに 甘えすぎていたみたい  そっと次のページを開いて あなたの帰り 待っていた 両手をふって見つけて 人ごみのなか 私のこと  帰省ラッシュの スーツケースが通路に並ぶ 壁のボードの あなたの便にランプが点いた  今までだったなら ここまでは来なかった 不思議ね その顔を ドキドキして 捜してる  そっと秋のページを開いて 愛を先取り あなたより お帰りなさいの後は 愛していると言うつもりよ  そっと次のページを開いて 駆けよっていく 私から 季節がいくつ過ぎても このままずっと 離さないで
EVERGREEN渡辺満里奈渡辺満里奈川村真澄岸正之積み上げた 本の上 朝陽に目を覚ました 恋愛論も たったひとつの ときめきにかなわない  クラブハウスの列を はずれて歩きたいな カバンの重さ 指で計れば 口笛でバランスとれる  階段教室の隅で 夢を見ていた 私だけが出来ることを 確かめてみたい  Swing me high 風が 街路樹を揺らす 若葉のころを通りすぎても 心は Foooo! EVERGREEN  時計をしても 腕は メトロノームじゃないよ どうして肩を抱きよせないの ゆうべのデート 思い出してた  友達は恋人が待つ 約束場所へ うまく行くといいねなんて とぎれがちに言う  Show me how 恋は 見せかけも大事 若葉のころを通りすぎたら ひとりで Foooo! Take a Chance  強く強く感じている 夢が住んでる 私だけを待ち続ける 扉があるはず  Swing me high 風が 街路樹を揺らす 若葉のころを通りすぎても 心は Foooo! EVERGREEN
バラードを聞きながら渡辺満里奈渡辺満里奈石川あゆ子岸正之あなたの部屋で聞いたレコード 昨日 買ってしまったの 心の上に針を落とせば すぐに 傷が見つかるわ  あなた 次の恋をしていますか お願い 思い出には順番をつけないで  バラードの口づけを 目を閉じ 受けとめていたあの日 私にはすべてよ バラードを聞きながら 夏の帽子をかぶってみたら 2人がほら セピアに見える  愛という字を覚えた頃の 無邪気さには 戻れない 何も気づいてない友達から きれいになったよって 言われても 複雑ね  バラードのせいにして あなたに電話かけても きっと 後悔するだけね あたたかいあの声が 秋の風に変ってく 季節 悲しいけど 止められないの  バラードの口づけを 目を閉じ 受けとめていたあの日 私にはすべてよ バラードを聞きながら 夏の帽子をかぶってみたら 2人がほら セピアに見える
ガラスのレジスタンス八木さおり八木さおり森雪之丞岸正之ごめんねママ 慌てないで ベッドに私が いなくても 月の雫に髪を濡らし 屋根からこっそり 抜け出すの  長距離バスが 湖に着くわ 恐いくらい好きな彼に 肩を抱かれながら  真夜中のランナウェイ 離れちゃいけないと 愛がささやくの だからママ Don't you cry わがままを許して 3日だけは悪い娘(こ)にさせて  ごめんねママ 叱らないで いけない事だけど知ってるわ だけどあいつが 点けた炎 シャワーを浴びても 消せないの  星屑よりも きらめいたキッス ロケットから ママの写真 さっき ぬきとったの  真夜中のランナウェイ 大切な恋人(ひと)なの 今は誰よりも だからママ Don't you cry 心配をしないで 素直にただ 愛を知りたいの  真夜中のランナウェイ 離れちゃいけないと 愛がささやくの だからママ Don't you cry わがままを許して 3日だけは悪い娘(こ)にさせて
内気な冒険者八木さおり八木さおり森雪之丞岸正之5:02の準急電車は 家路へと急ぐ 制服の群 裏門から あなたの後つけ 初めての街へ さらわれてゆく  「気がついて…」と呪文を唱えたくせに あなた振り向いた瞬間(とき) 目をそらすの  馬鹿だナ 微笑み返せば あなたと近づけるのに だめだナ もう胸が熱い 手紙と一緒に 内気なハートも 破り捨てちゃいたい  歩道橋で 迷子の子猫を 抱き上げるあなた 少年みたい もっとあなた 知りたいだけなの 探偵の真似が とても悲しい  涙にじむダイアリー ペイジが増える 明日恋を告げると 誓ったのに  馬鹿だナ 駆け足になれば あなたに追いつけるのに だめだナ 失恋が怖い 夕陽に霞んだ あなたの背中を じっと見送るだけ  だめだナ 失恋が怖い 夕陽に霞んだ あなたの背中を じっと見送るだけ
受話器から望遠鏡渡辺満里奈渡辺満里奈秋元康岸正之ずっと ケンカしていた あなたから 夜中の電話 わざと ぶっきらぼうに 元気よと つぶやいた  私 すぐに あやまらなければ いけないこと わかっていたのに 強がりが邪魔をして 素直になれなかったの  受話器から 望遠鏡で ねえ のぞいてみてよ 遠すぎる 向うから 一人ぼっちの この恋  受話器から 私の顔を ねえ のぞいてみてよ 泣きそうに うつむいて 淋しさに震えてるわ 言葉だけが うらはらに……  早く仲直りして あの頃のようになりたい だけど“母親譲り” 許さないふりしてた  もっと違う 言い方があると 知っていても 鋭(とが)ってしまうの あなただけ 傷つけた 自分が嫌いになった  受話器から 望遠鏡で もう 気づいてほしい 届かない こっちでは 何もできない この恋  受話器から 見えない痛み もう 気づいてほしい 黙りこむ そのすき間 わがままをごめんなさい きっと言える 今ならば……  受話器から 望遠鏡で ねえ のぞいてみてよ 泣きそうに うつむいて 淋しさに震えてるわ 言葉だけが うらはらに……
ハートでCatch渡辺満里奈渡辺満里奈沢ちひろ岸正之風が青空 走る 姿にみとれ よそ見した 背中ホラ ぶつけたボール  今の気持ちをキミに 向けたモーション 気づかなきゃ 痛いから  はやく サインを決めてくれなくちゃ タイム したくなるのよ Shy Boy 今すぐ  ハートでCatch うけとめて その胸ジーンと させたいな 光に溶けてく 熱い瞬間投げるわ  ストライク はずれても 手を伸ばして うけとめて 返せる近さに いつも私いるよ  すこしづつほどけてく 夕陽のりぼん ほてるホホ かくしたら 素直になれる?  恋はそのたび違う カーブをみせる そのせいね 戸惑いは  ふたり 肩を並べてしまうより なにか ぶつけあいたい Shy Boy キミなら  ハードでCatch うけとめて その胸いま 感じてる ふたりの呼吸を 忘れないでいてね  気の早い 星たちが からかっていても平気 汗ばむ心に 気持ちいいね 恋は  ハートでCatch うけとめて その胸ジーンと させたいな 光に溶けてく 熱い瞬間投げるわ  ストライク はずれても 手を伸ばして うけとめて 返せる近さに いつも私いるよ  ハートでCatch うけとめて その胸ジーンと させたいな 光に溶けてく 熱い瞬間投げるわ  ストライク はずれても 手を伸ばして うけとめて 返せる近さに いつも私いるよ
ジェリービーンズのロマンス渡辺満里奈渡辺満里奈秋元康岸正之海沿いの道から 階段を降りれば 遊泳禁止の 立て札越しに 少し早い春  背の高いあなたの セーターの袖口 つかまって歩く 砂浜の影を ゆるい波が消した  初めてのこの恋 胸の奥がざわめいてる  ジェリービーンズの ロマンスしてみたい もう何も言わないで ジェリービーンズの ロマンスしてみたい もうずっと 見つめたままで  意地悪な夕陽が 傾いてしまった 帰りたくなくて 腕時計わざと 持ってないふりした  初めてのこの恋 風に頬が 微熱持つわ  ジェリービーンズの KISS(くちづけ)してみたい ねえ瞳閉じたまま ジェリービーンズの KISS(くちづけ)してみたい ねえ 甘い素適な世界  ジェリービーンズの ロマンスしてみたい もう何も言わないで ジェリービーンズの ロマンスしてみたい もうずっと 見つめたままで
クリスマスが来るまえに渡辺満里奈渡辺満里奈秋元康岸正之ゼミの帰りには いつでも 駅へ向う 坂の途中で 赤い屋根のピザハウスに みんなで寄り道した  そして 私は斜めの席で あなたに憧れながら すてきな時を 見つめて過ごした  クリスマス 来るまえに 気づいてね 私の視線に… クリスマス 来るまえに できるなら あなたが好きな セーターの色 ねえ 今 教えて  テストが近づく そのたび 寄り道できなくなる  そして あなたと会えないあいだ 心の辞書をめくって 恋を伝える 言葉を探した  クリスマス 待ちながら 少しづつ せつなくなるのよ… クリスマス 待ちながら 徹夜して 私が編んだ セーターだから ねえ 受取ってね  クリスマス 来るまえに できるなら あなたが好きな セーターの色 ねえ 今 教えて
涙の天気予報渡辺満里奈渡辺満里奈秋元康岸正之2月の雨が 街に降りてきて ゼミの本をそっと かざして歩いた あなたが 風邪を ひいてしまったと 友達から聞いて 部屋を訪ねたの  開いたドアのすきま 誰かの小さな傘 こぼれてる水たまり ごめんと言った  涙の天気予報 こわれた恋の行方 悲しくて 見上げれば 空も泣いていた  涙の天気予報 こわれた恋の行方 思い出が 少しづつ 頬に落ちてきて 人の波に まぎれこんだ  何んにも言えず ドアの外側に ベンジャミンのカゴを 残してきただけ あなたのことを 遠い所から 好きでいられたなら それだけでもいい  せつない胸の痛み 誰にも言えない夜 大切にしていれば よかったけれど  ハートの天気予報 あふれた雨のしずく 後悔の消しゴムで 夢を消さないで  ハートの天気予報 あふれた雨のしずく 1人きり うつむいて 虹がかかるまで 今はじっと 濡れたままで  涙の天気予報 こわれた恋の行方 思い出が 少しづつ 頬に落ちてきて 人の波に まぎれこんだ
Next Door大地真央大地真央秋元康岸正之あなただけを愛したこと 後悔してない 眩しい瞬間(とき)手を翳(かざ)して 歩いた私達  瞳(め)を閉じれば 心の窓に過ぎゆく 思い出だけが悲しくて 涙のブラインド  次の扉を そっと開けてみたい 違う世界が そこに広がるでしょう 夢の続きは 私1人の手で 変えてみたいの どうぞ許して  あなたのこと 今も私 愛しているけれど 器用じゃない この生き方 何かが止まってた  いつのまにか 男の人に頼ってる そんな女になれなくて 別れを選んだ  次の扉を 開けた向こう側に 何が待つのか わかるはずもないのに 勇気を出して 歩き出した私 わがままだけど どうぞ 見ていて  次の扉を そっと開けてみたい 違う世界が そこに広がるでしょう 支えきれない 切ないさよならを 止めはしないで どうぞ 見ていて
また 会いましょう宇都美慶子宇都美慶子宇都美慶子岸正之素敵な夜をありがとう キュンとする胸の音 聴こえそうよ 会えたらいろんな話をしたかった でも上手くいえなくて いたずら好きの時間は Wo Wo 会うまでとても長かったのに こんなにも早く過ぎて  You've got a friend 会いたかった Loneliness そばにいてねいつでも こんなに楽しい夜は甘えていたい みつめてね Happy time あなたに支えられて いつでも笑顔でいれる 女でいたいわ  誰にも泣きたい時あるよね 昔から強がりな性格でも あなたと過ごせる一秒に 素直にね なれるから ほっとするの 一番星に願いをこめ 最高のロマンに 出会うため このひととき 忘れないで  You've got a friend 遠い星を Hold me tight つかみたいねいつかは どこまでも続く道を 走り続ける みつめてね Happy time あなたに支えられて いつでも笑顔でいれる 女でいたいわ  会いたかった Loneliness 今度逢う時までに 綺麗になってみせるわ 寂しさの分だけ みつめてね Happy time あなたに支えられて いつでも笑顔でいれる 女でいたいわ
さよならに愛してる山本達彦山本達彦吉元由美岸正之赤くなりかけた歩道を渡る 君を待ってた夕陽の街 話したいことがあるの、と言って 声震えてた昨夜の電話で 僕はすべて知ったのさ  君は傷ついてしまう恋選んでく 燃え尽きてもいいと 僕を求めた君より ずっと女になっていたよ せつないね さよならに とても愛している  微笑むくちびる 言い出せなくて 瞳をそらし泣きだしたね 歩きはじめてる危険な恋が 君の望んだしあわせならば 僕はここで見送るよ  何を悔やめばいいのか この瞬間に 胸張り裂けそうさ もしも戻れるものなら 今より強く抱きしめたい 悲しいね 想い出が 君を追いかけてる  二度とこの恋のために泣かないでくれ 振り向かずに行けよ 僕を求めた君より ずっと女になっていたよ せつないね さよならに とても愛している
世界中の時を止めて山本達彦山本達彦吉元由美岸正之世界中の時を止めて 大切なことを伝えたい だから今 僕の目を見て とても君を愛している ふたりで一緒に生きていこう 戸惑った顔をしないで  灼けた腰に咲くパレオのHibiscus ふたりだけの入江と冷やしたchampagne 何のお祝いなの?と いたずらに笑ったね  珊瑚礁のこの島へ 誘い出したわけを君は予感してる  抱きしめてもキスをしても この気持ちかたちにできずに せつなくてまた好きになる 風が凪いたその瞬間 神様がくれたチャンスだね 君だけに変わらぬ愛を  夕陽の砂浜 僕に背を向けて 踊るよう歩いてく 答えをじらして 名前を呼んだら波音に響いて 濡れた目で振り向いた なんて愛しい人さ  水平線にじませて 沈んでゆく今日を忘れずにいたいね  世界中の時を止めて 大切なことを伝えたい だから今 僕を信じて とても君を愛している ふたりはきっとうまくゆくさ 永遠の夏を過ごそう
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. Subtitle
  3. サウダージ
  4. 一途な女
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. FROG MAN
  3. Here We Go!!
  4. 倶に
  5. Blue Moon

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照