Blue

この曲の表示回数 1,735

あの蒸し暑さがたまらなく好き 雨の匂いを残したまま
太陽が笑う あの瞬間が好き 波の音に心が踊る 目を閉じてみるの

大海原に一人プカプカ浮いているような
何とも言えない心地よさが私の中を走る

今がこの世の終わりでもいい そんな気分だよ
そのまま流されていきたい あなたに

宝石をちりばめたように キラキラと光り揺れている
波の音に 心が安らぐ 大きく深呼吸してみる hu…胸に手をあてて

大きな空を独り占めして泳いでいるような
何とも言えない心地よさが私の中を走る

潮風なびくあなたの横顔 少しキュンとして
渇いた唇 そっとうるおしてよ
こんな気持ちになるなんて uh…思わなかった
全てBlueに流されていきたい

今がこの世の終わりでもいい そんな気分だよ
そのまま流されていきたい あなたに
初めて愛というものを知った日 あなたという
Blueに包まれ流されていきたい…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Blue 歌手:安次嶺奈菜子

安次嶺奈菜子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-04-04
商品番号:CRCP-40174
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP