米倉千尋の歌詞一覧リスト  176曲中 1-176曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
176曲中 1-176曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
「あいのうた」懐かしい香りがした 春待つ風に揺れる木漏れ日 そしてまた痛いくらい 切なさ残してく  二人歩いた道 風だけが通りすぎる この心はなぜあの人を あの季節を忘れないんだろう  何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 今は歌えない 笑顔、仕草…、ダブらせて見てる でもあなたじゃない 小さなため息が まだ寒い街に消えた  いつも待ち合わせした 古いカフェはそこにはない 壁際の白い花を ただ黙って見てる  泣いてばかりだった 冬は今終わってゆく この心はまた 新しい幸せに出会えるのかな  何度も何度も捨てるつもりでいた 雲の上 寝転んだポラロイド 明日からは想い出に変わる もうサヨナラだね… 新しい「あいのうた」誰かと歌えるように  何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 ずっと忘れない 淡い恋の痛みも 新しい季節の向こうに 懐かしい香りが私を包み 柔らかく吹きぬけた米倉千尋米倉千尋米倉千尋懐かしい香りがした 春待つ風に揺れる木漏れ日 そしてまた痛いくらい 切なさ残してく  二人歩いた道 風だけが通りすぎる この心はなぜあの人を あの季節を忘れないんだろう  何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 今は歌えない 笑顔、仕草…、ダブらせて見てる でもあなたじゃない 小さなため息が まだ寒い街に消えた  いつも待ち合わせした 古いカフェはそこにはない 壁際の白い花を ただ黙って見てる  泣いてばかりだった 冬は今終わってゆく この心はまた 新しい幸せに出会えるのかな  何度も何度も捨てるつもりでいた 雲の上 寝転んだポラロイド 明日からは想い出に変わる もうサヨナラだね… 新しい「あいのうた」誰かと歌えるように  何度も何度も聴いた二人だけの「あいのうた」 ずっと忘れない 淡い恋の痛みも 新しい季節の向こうに 懐かしい香りが私を包み 柔らかく吹きぬけた
I believe行き場のないかごの中で 震えながら泣いている ちっぽけで情けない あの頃の私 だった  どうすれば自由になれるの? 胸の奥叫んでた いつだって  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる さびついた道端に生きる花は 遠い空を目指し まっすぐに立つ強さを知った  悩みのない人間なんて 誰一人いやしないけど すれ違う彼女たちの笑顔 まぶしくて目を伏せた いつだって  I believe 生まれ変われるなら 悲しみに負けたりはしない 痛いほどしなやかに生きる 花のような 汚れのない 誇りを抱いて生きていたい  こんな私 に差しのべてくれる 優しく強いその手を信じて…  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる さびついた道端に生きる花は 遠い空を目指し まっすぐに立つ強さを知った  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる米倉千尋米倉千尋米倉千尋勝又隆一行き場のないかごの中で 震えながら泣いている ちっぽけで情けない あの頃の私 だった  どうすれば自由になれるの? 胸の奥叫んでた いつだって  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる さびついた道端に生きる花は 遠い空を目指し まっすぐに立つ強さを知った  悩みのない人間なんて 誰一人いやしないけど すれ違う彼女たちの笑顔 まぶしくて目を伏せた いつだって  I believe 生まれ変われるなら 悲しみに負けたりはしない 痛いほどしなやかに生きる 花のような 汚れのない 誇りを抱いて生きていたい  こんな私 に差しのべてくれる 優しく強いその手を信じて…  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる さびついた道端に生きる花は 遠い空を目指し まっすぐに立つ強さを知った  I believe 私 はここにいる この場所で歩き続けてる
青空とキミへSUMMER LIVE 熱い風を感じて 終わらない夏を抱きしめて  眩しい太陽の下 南風に乗って新しい季節が始まる 狭い都会(ジャングル)抜け出し 裸足のまま大地蹴って どこまでも行こう  グレーに色褪せてゆく時間の中で 夢描く そんな気持ち 忘れていた…  ―YESTERDAYS― 瞳を閉じれば甦る 青空とキミがくれた宝物(メモリーズ) SUMMER LIVE 熱い風を感じて もう一度 夏を抱きしめて  胸のコンパスは 遥か地平線の彼方目指し さぁ一緒に行こう  陽射しのスコール浴びて 洗い流した 涙もいつかきっと 虹に変えて  TO THE SKY 遠い空を見上げてる 忘れない キミと歌った Melody SUMMER LIVE 今ここから始まる 終わらない夏を抱きしめて  小さなこの願いを届けたい 青空とキミがくれた未来(あす)へ SUMMER LIVE 熱い風を感じて もう一度 夏を抱きしめて  TO THE SKY 遠い空を見上げてる 忘れない キミと歌った Melody SUMMER LIVE 今ここから始まる 終わらない夏を抱きしめて  この願い 青空とキミへ米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽SUMMER LIVE 熱い風を感じて 終わらない夏を抱きしめて  眩しい太陽の下 南風に乗って新しい季節が始まる 狭い都会(ジャングル)抜け出し 裸足のまま大地蹴って どこまでも行こう  グレーに色褪せてゆく時間の中で 夢描く そんな気持ち 忘れていた…  ―YESTERDAYS― 瞳を閉じれば甦る 青空とキミがくれた宝物(メモリーズ) SUMMER LIVE 熱い風を感じて もう一度 夏を抱きしめて  胸のコンパスは 遥か地平線の彼方目指し さぁ一緒に行こう  陽射しのスコール浴びて 洗い流した 涙もいつかきっと 虹に変えて  TO THE SKY 遠い空を見上げてる 忘れない キミと歌った Melody SUMMER LIVE 今ここから始まる 終わらない夏を抱きしめて  小さなこの願いを届けたい 青空とキミがくれた未来(あす)へ SUMMER LIVE 熱い風を感じて もう一度 夏を抱きしめて  TO THE SKY 遠い空を見上げてる 忘れない キミと歌った Melody SUMMER LIVE 今ここから始まる 終わらない夏を抱きしめて  この願い 青空とキミへ
暁の車風さそう木陰に俯せて泣いてる 見も知らぬ私を私が見ていた 逝く人の調べを奏でるギターラ 来ぬ人の嘆きに星は落ちて  行かないで、どんなに叫んでも オレンジの花びら静かに揺れるだけ やわらかな額に残された 手のひらの記憶遥か とこしえのさよならつま弾く  優しい手にすがる子供の心を 燃えさかる車輪は振り払い進む 逝く人の嘆きを奏でてギターラ 胸の糸激しく掻き鳴らして  哀しみに染まらない白さで オレンジの花びら揺れてた夏の影に やわらかな額を失くしても 赤く染めた砂遥か越えて行く さよならのリズム  思い出を焼き尽くして進む大地に 懐かしく芽吹いて行くものがあるの  暁の車を見送って オレンジの花びら揺れてる今も何処か いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで 消さないで灯火 車輪は廻るよ米倉千尋梶浦由記梶浦由記風さそう木陰に俯せて泣いてる 見も知らぬ私を私が見ていた 逝く人の調べを奏でるギターラ 来ぬ人の嘆きに星は落ちて  行かないで、どんなに叫んでも オレンジの花びら静かに揺れるだけ やわらかな額に残された 手のひらの記憶遥か とこしえのさよならつま弾く  優しい手にすがる子供の心を 燃えさかる車輪は振り払い進む 逝く人の嘆きを奏でてギターラ 胸の糸激しく掻き鳴らして  哀しみに染まらない白さで オレンジの花びら揺れてた夏の影に やわらかな額を失くしても 赤く染めた砂遥か越えて行く さよならのリズム  思い出を焼き尽くして進む大地に 懐かしく芽吹いて行くものがあるの  暁の車を見送って オレンジの花びら揺れてる今も何処か いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで 消さないで灯火 車輪は廻るよ
あなたがいた季節冷たい雨に 煙るグランド あの日のあなたが 駆け抜けてゆく 泥んこのゴール きめた横顔 誰より 好きだったわ  卒業しても あなたとずっと 歩いてゆけると 思っていたの たとえ季節が いくつ過ぎても 変わらずいられると  待ち合わせた 古い図書館 木洩れ陽に 隠れるように 初めてキスした あの夏  どれくらい 同じ季節を ふたり 過ごしたかしら あなたしか 見えなかったの いつでも どんなときも  今も 心の中に 眩しい あなたがいる  栞がわりの あなたの写真 テレると笑顔が 幼くなるの つたないだけの あの日のダイアリー あなたがいた季節  ひと雨ごと 夏が来るたび 少しずつ 遠くなる日々 いつか 忘れてしまうから  もう二度と 戻れないけど 想い出は そばにある ときどきは思い出してね ふたり過ごした季節  夢中で 走り抜けた 季節が 瞳閉じる  もう二度と 戻れないけど 想い出は そばにある あなたしか 見えなかったの いつでも どんなときも  今も 心の中に 眩しい あなたがいる  眩しい あなたがいる米倉千尋渡辺なつみ夢野真音亀田誠治冷たい雨に 煙るグランド あの日のあなたが 駆け抜けてゆく 泥んこのゴール きめた横顔 誰より 好きだったわ  卒業しても あなたとずっと 歩いてゆけると 思っていたの たとえ季節が いくつ過ぎても 変わらずいられると  待ち合わせた 古い図書館 木洩れ陽に 隠れるように 初めてキスした あの夏  どれくらい 同じ季節を ふたり 過ごしたかしら あなたしか 見えなかったの いつでも どんなときも  今も 心の中に 眩しい あなたがいる  栞がわりの あなたの写真 テレると笑顔が 幼くなるの つたないだけの あの日のダイアリー あなたがいた季節  ひと雨ごと 夏が来るたび 少しずつ 遠くなる日々 いつか 忘れてしまうから  もう二度と 戻れないけど 想い出は そばにある ときどきは思い出してね ふたり過ごした季節  夢中で 走り抜けた 季節が 瞳閉じる  もう二度と 戻れないけど 想い出は そばにある あなたしか 見えなかったの いつでも どんなときも  今も 心の中に 眩しい あなたがいる  眩しい あなたがいる
甘い甘い毒誰もいない部屋 漂う水の音 月明かりにサカナは踊る  安っぽいだけのあたしの抜け殻 隠れるようにシーツに包まった  赤い果実を欲しがっただけ 満たされても足りなかった幸福(もの)  甘い甘い毒 凪いだ心 壊れてしまう  あなたを嫌いになったわけじゃなくて ただ優しさが痛かっただけなの 月は海から生まれてきて 何もなかったようにまた海に帰る それだけよ…  ガラス細工の左手の指輪 まるで 残酷なあたしの涙ね  ささやかな嘘で塗りつぶした 余白のないダイアリーと留守番電話(メッセージ)  甘い甘い毒 濡れた理性 崩れてしまう  あなたと恋に落ちた朝みたいに 寄り添えばただのサカナに戻れる? 月は海から生まれてきて 何もなかったようにまた海に帰る 叱ってよ…  赤い果実を欲しがっただけ 満たされても足りなかった幸福(もの)  甘い甘い毒 凪いだ心 壊れてしまう  あなたを嫌いになったわけじゃなくて ただ優しさが痛かっただけなの 月は海から生まれてきて 何もなかったように 温い海に帰ってゆくだけ それだけよ…米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋誰もいない部屋 漂う水の音 月明かりにサカナは踊る  安っぽいだけのあたしの抜け殻 隠れるようにシーツに包まった  赤い果実を欲しがっただけ 満たされても足りなかった幸福(もの)  甘い甘い毒 凪いだ心 壊れてしまう  あなたを嫌いになったわけじゃなくて ただ優しさが痛かっただけなの 月は海から生まれてきて 何もなかったようにまた海に帰る それだけよ…  ガラス細工の左手の指輪 まるで 残酷なあたしの涙ね  ささやかな嘘で塗りつぶした 余白のないダイアリーと留守番電話(メッセージ)  甘い甘い毒 濡れた理性 崩れてしまう  あなたと恋に落ちた朝みたいに 寄り添えばただのサカナに戻れる? 月は海から生まれてきて 何もなかったようにまた海に帰る 叱ってよ…  赤い果実を欲しがっただけ 満たされても足りなかった幸福(もの)  甘い甘い毒 凪いだ心 壊れてしまう  あなたを嫌いになったわけじゃなくて ただ優しさが痛かっただけなの 月は海から生まれてきて 何もなかったように 温い海に帰ってゆくだけ それだけよ…
ALIVE冷たい雨の中で 光を探してる この胸に宿る想い 消えないで  過去(きのう)よりも 明日を生きるのは 悲しみ越えられる強さ 教えてくれたから  夢に見た楽園に 僕は虹を架けよう 約束の未来図から生まれるさ Keep my hope alive  月明かり見えない夜 温もり感じてる 雫れる涙 いつか絆になる  孤独(ひとり)じゃない そう思えるから 誰もが抱えてる弱さ 強く抱きしめたい  それぞれの未来図が 道を照らしている だからもう 何も迷うことはない Keep my hope alive  いま旅路の彼方へ 希望(ゆめ)の飛行船(ふね)に乗って いつの日か 輝けるその時まで Keep chasin' the dream  遠く遠くても 微笑みを抱いて 信じたその道を 僕らは歩き続ける  夢に見た楽園に 僕は虹を架けよう 約束の未来図から生まれるさ Keep my hope alive  いま旅路の彼方へ 希望(ゆめ)の飛行船(ふね)に乗って いつの日か また会えるその時まで Keep chasin' the dream米倉千尋鵜島仁文鵜島仁文岩本正樹冷たい雨の中で 光を探してる この胸に宿る想い 消えないで  過去(きのう)よりも 明日を生きるのは 悲しみ越えられる強さ 教えてくれたから  夢に見た楽園に 僕は虹を架けよう 約束の未来図から生まれるさ Keep my hope alive  月明かり見えない夜 温もり感じてる 雫れる涙 いつか絆になる  孤独(ひとり)じゃない そう思えるから 誰もが抱えてる弱さ 強く抱きしめたい  それぞれの未来図が 道を照らしている だからもう 何も迷うことはない Keep my hope alive  いま旅路の彼方へ 希望(ゆめ)の飛行船(ふね)に乗って いつの日か 輝けるその時まで Keep chasin' the dream  遠く遠くても 微笑みを抱いて 信じたその道を 僕らは歩き続ける  夢に見た楽園に 僕は虹を架けよう 約束の未来図から生まれるさ Keep my hope alive  いま旅路の彼方へ 希望(ゆめ)の飛行船(ふね)に乗って いつの日か また会えるその時まで Keep chasin' the dream
嵐の中で輝いてGOLD LYLIC嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  蒼く果てない 宇宙(そら)の片隅で 生まれた夢が 今小さくても あなたの瞳に映る明日を 誰よりそばで 信じていたい  凍りつくような 強い風でさえ その胸に輝く 夢を消したり そうよ 消したりなんて出来ない  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  傷つくたびに 孤独を抱いても あふれる涙 勇気に変えて 戸惑うことを けして怖れずに 未来のドアを その手で開けて  あなたの話す 夢が好きだから まだ遠い明日も きっと迷わず そうよ 迷わず越えてゆけるの  嵐の中で輝いて いつだってみつめているよ 傷ついた あなたの両手で 明日がほら 生まれてゆく 輝いてゆく  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたいGOLD LYLIC米倉千尋渡辺なつみ夢野真音見良津健雄嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  蒼く果てない 宇宙(そら)の片隅で 生まれた夢が 今小さくても あなたの瞳に映る明日を 誰よりそばで 信じていたい  凍りつくような 強い風でさえ その胸に輝く 夢を消したり そうよ 消したりなんて出来ない  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  傷つくたびに 孤独を抱いても あふれる涙 勇気に変えて 戸惑うことを けして怖れずに 未来のドアを その手で開けて  あなたの話す 夢が好きだから まだ遠い明日も きっと迷わず そうよ 迷わず越えてゆけるの  嵐の中で輝いて いつだってみつめているよ 傷ついた あなたの両手で 明日がほら 生まれてゆく 輝いてゆく  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい  嵐の中で輝いて その夢をあきらめないで 傷ついた あなたの背中の 天使の羽 そっと抱いて 抱いてあげたい
Are you happy?ずっと好きだって言ったじゃない あれは全部ウソだったっていうの 一睡もできないまま I cried ねぇ これで本当に終わっちゃうの  昨日 届いたメールは まさにセイテンノヘキレキ いつもの悪い冗談なんでしょ こんなBAD END 絶対 受け入れないわ  髪を切ったのも 爪を短くしたのも あいつの favorite style なのに正反対のあの子を好きになったなんて ふざけないで 最低な週末 Are you happy?  何にも気づかなかった 友情よりも愛情ってことなの 「ステキな彼だね」って she said ねぇ いつからそうなっていたの  今日 残した留守電は そうよセンセンフコク 覚悟はちゃんとできてるんでしょ きっと KNOCK DOWN 絶対 見逃さないわ  ヒールをやめたのも 淡いローズピンクの口紅も あいつの favorite style こんな純情になったあたしを裏切れるなんて 許さないわ 最低なあいつ  でも 寝ぼけてぐずった声 いたずら少年の笑顔 八つ当たりしちゃうとか イイとこワルいところ全部 もう みんなみんな忘れてやるんだから  ずっと好きだって言ったじゃない あれは全部ウソだったっていうの 一瞬の過ちなら I forgive a bad end 水に流してあげるわ  髪を切ったのも 爪を短くしたのも あいつの favorite style なのに正反対のあの子を好きになったなんて ふざけないで  ラメ入りのピンヒールと 深紅な口紅で街に出るわ あたしの favorite style ありのままじゃなきゃ 本当の自分でいかなくちゃ ありがとう 最高の収穫 Are you happy?米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayamaずっと好きだって言ったじゃない あれは全部ウソだったっていうの 一睡もできないまま I cried ねぇ これで本当に終わっちゃうの  昨日 届いたメールは まさにセイテンノヘキレキ いつもの悪い冗談なんでしょ こんなBAD END 絶対 受け入れないわ  髪を切ったのも 爪を短くしたのも あいつの favorite style なのに正反対のあの子を好きになったなんて ふざけないで 最低な週末 Are you happy?  何にも気づかなかった 友情よりも愛情ってことなの 「ステキな彼だね」って she said ねぇ いつからそうなっていたの  今日 残した留守電は そうよセンセンフコク 覚悟はちゃんとできてるんでしょ きっと KNOCK DOWN 絶対 見逃さないわ  ヒールをやめたのも 淡いローズピンクの口紅も あいつの favorite style こんな純情になったあたしを裏切れるなんて 許さないわ 最低なあいつ  でも 寝ぼけてぐずった声 いたずら少年の笑顔 八つ当たりしちゃうとか イイとこワルいところ全部 もう みんなみんな忘れてやるんだから  ずっと好きだって言ったじゃない あれは全部ウソだったっていうの 一瞬の過ちなら I forgive a bad end 水に流してあげるわ  髪を切ったのも 爪を短くしたのも あいつの favorite style なのに正反対のあの子を好きになったなんて ふざけないで  ラメ入りのピンヒールと 深紅な口紅で街に出るわ あたしの favorite style ありのままじゃなきゃ 本当の自分でいかなくちゃ ありがとう 最高の収穫 Are you happy?
Yes,I Will溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  出逢いは偶然じゃない 予感は永遠(とわ)のTime Sensation 新しい明日への 愛のフルーツ  心のドアがあなたへ まっすぐ開かれて行く 果てしない未来へと 輝いてく  誰より懐かしい その胸が好きよ どんな悲しみも 眠りにつくわ  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  変わり続ける街並み あなたとくぐる Life Emotion 分かち合う切なさを 感じたいの  傷つき悩んでた 月日の分だけ 熱いときめきで 満たされてゆく  ずっとずっと 離さないで 戸惑いにはぐれても 世界中の 愛を胸に 心から Yes, I Will  “Yes, I Will”Wow Wow “I Love You”  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  ずっとずっと 離さないで 戸惑いにはぐれても 世界中の 愛を胸に 心から Yes, I Will  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will米倉千尋渡辺なつみ夢野真音亀田誠治溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  出逢いは偶然じゃない 予感は永遠(とわ)のTime Sensation 新しい明日への 愛のフルーツ  心のドアがあなたへ まっすぐ開かれて行く 果てしない未来へと 輝いてく  誰より懐かしい その胸が好きよ どんな悲しみも 眠りにつくわ  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  変わり続ける街並み あなたとくぐる Life Emotion 分かち合う切なさを 感じたいの  傷つき悩んでた 月日の分だけ 熱いときめきで 満たされてゆく  ずっとずっと 離さないで 戸惑いにはぐれても 世界中の 愛を胸に 心から Yes, I Will  “Yes, I Will”Wow Wow “I Love You”  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will  ずっとずっと 離さないで 戸惑いにはぐれても 世界中の 愛を胸に 心から Yes, I Will  溢れる愛を 抱きしめたい 百億の時を越え あなただけに 愛されたい 迷わずに Yes, I Will
It's a beautiful day海岸沿い すべるハイウェイ 絵ハガキみたいな水平線 キラキラリ キラリ 光ってる  8時ちょうど 太陽はSMILE 波の五線譜を響かせて フワフワリ 飛び回るカモメたち  次の oui yeah パーキング見つけたら 朝ごはんにしよう 窓を開けて 海風とKISSをした  チーズバーガー&缶コーヒー oui yeah×2 曇りのち晴れになる 手を振って sha-la-la×2 歌えばほら so it's a beautiful day  週末ドライブ プチ・バカンス 青空チューナー響かせて サニーサンデー 入道雲を目指すよ  いつも oui yeah ケンカばかりだったけど 今朝の占い「ラッキープレイスは“海”です」覚めないで…  ボーダーシャツ&黒いG-SHOCK oui yeah×2 雨上がり虹になる 駆け寄って sha-la-la×2 影ぼうしもほら 並んで笑う  チーズバーガー&缶コーヒー oui yeah×2 曇りのち晴れになる 手を振って sha-la-la×2 とっておきのHoliday  ボーダーシャツ&黒いG-SHOCK oui yeah×2 雨上がり虹になる 駆け寄って sha-la-la×2 歌えばほら so it's a beautiful day米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋海岸沿い すべるハイウェイ 絵ハガキみたいな水平線 キラキラリ キラリ 光ってる  8時ちょうど 太陽はSMILE 波の五線譜を響かせて フワフワリ 飛び回るカモメたち  次の oui yeah パーキング見つけたら 朝ごはんにしよう 窓を開けて 海風とKISSをした  チーズバーガー&缶コーヒー oui yeah×2 曇りのち晴れになる 手を振って sha-la-la×2 歌えばほら so it's a beautiful day  週末ドライブ プチ・バカンス 青空チューナー響かせて サニーサンデー 入道雲を目指すよ  いつも oui yeah ケンカばかりだったけど 今朝の占い「ラッキープレイスは“海”です」覚めないで…  ボーダーシャツ&黒いG-SHOCK oui yeah×2 雨上がり虹になる 駆け寄って sha-la-la×2 影ぼうしもほら 並んで笑う  チーズバーガー&缶コーヒー oui yeah×2 曇りのち晴れになる 手を振って sha-la-la×2 とっておきのHoliday  ボーダーシャツ&黒いG-SHOCK oui yeah×2 雨上がり虹になる 駆け寄って sha-la-la×2 歌えばほら so it's a beautiful day
斎歌-いつきうた-太古(いにしえ)の陽炎(かげろう)が 映(は)ゆる銀河(みなも)の音律(しらべ) 貴方(あなた)が歩む軌跡(あしどり) その眼差し 永遠を希(もと)め  愛しい人よ 今まで待ち続けたここで これからずっと  見つめてるよ ただ寄り添うように 零(ゼロ)に還ってゆく その日まで  清らかな木洩れ陽が 分かつ 双(ふた)つの世界 魂の詩(うた)よ 響け 引き裂かれた 哀しみの焔(ほのお)  優しい時よ ゆだねよう傷ついた心 諍(いさか)うよりも 大事なこと そっと漂うように 愛が巡ってくる その日まで  愛しい人よ 今まで待ち続けたここで これからずっと  そばにいるよ ただ寄り添うように 雫に還ってゆく いつまでも  果てぬ螺旋(らせん) ゆだねよう迷(まよ)い子の光 流星たちが 夜空埋めた そっと夢見るように 愛が巡ってくる ……祈り……米倉千尋K.INOJO本田恭之本多恭之太古(いにしえ)の陽炎(かげろう)が 映(は)ゆる銀河(みなも)の音律(しらべ) 貴方(あなた)が歩む軌跡(あしどり) その眼差し 永遠を希(もと)め  愛しい人よ 今まで待ち続けたここで これからずっと  見つめてるよ ただ寄り添うように 零(ゼロ)に還ってゆく その日まで  清らかな木洩れ陽が 分かつ 双(ふた)つの世界 魂の詩(うた)よ 響け 引き裂かれた 哀しみの焔(ほのお)  優しい時よ ゆだねよう傷ついた心 諍(いさか)うよりも 大事なこと そっと漂うように 愛が巡ってくる その日まで  愛しい人よ 今まで待ち続けたここで これからずっと  そばにいるよ ただ寄り添うように 雫に還ってゆく いつまでも  果てぬ螺旋(らせん) ゆだねよう迷(まよ)い子の光 流星たちが 夜空埋めた そっと夢見るように 愛が巡ってくる ……祈り……
いつの日か遠い日の無邪気な想い出 どこかに置き去りにしたようで 陰りのない笑顔をもう一度 取り戻したいと願った  戸惑ってる見知らぬ階段を 越えればきっと何かあるだろう  忘れないあの輝き ひたむきな瞳のままで 弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから  いつもよりはしゃぎ過ぎた後 なぜかむなしい風が吹いてる こんなにも心から人を 求めたことはなかったよ  アルバムを開くとそこには 今も夢が溢れている  涙が流れそうなら 遥か遠い空を見上げ 偽りのない光で 太陽は微笑んでる  悲しみにも負けない心は 傷ついて強くなってゆく いつの日か…  アルバムを開くとそこには 今も夢が溢れている  忘れないあの輝き ひたむきな瞳のままで 弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから  悲しみにも負けない心は 傷ついて強くなってゆく いつの日か…  本当の愛を知ったら 生きてゆく訳を知るだろう どんなに大きな夢も つかめそうな勇気生まれる  心ない誰かの声 時には君を責めるだろう どんなことにも負けないで きみの後ろに道はできる…米倉千尋鵜島仁文鵜島仁文見良津健雄遠い日の無邪気な想い出 どこかに置き去りにしたようで 陰りのない笑顔をもう一度 取り戻したいと願った  戸惑ってる見知らぬ階段を 越えればきっと何かあるだろう  忘れないあの輝き ひたむきな瞳のままで 弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから  いつもよりはしゃぎ過ぎた後 なぜかむなしい風が吹いてる こんなにも心から人を 求めたことはなかったよ  アルバムを開くとそこには 今も夢が溢れている  涙が流れそうなら 遥か遠い空を見上げ 偽りのない光で 太陽は微笑んでる  悲しみにも負けない心は 傷ついて強くなってゆく いつの日か…  アルバムを開くとそこには 今も夢が溢れている  忘れないあの輝き ひたむきな瞳のままで 弱い自分を励まそう やっぱり人は独りなんだから  悲しみにも負けない心は 傷ついて強くなってゆく いつの日か…  本当の愛を知ったら 生きてゆく訳を知るだろう どんなに大きな夢も つかめそうな勇気生まれる  心ない誰かの声 時には君を責めるだろう どんなことにも負けないで きみの後ろに道はできる…
犬と赤いフリスビーキラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう  突然降り出した雨だって 傘なんか持ってないけど大丈夫 あの公園まで走って行けばいいよ 葉っぱの屋根がある  ちょっとぐらい洋服が濡れたって 太陽が顔を出せば 大丈夫 ほら雲の切れ間 光が射してきたよ はしゃぐ水たまり  雨上がりの空 虹を見て 「今日はいいコトある」 そんな気がした Oh Yeah!!  キラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう  いつだってPositiveな僕だけど 全然ダメになっちゃう時がある 例えば廊下で君とすれ違う3秒前 逃げ出したくなるんだ  赤いフリスビー追いかける 小っちゃな犬を見てる 君が手を振る Oh Yeah!!  3秒前のタイムリミット+僕だけに笑ってくれてる…  真っ青な空に浮かぶ虹が ひ弱なハートに勇気をくれる ずっと夢に見た瞬間 深呼吸して 最高の笑顔で始めよう  キラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう米倉千尋米倉千尋米倉千尋勝又隆一キラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう  突然降り出した雨だって 傘なんか持ってないけど大丈夫 あの公園まで走って行けばいいよ 葉っぱの屋根がある  ちょっとぐらい洋服が濡れたって 太陽が顔を出せば 大丈夫 ほら雲の切れ間 光が射してきたよ はしゃぐ水たまり  雨上がりの空 虹を見て 「今日はいいコトある」 そんな気がした Oh Yeah!!  キラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう  いつだってPositiveな僕だけど 全然ダメになっちゃう時がある 例えば廊下で君とすれ違う3秒前 逃げ出したくなるんだ  赤いフリスビー追いかける 小っちゃな犬を見てる 君が手を振る Oh Yeah!!  3秒前のタイムリミット+僕だけに笑ってくれてる…  真っ青な空に浮かぶ虹が ひ弱なハートに勇気をくれる ずっと夢に見た瞬間 深呼吸して 最高の笑顔で始めよう  キラキラ光る街を抜けて 今すぐ君に会いに行くよ ずっと言えなかった言葉 勇気を出して 今日こそ君に贈ろう
−祈り−痛い 痛いって ココロ 泣いてる こんな毎日は いつか終わるの?  消えてしまえば 楽になれるのかな もう「居場所」なんて 今は何処にもない  お願いだから私のことを見つけ出してほしい ここにいるのに… こんな小さな儚い祈り 夜空に瞬く星だけが知る  誰も見ないふりしてた あの時 信じられるのは 自分しかいなかった  窓から見える 無数の未来は 一体誰のために あるのだろう  お願いだから私のことを抱きしめてほしい ほんの少しだけ… 無力すぎたこの悲しみに 向かい合うことができるように いつか  朝の清らかな光の下 強く歩き出す 私になる米倉千尋米倉千尋米倉千尋門倉聡痛い 痛いって ココロ 泣いてる こんな毎日は いつか終わるの?  消えてしまえば 楽になれるのかな もう「居場所」なんて 今は何処にもない  お願いだから私のことを見つけ出してほしい ここにいるのに… こんな小さな儚い祈り 夜空に瞬く星だけが知る  誰も見ないふりしてた あの時 信じられるのは 自分しかいなかった  窓から見える 無数の未来は 一体誰のために あるのだろう  お願いだから私のことを抱きしめてほしい ほんの少しだけ… 無力すぎたこの悲しみに 向かい合うことができるように いつか  朝の清らかな光の下 強く歩き出す 私になる
WILLGOLD LYLIC夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  終わりがなくて 見つけられなくって 迷ったりしたけれど 傷ついたこと 失ったもの いつかは輝きに変えて  後悔に決して負けない翼が きっとあるから 君とならどこでも 行ける気がする  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  一人ぼっちじゃ 生きて行けないって あの時教えてくれた 近くにあっても 気付かずにいた 本当に大切なこと  この宇宙(そら)の果てに何が待っていても きっと大丈夫 その瞳に映る未来 感じてるから  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 偶然じゃない運命の中で 君の奇跡を信じてる  夢の楽園を探しながら 走る君を見つめていたい 誇り高く汚れを知らない 君を信じていいですか  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  夢の楽園を探しながら 走る君を見つめていたい 誇り高く汚れを知らない 君を信じていいですかGOLD LYLIC米倉千尋鵜島仁文・米倉千尋鵜島仁文岩本正樹夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  終わりがなくて 見つけられなくって 迷ったりしたけれど 傷ついたこと 失ったもの いつかは輝きに変えて  後悔に決して負けない翼が きっとあるから 君とならどこでも 行ける気がする  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  一人ぼっちじゃ 生きて行けないって あの時教えてくれた 近くにあっても 気付かずにいた 本当に大切なこと  この宇宙(そら)の果てに何が待っていても きっと大丈夫 その瞳に映る未来 感じてるから  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 偶然じゃない運命の中で 君の奇跡を信じてる  夢の楽園を探しながら 走る君を見つめていたい 誇り高く汚れを知らない 君を信じていいですか  夢の国を探す君の名を 誰もが心に刻むまで 悲しみ乗り越えた微笑みに 君を信じていいですか  夢の楽園を探しながら 走る君を見つめていたい 誇り高く汚れを知らない 君を信じていいですか
WINTER WISH小さな幸せを 大事に温めてた ねえ、想うと胸の奥 こんなに痛くなるの  あなたの瞳 あなたの声 すべて愛しくて…  粉雪が頬に舞い降り 涙に変わった いつまでも側にいて この手を離さないで 冬の空 きらめく星は二人を包んだ 白い肩 白い息 あなたと感じてる WINTER WISH  寄り添い歩いた 海沿いの遊園地 ねえ、観覧車に乗って 光のまち見ようよ  遠くなる海と淡いkissが切なくて…  始まりは粉雪のEVE 小さな恋の物語 誰よりも愛してる この手を離さないで 歩き出す二人の未来 並んだ足跡 温もりも優しさも あなたと抱きしめる WINTER WISH  粉雪が頬に舞い降り 涙に変わった いつまでも側にいて この手を離さないで 冬の空 きらめく星は二人を包んだ 白い肩 白い息 あなたと感じてる WINTER WISH米倉千尋米倉千尋米倉千尋重実徹小さな幸せを 大事に温めてた ねえ、想うと胸の奥 こんなに痛くなるの  あなたの瞳 あなたの声 すべて愛しくて…  粉雪が頬に舞い降り 涙に変わった いつまでも側にいて この手を離さないで 冬の空 きらめく星は二人を包んだ 白い肩 白い息 あなたと感じてる WINTER WISH  寄り添い歩いた 海沿いの遊園地 ねえ、観覧車に乗って 光のまち見ようよ  遠くなる海と淡いkissが切なくて…  始まりは粉雪のEVE 小さな恋の物語 誰よりも愛してる この手を離さないで 歩き出す二人の未来 並んだ足跡 温もりも優しさも あなたと抱きしめる WINTER WISH  粉雪が頬に舞い降り 涙に変わった いつまでも側にいて この手を離さないで 冬の空 きらめく星は二人を包んだ 白い肩 白い息 あなたと感じてる WINTER WISH
永遠の扉たとえばどんなふうに 悲しみを超えてきたの? 合わせた視線の中 想いが溢れた  破片(かけら)でも奇跡でも その全てを刻み付けたい 抱きしめたい  愛より深く涙より切なく 心が今あなたを感じているから 果てしない夢も譲れない気持ちも みつめてる信じてる―ソバニイルヨ―  見えない空気の中 交差する希望(ゆめ)と欲望 知らずに立ち止まれば 胸がすくむから  運命でも偶然でも 思うままあなたと生きたい めぐり逢えた  言葉じゃなくて約束もなくて 分かち合える何かが力になるなら 傷つくことも終わらない涙も 惜しみなくためらわず抱いて行こう  見上げた宇宙へとあなたの描く未来が この願いが 翔び立つよ  眼差しは「永遠の扉」 分かち合える何かが力になるなら 傷つくことも終わらない涙も 惜しみなくためらわず抱いて行こう  愛より深く涙より切なく 心が今あなたを感じているから 果てしない夢も譲れない気持ちも みつめてる信じてる―ソバニイルヨ―  愛より深く… 果てしない夢も…米倉千尋渡辺なつみ鶏島仁文見良津健雄たとえばどんなふうに 悲しみを超えてきたの? 合わせた視線の中 想いが溢れた  破片(かけら)でも奇跡でも その全てを刻み付けたい 抱きしめたい  愛より深く涙より切なく 心が今あなたを感じているから 果てしない夢も譲れない気持ちも みつめてる信じてる―ソバニイルヨ―  見えない空気の中 交差する希望(ゆめ)と欲望 知らずに立ち止まれば 胸がすくむから  運命でも偶然でも 思うままあなたと生きたい めぐり逢えた  言葉じゃなくて約束もなくて 分かち合える何かが力になるなら 傷つくことも終わらない涙も 惜しみなくためらわず抱いて行こう  見上げた宇宙へとあなたの描く未来が この願いが 翔び立つよ  眼差しは「永遠の扉」 分かち合える何かが力になるなら 傷つくことも終わらない涙も 惜しみなくためらわず抱いて行こう  愛より深く涙より切なく 心が今あなたを感じているから 果てしない夢も譲れない気持ちも みつめてる信じてる―ソバニイルヨ―  愛より深く… 果てしない夢も…
笑顔に花束を降り注ぐ柔らかな陽射しに 君は包まれて 今日からの新しい始まりに 輝いている  抱えきれない想い出を抱いて 今旅立つ 眩しい背中 エールを贈ろう  幸せになれ 大切な人 両手いっぱいの喜びを歌うよ かけがえのない時を紡いで 永遠と温もり 重ねてゆく物語(ストーリーズ)  振り返る遠い日は 綺麗な色に包まれて いつまでも忘れない 時が経ち色を変えても  −君に出逢えて 本当によかった− 心からのこの感謝(おもい)と エールを贈ろう  幸せになれ 大切な人 遥かな未来 君は歩き始める 祝福の鐘 響く空の下 永遠を信じて 共に生きる物語(ストーリーズ)  幸せになれ 大切な人 両手いっぱいの喜びを歌うよ かけがえのない時を紡いで 永遠と温もり 重なり合う  幸せになれ 大切な人 遥かな未来 君は歩き始める 祝福の鐘 響く空の下 永遠を信じて 共に生きる物語(ストーリーズ)  笑顔に花束を 心からおめでとう米倉千尋米倉千尋米倉千尋見良津健雄降り注ぐ柔らかな陽射しに 君は包まれて 今日からの新しい始まりに 輝いている  抱えきれない想い出を抱いて 今旅立つ 眩しい背中 エールを贈ろう  幸せになれ 大切な人 両手いっぱいの喜びを歌うよ かけがえのない時を紡いで 永遠と温もり 重ねてゆく物語(ストーリーズ)  振り返る遠い日は 綺麗な色に包まれて いつまでも忘れない 時が経ち色を変えても  −君に出逢えて 本当によかった− 心からのこの感謝(おもい)と エールを贈ろう  幸せになれ 大切な人 遥かな未来 君は歩き始める 祝福の鐘 響く空の下 永遠を信じて 共に生きる物語(ストーリーズ)  幸せになれ 大切な人 両手いっぱいの喜びを歌うよ かけがえのない時を紡いで 永遠と温もり 重なり合う  幸せになれ 大切な人 遥かな未来 君は歩き始める 祝福の鐘 響く空の下 永遠を信じて 共に生きる物語(ストーリーズ)  笑顔に花束を 心からおめでとう
Eternityそれは小さな奇跡 この空の下出逢えたこと 果てしない時の中 導かれるように  胸に残る愛しい日々 幸せは色褪せない  あふれる想いを抱きしめて 私は今日を歩いてゆこう 寂しいときは空を見上げ 遙かあなたを想うでしょう 永遠に  生まれては消えてゆく 花も鳥も流れる雲も きっと かけがえのない愛はそばにある  遠く耳を澄ましてみて 薫風感じるでしょう  あふれる想いに包まれて 新しい朝 迎えてくれる さよならは明日に寄りそう光 愛はいつまでも心に  ふいに涙こみ上げる またいつか逢えるよね  あふれる想い抱きしめて 私はずっと歩いてゆける 嬉しいときは空を見上げ 遙かあなたを想うでしょう  あふれる想いに包まれて 新しい朝 迎えにゆこう さよならは明日に寄りそう光 愛はいつまでも 永遠に  それは静かな奇跡 私の中 あなたは生きている米倉千尋米倉千尋米倉千尋それは小さな奇跡 この空の下出逢えたこと 果てしない時の中 導かれるように  胸に残る愛しい日々 幸せは色褪せない  あふれる想いを抱きしめて 私は今日を歩いてゆこう 寂しいときは空を見上げ 遙かあなたを想うでしょう 永遠に  生まれては消えてゆく 花も鳥も流れる雲も きっと かけがえのない愛はそばにある  遠く耳を澄ましてみて 薫風感じるでしょう  あふれる想いに包まれて 新しい朝 迎えてくれる さよならは明日に寄りそう光 愛はいつまでも心に  ふいに涙こみ上げる またいつか逢えるよね  あふれる想い抱きしめて 私はずっと歩いてゆける 嬉しいときは空を見上げ 遙かあなたを想うでしょう  あふれる想いに包まれて 新しい朝 迎えにゆこう さよならは明日に寄りそう光 愛はいつまでも 永遠に  それは静かな奇跡 私の中 あなたは生きている
エミリー少しだけ遅れた髪を 風になびかせて君はエミリー 冗談交じりの小さなウインク ひさしぶりここで逢えたね  下駄箱のすみや 廊下で 輝いていた時間が転がり 懐かしそうに ガラス越し空を見上げて両手を広げた  chu chu 目立たぬわたしの席に瞳をくれた あのときふたり夢中で夢を土手沿いの道に忘れた  エミリー 大好きな歌を君は口笛でくれるよ きっとあの日と変わらない ちっとも変わらない  就職が決まったとき だけど歌はやめないとエミリー 不安と理想がごっちゃになって あの午後泪見せたね  昇降口の光よ おしゃべり小鳥たちをこれから 運動場の真ん中ステージへ 優しく誘ってくれる  chu chu 無口なわたしが今じゃ歌を作って 同じ思い胸に秘めた誰かと毎日出会っている  エミリー 言葉にできない想いを どうしたら伝わるの 教えて それでも笑うだけ くすっと笑うだけ  茜色の夕焼けがふたりの背丈を染める つらいことばかりじゃないよねって ひとこと君はつぶやいた  I'm wide awake at 3 am Whitout a friend in sight Hanging on a hope but I'm alright But I'm alright  エミリー 大人になるほど 背負って どうしようもなくなる だけど シンプルでいいんだよね  エミリー 大好きな歌を君は口笛でくれるよ 星がそろそろ落ちてくる ふたりの背中に  おなかがすいたね ちっとも変わらない米倉千尋大江千里大江千里少しだけ遅れた髪を 風になびかせて君はエミリー 冗談交じりの小さなウインク ひさしぶりここで逢えたね  下駄箱のすみや 廊下で 輝いていた時間が転がり 懐かしそうに ガラス越し空を見上げて両手を広げた  chu chu 目立たぬわたしの席に瞳をくれた あのときふたり夢中で夢を土手沿いの道に忘れた  エミリー 大好きな歌を君は口笛でくれるよ きっとあの日と変わらない ちっとも変わらない  就職が決まったとき だけど歌はやめないとエミリー 不安と理想がごっちゃになって あの午後泪見せたね  昇降口の光よ おしゃべり小鳥たちをこれから 運動場の真ん中ステージへ 優しく誘ってくれる  chu chu 無口なわたしが今じゃ歌を作って 同じ思い胸に秘めた誰かと毎日出会っている  エミリー 言葉にできない想いを どうしたら伝わるの 教えて それでも笑うだけ くすっと笑うだけ  茜色の夕焼けがふたりの背丈を染める つらいことばかりじゃないよねって ひとこと君はつぶやいた  I'm wide awake at 3 am Whitout a friend in sight Hanging on a hope but I'm alright But I'm alright  エミリー 大人になるほど 背負って どうしようもなくなる だけど シンプルでいいんだよね  エミリー 大好きな歌を君は口笛でくれるよ 星がそろそろ落ちてくる ふたりの背中に  おなかがすいたね ちっとも変わらない
想い出がいっぱい古いアルバムの中に隠れて 想い出がいっぱい 無邪気な笑顔の下の 日付けは遥かなメモリー  時は無限のつながりで 終りを思いもしないね 手に届く宇宙は 限りなく澄んで 君を包んでいた  大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ 幸福は誰かがきっと 運んでくれると信じてるね  少女だったといつの日か 想う時がくるのさ  キラリ木洩れ陽のような 眩しい想い出がいっぱい 一人だけ横向く 記念写真だね 恋を夢見る頃  硝子の階段降りる 硝子の靴シンデレラさ 踊り場で足を止めて 時計の音気にしている  少女だったと懐かしく 振り向く日があるのさ  大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ 幸福は誰かがきっと 運んでくれると信じてるね  少女だったといつの日か 想う時がくるのさ 少女だったと懐かしく 振り向く日があるのさ米倉千尋阿木燿子鈴木キサブローaqua.t古いアルバムの中に隠れて 想い出がいっぱい 無邪気な笑顔の下の 日付けは遥かなメモリー  時は無限のつながりで 終りを思いもしないね 手に届く宇宙は 限りなく澄んで 君を包んでいた  大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ 幸福は誰かがきっと 運んでくれると信じてるね  少女だったといつの日か 想う時がくるのさ  キラリ木洩れ陽のような 眩しい想い出がいっぱい 一人だけ横向く 記念写真だね 恋を夢見る頃  硝子の階段降りる 硝子の靴シンデレラさ 踊り場で足を止めて 時計の音気にしている  少女だったと懐かしく 振り向く日があるのさ  大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ 幸福は誰かがきっと 運んでくれると信じてるね  少女だったといつの日か 想う時がくるのさ 少女だったと懐かしく 振り向く日があるのさ
おやすみのうた光り集めて 闇を照らそう どんな瞳も 優しく照らそう  ここにいるよ―眠れ―そっと 君のこと分かるから 大丈夫  そばにいるよ―眠れ―そっと 君のこと分かるから 守るから米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t光り集めて 闇を照らそう どんな瞳も 優しく照らそう  ここにいるよ―眠れ―そっと 君のこと分かるから 大丈夫  そばにいるよ―眠れ―そっと 君のこと分かるから 守るから
オレンジ色のKissをあげようDi! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  最近あんまり いいコトないヨ ホント 体全体が マイナスモードだね ここらでドカンと 自分をブレイクしましょ Happyになれる…! そう信じてみよう  二度と恋なんか 出来ないなんて あきらめないで もっと 輝きましょう  PA! PA! PA! PARTY TIME めぐり逢えるカモ…! 幸せは 論より出会い Di! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  別れちゃったと 衝撃的な告白 他人事じゃなくて 何も言えなかった 一人じゃきっと あんなにつらい夜も 越えられなかったよ… 照れちゃうけど サンキュ  自分らしい恋 ほら そこにある つぼみの花を パッと 咲かせましょう  PA! PA! PA! PARTY TIME 運命的カモ…! 為せば成る 為さねば後悔 Di! Di! Di! Ding Dang Dang もう 止められない 動き出す 胸のシグナル 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  Di! Di! Di! Ding Dang Dang  PA! PA! PA! PARTY TIME めぐり逢えるカモ…! 幸せは 論より出会い Di! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう米倉千尋渡辺なつみ・米倉千尋南利一亀田誠治Di! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  最近あんまり いいコトないヨ ホント 体全体が マイナスモードだね ここらでドカンと 自分をブレイクしましょ Happyになれる…! そう信じてみよう  二度と恋なんか 出来ないなんて あきらめないで もっと 輝きましょう  PA! PA! PA! PARTY TIME めぐり逢えるカモ…! 幸せは 論より出会い Di! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  別れちゃったと 衝撃的な告白 他人事じゃなくて 何も言えなかった 一人じゃきっと あんなにつらい夜も 越えられなかったよ… 照れちゃうけど サンキュ  自分らしい恋 ほら そこにある つぼみの花を パッと 咲かせましょう  PA! PA! PA! PARTY TIME 運命的カモ…! 為せば成る 為さねば後悔 Di! Di! Di! Ding Dang Dang もう 止められない 動き出す 胸のシグナル 世界中に オレンジ色のKissをあげよう  Di! Di! Di! Ding Dang Dang  PA! PA! PA! PARTY TIME めぐり逢えるカモ…! 幸せは 論より出会い Di! Di! Di! Ding Dang Dang 胸騒ぎのsign ときめきのドア 開けましょ 世界中に オレンジ色のKissをあげよう
Overwrite!Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで 暖かな君の言葉 胸にきざむの 背筋ピンと伸ばして 心、上書きしよう!  淋しくって 苦しくって せつなくって眠れない 真夜中、君がオンライン 会わないって決めたよね…… だから 見ないふりして 枕、抱きしめた  前向きに生きたい あせらないで waiting love 強がりじゃなく ホントの恋がしたいから!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと出会えるよ 今を笑えるくらいの 本物の愛ですべて 心、上書きしよう!  好きだから 無理してた 違うとか言えなかった 自分が歪んでった だけど今 目が覚めた 甘えじゃない、優しさ ちゃんとわかったの  恋はそう、戦い 2分の1 win or loose 次こそはわたしの番 チャンスつかむから!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと 失ったものより素敵な未来が このわたしを待ってる 心、上書きしよう!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと 失ったものより素敵な未来が このわたしを待ってる 心、上書きしよう!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって きっと出会えるよ 今を笑えるくらいの 本物の愛ですべて 心、上書きしよう!米倉千尋桃井はるこYOFFY(サイキックラバー)Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで 暖かな君の言葉 胸にきざむの 背筋ピンと伸ばして 心、上書きしよう!  淋しくって 苦しくって せつなくって眠れない 真夜中、君がオンライン 会わないって決めたよね…… だから 見ないふりして 枕、抱きしめた  前向きに生きたい あせらないで waiting love 強がりじゃなく ホントの恋がしたいから!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと出会えるよ 今を笑えるくらいの 本物の愛ですべて 心、上書きしよう!  好きだから 無理してた 違うとか言えなかった 自分が歪んでった だけど今 目が覚めた 甘えじゃない、優しさ ちゃんとわかったの  恋はそう、戦い 2分の1 win or loose 次こそはわたしの番 チャンスつかむから!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと 失ったものより素敵な未来が このわたしを待ってる 心、上書きしよう!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで きっと 失ったものより素敵な未来が このわたしを待ってる 心、上書きしよう!  Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって Overwrite! いくよ! 折った爪はふさいで Overwrite! 走れ! 昨日を振りきって きっと出会えるよ 今を笑えるくらいの 本物の愛ですべて 心、上書きしよう!
Open Your Eyesまぶしくて 見上げた空は すべてを包みこむ ひたむきな思い抱えた あなたの姿 想い出していた  怖れずに 歩けばそこに 明日は 見えてくる  信じていてね どんなに 悲しい夜が訪れても きっと誰かが あなたを 守ってる… 見つめてる… その涙ふいて 笑って… ひとりじゃない  昨日より新しい太陽が 今 昇ってく はじけ出す空気の中に 迷う気持ちを洗い流そうよ  真実の扉は いつかかならず 開かれる  かけがえのない 地球に 生まれた奇跡 忘れないで 何億年も前から 続いてる 大切な誰かにめぐり逢うための しるしだから…米倉千尋米倉千尋山田英俊田中公平まぶしくて 見上げた空は すべてを包みこむ ひたむきな思い抱えた あなたの姿 想い出していた  怖れずに 歩けばそこに 明日は 見えてくる  信じていてね どんなに 悲しい夜が訪れても きっと誰かが あなたを 守ってる… 見つめてる… その涙ふいて 笑って… ひとりじゃない  昨日より新しい太陽が 今 昇ってく はじけ出す空気の中に 迷う気持ちを洗い流そうよ  真実の扉は いつかかならず 開かれる  かけがえのない 地球に 生まれた奇跡 忘れないで 何億年も前から 続いてる 大切な誰かにめぐり逢うための しるしだから…
かえりみち大好きな人に 会った帰り道  少し寂しいから 遠回りしてた 古い煙突の向こう  空に咲いた 小さな季節はずれの花火 WOO… WOO… キレイだね WOO… WOO…  そういえばお腹 キュルルと鳴ってきた  角を曲がれば ほら おいしいコロッケ屋さんあったよね  いつかここで二人 並んで食べたいな WOO… WOO… あったかいね WOO… WOO…  空に咲いた 小さな季節はずれの花火 WOO… WOO… キレイだね WOO… WOO…  -アイシテル-米倉千尋米倉千尋米倉千尋重実徹大好きな人に 会った帰り道  少し寂しいから 遠回りしてた 古い煙突の向こう  空に咲いた 小さな季節はずれの花火 WOO… WOO… キレイだね WOO… WOO…  そういえばお腹 キュルルと鳴ってきた  角を曲がれば ほら おいしいコロッケ屋さんあったよね  いつかここで二人 並んで食べたいな WOO… WOO… あったかいね WOO… WOO…  空に咲いた 小さな季節はずれの花火 WOO… WOO… キレイだね WOO… WOO…  -アイシテル-
Kaleido Earthキラリ 回りだす無限の世界 彩やかなカケラ 手のひらの小宇宙  自由自在に 広がってゆく 幸せの魔法に 触れた瞳  あの日の輝き 見失いそうでも その胸にあること 忘れないでいて  君は君だけの色を持っている それは 一人一つの特別なもの たくさんの色と形が織りなす 何よりも美しい奇跡を信じよう Kaleido Earth  きっと 誰もが願っている ふぞろいのカケラ いま繋ぐ愛の力  新しい生命 生まれてゆく 産声は未来への愛の奏  言葉も祈りも肌も見る景色も それぞれ違っても 始まりは同じ  君は君のまま 君の色でいい すべては かけがえのない大切なもの たくさんの色と形が織りなす 美しいこの地球(ほし)を 僕らは描いて生きよう  君は君だけの色を持っている それは 一人一つの特別なもの たくさんの色と形が織りなす 何よりも美しい奇跡を信じよう Kaleido Earth米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽キラリ 回りだす無限の世界 彩やかなカケラ 手のひらの小宇宙  自由自在に 広がってゆく 幸せの魔法に 触れた瞳  あの日の輝き 見失いそうでも その胸にあること 忘れないでいて  君は君だけの色を持っている それは 一人一つの特別なもの たくさんの色と形が織りなす 何よりも美しい奇跡を信じよう Kaleido Earth  きっと 誰もが願っている ふぞろいのカケラ いま繋ぐ愛の力  新しい生命 生まれてゆく 産声は未来への愛の奏  言葉も祈りも肌も見る景色も それぞれ違っても 始まりは同じ  君は君のまま 君の色でいい すべては かけがえのない大切なもの たくさんの色と形が織りなす 美しいこの地球(ほし)を 僕らは描いて生きよう  君は君だけの色を持っている それは 一人一つの特別なもの たくさんの色と形が織りなす 何よりも美しい奇跡を信じよう Kaleido Earth
ガンダムに愛を込めて泣いたら負け…手のひらぎゅっ!とした だけど涙こぼれ落ちた  とてつもなく 大きく蒼い宇宙(そら) ちっぽけな自分 歯痒くて  傷つくたび出逢う力があるって 誰でも 背中に見えない羽があるって 抱いてくれた  悲しみを力へと この夢は翔び立つよ 嵐の向こう 光へと あの日君と出逢って 僕は生まれ変わった 走り続ける Thank you GUNDAM Forever my love  弱いことも 逃げない 受け止める それだって勇気と 知った  誰かを 守れる人になりたいから 愛する人を心から包めるよう 生きてみたい  淋しさは温もりを 愛しさは力へと 信じ合うたび 輝くよ 僕たちの未来画は 君からの贈り物 時空を越えて Thank you GUNDAM Forever my Friend   淋しさは温もりを 愛しさは力へと 悲しみを力へと この夢は翔び立つよ 嵐の向こう 光へと あの日君と出逢って 僕は生まれ変わった 走り続ける Thank you GUNDAM Forever my love米倉千尋渡辺なつみ夢野真音河野陽吾泣いたら負け…手のひらぎゅっ!とした だけど涙こぼれ落ちた  とてつもなく 大きく蒼い宇宙(そら) ちっぽけな自分 歯痒くて  傷つくたび出逢う力があるって 誰でも 背中に見えない羽があるって 抱いてくれた  悲しみを力へと この夢は翔び立つよ 嵐の向こう 光へと あの日君と出逢って 僕は生まれ変わった 走り続ける Thank you GUNDAM Forever my love  弱いことも 逃げない 受け止める それだって勇気と 知った  誰かを 守れる人になりたいから 愛する人を心から包めるよう 生きてみたい  淋しさは温もりを 愛しさは力へと 信じ合うたび 輝くよ 僕たちの未来画は 君からの贈り物 時空を越えて Thank you GUNDAM Forever my Friend   淋しさは温もりを 愛しさは力へと 悲しみを力へと この夢は翔び立つよ 嵐の向こう 光へと あの日君と出逢って 僕は生まれ変わった 走り続ける Thank you GUNDAM Forever my love
がんばれ!!がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  あの日の約束 忘れたわけじゃない 「20歳になったら またここで会おう」  気がつけば時間だけ ただ流れている 変わりたい…変われない… もがきながら暮してる  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  星屑のように たくさんの人たち 同じ青空を 見上げているでしょう  恋をして 胸の奥 痛みを感じて 傷ついて 少しずつ みんな大人になってく  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから へこたれず くじけずに 今日のために走ろう  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう米倉千尋米倉千尋MASAKI見良津健雄がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  あの日の約束 忘れたわけじゃない 「20歳になったら またここで会おう」  気がつけば時間だけ ただ流れている 変わりたい…変われない… もがきながら暮してる  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  星屑のように たくさんの人たち 同じ青空を 見上げているでしょう  恋をして 胸の奥 痛みを感じて 傷ついて 少しずつ みんな大人になってく  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから へこたれず くじけずに 今日のために走ろう  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう  がんばれ!!がんばれ!! 想いはいつか叶うから あきらめず 止まらずに 明日のために走ろう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ガーネットグラウンド駆けてくあなたの背中は 空に浮かんだ雲よりも自由で ノートに並んだ四角い文字さえ すべてを照らす光に見えた  好きという気持ちが分からなくて 二度とは戻らないこの時間が その意味をあたしに教えてくれた  あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう 思い出さなくても大丈夫なように いつか他の誰かを好きになったとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が 廻ってく  はじめて二人で話した放課後 誰も知らない笑顔探していた 遠くであなたのはしゃいでる声に なぜだか胸が痛くなったの  変わってゆく事を怖がってたの ずっと友達のままいれる気がした 終わってく物など無いと思った  果てしない時間の中で あなたと出会えた事が 何よりもあたしを強くしてくれたね 夢中でかける明日に辿り着いたとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が やってくる  いつまでも忘れないと あなたが言ってくれた夏 時間が流れ 今頃あたしは涙がこぼれてきた  あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう 思い出さなくても大丈夫なように いつか他の誰かを好きになったとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が 廻ってく米倉千尋奥華子奥華子グラウンド駆けてくあなたの背中は 空に浮かんだ雲よりも自由で ノートに並んだ四角い文字さえ すべてを照らす光に見えた  好きという気持ちが分からなくて 二度とは戻らないこの時間が その意味をあたしに教えてくれた  あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう 思い出さなくても大丈夫なように いつか他の誰かを好きになったとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が 廻ってく  はじめて二人で話した放課後 誰も知らない笑顔探していた 遠くであなたのはしゃいでる声に なぜだか胸が痛くなったの  変わってゆく事を怖がってたの ずっと友達のままいれる気がした 終わってく物など無いと思った  果てしない時間の中で あなたと出会えた事が 何よりもあたしを強くしてくれたね 夢中でかける明日に辿り着いたとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が やってくる  いつまでも忘れないと あなたが言ってくれた夏 時間が流れ 今頃あたしは涙がこぼれてきた  あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう 思い出さなくても大丈夫なように いつか他の誰かを好きになったとしても あなたはずっと特別で 大切で またこの季節が 廻ってく
君に伝えたい優しい日差しの中 気づけばいつも 懐かしく思っていた それは儚いけれど 確かに感じた 君との季節  ずっと ずっと 当たり前だった その優しい笑顔と優しい声 ずっと ずっと 一緒にいると 疑わずにいたよ 今でも思っている  もし あの時の二人の距離 嘘でないのなら 大事な言葉 別った道の その先できっと もう一度会って 君に伝えたい ありがとう  暖かい風が吹く 不安な心を 見透かされているよう 「いつもそばにいるから」 言葉想い出し 涙あふれる  きっと きっと 忘れないだろう 二人温かい手 繋いだことを きっと きっと 信じているから また約束の日に 笑顔が待っていると  もし 心が迷っていても かけがえない日々を 忘れないなら 乗り越えられる その先できっと 笑顔を見せて 君に伝えたい 大好きと  もし あの時の二人の距離 嘘でないのなら 大事な言葉 別った道の その先できっと もう一度会って 君へと伝えたい…  もし 心が迷っていても かけがえない日々を 忘れないなら 乗り越えられる その先できっと 笑顔を見せて 君に伝えたい 大好きと米倉千尋瀬名恵Gravity musikGravity musik優しい日差しの中 気づけばいつも 懐かしく思っていた それは儚いけれど 確かに感じた 君との季節  ずっと ずっと 当たり前だった その優しい笑顔と優しい声 ずっと ずっと 一緒にいると 疑わずにいたよ 今でも思っている  もし あの時の二人の距離 嘘でないのなら 大事な言葉 別った道の その先できっと もう一度会って 君に伝えたい ありがとう  暖かい風が吹く 不安な心を 見透かされているよう 「いつもそばにいるから」 言葉想い出し 涙あふれる  きっと きっと 忘れないだろう 二人温かい手 繋いだことを きっと きっと 信じているから また約束の日に 笑顔が待っていると  もし 心が迷っていても かけがえない日々を 忘れないなら 乗り越えられる その先できっと 笑顔を見せて 君に伝えたい 大好きと  もし あの時の二人の距離 嘘でないのなら 大事な言葉 別った道の その先できっと もう一度会って 君へと伝えたい…  もし 心が迷っていても かけがえない日々を 忘れないなら 乗り越えられる その先できっと 笑顔を見せて 君に伝えたい 大好きと
君の知らない物語いつもどおりのある日の事 君は突然立ち上がり言った 「今夜星を見に行こう」  「たまには良いこと言うんだね」 なんてみんなして言って笑った 明かりもない道を  バカみたいにはしゃいで歩いた 抱え込んだ孤独や不安に 押しつぶされないように  真っ暗な世界から見上げた 夜空は星が降るようで  いつからだろう 君の事を 追いかける私がいた どうかお願い 驚かないで聞いてよ 私のこの想いを  「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」 君は指さす夏の大三角 覚えて空を見る やっと見つけた織姫様 だけどどこだろう彦星様 これじゃひとりぼっち  楽しげなひとつ隣の君 私は何も言えなくて  本当はずっと君の事を どこかでわかっていた 見つかったって 届きはしない だめだよ 泣かないで そう言い聞かせた  強がる私は臆病で 興味がないようなふりをしてた だけど 胸を刺す痛みは増してく ああそうか 好きになるって こういう事なんだね  どうしたい? 言ってごらん 心の声がする 君の隣がいい 真実は残酷だ  言わなかった 言えなかった 二度と戻れない あの夏の日 きらめく星 今でも思い出せるよ  笑った顔も 怒った顔も 大好きでした おかしいよね わかってたのに 君の知らない 私だけの秘密  夜を越えて 遠い思い出の君が 指をさす 無邪気な声で米倉千尋ryoryoいつもどおりのある日の事 君は突然立ち上がり言った 「今夜星を見に行こう」  「たまには良いこと言うんだね」 なんてみんなして言って笑った 明かりもない道を  バカみたいにはしゃいで歩いた 抱え込んだ孤独や不安に 押しつぶされないように  真っ暗な世界から見上げた 夜空は星が降るようで  いつからだろう 君の事を 追いかける私がいた どうかお願い 驚かないで聞いてよ 私のこの想いを  「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」 君は指さす夏の大三角 覚えて空を見る やっと見つけた織姫様 だけどどこだろう彦星様 これじゃひとりぼっち  楽しげなひとつ隣の君 私は何も言えなくて  本当はずっと君の事を どこかでわかっていた 見つかったって 届きはしない だめだよ 泣かないで そう言い聞かせた  強がる私は臆病で 興味がないようなふりをしてた だけど 胸を刺す痛みは増してく ああそうか 好きになるって こういう事なんだね  どうしたい? 言ってごらん 心の声がする 君の隣がいい 真実は残酷だ  言わなかった 言えなかった 二度と戻れない あの夏の日 きらめく星 今でも思い出せるよ  笑った顔も 怒った顔も 大好きでした おかしいよね わかってたのに 君の知らない 私だけの秘密  夜を越えて 遠い思い出の君が 指をさす 無邪気な声で
Carry On越えられない 夜をかみしめて 逃げ場のない 迷路を彷徨う 埋もれている ひとかけらの情熱 それが一番 必要な時  心の声 自分に語りかけて 歩き出そう 傷つきながらでも 溜め息つく前に  Try many time 扉は君の手で開こう 色褪せない瞳のままで All right never mind 悔しくて泣きたい時もある それは強くなれるための Step  風のように 夢に向かいながら 流す涙は 誰にもうばえない  自由になる 祈りにも似た想い 空を駆ける すべてはそこから 始まるストーリー  Stay in my life 信じて 誰よりも自分を その胸に勇気を抱いて All right never mind 遠くに輝く星にさえ きっと辿り着けるはずさ Carry on  心の声 自分に語りかけて 歩き出そう 傷つきながらでも 溜め息つく前に  Try mary time 扉は君の手で開こう 色褪せない瞳のままで All right never mind 悔しくて泣きたい時もある それは強くなれるための Step  Stay in my life 信じて 誰よりも自分を その胸に勇気を抱いて All right never mind 遠くに輝く星にさえ きっと辿り着けるはずさ Carry on  All right never mind All right never mind米倉千尋鵜島仁文・米倉千尋鵜島仁文見良津健雄越えられない 夜をかみしめて 逃げ場のない 迷路を彷徨う 埋もれている ひとかけらの情熱 それが一番 必要な時  心の声 自分に語りかけて 歩き出そう 傷つきながらでも 溜め息つく前に  Try many time 扉は君の手で開こう 色褪せない瞳のままで All right never mind 悔しくて泣きたい時もある それは強くなれるための Step  風のように 夢に向かいながら 流す涙は 誰にもうばえない  自由になる 祈りにも似た想い 空を駆ける すべてはそこから 始まるストーリー  Stay in my life 信じて 誰よりも自分を その胸に勇気を抱いて All right never mind 遠くに輝く星にさえ きっと辿り着けるはずさ Carry on  心の声 自分に語りかけて 歩き出そう 傷つきながらでも 溜め息つく前に  Try mary time 扉は君の手で開こう 色褪せない瞳のままで All right never mind 悔しくて泣きたい時もある それは強くなれるための Step  Stay in my life 信じて 誰よりも自分を その胸に勇気を抱いて All right never mind 遠くに輝く星にさえ きっと辿り着けるはずさ Carry on  All right never mind All right never mind
Gift ~永遠のまなざし神様… 私に翼があれば あなたの元へ 今すぐ飛んで行くのに  I miss you ひとりぼっち眠れない夜 愛しい声 聞こえてくるの 星が揺れる穏やかな空 見上げればきっと  Thank you for your everything ずっと一緒に歩いている 永遠のまなざしは かけがえのない大切なGift ねえ 色褪せない景色 胸の中に広がる 温もりに包まれて ほほえみながらSing a Song  不思議ね こうして出逢った奇跡 偶然という運命 触れる指先  Stay with me 冷たい雨 降りやまぬ空 愛しい声 聞こえてくるの 見えなくても届かなくても… いつも感じてる  Thank you for your everything ずっと一緒に生きていこう 永遠のまなざしは かけがえのない大切なGift ねえ どんなに遠くても 心は寄り添いあう 優しさに包まれて いま、ゆっくりとSing a Song  Thank you for your everything ずっと一緒に歩いている 永遠のまなざしは あなたがくれた大切なGift ねえ 色褪せない景色 胸の中に広がる 温もりを抱きしめて ほほえみ重ねSing a Song米倉千尋米倉千尋すみだしんや田辺恵二神様… 私に翼があれば あなたの元へ 今すぐ飛んで行くのに  I miss you ひとりぼっち眠れない夜 愛しい声 聞こえてくるの 星が揺れる穏やかな空 見上げればきっと  Thank you for your everything ずっと一緒に歩いている 永遠のまなざしは かけがえのない大切なGift ねえ 色褪せない景色 胸の中に広がる 温もりに包まれて ほほえみながらSing a Song  不思議ね こうして出逢った奇跡 偶然という運命 触れる指先  Stay with me 冷たい雨 降りやまぬ空 愛しい声 聞こえてくるの 見えなくても届かなくても… いつも感じてる  Thank you for your everything ずっと一緒に生きていこう 永遠のまなざしは かけがえのない大切なGift ねえ どんなに遠くても 心は寄り添いあう 優しさに包まれて いま、ゆっくりとSing a Song  Thank you for your everything ずっと一緒に歩いている 永遠のまなざしは あなたがくれた大切なGift ねえ 色褪せない景色 胸の中に広がる 温もりを抱きしめて ほほえみ重ねSing a Song
Give a reason目まぐるしい 時間の群れが 走り抜ける 都市はサバンナ かわるがわる シュールなニュース 明日になれば 誰も忘れている 生きている 今、生きている そんな中で 何かを求め もがくように 抜け出すように この力を 試してみたくて  きっとどこかに「答」ある 生まれてきた答が 人は皆、それを求め やるせない のがせない 夢に向かうの  傷つく事は恐くない だけどけして強くない ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい  計り知れない 大きな闇が 音を立てて 向かって来ても 朝が来れば 誰かが居れば 心にある 絶望は消せる  もっと強くイメージして 微笑んでる自分を… 信じてる思い、それが 何よりも 誰よりも 夢に近づく  ゴールにもたれたりしない たとえ、辿り着いたって 新しい夢がきっと 私の背中押すから Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい  きっとどこかに「答」ある 生まれてきた答が 人は皆、それを求め やるせない のがせない 夢に向かうの  傷つく事は恐くない だけどけして強くない ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい米倉千尋有森聡美佐藤英敏目まぐるしい 時間の群れが 走り抜ける 都市はサバンナ かわるがわる シュールなニュース 明日になれば 誰も忘れている 生きている 今、生きている そんな中で 何かを求め もがくように 抜け出すように この力を 試してみたくて  きっとどこかに「答」ある 生まれてきた答が 人は皆、それを求め やるせない のがせない 夢に向かうの  傷つく事は恐くない だけどけして強くない ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい  計り知れない 大きな闇が 音を立てて 向かって来ても 朝が来れば 誰かが居れば 心にある 絶望は消せる  もっと強くイメージして 微笑んでる自分を… 信じてる思い、それが 何よりも 誰よりも 夢に近づく  ゴールにもたれたりしない たとえ、辿り着いたって 新しい夢がきっと 私の背中押すから Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい  きっとどこかに「答」ある 生まれてきた答が 人は皆、それを求め やるせない のがせない 夢に向かうの  傷つく事は恐くない だけどけして強くない ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない 未来の自分へと Give a reason for life 届けたい
Give me five!Boys & Girls! Are you ready? 僕らは夢みるジェットコースター 泣いたって笑ったって 人生は電光石火 Hurry up, Oh Yeah! エンジンフル回転 照準は“ネガイ”にLock on Everybody 気分上々 いざ Ride on time  複雑なハート 自由(シンプル)になれ Turn up! ワクワクしようよ  Welcome to Adventure Life. お楽しみはまだこれからさ カラフルな夢がハジけだす 僕らは無限の未来 宝の在りかを探してGive me five!  Night & Day, Are you OK? ぐるぐる後悔 メリーゴーランド ドンマイ☆ 凹んだって 明日へ一蓮托生 Stand up, Oh Yes! チャンスのしっぽは 一瞬で逃げちゃうけど Every time 七転八起 いざ Catching now  不思議な力 こみ上げてくる Tune up! みんなありがとう  Welcome to Adventure Life. 空はいつも 誰の上にも青く広がってるんだ 一度きり でも盛りだくさんの人生(ぼうけん) 一緒に輝きつづけようGive me five!  Welcome to Adventure Life. お楽しみはここから 上昇気流YOU & I  Welcome to Adventure Life. 空はいつも 誰の上にも青く広がってるんだ 為せば成る 僕らは無限の未来 宝の在りかを探してGive me five! Give me five!米倉千尋米倉千尋米倉千尋宮崎京一Boys & Girls! Are you ready? 僕らは夢みるジェットコースター 泣いたって笑ったって 人生は電光石火 Hurry up, Oh Yeah! エンジンフル回転 照準は“ネガイ”にLock on Everybody 気分上々 いざ Ride on time  複雑なハート 自由(シンプル)になれ Turn up! ワクワクしようよ  Welcome to Adventure Life. お楽しみはまだこれからさ カラフルな夢がハジけだす 僕らは無限の未来 宝の在りかを探してGive me five!  Night & Day, Are you OK? ぐるぐる後悔 メリーゴーランド ドンマイ☆ 凹んだって 明日へ一蓮托生 Stand up, Oh Yes! チャンスのしっぽは 一瞬で逃げちゃうけど Every time 七転八起 いざ Catching now  不思議な力 こみ上げてくる Tune up! みんなありがとう  Welcome to Adventure Life. 空はいつも 誰の上にも青く広がってるんだ 一度きり でも盛りだくさんの人生(ぼうけん) 一緒に輝きつづけようGive me five!  Welcome to Adventure Life. お楽しみはここから 上昇気流YOU & I  Welcome to Adventure Life. 空はいつも 誰の上にも青く広がってるんだ 為せば成る 僕らは無限の未来 宝の在りかを探してGive me five! Give me five!
口づけを 歌うように伝えたい想いは 体中に溢れている おしゃべりな吐息ばかりじゃ ねぇ もどかしいよ  優しい雨が 窓をたたいた まるで胸の高鳴りみたい… 小さく微笑んだ  飲みかけのミルクティー 甘い恋のflavor 両手に包んで また君を想う  君の瞳に 君の手に 口づけを 歌うように 君の胸 君の声 酔わせるの 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう  ただ―好き―と言えるような 単純な恋こそ真実 昔読んだそんな言葉 ねぇ 思い出したんだ  「またね」と笑顔残し 触れた小さなキスは 切ない心つなぐ 見えない糸  君の夢 君の願い 優しさを 撫でるように 君の傷 君の迷い 消えるまで 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう  君の瞳に 君の手に 口づけを 歌うように 君の胸 君の声 酔わせるの It's everlasting days  君の夢 君の願い 優しさを 撫でるように 君の傷 君の迷い 消えるまで 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t伝えたい想いは 体中に溢れている おしゃべりな吐息ばかりじゃ ねぇ もどかしいよ  優しい雨が 窓をたたいた まるで胸の高鳴りみたい… 小さく微笑んだ  飲みかけのミルクティー 甘い恋のflavor 両手に包んで また君を想う  君の瞳に 君の手に 口づけを 歌うように 君の胸 君の声 酔わせるの 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう  ただ―好き―と言えるような 単純な恋こそ真実 昔読んだそんな言葉 ねぇ 思い出したんだ  「またね」と笑顔残し 触れた小さなキスは 切ない心つなぐ 見えない糸  君の夢 君の願い 優しさを 撫でるように 君の傷 君の迷い 消えるまで 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう  君の瞳に 君の手に 口づけを 歌うように 君の胸 君の声 酔わせるの It's everlasting days  君の夢 君の願い 優しさを 撫でるように 君の傷 君の迷い 消えるまで 朝も昼も夜も このまま寄り添って眠ろう
Crimson of Butterfly何気ない言葉 荒んだ心癒すよ 雨が降るたびに 輝く羽根は色を変える  痛みなんて 感じなければいいだけ 願わくば もう1度 透きとおる空の彼方へ  For Crimson of Butterfly 鮮やかに舞い上がる 誰にも負けない勇気 胸に秘めて  ラッシュの地下鉄に 迷い込んだささやき きっと待ってるはず 優しい人ほど強くなれる  信じるもの 追いかけてればいいだけ 願わくば もっと早く 幸せにたどりつきたい  For Crimson of Butterfly ときめきを思い出す 何度も叫んだ空に 響くエコー For Crimson of Butterfly とめどなく溢れてく 誰にも見せない涙 時に誓う  For Crimson of Butterfly 鮮やかに舞い上がる 誰にも負けない勇気 胸に秘め  For Crimson of Butterfly ときめきを思い出す 何度も叫んだ空に 響くエコー For Crimson of Butterfly とめどなく溢れてく 誰にも見せない涙 時に誓う米倉千尋K.INOJOYasuyuki HondaH.Kohshun・本田恭之何気ない言葉 荒んだ心癒すよ 雨が降るたびに 輝く羽根は色を変える  痛みなんて 感じなければいいだけ 願わくば もう1度 透きとおる空の彼方へ  For Crimson of Butterfly 鮮やかに舞い上がる 誰にも負けない勇気 胸に秘めて  ラッシュの地下鉄に 迷い込んだささやき きっと待ってるはず 優しい人ほど強くなれる  信じるもの 追いかけてればいいだけ 願わくば もっと早く 幸せにたどりつきたい  For Crimson of Butterfly ときめきを思い出す 何度も叫んだ空に 響くエコー For Crimson of Butterfly とめどなく溢れてく 誰にも見せない涙 時に誓う  For Crimson of Butterfly 鮮やかに舞い上がる 誰にも負けない勇気 胸に秘め  For Crimson of Butterfly ときめきを思い出す 何度も叫んだ空に 響くエコー For Crimson of Butterfly とめどなく溢れてく 誰にも見せない涙 時に誓う
Crossねえ。どんなに遠くても 同じ空を見上げれば きっと いつの日か あなたに出逢えると 信じていた  瞳で触れ合うたび 二人を近づけてく 言葉よりもずっと 大切なこと ー想いーが 一つになる  遥か遠い輝き 広い世界で たった一人の あなたと巡り逢い 共に生きるための道標だった 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない  ねえ ずっと忘れないで 互いに歩いてきたその日々を 涙も傷跡も 二人なら抱いてゆける  心が重なるたび 私を勇気づける 温もりをいつか 約束にして −未来−が 一つになる  永遠より深く 愛する想い 空に描いて 時が過ぎてもう一度 二人出逢うための道標だから 大切なこの瞬間(とき)を胸に刻んで 精一杯生きて行こう  数えきれない出逢いの中で 導かれた運命を この奇跡を抱きしめながら 千年先も一緒に Cross my heart  遥か遠い輝き 広い世界で たった一人の あなたと巡り逢い 共に生きるための道標だった 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない  いつまでも いつまでも… 星に願いを 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない米倉千尋米倉千尋Waka TakayamaWaka Takayamaねえ。どんなに遠くても 同じ空を見上げれば きっと いつの日か あなたに出逢えると 信じていた  瞳で触れ合うたび 二人を近づけてく 言葉よりもずっと 大切なこと ー想いーが 一つになる  遥か遠い輝き 広い世界で たった一人の あなたと巡り逢い 共に生きるための道標だった 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない  ねえ ずっと忘れないで 互いに歩いてきたその日々を 涙も傷跡も 二人なら抱いてゆける  心が重なるたび 私を勇気づける 温もりをいつか 約束にして −未来−が 一つになる  永遠より深く 愛する想い 空に描いて 時が過ぎてもう一度 二人出逢うための道標だから 大切なこの瞬間(とき)を胸に刻んで 精一杯生きて行こう  数えきれない出逢いの中で 導かれた運命を この奇跡を抱きしめながら 千年先も一緒に Cross my heart  遥か遠い輝き 広い世界で たった一人の あなたと巡り逢い 共に生きるための道標だった 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない  いつまでも いつまでも… 星に願いを 心から いま誓う あなたへの愛 千年先も消えない
クローバーだんだんあの娘気になって なんだかあいつと話しづらくなってる 学期始めの席替えで 運良くあの娘と隣り合せになった  ずっと前から 彼女を見てたあいつの前では 冗談よせよ なんてこと 僕は言ってたけど  ほんとはとても気になって 正直とても嬉しくて 帰り道には口笛なんて吹いてた それなのに 何もないよなフリをして 思い複雑からまって… 「オハヨウ!」 今日もたまらない 笑顔がつらいよ  ほんとの僕のこの気持ち あいつが知ったらなんて思うんだろう 放課後僕らベランダで 何度も夕陽眺めて話してた  「きっと無理だよ 僕には…相手にされてないから」 なんて そんなこと言っては あいつおどけてさ  それでもあの娘好きだって ずっと前から好きだって 照れくさそうに 僕に告げた帰り道 今でも 憶えているよ僕だって それなのになんで 僕まで… ゴメンナと 心の中 ずっと思っていたけど  ぼんやりしてた中庭で フイにあの娘思い出して 胸しめつけられるたびに あいつの顔が浮かんでくる 浮かんでくる  ほんとはいつも気になって 正直とても大好きで 階段なんか2段飛ばしで走ってた それなのに 何もないよなフリをして あいつの気持ち 気になって… 「オハヨウ!」 今日もたまらない 笑顔がつらいよ 「オハヨウ!」 今日も最高の 笑顔をくれるよ米倉千尋佐久間勉佐久間勉だんだんあの娘気になって なんだかあいつと話しづらくなってる 学期始めの席替えで 運良くあの娘と隣り合せになった  ずっと前から 彼女を見てたあいつの前では 冗談よせよ なんてこと 僕は言ってたけど  ほんとはとても気になって 正直とても嬉しくて 帰り道には口笛なんて吹いてた それなのに 何もないよなフリをして 思い複雑からまって… 「オハヨウ!」 今日もたまらない 笑顔がつらいよ  ほんとの僕のこの気持ち あいつが知ったらなんて思うんだろう 放課後僕らベランダで 何度も夕陽眺めて話してた  「きっと無理だよ 僕には…相手にされてないから」 なんて そんなこと言っては あいつおどけてさ  それでもあの娘好きだって ずっと前から好きだって 照れくさそうに 僕に告げた帰り道 今でも 憶えているよ僕だって それなのになんで 僕まで… ゴメンナと 心の中 ずっと思っていたけど  ぼんやりしてた中庭で フイにあの娘思い出して 胸しめつけられるたびに あいつの顔が浮かんでくる 浮かんでくる  ほんとはいつも気になって 正直とても大好きで 階段なんか2段飛ばしで走ってた それなのに 何もないよなフリをして あいつの気持ち 気になって… 「オハヨウ!」 今日もたまらない 笑顔がつらいよ 「オハヨウ!」 今日も最高の 笑顔をくれるよ
Goodbye Daysここにいて もう何も心配しないで 大丈夫 ずっとそばにいるから  君の寂しさ その痛みを受けとめよう 雨上がりの空 遠く虹が見えるよ  Goodbye lonely yesterday 明日へと顔を上げて 涙は雪のように 静かに溶けてゆく Hello new days, Make you smile 朝焼けの路 歩こう 新しいページめくり 小さな未来へと Goodbye Days  もう一度 今素直な気持ちで 見つめて きっと光は届く  君の優しさ その温もり抱きしめよう 「ありがとう」 昨日の影法師に手を振る  Goodbye lonely yesterday 明日へと扉開けて 傷つき迷いながら 永遠に巡りあう Hello new days, Make you smile 移りゆく時の中で 繋いだ手を信じて 未来変えてゆける Goodbye Days  Goodbye lonely yesterday 明日へと顔を上げて 涙は雪のように 静かに溶けてゆく Hello new days, Make you smile 朝焼けの路 歩こう 新しいページめくり 小さな未来へと Goodbye Days米倉千尋米倉千尋すみだしんや田辺恵二ここにいて もう何も心配しないで 大丈夫 ずっとそばにいるから  君の寂しさ その痛みを受けとめよう 雨上がりの空 遠く虹が見えるよ  Goodbye lonely yesterday 明日へと顔を上げて 涙は雪のように 静かに溶けてゆく Hello new days, Make you smile 朝焼けの路 歩こう 新しいページめくり 小さな未来へと Goodbye Days  もう一度 今素直な気持ちで 見つめて きっと光は届く  君の優しさ その温もり抱きしめよう 「ありがとう」 昨日の影法師に手を振る  Goodbye lonely yesterday 明日へと扉開けて 傷つき迷いながら 永遠に巡りあう Hello new days, Make you smile 移りゆく時の中で 繋いだ手を信じて 未来変えてゆける Goodbye Days  Goodbye lonely yesterday 明日へと顔を上げて 涙は雪のように 静かに溶けてゆく Hello new days, Make you smile 朝焼けの路 歩こう 新しいページめくり 小さな未来へと Goodbye Days
恋せよ乙女!ミントソーダのその先に 雨雲を連れてきた。。。 今にも降り出しそうね ゆっくり話聞こう!  小さな声で震えながら 悲しみのその先に行くなんて 晴れわたる空に 呪文をかけよう!  心のカケラ集めて 胸を焦がす痛みにkiss 明日は 追い風! 君の未来 光に包まれるよ 涙は宝石 恋せよ乙女達!  強くて頭もよくて 完璧な人だって 一人で怯えていたり 逃げる時もあるよ  そんな時には会いに来てね いつでもお悩み解決するわ 抱きしめ合えたら 呪文奏でる  壊れたカケラ見つけて 瞳閉じて笑顔のkiss 海よりも深い 愛があること君だけに伝えたい 言葉より先に 届けこの恋心  心のカケラ集めて いつもときめいて笑顔で 明日は 追い風! 君の未来 光に包まれるよ 涙は宝石 恋せよ乙女達!米倉千尋Riryka(Angel Note)Famishin(ゆずソフト)ミントソーダのその先に 雨雲を連れてきた。。。 今にも降り出しそうね ゆっくり話聞こう!  小さな声で震えながら 悲しみのその先に行くなんて 晴れわたる空に 呪文をかけよう!  心のカケラ集めて 胸を焦がす痛みにkiss 明日は 追い風! 君の未来 光に包まれるよ 涙は宝石 恋せよ乙女達!  強くて頭もよくて 完璧な人だって 一人で怯えていたり 逃げる時もあるよ  そんな時には会いに来てね いつでもお悩み解決するわ 抱きしめ合えたら 呪文奏でる  壊れたカケラ見つけて 瞳閉じて笑顔のkiss 海よりも深い 愛があること君だけに伝えたい 言葉より先に 届けこの恋心  心のカケラ集めて いつもときめいて笑顔で 明日は 追い風! 君の未来 光に包まれるよ 涙は宝石 恋せよ乙女達!
恋の時間風が寒くて やんなるとか 付き合っている 人いるとか そんな理由は関係なく あなたに会いたい  今ならあの星にさえ行ける もしもそこでその頬が涙していたら 一秒で行く  愛するってことは ジョークじゃない めぐり逢い そう多くない 時空も距離も消える それが恋の時間  やりたいことを 先送りで 結局何も 出来なかった そんな淋しい想いは嫌 叶えてこそ 夢  晴れたら高速を飛ばそう 雨が降ったらあったかい部屋でテレビ見て さりげにキスしよ  愛し合うってこと 理屈じゃない 二人思うまま くっつこう うんざりする程ねえ そばにいようずっと  愛するってことは ジョークじゃない めぐり逢い そう多くない 時空も距離も消える それが恋の時間  愛し合うってこと 理屈じゃない 二人思うまま くっつこう うんざりする程ねえ そばにいようずっと米倉千尋渡辺なつみ高山和芽高山和芽風が寒くて やんなるとか 付き合っている 人いるとか そんな理由は関係なく あなたに会いたい  今ならあの星にさえ行ける もしもそこでその頬が涙していたら 一秒で行く  愛するってことは ジョークじゃない めぐり逢い そう多くない 時空も距離も消える それが恋の時間  やりたいことを 先送りで 結局何も 出来なかった そんな淋しい想いは嫌 叶えてこそ 夢  晴れたら高速を飛ばそう 雨が降ったらあったかい部屋でテレビ見て さりげにキスしよ  愛し合うってこと 理屈じゃない 二人思うまま くっつこう うんざりする程ねえ そばにいようずっと  愛するってことは ジョークじゃない めぐり逢い そう多くない 時空も距離も消える それが恋の時間  愛し合うってこと 理屈じゃない 二人思うまま くっつこう うんざりする程ねえ そばにいようずっと
心からSHINING STARどんなに冷たい雨も いつかは必ずやむのさ… ずぶぬれの哀しみを 抱きしめてくれたひと  あなたに返せるものが 私のどこかにあるなら 何もかも取り出して 心から捧げるのに 星のように生まれた 淋しさは 愛という名前で あたたかく輝いている  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない  あなたに抱かれていると 私に生まれたことさえ こんなにも嬉しくて きっと強くなれそうなの 昼の星が日差しに 隠れてる 気づかずにいたのよ 目の前のこの愛にも  You are shinin' star for me あなたの輝きを信じて どこまでもついて行くことを You are shinin' star for me 大きな声で叫びたい 心に今誓ったの  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない米倉千尋工藤哲雄佐藤健見良津健雄どんなに冷たい雨も いつかは必ずやむのさ… ずぶぬれの哀しみを 抱きしめてくれたひと  あなたに返せるものが 私のどこかにあるなら 何もかも取り出して 心から捧げるのに 星のように生まれた 淋しさは 愛という名前で あたたかく輝いている  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない  あなたに抱かれていると 私に生まれたことさえ こんなにも嬉しくて きっと強くなれそうなの 昼の星が日差しに 隠れてる 気づかずにいたのよ 目の前のこの愛にも  You are shinin' star for me あなたの輝きを信じて どこまでもついて行くことを You are shinin' star for me 大きな声で叫びたい 心に今誓ったの  You are shinin' star for me あなたのまぶしさの隣りで いつまでも微笑んでいたい You are shinin' star for me あふれるほどの愛しさに 涙はもう似合わない
琥珀の揺りかご月の下でサナギになって口づけた ガラスの愛の海 波のようなあなたの鼓動(リズム) 抱かれて唄う詞  ―live―私を感じて my past水面に消えるよ 信じられるものは全て あなたと見つけたから  You're wings on my heart この願い 遥かな夢のしじまに溶けて 何もない ただあなたと漂う国へ 青い鳥どうか導いて 小さな空が泣いた  透明の雨 乾いた手を温めた 怖がらないでいい? ちぎれた雲 届かない声 ココニイテ 触れていたいの  ―lips―あなたを感じて my spell満たされてゆくよ 終わりの朝 灰になって 私が消えたとしても  You're wings on my heart この想い 遥かな夢の波間に揺れて 変わらない ただあなたを愛せる国へ 青い鳥どうか導いて 小さな虹が泣いた  飴色のしずく浴びて 哀しみの糸 ほどけてく  You're wings on my heart この願い 遥かな夢のしじまに溶けて 何もない ただあなたと漂う国へ 青い鳥どうか導いて 小さな空が泣いた米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t月の下でサナギになって口づけた ガラスの愛の海 波のようなあなたの鼓動(リズム) 抱かれて唄う詞  ―live―私を感じて my past水面に消えるよ 信じられるものは全て あなたと見つけたから  You're wings on my heart この願い 遥かな夢のしじまに溶けて 何もない ただあなたと漂う国へ 青い鳥どうか導いて 小さな空が泣いた  透明の雨 乾いた手を温めた 怖がらないでいい? ちぎれた雲 届かない声 ココニイテ 触れていたいの  ―lips―あなたを感じて my spell満たされてゆくよ 終わりの朝 灰になって 私が消えたとしても  You're wings on my heart この想い 遥かな夢の波間に揺れて 変わらない ただあなたを愛せる国へ 青い鳥どうか導いて 小さな虹が泣いた  飴色のしずく浴びて 哀しみの糸 ほどけてく  You're wings on my heart この願い 遥かな夢のしじまに溶けて 何もない ただあなたと漂う国へ 青い鳥どうか導いて 小さな空が泣いた
Calling永遠を願う瞳 暁の空を仰いだ 生まれ出ずる水のように 清らかな御姿  幾千の魂は 愛という名の剣を手に ー気高き使命(さだめ)−と 戦いの地に消えていった…  She's calling さあ行くんだ 朝焼けに咲く 花のように 謳うように 美しき 遥か夢  小さな生命 それは、この星が宿した奇跡 生きとし生けるものたち 海と大地の子よ  幾千の諍いは 愛という名の盾を奪い ー哀しき運命(さだめ)−と 逆らいもせずに生きてゆくのか  She's calling 目醒めるんだ 朝焼けに舞う 鳥のように 謳うように 美しき 遥か夢  She's calling さあ行くんだ 朝焼けに咲く 花のように 謳うように 美しき 遥か夢米倉千尋米倉千尋若井望永遠を願う瞳 暁の空を仰いだ 生まれ出ずる水のように 清らかな御姿  幾千の魂は 愛という名の剣を手に ー気高き使命(さだめ)−と 戦いの地に消えていった…  She's calling さあ行くんだ 朝焼けに咲く 花のように 謳うように 美しき 遥か夢  小さな生命 それは、この星が宿した奇跡 生きとし生けるものたち 海と大地の子よ  幾千の諍いは 愛という名の盾を奪い ー哀しき運命(さだめ)−と 逆らいもせずに生きてゆくのか  She's calling 目醒めるんだ 朝焼けに舞う 鳥のように 謳うように 美しき 遥か夢  She's calling さあ行くんだ 朝焼けに咲く 花のように 謳うように 美しき 遥か夢
5文字の恋の行方そよ風はコバルトブルー 襟足をくすぐってゆくわ 空を泳ぐクジラ 君は指差して走りだした  気まぐれBOY センチメンタルGIRL このもどかしい気持ち 気づいてよ  トキメキ以上ロマンス未満 あたしの恋は止められない 君のむじゃきな後ろ姿を こんなに近くで見つめてる 一人でいると寂しくて 二人はもっと切なくて 5文字の恋の行方 夏の空に吸いこまれた  急に降りだした雨は アスファルトを冷ましてゆくわ 傘代わりの大きなシャツ ココロに虹 描いた  水たまり のぞきこんだら 二つの笑顔 マーブルにとけて  アコガレ以上モウソウ未満 あたしの恋は止められない 歩幅の広い君が振りむく おどけた瞳にキュンとなる どんな難しい問題より まるで解けない方程式 5文字の恋の行方 そっと胸をかすめていった  友達以上恋人未満 二人の距離は平行線 あたしの胸に閉じこめたまま 消えない5文字“キミガスキ” 誘ってくれて嬉しくて でも…君はあの雲みたいで 小さな恋の行方 -ハッピーエンド- 叶えたい!  トキメキ以上ロマンス未満 あたしの恋は止められない 君の眩しい遠い横顔 こんなに近くで見つめてる 一人でいると寂しくて 二人はもっと切なくて 5文字の恋の行方 夏の空に吸いこまれた米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽そよ風はコバルトブルー 襟足をくすぐってゆくわ 空を泳ぐクジラ 君は指差して走りだした  気まぐれBOY センチメンタルGIRL このもどかしい気持ち 気づいてよ  トキメキ以上ロマンス未満 あたしの恋は止められない 君のむじゃきな後ろ姿を こんなに近くで見つめてる 一人でいると寂しくて 二人はもっと切なくて 5文字の恋の行方 夏の空に吸いこまれた  急に降りだした雨は アスファルトを冷ましてゆくわ 傘代わりの大きなシャツ ココロに虹 描いた  水たまり のぞきこんだら 二つの笑顔 マーブルにとけて  アコガレ以上モウソウ未満 あたしの恋は止められない 歩幅の広い君が振りむく おどけた瞳にキュンとなる どんな難しい問題より まるで解けない方程式 5文字の恋の行方 そっと胸をかすめていった  友達以上恋人未満 二人の距離は平行線 あたしの胸に閉じこめたまま 消えない5文字“キミガスキ” 誘ってくれて嬉しくて でも…君はあの雲みたいで 小さな恋の行方 -ハッピーエンド- 叶えたい!  トキメキ以上ロマンス未満 あたしの恋は止められない 君の眩しい遠い横顔 こんなに近くで見つめてる 一人でいると寂しくて 二人はもっと切なくて 5文字の恋の行方 夏の空に吸いこまれた
桜色の街桜の花咲く初めての道 ま新しい制服を着て 急ぐ足取りはぎこちないけど 大人になれた気がしたね  君に偶然に出会った遠い春の日が 今年もまた 懐かしい風を連れてやって来たよ  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あの場所にはどんな夢のつぼみが 新しい春を待ってるかな  久しぶりの声聞けば こんなに素直な気持ちになれる このまま 笑っていれたらいいのに…  巻き戻った時計の針が 急に動き出して“今日”でストップした あの日見上げた桜を もう一度見たくなったよ  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あのころ夢に見ていた未来に 僕たちはたどり着けたかな  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あの場所にはどんな夢のつぼみが 新しい春を待ってるかな  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あのころ夢に見ていた未来に 僕たちはたどり着けたかな  lalala lalala…米倉千尋Chihiro YonekuraChihiro Yonekura勝又隆一桜の花咲く初めての道 ま新しい制服を着て 急ぐ足取りはぎこちないけど 大人になれた気がしたね  君に偶然に出会った遠い春の日が 今年もまた 懐かしい風を連れてやって来たよ  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あの場所にはどんな夢のつぼみが 新しい春を待ってるかな  久しぶりの声聞けば こんなに素直な気持ちになれる このまま 笑っていれたらいいのに…  巻き戻った時計の針が 急に動き出して“今日”でストップした あの日見上げた桜を もう一度見たくなったよ  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あのころ夢に見ていた未来に 僕たちはたどり着けたかな  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あの場所にはどんな夢のつぼみが 新しい春を待ってるかな  季節がめぐるたび想いだすよ 桜色の街とまだ幼い笑顔 あのころ夢に見ていた未来に 僕たちはたどり着けたかな  lalala lalala…
さくら咲く日に雲の切れ間をながめた 青い空が微笑んだ ふいに ちっぽけな毎日が遠くなった  今日で最後のカレンダー 大きな“0”“おめでとう” 空っぽの机 刻んだ名前 そっと触れた  放課後の笑顔も 淡い恋の涙も 想い出にして ここに残して行こう  桜の舞う今を きっとずっと忘れない 校舎の上に まっすぐに ひこうき雲 見えた  君と出会ったあの日も 桜の花が揺れてた 同じ景色の中 同じ道を歩いていた  明日からはみんな それぞれの未来へと 旅立ちはなぜ こんなに切ないだろう  言葉に出来ないほど 想いがあふれてくる 「サヨナラ」はきっと これからの道標だよね  桜の舞う今を きっとずっと忘れない 校舎の上に まっすぐに ひこうき雲 見えた  言葉に出来ないほど 想い出があふれてくる いつか笑って この場所に帰ろうよ ―いっしょに―米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t雲の切れ間をながめた 青い空が微笑んだ ふいに ちっぽけな毎日が遠くなった  今日で最後のカレンダー 大きな“0”“おめでとう” 空っぽの机 刻んだ名前 そっと触れた  放課後の笑顔も 淡い恋の涙も 想い出にして ここに残して行こう  桜の舞う今を きっとずっと忘れない 校舎の上に まっすぐに ひこうき雲 見えた  君と出会ったあの日も 桜の花が揺れてた 同じ景色の中 同じ道を歩いていた  明日からはみんな それぞれの未来へと 旅立ちはなぜ こんなに切ないだろう  言葉に出来ないほど 想いがあふれてくる 「サヨナラ」はきっと これからの道標だよね  桜の舞う今を きっとずっと忘れない 校舎の上に まっすぐに ひこうき雲 見えた  言葉に出来ないほど 想い出があふれてくる いつか笑って この場所に帰ろうよ ―いっしょに―
さくらのうたさくらの花びら 陽だまりのように 私の心にいつまでも舞い落ちる 薄紅色は柔らかく そっと 心を包んでくれた  君とサヨナラしたことより 君と出会えてよかった  覚えていますか さくらの道を 手をつなぎ歩いた穏やかな春の日を その温もりはいつまでも そっと 心を包んでくれる  君が教えてくれたこと 君と見つけられたこと  さくらの花びら 陽だまりのように 私の心にいつまでも舞い落ちる 薄紅色は柔らかく そっと 心を包んでくれた  君と出会えて 幸せだった  君とまたいつか 出会えるように米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayamaさくらの花びら 陽だまりのように 私の心にいつまでも舞い落ちる 薄紅色は柔らかく そっと 心を包んでくれた  君とサヨナラしたことより 君と出会えてよかった  覚えていますか さくらの道を 手をつなぎ歩いた穏やかな春の日を その温もりはいつまでも そっと 心を包んでくれる  君が教えてくれたこと 君と見つけられたこと  さくらの花びら 陽だまりのように 私の心にいつまでも舞い落ちる 薄紅色は柔らかく そっと 心を包んでくれた  君と出会えて 幸せだった  君とまたいつか 出会えるように
Sunshine Day半袖のシャツをなびかせ 彼が迎えに来たわ 綿アメみたいな入道雲 ロマンスの合図(サイン)ね  渚を目指して走る 視界良好なSeaside way 水平線と青い空 キレイ Rolling drive 始まるSunshine Day  嬉し恥ずかし夏の恋 期待してもいいかな トキメキの温度は きっと夏の熱さ以上ね  潮風に揺れるパラソル コバルトブルーの海 向日葵みたいなその笑顔 あたしだけに見せて  初めて会った瞬間から ずっと気になってたの あなたが誘ってくれた キセキ Fall in love 永遠にSunshine Day  キラリ 夕暮れOcean view やさしいKISSはこれから 肩が触れるたびに鼓動 あなたに聞こえそうだわ  Let it roll!!  嬉し恥ずかし夏の恋 期待してもいいかな トキメキの温度は きっと夏の熱さ以上  キラリ 夕暮れOcean view やさしいKISSはこれから 肩が触れるたびに鼓動 あなたに聞こえそうだわ米倉千尋米倉千尋Waka Takayama半袖のシャツをなびかせ 彼が迎えに来たわ 綿アメみたいな入道雲 ロマンスの合図(サイン)ね  渚を目指して走る 視界良好なSeaside way 水平線と青い空 キレイ Rolling drive 始まるSunshine Day  嬉し恥ずかし夏の恋 期待してもいいかな トキメキの温度は きっと夏の熱さ以上ね  潮風に揺れるパラソル コバルトブルーの海 向日葵みたいなその笑顔 あたしだけに見せて  初めて会った瞬間から ずっと気になってたの あなたが誘ってくれた キセキ Fall in love 永遠にSunshine Day  キラリ 夕暮れOcean view やさしいKISSはこれから 肩が触れるたびに鼓動 あなたに聞こえそうだわ  Let it roll!!  嬉し恥ずかし夏の恋 期待してもいいかな トキメキの温度は きっと夏の熱さ以上  キラリ 夕暮れOcean view やさしいKISSはこれから 肩が触れるたびに鼓動 あなたに聞こえそうだわ
三本の魔法の木薄紅色の道に 真新しいランドセルが揺れる 木漏れ日の下 小さな背中見送った  柔らかく縁取られた あれは遠い記憶 別れの朝 先生がくれた贈り物 大切な 未来への道しるべ  巡る季節 枯れることなく根を下ろした三本の木 心の中広がる空に 届きそうなくらい育ったんだ  あの日 小さな胸に届いたかけがえのないメッセージ その輝きは私をそっと照らしてる  幾つもの出逢い別れ 眩しい宝物 笑顔も涙もこれからの糧にして 新しい春風 吹き抜けてく  いつも私を支えている 心に立つ三本の木 強く強く…“元気と根気 ありったけの勇気”信じて 今 その先へと米倉千尋米倉千尋米倉千尋薄紅色の道に 真新しいランドセルが揺れる 木漏れ日の下 小さな背中見送った  柔らかく縁取られた あれは遠い記憶 別れの朝 先生がくれた贈り物 大切な 未来への道しるべ  巡る季節 枯れることなく根を下ろした三本の木 心の中広がる空に 届きそうなくらい育ったんだ  あの日 小さな胸に届いたかけがえのないメッセージ その輝きは私をそっと照らしてる  幾つもの出逢い別れ 眩しい宝物 笑顔も涙もこれからの糧にして 新しい春風 吹き抜けてく  いつも私を支えている 心に立つ三本の木 強く強く…“元気と根気 ありったけの勇気”信じて 今 その先へと
残酷な天使のテーゼ残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来 めざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ米倉千尋及川眠子佐藤英敏残酷な天使のように 少年よ 神話になれ  蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳  だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来 めざすための 羽根があること  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ  ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが 夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど  もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知るためのバイブル  残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ 神話になれ  人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる  残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ 神話になれ
綺麗な透明の雫が落ちて 水鏡に映る 私は泣いた  小さな胸 まだ痛むの 雨上がり 風の匂い 雲間から虹が見えたら きっと… 空を見上げた  君と過ごした日々が今も そっと私を支えている いつか 心に咲いた花を束ねて 君に届けよう サヨナラ もう二度と泣いたりしない それが私の誓い  あの時 永遠に触れた気がした 呼びかければ いつも微笑ってくれた  優しい声が聞こえてくる そっと胸に手を置いた 想い出のページめくって 栞 静かに挟んだ  君が照らした光の中 今日も私は歩いている いつか 不安な時は思い出すでしょう 与えてくれた勇気 これからも ずっと歩き続けよう それが君への誓い  二人 語った夢の続きが 明日の私を支えてゆく いつか 心に咲いた花を束ねて 君に届けよう ありがとう 笑顔で言える時まで それが私の誓い  頑張るね きっと 見守っていて それが私の誓い米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽綺麗な透明の雫が落ちて 水鏡に映る 私は泣いた  小さな胸 まだ痛むの 雨上がり 風の匂い 雲間から虹が見えたら きっと… 空を見上げた  君と過ごした日々が今も そっと私を支えている いつか 心に咲いた花を束ねて 君に届けよう サヨナラ もう二度と泣いたりしない それが私の誓い  あの時 永遠に触れた気がした 呼びかければ いつも微笑ってくれた  優しい声が聞こえてくる そっと胸に手を置いた 想い出のページめくって 栞 静かに挟んだ  君が照らした光の中 今日も私は歩いている いつか 不安な時は思い出すでしょう 与えてくれた勇気 これからも ずっと歩き続けよう それが君への誓い  二人 語った夢の続きが 明日の私を支えてゆく いつか 心に咲いた花を束ねて 君に届けよう ありがとう 笑顔で言える時まで それが私の誓い  頑張るね きっと 見守っていて それが私の誓い
Shooting Starたった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい Re-love  一筋の軌跡が 夜の空を横切ってく 消えないうちに ネガイをそっとつぶやく  君の胸の奥に眠る 大事な夢をかなえたい きっと どんな未来も 恐れずに ついてゆけるから  たった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい Re-love  ひとつぶの涙で だまりこんだ夜もあった 愛しすぎると 時々 素直になれない  もしも君が闇の中で 独り道に迷ったなら 私 きっと あなたを導くわ 流星になって  たった一つ 祈ることは 君の夢を守りたい 出逢いが運命ならば それを信じたい Re-love  たった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい  たった一つ 祈ることは 君の夢を守りたい 出逢いが運命ならば それを信じたい Re-love米倉千尋影山ヒロノブ影山ヒロノブたった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい Re-love  一筋の軌跡が 夜の空を横切ってく 消えないうちに ネガイをそっとつぶやく  君の胸の奥に眠る 大事な夢をかなえたい きっと どんな未来も 恐れずに ついてゆけるから  たった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい Re-love  ひとつぶの涙で だまりこんだ夜もあった 愛しすぎると 時々 素直になれない  もしも君が闇の中で 独り道に迷ったなら 私 きっと あなたを導くわ 流星になって  たった一つ 祈ることは 君の夢を守りたい 出逢いが運命ならば それを信じたい Re-love  たった一つ 望むことは 君のそばで生きること 出逢いに意味があるなら 答え探したい  たった一つ 祈ることは 君の夢を守りたい 出逢いが運命ならば それを信じたい Re-love
Seriouslyユラユラ電車が揺れ その度目が合う 外したヘッドフォンを そっと僕の耳に掛けてくれた 初めて聴いた…  Seriously お気に入りの曲なんてどうでもいい Seriously このままただここで揺られてたい  明日がどんな日だろうと 愛を忘れずに そこはかとない羨望を 抱いて歩いてこう 空も 風も 君を求めてる  Seriously 変わりつづけてる雲のように Seriously 想いはフワフワつかみきれない Seriously 強くなりたいと願うほどには Seriously 人は強くなどなれないもの  小さな池で泳ぐ大きな魚 息切れで苦しそうな 姿をこれ以上もう見てられない  Seriously 必ず咲くつぼみをあげよう Seriously 天秤の片方に乗せた夢 Seriously 重力に逆らわずバランスとって Seriously 君は君のままでいればいいから Seriously, Seriously米倉千尋JUN ELDINGULF TURESSON・NIKLAS FRANSSONユラユラ電車が揺れ その度目が合う 外したヘッドフォンを そっと僕の耳に掛けてくれた 初めて聴いた…  Seriously お気に入りの曲なんてどうでもいい Seriously このままただここで揺られてたい  明日がどんな日だろうと 愛を忘れずに そこはかとない羨望を 抱いて歩いてこう 空も 風も 君を求めてる  Seriously 変わりつづけてる雲のように Seriously 想いはフワフワつかみきれない Seriously 強くなりたいと願うほどには Seriously 人は強くなどなれないもの  小さな池で泳ぐ大きな魚 息切れで苦しそうな 姿をこれ以上もう見てられない  Seriously 必ず咲くつぼみをあげよう Seriously 天秤の片方に乗せた夢 Seriously 重力に逆らわずバランスとって Seriously 君は君のままでいればいいから Seriously, Seriously
シリウスの瞬く空に見つめあうただそれだけで 毎日は輝きだすの こんな気持ちはじめて知った 夕焼け色した放課後  帰り道 遠回りしよう 愛おしいこの瞬間を そっと拾い集め 心に永遠のポートレート 焼きつけるの  淡いオレンジの空 深い青が抱きしめる ふいに やさしい手がわたしをくるんだ  かさなる温もり つながる二人の想い -あなたがすき- 瞬きはじめた幸せの一番星 願いをこめて このままずっと はぐれないように 指先 ぎゅっと握った  グラウンドの喧噪のなか 消えそうなわたしの影 あの日 手をさしのべてくれた あなたはたった一人の大切なひと  頬に伝う鼓動 どんな過去も未来も きっと大丈夫 もうなにも怖くない  星降る夜空は やわらかな羽を広げ 朝陽を待つ つないだ手のひら 生まれた絆 二人の始まりだから このままずっと 見つめていたい 遙かな星と あなたを  ちいさく手をふる シリウスの空の下で 「また明日」  かさなる温もり つながる二人の想い -あなたがすき- 瞬きつづける幸せの一番星 願いをこめて このままずっと はぐれないように この恋を 永遠に… 指先 ぎゅっと握った米倉千尋米倉千尋米倉千尋宮崎京一見つめあうただそれだけで 毎日は輝きだすの こんな気持ちはじめて知った 夕焼け色した放課後  帰り道 遠回りしよう 愛おしいこの瞬間を そっと拾い集め 心に永遠のポートレート 焼きつけるの  淡いオレンジの空 深い青が抱きしめる ふいに やさしい手がわたしをくるんだ  かさなる温もり つながる二人の想い -あなたがすき- 瞬きはじめた幸せの一番星 願いをこめて このままずっと はぐれないように 指先 ぎゅっと握った  グラウンドの喧噪のなか 消えそうなわたしの影 あの日 手をさしのべてくれた あなたはたった一人の大切なひと  頬に伝う鼓動 どんな過去も未来も きっと大丈夫 もうなにも怖くない  星降る夜空は やわらかな羽を広げ 朝陽を待つ つないだ手のひら 生まれた絆 二人の始まりだから このままずっと 見つめていたい 遙かな星と あなたを  ちいさく手をふる シリウスの空の下で 「また明日」  かさなる温もり つながる二人の想い -あなたがすき- 瞬きつづける幸せの一番星 願いをこめて このままずっと はぐれないように この恋を 永遠に… 指先 ぎゅっと握った
Sheあまりにもよく似てたからさ 思わず顔を振りかえってみたけど他人のそら似だったよ  深夜バイトで貯めたお金で買った ブランドものの鞄はもう流行遅れだよね  会わなくなってどれくらい経つんだろう 僕と言えばやっと仕事が楽しくなってきたんだ  男とは女とは恋愛とは結婚とは価値観の違いは お互いを引き離してったよね  君はそうさきっと最初で最後の年上の彼女さ 忘れないよ  今の僕にならあの頃の二人が探し続けてた答えをみつけられるかもね  幸せはいつもふわふわって空に浮かんで消えてくけど あわてないさ  もしもいつか偶然街のどこかで 君と出会う事があったら遠慮も背伸びもしないで  一緒に過ごした日の思い出なんか テーブルの上に並べてビールでも飲もうよ  朝まで語り明かそうよ 君となら 君とならワンスアゲイン米倉千尋若松健治瀬川忍あまりにもよく似てたからさ 思わず顔を振りかえってみたけど他人のそら似だったよ  深夜バイトで貯めたお金で買った ブランドものの鞄はもう流行遅れだよね  会わなくなってどれくらい経つんだろう 僕と言えばやっと仕事が楽しくなってきたんだ  男とは女とは恋愛とは結婚とは価値観の違いは お互いを引き離してったよね  君はそうさきっと最初で最後の年上の彼女さ 忘れないよ  今の僕にならあの頃の二人が探し続けてた答えをみつけられるかもね  幸せはいつもふわふわって空に浮かんで消えてくけど あわてないさ  もしもいつか偶然街のどこかで 君と出会う事があったら遠慮も背伸びもしないで  一緒に過ごした日の思い出なんか テーブルの上に並べてビールでも飲もうよ  朝まで語り明かそうよ 君となら 君とならワンスアゲイン
Seize the Days緑の風吹いて そっと溢れるメロディー どこまでも広がる空 見上げた 静かに息をする大地に抱かれてる さあ、またここから歩きだそう  あの日 交わした約束 胸の中生きている かけがえのない日々に 夢を描いていたい  僕らのJourney 新しい始まりへ 君と一緒なら強くなれるDays to Chronicle 小さな足跡 積み重ねて行くんだ 勇気と希望 明日へのコンパスにしてSeize the Days  瞳閉じれば ほら優しく眩しい笑顔 いつまでも心は繋がっている  あの日 流した涙はきらめく星になって 見失いそうな日々を 導いてくれるよ  遥かなStory 今世界を拓いて 君と一緒なら越えて行けるDays to Chronicle 幸せの蕾 みんな持って生まれた それぞれの花 咲かせ輝こうTomorrow's Way  僕らのJourney 新しい始まりへ 君と一緒なら見つけられるDays to Chronicle 小さな足跡 積み重ねて行くんだ 勇気と希望 明日へのコンパスにしてSeize the Days米倉千尋米倉千尋小松清人田辺恵二緑の風吹いて そっと溢れるメロディー どこまでも広がる空 見上げた 静かに息をする大地に抱かれてる さあ、またここから歩きだそう  あの日 交わした約束 胸の中生きている かけがえのない日々に 夢を描いていたい  僕らのJourney 新しい始まりへ 君と一緒なら強くなれるDays to Chronicle 小さな足跡 積み重ねて行くんだ 勇気と希望 明日へのコンパスにしてSeize the Days  瞳閉じれば ほら優しく眩しい笑顔 いつまでも心は繋がっている  あの日 流した涙はきらめく星になって 見失いそうな日々を 導いてくれるよ  遥かなStory 今世界を拓いて 君と一緒なら越えて行けるDays to Chronicle 幸せの蕾 みんな持って生まれた それぞれの花 咲かせ輝こうTomorrow's Way  僕らのJourney 新しい始まりへ 君と一緒なら見つけられるDays to Chronicle 小さな足跡 積み重ねて行くんだ 勇気と希望 明日へのコンパスにしてSeize the Days
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Just Fly Away舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける Just Fly Away  一体どこまで続いてるんだろう? 果てしない空 手を伸ばしてみる 震えているのは君一人じゃない そうさみんな 戸惑い生きてる  さあ 目を開いて 誰も見たことのない 新しい世界 探しに行こう  舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける 今君と感じてるトキメキの中で 溢れ出す輝きはダイヤモンド Just Fly Away  昨日までの1000年はプロローグだね 僕らの時代ドラマが始まる  さあ 手をつないで 生まれたばかりの未来 二度とない今を 抱きしめ行こう  舞い上がれこの願い 風のない空へ 理想だけじゃ越えられないけれど 夢が見たい 今君と感じてる キラメキはいつか かけがえのないエピソードに変わる Just Fly Away  舞い上がれこの願い いつか叶うまで 君と二人 どんなスリルだって恐くないさ  舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける 今君と感じてるトキメキの中で 溢れ出す輝きはダイヤモンド Just Fly Away米倉千尋米倉千尋米倉千尋勝又隆一舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける Just Fly Away  一体どこまで続いてるんだろう? 果てしない空 手を伸ばしてみる 震えているのは君一人じゃない そうさみんな 戸惑い生きてる  さあ 目を開いて 誰も見たことのない 新しい世界 探しに行こう  舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける 今君と感じてるトキメキの中で 溢れ出す輝きはダイヤモンド Just Fly Away  昨日までの1000年はプロローグだね 僕らの時代ドラマが始まる  さあ 手をつないで 生まれたばかりの未来 二度とない今を 抱きしめ行こう  舞い上がれこの願い 風のない空へ 理想だけじゃ越えられないけれど 夢が見たい 今君と感じてる キラメキはいつか かけがえのないエピソードに変わる Just Fly Away  舞い上がれこの願い いつか叶うまで 君と二人 どんなスリルだって恐くないさ  舞い上がれこの願い 雲を突き抜けて 未完成な翼でも 自由に飛んで行ける 今君と感じてるトキメキの中で 溢れ出す輝きはダイヤモンド Just Fly Away
12番目の・・揺れる鳥籠 そんなに羽根をばたつかせなくても気がついてる 顔色変えずやたら平気に嘘をついた 誰かが都合よく決めつけた「私」やってるうちなんだか だらだらと微笑うだけになってしまったみたい  震える手で掻きわける see through world 正直さがどれだけ誠実なものだと誰が言ったんだろう  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 誰のものでもなくて wow wow wow wow wow この子だけは上目遣いの diva じっとしているだけ  ずっと近くに置いときながら 触らなかった紫の椅子 ここでもう一度カーテンの裏隠せることも 何枚目かのフィルターだけが 空しく増え続けているだけ 最近かなりそういう空気堪えられなくて  誰かに今見られてる see through world 手を差し出されてもすぐに行けない そんなに遠くないのに  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 笑うこともしないで wow wow wow wow wow 通り雨を待つ午後のようにじっとしているだけ  壊れるほど泣いてみたい Cry me a river 走り抜いただけのランニングハイだけで全てを終わらせないよ  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 誰のものでもなくて wow wow wow wow wow この子だけは上目遣いの diva じっとしているだけ  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 笑うこともしないで wow wow wow wow wow 通り雨を待つ午後のようにじっとしているだけ米倉千尋石川智晶石川智晶揺れる鳥籠 そんなに羽根をばたつかせなくても気がついてる 顔色変えずやたら平気に嘘をついた 誰かが都合よく決めつけた「私」やってるうちなんだか だらだらと微笑うだけになってしまったみたい  震える手で掻きわける see through world 正直さがどれだけ誠実なものだと誰が言ったんだろう  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 誰のものでもなくて wow wow wow wow wow この子だけは上目遣いの diva じっとしているだけ  ずっと近くに置いときながら 触らなかった紫の椅子 ここでもう一度カーテンの裏隠せることも 何枚目かのフィルターだけが 空しく増え続けているだけ 最近かなりそういう空気堪えられなくて  誰かに今見られてる see through world 手を差し出されてもすぐに行けない そんなに遠くないのに  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 笑うこともしないで wow wow wow wow wow 通り雨を待つ午後のようにじっとしているだけ  壊れるほど泣いてみたい Cry me a river 走り抜いただけのランニングハイだけで全てを終わらせないよ  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 誰のものでもなくて wow wow wow wow wow この子だけは上目遣いの diva じっとしているだけ  wow wow wow wow wow 12番目の私は wow wow wow wow wow 笑うこともしないで wow wow wow wow wow 通り雨を待つ午後のようにじっとしているだけ
Sweet True Love街に出ればみんな ほらねっ 振り返るでしょ 水玉のスカートが ふわり シャボン玉みたい  恋をしたら 女の子はいつだってシンデレラ 魔法をかけて 今夜はきっとネ SHA-BA-LA-BOO  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love ガラスのヒール ちょっとだけ痛いけど 「今日はかわいいねっ」「そんな照れるじゃない」 …なんてねっ Happy Lucky!! 結構まんざらじゃないみたいよ お願い SHA-BA-LA-BOO  「こんなコを彼女にしたい!」見出しにギラリッ 何ナニ? 顔よりHeartだって?! 信じてみようかな  好みのタイプ あたしと正反対のマーメイド 魔法をかけて 心はきっとネ SHA-BA-LA-BOO  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love かぼちゃの馬車 ちょっとだけ遅いけど 「なんか楽しいね。明日、会えるかな?」 …やったねっ 一歩前進!! 結構お似合いなんじゃないの お願い SHA-BA-LA-BOO  12時の鐘鳴る前に KISSしたいのSweet True Love 恋の魔法消えちゃったら どうすればイイの? My darling  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love ガラスのヒール ちょっとだけ痛いけど 「今日はかわいいねっ」「そんな照れるじゃない」 …なんてねっ Happy Lucky!! 結構まんざらじゃないみたいよ お願い SHA-BA-LA-BOO米倉千尋米倉千尋MASAKI米倉千尋街に出ればみんな ほらねっ 振り返るでしょ 水玉のスカートが ふわり シャボン玉みたい  恋をしたら 女の子はいつだってシンデレラ 魔法をかけて 今夜はきっとネ SHA-BA-LA-BOO  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love ガラスのヒール ちょっとだけ痛いけど 「今日はかわいいねっ」「そんな照れるじゃない」 …なんてねっ Happy Lucky!! 結構まんざらじゃないみたいよ お願い SHA-BA-LA-BOO  「こんなコを彼女にしたい!」見出しにギラリッ 何ナニ? 顔よりHeartだって?! 信じてみようかな  好みのタイプ あたしと正反対のマーメイド 魔法をかけて 心はきっとネ SHA-BA-LA-BOO  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love かぼちゃの馬車 ちょっとだけ遅いけど 「なんか楽しいね。明日、会えるかな?」 …やったねっ 一歩前進!! 結構お似合いなんじゃないの お願い SHA-BA-LA-BOO  12時の鐘鳴る前に KISSしたいのSweet True Love 恋の魔法消えちゃったら どうすればイイの? My darling  やんなっちゃうぐらい愛してる KISSしたいのSweet True Love ガラスのヒール ちょっとだけ痛いけど 「今日はかわいいねっ」「そんな照れるじゃない」 …なんてねっ Happy Lucky!! 結構まんざらじゃないみたいよ お願い SHA-BA-LA-BOO
Scrambleなんかちょっと不穏な 空気がちらつく 気のせいだと思うと 気になる  ささいなカンカク 温度が違ってる 右側にいないと落ち着かない景色  変わらない居場所(ばしょ)があると 信じかけた Dear Friend I don't know What do you want? What do I want? このままじゃ  スクランブル交差点で 信号変わっても I don't know What do you want? What do I want? 動けない感じ  「後悔しないように 素直になって」と 女友達(ともだち)に アドバイスしたけど  自分で自分が わからない場合(ケース)は どうすればいい? 今は もうキミに聞けない  ずっとキミのそばにいたい ただ それだけなら… I don't know What do you want? What do I want? それだけで  とりとめのない事しか 言葉にできない I don't know What do you want? What do I want?  I don't know What do you want? What do I want?  スクランブル交差点で キミと笑ってる I don't know What do you want? What do I want? 笑ってる米倉千尋MIZUEWaka Takayamaなんかちょっと不穏な 空気がちらつく 気のせいだと思うと 気になる  ささいなカンカク 温度が違ってる 右側にいないと落ち着かない景色  変わらない居場所(ばしょ)があると 信じかけた Dear Friend I don't know What do you want? What do I want? このままじゃ  スクランブル交差点で 信号変わっても I don't know What do you want? What do I want? 動けない感じ  「後悔しないように 素直になって」と 女友達(ともだち)に アドバイスしたけど  自分で自分が わからない場合(ケース)は どうすればいい? 今は もうキミに聞けない  ずっとキミのそばにいたい ただ それだけなら… I don't know What do you want? What do I want? それだけで  とりとめのない事しか 言葉にできない I don't know What do you want? What do I want?  I don't know What do you want? What do I want?  スクランブル交差点で キミと笑ってる I don't know What do you want? What do I want? 笑ってる
stars東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い そして…  細く遠く 受話器から愛しい声 ふたりの距離 言葉はお守りだね「おやすみ」  真冬の流星群 指きり 温もりを覚えている?  東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い 空に集め それぞれの想い重なる 星座のように あの夜が今を ふたりの明日を照らす  もしも一つ 願いが叶うのなら あなたの空 曇らぬように青く描くの  「逢いたい」一言が 痛くて寂しくて言えなかった  星の降る夜は あなたを感じる  東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い 空に集め それぞれの想い重なり 一つになった 今日もこの空に 抱かれていたい ずっと…米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い そして…  細く遠く 受話器から愛しい声 ふたりの距離 言葉はお守りだね「おやすみ」  真冬の流星群 指きり 温もりを覚えている?  東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い 空に集め それぞれの想い重なる 星座のように あの夜が今を ふたりの明日を照らす  もしも一つ 願いが叶うのなら あなたの空 曇らぬように青く描くの  「逢いたい」一言が 痛くて寂しくて言えなかった  星の降る夜は あなたを感じる  東の空を流れる 星屑の屋根 あなたと座って 夢と願い 空に集め それぞれの想い重なり 一つになった 今日もこの空に 抱かれていたい ずっと…
Start on a journeyドアにもたれ 背中越し聞いてる 鳴り止まない ざわめきが続いてる  聞こえないフリして ずっとひざを抱えたままで ただほんとは 傷つくことが怖かった  We'll start on a journey でも僕らは歩き始めよう 両手の中に 壊れそうなPRIDEを持って 答えはなくて ゴールもなくて 見失いそうでも ドアを開いて ここから風を感じて  一人ぼっち 解けないパズルを 繰り返してた いつまでも続けてた  周りのせいにして ずっと何も見ようともせずに ただ待ってた 誰かがドアをたたくのを  We'll start on a journey でも僕らは歩き始めよう 胸のポケットに まだ小さなPRIDEがある 出発(とき)を告げる鐘が響く 丘の上まで 吹き抜ける風 なびくよ 僕を運んで  僕は大切なもの ずっと忘れていた そう自分を-PRIDE-を思い出したんだ  We'll start on a journey 今僕らは歩き始めよう 両手の中に 壊れそうなPRIDEを持って 答えはなくて ゴールもなくて 見失いそうでも ドアを開いて ここから風を感じて米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tドアにもたれ 背中越し聞いてる 鳴り止まない ざわめきが続いてる  聞こえないフリして ずっとひざを抱えたままで ただほんとは 傷つくことが怖かった  We'll start on a journey でも僕らは歩き始めよう 両手の中に 壊れそうなPRIDEを持って 答えはなくて ゴールもなくて 見失いそうでも ドアを開いて ここから風を感じて  一人ぼっち 解けないパズルを 繰り返してた いつまでも続けてた  周りのせいにして ずっと何も見ようともせずに ただ待ってた 誰かがドアをたたくのを  We'll start on a journey でも僕らは歩き始めよう 胸のポケットに まだ小さなPRIDEがある 出発(とき)を告げる鐘が響く 丘の上まで 吹き抜ける風 なびくよ 僕を運んで  僕は大切なもの ずっと忘れていた そう自分を-PRIDE-を思い出したんだ  We'll start on a journey 今僕らは歩き始めよう 両手の中に 壊れそうなPRIDEを持って 答えはなくて ゴールもなくて 見失いそうでも ドアを開いて ここから風を感じて
Strawberry FieldsUh 永遠の「たからもの」を今胸にかかえているよ Tulululu 感じているよ Uh 今度会える時のこと 考えるとうれしくなるよ また メッセージを入れよう  Wow いつから好きになって どうしてこんなに「ふたり」でいたいんだろう それをわかりあうため こうして一緒にいるんだ そっか そうなんだ  Uh にぎやかな通りをゆこう closed(クローズ)した舗道もゆこう また とりとめなく歩こう  Uh 仕事が終わったよって お互いのベル 鳴らしあうたび ああ ほっとする一日  Wow 欲しいもの 見たいもの 面白いもの 可愛いもの あふれる 街はStrawberry Fields だからふたりで歩きたいずっと笑って  思うようにいかない日も 電話したり 相談したりできる 誰かがいる 勇気になる 明日またがんばろうって思える  いつから好きになって どうしてこんなに「ふたり」でいたいんだろう それをわかりあうため こうして一緒にいるんだ そっか そうだよね  欲しいもの 見たいもの 面白いもの 可愛いもの あふれる 街はStrawberry Fields だからふたりで歩きたいずっと笑って  Yeh… Wow Wow Wow Yeh… Wow Wow Wow…米倉千尋西脇唯からかわまこと亀田誠治Uh 永遠の「たからもの」を今胸にかかえているよ Tulululu 感じているよ Uh 今度会える時のこと 考えるとうれしくなるよ また メッセージを入れよう  Wow いつから好きになって どうしてこんなに「ふたり」でいたいんだろう それをわかりあうため こうして一緒にいるんだ そっか そうなんだ  Uh にぎやかな通りをゆこう closed(クローズ)した舗道もゆこう また とりとめなく歩こう  Uh 仕事が終わったよって お互いのベル 鳴らしあうたび ああ ほっとする一日  Wow 欲しいもの 見たいもの 面白いもの 可愛いもの あふれる 街はStrawberry Fields だからふたりで歩きたいずっと笑って  思うようにいかない日も 電話したり 相談したりできる 誰かがいる 勇気になる 明日またがんばろうって思える  いつから好きになって どうしてこんなに「ふたり」でいたいんだろう それをわかりあうため こうして一緒にいるんだ そっか そうだよね  欲しいもの 見たいもの 面白いもの 可愛いもの あふれる 街はStrawberry Fields だからふたりで歩きたいずっと笑って  Yeh… Wow Wow Wow Yeh… Wow Wow Wow…
Snow White舞い降りる粉雪のかけら 降り立つ小さな駅 ひとしきり賑わう町 かじかむ指先 あなたがくるんだ  幼い記憶の片隅に 閉ざしてた場所がある トナカイに乗ったサンタクロース 信じてた私のまなざし  愛してるは愛している それだけ ずっと忘れてたあたたかさ 人は真っ白な気持ちでいいんだと その指が伝えてる  幾つかの恋や憧れは 私を大人にした 嘘をつき 悲しみを上手に溶かす術さえ覚えて来た  ロッヂに流れるよ Silent Night 眠りから醒めるよに あなたへと心預けるの 何年も子供でいさせて  クリスマスはクリスマスさ 照れ屋のあなたはポツリとつぶやいた 光るキャンドルに揺れるあの空に サンタクロースは きっといる  -あなたが教えてくれた 素直に生きること-  愛してるは愛している それだけ ずっと忘れてたあたたかさ 人は真っ白な気持ちでいいんだと その指が伝えてる  サンタクロース それはあなたなんだ米倉千尋渡辺なつみ米倉千尋重実徹舞い降りる粉雪のかけら 降り立つ小さな駅 ひとしきり賑わう町 かじかむ指先 あなたがくるんだ  幼い記憶の片隅に 閉ざしてた場所がある トナカイに乗ったサンタクロース 信じてた私のまなざし  愛してるは愛している それだけ ずっと忘れてたあたたかさ 人は真っ白な気持ちでいいんだと その指が伝えてる  幾つかの恋や憧れは 私を大人にした 嘘をつき 悲しみを上手に溶かす術さえ覚えて来た  ロッヂに流れるよ Silent Night 眠りから醒めるよに あなたへと心預けるの 何年も子供でいさせて  クリスマスはクリスマスさ 照れ屋のあなたはポツリとつぶやいた 光るキャンドルに揺れるあの空に サンタクロースは きっといる  -あなたが教えてくれた 素直に生きること-  愛してるは愛している それだけ ずっと忘れてたあたたかさ 人は真っ白な気持ちでいいんだと その指が伝えてる  サンタクロース それはあなたなんだ
スピカ「いつか この願いがきっと叶いますように…」 遠い空 見上げてる 君と  夢の扉を開けて スタートラインに立つ まっすぐなまなざしは 輝きはじめる  ほら 変わらない笑顔がそばにある 胸に勇気を 明日に希望を  夢があるかぎり 僕らは信じ続けよう 笑ったり泣いたり生きる今が いつか 未来という星座に生まれ変わるように 遠い空 見上げてる 君と  広い宇宙の上で 僕らの小さな命は 無限の可能性に 輝きつづける  そう ひたむきな想いはいつだって まだ見ぬ世界 羽ばたける翼  君と夢中で駆け抜ける 小さな足跡は ゴールへと続く 眩しい軌跡 もしも 見失い迷って立ち止まっても 遠い空 見上げれば きっと…  遥か遠い過去に生まれ 輝くヒカリ 時を越え 今 君と見つめてる Shinin' days この日々は未来を照らす道しるべ いつの日か 誰かに届くように  夢を抱いて 僕らは今日を走り続けよう 笑ったり泣いたり生きる今が いつか 未来という星座に生まれ変わるように 遠い空 見上げてる 君と  君とずっと…米倉千尋米倉千尋米倉千尋「いつか この願いがきっと叶いますように…」 遠い空 見上げてる 君と  夢の扉を開けて スタートラインに立つ まっすぐなまなざしは 輝きはじめる  ほら 変わらない笑顔がそばにある 胸に勇気を 明日に希望を  夢があるかぎり 僕らは信じ続けよう 笑ったり泣いたり生きる今が いつか 未来という星座に生まれ変わるように 遠い空 見上げてる 君と  広い宇宙の上で 僕らの小さな命は 無限の可能性に 輝きつづける  そう ひたむきな想いはいつだって まだ見ぬ世界 羽ばたける翼  君と夢中で駆け抜ける 小さな足跡は ゴールへと続く 眩しい軌跡 もしも 見失い迷って立ち止まっても 遠い空 見上げれば きっと…  遥か遠い過去に生まれ 輝くヒカリ 時を越え 今 君と見つめてる Shinin' days この日々は未来を照らす道しるべ いつの日か 誰かに届くように  夢を抱いて 僕らは今日を走り続けよう 笑ったり泣いたり生きる今が いつか 未来という星座に生まれ変わるように 遠い空 見上げてる 君と  君とずっと…
Smile Go Happy~君に贈る言葉~Smile Go Happy ありったけの笑顔を 君に贈ろう  遠く離れた君からの便り 会えない時間を そっと温かく埋めていくよ 一つ一つずつ 積み上げてきた日々 嬉しい事 悲しい事 色々あったんだね  笑顔を紡ぐメッセージ 通い合う心 いつまでもずっと変わらない絆 忘れないでいて  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 優しい気持ちが生まれる  空が青い日も 空が泣きそうな日も かけがえのない時間を また一緒に刻んでゆこう 君がいるから その笑顔を見たいから どんな時も顔を上げて 前を向いていきたい  あの日 語り合った夢は心の中に いつまでもそっと背中押してくれる エールをくれる  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 小さな勇気が生まれる  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 私の大切な宝物  この星に生まれて 同じ時代を生きて こうして出逢えたこと すべての奇跡に いま感謝して…  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 優しい気持ちがここにある  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 新しい希望が生まれる  Smile Go Happy 君と歩くこれからの道は Life is beautiful 私の大切な宝物  ありがとう 君に贈ろう米倉千尋米倉千尋米倉千尋Smile Go Happy ありったけの笑顔を 君に贈ろう  遠く離れた君からの便り 会えない時間を そっと温かく埋めていくよ 一つ一つずつ 積み上げてきた日々 嬉しい事 悲しい事 色々あったんだね  笑顔を紡ぐメッセージ 通い合う心 いつまでもずっと変わらない絆 忘れないでいて  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 優しい気持ちが生まれる  空が青い日も 空が泣きそうな日も かけがえのない時間を また一緒に刻んでゆこう 君がいるから その笑顔を見たいから どんな時も顔を上げて 前を向いていきたい  あの日 語り合った夢は心の中に いつまでもそっと背中押してくれる エールをくれる  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 小さな勇気が生まれる  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 私の大切な宝物  この星に生まれて 同じ時代を生きて こうして出逢えたこと すべての奇跡に いま感謝して…  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 優しい気持ちがここにある  Smile Go Happy 君に会えてほんとうによかった Life is beautiful 新しい希望が生まれる  Smile Go Happy 君と歩くこれからの道は Life is beautiful 私の大切な宝物  ありがとう 君に贈ろう
ずっと ずっと想いがあふれた 優しいコドウ 聞いていた 凍えた手のひらを 温めてあげる  毛布に包まったココロは きっとありのままだから 眠るまでそばにいてね 瞳をとじて指を重ねた  降り積もる白い夜 温かい声 ただ腕の中 泣きたくなる いつまでもこの温もりを 消えないように ずっと ずっと  分かっているのに ごめんね 困らせてばかりだね わがままを叱ってくれる 優しさが嬉しかった  また白い冬が来て 同じ気持ちで あなたのことを 想っている この恋が最後の恋に なりますように 祈るように  抱きしめられたとき 不思議ね 何かを感じた どこかにいると信じてた 大切な大切な人  柔らかな温もりに 触れた口唇 ただ愛しくて 泣きたくなる ささやかな幸せを 心からありがとう  本当に本当に 会えてよかった あなたのそばで 生きていたい いつまでもこの温もりを 消えないように 瞳とじた  ずっと ずっと あなたが好き米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayama想いがあふれた 優しいコドウ 聞いていた 凍えた手のひらを 温めてあげる  毛布に包まったココロは きっとありのままだから 眠るまでそばにいてね 瞳をとじて指を重ねた  降り積もる白い夜 温かい声 ただ腕の中 泣きたくなる いつまでもこの温もりを 消えないように ずっと ずっと  分かっているのに ごめんね 困らせてばかりだね わがままを叱ってくれる 優しさが嬉しかった  また白い冬が来て 同じ気持ちで あなたのことを 想っている この恋が最後の恋に なりますように 祈るように  抱きしめられたとき 不思議ね 何かを感じた どこかにいると信じてた 大切な大切な人  柔らかな温もりに 触れた口唇 ただ愛しくて 泣きたくなる ささやかな幸せを 心からありがとう  本当に本当に 会えてよかった あなたのそばで 生きていたい いつまでもこの温もりを 消えないように 瞳とじた  ずっと ずっと あなたが好き
Sailingさあ 漕ぎ出すんだ いま大海原へ 水しぶき上げて 僕らは行くんだ  ありったけの夢 積み込んだ舟は 嵐がきたって きっと…大丈夫  はるか遠い 探してる宝の在りか 高く 高く 帆を張って 突き進め  Believe!!We have a dream 錨上げて その勇気は新しい航海図(ちず)になる 波の彼方 航路(みち)を拓こう 繋いだ手は 明日への始まりだから  たくさんの人が 悩み傷ついても それぞれのオールで 舟を漕いでいる  そうさ みんな コロンブスになるチャンスがある 強く 強く 精一杯 突き進め  Believe!!We have a dream 独りじゃない 誰もがそう 夢を探す冒険者 希望の旗 振りつづけよう 手を伸ばして明日を掴め いつの日か  空と海の間に 太陽が昇る日を信じたい  Believe!!We have a dream 錨上げて いま勇気は僕たちの航海図(ちず)になる 波の彼方 航路(みち)を拓こう 繋いだ手は 明日への始まりだから  Believe!!We have a dream あきらめない 誰もがそう 夢に向かう冒険者 希望の旗 振りつづけよう 手を伸ばして明日を掴め いつの日か米倉千尋米倉千尋尾飛良幸高山和芽さあ 漕ぎ出すんだ いま大海原へ 水しぶき上げて 僕らは行くんだ  ありったけの夢 積み込んだ舟は 嵐がきたって きっと…大丈夫  はるか遠い 探してる宝の在りか 高く 高く 帆を張って 突き進め  Believe!!We have a dream 錨上げて その勇気は新しい航海図(ちず)になる 波の彼方 航路(みち)を拓こう 繋いだ手は 明日への始まりだから  たくさんの人が 悩み傷ついても それぞれのオールで 舟を漕いでいる  そうさ みんな コロンブスになるチャンスがある 強く 強く 精一杯 突き進め  Believe!!We have a dream 独りじゃない 誰もがそう 夢を探す冒険者 希望の旗 振りつづけよう 手を伸ばして明日を掴め いつの日か  空と海の間に 太陽が昇る日を信じたい  Believe!!We have a dream 錨上げて いま勇気は僕たちの航海図(ちず)になる 波の彼方 航路(みち)を拓こう 繋いだ手は 明日への始まりだから  Believe!!We have a dream あきらめない 誰もがそう 夢に向かう冒険者 希望の旗 振りつづけよう 手を伸ばして明日を掴め いつの日か
世界中の悲しみから最後くらい 家まで送ってゆくと 言われた時 イヤだと 言えばよかった ダッシュボード 誰かの 飲みかけジュース 私だけの席だと思ってたのに  やさしさも 今は ナイフになる 次の信号(シグナル) 止まったら 飛び出そう Wo…  世界中の悲しみから 私を救い出して ねぇ あなた以外 誰に言えばいいの?  お守りだと もらった鍵も返すよ シートに投げ サヨナラ ドアを閉めた  涙より早く 逃げたいけど こんなに 細いヒールしゃ走れない Wo…  世界中の悲しみ 私を救い出して もう 大丈夫だと言って その胸に抱きよせて 世界中の悲しみから 私を救い出して 見上げる夜空(そら) 光る星に 言えばいいの?  車は うしろから ゆっくりついてくる 男なら きっぱりと 追い越して 走り去ってみせて  世界中の悲しみから 私を救い出して つないだ手は もう2度と離さないよと誓って 世界中の悲しみから 私を救い出して ねぇ あなた以外 誰に言えばいいの?米倉千尋ELLISELLIS島田直最後くらい 家まで送ってゆくと 言われた時 イヤだと 言えばよかった ダッシュボード 誰かの 飲みかけジュース 私だけの席だと思ってたのに  やさしさも 今は ナイフになる 次の信号(シグナル) 止まったら 飛び出そう Wo…  世界中の悲しみから 私を救い出して ねぇ あなた以外 誰に言えばいいの?  お守りだと もらった鍵も返すよ シートに投げ サヨナラ ドアを閉めた  涙より早く 逃げたいけど こんなに 細いヒールしゃ走れない Wo…  世界中の悲しみ 私を救い出して もう 大丈夫だと言って その胸に抱きよせて 世界中の悲しみから 私を救い出して 見上げる夜空(そら) 光る星に 言えばいいの?  車は うしろから ゆっくりついてくる 男なら きっぱりと 追い越して 走り去ってみせて  世界中の悲しみから 私を救い出して つないだ手は もう2度と離さないよと誓って 世界中の悲しみから 私を救い出して ねぇ あなた以外 誰に言えばいいの?
零-ZERO-君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 気高き真の意 心に  遙かな一筋の調べ 流るゝ古(いにしえ)残響 名もなき命に刻印(しる)された 使命の胎動 誘(いざな)う  月満ちて 風冴ゆる 天地別つ いま時は来た  始まりを告げる零 喚ぶ声に選ばれし者 「戦(そよぎ)ノ地 導ケ」 君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 愛する人を守る -数乱- 祈りの央(なか) 誓うよ  ひとひら舞い散る花びら 見果てぬ永久(とこしえ) 残照 儚き命の輝きは 明日への蒼き焦燥  冬忍び 春燃ゆる 花のように しなやかにあれ  運命を拓く零 征く道に後悔はない 「戦(そよぎ)ノ地 貫ケ」 君が為 刹那さえ強さに変えて 愛する人と生きる 未来はこの手の中に有る  遠き夢 淡き恋 遍く日々に重ねた想い 信じて  暁を抱く零 恐れなき希望などない 「戦(そよぎ)ノ地 示セ」 君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 愛する人を守る -数乱- 最果てに光を米倉千尋米倉千尋米倉千尋宮崎京一君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 気高き真の意 心に  遙かな一筋の調べ 流るゝ古(いにしえ)残響 名もなき命に刻印(しる)された 使命の胎動 誘(いざな)う  月満ちて 風冴ゆる 天地別つ いま時は来た  始まりを告げる零 喚ぶ声に選ばれし者 「戦(そよぎ)ノ地 導ケ」 君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 愛する人を守る -数乱- 祈りの央(なか) 誓うよ  ひとひら舞い散る花びら 見果てぬ永久(とこしえ) 残照 儚き命の輝きは 明日への蒼き焦燥  冬忍び 春燃ゆる 花のように しなやかにあれ  運命を拓く零 征く道に後悔はない 「戦(そよぎ)ノ地 貫ケ」 君が為 刹那さえ強さに変えて 愛する人と生きる 未来はこの手の中に有る  遠き夢 淡き恋 遍く日々に重ねた想い 信じて  暁を抱く零 恐れなき希望などない 「戦(そよぎ)ノ地 示セ」 君が為 振り上げた刀(ほこり)に懸けて 愛する人を守る -数乱- 最果てに光を
ソラノキオク透明な風が届く ソラノキオクを求めて 運命の旋律へと 未来(ひかり)は満ちてゆく  ザラついた心 不完全な“希望”って響きに 埋まらない 何か 探し続け 僕らは未知へと  この眼に映した 儚い真実(リアル) 信じた鼓動に 不可思議な予感 行く宛てなど 決めないで  広がる夢のその先で 笑顔に会えますように… この闇を切り裂いて キミを見つけたい  はるか遠く 空に溢れてゆく 僕らのキセキ 現奏と夢想 揺れる想い 秘めるほど強くなる  世界の始まりから それぞれに描いてゆく 新しい物語 何が待っているの  静寂に揺れた 感傷の波 どこで生まれたの? 戸惑いのそばで 眩しく舞う その笑顔  守りたいと声にしたら あの日の空を見つけた 忘れたくない きっと 忘れてはいけない  涙雨に錆びた願い そっと抱きしめてみた 伝わる 優しい記憶 読み解くよう 愛に触れたい  謎めく日々に 交わる恋心 見つけた ソラノキオク もう離さない  はるか遠く 空に溢れてゆく 僕らのキセキ 現奏と夢想 揺れる想い 秘めるほど強くなる  世界の始まりから それぞれに描いてゆく 新しい物語 何処まででも行ける米倉千尋ぱれっとぱれっとぱれっと透明な風が届く ソラノキオクを求めて 運命の旋律へと 未来(ひかり)は満ちてゆく  ザラついた心 不完全な“希望”って響きに 埋まらない 何か 探し続け 僕らは未知へと  この眼に映した 儚い真実(リアル) 信じた鼓動に 不可思議な予感 行く宛てなど 決めないで  広がる夢のその先で 笑顔に会えますように… この闇を切り裂いて キミを見つけたい  はるか遠く 空に溢れてゆく 僕らのキセキ 現奏と夢想 揺れる想い 秘めるほど強くなる  世界の始まりから それぞれに描いてゆく 新しい物語 何が待っているの  静寂に揺れた 感傷の波 どこで生まれたの? 戸惑いのそばで 眩しく舞う その笑顔  守りたいと声にしたら あの日の空を見つけた 忘れたくない きっと 忘れてはいけない  涙雨に錆びた願い そっと抱きしめてみた 伝わる 優しい記憶 読み解くよう 愛に触れたい  謎めく日々に 交わる恋心 見つけた ソラノキオク もう離さない  はるか遠く 空に溢れてゆく 僕らのキセキ 現奏と夢想 揺れる想い 秘めるほど強くなる  世界の始まりから それぞれに描いてゆく 新しい物語 何処まででも行ける
空はひと一つ!!いつかタイムマシーンに乗り 僕は過去・未来 自由な時間旅行に出かけたいんだ  冷めた大人たちはまた 守備固めるため 必死に頭 働かせてるんだ  だからね 純粋なハートを持つってね くじけたり 困難に負けちゃいそうだけど  Oh Yeah 空はひとつ Oh Yeah 素直にいこう Life is beautiful 僕は僕のままで Let's do it,do it again!!  いつもあわてて駆け出して 石につまずいて ちっぽけな罠につかまってたんだ  そんな僕の目の前に 君が舞い降りて ダメな僕を卒業できそうなんだ  屋根の上 青空(そら)の下 君と寝転がってさ 夢じゃない!未来まで飛んで行けるかな  Oh Yeah 雲はゆくよ Oh Yeah 気楽にいこう Life is beautiful 君は君のままで Let's do it,do it again!!  Oh Yeah 空はひとつ Oh Yeah 素直にいこう Life is beautiful 僕は僕のままで  Oh Yeah 雲はゆくよ Oh Yeah 気楽にいこう Life is beautiful 君は君のままで Let's do it,do it again!!  空はひとつだぜ!!!米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tいつかタイムマシーンに乗り 僕は過去・未来 自由な時間旅行に出かけたいんだ  冷めた大人たちはまた 守備固めるため 必死に頭 働かせてるんだ  だからね 純粋なハートを持つってね くじけたり 困難に負けちゃいそうだけど  Oh Yeah 空はひとつ Oh Yeah 素直にいこう Life is beautiful 僕は僕のままで Let's do it,do it again!!  いつもあわてて駆け出して 石につまずいて ちっぽけな罠につかまってたんだ  そんな僕の目の前に 君が舞い降りて ダメな僕を卒業できそうなんだ  屋根の上 青空(そら)の下 君と寝転がってさ 夢じゃない!未来まで飛んで行けるかな  Oh Yeah 雲はゆくよ Oh Yeah 気楽にいこう Life is beautiful 君は君のままで Let's do it,do it again!!  Oh Yeah 空はひとつ Oh Yeah 素直にいこう Life is beautiful 僕は僕のままで  Oh Yeah 雲はゆくよ Oh Yeah 気楽にいこう Life is beautiful 君は君のままで Let's do it,do it again!!  空はひとつだぜ!!!
ダイアモンド クレバス神様に恋をしてた頃は こんな別れがくるとは思ってなかったよ もう二度と触れられないなら せめて最後に もう一度抱きしめて欲しかったよ  It's long long good-bye…  さよなら さよなら 何度だって 自分に 無上に 言い聞かせて 手を振るのは 優しさだよね? 今 強さが欲しい  貴方に出会い STAR輝いて アタシが生まれて 愛すればこそ iあればこそ 希望のない 奇跡を待って どうなるの? 涙に滲む 惑星の瞬きは gone…  忘れないよ 貴方の温もりも その優しさも 全て包んでくれた両手も It's long long good-bye…  さよなら さよなら 愛しい人 貴方が いたから 歩いてこれた ひとりなんかじゃなかったよね? 今 答えが欲しい  燃える様な流星 捕まえて 火を灯して 愛していたい 愛されてたい 冷えたカラダひとつで 世界は どうなるの? 張り続けてた 虚勢が溶けてく long for…  どうしてなの? 涙溢れて 止められない  貴方に出会い STAR輝いて アタシが生まれて 愛すればこそ iあればこそ 希望のない 奇跡を待って どうなるの? 涙に滲む 惑星の瞬きは gone…  もし生まれ変わって また巡り会えるなら その時もきっと アタシを見つけ出して もう二度と離さないで 捕まえてて ひとりじゃないと 囁いてほしい planet…米倉千尋hal菅野よう子神様に恋をしてた頃は こんな別れがくるとは思ってなかったよ もう二度と触れられないなら せめて最後に もう一度抱きしめて欲しかったよ  It's long long good-bye…  さよなら さよなら 何度だって 自分に 無上に 言い聞かせて 手を振るのは 優しさだよね? 今 強さが欲しい  貴方に出会い STAR輝いて アタシが生まれて 愛すればこそ iあればこそ 希望のない 奇跡を待って どうなるの? 涙に滲む 惑星の瞬きは gone…  忘れないよ 貴方の温もりも その優しさも 全て包んでくれた両手も It's long long good-bye…  さよなら さよなら 愛しい人 貴方が いたから 歩いてこれた ひとりなんかじゃなかったよね? 今 答えが欲しい  燃える様な流星 捕まえて 火を灯して 愛していたい 愛されてたい 冷えたカラダひとつで 世界は どうなるの? 張り続けてた 虚勢が溶けてく long for…  どうしてなの? 涙溢れて 止められない  貴方に出会い STAR輝いて アタシが生まれて 愛すればこそ iあればこそ 希望のない 奇跡を待って どうなるの? 涙に滲む 惑星の瞬きは gone…  もし生まれ変わって また巡り会えるなら その時もきっと アタシを見つけ出して もう二度と離さないで 捕まえてて ひとりじゃないと 囁いてほしい planet…
cheers!「ありがとう」 世界でいちばん 小さな魔法の言葉 短いけれど でも何よりも 幸せになれる言葉  「ありがとう」 私からあなたへ あなたから大切な人へ 溢れる愛 伝える魔法 ほら みんな笑顔になる  思っているだけじゃ きっと 伝わらないこと ちょっぴり勇気をだして 優しい気持ちを いま  「ありがとう」 伝えたい人がいる その幸せにありがとう 心に咲いた きれいな花を そっと束ねて贈ろう  「ありがとう」 それぞれの未来で この言葉 想いだして どんな時も 離れていても 優しいエールをくれる  笑ってケンカして泣いて 歩いてきたこと あなたがいるから こうして明日を夢みている  「ありがとう」 世界でいちばん 小さな魔法の言葉 手をつなごう いついつまでも 温もりを忘れないで  「ありがとう」 大地よ海よ空よ 見えるもの 見えないもの ここに生まれて 生きていること そのすべてにありがとう  la la la…米倉千尋米倉千尋米倉千尋「ありがとう」 世界でいちばん 小さな魔法の言葉 短いけれど でも何よりも 幸せになれる言葉  「ありがとう」 私からあなたへ あなたから大切な人へ 溢れる愛 伝える魔法 ほら みんな笑顔になる  思っているだけじゃ きっと 伝わらないこと ちょっぴり勇気をだして 優しい気持ちを いま  「ありがとう」 伝えたい人がいる その幸せにありがとう 心に咲いた きれいな花を そっと束ねて贈ろう  「ありがとう」 それぞれの未来で この言葉 想いだして どんな時も 離れていても 優しいエールをくれる  笑ってケンカして泣いて 歩いてきたこと あなたがいるから こうして明日を夢みている  「ありがとう」 世界でいちばん 小さな魔法の言葉 手をつなごう いついつまでも 温もりを忘れないで  「ありがとう」 大地よ海よ空よ 見えるもの 見えないもの ここに生まれて 生きていること そのすべてにありがとう  la la la…
月に願いを月はふわり 水面に揺れてる ビロードの海 静かに二人包んでる  夏のカケラ 足跡探した 出会ったころの 二人がここにいる  あの時に見つけた宝物(もの) ―小さな恋―を 抱えたまま  海から来るこの風に今 心を預けてみたら 切ない想いは叶うのかな… 悲しいくらい綺麗な月 私を見守ってくれる? 胸の奥深く願いを込めた ―きっと―  どうして 大人になるたび 臆病になってしまうんだろう  友達のままなら ずっと笑ってられる こうして会える  砂に落ちたため息一つ もう戻れない恋だから その手で ねぇ 受け止めてほしい 泣きたいくらい綺麗な月 私を慰めてくれる? 切ない声が届かなくても  海から来るこの風に今 心を預けてみたら 切ない想いは叶うのかな… 悲しいくらい綺麗な月 私を見守ってくれる? 胸の奥深く願いを込めた ―きっと―米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t月はふわり 水面に揺れてる ビロードの海 静かに二人包んでる  夏のカケラ 足跡探した 出会ったころの 二人がここにいる  あの時に見つけた宝物(もの) ―小さな恋―を 抱えたまま  海から来るこの風に今 心を預けてみたら 切ない想いは叶うのかな… 悲しいくらい綺麗な月 私を見守ってくれる? 胸の奥深く願いを込めた ―きっと―  どうして 大人になるたび 臆病になってしまうんだろう  友達のままなら ずっと笑ってられる こうして会える  砂に落ちたため息一つ もう戻れない恋だから その手で ねぇ 受け止めてほしい 泣きたいくらい綺麗な月 私を慰めてくれる? 切ない声が届かなくても  海から来るこの風に今 心を預けてみたら 切ない想いは叶うのかな… 悲しいくらい綺麗な月 私を見守ってくれる? 胸の奥深く願いを込めた ―きっと―
tsubomi突然 ふいに鳴り止まない 胸の非常ベル 意味なんて何もないと 分かっていたのに  そんな笑顔を向けられたら 身動きできないよ だってこれは僕にとって 初めての恋なんだ  君のことを見てた 校舎の片隅 どれだけ月日が流れても 何一つ変わらない気持ち  いつかきっと 素直に話せるかな 熱くハート焦がすような この想いを伝えたい  偶然 君と二人きりの午後の教室 オレンジの光の中 すごく眩しく見えた  東京へ行く君に 何も言えなかった 予備校の帰り 外灯はぼんやりと僕を照らしてる  今はきっと 僕のがんばり時さ いつかきっと この夢を叶えて 空を見上げよう  夢の桜が咲いたら 君に手紙を書こう その時… まだ僕の初恋は終わらない  いつかきっと 素直に話せるかな 熱くハート焦がすような想い 伝えたい  今はきっと 僕のがんばり時さ いつかきっと この夢を叶えて 空を見て笑おう米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽突然 ふいに鳴り止まない 胸の非常ベル 意味なんて何もないと 分かっていたのに  そんな笑顔を向けられたら 身動きできないよ だってこれは僕にとって 初めての恋なんだ  君のことを見てた 校舎の片隅 どれだけ月日が流れても 何一つ変わらない気持ち  いつかきっと 素直に話せるかな 熱くハート焦がすような この想いを伝えたい  偶然 君と二人きりの午後の教室 オレンジの光の中 すごく眩しく見えた  東京へ行く君に 何も言えなかった 予備校の帰り 外灯はぼんやりと僕を照らしてる  今はきっと 僕のがんばり時さ いつかきっと この夢を叶えて 空を見上げよう  夢の桜が咲いたら 君に手紙を書こう その時… まだ僕の初恋は終わらない  いつかきっと 素直に話せるかな 熱くハート焦がすような想い 伝えたい  今はきっと 僕のがんばり時さ いつかきっと この夢を叶えて 空を見て笑おう
「手紙」前略  お元気ですか?変わりないですか? 同窓会、残念ですが参加できません。  思えば卒業してから、三年も経ったんですね。 校舎に降る雪がとても懐かしいです。  頑張ってます。それでもまだ、夢までは遠そうです。 窓辺から見える桜、あの日見た雪みたいで 夜明け前の東京は切ないです。  「十年後 夢叶えて、絶対会おうね!!」  画びょうで壁に貼った紙を見上げるたびに、 辛い日もなんとか乗り越えてきました。  頑張ってます。ビルの谷間、今日も明日も走ってます。 遠くても分かるくらい、いつか輝ける日まで 今はこの街で精一杯やっています。  風をきって汗をかいて でも正直、寂しいけど 背伸びして頭下げて 時には無理もしながら…  頑張ってます。 どうぞよろしく、みんなに伝えてください。 窓辺から見える桜、あの日見た雪みたいで 白みはじめた東京の空はキレイです。  草々米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t前略  お元気ですか?変わりないですか? 同窓会、残念ですが参加できません。  思えば卒業してから、三年も経ったんですね。 校舎に降る雪がとても懐かしいです。  頑張ってます。それでもまだ、夢までは遠そうです。 窓辺から見える桜、あの日見た雪みたいで 夜明け前の東京は切ないです。  「十年後 夢叶えて、絶対会おうね!!」  画びょうで壁に貼った紙を見上げるたびに、 辛い日もなんとか乗り越えてきました。  頑張ってます。ビルの谷間、今日も明日も走ってます。 遠くても分かるくらい、いつか輝ける日まで 今はこの街で精一杯やっています。  風をきって汗をかいて でも正直、寂しいけど 背伸びして頭下げて 時には無理もしながら…  頑張ってます。 どうぞよろしく、みんなに伝えてください。 窓辺から見える桜、あの日見た雪みたいで 白みはじめた東京の空はキレイです。  草々
10 YEARS AFTER10 YEARS AFTER 10年後の あなたを みつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  幼い頃から そう今日までの SO MANY DAYS 振り返れば いろんなことにめぐり逢った 泣いたり笑ったり 喧嘩したり夢みたり ちょっとハードな失恋も 輝くMY HISTORY  幾つもの出逢いと別れ くぐり抜けて 愛するあなたにそうよ LOVE めぐり逢えた  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の 私は どうしてるだろう どんなふうに あなたを好きでいるだろう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  この胸の宇宙に広がる 無敵の未来 あなたとなら見事に 近づいてゆける  幸せは 明日にめぐり逢う力 信じる強さをいつも BELIEVE 胸に抱いて  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたと私のために 悲しみも迷わず 抱きしめていこう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の ふたりを 信じていたい STAY FOREVER ときめくたびに もっと 輝いていたい  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の 私は どうしてるだろう どんなふうに あなたを好きでいるだろう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい米倉千尋朝倉京子三浦一年見良津健雄10 YEARS AFTER 10年後の あなたを みつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  幼い頃から そう今日までの SO MANY DAYS 振り返れば いろんなことにめぐり逢った 泣いたり笑ったり 喧嘩したり夢みたり ちょっとハードな失恋も 輝くMY HISTORY  幾つもの出逢いと別れ くぐり抜けて 愛するあなたにそうよ LOVE めぐり逢えた  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の 私は どうしてるだろう どんなふうに あなたを好きでいるだろう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  この胸の宇宙に広がる 無敵の未来 あなたとなら見事に 近づいてゆける  幸せは 明日にめぐり逢う力 信じる強さをいつも BELIEVE 胸に抱いて  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたと私のために 悲しみも迷わず 抱きしめていこう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の ふたりを 信じていたい STAY FOREVER ときめくたびに もっと 輝いていたい  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の 私は どうしてるだろう どんなふうに あなたを好きでいるだろう WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい  WOE-10 YEARS AFTER 10年後の あなたをみつめてみたい STAY TOGETHER その時 きっとそばで 微笑んでいたい
天使の休息太陽の下で神様にもらったプレゼント そこらじゅうに広げてみたけど “何か足りない”“何かわかんない”見あげた空から 舞い落ちて来た message 『本当に探してるモノは 自分で見つけてチョーダイ』(by神様) OH MY GOD!!  そんな時はねきっと あせらずにそっと 羽根休めをしてもいいんじゃない たくさんの天使達にほんの少し 心のドア knock on 開けば jump 加速つけて次のステップへ 今よりもっと アタシ好きになるために  自分ひとりで何もかもこなしているような そんな性格 嫌いじゃないけど 楽しいよね あったかいよね 天使達-みんな-の笑顔は ハート包み込むようなwhite wings 本当に探してるモノって いつでもすぐ側に… OH MY FRIENDS!!  どんな時でもずっと 変わらずにそっと 両手広げ 抱きしめてくれる たくさんの天使達にほんの少し カンシャしたら yes 世界が up “生意気顔”やっぱ基本だけど 前よりもっと アタシ好きになれたみたい  時々はねちょっと あせらずにそっと 羽根休めをしてもいいんじゃない たくさんの天使達とほんの少し 心のドア knock on 開けば jump 加速つけて次のステップへ 誰もがもっと 自分好きになるために  愛しい Angels…米倉千尋奥井雅美矢吹俊郎太陽の下で神様にもらったプレゼント そこらじゅうに広げてみたけど “何か足りない”“何かわかんない”見あげた空から 舞い落ちて来た message 『本当に探してるモノは 自分で見つけてチョーダイ』(by神様) OH MY GOD!!  そんな時はねきっと あせらずにそっと 羽根休めをしてもいいんじゃない たくさんの天使達にほんの少し 心のドア knock on 開けば jump 加速つけて次のステップへ 今よりもっと アタシ好きになるために  自分ひとりで何もかもこなしているような そんな性格 嫌いじゃないけど 楽しいよね あったかいよね 天使達-みんな-の笑顔は ハート包み込むようなwhite wings 本当に探してるモノって いつでもすぐ側に… OH MY FRIENDS!!  どんな時でもずっと 変わらずにそっと 両手広げ 抱きしめてくれる たくさんの天使達にほんの少し カンシャしたら yes 世界が up “生意気顔”やっぱ基本だけど 前よりもっと アタシ好きになれたみたい  時々はねちょっと あせらずにそっと 羽根休めをしてもいいんじゃない たくさんの天使達とほんの少し 心のドア knock on 開けば jump 加速つけて次のステップへ 誰もがもっと 自分好きになるために  愛しい Angels…
天使のゆびきりYOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように米倉千尋藤井フミヤ有賀啓雄YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  目の前を過ぎる横顔 ときめきが踊り始める 話す声 耳を傾け またひとつあなたを知った  ほんの少し勇気だして その瞳を見つめたい  YOU MAY DREAM 追いかけて 素直なこの気持ち 伝えられたなら DREAMS COME TRUE YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように  面影がきらめくたびに 胸が傷んで目を閉じる 切なさが涙になって 自分勝手に零れてく  傷つくことを恐れずに 鏡に小指差し出す  YOU MAY DREAM 抱きしめて 今すぐこの想い 言葉に変えたい I LOVE YOU YOU MAY DREAM 真っ白な恋は翼になる 天使のゆびきり 叶うように
Dear my friendmy friend,Dear my friend 一筋の月明かり 小さな部屋の中 羽根を閉じたハート 包んでる  震える消えそうな背中を 見つめた  切なくて泣きたい夜を いくつ越えても まっすぐな瞳で触れる世界 信じていて 僕は君のために 何が出来るだろう  気づかず見過ごしてきた 君からのSOS 笑顔の裏にあった寂しさを あの日 知ったんだ  涙 乾くまで ずっとそばにいる  負けないで 心がくじけそうなら 立ち止まって その羽根を休めて またゆっくり歩き出そう 君はいつだって僕のmy friend,Forever  切なくて泣きたい夜を いくつ越えても 新しい明日を迎えられる 信じていて 僕たちは きっと 強くなれるから  負けないで 心がはぐれそうなら 名前を呼んで その羽根を広げて 光の中へ一緒に行こう それが君と僕との約束だから  my friend,Dear my friend 一筋の月明かり 暗闇に迷わないでと 僕らの道を そっと照らしている米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽my friend,Dear my friend 一筋の月明かり 小さな部屋の中 羽根を閉じたハート 包んでる  震える消えそうな背中を 見つめた  切なくて泣きたい夜を いくつ越えても まっすぐな瞳で触れる世界 信じていて 僕は君のために 何が出来るだろう  気づかず見過ごしてきた 君からのSOS 笑顔の裏にあった寂しさを あの日 知ったんだ  涙 乾くまで ずっとそばにいる  負けないで 心がくじけそうなら 立ち止まって その羽根を休めて またゆっくり歩き出そう 君はいつだって僕のmy friend,Forever  切なくて泣きたい夜を いくつ越えても 新しい明日を迎えられる 信じていて 僕たちは きっと 強くなれるから  負けないで 心がはぐれそうなら 名前を呼んで その羽根を広げて 光の中へ一緒に行こう それが君と僕との約束だから  my friend,Dear my friend 一筋の月明かり 暗闇に迷わないでと 僕らの道を そっと照らしている
DEAR MY GIRL長い坂の途中で 見下ろす町が ふいに遠くなる 夢を昇り疲れて 生き急ぐたび 君を傷つけた  もしもも一度逢えたなら もう 戸惑いさえ風の中 置いて行く  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 壊したいほど好きさ いつか夢が叶う場所へと 君をWITH YOU HOE-連れて行きたい  部屋に飾ったままの 君の写真は 時を止めたまま あの日誰よりそばで 同じ未来を 君は夢見てた  一人歩く坂道にほら 君の好きな夕映えが近づくよ  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 哀しいくらい好きさ 君が僕にくれた笑顔が 遠くTWILIGHT HOE-僕を包むよ  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 壊したいほど好きさ いつか夢が叶う場所へと 君をWITH YOU HOE-連れて行きたい米倉千尋渡辺なつみ三浦一年H.Kohshun・見良津健雄長い坂の途中で 見下ろす町が ふいに遠くなる 夢を昇り疲れて 生き急ぐたび 君を傷つけた  もしもも一度逢えたなら もう 戸惑いさえ風の中 置いて行く  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 壊したいほど好きさ いつか夢が叶う場所へと 君をWITH YOU HOE-連れて行きたい  部屋に飾ったままの 君の写真は 時を止めたまま あの日誰よりそばで 同じ未来を 君は夢見てた  一人歩く坂道にほら 君の好きな夕映えが近づくよ  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 哀しいくらい好きさ 君が僕にくれた笑顔が 遠くTWILIGHT HOE-僕を包むよ  抱え切れないほど 好きさDEAR MY GIRL 壊したいほど好きさ いつか夢が叶う場所へと 君をWITH YOU HOE-連れて行きたい
DISTANCE果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ  呆れる位 窮屈な日常 繰り返して 四角い窓の外に どんな夢を見ればいいのだろう  幼いころは 自由に使えた魔法だって 方程式の支配下で no cry 跡形もなく砕け散った それでも…  I'll go my distance わずかに光る未来を 信じてるから 棘(いばら)の道を行く 果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ  産まれる瞬間(とき)に 定められていた運命より 切り拓いてく勇気を 明日を 見つめていたい  「願いはきっと 強く思うほど叶えられる」 あなたがくれた言葉を believe in 抱きしめ信じ続けるから いつまでも…  I'll go my distance 見果てぬ夢の彼方に 辿り着くまで 希望の旗を持つ 限りないあの空に 恋焦がれて 光射す地を 目指せ  I'll go my distance わずかに光る未来を 信じてるから 棘の道を行く 果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ米倉千尋米倉千尋WAKA TAKAYAMAWaka Takayama果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ  呆れる位 窮屈な日常 繰り返して 四角い窓の外に どんな夢を見ればいいのだろう  幼いころは 自由に使えた魔法だって 方程式の支配下で no cry 跡形もなく砕け散った それでも…  I'll go my distance わずかに光る未来を 信じてるから 棘(いばら)の道を行く 果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ  産まれる瞬間(とき)に 定められていた運命より 切り拓いてく勇気を 明日を 見つめていたい  「願いはきっと 強く思うほど叶えられる」 あなたがくれた言葉を believe in 抱きしめ信じ続けるから いつまでも…  I'll go my distance 見果てぬ夢の彼方に 辿り着くまで 希望の旗を持つ 限りないあの空に 恋焦がれて 光射す地を 目指せ  I'll go my distance わずかに光る未来を 信じてるから 棘の道を行く 果てしないあの空に 恋焦がれて 始まりの地を 目指せ
Today's the dayいつから心のシグナルは 行き先 見失っていたんだ 不安に点滅をくり返し 叫んでる  安全な場所でいつだって 勇敢なふりを続けていた 臆病なこの手は また何を掴むんだ  一体ここはどこなんだろう 僕は何してるんだろう 遠くから声がする 本当の声が聞こえる  鳴り響け 胸にサイレン 旅立ちの時は来た 誰かの広げた地図に 自分の道はない I'll be going my way 生きるために 迷ったり傷つくなら わずかに でも確かにある勇気を信じるんだ Today's the day  飲み込んだ言葉は誰のため? 選んだ答えは誰のもの? 臆病なこの手で触れるのが 恐かったんだ  さあ 目を開いたんだろう 覚悟を決めたんだろう 遠くから声がする 本当の声が聞こえる  立ち上がれ 夢を抱いて 旅立ちの時は来た 誰にも信じるままに 自分の道はある I'll be born again いま生まれ変わる それだけが答えだから 与えられた居場所も未来も 恐がらず置いて行くんだ Today's the day  どこへ続いていても 何が起きようとも それでも僕は行く 本当の声に向かって  鳴り響け 胸にサイレン 旅立ちの時は来た 誰かの広げた地図に 自分の道はない I'll be going my way 生きるために 迷ったり傷つくなら 勇気を希望に変えて 今日こそが始まりなんだ Today's the day米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayamaいつから心のシグナルは 行き先 見失っていたんだ 不安に点滅をくり返し 叫んでる  安全な場所でいつだって 勇敢なふりを続けていた 臆病なこの手は また何を掴むんだ  一体ここはどこなんだろう 僕は何してるんだろう 遠くから声がする 本当の声が聞こえる  鳴り響け 胸にサイレン 旅立ちの時は来た 誰かの広げた地図に 自分の道はない I'll be going my way 生きるために 迷ったり傷つくなら わずかに でも確かにある勇気を信じるんだ Today's the day  飲み込んだ言葉は誰のため? 選んだ答えは誰のもの? 臆病なこの手で触れるのが 恐かったんだ  さあ 目を開いたんだろう 覚悟を決めたんだろう 遠くから声がする 本当の声が聞こえる  立ち上がれ 夢を抱いて 旅立ちの時は来た 誰にも信じるままに 自分の道はある I'll be born again いま生まれ変わる それだけが答えだから 与えられた居場所も未来も 恐がらず置いて行くんだ Today's the day  どこへ続いていても 何が起きようとも それでも僕は行く 本当の声に向かって  鳴り響け 胸にサイレン 旅立ちの時は来た 誰かの広げた地図に 自分の道はない I'll be going my way 生きるために 迷ったり傷つくなら 勇気を希望に変えて 今日こそが始まりなんだ Today's the day
Truth近すぎるから見えなくて true heart 大切な想い 一人になって時間(とき)が止まった ゴメンね…泣きたくなる  強がって見せた笑顔さえ これ以上うまくできそうにないの 初めてわかった ―それはきっと― 世界で一番大事なもの  you're my destiny 誰より感じられる距離にいたのに 瞳を閉じれば遠いあの日のまま 変らないあなたがいる いつでも  あたりまえすぎた毎日は too late もうどこにもない 幸せはきっと特別じゃない 静かな安らぎだった  許されるのならもう二度と 戻れない日々 壊したりしないの かけがえのないもの ―やっと気がついた― 一番近くにある優しさ  you're my destiny 心がこんなにあなたを求めてる 切ない想いを消せないまま 時間だけが過ぎて行く 静かに  you're my destiny 誰より感じられる距離にいたのに 瞳を閉じれば遠いあの日のまま 変らないあなたがいる  you're my destiny お願い…私のそばにいて欲しいの 届かぬ想いを消せないまま 時間だけが過ぎて行く I miss you米倉千尋米倉千尋米倉千尋見良津健男近すぎるから見えなくて true heart 大切な想い 一人になって時間(とき)が止まった ゴメンね…泣きたくなる  強がって見せた笑顔さえ これ以上うまくできそうにないの 初めてわかった ―それはきっと― 世界で一番大事なもの  you're my destiny 誰より感じられる距離にいたのに 瞳を閉じれば遠いあの日のまま 変らないあなたがいる いつでも  あたりまえすぎた毎日は too late もうどこにもない 幸せはきっと特別じゃない 静かな安らぎだった  許されるのならもう二度と 戻れない日々 壊したりしないの かけがえのないもの ―やっと気がついた― 一番近くにある優しさ  you're my destiny 心がこんなにあなたを求めてる 切ない想いを消せないまま 時間だけが過ぎて行く 静かに  you're my destiny 誰より感じられる距離にいたのに 瞳を閉じれば遠いあの日のまま 変らないあなたがいる  you're my destiny お願い…私のそばにいて欲しいの 届かぬ想いを消せないまま 時間だけが過ぎて行く I miss you
True Nameまなざしのレンズに 映り込む群青の空 上り坂にかく汗が ボクの背中を押す  小枝には青い芽が葺く 土の温度もぬくもる いのちにはすることがある ときめきが深い息をした  ひろがる風の道を どこまでも ただ歩いてみたい 名前がボクを選んだ その理由(わけ)を心に探しながら  セスナ機が残した 地図のようなチョークの線 鳥たちの群れのなかへ ボクも行ける気がした  水の音 辿るどこかに なつかしい聲 聴こえて 鼓動には行く先がある まだなにもわからないけれど  見上げた風の向こう いつまでも ただ自由でいたい 明日がボクとつながる その意味を 心に応えながら  ひろがる風の道を どこまでも ただ歩いてみたい 名前がボクを選んだ その理由(わけ)を心に探しながら米倉千尋松井五郎米倉千尋高山和芽まなざしのレンズに 映り込む群青の空 上り坂にかく汗が ボクの背中を押す  小枝には青い芽が葺く 土の温度もぬくもる いのちにはすることがある ときめきが深い息をした  ひろがる風の道を どこまでも ただ歩いてみたい 名前がボクを選んだ その理由(わけ)を心に探しながら  セスナ機が残した 地図のようなチョークの線 鳥たちの群れのなかへ ボクも行ける気がした  水の音 辿るどこかに なつかしい聲 聴こえて 鼓動には行く先がある まだなにもわからないけれど  見上げた風の向こう いつまでも ただ自由でいたい 明日がボクとつながる その意味を 心に応えながら  ひろがる風の道を どこまでも ただ歩いてみたい 名前がボクを選んだ その理由(わけ)を心に探しながら
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
To your heart過ぎ去った季節の中で 想い出が鮮やかになる 出会いと別れ、いくつかの恋、懐かしいあのメロディー… 新しい扉を開けて 新しい夢追いかける その先にある未来もいつか まぶしい想い出にしよう  二度とないこの瞬間(とき)を 分かち合って生きてゆける 大切なあなたの胸に この歌を今 届けたい 限りない この世界で 出逢えた意味を抱きしめて いつまでも輝けるように 信じたその道を行こう  I can say always trust my life to your heart…米倉千尋米倉千尋米倉千尋H.Kohshun過ぎ去った季節の中で 想い出が鮮やかになる 出会いと別れ、いくつかの恋、懐かしいあのメロディー… 新しい扉を開けて 新しい夢追いかける その先にある未来もいつか まぶしい想い出にしよう  二度とないこの瞬間(とき)を 分かち合って生きてゆける 大切なあなたの胸に この歌を今 届けたい 限りない この世界で 出逢えた意味を抱きしめて いつまでも輝けるように 信じたその道を行こう  I can say always trust my life to your heart…
to LOVE.海沿いのカフェテラス 窓辺の席 あの日のままで キャンドルの炎 にゆれる光 あなたはいない  ―さみしくて― 去年のイヴに交わした約束は 降り出した雨に消えてゆく  込み上げる想い出に泣いている 戻れない Last Christmas  どれくらいこうして あなたのこと探してるだろう  ―会いたくて― この雨が今 雪に変わるのなら 聖なる奇跡はきっと起こる  届かない願いでも信じてる 今夜なら  窓の外 粉雪が少しずつ舞い降りてきたよ…  ドアが開き 立ち上がる 涙であなたが見えない米倉千尋米倉千尋皆川真人皆川真人海沿いのカフェテラス 窓辺の席 あの日のままで キャンドルの炎 にゆれる光 あなたはいない  ―さみしくて― 去年のイヴに交わした約束は 降り出した雨に消えてゆく  込み上げる想い出に泣いている 戻れない Last Christmas  どれくらいこうして あなたのこと探してるだろう  ―会いたくて― この雨が今 雪に変わるのなら 聖なる奇跡はきっと起こる  届かない願いでも信じてる 今夜なら  窓の外 粉雪が少しずつ舞い降りてきたよ…  ドアが開き 立ち上がる 涙であなたが見えない
遠い記憶星が流れる時は 手をかざし 指の隙間 どんな願い事でも そうすれば 叶えられる  空と まじりあう 海にたたずんで  愛する人にだけ いつの日か教えたかった 心に抱きしめてた 幼い夢を  嘘をついた夜には 眠れずに 怖かった どんな喧嘩をしても 次の日は 忘れていた  空が 青いこと それが 嬉しくて  いつか人を疑い 生きる寂しさ知る事も 気がつかずに全てを 信じてた頃  愛する人にだけ いつの日か教えたかった 心に抱きしめてた 幼い夢を米倉千尋椎名恵椎名恵星が流れる時は 手をかざし 指の隙間 どんな願い事でも そうすれば 叶えられる  空と まじりあう 海にたたずんで  愛する人にだけ いつの日か教えたかった 心に抱きしめてた 幼い夢を  嘘をついた夜には 眠れずに 怖かった どんな喧嘩をしても 次の日は 忘れていた  空が 青いこと それが 嬉しくて  いつか人を疑い 生きる寂しさ知る事も 気がつかずに全てを 信じてた頃  愛する人にだけ いつの日か教えたかった 心に抱きしめてた 幼い夢を
遠い遠い国で何も知らない 本当は何も分からない その痛みも 悲しみも 空腹も 母の名を呼んで 消えてゆく命も でも聞こえる 小さな小さな声が  何も知らない 本当は何も分からない その恐さも 憎しみも 銃声も 父の帰る日を 待ちつづける瞳も でも聞こえる 小さな小さな声が  遠い遠い国で 同じ空の下で  何も見えない だけどきっとあるはず その終わりも 自由も 神様も 子供たちの手に 希望の種も 聞こえますか? 小さな小さなこの願い米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayama何も知らない 本当は何も分からない その痛みも 悲しみも 空腹も 母の名を呼んで 消えてゆく命も でも聞こえる 小さな小さな声が  何も知らない 本当は何も分からない その恐さも 憎しみも 銃声も 父の帰る日を 待ちつづける瞳も でも聞こえる 小さな小さな声が  遠い遠い国で 同じ空の下で  何も見えない だけどきっとあるはず その終わりも 自由も 神様も 子供たちの手に 希望の種も 聞こえますか? 小さな小さなこの願い
遠くへ探し続けた唯一の場所 手を伸ばせば届きそうで あと少しだけ強さが欲しい… 静かに深く息を吸い込んだ  もう何も聞こえない 張り裂けそうな熱い想いと鼓動 抱きしめながら目を開いた  今だけを信じたい 『カナラズ陽ハ昇ル』そう信じていたい いつの日かこの胸に 誓った約束を守れるように −ナミダ・コドク・イタミ− 全て幸せに続いてる きっと  喧騒が去り一人きりで 砂をはらい唇噛みしめてた  もうこれ以上出来ない… 溢れる涙  崩れそうな心を 抱きしめてくれた君のために  目の前に広がる 見果てぬゴールへと続く道を 今はただまっすぐに駆け抜けて行くんだ もう迷わない 夢が夢のままで終わらないように この願い 遠くへ  教科書の隅に 隠れるように書いた夢は決して 誰にも消せないから  今だけを信じたい 『カナラズ陽ハ昇ル』そう信じていたい いつの日かこの胸に 誓った約束を守れるように −ナミダ・コドク・イタミ− きっと幸せに続いてる この願い どこまでも遠くへ米倉千尋Chihiro YonekuraChihiro Yonekura勝又隆一探し続けた唯一の場所 手を伸ばせば届きそうで あと少しだけ強さが欲しい… 静かに深く息を吸い込んだ  もう何も聞こえない 張り裂けそうな熱い想いと鼓動 抱きしめながら目を開いた  今だけを信じたい 『カナラズ陽ハ昇ル』そう信じていたい いつの日かこの胸に 誓った約束を守れるように −ナミダ・コドク・イタミ− 全て幸せに続いてる きっと  喧騒が去り一人きりで 砂をはらい唇噛みしめてた  もうこれ以上出来ない… 溢れる涙  崩れそうな心を 抱きしめてくれた君のために  目の前に広がる 見果てぬゴールへと続く道を 今はただまっすぐに駆け抜けて行くんだ もう迷わない 夢が夢のままで終わらないように この願い 遠くへ  教科書の隅に 隠れるように書いた夢は決して 誰にも消せないから  今だけを信じたい 『カナラズ陽ハ昇ル』そう信じていたい いつの日かこの胸に 誓った約束を守れるように −ナミダ・コドク・イタミ− きっと幸せに続いてる この願い どこまでも遠くへ
飛べ!紙ヒコーキブロック並べたような 工場見ながら育った コンビナートの谷間から それでも海の匂いがした  壊れたフェンスくぐれば そこが僕らの秘密基地  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 雨上がりの空 高く突き抜ける空へ  坂のてっぺん 公園から 灰色の高速が見えた 海に浮かぶライトが 流れてってキレイだった  あの頃 あの四角い空が 僕らの世界すべてだった  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 僕らにはいつも 無限の時間が転がってた  時々電車から丘の上を見てるんだ 今も変わらない景色だけど みんなはいない…  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 雨上がりの空 高く突き抜けて行け  いま飛行機雲が ビルの狭い空を横切った あの日のみんなは 今頃どうしてるのかな  飛べ!紙ヒコーキ 夢のカケラ乗せて米倉千尋米倉千尋米倉千尋ブロック並べたような 工場見ながら育った コンビナートの谷間から それでも海の匂いがした  壊れたフェンスくぐれば そこが僕らの秘密基地  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 雨上がりの空 高く突き抜ける空へ  坂のてっぺん 公園から 灰色の高速が見えた 海に浮かぶライトが 流れてってキレイだった  あの頃 あの四角い空が 僕らの世界すべてだった  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 僕らにはいつも 無限の時間が転がってた  時々電車から丘の上を見てるんだ 今も変わらない景色だけど みんなはいない…  飛べ!紙ヒコーキ 風を切ってどこまでも anywhere 雨上がりの空 高く突き抜けて行け  いま飛行機雲が ビルの狭い空を横切った あの日のみんなは 今頃どうしてるのかな  飛べ!紙ヒコーキ 夢のカケラ乗せて
トムソーヤの冒険はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 夢を漕ぎ出すよ  僕らはみんなトムソーヤさ 乾いた時代の中で 二つの鼓動一つになる 地球のリズム感じていた  どこまでも広い この空を自由に飛べるなら Yes! 青い風を今 吸い込んで行こうよ  はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 僕らは心に夢を抱いている  答えを全部受け止めたら 窒息してしまいそう 見えないものが少しくらい ある方がきっと幸せだね  泥んこのクツで走り抜けた季節 忘れない Yes! あの日のトキメキ 追いかけて行こうよ  誰も知らない森を抜けて 最後の冒険旅行 二つの瞳の奥に 焼き付けた瞬間を 思いのままに つなぎ合わせればいつか 僕らはキラメク 明日を見つけるよ 忘れない 追いかけて行こうよ  はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 僕らは大きな 夢を抱いている米倉千尋米倉千尋水野雅夫H.Kohshun・水野雅夫・米倉千尋はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 夢を漕ぎ出すよ  僕らはみんなトムソーヤさ 乾いた時代の中で 二つの鼓動一つになる 地球のリズム感じていた  どこまでも広い この空を自由に飛べるなら Yes! 青い風を今 吸い込んで行こうよ  はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 僕らは心に夢を抱いている  答えを全部受け止めたら 窒息してしまいそう 見えないものが少しくらい ある方がきっと幸せだね  泥んこのクツで走り抜けた季節 忘れない Yes! あの日のトキメキ 追いかけて行こうよ  誰も知らない森を抜けて 最後の冒険旅行 二つの瞳の奥に 焼き付けた瞬間を 思いのままに つなぎ合わせればいつか 僕らはキラメク 明日を見つけるよ 忘れない 追いかけて行こうよ  はるか遠い未来の島へ 地図のない冒険旅行 小さなオール握って 紙飛行機のように 風に流され 雨に打たれてもいいさ 僕らは大きな 夢を抱いている
TRY ON MY DREAMS生まれるWOWずっと前の 私はどこにいたんだろう 果てしない空見上げながら あてもなく思ってみる  不揃いな夢の破片 無邪気に継ないでも 現実にぶつかるたび 全てナイモノネダリな気がするよ  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! じだんだ踏むよな毎日 いつかは抜け出すよ 涙が出るのは きっと心が戦っている証拠 TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 生きてる意味より 生きてく勇気が大事だから 全てに答えがないなら 今をただ信じて進もう!  気付けばWOWいつの間にか システムの中で育ち 自由は結局ナイと 決め付けて暮らしていた  歯痒さは必ずしも 自分だけのせいじゃない 明らかに悪い奴も きりがないほどそう、いるはずなんだ  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! サクセスそれより 輝くプロセス踏み締めて もどかしい理由を 回りのせいにするのはシャクだよ TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 運命カモネとあきらめたくない くじけない はじめの一歩はきっと夢のFIELDに続いてる  TRY ON MY DREAMS! MY DREAMS OH YEAH!  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! じだんだ踏むよな毎日 いつかは抜け出すよ 涙が出るのは きっと心が戦っている証拠 TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 生きてる意味より 生きてく勇気が大事だから 全てに答えがないなら 今をただ信じて進もう!  TRY ON MY DREAM… TRY ON YOUR DREAMAS…米倉千尋朝倉京子三浦一年生まれるWOWずっと前の 私はどこにいたんだろう 果てしない空見上げながら あてもなく思ってみる  不揃いな夢の破片 無邪気に継ないでも 現実にぶつかるたび 全てナイモノネダリな気がするよ  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! じだんだ踏むよな毎日 いつかは抜け出すよ 涙が出るのは きっと心が戦っている証拠 TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 生きてる意味より 生きてく勇気が大事だから 全てに答えがないなら 今をただ信じて進もう!  気付けばWOWいつの間にか システムの中で育ち 自由は結局ナイと 決め付けて暮らしていた  歯痒さは必ずしも 自分だけのせいじゃない 明らかに悪い奴も きりがないほどそう、いるはずなんだ  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! サクセスそれより 輝くプロセス踏み締めて もどかしい理由を 回りのせいにするのはシャクだよ TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 運命カモネとあきらめたくない くじけない はじめの一歩はきっと夢のFIELDに続いてる  TRY ON MY DREAMS! MY DREAMS OH YEAH!  TRY ON MY DREAMS! TRY ON MY DREAMS! じだんだ踏むよな毎日 いつかは抜け出すよ 涙が出るのは きっと心が戦っている証拠 TRY ON YOUR DREAMS! TRY ON YOUR DREAMS! 生きてる意味より 生きてく勇気が大事だから 全てに答えがないなら 今をただ信じて進もう!  TRY ON MY DREAM… TRY ON YOUR DREAMAS…
Trust You Forever束の間のやすらぎも振り切って ひたすら真っ直に走り抜けた 流れる汗 拭わずに  信じる者も無くただ独り 優しい心 隠して 本当の自分 見失いそうな日々  ぶつかることで深く 結びつく友情 傷ついたことは 無駄じゃなかったね  悲しみに暮れた時 そっと手を差し伸べてみよう きっといつまでも友は You'll be friends 君を見守っている いつか時代が変わっても僕は忘れない I trust you forever  吹き渡る風が頬をかすめてく 全てが目を覚ました 新しい夢 叶う日を願いながら  きっとだれもが 胸の奥 光る宝石 汚れた時は 涙で洗ってる  太陽が落ちるまで拳を握り殴り合って 傷だらけのままで「似た者同士」と笑ってた 背中を大地に合わせると 星空がにじんでた  悲しみにくれた時 そっと手を差し伸べてみよう きっといつまでも友は You'll be friends 君を見守っている あきらめない明日を そして振り向かない昨日を 一人じゃないから So long time 誓い合おう きっと いつか時代が変わっても僕は忘れない I trust you forever We'll look honest world米倉千尋鵜島仁文鵜島仁文束の間のやすらぎも振り切って ひたすら真っ直に走り抜けた 流れる汗 拭わずに  信じる者も無くただ独り 優しい心 隠して 本当の自分 見失いそうな日々  ぶつかることで深く 結びつく友情 傷ついたことは 無駄じゃなかったね  悲しみに暮れた時 そっと手を差し伸べてみよう きっといつまでも友は You'll be friends 君を見守っている いつか時代が変わっても僕は忘れない I trust you forever  吹き渡る風が頬をかすめてく 全てが目を覚ました 新しい夢 叶う日を願いながら  きっとだれもが 胸の奥 光る宝石 汚れた時は 涙で洗ってる  太陽が落ちるまで拳を握り殴り合って 傷だらけのままで「似た者同士」と笑ってた 背中を大地に合わせると 星空がにじんでた  悲しみにくれた時 そっと手を差し伸べてみよう きっといつまでも友は You'll be friends 君を見守っている あきらめない明日を そして振り向かない昨日を 一人じゃないから So long time 誓い合おう きっと いつか時代が変わっても僕は忘れない I trust you forever We'll look honest world
鳥の詩消える飛行機雲 僕たちは見送った 眩しくて逃げた いつだって弱くて あの日から 変わらず いつまでも変わらずに いられなかったこと 悔しくて指を離す  あの鳥はまだうまく飛べないけど いつかは風を切って知る 届かない場所がまだ遠くにある 願いだけ秘めて見つめてる  子供たちは夏の線路歩く 吹く風に素足をさらして 遠くには幼かった日々を 両手には飛び立つ希望を  消える飛行機雲 追いかけて追いかけて この丘を越えた あの日から変わらずいつまでも 真っ直ぐに僕たちはあるように 海神のような強さを守れるよ きっと  あの空を回る風車の羽根たちは いつまでも同じ夢見る 届かない場所をずっと見つめてる 願いを秘めた鳥の夢を  振り返る灼けた線路覆う 入道雲形を変えても 僕らは覚えていて どうか季節が残した昨日を…  消える飛行機雲 追いかけて追いかけて 早すぎる合図 ふたり笑い出してるいつまでも 真っ直ぐに眼差しはあるように 汗が滲んでも手を離さないよずっと  消える飛行機雲 僕たちは見送った 眩しくて逃げた いつだって弱くて あの日から 変わらず いつまでも変わらずに いられなかったこと 悔しくて指を離す米倉千尋KEY折戸伸治消える飛行機雲 僕たちは見送った 眩しくて逃げた いつだって弱くて あの日から 変わらず いつまでも変わらずに いられなかったこと 悔しくて指を離す  あの鳥はまだうまく飛べないけど いつかは風を切って知る 届かない場所がまだ遠くにある 願いだけ秘めて見つめてる  子供たちは夏の線路歩く 吹く風に素足をさらして 遠くには幼かった日々を 両手には飛び立つ希望を  消える飛行機雲 追いかけて追いかけて この丘を越えた あの日から変わらずいつまでも 真っ直ぐに僕たちはあるように 海神のような強さを守れるよ きっと  あの空を回る風車の羽根たちは いつまでも同じ夢見る 届かない場所をずっと見つめてる 願いを秘めた鳥の夢を  振り返る灼けた線路覆う 入道雲形を変えても 僕らは覚えていて どうか季節が残した昨日を…  消える飛行機雲 追いかけて追いかけて 早すぎる合図 ふたり笑い出してるいつまでも 真っ直ぐに眼差しはあるように 汗が滲んでも手を離さないよずっと  消える飛行機雲 僕たちは見送った 眩しくて逃げた いつだって弱くて あの日から 変わらず いつまでも変わらずに いられなかったこと 悔しくて指を離す
永遠の花咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-  生きる意味を捜していた あの時 僕は君を知り 心は同じ光を見つめていた  遥か遠くで巡り逢った それが宿命ならば 共に信じ 生きよう  咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-  誰が為に流す涙は 海より深く 痛みと孤独を 優しく そっと抱いてくれた  傷つき ここへ辿り着いた それも宿命ならば すべて 受け止めよう  呼び醒ませ 愛よ 哀しみの鎖 解き放て 願わくば ただ旅路の果てに幸せを 夢の静寂(しじま)へ  時は流れ いつか形を変えてゆく されど君を想う心は 永遠(とわ)の花  咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 願わくば ただ旅路の果てに幸せを  呼び醒ませ 愛よ 哀しみの鎖 解き放て 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-米倉千尋米倉千尋鵜島仁文咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-  生きる意味を捜していた あの時 僕は君を知り 心は同じ光を見つめていた  遥か遠くで巡り逢った それが宿命ならば 共に信じ 生きよう  咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-  誰が為に流す涙は 海より深く 痛みと孤独を 優しく そっと抱いてくれた  傷つき ここへ辿り着いた それも宿命ならば すべて 受け止めよう  呼び醒ませ 愛よ 哀しみの鎖 解き放て 願わくば ただ旅路の果てに幸せを 夢の静寂(しじま)へ  時は流れ いつか形を変えてゆく されど君を想う心は 永遠(とわ)の花  咲き誇れ 愛よ 哀しみの扉を開いて 願わくば ただ旅路の果てに幸せを  呼び醒ませ 愛よ 哀しみの鎖 解き放て 与えられたこの封印(しるし)は 君への証 -護りたいから-
Dream On Dream−夢の続き−信じるしかなかった いつもどんな時も 心に芽生えた願い その糸たぐって 日々を歩いて来たんだ  雨に声を上げ ギター鳴らし唄う 君のその姿 あの日の私 タブって見えた  Dream On Dream どんな明日が来るの? 夢は続くの? 雲の上は 輝く青空 太陽は消えはしない Dream On Dream Forever 何が出来るのか 考えるより 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう  挫け泣いた夜明け 誰もそんな夜を 幾つも越えて優しくなる 強くなれる 君も私もおんなじ  ずっと変わらない 笑顔がひとつあれば 何度でも夢に 手を伸ばせるの つかめるきっと  Dream On Dream どんな明日が来るの? 夢は続くの? 雲の上は 輝く青空 太陽は消えはしない Dream On Dream Forever 何が出来るのか 考えるより 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう  Sing a song Sing a dream forever Sing a song together Dream On Dream So we are shining star We are shining star どんな明日が来るの? 夢は続いてくの? 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう 歩き続けよう米倉千尋渡辺なつみ田中公平信じるしかなかった いつもどんな時も 心に芽生えた願い その糸たぐって 日々を歩いて来たんだ  雨に声を上げ ギター鳴らし唄う 君のその姿 あの日の私 タブって見えた  Dream On Dream どんな明日が来るの? 夢は続くの? 雲の上は 輝く青空 太陽は消えはしない Dream On Dream Forever 何が出来るのか 考えるより 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう  挫け泣いた夜明け 誰もそんな夜を 幾つも越えて優しくなる 強くなれる 君も私もおんなじ  ずっと変わらない 笑顔がひとつあれば 何度でも夢に 手を伸ばせるの つかめるきっと  Dream On Dream どんな明日が来るの? 夢は続くの? 雲の上は 輝く青空 太陽は消えはしない Dream On Dream Forever 何が出来るのか 考えるより 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう  Sing a song Sing a dream forever Sing a song together Dream On Dream So we are shining star We are shining star どんな明日が来るの? 夢は続いてくの? 何をするか 書きかけの音符 消してはまた書いて 歩き続けよう 歩き続けよう
ドルフィン・ソング水のdriver 波の輪(リング) くぐり抜けfly too hight 願い叶えた星は落ちて砂になる 本当さ  hu…帆を張って hu…僕らをほら手招きする  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた夢のflagを なびかせて行こう 走る風と南十字星 黄金色の朝を待つよ まっさらなbrand-new way  行ったり来たり 波はまるで昨日までの僕らさ  hu…舵をとって hu…コンパスは今“希望”を指す  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた虹のsquallに 迷いを流そう 僕たちを呼んでいる 独りになったって 何が起きたって 海原に舟を出す  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた夢のflagを なびかせて行こう 走る風と南十字星 黄金色の朝を待つよ それぞれのbrand-new way米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋水のdriver 波の輪(リング) くぐり抜けfly too hight 願い叶えた星は落ちて砂になる 本当さ  hu…帆を張って hu…僕らをほら手招きする  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた夢のflagを なびかせて行こう 走る風と南十字星 黄金色の朝を待つよ まっさらなbrand-new way  行ったり来たり 波はまるで昨日までの僕らさ  hu…舵をとって hu…コンパスは今“希望”を指す  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた虹のsquallに 迷いを流そう 僕たちを呼んでいる 独りになったって 何が起きたって 海原に舟を出す  Let's sing a dolphin's song コバルトに輝いた夢のflagを なびかせて行こう 走る風と南十字星 黄金色の朝を待つよ それぞれのbrand-new way
夏の終わりの花火La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる 恋の花火がふわり 胸に咲いた夏  潮風の駅に 降り立った夏の夕暮れ 去り行く季節惜しむように 人の波 寄せては返す  なんでだろう…。言い出せなかった言葉 本当は誘ってくれたこと すごくすごくうれしかった  光る海と横浜の空 咲いては溶けてゆく花火が この胸を解いてゆく  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる どんな想い出や夢 見つけられるかな あなたがくれた恋は あの花火と小さな奇跡 見上げた笑顔 ずっと見ていたい  わざと遠回りして 送ってくれた夜もあったね 何も言わず投げてくれた缶ジュース うれしかった  二人の空 みなとみらいに咲いてはこぼれる花火の下 ふいに涙 「すき」なんだ…  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる 肩が触れ合うたびに コドウ 聞こえそう 耳に残る花火の音 丸い光のしずく 涙みたいね キレイ−宝石(たからもの)−  青い海と空 どこまでも一つに寄り添う 指でつくるキャンバス 未来(あす)を描く  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる こんな優しい気持ち ずっと忘れない あなたがくれた恋は あの花火と小さな奇跡 涙もやがて 波に消えてゆく米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tLa La La 夏の日のエピローグ ここから始まる 恋の花火がふわり 胸に咲いた夏  潮風の駅に 降り立った夏の夕暮れ 去り行く季節惜しむように 人の波 寄せては返す  なんでだろう…。言い出せなかった言葉 本当は誘ってくれたこと すごくすごくうれしかった  光る海と横浜の空 咲いては溶けてゆく花火が この胸を解いてゆく  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる どんな想い出や夢 見つけられるかな あなたがくれた恋は あの花火と小さな奇跡 見上げた笑顔 ずっと見ていたい  わざと遠回りして 送ってくれた夜もあったね 何も言わず投げてくれた缶ジュース うれしかった  二人の空 みなとみらいに咲いてはこぼれる花火の下 ふいに涙 「すき」なんだ…  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる 肩が触れ合うたびに コドウ 聞こえそう 耳に残る花火の音 丸い光のしずく 涙みたいね キレイ−宝石(たからもの)−  青い海と空 どこまでも一つに寄り添う 指でつくるキャンバス 未来(あす)を描く  La La La 夏の日のエピローグ ここから始まる こんな優しい気持ち ずっと忘れない あなたがくれた恋は あの花火と小さな奇跡 涙もやがて 波に消えてゆく
Happy Happy Birthday今日はとっておきの記念日 かかと鳴らして歩く 土曜日の午後  風が吹き抜けてく ビルの谷間から 抜け出してきたの この場所へ  陽射しキラキラ 祝福☆ありがとう いつもより少し はしゃぎたい気分だわ  Happy Happy Birthday 今夜はパーティー 踊り明かそう 花の命 意外と長いのダーリン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋のつぼみもいただきますぅ  今日はとっておきのステージ 1/365 ご褒美の午後  ケーキのキャンドルは 一つ増えたけれど 幸せのページも また増えた  瞳キラキラ 乾杯☆ありがとう いつもより少し 歌いたい気分だわ  Happy Happy Birthday ステキなパーティー 笑い明かそう 一期一会 楽しまなくっちゃソンソン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋のつぼみは甘酸っぱい  Happy Happy Birthday 今夜はパーティー 踊り明かそう 花の命 意外と長いのダーリン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋の花も咲かせてみますぅ米倉千尋米倉千尋AKIRASTAR高山和芽今日はとっておきの記念日 かかと鳴らして歩く 土曜日の午後  風が吹き抜けてく ビルの谷間から 抜け出してきたの この場所へ  陽射しキラキラ 祝福☆ありがとう いつもより少し はしゃぎたい気分だわ  Happy Happy Birthday 今夜はパーティー 踊り明かそう 花の命 意外と長いのダーリン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋のつぼみもいただきますぅ  今日はとっておきのステージ 1/365 ご褒美の午後  ケーキのキャンドルは 一つ増えたけれど 幸せのページも また増えた  瞳キラキラ 乾杯☆ありがとう いつもより少し 歌いたい気分だわ  Happy Happy Birthday ステキなパーティー 笑い明かそう 一期一会 楽しまなくっちゃソンソン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋のつぼみは甘酸っぱい  Happy Happy Birthday 今夜はパーティー 踊り明かそう 花の命 意外と長いのダーリン Everybody Dancin' ご一緒に 回れメリーゴーランド シャララ 恋の花も咲かせてみますぅ
HAPPY PLACEそうだ!久しぶり天気がいいし どこかにくり出そう みんなに声かけ 窓をあけた外に流れる景色は 切ない思い出を映画に変えて行く  この坂登ったら大切な happy place 幸せな二人の beginner's lovestory  あの日 近すぎる距離に 芽生えかけてた恋心 瞳をそらすしかなくて きっと伝えることなんて 出来ないで打つピリオドを 用意してた友達のまま  聞くところによると仲間のひとりが 「恋に落ちた」という…幸せ倍増! なんて不思議なんだろう恋の電磁波 どんどん広がるよ 笑顔があふれてる  一緒に行きたいな 勇気くれた happy place 今では友達を超えたんだ my sweet heart  あの日 告白した場所 今日も誰かが主役だね つないだ手や笑顔 ずっとステキなstories これから先も 大好きな君と演じて行きたい  パパやママに手をひかれ ゆっくり歩くあのコ達 いつか二人のように きっとステキなstories 出会う未来-とき-にも この場所が二人の大切な happy place ステキなstories これから先も大好きな… I wanna be happy with you at happy place米倉千尋奥井雅美奥井雅美そうだ!久しぶり天気がいいし どこかにくり出そう みんなに声かけ 窓をあけた外に流れる景色は 切ない思い出を映画に変えて行く  この坂登ったら大切な happy place 幸せな二人の beginner's lovestory  あの日 近すぎる距離に 芽生えかけてた恋心 瞳をそらすしかなくて きっと伝えることなんて 出来ないで打つピリオドを 用意してた友達のまま  聞くところによると仲間のひとりが 「恋に落ちた」という…幸せ倍増! なんて不思議なんだろう恋の電磁波 どんどん広がるよ 笑顔があふれてる  一緒に行きたいな 勇気くれた happy place 今では友達を超えたんだ my sweet heart  あの日 告白した場所 今日も誰かが主役だね つないだ手や笑顔 ずっとステキなstories これから先も 大好きな君と演じて行きたい  パパやママに手をひかれ ゆっくり歩くあのコ達 いつか二人のように きっとステキなstories 出会う未来-とき-にも この場所が二人の大切な happy place ステキなstories これから先も大好きな… I wanna be happy with you at happy place
濱のメリーイセザキモールが 賑わう夕暮れ時 八つのあたしは あなたを見ました ポシェット弾ませ 通った大通りで 人形みたいな あなたを見ました  か細い肩に降り降り積もった 時代と愛の日々 誰も知らない  気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー ドレスを引きずって 今日も街角に立つ 麗しき白薔薇よ 今日も立っているの? かじかむ潮風 カラダ預けて  馬車道 灯りがポツリと燈る頃 小さな背中は 人ごみに消えた  十八になり 移ろう景色の中 変わらない潮風 あなたの姿  哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー 真っ白に着飾って 今日も街角に立つ 名も無き白薔薇よ 誰を待っているの? 通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る  気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー ドレスを引きずって 今日も街角に立つ 麗しき白薔薇よ 今日も立っているの? ―港の儚き夢―nobody knows  哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー 真っ白に着飾って 今日も街角に立つ 名も無き白薔薇よ 誰を待っているの? 通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋イセザキモールが 賑わう夕暮れ時 八つのあたしは あなたを見ました ポシェット弾ませ 通った大通りで 人形みたいな あなたを見ました  か細い肩に降り降り積もった 時代と愛の日々 誰も知らない  気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー ドレスを引きずって 今日も街角に立つ 麗しき白薔薇よ 今日も立っているの? かじかむ潮風 カラダ預けて  馬車道 灯りがポツリと燈る頃 小さな背中は 人ごみに消えた  十八になり 移ろう景色の中 変わらない潮風 あなたの姿  哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー 真っ白に着飾って 今日も街角に立つ 名も無き白薔薇よ 誰を待っているの? 通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る  気高き白薔薇よ 濱に咲くのさメリー ドレスを引きずって 今日も街角に立つ 麗しき白薔薇よ 今日も立っているの? ―港の儚き夢―nobody knows  哀しき白薔薇よ 朝に散るのさメリー 真っ白に着飾って 今日も街角に立つ 名も無き白薔薇よ 誰を待っているの? 通り過ぎた時代(ひと) 想い出に眠る
春風くたびれた背中と背中 寄せ合う快速電車 揺られながら それぞれの家路を急ぐ人たち  つり革につかまって 昨夜(ゆうべ)見つけた写真 見ていた 一面に咲く桜の下 無邪気な笑顔が幸せそうに並んでる  車窓(まど)から見える都会(ビル)の景色が ふいに優しく思えた  ラララ… ペダルをこいで 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう  この道も町の音も だいぶ変わってしまったなぁ いつの間にか大人になって そう思うだけなのかもしれない  流れてく時間の中で あの頃をどこかに忘れてく 遠い街へと旅立つ君へ 手を振り続けながら恋だと気づいたことも  桜の花びら舞い散る -薫りに- 胸の奥 温かくなった  ラララ… 夜空(そら)を見上げて 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた  ラララ… ペダルをこいで 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう  鼻歌を歌って 駅からの道を今日は 少しだけゆっくり帰ろう 柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた  ラララ… ラララ…米倉千尋米倉千尋Waka Takayamaくたびれた背中と背中 寄せ合う快速電車 揺られながら それぞれの家路を急ぐ人たち  つり革につかまって 昨夜(ゆうべ)見つけた写真 見ていた 一面に咲く桜の下 無邪気な笑顔が幸せそうに並んでる  車窓(まど)から見える都会(ビル)の景色が ふいに優しく思えた  ラララ… ペダルをこいで 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう  この道も町の音も だいぶ変わってしまったなぁ いつの間にか大人になって そう思うだけなのかもしれない  流れてく時間の中で あの頃をどこかに忘れてく 遠い街へと旅立つ君へ 手を振り続けながら恋だと気づいたことも  桜の花びら舞い散る -薫りに- 胸の奥 温かくなった  ラララ… 夜空(そら)を見上げて 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた  ラララ… ペダルをこいで 駅からの道を今日は 遠回りしながら帰ろう 陽だまりの場所を探して 小さな希望と鞄を乗せて走ってゆこう  鼻歌を歌って 駅からの道を今日は 少しだけゆっくり帰ろう 柔らかな想い出咲く 淡い初恋色の道に春風吹いた  ラララ… ラララ…
ハルトキ~Spring Moment~2つの記憶に 揺れる鼓動の音(ね)は 何処へと響くのか そっとこの手をのばした  理想と現実 行き交うセカイの波 始まりの場所 越えて 先へと  春のざわめきに 惹かれ 舞う瞬間(とき) 物語は開かれてく  想いのままに行けたら 導かれて咲くのか 願うように見つめては 瞼を焦がす その微笑み 届きそう でも 届かない “愛” そう呼んでみたよ…  カタチのない日々に 想いを募らせて 零れ落ちた雫 愛しさの色に染まる  もどかしい気持ち 紡ぎ合う そのたび 僕らだけの真実になってく  たった1つだけ 届く 温もり 信じている ただそれだけ  矛盾だらけで眩しい 恋心を抱いて 息をしては求める 特別な感情のキセキ 戸惑いも全て 抱きしめて いま 1つになろう  闇の中で光は 美しくきらめき 僕らに届くから  ありのままを見せてよ 飾らない言葉がいい もっともっと知りたい そばにいたい…  想いのままに行けたら 導かれて咲くのか 願うように見つめては 瞼を焦がす その微笑み ここに在ること 信じてく ハルトキ… ふたりでいよう 届けたいから 会いにゆこう “愛” そこで待ってて米倉千尋ぱれっとぱれっとぱれっと2つの記憶に 揺れる鼓動の音(ね)は 何処へと響くのか そっとこの手をのばした  理想と現実 行き交うセカイの波 始まりの場所 越えて 先へと  春のざわめきに 惹かれ 舞う瞬間(とき) 物語は開かれてく  想いのままに行けたら 導かれて咲くのか 願うように見つめては 瞼を焦がす その微笑み 届きそう でも 届かない “愛” そう呼んでみたよ…  カタチのない日々に 想いを募らせて 零れ落ちた雫 愛しさの色に染まる  もどかしい気持ち 紡ぎ合う そのたび 僕らだけの真実になってく  たった1つだけ 届く 温もり 信じている ただそれだけ  矛盾だらけで眩しい 恋心を抱いて 息をしては求める 特別な感情のキセキ 戸惑いも全て 抱きしめて いま 1つになろう  闇の中で光は 美しくきらめき 僕らに届くから  ありのままを見せてよ 飾らない言葉がいい もっともっと知りたい そばにいたい…  想いのままに行けたら 導かれて咲くのか 願うように見つめては 瞼を焦がす その微笑み ここに在ること 信じてく ハルトキ… ふたりでいよう 届けたいから 会いにゆこう “愛” そこで待ってて
春のしっぽちぎれ雲闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう  朝とおんなじキッチンが 急に悲しくて 冷蔵庫扉開けて なんにも取らずに 閉めていた  今 ちぎれ雲 闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう  ダンボール27個 あたしの歴史を 詰め込んだ2t.車今 エンジンふかして 繰り出した  ねえ 無理をしても未来に 踏み出したくなるの そう とどまったら一生 変われないたぶん 桜咲く遊歩道 最愛のあなたが もし あの部屋を訪ねても 私に会えない  ちぎれ雲闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう 桜咲く遊歩道 最愛のあなたが もし あの部屋を訪ねても 私に会えない  私に会えない 二度とは会えない米倉千尋渡辺なつみ長野典二ちぎれ雲闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう  朝とおんなじキッチンが 急に悲しくて 冷蔵庫扉開けて なんにも取らずに 閉めていた  今 ちぎれ雲 闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう  ダンボール27個 あたしの歴史を 詰め込んだ2t.車今 エンジンふかして 繰り出した  ねえ 無理をしても未来に 踏み出したくなるの そう とどまったら一生 変われないたぶん 桜咲く遊歩道 最愛のあなたが もし あの部屋を訪ねても 私に会えない  ちぎれ雲闇を越え 東へと動くよ もう 春のしっぽしがみつき 明日へと行こう 桜咲く遊歩道 最愛のあなたが もし あの部屋を訪ねても 私に会えない  私に会えない 二度とは会えない
ハレルヤ久しぶりだね 元気だった? 友達(みんな)の笑顔 少しキレイになった 恋に泣いたり仕事につまずいたり でもナンダカンダ 走ってこれた  離れてもハートはそばにあって そっと元気くれる あの日のように  またここで逢えたね さぁ一緒に笑おうよ We'll be together tonight. 想い出に「カンパイ」 幸せなら手を叩こう 今宵 晴れる夜(ハレルヤ)  色とりどりの夢を抱え 卒業式は泣きじゃくったよね が腫れた恥ずかしい記念写真 でも一番の宝物  カレシには言えないような秘密 一晩中話した あの日のように  またここで逢えたね さぁ一緒に笑おうよ We'll be together tonight. 出逢いに「カンパイ」 幸せなら手を繋ごう 明日は晴れるさ  結婚して ママになって おばあちゃんになっても ずっと ずっと… ともだち  またここで逢おうね さぁ一緒に歌おうよ We'll be together tonight. 出逢いに「カンパイ」 幸せなら手を叩こう 今宵 晴れるさ  ハレルヤ!!米倉千尋米倉千尋Waka Takayama久しぶりだね 元気だった? 友達(みんな)の笑顔 少しキレイになった 恋に泣いたり仕事につまずいたり でもナンダカンダ 走ってこれた  離れてもハートはそばにあって そっと元気くれる あの日のように  またここで逢えたね さぁ一緒に笑おうよ We'll be together tonight. 想い出に「カンパイ」 幸せなら手を叩こう 今宵 晴れる夜(ハレルヤ)  色とりどりの夢を抱え 卒業式は泣きじゃくったよね が腫れた恥ずかしい記念写真 でも一番の宝物  カレシには言えないような秘密 一晩中話した あの日のように  またここで逢えたね さぁ一緒に笑おうよ We'll be together tonight. 出逢いに「カンパイ」 幸せなら手を繋ごう 明日は晴れるさ  結婚して ママになって おばあちゃんになっても ずっと ずっと… ともだち  またここで逢おうね さぁ一緒に歌おうよ We'll be together tonight. 出逢いに「カンパイ」 幸せなら手を叩こう 今宵 晴れるさ  ハレルヤ!!
HEART TO HEART時空(とき)の彼方から 眩しい光たちが 街を 照らせば あふれる勇気が 輝く風に舞い上がり 時を 超えてゆく  傷つくことも 怖くはないさ 信じ合う仲間が そばにいるから  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! どんな時でも 胸に熱い 明日抱きしめて BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、走りだせ 世界中の 笑顔に 出逢える日まで  たとえ遠くても 夢をあきらめないで 涙を 拭いて みつめ合えばほら、悲しみもいつか勇気に 変わってゆくから  果てしない空 果てしない夢 迷わずにまっすぐ 追いかけてゆこう  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! 君の心に 眠る未来 信じ続けたい BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、立ち上がれ ハート 継(つ)なぎ 世界に 虹を架けよう  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! どんな時でも 胸に熱い 明日抱きしめて BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、走りだせ 世界中の 笑顔に 出逢える日まで米倉千尋渡辺なつみ鶴由雄時空(とき)の彼方から 眩しい光たちが 街を 照らせば あふれる勇気が 輝く風に舞い上がり 時を 超えてゆく  傷つくことも 怖くはないさ 信じ合う仲間が そばにいるから  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! どんな時でも 胸に熱い 明日抱きしめて BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、走りだせ 世界中の 笑顔に 出逢える日まで  たとえ遠くても 夢をあきらめないで 涙を 拭いて みつめ合えばほら、悲しみもいつか勇気に 変わってゆくから  果てしない空 果てしない夢 迷わずにまっすぐ 追いかけてゆこう  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! 君の心に 眠る未来 信じ続けたい BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、立ち上がれ ハート 継(つ)なぎ 世界に 虹を架けよう  BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! どんな時でも 胸に熱い 明日抱きしめて BURNING HEART TO HEART, J-DECKER! さあ、走りだせ 世界中の 笑顔に 出逢える日まで
Harmonyゆるやかな坂道をぬけて 丘の上で耳を澄ませば 風の歌う声が 聞こえる 傷だらけの小さな地球(ほし)を 笑顔にかえてゆく魔法は この空のどこかに 静かに眠っている  教えて… 誰のために傷つけ合って生きているの? その瞳に映る現在(いま)を 失くさずに壊さずに 守ってゆきたい  青空を舞う翼に 限りない夢を見続けた いつかきっと心は 一つに結ばれると 愛し合い 分かち合える 永遠を信じているから We're make a Future Land. 輝きあふれる世界へ 歩いて行こう  こぼれ落ちた涙の雫 幾千の悲しみの中で 受け止めることさえ できない 生まれる生命の温もりに 裸の心がふれ合えば きっとこの世界は 戦争(あらそい)知らないはず  感じて… 夜明け前の静かな大地に広がった 祈りの声-風が歌うHarmony- 今 愛を奏ではじめる  夕立ちが去った後の 穏やかな空を見上げれば 遠く虹が二つの大地 つないでゆくよ 許し合い わかり合える 永遠を信じているから We'll make a Future Land. 希望にあふれる世界へ 歩いて行こう米倉千尋米倉千尋佐々木真里佐々木真里ゆるやかな坂道をぬけて 丘の上で耳を澄ませば 風の歌う声が 聞こえる 傷だらけの小さな地球(ほし)を 笑顔にかえてゆく魔法は この空のどこかに 静かに眠っている  教えて… 誰のために傷つけ合って生きているの? その瞳に映る現在(いま)を 失くさずに壊さずに 守ってゆきたい  青空を舞う翼に 限りない夢を見続けた いつかきっと心は 一つに結ばれると 愛し合い 分かち合える 永遠を信じているから We're make a Future Land. 輝きあふれる世界へ 歩いて行こう  こぼれ落ちた涙の雫 幾千の悲しみの中で 受け止めることさえ できない 生まれる生命の温もりに 裸の心がふれ合えば きっとこの世界は 戦争(あらそい)知らないはず  感じて… 夜明け前の静かな大地に広がった 祈りの声-風が歌うHarmony- 今 愛を奏ではじめる  夕立ちが去った後の 穏やかな空を見上げれば 遠く虹が二つの大地 つないでゆくよ 許し合い わかり合える 永遠を信じているから We'll make a Future Land. 希望にあふれる世界へ 歩いて行こう
Butterfly KissGOLD LYLIC深い闇のほとり 眠る蝶たちよ 蒼き空さえも 知らずに居るのか  積み木のように脆い世界を 羽ばたく術が欲しい 一つだけそう願った 愛すべき人のために  賽は地上高く投げられた “楽園”それは日出ずる未来 you×I 遠いユメに結ばれる この赤い河を越えて  君の泪すべて 海へ帰せたら 罪も痛みさえも 忘れられるのか  孤独な羽根に温もりくれた 愛しいその口唇 一つだけそう誓った 守るべき人のために  花は無常さらう十字架を抱いて咲いた 儚き天使 悠遠の愛 いつか見つけるなら 君に捧げようparadise  一筋の光を求めて 僕らは未知を生きる 一つだけ今信じた 愛すべき人のために  賽は地上高く投げられた “楽園”それは日出ずる未来 you×I 遠いユメに結ばれる この赤い河を越えて  花は無常さらう十字架を抱いて咲いた 儚き天使 悠遠の愛 いつか見つけるなら 君に捧げようparadiseGOLD LYLIC米倉千尋米倉千尋鵜島仁文aqua.t深い闇のほとり 眠る蝶たちよ 蒼き空さえも 知らずに居るのか  積み木のように脆い世界を 羽ばたく術が欲しい 一つだけそう願った 愛すべき人のために  賽は地上高く投げられた “楽園”それは日出ずる未来 you×I 遠いユメに結ばれる この赤い河を越えて  君の泪すべて 海へ帰せたら 罪も痛みさえも 忘れられるのか  孤独な羽根に温もりくれた 愛しいその口唇 一つだけそう誓った 守るべき人のために  花は無常さらう十字架を抱いて咲いた 儚き天使 悠遠の愛 いつか見つけるなら 君に捧げようparadise  一筋の光を求めて 僕らは未知を生きる 一つだけ今信じた 愛すべき人のために  賽は地上高く投げられた “楽園”それは日出ずる未来 you×I 遠いユメに結ばれる この赤い河を越えて  花は無常さらう十字架を抱いて咲いた 儚き天使 悠遠の愛 いつか見つけるなら 君に捧げようparadise
Birth of lightここにおいで 窓をあけてくれたら めぐりあえる 出会いと約束  教室の片隅で見た ほんとのこと だれにも言えないリアルもあるさ  Searchin' angel night 扉の奥 隠れてた愛が flyin' on flyin' out めざめだす Callin' birth of light 優しさだけ とどくよ きみの 心へ…  大人になって 変わらないものは何? 悩んだだけ 強くなれるかな  離れていてもくちびるで 確かなこと ひとつずつ伝えていけばいいさ  Feelin' future sight 胸に深く 打ち寄せる波が ridin' on ridin' out 呼びさます Callin' birth of light 哀しみさえ 溶かすよ きみの 瞳で…  Searchin' angel night 扉の奥 隠れてた愛が flyin' on flyin' out めざめだす Callin' birth of light まぶしすぎて 見つめていられない きみしか…  Feelin' future sight 胸に深く 打ち寄せる波が ridin' on ridin' out 呼びさます Callin' birth of light 歩きだそう ふりそそぐ光 きみにも…米倉千尋K.INOJO本田恭之本多恭之ここにおいで 窓をあけてくれたら めぐりあえる 出会いと約束  教室の片隅で見た ほんとのこと だれにも言えないリアルもあるさ  Searchin' angel night 扉の奥 隠れてた愛が flyin' on flyin' out めざめだす Callin' birth of light 優しさだけ とどくよ きみの 心へ…  大人になって 変わらないものは何? 悩んだだけ 強くなれるかな  離れていてもくちびるで 確かなこと ひとつずつ伝えていけばいいさ  Feelin' future sight 胸に深く 打ち寄せる波が ridin' on ridin' out 呼びさます Callin' birth of light 哀しみさえ 溶かすよ きみの 瞳で…  Searchin' angel night 扉の奥 隠れてた愛が flyin' on flyin' out めざめだす Callin' birth of light まぶしすぎて 見つめていられない きみしか…  Feelin' future sight 胸に深く 打ち寄せる波が ridin' on ridin' out 呼びさます Callin' birth of light 歩きだそう ふりそそぐ光 きみにも…
陽だまりをつれてまだ白く残る雪 二人の足跡残しながら通った坂道 その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しかった  古い文集 隣に並んだ つたない言葉 指でなぞってる 遠く離れても 逢えなくなっても こんなにそばにいる  あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜 「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と  ただ想い出の場所へ帰りたくなった あの日みたいに笑いたかった  遅れないように はぐれないように 無理していつも強がってばかり 右上がりの文字 下手な似顔絵 泣き出しそうになる…  あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる 見失いそうな私を そっと支えてくれる  あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜 「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と  あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる 見失いそうな私を そっと支えてくれる  その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しいまま米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tまだ白く残る雪 二人の足跡残しながら通った坂道 その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しかった  古い文集 隣に並んだ つたない言葉 指でなぞってる 遠く離れても 逢えなくなっても こんなにそばにいる  あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜 「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と  ただ想い出の場所へ帰りたくなった あの日みたいに笑いたかった  遅れないように はぐれないように 無理していつも強がってばかり 右上がりの文字 下手な似顔絵 泣き出しそうになる…  あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる 見失いそうな私を そっと支えてくれる  あなたの声が聞こえてくる 一人ぼっちの夜 「このままの私でいい」と 「ありのままでいい」と  あなたの声が聞こえるから 明日もがんばれる 見失いそうな私を そっと支えてくれる  その駅に続く道 陽だまりの中で 夢見る瞳 眩しいまま
陽のあたる場所Dear friends 駆け抜けた日々を立ち止まり 振り返れば まるで夢のように遠く 思い出は風になる So sweet 懐かしい声を聞きたくて 名前呼んだ ふいに高すぎる空が眩しくて 瞳とじた  どれだけ同じ瞬間を感じられただろう あんなに輝いてた季節は 今も静かに…  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから You don't feel loneliness それぞれに新しい始まりへ どんな時も忘れない かけがえのない場面を  These days 何気ない朝も 君となら笑いあえた そんなまばゆい時間を抱きしめて 生きてゆく All my life 同じ空の下歩いてる そう思えるから いつか『また逢える日まで』 約束が強さになる  どれだけ同じ夢を追いかけただろう 抱えきれないほど たくさんのカケラ残して…  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから We've only just begun 迷いも 淋しさも 超えられるように どうか見守っていて いつまでも大切なbest friends  移り行く景色の中で 一つだけ変わらないキズナを信じていたい  見えない明日 確かなものはどこにあるの? But I won't be afraid 誓い合った夢がある限り  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから You don't feel loneliness それぞれに新しい始まりへ どんな時も忘れない かけがえのない場面を米倉千尋米倉千尋米倉千尋門倉聡Dear friends 駆け抜けた日々を立ち止まり 振り返れば まるで夢のように遠く 思い出は風になる So sweet 懐かしい声を聞きたくて 名前呼んだ ふいに高すぎる空が眩しくて 瞳とじた  どれだけ同じ瞬間を感じられただろう あんなに輝いてた季節は 今も静かに…  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから You don't feel loneliness それぞれに新しい始まりへ どんな時も忘れない かけがえのない場面を  These days 何気ない朝も 君となら笑いあえた そんなまばゆい時間を抱きしめて 生きてゆく All my life 同じ空の下歩いてる そう思えるから いつか『また逢える日まで』 約束が強さになる  どれだけ同じ夢を追いかけただろう 抱えきれないほど たくさんのカケラ残して…  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから We've only just begun 迷いも 淋しさも 超えられるように どうか見守っていて いつまでも大切なbest friends  移り行く景色の中で 一つだけ変わらないキズナを信じていたい  見えない明日 確かなものはどこにあるの? But I won't be afraid 誓い合った夢がある限り  陽のあたる場所 それは胸の中にあるから You don't feel loneliness それぞれに新しい始まりへ どんな時も忘れない かけがえのない場面を
HEAT孤独を誘う闇の隙間の中で手探りするように 昨日を忘れ明日を知ろうともせずに君を抱きしめてた  風に逆らうことに美学を感じて 君の心確かめずにいた 狭いカラの中でもがきながら  遠くまで走ったつもりで振り返ればそこに 僕がこぼす夢のかけらを拾い集める君がいた 大事なもの失くさないでねとそっと手渡されて 疲れきった僕の心が「さあゆこう」とつぶやく  現実という奴が僕を殴りだすボロボロになるまで そして今度は立ち上がれといってる何かを願うなら  のどかに流れて見えるあの雲でさえも 雨を降らし嵐を呼び起こす ムジュンのない君のムネデネムリタイ  限りなく燃え続けている太陽に気づけば 今までの後悔なんてしわくちゃな蜃気楼 駆け抜ける時代の流れに君の手を離さず 最後には笑えるならばただそれだけでいい  Baby, I love your way. To be with me tonight. I wanna kiss your lips and hold you close. I said I love you. Only love can save love. And your love is all I'll ever need.  遠くまで走ったつもりで振り返ればそこに 僕がこぼす夢のかけらを拾い集める君がいた 大事なもの失くさないでねとそっと手渡されて 疲れきった僕の心が「さあゆこう」とつぶやく  無力ゆえの健気さを誰が見つめてくれる? 憐れんでほしくないならまだ終わった訳じゃない米倉千尋鵜島仁文鵜島仁文H.Kohshun・見良津健雄孤独を誘う闇の隙間の中で手探りするように 昨日を忘れ明日を知ろうともせずに君を抱きしめてた  風に逆らうことに美学を感じて 君の心確かめずにいた 狭いカラの中でもがきながら  遠くまで走ったつもりで振り返ればそこに 僕がこぼす夢のかけらを拾い集める君がいた 大事なもの失くさないでねとそっと手渡されて 疲れきった僕の心が「さあゆこう」とつぶやく  現実という奴が僕を殴りだすボロボロになるまで そして今度は立ち上がれといってる何かを願うなら  のどかに流れて見えるあの雲でさえも 雨を降らし嵐を呼び起こす ムジュンのない君のムネデネムリタイ  限りなく燃え続けている太陽に気づけば 今までの後悔なんてしわくちゃな蜃気楼 駆け抜ける時代の流れに君の手を離さず 最後には笑えるならばただそれだけでいい  Baby, I love your way. To be with me tonight. I wanna kiss your lips and hold you close. I said I love you. Only love can save love. And your love is all I'll ever need.  遠くまで走ったつもりで振り返ればそこに 僕がこぼす夢のかけらを拾い集める君がいた 大事なもの失くさないでねとそっと手渡されて 疲れきった僕の心が「さあゆこう」とつぶやく  無力ゆえの健気さを誰が見つめてくれる? 憐れんでほしくないならまだ終わった訳じゃない
Beginning Rebirth朝陽が照らしている あの日の静寂から 街は目覚めてく  愛しい日々はふいに 霧のように消えていった… その手をもう離さない  動き始めた それぞれのnewdays 高鳴る衝動に ただ身を任せてみよう わずかな光 その先に生まれる 新しい時代 新しい夢 僕らの明日へ Beginning Rebirth  不幸だ…と 流した涙 それは泣けるほど 幸せという証  笑顔を忘れないで 過去を悔いて嘆くよりも 未来を変えてゆこう  君に幸あれ これからのnewdays 心が呼ぶ方へ 強く強く信じて 傷つくたびに 崩れそうになっても 諦めないで 陽はまた昇る まだ見ぬ明日へ  動き始めた それぞれのnewdays 高鳴る衝動に 今身を任せてみよう 輝くために 人は生まれ生きる 新しい出逢い 新しい夢 僕らの明日へ Beginning Rebirth  Beginning Rebirth米倉千尋米倉千尋米倉千尋尾澤拓実朝陽が照らしている あの日の静寂から 街は目覚めてく  愛しい日々はふいに 霧のように消えていった… その手をもう離さない  動き始めた それぞれのnewdays 高鳴る衝動に ただ身を任せてみよう わずかな光 その先に生まれる 新しい時代 新しい夢 僕らの明日へ Beginning Rebirth  不幸だ…と 流した涙 それは泣けるほど 幸せという証  笑顔を忘れないで 過去を悔いて嘆くよりも 未来を変えてゆこう  君に幸あれ これからのnewdays 心が呼ぶ方へ 強く強く信じて 傷つくたびに 崩れそうになっても 諦めないで 陽はまた昇る まだ見ぬ明日へ  動き始めた それぞれのnewdays 高鳴る衝動に 今身を任せてみよう 輝くために 人は生まれ生きる 新しい出逢い 新しい夢 僕らの明日へ Beginning Rebirth  Beginning Rebirth
Believe~あなただけ映したい~あなただけ映したい 瞳に熱く焼き付けて  ビルの街流れる 風は今日も 忙しさと自由を 映し続けてる あなたは空見上げ 黙ったまま 途切れた夢の未来 探し続けてる  今の自分を 愛し続ける勇気 教えてくれた そんなあなたが好き 走り出せる きっと  今、あなただけ映したい 視線が 言葉になる その夢は 叶えるためにあること 忘れないでいて  約束もルールも 形もない そんな明日でもいい そばでみつめたい 悲しみが未来を さえぎるなら 肌を寄せて 振り向く季節(とき)を旅しよう  声にならない想いが 風の中で あなたを見てる あなたを信じてる 夢をつかまえて  今、あなただけ映したい 眩しさ 滲んでゆく みつめ合うだけで感じる せつなさ 信じ続けたい  今の自分を 愛し続ける勇気 教えてくれた そんなあなたが好き 走り出せる きっとBelieve  今、あなただけ映したい 視線が 言葉になる その夢は 叶えるためにあること 忘れないでいて  あなただけ映したい 眩しさ 滲んでゆく みつめ合うだけで感じる せつなさ 信じ続けたい米倉千尋渡辺なつみ佐々木真理亀田誠治あなただけ映したい 瞳に熱く焼き付けて  ビルの街流れる 風は今日も 忙しさと自由を 映し続けてる あなたは空見上げ 黙ったまま 途切れた夢の未来 探し続けてる  今の自分を 愛し続ける勇気 教えてくれた そんなあなたが好き 走り出せる きっと  今、あなただけ映したい 視線が 言葉になる その夢は 叶えるためにあること 忘れないでいて  約束もルールも 形もない そんな明日でもいい そばでみつめたい 悲しみが未来を さえぎるなら 肌を寄せて 振り向く季節(とき)を旅しよう  声にならない想いが 風の中で あなたを見てる あなたを信じてる 夢をつかまえて  今、あなただけ映したい 眩しさ 滲んでゆく みつめ合うだけで感じる せつなさ 信じ続けたい  今の自分を 愛し続ける勇気 教えてくれた そんなあなたが好き 走り出せる きっとBelieve  今、あなただけ映したい 視線が 言葉になる その夢は 叶えるためにあること 忘れないでいて  あなただけ映したい 眩しさ 滲んでゆく みつめ合うだけで感じる せつなさ 信じ続けたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Be ambitious!Be ambitious! 夢を抱いて 輝く明日をこの手に  さあ 行くんだ 心の目を開いて 小さな足跡が道になる  可能性を諦めないことが ゴールにたどり着く 唯一の扉  涙した昨日を変えたい… 今 やれることがあるはずさ  Be ambitious! 夢を抱いて 見えない明日を切り拓こう 溢れる強い願いは どんな時も負けない力になる 僕は行く いつの日か道の彼方に 昇る太陽が見たい  絡まって抜け出せない日々に さよなら もう一度 そう やり直せばいい  胸の奥 痛い時に気づく ここに今 生きている証  Be ambitious! 自分を信じて 答えは心の中にある 涙の数に負けない 強い自分に生まれ変わるために 僕は行く この夢を叶える日まで 大空を見上げ Trust my wings  Be ambitious! 夢を抱いて 見えない明日を切り拓こう 溢れる強い願いは どんな時も負けない力になる 僕は行く いつの日か道の彼方に 昇る太陽が見たい米倉千尋米倉千尋米倉千尋Be ambitious! 夢を抱いて 輝く明日をこの手に  さあ 行くんだ 心の目を開いて 小さな足跡が道になる  可能性を諦めないことが ゴールにたどり着く 唯一の扉  涙した昨日を変えたい… 今 やれることがあるはずさ  Be ambitious! 夢を抱いて 見えない明日を切り拓こう 溢れる強い願いは どんな時も負けない力になる 僕は行く いつの日か道の彼方に 昇る太陽が見たい  絡まって抜け出せない日々に さよなら もう一度 そう やり直せばいい  胸の奥 痛い時に気づく ここに今 生きている証  Be ambitious! 自分を信じて 答えは心の中にある 涙の数に負けない 強い自分に生まれ変わるために 僕は行く この夢を叶える日まで 大空を見上げ Trust my wings  Be ambitious! 夢を抱いて 見えない明日を切り拓こう 溢れる強い願いは どんな時も負けない力になる 僕は行く いつの日か道の彼方に 昇る太陽が見たい
be with youCause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ…  初めて見せた涙は 言葉より確かな ひたむきな思い 私に伝えてくれた  いつか交わした約束は遠くても この場所で待ってる 疲れたらここへ来て 羽根を休めて  Cause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ 抱いてあげたい 柔らかな風になる  初めて二人 歩き始めたあの気持ちを 忘れないから「きっと二人は大丈夫」  どんな痛みも迷いも私のもとへ 喜びはあなたに ただ笑顔がみたいの それが私の願い  I'll give you all my heart -マケナイデ- いつでもそばにいる 悲しみの涙がこぼれ落ちたなら そっとすくってあげたい  あなたに そう愛しいあの人に この歌を伝えて 流れる水はいつか 海に生まれ変わる  Cause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ 抱いてあげたい あなたを信じてる  I'll give you all my heart -マケナイデ- いつでもそばにいる 悲しみの涙がこぼれ落ちたなら そっとすくってあげたい米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tCause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ…  初めて見せた涙は 言葉より確かな ひたむきな思い 私に伝えてくれた  いつか交わした約束は遠くても この場所で待ってる 疲れたらここへ来て 羽根を休めて  Cause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ 抱いてあげたい 柔らかな風になる  初めて二人 歩き始めたあの気持ちを 忘れないから「きっと二人は大丈夫」  どんな痛みも迷いも私のもとへ 喜びはあなたに ただ笑顔がみたいの それが私の願い  I'll give you all my heart -マケナイデ- いつでもそばにいる 悲しみの涙がこぼれ落ちたなら そっとすくってあげたい  あなたに そう愛しいあの人に この歌を伝えて 流れる水はいつか 海に生まれ変わる  Cause I'm gonna be with you その夢を あなたを守りたい 優しさという痛みさえ 抱いてあげたい あなたを信じてる  I'll give you all my heart -マケナイデ- いつでもそばにいる 悲しみの涙がこぼれ落ちたなら そっとすくってあげたい
Beehive世界中の窓から笑い声がこぼれて 一人手ブラで帰り道を探してる 誰かの優しい歌両手で払いのけて 季節はずれの通り雨は何かうれしくて  どうしてねえ こっち見てるの 心はまるで無人島から  恐がって疑って でもちょっと覗いてたんだ 目が合って手を振って 今信じてみたくなったんだ  世界中の窓から同じ月が見える 陽の光を信じながら輝いてる 夢のはじける音はクラクションに消されて 騒がしいこの星は回る みんな連れて  遠くでホラ 声が聞こえる 呼んでるキミの心の声に  気がついて気になって うれしくて泣きそうだ 会いたくて知りたくて 走り出したんだよ  生まれた日のその輝きを 知ってるキミの心の鍵を  受け取って間に合って 眩しくてはしゃいでるんだ 意味なんて知らなくて けど出会えたんだよ  恐がって疑って でもずっと待ってたんだ 近づいて重なって 今信じてみたくなったんだ  世界中の窓から笑い声がこぼれて 二人で帰り道を帰る米倉千尋山中さわお山中さわお世界中の窓から笑い声がこぼれて 一人手ブラで帰り道を探してる 誰かの優しい歌両手で払いのけて 季節はずれの通り雨は何かうれしくて  どうしてねえ こっち見てるの 心はまるで無人島から  恐がって疑って でもちょっと覗いてたんだ 目が合って手を振って 今信じてみたくなったんだ  世界中の窓から同じ月が見える 陽の光を信じながら輝いてる 夢のはじける音はクラクションに消されて 騒がしいこの星は回る みんな連れて  遠くでホラ 声が聞こえる 呼んでるキミの心の声に  気がついて気になって うれしくて泣きそうだ 会いたくて知りたくて 走り出したんだよ  生まれた日のその輝きを 知ってるキミの心の鍵を  受け取って間に合って 眩しくてはしゃいでるんだ 意味なんて知らなくて けど出会えたんだよ  恐がって疑って でもずっと待ってたんだ 近づいて重なって 今信じてみたくなったんだ  世界中の窓から笑い声がこぼれて 二人で帰り道を帰る
FEEL MEHold me and feel me and Kiss meあなたしか教えない 私が壊れても 明日生まれ変われる  早送りのビデオのような街を ヘッドライトの流星群がよぎる 少女達はつかの間夢を見るよ たかが知れてる未来を笑いとばし  今夜扉を開けようねぇふたりで 化石のようなこの世界を砕いて  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる 瞳の中キラリ光った虹の色 あなたが今教えてくれた この涙こんなに愛しい  ゲームよりもくだらない現実に 誰もが胸のスイッチを消してゆく 少女達は答えを知っているよ 誰がいちばん愛してくれているか  今夜歴史を変えようねぇふたりで とざされていた闇の果てをめざして  Hold me and feel me and Kiss meあなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか守れない どこかで迷っても必ずたどりつける 瞳の中遠く映った虹の色 あなたと今感じあってる 瞬間がこんなに愛しい  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる 瞳の中キラリ光った虹の色 あなたが今教えてくれた この涙こんなに愛しい米倉千尋田口俊鵜島仁文十川知司Hold me and feel me and Kiss meあなたしか教えない 私が壊れても 明日生まれ変われる  早送りのビデオのような街を ヘッドライトの流星群がよぎる 少女達はつかの間夢を見るよ たかが知れてる未来を笑いとばし  今夜扉を開けようねぇふたりで 化石のようなこの世界を砕いて  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる 瞳の中キラリ光った虹の色 あなたが今教えてくれた この涙こんなに愛しい  ゲームよりもくだらない現実に 誰もが胸のスイッチを消してゆく 少女達は答えを知っているよ 誰がいちばん愛してくれているか  今夜歴史を変えようねぇふたりで とざされていた闇の果てをめざして  Hold me and feel me and Kiss meあなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか守れない どこかで迷っても必ずたどりつける 瞳の中遠く映った虹の色 あなたと今感じあってる 瞬間がこんなに愛しい  Hold me and feel me and Kiss me あなたしか救えない 私が壊れても 明日生まれ変われる 瞳の中キラリ光った虹の色 あなたが今教えてくれた この涙こんなに愛しい
フェアリーテイル ~約束の日~フェアリーテイル この手で 掴んだ光は  夢に描いた理想郷 夢のまま終わらせない いつか会える 未来の僕に伝えたい 時に未来は残酷で 鏡のように割れるけど 欠片を失くさないよう 見つけ出せばいい  凍える闇が 僕たちの 行く手塞いでも きっと忘れない 希望  フェアリーテイル この手で掴んだ光は 絆の力 溢れているから 僕らは知っている 悲しい涙を だから 譲れない 揺るがない 夢見た あの日に そう 辿り着くまで  あの日交わした約束は 眩しいほどに煌めいて いつか触れる 未来の意味を教えていた どんな未来が幸せか 今はまだわからないけど 手を取って 歩いていこう ずっとそばにいるよ  歪んだ闇が 僕たちを 惑わせようとも 胸に忘れない 勇気  フェアリーテイル 痛みは笑顔で隠して 出会った意味を 解っているから 僕らは知っている 負けない強さを だから 忘れない 迷わない 誓った あの日に そう 辿り着くまで  凍える闇が 僕たちの 行く手塞いでも きっと忘れない 希望  フェアリーテイル この手で掴んだ光は 絆の力 溢れているから 僕らは知っている 悲しい涙を だから 譲れない 揺るがない 夢見た あの日に そう 辿り着くまで米倉千尋瀬名恵俊龍Sizukフェアリーテイル この手で 掴んだ光は  夢に描いた理想郷 夢のまま終わらせない いつか会える 未来の僕に伝えたい 時に未来は残酷で 鏡のように割れるけど 欠片を失くさないよう 見つけ出せばいい  凍える闇が 僕たちの 行く手塞いでも きっと忘れない 希望  フェアリーテイル この手で掴んだ光は 絆の力 溢れているから 僕らは知っている 悲しい涙を だから 譲れない 揺るがない 夢見た あの日に そう 辿り着くまで  あの日交わした約束は 眩しいほどに煌めいて いつか触れる 未来の意味を教えていた どんな未来が幸せか 今はまだわからないけど 手を取って 歩いていこう ずっとそばにいるよ  歪んだ闇が 僕たちを 惑わせようとも 胸に忘れない 勇気  フェアリーテイル 痛みは笑顔で隠して 出会った意味を 解っているから 僕らは知っている 負けない強さを だから 忘れない 迷わない 誓った あの日に そう 辿り着くまで  凍える闇が 僕たちの 行く手塞いでも きっと忘れない 希望  フェアリーテイル この手で掴んだ光は 絆の力 溢れているから 僕らは知っている 悲しい涙を だから 譲れない 揺るがない 夢見た あの日に そう 辿り着くまで
For フルーツバスケットとてもうれしかったよ 君が笑いかけてた すべてを溶かす微笑みで  春はまだ遠くて つめたい土の中で 芽吹く瞬間を待ってたんだ  たとえば苦しい今日だとしても 昨日の傷を残していても 信じたい 心ほどいてゆけると  生まれ変わることはできないよ だけど変わってはいけるから Let's stay together いつも  僕だけに笑って その指で ねえ触って 望みばかりが果てしなく  やさしくしたいよ もう悔やまぬように 嘆きの海も越えていこう  たとえ苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも  たとえば苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも米倉千尋岡崎律子岡崎律子とてもうれしかったよ 君が笑いかけてた すべてを溶かす微笑みで  春はまだ遠くて つめたい土の中で 芽吹く瞬間を待ってたんだ  たとえば苦しい今日だとしても 昨日の傷を残していても 信じたい 心ほどいてゆけると  生まれ変わることはできないよ だけど変わってはいけるから Let's stay together いつも  僕だけに笑って その指で ねえ触って 望みばかりが果てしなく  やさしくしたいよ もう悔やまぬように 嘆きの海も越えていこう  たとえ苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも  たとえば苦しい今日だとしても いつかあたたかな想い出になる 心ごとすべてなげだせたなら  ここに生きてる意味がわかるよ 生まれおちた歓びを知る Let's stay together いつも
二人で歩きたい呼びかけた 私も見ず あなた うわの空 土曜日のカフェの外を 通る 恋人たち  何故だか あなたと いるときの 寂しさに 戸惑う  今 こっちを向いて 私だけ 見て欲しいから 抱きしめていて  今 同じ気持ち 感じてほしい あなたにも 変わらないでいて いつまでも  砂浜で 先を歩く あなたの足跡 夕焼けは オレンジ色 二人を 染めてゆく  時折 不安になったけど まよわずに 行くから 唇 触れ合って 優しい風と あなたから 包まれている  今 翼広げて 地平線よりも果てしなく あなたとの愛を 育てるの  目と目があって 安らげるのは あなただけ そのままでいて  今 翼広げて 地平線よりも果てしなく あなたと二人で 歩きたい  つよく 抱きしめて あなたと 変わらないでいて 二人で 歩きたい米倉千尋西邑理香松田良見良津健雄呼びかけた 私も見ず あなた うわの空 土曜日のカフェの外を 通る 恋人たち  何故だか あなたと いるときの 寂しさに 戸惑う  今 こっちを向いて 私だけ 見て欲しいから 抱きしめていて  今 同じ気持ち 感じてほしい あなたにも 変わらないでいて いつまでも  砂浜で 先を歩く あなたの足跡 夕焼けは オレンジ色 二人を 染めてゆく  時折 不安になったけど まよわずに 行くから 唇 触れ合って 優しい風と あなたから 包まれている  今 翼広げて 地平線よりも果てしなく あなたとの愛を 育てるの  目と目があって 安らげるのは あなただけ そのままでいて  今 翼広げて 地平線よりも果てしなく あなたと二人で 歩きたい  つよく 抱きしめて あなたと 変わらないでいて 二人で 歩きたい
冬のひまわり僕は何を信じればいい… ため息は白くなって 足元にこぼれる  両手 ポケットに入れたまま歩いてた どんな未来も作れると そう信じていた  忘れられた公衆電話 小さな屋根の灯り ぼんやりと見つめる  静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす そうずっと 変わらない温もりがそこにあること 聞こえる-ここにいるから-  長い冬がまたやってきて 遠いあの町はもう 白く白く包まれたかな  雪のホームから見えた 君は一人ぼっち 小さく手を振ってた  凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる そういつか いつの日かあの場所へきっと帰ろう  静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす そうずっと 変わらない温もりがそこにあること 僕はもう一度 もう一度だけ…  凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる そういつか 君の待つあの場所へきっと帰ろう そして-そばにいるから-米倉千尋米倉千尋米倉千尋僕は何を信じればいい… ため息は白くなって 足元にこぼれる  両手 ポケットに入れたまま歩いてた どんな未来も作れると そう信じていた  忘れられた公衆電話 小さな屋根の灯り ぼんやりと見つめる  静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす そうずっと 変わらない温もりがそこにあること 聞こえる-ここにいるから-  長い冬がまたやってきて 遠いあの町はもう 白く白く包まれたかな  雪のホームから見えた 君は一人ぼっち 小さく手を振ってた  凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる そういつか いつの日かあの場所へきっと帰ろう  静かに夜が更けてゆくと 僕は君を思いだす そうずっと 変わらない温もりがそこにあること 僕はもう一度 もう一度だけ…  凍える両手広げて いま僕は君を抱きしめる そういつか 君の待つあの場所へきっと帰ろう そして-そばにいるから-
フリル何時から人はその瞳に 高い空に 夢を描くようになったの? 「大人になったら何になる?」って 聞かれた それだけのせいじゃないって思うよ  季節は 巻き戻せないから 明日に 向かうよう 生まれた  この胸に 納まらない想い それはきっと 夢見る力 あの風に なびけ胸のフリル 思うまま 駆け抜けるの 天に星空 大地に花束 君の心に 夢を YEAH  一年もすれば 気持ちだって変わるの まだ好きだけど 涙乾いた  悲しみ 張り裂けそうな夜 地球は 優し朝くれる  その頬に こぼれそうな笑顔 掌で 包みたいよ いつだって 無くせないねスリル 恋したら 一途かもね 春に旅立ち 真夏に太陽 木枯らしの秋 白い冬 どんな未来が 待っているんだろう 僕のそばには 君を HOE  天に星空 大地に花束 君の心に…  この胸に 納まらない想い それがきっと 夢見る力 あの風に なびけ胸のフリル 思うまま 駆け抜けるの 天に星空 大地に花束 君の心に 夢を YEAH米倉千尋渡辺なつみ米倉千尋Waka Takayama何時から人はその瞳に 高い空に 夢を描くようになったの? 「大人になったら何になる?」って 聞かれた それだけのせいじゃないって思うよ  季節は 巻き戻せないから 明日に 向かうよう 生まれた  この胸に 納まらない想い それはきっと 夢見る力 あの風に なびけ胸のフリル 思うまま 駆け抜けるの 天に星空 大地に花束 君の心に 夢を YEAH  一年もすれば 気持ちだって変わるの まだ好きだけど 涙乾いた  悲しみ 張り裂けそうな夜 地球は 優し朝くれる  その頬に こぼれそうな笑顔 掌で 包みたいよ いつだって 無くせないねスリル 恋したら 一途かもね 春に旅立ち 真夏に太陽 木枯らしの秋 白い冬 どんな未来が 待っているんだろう 僕のそばには 君を HOE  天に星空 大地に花束 君の心に…  この胸に 納まらない想い それがきっと 夢見る力 あの風に なびけ胸のフリル 思うまま 駆け抜けるの 天に星空 大地に花束 君の心に 夢を YEAH
FLAME暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい  「人は強くなるために 悲しみ背負ってる」 あなたの遠いまなざし ずっと忘れない  名もなき未来の果て 捜し続けた真実が あるのなら いつの日か辿り着けるさ  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい  明日に希望を重ねて 何を掴むだろう その日が訪れること 信じつづけたい  心の扉開く たった一つの鍵をくれたのは たった一人のあなただった  暁く燃え立つチカラ 壊れるほど抱きしめて この勇気 いつか軌跡になる  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい so flame  暁く燃え立つチカラ 壊れるほど抱きしめて この勇気 いつか軌跡になる  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい米倉千尋米倉千尋MASAKIMASAKI暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい  「人は強くなるために 悲しみ背負ってる」 あなたの遠いまなざし ずっと忘れない  名もなき未来の果て 捜し続けた真実が あるのなら いつの日か辿り着けるさ  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい  明日に希望を重ねて 何を掴むだろう その日が訪れること 信じつづけたい  心の扉開く たった一つの鍵をくれたのは たった一人のあなただった  暁く燃え立つチカラ 壊れるほど抱きしめて この勇気 いつか軌跡になる  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい so flame  暁く燃え立つチカラ 壊れるほど抱きしめて この勇気 いつか軌跡になる  暁く燃え立つチカラ 震えるほど抱きしめて この涙 生きる証しにしたい
FRIENDSずっと探していた同じ瞳 同じ夢を抱いてる my friends 昨日までの涙 今日からの笑顔 そのすべてを受け止めたい  朝の雨も夜の長い闇も もう何も怖がらないで  僕はこの空のように 君を強く守る翼になって はるかな時間を飛び越え 今始まる未来 君にあげるよ 風に向かい台地を踏みしめて 君といつまでも生きよう  その手の温もりで触れる世界 優しい光に満ちてゆく 君がそばにいるとそれだけで僕は 誰より強くなれるんだ  めぐり逢えたこの小さな奇跡 いつの日か歴史に変えて  僕はこの海のように 君の痛み悲しみ 癒せるように はるかな波間を漂う遠い未来 照らす灯りになるよ 長い旅が終わりを告げるまで 君と永遠を生きよう  僕はこの空のように 君を強く守る翼になって はるかな時間を飛び越え 今始まる未来 君にあげるよ 風に向かい台地を踏みしめて 君といつまでも生きよう  君と永遠を生きよう…米倉千尋米倉千尋米倉千尋見良津健雄ずっと探していた同じ瞳 同じ夢を抱いてる my friends 昨日までの涙 今日からの笑顔 そのすべてを受け止めたい  朝の雨も夜の長い闇も もう何も怖がらないで  僕はこの空のように 君を強く守る翼になって はるかな時間を飛び越え 今始まる未来 君にあげるよ 風に向かい台地を踏みしめて 君といつまでも生きよう  その手の温もりで触れる世界 優しい光に満ちてゆく 君がそばにいるとそれだけで僕は 誰より強くなれるんだ  めぐり逢えたこの小さな奇跡 いつの日か歴史に変えて  僕はこの海のように 君の痛み悲しみ 癒せるように はるかな波間を漂う遠い未来 照らす灯りになるよ 長い旅が終わりを告げるまで 君と永遠を生きよう  僕はこの空のように 君を強く守る翼になって はるかな時間を飛び越え 今始まる未来 君にあげるよ 風に向かい台地を踏みしめて 君といつまでも生きよう  君と永遠を生きよう…
Bridgeぬるい水 飲み干した この体 動かない 誘う手に隠されてる 美しい刺  いい子にしてたよ ずっと だけど 嘘つきになりたいんじゃない そして一人 声にならない声を上げる  たった一つだけ信じてること 傷痕から涙こぼれる 橋は遠く遠く届かない 命綱を強く強く引いて ここから私は歩き出す 光射す場所へ  失った大事なもの 人は川に流したの? 愛や夢の抜けがらが 流されていくわ  誰が正しいかなんて きっと誰にも分からないはず そして一人 声にならない詩を歌う  矛盾の川 どれだけ下り 砂利になって海に沈むの? 「橋を渡れ」声が聞こえる 闇の向こう 呼ぶ声がする しっかりとこの手を掴んで 今 あなたの元へ  人は弱くとても愚かで 隠した刺 自分を切り裂く 橋は遠く遠く届かない 光はどこ? 永遠は見えるの?  たった一つだけ信じてること 傷痕から涙こぼれる 「橋を渡れ」声が聞こえる 命綱を強く強く引いて ここから私は歩き出す 光射す場所へ米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.tぬるい水 飲み干した この体 動かない 誘う手に隠されてる 美しい刺  いい子にしてたよ ずっと だけど 嘘つきになりたいんじゃない そして一人 声にならない声を上げる  たった一つだけ信じてること 傷痕から涙こぼれる 橋は遠く遠く届かない 命綱を強く強く引いて ここから私は歩き出す 光射す場所へ  失った大事なもの 人は川に流したの? 愛や夢の抜けがらが 流されていくわ  誰が正しいかなんて きっと誰にも分からないはず そして一人 声にならない詩を歌う  矛盾の川 どれだけ下り 砂利になって海に沈むの? 「橋を渡れ」声が聞こえる 闇の向こう 呼ぶ声がする しっかりとこの手を掴んで 今 あなたの元へ  人は弱くとても愚かで 隠した刺 自分を切り裂く 橋は遠く遠く届かない 光はどこ? 永遠は見えるの?  たった一つだけ信じてること 傷痕から涙こぼれる 「橋を渡れ」声が聞こえる 命綱を強く強く引いて ここから私は歩き出す 光射す場所へ
bless youI bless you 愛しい人よ 傷を負った翼を抱きしめて 守ってあげたい  人ごみの中で 戦うように生きているのでしょう 遠ざかる光 見つめる影が震えていた  壊れそうでも 倒れそうでも 諦めきれない想いを抱えている 孤独な戦士  月の見えない夜は 迷わないように休みなさい ここにおいで そう 愛しい人よ 傷を負った翼を抱きしめて 守ってあげたい  世界中の人が敵になって 離れていっても 信じているから ずっとあなたのそばにいるよ  泣きたいときは 強がらないでこの胸で泣いて おやすみ… そっと口づけを 孤独な天使  月の輝く夜は いつの日か夢が叶うように 祈っているわ ただ 支えてあげたい 溢れだす想いと温もりを重ねて あなたに  I bless you この腕の中へ あなたを守るために きっと生まれてきたはずだから 旅立ちの朝 黄金色の翼を抱きしめて 見送るわ  月の見えない夜は 迷わないように休みなさい ここにおいで そう 愛しい人よ 溢れだす想いと温もりを重ねて あなたに米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka TakayamaI bless you 愛しい人よ 傷を負った翼を抱きしめて 守ってあげたい  人ごみの中で 戦うように生きているのでしょう 遠ざかる光 見つめる影が震えていた  壊れそうでも 倒れそうでも 諦めきれない想いを抱えている 孤独な戦士  月の見えない夜は 迷わないように休みなさい ここにおいで そう 愛しい人よ 傷を負った翼を抱きしめて 守ってあげたい  世界中の人が敵になって 離れていっても 信じているから ずっとあなたのそばにいるよ  泣きたいときは 強がらないでこの胸で泣いて おやすみ… そっと口づけを 孤独な天使  月の輝く夜は いつの日か夢が叶うように 祈っているわ ただ 支えてあげたい 溢れだす想いと温もりを重ねて あなたに  I bless you この腕の中へ あなたを守るために きっと生まれてきたはずだから 旅立ちの朝 黄金色の翼を抱きしめて 見送るわ  月の見えない夜は 迷わないように休みなさい ここにおいで そう 愛しい人よ 溢れだす想いと温もりを重ねて あなたに
PleasePlease 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう  口づけの後 見つめてくれるだけで 逢えない淋しさも 忘れられるね 照れくさいのは 窓辺の月のせいよ 時々疑ってしまう弱さを 見られてるから  出会った時に感じた 恋するめまい 今も痛いほど続いてる  Please 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう Please 置いてって ほんのささいなことでいい 言葉も しぐさも 今度逢えるまでの勇気になるのよ  思ってるより 時間は短すぎて 聴きたいことばかりで 夜がたりない 毎日何処で 何して何を食べて 知りたい事は山積みでそれより 抱きしめていて  心にしまいきれない 溢れる想い いつもわがままと戦ってる  Please さわらせて 胸の本当の囁きに あなたを 想うと 声も出なくなる Please 連れてって いつも叫んでいるけれど 願いも 涙も 次に逢えるまでの力にしたいよ  Please 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう Please 置いてって ほんのささいなことでいい 言葉も しぐさも 今度逢えるまでの勇気になるのよ米倉千尋工藤哲雄亀井登志夫H・Kohshun・Sohichi TERADAPlease 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう  口づけの後 見つめてくれるだけで 逢えない淋しさも 忘れられるね 照れくさいのは 窓辺の月のせいよ 時々疑ってしまう弱さを 見られてるから  出会った時に感じた 恋するめまい 今も痛いほど続いてる  Please 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう Please 置いてって ほんのささいなことでいい 言葉も しぐさも 今度逢えるまでの勇気になるのよ  思ってるより 時間は短すぎて 聴きたいことばかりで 夜がたりない 毎日何処で 何して何を食べて 知りたい事は山積みでそれより 抱きしめていて  心にしまいきれない 溢れる想い いつもわがままと戦ってる  Please さわらせて 胸の本当の囁きに あなたを 想うと 声も出なくなる Please 連れてって いつも叫んでいるけれど 願いも 涙も 次に逢えるまでの力にしたいよ  Please 抱き上げて もしも倒れてしまったら あなたが いないと 息も止まりそう Please 置いてって ほんのささいなことでいい 言葉も しぐさも 今度逢えるまでの勇気になるのよ
プレゼント風を切ってペダル踏んで 雲はふわふわ 木立抜けてゆく 木の葉揺れて光浴びて 芝生キラキラ ねぇ 子犬もじゃれてるよ  不思議ね 何気ない昼下がりにね ママ ゆっくりと胸の空 晴れてゆく  風よりも雲よりも 遠くまで 届くかな こんな日は寝転んでアクビして 少し眠ろうよ 優しい気持ち きっと…  明日勇気出して言葉にしよう どんな未来でもね ステキなプレゼント  夕焼けとママの背中 追いかけたあの頃 キレイな瞳のままで また歩き出そう  風よりも雲よりも 遠くても 届くかな どこまでも どこまでも 青い空 幸せになろう  私らしく きっと きっと!  風よりも雲よりも 遠くまで 届くかな こんな日は寝転んでアクビして 眠ろうよ  風よりも雲よりも 遠くても 届くかな どこまでも どこまでも 青い空 幸せになろう 優しい気持ち ずっと…  lalala… きっと…  lalala… ずっと…米倉千尋米倉千尋米倉千尋風を切ってペダル踏んで 雲はふわふわ 木立抜けてゆく 木の葉揺れて光浴びて 芝生キラキラ ねぇ 子犬もじゃれてるよ  不思議ね 何気ない昼下がりにね ママ ゆっくりと胸の空 晴れてゆく  風よりも雲よりも 遠くまで 届くかな こんな日は寝転んでアクビして 少し眠ろうよ 優しい気持ち きっと…  明日勇気出して言葉にしよう どんな未来でもね ステキなプレゼント  夕焼けとママの背中 追いかけたあの頃 キレイな瞳のままで また歩き出そう  風よりも雲よりも 遠くても 届くかな どこまでも どこまでも 青い空 幸せになろう  私らしく きっと きっと!  風よりも雲よりも 遠くまで 届くかな こんな日は寝転んでアクビして 眠ろうよ  風よりも雲よりも 遠くても 届くかな どこまでも どこまでも 青い空 幸せになろう 優しい気持ち ずっと…  lalala… きっと…  lalala… ずっと…
プレリュード晴れた日 少し背伸びする向日葵を見た 「笑顔で真っ直ぐ行きたい」あの日の私を重ね  ゆるやかな風が頬に触れた 泣きたい時こらえた涙 今溢れて何かが紐解かれて行く瞬間  It's brand new life もらったすべての出来事に命が芽生えた Smile for you 傍にいてこの歌を muu 口ずさむ ありがとう…君に送るメロディー  案外難しいかもね「らしく」生きるのは 自分の意味を探してたあの頃に似てる きっと  幼い恋でも傷つくこと恐れないで愛を求めた そんな私、誇りに思えたから出会った未来  It's brand new life 遠回りちょっと楽しむ大人への道のり Smile for me 焦らないで少しずつ紡ごう 失せない夢…ずっとずっと  つまづき転んで痛みを知ったから優しくなれたよ 勇気を出して‘弱さ'受け止める それもホントの強さ It's brand new life これからも続く物語 次の幕が開く All of smile ありのままでゆっくりと一緒に 歩いて行こう…ずっとずっと  晴れた日 たくましく咲いた向日葵を見た 太陽のひかりになった あの日の私と笑顔米倉千尋奥井雅美米倉千尋晴れた日 少し背伸びする向日葵を見た 「笑顔で真っ直ぐ行きたい」あの日の私を重ね  ゆるやかな風が頬に触れた 泣きたい時こらえた涙 今溢れて何かが紐解かれて行く瞬間  It's brand new life もらったすべての出来事に命が芽生えた Smile for you 傍にいてこの歌を muu 口ずさむ ありがとう…君に送るメロディー  案外難しいかもね「らしく」生きるのは 自分の意味を探してたあの頃に似てる きっと  幼い恋でも傷つくこと恐れないで愛を求めた そんな私、誇りに思えたから出会った未来  It's brand new life 遠回りちょっと楽しむ大人への道のり Smile for me 焦らないで少しずつ紡ごう 失せない夢…ずっとずっと  つまづき転んで痛みを知ったから優しくなれたよ 勇気を出して‘弱さ'受け止める それもホントの強さ It's brand new life これからも続く物語 次の幕が開く All of smile ありのままでゆっくりと一緒に 歩いて行こう…ずっとずっと  晴れた日 たくましく咲いた向日葵を見た 太陽のひかりになった あの日の私と笑顔
Promise―ありがとう―あふれるこの気持ち 光に変えて 闇を照らそう 温もりは やがて柔らかな 翼に変わる 飛び立とう  あの日 小さな私の中に 生まれた誓いを 抱きしめて生きてゆきたい  I promise you あなたが残した 数えきれない愛に包まれて どんな哀しみも寂しさも いつか誰かを守るための 強さになるように  忘れない 遠い日の瞬き アンドロメダを 探してみるの さよならは 失うことじゃない 明日への絆 また会おう  あの時 こぼれた涙をぬぐって 始まる未来を そう強く生きてゆくから  I promise you あなたと追いかけた かけがえのない夢に導かれ 遥か 背中越し続く道 風に向かって辿り着ける希望へ I trust my wings  握りしめた輝きは 永遠の約束  I promise you あなたが残した 数えきれない愛に包まれて どんな哀しみも寂しさも いつか誰かを守るための 強さに… いつか希望へ I trust my wings米倉千尋米倉千尋米倉千尋宮崎京一―ありがとう―あふれるこの気持ち 光に変えて 闇を照らそう 温もりは やがて柔らかな 翼に変わる 飛び立とう  あの日 小さな私の中に 生まれた誓いを 抱きしめて生きてゆきたい  I promise you あなたが残した 数えきれない愛に包まれて どんな哀しみも寂しさも いつか誰かを守るための 強さになるように  忘れない 遠い日の瞬き アンドロメダを 探してみるの さよならは 失うことじゃない 明日への絆 また会おう  あの時 こぼれた涙をぬぐって 始まる未来を そう強く生きてゆくから  I promise you あなたと追いかけた かけがえのない夢に導かれ 遥か 背中越し続く道 風に向かって辿り着ける希望へ I trust my wings  握りしめた輝きは 永遠の約束  I promise you あなたが残した 数えきれない愛に包まれて どんな哀しみも寂しさも いつか誰かを守るための 強さに… いつか希望へ I trust my wings
Heaven's Doorいつかあの朝 空はどこまでも青く そう 愛すべき僕のinnocence  azure この紺碧 僕は知らなかった この空は君の上へ 胸へ…  届け願いよ 届けどこまでも 君が見てる空を 僕もここから見てる 遠く離れたここで待ってる 君の戦いが終わるその日まで  君はその朝 確かな夢を抱えていた そう 愛すべき君のinnocence  そして名もなき道を歩いてゆく この雲は君の上へ 胸へ…  響け願いよ 響けどこまでも 君を照らす太陽 この闇を全部壊せ 風が吹いてる国境の空に 真白な旗がたなびくその日まで  この空は君の上へ 胸へ…  届け願いよ 届けどこまでも 君が見てる空を 僕もここから見てる 遠く離れたここで待ってる 君の戦いが終わるその日まで  届け願いよ 響け願いよ 君に届けこの想い ずっと米倉千尋米倉千尋米倉千尋いつかあの朝 空はどこまでも青く そう 愛すべき僕のinnocence  azure この紺碧 僕は知らなかった この空は君の上へ 胸へ…  届け願いよ 届けどこまでも 君が見てる空を 僕もここから見てる 遠く離れたここで待ってる 君の戦いが終わるその日まで  君はその朝 確かな夢を抱えていた そう 愛すべき君のinnocence  そして名もなき道を歩いてゆく この雲は君の上へ 胸へ…  響け願いよ 響けどこまでも 君を照らす太陽 この闇を全部壊せ 風が吹いてる国境の空に 真白な旗がたなびくその日まで  この空は君の上へ 胸へ…  届け願いよ 届けどこまでも 君が見てる空を 僕もここから見てる 遠く離れたここで待ってる 君の戦いが終わるその日まで  届け願いよ 響け願いよ 君に届けこの想い ずっと
星空のワルツ別れぎわのさみしさは あの頃から変わらない また明日会えるのに 離れたくないの  そっとわたしを抱きしめてくれる 幸せを守りたい ずっと  真夏の星座に照らされて ふたり小さく唱える ひみつの言葉教えてあげる おまじないしよう  いつも歩く帰り道 繋いだ手をはなせない このままいたいけれど 時が過ぎていく  夜空に描く夢はひとつだけ あなたの星になりたい いつか  優しい瞳を見ていたら 何故か涙があふれる 初めての切なさを知ったの …あなたが好き  真夏の星座に照らされて ふたり静かに祈るの 素直な気持ちのままで 一緒にいられますように  光が生まれたの 今 ふたりの心の中に米倉千尋栗林みな実栗林みな実別れぎわのさみしさは あの頃から変わらない また明日会えるのに 離れたくないの  そっとわたしを抱きしめてくれる 幸せを守りたい ずっと  真夏の星座に照らされて ふたり小さく唱える ひみつの言葉教えてあげる おまじないしよう  いつも歩く帰り道 繋いだ手をはなせない このままいたいけれど 時が過ぎていく  夜空に描く夢はひとつだけ あなたの星になりたい いつか  優しい瞳を見ていたら 何故か涙があふれる 初めての切なさを知ったの …あなたが好き  真夏の星座に照らされて ふたり静かに祈るの 素直な気持ちのままで 一緒にいられますように  光が生まれたの 今 ふたりの心の中に
星になるまでつれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね?  よく通ったこのcafe 1番奥 この席で 半年ぶりかな あなたは もう来ないけど  無理矢理 恋をしたり それでもあなたを思う気持ちに 変わりはなかった  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして恋を  噂であなたが頑張ってるって 聞いたんだ よく語っていた夢 叶うように願ってる  サヨナラしてからずっと うつむいてばかりいたけど 頑張らなきゃね 負けないくらいに  忘れられない思い出ってあるよね もう叶わない恋でも つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして夢を  このcafeの前 あなたが通る時 思い出してくれるかな ふたりで過ごしたかけがえのない時間 ほんの一瞬でも ひとときでも  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を いつしか恋を  もうあなたに 会えないかもしれないけど 忘れられない思い出ってあるから つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を 空に夢を米倉千尋岡本真夜岡本真夜つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね?  よく通ったこのcafe 1番奥 この席で 半年ぶりかな あなたは もう来ないけど  無理矢理 恋をしたり それでもあなたを思う気持ちに 変わりはなかった  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして恋を  噂であなたが頑張ってるって 聞いたんだ よく語っていた夢 叶うように願ってる  サヨナラしてからずっと うつむいてばかりいたけど 頑張らなきゃね 負けないくらいに  忘れられない思い出ってあるよね もう叶わない恋でも つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を そして夢を  このcafeの前 あなたが通る時 思い出してくれるかな ふたりで過ごしたかけがえのない時間 ほんの一瞬でも ひとときでも  つれづれなる涙 星になるまで 好きでいてもいいよね? つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を いつしか恋を  もうあなたに 会えないかもしれないけど 忘れられない思い出ってあるから つれづれなる夜を いくつも越えて いつしか花を 空に夢を
星の在り処君の影 星のように 朝に溶けて消えていく 行き先を失くしたまま 想いは溢れてくる  強さにも弱さにも この心は向き合えた 君とならどんな明日が 来ても怖くないのに  二人歩いた時を 信じていてほしい  真実も嘘もなく 夜が明けて朝が来る 星空が朝に溶けても 君の輝きはわかるよ  さよならを知らないで 夢見たのは 一人きり あの頃の 君の目には 何が映っていたの?  二人つないだ時を 誰も消せはしない  孤独とか痛みとか どんな君も感じたい もう一度 見つめ合えれば 願いはきっと叶う  夜明け前 まどろみに 風が頬を 流れていく 君の声 君の香りが 全てを包んで満ちていく  思い出を羽ばたかせ 君の空へ舞い上がる 星空が朝に溶けても 君の輝きはわかるよ  愛してる ただそれだけで 二人はいつかまた会える米倉千尋浜田英明Falcom Sound Team jdk君の影 星のように 朝に溶けて消えていく 行き先を失くしたまま 想いは溢れてくる  強さにも弱さにも この心は向き合えた 君とならどんな明日が 来ても怖くないのに  二人歩いた時を 信じていてほしい  真実も嘘もなく 夜が明けて朝が来る 星空が朝に溶けても 君の輝きはわかるよ  さよならを知らないで 夢見たのは 一人きり あの頃の 君の目には 何が映っていたの?  二人つないだ時を 誰も消せはしない  孤独とか痛みとか どんな君も感じたい もう一度 見つめ合えれば 願いはきっと叶う  夜明け前 まどろみに 風が頬を 流れていく 君の声 君の香りが 全てを包んで満ちていく  思い出を羽ばたかせ 君の空へ舞い上がる 星空が朝に溶けても 君の輝きはわかるよ  愛してる ただそれだけで 二人はいつかまた会える
僕のスピードでいつの日か… キャンバスにめいっぱい七色の夢 描いた 気がつけば少し大人になって 何を見つけたんだろう  行くあてのない毎日の中で いちばん大切なことに気づいた  どんなときでも そうさ 大丈夫 −仲間(きみ)がいるから− 忘れない この想い 抱きしめて もう一度 途切れた夢の轍 歩いてみよう 僕のスピードで  現実は思うようにいかなくって 心のトビラ 閉ざしていた どれくらいあっただろう tears, mistakes だけど僕は生きていく  手を伸ばしてもゴールは遠くて それでもまた明日は来るから  どんな眩しいヒカリよりも せいいっぱい輝く 希望を 強く強く 抱きしめて それぞれに残した一歩一歩 きっと今へ続いている  いつだって誰かと比べてみたり 弱い自分に負けちゃうから  もっと もっと もっと 夢をまっすぐ掲げて Don't be afraid 僕らしく頑張ればいい  どんなときでも そうさ 大丈夫 −仲間(きみ)がいるから− 忘れない この想い 抱きしめて もう一度 途切れた夢の轍 歩いてみよう 僕のスピードで米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayamaいつの日か… キャンバスにめいっぱい七色の夢 描いた 気がつけば少し大人になって 何を見つけたんだろう  行くあてのない毎日の中で いちばん大切なことに気づいた  どんなときでも そうさ 大丈夫 −仲間(きみ)がいるから− 忘れない この想い 抱きしめて もう一度 途切れた夢の轍 歩いてみよう 僕のスピードで  現実は思うようにいかなくって 心のトビラ 閉ざしていた どれくらいあっただろう tears, mistakes だけど僕は生きていく  手を伸ばしてもゴールは遠くて それでもまた明日は来るから  どんな眩しいヒカリよりも せいいっぱい輝く 希望を 強く強く 抱きしめて それぞれに残した一歩一歩 きっと今へ続いている  いつだって誰かと比べてみたり 弱い自分に負けちゃうから  もっと もっと もっと 夢をまっすぐ掲げて Don't be afraid 僕らしく頑張ればいい  どんなときでも そうさ 大丈夫 −仲間(きみ)がいるから− 忘れない この想い 抱きしめて もう一度 途切れた夢の轍 歩いてみよう 僕のスピードで
ボクはSHINE!!3,2,1で飛び起きて 寝ぼけ眼でネクタイ締めて 無事に戦闘態勢は整いました 滑り込んだ満員電車 右に左に振られながら 可愛い女の子見かけては 癒されてます  こんな大人になりたくない 思ったまんまの未来図 結局 受け入れてる現実 それでもめげないんだ Oh YEAH  Let's go to the sun 思いっきり跳んでJUMP UP 真っ青な空はずっと待ってる …なんて。立ち止まり、汗拭いて、また歩きだす 今日も朝から忙しいけど 夢みて行こう ボクはSHINE!!  合コン中も必死です 彼女いない歴2年半です すでに離陸態勢は整えました でも結果はお決まりのセリフ 「ほんと、すごくいい人ですよネ」 …グサリッ 墜落寸前 回避できません  減っていく自分の名刺 増えてくのは大人の事情 一番下にしまった写真 仲間(みんな)もガンバってるんだ Oh YEAH  Let's go to the sea 思いっきり跳んでDIVE IN 真っ青な海はずっと呼んでる …なんて。ビル灯り、遠ざかる、最終電車 昔以上に大切な彼女に 出逢えるはず 焦らずSHINE!!  Let's go to the sun 思いっきり跳んでJUMP UP 大きな空はボクを待ってる  Let's go to the sea 思いっきり跳んでDIVE IN 真っ青な海はずっと呼んでる …なんて。立ち止まり、汗拭いて、また歩きだす 今日も朝から忙しいけど 夢みて行こう 輝け☆SHINE!!米倉千尋米倉千尋米倉千尋高山和芽3,2,1で飛び起きて 寝ぼけ眼でネクタイ締めて 無事に戦闘態勢は整いました 滑り込んだ満員電車 右に左に振られながら 可愛い女の子見かけては 癒されてます  こんな大人になりたくない 思ったまんまの未来図 結局 受け入れてる現実 それでもめげないんだ Oh YEAH  Let's go to the sun 思いっきり跳んでJUMP UP 真っ青な空はずっと待ってる …なんて。立ち止まり、汗拭いて、また歩きだす 今日も朝から忙しいけど 夢みて行こう ボクはSHINE!!  合コン中も必死です 彼女いない歴2年半です すでに離陸態勢は整えました でも結果はお決まりのセリフ 「ほんと、すごくいい人ですよネ」 …グサリッ 墜落寸前 回避できません  減っていく自分の名刺 増えてくのは大人の事情 一番下にしまった写真 仲間(みんな)もガンバってるんだ Oh YEAH  Let's go to the sea 思いっきり跳んでDIVE IN 真っ青な海はずっと呼んでる …なんて。ビル灯り、遠ざかる、最終電車 昔以上に大切な彼女に 出逢えるはず 焦らずSHINE!!  Let's go to the sun 思いっきり跳んでJUMP UP 大きな空はボクを待ってる  Let's go to the sea 思いっきり跳んでDIVE IN 真っ青な海はずっと呼んでる …なんて。立ち止まり、汗拭いて、また歩きだす 今日も朝から忙しいけど 夢みて行こう 輝け☆SHINE!!
My Soul, Your Beats!目覚めては繰り返す 眠い朝は 襟のタイをきつく締め 教室のドアくぐるとほんの少し胸を張って歩き出せる そんな日常に吹き抜ける風 聞こえた気がした 感じた気がしたんだ 震え出す今この胸で もう来る気がした 幾億の星が消え去ってくのを 見送った 手を振った よかったね、と  廊下の隅見下ろす 掃除の途中 おかしなものだと思う あたしの中の時は止まってるのに 違う日々を生きてるように 埃は雪のように降り積む 待ってる気がした 呼んでる気がしたんだ 震え出す今この時が 見つけた気がした 失われた記憶が呼び覚ました 物語 永遠の その終わり  いつの間にか駆けだしてた あなたに手を引かれてた 昨日は遠く 明日はすぐ そんな当たり前に心が躍った  聞こえた気がした 感じた気がしたんだ 震え出す今この胸で もう来る気がした 幾千の朝を越え 新しい陽が 待ってる気がした 呼んでる気がしたんだ 震えてるこの魂が 見つけた気がした 幾億の夢のように消え去れる日を 見送った 手を振った ありがとう、と米倉千尋麻枝准麻枝准目覚めては繰り返す 眠い朝は 襟のタイをきつく締め 教室のドアくぐるとほんの少し胸を張って歩き出せる そんな日常に吹き抜ける風 聞こえた気がした 感じた気がしたんだ 震え出す今この胸で もう来る気がした 幾億の星が消え去ってくのを 見送った 手を振った よかったね、と  廊下の隅見下ろす 掃除の途中 おかしなものだと思う あたしの中の時は止まってるのに 違う日々を生きてるように 埃は雪のように降り積む 待ってる気がした 呼んでる気がしたんだ 震え出す今この時が 見つけた気がした 失われた記憶が呼び覚ました 物語 永遠の その終わり  いつの間にか駆けだしてた あなたに手を引かれてた 昨日は遠く 明日はすぐ そんな当たり前に心が躍った  聞こえた気がした 感じた気がしたんだ 震え出す今この胸で もう来る気がした 幾千の朝を越え 新しい陽が 待ってる気がした 呼んでる気がしたんだ 震えてるこの魂が 見つけた気がした 幾億の夢のように消え去れる日を 見送った 手を振った ありがとう、と
My song for you尽きない想いを刻んだ 小さな手紙 温もり 安らぎ この手に届けてくれた  遠くまだ見ぬ町の風と 陽だまり感じる  夕暮れ 都会の人混み見下ろしながら インクの向こうの夕焼け 思い浮かべた  空を流れてくひつじ雲 あなたもどこかで見ていますか?  どんなに遠く離れていても 私の声が届くように あなたがくれた小さな勇気を この歌にのせて ―My song for you―  本当は つらくて泣きたい夜もあったけど 一人じゃないこと 何より教えてくれた  時が流れてもこの気持ち 大切に温めてゆきたい  どんなに遠く離れていても 心つなぐ文字のかけ橋 かけがえのないあなたがいるから この想いのせて ―My song for you―  どんなに遠く離れていても 私の声が届くように あなたがくれた小さな勇気を この歌にのせて ―My song for you―  どんなに遠く離れていても 心つなぐ文字のかけ橋 かけがえのないあなたがいるから 歌い続けるよ ―My song for you―米倉千尋米倉千尋米倉千尋見良津健雄尽きない想いを刻んだ 小さな手紙 温もり 安らぎ この手に届けてくれた  遠くまだ見ぬ町の風と 陽だまり感じる  夕暮れ 都会の人混み見下ろしながら インクの向こうの夕焼け 思い浮かべた  空を流れてくひつじ雲 あなたもどこかで見ていますか?  どんなに遠く離れていても 私の声が届くように あなたがくれた小さな勇気を この歌にのせて ―My song for you―  本当は つらくて泣きたい夜もあったけど 一人じゃないこと 何より教えてくれた  時が流れてもこの気持ち 大切に温めてゆきたい  どんなに遠く離れていても 心つなぐ文字のかけ橋 かけがえのないあなたがいるから この想いのせて ―My song for you―  どんなに遠く離れていても 私の声が届くように あなたがくれた小さな勇気を この歌にのせて ―My song for you―  どんなに遠く離れていても 心つなぐ文字のかけ橋 かけがえのないあなたがいるから 歌い続けるよ ―My song for you―
My Departure雲の切れ間から 注ぐ日差し 通り雨のしずくが眩しい  キラキラ輝く 水たまりを 手を繋いで 飛び越えよう  いつの間にか増えた荷物は あたしが見つけた宝物 喜びも涙もリュックに詰めて さぁ 行こう  雨上がりの -be together- 澄んだ空の下 両手広げて 走りだせる -go far away- あの虹を渡って 新しい明日へ My Departure  濡れたアスファルト 揺らめいてる かげぼうしは あの日の姿  あたしの小さな手に落ちた クリスタルの優しいひかり 乾いた心に広がるメロディー さぁ 歌おう  君がいれば -be together- 勇気が生まれる 心の空 晴れ渡るよ -go far away- たくさんの笑顔 抱きしめながら My Departure  挫けたり もどかしいことあるから がんばろう!って思う 泣きたいときこそ 最高の笑顔 見せていたい  雨上がりの -be together- 澄んだ空の下 両手広げて 走りだそう -go far away- あの虹を渡って 夢の続きへ My Departure米倉千尋米倉千尋鵜島仁文雲の切れ間から 注ぐ日差し 通り雨のしずくが眩しい  キラキラ輝く 水たまりを 手を繋いで 飛び越えよう  いつの間にか増えた荷物は あたしが見つけた宝物 喜びも涙もリュックに詰めて さぁ 行こう  雨上がりの -be together- 澄んだ空の下 両手広げて 走りだせる -go far away- あの虹を渡って 新しい明日へ My Departure  濡れたアスファルト 揺らめいてる かげぼうしは あの日の姿  あたしの小さな手に落ちた クリスタルの優しいひかり 乾いた心に広がるメロディー さぁ 歌おう  君がいれば -be together- 勇気が生まれる 心の空 晴れ渡るよ -go far away- たくさんの笑顔 抱きしめながら My Departure  挫けたり もどかしいことあるから がんばろう!って思う 泣きたいときこそ 最高の笑顔 見せていたい  雨上がりの -be together- 澄んだ空の下 両手広げて 走りだそう -go far away- あの虹を渡って 夢の続きへ My Departure
水の星へ愛をこめて蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯(とも)す人よ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う…… 波間さすらう難破船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと米倉千尋売野雅勇ニール・セダカ蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命(いのち)の火を灯(とも)す人よ 時間(とき)という金色のさざ波は 宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね  心にうずもれた優しさの星たちが 炎あげ呼び合う…… 波間さすらう難破船のように  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  愛は多分誰かのためそっと 捧げられた永遠(とお)い祈りなのね 人はひとりではいられない 淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね  あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる 優しさにひかれて 蒼い眠りを解かれた美しい星よ  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと  もう泣かないで いまあなたを探してる人がいるから お前に逢いたいよと
未来の二人に朝やけをみつめてるあなたを 私は見てた Two of us 二人に 足りないものを数えたら 何だか可笑しくなって 声をあげて笑った  悩んだ日々の答えなんて 歩きだすことしかないよね  かさねあう寂しさは ぬくもりを教えてくれた 抱きあえば涙さえ 訳もなく いとしい  未来の二人に 今を笑われないように ねぇ 夢を見ようよ  忙しく動き出す街より ゆっくり歩こう Smile on me すべてを 叶わぬものとあきらめたら 心が風邪をひくから 元気なんか出ないよ  迷った夜の吐息さえも いつの日か思い出になるよ  重ねあうくちびるの ぬくもりを信じていたい 抱きしめたせつなさが いつだって始まり  かさねあう寂しさは ぬくもりを教えてくれた 抱きあえば涙さえ 訳もなく いとしい  未来の二人に 今を笑われないように ねぇ 夢を見ようよ米倉千尋工藤哲雄都志見隆CHOKKAKU朝やけをみつめてるあなたを 私は見てた Two of us 二人に 足りないものを数えたら 何だか可笑しくなって 声をあげて笑った  悩んだ日々の答えなんて 歩きだすことしかないよね  かさねあう寂しさは ぬくもりを教えてくれた 抱きあえば涙さえ 訳もなく いとしい  未来の二人に 今を笑われないように ねぇ 夢を見ようよ  忙しく動き出す街より ゆっくり歩こう Smile on me すべてを 叶わぬものとあきらめたら 心が風邪をひくから 元気なんか出ないよ  迷った夜の吐息さえも いつの日か思い出になるよ  重ねあうくちびるの ぬくもりを信じていたい 抱きしめたせつなさが いつだって始まり  かさねあう寂しさは ぬくもりを教えてくれた 抱きあえば涙さえ 訳もなく いとしい  未来の二人に 今を笑われないように ねぇ 夢を見ようよ
未来への前奏曲暁を黄金色のベールが包む また新しい一日が 微笑んでいる  そよ風の squall 涙も乾いてゆく 眩い輝きの中を歩き始める  希望の光りが 私の夢に降り注ぐ  寂しさも傷跡も 未来への前奏曲(プレリュード) いつかこの声が 誰かの道 照らせるように  ひたむきに精一杯 瞬間(いま)を重ね行こう 胸に… 始まりの歌  雨雲が太陽に目隠ししてる 空が零した Crystal 穏やかな祈り  果てしない大空と大地が 一つになる この世界でもう独りじゃない 虹が見えるよ  たくさんの愛が 私を見守ってくれる  共に奏でるメロディー 未来への賛美歌(カンティクル) 出口のない夜 崩れ落ちそうになっても 夢を見失わないように 私らしくいたい あなたに誓う  初めて見つけた 自分を信じられる場所  寂しさも傷跡も 未来への前奏曲(プレリュード) いつかこの声が 誰かの道 照らせるように  ひたむきに精一杯 瞬間(いま)を重ね行こう 胸に… 始まりの歌米倉千尋米倉千尋米倉千尋暁を黄金色のベールが包む また新しい一日が 微笑んでいる  そよ風の squall 涙も乾いてゆく 眩い輝きの中を歩き始める  希望の光りが 私の夢に降り注ぐ  寂しさも傷跡も 未来への前奏曲(プレリュード) いつかこの声が 誰かの道 照らせるように  ひたむきに精一杯 瞬間(いま)を重ね行こう 胸に… 始まりの歌  雨雲が太陽に目隠ししてる 空が零した Crystal 穏やかな祈り  果てしない大空と大地が 一つになる この世界でもう独りじゃない 虹が見えるよ  たくさんの愛が 私を見守ってくれる  共に奏でるメロディー 未来への賛美歌(カンティクル) 出口のない夜 崩れ落ちそうになっても 夢を見失わないように 私らしくいたい あなたに誓う  初めて見つけた 自分を信じられる場所  寂しさも傷跡も 未来への前奏曲(プレリュード) いつかこの声が 誰かの道 照らせるように  ひたむきに精一杯 瞬間(いま)を重ね行こう 胸に… 始まりの歌
Miracle Voyager前方視界、良好! 快晴、曇りなし! この背に熱い声を感じてる 風を味方にして 針路はこの胸 迷わずに舵を切る Brand new day  刻んできた旅の途中 何度嵐を乗り越えてきたろう その傷痕も、今では誇り 笑顔繋ぐ歌に乗せ I can!! 君に逢いに行くから  幾千光年の彼方まで 駆け出せ!今、新しい歴史へ 雲間から零れる閃光(ひかり)を束ね 君に届けるよ 南風抱く帆を掲げ行くんだ 地図にない世界の先へ…!  予想外の展開 空前の波乱も ここに辿り着くためだったんだろう 思わず泣いた日も 悔しかった日も、経験値 大切な Whole my life  広すぎると思ってた世界 でも伝わるのは言葉じゃなくて 「ココロ」と「ウタ」でひとつになれる そんな奇跡、連鎖して I will… 強くなれるよ My heart  運命戦なんて突き抜けて 切り拓くよ 新しい未来を 駆け上がるメロディと共に願いを… ペルセウスがほら、輝く空へ この先で待っている笑顔に逢えますようにと  幾千光年の彼方まで 旅路は Go on!新しい領域へ 世界の架け橋になれるように これから始まる無限のStory 追い風つかまえて 地図にない世界の先へ米倉千尋しほり藤田淳平(Elements Garden)前方視界、良好! 快晴、曇りなし! この背に熱い声を感じてる 風を味方にして 針路はこの胸 迷わずに舵を切る Brand new day  刻んできた旅の途中 何度嵐を乗り越えてきたろう その傷痕も、今では誇り 笑顔繋ぐ歌に乗せ I can!! 君に逢いに行くから  幾千光年の彼方まで 駆け出せ!今、新しい歴史へ 雲間から零れる閃光(ひかり)を束ね 君に届けるよ 南風抱く帆を掲げ行くんだ 地図にない世界の先へ…!  予想外の展開 空前の波乱も ここに辿り着くためだったんだろう 思わず泣いた日も 悔しかった日も、経験値 大切な Whole my life  広すぎると思ってた世界 でも伝わるのは言葉じゃなくて 「ココロ」と「ウタ」でひとつになれる そんな奇跡、連鎖して I will… 強くなれるよ My heart  運命戦なんて突き抜けて 切り拓くよ 新しい未来を 駆け上がるメロディと共に願いを… ペルセウスがほら、輝く空へ この先で待っている笑顔に逢えますようにと  幾千光年の彼方まで 旅路は Go on!新しい領域へ 世界の架け橋になれるように これから始まる無限のStory 追い風つかまえて 地図にない世界の先へ
胸いっぱいの愛パパと手をつないでスキップした 雨上がりの道 みんなキラキラして うれしくって 水たまり飛び跳ねた  胸いっぱいの愛 あったかくって優しかった  泥んこの長ぐつ 転ばないようにゆっくり手を引いて 小さなあたしのことを どんなときも守ってくれてた  胸いっぱいの愛 陽射しのように包まれた  ねえ いつも忘れないよ パパのなつかしい背中 あの日のままの素直な気持ちがここにある ずっと ずっと 手をつなごう 少しずつ同じ歩幅で キレイな虹の橋架けて 並んで歩いて行きたいな  パパに似てる人を好きになった とても素敵な人 大きな優しい手が これからは守ってくれるの  胸いっぱいの愛 やわらかく抱きしめてゆこう  ねえ 幸せになろうね いつかシワの数 増えても この日のままの素直な気持ちでいようね ずっと ずっと 手をつなごう いつまでも同じ歩幅で キレイな虹を描いて 一緒に幸せになろうね米倉千尋米倉千尋市川淳高山和芽パパと手をつないでスキップした 雨上がりの道 みんなキラキラして うれしくって 水たまり飛び跳ねた  胸いっぱいの愛 あったかくって優しかった  泥んこの長ぐつ 転ばないようにゆっくり手を引いて 小さなあたしのことを どんなときも守ってくれてた  胸いっぱいの愛 陽射しのように包まれた  ねえ いつも忘れないよ パパのなつかしい背中 あの日のままの素直な気持ちがここにある ずっと ずっと 手をつなごう 少しずつ同じ歩幅で キレイな虹の橋架けて 並んで歩いて行きたいな  パパに似てる人を好きになった とても素敵な人 大きな優しい手が これからは守ってくれるの  胸いっぱいの愛 やわらかく抱きしめてゆこう  ねえ 幸せになろうね いつかシワの数 増えても この日のままの素直な気持ちでいようね ずっと ずっと 手をつなごう いつまでも同じ歩幅で キレイな虹を描いて 一緒に幸せになろうね
約束行く先も決めずに 歩き続けたよね 期待と不安に胸を ふくらませて はじめて見る街や 何度も見た空が なんだか 大きく やけに眩しかった  夢はきっとつかむ 約束だけ交わし そして僕らは 今 未来のドアを叩く  新しい季節が始まろうとしている 輝く太陽の中に 変わらない笑顔と温もりがあるから 乗り越えられるきっと二人 どんな時も  本当はいつでも 歯痒く思うんだ 思った通りに 何故か行かなくて 見上げた青空は 今日も果てしなくて 涙が思わず 溢れそうになるよ  もっと強くなれる きっと何か出来る 悩むことはたぶん 見えない勇気になる  新しい季節が始まろうとしている そうさ思うままでいいさ 二人の夢はやがて それぞれの未来で 輝き続ける 叶えられる 信じ続けて  新しい季節が始まろうとしている 輝く太陽の中に 二人の夢はやがて それぞれの未来で 輝き続ける 叶えられる 信じ続けて米倉千尋渡辺なつみ・米倉千尋MASAKI行く先も決めずに 歩き続けたよね 期待と不安に胸を ふくらませて はじめて見る街や 何度も見た空が なんだか 大きく やけに眩しかった  夢はきっとつかむ 約束だけ交わし そして僕らは 今 未来のドアを叩く  新しい季節が始まろうとしている 輝く太陽の中に 変わらない笑顔と温もりがあるから 乗り越えられるきっと二人 どんな時も  本当はいつでも 歯痒く思うんだ 思った通りに 何故か行かなくて 見上げた青空は 今日も果てしなくて 涙が思わず 溢れそうになるよ  もっと強くなれる きっと何か出来る 悩むことはたぶん 見えない勇気になる  新しい季節が始まろうとしている そうさ思うままでいいさ 二人の夢はやがて それぞれの未来で 輝き続ける 叶えられる 信じ続けて  新しい季節が始まろうとしている 輝く太陽の中に 二人の夢はやがて それぞれの未来で 輝き続ける 叶えられる 信じ続けて
約束の場所へ誰もが探してる夢はきっとある どこかにある 願いがいつか叶うまで ひとりじゃない  負けそうになるけど 想いはこんなにも溢れてる 最後までやれる!と言ってたね きっと 強がっていたんだ  いつだって無茶ばっかで ずっと空回りで だけど あなただけがそばにいた…  誰も探してる夢はきっとある どこかにある 願いがいつか叶うまで ひとりじゃないさ  Yes, growin' up. Yes, time for jump!  あの日見た夕日と風の色 今も胸にしまっている  本当は分かってた だけど言えなかった ずっと あなただけがそばにいた…  誰も探してる夢はきっとある どこかにある ここから何かが始まる 信じてたい  まだ見ぬヒカリ 約束の場所へと続いてゆく 願いがいつか叶うまで ひとりじゃない  瞳の中に小さな青い空 広がってく 一番 最高の笑顔 そう、笑って  誰も探してる夢はきっとある 歩き出せる ここから何かが始まる 信じてたい  まだ見ぬヒカリ 約束の場所へと続いてゆく 願いがいつか叶うまで ひとりじゃないさ  Yes, growin' up. Yes, time for jump!米倉千尋米倉千尋米倉千尋aqua.t誰もが探してる夢はきっとある どこかにある 願いがいつか叶うまで ひとりじゃない  負けそうになるけど 想いはこんなにも溢れてる 最後までやれる!と言ってたね きっと 強がっていたんだ  いつだって無茶ばっかで ずっと空回りで だけど あなただけがそばにいた…  誰も探してる夢はきっとある どこかにある 願いがいつか叶うまで ひとりじゃないさ  Yes, growin' up. Yes, time for jump!  あの日見た夕日と風の色 今も胸にしまっている  本当は分かってた だけど言えなかった ずっと あなただけがそばにいた…  誰も探してる夢はきっとある どこかにある ここから何かが始まる 信じてたい  まだ見ぬヒカリ 約束の場所へと続いてゆく 願いがいつか叶うまで ひとりじゃない  瞳の中に小さな青い空 広がってく 一番 最高の笑顔 そう、笑って  誰も探してる夢はきっとある 歩き出せる ここから何かが始まる 信じてたい  まだ見ぬヒカリ 約束の場所へと続いてゆく 願いがいつか叶うまで ひとりじゃないさ  Yes, growin' up. Yes, time for jump!
夕焼けランドセル入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君に会いに行こう  秘密基地 コンクリートの陰 空き缶のタイムカプセル 宝物、願いごと包んで 土の中 大切に埋めた  ピース☆将来 ヒーローになるんだ! ナイショの夢乗せて 僕らをずっと待っている  ゆびきりした 夏の夕焼けランドセル 夢も希望もみんな 詰め込んでた 入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君に会いに行こう  つまらない冗談を言って 帰り道 笑い転げた 弱虫なこんな僕だって ちょっとだけ勇気が湧いた  ピース☆肩組んだポラロイド 今でもときどき 元気づけてくれるんだ  手作りの地図 君は×マークを書いて 誇らしそうに掲げた 12の夏 鏡の中 いつか大人になったけれど 誰かのヒーローにも まだなれそうにないや  そうさ君は 夏のハックルベリーフィンさ ずっと憧れていた友達だった こらえきれず そっと地図を広げてみた 僕らの秘密基地 残っててほしいな  ゆびきりした 夏の夕焼けランドセル 夢も希望もみんな 詰め込んでた 入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君にいま会いに行こう米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayama入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君に会いに行こう  秘密基地 コンクリートの陰 空き缶のタイムカプセル 宝物、願いごと包んで 土の中 大切に埋めた  ピース☆将来 ヒーローになるんだ! ナイショの夢乗せて 僕らをずっと待っている  ゆびきりした 夏の夕焼けランドセル 夢も希望もみんな 詰め込んでた 入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君に会いに行こう  つまらない冗談を言って 帰り道 笑い転げた 弱虫なこんな僕だって ちょっとだけ勇気が湧いた  ピース☆肩組んだポラロイド 今でもときどき 元気づけてくれるんだ  手作りの地図 君は×マークを書いて 誇らしそうに掲げた 12の夏 鏡の中 いつか大人になったけれど 誰かのヒーローにも まだなれそうにないや  そうさ君は 夏のハックルベリーフィンさ ずっと憧れていた友達だった こらえきれず そっと地図を広げてみた 僕らの秘密基地 残っててほしいな  ゆびきりした 夏の夕焼けランドセル 夢も希望もみんな 詰め込んでた 入道雲 きっと明日は見えるかな 10年後の夏 君にいま会いに行こう
愉快な鼓動移ろい変わり続ける景色でも 変わらないものを探してきたよ やっと見つけた虹の天使も 夜明けが近付くと消えて行くよ  押し寄せる波が引いて 砂の城が崩れてゆくのに とどまるばかりじゃ素直になれない 最初の一歩は 君の力欲しがっている  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と言ってほしいの ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  結局 人が信じるものなんて 目に見えない愛とか勇気でしょ 世の中まだ捨てたもんじゃない あと一歩を出せば始まるはず  人達の波が引いて たった一人きりになった時 イヤミなアイツも素敵に変わって 本当の自由は君の中に紛れ込んでる  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と歩き出してよ ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  星座の一つや二つ消えても 見渡す景色がそんなに急に変わるはずない 歩き出して下さい…  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と歩き出してよ ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  明日のためなら涙してもいいよ米倉千尋階一喜階一喜亀田誠治移ろい変わり続ける景色でも 変わらないものを探してきたよ やっと見つけた虹の天使も 夜明けが近付くと消えて行くよ  押し寄せる波が引いて 砂の城が崩れてゆくのに とどまるばかりじゃ素直になれない 最初の一歩は 君の力欲しがっている  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と言ってほしいの ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  結局 人が信じるものなんて 目に見えない愛とか勇気でしょ 世の中まだ捨てたもんじゃない あと一歩を出せば始まるはず  人達の波が引いて たった一人きりになった時 イヤミなアイツも素敵に変わって 本当の自由は君の中に紛れ込んでる  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と歩き出してよ ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  星座の一つや二つ消えても 見渡す景色がそんなに急に変わるはずない 歩き出して下さい…  愉快な鼓動 感じてるなら 「愛さえあれば」と歩き出してよ ゆらゆら揺れる気持ちわかるよ 明日のためなら涙してもいいよ  明日のためなら涙してもいいよ
指輪涙があとからあふれだして 最後の笑顔がにじんで見えないの 行かないで 行かないで ここにいて 宙へ 光 駆けぬけてゆく  こんなに小さな私だけど あなたを誰より精一杯愛した ありがとう 幾つもの大切な気持ち 手渡してくれたよね  「その時ずっと、私は消えかけた飛行機雲をみていた…」  忘れないで ひとりじゃない 離れても手をつないでいる はじめての恋 はじめて知った こんな悲しみが在ること  何かが消滅しても何かが再び宿って 別れにくれた微笑みは強く生きようというあなたからのメッセージ  いつかきっと逢える ふたりならば 遠くても 瞳見つめ合う 希望と夢のすべてを賭けて 約束をしようよ あの日の激しさを抱いて 明日咲く未来を生きる米倉千尋岩里祐穂菅野よう子涙があとからあふれだして 最後の笑顔がにじんで見えないの 行かないで 行かないで ここにいて 宙へ 光 駆けぬけてゆく  こんなに小さな私だけど あなたを誰より精一杯愛した ありがとう 幾つもの大切な気持ち 手渡してくれたよね  「その時ずっと、私は消えかけた飛行機雲をみていた…」  忘れないで ひとりじゃない 離れても手をつないでいる はじめての恋 はじめて知った こんな悲しみが在ること  何かが消滅しても何かが再び宿って 別れにくれた微笑みは強く生きようというあなたからのメッセージ  いつかきっと逢える ふたりならば 遠くても 瞳見つめ合う 希望と夢のすべてを賭けて 約束をしようよ あの日の激しさを抱いて 明日咲く未来を生きる
夢の地図やさしい世界だった まるで流れ星みたいね ゆっくり緑の町 宇宙に溶けていく  小高い丘の上 織姫神社の坂の上 つないだ大きな手は温かかった  どれだけの夢 ここにこぼれて どれだけの時 旅してきたんだろう  柔らかい肩に頬をあてた 大切な瞬間 続くように消えないように 願いのカケラ 輝いてる そうきっと 夜空の星は夢の地図  同じ夢を見て 遠くあこがれを抱いて 不思議ね あなたのこと好きになっていた  雲のように自由で 森のように穏やかな人 自分が変わってゆくのが分かった  遥か遠くで星が生まれて 遥か遠くの二人を照らすの  流れ星 見逃さないように かけがえのないこの想い 言えますように 見えない明日もどんな時も そうずっと あなたと描く夢の地図  柔らかい肩に頬をあてた 大切な瞬間 続くように消えないように 願いのカケラ 輝いてる そうきっと 夜空の星は夢の地図  流れ星 見逃さないように かけがえのないこの想い 言えますように 見えない明日もどんな時でも そうずっとずっと あなたと描く夢の地図米倉千尋米倉千尋米倉千尋やさしい世界だった まるで流れ星みたいね ゆっくり緑の町 宇宙に溶けていく  小高い丘の上 織姫神社の坂の上 つないだ大きな手は温かかった  どれだけの夢 ここにこぼれて どれだけの時 旅してきたんだろう  柔らかい肩に頬をあてた 大切な瞬間 続くように消えないように 願いのカケラ 輝いてる そうきっと 夜空の星は夢の地図  同じ夢を見て 遠くあこがれを抱いて 不思議ね あなたのこと好きになっていた  雲のように自由で 森のように穏やかな人 自分が変わってゆくのが分かった  遥か遠くで星が生まれて 遥か遠くの二人を照らすの  流れ星 見逃さないように かけがえのないこの想い 言えますように 見えない明日もどんな時も そうずっと あなたと描く夢の地図  柔らかい肩に頬をあてた 大切な瞬間 続くように消えないように 願いのカケラ 輝いてる そうきっと 夜空の星は夢の地図  流れ星 見逃さないように かけがえのないこの想い 言えますように 見えない明日もどんな時でも そうずっとずっと あなたと描く夢の地図
夢見るBlue Moon月も 星も 輝いて 祝福しているみたいさ 君も 同じ空を見てる?  もしも羽根が生えてたら こんなに素敵な夜には すぐに家を抜け出して  空を飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい  ブルーな風を吸い込んで ちょっぴり鼻にツンときて 少し せつなくなった時は  こんな所は飛び出して 海も 川も 飛び越えて サイコーの笑顔 見に行くよ  空を飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい すべてを越えて 飛んで行きたい 風を受けて 飛んで行きたい  子供の頃は 不思議に 熱がある日に そんな夢を見たよ 感じて! その気になれば 何でもできるよ ホントに?って君は言いながら 優しく笑うかな…でも とくべつ Hightな夜には 夢をかなえて 驚かせたい!  とっておきの Miracle Chariで  時を越えて行きたい 風に乗って 飛んで行きたい すべてを越えて 飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい米倉千尋からかわまことからかわまこと亀田誠治月も 星も 輝いて 祝福しているみたいさ 君も 同じ空を見てる?  もしも羽根が生えてたら こんなに素敵な夜には すぐに家を抜け出して  空を飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい  ブルーな風を吸い込んで ちょっぴり鼻にツンときて 少し せつなくなった時は  こんな所は飛び出して 海も 川も 飛び越えて サイコーの笑顔 見に行くよ  空を飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい すべてを越えて 飛んで行きたい 風を受けて 飛んで行きたい  子供の頃は 不思議に 熱がある日に そんな夢を見たよ 感じて! その気になれば 何でもできるよ ホントに?って君は言いながら 優しく笑うかな…でも とくべつ Hightな夜には 夢をかなえて 驚かせたい!  とっておきの Miracle Chariで  時を越えて行きたい 風に乗って 飛んで行きたい すべてを越えて 飛んで行きたい 君のもとへ 飛んで行きたい
youあなたは今どこで何をしていますか? この空の続く場所にいますか?  今まで私の心を埋めていたモノ 失って初めて気づいた こんなにも私を支えてくれていたこと こんなにも笑顔をくれていたこと  失ってしまった代償は とてつもなく大きすぎて 取り戻そうと必死に 手を伸ばしてもがくけれど まるで風のようにすり抜けて届きそうで届かない  孤独と絶望に胸を締め付けられ 心が壊れそうになるけれど 思い出に残るあなたの笑顔が 私をいつも励ましてくれる  もう一度あの頃に戻ろう 今度はきっと大丈夫 いつもそばで笑っていよう あなたのすぐそばで…  あなたは今どこで何をしていますか? この空の続く場所にいますか? いつものように笑顔でいてくれますか? 今はただそれを願い続ける米倉千尋癒月dai.あなたは今どこで何をしていますか? この空の続く場所にいますか?  今まで私の心を埋めていたモノ 失って初めて気づいた こんなにも私を支えてくれていたこと こんなにも笑顔をくれていたこと  失ってしまった代償は とてつもなく大きすぎて 取り戻そうと必死に 手を伸ばしてもがくけれど まるで風のようにすり抜けて届きそうで届かない  孤独と絶望に胸を締め付けられ 心が壊れそうになるけれど 思い出に残るあなたの笑顔が 私をいつも励ましてくれる  もう一度あの頃に戻ろう 今度はきっと大丈夫 いつもそばで笑っていよう あなたのすぐそばで…  あなたは今どこで何をしていますか? この空の続く場所にいますか? いつものように笑顔でいてくれますか? 今はただそれを願い続ける
YOU GET TO BURNING悔しさをこらえて 蹴り上げた石ころ 跳ね返れば ダイヤモンドにもなる すぐ手に入る夢なんて 夢じゃないよ でも必ず叶うと 信じてるよ 挫けない 君が好き… 泣きたい時 あるなら 側にずっと ずっと いるから  YOU GET TO BURNING 君らしく 誇らしく 向かってよ 夢中になった日々が 夢の破片(かけら)さ YOU GET TO BURNING その破片を集めて 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!  決して解けない 方程式を並べて 落第させる事に いきがる社会(まち) プライドとか 将来を考えたなら 逃げ出すけど 今日に負けたくないと 呟いた 君が好き… あの日のまま 夢見る 瞳、ずっと ずっと 少年  YOU GET TO BURNING 君らしく 愛らしく 笑ってよ 夢中になれる日々が きっと幸せ YOU GET TO BURNING 傷ついてもめげない 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!  YOU GET TO BURNING 君らしく 誇らしく 向かってよ 夢中になった日々が 夢の破片(かけら)さ YOU GET TO BURNING その破片を集めて 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!米倉千尋有森聡美大森俊之悔しさをこらえて 蹴り上げた石ころ 跳ね返れば ダイヤモンドにもなる すぐ手に入る夢なんて 夢じゃないよ でも必ず叶うと 信じてるよ 挫けない 君が好き… 泣きたい時 あるなら 側にずっと ずっと いるから  YOU GET TO BURNING 君らしく 誇らしく 向かってよ 夢中になった日々が 夢の破片(かけら)さ YOU GET TO BURNING その破片を集めて 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!  決して解けない 方程式を並べて 落第させる事に いきがる社会(まち) プライドとか 将来を考えたなら 逃げ出すけど 今日に負けたくないと 呟いた 君が好き… あの日のまま 夢見る 瞳、ずっと ずっと 少年  YOU GET TO BURNING 君らしく 愛らしく 笑ってよ 夢中になれる日々が きっと幸せ YOU GET TO BURNING 傷ついてもめげない 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!  YOU GET TO BURNING 君らしく 誇らしく 向かってよ 夢中になった日々が 夢の破片(かけら)さ YOU GET TO BURNING その破片を集めて 明日を目指す 勇気、見えるよ To be… Going your day's. Grow up!
ヨコハマを歩こうようこそ 大探偵万国博覧会 ヤマシタ公園を 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 愛に溢れる街  世界中の 皆々様 さあ 手と手つないで 歩きませんか  鼻先くすぐるは あれがチュウカガイ 心も満たされて 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 笑顔に出会う街  世界中の 皆々様 さあ 笑いあいながら 歩きませんか  シーバスではしゃいで あの橋を眺め ハマトラに恋して 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 探偵も住む街  世界中の 皆々様 さあ 手と手つないで 歩きませんか 笑いあいながら 歩きませんか米倉千尋こだまさおりAkihiko OnoAkihiko Onoようこそ 大探偵万国博覧会 ヤマシタ公園を 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 愛に溢れる街  世界中の 皆々様 さあ 手と手つないで 歩きませんか  鼻先くすぐるは あれがチュウカガイ 心も満たされて 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 笑顔に出会う街  世界中の 皆々様 さあ 笑いあいながら 歩きませんか  シーバスではしゃいで あの橋を眺め ハマトラに恋して 歩きませんか  ヨコハマ ヨコハマ 探偵も住む街  世界中の 皆々様 さあ 手と手つないで 歩きませんか 笑いあいながら 歩きませんか
ライオンの翼十字星 輝くヒカリ 並んで見上げてる 夜明けは近づいている  幾千の時を越え 出逢った星たち いつの日か 道を照らす星座になる  傷つき消えそうな誇り 握りしめ 共に風に向かうよ たてがみをなびかせて  緑の草原を どこまでも走り抜ける 痛み越えるたび 深くなる絆を知り 繋ぐ手は 強くしなやかな翼になる 僕らは信じよう 生きてゆく意味と勇気  星屑 拾い集めて 朝を迎えに行こう  地平線 揺らめくヒカリ 夢に見た世界は きっと幻じゃないさ  何度でも立ち上がり 朝日を目指そう 希望を抱いて生きる ライオンのように  もどかしい時も 負けそうな時も 仲間の呼ぶ声が 最後の力になる  明日がある限り この道は続いてゆく 向かい風が吹く丘の上 僕らは立ち 遥か光射す場所は まだ見えなくても それでも信じよう この涙 乾く未来  明日がある限り この道は続いてゆく 痛み越えるたび 深くなる絆を知り 繋ぐ手は 強くしなやかな翼になる 僕らは信じよう 生きてゆく意味と勇気米倉千尋米倉千尋日比野則彦日比野則彦十字星 輝くヒカリ 並んで見上げてる 夜明けは近づいている  幾千の時を越え 出逢った星たち いつの日か 道を照らす星座になる  傷つき消えそうな誇り 握りしめ 共に風に向かうよ たてがみをなびかせて  緑の草原を どこまでも走り抜ける 痛み越えるたび 深くなる絆を知り 繋ぐ手は 強くしなやかな翼になる 僕らは信じよう 生きてゆく意味と勇気  星屑 拾い集めて 朝を迎えに行こう  地平線 揺らめくヒカリ 夢に見た世界は きっと幻じゃないさ  何度でも立ち上がり 朝日を目指そう 希望を抱いて生きる ライオンのように  もどかしい時も 負けそうな時も 仲間の呼ぶ声が 最後の力になる  明日がある限り この道は続いてゆく 向かい風が吹く丘の上 僕らは立ち 遥か光射す場所は まだ見えなくても それでも信じよう この涙 乾く未来  明日がある限り この道は続いてゆく 痛み越えるたび 深くなる絆を知り 繋ぐ手は 強くしなやかな翼になる 僕らは信じよう 生きてゆく意味と勇気
ライラックの花束をピアノが低く流れてる 西陽が差し込む廊下の向こう 優しく心撫でるような 音色を―あなたを―好きになった  淡くほろ苦い初恋は 遠くで見つめるだけだった  あなたのことが すごくすごく好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを胸の奥に閉じこめて 気づいて…と願った  卒業式のあの人は 悲しいくらいに眩しかった 私の前を過ぎてゆく 笑って―サヨナラ―出来なかった  淡くほろ苦い初恋は 叶うことない恋だった  あなたのことを ずっとずっと好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを小さな花束にのせて 「おめでとう」告げた  あなたのことが すごくすごく好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを胸の奥に閉じこめて 気づいて…と願った米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋ピアノが低く流れてる 西陽が差し込む廊下の向こう 優しく心撫でるような 音色を―あなたを―好きになった  淡くほろ苦い初恋は 遠くで見つめるだけだった  あなたのことが すごくすごく好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを胸の奥に閉じこめて 気づいて…と願った  卒業式のあの人は 悲しいくらいに眩しかった 私の前を過ぎてゆく 笑って―サヨナラ―出来なかった  淡くほろ苦い初恋は 叶うことない恋だった  あなたのことを ずっとずっと好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを小さな花束にのせて 「おめでとう」告げた  あなたのことが すごくすごく好き…と どうしても伝えられず ただ 想いを胸の奥に閉じこめて 気づいて…と願った
ライラ・ライラ・ライ風が色づく満月の夜 恋人たちのダンスが始まる 髪を優しくなでる指先 赤く染まった糸が揺れている  子供のように眠る背中に 胸をえぐるようなデ・ジャ・ヴ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ  ラストシーン隠されている 秘密の場所探している  前世なんてあるわけないと 笑いながら窓の外を見てる そんな仕草がただ愛しくて 街のざわめき忘れてしまうの  鏡に映る月のシルエット 言葉は何もいらない  時を越えて揺れながら響き合って 私の中に今 広がった 二つの足跡を追いかけるように 重ね合う未来へライラ・ライラ・ライ  ラストシーン隠されている 秘密の場所探している  古ぼけた映画のように 胸によみがえるデ・ジャ・ヴ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ  時を越えて揺れながら響き合って 私の中に今 広がった 二つの足跡を追いかけるように 重ね合う未来へライラ・ライラ・ライ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ米倉千尋米倉千尋鵜島仁文見良津健雄風が色づく満月の夜 恋人たちのダンスが始まる 髪を優しくなでる指先 赤く染まった糸が揺れている  子供のように眠る背中に 胸をえぐるようなデ・ジャ・ヴ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ  ラストシーン隠されている 秘密の場所探している  前世なんてあるわけないと 笑いながら窓の外を見てる そんな仕草がただ愛しくて 街のざわめき忘れてしまうの  鏡に映る月のシルエット 言葉は何もいらない  時を越えて揺れながら響き合って 私の中に今 広がった 二つの足跡を追いかけるように 重ね合う未来へライラ・ライラ・ライ  ラストシーン隠されている 秘密の場所探している  古ぼけた映画のように 胸によみがえるデ・ジャ・ヴ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ  時を越えて揺れながら響き合って 私の中に今 広がった 二つの足跡を追いかけるように 重ね合う未来へライラ・ライラ・ライ  時を越えて魂が響き合って 巡り逢えたことを信じたい たとえ生まれ変わってもまた二人 遥か遠い道をライラ・ライラ・ライ
LAST IMPRESSION言葉よりわかり合える まなざしがそこにあれば 人は皆(みんな) 生きていける… 迷わずに平和(じゆう)に…  過ちをこえて 気づく真実(ほんとう)のやさしさ あなたと見つけたから 愛と呼べる 強さを…!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY  戦争(あらそいあう)だけじゃ 得られない 誰も… 何も… 幼い手に 差し伸べたい… 汚れのない未来の手(ときめき)を…  穏やかに 時代(とき)を育(きざ)む 木漏れ陽のぬくもり… 誰もが抱(いだ)かれたい ずっと きっと 永遠に…!!  I BELIEVE YOUR LOVE あきらめない… 傷ついた 翼 広げて 羽ばたく宇宙(そら) 限界(かぎり)のない 夢を描く 遥か…  I BELIEVE YOUR DREAM 笑顔 見せて… せつなさが 溢れ出しても かけがえない 青春(いま)をいつか 誇りたいから… SO FAR AWAY  過ちをこえて 気づく真実(ほんとう)のやさしさ あなたと見つけたから 愛と呼べる 強さを…!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY  大事な人の為に 流す涙… 痛みが… 惑星(せかい)をつらぬき… 大地を濡らす… この悲しみを 止めたい!!  I BELIEVE YOUR LOVE あきらめない… 傷ついた 翼 広げて 羽ばたく宇宙(そら) 限界(かぎり)のない 夢を描く 遥か…  I BELIEVE YOUR DREAM 笑顔 見せて… せつなさが 溢れ出しても かけがえない 青春(いま)をいつか 誇りたいから!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY米倉千尋永野椎菜高山みなみ山口たこ言葉よりわかり合える まなざしがそこにあれば 人は皆(みんな) 生きていける… 迷わずに平和(じゆう)に…  過ちをこえて 気づく真実(ほんとう)のやさしさ あなたと見つけたから 愛と呼べる 強さを…!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY  戦争(あらそいあう)だけじゃ 得られない 誰も… 何も… 幼い手に 差し伸べたい… 汚れのない未来の手(ときめき)を…  穏やかに 時代(とき)を育(きざ)む 木漏れ陽のぬくもり… 誰もが抱(いだ)かれたい ずっと きっと 永遠に…!!  I BELIEVE YOUR LOVE あきらめない… 傷ついた 翼 広げて 羽ばたく宇宙(そら) 限界(かぎり)のない 夢を描く 遥か…  I BELIEVE YOUR DREAM 笑顔 見せて… せつなさが 溢れ出しても かけがえない 青春(いま)をいつか 誇りたいから… SO FAR AWAY  過ちをこえて 気づく真実(ほんとう)のやさしさ あなたと見つけたから 愛と呼べる 強さを…!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY  大事な人の為に 流す涙… 痛みが… 惑星(せかい)をつらぬき… 大地を濡らす… この悲しみを 止めたい!!  I BELIEVE YOUR LOVE あきらめない… 傷ついた 翼 広げて 羽ばたく宇宙(そら) 限界(かぎり)のない 夢を描く 遥か…  I BELIEVE YOUR DREAM 笑顔 見せて… せつなさが 溢れ出しても かけがえない 青春(いま)をいつか 誇りたいから!!  I BELIEVE YOUR LOVE 震えながら 口づけに 重ねた約束(ねがい) 《“あなた”がいて…》《“私”がいる…》 忘れないで いつも…  I BELIEVE YOUR DREAM 募る想い… 愛しさを 祈りに変えて この鼓動を 伝えたいよ 熱く激しく… SO FAR AWAY
Love in Motion~ダイナマイト・ラブ~抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  恋なんてちょっともう しばらくGive up! ときめきのマグマ 眠らせたまま 理性の山ばかり 登っては降りて 心の芯まで 冷えた日常  恋は なんて不思議なプログラム たしても ひいても あなたが消えない 切なさに火がつくわ Want you Yeh  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  生きて行くってねぇ 複雑なのよ 理想と現実 そしてロマンス 微妙なタイトロープ つなげては渡り 絡み合ううちに 値打ちが出るの  いいことばかりじゃ 退屈になる 時には涙で 夢を見ましょう とことん悩みましょう Dream oh Yeh  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you米倉千尋朝倉京子三浦一年亀田誠治抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  恋なんてちょっともう しばらくGive up! ときめきのマグマ 眠らせたまま 理性の山ばかり 登っては降りて 心の芯まで 冷えた日常  恋は なんて不思議なプログラム たしても ひいても あなたが消えない 切なさに火がつくわ Want you Yeh  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  生きて行くってねぇ 複雑なのよ 理想と現実 そしてロマンス 微妙なタイトロープ つなげては渡り 絡み合ううちに 値打ちが出るの  いいことばかりじゃ 退屈になる 時には涙で 夢を見ましょう とことん悩みましょう Dream oh Yeh  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you  抱きしめてよ Let's Get Love 愛がなきゃ Wo hu hu キスも涙も味気ない ためらわずに Let's Get Love つかみましょ 一度きりの Beautiful Life  抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love Wo hu hu 溢れる想い 嘘じゃない 抱きしめてよ ダイ・ダイ Dynamite my Love まさか、だけど Crazy for you
ラブ・ファイターIt's all right 恋せよエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  イメージはいつでも 自由自在 どんな場面も バラ色ハッピーエンド  それなのに現実は、ノミの心臓なんです ちっぽけで情けなくって… でも、恋がしたい!  It's all right めげないでエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  放課後 ドキドキ はしゃいでいた あの日のみんな そう SUPER GENKI BOYS & GIRLS  それなのに心にね、ガラスの壁を作って ビクついて失敗恐れて… いま、恋がしたい!  It's all right ときめいてエブリバディ We can JUMP! モチベーション上げましょ 一歩 踏み出せばステキなロマンス 目覚めよ ラブ・ファイター  It's all right 恋せよエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  It's all right 笑顔でエブリバディ We can JUMP! コミュニケーションしましょ 一歩 踏み出せば ミラクルなロマンス 目覚めよ ラブ・ファイター  ラブ・ファイター 負けるなファイター Go! ファイト・オー!!  SUPER GENKI BOYS & GIRLS SUPER GENKI BOYS & GIRLS米倉千尋米倉千尋川添智久It's all right 恋せよエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  イメージはいつでも 自由自在 どんな場面も バラ色ハッピーエンド  それなのに現実は、ノミの心臓なんです ちっぽけで情けなくって… でも、恋がしたい!  It's all right めげないでエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  放課後 ドキドキ はしゃいでいた あの日のみんな そう SUPER GENKI BOYS & GIRLS  それなのに心にね、ガラスの壁を作って ビクついて失敗恐れて… いま、恋がしたい!  It's all right ときめいてエブリバディ We can JUMP! モチベーション上げましょ 一歩 踏み出せばステキなロマンス 目覚めよ ラブ・ファイター  It's all right 恋せよエブリバディ We can JUMP! 昨日に Say Goodbye 一歩 踏み出せば 新しい Wonderful Days 目覚めよ ラブ・ファイター  It's all right 笑顔でエブリバディ We can JUMP! コミュニケーションしましょ 一歩 踏み出せば ミラクルなロマンス 目覚めよ ラブ・ファイター  ラブ・ファイター 負けるなファイター Go! ファイト・オー!!  SUPER GENKI BOYS & GIRLS SUPER GENKI BOYS & GIRLS
Return to myself最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself 探し出せるなら…  寝ボケた顔してアクビしてる 退屈なeveryday 虹色の夢はいつの間にか 色褪せてくみたいに消えてしまったの?  どんなとめどない現実が 口を開けてても 飲み込まれないように 今、立ち上がるんだ  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself もう一度輝きへ 精一杯風を切って走り出せる ちぎれそうな想いをギュッと抱きしめて  鮮やかに時間を止めた古い栞の 花びらを夢中で探したね  そんな萌えるような淡い夏を 僕らは何処かに 置き去りにしたまま どこへ行くんだろう  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself あどけない日々は遠く 切なさ抱きしめたカゲロウのように ありったけの力で今羽ばたけるなら  夕焼け伸びる影を追いかけた帰り道 ―胸が熱くなる―  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself もう一度輝きへ 精一杯風を切って走り出せる ちぎれそうな想いをギュッと抱きしめて  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself あどけない日々は遠く 切なさ抱きしめたカゲロウのように ありったけの力で今羽ばたけるなら米倉千尋米倉千尋米倉千尋勝又隆一最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself 探し出せるなら…  寝ボケた顔してアクビしてる 退屈なeveryday 虹色の夢はいつの間にか 色褪せてくみたいに消えてしまったの?  どんなとめどない現実が 口を開けてても 飲み込まれないように 今、立ち上がるんだ  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself もう一度輝きへ 精一杯風を切って走り出せる ちぎれそうな想いをギュッと抱きしめて  鮮やかに時間を止めた古い栞の 花びらを夢中で探したね  そんな萌えるような淡い夏を 僕らは何処かに 置き去りにしたまま どこへ行くんだろう  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself あどけない日々は遠く 切なさ抱きしめたカゲロウのように ありったけの力で今羽ばたけるなら  夕焼け伸びる影を追いかけた帰り道 ―胸が熱くなる―  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself もう一度輝きへ 精一杯風を切って走り出せる ちぎれそうな想いをギュッと抱きしめて  最大級の胸騒ぎ感じていたい Return to myself あどけない日々は遠く 切なさ抱きしめたカゲロウのように ありったけの力で今羽ばたけるなら
Little Soldier―「だれのため?遠くまで走りつづけるの?」 「それは、大人になるための…」―  走る風と太陽を浴びて 僕は今 小さな戦士になる 強く空に掲げた腕は どんな未来だって切り拓くさ  砂煙に揺れる蜃気楼は どこかにあるNEVER LAND いつか 雲飛び越え君と探しに行こう  胸いっぱい抱きしめた熱いトキメキは 無限大の勇気になる 倒れても何度でもまた走り出すよ あの日の答え見つけるんだ  38℃の情熱で Jump! Jump so high  ここが僕らの新しいstart gateだね ―希望の扉―  どんな偉い、強い人だって 最初は0(ゼロ)のChallenger そうさ ちっぽけな不安など砕いて行こう  胸いっぱい詰め込んだ熱いトキメキは 無限大の勇気になる 夏色に輝いた眩しい季節に 僕らは何を見つけるだろう  胸いっぱい抱きしめた熱いトキメキは 無限大の勇気になる 倒れても何度でもまた走り出すよ あの日の答え 見つけるんだ  38℃の情熱で Jump! Jump so high米倉千尋米倉千尋佐藤直之―「だれのため?遠くまで走りつづけるの?」 「それは、大人になるための…」―  走る風と太陽を浴びて 僕は今 小さな戦士になる 強く空に掲げた腕は どんな未来だって切り拓くさ  砂煙に揺れる蜃気楼は どこかにあるNEVER LAND いつか 雲飛び越え君と探しに行こう  胸いっぱい抱きしめた熱いトキメキは 無限大の勇気になる 倒れても何度でもまた走り出すよ あの日の答え見つけるんだ  38℃の情熱で Jump! Jump so high  ここが僕らの新しいstart gateだね ―希望の扉―  どんな偉い、強い人だって 最初は0(ゼロ)のChallenger そうさ ちっぽけな不安など砕いて行こう  胸いっぱい詰め込んだ熱いトキメキは 無限大の勇気になる 夏色に輝いた眩しい季節に 僕らは何を見つけるだろう  胸いっぱい抱きしめた熱いトキメキは 無限大の勇気になる 倒れても何度でもまた走り出すよ あの日の答え 見つけるんだ  38℃の情熱で Jump! Jump so high
reef見たことのない空 僕は震えていた 何も出来ずに 遠い空を見上げていた  ただ自由を手に入れるために そこから飛び立ったんだ 鳥のように飛んで行けると 思っていた  いつか願いを叶えて 幻じゃないと信じて また風が吹くその日を ここで待っているから  目覚めて気がついた 本当は翼なんてなかった  ただ冷たいアスファルトの隅で 一人ぼっち泣いていた 公園から見た空は ねえ どこにあるの  僕はきっと何度でも 風をつかむんだ 心にある翼で 希望の羽根で 探しつづける  どうか 夢のまま消えてしまう前に  いつか願いを叶えて 幻じゃないと信じて また風が吹くその日を ここで待ってる  僕は何度も何度でも 風をつかむんだ 勇気と名づけられた翼が 心にこうして残っているから米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayama見たことのない空 僕は震えていた 何も出来ずに 遠い空を見上げていた  ただ自由を手に入れるために そこから飛び立ったんだ 鳥のように飛んで行けると 思っていた  いつか願いを叶えて 幻じゃないと信じて また風が吹くその日を ここで待っているから  目覚めて気がついた 本当は翼なんてなかった  ただ冷たいアスファルトの隅で 一人ぼっち泣いていた 公園から見た空は ねえ どこにあるの  僕はきっと何度でも 風をつかむんだ 心にある翼で 希望の羽根で 探しつづける  どうか 夢のまま消えてしまう前に  いつか願いを叶えて 幻じゃないと信じて また風が吹くその日を ここで待ってる  僕は何度も何度でも 風をつかむんだ 勇気と名づけられた翼が 心にこうして残っているから
LOOP別れ際の優しいキス 「まるで恋人みたい…」 ため息まじり呟いたら 涙があふれてきた  この部屋を出れば 誰より近くて遠い他人になる かすかに残る温もりを 抱いて眠る so lonely days  I can say good-bye 何度も誓った言葉が最後の答えなのに 遠ざかる背中を見つめる 私の瞳にあなたがいる 今も… ずっと…  同じ電車 隣のビル 二人偶然だった あの日あの時 会わなければ 苦しまずにいれたね  二年の月日が流れて 孤独な幸せ知った 重ね合えば見えなくなる 行くあてのない so lonely days  I can say good-bye どんな優しさも言葉も消せない夢痕なら 約束も何も欲しくない ただ私のことだけ見つめてほしい  I can say good-bye 何度も誓った言葉が最後の答えなのに 遠ざかる背中を見つめる 私の瞳にあなたがいる  私の瞳にあなたがいる 今も… ずっと…米倉千尋Chihiro YonekuraMASAKIMASAKI別れ際の優しいキス 「まるで恋人みたい…」 ため息まじり呟いたら 涙があふれてきた  この部屋を出れば 誰より近くて遠い他人になる かすかに残る温もりを 抱いて眠る so lonely days  I can say good-bye 何度も誓った言葉が最後の答えなのに 遠ざかる背中を見つめる 私の瞳にあなたがいる 今も… ずっと…  同じ電車 隣のビル 二人偶然だった あの日あの時 会わなければ 苦しまずにいれたね  二年の月日が流れて 孤独な幸せ知った 重ね合えば見えなくなる 行くあてのない so lonely days  I can say good-bye どんな優しさも言葉も消せない夢痕なら 約束も何も欲しくない ただ私のことだけ見つめてほしい  I can say good-bye 何度も誓った言葉が最後の答えなのに 遠ざかる背中を見つめる 私の瞳にあなたがいる  私の瞳にあなたがいる 今も… ずっと…
Rain窓をつたう細い水糸(しずく) 濡れた指で触れてみた ママの手を捜して泣いている 子供みたい  部屋の隅で震えてる 寒い夜はそばにいてよ 儚い言葉は 雨音に消えた  雨は優しく 冷たい頬を温めた 切ない想いを流して すべてをそっと海に眠らせるから  床に落ちた細い指輪(リング) 帰る場所はどこにもない 約束のKISSも 雨音に消えた  雨よこのまま 悲しい雫 連れていって 空っぽになった心は それでもずっとあなたで満たされていた  傘を差した後姿 あれは確かにあなただった…  雨は優しく 冷たい頬を温めた 切ない想いを流して すべてをそっと海に眠らせるから  雨よこのまま 最後の涙 連れていって 空っぽになった心は いつかまたきっと きっと誰かに満たされていく米倉千尋米倉千尋Waka Takayama窓をつたう細い水糸(しずく) 濡れた指で触れてみた ママの手を捜して泣いている 子供みたい  部屋の隅で震えてる 寒い夜はそばにいてよ 儚い言葉は 雨音に消えた  雨は優しく 冷たい頬を温めた 切ない想いを流して すべてをそっと海に眠らせるから  床に落ちた細い指輪(リング) 帰る場所はどこにもない 約束のKISSも 雨音に消えた  雨よこのまま 悲しい雫 連れていって 空っぽになった心は それでもずっとあなたで満たされていた  傘を差した後姿 あれは確かにあなただった…  雨は優しく 冷たい頬を温めた 切ない想いを流して すべてをそっと海に眠らせるから  雨よこのまま 最後の涙 連れていって 空っぽになった心は いつかまたきっと きっと誰かに満たされていく
READY GO偶然が積み重なって この道は生まれてきたんだ 凸凹や急カーブだって 僕だけのオリジナルデザイン  地位、名誉、お金、自由 人並みに憧れるステータス 問題は山積みでも 夢だってちゃんとあるんだ  プラス思考で ラララ 歌を歌って 焦らず行こう 僕らしくあれ  今日がダメでも また明日のために 頑張りましょう 誰にでも平等に与えられた鼓動 高鳴らせて いざ READY GO  “幸せ”は自分次第 それぞれのココロにあるんだ 勇気持って出たトコ勝負 ラッキーに感謝しよう  涙の後は ラララ 歌を歌って 笑って行こう 僕らしくあれ  明日は明日の新しい風が吹く 頑張りましょう 何気ない出会いや毎日が 未来を輝かせてゆくチャンス  神様、お願い 叶えてください 僕の夢を 僕に力を…  明日のために そう希望のために 頑張りましょう 誰にでも平等に与えられた鼓動 高鳴らせて いざ READY GO米倉千尋米倉千尋米倉千尋Waka Takayama偶然が積み重なって この道は生まれてきたんだ 凸凹や急カーブだって 僕だけのオリジナルデザイン  地位、名誉、お金、自由 人並みに憧れるステータス 問題は山積みでも 夢だってちゃんとあるんだ  プラス思考で ラララ 歌を歌って 焦らず行こう 僕らしくあれ  今日がダメでも また明日のために 頑張りましょう 誰にでも平等に与えられた鼓動 高鳴らせて いざ READY GO  “幸せ”は自分次第 それぞれのココロにあるんだ 勇気持って出たトコ勝負 ラッキーに感謝しよう  涙の後は ラララ 歌を歌って 笑って行こう 僕らしくあれ  明日は明日の新しい風が吹く 頑張りましょう 何気ない出会いや毎日が 未来を輝かせてゆくチャンス  神様、お願い 叶えてください 僕の夢を 僕に力を…  明日のために そう希望のために 頑張りましょう 誰にでも平等に与えられた鼓動 高鳴らせて いざ READY GO
レンズ越しの宇宙の下でレンズ越し見上げていた はるか遠い輝きを 小さな手 伸ばせばほら どんな星だって掴める気がした  いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) 一人一つずつ「生命」という星を みんな持って生まれてきたんだ  夕暮れの一番星 ずっとずっと見ていたい オレンジに染まった背中 照れたその笑顔―好きになってよかった―  いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと  いちばん大切な人が 地球にはいる 愛と夢に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) そして新しい「生命」という星が この地球には産まれ生きてくんだ  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) 一人一つずつ「生命」という星を みんな持って生まれてきたんだ  レンズ越しの宇宙(そら)の下で米倉千尋米倉千尋米倉千尋米倉千尋レンズ越し見上げていた はるか遠い輝きを 小さな手 伸ばせばほら どんな星だって掴める気がした  いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) 一人一つずつ「生命」という星を みんな持って生まれてきたんだ  夕暮れの一番星 ずっとずっと見ていたい オレンジに染まった背中 照れたその笑顔―好きになってよかった―  いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと  いちばん大切な人が 地球にはいる 愛と夢に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) そして新しい「生命」という星が この地球には産まれ生きてくんだ  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)  いちばん大切なものが 地球にはある 空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー) 一人一つずつ「生命」という星を みんな持って生まれてきたんだ  レンズ越しの宇宙(そら)の下で
私という物語眩い光の中 静かに幕が上がる -I'll be there- 果てしない私という物語  ある日 小さく胸に芽生えた 未来への希望は 不器用だった私の生きる標(しるし)になった my proud  今日もまた紡ぐ 真新しいページ 振り向けば 幾つものかけがえのない笑顔 歌い続けるよ ずっと 届け…あなたの胸に  wow wow この空の下 wow wow 私はここにいる  痛みを知るたびに 臆病になっていたの day by day でも確かに歩んできた道がある  出逢いと別れ 重ねていつか 絆生まれたんだ 奇跡のような愛しいこの日々 溢(あふ)れる想い 「ありがとう」  wow wow あの空の下 wow wow 何が待ってるだろう  夢よりも遠い その先が見たい だけど遥か知らない世界 恐れないで All My Life  幕がまた上がる 続く物語 見渡せば 幾つものかけがえのないメロディー 歌い続けるよ ずっと 響け…あなたの胸に  wow wow この空の下 wow wow 私はここにいる  wow wow 今空の下 wow wow あなたと生きてゆく米倉千尋米倉千尋尾澤拓実尾澤拓実眩い光の中 静かに幕が上がる -I'll be there- 果てしない私という物語  ある日 小さく胸に芽生えた 未来への希望は 不器用だった私の生きる標(しるし)になった my proud  今日もまた紡ぐ 真新しいページ 振り向けば 幾つものかけがえのない笑顔 歌い続けるよ ずっと 届け…あなたの胸に  wow wow この空の下 wow wow 私はここにいる  痛みを知るたびに 臆病になっていたの day by day でも確かに歩んできた道がある  出逢いと別れ 重ねていつか 絆生まれたんだ 奇跡のような愛しいこの日々 溢(あふ)れる想い 「ありがとう」  wow wow あの空の下 wow wow 何が待ってるだろう  夢よりも遠い その先が見たい だけど遥か知らない世界 恐れないで All My Life  幕がまた上がる 続く物語 見渡せば 幾つものかけがえのないメロディー 歌い続けるよ ずっと 響け…あなたの胸に  wow wow この空の下 wow wow 私はここにいる  wow wow 今空の下 wow wow あなたと生きてゆく
私の勇気波にさらわれていった 砂の城みたいだね 凍えそうな空の下で わたし素顔のままでいたかった  ため息の数 幸せに変える 未来行きのチケット 握りしめた  風を受けて そう Believe my life 奇跡は舞い降りてくるよ 私の勇気 だれにも負けない 手を伸ばして もっと Change my life ありったけの笑顔を見せて いつか見た夢 叶うと信じてる  人混みを避けるように 帰り道を急いだ 偽りのベールを脱いで 違う私が歩きはじめる  がらくたばかり 宝物にしてた そんな気持ち ずっと忘れていた  眠れなくて 泣いた夜を 越えて行ける その強さで 私の中の ダイヤを見つける いつかきっと そう Dreams come true 幻で終わらないように 明日の風を 両手に抱きしめて  目覚めたばかりの 日差しに包まれて 生まれ変わって行く  風を受けて そう Believe my life 奇跡は舞い降りてくるよ 私の勇気 だれにも負けない 手を伸ばして もっと Change my life ありったけの笑顔を見せて いつか見た夢 叶うと信じてる米倉千尋鵜島仁文・米倉千尋鵜島仁文亀田誠治波にさらわれていった 砂の城みたいだね 凍えそうな空の下で わたし素顔のままでいたかった  ため息の数 幸せに変える 未来行きのチケット 握りしめた  風を受けて そう Believe my life 奇跡は舞い降りてくるよ 私の勇気 だれにも負けない 手を伸ばして もっと Change my life ありったけの笑顔を見せて いつか見た夢 叶うと信じてる  人混みを避けるように 帰り道を急いだ 偽りのベールを脱いで 違う私が歩きはじめる  がらくたばかり 宝物にしてた そんな気持ち ずっと忘れていた  眠れなくて 泣いた夜を 越えて行ける その強さで 私の中の ダイヤを見つける いつかきっと そう Dreams come true 幻で終わらないように 明日の風を 両手に抱きしめて  目覚めたばかりの 日差しに包まれて 生まれ変わって行く  風を受けて そう Believe my life 奇跡は舞い降りてくるよ 私の勇気 だれにも負けない 手を伸ばして もっと Change my life ありったけの笑顔を見せて いつか見た夢 叶うと信じてる
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. 366日
  4. M
  5. キミがいれば

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×