いちばん短い愛の詩

この曲の表示回数 5,428
歌手:

岩永哲哉


作詞:

森由里子


作曲:

羽場仁志


夜の浜辺を歩くと くり返し波が囁く
独りで旅する僕に 寂しくないか? と…
-寂しいさ なぜか素直に呟いた
波間を見つめて

君に逢いたい
離れてやっと 気がついた
この想い君に送ろう
たったひとことだけ
そう短い愛の詩

トパーズ色の三日月 僕のあとをついてくるよ
愛に気がついた僕を そっと守るように
せつないよ 夜空は君の住む場所に
続いているのに

君に逢いたい
果てない海を 飛び越えて
今すぐに君に言いたい
たった二文字だけの
この大切な言葉を

恋してる 君の笑顔は月のように
遠くにあるけど

君に逢いたい
離れてやっと 気がついた
この想い君に送ろう
たったひとことだけ
そう短い愛の詩

君に逢いたい
果てない海を 飛び越えて
今すぐに君に言いたい
たった二文字だけの
この大切な言葉を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いちばん短い愛の詩 歌手:岩永哲哉

岩永哲哉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/07/12
商品番号:KECH-1171
コーエーテクモゲームス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP