舞い降りた嘘

この曲の表示回数 3,174
歌手:

寺田恵子


作詞:

高柳恋


作曲:

寺田恵子


言葉より信じた
あなたのひたむきなその瞳
同じ夢を見て同じ
朝を迎えた

いま壊れてく音さえ立てずに
そんなちっぽけだったの
あの日のきずながひび割れてく

嘘に血がにじむまで叫んだ
拳にぎり泣いた 泣いた
なぜ奪ってくのあたしから
誰か教えて

たったひとつの嘘
綿毛みたいに舞い降りてきて
あなたはその掌を
無邪気に出した

もう月さえ見えない世界が
まるで死に絶えたあと
取り残されたようで淋しい

唇をかみしめ暴れた
寒い胸を抱いた 抱いた
何をしたというのあたしが
誰か教えてよ

嘘に血がにじむまで叫んだ
拳にぎり泣いた 泣いた
なぜ奪ってくのあたしから
だれか教えてよ

今夜 死んでもいいと思った
細かいナイフ抱いた 抱いた
誰が傷つけたのあたしを
命きえるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:舞い降りた嘘 歌手:寺田恵子

寺田恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-21
商品番号:BVCR-661
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP