最後の奇跡

この曲の表示回数 3,043
歌手:

桑名正博


作詞:

及川眠子


作曲:

羽場仁志


いつもの街で
おまえに逢ってから
少年だった頃の俺が
胸のなかでたたずむよ

馬鹿げていると
言いながら嬉しい
おまえが笑う それだけで
このまま死んでも
かまわないと思う

体じゅうふるえてる
自分でもわからない
手のひらをかさねるたび
優しさがあふれてゆく
おまえに心ごと惚れたから

黄昏どきを
映す俺の背中
忙しすぎる日々にまぎれ
いつか時が過ぎていた

最後の奇跡
きっと最後の恋
おまえに出逢い
微笑みやぬくもりに人は
泣けることを知った

運命がふるえてる
自分でもわからない
何気ない言葉にさえ
こんなに胸が波うつ
おまえに痛いほど惚れたから

馬鹿げていると
言いながら嬉しい
俺の弱さもせつなさも
抱きしめてくれる
人がいるよ いまは
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後の奇跡 歌手:桑名正博

桑名正博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-02-26
商品番号:PSDR-5279
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP