岡本真夜作詞の歌詞一覧リスト  162曲中 1-162曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
162曲中 1-162曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
離れていても佐久間まゆ(牧野由依)佐久間まゆ(牧野由依)岡本真夜岡本真夜「大丈夫。」 泣かないよ 泣かないよ 約束したから  今も聴こえる 君の声 瞳閉じれば  晴れ渡る空の青 どこかで君も見ている  負けないように うつむかないように 君との約束 握りしめるよ 君がいるから 心にいるから 離れていても歩ける  毎日がせいいっぱい それでも明日を描くよ  流れる景色に 少しだけため息ついても  傷ついてたはずなのに どんなときも君は笑ってた  何か足りない日々が続いても どこかに光があると信じて “あたりまえ”などないこの世界で 強くいられる勇気をくれたね  負けないように うつむかないように 本当はそばにいてほしいけど 君がいるから 心にいるから 離れていても歩いて行くよ  出会えた事が 二人の想い出が 今もこの先も照らしてくれる 会いに行くから 会えたその時は 夢の続きを話そう
旅人よ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜東へ西へ Ah 夢遥か (東へ西へ Ah 夢は遠い) 月立ち渡る 時雨心地 (月が昇って行く 気持ちが負けそう) 熱き思いを貫きたまへ (熱い思いを貫きなさい) 心起こし いざ給へ 旅人よ (心奮い立たせ さぁいらっしゃい旅人よ)  幾程 繰り返し 人と為る (どれほど繰り返せば 一人前になる) 幾程 繰り返し 夢叶ふ (どれほど繰り返せば 夢は叶う)  満月の夜 隈なき光 (満月の夜 陰りのない光) 心ひとつに (心をひとつに) 明日 知らぬ (明日はどうなるかわからない)  東へ西へ Ah 夢遥か (東へ西へ Ah 夢は遠い) 君の声を聞かせたまへ (君の声を聞かせておくれ) 風渡る空 昇龍の如く (風渡る空 龍が昇るように) 心起こし いざ給へ 旅人よ (心奮い立たせ さぁいらっしゃい旅人よ)  限りある道 (時間は限られている) なれば 悔いなし (だから悔いのないように) 最期 笑み栄ゆ (最後は顔いっぱい笑みを浮かべて) 明日 知らぬ (明日はどうなるかわからない)  東へ西へ Ah 夢遥か (東へ西へ Ah 夢は遠い) 月立ち渡る 時雨心地 (月が昇って行く 気持ちが負けそう) 熱き思いを貫きたまへ (熱い思いを貫きなさい) 心起こし いざ給へ 旅人よ (心奮い立たせ さぁいらっしゃい旅人よ)  東へ西へ Ah 夢遥か (東へ西へ Ah 夢は遠い) 君の声を聞かせたまへ (君の声を聞かせておくれ) 風渡る空 昇龍の如く (風渡る空 龍が昇るように) 心起こし いざ給へ 旅人よ (心奮い立たせ さぁいらっしゃい旅人よ)  東へ西へ Ah 夢遥か (東へ西へ Ah 夢は遠い) 月立ち渡る 時雨心地 (月が昇って行く 気持ちが 負けそう) 熱き思いを貫きたまへ (熱い思いを貫きなさい) 良き日もあらむもの (良い日もあるだろうに) 名を残せ旅人よ (名声を伝えよ 旅人よ)  己 信じたまへ 熱き思いを胸に  向かひける光は ただひとつ (おもむく光はただひとつ) 君思ふ幸 (君が望む幸せへ)
離れていても岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜「大丈夫。」 泣かないよ 泣かないよ 約束したから  今も聴こえる 君の声 瞳閉じれば  晴れ渡る空の青 どこかで君も見ている  負けないように うつむかないように 君との約束 握りしめるよ 君がいるから 心にいるから 離れていても歩ける  毎日がせいいっぱい それでも明日を描くよ 流れる景色に 少しだけため息ついても  傷ついてたはずなのに どんなときも君は笑ってた  何か足りない日々が続いても どこかに光があると信じて “あたりまえ”などないこの世界で 強くいられる勇気をくれたね  負けないように うつむかないように 本当はそばにいてほしいけど 君がいるから 心にいるから 離れていても歩いて行くよ  出会えた事が 二人の想い出が 今もこの先も照らしてくれる 会いに行くから 会えたその時は 夢の続きを話そう
笑顔のおまじない岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜10年先の笑顔を守りたい 宝箱が Happy で溢れるように  膨れてた顔も ほら3時になると ご機嫌になるね  今日は何かな? 君の好きなおやつを食べよう 笑顔のおまじない  小さな手のひらには 煌めく未来  一緒に幸せのカケラ 集めていこう  毎日 君と笑って泣いて 楽しい思い出がいっぱいがいい 曇り空でも 雨降り空でも 君の笑い声が響けば青空  悲しくて泣いてる君を 見つけたときは そっと抱き締める  ふざけた声で LaLaLa 歌うよ 君が笑うまで 笑顔のおまじない  帰り道の夕焼けも 心に刻んで 一緒に幸せのカケラ 紡いでいこう  いつか君がふと振り返ったとき 楽しい思い出がいっぱいがいい 大人になって 心を灯せる 君を支えられる思い出を作ろう  毎日 君と笑って泣いて 楽しい思い出がいっぱいがいい 曇り空でも 雨降り空でも 君の笑い声が響けば青空  明日も君と笑って泣いて 楽しい思い出がいっぱいがいい 10年先の笑顔を守りたい 宝箱が Happy で溢れるように
ボクは太陽、キミは月岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜幾億の星の中で 君と出逢い 君に恋した 限りある時間の中で 「愛してる」って 何度 君に言えるだろう 名前を呼ぶ 道を照らす 君の太陽でありたい  ふざけた言葉 並べながら 呆れられても 君が笑ってくれるまで  不安な夜も どしゃぶりの朝も ここにいるよ いつだって君の味方  不器用な君を ずっと守りたいと思った  幾億の星の中で 君と出逢い 君に恋した 限りある時間の中で 「好きだよ」って 何度 君に言えるだろう 名前を呼ぶ 道を照らす 君の太陽でありたい  笑った顔も怒った顔も 大好きだよ そばにいないと寂しい  傷つかないように生きてきた君 出会ったことで 少しは変われたのかな  今ままでよりも もっと 笑う君を見たい  青い空の向こう側 君との未来 今日も描いてるよ 限りある時間の中で 「愛してる」って 何度 君に言えるだろう 君の痛み 抱きしめられる 君の太陽でありたい  幾億の星の中で 君と出逢い 君に恋した 限りある時間の中で 「好きだよ」って 何度 君に言えるだろう 名前を呼ぶ 道を照らす 君の太陽でありたい  青い空の向こう側 君との未来 今日も描いてるよ 限りある時間の中で 「愛してる」って 何度 君に言えるだろう 君の痛み 抱きしめられる 君の太陽でありたい  過去も今日も明日も照らす 君の太陽になりたい
Happy Days岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜あなたと笑いたい 今日も明日もずっと あなたと笑えばHappyになれる LaLaLa… LaLaLa… この手を離さないで  私にとってあなたは大切な人 朝起きてから眠るまで いつも心にいる  出会ったあの日から 全てが変わった うつむいていた毎日に 笑顔 咲かせてくれた  「何を食べよう」 「どこに出かけよう」 ゆっくり会えるその日まで 今日も頑張って行こう  あなたと笑いたい 今日も明日もずっと あなたと笑えばHappyになれる LaLaLa… LaLaLa… このままこの手を繋いでいてね  今日一日のこと 一番最初に 伝えたい 聞いてほしいから 携帯見つめてる  いつだってあなたは ガンバレをくれる 会えない夜も遠くから 抱きしめてくれるのね  あなたと笑いたい 今日も明日もずっと 二人で見つけたい景色がある LaLaLa… LaLaLa… 思い出たくさん作って行こう  あなたと笑いたい 今日も明日もずっと あなたと笑えばHappyになれる LaLaLa… LaLaLa… このままこの手を繋いでいてね  あなたと笑いたい 今日も明日もずっと 二人で見つけたい景色がある LaLaLa… LaLaLa… 思い出たくさん作って行こう  このままこの手を離さないで あなたに出会えてほんと嬉しい あなたがいるから 今日もHappy Day!
空の向こう~君の手をとって~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜笑いながら行こう 君と手をとって ずっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ  君のため息を ひとつも見逃さないように 今日も笑顔で“おはよう”って 君の顔 覗くよ  光降り注ぐ空に 夢を重ねよう 今日も一日 楽しくね! 幸せのカケラ 集めて  雨が降っても 風が吹いても 君を照らし続ける  笑いながら行こう 君の手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 立ち止まっても そばにいるから  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ  強いわけじゃない 君に見せない涙も 君が笑う それだけで 頑張れるんだ ありがとう  自分よりも大切な人 初めて思った人  笑いながら行こう 君と手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 いつもそばで笑ってほしい  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… 繋いだ手と手 今日も一歩ずつ I'll be there for you 同じ空を歩いて行こう  笑いながら行こう 君の手をとって ずっと… 空の向こうで待ってる未来 立ち止まっても そばにいるから  奇跡を起こすなら 君とがいいな もっと… どんな涙も 笑顔に変えて I'll be there for you 希望だけは捨てないよ
song for you岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜一人で泣いてた 伝えたいこと言葉にできずに  それでも消えない夢への思い 少しずつ前を見よう  今日より明日 明日よりもっと 元気な私でいたい 顔上げれば みんなそばにいる  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ  何度もくじけての繰り返し きっとね あなたもそう  目の前にあること 不器用でもひとつずつ 重ねて行けば  やめる勇気も 捨てる勇気もないなら 向かう場所はひとつだけ たったひとつ“明日”  いつか 叶えたい夢がある 見たい景色がある 滲んだ空でも いつか青く見える日が 負けたくない気持ち 持ち続ければきっと また笑えるから この空の向こう 届けたい声 届けたい歌がある 明日へ  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ
百年の恋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今 私は泣いてた  空に飛行機雲 あなたに見せたくて 写真をすぐ撮って送る  ひとつずつ季節を通り過ぎるたびに 思い出が刻まれてゆく  つらかったあの恋も 悲しかった出来事も いつか二人が こうして逢うための涙だったの…?  振り向けばいつもあなたが笑ってる 明日も私の側にいて もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今 私は泣いてた  どこかに置いてきた 人を信じること 教えてくれたのはあなた  独りだと思ってた 独りでいい、とさえ… 無音の中で泣いた夜  素直になる怖さは なくなったわけじゃないけど 察してくれる優しい腕の中 もたれてみるの  涙が溢れる想いをいつでも あなたが包んでくれるように 見せない悲しみや不安があるなら 半分でも私に触れさせて  振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように 幾億も輝く星の中で よく出逢えたね 二人  あなたがいるから笑っていられる 明日も私の側にいて もしあの日あの時 出逢えなくても 百年先にきっと恋をする
Mother~あなたに花束を~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜毎月15日には あなたに花を贈ろう 笑う顔が見たいから  あなたが年を取っても 記憶がもし消えたとしても 私はあなたの娘です  星が見えない東京の空 18で離れた故郷にあなた一人  遠く遠く離れた街では どこまでが嘘で何が本当で それでも諦めたくない夢 「もう一度」「もう一度」って あなたに弱音 吐きたくなくて 誰よりも優しい眼差しで ずっと見守ってくれるあなたに 感謝の花束を  凍てつく冬の夜空に かすかに輝くオリオン いつかあなたと見つけた  幼い頃 描き続けた 幸せの青い鳥は いつか出会えますか  一人涙の夜があります それでも朝はやって来るから また笑顔作って「おはよう」って 「もう少し」「もう少し」って 頑張れない時でも あなたの声が愛が聴こえる気がする 会えなくてもあなたの存在が 私を強くする  遠く遠く離れた街では どこまでが嘘で何が本当で それでも諦めたくない夢 「もう一度」「もう一度」って 頑張れない時でもあなたの 声が愛が聴こえる気がする 会えなくてもあなたの存在が 私を強くする  今月15日には 直接 花を届けるよ 笑う顔が見たいから  「お誕生日おめでとう」
未来へ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜毎日 笑顔でいたいから 明日のために 誰かのために あきらめない想いを紡いで 未来を創って行くんだ  時には友達 時には家族みたい 出会えた奇跡に ありがとうを忘れない  同じ夢 抱いて 集まったこの場所は 雨の日も 風の日も 「おかえり」の場所  Ah 広い空の下 可能性は無限大 勇気 集めて 一歩ずつ進もう  毎日 笑顔でいたいから 明日のために 誰かのために あきらめない想いを紡いで 未来を創って行くんだ  あの日に描いた 景色はどんな色? 雨の日も 風の日も 夢を語り続けよう  時には立ち止まり 振り返る時間もいい 一人じゃない 独りじゃない みんないるから  Ah 水平線の向こう 青い海を越えて きっとできるさ 信じて進もう  みんなで笑っていたいから 今日も愛を 手と手 重ねて 誇りを持って歩いて行こうよ 未来は変えられるんだ  毎日 笑顔でいたいから 明日のために 誰かのために あきらめない想いを紡いで 未来を創って行くんだ  みんなで笑っていたいから 今日も愛を 手と手 重ねて いつの日にか想いは届くよ 未来を創って行くんだ  未来を変えて行こうよ
Winter Kiss岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜あなたの腕に寄り添い 歩く並木道 白い息で遊びながら  聖なる歌が流れる冬の夜空に 特別なものはいらない  あなたがここにいて 笑ってくれるそれだけで こんなにも心が温かくて  手と手を繋ぐ時 いつも想ってる 口づけ交わす時 いつも祈ってる  ずっとこのままあなたと一緒に いられますように  出会ったあの瞬間を ねぇ 覚えてる? 偶然じゃないよ きっと  あなたとここにいることが 当たり前で 何度でも好きと言ってほしい  明日は会えないから 寂しくなるの だから少し もう少し 強く手を握ってて  名前呼ばれる時 いつも想ってる 抱き寄せられる時 いつも祈ってる  ずっとこのまま二人で一緒に いられますように  手と手を繋ぐ時 いつも想ってる 口づけ交わす時 いつも祈ってる  ずっとこのままあなたと一緒に いられますように  名前呼ばれる時 いつも想ってる 抱き寄せられる時 いつも祈ってる  ずっとこのまま二人で一緒に いられますように
10年目のLove Letter岩崎宏美岩崎宏美岡本真夜岡本真夜コーヒーを入れましょう 午前5時50分 いつもと変わらない朝 10年目の記念日  ソファーに腰掛けた あなたの横顔と 寝癖を確認したら 今日が始まる  あなたに恋した あの日の思いは今も 形は変わっても呼び名が変わっても 変らずここにある 幸せのカケラ 時には涙 紡いで 笑っていられる今日があることに 心からありがとう  コーヒーを飲みましょう 午前5時50分 天気予報 午後は雨 傘を持っていってね  夜は乾杯しましょ ちょっといい赤ワイン 用意しておきますから 早く帰ってね  優しい人だけど たまに意地悪も言うの シワが増えただなんて これは笑いジワよ  喧嘩もするけれど いちばん自由に らしくいられる場所が ここなんです  あなたに恋した あの日の思いは今も 形は変わっても呼び名が変わっても 変らずここにある 幸せのカケラ 時には涙 紡いで 笑っていられる今日があることに 感謝しています 出逢ってくれてありがとう  いつだって あなたは 仕事を持ち込まない 疲れたときは どうぞ 言葉にしてください  一日でも長く 一日でも元気で もっともっと笑って 暮らしていきましょう  もしもあなたが たとえばあなたが 歩けなくなったときは 私が足になるから  人生を共に生きる 約束したんです 私が選んだ 最愛の人
song for you牧野由依牧野由依岡本真夜岡本真夜一人で泣いてた 伝えたいこと言葉にできずに それでも消えない夢への思い 少しずつ前を見よう  今日より明日 明日よりもっと 元気な私でいたい 顔上げれば みんなそばにいる  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ  何度もくじけての繰り返し きっとね あなたもそう  目の前にあること 不器用でもひとつずつ 重ねて行けば  やめる勇気も 捨てる勇気もないなら 向かう場所はひとつだけ たったひとつ“明日”  いつか 叶えたい夢がある 見たい景色がある 滲んだ空でも いつか青く見える日が 負けたくない気持ち 持ち続ければきっと また笑えるから この空の向こう 届けたい声 届けたい歌がある 明日へ  「大丈夫」 もう一度 信じるの もう一度 夢見るの 私がいちばん 輝ける場所にいたい あきらめない気持ち 持ち続ければきっと 笑顔に出会える 届けたい声 届けたい歌 届けたい人がいる …あなたへ
百年の恋沢田知可子沢田知可子岡本真夜岡本真夜振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今 私は泣いてた  空に飛行機雲 あなたに見せたくて 写真をすぐ撮って送る  ひとつずつ季節を通り過ぎるたびに 思い出が刻まれてゆく  つらかったあの恋も 悲しかった出来事も いつか二人が こうして逢うための涙だったの…?  振り向けばいつもあなたが笑ってる 明日も私の側にいて もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今 私は泣いてた  どこかに置いてきた 人を信じること 教えてくれたのはあなた  独りだと思ってた 独りでいい、とさえ… 無音の中で泣いた夜  素直になる怖さは なくなったわけじゃないけど 察してくれる優しい腕の中 もたれてみるの  涙が溢れる想いをいつでも あなたが包んでくれるように 見せない悲しみや不安があるなら 半分でも私に触れさせて  振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように 幾億も輝く星の中で よく出逢えたね 二人  あなたがいるから笑っていられる 明日も私の側にいて もしあの日あの時 出逢えなくても 百年先にきっと恋をする
ANNIVERSARY -20th ANNIVERSARY unplugged-石井聖子石井聖子岡本真夜岡本真夜いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街にも連れてってね ずっとそのままの あなたでいてね  この大きな時計の下で 2年前の今日 待ち合わせたね この記念日がうれしすぎて 約束より早く来すぎちやった  きっとあなたは“待った?”なんて言いながら 笑顔でやって来る  X'masには甘いキッスを 誕生日は赤い花束を 春になったら 桜を見に行こうね 何年経っても ときめいていたい  信号待ちの人の中に すぐわかるよ 白いTシャツ こんな記念日さえ飾らない そんなことがたまらなく好き  あいかわらず 見つけるのは いつも 私の方が先ね  いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街にも連れてってね ずっと変わらない 二人でいようね 何年経っても あなたに ときめいていたい
Aloneチョン・テフチョン・テフ岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて 電話を切った 降り出した雨に 急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人ベンチに座り いくつも電車見送る 街の灯がにじんでしまう あの日によく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女 見つけたの 楽しそうに 二人 腕を組んでた 彼女は私の大切な友達  もっと素直になれたら… もっと勇気を持ってたら… 何も受けとめられない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜「笑ってないで答えてよ。 私のどこが好き?」 今でも思い出す 優しい時間  いつまでも手を繋いでいられると思ってた 悲しい恋の終わりも知らずに  今日も空を 見上げています また いつか 会える気がして  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと想ってる 思い出すあなたは いつも笑ってる I miss you  もう二度と恋はしない そう思ったあの日 出会えてよかった 今は思えるの  今日も空を 見上げていますか? もう泣かないよ 強くなるから  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと 忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと 想ってる いつまでも 忘れない恋 あなただけ I love you  一言でもいい 声を聴かせて 名前を呼んで 「どこも行くな」って 抱きしめて 涙 拭って せめて夢の中でいい 会えるのなら  愛しくて 恋 会いたくて 恋 寂しくて 恋 ずっと忘れない 愛してる 私 今でも あなたに恋をしてるの  追いかけてる 恋 切なくて 恋 苦しくて 恋 ずっと想ってる 思い出すあなたは いつも笑ってる I miss you  いつまでも 忘れない恋 あなただけ I love you
優しい時間岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜また会えるサヨナラに 泣いてしまいそうなくらい あなたを好きで好きになって 恋の切なさを知る  抱きしめ合うこの時間 時を止められたらいいのに 夢のようなこの瞬間に また会いたい  泣いたとき 笑ったとき 振り向けばそばにいてほしい 星にもたれ あなたにもたれ 永遠を描いてゆく  来年の春 九段下で あなたと桜を見ていたい 季節をひとつずつ感じて 寄り添っていられたなら そっと差し出された手のひら そっと私も重ねる 伝えたい言葉はひとつ 今日もあなたが大好きだよ  二人で過ごす時間が 不思議なくらい穏やかで 出会った意味を知りたくなる この奇跡を  失敗も葛藤も あなたに見守ってほしい 星にもたれ あなたにもたれ 明日を信じるの  どんな小さなため息さえ あなたは見つけてくれる なにげない言葉がまたひとつ 私には勇気になる もしも願いが叶うのなら たったひとつだけあるよ いつも隣で笑っているのが あなたであってほしい  来年の春 九段下で あなたと桜を見ていたい 季節をひとつずつ感じて 寄り添っていられたなら  どんな小さなため息さえ あなたは見つけてくれる なにげない言葉がまたひとつ 私には勇気になる そっと差し出された手のひら 今日もそっと重ねる 恋が愛へと変わってゆく 時を重ね 少しずつ  大好きから 愛してる 「愛してる?」って聞きたくなる
未送信の恋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…  軽い冗談でも 「好きだよ」なんて言わないで 特別な感情はきっと私だけ  もっと早くに出会いたかったな 彼女は素敵な人 笑顔になれる でも苦しくなる これ以上あなたを好きに なりたくない  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 今日も届かない 切ない光  優しい人なら 誰でもいいわけじゃない 閉ざしてた心を あなたがほどいてゆく  元気になれるあたたかい言葉 携帯握りしめる 会わないことで止められるのかな 今すぐ忘れることもしたくなくて  通り過ぎることが つらくなるくらいに 心が傾いていくのがわかるの あなたがいるだけで 笑顔になれるから もう少しだけ好きでいさせて  同情でもいいから そばにいてほしい…なんて 苦しくなるだけの歪んでる想い 溢れそうな想いは未送信のままで 言葉にしたらもう会えない…  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…
願いはひとつ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋になるように  願い星があるのならば どうか 一緒にいられますように  臆病だった恋心は まっすぐ あなたに向かっている  Ah 出会えたこと ほんと 誇りに思うの 今すぐには 忘れられない過去があっても  泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋になるように  半端だった夢心も あなたがいればね 頑張れる気がする  やりたいこと なりたいもの 今度 星空の下 聞いてね  Ah 傷つくこと ずっと 逃げていたみたい あなたとなら 元気な私になれるよ  泣いて泣いて泣いたあの日から ひとりぼっちと そう思ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね  泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ so 最後の恋であるように  泣いて泣いて泣いたあの日から あなたのこと ずっと待ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね
初恋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜ただ まっすぐにあなただけ 見つめていたかった ずっと これからも  会いたくて 会えなくて 季節は巡り  思い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  最後の恋と信じたかった ねぇ、あなたもそう? 答えは風の中  止まった時計 なのに 好きの気持ちだけ 溢れてる  思い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ もう一度 会えるのなら その手を その手を 離さない  思い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ 一度だけ 触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  思い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスも 声も あなたを… 忘れたくない
always love you ~ 恋しくて ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜mayo忘れない 忘れない 君に恋をした それはあたたかく 日溜まりのようだった  まっすぐに まっすぐに 君に恋をした かけひきもなくて 強がりもない恋  出会ったことは必然で 懐かしい風を感じた 悲しみも痛みも包み込んだ  恋しくて 恋しくて 君に会いに行った 星をかきわけて 一瞬でも会いに  抱きしめて 寄り添って 君にキスをした そばにいるだけで それだけでよかった  もう一度だけ その笑顔見せて あの日から 君を探し続けてる  もう一度だけ 君に会えたなら 伝えたい 変わらずに愛していると  恋しくて 恋しくて 君の名を呼んだ 失った今も ただ君を想うよ  忘れない 君といた穏やかな時間は 今も生きている 君に恋をしたまま…
YELL ~ 君の声 ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜信じること 夢見ること 君が教えてくれた この空の下 離れていても 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえる  旅立つ前に もう一度 会いたくて  泣かないように 遠く空 見上げ 目を反らした  君に恋をしていたことは 伝えないまま…  どんなときも「大丈夫!」って 背中を押してくれた 忘れかけてた思い もう一度 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえる  友達のまま いつものように手を振るよ  また会いたいからサヨナラは 言わない 元気でいてね  新しい街で 君のこと 探してしまうかもだけど…  忘れないよ 君の声を 胸に抱いて歩いて行く 不安はあるよ でも負けないよ 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 抱きしめる  その笑顔の向こう側に きっと涙があるね YELLを君に 感謝を君に 「ガンバレ!」「ガンバレ!」を 君に…  忘れないよ 君の声を 胸に抱いて歩いて行く 思い出の中 瞳閉じれば 「ガンバレ!」「ガンバレ!」 聴こえるよ  ガンバル ガンバル ありがとう
未送信の恋平原綾香平原綾香岡本真夜岡本真夜友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…  軽い冗談でも 「好きだよ」なんて言わないで 特別な感情はきっと私だけ  もっと早くに出会いたかったな 彼女は素敵な人 笑顔になれる でも苦しくなる これ以上あなたを好きに なりたくない  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 今日も届かない 切ない光  優しい人なら 誰でもいいわけじゃない 閉ざしてた心を あなたがほどいてゆく  元気になれるあたたかい言葉 携帯握りしめる 会わないことで止められるのかな 今すぐ忘れることも したくなくて  通り過ぎることが つらくなるくらいに 心が傾いていくのがわかるの あなたがいるだけで 笑顔になれるから もう少しだけ好きでいさせて  同情でもいいから そばにいてほしい…なんて 苦しくなるだけの歪んでる想い 溢れそうな想いは未送信のままで 言葉にしたらもう会えない…  友達以上でも恋人にはなれない 苦しくなるだけの行き場のない恋 伝えたい想いは未送信のままで 言葉にしたら きっともう会えない…
君だけのStory岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  何度だって やり直せる 今だと思った時 それがスタート  うつむく顔 君の中に 語ってたあの夢は 今もありますか?  誰も一人なんかじゃない ねぇ 泣いてもいいんだよ 弱さも受け止めて 次のステージへ  Ah 思うがまま 感じるまま 振り返らずいこう 君らしくいられる明日はあるから 真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  描くだけじゃ 近づけない 夢なんて 自分から掴むものさ  誰かのせいにしていた? 時代のせいにしてた? ほんとはわかってるんだ 変えるのは自分  明日晴れでも 明日雨でも 今は前だけ見て 君にしかできないこと 必ずあるから  形は変わっても 大切なものは きっと ずっとね 君の中からは なくなったりしないよ  Ah 思うがまま 感じるまま 振り返らずいこう 君らしくいられる明日はあるから 真っ白な地球儀 君の足で 花を咲かせよう 涙の跡には きっと 道ができているから  君だけのstoryがそこに
AloneMs.OOJAMs.OOJA岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて電話を切った 降り出した雨に急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人ベンチに座り いくつもの電車見送る 街の灯(ひ)がにじんでしまう あの日によく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女見つけたの 楽しそうに二人腕を組んでた 彼女は私の 大切な友達  もっと素直になれたら… もっと勇気を持ってたら… 何も受け止められない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
AloneTiaraTiara岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて電話を切った 降り出した雨に急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人ベンチに座り いくつもの電車送る 街の灯(ひ)がにじんでしまう あの日によく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女見つけたの 楽しそうに二人腕を組んでた 彼女は私の 大切な友達  もっと素直になれたら... もっと勇気を持ってたら... 何も受け止められない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
Alone井上昌己井上昌己岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて 電話を切った 降り出した雨に 急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人 ベンチに座り いくつも電車 見送る 街の灯が にじんでしまう あの日に よく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女 見つけたの 楽しそうに 二人 腕を組んでた 彼女は私の大切な友達  もっと素直になれたら… もっと勇気を持ってたら… 何も受けとめられない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
初恋TiaraTiara岡本真夜岡本真夜ただ まっすぐにあなただけ 見つめていたかった ずっと これからも  会いたくて 会えなくて 季節は巡り  想い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  最後の恋と信じたかった ねぇ、あなたもそう? 答えは風の中  止まった時計 なのに 好きの気持ちだけ 溢れてる  想い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ もう一度 会えるのなら その手を その手を 離さない  想い出にできない この想いを 抱きしめられるのは あなただけ 一度だけ 触れたキスが あなたを あなたを 忘れさせない  想い出にできない この想いを 明日もきっと 抱きしめている 一度だけ触れたキスも 声も あなたを… 忘れたくない
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Alone倖田來未倖田來未岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて 電話を切った 降り出した雨に 急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人 ベンチに座り いくつも電車 見送る 街の灯が にじんでしまう あの日に よく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女 見つけたの 楽しそうに 二人 腕を組んでた 彼女は私の大切な友達  もっと素直になれたら… もっと勇気を持ってたら… 何も受け止められない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
365日のLove song岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜君と笑い 君と泣いて 君を抱きしめる いつだって 君のそばで 365日 奏でようLove song  アハハ 笑ってるかい? 今日の気分はどう? アハハ ふざけてるかい? いつものように  ウフフ 青い空に 両手 広げましょう ウフフ どんなときも キミノミカタさっ  たとえ昨日が 悲しい昨日でも 大切なコトは 過去じゃなく 目の前の“未来”だと思う  今日も笑い 今日も歩き 今日の幸せを 紡いでいこう きっとそれが いちばんの近道だよ (二人なら) 君と笑い 君と泣いて 君を抱きしめる いつだって 君のそばで 365日 奏でようLove song  二人でいることが あたりまえだけれど どんな贅沢より きっと幸せ  悲しい時は 悲しいと言おう 素直になったら ほら不思議 悲しみが星空へ  明日何が起こるなんて 誰にもわからない せいいっぱい 今日を生きよう 優しくなれたらいいね 二人でLove song  今日も笑い 今日も歩き 今日の幸せを 紡いでいこう 時に孤独 時に涙 流しても (二人なら) 君と笑い 君と泣いて 君を抱きしめる いつだって 君のそばで 365日 奏でよう“Love”  君と笑い 君と泣いて 君を抱きしめる いつだって 君のそばで 365日 奏でようLove song
約束岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜ずっと伏せてた写真立てを そっと直した  君と笑っていたあの日の私 もう泣かないよ  どんな風に明日は訪れる? 今も君に会いたい わかってる 叶わぬ夢  ずっと君を 忘れないよ いつも 君は笑ってくれた 今も胸は痛むけれど 人は変われるって また笑えるって そう信じて 強くなる  新しい朝に 両手広げた 眩しい光  一歩でも前に進むことが 大切なんだよね  君の背中 追いかけてばかりいた でも これからは一人で歩いてく 君の分まで  いつも笑顔 忘れないよ いつも 君が教えてくれた 今も胸は痛むけれど 人は変われるって また 笑えるって そう信じて 強くなる  いつも笑顔 忘れないように いつも 君と笑ってたように どんな日々も どんな別れも 受け止めていける私になりたい  いつも笑顔 忘れないよ いつも 君が教えてくれた 今も胸は痛むけれど また 笑えるよね この空の向こう 約束 …強くなる
Message ~明日の僕へ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで  心 滲んでも あの時の空を 頑張れた時の自分を 思い出して  あきらめない想いが未来を紡ぐなら 止まらない痛みも きっと 今日と同じ明日はない  信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで  立ち止まってもいい 後ろは振り向かないで  ありのまま生きれない そんな現実に 誰かの腕の中で 子供のように泣いてもいいんだよ  愛されたくて 包まれたくて いつか見た空に会いたくて 走り続ける そんな自分でも いつか照らす光 追いかけて  あきらめない想いが未来を紡ぐなら 止まらない痛みも きっと 今日と同じ明日はない  信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで  愛されたくて 包まれたくて いつか見た空に会いたくて 走り続ける そんな自分でも いつか照らす光 追いかけて
One Love, One Smile岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜青く大きな空を見上げ 涙止まらない時もあるけど La La La… 一緒に歌おう 変わらずここにある 心にOne Love!  1、2、3… 手たたいて Sing a Song こっち向いて Smile Smile Smile つらいことがあっても  でっかい宇宙船乗って 旗をかかげて 夢を持ち続けていよう  落ち込んだり 生きてる意味とか 考えちゃうけど きっと一番 大切なのは 愛があるってこと  青く大きな空を見上げ 涙止まらない時もあるけど La La La… 一緒に歌おう 君は独りじゃない 心にOne Love!  いつも どんなときも かわいい君の笑顔が 皆の幸せだから  愛する人と愛してくれる人のため まっすぐに生きていこうよ  世界中の星を集めて 君を照らそう 大げさだけど 愛があれば 何だってできる  幾千の星の中で生まれ 僕ら 巡り会ったこの奇跡 La La La… 手を繋ごう どうか 笑顔だけはなくさないでね  青く大きな空を見上げ 涙止まらない時もあるけど La La La… 一緒に歌おう 変わらずここにある 心にOne Love!  幾千の星の中で生まれ 僕ら 巡り会ったこの奇跡 La La La… 手を繋ごう どうか 笑顔だけはなくさないでね  いつもここにいるよ 僕が君のOne Lve!
if…岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜あれからいくつ 季節は通り過ぎて 線路沿いの桜が また色付く  この高架下でよく待ち合わせたね 二人 過ごした思い出が 今も胸に  ずっと 泣かないように 空を見上げてきた どんな雨の日も どんな寒い夜も あなたを想って…  もし 二人の気持ちが もし 今も同じ場所にいるのなら きっと いつかまた会える そう信じていいよね  些細な誤解と意地の張り合いで 素直になれず 背を向けた 雪の夜  もっと あなたのこと 解ってあげればよかった 後悔だけが あの日から ずっと消えないでいる  もし 許されるのなら あの時言えなかった言葉 まっすぐ 目を反らさず あなたに伝えたい言葉がある  もし 二人の気持ちが もし 今も同じ場所にいるのなら きっといつかまた会える そう信じてる  私 きっとどこにいても ずっと あなたを想ってる まっすぐ 目を反らさず あなたに伝えたい  “愛してる”
Happy Life ~明日に向かって~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  Ah 理想的にはいかないのよ あれこれ悩んで 日々模索中  Ah はまってるものは 恋愛ドラマ 妄想全開 現実逃避  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  冷静な顔して“恋より仕事” 大丈夫なフリして あぁ自己嫌悪  週末に一人 レンタルビデオ やっぱり独り身 きっとバレバレね  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  出会いなくても 寂しくなっても アハハと笑える 友達がいる 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  ほんとはね 寂しがりや でも 強がってばかり いつもいつも  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  出会いなくても 寂しくなっても アハハと笑える 友達がいる 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  Ah 即希望!
Lonely Girl~君とリンクしたい~ローラ・チャンローラ・チャン岡本真夜岡本真夜眠らないこの街に プログラムされないように 寄り添って 確かめ合って 君とリンクしたい Ah  返信が来ないと不安になる 近頃 バーチャルに思える恋 不安定な絆  孤独な夜 始まったばかり 二人の恋  きっと 忙しいだけなんだ きっと 疲れてるだけなんだ きっと きっと って言い聞かせる  少しでも 少しでも 君と繋がってたいよ 温かい場所があるなら 今 連れていって  眠らないこの街に プログラムされないように 寄り添って 確かめ合って 君とリンクしたい  携帯握ったまま 目が覚めたよ 着信メールは 天気予報だけ  きっと 忙しいだけだったんだ きっと 疲れてただけだったんだ きっときっとって 今日もlonely girl  少しでも 少しでも 君と繋がってたいよ 次に会う約束さえも 不安になるから  眠らないこの街に プログラムされないように 寄り添って 確かめ合って 君とリンクしたい Ah  もっと 君と一緒にいたいよ もっと 君に触れていたいよ もっともっと 愛されたい  少しでも 少しでも 君と繋がってたいよ 温かい場所があるなら 今 連れていって  眠らないこの街に プログラムされないように 寄り添って 確かめ合って 君とリンクしたい  眠らないこの街に プログラムされないように 寄り添って 確かめ合って 君とリンクしたい Ah
Close To You ~ひとりじゃないよ~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Hello,dear my friend 君の悲しみ 100%は無理だけど  Hello,dear my friend ほんの少しでも わかってあげられたなら…  涙見せない強がりに 今 手紙を送るよ  “ゆっくり ゆっくり 風を感じ 君の好きなものに囲まれながら ゆっくり ゆっくり また笑えるといいね ひとりじゃないよ だって ともだち。”  恋人でも家族でもないけど 大切な存在で 同じ時間を駆け抜けてきた かけがえのない仲間  今日の私 明日の私 君がいれば大丈夫  いっぱい笑って 時には泣いて いつも君にだけは夢を語れるんだ ゆっくり ゆっくり また笑えるといいな ひとりじゃないよ ずっと ともだち。  ゆっくり ゆっくり 待っているよ 君の元気な声が 聞けるその日まで  “ゆっくり ゆっくり 風を感じ 君の好きなものに囲まれながら ゆっくり ゆっくり また笑えるといいね ひとりじゃないよ だって ともだち。”  ずっと 待ってるよ だって ともだち。
My best friend岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜“いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 離れたって変わらない想い 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  揺れる花びら 風になびいて 春がまた始まる この街で何度目の季節 迎えるんだろう  「元気?」って メールしただけなのに 「何かあったの?」なんて いつでも気づいてくれる 君に会いたいな  星の見えないこの街は不安だけど 流されないように私は 今日も歩く  “いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 君の声をぎゅっと抱きしめて 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  お互いの夢 叶えようってあの日 約束したよね この空の下で二人 笑い合おう  昔から支えてもらってばかりだけど つらいときは 電話してね 飛んで行くよ  “君のそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 少し頼りない私だけど 君の笑う顔 君の幸せを 心から願ってる My best friend  “いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 離れたって変わらない想い 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  悲しい涙も くじけそうな夜も 想い出めくったらいつでも会える 君がそばにいると思うだけで 心 が強くなれる My best friend  いつもいつもありがとう My best friend
星の夜も 雨の朝も岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜白に染まる息で 遊びながら歩くこの道 会えなかった時間が 雪のように解けてく  いつも一緒にいられたらいいね 募る想いが切なさに変わる  ひとつになれるのなら あなたのもとへ すぐに飛んで行きたいのに 会えなくなる時間が 胸押し付ける 願い叶うなら 時間を止めて  好きになるほどに 臆病になる恋 寂しくて 困らせたくないから 言葉にはしないけど  時計は見ないで 呟く心 泣かないように 夜空を見上げた  悲しみに出会うたび 居てほしいのは いつも 一人しかいないから 幸せになれるなら あなたとがいい 揺るぎない想い 叶えられる日を夢見て  いつも一緒にいられたらいいね 星の夜も 雨の朝も  ひとつになれるのなら あなたのもとへ すぐに飛んで行きたいのに 会えなくなる時間が 胸押し付ける 時を止めたい このままあなたと  悲しみに出会うたび 居てほしいのは いつも あなたしかいないから 幸せになれるなら あなたとがいい 揺るぎない想い 叶えられる日を夢見て
カサブタ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜知らず知らずのうちに 笑顔が上手になって また傷ついて  乾いてく心の隙間 冷たい風が吹いてる  悲しみなんてきっと 通り雨ね 晴れ渡る空 見上げる 一人 止めどなく流れるこの涙を 今すぐ 誰かに見つけてほしい  言葉にできない想いを カサブタで塞いでく 強いフリをして  立ち止まるビルの隙間 夕日が眩しすぎて  悲しみなんてきっと 通り過ぎてく その笑顔に愛はあるのだろうか 行き場のない想いを この涙を 本当は あなたに見つけてほしい  大丈夫って言ってしまうの 大丈夫って言ってしまうの  悲しみなんてきっと 通り雨ね 晴れ渡る空 見上げる 一人 止めどなく流れるこの涙を 本当は あなたに見つけてほしい  大丈夫って言ってしまうの 大丈夫って言ってしまうの  あなたに嘘ついてしまうの 大丈夫って笑ってしまうの
あなたがくれた言葉岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜うまくいかないこと 誰かのせいにして 弱さ認めたくなくて 意地ばかり張っていた  たった一人で 頑張らなくていいと あなたがくれた言葉 私の想い 私の涙 そっと 包んでくれた  自由に青い空を 翔く鳥のように 明日を変えられるのは 自分しかいないと思ってた  たった一人で 頑張らなくていいと あなたがくれた言葉 きっとできるよって 絶対できるよって あなたにもらった勇気  いつでも そばにいてくれるから 頑張れる気がする  どんなときも 泣かないって決めてたのに あなたの優しさ感じて Ah 張りつめてた想い 涙に変わった 気づいたよ ひとりじゃないんだね  たった一人で 頑張らなくていいと あなたがくれた言葉  きっとできるよって 絶対できるよって あなたにもらった勇気 夢に向かって 今日と向き合って 一歩ずつ 歩いてく  いつでも そばにいてくれるから 頑張れる気がする  頑張れる気がする
横顔岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜恋しくて 恋しくて 君の横顔を 見つめていたい ファインダーを覗くたび また今日も君に 恋をする Ah  好きな人はいるの?なんて 聞けないまま シャッターをきる  特別な想いが 見つからないように 青い空 眺めるフリをした ちょっとだけ苦しい  恋しくて 恋しくて 君の横顔を 見つめていたい ファインダーを覗くたび また今日も君に 恋をする Ah  いつものCafe たわいない話 「話しやすい」って 君は言うけど  特別な想いは 戸惑っているよ もう少しいたい気持ちが ほら 押さえきれなくて  “友達”で “片思い”で いられる自信が なくなってく さよならが寂しいよ 君のその笑顔 見つめていたい まだ  恋しくて 恋しくて 君の横顔を 見つめていたい ファインダーを覗くたび また今日も君に 恋をする  “友達”で “片思い”で いられる自信が なくなってく さよならが寂しいよ 君のその笑顔 見つめていたい まだ  見つめていたい  恋しくて 恋しくて…
生まれ変わるように岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜ひとりと思ってた あなたに出会うまでは  素直になること 忘れかけていた  あなたがそばにいれば 明日を信じられる どんなにつらくても 信じようって思えるの  置き去りだった未来予想図 広げてみようかな  泣いてばかりいた あの日 出会うまでは  あきらめかけてた夢が ほどけてく  あなたがそばにいれば 笑っていられるから 悲しい涙も 不安な気持ちも  置き去りだった未来予想図 きっとね 大丈夫  木漏れ日 両手広げて 息を吸って 生まれ変わるように 遠回りしたけど これからは笑顔の私になれるかな  あなたがそばにいれば 明日を信じられる どんなにつらくても 信じようって思えるの  あなたがそばにいれば 笑っていられるから 悲しい涙も 不安な気持ちも  もう一度 未来予想図 広げてみようかな  あなたの隣で
Rain岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜雨が降ってる 冷たい雨が 窓を叩いているよ あなたを呼んでる  雨が滲むよ 悲しい雨が 今でも戻って来てくれると 信じてる  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度会えるのなら 抱きしめてほしい  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度会えるのなら 抱きしめてほしい  雨が降ってた 冷たい雨が… 優しい言葉など 聞きたくなかった  「嫌いになったわけじゃないよ」と そんなこと言わないで 待ってしまうから  Ah あなたを想う気持ちは 春が過ぎても消えない もう一度会えるのなら 抱きしめてほしい  想い出にしたくない  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度会えるのなら 抱きしめてほしい  Ah あなたを想う気持ちは 春が過ぎても消せない もう二度と会えないのなら 突き放してほしかった
逢いたいよdarling岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜電話じゃなくて メールでもなくて どうしても あなたに会って伝えたい  ごめんねdarling 素直になれずに こんなに大切な日に会えないなんて  明日のことなんか考えず 最終電車に飛び乗った  逢いたいよdarling 星に願いをかける so Happy Birthday あなたに伝えたい 時計の針が12時を回る前に so Happy Birthday (darling,I love you)  月を眺めて 思い出していた つまらないケンカで 部屋を飛び出したあの日  好きだよdarling 会えない夜でも 心の真ん中でちゃんと想ってた  いつも意地っ張りな私を あなたは抱きしめてくれるかな…  逢いたいよdarling 星に願いをかける so Happy Birthday あなたに伝えたい 時計の針が12時を回る前に so Happy Birthday  逢いたいよdarling 星に願いをかける so Happy Birthday あなたに伝えたい 時計の針が12時を回る前に so Happy Birthday あなたに伝えたい  逢いたいよdarling…  逢いたいよdarling 星に願いをかける so Happy Birthday  逢いたいよdarling 星に願いをかける so Happy Birthday
早花咲月 ~さはなさづき~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも “大好きだった人”  こんな広い街で 偶然あなたに会うなんて コンタクト落として 電車に乗り遅れたから  「元気だった?」懐かしい声 でもあなたの隣には かわいい人  桜の咲く街に 季節外れの雪 胸にしまっていた恋 何ひとつ 伝えられなかった  アルバム開けば 優しいあなたが笑ってる もう会えないんだね こらえてた涙 溢れた  卒業してからも ずっとずっと 募っていた想い 今 風になった  季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも “大好きだった人”  桜の咲く街に 季節外れの雪 胸にしまっていた恋 音も立てず 雪が降り積もる  放課後の教室で 「小さいな」とふざけて 重ねた手を覚えている あのときから あなたが好きだった  季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも “大好きだった人”  あなたが好きでした
Beautiful Days岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜涙キラリ Beautiful Days 君と二人 なんてすばらしき日々  もし君が寂しくて そんな夜は 走って会いに行くよ  君みたいに 大人じゃないけれど 少しぐらいは 支えられる私でいたい  涙キラリ Beautiful Days どんなときも 笑っていようね 手を繋ごう Beautiful Days 歩き出せば 明日の風が吹く  泣いても笑っても同じなら 笑顔の私でいよう  Ah 傷ついて 明日が見えなくて でも 振り向けば いつもそこに 君がいた  星がキラリ Beautiful Days 悲しくても 君がそばにいる 手を繋ごう Beautiful Days 抱きしめたい 君と出会えたこと  涙キラリ Beautiful Days どんなときも 笑っていようね 手を繋ごう Beautiful Days 今日と同じ明日はないから  星がキラリ Beautiful Days 悲しくても 君がそばにいる 手を繋ごう Beautiful Days 強くなれる 君がいるから  涙キラリ Beautiful Days どんなときも 笑っていようね 手を繋ごう Beautiful Days 君と二人 なんてすばらしき日々
手紙岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜たとえばね、あなたとわたし 出会ってなかったら どんな日々を送っていただろうね  平凡でも ただ穏やかに 過ぎてゆく毎日を 愛おしいと思えるのは そばにいてくれるから  永遠なんて ないけど 明日も あさってもずっと ふたり一緒にいれたなら こんな幸せないと思うの  あたりまえの優しさに 慣れてしまわないように 失ってから気づかないように  “いてくれてありがとう”  「愛してる」って 今さら 恥ずかしくて言えないけど  もしもあなたがいなくなったら… 考えただけで 泣けてくる  公園に黄色い花がたくさん咲いていたよ 教えてあげたいと思った どんな小さな事も  今日も明日も ずっとあなたに 笑って居てほしい
I believe岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜I believe I believe 歩き続けよう たとえ今が見えなくても  I believe I believe すべてはそこから 笑顔も 願う幸せも  信じてあげよう どんなに小さな自分だとしても 歩いてるから 見つけられる光がある  I believe I believe 涙 溢れても 想いを強く 空 見上げて  きっとたどりつく 明日への扉を この手で開こう 歩いてるから 見つけられる光がある  I believe I believe 涙 溢れても 想いを強く 空 見上げて  想いは届く 空 見上げて
君にありがとう岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜暮れてゆく街を背に もう一度 君に手を振るよ 泣き出しそうな空の下 ここからまた 歩き出す  こうして会うたび素直になれる 何年経っても たったひとつの帰れる場所  Ah 君にありがとう Ah 出会えてよかった 君の存在に 君の優しさに感謝 ねぇ また頑張れる気がする  Ah 君にありがとう Ah 笑えてよかった 二人 たとえ 離れていても Ah いつまでも 生涯の友よ  もっと器用に 生きられたら 夢は叶うと思ってた 自分自身に 嘘をついて でも心は 歪んでた  強がっていても 心許せる人は君だけ たったひとつの温かい場所  Ah あの日の思い出 Ah あの日の約束 いつも心に いつまでも二人を Ah 照らして輝き続ける  Ah どんなときでも Ah 変わらず見守ってくれる たとえ 離れていても Ah いつまでも 心の友よ  Ah 君にありがとう Ah 出会えてよかった 君の存在に 君の優しさに感謝 ねぇ また頑張れる気がする Ah 君にありがとう Ah 笑えてよかった 二人 たとえ 離れていても Ah いつまでも 生涯の友よ
Smile岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜いつでも 笑って そう 笑って 前向きにいきましょう そのうち うれしいコト いっぱいあるよ  いきなり残業 ついてないよ ピリピリしてる私 「お先に」と帰る上司の背中めがけ 輪ゴムピストル 発射!ハズレ(チェッ)  いちばん苦手なワープロを 私にやらせるなんて 間違っているわ 漢字変換 どこを押せばいいんだろう パっ パっ パらっ パっ(わかんない)  時計は9時をさしてる(キャッ) ドラマが 始まっちゃうよ(どうしよう) こんなんだったら ビデオ予約してくるんだったわ 誰か録っているかナ…  いつでも 笑って そう 笑って 前向きにいきましょう くよくよしていたって しようがないじゃない いつも 笑って 今日も笑って 一日 がんばりましょう そのうちに うれしいコト いっぱいあるよ  ポカポカ陽気の日曜日 友達に電話したら 「彼とデートなの ホント ゴメン」 …Aloneって感じ やーになっちゃう パっ パっ パらっ パっ (ま、いっか)  コンビニの帰り道 かっこいい人 発見(ドキドキ) 前髪 直してたら なんか遠くから走ってくるかわいい女の子  いつでも 笑って そう 笑って ニコニコしていたら そのうちに 素敵な人 現れるかナ いつも 笑って そう 笑って 前向きにいきましょう そのうちに 楽しいコト きっと あるよね  いつでも 笑って そう 笑って 前向きにいきましょう くよくよしていたって しようがないじゃない いつも 笑って 今日も笑って 一日 がんばりましょう そのうちに うれしいコト いっぱいあるよ  そのうち 素敵な彼も できることでしょう
同窓会~Dear My Friends~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜たとえ涙がこぼれ落ちても いつも心に 夢と希望を 信じ続けた夢のカケラが ひとつひとつ 叶えられますように  何年ぶりだろう? 電車から見る校舎 懐かしい笑顔 変わらないこの街  都会にまみれた 少し疲れた気持ち すぅっと消えていくようで 久しぶりに笑った  ”ひとりぼっちじゃないからね” なんだか そう言われてる気がしてきたよ Dear Friends  たとえ涙がこぼれ落ちても いつも心に 夢と希望を 信じ続けた夢のカケラが ひとつひとつ 叶えられますように  泣いたり笑ったり たまにケンカしたけど どんなときも皆で 一緒にいたあの頃 菜の花畑も 橋の上の花火も 自転車の帰り道も 大切な思い出  夢を語りあうだけで 幸せになれるよ 今だってきっと My Friends  変わり続ける季節の中で むくわれないときも あるのだろう たとえ涙が こぼれ落ちても 覚悟ひとつで また夢は叶うから  たとえ涙がこぼれ落ちても いつも心に 夢と希望を 信じ続けた夢のカケラが ひとつひとつ 叶えられますように  変わり続ける季節の中で むくわれないときも あるのだろう たとえ涙が こぼれ落ちても 覚悟ひとつで また夢は叶うから
かけがえない人よ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜明日も あなたが 幸せって思えますように かけがえない人よ 昨日よりも 愛おしく思っているよ  いっぱい涙しよう いっぱい喧嘩しよう 隠し事はやめようね ちゃんとね 言葉にしよう ちゃんとね 謝ろう 逃げることもやめようね  平凡な毎日を 素晴らしい毎日にできる工夫 今日も一緒に 見つけてみようか  いつか あなたが 懐かしく思う時を 私 どれくらい 残してあげることができるだろう 明日も あなたが 幸せって思えますように かけがえない人よ 昨日よりも 愛おしく思っているよ  沈んだ表情(かお)に「うた」を ケガには「おまじない」を 頑張った勇気に「やさしいhugを」 あなたに「I love you」を  いつか あなたが 迷って立ち止まったとき 勇気となる思い出 誰より多く 残してあげたい  どんなにあなたが つらく 悲しいときも かけがえない人よ あなたのそばで そばで見守っているから  私がいなくても たとえば いなくなっても 「自分らしさ」忘れないで
想い出にできなくて岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜見上げた空 髪を通り抜けてく5月の風 ベランダで ただ 雲を眺めてた  あと2日で あなたの誕生日だね 今は もう直接は “おめでとう”言えないけど  元気でいますか 時々 会いたくなる 思わず 受話器をとって あなたの番号 最後まで押せなくて 時だけが 過ぎてゆく  離れてから私 恋をしなかったわけじゃない だけど いつも心に あなたがいたの  机の奥 しまってる写真も 半分のチケットも ずっと 捨てられずにいる  あの夏の海を 覚えてくれてますか… 二人で走った浜辺 潮風の匂い 打ち寄せる波の音 想い出にできなくて  “会わなければ 忘れられる” そう思ってた でも会わなければ 会わない分 募る想い  元気でいますか やっぱり声が聞きたい もう一度 受話器をとった あなたの番号 一つ一つ押してみる でも 勇気がなくて…  …今 恋してますか きっと もう想い出だよね あなたの番号 最後まで 押せなくて 時だけが 過ぎてゆく
ハピハピバースディーAKIAKI岡本真夜岡本真夜「おめでとう」 Happy×2 Birthday  今日は あなたの Special Day なんだか私 うれしくなる あなたが 生まれた今日という日が 違って見える  ゆれるキャンドルを囲んで ながめる人が いてもいなくても プレゼントさせて 私 心から あなたに 言いたい  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたに もっともっと 幸せが増えますように Happy×2 Birthday どんな時も 笑顔でいてほしい  直接 プレゼント 渡すのは 何だか私 恥ずかしいから 郵便屋さんに 頼んだけれど ちゃんと 着いたかナ  あなたにいちばん 似合うもの 何日もかけて 選んだつもり  私のセンス よくないけれど 許してくれる?  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたが もっともっと 幸せになれますように Happy×2 Birthday 今日の日に 乾杯 Song for You  あなたと出会えたことに 感謝したい 誰よりたいせつな 大好きなあなたへ  「おめでとう」「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたに もっともっと 幸せが増えますように Happy×2 Birthday どんな時も 笑顔で  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたが もっともっと 幸せになれますように Happy×2 Birthday 今日の日に 乾杯 Song for You 乾杯 Song for You
My best friendTiaraTiara岡本真夜岡本真夜“いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 離れたって変わらない想い 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  揺れる花びら 風になびいて 春がまた始まる この街で何度目の季節 迎えるんだろう  「元気?」って メールしただけなのに 「何かあったの?」なんて いつでも気づいてくれる 君に会いたいな  星の見えないこの街は不安だけど 流されないように私は 今日も歩く  “いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 君の声をぎゅっと抱きしめて 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  お互いの夢 叶えようってあの日 約束したよね この空の下で二人 笑い合おう  昔から支えてもらってばかりだけど つらいときは 電話してね 飛んで行くよ  “君のそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 少し頼りない私だけど 君の笑う顔 君の幸せを 心から願ってる My best friend  “いつもそばにいるよ” “ずっと一緒だよ” 離れたって変わらない想い 君がそばにいると 思うだけで 心が強くなれる My best friend  悲しい涙も くじけそうな夜も 想い出めくったらいつでも会える 君がそばにいると思うだけで 心が強くなれる My best friend  いつもいつもありがとう My best friend
大スキ!岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜とっても 大スキよ。ダーリン I like you.ダーリン  2回目のドライブDoki×2 しちゃう 広がる青い空 最高だね  あなたといると楽しい 2つに並ぶ缶ジュース なんか もう うれしすぎて ホッペにチュッてしたくなる だけど今は運転中 横顔を 見つめていよう  とっても 大スキよ。ダーリン I like you.ダーリン あ・い・し・て・る。ダーリン I love you.ダーリン  写真いっぱい撮ったね 「今すぐ見たいよぉ」  夕焼けの帰り道 予定変更 スピード写真に寄り道 「1時間後です。」(OK!) あと 1時間ドライブ ごめんね ほんとは もう少し 一緒にいたかったんだ  とっても 大スキだから。ダーリン I like you.ダーリン ずっと そばにいたい。ダーリン I love you.ダーリン  はじめて撮った写真は なんだか ちょっと くすぐったい でも顔が にやけてきちゃう もうすぐで さよならだね 今日ね すごくね むちゃくちゃ 楽しかった ありがと。ダーリン  とっても 大スキよ。ダーリン I like you.ダーリン あ・い・し・て・る。ダーリン I love you.ダーリン  ずっと そばにいて。ダーリン I like you.ダーリン あ・い・し・て・る。ダーリン I love you.ダーリン
ANNIVERSARY岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜この大きな時計の下で 2年前の今日 待ち合わせたね この記念日がうれしすぎて 約束より 早く来すぎちゃった  きっとあなたは「待った?」なんて言いながら 笑顔でやって来る  X'masには甘いキッスを 誕生日は赤い花束を 春になったら 桜を見に行こうね 何年 経っても ときめいていたい  信号待ちの人の中に すぐわかるよ 白いTシャツ こんな記念日さえ飾らない そんなとこが たまらなく好き  あいかわらず 見つけるのは いつも 私の方が先ね  いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街にも連れてってね ずっとそのままの あなたでいてね  X'masには甘いキッスを 誕生日は赤い花束を 春になったら 桜を見に行こうね 何年 経っても 九段下 手をつないで  いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街にも連れてってね ずっと変わらない 二人でいようね  何年 経っても あなたに ときめいていたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
この星空の彼方岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜今でも 振り向けば そこに あなたがいるようで 季節は巡り 変わるけど 私は 立ち止まったまま  線路沿いの桜が もうすぐ 咲き始めます 春を待たずに 星空へ あなたは逝ってしまった  最後の夜 病室で 「お花見に 行こうね」って ねぇ 神様 約束したのよ お願い 彼を返して  悲しみは まだ消えないよ 少しずつ あなたを想い出にできるのかな 一人 見上げる夜空 どうすればいいのか わからない 今は笑えない ごめんね 今は泣かせて あなたに…会いたい  一度だけ 手紙をくれたこと 覚えてますか 赤いカードに“Happy Birthday” とっても 嬉しかった  一緒にいた時間は 短かったけど 忘れないよ もう二度と 触れられない頬も 唇も指も… その笑顔も  きっと生まれ変わっても 出逢えるよ 二人 そう思ってていいよね さよならは 言わないよ この胸に この胸の中に ずっと 生きてる  悲しみは まだ消えないけど 少しずつ前を見つめて歩けるように この星空の彼方 いつまでも 見守っていてね 今は笑えない ごめんね 今は泣かせて あなたを 愛してる
宝物岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜明日は きっと HAPPY DAY 今日より もっと HAPPY DAY あなたの声を聞くだけで元気になれる 遠く離れてても いつもパワーをくれる あなたは私の一番の宝物  忙しい毎日 なんだかついてゆけなくて… あなたに電話しちゃったよ 夜中のごめんネ  午前2時 届いてたFAX “ガンバレ”の文字に 涙 あふれた  出会えて うん よかった いてくれて よかった あなたの声を聞くだけで元気になれる 遠く離れてても いつもパワーをくれる あなたは私の一番の宝物  今でも忘れない 卒業式の夜 「お互い頑張ろうね」って 約束したよね  手帳に はさんでる写真 胸に抱きしめて 今日は眠るよ  どんなに悲しくったって どんなに傷ついたって 信じることが 一番大切なんだよね “明日は きっと HAPPY DAY” “今日より もっと HAPPY DAY” 夢への扉は自分のこの手で開けなきゃね  出会えて うん よかった いてくれて よかった ありきたりな言葉だけど ホントありがと 何も言わないけど きっといろんなコト あなたも抱えて頑張っているんだよね  どんなに悲しくったって どんなに傷ついたって あなたの声を聞くだけで元気になれる 出会えて うん よかった いてくれて よかった あなたは私の一番の宝物  明日は きっと HAPPY DAY… 今日より もっと HAPPY DAY…
Everlasting岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜My heart is longing for you 何も言わず そっと 肩を抱き寄せて We'll make it last forever あなたの腕の中 ずっと 包まれていたい  帰り道 降り始めた雪 あなたの肩に触れて 溶けてゆく 今日もまた あっという間だね あなたとの週末 終わってしまうの  5分だけ… あと10分だけ… 言葉にできない あなたのコートのそで つかんだ  My heart is longing for you 何も言わず そっと 肩を抱き寄せて We'll make it last forever あなたの腕の中 ずっと 包まれていたい  はじめて 改札で待った夜 あの時も 泣いて困らせたっけ…  時々ね 不安になる あなたが どこかに行ってしまいそうで こわくて…  My heart is longing for you 会えない夜も そっと あなたを想ってる We'll make it last forever いつの日か 一緒になれる日を 信じていたい  何年 経っても 泣き虫で わがままだけど そばにいてね あなたといると 優しくも 強くもなれる 素直にもなれる  My heart is longing for you 何も言わず そっと 肩を抱き寄せて We'll make it last forever あなたの腕の中 ずっと 包まれていたい
泣けちゃうほど せつないけど岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜桜の花びら 舞う 公園で 空を見てた 今頃 あなたはどんな 春を見つめているの  いつもね あなたの笑顔 思うだけで やさしい気持ちになれるよ  泣けちゃうほど せつないけど 信じているんだ あなたとの未来を 会えなくても いつでも どこにいても 心は隣にいるから  流れてゆく雲に あげたスマイルのメッセージ もうすぐあなたの街に 運ばれてゆくよ  毎日 忙しくても 空 見上げて ちゃんと受けとめなきゃダメだよ  泣けちゃうほど せつないけど がんばっているよ あなたと私のため どんなときも 本当に大切なコトだけを 見つめ続けてね  ほんとは 今すぐ あなたに会いたくて… 声を聴きたくて…  泣けちゃうほど せつないけど 信じているんだ あなたとの未来を 会えなくても いつでも どこにいても 心は隣にいるから  泣けちゃうほど せつないけど あなたが大スキ 私全部でスキ どんなときも 本当に大切なコトだけを 見つめ続けたい
そのままの君でいて岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜もっと自由に もっと素直に 強がらないで 歩いてゆこう  一年ぶりだね 君を待つエアポート 両手いっぱいの荷物 振りながら 早足で駆けて来る  夕べの電話 寂しそうにしてたのに いつもの君の笑顔に 泣けてきちゃう  もっと自由に もっと素直に 強がらないで そのままの君でいいんじゃない? 無理しないでもいいよ 空を見上げて 風を感じて 歩いてゆこう  アクセル踏み込んで 路面電車追い越した あの山の上に行こうよ ロープウェイが最近できたんだ  流れる景色 窓に顔を向けたまま “なつかしいね”とつぶやく君の声が 震えてる  ずっと心に そっとその胸に みんなで過ごした この街を忘れないでね 自信がなくなったり 疲れた時は いつでもいいよ 帰っておいで  私も夢が遠くなる時があるよ だけど君もがんばっているから マケナイヨ!  もっと自由に もっと素直に 強がらないで そのままの君でいいんじゃない? 無理しないでもいいよ 空を見上げて 風を感じて 歩いてゆこう  そのままの君でいて
AloneGOLD LYLIC岡本真夜GOLD LYLIC岡本真夜岡本真夜岡本真夜「君は強いから大丈夫だよ」なんて そんなこと言われたら 弱さ見せられない  「カードがもうないから」 嘘ついて電話を切った 降り出した雨に 急ぐ人たち あふれてしまう涙 傘で隠した  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  一人 ベンチに座り いくつも電車 見送る 街の灯が にじんでしまう あの日に よく似ているわ  反対側のホーム あなたと彼女 見つけたの 楽しそうに 二人 腕を組んでた 彼女は私の大切な友達  もっと素直になれたら… もっと勇気を持ってたら… 何も受けとめられない 今もあなたがこんなに愛しい  ぎゅっと誰か抱きしめて あたたかい胸で泣かせて ほんとは寂しがりやで 一人で泣いてばかりで あなたの胸で泣きたい あなたの胸で眠りたい 寄り添えば包んでくれる でも欲しいのは同情じゃない  あなたの 愛がほしい
FOREVER岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜いつもそばで 勇気づけて 見つめていて I NEED YOU 泣きたい時 負けそうな時 強く 強く 抱きしめてて  手を広げて 息を吸った 海が見える 丘の上で  元気がないと いつも 連れだしてくれる 私の気持ち どうして わかってしまうの  ずっとそばで 勇気づけて 見つめていて I NEED YOU 泣きたい時 負けそうな時 強く 強く 抱きしめてて  そよぐ風が 気持ちいいね 広い空を ずっと見てた  あなたが口ずさんだ 少しはずれてる メロディ 笑って ごめんね うれしかったんだ  つないでる このぬくもり 離さないで I LOVE YOU 寂しい時 うれしい時 どんな時も そばにいてね  二人寄り添えば 時は立ち止まり そして永遠になる  いつもそばで 勇気づけて 見つめていて I NEED YOU 泣きたい時 負けそうな時 強く 強く 抱きしめてて  もしあなたが つらい時は 無理しないで I LOVE YOU 泣きたい時 負けそうな時 忘れないで そばにいるよ  ララララララ ララララララ I LOVE YOU ララララララ ララララララ ララララララ ララララララ I BELIEVE FOREVER Wa ALWAYS I BELIEVE FOREVER
サヨナラ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜別れの手紙と 合カギ入れて ポストに落とした 勝手にサヨナラ 決めてゴメンね 許してほしいの  あなたの顔を見たら きっとね 泣いてしまいそうだった 別れられなかった  夢を追えば追うほどに 遠ざかる背中 つらくて 一緒にいるのに すごく寂しかった その日 うれしかったコト その日 悲しかったコトも 話せなくなった 話さなくなってた  表参道のイルミネーション 今年は見れない あふれる恋人たち 冷たい風が 孤独を さそうの  人混み はぐれないように いつも手をにぎってくれていた …あなたが愛しい  こんなに泣くぐらいなら 別れなければ よかった はずした指輪の跡が寂しいけど 思いきり 笑っていた あの頃には 戻れないの 私が この夢 捨てない限りには  ほんとは サヨナラを あなたから言われるのがこわかった ほんとに 好きだったから  あどけない あなたの寝顔 35階の夜景も 黄昏の海も 全部覚えていたい 後悔してはいないの 結ばれる運命なら もう一度 どこかで 会えると思うから…
大丈夫だよ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜時が経てば 忘れるだろう 寂しさも 涙も 全部 きっと 思い出に 変わるだろう いつの日にか あなたと 会えるように 笑えるように まっすぐ前を見て…  カーテン開けたら まぶしい朝の光 今日から この部屋で 新しい生活が始まる  髪を切った 電話も変えてみた あなたのためにできることは “もう 振り向かない”  時が経てば 忘れるだろう 寂しさも 涙も 全部 きっと 思い出に 変わるだろう いつの日にか あなたと 会えるように 笑えるように まっすぐ前を見て…  電車の窓から見える 土曜の遊園地 「また行こうね」の約束 叶えられなかった  “好きな人ができた”と 言われた時 信じられずに 困らせたね ホント ごめんね  時が経って 今 気づいたよ あなたの最後のやさしさ つらい思いしていたのは 私だけじゃなかった 泣きたくなった 切なくなった グッと顔を上げた  澄みきった空 “何してますか…?” ひこうき雲 指でなぞる 心の隅に 置いていてね 二人だけの思い出  時が経って 偶然会っても いつもの私でいられるように “久しぶり”って“元気だった?”って 笑顔で言えるように 胸をはって 人混みの中 まっすぐ 歩いてゆく  私は大丈夫だよ
Christmas Love ~Kantate 147 Version~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜プレゼントを抱えて あなたに会いに行くよ Happy Happy special day  街に流れる christmas song 子供たちもはしゃぐよ Let's sing a song. tonight  願いが叶うのなら 夜空に雪を夢を Happy Happy holy night  悲しい物語は 今日だけは忘れましょ みんな Happy christmas time  ding-dong 世界中にMerry Christmas! ding-dong 届けたいChristmas Love ding-dong 心から Merry Christmas! ding-dong 大切なあなたへ  高鳴る胸 おさえて あなたに会いに行くよ Happy Happy special day  かじかんだ指先も 今日は魔法にかかる Happy Happy holy night  ding-dong 心から Merry Christmas! ding-dong 愛するあなたへ  プレゼントを抱えて あなたに会いに行くよ  街に流れる christmas song 子供たちもはしゃぐよ  あなたに会えることが こんなにも暖かい  プレゼントを開けたら きっと笑顔に会える 最高のChristmas Time!
FOREVER ~Crystal Scenery II Version~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜手を広げて 息を吸った 海が見える 丘の上で  元気がないと いつも 連れだしてくれる 私の気持ち どうして わかってしまうの  ずっとそばで 勇気づけて 見つめていて I NEED YOU 泣きたい時 負けそうな時 強く 強く 抱きしめてて  そよぐ風が 気持ちいいね 広い空を ずっと見てた  あなたが口ずさんだ 少しはずれてる メロディ 笑って ごめんね うれしかったんだ  つないでいる このぬくもり 離さないで I LOVE YOU 寂しい時 うれしい時 どんな時も そばにいてね  二人寄り添えば 時は立ち止まり そして永遠になる  いつもそばで 勇気づけて 見つめていて I NEED YOU 泣きたい時 負けそうな時 強く 強く 抱きしめてて  もしあなたが つらい時は 無理しないで I LOVE YOU 泣きたい時 負けそうな時 忘れないで そばにいるよ  I BELIEVE FOREVER
つむぎうた ~ココロのゆりかご Version~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Ah いつか空が 雲間から光射すように Ah いつか君も たどり着ける場所がある  “願い”“祈り”“想い”つむぎ 一人泣き濡れる夜も 光る木漏れ日だけ見て 今を 今を 歩こう  Ah もし君が 何かを失ったとしても Ah いつの日にか その意味に気づく日がくる  “願い”“祈り”“想い”つむぎ 何も変わらない明日でも 光る木漏れ日信じて 今を 今を 歩こう  “願い”“祈り”“想い”つむぎ 一人泣き濡れる夜も 光る木漏れ日だけ見て 今を 今を 歩こう  “願い”“祈り”“想い”つむぎ 何も変わらない明日でも 光る木漏れ日信じて 今を 今を 歩こう  今を 今を 歩こう  Ah いつか空が 雲間から光射すように Ah いつか君も たどり着ける場所がある
Happy Life~明日に向かって~島崎和歌子島崎和歌子岡本真夜岡本真夜泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  Ah 理想的にはいかないのよ あれこれ悩んで 日々模索中  Ah はまってるものは 恋愛ドラマ 妄想全開 現実逃避  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  冷静な顔して“恋より仕事” 大丈夫なフリして あぁ自己嫌悪  週末に一人 レンタルビデオ やっぱり独り身 きっとバレバレね  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  出会いなくても 寂しくなっても アハハと笑える 友達がいる 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  ほんとはね 寂しがりや でも 強がってばかり いつもいつも  泣きたくなっても つらいことあっても アハハと笑って 明日に向かって 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望! 出会いなくても 寂しくなっても アハハと笑える 友達がいる 楽しいことが きっと待ってるはず Happy Life&恋 希望!  Ah 即希望!
痛みを優しさに 苦しみを強さに岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜悲しいときこそ 空を見上げるんだよ “きっと 明日はきっと”って  誰もがみんな 孤独と闘ってるんだ きっと 君だけじゃないから こわくなんかないさ  自分を信じてあげれずに 何を信じれる? 誰を幸せにできるんだろう 痛みを優しさに 苦しみを強さに 変えながら 歩いていこう  泣きたいときでも 胸の奥にある希望を 忘れないで  つらいときこそ 追い続けるんだ 夢をずっと 見失わないように まっすぐな想いで  何も失わないで 手に入る夢も恋も愛もない 悲しいけど 友の言葉を 変わらず見守ってくれる愛を 勇気にして  寒い冬が過ぎ また花が咲くように きっと 笑えるから大丈夫  もう一度 信じて
sigh of Love岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜街路樹を抜けて 小さくなる背中 一人 見つめて佇む 振り向いてほしい  なんとなく会って またねと手を振って いつまでこの繰り返し 重ならない想い  好きなの? どう思ってるの? 怖くて聞けない 追いかけて 追いかけて 答えのない恋ですか?  愛のため息 一雫 それでも あなたに惹かれてく あなたは誰を思ってる? 私じゃないのかな…  連絡するのは いつも私から ずっとずっと 待ってるのよ すぐ来ない返信  好きだよ 大好きよ ねぇ 想い膨らんで いつでも 会いたい 叶えられない恋ですか?  愛のため息 一雫 それでも あなたが恋しくて あなたは誰を思ってる? 愛はどこにあるの…?  愛のため息 一雫 それでも あなたに惹かれてく あなたは誰を思ってる? 私じゃないのかな…  愛のため息 一雫 それでも あなたが恋しくて あなたは誰を思ってる?  私じゃないのなら どうして キスしたの…?
I miss you岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜それでもね また誰かを好きになれるのかなって 恋をして でも 傷つけて また 傷ついて…  Rainy days いつかは忘れられる時が来るの?  I miss you 変わり続ける季節 歩き出そうとしては I miss you あなたを探してしまう私がいる  帰り道 冷たい風 心 すり抜けてゆく 白い息でふざけあった日が まだ 昨日のようで  Shiny days 笑顔が大好きだよ きっと ずっと  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you この悲しみが通り過ぎるまで  泣かないように 空を見上げ 負けないように 思い出を伏せて いつも強くいることが 忘れることだと思ってた  I miss you 張り裂けそうでも ずっと あなたを想ってる I miss you 二度と叶わない恋とわかってても  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you 確かなものが 今 ここにある あなたへの想い ただひとつ…
いつだって君がいる岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜会えなくても 会えなくても いつだって君がいる 桜舞う季節に もう一度 夢を乗せて  届いた絵はがきに “またね”と“ピースサイン” あの頃と変わらない 君からのメッセージ  語り合ったあの夢は 別れと出会いの中で ちょっとずつ形を 変えてゆくのかな  東へ西へ歩いてく 小さなトランクひとつ 夢の地図と思い出を いっぱい詰めて  会えなくても 会えなくても いつだって君がいる 離れてても 離れてても 不安な夜に 負けないように  どんなことも頑張れた あの日々を忘れない 桜舞う季節に もう一度 夢をのせて  何かを選んだら 何かを失っちゃう 不器用な自分に 悲しくなるよ  東へ西へ 進めない そんな夜には 夢の地図と思い出を 月明かりで照らそう  会えなくても 会えなくても 同じ夜空 見上げてる 君がくれた あの勇気を あの笑顔を 抱きしめて  どんなことも頑張れた あの日々を忘れない 桜舞う季節に もう一度 夢を乗せて  寂しくても 寂しくても 同じ夜空 見上げてる 離れてても 離れてても いつだって 笑顔でいたいから  会えなくても 会えなくても いつだって君がいる 離れてても 離れてても 不安な夜に 負けないように  どんなことも頑張れた あの日々を忘れない 桜舞う季節に もう一度 夢を乗せて
がんばるリーマン!岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜走る!走る!今日も走る! 不器用でも 一歩ずつ 駆け抜けろ!365日! 目指せ!目指せ!アフター5! 今日を なんとか乗り切るぞ! 明日のため 日本のため 今日も頑張ろう!  Ah 今日も弁当持って Ah ポチに見送られ  朝から“外回り” という名のベンチに腰掛け 時間が過ぎてゆく ボーナスも夢も恋も カミさんの愛もスルー  走る!走る!今日も走る! 不器用でも 一歩ずつ 駆け抜けろ!365日! 目指せ!目指せ!アフター5! 今日を なんとか乗り切るぞ! 明日のため 家族のため 今日も頑張ろう!  Ah 今日はトラブル Day Ah そんな日もあるさ  正論は飲み込んで 黙れば繋がる寿命 悲しき仕組みだな 溜まるストレス 溜まる 書類 増築中 皮下脂肪!  走る!走る!今日も走る! とりあえず老後まで? 止まったら マイホームもないのさ! 目指せ!目指せ!アフター5! 最高の1杯が待っている! カミさん 今日も愛しているよ!  比例しない苦労と給料 それが僕らリーマン! 不服はあっても 今も胸にちゃんとあるんだ あの日の熱い想い!  走る!走る!今日も走る! 不器用でも 一歩ずつ 駆け抜けろ!365日! 目指せ!目指せ!アフター5! 今日を なんとか乗り切るぞ! 明日のため 日本のため頑張ろう!  走る!走る!今日も走る! とりあえず老後まで? 止まったら マイホームもないのさ! 目指せ!目指せ!アフター5! 今日を なんとか乗り切るぞ! 明日のため 家族のため 頑張ろう!頑張ろう! 日本のために!
Marionette岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜きっと 寂しいだけ きっと せつないだけ あの人 重ねてるだけ 素直な恋じゃない  悲しいMarionette 落ちてくMarionette “好きだ”甘い声に 惑わされながら 誘われるままに 始まってしまう恋  きっと 傷つけるだけ きっと 傷つくだけ  月夜だけが知ってる 涙の意味とホントの気持ち きっと私 孤独から 離れたいだけ  悲しいMarionette 落ちてくMarionette “好きだ”甘い声に 惑わされながら 誘われるままに  悲しいMarionette あなたのMarionette 揺れて 揺れて 揺れて 答え出せないまま 優しい笑顔に 連れて行かれてく 戻るのなら 今  月夜だけが知ってる 涙の意味とホントの気持ち ごめん私 孤独から 離れたいだけ  悲しいMarionette 落ちてくMarionette “好きだ”甘い声に 惑わされながら 誘われるままに  名前を重ねて 温もり重ねて あの人 想って くちびる重ねて 惑わされながら 誘われるままに 始まってしまった恋
seasons岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜時がどんなに過ぎ去っても ずっとここに 変わらない想いがある  あなたの左側 遅れないように 少し 早足で そっと腕を掴んだ  春の風も 夏の日差しも 二人で感じていたい 寂しい夜も 雪の冬も ずっとそばにいて いつも いつも あなたが大好きだよ  X'masには 甘いキッスを 誕生日は 赤い花束を  これからの二人に 何が起きても ちゃんと言葉にできる二人でいようね dar'lin  まぶしいくらいの 思い出たちが いつも支えてくれるから 笑顔でいれる ねぇ ありがとう ずっと そばにいて 強くなれる あなたがいてくれるから  来年の今も こうして あなたの隣を 歩いているのだろう 二人で歩く桜並木 何度目の春だろう  笑いながら 支えながら あなたと共に過ごす季節 寂しい夜も 雪の冬も ずっと そばにいるよ 苦しいときも どんなときも 手を繋いで
明日ハレルヤ!岡本真夜×大橋卓弥(from スキマスイッチ)岡本真夜×大橋卓弥(from スキマスイッチ)岡本真夜岡本真夜悲しみなんか吹っ飛ばせ! 今を越えろ!明日ハレルヤ! 絶対 あきらめないよ 夢が叶う日まで 行くぞっ!  残念ながら 私の心は まだ くもり時々雨 あと1歩が踏み出せず 右往左往 break down  愛想笑い 自信喪失中 溜め込んだストレスは もう糖分補給さえ 間に合わないくらいきてるよ  誰かの前で (弱音吐けたら) 楽だろうにな (でも言えないよ) 不器用なりに (笑って) さぁ 歩き出そう  悲しみなんか吹っ飛ばせ! 今を越えろ!明日ハレルヤ! 絶対 あきらめないよ 夢が叶う日まで  ため息なんか吹っ飛ばせ! 情緒不安定な日々を打ち破れ! ほんのちょっとの勇気で 夢に近づくはず 行くぞっ!  気づけば周りに服の色合わせ 臆病になってた 根拠のない自信は どこへ行ってしまったんだ!  失敗恐れて (守ってばかり) 思い出すんだ (あの頃の自分) 不器用だけど (そろそろ) さぁ 立ち上がろう  つらいことばかりじゃない 何度も 何度も 信じてきただろっ 絶対 あきらめないよ この声 届くまで 進め!  悲しみなんか吹っ飛ばせ! 今を越えろ!明日ハレルヤ! 絶対 あきらめなければ 夢は叶う きっと  ため息なんか吹っ飛ばせ! 情緒不安定な日々を打ち破れ! ほんのちょっとの勇気で 夢に近づくはず 行くぞっ!  La La La… Don't let it get you down La La La…
La lumiere~hi・ka・ri~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Tant de reve, de ciel bleu L'esperance des jours heureux Sur ta joue une larme Coule tout doucement  La lumiere La lumiere, l'espoir  Tant de reve, de ciel bleu L'esperance des jours heureux Sur ton coeur, je depose L'espoir et la passion  La lamiere  Laisse bien couler tes pleurs Ne t'inquiete pas de l'heure Je veux t'apporter la douceur  Tant de reve, de ciel bleu L'esperance des jours heureux Sur ta joue une larme Coule tout doucement  Reprends gout a la vie, crois-mois Oublie-tout et soruis, tu le peux Je suis pres de toi
sunset, so sweet岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜sunset, 光る波 ほら一番星  気づけば あなたがいつもそばにいて 笑ってる  sunset, 優しい時間 今 風を感じて  ah そのふざけた横顔も いつまでも 見つめていたい  迷った時も 泣きたい夜も あなたは包んでくれる ありがとう  sunset, so sweet ずっと こうしていたい  もし 時を止められるなら 伝えたい言葉がある  ねぇ 好きになっていいかな
Destiny岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜偶然の再会に あなたは目をそらした 話し合ったはずの 別れなのに  サヨナラしたあの日から 心はぽっかり そんな簡単に 終われる思いじゃないこと わかってたけど  思い出ならば 目をそらさないで あなたがそれじゃ 忘れられない あたりまえのように そばにいたから せめてあの頃のように 笑って…  一度も涙は あなたに見せなかったけど あなたが思うほど 私は強くなかった  何度も抱きしめあった星空の下で 戻れないあなたとの恋に 永遠を願ってしまうの  ただ会いたいだけで 傷つく恋だった 強がってばかりで 泣き虫だった恋 離れるのならば どうして出会う こんなに苦しくなるなんて 知らなかった  思い出ならば 目をそらさないで あなたがそれじゃ 忘れられない あたりまえのように そばにいたから せめてあの頃のように…  許されるのなら もう一度 あなたのその腕の中 身を委ねたい 離れるのならば どうして出会う こんなに愛していたなんて 知らなかった  偶然の再会に 私も目をそらした いつの日か笑って ふたり 会える日まで…
Message~明日の僕へ~波瑠波瑠岡本真夜岡本真夜信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで  心 滲んでも あの時の空を 頑張れた時の自分を 思い出して  あきらめない想いが未来を紡ぐなら 止まらない痛みも きっと 今日と同じ明日はない  信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで  立ち止まってもいい 後ろに振り向かないで  ありのまま生きれない そんな現実に 誰かの腕の中で 子供のように泣いてもいいんだよ  愛されたくて 包まれたくて いつか見た空に会いたくて 走り続ける そんな自分でも いつか照らす光 追いかけて  あきらめない想いが未来を紡ぐなら 止まらない痛みも きっと 今日と同じ明日はない 信じ続けて 願い続けて 今がどんなにつらくても 走り続けて 想いは届くさ 叶えたい気持ちを 忘れないで 愛されたくて 包まれたくて いつか見た空に会いたくて 走り続ける そんな自分でも いつか照らす光 追いかけて
I Miss You波瑠波瑠岡本真夜岡本真夜それでもね また誰かを好きになれるのかなって 恋をして でも 傷つけて また 傷つけて…  Rainy days いつかは忘れられる時が来るの?  I miss you 変わり続ける季節 歩き出そうとしては I miss you あなたを探してしまう私がいる  帰り道 冷たい風 心 すり抜けてゆく 白い息でふざけあった日が まだ 昨日のようで  Shiny days 笑顔が大好きだよ きっと ずっと  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you この悲しみが通り過ぎるまで  泣かないように 空を見上げ 負けないように 思い出を伏せて いつも強くいることが 忘れることだと思ってた  I miss you 張り裂けそうでも ずっと あなたを想ってる I miss you 二度と叶わない恋とわかってても  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you 確かなものが 今 ここにある あなたへの想い ただひとつ…
あなただけに贈るLove song岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜忘れない 忘れない あなたと出会った あの瞬間を  覚えてる 覚えてる 初めて感じた 手の温もりも  Ah 限りある時間の中 星空に願い続けよう 永遠に二人 はぐれないように  愛してる 愛してる いつまでも あなただけに贈る言葉  忘れないで 忘れないで 二人で誓った あの日の約束  覚えていて 傷ついて それでも 信じ合って 選んだこの恋を  Ah 限りある時間の中 星空に願い続けよう 永遠に二人 はぐれないように  たとえ離れても 二人の時計が止まっても あなたを想ってる この気持ちは いつだって with you  愛してる 愛してる いつまでも あなただけに贈るLove song
White Christmas岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Silent night Holy night I'm dreaming I'm longing for you  もうすぐ この街に雪が降る jingle bell 鳴り響く夜  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 願いがひとつ 叶いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと二人で奏でようメロディ  Silent night Holy night hold me tight I'm longing for you  街中 優しい光 包まれて shining star 煌めく christmas tree  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 二人の想い 解け合いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと幸せになれますように  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 願いがひとつ 叶いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと一緒に奏でるメロディ  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 二人の想い 解け合いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! 世界中 幸せになるように 雪に願いを
Power of LOVE岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握っている この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 恋のルーレット it's power of love!  「返信なんて 1分もあればできるでしょ」 って 言いたいけど あなた 困らせたくはないし 今日も友達 捕まえながら  愚痴る私 女の子はね 大好きな人の一言で Happyになれるものなのよ ねぇ 気づいてる?  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握ってる この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 走り出す 二人のルーレット  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you でも I know I know I know 忙しいのは解ってる give me, give me, baby! たまにしか会えないから 四六時中とは言わない 好きって言って!  shyなのか 不器用なのか あなたはいつも煮え切らない 久しぶりに会えたのに 肝心なとこで あと一言が足りないbaby!  “会いたかった”“寂しかった”とか 私 言われなきゃわかんないよ! ホントの気持ちなんて  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが思うほど 強くなんかない give me, give me, baby! もっと気にして I need you たまには 星を掻き分けて 会いにきて!  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握ってる この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 走り出す 二人のルーレット  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you でも I know I know I know 忙しいのは解ってる give me, give me, baby! たまにしか会えないから 四六時中とは言わない 好きって言って!
恋路岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜今 好きな人は いますか? 降り積もる恋 近すぎて 聞けなくて またね またね 明日ね。  春が過ぎ 夏が過ぎ 二人で撮った写真 手帳に隠し挟む 恋心  駅までの帰り道 あなたとふざけて笑う いつも通り 改札で 手を振るよ  今 好きな人は いますか? 降り積もる恋 近すぎて 聞けなくて またね またね 明日ね。  秋が過ぎ 冬になり 縮まない二人の距離 いつしか ときめきは 切なさに  ずっとこのままじゃないよね あなたの横で いつの日か 特別に 笑う人は誰ですか?  忘れられない人 いますか? 届かない過去 遠すぎて 知りたくて またね またね 明日ね。  今 好きな人は いますか? 降り積もる恋 近すぎて 聞けなくて またね またね 手を振る  大切な恋があります 今 目の前に 近すぎて 言えなくて またね またね 手を振る  またね またね 明日ね。
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋時雨岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜泣き崩れるほど 泣いたあの日 愛も思い出も ロックした  夕暮れ街角 見覚えある あなたの視線避け すれ違う  悲しき恋よ 想いは刹那 あの日の残像 ゆらゆら揺れて 甦る声 惑わす鼓動 塞いだ (思い出にさせて)  ただ懐かしい? 今も恋しい? 答え 迷路 今も旅人 振り返ったのは 滲んだ私 ひとり  覚悟はできてるはずだったのに ずっとあなたから 逃げていた  手帳の空白 埋めることで 心の空白 埋めていた  悲しき恋よ 想いは刹那 あの日の残像 ゆらゆら揺れて 甦る声 惑わす鼓動 塞いだ (思い出にさせて)  体中愛 体中で感じて 私全部で愛した人よ 振り返らない 背中を見つめ ひとり  すり抜ける風 ひとつ 追いかけてばかりの恋 すり抜ける恋 ひとつ サヨナラしてからも  交差点 ぶつかる肩 一粒の涙 落ちる 交差点 立ち止まる はらはら 恋時雨  悲しき恋よ 想いは刹那 あの日の残像 ゆらゆら揺れて 甦る声 惑わす鼓動 塞いだ (思い出にさせて)  ただ懐かしい? 今も恋しい? 答え 迷路 今も旅人 振り返ったのは 滲んだ私 ひとり  人混みに消えた あなたの影 愛も思い出も またロックした
三十路街道 まっしぐら~社内恋愛編~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜knock! knock! 君に何度 好きと言っても 足りない気持ち 年甲斐もなく 君が大好きだ!  up! up! up! 半分 いやかなりあきらめてた恋心 ときめくってもう何年ぶりかしら  踏み外しそうなあたしの浮き具合 仕事そっちのけ かなりヤバイことになってる  今日も君と 明日も君と 二人きりで 話せたらいいのにな  いつもそばで 君のそばで Ah ~ I love you 夢 みられたら 最高なのになっ。  shoot! shoot! 勝手にこの人が運命の人だと思い込んで 何度 失敗してきただろう  wait! wait! wait! トホホな恋に今度こそならないように 石橋叩きすぎて割れちゃいそうだ  上司に隠れて 打ちかけのメール いつランチに誘おうか 考えて もう15日…。  明日 雨でも 地球がぶっ飛んでも Ah ~ I love you 君がいるだけでいい なんだかんだって 口実作って 会いに行く~ 君のデスクまで 半径5m~  実家に帰れば 皆口揃えて 結婚はまだか?って いい人はいるのか?って 今にみてろー!  今日も君と 明日も君と 二人きりで 話せたらいいのにな  いつもそばで 君のそばで Ah ~ I love you 夢 見られたら 最高!  なんだかんだって 口実作って 会いに行く 目指すはひとつ! 寿退社!
足音岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜錆びた階段 上ってくる足音を ありえないのに じっと耳澄ましてる  時が過ぎても まだ 強くもなれなくて 靴箱の上に 合鍵 置き去りのまま  めちゃくちゃに泣きたいほどに あなたへの想いが 消えなくて 寂しい夜に潰されないように どうやって孤独を抱きしめよう…  あなたと二人 暮らしていたあの頃 いつからだろう 喧嘩ばかりしてたね  背中越し感じた あなたとの温度差 逃げずにいたなら 未来は変わっていたの?  めちゃくちゃに泣けないくらいの つまらないプライドが 邪魔してた 伝えたい事 もっとあったのに 素直になれなかったサヨナラ  凍りつく冬の寒さも くるまった毛布の隙間も 新しい制服着るように やがて 慣れていくのかな…  めちゃくちゃに泣きたいほどに あなたへの想いが 消えなくて 寂しい夜に潰されないように どうやって孤独を抱きしめよう…  悲しいくらいに 泣きたいくらいに つまらないプライドが 邪魔してた  階段を降りていった あの日の足音が 離れないよ 今も聞こえる  離れないよ
ぬくもり岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜大きくて あたたかな手 そっと涙 拭ってくれた  誰よりも 優しい声 ずっと聴いていたかった  時を戻せるのなら 何にもいらないから  失って 今わかるの 私 あなたが全てだった
君遥か岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜星月夜 願ひ 人恋し夜 かすかな虫の音 果敢なげに 悲しきかな  “もう君じゃないんだ”って 感じてるリアル Ah 待人 来たらず 引き止める術もなくて  桜の花 ヒラヒラ揺れて 心の如く 風に落ちて ヒラヒラ舞って Ah 君遥か  心慌し 優しさは媚薬 かすかな光を 別れ路にて 待ち嘆く  “もう君じゃないんだ”って 感じてるリアル 今は信じたくない 人伝の心変はり  いっそ 冷めた顔で一言 突き放して 瞬く星 キラキラ涙 Ah 君遥か  Ah 待人 来たらず 頻りに降る 花の雪  桜の花 ヒラヒラ揺れて 心の如く 風に落ちて ヒラヒラ舞って Ah 君遥か  いっそ 冷めた顔で一言 突き放して 瞬く星 キラキラ涙 Ah 君遥か
太陽の花~どんなときでも 寂しい夜でも~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜コバルトの青空 太陽の花 向日葵のように 大きく笑って  初めて 夢抱いた あの時の気持ち 思い出して 歩いてみよう  心に未来を紡ぎましょう きっと誰にでも 輝かせられるものがある  Shalarila… どんなときでも Shalarila… 明日が待ってるから Shalarila… 自分を信じれば Shalarila… きっと どこまでも行ける  オリオンの星空 冬の大三角 シリウスに 願い続けて  心に愛を注ぎましょう いつの日にか “幸せ”溢れますように  Shalarila… 寂しい夜でも Shalarila… 明日は待ってるから Shalarila… 自分を信じて Shalarila… きっと 願いは叶うよ  Shalarila… どんなときでも Shalarila… 明日が待ってるから Shalarila… 自分を信じれば Shalarila… きっと どこまでも行ける  Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, I wish dream. Thursday, Friday, Saturday, Always  Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, I wish love. Thursday, Friday, Saturday, Always
星になるまで岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜つれづれなる涙星になるまで 好きでいてもいいよね?  よく通ったこのcafe 1番奥 この席で 半年ぶりかな あなたは もう来ないけど  無理矢理恋をしたり それでもあなたを思う気持ちに 変わりはなかった  つれづれなる涙星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして恋を  噂であなたが頑張ってるって 聞いたんだ よく語っていた夢 叶うように願ってる  サヨナラしてからずっと うつむいてばかりいたけど 頑張らなきゃね 負けないくらいに  忘れられない思い出ってあるよね もう叶わない恋でも つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして夢を  このcafeの前あなたが通る時 思い出してくれるかな ふたりで過ごしたかけがえのない時間 ほんの一瞬でもひとときでも  つれづれなる涙星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を いつしか恋を  もうあなたに会えないかもしれないけど 忘れられない思い出ってあるから つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を 空に夢を
会いたくて岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜会いたくて…会いたくて… 涙が止まらない夜  ひざを抱え 電話の前 今日もベルは鳴らない  つまらないケンカをして 今日で2週間経つ  あなたは今 どこにいるの? 誰といるの?  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらない どうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  友達に 電話しても 一人でビデオを見ても  時計ばかり 気になっちゃう 何にも 手につかなくて  私は今 ここにいるよ あなたを 待ってるよ  会いたくて…会いたくて… 素直にゴメンねと伝えたくて 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらない どうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  会いたくて…会いたいよ… やっぱり あなたがいなくちゃダメだよ 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた
いつかきっと岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜鳴らせ!jingle! jangle! この胸に 鳴り止まない思い抱き give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  世界中 そっぽ向いても 独りぼっちになっても 君を好きな気持ち 変わらない  まだ明日が 見えなくたって 今日も失敗したって 君がいれば 頑張っていける  涙キラリ 夜空キラリ 揺れる思い 集めて 星に願いを… もう一度 自分を信じたいのさ  鳴らせ!jingle! jangle! この胸に 鳴り止まない思い抱き give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  「大丈夫!」って 君が笑う その笑顔 抱きしめ 曇り空も 勇気に変えるよ  風がフワリ 心フワリ 熱い思い 集めて 単純なのさ 君の一言で 奇跡 起こせそう  鳴らせ!jingle! jangle! この胸に 鳴り止まない思い抱き give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  目指せ!jingle! jangle! この空に 広げた未来の地図で give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  鳴らせ!jingle! jangle! この胸に 鳴り止まない思い抱き give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  目指せ!jingle! jangle! この空に 広げた未来の地図で give me a chance! いつかきっと Beautiful day!  君と Beautiful day! いつか Beautiful day!  君と Beautiful day!
星空の散歩道岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜いつの日も あなたと笑っていたいから 毎日を頑張ろう  風に吹かれて思う 二人でいるこの瞬間を 大切にしたいと思う 星空の散歩道  「好きだよ」とか 「愛してる」とか そんな言葉いらないから  笑っていて ただ あたしのそばにいて あなたがいるから 頑張れる つらい事も くじけそうな事さえも 寄り添えば ほら 風になる  公園で一休み あったかい缶コーヒー 飲みながら たわいのない話しよう 星空の散歩道  あのドラマ 見た? あのCD 聴いた? 話したいこと いっぱいある  笑っていたい あなたと笑っていたい 二人のために 頑張ろう つらい事も くじけそうな事さえも 寄り添えば ほら 風になる  笑っていて ただ あたしのそばにいて あなたがいるから 頑張れる つらい事も くじけそうな事さえも 寄り添えば ほら 風になる 笑っていたい あなたと笑っていたい 二人のために 頑張ろう つらい事も くじけそうな事さえも 寄り添えば ほら 風になる  ラララ… 鼻歌を歌いながら ラララ… 星なんか数えながら  きっと 明日は 晴れだね
願いはひとつユンナユンナ岡本真夜岡本真夜泣いて泣いて泣いた あの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ そう 最後の恋になるように  願い星があるのならば ”どうか 一緒にいられますように” 臆病だった 恋心は まっすぐ あなたに向かっている  出会えたこと ほんと誇りに思うの 今すぐには 忘れられない過去があっても  泣いて泣いて泣いた あの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ そう 最後の恋になるように  半端だった夢心も あなたがいればね 頑張れる気がする やりたいこと なりたいもの 今度星空の下聞いてね  傷つくこと ずっと逃げていたみたい あなたとなら 元気な私になれるよ  泣いて泣いて泣いたあの日から ひとりぼっちとそう思ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね  泣いて泣いて泣いたあの日から 二度と恋はできないと思ってた 見上げた夜空 願いはひとつ そう 最後の恋であるように  泣いて泣いて泣いたあの日から あなたのことずっと待ってた 見上げた夜空 涙ひとつ ねぇ この手を離さないでいてね
銀色の週末岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜改札で待ってた 家で待ちきれなくて 一秒でも早く あなたに会いたくて  寒さなど 感じなかった 今年 初めての雪  冷えきった頬に触れて 「バカだな」って しかられたけど あたたかい あなたの手のぬくもりに 泣いてしまった  まだ誰も入ってない 真っ白な公園 二つの足跡が 並んでついてゆく  定期入れの中の写真 今日は必要ないの  ポケットで つなぐ指を 強く強く 握りしめてた 泣き虫で わがままだけど 私の手を 離さないでね  また次に 会える日まで このぬくもり 覚えておこう 泣き虫で わがままだけど 私の手を 離さないでね  離さないから 離れないでね
TWILIGHT岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜緩やかな坂道 暮れてゆく空 見ながら 二人 並んで歩いた  かじかんだ指先 もう少し 冷たい風 吹けば 近づけるのに  あなたに 手をつないでほしくて 手袋 わざと ポケットの中 しまったままなの  12月 黄昏は はかなく あなたへと 心 傾いて  橋の上から見る 見慣れてる街も 今日は 違う気がするのは なぜ  灯り始めた窓 二人で 声を出して数えた 帰りたくない  バスの時間を 気にするあなたが 時計を見るたび 気づかないふり 悲しくなるから  12月 今日の景色 すべて いつまでも 私 忘れない  もうすぐ 星の世界ね  ねぇ こうしてまた きっと会えるよね 約束も 何もないけれど  手を伸ばせば つかめそうな オリオン いつまでも 見守っていて
世界で一つしかない手袋岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜授業中 先生の視線(め)を盗んで 教科書を立てて 必死に編んだ みんなも“女の子”していたわ 好きな人のために 思いっきりに  ずっと片思いだけど あなたに使ってほしい いつも夢見てるだけの X'mas寂しいけど 人一倍 ぶきっちょなこの私が 一生懸命 愛を含ませながら  あなたのために あなたのために 編んだ手袋 デコボコしてる デコボコしてる へんな手袋  上手に編めなくて苦労した 何回もやり直し 毛糸ボロボロ そのたび お店に買いに行ったの お金が羽根をつけて 手を振っていた  何度見てもやっぱり 野球のグローブみたい でもね あったかいんだよ ほんとよ 保証するわ  人一倍 ぶきっちょなこの私が なんとか間にあったの 奇跡かしらネ?  あなたのために あなたのために 編んだ手袋 デコボコしてる デコボコしてる へんな手袋  世界で一つしかないんだよ 粗末にしたなら バチがあたるよ!!!  ずっと片思いだけど あなたに使ってほしい いつも夢見てるだけの X'mas寂しいけど 人一倍 ぶきっちょなこの私が 一生懸命 愛を含ませながら  あなたのために あなたのために 編んだ手袋 デコボコしてる デコボコしてる へんな手袋  迷惑かもね 迷惑かもね ゴメンナサイ でも あなたのために あなたのために 編んだ手袋
DREAM岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜AH 出会えてよかった 心から思うの 泣いてたはずなのに 声をきいただけで いつのまにか 笑ってる私がいるの  一人じゃつらくて 受話器を持っていた あなたの声 ききたかった 泣かないつもりで 話だけをきいて ほしかったのに ごめんね  「簡単に夢が叶ってしまうのは おもしろくないだろ」 また 勇気もらった  AH 出会えてよかった 心から思うの 泣いてたはずなのに 声をきいただけで いつのまにか 笑ってる私がいるの  ポケベルに今日も「ガンバレ」のメッセージ 泣きたいくらい うれしくて なかなか会えない だけどあなたはいつも 心の中にいるから  見上げた空の 青さに手を広げ 気持ちいいねと いつか 笑顔で 言えるように  AH 強くなんかないけど 自分が輝ける場所にいたいから 逃げることはできない がんばってみる 私とあなたのために  この都会(まち)に出てきた時の 半端じゃない気持ち 思い出したよ 今しかできない コトがあるよね 今だからできる コトがあるよね  AH 出会えてよかった 心から思うの 泣いてたはずなのに 声をきいただけで いつのまにか 笑ってる私がいるの  AH 強くなんかないけど 自分が輝ける場所にいたいから 逃げることはできない がんばってみる 私とあなたのために
星の夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜窓 開けたら 暖かい風 揺れるカーテン それは とても とても きれいな 星の夜でした  なんだか 眠れないから あなたに ラブレターを 書いてあげるね  便せん どれがいいかな 気づけば 30分すでにたってた  “愛の告白” なんかいい感じ 慣れた関係 たまには 新鮮かも  今あなたは きっと ぐっすり夢の中だね 他の女の子が 出てたら 絶交なんだから!  「ボサボサの髪が好き 時々 子供っぽい 表情(かお)も大好き  あなたに守られたい 私もあなたの事 守ってあげたい  あなたみたいな 自分勝手な人 めんどうみれるのは 私ぐらいしかいない」 なんてネ!  ペンを置いて 読んでみたけど なんか 照れちゃう やっぱり これ ナイショ 机の中に 眠らせよう  窓 開けたら 暖かい風 揺れるカーテン それは とても とても きれいな 星の夜でした
SECRET LOVE岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜渋滞を抜けてゆく 午前0時 消えてゆく人影 SILENT NIGHT 一人ずつ降ろして 最後はいつも あなたと二人きり だけどもう…  平気な 顔して 「おやすみ」言えない  どうして キスしたの あなたが わからないよ どうして ねぇ どうして 彼女がいるくせに ひきょうよ  名前 呼ばれるたび きゅんとなる胸 あなたにのまれてく SECRET LOVE FMからLOVE SONG あなたに触れたい 何かを期待している 私がいる  本気じゃないのは 知ってる それでも私  あなたを恋しくて 欲張りになってゆく もう少し ねぇ いたいよ まだ 私帰りたくないよ  “あなたを奪いたい” 本気で思う前に 私が 消えなくちゃ わかってる…わかっているけど…  彼女が 待っている部屋へと 帰っていくのね 手を振る 私には 眠れない 夜だけが待ってる
元気でいますか岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜元気でいますか 何をしてますか  卒業ができません 2年たつのに あなたより好きな人 見つかりません  思い出の曲 耳にするたび 涙があふれてきます 悲しいくらい 広い青空 結ばれない恋ですか  愛していますか 愛されてますか… ねぇ  切なさが降り積もる 雪色の街 手のひらで 消えてゆく 白い花びら  似ている人を 見つけるたびに 胸が苦しくなります もっといい人 この世の中に たくさんいるはずなのに  どうしたらいい? どうすればいい?  いつか逢える? いつかとどく? ねぇ 教えて  思い出の曲 耳にするたび 涙があふれてきます 悲しいくらい 広い青空 結ばれない恋ですか  似ている人を 見つけるたびに 胸が苦しくなります もっといい人 この世の中に たくさんいるはずなのに
プリズム岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜日溜まりの中 穏やかな風に 抱かれて眠る あなたを見ている  目と目が合った瞬間 感じた この人がそうだ“私の幸せ”  あなたと出会うこと待ってた 瞬きするたび すべてが奪われる 音も立てずに  あなたの中に 私を見つけた 少し照れてる横顔 いとしい  1分1秒 私を変える この人がそうだ“私の幸せ”  プリズムのぞいてるみたいに きらきらしている 今まで見過ごしてきたものすべて  きっと私たち 生まれ変わっても 恋に落ちてゆく FALL IN LOVE  あなたと出会うこと待ってた 瞬きするたび すべてが奪われる 音も立てずに  プリズムのぞいてるみたいに きらきらしている 今まで見過ごしてきたものすべて
忘れないで…岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜もう限界だね できた隔たりは 傷つくことしかできないの もう 帰れないね 時は過ぎて行く 遠く離されて行く  あなたの背中は正直だから 胸が ちぎれそうになる 無理して笑顔を 作らなくていいよ よけい 辛くなるから  忘れないでね 忘れないでね 初めて出会った瞬間(とき)出会った場所も あなたのことを ずっと見つめてた女の子のことも  もう 戻れないの? あこがれだけしか知らなかった あの頃には もう 笑えないの? すれ違ったまま 季節 流されて行く  ほんの少しだけ夢を見ていた 受話器片手の MIDNIGHT CALL どんなに小さな言葉さえも やさしく握りしめた  忘れないから 忘れないから 初めて出会った瞬間(とき)出会った場所も あなたの声も あなたの笑顔も この胸に 刻んで  忘れないでね 忘れないでね たくさん笑ったこと 困らせたこと 私の声も 私の笑顔も 心の片隅に 胸の奥 刻んで
すずめとジェラシー岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜窓に頬杖をついて ぼんやりと青い空 眺めている  AH ぜんぜん罪のない 友達の笑い声に 八つ当たりしちゃった かわいくないよね…  電線で いちゃついてる すずめのアベックに 石ころ投げたい  AH 女の子とただ お喋りしてるだけだから 大きくなってくジェラシー 押さえなくちゃ  明日 会っても 普段通り 笑うしかないじゃない だって 好きだもん  お日様はご機嫌なのね 少しぐらい同情してくれたって いいじゃない!  AH 機嫌 悪くなると無口になる このクセを どうにかしなきゃ きっと 嫌われちゃうわ  明日 会っても 普段通り 笑うしかないじゃない だって 好きだもん  こんなことで いじけてしまう 自分が情けない AH 悔しい  “彼女”という指定席あっても 不安なのよ ねぇ 気づいてよ ダーリン!
DANGLE AFTER岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜何度アクセル 踏み込んでみても 何か足りないMY LOVE 深く深く 染みついている 逃れられない 傷み  優しくしないで これ以上 私に近づかないでよ 消せないから あの人は  涙まじりの足跡がしつこく DANGLE DANGLE OH MY LOVE OH MY HEART 本気になれないのよ どうしても  二度とあんな切なさ いらない 臆病だわ MY HEART ときめいても ただそれだけなの 抜け出せないの ごめん  抱きしめられても動けない心が 悲しすぎるだけ 消せないのよ あの人を  涙まじりの足跡がしつこく DANGLE DANGLE OH MY LOVE OH MY HEART 本気になれないのよ どうしても  あなたを傷つけたくないの  涙まじりの足跡がしつこく DANGLE DANGLE OH MY LOVE OH MY HEART 本気になれないのよ どうしても  恋におびえている私を包むあなたに OH MY LOVE OH MY HEART 本気になりたいのに I CAN NOT FALL IN LOVE
制服の夏岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜夏色の風吹くBLUE SKY すじ雲が流れる 飛び乗った電車は 恋のナビゲーター  向かい合って座った 窓際のシートで たどり着いた場所は 海が聞こえる駅  指先が触れる度 ときめいて とまどって 一言も話せない ただ夏のメロディーだけ聞こえた  YOU ARE MY SUNSHINE あなたの横顔 見つめる程 まぶしくて YOU ARE MY SUNSHINE 制服のままで 駆け抜けた 二人の夏  片方ブレーキ壊れた 自転車で走った 海へ導く小道(みち)背中に頬寄せて  潮風にふくらんだ 白いシャツ追いかけた 振り向いた笑顔が子供みたいだった  肩越しにきらめいてる地平線 綺麗すぎてちぎれそうなこの気持ち 恥ずかしくて 切なくて 目を伏せた  YOU ARE MY SUNSHINE あなたの横顔 見つめる程 まぶしくて YOU ARE MY SUNSHINE 制服のままで 駆け抜けた 二人の夏  まだ始まったばかりの恋 胸に響くあなたの声 夕日と口づけした海 頬を赤く染めている  YOU ARE MY SUNSHINE 海鳥(シーガル)の声も 波の音も LOVE SONG YOU ARE MY SUNSHINE 手のひらにそっと渡された ピンクの貝殼(シェル) YOU ARE MY SUNSHINE はじめてもらった あなたからのプレゼント YOU ARE MY SUNSHINE 宝物にした 二人の名前 刻んで  YOU ARE MY SUNSHINE あなたの横顔 見つめる程 まぶしくて YOU ARE MY SUNSHINE 制服のままで 駆け抜けた あの夏の日
あなたがいるから岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜心が透き通ってく 不思議 あなたの手と私の手が ただ触れただけなのに  指先まで愛しくて欲しい 言葉なんかなくてもいい 二人の吐息だけで  あなたがいるから 優しい気持ちになれる 「幸せ」いつでも 二人で感じていようね  あなたを見つめているだけで 泣きたくなる 切なくなる 時を止めたくなる  瞳を閉じて その胸に触れたら 優しい鼓動(おと)がする 心が宇宙(そら)に溶けてく  あなたがいるから 優しい気持ちになれる 「幸せ」いつでも 二人で感じていようね  こうして あなたの隣にいるだけでいい 同じ速さで このまま歩いて行こうね  誰より 誰より いちばん 大切にしたい
置き去りの約束岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜十円玉一枚で 少ししか話せない距離 最初は勝てると思ってた ただ見つめあうだけで わかり合えたね あの頃は 悲しいね あなたが見えなくなる  遠い都会(まち)の中に さらわれた心は 待ってても無駄だね あなたは帰らない  あんなに簡単に言えた 「好き」という言葉 声にできない 離れて行く心の距離 どうすることもできない  “I LOVE YOU”“I MISS YOU” 二度と口にしない愛の言葉ね 消えてしまう 二人 どんどん 他人に近づいてく  あなた覚えてるかしら 記念日にあげると言った指輪を 今日 偶然 見つけたわ  雲行きがあやしい 土砂降りに会いたい 置き去りの約束 打たれて 流されてしまえばいい  あんなに簡単に言えた 「好き」という言葉 声にできない 離れて行く心の距離 どうすることもできない  あんなに愛しく思えた その唇で サヨナラと言って 二人の思い出 すべて 凍りつけてしまうから  GOOD BYE MY TRUE LOVE GOOD LUCK MY TRUE LOVE
BLUE STAR岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜人影のない海 乾いた風 抜けてく 寄せては返る光 しぶき上げて歌う  裸足のままで 息をはずませている二人 足元ではしゃぐ 日差し浴びる砂  次の夏もここで見つめてて 差し出された大きな手 このぬくもりだけは離さない さざ波が染まり始める  背中に回した手 シャツをギュッと握って こうしてるワンシーンも 胸のフィルムに刻む  黄昏の雲が あなたの瞳に映る そんな横顔も 切なく愛しくて  次の夏もここで見つめてて 空を泳いでくLOVE SONG 同じ気持ちで輝いていたい いつまでも あの星のように  次の夏もここで見つめてて 差し出された大きな手 このぬくもりだけは離さない 夕闇が空を染めても  次の夏もここで見つめてる 重なって浮かぶシルエット このぬくもりだけは離せない  信じてる 今 この瞬間を 信じてる 今 この気持ちを
Who is in love?岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜“好き”という言葉を 口にしたなら 今の二人 壊れてしまいそう I don't wanna lose you  こうしてお茶したり ふざけて笑ったり… お願い 今だけ私のこと 見つめてほしいよ  あなたを想う気持ちを隠すため 嘘ついてしまう自分が悲しい  おさえきれない この想い 届きそうで 届かない二人の距離 伝えられない想いなら Tell me Please tell me 教えて Who is in love?  はずむ会話の途中 鳴り響く ケイタイ 番号見て 席をはずす この瞬間が 一番つらい  電源 切ってくれるほど ここに あなたはいない お願い 今だけ彼女のこと 忘れてほしいよ  「もう 会わない」と言ったら どう答える? そんな勇気はないけど 知りたい  夢の中まで 追いかけてる 待ち続けても 叶わない恋なのかな 1日会えない それだけで こんなに こんなに胸が苦しいなんて…  もう戻れない この想い 友達のまま いられればよかった  おさえきれない この想い 届きそうで 届かない二人の距離 伝えられない想いなら Tell me Please tell me 教えて… 教えて… Who is in love?
summer day岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜風に吹かれながら 走って行く high-way ほろ苦い思い出を乗せて 好きになったことも あなたに出会えたことも 忘れないと決めた summer day  湾岸線 左カーブを曲がれば 大きな観覧車 右ウィンカー点滅 空港方面へ  行き先は 二人でよく行った海 “失恋肝試し” 吹っ切れた私に会いに行きたいの  風に吹かれながら 走って行く high-way ほろ苦い思い出を乗せて あなたがいなくても 一人で行けるのよ もう泣いたりしない summer day  忘れようって 何度も一人でもがいた 嫌いになれなかった 大好きだったことに変わりはないから  アクセル踏み込んで 海のトンネルくぐった 泣き虫は通り過ぎたみたい 好きになったことも あなたに出会えたことも 忘れないと決めた 風に吹かれながら  走って行く high-way ほろ苦い思い出を乗せて 好きになったことも あなたに出会えたことも 忘れないと決めた summer day  FM ボリューム上げて 窓開けて 大声で歌った  思い出にするには もう少しかかるけれど 泣き虫は通り過ぎたから 風に吹かれながら 走って行く high-way きっと新しい何かが待ってる
1%の光岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜嘘ついてまで 夢見たくなかった 世渡り上手にはなれない  “笑っておけば すむこと”が 僕にはちょっと難しかったんだ  もう一度 始めることは 簡単じゃないこと わかっていたけど  昼下がり公園で 僕はひとり赤いベンチで 次の場所 見つからず 時間だけが過ぎる この夢は終わってしまうのかな 今日も神は 味方してくれない でもここに あきらめたくない気持ち まだあるのさ  築いたものを 捨ててしまうと もったいないと 皆言うのさ  どんなにいい肩書きでも 自分をごまかしてまでいたくない  すれ違う交差点で 黄昏の帰り道で 心 100 としたなら 99 が不安さ 今日も神は 味方してくれない 明日こそは 味方してくれるかな 僕が願う”幸せの場所” あきらめず 見つけるのさ  初めてのつらさじゃないさ 何度も乗り越えてきたんだ 誰も振り向かない街の隅で 僕は願い続ける 今日も神は味方してくれない 明日こそは味方してくれるかな くじけそうでも1%の光 あきらめず見つけるのさ
いつも二人で岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Shalala… Shalala… いつも二人でね。  それは 予想外の展開だったの いとをかし 突然 空から隕石が落ちたよな それは 究極の選択だったの ありえない タイプじゃなかったし まさか恋人なんて  今となれば 笑い話だね  Shalala… いつのまにか あなたに恋をしていた そばにいるのが普通になって いなきゃ困る存在になって Shalala… 気づけば側で あなたが笑っていた 出会ったのは 偶然なんかじゃない そんな気がしてるの  3秒以上は見つめないでよねっ 倒れるから 変化球ばかりで完全にあなたのペース  今までの恋とは違うの  Shalala… 待ち合わせは いつもの高架下で 「やぁ、奇遇だね」なんて 今日もふざけてくるあなたがスキ Shalala… いつも二人で笑いあえたらいいね 始まったばかりだけど 長くいるような 不思議な気持ち  Shalala… いつも二人で 手を繋いでいたいね まだ出会えてなかった日々も 抱きしめて歩いていこう Shalala… いつも二人で 笑いあえたらいいね 出会ったのは 偶然なんかじゃない そんな気がしてるの  Shalala… いつも二人で  Shalala… 手を繋いで  Shalala… いつも二人で  Shalala… 歩いていこう  Shalala… ずっと二人でね
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
泣かないで岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜「泣かないで」 あなたの声を ずっと聴いていたかったよ 激しく降るこの雨に すべてを流してしまいたい…  好きなのに 心の距離 埋められず 掛け違えたボタンは サヨナラを選んでいた  今だけでも 嘘が上手になりたいよ  「泣かないで」 あなたの声が 体中響いて離れない 悲しくて泣いてるんじゃない あなたが恋しくて 泣いてる  冗談っぽく「もう会えなくなるね」なんて がまんしてた想いが 止めどなく溢れ出すの  今だけでいいから 抱きしめてほしいよ  泣かないで 弱い自分を あなたには見られたくない 激しく降るこの雨に すべてを流してしまいたい…  泣かないで もう泣かないで サヨナラ ちゃんと言わなきゃ 最後まで優しいあなたに 笑ってサヨナラしなくちゃ  「泣かないで。もう泣かないで」 その声を聴いていたかったよ 悲しくて泣いてるんじゃない あなたが恋しくて 泣いてる  あなたが恋しくて 泣いてる
僕らのmerry-go-round岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜地球は回る 夢と希望 乗せて 両手広げて 空に顔を上げて 星が見えるでしょ 風を感じるでしょ ほ ら い つ で も 君 の た め に 回 る merry-go-round かっこ悪くても 楽しけりゃいいのさっ wakuwaku してたいね 君に幸あれ!  今日も塞ぎ込んだ顔をして もったいないよね 悲しいこと数えてみたり いい加減もう疲れるでしょ?  不器用でいい 僕らは臆病だったり 寂しがったり まったく困った生き物  地球は回る 今日も夢を乗せて 勇気出して 空に顔を上げて 星が見えるでしょ 風を感じるでしょ ほ ら い つ で も 君 の た め に 回 る merry-go-round かっこ悪くても 楽しけりゃいいのさっ wakuwaku してたいね  待っているだけの人生なんて つまんないよね 誰かに決められる道も おもしろくはないでしょ?  不器用なりに 少しずつ重ねていこう 「これでいい」じゃなく 「これがいい!」って言えるように!  悲しまなくてもいいよ あせんなくてもいいよ 君には君のタイミングがあるから 人は人で 自分は自分で 比べる必要も ホントはないから 少しかっこ悪くても 笑っていたいよね dokidoki する気持ち ねぇ忘れないで  地球は回る 夢と希望を乗せて 両手広げて空に顔を上げて 旅は続いてゆく 自分探しの旅 きっと終わることなく永遠に続く  今日も夢を見よう 笑われるくらいの大きな夢を それは自由なのさ 楽しけりゃいいのさっ ほ ら い つ で も 君 の た め に 回 る merry-go-round かっこ悪くても 笑ってたいのさっ wakuwaku してたいね
君が涙岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜またひとつ 季節は通り過ぎて 花が咲く こんなにも綺麗な時の中で 君が涙  かけたい言葉はたくさん でもそれを口にしたら 私まで泣きそうだった  苦しい時こそ そばにいてあげれたら… 力になれない自分が 今日も悔しい  夜が明け 朝焼けに照らされて 君を想う 昨日より 元気になっているかな… 胸は痛いまま  “見られたくなかった涙” そんな気がしたから 私はこのまま このままでいるね  何も変わらない日々から逃げずにいよう “今”を続けたその先に 未来があるから  いない時も 君が寝てる時も 気にしてるよ 想いよ…力に エールよ…届いて  何も変わらない日々から逃げずにいよう 少し元気のない君の背中越しに 未来が見える いつの日か 微笑んで…
美しき人岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜汗で濡れたユニフォーム 成し遂げようとする視線 洗剤で荒れた母の手 何より美しい  どんな時代でも 忘れないで 無邪気な子供のように  泥だらけになっていこう 時には矛盾もあるけど 熱き想い 胸に秘め 想いのまま 翔くがいい  席を譲る小学生 おばあさんの「ありがとう」 少し形の悪いコロッケ 何よりあたたかい  どんな時代でも 愛はあふれている 君のそばにも  悔し涙もあるだろう 時には迷いもするけど 熱き想い 貫く強さは 綺麗な服や 宝石も勝てない  泥だらけになっていこう 時には矛盾もあるけど 熱き想い 胸に秘め 想いのまま 君は君のままで  いくつになっても 笑われても 無邪気な子供のように 泥だらけになっていこう 想いのまま 翔たくがいい 想いのまま 君は君のままで  早朝の新聞配達 道路工事のおじさん 畑を耕すゴツゴツした手 何より美しき人
岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜open your eyes その瞳に宿る木漏れ日が high and high 絶えないように 歌い続けよう  目が覚めて 空ろな現実が あなたを 待っていても ひるまないでいて  儚き日々でも 見上げた空には 輝く太陽 いつも変わらず 照らしてくれているから 傷ついて 失って それでも譲れないものがあるなら 歩き始めよう 泣きながら ぼくらは生まれてきた  open your mind その心に宿る木漏れ日を Please don't miss it 見失わず 歌い続けよう  いつから 守ることを覚えた? 何も生まれない日々を 求めてないでしょう…  儚き日々でも 夜空に輝く幾千の星たち 涙の夜も 照らしてくれているから ゆっくり歩けばいい あなたが願う未来があるのなら 見つけに行こう あなたの歩幅で その未来を  儚き日々でも 見上げた空には 輝く太陽 いつも変わらず 照らしてくれているから ゆっくり 歩けばいい あなたが願う未来があるのなら 見つけに行こう 泣きながら ぼくらは生まれたんだ
手紙岩崎宏美岩崎宏美岡本真夜岡本真夜たとえばね、あなたとわたし 出会ってなかったら どんな日々を送っていただろうね  平凡でも ただ穏やかに 過ぎて行く毎日を 愛おしいと思えるのは そばにいてくれるから  永遠なんて ないけど 明日も あさってもずっと ふたり一緒にいれたなら こんな幸せないと思うの  あたりまえの優しさに 慣れてしまわないように 失ってから気づかないように  “いてくれてありがとう”  「愛してる」って 今さら 恥ずかしくて言えないけど  もしもあなたがいなくなったら… 考えただけで 泣けてくる  公園に黄色い花がたくさん咲いていたよ 教えてあげたいと思った どんな小さな事も  今日も明日も ずっとあなたに 笑って居てほしい
神様これって恋?星井七瀬星井七瀬岡本真夜岡本真夜長い長い坂道が ずっと続けばいいな もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?  君のこと「友達」って ずっと思ってたから ほんと困ったな  きっかけもなく 突然の鼓動 大きくなるばかり 神様 これって恋?  長い長い坂道の 左角を曲がれば 君にバイバイ いつものように 手を振るけど 「明日 またね!」って言えない 正確には言いたくない もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?  予想通り 眠れなかった 睡眠不足 ほんと参ったな  だって理想は 背が高くて やさしくて 君とは正反対! ありえないよぉ!  長く長く居たから 少し戸惑ってる 好きな人がいるなら 切なくなる前がいいな  長く続く坂道の 左角を曲がれば 君にバイバイ いつものように 手を振るけど 「明日 またね!」って言えない 正確には言いたくない 好きな人がいるなら 切なくなる前に  長い長い坂道が ずっと続けばいいな もう少しだけ 見ていたい この気持ち ねぇ 気づいてる?
早花咲月~さはなさづき~宮地真緒宮地真緒岡本真夜岡本真夜季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも「大好きだった人」  こんな広い町で 偶然 あなたに会うなんて コンタクト 落として 電車に乗り遅れたから 「元気だった?」 なつかしい声 でも あなたの隣には かわいい人…  桜の咲く頃に 季節はずれの雪 胸にしまっていた恋 何ひとつ 伝えられなかった  アルバム開けば 優しいあなたが笑ってる もう 会えないんだね こらえてた涙 あふれた 卒業してからも ずっとずっと 募っていた想い 今 風になった  季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも「大好きだった人」  桜の咲く町に 季節はずれの雪 胸にしまっていた恋 音もたてず 雪が降り積もる 放課後の教室で 「小さいな」とふざけて 重ねた手を覚えている? あの時から あなたが好きだった  季節が巡っても この先 恋をしても あなたを忘れないでしょう いつまでも「大好きだった人」  あなたが好きでした
星になるまで米倉千尋米倉千尋岡本真夜岡本真夜つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね?  よく通ったこのcafe 1番奥 この席で 半年ぶりかな あなたは もう来ないけど  無理矢理 恋をしたり それでもあなたを思う気持ちに 変わりはなかった  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして恋を  噂であなたが頑張ってるって 聞いたんだ よく語っていた夢 叶うように願ってる  サヨナラしてからずっと うつむいてばかりいたけど 頑張らなきゃね 負けないくらいに  忘れられない思い出ってあるよね もう叶わない恋でも つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして夢を  このcafeの前 あなたが通る時 思い出してくれるかな ふたりで過ごしたかけがえのない時間 ほんの一瞬でも ひとときでも  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を いつしか恋を  もうあなたに 会えないかもしれないけど 忘れられない思い出ってあるから つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を 空に夢を
Rain中森明菜中森明菜岡本真夜岡本真夜雨が降ってる 冷たい雨が… 窓を叩いてるよ あなたを呼んでる  雨が滲むよ 悲しい雨が… 今でも戻ってきてくれると 信じてる  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度 会えるのなら 抱きしめてほしい  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度 会えるのなら 抱きしめてほしい  雨が降ってた 冷たい雨が… 優しい言葉など 聞きたくなかった  「嫌いになったわけじゃないよ」と そんなこと言わないで… 待ってしまうから  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度 会えるのなら 抱きしめてほしい  ―想い出にしたくない―  Ah あなたを想う気持ちは 春になっても消えない もう一度 会えるのなら 抱きしめてほしい  Ah あなたを想う気持ちは 春が過ぎても消えない もう二度と会えないのなら つきはなしてほしかった
愛という名の花岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り  きっと誰もが独りぼっちで 孤独な夜を抱えてる  傷つくたびに 大切なもの 見失いがちになるよね  だけど本当は 愛しい人を 悲しませないように 笑って生きたい  愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り Ah すべては 勇気から始まり チャンスが生まれ 光となる  いつも心に希望の花を いつも心に抱こう  愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り Ah すべては 勇気から始まり チャンスが生まれ 光となる  Ah 誰もが生まれ持っている 深く眠ってるその勇気で 愛という名の花を咲かせて 想いは届く 望む限り  いつも心に希望の花を いつも心に Ah 抱いて…
Life岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜信じる力ほど 強いものはなくて 頑張ってる人に 天使は舞い降りる 愛する人たち思えば ほら ちょっとぐらい 胸の傷 痛んでも  今日も光る星の中で いくつ出会い 別れ繰り返す?  夢も恋も 思うようにはいかないもんだね それがlifeなのかな  どれだけの涙 流せばいいんだろう でも 痛みのない幸せなんて きっとないから  信じる力ほど 強いものはなくて 頑張ってる人に 天使は舞い降りる 愛する人たち思えば ほら ちょっとぐらい 胸の傷 痛んでも  夢は捨てることは簡単 だけど 後に何が残るんだろう  迷いながら もがきながら 耐え抜くこと それもlifeなんだろう  変わり続けてく この街の片隅で どんな風吹いても アスファルトには花が咲いてる  きっとこの先も 自信をなくしたり 愛する人さえ失うこともある 負けない気持ちを 描いて行こう もっと僕等は上を向いていかなくちゃ  たとえ今が くじけそうでも 奇跡は起こる きっと 勇気ひとつで変われる  信じる力ほど 強いものはなくて 頑張ってる人に 天使は舞い降りる 愛する人たち思えば ほら ちょっとぐらい 胸の傷 痛んでも  きっとこの先も 自信をなくしたり 愛する人さえ失うこともある 負けない気持ちを 描いて行こう もっと僕等は上を向いていかなくちゃ
Catch me岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜気がつけば もうあなたに夢中で たった1日 会えないだけで I miss you  「どうしたの?」って 女の子が 大スキなセリフ  ちょっとblueな心の隙間に あなたが入ってきた  そんなに優しくされると doki dokiしちゃうわ  Catch me How much do you love me? なんとなく恋の予感 Touch me I'm waiting for you ちょっとぐらい強引がいい あなたの名前 ノートに書いてみる きっとこれが ときめきの始まり  悩み事は いつのまにか “あなた”になっていて  相談なんて ちょっぴりウソ ただ会いたいだけ  近くで見ると 意外に まつ毛が長いのね  Catch me How much do you love me? あなたを もっと知りたくて Touch me I'm waiting for you 夜なんか眠れなくて 気がつけば もうあなたに夢中で 胸の中 いつでも I feel you  目と目が合う瞬間 doki dokiしちゃうわ あなたも同じだといいな  Catch me How much do you love me? なんとなく恋の予感 Touch me I'm waiting for you ちょっとぐらい強引がいい I want to know 'bout you more あなたを もっと知りたくて Touch me I'm sure this is destiny 夜なんか眠れなくて 気がつけば もうあなたに夢中で たった1日 会えないだけで I miss you
愛を知る街へ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜電車に乗って 星夜(ほし)に揺られ 大好きなあなたに会いに行くの 一秒ごとに しめつけられる 微笑んでいるあなたの顔が浮かぶ  ねえ いちばん最初に 少しだけ伸びた髪に気付いてネ  話したいこと 伝えたいこと たくさんあふれている 久しぶりに抱きしめられたら きっと言葉もでない 一言さえも 涙しか出ない 募る想い抱きしめて近づいてゆく 二人の愛を知る街へ  会えない分のキスと涙 ドアが開いたら全部ささげる 言葉じゃないよ もう二人は 他の誰が見てもわかる絆  口には出さないけど 遠い未来ひとつになれると 信じてる  話したいこと 伝えたいこと たくさんあふれている 久しぶりに抱きしめられたら きっと言葉もでない 一言さえも 涙しか出ない 募る想い抱きしめて近づいてゆく 二人の愛を知る街へ  もうすぐ会える あなたに会える 幸せの鐘が響く ドアの向こう側 両手広げて あなたの愛が 私の愛を やさしく包み込む 少しだけの 二人きりのこの時間に 二人の愛を知る街で 二人の愛に kiss kiss
Tears岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜涙があふれた すれ違いばかりの恋だから こんなに愛してても 一緒にいられない恋だから I say good-bye サヨナラしよう…  「愛してるよ」 あなたの声 鳴り響く発車のベルに かき消されてく  「彼女のそばにいてあげてよ」 声が震えそうで 携帯切った  しゃがみこんだ駅のホーム 振り返っても あなたはいなくて…  涙があふれた すれ違いばかりの恋だから こんなに愛してても 一緒にいられない恋だから I say good-bye サヨナラしよう…  いくつ電車見送っても あなたは来てくれない 時だけ過ぎてく  瞳を閉じれば浮かぶ笑顔 だけど あの頃には 戻れないね  忙しくて 会えなくて それでも ずっと 信じていた  今すぐ追いかけてきて 無理矢理 抱きしめてほしいのに あんなに愛し合って どうして離れていくのだろう 切ない二人だね…  もう好きじゃない もう会わない 会いたくない 最初で最後の嘘  今すぐ追いかけてきて 無理矢理 抱きしめてほしいのに あんなに愛し合って どうして離れていくのだろう 切ない二人だね… 涙があふれた すれ違いばかりの恋だから こんなに愛してても 一緒にいられない恋だから I say good-bye サヨナラしよう…
One Room岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜今でもそこに 君の笑顔 探す僕がいるよ  コンビニの袋が転がっている 灰皿さえも もう何日もそのまま  こういう時 君は少し怒って それでも全部片付けてくれるんだ  君の荷物がない部屋 こんなに広いワンルームだった? ベッドの隅で寝る癖がまだぬけない still i love you 心離れてく前に どうして気づかなかったんだろう 一人泣いてた 君の寂しさ ぬぐうことできなかった  今でもそこに 君の笑顔 探す僕がいるよ  君の手紙を 何度も読んだ 愛していると言ってほしかったんだと…  居て当たり前と思っていた 髪を撫でてあげるやさしさ 忘れていたね  君を失った僕は 情けないほど不器用だよ 乾燥機の説明書を探して 見つからなくて 冷凍室のいちばん奥 君が作り置きしてくれてた シチューを見つけて動けなかった 君はもう ここにいないんだ…  君がいなくなってから 無気力な日々が続いてる ベッドの隅で寝る癖がまだぬけない still i love you 心離れてく前に どうして気づかなかったんだろう 一人泣いてた 君の寂しさ ぬぐうことできなかった  今でもそこに 君の笑顔 探す僕がいるよ
スタートライン岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜Ride on time 今だ!と思ったその瞬間が Ride on time スタートラインさ もう一度 Ride on time 翼広げ 夢 掴むのさ きっと You can fly 誰よりも高く Going your way  うまくいかないこと続いても また日は昇るから  僕らの夢への挑戦は きっと信じることから始まる  卒業式の夜 広げた未来地図 Here we go! 思い出して 皆で誓ったはずさ  Ride on time 今だ!と思ったその瞬間が Ride on time スタートラインさ もう一度 Ride on time 翼広げ 夢 掴むのさ きっと You can fly 誰よりも高く Going your way  あれから何年も経って 僕たちは大人になったけれど  がむしゃらだった頃の情熱だけは 忘れたくないよね  冒険しようよ 叶えよう未来地図 Here we go! すぐそこで チャンスが ほら 待ってる  Ride on time 今だ!と思ったその瞬間が Ride on time スタートラインさ もう一度 Ride on time 翼広げ 夢 掴むのさ きっと You can fly 誰よりも高く Going your way  卒業式の夜 広げた未来地図 Here we go! 思い出して 皆で誓った夢  Ride on time 今だ!と思ったその瞬間が Ride on time スタートラインさ もう一度 Ride on time 翼広げ 夢 掴むのさ きっと You can fly 誰よりも高く Going your way
fu・ta・ri岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜私よりも長く付き合っていた彼女(ひと)を 今も時々 思い出したりすること あるのかな?  あなたと会って まだ1年 ふたりはこれからだよね 見た目だったり 中身だったり 自信はないけれど  いつもあなたの心いっぱい 私だけになるように 好きと言ってた ガーベラ一輪 買って あなたに会いに行こう  笑っちゃうぐらい あなた色に染まっている私 色はオレンジ 音楽はレゲエなんか 聞いてみたり…  “スキ”の気持ち 表現するなら あなたは どう答えるだろう 手放せないものがあるなら 私であってほしい  いつも私の心いっぱい あなたがあふれているから 好きと言ってた ガーベラ一輪 買って あなたに会いに行こう  “スキ”の気持ち 表現するなら 私は どう答えるだろう もしも永遠を望むのなら yesと答えるよ  いつもあなたの心いっぱい 私だけになるように 好きと言ってた ガーベラ一輪 買って あなたに会いに行こう  今日は ふたりが恋に落ちた日 ちゃんと覚えているかな オレンジ色のガーベラ 一輪 買って あなたに会いに行く  ちゃんと覚えていてね
Change my life岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜希望と挫折の間で まだ見えない明日 探すよ どうして いつも悲しい時 昔 愛したあなたのこと 思い出す…?  誰も待ってない部屋に 帰りたくなくて 夜のセンター街歩いた  すれ違う恋人達 ギターを弾く少年 あたしはどんな風に映ってる?  何もかもが 自信なくて 壊れそうよ Oh my heart  希望と挫折の間で まだ見えない明日 探すよ どうして いつも悲しい時 あなたの顔や 優しい声 思い出す…?  開けない心を 誰かに聞いてほしくて 携帯握ってみたけど  こんな弱い自分を 知られるのがこわくて ボタン1つさえ 押せない  こんな時 あなたがいたなら… なんて思っちゃ ダメだよね  ただ優しさがほしいだけの 場所なら 街中にあふれてる たとえ寂しさ埋まっても そこに本当の優しさなんてないから  希望と挫折の間で まだ見えない明日 探すよ もし あなたを頼ったなら いつまでも あたしは 強くはなれない  ただ優しさがほしいだけの 場所なら 街中にあふれてる たとえ寂しさ埋まっても そこに本当の優しさなんてないから
どんなに強い風が吹いてても岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜半透明のごみ袋を持って ドアを開けた 空は青  少し腫れた目を隠しながら いつもと変わらない早足で 駅に向かうよ  昨日 君に会えてなかったら きっと今日も泣いてた “元気になったよ”と 電話じゃ恥ずかしいから メールをするね  自信を持って 夢にTry いつだって 自分らしく あきらめないよ 立ち止まらないよ どんなに強い風が吹いてても  ラッシュアワーの 電車に揺られながら 君の言葉 思い出してた  「もし今 ここであきらめてしまったら あの時 失くした恋の意味も なくなってしまうよ」と  見失ってる心 いつも 気づかせてくれるんだ ありがとう 何回言っても 足りないくらい 感謝してるよ  自信を持って 夢にTry いつだって顔を上げて いつもSmile 今度 君に会う時は 笑顔でいられるように  自信を持って 夢にTry いつだって 自分らしく あきらめないよ 立ち止まらないよ どんなに強い風が吹いてても  自信を持って 夢にTry いつだって 顔を上げて 君がいると思うだけで 心は こんなに 強くなれる
笑ってるあなたがいい岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜綺麗な別れ方できなかった あれから半年… どうしてるの?  洗濯できてる? ちゃんと食べてる? そんな心配ばかりだよ  いつの日か一緒になる その気持ちは嘘じゃなかった 9月までは…  楽しかった思い出も たくさんあるから 優しかったあなたの笑顔は 勇気をくれたから 心から愛した人 会うことできなくても この空のどこかの下で 笑ってるあなたがいい  何度二人でやり直しても 感じる寂しさ 変わらなかった  最後の最後まで 待っていたの そばに居る自信を持てる言葉を  切なくて 苦しくて あなたとの恋はいつも 泣いてたけど  楽しかった思い出も たくさんあるから 優しかったあなたの笑顔は 勇気をくれたから 心から愛した人 会うことできなくても 夢 追いかけて輝いてる 笑ってるあなたがいい
Dear…岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜“どうしたの…?”って聞いても 教えてくれないんだね 窓の外を見る横顔 どこか 寂しそうで  はじめて会った時も 同じ表情(かお)してたね 夜 一人で 膝抱えて 泣いているなんて…  誰よりきっと 壊れそうな心 どうして いつもひとりで抱えるの? 悲しい時こそ そばにいてあげたい 君のその微笑みが 消えないように  優しい言葉に 君は弱いから 笑ってくれるまで たわいのない話を続けるよ  特別なことしてあげられないけど 君を ずっと守っていきたいから ふたり出会えたこと 忘れないで 甘える場所が ここにあるから  特別なことしてあげられないけど どうしても ひとりがつらい時 ふたり出会えたこと 忘れないで いつでも僕は ここにいるよ  誰よりきっと 壊れそうな心 どうして いつもひとりで抱えるの? 悲しい時こそ そばにいてあげたい 君のその微笑みが 消えないように
ハピハピ バースディ岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜「おめでとう」 Happy×2 Birthday  今日は あなたの Special Day なんだか私 うれしくなる あなたが 生まれた今日という日が 違って見える  揺れるキャンドルを囲んで 眺める人が いてもいなくても プレゼントさせて 私 心から あなたに 言いたい  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたに もっともっと 幸せが増えますように Happy×2 Birthday どんな時も 笑顔でいてほしい  直接 プレゼント 渡すのは 何だか私 恥ずかしいから 郵便屋さんに 頼んだけれど ちゃんと 着いたかナ  あなたにいちばん 似合うもの 何日もかけて 選んだつもり 私のセンス よくないけれど 許してくれる?  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたが もっともっと 幸せになれますように Happy×2 Birthday 今日の日に 乾杯 Song for You  あなたと出会えたことに 感謝したい 誰よりたいせつな 大好きなあなたへ  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたに もっともっと 幸せが増えますように Happy×2 Birthday どんな時も 笑顔で  「おめでとう」 Happy×2 Birthday I wish あなたが もっともっと 幸せになれますように Happy×2 Birthday 今日の日に 乾杯 Song for You
愛しい人よ~remember me~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜愛しい人よ 今宵の月は 心 偽れないほど 綺麗で  会わなくなって どれくらいになる… ひとりがこんなに 寂しいなんて  夜空見上げて 流れ星探した 私は何を願うのだろう  会いたくて 会いたくて でも 会えなくて さよならした恋なのにね ずっと 泣きたかった ずっと 泣けなかった 最後まで素直になれず もしも 時を戻せるのならなんて 今は もう 思わないけど 二度と 会えない人よ どうか 思い出だけは そっと 胸の中に  愛しい人よ 知りたくなかった 彼女とふたり 暮らしてること  いつか こんな日が 来ることだって 心のどこかで わかってたけど  あなたのぬくもり 今も覚えてる 苦しいくらい あたたかくて  涙 枯れるほどに泣いて いっそ 忘れてしまえたら… やさしかった笑顔 守れなかった約束 そして 愛の言葉も  会いたくて 会いたくて でも 会えなくて 叶えられない恋なのにね ずっと 泣きたかった ずっと 泣けなかった 何も伝えられないままで あなたを想って涙する夜も これからもきっと あるでしょう 二度と 会えない人よ どうか思い出だけは ずっと 胸の中に  そっと remember me
明日へ広末涼子広末涼子岡本真夜岡本真夜負けないように 輝けるように 走り続けたい 明日へ  「またね」と手を振る君が小さくなってゆく 信号が青に変わる 私も歩き出す カバンに詰め込んだ夢と想い出たち これから始まってく 新しい生活  ねぇ どんなに離れても ねぇ 忘れないから みんなで過ごした日々は ”宝物”  君の笑顔 君のやさしさも 胸に抱きしめて 負けないように 輝けるように 走り続けたい 明日へ  「くじけず頑張れよ」「これからもよろしくネ」 何度も読み直した みんなの寄せ書き  ねぇ ほんとは不安だよ ねぇ 新しい街で 一人だけど でも ”独り”じゃないよね  ふられた夜も ケンカした日も そばにいてくれた 寂しくなっても いつも心に みんないるから大丈夫  君の笑顔 君のやさしさも 胸に抱きしめて 負けないように 輝けるように 走り続けたい 明日へ  あの夏の海 あの約束を 私 忘れない みんなではしゃいだ海で会おうね 10年後 so 笑って…  君の笑顔 君のやさしさを ずっと抱きしめて 負けないように 輝けるように 走り続けるよ 明日へ 
With you岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜ずっと 想ってた だけど あきらめてた 二度と あなたに 会えないと思ってた  涙 あふれて止まらない  あたたかい胸 あたたかい手のひら やさしい笑顔 ずっと会いたかった  強く もっと 強く抱いて もう二度と 離れないように  はじめてのキス この場所だったよね あの日と同じ 夕日に包まれてる  もしも 願いが叶うなら “二人 離さないで…” 永遠に…  何も いらない あなたがいるだけでいい  ずっと 想ってた ずっと 会いたかった そっと キスして このまま 時間を止めで…
Help me岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜パペポピ神様 またやっちゃいました 最近 私 失敗ばかり もう はっちゃめちゃ もう ぐっちゃぐちゃ 頭ん中 もう パンク寸前!  また 遅刻だ! 二度寝だ! 大変だぁ! いつ目覚まし止めたんだろう 記憶にないぞぉ?  鏡見たら 目がはれてる うわっ 最悪 昨日の課長 むちゃくちゃ こわかったナぁ  とりあえず 出かけなくちゃ 時間がない 寝グセは 会社についたら トイレで直そう  駅まで ダダダッシュ (たったったっ…) すべり込みで乗った電車 (あ…) 時 すでに遅し 各駅に乗ってしまいました (まちがえたっ!)  パペポピ神様 助けて下さいナ 最近 私 ついてないデス 占いも よくないし ポペパピ神様 間に合わせて下さい 急がなくちゃ 急がなくちゃ もう はっちゃめちゃ もう ぐっちゃぐちゃ 頭ん中 もう パンク寸前!  なんとか 間に合ったのは いいけれど 机の上 山積みされてる書類  メモもいっぱい (ん?) “クレームの電話ありました”(ゲっ!) と思ったら ケイタイがブルブル 呼んでます (もしもぉーし あっ お世話になってますぅ)  パペポピ神様 助けて下さいナ 最近 私 失敗ばかり どうして こんなに 続くのだろう… ポペパピ神様 自信なくしちゃいマス 負けるもんか 負けるもんか でも はっちゃめちゃ もう ぐっちゃぐちゃ もう ホントに ホントに 泣きたいデス  こんな時 恋の1つぐらいあったら もっと がんばれるのにナ どっかに 素敵な人 落っこちてませんか?  パペポピ神様 力を下さいナ 最近 私 情緒不安定 弱気になっていマス ポペパピ神様 今日は何日ですか? 毎日が 早すぎて もう はっちゃめちゃ もう ぐっちゃぐちゃ もう この先 私は どうなるの?  パペポピ神様 助けて下さいナ 最近 私 失敗ばかり どうして こんなに 続くのだろう… ポピプパ神様 とりあえず今夜も 残業デス がんばってみマス あと ちょっとだけ ふんばってみマス 見守っていてネ! 神様!
