ひとりぼっちのデュエット

この曲の表示回数 15,427
歌手:

夢工場


作詞:

売野雅勇


作曲:

芹澤廣明


人影みえない教室で
ハモニカ吹いてみた ひとり
好きだと言えないままだった
君のいた席に座り

涙が悲しいキーでハモるよ
頬寄せた机の傷さ
指先かすれた文字を読んだよ
あゝ僕の名前が刻ってあった

どこかで逢えるといいねって
右手を差し出した 君が
廊下にたたずみ言いかけた
言葉ベルに消されたね

見えないピアノ弾いてる
放課後の音楽室さ
二つの想いが重ならないね
あゝ壊れたデュエットみたく

涙が切ないコード叩くよ
好きだよとハミングしても
二つの想いが重ならないね
あゝひとりぼっちのデュエット
哀しいだけさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとりぼっちのデュエット 歌手:夢工場

夢工場の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-12-15
商品番号:PCCG-110
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP