松山千春作詞の歌詞一覧リスト  430曲中 1-200曲を表示

全3ページ中 1ページを表示
430曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
佳山明生佳山明生松山千春松山千春愛することに疲れたみたい 嫌いになった訳じゃない 部屋の明かりは点けてゆくわ カギはいつもの下駄箱の中 きっとあなたはいつものことと 笑いとばすに違いない だけど今度は本気みたい あなたの顔もちらつかないわ 男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと慰めていた それでも恋は恋  たぶん貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえて置くわ 今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまづかないわ 男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと慰めていた それでも恋は恋  男はいつも待たせるだけで 女はいつも待ちくたびれて それでもいいと慰めていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
大江裕大江裕松山千春松山千春西直樹愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯りはつけて行(ゆ)くわ 鍵はいつものゲタ箱の中 きっとあなたはいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい あなたの顔もちらつかないわ 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも恋は恋  多分あなたはいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ 今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない あなたになんかつまずかないわ 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも恋は恋 それでも恋は恋
敢然・漠然・茫然松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗今日と いう日が 敢然とあり 明日と いう日が 漠然とあり  そして昨日が 茫然とおります 私はひたすら 生きております  父と 母が 敢然とあり 姉と 弟が 漠然とあり  そして誰もが 茫然とおります 季節はそれぞれ 進んでおります  哀しい事も 苦しい事も 笑いこらえて 生きております  義理って 奴が 敢然とあり 恩って 奴が 漠然とあり  そして情けが 茫然とおります 時代は幾度も 変わっております  哀しい事も 苦しい事も 笑いこらえて 生きております  今日と いう日が 敢然とあり 明日と いう日が 漠然とあり  そして昨日が 茫然とおります 私はひたすら 生きております
愛した日々松山千春松山千春松山千春松山千春中道勝彦・夏目一朗サヨナラ サヨナラ 美しく輝け 私が 私が 過ごした日々  思い出 思い出 何もかも帰らぬ 貴方を 貴方を 愛した日々  めぐり逢う事に 何の恐れ無く ただ流れて行く 時にまかせて  サヨナラ サヨナラ 過ごした日々  サヨナラ サヨナラ 若いという事も 気付かず 気付かず 過ごした 日々 許して 許して 心には涙が あふれて あふれて 愛した日々  失うものなど 何も持たないと 声を張り上げて 愛を確かめ  サヨナラ サヨナラ 過ごした日々 許して 許して 愛した日々
水虫クン松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗水虫クン ゴメンネ これから薬を塗るからね 水虫クン ゴメンネ なるべく優しく塗るからね  僕はさぁ それほど 気にもしてないし お互い 時間を かけて来たのにさぁ  水虫クン ゴメンネ あんなに仲良くしてたのに 水虫クン むごいね これから薬を塗るからね  水虫クン ゴメンネ 一緒に歩いて来たのにね 水虫クン あれ程 苦労を供にしてたのに  みながさぁ 今すぐ 別れる事がかんじんだ いやだねぇ そんなの 一方的な別れなんて  水虫クン ゴメンネ これから薬を塗るからね 水虫クン むごいね あんなに仲良くしてたのに  水虫クン 辛いね これが最後の薬だよ 水虫クン いやだな お次は誰と仲良しに
辰巳ゆうと辰巳ゆうと松山千春松山千春工藤恭彦愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
大空と大地の中で半崎美子半崎美子松山千春松山千春武部聡志果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に ふり返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
ヤーヤーヤーヤーヤー松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗恋人達が 奏でる歌はほら 愛を運んで 世界中にひびく ヤーヤーヤーヤーヤー ヤーヤーヤーヤーヤー 何よりも輝く  降り注ぐ太陽の エネルギーを受けて もえ上るときめきを ひとつに重ね合う ヤーヤーヤーヤーヤー ヤーヤーヤーヤーヤー 何よりも輝く  恋人達が やがて求めるのは 24時間 愛にはぐれないで ヤーヤーヤーヤーヤー ヤーヤーヤーヤーヤー 心が叫んでる  今この大切な 時間はゆずれない 巡り逢えた事も 奇跡と感じるよ ヤーヤーヤーヤーヤー ヤーヤーヤーヤーヤー 心が叫んでる  ヤーヤーヤーヤーヤー ヤーヤーヤーヤーヤー 何よりも輝く
空と月松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗空を見上げて 青い空 離れているけど 同じ空だよ  愛を風に 乗せて君に 届けたいと 思うのだけど  僕の心は 変わりないから  月を見上げて 白い月 互いに求めて 引きつけ合って  夢を星の 数と思い かなえたいと 思うのだけど  僕の心は 永遠に愛しい  君の事を いつも思い また一日 過ぎて行くけど  僕の心は 君と重なる 君と重なる 君と重なる
長い夜ソンジェ from SUPERNOVAソンジェ from SUPERNOVA松山千春松山千春児山啓介恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追いかけているよ おいでここへ僕のそばに 燃えるような 口づけをあげる 長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 重ねた腕の ぬくもりに とまどう 二人  恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 抱きしめていたい だから僕の胸のときめき きこえたならとびこんでおいで 長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 星降る夜に 誘われて とまどう 二人  長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 星降る夜に 誘われて とまどう 二人
青春II辰巳ゆうと辰巳ゆうと松山千春松山千春この胸の中 かけぬけて行く 思い出たちが 優しすぎます 背中を向けた 貴方をつつむ 淡い日ざしが まぶしすぎます 人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々  涙がほほを ひとすじつたう これ程貴方を 愛したのですね 幾度季節を 見送ろうとも 忘れたくない 思い出がある 人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々  人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々
かたすみで松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗この街の かたすみで 肩を寄せ 生きている 二人は悲しい程 愛を 育てて  どうか 風の様に 時は流れてゆく そして めぐる季節を 素直に受け止める  この街の かたすみで 肩を寄せ 生きている 二人は悲しい程 愛に すがって  この街の かたすみで 肩を寄せ 生きている 二人は悲しい程 愛を 信じて  どうか 過ぎしきものに 全ては感謝だね そして 守れるものは 全てを守りきる  この街の かたすみで 肩を寄せ 生きている たわいない望みでも 幸せで あれば 幸せで あれば
お前が好きだ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗お前が 好きだ 何より 好きだ 叫んで みれば 心は爆発だ お前が 好きだ こんなに 好きだ 分かって いるだろ お前だけが好きだ  おいでもっとそばに この胸のときめき 二人だけのために 月日は過ぎて行く  お前が 好きだ 死ぬ程 好きだ 可愛い 瞳に 見つめられりゃ終わり  まるで俺のために 生まれて来たようで 二人だけのために 月日は過ぎて行く  お前が 好きだ こんなに 好きだ 可愛い 瞳に 見つめられりゃ終わり
清春清春松山千春松山千春清春・三代堅愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋 それでも恋は恋
柴田淳柴田淳松山千春松山千春河野伸愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
大空と大地の中で島津亜矢島津亜矢松山千春松山千春田代修二果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に 振り返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか 言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか 言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
ことば松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗別れる事はまた 生れ変われる事 貴方の 言葉は いつも正しい 別れる事はただ 時が止まる事よ 私は 心で 泣いていました  いつか かわした 約束さえも 全て 夢だと 思わせたいの  別れる事はまた 生れ変われる事 貴方の 言葉は いつも正しい  別れる事はそう 互いのためだから 貴方の 言葉に うそは無いけど 別れる事はもう 逢う事も出来無い 私にとっては とても哀しい  いつも 貴方の 思う通りに 歩いて いたのは 幸せだから  別れる事はまた 生れ変われる事 それでも 私は 愛し続ける 愛し続ける 愛し続ける
夜のしじまに松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之女は一晩かけて 泣き続けていたと せつない苦しい恋の 終りと感じてた  夜のしじまに 夜のしじまに  男はやり場のなさに タバコをふかしてた 煙の先には何も 見えてはいないのに  夜のしじまに 夜のしじまに  女は唯ひたすらに 愛にふるえていた 全てを思い出にする 勇気に悩んでた  夜のしじまに 夜のしじまに  男はため息ひとつ 思い出をめぐらせ いつから間違えたのか 腕を組んでみせる  夜のしじまに 夜のしじまに  女は忘れる事で 明日を待ち望む 男はタバコもみ消し 明日に夢を見る  夜のしじまに 夜のしじまに
季節の中で由紀さおり由紀さおり松山千春松山千春坂本昌之うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流れ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  海の青さにとまどう様に とびかう鳥の様に はばたけ高く はばたけ強く 小さなつばさひろげ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  昇る朝日のまぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高く はばたけ強く 貴方の旅がはじまる めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう
大空と大地の中でパク・ジュニョンパク・ジュニョン松山千春松山千春伊戸のりお果てしない大空と 広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 歩き出そう 明日(あす)の日に 振り返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて 生きることがつらいとか 苦しいだとか言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて 生きることがつらいとか 苦しいだとか言う前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて 果てしない大空と 広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
愛が全て松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔はかない 涙が 頬を 伝う 教えて 下さい 愛が 全て  星が 降り注ぐ こんな夜だから  この先 何度も 君を 想い 心が ふるえる 愛が 全て  こんなに 誰かを 好きに なるか 苦しく せつない 愛が 全て  星が にじんでく 情けないくらい  はかない 涙が 頬を 伝う 教えて 下さい 愛が 全て
松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗さわやかな 風 かけぬける 風 またいつか夢で 逢えるといい 見送れば 風 どこまでも 風 忘れたりしない 心の奥  悲しみが こぼれても 私は私で いられるから 思い出が あふれたら そっと抱きしめて あげる  その人は 風 いつまでも 風 どこまでも続く 旅の途中 顔を上げ 風 ここち良い 風 青春の香り 今も残る  ときめきは つかの間で 私は私で かわりはない 愛された ひとときを そっと抱きしめて あげる  さわやかな 風 かけぬける 風 またいつか夢で 逢えるといい
初雪松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君は冷たい 風に向って 走り始めて 急にふり向き 僕の名前を 呼んで 手まねきする 僕はこごえて 身体まるめて 何だかんだと 君に近づき 恥ずかしいから やめて おくれと言う  高いお空から 夢が舞いおちる 君も見上げろよ フワリフワリとね  初雪  暗い街にも 行きかう車 どこを目指して 行き急いでる 僕等はいつも 二人きりでいよう 寒空の中 二人は強く 強く抱きしめ 愛を確かめ 500万倍 愛していると言う  これで何度目の 冬になるのかな 数えはじめたら 君は目を閉じた  初雪  高いお空から 夢が舞いおちる 君も見上げろよ フワリフワリとね  初雪
きらめき松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之人はそれぞれ 愛にときめき 愛に悩んで 心を痛め 幸せですね 貴方の胸で 今日一日の 終りを迎え  夢 夢 多分 つかの間 窓からのぞいた 月灯りさえ 夢 夢 かまいはしない 私は瞳に 貴方を映す  人は時々 愛にいだかれ 愛にそむかれ 孤独に耐える 貴方に誓う 永遠の愛 私の髪を 優しくなぜて  夢 夢 追いかけて行く 立ち上る貴方の 背中を見つめ 夢 夢 うつろなままに 過ぎ去る時間を 誰も知らない  夢 夢 多分 つかの間 窓からのぞいた 月灯りさえ 夢 夢 かまいはしない 私は瞳に 貴方を映す
松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗風のない日はフーフー 風を起こそうフーフー 人はみかけじゃないんだ やればやれるさフーフー やっぱ一人じゃ 無理な話か  風のない日はフーフー 風を起こそうフーフー やりもしないで弱気な 何を恐れるフーフー 失うもの が何かあるのか  このままじゃ世の中 何の変わりもしねえ 俺は生きてる間 あきらめないさ  風のない日はフーフー 風を起こそうフーフー 人はみかけじゃないんだ やればやれるさフーフー やっぱ一人じゃ 無理な話か  運のない日はフーフー 運を呼ぼうぜフーフー 始まりがなきゃ終らぬ そんな人生フーフー 資格なんぞは いらないものさ  運のない日はフーフー 運を呼ぼうぜフーフー 一か八かの気分で 待ってたんではフーフー 始まるものも 始まらないさ  このままじゃ世の中 何の変わりもしねえ 俺は生きてる間 あきらめないさ  運のない日はフーフー 運を呼ぼうぜフーフー 人はみかけじゃないんだ やればやれるさフーフー やっぱ一人じゃ 無理な話か
Happy Birthday to You松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔Happy Birthday to you only you Happy Birthday to you only you  君に伝える言葉なら 星の数だけとりそろえ  勇気 何をしてるんだ 今だここだぞ 愛してる   Happy Birthday to you only you  Happy Birthday to you only you  only you  君に捧げる贈り物 バラの花束抱きかかえ 勇気 何をしてるんだ 今だここだぞ 愛してる   Happy Birthday to you only you  Happy Birthday to you only you  only you
ときめき松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之もっともっと強く 抱きしめて 息も出来ない程の愛で ふっとふっと思う あの日から 貴方だけに感じていたの 夢を 与えて くれた貴方に 喜び 哀しみ ときめき  ずっとずっと遠い 明日の日も こんな気持ち続くでしょう きっときっと貴方 変らない そんな二人でいられるでしょう 夢を かなえて みたいと思う 喜び 哀しみ ときめき
愛恋松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗僕は北からの 風に乗り 寒い国から来た男 君はまぶしくて 輝いて 南生まれの女の娘  めぐり会って 好きになって 愛しあい お互いが 求めあって 恋になる  こんな事ってホントに あるから不思議だね  春とか夏なら 君次第 とけてしまうよ甘いキス 秋から冬なら 僕の番 抱いてあげよう思いきり  淋しさって どんなもんか 忘れたよ 女の娘も ひとりなんて ゴメンなの  こんな日々が二人に おとずれたのは何故  めぐり会って 好きになって 愛しあい お互いが 求めあって 恋になる  こんな事ってホントに あるから不思議だね
目覚め松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗ひたすら この道 歩いたんだね 真っすぐ 寄り道 ひとつもせずに フーフフフー フーフフフー 君は  もちろん あてなど ありはしないね ましてや 自分が どれ程なのか フーフフフー フーフフフー 君は  捜しものしているの それより君は忘れてる  大切なもの すぐそばにある 気付いておくれ 目覚めなさい  今日まで 歩いた 道はどれ程 勇気と 希望を 与えてくれた フーフフフー フーフフフー 君に  故郷 友達 兄弟そして 父親 母親 愛をそそいだ フーフフフー フーフフフー 君に  遠まわりして来たね それより君は忘れてる  大切なもの すぐそばにある 気付いておくれ 目覚めなさい  大切なもの すぐそばにある 気付いておくれ 目覚めなさい
淡い雪松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之淡い淡い雪 この大地に眠れ 雪よ雪よ雪 優しくつつめ 人はそれぞれの 夢を胸にいだき 幾度も争い 疲れ果ててる  遠い遠い昔ではなく 今も今も続いている  悲しくて 悔しくて 人は何故に愚かな事ばかりを 罪も無きたくさんの 誰が命を奪うか  淡い淡い雪 この大地に眠れ 雪よ雪よ雪 時をとじこめ 憎む気持ちさえ 恨む心さえも この冬を越えて 消えるものなら  人は何を求めるべきか わずかばかりの時を与え  空しくて はかなくて 人は何故に愛を忘れているの 幾千のけがれ無き 新たな命はばたけ  空しくて はかなくて 人は何故に愛を忘れているの 幾千のけがれ無き 新たな命はばたけ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
原風景松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之愛を感じる 季節の流れに 青い空に 雲を浮かべた 流れ流れる 清らかな川は やがて海へと たどり着くのか  はるか 気高き 山を望んで 僕は 僕は 生きております  何を奏でる 飛び交う小鳥は 今日も明日も 終わりなき日々  風を感じる 名もなき花咲き 夢を見ては 揺れて揺られて 人の心の 移り変わりなど 嘆く程の 事ではないな  はるか 気高き 山を望んで 僕は 僕は 生きております  何もひがまず 何にも気負わず 沈む太陽 夕暮れを告げ  星はまたたき 夜空に広がる 瞳閉じて 何を望むか  ウウウーウウウウー ウウウウー ウウウウ― ウウウーウウウー ウウウーウウウウー  ラララーララララー ララララー ララララー ラララーラララー ラララーララララー
銀の雨藤あや子藤あや子松山千春松山千春小林信吾貴方と暮らした わずかな時間 通り過ぎれば 楽しかったわ これ以上私が そばに居たなら 貴方がだめに なってしまうのね  いつの間にか 降りだした雨 窓の外は 銀の雨が降る  貴方のそばで 貴方のために 暮せただけで 幸せだけど せめて貴方の さびしさ少し わかってあげれば 良かったのに  貴方がくれた 思い出だけが ひとつふたつ 銀の雨の中  ごめんと私に いってくれたのは 貴方の最後の やさしさですね いいのよ貴方に ついて来たのは みんな私の わがままだから  貴方の夢が かなうように 祈る心に 銀の雨が降る 銀の雨が降る 銀の雨が降る
松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗今日からは貴方と 違う道を歩こう 心許ないけど 自分なりの明日を  涙なら かれる程 流したよ もう行こう  今日までの自分に 不満なんかじゃなくて 見上げるとこんなに 広い空に出会えた  まぶしさに 包まれて 新しい 一歩だよ  涙なら かれる程 流したよ もう行こう
ALL RIGHT松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗Every day Every night Love you Love me Every day Every night Need you Need me  いくつもの時間を 二人はすごしてる それでもまだ ALL RIGHT  Every day Every night Love you Love me Every day Every night Need you Need me  これからも二人で 重ね合う時間は 続いていく ALL RIGHT  愛はどんな時も 一途に注がれて そうさ今も ALL RIGHT  Every day Every night Love you Love me Every day Every night Need you Need me
大空と大地の中で翠千賀翠千賀松山千春松山千春果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを  自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に  振り返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に  とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか  苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか  苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
帰りたい松山千春松山千春松山千春松山千春安田裕美夕焼けに あかく染まる 故郷の手紙 握りしめ 駆け出せば 涙があふれてた  帰りたい 今すぐにでも 荷物をまとめて 大きな声で 叫んだ 故郷へ届けと  夢を見て 飛び出した 故郷は遠い やるせない せつなきは ぬぐえない涙  帰りたい 今すぐにでも 荷物をまとめて 大きな声で 叫んだ 故郷へ届けと  帰りたい 今すぐにでも 荷物をまとめて 上野発 はつかり5号 見送れば夕焼け
父さん松山千春松山千春松山千春松山千春清須邦義白髪まじりの髪を とかして 少しふけたといいながら 鏡をのぞく後ろ姿が やけに小さく見えて 子供の頃布団の中で 貴方の胸に抱かれて きいて眠ったおとぎ話が 思い出せない  悲しいです 時の流れが 貴方をかえて行く事が 小さく見える貴方のそばに いつも僕が父さん  貴方の明日に 幸あれと 貴方の明日に 幸あれと  通りすぎればつらい事も 笑い話といいながら 酒をのみほす貴方の目が やけに淋しくみえて きっとこの春 お姉ちゃんを 嫁にだしたからだね そうだあの時初めてです 貴方の涙みたのは  悲しいです 時の流れが 貴方をかえて行く事が 小さく見える貴方のそばに いつも僕が父さん  貴方の明日に 幸あれと 貴方の明日に 幸あれと  貴方の明日に 幸あれと 貴方の明日に 幸あれと
長い夜吉井和哉吉井和哉松山千春松山千春Kazuya Yoshii恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 追いかけているよ おいでここへ僕のそばに 燃えるような 口づけをあげる 長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 重ねた腕の ぬくもりに とまどう 二人  恋にゆれる 心ひとつ お前だけを 抱きしめていたい だから僕の胸のときめき きこえたならとびこんでおいで 長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 星降る夜に 誘われて とまどう 二人  長い夜を 飛び越えてみたい お前だけに この愛を誓う 星降る夜に 誘われて とまどう 二人
真っ直ぐ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗真っ直ぐに 育つ 事を 願う 真っ直ぐに 歩く 事を 祈る  人生なんて 山あり谷ありで 風は吹くし雨も雪も降るし  だけど お前は いつも 真っ直ぐに  生きて欲しいよ 生きて欲しいよ  真っ直ぐに 人を 見れる ように 真っ直ぐに 夢を 掴む ように  健康であれ よく遊び学べ 空と大地の中を駆けまわれ  そして お前は いつも 真っ直ぐに  生きて欲しいよ 生きて欲しいよ 生きて欲しいよ 生きて欲しいよ
冷たい雨松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗のがれる事なんて 出来るはずは無い 変らぬ貴方への 愛は愛しい  愛しさ幾重にも 重ねて行く程 奇跡を信じたい 思いは強く  雨よ 冷たい 窓をたたく雨よ どうか あの人 だけには優しく  何年経っただろ あの日めぐり逢い すごした毎日は かけがえのない  二人は夢がある かなえてみせたい 私は貴方への 愛に生きる  雨は まだまだ 降り止みそうもない 貴方 そろそろ おかえりなさいよ  雨よ 冷たい 窓をたたく雨よ どうか あの人 だけには優しく
今日を迎える松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗私もやがて 自分自身を ふり返る日が 来るのでしょうか  まるで 夢の 中を 歩いてる ウーウーウーウー  醒めない夢が あるとしたなら 私は今日も 今日を迎える  忘れられない 人がいるなら 忘れられない 人になるんだ  だから 愛は 今も 燃えている ウーウーウーウー  醒めない愛が あるとしたなら 私は今日も 今日を迎える  愛よ 夢よ 全て 抱きしめる ウーウーウーウー  ふり返る日が やがて来ようと 私は今日も 今日を迎える
大空と大地の中で川野夏美川野夏美松山千春松山千春松井タツオ果てしない大空と 広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に ふり返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
杜けあき杜けあき松山千春松山千春多田三洋愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけて行くわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい あなたの顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも 恋は恋  多分あなたはいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生れてくるとしたなら やっぱり女で生れてみたい だけど二度とヘマはしない あなたになんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも 恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいとなぐさめていた それでも 恋は恋 それでも 恋は恋
この生命の限りTUBETUBE松山千春松山千春大西省吾君に何を告げる 君に何を誓う 永遠の愛だなんて 今更だね  君は何を望む 僕に何を望む 別に今すぐとは 言わないけど  ただ二人歩む道は 平坦なものじゃないよ けど君と歩きたいよ この生命の限り  君を強くいだく もっと強くいだく どんな事あろうと 離さないさ  君は何を守る 僕は何を守る それが生きる事の あかしだから  ただ二人歩む道は 平坦なものじゃないよ けど君と歩きたいよ この生命の限り  これからの君のために これからの僕のために さあ夢よ力与え この生命の限り  この生命の限り
Look me松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗Look me Look me Look Look me Look me Look me Look Look me  お前が 望んだ 明日はすぐに来ちゃくれないさ けれどね そんなに あせる事はない 道は長いさ  元気出してくれないか 涙をふいて  Look me Look me Look Look me Look me Look me Look Look me  愛して いるんだ 力の限りだきしめたまま 誓うよ いつでも どんな時にもそばにいるから  元気出してくれないか 涙をふいて  Look me Look me Look Look me Look me Look me Look Look me
恋してた松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗知らない ままに あの人に 知らない ままに 恋してた  そんな事は あるはずない 胸にあてた 手のひら  ドキドキしてる このときめき やっぱりか 恋してる  気にする 程の 事じゃない 気にする 程の 人じゃない  顔をそむけ 無視をきめて 声かけられ ふり向く  輝いている われを忘れ やっぱりか 恋してる  知らない ままに あの人に 知らない ままに 恋してた
空へ松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔空へ舞い上がろう 青いこの空に 苦しみ 悲しみ 翼にかえて 空へ舞い上がろう 澄んだこの空に 空しい 涙も 翼にかえて  貴方の 心は 自由に 飛び立つ  そうさ 笑う事さ 何もかもを捨てて 貴方は 誰より 輝いている  空へ舞い上がろう 青いこの空に 疲れた 一日 翼にかえて 空へ舞い上がろう 澄んだこの空に こわれた 夢とか 翼にかえて  貴方の 心は 自由に 飛び立つ  そうさ 笑う事さ 何もかもを捨てて 貴方は 誰より 輝いている 輝いている
春は来る松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之風はそよ風 地平線 目指して駆けてく 軽やかに 雪解け水の 冷たさは まぶしい陽射しに 輝いて  生命 あるもの ひたすらに 待って いたのか 春は来る  遥か山々 気高さよ 舞い飛ぶ鳥たち 青い空 海よ大地よ 草花よ わずかな 夢から 目覚めたか  生命 あるもの ひたすらに 待って いたのか 春は来る  生命 あるもの ひたすらに 待って いたのか 春は来る  春は来る 春は来る
心の扉松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗俺の心の 扉をたたいた おまえの 涙は こんなに せつない 分かってはいたさ こんな日が来ると それでも何だか 信じられない  ベイビー もう少し 時間をおくれ ベイビー 泣くのなら 俺じゃないかな 出逢った頃を 思い出させる やけに冷たい 雨が降る  何がそうさせた 誰がそうさせた 愛なんて 何の 役にもたたない 心の扉を 開いた時には お前の 涙で 明日も見えない  ベイビー もう少し 考えとくれ ベイビー 泣くのなら 俺じゃないかな 出逢った日から やり直せたら やけに冷たい 雨が降る  ベイビー もう少し 時間をおくれ ベイビー 泣くのなら 俺じゃないかな 出逢った頃を 思い出させる やけに冷たい 雨が降る
二人松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗愛してる 変わりのない 日々の中にも 君がいる 愛してる 本当なら 叫んでみたい 気分だよ  コツコツと やるだけさ もう少し 君のこと 幸せにする  愛してる ぼくでいいの どんな時でもそばにいる 愛してる これから先 いくつ季節を迎えても  コツコツと やるだけさ もう少し 君のこと 幸せにする  愛してる 変わりのない 日々の中にも 二人いる
終結松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之ねえ君 世界が 終わり 告げても 変わる ことない 愛を 誓うよ  思い出してごらん あの日 あの時 めぐり逢うことさえ 決まってた  ねえ君 世界が 終わり 告げても  止まらないときめき 心 身体も 夢ならばさめずに 祈ってる  ねえ君 世界が 終わり 告げても
天使松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗今どこで 何をして 暮らしてる 気にかかる 若すぎた 愛ならば 尚の事 気にかかる  ウォウ ウォウ ウォウ オー ウォウ ウォウ ウォウ オー 断ち切った はずなのに あの頃は 何も考えず いらついた 毎日の中で アイツだけは違ってた 天使みたいでさ  数えたら 何年が 経っている 気にかかる 夏の海 好きだって 車出し 走ったな  ウォウ ウォウ ウォウ オー ウォウ ウォウ ウォウ オー ここだけの 話だぞ この夏も 暑くなりそうで まぶしいな 海でも行こうか アイツだけは違ってた 天使みたいでさ  より戻す そんな気はないよ もう一度 確かめたいだけ アイツだけは違ってた 天使みたいでさ
道端松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗道端に咲いた 白い花に 明日の行方を 尋ねてみると 私は風吹く ままに揺れてる そして こうして 咲くのが運命(さだめ)  貴方は 自分の 意思で歩いて 自分 なりの 夢に進める  道端に咲いた 白い花が ポロリ 涙を こぼしたのです  道端に咲いた 白い花に 夢はないかと 尋ねてみると 私はいつしか 朽ち果てて行く身 けれど 私の 子供はいつか  貴方は 知らない 生命ってものを たやさず 自分を 犠牲にしても  道端に咲いた 白い花が 誇らしそうに 日差しを浴びた  道端に咲いた 白い花が ポロリ 涙を こぼしたのです
