×

中村八大作曲の歌詞一覧リスト  213曲中 1-213曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
213曲中 1-213曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
黄昏のビギン佳山明生佳山明生永六輔中村八大雨に濡れてた 黄昏の街 貴方と逢った 初めての夜 二人の肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた 雨がやんでた 黄昏の街 あなたの瞳に うるむ星影  夕暮れ晴れた 黄昏の街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス胸元に 雨のしずくかネックレス こきざみにふるえてた 二人だけの 黄昏の街 並木の影の 初めてのキッス 初めてのキッス
明日があるさオメでたい頭でなによりオメでたい頭でなにより青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきって ダイアルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ 明日(あす)がある 若い僕には夢がある いつかはきっと いつかはきっと わかってくれるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ
上を向いて歩こうウカスカジーウカスカジー永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜
遠くへ行きたい森山直太朗森山直太朗永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい  知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と 巡り逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か幸せを  愛する人と 巡り逢いたい どこか遠くへ 行きたい
芽ばえて、そして秋元順子秋元順子永六輔中村八大あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたっておちて 私に芽生えた あなたへの愛 芽生えて ひよわな 愛の心を やさしくやさしく 育てる月日 やがては私を 抱きしめる愛  その愛が 私を育てた愛が 今は 私をくるしめ 悩ませるの あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたっておちて それが終りの あなたへの愛  その愛が 私を育てた愛が 今は 私をくるしめ 悩ませるの あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたっておちて それが終りの あなたへの愛  あなたへの愛‥‥
上を向いて歩こう三山ひろし三山ひろし永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう斉藤和義斉藤和義永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
おさななじみ由紀さおり 安田祥子 featuring 木山裕策由紀さおり 安田祥子 featuring 木山裕策永六輔中村八大おさななじみの 想い出は 青いレモンの 味がする 閉じる瞼の そのうらに おさない姿の 君と僕  お手手つないで 幼稚園 つみ木ぶらんこ 紙芝居 胸にさがった ハンカチの 君の名前が 読めたっけ  小学校の 運動会 君は一等 僕はびり 泣きたい気持で ゴールイン そのまま家(うち)まで 駆(か)けたっけ  にきびの中に 顔がある 毎朝鏡と にらめっこ セーラー服が よく似合う 君が他人に 見えたっけ  出すあてなしの ラブレター 書いて何度も 読みかえし あなたのイニシャル なんとなく 書いて破いて 捨てたっけ  学校出てから 久しぶり ばったり逢ったら 二人共 アベック同士の すれちがい 眠れなかった 夜だっけ  あくる日あなたに 電話して 食事をしたいと 言った時 急に感じた 胸さわぎ 心の霧が 晴れたっけ  その日のうちの プロポーズ その夜のうちの 口づけは おさななじみの 倖せに かおるレモンの 味だっけ  あれから二年目 僕たちは 若い陽気な パパとママ それから四年目 幼な子は お手手つないで 幼稚園  おさななじみの 想い出は 青いレモンの 味がする 愛のしるしの いとし子は 遠い昔の 君と僕
明日があるさのんとも。Mのんとも。M青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろ 明日がある 明日がある 明日があるさ
上を向いて歩こう木山裕策木山裕策永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に 上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに 上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
黄昏のビギン半崎美子半崎美子永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス  初めてのキス
帰ろかな福田こうへい福田こうへい永六輔中村八大淋(さみ)しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷(くに)のおふくろ 便りじゃ元気 だけど気になる やっぱり親子 帰ろかな 帰るのよそうかな  恋しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 村のあの娘(こ)は 数えて十九 そぞろ気になる やっぱりほの字 帰ろかな 帰るのよそうかな  嬉(うれ)しくて 言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな やればやれそな 東京暮し 嫁も貰(もら)って おふくろ孝行 帰ろかな 迎えに行こうかな
