君をとばした午後

この曲の表示回数 13,654
歌手:

夢工場


作詞:

高柳恋


作曲:

後藤次利


夏の陽射しに抱かれた
君の写真眺めていたのさ
何故か淋し気な笑顔
今初めて気付くフリをする

あまりに近過ぎて 大切なもの
若さに負け見落としてたね

大人になって 想い出すだろう
そばにいつも君がいたあの日々を
そして誰もが 輝けた事
忘れないで心にきっと
on your mind

朝に沈んでた君に
理由を聞けば鋭いねと笑う

ひとり生きてくのに 精一杯で
若さはいつも愚かだよね

大人になって失くしたものが
痛い程にこの心に光ってる
重ねたキスの 意味も知らずに
叫んでいたあの日は夢さ
dream of mine

When we will be growln' up.
We'll do recall in the naps.
色あせてくフォトグラフを破いて
ため息のアト 君の笑顔は
風の街へ旅立つ午後さ
say “Good-Bye”
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君をとばした午後 歌手:夢工場

夢工場の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP