試聴する

林檎酒のルール

この曲の表示回数 4,513
歌手:

森高千里


作詞:

高柳恋


作曲:

島健


ねえ 肩に淋しい夜が降る
なのに恋をためらうなんて…

深夜のレストラン 食後酒かざし
送ってくと微笑むキミに
曖昧に右手で髪かきあげ
ねえ 合図の意味を受け取って

林檎のリキュールに媚薬
キミに飲ませたいの
そしていけない嘘 仕掛けてSweet Baby
フィメールは火薬 覚えたてのキッスで
胸を熱く焦がしてよ

街が朝に向かって急ぐ
キミは少しよい男(こ)が過ぎる
女に言わせてはいけなのよ
しどけなく膝さえ組み替えた

林檎のリキュールに媚薬
キミに飲ませたいの
そして長い指が誘うわ Crying My Heart
ラ・メールより主役 耳に歯をたててる
仕草 素敵だよと囁いて

それがルールね…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:林檎酒のルール 歌手:森高千里

森高千里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-06-17
商品番号:WPCL-502
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP