岩瀬聡志編曲の歌詞一覧リスト  62曲中 1-62曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
62曲中 1-62曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Secret Dreamsアヴィ(鈴村健一)&キエル(宮崎遊)アヴィ(鈴村健一)&キエル(宮崎遊)吉田詩織高田雅史岩瀬聡志秘密は夢の中 繰り返し胸に降る 冷たい雨に紛れても 終わらせてしまわぬように  手のひらに残る感覚 陽だまりによく似たぬくもり とめどない涙へと変わる  いつでも 探してる 光の奥の かすかな影 どんなに 遥か遠く 突き放しても 過ぎ去っても 心から 心から 消えない記憶 抱きしめて  想いは夢の中 戻らない灯火に 目覚めの朝が来るまでは 終わらせてしまわぬように  無意識の一番底で 懐かしい音色が聞こえる 情景と重なり震えた  絡んだ糸をほどき 再び結び直そう 憂いの海に沈む祈りを もう一度  散らばった鏡に映る 無数に巡る夢の続き それぞれが愛おしい刹那  どこかで 求めてる 闇に埋もれた 優しい嘘 信じて また会えると 瞳閉じれば 振り返れば 心には 心には たしかな記憶 そばにいる  秘密は夢の中 繰り返し胸に降る 冷たい雨に紛れても 終わらせてしまわぬように  未来は夢の中 傷跡は癒えるから 夜空を渡りきるまでは 終わらせてしまわぬように
忘れられた梅の木George TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志梅の実がみのる頃 畑も青々とゆれて 梅の実がおちる頃 色づく野菜を洗う  梅の木も育つもの ますます背たけものびて 梅の木は気づかれず それでも花を咲かせて  ある年 腰を伸ばし 空を見あげた 働き者に ささやかな風と 木漏れ日をさす  その年 梅を集め 全てが たまりますよに ビンにつめた 誰よりも今を 思い出すでしょ
5月連休サヤエンドウGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志さやえんどう豆の 白い花ビラが 5cm ほどの実をつけて スカートを脱ぐように 風にズレて落ちた ゆれてゆれて静かに  ざわつきだした街も ゆるやかに音を消し 出かけたんだ どちらまで おだやかな ひと時が 花を ぬぐ気にさせるのかな  さやえんどう豆 さやえんどう豆  さやえんどう豆が そえ木越え 空にゆれ からむ場所を さがしましょう おとなりも 同じように お互いからみついたものの 支えあって たるんじゃいましたネェ さやえんどう豆
下を向いて座ろうGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志下を向いて 座ろうhohoho なにかを こぼさないように  思い出しましょう 思い出しましょう 尻もちついたよね  しわ寄せはお皿の上に しわ寄せはこぼれた下に  下を向いて 座ろうhohoho なにかを こぼさないように
喜びの入り口/自分を見てみようGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志話を聞きましょ 照れないで カッコウつけてちゃ進まない 話しかけられないのは 話し出さないから  質問しましょう 恥ずかしくても 教えてもらって並びましょうネェ それが繰り返せたなら やがて聞かれるでしょう  何もしないで 待ちくたびれた顔 自分が自分を見て 嫌(や)にならないように  知らずにいるより 余計でも 仕組みを気にかけておきましょうよ 満足が流れ去るのは 気にかけないから  充電しとけば足りるよな 工夫はいらない毎日を 長く続けていくにはと 頭を使う  人の心が 頭と離れゆく めんどくさいのが喜ぶ入り口なのに  何もしないで 待ちくたびれた顔 自分が自分を見て 嫌(や)にならないように  準備もしないで 何とかなるの顔 転ばぬ杖など 手ぶらで何も持たずに
ヒヨコ/きっとそうだろうGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志ヒヨコがたくさん生まれて 1 2 3 4 5 6 ヒヨコじっとしていないので もう一度 はじめから 1 2 3 4 数えても さっきのヒヨコかな きっとそうだろ  動いちゃダメだと言ったのに  あれからひと月数えて 1 2 3 4 5 6 ヒヨコじっとしていないので なんだか 白いよな 動きも機敏に首をふる これヒヨコなのかな きっとそうだろ  そうこうしてたら いつの間に 玉子がたくさん落ちてて 1 2 3 4 5 6 玉子 ヒヨコ ニワトリ 玉子はおいしくて ニワトリ唐揚げおいしくて ヒヨコはまぼろしだ  きっとそうだろ きっとそうだろ きっとそうだろ
チューニングGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志君が泣くのは見たくはなくて 君が泣かないようにしなけりゃ やさしいように見えますが 俺だけの為の チューニング  でかいアンプでギターを鳴らして 歌の中身はヒョロヒョロしてて カッコつけたよカメラ目線 愛とか恋とか 気持ち悪りぃ  CDは売れないとネ 音楽はなじまないとネ  どこに行くにも電波でつながり 便利便利を重ねつづけて こんがらがったヨ何もないや 覚えているのは名前だけ  監視されたら自由がなくて プライベートが侵されそうで どのツラぶらさげ言ってんだ お前の事など 興味はないよ  見てくれと意識 見ましたネと文句  待機児童などは それぞれの計画でしょう 都合を言い出して キレていたりして 都合はつけてくものでしょう 都合をつけてる人が馬鹿みたい  個々が集まって 市場になってくんじゃネェの? 都とか組合だとか よっぽど一人の方がよかったわ
未来George TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志山を越え 谷を越え 空も越えて 僕たちは どこまでも どうしても行く 険しかった事や 手応えらしきものを 引きずって汗かいて 汗かいてお茶飲んで  未来って何でしょ きっと未来の人も言う  100年前 100年後 どんな時代にも 夢を見て 先を見て 何を見たの エネルギーの限界の 解決に向かってすすむ それ以上のエネルギー使って 環境にいいものはできましたって  未来って何でしょ きっと未来の人も言う  未来らしき小さなものを わざわざ持ち歩き 電気をつけることだけ 繰り返し覚えたような  未来って何でしょ きっと未来の人も言う 未来って何でしょ きっと未来の人も言う  ありがとうー
天井しらず学園校歌George TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志SKYRocketing SKYRocketing  富士の裾野から 大海原へ 関東平野を庭に見て 津軽や鳴戸を見下ろした  金は鳴る 金は動く 天井越えて 鼻息を敏感に感じて 背中に見えない力を乗せて 金は鳴る 金は動く 天井しらず学園  SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing  マンゴーとアワビをのせた 味噌ラーメンを 東京X に食べさせて ウマイもんだけひろって 進みゆく  金は鳴る 金は動く 天井越えて 記憶力はないほうがよくて 問題の解釈を変えてしまう力 金は鳴る 金は動く 天井しらず学園 金は舞う 金は唸る 天井しらず学園  SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing SKYRocketing
万全George TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志万全の体制で 取り組んでます 万全の体制で 取り組んでます  皆様が安心して 暮らしていけますようにと 言った言葉の奥行きなくて  やれる事はすべてやりましょう 仕上がりは見せませんが 万全です。  大雨になる模様 土砂など注意 そりゃそう思います ロケットが放たれて 警報鳴らします アナウンスもします  皆様が訓練して 普段も心掛ければと 転ぶの見えてて マキロン用意 何かをしたよな 的はずれ 解散して 又 集まって 万全です。  万全の体制で 取り組んでます
Gibson ES-330George TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志北野さんから預かった ES-330で レコーディングに 間に合うかな  ゴルフをしながら話してた Gibson 使ってないでしょう 何なら私にくれちゃえば  預かってはいるものの 私に似合うじゃないですか 返すどころか 俺のもの 何が Wow!  WATANABE 君が間奏を 弾いたらGibson の音で これじゃあ ますます 戻さない  ゴルフをしながら話してた 流れた会話のはずなのに 届けてもらって ウレシイヨネ  頂いたGibson をアンプに差し込んだ途端→ いい音といい人の顔が浮かぶ Wow!
人生は自分でできていないGeorge TokoroGeorge Tokoro所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志君に語った人生は どこまで どこまでも 君が主役さ 恩きせましたョ 話の上は 気づかれましたか 楽しそうな顔で ああ 君は ダイニングキッチンの奥 ああ 僕は テーブルの上の物をどっちかに寄せて 冷蔵庫の音やらテレビの音やらで 聞こえちゃいないでしょ いい話 聞かないで 正解  君に語った人生は 君が喜ぶ つくり話し どこかの王子様が現れましたョネ 身分はいまだに話しませんが 見た目もしょぼいのですが ああ 君は 本気で聞いちゃいない ああ 僕は つくりすぎだと 多少 訂正を加える 君に語った 僕の人生は 君が作った とてもいい話し  ああ 君は ダイニングキッチンの奥 ああ 僕は テーブルの上の物をどっちかに寄せて
Welcome to wonderlandチェシャ猫(山下大輝)&マーチア(柿原徹也)&クロノ(松岡禎丞)&ドーマウス(川辺俊介)チェシャ猫(山下大輝)&マーチア(柿原徹也)&クロノ(松岡禎丞)&ドーマウス(川辺俊介)吉田詩織高田雅史岩瀬聡志Welcome to wonderland 楽しげなメロディーに合わせて 進め enjoy!! 回る回る時の旅 自由をあげる  巻き戻る時計さん 「こんにちは?」「おはよう?」「おやすみ?」 いっそ全部まとめて 紅茶に混ぜる砂糖にしちゃえばいい なんでもない 日常がきっと おもしろくって たまらなくって 退屈しなくなって  ネコとウサギとネズミが笑い出したら 朝も夜も関係ない Are you ready? Go my way!!  Welcome to wonderland 気まぐれな展開もへっちゃら 進め happy!! 巡る巡る時の旅 君もおいで  ここはいつも賑やかで 騒がしいくらいで ちょうどいい 不思議だって招き入れて 友達になろう  秒針がちぐはぐに 「いってきます?」「またね?」「ただいま?」 いいやいっそ一生 そばを離れないでいればいいんだから ありふれてる 毎日がもっと たのしくなって あかるくなって 君も もちろん笑顔でいて  過去と未来にちょっと悪戯されたって ありのままでそのままで 愉快に爽快に Are you ready? Go my way!!  Welcome to wonderland 迷宮も飾り付けちゃって 進め all right!! 続く続く時の旅 渡っていこう  木々の葉っぱは紙吹雪 鳥のさえずりは行進曲 どんなときもパレードが ほら聞こえるよ  ハイハーイ! じゃ、いっくよー! 1、2、3 Pom!  Welcome to wonderland 楽しげなメロディーに合わせて 進め enjoy!! 回る回る時の旅 自由をあげる  まるでいま生まれたように はじめて出会ったかのように 君と過ごすひとときを 未知へ誘うよ  Welcome to wonderland 気まぐれな展開もへっちゃら 進め happy!! 巡る巡る時の旅 君もおいで  ここはいつも賑やかで 騒がしいくらいで ちょうどいい 不思議だって招き入れて もっともっと!  Welcome to wonderland 限りなく転がる夢へと 進め lucky!! 弾む弾む想い出を 歌にしよう  君は君のままでいて あとは皆に任せてOK 時間を忘れちゃうくらい ワクワクする 新たな今日をあげる  愛も相も変わらずに 「こんにちは」「おはよう」「おやすみ」 一切合切まとめて ケーキに乗せるイチゴにしちゃえばいい なんでもない 日常がきっと おもしろくって たまらなくって  ずっと終わらないで パレードは君を連れて rutta rutta la la la la la ♪ ratta ratta la la la la la ♪ uh yeah!!
君のために輝くジュエルティーガ(岸尾だいすけ) & サイ(蒼井翔太) & リド(赤羽根健治)ティーガ(岸尾だいすけ) & サイ(蒼井翔太) & リド(赤羽根健治)吉田詩織高田雅史岩瀬聡志キラリ 夢のジュエル 奇跡乗せて降り注ぐ さあ 君の願い ここで叶えよう  街を優しく照らしている 真っ赤にきらめく太陽が歌い出せば 風が緑を揺らして夢を運び 青く広がる空をいっぱいに満たしていく  信じて!君をずっと 待ち望んでいたように 世界は輝く  キラリ 夢のジュエル 希望くれる宝物 まだ君に眠る 願いも  やがて目を覚まして 光弾け溢れ出す さあ 一緒に行こう 心配ないよ  澄んだ瞳に楽しいこと 映るたびまた幸せが増えていくよ 思わずこぼれた笑顔はダイヤモンド そんな時間が何よりも眩しい瞬間  気付いて!君にやっと 逢えたことが嬉しくて 世界は輝く  キラリ 夢のジュエル 心躍る願い事 もう止められない 想いは  生きる意味を知って 未来抱きしめてるから さあ 一緒に行こう 君を待ってるよ  「ほら、早く!オレに任せとけ!」 「あんたとなら、どんな時も特別になるよ」 「おいで。素敵な想い出をあげる」 「さあ、輝きを見つけよう!」  キラリ 夢のジュエル 君に届けプレゼント もっと輝かせて いつかは  続く果てない道 明かり灯す存在は ねえ 他でもない 君だよ  ヒトリ なんかじゃない この手ぎゅっと離さない そう この場所から はじまる  キラリ 夢のジュエル 奇跡乗せて降り注ぐ さあ 君の願い ここで叶えよう  キラリ きらめいて  「オマエはさ、笑ってろって!」 「ああ、あんたは笑顔が一番だ!」 「これからも、僕達の傍にいてくれる?」  キラリ 光り続けて  「ずっと」 「ずっと」 「ずっと」 「一緒に!」
はじまりは永遠マッドハッター(平川大輔) & キャピタ(浜田賢二) & ハーツ(梶裕貴)マッドハッター(平川大輔) & キャピタ(浜田賢二) & ハーツ(梶裕貴)吉田詩織高田雅史岩瀬聡志ティーカップに注ぐ紅茶は 君にとって何色に見える? 手に取ったマカロンの味 甘い?それとも苦い?  はじまりのはじめはどこに (なるほど、興味深い) はじまりは終わりでもある (流石!マジリスペクト!) はじめからはじまりは無いのか (面白い解釈ですね) 君はどう感じてる?  変わった景色で変わらなかった 不揃いな想いの欠片はずっと 求めてた 君の声、答えを待ち焦がれて 熱く冷めやらない紅茶はいまだ 残ったまま  嘘にならない嘘を並べて タルトにのせ食べてしまおうか 真実は体の中で 消える?留まっている?  終わりは誰が決めるのか (そんなの自分だろ!) 終わりははじまりでもある (なるほど…) 心が感じるままにいこう (では、聞いてみましょう) 君は何を思う?  「答えが見えづらいものにこそ興味を惹かれる」 「それは答えること、応えること、どちらをご所望ですか?」 「くーっ!やっぱりマッドハッタ―さんは言うことが違うぜ!」 「確かに答えがなくとも応えることはできる」 「疑問の数以上に答えはありますからね」 「俺にだって、見つけられるはずだよな!」  ここは終わりかはじまりか (解き明かしたい) いつだってはじまっている (それは良い返答ですね) ここがどんな世界になっても (気持ちは変わらない) 君は隣にいて  変わらない景色で変わっていく 鏡合わせの恋が叩くドアを 開くとき 君しか見えない 不思議が愛しくなる  変わった景色がさらに変わる 寂しさと幸せをわかりあって 巡り来る謎に向かって 君と歩めたらいい  どこまでも続くパーティの最中 不揃いな想いの欠片はずっと 求めてた 君の声、答えを待ち焦がれて ようやく訪れる  「お前のこと、ずっとずっと待ってたんだ!」 「貴方が現れ、私は新たな謎に出逢えた」 「ここでひとつ問いかけを。私達のこの問答に、 果たして意味はあるのでしょうか?君は、どう思います?」
ミライロケットMachicoMachicoMachico岩瀬聡志岩瀬聡志夢見る明日はきっと 新しいこと待ってる  描いてきた未来図を ぼんやりと 眺めても 少しも近づけない やり方も わからない 日が暮れる  別のことして 歩いてきたけど 胸の奥で強く 大きくなって  未来に繋がるロケット 夢見る明日はきっと 想像も 常識も ひっくり返る明日になる こんな世界ならきっと 夢の星たちで ギュウっと 詰め込んで 輝いて 溢れかえる 僕の宇宙へと  ほどけたヒモを直して しっかりと 前を見た 自分にただ聞いてみる 「やれるかい?」「わかんない。」 だけどきっと  理想の僕になれるように あの星を目指して 走ってきた  未来に繋がるロケット 夢見る明日はきっと 驚きも 発想も 生まれてくる明日になる そんな世界ならきっと 僕の星たちで パアッと 照らしだして 見つけだして 遠い遠いキミに飛ばそう  いつも見つけ出せない答えを 今日も当てはめてみるけど 隠しきれない不安 弱さも 高く 自分信じて飛び出せ!!  未来に繋がるロケット 夢見る明日はきっと ハッピーの 連続が 舞い込んでくる明日になる! 立ち止まりかけたとしても 音速パワーでビュウっと 加速して 飛び越えて ミライロケットに乗って  未来に繋がるロケット 夢見る明日はきっと 想像も 常識も ひっくり返る明日になる こんな世界ならきっと  僕の星たちで パアッと 照らしだして 見つけだして 溢れかえる この宇宙へ 想いを星に詰め込んで 遠い遠いキミのもとへと
I still lovin' you織田かおり織田かおり織田かおり戸田章世岩瀬聡志今なら言えるの 伝えきれないこと あの夜は これ以上ない強がりを 見せた日だった  いつかは分かるの 届かない恋だと その日まであと少しね 締め付ける 痛みを越えて  繋いだ指先 解ける 自然に そう 何気なくて 寄り添う二人の距離が 遠のく 言葉はいらない  愛を教えてくれたのはあなた 優しい声に包まれて なのにどうして立ち止まり これ以上はなくて 今日が懐かしく思えるように 悲しい涙 流さぬように “もう大丈夫”と言い聞かせ 素直になれないの I still lovin' you  あなたと私が 選んだこの道を歩いてく 辿り着いたその先は 何が見えるの  潤んだ痛みも いつかは消えるだろう その日まであと少しね 今日からは また 強くなる  明日が訪れる度に 一歩ずつ離れてゆくの 同じ場所には二度と 戻れない 本当は知ってた  愛を伝えきれなくてごめんね いつまでも愛おしい人 なのにどうして嘘つきで 答えはすぐそこね いつか見上げた空が微笑んで “ありがとう”が言えるその日まで ずっと大事に想ってる 私の強がりを I still lovin' you
僕らがいる吉岡亜衣加吉岡亜衣加吉岡亜衣加岩瀬聡志岩瀬聡志あの日僕ら 希望抱いて 信じていたね 夢は必ず叶うものと 今はまだ 明日でさえも手探りだけど 10年後にはきっと そう笑って語り合おう  目指す道は違うけれど ずっと心はひとつ 光をつかもう  僕らの旅はここから始まっていく 走り出すんだ 描いてた未来へ 何も怖がらなくていい ほら「どんな時も仲間」って 背中を押してくれる君がいる  逃げ出しそうな時 そっと肩をたたいて 「いつでも話聞くよ」 そう 励ましてくれたね  君はいつも誰より強く だけど優しいことも知っているよ  君がもしつらいときは 僕がいつでも ここにいるから 一人で泣かないで 完璧な人はいない 迷ってもいいんだよ 今度は背中を押すの僕の番だから  僕らの旅はここから始まっていく 走り出すんだ 描いてた未来へ 何も怖がらなくていい ほら「どんな時も仲間」って 背中を押してくれる君がいる  輝く未来には僕らがいる
スパゲティーを食べましょう所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志あなたの愛情はこちらから これじゃないかなんて拾い集めていますヨ 私がスパゲティーなどを大好きな事や お茶などこぼして あわてる様を 犬を育てるよりちょっと足したくらいの あなたの愛情を楽しんで スパゲティーを食べましょう  あなたの愛情に写るのは ここじゃないかなんて場所でかまえたつもりが ついでにしていただいた事など重なるうちに あふれるギリまでつがれたお茶の いやがらせなど 猫にエサやるよりちょっと乱暴なくらいの あなたの愛情を楽しんで 熱いお茶を飲みましょう  あなたの愛情がその辺に 落ちてないかなんて 思い出してもいますヨ イチゴをおいしい順に選んで食べない事や ラップの先をイライラしながら 見つける様も 少し笑っているよな どっちつかずが あなたが愛情を隠すので 見ないふりも いたしましょう  食べきれないでしょうの フライパン一杯の スパゲティーを食べましょう
買ったものを持ちましょう所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志好きになってしまったヨ 急に気がついちゃったんだけど カワイイ顔でちょっと笑いながら 僕を見ている  君が何か動くたびに 同じ事していたいって感じ でも笑顔つくる余裕が無い僕は カッコよさを出せないじゃない  「買ったもの持ちましょうか?」などのアプローチはいかが 精一杯の丁寧な言葉使いで 気がついてはくれないかな 早く「それじゃあネ」って言う前に  大好きって何度でも 耳にしている事でしょうが すべて届かないうちに また好きになってしまうので  君が僕を見るたびに 僕は何をすればいいの 見つめ合っちゃ なんか変な感じ カッコよく見られていたいじゃない  「甘いものはいいのですか?」などのアプローチはいかが 一生懸命のスムーズな段どりなんかで 気がついてはくれないかな 君が「それじゃあネ」って言う前に  買ったものはやはり持ちましょう わざとらしい感じだして アピールがうるさいと分かってて 嬉しそうな顔でしょう  甘いものも食べましょう 君より華やかさ抑えた アップルパイが意外と大きくて「腹減ってんのか」て感じになっちゃっても  「寒くなったネ、異常気象?」などのアプローチはいかが 話題がないのに何か話そうとするあたりで 気がついてはくれないかな 君が「それじゃあネ」って言いいそうで
好きな人所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志好きな人 心に残したまま SUKINAHITO KOKORONI NOKOSHITAMAMA  静かに 恋を見送ろう SHIZUKANI KOI WO MIOKURO  思い出は いつもキレイな君の OMOIDEWA ITSUMO KIREINA KIMINO  笑いました そんな事ばかり WARAI MASHITA SONNA KOTO BAKARI  泣いてしまいそうな お別れは NAITE SHIMAISOUNA OWAKAREWA  誤魔化す事 無理な 抱いてしまう GOMAKASUKOTO MURINA DAITESHIMAU  愛が この恋を そっとそっと そっと包む AIGA KONOKOIWO SOTTO SOTTO SOTTO TSUTSUMU  好きな人 心に残したまま SUKINAHITO KOKORONI NOKOSHITAMAMA  静かに 恋を見送ろう SHIZUKANI KOI WO MIOKURO  肩よせて 歩いた雨の中も KATAYOSETE ARUITA AME NO NAKAMO  包んで 大切にするよ TSUTSUNDE TAISETSUNI SURUYO  好きな人 この先どこまでも SUKINAHITO KONOSAKI DOKOMADEMO  キレイな 君を忘れない KIREINA KIMIWO WASURENAI  笑い出してほしい お別れは WARAIDASITE HOSII OWAKAREWA  僕の為に無理に 愛が欲しい BOKUNO TAMENI MURINI AI GA HOSII  心 あげたよ きっときっと きっと届く KOKORO AGETAYO KITTO KITTO KITTO TODOKU  好きな人 この先どこまでも SUKINAHITO KONOSAKI DOKOMADEMO  キレイな 君を忘れない KIREINA KIMIWO WASURENAI  また会えたらいいな お別れは MATA AETARA IINA OWAKAREWA  ツライことないよ 夢で見よう TSURAIKOTONAIYO YUMEDEMIYO  キミをこの胸に どこにいても KIMIWO KONOMUNENI DOKONI ITEMO  永遠に続くようにと TOWANI TSUDUKU YOUNITO  好きな人 心に残したまま SUKINAHITO KOKORONI NOKOSHITAMAMA  静かに 恋を見送ろう SHIZUKANI KOI WO MIOKURO
本当のトイレの神様所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志社会人になって10年目 実家に暮らしている アパートを借りようと 思うこともなく ただ実家に暮らしている  実家のトイレは古くさく いまだにしゃがみこむタイプだ この和式トイレの掃除を 嫌がる僕に おじいちゃんがこう言った  便所には それはそれは 意地悪な 神様がいるんだなもす なかなかふきとれない時など 神様がも一回ウンコをつけている 振り向いちゃダメヨ 振り向いちゃ  その日から僕は振り向いた 神様に会う為に ある日振り向いて驚いた おじいちゃんが立っていた  おじいさんここでいったい何をしてるんですか 僕は今、入ってますヨ ますヨ 何をかくそうこの私が 便所の神様だ  そう言うと 僕の背中あたりが 暖かなうたせ湯のような 神様は微笑みながら ジャアジャアと 上下左右にふりながら 「おじいさん」と声をかけても 神様には届かない  あれから月日は流れ 今は ひとり暮らしさ 思い出せば おじいちゃんはボケたふりをして  僕を外(よのなか)に放り出してくれたんだネ 今、おじいちゃんは施設で 神様と呼ばれているらしい
素敵な人達所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志世の中がなければ お金の意味もないのに どんな金でも盗んででもって 乱れだした 世の中どうする  お金でお金をつくれて ニコニコしている幸せは 食ってくそする以外は 動かない 心をどうする  見ためと理屈が素敵な人達は 汗や泥が大嫌いで 清潔イコールナチュラルですって 怖い顔して生きる  話しはないのに話しはやめないネェ メールの返事やゲームの行方で 忙しい 一日中どうする  都合のいい事並べて かしこいつもりでいますが 自分の我慢や努力は 機械まかせ スイッチのOFFなんていらない  永遠の命があるかのように 自然エネルギーの電気って 途中に使うものすべてを 気がつかないようにして生きる  頭がいい分 醜くなってゆきます ちっちゃい犬をお供にウワサ話 書いてある事は信じて  カロリーは少なく おいしいものを求め 困った国の子供達にも寄付をする この人どうする  あちらをたてるとこちらがたたず 言い合いが続くばかりで 騒がしい感じが やってる風に見えたりもするんで困る  子供を言い訳に 自転車の曲芸は許され リサイクルの旗のもとにゴミは増え 疑いはもたない  弱者が強くて 我が物顔で 権利を出しきって勝ちほこる 大きめに避けよう  お互いの存在は認めたふりで 自分の事が大好きって 遠慮してバランスとれた それからの事にしてヨ
こっちが聞いてんだ所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志この事についてお伺いたてております その件はこのまた上に お伺いをたてております  そしてその件はその又上に ゆきます 次々と時間は過ぎて 忘れたその頃に  何とかしなきゃネと 心配してるだけの返事 そして具体策も責任もなく 言い訳用のただし書きはじっくり考える  頭にくもの巣がはっちゃてんじゃねえかネ  高速道路が気持ちよく流れますよに 何年も工事は続き ご迷惑をかけております  そしてつながった 合流ジャンクションのおかげで 今までにないほどつまる 渋谷と新宿下り方面  東名にも中央にも ガッカリするほど長い列 そして車線の数は広がらずに 料金所だけを数増やしては も一度すぼませる  取るもの取っちゃえば 一方通行戻っちゃこない  輸出産業が円高のせいでダメだと言いますが その物を見て 私も欲しいと感じない  エコをからめてお金が流れてゆきます 来年の種まで食べて 実がなるわけもない  預けたお金が見当たらないのでこうしよう これは若い人が老人を養うのだ少子化だと困った側にまわる  地方の山を見下ろして 降りてはこない  こっちが聞いてんだ 山びこはぐるぐる回る
ハーレーの唄所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志ベースマンのカクノ君が カッコイイ僕のバイクを欲しがって SANDANCEのシバザキ君に あのハーレーがなんとかなんないかなって  所さんのあのハーレーは造るのに3年ぐらいかかりますよ そこをなんとかいい方法をと シバザキさんのお力で  ちょうどその時 所さんはナックルヘッドを欲しがっていた ナックルヘッドに改造するなら イチからやる方が早いですヨ あれから月日は2年も経っちゃった  つまりカクノ君はルンルンで カッコイイ僕のバイクを乗っている 用意しといた改造パーツも シバザキ君が内緒でつけた  僕のナックルヘッドは困難を極め 行くたび話題はそれてゆく カクノ君も少し気にして チューブのニューアルバム持ってきたりして  そう言えばあのバイクのGood Yearカラー 青と黄色がいい感じ XRをあの色に塗りなおしましょう 塗っちゃいましょう 塗ったらXRにひとつも合ってない  そしてバイクは出来上がる 最高を尽くしたテクノロジー ナックルヘッドの単気筒 誰一人として理解しない  このCDにもすべてに言える 目的無いのに燃えるエネルギー
涙の輸送船所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志三ヶ月遅れのバナナを載せた 船がゆくゆくハバナの港  いくら好きでも 熟しすぎちゃ柔らかい 並の堅さで着いてくれ  バナナ 着く頃は バナナ グニャグニャ ああんが あんがあんが 真っ黒ケ  忘れられない あなたはバカネ いらないって連絡したのに 着く港  青いバナナをコンテナ詰めて 船がゆくゆく ハバナの港  長い旅路で食べ頃その頃届くはず 風の便りを待つばかり  バナナ 積んだけど 船はまだまだ ああんが あんがあんが だいぶ先  前金振り込んだ あなたはバカネ ずいぶん前に出ましたよと 出前のようなウソをつく港  バナナ ひと財産 バナナ グニャグニャ あんが あんがあんが 真っ黒ケ  涙散る散る 群れ飛ぶ コバエ 処分する事 分かっているのに 汽笛が 着く港
夜はつづくから葺本光秀葺本光秀所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志一人で飲むのは せつないからと 似たような話のできる人  知らないどうしの背比べ 自分の話にもらい泣き  飲んでちょうだいなグッと まだ泣きたらないわ  一人じゃさみしい 路地裏の店 暖簾が揺れたわ 気のせいかしら  知らないどうしが頷いて 誰にもあるよと慰めた  やめてちょうだいな 夢を捨てたわけでもないわ  あれから何年 待たせる人に 届いちゃダメよと 心も飲んで  今夜のあんたに 身の上を わかってもらえりゃ 嬉しくて  ついでちょうだいな 夜はまだまだ続くから  飲んでちょうだいなグッと まだ泣きたらないわ
雪ゆらゆら葺本光秀葺本光秀所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志この雪はいつから 泣いているのでしょうか ゆらゆら ゆらゆら 重ねても またゆらゆら  この雪はどこから降りてきたのでしょうか あの人どこかにいったよな またゆらゆら  通りすぎてゆくよな 心に映る  降り続く雪は待つだけの女心 中に積もる あなたを求めるよに  この雪はいまから 何処へとゆくのでしょう ゆらゆら ゆらゆら 見つめては またゆらゆら  この雪はあなたに さよならを言わせずに 跡さえ 残さず 埋めるよに またゆらゆら  こぼれおちた涙も 冷たいような  降り続く雪は心まで 音を消して忘れさせる 想いだけを置いて  この雪が止む頃 何を無くすのでしょう ゆらゆら ゆらゆら あなたへと またゆらゆら  この雪が止まずにいてと願う心と あきらめましょうが 繰り返し またゆらゆら  雪を踏む音に 涙を拭くたびに  降り続く雪はあなたへと ゆらゆらおちて泣き続けて あなたがとけるまで  降り続く雪は私へと ゆらゆらおちて泣き続けて 私がとけるまで 私がとけるまで
送辞緒方恵美緒方恵美em:ou岩瀬聡志岩瀬聡志ふりむけば その微笑みにいつも 触れられる そう思いこんでいた 永遠なんて あるはずないと わかってたのに いつしか求めてた 愛を  ゆくがいい 今そこに 君を待ってる世界がある 立ち止まり 迷っても 何も畏れることはないさ 心はいつも傍に 君と共に歩いている  残り香が舞う 部屋の片隅で いつの日か また逢える時間(とき) 想う 揺るがぬものが この世にあること 教えてくれた 空より尊(たか)く広い 愛で  ゆけばいい 今そこに 君が求める世界がある 躓いて 転んでも 何度でも立ち上がればいい 拓いた土壌(さき)に撒いた種は やがて花を咲かす  ゆくがいい 今そこに 君を待ってる世界がある 立ち止まり 迷っても 何も畏れることはないさ ゆけばいい 今そこに 君が求める世界がある 躓いて 転んでも 何度でも立ち上がれるから 心はいつも傍に 君と共に歩いている 君をずっと愛している
横顔所ジョージ?所ジョージ?所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志海鳥の声もとぎれて 船の波の音さえも あなたを見つめた 横顔に消えて やさしさばかりで包んで さみしくなるのは どこか あなたが遠くに いる人のようで  二人はどこに行くの 遊びのはずの大人の恋でした 捨てたいはずの思い出に追われて 泣いているよな 海峡  あなたが求めた私は 涙ぐんでいる 今の 横顔みつめて いる人じゃないわ 海の色が深くなるよに 心の奥からにじむ あなたは本当は もどれない だけど  愛しているのだから ここであなたの言葉が今ほしい 冷たい風に運ばれそうで 強く抱いてよ 海峡  私と離れてしまえば どんなに楽でしょ あなた 横顔見てたら 別れましょうと  言い出すつもりだった 言葉が届かないよう願ってた このまま少し幸せの時間を 止めてください 海峡 このまま少し幸せの時間を 止めてください 海峡
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
モンゴル子守唄所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志モンゴル モンゴル ネンガラネンジュウ トウザイナンボク アッチー コッチー 夜牧 ヤギしめて食べましょ メェ~メェ~  陽が沈み 暗やみ 泣く子はいねぇかと子守唄  ラーラバイ ハーラバイ 遠のく意識と風の音 チンコチベットちぢむよな 夜はきびしい  モンゴル モンゴル ボンクレ正月 ドングリコロコロ ボンゴレ 天プラ さしみ 夢見て寝ましょう メェ~メェ~  朝陽あび 日とともに 母さん徹夜でジュウタン編んでた  ラーラバイ ハーラバイ 出かけたところであてもない ちょっとこれじゃあヒマラヤの 夜はきびしい  (セリフ) うるせぇ! 何時だと思ってんだよ! だいたい寝つけねぇだろこれじゃあ! 近所迷惑だ! って近所ねーし うるせぇ!うるせぇ!うるせぇ!
ダレダアMANのテーマ所ジョージ?所ジョージ?所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志私は誰だ 私は誰だァ だァ しがらみを越えて大人たちにィィ 個人の権利を 主張しちゃう 自由がこんがらがって 膨張しちゃう 私は誰だ ダーレダァMAN エイヤー(誰だ)エイヤー(誰だ) さーすらおう F10ライダー  私は誰だ 私は誰だァ だァ 契約や利権の大人たちにィィ その場のとっぱらいで 満足しちゃう のりしろくっっつけずに グラグラしてる 私は誰だ ダーレダァMAN キックだ(誰だ)パンチだ(誰だ) 月を越えてGOGOGO F10ライダー  (セリフ)「キャー助けてぇー!」 「お嬢さん、ここは私が…」 「私がって、あんたにキャーなんですけどー」 「えーーーーっ?!」 「あなた、悪い人だったのネ」 「そうなんです」  私は誰だ 私は誰だァ だァ 不都合を嫌う大人たちにィィ 肩書き筋書き 重きをおかない まじめな顔しちゃ そっちを見ない 私は誰だ ダーレダァMAN 鳥だ ロケットだ ミサイルだ 衛星だ マシマロは関係ない F10ライダー マシマロはどこだ F10ライダー
兄弟農地所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志親にもろうた 畑に立てば 兄きゃ嫁御と草むしり 自然農法 やるにはやるが 虫も農業もどっちもヤダと言う  男のキュウリ ぐるぐる曲がろが虫食おうが 気にすまい 市場の人よ 夕焼け雲に 明日を向えに行かないか 農家をかついでくれないか  大量のキャベツ となりもたくさん採れたようで どこかしこ 安値の先は ほかせとぬかす 採れなきゃ採れねで水のんで 採れたら採れたで泥なめて  機械買いたや 中古も買えず 洗う軍手も使えるもの合わせ 有機野菜と 肥たごかつぎ 除草剤だけウッカリまいてみる  輸入のあおり お国の方々誰の為の 取り決めと 米つくりたや リンゴを育てて 食いぶちつないでしのいだり 作って食えずがつづいたり  田んぼの涙 食べては流していつの間にやら 枯れ果てた 他国の米の 出来損ないも 捨てずに俺らが捨てられて よそ様大事は誰の為  (セリフ) 農家の姿 気にするお方はおりませんか この国には 薬を使う畑はやめたものの 俺らが薬を飲むばかりでございます ローンも限界と言われる中 テレビも地上デジタルに替わるそうです 軽トラの車検も近づいてまいりました 気づかないフリをするしかありません  米つぶひとつ おいらの命はそんなとこ なんだろが マムシの毒や 肥だめよけて 夜露をなめても生きてやる セルシオ買うまで生きてみる
ひとまちがい所ジョージ?所ジョージ?所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志ひとまちがい おもわせぶり 遊びがルールとこちらが決めていた はずなのに さみしくないかと まともに受けたら 商売なのよと言い出した横から 涙が  東京のネオンにじませ 私だけのやさしい人 夢を見ましょ せめて朝まで…  きっとあなたは いい人だから 悪い私の思い通りに ひとまちがい ひとまちがい  つかみかけて 届いたよな こちらの気持ちばかり空回りして いるような お互い様 忘れましょう 楽しい時間が重くなるのが 怖いから  東京のネオンの下で 心が今 動いたよな 熱い胸に すがり踊ろう…  きっとあなたは いい人だから 悪い私の思い通りに ひとまちがい ひとまちがい  好きになって しまったのと 打ち明けてみてもいつもの事のよで 変わらない 好きなのでしょ そちらだって 土足でどうぞと伝えたい 女心が  東京のネオンの中で 近づくよな 離れるよな 泣いてしまう 支えきれずに… この東京のネオンにじませ 私だけのやさしい人 夢を見ましょ せめて朝まで…  きっとあなたは いい人だから 悪い私の思い通りに ひとまちがい ひとまちがい ひとまちがい ひとまちがい
娘に贈る唄所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志いつまでも君を子供のように 感じたいと月日は流れ (もう戻りようがありません) 今この日をむかえて大人になる 君を見送ろう (どうしても行くのなら) 本当にお嫁に行くだなんて あんな奴のどこに惹かれて (何がいいんですか) こんな奴もやがて親になると 自分の事を重ねたら  うれしくて うれしくて 言葉じゃなんて言っていいか 分からない あなたの涙を見ていたら いい人に会えたんだネと 泣きました  (セリフ) ハイッ そこの私の娘よ よく聞きなさい いいですか 父という字は八という字に×と書いて父と読むのです 意味なんかありません いいですか 今日からあなたは新しい家族の元に行くのです この裏切り者が  愛と夢で騙されないように 衣食住があっての上と (ご飯が冷めたら愛も冷めてます) 辛い時はすぐに戻りなさい 分かりやすい親のところへ (笑顔で迎えましょうが) 本当にお嫁に行くだなんて 今止めても私は怒りません (むしろ笑うでしょう) あんなチビがいつの間にかでしょうか こんなキレイな人になり  うれしくて うれしくて 言葉じゃなんて言っていいか 分からない あなたの涙を見ていたら いい人に会えたんだネと 泣きました  (セリフ) ハイッ 私は泣いています 思えばあなたのお母さんと出会った時から ずっと泣かされています 父というものは泣かされたくて きっと一緒にいるものだと決めました 次は孫の顔を見て また 泣かされるのでしょう  うれしくて うれしくて 言葉じゃなんて言っていいか 分からない あなたの涙を見ていたら いい人に会えたんだネと 泣きました  (セリフ) 私は相当うれしがっておりますが お母さんの方がもっとうれしいはずです なにせ あなたを産んで育てて ここまで来たわけですから 出来れば私が産みたかった どうやって… 女の人は本当に素敵ですよネ  うれしくて うれしくて 言葉じゃなんて言っていいか 分からない あなたの涙を見ていたら 幸せ見つけたネと 泣きました  (セリフ) 最後に そのとなりに座っている男に言いますが 人生はめんどくさい事をちゃんとする事が幸せなのです ゴミ出しなんかニコニコしてやりなさい テーブルも拭きなさい 小便は座ってやりなさい 自分がどう思うかではなく 自分の妻にどう思われるかだけを気にしなさい 長くなりましたが “毎日笑顔” こんな事ですヨ 結婚は
邪魔にならない程度の僕で所ジョージ?所ジョージ?所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志あの娘の 心の中に 運んでみせる 邪魔にならない程度の僕に あの娘の 笑顔の横に いつも居てみせる 気持ち悪くない程度の距離で  好きと気が付かれないよに そっと 興味示さないと思われない 程度に  あの娘の心の中を そよ風ぐらい弱い 邪魔にならない程度の僕で  嬉しいってバレバレの顔じゃ もてるはずもないヨネ 出来る限りキリッとしてみますネ コーヒーいくらでも飲みます 時が進まないから 気が付けばケーキぐらい挟まなきゃ  できれば冷静にクールにしたい 笑わなけりゃ結構いい感じでしょう  あの娘の笑顔の中で そよ風ぐらい弱い 邪魔にならない程度の僕で  あの娘は ひとりでキレイで 僕はどうなんでしょ いる…だけで邪魔ってこたぁないよネ 聞いたら邪魔ってきっと言うでしょ だから聞きません こっち向いて好きって一度言ってヨ  それでその気になる僕じゃないし かと言ってウレシイに決まっているので  サービストークでいいから そよ風ぐらい弱い 邪魔にならない程度の僕に あの娘の心の中を そよ風ぐらい弱い 邪魔にならない程度の僕で
ガードレール所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志(どーなってんだいったい?ん?)  農業やっても儲かんネェから 悪さもしたくはなるは なにも儲けたくって始めた事でもないが あまりにも ひどいじゃないか 土から人の口に入れるものを作るんだ も少し金になってもいいんじゃないかネ  牛じゃなくても何でもいいよ 肉なり鳥でもいいよ そこにブランド付けたら飛ぶよに売れた あまりにも ひどいじゃないか 悪魔に心まで売り渡したネ ニコニコで掴んだお金ででっけぇお墓つくんだ  ガードレールの意味も分かるし 道路の意味も分かる だから聞いてんのはそれらをなぜ増やすかだ あまりにも ひどいじゃないか 真面目に働いて納税をするのは誰の為 お前ら食わして借金まであんだ  (セリフ) リサイクルとか言ってっけど 捨てなきゃリサイクルとかしなくていいんだから 捨てやすい物つくっといてリサイクルって どーなってんだ 何?  だまって聞いてるとそっち都合を たくさん並べたもんだネ すべて正義のタイトルで包んで隠す 地球とか 未来の為と いい人装えば楽で便利は続くんだと 山積みのゴミもルールを守ればOK  (ってそれじゃゴミなくなんないから)  世界のお国に気を遣ってる 小さな国があります それはお金はとれるし文句は言わない 仏様 みたいじゃないか それでも僕達は一人一人の出来る事 目の前の事をちゃんとやんだ ちゃんと  みっともないと言われないよに
5月6月末所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志つづく雨に頬づえ突いて 実るエンドウ豆に 5月も終わり 知らず生れたトマトの茎に 添え木立てなければと6月  空は虹をかけて 明日へ希望とつなぐような 雨あがりだ 顔ふき終る頃  つづく雨が心の中で 君に何をすればと ひと息つかせて 知らず過ぎた幸せかぞえ 付け加えられもせず7月  雲は白く浮かび ひとつぐらいはいかがでしょと 青い空だ 顔ふき終る頃  つづく雨はウソのように 今日もまた晴れたネと 早起きですネ いつも通り目を覚まして 静かながらすべてを感じて  今は朝を 僕のものだと思える満足が インゲン豆は も少し育ってから
素敵な言葉は愛にうまる所ジョージ所ジョージ所ジョージ所ジョージ岩瀬聡志言葉にならない 愛を目の前に 伝えられるかな 涙をガマンの変な顔 喜びの頂上が ここだと知らずにあわてたのでしょ 素敵な言葉があるはずなのに すてきな言葉は愛にうまる  言葉にできない 愛が込み上げて 泣くのはどうでしょう どこかで見たようになるものと 喜びの行く先が 回って心をなでつけたので 素敵な言葉をかけるはずが すてきな言葉は愛にうまる  言葉を並べて 愛のその中で 組み立てましょう 用意もしたのに足りないね 喜びはあふれ出し あなたへとどころか どちらへとどこへと 素敵な言葉で終わるはずの すてきな言葉は愛にうまる  喜びが永遠の つながる未来のはじまりと知り 素敵な言葉を探すほどに 悲しい自分が涙となり すてきな言葉が愛とわかる  愛につつまれた時 伝えるもの探し出せず あなたとなる 愛につつまれた時 思い出したその時まで 愛とわかる  すてきな言葉が 愛とわかる
I miss you岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岩瀬聡志それでもね また誰かを好きになれるのかなって 恋をして でも 傷つけて また 傷ついて…  Rainy days いつかは忘れられる時が来るの?  I miss you 変わり続ける季節 歩き出そうとしては I miss you あなたを探してしまう私がいる  帰り道 冷たい風 心 すり抜けてゆく 白い息でふざけあった日が まだ 昨日のようで  Shiny days 笑顔が大好きだよ きっと ずっと  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you この悲しみが通り過ぎるまで  泣かないように 空を見上げ 負けないように 思い出を伏せて いつも強くいることが 忘れることだと思ってた  I miss you 張り裂けそうでも ずっと あなたを想ってる I miss you 二度と叶わない恋とわかってても  I miss you せめて思い出の中で そっと微笑んで I miss you 確かなものが 今 ここにある あなたへの想い ただひとつ…
時計 (re-birth version)熊木杏里熊木杏里熊木杏里熊木杏里岩瀬聡志ある日君がくれた時計 薄いほこりかぶって 時を刻めないってつぶやいた 手に触れることもない  いつも未来見てた時計 愛の目盛りはかって 目には見えないけれどわかっていた 思い出になることを  十八の誕生日 時計は心臓をもち 二人を刻む 時間が生まれた  そこに愛はあったのかな? 四六時中 そばにいたのに そこに愛はあったのかな? 今こうして ひとりじゃ 時計は動かない  今夜君がくれた思い出 すべて月へ帰そう こんなに見つめられたら きっと 眠れなくなるから  十九の誕生日 時計は命をなくし 二度目のおめでとう 迎える日はなかった  ここに愛はあったのかな? 四六時中 そばにいたのに ここに愛はあったのかな? 今こうして 君のいない時間を生きても  ここに愛はもうないよ 実際のところ 本当はわからない ここに愛はあったのかな? そんなふうに思いながら 時計を奥へしまう
時の列車熊木杏里熊木杏里熊木杏里熊木杏里岩瀬聡志旅の先で 会いたい ちがう私と明日に 迎えてくれる場所は いつも新しい香り  ゆれる日ざし 胸に入れて 笑顔の花を持ち帰ろう 昨日の糸と 今日の糸が きっと結ばれた出会い  また行こうね またどこかで 会いましょうね その時まで 私らしく日々を過ごす 時の列車は いつでも  夢の先へ 行きたい いつかあこがれ見ていた 大人になってみても それは新しい扉  ゆれる心 開け放して 今日だけのことを探しにゆこう 見たことのない空が始まってゆく 戻れるよ 私に  手をつないで さぁ帰ろう 切符はもうあるんだから 私を待つ人のもとへ 時の列車は走るよ  これからの街へと 変わるときがあるけど 人がいる その場所は 今日を留めてるから  また行こうね またどこかで 会いましょうね その時まで 私らしく日々を過ごす 時の列車は いつでも
夏休み熊木杏里熊木杏里吉田拓郎吉田拓郎岩瀬聡志麦わら帽子は もうきえた たんぼの蛙は もうきえた それでも待っている 夏休み  姉さん先生 もういない きれいな先生 もういない それでも待っている 夏休み  絵日記つけてた 夏休み 花火を買ってた 夏休み 指おり待ってた 夏休み  畑のとんぼはどこ行った あの時逃してあげたのに ひとりで待ってた 夏休み  西瓜を食べてた 夏休み 水まきしたっけ 夏休み ひまわり 夕立 せみの声
ひみつ熊木杏里熊木杏里熊木杏里熊木杏里岩瀬聡志吐く息よりも白く 雪は降り続けてる 今 誰よりも近く あなたに寄り添いたい  右の耳は私の鼓動を 左耳は自分の心を聴いてる  恋の音がしていますか? 胸の声に尋ねさせて 私の恋は ひみつから始まる  もし 聴こえているなら 私にも届かせて もう あなたの声しか 眠りにもつけなくて  肩に触れた あなたの手がまだ 私のこと ひとりにさせずに残ってる  恋の音が聴こえています 胸に声があったなら 私の恋は ひみつにはできない  雪のように いつか消えてしまうなら あなたに伝える言葉は 持たないほうがいいのかな  恋がもし 止められるものなら 人は人を好きにはなれないから  恋の音が聴こえています 胸の鍵をはずしたくて 恋の音がしていますか? 胸の声に尋ねさせて 私の恋は ひみつにはできない
White Christmas岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岩瀬聡志Silent night Holy night I'm dreaming I'm longing for you  もうすぐ この街に雪が降る jingle bell 鳴り響く夜  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 願いがひとつ 叶いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと二人で奏でようメロディ  Silent night Holy night hold me tight I'm longing for you  街中 優しい光 包まれて shining star 煌めく christmas tree  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 二人の想い 解け合いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと幸せになれますように  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 願いがひとつ 叶いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! あなたと一緒に奏でるメロディ  I wish you a merry christmas! La La La merry christmas! 二人の想い 解け合いますように I wish you a white christmas! La La La merry christmas! 世界中 幸せになるように 雪に願いを
Power of LOVE岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岩瀬聡志give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握っている この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 恋のルーレット it's power of love!  「返信なんて 1分もあればできるでしょ」 って 言いたいけど あなた 困らせたくはないし 今日も友達 捕まえながら  愚痴る私 女の子はね 大好きな人の一言で Happyになれるものなのよ ねぇ 気づいてる?  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握ってる この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 走り出す 二人のルーレット  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you でも I know I know I know 忙しいのは解ってる give me, give me, baby! たまにしか会えないから 四六時中とは言わない 好きって言って!  shyなのか 不器用なのか あなたはいつも煮え切らない 久しぶりに会えたのに 肝心なとこで あと一言が足りないbaby!  “会いたかった”“寂しかった”とか 私 言われなきゃわかんないよ! ホントの気持ちなんて  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが思うほど 強くなんかない give me, give me, baby! もっと気にして I need you たまには 星を掻き分けて 会いにきて!  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you あなたが握ってる この恋の行方 give me, give me, baby! もっと気にして I need you 動き出す 走り出す 二人のルーレット  give me, give me, baby! もっと愛して I miss you でも I know I know I know 忙しいのは解ってる give me, give me, baby! たまにしか会えないから 四六時中とは言わない 好きって言って!
三十路街道 まっしぐら~社内恋愛編~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岩瀬聡志knock! knock! 君に何度 好きと言っても 足りない気持ち 年甲斐もなく 君が大好きだ!  up! up! up! 半分 いやかなりあきらめてた恋心 ときめくってもう何年ぶりかしら  踏み外しそうなあたしの浮き具合 仕事そっちのけ かなりヤバイことになってる  今日も君と 明日も君と 二人きりで 話せたらいいのにな  いつもそばで 君のそばで Ah ~ I love you 夢 みられたら 最高なのになっ。  shoot! shoot! 勝手にこの人が運命の人だと思い込んで 何度 失敗してきただろう  wait! wait! wait! トホホな恋に今度こそならないように 石橋叩きすぎて割れちゃいそうだ  上司に隠れて 打ちかけのメール いつランチに誘おうか 考えて もう15日…。  明日 雨でも 地球がぶっ飛んでも Ah ~ I love you 君がいるだけでいい なんだかんだって 口実作って 会いに行く~ 君のデスクまで 半径5m~  実家に帰れば 皆口揃えて 結婚はまだか?って いい人はいるのか?って 今にみてろー!  今日も君と 明日も君と 二人きりで 話せたらいいのにな  いつもそばで 君のそばで Ah ~ I love you 夢 見られたら 最高!  なんだかんだって 口実作って 会いに行く 目指すはひとつ! 寿退社!
太陽の花~どんなときでも 寂しい夜でも~岡本真夜岡本真夜岡本真夜岡本真夜岩瀬聡志コバルトの青空 太陽の花 向日葵のように 大きく笑って  初めて 夢抱いた あの時の気持ち 思い出して 歩いてみよう  心に未来を紡ぎましょう きっと誰にでも 輝かせられるものがある  Shalarila… どんなときでも Shalarila… 明日が待ってるから Shalarila… 自分を信じれば Shalarila… きっと どこまでも行ける  オリオンの星空 冬の大三角 シリウスに 願い続けて  心に愛を注ぎましょう いつの日にか “幸せ”溢れますように  Shalarila… 寂しい夜でも Shalarila… 明日は待ってるから Shalarila… 自分を信じて Shalarila… きっと 願いは叶うよ  Shalarila… どんなときでも Shalarila… 明日が待ってるから Shalarila… 自分を信じれば Shalarila… きっと どこまでも行ける  Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, I wish dream. Thursday, Friday, Saturday, Always  Sunday, Monday, Tuesday, Wednesday, I wish love. Thursday, Friday, Saturday, Always
モテたい音頭(気分はずーっと夏休み編)ヒライケンジヒライケンジヒライケンジヒライケンジ岩瀬聡志モテたいなーモテたいな~ アイスのフタをなめるけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ プールに入った日はお風呂に入らないけど モテたいな~ 汚い? 節約だよ モテたいなーモテたいな~ 扇風機にアーってやるけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ 線香花火がすぐに消えるけど モテたいな~ おい オレもすぐ消えるみたいじゃねーか モテたいなーモテたいな~ 虫がたかるけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ でっかい耳クソみんなに見せるけど モテたいな~ お前らもやるだろ モテたいなーモテたいな~ リンスのあとにシャンプーするけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ プールの中でおしっこするけど モテたいな~ 生あたたかーい モテたいなーモテたいな~ 変なメーカーのコーラ飲むけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ カキ氷を食べすぎて頭が痛くなるけど モテたいな~ みんな気をつけろー モテたいなーモテたいな~ 親戚の子供がなつかないけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ ファミレスのボタン連打するけど モテたいな~ もう飽きたか? モテたいなーモテたいな~ おしぼりの袋パーンとやるけどモテたいな モテたいなーモテたいな~ メールの件名のところに本文を書くけどモテたいな~ よーし 燃え尽きた
大きな古時計ヒライケンジヒライケンジHenry Clay Work・訳詩:保富康午Henry Clay Work岩瀬聡志大きなのっぽの古時計 おじいさんの時計 百年いつも動いていた 御自慢の時計さ おじいさんのうまれた朝に 買ってきた時計さ 今は もう動かない その時計 百年休まずに チクタクチクタク おじいさんと一緒に チクタクチクタク 今はもう動かない その時計  何でも知ってる古時計 おじいさんの時計 きれいな花嫁やってきた その日も動いてた うれしい事も悲しいことも みな知ってる時計さ 今はもう動かない その時計  うれしい事も悲しいことも みな知ってる時計さ 今はもう動かない その時計  真夜中にベルが鳴った おじいさんの時計 お別れの時が来たのを 皆に教えたのさ 天国へ昇るおじいさん 時計ともお別れ 今はもう動かない その時計 百年休まずに チクタクチクタク おじいさんと一緒に チクタクチクタク 今はもう動かない その時計  今はもう動かない その時計
ふたりぼっち安次嶺奈菜子安次嶺奈菜子安次嶺奈菜子安次嶺奈菜子岩瀬聡志穏やかな木漏れ日がふたりを優しく包む 過ぎていく季節の中で分かり合う 幸せって何だろう ふと思うけれど 変わらない心に愛が流れていく  新たな1ページを描き綴ろうとしてる ふたりの朝が始まるんだね 前のページ色褪せる 破れたページもある にじんだページもあるんだよね ちぐはぐでいい そのままがいい 描き続けていけたら ずっとあなたと  穏やかな木漏れ日がふたりを優しく包む 過ぎていく季節の中で分かり合う 幸せって何だろう ふと思うけれど 変わらない心に愛が流れていく  時にはペンを休め 振り返ってみようかな まっさらなページがあってもいい  だけど一緒に ほら暖かな光に包まれていたいの  隣にはあなたがいて そして いきていく私 独りぼっちじゃないよ ふたりきりでもない 私たち ふたりぼっち ぴったりの言葉 これからも宜しくね そして手をつなぐ  変わらない心に愛が流れていく
まだ見ぬ先へ高橋広樹高橋広樹村野直球高橋広樹岩瀬聡志この空の下 ぼくら今日も 泣いて笑って 遥かな道のり 歩こう umm…  朝日は鼓動連れて 東のドアを開ける 街を胸のすき間を 希望色に染めて  真新しい雫が つぼみを開かせてく 立ち止まってばかりじゃ 願いさえしぼみそうだよ  すぐなんで不安になるの 心はすぐに 傷つくけど 人はひとつ ダイジナモノ 守りきる強さ あるはず  まだ見ぬ先へ 回り道をしてもいつか 自分だけの未来 探そう この空の下 ぼくら今日も 泣いて笑って 遥かな道のり 歩こう umm…  夕日が今日を連れて 西の空へと帰る 蒸し暑さを残して 祈りの星が生まれてく  いまちゃんとイメージしよう 幸せなら あふれること どんな時代でも自分の 可能性ってやつを 信じて  旅の途中で 出会う全てに無意味なものなど なにひとつ ないのさ どんなときでも 夢を見上げ 風に吹かれ 果てしない空を 抱(いだ)こう umm…  まだ見ぬ先へ 回り道をしてもいつか 自分だけの未来 探そう この空の下 ぼくら今日も 泣いて笑って 遥かな道のり 歩こう  どんなときでも 夢を見上げ 風に吹かれ 果てしない空を 抱(いだ)こう umm…
もっと話をしよう高橋広樹高橋広樹桑原永江岩瀬聡志岩瀬聡志脈絡もなしに 不意に淋しくなって すれ違いつづきの 日々にやっと気づいた  君も同じかな? 横顔そっと覗けば 平気なフリ重ねて なんてカタクナな瞳  ずっと気づかなくて… ごめん  もっと話をしよう バカを言って叩いて くだらないケンカをして 笑い転げよう もっと素直になろうよ ほしいものをほしいと 言いあえる 出会った頃のふたりから、さあ 始めようよ  休みを合わせて どっか行く予定も 引き伸ばしたまま ずいぶん時は過ぎて  “そのうち”なんて日 ないと気づきながら いつか倍にして 遊ぼうって繰り返してた  ダメな男だった けれど  もっと話をしよう ぜんぶ聞いてあげるよ あとさきを考えずに 夜更かし、しよう もっとワガママでいいさ 今日をちゃんと笑おう 幸せはその繰り返し いつも一緒に 楽しもうよ  もっと話をしよう バカを言って叩いて くだらないケンカをして笑い転げよう もっと素直になろうよ ほしいものをほしいと 言いあえる出会った頃のふたりから、さあ 始めようよ
て~つなご。忍足侑士(木内秀信)忍足侑士(木内秀信)木内秀信木内秀信岩瀬聡志冷えた空気に 頬が凍えた バスの中で 眼鏡が曇る 「今年のイヴは サンタ来るかなぁ?」 届いたメールに 心が暖まってく  思えばこの三年間 仲間達と騒ぐだけの日々やった  滅多に味わったことないで こんな気持ち 今まで気付かんかった 攻めるん遅いかな?  緑のコート 赤いTシャツ 「随分早いクリスマスだね!」って フェンスの向こう あの夏の日に 無愛想な顔 返しただけやったなぁ  寒い寒い言うてても、なぁ 暖まれへんで、手繋ごうや  めっちゃお前のこと好きで しゃあないんやけど よう伝えられへんねん 不器用やから  繋いだ手をひいて 抱き寄せたら 心に誓うんや いつまでも Merry Merry Christmas 二人で Merry Merry Merry Christmas
眼鏡をはずす夜忍足侑士(木内秀信)忍足侑士(木内秀信)木内秀信木内秀信岩瀬聡志雨の匂い 煙るタワー いつもの場所 待ち合わせた午後  ふと漂う その大人の残り香 どこから連れてきたの?  交わす言葉 無くしたままそっと 唇 噛む  答え探す ただ俯(うつむ)く俺の 眼鏡をあなたがはずす夜  レンズで隠したのは 冷静さを保つだけじゃなくて  心許すことなど無いはずの 自分が怖かった  わずかな時間(とき) あなただけに見せる 本当の顔  疲れ果てた うたた寝する俺の 眼鏡をあなたがはずす夜  高まる気持ち おさえて振り返る 手を振るあなた  涙が頬つたう俺の 眼鏡をあなたがはずす夜 あなたが眼鏡をはずす夜
事理朴路美朴路美李醒獅竹田えり岩瀬聡志構えた刃は清浄か 削ぎ鍛えてきた新鋭の魂 己の気を絶つ一陣の風を巻き起こせ  正眼に据えた大太刀 循環無環 来往自在に この胸深くに養われている誠の意思  二度と祈ることもない 狐疑に堕ちることもない 只ならぬ名の精霊が 魂を導くだろう 既にこの時誇りはいらない  月色に染まる魂に 立ちはだかりき遮るもの全てを 払い捨てる髪も乱すことなく一太刀に 岩太刀のみ取れ臆さずに ただ歩を進め 求める先に 自らの命に代えるとしても惑いはない  災いは万里の外に 邪はさらに外へ 生と死の相をこそ絶ち 己の持てるもの今 明哲至極 無我無敵となれ  災いは万里の外に 邪はさらに外へ 生と死の相をこそ絶ち 斬り落としの間に入れ  二度と祈ることもない 狐疑に堕ちることもない 只ならぬ名の精霊が 魂を導くだろう 既にこの時誇りはいらない
春の青竜崎桜乃(高橋美佳子)竜崎桜乃(高橋美佳子)高橋美佳子Nieve岩瀬聡志桜咲く日に 思いの羽を届けて 願いを空に放つ 歌よ届いて 勝利の花を咲かせて いつまでも祈ってる  この憧れが生まれた場所へ フェンス越しにたたずむ 肩を並べて ああ 歩きたい 甘えてはいられない  ボールを追いかけた日々 無駄には出来ない 強くなりたい  花びら舞いて 心を青に染め上げ 願いを空に放つ 想い届いて 未来も夢も希望も この手に掴み取れる  みつあみ揺らし 春風たちが フェンス越しに流れる 出逢った時を ああ 忘れない まつげに揺れる木漏れ日  心に焼き付けた日々 さよならなんていわない いいよね  桜咲く日に 思いの羽を届けて 願いを空に放つ 歌よ届いて 勝利の花を咲かせて いつまでも祈ってる   花びら舞いて 心を青に染め上げ 願いを空に放つ 想い届いて 未来も夢も希望も この手に掴み取れる  桜咲く日に 思いの羽を届けて 願いを空に放つ 想い届けよ 翼 広げて飛びたて ここから見守ってる
CRAFTY忍足侑士(木内秀信)忍足侑士(木内秀信)corincorin岩瀬聡志難解論理ズラッと並べて 何十回だって KISS 下手な鉄砲さ  裏のウラを読み合って 修羅場ラバンバ立ち回る そうゲームは掌中(しょうちゅう)さ  眼鏡(レンズ)には何も仕掛けはないよ センスが自慢の PECULIAR FLAVOR 裏かいて先読んで弾き出せ そうだって僕は CRAFTY BOY  万能柔軟 BODY 駆使して 何百回だって TRY 天才も辛いね  攻めが遅れて『行ってよし』の声 本気 MODE 突入さ Ah もっともっと速く  YES か NO か見えない不敵なスマイル どんな困難だってそう Mr.ポーカーフェイス 裏かいて先読んで弾き出せ そうだって僕は CRAFTY BOY  眼鏡(レンズ)には何も仕掛けはないよ センスが自慢の PECULIAR FLAVOR 裏かいて先読んで弾き出せ そうだって僕は CRAFTY BOY YES か NO か見えない不敵なスマイル どんな困難だってそう Mr.ポーカーフェイス 裏かいて先読んで弾き出せ そうだって僕は CRAFTY BOY
DA・DA・DA向日岳人(保志総一朗)向日岳人(保志総一朗)corincorin岩瀬聡志きっと羽が生えてんだって少しは鼻も伸びてんの 跳べばいつもそうだ月面宙返り(ムーンサルト)ならできるよ  勝負は速攻がミソさInstant show time 早くしてよ羽取れちゃうぞ  ギリギリがいつも楽しいんだ グルグル回ってずっと勝ってんだ 油断がいつも大敵だ 気を抜いて負けたらきっと大変だ  空に出ればいつでも陽は僕に向いて笑ってんの 飛びたいんだずっと太陽宙返り(サンサルト)も教えてよ  飛べない羽なら変えてプリーズマイ神様 早く頂戴もう0-40(ラヴフォーティー)だ  ジリジリ体力減ってんだ ぐるぐるフラフラ跳べぬ JUMP BOY 鼻も折れる失態だ ペース配分はいつも心配だ  まだまだ跳んでみそ空高く 限界越えた時40-0(フォーティーラヴ)  ギリギリを越えて STEP UPだ まだまだ明日に向いて跳ぶんだ 跳ねるを飛ぶに変えんだ 僕の翼はもう目の前だ  ギリギリがやっぱ楽しいんだ グルグル回ってもっと勝つんだ 油断はまだ大敵だ 永遠の翼はみんな持ってんだ
Trial of luck千石清純(鳥海浩輔)千石清純(鳥海浩輔)T_TTAKAYOSHI岩瀬聡志例えばオレが王子で全てを手にしても この胸は誤魔化せない ジッとしてちゃいられない  欲しいモノは自分で手に入れなきゃね 何処にいてもキミをさらいに行くよ  Trial of luck 一か八かmove キミを賭けて戦う Trial of luck お約束なtruth 勇者ってのはどう?  例えばどんな敵もオレには敵(かな)わない 相手を騙すポーカーフェイス ラケット(けん)の切っ先突きつけて  回すルーレット たまには本気かけるかい? どんな時もオレに女神は笑う  Trial of luck 表と裏muse 紙一重にかわして Trial of luck なせばなるさcool 無敵ってのはどう?  Trial of luck 嘘と本当cube 楽しいコト探して Trial of luck ありきたりなrule 撃ち抜け!  Trial of luck 一か八かmove 紙一重にかわして Trial of luck なせばなるさcool 勇者ってのはどう?  Trial of luck 面白そなnews かき集めてばらまけ Trial of luck キミに送るyell ラッキーってのはどう?
青い炎木更津淳(鶴岡聡)&柳沢慎也(森訓久)木更津淳(鶴岡聡)&柳沢慎也(森訓久)江幡育子岩瀬聡志岩瀬聡志解き放たれたケモノのように しなやかにただ追いかけるのさ ふたりの鼓動ひとつに合わせ 青い炎 クールに燃やせ!  空高くどこまでも 飛びたてるさ 力強く続くラリー 行くぜバックのローボレー 苦手コース攻めるけどスキがないね バイブレーション感じてるよ 楽しくなる…!  さぁお手並みを拝見しよう 返してみせるどんなサーブも ラインを読んでミスを誘って 攻めてゆくぜ弱点狙え! 解き放たれたケモノのように 捕えてみせるその瞬間を ピンチのカゲにチャンスが見える HEART BEAT熱く 高まってゆく!  激しさを隠してる 瞳の奥 得意ワザを見せるだーね 叩きのめしてやる しぶといねあきれるよ そうでなくちゃね! コンビネーション覚悟しなよ ブチかますぜ!  今鮮やかにキメてみせよう ひるみはしない凄いテクにも ヤバいときほど燃えるBODY & SOUL 腕がなるぜ逃(のが)しはしない! 解き放たれたケモノのように しなやかにただ追いかけるのさ ふたりの鼓動ひとつに合わせ 青い炎 クールに燃やせ!  さぁお手並みを拝見しよう 返してみせるどんなサーブも ラインを読んでミスを誘って 攻めてゆくぜ弱点狙え! 解き放たれたケモノのように 捕えてみせるその瞬間を ピンチのカゲにチャンスが見える HEART BEAT熱く 高まってゆく!
ひとりぼっちのクリスマスKinKi KidsKinKi KidsSally-ShuSally-Shu岩瀬聡志秋が過ぎて冬の風に震えだす街並みに 忘れかけた白い雲の道が輝きだす どこまでも続く光のまぶしさの中で 1年中で1番の  素敵な日に出来たら X'mas Time 誰も知らない部屋でアジア1の 小さなクリスマスの灯 ともした さあ始まるよ  窓ガラスの向こう側に広がる白い街は 昨日までと少し違う 特別な日だから 今年こそ2人になれるなんて思ってたけど 何も君に伝えられずに  時間だけが過ぎてく X'mas Time 誰も知らない部屋でアジア1の 小さなクリスマスの灯 ゆれてる さあ始めよう  少しづつ消える街のあかり見つめてた 鐘の音が遠くで響く 君のこと探せない  X'mas Time 誰も知らない部屋でアジア1の 小さなクリスマスの灯もうすぐ消えるだろう X'mas Time 今夜は君を誘えたら良かったけど 誰もみな幸せになれる日なら良かったのにな  (SILENT NIGHT HOLY NIGHT ×4)
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. Boom Boom Back
  4. 第ゼロ感
  5. Romance

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. アルジャーノン
  3. Romance
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照