試聴する

父さん

この曲の表示回数 2,694
歌手:

松山千春


作詞:

松山千春


作曲:

松山千春


白髪まじりの髪を とかして 少しふけたといいながら
鏡をのぞく後ろ姿が やけに小さく見えて
子供の頃布団の中で 貴方の胸に抱かれて
きいて眠ったおとぎ話が 思い出せない

悲しいです 時の流れが 貴方をかえて行く事が
小さく見える貴方のそばに いつも僕が父さん

貴方の明日に 幸あれと
貴方の明日に 幸あれと

通りすぎればつらい事も 笑い話といいながら
酒をのみほす貴方の目が やけに淋しくみえて
きっとこの春 お姉ちゃんを 嫁にだしたからだね
そうだあの時初めてです 貴方の涙みたのは

悲しいです 時の流れが 貴方をかえて行く事が
小さく見える貴方のそばに いつも僕が父さん

貴方の明日に 幸あれと
貴方の明日に 幸あれと

貴方の明日に 幸あれと
貴方の明日に 幸あれと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:父さん 歌手:松山千春

松山千春の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-04-13
商品番号:COCP-39539
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP