高柳恋作詞の歌詞一覧リスト  84曲中 1-84曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
84曲中 1-84曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もう僕らは虹を見て、綺麗だとは言わない。杉山清貴杉山清貴高柳恋杉山清貴小倉博和西陽がいまその頬に 睫毛の影を落とす 雨上がりの遊歩道 ざわめく春の匂い  次のひと言を口ごもる僕らは 事情とか常識とか 飽きるほど見慣れてきた  きみも僕も気づいてる 今夜は甘い孤独  話題 変えるのはきっと弱さじゃなく なにもかも欲しがるほど わがままな子供じゃない  もう僕らは虹を見て 綺麗だとは言わない 綺麗だとは言わない
桜散る谷本耕治谷本耕治高柳恋千田裕之稗島寿太郎叶わぬ願いを傷にして 素肌のどこかに隠し持つ あなたの名を呼ぶ虚しさに 着付けたばかりの帯を解く  ふくらんだこの胸を切り裂けば どんな心が見えるでしょうか  桜散る 桜散る はらはら舞い落ちてよごれてく 忍ぶ恋など散ればいい 花冷えの夜  襟足あたりで聞いていた あの日のあなたのささやきは いまでもおぼろの月のよう 消せない名残りが憎らしい  できるなら奪いたい そのために なにを捨てればいいのでしょうか  桜散る 桜散る さらさら音をたて壊れてく 散れば見上げる人もない 花冷えの夜  桜散る 桜散る はらはら舞い落ちてよごれてく 忍ぶ恋など散ればいい 花冷えの夜
奇跡のかけら木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ曖昧な地図を手に歩き続けた 大きな目印さえ見落としながら 星もない真夜中に手探りをした 幼い子供のよう 泣きながら眠った 荷物なんて空っぽで 失くしてもいい物だけ 君にめぐり会うための 呪文以外には 奇跡のひとつやふたつは持ってるのさ ここに ふたりがおんなじ時代に生まれ生きてるから 失敗を繰り返しザラつく心 小さな愛の歌でひとりごまかしてた あの日 君がいた場所へ たどり着けずにいたなら 今はどこにいるだろう 違う今日のまま 奇跡のかけらを静かに信じている 今も 世界の悲しみぜんぶを消せはしないけれど 奇跡は特別な人がつかむものじゃないと となりで君がそっと歌うようにつぶやいた 奇跡のひとつやふたつは持ってるのさ ここに ふたりがおんなじ時代に生まれ生きてるから 奇跡のかけらを静かに信じている 今も 世界の悲しみぜんぶを消せはしないけれど
Julia木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ髪に飾った花が潮騒に踊ってた 砂まじりのきみの口笛 聴いていた 桜色のペディキュア 濡れたスカートの裾 時を止める魔法を覚えた そんな気がした  Julia きみに出逢う前の Julia 僕は僕じゃなくて Julia きみと出逢ってから Julia 僕が僕になって 孤独という意味など知らない  もっと近づくためになにもかもかき集め 思い通りわがままになれと誰か言うけど  Julia そんな願いなんて Julia 叶えたくもなくて Julia どんな欲望さえ Julia 貧しいものにして 隣りにきみ以外にいらない  Julia きみに出逢う前の Julia 僕は僕じゃなくて Julia きみと出逢ってから Julia 僕が僕になって 孤独という意味など知らない
ニューヨークバウンド木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろつまらない小説を読んで 損したときみが拗ねてた Oh,no 機嫌を直すケーキも品切れで なにもできぬまま俯いた 欲望をふりかざすことが 自由だと信じてた夏 Oh,no 剥き出しの両腕は無防備なまま まだ愛の種類も知らずに Innocent Memories 戻りたいとは思わないけれど 微笑ましく懐かしくて 今はどんな景色の中で あの日の未来をきみは生きてる Bitter days アメリカへ行くと泣きながら 「ごめんね」とさよならのキス Oh, no 枯葉が舞う都会できみを見た時 ただ顔を伏せて逃げ出した Innocent Memories 想い出すたび泣きたくなる日々 必死だったなにもかもに 今はどんな夢を見ている 優しい誰かの笑顔のそばで Bitter days 知らないことも知ってるフリしてた 小さな嘘は罪でさえなく 積み木にして積み重ねて Innocent Memories 戻りたいとは思わないけれど 微笑ましく懐かしくて 今はどんな景色の中で あの日の未来をきみは生きてる Bitter days, bitter days
誰より君を知ってる木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ何気ない朝のコーヒーの香りに 誘われ目覚めた午前10時 若すぎた頃に見えなかったものが はっきり見えるよ今は 平凡に love me 素顔のまま hold me そっと抱いた come on, come on 急がなくていい 浮ついた心はひとつもいらない そのままでいい 誰より君を知ってる 起きぬけの夢は君とふたりきりで 知らない国へと旅をしてた 遠い日にずっと両手に抱えてた 野心が愚かに見える 平凡に love me 飾らないで hold me 時を止めて come on, come on 楽園が見える 欲しいものは全部もう持ってるから そのままでいい 誰より君を知ってる 平凡に 平凡に love me 素顔のまま hold me そっと抱いた come on, come on 急がなくていい 浮ついた心はひとつもいらない そのままでいい 誰より君を知ってる Love me 飾らないで Hold me そのままでいい 誰より君を知ってる Love me, hold me Come on, come on
夜のない時代木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ路地裏で英字の新聞紙に 包まれたビスケット 一度に頬ばり ふたり 見えないはずなのに未来 見通してる そんな気がしていたあの頃 君はまだピアスをしてなかった コーヒーに角砂糖ふたつ入れていた どこへ行くのか 行く先も知らず走っていた ふたりなら許されてた その若さで 夜のない時代がある 誰にも 沈まない太陽だけ信じて わけもなく(たいしたわけもなく)笑ったり(簡単に泣いたり) めまぐるしいキスにはしゃいでた いつからか雪のような無口や 心配が訪れて苦しくなるけど どうか不安の重たさに押し潰されないで 雨なんて痛くはない 濡れるだけで 夢のない時代はない いつでも つまらないもの ひとつも知らない そのままで(真っ直ぐそのままで)その道の(ずっと遠い先に) 今日の君と僕が待っている どこへ行くのか 行く先も知らず走っていた ふたりなら許されてた その若さで 夜のない時代がある 誰にも 沈まない太陽だけ信じて そのままで(真っ直ぐそのままで)その道の(ずっと遠い先に) 今日の君と僕が待っている 今日の君と僕が待っている
夏の桜木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろおめでとう 桜は春じゃなくても咲いて 旅立つ誰かの勇気 いつもいつも見守っている 東の風が天使の羽根みたいに ぼくらの頬をそっと撫でて通り過ぎる さよならじゃなくピリオドでもないんだ 新しい日の始まりが始まる いまほんの少しきみの背が高くなる 風上に向かい飛び立つ鳥達は綺麗だろう おめでとう 桜は生まれ変わる心に 静かに季節を越えてひらりひらりただ降り積もる 夜が明けても見える夢があるはず それは確かに手で触れられる夢 なぜ不安ばかり抱きしめてしまうのか 失うものなど初めからそれほど大事じゃない おめでとう 桜は春じゃなくても咲いて 旅立つ誰かの勇気 いつもいつも見守っている いまほんの少しきみの背が高くなる 風上に向かい飛び立つ鳥達は綺麗だろう おめでとう 桜は生まれ変わる心に 静かに季節を越えてひらりひらりただ降る いつもいつも見守っている ひらりひらりきみにただ降り積もる (夏なのに咲き誇る ひらひらと降り積もる)
背中に翼のないぼくらは木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ陽射しが睫毛に降り注ぐ 海岸 臨むテラス ふたりはガラス越しに見てる 明日の在り処を  背中に翼のないぼくらは 砂埃 浴びながら恋を歌う 振り返れば足跡を この星にただ記しながら旅路の途中  必ず思い出すのだろう つないだ手の温度や 何度も分け合ったくちづけ いつか遠い日に  背中に翼のないぼくらは 風上を目指して静かに歌う 明け方近くの夢の 夏の粉雪 夜の虹をきみに見せたい  高い空を飛ばない鳥達 たどり着く場所はきっと暖かい  背中に翼のないぼくらは 砂埃 浴びながら恋を歌う 振り返れば足跡を この星にただ記しながら旅路の途中 途中
5分先に何が待ってるのか木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ行く手に黒い雲 ハイウェイにゲリラ豪雨 僕達はずぶ濡れ 屋根が壊れて閉まらないんだ 君の乱れた髪 素肌まで透けるシャツに 鼓動が暴れてる 稲妻走るその真下で Oh,oh,oh,oh,oh 襲いかかる Oh,oh,oh,oh,oh 雨粒が痛い でも不機嫌なんて僕達の荷物じゃない いつも5分先に何が待ってるのか知りたくなどない そして5分先の君と僕に起こるすべての事が嬉しい タロット占いの雑誌には「最悪の日 何をしても無駄」と書かれてたけど破って捨てた 予定通りに進む人生はつまらないと 嵐を突き抜けて確かに聞いた 君の声を Oh,oh,oh,oh,oh 遊園地の Oh,oh,oh,oh,oh アトラクションみたい 水しぶきをかぶりカーラジオ ショートしそう たとえ5分先にどんなつらい事が待ってたとしても きっと5分先の君と僕は後悔など蹴飛ばし笑おう Oh,oh,oh,oh,oh 襲いかかる Oh,oh,oh,oh,oh 雨粒が痛い でも不機嫌なんて僕達の荷物じゃない いつも5分先に何が待ってるのか知りたくなどない そして5分先の君と僕に起こるすべての事が嬉しい
朧~ OBORO木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろ気づけば知らない丘の上に立ち尽くす 来た道も行方も夜に埋もれている 流れ星 探すほど子供じゃない 願いすべて 祈るだけで叶うはずもなくて 綺麗なペンキで壁に描いた明日は 鮮やかで甘くてキャンディーみたいだった 北風に膝を抱き想い出して懐かしくて きみを想い今夜 少し笑う  「おぼろの」月になる 真夜中にきみが迷い込んでも 足許を照らすぐらいなら 僕にでもまだ出来ると信じてる  どこかで誰かがその引き金を引くたび 擦り切れる心で泣きながら生きてきた たくさんの哀しみを積み重ねてたどり着いた ここがもしも楽園じゃなくても  「おぼろの」月になる 暗闇が意地悪く寒いけど いつまでも萎れない花が この先にきっとあると信じてる  月になる 真夜中にきみが迷い込んでも 足許を照らすぐらいなら 僕にでもまだ出来ると信じてる いつまでも萎れない花が この先にきっとあると信じてる
100の季節を越えて木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ木戸やすひろまだ体温が いまよりもずっと高くて 安いギターも ぼくらの微熱を真似してた  どんな未来を あの日みていた? 無邪気に追いかけたのは 追いつけない夢の背中  100の季節を越え 100の河を越え いつしかぼくらの 道が違っても 迷う寒い夜に 互いを呼び合い 必ずまた出会えると信じてた 今夜この場所で
青い青木戸やすひろ木戸やすひろ高柳恋木戸やすひろ岩崎元是・木戸やすひろいくつシャツを着替え 髪を何度も切り 爪をすり減らしここまで来たんだ  花が咲き乱れて 何も聞こえない 名前のない国には夏草が香る  青い青の空の真下で 胸を張って陽溜まりに立つ いつかぼくは綺麗に微笑むだろう 青に融けて消えるまで  何が美しくて 何が正しいのか そっと書き遺すペンを隠し持つ  青い青が溢れる場所に 暗い影も争いもなく 祈るように確かに歌い続ける 青に眠るその日まで  青い青の空の真下で 胸を張って陽溜まりに立つ いつかぼくは綺麗に微笑むだろう 青に融けて  青い青が溢れる場所に 暗い影も争いもなく 祈るように確かに歌い続ける 青に眠るその日まで
あなたのキスを数えましょう-You were mine-中島美嘉中島美嘉高柳恋中崎英也散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっとMissin'you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす?孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the nights and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
あなたのキスを数えましょう ~You were mine~フラチナリズムフラチナリズム高柳恋中崎英也フラチナリズム・水間調散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんなに近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the nights and days cure my feel of pain? “Please somebody, say” All of my heart is almost cryin' “In your eyes, in your sight, was it certainly my place?” Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんなに近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
あなたのキスを数えましょう~You were mine~ジェニファージェニファー高柳恋中崎英也TATOO散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the night and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
あなたのキスを数えましょう~You were mine~urata naoya (AAA)urata naoya (AAA)高柳恋中崎英也TATOO散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the night and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
あなたのキスを数えましょう ~You were mine~ feat.Alice童子-T童子-T高柳恋中崎英也あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった without you but you were mine  出会わなければ良かったなんて 思った事はないよ あったかくて 優しいキス I miss you ささいな距離が二人さえぎる 春は桜見に目黒川 何もいらない こうしていれるのなら 夏は日焼けしに 九十九里 水平線日が沈むゆっくり 秋は色づいた高尾山 山頂で眺めた美しい富士山 冬は時之栖(ときのすみか) イルミネーションに包まれて時が過ぎた つないだ手消していった孤独 ささやかな夢にいつか届く 信じて疑わなかった でも願いは叶わなかった  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった without you but you were mine  いつから?なぜ?どこで?すれ違った? 終了のベルはすでに鳴った? 聞こえてない、そんなはずはない また孤独なんて明日はない 雨がまた二人を引き寄せる 空は晴れて雪が溶ける 何度もリフレインぶつかるメロディ 惑わすよみがえるメモリー 約束が消える汚れてくカレンダー 望んでないのにまたケンカ 電話も入れ違う全部裏目に 最後に行ったんだ迎えに でも引き寄せられない運命 夜空あおぎ 追いかける流星 まるでほほつたう涙のように 去年は一緒に見上げたのに  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった without you but you were mine  ひとつ この部屋はまだあの頃のままで ふたつ 重なった服は寄り添って見えるのに 三つ四つ五つ ずっと続くはずだったリズム もう戻れないの  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった without you but you were mine  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった without you but you were mine
あなたのキスを数えましょう ~You were mine~KGKG高柳恋中崎英也散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚している  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the nights and days cure my feel of pain? “Please somebody, say” All of my heart is almost cryin' “In your eyes, in your sight, was it certainly my place?” Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
ドレスの下の狂詩曲(ラプソディー)石川秀美石川秀美高柳恋MICHAEL KORGENまるで接吻(くちづけ)さえも知らない子供のように 私の前で瞳 伏せないで ふたりきりの時間に脅えているあなたに 海へ漕ぎ出す勇気 教えたい  Catch a sign ねぇ苦しまないで Stand up mind 少しだけ素顔のまま  ドレスの下の狂詩曲 (rhapsody) 堪えきれない旋律 (melody) 微笑むだけが優しさじゃない 素肌はいつも親愛 (sympathy) 待たせないのが定石 (theory) 心に嘘をつき無口になる前に 言葉を替えて kiss me please  いつも約束ばかり欲しがるのが女と どこで覚えて来たの 哀しいね 指に触れて初めてわかるものだってあるわ 暖かさや切なさ 伝えたい  Catch a sign その手が掴むのは Say your mind 失くせば胸えぐる傷  ドレスの下の幻想 (fantasy) 戸惑うよりも情夫 (mon ami) 穏やかな未来は欲しくない 吐息はいつも推理劇 (mystery) 気づかぬままじゃ無情 (misery) たったひと言だけ“手に入れたいよ”って 台詞の中で Tell your truth  ドレスの下の狂詩曲 (rhapsody) 堪えきれない旋律 (melody) 微笑むだけが優しさじゃない 素肌はいつも親愛 (sympathy) 待たせないのが定石 (theory) 心に嘘をつき無口になる前に 言葉を替えて kiss me please
非売品(NOT FOR SALE)石川秀美石川秀美高柳恋MICHAEL KORGENグラスには冷えたマティーニ 指でかきまぜたあと 眠ってるあなたの頬 イニシャルをたどるの  言葉よりもっと確かな声で 愛してると伝えたいのよ  NOT FOR SALE, they are mine ショーケースに飾られた甘いキス NOT FOR SALE, days of wine リボンで結んだ吐息さえも 信じて あなた以外 誰も奪えない It's not for sale  オリーブをルージュ濡らし そっと口移した時 幸せはキミと同じ 味がすると笑う  仕草よりもっと心の奥が 捜してるよあなたの腕を  NOT FOR SALE, they are mine 鍵をかけ閉じ込めた胸元も NOT FOR SALE, days of wine さわれば動き出す鼓動さえも判って あなた以外 誰も奪えない It's not for sale  NOT FOR SALE, they are mine ショーケースに飾られた甘いキス NOT FOR SALE, days of wine リボンで結んだ吐息さえも 信じて あなた以外 誰も奪えない It's not for sale
夜のプール南佳孝南佳孝高柳恋南佳孝西脇辰弥星屑を散りばめた 夜のプール 両手で掬うきみは はにかみながらぼくを 名字で呼ぶ 胸の開いたドレスで  長い間 愛ばかり 大切にしすぎてた いつからか恋のしかたを 忘れて  夜露を浴びたせいさ 欲しいものを 言えない子供になり 手摺りにもたれたまま 昔話 その指にも触れずに  長い間 隠してた 想いならそのままに 吐息が聞こえる近さが せつない  月の雫に光る 街の灯り こんなに綺麗なのに 零れそうな言葉を 胸にしまい 南風を見ていた  長い間 見つめ合い 微笑んで近づいて 抱きしめるだけを恋とは 呼べない
星の船山崎育三郎山崎育三郎高柳恋渡辺雄一見上げた夜空がもしも霞んでたなら この両腕で雨雲をふり払う  君といればなんでもできる そんな気がするんだ ずっと隠していたその力 気づいたよ  星の船に乗って旅をしようよ カシオペアへ君を連れてゆく なぜ泣いたんだろう さっき交わしたキスは 時が流れても変わらない  大事なものほど手をすり抜けてゆくと 淋しい誰かの言葉を背を向けて  「幻じゃないんだ」と歌うようにくり返した 両手に抱きしめた体温は暖かく  星の船の上で君を抱いたら 重なり合い同じ夢を見る いつか遠い未来 沈黙に溺れても 今日のキスだけは忘れない  星の船に乗って旅をしようよ カシオペアへ君を連れてゆく なぜ泣いたんだろう さっき交わしたキスは 時が流れても変わらない
あなたのキスを数えましょう(New Recording)小柳ゆき小柳ゆき高柳恋中崎英也散らかった床の上うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす?孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin'you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Do the night and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' Yeah In your eyes, in your sight, was it certainly my place? Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine
哀愁トラベラー渡辺真知子渡辺真知子高柳恋渡辺真知子井上ヨシマサtraveler, traveler, traveler…  星空が歌うシャンソン 指に絡め取って あなたの唇に届けたい  離れた時に判るの あまりに近すぎて 誰もが見失うことを  信じたもの全てあなたの となりにあったの  愛・逢・哀愁 哀愁 traveler 飛んで還(かえ)るから受け止めて 見知らぬ街の片隅で 初めて気付いたあなたへの 最愛抱いて traveler  人は誰も一度だけ はばたく夢を見る 孤独は美しく映るけど  その手に入れた翼が 失くしてゆくぬくもりよりも 輝きはしない  心は吹くより速く あなたへ戻るの  愛・逢・哀愁 哀愁 traveler 生まれ変わるから間に合って そしてあなたのその頬に 淋しかったよと接吻(くちずけ)る 最愛抱いて traveler 哀愁 哀愁 哀愁 traveler  愛・逢・哀愁 哀愁 traveler 飛んで還(かえ)るから受け止めて 見知らぬ街の片隅で 初めて気付いたあなたへの 最愛抱いて traveler
私の春がはじまるSHOWTA.SHOWTA.高柳恋吉川慶西陽ざわめくプラットホーム 仲間とはしゃぐあなたの影が爪先に触れ もう会えないとわかってるのに 私はずっと息をひそめてうつむいていた  どうかこっちを見ないで 最後も 笑顔じゃなくて見慣れた背中がいい  サヨナラと桜が泣いてる 潔く散りゆくのがもし綺麗だとしても 人の笑い声歓声にまぎれて 少しだけ不幸せになればいいのにと願う 私の春がはじまる  いつか気づいてくれると願い 気づかれるほど私の嘘が下手じゃなかった  次の列車がもうすぐ着くこと どうしてそんな嬉しそうに告げるの?  サヨナラと桜が無邪気に 重そうな鞄を手に乗り込むあなたに舞う ベルが鳴り響きドアが閉じた後 いつだって好きだったとため息がこぼれたこと あなたは決して知らない  サヨナラと桜が泣いてる 潔く散りゆくのがもし綺麗だとしても いつか笑い声 歓声も途絶えて ぼんやりとおぼろ月が輪郭もなく輝く あなたの春がはじまる 私の春がはじまる
あなたは私になる福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋佐々木章広い縁側には熟れた西瓜と冷えた麦茶 庭の柿の木には赤い実が揺れる  指でさわってみた柱の傷はまだ小さく いつも髪をゴムで結んでいた日々  泣き虫だときみに言われわざと泣いて期待に応えた 手をつないだその感触がほんのり残ってる  きっと私はあなただった 遠い記憶だけど そんな些細な事実がなんだかうれしい  こんな静かな午後 物干し竿にトンボの群れ 壁に留めた写真 赤いランドセル  あの日そっと夢見ていた未来と今 少し違うけど 大丈夫さ そのまま進みここにたどり着いて  いつかあなたは私になる その時よかったと 思えるような私でいるからいつでも  裏山から蝉時雨が風に乗って西へ流れてく 夕方までここに座って雲を眺めてるよ  いつかあなたは私になる その時よかったと 思えるような私でいるからいつでも  裏山から蝉時雨が風に乗って西へ流れてく 夕方までここに座って雲を眺めてるよ  いつかあなたは私になる その時よかったと 思えるような私でいるからいつでも
うせろ!涙福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋谷本新No more sadness, no more weakness, you need happiness  夜空を見上げた彼女のマツ毛が 震えてるのは寒い夜のせい? カーディガンかけてあげる  失くした希望はそんなトコじゃなく もっと近くに落ちてるはずだよ 冷蔵庫の下とか  この世からうせろ!涙 瞳の敵は 油断してると調子に乗るから 100万ワットの笑顔をあげるよ 闇夜にLight on  No more sadness, no more weakness, you need happiness  泣いただけ人はキレイになれると 誰かの嘘を信じちゃダメだよ 苦しみを美化しないで  この世からうせろ!涙 か細い腕に 戦うチカラちゃんと宿ってる 100万馬力の拳を握って 明日へLock on  No more sadness, no more weakness, you need happiness  私がいつでもそばにいることをどうか忘れないで  この世からうせろ!涙 瞳の敵は 油断してると調子に乗るから うせろ!涙 か細い腕に 戦うチカラちゃんと宿ってる 100万馬力の拳を握って 明日へLock on  No more sadness, no more weakness, you need happiness
午前3時に夕焼けを福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋谷本新寝ても覚めてもいつでもあなたを見つめたい 恋をした人はみんな多忙なスケジュール  タンポポ咲き乱れてる花畑を逃げ回るのは ジャンケンをして私が勝ったから あなたの手 振りほどいて走る  笑い声しか聞こえない 空に飛行機雲 フワリと踊る綿毛  夢か現か知らない そんなの放っておく 求めるものはここにあるから I can not stop my dream  岬を見おろす丘に腰をおろしコーラを飲んで 肩を並べて絵本を開いたわ 耳たぶにガラスのイヤリング  水平線にタンカーが日向ぼっこしてる 大きなクジラみたい  事実でも空想でもたいして変わらない 心にあるものすべてを信じたいよね 夢か現か知らない そんなの放っておく 求めるものはここにあるから I can not stop my dream  午前3時に夕焼けを一緒に見る奇跡 同じ寝息の中で  寝ても覚めてもいつでもあなたを見つめたい 恋をした人はみんな多忙なスケジュール 夢か現か知らない そんなの放っておく 求めるものはここにあるから I can not stop my dream
あなたが好き福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋谷本新朝から紅茶を着替えたシャツにこぼしついでに お砂糖の瓶を床に落として中身ばら撒く  微熱がひかない 風邪じゃないよね 起き抜けの夢であなたを見てたから  恋とか愛とかいくつかしてきたのに ただひとつだけ慣れたのはさよなら告げられることぐらいで 「好き」とか言えたら少しは変わるのかな 打ち明ける勇気はどこで売ってるのでしょう 教えてよ 誰か知ってるなら  口紅の色も今日の靴も決められないんだ これからあなたに会うわけでもないのにどうして  自分が自分じゃなくなるみたい 脈拍も気づけば少し速すぎる  恋とか愛とか何度もしてきたのに 今までのとはずいぶん違うから戸惑って怖がってる 大事にしすぎて足踏みしてるうちに 誰かに盗られたらそれほど哀しいことは ないでしょう わかっているのにね  恋とか愛とかいくつかしてきたのに ただひとつだけ慣れたのはさよなら告げられることぐらいで 「好き」とか言えたら少しは変わるのかな 打ち明ける勇気はどこで売ってるのでしょう 教えてよ 誰か知ってるなら そんな勇気はどこに売ってるのでしょう 教えてよ 誰か知ってるなら  La la la la La la la la...... あなたが好き
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
North Bound~クリスマスでもないのに~福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋小田原友洋乗客はまばらで4人掛けの席に 脱いだ革のコート 投げ出した両足  枕を破き朝まで泣いた数時間前のことが どうしてかな 遥かな昔みたいで  窓越しの雪景色が華やぐ クリスマスでもないのに綺麗ね 冷たいガラスに頬を押しあてればきみが記憶になる  幼いキスをしてソファーで抱き合った 風邪をひいた日には優しさが怖くて  「好き」と言えない自分の弱さ イヤで当り散らしたり きみの愛に甘えていたよ いつでも  降り積もる雪の白さでどうか私のわがままを塗りつぶして ボタンを掛け違えたことが悔しい きみを愛していた  終点まで行きたいんだ もう途中下車はしないよ お願い連れてってほしい きみがいない街へ  舞い踊る粉雪がはしゃいでる 今日はそんな気分じゃないのにね きみを諦めるのがきみのためならきっとできるよ  窓越しの雪景色が華やぐ クリスマスでもないのに綺麗ね 冷たいガラスに頬を押しあてればきみが記憶になる
Days Of Kisses福井裕佳梨福井裕佳梨高柳恋谷本新いつだって手を伸ばせば触われたんだ きみの背中 じゃれ合ってキスだって当たり前だったよ あの日を誰か返して  冷たい木枯らし吹き荒れる午後にも 小川に溢れる雪融けを見ても 「永遠に変わらない」と言ったきみを想い出す  いつだって絡めていたこの右手の行き場はなく ジーンズのポケットにギュッと押し込んでる どうしてきみがいないの?  桜が咲いてもハラハラと散っても ツバメが鳴いても夕立の日にも 陽炎を捜すようにきみを捜して名前を呼ぶよ  色づく街並み うろこ雲を見上げ 枯れ葉を踏みしめ歩いた小道で 「いつまでも一緒だよ」と言ったきみを想い出す  季節は移ろう きっと永遠はない そんなことは知ってるのに  窓辺に浮かんだオリオン座を見ても 小雪がちらつく聖なる夜にも キャンドルの火を頼りのきみを捜して名前を呼ぶよ  冷たい木枯らし吹き荒れる午後にも 小川に溢れる雪融けを見ても 「永遠に変わらない」と言ったきみを想い出す
あなたのキスを数えましょう~You were mine~杏里杏里高柳恋中崎英也清水信之散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the night and days cure my feel of pain? “Please somebody, say” All of my heart is almost cryin' “In your eyes, in your sight, was it certainly my place?” Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触われたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
ファンファーレが聴こえる生稲晃子生稲晃子高柳恋後藤次利ファンファーレが響く中で さよならのキスをしたいね 涙なら胸の奥 ダムのよにせき止めて  ボン・ジョヴィでも歌いながら 力まかせ握手をして ヤケだっていいじゃない 泣くなんて似合わない  春が苦しいのはいろんな別れを 恋人達のもと ah 風が運ぶせいね  まるで卒業式だね気がつけば 桜が舞う季節が訪れる 人は誰もみな旅立つ時 笑顔つくる寂しさ知るの  帽子を空に放り投げ 馬鹿騒ぎもいいと思う いつかしらキミと観た 映画など真似してさ  乾杯のマルガリータが なんとなく塩からいのは 駆け込んだレストルーム 少しだけ泣いたせい  もうしばらく腕を組んでもいいかな? キミの暖かさを ah 覚えておくために  まるで卒業式だね明日から 同じ道を並んで歩けない 出逢いと別れは同じ数よ 片方ばかりじゃないねきっと  まるで卒業式だね明日から 同じ道を並んで歩けない 人は誰もみな旅立つ時 笑顔つくる寂しさ知るの  ファンファーレが響く中で さよならのキスをしたい Graduation ceremony tonight
人魚伝説石川秀美石川秀美高柳恋和泉常寛岩崎文紀朝陽を待つ防波堤 ジョークでごまかしても アスファルトの風にその声が 小さくふるえている  接吻をためらわないで 背中にささやいた  In your eyes もうすぐ高気圧が東の空を染めるから Hold me tight 両手で心まで抱きしめて マーメイドになりたいの 早く………  眠っている海岸通りも ざわめき出す時間ね  1秒がこんなに長い あなたに見つめられ  In your eyes 瞳に滑るヨットを映し好きと伝えてね Hold me tight 弾けたマリンブルーの中で マーメイドになりたいの すぐに………  In your eyes もうすぐ高気圧が東の空を染めるから Hold me tight 両手で心まで抱きしめて マーメイドになりたいの  In your eyes 瞳に滑るヨットを映し好きと伝えてね Hold me tight 弾けたマリンブルーの中で マーメイドになりたいの すぐに………
プライヴェード ヌード石川秀美石川秀美高柳恋MICHAEL KORGAN受話器の向こう 不機嫌な voice 午前2時の mid-night call 出窓を叩く こぬか雨が 寂しくてかけたの  今すぐ会いたい lovers mood タクシー拾って please soon 電話じゃ足りない private nude あなたに見せてあげたいから  わがままだよと あなたの声 今日だけは許して 何故かはぐれてしまいそうで 涙さえ零(こぼ)れて  心が呼んでる lovers mood ふたりの距離が long distance 言葉じゃ足りない private nude あなたの腕で眠りたいの  やがてびしょ濡れのあなたが ドアをノックするの  今すぐ会いたい lovers mood タクシー拾って please soon 電話じゃ足りない private nude あなたに見せてあげたいから
HANABI~8月の日~未来-MIKU-未来-MIKU-高柳恋酒井ミキオ大野宏明手をつないだらココロがふるえた まっすぐ視線も合わせられずに あの夏草のむせ返る匂い 蝉時雨がうるさかった 8月の日  はかなく揺れる陽炎に溶けてくきみが 夢じゃないこと願ったんだ  ぼくたちは生きる意味などわかるほど利口じゃなくて いつもなにか起こるたびにただとまどうけど 夕立が地面を叩く音でかき消されたきみの あのひと言 忘れないよ ココロに傷跡みたいに  窓のりこえて夜の公園へ ベンチに隠れて交わしたキスに 目を閉じたこといまも思い出す 逃げたようで悔しかった 夏の終わり  ずっと消えない花火などキレイじゃないと きみは未来を言い当てたね  さよならが訪れた時 ぼくたちはふたり笑った 見えるものが急にぜんぶ色あせてくから 恋よりも大事なものはきみといたすべての時間 半分ずつ持って行こう 遥かなこの道の先へ  ぼくたちは生きる意味などわかるほど利口じゃなくて いつもなにか起こるたびにただとまどうけど 夕立が地面を叩く音でかき消されたきみの あのひと言 忘れないよ ココロに傷跡みたいに
Rain堀江由衣堀江由衣高柳恋松岡モトキ午前5時 窓をノックする 雨音で目が覚めた朝は 肌寒さにふるえながら あなたを想うよ  胸の奥の気温が少し上がる 雨は不思議なチカラ 独りだって孤独じゃないんだ  寝転んだ畳の匂いに 想い出す まだ少女の頃 ビー玉 手にかざしながら 未来うらなった  あの日 見えた背中はあなたでしょう 雨は不思議なチカラ 忘れていた記憶さえ呼ぶよ  胸の奥の気温が少し上がる 雨は不思議なチカラ 独りだって孤独じゃないんだ
曇りのち晴れSAY・SSAY・S高柳恋清岡千穂導火線がこげる音さ yeah yeah yeah この手でいま火をつけたよ yeah yeah yeah 道に迷って 膝をかかえるぼくと君のために 遠い昔 抱きしめてた yeah yeah yeah 宝物がどこかにある yeah yeah yeah  あの日の夢はまだ壊れちゃいないさ きっときっと  Ah キスの仕方さえ知らない頃に 陽射し浴びながら 君の胸を見ていたよ  叫びが喉にからまっていた 決して忘れちゃいけないね 遠いあの日のこと ほほえみばかり覚えてゆく そんな弱いぼくらだけど  導火線がこげる音さ yeah yeah yeah この手でいま火をつけたよ yeah yeah yeah 木綿のシャツをセールに変えて 君と旅に出よう Good-bye cloudy nights hello shinin' days 海風が吹くのを信じてるよ  Ah 子供の頃 ah 見てた夢は ガラクタじゃないのさ 今も光ってる  海風が強く吹いたらセールをあげて 胸を張るのさ 未来が見えないことはみんな同じさ 嘆いてちゃダメ 宝物などみつからないよ 海風が強く吹いたらセールをあげて 胸を張るのさ ホントのぼくを捜せるはずさ 
あなたのかけら華原朋美華原朋美高柳恋Vincent Degiorgio & Gary CarollaJin Saito夜を待ちわびていた恋人達が キスをする頃 灯りもともさない部屋で 声が嗄れるまで泣き叫んだ  ちぎったカーテン その向こうに三日月  あなたのかけらをください 今日まで愛された 確かな証拠がなければ なにもかも消えちゃいそうで  Give me your part of piece  見た夢を教え合い笑ったのは いつだっただろう コーヒーをこぼしたシャツが乾くまで 抱き合ったのはいつ?  ずいぶん昔に 起きた出来事みたい  あなたのかけらをください 形のある物を 想い出だけで生きてゆくなんて まだ出来そうにない  叶うのなら その手に触りたい 誰かの物になる前に もう一度だけでいいから Give me your part of piece  あなたのかけらをください 今日まで愛された 確かな証拠がなければ なにもかも消えちゃいそうで  叶うのなら その手に触りたい 誰かの物になる前に もう一度  あなたのかけらをください 形のある物を 想い出だけで生きてゆくなんて まだ出来そうにない  Give me your part of piece
Ready LadyDOGGY BAGDOGGY BAG高柳恋Harry KarklandHarry Karklandカレシにフラれてぼろぼろだってね よく似た事情は多々あるでしょう 選り好みして外れたクジさ ヘコんでるような場合じゃない  人生 語れるほどに利口じゃない僕らの武器は 転んですり剥いた膝の痛さを知っている 唾をつけりゃ治る強さ  明日なんて寝てりゃ来るさ 未来は近い 前を見なきゃ出口さえないや 理屈なんて蹴っ飛ばして顔を洗ってもっと綺麗になりなよ 開かないドアはこじ開けりゃいい Ready lady, you must go on  もし僕でよけりゃいいよなぐっても 気が済むのなら それもありだろう そこそこ手を打つ次回の恋が 極上の愛かもしれないし  勇気や元気なんてさ 言葉にすりゃ虚しいけれど 誰でも似たようなもんはちゃんと持っているんだ それくらいは信じたいね  明日きみを連れ出すから用意しててよ 悩むなんて楽しくはないや 地平線が見える場所へ2人で行こうか もっと気楽にやりなよ 想い出なんて踏み潰しゃいい Ready lady, you must go on  罪深いかもしれないけど常識じゃ計れない手段 滅入った時には誰かを利用してもいいんだ みんなひとりきりじゃないね  明日なんて寝てりゃ来るさ 未来は近い 前を見なきゃ出口さえないや 理屈なんて蹴っ飛ばして顔を洗ってもっと綺麗になりなよ 開かないドアはこじ開けりゃいい Ready lady, you must go on
LUCKY GIRL新谷良子新谷良子高柳恋小泉誠司小泉誠司道に落ちてる石ころを 大事にポケットにしまって この星の一部を手に入れた  たまにはつらいこともある そのたび泣いてたら身体が いくつあっても足りないわ  このはてしない空の 真下でみんな生きているんだ  Lucky girl 夢にも賞味期限はある ひからびる前に食べてしまおう Lucky girl 幸運などめずらしくない そこらじゅう転がってるじゃない  心の中に星屑を みんな誰でも持ってるんだ ひとりひとり宇宙を抱いてる  ほんの小さなカでも 数をかき集めればきっと できないことなんてないさ  どんなに考えても 知らないことはわからないよね  Lucky girl 100万カラットのダイヤも 貧弱に見えるくらい笑って Lucky girl 明日は明日の風に乗り あたし達どこまで行こうか  Lucky girl 夢にも賞味期限はある ひからびる前に食べてしまおう Lucky girl 幸運などめずらしくない そこらじゅう転がってるじゃない
月に叫ぶ米川英之米川英之高柳恋米川英之デキレースにやっと勝っただけでおだてられ 浮かれる情けない奴を横目にすり抜ける  汚れている拳は拭いてもキレイには ならない 世の中そんな簡単じゃたぶんないだろう  暗い月叫ぶのは 愚痴を言うためじゃないよ 自分が誰かを知りたいだけさ I do wanna hold you tight  また誰かが理由のない言葉もてあそぶ 言いたいこともないくせにさ 何を怒鳴っている?  傷つけてもいいものなど何もないはずさ そんなに蜂蜜ばかり舐めてると毒に変わるだろう  暗い月に祈るのは続く不条理の終わり 想いを伝える言葉に代えて I do wanna hold you tight  確かなものを欲しがるのはやめよう 僕達は迷えばいいんだ  Gimmie nothing I don't wanna get it Spotlight, gold and diamond except the truth Nobody knows me, I knew it What you trust me is my wish I'm searchin' for my days  月に叫ぶのは愚痴を言うためじゃないよ 自分が誰かを知りたいだけさ I do wanna hold you tight
Try To Wish ~キミに必要なもの~西端さおり西端さおり高柳恋植松伸夫井上日徳唇かみしめ震えだす肩 言葉じゃないよね キミに必要なもの 私ならここにいる 痛さを隠さないで 傷ぐらいじゃ心は 少しも汚せないんだ Try To Wish 願いは必ず叶う どんな苦しみも力に変えてみせる We have to wish  乾いた地面に咲く花を見た ふたりがそんなに弱くはない証拠さ 自分のためじゃなくて キミのために泣きたい 流す涙はきっと この星の水になれる Try To Wish 願いをあきらめないよ どんな今日であっても明日は違うはずさ We have to wish  Try To Wish 願いは必ず叶う どんな苦しみも力に変えてみせる We have to wish Yes, we have to wish
Sad SongTinaTina高柳恋NieveAkira Nishihira時間を誰か止めて 今すぐ  落ちてくような甘いキスほど胸は不安になるの 失くしたくはないと望んだものほど失くしそうで Must believe my truth  砂漠よりも乾いた街があなたの瞳 映る 欲しい物をなんでもあげる だから近くにいさせて I wanna share the shame with you  哀しい歌はもううたわないで 現実になるのが怖いから 弱い女だなんて笑わないで なんでも起こる世の中でしょう 泣きたくはない誰も Please don't make me blue  優しさだけもてはやすなどきっと間違いでしょう 叫ばせてよ 掠れた声であなたの名前 夜更けに その両手に閉じ込められて素敵な夢を泳ぐの Stay by me,you've got a rule  哀しい歌はもううたわないで 力がもし私にあっても 未来を変えてみたいなんて思わないわ あなたのために生きてたいだけ まっすぐに見つめてよ  どうして良くない夢ばかりを見るのでしょう 浮かれるだけの愛じゃこんなに愛せない Nobody knows how I wanna love you Such a sad song,won't you never sing? 時間を誰か止めて Stop that sad song
初愛郷ひろみ郷ひろみ高柳恋筒美京平CHOKKAKU窓にギラギラと原色のネオン まるでどしゃ降りの雨みたく注ぐ部屋で  その濡れた肌 からみつかせて踊る 甘いタンゴの吐息を混ぜて これ以上 近づけないほどそばにいよう  愛も哀しみも同じさ 胸がせつなくて泣くから もっと好きになるにはどうすればいい 身体じゅうの曲線を合わせてどんな隙間さえなくして 抱き合う 情熱なんて焦がすほど  きみに見つめられ呪われる魔術 刻む1秒が光より速く過ぎる  何が欲しいと聞かないでくれ きっと 何もいらない 夢も明日も 明けない夜がもしあるならそれが欲しい  愛がこんなにも苦しい 息も目瞬きもできない こんな気持生まれて初めて知った きみに出逢う前までに覚えたことが役に立たないのさ ずいぶん生きてきたのに悔しいよ  愛も哀しみも同じさ 胸がせつなくて泣くから もっと好きになるにはどうすればいい 身体じゅうの曲線を合わせてどんな隙間さえなくして 抱き合う 情熱なんて焦がすほど
あなたのキスを数えましょう~You were mine~PLATINA LYLIC小柳ゆきPLATINA LYLIC小柳ゆき高柳恋中崎英也散らかった床の上 うずくまり膝を抱いた 守れない約束がカレンダー汚してる  こんな日が来るなら 抱き合えばよかったよもっと Missin' you  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  髪の毛を束ねても昨日とは違う顔で 何をして紛らわす? 孤独とか不安とか  すごく好きだったよ それだけは変わらない事実 Missin' you  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine  あなたのキスを忘れましょう 嫌いになって楽になって 夜を静かに眠りたい I'm alone and you were mine  Do the night and days cure my feel of pain? Please somebody, say All of my heart is almost cryin' “In your eyes, in your sight, was it certainly my place?” Tell me please the reason of your love for me Can I cry now?  あなたのキスを数えましょう ひとつひとつを想い出せば 誰よりそばにいたかった Without you but you were mine  あなたのキスを捜しましょう あんな近くに触れたのに 出逢わなければよかったの? Shiny days when you were mine
キミがいればPLATINA LYLIC伊織PLATINA LYLIC伊織高柳恋大野克夫大野克夫うつむくその背中に 痛い雨がつき刺さる 祈る想いで見ていた  この世にもしも傘が たったひとつだとしても 捜してキミに渡すよ  なにも出来ないけどキミの代わり 濡れるくらいわけもないさ  お願い その悩みを どうか私に打ち明けて  必ず朝は来るさ 終わらない雨もないね だから自分を信じて  月と太陽なら私は月 キミがいれば輝けるよ  ひとりで背負わないで 気づいて 私がいること  もうすぐ その心に きれいな虹が架かるから  もうすぐ その心に きれいな虹が架かるから
口笛が聴こえる飛影(檜山修之)飛影(檜山修之)高柳恋赤塩正樹山本健司口笛が聴こえる 昨日よりも遠くで とぎれ途切れのかけらを集め 右手に握りしめそっと目を閉じる  ナイフのように月灯りが降り出す 地平線も凍てつく夜さ 膝を抱いてそんな荒野にいまひとり 風の歌に耳を澄ましてる  眠れない夜を知らない奴は 強くはなれない それがルールさ  口笛が聴こえる 星空より遠くで それは誰かの祈りの言葉 右手に握りしめそっと目を閉じる  孤独よりももっと淋しいものは その孤独に気づかないこと どんな冷えた夜の大地もその下に 暖かさを隠しているのさ  籠に囚われた鳥でいるより 名前も知らない石ころになれ  口笛が聴こえる 昨日よりも遠くで とぎれ途切れのかけらを集め 右手に握りしめそっと目を閉じる 口笛が聴こえる 星空より遠くで それは誰かの祈りの言葉 右手に握りしめそっと目を閉じる  右手に握りしめそっと目を閉じる
一本気アスカJr.(岡野浩介)アスカJr.(岡野浩介)高柳恋岩垂徳行人生はいつもミステリー シャーロックだってお手上げ 迷宮入りの事件に 挑戦しようオレ達 走らなきゃ見つからない恋も犯人も  Try to chase 追いかけよう 転ぶ前に転ぶことを 「考えてんじゃねえよ」  遊ぶのなら六本木 だけどオレは一本気 青春が逃げてくのを ボーッと眺めてちゃダメさ 止まれと言われて 止まる犯人はいない  Try to chase 走り出そう 涙も汗もそんなには 「変わりゃしねえって」  単純なことさいつも ジャンジャン元気をだして 難解な謎をぜんぶ バンバン解けばいいのさ 腕を組んで暗い目で悩んでる前に  Try to chase 動き出そう 雨にも風にも負けずに「頑張れ!」
8時10分~世界が待ってる~佐渡真人(森川智之)佐渡真人(森川智之)高柳恋葉山宏治見あげてごらんよ 輝く夜空を いちばん明るいあの星がオレさ となりに寄り添うあなたが光る それは新しい星座さ 名前ふたりで考えよう 便座 青アザ キザ 宅配ピザ  世界が待ってる 選ばれた主役の登場 ハッピーエンドへまっしぐら ドラマが始まる  夢見る瞳に番茶で乾杯 あなたは生まれた オレに出逢うために どうして泣くのさ こんな台詞で ティッシュやるから鼻かめよ 恋は複雑 巨大迷路 罪をまたひとつ増やしたオレさ  世界がうらやむ 祝福とジェラシーを混ぜて 拍手の嵐がとまらない ふたりのまわりで  そんな夢から目覚めたら 8時10分 今朝も遅刻だ  世界が待ってる 選ばれた主役の登場 ハッピーエンドへまっしぐら ドラマが始まる
6月の卒業式安部恭弘安部恭弘高柳恋安部恭弘細めのタイを結んでキャメルのスーツ お前も胸にカトレアを飾って  卒業式には季節はずれでも ため息を覚えてしまうまえに  See ya again, shake your hands また会えると信じている See ya again, start again 6月の風に吹かれて 旅立てよ  長い間 河が淀むように 寂しさにさえ甘えて来たけれど  お前が今より素敵になるなら シャンパンで門出を祝うのもいい  See ya again, shake your hands 生き様に素直なだけさ See ya again, start again 胸を張って午後の街へ 旅立てよ  卒業式には季節はずれでも ため息を覚えてしまうまえに  See ya again, shake your hands また会えると信じている See ya again, start again 6月の風に吹かれて 旅立てよ  See ya again, shake your hands 生き様に素直なだけさ See ya again, start again 胸を張って午後の街へ 旅立てよ
Sweet Charity南佳孝南佳孝高柳恋南佳孝新しいタップ・シューズ 胸にかかえて 42丁目のバーガー・スタンドでディナー タイムズスクエアに開演ベルが お高貴いブロンドを真似して響くのさ  I wanna win and I will カーテン・コールを浴びてきっといつかは I wanna get a spotlight フィナーレにソロダンスを踊る日を  One night success チャンスはそこら中に 信じてる  夢はリムジンとサンタモニカで ひと夏のヴァカンス 裸足で過ごしたい 最後の小銭でボールモールを 今は買うけど明日は違うのさ  I wanna dance on the street ブロードウェイに背中を向けて I wanna let heart be moved アパートメントまで踊りながら行くさ  One night success チャンスはそこら中に 待っている 聖者よりも確かな One night success チャンスはそこら中に
柔らかな午後南佳孝南佳孝高柳恋南佳孝ライムとシャンプー忘れたから 国道南へ戻ろう カブリオレの隣りの君に 胸騒ぎなど少し  マーケットの駐車場 君を待てぱ 陽射しに誘われ居眠り 子供の頃とおんなじようだね クロールで空とんだ  あの頃ラジオに涜れてたのは いつでもスローなバラッドばかり  助手席の君が陽射しを背に 口笛鳴らしているけど まぶしすぎて微笑みさえも 泣いてるように見えた  あの頃信じるものが多すぎて 素敵な痛みを忘れていたね  風が駆け抜けるペントハウス ソファーに寝そべりジンフィズ 2時間前の電話で聞いた さよならを飲み干すよ  長い夢から醒めた…
True ParadiseONE STEP COMMUNICATIONONE STEP COMMUNICATION高柳恋Hiroyoshi Yanoプールサイドを君が歩いてく 派手な水着でまるで人魚さ やがて飛び込みあがる水しぶき 虹がかかった午後のホテルで  心まで裸になろうよ 愛を今飾らずに  夢見た楽園はここにある 旅をして捜すなんて愚かさ 目を閉じて見つめれば 本当の愛はきっと見えるよ True paradise  25階の部屋の窓越しに 見降ろした街ココナッツ色だね  街路樹にふたり魔法かけて 南国のヤシになれ  夢見た楽園はここにある たどり着くなんてすぐにできるさ わがままにキスをして 強く抱き合えばきっと行けるよ True paradise  今楽園はここにある 旅をして捜すなんて愚かさ 目を閉じて見つめれば 本当の愛はきっと見えるよ It's the paradise  楽園にたどり着くなんてすぐにできるさ わがままにキスをして 強く抱き合えばきっと行けるよ You and I True paradise
1000の砂漠寺田恵子寺田恵子高柳恋寺田恵子笹路正徳高層ビルの陰に隠れ ニヤつく声が響く 飢えた子供の澄んだ瞳を 盗んだ奴が笑う  自由な手足が恵みを欲しがる 誰より満たされたいと  今1000の砂漠押しよせ どんな湖さえ飲み込んでゆくよ なぜ1000の瞳そらすの どうか教えてすぐ何を歌えばいい  善人気取るつもりはない ワルぶる気分じゃない テレビが映すあの子達の 声が聴こえただけさ  恋人同志が無邪気につぶやく あなたしか欲しくないと  今1000の果実集めて 枯れてゆく花さえ気づこうとしない なぜ1000の鼓動消えたの どうか教えてすぐ何を救えばいい  今1000の砂漠押しよせ どんな湖さえ飲み込んでゆくよ なぜ1000の瞳そらすの どうか教えてすぐ何を歌えばいい 1000の果実集めて 枯れてゆく花さえ気づこうとしない  どうか教えて何を歌えばいい どうか教えて何を歌えばいい
舞い降りた嘘寺田恵子寺田恵子高柳恋寺田恵子笹路正徳言葉より信じた あなたのひたむきなその瞳 同じ夢を見て同じ 朝を迎えた  いま壊れてく音さえ立てずに そんなちっぽけだったの あの日のきずながひび割れてく  嘘に血がにじむまで叫んだ 拳にぎり泣いた 泣いた なぜ奪ってくのあたしから 誰か教えて  たったひとつの嘘 綿毛みたいに舞い降りてきて あなたはその掌を 無邪気に出した  もう月さえ見えない世界が まるで死に絶えたあと 取り残されたようで淋しい  唇をかみしめ暴れた 寒い胸を抱いた 抱いた 何をしたというのあたしが 誰か教えてよ  嘘に血がにじむまで叫んだ 拳にぎり泣いた 泣いた なぜ奪ってくのあたしから だれか教えてよ  今夜 死んでもいいと思った 細かいナイフ抱いた 抱いた 誰が傷つけたのあたしを 命きえるまで
女は火薬でできている寺田恵子寺田恵子高柳恋笹路正徳笹路正徳今にも壊れそうな エンジンがたつかせて 地平の果てを越える あたしのバスが走る 旅に地図はいらないさ  シートにあぐらかいて 誰かがギター鳴らした アドリブ歌うあたし 酒瓶マイクにして 旅に終わりはないさ  夢がキスが明日が欲しけりゃ すべてここにあるさ  女は Hip bomb 火薬でできてるのさ だから淋しさのかけらさえないさ  ふともも見せびらかし 歌えば男達の 下品な視線しゃぶりつくのさ 抱きたきゃ奪えばいい 旅に理屈はないさ  裏切りなんてないのさここには 楽しみましょうすぐに  あたしは Hip bomb 火薬でできてるのさ だから吹き飛ばせる未来も過去も  女は Hip bomb 火薬でできてるのさ だから今夜しかいらない あたしは Hip bomb 火薬でできてるのさ だから淋しさのかけらさえないさ Oh bomb for you
同じ匂いがした寺田恵子寺田恵子高柳恋小原礼笹路正徳缶ビール手に親指たてて停めた トラックの荷台に揺られながら旅をした 知ってるだけジョーク集め 荷物なんてポケットの中 ルージュひとつ  暗い夜が来てふたり星空の下 噛むようなキス やがて下着を脱いだね 同じ汗の匂いがした 不安なんてかけらさえもなかったのに  煙草に火をつけて窓辺に頬杖 遠くを見ていた 遠くを  あんな近くで見つめてた横顔も 想い出せなくて思わず吹き出したくなった 今はどんな可愛い娘が あの背中で夢を見るの 何色かしら  煙草のけむりが空まで流れた あの日に小さなため息ついた 煙草に火をつけて窓辺に頬杖 遠くを見ていた 遠くを 煙草のけむりが空まで流れた 遠くを見つめてさよなら告げた
インモラル寺田恵子寺田恵子高柳恋寺田恵子・MICHIAKI SUZUKI笹路正徳海に浮かぶ未来都市にキングコング現われ 罪もない女の悲鳴 街に渦を巻く夜明け  路地裏でふたりは軽いキス 交したそのあと あまりに愛しくてあたしあなたを食べたくなる  It's immoral, it's immoral 裸の旅人が両手を縛られて連れ去られてゆくわ It's immoral, it's immoral あたしは子宮で恋してのけぞって月へと旅してた  こんな夢は続いてゆく ありったけのわがままで飾って 夢の中じゃ許されてる 重い罪のすべてを  誰かがピストルを構えひきがね引くあたしに 自殺か他殺かポリスが頭なやませてるわ  It's immoral, it's immoral やがて来る津波に飲まれてたどり着くあたしの行く先は It's immoral, it's immoral 冷たい鉄格子にまわりを囲まれた黄色い花畑  今夜もまたライト浴びて ナイフを手に歌を歌い出すよ 夢の中じゃ許されてる 重い罪のすべてを 血にまみれたナイフを手に 歌を歌い出すよ 夢の中じゃ許されてる 重い罪のすべてを
ひとりでは淋しすぎる寺田恵子寺田恵子高柳恋寺田恵子笹路正徳Don't you know, don't you know Don't you know, don't you know  歩道橋の上で眺める 街は静かな闇に沈んでゆく 世界じゅうが背中を向けて ひきしおのように今夜逃げてゆくの  捨てられた猫みたいに哀しくて 歪んでゆく街角でしゃがみ込んだ  誰の手で夢を見るの ひとりでは淋しすぎるよ  Don't you know, don't you know Don't you know, don't you know  手をのばせば届いていた かけがえのない夢も消えていった 誰も知らない知ろうともしない 夜のかたすみで膝を抱えたこと  南風が痛くて壊れそう こぼれ落ちてく涙はもう止まらない  誰の手が涙ふくの ひとりでは淋しすぎるよ  誰の手が背中抱くの 誰の手で夢を見るの 誰の手が涙ふくの ひとりでは淋しすぎるよ 誰の手が背中抱くの 誰の手で夢を見るの 誰の手が涙ふくの ひとりでは淋しすぎるよ
イヴは私だけ寺田恵子寺田恵子高柳恋笹路正徳笹路正徳ただれた空オイルの雨が 降りしきり樹木が消える世紀末 大地が割れ人は死に絶え 何もかもが腐ってゆく世界でも  ひとり生き残る イヴはあたしだけだよ 嘘を憎んだ証しさ  勝利の酒に酔うのさ 轟く神々の怒りのなか 裸で踊り続ける 修羅場を踏みつけて口笛を  箱の中に閉じ込められた 欲望だけ露骨にえぐり出されて 遠い昔教わったでしょう パンドラが世界ほろぼす物語  神に許される イヴはあたしだけだよ 自分信じた証しさ  未来が血に染まった カミナリはガラガラと音をたてた 両手を天にかざす 願いは明日まで届かない  きれいに着飾った 恐怖に歪む顔を 見下ろしあたし笑ってた  天使が拍手をくれる かぶった冠は月桂樹さ どこかできっと待ってる アダムを捜す旅でかけるわ  勝利の酒に酔うのさ 轟く神々の怒りのなか 裸で踊り続ける 修羅場を踏みつけて口笛を
大地の上で寺田恵子寺田恵子高柳恋金田一郎笹路正徳地平線へ続く午後の草原に 陽射しのなか遊ぶ子供達の声 ラムネの泡のように はじけて飛び交ってる 白い雲が高い空を 静かに流れた  目を細めてまぶしさに右手かざし 陰りのないその笑顔を見つめてた 背中で風が舞う 未来は近くにある あたりまえのそんなことが 不思議な気がした  On the earth 永い時がすぎた後の キミに出逢えたなら伝えたいよ 誰のポケットにも永遠のかけらが ひとつだけ眠ってること 忘れないで  西陽の影 草原に長く落ちて 走り回る子供の声はしゃいでる 眺めているだけで 力をキミはくれる 苦い雨が終わる時を 教えてくれたの  On the earth その鼓動に耳をあてて そっと生きていると確かめたい 遊び疲れたならあたしの膝へ来て 見る夢を守ってあげる 目覚めるまで  心さえ痩せていた 夜が遠く色あせてゆく 陽射しの魔術のなか あたしの背が高くなる  On the earth その鼓動に耳をあてて そっと生きていると確かめたい  On the earth 永い時がすぎた後の キミに出逢えたなら伝えたいよ 誰のポケットにも永遠のかけらが ひとつだけ眠ってること 忘れないで
天国の出口寺田恵子寺田恵子高柳恋寺田恵子笹路正徳I was in Heaven 天国の出口にもたれ 長すぎた眠りをやぶって あたしはいま目覚めた  I was in Heaven 住みなれた街へ帰れと 鳴り響く鐘の音が あたしの背中押したの  ブルースがほら手招きしてる 遠い地上へ 怖くはないさ道はたしかに 続いてるから  I was in Heaven あの日に死んだ理由さえ いまはもう探したくないの 過去はすべて許せる  ブルースがほら聴こえてくるの 爪先の下 導かれるよビルの谷間の ネオンの森へ  あたしはいま生まれ変わるのよ 天国に背中むけたまま あたしはいま歩きだす朝に アスファルトと鉄の街へと  ブルースがほら腰に絡むよ 昔を連れて 酒と煙草にまみれてたキス 想い出したの  あたしはいま生まれ変わるのよ 天国に背中むけたまま あたしはいま歩きだす朝に アスファルトと鉄の街へと アスファルトと鉄の街へと
星が生まれた光GENJI光GENJI高柳恋田中厚田中厚夢を見たよ 君とカシオペアへ飛んだ 踊るプラネット 君の背中に流れ星 そこで目が覚めた 好きと叫ぶ前に  なぜ出逢えたの 広い宇宙の地図もなく ただ手探りで迷い続けたのに  僕のとなり 薄い毛布に包まれ 天使のように眠る君を見てる  なぜ出逢えたの 広い宇宙の片隅で いまこんなにも君の近くにいる  かぞえきれずめぐり逢う生命のなか 今夜ひとつ星が生まれたのさ
SHO-NEN安部恭弘安部恭弘高柳恋安部恭弘井上鑑素足のまま アスファルトを 走り抜けたね あの夏の日 ドシャ降りの雨も ぼくらに優しく 苛立ちと恋だけ 探していた  瞳の中の Sho-nenを 閉じ込めたままいつしか 上手な嘘を 覚えたけれど 君が別れの接吻(くちづけ) 叫びにも似た無口に 忘れかけていた 遠い夏が あぁ よみがえる  ため息さえ 知らない頃は 誰もみな痩せた 眸をひからせて シーツの波間に 漂う夜さえ 宝石の孤独を 信じていた  瞳の中の Sho-nenの 灼けた素肌に背を向け いくつも季節を くぐったアトさ 傷つけ合う別れなら あの夏に戻れるけれど 「ナミダヲ フキナヨ」 君の日々と 過ぎる AGEにアデュー  瞳の中の Sho-nenを 閉じ込めたままいつしか 上手な嘘を 覚えたけれど 君が別れの接吻(くちづけ) 叫びにも似た無口に 忘れかけていた 遠い夏が あぁ よみがえる  瞳の中の Sho-nenの 灼けた素肌に背を向け いくつも季節を くぐったアトさ 傷つけ合う別れなら あの夏に戻れるけれど 「ナミダヲ フキナヨ」 君の日々と 過ぎる AGEにアデュー
AdieuSMAPSMAP高柳恋谷本新椎名和夫アデュー アデュー 嵐よりも 激しく叫んでるさ アデュー アデュー くちづけより ホントの心がほしいと  氷のように冷えた 視線を投げつけて 細い足音が消えた  レインコート叩く 横なぐりの雨に ひとり立ちつくすだけさ  嘘で飾れば戻る愛など かけらも欲しくはないさ  裸のままで生きて来た 夢ばかり追いかけてた 変えられないのさ今さら ふたりはきっと もういちど会える それまで待ち続けるよ いつまでも  アスファルトの上に オイルがつくる虹 ぬくもりはどこへ行った  恋を欲しがるピエロになんて なりたくはないよ決して  裸のままで生きて来た ヘタな優しさを捨てた 変えられないのさ今さら すれ違うけどわかる日が来るさ それまで 待ち続けるよ いつまでも So long my girl  アデュー アデュー 嵐よりも 激しく叫んでるさ アデュー アデュー くちづけより ホントの心がほしいと 裸のままで生きて来た 夢ばかり追いかけてた 変えられないのさ今さら ふたりはきっと もういちど会える それまで待ち続けるよ いつまでも 裸のままで生きて来た ヘタな優しさを捨てた 変えられないのさ今さら すれ違うけどわかる日が来るさ それまで 待ち続けるよ いつまでも So long my girl
ネバーランド バウンド山本淳一(光GENJI)山本淳一(光GENJI)高柳恋清岡千穂米光亮伝説のネバーランド 少年のあの日に 誰もが住んでた国へいま  Magic 12階の窓 Magic ノックするよ 君を迎えに来たよ 空を何マイルも飛びこえて  Magic 気絶しちゃダメさ Magic ねえ信じて 午前0時は恋の奇跡が 起こるのさいつも  捜せないネバーランド 挿し絵で見た地図は 童話の中だけじゃないさ 伝説のネバーランド 少年のあの日に 誰もが住んでた国へいま  Magic 金色のパウダー Magic ふりまくだけ 君は爪先からフワリと 空中に舞い上がるよ  Magic 満月の空を Magic 滑るように そうさ手をつなぎ合い 水平線こえて行こう  約束のネバーランド 時間がない場所さ ふたりを邪魔はできないさ  伝説のネバーランド 少年のあの日に 誰もが住んでた国へいま  錆びた大人になるその前に (キスを交わして) 旅立とう(旅に出ようよ)  捜せないネバーランド 挿し絵で見た地図は 童話の中だけじゃないさ 伝説のネバーランド 少年のあの日に 誰もが住んでた国へいま
赤と黒子安武人子安武人高柳恋岩田雅之試しても混じらない 赤と黒の絵の具さ パレットを汚すだけ 早く決めろどっちかに  空に一番輝く星はひとつ 分け合うなんて できはしないのさ  デットエンドまで走れ 荒れた吐息で走れ 牙を光らせ It's like a mad train 蜂蜜のように甘い台詞じゃ 未来なんて つかめないのさ Should do decide to live or die  あやふやな微笑みを すぐに捨てろゴミ箱に  俺達はまだ生まれたばかりの鳥 あがけばいいさ ただ生きるために  デットエンドへと急げ 声を枯らして急げ 星をめざして It's like a mad train 終わりのないレースには センチメンタルなんて 価値もないのさ Should do decide to live or die  デットエンドまで走れ 荒れた吐息で走れ 牙を光らせ It's like a mad train  デットエンドへと急げ 声を枯らして急げ 星をめざして It's like a mad train  デットエンドまで走れ 荒れた吐息で走れ 牙を光らせ It's like a mad train  デットエンドへと急げ 声を枯らして急げ 星をめざして It's like a mad train
シングルズ・バーの週末安部恭弘安部恭弘高柳恋安部恭弘安部恭弘グラスには黄昏の色したリキュール 窓越しに眺めてる風のハーバービュー 賑わいの季節にはまだ遠くて つながれたヨットさえ無口のまま  Sea Side Hotel のシングルズ・バーで過ごす week end 急にあいつを捨てたくなる  強がりを笑うよにカモメが舞う  熱いシャワー浴びたあと鏡の向こう 孤独さえいとしくて皮肉な笑み  Sea Side Hotel のシングルズ・バーで恋も week end 妙に素肌が冷えてゆく  口先でさよならと アドリブ唄う  Sea Side Hotel のシングルズ・ベッドで寒い week end 違う吐息が欲しくなる  泣き濡れたあいつの dream 抱いて眠る  泣き濡れたあいつの dream 抱いて眠る
Stormy TownSMAPSMAP高柳恋谷本新西脇辰弥コンビナートを包む 赤い夜空を切りさけ 冷たく並ぶコンクリートの森を蹴とばせ  へッドライト闇に向けて 信じ合えるものだけ照らすのさ  It's a Stormy Town wow wow wow 真夜中の街を 吹き荒れる風 Stormy Town wow アクセルをふかし 急げ明日へ Stormy Town  愛をささやくだけの 恋人達を笑うさ くちづけよりも大事な物を もっとさがすさ  ミラー越しに 眼を合わせて 叫ぶ声に うなずいておくれよ  It's a Stormy Town wow wow wow 欲望の街を駆けぬける風 Stormy Town wow 嵐の季節に おわりはないのさ Stormy Town  へッドライト闇に向けて 信じ合えるものだけ 照らすのさ  It's a Stormy Town wow wow wow 真夜中の街を 吹き荒れる風 Stormy Town wow アクセルをふかし 急げ明日へ It's a Stormy Town wow wow wow 欲望の街を駆けぬける風 Stormy Town wow 嵐の季節に おわりはないのさ Stormy Town
Shake U UpSMAPSMAP高柳恋Joey Carbone・Mike Tavera清水信之ハイウェイ高架の下 派手なビート ハンド・クラップ 叩き続けて踊り明かす ネオンの星空きえるまで  I'm gonna shake U up 騒ごうよ ひと夜のパラダイス I'm gonna shake U up 心まで  同じ匂いに染まるはずさ Shake U up  エンジン・フードに登り かかと鳴らす チャイナタウン近く パーキング・エリア 吐息を乱してステップを  I'm gonna shake U up 騒ごうよ  瞬間のヘブン I'm gonna shake U up 感じたら 親指をたて合図くれよ Shake U up  信じちゃいないさ始めから きれい事だけの 青春なんて  I'm gonna shake U up 騒ごうよ ひと夜のパラダイス I'm gonna shake U up 心まで  同じ匂いに染まるはずさ I'm gonna shake U up 騒ごうよ  瞬間のヘブン I'm gonna shake U up 感じたら 親指をたて合図くれよ I'm gonna shake U up 騒ごうよ ひと夜のパラダイス I'm gonna shake U up 心まで  同じ匂いに染まるはずさ Shake U up
熱帯夜光GENJI光GENJI高柳恋鈴木キサブロー米光亮息をするのも忘れて 君をただ見つめてる 月夜の渚に踊るその背中を  駆け抜けた熱い風に 髪の毛がはしゃいでる 叫びたい声を枯らしただ好きだと  5フィート近づくそのたびに 胸にせつなさ暴れ出す Oh wow  終わらないマスカレード 終わらない夏 覚えたての手品で 永遠を閉じ込めたい さあ Let's dance  素肌にはりつくシャツの 柔らかなカーヴより 欲しいものなんて今はもうないのさ  ふたりきり誰もいないのに 苦しいのはなぜ? 教えて Oh wow  沈まないホライゾン 沈まない夏 奇跡を呼ぶ魔術で 唇をひきよせたい さあ Let's dance  赤道直下へ捜しに行くのさ いつまでも続くふたりの熱帯夜  終わらないマスカレード 終わらない夏 覚えたての手品で 永遠を閉じ込めたい さあ Let's dance
林檎酒のルール森高千里森高千里高柳恋島健ねえ 肩に淋しい夜が降る なのに恋をためらうなんて…  深夜のレストラン 食後酒かざし 送ってくと微笑むキミに 曖昧に右手で髪かきあげ ねえ 合図の意味を受け取って  林檎のリキュールに媚薬 キミに飲ませたいの そしていけない嘘 仕掛けてSweet Baby フィメールは火薬 覚えたてのキッスで 胸を熱く焦がしてよ  街が朝に向かって急ぐ キミは少しよい男(こ)が過ぎる 女に言わせてはいけなのよ しどけなく膝さえ組み替えた  林檎のリキュールに媚薬 キミに飲ませたいの そして長い指が誘うわ Crying My Heart ラ・メールより主役 耳に歯をたててる 仕草 素敵だよと囁いて  それがルールね…
オーティスレディングに乾杯森高千里森高千里高柳恋津垣博通ドシャ降りの海岸通りに立ち 洒落たステップで Fool Around 髪の毛もシャツさえズブ濡れで 迷い子のAlley Cat  あんな奴などもう 忘れるわね 首に飾ったチェーン ひきちぎって片手でBye Bye Bye!  雨音とハモッて口笛は 優しいオーティス・レディング 唇が人恋しくなれば 飲めない缶ビールにKiss  恋より孤独のほうが素敵だよねなんて 嘘つきな台詞に自惚れはしゃぐなよ アイ・シャドウが流れビリジャンな頬の惨めも 今日の私に似合いね 愛してたのよ…  あんな奴などもう 忘れるわね 首に飾ったチェーン ひきちぎって片手でBye Bye Bye!  ドシャ降りの海岸通りに立ち 洒落たステップで Fool Around 髪の毛もシャツさえズブ濡れで 迷い子のAlley Cat
舌打ちのマリア夢工場夢工場高柳恋芹澤廣明ポケットの中に 握りしめていた 伝えられないひと言を 君に背を向けて 掌にのせた 陽射しにかざしたね それは出来損無いの まるで真珠のように Do me favor to be lovers 光るよ  君はいつも 舌打ちばかりの 大切なマリア いつの日にか 瞳閉じ合わせ 恋を待つ夜を  ささやきが風に守られて「好き」と 聞いた気がして振り向けば 今日より遠くで「きっと空耳」と 背中が微笑むよ 恋が動いてるのを 二人で肩を並べ Do me favor to be lovers 見ていた  君はいつも 舌打ちばかりの 気安さでマリア 接吻さえ切ない近さが 無口教えてる  君はいつも舌打ちばかりの 大切なマリア いつの日にか瞳閉じ合わせ 恋を待つ夜を いつの日にかきっと…
冒険者たち光GENJI光GENJI高柳恋岸正之米光亮行くあてのない風が ビルの谷間を駆ける 俺達の心みたいだね  コンクリートの迷路の 出口を探すために 思いきり叫んでいるのさ  迷わない若さなんてないね いつだって未来は見えないのさ 手探りで進む地図も持たない 冒険者たち  迷宮(ラビリンス) 都会は曲がりくねってる迷宮(ラビリンス) 踵をすりへらし走れよ Chance Chance Chance We'll get a chance 乱れた吐息のなかで覚えたことだけが 心に一輪の花を咲かすのさ  ダイヤよりも輝いている夢が 迷宮のかなたに見える  廃墟のように ひからぴたアスファルト プラスティックの街角 俺達に勇気をください  言葉だけですぺてが わかってしまう前に 本当の汗を流したい  決められたゴールなんてなにも 魅力など感じられやしないね 唇を噛んでひとりさまよう 冒険者たち  迷宮(ラビリンス) 都会は霧に包まれた迷宮(ラビリンス) 心の瞳だけ開けよ Chance Chance Chance We'll get a chance 敗れたシャツを脱ぎすて探し続けるのさ 若さが過ぎ去ってしまわないうちに
KIDS男闘呼組男闘呼組高柳恋MICHAEL BROWN街が優しさのかけらを振り撒き浮かれてる 微笑みだけが 生き方のマニュアルだと歌う その言葉その声 何かが違う  Let me stay on your way お前の鼓動より Make me day you're my babe 確かなものはないさ  ささやくだけの愛なんて 信じられないから 摩り切れるほどの叫びで 自分を喋りなよ 俺達のルールはたったそれだけ  Let me stay on your way 仮面を引き剥がし Make me day you're my bebe 素顔のままで踊れ  傷つくことを恐がる前に 傷ついてみればいい 痛みを知らない奴の瞳は 光はしない We're the rollin' kids Wander keep on men We're the rollin' kids Wander keep on men  We're the rollin' kids Wander keep on men We're the rollin' kids Wander keep on men  Let me stay on your way お前の鼓動より Make me day you're my babe 確かなものはないさ  KIDS!
アドレスのない手紙池田聡池田聡高柳恋安部恭弘裸足で追いかけてくれた君の泣き顔さえ 背中を向けたまま振り向く勇気もない やがて君がさよならとつぶやく 夢のようなあの日から全てが錆びてゆく  わがままが愛だと信じていたのさ 何が大切かさえまだ知らずに もう一度会いたいそして伝えたい 今も愛しているとひと言だけを  浮かれた夢ばかり綺麗すぎる言葉にして 気付けば片(かけ)らさえ語り尽くしたあとの 君がくれる沈黙が怖くて 素肌かさね優しさに甘えていた僕さ  つまらない若さが君を苦しめて 変わりに寂しさだけ手に入れたね もしもまだひとりでいるなら祈るよ あの日に戻り君を抱きしめたいと  わがままが愛だと信じていたのさ 何が大切かさえまだ知らずに もう一度会いたいそして伝えたい 今も愛しているとひと言だけを  My pain is you in my heart
BAD BOY岩崎良美岩崎良美高柳恋山川恵津子ダンスフロアに揺れてる 恋人達のチークタイム 映画を見るように眺めてた  グラス片手 背中に忍び寄る浮かれた bad boy ジュークボックスからなつかしいブルースが流れ出すの  「道に迷い君は淋し気に見えるね。」 「そうよ、どこかにポリスがいたら教えてよ。」  Shaken in the love ねえキミなんてタイプじゃないのに I was shaken in the love なぜ魅かれてく星の降る夜に  淡い色のリキュールをおごられては少しはgood boy チークタイムに誘っても背中など抱かないでよ  「踊りが上手だね。どこで習ったのさ?」 「あなたは口が上手ね。ジゴロになれるわ。」  Taken in the moon ねえ最初から手さぐりの恋に I was taken in the moon なぜ魅かれてく 悪い優しさに  いつか想い出すだろう 軽いジョークに包まれ キミとめぐり逢えた日のこと  Shaken in the love ねえキミなんてタイプじゃないのに I was shaken in the love なぜ魅かれてく星の降る夜に  Taken in the moon ねえ最初から手さぐりの恋に I was taken in the moon なぜ魅かれてく 悪い優しさに  Shaken in the love At the very first of two's oh are't you not the style of mine? I was taken in the moon Baby tell me why do I close to you? Now I fall in you  Shaken in the love ねえキミなんてタイプじゃないのに I was shaken in the love なぜ魅かれてく 悪い優しさに Shaken in the love………
女優になれない平山みき平山みき高柳恋見岳章階段をかかと鳴らして降りるのよ 地下鉄の駅へと続くプレ・ヌーン 降り注ぐ陽射しの中に置き去りの あなたに投げキッス送る フェアウェル  愛していたのは あなたの優しさじゃないから 私を気遣うことはない 指で覚えた 彼女の電話に 「すぐに行くよ」と言いなよ  Ah- 私は馴染みの酒場で独りきり オリーヴを指でもてあそび 痩せがまんの練習をするわ 決して泣かずに  地下鉄の窓に映した微笑みが 壊れそうになり かけるサングラス  愛していたのは あなたの静けさだったから 言い訳も何もいらないわ どちらかひとり幸せになれば 2人ダメになるよりも  Ah- 女優になれると素敵な強がりに 笑ったつもりが気が付けば ほら溢れ出す涙を誰か止めて欲しいの
君をとばした午後夢工場夢工場高柳恋後藤次利夏の陽射しに抱かれた 君の写真眺めていたのさ 何故か淋し気な笑顔 今初めて気付くフリをする  あまりに近過ぎて 大切なもの 若さに負け見落としてたね  大人になって 想い出すだろう そばにいつも君がいたあの日々を そして誰もが 輝けた事 忘れないで心にきっと on your mind  朝に沈んでた君に 理由を聞けば鋭いねと笑う  ひとり生きてくのに 精一杯で 若さはいつも愚かだよね  大人になって失くしたものが 痛い程にこの心に光ってる 重ねたキスの 意味も知らずに 叫んでいたあの日は夢さ dream of mine  When we will be growln' up. We'll do recall in the naps. 色あせてくフォトグラフを破いて ため息のアト 君の笑顔は 風の街へ旅立つ午後さ say “Good-Bye”
Odyssey草尾毅草尾毅高柳恋鈴木キサブロー大地はまだ霧に抱かれ 朝陽さえ昇らない その中に耳を澄ませば 聴こえる風の鼓動 Just my only love  遥か遠い地平の先に たった一輪 咲く花 君に贈りたい  Go west ふたりは今 Odyssey 神話の時代に還り Go west 哀しみなど捨てて 愛した者だけが見る夢の城へ 旅立とう Far away  流れ星が空を滑る 1000年の白夜へと 異国の言葉で祈るよ 涙を失くさないで Just my only love  靴を脱いで干からびた河 渡るその時 唇 重ね合うだろう  Go west ふたりは今 Odyssey 歴史が静かに変わる Go west 朝陽を握りしめ 愛した者だけが見る夢の城へ 旅立とう  Go west ふたりは今 Odyssey 神話の時代に還り Go west 哀しみなど捨てて 愛した者だけが見る夢の城へ 旅立とう Far away
君を乗せた海賊船光GENJI光GENJI高柳恋米倉良夫急げもう待てないさ 時が流れるよりも もっと速い心のスピードで  胸が捜してるのは 嘘で飾らない夢 蒼い羅針盤がしめす彼方  退屈な毎日をなげくその前に ホントの君を話してくれよ 輝けない奴など決していないさ  走れパイレーツ さあ高いマストに帆をあげて 君の素顔をもっと知りたい 踊れパイレーツ さあ青春の嵐の中で 手をつなぎ合い7つの海をゆけ Sail on now  そうさ待ってるだけじゃ 何もつかめないまま すぐに大人に変わってしまうから  たとえ波が荒れても キスで鎮めてみせる そして見知らぬ朝を捜すのさ  握りしめた自由が荷物のすべてさ バイブルよりも教えてくれる 傷付き方と恋と涙を少し  走れパイレーツ さあ遠い水平線を越え 信じたものを手に入れるため 飛べよパイレーツ さあ君を乗せて夜の海を 若さが壊れやすいなんて嘘さ Sail on now  走れパイレーツ さあ高いマストに帆をあげて 君の素顔をもっと知りたい 踊れパイレーツ さあ青春の嵐の中で 手をつなぎ合い7つの海をゆけ Sail on now
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. Boom Boom Back
  4. 第ゼロ感
  5. Romance

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. アルジャーノン
  3. Romance
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照