栗林みな実作詞の歌詞一覧リスト  109曲中 1-109曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
109曲中 1-109曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
WITH 新曲栗林みな実 新曲栗林みな実栗林みな実中土智博中土智博羽根のように降りてくる予感 速くなる鼓動が知ってるね 新しい世界 一秒ごと生まれてゆく 扉の向こう 次の物語  悩みは stay on stay on 側にあるんだね (lonely night) それは未来を輝かせ (星になる) 君といる瞬間が 明日を連れてくるよ 一緒に… 笑顔がはじける場所へ  Let's go with us いつだって信じてるから 嬉しいよ ぎゅっとなって もっと飛べそうなほど Feeling your heart となりで笑っている君を守るよ この夢はどこまでも… 愛しさをこえてゆけ (動いてく日常) ひとりになんてさせないよ ずっと  失いたくない光 見つけたら (その先で) 真っ白な孤独を知るだろう 誰かのため自分のため おんなじこと 廻り続ける 愛の物語  みんなで non stop non stop 切磋琢磨して (growing up) それはぜんぶ思い出に (変わるんだ) 君といるこの時が 永遠に続いたらいいのに 想いは虹の彼方へ  Give me your smile 重なってあふれてゆくよ 眩しいね きゅんとなって そっと伝えたくなる Thank you for believing 心が晴れた空みたいに透明 君がくれた勇気で 愛しさと痛みはね (果てしない感情) 優しさの翼になるの いつか  生きることは願うこと 諦めないでいて 離さないでいてね (迷っても) 弱くたって 力になりたくて… 一歩ずつ 進んでゆこう  Let's go with us いつだって信じてるから 嬉しいよ ぎゅっとなって もっと飛べそうなほど Feeling your heart となりで笑っている君を守るよ この夢はどこまでも… 愛しさをこえてゆけ (動いてく日常) ひとりになんてさせないよ ずっと
Just the truth栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実優しく時を刻む 静かに唄う夜空 胸に秘めた願いごとが 君だけの答えをみつけるの  ね、いつか解けてゆくよ 過去も絶望も ぜんぶ超えて 素直さで輝くから  Promise with you 光は消えないの Save everything 信じている 本当の夢 抱きしめたら 手をのばして… 一緒だよ 未来まで  伝えたかった言葉 揺れて逸れて落ちる 降り続ける嘘の雨が その瞳 惑わせ傷つけた  記憶を失っても 心は変わらない 何度だって おなじ星 たどり着くよ  Live with the truth この身体すべてで Feel your pain うけとめるよ どんな時もひとりじゃない 今を生きて… 君を知りたいから  Live with the truth 大切な痛みを Feel your pain はなさないで 真実だけが導きだせる世界へ…  Promise with you 光は消えないの Save everything 信じている 本当の夢 抱きしめたら 手をのばして… 一緒だよ 未来まで
clear栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実想像の鏡の奥 君が映った まだ知らないわたしたち ひとりの中に  途切れた羽根は 自由な風になり 遠くなっても また近づく 飛びたい… 高い空へ  いつか逢えると願い続けてた 彷徨いながら 時が運んでくる 揺るがない君らしさで 次にゆける  ふいに降りてくる景色 決意のシルエット 心は知っているのに 触れずにいたの  見慣れたこの坂道の向こう側に 海が広がってる気がして 明日が幻でも…  夢が輝く 軽やかになって 叶えてゆこう 時は止められない 不思議な旅の途中 君と出逢う  たったひとりの君は 君だけのものじゃない おぼえていて  いつか逢えると願い続けてた 彷徨いながら 時が運んでくる 揺るがない君らしさで 次にゆける
深い蒼の森栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実君の言葉たちが次へ連れ出してく 深い蒼が揺れたら 閉ざされた 過去へと行ける扉さえ  明日へ一歩進む 夜が知らないうちに 迷いのない時計の針 君は気づかない 太陽のように…  わたしの光を そっと抱きしめて 届きそうな羽 遠くへとゆくの 星空のレース纏った想いは “この声をきいて…”何度も呼んだ 静けさだけ、響く  今日も歪んでいる 未熟な寂しさで 時はやがて 闇に染まる 彷徨う哀しみは 銀の波にとらわれて  誰にも見せない 痛みの宝石 捨てたふりをして 風を見送った 裸の心が 冷たくなってゆくの 消えてしまいたい 何もなかったみたいに 消えたいよ…  すべて失くしても 残った感覚 廻っては還る 運命のように…  わたしの光を そっと抱きしめて 届きそうな羽 遠くへとゆくの 星空のレース纏った想いは “この声をきいて…”何度も呼んだ 静けさだけ、響く  君の言葉たちが次へ連れ出してく 深い蒼の彼方へ 吸いこまれてゆく 戻れない
aim栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実風の中で ひとり、透明… 生まれ続ける想いがあふれだす 何度でも どこまでも この切なさを 繰り返してゆくの  踏みだすのは こわいことかな 生まれ変われる 自由に飛べるんだ いつだって 大切な始まりの時 なりたい自分へと  失うことは 君だけの宝物 過去へ未来へ メッセージ感じるでしょう  信じて泣いてくれたことを ずっと忘れないよ 涙と笑顔 何より速く 君を目指してゆくの 今すぐに逢いたいよ  明日の行方 雲が隠すよ たどり着けない願いに惑わされ いつまでも 降ってくるその寂しさに とらわれないように 守り続けるから  感情の風 めぐる世界 今日も変わってゆく 一秒ごとに 新しい勇気 君の笑顔がくれる 探してるものだけがその眼に映る 見つけてね 逃さないように  前に進もう 雨の終わりには 虹が輝くから  離れていても 心はね、ひとつだよ 祈りは強く、真っ直ぐに… 届いたでしょう  信じて泣いてくれたことを ずっと忘れないよ 涙と笑顔 もっと遠く 君を目指してゆくの 今すぐに逢いたいよ 意識を超えて突き抜ける 透明のまま…
流れ星に出逢うように栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実そっとここにあるの 涙の星が降る銀河 永遠に伝え続けている 優しい物語を…  きっとわかっていたよ 見えない、触れない予感 この夏が過ぎた時には もう、会わない気がしていた  消えなかった憂鬱 揺れる現実 小さな秘密 今思えば 理由にならない些細なこと  流れ星に出逢うように いつか君に出逢うのかな 笑顔だけが焼きついてる 最後だって知らないまま 過ぎていった…  君と離れたとき ひとつの世界が途切れて その瞬間 君のいない世界 鮮やかに動き出す  選べない感情 迷う幻想 堕ちてゆく過去 忘れたいよ 言葉に出来ない、忘れないで…  この想いに出逢うために あの日君に出逢ったんだ 光る月の反対側 隠れている場所を照らす 気づいたから…  夜明けはもうすぐ 眩しさですべて消える 嘘のない輝きで ただ、生きればいい  流れ星に出逢うように この想いに出逢ったんだ 光の粒めぐっている この身体は通り道ね 見えなくても…  限りある時間 何を知るの…?
Precious Memories上花楓裏(Mia REGINA)上花楓裏(Mia REGINA)栗林みな実栗林みな実熱い陽射し 眩しくて 思い出すのあの夏を 痛みなんて知らずにいたの 笑顔いつも嬉しくて  夢も憧れも求め続けてた 私を呼ぶ声が 遠く聴こえる  ずっと、ずっと見つめてた 真っ直ぐな想いは 果てしない空へと駆け抜ける あふれる涙をそっと この手に抱きしめる いつかまた 会えるかな あの丘で…  青い風に誘われて 雲がかたち 変えていく 過ぎた時間(とき)を教えてくれた 写真 今はセピア色  二人で交わした小さな約束 心の片隅で 静かに眠る  ずっと、ずっと忘れない 大切な想いを 終わらない明日へ描いていく あなたがくれた言葉は 宝物になって この胸で 輝くの 永遠に…  ずっと、ずっと見つめてた 真っ直ぐな想いは 果てしない空へと駆け抜ける あふれる涙をそっと この手に抱きしめる いつかまた 会えるかな あの丘で…
Overflowing栗林みな実栗林みな実栗林みな実高田暁発見!またひとつ 好きなとこ キラリ、光るの トキめき響いてる 伝えたいよ…まだ言えないの  もっとそばにいたい そっと見つめてるの だって見逃したくないよ、1秒も…  あなたの世界に迷い込んだ この物語いつか結末が来るのね 信じたい… True Love  Kiss Kiss 眠ったふり優しさあなたから Happening 妄想ばかり期待しちゃう(目覚めさせてね) Don't mind つまずいたってあきらめたりしない Sweet eyes 映していて わたしだけを  視線が眩しくて 動けなくなるどうしよう ドキドキとまらない 戸惑うリズム弾けるように  きっと予想つかない 未来待っているの 今日もふたりで話せたら… 祈ってる  あなたの心 果てしなくて 真ん中までの距離は どれくらい? 一緒に駆け抜けて… Blue Sky  One chance 宝物はこの手で掴まなきゃ Glowing 色褪せない想い届け(いちばんにして) Shining 先を照らす輝きになりたい Tears あふれてゆく星になるよ☆  あなたと行きたい場所… 明日の空 何度も繰り返すの 風にのせて… Loving you  Kiss Kiss 眠ったふり優しさあなたから Happening 妄想ばかり期待しちゃう(目覚めさせてね) Shining 先を照らす輝きになりたい Tears あふれてゆく星になるよ☆ 抱きしめてね
Romantic Blue栗林みな実栗林みな実栗林みな実Kon-K流れる sweet melody 奏でる君の優しい声 風になる 加速してゆく、未来まで…  明日は今日より 話せたらいいな。 夜空に囁く“夢で逢えますように…”  想いがこぼれて 瞳が滲んだ 気づいて… 心がそっと叫ぶ I miss you  誰よりもわたし 君を見ているから 視線を並べて 空を超えて 時を抱いて… おなじ速さで飛ぼう!  探して Romantic blue 君とわたしの世界 繋いで… 次の季節 守ってゆくよ、ずっと 流れる sweet melody 奏でる君の優しい声 風になる 加速してゆく、未来まで…  泣いたり、笑ったり… 毎日、楽しい あふれる切なさ 君がくれた奇跡  すれ違う時も 迷いはいらないよ 景色を重ねて 空の果てに 夢、描いて もっと遠くへいこう!  眩しい Beautiful sky どこまでもいけるね 繋いだ手を離さない つかまえてるね、ぎゅっと 探して Romantic blue 君とわたしの世界 繋いで… 次の季節 守ってゆくよ、ずっと 流れる sweet melodey 奏でる君の優しい声 風になる 加速してゆく、未来まで…
GALACTIC WORLD栗林みな実栗林みな実栗林みな実桑原聖(Arte Refact)儚さと願いが描いた 煌めき… 見つけた…君だけのstarlight  past memory 昨日の夢 darkness 思い出せない I believe 前を向いて、誇りを胸に抱いて  shinig heart 君の笑顔 my treasure 守るために resolution 揺るがないよ…誓いましょう  星降る夜… 誰にも言えない涙 そっと流れて、消える 進まなきゃ もう振り返らない…  今しかいない時 わたしだけの世界は 限りあるから きっと輝くの 星の翼 光らせ、散りばめたい  destiny line deep blue sky show one's ability 想いを飛ばせ 銀河へ届け…  passing through 道の途中 steep road 迷いながら painful thing 反省して、同じこと繰り返してる  your feelings 確かめよう Are you all right? 後悔はない…? dream up 恐れないで、抱きしめて…  あの日の嘘 誰にも知られないまま 無かったみたいに消えてゆくよ 瞬くsign 無限に泳ぐけど 真実はひとつだけ… 過去を超え 空へと駆け出す  今を生きること わたしだけの未来を 掴みとらなきゃ もっと羽ばたくの 降りそそぐ哀しみ それは永遠じゃない 星の雫 光って、散ってゆくの…  もう振り返らない… 今しかない時 わたしだけの世界は 限りあるから きっと輝くの 一瞬の時代を 走って、求めてゆこう 星の翼 光らせ、散りばめたい  right on target 狙ったなら true blue sky 真っ直ぐ… that carries a long way 波紋のように この声、響け destiny line 繋いでゆく deep blue sky 光で… show one's ability 想いを飛ばせ 銀河へ届け…
moving soul栗林みな実栗林みな実栗林みな実桑原聖(Arte Refact)消えそうな望みが 胸の奥で囁くの silent heart 目覚める…  優しい記憶が吹き込んだ 命の星 moving soul 想いが世界へと走り出すの  あたたかい風のように あなたの言葉に抱きしめられて… 哀しい空をみてた (触れた)鼓動 ひとつになるの (強く)未来 生きてゆきたい  連れ出して…  いつだってそばにいるから don't cry 涙の通り道 ひとりにさせない…! 輝きは 切なさと光が出逢う場所 その痛みだけが そう、運命変える 魂が解け合うの… 今なら…  偶然の欠片 すべてに意味があるから fantastic 必然…☆  重ねた時間は 夜空を照らす宝石 magic again 思い出 星座みたいに結ぼう  憧れがあふれてく… 嘘のない気持ちを抱きしめたなら 願いは叶えられる (手と手)繋ぎ、はなさないでね (遙か…)彼方 こえてゆけるよ  一緒にいこう…  出逢えたね… もう逃げないよ stay with you 始まりをあげる わたしが守るよ 明日へと生まれゆく 光を渡さない その笑顔があれば 素直になれる あなたのことをもっと 伝えて…  何度でも 心に奇跡が降る あなたに導かれて 信じてる… 答えに届いたとき 終わらない絆が煌めく…  いつだってそばにいるから don't cry 涙の通り道 ひとりにさせない…! 輝きは 切なさと光が出逢う場所 その痛みだけが そう、運命変える 魂が解け合うの… 今なら…
導きの書栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実真っ白な世界 小さな文字が揺れた 聴こえる…  サミシイ ウレシイ ツライ タノシイ… 感情、色になり 塗りつぶされてゆく  悔しかったこと 秘密の涙たちは 静かに 昨日に置いてゆこう  明日 何をしよう 誰といるの…? あの日に隠した 煌めく夢、探して…  どんなに泣いたって、迷ったっていけるよ その迷路は いつか終わるの 未来、決まってる なりたいほうへ こたえ 君の中にだけ “見つけてよ”と存在してるから つかまえて…  ページをめくると 小さな物語が 叫ぶよ…  セツナイ イトシイ イタイ カナシイ 感傷、この身体 行ったり来たりする  両手にあふれる 遠くの涙、捨てよう 大事な荷物 持てなくなる  ね、行き先照らして… 月に祈る まだ見たことのない 真実、解き明かそう  すべてここにある… 描き続けたのは 星を廻り、降り立つメッセージ 誰のものでもない 大切な空 ずっと 君の優しさと重ねながら 信じていた光 消えないよ…  すべてここにある… 描き続けたのは 星を廻り、降り立つメッセージ どんなに泣いたって、迷ったっていけるよ その迷路は いつか終わるの 未来、決まってる なりたいほうへ こたえ 君の中にだけ “見つけてよ”と存在してるから 出逢えるよ…
coloration栗林みな実栗林みな実栗林みな実矢鴇つかさ(Arte Refact)虹色の空 君にとけてゆく 見つけたのdestiny 出逢えたね 煌めく瞬間(トキ)へ 走りだそう!  遠くで手を振り、わたしを呼ぶ 君は眩しい光 追いつけないほど速くなる鼓動 進むごとに 心、彩られてゆく… 不思議ね  みんなに優しい …さびしくなる その眼差しをひとりじめしたい 素直な気持ち  虹色の空 君にとけてゆく 見つけたのdestiny 廻りゆく出逢い 変わってゆくの… 世界、鮮やかになるよ 君の夢になりたい 奇跡のかけら 煌めく瞬間(トキ)へ 走りだそう!  気づいたときには ここにあった想い どこからきたの…? 今日も隙間なく 君のことばかり考えちゃう 心、コントロールできない☆ どうして?  手を伸ばしたら 届きそうね あの星のように輝く君へと… 勇気をだして  はなさないでね 笑顔抱きしめて 繋がるeternity 何度でも出逢う あふれてゆくよ 期待とまらない ずっと…君のとなりにいたい 大事な希望 運んでゆこう 未来まで…  泣きたくなる… 信じてるのに my dream もっとホントの自分をさらけださなきゃ  はなさないでね 笑顔抱きしめて 繋がるeternity 何度でも出逢う あふれてゆくよ 期待とまらない ずっと… 君のとなりにいたい 大事な希望 運んでゆこうよ  虹色の空 君にとけてゆく 見つけたのdestiny 廻りゆく出逢い 変わってゆくの… 世界、鮮やかになるよ 君の夢になりたい 奇跡のかけら 煌めく瞬間(トキ)へ 走り出そう!
True Blue Traveler栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介きっと逢えるよ 笑顔と涙を抱いて 君と一緒に…  明日の空は 何色に変わるかな 自分の力で 輝かせてゆこう 知らないこと だからドキドキするね…☆ 試したい、もっと… 限界は 決めなくていい  気づいて… 風の声が教える 進もう、次の物語へと…  羽ばたいて 負けそうでも逃げたりしない 君と刻む時を 信じてゆこう 光まで… 笑顔と涙を抱いて 大切な人守るために、強くなれ…!!  願いごとは 叶えるため生まれる 迷って、止まって… また走ってゆこう 君が夢に近づくたび 嬉しい 同じ想いを胸に秘め、巡り逢えたね…  素直に 自由に表現しよう 視線は、青い空 こえてゆく  旅立とう いつだって始まりがある なにも恐くないよ 信じた道へ 思い出が 誓いになって動きだす 大好きなこと ずっと君に響くから…  呼吸を繋いで… さぁ 掴むよ、未来  旅立とう いつだって始まりがある なにも恐くないよ 信じた道へ 思い出が 誓いになって動きだす 大好きなこと 今日も響くから…  羽ばたいて 負けそうでも逃げたりしない 君と刻む時を 信じてゆこう 光まで… 笑顔と涙を抱いて 大切な人守るために、強くなれ…!!
ONE栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実想い生まれ、旅立つ瞬間は 心が震えた 憶えている… どんな時も 自分を信じてた 迷いなんてある筈ないと  求めてた日差しの粒 きっと近づけるよ 今を超えたいね 明日へ…  世界が待ってる 動けなくなるまで 思うまま進もう、やめたりしない 目指す星へと 導くこと それは 選ばれた孤独 纏うこと 聴こえてくる… ここにある、わたしの声…  自由に揺れ、刻む時の中で 抱きしめられない光がある 君が描く言葉 知ってるけど 壊れそうで 渡せなかった…  未来だけ 浮かべたって 答えなんて出ない 現在(いま)をみつめれば 始まる…  世界は終わらない 動いたら変われる まだ出逢っていない 勇気があるの 運命のような不思議な引力が 君だけを追いかけてゆくよ …そばにいるね。  世界が待ってる 動けなくなるまで 思うまま進もう、やめたりしない 目指す星へと 導くこと それは 選ばれた孤独 纏うこと 聴こえてくる… ここにある、わたし
move on栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実動き出そう 終わらない闇へと光を探して…  何度も蘇る 消されてゆく存在 すり抜けていった感情 目を背け、進んだ 夢のような現実 大事なものが こぼれ続けるのに…  知らなかった世界が今 静かな憧れになる さぁ、信じた場所へ行ける 振り向かずに  許されない罪と痛み抱いて ひき金を引いた瞬間 彼方へ舞いあがる せつない黒い羽根 果てしなく終わらない闇へと のまれそうになったとしても 小さな光を見つけ出そう、君のために…  もとには戻せない 交わり合う鎖は 硝子の部屋で眠るよ 刻まれた時間が 真実を遠ざける 想いも いつか 忘れられてゆくの…?  飾らない瞳の奥 哀しみがわたしを呼ぶ さぁ 涙をふいて行こう そばにいるよ  明日の鍵は わたしの中にある 輝いた宝石のように 君に手渡すから… 永遠の始まり 閉じこめた記憶の花びらを 解き放ち、風に誓った 償いの種が生まれてゆく“次の空へ…”  許されない罪と痛み抱いて ひき金を引いた瞬間 彼方へ舞いあがる せつない黒い羽根 果てしなく終わらない闇へと のまれそうになったとしても 小さな光を見つけ出そう、君のために…  動き出そう 終わらない闇へと光を探して…
TIGHT KNOT栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実どうして こんなに立ち止まっているの? 昨日から響いてる音で 気づく 想像できない世界があるから 描き出す地図の色 変えてみよう 願いごとはきっと叶うの 信じて 君へ続く my route ずっと…  複雑のなか 絡まるシンプルが風の道標になる 想い、はなさないで (行きましょう) 白い羽根を手に入れるため 遠くへ旅立とう  この涙を光にして、走りだそう 心の声 確かめながら 今も奇跡 繰り返すよ 君と出逢い もっと先へ 一緒にね ほどけそうになっても…  walk hand in hand Two feelings tight knot Always I believe your dream  今日まで まっすぐに追いかけたものは 求めてた道なのに 曇ってゆく 何度もため息 不安がこぼれる 張りつめた日々だって 意味があるの ね、伝えたら きっと景色が増えてく 言葉にして your mind そっと  すれ違った運命は未来へと やがて重なる日がくる 掴めそうな宇宙(そら)を (見上げたら) 数えきれない星を結ぶ 星座の糸、探すよ ふたりで見つけたい… 笑顔になる  ふたつの場所、降りた想い めぐり逢って ひとつになる瞬間がある 離れたとき戻せないの 大切なほど… とけ合えばいいのにね 時を止められたら…  ふたつの場所、降りた想い めぐり逢って ひとつになる瞬間がある この涙を光にして、走りだそう 心の声 確かめながら 今も奇跡 繰り返すよ 君と出逢い もっと先へ 一緒にね 迷わずに抱きしめて ほどけそうになっても…  walk hand in hand Two feelings tight knot Always I believe your dream
LOVE STEP栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実わたしの中のホントのわたし 目覚めて始まったよ 君のとなりが永遠なんて 昨日までの幻想  痛みを知って不安になるの 言葉にならないほど 想いが届かなくて、伝えたくて  君の景色に気がついて戸惑うの 涙の星、おちてゆく 無限の空へ…  願いを今、見つめてみよう 前をむいて進むと決めたから この瞬間に運命が変わる どんな時も君といたい 輝いてる笑顔のそばで いつか未来抱きしめて…  記憶の中の幼い瞳 君をみつけ、微笑む 遠い季節は 今でもずっと煌めきつづけている  このまま弱いわたしでいたら 自分に負けちゃいそう 想いは風みたいにつかめないの  次の世界へ 一歩踏みだしてみよう 果てしない時空(とき)を超えていけたなら 希望の虹、出逢えるよ 無限の宇宙(そら)で…  忘れないよ、今日の気持ち 君の声があざやかに広がる この一瞬が思い出になるの 切ない夢終わらないね 信じてるの、笑顔の光 もっと君を知りたくて…  願いを今、見つめてみよう 前をむいて進むと決めたから この瞬間に運命が変わる どんな時も君といたい 輝いてる笑顔のそばで いつか未来抱きしめて…
遠い夏の日栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実伸ばし続けた髪はもう意味がない あなたは何も知らない それでいいよ  すべて忘れて 私をみて 無理なこととわかっていても  この手をはなすことはできない せめて隣に居させて 信じてる… その言葉だけを  夏の気配感じるね 夜の風が思い出連れてくる 鮮やかに蘇る 仲間と行った夏の花火 綺麗すぎて忘れられないの  触れられない傷跡 ふたりを繋ぐ あなたがいてくれたら 大丈夫よ  嘘でもいいの 抱きしめて 本当の望みさえ わからなくなる  いつまで私泳ぎ続けるの? 深く、青い海の終わりへ あなたと辿り着きたくて  夏がくるね 三度目の 追いかけてた夢そのままにして 大切な人だけを守ってきたの 愛してる 誰よりもあなたを想ってる  夏の気配感じるね 夜の風が思い出連れてくる 鮮やかに蘇る 仲間と行った夏の花火 綺麗すぎて忘れられないの
ZERO!!栗林みな実栗林みな実栗林みな実中土智博get out of the gate true sky  この瞬間、この場所がスタート イメージしてみよう 何ができるのかな 信じられない出来事だってある もっと… 越えていけるね  power of dream 0から生まれるすべて 輝いて fly あの空へ light blue wind 思いきり、羽ばたきたい 最高のスマイルで 笑いながら さぁ、ゆこう!  未知の世界へと今 飛び出そうよ 未来を選び、決めるのは自分 夢を追いかけてゆこう 泣く日もある それは大事な願い、消えないで きっと逢えるから 明日の君へ…  君といると 楽しくなれるよ どんなときだって いっしょにいたいんだ 伝えられない言葉、抱きしめて そっと… 想い飛ばした  power of love どこから生まれてくるの…? 不思議だね sign 気づいたら jewelry heart つかまえて、はなさないで 最強の出逢いだね 誰よりもまっすぐに  たとえ世界のすべて 変わったって 真実だけは 変わらずにあるよ 上を目指してゆこう! 忘れないで… 星座が示す道が曇っても 0の自分へと還ればいい  君だけにできること 見つけられる 光の先へ… 限界なんてないの 未知の世界へと今 飛び出そうよ 未来を選び、決めるのは自分 夢を追いかけてゆこう 泣く日もある それは大事な願い、消えないで きっと逢えるから 明日の君へ…
好きじゃなかったら…栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あなた想いすぎて 今日は負けちゃいそう 笑顔の日々 今は遠く感じるよ 声にした瞬間 泣いてしまいそうで 親友に会ったけど 言わずに帰った  ただ好きなだけなのに どうして 涙の雨ばかり降りて来るの わたしから、あなたから生まれ どこまでゆくの…?  “ah 好きじゃなかったら…”  こんなに青い色の空を知らなかった 風の静かな道を 星たちの煌めきさえも 名前をよばれたとき 鼓動走ることも 優しさにとけてく 愛される痛みも…  壊れそうな心 いつか強くなれる 何度も戸惑うの 飾った言葉に  季節が次へゆくね… あなたが教えてくれたのは 眩しすぎる明日へと続いてくメロディ ねぇ、連れ出して  “ずっと いっしょにいたい…”  光があふれてゆく 空が見えないほど あなたと出逢えたこと いちばんの宝物だよ 願いは叶えられる 望むその世界は あの虹をこえたら きっと広がるから…  こんなに青い色の空を知らなかった 風の静かな道を 星たちの煌めきさえも 名前をよばれたとき 鼓動走ることも 優しさにとけてく 愛される痛みも…
first pain栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実君の心 見えなくなった 近いのに遠く… 届きそうで届かない  過去の記憶 幻のよう 真実の世界 わたしが目覚めてゆくの  これ以上、願うのがこわい 見慣れた窓の景色 違う星、瞬く  君を追いかけ続けていた… 孤独な夜がそっと降りてくる 逃れられない ずっとわたしを忘れないで… 負けそうな日も 切なさを抱いて 前を向いていたい 君となら生まれ変われるよ  君の視線 宇宙の彼方へ… いちばんに映る人は 誰なのでしょうか  積もっていく歪んだ欠片 嫌われたくない もう全部なくしたいよ  それなのに 願いだけ残る 輝く月の波に 浄化されるように…  未来描く次の扉が 目のまえにある まっすぐな君を信じているの ずっとわたしをはなさないで… 強い想いが 時空を超えてゆく 揺るがない光で 君のこと照らしているから  痛みがくれた物語が 今始まるの 素直になりたい… 勇気をだして 君を追いかけ続けていた… 孤独な夜がそっと降りてくる 逃れられない ずっとわたしを忘れないで… 負けそうな日も、切なさを抱いて 前を向いていたい 君となら生まれ変われるよ
snow story栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あの日の記憶はまだ、今日も 哀しみを奏でるの 灯火は消えない  心に閉じ込めてたセカイ 失った星の幻ばかりみてた  何度ものみこんだ言葉 行き先もなく、彷徨っているの 気づいたこと わたしの中に「私」がいない  優しい色した切なさの粒が 舞い降りてくる 果てしない空へ 君を知りたい ねぇこわいけれど 望むこと それは罪じゃないと 君に出逢って解ったから 想いはここに、ずっと…  冷たい風に描く光 ホントの気持ち見つめてみたい、もっと…  生まれた願い抱きしめ 孤独な痛み 初めて知ったの 雲の向こう 感情だけが駆け抜けてゆく  真っ白な場所 始まった未来 迷いの道も 進んでゆきたい 君を教えて 傷ついてもいい 物語、そっと紡ぐように 時の結晶 降り続ける まだとけないで、今は…  優しい色した切なさの粒が 舞い降りてくる 果てしない空へ 君を知りたい ねぇこわいけれど 望むこと それは罪じゃないと 君に出逢って解ったから 想いはここに、ずっと…
BELIEVE栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介強い風の向こう 夢の光、飛ばしたら 胸の奥で もう一度、誓おう 走り出す気持ちは 誰も追い越せないから 希望、映し出そう 瞳に  信じていることを求め続けて 弱さを超えた君が羽ばたく 遠くへ…  君がいるから 生きてゆく意味を知った 抱きしめて いつかこの想いを… 昨日のわたしが今日を作ってゆくの 世界の彼方で… もっと煌めく星をつかみたい  広い空を見上げ、君を浮かべては思う 何のために生まれてきたのだろう 立ち向かう瞬間 闇を落としていくのは 自分に似た誰かの声  真っ直ぐな心で臨んだのなら 後悔しない 振り向かないで、進もう  君と出逢って すべてが輝き出した 咲いていて、ずっと… 命の花 今日のわたしたち 明日を目指して、行くの 世界が待ってる… どんな未来だってあきらめない  時を廻って 君と出逢って 夢が始まる…  君がいるから 生きてゆく意味を知った 抱きしめて いつかこの想いを… 昨日のわたしが今日を作ってゆくの 世界の彼方で… もっと煌めく星をつかみたい
君じゃなきゃダメな理由。栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実何故だろう… 君といると 新しい風、生まれてく 嬉しそうに夢を描いて 話す横顔 愛しくて  まっすぐなこの道 手をつないだら、笑顔だね 翼を失っても守ってゆくよ  いつまでもずっと一緒にいよう どんなことがあっても 誰よりも輝いている たったひとりだけの君 変わらない光になる 遠い宇宙(そら)の一等星のように…  あの日から 君の背中 瞬き忘れ、追いかけた 楽しそうに夢を抱きしめ 希望の花があふれてく  不確かな特別 確かなものになったとき、誇れる すれ違いの夜があっても…  いつの日もずっと味方だから 今日も、過去も未来も 一瞬も迷うことなく 君を選んでゆくだろう 巡り逢う 無限の宇宙(そら) 見つけられる… 運命の星、あるよ  いつまでもずっと一緒にいよう どんなことがあっても 誰よりも輝いている たったひとりだけの君 変わらない光になる 遠い宇宙(そら)の一等星のように…
True 4 Eyes栗林みな実栗林みな実栗林みな実アンプロヴィデンス計画遠くの喧騒… 絡まる焦燥に囚われないように 速さを求め my eyes  孤独の闇に苛まれながら 今日も時を追いかけて 繰り返していた  始まりの空も知らずに 私はどこへゆくの? 廻(めぐ)る世界の中で… 繋がった生命(いのち)、抱きしめ 迷わずにその先へ 運命に今、引き寄せられてゆく 止められない…  静かな衝動… ふたつの鼓動が奏でる想いが 重なり合えば true mind  視線の向こう 確かな感情 きっと変わる… 崩れてく 予感に震えた  守りたい僅かな光 私だけに輝く たどり着けるの? いつか… この胸の痛み あなたの声が聴こえるせいね おなじ瞳が 答えを導くの 動けない…  始まりの空も知らずに 私はどこへゆくの? 廻(めぐ)る世界の中で… 繋がった生命、抱きしめ 迷わずにその先へ おなじ瞳が 答えを導くの 運命に今、引き寄せられてゆく 止められない…
NEW GAME彩音・いとうかなこ・CooRie・栗林みな実・佐藤ひろ美・nao・飛蘭・yozuca*彩音・いとうかなこ・CooRie・栗林みな実・佐藤ひろ美・nao・飛蘭・yozuca*栗林みな実志倉千代丸昨日の哀しみ 超えて あたらしい扉 あける瞬間 希望の種が 君へと語りかけるの 動き出せるように…  そろそろいけるよね 準備はいいかな? 未来が待っているから… 迷いの森 抜け出そう  君が描く夢の星 君だけに輝く 世界中でたったひとつの宇宙 もっと強くなりたいなら 自分を信じなきゃ さぁ 始めよう! -NEW GAME- 今…  何もない日常なんてない 勝ち負けは いつもそばにあるよね 自分に負けない気持ち 忘れたくない 上を目指していこう  勇気が出せなくて 不安でいっぱい パワーを分け合ってみよう 手を繋いで 飛び出そう  あの日に生まれた羽が 自由に舞い踊る 君の意志で 変わってく青空 涙の雨、続いても あきらめないでいて さぁ 始まるね! 一緒だよ…  もうすぐ咲く花の色 鮮やかに煌めく 想いの水、注ごう 最後まで…  君が描く夢の星 君だけに輝く 世界中でたったひとつの宇宙 もっと強くなりたいなら 自分を信じなきゃ さぁ 始めよう! -NEW GAME- 今…
HAPPY CRAZY BOX栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あたらしい未来は この手の中に… 夢の花を 咲かせよう  声が響いてく… めぐる季節を駆け抜ける友情 誰かを羨む暇なんてないよ 前を向いてみて 君らしさでいい  “ここまで”の線 決めるのは自分だけ 描いた扉あけてみれば 無限の青空  君がいる世界が輝き始める 儚い想像は超えてゆこう いつだってわたしは信じているよ 大切な想い 今日も胸に抱いて 光の風 走り出そう  閉じ込めたままの孤独と涙 あふれてく感情 “助けて”と叫ぶ 小さな箱に集められた欠片 正義を知りたい  がんばっている君のこと見てるよ 貫いていこう 答えはある 迷いの時にも…  あたらしい未来はこの手にあるから 躊躇うことなんて何もない いつも忘れないよ 君の言葉を… 生きていく意味が わたしを作ってゆく 夢の花を 咲かせたい  君のその勇気 行く道に希望をくれたよ 教えてあげるね… 強さの真実 勝ちだけじゃない、負けても這いあがって きっと…  君らしい未来を諦めないで 何度でも追いかけて なりたいわたしになる…! 君がいる世界が輝き始める 儚い想像は超えてゆこう いつだってわたしは信じているよ 大切な想い 今日も胸に抱いて 光の風 走り出そう
approach completion栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実長い今日が終わるとき あなたがくれたメッセージ 繰り返し見つめ、瞳とじると 光が煌めく…  寂しさで埋まってゆく 要らない感情たちが 時を忘れ せめぎあう ふたつのわたしが  それが使命と解る 誰よりも感じてる 月のように輝かせて 今すぐにあいたくて…  ふたりが出逢った意味を探すよ 恐れず、求めつづけて 消えてく星の記憶 強さだけ残してく いつでもあなたは笑顔でいてね その眩しさ 抱きしめて ここから明日へ行けるね わたしは完成(わたし)に近づく…  すべてを守りぬきたい 想いが道標だね 旅立とう、次の世界の果てに 届くよ、もうすぐ…  絆と呼べるものさえ 不確かで 見えないけど 寄りそって はなれないね ふたつの魂  それは運命だから 誰よりもそばにいて この瞬間 真実だね 永遠が生まれるの  ふたりが出逢えたあの日の奇跡 大切にするね ずっと… 心が解けてゆく 雪のように透明に いつでもまっすぐ伝えてみたい その優しさ 信じてる 一緒に未来へ進もう わたしは完成(わたし)を知りたい…  ふたりが出逢った意味を探すよ 恐れず、求めつづけて 消えてく星の記憶 強さだけ残してく いつでもあなたは笑顔でいてね その眩しさ 抱きしめて ここから明日へ行けるね わたしは完成(わたし)に近づく…
君の中の英雄栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実こぼれ落ちた涙が今日も星になり 静かに見守ってる 次の時代へ受け継がれてく宇宙を そっと抱きしめた  終わらない痛みの奥で 動きだす儚い希望は 行くべき道を示し、導いている  君の中の英雄が 未来の君を目覚めさせる 壊して生まれ、生まれてはまた還る 進化をして、繰りかえし変わっていくよ 恐れないで…! 光失っても想い繋げる その笑顔に逢える日まで…  信じていた正義に今日も囚われる 誰もが迷いながら 後悔をして… 進んでいくよ いつかきっと届くから  暗闇にわずかに残る 真っ白に煌めく鼓動は 願いを超えて 強い眼差しになる  君が背負う運命が 過去の記憶を目覚めさせる 消せない傷の哀しみが鳴り響く 生き続ける魂が 使命を与え巡っている 誰にも渡さない… 想い貫け! 諦めずに向かっていこう  君の意志で羽ばたけるよ 優しさを忘れないで… 遠く、果てしない星へ 想い貫け! 諦めずに…  君の中の英雄が 未来の君を目覚めさせる 壊して生まれ、生まれてはまた還る 進化をして、繰りかえし変わっていくよ 恐れないで! 光失っても想い繋げる 自分の手で… 君を守るよ。 その笑顔に逢える日まで…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
White Star栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実君といると楽しい 虹色な気分 なぜかな 会えないとつまらない、なんて 初めて感じたよ  あの日の空、涙… ずっと忘れないよ dear my stories 君のそばにいたい いつも願ってる 言えなくても  果てしなく広がった想いは 無限の空間 知りたいこといっぱい 嬉しくて弾けそうなの  遠くの宇宙 いつか叶う 勇気だして fly to sky 願い、飛ばす 翼になり羽ばたくよ 時を超えて…  煌めいてる 真っ白な星 闇を纏う 君を守るよ 手を繋いで 星座のように… 次へ伝える物語 作ってゆきたい 希望を探して…  元気がでないときは 心を着替えてみようよ 見失わないように 瞳の鏡に映して  辛い日々の記憶 きっと強さになる step by step 笑顔 そっと力になる 負けないで その先へと…  未来の風 思い出描き 今の自分 守ってくれる 前を向いて 信じていこう 君が教えてくれたから… どんな道だって 一緒にいこうね
星空のワルツ米倉千尋米倉千尋栗林みな実栗林みな実別れぎわのさみしさは あの頃から変わらない また明日会えるのに 離れたくないの  そっとわたしを抱きしめてくれる 幸せを守りたい ずっと  真夏の星座に照らされて ふたり小さく唱える ひみつの言葉教えてあげる おまじないしよう  いつも歩く帰り道 繋いだ手をはなせない このままいたいけれど 時が過ぎていく  夜空に描く夢はひとつだけ あなたの星になりたい いつか  優しい瞳を見ていたら 何故か涙があふれる 初めての切なさを知ったの …あなたが好き  真夏の星座に照らされて ふたり静かに祈るの 素直な気持ちのままで 一緒にいられますように  光が生まれたの 今 ふたりの心の中に
miracle fruit栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実“思うままに 生きればいい”と言った君は 風になって 遠くへ…  季節はゆく… 永い時間は 君と出逢うためにあった序章ね  振り向かない 傷ついても、信じていこう  真っ白な花が咲く場所で 小さなキセキ生まれるの 進みましょう、いっしょに…  上手に飛べないときもある ね、何かひとつ捨てていこう? きっと手放すときね RULE★ 想像を超えて 羽ばたけ  “悲しかった… 悔しかった”と泣いた君が 風のなかで 彷徨う  負けたくない… 探しにいこう わたしだけが育てられる果実を。  “誰のために…?”君のために、すべてをあげる  真っ白な花が咲いたあと 小さな赤い宝石を渡しましょう、そっとね…  痛みもまやかしかも…なんて ね、嘘みたいに消えることがあるの 信じられない REAL★ 生きかたが景色を変える…  もう あきらめない ずっと見ていて  未来を君と生きていたい ね、いつもそばで祈ってるよ 気まぐれに旅する MIRACLE★ 迷わないで抱きしめよう  “思うままに 生きればいい”と知った君は 風を見つめ 飛び立つ  振り向かない 傷ついても 信じていこう  君と出逢い すべてが今、始まる…
secret moment栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実また何かに試されてる そんな気がしているの 運命は変えられるって思ってた 最近まで  逃げ出したい 飛び出したい 行くあてもないのにね 悲しみより 強く響く “走らなきゃ…”誰かの声  smile 嘘をこえて 迷いなき輝き truth ゼロだってね 愛し愛されていく  急に 思い出した 熱い太陽 右斜めにみえた瞬間に 忘れてきたlip gloss この時間じゃ もう戻れないよ 束の間でも 意味があるの もうひとりのわたしを繋いで believe わずかな時間 君に会えるだけでいい 笑っていて…  自分がわからなくなるの 人ごみに紛れたら 出逢うことのない人たち どう生きる…?この世界で  change 簡単には変われないの 人は life きっと同じ… いくつ持っていたって  今日も 月はめぐる 揺れる光 白い波に消えた瞬間に かさなってくdeep blue 囁くように 闇にとけていく ねぇ聴かせて メロディたち もうひとりのわたしへ繋いで sing 触れるそのたび 少し傷ついたって… かまわないよ  急に思い出した 熱い太陽 右斜めにみえた瞬間に 忘れてきたlip gloss この時間じゃ もう戻れないよ 束の間でも 意味があるの もうひとりのわたしを繋いで sing 触れるそのたび 少し傷ついたって… believe わずかな時間 君に会えるだけでいい 笑っていて…
氷の結晶栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実冷たい手と手 今、はなれそう 窓の外には 冬の星、煌めく あなたは今日も何も言わない… 次の扉の鍵は わたしにある  ねぇ、終わりがくるのかな 考えたことがなかった… あなたがいない世界で 生きてる意味、どうやって見つけたらいい…?  あなたはわたしを傷つけられない 優しい笑顔と偽りの視線 気づいていたって 解っていたって 失いたくない… 長い苦しみは 心の奥にある想いのかけら 探す旅だって 気づき始めているの  出逢ったときに 感じていたの あなたはきっと他の人と違う わたしを変えてくれる人だと信じられたよ 粉雪、舞う夜に…  ah 何度目の冬だろう… 小さな変化に気づいて 抱えきれない不安で 傷をつけた もう元には戻せないね  星がひとつ消え、またひとつ消えて 夜の終わり… そして、朝を教える 切ない痛みを 繰り返したあと “ただ、そばにいたい…”結晶をみつけた 心が楽になる… もっと早くに素直になれたら 違う未来だったね  わたしには何が出来るのかな 勇気出して、扉をあけに行こう この手で…  あなたはわたしを傷つけられない 優しい笑顔と偽りの視線 気づいていたって 解っていたって 失いたくない… 長い苦しみね 星がひとつ消え、またひとつ消えて 夜の終わり… そして、朝を教える 切ない痛みを 繰り返したあと “ただ、そばにいたい…”結晶をみつけた 心が楽になる… もっと早くに素直になれたら 違う未来だったね
one drop栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実想い ほどけてゆくよ あなたに反応するの この心 もっと遠くまでいけるのね …やっとたどり着いた  運命のすれ違い 結ばれることのない物語 見返りは求めないでいたの 時の中で 未来が変わり始めてる…  あなたの瞳 信じてゆこう すべては今日のためにあったの 罪を背負って 先へ進むよ もう迷わない はなさないで… 熱い涙 こぼれた  ずっと触れないでいたバランス 壊れていくね いつだって ささえられていた 友達がくれた言葉たちに  深い傷、与え合う でもそれが真実の証なの 選ぶのはあなただけと決めた 痛みを抱きしめて 優しさを捨てよう  あなたの背中 いつも見ていた 振り向くことがないと知っても 追いかけずにはいられなかった 自分に嘘をつくのは もうやめたよ …これでいいの
stage栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実夕陽を背中にして ひとりの影が歩く 歩道橋をのぼりきって 顔をあげてみるの 目のまえに見える このビルも いつか 誰かが作った夢の光  雲がオレンジ色にとけて 染まっていくよ 涙なんて無視しないと 飲み込まれそうなの わかってほしくて 試した罰だね 信じる気持ちも なくしてしまった  消えない経験 静かに痛み、叫ぶの 忘れたはずの my bad memories 人はね、記憶で息をしているの 振りきる勇気を 手にいれたら さぁ 次のstageへ…  自分が思う自分、違っていたと知った まだ残り時間はあるよ 走ったらいけそう 躊躇いを捨てて、やり直さなくちゃ 呼吸を戻して… 明日が待ってる  確かな運命 反対を選んだのに 導かれるの beautiful soldier 誰もが孤独に戦い続ける 生まれた瞬間始まってる それぞれのstageで…
Luminous Beat栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実君と会えるのは何度目だろう そして この次はまたあるの? どうか、今日という日を忘れないでいて 精一杯のわたしをみせるから  出逢いは不思議ね 一期一会なの となりの誰かのことも大事にしよう 準備はできたかな まっていて  とびっきりの笑顔をくれる君の心が 夢の空間の 境界線を消した 闇が深くなるほど 光は強くなるの 想い、届けよう 君がずっとそばにいてくれたら 輝けるよ☆  人は複雑な生きものだから “大好き”なのにね “きらい”だと言うの 見たくないものを 見ようとすると 知らなくていいことまで こぼれちゃう  真実はひとつ ふたつはないのに 余計なものと言葉に ドキドキするね 箱の中は ぜんぶおなじかも  矛盾した行動に 心が点滅する 本当のきもち、わからない時もある 闇が終わらなくても 光もなくならない 負けずに照らそう 君がずっとそばにいてくれたら 嬉しいのに…  君を想ったら、がんばれるの もっと、もっと 知りたいことあふれてる いっしょにいこう…  闇が終わらなくても 光もなくならない 負けずに照らそう 君のずっとそばで… とびっきりの笑顔をくれる君の心が 夢の空間の 境界線を消した 闇が深くなるほど 光は強くなるよ 想い、届けよう 君がずっとそばにいてくれたら 輝けるよ☆
虹色の永遠栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実初めて会った 眩しい夏 まっすぐ前をみることも出来ず 太陽のような君のそばで うつむいてた なつかしい記憶  いつからだろう… こんなふうに 本当の笑顔交わすようになったのは あの日 出逢った小さな奇跡 雨上がりには 虹がみえたよ  永遠なんてないけれど いつか今をふりかえる日まで 10年後も、20年後も… その先もいられたらいいね ずっといっしょに…  季節が変わる時のなかで 風の手紙が わたしへ届くよ がんばっている君のことを知るたびにね 嬉しくなるよ  無理していない? 大丈夫かな… 何かあったら すぐに会いにいくから 悩んでるなら 話してみて 孤独な星を 守ってあげる…  夢の道 進んでいこう 辛いこともある それでも諦めず つらぬいていこう きっと 同じ場所でまた会えるでしょう  わたしの中で 輝くよ 夢の光、君がくれたから 前を向き、ただ生きていきたい この空は 君の想い出と 永遠になる…
Beautiful Blaze栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実きっかけは もう覚えてはいない いつからか それだけを見ていた そっと眼を閉じて、心を研ぎすませる 始まりの音が響いていた  ギリギリな感じがイイ 最期まで結末はわからないでしょう だから、今を生きたい あふれ出した想い 果てまで…  負けたくないと思うのなら 誰より好きになれ 視界に入らない敵たち 身を潜め、待機中 冷えきった胸の奥にある 激しい炎が煌めくよ どんな勝ちかたで臨むの? 燃えて、美しく もっとsmartに…  どの道を進んでも あることね 辛いこと 避けたくなるけれど 逃げないで向き合ってみて、勇気だして 強い君になれ 光のように…  体温が上昇して 全身を貫くの 追及に限界はない 今を超えたい この力はどこまでいける?  自分に誇りをもてるのは 自分しかいないから 世界でただひとりの君が 生きた証拠を点せ つまらない後悔をしない そのためにできることは何…? どんな勝ちかたを望むの? 燃えて、しなやかに 消えるまで…
planet earth栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実窓の外は プラネタリウムなの 幼い頃 絵本でみつめてた 星座の形 ほんとうにあったのね 遠い昔へ 吸い込まれそう…  眠る宇宙に 細い線を描き 時計、戻す 空白の過去へと 反対側で輝き続けていた 数えきれない命の光が 小さく揺れている  蒼い、蒼い惑星に 限りある時間を与えられて 今日も呼吸をする 終わりを知りながら 独りに還る日まで 君を 守って生きてゆく ずっと…  夜をこえて 太陽に追いついた やがて 青と緑、広がってく すべてなくした 白い砂漠の果てに 夢にみていた泉があったの… 水色は真実  青い、蒼い空は 海よりも繋がっているのね 何も阻むものはないのに 哀しみの 涙の雨が止まらないよ 希望の傘はある  ねぇ もう一度、 生まれ変わったとしても 君に出逢いたい いつの日も 君だけを愛してる…
STRAIGHT JET栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介眩しい風のなかで描くよ 君の笑顔 素直になれる瞬間  小さなことで揺れる 弱い自分が悔しい 泣きたいときだって 上を向いて  わたしだけにできることがあるの あきらめないよ 君を守り続ける  とまらないスピードで 想いがあふれていく 負けたくはない 誰よりも輝いていたい 星がみえない日も光はある きっと 信じること… 願い、未来へ あの空で逢えるから  すれ違いのせつなさ 涙で胸が痛い 明日になれば消えるの…?  次のステージのために 強い自分をつくろう 失うものもある それでもいい  うつむいてばかりじゃ つかめないよ 一度しかないチャンス 見逃さないで  まっすぐな瞳で 世界を照らしていこう 初めて知った ひとりでは何もできないね 月に語りかけた夢の先へ ずっと 終わらないの… 祈り、届いて あの雲を突き抜けて  そう Don't be afraid 迷わず、思いきり飛べばいい だいじょうぶ☆ Please tell me いつでも もっと話をして I believe you 孤独な夜もこえていける となりに君がいてくれる それだけで…  とまらないスピードで 想いがあふれていく 負けたくはない 誰よりも輝いていたい 星がみえない日も光はある きっと 信じること… 願い、未来へ あの空で逢えるから  あの空で逢えるから…
mind touch栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実たとえば もう一度君に会えたなら おそれずに きっと向き合えるでしょう こわかっただけ 弱さを知ることが  変わらない過去に 囚われたままで 今でも迷うの… 眠らない傷ね わたしはこれで正しかったの…?  涙がこぼれおちたあの日 ただ頷いてほしかったよ ひとこと「そうだね」って 言ってほしかった…  “逢いたい 逢いたい 君の心に…”わからないまま 過ぎていた 届かなかった想い どこへ消えてゆくの…? 壊して、信じて… 繋いだ時間 止めてしまっていた未来 少しだけ、急ぎましょう 導かれたあの場所へ わたしを呼んでいるの…  通い合えるひと どれくらいいるの…? これから自分で 求めていかなきゃ 手渡してゆこう 真実の種  胸に響いた言葉たちが 何度も蘇り、刻んだ 目覚めて、見えた世界 今日を忘れない…  永遠の暗闇へ引き戻す いくつかの傷跡だって 百年後には すべて尽き果てているから 一瞬の夜に負けないでいて 償いは生きてゆくこと その笑顔 抱きしめて 星がみえるあの空へ わたしが連れてゆくよ…  だいじな、だいじな夢のかけらを 花束にして贈りましょう 君の記憶が 今も勇気をくれるから  “逢いたい 逢いたい 君の心に…”わからないまま 過ぎていた 届かなかった想い どこへ消えてゆくの…? 壊して、信じて… 繋いだ時間 止めてしまっていた未来 少しだけ、急ぎましょう 導かれたあの場所へ わたしを呼んでいるの…
spring chime栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実新しい風を いっぱい吸い込んで深呼吸した 遠くからきこえるチャイム 始まりを予感させるの  たった一歩を 踏み出せたら 景色ごと 変わるから  この坂道 のぼる途中 あなたに会えたらいいのにな… 雪のように桜が降る わたしまた 幻をみていた 時の中で…  あの人の背中みつめて 追いかけた 遠い夏の日 憧れは生きつづけてる… 迷わずに進むと決めた  光眩しく 次へ誘う 忘れもの もう、ないよ  すれ違いも嘘も恋も 花びらと紛れて とけてく いつか夢を 叶えるから 繋がった空をみて 祈っていてね きっと…  この坂道 のぼる途中 あなたに会えたらいいのにな… 雪のように桜が降る わたしまた 幻をみていた 時の中で…
CHANGE THE FUTURE栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あなたと出逢うため 長い道、旅してた 広がる… 果てしない世界  みつけた瞬間に響いたよ 初めての感じ 不思議… ちょっと期待してる☆  ずっとそばにいて… あなたがくれた優しさが パワーになって、あふれてゆく  迷わずに越えてゆこう 奇跡は起こすもの ねぇ 始まるの 新しい夢生まれてく その勇気で変えられるよ どんな未来だって… 今、重なるよ 負けないで、もっと信じて…  がんばりすぎちゃって 空回りするばかり… 悔しい うまくいかないね  それでも、出来ることやめないで続けよう チャンス、いつかきっと訪れるの  ずっと見ていてね… あなたの笑顔あるだけで 強くなれるよ 昨日よりも  立ち止まり、悩んでも 諦めたりしない そう 選ぶのはあなたの意思 つかまなきゃ その想いは星になって 私を導くの 今、ひとつだね 一緒なら、もっと行けるよ…  忘れない… 大切な想い出抱きしめて さぁ 待っている あなたの宇宙、駆け抜けて…  迷わずに越えてゆこう 奇跡は起こすもの ねぇ 始まるの 新しい夢生まれてく その勇気で変えられるよ どんな未来だって… 今、重なるよ 負けないで、もっと信じて…
あんりあるパラダイス栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実今日の運勢は 誰が決めてるの? みえない神様 サイコロを投げるよ 変わらない朝と思っていたって 嘘みたいなことが すぐそこにあるの  何故か気になる、気にしてる 始まっちゃうのね ひき返せない 恋は体力気力なの 負けない!  キミが彼女を好きで 彼女は誰を想う? 無限の視線が交差点でキラキラ☆ 笑顔眩しくて 消えてしまいそう トキめきに理由はいらないでしょ このキモチ隠しきれない  今日の運命はキミ次第なんて そんな簡単にいかないことばかり 空をみあげれば妄想ラクガキ 夢みたいなことも現実にしようよ  いつも気にして、知っていて 求めてばかりじゃ 息がきれちゃう 愛は確かな守備力ね 守るよ!  キミと彼女の未来 繋がっているのかな 無限のルートが からみあってドキドキ☆ どんな自分にもなれる 信じるの コトバよりも もっと触れてみてよ その胸に光ってるリアル  キミと彼女の未来 繋がっているのかな 無限のルートが からみあってドキドキ☆ キミが彼女を好きで 彼女は誰を想う? 無限の視線が交差点でキラキラ☆ 笑顔眩しくて 消えてしまいそう トキめきに理由はいらないでしょ このキモチ隠しきれない その胸に光ってるリアル
静寂の腕輪栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実楽しそうに笑った君の笑顔思うたび 描いた願いごと 星になってきらめく  鏡の向こう側 自分なのに触れない 心だけここに… そっと、そっと揺れているの  「何のため…?」なんて考えずに 迷いを消して、前を向いて進むしかないから  わたしはまた私を探す 果てしない未来を知りたい どんなときも君のとなりにいられたら… とても幸せなのにね  変わってゆくことに慣れたくない 悲しくて… 涙一雫 きっと、きっと平気だから  小さなケンカして 今日もうまく話せなかった そっぽ向いて、想い閉じ込めたの  静かに咲く光、輝く 優しさに胸が痛くなる おなじ腕輪、見つめてみたら 音のないメッセージ聴こえてくる  わたしはまた私を探す 果てしない未来を知りたい どんなときも君のとなりにいられたら… 幸せなのに まだ何も言えないまま、過ぎてく…
earth trip栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実今日はどこへいくの…? 自由な風が吹いたら 森の魂たち 歌うメロディ 護ってくれるの  さぁ歩き出そう 君となら恐くないよ すこしの間、想い出とさよなら スタートする瞬間、今しかない  空は地図を映してる 果てしなく広がる大陸の続き きっと近道あるけど… 自分だけの道を探すのもいいんじゃない? 旅立とう  希望、なくした日は 冷たい地面、見つめて 闇と哀しみだけ、降り続けた 静寂の中で…  ねぇ、まだ知らない誰かとの 出逢いもある 君と重ねる新しい虹色で 歪んだ世界を、変えてゆける…  思うまま進んでみよう 一緒に描きたい その夢の続き 壊すことを恐れずに 失っても、また生まれるの… 前をみて! 迷っても  深く傷つき、躓いたって そう、やり直せる 何度だって…  空は地図を映してる 果てしなく広がる大陸の続き きっと近道あるけど… 自分だけの道を捜すのもいいんじゃない? 旅立とう
pregare栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実柔らかく 射し込む光に包まれて 穏やかな風が通るたび、樹々が揺れるの  心は見えない…なのに、痛くて 壊れそうなの その言葉で  永遠に気づかれることのないこの場所は 繰り返し、時を刻むものは何もなくて  夜には 隙間に星が瞬き 星座たち見え隠れする 数えきれない…  その笑顔、変わらないでいて そばで想い続けてる… あなたには届くことはないの それでも、ずっと祈りは響いている 細い月が照らす  あのときに選んだ願い 空の彼方へと… 真っ白な羽根がとけていくよ もう見えない  出逢えただけで幸せなのにね 深い泉に落ちてゆく… 涙の雫  どれだけの悲しみを抱え 生きていけば いいのだろう 許すこと 何よりも大事と 教えてくれたあなたに いつか会える…? 声に、触れたかった…  その笑顔、変わらないでいて そばで想い続けてる… あなたには届くことはないの それでも、ずっと祈りは響いている 細い月が照らす
KATAOMOIexigeexige栗林みな実栗林みな実忘れた頃にメールしてくる 嬉しい… でもね、どうしよう 会えるだけでいい 勇気を出して いつものparty出掛けよう  そんな瞳をして 見つめないでね 彼女のことを …キニナル(・◇・) 正直すぎるそういう性格 キライ?スキ?キライ…  心がほどけたら(ほどけたら) 泣いちゃうよ(せつなくて) 精一杯笑って そして、あなたを繋ぎとめるよ  私だけをみて… 言えないから 平気なふりをしてる ずっとそばにいて なんて思っているって きっと知っているのね  そんなふうにね 抱きしめないで ホンモノじゃない幸せ 無防備すぎるそういう優しさ スキ?キライ?スキ…  気持ち伝えたなら(伝えたら) こわれそう(大切な時間) 勝負はね これから そうね、どこかで期待してるよ  私だけじゃない わかっていても 離れられない せめて今日を忘れないで 小さな願いをこめて そっと移したperfume  あなたが大好き… 言えるように 素直な自分になる 私を選んで なんて祈っているの もうすぐ夜が終わるね  私だけをみて… 言えないから 平気なふりをしてる ずっとそばにいて なんて思っているって きっと知っているのね
CC♪4U-ちよれんちゃんねるの歌 featuring m.c.マヨワイルド三人娘ワイルド三人娘栗林みな実金井江右YOYOYO OK everybody!! Let's move it on!! ちよれんちゃんねる  日曜日はちよれんちゃんねる♪ むかえに行く 君のもとへ 夢の時間 過ごしましょう ドキドキおしゃべり30分  (シェイクヘッド・アフロヘッド・最狂広報ジョイまっくす! 萌萌歌姫・みな実ちゃん マヨちゃん登場マヨレーザー!!)  初めての 放送は 100キロで飛ばして聴いた 止まらない(get down)スピードで(shake down) 電波届かない場所まで…  必殺技マヨちゃんマヨビーム(マヨビーム!!) 見た感じ嬉しそうなの 制服のアフロっ娘 最狂広報(go go goちよれんちゃんねる)  夜更かししてちよれんちゃんねる♪(what's up) マヨちゃん ねぇ占いして(ヌヌヌヌヌヌヌッ) なごみ糸のジョイとみな実(go let it on) 感覚人類 絶好調(yeah) 日曜日はちよれんちゃんねる♪(sunday) むかえにいく 君のもとへ 夢の時間 過ごしましょう(all that) おかしなパワーでヒーリング  (ジョイまっくす最高! ちよれんちゃんねる yeah)  人見知り なおらない きっとそのままね 永遠 ものまねと(go)リコーダー(go go) 毎日レッスンしてるの  お便りメールいつもありがとう(サンキュ・でしゅ) P.Nステキすぎです 採用はキマリだね 不思議なあなたね(go go yeahちよれんちゃんねる)  ミラクルクルちよれんちゃんねる♪(cool cool) マヨちゃん ねぇあきれないで(OKでしゅ) テレパシーでジョイとみな実(too-to-too-too) 雑音電波でコンバンハ(Hi) 日曜日はちよれんちゃんねる♪(sunday) むかえにいく 君のもとへ 夢の時間 過ごしましょう(all that) CMあけたら エンディング  編集毎週朝までコース 調整合成SUPER TECHNIQUE そんなバカやろジョイまっくすのくされRAPを要CHECK IT!  ガキのころから夢だったスーパーDJジョイまっくす 今度はラップに挑戦だ! SO! そーだぜイケてるぜ! ジョイ&みな実のマジックボーション おたささマヨちゃんカモンカモン!  呼ばれないでも いるっての こちとら編集大変DA!  聴いたらみんな止まらない 現実忘れてコレきこう くるくるミラクルバペッピフッ ラップラップアップップ みな実のまき舌(ルルル~)みんなも一緒に(ルルル~) レッツゴーゴーイェー! ちよれんちゃんねるサイコーベイベー!!  また来週ちよれんちゃんねる♪ さびしいけどお別れだね 一週間さよならでも 次も笑顔で会いたいな 日曜日はちよれんちゃんねる♪ むかえにいく 君のもとへ 夢の時間 過ごしましょう ドキドキおしゃべり30分  Thank you everybody ALL Listener WE AREちよれん YOU AREちよれん LOVE & PEACE  ちよれんちゃんねる
ノンストップ♪ワイルド三人娘ワイルド三人娘ワイルド三人娘栗林みな実栗林みな実キラキラと電波飛ぶ ドキドキが止まらない夜ね ついてきて ついてきて わたしたちここにいるよ  感覚を光らせて おもしろおかしいトーク(なのかな) 男の子多いけど娘なの 気にしない 気にしない(気にしない)  遠く離れていても伝わるね 気持ち感じてるの テレパシー テレパシー ホントだよ  ピカピカがまぶしいね 楽しいな 一緒に歌おう 笑っちゃう 笑っちゃう 宇宙まできこえるかも  平和なのいちばんよ みんなと仲良くしよう(そうだね) 好きなこと探したら 笑顔だけあふれてく ステキね(ステキね)  金と銀にきらめく星が ほら♪わたしたちを呼ぶの シンパシー シンパシー おなじだね  サクサクとまっすぐに 信じてる夢は叶うはず 流れ星 見つけたら 早口で願いごとね  遠く離れていても伝わるね 気持ち感じてるの テレパシー テレパシー ホントだよ ピカピカがまぶしいね 楽しいな 一緒に歌おう 笑っちゃう 笑っちゃう 宇宙まできこえるかも キラキラと電波飛ぶ ドキドキが止まらない夜ね ついてきて ついてきて わたしたちここにいるよ
Miracle Fly栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介奇跡はいつでもそばにある 輝きたいよ 未来へ…  生まれたての孤独のかけらが 閉じ込めた… 明日への出口  あなたの中 騒めくノイズは 馴れ合いの束縛 …動けない  苦しみが散らばる世界 探して… 失い、また求めて 辿って わたしの糸を…  奇跡は必然 そっと抱いてあげる 一雫の痛みも… 灯った証が 星になる 扉をあけて… 飛べるよ!  嫌いだった 約束すること 聴こえるの“叶わないよ”と  いつのまにか壁が作られて 忘れてる…「素直」の意味さえも  躊躇いは優しさじゃない 憎しみだけなら楽になれる…? 弱さを 今、越えなさい  あなたを信じる ここで負けたくない もう振り返らないで その手を伸ばして 掴んでよ 勇気をだして… 行けるよ!  消えることない罪に ずっと守られてきたのだろう… 見えない何かに縋って 今日を生きる “諦めないで…”  奇跡は必然 そっと抱いてあげる 一雫の痛みも… 灯った証が 星になる 扉をあけて… 飛べるよ!
Little Promise栗林みな実栗林みな実栗林みな実黒須克彦終わりのこない道の途中 希望生まれたあの日 想う 光見えたのに 行ったり来たり たった一歩が 踏み出せなくて  初めて知ったの 弱い私 情けなくて 悲しくなるよ わかったつもりで意地を張っても いつも優しさをくれたのね  あなたのその温もり 冷たい心をとかすよ 素直になると 涙があふれてく 勇気出すね、ありがとう  明日、星が輝きますように… 夢を見失いそうな時も 笑顔でいてほしいから 私が守り続けるよ 風の中で promise to you…  小さな嘘に 大きな傷 “何故なの?”と理由探しても 仕方のないこときっとあるって 今は、すこしわかる気がする  受け止めきれなかった 遠い過去の物語は 時計の部屋を 繰り返し廻って やがて、強さをくれるの  「言葉」「想い」重ねてゆくこと 大人になるたび 難しくて… でも 負けずに 本当の気持ちを信じ続けてね 願い、叶う日がくる…  明日、星が輝きますように… 夢を見失いそうな時も 笑顔でいてほしいから 私が守り続けるよ 風の中で promise to you…  守り続けるよ あなただけに promise to you…
sympathizer栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介哀しみが宿った眼に 映しだす 君の motion 想いが流れてくる  求められ選択した その答えは そう fusion 痛みが導く先にある  黒い闇 迫っても 笑顔をいつもくれた 光を護る為 君と今 ひとつになれる…  追いつけないほどの力 手に入れて 風を切って貫いてゆけ 誰を信じてる…? 通じあえたなら 奇跡起こせる 何度でも 真実いつか 見えるから…  よそ見なんかしていたら 一瞬で destruction 涙じゃ救えないね  勝負は繰り返される 手を抜かず 上げて tension 諦めたら そこまでになる  見上げれば 狭い青 たとえば 飛べたのなら 邪魔するものはない 空の世界だけ 広がる…  おなじだけの強さ 持ってなくたって 覚悟きめて 突き進めばいい 何を信じてる…? 語りかける声 何故 君なのか解かった日 とけあっていた 心まで…  そしてまた、今日が始まる 上手くいかず 焦っても 希望忘れないで ずっと… 思い込みの限界と合わない鍵 もう捨てて 魂が叫ぶ… 行こう  追いつけないほどの力 手に入れて 風を切って貫いてゆけ 誰を信じてる…? 通じあえたなら 奇跡起こせる 何度でも 真実いつか 見えるから…
空のこたえ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実いつもと違う君に ねぇ、どうしたの?って きけないけど おんなじ気分  昨日よりもきっと 一歩進んだよ 見えなくても…ホントだよ  慌ただしい日々 甘え上手な君に 巻き込まれてくばかりで なんかとても複雑ね…  それは 恋心のせいです。 大好きなんです。 弾けた答えが 空から降りてくるの 強い風吹いたって 届かないけれど… 君が描く道へ ついてゆきたい  夢に出逢えたとき 教えてくれたね あの日のこと 憶えているよ  このままが続くと 思っていたけど 変わってゆく…どうしよう  わたしのことだけ 見ていてなんて…やだな ワガママな感情さえ 生まれたってほどほどに  君を好きになって幸せ… だから楽しいの まだ言えないから 空へと打ち明けるよ 強い風吹いたって 負けたりしないの 想いはもう本物だよ 気づいて…  涙、何故とまらなくなっちゃうの…?  それは 恋心のせいです。 大好きなんです。 弾けた答えが 空から降りてくるの 強い風吹いたって 届かないけれど… 君が描く道へ ついてゆきたい
かがやく時空(とき)が消えぬ間に栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明楽しい時間は過ぎていくのが とてもはやいと 教えてくれたのは 夕焼けと星 かさなりあう 遠くに広がる空  この気持ちはどこからくるの…? 胸の奥からあふれていく すこし痛くて、優しくなる 今、伝えたい あなただけに…  キラキラしてる想い出たちは わたしの大事な宝物 終わらなければいいのに…ずっと 願うことさえ初めてなの 答え合わせはしなかったけど おなじことを感じていると 信じていたくて… “さよなら”なんて 言わないで だから “またね”って微笑んだ  深く、悲しく、大きな海は あなたの心みたいに思えた 波打つたびに ちがう青を描き続けているの  この切なさはどこへいくの…? 届かない想いがあること 知らなかったの わたし何も… それでいいんだと あなたの声  ふたりの夢が叶うように 世界のどこかでそっと 祈ってる…  キラキラしてる想い出たちは わたしの大事な宝物 終わらなければいいのに…ずっと 願うことさえ初めてなの 答え合わせはしなかったけど おなじことを感じていると 信じていたくて… “さよなら”なんて 言わないで だから “またね”って微笑んだ  その笑顔 忘れない
Heart All Green栗林みな実栗林みな実栗林みな実齋藤真也憧れが夢に変わったとき聴こえた 切なさが心の扉 そっとノックしたの 見ていて…  突き抜けそうなほどの まっすぐな視線に寂しさを秘めて それでも笑顔で…  ドキドキしながらね 飾らないあなたを護ることで私 そう守られているの  何度もくじけて泣いて 悔しさ 繰り返して 涙が空に散ったら きっと出逢える… まだ知らない強いあなたに  負けないよ 信じる想いが力になる どんな時でも 自分らしくいこう 憧れが夢に変わったとき聴こえた 切なさが心の扉 そっとノックしたの 見ていて…  花ひらくチャンスは誰にでもあるけど そのタイミングは おなじじゃないから  好きなこといっぱい 決められないときは 焦らなくてもいい ね、試してみようよ  いちばん大事なものが あなたの答えになる 自然に導かれてく 真実の道 ピンときたら 強く願うの  今ここにわたしがいることを感じたい 生まれた蕾 光、抱きしめて… 大好きな気持ち注いだら 育ってく いつか咲く日が訪れる 準備はできてるよ☆ 未来へ…  負けないよ 信じる想いが力になる どんな時でも 自分らしくいこう 憧れが夢に変わったとき聴こえた 切なさが心の扉 そっとノックしたら 始まる…
dream link栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実そばにいない君と 通じ合える不思議 求めるその前に 言葉届くよ 寄り添っているのに 遠いこともあるね 逸れた瞬間 気がつかずに過ぎてく…  目に見えない力に 今日も引き寄せられ 弱さに阻まれたって 進めるよ  この想いの行き先は わたしだけが知ってる そう 消えることのない 秘密の灯火も 君が選ばない時も 未来は変わっていく もう振り向かないで… わかるはず 示された道ひとつだけね 彼方へ…  夢の中の君は いつも泣いていたよ 風ゆれる草原 星を迎える 白い花の指輪 作って渡したの どうしたら微笑んでくれたの?教えて…  誰かの願いごとが 今日も空へ飛んだ 出逢い繰り返し いつか繋がるよ…  銀色に咲いた月の光 映す鏡は そう 絶えることのない深い碧の泉 愛でできているものが 世界に触れるたびに 広がってくリング 綺麗だね どこまで続くの… 心と一緒ね  ここにある夢の意味に やっとたどり着いたよ 本当の自分を 二度とはなさないで…  この想いの行き先は わたしだけが知ってる そう 消えることのない 秘密の灯火も 君が選ばない時も 未来は変わっていく もう振り向かないで… わかるはず 示された道ひとつだけね 彼方へ…
wonderful worker栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実嫌なことあっても くじけないで続けてる “このままでいいのかな…” −感情+にね  できること探して 迷路をさまよってても いつも笑顔たやさない そんなあなたが好き  知らないところで誰かが 今日もあなたを助けてくれる  働くあなたって輝いてる キラキラしているの 働くあなたってとってもステキ みんなにパワー振りまくの  悔しさあふれても 大人は涙NG でも大人ってどこにいるの…? いないのかな。  悪くなくても「ごめんなさい」 きっと神様 見ててくれるよ!  戦うあなたって 頼りになる 勝てるよ その勝負 戦うあなたって 綺麗すぎる みんながエナジー感じてる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
海から始まる物語栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実目の前に広がる海 波の音符 気まぐれに踊る  道ばたに咲くひまわり 嬉しそうに太陽を見てた  頬をなでる風が熱い 幼い頃の夏、蘇る 追いかけていた… 遊ぶ鳥たち  あなたに遇えるように 静かに祈った ここで出逢えたこと ふたりの秘密ね  ずっとはなさないで…  ひとつずつ数えてみる 白い雲は空の旅人ね  いつも砂に描いていた 切ない響きあなたの名前 波が一緒に 連れていっても…  となりで微笑んだ 大好きな瞳 物語はじまる ふたりの言葉で  そっと抱いていてね…  初めての想いに リボンを結んで 大切に育てる ふたりのテンポで
eternity栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実ふたり遠い空の 雲を見送ると あの日とおなじ風 通り過ぎた  心に生まれた 小さな種は まだ目覚めたばかり あなたに届けたいの 美しく咲かせたら…  もう離れたりしない あなたを守るために わたしはいつもここに 笑顔でいるから ずっとそばにいて…  求めすぎたときに こぼれてしまうね 涙にとけてゆく 想いの粒  あなたのこたえは わたしの中にある 信じることが 絆をくれたの 今 誰よりも強くなる  抱きしめたこの気持ち いつか愛になっても 出逢うたびに何度も あなたに恋する  傷ついた夜 越えて 願いが育ってゆく 哀しみは希望へと 輝き始める  もう離れたりしない あなたを守るために わたしはいつもここに 笑顔でいるから ずっとそばにいて…
divergence栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あの星が消えるその前に 新しい世界へと… 全身が波打つみたいに 命の水あふれてく  あなたといる時間(とき)がいちばん幸せで いつから永遠を求めてた? 私…  変わらない明日なら もういらない 張り裂けそうな想いは風さえ感じなくて 暗闇に支配されていくように 私の心の中 あなただけだった  遠い宇宙(そら) 銀の光たち すこしずつ傾いて 限りある時を教えるの 欲しい言葉 ひとつだけ…  あなたへの痛みは絡まる細い糸 信じる勇気があれば解けるのに  変わってく… 始まってしまったから 昨日の私たちに戻ることはできない 願い事 ふたりで繋ぐ未来へ あなたの腕の中で こたえをください  変わらない明日なら もういらない 張り裂けそうな想いは風さえ感じなくて 暗闇に支配されていくように 私の心の中 あなただけだった  あなただけだった…
unripe hero栗林みな実栗林みな実栗林みな実齋藤真也傷より痛い場所が もっと奥にあるって 感じて知った 冷たい夜… 何が真実なのか 解らなくなっている 嘘で塗りかためられた世界で  君を守りたかった 歪みと愛が重なった瞬間に 追い詰められていった悲しみ 風が抱きしめた…  あの空に響き続ける 君の孤独な声を忘れないよ 祈りが とけていくね… 雪のように消える 生きる意味を探しながら 今日も速度を上げて まだHERO なれなくても きっと…  もうギリギリの場所を 彷徨っているのにね 弱さが見え隠れしている 躊躇ってる場合じゃない 答えはひとつだから 朝の光 纏うこの世界で  優しさだけが眠る記憶の果てに 誰の笑顔 浮かべた…? すこしずつ薄れゆく想い出 すべて脱ぎ捨てて…  新しい炎が生まれる 絶望しか無くても 諦めない 最後まで誇らしく 胸張っていたい 君にしか出来ないことが 必ず見つかるから 目をそらさず 明日のために行こう
Still I love you…(surface ver.)栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実不安の片隅で きっと気づいてた こんな日が来ること 約束欲しがってたのは いつも私のほうだったから  曇ることない心で信じたかった 澄きとおった雪のように…  あなたの笑顔、涙を… すべてを愛した日々が 今 この手をはなれて もう二度と触れられない 切なさ繋いだリングに願いをたくしたの 静かに幸せを守らせてね Still I love you…  一緒に同じものを見て 昨日まで過ごしていたのにね 不思議ね… 遠い夢みたい 痛みだけが教える現実  終わりを告げる音が弾けた瞬間 秋の風が通りすぎた…  あなたの声も仕草も すべてが愛しくて 想いの湖、落ちたよ… 底のない深い場所へ 世界を隔てた水面 突き抜けて行かなきゃ 大事な宝物忘れないから forever…  忘れないでね forever…
桜時計栗林みな実栗林みな実栗林みな実齋藤真也この花が咲くのは きっと 遠くない未来 一歩ずつ… 私を飾る希望 みつける  その心には もう届かない ずっと昔に気がついていた だけど…  こんなに近くにいたのにね いつの日からすれ違っていた…? かすり傷を重ねながら 悲しくても隣にいたら あなたを支えられる光になれるような気がして 離れられなかった 夏の終わり…  解りあえなくても きっと それでよかったね ひとつずつ並べて 選び、育てたかった  小さな蕾 秒針のように 時を教えて 焦らずに咲き、今日も…  青空を背にして揺れてる 花びらは輝きにあふれて 私たちの記憶になる… 誇らしい自分を生きたら 今が過去に変わった頃には 忘れられる感情 涙の色さえも 儚い夢…  通り過ぎる風に散りゆく 花びらは輝きにあふれて 私たちの記憶になる… 悲しくても隣にいたら あなたを支えられる光になれるような気がして その手を離せなかったあの日から 2度目の 春の終わり…
Love Jump栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介あのとき生まれたの 私の想い そっとあげる 信じていて...  出逢った日から 初めての気持ち 巡ってる ホントの笑顔 ほしいなんて  あなたが教えてくれた空を 抱きしめて 夢をみる 遠いけれど...  あたたかい光のかけら 傷ついた羽根に 命をくれたの  触れたとき生まれた 強い私のそばに 守られたいわたしが眠っていたの そう 運命変えられるね ふたりの恋 目覚めさせて...  繋いだ手から 温度が伝わる とけていく... 凍えていた願いごと  あなたの話 聴かせてくれる...? 気づいたの 過去からの孤独な星  行き先をみせない闇も 優しい力で きっとね、負けない  だいじな約束が 強さをくれた いつか飛び出したい 雲よりも向こう側へ ah...もっと近づきたい 心が今 息をしてる...  長いこの道 歩いてる途中 やっと会えたの その瞳に ふたりだけの時間 嬉しいから ゆっくりといこうね  触れたとき生まれた 強い私のそばに 守られたいわたしが眠っていたの そう 運命変えられるね 心が今 息をしてる... ふたりの恋 目覚めさせて
sweet passion栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介心の奥に秘めた 小さな痛み なんて呼べばいい…?  気づいた日はこわかった 変わっていくことが… 世界中でただひとり あなたのそばにいたい  会いたさがあふれてく もう止まらない… わたしだけ見ていて欲しいと 静かに願う 曖昧な優しさに 溺れていくの 散らばった感情あつめて 束ねていた そっと…  抱えきれない罪に 理由重ねてきたの 許して…  その瞳に映るたび わたしは脆くなる 世界中であなたしか ダメなの どうしてかな…  “愛してる”の言葉は ゆるい鎖ね 簡単にほどけてしまうの 強い想いで… そしてまた囁いた 切ない声が かからない鍵をかけさせる 届かないよ 今日も…
Next Season栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介空の色のすべてを未来で見せるね わたしがあなたを連れてゆくから…  過去の扉あけると はじめて気づく景色があるの すれ違いの優しさ 不器用な風に消えてゆく  あの日手を繋ぎ 永遠、誓ったとき 輝いていた星座は 今でも…  記憶の波 切なく奏でているけど わたしは何度も生まれ変われる 巡りあえた季節を もう一度信じたい ふたりで今 越えたい…  満ちては引く… 暗闇の海を今日も漂う それは癒えない傷、降らせた涙ね 想い 走りだす  誰も入れない 哀しみ眠る部屋に ひかり灯せる強さがほしいよ  空の色のすべてを未来で見せるね わたしがあなたを連れてゆくから… 重なりあう奇跡 そう ずっとここにある たどり着いた“始まり”  白い霧が続いて 迷ったとしても かならず行けるよ 虹の彼方へ  記憶の波 切なく奏でているけど わたしは何度も生まれ変われる 巡りあえた季節を もう一度信じたい ふたりで今 越えたい…
winter fairy栗林みな実栗林みな実栗林みな実菊田大介早足で流れている 見慣れてるこの街 ツリーの光と白い結晶たち 小さな空にとけた  さっきから 何度目かな 冬の歌を口ずさんでる 覚えたてのリズム 足跡になる  好きなこと求めながら 瞳、輝かせて 飛び出してく君のこと 見守ってる クルクルと変わる世界 戸惑いも愛情 予想できないこと いつのまにか待ってた  降り続ける雪みたい… 透明な心に おいていかれそうで うまく話せなくて だけど優しい笑顔  触れられない君の羽根が 何色なのか知りたかった 空白でも正しい 答えがあるね  誰より好きだってこと いつか伝えられる? 言葉を探したくなる そんな気持ち キラキラと巡る世界 君と出逢えたこと 最高の幸せ 気づかせてくれたね
永遠の夏野川さくら野川さくら栗林みな実栗林みな実夏の香りが私をつつんで あなたの声が波と重なった  太陽の輪郭 眩しくてみえない 瞳をとじてても 光が届いた  世界と私の境界線が消える 不思議な瞬間 この熱にとけても想いは生まれていく 永遠の“好き”  風の行き先 たどっていったら 向日葵のような笑顔に逢えるの  傷ついた心に 小さな愛の種 あふれるほどくれた “一緒に、いようね”  水平線の彼方から なまえ響く いつもの呼びかた そっと眠っているふりをして 駆け寄ってくるあなたを待つの  夏空の下 突然触れた唇 時が止まったの あなたの魔法で何にでもなれる ずっとみていてね 世界と私の境界線が消える 不思議な瞬間 この熱にとけても想いは生まれていく 永遠の“好き”
immature栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明変わり映えのない今日という日を 空回りな部屋 生きている 君からの想い持て余してた 季節の入り口で  ホントの幸せの場所へ… あてもなく考えたって 辿り着けるわけがないのに 繰り返して、問いかけていた  こんなふうにかわいた空見つめると 隠した感情とけてく 飛行機雲は先を目指して 未来への道をまっすぐに描くよ 思わず右手を伸ばした…  もう忘れたかな あの夕日を 冷たい左手 繋いでた 君とのあいだに隙間を作る 憧れと現実  不器用な言葉が 何度もかすり傷、残していった だけど 終わりのとき 好きだと言ってほしくて、わざと俯く  この心はどこへ行くの…? 飾らない瞳 胸を痛くさせる 壊したのは君の為だと下手な言いわけ きっと見透かされていた 今も離れない 泣き顔…  こんなふうにかわいた空見つめると 隠した感情とけてく 飛行機雲は先を目指して 未来への道をまっすぐに描いた 遠くに消えても行けるよ 今なら 自分の光で…
United Force栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実熱い願い繋がるとき その優しさを信じられるよ そう君に出逢えたから 誰よりも強くなれる…  初めての感覚 胸の奥に静かな情熱生まれる 限りない条件揃えるより動きだそう プライドを捨てて  それは自分の意志でも 運命の悪戯でも重なる答え もう迷わない…  居場所なんて何処にもない 探し求めた日々は彼方へ この手で護りたくて 満ちあふれてく力 想いがひとつになる…  風と紛れていた君の声が 今も心で響いてる 真っ直ぐな視線に 哀しみの雫が光るよ 未来目指して…  壊れそうになった夜 星が降る空の下で 笑顔だけが僕を照らしてた  熱い願い繋がるとき その優しさを信じられるよ そう君に出逢えたから 希望が輝きだす 今日より強くなれる…  居場所なんて何処にもない 探し求めた日々は彼方へ この手で護りたくて 満ちていく力 熱い願い繋がるとき その優しさを信じられるよ そう君に出逢えたから 希望が輝きだす 今日より強くなれる…
栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実触れた小指に気づいて 弱い温もり、求めてくる 繋ぎかえすと 微笑み、再び深い夢の中へ  希望が見えなくなって 消えてしまいそうな時 白い羽の天使 降りてきた  何があっても守りぬく まっすぐ見つめる瞳に 私のすべてでこたえたい あなたに出逢えた奇跡が 今 輝いている  あなたに逢えた夏の日 世界がぜんぶ 味方だった 木々の緑と青空 やわらかい風 遠くの海  無限に生きる人々 その中で私たちを 選んでくれたこと 誇りだよ  いつも私が守ってると 思っていたけど 本当はあなたに守られ、生きていた 明日はどんな日になるのかな あたたかい手を はなさない  何があっても守りぬく まっすぐ見つめる瞳に 私のすべてでこたえたい あなたに出逢えた奇跡を 今 胸いっぱいに抱きしめた
アプローチ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実点滅の横断歩道 小走りで渡っちゃうあなたと 立ち止まり 空を見るわたしは グループが違う人  お互いが大切にしてること わからない時だって…  悲しいと嘆くよりも 重なり合った偶然 喜べたら 近づけるね どんなに厚い壁でも きっと壊していけるよ 諦めないでいこう  伝えたいことがある日は 不安だけ大きくなっちゃうね ゆっくりと深呼吸をしたら 大丈夫、うまくいく  タイミングつかんだら 頑張って!強い心を持って…  話したら笑顔になる 信じているの必然 おなじだから 通じあえる わたしはここにいるから ずっと何も変わらずに 忘れないでいてね  一緒にいたい ずっと…
桜の光の中で栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実“キレイだね” 桜の光 見つめて ゆっくりと前を行くあなた 優しく呟いた  涼しい風に揺られて 花びら散る 月の夜 最後を感じた涙 そっと零れた  行き先ちがうことは 仕方のないことだって 自分に繰り返して 言いきかせてみるけれど ふたりで決めたことなのに おかしいね  あたたかい木洩れ陽だった背中が 泣いている 淋しい顔して… こんなの初めてね  悲しくなるのが嫌で 立ち止まり 逸らしたとき 傾いた月が雲に そっと隠れた  手紙をくれたことが いちばん嬉しかったよ あなたの上手な文字 何度も読み返してた 数えきれない想い出と 歩きだす  大人になったときも 桜の光見たこと あなたのうしろ姿 ずっと忘れないのかな ひとつの道がふたつになる  行き先違うことは 仕方のないことだって 自分に繰り返して 言いきかせてみるけれど 握手をしたら ふたりとも はなせない  もうすこし このままで…
boyfriend栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実このままじゃいけないと 解っているのに ここからは これ以上進めない どうしたらいいのか判らないの  ずっと見てたあなただけ 仲間と居ても ねぇ気づいて、こっちをみてお願い その笑顔が見たくて 友達のふりしてる  つきつめたい私たちのこと そばにいて もっと見つめて どんな時の私も受け止めて あなたがいてくれるなら 宝物ぜんぶ 捨てられるのにね  微妙な言葉が悩ませる 期待をして 壊したくはないから この次に会うときも いつも通りにするけど  試してみて私たちのこと 約束なんて要らないの あの日から願いはあなただけ こんな気持ちあるってこと初めて知った もう戻れないよ…  ほんの少しの勇気と潔さ 手に入れたなら きっと 何かが変わるはずなのに
硝子の小瓶栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実孤独を感じたときは 言葉が増えていく 硝子の部屋の片隅 息が出来ないほど  動きを止めた時計は 針を重ねたまま 今日も私とあなたを 静かに見つめてる  窓の外 音も無く色を変え 冬の鳥 遠くへと旅をする  自分しか愛せないあなたに この世界で愛されたかった 嘘でもいい 抱きしめてて 真実はいらない  もう何も聴こえないの 自分の声さえも 心の鏡、囚われ あなただけを映す  真っ白な吐息だけ零れてく 切なさは 降り続く雪のよう…  鼓動だけが教えてくれるの 今 私がここにいることを 嘘はやがて薄れていき 真実が生まれる  動きを止めた時計は 針を重ねたまま 今日も私とあなたを 静かに見つめてる
affection栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実生き方が変わるほどの 運命が待ってると あの頃の私 知らなかった …教えてあげたいな  夜空を照らす 街のあかりが煌めいている 宝石みたい… あなたに願い 届いて…!  何もかも捨てて あなたのその胸に飛び込むなら 今がその時 欲しいものは勝ち取らなくちゃ 私の意志で導かれてく 今日の夜も寒いね…  愛しかた 難しくて 悩む日もあったけど 素直さと ちょうどいい距離感 大事にしたいよね  風の途中で 指輪をくれたとき 目があって 笑い合ったね …あれからずっとつけてる  いつも答えを 求めなくてもいいの 見えてることがすべてじゃない 信じる気持ち 忘れないで あなたの想いここにあるから もっと強くなれるよ  何もかも捨てて あなたのその胸に飛び込むなら 今がその時 欲しいものは勝ち取らなくちゃ 私の意志で導かれてく 今日の夜も寒いね…  夢、叶えられる ふたりで…
人魚姫栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実見上げた水面の向こう ゆらゆら… 銀色の月が浮かぶ  あなたはすぐ側にいるの 言葉を交わすことさえできない  あなたの心が欲しくて 夜の海の中 泳ぎ続けてる 願い事、叶わないのに…  微笑み、見つめているだけ 祈りの旋律 声にならない  冷たく輝くナイフを波間に投げて 最後の“さよなら”  あなたの幸せをずっと あたたかい風と 唄い続けよう 遠い距離、届かなくても…  朝焼けの光をうけて すべて消えていく 永い時を越え 出逢いたい おなじ世界で…  あなたの心が欲しくて 碧い海の中 泳ぎ続けてる 願い事、叶わないのに…
ふたりきりのプラネタリウム栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実いつもの天井の広い星空で あなたと話したい 嬉しいこと 楽しいこと  心のメモ帳に いちばん優しい声で話すルール 書いてあるよ 最初の約束を…  今日もあなたといられてとても幸せだった “ありがとう” 明日もあなたが笑顔でいられますように ないしょでそっと祈ってた  誰かに作られた夢の星空は 輝く流れ星 何度だって現れるの  それでもその度に 初めて見つけたみたいに嬉しくて 「ねぇ見て」って あなたに言いたいよ  今日もあなたといられてとても幸せだった “ありがとう” 明日もあなたが笑顔でいられますように ないしょでそっと祈ってた  明日もきっと良い日だよ。
ある冬の日の午後栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実枯葉の上を歩くと 冬の声 かすれては消え 遠くなるよ  あなたがくれた コーヒー握りしめ 熱い温度が 胸に痛かった  “後悔してない?” 友達に言われたけど あなたが幸せなら それでいいと思ってたの…  あの日の午後はひとり 行くあてもなく彷徨った ずっと見ていたかった あなたのそばにいたかった もう遅いけれど…  “まだ間に合う”と 勇気を出せなくて 白いノートに 迷い並べてた  みんなに優しい性格の あなただから 気持ちを知られたなら きっと惑わせてしまうの  彼女を見つめるとき とても優しい瞳だね 嬉しそうな笑顔で あたりまえのことなのに 泣くの我慢してる  あの日の午後はひとり 行くあてもなく彷徨った ずっと見ていたかった あなたのそばに いたかったけど…  冬の街は綺麗で 余計 寂しさにおされて あなたを想う時間 増えていくばかりね 私、まだおなじ場所で…
ココロノカケゴト栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実昨日のケンカ気まずく途切れて うわの空で仕事した 怒られたけど それどころじゃない とりあえず早く片付けよう  超特急で終わらせて行くからね 待っててね  自転車でいこう 立ちこぎであなたの家まで 止まらないでいけるかな 小さなカケゴト 赤信号にぶつかったなら わたしのほうがあなたを好き  わたしの中のイジワルなワタシ 1日たったら消える 反省をして笑顔の練習 ごめんねを早く伝えたくて  その次の角 曲がったら コンビニがあるけど…  寄らないでいこう 立ちこぎであなたの家まで 止まらないでいくために 小さなカケゴト 青信号で走り抜けたら あなたのほうがわたしを好き  自転車でいこう 立ちこぎであなたの家まで 止まらないでいけるかな ココロノカケゴトしていることが 負けちゃってるよ わたしのほうがあなたを好き
fantastic arrow栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実澄み切った青の世界 昨日までは知らなかった色 終わらない夜明けの景色が いつもの場所なのに別世界に見えた  遠くでは金星が眠る 何故 こんなにも綺麗なんだろう  新しい太陽のオレンジ色と闇が交わる時 さぁ動きだそう 向かい風に負けないローブで抱きしめるよ 銀の鍵を忘れないで…  冷たくて細い指に 触れることがとても恐かった 消えそうな三日月の夜に 胸の奥刻んだ 君の名前だけを…  もう迷ってる時間はない 悲しい記憶 変えてみせるよ  君に出逢うためにこの身体で生きてきた 気づいた瞬間 光を見つけた そっと教えてくれた武器で狙いさだめて この力を解き放とう…
冬色のメロディ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実今頃誰といるのかなって こぼした溜め息がひとつ キラキラと真っ白に輝く 街の中へとけていく  難しいことじゃないよ 冷たい携帯見つめる ふつうに言えばいいのに “会いたい”って…  その瞬間鳴り出したメロディは あなたからだった 嬉しくて…嬉しくて 言葉見つからないよ ねぇ 待っていて  いつもよりも不器用な声が 風に吸い込まれないように 粉雪が舞い散る空の下 両手で受け止めていた  何も言えずに終わって 落ち込むのはよくあること だけど 今日は何故だろう 違うわたし  もう一度走り出す 駅まで戻って深呼吸 会いたくて…会いたくて 今度はかけてみよう 勇気出して…  その瞬間鳴り出したメロディが あなただったから 驚いて振り返り 言葉見つからないよ  いつの日も冬色のメロディは 幸せをくれた あなたへとわたしへと 想い届けていたの “大好き”って…
Yell!栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実霧のような雨が降り続いてる毎日 いつか晴れる… そんな希望も無くて 悲しく微笑む  落ち込んでる君の背中を 見ていたら涙がこぼれた 元気だして!  顔あげて 上を向いたら 小さなことは ぜんぶ風にとばそう 透き通る心にして 強さと自信もって ぎゅっと前をみつめ 歩きだそう  街ゆく人 楽しそうな笑顔で生きてる 自分だけが孤独だって感じたら 負けない瞳で  どんなときも 君と誰かを比べることには意味がない 変わらないで…  手を伸ばし 空をつかもう 大きな雲は いつも風と旅する ”がんばって” 繰り返して 弱さも勇気にして きっと叶えられる 走りだそう  手を伸ばし 空をつかもう 大きな雲は いつも風と旅する 顔あげて 上を向いたら 小さなことは ぜんぶ風にとばそう 透き通る心にして 強さと自信もって きっと叶えられる ぎゅっと前をみつめ 歩きだそう
Dream☆Wing栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実見つけたの dream ドキドキがとまらない 生まれたの 宝物 胸いっぱにきらめき始める どうしてこんなに不安になるのかな 抱えきれない想い 涙こぼれるけど  きっといつか辿り着けるよ つまづいたって諦めない 勇気だして前に進もう 小さな一歩踏み出せば ほらね、新しい私  いつだって smile 力をくれるでしょう 晴れの日も、雨の日も 輝いていたい 太陽みたいに もう 俯くのはやめて走りだそう 心の痛みは そう、「大好き」の証ね 忘れないであの日の気持ち 空に向かって祈っていた… 私だけの夢の翼がどこかにあるの 探し出せたなら 未来へ飛べるね その先に待ってるステージへと 私らしく行こう ずっと描き続けていたの story  きっといつか辿り着けるよ つまづいたって諦めない 勇気だして前に進もう 小さな一歩踏み出せば ほらね、新しい私
風と星に抱かれて…栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実いつの日も心にあなたがいた それだけで、きっとよかった  人はどこへ向かっていくのだろう… いばらの道 闇の途中でも 小さな光を 信じている  風は留まることなく 今日も自由に生きてる 痛みのない手錠 静かにわたしを 守っていた…  覚えてる 一途なその瞳を 忘れない 透明な声  時を選び、蕾は花ひらくの… 変わっていく あなたのとなりで 希望と憧れ 抱いていた  優しい空色の夢は いつか綿毛のように 音も立てず 遠い、届かない場所へ 飛んでいく  風は留まることなく 今日も自由に生きてる 痛みのない手錠 静かにわたしを 守っていた…  あの日一緒に見つめた 星は輝き続ける 強い願いは 今、この手を離れて 飛び立つの
Crystal Energy栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実重ねあった日び 記憶の奥へ閉じ込め 昨日と違う私が 今、 ここに立ってる 降りてきた闇は すべてを優しく抱いて 語りかけるの 守ることの 本当の意味を 無限に広がる星を 何度も見上げていた あの夜を忘れない 引き返せない…! 失うものは何もない あふれだしてくエナジー 熱く、強く、たくましく たとえ光のない 世界でも 声を感じて… あなただけ 見つけられる  日溜まりのような温もり 求めていたの いつからだろう? 認めること、とても恐くて 一瞬曇った 表情 そして、 気づいた 鋭い痛み 身体中を 突き抜けていく 迷い込んだ深い森 出口は どこにあるの? 間違いと正しさは 比べられない 出逢ったとき 運命の扉が 開いたのね 涙ふいて、 確かめる 誰にも負けないよ この想い 綺麗なままで 結晶に変わっていく  銀の月に見守られ 奏ではじめるメロディ 蒼い希望 美しく 解き放つよ 遠い未来へと 失うものは何もない あふれだしてくエナジー 熱く、強く、たくましく たとえ光のない 世界でも 声を感じて… あなただけ 見つけられる
あなたがそばにいるだけで栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実心の闇はある日突然に迫ってくるの とても迷惑 キラキラしてる眩しい虹色で グレーな雲を塗りつぶしたいよ  “どうして泣いているの?” たいした理由なんてきっと無いんだ 想いの風船が弾けた 子犬みたいに上手に甘えられたらな  カッコなんてつけなければいいのに 中途半端なわたし いやだな あなたがそばにいてくれる それだけで、それだけで幸せなのに…  複雑すぎるあなたの優しさ 理解できずに いつも落ち込む パズルのかけら バラまいたみたいね ひとつひとつを集めて合わせる  あの時逃した信号に今ごろ気づいても遅い 重い空気だけど負けない 素直になって ふたりの時間 取り戻そう  そっと指輪に触れながら言うの 仲直りができるおまじない “わがままばかりでごめんね” テンポがね、くるうほど大好きなんだ  一緒ならどこまでも行けるって 信じた瞬間を忘れない あなたがそばにいてくれる それだけで、それだけで幸せなんだ
Blue treasure栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実波の音騒めく 次の匂い教える 僕はただ空を見つめ 風が運ぶ光を仰ぐ  あの日言えなかった 言葉呟く 巡っているだけの 無限の世界  瞳の奥に秘めた真実 青い宝石が輝いている 小さく落ちた雫 波紋が静かに広がっていく 一瞬のカタチ 刻み、揺れる…  誰のため祈るの? 今日も時が過ぎていく 守りたい君の笑顔 曇らせない、ずっと永遠に…  やっと辿り着いた 優しい希望 生まれては消えてく 星へと還る  記憶の中に眠る悲しみ 透明な水の真珠に変わる 大きな愛で いつかすべてを抱きしめ 儚い想い 真っ白な砂の跡、遺すよ
I will栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明あなたに届けよう この想い今すぐに 強く抱きしめていて ずっと忘れないように  こわれていくバランス ふたりはどうなるのかな あなたは何も感じないの?  あのコもあなたのこと 見てると知っていたから 小さなことでも胸が痛んだ  このままじゃ変わらない いつまでも 臆病な私はもう終わりにして  あなたに伝えよう この気持ちまっすぐに 名前を呼ぶだけで 切なさあふれる 月明かり映して 零れた涙光る この手つかまえていて ずっと離れないように  あなたのことばかりの 日記は続いていくよ 読み返すたび 嬉しくて  ときめきも悲しみも 迷いも教えてくれた どんな思い出も宝物だよ  優しさに包まれ 守っていく ふたりが信じている 永遠のとき  あなたに届けよう この想い今すぐに もう振り向かないで 扉の向こうへ 夜空に降り続く 流れ星に祈るよ 強く抱きしめていて ずっと忘れないように  あなたの微笑みは 私の勇気になる ふたりの物語 これから始まる 輝く時間を越え 私を連れていって きっとみつけられるよ いつか夢にみた明日を
Rumbling hearts栗林みな実栗林みな実栗林みな実清水永之・飯塚昌明やわらかな風に抱かれ あなた想う心 切なくなる 丘のうえひとりきりで 季節見送っているの  青空の向こう 何がみえるのかな 勇気が欲しい 静かに祈っている  もう戻れない あなたの腕に包まれていた 優しい日々 夏の記憶かすかに残ってる 小さな花火消えない 今でも  水しぶき光浴びて 水晶みたいに ほら 輝いてる あどけない笑顔にさえ 私奪われてゆくの  指先が触れ合う その度不安なの もう少しだけ このまま抱きしめて  もう帰れない 傷付くことをためらっていた 幼い日々 胸の奥で密かに育ててた 小さな想い消せない 今では  いつか きっとすべてが 優しさになる あの日に見た七色の夢 遙か遠くの虹で出逢えるの あなたへの想い 生きてく 永遠に
HAPPY BIRTHDAY栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明小さなため息ひとつ こぼして「どうしよう」って つらそうに微笑むの そんな顔は初めてね  いつもは太陽みたい なのに今は曇った声 とりあえず笑っていよう それしか出来ないけど  元気になれるように オシャレをして出掛けよう 今日は大切な日 あなたが生まれた記念日ね  HAPPY BIRTHDAY 幸せなこと いっぱいありますように HAPPY BIRTHDAY これからも ね、ずっとこのままでいよう 歌うよ メロディー 今日はあなただけに  一緒にいると楽しい 昔から変わらないね 放課後の教室で ふたり よく話したよね  幼い頃からとても 強いあなただったから こんなふうに頼ってくれて 嬉しいよ ありがとう  熱い風が 吹きぬける 二度とこないこの夏も 一瞬で過ぎるから 忘れてしまわないように・・  HAPPY BIRTHDAY トキめくことが いっぱいありますように HAPPY BIRTHDAY これからも ね、ずっとこのままでいこう 届いて メロディー 今日はあなただけに
いっしょにいたいね栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実告白はわたしからだった 好きですと伝えたの 夕日に照らされた放課後 丘の上の樹の下で  長い、長い片思いから 一歩だけあなたへ近づく いつかあなたからの 好きがほしい その瞬間 いつも待ってる  ずっと一緒にいられたらいいね あなたの笑顔が好きだから もっと私を見つめてね ふたりの思い出をいっぱい作ろうね  初めての出来事ばかりで戸惑うの どうしよう ホントはつなぎたかった手を 振りほどいた 帰り道  あなたがくれるキスはいつも 時間だけ止まる 不思議ね 胸がドキドキして、息もできない ほら 瞳を早くとじなきゃ  ずっと一緒にいられたらいいね あなたとゆっくり歩いていく もっとあなたを知りたいの ふたりの幸せをいっぱいみつけよう
Blue tears栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明冷たい雫が身体包んでいく すべての音が遠くへ消える  泣いてる空見上げたら たったひとりだけが 浮かぶのはどうしてかな  あなたといると本当は嬉しい きっと素直になれないけど 胸の痛みに気づいてしまった 好きになっていたの あの日から…  坂道歩いていたら肩が触れた 鼓動が速くなる 隠せない  涙と一緒になって 迷いが流れてく 友達のままでいいの…  もうこれ以上優しくしないで 戸惑いながら笑顔つくる 大切なもの壊さないように 心の片隅で誓ったの  あなたといると本当は嬉しい きっと素直になれないけど 胸の痛みに気づいてしまった 好きになっていたの あの日から…
beginning栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実どんな時も手を握って そばにいてくれたね 心の中泣いてる日も 優しい笑顔くれたの  駆け足で大人になったあなたを 今度はわたしが見守っていたい  いつもあなたらしく輝いていて 泣いたり笑ったり そのままでいいの 次の季節へ今両手広げて 青く広い空 思いきり羽ばたいて  伝えたくて でも言えずに苦しかったよね ずっと胸に抱えていた 宝物がこわれてく  淋しげな瞳夕陽が映した すべてをわたしが受けとめるから  いつかあなたの夢叶えられるよ 傷つき迷っても 追いかけていくの 煌めく星たちに祈っているよ 遠く果てしなく 未来まで駆け抜けて  いつもあなたらしく輝いていて 泣いたり笑ったり そのままでいいの 次の季節へ今両手広げて 青く広い空 思いきり羽ばたいて
星空のワルツ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実別れぎわのさみしさは あの頃から変わらない また明日 会えるのに 離れたくないの そっと わたしを 抱きしめてくれる 幸せを守りたい ずっと  真夏の星座に照らされて ふたり小さく唱える ひみつの言葉 教えてあげる ね おまじないしよう  いつも歩く帰り道 繋いだ手をはなせない このままいたいけれど 時が過ぎていく 夜空に描く夢は ひとつだけ あなたの星になりたい いつか  優しい瞳を見ていたら 何故か涙があふれる 初めての切なさを知ったの …あなたが好き  真夏の星座に照らされて ふたり静かに祈るの 素直な気持ちのままで 一緒にいられますように 光が生まれたの 今 ふたりの心の中に
Shining☆Days栗林みな実栗林みな実栗林みな実飯塚昌明青空いっぱいに 私たちの想いが散りばめられていく 運命の人があなたならいいのに 現実はうまくいかない  光る風の中 夢の羽根舞い降りるよ 勇気だして未来へ そう 美しく…  動き出す 熱い鼓動が あの日と同じ速さを刻むよ 真っ直ぐな 眼差しが好き ずっと見ていたい  煌めく流れ星 大切な願いごと小さく呟いた まぶたを閉じるとあなただけ浮かぶの 今すぐに会いに行きたい  二度と戻らない瞬間を 逃さないで 命を輝かせて そう 麗しく…  見つけたい 本当の私 生まれ変わるよ あなた守るため 越えていく 奇跡掴んで 次の世界まで  動き出す 熱い鼓動が あの日と同じ速さを刻むよ 見つけたい本当の私 生まれ変わるよ あなた守るため 越えていく 奇跡掴んで 次の世界まで 強く果てしなく
真夏のBirthday栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実あなたが生まれた日 優しいパパと可愛いママは 光さす部屋で  透き通る瞳を見つめて 未来、 祈ってたの 誰よりも…  真夏の風に包まれながら あなたを守ると誓ったでしょう  Happy Birthday To You 幸せになりますように… Happy Birthday To You あなたが大好きよ  転んだってすぐに また立ち上がり 歩き出してる 強い微笑みで  悲しかった夜も 嬉しい朝も あたたかい日々 愛しくて…  一緒に過ごす 限られた時間 思い出いっぱい作りましょう  Happy Birthday To You 空に願いが届いたら Happy Birthday To You あなたに出逢えたの  Happy Birthday To You 幸せになりますように… Happy Birthday To You あなたが大好きよ
小さな星が降りる時栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実身体中あなたで満たされた時に 小さな星降りたの 私の腕の中へ…  どこにあるの? 真実を探している 深い夜 孤独な 宇宙彷徨う あなたに出逢えますように…  初めての涙とても熱い 壊れそうなほど 切なくて  透きとおる瞳は命の輝き そっと抱いているから 寂しくないよ 誇らしく微笑む月を見つめてる 神秘の力で 今、私を目覚めさせて…  闇の向こう 愛しいあなたが泣いてる 手を伸ばし 迎えにいく 待ってて もうすぐ生まれる光  想い重なってひとつになる 守り続ける 永遠に…  この世界がいつか消える日が来ても ずっとそばに居るから 恐くはないよ 身体中あなたで満たされた時に 小さな星降りたの 私の腕の中へ…  透きとおる瞳は命の輝き そっと抱いているから 寂しくないよ 誇らしく微笑む月を見つめてる 神秘の力で 今、私を目覚めさせて…
桜の花が咲くまえに栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実春の風 まだすこし寒いね 最後の制服姿 立ち止まり見つめてる  毎日歩いた坂道 もうすぐ桜の花であふれる 小さなつぼみ達はほら それぞれの夢のカタチで 花開くときを待ってる  あなたはそのままで 変わらないでいて 優しい笑顔が大好き ずっと一緒にいようね 丘の上で誓うの  忘れない ささえてくれたこと どんな時もそばにいて 励ましてくれたよね  どうして涙こぼれるの? もう会えなくなるわけじゃないのに 同じ教室で過ごした 懐かしく、 眩しい日々が 記憶の中で輝くの…  あなたとこの場所で 出逢えてよかった いつか消えてしまうけれど そっと机に残そう この想いを刻むの  あなたはそのままで 変わらないでいて 優しい笑顔が大好き ずっと一緒にいようね 丘の上で誓うの
passage栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実吹きかける息がふれるほどの距離 それなのに今はとても遠い 夢をみたあとの懐かしい痛み どうして涙が止まらないの?  幼い頃浮かべたimageの記憶 空を見てると蘇るよ  虹を映しだす水のかけらたち 柔らかい温度 確かめたい 銀色に光る わたしだけの星 見失うこともあったけれど  巡り逢えた瞬間 始まった奇跡 いつかそっと繋がっていく…  手のひらの中 希望を掴んで 道の途中、 離さないで… たったひとりのあなたを護ると 誓ったあの日 風をずっと抱きしめていた…  霧の向こう側 誰かが立っている 触れることのない 昨日のわたし 求めていたのはキレイな永遠 ホントの愛にはこたえが無い  言えなかった“さよなら” 失った笑顔 いつもそばで語りかける  光指す先 まっすぐ見つめて 進化していく命の音 たったひとりのあなたとふたりで 変わっていく時を ずっと感じていたい…  手のひらの中 希望を掴んで 道の途中、 離さないで… たったひとりのあなたを護ると 誓ったあの日  光指す先 まっすぐ見つめて 進化していく命の音 たったひとりのあなたとふたりで 変わっていく時を ずっと感じていたい…
snow栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実わたしたちどこへいくの? 答えを確かめたい いっぱい不安になって 泣きたいのはどうして  白い雲の上から 静かに舞い降りてくる 小さな冬の妖精たちは 世界を銀色に変える  言葉にならない気持ち ぎゅっと束ねて届けにいこう 雪道を駆けていく 足跡はまだわたしだけね  傷つきやすい心は 薄いガラスみたいね 寂しそうな顔をして 深い闇を彷徨う  もっと強くなりたい あなたを守れるくらい いつだって抱きしめてくれたの わたしをはなさないでいて  降り続ける雪の中 あなたの腕に飛びこんでいく 透明な結晶が輝いている 見つめていたい  言葉にならない気持ち ぎゅっと束ねて届けにいこう 雪道を駆けていく 足跡が今ふたつになる
眠り姫栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実ずっと夢をみてた 遠い記憶 光に包まれて 時が止まった  あなたの声がする いつもそばに 優しい音 響く 名前を呼んで  泣かないで 泣かないで 毎日逢いに来てくれるのね 何度も語しかけてくれるのに わたし こたえられない  小さく光ってる 道が見える 向こう側できっと あなたに会える  悲しく揺れている わたしだけが 知っている瞳を 抱きしめたくて  穏やかに過ぎていく 二人の時間 刻み続ける あなたに大好きを伝えたいの いつか目覚めた朝に  行かないで 行かないで 独りの夜に導かれていく さみしい… その指先に触れたい こんなそばにいるのに  泣かないで 泣かないで 毎日逢いに来てくれるのね 何度も語しかけてくれるのに わたし こたえられない
おなじ月をみてる栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実いつも一緒にふざけ合ってたね 無邪気な笑顔ばかり思い出すの  あなたが決めたこと ずっと見守っているよ つらい時はいつだって 力になりたい  忘れない 楽しかった時間 遠く離れても 空を見上げたら おなじ月をみてる 真っ白な月をみてる  信じることは難しいけれど 心の奥をそっと見つめてみて  振り返ったときに道はひとつになってる 迷いはいつか終わるから あせらず進もう  負けないで あなたといた場所で祈っているから 淋しくなったら 声をきかせてね だいじょうぶ元気だして  忘れない 楽しかった時間 遠く離れても 空を見上げたら おなじ月を見てる 真っ白な月を見てる
Precious Memories栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実熱い陽射し眩しくて 思い出すのあの夏を 痛みなんて知らずにいたの 笑顔いつも嬉しくて 夢も憧れも求め続けてた 私を呼ぶ声が遠く聴こえる  ずっと、ずっと見つめてた 真っ直ぐな想いは 果てしない空へと駆け抜ける あふれる涙をそっと この手に抱きしめる いつかまた会えるかな あの丘で…  青い風に誘われて 雲がかたち変えていく 過ぎた時間を教えてくれた 写真今はセピア色 二人で交わした小さな約束 心の片隅で静かに眠る  ずっと、ずっと忘れない 大切な想いを 終わらない明日へ描いていく あなたがくれた言葉は宝物になって この胸で輝くの永遠に…  ずっと、ずっと見つめてた 真っ直ぐな想いは 果てしない空へと駆け抜ける あふれる涙をそっと この手に抱きしめる いつかまた会えるかな あの丘で…
ウインターラブ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実冷たい風がポニーテール揺らしてる ちょっと寒い帰り道 ふたり肩を並べて歩く 何気ない会話とあなたの笑顔  ほんとはとても嬉しいのに ごめんね うまく伝えられないの  ねぇ神様 お願い ずっとそばにいたい 胸がいっぱいで涙がこぼれそう 12月 あなたと初めて過ごす季節 透き通る空を見上げてた  小さな頃はこんな気持ち知らなかった わけもなく悲しくなる もっと知りたいあなたのこと でも私少しだけ臆病みたい  ほんとはいつも不安だから 抱きしめてほしいの その腕で  ねぇ神様 叶えて もう何もいらない あなたの夢についていきたい 窓の外 白い世界に変わっていく 振り続ける雪 見つめてた  ねぇ神様 お願い ずっとそばにいたい 胸がいっぱいで涙がこぼれそう 信じてるあなたを 新しい雪の上 二人の足跡つけていこう
風のゆくえ栗林みな実栗林みな実栗林みな実栗林みな実困った顔がみたくて すこしだけわがままを言うの 微笑みながらあなたは そっと髪に触れる  懐かしいその瞳は 誰を映してるの 絡ませた指がほどけなくなる 時が止まる…  この想い溶けていく 風の中へ 飛んでいく 白い羽根になって こわれてもいい あなた以外なにもいらない 抱きしめて 今だけは  さっきまで繋いでいた 温もりは冷めてしまうのに 心だけ何故 熱いの もっとそばにいたい  失った季節へ 今 記憶たぐり寄せる 夏の声がする あの日の涙 胸に落ちる  この想い溶けていく 風の中へ 飛んでいく 白い羽根になって 迷いのない祈りだけが あふれていくの いつの日か届くように…  この想い溶けていく 風の中へ 飛んでいく 白い羽根になって こわれてもいい あなた以外なにもいらない 抱きしめて 今だけは
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 世界のつづき
  3. 風のゆくえ
  4. ウタカタララバイ
  5. Tot Musica

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照