試聴する

朧~ OBORO

この曲の表示回数 1,393

気づけば知らない丘の上に立ち尽くす
来た道も行方も夜に埋もれている
流れ星 探すほど子供じゃない 願いすべて
祈るだけで叶うはずもなくて
綺麗なペンキで壁に描いた明日は
鮮やかで甘くてキャンディーみたいだった
北風に膝を抱き想い出して懐かしくて
きみを想い今夜 少し笑う

「おぼろの」月になる 真夜中にきみが迷い込んでも
足許を照らすぐらいなら
僕にでもまだ出来ると信じてる

どこかで誰かがその引き金を引くたび
擦り切れる心で泣きながら生きてきた
たくさんの哀しみを積み重ねてたどり着いた
ここがもしも楽園じゃなくても

「おぼろの」月になる 暗闇が意地悪く寒いけど
いつまでも萎れない花が
この先にきっとあると信じてる

月になる 真夜中にきみが迷い込んでも
足許を照らすぐらいなら
僕にでもまだ出来ると信じてる
いつまでも萎れない花が
この先にきっとあると信じてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朧~ OBORO 歌手:木戸やすひろ

木戸やすひろの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-09-27
商品番号:KICS-3528
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP