ふたりぼっち

この曲の表示回数 7,404

穏やかな木漏れ日がふたりを優しく包む
過ぎていく季節の中で分かり合う
幸せって何だろう ふと思うけれど
変わらない心に愛が流れていく

新たな1ページを描き綴ろうとしてる
ふたりの朝が始まるんだね
前のページ色褪せる 破れたページもある
にじんだページもあるんだよね
ちぐはぐでいい そのままがいい
描き続けていけたら ずっとあなたと

穏やかな木漏れ日がふたりを優しく包む
過ぎていく季節の中で分かり合う
幸せって何だろう ふと思うけれど
変わらない心に愛が流れていく

時にはペンを休め 振り返ってみようかな
まっさらなページがあってもいい

だけど一緒に ほら暖かな光に包まれていたいの

隣にはあなたがいて そして いきていく私
独りぼっちじゃないよ ふたりきりでもない
私たち ふたりぼっち ぴったりの言葉
これからも宜しくね そして手をつなぐ

変わらない心に愛が流れていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ふたりぼっち 歌手:安次嶺奈菜子

安次嶺奈菜子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-05-24
商品番号:CRCP-10142
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP