松井タツオ編曲の歌詞一覧リスト  160曲中 1-160曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
160曲中 1-160曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
喜寿祝い 新曲千昌夫 新曲千昌夫いではく阿部健太郎松井タツオ見た目若いと おだて上げられ その気本気で がんばって あゝ喜寿祝いだよ 恵比寿大黒 七つ神様 揃い踏みして どんと祝ってくれる歳 元気を出して みんな集まれ さあ喜寿祝いだよ  昔ふり向きゃ 苦労よろこび 数え出したら きりがない あゝ喜寿祝いだよ 長い道のり いつもあんたと 二人三脚 今じゃ子供や孫もいる 笑顔の宴(うたげ) みんなそろって さあ喜寿祝いだよ  青い空見りゃ 夢や希望が 湧いてくるのさ 心から あゝ喜寿祝いだよ 目指す米寿が 来れば百寿も 毎日感謝だ 笑う門には福が来る わが家の宝 みんな愉快に さあ喜寿祝いだよ
人生街道まっしぐら 新曲千昌夫 新曲千昌夫森紀美子森田昌之松井タツオ年齢重ね 白髪も増えた 二度とは戻らぬ 遠い日々 悲しみ喜び 数あれど 今は全てが 愛おしい 巡る想い出 走馬灯 人生街道ひたすらに  男の意地を 貫き通し 歩いたあの谷 針の山 それでも支えてくれた人 俺はいまだに 道半ば 二人居りゃこそ 今が有る 人生街道ひたすらに  お互い歳を とったと友が いたずら笑顔で 騒いでる 運命(さだめ)はそれぞれ 違うけど 夢はでっかく 描こうよ 俺も人生 これからだ 人生街道まっしぐら
風の龍飛崎福本まさる福本まさる崎島じゅん三原あみ松井タツオ悲しみ 抱いて 生きて行くのなら いっそ このまま 波間に消えようか  二度と会えないと 思うたび胸が 冷たく 冷たく 凍りついてゆく 槍(やり)の波しぶき 風荒れる龍飛崎  おまえと 歩いた この龍見橋で 待って いるよな 気がしてここに来た  夕焼けに染まる 津軽の海は 沈んだ 沈んだ 心暖(あった)める 海の青 赤く 風荒れる龍飛崎  あしたの 希望 失くしていたけれど 風に 漲(みなぎ)る 龍飛の白い波  灯台の灯り 龍の道しるべ 止まった 止まった 心が動く 風が吹く 風が 風が吹く龍飛崎
母の背中福本まさる福本まさる崎島じゅん三原あみ松井タツオ酒を飲む夜 淋しさ隠し ふるさとに残した 母との思い出 まな板の音 お湯の沸く音 揺れる母の背中 小さく消えた  今夜は 飲ませて 母さん いいだろう?  夕陽に染まる 山のいただき ふるさとに残した 母の面影 飲み過ぎないで 母の背中が 体壊すわよと 心配してた  今夜は 飲ませて 母さん いいだろう?  明かりが灯る ぬくもりのなかで 頬を埋めてた 母の背中 ふるさとの町 勇気をくれた 一緒に飲もうよ たまにはいいさ  今夜は 乾杯 母さん ありがとう
俺の店新悟郎新悟郎山本和恵井上慎之介松井タツオひとり暮らしの アイツには 惚れた腫れたの 話より 飯は食ったか 風邪ひくな 何(なん)にもしては やれないが 明日(あした)も来いよ 明日も来いよ 俺の店 俺の店  夫婦(ふたり)暮らしの アイツには 「妻宝(さいほう)極楽」 文字どおり 妻は宝だ 逆らうな 流行川柳(はやりうた)にも 苦笑い そうすりゃ来れる そうすりゃ来れる 俺の店 俺の店  一見(いちげん)さんの アイツには 片手で合図 席譲り 俺はお前の 仲間だと マイクにグラス 花が咲く 逢えて良かった 逢えて良かった 俺の店 俺の店
惚れた女はお前だけ新悟郎新悟郎舞鶴たかみ井上慎之介松井タツオ生きる辛さの 真ん中で やっと出逢えた 宝物 惚れた 惚れたよ お前に惚れた… 酒よ今夜は 酔わせてよ 惚れた女は お前だけ 惚れたよ  人の優しさ 温かさ 教えてくれた 宝物 惚れた 惚れたよ お前に惚れた… 出逢いの神様 ありがとう 前に希望の 道がある 惚れたよ  人生まだまだ これからと ハッパをかける 宝物 惚れた 惚れたよ お前に惚れた… 幾つになっても 出直せる 惚れた女は お前だけ 惚れたよ
恋の花西小路一葉西小路一葉西小路一葉西小路一葉松井タツオあなたと出逢って 嬉しく思った 優しい笑顔が 素敵です 二人で 歩いて 手をつなぎ 安らぎ感じて 見つめてる いつでも一緒に ささやかな幸せ 咲かせて 行こうね 恋の花  心を通わせ 季節を巡り 愛しい気持ちを つないでた いつかは 雨降り 風も吹く 虹が出てくる こともある 毎日過ごせて ささやかな幸せ 心が ときめく 恋の花  二人で歌って 顔を見合わせ 微笑んで仲良し 楽しいね あなたの 力を 頂いて 未来を見つめて 進みます いつもの生活 ささやかな幸せ 大事に 育てる 恋の花
いつも明るい夢を見て西小路一葉西小路一葉西小路一葉西小路一葉松井タツオ幸せのこと考える 家族や仕事 健康のこと 少し気になる こともあって 教えてほしい そんな時には 優しい人に お話を聞いて 教えてもらって 笑顔になって 気持ちが晴れる いつも明るい 夢を見て 元気に歩こうよ  用事がたくさんありますね 時間を気にして 過ごします 時計を見たら こんな時間 あっと言う間です そんな時には 気分を変えて 好きなことをしましょう 素敵な歌を たくさん聴けば 気持ちが晴れる 歌は楽しい ありがとう 元気に歩こうよ  明日(あす)への希望を胸に抱き 前に向かって 行きましょう 一歩一歩 進むことも 大切なことね そんな時には 誰かに助けて もらえることもある 嬉しいことが いっぱいあって 気持ちが晴れる いつもあなたを 見つめてる 元気に歩こうよ
令和哀歌清水節子清水節子竹井伸一増田空人松井タツオ楽な暮らし させたいと 家族のために ひたむきに 明日の見えない やるせなさ 聞いてくれよと むせび泣く 故郷(ふるさと)はなれて 時は流れて ずいぶん遠くへ 来たものだ 汗と涙の しみついた この手 静かに 見つめる  あかね色に 染まる空 工場(こうば)の仕事の 帰り道 赤ちょうちんで 呑む酒は お国なまりを 聞きながら 故郷はなれて 時は流れて ずいぶん遠くへ 来たものだ 小雨の路地裏 夜は更け 風音(かぜ)に耳を 澄ます  負けちゃいけない 戻れない こんな男の 生き様よ 思い通りに いかないが 見果てぬ夢を 追いつづけ 故郷はなれて 時は流れて ずいぶん遠くへ 来たものだ 今日という日が いま終わる ひとみ閉じれば ため息
晩翠~父子物語~清水節子清水節子増田空人増田空人松井タツオひと月前には 朝日の中を 親子三人 手を繋ぎ 歩いたあの日は 影三つ 今日は夕日を 背に受けて 連なる影は ふたり連れ 風も冷たい 風も冷たい 夕間暮れ  強く明るく 育ってほしい 思う傍から 露雫 おまえに似てると 人は言う 笑顔見せるも 胸濡らす この子に涙 見せられぬ 誓う男の 誓う男の 子守歌  雪が降る夜 寝顔を覗きゃ 軽い寝息が 愛おしい 夢でも見てるか 涙あと 冬の寒さが 身に凍みる 熱い思いで 春を待つ 胸に面影 胸に面影 抱いてゆく
想い酒清水節子清水節子高知東生松井タツオ松井タツオさみしさ おぼろげ なみだ酒 酔えば なおさら 悲しさつのる 夢を追いかけ ふる里はなれ 今じゃ 心が 酒となく  いとしさ 恋しい みれん酒 思えば ひとりで ぐちになる 愛をかたって かがみにうつる 今じゃ 心に すきま風  やさしさ うれしい 祝い酒 人のことばが 身にしみる 明日を信じて ほほえみうかべ 今じゃ 心は うれし泣き
紅葉恋路三本木智子三本木智子一葉よう子岡千秋松井タツオあなたの面影(かげ)が あと追いかけて みれん重たい おんな旅 おんな旅 別れ言葉が 身を切るように 胸に冷たく ささります 愛がこぼれて… 涙こぼれて… 紅葉大和路 秋しぐれ  よりそう肩も 失くしてひとり たどる長谷寺 登廊(のぼりろう) 登廊 あなた赦して 歩けなかった 恋の階段 一歩ずつ 叶うことなら… 二人も一度… 紅葉大和路 訪ねたい  あなたに逢えて 幸せでした たとえ終わりが 涙でも 涙でも はらり病葉(わくらば) この手に受けて 時の流れを かみしめる 愛はそのまま… 胸にこのまま… 紅葉大和路 深い秋
あじさい二年坂三本木智子三本木智子一葉よう子岡千秋松井タツオ千本格子に 灯がともりゃ 諦めみたいに 日が落ちる 哀しいほどに 愛しいあなた 待つより他には ないのでしょうか 淋しく咲いて 色変える なみだ七色 紫陽花二年坂  忘れてしまえる 人ならば こんなに心が 痛まない 愛したはずが 重荷になって あなたを縛って いたのでしょうか もどらぬ人の 恋しさを 花にささやく 紫陽花二年坂  よく似たお人を 見かけたと 噂にすがって 今宮へ やすらい祭り 囃子の笛に ひかれて尋ねて 来たのでしょうか 逢えないひとの 面影に 生きる女の 紫陽花二年坂
笑うそばから幸せが三本木智子&佳山明生三本木智子&佳山明生川英雄佳山明生松井タツオ夢を追いかけ あなた追いかけ あの日あなたに 出会ったことが 君と暮らした 二十年 馬鹿な喧嘩も 色々あったね 想い出日記に 今夜は乾杯 (乾杯) ないものねだり 故郷捨てて あなたを信じて ここまで来たのよ 後悔しては いないか今は 愛を 愛を ありがとう 幸せいっぱい これから先も 笑うそばから 幸せが  嘘と秘密を 詰めた小箱に 鍵をきっちり 男の憂さも 私 知ってる 隠し事 それが何なの どうでもいいのよ 想い出日記に 今夜は乾杯 (乾杯) 酔う事ないと 思っていたが 今夜のこの酒 まわりが早くて 酔う事ないわ 父親ゆずり あなた あなた ありがとう 幸せいっぱい これから先も 笑うそばから 幸せが  想い出日記に 今夜は乾杯 (乾杯) ないものねだり 故郷捨てて あなたを信じて ここまで来たのよ 後悔しては いないか今は 愛を 愛を ありがとう 幸せいっぱい これから先も 笑うそばから 幸せが 幸せが
めぐり逢えてkiyoshikiyoshi礼恭司原まもる松井タツオ運命(さだめ)という名の みえない糸を たぐってきたのさ 逢いたくて 忘れた事など 一度もないさ グラスを傾け 並んで酔えば 昨日のようだね あの頃が バラード みたいな 雨の夜 めぐり逢えて めぐり逢えて このままふたり  やさしいぬくもり 感じていたい 愛していたのさ 誰よりも 心の部屋には おまえがひとり よりそいとなりに ただいるだけで こんなにやすらぐ いやされる 水割り ときめき 雨の夜 めぐり逢えて めぐり逢えて このままふたり  最後の女さ お前がおれの あやまちだったさ あの別れ 失くして気づいた 大事な人よ 切ない吐息に つつまれながら 時間を止めたい もどしたい バラード みたいな 雨の夜 めぐり逢えて めぐり逢えて このままふたり
あなた天使ねペテン師ねkiyoshikiyoshi礼恭司中佐渡尋松井タツオほかの女の 移り香残し だめよわたしを 抱かないで おまえひとりが 命さと 嘘を本気で いえるひと あなた天使ね ペテン師ね  裏も表も 心の底も 知っているのね 誰よりも 弱いところを ついてくる 女なかせる 罪な人 あなた天使ね ペテン師ね  癖も好みも 染め変えられて もとのわたしに もどれない 愛を教えた くちびるで 今は別れを 告げるひと あなた天使ね ペテン師ね  生きる辛さも 淋しささえも みんなあなたが おしえたの 夢もないのに 夢をみせ 明日をくれずに 消えたひと あなた天使ね ペテン師ね
想い ~ギターヴァージョン~kiyoshikiyoshiKiyoshiKiyoshi松井タツオ夢に疲れて 街を歩けば 風が囁く 拳を持てと 過ぎたやさしさ おまえはくれたが 俺には切なく 涙が落ちる 見慣れたこの街 後にするけれど 心残りは おまえの幸せ ああ 飲みたいよ こんな夜は 涙が乾くまで ああ 酔いたいよ こんな夜は 思いで一滴  季節はずれの 木枯らし身に凍む コートの襟立て 空を見上げれば 浮かぶ面影 おまえの笑顔が 何故にやさしく 俺に微笑む 夢追い過ぎたか 俺の人生 そんな言葉が 胸をよぎるよ あぁ 飲みたいよ こんな夜は 涙が乾くまで あぁ 酔いたいよ こんな夜は 思いで一滴  あてなど無いけど 俺の行方に 必ず帰るよ おまえの元へ ああ 飲みたいよ こんな夜は 涙が乾くまで ああ 酔いたいよ こんな夜は 思いで一滴
小さな喜びを大切に南わこ南わこ兼近功松井タツオ松井タツオ何気ない ふつうのことが 幸せと 気づいてない 通り過ごしてしまう 時空(とき)に 気づかない 大切な日々を ただ見過ごしてる ふと 立ち止まり 振り返れば 自分が生きている 喜び感じ取り Ah~Ah~その小さな幸せを Ah~ Ah~その小さな喜びを大切に  幸せが 満ち溢れたら シャンパンの ように弾け ブーケトスのときめきを みんなで 分かちあう 溢れてしまうと 何かを失う 今 過ぎてゆく 運命を見て 自分が作り出す 喜び感じ取り Ah~Ah~その小さな幸せを Ah~ Ah~その小さな喜びを大切に  思いやりを持ち 感謝を忘れず その 生き方で 歩みながら 自分の積み取った 喜び感じ取り Ah~Ah~その小さな幸せを Ah~ Ah~その小さな喜びを大切に
私の覚え詩南わこ南わこ兼近功山口正光松井タツオこの世に生まれて きた私 不思議な世界 垣間見る 歌が生き方 置き換えて 私を演じる 覚え詩(うた)  生き抜くつらさを しる私 人との縁(えにし)しみじみと 歌に泣かされ 泣きながら 私の演じる 覚え詩  貴方と出会った この私 二人で天(そら)を駆け巡り 歌う思い出 振り返る 私と演じた 覚え詩  人との生き方 きく私 感じるものを 聴き分けて 歌で救われ 立ち上がり 私は演じる 覚え詩  ちかごろ淋しく なる私 幸せだいた 生き方で 歌を信じて 生き抜いて 私が演じる 覚え詩
港町ランデブー藤原大藤原大こはまかずえ樋口義高松井タツオ桜並木の五稜郭 函館辺りは賑わって 腕を組んでは歩けない ほどよい距離にときめく 過去の男(ひと)など忘れなよ 出逢った事が運命さ 次の角から抜け出して 夢へと旅をしないか これは男と女の物語 お伽噺の出来事 どちらが誘ったかなんて どうでもいいのさ あなたと二人 港町 港町ランデブー  みなとみらいかチャイナタウン ネオンに胸を躍らせて 愛し合いたいベイサイド 二人の為の夜だよ 酔った振りして囁けば 潤んだ瞳見せたのさ 肩を抱き寄せくちづけて 確かめたいよ心を これは男と女の物語 お伽噺の出来事 どちらが愛してるなんて どうでもいいのさ あなたと二人 港町 港町ランデブー  これは男と女の物語 お伽噺の出来事 どちらが誘ったかなんて どうでもいいのさ あなたと二人 港町 港町ランデブー
侘助の宿藤原大藤原大いとう彩桧原さとし松井タツオ離れて暮らすは もういやと すがるおまえの細い指 三日生命(みっかいのち)で 死ねるなら ふたりなろうか 冬の蝉… ああ 侘助の 侘助の 紅い花びら 燃える宿  湯舟に浮かべる 身の上が どこか似ている 過去をもつ 何度切れても また結ぶ それも運命(さだめ)の 糸なのか… ああ 別れても 別れても 逢えば情けに 負ける宿  たがいの暮らしが あればこそ 募る思いの 恋の闇 長い黒髪 ほどいたら みんな忘れろ この腕で… ああ 侘助の 侘助の 緑 小雨に 濡れる宿
寄り添い人生藤原大藤原大藤野州一樋口義高松井タツオ苦労かけたと ねぎらいながら そっと酒注ぐ 旅の宿 寄り添い人生 おまえと二人 夢を重ねて 灯(とも)してきたよ 根雪解ければ 水ゆるむ おまえに花の 春がくる  汗も涙も 笑顔に変える そんな仕草が いとおしい 寄り添い人生 おまえと二人 二つ命を 一つに生きる ついてきてくれ この先も おまえは俺の 宝物  雨や嵐の つぶ手に耐えて 強い絆で つながれた 寄り添い人生 おまえと二人 体いたわり 気づかいながら 冬が過ぎれば もう近い おまえに花の 春がくる
母への伝言沼崎しゅういち沼崎しゅういち前田ひかる沼崎秋一、松井タツオあなたに出逢う為 わたしは生まれて来たの あなたと暮らした 幾年月を回想(おも)えば 辛いことや哀しいことも 楽しいこともありました ただ懐かしく 愛しい程に倖せでした 凍れる夜(よる)には 風邪など引かぬよに 一人暮らしをさせて 大事な時期(とき)ほど 傍にいないなんてさ 親不孝もいいとこ ごめんよ お母さん  あなたを捜し求め 一枚の写真を見つけた あなたの生きた証し 後生大事に伝言(つた)えます 静かに眠る海辺の墓標 父と再び暮らせるね 二人仲良く 日長に家族の話をしてね 泣かせてばかりの 心配かけてさ 一人暮らしをさせて 大事な時期ほど 傍にいないなんてさ 親不孝もいいとこ ごめんよ お母さん  形見の指輪 編んだセーター宝物ですね 泣かせてばかりの 心配かけてさ 一人暮らしをさせて 大事な時期ほど 傍にいないなんてさ 親不孝もいいとこ ごめんよ お母さん
大阪夢あかり辰巳ゆうと辰巳ゆうと保岡直樹影山時則松井タツオ毎度おおきに はずむ声 ミナミ 道頓堀(とんぼり) 味なまち 人の情けが 歌になる あの店 この店 かわす言葉に 花が咲く 笑顔が道しるべ 大阪夢あかり  夕陽きらめく 坂がある 心やすらぐ 路地がある こらえきれずに 泣く夜も あの川 この川 水の都を むすぶ橋 やさしさ身にしみる 大阪夢あかり  悩み打ちあけ 北新地 いちょう並木の 御堂筋 明日(あす)を見つめて 灯(ひ)を点す あの町 この町 やる気 負けん気 心意気 未来へつながるよ 大阪夢あかり
あなたの港芳村かおり芳村かおり真田浩暉桧原さとし松井タツオ一人来ました さいはて港 涙も凍る 冬の海 あなた あなた あなた 風に向かって 名を呼べど 船に汽笛と 海鳴りばかり  辛い運命に 流されて行く 恋はもつれる 糸ぐるま あなた あなた あなた ずっと一緒に いたいのに 岩に砕ける 波音ばかり  港に立てば 貴方に逢える ふるえる指先 胸に秘め あなた あなた あなた かけた言葉の やさしさを 思い出しては 恋しいばかり
夢と云う名の花時計芳村かおり芳村かおり真田浩暉桧原さとし松井タツオ貴方の夢を みるたびに 時は刻むよ 花時計 春には春の 花が咲き 翔は自由に 舞い飛ぶけれど 飛べない私 空をみる 何時か逢える日 飛び立つ日  夜空の星の 眩しさに 時は刻むよ 花時計 夏には夏の 花が咲き 風がそよそよ 頬なぜてゆく 貴方を想う かき氷 燃える想いに すがりつく  儚く白い 雪景色 時は刻むよ 花時計 冬には冬の 花が咲き 凍る心が 解けだしてゆく 熱き思いは 愛の音 きっと逢えると 花時計
女の手酌酒川神あい川神あい北原三千代北原三千代松井タツオ今夜はやけにしばれるね 馴染みの店の暖簾をくぐる ビールもいいけど やっぱりね 人肌恋しいこんな夜は マスター一本つけてよね 少し熱めの熱燗を 色んな思いを胸に秘め 世間話に花が咲く やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒  出逢いと別れの繰り返し 色々あるのが 人生だけど 一人もいいけど やっぱりね 心が切ないこんな夜は 惚れて尽くして泣きぬれて 重ねた恋の経験は 少しの役にもたたないね 恋はいつでも初心になる やっと幸せになれそうな気がするの 不器用な人だけど温もりをくれたのさ 心でささやく独り言 女の手酌酒  やっと幸せになれそうな気がするの 今度こそ幸せをこの手から離さない 心でつぶやく独り言 女の手酌酒
今宵 アンタと…清水節子清水節子高知東生木村竜蔵松井タツオ自慢話に もう疲れ 聞く身になりなヨ 気付きなヨ カッコつけても サマにならず こんなアタシにゃ お見通し 何で どうして 惚れたのか まるで人生、肝試し 伊勢佐木あたりで 喧嘩して 馬車道通りで 仲直り 今宵はアンタと夜の街 人目隠れて どのホテール  何故に灯りを点けるのヨ 夢の続きを見たいのに 作り笑いに 陰がある こんなアタシにゃ お見通し 何で どうして 惚れたのか まるで人生、金縛り 元町通りで 手を繋ぎ みなとみらいで Kissをして 今宵はアンタと夜の街 腰を振りなヨ イカせてくれ  元町通りで 手を繋ぎ みなとみらいで Kissをして 今宵はアンタと夜の街 腰を振りなヨ イカせてくれ
こころの花宮坂志乃宮坂志乃内田薫内田薫松井タツオ雨あがりの街 空を見上げれば 色鮮やかな七色の 橋がかかってる 夢を追いかけて 歩く二人なら 幸せ運ぶ青い鳥 きっと見えるはずね あなたと出会えて 二度目の 桜の季節ね 過ごした年月 夢の風ぐるま あなたと咲かせたい こころの花を  春の訪れに こころはずませる 光きらめく雪景色 淡くとけてゆく 優しいあなたに わざとすねてみる 幸せな愛のひと時 だから怖くなるの 素直な気持ちに 戻って 恋する季節ね 涙の河越え 今を生きている あなたと育てたい こころの花を  あなたと出会えて 二度目の 桜の季節ね 過ごした年月 夢の風ぐるま あなたと咲かせたい こころの花を
星空の向こう宮坂志乃宮坂志乃内田薫内田薫松井タツオ人もまばらな 空港ロビー ラストフライトの時刻 遠くに旅立つあなた 背中が愛しい 異国にあこがれて 夢追う旅人 いつか大きな 花を咲かせて 迎えにくるよ きっと 待ってて欲しい 熱いまなざし 熱いことばを 私に残して… 夜空に輝く 星に祈りをささげる  夜の深さに 寂しさつのる 私のいけないクセね 写真の微笑むあなた 瞳がまぶしい 過ごした年月は 確かな足跡 同じ星空 見つめていると 今なら ひとりだって 辛くはないわ 広い宇宙で 巡り逢えたの 奇跡の出来事 夜空に輝く 星に祈りをささげる  いつか大きな 花を咲かせて 迎えにくるよ きっと 待ってて欲しい 熱いまなざし 熱いことばを 私に残して… 夜空に輝く 星に祈りをささげる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夢のゆりかご宮坂志乃宮坂志乃内田薫内田薫松井タツオ秋風にゆらゆらと 踊るコスモス あなたの愛をうけて 歌ってる うたかたの人生と わかっていても この時が嬉しい 今がしあわせ 都会の片隅 肩を寄せて 苦しみも歓びに 変えてゆくの たとえ 夢でもいい あなたとの 夢のゆりかご  秋の陽ざしの中で 踊るコスモス ふたりの歌に合わせ 揺れている いつか命の果てる その日が来ても あなたとの毎日 トキメイている 季節の移ろい 感じながら いつまでも離さない 燃える心 人は 愛に生きる あなたとの 夢のゆりかご  都会の片隅 肩を寄せて 苦しみも歓びに 変えてゆくの たとえ 夢でもいい あなたとの 夢のゆりかご
木の葉VIVIVIVIVIVIVIVI松井タツオテラスで カフェオレを飲みながら そっとため息を ついてみるわ 柔らかな風 注ぐ木漏れ日も あの日と 何も変わらない  恋人達は 夢に溢れて 優しい笑顔 振りまいてる 私達 きっとそうだった 毎日 楽しかった  綺麗な夕陽 見つめても 微笑み 無くなったの  愛し合った日々は 後悔してない 私が愛した人だから… 一緒にあの夢を 追い掛けたかった 紅く染まった 木の葉が舞い落ちるわ…  少しの 二人のスレ違いが 気が付いたら 溝になった このカフェで 出会ったあの日の 気持ちは 何処へ行ったの?  装い 笑顔作っても 瞳は 悟ってるの…  愛して行くことは 許し合うことね 優しい気持ちで 感謝するの 傷付け合うことは 悲しいことだわ 雨に濡れてる 木の葉が寒そうだわ…  愛し合った日々は 後悔してない 私が愛した人だから… 未来まで見つめて 歩き出さなくちゃ 風に揺れてる 木の葉が躍ってるわ…
星に願いをVIVIVIVIVIVIVIVI松井タツオまるで星屑を 散りばめた街みたいね 私の瞳には あなたが輝くの 「世界中で一番の幸せ訪れますように…」 今夜だけは みんな願うはず  去年の冬は 一人きりで 流れ星を 捜していたのよ でも今年は もう一人じゃないのね あなたが そばに居るから  クリスマスプレゼント 密かに企んでた 二人色違いのマフラー 素敵でしょ ワンプッシュの香水吹き掛け おまじないしたの 私の事 離さない為の…  今年の冬は 二人きりで 流れ星を 捜しに行こうよ 見つけたなら 星に願いをかけよう 二人同じ夢を…  深い夜空 眺めながら 想いを馳せるの あなただけを 愛してるわ 他に何もいらない Oh…  去年の冬は 一人きりで 流れ星を 捜していたのよ でも今年は もう一人じゃないのね あなたが そばに居るから  去年の冬は 一人きりで 流れ星に 願いを掛けたの 心から愛する人に出逢い 必ずここで 二人きりで また願いを掛けると…
愛終佳山明生佳山明生初信之介徳久広司松井タツオ過去になった女ですか あなたにとって私は 棄てられて傷ついた 想い出なんか 何になるのよ 今では 雪がたたくムチのように 背中を 泣けとばかりに 一人じっとみつめてる 冬の海 凍えそうよ 心も 愛しているのよ 別れた今も あなた恋しい あなた恋しい 恋しくて 忘れられる前に 忘れられる前に あなた あなたに逢いたい  どこへ行ってどこで待てば 逢えると いうのでしょうか 教えてと叫ぶ声 ちぎれて消えて 夜汽車の笛 泣いている 信じているのよ 出逢える時を あなた恋しい あなた恋しい 恋しくて 忘れられる前に 忘れられる前に あなた あなたに逢いたい  愛しているのよ 別れた今も あなた恋しい あなた恋しい 恋しくて 忘れられる前に 忘れられる前に あなた あなたに逢いたい
北上川よ田中アキラ田中アキラアキラアキラ松井タツオ秋の訪れ 北上川よ 水面に降り立つ 一羽の鳥よ 静かに流れる 水流と 時の流れに 舞うつばさ 明日は どこへ旅立とう あなたを あなたを 忘れる旅なのよ 夕暮れせまる ああ… 北上 北上川よ…  冬の訪れ 北上川よ 水面に映る 木々の横顔 あてなくこの川 辿り着き 私淋しい コハクチョウ 明日は どこへ旅立とう あなたを あなたを 恋しと鳴く空へ 凍えるつばさ ああ… 北上 北上川よ…  明日は春が近づくと 立ち切る想いが 虚しく空へ舞う 震えるつばさ ああ… 北上 北上川よ…
ひまわり叶竜也叶竜也Bob Merrill・訳詞:直村慶子Henry Mancini松井タツオ時は流れる 光の中に あふれる悲しみを 胸に抱いて さがし続けた 愛はむなしく めぐり逢いし今は はるかな人  二度と帰らぬ夢 あなたに 愛を残して 去りゆく悲しさ  遠い異国の 雪にうもれて はかなく燃えつきた 愛の命  ウーウー ルールー  二度と帰らぬ夢 あなたに 愛を残して 去りゆく悲しさ  夏の輝く 光の中に 静かにひまわりは 風にゆれる 静かにひまわりは 風にゆれる
浪漫~ROMAN~叶竜也叶竜也礼恭司松井タツオ松井タツオ友ありて…… 語れば つきない 夜がある 時には 風の 歌を聴き 時には 雨の 歌を聴く ああ 浪漫は 男の胸にある くゆらす煙草は ちがっていても 煙の向こうに 同じ夢をみる  恋ありて…… 心に たたずむ 女(ひと)がいる 逢えない ほどに 愛しくて 過ぎゆく ほどに 美しく ああ 輝き 今なお 色あせず 閉ざしてしまった 想い出つれて あの頃あの日に ひとり旅をする  酒ありて…… しみじみ 酔いたい 時がある 失くした ものは ときめきか 忘れた ものは やさしさか ああ 人生 味わい深(ふか)きもの 昨日をのみほし 明日を問えば つきせぬ想いに 熱き我が胸よ
なにわ月辰巳ゆうと辰巳ゆうと水樹恵也四方章人松井タツオさみしい雨に打たれても いつかは止み間に笑う月 小さく肩をすぼめても 背中にやさしく手をくれる 人情自慢のこの町は どこにも引けはとらないぜ みんなを照らす、なにわ月 なにわ月  いい目ばかりを見るような 人生なんかはありゃしない 1+1が0(ゼロ)もある はじめは誰しも何も無い 陽気な涙にこの町は やさしく変える力もつ まかせておきな、なにわ月 なにわ月  故郷恋しと聞いた日は 夢など失くしてないか問う 遠く離れた友に云う いつでも迎えてやるからと 人情一筋この町に 二十何年ささえられ 笑う門には、何が来る 福よ来い あすの心に、なにわ月 なにわ月
百日紅タブレット純タブレット純高畠じゅん子中川博之松井タツオ赤むらさきの 口紅(べに)をつけ あなた 待つ夜の ときめきよ 咲けば 散る散る 散れば咲く こころ 残りな 百日紅(さるすべり) わがまま きいて ほしいけど 逢えば 愛しさ こみあげる  あんなに かたい 約束を まさか 忘れは しないでしょう 咲けば 散る散る 散れば咲く 燃えて 焦がれる 百日紅(さるすべり) 北窓 開けて 風ひとつ 星を 数える 女です  誰かの 膝で 雨やどり いいの いいのよ 待ってます 咲けば 散る散る 散れば咲く 涙 みせない 百日紅(さるすべり) 私の 夢を おしつけちゃ だめよ あなたが 困るのよ
七色のブルースタブレット純タブレット純高畠じゅん子中川博之松井タツオつめたいガラスは あなたのこころ 雨が打つ 指で追う 愛するきもちが 憎さにかわる むらさきは すみれ色 叶わなくても いいのです 私の身勝手 好き勝手 花は七色 恋も七色 染めてください この私 虹の七色に  最後の時間を 飾りましょうか 赤いバラ 敷きつめて あかるく許して 他人になるの 強がりを ひまわりで 逢えるのぞみは ないのです 私に別れの キスをして 花は七色 恋も七色 染めてください この私 虹の七色に  叶わなくても いいのです 私の身勝手 好き勝手 花は七色 恋も七色 染めてください この私 虹の七色に  花は七色 恋も七色 染めてください この私 虹の七色に
花吹雪辰巳ゆうと辰巳ゆうといのうえ佳世影山時則松井タツオ運はめぐると 信じたら 時を待つのさ 時を待つ かたい蕾は まだまだ三分 晴れた空へと 願いこめ いつか咲かせる こころ満開 花吹雪  勘を味方に ひょうひょうと 風を呼ぶのさ 風を呼ぶ 咲くも咲かぬも 五分五分だろか 抜かりしくじり 糧にして あの日誓った 涙一粒 忘れない  傷も誇りと 思うとき 明日が来るのさ 明日が来る ひとつ香れば つぎつぎ香る 夢の景色が 色づいて きっと咲かせる こころ満開 花吹雪
紅もくれん立花しげる立花しげる前田ひかる沼崎秋一松井タツオ冬から春へと 季節はめぐり 紅色もくれん 咲くのです あなたと旅した おもいでの花 あなたが住む街 北国めざし 一途なこころ 枯れるまで 愛(いと)しい香り乗せて 綺麗に咲きました 紅色もくれん やさしい愛を 刹那(せつな)い 逢いたい 愛したい あなたに捧げる 愛の もくれんの花  運命(さだめ)の紅糸(いと)で 結ばれている 紅色もくれん 一年一度 一夜(ひとよ)の逢瀬(おうせ)を 待ちわびる花 あなたが愛した 北国めざし 一途なこころ 尽きるまで 愛しく口紅(べに)のように 華麗(かれい)に咲きました 紅色もくれん やさしい愛を 刹那い 逢いたい 愛したい あなたに捧げる 愛の もくれんの花  紅色もくれん やさしい愛を 刹那い 逢いたい 愛したい あなたに捧げる 愛の もくれんの花
二人の愛の歌西小路一葉西小路一葉笠井光博西小路一葉松井タツオあなたの歌声 いつも優しく 私の心を 包んでくれる 雨降る時には 仲良く雨宿(あまやど)り 風が吹くなら 二人寄り添い恋心 聴かせてほしい いつまでも 手をつないで 笑顔になる ああ 愛の歌  私の歌は いつも明るく あなたの心に 届けてみたい 花咲く時には 蝶のように舞う 青空見れば 小鳥のように歌いたい 一緒にいてね 明日(あす)もまた あなたを見つめ 好きになれる ああ 愛の歌  二人で歌えば いつも楽しく ほほえむ顔と 恥(はじ)らう顔が 見つめる時には 心がときめくよ あの日あの頃 思い浮かべて歌おうよ 幸せな日々を いつまでも 二人楽しく 歩いて行(ゆ)こう ああ 愛の歌
大空の彼方で…西小路一葉西小路一葉笠井光博西小路一葉松井タツオこの青空は 今は何もない 少しのやさしい 風があればいい 心の傷を 包む雲もない 悩みを持ち過ぎ とても重いだろう 大事な思い出 夢見てあとは返そう 悲しみ苦しみ 大地へ返したい 少しは飛べるさ さあ飛んでみよ これまでの想い 胸の中にいだいて 身軽になって さあ舞い上がろう 希望や夢は 大空の彼方で きっと見つかるよ 未来へ時が流れる  花咲く広野で 二人見る空に 雨が降ることも いつかあるだろう 流す涙を 大地が消してゆく その後(あと)はきっと 空に虹が出る 見えたその時は 手を取り色の数だけ 幸せ喜び この空がくれるよ 少しは飛べるさ さあ飛んでみよ やさしい光で ほほえみをあなたに 青空見ながら 歩いていこう 希望や夢は 大空の彼方で そよ風いつまでも 楽しい時が流れる  大事な思い出 夢見てあとは返そう 悲しみ苦しみ 大地へ返したい 少しは飛べるさ さあ飛んでみよ これまでの想い 胸の中にいだいて 身軽になって さあ舞い上がろう 希望や夢は 大空の彼方で きっと見つかるよ 未来へ時が流れる
人生横丁辰巳ゆうと辰巳ゆうといではく遠藤実松井タツオ風が背中を押すように くぐる のれんの 日暮れどき 赤い灯影が コップの酒に 浮いて とけあう うさばらし あゝ 誰が呼ぶのか ここは裏町 人生横丁  「おっちゃん なんぼなんでも そないに 荒れる酒のんだらあかん そらぁ 世の中 景気は悪いし おもろうないで けどな 酒は楽しむもんや 陽気にいこう 陽気に」  酔えば こころのなぐさめに いつか なじみの 故郷(くに)の歌 どこの誰とも知らないけれど 酒をくみあう 今日は友 あゝ 人情(なさけ)かよわす ここは裏町 人生横丁  「ねえちゃん そっちのおっちゃんにも一杯やってや 酒は焼酎にかぎるで しめっぽい酒のんだら あかん さあ 歌のひとつもいかんかい」  今日と明日の渡し場は 更けて ひと夜の 夢芝居 だれか唄えば 手拍子そえて おもいおもいの夢をみる あゝ 町の片隅 ここは裏町 人生横丁
遥かなる人生佳山明生佳山明生みやび恵池毅松井タツオ木霊(こだま)が遊ぶ みどりの森に そっと 湧き出る 石清水(いわしみず) 汚(けが)れなく 煌(きら)めいて 流れ始める 遥かなる人生(みち) 振り向けば ほほえみかける 思い出 いくつもの出会い いくつかの別れ 愛することを 教えてくれた 過ぎた季節に届いてますか ありがとう 心が歌う ありがとう ありがとう あなたへ歌う ありがとう  豊かな河が 潤す大地 そっと 岸辺に 咲いた花 生かされて 生きている 未(いま)だ 半(なか)ばの 遥かなる人生(みち) いつまでも 変わらぬままに 追う夢 めぐり逢う奇跡 大切な絆 愛する人と 寄り添いながら 歩く明日(あした)へ届けて行こう ありがとう 心が歌う ありがとう ありがとう あなたへ歌う ありがとう  愛することを 教えてくれた 過ぎた季節に届いてますか ありがとう 心が歌う ありがとう ありがとう あなたへ歌う ありがとう
人生シネマ佳山明生佳山明生佳山明生佳山明生松井タツオ通り過ぎた 想い出は 都会の波に 流されて いつの日にか つもりつもって 色あせる 二度とない ページをめくり 人生と言う名の 一冊の本に 彼は唄う 彼は唄う 愛と言う名の 物語り  ひとり泣いた 想い出は あなたににてる 雲のよう どこへ行くの 流れ流れて 雨になる 傘もない 私の旅は 人生と言う名の シネマのように 彼は唄う 彼は唄う 愛と言う名の 物語り  二度とない ページをめくり 人生と言う名の 一冊の本に 彼は唄う 彼は唄う 愛と言う名の 物語り  彼は唄う 彼は唄う 愛と言う名の 物語り
夢をひらいて辰巳ゆうと辰巳ゆうと保岡直樹桧原さとし松井タツオ心にいつも 夢を抱きしめ ひとり見上げる 青い空 一途な想い 弾ませて つかんでみせる 大きな虹を 燃えろ青春 まっすぐに 明日を信じて 花は咲く  心の根っこ 深くのばして どんな試練も 受けて立つ 笑顔で涙 吹き飛ばし こらえてみせる 雨風嵐 ここが男の 見せどころ つよく明るく 花は咲く  心は大地 のぼる太陽 はるか未来へ つづく道 足踏みしても 転んでも 挑んでみせる 力の限り 凛と踏み出す たくましさ 春を信じて 花は咲く
横浜バラッド清水節子清水節子清水節子蘭一二三松井タツオ馬車道辺りまで送らせて 冷たい風吹くレンガの街 愛すれば愛するほど 悲しく切ないこの胸  人目をさけて二人で逢う 港が見えるホテルの部屋 抱きしめて 私を離さないで 永遠(とわ)に一緒と信じていたわ  肌を寄せて燃えた夜は ああ二度とは戻りはしない  優しい声 哀しそうな瞳 あなたのすべてが好きだったのよ  愛する事を教えてくれたあなた 今度は忘れることを教えてください  伊勢佐木の 歌がながれる店 ブルースでモスコミュール飲んで 少しだけ 酔って愚痴を云えば 綺麗な想い出も消えそうだわ  忘れないわ 優しい声 シネマのように お別れしましょう  今から 車走らせましょう 霧笛が泣いてる ベイサイドまで  あなたと過ごした 想い出の街  甘く切ない 恋の街よ
夢を下さい清水節子清水節子赤堀英夫櫻田誠一松井タツオ赤いネオンで 火傷した うぶな昔が なつかしい がんじがらめの 見えない糸に 今じゃ 飛べない 夜の蝶 夜が 夜が 夜が背中で 嘲笑ってる  ぐちを並べた カウンター 赤いグラスが 聞くだけさ 負けちゃ駄目だと 誰かに言った 今じゃ 私が 聞く台詞 なんで なんで なんで女は 弱いのよ  消したつもりが また燃えて ジンの強さで 消す未練 嘘とまことの その裏側に 生きる すき間が あるならば 夢を 夢を 夢を下さい 私にも
女しぐれ嵯峨野桂子嵯峨野桂子礼恭司松井タツオ松井タツオ恋の痛みを いやすのは 今じゃお酒と 流行歌(はやりうた) 酔えば淋しく 胸に降る 女しぐれよ… なぜ止まぬ  逢うも別れも 運命(さだめ)なら なぜに逢わせた あの人に 命かけても 結ばれぬ 女しぐれは… なみだ雨  どんな幸せ それよりも あなたひとりが 欲しかった そんな哀しい 願いごと 女しぐれよ… なぜ濡らす  古い女で 生きたから 恋にすべてを かけたのよ 惚れて泣かされ 夢をみて 女しぐれに… 傘もない
それでも人生嵯峨野桂子嵯峨野桂子礼恭司松井タツオ松井タツオとかく世の中 住みにくい 苦労ばかりが ついてくる それでもね それでもね 弱音をはいたら 負けになる 義理でヨイショ 情けでヨイショ しょってなんぼの 人生荷物  深い浅いは あるけれど 人は心に 傷をもつ それでもね それでもね 男と女が いるかぎり 泣いてヨイショ 泣かせてヨイショ 味は七色 わけあり涙  弱いひとほど 強がりで 強いひとほど 淋しがり それでもね それでもね 愛してしまえば お終いよ 惚れてヨイショ ふられてヨイショ 足してなんぼの 色恋荷物
おれの隠岐の島出雲光一出雲光一サトウシロー松井タツオ松井タツオ島の男が 女に惚れる 島の女が 男に惚れる 遙か望むは おれの隠岐の島 愛しい人よ ああ君よ 星をみつめて あなたを想う  島のこんじょう かあさん惚れる 潮のにおいに おやじが惚れる 夢をひろげた おれの隠岐の島 咲いてけなげな ヒルガオよ あなた恋しい くにがのきがん  島の人情 あの娘が惚れる 沈む夕日に あなたが惚れる まぶた浮かぶは おれの隠岐の島 辛く別れた 良き友よ 海に映るは おまえの笑顔
愛の罪人和もりみ和もりみ中谷純平青山伸松井タツオあなたの視線に ひと目で惚れて 少し危ない 香りも感じ よく来るのでしょう このお店には お酒がとりもつ 魅惑のクラブ こんな出逢いね オンナとオトコ そして愛の罪人で 恋するの…恋するの  本気で惚れても あなたにはもう そんな言葉を こころにしまい 今夜はわたしの わがままきいて あなたの家庭は こわさないから こんな出逢いね オンナとオトコ そして愛の罪人で 楽しむの…楽しむの  こころも躰(からだ)も 虜(とりこ)になって わざと意地悪 困らせたなら おたがい大人の つき合いなのと まじめな顔して わりきる二人 こんな出逢いね オンナとオトコ そして愛の罪人で 別れるの…別れるの
わたしつくします和もりみ和もりみ中谷純平青山伸松井タツオひとりで背負(しょ)えない 苦労なら あなた二人で 背負いましょう 泣くも笑うも 夫婦人生(めおとみち) 酔った寝顔が つらそうよ おなじ痛みを わけて下さい あなたのためなら つくします  お酒に溺れる 日もあって あなた男の 明日(あす)がある 夢をささえて ぐちは呑む それが女房の つとめです おもい通りに 生きて下さい あなたのためなら つくします  苦労と云う名の 絆こそ あなた二人を つなぐ愛 浮世谷間で 疲れたら どうぞ休んで 膝まくら せめて今夜は 抱いて下さい あなたのためなら つくします
星女よ伊藤浩伊藤浩大津あきら鈴木キサブロー松井タツオ星女(ほしびと)よ あなたに 願い込めたら 時は戻るだろうか  悲しみの深さを 照らすだけなら 夜は来ないほうが だれも安らぐ  夜明けの前に 消えかかる愛の火をあたためて  春のぬくもりより熱く もう一度 抱いておくれよ 心のままの素顔で あの水鳥のように  星女よ あなたと 夢のあやまち いやす夜があれば 俺は眠れる  草原に佇(た)ち 黒髪をこのほほに香(かぐわ)せて  冬の山茶花(さざんか)より甘く 口唇をあてておくれよ 流星の下 今すぐ その涙染めながら  踊るカシオペアにそっと 明日を映しておくれよ 星女よ ただ やさしく この北の湖で
ミッドナイト ハイウエイ伊藤浩伊藤浩伊藤浩松井タツオ松井タツオ深夜のハイウエイ いつもの道を ハンドル握る 貴女(あなた)をのせて 夜空に煌めく 星屑たちが 優しく 闇を包んでる あー、たった一度の 人生なのに あー、失うことに 怯えてたのに ルームライトに二人照らされ 明日のぬくもり感じてる Midnight Highway  夜明けのハイウエイ いつもの出口 ハンドル握る 貴女(あなた)は何処へ 朝日に揺らめく 街並みたちが ふたりを 夢から連れていく あー、間違いだらけ 人生なのに あー、幸せ探し 疲れてたのに シートベルトに抱きしめられて あなたのぬくもり感じてる Midnight Highway  あー、たった一度の 人生だけど あー、あなたとならば 捨ててもいいの 一時停止はもういらない ふたりの未来に走りだす Midnight Highway Midnight Highway Midnight Highway
浪花の花形辰巳ゆうと辰巳ゆうといのうえ佳世影山時則松井タツオ己の舞台 逃げ場はないで きばらなあかん あかんのや 甘えたグセは 十八歳(じゅうはち)で きっぱり捨てた 道頓堀(とんぼり)川に 裸一貫 夢一路 浪花 花形 晴れ姿  灯りがつくる 影さえ自分 極めなあかん あかんのや 繕(つくろ)うヘマも ご愛嬌 笑うてくれる 街やから 稽古一心 ひとすじに 男 根性 晴れ姿  千秋楽や おおきにやけど 泣いたらあかん あかんのや 通天閣を 見上げたら 明日(あした)へかかる 虹の橋 拍手喝采 千両の 浪花 花形 晴れ姿
花ぼうろ椋忠治郎椋忠治郎志賀大介岡千秋松井タツオ霧氷よ おまえのまたの名は 花は花でも 花ぼうろ 恋の亡きがら 引き裂いて 空に投げれば 雪になりますか 花ぼうろ 花ぼうろ ひとり北国 あなた忘れ旅  あしたのいらない 私には ここが似合いの 冬の宿 夢の続きを 見る気なら 寝酒一合 あればすむけれど 花ぼうろ 花ぼうろ ひとり北国 あなた忘れ旅  おんなの意地です 別れです これでいいのよ この恋は 上り列車の 笛が泣く 春にいちばん 遠い山の駅 花ぼうろ 花ぼうろ ひとり北国 あなた忘れ旅
漁火しぐれ椋忠治郎椋忠治郎志賀大介岡千秋松井タツオお湯が六分で 焼酎が四分 つまみは雑魚天 薩摩揚げ 静かなお酒で いい人だった 切れたきずなの 古傷が 痛みます 疼きます 漁火しぐれ  海の匂いが しぐれに溶けて わたしの心で 貝になる 花より儚い 一会の恋が なんでなみだの 種になる 切ないわ 淋しいわ 漁火しぐれ  束ね黒髪 えりあし寒い 解けばあの夜が 絡みつく 一合のお酒を 持て余してる おんな思い出 しのび酒 恋しいよ 逢いたいよ 漁火しぐれ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ふたりの時を戻せたら河嶋けんじ河嶋けんじ河嶋けんじ河嶋けんじ松井タツオわたしは何も言わずに この町をはなれ ひとりあてもなく 泪をうかべ ここは新潟古町通り 未練のこして  あの時あなたと歩いた この街へ 失う事がこわいの 寂しくて 冷たい雨が こころ濡らして わたしの 時を戻せたら  泪にぬれた写真は 貴方への思い 探しあてもなく うつむきながら ここは新潟萬代橋へ 未練たどって  誰より貴方を愛した この場所へ つらい別れがさだめと くるしくて 貴方へ 続く道は 遠くて ふたりの 時を戻せたら  ここは新潟古町通り 未練のこして  あの時あなたと歩いた この街へ 失う事がこわいの 寂しくて 冷たい雨が こころ濡らして わたしの 時を戻せたら
真夜中のドレス河嶋けんじ河嶋けんじ河嶋けんじ河嶋けんじ松井タツオ都会(まち)のネオンの つづくストリート 恋人たちの夜が更けてゆく 今夜はシャレたこの店で 一緒にダンス踊ろうよ  さあリズムに合わせて 2人で踊る 高鳴る鼓動 響かせて 恋が奏でてくれる 恋が踊り出す 魅惑のリズムに 誘われて 俺を酔わせる 真夜中のドレス  光るライトが 心おどらせて 恋人たちの夜が更けてゆく 2人の恋のゆくえには 愛へと色を変えるでしょう  さあリズムに合わせて タイトなドレス 触れあう2人ハモらせて 愛が奏でてくれる 愛が踊りだす 魅惑のリズムに誘われて 躍るおまえの 真夜中のドレス  さあリズムに合わせて 2人で踊る 高鳴る鼓動 響かせて 恋が奏でてくれる 恋が踊り出す 魅惑のリズムに 誘われて 俺を酔わせる 真夜中のドレス
人生ってイイネ!長浜有美長浜有美長浜有美佐藤和豊松井タツオ人生一度を 言い訳に 笑顔と涙 繰り返し 生きている今の私 追い詰められた子猫のように 出口見えずに ただ泣いている でもね 誰かが いつかは 気づいてくれる 光は ここだよ 大丈夫 心の中 明日が瞬きしてる いいね、、、いいね、、、人生ってイイネ!  愛だの恋だの 言いながら 出逢いと別れ 糸車 いつまで紡ぐものなの さみしさ消せる魔法があれば 涙の訳も 知らなくていい でもね 誰かが いつかは ほほえみかける 居場所は ここだよ 大丈夫 心の中 明日が瞬きしてる いいね、、、いいね、、、人生ってイイネ!  光は ここだよ 大丈夫 心の中 明日が瞬きしてる いいね、、、いいね、、、人生っていいね またいつか みんな笑顔で 逢えたなら イイネ!
にがい酒長浜有美長浜有美わたなべ泰彦酒田稔松井タツオ冷でいいから おじさん注いで ついでにあたしの 話を聴いて あヽあいつったらさ 別れも告げず いま出た船に 乗ったのよ そうよ…おじさん このお酒 明日は独りの にがい酒  海の男は 情なしかもめ その気もないのに くち先ばかり あヽあいつったらさ 口惜しいけれど やっぱり駄目よ 憎めない そうよ…おじさん このお酒 飲んで酔えない にがい酒  みなと屋台の おじさんだけよ あたしが涙を 流せるひとは あヽあいつったらさ それでも一度 女房になれと 言ったのよ そうよ…おじさん このお酒 夢の欠片よ にがい酒
ブーゲンビリア叶竜也叶竜也池森しおん松井タツオ松井タツオあなたが帰った 遠くの国は 今頃どんな 花が咲くのか まぶた閉じれば 春風のように 今でも聞こえる 好きだった声 逢いたい もう一度 それだけでいい 一番好きだと 言っていた ブーゲンビリアの 花が泣いている 逢いたい 話したい それだけで それだけでいい  あなたが残した コーヒーカップ 唇ふれて 偲ぶ愛しさ 愛の残り香 ただよう部屋で 今でも聴いてる あの頃の歌 逢いたい もう一度 それだけでいい 変わらぬ心を 伝えてと ブーゲンビリアの 花に願うの 逢いたい 見つめたい それだけで それだけでいい  逢いたい もう一度 それだけでいい あなたの優しさ 映してる ブーゲンビリアの 花が愛しい 逢いたい 話したい それだけでいい それだけでいい
さよならありがとう叶竜也叶竜也礼恭司松井タツオ松井タツオさよならお元気で お元気でさよなら また逢える日まで お逢い出きる日まで さよならありがとう 悔しさをかんだ日も 泣いた日も 歌がささえた 私の人生 ふり向けば聴こえる 励ましの声 情けの手を借りて 歩んだいばら道 めぐり逢いがご縁に ご縁が絆に… さよならありがとう ありがとうさよなら  さよならお元気で お元気でさよなら ひとときの時間を こころ心結び さよならありがとう お言葉をお叱りを お力を 胸にたたんで 明日への糧へと この夢を信じて この夢に生き 辿りゆくそれぞれ 我が道人の道 めぐり逢いがご縁に ご縁が絆に… さよならありがとう ありがとうさよなら  めぐり逢いがご縁に ご縁が絆に… さよならありがとう ありがとうさよなら
雪蛍宮坂志乃宮坂志乃内田薫内田薫松井タツオあなた探して いるように 北の港に 雪が舞う 風の便りを 道連れにして 訪ねてきました 見知らぬ街に 心にポツンと あなたが点(つ)けた恋灯り 初恋みたいに切なく 痛く疼(うず)くの この胸 あなたに寄り添い 生きてゆきたい 雪蛍  冷たい雨が 雪になり 景色が淡く かすむ夜 恋の破片(かけら)を 集めてみては ちいさなため息 ひとつこぼすの 儚く消えゆく 運命(さだめ)に喘(あえ)ぐ命でも 別離(わかれ)を怖れず燃えたい 決めてここまで来ました あなたを照らして 生きてゆきたい 雪蛍  心にポツンと あなたが点(つ)けた恋灯り 初恋みたいに切なく 痛く疼(うず)くの この胸 あなたに寄り添い 生きてゆきたい 雪蛍
思い出の小径宮坂志乃宮坂志乃内田薫内田薫松井タツオいつかあなたと 歩いた道は 南禅寺から銀閣寺までの 静かな小径 交わした言葉は 少なかったけれど 響く足音 はしゃぐように 重なりあっていたわ お寺にあった 日記帳に書いた 「来年もまた二人で ここに来れますように 守ってください」と 今は昔… あなたと過ごした日々 少し思い出せば ほのかな風のかおり 二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです  小雨降る京都 ひとつの傘で 北大路から丸太町までは いつもの小径 秋の夕暮れは どこか寂しそうね 揺れる心を映すような 夕陽がきれいだった 街にひろがる 銀杏(いちょう)のじゅうたん 小さな花束にして 少し照れた様子で 私にくれました 今は昔… あなたと過ごした日々 少し思い出せば ほのかな風のかおり 二人の愛をたどる1ページ 浮かんでくるのです  二人の歩いてきた1ページ 大事な宝物
ヨコハマ・ラブストーリー宮坂志乃&マッキー宮坂志乃&マッキー内田薫内田薫松井タツオ髪をくすぐる潮風 港の見える公園 ちいさな花に見とれる 君の笑顔光ってた フラれ上手な フリをしても きっと同じね 寂しがりの二人だね ヨコハマ・ルンバ 踊ってみましょ 心の鎖ほどいて 恋の始まりさ ヨコハマ・ルンバ 踊ってみよう 甘い視線がからむ ヨコハマ ラブストーリー  港夜景がきらめく 足音はずむ馬車道 元町 山手 本牧 君と歩く恋の町 いつの間にか 心ひかれ これが運命 信じ合える二人だね ヨコハマ・ルンバ 踊ってみましょ ステップ合わせ踊れば 熱く燃えてくる ヨコハマ・ルンバ 踊ってみよう 夢の扉が開く ヨコハマ ラブストーリー  ヨコハマ・ルンバ 踊ってみましょ 心の鎖ほどいて 恋の始まりさ ヨコハマ・ルンバ 踊ってみよう 甘い視線がからむ ヨコハマ ラブストーリー
三陸大漁祝い歌三本木智子三本木智子秋浩二秋浩二松井タツオ山背の風が 吹けば 活気(いき)づく港 男たちが 荒波を越えて 海へ出る 苦労重ねて大漁の 旗をさす よかった よがった いがったな さあさあ みんなで 飲んで歌おう 三陸大漁 アー ヨイショ 祝い歌  ぶつかる潮の 流れ カモメが騒ぐ 潮の目だ 飛ぶしぶき浴びて 網を引く イカに鮪にブリに鯛 釣り上げる よかった よがった いがったな さあさあ みんなで 乾杯しよう 三陸大漁 アー ヨイショ 祝い歌  漁場が俺の 土俵 命を張って 勝負する 陸(おか)で待つ女房が 眼に浮かぶ 諦めた鉢巻根性の 華が咲く よかった よがった いがったな さあさあ みんなで 飲んで歌おう 三陸大漁 アー ヨイショ 祝い酒
ルリエの花三本木智子三本木智子秋浩二秋浩二松井タツオ押し寄せる 波にも負けず 泥にも 負けないで 来る春を 密かに 待ってる花よ 生きること 歩むこと 辛く苦しいけど… キミがいる ボクがいる 愛する 町がある 幸せを 願うよに ルリエの 花が咲く  この土地に 生まれて育ち ずっと 暮らして来た これからも この地で 生きて行きたい 輝きの 季節は 足踏みだけど… キミがいる ボクがいる 愛する 町がある 幸せを 願うよに ルリエの 花が咲く  生きること 歩むこと 辛く苦しいけど… キミがいる ボクがいる 愛する 町がある 幸せを 願うよに ルリエの 花が咲く
しょんぼり東京辰巳ゆうと辰巳ゆうと麻こよみ影山時則松井タツオ小雨に濡れる 仲見世通り 男のため息 また滲む 便りも途絶えて 今頃は どうしているのか 元気でいるか 噂たずねて 浅草あたり 一人しょんぼり 雨の東京  改札口で 別れた君を 止めれば良かった あの時に 都会の暮らしを 夢に見て どうしているのか 泣いてはないか 傘の花咲く 道玄坂で 一人たたずむ 雨の東京  笑顔が揺れる ふたりの写真 も一度会えたら 離さない あきらめきれない 今もまだ どうしているのか 幸せなのか ビルの谷間の 新宿あたり 一人しょんぼり 雨の東京
Tokyo カーニバル加宮ゆうき加宮ゆうき伊藤美和雷神拓弥松井タツオ君と逢うたびに この胸が躍る 運命の 出会い そうあの日から 君の視線 感じるだけで ハートはいつも ショートしてしまう  どんな言葉なんかよりも 深い深い この愛を ああ伝えるから 本気なんだ 本気なんだ 抱きしめたい…  熱く 熱く 熱く燃える 恋に 恋に 恋に溺れて 朝が来るまで 奪い去りたい 甘く 甘く 甘く君と 夢に 夢に 夢に酔いたい 二人の Tokyoカーニバル  街のイルミネーション 空の星よりも まぶしいよ 君の そうあの笑顔 不意に見せる 憂いな瞳 思わせぶりに 僕を惑わせる  千の願いなんかよりも ひとつだけのこの愛を ああ叶えたくて 永遠に 永遠に 抱きしめたい…  熱く 熱く 熱く燃える 恋の 恋の 恋のステップ 朝が来るまで 踊り明かそう 甘く 甘く 甘く君と 夜に 夜に 夜に溶けたい 二人の Tokyoカーニバル  どんな言葉なんかよりも 深い深い この愛を ああ伝えるから 本気なんだ 本気なんだ 抱きしめたい…  熱く 熱く 熱く燃える 恋に 恋に 恋に溺れて 朝が来るまで 奪い去りたい 甘く 甘く 甘く君と 夢に 夢に 夢に酔いたい 二人の Tokyoカーニバル
霧雨波止場加宮ゆうき加宮ゆうきみやび恵雷神拓弥松井タツオ小雨(こさめ)が冷たく ふたりを濡らす 抱き寄せ歩いた ベイサイド 誰よりも 愛しているわ 潤んだ瞳で 囁きながら なぜ おまえは 黙って消えた 空が泣いてた 霧雨波止場  夢追う邪魔には なりたくないと 始発に乗ったと 聞かされた やさしさに 甘えた罰か 戻りはしないと 分かっていても まだ おまえを 探してしまう 恋の抜け殻 浮かべる波止場  思い出拾って 彷徨(さまよ)う夜は ブルース切ない ベイサイド 今さらさ 未練な愚痴さ あの時すべてを 捨てられたなら ただ おまえを 追いかけたなら ひとり佇む 霧雨波止場
おさげと花と地蔵さんと三山ひろし三山ひろし東條寿三郎細川潤一松井タツオ指をまるめて のぞいたら 黙ってみんな 泣いていた 日昏(ひぐ)れの空の その向こう さようなら 呼べば遠くで さようなら おさげと 花と 地蔵さんと  あれから三年 もう三月 変わらず今も あのままで 空見て立って いるのやら さようなら 耳をすませば さようなら おさげと 花と 地蔵さんと  なんにもいわずに 手を上げて 爪(つま)立ちながら 見てたっけ 思いはめぐる 茜(あかね)空 さようなら 呼べばどこかで さようなら おさげと 花と 地蔵さんと
黄昏のビギン三山ひろし三山ひろし永六輔中村八大松井タツオ雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
ロザリオの島三山ひろし三山ひろしたなかゆきを林伊佐緒松井タツオ静かにひびく 鐘の音(ね)に 君をいとしむ 夜の海 二度と逢えない 微笑みは 銀のマリヤに 偲ぶだけ さよなら天草よ ロザリオの島  泪でつづる 思い出は 好きとはじめて 告げた夜 何も云わずに 教会の 坂を上(のぼ)って 行った女(ひと) さよなら天草よ ロザリオの島  まことの愛が ある限り 君は心の 中に住む いのちはかない 不知火(しらぬい)は たとえこのまま 消えるとも さよなら天草よ ロザリオの島
氷酒城月琉衣城月琉衣大前裕子南城よしお松井タツオいいえ いいのよ 別れの理由(わけ)は さだめのせいに しておくわ 今はただ 熱い 熱い この思い 消すこと できない 氷酒 飲めば 消せるかしら でもね 出会えて よかったわ  いいえ いいのよ 謝らないで 幸せならば あきらめる いつまでも しがみ しがみ つくなんて 格好 悪いわ 氷酒 飲めば 泣けるかしら でもね 愛して よかったわ  いいえ いいのよ わたしの好きな お店の外は 月あかり 約束は ここで ここで お終(しま)いね この手を 離して 氷酒 飲めば 酔えるかしら でもね 最後に 歌ってよ
それでも夢を見て城月琉衣城月琉衣高橋直人南城よしお松井タツオ朝を迎え いつものように 窓を開けて 風を入れる 季節めぐり 今年も咲いた 鉢の花に 水をあげる 青空仰ぐ ゆとりもないほど 頑張った昔もあったけど それでも夢を見て 生きてきた ささやかな暮らしを ささえあい それでも夢を見て 生きて行(ゆ)く  急ぎ足で 時間は過ぎて 遠くなった 若い時代 うしろ向けば おもいで続く 道の果てに 浮かぶ故郷(こきょう) 人生行路(こうろ) 苦労はつきもの しあわせは小さな おまけだと それでも夢を見て 生きてきた いつの日か明日は 終わるけど それでも夢を見て 生きて行(ゆ)く  青空仰ぐ ゆとりもないほど 頑張った昔も あったけど それでも夢を見て 生きてきた ささやかな暮らしを ささえあい それでも夢を見て 生きて行(ゆ)く
そしてそれから…三代祐二三代祐二礼恭司みちあゆむ松井タツオ背中にいたい 視線 それは…‥ 恋の予感 出逢いはいつも 突然すぎて まちぶせられた 運命(うんめい)みたいに 差し出すその手 はらえない グラスのお酒 拒めない ドラマチックに 誘われて 夜から夜へ そしてそれから…  言葉はなくて いいの それが…‥ 大人どうし みつめる瞳 ほどいた心 踊りましょうか 踊っていたいの キャンドルライト 窓灯り シルクの町は 銀の雨 夢のつづきを 追いかけて 指から指へ そしてそれから…  キャンドルライト 窓灯り シルクの町は 銀の雨 ドラマチックに 愛されて 指から指へ そしてそれから…
冬枯れの町で三代祐二 with Yuki三代祐二 with Yuki礼恭司みちあゆむ松井タツオ逢うたびあなたに 魅かれてゆくの 同じ気持ちさ このおれも 小雨の舗道 人影消えて アカシアの町は セピアにけむる 水色 銀色 しのび雨 あなたとあなたと 冬枯れの町で  哀しくなるほど あなたが好きよ そんなおまえが 愛しいよ エルムの並木 より添いながら どこまでもふたり このままふたり  冬枯れの町で 水色 銀色 切な雨 さよならできない 冬枯れの町よ  あなたの心の 小さな部屋に 住んでみないか 今日からは 都会は濡れて 星さえ消えて リラ冷えの町は 眠りの中さ 水色 銀色 といき雨 あなたとあなたと 冬枯れの町で
ふるさとのはなしをしよう羽山みずき羽山みずき伊野上のぼるキダタロー松井タツオ砂山に さわぐ潮風 かつお舟 はいる浜辺の 夕焼けが 海をいろどる きみの知らない ぼくのふるさと ふるさとの はなしをしよう  鳴る花火 ならぶ夜店に 縁日の まちのともしび 下町の 夜が匂うよ きみが生まれた きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう  今頃は 丘の畑に 桃の実が 赤くなるころ 遠い日の 夢の数々 ぼくは知りたい きみのふるさと ふるさとの はなしをしよう
知床旅情羽山みずき羽山みずき森繁久弥森繁久弥松井タツオ知床の岬に はまなすの咲くころ 思い出しておくれ 俺たちの事を 飲んで騒いで 丘にのぼれば はるかクナシリに 白夜は明ける  旅の情か 酔うほどにさまよい 浜に出てみれば 月は照る波の上(え) 今宵こそ君を 抱きしめんと 岩かげに寄れば ピリカが笑う  別れの日は来た 知床の村にも 君は出てゆく 峠をこえて 忘れちゃいやだよ 気まぐれカラスさん 私を泣かすな 白いかもめを 白いかもめを
ひろしの故郷自慢ぜよ三山ひろし三山ひろし小野彩中村典正松井タツオはぁ~あぁ~ 土佐の高知はしょうえいよ はりまや橋の 恋物語 ひろめ市場に 日曜市は 買ってよし 食べてよし 賑わう通りを 見守る高知城  はぁ~あぁ~ 足摺岬の初日の出 春を告げるは 雪割桜 ゆずの花咲く 季節のあとは 土佐の高知も 夏盛り 鳴子を両手に よさこい祭りぜよ  はぁ~あぁ~ 春の名物初ガツオ 赤くて甘い フルーツトマト 夏は涼しい 屋形船 四万十川に淀川 天然鰻に 鮎釣り手長海老  はぁ~あぁ~ 秋は新高梨(にいたか)四方竹 脂がのった 戻りガツオ 冬が来たなら 室戸の金目鯛(きんめ) 軍鶏(しゃも)鍋に 清水さば 可杯(べくはい)片手に 酒酌み交わすぜよ  はぁ~あぁ~ 月の名所は桂浜 日の出に向かう 龍馬の姿 胸を揺さぶる 歴史のロマン 明治維新の 礎を 築いて叫ぶは 日本の夜明けぜよ  はぁ~あぁ~ 自慢まだまだあるけんど ちょうど時間と なったぜよ まっことへんしも 来とおせや その笑顔 待っちゅうきね これがひろしの 故郷(ふるさと)自慢ぜよ
硝子坂川野夏美川野夏美島武実宇崎竜童松井タツオ悲しいのでしょうと 夢の中 見知らぬ人の問いかけに 声もだせずに うなずいて それは あなたが やっぱり 好きだから いじわるな あなたは いつでも 坂の上から 手招きだけを くりかえす 私の前には 硝子坂 きらきら光る 硝子坂  行けるのでしょうかと 夢の中 見知らぬ人に訪ねては 涙こぼして 横向いて それも あなたが やっぱり 好きだから いじわるな あなたは いつでも 坂の上から 手招きだけを くりかえす 私の前には 硝子坂 きらきら光る 硝子坂  とうとう来たねと 夢の中 うれしいはずの問いかけに 何故かすなおに なれなくて それは あなたの せいだと 言えないわ  いじわるな あなたが たたずむ 坂に向って さよならの 手を振るつもり きらきら飛び散る 硝子坂 きらきら消えた 硝子坂
あなたならどうする川野夏美川野夏美なかにし礼筒美京平松井タツオ嫌われてしまったの 愛する人に 捨てられて しまったの 紙クズみたいに 私のどこが いけないの それともあの人が 変わったの 残されてしまったの 雨降る町に 悲しみの眼の中を あの人が逃げる あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたなら  私のどこが いけないの それとも誰かを 愛したの 忘れられてしまったの 愛した人に 何が出来るというの 女がひとりで あなたならどうする あなたならどうする 泣くの歩くの 死んじゃうの あなたなら あなたなら
城ヶ島の雨川野夏美川野夏美北原白秋梁田貞松井タツオ雨はふるふる城ヶ島の磯に 利休鼠の雨がふる  雨は真珠か夜明けの霧か それともわたしの忍び泣き  舟はゆくゆく通り矢のはなを 濡れて帆上げたぬしの舟  ええ舟は櫓でやる 櫓は唄でやる 唄は船頭さんの心意気  雨はふるふる日はうす曇る 舟はゆくゆく帆がかすむ
だから言ったじゃないの川野夏美川野夏美松井由利夫島田逸平松井タツオ「あんた泣いてんのネ」 だから言ったじゃないの 港の酒場へ飲みにくる 男なんかの言うことを バカネ ほんきに ほんきにするなんて まったくあんたは うぶなのね 罪なやつだよ 鴎鳥  「あんた泣いてんのネ」 だから言ったじゃないの 男の言葉にだまされて さんざ私も泣かされた バカネ 今さら 今さらぐちなんて 言ってもむだだわ やめましょね 港女は強いはず  「あんた泣いてんのネ」 だから言ったじゃないの めそめそしないで捨てちゃいな なにさ港の恋なんか バカネ 何時まで 何時まで泣いてんの どんなにこがれて まったとて 帰るもんかよあの男
アンコ椿は恋の花川野夏美川野夏美星野哲郎市川昭介松井タツオ三日おくれの 便りをのせて 船が行く行く 波浮港 いくら好きでも あなたは遠い 波の彼方へ 去ったきり あんこ便りは あんこ便りは あゝ 片便り  三原山から 吹き出す煙 北へなびけば 思い出す 惚れちゃならない 都の人に よせる思いが 灯ともえて あんこ椿は あんこ椿は あゝ すゝり泣き  風にひらひら かすりの裾が 舞えばはずかし 十六の 長い黒髪 プッツリ切って かえるカモメに たくしたや あんこつぼみは あんこつぼみは あゝ 恋の花
生きることが下手な、お前に佳山明生佳山明生田久保真見佳山明生松井タツオ生きることが 下手なお前は 貧乏くじでも 笑って引いて 朝から夜中まで 働いて 自分を捨てて 頑張ってきた お前に 人生の 敢闘賞を 贈るよ  生きることが 上手なやつに 踏み台にされて 沈みかけても 自分の弱さだと 言いきかせ 生きる姿に 教えられたよ ほんとの強さとは 優しさだって 知ったよ  これで俺も 終わったかもと 冗談まじりに 話したあの夜(よ) お前は慰めも 言わないで めずらしいほど ガンガン呑んで こんな俺のために 泣いてくれたな ありがとう
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
最後の一打で 決めりゃいい児島ちはる児島ちはる礼恭司ペペル伴松井タツオ四季を彩(いろど)る 名コース 速いグリーンと勝負する  北には赤城山(あかぎ) 西には榛名山(はるな) 景色を見渡し ティーショット スイスイスイング 飛んでゆけ… OBバンカー なんのその 最後の一打で 決めりゃいい 決めりゃいい  桜見上げる 露天風呂 桃に赤松 三波石(さんばせき)  背中流して 身体(からだ)を清め 天然温泉 かけ流し チャプチャプチャップリ 爽快だ… 心(こころ)癒(いや)して 福寿乃湯(ふくじゅのゆ) 見下ろす眺望(ちょうぼう) 最高だ最高だ  梅の香りに 誘われて 今日も蜜蜂(みつばち) 花に舞う  八角堂(はっかくどう)に 明神神社(みょうじんじんじゃ) 皆の幸福(しあわせ) 祈ってる ホーホーほけきょと うぐいすが… 春を呼ぶ呼ぶ にぎやかに こんなにいい処(とこ) ないと鳴く ないと鳴く
いつまでも…ペペル伴&児島ちはるペペル伴&児島ちはる礼恭司ペペル伴松井タツオ塵(ちり)も積もれば 山となる 知恵と汗とで 宝の山に 努力惜しまぬ 蘇生(そせい)の匠(たくみ) 大事な資源を 永遠に 一緒に守ろう 大地と空を どこまでも いつまでも いつまでも  一途邁進(いちづまいしん) 今日もまた 受けた身命(しんめい) なげうつ心 真心込めて この世に尽くす 皆(みんな)の笑顔が 我が願い 一緒に守ろう 綺麗な地球 どこまでも いつまでも いつまでも  時代(とき)の流れの 声を聴き 遥か未来を あおいで創造(つく)る 夢をこの手に 心に愛を 希望と輝き 次世代に 一緒に守ろう 世界の平和 どこまでも いつまでも いつまでも どこまでも いつまでも いつまでも
あなたは灯台三山ひろし三山ひろし久仁京介中村典正松井タツオあなたに会えた あの時は 海にでたばかり… 木の葉の舟で 身をもみながら 希望を胸に 乗り越えた ありがとう あなたの笑顔 信じてよかった ありがとう わたしを照らす あなたは灯台  無駄にも見えた あの苦労 それが宝もの… 見果てぬ夢で 終わらぬように 夕日に祈り 燃えていた ありがとう あなたの笑顔 信じてよかった ありがとう わたしを照らす あなたは灯台  ありがとう あなたの笑顔 信じてよかった ありがとう わたしを照らす あなたは灯台  ありがとう あなたの笑顔 信じてよかった ありがとう わたしを照らす あなたは灯台 あなたは灯台
男の火花大川栄策大川栄策秋浩二筑紫竜平松井タツオ空に轟く 触れ太鼓 燃やす闘志は 男の火花 裸一貫 土俵の上で 天下無双の 一気寄り 大和魂(ごころ)の ど根性 明日は男の 華が咲く  母も夢見た 晴れ雄姿(すがた) 意地で掴んだ 男の舞台 情け無用は 土俵の掟 握るこぶしに 血が滾(たぎ)る 燃やす男の ど根性 明日は笑顔の 花が咲く  髷(まげ)も際立つ 大銀杏(おおいちょう) 行くぞ怒濤の 血潮が燃える 男運命(いのち)を 土俵に賭けて 天下無敵の 押し相撲 大和魂(ごころ)の ど根性 明日は男の 華が咲く
生きているのだから叶竜也叶竜也永井龍雲永井龍雲松井タツオいつもと同じような 始まりで 恋の旅へと 船出する わかりきった 別離(わかれ)の港に たとえ 辿り着こうとも 仕方ないじゃないか 生きているのだから  いつもと同じような 風が吹き 心隙間を 擦り抜ける 生まれ付いた 孤独の獣が 愛に背き 突き放す 仕方ないじゃないか 生きているのだから  いつもと同じような 結末で 恋の頁を 締め括る 疲れきった 優しい女が そっと 去って行こうとも 仕方ないじゃないか 生きているのだから
三春にひとりまえみつこまえみつこ結城忍笠間千保子松井タツオおんなの命 恋の炎(ひ)が 燃えているよな 滝桜 愛したあなたが 探した夢に ついて行きたい 行かれない 老いた両親(ふたおや) 小さな姿が目に浮かぶ あなたのいない 三春の空に陽(ひ)が落ちる  春まだ浅い 日暮れ時 飲んではしゃいで 酔いしれた 今では帰らぬ 思い出なのと 胸に聞かせて ひとり酒 相馬(そうま)ふるさと 一緒に暮らして欲しいのと ひとこと言えず 陰で送った三春駅  運命(さだめ)と決めて 諦める それも私の 愛だから 涙でかすんだ あの山の嶺(みね) 未練引くよに 風も泣く いつか逢えると はかない希望(のぞみ)を秘めながら 一人の部屋に ふたつ並んだ三春駒
逢いたくて…逢わなくてまえみつこ&金子史郎まえみつこ&金子史郎はじめ一笠間千保子松井タツオほどよい風が 遠い日の あの夏夕暮れ 思い出す 夕日射し込む あの部屋に 置手紙 あれから十年経ったのか よみがえる愛 もどらぬ二人 愛しさに痛み叫ぶ この胸よ 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて  愛は陽炎(かげろう) うつりゆく あの日のあの時 切ないよ ふたりの夢を 忘れない 信じてた 明日(あす)という日がまわるのを 果てしない愛 戻らぬ二人 恋しさに涙叫ぶ この体 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて  不思議なものね 女って 別れを決めたの 好きだから 不思議なものさ 男もね 別れた女を 愛してる よみがえる愛 戻らぬ二人 愛しさに痛み叫ぶ この胸よ 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて  よみがえる愛 (よみがえる愛) 戻らぬ二人 (戻らぬ二人) 愛しさに痛み叫ぶ この胸よ 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて 逢わなくて 逢いたくて
恋の坂道逢川まさき逢川まさき藤井芽衣一修松井タツオ俺の名字によく似合う お前の名前 そう言って 私の肩抱き寄せた 函館夜景は天の川 添えますか 恋ですね 愛ですね 信じていいですね 八幡坂にロマンティックな 星も流れる  二人出逢ったドラの音が 聞こえた街に お前と住みたい 貴方の言葉 横浜夜景はサファイアの 雨が降る 行きましょう 歩きましょう 貴方と濡れましょう 紅葉坂はみなとみらいの 恋の道行き  俺の命が尽きるまで つくしたいのさ 私の手を取り 指輪を挿した 長崎夜景は物語 泣きそうよ 抱(いだ)かれて 結ばれて 夢に包まれて オランダ坂に帷(とばり)もおりて 祈る天主堂
天晴れ人生出雲光一出雲光一秋浩二秋浩二松井タツオ風に打たれて 雨に濡れても 生きる望みは 果てなく燃える ああ人生の 節目を迎えて 大きな 志(こころ)で また登る 男だ 勝ち誇れ 親指突き挙げて  川の流れも あの山 雲も 俺も一緒に 生きている ああ人生の 節目に佇み 焦らず 慌てず しなやかに 男だ 存分に 一度の人生を  明日の命を 運に任せて 生きる勇気は 揺るぎない ああ人生の 節目を越えて 己を おごらず 円(まろ)やかに 男だ 勝ち誇れ 親指突き挙げて
ひだまりのキズナ出雲光一出雲光一秋浩二秋浩二松井タツオ久しぶりに 今日は父子(おやこ)で テーブル囲んで 鍋料理 軽いジョークで 盛り上がり いつもの父と子に戻る もしも辛い事が あったら父さんに 遠慮をしないで 話しておくれ 君が背負う 心の傷は 父さんの傷になり 君が願う 希望は 父さんの 希望になる  部屋に飾った 古い写真は いたずら盛りの 頃のもの 君が小学五年生 今でも笑顔は変わらない 愚痴も言わずに 頑張り続ける 姿を見てると 涙が落ちる 君が想う 明日の夢は 父さんの 夢になり 君が描く 未来は 父さんの 未来になる  人生の旅路は デコボコ途(みち)だけど いつかは必ず 光る思い出 君が背負う 心の傷は 父さんの傷になり 君が願う 希望は 父さんの 希望になる
愚痴酒場林蔵之介林蔵之介前田信久高野朝寿松井タツオ夜の銀座の 裏通り 灯るネオンに 人影浮かぶ なぜか気の合う ママの店 酒のつまみは 俺の愚痴 惚れた女の あの言葉 意気地なしだよ 愚痴酒場  グラス片手に 頬杖で 酔えば今夜も あの顔浮かぶ 男ごころが 言えなくて 悔やんでみても もう遅い 呑んで忘れる 苦い酒 酔ったふりする 愚痴酒場  どこに行っても 同じよな 愚痴で花咲く 酒飲み仲間 寂しい気持ちは 皆同じ 他人の話も 聞かぬから グラスの氷が 意見する 明日(あす)を夢見る 愚痴酒場
男の心情林蔵之介林蔵之介北一九三板谷隆司松井タツオ高い山ほど 坂道ゃ長い 晴れる日あれば 荒れる日も それを承知で 登る山 泣くな ひるむな 挫けるな 熱い想いを 抱きしめろ それが男の 男の心情(こころ)  たった一度の この世の旅で 何度も転んで 起きたやら 出逢い別れを 繰り返し 他人(ひと)の痛みを 知った今 苦労こやしで やり遂げる それが男の 男の心情(こころ)  空を見上げて 咲いてる花も しっかり大地に 根を据える こうと決めたら 迷わずに 明日(あす)を信じて 歩きゃいい 今日の一歩は 無駄じゃない それが男の 男の心情(こころ)
追憶はいつも雨福田みのる福田みのるかず翼田尾将美松井タツオ別れ間際の 哀しい瞳が 心をよぎるたび グラス重ねる ふとした迷いで こわれた愛は 雨の中消えたまま 戻らない あぁ夜毎の夢に おまえは訪れて あぁほかの女を 愛せなくする あの日から雨音が 止まずに降り続く 振り向けば追憶(おもいで)は いつも雨 雨 雨  過去を閉じ込め 忘れたふりして 心をだましても 浮かぶ面影 捜しはしないよ 幸せならば 傷つけたあやまちを 悔やんでる あぁ人生なんて 短いものだから あぁせめても一度 逢いたいけれど 窓を打つ雨音が 未練を嗤ってる 胸痛む追憶(おもいで)は いつも雨 雨 雨  あぁ夜毎の夢に おまえは訪れて あぁほかの女を 愛せなくする 酔いしれて雨音が おまえの声になる 振り向けば追憶(おもいで)は いつも雨 雨 雨
サヨナラ福田みのる福田みのる逢坂俊季田尾将美松井タツオサヨナラ サヨナラ ちょっぴり寂しいけれど サヨナラ サヨナラ 笑顔で手を振ろう  楽しい時間は すぐに過ぎ 別れの 時刻(とき)がやって来た 又一つ 思い出かさね かよわせた 心と心 あなたの拍手 優しいほほ笑み すべてに そう、ありがとう  サヨナラ サヨナラ 名残(なごり)は尽きないけれど サヨナラ サヨナラ 笑顔で手を振ろう  同じ時代に 巡り会う ささやかな これも奇跡だね 届けたい あなたの胸に 飾りたい ときめく想い 嬉しい時も 寂しい時にも いつでも 寄り添うように  サヨナラ サヨナラ 子供の頃のように サヨナラ サヨナラ 笑顔で手を振ろう  サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ サヨナラ
北の宿から北原ミレイ北原ミレイ阿久悠小林亜星松井タツオあなた変わりは ないですか 日毎寒さが つのります 着てはもらえぬ セーターを 寒さこらえて 編んでます 女心の 未練でしょう あなた恋しい 北の宿  吹雪まじりに 汽車の音 すすり泣くよに 聞こえます お酒ならべて ただ一人 涙唄など 歌います 女心の 未練でしょう あなた恋しい 北の宿  あなた死んでも いいですか 胸がしんしん 泣いてます 窓にうつして 寝化粧を しても心は 晴れません 女心の 未練でしょう あなた恋しい 北の宿
たそがれマイ・ラブ北原ミレイ北原ミレイ阿久悠筒美京平松井タツオ今は夏 そばにあなたの匂い しあわせな夢に おぼれていたけれど 夕立が 白い稲妻つれて 悲しみ色の 日ぐれにしていった しびれた指 すべり落ちた 珈琲カップ 砕け散って 私はただ あなたの目を 言葉もなく 見つめるだけ さだめという いたずらに ひきさかれそうな この愛  今は冬 そばにあなたはいない 石畳白く粉雪が舞い踊る ひきさかれ 愛はかけらになって それでも胸で 熱さをなくさない 凍える手で ひろげて読む 手紙の文字が 赤く燃えて 私はもう あなたの背に もたれかかる 夢を見てる さだめという いたずらに ひきさかれそうな この愛
五番街のマリーへ北原ミレイ北原ミレイ阿久悠都倉俊一松井タツオ五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらししているのか 見て来てほしい 五番街は古い街で 昔からの人が きっと住んでいると思う たずねてほしい マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが気がかり 五番街でうわさをきいて もしも嫁に行って 今がとてもしあわせなら 寄らずにほしい  五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらししているのか 見て来てほしい 五番街で住んだ頃は 長い髪をしてた 可愛いマリー今はどうか しらせてほしい マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが気がかり 五番街は近いけれど とても遠いところ 悪いけれどそんな思い 察してほしい
北斗の町へはやぶさはやぶさ仁井谷俊也鶴岡雅義松井タツオひと眼逢いたい北の町  函館山から 町並み見れば 愛の歳月(つきひ)が よみがえる 潮風 鐘の音 石畳 何処にあなたは いるのでしょうか ひと眼逢いたい ひと眼逢いたい北の町  ふたりで歩いた アカシア並木 今日はひとりで 風の中 想い出札幌 あの夜は 夢をやさしく 語ってくれた 時を戻して 時を戻して時計台  噂もいつしか 途絶えて消えて 小樽運河に 灯がともる 港の坂道 赤レンガ あなた探せば 他人の空似 にじむ涙の にじむ涙の北斗星  にじむ涙の北斗星
おまえにはやぶさはやぶさ岩谷時子吉田正松井タツオそばにいてくれる だけでいい 黙っていても いいんだよ 僕のほころび ぬえるのは おなじ心の 傷をもつ おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい  そばにいてくれる だけでいい 泣きたい時も ここで泣け 涙をふくのは 僕だから おなじ喜び 知るものは おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい  そばにいてくれる だけでいい 約束をした あの日から 遠くここまで 来た二人 おなじ調べを 唄うのは おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい
花街の母はやぶさはやぶさもず唱平三山敏松井タツオ他人にきかれりゃ お前のことを 年のはなれた妹と 作り笑顔で答える私 こんな苦労にケリつけて たとえひと間の部屋でよい 母と娘の 暮しが欲しい  「いくらなじんだ水でも 年頃の娘のいる左褄(ひだりづま) 住みにくうございます 浮名を流した昔もありましたが… ああ あのひと 私を残して死んだ あの人を恨みます」  厚い化粧に 憂いをかくし 酒で涙をごまかして 三味にせかれて つとめる座敷 あれが子持ちの芸者だと バカにされても夢がある それはお前の 花嫁姿  「女の盛りはアッという間です 若い妓の時代 もう私はうば桜 出る幕ないわ でも もう少し この花街に 私を置いて下さい せめてあの娘に いい花聟が 見つかりますまで」  何度死のうと 思ったことか だけど背で泣く乳呑児の 声に責められ十年過ぎた 宵に褄とる女にも きっといつかは幸福が 来ると今日まで 信じて生きた
浅草人情ストーリー逢川まさき逢川まさきTUKASA板谷隆司松井タツオ仲見世歩けば 今も昔も変わらない 粋のいい 女将さんの 掛け声響く ここで みんな生まれ 寄り添い生きてきた 下町の灯がともる 人情ストーリー ここへ来れば きっと逢える 微笑みたちに 浅草は 浅草は 夢住む都  三社の祭りが 夏の始まりを告げると もろ肌の 若者たち 血潮がたぎる 担ぐ 神輿いくつ 拍子木打ち鳴らし 競い合う艶姿 颯爽ストーリー ここへ来れば きっと逢える 初恋の日に 浅草は 浅草は 夢住む都  隅田の花火が 夜空七色に染めれば 歓声に スカイツリー 雅を添える パッと 咲いて散るが 桜の心意気 江戸前の潔さ 青春ストーリー ここへ来れば きっと逢える 生きる喜び 浅草は 浅草は 夢住む都  ここへ来れば きっと逢える 生きる喜び 浅草は 浅草は 夢住む都
浅草純情三代目逢川まさき逢川まさき井田実松井タツオ松井タツオ幼なじみが 顔並べ 焼き鳥片手に 呑んでいる 男同士の よもやま話 まだまだ 捨てたもんじゃない  やる気無くして いきがって 一度 この店 出たけれど 身勝手だよな… 根性無し 戻ってきたよ 我が家(いえ)に  あぁ…浅草三代目 手垢の付いた 幸せ通り あぁ…浅草三代目 心が通う やすらぎ通り  職人気質(かたぎ)の 父親は 店の作業着を 差し出した カッコ悪いが これしかないさ 無骨な愛に 男泣き  男は愚痴を 言わぬもの やり直せるぜ! やったるぜ! 待たせたあの娘(こ)の 微笑みに 心ほころぶ この俺さ  あぁ…浅草三代目 人それぞれの 人情通り あぁ…浅草三代目 心が通う やすらぎ通り  人は必ず 思い出す ガキだった頃の ぬくもりを 誰に言われた訳じゃなく 抱きしめていた この街を  あぁ…浅草三代目 俺が生まれた 故郷(ふるさと)通り あぁ…浅草三代目 心が通う やすらぎ通り
流星のロマンスはやぶさはやぶさ仁井谷俊也桧原さとし松井タツオ流星のロマンス…  見上げる空の 流れ星 願いごとは ただひとつ ずっと一緒に 歩きたい もっと夢中に なりたいの こんなときめき 初めてなのよ まるで夢を見てるよな 流星のロマンス  見つめる瞳 触れる指 恋に落ちて ゆきそうよ 月のしずくを 浴びながら ふたり寄り添う 夜の街 泣けてきそうよ 幸せすぎて 風がそっと頬なでる 流星のロマンス  星もはにかむ こんな夜は 愛の奇蹟 信じたい 遠い銀河の 果てまでも 連れて行ってよ 今すぐに だからサヨナラ したくはないの 夢のつづき見てみたい 流星のロマンス
涙の子守唄はやぶさはやぶさかず翼影山時則松井タツオ夢に見ました 今朝もまた 枕濡らして 目が覚めました 我が子の幸せ 祈って耐えて 可愛い盛りに 手放した あぁ母と名乗れぬ 宿命(さだめ)でも 歌ってやりたい 子守唄  あの娘にだけは幸せになって欲しい。 逢いたい、でも逢ってはいけない… せめて、あの子守唄だけは忘れないでいてくれますか…  そっとこの手に 抱き取った 母の喜び 忘れはしない 何歳(いくつ)になったと 指折り数え 逢えないつらさに 口ずさむ あぁ遠い夕暮れ 路地裏で 背中に聞かせた 子守唄  ある日のことでした。どこで聞いたのか、 あの娘が突然私を訪ねて来たんです。 びっくりして何一つ気の利いた言葉もかけてやれず、 それどころか邪険に追い返してしまいました…。 でも本当は、あの娘を抱きしめてこう言ってあげたかった。 「綺麗になったね。どうかこれからも、幸せにね…」  かげで見送る 晴れの日の 目にもまぶしい 花嫁姿 尊い育ての 両親(ふたおや)様に 涙で両手を 合わせます あぁこれが最後の 見納めと 心で歌った 子守唄
ときめいて~アモーレ沖田真早美&平浩二沖田真早美&平浩二秋浩二秋浩二松井タツオ映画(シネマ)のように 見つめ合って 踊っていたいの 触れる肩を やさしく抱き 時間を忘れる ときめいて アモーレ アモーレ 視線が絡みあう ウフフ 夢のように ステキな ステキな 熱い熱い 二人の夜ね あなたが好きよ 愛しているよ 燃える吐息 恋は二人 このままに…  午前0時 寄り添い合い くちびる重ねる ボクはキミを 一秒でも 離しはしないさ 揺らめいて アモーレ アモーレ 逢うたび 好きになる ウフフ こんなにも 眩しい 眩しい 熱い熱い 二人の夜ね 夢じゃないのね 信じていいよ 燃える吐息 恋は二人 このままに…  ときめいて アモーレ アモーレ 視線が絡みあう ウフフ 夢のように ステキな ステキな 熱い熱い 二人の夜ね あなたが好きよ 愛しているよ 燃える吐息 恋は二人 このままに…
四季の山鳥羽一郎・津吹みゆ鳥羽一郎・津吹みゆ川井倭文子弦哲也松井タツオ雪どけ水の 沢の音 青空見上げる すみれ花 若葉が光る 山なみのぞみ 歩きませんか 春の山  涼風(すずかぜ)さそう 蝉の声 峠の向こうの ふるさとへ 笑顔の友が 迎えてくれる 歩きませんか 夏の山  色づく山は 錦(にしき)いろ 想い出揺れます 燃えてます 茜(あかね)のトンボ 追いかけながら 歩きませんか 秋の山  熊笹 小路(こみち) 小雪舞い 吐く息冷たい 登り道 はげましながら こころを合わせ 歩きませんか 冬の山
松江堀川、女のものがたり川奈真理川奈真理若松隆井川裕多加松井タツオあなたと訪ねた 堀川めぐり 舟に揺られて 肩寄せ合って 二人で夢見た しあわせを 祈る女の 城下町 松江堀川 女のものがたり  一人で訪ねた 堀川めぐり なくした恋の 苦しみ耐えて 一人身を引く 淋しさに 頬うつ風の 冷たさも 松江堀川 女のものがたり  未練でしょうか 堀川めぐり 舟の炬燵(こたつ)の 温もりのこし 行き交う舟に 面影を かさねて揺れた 女の膝に 松江堀川 女のものがたり
雨の宍道湖川奈真理川奈真理若松隆井川裕多加松井タツオ雨の宍道湖 女が一人 傘もささずに 立ち止まる 橋を渡れば 殿町通り 楽しかったわ 思い出が 今でも逢いたい あの人に  雨にけむる 小さな島が よんでいるよに 泣いている 今の私に 似ているような 女心の 弱さかな 今でも逢いたい あの人に  雨は晴れても しあわせうすい あなたお願い 迎えに来てよ 向こうを見上げりゃ 松江の城が 情けほしそな 声がする 今でも逢いたい あの人に
松島情話大川栄策大川栄策秋浩二筑紫竜平松井タツオ桜のつぼみが 残雪の 風吹く港に 春を呼ぶ あなた探して せつなく燃える 夢追い人か 雨の松島 波止場にひとり 今日も逢えずに 涙をそっと 湾(うみ)に流せば ああ… 照らす月  人眼を避けて あなたと二人 くちびる重ねた 隠れ宿 濡れた黒髪 掻き上げながら あなたを待てば すすり泣くよな 遠くの鐘を 聞けばなおさら 恋しさつのる あなたが欲しい ああ… しぐれ宿  女の未練を 振り切るように 港を離れる 船が出る 恋を引き摺り おんなが一人 さすらい人か 風の雄島を 夕陽が染める そぞろ歩けば 千鳥も鳴いて 今日もあてない ああ… ひとり旅
そんなもんだぜ逢川まさき逢川まさき藤井芽衣一修松井タツオ演歌みたいな 台詞(せりふ)だと 言われた言葉が 身にしみる 情なし 縁なし 親もなし 世間 冷たい 風が吹く 人生ドラマの 筋書きは そんなもんだぜ 世の中は  何処かで笑った 男(やつ)がいて 陰で泣いてる 女(ひと)もいる カラクリ 芝居の いたずらか 過去が消せない 身の辛さ 人生ドラマの 筋書きは 誰も知るまい わかるまい  幼馴染みの酒場で 飲みながら 別れたあの娘を 思い出す 恋唄 艶歌 流し唄 ひとりしみじみ 手酌酒 人生ドラマの 筋書きは 夢が明日(あした)の 道しるべ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
母桜岩本公水岩本公水秋浩二秋浩二松井タツオおまえと一緒に 育てる木だと 母は私のために 植えてくれました 桜の花咲く 春の日は 母のぬくもり恋しくて 汽車に乗る そよ風に 揺れながら 陽(ひ)に映えて 楚々(そそ)として 麗(うるわ)しく 咲く母桜  わたしが産んだ 「一人娘よ」 母はくちぐせのように いつも言っていた エプロン姿が 似合ってた いつも家族を大切に 生きている 四方(よも)の嵐(かぜ) 身に受けて 負けないで 青い空 ふんわりと 咲く母桜  わたしと母との 描いた夢を いつか叶える日まで 守り続けたい 今年も もうすぐ 春が来る 庭の桜が咲く頃に 帰ります 冬の雪 春の雪 乗り越えて 凛として 華やかに 咲く母桜
蝶々みたいに紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ女は いくつになっても 女なのよ わかっているの ネェあんた もっと私を 見てほしいの 男なんてさ いらないなんて 強がりいってさ 私だって 蝶々みたいに ひらひら きれいに とんでみたいの 夢でもいいの あんたのそばで ホロホロ泣いて ねむりたい  女は きれいになること 忘れてきた 今からでもさ ネェあんた おそくないかな 甘えたいの ひとりだってさ さみしくないわ かわいくなかった 私だって 孔雀みたいに キラキラ きれいに 舞ってみたいの 夢でも いいの あんたのひざで ポロポロ 泣いて ねむりたい  女だったら 真赤(まっか)なバラに なりたい さきたい 私だって 蝶々みたいに ひらひら きれいに とんでみるから 素直になって あんたの胸に ゆらゆら ゆれて ねむりたい  あんたのそばに いたいから
少年時代川野夏美川野夏美井上陽水井上陽水・平井夏美松井タツオ夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様  夢が覚め 夜の中 永い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき  夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様  目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき  夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様
あの唄はもう唄わないのですか川野夏美川野夏美伊勢正三伊勢正三松井タツオ今朝 新聞の片隅に ポツンと小さく出ていました あなたのリサイタルの記事です もう一年経ったのですね  去年も一人で 誰にも知れずに 一番うしろで見てました あの唄 もう一度聞きたくて 私のために作ってくれたと 今も信じてる あの唄を…  あなたと初めて 出会ったのは 坂の途中の小さな店 あなたはいつも唄っていた 安いギターをいたわるように  いつかあなたのポケットにあった あの店のマッチ箱ひとつ 今でも 時々とりだして ひとつ つけてはすぐに消します あなたの香りがしないうちに…  雨が降る日は 近くの駅まで ひとつの傘の中 帰り道 そして二人で 口ずさんだ あの唄はもう唄わないのですか 私にとっては思い出なのに…
22才の別れ川野夏美川野夏美伊勢正三伊勢正三松井タツオあなたに さようならって 言えるのは 今日だけ 明日になって またあなたの 暖い手に触れたら きっと 言えなくなってしまう そんな気がして 私には 鏡に映った あなたの姿を 見つけられずに 私の目の前にあった 幸せにすがりついてしまった  私の誕生日に 22本のローソクをたて ひとつひとつが みんな君の 人生だねって言って 17本目からは いっしょに火をつけたのが 昨日のことのように 今はただ5年の月日が 永すぎた春と言えるだけです あなたの知らないところへ 嫁いで行く私にとって  ひとつだけこんな私の わがまま聞いてくれるなら あなたは あなたのままで 変らずにいて下さい そのままで……
夢の中へ川野夏美川野夏美井上陽水井上陽水松井タツオ探しものは何ですか? 見つけにくいものですか? カバンの中も つくえの中も 探したけれど見つからないのに  まだまだ探す気ですか? それより僕と踊りませんか? 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか?  休む事も許されず 笑う事は止められて はいつくばって はいつくばって いったい何を探しているのか  探すのをやめた時 見つかる事もよくある話で 踊りましょう 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか?  探しものは何ですか? まだまだ探す気ですか? 夢の中へ 夢の中へ 行ってみたいと思いませんか? 行ってみたいと思いませんか?
神田川川野夏美川野夏美喜多条忠南こうせつ松井タツオ貴方は もう忘れたかしら 赤い手拭 マフラーにして 二人で行った 横町の風呂屋 一緒に出ようねって 言ったのに いつも私が 待たされた 洗い髪が芯まで 冷えて 小さな石鹸 カタカタ鳴った 貴方は私の 身体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった  貴方は もう捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って 貴方が描いた 私の似顔絵 巧く描いてねって 言ったのに いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川 三畳一間の 小さな下宿 貴方は私の 指先見つめ 悲しいかいって きいたのよ 若かったあの頃 何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった
大空と大地の中で川野夏美川野夏美松山千春松山千春松井タツオ果てしない大空と 広い大地のその中で いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう  歩き出そう 明日の日に ふり返るには まだ若い ふきすさぶ 北風に とばされぬよう とばぬよう  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  生きる事が つらいとか 苦しいだとか いう前に 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ  こごえた両手に 息をふきかけて しばれた体を あたためて  果てしない大空と広い大地のその中で いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう 自分の腕でつかむよう
びりけつのジュン川野夏美川野夏美いまむら瞭いまむら瞭松井タツオ路面電車飛び乗ったり 柿の実盗(と)って怒られたり 子供の頃悪戯(いたずら)したけど 叱られるのはびりけつのジュン  焼け野原の町に帰って来たのも 終戦を随分過ぎてから 亡霊みたいに玄関に突っ立って 相変わらずびりだねぇってみんなで泣いた  そして五十年過ぎて 姉弟(きょうだい)ふたり暮らし 何度も見合いを断ったのは お荷物だったあたしが居たから ごめんね  ジュン、此の頃 子供に還ったね ジュン、あたしも 忘れそうだね 人を押しのけずに生きてきたあなたを 神様はきっと知ってるよ ジュン  歳を取ったら お散歩も難しいの 支えきれない 大好きな珈琲も 重たくて零れてしまう 先にジュンをみおくってから あたしの番だと思ってたけど 都合良くはいかないものね 独りでもちゃんと暮らすのよ  生きて帰れなかった 戦友に済まないからと 遊びの一つもすればいいじゃない おまけの人生だなんて言わずに バカだよ  ジュン、あんたは幸せだったの? ジュン、あたしは幸せだったよ こんなにも長く姉弟が一緒に 暮らしてこられたもの  ジュン、此の頃 子供に還ったね ジュン、あたしも 忘れそうだね 人を押しのけずに生きてきたあなたを 神様がきっと待ってる でも、びりでいいよ ジュン
雪ほたる立樹みか立樹みか高橋直人島浩二松井タツオ暦の中は 春なのに 心は今も 冬景色 恋のはかなさ おしえて消えた あなた偲べば 北の街 みれん…みれん舞い飛ぶ 雪ほたる  涙のしずく 凍らせて 浮かべた酒は ほろ苦い 路地の灯りに すがった風も 噂たずねて すすり泣く なごり…なごり盛り場 雪ほたる  女の肌は 寒がりで ぬくもりなけりゃ 眠れない 置いて行くのに 抱き癖つけた 罪なひとでも 憎めない 夢で…夢で逢わせて 雪ほたる
ちさとマーチ知里知里木下めろん木下めろん松井タツオうれしい時も かなしい時も 生きる喜び 胸に抱き あなたとわたし どんな時も 両手を振って つき進め  坂道 あぜ道 いばら道  さあ 1、2、3で ほら 手をつなぎ 幸せを ちさとマーチで さあ 歩いてこう  くるしい時も つらい時も みんなで歌って 越えてゆく あなたとわたし どんな時も 声を合わせて つき進め  逃げたくなる日もあるけれど  さあ 1、2、3で ほら にこやかに 喜びを ちさとマーチで さあ 歩いてこう  しあわせな時 たのしい時 みんなで分け合い 生きていこう あなたとわたし どんな時も 口笛吹いて つき進め  迷ってばかりの道だって  さあ 1、2、3で ほら 手をたたき 幸せを ちさとマーチで さあ 歩いてこう
二度惚れ紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオそぼ降る雨が 降る夜は 一人じゃ淋しい そばにいて 可愛い女に 戻れたら も一度ほれて ネエあんた 今夜はちょっと 酔ったふりして ゆらゆら あたしだってさ 女なのよ ゆらゆら 二度惚れ ほれほれ ぬくもり抱きしめて  わかっちゃいるのに 捨て台詞(ぜりふ) すがって泣いたら いいものを 一人が好きと 強がりを 馬鹿な女の もどかしさ 今夜はちょっと 酔ったふりして ゆらゆら 憎(にく)い恋しい あんたが好き ゆらゆら 二度惚れ ほれほれ 涙が頬(ほほ)ぬらす  二人をつなぐ 紅い糸 信じて生きても いいですか そんな小さな 夢あかり 寒い心を あたためて 今夜はちょっと 酔ったふりして ゆらゆら あんたでなけりゃ だめな私 ゆらゆら 二度惚れ ほれほれ 灯りをともしたい 二度惚れ ほれほれ 灯りをともしたい
人情酒場紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ二十歳の頃から この道にはいり 気づいてみれば もうこんな歳 晴れの日 曇る日 雨の日も 明日を夢見て ひたすらに ああ辛い時も そりゃあったけど 涙かくして 笑顔いっぱい 店に出る だから今夜も 酔って 陽気に飲んで 歌って 人情酒場  私のお店に いつもいる人は 気づいてみれば そう宝物 私のわがまま 何時(いつ)だって しかたないさと 笑ってさ ああどんな時も ずっとそばにいて 何も言わずに そっと微笑み 浮かべてる だから今夜も 酔って 陽気に飲んで 歌って 人情酒場  女は誰でも 陽だまり見つけて 気づいてみれば ああ幸せよ 家族のように あたたかく 人のふれあい 大切に ああうけた情けを きっと返すまで 今日もお店の 灯りともして 生きてゆく だから今夜も 酔って 陽気に飲んで 歌って 人情酒場
愛という名の港青山ひかる青山ひかる高畠じゅん子中川博之松井タツオ止める私の 手をふりきって ひとりあなたは 改札ぬけた 女心は 愛という名の港です いつか帰る きっと帰る この胸に 私が待ってて あげなけりゃ 可哀想な 可哀想な あなたですもの  はるか異国の 乾いた街で 夢の化石は みつけたかしら 女心は 愛という名の港です いつか逢える きっと逢える この部屋で お酒でまぎらす さみしさは 涙色の 涙色の 夜になります  西の空みて ためいきひとつ うわさだけでも はこんでほしい 女心は 愛という名の港です いつか終る きっと終る この旅も 信じているから 耐えられる 可哀想な 可哀想な 私ですもの
もういちどふたりで叶竜也叶竜也津田雅道松井タツオ松井タツオふとした君の仕草で あの頃に戻るよ 二十五年前と同じ 笑顔で駆け寄り 手を振る あれから長い 月日の中で 泣かせてばかり いたけれど また あげよう 新しい愛を君に 今は言える きっと言える もういちど I love you  初めて行ったローマの 約束覚えてる? 二十五年たったあとも 変わらぬ二人でいようと あれから少し 白髪も増えて 若くはないと 嘆くけど また はじめよう 新しい旅を君と 忘れないで 離れないで もういちど I love you  季節は巡り 子供も巣立ち 新婚時代 みたいだね ねえ 探そう 新しい夢をぼくと ときめきから 永久(とわ)の愛へ もういちど I love you  もういちど I love you
親父の祭り唄叶竜也叶竜也津田雅道松井タツオ松井タツオ酒も呑まなきゃ 博蛮(ばくち)も打たぬ 男手ひとつで 育ててくれた 笑ったことなど 滅多にないが 祭り囃子が 聞こえる頃にゃ ガキの昔に かえったような ハァー 親父が唄うよ 祭り唄  一人暮らしが 気ままでいいよ 頑固で通すぜ 田舎が好きだ 心配すんなよ 元気なもんさ そんな強がり 心が泣ける みんないた頃 そろって聞いた ハァー 親父が唸るよ 祭り唄  涙もろくて 無口になって 今ではひげさえ 頓着なしだ ボケてはいないか 淋しくないか おやじ達者で 長生きしろよ 稲穂色づく 季節になると ハァー 親父きこえるか 祭り唄
黒い薔薇清水節子清水節子池森しおん松井タツオ松井タツオ星が滲んで 見えなくなった 濡れてく頬を 拳で拭う 消えかかる 命 知ったおまえは 泣いたね もう誰も愛せない 夜が辛い 遠く遠く遠く 空高く いってしまった おまえの為に 遠く遠く遠く 思い切り 海に投げた深い悲しみ 黒い薔薇  はるか遠くに 外国船が ぼんやり白く 光って消えた 苦しさに 負けず いつも笑顔を 見せたね 長い髪白い指 清んだ瞳 遠く遠く遠く 空高く いってしまった おまえに届け 遠く遠く遠く どこまでも 船の後を追って漂う 黒い薔薇  遠く遠く遠く 空高く いってしまった おまえの為に 遠く遠く遠く 永遠に 忘れないと愛を誓った 黒い薔薇
野暮清水節子清水節子北爪葵松井タツオ松井タツオ風が吹くたび 息を吸って 孤独な心 冷やすのさ 夢をなくして 楽になれたと うそぶく俺は野暮だろう 闘わなけりゃ 男じゃないさ このまま命 このまま命 尽きるのか  今日に限って 酔えやしない 居場所なんか 無いけれど 俺も明日は 言えるだろうか 人生捨てたもんじゃない ここから逃げりゃ 男じゃないさ 言い訳なんて 言い訳なんて 捨ててやる  こんな時代に お前だけは 綺麗なものを 探してた 雲に隠れる 細い三日月 気付かぬ俺は野暮だろう 約束さえも 守れなかった お前はどうか お前はどうか しあわせに
ピョン太郎旅がらす飛鳥とも美飛鳥とも美碓氷夕焼・補作詩:冬弓ちひろ三原一乃松井タツオひとり ふるさと 後にして 演歌修行の ピョン太郎 手のひら返しの世の中で ないないづくしの 子守唄 ケロケロケロ クァクァ ケロクァクァ 華の舞台は (ハイハイ) まだ遠い ああ しょんぼり がっかり ひっくりカエル  祭り囃子に 誘われて 今日の湯の町 城下町 とうさんかあさん お達者か 笑顔に勇気が よみがえる ピョンピョンピョン パッパッ ピョンパッパッ 生きていりゃこそ (ハイハイ) 泣き笑い ああ どっきり しゃっくり でんぐりガエル  夢を見るのも 難しい つらい時代の 峠道 スポットライトは 月あかり 明日は演歌の 星になる ケロケロケロ クァクァ ケロクァクァ いつか叶える (ハイハイ) ど根性 ああ しんみり うっとり そっくりカエル
安波さまの唄紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ西に明神(みょうじん) 東に安波(あんば) 後ろに弁天(べんてん) 海の神様 鎮座する  浜の町ではソーリャ 男衆(しゅう)は漁に出て 女衆(しゅう)は安波さま 海の神に祈るのさ 私が嫁コに来た時は 年の初めに安波の唄で 大漁海が荒れぬよに 太鼓たたいて踊るのさ 忘れちゃならない唄なのに 誰もが唄を忘れたよ 山背(やませ)が海を渡り なぐろが来たよ こんな時こそ 思い出せ 安波さまの唄を 私が唄うよ アソーリャ ソーリャ よいやね ヨーイヨーイ よいやね  幾千年ものソーリャ 時をこえて鎮座して 海を見おろし守ったが 恩を忘れて時がすぎ この世にあるものはすべて 自分の物じゃないからさ 海の幸も山の幸 天の恵みに手をあわす 忘れちゃならない唄だから 守り続けて行くんだよ 私から嫁に 嫁から孫に 生命(いのち)をつなげて 生きるのさ 安波さまの唄を 私が唄うよ アソーリャ ソーリャ よいやね ヨーイヨーイ よいやね  鎮めておくれよ安波さま 海の神よ安波さま 昔のように みんながいた頃の 浜に戻って 欲しいのさ 安波さまの唄を 私が唄うよ アソーリャ ソーリャ よいやね ヨーイヨーイ よいやね
人生五分と五分紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ決めた道なら 愚痴など言うな 人と比べる 人生なんて 所詮この世は 五分と五分 己の弱さに勝ってこそ 必ず五分の人生が 恐れず迷わず 決めてやる そうさ人生の 夢の花が咲く  悔し涙が うれし涙に 笑顔で向かえる 今日もある 所詮この世は 五分と五分 七難八苦の道でさえ 必ず五分の人生が もがくな焦(あせ)るな 決めてやる そうさ人生の 夢の花が咲く  明日を信じて ひと足前に 遠い道でも たどり着く 所詮この世は 五分と五分 千里の道も一歩から 必ず五分の人生が 負けるな怯(ひる)むな 決めてやる そうさ人生の 夢の花が咲く
私のふるさと福島紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ私のふるさと福島は どこにも負けないうつくしま 宝の島だよ守るんだ サァサー みんなで 立ちあがれ  私が育った 浜通り 黒いダイヤで 栄えたよ 常夏気分で ハワイもあるよ オバちゃんだって フラガール ハァ~~ 沖のカモメが さわいだら 宝の島へと 船を出せ ハァ~~ 相馬恋しや なつかしや お盆になったら みな帰れ じゃんがら踊りで みな帰れ 手と手をつないでがんばろう サァサ~ みんなで 立ちあがれ  吾妻おろしの 風がふく 強い心と やさしさで 春を待って 梅桃桜 果物王国 花ざかり ハァ~~ ほんとの空がここにある すんだ心が宝物 ハァ~~ 雨が上がれば 虹の橋 わらじまつりで みな帰れ うねめまつりで みな帰れ 手と手をつないでがんばろう サァサ~ みんなで 立ちあがれ  会津磐梯山は 宝の山よ 雪どけ水で 米っこもうまい 小原庄助さんも 赤べこも 地酒をのんでおどりだす ハァ~~ 清らかに咲く 水芭蕉 人の心を育てます ハァ~~ 会津だましい ここにある 百虎まつりで みな帰れ はだかまつりで みな帰れ 手と手をつないでがんばろう サァサ~ みんなで 立ちあがれ 立ちあがれ
翁媼杉紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ生きてそえない 二人だけれど いつか必ず 結ばれたいと 勿来(なこそ)の白砂 聖地(このち)にまいて 祈りをこめて 二本の杉を たえてみせます 明日を信じ いついつの日か 春がくる つなぐ絆の 翁媼杉  樹齢1200年(長い年月) そびえる杉は ねがいをかなえた 二本の杉よ 天にひとすじ 翁(おっと)の杉と そばによりそう 媼(つま)の杉 やっとつかんだ この幸せを はなれたくない はなさない つなぐ手と手の 翁媼杉  どんな試練も 二人でいれば 山坂こえる 二本の杉よ 風や嵐が ふきあれようと 生きてゆきます これから先も 苦しみはわけあい 悲しみは愛に いついつまでも どこまでも つなぐ縁の 翁媼杉
夢桜~ふるさとバージョン~紅晴美紅晴美ひとみけい紅晴美松井タツオ翼ひろげて 沖ゆくカモメ ひとりたたずむ 塩屋崎 よせては返す 波の音 くじけちゃダメよと いわき浜 つかんでみせます この手に夢を 咲けよ 咲け咲け 華ひらけ くれない燃ゆる 夢桜  ぽっかり浮かんだ 綿雲ひとつ ひとりぼっちで 流れてる 安達太良山に 春くれば 桜のつぼみを この胸に つかんでみせます この手に夢を 咲けよ 咲け咲け 華ひらけ くれない燃ゆる 夢桜  沈む夕日に 両の手広げ 負けるものかと 猪苗代 磐梯の峰 空たかく 明日にむかって 舞うわたし つかんでみせます この手に夢を 咲けよ 咲け咲け 華ひらけ くれない燃ゆる 夢桜
横浜、濡れ衣清水節子清水節子北爪葵松井タツオ松井タツオ哀しいときは 雨が降る 思えばいつも そうだった 心変わりは 濡れ衣なのに 誤解は何も とけないまま 鳥になっても きっと同じ 群れから はぐれてしまうのよ  抱きしめて ほしかった あなただけ ほしかった だけど ここは横浜 さみしいと言えない街 ヨコハマ  絶望なんて あのときに 何度もここで 見てきたわ うわさ話は 濡れ衣なのに 強がりながら ひとりになった 風になっても きっと同じ あなたを 引きとめられないの  愛すほど 遠くなる あなたから 遠くなる だけど ここは横浜 逢いたいと言えない街 ヨコハマ  風になっても きっと同じ あなたの 瞳に映らない  抱きしめて ほしかった あなただけ ほしかった だけど ここは横浜 さみしいと言えない街 ヨコハマ
揺れて横浜清水節子清水節子池森しおん松井タツオ松井タツオ燃えて 抱かれて 夢だけ見ても 壊せぬ暮らしに 責められる 忘れちゃいけない 忘れたい 乱れちゃいけない 乱れたい 恋の麻酔が 覚めぬまま 揺れて 横浜 恋の町  風が冷たい 海岸通り 二人を見守る 白い月 進んじゃいけない 恋の道 迷っちゃいけない 戻り道 痛み覚悟で 進みます 揺れて 横浜 ベイサイド  ネオン 人波 寄り添う二人 つないだ手と手に にじむ汗 愛しちゃいけない 愛してる 溺れちゃいけない 溺れてる 恋の迷路の 行き止まり 揺れて 横浜 港町
ドッコイ夫婦節紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ本当の男がいないとか やさしさだけじゃ生きてはゆけぬ うちの父ちゃん見ておくれ 海の男だよ 家族のために 生命をかけて 大漁の夢を 胸にだき ドッコイ ドッコイ ドッコイナ ドッコイ ドッコイ ドッコイナ 夫婦節  海の男から船をとったら 陸(おか)にあがった かっぱじゃないか こんな時こそ 私の出番  さみしい時には浜にでて カモメといっしょに唄うのさ 今は父ちゃんがまんどき 負けるなよ 男度胸の ふんばりどころ 海にでるのを あきらめず ドッコイ ドッコイ ドッコイナ ドッコイ ドッコイ ドッコイナ 夫婦節  漁師のたましいをみせとくれ ボロ船なおして しぶきをあげて 荒波こえる 人生船よ  海の男の心意気 死ぬまで海に生きるのさ そんな父ちゃんどこまでも ついてゆく 潮のにおいの しみこんだ ひやけの顔が すきなのさ ドッコイ ドッコイ ドッコイナ ドッコイ ドッコイ ドッコイナ 夫婦節
ど根情桜紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオふるさとの浜辺に咲く 桜の花は いつもみんなの心に咲く花 一番に春を待って さく花だから も一度咲く日を 待っていた ホラ! 見てごらん 桜の枝に一輪 つぼみをつけている どんな時にも 負けないで 波に流され きずついても ど根情桜で 生きている  この手につかんだ 幸せが ある日突然消えてった おまえのかわりに なれるものなら じいちゃんかわって やりたかった ホラ! 見てごらん 鯉のぼりが強く 空をおよいでる じいちゃんぼくは 幸せだった だから泣かずに 空を見上げて ど根情鯉で 生きている  心にあふれる 悲しみは がまんしないで話そうよ ひとりじゃないから こんな時には いっしょにあるいて 生きようよ ホラ! 見てごらん 一本になった松が ふんばって立ってる 雨にも風にも 負けないで 波にのまれて たたかれても ど根情松で 生きている 今は一輪二輪の花だけど いつかこの木に夢の花が ど根情桜で 生きてゆく 生きてゆく
釜山の月清水節子清水節子中谷純平松井タツオ松井タツオキムチつまんで 焼酎あおる それがやりかた 俺たちの 男が男で 生きるには 祖国(くに)も名前も ことばもいらぬ 酒と遊ぶも 俺流さ 港・釜山(ぷさん)の…月と呑む  酒で過去(むかし)を 洗えるならば みんな流せる 胸の傷 男が女に 惚れるとは いのち燃やして つらぬくことさ 紅く咲いても 待つだけの 港・釜山の…恋椿  月が照らした 海峡渡りゃ そこによく似た 友がいる 男が男を 通すには 道理(みち)をまっすぐ 歩けばいいが そんな時代も もう昔 港・釜山の…月も泣く
愛の魔法清水節子清水節子中谷純平青山伸松井タツオさみしさを ベッドに座らせ あなたのぬくもり さがす夜 哀しみの 扉を半分 あけたままあなた 霧の中  アモーレ だれのせい… アモーレ どうなるの… 愛の魔法に かかったままで 孤独の部屋で 暮らしてゆけない せめて夢見る 女でいさせて~  口紅も 涙も躰(からだ)も あなたの好みに 染められて この胸の すき間に忍んで かけぬけたあなた 手品師ね  アモーレ だれのせい… アモーレ どうするの… 愛の魔法が とけないままで 最後の恋に 乗りかえられない せめて別れの 愛鍵かえして~  アモーレ だれのせい… アモーレ どうするの… 愛の魔法が とけないままで 最後の恋に 乗りかえられない せめて別れの 愛鍵かえして~
大漁ちゃんちゃんASHITAASHITA冬夏松井タツオ松井タツオ東の空が 焼ける頃 大漁汽笛が 鳴り響く 港一番乗り 競う船 ぶえん鰹に キンチャク船の さつま黒潮 きばらん海 かあちゃん炊き出し お釜も吹いて 準備OK 枕崎 とうちゃんちゃんちゃんちゃん お帰り あんちゃんちゃんちゃんちゃん お疲れ みんな揃って しあわせよ  荷揚げの船を 空にする 荷役の鼻歌 軽やかに 魚を仕分けりゃ 競りが立つ 御満座荒れ吹きゃ 寒ブリ来たね 氷見の男の 祝い酒 キトキトお刺身 ぶっかけ醤油 準備OK 氷見港 とうちゃんちゃんちゃんちゃん 肩もみ かあちゃんちゃんちゃんちゃん 腰もみ お疲れ様で ありがとう  お膳に踊る お魚を デコトラ山盛り 積み込んで 街へと届ける お兄さん ホッケに水ダコ タラバにサケの 北海釧路は 大騒ぎ ぶつぎり魚の 三平汁で 準備OK 釧路港 おいちゃんちゃんちゃんちゃん ブンブン にいちゃんちゃんちゃんちゃん ブンブン みんな大好き あいしてる
銀舎利~元氣ごはん~ASHITAASHITA冬夏松井タツオ松井タツオ今日は家族で ドライブ お鍋と お米積み込み 河原にテント張ったら 薪拾いします 石積み上げた竈(かまど)に お米シャリシャリ 研いだら お鍋に移し火を付け ご飯を炊きましょう! はじめチョロチョロ 中パッパ 噴きはじめたら 火を引いて お腹鳴っても 蓋とるな まだ まだ まだ 「手を洗っといでぇー」「ハーイ!」  昔の人はこうして 竈でごはんを炊いた 薪で炊くから美味しい おこげができます 近くに畑在ったら 旬のお野菜貰って 小鍋で少し湯がいて 醤油で食べましょう はじめチョロチョロ 中パッパ 噴きはじめたら 火を引いて お腹鳴っても 蓋とるな ほら ほら ほら 「お箸ならべて」「ハーイ!」  便利便利と 云うけど 手間隙かけたものは 心がこもってるから 幸せを運ぶ 新米が食べれるのも 毎年田んぼ耕し 作る人がいればこそ ホントにありがとう! はじめチョロチョロ 中パッパ 噴きはじめたら 火を引いて お腹鳴っても 蓋とるな さあ さあ さあ 「みんなごはんよー!」「ハーイ!」
ずーっと大阪や唐渡吉則唐渡吉則吉幾三吉幾三松井タツオ春の風吹く 宗右衛門町 二人出逢って ずーっとおる ケンカもしたな… 泣かせもしたな… お前が居たなら 今があるんや OSAKA…OSAKA… ずーっとずーっと大阪や OSAKA…OSAKA… ずーっと大阪や  泣いて笑って この街で 情け教えて くれた人 通天閣よ… いつも居てくれて… 辛抱 我慢を お前…してくれた OSAKA…OSAKA… ずーっとずーっと大阪や OSAKA…OSAKA… ずーっと大阪や  夢をにぎって これからも 壁に傘にと なるという お前の寝顔… 何度泣いたやろう 二人でこの街 生きて行くんやで… OSAKA…OSAKA… ずーっとずーっと大阪や OSAKA…OSAKA… ずーっと大阪や
祝歌紅晴美紅晴美作田博紅晴美松井タツオおぼろ月 水面にうつす 影うれし 明日は 嫁いでゆく娘 今宵の酒は 前祝い 切な涙を こらえて唄う おまえと作った え… 祝歌  花吹雪 白いうなじに 舞い落ちる 今朝は 嫁いでゆく娘 倖せ祈る 艶姿 うれし涙を かくして唄う あなたと作った え… 祝歌  金屏風 花嫁御寮の 晴れ姿 和ドレス姿 良く似合う 宴の主役は らんじゃの香 晴れの涙を ほこって唄う 夫婦で作った え… 祝歌
あんた紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオなんでこんな女と いるのかと 世間の人は 笑うでしょうね ちっともかわいくない私 いつも強がるばかりだし いやになっちゃうね そんな私の どこがいいのかと あんたに聞いてみた 俺がいなけりゃ 誰が守るのさ そんなあんたが あぁ 好きなのさ  あんたといると わがままになる わかっちゃいるけど やめられないわ こんな女は 初めてと 微笑むあんたを みていると ちょっと幸せになる そんな私の どこがいいのかと あんたに聞いてみた 俺がいなけりゃ お前は駄目になる そんなあんたが あぁ 好きなのさ  たとえ誰も わからなくても おまえのことは 俺がしっている 口では強がりいってても 誰より寂しい女だと 俺がわかってる そんな私で本当にいいのかと あんたに聞いてみた 俺がお前のそばにいてやると そんなあんたがあぁ 好きなのさ
じゃんがら恋唄紅晴美紅晴美紅晴美紅晴美松井タツオ私の生まれた町は ハーモニカ長屋で 夫婦げんかも貧乏も つつぬけだから人情の町 あれから何年たったのか いつも思い出す いろんな人が笑ったり 酒をのんだり唄ったり ボタ山すぎて この道曲がれば にぎやかな町が あるはずだった 私のふるさとどこへいったのさ 家をすてて みんなどこへいったのさ さみしいよ せつないよ 胸がいたくなる ポロポロとポロポロと 涙が落ちる  雨よふれふれ 私の涙を流しておくれ 耳をすませば 聞こえてくるよ じゃんがらの音が  まぶたをとじれば父ちゃんが ニッコリ笑ってる 泣くんじゃないよその思い うたに生きろとささやいた 花さかじいさん顔まけで 枝に登って花さかす そんな父ちゃん大好きで いつも夢見て泣いていた 祭りの日には やぐらの回りを唄をうたって踊ったよ 私のふるさと 山ん中 みんなみんな 山ん中 もどってよ かえってよ じゃんがらうちならせ ジャンジャンとジャンジャンと山にひびけ  なりひびけ 舞いあがれ 雨をしずめてよ キラキラとキラキラと 山に虹がでる
夢劇場玉ちゃん玉ちゃん中谷純平水野昭太郎松井タツオ人の情けと 浮世の義理は 風の吹きよで 裏表 男の人生…夢劇場 四角い舞台で 恩義を借りて きょうと云う日を 積み上げる  陰に日向に 支えてくれる 俺にゃ自慢の 恋い女房 男の人生…夢劇場 おまえがいたから 歩いてこれた 見せてやりたい 華舞台  石の上にも 我慢を据えりゃ 意地も根も張る 花も咲く 男の人生…夢劇場 一生修行さ 選んだ道は 俺の轍 俺の道
奥美濃 おんな道八汐亜矢子八汐亜矢子小木曽松次郎井川裕多加松井タツオ心の寒さに 温もりくれた そんなあなたに 胸焦がす ここは奥美濃 馬坂峠 人の運命の 別れ道 風に乱れて あぁ…おんなの峠道  雪まだ深く 春待つ花は 女ごころの 淋しさよ そっと顔出す 雪割り草ね 時の流れに 負けないで 辛させつなさ あぁ…おんなの峠道  深い谷間の 根雪も解けて 薄墨桜の 美しさ 色の移りに 未練を捨てて 点す灯りの 恋ひとつ 離さないでね あぁ…おんなの峠道
みんな de カンパイ!伊達めぐみ伊達めぐみ松井タツオ松井タツオ松井タツオビール ビール ビール ビール ビール 行った? みんなで カンパイ!  なんこつ カシラ 手羽先 ねぎま 砂肝 レバー みんな塩がいい! とりあえず ビール 人数分だけ すぐ出るもの 枝豆に奴っこ  ビール ビール ビール ビール ビール 行った? それでは カンパイ! ビール ビール ビール ビール ビール 行った? みんなで カンパイ!  中とろ いくら えんがわ 帆立 数の子 穴子 ネギトロ 手巻きで! とりあえず ビール あがりはまだあと 下足も焼いて サビは少しだけ  ビール ビール ビール ビール ビール 行った? それでは カンパイ! ビール ビール ビール ビール ビール 行った? あなたと カンパイ!  タン塩 ロース 骨つきカルビ 上ミノ ハラミ トントロ ホルモン とりあえず ビール カクテキにキムチ ワカメスープ 石焼きビビンバ  ビール ビール ビール ビール ビール 行った? それでは カンパイ! ビール ビール ビール ビール ビール 行った? みんなで カンパイ!  ビール ビール ビール ビール ビール 行った? それでは カンパイ! ビール ビール ビール ビール ビール 行った? 最後に カンパイ!  飲みすぎないでネェ~!!
哀愁の湖堀内美和堀内美和くまがいやすのりはせゆうすけ松井タツオ静かに 静かに 煙る湖に 悲しく 一人 想い出す あすを誓った 恋なのに 帰って来てよ ねぇ あなた 落ち葉漂う 山景色  淋しく 淋しく 眠る湖に 優しいあなたの その笑顔 愛しているよと 抱きしめて 今すぐ来てよ ねぇ あなた すすき揺れてる 風の中  せつなく せつなく 一人湖に あなたの面影 つのります 今でもおまえを 好きだよと 戻って来てよ ねぇ あなた 夕やみせまる 夜の窓
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. Masterplan
  3. さよーならまたいつか!
  4. ライラック
  5. 366日

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Masterplan
  2. 相思相愛
  3. Penalty
  4. 笑い話
  5. カリスマジャンボリー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×