西脇辰弥編曲の歌詞一覧リスト  133曲中 1-133曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
133曲中 1-133曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
手紙の塔ぽかぽかイオンぽかぽかイオン児玉雨子西脇辰弥西脇辰弥書いても書いても あぁ 足りなかった 日々の紙幅(しふく)  泣いても泣いても あぁ 渇いていた 胸の砂漠  私 私 ふたり 違う 形 いつもあなたに追いつけない記憶 辿る  未だあなたに伝えられない 書いたきりで送れずじまい 重ねてきた手紙の塔を見上げ  狭い世界にいた頃は 見えない地平の果て  できないことばかりで どこにも行けない気がしていた  私 私 ふたり 同じ 思い あれは憧れという感情でしょう きっと  今はあなたに伝えられる 言わなくていいこともわかる 重ねてきた手紙の塔の上で  今はあなたに伝えられる 言わなくていいこともわかる 重ねてきた手紙の塔を 出れば  今は素直に好きと言える 言葉の脆さだって知ってる だからあなたと手を繋ぎたい 抜け出そう 心の外へ 重ねてきた手紙の塔を 抜け出そう 遠く 遠く
二人の色彩杉山清貴杉山清貴鈴木慎一郎鈴木慎一郎西脇辰弥巡り合わせ 年甲斐なく あなたにいつの間にか 惹かれてく そんな自分に驚いたって 少しだけ嬉しい感情  車の窓を少し開けたら そよぐ風にゆれる君の言葉を待つ幸せ  ためらわないで 戸惑わないで その髪 綺麗なネイルも声も好きさ 悲しさにも似た潤んだ瞳に 吸い込まれてゆく僕さ 夜に溶けて AH…  泣かせてみたい…それ程まで あなたの海にはまって堕ちようか ため息さえ宝石だね シーソーの夜楽しもう  言葉を捨てて愛し合えたら きっと二人の思惑が今夜色づくから  ためらわないで 戸惑わないで その髪 綺麗なネイルも声も好きさ 悲しさにも似た潤んだ瞳に 吸い込まれてゆく僕さ 夜に溶けて AH…  怖がらないで 疑わないで 今目の前にいる僕を見てればいいのさ もう振り返らず育むだけ 答えを求める恋なら 過去に渡そう
Kailan中島愛中島愛Cayabyab Raymundo CiprianoCayabyab Raymundo Cipriano西脇辰弥Bakit kaya nangangamba Sa tuwing ika'y nakikita Sana nama'y magpakilala  llang ulit nang nagkabangga Aklat kong dala'y pinulot mo pa 'Di ka pa rin nagpakilala  Bawat araw sinusundan 'Di ka naman tumitingin Ano'ng aking dapat gawin  Bakit kaya umiiwas Binti ko ba'y mayrong gasgas Nais ko lang magpakilala  Dito'y mayroon sa puso ko Munting puwang laan sa 'yo Maaari na bang magpakilala  Bawat araw sinusundan 'Di ka naman tumitingin Ano'ng aking dapat gawin  Kailan  Kailan mo ba mapapansin ang aking lihim Kahit ano'ng aking gawin, 'di mo pinapansin  Kailan  Kailan hahaplusin ang pusong bitin na bitin Kahit ano'ng gawing lambing, 'di mo pa rin pansin  Dito'y mayroon sa puso ko Munting puwang laan sa 'yo Maaari na bang magpakilala  Kailan  Kailan hahaplusin ang pusong bitin na bitin Kahit ano'ng gawing lambing, 'di mo pa rin pansin  Kahit ano'ng gawing lambing, 'di mo pa rin pansin
It must be love.伊藤美裕伊藤美裕伊藤美裕南佳孝西脇辰弥なつかしい声に目を醒ませば 微睡(まどろ)みの中 かえらぬ時が舞い 手を伸ばしてもつかめない たまらず涙 あふれる  この頃は柔らかい日差しが 辺りを包む レースの裾揺れて 飾ることないあの人が 扉を開けたと知っていた  注ぐほど増える愛があること あなたは知らない 風は少し強まっている  ゆくえしれずの恋だってすてきさ 弾んでる 私の鼓動の音  悲しみにさらわれそうなときは きれいなものを ただ眺めていたい シャガールの絵の深い青 あなたを重ねて見ていた  注ぐほど増える愛は たしかで ふたりならきっと 響き合える 筋書きどおり  ゆくえしらずの恋に身をあずけて しあわせは 私が決めるから  生きてゆく 風に吹かれながら 生きてゆく それは醒めない夢
時に愛は中島愛中島愛尾崎亜美尾崎亜美西脇辰弥肩に触れたあなたの指が 寒い心とかす魔法のように ごめんなさい強がりばかり どんな言葉も 今見つからないの 時に愛は心に 目かくしするのね だけど守って下さい あなたの胸に抱かれて さりげなく 好きですと 言えたなら どんなに…… 小鳥のように空を夢見て 輝く女の子に いつかなれると思うの  ガラスのように冷たい日々を 何度迎えたでしょう ひとりぼっちで 物語が始まらないと 泣いて夢の中であなたを呼んだ 時に愛は心を 不安に揺らすわ だけど守って下さい あなたにいつか追いつく さりげなく 伝えたい ほほえみで 答えて…… 少しだけど 少しだけれど 近づいてゆきたいの見つめていたい あなたを  時に愛は心に 目かくしするのね だけど守って下さい あなたの胸に抱かれて さりげなく 好きですと 言えたなら どんなに…… 少しだけど 少しだけれど 近づいてゆきたいの 見つめていたい あなたを
そして...夏の雨に杉山清貴杉山清貴鈴木慎一郎鈴木慎一郎西脇辰弥雨が降る季節には思い出すよ とめどなく熱いあの日の事を… 幼さと少しだけ強がりだった お互いを離してたのは何だろう?  あなたが誰といたって 綺麗事じゃない幸せだけ 願っている事は罪? 心だけ寄り添って…  恋の雨は いつも胸の奥 七色にも染めて行くよ あなたの濡れたその笑顔 抱き育むMY LIFE  めまぐるしさ 足早に過ぎる時 立ち止まる夢の跡には「儚」 輝く未来が君を包んでるなら 暖かく生きてゆけそう きっと…  去りゆく時間に生きる 「悲しい物語り」の様さ でも今ふっと思った たまには悪くないね  夏の雨そして 秋の夜明け 冬の凍えそうな吐息も 二人で笑ってた夜と 残像暖かいから…
LITTLE LIGHT杉山清貴杉山清貴鈴木慎一郎鈴木慎一郎西脇辰弥あなた描く明日に 私がいるなら あなた描く明日を 彩りたいから  言葉なんてもう無力になる 悲しいほど見つめても 足りないくらいに  LITTLE LIGHT SO…LITTLE LIGHT やるせなさが 夜をさらに艶めかせ 恋を憂うの LITTLE LIGHT SO…LITTLE LIGHT 忘られない時をいつだって 待ってる  あなたを待つ明日が希望に満ちれば あなたを待つ私も幸せ満ちるの  愛の言葉を信じてみて 悲しみ知り 流れ着いた あなたの胸に  LITTLE LIGHT SO…LITTLE LIGHT 目を閉じれば 優しく響く鼓動 恋をさらうの LITTLE LIGHT SO…LITTLE LIGHT 忘られない時を信じたい 今でも
Hold My Hand杉山清貴杉山清貴渡辺なつみ杉山清貴西脇辰弥真夜中の君の部屋 まだ起きていたんだね 好きなことは 諦めないで やり抜くそんなとこ 素敵だよ  長い間 かかってわかることがある こぼれる灯りが 愛しいよ  Hold My Hand だけど どうしようもない程 眠くなったら 甘えてほしい  大丈夫かと尋くと 大丈夫と微笑む そんな時の 君はきまって 大丈夫じゃないと 知ってるよ  こんな僕の 人生につきあってくれた 明るく頑張る 人だから  Hold My Hand いつも この手は君の どんな気持ちも 包み込むだろう  Hold My Hand いつも この手は君の どんな気持ちも 包み込むだろう Can you hold…hold my hand? この手は君の どんな気持ちも 抱きしめるだろう Hold My Hand…so…Hold My Hand
ようこそ! ワルキューレ・ワールドへワルキューレワルキューレ根元歳三西脇辰弥・Wilhelm Richard Wagner西脇辰弥カナメ・バッカニア、22才 バトルもOK 元ソロアイドル 作戦ライブでみんなを引っ張る、わたしがリーダー よろしく!  レイナ・プラウラー、15才 クラゲはまるのみ きもかわラブリー ハッキングらくしょー 楽勝! どんな扉も、チクチクオープン どくどく(毒々)!  マキナ・中島、18才 メカメカきゃわわな セクシー担当 ふわふわボディー レイレイのお世話も 任せてね お世話して!  美雲・ギンヌメール、年令はヒミツ 正体不明、神出鬼没 最強歌姫、ミステリアスヴィーナス 知りたい!  フレイア・ヴィオン、15才 りんごが大好き ニューフェイス 風に乗って、歌うんよ ルンがピカって、踊るんよ ピカってる!  「歌は命!」 「歌は愛!」 「歌は希望!」 「歌は神秘!」 「歌は元気!」  聞かせてあげる、女神の歌を 超時空ヴィーナス  ワルキューレ! 歌声は無敵 銀河をつらぬき、世界を変える  ワルキューレ! 歌いたい想い ピカッと爆発、天地創造  ワルキューレ! 女神のステージ 時空を越えて、歴史を変える  ワルキューレ! もっといけるはず ゴリッと突撃、完全燃焼  飛べば飛べる 絶対、飛べば飛べるから Welcome to Walkure World!
オフロッケ!オフロスキーオフロスキー小林顕作小林顕作西脇辰弥「いくぜみんな レッツ オフロッケ!」  ロッケ ロッケ ロッケ オフロッケ! ぼくらは みんな ロッケな なかまさ あいことばは オフロッケ! せかいじゅうから うわさを ききつけ あつまってくる オフロッケ!  たのしいことが 1ばんさ 2ばんや3ばんでも いいさ なんでもOK オフロッケ! すきならOK オフロッケ! ツイスト ツイスト ターン! ロッケ ロッケ ロッケ オフロッケ!  いくぜ みんな イエーイ ヘヘイヘーイ ウヘヘヘーイ ホーホケキョッポッポーン ワーオ OK  おもしろいことが 1ばんさ 2ばんや3ばんじゃ ものたりなーい! あれだってOK オフロッケ! それだってOK オフロッケ! ツイスト ツイスト ターン! ロッケ ロッケ ロッケ オフロッケ!  いくぜ みんな てをこしに こっちはいちばん ゆびをまわして ピザやさん てをこしに こっちはあたま ちょっとななめから モデルさん てをこしに こっちもこし あしをひらいて におうだち ウォー!OK!  きみならOK オフロッケ! みんなでOK オフロッケ! ツイスト ツイスト ターン! ロッケ ロッケ ロッケ オフロッケ! ロッケ ロッケ ロッケ オフロッケ! オフロッケ!
SHE高橋克典高橋克典Charles AznavourHerbert Kretzmer西脇辰弥She May be the face I can't forget A trace of pleasure I regret May be my treasure or the price I have to pay She may be the song that Solomon sings May be the chill that autumn brings May be a hundred tearful things Within the measure of the day  She May be the beauty or the beast May be the famine or the feast May turn each day into heaven or a hell She may be the mirror of my dream A smile reflected in a stream She may not be what she may seem inside, a shell  She Who always seems so happy to crow Whose eyes can be so private and so proud No one's allowed to see them when they cry She may be the love that can and hope to last May come to me from shadows of the past That I remember till the day I die  She Maybe the reason I survive The why and when for I'm alive The one I' ll care for through the rough and rainy years Me I'll take her laughter and her tears And make them all my souvenirs For where she goes I got to be The meaning of my life is  She, she, …..she
三日月高橋克典高橋克典絢香西尾芳彦・絢香西脇辰弥ずっと一緒にいた 二人で歩いた一本道 二つに分かれて 別々の方歩いてく  寂しさで溢れたこの胸かかえて 今にも泣き出しそうな空見上げて あなたを想った…  君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって 君も見ているだろう この消えそうな三日月 つながっているからねって 愛してるからねって  冷えきった手を 一人で温める日々 君の温もり 恋しくて恋しくて  どれだけ電話で「好き」と言われたって 君によりかかる事はできない 涙をぬぐった… 君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって 今度いつ会えるんだろう それまでの電池は 抱きしめながら言った あなたの「愛してる」の一言  君がいない夜だって そうno more cry もう泣かないよ がんばっているからねって 強くなるからねって 君も見ているだろう この消えそうな三日月 つながっているからねって 愛してるからねって  三日月に手をのばした 君に届けこの想い
名もなき詩高橋克典高橋克典桜井和寿桜井和寿西脇辰弥ちょっとぐらいの汚れ物ならば 残さずに全部食べてやる Oh darlin 君は誰 真実を握りしめる  君が僕を疑っているのなら この喉を切ってくれてやる Oh darlin 言葉では足りん 大切な物をあげる  苛立つような街並みに立ったって 感情さえもリアルに持てなくなりそうだけど  こんな不調和な生活の中で たまに情緒不安定になるだろう? でも darlin 共に悩んだり 生涯を君に捧ぐ  あるがままの心で生きられぬ弱さを 誰かのせいにして過ごしている 知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で もがいているなら 僕だってそうなんだ  どれほど分り合える同志でも 孤独な夜はやってくるんだよ Oh darlin このわだかまり きっと消せはしないだろう  いろんな事を踏み台にしてきたけど 失くしちゃいけない物がやっと見つかった気がする  君の仕草が滑稽なほど 優しい気持ちになれるんだよ Oh darlin 夢物語 逢う度に聞かせてくれ  愛はきっと奪うでも与えるでもなくて 気が付けばそこにある物 街の風に吹かれて唄いながら 妙なプライドは捨ててしまえばいい そこからはじまるさ  絶望、失望(Down) 何をくすぶってんだ 愛、自由、希望、夢(勇気) 足元をごらんよきっと転がってるさ  成り行きまかせの恋におち 時には誰かを傷つけたとしても その度心いためる様な時代じゃない 誰かを想いやりゃあだになり 自分の胸につきささる  だけど あるがままの心で生きようと願うから 人はまた傷ついてゆく 知らぬ間に築いていた自分らしさの檻の中で もがいているなら誰だってそう 僕だってそうなんだ  愛情ってゆう形のないもの 伝えるのはいつも困難だね だから darlin この「名もなき詩」を いつまでも君に捧ぐ
笑顔岩崎宏美岩崎宏美永田雅紹永田雅紹西脇辰弥青い 青い 青い空の真ん中で あなたの笑顔だけが浮かんでる あの笑顔 いつも支えてくれたね  何も言わないで あなたの話を聞いて 何も言わないで あなたの側にいた ただ黙って あなたの言うことを こんなにも深く 素直に聞けるなんて  のばしたあなたの手を 何もためらわず 握りしめていた  青い 青い 青い空の真ん中で あなたの笑顔だけが浮かんでる あの時に見た夢を 思い出して  ずっと ずっと ずっと胸の真ん中で 何も言わずに 微笑んでる あの笑顔 いつも支えてくれたね  何も聞かないで 分かっていてくれる 何も聞かないで 許していてくれた  あなたが生き抜いた たったひとつの道 きっといつの日か  あなたに 微笑んで欲しくて あなたは 喜んでくれるよね その道 ひとり行くとしても  青い 青い 青い空の真ん中で あなたの笑顔だけが浮かんでる あの時に見た夢を 思い出して  いつか いつか いつか道の真ん中で つまずいて 倒れそうになっても もう二度と あきらめたりはしないよ もう二度と あきらめたりはしないよ
文化祭に誰を呼んだの酒井美紀酒井美紀売野雅勇林哲司西脇辰弥文化祭のポスターにらんでたら 泣きたい気持ちになった  体育館から響くホイッスルで 振り向く空も高くて  どうしているの? 夏の絵葉書 今年なかったけど  誰を呼んだの? もうすぐやって来る 初めての文化祭に  誰と歩くの? 制服が私と おんなじ人だといちばん悲しいな  夕焼け空の下の野球場が 見えるよ 土手の上から  汚れたユニフォームの選手たちが あなたにみんな思える  何があったの? つぶやくたびに 夕闇が近づく  誰を呼んだの? その時迷ったの? はにかむ笑顔の言葉  誰が聴いたの? 運命の受話器で 少年らしさが残るその声を  誰を呼んだの? もうすぐやって来る 初めての文化祭に  誰が聴いたの? 運命の受話器で 少年らしさが残るその声を
退屈な日曜日酒井美紀酒井美紀岡部れい子MOONLIGHT CAFE西脇辰弥退屈な日曜日 どうしよう…… 「いつだって元気だね」と そう言うけど そんなことないよ 知らないからそう言えるのよ 笑うことも 泣くことも 出来なくなる日だって 時にあるのよ  いつしか降り出した雨 憂鬱な気分もそのせいかしら あいつに電話しようか それよりもこのまま夢みましょうか  「悩んだりしないでしょ?」と ねえ言うけど そんなことないよ 見せないからそう思うのよ 私だって17歳 明るいばかりの子じゃ いられないのよ  いつしか雨は上がって ため息の向こうに水色の空  いくつ こんな想いを抱えて 何処へ 向かうの?  「いつだって元気だね」と そう言うけど そんなことないよ 知らないからそう言えるのよ ひとりきりの日曜日 鏡の中には 迷子の私が揺れてる だけどきっと  明日には いつもの私になる そんなものよね
ほほえみだけじゃ見えない持田真樹持田真樹森本抄夜子柴矢俊彦西脇辰弥映画のあとで お茶を飲み いちばん好きな台詞を言えば 約束していたみたいに あなた うなずくけど……  気が合いすぎて いい人すぎて 友達か 恋人か わからなくなる  ほほえみだけじゃ見えない やさしさだけじゃ足りない いろんなあなた 知りたいの ときめきよりも 確かに 心の深いところで 泣けるくらい 判り合えたらいいのに  ガラスに映る横顔は どんな顔して紅茶を飲むの あなたが見ている私は いつも明るいけど  いきなりカフェの席を立って 帰るわと言ったら どうなるかしら  わがままならば とがめて 心配ならば 叱って 本当のことを聞きたいの 違った夢があっても ときには 頼りなくても あなただけが 味方だったらいいのに  胸の奥につよがりな 気持ちが生まれる 夏の日  いつもの顔じゃ見えない ひとつの顔じゃ足りない いろんな私 捜してね まばたき くり返すたび 光と影が ゆれてる この瞳を 見逃さないでほしいの
会いたい気持ちでずっと持田真樹持田真樹西脇唯西脇唯西脇辰弥ビルのすきま 塗りかえてく 黄昏 プラタナスに 咲いた光 ベンチにこぼれる  あなただけを捜してる瞳は私だけ もっと 近づいて二人は リミットなしの恋  会いたい気持ちをずっと なくしたりしないで 何年たってもずっと 大好きでいたいね 会いたい気持ちをずっと なくしたりしないで 最後まであなたのとなり 少しずつ歩いて 胸はってたい  駅の時刻 人形たち 奏でる 歩道橋は 人の波で 不思議なモザイク  あなたのいるビルからは外海が見えるのね いつか こっそりと私をエレベーターに乗せて  会いたい気持ちでずっと 歩いてる街角 何年たってもずっと 大好きでいたいね 会いたい気持ちでずっと 絵を描いて本を読む 好きなことしててもすぐに 思い出せる距離に 心を置いて  会いたい気持ちをずっと なくしたりしないで 何年たってもずっと 大好きでいたいね 会いたい気持ちをずっと なくしたりしないで 最後まであなたのとなり 少しずつ歩いて 胸はってたい
オフロスキーかぞえうたオフロスキーオフロスキー小林顕作小林顕作西脇辰弥ひとつ ひとりで あそんでる ふたつ ふらふら フラダンス みっつ みんなが よんでもないのに よっつ よんだって でてくるよ それが オフロ オフロ オフロスキー  いつつ いっぱい ものたてる むっつ むちゅうで おとたてる パン! ななつ ないてるともだち どこかな やっつ やっほっほいって げんきだせ それが オフロ オフロ オフロスキー  ひとりで あそんで ふらふらフラダンス みんなが よんでもないのに よんだってでてくるよ いっぱい ものたて むちゅうでパン! ないてる ともだち やっほっほいのほい  ここのつ ここまで うん よくがんばった とうって さっぱりして ジュースがうまい  それが オフロ オフロ オフロスキー オフロ オフロ オフロスキー オフロ オフロ オフロスキー
おふろがスキーオフロスキー&コフロスキーオフロスキー&コフロスキー小林顕作小林顕作西脇辰弥おふろに はいろう まいにち はいれたら いいね きもちが いいね あったかいいね げんきが でるね  ゆっくり はいろう かたまで つかれたら いいね おもわず いきが 「はぁ~」と でるね いいゆだね  かたてで じゃぶじゃぶ りょうてで じゃぶじゃぶ だんだん おおきく じゃぶじゃぶ じゃぶじゃぶ うみ みたいだね さざなみ じゃぶじゃぶ おふねも ゆれるぞ ホンゲホンゲ じゃぶじゃぶ  「あれれ! それじゃ おゆが あふれちゃうよ!」  ひかえめに~ おふろがスキー  からだを あらおう ゴシゴシ あらえたら いいね きもちが いいね あったかいいね ビューティフルだね  おててを ゴシゴシ おなかを ゴシゴシ みぎあし ゴシゴシ ひだりあし ゴシゴシ せなかを ゴシゴシ おしりを ゴシゴシ シャンプーをチュー! あたまを ゴシゴシ ぐしゃぐしゃ ツンツン どこでも ゴシゴシ とにかく ゴシゴシ ホンゲホンゲ ゴシゴシ  「あれれ! それじゃ おフロじゅう あわだらけになっちゃうよ!」  ていねいに~ おふろがスキー  オフロスキー  「またやろう!」
星空中島愛中島愛伊藤利恵子西脇辰弥西脇辰弥静かに遠ざかる雨 そっと この道照らしてくれる 星たち  数えきれない輝き 鏤(ちりば)めて 夢へと続く道  星空の下 歩いてく いくつもの未来を 一緒に話したね 夜明けまで  両手に 集めた想い 今は小さく頼りないけど ほんとは  みんなの心 笑顔に変えたくて どうすればいいかな?  瞳閉じればそっと浮かぶ あなたの面影が やさしく微笑んだ気がしたの 見守っていてね  夢の扉を開けたなら 気持ちの向くままに 遠回りもいいね 迷ったら 地図を広げよう  星空の下 歩いてく いつかは 私たち 大人になるのかな? 楽しくてはしゃいでた日々が ずっとずっと 続きますように
夜のプール南佳孝南佳孝高柳恋南佳孝西脇辰弥星屑を散りばめた 夜のプール 両手で掬うきみは はにかみながらぼくを 名字で呼ぶ 胸の開いたドレスで  長い間 愛ばかり 大切にしすぎてた いつからか恋のしかたを 忘れて  夜露を浴びたせいさ 欲しいものを 言えない子供になり 手摺りにもたれたまま 昔話 その指にも触れずに  長い間 隠してた 想いならそのままに 吐息が聞こえる近さが せつない  月の雫に光る 街の灯り こんなに綺麗なのに 零れそうな言葉を 胸にしまい 南風を見ていた  長い間 見つめ合い 微笑んで近づいて 抱きしめるだけを恋とは 呼べない
泣き顔のランデブー南佳孝南佳孝御徒町凧南佳孝西脇辰弥もう あなたは来ない 小さな心は置き去りのまま まだ雨宿り  もう 涙もでない 最後の台詞はうつ伏せたまま 頬杖ついて  偶然をなぞったモーション 夢見るあの日の少女 濡れる雨に夜に ランデブー  もう あなたのいない 静かな港に寄せ返す波 消し去るメモリー  ねぇ 壊れた鏡に 映った私の素顔に触れて 降り止まぬ雨  一斉に飛び立った蝶々 見えなくなってゆくよ 闇に 暗れ惑う  偶然をなぞったモーション 夢見るあの日の少女 きっと また会える 永遠をさらったモーション 爪先踊る少女 濡れる雨の夜に ランデブー  もう一度 ランデブー
真夏の風南佳孝南佳孝南佳孝・御徒町凧南佳孝西脇辰弥ギラギラ太陽が 燃えてるその真下 あの娘は どこの娘さ 可愛い顔してる 明るい髪 焼けた肌 甘い香り オイル塗って  ビリビリ感じる 瞳に引き込まれ 男たち熱い 口笛鳴らしても 気にも留めず 涼しい顔 軽いリズム 踏んで歩く ?A donde vas? (どこいくの) Ay que linda, mi amor (かわいい娘) ヤケドしそうな 真実の砂の上で  Ay Ay Ay 男の心に火をつけ 素知らぬ振りで青い海眺めてる ?A donde vas? (どこいくの) Ay que linda, mi amor (かわいい娘) 気絶しそうな真夏の風に抱かれて  Ay Ay Ay 男の心に火をつけ 真昼の夢を独り占めしてるのさ  ジリジリ焼けそうな 肌に踊るタトゥー 小さな悪魔さ まるで本物だね ビーチパラソル 赤いカクテル どんな気持ち 波を見てる? ?A donde vas? (どこいくの) Ay que linda, mi amor (かわいい娘) 気絶しそうな真夏の風に抱かれて
自由な翼國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子西脇辰弥西脇辰弥ラジオから流れる唄に 疲れた未来をまかせて なにもかもすべて忘れる そんな時間が欲しかった 変わるからなにかが怖い 明日に進めないままで 悪戯に過ぎてゆくのは 何も残らないもの  今動きださなければ 自分をなくすだろう 誰かがささやいている 呼んでいる気がした  ゆっくり溶けてゆくかたくなな心が やわらかいメロディあふれだす 押しこめてたジレンマともやもや 消えてゆく  変わるからどこかが痛い 時が歪んだそのままで 気がついたことはいつまで 僕らはここにいるの  今動きださなければ 輝きなくすだろう 誰かがささやいている 呼んでいる聞こえる  ゆっくり溶けてゆくかたくなな心が やわらかいメロディあふれだす 押し込めてたジレンマともやもや 消えてゆく 溶けてゆく夜の優しい闇 心地よいメロディ 深呼吸しあきたらそこから始めよう 動きだす  いつでも誰かと繋がっていたい それでも何にも縛られない自由な翼  溶けてゆくかたくなな心が やわらかいメロディあふれだす 押し込めてたジレンマともやもや 消えてゆく 溶けてゆく夜の優しい闇 心地よいメロディ 深呼吸しあきたらそこから始めよう 溶けてゆく  溶けてゆく…動きだす…溶けてゆく…動きだす…
Blue in Blue吉見一星吉見一星吉田美奈子高橋一行・吉田美奈子西脇辰弥夢を見ていたんだね あの綿菓子の雲みたいな 甘くてすぐに消えた 記憶の奥にある恋を思い出す 夕闇の少し前  愛を告げないの? 本当は君を連れて行きたかった 愛は届かないの? 少し困った顔をしていたね トワイライトの風が一瞬沈んで すべてがブルーに視えていた あの街の隅で...  短い時間でもいい ただ傍に居れば嬉しくて 約束もしないまま はしゃいでいるままに 僕は一人であの街を出た  愛はもうないの? それはまだ愛とは言えないと思っていた 愛を失くしたの? そうさ 恋さえ見失しなっていた 翳り行く空に浮かぶあの日と同じ 雲を見上げている心の中 Blue in Blue  戻れないのは 時間だけじゃないと 気付けないのは 愛していたこと 思い出が懐かしさに変わった今 君を愛していたと判る  翳り行く空に浮かんだあの日と同じ 雲を見上げている心の中 Blue in Blue
メタボリックOh!ハルマゲドンモアとおじさま(能登麻美子・渡辺久美子)モアとおじさま(能登麻美子・渡辺久美子)相田毅西脇辰弥西脇辰弥オジ様ちょっと 最近少し 怠惰チックです あの頃の肌 ツヤツヤの皮膚 思い出してください  フライドポテトはダメダメダメ(えっ、マジすか?) いきなりダンゴも高カロリー(し、しどい、なんば いいよるとね) プラモに マンガ三味に 毎日テレビじゃ生活習慣病 (てゆーか 珍味佳肴?)  ピテカントロプスエレクトス メタボリックをハルマゲドン ピテカントロプスエレクトス メタボリックをハルマゲドン お腹の中の活断層 スパッと割って エクササイズ  モア殿 自分も軍人です 日々訓練であります 掃除に洗濯 皿洗い トイレのカビもシャットアウト!  バナナで滑って腹筋を(ええ~そうなんですかぁ) 土下座で腕立てて 鍛えます(オジ様 すごいです) プラモ作るのも これからは お城にします まずは熊本城 (てゆーか沈思黙考?)  ピテカントロプスエレクトス メタボリックをハルマゲドン ピテカントロプスエレクトス メタボリックをハルマゲドン ノスラダムスの大予言 脂肪滅亡 エクササイズ (てゆーか惰気満々?)  てゆーか餃子定食 てゆーか満願全席 いやっ、モア殿 てゆーか国産牛肉 てゆーか甘味別腹 そう言われまして てゆーか地方物産 てゆーか送料無料 ペコポンには誘惑が多いであります てゆーか要再検査 てゆーか心筋梗塞 げっ、それはマズいであります てゆーか介護必要 てゆーか福祉社会 明日からは いやっ、明後日からは いやっ、明々後日からは必ず!!  ピテカントロプスエレクトス (モア殿、1分の1はやめて) メタボリックをハルマゲドン (せめて、100万分の1で) ピテカントロプスエレクトス (いやっ、1万分の1でも) メタボリックをハルマゲドン (ぎゃーっ! 1000分の1でもいいから) お腹の中の活断層 スパッと割って エクササイズ (てゆーか脂肪遊戯?)(こんなんで どうすか?)
オレンジMebiusMebiusMebius西脇辰弥西脇辰弥雨の落ちる帰り道 ビニール傘をさしてたちどまる 思い通りにいかない 曇った今日に涙ポロポロ  「何してるの?」たった一言 こんな時に君からのメール 涙ふくきっかけはいつも君がくれたんだ  見上げて歩くいつもの道 何だか昨日より広く オレンジ色の夕日がまぶしく照らす 笑顔の君に会いに行こう  いつもの改札口で やっと見つけた君の横顔 私に気付いて手を振る オレンジ空に笑顔キラキラ  「会えてよかった」 こんなにもまっすぐに届く 君だけの言葉 一緒に歩く日々がずっと続きますように  隣に君がいるだけで いつでも素直でいられる オレンジ色の夕日がまぶしく照らす 笑顔の君にありがとう  つまずくなんて思わないで歩き続ければいいって 気付かせてくれた  見上げて歩くいつもの道 何だか昨日より広く オレンジ色の夕日がまぶしく照らす 笑顔の二人  隣に君がいるだけで いつでも素直でいられる オレンジ色の夕日がまぶしく照らす 笑顔の君にありがとう
ケロ猫のタンゴ皆川おさむとひばり児童合唱団皆川おさむとひばり児童合唱団相田毅西脇辰弥西脇辰弥昨日あんなにがんばって 今日はぜんぜんがんばらない ネコ耳付けてキャラ変更 じだんだ踏んで踊ります  ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 湿度高めで 千鳥足 ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 作戦会議はおやつタイム ケロケロケロ ケ~ロ  いい国つくろうケロ幕府 ひとよひとよに侵略頃 そんな歴史を暗記して 肉球つけて拭き掃除  ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 爪を立てずに プラモ組み立てる ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 今日の報告 異常無しよ ケロケロケロ ケーロ  猫に小判と 家事当番 さすが分かっていらっしゃる 大気圏外 投げ出され キャット空中万回転  ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 猫目 魚の目 鳥目 落ち目 ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 明日の訓練 たぶん遅刻 ケロケロケロ ケーロ  ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 湿度高めで 千鳥足 ケロ猫 ケロ猫 ケロ猫のタンゴ 作戦会議はおやつタイム ケロケロケロ ケロケロケロ ケロケロケロ ケ~ロ
時代大橋純子大橋純子中島みゆき中島みゆき西脇辰弥今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて もう二度と笑顔にはなれそうもないけど  そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう  まわるまわるよ時代は回る 喜び悲しみくり返し 今日は別れた恋人たちも 生まれかわってめぐり逢うよ  旅を続ける人々は いつか故郷に出逢う日を たとえ今夜は倒れても きっと信じてドアを出る たとえ今日は果てしもなく 冷たい雨が降っていても  めぐるめぐるよ時代は巡る 別れと出逢いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれかわって歩きだすよ  まわるまわるよ時代は回る 別れと出逢いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれかわって歩きだすよ  今日は倒れた旅人たちも 生まれかわって歩きだすよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
大空と大地の中で大橋純子大橋純子松山千春松山千春西脇辰弥果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に 振り返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
願い引田香織引田香織tomo西脇辰弥西脇辰弥いつも心のどこか 誰かをもとめていた こんな私を必要なんだといってくれる  広いこの空の下 そんな人に逢えたら 少しだけ自信を持っていける 気がしていたから  風が吹いてる 木々がざわめく それだけで 不安な心 優しい声で 名前を呼んで ただ それだけでいいの  いつも心のどこか あなたを探していた こんな私を そのままでいいと いってくれた人  夜が明けてく 今日が始まる あなたが微笑(わら)うこの世界 私にできる全てをかけて 守りたいと願うの  大切なものを知った 信じあうことを知った 愛することを知ったの・・・・  風が吹いてる 木々がざわめく それだけで 不安な心 優しい声で 名前を呼んで ただ それだけでいいの  夜が明けてく 今日が始まる あなたが微笑(わら)うこの世界 私にできる全てをかけて 守りたいと願う 全てをかけても 守りたいと願う 強く
ジョンの純な恋物語東真紀東真紀東真紀東真紀西脇辰弥My name is John ボクは振り返る 君と過ごした日々を 君を泣かせた数を 下手な愛情表現で 君にはずいぶんと 迷惑かけたっけ 時に噛み付いてみたり あるいは 引っかいてみたり…  ボクがこの家に来たころ 君も幼くて 泣きべそばっかかいてさ ある日 しっぽをひょいと立てて 君をくすぐったら 笑顔の花が咲いた 少なからずボクの中に 恋が生まれた瞬間  夕暮れ色の空が好き 君と二人きりで公園へお散歩Time 真っ赤に染まる君の姿は ドレスを身に纏っているようでステキさ まぎれもなく君に夢中 最初で最後の初恋  明日の朝 君はこの家を出てゆき お嫁さんになる  小屋の前で 腰をかがめ 君が何か呟いた夜 察してボクは 君の顔を 幾度も嘗め 笑顔 促す 『行かないで!』と 口に出して 言えるならば 伝えたんだろうか? 君のほほを つたう宝石がボクの 耳を濡らす しばらく 君は 毛むくじゃらのボクに しがみついていた…  My name is John 純な恋物語 抱いていた想いは 叶わず花と散る やがて 歳をとったボクは 愛しの小屋の中 深い眠りにつく だけど 寂しくなんてないさ やっと 君のもとへゆける 目には見えないチカラで 空からずっと 守ってあげる  …守ってあげる…………… …守ってあげる……………
Cause your love ~白いmelody~佐藤ひろ美佐藤ひろ美Bee'西脇辰弥西脇辰弥空に煌いた無限の星 僕ら見つめてる 風は少し冷たく儚い 夢に溶ける  君の手に触れた ぬくもりから 果てない未来が見えた刹那 その時気付いた大切なモノ  Cause your love 舞う星は震えてた寂しさを笑顔に変えた そうさ 超えてゆく あの扉の向こう君と 永久(とわ)に誓う 白いmelody  赤い花が僕らの周りに 咲き乱れていた 甘く暖かくそう穏やかに 二人包む  このままつなごう そっと強く 囁いた言葉 確かなpromise 微笑んだ君が 瞳(め)を閉じて言った  「Precious love」 舞う花は 光みちびく奇跡 僕の傍には 君の幸せが そう扉を開けて 待ってる 探し物はココにあるよ  Cause your love あふれ出す大粒の涙 その雫はやがて 「愛」という色に染まるよ…  Cause your love 舞う星は震えてた寂しさを笑顔に変えた そうさ 超えてゆく あの扉の向こう君と 永久(とわ)に誓う 白いmelody 君に歌う melody  光みちびく奇跡 君が輝く melody...
夢をかなえようこんのひとみこんのひとみこんのひとみこんのひとみ西脇辰弥あの子の言葉聞いてあげてればよかった もっと本気で聞いてあげてればよかった そんなに思い詰めていたなんて ちっとも気づけなかったから  あの子のそばにいてあげてればよかった もっともっとそばにいればよかった もう 遅すぎるけど この気持ち あの子に届けられるかな  夢をかなえたい 夢をかなえたい それがあの子の口癖だったけど その夢 今どこに…  夢をかなえよう 夢をかなえよう 今 一人っきりの夜空に 私 夢を探せるかな  友だちはみんな夢を持ってる 夢なんかいらないって言う子もいる 私といえばどちらでもない 夢 持ちたいのに 見つからない  夢 かなうといいね 輝いてる友だちに言ってみる 夢 破れたときが とても怖い気がする  夢をかなえよう 夢をかなえよう どこまで行っても 不安な気持ちは ずっとずっとそばにある  夢をかなえよう 夢をかなえよう 夢 きっと探し続ける いつかあの子に会う日まで  夢 きっと探し続ける いつかあの子に会う日まで  夢をかなえよう… Repeat×2  夢 きっと探し続ける いつかあの子に会う日まで
愛するキモチ!岩崎宏美岩崎宏美田村武也田村武也西脇辰弥古い時代に 生きた人たちは どんな 未来 想像しただろう 高く広がる 宇宙の上から 人は 何を 観ようとしてるの  朝の改札を 泳いで逃げよう 時計の針には 刺されないように!  そして 手を広げ 太陽を身体に浴びて 自分の現在を 確かめよう きっと 百年も千年も 変わらないのは 愛するキモチ 捨てちゃいけないココロ  暗い時代に なったと誰もが 声を揃え 口にしてるけど  願いごとひとつ 叶いますように あなたの想いが 届きますように  そして 手を広げ 太陽を身体に浴びて あの日のように 語り合おう いつか 迷っても 悩んでも 鬱ぎ込んでも 信じるキモチ 決して忘れないでね  争いのなかで今 埃にまみれた涙が こぼれて消えた 何のための…  そして 手をつなごう いつまでも 笑顔でいよう 勇気の意味を さぁ歌おう  きっと 百年も千年も 変わらないのは 愛するキモチ 捨てちゃいけないココロ
風が吹いてたarparp大宮あん朱松本俊明西脇辰弥覚えていますか あの季節を 3回巡った春夏秋冬を 不器用に何度も傷付いて 笑ってばかりのあの頃  桜の舞う朝に出会ったね こわばった声でその名前呼んだ 真新しいノートみたいに お互いを何も知らずに  あの日のわたしたちに今 そっと教えてあげたい 「隣の女の子は未来で かけがえない人になるんだよ」  若葉が萌える窓際の席 校庭の砂と汗の匂いした あなたの顔に木漏れ日が揺れ またひとつ風が吹いてた  枯葉が散る日 屋上の隅 終わっていく恋が頬を伝ってた わたしのことなのにおかしいね 励ますあなたが泣いてた  あの日のわたしたちに今 ちゃんと伝えてあげたい 「失ったものが大きくても 明日は必ず来るんだよ」  蕾の下 すれ違った声 謝りたくって手紙を綴った ふたつ並んだ青いスカートに また同じ風が吹いてた  今日届いた招待状 胸がいっぱいになる 人生の記念日に立つ あなたを想った  今を懐かしむ頃また 教えてあげられるように 「あなたの歩んでく未来には素晴らしい日々が待ってる」と  覚えていますか あの季節を 晴れ渡る今日に繋がる季節を まぶたを開け息を吸い込むと 新しい風が吹いてた
たからもの東真紀東真紀東真紀東真紀西脇辰弥今朝も電車乗り継いで 華やいだ街へと急ぐよ ショーウィンドウ眺め また歩き出す 今度あなたに会うまでにと 購入済みのプレゼントは ひとつ またひとつと 数を増すばかり  ストライプのネクタイはあなたの好きな水色よ 着こなした姿を想像してうれしくなる  夢のような宝物だよ 決して高価じゃないけど あなた想ううち揃った 愛の品々 晴れた日は赤いハンカチを 雨の日は青い傘を 今日も 明日も増え続ける あなたへの想い  いつの間にか撮り溜めた 手付かずの二人の写真を 横長のアルバムに並べて微笑む  ちょっとしたコメントやイラストを添えてくうちに 窓の外 いつしか白んでゆき 朝が来てる  夢のような宝物って どこにでもあるんだけど あなた浮かべ選ぶからこそ 特別になる 世界中のどこを探しても 同じものはないのよ あなただけが感じられる つながる心  夢のような宝物だよ 決して高価じゃないけど あなた想ううち揃った 愛の品々 遠い街で忙しそうなあなたに手紙を添えて 言葉だけじゃ伝えられぬ想い 詰めて 届けるよ
向日葵~一期一会の命~東真紀東真紀東真紀東真紀西脇辰弥部屋の灯りを消した瞬間 弱い私が目を覚ます 誰にも言えぬ迷いがカラダ凍らせて あなたの前で泣けるならどんな簡単なことだろう 誰もがこんな夜の隙間で勇気求め祈る  光る向日葵の微笑みが孤独を引き連れて輝くように 人が皆寂しさ背負って 今日も 笑いあえたら素敵  部屋の中で芽吹く花は 風の強さを知らないけど それに気づいて怪我をしながら生きてゆければいい  光る向日葵の笑顔にも負けぬ生き方で愛せたら 受け取った命を冷やさず 今日も ずっと歩いてゆける  思い切り笑って時に泣いて 傷つけあっても逃げずにいたいの ここで今 私が確かに咲き誇れるように  光る向日葵の微笑みが孤独を引き連れて輝くように 人が皆寂しさ背負って 今日も 笑いあえたら素敵  永遠に光れ向日葵
ただ・愛のためにだけ岩崎宏美岩崎宏美中島みゆき中島みゆき西脇辰弥涙なしでは語れぬ日々も あなたの名を呟けば 救われる気がした ああ大事なことに気づくまでに みんな私たちは遠回りだけど  ただ・愛のためにだけ 涙はこぼれても ただ・愛のためにだけ これが始まりでも これでおしまいでも ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう  星も見えない砂漠の日々も あなたの呼ぶ声を聞く 風に耳をすます ああ心の中に磁石がある みんなひとつずつの磁石がある  ただ・愛のためにだけ 言葉はかすれても ただ・愛のためにだけ これが始まりでも これでおしまいでも ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう  これが始まりでも これでおしまいでも これが始まりでも これでおしまいでも ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう  ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう ただ・愛のためにだけ 生きてると言おう
SHARING OF LOVE相川七瀬相川七瀬相川七瀬MICHIKO西脇辰弥今ここにいられればもう何も欲しくない あなたを支えたい 小さな力でも 寂しい悲しい時に 楽しい嬉しい時に 誰にも代わることない心の存在として  THINKIN' ABOUT THE MEANING OF LOVE 抱きとめるあなたのすべてを THINKIN' ABOUT THE MEANING OF GIVE ありのままの私の声を  誰のため歌うのか問いかけは果てしなく 満ち足りていなくても 満たされていたとしても あなたの空に輝く 私は太陽になりたい 愛しく想う気持ちでいつも包んでいたい  THINKIN' ABOUT THE MEANING OF LOVE 抱きとめるあなたのすべてを THINKIN' ABOUT THE MEANING OF GIVE 見つめ合って抱き合って今を生きて THINKIN' ABOUT THE MEANING OF LOVE 抱きとめるあなたのすべてを THINKIN' ABOUT THE MEANING OF GIVE 嵐にさえ負けないくらい、心の強さ…  今ここにいられればもう何も欲しくない
愛はどこにある徳永英明徳永英明徳永英明・山田ひろし徳永英明西脇辰弥君の瞳はなぜキラキラしてるんだろう? 壁を張りめぐらせ 座りこんだ夢の外 孤独を尖らせて 傷つけた  戦う意味ばかり なぜ探し続けたのか? 小さなやさしさを 見ずに  愛はどこにある? 愛はどんなカタチをしてる? そっと君を抱きしめたら瞳に キラキラが落ちてきた  君の瞳はなぜキラキラしてるんだろう? 空が広い理由は とても他愛ないこと 僕が小さいだけ それだけさ  愛はどこにある? 愛はどんなモノで出来てる? 同じ過ちを繰り返す僕を 何故、許し続けるの?  僕は間に合うかな? まだ、見つけてもらえるかな?  愛はどこにある? 愛はどんなカタチをしてる? そっと君を抱きしめたら瞳に 君を抱きしめたら瞳に 君を抱きしめたら瞳に  キラキラが落ちてきた
狼(ウルフ)徳永英明徳永英明徳永英明徳永英明西脇辰弥虹色の帯をしめて 金色の麻をまとう 白い肌をした男の呼び名 狼とみんなは呼ぶ  狼それは涙と海 狼それは力と空 みんな狼の前で心を重ね 狼で自分を知る  戦いの夜に 別れの朝に  もう夜は明けていくよ もう今日は始まったよ さあ何もかもを試せる時は この瞬間にしかない  狼は狼は 声を出さずに 君を 君を 見ている 僕を 僕を 見ている  狼…
太陽徳永英明徳永英明徳永英明徳永英明西脇辰弥胸で燻ってる声を また叫べずしまい込んでいく 太陽よ顔出してこの胸を捜してよ  もし挫けそうになっても 鬱ぎこむより空を見上げて 太陽よこの胸をいつまでも温めて  太陽に向かって走ろう 自分に負けそうなことを 破って未来を描いていこう  走り出せたら悲しみや 今すぐ忘れたいことが あったから今があるってきづこう  運がいいとか悪いとか 自分の明日に悩んでるなら この胸に訪れた温かさ信じて  この胸に訪れた温かさ信じて  太陽に向かって走ろう 信じ切れないその理由を 砕いて未来を創っていこう  走り出せたら苛立ちや あの頃恐れてたことが あったから今があるって笑おう  空をひとり見上げてるよ 君もどこかで見上げてるかい 太陽よどこまでも僕たちを照らして 太陽よどこまでも僕たちを照らして
Little by Little椎名へきる椎名へきる三井ゆきこ木根尚登西脇辰弥やわらかな陽射し 受け止めて歩く あたらしい木々の匂い感じて なつかしい笑顔 君に会いたいな 面影に今も 語りかけてる いつまでも あの頃の記憶 優しくて… どれくらい愛しただろう 君の中で とけてゆける 心感じていた 花のように笑ってたね 君がくれた体温 抱きしめて  夕焼けにそまる 大好きな場所で 時のたつことも忘れていたね どこまでも 果てしない空に包まれて いつまでも胸に光る 想い出たち“pure”なもの 探して遊んでた 恋をしたり… ケンカしたり… いつのまにか 大人になってたね  どれくらい愛しただろう 君の中で とけてゆける 心感じていた 名前を呼ぶ 君と二人 歩いていた 紅い空の下 長い影を連れて いつまでも… Yeah... Um... Ha... Um...
このまま青木愛青木愛AZUSA西脇辰弥西脇辰弥あれから何度春が過ぎたかしら 恋した乙女達の 記念日には ひとつ 愛が生まれても ひとつ 愛が消えてゆく 卒業 蒼(あお)い 時代(とき)の中で  風のよーに いつの日も心触れていたい 激しさに 傷つく嵐みたいな恋は いらない  あの頃リボンかけた長い髪も あなたの恋に合わせ 短かくなる 失くした 少女の愛と 見つけた 大人の愛を 抱きしめ そばにいたい ずっと  月のよーに 照らしたい行方 あなたのため その胸を 熱く踊らす太陽よりも やさしく  失くした 少女の愛と 見つけた 大人の愛を 抱きしめ そばにいたい ずっと  星のよーに 散りばめた気持ち集めたなら 少しだけ 二人の距離を崩してみたい  月のよーに 照らしたい行方 あなたのため その胸を 熱く踊らす太陽よりも……… 星のよーに 散りばめた気持ち集めたなら 少しだけ 二人の距離を崩してみたい  月のように 星のように
Pop Step Jump!メロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥窓越しの青空を 横切る飛行機 翔ぶ夢をよく見てた 高く遠くどこまで  僕にしかできないことを いつかみつけたくて  空の一番果て 海の一番底 誰も見たことない 未踏の地を踏む最初の瞬間 いくつだってgetしたい  笑わないで聞いてね 無限を信じてる 誰かのココロ深く 何か 残したいんだ  期待と不安 いつもこの両手に抱えて  迷う時がある 長い夜がある だけど それは自分次第 どこへでも行ける どこまでも行こう 新しい日への螺旋(らせん)  いくつもの予言 ちりばめられてる 今 ここに そう君に 気づいて 気づいて まだ見えてないだけ 芽吹いてるよ inside you  空の一番果て 海の一番底 誰も見たことない 未踏の地を踏む最初の瞬間 いくつだってgetしよう
Agapeメロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!  みつめる 触れあう その時 愛は 二人を 試している  Time is now Time is now(Are you ready?) この世の果てまで  Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!  信じる 応える その瞬間 愛が 僕らを ひとつにする  Time is now Time is now どこまでも生きて  Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!  Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!  Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!  Would you call me if you need my love? どこにいたって聞こえる 君がくれる Agape 力のかぎり Dive!
愛しいかけらメロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥Please Please Please キスをして 引き合う力 心ごと 結ぶよ kiss of life  心のアンテナ いつも研ぎ澄まして だれかの合図を 見逃さないように  争うのは ねえどうして? その愛は 誰のため? A-ha 未だ I don't know I don't know  Please Please Please キスをして 僕をみつけて はなればなれじゃ 寂しいかけら  Please Please Please キスをして 引き合う力 心ごと 結ぶよ kiss of life  心が騒いで 眠れない夜がある どこかで誰かが 待ってる気がしたんだ  自分より大事な人? 守るべきものは何? A-ha いつか I love you I love you  Please Please Please キスをして 僕をみつけて はなればなれの いとしいかけら  Please Please Please キスをして たしかめさせて 心ごと かさねる kiss of life  Please Please Please キスをして 君をみつけた はなればなれじゃ 寂しいかけら  Please Please Please キスをして たしかめあおう 心ごと かさねる kiss of life  心ごと かさねて kiss of life
ALL IN ALLメロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥星が残る夜明けの空 世界中にひとりきり  うるむ瞳 君を想う ひとりだけど 孤独ではないの  走れ! Now is just the time to go  あてもなく 果てしなく たとえ迷う夜も 愛してる 感じてる 呼びあう二人 You're my all in all  細い三日月(つき)に腰かけるよ またたく街が見下ろせる  闇と光 noiseとsilence ひとりだけど 孤独じゃない  走れ! そこは近いよ  あてもなく 果てしなく たとえ迷う夜も 探してる 向かってる 呼びあう二人 You're my…  あてもなく 果てしなく たとえ見えなくとも 愛してる 感じてる 呼びあう二人 You're my…  あてもなく 果てしなく はぐれてる夜にも 愛してる 感じてる 呼びあう二人 You're my all in all
So far, so nearメロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥僕等に見えてるのは 今 在る ここだけ 誰ものぞけない奥に その先があるの  空と大地のreverse 風をつかまえて  飛んでみせるよ Try Try Try きっと見にいこう 心が叫ぶ Try Try Try めざす目標(ターゲット)はどこ?  目をこらしたその瞬間 スピードが止まる 迷い 探してる感じ 僕をせきたてる  空と海のborderline 一面に溶けた  超えてみせるよ Try Try Try 行くしかないの 心の叫び Try Try Try すべてを抱えて  それぞれの夢 Try Try Try 見えてなくとも 心が叫ぶかぎり 僕等は未来へ  超えてみせるよ Try Try Try 行くしかないの 心の叫び Try Try Try すべてを抱えて
12月の雨岩崎宏美岩崎宏美荒井由実荒井由実西脇辰弥雨音に気づいて 遅く起きた朝は まだベッドの中で 半分眠りたい ストーブをつけたら くもったガラス窓 手のひらでこすると ぼんやり冬景色  今にもあなたが 白い息をはき 通りをわたって この部屋に来る気がして  時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  もうすぐ来るクリスマス 想い出の日には また会おうと云った もう会えないくせに  今でもうしろを ふとふり返れば あなたが笑って たってるような気がして 時はいつの日にも 親切な友達 過ぎてゆくきのうを 物語にかえる  時はいつの日にも 親切な友達 時はいつの日にも 親切な友達
少年時代岩崎宏美岩崎宏美井上陽水井上陽水・平井夏美西脇辰弥夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様  夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき  夏まつり 宵かがり 胸のたかなりに あわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様  目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき  夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様
めぐり逢いメロキュアメロキュア岡崎律子岡崎律子西脇辰弥ジュテーム、ジュテーム、ジュテーム、 ジュテーム、答えが欲しいの いつまでどこまで走ったらいい?  I love you, love you, love you,love you, あたしは誰? 求めて求められていたいの  恋をしましょ 生きる証 二人つなぐkissで 語りあうの わかりあえる 言葉よりも雄弁なkissで  ジュテーム、ジュテーム、ジュテーム、 ジュテーム、答えを教えて めぐり逢いはいつもdestinyでしょう?  You love me, love me, love me,love me, あなたは誰? 愛して愛されるとわかるでしょう  恋をしたの 生きる証 二人つなぐkissで 語りあうの わかりあえる 言葉よりも雄弁なkissで  恋をしましょ 生きる証 二人つなぐkissで 語りあうの わかりあえる 言葉よりも雄弁なkissで  恋をしたの 生きる証 めぐり逢いはdestiny 語りあえる わかりあえる 命のkissで  愛は力 恋の力 めぐり逢いはdestiny 語りあうの わかりあえる 言葉よりも雄弁なkissで
コバルトの季節の中で岩崎宏美岩崎宏美小谷夏沢田研二西脇辰弥髪形が かわりましたね 秋風に よく似合いますね 何か悲しいこと あったのでしょうか コバルトが 目にしみますね 誰だって 秋は独りですね だから今朝はなにも 話しかけません  しあわせの手ざわりが いまとても懐しく 足早に過ぎて行く この秋の中で あなたを見失いたくないのです  風の日は きらいでしたね 忘れたい 何かあるのですね だけど人はきっと 愛しあえるでしょう コバルトが 目にしみますね 誰だって 過去はつらいですね だから明日のこと 話してみませんか  ひとりぼっちだったから やさしさが 好きでした 絶えまなく揺れている この秋の中で あなたを 見失いたくないのです
時代岩崎宏美岩崎宏美中島みゆき中島みゆき西脇辰弥今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて もう二度と笑顔にはなれそうもないけど  そんな時代もあったねと いつか話せる日がくるわ あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ だから今日はくよくよしないで 今日の風に吹かれましょう  まわるまわるよ時代は回る 喜び悲しみくり返し 今日は別れた恋人たちも 生まれ変わってめぐりあうよ  旅を続ける人々は いつか故郷に出逢う日を たとえ今夜は倒れても きっと信じてドアを出る たとえ今日は果てしもなく 冷たい雨が降っていても  めぐるめぐるよ時代は巡る 別れと出逢いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変って歩きだすよ  まわるまわるよ時代は回る 別れと出逢いをくり返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変って歩きだすよ  今日は倒れた旅人たちも 生まれ変って歩きだすよ
愛という名の花岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜西脇辰弥愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り  きっと誰もが独りぼっちで 孤独な夜を抱えてる  傷つくたびに 大切なもの 見失いがちになるよね  だけど本当は 愛しい人を 悲しませないように 笑って生きたい  愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り Ah すべては 勇気から始まり チャンスが生まれ 光となる  いつも心に希望の花を いつも心に抱こう  愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り Ah すべては 勇気から始まり チャンスが生まれ 光となる  Ah 誰もが生まれ持っている 深く眠ってるその勇気で 愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り  いつも心に希望の花を いつも心に Ah 抱いて…
Screaming20th Century20th Centurymavie森広隆西脇辰弥もうこれ以上 走っても 逃げ切れない So 街中に やたらばらまかれた 俺のモンタージュ 容赦なく 照りつける太陽 いつだって ノドだけが渇いてしかたない  歪み切ってる日常に 息ができなくなりそう 動かないこの体を ジリジリと追いつめていく  I'm screaming 誰も知らない もう一人の俺が叫ぶ 限界に 近づいている 今すぐここを逃げ出そう 一体どこへ 向かうのかは わからない それでも走るしかないんだ  今日繰り返す そのたびに 汗がにじむ So 鏡には 俺によく似ている 知らない男  握りしめてた手のひら 開いても何もなくて 孤独と闇と絶望が 次から次へ責め立てる  I'm screaming 顔の見えない もう一人の俺が叫ぶ 偽りに 汚れた手でも もいちどまたつかみ取ろう どんな意味が あるかなんて わからない それでも生きるしかないんだ  どこまでも 道は続いてく 決して目を そらさない そうたどり着くまで  歪み切ってる日常に 息ができなくなりそう 動かないこの体を ジリジリと追いつめていく  I'm screaming 誰も知らない もう一人の俺が叫ぶ 限界に 近づいている 今すぐここを逃げ出そう 一体どこへ 向かうのかは わからない それでも走るしか、それでも走るしかないんだ
愛のヒキガネ徳永英明徳永英明徳永英明徳永英明西脇辰弥自分の弱さをつかれたって 自分を愛せなくなったって まぶたの裏側には自分の勇姿 誇りある自分の姿  上手に僕は言えずにいた 上手に好きって言えずにいた まぶたの裏側には自分の勇姿 愛がある自分の姿  走り出さなくたっていいんだ 走り出さなくたっていいんだ ただ自分を解き放して  変われないって決めつけてた 変われないって恐れていた まぶたの裏側には自分の勇姿 歩き出す自分の姿  決めつけていたのは誰 決めつけていたのは何故 まぶたの裏側には自分の勇姿 勇気ある自分の姿  時々迷ったっていいんだ 時々迷ったっていいんだ ただ心を解き放して  でも涙が溢れてこぼれそうになったら 迷わずこぼそう涙は愛のヒキガネ  もう涙が溢れてこぼれそうになったら 迷わずこぼそう涙は愛のヒキガネ  自分の弱さをつかれたって 自分を愛せなくなったって まぶたの裏側には自分の勇姿 誇りある自分の姿  変われないって決めつけてた 変われないって恐れていた まぶたの裏側には自分の勇姿 歩き出す自分の姿  走り出さなくたっていいんだ 走り出さなくたっていいんだ  時々迷ったっていいんだ 時々迷ったっていいんだ  走り出さなくたっていいんだ 走り出さなくたっていいんだ  時々迷ったっていいんだ 時々迷ったっていいんだ 今心を解き放して
君をつれて徳永英明徳永英明山田ひろし徳永英明西脇辰弥僕らは此処にいる まだ見ぬ夜明けを待って 僕らは此処にいる 真白な想いのまま 君をつれてゆこう この愛が指差す場所へ 君をつれてゆこう 新しい航海へ 人は 傷つけて傷つけ果たして 解るしかないのだろう 愛が僕らを愛するなら 逃げ出しちゃいけないんだ  たったひとりを信じる強さ ふたつの胸に刻んで 風を受けとめたら  君をつれてゆくのさ 愛が指差す場所へ  それは言葉だった 心を抉った悲しみ それは想いだった やさしく暖かな肌 それは 果てしなく長い旅だろう 書き綴れないほどに でも君がそばで笑うなら 何処までも超えてゆくよ たったひとりを守れる強さ 今はそれだけ与えて 心で抱き合えたら 君をつれてゆくのさ 愛が指差す場所へ  愛の輝きも時を超えるなら 未来にいる僕らへ 強く、ただ強く想いを放とう 愛しさを忘れるな、と  たったひとりを信じる強さ ふたつの胸に刻んで 風を受けとめたら  新しい船を出そう たったひとりを守れる強さ 今はそれだけ与えて 夜明けの星に向けて 君をつれてゆくのさ 愛が指差す場所へ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
answer稲垣潤一稲垣潤一加藤健桑村達人西脇辰弥やることなすことが 裏目に出る時は そんな日もあるさ そのうち変わるさ なにかがきっかけで うまくまわる時は そういつまででも つづきやしないね  言い聞かせながら やっとここまで来たけど 気づいたら キミだけがいない  Yes? or No? 訊かれて 答えられずに 落ちる涙前に なにもいえずに ボクはなくした キミをなくした どうしようもなかった 仕方ないだろ?  先が読めないから 面白いと思う 終わりの読める 小説じゃない  いつかまた君と 偶然どこかで 会うことなんかも あるかもしれない  Yes? or No? 訊かれて 答えられない 情けないこのボク 何度も責めて キミはなくした ボクをなくした バランスを見失い そしてはぐれた  あれからどこでどうしているの? どんな人といるのかな?  なにが幸せか 君はもうみつけられたの ぼくはまだ答えが見えない…  Yes? or No? いまさら  遅すぎるけど ずっとあのキミの瞳に 見つめられてた きみに会いたい けれど会えない もうどこにいるかさえ わからないから  Yes? or No?
Let me go!!~あの日の子供達に笑われてボクは行く~辻本祐樹辻本祐樹宮田和弥岡本真夜西脇辰弥誰も知らない道を行くよ いつまでも 何処までも 感じてる 今この気持ち抱きしめて 夢をみて  いつもいつも 遠い空を眺めて 届かない想いを ポケットに詰め込んで 何も言えず 何も感じられずに 夜のはじっこで 膝を抱えてる  押し寄せる人の波に 背中押されながら 染まって行く やがて色褪せてしまう前に  僕は僕の道を行くよ いつまでも 何処までも つまずいても キズついても 前が見えなくても 誰も知らない道を行くよ 地図にまだ載ってない 感じてる 今この気持ち抱きしめて 夢をみて  いつもいつも 笑ってたけど泣いてた 黙っていたけど思ってたんだ  降りしきる雨に打たれ 傘もささずいつも 屋根の下から あの日の子供達に笑われて  僕は僕の道を行くよ 輝いた 未来へと ため息で 明日の火を吹き消してしまう前に 誰も知らない道を行くよ 君もまだ行けるさ 消えかけた 今その憶いに火をつけて 夢をみて  僕は僕の道を行くよ 何処までも いつまでも デコボコの ぬかるんだ 曲がりくねった道を 誰も知らない道を行くよ 君もほら 僕とさあ 感じてる 今この気持ち抱きしめて 夢をみて  
君に出会ってから稲垣潤一稲垣潤一小谷ゆき子谷脇仁美西脇辰弥虚しくてやりきれなくて そんな時間だけが たった1度きりしかない僕の人生なの?  君に出会って少しずつでも 嫌いな自分許せるようになったんだ  たったひとりだけ大好きな人に巡り合えるそのありがたさ どうして知らずに生きてきたんだろう どうして分からずいたのだろう  自分さらけ出せずにいた 何をやってみても 最後までうまくゆくことなんて見つけられず  今日も明日もかわらないだろう 君に会うまで思い続けた日もあった  強がってばかりそんな僕だけど君には好きでいて欲しいんだ 素直な自分にかわってゆくこと 気付けたんだ 君に出会ってから  もし君に会わなかったら、きっと流されるままだった  ひとりぼっちでいるこんな僕だけど君には好きでいて欲しいんだ いつでも自分を取り戻せること分かったんだ 君に出会ってから  君に出会ってから 
TOKYO ELEGY稲垣潤一稲垣潤一売野雅勇鈴木キサブロー西脇辰弥めぐり逢う約束を もし愛と呼ぶのなら さよならは運命に 返せない借りを負うこと  星が夜の彼方で 燃えつきてゆく空の下 時に流されながら 僕らの愛も息をとめる  バラ色の人生は ただきみがいたこと ここに  愛しさはたましいの 傷口か あふれる夢よ  星が夜の彼方で 燃えつきてゆく空の下 あかり灯る TOKYO 悲しい人が笑う都  バラ色の人生は ただきみがいたこと ここに (TOKYO EREGY)  
FOOT STEPS吉田美奈子吉田美奈子吉田美奈子吉田美奈子西脇辰弥月の影に隠れて一層密やかな 奇跡を知る 既に遠い日の出来事 静の海にある足跡は現在も 歴史の頁を記したまま時間を停めている 美しいこの星地球を見守る宇宙にひとつだけ 淋しくはないのかと心を傾ける  愛おしい惑星 蒼い水を湛えつつ 絶え間なくも 平等く逝く時間の音が 響いている 夜明けを告げる 太陽の炎を浴びながら  気高き輝きとそこにある存在の すべての下に届けて欲しい 愛する心  未来を思う時いつも切なくなるのは何故だろう 嘆きは足跡と置いて行けるのかな?  希望は悲しみの上に 創られていると知っていても 未来を思う時 何故か切なくて 何故か切なくて…  
Air Fish桑島法子桑島法子田口俊西脇辰弥西脇辰弥息をきらして じれったく急ぐ私は 空気の中を泳ぐ魚 きしむ鼓動が 私に教えてくれたよ ここに存在していること 時のストリーム 知らないどこかへ 風と漂流してゆく 私は どんなふうに 世界は どんなふうに 生まれ変わるだろう Ah 運命の謎を さぁ 解きあかす旅に出よう  I'm a lonely fish もっと速く 速く もっと高く 高く You're a cryin' fish もっと強く 強く 今を君と 君と We are dreamin' fishes うまく追えずに  朝の夢で泣いた君は 空気の中を泳ぐ魚 揺れる痛みが心に伝えてくれるよ ほんとに会いたい人の名を 希望は どんなふうに 嘆きは どんなふうに 人を変えるだろう Ah 泡つぶの日差し さぁ 抱きしめて戯れよう  I'm a lonely fish もっと遠く 遠く もっと熱く 熱く You're a cryin' fish そうさ二度と 二度と だから君と 君と We are dreamin' fishes  I'm a lonely fish もっと速く 速く もっと高く 高く You're a cryin' fish もっと強く 強く 今を君と 君と I'm a lonely fish もっと遠く 遠く もっと熱く 熱く You're a cryin' fish そうさ二度と 二度と だから君と 君と We are dreamin' fishes We are dreamin' fishes We are dreamin' fishes
Rewind藤岡正明藤岡正明藤岡正明・川口大輔川口大輔西脇辰弥「このままじゃやだ」 「どうすればいいの」 そんな言葉を 僕らは ただ繰り返していたね 手を伸ばしても もう届かない どんなときでも 近くに 君はいたのに 目の前に 腕の中に  いつもの笑顔で「おかえり」って言う君が まだ すぐそばにいるようさ 留守電になるたび ふたりで吹き込んだまま 聞き慣れた声が流れてくるから  いつしか風は 頬に冷たいけど 街に映った夕陽は ふたり見上げた空と 同じ色してる 遠回りしながら 歩いた帰り道 Mm… 手と手をつなぎながら ふざけ合って語った僕たちなりの 未来に 君は何を描いてたの  ふたり聴いたクラプトンが街に流れてる 恋人達は行き交い 僕はひとりきりで取り残されて あの日気づかなかった涙の理由(わけ)が 今 ふと 胸をしめつけるのさ 馬鹿だね ホントなら 意地なんて張らずに ただ 受け止められたはずさ 時を巻き戻して もう一度叶うものなら 強く抱きしめたいよ ひとつだけでいいんだ 僕の心の中には 君だけが あふれてること 伝えたい 今でも  このままじゃやだ 時が過ぎても 君との日々を 僕には 想い出になんて まだ出来ないよ
まちがえた夏稲垣潤一稲垣潤一U-DAI鹿紋太郎西脇辰弥消せるなら 消してしまいたかった 君と 出会ったことさえ さよならと手を振る ポーズのままで 君と夏が かすんでた  あの日 車とめた この橋のうえで 海にすてた想い 拾い集めてる  あきらめた季節を 奪いかえすつもりさ 新しい夏を ふたりもう一度 始めるため 急ぎ過ぎた さよならだけを 消せるなら まちがえた あの夏を  遠くなる 君をミラーに残して いくら 走り続けても 輝いた時が 灼きついたまま 今も 胸を焦がしてる  “忘れない”と言った 君の言葉から 逃げてた俺が今 君へ向かってる  あきらめた季節を たどり直すつもりさ 見失った夏 ふたりもう一度 見つけるため 君の愛が 素直になれる その場所は 俺だけど 決めたのさ  あきらめた季節を 奪いかえすつもりさ 新しい夏を ふたりもう一度 始めるため なくしかけた 愛の答えを 確かめに この橋を 渡るのさ
前髪國府田マリ子國府田マリ子戸沢暢美西脇辰弥西脇辰弥グランドのわきの 散歩道はいつも 木もれ陽 揺れている 子供をあつめて ボールをける姿 あのひとに似ている  まるで遠い夏に 戻った気がするわ 光る汗 駆けてくシューズ 告白できず 卒業したの  あなたは元気で いるのでしょうか きれいな前髪 はにかむ時かきあげるクセ いまも変わらずにいると 信じたい なつかしさが揺れた  あんなにまっすぐ 生きてるひとなんて ほかにまだ知らない 彼女ができたと 言われた 夕焼けを おぼえている私  泣いて立ちつくせば どうなったのかしら よかったね どんな娘なのと 自分に嘘を つきつづけたの  あなたはひとりで いるのでしょうか みじかい前髪 あの時ハラリとうつむいた わけは 私の恋に 気づいていた せいだと いま分かる  あなたは元気で いるのでしょうか きれいな前髪 私はただ静かに想い いまの彼との すべて 逃げないと 胸に誓う  あなたはひとりで いるのでしょうか みじかい前髪 どこかですれ違った時は 少しキレイになった 横顔をまぶしそうに 見てほしい  その時もし彼女といたら 声はかけないままで それとなく 見送ってね  あなたは元気で いるのでしょうか
洗濯機の中から堀江由衣堀江由衣雲子雲子西脇辰弥はぁーまた1日 増やしてく時 ちょっと嫌になる クタクタの“ボク”を着てても 長持ちしないし はぁーまた1日 終わるころには 花も枯れ葉もくっついて だからクタクタになるんだ  心も全自動式で きれいになればいい そんな気持ち集めて 回るうずへ投げたら ホラ 泡にとけてく  聞こえるよ 洗濯機の中「らったたった♪」 さっぱり 水へと流したから 腰を振ってにやけ顔の 一味違う“ボク”がいたよ 「らったたった♪」  はぁーまた1日 増やすためには ちょっと大変で ぴかぴかの“ボク”に集まる視線 それがヘトヘトになるんだ  心も全自動式で きれいになればいい 人さし指1つで スイッチそれだけで ホラ 泡になるから  聞こえるよ 洗濯機の中「らったたった♪」 そして風に揺られるままに 足を広げにやり顔の 一皮むけた“ボク”がいたよ  聞こえるよ 洗濯機の中「らったたった♪」 さっぱり水へと流したから 腰を振ってにやけ顔の 一味違う“ボク”がいたよ  聞こえるよ 洗濯機の中「らったたった♪」 そして風に揺られるままに 足を広げにやり顔の 一皮むけた“ボク”がいたよ
スコールクロール堀江由衣堀江由衣雲子雲子西脇辰弥あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく これからも ずっと‥  人波の中でも あなただってすぐにわかった きっと2人の間には“特別”流れてる  とまどい迷った時は 手を引いて 見慣れた背中にくっついていたい  あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく 素足の私で あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく これからも ずっと‥  空から降りそそぐ まるでほんとスコールのように それは2人があっためた いろんな想いたち  粉雪 足あと全部 消しても 大きな右手で しっかりと つかまえていてね  あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく このままの私で あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく これからも ずっと…  あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく このままの私で あなたへ泳いでいく スコールクロール あなたへ泳いでいく これからも ずっと…
晴れた日にバスに乗って國府田マリ子國府田マリ子戸沢暢美西脇辰弥西脇辰弥空振りの恋して 落ち込んでた部屋の中は うなされるくらいに ひどく散らかってる 夜明け前に目を覚まして気づいた  そうじしたの そっと 朝陽がさす頃に 元気も顔を出す どこへ出かけよう  晴れた日にバスに乗って 知らない景色に会いに行こうよ つらい昨日は 街並ごとかなたに去る 晴れた日にバスに乗って 窓から乾いた風を入れよう しめられていた ときめきが そよぎだすよ  友達と会う日は 頼りなげに強がってた どうしたら 気持ちが 終わるのか悩んだ みんなそれぞれに曲がり角だよね  バス停ごと シュンと 恋の記憶よぎる そんなふうに ひとは 強くなるのかも  晴れた日にバスに乗って 知らない川辺で降りてみようよ 魚釣りする 少年に挨拶するの ひとりきりバスに乗って 自分の 静かでせまい世界が すべてじゃないと 胸深く わかりたいの  誰もが時々は 輝けないけれど とどまらないことが 勇気さ  晴れた日にバスに乗って 知らない少女に道を聞こうよ 子供時代の 私がそこにいるのかも 気まぐれにバスに乗って 何でもないシャツを着て行くのよ 目的もなく 出かけたい自分が好き  晴れた日にバスに乗って 知らない景色に会いに行こうよ つらい昨日は 街並ごとかなたに去る 晴れた日にバスに乗って 窓から乾いた風を入れよう しめられていた ときめきが そよぎだすよ
オレンジ色の午後に比屋定篤子比屋定篤子比屋定篤子小林治郎西脇辰弥波はやがて空を すいこんで消える 遠くかすむ島は 真っ白な時間の泡に漂う  いつかは 気付いてと 願った あの日のように 甘くためらう痛み  静かに 記された オレンジ色の午後に ひとり 言葉の続き 探して  ひざを なでる指が今も恋しくて 人の声にまぎれ ふくらむ哀しみを紡ぎはじめる  どこかで またいつか あなたと出会えたなら きっと 笑いかけて  静かに 記された オレンジ色の午後に ずっと 揺れる影を探して  どこかでまたいつか あなたと出会えたなら きっと 笑いかけて  静かに 記された オレンジ色の午後に ひとり 揺れる影を探して
~メッセージ~國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子&谷亜ヒロコ西脇辰弥西脇辰弥果てしない空の向こう 乾いた砂漠が 広がるよ 僕は なぜここにいるの? 力尽き ひとり倒れ込む  薄れてく 意識の中で 枯れかけた草に 白い花 気づかずに こぼした涙 あか茶けた砂に しみてゆく  灼熱の想い 抱いて うずまく 風の中で まばたきもせずに 見つめた 大地を  もう一度 歩き出そう 何も見えないけど 終わりのない旅を 続けよう このまま  照りつける太陽 嵐の中を  はりついた 砂をはらい 空の水筒を 投げ捨てる 動かない ひざを立てて つかれた靴ひも しめなおす  灼熱の想い 抱いて うずまく 風の中で まばたきもせずに 見つめた 太陽  もう一度 歩き出そう 何も見えないけど 行く手にあるなにか つかみたい かならず  破けた地図の先 繰り返される 嵐の中で  ひからびた 砂漠に置いた くすんだ 思い出 いま 飛び越えて  もう一度 歩き出そう 何も見えないけど 終わりのない旅を 続けよう このまま  答えは 出ないけど 今は 見えないけど 嵐の中を 歩き続ける  もう一度 歩き出そう 何も見えないけど 終わりのない旅を 続けよう このまま  もう一度 歩き出そう 何も見えないけど 行く手にあるなにか つかみたい かならず
Looking For國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子ながつきまろん西脇辰弥サヨナラ云えなくて 見上げた空 透きとおる風のゆくえ みつめてるこの瞬間を ひとりで感じてたいよ good-bye, I love you.  もとめてる 許してる 許せない 忘れたい 痛くない ポーズ取ること くせになった 気づかない わからない わかってる 気づいてる くだらない 中途半端な 強がりなんて  あの日から壊れてた 時計が動き出すよ  本当に欲しいもの あきらめずに はじめて追いつづけてる ことばに出来ない それがもどかしくて  おんなじ夢をみて わかりあえる あなたに出逢えたことが それだけでミラクルを信じられる気がするよ Looking for your love.  会えなくて せつなくて うれしくて 会いたくて 土曜日は電話の前で すわりこんでた  あふれてゆく想いが 行き場をなくしている  こころが望むまま おもむくまま そのまま走りつづけて ことばにならない それがドキドキして  おんなじ夢をみて わかりあえる あなたに出逢えたことが それだけでミラクルを信じられる気がするよ Looking for your love.  あなたに触れるたび 空のいろが風のいろが 変わってく 知らないわたしに会える 変えられてく  サヨナラ云えなくて 見上げた空 透きとおる風のゆくえ みつめてるこの瞬間を ひとりで感じてたいよ good-bye, I love you.
大空の彼方へ國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子西脇辰弥西脇辰弥どうでも良くなった 昨日の君のコトバ 過ぎたこと …そうさ そんな顔しないで 君をキライになれない ボクが馬鹿なんだ  イラだつ毎日 ココロが叫んでいる 勝手なことばかり 想いは飛ぶよ  君を守るよ 君を責める すべてのもの 傷ついても 強いコトバで やさしさまで隠してる 素直になれない 君のココロまで  突然のさよなら あふれる君の涙 わからない …いまも 変わらないでいてね 最後の君のコトバ 遠く聞こえてた  孤独な毎日 ココロが叫んでいる ゆうつなことばかり 想いは飛ぶよ  夢をみてるよ 手をのばせば 消えてしまう 傷つけても 歩きださなきゃ このままだと嘘になる ホントになれない ボクの笑顔まで  変なプライドとか そんなもの 捨てよう  君を守るよ 君を責める すべてのもの 傷ついても 強いコトバで やさしさまで隠してる 素直になれない 君を  君を守るよ 君を責める すべてのもの 傷ついても 信じてること このままだと嘘になる 素直になれない ボクのココロまで
もう一度キスしよう藤崎詩織(金月真美)藤崎詩織(金月真美)サンプラザ中野西脇辰弥西脇辰弥今も覚えている 二人初めて出会った あのときも 春風吹いてた あなた髪が短くて キスを初めてした 駅のホームのすみっこ あのときも 春の真ん中で 世界中が微笑んだ  発車のベルが いつまでもいつまでも 離れたくないのに だけど だけど仕方ないよね  もう一度キスしよう 涙の味がしても もう二度と会えないけれど でも二度と忘れない  春は意地悪だね 空も優しすぎるから こんなにも 辛いことなんて 起こりそうにないのにね  二人の未来 どこまでもどこまでも 続くはずだったね なんで うまくいかないのかなぁ  もう一度キスしよう 涙の味がしても 微笑んで手を振るから 振り向いて泣く前に 明日への さよなら  あなたには 迷わずに 歩いて欲しいな  もう一度キスしよう 涙の味がしても もう二度と会えないけれど でも二度と忘れない もう一度キスしよう 涙の味がしても 微笑んで手を振るから 振り向いて泣く前に 明日への さよなら
メビウス(album version)比屋定篤子比屋定篤子比屋定篤子小林治郎西脇辰弥深い深い海のみどり  舟は流れて 南へ向かう 今わかり始めた記号(ことば)は 私を誘う  不意におりたつ 眠りの淵で ふと耳をくすぐる あなたの口ずさむ唄  甘く薫る呪文を となえても たえまなく夜は うつろいで 長くうねる迷路を たどっては あの日に戻る  めぐり移る季節を 追いかけて にじむ光の その果てに 消えても  誰もしらない めまいの景色 今とき放たれる 心の声よ響け 風よわたれ 扉ひらいて
PURE SNOW佐々木ゆう子佐々木ゆう子佐々木ゆう子・山本英美木根尚登西脇辰弥粉雪が舞いおりてきた街で 吐息が白く空にほどけてゆく あなたのこと思えば どうして? こんなに胸が熱くなる  気が付くといつも人混みの中 洋服売場Window のぞくと 買わないのに選んだりしている あなたに似合いそうだなんて  バカみたいだよね今は流行らないね 友達の恋人と わかってて好きになって  しょうがない 笑われてもいい 大切な気持ち  Pure Snow Pure Heart ふたり出逢った日も 雪が降っていた 恋よりもせつなくて 愛よりもウソのない 運命を感じたの  彼女が話す自慢話を おどけながら聞いたりもするけど やっぱり一人になると辛いの 友達の仮面は重たい  なんで貴方しか 駄目なんだろうね 思うときめちゃくちゃに 自分を壊したくなる  そんな時支えてくれるの 一枚の写真  Pure Snow Pure Heart あの日もう少しの 勇気があれば 寒い季節のせいと 飛び込んでいけたはず でもなぜかできなかった  Pure Snow Pure Heart きっと泣いたりした事も 悔やまない わかりきった強がり 気づいてくれる事を いつまでも待ってる  Pure Snow Pure Heart ふたり出逢った日も 雪が降っていた 恋よりもせつなくて 愛よりもウソのない 運命を感じたの woo…  Woo…
ずっと…椎名へきる椎名へきる明本梨江西脇辰弥西脇辰弥きっと明日も晴れるね あなたと夕日の中 ふたつのシャツが同じ色にそまる おだやかな時  言葉なんかなくたって 心かよい合うから いつもこうして過ごせたらいいよね 変わることなく  ただ いっしょにいれば それが 幸せと思えるの  誰よりもあなたがそばにいて ゆっくりと夢がふくらむ いつまでも離さないでいて あなたが好きよ ずっと  瞳ほそめて見つめる 笑顔が眩しいのは あなたの肩に 暮れかかる日射しのせいではないの  なぜ 生まれてきたか そうよ その意味がわかるから  誰よりも近くに感じてる ゆっくりと愛が満ちてく いつまでも離さないでいて あなたが好きよ ずっと 想い出を抱えきれないほど これからも作り続けて  誰よりもあなたのそばにいる すれ違うことがあっても いつまでも離さないでいて あなたが好きよ ずっと あなたが好きよ ずっと ずっと…
invisible椎名へきる椎名へきる椎名へきる西脇辰弥西脇辰弥願いかなえてAngel! だけど彼はフラフラ いつでも 上手にDancing  困らせないでHeavy days! 安全パイじゃGood-Bye 気付けばキョロキョロ  よろめくほどのTemptation Winkひとつじゃダメね 近付くほどに報われそうもない恋心  どんなに愛してもまだ 楽しんでるその余裕 その態度は上等だわ 愛はFighting 根気でLove Keep 燃え上がるEndless Love 絡み合う 赤い糸の先はinvisible  寂しい夜はRight away 電話をしてねCall me いつでも 1番 大好き…  離さないでねBaby! 冷めたKissならNG! わかっていないわ…  いなくなれば気にするクセに 素直じゃない天の邪鬼 “好きだ”って ねぇ たった一言待ってるのに  不器用にしか出来ない やさしさは知ってるけど ワタシだけ見つめてよ ねぇ upperな気分 downな気分いつも  燃え上がるEndless Love 絡み合う 赤い糸の先はinvisible  どんなに愛してもまだ 楽しんでるその余裕 その態度は上等だわ 愛はFighting 根気でLove Keep 燃え上がるEndless Love 絡み合う 赤い糸の先はinvisible  不器用にしか出来ない やさしさは知ってるけど ワタシだけ見つめてよ ねぇ upperな気分 downな気分いつも  燃え上がるEndless Love このままじゃ…… ちがうわ! ままごとじゃない マジ愛して 赤い糸の先はinvisible
逢いたいね酒井美紀酒井美紀売野雅勇林哲司西脇辰弥元気ですか 新しい友達できましたか 星の図鑑ありがとう 大切にします  逢いたいね 逢いたいね 天文台への道で 逢いたいね 逢いたいね 冬の星座たちの話 聴きたいな 震える声で  キミがいると気づかない 涙が隠れてたよ 夜汽車の灯が流れてく 水晶の奥に  逢いたいね 逢いたいね もいちど歩いてみたい 逢いたいね 逢いたいね 好きと言ってくれた声が 降って来る 空を見上げて  好きだって答えずに 悲しかった…? 怒ってないかな…  逢いたいね 逢いたいね 星の名前当てながら 逢いたいね 逢いたいね 好きと言ってくれた声が 降って来る 空を見てるよ
人魚になりたい西田ひかる西田ひかる大江千里大江千里西脇辰弥SUMMER VACATION 焼けつくよな太陽を浴びて SUMMER VACATION 夏が始まる 泳ぎの苦手なあなたの横で 人魚になりたい レンタカーだね 今朝のナンバー 触れないでおく 土日はだって 誰より先にここに辿りついたから パールのイヤリングをくれたんだ 昼休みに買ったよ なんて 日焼け止めと一緒にタオルに転がして 入り江のラグーンでばた足しよう ソーダのあわをかきまぜるスプーンだね そのくるぶし SUMMER VACATION ビキニの胸ほどいていいよ SUMMER VACATION 夏が始まる 忙しいあなたを海に連れ出す 人魚になりたい タッチの差だね 浮き輪であなた フライドチキンになった sorry 眠たそうに時々よそみをしてたから どこの誰にも似てないわたしを 今年は見つけてくれる carry on ジェットスキーがゴーグルの上をターンした 人はその昔魚だったんだ 強がりながらかえる泳ぎしてる あなたが好き SUMMER VACATION 地球がまたしぶきを立てて SUMMER VACATION 夏が始まる 南の島までノンストップの 人魚になりたい JUMPIN' DIVIN' LALALALA SHAKIN' CRAWLIN' LALALALALA JUMPIN' DIVIN' LALALALA SHAKIN' CRAWLIN' LALALALALA SUMMER VACATION 焼けつくよな太陽を浴びて SUMMER VACATION 夏が始まる 泳ぎの苦手なあなたの横で 人魚になりたい 人魚になりたい 約束してね 水平線まで 一緒に行こう
幸せが胸にある西田ひかる with 高橋克典西田ひかる with 高橋克典及川眠子松本俊明西脇辰弥愛してると囁くたび 涙がこぼれるの どうかこの手をはなさないで 時の流れのなかでも どうして君に出逢ったのか わからないけど ただ 君の笑顔を見てるだけで 優しくなれる いつでも 悲しみに負けぬように どんなときもそばにいて ときめきで結ばれてる 二人だと思いたい 愛してる 愛してる 誰よりも愛してる 幸せが胸にある この瞬間(とき)を見つめて 銀の陽射しに抱かれながら 君と過ごしてる あなたのために微笑みたい もっと心の近くで 夢で見つけた瞳に みちびかれて出逢えたの 言葉じゃ伝えきれない あふれだす この想い 感じてる 感じてる 運命を感じてる 幸せが胸にある 未来だと信じて 愛してる 愛してる 誰よりも愛してる 幸せが胸にある この瞬間(とき)を見つめて この瞬間(とき)を見つめて
雨のちスペシャル國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子松原みき西脇辰弥“ぜったいに 晴れるって” 天気予報 ひとり とっておき おまじない にゃんこたち にくきゅうで 顔洗うしぐさ ムリに 止めた それなのに  のきでゆれてる てるてる坊主 雨のしずくが キラキラして綺麗 くやしい程 いつもの小鳥 みつからない しけたおせんべ おいしくない 前髪 キマラナイ 晴れるかな 窓をみてる  “ま いっか” 青空を あきらめて あくびして のびして のんびり こんな日は 雨にしか出来ないスペシャル ひみつ ひとり 楽しもう  雨に そっと包まれてゆく 雨に 合わせて唄ってみよう なみだ 怖がらずに 草が 元気をとりもどすよ 街の 空気があらわれてゆく 続く 傘の花 雨の中 出かけてみよう  探してる みんな 夢みてる 待っているだけじゃ つかめないよね  雨に そっと包まれてゆく 雨に 合わせて唄っていよう なみだ 忘れるまで 草が 元気をとりもどすよ 街の 空気があらわれてゆく ファイト! 今日のワタシ もう少し ぬれていよう  晴れたら 靴をはきかえよう 電車に乗って ゆられてみよう 晴れたら ずっと歩いてゆこう ナップザックと にゃんこを連れて  晴れたら 青空飛んでみよう 地平線から どこまでゆこう 虹を渡って どこかにゆこう 空の彼方へ びゅんびゅんゆこう  晴れたら そうさ七つの海 水平線に しぶきあげよう 晴れたら 向かうとこ敵ナシ! 海賊から お宝もらおう  晴れたら 宇宙に出かけよう 宇宙船では 水着着よう 晴れたら つばさが現れる 晴れたら きっとなんでも出来る!  晴れたら つばさが現れる 晴れたら そうよなんでも出来る!  ララララ… ララララ… ララララ…
EDENKIX・SKIX・S浜口司安宅美春西脇辰弥退屈な暮らし 人も街も煙も 全て嫌だった 愛想のいい自分も 行くあても ないままに逃避行 迷ってちゃ駄目だと 胸の奥 眠る涙を見つけたくて FLY AWAY 流れる雲を数えて 行ける所まで行こう 壊れた時計もそのままで 太陽に身を任せて 南風吹く街へ  いつも偉そうな あの顔さえ忘れて 出会いたい人と 出会えるようで不思議 怒ったり笑ったり あたり前に生きる姿に 何故か感動してる 自分がおかしい FLY AWAY 広い空を 仰げば 通り雨追い掛けられて 遠い海の向こうで逢えた 裸の自分が好き 南風吹く街へ  FLY AWAY 流れる雲を数えて 行ける所まで行こう 壊れた時計もそのままで 太陽に身を任せて 南風吹く街へ FLY AWAY 歩いてる足止めれば ここを離れられない 何一つ変わらないけれど ありのまま自分らしく 時間を重ねていける 南風吹く街へ  やがて陽は落ちて 月は眠りを誘う ここから本当の 旅が始まるのだろう そう果てしなく
SWEET CANDYThe TurtlesThe Turtles松本タカヒロ松本タカヒロ西脇辰弥眠れないのさ一晩中 考えてるんだ一年中 僕だけのものさ 君のミルキースマイル ブリキのバイクに飛び乗り 震える心押さえつつ そっと手渡すよ 恋の片道切符 僕らの全てを 叩きつけたなら 狂熱の夜にDIVE! 最新型のスコープで 夜の秘密を探るのさ 裸のままで完全無修正 きっと僕らアダムとイブ 禁断の実かじったんだ 青い誘惑に 飲まれてくのさ Yeah!  恋はいつだって カゲロウみたいで 灼熱の空へFly high もしも神様の いたずらだったって Ah! 決して消えない 甘いCANDYが 二人をとかしてく そんな秘密に あふれてる味で もう狂いそうだよ とろけるような せつないようなKISSで 僕ら夜にとけていく とけていく SWEET CANDY  恋はいつだって カゲロウみたいで 灼熱の空へFly high きっと神様の 気まぐれなんだろう Ah! 決して消えない 甘いCANDYが 二人をとかしてく そんな秘密に あふれてる味で もう狂いそうだよ とろけるように 唇を重ねたら 僕ら夜にとけていこう とけていこう いつまでも いつまでも SWEET CANDY
きんいろ月ぎんいろ星國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子井上うに西脇辰弥ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて ゆこう ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて ざわめく街 雨の匂い 戯けて泣いているピエロ 嘘を捨てに 森へゆこう  ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて ゆこう ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて 冷たい風 草の匂い 無邪気に遊んでる子ども 時を捨てに 森へゆこう 遠い思い出 窓に流れる 過去へゆく旅 まぼろしの列車  ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて ゆこう ゆらら・ゆらり・ゆらゆられて 優しいひと 甘い匂い その胸抱かれてた仔猫 恋を捨てに 森へゆこう だあれもいない 誰も知らない 片道切符 まぼろしの列車  きんいろ月と 雲がながれる ゆめ・ゆめの旅 出口の無い森 ぎんいろ星と 緑ゆれてる ゆめ・ゆめの森 終わりの無い夜
悲しみの白い鳥國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子・井上うに西脇辰弥西脇辰弥夕暮れの浜辺で 来るあてのない鳥を mu…探してる私がいる “しあわせつれてくる” そんなはずないと わかってるつもるだけど 何かにすがることでドアは開くの? 強がってた いきがっていた あなたの事好きなのに 今も そうよ 怖がっていた つくろっていた ふたりの間には悲しみの 白い鳥さえ今は見えない  泣きそうになるとき こわれそうになるとき ねえ見守ってくれてるハズ わがままに生きてる ツケだけたまってく どうしたら うまくゆくの 君だけはホントの事がわかるの? 触れあっていた 大好きだった 最後の恋と思いたかった なのに 偽っていた 気遣っていた ふたりの間には悲しみの 白い鳥さえ今は見えない  強がってた いきがっていた あなたの事好きなのに 今も そうよ 間違っていた わからなかった さまよう心では悲しみの 白い鳥さえ今は見えない
4月の雪岡崎律子岡崎律子岡崎律子岡崎律子西脇辰弥ちらちらと 白い雪が レンガの路に降る 落ちては ほら 溶けて消えるよ 息で曇るガラスに 指先で引く 遠い空 ひとり見上げている 4月の遅い雪に 春の気配も じらされて ため息がひとつ 楽しいばかりじゃないよ 時には そう 自分が とてもとても小さく思える  ねぇ 誰もそうだよ 涙や いたみ それぞれの胸 うけとめて 迷っている ひらひらと 舞う花びら 白い雪と踊る にぎわう街 今日から春のフェスタ もうすぐだよ 出ておいでよ うつむいていないで 寒くないよ 春はすぐそこ  歩道の脇の花壇 咲きかけた花 あたたかな陽射し 待ちぼうけね 行き交う人の笑顔 しあわせの数 私だけ さみしいのはなぜ つらくなることもあるね だけどそんな時にも 微笑むこと 忘れちゃいけない そうよ 思い出してね  誰にもきっと 味方がいるの あなただけ 見ていてくれる 知っていたよ ずっと見てたよ 涙かくす場面も いつも大変さ 生きてくってことは 寒い夜も 遠い道も なげださずにきたね 時はめぐる 春はすぐそこ  ちらちらと 白い雪が レンガの路に降る 落ちては ほら 溶けて消えるよ 出ておいでよ 寒くないよ 4月はじめの雪 もう春だよ 冬にさよなら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ちぎれた愛WEST SUNWEST SUN安井かずみ馬飼野康二西脇辰弥ふたりだけに ふたりだけに この愛が生まれ ふたりだけで ふたりだけで 愛を抱きしめてゆくよ  アー この愛を 守るために 傷だらけ 例え命さえ 賭けることも 出来るだろう 孤独なふたり 恋人  ふたりだけが ふたりだけが この愛をわかる ふたりだけの ふたりだけの 光る星を みつけるのさ  アー この愛が 終る時は 世界中 暗いやみの中 空よ 海よ 悲しめよ 孤独なふたり 恋人  僕の気持を信じて 君をはなすもんか すきだ すきだよ すきなんだよ  アー この愛を 守るために 傷だらけ 例え命さえ 賭けることも 出来るだろう 孤独なふたり 恋人  アー この愛が 終る時は 世界中 暗いやみの中 空よ 海よ 悲しめよ 孤独なふたり 恋人
笑顔で愛してる國府田マリ子國府田マリ子種ともこ種ともこ西脇辰弥Lala Lala Lala Lala La… Lala Lala Lala Lala…  あなたのこと考えたら 景色のむこうに 見えてくる全てのものに素直になる 今まで気づかずに しまってた優しさが 少しずつ少しずつ こぼれてくる  にぎわう街 ゆきかう人の どこにいても あなたの顔 瞳とじたら見つけられる 哀しいできごとが二人を分けるなんて どうしてもどうしても 思えないの  あなたの全てを信じてる いつでも笑顔で愛してる  どうしてなの 陽ざしがまるで かげるように すれちがって迷子のままで立ちつくした こわれたコトバだけを拾って泣いたりした 痛いほど痛いほど 傷ついても  あなたの全てを信じてる いつでも笑顔で愛してる  出会いのギクシャクが 不安でとばしすぎた フル・スピードの恋を今 抱きとめて  あなたの全てを信じてる いつでも笑顔で愛してる  想いは静かに包んでる いつでも笑顔で愛してる  あなたの全てを信じてる いつでも笑顔で愛してる
そばにいてよ國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子西脇辰弥西脇辰弥好きと からめた指 風がなぞる 冷たく ねえ 抱きしめて 壊れるほどに  夏に きらめく窓 遠くゆれる 陽炎 もう つかめない 心を知るの 苦しくて  重ね着してたシャツを 脱ぎ捨てたら キズイテイナカッタ 涙 セピア色のときめきを つれてくるの もどれないことを知ってる  そばにいてよ 空に捨てた言葉が 消えるよ いつか愛してたこと 静かに なくしてゆく 夕暮れの闇 沈んでく  素足 さらしたまま かかと 遊ぶ つまさき ねえ ささやいて なんでもいいの せつなくて  壁に残された傷 そっとなぞる ワカリタクナカッタ 涙 最後のキス さよなら つれてくるの はなれてく 冷めた くちびる  そばにいてよ 空に捨てた言葉が 消えるよ いつか愛してたこと 静かに なくしてゆく 夕暮れの闇 とけてゆく つつんでく
星降る涙の夜の彼方國府田マリ子國府田マリ子國府田マリ子広谷順子西脇辰弥いつもと 変わらぬ日々 ビルの隙間の夜空 とおくに光ってるネオン かすんでる  ふたりで探していた ピースを見つけた夜 いつまでも出来ない くずれかけた ジグソー  扉を開ければ あたらしい風 髪をみだす  気づいているはず もどれないと  部屋中には あふれている思い出 散らかした 終わらない パズルは 星空で 流されて 消えていく  星降る 涙の夜の彼方
Zettai!TOKIOTOKIO朝水彼方西脇辰弥西脇辰弥いつもの街で 乾きがちな毎日 ためいきついて 噂ばなしさ いつでも  他人(ひと)にばかり (このままじゃ) 振り回されていない? (何だか) そのあいだに いくつチャンス 逃したの  やめたいという 愚痴ばかり それより 決断しようよ (決めようよ) やりたいことを 持っている 君が好きなんだ  Zettai 始めなくちゃ 本気で Zettai 今でなくちゃ ダメさ どんな夢も 行き止まりはない 壊せない  Zettai 君でなくちゃ 泣いても Zettai 笑わなくちゃ 後で 悩んだ分 いつか遠い あの星に手が届く  退屈してた時間に もうさよなら 恋愛だけじゃ 今の時代は つらいよ  シャキッとして (背筋まで) 心もピンとなって (全てに) 自信が出て 何もかもが いい調子  最初は カッコ悪くても この生き方を 抱きしめる (抱きしめる) 取り囲むもの よくなって 理想通りだね  Zettai 変わらなくちゃ これから Zettai 動かなくちゃ ダメさ この勇気は 明日への窓 悔やまない  Zettai 信じなくちゃ 自分を Zettai 叶えなくちゃ ダメさ こだわりある 人生のために がんばってみよう  Zettai 始めなくちゃ 本気で Zettai 今でなくちゃ ダメさ どんな夢も 行き止まりはない 壊せない  Zettai 君でなくちゃ 泣いても Zettai 笑わなくちゃ 後で 悩んだ分 いつか遠い あの星に手が届く  それでいいと思うよ 一番いいと僕は思うよ 君が選んだなら Zettaiさ!
じっと見つめてTOKIOTOKIO朝水彼方林哲司西脇辰弥もう一人きりじゃ帰れない ふたりだから 君が乗り込む 電車が来ても その指を 放せなくなる  すれ違うだけの街の中 あの日僕は 君の瞳に 逢えた瞬間(とき)から もうそらせなくなったんだ  何も 何も 言わないで どんなことも 感じ合えるから  あれから (君のことを) ただ (じっと見つめて) 時が過ぎてゆく そう 笑う君 泣いた君 いつだって 見失わないよ  綺麗な夕陽を見せたくて 君を連れて そうどこまでも 歩いていたね 立ち止まる時も知らずに  揺れる 揺れる まなざしに 同じ景色 映していたくて  このまま (一人だけを) 今 (じっと見つめて) そして願ってる もう この瞳 この気持ち 離れない これからもずっと  もう一度 (君のことを) ただ (じっと見つめて) 時が過ぎてゆく そう 笑う君 泣いた君 いつだって 見失わないよ  このまま (一人だけを) 僕は (じっと見つめて) そして願ってる もう この瞳 この気持ち 離れない これからもずっと
Ballad For Pure GenerationTOKIOTOKIO並河祥太KARA西脇辰弥さがってろ 口だすな 勝ち目のない 勝負でも やるしかない今は 繰り出した 右こぶし 空(くう)を切って かわされたオレさ  気がついたときは お前のベッドさ ああ~よく寝たなんて言うしかない  カッコ良く 生きるのに 生傷が たえない やせガマン カラ元気 大変な Everyday  適当で いいだとか 大人になれ うまくやれ とか言われるたびに むかついて 泣けてくる 誤解されてばかりいる オレさ  夢を見るならば とことん燃えたい 中途半端だと うなされるだろ  カッコ良く 生きるのに 肩書きはいらない まっすぐで ひたむきな 男気が あればいい  心配ばかりを させて悪いけど でも こういう生き方しかできない  カッコ良く 生きるのに 生傷が たえない やせガマン カラ元気 大変な Everyday  愛すべき 純情派 そう言って 笑った その笑顔 守るから いつまでも…必ず…
19時のニュースTOKIOTOKIO朝水彼方西脇辰弥西脇辰弥君のことを好きだって あの噂は本当さ そうさ 寝ても覚めても 避けようとしてもダメ そんなふうに困らないで  他の恋を追い出して 君の中へ入り込む それは いけないことかい 夕暮れが近づいて 子供が帰る頃 今日の出来事は“燃えてる愛” 正確に伝えられるはず  19時のニュース (19時のニュース ああ 流れる) お願い 僕たちの仲を ああ (ああ) 責めないで 真実のキスを 火のないこの街 恋して煙をあげよう (火のないこの街 ああ 恋して) ああ (ああ) アバウトに生きてはいけない ないものねだり  予測のできない夜が 女の子には来るのさ だから いつも機敏に 口紅が消えるまで ハードに抱きしめ合いたい  この街のスクリーンに 僕らが映し出される 誰も 見上げてみてる 脚光を浴びるなら 自分で動かなきゃ 明日の出来事も“燃えてる愛” これからを支えてゆくだろう  19時のキャスター (19時のキャスター ああ 今すぐ) 黙って これ以上はもう ああ (ああ) ふたりなら 乗り越えてゆける 打てば響くような 心と心を重ねて (打てば響くような ああ 心で) ああ (ああ) 幸せを間違えちゃいない 泣いて笑って  今僕たちの この運命がほら 暮れてゆく日を追ってく  19時のニュース お願い 僕たちの仲を (これ以上) ああ (ああ) 責めないで 真実のキスを (止めないで) 火のないこの街  恋して煙をあげよう (火のないこの街 ああ 恋して) ああ (ああ) アバウトに生きてはいけない  19時のキャスター (19時のキャスター ああ 今すぐ) 伝えて 地球の裏まで ああ (ああ) ふたりなら 乗り越えてゆける 泣いて笑って
それぞれの明日へ鈴木結女鈴木結女鈴木結女土橋雅樹西脇辰弥西陽ゆれる 見慣れたこの階段 明日からは違う場所へ続いてる 皆誰もが ちょっぴり大人の顔 それぞれのドア求めて歩き出すよ  守られてる日常が 当たり前になっていた 勝手気ままな僕たちは これから  大きな流れの中で 何度迷うだろう? それでも前を見ていたい 空はあまりに広くて 不安になるけど ゆっくり自分の景色を 探していきたい  寒い風に 吹かれてた街路樹も いつの間にか春の色に染まっている  やがて季節は巡って 僕も変わっていくのだろう そしてまたいつかこの道 歩くとき  その時この目の中に 何が映るだろう? あの日の空は見えるかな どんなに時が経っても あの瞳のまま ゆっくり自分の頁をめくっていきたい  急に回り始めた地図の向こう側 まず最初の夢を見ながら 大きく息をする  大きな流れの中で 何度迷うだろう? それでも前を見ていたい 空はあまりに広くて 不安になるけど ゆっくり自分の景色を 描いていきたい
熱き砂漠の祭り織田裕二織田裕二工藤哲雄VOICE西脇辰弥どんな未来が その先にあるんだろう 騎馬がサハリを 蹴り上げ駆けてゆく  砂の祭りに 飾りなど何もなく 少年たちは 砂塵のあとを追う  からだで風を受けて(からだで光を……) 走り出す少年の すべてをつかむような(すべての祈りを……) 夢見る瞳を みてた  歩きながら 信じながら 追いかけてく 倒れるまで 歩きながら 信じながら 追いかけてく 熱い明日を  青い空へと 銃口を突き上げて 響く銃声 心を撃ち抜くよ  果てなく続く大地(果てなく遙かに……) 砂煙り巻きあげて 走れば道になるさ(走ればどこかへ……) 道なき道しか ないさ  歩きながら 信じながら 追いかけてく 悲しくても 迷わないで 止まらないで うつむかずに  歩きながら 信じながら 追いかけてく 振り向かない 迷わないで 止まらないで 流されずに  歩きながら 信じながら 追いかけてく 倒れるまで 歩きながら 信じながら 追いかけてく 俺の明日を
当たって砕けろ!織田裕二織田裕二織田裕二井上慎二郎西脇辰弥補欠だった僕の元へと カントクが歩いてきて 「お前 代打に立て」と突然言い放つ キョトンとした僕に向かって 続けざまに言った言葉は 腰を抜かしそうになる恐ろしいセリフ  woo 僕はひざふるわせ woo バッターボックスに立った  当たって砕けろ!三振恐れずに(フレフレ三振OK) 憧れのあの娘が そこで見てるぜ(イケイケ打てばヒーロー) 見送ってるだけじゃ何も起こんないだろ ついでに腰もフレフレ 行けるとこまで  やれるだけやってやるぜと 思いきり振ってみたけど 神様は少しも力を貸してくれない 憧れのあの娘の眼も 少しずつ離れてゆく 僕は1人きりでグランドに残った  woo 泣きべそをかいてる woo 男にはなりたくない  当たって砕けろ!三振恐れずに(フレフレ三振OK) 憧れのあの娘 今スグ追いかけろ(イケイケダメでもともと) 1人であきらめてちゃ 何も変わんないだろう ついでにホテルの 予約忘れずに  当たって砕けろ!三振恐れずに(フレフレ三振OK) 憧れのあの娘が そこで見てるぜ(イケイケ打てばヒーロー) 当たって砕けろ!三振恐れずに(フレフレ三振OK) 憧れのあの娘 今スグ追いかけろ(イケイケダメでもともと)  思った事全て 思うようにやればいい やっぱり腰をフレフレ どこまでも……
恋にやぶれた花火の後に織田裕二織田裕二織田裕二織田裕二・井上慎二郎西脇辰弥夏が終わる頃に 君のアドレス帳から 僕の名前が消えていた……なぜなの  いつからか視線が 僕をすり抜けてゆく そんなことさえ 僕は気づきもしないね  火傷しそうな 夜の砂の上で 抱きあった あの日のふたり なぜに泣いてた 君のうしろ姿 今も胸に残っている  恋にやぶれた花火の後に 君へのぬれた想いを 胸に抱いて眠れば 声にならない 涙の数だけ 君からもらった元気 きっと忘れないから  店でバイトしてた 君の笑顔まぶしくて いらないはずの コーヒーを頼んだ  少しずつ視線が 僕と重なってきて やわらかな手に そっとふれた寒い夜  時が止まれば 白い雪の上で 始めて キスしたねふたり 破裂しそうな 胸の高まりさえ 今も心に響いてる  恋にやぶれた花火の後に 飾らぬ君の笑顔を 胸に抱いて眠れば 何処へ流れる 星くずのかけらを このまま夜空の果てへ 飛ばしてしまいたくて  恋にやぶれた花火の後に あらたな出会いの中で 時は流れゆくけど 恋にやぶれた涙の数だけ 君からもらった元気 きっと忘れないから
Shiny Rain高橋克典高橋克典高橋克典高橋克典西脇辰弥あの時 木漏れ陽に包まれて 優しい夢を抱くように 君を抱いた 澄みきった夏空に ひとつ浮かぶ白い雲 そして見あげれば もう 消えてた  Shiny Rain ダメになりそうな時 いてくれた ギリギリの笑顔 たたえて まるで よせては返す 波のように 君だけを 愛さずにいられない  あれから 青い風に流されて あの木は あの娘は 今 どうしてるか 俺にわかりはしない 繰り返したずねても 顔も思い出せない あの時 キスしたのに  Shiny Rain 眠れない夜に むさぼった ふるえる吐息を 抱きしめて まるで 自由に飛べる夢を 見るように 君だけを 愛さずにいられない  キスさえ忘れていた あの時 雲がなければ ずっと 高くて白く いつまでもおぼえてる  いつも ダメになりそうな時 いてくれた ぶざまなカッコで 抱きしめて まるで よせては砕ける 波のように 君だけを 愛さずにいられない
WITH LOVE高橋克典高橋克典田村直美石川寛門西脇辰弥Wait 夕闇が街に近づく Freeze 愛しさを声にできない  心の中に深い恋の傷を持ち 素直になれない女  With love 今夜キスで君を溶かしたい ずっと抱かれていたい 泣かないで 君を苦しめるものは 何もここにはないだろう  Touch 瞳が問いかける Hold on 答えは君の中にある  国境で区切られたみたいに 見えない過去に縛られたまま  With love 今夜キスで君を抱きしめたい 探し続けてた女だと 溜息で教えて 甘い言葉より 今は君を信じていたい  With love 今夜キスで君を溶かしたい 壊した恋の数だけ 傷ついて 優しくなれるチャンスを手にいれる 一つになろう 永遠に  今夜キスで君を抱きしめたい 探し続けてた女だと 溜息で教えて 甘い言葉より 今は君を感じていたい
渡せないエンジェルTOKIOTOKIO山田ひろし青木秀樹西脇辰弥Keep on Rollin' Keep on Goin' 君を連れていくよ わかって いたのさ 君は 君は 最後の天使  夢なんて 言葉さえ 奪われた 時代に  Carry on! Carry on! 愛を信じたい  せつなさが 加速して この胸が 壊れた  Hurry up! Hurry up! すべて 君のせい  仮面の様な 人込みの中から 明日(あす)を探して 僕等は走り出す Baby, I want you!  Keep on Rollin' Keep on Goin' 叩き続けるのさ すべての扉を 胸の痛みを Keep on Rollin' Keep on Lovin' 君を連れていくよ わかって いたのさ 君は 君は 最後の天使  伝説に なるような 恋をする ふたりさ  Kiss me now! Kiss me now! 裸の心で  涙や嘘に 汚されていっても 100年消えない キスを僕は欲しい Baby, I love you!  Keep on Rollin' Keep on Goin' だから現在(いま)しかない 傷つく ことだけ 選んでもいい Keep on Rollin' Keep on Lovin' ひどく抱きしめたい 君しか ないのさ 時が くれた 最後の天使  Keep on Rollin' Keep on Goin' 走り続けるのさ つかんだ この手を 放しはしない Keep on Rollin' Keep on Lovin' 君を連れていくよ わかって いたのさ 君は 君は 最後の天使
この夜を越えてTOKIOTOKIO山田ひろし林哲司西脇辰弥君の哀しみを すべて奪いたい 好きなんだ それだけさ Hold me tight Hold me tight この夜を越えて  泣き声で切れた 電話を投げ出し 窓から飛び降り 僕は駆け出した  眠った 街並 どんなに急いでも 想いの 速さに 足が追い付かなくて  Woo- 心だけじゃ 伝わらない 言葉が邪魔なんだ Loneliness (Loneliness) Woo- それでもいい 側にいくよ なにもできなくても Runaway (Runaway)  涙ふいて 微笑んだら 放さないから  It's all right 君の哀しみを It's all right すべて奪いたい 好きなんだ それだけさ Hold me tight Hold me tight It's all right 足りないものなど It's all right いくつもあるけど 抱きしめて いたいのさ Baby, it's you Yes, it's you  電話ボックスで ヒザを抱えてる 君を思うたび 胸が痛むのさ  手に入れられない 夢のかけらより 君を泣かせた それがくやしかった  Woo- 改札口 離れられず 時を止めたくなる Every night (Every night) Woo- ふたりぶんの さみしさでも 重ねあえるのなら Fly away (Fly away)  “いつかきっと” そればかりを 繰り返してる  It's all right 翼をくれない It's all right 世界の片隅 見つめてて ほしいのさ Hold me tight Hold me tight It's all right 足りないものなど It's all right いくつもあるけど 抱きしめて いたいのさ Baby, it's you Yes, it's you  君を信じてる 僕を信じたい  この夜を越えて
GirlTOKIOTOKIO山田ひろし吉田憲右西脇辰弥Girl, 嘘つきな君 今も Uhm- 覚えているよ ずっと  Girl, サヨナラ言えず 君は Uhm- 僕を見上げて 泣いたね  夢を数えて 抱きしめあった いつも、いつでも 君を見つめてた  Bye Bye とまどいながら (Baby, Bye Bye Uh-) ただ、肩を抱いていた Bye Bye いつかは君が ゆくのを知ってた Girl....  (I was in love with you my girl) (I was in love)  Girl, 最後にくれた Kissが Uhm- 胸に刺さって 抜けない  Girl, 今でも君は きっと Uhm- 僕が好きだ、と 言うよね  大人になった 君の微笑み 哀しいくらい 僕は気づいてた  Bye Bye 忘れていいよ (Baby, Bye Bye Uh-) もう、届かない 君は Bye Bye 友達にさえ (Baby, Bye Bye) もう、なれないよ きっと  Bye Bye Girl 輝きだけを 今でも 残して Girl  (I was in love with you my girl) (I was in love)
抱きしめたかったTOKIOTOKIO山田ひろし西脇辰弥西脇辰弥キスをしたのさ 奪い取る様な キスを 彼女は僕を 弟だって言うから  助手席の ドアを開いて 君は飛び出した 雨の Penny Lane 振り向かず  電話しても 君は No Reply ベルが鳴る “P.S. I Love You” 手紙書いたよ 彼女に  もう一度 チャンスが欲しい 分かってほしい Please Mr. Postman 伝えてよ この気持ちを  抱きしめたかった キスをしたかった それだけなのに なぜさ (なぜさ なぜさ) Tell me why 大人のフリして 笑っていたけれど 彼女はとっても デリケート  恋におちたら なにも見えなく なるよ ひとりぼっちの あいつだなんて 言われて  くやしくて 見た夢の中 君がささやいた She said She said Good-by 眠れない  乗りそこねた 恋の Ticket to ride 捨てちまおう All my Loving to you 空っぽになる この胸  ひとりきり 街へ出たって 気づかぬうちに Here, There and Every where 探してる 君の姿  こんなに好きでも 届かないのなら 二度と恋など しない (しない しない) Love me do 素敵な笑顔を 壊したのは 僕さ 彼女はとっても デリケート  Tell me why 抱きしめたかった キスをしたかった それだけなのに なぜさ (なぜさ なぜさ) Tell me why 大人のフリして 笑っていたけれど 彼女はとってもデリケート  デリケート
未来派センスTOKIOTOKIO朝水彼方西脇辰弥西脇辰弥タッチの差で飛び乗れた 快速電車走り出した (Hey Hey Hey Hey) 今日はこれでしめたものさ 都心はモンダイだらけ やらなきゃならないことばかり 次々あたってくだけろ  しくじって (悔しすぎて) 立ち止まってもいいさ (僕ら) 人間だから それもいい あとで身になるなら  僕らは 破れかぶれの 未来派センス まかせてくれよ これからは 恋も仕事も 未来派センス 茨の道でも (がんばれ) 一気に駆け抜けろ 檜舞台へと (ゆけるさ)  TELとFAXがあれば 君への愛も強くなるよ (Hey Hey Hey Hey) 伝達(メッセージ)は早い方さ  切なくて (悲しすぎて) 泣きたい夜は僕が (君を) 誘いにゆくよ 優しさは 男の常識さ  僕らは 道草好きの 未来派センス 捨てたもんじゃない これからは 夢も遊びも 未来派センス どんな現実も (がんばれ) 意気でやりこなせ 我が身咲かせよう  僕らは 破れかぶれの 未来派センス まかせてくれよ これからは 恋も仕事も 未来派センス 茨の道でも (がんばれ) 一気に駆け抜けろ 駆け抜けろ 檜舞台へと
ひとつぶの涙谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥風に吹かれて 瞳閉じれば 聞こえてくるでしょう 懐かしい 遠い昔に歌ったあの歌 大人になっても 忘れない  冷たい現実に 傷ついても 負けないで  ひとつぶの涙には 心のすべてがあふれてる 争いのあい間には 愛が降り注ぐ  ひとりぼっちで 打ちのめされても 輝く明日を 信じてる  泣きたい時に泣ける そんな勇気 捨てないで  ひとつぶの涙には 想いのすべてが流れてる 悲しみの晴れ間には 愛が訪れる  ひとつぶの涙には 心のすべてがあふれてる 争いのあい間には 愛が降り注ぐ  ひとつぶの涙には 想いのすべてが流れてる
パレード・パレード谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥陽気なJAZZあふれてるニューオリンズ 毎日が お祭りの街  知らない自分に会いたくて 一人きり 旅にでたのよ  ちっぽけな ハート・エイク 蹴とばせば ほら 鐘の音 高く 祝福してる  パレード・パレード 虹色の夢 追いかけて 心が空に 舞い上がる くりだそう Dreamin' Day  ボストンバック いっぱいつめこんだ 今すぐ「あなたに 会いたい」  遠く離れて 見つけたの ねえ おみやげには KISS と I LOVE YOU  パレード・パレード 言葉なんか いらないね 誰もが皆 友達 恋してる Dreamin' Day あした 素敵なことが 起こるはず 誰もが皆 信じてる くりだそう Dreamin' Day  パレード・パレード 言葉なんか いらないね 誰もが皆 友達 恋してる Dreamin' Day あした 素敵なことが 起こるはず 誰もが皆 信じてる くりだそう Dreamin' Day  パレード・パレード 虹色の夢 追いかけて 心が空に 舞い上がる くりだそう Dreamin' Day
今が好き谷村有美谷村有美神沢礼江伊秩弘将西脇辰弥胸をはって生きたいな 人目なんか気にしないで ほがらかにタフに  涙こらえるときでも 悔やんだりしないわ Oh, my life 自分以上でも 自分以下でもなしに 歩きつづけたい  だいじなのは あこがれや明日(あす)の夢だけじゃない あわてないわ 私は今が好き  悩みひとつ探せない 無邪気な笑顔がまぶしい アルバムの写真  熱く熱く恋したい ときめくだけじゃない real love わけあう分だけ 刻む寂しい気持ち 憎しみの気持ち  いとしいのは 汚(けが)れなく笑えた昨日(きのう)じゃない 傷つくこと知ってる今が好き  ずっと 探してた ここじゃない場所を求めて でも今は素直になれるの 大好きよ 今日の私が  だいじなのは あこがれや明日(あす)の夢だけじゃない あわてないわ 私は今が好き  汚れなく笑えた昨日よりも 傷つくこと知ってる今が好き  憧れや明日(あす)の夢につなぐの あわてないわ 私は今が好き  昨日より 今日(いま) 今日(きょう)が生む明日(あした) 信じたいの すべてを今ここで
6月の雨谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥June 梅雨明けには あと少しかかると まだ眠いベッドで聞いた 天気予報 Rain 窓の外は また降り出した雨 あの日から胸の中 さみしさに濡れたまま  いつまでも 変わらないと 誓ったのに  忘れない 忘れないでね 呟いた 街並も雨に煙った Rainy day  June 傘の波に隠れるように泣いた サヨナラに とり残された 私1人 Rain 夏休みに2人で行くはずの 気の早い 旅仕度 部屋の隅でそのまま  灼けそうな 夏の陽差しを 待ってたのに  忘れない 2人かわした 約束が 6月の雨に にじんだ Rainy Day  胸を刺す 痛みを いつかは なつかしい想い出へと 変わるかしら  忘れない 忘れないでね 呟いた 街並も雨に煙った Rainy Day  忘れない 2人かわした 約束が 6月の雨に にじんだ Rainy Day  忘れない 忘れないでね 呟いた 街並も雨に煙った Rainy Day
友達谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥雨上がりの日曜日の ベランダには 新しい あさがおが ひらいてた  夕べ遅く電話くれた 彼女が 午後 半年ぶりに ここにやって来る  気の強いふりをして 「ふられた」なんて 笑う声は 明るくしてたけれど なんだか痛い位 やつれてる  おとなの恋に 憧れた あの頃は 二人で 朝まで パジャマのまま 話したね 今日はずっと そばにいるよ  お気に入りのハーブ・ティーを いれてあげる かけっぱなしの やかん 歌ってる  手に負える恋じゃない 分かってた だけど 「わたし 本気で愛してたんだけれど 届かなかった」と声つまらせた  おとなの恋を 夢見てた あの頃のように 笑えない 神様 お願いします 笑顔を返して下さい  きっと いつか 小指に しっかりと結ばれた かけがえない出会いを 信じてる 通り過ぎる 痛みも きっと いつか めぐり逢うために 神様がくれた試練 負けないで 幸福(しあわせ)になる
風を受け走る君には怖いものは何もないUN'zUN'zUN'z谷本新西脇辰弥FLYING SUPERMAN DANCING IN THE MOONLIGHT Uh Hah Uh Hah  風を受け走る君には 怖いものは 何もない 空の果てまでも いけそうなコロンブス魂  行手に巨大な怪物 待ち受けてはいるだろう 拳振り上げて行け ジャンヌ・ダルクの瞳  ざわめく街を 見わたしたなら 髪なびかせて FLYING SUPERMAN  カッコつかない 姿してる 映画と違う感じするけど そこは現実 よしとしとこう 見惚れる程 笑顔の中 愛と平和の旗ひるがえし いま君は生まれ変わる  FLYING SUPERMAN DANCING IN THE MOONLIGHT  きのうのくやしさ忘れて 明日の事も考えず 進めこの瞬間を ドン・キホ-テの勇気  遠くに光 見つけたならば 胸ふるわせて FLYING SUPERMAN  カッコつかない 姿してる 映画と違う感じするけど そこは現実 よしとしとこう 見惚れる程 笑顔の中 夢と希望の旗ひるがえし いま君は生まれ変わる  カッコつかない 姿してる 映画と違う感じするけど そこは現実 よしとしとこう 見惚れる程 笑顔の中 夢と希望の旗ひるがえし いま君は生まれ変わる
優しいレンズ酒井法子酒井法子朝水彼方羽場仁志西脇辰弥午後の街角 ガランとしてる 誰もが夏は遠くへ 服をくっつけ ふたりで歩く ガラスの反射眩しい  なんとなく綺麗だね ありふれたもの それさえ今  あなたのそばで笑えること それだけでいい 優しいレンズ 映るすべてがふたりのもの  何も言わずに ついてゆきたい あなたが行きたい場所へ 迷惑じゃない? わがままじゃない? 少しは臆病になる  それぞれが輝いて 手をつなぐのは 素敵だから  あなたの夢も愛している 私はいつも 優しいレンズ 映る季節が変わるときも  あなたのそばで笑えること それだけでいい 優しいレンズ 映るすべてがふたりのもの  見つめて…
あなたのいない夏酒井法子酒井法子樋口侑松原憲西脇辰弥夏の陽差しが わたしを包む つらくはないよ きっとあの海でも  長い坂道過ぎて 海沿いのカーブに ふたりの好きな浜辺 風を切ってたね  最初にキスした時 震える指隠した あの日のあなたは もういない  サヨナラの日は そう忘れられる うつむく時間は とてもなさそう 季節はめぐり 夏の足音 つらくはないよ きっとあの海でも  いつか街であなたに 不意に出会う時は いつもの顔で言うわ 「彼女にヨロシク!」  二人で暮らすなんて いつか話してたよね あの日のあなたは もういない  すぐそばにほら まぶしい夏が ためらう暇は とてもなさそう サヨナラの日は そう忘れられる うつむく時間は とてもなさそう 夏の陽差しが わたしを包む つらくはないよ きっとあの海でも
SECOND FRAME酒井法子酒井法子朝水彼方石田正人西脇辰弥ひとつだけのテーブル フランネルのカーテン 小さな窓にときめきが見えてる きっかけはいつだって 自分の気持ち次第 違う景色に飛び込んできたのよ  いつでも優しい 花束飾ろう 新しい部屋 私らしく輝いてる  忘れないで あの日の 忘れないで さよなら 思い出の形は眩し過ぎるけど 私には 始まる 私には できるの ここで生まれてゆく すべて大事にしたい  一枚だけの写真 なくしたように捨てる 小さな恋と呼べる日は来るよね あなたの好きな色で そろえていた私も これからはもう変わってゆくはずよ  春から夏へと 秋から冬へと 季節は流れ 私らしく生きてゆくの  甘えないでいたいの もたれないでいたいの 思い出の形は眩し過ぎるけど 私には 始まる 私には できるの ここで生まれてゆく 明日を大事にしたい  忘れないで あの日の 忘れないで さよなら 思い出の形は眩し過ぎるけど 私には 始まる 私には できるの ここで生まれてゆく すべて大事にしたい
恋人たちのカレンダー酒井法子酒井法子竹内まりや竹内まりや西脇辰弥Monday 初めてあなたと出会って Tuesday 見えるものすべて 輝き これが恋だと ときめいたの 私もうひとりぼっちじゃない  Wednesday 初めて電話をもらって Thursday「好きよ」と手紙に書いたの あなたのために 髪も変えた 私 大人びて見えるでしょ  So tell me why, my sweet heart I feel like crying when I'm alone And hold me tight, my sweet heart Even though it's just in a dream  Friday デイトの約束 交わして Saturday あなたの車でドライブ 雨に降られて ひき返した その途中で初めてのキス  Sunday 明日もあなたに会いたい Calendar めくるたび 想いつのらせ ふたり素敵な 恋人ね あなたといつか結ばれ あなたといつか結ばれ あなたといつか結ばれたい
きっと今日からは酒井法子酒井法子及川眠子松本俊明西脇辰弥泣きやんだ空に いまは虹が見える 優しい陽差しがこぼれる ねぇ くちびるにも 忘れてた微笑みが浮かぶ きっときっと 今日からは  胸の奥につんとしみる アスファルトのにおい 洗いざらした街がいつもより 輝いて映るの  ひとつの恋が終わった日から 心に雨が降ってた  泣きやんだ空は いつか雲も消えて まぶしい季節がひろがる ほら 夢をつれて 未来が静かに手まねくよ だからだから 瞳(め)をあげて  雨粒を抱きしめながら 紫陽花が咲いてる 気持ちの窓辺に風を入れるように 深呼吸してみた  明るい私 すぐに戻れる 約束するの 自分に  泣きやんだ空に いまは虹が見える 優しい陽差しがこぼれる ねぇ くちびるにも 忘れてた微笑みが浮かぶ きっときっと 今日からは  La-la ときめきが La-la 近付くよ La-la この胸に La-la 近付くよ La-la ラルラルラ…
もうすぐ夏が来る酒井法子酒井法子PROJECT MOONLIGHT CAFE新井理生西脇辰弥めざましよりも 早く起きる日は あなたに少しでも 早く会いたくて 春からふたり 仕事を始めて 新しい生活も 慣れてきたところ  ずっと続いていた 雨も上がったから 今日は芝生の上で ねころんでよう  もうすぐ夏が来るよと 風が教えるよ となりで寝息をたてている あなたにも 抜けるような青空 未来が映る  太陽の下 深呼吸をして 気持ちを入れ換えて 素顔に戻ろう 楽しいことも 嫌だったことも あなたに話したら 楽になってゆく  ぎゅっと抱きしめてね 見つめあったあとで いつでもそばにいると 忘れないように  もうすぐ夏が来るから ふたりでかけよう 大きなバッグに 二人分つめこんで 約束が 明日の元気になる  もうすぐ夏が来るよと 風が教えるよ となりで寝息をたてている あなたにも 抜けるような青空 未来が映る
気になるあなたribbonribbonあさくらせいら羽田一郎西脇辰弥口グセかわいい あなたの笑顔だったけど サ・ヨ・ナ・ラ ほんとはあなたが 世界で一番好きだった 気まぐれなひとでも  空はすずしいDance Blue あとは風と揺れるだけ これで みんな終わったよ  (One) もう泣けないくらい (Two) ねぇ泣きあかしたら (Three) ほら涙になって 恋もなつかしいほど (One) フト笑えるような (Two) ああ今までだったよ (Three) Goodbye 気になるあなた All right 友達に戻るわ  毎日あなたは わたしの夢にすわっては 妙に優しかった  いつかあなたのように ずるい誰かと会っても そんな手にはのらないよ  (One) もう うらないもよすわ (Two) ねぇ抱きしめられたら (Three) ほら あの日を投げて 胸がうるんでゆく (One) でも いつもみたいに (Two) また電話するけど (Three) Goodbye 気になるあなた All right 内緒の片想い  空はすずしいDance Blue あとは風と揺れるだけ これで みんな終わったよ  (One) もう泣けないくらい (Two) ねぇ泣きあかしたら (Three) ほら涙になって 恋もなつかしいほど (One) フト笑えるような (Two) ああ今までだったよ (Three) Goodbye 気になるあなた All right 友達に戻るわ
さよならが終わるまでribbonribbon松井五郎清岡千穂西脇辰弥GOOD-BYEほほえんで Good-Time今夜だけ この恋をみつめて GOOD-BYEさよならが Good-Time終わるまで なにも言わないで 二人だけのMEMORY ひきとめるような 涙にはしないわ  抱いてくれた腕 少しずつ ほどく部屋 名前 呼ばれたら 瞳(め)を閉じて しまいそうだわ  まだ 愛がこんなに まだ あふれているのに もう ふたりは もう 心を いま そう 決めたら WOO  GOOD-BYE月灯り Good-Time最後まで この胸に輝いて GOOD-BYEさみしさが Good-Time消えるまで 夢のようでいて なくさないでMEMORY あなたを愛した わたしが好きだから  なにか言いかけた 唇に ふれる指 きっと戻れない 想い出を 口にするもの  もし いつか偶然 もし 街で逢ったら ほら 誰より ただ 綺麗 ねぇ そう いたいでしょう WOO  GOOD-BYEほほえんで Good-Time今夜だけ この恋をみつめてて GOOD-BYEさよならが Good-Time終わるまで なにも言わないで 二人だけのMEMORY ひきとめるような 涙にはしないわ  GOOD-BYE月灯り Good-Time最後まで この胸に輝いて GOOD-BYEさみしさが Good-Time消えるまで 夢のようでいて なくさないでMEMORY あなたを愛した わたしが好きだから
Stormy TownSMAPSMAP高柳恋谷本新西脇辰弥コンビナートを包む 赤い夜空を切りさけ 冷たく並ぶコンクリートの森を蹴とばせ  へッドライト闇に向けて 信じ合えるものだけ照らすのさ  It's a Stormy Town wow wow wow 真夜中の街を 吹き荒れる風 Stormy Town wow アクセルをふかし 急げ明日へ Stormy Town  愛をささやくだけの 恋人達を笑うさ くちづけよりも大事な物を もっとさがすさ  ミラー越しに 眼を合わせて 叫ぶ声に うなずいておくれよ  It's a Stormy Town wow wow wow 欲望の街を駆けぬける風 Stormy Town wow 嵐の季節に おわりはないのさ Stormy Town  へッドライト闇に向けて 信じ合えるものだけ 照らすのさ  It's a Stormy Town wow wow wow 真夜中の街を 吹き荒れる風 Stormy Town wow アクセルをふかし 急げ明日へ It's a Stormy Town wow wow wow 欲望の街を駆けぬける風 Stormy Town wow 嵐の季節に おわりはないのさ Stormy Town
21世紀の恋人谷村有美谷村有美神沢礼江柴矢俊彦西脇辰弥もう私 迷わないわ あなただけを見つめてる その瞳 私だけの星をちりばめて もう私 迷わないわ どこまでもついてゆく 連れてって 夜を越えて ふたりの宇宙へ  まるで羽根が生えたみたい あなたと手をつなぐとき なぜ? ハートが踊りだす 悩みさえも無重力ね ブラックホールの彼方に消えるわ  21世紀の恋人はあなたでキマリ  もう私 迷わないわ どこへでもついてゆく 連れてって 時を越えてふたりの未来へ もう私 迷わないわ あなただけを信じてる その胸に飛び込むから 強く抱きとめて  思い出せば不思議だよね 喧嘩もしてきたけれど なぜ? 気づけばそばにいる つのる想い 無限大ね 今わかる これが愛かもしれない  21世紀の恋人はあなたでキマリ  もう私 迷わないわ あなただけを見つめてる その瞳 私だけの星をちりばめて もう私 迷わないわ どこまでもついてゆく 連れてって 夜を越えて ふたりの宇宙へ  うなずくみたいに 星が流れる  もう私 迷わないわ どこへでもついてゆく 連れてって 時を越えてふたりの未来へ もう私 迷わないわ あなただけを信じてる その胸に飛び込むから 強く抱きとめて  好きよ あなただけ ずっと あなただけ
走れ!パンプス谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥美人の秘書課のK子が 突然「とらばーゆ」 平凡すぎる毎日に いい加減もううんざり  他人事じゃないの 私も危険信号 心が叫んでる 「私これでいいの?」  でも恋をすれば 素敵になれるね I believe'n love ロマンスのかけらなんか いっぱい落ちてる I believe'n dreams  朝いちダッシュ!決め込んで タイム・カードを押してた 営業会議遅刻して 課長に大目玉  制服脱いだって 現実は厳しいけど 心は止まらない ワタシ・マケルモンカ  そう恋をすれば 自由になれるね I believe'n love もくろみは「職場の花」 脱出作戦 I believe'n dreams  誰のためでもない 私になるまで 頑張りすぎちゃダメね たまに休憩(オヤスミ)しなきゃ  でも恋をすれば 素敵になれるね I believe'n love ロマンスのかけらなんか いっぱい落ちてる I believe'n dreams  そう恋をすれば 自由になれるね I believe'n love もくろみは「職場の花」 脱出作戦 I believe'n dreams  さあ恋をすれば 素敵になれるね I believe'n love ロマンスのかけらなんか いっぱい落ちてる Believe'n Love
消せない想い谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥ごめんねあなたの心変わり 少しも 気づかなくて いきなり切り出された 別れにとまどった  あなたは私よりも 彼女の愛選んだ  またひとつ All my love 恋がはじまり 愛が終わる ただひとち All alone 消せない想い もてあます  浮かれて騒ぐ街のなかに まぎれてしまいたくて 思い出 全て 置いて行くと決めたの  静かにドアを閉めて あなたの部屋でていく  またひとつ All my love 恋がはじまり 愛が終わる ただひとり All alone 消せない愛に 身を焦がす  いつかあなたの事を許せる 日がくることを心のどこかで 本当は待っている  またひとつ All my love 恋がはじまり 愛が終わる ただひとち All alone 消せない想い もてあます  またひとつ All my love 恋がはじまり 愛が終わる ただひとり All alone 消せない愛に 身を焦がす
生まれかわる気持ち谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥梢をわたる風が 季節をはこぶように ひそやかに 愛が来て 足を止めた 朝日が霧のヴェール 優しく溶かすように 眼に映る 景色さえ 今日は違うの  形のない でも 確かなもの  生まれかわる気持ちが 今 分る 曇りのない心で あなたを愛してる  もしも前に二人が 出逢っていたとしても 同じにはならないわ わたし 分る さみしさに試されて 遠回りをしたから 迷わない まなざしで 見つめ合えるの  つなぎあった 手を 離さないで  生まれ変わる気持ちが 今 分る わかちあえる全てが とても いとしい  たとえ遠く つらい道も あなたとなら歩いてゆける  生まれかわる気持ちが 今 分る 愛し始めた日から 「永遠」を信じた
OH MY GOD!!谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥OH, MY GOD!! こんなはずじゃなかった あなたに夢中になるなんて 大好きな友達の彼なのに  OH, MY GOD!! こんな気持ち誰かに 知られたら 私大ピンチ 愛情と友情との板ばさみ  彼女に彼逢わせたの 私なのに ばかね今さらこんなに 後悔してる  Ah こんな気持ちじゃ 何も手に付かないわ この胸ときめいて困るの  OH, MY GOD!! こんなはずじゃなかった 彼女に気付かれちゃいそうよ 大切な友情が今ピンチ  OH, MY GOD!! 帰り道二人きりに なったのはただの偶然よ ときめき押さえて言い訳してる  たぶん彼女にこの想い 見抜かれてる わざと触れないように してるのが分かる  Ah こんな気持ちじゃ 何も手に付かないわ 誰にも言えないけど 好きなの  あなたの背中 無意識に瞳で追ってる 声を聴いただけで もう 泣きそうになる  Ah こんな気持ちじゃ 何も手に付かないわ この胸ときめいて困るの  忘れようとする 言葉の扉じゃ 閉じ込められないの この想い  Ah こんな気持ちじゃ 何も手に付かないわ 誰にも言えないけど 好きなの
Pajama Days谷村有美谷村有美Masami TozawaTatsuya Nishiwaki西脇辰弥彼と会う時には くたくたのシャツを着た お似合いのふたりと 思われたかった  すり切れるくらいに いまを生きてたあなたと ゴロ寝した仲間が いちばん大切  今日 スーツを着こなして 地下鉄 乗りついで 泣きたくなった  あなたがいた Pajama Days oh ho いつまでも胸の奥にいて Pajama Days oh ho しばられちゃいけないと教えて  夢だけじゃ家賃は 払えないとつぶやいた 夕陽あびる背中 あの日 抱きしめた  失った輝き それはあとで分るのね 悲しくて優しい サヨナラだったの  今日 ヒールをはきかえて 息が切れるくらい 街を走ろう  あなたがいた Pajama Days oh ho 体ごと自由でいようと Pajama Days oh ho 思い出が勇気をくれるのね  今日 遠い空の下で ネクタイほどく時 思い出してね  私がいた Pajama Days oh ho ポンコツで海にくり出した Pajama Days oh ho スタイルはどうでもいいね  Pajama Days oh ho いつまでも胸の奥にいて Pajama Days oh ho しばられちゃいけないと教えて
どうでもいいの谷村有美谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥日曜日の約束 電話さえくれない 問いつめちゃうつもりで来たけど  久しぶりのデートは初めから気まずい いざとなるとなかなか聞けない  「あなたが“本当は他の人が好き”と 噂にきいたけど嘘でしょう?」なんて  「どうでもいいの」だなんて うそ 本当はこだわってるのに ムキになって意地はってたのよ 「どうでもいいの」だなんて うそ 本当は そう 大好きなの あなたの笑顔宝物  子供みたい いじけた 私のこの気持ちを 少しくらい分って 欲しいの  クラクションの洪水 渋滞の坂道 勇気出して切り出してるのに  あなたははじめから はぐらかしてばかり 「帰るわ 降ろして!」と クルマから 飛び出した  「どうでもいいの」だなんて うそ 本当は傷ついているの こんなに好きなくせにばかね 「どうでもいいの」だなんて うそ 本当はずっと待っていたの 電話がかかってくるのを  ベッドの上 ならない電話ずっとかかえて 一晩中一人で泣いてた  あなたはいつだって 私をしばるくせに あなたは私には しばられはしない  「どうでもいいの」だなんて うそ 本当はこだわってるのに ムキになって意地はってたのよ 「どうでもいいの」だなんて うそ 本当は そう 大好きなの あなたの笑顔宝物  世界中で一番 大好きなあなたに ねえ わがままばかりで ごめんね
愛は元気です。谷村有美谷村有美戸沢暢美谷村有美西脇辰弥Please Please 君は夢見ていて Lonely Night つらい時にも Please Please 僕を信じていて 愛は元気です  ヒザをかかえてシュンとする日に 誰もが思う 自分は もうダメだと  だけど心に小さく灯(とも)る ランプの明かり 消えない いとしさは勇気さ  Please Please 君も光っていて Stormy Night もう泣かないで Please Please 不思議 どんな時も 愛は元気です  遠く離れて思う気持ちは すり切れてゆく シューズによく似てた  街を歩いて 空を見上げて ある時 気づく ほんとのせつなさはステキさ  Please Please 君は夢見ていて Lonely Night つらい時にも Please Please 僕を信じていて 愛は元気です いつでも  愛することは 心に届ける 見えない手紙 目に見えるものたちより 100倍 確かさ  Please Please 君は夢見ていて Lonely Night つらい時にも Please Please 僕を信じていて 愛は元気です  Please Please 君も光っていて Stormy Night もう泣かないで Please Please 僕を感じていて 愛は元気です いつでも
BLUEじゃいられない谷村有美谷村有美谷村有美西脇辰弥西脇辰弥お祭り好きな 私がふさいでいるなんて 土曜の夜が なんだか盛り上がらないね  アイツにフラれたことなら 気にしなくていいよ ハートは痛いけど メゲてるなんて似合わない  はじまるよ It's Saturday Night Blueじゃいられない 涙なんか 蹴とばして 飛び出せば ほら「笑顔」が来る  「不真面目」だねと 誰かにコゴト言われても 楽しいコトに いつでも夢中でいたいね  恋して涙流すたび 傷つきはするけど 遠回りするほど 素敵な夢に届くから  はじまるよ It's Saturday Night Blueじゃいられない 悩みなんか しめ出して ステップ踏めば「勇気」が来る  鏡の中の 私に魔法をかけるの 信じるPowerで 素敵になるわ  どこかで 知らない誰かが 私待ってるはず Moonlight囁く 急いで!! チャンスつかまえて」  はじまるよ It's Saturday Night Blueじゃいられない 涙なんか 蹴とばして 飛び出せば ほら「笑顔」が来る  はじまるよ It's Saturday Night Blueじゃいられない 悩みなんか しめ出して ステップ踏めば「勇気」が来る  はじまるよ It's Saturday Night Blueじゃいられない 涙なんか 蹴とばして 飛び出せば ほら「笑顔」が来る
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. アルジャーノン
  4. 永遠の月
  5. KICK BACK

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. アルジャーノン
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照