羽場仁志作曲の歌詞一覧リスト  194曲中 1-194曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
194曲中 1-194曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
人生にありがとう伍代夏子伍代夏子荒木とよひさ羽場仁志林有三子供の頃は 夕焼け空に 遠くの未来 見つめてた 何故に生まれて 何処へ行くのか 心にいつも 話しかけ 切なくなるほど懐かしい 時代を駆け抜けて 一人の女性にしてくれた 追憶(おもいで)はあるけれど 明日はきっと世の中で 一番近い未来だから 愛する人のその胸で 人生にありがとう  都会の空の 四角い窓は いろんな暮らし 宿すけど 穏やかならば 温かならば 家路を急ぐ 場所がある 小さな倖せそれでいい 哀しみ抱きしめて 涙を一人にさせるけど 微笑みでさよならを 明日はきっと生きてきた 初めて出逢う未来だから 愛する人のその胸で 人生にありがとう  明日はきっと世の中で 一番近い未来だから 愛する人のその胸で 人生にありがとう 人生にありがとう
Cat-Walk Dancing後藤輝基後藤輝基松本隆羽場仁志KASHIF三日月よりも蒼い夜 真珠の靴で踊るSidewalk  二つの鼓動重ねれば ゆらめく波のリズムになる  好きなのにDon't you know 冷たいねWhat you want そっと忍び足後から目隠し  Step シャム猫みたい Step つま先立って Cat-Walk 首に Kiss をあげる Step 天国までの Step 長い階段 Cat-Walk 探しながらDance with me  この星空を切り取って ドレスを縫って着飾りたい  あなたが吐息つくような 笑顔で私誘うから  惑わせてLet me know 優しさでI wonder why みんな人見知り淋しさに目隠し  Step 銀河がまわる Step 都会がまわる Cat-Walk 月のシャワー浴びて Step 大人の世界 Step はみ出した靴 Cat-Walk 夢のようにDance with me  Step シャム猫みたい Step つま先立って Cat-Walk 首にKissをあげる Step 天国までの Step 長い階段 Cat-Walk 探しながら Dance with me  Step 銀河がまわる Step 都会がまわる Cat-Walk 月のシャワー浴びて Step 大人の世界 Step はみ出した靴 Cat-Walk 夢のようにDance with me
愛が生まれた日大石まどか・ダンディ坂野大石まどか・ダンディ坂野秋元康羽場仁志淡海悟郎恋人よ 今 受け止めて あふれる想い  あなたの両手で 恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉 キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう 恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟 天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きて来たその理由(わけ)を… あなたがいれば それだけでいい ……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿り着いた  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた
佐千子のしあわせ数え歌椎名佐千子椎名佐千子日野浦かなで羽場仁志羽場仁志・山本健司一つ東に 陽がのぼりゃ 振られた恋も なんのその 三つ数えて 忘れたら よよよい よよよい ごきげんさん あぁ…笑顔は満開 百万回 涙の後には 虹の空 へっちゃら へっちゃら へっちゃらさ 佐千子としあわせ数えましょ  六つ無邪気に 無我夢中 名もなき夢に 投げキッス 八つ野望の 苦労坂 とととん とととと とんと 上りましょう あぁ…未来(あした)はハレルヤ ガンバレルヤ 嵐の後には 青い空 ケセラン パサラン ケセラセラ 佐千子としあわせ数えましょ  あぁ…笑顔は満開 百万回 誰にも輝く 朝が来る へっちゃら へっちゃら へっちゃらさ 佐千子のしあわせ数え歌
プラットホームの人々加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一過去という名の 黄昏の駅舎 コートの襟に 汽笛が泣いてる 二度とは逢えない人も 二度とは帰れぬ街も プラットホームに 滑りだす 見知らぬ女 見知らぬ男 少しの不幸にもたれて 目を閉じるけど 倖せだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく  明日という名の 希望の切符 心のままに 何度も乗り換え 隣りに想い出連れて 隣りに淋しさ連れて 昔の自分を 探すけど 名もない女 名もない男 いい事ばかりを心に 言い聞かせてる 悲しみだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく  見知らぬ女 見知らぬ男 少しの不幸にもたれて 目を閉じるけど 倖せだけが 人生じゃないと 誰もが夜明けに 降りてゆく
愛に罪はない加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一こんな歳してさ 君が離れない 出逢ったあの日の 雨の晩(よる)から 忍び逢う恋じゃなく 心の奥に 忘れてた何かが 生れかけている 雨よ雨よ 降れ降れ 最後の人生に 黄昏が切なさで 濡れていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 愛に罪はない 傷つけた倖せを 想い出にしても  どんな星空も いつも涙空 寄り添う窓辺の 雨が恋しく 逢う度に深くなる 慕(おも)いのすべて 打ち開けてしまえば 辛さふえるけど 雨よ雨よ 降れ降れ ふたつの人生に あしたがどこかに 逃げていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 過去に罪はない 生きてきた今日までを 想い出にしても  雨よ雨よ 降れ降れ 最後の人生に 黄昏が切なさで 濡れていいから 雨よ雨よ 降れ降れ 愛に罪はない 傷つけた倖せを 想い出に
愛が生まれた日May J. duet with デーモン閣下May J. duet with デーモン閣下秋元康羽場仁志Masanori Sasaji恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で 恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉 キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な 夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける …めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう 恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟 天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く 過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きてきたその理由を… あなたがいれば それだけでいい …めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿りついた  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける …めぐり逢えた
いのちの愛レイジュレイジュ羽場仁志羽場仁志竹内弘一あなたしか愛せない この心 この身体 二度はない人生を あなたにすべてあげましょう いくつかの恋をして いくつかのお別れも あなたに逢うための まわり道だった この愛は いのちの愛は ときめくための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…  あなたしか見えないの 今日の日も あすの日も 恋をした若き日は 想い出ならばいいでしょう そばにいて暮らすより そばにいて生きること あなたを痛いほど いつも感じてる この愛は いのちの愛は 抱き合うための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…  この愛は いのちの愛は ときめくための ものじゃなくて この愛は 最後の愛は 死ぬまで 女に生まれた喜び…
神さまのプレゼント神野美伽神野美伽荒木とよひさ羽場仁志ha-jみんな人生 楽しみましょう わたしも いろんなことが あったけど 倖せなんか 小さくていい 心と心が きっと明日には 温かくなるから  泣いてどうなる 笑えるでしょう がんばれるでしょう もう少し みんな みんな そうだから 泣いてどうなる 笑えるでしょう 悲しい時も 耐えたから 今日は神さまの プレゼント  みんな人生 輝きましょう わたしも 雨風涙 あったけど 生きてることは 切なくていい 咲く花 散る花 きっと心から 愛おしくなるから  泣いてどうなる 笑えばいい 空を見ればいい 背のびして みんな みんな そうでしょう 泣いてどうなる 笑えばいい 苦しい時も 耐えたから 今日は神さまの プレゼント  La La La La… La La La La…  泣いてどうなる 笑えばいい 苦しい時も 耐えたから 今日は神さまの プレゼント 神さまのプレゼント
人生の楽屋加納ひろし加納ひろし荒木とよひさ羽場仁志SYO舞台の幕が上がればそこに スポットライトが当たるけど 人は誰でも楽屋の隅で 人生を過ごすだけ 拍手の渦を遠くで聴いて 過去を拭き取り化粧をしても 鏡の向こう側 映る姿は 老いぼれすぎている ただの脇役 あれこれ悩んでいたけど 自分の生き方それだけは 主役になれた Backstage In My Life  最後の場面終わればそこに カーテンコールがあるけれど 人は誰でもスターを見つめ 憧れで生きている 照明(あかり)が消えた舞台の裏は 呑み屋へ急ぐ靴音ばかり 明日の向こう側 歩く姿は 振り向く人もない ただの脇役 あれこれ迷っていたけど 自分の筋書きそれだけは 主役になれた Backstage In My Life  あれこれ悩んでいたけど 自分の生き方それだけは 主役になれたBackstage In My Life 主役になれたBackstage In My Life
昭和ふたけた忘れ物荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志心にぽっかり穴が開き 何かを忘れてきたような 男の背中はやるせなく 誰でも黄昏が似合うけど 人生…若さだけじゃない 青春(ゆめ)の破片(かけら)なら残ってる 昭和ふたけた やんちゃなガキが 今夜もどこかの居酒屋で 語りつくせぬ 時代屋ごっこ 見えない刀を振りまわし…遊んでる  独りが切ない夜更けには 帰らぬ過去(むかし)にまた詫びて 男の純情取り戻し 誰でも半ベソをかくけれど 人生…棄てたもんじゃない 夢をあたためる女(ひと)がいる 昭和ふたけた 迷子のガキが 今宵も浪漫をぶらさげて 想い出さがす 初恋ごっこ お酒の力をまた借りて…口説いてる  昭和ふたけた やんちゃなガキが 今夜もどこかの居酒屋で 語りつくせぬ 時代屋ごっこ 見えない刀を振りまわし…遊んでる
君から生まれたい荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志最後の恋なら 最後のめぐり逢い 悲しい終わりに したくはないから このまま 身も心も ひとつに 溶けていけば この生命(いのち)に 永遠が見つかる 流れ星にもなれない 人の儚い一生 ただの男と女が 還(かえ)れる宇宙(そら)があるなら 次の世は 君から生まれたい  夢見た恋なら 夢見た過去がある 出逢いも別れも 書かれていたけど 明日の 続きだけは 愛する 証明(あかし)だから この時間を 化石にはさせない 流れ星にもなれない 人は淋しい生き物 瞳に映るすべてを いま星空で包んで もう一度 君から生まれたい  流れ星にもなれない 人の儚い一生 ただの男と女が 還(かえ)れる宇宙(そら)があるなら 次の世は 君から生まれたい もう一度 君から生まれたい
ENCORE羽根田征子羽根田征子内藤綾子羽場仁志山川恵津子Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 生まれ変わっても  軽めの Wink and kiss うたた寝してる 私の顔のぞき込む人  「ご機嫌いかが?」 「わるくはないわ」 いつでも少年みたい 自由に生きている 貴方が好きよ  高くパナマ帽なげて 抱き合う まぶしいこんな午後 幸福(しあわせ)に感謝ね  Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 信じているのよ  去年の Summertime ふたりの恋を 仕掛けたのはカリプソと Moonlight  「ワインはいかが?」 「ほら流れ星」 指さす間もないくらい 時空(とき)だけは移ろう もっとそばにきて  深い貴方の瞳 私を変えてく 柔らかな微笑み覚えたわ  Your luscious days ずっと Your luscious dreams 貴方にアンコールを 生まれ変わっても
小海線大木綾子大木綾子いではく羽場仁志道譯進太郎昇る朝日に 八ヶ岳(やつがね)光り  ふもとをのどかに走る 高原列車 都会に出てから 五年の月日 うれしい時も 悲しい時も いつでも 心の中にある ふるさと なつかしい 小海線  揺れる白樺 みどりの風と 青空うつして走る 高原列車 子供の頃から 遊んだ友や 恋したあの日 別れたあの日 千曲の流れに 添うように ふるさと 目に浮かぶ 小海線  落ちる夕日が 黄金にそめる からまつ林を走る 高原列車 こころが都会に そまらぬように 父母 景色 朝夕想う やさしく背中を 押すような ふるさと あたたかい 小海線
我 何処へ荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志林有三夢追えば果てしなき 人生という遠き道 若き旅人も いつか年老いて 振り向く時がくる 眩しいほど輝いて 疲れることさえ知らずに 明日のステージは 終わることのない 永遠と信じてた 風草枕 恋徒然(つれづれ) 雲の流れるまま 歳を重ね 我何処へと 何故生まれて 人間(ひと)はこの大地に いつか眠る 二度はない今 生きてることは きっと奇跡に近い  百年の過去よりも 一秒先の未来には まだ見ぬ時代の そこにざわめきと 旅立ち待っている 朝焼けの星たちは 家路を急ぎ帰るけど 熱き少年は 頬紅く染めて 東空指をさす 風草枕 恋徒然(つれづれ) 雲の流れるまま 歳を重ね 我何処へと 何故生まれて 人間(ひと)はこの大地に いつか眠る 二度はない今 倖せだけど きっと涙に近い  我何処へと 何故生まれて 人間(ひと)はこの大地に いつか眠る 二度はない今 生きてることは きっと奇跡に近い
愛が生まれた日野口五郎・早見優野口五郎・早見優秋元康羽場仁志大谷幸恋人よ今受け止めて あふれる想いあなたの両手で 恋人よ今瞳(め)を閉じて 高鳴る胸が二人の言葉  キャンドルの炎(ほのお)に 揺れてるプロフィール 世界で一番素敵な夜を見つめている  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に真実はひとつだけ あなたとならば生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に永遠が始まるよ 君とだったら生きて行ける……めぐり逢えた  恋人よこの腕の中 哀(かな)しみさえも打ち寄せないだろう 恋人よもし嵐でも二人は同じ入江の小舟  天窓(てんまど)の星より 近くが美しい 未来で一番輝く過去を過ごしている  愛が生まれた日 忘れない運命を信じてる 君がいるならそれだけでいい 愛が生まれた日 忘れない生きてきたその理由(わけ)を… あなたがいればそれだけでいい……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が地図になり 世界で一番素敵な場所に辿(たど)りついた  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に真実はひとつだけ あなたとならば生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に永遠が始まるよ 君とだったら生きて行ける……めぐり逢えた
大阪に雨が降れば大西ユカリ大西ユカリ荒木とよひさ羽場仁志寺岡呼人大阪に雨が降れば 女(だれか)が泣いているよ そうよ…わたしだって きっと淋しいそのひとり 涙でこの街 ネオンの川に 沈んでも あんたの心に いつもつかまり 暮らしてきたじゃない  悲しみに 貸しがある 倖せに 貸しがある もう惚れたら あかんよ また泣いたら あかんよ 赤い傘 咲かせただけの あんたも通り雨  大阪に雨が降れば この裏窓(まど)閉めたままで そうよ…わたしだって いつも素顔で過ごしたい 少しの青空 身体が放(ほか)し 切れなくて あんたのずるさも 嘘の続きも 今なら許せるよ  さよならに 貸しがある 想い出に 貸しがある もう惚れたら あかんよ もう泣いたら あかんよ 赤い靴 濡らしただけの あんたも水溜り  悲しみに 貸しがある 倖せに 貸しがある もう惚れたら あかんよ また泣いたら あかんよ 赤い傘 咲かせただけの あんたも通り雨
幸せという字アグネス・チャンアグネス・チャン松宮恭子羽場仁志船山基紀幸せという字は 逆さにしても幸せと 私の手のひらに あなたは指で書いた  心変わりを 責めないけれど 私を捨てて 何処へ行ったの? 逆さにした幸せから 涙がこぼれてしまう  幸せに なりたくて 一人では なれなくて 幸せが 思い出が 私の手からこぼれてく  幸せという字は 辛いという字 隠してる あなたの指の跡 なぞれば今も辛い  辛い思いを 抱えてるから 優しいひとに なれるのかしら? 逆さにした幸せから 辛さが溢れてしまう  幸せに なりたくて がむしゃらに 追いかけて 幸せを やすらぎを 私はまた見失う  幸せに なりたくて 手のひらを 合わせれば 幸せは 幸せは 私の中に あるのでしょう  幸せは 幸せは 私の中に あるのでしょう
I'll be there郷ひろみ郷ひろみ羽場仁志羽場仁志吉川慶愛すべき意味を知り 二人で 向き合えたら 傷ついて光り出す ダイヤさ 命の証  2つ重ねた 光が温もり残してる あなたの為に 傍にいてあげる  悲しみよ さよなら涙 君のため 光灯すよ 果て無き 道は続くけれど 握り締めた手 君を離さない 悲しみと さよなら 笑顔 思い出が空に届くように 見上げた空には 二人の未来が 照らしてる I'll be there  星屑は千億の 箱舟 夢まぼろし 生意気な少年も いつかは 大人になるよ  こぼれ落ちた 手の平の夢 つなぎ合わせ 勇気を友に 強く生きてほしい  悲しみよ さよなら涙 君のため 現在(いま)を紡ぐよ 二つの奇跡が ここにある もう迷わない 君と歩いてく 優しさと ありがとう 笑顔 いつまでも 明日(あす)への道標 未来の行方を 変えてゆけるはず 信じてる I'll be there  悲しみよ さよなら涙 君のため 光灯すよ 果て無き 道は続くけれど 握り締めた手 君を離さない 悲しみとさよなら 笑顔 思い出が空に届くように 見上げた空には 二人の未来が 照らしてる I'll be there 信じてる I'll be there
人生の楽屋荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志小林俊太郎舞台の幕が上がればそこに スポットライトが当たるけど 人は誰でも楽屋の隅で 人生を過ごすだけ 拍手の渦を遠くで聴いて 過去を拭き取り化粧をしても 鏡の向う側 映る姿は 老いぼれすぎている ただの脇役 あれこれ悩んでいたけど 自分の生き方それだけは 主役になれたBackstage In My Life  最後の場面終わればそこに カーテンコールがあるけれど 人は誰でもスターを見つめ 憧れで生きている 照明(あかり)が消えた舞台の裏は 呑み屋へ急ぐ靴音ばかり 明日の向う側 歩く姿は 振りむく人もない ただの脇役 あれこれ迷っていたけど 自分の筋書きそれだけは 主役になれたBackstage In My Life あれこれ悩んでいたけど 自分の生き方それだけは 主役になれたBackstage In My Life 主役になれたBackstage In My Life
ちょっとイイ女荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志林有三淋しい女と 淋しい男 いろいろあった二人 夜更けの迷子なら 過去(きのう)を忘れて 明日(あした)も忘れ 心の思うままに 恋をすればいい それが切なかろうと それが悲しかろうと 若くはないけど 何度でも輝くならば ちょっといい女 ちょっといい男 危険な恋ほど燃えると 誰かが言っていたけど わりといい女 わりといい男 何かが始まる夜更けの Ah… 物語  無口な女と 無口な男 絵になるような二人 夜更けのモデルなら 微笑み投げかけ 憂いを投げて ときめき抱いたままで 熱くなればいい それが束の間だって それが永遠だって 関係ないほど 接吻(くちづけ)が恋しくなれば ちょっといい女 ちょっといい男 うぬぼれ上手のはずだよ グラスを揺らす仕草が わりといい女 わりといい男 何かが始まる夜更けの Ah… 物語  ちょっといい女 ちょっといい男 危険な恋ほど燃えると 誰かが言っていたけど わりといい女 わりといい男 何かが始まる夜更けの Ah… 物語
シャバダバダ荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志林有三細いまつ毛をふるわせて 嘘をつくのが女だよ 抱いてしまえば寝がえりを ひとり勝手に夢ん中 シャバダバダ シャバダバダ シャバダバダ 可愛いね  ひとつぐらいは隠しごと 恋は自由と言うけれど 白いパジャマのその胸に 他の男が見え隠れ シャバダバダ シャバダバダ シャバダバダ 妬いちゃうね  悲しいね ジェラシーなんて 心まで縛れはしない 切ないね ジェラシーなんて 紅い 紅い 紅い林檎が 眠ってる  恋と愛とを天秤に 掛けているのが女だよ 金じゃないよと言いながら どこかそろばん弾いてる シャバダバダ シャバダバダ シャバダバダ ずるいよね  涙もろさを売りにして 惚れたふりして近づいて ほんの少しの優しさで いつも男を飼い馴らす シャバダバダ シャバダバダ シャバダバダ 泣けちゃうね  悲しいね ロマンスなんて 映画ほど綺麗じゃないよ 切ないね ロマンスなんて 紅い 紅い 紅い林檎が 眠ってる  悲しいね ジェラシーなんて 心まで縛れはしない 切ないね ジェラシーなんて 紅い 紅い 紅い林檎が 眠ってる
硝子の愛紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一あなたの優しさに 心が傷つき 上手な別れは ずるさが残るだけ ひとりで生きてく 覚悟はするけど 綺麗な思い出 今すぐには消せない あなたに染められ あなたに従い 死ぬことそれさえも 怖くなかった 出口の見えない 迷路にひとり佇み 助け呼んで あなたの名前をつぶやく 壊れた硝子の愛は 元には戻れない  あなたはいい人 恨めば悲しい 涙の半分 返して欲しいだけ 心が身体が 昨日を探して 窓辺の黄昏 あの日だけがそのまま あなたに染められ あなたにより添い 出逢えたことだけで 神を信じた 光の差さない 迷路に今は残され 助け呼んで あしたを手さぐりするけど 飛び散る硝子の愛は 元には戻れない  あなたに染められ あなたに従い 死ぬことそれさえも 怖くなかった 出口の見えない 迷路にひとり佇み 助け呼んで あなたの名前をつぶやく 壊れた硝子の愛は 元には戻れない
おいでようこそ東京へ大木綾子大木綾子松井五郎羽場仁志K3CPちょいと花咲く道すがら 風は東へ 空 高く おかげさまです ご機嫌よう 今日も平和でなによりだ  手と手あわせて助け合い 思い思いのおもてなし うまいものなら任せとき 一期一会の縁がある  生まれ育ちは置いといて 笑う門には福来たる  おいでようこそ東京へ みんな一緒に踊りましょう さぁさ ようこそ東京へ お見せしましょう日本晴れ  ちょいと遠くに富士の山 流れる雲に 鳥の声 いらっしゃいませ ありがとう 感謝してこそ幸せだ  ひとつ心の先を読む 飽きはさせないおもてなし きめは細かく気は太く maid in ならJapanです  悩み事などひと休み 思い立ったら吉日さ  おいでようこそ東京へ みんな一緒に踊りましょう さぁさようこそ東京へ お見せしましょう日本晴れ  おいでようこそ東京へ みんな並んで踊りましょう さぁさようこそ東京へ 日本よいとこ楽しんで  おいでようこそ東京へ みんな一緒に踊りましょう さぁさようこそ東京へ お見せしましょう日本晴れ
愛してるって言って増田惠子増田惠子増田惠子・羽場仁志羽場仁志あなたの過去も未来も すべて包んであげましょう 涙色のドアを開け さよならのない楽園 心あなたにあげる 夢も明日もあげる 白い薔薇の花びら 部屋中しきつめて 愛してるって言って 離さないって言って そばにいるって言って 木枯らしに吹かれても寒くない  あなたが望むことなら たとえ罪人にもなる 星空をよじ昇って あの月を盗みましょう 心あなたにあげる 夢も明日もあげる 揺れる青い星くず 胸に散りばめて 愛してるって言って 離れないって言って 此処にいるって言って 何もかも失くしてもかまわない  愛してるって言って 離さないって言って そばにいるって言って 永遠に煌めきを忘れない
愛が生まれた日増田惠子・大内義昭増田惠子・大内義昭秋元康羽場仁志恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で 恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉 キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な 夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける …めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう 恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟 天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く 過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きてきたその理由を… あなたがいれば それだけでいい …めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿りついた  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける …めぐり逢えた
原っぱパラダイス氷川きよし氷川きよし冬弓ちひろ羽場仁志伊戸のりお町工場(まちこうば)の裏にある 原っぱは みんなの指定席 紙芝居のおじさんが 拍子木たたけば 夢の世界 ソースせんべい 食べながら 正義の味方に 手に汗握る あの頃 あの空 あの笑顔 パラパラ パパパ パラダイス 懐かし うるわし パラダイス  土管の中は 秘密基地 原っぱは みんなの宝島 前の駄菓子屋 ばあちゃんの 何より大事な 猫のミケ どこへ行ったの 見かけない 鰹節(かつぶし)あげるよ 帰っておいで あの頃 あの道 あの夕陽 パラパラ パパパ パラダイス 懐かし うるわし パラダイス  カバンを置いて 集まれば 原っぱは みんなの野球場 たまに練習 みてくれる 工場のにいちゃん 油まみれ 今日も明日も 残業さ この次教えて 秘密の魔球 あの頃 あの風 あの匂い パラパラ パパパ パラダイス 懐かし うるわし パラダイス 懐かし 恋しや パラダイス
僕のそばには星があるタッキー&翼タッキー&翼もりちよこ羽場仁志中村康就桜色の星が降るよ 肩を並べて見上げる空の果て 言葉忘れ指をのばして たどってみたポラリス  僕のそばに星があるよ かけがえのない眩しい微笑みは 空の下の時の谷間で めぐり逢えた君だよ  君という名の輝く星を 抱きしめて生きてゆけたなら もしも二人が どんなに遠く 離れていたって負けない 信じる心に描こう 僕のそばには星がある  君がいつも救いだった 「もうダメかも」って、しゃがみ込んだ夜に 希望だけが待ってる場所を そっと照らしてくれたね  君という名の輝く星に 守られて僕は愛を知る 涙ひとすじ 生まれ変わった 流星がほら、光るよ たったひとつだけ願おう ずっと二人でいられたら…  君は僕の光でいて 僕は君の夢になろう つなぐ手と手はなさないで 季節越えて確かめに行こう 終わらない夢の、その先を  君という名の輝く星を 抱きしめて今、生きてく 信じる心に描こう 僕のそばには星がある
愛が生まれた日Tiara・河口恭吾Tiara・河口恭吾秋元康羽場仁志恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で  恋人よ 今 瞳(め)を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉  キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ...めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう  恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟  天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きてきたその理由(わけ)を… あなたがいれば それだけでいい ...めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿りついた  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ...めぐり逢えた
夜明けの雨はピアニッシモ相田翔子相田翔子岩里祐穂羽場仁志窓をたたく淡い調べ 雨は終わらない私の涙 持てあます哀しみばかりが降り積もる  いつも待たされた恋だったけど 今 誰を待つ必要さえない私は 海に沈む貝殻ね  愛のハーモニー 見つめあい奏でたラプソディー 忘れられぬ記憶も きっと… やがて雨音のように消えるでしょう  いつも想い出は美しすぎて 上手に忘れられないから 目を閉じ また 面影だけを追い駆ける  この世には恋という宝石がある あなたのその手の中 きっと… 抱きしめた数だけせつない  最初から最後まで私たちって 欲張りな生きもので もっと… どれだけ愛したってキリがない  愛のハーモニー くりかえし奏でたラプソディー 忘れられぬ記憶も きっと… やがて雨音のように消えるでしょう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
もっと ありのまま相田翔子相田翔子相田翔子羽場仁志夕日に染まる 胸の波間 ゆらり まるで 燃えて 熱いのに切なくて 溢れるわ この涙 隠せずに  あなたでさえも 触れられなかった胸の奥 今 抱きしめて  哀しみを越えて 辿り着く朝は 昨日とは違う 今日だから 本当の私を 魅せられるわ きっとありのまま  何も恐れず あなたまで 泳ぎ続けられる 気がするって 感じたの 濡れた素肌 情熱を 隠せずに  誰もが皆 心の傷跡 癒すのね 愛の魔法で  時を彷徨えば 辿り着くでしょう ココロゴト あげる恋人 いつかは私を 守ると誓って そっと落ちてゆく  哀しみを越えて 辿り着く朝は 昨日とは違う 今日だから 本当の私を 魅せたいのよ もっとありのまま  もっとありのまま
愛は身体の中に…ZEROZERO荒木とよひさ羽場仁志恋は心の中で 愛は身体の中で いつも悲しみ宿し 育ち始める 涙を食べながら 夢だけにすがり すべてを開き 倖せのふりをする だから逢える その日の為に 髪を何度もとかし ひとり鏡の中 嫌われぬように いつか終(おわり)の時が 扉(ドアー)にノックをしても 窓のレースを開けて 見送ればいいから  恋は心が堕ちて 愛は身体が堕ちて いつも明日を探し 朝を欲しがる 抱かれた嬉しさに 寂しさは隠れ ぬくもりだけで しばらくは生きれる だから白いソファーのそばに 花とワインを置いて 急に携帯(でんわ)がきても 困らないように いつか別れの言葉 部屋に忍んできても 少しお酒を飲んで 許せればいいから  だから だから逢える その日の為に 髪を何度もとかし ひとり鏡の中 嫌われぬように いつか終の時が 扉(ドアー)にノックをしても 窓のレースを開けて 見送ればいいから
笑って天童よしみ天童よしみ石井克明羽場仁志さあ 笑って あなたの声が 聞こえて 笑顔が咲いた 今はまだ 満開で ないけれど 涙に負けない 笑顔が咲いた  うつくしい花 ありがとう 散らない 決して 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って  前 向いてね あなたの想い 届いて 笑顔が咲いた それはまだ 下を向く 花だけど 苦しみに負けない 笑顔が咲いた  うつくしい花 咲いている あなたの 後(あと)に 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って  うつくしい花 ありがとう 散らない 決して 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って 笑って
泣きぼくろ天童よしみ天童よしみ音羽志保羽場仁志色褪せた写真のように 夕焼けが町を染める あの人が欠けている 影踏みで日が暮れる  早足のあなたには いつまでも追いつけず こんなにも遠くまで 置いてけぼりしないで  泣きぼくろいじわるだね わたしだけ泣かせてさ 泣きぼくろ明日(あす)になれば もう少し、もう少し、人波にまぎれるわ  手紙など一度もないわ せがんだこともないけど ありきたりの言葉も わたしには宝石よ  花の舞う便せんで ひとりきり泣いている 不器用なふりをして あの人はずるいでしょ  泣きぼくろいじわるだね わたしだけ泣かせてさ 泣きぼくろ今日の隅で もう少し、もう少し、思い切り泣かせてよ  泣きぼくろ今日でおよし 泣きぼくろ明日になれば
ちいさな手天童よしみ天童よしみ羽場仁志羽場仁志思い出す 春の日の 桜舞い散る 白い校舎 泣きながら 照れながら あなたが言った 「ありがとう」  花は散りて 風になり 風は優しく 頬撫でる  ちいさな手 風受けて 空高く 羽ばたいた 大きな手 傍にいて いつも つないでる  いつの日か 親になり 想いを込めて 名前付ける 涙より たくさんの笑顔 灯ともす 人であれ  雲は流れ 雨になり 雨はやがて 花咲かす  ちいさな手 喜びで 満ち溢れ 生きてゆけ 大きな手 傍にいて いつも 抱き締め 愛すべて 夢すべて 空高く 舞い上がれ 大きな手 ここにいて いつも つないでる いつも つないでる
愛が生まれた日 with 角田信朗jyA-MejyA-Me秋元康羽場仁志恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で  恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉  キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめてる  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう  恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟  天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きて来たその理由を… あなたがいれば それだけでいい ……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿り着いた  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた
残された時間和田アキ子和田アキ子秋元康羽場仁志安部潤いつしか 空が 薄暗くなって ネオンと星が点(とも)った 見慣れた街が 遠ざかるようで 涙が止まらなくなる  思ったより 短かった 夕陽までの 道程(みちのり)  残された時間で 何ができるだろう 夢は間に合うのか 眩しい若さを 思い出す あの日の木漏れ日 影になる 残された時間で 何ができるだろう 今日が終わる前に… 最後の願いが いくつもあるから 人は 生きたいと思う  未来は 急に 現実になって 今来た道を振り向く 大事なものを 忘れてたようで 誰かに話したくなる  咲いてた花 見過ごして 今になって 気づいた  ここから一人で どこへ向かえばいい? 愛に満たされるのか? 出会いと別れが 交わって 行き着く先は 同じ場所 ここから一人で どこへ向かえばいい? 朝陽 昇る前に… 願いのすべてが 叶わぬからこそ 人は 生きたいと思う  残された時間で 何かができるだろう 夢は また見られるか? 心のかたちを 地図にして 歩いてみよう もう一度… 残された時間で 何ができるだろう 命 尽きる日まで… この世に生まれた その意味知りたい 道は まだ続いている
眠らせて恋ごころZEROZERO荒木とよひさ羽場仁志飛澤宏元眠らせて恋ごころ 切ない秘めごと 好きになるスピードに ついて行くのが怖い 聞かないで恋ごころ 本当はこのまま 告白をしたいけれども 時間を下さい 今はこのまま距離を縮めず 素敵な言葉だけで 指も触れずに そっと包んで 悲しくなるくらい そばにいて恋ごころ 星より遠くで いつの日か愛の岸辺で 落ち合いましょうね  眠らせて恋ごころ 鼓動を静めて 恥ずかしい耳もとが 熱くなるのが解る 聞かないで恋ごころ 生れる前から めぐり逢う約束してた ふたりの運命 今は急がず季節重ねて 未来の近道より 愛をはぐくみ いつも見つめて 泣きたくなるくらい そばにいて恋ごころ この世の続きを 離れても夢の岸辺で 落ち合いましょうね  今はこのまま距離を縮めず 素敵な言葉だけで 指も触れずに そっと包んで 悲しくなるくらい そばにいて恋ごころ 星より遠くで いつの日か愛の岸辺で 落ち合いましょうね
奇跡の糸でZEROZERO荒木とよひさ羽場仁志飛澤宏元憶えてますか… あの日の別れ 今では遠い 綺麗なままの追憶(おもいで) 街角(まち)で偶然 出逢えるなんて 奇跡の糸が 繋(つな)いでいたから 愛を巻きもどす ことが出来るなら ちがう人生を あなたと歩けた 悲しいけれど もう若くない このときめきが 濡れてる 涙で  倖せですか… 淋しい言葉 微笑みながら あなたはそっと頷(うなず)く 黄昏だけが 時間を急ぎ 腕時計(とけい)の針を 気にする横顔 愛を引き止めて 暮らせるものなら 同じ駅へ行き ふたりで帰れた また逢うことも 約束さえも 生きてた中で 最後のさよなら  (時は過ぎてゆく人生のように) (時は過ぎてゆく風のように)  愛を巻きもどす ことが出来るなら ちがう人生を あなたと歩けた 悲しいけれど もう若くない このときめきが 濡れてる 涙で
他力本願のブルース荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志人生の曲がり角 右か左か 選ぶのは お前だけど 誰かに聞けば  あの世のことなら 神様に この世のことなら 老人に 明日のことなら 若者に聞け  どうにかなるさ どうにかなるさ 酒だけ呑んでりゃ どうにかなるさ どうにかなるさ 他力本願 どうにかなるさ  人生の突き当たり 壁と青空 悩むのは お前だけど 誰かに聞けば  女のことなら 秋桜に お金のことなら 阿呆カラス 死ぬ日のことなら 夕焼けに聞け  どうにかなるさ どうにかなるさ メシだけ喰ってりゃ どうにかなるさ どうにかなるさ 他力本願 どうにかなるさ  どうにかなるさ どうにかなるさ 酒だけ呑んでりゃ どうにかなるさ どうにかなるさ 他力本願 どうにかなるさ
悲劇のデカメロン荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志ある日眼を覚ましたら そばに女が寝てた これは夢かと水を 飲んでみたけど 寝ていたよ  悲劇の始まりは 突然やってきた  二日目は朝メシと 掃除洗濯してた ちょっとヤバいと急ぎ 家を飛び出し 考えた 悲劇の第二章 今なら間に合うか  三日目は昼頃に 携帯が鳴り出して 飲みにいかずにまっすぐ 帰りなさいと 言い出した 悲劇の第三章 明日が暗くなる  若い奴ら よく聞け 女ってやつは悪魔の使い 若い奴ら よく聞け 角を隠しているから  そして五年が過ぎて そして何十年か過ぎて 倖せという名前の 不仕合せに 縛られた 悲劇のデカメロン いつまで続くのか  今じゃ還暦迎え 今じゃお墓も買って 尻に敷かれたままで あとは煙に なるけれど 悲劇のエピローグ 人生って何なのか  若い奴ら よく聞け 同じ間違いするんじゃねえぞ 若い奴ら よく聞け 耳をほじってよく聞け 若い奴ら よく聞け 女ってやつは悪魔の使い 若い奴ら よく聞け 角を隠しているから  若い奴ら よく聞け ララララララ ララララララ 若い奴ら よく聞け ララララララ ララララララ
酒とバラの日々荒木とよひさ荒木とよひさ荒木とよひさ羽場仁志昔のことさ 勝手にしやがれ 別れた女(やつ)の 名前も顔も  隣に座る 女がいたら 誘い出すのは 当たり前の 礼儀だぜ  酒とバラの日々 のたれ死にしても どうせ(俺を)燃やせば 骨になるだけ そうさ人生は 二泊三日の ホテルを借りてた それだけ  昔のことさ 関係ねえよ 本当の俺の 住所も過去も  酒場(クラブ)の隅が 天国なのさ 席を外せば 予約待ちで 溢れるぜ  酒とバラの日々 失くすものはない 明日の扉に ノックはするな そうさ人生は ボトル並べて 女と飲み干す それだけ  酒とバラの日々 のたれ死にしても どうせ(俺を)燃やせば 骨になるだけ そうさ人生は 二泊三日の ホテルを借りてた それだけ
さよなら小さなCrybaby相田翔子相田翔子KEIKO羽場仁志ひとりで 目覚めた朝は 生まれたての風に 優しく抱かれたい  瞳を閉じて 貴方の 強がりな横顔 想い出してみるの 懐かしく  閉じたガラスに映る 私の胸が 今でも ときめいてる 遠くで待つ 貴方に (Ah sweet heart)  初めて 愛されたせい ぎこちない涙で 貴方を惑わせた  幼い頃のアルバム めくっていくように 少しずつ 大人になっていく  もう一度逢えたなら そっと誓うの もう泣いたりしないわ! さよなら 小さなCrybaby  今も 貴方のぬくもりを 覚えてるの 白いシャツで 強く抱いてよ  閉じたガラスに映る 私の胸が 今でも ときめいてる 遠くで待つ 貴方に (Ah sweet heart)  もう一度逢えたなら そっと誓うの もう泣いたりしないわ! さよなら 小さなCrybaby  Your Angel Crybaby I'm gonna miss you so much. あいしてる…
愛が生まれた日井上昌己・中西圭三井上昌己・中西圭三秋元康羽場仁志恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で  恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉  キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう  恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟  天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きて来たその理由を… あなたがいれば それだけでいい ……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿り着いた  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた
命の意味AKB48AKB48秋元康羽場仁志生まれた朝を 覚えていない 最初の記憶は母の笑顔 知らないうちに 立って歩き 言葉を知って 愛も感じた  いつしか僕は大人になって どこかへと向かっている 人混みに紛れ押し流されるように…  この命を与えられた意味 僕は何のために生きるのか? 今ここで 考えたいんだ 時間を無駄にしていないか? やりたいこと やっているか?  終わりの夜に振り返るだろう 自分の人生 悔いはないか? 楽しいこととか悲しいこと 目を閉じた時 笑っているか?  それまで僕は前だけ向いて ゴールへと歩いて行こう 誰もみな たった一つの道がある  この命を与えられた意味 僕が生まれて来た足跡 今ここで問いかけてみたい 大事な夢を持っているか? 次の朝を待っているか?  この命を与えられたのは 一生かけて何かするため そう僕が 僕であるために 夢中になれる何かがある やりたいこと やっているか?
愛が生まれた日 with 国生さゆりJohn-HoonJohn-Hoon秋元康羽場仁志恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で  恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉  キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう  恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟  天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きて来たその理由を… あなたがいれば それだけでいい ……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿り着いた  愛が生まれた日 この瞬間に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた
departure! -second version- [TVサイズ]小野正利小野正利羽場仁志・TEAM HUNTER羽場仁志流れ落ちる涙 勇気に変えていく 天使の羽広げ 舞い上がれ!  最後まで あきらめないさ やり続けることに 必ず意味がある  You just try again 闇を抜けて You just go away 未来はいつも 僕たちを待ってる  大空駆けぬけて 海原越えて行け 天使の投げキッス 捕まえて!(you can try!) 終わらない冒険に出掛けよう いつまでも どこまでも
departure! -ゴンversion-ゴン=フリークス(潘めぐみ)ゴン=フリークス(潘めぐみ)羽場仁志・TEAM HUNTER羽場仁志大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!  孤独でも 一人じゃないさ 生まれてきたことに 必ず意味がある  優しさに 満ち溢れてる 青い地球にありがとう  You can smile again 太陽浴びて You can fly away 世界は君の 輝きを待ってる  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) “始まり”はいつでも遅くないさ 何度でも立ち上がれ!  最後まで あきらめないさ やり続けることに 必ず意味がある  You just try again 闇を抜けて You just go away 未来はいつも 僕たちを待ってる  大空駆けぬけて 海原越えて行け 天使の投げキッス 捕まえて!(you can try!) まだ誰も見たことない世界へ 飛び出そう明日  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) 終わらない冒険に出掛けよう いつまでも どこまでも  流れ落ちる涙 勇気に変えていく 天使の羽広げ 舞い上がれ!(you can fly!) 悲しみも痛みも包みこんで 強くなれ明日  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) “始まり”はいつでも遅くないさ 何度でも!(you can try!) 何度でも!(you can try!) 何度でも立ち上がれ!
エンドレス・ラブみゆき&ノブフキみゆき&ノブフキ荒木とよひさ羽場仁志水島康貴グラスの中の水平線に 夕陽が沈みかけてる 別れの場面 解っているから 心の裏側で 涙隠すだけ もう恋人にもどれないなら このまま好きでいるより 昨日を過去の破片(かけら)にすれば 幻(まぼろし)で終わるはず いつも 追いかけて 離され そして 離されて 追いかけて いつも 求められ 許して そして 許しては また抱かれ それでも Endless Love(エンドレス・ラブ) 悲しみは 私だけのもの  さよならだけが時間を止める すべてを切り取るように 綺麗な最後 それはずるいわ あなたの脇役を してただけじゃない もうすがるほど若くはないから ひとりで席を立ち上がり 急いでTAXI 右手で拾えば 未練などないはず  いつも愛じゃなく 触れられ そして触れられて 愛じゃなく いつも拒んでも 瞳(め)を閉じ そして瞳(め)を閉じて また抱かれ それでも Endless Love(エンドレス・ラブ) 悲しみは私だけのもの  それでも Endless Love(エンドレス・ラブ) 悲しみは私だけのもの
今夜は夢でも見ましょうか和田アキ子和田アキ子松井五郎羽場仁志林有三泣きたいときでも泣けなくて がんばり過ぎれば後がない いつでもこれから行く場所を 誰もが探してる  たまには止まって悔やんだり 悩んで迷って無理もする どっちへ行っても長い道 まちがうのも人間だ  思い出なんかに すがりつかないで 前を向いてれば まだ まだ まだ行ける  傷つくくらいかまわない いろいろあるのも悪くない 今夜は夢でも見ましょうか  ないものねだりするよりも あるものしっかりつかみたい 押したり引いたりその先は 一度だけの人生だ  言い訳なんかで 終わりにしないで 前を向いてれば まだ まだ まだやれる  思ったままでかまわない 明日がわかっちゃつまらない 今夜は夢でも見ましょうか  思い出なんかに すがりつかないで 前を向いてれば まだ まだ まだ行ける
悲しみを幸せに…紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志子供の頃みんな未来(ゆめ)を 描いて遊んでいた 悩むことも少しだけで 目覚めれば忘れて 鳥のように空を翔(と)べて 花のように愛され 生きることの遠い場所も 考えることなく 人は生まれたことの 喜びに背をむけて 時には人生のせいにして 傷つくけれど 心は弱くはない どんなに辛いときも いま悲しみを 幸せに取りかえて  子供の頃みんな星を 数えて恋をしてた 不思議なこと胸にかかえ 夢の中瞳(め)を閉じ 好きな人の名前呼んで 小さな願いかけて あした逢えるそのことだけ 何度もつぶやいて 人は生まれる前に 約束をしてたはず いつかは若き日も想い出に なる日が来ると 心は泣きはしない どんなに切なくても いま悲しみを 幸せに取りかえて  心は弱くはない どんなに辛いときも いま悲しみを 幸せに取りかえて
奇跡の終止符紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志あの人は終ったの 寂しいエピローグ あとがきも読まぬまま ページを閉じてみたら 二冊目の私小説(ストーリー) 心の本箱で 時という埃(ほこり)だけを 積らせ過去に眠る 愛がもしも永遠なら それは奇跡に近いけれど 別れはすべてをこめた 昨日までの終止符(ピリオド)  あの人とちがう恋 明日(あした)のプロローグ 真っさらなめぐり逢い ふるえる生き方するの その時は結ばれる 最後の一行を 何度でも書き直して ハッピーエンドにするの 愛がもし見えるのなら それは心と同じはずね ぬくもり残したままで 昨日までの終止符(ピリオド)  もう逢うこともない もう泣いたりしない 死んだりはしないけど 涙より悲しい 愛がもし永遠なら それは奇跡に近いけれど 別れはすべてをこめた 昨日までの終止符(ピリオド)
愛の岸辺山口かおる山口かおる荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一生まれてこなければ あなたを 知ることもなく たとえば花に たとえば鳥に 身を変えて いたでしょう あゝ抱かれたら その度に 愛が愛が降りてくる 乳房(むね)の奥に 深く深く この世の果てまで あなたの他に もう愛せない ふたつの生命(いのち) 重ねてしまえば  逢えなくなったなら わたしは 死んだと同じ たとえば過去も たとえば未来(あす)も ぬけ殻に なるでしょう あゝ求め合う 激しさに 愛が愛が突き刺さる 指の先が 熱く熱く 時間を殺して あなたの他に もう愛せない 心ひとつに 解かしてしまえば  あゝ抱かれたら その度に 愛が愛が降りてくる 乳房の奥に 深く深く この世の果てまで あなたの他に もう愛せない ふたつの生命 重ねてしまえば
染められて 乱されて山口かおる山口かおる荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一心染められて 愛に乱されて 綺麗になってゆく 自分が解る 幾つか恋もしたけれど 今度の人は何かがちがう 堕ちゆく場所の 深さが違う もう止められなくて もう引き返せない たとえ不幸が どこかで待ってても  心染められて 愛に乱されて 一秒も忘れない 自分が怖い 抱かれる時も嬉しくて 涙で終わる予感がしない 淋しさひとつ 残りはしない もうわたしの中の もう生命(いのち)と同じ たとえ人生が このまま終わっても  もうわたしの中の もう生命と同じ たとえ人生が このまま終わっても
愛に乾杯坂本冬美坂本冬美湯川れい子羽場仁志若草恵私 酔ったみたい ひとりじゃ ずるいわ 世界が バラ色に 染まる 染まる 染まる  ピアニストみたいに髪を 掻き上げる仕草が セクシー いたずらな目で見られると 溜息が 出ちゃうわ  愛に 乾杯! 辛く 苦しい日々に 愛に 乾杯! 貴方の胸で泣いた 愛に 乾杯! 人生は美しい 恋する乙女のままで 生きたいの  今夜は記念日 甘えて酔えるわ 世界はバラ色に 踊る 踊る 踊る  むずかしく眉根を寄せて 考える貴方が 好きよ 優しいKissで 溶けちゃうの 神様 ありがとう!  愛に 乾杯! 疲れ 傷つけ合った 愛に 乾杯! 取り返しがつくのね 愛に 乾杯! 生きていて良かったね 恋する二人のままで いつまでも
departure!PLATINA LYLIC小野正利PLATINA LYLIC小野正利羽場仁志・TEAM HUNTER羽場仁志新屋豊大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!  孤独でも 一人じゃないさ 生まれてきたことに 必ず意味がある  優しさに 満ち溢れてる 青い地球(ほし)にありがとう  You can smile again 太陽浴びて You can fly away 世界は君の 輝きを待ってる  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) “始まり”はいつでも遅くないさ 何度でも立ち上がれ!  最後まで あきらめないさ やり続けることに 必ず意味がある  You just try again 闇を抜けて You just go away 未来はいつも 僕たちを待ってる  大空駆けぬけて 海原越えて行け 天使の投げキッス 捕まえて!(you can try!) まだ誰も見たことない世界へ 飛び出そう明日  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) 終わらない冒険に出掛けよう いつまでも どこまでも  流れ落ちる涙 勇気に変えていく 天使の羽広げ 舞い上がれ!(you can fly!) 悲しみも痛みも包みこんで 強くなれ明日  大地を踏みしめて 君は目覚めていく 天使の微笑みで 連れ出して!(you can smile!) “始まり”はいつでも遅くないさ 何度でも!(you can try!) 何度でも!(you can try!) 何度でも立ち上がれ!
愛って何?大橋利恵大橋利恵及川眠子羽場仁志淋しいのは ひとりでいるより ドキドキしない人といること 渋谷あたり あてもなくさまよう そんなアソビももう飽きた  微笑みで隠した 弱い心を叱るように 抱きしめて お願い  愛って何? 痛いほどあふれる想い 信じあえる“あなた”に出逢いたい 愛って何? わからない けどわかってる 私がいま帰る場所よ  ミニスカートも 花柄のジレも 似合わなくなるときまでに  幸せになりたい 手軽な恋は悲しみを 連れてくるだけだよ  愛って何? つらくても揺るぎないもの 紡ぎあえる“あなた”を見つけたい 愛って何? わがままで そして素直な こんな私うけとめてよ  愛って何? 痛いほどあふれる想い 信じあえる“あなた”に出逢いたい 愛って何? わからない けどわかってる 私がいま帰る場所よ  愛って何? 愛って何?
大阪 My Love秋元順子秋元順子沢田知可子羽場仁志「さよならで ええやんか…。」 夏の終わりを 噛みしめて 真剣に向き合って 生きてきたから 悔いはない  あんたの夢が 好きやったから ひとすじの道 照らしてた 月の明かりも 冷たい雨も 映画みたいに  大阪 My Love この街 輝いていたよ 愛があれば 大阪 My Soul どんなに 心痛めても 私は 愛で あんたの灯をともす  遠ざかる 光の道 背中合わせに 巡り会う 新しい人生を あんたとともに はじめたい  何度も愛が 教えてくれた 悔し涙の その先を 表も裏も 笑い飛ばして 生きてみようよ  大阪 My Love この街 あきらめたくない 愛があるよ も一度 My Soul どんなに 心いじめても あんたの 夢を この街で見させて  大阪 My Love この街 輝いていたよ 愛があれば 大阪 My Soul どんなに 心痛めても 私は 愛で あんたの灯をともす
季節の足音由紀さおり&ピンク・マルティーニ由紀さおり&ピンク・マルティーニ秋元康羽場仁志柔らかな陽が差して コートを脱ぐように 桃色の蕾たちが 春を連れて来る  気の早い蝉が鳴き カレンダーをめくり 海開き そのニュースが 夏を知らせる  季節の足音が 聞こえて来る度に 誰も 生きるという喜びに 満たされている  穏やかに 時は過ぎ 今日も輝いて 一日が終わることを 感謝してます  あの山の裾野から 色づき始めて 秋になり 雪が舞って 冬がまた来る  季節の足音は 脈打つこの鼓動 人は 何度 春 夏 秋 冬 巡るのでしょう  穏やかに 時は過ぎ 今日も輝いて 一日が終わることを 感謝してます  この場所で 見ていたい 巡るその季節 いつだって聞こえるでしょう 季節の足音
残された時間和田アキ子和田アキ子秋元康羽場仁志安部潤いつしか 空が 薄暗くなって ネオンと星が点(とも)った 見慣れた街が 遠ざかるようで 涙が止まらなくなる  思ったより 短かった 夕陽までの 道程(みちのり)  残された時間で 何ができるだろう 夢は間に合うのか 眩しい若さを 思い出す あの日の木漏れ日 影になる 残された時間で 何ができるだろう 今日が終わる前に… 最後の願いが いくつもあるから 人は 生きたいと思う  未来は 急に 現実になって 今来た道を振り向く 大事なものを 忘れてたようで 誰かに話したくなる  咲いてた花 見過ごして 今になって 気づいた  ここから一人で どこへ向かえばいい? 愛に満たされるのか? 出会いと別れが 交わって 行き着く先は 同じ場所 ここから一人で どこへ向かえばいい? 朝陽 昇る前に… 願いのすべてが 叶わぬからこそ 人は 生きたいと思う  残された時間で 何ができるだろう 夢は また見られるか? 心のかたちを 地図にして 歩いてみよう もう一度… 残された時間で 何ができるだろう 命 尽きる日まで… この世に生まれた その意味知りたい 道は まだ続いている
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Precious ~逢いたくて~秋元順子秋元順子羽場仁志・花岡美奈子羽場仁志川村栄二ただ逢いたくて 切なくて 揺れ続ける気持ち 今すべて愛に 変えていって 心刻みつけて  黄昏 街に色彩(いろ)を落とすまで二人の時間 指先 そっと唇にあてて 口づけごまかすね  愛と呼ぶには 足りなくて 願うだけでは 儚くて 不安さえ愛しさと 呼べばいい  ただ逢いたくて 切なくて 揺れ続ける気持ち 誰かと交わした 誓い破っても 今すべて愛に 変えていって 心刻みつけて 泣かせはしないさ あなただけに just fallin'love  出逢いは まるで導かれるように必然すぎて 指輪の 光る意味すら あの日の二人は見えなくて  水に漂う 熱帯魚(さかな)たち 愛する人の 寂しさも 知らないで 揺ら揺らと 泳いでる  ただ逢いたくて 切なくて 求めあう気持ち 誰かと描いた 未来奪っても 今すべて愛を 受け止めて 痛いくらい強く 後悔させない あなただけに just fallin'love  ただ逢いたくて 切なくて 揺れ続ける気持ち 誰かと築いた 日々を壊しても 今すべて愛に 変えていって 心刻みつけて 涙はいらない あなただけに just fallin'love
恋心渡辺美里渡辺美里渡辺美里羽場仁志あぁ きみのまなざしは春のよう 忘れたはずの思い この胸に甦る  学生達の賑やかな声に まぎれて歩く あの日のように ぽつり ぽつりと浮かぶ街の灯 数えてた  恋心 せつなくて 涙さえ星になる 泣かないで恋心 見つめあえる明日と 置き忘れたやさしさ そっと抱きしめていたいだけ  真っ白い息をきらし 走ってく 小さな花がひとつ 庭先に咲きました  ビルの隙間の細い路地に 冬の光が そっと 射し込むように 心潤す 言葉が欲しいと 叫んでる  恋心 せつなさは 降り積もる雪のように 揺れないで恋心 その指で温めて 遠い日のあの花火 もう一度二人でみつけて  恋心 せつなくて 涙さえ星になる 泣かないで恋心 見つめあえる明日と置き忘れたやさしさ そっと抱きしめて  恋心 せつなさは 降り積もる雪のように 揺れないで恋心 その指で温めて 遠い日のあの花火 もう一度二人でみつけて
星空の彼方で…紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志あなたとめぐり 逢うためだけに わたしはきっと 生れて来たのね ふたつの生命(いのち) 受け継ぐ愛は 喜びだけの ものじゃないから 人は誰も永遠(ゆめ)を食べて 生きてはゆけない いつの日か死別(わかれ)の そんな悲しみ用意してても また生れ 落ち合いましょうね この星空の 彼方で…  あなたの側(そば)は 小さな宇宙 子供はそうよ ふたりの惑星 この手で生命(いのち) 抱きしめるたび 愛しさだけが こみあげるけど こんな愛情(あい)も近い未来 手わたす誰かに いつの日か旅立つ そんな場面が待っているなら また逢える 約束してよね この星空の 彼方で…  人は誰も永遠(ゆめ)を食べて 生きてはゆけない いつの日か死別(わかれ)の そんな悲しみ用意してても また生れ 落ち合いましょうね この星空の 彼方で…
君と遠く離れていても紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志君と遠く離れ 愛が 届かないよ それを哀しみに 言いたくはないけど 心までふたつに 引き裂き 僕だけが いまでもたたずむ 桜の花降る 駅の並木で いま君は人生を 誰と旅してますか いま君はさよならの 何処(どこ)を旅してますか もう二度と彼を残し 途中下車はしないで  君が好きな人は きっと優しいはず その手離さずに 歩いて欲しいけど 想い出に別れが 出来ずに 僕だけが あの日を振りむく 落ち葉が舞い散る 街のテラスで いま君は人生を 誰と旅してますか いま君は幸せの 何処(どこ)を旅してますか もう二度と彼を残し 途中下車はしないで  いま君は人生を 誰と旅してますか いま君は幸せの 何処(どこ)を旅してますか もう二度と彼を残し 途中下車はしないで
恋のシャンソン人形ビューティ・スルービューティ・スルー田久保真見羽場仁志竜崎孝路言わないで 愛してるなんて 逃げないで さよならだなんて 落ちてゆくまでが 素敵なの 恋のシャンソン人形  だけど 急に ちょ・ちょ・ちょっと 待って ヴィヤン・ヴィヤン・ヴィヤン(来て来て来て) そうよ 胸の ア・ア・ア・アムール(愛) 気まぐれでしょ  ショコラの甘さで 溶かしてね ダンスホールの 汗は 光るエトワール(星) 運命に あやつりつられて 恋のシャンソン人形  燃えないで 燃え尽きてはダメ 冷めないで つめたいのもイヤ ゆらゆらと 揺らめくシャンデル(キャンドル) 恋のシャンソン人形  だけど 急に ちょ・ちょ・ちょっと もっと ヴィヤン・ヴィヤン・ヴィヤン(来て来て来て) そうよ 私 マ・マ・マ・マシェリ(愛しい女) 可愛いでしょ  せつない涙の アペリティフ(食前酒) 熱いステップ 髪は 野薔薇のアローム(香り) 運命に あやつりつられて 恋のシャンソン人形  だけど 急に ちょ・ちょ・ちょっと 待って ヴィヤン・ヴィヤン・ヴィヤン(来て来て来て) そうよ 胸の ア・ア・ア・アムール(愛) 気まぐれでしょ  ショコラの甘さで 溶かしてね ダンスホールの 汗は 光るエトワール(星) 運命に あやつりつられて 恋のシャンソン人形  私 シャンソン人形
痛がるほどに抱きしめたいMANAMANA工藤哲雄羽場仁志富田素弘何度も迷って受話器を握りしめた もうじき窓辺に夜明けの気配 二人の地図よりあなたは忙しくて ため息まじりの声が辛い  ひとりで生きているように悩まないで 私ならここにいる 同じ夢みている  あなたが痛がるほどキツく抱きしめたい あふれる想いを伝えたくて… 心が触れあうほど強く抱き合えたら まぶしい季節に一瞬で戻れるわ  車を飛ばせば目覚める時間までに あなたの部屋へとたどり着ける なんでもないこと無邪気に笑い合えた あの日の二人を忘れないで  Tシャツに着替えて外に飛び出してた 朝焼けに駆け出した こんなにも愛しい  あなたが痛がるほど熱く抱きしめたい 他には何も要らないから… 心がふるえるほど強く抱き合えたら 言葉にできないこの愛を受け止めて  あなたが痛がるほど キツく抱きしめたい あふれる想いを伝えたくて… いつでも見つめている 愛は隣にいる あなたが描いた未来まで負けないで
テレサの羽根紫レイ紫レイ荒木とよひさ羽場仁志竹内弘一あなたは青空に 心を遊ばせ 今でも微笑みを 投げかけている 風より優しい 姿に身を変えた 歌声この手に乗せれば すぐそばにあなたはいる テレサの羽根は 追憶(おもいで)だけじゃなくて 天国(そら)から降りる 切なさだから テレサの羽根は 悲しみだけじゃなくて 愛より深い 心の答え  あなたは青空を 時には曇らせ 生きてるそれだけで人間(ひと)は悲しむ 花より綺麗に 生れても今では 言葉の雫(しずく)を残して 胸の中歌いかける テレサの羽根は 永遠だけじゃなくて 授かる生命(いのち)の 愛(いと)しさだから テレサの羽根は 優しさだけじゃなくて 愛より深い 涙の答え  テレサの羽根は 追憶(おもいで)だけじゃなくて 天国(そら)から降りる 切なさだから テレサの羽根は 悲しみだけじゃなくて 愛より深い 心の答え
よく遊びよく学べNYCNYC羽場仁志羽場仁志石塚知生ドキュンとしちゃって 恋が弾けた 目が合えば いい感じ とろけちゃう ドキュンとしちゃって 君に触れたい 刺激的 赤いリボン しびれちゃう  僕らは何にも知らないんです 制服なんかで 隠さないで 合言葉は「元気?」  よく遊びよく遊べ 素敵な僕らのフューチャー よく遊びよく学べ 裸になって 汗かこう! 落書きで埋めたテキスト それも忘れないでね  ドキュンとしちゃって 目が離せない かき上げた 長い髪 まぶしくて ドキュンとしちゃって 授業にならない 胸さわぎ うら若き 悪あがき  知らない世界がたくさんなんです 身も心も育ち盛りな 知りたがりジェネレーション  よくはしゃぎよく遊べ 広がる僕らのフューチャー よく遊びよく笑え 今しか出来ないから これからの僕らのために 僕ら学ぶのだから  よく遊びよく遊べ 目覚めろ!僕らのフューチャー よく遊びよく学べ 明日はきっと もっと Good Day 愛で満ちた地球(ほし)よ輝け! それを忘れないでね
Love comedy(ラブコメ)ららばい湯原昌幸&The Swing West湯原昌幸&The Swing West荒木とよひさ羽場仁志佐藤準黒い下着は 別れの喪服 たった五分で 話を決めりゃ 未練の未(み)もない 冷たいシャワー あたしが勝手に出てゆくからさ Love comedy(ラブコメ)ららばい 半年メール ハートも少しは 飛んだけど 逢わなきゃ あんたは 死んだと一緒 いちゃいちゃいちゃしてな ちがう彼女(おんな)と  ケチな酒場で 安酒飲みな 愛はmoney(お金)に 弱いと解る 心も身体も 生ものだから 誠意がどうとか 関係ないさ Love comedy(ラブコメ)ららばい 二時間ドラマ チャンネル指で 消したから 観(み)えなきゃ あんたは 空気と同じ いちゃいちゃいちゃしてな ちがう彼女(おんな)と  Love comedy(ラブコメ)ららばい 半年メール ハートも少しは 飛んだけど 逢わなきゃ あんたは 死んだと一緒 いちゃいちゃいちゃしてな ちがう彼女(おんな)と いちゃいちゃいちゃしてな ちがう彼女(おんな)と
恋一夜天童よしみ天童よしみ羽場仁志羽場仁志酔えば酔うほど 一人が寒い 優しくしちゃうのが 私の悪い癖 つらい別れが 運命なら あんたに出会った意味を知りたい 酔い痴れて 夢一夜 抱いて 恋一夜  言えば言うほど 変わってしまう 黙って流すのが 貴方の悪い癖 別れることが 運命でも あんたと過ごした日々は消えない 酔いつぶれ 夢一夜 泣いて 恋一夜  逢えば逢うほど 愛しさつのり 心底惚れるのが 私の悪い癖 別れの涙 未練酒 あんたに逢いたい 逢いに行きたい 酔い濡れて 夢一夜 咲いて 恋一夜  酔い濡れて 夢一夜 咲いて 恋一夜
雪の蝶々大木綾子大木綾子秋元康羽場仁志樫原伸彦ここまで来れば忘れられる 冬の信濃路 女 一人 心の坂を登り続けて 未練 断ち切る 善光寺  愛しても 愛されても 叶うことない 恋の終わり  雪の蝶々よ ひらひら舞って 雪の蝶々よ いつしか消える 雪の蝶々よ 儚い命 空を恨むな 水になれ  自分に嘘をいくつつけば 楽になれるの? 重い荷物 旭山まで遠く眺めて そっと ため息 山門(さんもん)へ  愛しさを 追いかけても 届くことない 夢の続き  雨に変わって しとしと濡れて 雨に変わって あなたはいない 雨に変わって 冷たい雫(しずく) 涙 恨むな 春になれ  雪の蝶々よ ひらひら舞って 雪の蝶々よ いつしか消える 雪の蝶々よ 儚い命 空を恨むな 水になれ
鴎を売る女神野美伽神野美伽荒木とよひさ羽場仁志伊戸のりお鴎はいらんかい 可愛い鴎だよ 人の言葉も話すしさ お酒だって飲めるしさ 新宿港に 船などないよ あるのは人の 波ばかり 鴎… かもめ… あたしの生んだ鴎だよ  鴎はいらんかい 慰め上手だよ 涙は食べてくれるしね 逃げたりなんかしないしね 新宿港に 落とした夢は 浮かんじゃこない なにひとつ 鴎… かもめ… あたしの生んだ鴎だよ  鴎… かもめ… あたしの生んだ鴎だよ 鴎… かもめ… あたしの生んだ鴎だよ
潮騒門倉有希門倉有希荒木とよひさ羽場仁志悲しいけれど 別れることが わたしに出来る 最後の務(つと)め  あんなに求め あんなに縋(すが)り 海より深く 愛してたけど  忘れてあげる ふたりの為に 通りすがりの 短い恋人  夕陽よ 悪いのは あの人じゃない 夕陽よ 指さきに 沈んでしまう  死ぬことだけは いけないことと 約束してた 自分の胸に  ふたたび生れ 出逢えるならば 鴎になって あなたの空へ  許してあげる 明日(あした)の為に いい人だった 悲しい恋人  夕陽よ 悪いのは 想い出じゃない 夕陽よ 倖せが 沈んでしまう  夕陽よ 悪いのは 人生じゃない 夕陽よ 潮騒に 沈んでしまう
キララ・キララ・バカ和田アキ子和田アキ子荒木とよひさ羽場仁志林有三捨てちゃえば 涙はただの雨(あま)だれ 指輪にもならない ガラス玉だよ 捨てちゃえば 心の紙屑は丸め 想い出をつめ込む ゴミ箱じゃない もっと遊び もっと騒ぎ もっと気楽にやれよ 今日は今日さ 明日(あす)は明日(あす)さ 生きることは眼差しが キラキラしてること 人生は自分だけのもの いつも男たちは 可愛い女を望むけど ときめきに鍵は かからない たとえこの胸を おさえても キララ キララ キララ…バカ  捨てちゃえば 昨日(きのう)も古い時代も 若さより綺麗な 今があるから もっと弾け もっと光り もっと自由になれよ 人は人さ 花は花さ 生きることは恋よりも ハラハラ出来ること 人生は一度だけのもの いつか夢の終り この肩先を呼びとめても ときめきの窓は 開けたまま ひとり黄昏(たそがれ)に 染まるけど ハララ ハララ ハララ…バカ  ときめきに鍵は かからない たとえこの胸を おさえても キララ キララ キララ…バカ
木綿の鴎伍代夏子伍代夏子荒木とよひさ羽場仁志右に石狩 左に小樽 昔(むか)しゃ鰊(にしん)の 銀の海 あたしゃ一生 木綿の鴎(かもめ) 飛べはしないさ 陸(おか)なんて あんたが恋しきゃ 籾殻(もみがら)枕 冷酒(ひや)で一杯 引っかけて 早よ寝れや 早よ寝れや 乳房(むね)をおさえて 早よ寝れや  春は遅かろ 鉛(なまり)の空は 晩(よる)にゃ吹雪が 戸板(と)を叩く あたしゃテレビで 流行(はやり)の演歌(うた)を 一度行きたい 東京へ 強がり言っても 淋しいときにゃ 写真のあんたに 手を合わす 早よ寝れや 早よ寝れや 汽車の夢見て 早よ寝れや  あんたが恋しきゃ 籾殻(もみがら)枕 冷酒(ひや)で一杯 引っかけて 早よ寝れや 早よ寝れや 乳房(むね)をおさえて 早よ寝れや
瀬田の夕暮れ伍代夏子伍代夏子友利歩未羽場仁志川面に映る 茜の空が 心変わりに 澄んで見える 遠い瞳(め)をして 黙ったままで あなたは誰を想うのか 瀬田の夕暮れ 宵の闇 ぽつりぽつりと 灯(ひ)がともる  寝ぐらに帰る 水辺の鳥が 翼広げて 飛び立つように 胸にさざ波 たててくひとよ あなたは何処へ帰るのか 瀬田の夕暮れ 穏やかに 川は琵琶湖へ 流れ往(ゆ)く  橋の欄干 擬宝珠(ぎぼし)が並び 恋の終わりを 見届けるよう 風が冷たく 心を梳いて 涙がふいに溢れだす 瀬田の夕暮れ 唐橋を ひとりきりでは 渡れない  瀬田の夕暮れ 宵の闇 ぽつりぽつりと 灯(ひ)がともる
懺悔門倉有希門倉有希荒木とよひさ羽場仁志白井良明百ほどの懺悔(ざんげ)に 跪(ひざまず)きそして この胸に掌(て)をあて 許しを乞うても  生きているそれだけで 人間(ひと)は罪深く この現世(よ)に生れた 悲しい生き物  あぁ…神よ あなたの声が聴きたい 傷つけ 傷つく 心の奥に  野に咲く花よ 空翔(と)ぶ雲よ 何故に生れて 生れて来たの  汚(けが)れない子供の 笑い声それは 懺悔(ざんげ)さえ知らない 遠き日の自分(わたし)  時間(とき)という方舟(はこぶね)に 人間(ひと)は乗せられ 一瞬の幸福(まぼろし) 食べてる生き物  あぁ…神よ あなたの姿見えない 瞳(め)を閉じ 瞳(め)を開け 信じてみても  きらめく星よ ちぎれる雲よ 何故に遠くに 遠くにいるの  あぁ…神よ あなたの声が聴きたい 傷つけ 傷つく 心の奥に  野に咲く花よ 空翔(と)ぶ雲よ 何故に生れて 生れて来たの  きらめく星よ ちぎれる雲よ 何故に遠くに 遠くにいるの
途中下車湯原昌幸湯原昌幸荒木とよひさ羽場仁志若草恵何十年ぶりの あなたとの出逢いを 偶然だけの 終りにしましょう  週末の食事 これ以上続けば あの日の別れと 同じになるから  懐かしさは倖(しあわ)せを 装うけれど 抱かれてしまうほどの もう愛はない あなたには帰る 場所がある わたしにも帰る 駅がある 想い出の途中下車 ふたりはしただけ  メールアドレスを 消すだけでこのまま 逢うこともない 他人になれる  わずか3ヶ月(みつき)でも 口紅変えるほど 心のどこかで ときめいてたけど  懐かしさに今を捨てて 着換えてみても 悲しみよりも深い もう愛はない あなたには守る 家庭(いえ)がある わたしにも守る 人生(あす)がある 想い出の途中下車 ふたりはしただけ  懐かしさは倖(しあわ)せを 装うけれど 抱かれてしまうほどの もう愛はない あなたには帰る 場所がある わたしにも帰る 駅がある 想い出の途中下車 ふたりはしただけ
ドルフィン・ブルーの朝KAIKAI松井五郎羽場仁志Everyday 追い越される風 Everyone 忘れそうな空 Everywhere 行き止まりの街 Everything 色褪せてる日々  Someday なにかを探して Someone 抱きしめられたら Somewhere 次の朝がある Something そこがはじまり  たまに自分に逢いに 海へ行こうか  心に向かって Do the right thing そのままの 君でいいさ  できることからで かまわない 焦らずに それでいいさ  心の真ん中 Do the right thing いつだって 見ているから  少し休んでも かまわない また前に 進むために  Someday 虹を駆け上がり Someone 手を握りしめて Somewhere 新しい場所へ Something そこがはじまり  遠くへ行こうか  心に向かって Do the right thing そのままの 君でいいさ  できることからで かまわない 焦らずに それでいいさ  そう自分らしく Do the right thing いつだって 見ているから  やりたいことには 羽がある 羽ばたいて みればいいさ  LALALA‥ Do the right thing そのままの 君でいいさ  LALALA‥ Do the right thing そのままの 君でいいさ
花筏-Hanaikada-天童よしみ天童よしみ音羽志保羽場仁志若草恵夢を追いし 蒼き空と 遠いまちを 流れ流れ 魅せる時は 糸遊(しゆう)のよに 誰の舟に こころ休め 声もなく包み込む 花筏それと似て  母よいつの日か 母よわたしの背にもたれ 幼き日のこと 話しておくれ この大地に腕を広げ  母よありふれた 母よ「ありがとう」を どれだけ綺麗なことばよりも 贈りたい  十月(とつき)十日(とおか) 海のなかで ふたりおなじ 夢を見ては 今日のときを 迎ふ日まで 誰の舟に 涙おとし やわらかく導いて 花筏それと似て  母よ時はただ 母よあなたに寄り添って 温かく照らす 木漏れ日のように この大地にふりそそいだ  母よ何度でも 母よ呼んでみるよ ゆらりゆらりと流れた日々を 思い出す  母よいつの日か 母よわたしの背にもたれ 幼き日のこと 話しておくれ この大地に腕を広げ  母よありふれた 母よ「ありがとう」を どれだけ綺麗なことばよりも 贈りたい
YOUやっちゃいなよ!!滝沢秀明滝沢秀明羽場仁志羽場仁志川端良征真夜中の 急な電話に 呼び出されても 今日は東?明日は西? はちゃめちゃ色々あるけど  踊っちゃいなって言われたら やるしかないよね でもDokiDokiしちゃうから クセになりそうだ。  Ah Han Ah Han 泣きたくても Ah Han Ah Han 何度も言い聞かせて Happy Day  だから わっはっはっのハッ!わっはっはっのハッ! 笑い感動!(What I Can Do!) そうさ人生 一度きり たとえ戸惑ったりしても わっはっはっのハッ!わっはっはっのハッ! オーライ感動!(All I Can Do!) 思うがまま突っ走れ 呼び覚ませ未来 わっは!わっはわっは!You Can Do It! YOUやっちゃいな!  年がら年中 無我夢中 「タフだね~」って言うけど 行きたいとこあったりして 辛さに耐えたよ3ヶ月  飛んじゃいなって言われたら やるしかないよね でもお陰でお芝居も 好きになりました。  Ah Han Ah Han 恋?してるよ Ah Han Ah Han だからここまで来れたんです  いつも わっはっはっのハッ!わっはっはっのハッ! 笑い感動!(What I Can Do!) そうさ人生 春夏秋冬 たとえカラ回りしても わっはっはっのハッ!わっはっはっのハッ! オーライ感動!(All I Can Do!) 全て忘れリセットして 呼び覚ませ未来 わっは!わっはわっは!You Can Do It!
Here I am近藤隆近藤隆山田ひろし羽場仁志強がりな君 いつも 僕の前を歩く 長い髪を風に遊ばせ  振り向きもせず 僕に 話しかけるのに 聞き逃すと すぐに怒るね  いつだって ここにいて 君を見つめていること 当たり前でいいよ 背中を預けてくれ  君の場所はここだよ きっと 分かってる だから どんな時だって 君は思うまま 歩いていいよ  強く 激しく 守ることよりも 穏やかな午後 吹く風のように 君を守りたいんだ 背中からね  “君は強いから”と 思わず口にした あの夜 君は泣きながら 本気で怒ったね 忘れないよ きっと  僕はここだよ いつも ここにいる だから どんな時だって 君は振り向かず 歩いていいよ  強く 激しく 守ることよりも 穏やかな午後 吹く風のように 君を守りたいんだ  背中からね
キセキじゃない近藤隆近藤隆山田ひろし羽場仁志空を見上げる君を 静かに 見つめていた 光が 笑顔に触れる せつないほど キレイだよ  僕たちが 出逢えたことは 何故なんだろう? 運命をきっと 引き寄せた  キセキじゃない 約束されてた その瞳 僕を映すまで いくつの涙 零いて 来たのかを教えて 今すべて 受け止めてあげよう  誰かを守りたい 思う日が 来るなんてね 僕は僕のためにしか 生きては いなかった  僕を呼ぶ その声 愛しさのすべてを 守りたい ずっと 離さない  キセキじゃない 愛がここにある 強くなろう 今の僕よりも 抱きしめあえる ふたりを 永遠に守ろう 本当の はじまりを  キセキじゃない 約束されてた その瞳 僕を映すまで いくつの涙 零いて 来たのかを教えて 今すべて 受け止めてあげよう
だめよ!だめよ!だめよ!!椎名へきる椎名へきる中山加奈子羽場仁志「好きだよ」どれくらい? 心に 響かない 誰もが うらやむ恋人 それなのに  二度目の 夏が来て あなたは 優しくて あまりに わたしを知らな過ぎる  恋する胸の中は 歯痒さと 苛立ちで 今日も 破裂しそうよ  だめよだめよだめよだめよ これじゃ あなた気付かないの? 朝も夜も待ち続けてたのは そんな言葉じゃない もっと真っ直ぐに もっとリアルに わたしを見てよ  あなたの 体温が わたしを 包み込む その時 感じる何かを 信じたい  豪華な ディナーとか 磨いた 車とか どうして そればかり気にするの?  あなたの胸に潜む 汚さも 不条理も すべて 愛してあげる  だめよだめよだめよだめよ これじゃ あなた演じてるの? 本で読んだ男らしさなんて 早く飛び越してよ もっとそのままの もっと自然な あなたが見たい  ふたりでたどり着くの なにもかも 超えてゆく 強い ほんとの恋に  だめよだめよだめよだめよ これじゃ  だめよだめよだめよだめよ これじゃ あなた気付かないの? 朝も夜も待ち続けてたのは そんな言葉じゃない もっと真っ直ぐに もっとリアルに わたしを見てよ  だめよだめよだめよだめよ これじゃ あなた気付かないの? うわべだけじゃいつか終わりが来る それじゃ悲しすぎる もっと真っ直ぐで もっとリアルな ふたりでいたい
乙女はDO MY BESTでしょ? 2007ver.アリカ(菊地美香)&ニナ(小清水亜美)&マシロ(ゆかな)&舞衣(中原麻衣)&ナツキ(千葉紗子)&ミコト(清水愛)アリカ(菊地美香)&ニナ(小清水亜美)&マシロ(ゆかな)&舞衣(中原麻衣)&ナツキ(千葉紗子)&ミコト(清水愛)畑亜貴羽場仁志勇気が願いかなえるのよ DO YOUR BEST? 負けないように進みましょう  始まったよ わたしだけを待つ物語がいま 逃げ出すより立ち向かえばいいね それが乙女の勇気  がんばってるよ 胸がきゅんと淋しくなる時も笑顔で  NO,NO,NOはない! かならずあなたの世界の中に 楽しい未来がある 守ってあげたいの だいじょうぶよ キレイな想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう  恐れないで 自分の弱さにもきっと意味がある 苦手だった無邪気さとか…そう 変わる乙女もいいね  話すのがイヤだと背中向けた時も ぬくもりくれた  DO DO DO MY BESTで いつも心駆けてきたけど たまには深呼吸でだいじな人のこと 考えて ちいさな願い そっと語ってみましょうか ずっとあなたの側にいたい  NO,NO,NOはない! あなたもわたしも世界の中で DO DO DO MY BESTの 本気を出してきらめいているから すべての想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう 負けないように進みましょう
SAMURAIタッキー&翼タッキー&翼羽場仁志・井筒日美羽場仁志CHOKKAKU大胆な汗でつかみませんか? 素敵な眼差しで ちっぽけだけど輝き満ちた 夢も胸にあります  星の数ほど悔いあれど 生まれ変われる明日がある 何故に聞こえる流行り歌 涙照らして消えた  “I”をつらぬきひたむき “I”を疑うことなき 響き合う愛の剣 SAMURAI SAMURAI 諦めたくない感情! 奏でる誓いで参上! つかみとれ夢の戦場 SAMURAI SAMURAI 紅の衣まとい 誰が為 “侍”  迷っているなら始めませんか? 一途に追いかけて 終わらせるのはいつだって出来る それが勇気の呪文  空の色ほど夢あらば 過去にあがなう明日を知る 眠れる牙の子守歌 目覚めの歌に 変えて  “I”に燃え尽ききらめき 後ろ振り向くことなき 舞い落ちる愛で吹雪 SAMURAI SAMURAI “I”されたいのが衝動! “I”することが感動! 木霊(こだま)する胸の鼓動 SAMURAI SAMURAI 夜明けの星まとい 誰が為 “侍”  “I”をつらぬきひたむき “I”を疑うことなき 響き合う愛の剣 SAMURAI SAMURAI  “I”に燃え尽ききらめき 後ろ振り向くことなき 舞い落ちる愛で吹雪 SAMURAI SAMURAI “I”されたいのが衝動! “I”することが感動! 木霊(こだま)する胸の鼓動 SAMURAI SAMURAI 夜明けの星まとい 誰が為 “侍”
渚のCHERRYAKB48AKB48秋元康羽場仁志景家淳CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL あなたが走る CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 水しぶき  白い砂浜で脱いだサンダル 打ち寄せる波が夏を運んで来る  裸足の恋なら どこまででも行ける 憧れてた SEVENTEEN  CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 逃げる私を CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 追いかけて!  丸い太陽がジリジリ照らすの 差し出した手と手 触れたその瞬間  初めてのキスは 甘くて酸っぱくて わからなかった 渚のキュン  CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 瞳を閉じて CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 潮風の中  Tシャツの胸に 顔を埋めながら 聞いていたの あなたは海  CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 逃げる私を CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 追いかけて!  CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL あなたが走る CHERRY CHERRYBOY CHERRY CHERRYGIRL 水しぶき
水の祈り -JOY-MAO/dMAO/d渡辺なつみ羽場仁志亀田誠治この胸の 渇き潤す あなたこそ 愛しき人 JOY TO THE SUNRISE 目覚めるたびに その優しさ 抱きしめたい  ちゃんと 向き合えるものなんて何も 見つけられずに 生きてた  モウナニモイラナイ オクリモノモ アイヲツタエルコトバモ ゼンブイラナイ ソノヒトミニウツル ワタシハ 今 コンナニモミチルノ  長い夜 会えない時間 数えるたび 好きと思う JOY PLEASE FOREVER 声を聴かせて その夢を もっと聴かせて  ずっとそばにいて この胸切なく 流れ続けてる―祈り―  きっとめぐり逢えた かけがえのない たったひとつの笑顔に あなただった たどり着きたかった温もりは 私包む光  どんな淋しさも 愛に変えてゆく こんな奇跡を 待ってた  モウナニモイラナイ オクリモノモ アイヲツタエルコトバモ ゼンブイラナイ ソノヒトミニウツル ワタシハ 今 コンナニモミチルノ
瞳で抱いてて石井明美石井明美工藤哲雄羽場仁志たそがれ 街の色を染めてく ひじを付いてあなたは 窓の外をみてるだけ  はじめて 巡り逢ったこの店 わざと連れて来たのに 覚えてもいないのね  恋が愛に変わったら 刺激よりも安らぎサ… このごろ視線を そらしてばかりね  きっと愛しても愛しても 愛したりない 今もあふれてるこの想い もっとみつめて  きっともう誰も代われない あなたしかいない おなじ切なさがあるのなら ずっと抱いてて 瞳で…  ときどき すごくすごく逢いたい そんな夜があるのに 以前(マエ)のように会えないね  携帯 話しながら夜更けに ドアの前に来てたね あの頃に泣けてくる  こんなこんな好きなのに うまくあまくかわされて ちかごろしっかり あなたがみえない  きっと愛だけがあればいい なにもいらない どんな言葉でも語れない もっと感じて  いつもつよがって待っている 女性(ヒト)になれない 意地のさよならが来ないよう ずっと抱いてて いつまでも…  きっと愛しても愛しても 愛したりない 今もあふれてるこの想い もっとみつめて
ときめきは眠らない石井明美石井明美工藤哲雄羽場仁志さよならの後も季節は過ぎてく 振り返ればなんにも始めてないね 右側を今も少し空けていた 人波に溶け込んで歩き出したい  何度も声がききたくて 指に触れたくて あてのない電話を 待ち続けたけど…  愛さずにいられない 胸もとが熱くなる ときめきは眠らない 目の前にあふれている  泣き明かして泣き疲れて 生まれ変わってく 新しい出逢いを探してる  賑やかな街で ふれあいの笑顔 ありのままに素直に感じてみたい  傷つくことが怖くって 瞳とじていた 淋しい…と心が おもい始めたら…  愛さずにいられない 今だからわかること 切なさは嘘じゃない 待っている誰かがいる  まだ知らないまだ見えない 明日があるから 運命の出会いを信じてる 信じてる  鏡にうつるシルエット 少し痩せたけど 前よりもやさしく きっと微笑(わら)えるわ…  愛さずにいられない 胸もとが熱くなる ときめきは眠らない 目の前にあふれている
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
カッコつかないTonightタッキー&翼タッキー&翼羽場仁志羽場仁志目と目が合うたび 視線を外した かなり大胆な 曲線のフォルム 誰かと誰かが 噂で持ち切り 今 世界中が 鐘を鳴らしてる  Oh 神様! 気まぐれな 君を好きになってしまったかもしれない yeah yeah Oh 神様! お願い! 魔法を解いて 早く!  情熱の恋心 会いたい気持ちが律儀 高鳴りが胸を打つ 激しいBeatで BA BAN BAN 隠せない恋心 君の前だと空回り Ah いつも 何故カッコつかないTonight  手と手を合わせて 幸せ不幸せ かなり斬新な コラボレーション 五感で感じて 常識ギリギリ 今 世界中が 歓喜の輝き  Oh 神様! 胸騒ぎ 心奪われてしまったかもしれない yeah yeah Oh 神様! 教えて! 彼女の気持ち 早く!  情熱の恋心 悩まし狂おしリズム 叩き出し わし掴み HipなBeatで BA BAN BAN 加速する恋心 アクセル全開止まらない Ah いつも 何故カッコつかないTonight  情熱の恋心 会いたい気持ちが律儀 高鳴りが胸を打つ 激しいBeatで BA BAN BAN 隠せない恋心 君の前だと空回り Ah いつも 何故カッコつかないTonight
乙女はDO MY BESTでしょ?石田燿子石田燿子畑亜貴羽場仁志勇気が願いかなえるのよ DO YOUR BEST? 負けないように進みましょう  始まったよ わたしだけを待つ物語がいま 逃げ出すより立ち向かえばいいね それが乙女の勇気  がんばってるよ 胸がきゅんと淋しくなる時も笑顔で  NO,NO,NOはない! かならずあなたの世界の中に 楽しい未来がある 守ってあげたいの だいじょうぶよ キレイな想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう  恐れないで 自分の弱さにもきっと意味がある 苦手だった無邪気さとか…そう 変わる乙女もいいね  話すのがイヤだと背中向けた時も ぬくもりくれた  DO DO DO MY BESTで いつも心駆けてきたけど たまには深呼吸でだいじな人のこと 考えて ちいさな願い そっと語ってみましょうか ずっとあなたの側にいたい  NO,NO,NOはない! あなたもわたしも世界の中で DO DO DO MY BESTの 本気を出してきらめいているから すべての想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう 負けないように進みましょう
Ho! サマーGOLD LYLICタッキー&翼GOLD LYLICタッキー&翼羽場仁志羽場仁志夏に抱かれた君は (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!) 危険な視線を集め (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!) パレオの君 腰振り気味 甘い誘惑 あの夏の日…きっと忘れない (ホッ サマー! ホッ サマー!)  「小麦色した 肌がキレイでしょう?」 誰も止められない Ha Ha Ha~an Ha Ha Ha~an  恋はサーフィン 夏色にYEAH! YEAH! 陽光(ひかり)よ 裸足の季節へと 君を照らせ! 恋のサーフィン 誰かきっとダーリン お願い! 太陽のシャワー プリーズ プリーズ ミー YEAH!  (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!)  夏を彩る君は (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!) 焦らされ乱されバケーション (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!) 青い果実 微熱の風 捕まえてく 無邪気な笑顔の瞳がSEXY (ホッ サマー! ホッ サマー!)  渇いた心 暑い夏の仕業(しわざ)? だけど止められない Ha Ha Ha~an、Ha Ha Ha~an  恋はサーフィン 波乗りYEAH! YEAH! 陽光よ 波間も突き抜けて 君を照らせ! 恋のヴァージン 誰かきっとダーリン お願い 太陽のシャワー プリーズ プリーズ ミー YEAH!  (ホッ サマー! ホッ ホッ サマー!)  恋はサーフィン 夏色にYEAH! YEAH! 陽光(ひかり)よ 裸足の季節へと 君を照らせ! 恋はサーフィン 波乗りYEAH! YEAH! 陽光(ひかり)よ 波間も突き抜けて 君を照らせ! 恋のヴァージン 誰かきっとダーリン お願い 太陽のシャワー LAST SUMMER DREAM YEAH!
乙女はDO MY BESTでしょ?アリカ(菊地美香)&ニナ(小清水亜美)アリカ(菊地美香)&ニナ(小清水亜美)畑亜貴羽場仁志大久保薫勇気が願いかなえるのよ DO YOUR BEST? 負けないように進みましょう  始まったよ わたしだけを待つ物語がいま 逃げ出すより立ち向かえばいいね それが乙女の勇気  がんばってるよ 胸がきゅんと淋しくなる時も笑顔で  NO,NO,NOはない! かならずあなたの世界の中に 楽しい未来がある 守ってあげたいの だいじょうぶよ キレイな想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう  恐れないで 自分の弱さにもきっと意味がある 苦手だった無邪気さとか…そう 変わる乙女もいいね  話すのがイヤだと背中向けた時も ぬくもりくれた  DO DO DO MY BESTで いつも心駆けてきたけど たまには深呼吸でだいじな人のこと 考えて ちいさな願い そっと語ってみましょうか ずっとあなたの側にいたい  NO,NO,NOはない! あなたもわたしも世界の中で DO DO DO MY BESTの 本気を出してきらめいているから すべての想い 宝石よりも光る 誇りを持って進みましょう 負けないように進みましょう
花よ踊れ中森明菜中森明菜夏蓮羽場仁志上杉洋史色褪せた花 風にふるえて 何も夢見ず ただ待っている  どこへ 行けると言うの 天を見あげて訊く あきらめたら終わり 突然風が叫ぶ  それは孤独よ 消えない孤独 果てなく続く ピルエット 求めていたの 渇いていたの 固く唇 閉じたまま おいで力よ 眠った力 今新しく 生まれるの もっと激しく もっと優しく 色鮮やかに 咲くために  今日までずっと 忘れられてた 情熱という ひとつの蕾  誰の ためにでもなく 天を見あげて咲く 踊れ小さな花 風をあやつりながら  それは光よ あふれる光 眩しさに眼を 閉じるけど 瞼の裏の 闇を照らして 躯を焦がす 熱がある ごらん炎よ はじける炎 今鮮やかに 燃えあがる 生きてる限り 愛する限り 決して枯れない この花は  それは孤独よ 消えない孤独 果てなく続く ピルエット 求めていたの 渇いていたの いつも口には しないまま おいで力よ 眠った力 今新しく 生まれるの もっと激しく もっと優しく 色鮮やかに 咲くために
信じていいよね小川範子小川範子工藤順子羽場仁志林有三今度いつ 逢えるのって 尋けずに なんだか 頼りない 言葉が残るだけ “また いつか!” “じゃあ またね!”  いつも 胸の中 細い弦が 震えてる その目に その声に ときめいているから  信じていいよね 今 溢れる この気持ち 信じていいよね 逢えるよね またすぐ  せつないの 私ばかり 待ってる 気がして 果てしなく 不安がつのるけど 大丈夫 そう きっと  いつも 夢ひとつ 高い空に 浮かんでる 密かに 変わらずに 輝いているから  信じていいよね あの優しさ 本気よね 信じていいよね 約束は 無いけど  信じていいよね 今 溢れる この気持ち 信じていいよね 逢えるよね 明日は
愛してるっていわない!中山美穂中山美穂安藤芳彦羽場仁志樫原伸彦ガラスの様に せつない心を隠して あなたのこと遠くでみつめる毎日 恋人と呼べる勇気 持てるように あなたの その心に 魔法をかけたい  かたかた想い JINとしちゃう こんな気持 少しわけてあげたい DON'T KISS ME だけど DON'TTOUCH ME 離れたまま 見つめあいたい気分 TRY TO LOVE 素直になって TRY TO BE LOVED  はしやぐだけの恋では ものたりないから やるせなさを あなたが私に教えて  心を見せないように 歩く街は 素敵な恋の夢に 輝き始める  ゆらゆら揺れる 腕の中で 夢を見たい 口に出せない性格 DON'T KISS ME ふたり DON'T TOUCH ME 意地っぱりな 似た者同志だけど TRY TO LOVE あせっちゃだめよ TRY TO BE LOVED  まだまだだめよ 大人気ない 自分の事 少し反省してる DON'T KISS ME だから DON'T TOUCH ME だまったまま 見つめ合いたい気分 DON'T KISS ME 今は DON'T TOUCH ME 離れたまま 愛し合いたい気分 DON'T KISS ME ふたり DON'T TOUCH ME 意地っぱりな 似た者同志だけど  TRY TO LOVE 素直になって TRY TO BE LOVED TRY TO LOVE あなたのために TRY TO BE LOVED TRY TO LOVE わたしのために TRY TO BE LOVED TRY TO LOVE あせっちゃだめよ TRY TO BE LOVED
VenusGOLD LYLICタッキー&翼GOLD LYLICタッキー&翼羽場仁志羽場仁志CHOKKAKUKissで目覚めて CHA・CHAのリズムで 甘く モザイク Midnight わざと焦らして 意外に無邪気で 遥か 異国の Moonlight  夢で見た景色と 幾つかの運命(さだめ)と 目まぐるしく 変わり始めた 光と影の誘惑  熱くVenus 燃えてVenus 君の瞳(め)が 胸を焦がす シルクロード 愛は千里 ためらうなら 忘れたい 熱くVenus 感じてVenus 嵐の様に 風を見せて 君が答え知ってる 愛の輝き 放て  紅い口唇が デンジャラス飲み干して 剥き出したナイフ 突き刺さる 恋愛の形式 赤裸々な意識 遥か 異国の Rendez-vous  真珠のキラメキで 愛に引きづられて 琥珀色(こはくいろ)の 吐息に消えた 砂漠さえも 満たしたい  熱くVenus 燃えてVenus 星のデルタ 夜空を染め サザンクロス 揺れる大地 指先で 見つめたい 熱くVenus 感じてVenus 稲妻より 光見せて 蜃気楼(しんきろう)あやつる空に 愛の輝き 放て  熱くVenus 燃えてVenus 君の瞳(め)が 胸を焦がす シルクロード 愛は千里 ためらうなら 忘れたい 熱くVenus 燃えてVenus 星のデルタ 夜空を染め サザンクロス 揺れる大地 指先で 見つめたい 熱くVenus 感じてVenus 稲妻より 光見せて 蜃気楼(しんきろう)あやつる空に 愛の輝き 放て
Papillon飯田圭織飯田圭織佐藤純子羽場仁志信田かずお紅茶をいれたり ため息ついたり あなたに逢えないと こんなにも 夜は長く冷たくて  やさしい笑顔を 想い出してみるけど やっぱりね…感じていたい その頬を あたたかい手を  ひらひら 心は蝶々になって 今 あなたのそばへ飛んでゆくの 熱いトキメキ あなたにも伝わるでしょう ほら きらきら 魔法の粉をかけて 人恋しい気持ちにさせたいの 今すぐ電話くださいね I miss you…  「さみしくなるだけ」「やめたほうがいいよ」 みんなのアドバイス ありがとう でもね あの人がいいの  飛べない私を 光のさす場所へと 連れ出してくれたの あなただけだった 広い世界で  ひらひら このまま蝶々になって 今 眠りのなかへ遊びにゆく 甘いささやき 目覚めても忘れないように ねえ きらきら輝く羽根を広げ 傷ついたときには 抱きしめましょう 見つめていたい いつまでも I love you…  ひらひら 心は蝶々になって 今 あなたのそばへ飛んでゆくの 熱いトキメキ あなたにも伝わるでしょう ほら きらきら 魔法の粉をかけて 人恋しい気持ちにさせたいの 今すぐ逢いに来てください きっと…
愛のコトバ飯田圭織飯田圭織牧穂エミ羽場仁志信田かずお明日 何を着てこうか 部屋中に散らばる Dress アナタ 思い浮かべて 頬 赤らめる  口紅の色は 少し 明るい方が 良いかな? なんてね アタシは かなり アナタ色 してる  恋をして やがて 愛になる 一番甘い 季節に包まれたら 照れるけど だけど 照れないで 伝えてみよう 愛のコトバ  ワインは どれを買おうか Shop で すでに1時間 アナタ 思い浮かべて 淡い ため息  「手料理 期待してる」って 笑顔は 軽くプレッシャー もうすぐ アナタ来る頃 キッチンで 大慌て  めぐり逢って そして 動き出した 同じ時間 同じ未来への夢 いつまでも ずっと いつまでも 伝え合おう 愛のコトバ
HEATSPLATINA LYLIC影山ヒロノブPLATINA LYLIC影山ヒロノブ工藤哲雄羽場仁志熱くなれ 夢みた明日を 必ずいつかつかまえる 走り出せ 振り向くことなく 冷たい夜を突き抜けろ  何かが胸で叫んでるのに 気づかぬふりで 過ごしてた 激しい雨と 風に打たれて 鼓動がおれを呼び覚ます  そうだ忘れられない がむしゃら過ぎる生き方 血潮が燃えるなら ただそれだけで何もいらない  熱くなれ 夢みる彼方へ やけつくほどに手をのばせ 駆けあがれ 瞳をそらさず 生きてることを確かめろ  自由の意味も 眠れぬ訳も ビルの隙間じゃ分からない 乾いた喉で 荒野をめざせ 欲望なんて 解き放て 誰も 抑えられない あふれる胸のざわめき どこまでやれるのか ただそれだけを おれは知りたい  熱くなれ 高鳴るあこがれ 炎のように燃え上がれ 動き出せ とまどうことなく 世界を変える風になれ  熱くなれ 夢みた明日を 必ずいつかつかまえる 走り出せ 振り向くことなく 冷たい夜を突き抜けろ 熱くなれ 夢みる彼方へ やけつくほどに手をのばせ 駆けあがれ 瞳をそらさず 生きてることを確かめろ 熱くなれ 高鳴るあこがれ 炎のように燃え上がれ 動き出せ とまどうことなく 世界を変える風になれ
Zutto×2柏原芳恵柏原芳恵芳恵羽場仁志熊田豊あなたに出逢えた奇跡 あなただけに 愛されたくて あなただけに 抱きしめられたくて あなただけに Kissしたい アクセルをフルにしても 何も恐くなかった うすれゆく記憶の中に 淋しそうなあなたの 微笑み… ずっとずっと いてくれたんだね ずっとずっと 守ってくれたんだね 心失くした そんな日も 愛をくれたんだね ずっとずっと 気付かなかった ずっとずっと 愛を叫ぼう もっともっと 愛を詩おう 覚める事の無い 愛のなかで  愛してるだけ 愛を伝えよう 愛してるだけ LOVEしたい 今 抱きしめられたら 心 壊れそうよ 泣いてしまいそう 大切なあなたの 微笑み ずっとずっと いてくれたんだね ずっとずっと 伝えられなかった 今は素直に 生きてる不思議 愛を伝えよう ずっとずっと 愛おしかった ずっとずっと 愛を誓おう もっともっと 愛を奏でよう 果てる事の無い 愛を越えて  ずっとずっと いてくれたんだね ずっとずっと 守ってくれたんだね 心失くした そんな日も 愛をくれたんだね ずっとずっと 気付かなかった ずっとずっと 愛を叫ぼう もっともっと 愛を詩おう 覚める事の無い 愛のなかで
愛想曲(セレナーデ)タッキー&翼タッキー&翼羽場仁志羽場仁志h-wonder君と逢えない日々の逢いたい切なさ あの日 約束を守れなくて一言…ごめんね 刹那に焦がれるよな 言の葉の調べ 紅く染める薔薇 君へのバラード 目覚めさせたい  両手広げ 包み込んだ 時がただ 君を連れ出した  泣かないで…Serenade(セレネィド) 光り出した空に 紅のメロディー 愛の契り のせて 輝いて…Serenade(セレネィド) 五線に舞う花びら 君へのkissで 永久(とわ)に枯れない ただ君を…、あの日々を… リアルでスリル ジュエルな愛で Serenade(セレネィド)  君の現実は僕の真実の愛だ 季節の波枕(なみまくら)で拭えない 涙じゃ…救えない 愛する意味の音符は 音の譜の調べ みだれよがる君の体を そっと開けたい  月がまた ヒトミ濡らす 時はまだ 刻み続けてる  満たされて…Serenade(セレネィド) 悲しみの数だけ 流したメロディー 受けとめて あげる 抱きしめて…Serenade(セレネィド) 未来を奏でてく 君とのkissが 永久(とわ)にいざなう 迷わない 止まらない 熱くて淡く 孤独な愛に Serenade(セレネィド)  泣かないで…Serenade(セレネィド) 光り出した空に 紅のメロディー 愛の契り のせて 薔薇舞いて…Serenade(セレネィド) 五線に舞う花びら 君へのkissで 永久(とわ)に枯れない ただ君を…、あの日々を… リアルでスリル ジュエルな愛で Serenade(セレネィド)
BABY LOVE柴田恭兵柴田恭兵庄司明弘羽場仁志瀬尾一三風に吹かれた毎日は 意気がることがすべてだった お前の声に目覚める 朝が来るまでは  BABY LOVE 小さい夢を守りながら BABY LOVE 乾いた街さえ愛しく思えてくる  この手にお前を抱きながら 白いワインを口にすれば 不思議な時のぬくもり 感じられるのさ  BABY LOVE 無邪気な夜を越えていけば BABY LOVE いつかはお前も愛を知る日が来る  At last I found you, baby, Here in the lonely city, The only girl I need to love, I want you here beside me, Once in my life I really think I'm in love…  BABY LOVE 小さい夢を守りながら BABY LOVE 乾いた街さえ愛しく思えてくる  BABY LOVE 無邪気な夜を越えていけば BABY LOVE いつかはお前も愛を知る日が来る
愛 Check it!タッキー&翼タッキー&翼羽場仁志羽場仁志CHOKKAKU離れちゃダメじゃん 傍(そば)に居たいじゃん 両手伸ばした距離 無難じゃん 優しく君を 感じてあげる 空と 大地の真ん中で  輝き 濡れた手が そっと唇触れた… 君のこと ずっと 見ていたんだ  愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい 愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい 愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい  君だけを 見つめたくて 眩しさが… Hold on 太陽をつかんだ  確かな現実 目の前の真実 君の存在だけ 射程距離内 愚かなる衝動 些細なる抵抗 夢が醒めてしまわないで  輝き 焼けた肌 優しく触れてみた 君のこと もっと知りたいんだ  会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい 会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい 会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい  君だけを 包みたくて それだけが… Hold On 永遠なれ  感動に心の波長を合わせよう! 反動で想いの波動を伝えよう! 明日 (Maybe)、My Life & Smile 浮世の習い 精神的な高揚感のないまま 惰性の応用、慣性の法則 Blow Up! (Yeah) Glow Up! (Yeah)  …ずっと 見ていたんだ  愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい 愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい 愛! 愛! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛! I Check it, Check it, 感じたい  会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい 会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい 会いたい! Check it, Check it, I Check it, Check it, 愛 愛したい! Check it, Check it, 感じたい
愛世界タッキー&翼タッキー&翼羽場仁志羽場仁志安部潤眠りの森から 旅立ちの影 刹那のKissで 雨…雨 遥かな陽光が 二人を照らす 果実の場所で 風…風が吹いた 心ほどけてゆく 悪戯な時を越えて やがて星達が 目覚めた Stay with me 記憶の中 Melody 心に届けたい 愛の証 語りかけて Stay with you 未来全てあげよう 研ぎ澄まされた時代 愛の力を信じて 僕の手を 離さないで  迷いの心に 火をつけたのは 誓いの場所で 確かめた鼓動 想い溢れてゆく 輝きの虹の元で 生まれ変われると 気付いた Stay with me 重なり合う Harmony 感じて並べたい 愛に触れた 君が女神 Stay with you 光り出してく 蜃気楼 宇宙の彼方探そう 愛の絆を信じて 僕のこと 忘れないで  愛すべき 僕たちがいて 永遠の祈りより 深く そっと 願わくば 終わりなき世界 愛の言葉… 君を離さない Stay with me 記憶の中 Melody 心に届けたい 愛の証 語りかけて Stay with you 未来全てあげよう 研ぎ澄まされた時代 愛の力を信じて 僕の手を 離さないで
キラリ☆セーラードリーム小枝小枝武内直子羽場仁志京田誠一ひとみはいつもジュエル ボディにまとうラメ&チャーム 生きてゆくことは try get a chance! ここにあるから強い夢 ガンガンけちらしてこう ライバルだらけの真昼 笑顔より口びるより アイビームがキメワザ  わたしになれ キラリと sailor diamondes! 夜明けにうまれるガーディアン わたしだからかなうよ starlight prayers! メイクアップしようよ きらめきは胸に セーラー戦士 それは ムーンライト リアルガール  まつげはふせて無口に 細い足から tears rain あのコの見てた遠い道 きっと見つかる強い未来 ぜんぜんヘイキ でもね ハートはしょげちゃうんだ そんな時 だれよりも アイビームであなたに  わたしになれ キラリと sailor wings! 大地をかけぬけるガーディアン わたしだからできるよ このバトル メイクアップしてゆく きらめきは額 セーラー戦士 それは ムーンライト フォーチュン  わたしになれ キラリと catch me kiss again セーラー服のリボンほどいて わたしだからいらない もうなにも メイクアップその瞬間(とき) きらめきをあげる セーラー戦士 それは エバーラスティング ラブ  わたしになれ キラリと sailor diamondes! 夜明けにうまれるガーディアン わたしだからかなうよ starlight prayers! メイクアップしようよ きらめきは胸に セーラー戦士 それは ムーンライト リアルガール  セーラー戦士 それは ムーンライト リアルガール
夢物語PLATINA LYLICタッキー&翼PLATINA LYLICタッキー&翼羽場仁志羽場仁志安部潤鏡に写した 月の光揺れ 夢の中届いた 永遠 この胸の痛み 今も忘れない 雲間に放たれた 矢の様  君だけを見つめたくて タメライの呼吸でも 癒えていく 砕け散る 目の前に差し出そう 果てしない未来の地図 君との距離を 測るんだ  君が愛の花 僕が恋の花 瞬間(とき)をとらえて揺れて 月物語 星物語 祈り続けてきた 君が愛のワナ 僕が恋のワナ 全て捕らえて眠る 風物語 夢物語 色褪せない幻想  誰も知らない扉叩け 美しく咲かせましょう 恋の花  水面に浮かべた 月の軌跡揺れ ゆるやかにつながる 現実 目を閉ざさないで 壊れかけの愛 鮮やかに見えてた 時代へと  舞い降りた天使さえ 汚れなき輝きの 眠りから 覚めてきた 過ぎていく季節でも 拭えない涙の跡 故に今 愛を計るんだ  君が蝶の花 僕が仙の花 数えきれなく揺れて 優しく歌い 哀しく歌い 語り継がれてきた 君が愛のワナ 僕が恋のワナ 甘く危険な雫 心溶かして 闇を溶かして 月明かりの残像  誰も語らない明日歌え 美しく咲かせましょう 恋の花  君が愛の花 僕が恋の花 瞬間(とき)をとらえて揺れて 月物語 星物語 祈り続けてきた 君が愛のワナ 僕が恋のワナ 全て捕らえて眠る 風物語 夢物語 色褪せない幻想  誰も知らない扉叩け 美しく咲かせましょう 恋の花
無垢中森明菜中森明菜田久保真見羽場仁志奈良部匠平あなたの背骨にKissしてあげたい 翼のもがれた傷跡みたい  昔むかし産まれた時はみんな天使だったのに 独りぼっちで生きていくうちいつか飛べなくなるわ  女より男は強い 女より男は弱い 天国にもどれなくても あなたしか愛したくない 腕をからめて眠る You Are My Final Angel  裸になるたび泣きたくなるのは もう一度産まれる気がするから  風の音が1番こわい女にいつかなった 嘘も終りも時の流れももうこわくなんてない  さみしさは愛した印(しるし) 哀しみは生きてる証(あかし) 運命に邪魔をされても あなたしか求めたくない 愛は汚れやしない You Are My Final Angel  天国にもどれなくてもあなたしか愛したくない 運命に邪魔をされてもあなたしか愛したくない 神様に背中むけてもあなたしか愛したくない 透明な涙の中であなたしか愛したくない 腕をからめて眠る You Are My Final Angel
氷の聖痕朱雀のレイ(宮田幸季)朱雀のレイ(宮田幸季)南出ゆーじ羽場仁志あの日のように雨が街を包む 冷たい空を見上げてみる 温もりを分け合った君はいない そっと自分を抱いてみる 氷のような君の指に今も僕の 体はきつく縛られている  別れを告げた君の 濡れた言葉が 胸に甦る 最後の雨の中 君の姿が遠く消えていく  冷たい雨のささやき あの日の魔法 氷の封印 冷たい君の温もり 刻まれたそれは聖なる傷痕  窓を叩いてた雨が音を弱め 冷めた紅茶に僕は気づく 雲の海を切り裂く光の渦 まぶしく僕を照らしだす 氷のような心が溶けてゆく だけど 想いは君に縛られたまま  優しい頬に浮かんだ 君の微笑み君の声 乾いた手に落とした 涙ひとつぶ聖なる傷痕  結んだ髪ほどいて 背を向けた君が遠くなる 見えない僕の心に 刻まれたそれは聖なる傷痕  別れを告げた君の 濡れた言葉が 胸に甦る 最後の雨の中 君の姿が遠く消えていく  冷たい雨のささやき あの日の魔法 氷の封印 冷たい君の温もり 刻まれたそれは聖なる傷痕  結んだ髪ほどいて wow wow 見えない僕の心に 刻まれたそれは聖なる傷痕
炎の十字架~ブラッディクロス~青龍のゴウ(森川智之)青龍のゴウ(森川智之)暮須華里依羽場仁志研ぎ澄ました闇が 見せる陽炎 オレを呼ぶ声にだけ 耳を傾ければ 失われた夢は 炎を纏って 心の十字架を 眼覚めさせる  ただひとつの愛さえあればいいと繰り返した おまえだけのくちづけ ブラッディクロス Love you Forever Dream  舞い堕ちて駆け抜ける SoldierBoy 闘いの肖像を 刻みつけ 運命の十字架を 抱きしめて 叫んでも 戻れない陽だまり Love's Again  奪われたくないと 拳を交えた 遠い日の記憶が 胸に熱く残る 優しいぬくもりが 残酷すぎて おまえを身体ごと 震えさせる  その想いの深さに 怖じ気づいてしまうほど 凛として潔い ブラッディクロス Love you Forever Dream  舞い堕ちて駆け抜ける SoldierBoy 闘いの肖像を 刻みつけ 運命の十字架を 抱きしめて 叫んでも 戻れない陽だまり Love's Again
聖なる大地~running to heaven~白虎のガイ(吉野裕行)白虎のガイ(吉野裕行)南出ゆーじ羽場仁志running to heaven ふたりきり running to heaven 果てしない地平線 駆け抜けていこう 暗い部屋で膝を抱え過ごしたあの頃 君が僕を救い出してくれたんだ  冷たい雨にも負けない強さくれたよね 今かけがえのない人 to be with you 君がいる don't leave my side 大地の向こうに 君と遠くへ  running to heaven ふたりきり running to heaven 果てしない地平線 駆け抜けていこう 君と今 走り出す 君とそう 果てしない世界へ 飛び出していこう  目の前に広がる蒼い草原に飛び込む 君の姿がまぶしく映る  どんな痛みより深い気持ちくれたよね 今かけがえのない人 to be with you 君がいる don't leave my side 大地の向こうに 君と遠くへ  running to heaven ふたりきり running to heeaven 果てしない地平線 駆け抜けていこう 君と今 走り出す 君とそう 果てしない世界へ 飛び出していこう  running to heaven ふたりきり running to heaven 果てしない地平線 駆け抜けていこう 君と今 走り出す 君とそう 果てしない世界へ 飛び出していこう  飛び出していこう
For Yourself野田順子野田順子J.Noda羽場仁志米光亮迷わず追いかけて 微笑(わら)えるその日まで 前に踏み出そう 勇気かざして Go along!  果てしなく続く未来(あした)へ駆け出そう 立ち止まらないで 叶えたい夢のカケラを集めに 今すぐ旅立とう  見上げた空に 道標(ルート)が広がってる さぁ キミのその手で掴まえなくちゃ  見えてくるよ きっと 信じていて For yourself 求めていた宝物(もの) 輝き出すよ パズルを組み合わせ 明日への地図開こう 抱きしめた願い あきらめないで Go along!  「叶わない」そう思っているの? 涙はキミには似合わない  一途な想い 届けたいだけだよね その背に 白い翼を広げて  想い伝わるから 信じていて For yourself 探していた宝物(もの) 見つけ出せるよ 迷わず追いかけて 微笑(わら)えるその日まで 前に踏み出そう 勇気かざして Go along!  見上げた空に 道標(ルート)が広がってる ねぇ 早く その手に掴まえなくちゃ  見えてくるよ きっと 信じていて For yourself 求めていた One Piece 輝き出すよ パズルを組み合わせ 迷路のカギ開こう 新しい世界 前を見つめて Go along!
Can't Stop遠藤正明遠藤正明許瑛子羽場仁志とりのこされ置いてかれ 行くあてなど なくしてしまえ 愛想笑いしてるより ひとりきりが いいときもある 落ち込むほどイヤなこと やめてしまえ 代わりはいるさ 全部すてておりるなら 誰もジャマを するはずないし 中途半端で 終わりにしたくない 裏切られて 傷ついても強くなれる  change your heart ここまで来たんだ I can't stop 勝たなきゃくやしい no way out 分かれ道 もどり道 ふり向けば 夜の雨で見えない なにかが足りない I can't stop モヤモヤかかえちゃ no way out 進まなきゃ 見えてくる答えまで never never mind  いい人とか いるんだし いいこととか たまにはあるし そっちを見て 生きてこう そんなに 簡単じゃないけど 負け犬なんか なりたくないのなら がんばるんだ 好きなようにやればいいさ  don't you cry 逃げたくないんだ I can't stop 勇気ださなけりゃ no way out 遠回り 山登り よくにてる 無駄な努力でいいさ やるしかないから I can't stop どしゃぶりの中で no way out 苦しみはもう水に流そうぜ never never mind ここまで来たんだ I can't stop 勝たなきゃくやしい no way out 分かれ道 もどり道 ふり向けば 夜の雨で見えない なにかが足りない I can't stop モヤモヤかかえちゃ no way out 進まなきゃ 見えてくる答えまで never never mind
his rhythm島谷ひとみ島谷ひとみ野宮ユリエ羽場仁志大槻"KALTA"英宣鍵は窓辺の陽のあたる場所にあるから ふたりで暮らそう 弱くてもいい そのままのあなたでいいよ あたしの前では  いつでも少しだけ せつないあなたを いつかは優しくつつみたくて  Baby come on, make me feel your heart ふたりで確かめ合う そのリズムは 不揃いでいまはいいから Baby come on, taste my kiss over again いつか重なり合える そのリズムは 消えないよ always and forever  むせかえるほど真夏の匂いで目覚めて また抱きしめあう 弱くてもいい そのままのあなたでいいよ あたしがいるから  いつでも途切れがち かすれるその声 あたしのベースコードになる  Baby come on, make me feel your heart ふたりで確かめ合うそのリズムは 乱れてもいまはいいから Baby come on, taste my kiss over again いつかひとつになれるそのリズムを 離さない always and forever  Baby come on, make me feel your heart ふたりで確かめ合う そのリズムは 不揃いでいまはいいから Baby come on, taste my kiss over again いつか重なり合える そのリズムは 消えないよ always and forever
獣は裸になりたがる郷ひろみ郷ひろみ康珍化羽場仁志大槻KALTA英宣絶好調じゃん 腰もキレてる タワワな胸に あらら ワザありの ジョークちょっと受けて 真夏のギフト Come to me  夏は 躰だから それが 基本だから ここでキメなくちゃ 次回はないのが 波間のルール  MO MO MO MO もっともっと灼けてよ せつない躰の 入り江まで CHYA CHYA CHYA CHYA ちゃんとちゃんと 見せてよ 抱きしめて 乱されて 剥がされて のけぞって そそり立て あの波のように 獣は裸になりたがる  濡れたキス いっちょサンキュしましょ 衝動 どうしょう Jump on you 夏向きの 軽イこの腰は 天然でんねん Don't worry Come to me  恋は 乗るかそるか きみに 賭けてみるか 少しは黙れよ たまには恥じろよ 野生のパーツ  MO MO MO MO もっともっと焦げてよ なにからなにまで夏だから CHYO CHYO CHYO CHYO ちょっとちょっと スゴイよ 賛美して 懺悔して きみだけを 吟味して 欲望の火は あからさまに 目に出る 手に出る 顔に出る  ヒトは 躰だから それが 基本だから 絞ったあたりに ンなことされると マジで燃える  MO MO MO MO もっともっと灼けてよ せつない躰の 入り江まで CHYA CHYA CHYA CHYA ちゃんとちゃんと食べてよ 抱きしめて 乱されて 剥がされて のけぞって そそり立つ この砂の上で  獣は裸になりたがる
いちばん短い愛の詩岩永哲哉岩永哲哉森由里子羽場仁志白川雅夜の浜辺を歩くと くり返し波が囁く 独りで旅する僕に 寂しくないか? と… -寂しいさ なぜか素直に呟いた 波間を見つめて  君に逢いたい 離れてやっと 気がついた この想い君に送ろう たったひとことだけ そう短い愛の詩  トパーズ色の三日月 僕のあとをついてくるよ 愛に気がついた僕を そっと守るように せつないよ 夜空は君の住む場所に 続いているのに  君に逢いたい 果てない海を 飛び越えて 今すぐに君に言いたい たった二文字だけの この大切な言葉を  恋してる 君の笑顔は月のように 遠くにあるけど  君に逢いたい 離れてやっと 気がついた この想い君に送ろう たったひとことだけ そう短い愛の詩  君に逢いたい 果てない海を 飛び越えて 今すぐに君に言いたい たった二文字だけの この大切な言葉を
恋はいつでも95点松田聖子松田聖子ALICE羽場仁志井上鑑鏡をにらんで 念入りにメイク いつもより何倍も 真剣ね いつまでも私 オクテな娘なんて かわかわれてばかりじゃいられないのよ  初めて運命だと思う人に逢えたの この恋逃したらもう後はないと思うの  ライバルが多いから前途多難だわ  高いブーツ履き クールに決めても 素敵に登場なんて夢話 だってもうすでに いつもの私が 顔を出しはじめている 困りものだわ  今日も相変わらず輝いているあなたと 今日も相変わらずどこか抜けている私  全く逆だから相性はいいかも  階段掛け登りあなたの待つその場所へ 一秒でも早くたどり着きたかったのに  はやる気持ちに着いてゆけないステップ  解ってた事なのに ママにも言われたのに 高いブーツで階段を踏み外した私  みじめな姿見て クスクス笑っているあなた 今度こそはと この恋期待していたのに
A PROOF OF BIRTH~誕生の証し~ナタク(宮田幸季)ナタク(宮田幸季)工藤哲雄羽場仁志夜ごと溢れるこの虚しさと 痛みのワケは何だ 風に揺れてる木の葉みたいに 黙って立ち向かわなければ‥  どんな孤独も矛盾も 畏れないで勝ち続ける 何のために生まれてきたか いつかそれが分かる日まで  誕生の証し 時代の中に 焼きつけるなら 強くなればいい 朝もやに向かい放り投げた 言葉になんかならない 心の叫びを  まるで異界に忘れ去られた 名もなき石のようだ 転がることをやめてしまえば すぐさまただの土に朽ちる  眠る暇などないほど 強くデカい敵が欲しい 壊れながら闘いながら オレはオレを発見(みつけ)るから  最強の果てに 何があるか 胸をふるわす夢になればいい 立ち向かうことで探し出せる 宿命(さだめ)がオレに与えた 生きてく理由を  誕生の証し 時代の中に 焼きつけるなら 強くなればいい 朝もやに向かい放り投げた 言葉になんかならない 心の叫びを
ムーンライト・ジェラシーキム・ヨンジャキム・ヨンジャ真名杏樹羽場仁志遅くなるわ……と 切る電話 背中を合わせて 聞いている あなた ホレたら負けなのよ 安いドラマじゃないけれど  3年前なら 小指をからませて 死んでもいいと追いかけた  愛は欠けたムーンライト 泣けるようなキスをして 朝になれば過去へ逃げてゆく あなただってムーンライト 言わせないで あの言葉 窓に映る月が この胸に突き刺さる  笑顔上手のしあわせが ほころび始めた さびしさを あの日 あなたに盗まれて トゲのある身になりました  お台場見下ろす 部屋まで来たけれど うわさカモメの風が吹く  青く煙るムーンライト この世の果て どこまでも 君がいれば……なんて わるいひと 強く抱いてムーンライト あなたのその目くばせで 次はどこのだれが 運命を占うの  愛は欠けたムーンライト 泣けるようなキスをして 朝になれば過去へ逃げてゆく あなただってムーンライト 言わせないで あの言葉 窓に映る月が この胸に突き刺さる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Bird Eyes森川美穂森川美穂佐藤純子羽場仁志ちいさな窓から見える銀の海 シート倒し聞いている フライトのアテンション  Bird Eyes いつも見慣れた街や河が 地図のように見える Eyes 大地が眠り 風が吹いて その上に空がある 鳥は知っていたね  二度とはつかめぬ チャンスのがしても あきらめずにいたことを 誇らしく思うから  Bird Eyes やさしくされた言葉だけが この胸をよぎる Eyes こわいくらいに澄んだ瞳は 自分の ねぇ 何に 近づこうとしたの?  そばにゆきすぎると おかしいよね 何も見えなくなる 少し離れ 見つめたなら 愛は姿 あらわすよ  Eyes ふでの先から インク落ちて できたような入江 Eyes 大地が眠り 風が吹いて 一枚の絵ができる ずっと忘れていた  Eyes もうあわてずに 歩いていいの 飾りをぬぎすてて いつも自分のまま
Let Me Love You少年隊少年隊久和カノン羽場仁志石塚知生ちらつくスノーフレイク 華やかなパーティーに紛れて 意味深なステップ絡ませる  チェックメイトした キワどいドレスの胸元 上目遣い見違える  Let Me Love You. 溢れ出す Let Me Love You. Wow Wow Wow Let Me Love You. もう一度 君と…  風のバルコニー すくめた肩を抱き寄せる はじまりのKiss 憶えてる  シャンパングラスの破片(かけら)で傷ついた指先 唇押し当てる君  Let Me Love You. 心ごと Let Me Love You. Wow Wow Wow Let Me Love You. 離さない 二度と…  寂しさも 傷みも 今夜からは この手で守る きっと…  Let Me Love You. 溢れ出す Let Me Love You. Wow Wow Wow Let Me Love You. もう一度 君と…  Let Me Love You. 心ごと Let Me Love You. Wow Wow Wow Let Me Love You. 離さない 二度と…
言えない涙柳ジョージ柳ジョージ山田ひろし羽場仁志誰にも渡せないもの それが君だったよ  離れるしかないのなら せめて今は このまま  想う気持ちが 同じなのに 愛し方が ふたり違うから  抱きしめたくて せつなくて 心がきしむ音を立てた 哀しくさせる だけならば 見つめることも できやしない  忘れない、と 君が告げた時 風が愛をさらった  別れるために逢うなら 出会いはなくていい  笑いながらつぶやいた 君が今は哀しい  夢の様に 過ぎた日々が いつかきっと 君を守るから  抱きしめたくて せつなくて ぬくもりさえも あげられない 言えない涙 あふれてる 分かりあうほど つらくなって  変わらないで、君が告げた時 風が愛をさらった  想う気持ち 同じなのに 愛し方が ふたり違うから  抱きしめたくて せつなくて 心がきしむ音を立てた 哀しくさせる だけならば 見つめることも できやしない  忘れない、と 君が告げた時 風が愛をさらった
ポプラの道酒井美紀酒井美紀さいとうみわこ羽場仁志吉川忠英通りの向こう側で 誰かが名前呼んだ 「おはよう」の笑顔が光る 手を振って合図する  Ooo 忘れない  この道を歩いていた ありふれた私の毎日 季節教えてくれた ポプラわたる風 知らない明日 来ても  ひとりじゃ こんな たくさん 思い出つくれなかった 涙出るほど 笑ったよね くやしくて 泣いたよね  Ooo 知っている  大人への階段は ひとりずつ別の場所 だから 少しずつ離れてく 私もみんなも 悲しいことじゃないよ  Ooo 約束は  しあわせを見つけたら いちばんに報告をすること 季節教えてくれた ポプラわたる風 まぶしい明日 来ても
ほんのりブルー米倉利紀米倉利紀戸沢暢美羽場仁志清水信之部屋中の窓をあけ 闇にひたる夜は ひとりの時を 愛してることに 気づこう  恋人は優しくて とても いい娘だけど この頃すこし やきもちがすぎる 気にしてないけれど  カーテンをなでにきた 風たちを 行かせて  ゆるやかに おだやかに 孤独になじんでゆくよ 真夜中はほんのりBlue 海の底のようさ  遠くではビルの灯が 赤くウィンクしてる 情熱が去り 消え残るものが ほんとのいとしさか  ふたりして眠る日に あの夏に帰ろう  はなやかに あざやかに 誰もが出逢って そして 幸せはほんのりBlue ゆうつ 秘めている  月明り かたむいて ため息を切りとる  ゆるやかに おだやかに いとしく思える人よ 真夜中はほんのりBlue さめたわけじゃない  はなやかに あざやかに 誰もが出逢って そして 幸せはほんのりBlue ゆうつ 秘めている
歌姫キム・ヨンジャキム・ヨンジャ真名杏樹羽場仁志前だけ見て 行き過ぎる 少女のように あの頃 怖いものは何もなかった 涙 それさえまぶしくて あなたの歌が 街角に流れてた  消えてしまった恋 泥んこになった夢 うらんだ冬を忘れるために また恋をして  歌姫になる あの日のあなたのように 変わらぬ愛を願うとき 女は誰も 歌姫になる 泣くたび生まれ変わって いのち 輝く限り青春だから  笑顔だけでさびしさを 隠せばもっと 淋しい ピンライトが踊る街で なつかしく目に浮かぶのは 故郷の空 帰れない青い空  行くなと止めたひと サヨナラを言ったひと いつかはみんな おとぎ話 でも今夜だけ  歌姫になる せつなく抱きしめられて あふれる胸のときめきを 星に託して 歌姫になる 好きよ……と私も歌う 愛を信じるための人生だから こころ 輝く限り青春だから
bye bye my blues剣持勇(小杉十郎太)剣持勇(小杉十郎太)工藤哲雄羽場仁志やめてくれ そのピアノは あいつを思い出し 泣けるから こんな夜(よ)は ただ騒いで 賑やかに 酔いしれていたい  タイをほどく その瞬間(とき)まで ダンディなピエロの顔で…  bye bye my blues 愛なんて blues くちずさむ涙は人に見せないさ bye bye my blues bye bye my blues どうか幸せに  昨日なら もう忘れた 明日のことなんて 分からない 男なら ただ気儘に 吹きすさぶ 嵐に吹かれよう  笑いながら 夢の中へ 振り向けばしらけてしまう  bye bye my blues 最愛の blues さよならが優しくタフにさせるまで bye bye my blues bye bye my blues 少し眠ろうか  bye bye my blues 愛なんて blues くちずさむ涙もいつか忘れるさ bye bye my blues bye bye my blues どうか幸せに bye bye my blues bye bye my blues どうか幸せに
MessageKinKi KidsKinKi Kids山本英美羽場仁志CHOKKAKU・西司約束時間過ぎたねゴメン 高速道路渋滞のなか メモリダイヤル焦る右手は 愛しいキミヘ電波飛ばす  でも聞こえてきたのは留守電の声 ウソ!居るはずと言ったじゃない?  いちばん大切なことがうまく伝わらない 足元すくわれてるようで すれ違い 空回り カッコ悪い いちばん大切にしたいとそう願う気持ち 僕からキミヘのMessage たまにはね言わなくちゃ 素直な心の I love you  信じていても気になってくる まさか他の誰かとドライブ? 良からぬことを考えながら 高速降りて裏道走る  もしいなかったなんて思ったりする あ~神様僕に 勇気ください  いつでもカッコ良く付き合うなんてドラマみたい 理想と現実は違う そんな事 言うなんて しらけるけど いちばん大切にしたいとそう願う気持ち 僕からキミヘのMessage たまにはね言わなくちゃ あの頃のように I love you  もうすぐだね 坂道を登ればキミの部屋が見える場所さ 昨夜のケンカならゴメン いつもだよ 言い過ぎて 後悔する いちばん大切にしたいとそう願う気持ち 僕からキミヘのMessage 普段はね言えなくて 悩ませたりするけど… いちばん大切なことがうまく伝わらない 足元すくわれてるようで すれ違い 空回り カッコ悪い いちばん大切にしたいとそう願う気持ち 僕からキミヘのMessage たまにはね言わなくちゃ 素直な心の I love you
あの空へ室井滋室井滋岩里祐穂羽場仁志長谷川智樹僕は飛べない 羽はあるけど 遠い昔 はばたくこと 忘れてしまった  僕は飛びたい 羽をひろげて 仲間たち できるわけ ないよと笑ってる  草の丘に立ち 赤い夕陽をめざして 少しずつ力ためて 風を揺り起こすんだ  夢のつばさで あの大空かけぬけたい  きっと飛べる 必ず飛ぶ  胸に強く願えば できるはずさ 小さくても 羽があるなら  誰かが言った 飛べない鳥が あの空を飛ぼうなんて 無謀なことだと  でも何のために 羽があるのかな? 僕は走りつづけた 土埃りあげながら  傷つき それでも あきらめない姿見て 友達も丘に集まり 羽をひろげはじめた  夢のつばさで あの大空かけぬけたい  きっと飛べる 必ず飛ぶ  胸に強く願えば できるはずさ 小さくても 羽があるなら  ある日つばさを 広げた瞬間 舞い上がった  風がきて 僕は飛んだ 大空へと 雲と 太陽つれて かけめぐる 僕は鳥だよ
BIG DON DONGYOL~虹を越えて~キム・ヨンジャキム・ヨンジャ真名杏樹羽場仁志DONG YOL 虹を越えて DONG YOL 夢 ぶつけて この手を広げて 抱きしめたい  ふり向けば ちょうどおんなじくらい くやしい事 うれしい事 でもなぜか ツイてないような時に 会いたいのは ヒーローだから 言葉いらないほど 熱くなれば こころの壁でさえ 飛んでゆける  DONG YOL 虹を越えて DONG YOL 夢 ぶつけて この手を広げて 抱きしめたい DONG YOL 今が勝負 DONG YOL 迷わないで 未来はドラマを 待ってるから  やらなけりゃ なんにも始まらない くじけそうな 空は遥か あんなにも 願い求めてたはず なら まっすぐ 追いかけようよ 夢はどんな時も 果てしもなく 涙の向こうへと 続いている  DONG YOL 虹を架けて DONG YOL その笑顔で 負けないあこがれ 見せつけたい DONG YOL みんな味方 DONG YOL 勇気出して 一緒に奇跡を 起こしたいから  DONG YOL 虹を越えて DONG YOL 夢 ぶつけて この手を広げて 抱きしめたい DONG YOL 今が勝負 DONG YOL 迷わないで 未来はドラマを 待ってるから
うい~っすっっ久川綾久川綾久川綾羽場仁志重実徹徹夜して 手に入れた チケットを にぎりしめて 今までに まだ一度も 会ったことなかったから  この瞬間を 胸ワクワクで 楽しみにして待っていたんだ ずっと ずっと  はじめは うい~っすっっ とりあえずは 御挨拶から たちまち うい~っすっっ 元気な声 返ってくるよ 知らない人でも 気軽に交そうよ 喜んで  客席の溝を越えて 目的はみんな同じ  今日のステージは 一致団結で 大成功させてみせるから きっと きっと  みんなで うい~っすっっ アクシデント 臨機応変 すかさず うい~っすっっ LIVEなんて 生モノだから もちろん ボケたち つっこみ忘れずに 喜んで  ひとこと うい~っすっっ なにげのない その言葉から もっぱら うい~っすっっ 生れてくる 不思議な力  こうなりゃ うい~っすっっ ヤケクソでも叫んでみよう とことん うい~っすっっ いやはやことも 全部忘れて 人生悔いなく生きよう いつだって 楽しんで  はじめは うい~っすっっ とりあえずは 御挨拶から たちまち うい~っすっっ 元気な声 返ってくるよ 知らない人でも 気軽に交そうよ 喜んで  うい~っすっっ  うい~っすっっ  うい~っすっっ
Stay with me ~せつなさのそばにいて~藤崎詩織(金月真美)藤崎詩織(金月真美)根津洋子羽場仁志Stay with me あと少しだけ せつなさのそばにいて  駅までの坂道 ねえなぜ急ぐの さっきから黙ったまま ごめんなんて言うから 喧嘩もできない コートの衿たてた背中  心に吹く北風が ためいきに変わっても 信じていたい気持ち ねえ 壊さないで  Stay with me いつものように 寄り添ってまわり道して帰ろう Stay with me あと少しだけ せつなさのそばにいて  そういえばこの頃 すれ違う瞬間も 瞳でかわすあいさつだけ 知らずに傷つけていたかもしれない もう会えない予感はなぜ  明日は微笑ってよ 何もなかったように 恋に近づく気持ち 涙にしないで  Stay with me 胸のどこかに 忘れ物してきたみたいに淋しい  Stay with me あと少しだけ せつなさのそばにいて  Stay with me 胸のどこかに 忘れ物してきたみたいに淋しい  Stay with me あと少しだけ せつなさのそばにいて
Tell meKinKi KidsKinKi Kids相田毅羽場仁志岩田雅之防波堤の上 バランスとりながら 僕たちは歩いた せっかくの水着 海の家もなくて 着替える場所がない  揺れてる ランチボックス 戸惑いを 隠してるみたい いつもは 気軽にたたく 肩が眩しい  Take Me To Your Heart 本当の君を 少しずつ分かりかけてるよ Show Me To Your Heart こんなに二人 無口でいても近づくのさ Tell Me To Your Heart なんだか急に 押し寄せる気持ちに震える  砂浜の熱が 微妙に絡みつく 素足の君と僕  薄手の シャツの中に 細い肩 シルエットで見える 笑顔も ぎこちなくて だけど愛しい  Take Me To Your Heart 真実なんて 男も女も同じだろう Show Me To Your Heart これからさ 泣いたり抱いたり繰り返す Tell Me To Your Heart なんだかずっと このまま愛に慣れたくない  薄手の シャツの中に 細い肩 シルエットで見える 笑顔も ぎこちなくて だけど愛しい  Take Me To Your Heart  真実なんて 男も女も同じだろう Show Me To Your Heart これからさ 泣いたり抱いたり繰り返す  Take Me To Your Heart  本当の君を 少しずつ分かりかけてるよ Show Me To Your Heart  こんなに二人 無口でいても近づくのさ Tell Me To Your Heart  なんだかずっと このまま愛に慣れたくない
FRIENDSGOLD LYLICKinKi KidsGOLD LYLICKinKi Kids森浩美羽場仁志船山基紀鳥たちが飛び立ってくよ 高い空へと 僕等もいつかあんなふうに飛べるだろうか?  家に帰るときにも 「じゃあな」と言って別れた 明日また会う約束なんてすることもなく  緑の風が吹いてる丘で 笑顔の先の夕日に こわれそうなやさしさ そっと抱えて きっと なぜ生まれたの? なぜ出会ったの? 理由(わけ)はあったとしても 同じ季節の中で 今 君と生きている  キャッチボールよくしていた河原のグランド むかし買って貰ったあのグローブはどこ?  石ころを拾って 向こう岸へ投げた 君はなんにも答えなくても分かる気がした  ささいなことで揺れうごいては 溜息をつくけれど 頼りない瞳でも光は見える きっと 僕は誰だろう? 君は誰だろう? それは関係なくて 同じ大空の下 今 君と生きている  家に帰るときにも 「じゃあな」と言って別れた 明日また会う約束なんてすることもなく  緑の風が吹いてる丘で 笑顔の先の夕日に こわれそうなやさしさ そっと抱えて きっと なぜ生まれたの? なぜ出会ったの? 理由(わけ)はあったとしても 同じ季節の中で 今 君と生きている
Because of rain山本潤子山本潤子真名杏樹羽場仁志新川博でも 好きだから 好きだから 好きだから 好きだから まぼろしを追いかけていよう そっと 夜更けから 夜更けから 降り出した この雨は あなたへの真実の涙  Coconutsより かたくなに ジェラシィーだけを 閉じ込めて あなたは もう 荷物を 運びはじめる頃 今 首都高に乗れば間に合うけど  でも 好きだから 好きだから 好きだから 好きだから まぼろしを追いかけていよう そっと 夜更けから 夜更けから 降り出した この雨は あなたへの真実の涙  空とビルを 稲妻が 縫い合わせて行くfantasy わかってるの 二人が 抱きしめていたのは 夢 永遠に変わらずにいる夢  なぜ あのひとが あのひとが あのひとが あのひとが 待ってると 言ってしまったの どうか もう一度 もう一度 カーテンの隙間から 走り去るヘッドライトを見て  嵐が来る あと15分で なにもかも終わる 狂おしい恋  でも 忘れない 忘れない 忘れない 忘れない 悲しみで うずめようとしても きっと いつの日か いつの日か 美しい想い出に なる時が必ず来るから  なぜ あのひとが あのひとが あのひとが あのひとが 待ってると 言ってしまったの どうか もう一度 もう一度 カーテンの隙間から 走り去るヘッドライトを見て でも 好きだから 好きだから 好きだから 好きだから まぼろしを追いかけていよう そっと 夜更けから 夜更けから 降り出した この雨は あなたへの真実の涙
We are in love “出逢うまえになんてもどれない”山本潤子山本潤子真名杏樹羽場仁志つながった携帯電話 それが答え 偶然は運命と同じ 大切なものを見失うくらい あの日から あなたを見ていた ふり向けば街は黄昏 キラキラ輝き すべてはいつか消えるけど  たった一度 一度だけきみが欲しい そう言ったあなた たとえ駆け引きでもいい 出逢うまえになんてもどれない  今日までは譲らずにいた 私らしさ 割り切れた恋を選んでは 心 うずめた 素足になったら こぼれるかしら 淋しさが  約束して 永遠のくちづけして そう言えば沈む太陽が縛れるなら  Ahたった一度 一度だけきみが欲しい きっと私 この日のために生きてた 出逢うまえになんてもどれない  ドアが開く エレベーターはふたりを乗せ せつない夜へと動き出す We are in love
神様の前菜山本潤子山本潤子真名杏樹羽場仁志新川博表参道の裏のレストラン バツイチになったと ふいに言った  目の前のあなたは 昔のままteddy boy 私は世間知らずのsixteen  PLEASE, PEPPER&SALT こんな時 言うことじゃないけど 吹き出しそうよ AH, PEPPER&SALT 人生はまるで 神様の前菜  人ごみのsaturday晴れてるから 出て来いよ…なんて 重傷だわ  冗談はいいから もう 少し食べたら どう? 私も色々あったのよ  PLEASE, PEPPER&SALT 見つめ合い 季節 確かめる 二人はきっと AH, PEPPER&SALT 笑うと小ジワが いい味加減ね  今だって 独りが 続いた朝はsixteen 愛情をかけ間違うの  PLEASE, PEPPER&SALT 電話して 彼がいない時間 別にいいけど AH, PEPPER&SALT あの頃のように 手ぐらいつないで  PLEASE, PEPPER&SALT こんな時 言うことじゃないけど 吹き出しそうよ AH, PEPPER&SALT 人生はまるで 神様の前菜
突然の夏SMAPSMAP森浩美羽場仁志長岡成貢最初から予感してた 濡れた砂の上で出会う 謎めいたその微笑み 夕日あびて 目の前現れた 偽りの姿のまま 別れるはずのルール それがいつしか罪なバランスを失う 夏のような勢いだけの恋ではつづかない だけど僕はあなたと出会ってしまった 突然の夏…  シーツから覗く背中 傍に眠る火照った肌 窓の外 月の光 波の音が 夜通し鳴り響く 大切なものまできっと 壊しそうな気がする “分ってる…”とつぶやき あなたは僕を見る  夢のようなマボロシでも みるような溜息が暗闇へと みだれながら溶けてゆくよ 切なすぎる 言葉にもできないほど うろたえて 揺れる心 あなたは僕の手を取った 突然の夏…  美しくて限りなく甘い香り つつみこむ 触れるだけで 嵐の夜に変わって  夢のようなマボロシでも みるような溜息が暗闇へと みだれながら 溶けてゆくよ 切なすぎる 言葉にもできないほど うろたえて 揺れる心 あなたは僕の手を取った 夏が過ぎてく 
I・I・KA・GE・N・NA 愛してる奥菜恵奥菜恵宇都美慶子羽場仁志岩本正樹カブリオレで 風を切って走ってゆく 遠くを見る 鋭い瞳が 胸を焦がす あなたの悲しい噂 きりがないけど いっしょにいる この時間(とき)が勝負だから  I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” わかっていたけれど 好きだから 始めたかったの本気よ I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” ものわかりのいい子に さよならするの 大切な恋に出逢って でもね 元気よそおってる 少しは 気づいてほしい  陽光(ひかり)揺れる 海は今日もグランブルー 言いたい事 言えないまま KISSを交わす 寂しくなったら 海に行く癖だけ 唯一 二人の共通点だから  I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” 守ってあげたいの こんな気持ちは 始めてなの いいでしょ I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” あなたも 気づいてない 純粋なとこ 知ってるのよ少しは でもね 不安な毎日 馴れてないよ わかってる?!  I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” わかっていたけれど 好きだから 始めたかったの本気よ I・I・KA・GE・N・NA“愛してる” ものわかりのいい子に さよならするの 大切な恋に出逢って そうよ 私 変わったの 振り向かせてみせるから
最後の奇跡桑名正博桑名正博及川眠子羽場仁志ONDOいつもの街で おまえに逢ってから 少年だった頃の俺が 胸のなかでたたずむよ  馬鹿げていると 言いながら嬉しい おまえが笑う それだけで このまま死んでも かまわないと思う  体じゅうふるえてる 自分でもわからない 手のひらをかさねるたび 優しさがあふれてゆく おまえに心ごと惚れたから  黄昏どきを 映す俺の背中 忙しすぎる日々にまぎれ いつか時が過ぎていた  最後の奇跡 きっと最後の恋 おまえに出逢い 微笑みやぬくもりに人は 泣けることを知った  運命がふるえてる 自分でもわからない 何気ない言葉にさえ こんなに胸が波うつ おまえに痛いほど惚れたから  馬鹿げていると 言いながら嬉しい 俺の弱さもせつなさも 抱きしめてくれる 人がいるよ いまは
記念日瀬戸朝香瀬戸朝香瀬戸朝香羽場仁志米光亮車から飛び降りた そこは青い空と澄んだ海が見える 思わず駆け出した しょっぱいはずだけど甘いわあなたの口びる  この大空の下で 強く強く抱き合う 胸の鼓動感じながら いつまでもこのまま この大空の下で 深く深く焼きつける ひとつひとつ心のアルバムの中へ  最初から決めていた 20才の記念日はずっと隠していた 誰も知らない場所 私のプレゼントあなたと二人で見たくて  金色の太陽を浴びて 両手高く広げて 叫んでみる叫び足りない「愛してる」を 金色の太陽を浴びて 永遠の祈りこめる あなたの海 わたしの空で いることを  流れる時間の中で あなたと見つけたいものは 愛すること 愛されること 愛し合うこと 流れる時間の中を あなたと生きて行きたい 恐れないで 怯えないでまっすぐに
ブーメランのように原田知世原田知世鈴木博文羽場仁志棚谷佑一蒸気した ビルから 落ちてく 自分は 月には 立てない 半端なさようなら  ブーメラン みたいな 今夜の 三日月 投げても 飛ばしても 窓辺に浮かんで  革靴はドアに投げられて 夜をつめこんだポケットは はめをはずしたいと 膨らんでゆくの 迷わない も一度靴をはく  憂鬱な テレビの ニュースが 伝える 渋滞 100km 外が呼んでいる  海のある窓に倒されて 紅をさしながらくちづけた ここがわたしの場所 水が溜まってゆく 気持ちいい ずぶ濡れの前髪  蒸気した ビルから 落ちてく 自分は ブーメラン みたいな 今夜の 三日月 憂鬱な テレビの ニュースが 伝える ブーメラン みたいな 今夜の 三日月  水平の肩に 垂直の首 部屋の壁に張り付いてみる スポンジのような踵が 少し浮き上がっている 瞳の奥の方に棲んでしまった海から 潮騒は かすかに窓ガラスを揺らす 感じてはいけないことなどない 信じてはいけないことなどない 愛してはいけないことなどない 開いてはいけない窓などない 始めてはいけない終わりと 終わらせてはいけない始まりが 背中合わせで わたしの心にいる
Be Free森川美穂森川美穂麻生圭子羽場仁志山本健司それで君が 納得してるなら 別に私は いいと思うのよ  夢なんて 無理して続けるものでもないし イヤなら 仕方ないと思う  ここまでやって もったいないよとか 根性だして 頑張れよとか  言葉で なぐさめて言ってもキミの苦しみ 私が 代われるわけじゃない  好きにしなよ Everyday Smile 自分が決めたことに 勇気と自信持って Wow wow ゼロからまた Everyday Life 次の夢を見つけて Alright 悪くないよ  賛成だね 少し休めばいい 旅とか 行ってくればいいじゃない  それ以上相談されても 何も言えない 他人(ひと)事 キツイ答えだけど  好きにしなよ Everyday Smile キミは他の人より 何かがある気がする Wow wow ゼロからまた Everyday Life 人が何て言おうと Alright 焦らないで  Be Free 本当にダウンした時は この両手 キミに貸すから  好きにしなよ Everyday Smile キミは他の人より 何かがある気がする Wow wow ゼロからまた Everyday Life 人が何て言おうと Alright 焦らないで
つのるほど愛せない美木良介美木良介加藤健羽場仁志萩田光雄たのむからそんな瞳(め)で この僕を見ないでおくれ 抱きしめちゃいけないと この胸が引きとめている  あの日僕に告げた さよならから君は 別の物語を生きていこうと 決めたはずだよ  つのるほど愛せない 本当は今もまだ 君への想いは変わらないけど もう僕じゃかわれない もう君は君だけのものじゃない  満ち足りた毎日に 溜め息をかさねた君が いつしか焦がれたのは 恋という遠いときめき  人は誰もいつも ないものねだりだね けれどその幸せ 失くしたならば悔やむはずだよ  つのるほど愛せない もし君を抱きしめて 奪えるのならそうしたいけど もう僕じゃかわれない もう君はあの頃の君じゃない  せめて君の思い出に 生きられたならそれでいい 不器用といわれても それが答と信じてるから  つのるほど愛せない これ以上つらいから だからその手を放しておくれ もうふたり帰れない もう君は君だけのものじゃない
なにも言わないで美木良介美木良介加藤健羽場仁志萩田光雄さよならに届きそうな そのくちびるを逸らそうと おどけるたびに切なくなる  今でもあいつを 君の瞳が追いかける 気付いているけど 心 止められない  だから 何も言わないで そばにいられるだけでもいい 愛されていなくても 目の前のすべてを 失くしたくない  このままで いつまでも つなげられない なのにまだ 糸口さえも見つからない  「叶わないのなら あきらめろよ」と言いかける まるでこの胸に聞かせてるみたいさ  だから 何も言わないよ 寂しいならそばにいるから 悪くなんかないから 微笑み戻るまで ここにいていい  だから 何も言わないで そばにいられるだけでもいい 愛されていなくても 目の前の君だけがすべて  もう 何も言わないで 僕ならば大丈夫だから 気にしなくてもいいよ 忘れられる日まで 待ち続けるよ
風の生まれる場所から忍者忍者田辺智沙羽場仁志遠山裕目を閉じれば 君の声が今も聞こえる 失くした 何かを探すこの胸に 幸せには出来なかった 白い季節が 眩しい 陽射しによみがえるよ  きらめきだけを 追いかけていた あの日のように 翼広げ  どこまでも 続いてるパノラマに どこまでも シュプールを描くように Oh Yes, もう一度越えてみせるさ ひとりきり 唇を噛み締めて ひとりきり 振り返るこの場所に Oh Yes, 風が生まれている  地平線に 二つの影 長く伸ばして いつかは 重なると信じてた  忘れやしない 時が過ぎても 君を確かに 愛したこと  今日も又 新しい朝が来て 今日も又 輝きが包む時 Oh Yes, 何かをつかんでみせるさ そして今 口笛を吹きながら そして今 走り出すこの胸に Oh Yes, 風が聞こえてくる  恐いものなど 何もなかった あの日の気持ち 今は抱いて  どこまでも 続いてるパノラマに どこまでも シュプールを描くように Oh Yes, もう一度越えてみせるさ ひとりきり 唇を噛み締めて ひとりきり 振り返るこの場所に Oh Yes, 風が生まれている
風だった時代を織田裕二織田裕二秋谷銀四郎羽場仁志松本晃彦あの夏の日 夕暮れの浜辺で 俺たちわざと 強がって別れた 日に灼けた 想い出と 砕けた 夢の破片 あれから 二度目の夏が過ぎて にぎやかな 毎日だけど ガラスの都会で はぐれた 真夜中すぎ 呼ぶよ MY SUMMER WIND 激しい 風だった時代を  雨のターミナル 人波に押されて ひび割れた胸 地下鉄がつぶしてく 果てしない 波の上 漂った 流れ星  あれから いくつも夜は過ぎて みんなにも 会わないけれど 何かなくした 気がして 時々ふと さがす MY SUMMER WIND 気ままな 風だった時代を  あれから 二度目の夏が過ぎて にぎやかな 毎日だけど ガラスの都会で はぐれた 真夜中すぎ 呼ぶよ MY SUMMER WIND 激しい 風だった時代を
Smile again島田歌穂島田歌穂Kaho羽場仁志だから once again 今ならば素直になれそう 'Cause I'm missing you Through the memories  何故だか急にせつなくて ふと立ち止まって 心の中 のぞいたら ねぇ 何が見える 思い出と 少し涙と それから Muu 大切なあの頃見た夢  だから once again 今ならば素直になれそう 'Cause I'm missing you 動き出す memories  Try again これからは 笑顔で会えそう I'll say hold me please 夢なら かならずつかめるはずだから  例えばそう寂しさにふとこわくなって 心の窓 閉ざしても ねぇ 何になるの? 見つめてね 瞳の奥を にじんだ Muu 夢もほら すこしほほえんだ  だから once again 今すぐに受け止めて欲しい 'Cause I'm loving you あふれ出す memories  Try again わがままも 許し合えるね You're the only one 今日からステキな私になれるから  だから smile again 今ならば素直になれそう 'Cause I'm loving you 愛が少しずつ 見えそうな気がして
愛の共犯者中川明中川明荒木とよひさ羽場仁志あなたが作った積木の巣箱で 幸福の真似をしていたけれども今では 悲しいことだけ綺麗に見えても 涙の渦から逃げだすなんて出来ない罪びと 愛はいつも強い味方が 夢を朝まで連れてはいかない 抱いて抱かれた夜だけをせめて返してよ この身体女になりたい 過去を脱ぎすてもう一度生れ変らせて いまは心はぐれた身なし子だから  昨日の痛みを半分だけでも 不幸に包んで捨てることが出来たらいいのに 愛はいつも強い味方が 涙見せれば背中でふり切る 好きと嫌いのため息をせめてふさいでよ 口びるが女になるから 夢の途中に帰らせてこの素肌のまま いまは心それさえ結べないから 抱いて抱かれた 抱いて抱かれた夜だけをせめて返してよ この身体女になりたい 過去を脱ぎすてもう一度生れ変らせて いまは心はぐれた身なし子だから
Cat-Walk DancingWinkWink松本隆羽場仁志船山基紀三日月よりも蒼い夜 真珠の靴で踊るSidewalk  二つの鼓動重ねれば ゆらめく波のリズムになる  好きなのにDon't you know 冷たいねWhat you want そっと忍び足後ろから目隠し  Step シャム猫みたい Step つま先立って Cat-Walk 首にKissをあげる Step 天国までの Step 長い階段 Cat-Walk 探しながらDance with me  この星空を切り取って ドレスを縫って着飾りたい  あなたが吐息つくような 笑顔で私誘うから  惑わせてLet me know 優しさでI wonder why みんな人見知り淋しさに目隠し  Step 銀河がまわる Step 都会がまわる Cat-Walk 月のシャワー浴びて Step 大人の世界 Step はみ出した靴 Cat-Walk 夢のようにDance with you  Step シャム猫みたい Step つま先立って Cat-Walk 首にKissをあげる Step 天国までの Step 長い階段 Cat-Walk 探しながらDance with me
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
優しい夜に逢いましょう観月ありさ観月ありさ及川眠子羽場仁志まぶしい予感にエスコートされて 今年いちばんの笑顔で出掛けた  みんなが華やぐパーティー あなたに視線(まなざし)が立ち止まる  天使が胸に舞い降りて 恋という名の星を撒く 運命にいま背を押され 優しい夜に逢いましょう  慣れないヒールが少し痛いから そんな言い訳でぬけがけしようか  楽しいゲームをしてても ひそかに心だけふたりきり  天使がくれた贈りもの 赤いリボンで結ばれた ふたつの未来(あす)をつむぐため 優しい夜に逢いましょう  不思議ね 粉雪のクリスマス・イヴ 気持ちは温室にいるみたい  天使が胸に舞い降りて 恋という名の星を撒く 運命にいま背を押され 優しい夜に逢いましょう  天使がくれた贈りもの 赤いリボンで結ばれた ふたつの未来をつむぐため 優しい夜に逢いましょう  天使が胸に舞い降りて 恋という名の星を撒く 運命にいま背を押され 優しい夜に逢いましょう  まぶしい予感にエスコートされて 今年いちばんの奇跡を見つけた 奇跡を見つけた あなたに出逢えた
天使の微笑衛藤利恵衛藤利恵広田結花羽場仁志新川博傷ついた 心さえ 忘れてしまう この街の 冷たさも 闇に溶けてく  見えない夢を追いかけて すり切れた時間に 迷い込んだなら そっと手をのばし 導いてゆくわ  遠ざかる靴音に 胸がざわめく夜は 無邪気に眠る天使のように 寄り添っていたい あてのない 風の中 愛さえはぐれたなら きっと微笑みあげるわ  鮮やかな記憶さえ 失くしてしまう この街の きらめきは まぼろしになる  乾いた嘘に疲れ果て 俯いた時間に迷い込んだなら そっと肩を抱き 導いてゆくわ  やさしさに背を向けて ひとり切ない夜は おどけて遊ぶ子猫のように 寄り添っていたい 壊れてく 瞬間の中 明日が見えないなら きっと守ってあげるわ  遠ざかる靴音に 胸がざわめく夜は 無邪気に眠る天使のように 寄り添っていたい あてのない 風の中 愛さえはぐれたなら きっと微笑みあげるわ 
三年待てへんか憂歌団憂歌団康珍化羽場仁志三年待てへんか もいちど生まれ変わるよ 三年待てへんか まじめに働くつもりさ 蒸し暑い風が吹く橋の上  お前の目を そらすだけ 泣かせたのは おれだから 何も 言えなくて 風に吹かれてる やりなおしたいと 本気で思う  三年待てへんか かならず生まれ変わるよ 三年待てへんか 本気で働くつもりさ 低い雲ちぎれてく 泣きながら  肩を抱けば ぎこちなく やりきれなさ しみてくる お前 くちびるを 強くかみしめる 明日指輪を 受け取るよって  後悔してへんか ここまでついて来たことを 後悔してへんか おれについて来たことを 力なく首を振る Cryin' My Baby  三年待てへんか もいちど生まれ変わるよ 三年待てへんか まじめに働くよ 蒸し暑い風が吹く橋の上  三年待てへんか かならず生まれ変わるよ 三年待てへんか 本気で働くつもりさ 低い雲ちぎれてく 泣きながら
大阪ビッグ・リバー・ブルース憂歌団憂歌団康珍化羽場仁志大阪ビッグ・リバー・ブルース もうそんなに泣いたら つらいさかい 大阪ビッグ・リバー・ブルース なァ お前の涙を 止めてくれへんか Sweet Heart  夜の街をめざして 電車は今 河を渡 る駅に着いたら ふたり 少し街を歩かへんか もう会えんようになる Sweet My Baby 夏のシャツに風がしみた  大阪ビッグ・リバー・ブルース 汗にまみれ働く オレのことがお前を ビッグ・リバー・ブルース 悲しませた そんな時もあったやろ Sweet Heart  責めんといてと泣いた ちいさな手を握りしめて なんでウソを言うやろ お前のこと好きやったよ もう抱けんようになる Sweet My Baby 想い出なにも残せんけど  大阪 大阪ビッグ・リバー・ブルース 夢見る頃過ぎても愛しあえていけたら ビッグ・リバー・ブルース お前のことしあわせにできたやろか  大阪ビッグ・リバー・ブルース 川に映る星のかけらのように 大阪ビッグ・リバー・ブルース たださびしいだけの女になるな  大阪ビッグ・リバー・ブルース もうそんなに泣いたらつらいさかい 大阪ビッグ・リバー・ブルース ビッグ・リバー・ブルース ビッグ・リバー・ブルース…
Close Your Eyes~唇からBe-BBe-BBe-B羽場仁志青い夜明けまで続く 天使たちのパーティー 七色の羽根のギターで Twist And Shout歌ってる その羽根が舞い降りてきて 目覚めのベッドにあったら 恋の告白Chance Day 勝利の女神もSmile Smile For You  “Close Your Eyes 唇から 愛を伝えるから Close Your Eyes 誰も何も見ないで”  あんなに何度も心で 囁く練習してたのに待ちぼうけ… 女神の気まぐれに  雨上がりの虹越えて 帰ってきたドロシー 魔法のブーツをはいて Rock And Roll踊りましょう 乙女は いくつになっても 夢見る少女でいたいの 醒めた現実の Every Day 抜け出して今すぐRun Run For You  “Close Your Eyes 心の目で 見つめ合いたいから Close Your Eyes 言葉はいらない”  こんなに いつでも瞳は 釘付けのピンクのハートマーク 打ちあける 勇気の瞬間も  “Close Your Eyes 唇から 愛を伝えるから Close Your Eyes 誰も何も見ないで”  “Close Your Eyes 心の目で 見つめ合いたいから Close Your Eyes 言葉はいらない”  あんなに何度も心で 囁く練習してたのに待ちぼうけ… 女神の気まぐれに
愛が生まれた日PLATINA LYLIC藤谷美和子・大内義昭PLATINA LYLIC藤谷美和子・大内義昭秋元康羽場仁志萩田光雄恋人よ 今 受け止めて あふれる想い あなたの両手で  恋人よ 今 瞳を閉じて 高鳴る胸が 2人の言葉  キャンドルの炎に 揺れてるプロフィール 世界で一番 素敵な夜を 見つめている  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた  恋人よ この腕の中 哀しみさえも 打ち寄せないだろう  恋人よ もし 嵐でも 2人は同じ 入江の小舟  天窓の星より 近くが美しい 未来で一番 輝く過去を 過ごしている  愛が生まれた日 忘れない 運命を信じてる 君がいるなら それだけでいい 愛が生まれた日 忘れない 生きてきたその理由を… あなたがいれば それだけでいい ……めぐり逢えた  いくつかの別れと 涙が 地図になり 世界で一番 素敵な場所に 辿りついた  愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 真実はひとつだけ あなたとならば 生きて行ける 愛が生まれた日 この瞬間(とき)に 永遠が始まるよ 君とだったら 生きて行ける ……めぐり逢えた
HEAVEN~情熱に嘘をついた~児島未散児島未散京恵里子羽場仁志情熱に 嘘を 嘘を ついた こんな気持ちじゃ 帰れない そう ひとり占め させて させて あげる 光りきらめく 銀色の世界へ  渋滞に焦れる 高速をふたり ゲレンデへと向かう 恋人に変わるシグナルを送る 秘やかな決心  胸の鍵が 今 壊れた あなたも同じ 鼓動 感じているはず  もう 迷わない 熱い 熱い Kissで 君だけだよと 抱きしめて そう 指先で 誘って 誘って あげる 情熱という束縛を見せたい もうすぐHeaven…  降りしきる雪も 泣き叫ぶ風も この想い 消せない  過去も 未来も 出会う運命 あなたのことなら不思議 なんでもわかるの  ねえ 情熱に 嘘を 嘘を ついた こんな気持ちじゃ 帰れない そう ひとり占め させて させて あげる 光りきらめく 銀色の世界が ふたりのHeaven… 
信じてる椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志あなたから連絡がもう10日もないわ 気持ちまでしんとして恋を失くしそうよ  あなたは投げやりな言葉で 切ってしまった電話 このまま二度と会えなくなりそうで 自信がないのよ  信じたい 信じたい 忙しくしてるだけと こんなにも弱くなる 本当に好きだから 信じてる 信じてる 大切にすると言った 嬉しかった言葉を今も  あなたの唇のやわらかさをふいに 想い出してしまうと涙がこぼれるわ  街角で立ち止まったあなた 誰かを見つめていた きっと昔の恋人だったのね きれいな女性だった  信じたい 信じたい 今は私を見てると 不器用で頼りない そんな女だけど 信じてる 信じてる 最後の恋になること 心からそう信じてる  信じてる 信じてる 最後の恋になること 心からそう信じてる
Because of the rain椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志久し振りの約束遅れたあなた ごめんと一言だけ聞きたかった 私が怒らないと決めているのね 教えて今二人は恋をしてるの?  あの夜手を振りきってかけ出したのは 雨のせいじゃない本気だったから  もっと抱きしめられて あなたを感じてみたい 愛に嘘はつけない そう信じさせて きつく抱きしめられて 夜に溶けてゆくのよ 雨があがるまでずっと その胸で眠っていたい  背中にまわす腕の力が足りない 顔が見えない分だけ不安なのよ たまに“好きだ”と言って私を宥(なだ)める あなたはいつもどこか冷めているのね  私を受け止めてと飛び込んだのは 雨のせいじゃない本気だったから  もっと抱きしめられて 愛に逆らわないで あなたの胸に煙る 雨をぬぐうから きつく抱きしめられて 深く信じ合いたい 誰も知らない夜を その胸で眠っていたい  私を受け止めてと飛び込んだのは 雨のせいじゃない本気だったから
優しいレンズ酒井法子酒井法子朝水彼方羽場仁志西脇辰弥午後の街角 ガランとしてる 誰もが夏は遠くへ 服をくっつけ ふたりで歩く ガラスの反射眩しい  なんとなく綺麗だね ありふれたもの それさえ今  あなたのそばで笑えること それだけでいい 優しいレンズ 映るすべてがふたりのもの  何も言わずに ついてゆきたい あなたが行きたい場所へ 迷惑じゃない? わがままじゃない? 少しは臆病になる  それぞれが輝いて 手をつなぐのは 素敵だから  あなたの夢も愛している 私はいつも 優しいレンズ 映る季節が変わるときも  あなたのそばで笑えること それだけでいい 優しいレンズ 映るすべてがふたりのもの  見つめて…
永遠に抱きしめたいSMAPSMAP吉元由美羽場仁志写真の中の小さな君 瞳のいたずらっぽさが 今と同じさ 一日がとても長く感じた あの頃は 素敵な未来だね ふたり逢うなんて  永遠に君だけを 抱きしめていたい (Woo…) 今は時が風のように 過ぎてゆくから (Only you) 見つめ合う瞬間も 愛しくなるのさ (Woo…) 君を二度と離したくない ずっと  初めて淋しさを知ったよ 逢えない日は 色あせてしまう街角 夜が明けるまで一緒にいよう 今度こそ どんなに伝えても たりない感じさ  いつまでも変わらない 夢を見ていたい (Woo…) 僕にできるすべてのこと してあげたいよ (Only you) けんかしてしまうこと たまにはあるけど (Woo…) この気持ちを思い出したらいいさ  永遠に君だけを 抱きしめていたい (Woo…) 今は時が風のように 過ぎてゆくから (Only you) いつまでも変わらない 夢を見ていたい (Woo…) 僕にできるすべてのこと してあげたいよ (Only you) 見つめ合う瞬間も 愛しくなるのさ (Woo…) 君を二度と 離したくない ずっと
Happy BirthdaySMAPSMAP小倉めぐみ羽場仁志自分がすごく 小さく見えて 意味なく思えてくる 夜がある やりたいことは やめられないと 空をにらみつける 朝もくる  Everyday 気持ちは揺れる Everyday 悩みはつづく だけど投げずに 生きてゆくのは 誰かといっしょに 笑うためさ  Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday 生まれて来たことを君が かなしまないように Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday 出逢えてしあわせだって 伝えつづける 君の胸に………  テレビが流す つらいニュース 騒がれては消える 連続さ それでも今日も 人は生まれる 希望を握ってる 小さな手で  Everyday 時代はめぐる Everyday 痛みはつづく でもひとつだけ はっきりわかる 悩みはけして ムダじゃないさ  Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday 誰もが笑っていられる Ah… 時代じゃなくても Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday いつか笑う日のために 人は生まれる Happy, Happy Birthday  Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday 生まれて来たことを君が かなしまないように Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday 出逢えてしあわせだって 伝えつづける Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday Happy, Happy Birthday
CrySMAPSMAP久和カノン羽場仁志サヨナラがいつか二人を 強くする……… 涙の向こうへ……… No More Cry For Me.  言い訳する度 夢が色あせる 君の瞳 遠くなる 優しさも今は 受けとめられない ラジオの声 聞いてた Rain Rain 雨が近づく Rain Rain 心を濡らすように………  このままじゃ君と出会った トキメキも無駄にしそう Only Cry サヨナラがいつか二人を 強くする……… 涙の向こうへ……… No More Cry For Me.  君のせいじゃない 傷ついた日々は 答え急ぎ過ぎただけ 二人が選んだ 昨日へのSay Good Bye ひとかけらの想い出 Cry Cry 窓を叩いて Cry Cry 切なさ流してく………  このままじゃ君と出会った トキメキも無駄にしそう Only Cry サヨナラがいつか二人を 強くする……… 涙の向こうへ……… No More Cry For Me.
Kissしたい椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志あなたは今どうしてるの できれば一人で居て欲しいわ その笑顔を他の女性(ひと)と 分け合うことなどできないから  出会いは残酷だわ 立ち止まって とまどって 通り過ぎた  あなたへの愛ならば 他の誰よりも 深い自信がある 急がずに待ってるわ つま先を立てて Kissをしてみたいの  いつも私元気でしょう 泣きたい気持ちは気づかれない  好きだと告白する 受け止めても 拒んでも 自由だけど  こんなにも純粋な 愛を無駄にする ことはないと思う あわてずに待ってるわ あなたがKissを したいと望むまで  あなたへの愛ならば 他の誰よりも 深い自信がある 急がずに待ってるわ つま先を立てて Kissをしてみたいの  ラララ……
ガラスの月椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志薄いベールの冷たい月が あなたに見える夜は嫌いなのよ  束縛はしない いつだって言うけど 無関心なだけ  忘れられた誕生日 今年もまた独りね もてあます一日に 憂鬱になる 伝えたい空しさは 行き場所をなくして あなたとの関係も ガラスのように頼りない  あなたの夢を昨夜見たのよ いくら呼んでも遠くなって行った  来るはずの電話 真夜中が過ぎても 鳴ることを知らない  恋なんてあなたには ささやかなものなの 寂しさに慣れるように 試してるの サヨナラを私から 言えばきっと上手に つなぎとめてしまうでしょう 悔しいのに愛してる  忘れられた誕生日 今年もまた独りね もてあます一日に 憂鬱になる 伝えたい空しさは 行き場所をなくして あなたとの関係も ガラスのように頼りない
あなたが消えてゆく椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志またねという言葉は まるできまり事ね 思い出したように来るけど 褪めた目をしている 二人で過ごす意味を 見ようとはしないの つまらない女にしないで 心が叫ぶ  恋などしてないわ 失くしたくないだけ あなたは自分のずるさには気づかず 私が愛してた あなたが消えてゆく 知らなかった他人のようね  不器用だからうまく 愛せないと言って 逃げる時にだけはいつでも 器用になれるのね あなたに抱かれてると とてもいい女に 思えてたあの日々ぼやけて しまうのは何故  あなたが望むように 苦しまないことで 勝つなら私は負ける方選ぶわ 愛に真剣だった あなたが消えてゆく そばに居てももう届かない  恋などしてないわ 失くしたくないだけ あなたは自分のずるさには気づかず 私が愛してた あなたが消えてゆく 知らなかった他人のようね
My sin椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志夜が終わる窓に あなたの影がふるえているわ その涙はきっと 私の罪の深さのせいなの  待つことの辛さも わかるよとつぶやく  Kissはもうできないの? 傷つけてから判ったなんて 愚かだけど Kissはもうできないの? あなたの傷み、あなたの大切さも 気づいたのに  そばに居れるだけで 嬉しかった私なのに 望む事が増えて 叶わないと責めてばかりいた  どんな時もあなた 怒らずにいたよね  Kissはもうできないの? 今までの事忘れてなんて 言えないけど Kissはもうできないの? 許されるなら何もなかったように 抱かれたい  Kissはもうできないの?  この恋がすべてだわ  Kissはもう…
愛し方を間違えて高橋真梨子高橋真梨子秋元康羽場仁志抱きしめてくれた両手の強さは いつもと変わってないのに 腕をほどいたら全てが終わって あなたは明日探して 知らない街へと行くのね (say say say) 愛し方を間違えたら 突然 Broken my heart 男なんてみんな同じ 勝手に I say“Good-bye”  出逢った時から心につもった 小さな愛のすれ違い バスを見送れば昔に戻って 私は少し無口で 気が強い女になるよ (bye bye bye) 愛し方を間違えたら 悲しい Lonely my heart 男なんてみんな同じ このまま I say“Good-bye”  男なんてみんな同じ 勝手に I say“Good-bye” (You don't say“Good-Bye”) 一人になるのよ 素敵よ (bye bye bye) 愛し方に答えはない いつでも Be free my love! 愛し方はほっといてよ 最後にKiss me again! Mm 男なんてもうこりごり それでも I love you!
24時間C.C.ガールズC.C.ガールズ古澤久美子羽場仁志I WANT YOU, MY LOVE きれいごとばっかり ならべてる チャチな男ね ルックスも センスも悪くて 今までで 最低のランクね  だけど 抱きあおう 24時間 さあ もっと愛しあおう 24時間  I DON'T KNOW, BABY どっちでもいいけど くだらない 意地はやめたよ バイクとか お金とかなんかじゃ キスしても くれやしないからさ  だけど 抱きあおう 24時間 さあ もっと愛しあおう 24時間も  LOVING YOU もっと 強く 愛は永遠のはず LOVING YOU もっと ながく 愛は契約よ  I BET YOU 24時間  I DON'T CARE, BABY 誰でもいいけど 抱きあえば 何かがかわる 求めても わからないはずの 答えでも 見えるかもしれない  だけど 抱きあおう 24時間 さあ もっと愛しあおう 24時間も  LOVING YOU もっと 強く 愛は永遠のはず LOVING YOU もっと ながく 愛は契約よ  I BET YOU 24時間
雨の気持ち酒井法子酒井法子竹花いち子羽場仁志冬の雨がしずかにおもく 降りつづいてる 雪の朝なら 心もはしゃぐのに ユーウツ色の空 ぼんやり ながめていたら 二月分の涙がいま あふれだして おかしいほど 止まらないの オネガイ…  Take me back 君の笑顔に帰りたい たどりついた こたえなの Take me back 君の心で雨やどり さよならから 逃げだして  夏の雨にぬれた二人を 思い出してる シャワーのように 気持ちよかったね この街から越してゆく君 見送った秋 あの日を恋のおわりにしたつもりなのに まわり道をしてるみたい オネガイ…  Take me back 君の気持ちを見つけたい とてもこわいの だけど Take me back 君の翼で冬ごもり さよならから 逃げだして  オネガイ…  Take me back 君の笑顔に帰りたい たどりついた こたえなの Take me back 君の心で雨やどり さよならから 逃げだして
彼に片思い椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志いつもと同じように あの坂の上から彼が走って来る 少し陽に焼けててセーターが似合うね 急いで、バスが出るわ  もう5分だけ早起きなさい 彼女はいないの?  あわてる顔を見てると なんだか心配になるのよ 声をかけてみたいけれど きっかけが何もなくて 今日も片思い  挨拶ぐらいなら してもいいじゃないと自分に言い聞かせる おかしいわね恋は初めてじゃないのに 胸がキュンとするわ  早く明日になればいいなんて 思う帰り道  見たことのあるセーター でも一人じゃないと気づいた とてもやさしそうな顔で そっと肩に手をかけてる こんな偶然 出来すぎてるわ 恋人はいないなんて 勝手に決めたのは私ね 始まらずに終わる恋に こんなものよとごまかした 彼に片思い
いつか恋をしたら椎名恵椎名恵椎名恵羽場仁志暖かな日曜は 公園をよく歩いたね 風が散らす枯れ葉を今 ひとりで見ているとつらくなる  どんな時も 私のこと守ってくれたよね 想い出せば あなたにつつまれてた恋だった 私少し痩せたわ あの日から変わったの  子供達が遊んでる もしここにあなたが居たら かわいいねと照れたでしょう あなたは結婚を望んだから  別れてから 恋を忘れたように生きてきた やっと少し 心から笑える日ができたから いつか恋をしたなら その時は伝えるわ
少し歪んだ夜に織田裕二織田裕二藤原安寿羽場仁志松本晃彦少し歪んだ夜に 踏みにじられたこともあるさ ちっぽけな感情で 夢を計りにかけたよ 「嘘つくくらいなら 傷つくほうとるさ」 砂ぼこりの中に 声はかき消された  笑ってくれるかい 心の底から それしか言えない 自分の胸を張る 言葉には意味がない 夜もある  「冷たい時計の針じゃ 人の気持ちは縫えはしない」 あいつの叫ぶ声に 胸がきしんで壊れた 素直な心なら 無駄にはならないと 捨てられた猫にも 教えられた路地さ  返してくれるかい 乾いた昨日を 明日 雨なら やさしくなれるさ 今ならばそう思える こんな夜  笑ってくれるかい 心の底から それしか言えない 自分の胸を張る 言葉には意味がない 夜もある
砂の男少年隊少年隊真名杏樹羽場仁志船山基紀砂漠の果てで 見つけた恋さ 君の肩 きつく抱いてる  やさしさだけが渇いてしまう この都会(まち)は なぜか寒いね  Love is you ビルの壁で光るニュースたち 西暦2000年がもうすぐ来るけど Love is all 生まれたまま 感じあう夜は 時代もイアリングも 消えてしまうから なんにも言うなよ …言うなよ  瞳の中に にじんだような 僕がいる 君はオアシス  うそをつくより  泣くほうがいい その胸が ラクになるなら  Dream on you 闇に響く ジェットヘリの音 ふたりの鼓動さえも 蜃気楼にする Dream come true 冷めてしまう 僕たちの夢が 静かに眠るころも ここにいて欲しい どこにも行くなよ …行くなよ  Love is you I'm in your eyes Love is all  Feel it tonight Love is you Love is all
風のインヴェンション相楽晴子相楽晴子相楽晴子羽場仁志重実徹清らかに 鐘を鳴らしてる 愛の羽 付けた天使たち 体中 すきとおる まるで ビードロ細工 鮮やかな 夢にかざられてる 紅(くれない)の バージンロード ドレス すべらせて 静かに ほほえみ こぼれたら 少しずつ 染められてゆくの  金色の光を 浴びたら 今日だけは妖精になれる 空高く 舞い上がり 風を つかまえたら 手をとって もう離さないでね 両手広げ 身をまかせば Blueに 染まるの ふりそそぐ 愛につつまれて 交わしましょ やさしい口づけ  ふるえてる 指先に 心が ふれたなら 街中が バラ色に変わるの 紅の バージンロード ドレス すべらせて 静かに ほほえみ こぼれたら 少しずつ 染められてゆく 永遠(とわ)の夢 今 この場所で 誓いを 立てたら ふりそそぐ 愛につつまれて 交わしましょ やさしい口づけ
ほほにそよ風相楽晴子相楽晴子相楽晴子羽場仁志重実徹見送りはいらない 二人きりで これから始まる 行くあてのない旅  あなたにまかせるわ 好きになさい 三歩うしろから ついてくから  ほんの少し 不安だけど それなりの ハプニング かくごは ついてる  ほほにふれた風が 話しかけてきても 明日の ことなんて 分からないわ WOW WOW 同じ 大地けって 同じ空見ている あなたとなら きっと 後ろ ふり返らず 歩いてゆけるわ  ちょっと 出かけますと メモ残して 本当 あなたって 鉄ぽう玉  ひどい人ね 勝手すぎる そんなとこ 好きだから 仕方が ないわね  一人 残されても 文句言わないから 心だけは いつも そばに いてね WOW WOW 同じ 雨に打たれ 同じ夢見ている あなたとなら きっと 果てしない旅も つづけてゆけるわ  ほほにふれた風が 話しかけてきても 明日の ことなんて 分からないわ WOW WOW 同じ 大地けって 同じ空見ている あなたとなら きっと 後ろ ふり返らず 歩いてゆけるわ
24時のBRIDE相楽晴子相楽晴子石川あゆ子羽場仁志重実徹倒れたグラス 散らばる紙吹雪 引き上げてく笑顔 二人のために 開いてくれたパーティー ようやく閉じる扉  少し疲れたね だけど幸せね こんな祝福を受けるためなら  愛は恋の続きなのね サインしたの 消えない文字 聞かれたら なりゆきねと 答えたいわ ほほえみを添えて……  「片づけなんて 明日にすればいい」 包むように抱かれ  夜が静けさに 場所をゆずるから 誓いの言葉が聞こえてくるの  窓の外はセレナーデね 現実さえ 乗り越えられる 街の灯りは はめらせてた 昨日までが 思い出に変わる  愛は恋の続きなのね サインしたの 消えない文字で 眠れないわ…… 踊りましょう……
ステイションより愛をこめて相楽晴子相楽晴子古賀勝哉羽場仁志三年ぶりに偶然 出会ったあのひとは スーツとネクタイ 似合うよ  ふたりで渡る改札 あなたは優しい眼 元気でいたかと笑った  就職したんだと ちょっと照れたように 前髪をかきあげる あなたの癖  あの頃 輝いた その瞳に 夢だけは消さないで 覚えてる そんなあなた いつだって 好きだった  すこし疲れてる 横顔 気になる  結婚しても 住所は連絡しろなんて 真面目な顔して 見つめた  あなたはどうしてる? だけど聞けなかった 恋人はいるのかと その一言  あの時 我が儘と やせがまんで 別れたね 私たち 忘れない そうね今は ほほえんで 話せるよ  そして元気でと はぐれた 人混み  あの頃 輝いた その瞳に 夢だけは 消さないで 忘れない あなただけを 愛してた あの季節  じゃあね元気でと 手をふる ステイション
愛しているかもしれない三浦秀美三浦秀美安藤芳彦羽場仁志愛しているかもしれない 心をほどいてみれば 迷っていたかもしれない 自分を隠したまま  会えなくなるのが こんなに辛いなんて  時に流されて 見失う前に 素直な言葉で 愛を伝えたい  気付いていたかもしれない 瞳を見つめた時に  光に包まれ 二人は一つになる  誰かを愛して 初めて気付いた 何もおそれずに 夢を探したい  あなたを信じて 心を開いて あなたを求めて 歩き続けたい  時に流されて 見失う前に 素直な言葉で 愛を伝えたい あなたを信じて 心を開いて あなたを求めて 歩き続けたい
彼女のユウウツ森川美穂森川美穂森川美穂羽場仁志ジョー・リノイエ・鈴川真樹元気に目覚ましのベル鳴る シャワー浴びる時間がおしいAh 子供の頃大人になって 夜更かし朝寝坊したいと真面目に思っていた  目覚めのCoffeeを片手に News paperに目を通すMu ユウウツな月曜日の朝は 風邪をひいたと電話しようか?言い訳を考える  人に押されて飛び乗ったいつもの電車には 見知った顔があくびしてるわ みんな同じね  Officeの制服着替えて 日曜のデートの報告Ah 彼がいないのは私だけ どうせまた頷き役だわ なんてユウウツな朝よ  季節変われば何かが生まれるわけじゃない 嫌いな朝も確実にやってくるわ 天気みたいに毎日が変われば楽しいね 流れる時間たまには逆を歩いてみたい  帰りはコンビニの袋を片手に持ちため息つく これもいつもと同じ  連続ドラマ始まるわ急いで帰らなきゃ 駆け出す自分滑稽よ笑っちゃうね 夜がこのまま終わらずにいたなら嬉しいわ 子供みたいにわがままね ユウウツは嫌い 季節変われば何かが生まれるわけじゃない 嫌いな朝も確実にやってくるから
YOUR LOVE THAN ANGEL柳ジョージ柳ジョージ平出よしかつ羽場仁志小林信吾鎖につながれた魂 お前の愛がほどいてくれる 手掛かりさえない明日 歩き出せるはずさ  激しい雨に打たれて 胸が錆付く夜もあるさ  Please Sing For Me ララバイ こんな夜は天使より娼婦の愛がいい  One Night Stand, Hold Me Tight 何も聞かず 眠らせてほしい その腕で  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  お前を倖せにできる 男なら俺じゃないと言えば ルージュが香る唇で 俺の口を塞ぐ  窓の灯りが消えてく 街は行き交うサイレンの色  Please Sing For Me ララバイ 傷を癒やす 言葉より細い指先で  One Night Stand, Hold Me Tight 苦い焦り お前に包まれ 消えてゆく  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  激しい雨に打たれて 胸が錆付く夜もあるさ  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると  お前はささやく 何度もチャンスは巡ると
CAROL柳ジョージ柳ジョージ弓原真羽場仁志稲垣雅紀どこへ贈る カード一枚 夢も連れ去るような 北風(かぜ)吹く バックベイタウン  違う愛に抱(いだ)かれてもいい 俺を忘れても おまえが倖せならば  Glory to my love もう遠いやさしい瞳(め)よ Shining lights on you その心の悲しみ 消してやりたい  やがて雪がレールに舞う頃 俺もこの町を出てゆく 失くした日々と  Glory to my love もう二度と会えなくても Shining lights on you 愛のすべておまえに贈らせてくれ  Glory to my love もう二度と会えなくても Shining lights on you 愛のすべておまえに贈らせてくれ  Glory to my love 夜明けまで 胸に響く Shining lights on you 永遠(とわ)のキャロル おまえの明日のため
微笑の影で島田歌穂島田歌穂安藤芳彦羽場仁志短かい手紙が 届いた午後だから 一人で 窓辺に座って 想い出を振り帰る 遠い日の  (Mun) 離れた心は 今でも 探している 正しい答を Why, Never say I wanna I love you 愛する 淋しさを 感じていた 隠してた 微笑みの影で  何処かで 偶然 出会ったその時は 今より 奇麗で 素敵な 自分でいられる事 願ってる  (Mun) 想い出の中の 二人は いい事だけ 覚えているから Ah, Never say I wanna leave you 今でも 優しさを 見つめている 求めてる 哀しみの影で  涙で滲んだ 懐かしい文字 胸に刻み付けたイニシャルをそっと消すわ  離れた二人は 今でも 探している 戻らない夢を Why, Never say I wanna love you 全てを許せない 自分の事 悔やんでる 微笑みの影で 微笑みの影で
夕焼けの丘島田歌穂島田歌穂安藤芳彦羽場仁志風に揺れる枝を 見上げたら 思い出した 揺り椅子に抱かれて まどろんだ 昔話  空を染める夕日 遠い国の話 憧れた  私が生まれた 雨の水曜日 傘もささないで 家(うち)へ走る 初めての孫を 腕に抱き上げて 泣かせてしまった話 思い出す  暖炉の上にある 写真から 見つめている 優しい笑い顔 いつまでも 見守っていて  土に帰る事は何もこわくないと 目を閉じた  涙で滲んだ 夕焼けの丘に 花束を抱え 歩いて行く 私の心に 今も生きている たくましい腕と 優しい微笑み  自分を探しに 家を出たあの日 元気でやれよとかすれた声 こぼれた涙は パイプの煙りが 目にしみただけと 笑っていた  一人で佇む 夕焼けの丘に 懐かしい風が 流れてゆく 私の心に 今も生きている たくましい腕と 優しい微笑み
さよなら 小さなCrybabyWinkWinkKEIKO羽場仁志ひとりで 目覚めた朝は 生まれたての風に 優しく抱かれたい  瞳を閉じて 貴方の 強がりな横顔 想い出してみるの 懐かしく  閉じたガラスに映る 私の胸が 今でも ときめいてる 遠くで待つ 貴方に (Ah sweet heart)  初めて 愛されたせい ぎこちない涙で 貴方を惑わせた  幼い頃のアルバム めくっていくように 少しずつ 大人になっていく  もう一度逢えたなら そっと誓うの もう泣いたりしないわ! さよなら 小さなCrybaby  今も 貴方のぬくもりを 覚えてるの 白いシャツで 強く抱いてよ  閉じたガラスに映る 私の胸が 今でも ときめいてる 遠くで待つ 貴方に (Ah sweet heart)  もう一度逢えたなら そっと誓うの もう泣いたりしないわ! さよなら 小さなCrybaby  Your Angel Crybaby I'm gonna miss you so much. あいしてる…
A・B・CD宮沢りえ宮沢りえ川村真澄羽場仁志変わり者と 言われてる 噂 ひとつもないから 金曜日も土曜日も わたしは夢中なのよ CD  ガーベラの花 白と黒のヘリンボン お気にいりなら たくさんあるけど  ピンと来ない 恋なんて 薬みたい キスなんて 今はリズムだけ 感じたいの 窓ガラスが曇るほど 大声で歌うのよ 見上げてる ドライブ日和の空  ステキな人 通るたび 友達は騒いでるの バネ仕掛の鳥のよう 彼女たちは 羽根を鳴らす  わたしはひとり イヤホンを延ばすの プレイボタンは アラジンのランプ  キュンとしない 恋なんて あこがれない キスなんて 今は夢にさえ見たくないの 遊びなれた恋人や 疲れ果てたキャリアガール すれ違う まちがい探しの夜  ピンと来ない 恋なんて 薬みたい キスなんて 今はリズムだけ 感じたいの 窓ガラスが曇るほど 大声で歌うのよ 見上げてる ドライブ日和の空
Lonely Chase中井貴一中井貴一澤地隆羽場仁志シェリーが揺れる 視線を投げる 強がるほどに夜が逃げる  オマエが笑う 冷たく笑う 7度目のオレの言葉軽く笑う  浅はかだね男なんて HA  Just A Lonely Chase 引き金さえひけないままのスナイパー It's My Lonely Chase 哀しいけどオマエのなめた 赤い罠のルージュ 堕ちていくだけさ  ココロが響く 都会でもがく イキ巻くほどに喉は乾く  オマエが誘う あやしく誘う 3秒でオレのからだ深く誘う  気紛れだね女なんて HA  Just A Lonely Chase 駆け引きさえためらいがちにスナイパー It's My Lonely Chase 悔しいけどオマエの脱いだ 黒い棘のヒール 刺されるだけさ  目覚めた時は一人きりで オマエの愛をさがしてみても わずかな香りも残さない あざやかすぎる手口だよ  Just A Lonely Chase 引き金さえひけないままのスナイパー It's My Lonely Chase 寂しいけどオマエの消えた 白い夢のシーツ 見つめるだけさ
B・S・T松原みき松原みき澤地隆羽場仁志ロビーの回転ドア越しに 笑顔でサイン送ってみせたり あなた上手に 男を演じているわ こんな夜には ときめいてしまいそうね  BST シャクなくらい BST さりげなくて BST 乱されてた 揺れ動く心ね BST  BST くやしいけど BST 私だけが BST 崩されてた 頼りない心ね BST  哀しい目のベルボーイにも 小粋にウィンク投げてみたの あなた見事に 女を変えてしまうわ こんな恋なら うなずいてしまいそうね  BST 罪なほどに BST 止まらなくて BST 壊されてた 熱すぎる心ね BST  BST くやしいけど BST 私だけが BST 崩されてた 頼りない心ね BST  BST シャクなくらい BST さりげなくて BST 乱されてた 揺れ動く心ね BST  BST 罪なほどに BST 止まらなくて BST 壊されてた 熱すぎる心ね BST
cosmos in the rain高橋真梨子高橋真梨子来生えつこ羽場仁志まだコスモスは 咲かずに やまない雨に 濡れてる やさしい言葉で 終わりたかったのに いつでも同じこと  はずみで降りた 車を 見送ったあと 気づいた あなたは無言で 私ひとり舞台はげしいセリフ ただ 投げかけ  I'm Sorry いつだって 心模様 整理出来ずに I'm Sorry いつだって 恋の終わり 先走りする  舗道で傘も ないのに 降りた場所さえ わからず いつまでさまよう つもりと言い聞かせやまない雨に ただ つぶやく  I'm Sorry いつだって 心模様 うらはらなのに I'm Sorry 私って 悲しみさえ あとから気づく  恋をするたびに 求めることばかり もう No No No No  I'm Sorry コスモスの 可憐さほど 秋を待てない I'm Sorry 私って 悲しみさえ あとから気づく  I'm Sorry いつだって 心模様 整理出来ずに I'm Sorry いつだって 恋の終わり 先走りする  I'm Sorry コスモスの 可憐さほど 秋を待てない I'm Sorry 私って 悲しみさえ あとから気づく
余韻高橋真梨子高橋真梨子来生えつこ羽場仁志朝の光を入れる 瞬間がつらくて それまでの長い夜 まぼろしに 変わるようで 恋の中の嘘も 光はさらけ出す 余韻は 瞳の中 閉じ込めて 置きたくて  Won't you hold me tight 夜のまま 夢も逃げないで Why don't you hold me tight 部屋もこのまま まだ窓は開けないから  くちづけの甘さも まだ離したくない こんなにも欲ばりな気分なら 初めてよ 雨の方がいいわ 流れて行くようで 時間もわからぬまま 二人して漂って  Won't you hold me tight ぬくもりも このまま感じて Why don't you hold me tight ずっとこのまま まだ窓は開けないから  季節のはざま 熱い恋心 こわくなるほど もて余す  Hold me tight 夜のまま 夢も逃げないで Why don't you hold me tight 私のそばで…まだ窓は開けたくない  Hold me tight Hold me tight Hold me tight
キャロル funny face高橋真梨子高橋真梨子高橋真梨子羽場仁志ほらね潮風も 流れにのせて その涙 ふいて行く キャロルにとっては ゆきすぎた恋 辛いのは 私もよ  同じ愛の言葉を 私にも ささやいたの あんな男は もう忘れなさい  キャロル funny face そんなにしおれないで 笑ってよ すれてないのね ずっと待ってたなんて うわき男 本気で……  ゆうべのデンワは ひくめの声で キャロルには めずらしく 明るい笑顔が 自慢の彼女 泣きながら うちあけた  あの素直なこころを しぼませた 男だけど いつか貴女の やさしさ解かるわ  キャロル funny face 少年みたいな目を 忘れないで この海見れば 大きくなれるでしょう こえられる 悲しみは……  キャロル funny face そんなにしおれないで 笑ってよ すれてないのね ずっと待ってたなんて うわき男 本気で……  キャロル funny face 少年みたいな目を 忘れないで この海見れば 大きくなれるでしょう こえられる 悲しみは……
One More Time渋谷琴乃渋谷琴乃許瑛子羽場仁志君が教えた あふれる気持ち いつも前向き そんな生きかたが イイよね ビルに傾く 都会の夕日 見上げて 急に黙ったりして 心配さ 胸に描く夢を 誰かが邪魔しても 負けずにいる輝きが好きだよ だからOne More Time あの勇気 エール送るよ きっと叶うよ 夢で終わらない 止まらないで あの君に 逢いたいのさ 思うまま がんばって 涙を着替えたら あと少しだよ  小さいミスは 笑い飛ばして 沈んだ気持ち 消してくれたよね あのとき 今日は私が となりにいるよ ふさいだココロどこか行くまで つき合うから ほら涙と笑顔 同じ季節すぎて わかるつもり 特別さ君だけ だからOne More Time 勝ち取って 君の明日 信じているよ 諦めないでね 忘れないで 最初から 見つめてたい 君らしく もう一度 すべてをばねにして 今ならできる  だからOne More Time あの勇気 エール送るよ きっと叶うよ 夢で終わらない 止まらないで あの君に 逢いたいのさ 思うまま がんばって 涙を着替えたら あと少しだよ
愛の共犯者チョー・ヨンピルチョー・ヨンピル荒木とよひさ羽場仁志あなたが作った積木の巣箱で 幸福の真似をしていたけれども 今では 悲しいことだけ綺麗に見えても 涙の渦から逃げだすなんて出来ない罪びと 愛はいつも強い味方 夢を朝まで連れてはいかない  抱いて抱かれた夜だけをせめて返してよ この身体女になりたい 過去を脱ぎすてもう一度生まれ変らせて いまは心はぐれた身なし子だから  昨日の痛みを半分だけでも 不幸に包んで捨てることが出来たらいいのに 愛はいつも強い味方 涙見せれば背中でふり切る 好きと嫌いのため息をせめてふさいでよ 口びるが女になるから 夢の途中に帰らせて この素肌のまま いまは心それさえ結べないから 抱いて抱かれた  抱いて抱かれた夜だけをせめて返してよ この身体女になりたい 過去を脱ぎすてもう一度生まれ変らせて いまは心はぐれた身なし子だから
What is Love浜本沙良浜本沙良庄司明弘羽場仁志約束は出来ないといつも逃げるあなた 夢を見せてほしい夜だってあるのに 優しくされてるのは感じているけれど ずっと先のことも話してみたい  わがままだって言われてもいい 小さな嘘ならついて欲しい日もある  恋人ってキスをしてそばにいるだけなの 幸せってそれがただ続くことなの  静かすぎる心の恋の波がいつか 引き潮になるのが怖いだけなの  あなたのこと昨日までより もっと好きになりたいわ 迷わないほど  離れそうで離れない それが恋じゃないの 幸せに気づかない それが恋なの  めぐり会って求め合って それが恋じゃないの 約束がすれ違う それが恋なの 恋人ってキスをしてそばにいるだけなの 幸せってそれがただ続くことなの 幸せってそれがただ続くことなの  
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 娘に…
  3. 366日
  4. 冬の灯
  5. Act-Show

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×