帰り道松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔涙こらえて 帰ろう ごらん輝く星達 何ひとつ変わりのない 一日をまた送った 涙こらえて 帰ろう 明日という日に向かって なぐさめの言葉もなく 見上げると流れ星だ  夢よ 夢よ 抱きしめて くれないか 僕は 僕は それなりに 生きている  涙こらえて 帰ろう 嘘いつわりはなかった  涙こらえて 帰ろう 風が心を支える めぐり会う人は全て いい人達だと思う  夢よ 夢よ 抱きしめて くれないか 僕は 僕は それなりに 生きている  涙こらえて 帰ろう 嘘いつわりはなかった 涙こらえて 帰ろう 恵まれているのだろう
伝えなけりゃ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ  時の流れは とても速くて 生きて行くだけで ギリギリだけど  君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ  人の心の 移り変わりを 肌で感じて来た よくよく分かる  君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ 君に愛を伝えなけりゃ
あの日の僕等松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗帰ろう あの日の僕等に 全てが輝いてた 純粋に 毎日が 楽しいと思えた 帰ろう あの日の僕等に 幼い心で見た どこまでも 続いてた 道はまだあるのか  僕等は何をつかんだ 思えば何をなくした にが笑い するけど 心には 涙  帰ろう あの日の僕等に 誰もが素直だった 悲しみも 喜びも まぶしいと思えた 帰ろう あの日の僕等に 見上げた空は青く 貧しさも 将来も 気にせずにいられた  僕等は何を求めた 思えば何をなくした ため息を つくたび 瞳には 涙  僕等は何をすべきか 多分気付いているよね 新しい 一日 迎えれば 涙  帰ろう あの日の僕等に
生活の中松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君の事 どれ位 愛しているか そんな事 今更 聞かないで うろたえて いるばかり わからないんだ 今までに 感じた 事のない  ウーウーこの胸は ウーウーときめいて 君を確かに 愛してる  例えたら これまでの 生活の中 一番の 輝き おどろきさ 出来るなら 人生の 最後の日まで このままで いたいと 願うんだ  ウーウーこの胸は ウーウーときめいて 君を確かに 愛してる 君を確かに 愛してる
歩き出してくれないか松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君が僕を捜すなら 僕はいつもそばにいる だから涙流さずに 歩き出してくれないか 人は誰も弱いもの でもね 一度きりだから まわり道は出来るけど あと戻りは出来ないよ 晴れる日も 曇る日も 雨にうたれる日も 大切な一日は よどみなく流れ 君が僕を捜すなら 僕はいつもそばにいる  君が僕を慕うなら 僕も君を愛してる だから前を向きなおし 歩き出してくれないか 人は誰も弱いもの だけど 人はそれぞれに 上手だとか下手だとか 答えなんてないのにね 晴れる日も 曇る日も 雨にうたれる日も 大切な一日は よどみなく流れ 君が僕を慕うなら 僕も君を愛してる  ラララ ラララ ラララララ ラララ ラララ ラララララ ラララ ラララ ラララララ 歩き出してくれないか 歩き出してくれないか
生きて松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗雨が降るなら 雨に濡れて 風が吹くなら 風に揺れて 耐えて おります 人知れず咲く 花のように ただひたすらに 咲いてどれ程 きれいでしょうか  雪が積もれば 雪に埋もれ 注ぐ日差しを 待ちこがれて じっと こらえて 人知れず咲く 花のように ただひたすらに 咲いてどれ程 きれいでしょうか  今日も 明日も 生きております 生きて どれ程 きれいでしょうか  生きて 何かが 変わるでしょうか 生きて 何かが 変わるでしょうか 生きて 何かが 変わるでしょうか 生きて 私が 変わるのでしょう
松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗貴方の 心の 悲しみを 逃して あげましょう 泣きましょう  涙ポロポロ 流れ尽きたら 涙の虹を 渡りましょう  貴方の 心の 苦しみを のがして あげましょう 祈りましょう  手と手を合わせ 瞳を閉じて 祈りが愛と 変わるまで  貴方の 心の 安らぎを 求めて 下さい 故郷に  陽はまた昇り 陽はまた沈む 生きて行きましょう 明日もまた  生きて行きましょう 明日もまた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
わずかな笑顔松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之愛する人がいます 心の奥にいます 誰より何より かけがえのない 哀しく辛い時も くじけて悩む時も わずかな笑顔で 乗り越えて来た  人は唯 生きて行く はかなくせつないものだと  愛する人がいます 心の奥にいます だから悔いない 私であれと  愛する人がいます 瞳の奥にいます 一人じゃないねと 口唇かんで 夕日に抱きしめられ 終わりを告げる今日も わずかな笑顔で 乗り越えて来た  人は唯 生きて行く はかなくせつないものだと  愛する人がいます 瞳の奥にいます だから悔いない 私であれと  私であれと 私であれと
時は流れる松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗瞳の中に 貴方を映し 愛していると 叫んでみると 心がときめきはじめ  哀しいだとか 楽しいだとか そんな事では 無いと感じる これが運命だと思う  二人の為に 時は流れる
ボサノヴァ松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義ボサノヴァのリズムが 二人をつなぐ 今夜も愛してる 愛されている  この世を離れて 二人の世界 からめた指先 いじらしいほど  ボサノヴァのリズムが 二人をつなぐ 今夜も愛してる 愛されている  口唇と口唇 幾度も重ね 甘い吐息だけが 心に響く  時計をはずして 二人の時間 ときめききらめき 輝きを増す  ボサノヴァのリズムが 二人をつなぐ 今夜も愛してる 愛されている
生きている松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔大空めがけて 叫んでみたい 流れる季節も 愛していると 歩みをとめずに 悔いを残さず 歩みをとめずに 向かう明日へ  僕の息づかいは 笑い 涙は 悩みもがきながら 生きている  希望と絶望 くり返す度 優しくなれるさ 強くもなれる 出来ればこの世が おだやかであれ 出来れば誰もが 幸せであれ  人が生きる事は 尊くもあり 罪深いものだと 思うから  僕の息づかいは 笑い 涙は 悩みもがきながら 生きている
北風吹く松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗哀しい心に 吹きつけるのは 北からの風 昨日も今日も  明日も吹く いつまで吹く  一人きりの夜に 慣れたくはない せめてお前だけが 友達なんだ  明日も吹け 必ず吹け  楽しい事は ひとつも無しで いつからだろう 吹きさらされてる  明日も吹く いつまで吹く  人は誰もそんな 孤独な時が 頼むお前だけが 友達なんだ  明日も吹け 必ず吹け 明日も吹け 必ず吹け
ドンマイ松山千春松山千春松山千春松山千春澤近泰輔あの日二人 笑い転げて 互いの夢を 語り合ったね 出来るならば ずっとこのまま 誓いのキスも 忘れちゃいない  時の流れさえも 関係ないと思っていたね  ドンマイ ドンマイ 僕は 今日も元気に働いてるよ ドンマイ ドンマイ 君は どうして いるのだろう  思い出すよ ささいな事で 君が泣き出し おどろいた事 きっと悩み 口に出せずに あわてて店を 飛び出したんだね  若さだけにまかせ 現実離れしていたんだね  ドンマイ ドンマイ 僕は 相も変わらず一人暮らしさ ドンマイ ドンマイ 君は いい人 出来たかな  ドンマイ ドンマイ 僕の 愛はあの日に残したままさ ドンマイ ドンマイ 君を 今でも 愛してる
そんな愛松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義お前なしじゃ 生きられない どうも そんな 気分 お前なしじゃ やりきれない そんな 愛も あるでしょう  女の数なら星の数 でも見つけたんだ その中で 異彩を放った輝きを もうのがしたりは しないさ  お前なしじゃ 生きられない そんな 愛も あるでしょう  お前なしじゃ すまされない 今日も 明日も この先 お前なしじゃ 普通じゃない そんな 愛も あるでしょう  心も身体も夢の中 でも覚めないんだ この夢は 真心全てを尽くして 運命なんだと 思うよ  お前なしじゃ 生きられない そんな 愛も あるでしょう
まだまだ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗故郷へ向かう道は この道でいいのかい 何分しばらくぶりで すまないね ごぶさたなのさ  今となりゃこの俺も 随分と年を取り 行くあてない 心が 哀れでさ 哀れでさ  来た道たどって 故郷 まだまださ ヨロヨロ ヨロけて そのうち 辿り着く  故郷へ向かう道は この道でいいのかい 手土産ひとつも持たず あやまるよ ザマねえ姿  若い時ゃ この俺も 何もかもグチになる 落ち着きない 心が 惨めでさ 惨めでさ  来た道たどって 故郷 まだまださ ヨロヨロ ヨロけて そのうち 辿り着く  オイラが生まれた 故郷 まだまださ なんだか 涙が 溢れて 故郷さ
最後の恋松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之泣かせてね 泣かせてね 愛する貴方に背を向けた この街を この街を 出て行く 全てを思い出に  行く末の見えない 愛におびえてた このままじゃいけないと 自分に問いかけた  泣かせてね 泣かせてね 愛する貴方に背を向けた  こんなにも こんなにも 愛しい人とはもう二度と めぐり逢う めぐり逢う 事など 無いと思います  ありふれた幸せを 望んだ訳じゃない もう若くないんだと 自分に言い聞かせ  泣かせてね 泣かせてね 愛する貴方に背を向けた 泣かせてね 泣かせてね 愛する貴方に背を向けた  泣かせてね 泣かせてね 貴方は最後の恋だから
愛のさまよい松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗愛に悩む人 心閉ざさずに 通り過ぎて行く 時に全てを 細い指先を そっと口唇(くちびる)に うるむ瞳には うれいをたたえ  人は誰だって 愛にさまようさ どうか明日を 信じて欲しい  愛に悩む人 変わる事の無い 心求めては 歩き出すのか 何を見つけたい 何を守りたい 生命それさえも かけて悔い無い  人は誰だって 愛にさまようさ どうか明日を 信じて欲しい  人は誰だって 愛にさまようさ どうか明日を 信じて欲しい
夢破れて尚松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗夢破れて尚 夢を追い 閉ざすことのない 明日に酔う いつわりのない 道を行く 夢破れて尚 夢に酔う  恋とか愛とか かえりみて いずれも涙と 情けあり 忘れられない 人もあり 恋とか愛とか 情けあり  友よいつの日か この国の 礎とならん その日まで 生命投げ出す 価値ありや 友よいつの日か その日まで 友よいつの日か その日まで
君は泣く松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君は泣く きっと泣く 暗く狭い部屋の片隅で 君は泣く 一人泣く つたう涙指で押さえては 勘違いしてた 本当の 愛のぬくもり 真面目だとか 誠実だとか 退屈だと思い 激しく 刺激的な そんな愛を求めた 君は泣く きっと泣く 迷いながら自分責めたてて 君は泣く 一人泣く 愛の価値が何であるかと  淡々と した毎日を 平凡だと思い 少しだけ 妖しげな そんな愛を求めた 君は泣く きっと泣く 誰を何を信じてゆくのか 君は泣く 一人泣く 愛の価値が何であるかと
大空と大地の中で越山元貴越山元貴松山千春松山千春DAISHI DANCE果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に ふり返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
伝言松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君に伝えておこう 必ず明日は来る 今日より 楽しい 一日にするんだ 覚えているかいあの 幼い頃の事 無邪気に 遊んだ 純真な気持ちを 大人になればなる程 心はがんじがらめになる だから 君に伝えておこう 流される事なく いつでも 自分で あり続ける事だ  丁寧すぎては駄目 適当すぎてもね 二度とは 戻らぬ 大切な一日 出来ればどんな時も 自分で決めるんだ 誰かを 何かを 恨んではいけない 正直者が馬鹿を見る 時代にとらわれて行くから だから 君に伝えておこう 見失なう事なく 何より 自分で あり続ける事だ  君に伝えておこう 永遠というのは はかなく せつない 一瞬のまばたき
ふわり ふわり松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗ふわり ふわりと 幸せが 浮かぶ姿が 見えますか 強い力で 抱き寄せりゃ 壊れてしまう 繊細な  ふわり ふわりと 幸せが 数限り無く 湧いて来る 幼き子等は 大事そうに 夢を枕に 早変わり 人よ人よ 生き急ぐ事も無いなら あるがまま  ふわり ふわりと 幸せが 愛と希望に 膨らんで ためらいもなく 見つめると 誰も彼もが 幸せに 人よ人よ 生き急ぐ事も無いなら 人となれ 人よ人よ 生き急ぐ事も無いなら 人となれ
旅立ち三浦祐太朗三浦祐太朗松山千春松山千春Ikoman私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない この日がいつか 来ることなんか 二人が出会った時に 知っていたはず 私のことなど もう気にしないで あなたはあなたの道を 歩いてほしい  さよなら言わずに 笑ってみるわ あなたの旅立ちだもの 泣いたりしない 言葉はいらない 笑顔を見せて 心の中のあなたは いつもやさしい 私は泣かない だってあなたの あなたの思いでだけは 消えたりしない  私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない
季節の中で三浦祐太朗三浦祐太朗松山千春松山千春Ikomanうつむきかけた貴方の前を 静かに時は流れ  めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  海の青さにとまどう様に とびかう鳥の様に はばたけ高くはばたけ強く 小さなつばさひろげ  めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  昇る朝日のまぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高くはばたけ強く 貴方の旅がはじまる  めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう
愛の歌松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗涙が頬を こぼれ落ちて 悲しみが又 心あふれ 生きている ウフフー 生きている ウフフー 耳をすませば かすかに愛の歌  苦しんだだけ 強くなれる ため息つけば 優しくなる 生きている ウフフー 生きている ウフフー 聞こえて来るよ 確かに愛の歌  生きている ウフフー 生きている ウフフー 声の限りに 歌おう 愛の歌 歌おう 愛の歌
白い雪は松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗白い雪が 舞い落ちる 君と僕は 歩いている 今日も愛に 寄り添いながら 淡い色の 人生は まるではかない 雪のようだ  落ちてとけて行く雪に 君は涙 落としてる 何も哀しい事ではないよ 人が生きるってことは それは それだけで美しい  白い雪は 降り続いてる 人が生きるってことは それは それだけで美しい それだけで美しい
ジェロジェロ松山千春松山千春多田三洋小さな窓から見える この世界が僕の全て 空の青さはわかるけど 空の広さがわからない いつか山の向うから 君が手を振りかけてきても 君の姿見えるけど 僕の心は 届かない  この窓をひらいて 自由になりたい このうでで思いきり 抱きしめてはなさない 君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは  小さな窓をたたく 風に心ふるわせてる 気付いた時にはこれほど 弱い男になっていた いつか君がひとりきり ひざをかかえ泣いていても 君の姿見えるけど 僕の言葉は届かない  この窓をひらいて 自由になりたい この腕で思いきり 抱きしめてはなさない  君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは  君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは
雨の日曜日松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗雨が降る 日曜日 乗る人もない ブランコで 誰にも見せない 心の弱さが ポツリポツリ こぼれてく  愛だとか 恋だとか 青春という 忘れもの みんなは無難に 暮らしているのか ポツリポツリ こぼれてく  雨が降る 日曜日 何を求めて いたのかな 生きてく事とは 哀しいものです ポツリポツリ 雨が降る ポツリポツリ 日曜日
I LOVE YOU松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗愛を叫ぶ 星に生まれ 夢を歌う 星に生きる どうぞ何も 恐れないで 決めた道を ふり返らず  I LOVE YOU I LOVE YOU ひと言 I LOVE YOU I LOVE YOU 貴方に  どんな時も いつの時も 分るね君 一人じゃない  誰もが皆 幸せだと 思える日を 信じたいね めぐる季節 感じる度 分るね君 大人になる  I LOVE YOU I LOVE YOU ひと言 I LOVE YOU I LOVE YOU 貴方に  愛を叫ぶ 星に生まれ 夢を歌う 星に生きる
捨石松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗だから私は 歌い続ける どこで生きようと どこで死のうと  抱いて下さい 情けあるなら やがてこの世の 捨石になる  涙ひとつこぼれたら それが私の全てです まばたきさえも出来ません 何もかもが愛しくて  だから私は 歌い続ける どこで生きようと どこで死のうと  抱いて下さい 情けあるなら やがてこの世の 捨石になる  昇り沈む太陽に 月と星が逃げ隠れ 春が夏を呼ぶように 秋が冬を誘います  だから私は 歌い続ける どこで生きようと どこで死のうと  意地もあります 夢もあります 抱いて下さい 捨石になる  だから私は 歌い続ける どこで生きようと どこで死のうと
真冬にサンバ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗銀世界に 包まれても 街の灯り 空に浮かぶ  貴方のため 私のため 憧れ舞い飛ぶ  一度きりの 人生だと 笑うように はきすてても  貴方の愛 私の愛 真冬に踊るよ  La La La ………………………  幸せとか 不幸だとか 風の中で こごえている  貴方の夢 私の夢 優しく抱きしめ  気にしないで 明日なんか 来たら来たで どうにかする  貴方も今 私も今 真冬に踊るよ  La La La ………………………
2020年の遺言松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗2020年まで 自分が生きていられるかどうかは分りません しかし娘は家庭を持って幸せに暮している事と思います 矢川ちゃん、上木ちゃん、 特に浜地さんはとんでもなく元気な事と思います 浅田さん、上杉さん、鈴木さんも お変り無い事と信じております 良太、亀井、洋、今が一番大切な時期だと思うよ 今頑張らなくて いつ頑張るんだ 遊ぶにしても中途半端はいかんよ 中途半端は  空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど 自由に 自由に 生きて いたよね  紳次郎、高山、杉岡、いつも迷惑ばかりかけてたよな 鈴置、A作、よくも俺を保証人にして金借りてくれたよな 桑原、室田、宮垣、サブ、コンサートで全国廻れて良かったよ おおくの人にめぐり逢えたし 忘れられない 忘れられないよ 竹田さん いいですか 一体俺のどこが良かったんですか 教えて下さい そして竹田さん俺 間違った歌 歌ってないですよね  空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど 自由に 自由に 生きて いたよね  2020年まで 自分が生きていられるかどうかは分りません でもみんな元気で面白おかしく自分らしく生きて下さい  おっ それからマネージャーの元 残った俺の女房の事 頼むよな 何せ あいつは俺より 1つ年上だからな  空よ いつでも僕を見てたね 何も誇れるものは無いけど 自由に 自由に 生きて いたよね 自由に 自由に 生きて いたよね
夢中松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗この頃は 何故か 君が 気になるんだ 不思議だね 急に 胸が 熱くなって  フォーリン ラブ フォーリン ラブ フォーリン ラブ この頃は 君に夢中  いつもなら すぐに さめて 普通気分 それなのに 何だ これは ハンパじゃない  フォーリン ラブ フォーリン ラブ フォーリン ラブ この頃は 君に夢中  夢の中でも 逢いたくて 起きているのが辛い程  これからも こんな 思い 続いて行く どうすると いいの 一人 考え込む  フォーリン ラブ フォーリン ラブ フォーリン ラブ この頃は 君に夢中  夢の中でも 逢いたくて 起きているのが辛い程  この頃は 何故か 君が 気になるんだ 不思議だね 急に 胸が 熱くなって  フォーリン ラブ フォーリン ラブ フォーリン ラブ この頃は 君に夢中
ずうっと一緒松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗可愛くなりたいと 漠然と思った 俺からしてみれば 爆弾と思った 俺達はこのままで一緒だよずうっと お前がお前が 変わらず居てくれりゃ  綺麗になりたいと 正直思った 俺からしてみれば 断食って思った そんなには望めない 生活だろうが お前がお前が 変わらず居てくれりゃ  貴方の為ならば 頑張ろうって思った 俺からしてみれば 頑張れって聞こえた 今日もまた明日もまた一緒だよずうっと この俺がこの俺が 少しは変わってみせる
決意松山千春松山千春松山千春松山千春瀬尾一三僕等生きている 世の中を嘆いても 時は止まらない 一瞬のまばたきさ ひとつふたつと 愛を集めて やがて大きな 勇気に変えて行く 僕等そんなにも チッポケな奴等じゃない  誰が悪いのか 正義とは何なのか いつか見きわめる 泣き寝入りしちゃダメさ ひとつふたつと 夢を集めて やがて大きな 希望に変えて行く 僕等そんなにも 愚か者じゃないからね  アー何故に アー人は  僕等生きている 世の中を取り戻す 時をのがさずに 失敗を恐れずに ひとつふたつと 心集めて やがて確かな 目的を目指して 僕等そんなにも 弱虫なんかじゃないさ  アー何故に アー人は
生命の限り松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗生命(いのち)の限り君を愛して それで全てを終えようと かまいはしない後悔もない 誰も何にも恨まない 君の手に手を 重ねたぬくもりが 幾千の時 飛び越えて行く  人は生まれて何を求める 唯ひたすらに歩くのさ 愛した事も愛された事 それを愚かと思えない 肩と肩寄せ 二人はどこまでも 喜びの 涙が止まらない  君の手に手を 重ねたぬくもりが 幾千の時 飛び越えて行く
二人から松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義降りしきる雨を見つめ 僕等は思った 泣き出したり笑ったり ケンカした事を もしも今すぐこの雨が 降り止んだのなら それぞれの道を歩き 出すんだろうか 雨なんて嫌いだと 思ってたはずなのに もう少し あと少し 降り続いてくれないか  冷めたコーヒーと共に 飲みほしてしまう そんな愛でも恋でも 青春でもない 変わらない愛ってあると 信じていたいな 降りしきる雨はとても 止む気配も無い この店でめぐり逢い この店で別れるの さよならは言えないよ そんな二人じゃないから  ねえどこで間違えた あの頃に帰りたい 帰ろうよ雨の中 ずぶぬれの二人から
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
奪われてゆく松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義悲しいくらいに 貴方を愛して 涙が止まらない 何度ぬぐってみた事か ふるえる指先 貴方を求めて 今すぐ抱きしめて そして二度と離さないで  愛に私の全てが奪われてゆく 何て素敵な時間が流れてゆくの  たとえばこの世で 貴方と逢えずに いたならつまらない毎日をただ送ってた せつない涙も 心の痛みも ときめき苦しみも 夢を見る事もなかった  愛に私の全てが奪われてゆく 何て素敵な時間が流れてゆくの  愛に私の全てが奪われてゆく もっと激しく 優しく 狂おしい程
崩壊松山千春松山千春松山千春松山千春瀬尾一三この国は壊れてく この国は壊れてく みんな誰も気付いて いるはずなのに情け無い 貧しさの中でなら この国は耐え抜いた みんな力を合わせて 必死に生き延びて来た ほんの少しの豊かさのために 我々は何を差し出したのだろう とり返しのつかないものならば とり返しのつかないものでしょう  この国は崩れてく この国は崩れてく みんな目的がバラバラで はき違えた個人主義 ひもじさの中でなら この国は頑張った みんな自分に恥じないよう 勤労意欲にもえていた 権力と金のうま味を知った ひと握りの奴等に飼い慣らされて 何の怒りも感じないのなら 何の怒りも持たないのでしょう  でも俺の目の黒いうちは 死んでも死んでも死にきれやしない 奴等を道連れにしてでも 真っ当な世間にしたいものだ  この国を救えるか この国を救えるか 日本というこの国は 永遠に不滅だろうか いやしさが染み付いた この国を守れるか 正義という言葉は そのうち蘇るのだろうか 老いも若きも女子供達も 自分自身を取り戻す事が出来るのか 何の望みも持たないのなら 何の望みもかなわないのでしょう  でも俺もそんなに長くない どうせそのうち死んで行く身だし 奴等にひとあわふかせる為に この生命使ってもらえないだろうか この生命使ってもらえないだろうか どうか この生命使ってもらえないだろうか
ストリートミュージシャン松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗夕焼けがつつむ街に 君の声がひびく 通り行く人や足を 止めてくれる人 ギター片手に ヘタはヘタなり マイクも無しに どなり続けるばかり 夕焼けがつつむ街に 君の声よひびけ  街の灯ちらりほらり 君の声がひびく シャッターの降りた店の 前が君のステージ 拍手頂き 小銭も頂き でもね本当は 何も欲しい物は無い 街の灯ちらりほらり 君の声よひびけ  夜のとばりの 中でも歌う そうかこの街 全てが君のステージ 世の中どう変わろうと 君の声よひびけ 世の中どう変わろうと 君の声よひびけ
今時松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗タバコばっかりふかしちゃイヤーン たまにこっちを見つめてよ タバコばっかりふかしちゃイヤーン 可愛い洋服着て来たの そいつが命取りなんだ  何か話してくれなきゃイヤーン 好きな食べ物聞くですか 何か話してくれなきゃイヤーン 誕生日とか聞くですか 苦手さお前みたいのが  男は誰でも 女の機嫌取りじゃない 少し世間甘く見てちゃ 痛い目に合うよ  タバコばっかりふかしちゃイヤーン 携帯電話気にしてさ タバコばっかりふかしちゃイヤーン 急に鏡を取り出して 化粧じゃ かくせないバカ  時計ばっかり見ていちゃイヤーン 今度どっかへ連れてって 時計ばっかり見ていちゃイヤーン 北海道はおまかせで しゃべりがタメになっている  男は誰でも 女の機嫌取りじゃない 女らしさ勘違いは 気持ち悪いだけ 男は誰でも 女の機嫌取りじゃない 少し世間甘く見てちゃ 痛い目に合うよ  タバコばっかりふかしちゃイヤーン たまにこっちを見つめてよ タバコばっかりふかしちゃイヤーン 可愛い洋服着て来たの そいつが命取りなんだ
終わり無き愛松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗何故に君を愛したか 風がそっと問いかける 答えられる事も無く 君を愛してる どこで何をしていても 朝に昼に夕べにも たとえ夢の中でさえ 君を愛してる  過ぎて行く春を追う 夏の陽は降り注ぎ やがて来る秋はまた 冬を呼び雪を降らす 終わり無き 愛を見つける  雪がとけ泉湧き 清流が川と流れ 果てしなき海に注ぎ 舞い上がり雲と流れ 終わり無き 愛を見つける  何故に君を愛したか 風がそっと問いかける 答えられる事も無く 君を愛してる 君を愛してる
小さな幸せ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗人それぞれの生き方があり たとえ小さな幸せだろうと 守り抜きたい生活があり それがどんなに貧しかろうと どこまでも続く道 時には腰を下ろし こんなにも歩いたと みんなで肩を寄せて これからもまた歩いて行くよ たとえ小さな幸せだろうと  青空のもと陽は降り注ぎ 遥か山々気高くもあり 流れる川に咲き誇る花 緑の大地駈け抜ける風 苦しさや悔しさは 雨に流されて行き 喜びや楽しさは 雲のように流れる さあこれからも歩いて行くよ 手と手つないで遥かな道を  優しさといたわりと 人としてのぬくもり 迷惑はかけないで 邪魔にはならないよう  みんな一緒に歩いて行くよ いつか終わりが来るその日まで みんな一緒に歩いて行くよ いつか終わりが来るその日まで  人それぞれの生き方があり たとえ小さな幸せだろうと
神よ松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義oh神よ 泣き叫ぶこの子の手に 何も与えてあげる事が出来ません oh神よ この子の行く末案じ ただ手を組んで ひざまずいて祈ります  出来るなら すくすくと元気な日々であれと 願う心に 笑顔を浮かべ  oh神よ 責められるのは私で 悔いる自分を今素直に受けとめて oh神よ この子が生まれたあの日 人は尊く汚れの無い喜びよ  限り無き 愛情の全て注ぎ込んで 神よ貴方の 光の下で  oh神よ oh神よ oh神よ oh神よ
真夏の一日松山千春松山千春松山千春松山千春古川昌義夏の陽がお前を 一段と輝かせ ほおばんだ氷も一コロさ とけてゆく 愛されているかしら お前のなまめく口唇(くちびる)が 大胆にさせてゆく 愛しているよと抱き寄せる 真夏の一日 まだ陽は高い  夏の陽が運んだ 運命の女神さ 焼けた肌 はじける一滴のシャワーも 満たされているかしら お前の身体が問いかける 今俺が世の中で興味があるのは お前だけ 真夏の一日 まだ陽は高い  夏の陽がお前を 一段と輝かせ ほおばんだ氷も一コロさ とけてゆく
慕う松山千春松山千春松山千春松山千春坂本昌之花は名も無く清らかで 流れる河は美しく 遠く遥かな ふるさと慕えば にわかに風が 駆け抜けたようで  今も志(こころ)に曇り無く 高き望みに憂い無く 好きで離れた ふるさと慕えば あふれる涙 ただとめどなく  都会の隅に生きてます 疲れたなどと言えません せめての願い ふるさと慕えば おだやかな空 変わり無き山  遠く遥かな ふるさと慕えば 幼き日々は 私の宝 幼き日々は 私の宝
負け犬松山千春松山千春松山千春松山千春前田憲男お前の涙がこの雨ならば こうしてずぶぬれ気分がいい 何のとりえも無い俺だけど 本気で惚れてもここまでだな 冷たい身体を 引きずるように この街離れて 行く俺だけど 心配御無用 なれているんだ 生まれた土地さえ覚えちゃない  野良犬同然みじめなものさ 心を開いちゃ生きられない 明日は一体いつ来るのでしょう お前の涙でかすんでいる 幾つも名前を 変えては来たが ごめんな本当の 名前も知らず 心配御無用 何とかなるさ 今までこうしてしのいで来た  淋しい悔しい 思い出ばかり どうにもならない こればっかりは 心配御無用 お前はきっと 幸せになるんだ祈ってるよ
松原のぶえ松原のぶえ松山千春松山千春愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯(あかり)はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中 きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ 今度生れてくるとしたなら やっぱり女で生れてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋 それでも恋は恋
森進一森進一松山千春松山千春雨のふる日は 傘をさす 心の中がぬれるよう 愛よ 恋よ 思い出よ ふりむけばいつも ひとりきり  雨のふる日は 傘のなか 泣けばすべてが終るよね 無理に笑うこともなく とじこめた夢は あてもなく  雨のふる日は 傘をさす つめたい体 ふるわせて せめていまわ この雨に 流されていれば それでいい  せめていまは この雨に 流されていれば それでいい 
待たせたね森進一森進一松山千春松山千春いたずらに時は過ぎ 気がつけばなにもない この心いやすのは お前ただ一人  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  幸せにさまよえば 人なみに流されて この心 あたためて くれる人がいる  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜はもうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と  待たせたね長いこと一人きり 泣きぬれる夜は もうさよならさ もうすぐさ この腕に抱きよせて 離さない 離さない もう二度と
島津亜矢島津亜矢松山千春松山千春愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中 きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男は いつも 待たせるだけで 女は いつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ 今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男は いつも 待たせるだけで 女は いつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男は いつも 待たせるだけで 女は いつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
坂本冬美坂本冬美松山千春松山千春若草恵愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
季節の中で五木ひろし五木ひろし松山千春松山千春うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流れ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何をみつけるだろう  海の青さにとまどう様に とびかう鳥の様に はばたけ高くはばたけ強く 小さなつばさひろげ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何をみつけるだろう  昇る朝日のまぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高くはばたけ強く 貴方の旅がはじまる めぐるめぐる季節の中で 貴方は何をみつけるだろう
偶然と必然松山千春松山千春松山千春松山千春丸山ももたろう人は誰も偶然さ 生れ生きている事も けれど二人出逢ったのは 必然さ この時代は偶然さ やがて次の時代が来る けれど二人の愛永遠に 必然さ  ウ~ウウウウ~ ウ~ウウウウ~  夢よそれは偶然さ 全てかなう訳じゃない けれど人は奇跡求め 必然さ どんな事も偶然さ 強い者も弱い者も けれどそれなりの幸せ 必然さ  この地球は偶然さ 空も海も大陸も けれどきらめく星達は 必然さ  何もかもが偶然さ そう宇宙の成り立ちも けれど君を愛したのは 必然さ  ウ~ウウウウ~ ウ~ウウウウ~ ウ~ウウウウ~ ウ~ウウウウ~
自分なりに松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗たった一度の人生だから それは自分なりに 息を切らしかけ上がる時 ころげ落ちる時も 雨の降る 街角で 君が声をかけてくれた  どんなに勇気付けられた事か どんなに助けられた事か  たった一度の人生だから 一人っきりじゃ淋しい  愛する度に 信じる度に 大人になれた気分 苦労しても打ちのめされても きっときっと明日は 狭い部屋の片隅で 夜が明けるまで語り尽した  どんなに勇気付けられた事か どんなに助けられた事か  たった一度の人生だから 一人っきりじゃ淋しい  たった一度の人生だから それはそれは自分なりに 君に告げておきたい事がある 君は決して一人ではないと
恋よララバイ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗さよならから始まる 本当の恋もある 忘れたいはずの 思い出ばかりが 心を強く揺らす 今夜も一人で ため息まじりに 恋よララバイ  こぼれ落ちる涙の 数を数えながらも 二度と戻れない まさかあの日々が 私の全てですか 時の流れにも とり残されてく  恋よララバイ 恋よララバイ 恋よララバイ
Dancing with me松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗今君が そばに居るだけで こんなにも ときめいているよ 誰にもあげない 時間を二人で過ごそうよ Dancing with me Dancing with me woo woo Dancing with me Dancing with me woo woo 夜が明けてしまう前に ひとつに重なる  指先がふれただけなのに 素敵だね ときめきが走る 心も身体も 時間を二人で過ごそうよ Dancing with me Dancing with me woo woo Dancing with me Dancing with me woo woo 愛がとけてしまう前に 二人は見つめる  Dancing with me Dancing with me woo woo Dancing with me Dancing with me woo woo 愛がとけてしまう前に 二人は見つめる
ひき潮松山千春松山千春松山千春松山千春服部克久全ては夢 うたかたの夢 まるで波が引くように 思い出まで奪うつもりね それは私の全てです  愛して 愛され 真夏の太陽 あびながら 浜辺に残した 二人の名前は 今も尚  年老いてく さけられないわ まるで波が引くように 許されたらこのまま海を 見つめたまま望みます  ひたすら生きてた 私が一番輝いてた あの時の 太陽が 今でも私にふりそそぐ  全ては夢 うたかたの夢 まるで波が引くように
涙ポロリ松山千春松山千春松山千春松山千春君が居たから ここまで生きてこれた気がする そんな君から突然 さよなら告げられた  涙ポロリ 涙ポロリ  顔を上げる事も 出来ないから帰ろう  うまく考え まとめる時間与えられずに 君にもらった 優しさ胸の中に残った  涙ポロリ 涙ポロリ  これも仕方無いと あきらめたら帰ろう  君が居たから ここまで生きてこれた気がする そうか明日から 一人で強くなれって事  涙ポロリ 涙ポロリ  夢を見せてくれた 感謝したら帰ろう  本気で愛していた 本気で愛していた 本気で愛してた
ワンシーン松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君の頬を流れる 涙が輝いてた いつかむくわれる日が 来るといいよね 本当はそんな言葉 どうでも良かったんだ うろたえていたんだろ 僕の心が いつまで愛して くれてた僕を 答えはいらない いつか再び逢える日まで  どれくらいの季節を 二人で過ごしたろう 君にとって全ては 過ぎた思い出 同じ人を何度も 好きになっていいの そんな日が来る事を 夢見ていよう いつもと変わらぬ 笑顔を見せて これから一人で 歩き始める僕のために  いつまで愛して くれてた僕を 答えはいらない いつか再び逢える日まで
わがまま松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗愛したい 恋したい この身をこがす程 ああしたい こうしたい 全ては思うまま 生きてる意味さえ わからずに こんな時代かと ケチを付け 明日が来なけりゃ 来なきゃいいのに ほざいた言葉が 涙に変わってこぼれてく  休みたい 遊びたい とにかくずるしても 稼ぎたい 手にしたい あふれる程の金 夢が夢を見て 夢の中 こんな時代かと ケチを付け 産まれて来なけりゃ こんな苦労も 知らずにすんだと こぼれた涙を拾ってる  愛します 恋します 苦労もしてみます 信じます 望みます 明日を楽しみに 真面目なツラして媚を売り 中途半端には飽きがきた この手でこの世を 変えてみせよう 強気な心が いつかは涙を吹き飛ばす
天国松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗トラブルばかりのお前に 引きずられて来た感じさ どこかが足りない奴だけど 不思議と何でも許せる 誰かを呼び止め 天国へはどちらへ行けばなんて 止めろよ 二人で こうしているのがきっと天国  仕事は気ままに転々と 飢えをしのぐだけ働き 明日は明日の風の中 ニッポン国中どこでも 交番 駆け込み 天国へはどちらへ行けばなんて 止めろよ 二人で 不審者扱いされて牢獄  愛なんてきれい事じゃない ハラハラドキドキ毎日 惚れているのなら俺の方 全く人生楽しい 星空 指差し 天国へはどちらへ行けばなんて 続けろ 続けろ お前といるならそれが天国 続けろ 続けろ お前といるならそれが天国
生きております松山千春松山千春松山千春松山千春服部克久若い頃は 心配する事もなく 何もなく ただひたすら 好きな事に打ち込んでいただけさ 今振り返っても 輝いていた  人を好きになってふられ 悲しくて 悔しくて 車飛ばし 夜明けを待つ海岸で 泣いていた 今振り返っても 輝いていた  そして 今日も 生きております 何て 楽しい 人生なのか  家庭を持ち 子供も出来 今分かる親心 ただ無難にやって来れた 回りには感謝だな 荒波の立つ日も おだやかな日も  この頃よく 昔の事 思い出す 懐かしむ 身体はもうボロボロだし 速すぎる世の流れ あとは何が出来る ここはひとつ派手に  そして 今日も 生きております 何て 楽しい 人生なのか  そして 今日も 生きております 何て 楽しい 人生なのか
細川たかし細川たかし松山千春松山千春愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯(あかり)はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中 きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ 男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ 今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋 それでも恋は恋
ビックリ箱のうた明石家さんま明石家さんま松山千春松山千春飛沢宏元ビックリ箱ビックリ箱 おどろいた  愛が心ではじけて飛んだ 夢を翼に舞い上がる 悩む事にも疲れていたし 笑う事にもあきていた  どこにあるの この愛の舞い降りる 捜し求め さまよえば  君のもとへ行く 君はどこにいる 僕の名前 呼んどくれ  ビックリ箱ビックリ箱 おどろいた  愛がひとりで歩き始めた 夢はよりそう影のよに ふるえる指で明日をさして 口唇かんでたえていた  どこにあるの この愛のたどりつく 捜し求め さまよえば  君のもとへ行く 君はどこにいる 僕の名前 呼んどくれ  どこに居てもいい 遠い所でも 僕の愛は 止まらない  君のもとへ行く 君はどこにいる 僕の名前 呼んどくれ
タイニー・メモリー柏原芳恵柏原芳恵松山千春松山千春涙でもどれるなら このまま 泣いていたい 明日が来ないのなら それでも かまわない  許して 心まで少しずつ 変わってゆく私をどうか 愛して 愛しすぎてたみたい 貴方以外は 何も見えずにいたの  貴方に嫌われるのは 何より哀しい事 さよなら 私だけの 貴方にする為に  楽しい事ばかりが 瞳をあふれてくる 貴方が帰らないうち この部屋 出てゆこう  許して 貴方の夢に 明日についてゆけない 私をどうか 愛して 愛しすぎてたみたい 貴方以外は 何も見えずにいたの  さよなら ふるえる指で ひとこと書きしるして さよなら 私だけの 小さな思い出として  許して 心まで少しずつ 変わってゆく私をどうか 愛して 愛しすぎてたみたい 貴方以外は 何も見えずにいたの  貴方に嫌われるのは 何より哀しい事 さよなら 私だけの 貴方にする為に
君のために作った歌松山千春松山千春松山千春松山千春何気なく口ずさむ 唄だけど せめて君には ほめてもらいたい 心をこめて 歌うから もう一度 歌うから  こんなに 君のこと 好きなのに 恥ずかしくて 口に出せない 僕さ だからこの唄 歌うんだ 君のため作った唄  いつまでも 君がそばにいて いつまでも この愛が続くように 心をこめて 歌うから もう一度 歌うから  こんなに 君のこと 好きなのに 恥ずかしくて 口に出せない 僕さ だからこの唄 歌うんだ 君のため作った唄 君のため作った唄 君のため作った唄
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
中森明菜中森明菜松山千春松山千春鳥山雄司愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短かい手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生れてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまづかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて  それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
季節の中で新沼謙治新沼謙治松山千春松山千春うつむきかけた 貴方の前を 静かに時は流れ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  海の青さに とまどう様に とびかう 鳥の様に はばたけ高く はばたけ強く 小さなつばさひろげ めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  登る朝日の まぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高く はばたけ強く 貴方の旅がはじまる めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう
この道より道廻り道松山千春松山千春松山千春松山千春青木望できれば強い男になって この道真すぐ 歩きたいと 心で硬く誓ったはずの この道より道まわり道 誰も恨むまい 恨めまい 我身案じて 今日も歩き出す  できればいちからやり直したい ぐちはいわない つもりでも 二度ともどれぬ我人生は この道 より道まわり道 誰も憎むまい 憎めまい 流す涙に 夕日が赤い  できれば強い男になって 力の限り生きてやれ 明日という字の我人生を 力の限り生きてやれ  何も悔むまい 悔めまい 泣いているまに 朝日が昇る
君は花松山千春松山千春松山千春松山千春服部克久ふるさとの道端に 咲く花のいじらしさ 青い空 白い雲 幾つかの 時が過ぎ 幸せ花か 苦労花 とまどいもなく 君は咲く  ふるさとの道端で 雨にぬれ 風に耐え 寄せ返す白い波 ひたすらに愛を待つ 幸せ花か 苦労花 気にもかけずに 君は咲く  幸せ花か 苦労花 一人気高く 君は咲く
思ひ松山千春松山千春松山千春松山千春服部克久今 貴方に逢いたい 言葉に出来ないなら 空を行く雲になる 飛んで行きたいな 今 貴方に逢いたい 叶わない望みなら 海を行く鳥になる 飛んで行きたいな 誰よりも 誰よりも 貴方を愛している 何よりも 何よりも この思ひは愛しい  今 貴方に逢いたい 移り変る時代を 感じたい 歩きたい 守り通したい 誰よりも 誰よりも 貴方を愛している 何よりも 何よりも この思ひは愛しい  誰よりも 誰よりも 貴方を愛している 何よりも 何よりも この思ひは愛しい
杏里杏里松山千春松山千春パパダイスケ愛することに疲れたみたい 嫌いになったわけじゃない 部屋の灯はつけてゆくわ カギはいつものゲタ箱の中  きっと貴方はいつものことと 笑いとばすにちがいない だけど今度は本気みたい 貴方の顔もちらつかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  多分貴方はいつもの店で 酒を飲んでくだをまいて 洗濯物は机の上に 短い手紙そえておくわ  今度生まれてくるとしたなら やっぱり女で生まれてみたい だけど二度とヘマはしない 貴方になんかつまずかないわ  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて それでもいいと なぐさめていた それでも恋は恋  それでも恋は恋
我家松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗夕暮れの街 駅前通り 我家は そこを 右に曲れば 夕暮れの街 一人で帰る 見上げた星は 光りきれない  この先この僕に 何が出来るのだろう いくつもの不安を かかえたまま今日も 終りを告げてく さよならと  夕暮れの街 駅前通り 役場の 横に 灯りし我家  貧しさというのは 愛を知らないだけ 空しさというのは 夢を持たないだけ 生命よ輝け 満天に  貧しさというのは 愛を知らないだけ 空しさというのは 夢を持たないだけ 生命よ輝け 満天に  夕暮れの街 駅前通り 役場の 横に 灯りし我家 灯りし我家
激情松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗逢いたくて 逢いたくて 君の名を呼ぶ わずかでも わずかでも 君に近づく  人は愛とか 口にするけれど 教えて下さい 愛の行方を  逢いたくて 逢いたくて 君の名を呼ぶ わずかでも わずかでも 君に近づく  人は誰でも 老いて朽ち果てる それでも この身を 愛に まかせる  逢いたくて 逢いたくて 君の名を呼ぶ 生きて行く 生きて行く 愛は激しく  逢いたくて 逢いたくて 君の名を呼ぶ わずかでも わずかでも 君に近づく
旅立ちクミコクミコ松山千春松山千春服部隆之私の瞳がぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない この日がいつか 来ることなんか 二人が出会った時に 知っていたはず 私のことなど もう気にしないで あなたはあなたの道を 歩いてほしい  さよなら言わずに 笑ってみるわ あなたの旅立ちだもの 泣いたりしない 言葉はいらない 笑顔を見せて 心の中のあなたは いつもやさしい  私は泣かない だってあなたの あなたの思い出だけは 消えたりしない 私の瞳が ぬれているのは 涙なんかじゃないわ 泣いたりしない
青春IIニューロティカニューロティカ松山千春松山千春この胸の中 かけぬけて行く 思い出たちが 優しすぎます 背中を向けた 貴方をつつむ 淡い日ざしが まぶしすぎます  人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々  涙がほほを ひとすじつたう これ程貴方を 愛したのですね 幾度季節を 見送ろうとも 忘れたくない 思い出がある  人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々  この胸の中 かけぬけて行く 思い出たちが 優しすぎます 背中を向けた 貴方をつつむ 淡い日ざしが まぶしすぎます  人は皆 つかの間の 幸せを信じて 貴方と生きた 青春の日よ 愛に全てを かけた日々
宗谷岬八代亜紀八代亜紀松山千春松山千春石倉重信北の最果ての宗谷岬にも 春が 春が訪れたとか 岩に寄せ返す波の花が飛ぶ 海よ海よ穏やかであれ  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け  のぞむ利尻富士宗谷岬にも 春が春が訪れたとか 注ぐぬくもりに鴎鳥たちは 空を空を鳴いて飛び交う 急ぐ旅じゃなくましてはかない エゾイチゲエゾイチゲひそやかに咲け  急ぐ旅じゃなくましてはかない 山桜山桜いとおしく咲け 山桜山桜いとおしく咲け
季節の中で大橋純子大橋純子松山千春松山千春小島久政うつむきかけた貴方の前を 静かに時は流れ  めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  海の青さにとまどう様に とびかう鳥の様に はばたけ高く はばたけ強く 小さなつばさひろげ  めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう  昇る朝日のまぶしさの中 はるかな空をめざし はばたけ高く はばたけ強く 貴方の旅がはじまる めぐるめぐる季節の中で 貴方は何を見つけるだろう
大空と大地の中で大橋純子大橋純子松山千春松山千春西脇辰弥果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に 振り返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
自壊松山千春松山千春松山千春松山千春飛澤宏元やがて少しずつ 僕は壊れてく 何を 覚えてる 何を 忘れてる もしも 君の事 忘れていても そっと抱きしめて 壊れゆく僕を  きっと悲しみも きっと喜びも わけもわからなく なってゆくのだろう けれど君の事 愛した事は そうさ胸の奥 奥にかくれてる  いつか突然に 叫び出す時も 遠く見つめても それは未来じゃない 何の意味も無く 怯えていたら きっと生きている 僕は生きている  やがて少しずつ 僕は壊れてく 何も不思議じゃない 誰のせいでもない 一人はいやだな 情けないけど そっと抱きしめて 壊れゆく僕を そっと抱きしめて 君の腕の中
青空松山千春松山千春松山千春松山千春大石学私の心に 青空がある はるかに広がる 澄みゆく空が いくつもの夢 浮かんで消えて 全ては大切な 思い出にする 私の心に 青空がある はるかに広がる 澄みゆく空が  私の心に 青空がある 哀しいくらいに 澄みゆく空が ふり返る日が やがて来ようと 自分には素直に 生きてたいから 私の心に 青空がある 哀しいくらいに 澄みゆく空が  私の心に 青空がある 誰にも渡せぬ 青空がある
宗谷岬松山千春松山千春松山千春松山千春飛澤宏元北の最果ての 宗谷岬にも 春が 春が おとずれたとか 岩に寄せ返す 波の華が飛ぶ 海よ 海よ おだやかであれ 急ぐ旅じゃなく ましてはかない 山桜 山桜 愛おしく咲け  望む利尻富士 宗谷岬にも 春が 春が おとずれたとか 注ぐ温りに カモメ鳥達は 空を 空を 鳴いて飛びかう 急ぐ旅じゃなく ましてはかない エゾイチゲ エゾイチゲ ひそやかに咲け 急ぐ旅じゃなく ましてはかない 山桜 山桜 愛おしく咲け
賭け松山千春松山千春松山千春松山千春土方隆行トゥナイト トゥナイト お前を抱いて トゥナイト トゥナイト この街を出る やる事なす事全てが 裏目ばっかり出やがる いつまでたってもパシリのままじゃ なんだか先も見えねぇ  ここらで一発かまして 頭もダチもだまして 金目の物皆ふところに それと優しくしてくれてた トゥナイト トゥナイト お前を抱いて トゥナイト トゥナイト この街を出る  車のミラー気にして 誰が追っかけて来る 小さくなってゆく街の灯 なんだか先も読めねぇ  こきざみこきざみ震える 一体お前か俺か なんて度胸のある奴だ いつも優しくしてくれてた トゥナイト トゥナイト お前と二人 トゥナイト トゥナイト 逃げ切ってやる  トゥナイト トゥナイト 弱気な俺の トゥナイト トゥナイト 最期の賭けだ
オホーツクの海松山千春松山千春松山千春松山千春青木望静かに 沈む夕日 オホーツクの海に 風は 波をさそい 夕日におどるよ  はるかな 小舟に 手を振れば 忘れた 何かを 思い出す  静かな そして 静かな オホーツクの海よ  静かに 闇がつつむ オホーツクの海を 雲は 月をさそい 波間におどるよ  はるかな 汐さい 耳にすれば 忘れた 何かを 思い出す  静かな そして 静かな オホーツクの海よ  はるかな 汐さい 耳にすれば 忘れた 何かを 思い出す  静かな そして 静かな オホーツクの海よ  オホーツクの海よ
足寄より松山千春松山千春松山千春松山千春青木望もどっておいでよこの町に 都会の暮しにつかれたら あいかわらずの いなか町 それでもお前の故郷だろう  誰にもいわずに出てったけれど 俺にはすぐにわかったよ 小さな時からいなかはいやだ そんな事いってたお前が浮ぶ  家の人達に連絡したか お前の父さん 心配してたよ お前の妹も高校3年 俺の嫁さんにとってしまうぞ  お前の手紙に書いてあるのは 楽しい事だけそんなにいいのかい 意地を張らないで話してくれよ 俺とお前は友達だろう  もどって おいでよこの町に 他の仲間たちも気にしてたよ ついこの間もみんな集り お前のうわさも出ていたんだ  あいかわらずのいなか町 それでもお前の故郷だろう それでもお前の故郷だろう
君が好きさ松山千春松山千春松山千春松山千春清須邦義僕がとても好きなものは 青い青い空の色と 夏の風に全てまかせた 君の長い長い髪  いつも遠くから君のこと みているだけの僕だけど 君が好きさとても好きさ 君の全て欲しいけど  僕がとても好きなものは 赤い赤いバラの花と 夏の風に全てまかせた 君の瞳 君の笑顔  いつも遠くから君のこと みているだけの僕だけど 君が好きさとても好きさ 君の全て欲しいけど  いつも遠くから君のこと みているだけの僕だけど 君が好きさとても好きさ 君の全て欲しいけど  君が好きさとても好きさ 君のすべて欲しいけど
今日限り松山千春松山千春松山千春松山千春青木望静かに 静かに ねむれたら 今日はとってもいい日だね 静かに 静かに ねむれたら 明日も必ず いい日だね いいわけばかりの毎日に さよならしたいね今日限り すなおになれずに生きるのは もう今日限り  静かに 静かに ねむれたら 考えすぎる事もない  静かに 静かにねむれたら 思い悩む事もない 強がりばかりの毎日に さよならしたいね今日限り 何かにおびえて 生きるのは もう今日限り  いいわけばかりの毎日に さよならしたいね今日限り すなおになれずに生きるのは もう今日限り  静かに 静かに ねむれたら 今日はとってもいい日だね 静かに 静かに ねむれたら 明日も必ず いい日だね
歩き続ける時松山千春松山千春松山千春松山千春清須邦義振り向かないで この道を 歩き続けてほしいから  振り向かないで この道を 歩き続けてほしいから めぐる季節のその中で 流されないでほしいから  もしも 歩き疲れたら 僕が唄を歌おうか 君の瞳の輝きが 涙なんかで曇らぬようにね  もどることなく この道を 歩き続けてほしいから だれもみえない明日の日を 信じ続けてほしいから  もしも 疲れ果てたなら 僕が支えてあげようか 君の小さな手のひらで いつか幸せつかめるようにね 君の小さな手のひらで いつか幸せつかめるようにね  もしも 疲れ果てたなら 僕が支えてあげようか Ah………  振り向かないで この道を 歩き続けてほしいから Ah………
ピエロ松山千春松山千春松山千春松山千春清須邦義もしも 君が悲しすぎて 涙 流す夜は 僕が君を勇気づけて 唄を歌ってあげる  へたな唄で悪いけれど 君のために歌うよ 僕の声で涙なんて 吹き飛ばされてしまう  そうさ 僕はピエロでいいさ いつも 笑いふりまくピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  君がとても幸せなら 僕はそれだけでいいのさ 陰でこうして楽しそうな 君を見ているだけで  もしも 君が悲しい時 僕はすぐに飛んで行き できる事は また同じ へたな唄を歌うこと  そうさ 僕はピエロでいいさ いつも 笑いふりまくピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  そうさ 僕はピエロでいいさ いつも 笑いふりまくピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  笑いなさい 笑いなさい バカなピエロがいたと 笑いなさい 笑いなさい 僕にはピエロが似合う ララララ……………
良生ちゃんとポプラ並木松山千春松山千春松山千春松山千春安田裕美春は細道ポプラ並木を 良生ちゃんと学校帰り 良生ちゃんは足が長く 僕はいつでも小走りだ 春のやさしい日差しを浴びて ポプラ並木は 背伸び 背伸び  夏はかげろう ポプラ並木で みんな集まりチャンバラごっこ 良生ちゃんは正義の味方 僕は悪役 切られ役 夏の日差しにかげろう揺れて ポプラ並木は 背伸び 背伸び  秋は夕暮れ ポプラ並木の 長い影はアベック・コース 良生ちゃんは女連れで 僕は一人でいじけるばかり 秋は木枯らし凍えるように ポプラ並木は 背伸び 背伸び  冬は初雪 ポプラ並木を しばれた身体 丸めるように 良生ちゃんはスケート選手 僕は補欠のまた補欠 冬は一面銀世界 ポプラ並木は 背伸び 背伸び  あれからすでに 十年過ぎて 良生ちゃんは結婚をして 風の便りに聴いた話じゃ 男の子が生まれたそうだ  いつも僕らを見守るように ポプラ並木は 背伸び 背伸び  いつも僕らを見守るように ポプラ並木は 背伸び 背伸び
これ以上松山千春松山千春松山千春松山千春安田裕美これ以上 君が 考えすぎぬよう これ以上 君が 悩まないように これ以上 君の きれいな瞳が これ以上 涙で 曇らないように  これ以上 君が 泣かないように これ以上 君が 悲しまないように これ以上 君の きれいな瞳が これ以上 涙で 曇らないように  これ以上 君が やせないように これ以上 君が 変わらないように これ以上 君の 細い腕が これ以上 僕のために やせないように これ以上 君の 細い腕が これ以上 僕のために やせないように
門倉有希門倉有希松山千春松山千春小さな窓から見える この世界が僕の全て 空の青さは わかるけど 空の広さが わからない  いつか山の向こうから 君が手を振りかけて来ても 君の姿 見えるけど 僕の心は 届かない  この窓をひらいて 自由になりたい この腕で思い切り 抱きしめて離さない  君だけは誰にも 渡したくない 誰にも負けはしない この愛だけは  小さな窓を叩く 風に心震わせてる 気付いたときには これほど 弱い男に なっていた  いつか君が一人きり ひざを抱え泣いていても 君の涙 見えるけど 僕の言葉は 届かない  この窓を開いて 自由になりたい この腕で思い切り 抱きしめて離さない  君だけは誰にも 渡したくない 誰にも負けはしない この愛だけは  君だけは誰にも 渡したくない 誰にも負けはしない この愛だけは
祈り松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗さよならも 言えないまま 貴方から離れて行く 楽しいだけの 毎日は 夢が夢になるだけ  いくつもの季節が過ぎ 貴方との過ごした日々 言葉にすると 泣き出しそうで 全て思い出にする  愛してる 今だって この胸は ときめいて こんな日が来るなんて 思ってもみなかった  心から愛したけど 何もかも捧げたけど いつも不安な 毎日は 愛が愛を追い越す  もう そんな 若さじゃない お互いに気付いていた 貴方にめぐり逢えた事 それが何よりでした  神様が いるのなら ひとつだけ 祈りたい できるだけ おだやかな 人生を あの人に  愛してる 今だって この胸は ときめいて こんな日が来るなんて 思ってもみなかった
ピエロつんく♂つんく♂松山千春松山千春高橋諭一もしも 君が悲しすぎて 涙 流す夜は 僕が君を勇気づけて 唄を歌ってあげる  へたな唄で悪いけれど 君のために歌うよ 僕の声で涙なんて 吹き飛ばされてしまう  そうさ 僕は ピエロでいいさ いつも 笑いふりまく ピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  君がとても幸せなら 僕はそれだけでいいのさ 陰でこうして楽しそうな 君を見ているだけで  もしも 君が悲しい時 僕はすぐに飛んで行き できる事は また同じ へたな唄を歌うこと  そうさ 僕は ピエロでいいさ いつも 笑いふりまく ピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  そうさ 僕は ピエロでいいさ いつも 笑いふりまく ピエロでいいさ  笑いなさい 笑いなさい いやなことは忘れて 笑いなさい 笑いなさい 君には笑顔が似合う  笑いなさい 笑いなさい バカなピエロがいたと 笑いなさい 笑いなさい 僕にはピエロが似合う ララララ……………
君のために歌う ~見守る会会員の皆様へ~松山千春松山千春松山千春松山千春君に ひと言 伝えたいんだ たとえ この世が 終り告げても  愛のために生きて 君のために生きる 世界中の愛を 君のために歌う  こんな 思いを 君は知らない 何も そう何も 変らないから  愛のために生きて 君のために生きる 世界中の愛を 君のために歌う  愛のために生きて 君のために生きる 世界中の愛を 君のために歌う
十九まで松山千春松山千春松山千春松山千春河合徹三星空みつめ 明日を占う 特別な事など あるはずもない ずっとこうして 一人ぼっちで 生きてきた気がする 淋しくはない  哀しいとか 涙ぐんで つぶやいていたのは 十九まで  すてきな人に 出逢いもしたし 憎みきれないから また恋になる 嘘でかためた 人生じゃない いつだって本気で 生きてきたから  悔しいとか 肩ふるわせ 口唇かんだのは 十九まで  哀しいとか 涙ぐんで つぶやいていたのは 十九まで
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋ブギ松山千春松山千春松山千春松山千春好永立彦恋なんてやつは 一気に行かなきゃ じっくりかまえて 格好付けても トンビにあぶらげ さらわれちまう  恋なんてやつは 順番待ちじゃない お先に失礼 いつでも失礼 他人の気持ちは おかまいなしさ  ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウーウー  恋なんてやつは まともじゃだめさ あの手この手に その手も使い 釣り上げちまえば こっちのものさ  恋なんてやつは 馬鹿げたものさ 結果が一番 内容は二番 お疲れ様です 今日も一日  ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウーウー  恋なんてやつは 哀しいものさ あたって砕けて 砕けて沈む クヨクヨ メソメソ クヨクヨ メソメソ クヨクヨ メソメソ そいつあ恋だぜ  ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウウウ ウーウーウ
申し訳ない松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗申し訳ない程 元気です 見上げた空は 青い空 野山を駆けて 来たんだね 風よ 私を 抱きしめて  ありがたいね 一日は こうして過ぎて 行くのです  申し訳ない程 元気です この道 どこへ 続くのか 名も無い花よ お前なら この先 どこへ 行くのだろう  ありがたいね 一日は こうして過ぎて 行くのです  申し訳ない程 元気です
オロオロ松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗お前を抱きしめる 強く抱きしめる 悲しみも苦しみも 全て抱きしめる  何も出来ないから じっと抱きしめる 悲しみや苦しみが 通り過ぎるまで  オロオロ 泣きなさい オロオロ 泣きましょう 不運な事に人生は 一度きりのものだから  お前を抱きしめる 強く抱きしめる 教養も力も無い せめて抱きしめる  うろたえるばかりで 情無いくらいさ 愛してる 愛してる だから抱きしめる  オロオロ 泣きなさい オロオロ 泣きましょう 不運な事に人生は 一度きりのものだから  オロオロ 泣きなさい オロオロ 泣きましょう 不運な事に人生は 一度きりのものだから
風になって松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗あ~あ~ 風になって お前を抱きしめる 気付かなくていいよ それくらいに優しく  あ~あ~ せつない程 お前を愛してる 二人だけの世界 連れ出してかまわない  そう その瞳の中には 何を映す もう 身も心も お前に捧げる う~う  あ~あ~ 風になって お前を抱きしめる 気付かなくていいよ それくらいに優しく  ねえ 覚えているあの日が 全てを変え もう 明日さえも お前に捧げる う~う  あ~あ~ 風になって お前を抱きしめる 気付かなくていいよ それくらいに優しく
夏の日松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗貴方の胸で 過ぎて行く夏の日 キラキラ光る 海を渡る風  ざわめく浜辺 青い空は高く 浮かべた船は 水平線まで  愛されている すべてがまぶしくときめき輝く 愛しています こんなに 心は熱い…  貴方の胸で 過ぎて行く夏の日 このまま時を 止めてかまわない  幸せなんて 言葉で すべてを語り尽くせない 幸せですね ふたりの 心は熱い…  貴方の胸で 過ぎて行く夏の日 このまま時を 止めてかまわない  貴方の胸で 過ぎて行く夏の日 このまま時を 止めてかまわない
輝く時代(とき)松山千春松山千春松山千春松山千春石川鷹彦指でなぞった 君の笑顔を いつまでも忘れずに しまい込んでおくから 君がいたから 歩き続けた この先は一人でも 何もこわくはないさ  青春という 輝く時代を ふり返る日が 来るのだろうか  指でなぞった 君の笑顔を いつまでも忘れずに しまい込んでおくから  最後に君の 手を握りしめ 少しだけやせたかな なんて悲しいんだろう  君の涙は 見たくないから 背を向けて 胸を張る 精一杯の強がり  青春という 輝く時代を ふり返る日が 来るのだろうか  最後に君の 手を握りしめ 少しだけやせたかな なんて悲しいんだろう
国道38号松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗国道38を 東へ向けて 走ろう そこには 私の故郷が 青い空は続く いくつもの町越えて 峠を登りきると 広がる大地を駈けぬける 風になって走ろう  とても短い夏だけど 生きるものみな 美しく 流れる川のせせらぎも 喜び感じてる  車の窓を開けて 空いっぱいに走ろう はるかな地平のその先に 長い道は続く つらなる山に注ぐ おだやかな陽を受けて 緑の大地を駈けぬける 風になって走ろう  とても短い夏だけど 生きるものみな 美しく 流れる川のせせらぎも 喜び感じてる  国道38を 東へ向けて走ろう 国道38を 国道38を
現実松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗時代はどんどん 変わっています ひしひしと 感じます 人の心も 少しづつ 変わっていくのがわかります 仕方がない 仕方がないと 何度もあきらめかけながら それでもこんな時代の片隅に 今日も また しがみつく  愛して下さい そんな自分を 愛して下さい そんな僕を  生きているから 恥ずかしいのか 恥ずかしいから 生きてるのか どちらにしても 死ぬ程の 事では無いなと 言いきかせ 愛にも夢にも 裏切られた 本当は自分が 裏切ってた それでもお前には 明日がある 哀しい事に お前には 明日がある  愛して下さい そんな自分を 愛して下さい そんな僕を  ララ ララー ララ ララ ララー ララ
青春の街松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君と過ぎた青春の街 雨に濡れているよ こんなものさめぐる思いを 胸に抱いて行くよ  ベルが鳴る 鳴り響く 電車の窓から ながめる 頼りないよね 青春の街は雨  せめて君はいつもの様に 暮らしていて欲しい 今度誰か好きになるなら 強い人がいいね  動き出す 走り出す 涙があとから せかせる かけがえのない 青春の街は雨  遠ざかる 過ぎて行く 愛していたから 尚更 ぼやけてゆくよ 青春の街は雨
自由布施明布施明松山千春松山千春若草恵ぬかるみの中を 黙々と歩いてた僕は きっとこのままで 終えて行く人生と思った ある日空を 見上げてみると 雲のすき間から こぼれる光り  はばたく力を 与えておくれ 自由になろうと 初めて思った  ぬかるみの中は もがけばもがく程深く 引きずり込まれる それでもあきらめはしない 草を握った 手よりも強く 心で叫ぶ 僕は生きている  はばたく力を 与えておくれ 自由になろうと 初めて思った  愛していたんだ 僕は僕を 自由になろうと 初めて思った
陽は昇る松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗君に伝えよう また陽は昇る それは昨日と 同じじゃないさ  だから泣かないで その涙ふいて 愛をすてないで その胸に抱いて  君に伝えよう 帰らぬ日々は それは君自身 他の誰でなく  だから泣かないで その涙ふいて 夢と手をつなぎ その道を歩いて  君に伝えよう また陽は昇る それは昨日と 同じじゃないさ
冬がやってきた松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗いてつく風は吹きぬけ 僕の心にまで 長い冬がやって来た 町はこごえている  故郷の山はもう 白い雪おおわれた 明日あたり 町中も 雪が降るって感じがする 一面の雪が  いてつく風は吹きぬけ 僕の心にまで 長い冬がやって来た 町はこごえている  かじかんだ空見上げ 白い息吹きかけた 僕は夢を あたためる きっといつかかなえられる かなえてみせるさ  いてつく風は吹きぬけ 僕の心にまで 長い冬がやって来た 町はこごえている  いてつく風は吹きぬけ 僕の心にまで 長い冬がやって来た 町はこごえている
山の向こう松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗山の向こうのその向こうには 山の向こうのその向こうには きっと私の幸せがある きっと貴方の幸せがある たどり着いた奴はまだいない たどり着いた奴はまだいない きっとそれ程険しい所さ きっとそれ程険しい所さ  愛してもっと強く それを勇気に変え 誰も知らぬ夢の国 歩き始めた  歩き続け広い海に出た 歩き続け広い海に出た 何もかもがキラキラと輝く 何もかもがキラキラと輝く 海の向こうのその向こうには 海の向こうのその向こうには きっと私の幸せがある きっと貴方の幸せがある  愛してもっと強く それを勇気に変え 誰も知らぬ夢の国 泳ぎ出すんだ  何故か淋しい気分になってた 何故か淋しい気分になってた きっとどこかが違うと思った きっとどこかが違うと思った 泳ぐ力がもう無くなってた 泳ぐ力がもう無くなってた やっと夢の国の入口さ やっと夢の国の入口さ  愛する人よ僕は 何を間違えたの 幸せならそこにある 欲におぼれる  山の向こうの その向こうには 山の向こうの その向こうには
特別な夜松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗悲しい事なら 数えきれないね 楽しい事には めったに会えない 確かに今夜は特別な夜だ つきにも運にも 見放されている  フーウウ フーウ フーウウ フーウ 闇夜にまぎれて 誰かが泣いてる フーウウ フーウ フーウウ フーウ 結局 一人じゃ ないんだ  愛って言葉の 深意が見えない 夢って言葉の ひびきが重たい 確かに今夜は特別な夜だ どいつもこいつも 浮かれ過ぎている  フーウウ フーウ フーウウ フーウ 夜明けに向って 誰かが泣いてる フーウウ フーウ フーウウ フーウ 結局 一人じゃ ないんだ  フーウウ フーウ フーウウ フーウ 明日を捜して 誰かが泣いてる フーウウ フーウ フーウウ フーウ 結局 一人じゃ ないんだ
いつだって松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗いつだって 僕は君を好きだった 本当は ずうっと君を好きだった  この想い 君に告げる事は無い これからも ずうっと告げる事は無い  雨が降り出して来た 傘もないこのままで そして僕はこの町を出る 君のいないどこか遠くへ  悲しくは ないと言えば嘘になる 心から 僕は君を好きだった  雨よ降れもう一度 何もかも出直しだ けれど君を忘れられずに 長い旅は続くのだろう  いつだって 僕は君を好きだった 本当は ずうっと君を好きだった  この想い 君に告げる事は無い これからも ずうっと告げる事は無い
human松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗こんな時代に君は何を 求め何を捜すの 笑顔の奥に隠したはずの ため息がもれている 引き返す事は出来ない それがそう人生だから  ただくり返される毎日 それを迎え見送る 疲れきった身体を心が 何とか支えている のがれられず生きながらえる それがそう人生だから  おかしくて おかしくて 悲しくて 悲しくて  一体いつになれば君が 望む世の中になる その為に君は何が出来る 何をして来たという 悩み迷い悔やみながら それがそう人生だから  もし君がとり残されても 笑ったりはしないよ だって僕はずい分とまえに とり残されちまってる おびえる程のものじゃない それがそう人生だから  おかしくて おかしくて 悲しくて 悲しくて  こんな時代に君は何を 求め何を捜すの こんな時代に君は何を 求め何を捜すの こんな時代に君は何を
悲しくなったら松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗例えば悲しくなったら 夜空の星を見る 貴方もどこかでこの星を 見つめているようで  例えば淋しくなったら 冷たい風の中 貴方もどこかでこの風に 吹かれているようで  ウーウウウウウー 流れ流れても ウーウウウウウー 貴方にたどりつく  時代が変わっていっても 変わらぬものがある いつでも貴方を愛してる この先いつまでも  ウーウウウウウー 流れ流れても ウーウウウウウー 貴方にたどりつく  ウーウウウウウー 流れ流れても ウーウウウウウー 貴方にたどりつく
お願い松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗眠りつけず君を 突然ゆり起し まだ明けきらぬ街へと あてもなく歩き出し  ゴメン 急に君が 遠く離れて行く 僕の手に届かない 不安におそわれたの  お願い このまま 僕のそばにいて 愛して 愛して 愛し続けたい  傷付け合う為に 生まれた訳じゃない めぐり逢う為に君が そして僕がいるんだ  ゴメン きっと君を 失いたくなくて まだ明けきらぬ街へと 付き合せてしまった  お願い このまま 僕のそばにいて 愛して 愛して 愛し続けたい  お願い このまま 僕のそばにいて 愛して 愛して 愛し続けたい
北風の子守唄松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗北風が 泣いてる 泣き疲れて 眠ろう 帰らない この日に おやすみの ごあいさつ 愛しているよ 夢の中でも 北風が 泣いてる 泣き疲れて 眠ろう  流れ星 流れて 流れついて 幸せ ほらひとつ またひとつ 小さな手に 届いた 愛しているよ 夢の中でも 流れ星 流れて 流れついて 幸せ  愛しているよ 夢の中でも 北風が 泣いてる 泣き疲れて 眠ろう
冬の朝香西かおり香西かおり松山千春松山千春藤原いくろうキラキラと冬の朝 まるで天使が舞うようだ すれ違う白い息 今日が良い日であるといい 教えてください少しでも みんな幸せに近づいているの だから歩き続けるの こごえるだけの冬の朝  凍てついた冬の朝 飛び交う声は子供達 真っ白な時間さえ 愛しく過ぎて行くのです いつかは必ず春がくる みんな心にあたためているの だから歩き続けるの こごえるだけの冬の朝  ランランララララ ランランララララ ランランララララ ランランララララ
白い雪香西かおり香西かおり松山千春松山千春藤原いくろうあなたの優しさに 甘えている自分がいる このままでは いけないから さよなら言おうと 思った  あなたに嫌われて すてられると辛いから 今ならまだ 間に合うから さよなら言おうと 思った  白い雪 舞う 大空を 舞う あなたの手のひら 溶けて消える そんな恋で良かった  あなたに見送られ 私はこの町を出る 行くあてなど ありもしない 泣くなと 心に誓った  大きく手を振った とても感謝しているから 振り向くのは これが最後 泣くなと 心に誓った  白い雪 舞う 大空を 舞う あなたの手のひら 溶けて消える そんな恋で良かった そんな恋で良かった
こもれ陽松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗こもれ陽の中 ゆり起される どこからともなく 聞こえてくる 貴方の声に 懐しさと 自分らしさを 取り戻す  まばたきすると 全てが終る 気に病む事等 無駄に思え 泣きたい位 哀しいね 叫びたい程 哀しいね  こんなにも 愛されて いるって思う それだから なお更に 愛していたい  こもれ陽の中 うたかたの夢 めぐり逢うから 別れがくる 貴方の声を 手放すように 優しい風に あずけよう  置き去りにする 自分自身と 忘れられない 自分がいる 泣きたい位 哀しいね 叫びたい程 哀しいね  こんなにも 愛されて いるって思う それだから なお更に 愛していたい
一輪の花松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗ああ 春が行く 夏が行く 秋が行く 冬が行く 時は流れてく ああ 雨が降る 風が吹く 雪が舞う 空高く 雲は飛んで行く  幸せの数を 数えてみると 熱い涙が 心あふれ  ああ 一輪の 花でさえ 夢を見る 夢を抱く きっと生きている ああ 悲しみも 喜びも せつなさも 空しさも きっと生きている  行方の知れない 愛を語ると 熱い涙が 心あふれ  ああ 一輪の 花でさえ 夢を見る 夢を抱く きっと生きている ああ 悲しみも 喜びも せつなさも 空しさも きっと生きている  ああ 春が行く 夏が行く 秋が行く 冬が行く 時は流れてく ああ 雨が降る 風が吹く 雪が舞う 空高く 雲は飛んで行く
中森明菜中森明菜松山千春松山千春千住明小さな窓から見える この世界が僕の全て 空の青さはわかるけど 空の広さがわからない  いつか山の向こうから 君が手を振りかけてきても 君の姿見えるけど 僕の心は届かない  この窓をひらいて 自由になりたい このうでで思いきり 抱きしめてはなさない  君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは  小さな窓をたたく 風に心ふるわせてる 気付いた時には これほど弱い男になっていた  いつか君がひとりきり ひざをかかえ泣いていても 君の涙見えるけど 僕の言葉は届かない  この窓をひらいて 自由になりたい このうでで思いきり 抱きしめてはなさない  君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは  君だけは誰にも わたしたくない 誰にも負けはしない この愛だけは
君の全てを松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗この胸が 張り裂けて しまうよな 恋だから うたかたの 夢にさえ 傷ついて かまわない  君だけ いつも 抱きしめてたい 他には 何も 望みは無い  こんな 気持ちを 受け止めとくれ 君の 全てを 愛している  この胸が 張り裂けて しまうよな 恋だから  黒い瞳に 見つめられると 吸い込まれてく 身も心も 幾千年の 時が過ぎても 君の全てを 愛している  この胸が 張り裂けて しまうよな 恋だから うたかたの 夢にさえ 傷ついて かまわない
信号松山千春松山千春松山千春松山千春信号が赤になる 立ち 止まれば 君の事を本当は まだ 好きだよ  急ぎ過ぎたと 今更思う 淋しい思い させていただろう  信号が青になる でも 歩かない 追い越して行く人を ただ 見送る  人波に残されて ふと 気付いた 君の涙のわけが 今 分かった  見過ごしていた 幾つもの愛 背を向けたのは 僕の方だろう  信号が赤になる けど 気にしない 大切な事がある 君 好きだよ  信号が青になる でも 歩かない 今度は僕が君を 待ち続ける
最後の涙松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗僕を愛してくれた あんな優しさで 今は他の誰かを 包んでいるんだね  見慣れた街に 君の姿を また追いかけている 淋しい事さ  僕を苦しめている 僕がここにいる 君の事を心が 求めて離さない  楽しい事 悲しい事も何もかも 君の最後の涙 今でもこの胸に  ただ忙しく 過ぎる毎日 何の変わりもない あの時のまま  僕を苦しめている 僕がここにいる 君の事を心が 求めて離さない  僕を愛してくれた あんな優しさで 今は他の誰かを 包んでいるんだね
風光る松山千春松山千春松山千春松山千春僕等はどこからやって来て いつかはどこかへ帰ります ほんのわずかですが そんなものでしょうね  小さな両手に夢を持ち その手を広げて夢が舞う ほんのわずかですが そんなものでしょうね  風が光ってた Umm… きれいだね 思い出すと いつもいつも そう風は光ってた  生きている事に馴れた時 生きている事が悲しくて それはそれでいいと 許せなくもないね  涙がにがいと知った時 流されていると気が付いた それはそれでいいと 許せなくもないね  風が光ってた Umm… きれいだね 思い出すと いつもいつも そう風は光ってた  僕等はどこからやって来て いつかはどこかへ帰ります
白い雪松山千春松山千春松山千春松山千春貴方の 優しさに あまえている 自分がいる このままでは いけないから さよなら 言おうと 思った 貴方に 嫌われて すてられると 辛いから 今ならまだ 間に合うから さよなら 言おうと 思った  白い雪 舞う 大空を舞う  貴方の手のひら 溶けて消える そんな恋で良かった  貴方に 見送られ 私は この 町を出る 行くあてなど ありもしない 泣くなと 心に 誓った 大きく手を振った とても感謝してるから ふり向くのは これが最後 泣くなと 心に 誓った  白い雪 舞う 大空を舞う  貴方の手のひら 溶けて消える そんな恋で良かった そんな恋で良かった
兵士の詩松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗僕の胸の中で 眠りつく人 いつまでもこうして 抱いていたい マリア マリア 愛する人が マリア マリア 僕にはいます マリア マリア 声にならない マリア マリア 声を届けて  僕が恐れるのは 戦車ではなく 何度もくり返す 人の心 マリア マリア ただひたすらに マリア マリア 祈りを捧げ マリア マリア いつの日かまた マリア マリア 愛する人と  君を守るために 僕も出かける おだやかな寝顔を 胸に抱いて マリア マリア 愛する人が マリア マリア 僕にはいます マリア マリア 声にならない マリア マリア 声を届けて
都会の天使松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗都会のビルの谷間 四角い空にも いくつも星は光る 希望の星が 行き場を 失した 天使達よ お願い そんなに 哀しまないで 涙で にじんだ 星が ささやきかける  やせてく 人の心 全てはつかの間 裏切る事も出来ず 信じる事も 眠りに つけない 天使達よ 疲れた 身体を ふるわせながら いつかは その手に 愛がつかまるといい  都会のビルの谷間 四角い空にも いくつも星は光る 希望の星が
帰ろうか松山千春松山千春松山千春松山千春青木望今はただあてもなく 風にこの身まかせ よせる人波に さからうこともできず 帰ろうか 帰ろうか まだ寒い北国へ だけどそこには 僕の愛した人がいる あふれた涙は いつしか かわきはて 何もできず過ぎた 時がはかない つかれはてた夢は 色あせて  夢を見て夢を見て 遠い街にひとり だけどこれ以上 心にうそはつけない 帰るんだ 帰るんだ まだ寒い北国へ 弱い男とよばれても かまいはしない あふれた涙は いつしか かわきはて 何もできず過ぎた 時がはかない つかれはてた夢は 色あせて  何もできず過ぎた 時がはかない つかれはてた夢は 色あせて  ラララ……ラララ……
翼を持たない天使松山千春松山千春松山千春松山千春あぁ君は まるで 愛の天使さ 翼を持たない 宇宙のはるか彼方 生まれて地球にきたのか どうしても どうしても つかめない 君の心が 哀しいよ 差し伸べた この手軽くあしらわれ それなのに こんなにも 君のことが好きだよ  あぁ君のことを思う 突然どこかの星へと 旅立つこともあるね ありえる雰囲気感じる どうしても どうしても つかめない 君の心が 前触れもなく 僕の目の前から消えないで それよりも この星で 僕とふたり暮らそう  あぁ君は まるで 愛の天使さ 翼を持たない
遠い愛松山千春松山千春松山千春松山千春君は移り変わる時を追いかけて 少し疲れている ただそれだけさ 君はかけがえない夢があるのだろ 少し無理をしたね そうそれだけさ  作り笑いが涙に流れ ため息ついてふさぎ込んだり 二度と帰らぬ今日という日を もてあますように  どうか恐れないで 君は君だから 僕はここに居るよ ただ遠すぎる  君は通り過ぎる風を追いかけて 多分帰り道はもう戻らない 君は気付いている 愛のぬくもりを 多分胸の奥でそう受け止めて  思った事と違う言葉で 他人の心をうかがっている 素顔のままの自分自身も もてあそぶように  どうか恐れないで 君は君だから 僕はここに居るよ ただ遠すぎる どうか恐れないで 君は君だから 僕はここに居るよ ただ遠すぎる  Ah... Ah... Ah...
