前田憲男編曲の歌詞一覧リスト  57曲中 1-57曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
57曲中 1-57曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ケ・セラ・セラ谷島明世谷島明世Raymond Evans・訳詞:音羽たかしJay Livingston前田憲男私の小さい時 ママに聞きました 美しい娘に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるわ 先のことなど わからない わからない  大人になってから あの人に聞きました 毎日が幸福(しあわせ)に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるさ 先のことなど わからない わからない  子供が出来たら そのベビーがききます 美しい娘に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるわ 先のことなど わからない わからない ケ・セラ・セラ
テネシー・ワルツ谷島明世谷島明世Pee Wee King・Redd stewart・訳詞:和田寿三Pee Wee King・Redd stewart前田憲男I was waltzing with my darlin' To the Tennessee waltz When an old friend I happened to see I introduced her to my love one And while they were waltzing My friend stole my sweetheart from me  さりにし夢 あのテネシー・ワルツ なつかし愛の唄 面影しのんで 今宵もうたう うるわし テネシー・ワルツ  I remember the night and the Tennessee waltz Now I know just how much I have lost Yes, I lost my little darlin' The night they were playing The beautiful Tennessee waltz
ビビディ・バビディ・ブー東京マイスタージンガー、NHK東京児童合唱団東京マイスタージンガー、NHK東京児童合唱団J.リビングストン・A.ホフマン・訳詞:青木爽J.リビングストン・A.ホフマン前田憲男サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー おまじないはいつでも ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー それを信じなくても ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・ミーンズ・メチカブレル 合いことばだ仲間には ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー おもしろいことばだよ ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー 地球の上では ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー おまじないだけれども ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・ミーンズ・メチカブレル 火星人のことばだよ ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー あいさつのことばだよ ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー 火星人に会ったら ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー 火星人もゾロゾロ ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・ミーンズ・メチカブレル 「こんにちは」という意味で ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー 仲よしになれよ ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー おまじないはいつでも ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー それを信じなくても ビビディ・バビディ・ブー  サラガドゥラ・ミーンズ・メチカブレル 合いことばだ仲間には ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ ビビディ・バビディ・ブー おもしろいことばだよ ビビディ・バビディ(ビビディ・バビディ) ビビディ・バビディ(ビビディ・バビディ) ビビディ・バビディ・ブー サラガドゥラ・メチカブラ
ひとりぼっちの羊飼い東京マイスタージンガー、NHK東京児童合唱団東京マイスタージンガー、NHK東京児童合唱団O.ハマースタイン2世・訳詞:阪田寛夫R.ロジャース前田憲男ひとりぼっちの 羊飼い レイオロ・レイオロ・レイホー ひとりぼっちで 歌えば レイオロ・レイオロ・ホー とってもでっかい 歌声 レイオロ・レイオロ・レイホー ふもとの村へ ひびくよ レイオロ・レイオロ・ホー  オホー 羊飼いの オホー 歌にのせ オホー 声をそろえ みんなも歌おう  さあ ちっちゃい坊やも 歌うよ レイオロ・レイオロ・レイホー 背高(せいたか)のっぽも 歌うよ レイオロ・レイオロ・ホー 山高帽子の じいちゃん レイオロ・レイオロ・レイホー 入れ歯なんか はずして レイオロ・レイオロ・ホー  オホー やわらかそうな オホー 羊雲 オホー 歌をのせて どんどんかける  かわいい嬢ちゃん むねをはって レイオロ・レイオロ・レイホー かわいいヨーデル 歌うよ レイオロ・レイオロ・ホー そこへママが やってきて レイオロ・レイオロ・レイホー 娘にあわせて レイオロ・レイオロ・ホー  オホー ママの声は オホー よくひびく オホー かわいい嬢ちゃん 負けずに歌う  ひとりぼっちの 羊飼い レイオロ・レイオロ・レイホー みんなの声に 合わせて レイオロ・レイオロ・ホー ホディレイー ホディレイー ホディレイー ホディレイー ホディレイー ホディレイー ホディレイ ホディレイ ヤァ!!
さらばジャマイカボニージャックスボニージャックス峯陽西インド諸島民謡前田憲男船は今進む 思い出だけを残して なつかしいあの山 いつまでも忘れないさ ほら 聞こえてくるだろう やさしいあの歌 うたえば いつも 僕らは いつも 希望とふたりづれ  別れはつらいさ でもまたいつかあえるさ 丸い地球をゆけば またここへ もどるわけさ ほら 聞こえてくるだろう やさしいあの歌 うたえば いつも 僕らは いつも 希望とふたりづれ  船は今進む 思い出だけを残して なつかしいあの山 いつまでも忘れないさ ほら 聞こえてくるだろう やさしいあの歌 うたえば いつも 僕らは いつも 希望とふたりづれ ルルル… うたえば いつも僕らは いつも希望とふたりづれ 希望とふたりづれ 希望とふたりづれ
テネシー・ワルツ秋元順子秋元順子Pee Wee King・Redd StewartPee Wee King・Redd Stewart前田憲男I was dancing with my darlin' To the Tennessee waltz When an old friend I happened to see Introduced her to my loved one And while they were dancing My friend stole my sweetheart from me  I remember the night and The Tennessee waltz Now I know just how much I have lost Yes, I lost my little darlin' The night they were playing The beautiful Tennessee waltz  I remember the night and The Tennessee waltz Now I know just how much I have lost Yes, I lost my little darlin' The night they were playing The beautiful Tennessee waltz
センチメンタル・ジャーニー秋元順子秋元順子Benjamin Homer・Les Brown・Bud GreenBenjamin Homer・Les Brown・Bud Green前田憲男Gonna take a Sentimental Journey Gonna set my heart at ease Gonna make a Sentimental Journey To renew old memories. Got my bag, I got my reservation Spent each dime I could afford Like a child in wild anticipation Long to hear that “All aboard”  Seven, that the time we leave, at seven. I'll be waitin' up for Heaven, Countin' every mile of rail-road track That takes me back,  Never tought my heart could be so “yearny” Why did decide to roam? I gotta take this Sentimental Journey. Sentimental Journey home.  Seven, that the time we leave, at seven. I'll be waitin' up for Heaven, Countin' every mile of rail-road track That takes me back,  Sentimental Journey Home.
酒場にて山本あき山本あき山上路夫鈴木邦彦前田憲男好きでおゃいないわ 家(うち)にひとり帰る時が こわい私よ あのドアを開けてみたって あなたはいない 暗い闇が私を 待ってるだけよ また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  どうぞお店が 終わる時まで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから 死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋  死ぬことも出来ず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私 また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋
ドーン!やられちゃった節高田純次高田純次マイクスギヤマ前田憲男前田憲男乾いた日々に 心のスキマ 甘い言葉に 誘われ揺れた どっぷりハマって 夢のまにま 調子に乗りすぎ ほら 落とし穴 やめるよ やめる ほんとにやめる やめるよ やめる 次こそやめる  ドーン!ドーン!ドーーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ドーン!ドーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ド!ド!ドーン! やられちゃった やられちゃった 言い訳するときゃ いいわけない!ない! 踊れや 歌えや 後の祭り  会社の帰り 見つけた穴場 飲んだつもりが 飲まれて荒れた ダメな上司に タメ口きけば あくる日ノルマが ああ 倍に増えた やめるよ やめる ほんとにやめる やめるよ やめる 次こそやめる  ドーン!ドーン!ドーーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ドーン!ドーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ド!ド!ドーン! やられちゃった やられちゃった 明日が見えてりゃ 苦労しない!ない! 踊れや 歌えや 後の祭り  どこに行ったか お肌の若さ 不思議なメイク 戻ったハリが どっぷりハマって 鏡を見れば 前よりシワシワ ほら 荒れ野原 やめるよ やめる ほんとにやめる やめるよ やめる 次こそやめる  ドーン!ドーン!ドーーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ドーン!ドーン! やられちゃった やられちゃった ドーン!ドーン!ド!ド!ドーン! やられちゃった やられちゃった 言い訳するときゃ いいわけない!ない! 踊れや 歌えや 後の祭り  踊れや 歌えや 後の祭り
聖者の行進森山良子森山良子アメリカ民謡アメリカ民謡前田憲男Oh when the saints go marchin' in Oh when the saints go marchin' in I wanna be in that number Oh when the saints go marchin' in  Oh when the saints go marchin' in Oh when the saints go marchin' in I wanna be in that number Oh when the saints go marchin' in  Oh when the saints go marchin' in Oh when the saints go marchin' in I wanna be in that number Oh when the saints go marchin' in  Oh when the saints go marchin' in Oh when the saints go marchin' in  SYA-BA-DA-BA-DA, SYA-BA-DA-BA-DA… Oh when the saints go marchin' in Oh when the saints go marchin' in  SYA-BA-DA-BA-DA, SYA-BA-DA-BA-DA… Oh when the saints go marchin' in  When the saints... Go! ... Marchin'... In!
私のお気に入り~My Favorite ThingsGOLD LYLIC平原綾香GOLD LYLIC平原綾香Oscar Hammerstein II・日本語詞:もりちよこRichard Rodgers前田憲男バラの雫に子猫のひげ 磨いたケトルにふんわりミトン ちょうちょ結びの贈り物 みんな大好き my favorite things  クリーム色の子馬にアップルタルト そりの鈴に美味しいヌードル 月の谷間飛ぶ鳥 みんな大好き my favorite things  真っ白いドレスにブルーのベルト まつげにほら 積もる雪 春が来たなら溶ける冬 みんな大好き my favorite things  驚いて悲しくて泣きたいなら 思い出しましょ my favorite things これで私 オーケー  真っ白いドレスにブルーのベルト まつげにほら 積もる雪 春が来たなら溶ける冬 みんな大好き my favorite things  驚いて悲しくて泣きたいなら 思い出しましょ my favorite things これで私 オーケー
Smile~一緒に顔晴る君へ平原綾香平原綾香Geoffrey Parsons・John TurnerCharles Chaplin前田憲男Smile 聴こえるでしょう Smile 夜明けの空 涙が 星と消えた  何も見えなくても 夢をなくしても しあわせは来るのよ  大好きだったのに 仕舞い込んでたこと 本当は愛されたいこと  もう傷つかないで 痛みもそのままで 一緒に歩いていこう  Smile 聴こえるでしょう Smile 世界中に ひとりになんかさせない  そっと微笑んだら こころが信じるから 一緒に 顔晴(がんば)ってみよう ...Smile
約束佐々木秀実佐々木秀実藤田敏雄前田憲男前田憲男その日,ぼくが石けりしてると パパが家から出て来ていった 「坊やいそいで帰ってくるんだ ママがお前に会いたいそうだよ」 ぼくはパパに小声で尋ねた 「そいじゃママはもう死んじゃうの」 するとパパは静かにいった 「そうだ坊やママは死ぬんだ だけど坊や泣くんじゃないぞ みんな誰でもいつかは死ぬんだ 坊やわかるなお前は男だ 歯をくいしばり耐えて行(ゆ)くんだ どんなときでも弱音を吐くな 男らしくやるんだ頼むぞ いいか坊や約束してくれ」 ぼくはパパに約束をした  ぼくが走って帰るとママは 白い顔してベッドに寝てたが ぼくに やさしく笑ってみせた 「坊や元気で大きくなるのよ」 ぼくもママに笑ってみせた だけどぼくは見たんだ そのとき ママの瞳にうかんだ涙を ママはママは泣いているんだ  そうさ ママは考えてるんだ ぼくのことを心配してんだ 自分が死ぬということよりも ぼくのことだけを考えてるんだ ぼくは思わず神に祈った 「どうかママを助けておくれよ ママが死んだらぼくも死んじゃう どうかママを殺さないでよ どうか神さま お願い 神さま どんなことでも ぼくはするから 夜ねる前に歯をみがくから ごはんの前に手を洗うから」  だけどママはその夜おそく そっと淋しくこの世を去った ずっとぼくの手をにぎりしめ 涙うかべて この世を去った ムリさムリだよ 泣くなっていったって ダメさ そんなの そんなの絶対ダメだよ だって だって ママが死んだんだ ぼくは泣いた やっぱり泣いた ママ…  だけどぼくはぼくは男さ そのあくる年 あの戦争で パパが死んだと聞いたときは ぼくはそのとき涙をこらえた  ぼくはそのとき約束まもった
夕日に赤い帆フランク永井フランク永井J.KennedyH.Williams前田憲男Red sails in the sunset Way out on the sea Oh, carry my lov'd one home safely to me He sailed at the dawning All day I've been blue Red sails in the sunset I'm trusting in you  Swift wings you must borrow Make straight for the shore We marry tomorrow And he goes sailing no more Red sails in the sunset Way out on the sea Oh, carry my loved one home safely to me  Swift wings you must borrow Make straight for the shore We marry tomorrow And he goes sailing no more Red sails in the sunset Way out on the sea Oh, carry my loved one home safely to me Home safely to me
明るい表通りでフランク永井フランク永井D.FieldsJ.McHugh前田憲男Grab your coat and get your hat Leave your worries on the doorstep Just direct your feet To the sunny side of the street  Can't you hear the pitter-pat? And that happy tunes is your step Life can be so sweet On the sunny side of the street  I used to walk in the shade With those blues on parade But I'm not afraid This Rover crossed over!  If I never had a cent I'd be rich as Rockefeller Gold dust at my feet On the sunny side of the street  Grab your coat and get your hat Leave your worries on the doorstep Just direct your feet To the sunny side of the street  Can't you hear the pitter-pat? And that happy tunes is your step Life can be so sweet On the sunny side of the street  I used to walk in the shade With those blues on parade But I'm not afraid This Rover crossed over!  If I never had a cent I'd be rich as Rockefeller Gold dust at my feet On the sunny side of the street
恋の気分でフランク永井フランク永井D.FieldsJ.McHugh前田憲男I'm in the mood for love Simply because you're near me Funny, but when you're near me I'm in the mood for love  Heaven is in your eyes Bright as the stars we're under Oh, is it any wonder? I'm in the mood for love  Why stop to think of whether This little dream might fade? We've put our hearts together Now we are one, I'm not afraid!  If there's a cloud above If it should rain, we'll let it But, for tonight, forget it I'm in the mood for love  Why stop to think of whether This little dream might fade? We've put our hearts together Now we are one, I'm not afraid!  If there's a cloud above If it should rain, we'll let it But, for tonight, forget it I'm in the mood for love
ファイブ・ミニッツ・モアフランク永井フランク永井S.Cahn・J.StyneS.Cahn・J.Styne前田憲男Give me five minutes more, only five minutes more Let me stay, let me stay in your arms Here am I, begging for only five minutes more Only five minutes more of your charms  All week long I dreamed about our Saturday date Don't you know that Sunday morning you can sleep late Give me five minutes more, only five minutes more Let me stay, let me stay in your arms  Give me five minutes more, only five minutes more Let me stay, let me stay in your arms Here am I, begging for only five minutes more Only five minutes more of your charms  All week long I dreamed about our Saturday date Don't you know that Sunday morning you can sleep late Give me five minutes more, only five minutes more Let me stay, let me stay, stay in your arms
オール・オブ・ミーフランク永井フランク永井S.Simons・G.MarksS.Simons・G.Marks前田憲男All of me, why not take all of me Can't you see, I'm no good without you Take my lips, I want to loose them Take my arms, I'll never use them  Your good-bye left me with eyes that cry How can I go on dear without you You took the part that once was my heart So why not take all of me  All of me, why not take all of me Can't you see, I'm no good without you Take my lips, I want to looose them Take my arms, I'll never use them  Your good-bye left me with eyes that cry How can I go on dear without you You took the part that once was my heart So why not take, why not take all of me
ラブ・レターフランク永井フランク永井Edward HeymanVictor Young前田憲男The sky may be starless The night may be moonless But deep in my heart There's a glow For deep in my heart I know that you love me You love me, because you told me so!  Love letters straight from your heart Keep us so near while we're apart I'm not alone in the night When I can have all the love you write  I memorize ev'ry line I kiss the name that you sign And, darling, then I read again right from the start Love letters straight from your heart  I memorize ev'ry line I kiss the name that you sign And, darling, then I read again right from the start Love letters straight from your heart
ワンス・イン・ナ・ホワイルフランク永井フランク永井Bud GreenMichael Edwards前田憲男Once in a while will you try to give one little thought to me Though someone else maybe nearer your heart Once in a while will you dream of the moments I shared with you Moments before we two drifted apart.  In love's smoldering ember One spark may remain If love still can remember The spark may burn again  I know that I'll be contented with yesterday's memory Knowing you think of me once in a while  In love's smoldering ember One spark may remain If love still can remember The spark may burn again  I know that I'll be contented with yesterday's memory Knowing you think of me once in a while
アイ・ドント・ノウ・ホワイフランク永井フランク永井R.TurkF.E.Ahlert R.Turk前田憲男I don't know why I love you like I do I don't why, I just do I don't know why you thrill me like you do I don't know why, you just do  You never seem to want romancing The only time you hold me is when we're dancing I don't know why I love you like I do I don't know why, I just do  I don't know why I love you like I do I don't why, I just do I don't know why you thrill me like you do I don't know why, you just do  You never seem to want my romancing The only time you hold me is when we're dancing I don't know why I love you like I do I don't know why, I just do
国境の南フランク永井フランク永井J.Kennedy・M.CarrJ.Kennedy・M.Carr前田憲男South of the border down Mexico way That's where I fell in love when the stars above came out to play And now as I wander my thoughts ever stray South of the border down Mexico way  She was a picture in old Spanish lace Just for a tender while, I kissed the smile upon her face For it was a fiesta and we were so gay South of the border down Mexico way  Then she sighed as she whispered “Manana” Never dreaming that we were parting Then I lied as I whispered“Manana” For our tomorrow never came  South of the border, I rode back one day There in a veil of white, by the candle light, she knelt to pray The mission bells told me that I mustn't stay South of the border down Mexico way  Then she sighed as she whispered “Manana” Never dreaming that we were parting Then I lied as I whispered“Manana” For our tomorrow never came  South of the border, I rode back one day There in a veil of white, by the candle light, she knelt to pray The mission bells told me that I mustn't stay South of the border down Mexico way  Ay! Ay! Ay! Ay! Ay! Ay! Ay! Ay!...
小さな喫茶店フランク永井フランク永井E.Neubach・訳詞:青木爽F.Raymond前田憲男それは去年のことだった 星のきれいな宵だった 二人で歩いた思い出の こみちだよなつかしい あの過ぎた日のことが浮かぶよ この道を歩くとき なにかしら悩ましくなる 春先の宵だったが  小さな喫茶店に 入ったときも二人は お茶とお菓子を前にして ひとこともしゃべらぬ そばでラジオが甘い歌を やさしく歌ってたが 二人はただだまって むき合っていたっけね  小さな喫茶店に 入ったときも二人は お茶とお菓子を前にして ひとこともしゃべらぬ そばでラジオが甘い歌を やさしく歌ってたが 二人はただだまって むき合っていたっけね
アカシアの雨がやむときフランク永井フランク永井水木かおる藤原秀行前田憲男アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい 夜が明ける 日がのぼる 朝の光りのその中で 冷たくなった私を見つけて あのひとは 涙を流して くれるでしょうか  アカシアの雨がやむとき 青空さして鳩がとぶ むらさきの はねのいろ それはベンチの片隅で 冷たくなった私のなきがら あのひとを 探して遥かに 飛び立つ影よ
木こりのわが子への唄紙ふうせん紙ふうせんHoracio Guarani・Eraclio Catalin Rodriguez・日本語詞:大橋一枝Carlos Carabajal前田憲男おやすみ ママのひざをまくらに おまえの その小さな頭には あんなに欲しいと 泣いていた ピエロの笛が 鳴ってるでしょう  あしたになれば 冷たい風に おまえの夢は さめる  この手は ふしくれ やさしくは ないけれど 眠る おまえの夢は きっと 守ってあげる わが子よ ねむれ ねむれ  あしたになれば 冷たい風に おまえの夢は さめる  この手は ふしくれ やさしくは ないけれど 眠る おまえの夢は きっと 守ってあげる わが子よ ねむれ ねむれ ねむれ
女心のタンゴ研ナオコ研ナオコ阿久悠森田公一前田憲男窓をあければ あなたが見える 帰る背中が 小さく見える 未練ごころに 小雨が降って こんなに 私を泣かせる あゝ今さら 何をしてほしいというの すべてが終り これでいいはずよ 雨 雨 もっとあの背中に降って そして泣かせて  古い日記の ページの中で うらみ書いたり すがってみたり 恋に賭けてた 女の姿 これきりどこかへ 捨てましょう あゝ今さら 何をしてほしいというの 想い出なんか 邪魔になるだけよ 雨 雨 もっとこの窓辺を叩き そして流して
小犬のワルツ森山良子森山良子山川啓介F.Chopin前田憲男ねえ聞いてよ 私のカレ かわいい犬が大好きで 遊びに来たって 私に見向きもしないで 小犬と ワン! 遊んでばかりで ワン! いやんなっちゃうのよ 小犬も小犬で うっとりしちゃって シッポを振り振り ワン! カレをなめてるの ワン! みじめなこの私  カレは小犬を やさしく抱き 鼻の頭に キッスしてる そばで私 指くわえて しょんぼり見ているだけなの 愛の言葉も あまいキスも カレは忘れて帰っちゃうの いつもいつも 私ひとり残され涙  そうよこの犬 女の子だ つまり私の恋敵だ もしもカレを取られたなら 二度と恋はできないかも きっと私は 売れ残って 一人ぼっちのおばあちゃんよ いやよいやよ 捨ててやるわ 憎い小犬め  さあいらっしゃい 遊びましょうよ 私のかわいい 小犬ちゃん なんにもしないわ なぜ逃げるの?  気配を察して 小犬は逃げだす 逃がしはしないと 目尻をつり上げ 私は裸足で 小犬を追跡 キャン! ドアから外へと キャン! あとから私も ホウキふり上げ 小犬を追う カレを返せと 叫びながら だけどだけど つかまらない 憎い小犬よ  ぶつかるクルマ 割れるガラス お巡りさんも 町の人も 私たちの あとを追って 息をきらせ 鬼ごっこ 町はメチャクチャ まるで戦争 やっと小犬を つかまえたら カレがカレが 腕組みして にらみつけてた ワン! ワン!
あなたと別れるなら森山良子森山良子A.J.Lerner・F.Loewe・日本語詞:山川啓介A.J.Lerner・F.Loewe前田憲男もしも二人に別れが来ても 夏には別れられないでしょう 日ざしに燃えるその頬を とても涙で汚せない  きっと秋の日も別れられない あなたを知った季節だから そのやさしいぬくもりを こごえる風に渡せない  まして真冬にさよならなど とてもあなたに言えない私  そして春にも別れられない それは希望の季節だから 夏も冬も春も秋も 私はあなたのもの  ひとつ季節がめぐるたびに 愛はそれだけ深くなるの  もしもあなたと別れるのなら それは私が死ぬ時だけ 夏も冬も春も秋も 私はあなたのもの
星の王子さま尾崎紀世彦尾崎紀世彦Frederick Loewe・日本語詞:山口洋子Alean Jay Lerner前田憲男君はどこから どうして来たのか きれいな微笑み うかべて 淋しい 大人の世界に 忘れかけてた 希望や若さを すなおに おしえてくれたね 悲しみの夜にも 愛の星はひかり 夜明けは誰にも くると  幸せは信じ合う 目の中  生きてるよろこびや 心のふれあいを いつまでも あたえておくれ  生きてるよろこびや 心のふれあいを いつまでも あたえておくれ
まわり道 −めぐり愛−尾崎紀世彦尾崎紀世彦佐々木勉佐々木勉前田憲男まわり道をしたぜ俺もお前も あの日へ帰ろう 時が過ぎても変わらない二人に なれそうだからさ  覚えているかい 忘れはしないぜ おまえを抱きしめたあの夜 潮風の冷たさも変えられたそよ風に あの日へ帰ろう  まわり道をしたぜ俺もお前も あの日へ帰ろう 時が過ぎても変わらない二人に なれそうだからさ  誰よりお前を思っているのに 言葉でいえない てれくささ 捨ててきたぜあの海へおもいきりいいたいぜ おまえが好きだと  まわり道をしたぜ俺もお前も あの日へ帰ろう 時が過ぎても変わらない二人に なれそうだからさ  時が過ぎても変わらない二人に なれそうだからさ
冬のリヴィエラGOLD LYLIC森進一GOLD LYLIC森進一松本隆大瀧詠一前田憲男彼女(あいつ)によろしく伝えてくれよ 今ならホテルで寝ているはずさ 泣いたら窓辺のラジオをつけて 陽気な唄でも聞かせてやれよ  アメリカの貨物船が 桟橋で待ってるよ  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね  彼女(あいつ)は俺には過ぎた女さ 別れの気配をちゃんと読んでて 上手にかくした旅行鞄に 外した指輪と酒の小壜さ  やさしさが霧のように シュロの樹を濡らしてる  冬のリヴィエラ 人生って奴は 思い通りにならないものさ 愛しければ 愛しいほど 背中合わせになる  皮のコートのボタンひとつ とれかけて サマにならない  冬のリヴィエラ 男って奴は 港を出てゆく船のようだね 哀しければ 哀しいほど 黙りこむもんだね
負け犬松山千春松山千春松山千春松山千春前田憲男お前の涙がこの雨ならば こうしてずぶぬれ気分がいい 何のとりえも無い俺だけど 本気で惚れてもここまでだな 冷たい身体を 引きずるように この街離れて 行く俺だけど 心配御無用 なれているんだ 生まれた土地さえ覚えちゃない  野良犬同然みじめなものさ 心を開いちゃ生きられない 明日は一体いつ来るのでしょう お前の涙でかすんでいる 幾つも名前を 変えては来たが ごめんな本当の 名前も知らず 心配御無用 何とかなるさ 今までこうしてしのいで来た  淋しい悔しい 思い出ばかり どうにもならない こればっかりは 心配御無用 お前はきっと 幸せになるんだ祈ってるよ
愛さずにはいられない五木ひろし五木ひろしDon GibsonDon Gibson前田憲男I can't stop loving you I've made up my mind To live in memory Of the lonesome time I can't stop wanting you It's useless to say So I'll just live my life In dreams of yesterday  Those happy hours That we once knew Though long ago They still make me blue They say that time Heals a broken heart But time has stood still Since we've been apart  I can't stop loving you I've made up my mind To live in memory Of the lonesome time I can't stop wanting you It's useless to say So I'll just live my life In dreams of yesterday Those happy hours That we once knew Though long ago They still make me blue They say that time Heals a broken heart But time has stood still Since we've been apart  I can't stop loving you I said I've made up my mind To live in memory Of the lonesome time, sing the song children I can't stop wanting you It's useless to say So I'll just live my life In dreams of yesterday
線路は続くよどこまでも皆川おさむ皆川おさむ佐木敏アメリカ民謡前田憲男線路は 続くよ どこまでも 野をこえ 山こえ 谷こえて はるかな町まで ぼくたちの たのしい旅の夢 つないでる  線路は うたうよ いつまでも れっしゃのひびきを おいかけて リズムに あわせて ぼくたちも たのしい 旅の歌 うたおうよ  リズムに あわせて ぼくたちも たのしい 旅の歌 うたおうよ
グランプリ大貫妙子大貫妙子大貫妙子大貫妙子前田憲男過去も未来も ひとつにかさなり 命を賭ける マシンはフェラーリ 孤独と 逸る 胸の鼓動 栄光の チェッカー フラッグ 今 ふりおろされる  青い空を焦がす 炎の中 あの人の幻を 追いかけて 燃えつきたい  冷たい汗が 額を濡らして 人の群から 離れるあなたに 無言の愛を さしのべたい 振り返るあなたが 私 とらえた時………  あなたに賭ける 愛よふたたび あなたに賭ける 愛よふたたび
La mer, le ciel大貫妙子大貫妙子大貫妙子大貫妙子前田憲男la mer, la mer 波に揺られ 海から 男達が帰る le port, le port 心 冷えて 漂い 魂の港へ  錆ついた 襟のボタンを はずしてあげよう 眼差しよ 甦れ 煙る地平は 夜の彼方  le ciel, le ciel 風に吹かれ 空から 男達が帰る  乾いた大地を彷徨う 子守唄聞いて 暖かい女の胸に抱かれる 夢をすてずに  荒くれ者達よ 孤独な勇気と 愛があるなら 新しい旅立ちの 後ろ姿を また 見送ろう
五月のバラGOLD LYLIC塚田三喜夫GOLD LYLIC塚田三喜夫なかにし礼川口真前田憲男忘れないで 忘れないで 時は流れ過ぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と僕のために  (さよなら) 五月 この僕が帰る まばゆい 五月 紅いバラは 思い出のバラは 君の庭に咲くだろうか (さよなら) 水を花びらにあげて 涙の水を 恋のバラに 悲しみのバラに 君の白い ほほ寄せて 忘れないで 忘れないで 時は流れ過ぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と僕のために  (さよなら) 五月 花開きめぐる 二人の 五月 紅いバラを 美しいバラを 僕のもとに 届けておくれ (さよなら) 花に唇を寄せて 二人の花に 恋の夢を 消えさらぬ夢を 追い求める 一人泣いて 忘れないで 忘れないで 時は流れ過ぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と僕のために  忘れないで 忘れないで 時は流れ過ぎても むせび泣いて むせび泣いて 別れる君と僕のために
花と小父さんGOLD LYLIC伊東きよ子GOLD LYLIC伊東きよ子浜口庫之助浜口庫之助前田憲男小さい花にくちづけをしたら 小さい声で僕に言ったよ 小父さん あなたは優しい人ね 私を摘んで お家につれてって 私はあなたのお部屋の中で 一生懸命咲いて 慰めてあげるわ どうせ短い 私の命 小父さん見てて 終るまで  可愛い花を僕は摘んで 部屋の机に 飾っておいた 毎日僕は 急いで家に 帰って花と お話をした 小さいままで 可愛いままで 或る朝花は 散っていったよ 約束通り 僕は見ていた 花の生命の終るまで  約束通り 僕は見ていた 花の生命の終るまで
スマイリン ブギ堂島孝平堂島孝平堂島孝平堂島孝平前田憲男歌おう 騒ごう 踊ろう サボろう 遊ぼう 出かけよう ハシャごう 話そう なに買おう? 満たそう おごろう スシ食おう  そんなことばっかりさ できないぜ 悩める毎日さ! でも気持ちはとても重くても 退屈するよりマシだもん キーピンスマイリン(オーイェー) キーピンジャンピン(オーイェー) 弾かせろ 細胞(オーイェー) うまくやってるか?(フィールソーグー) 東京23区って キライじゃないけど居場所がない 明日もちゃんとつかまなきゃ 朝が迫っている  さみしかないぜ 笑ってこうぜ さみしかないぜ 今夜限りのチキチキチキチキチキダンス サビしかないぜ 大事なことは サビしかないぜ そこにつまってる できる範囲のステキな顔で いつでもスマイリンブギ!  歌おう 騒ごう 飲み行こう 歩こう 送ろう キスしよう  オトナになるってさ 思うほど 簡単じゃないのさ! ほら自分探しなんて いいかげん 面倒くさいことやめなよ キーピンスマイリン(オーイェー) キーピンジャンピン(オーイェー) 恥かいて最高(オーイェー) ラクになれるだろ?(フィールソーグー) 深夜の甲州街道で トッド・ラングレン聴きながら 愛しい君といたくても 朝には帰さなきゃ(残念!)  さみしかないぜ 笑ってこうぜ さみしかないぜ 今夜限りのチキチキチキチキチキダンス どんなに楽しくったって どんなにハメ外したって どんなに思い破れても 日々削られても さみしかないぜ 笑ってこうぜ さみしかないぜ 今夜弾けるクラクラクラクラクラッカー  サビしかないぜ 大事なことは サビしかないぜ そこで歌ってる もてるだけの大きな声で 笑い飛ばしてくれ さみしかないぜ スマイリンブギ さみしかないぜ スマイリンブギ できる範囲のステキな顔で いつでもスマイリンブギ!
こころ美人布施明布施明なかにし礼筒美京平前田憲男見かけがいいのに 越したことはないが 女の魅力はなんといっても こころさ 寝てみていいのも あとを引くものだけど 女の魅力はなんといっても こころさ 人生 それはショウタイム ちょっと派手めの方がいい 恋 それはラグタイム 背中が寒い 裸のおつきあい 乳房に甘えて泣いたら 頭をなでてくれる 娼婦の心の天使 そんなお前が そんなお前が ちょっとブスだけど I Love You  育ちがいいのは 別にかまわないが 女のいのちはなんといっても こころさ お金があっても 邪魔にならないけれど 女のいのちはなんといっても こころさ 人生 それはショウタイム 弱味を見せない方がいい 恋 それはラグタイム 素肌で語る 裸のおつきあい 躰をなげだし 男の悲しみ吸ってくれる 娼婦の心の天使 そんなお前が そんなお前が ちょっとブスだけど I Love You
青春の旅立ちヒデ夕樹ヒデ夕樹林春夫森田公一前田憲男蒼い銀河を 背にうけて 青春の旅立ちが 始まる 果てしない 宇宙には だれも知らない 道がある 旅立とう しじまの中に 時をこえた 世界にいどむ 永遠のいのち ウルフ いま スターウルフは燃えている  光るつばさの 船に乗り 青春の旅立ちが 始まる めくるめく 宇宙には 明日も知れない わながある 旅立とう 光の海へ 時をこえた 世界にいどむ 永遠の力 ウルフ いま スターウルフは燃えている  果てしない 宇宙には だれも知らない 道がある 旅立とう しじまの中に 時をこえた 世界にいどむ 永遠のいのち ウルフ いま スターウルフは燃えている
クローバー伊東ゆかり伊東ゆかり小林夏海南佳孝前田憲男しあわせはすぐそばに なくさないように いつも 胸のポケットにしまっておこう  うまくいかない時は ちょっと寄り道 空がよく見える公園まで  誰もいないベンチに座り 深呼吸した夜空に一番星  あたりまえな特別を ひとつ見つけた 今夜あの人に電話しよう  何もかわらない日々を 退屈とまちがえて 笑顔忘れたり落ち込んだり  だけど昨日と同じ 今日はないはず 少し遠回りすれば分かる  次の季節知らせる手紙 風の匂い 四つ葉のクローバー  寄り道した公園で ぐうぜん見つけた 今夜あの人に分けてあげよう  お気に入りのシャツのポケット 二人ぶんの 四つ葉のクローバー  あたりまえな特別を やっと見つけた 今夜あの人に電話しよう 電話しよう
Crazy ~狂おしく...伊東ゆかり伊東ゆかりWillie Nelson・日本語詞:片桐和子Willie Nelson前田憲男クレイジー 強く抱きしめて すべてが消えてしまうまでに  心が震えてしまうの 二人の すべては今だけ  もう 終わりがくることを たがいに 知っているから  クレイジー どんなに愛しても すべて なくすその時がただ 今は 恐いの  もう 心が痛いほど 深く愛してしまったの  クレイジー はげしく求めて すべて なくすその時がただ 今は恐いの
20年伊東ゆかり伊東ゆかりMaria Teresa Vera・日本語詞:日高仁Maria Teresa Vera前田憲男愛してないなら 忘れて欲しいの どうせすれ違いの まぼろしだったの 愛し過ぎた私 愛し切れぬ貴方 心通わす 道もないまま お別れしましょう 笑えるうちに 愛して 愛された バラ色の日々 貴方の ほかには 何もなかった も一度 あの頃が 帰るものならと あきらめきれない 悲しい私 離れて下さい 涙の前に  愛して 愛されて 愛に流されて 疲れた私と 遠ざかる貴方 も一度 あの愛に 生きたとしても 元には戻れぬ 貴方と私 解って下さい 愛のつらさを
伝言伊東ゆかり伊東ゆかり小林夏海南佳孝前田憲男雲ひとつない空に 風が吹き抜けて行く 涙こらえ口ずさむメロディ  乗り間違えたバスは 二度と戻らなかった ひとりきりで取り残された道  俯く足もと 自分の影だけ それでもひたすら歩き続けた  あなたと歌いたい歌 心にあったから  長い橋 渡るときは 振り向いちゃだめだよと 優しい声で 教えてくれた人  今でも私が歌っているのは あの時あなたと約束したから  未来に続くものは 青空だけじゃない  昨日と明日を繋いで行くため それでも私は歌い続ける  あなたに聴かせたい歌 この世にあるかぎり
百万本のバラ伊東ゆかり伊東ゆかりA.Voznesenskij・R.Pauls・日本語詞:山川啓介A.Voznesenskij・R.Pauls前田憲男遠い昔のこと 名もない絵描きが 旅の女優に 一目で恋をした  悲しい片想い 彼に出来るのは 小さな家を売り 花を買うことだけ  真っ赤な真っ赤なバラの花で 町中探したバラの花で あなたの窓の下に描こう 百万本のバラの海  真っ赤な真っ赤なバラの花は 誰も知らない僕の心 あなたをそっと見上げている おろかで熱い僕の涙  ある朝窓を開け 女優は見つけた 広場を埋める 絵描きのプレゼントを  暇なお金持ちの 悪いいたずらだわ 彼女は笑って まだ窓を閉めた  真っ赤な真っ赤なバラの花で 町中探したバラの花で あなたのために描いたのです 百万本のバラの海  真っ赤な真っ赤なバラの花は 誰も知らない僕の心 あなたをそっと見上げている おろかで熱い僕の涙  女優は旅立ち 実らない恋も バラもかれ やがて 絵描きは世を去った  けれども孤独な 人生のキャンパス 一面のバラは 死ぬまで鮮やか  真っ赤な真っ赤なバラの花で 町中探したバラの花で あなたのために描いたのです 百万本のバラの海  真っ赤な真っ赤なバラの花は 誰も知らない 僕の心 あなたをそっと 見上げている おろかで熱い 僕の涙 La La La La La…  あなたのために描いたのです 百万本のバラの海 生命をこめて 描いたのです 百万本のバラの海
NOMBRE NOIR ~抱かれるままに~浅野ゆう子浅野ゆう子YUKO都志見隆前田憲男息を潜め to night 熱い眼差しを待つ 小首傾け返す smile Ah 今宵 始まる恋 Madison Avenue 人の数も疎らに 夜明けの無いこの街 夢 ふと妖しい影 摩天楼の騒めき climax fantasia シャンパングラスを合わせ wisper me 誘われるままコートを脱いで 踊れば情ない game of love 言葉で飾るロマン NOMBRE NOIR 闇夜に染まる時間 創られてゆく歴史(ヒストリー) NOMBRE NOIR 揺れる吐息に沈み 浮き世を忘れ in blue 戸惑い消し silence 薄紗すべる素足 台詞(セリフ)の無い脚本 Ah 今宵 愛の主役 Hudson River 見下ろす部屋の窓 Headlightが途切れて disappear 抱かれるままに瞳を閉じる 女心 Just a name of love 優しいだけのモメント NOMBRE NOIR 深まる闇の中 時計を止めて kiss me please NOMBRE NOIR 気怠い指が奏でる 悦びに酔いしれて
時の流れ紙ふうせん紙ふうせんA.Hammond・J.Milchberg・M.Hazlewood・日本語詞:後藤悦治郎A.Hammond・J.Milchberg・M.Hazlewood前田憲男時の流れを ぼくら知りたくて 町をみおろせる 丘に登り たっています 丘に登り たっています  時の流れを ぼくら聞きたくて 見知らぬ誰かが うたう唄を 聞いています うたう唄を 聞いています  時の流れよ おしえておくれよ 悲しみのうたを 川に流す 希望の日を 川に流す 希望の日を
強がり伊東ゆかり伊東ゆかりなかにし礼林哲司前田憲男使いすての ライターを 棄てるように恋人と 別れて来た 絵にならない 強がりを またやってしまったの 悪い癖ね 家につくやいなや ベッドにたおれこみ 化粧もとれるほど 泣いたのはどこの誰なの 恋は消しゴムで 消せはしないから もう一度愛されて みたいと思う 恋は消しゴムで 消せはしないから 大切にしたいのよ あなたがほしい  熱いシャワー 浴びながら くちづけの余韻など 消そうとする べそをかいて いるくせに 歌なんか唄おうと まだしている 電話器をかかえて 枕元に運び 夜通し眠れずに いた人はどこの誰なの 恋は消しゴムで 消せはしないから 今すぐに飛んでゆき あやまりたいの 恋は消しゴムで 消せはしないから もう二度とはなさない あなたがほしい あなたがほしい
夢で逢えたらサーカスサーカス大瀧詠一大瀧詠一前田憲男夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  あなたは わたしから 遠く離れているけど 逢いたくなったら まぶたをとじるの  夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  うすむらさき色した 深い眠りに落ち込み わたしは 駆け出して あなたを探してる  夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  春風そよそよ 右のほほをなで あなたは 私のもとへかけてくる  夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい  いまも私 枕かかえて眠っているの もしも もしも 逢えたなら その時は 力いっぱい私を抱きしめてね お願い  夢でもし 逢えたら 素敵なことね あなたに逢えるまで 眠り続けたい
愛で殺したいサーカスサーカスPierre Delanoe・日本語詞:なかにし礼Michel Fugain前田憲男はなれないで 躰をはなさないで コーヒーなんか わかしに行かないで 毛布の中で 愛がからまり合って 息をひそめているから 動かないで あなたを愛で 殺したいほどよ 悪そうな目も すばやい手も 嘘つく口も 好きなの  はなれないで 口づけ休まないで タバコなんか 吸わしてあげないわ この幸せ うっかり手ばなしたら 帰って来やしないから 眠らないで あなたを愛で 殺したいほどよ ねむそうな目も 疲れた手も だるそうな口も 好きなの  はなれないで 躰をはなさないで コーヒーなんか わかしに行かないで La La La … 行かないで Wo…
アムールサーカスサーカス竜真知子滝沢洋一前田憲男みんな知ってるわ そうよ彼女のことは だから話さないで 聴いて何になるの 私ゆずらない 誰が傷ついたって 愛は奪うものよ ねえそうでしょうあなた なんて男と女 哀しいの くちづけに ゆらめきながら なんて男と女 哀しいの 愛しあう みんな罪びと  灯り消したまま ひとりぼんやり聴いてる ドアを閉めるあなた 遠ざかる靴音 部屋を出た足で 彼女に逢いにゆくの 愛はむごいものね ああ 行かないであなた なんて男と女 哀しいの だけど今日も 別れられない なんて男と女 哀しいの 愛しあう みんな罪びと  そうよ過去も未来もいらないわ 欲しいのは 今のあなたよ なんて男と女 哀しいの 愛しあう みんな罪びと
さらば青春の時アリスアリス谷村新司谷村新司前田憲男振り向かないで 歩いてゆける そんな力を与えて欲しい  やすらぎの時が 青春ならば 今こそ笑って 別れを言おう  遥るかな夢を捨てきれないままに 熱い血潮は逆まく胸に  振り向かないで 歩いてゆける そんな力を与えて欲しい  この世に生れた 唯それだけに 甘えて暮らして 生きてはゆけない  遥るかな夢を捨てきれないままに 熱い血潮は胸を焦がして  振り向かないで 歩いてゆける そんな力を与えて欲しい  遥るかな夢を捨てきれないままに 熱い血潮は胸を焦がして  振り向かないで 歩いてゆける そんな力を与えて欲しい
シバの女王GOLD LYLICペドロ&カプリシャスGOLD LYLICペドロ&カプリシャス訳詞:なかにし礼M.Laurent前田憲男あなた故狂おしく みだれたわたしの心よ まどわされそむかれて とまどう愛のまぼろし わたしはあなたの愛のどれい 命もまごころもあげていたいの あなたがいないと生きる力も 失われてゆく砂時計  思い出は遠すぎて 涙は今日もほほぬらす 悲しみをつれながら 歩けば影も重たい わたしはあなたの愛のどれい たとえきらわれても愛しているわ けれどもあなたが帰るのぞみは 失われて行く砂時計
ケ・セラ・セラPLATINA LYLICペギー葉山PLATINA LYLICペギー葉山R.Evans・訳詞:音羽たかしJ.Livingstom前田憲男私の小さい時 ママに聞きました 美しい娘に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるわ 先のことなど 判らない 判らない  大人になってから あの人に聞きました 毎日が幸福(しあわせ)に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるさ 先のことなど 判らない 判らない  子供が出来たら そのベビーが聞きます 美しい娘に なれるでしょうか ケ・セラ・セラ なるようになるわ 先のことなど 判らない 判らない ケ・セラ・セラ
HOLY LEI南佳孝南佳孝売野雅勇南佳孝前田憲男波の上のレイのようだね人は その花びら見果てぬ夢の 炎で染めて空の下を流れてく  愛しい人の想い出が魂に 愛をそっとあふれさせるよ 涙みたいに 眠りにつくその日まで  HOLY LEI 流れる孤独な運命(ほし)たち 何度裏切られようと 夢を見ずにはいられない  天使たちが見捨てた惑星でも テレヴィジョンの戦火の街で 夢見る少女 見るとこの星が愛しい  HOLY LEI 流れる孤独な運命(ほし)たち HOLY LEI 魂に架かる虹を見たかい その愛で  人生の 残酷(むご)ささえ 優しさに 変えてく HOLY LEI
夏の日の想い出GOLD LYLIC日野てる子GOLD LYLIC日野てる子鈴木道明鈴木道明前田憲男きれいな月が 海を照らし たたずむ影は 砂にうかび あなたの熱い くちづけが つめたい頬に よみがえるの 夏の想い出 恋しくて ただひとりだけで 来てみたのよ 冬の浜辺は 淋しくて 寄せる波だけが 騒いでた  夜の渚に 鳴く鳥が 私の影を かすめて行く はるか彼方の 灯が 私の胸を ゆするのよ 夏の想い出 恋しくて ただひとりだけで 来てみたのよ 冬の浜辺は 淋しくて 寄せる波だけが 騒いでた 冬の浜辺は 淋しくて 寄せる波だけが 騒いでた
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ライラック
  3. さよーならまたいつか!
  4. 366日
  5. 相思相愛

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Click
  4. I wonder
  5. ディスコ・クレオパトラ feat. 稲葉貴子・小湊美和・信田美帆 a.k.a. CISCO3

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×