十七歳の天使岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜「私が死んでも 悲しむ人なんて どこにもいない」 十七歳で“永遠の眠り”についた女の子の日記です  「なんで 私には父さんがいないの」 「なんで 私には母さんもいないの」 「どうして 二人は 私を捨てたの」  誰にも 相談できない子でした  「授業参観 三者面談 イヤダ イヤダ もう」 「おまえんちの父さんと母さん 何で来ないんだって また言われた」  「世界で 私だけ とり残されてるみたい」 「学校に行きたくない 行きたくない 行きたくない…」 「うちに帰ったって 居場所なんかない」  友達さえ いない子でした  最後のページ 「神様 教えて下さい いつか私 幸せになれるカナ 幸せになりたいよ」  彼女が一番欲しかったものは お金でもなくて 洋服でもなく 隣に父さんと母さんがいて あたたかいごはんと愛でした もう涙を流す必要はないと 彼女が選んだ“永遠の眠り” それは十七年間 生きてきた中で 一番やさしい表情(かお)でした
ピクニック岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜芝生に寝転んで あなたと 日なたぼっこ 休日の公園 にぎやかだね 子供がいっぱい カップルも お花もいっぱい  「晴れてよかったネ」 振り向くと すでにあなたは寝てた (あら早いのね) 寝ちゃダメだよ お話しようー 落書きしちゃうョ! プリクラを おでこに はっちゃうョ! (起きろ!)  ねっ ねっ ねっ せっかく来たのにィ ねっ ねっ ねっ あそぼーよォ ねぇ ねぇ ねぇ あとで白鳥のボートに乗ろうよー (起きろっ)  ちょっと お腹すいたなぁ バスケットの影からなんか… 何かがいる!!  突然 現れたトカゲのトカちゃん 何で ここにいるの? いきなりは びっくりするから (やめてね)  シッ シッ シッ あっちに行ってよ 私たちの 邪魔しないでー そぅ そぅ そぅ じゃあね トカゲちゃん また お会いしましょう バイバイ バイバーイ 元気でネ  そうだ! あなたが 目を覚ます前に 手作りお弁当広げて 待っていよーっと  ラン ラン ラン 日の丸ごはんと ラン ラン ラン 玉子焼き ラン ラン ラン たこのソーセージ 1コ食べちゃおうっと  ラン ラン ラン 水筒 おしぼり ラン ラン ラン 準備OK! ラン ラン ラン 早く起きないかナ 待ってるからネ 目を覚ますまで  一緒に食べようネー
ゆらゆら岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜キスしてほしいような 抱きしめてほしいような あなたのそのやさしさに ゆらゆら 揺れてる  タバコを吸ってるその横顔を あの人と重ねてしまう  「どうしたの?」って 「何かあったの?」って 「相談のるよ」って 言わないで ねぇ  週末の SHOT BAR あなたに 誘われるままに 来てしまった  一人でいたくなくて あの人を忘れたくて あなたのそのやさしさに ゆらゆら 揺れてる  あなたが席を はずした瞬間 ケイタイの留守電 聞いている私  何やってるんだろう バカだな 終わった恋を 今でも待ってるなんて  一人でいたくなくて あの人を忘れたくて 3杯目のカクテルに ゆらゆら 揺れてる  触れた指 動けないわ 私 “寂しさを埋める恋なんて 本当の恋じゃない” わかってるのに…  一人でいたくなくて あの人を忘れたくて あなたのそのやさしさに ゆらゆら 揺れてる  キスしてほしいような 抱きしめてほしいような 5杯目のカクテルに ゆらゆらゆら 揺られながら  あなたを見つめながら あの人を重ねながら 恋に落ちてしまうわ ゆらゆらゆら ― Tonight
悩んでないでLet's Go!デス岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜涙なんか 吹き飛ばそっ 大丈夫 いつも君のそばにいる 元気出して 明日は笑っていよう 明るい未来は 君しだい Let's Go!  “ふられちゃった 毎日私つらいデス” 世田谷区にお住まいの ゆうこちゃんからの手紙です  早く 忘れましょ 失恋は 次の恋への Step!  涙なんか 吹き飛ばそっ 大丈夫 いつも君のそばにいる 元気出して きれいになって 彼を 後悔させてあげましょ Let's Go!  次のお便り 野球選手を目指す 中村くん 彼は悩んでまーす “なれるか どうか わからない”と  そうだ私の好きな言葉 教えてあげましょう  ある有名人が言っていた言葉です “努力は人を裏切らない” 悩む前に 挑戦してみましょう あきらめるのは まだ早いです Let's Go!  恋や仕事の相談 受け付け中です いつでも どうぞデス  涙なんか 吹き飛ばそっ 大丈夫 いつも君のそばにいる 元気出して 考え方しだいで 明るい未来はすぐそこ Let's Go!  ねぇ あきらめちゃダメだよ もうちょっとガンバロっ いつだって スタートはできる 元気出して ゆうこちゃんと中村くん うれしいお便り待ってます Let's Go!
なんてったって 今日はクリスマス!広末涼子広末涼子岡本真夜岡本真夜Merry×3X'mas Happy×3X'mas 今年はちょっと寂しいけど Yeah みんなで歌いましょ 楽しく踊りましょ 来年こそは 彼氏とね  みんな集まって Let's party お菓子にケーキ シャンパン 足りないものは…うーん 彼氏! それは禁句だよ 今日だけは!  Merry×3X'mas Happy×3X'mas 今年はちょっと寂しいけど Yeah みんなで歌いましょ 楽しく踊りましょ なんてったって 今日は クリスマス!  街中 どこを歩いても カップルがいっぱい いいナ いいナ  手をつないだり キスをしたり 私たちって もしかして 目立ってる?  Merry×3X'mas Happy×3X'mas 女の子同志も 悪くない Yeah みんなで騒ぎましょ 恋の話しましょ 来年こそは 彼氏とね  あの人は今 誰といるのかナ? 渡せなかったプレゼント(自分で使っちゃおっと)  Merry×3X'mas Happy×3X'mas 今年はちょっと寂しいけど Yeah みんなで歌いましょ 楽しく踊りましょ なんてったって 今日は クリスマス!  Merry×3X'mas Happy×3X'mas Yeah …トゥルルル~ みんなで騒ぎましょ 恋の話しましょ 来年こそは 彼氏とね あの人とね  Merry×3X'mas Happy×3X'mas(Merry X'mas) Merry×3X'mas Happy×3X'mas(Happy X'mas)  Merry×3X'mas Happy×3X'mas(Merry X'mas) Merry×3X'mas Happy×3X'mas(Happy X'mas)
大スキ!GOLD LYLIC広末涼子GOLD LYLIC広末涼子岡本真夜岡本真夜とっても 大スキよ。 ダーリン I like you ダーリン  2回目のドライブ Doki Dokiしちゃう 広がる青い空 最高だね  あなたといると楽しい 2つに並ぶ 缶ジュース なんか もう うれしすぎて ホッペに チュッてしたくなる だけど今は運転中 横顔を 見つめていよう  とっても 大スキよ。 ダーリン I like you ダーリン あ・い・し・て・る。 ダーリン I love you ダーリン  写真いっぱい撮ったね 「今すぐ見たいよぉ」  夕焼けの帰り道 予定変更 スピード写真に寄り道 「1時間後です。」(OK!) あと 1時間 ドライブ ごめんね ほんとは もう少し 一緒にいたかったんだ  とっても 大スキだから。 ダーリン I like you ダーリン ずっと そばにいたい。 ダーリン I love you ダーリン  はじめて撮った写真は なんだか ちょっと くすぐったい でも顔が にやけてきちゃう もうすぐで さよならだね 今日ね すごくね むちゃくちゃ 楽しかった ありがと。 ダーリン  とっても 大スキよ。 ダーリン I like you ダーリン あ・い・し・て・る。 ダーリン I love you ダーリン  ずっと そばにいて。 ダーリン I love you ダーリン あ・い・し・て・る。 ダーリン I love you ダーリン
With you石井聖子石井聖子岡本真夜岡本真夜ずっと 想ってた だけど あきらめてた 二度と あなたに 会えないと思ってた  涙 あふれて止まらない  あたたかい胸 あたたかい手のひら やさしい笑顔 ずっと会いたかった  強く もっと強く抱いて もう二度と 離れないように  はじめてのキス この場所だったよね あの日と同じ 夕日に包まれてる  もしも 願いが叶うなら “二人 離さないで…” 永遠に…  何も いらない あなたがいるだけでいい  ずっと 想ってた ずっと 会いたかった そっと キスして このまま 時間を止めて…  With you  Ah… Ah… Ah Ah Ah Ah…
春が来たLove CupidsLove Cupids岡本真夜岡本真夜「愛なんてもう信じない」 「恋なんて二度とできない」 あんなに泣いていたあの日がウソみたいだよ このドキドキ 止められない 私恋しちゃったみたい あの人と目が合うたび 心臓バクハツしそう!  とうとう 私にも 春が来たよ 何? 何? 好きな人 やっとできたの? うん 誰? あのねバイト先に来た人で なんか もう 理想ピったりって感じなんだ  今度こそ とられないようにしなきゃね もう!どうでもいいよ そんなコト 悲しい恋を 忘れるには 新しい恋がいちばんです イェーイ  春が来た!って感じデス 心は Waku Waku Doki Doki 水たまりも飛び越えて 鼻歌なんか 歌っちゃって そうだ!服を買いに行かなきゃ ピアスなんか あけてみたら? ピアスは 痛そうだから 私 イヤリングでいいや  ねぇ ねぇ 今週の占い見た? ううん 何? 何? 何かいいコト書いてたの? うん ほら見てよ! 運命の出会いだってぇ あれ? 真夜ちゃんて 射手座? ううん山羊座…(あ、一段見まちがえた)  まあ そんなこと気にしないでさ 勇気を出して 話しかけてみたら? うーん 私のこと相手にしてくれるかな あたって くだけろです くだけるの やなんだけど…  今日も あの人に会えるよ 心は Waku Waku Doki Doki お話しなんかしちゃった日には 宇宙にとんでっちゃいます このドキドキ 止められない 私恋しちゃってます あの人と 目が合うたび 心臓バクハツしそう  今日から髪をのばそう! デートはどこにしましょう 夜桜?夕暮れの遊園地?ホラー映画? なんちゃって!  「愛なんてもう信じない」 「恋なんて二度とできない」 あんなに泣いていたあの日がウソみたいだよ このドキドキ 止められない 私恋しちゃったみたい あの人と目が合うたび 心臓バクハツしそう!  絶対! 絶対! あの人とつきあっちゃうんだから!  春が来た!って感じデス 心は Waku Waku Doki Doki 水たまりも飛び越えて 鼻歌なんか 歌っちゃって このドキドキ 止められない 私 恋しちゃってます あの人と 目が合うたび 心臓 バクハツしそう  ここのメロディはちっょとむずかしい だけど 愛敬でパッパッ パッパッパッ パッ パッ パッパッパッ パッ パッ パッパッパッ パッ パッ パラパッパッ パパラ パッ パッ パッパッパッ パッ パッ パッパッパッ パッ パッ パッパッパッ パッ パッ パラパッパッ パパラ
また会おうね また会えるよね岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜悲しい時 くじけそうな時 君の笑顔 思い出すよ また会おうね また会えるよね 遠く離れてても  涙があふれてきそうになる 君の顔 見たらホッとした 一年ぶりだよね 「元気だった?」 その笑顔 あいかわらずだね  ごめんね 急に電話して 毎日が不安で 君に会いたかった  悲しい事 くじけそうな事 一人でかかえきれなくて… 電話じゃなく 君に会えば がんばれる気がした  海岸通り 広がる海の青 なつかしい 潮風の匂い 子供のように 時間を忘れて 砂浜でおもいきりはしゃいだ  ごめんね どうしてだろう… 楽しいはずなのに 涙がこぼれちゃった  悲しい事 くじけそうな事 聞いてくれて うれしかった 君の笑顔 君の優しさ 胸の奥にそっとしまいこんで  どこにいても みんなで過ごした この街のこと 忘れないよ 赤く染まる 入道雲の空 やけに眩しかった  また会おうね また会えるよね 大きく手を 振り続けた 君の笑顔 君の優しさ 胸の奥に そっとしまいこんで  悲しい時 くじけそうな時 君の笑顔 思い出すよ また会おうね また会えるよね 遠く離れてても
もう一度だけキスしたかった岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜真夜中 TVをつけたら あなたと 最後に見た 映画が 流れていた 胸…切ない  あなたに もらった指輪 二人で 撮った写真 今でも 大切にしてる でも 思い出なのね  元気でいるかな 受話器を とりそうになる サヨナラしたのは私なのに どうして こんなに 迷ってばかり…  もう一度だけ キスしたかった 二度とあなたに 会えないけど 大好きなのに いつからか二人 すれ違いばかり… あなたの心が 見えなくなった  夕暮れ 並木通り 落ち葉が 風にさらわれる あなたの 少し後ろを 歩くのが 好きだった  時計台の下 出会えるはずないのに 時間を忘れてたたずんでた ごめんね やっぱり あなたに会いたい  ずっと二人で 夢 見たかった いつか一緒に なりたかった 忙しくても 会えなくなっても あなたと 変わらずいられると 信じていた  もう一度だけ キスしたかった 二度とあなたに 会えないけど 大好きなのに いつからか二人 すれ違いばかり… もう戻れない  ずっと二人で 夢 見たかった いつか一緒に なりたかった 忙しくても 会えなくなっても あなたと 変わらずいられると 信じてたのに…
別れたいなら そう言えばいいじゃない岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜こんなんじゃ 意味がない つきあってる 意味がない このままじゃ あなたについていけない あやふやにしないで これ以上 待てないよ 別れたいなら そう言えばいいじゃない  時計の針はもう 7時をまわった 映画は 始まってしまったよ あなたは 今日も来ない…  いつから変わってしまったの ケイタイもつながらないし もっと…ねぇ もっと 大事にしてほしいよ  このまま 会えなくて ずっと 会えなくなって それでも あなたは平気なのかな どうして できないの 連絡 1つぐらい 好きな子できたなら そう言えばいい…  ショーウィンドウ 映った 金色のピアス あなたのためのオシャレが よけいに悲しい  待ち合わせの恋人たち 一人ずつ いなくなってゆく はやく ねぇ はやく 私を 迎えにきて…  こんなんじゃ 意味がない つきあってる 意味がない このままじゃ あなたについていけない あやふやにしないで これ以上 待てないよ 別れたいなら そう言えばいいじゃない  このまま 会えなくて ずっと 会えなくなって それでも あなたは平気なのかな どうして できないの 連絡 1つぐらい 好きな子できたの…? やっぱりそうなの…?  こんなんじゃ 意味がない つきあってる 意味がない このままじゃ あなたについていけない あやふやにしないで これ以上 待てないよ 別れたいなら そう言えばいいじゃない
おやすみダーリン岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜夕闇が また夜を連れて来る 一日が過ぎる 近づく星の海 二人だけの秘密の中の秘密 誰も知らない 場所がある  夜が冷やした 風を受けながら 見送られて 見守られて いつもの道を  おやすみダーリン またあした ここで会おうね 大好きダーリン オデコにKiss おやすみのシルシ  後ろから 抱きついた強ささえ そのままでいるの 昔からずっと 聞えそうな鼓動に目を閉じた 速いスピードで走ってく  よそ見をせずに 私を見てる 信じられて 信じあって 変わらぬ二人  おやすみダーリン またあした ここで会おうね 大好きダーリン オデコにKiss おやすみのシルシ  星のカケラに 願いを託す 今日も無事に 彼が家に着きますように  おやすみダーリン またあした ここで会おうね 大好きダーリン オデコにKiss おやすみのシルシ  おやすみダーリン またあした ここで会おうね 大好きダーリン 投げKiss 小さくなる背中
Will…~未来へのプレゼント~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜どんなにつらくても 夢をあきらめないで…  いつか話してくれたよね 夕暮れのベンチで… 小さい頃からの夢 素敵だと思った  あの日の あなたの瞳 強くて輝いていたね くじけそうな時 悲しい時 いつもあなたに勇気づけられた  どんなにつらくても 夢をあきらめないで きっと 叶えられる 信じているから 泣きたい時は ねぇ 我慢しなくていいよ 忘れないでいてね 一人じゃないこと  街はもうイルミネーション あふれる恋人たち あなたを想えば想うほど 言葉 見つからない  歩道橋 手すりにもたれて 「大丈夫」と笑うけれど 寂しい横顔 ポケットでつないでいる手を ぎゅっと 握りしめた  どんなにつらくても 夢をあきらめないで 誰よりも あなたを 想っているから 泣きたい時は ねぇ 我慢しなくていいよ 切なさも あこがれも 分けあいたいから  どんなにつらくても 夢をあきらめないで きっと 叶えられる 信じているから 泣きたい時は ねぇ 我慢しなくていいよ 忘れないでいてね 一人じゃないこと  どんなにつらくても 夢をあきらめないで 誰よりも あなたを 想っているから 泣きたい時は ねぇ 我慢しなくていいよ あなたのこと 守ってあげたい  愛してる
会いたくて…石井聖子石井聖子岡本真夜岡本真夜会いたくて…会いたくて… 涙が止まらない夜  ひざを抱え 電話の前 今日もベルは鳴らない つまらないケンカをして 今日で2週間経つ あなたは今どこにいるの?誰といるの?  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらないどうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  友達に 電話しても一人で ビデオを見ても 時計ばかり気になっちゃう 何にも手につかなくて 私は今 ここにいるよあなたを待ってるよ  会いたくて…会いたくて… 素直にゴメンねと伝えたくて 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた  会いたくて…会いたくて… 涙が止まらないどうしようもない 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに見えた  会いたくて…会いたいよ やっぱりあなたがいなくちゃダメだよ 星空も 街の灯も あなたがいたからキレイに思えた  (会いたくて)今すぐ あなたに会いたい (抱きしめて)あなたがいなくちゃダメだよ (会いたいよ)今すぐ あなたに会いたいよそばにいてほしい
ANNIVERSARY石井聖子石井聖子岡本真夜岡本真夜この大きな時計の下で 2年前の今日 待ち合わせたね この記念日がうれしすぎて 約束より 早く来すぎちやった きっとあなたは「待った?」なんて言いながら 笑顔でやって来る  X'mzsには甘いキッスを 誕生日は赤い花束を 春になったら 桜を見に行こうね 何年 経っても ときめいていたい  信号待ちの人の中に すぐわかるよ 白い Tシャツ こんな記念日さえ飾らない そんなことが たまらなく好き あいかわらず 見つけるのは いつも 私の方が先ね  いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街に連れてってね ずっとそのままの あなたでいてね  X'mas には甘いキッスを 誕生日は赤い花束を 春になったら 桜を見に行こうね 何年 経っても 九段下 手をつないで  いつかセイシェルの夕陽を見よう 二人で写真もいっぱい撮ろうね あなたの生まれた街にも連れてってね ずっと変わらない 二人でいようね 何年 経っても あなたに ときめいていたい
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. ウタカタララバイ
  4. 東京イリュージョン
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. BF is...
  3. Scream
  4. Move On
  5. 3636

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照