僕は君になれない松山千春松山千春松山千春松山千春僕は君になれない 君は僕になれない だから僕は君を そして君は僕を これを愛と叫ぼう 声の限り叫ぼう 歩き出そう二人 風に抱かれ二人  悲しみが苦しみが 喜びが幸せが どんな時にも肩を寄せ合って  僕は君になれない 君は僕になれない だから僕は君を そして君は僕を  僕は願う明日を 君も願う明日を どうか穏やかな日が 幾日も幾日も これを夢と掲げる 高く高く掲げる たどり着けるといい はるか遠く二人  涙とため息が 笑いと感動が どんな時にも肩を寄せ合って  僕は願う明日を 君も願う明日を どうか穏やかな日が 幾日も幾日も  僕は君になれない 君は僕になれない だから僕は君を そして君は僕を
愛したい松山千春松山千春松山千春松山千春愛したい 愛したい 今を運命を夢に乗せて 限りない 限りない 時を空間をひとつにして 愛したい  涙がこぼれるくらいに 哀しい事にも出くわす だけど 君の瞳に きっといつか 虹がかかる  愛したい 愛したい 今を運命を夢に乗せて 限りない 限りない 時を空間をひとつにして 愛したい  ため息ばかりで心が 暗くて明日も見えない だけど 君がその手を さしのべると 日差しあふれ  愛したい 愛したい 今を運命を夢に乗せて 限りない 限りない 時を空間をひとつにして  愛したい 愛したい 何よりも熱いこの思いを 限りない 限りない 宇宙の果てまで届くといい 愛したい
宇宙のはるか松山千春松山千春松山千春松山千春なんて 素敵な夜だ 今夜は ふたり 宇宙の愛に 抱かれる  君が涙 流すなんて 思いがけぬ展開 凍えるよな冷たい風 対処法 持たない  Woo 悪気ない Woo 冗談さ  どうか 夜空の星に祈ろう ふたりがいつまでも 輝くよう なんて 素敵な夜だ 今夜は とどけ この想い 宇宙のはるかへ  いつものように 笑っとくれ ふるえる手で抱き寄せ 凍えるよな街に ふたり取り残され 緊張  Woo こんなにも Woo 愛してる  どうか 夜空の星に祈ろう ふたりがいつまでも 輝くよう なんて 素敵な夜だ 今夜は とどけ この想い 宇宙のはるかへ  いつのまにか 白い雪が ふたりの為だけに 舞い降りた なんて 素敵な夜だ 今夜は  ふたり 宇宙の愛に 抱かれる
僕なら松山千春松山千春松山千春松山千春ひょっとしたら 午後から雨 傘も忘れた だから急に 誰もかもが 急ぎ足  わずらわしい 毎日に追われても 君への想い 胸に抱きしめ きっと いつか たどりつけると思う たとえまわり道でも 愛を強く信じて  退社時間 気にしながら タバコをふかし 君の事を考えてた 逢いたくて  君とすごす 時間はとても速く 過ぎて行く気がするよ 何故かな こんな僕を 愛していてくれるね 今でも不思議なんだ 夢のようさ  わずらわしい 毎日に追われても 君の愛に応えて 頑張る この世界の 誰よりも幸せに なってもらうよ いいね 出来るはずさ 僕なら
ため息をつかせてよ松山千春松山千春松山千春松山千春ため息をつかせてよ 君の手に抱かれて 安らかな 穏やかな 優しさに包まれて  何もかも砕け散る どうすればいいのだろう  ため息をつかせてよ 誰よりも愛してる  ため息をつかせてよ 君の手に抱かれて 昨日なら 遠すぎて 明日さえ忘れたい  自分でも情けない どうすればいいのだろう  ため息をつかせてよ 誰よりも愛してる ため息をつかせてよ 君の手に抱かれて
存在松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗愛したって 夢見たって 悲しみからはのがれられず 意地になって 胸を張って 生き永らえている 今だ 何も 何も 歌えず  どうしたって 一人だって 言いきる事はたやすいけど 貴方だって 私だって わりきれられない 今だ 何も 何も 歌えず  生まれて来たから 生きているのでなく 淋しいから 空しいから 笑い飛ばす他ないから  愛したって 夢見たって 悲しみからはのがれられず 意地になって 胸を張って 生き永らえている  生まれて来たから 生きているのでなく 淋しいから 空しいから 笑い飛ばす他ないから  愛したって 夢見たって 悲しみからはのがれられず 意地になって 胸を張って 生き永らえている  愛したって 夢見たって 悲しみからはのがれられず 意地になって 胸を張って 生き永らえている
冬のアリア松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗ため息を つく度に 幸せが 逃げて 行くと いつもなら そういって 笑ってた 君は どこへ  不思議だね 青い青い空から きれいだね 雪が雪が降り出す  窓にもたれて 見つめてる 僕はひとりで ため息を つく度に  何気ない 毎日に 君がいる いつも そばに 考えも しなかった こんな日が 僕に 来ると  愛してる 心 心のままに 雪の中 君を君を求めて  きっと誓うよ ため息は 二度とつかない 何気ない 毎日に
です。松山千春松山千春松山千春松山千春何もない事が 幸せなのです 見送る日々があり 忘れえぬ日があり  たわいない事が 大切なのです 季節は姿を変え きらめきを信じて  愛よ 愛よ 夢よ 夢よ 心の中あふれて 大空をはばたけ  何もない事が 幸せなのです 見送る日々があり 忘れえぬ日があり  何気ないことが 特別なのです 出逢えた喜びに 別れ行く淋しさ  とぎれない事が 安らぎなのです 一度の人生を 語るには短く  愛よ 愛よ 夢よ 夢よ 心の中あふれて 大空をはばたけ  何もない事が 幸せなのです 見送る日々があり 忘れえぬ日があり
受難の時代松山千春松山千春松山千春松山千春夏目一朗一瞬に終わる人生かもしれない それを承知の上 真剣に生きれば生きる程 純粋と離れてく  愛だって求めるとなおさら 突然手の平を返して 何だって信じてやりたいさ 失敗を恐れない  涙が流れる どうしてだろう  僕は どうやら 受難の時代です  問題は皆いったい何と戦っているつもりなんだろ 真実は事実とは異なる 想像は限りない  絶対はこの世の中にない 絶対はこの宇宙にもない 完璧な人生を終えても 存在は束の間だ  涙が流れる どうしてだろう  僕は どうやら 受難の時代です 僕は どうやら 受難の時代です
egoist:エゴイスト【自己中心主義者】松山千春松山千春松山千春松山千春明日が涙を流すなら 私は明日を求めない 希望という名の電車なら 片道キップで出ているよ 忘れちゃいけない人がいる 忘れてあげたい人がいる 貴方が貴方であるように 私は私でいたいだけ  そして今を生きる だから今を生きる  悲しみが頬を伝うなら 私は涙を拭わない 例えば誰かを憎んでも 私は心を憎まない 欲望と夢の狭間から 平和が手招きしているよ 愛で救われる世界なら 世界は私を救えない  そして今を生きる だから今を生きる  生命をかけても守りたい 誇れるものなど何も無い 正しいものならここにある 私は私をこばめない 正直者さえバカを見る 無器用者なら地獄見る 死んでいくことが運命なら 私は運命に背を向ける  そして今を生きる だから今を生きる  明日が涙を流すなら 私は明日を求めない 暗闇が続くこの世なら 私はこの世を認めない
松山千春松山千春松山千春松山千春君が歩む道があり 僕が歩む道がある だから ここでお別れだ 長い旅になるのだろう  泣かないで 泣かないで いつも笑顔の君を この胸に この胸に やきつけていたいから  出来るならば 迷わずに 辿り着くといいのにね でもね 道に迷ったら 大声あげてくれないか  泣かないで 泣かないで 君が望むならば いつだって いつだって すぐそばに僕はいる  泣かないで 泣かないで つらく悲しい時は 僕だって 僕だって 君の名を 叫んでる
欲望の街松山千春松山千春松山千春松山千春あの角を右 曲がるとそこには 幸せ行きの 電車が待つよ 危なかしくて 見ちゃいられないよ 早くお帰り 電車が出るよ  欲望 渦巻く すさみきった街 ヘタ打ちゃ 明日は おがめられない  ここでオイラは 生まれて育った お前が生きる 街ではないな  お前オイラに 教えてくれたね 愛で埋めても 埋まらないミゾ 力さえありゃ 頭にも立てる 緊張感が たまらないのさ  欲望 渦巻く すさみきった街 わずかな 油断が 生命とりだよ  奴等が歌う 絶望の歌は 子守唄だよ ガキの頃から  欲望 渦巻く すさみきった街 それでも 天国 あぁパラダイス  ホームに残る お前を見つけた いいのかこれで こんな街でも
Dancing World松山千春松山千春松山千春松山千春水平線に 昇る太陽 Dancing World Oh Oh Dancing World 青ざめた空 心地良い風 Dancing World Oh Oh Dancing World  愛は寄せ返す さざ波の中 生命を感じる 淡い  Dancing World Oh Oh Dancing World Dancing World Oh Oh Dancing World  真青な空 真白な雲 Dancing World Oh Oh Dancing World 花咲き乱れ 鳥は木陰に Dancing World Oh Oh Dancing World  愛はふり注ぐ 陽射しの中に 生命を感じる 熱い  Dancing World Oh Oh Dancing World Dancing World Oh Oh Dancing World  Oh Oh Dancing World Oh Oh Dancing World Oh Oh Dancing World Oh Oh Dancing World
キスをした松山千春松山千春松山千春松山千春真夜中に キスをした 何度も 何度も確かめる 愛してる こんなにも 互いが 互いを求めてる  きっと 君は 僕の ために 生まれて来たのだろう そして 僕は 君の ために 生きて行くのだろう  真夜中に キスをした 何度も何度も 確かめる 抱き寄せた 両腕は 力の限りに 震えてる  きっと めぐり逢いは とうに 決められてたのだろう そして 二人 愛し合うと わかっていたのだろう  きっと 君は 僕の ために 生まれてきたのだろう そして 僕は 君の ために 生きて行くのだろう  真夜中に キスをした 何度も 何度も 確かめる
止まらない涙松山千春松山千春松山千春松山千春止まらない涙 受け止めて欲しい 愛してる 強く 誰よりも 強く  夢の中でも なお 求め続けた 愛は これ程まで 何故か 哀しくて  止まらない涙 受け止めて欲しい 愛してる 強く 誰よりも 強く  命 燃え尽きても 変わる事ない 愛は これ程まで 何故か 哀しくて  止まらない涙 受け止めて欲しい 愛してる 強く 誰よりも 強く  止まらない涙 受け止めて欲しい 愛してる 強く 誰よりも 強く
松山千春松山千春松山千春松山千春わずかな時間も 離れはしないと 二人を照らした 月は青く 動かない風は 汗ばむぐらいで あてない二人を とまどわせる  どこへ行こうか どこでもいいと いつでも笑って 答えます  明日の事なんて 明日の事なんて 心のままに 生きたい  このまま歩いて 歩き疲れても 白々 夜明けが 近づくだけ そのうち二人は 幸せになれる 出来ればでいいと 思ってます  何をしようか 何でもいいと いつでも笑って 答えます  明日の事なんて 明日の事なんて 心のままに 生きたい 明日の事なんて 明日の事なんて 心のままに 生きたい
全3ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. あなたとならば
  3. Trust Me, Trust You.
  4. 父娘坂
  5. 博多人形に寄せて

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 転生したら王子様だった件!
  2. Ready Go!!
  3. 倶に
  4. Blue Moon
  5. FROG MAN

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照