世界の国からこんにちは三山ひろし三山ひろし島田陽子中村八大こんにちは こんにちは 西のくにから こんにちは こんにちは 東のくにから こんにちは こんにちは 世界のひとが こんにちは こんにちは さくらの国で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 月の宇宙へ こんにちは こんにちは 地球をとび出す こんにちは こんにちは 世界の夢が こんにちは こんにちは みどりの丘で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 笑顔あふれる こんにちは こんにちは 心のそこから こんにちは こんにちは 世界をむすぶ こんにちは こんにちは 日本の国で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう こんにちは こんにちは 握手をしよう
遠くへ行きたい三山ひろし三山ひろし永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
涙をこえてベイビーブーベイビーブーかぜ耕士中村八大心の中で明日が 明るく光る 翳りを知らぬ若い 心の中で この世で たった一度 めぐりあえる明日 それを信じて  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて  明日につづく明日も 明るいでしょう こんなに胸がはずむ ふくれた夢で なにかが 心さそう たのしいことが明日 きっとありそう  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて  ラララ... ラララ...  涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて
黄昏のビギン西田あい西田あい永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス  初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたい菅原洋一菅原洋一永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
遠くへ行きたい柴田淳柴田淳永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめてみたい どこか遠くへ 行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
黄昏のビギン柴田淳柴田淳永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳 うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン三山ひろし三山ひろし永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギンベイビーブーベイビーブー永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたいベイビーブーベイビーブー永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
黄昏のビギン市川由紀乃市川由紀乃永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたいChageChage永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  どこか遠くへ行きたい
上を向いて歩こう由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの 夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの 夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの 夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの 夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの 夜 一人ぽっちの 夜
遠くへ行きたい由紀さおり・安田祥子由紀さおり・安田祥子永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
黄昏のビギン純名里沙純名里沙永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黒い花びら八代亜紀八代亜紀永六輔中村八大黒い花びら 静かに散った あの人は帰らぬ 遠い夢 俺は知ってる 恋の悲しさ 恋の苦しさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ  黒い花びら 涙にうかべ 今は亡いあの人 ああ初恋 俺は知ってる 恋の淋しさ 恋の切なさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ
夢で逢いましょう渡辺えり渡辺えり永六輔中村八大夢で逢いましょう 夢で逢いましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も僕も 夢で逢いましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢で逢いましょう
上を向いて歩こう愛来、葉月智子、華山志歩(3B junior)愛来、葉月智子、華山志歩(3B junior)永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夢で逢いましょう谷村新司谷村新司永六輔中村八大夢であいましょう 夢であいましょう  夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに  夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに  夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう
黒い花びら秋元順子秋元順子永六輔中村八大黒い花びら 静かに散った あの人は帰らぬ 遠い夢 俺は知ってる 恋の悲しさ 恋の苦しさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ  黒い花びら 涙にうかべ 今は亡いあの人 ああ初恋 俺は知ってる 恋の淋しさ 恋の切なさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ
僕だって歌うさ永六輔永六輔永六輔中村八大一人だけの時には 僕だって歌うさ 一人だけの時なら 俺だって叫ぶさ みんなみんな あなたの好きな お前の好きな 歌を歌うのさ  一人だけの時には 僕だって泣くのさ 一人だけの時なら 俺だって泣くのさ いつもいつも 笑っている分だけ 笑顔の分だけ 涙を流すのさ  一人だけの時には 僕だって歌うさ 一人だけの時なら 俺だって叫ぶさ なぜかなぜか 村田英雄や 水原弘の歌を歌うのさ
たこ酢で一杯永六輔永六輔永六輔中村八大御存知ですか タコという奴は 痛いとか 苦しいとか 感じないんです だから自分で酢ダコになって 酒の肴にされてることを 気がついてないんです 寒いな 変だな なんだか身体がバラバラだなァと 思っているんです 思いながら喰べられちゃうんです  御存知ですか イカという奴も 痛覚つまり痛みを感じないんです だから自分でイカ刺しになったり 塩辛にされてるなんて 気がついてないんです 妙だな 窮屈だな 函館の海とは違うなァと 思っているんです 思いながら喰べられちゃうんです  僕たちは生きています 笑ったり 泣いたりいたします 僕たちは生きています 愛しあっているのです  御存知ですか あなたは自分を 怒りを 悲しみを感じてますか 知らないうちに他人を不幸に しているということに 気がついていませんか 妙だな 変だな このことに気がつかないとすれば あなたも イカでタコ 誰かに喰べられちゃうんです
娘よ永六輔永六輔永六輔中村八大娘よ 話してやろう パパがママと 初めて くちづけした日のことを 夏休みのキャンプの夜だ 螢狩りには まず目を閉じて 静かにあけろと 教えておいて キスしちゃった  娘よ 話してやろう パパがママと 初めて 喧嘩した日のことを 結婚して 七年たって パパは逢ったのさ 初恋の人に 二人で子供の自慢しあって ママのやきもちさ  娘よ 話してやろう パパとママが 初めて 泣いた日のことを おとといの お昼すぎだ 素敵な若者が お前をほしいと 申しこんだぞ お前の恋人だ あとで泣けてきた  娘よ おめでとう パパもママも あの野郎がとても 好きになったよ  あん畜生がとても 好きに なれるかな
そして想い出永六輔永六輔永六輔・丸山浩路中村八大誰かと話がしたい 楽しく話がしたい めぐり逢う誰かと ふるさとの話 そして想い出 想い出 雪舞う山 波よせる海 なつかしい祭 祭  あなたと話がしたい 楽しく話がしたい みつめあうあなたと 初恋の話 そして想い出 想い出 おいしいコーヒー 約束したデート 待ち呆けの失恋  二人で話がしたい 楽しく話がしたい よりそう二人 ハネムーンの話 そして未来を 未来を かわすくちづけ 愛しあう二人 素晴らしい夢を 君に
生きていてよかった永六輔永六輔永六輔中村八大手と手 さしのべて 固くにぎりしめよう 人と人をつなぐ あたたかなものが 言葉ではいえない あたたかなものが ホラ 今流れはじめて 歌になる 歌になる  生きていてよかった 生きていてよかった 君と逢えたのだもの 生きていてよかった 愛しあうしあわせ 明日のあるしあわせ 君と逢えたのだもの 生きていてよかった  一人ぼっちなら 仲間をみつけよう 腕を組み肩をだき 共に歌う時 淋しさを楽しさを 共に歌う時 ホラ もう一人ではない 仲間 仲間  生きていてよかった 生きていてよかった 君と暮らせるなんて 生きていてよかった これからは仲間さ 明日のある仲間さ 君と暮らせるなんて 生きていてよかった  生きていてよかった 生きていてよかった 君と暮らせるなんて 生きていてよかった これからは仲間さ 明日のある仲間さ 君と暮らせるなんて 生きていてよかった  君と暮らせるなんて 生きていてよかった
生きているということは永六輔、デューク・エイセス永六輔、デューク・エイセス永六輔中村八大生きているということは 誰かに借りをつくること 生きていくということは その借りを返してゆくこと 誰かに借りたら誰かに返そう 誰かにそうして貰ったように 誰かにそうしてあげよう  生きていくということは 誰かと手をつなぐこと つないだ手のぬくもりを 忘れないでいること めぐり逢い愛しあいやがて別れの日 その時に悔まないように 今日を明日を生きよう  人は一人では生きてゆけない 誰も一人では歩いてゆけない
こんにちは赤ちゃん永六輔、デューク・エイセス永六輔、デューク・エイセス永六輔中村八大こんにちは赤ちゃん お前の笑顔 こんにちは赤ちゃん お前の泣き声 その小さな手 つぶらな目玉 はじめまして 僕が親父だ  こんにちは赤ちゃん お前の生命 こんにちは赤ちゃん お前の未来に この幸せが母さんの望みだ はじめまして 僕が親父だ  二人だけの愛のしるし すこやかに美しく育てと祈る  こんにちは赤ちゃん 頼みがあるんだ こんにちは赤ちゃん 時々はママと ホラ二人だけの 静かな夜を つくってほしい 頼むぜ赤ちゃん 頼むぜ赤ちゃん おやすみ赤ちゃん 僕が親父だ
いつもの小道で永六輔、デューク・エイセス、由紀さおり永六輔、デューク・エイセス、由紀さおり永六輔中村八大いつもの小道で目と目があった いつものように目と目をそらせた 通りすぎるだけの二人のデイト  いつもの小道で手と手が触れた いつものように手と手は離れた 通りすぎるだけの二人のデイト  いつか あいさつしよう そして名前をきこう お茶を飲んで 映画にさそおう 星の降る夜に散歩をしよう  いつもの小道で目と目があった その日はなぜか涙ぐんでいた その日限りだった二人のデイト 二人のデイト
嫌いな人に逢ったことが無い永六輔、六輔シンガーズ永六輔、六輔シンガーズ永六輔中村八大I never met a man I didn't like 私は嫌いな人に逢ったことが無い どんな人でも好きになれるから あなたがもしも いやな人でも 好きになれるところを みつけ出そう I never met a man I didn't like あなたも私からそれをみつけ出してほしい  Welcome trouble Welcome stranger 誰だって嫌いなことをやりたがりはしない わがままで 嘘つきで 弱虫だけど 笑顔をつくり いやなことでも 好きになれるところから始めよう Welcome trouble Welcome stranger いやなことほど 笑顔で受けとめよう  あなたを愛して その愛に疲れ 別れたい時もくるだろう その時にこそ 新しい愛を みつけだそう 育てよう  I never met a man I didn't like
若い旅永六輔、六輔シンガーズ永六輔、六輔シンガーズ永六輔中村八大君と歩こう 手と手つなごう 若い旅 山を登ろう 歌を歌おう 君の好きな  森を抜けよう 愛を語ろう あの木蔭 海に叫ぼう 波にどなろう 君が好きだと  金も荷物もないけれど 僕には君がある 二人で行こう あてが無くても 若い旅人  街を歩こう 声をかけよう こんにちは 村を歩こう 裸足になろう 夕焼小焼  朝は歩こう 夜は語ろう 流れ星 明日も歩こう 二人でつくろう 生きたしるしを  金も荷物もないけれど 僕には君がある 二人で行こう あてが無くても 若い旅人  森を抜けよう 愛を語ろう あの木蔭 海に叫ぼう 波にどなろう 君が好きだと  金も荷物もないけれど 僕には君がある 二人で行こう あてが無くても 若い旅人
生きるものの歌永六輔、六輔シンガーズ永六輔、六輔シンガーズ永六輔中村八大あなたが この世に生れ あなたが この世を去る わたしが この世に生れ わたしが この世を去る その時 愛はあるか その時 夢はあるか そこに 幸せな別れがあるだろうか あるだろうか  もし世界が平和に満ちていても 悲しみは襲ってくる 殺されなくても人は死に 誰もがいつか別れてゆく 世界が平和でも 悲しい夜はくる 誰もが耐えて生きてゆく 思い出と 歌が あなたを支えてゆくだろう  あなたが この世に生れ あなたが この世を去る わたしが この世に生れ わたしが この世を去る その時 未来はある その時 涙がある そこに 生きるものの歌がある 歌がある
いつのまにか永六輔、六輔シンガーズ永六輔、六輔シンガーズ永六輔中村八大いつのまにか 年をとって いつのまにか 親父に似てきた僕 いつのまにか 年をとって いつのまにか 僕に似てきた息子  不思議なもの いつのまに なんとなく なんとなく 苦笑い  いつのまにか 年をとって いつのまにか 母親に似てきたあなた いつのまにか 年をとって いつのまにか 僕たち似たもの夫婦  不思議なもの いつのまに なんとなく なんとなく 苦笑い  いつのまにか 世の中が いつのまにか 幸せに なってゆけば いいのだけれど これだけは なんとなくは いかないもの  いつのまにか 年をとって いつのまにか やりたかった事もできず いつのまにか 年をとって いつのまにか じゃま者扱いさ  不思議なもの いつのまに なんとなく なんとなく 苦笑い
上を向いて歩こう朝倉さや朝倉さや永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思いだす 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思いだす 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
黄昏のビギンPUSHIMPUSHIM永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
夢であいましょう坂本スミ子坂本スミ子永六輔中村八大夢であいましょう 夢であいましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋(さび)しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋(さび)しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう
芽生えて、そしてさだまさしさだまさし永六輔中村八大あなたのまつ毛が ふるえて閉じて 涙のしずくが つたって落ちて 私に芽生えた あなたへの愛  芽生えてひよわな愛の心を 優しく優しく育てる月日 やがては私を抱きしめる愛  その愛が 私が育てた愛が 今は私を苦しめ悲しめるの  あなたのまつ毛が ふるえて閉じて 涙のしずくが つたって落ちて それが終わりの あなたへの愛
娘よさだまさしさだまさし永六輔中村八大娘よ 話してやろう パパがママと 初めてくちづけした日のことを  夏休みのキャンプの夜だ ホタル狩りには まず目を閉じて 静かにあけろと 教えておいて キスしちゃった  娘よ 話してやろう パパがママと 初めてケンカした日のことを  結婚して 七年たって パパは逢ったのさ 初恋の人に 二人で子供の 自慢しあって ママのやきもちさ  娘よ 話してやろう パパとママが 初めて二人で泣いた日のことを  おとといの お昼すぎだ 素敵な若者が お前を欲しいと 申しこんだぞ お前の恋人だ あとで泣けてきた  娘よ おめでとう パパもママも あの野郎がとっても好きになったよ あんにゃろめ
ウェディング・ドレスさだまさしさだまさし永六輔中村八大誰が 着るんだろう あの ウェディング・ドレス 誰を かざるんだろう この ウェディング・ベール バラ色の夢はラララ 嫁ぐ日の晴姿  私 待っているの あなたの プロポーズ 私 答えるでしょう 小さな声で 「いいわ」 バラ色の夢はラララ 純白のウェディング・ドレス  待ちわびた 嫁ぐ日 行って来ます パパ ママ さようなら 私のお部屋 お世話になりました  誰が 着たんだろう この ウェディング・ドレス 誰を かざったろう この ウェディング・ベール 貸衣裳でもいいのよ 幸福な私達  私 借りました この ウェディング・ドレス 私 誓います この 永遠(とこしえ)の愛 借りたのはドレスだけ 私はあなたのもの
生きるものの歌さだまさしさだまさし永六輔中村八大あなたが この世に生まれ あなたが この世を去る わたしが この世に生まれ わたしが この世を去る その時 愛はあるか その時 夢はあるか そこに 幸せな別れがあるだろうか あるだろうか  もし世界が平和に満ちていても 悲しみは襲ってくる 殺されなくても人は死に 誰もがいつか別れていく 世界が平和でも 悲しい夜はくる 誰もが耐えて生きてゆく 思い出と友達と歌が あなたを支えてゆくだろう  あなたが この世に生まれ あなたが この世を去る わたしが この世に生まれ わたしが この世を去る その時 未来はある その時 涙がある そこに 生きるものの歌がある 歌がある  そこに 生きるものの歌がある 歌がある
夢であいましょうさだまさしさだまさし永六輔中村八大夢を見ましょう 夢を見ましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋(さび)しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋(さび)しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう
黄昏のビギン柴咲コウ柴咲コウ永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
上を向いて歩こう柴咲コウ柴咲コウ永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜
遠くへ行きたい吉幾三吉幾三永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい  知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか ひとり旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
上を向いて歩こうIrisIris永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぼっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜
黄昏のビギンパク・ジュニョンパク・ジュニョン永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン安奈淳安奈淳永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたい島津亜矢島津亜矢永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行(い)きたい  知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい どこか遠くへ 行きたい
黄昏のビギン島津亜矢島津亜矢永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
黄昏のビギン由紀さおり由紀さおり永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン井上陽水井上陽水永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
夢で逢いましょう井上陽水井上陽水永六輔中村八大夢であいましょう 夢であいましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢であいましょう
帰ろかな真木ことみ真木ことみ永六輔中村八大淋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷(くに)のおふくろ 便りじゃ元気 だけど気になる やっぱり親子 帰ろかな 帰るのよそうかな  恋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 村のあの娘は 数えて十九 そぞろ気になる やっぱりほの字 帰ろかな 帰るのよそうかな  嬉しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな やればやれそな 東京暮し 嫁も貰って おふくろ孝行 帰ろかな 迎えに行こうかな
遠くへ行きたい伍代夏子伍代夏子永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
おさななじみデューク・エイセスデューク・エイセス永六輔中村八大おさななじみの 想い出は 青いレモンの 味がする 閉じるまぶたの そのうらに おさない姿の 君と僕  お手手つないで 幼稚園 つみき ぶらんこ 紙芝居 胸にさがった ハンカチの 君の名前が 読めたっけ  小学校の 運動会 君は一等 僕はびり 泣きたい気持で ゴール・イン そのまま家まで 駆けたっけ  にきびの中に 顔がある 毎朝かがみと にらめっこ セーラー服が よく似合う 君が他人に 見えたっけ  出すあてなしの ラブ・レター 書いて何度も 読みかえし あなたのイニシャル 何んとなく 書いて破いて すてたっけ  学校出てから 久し振り ばったりあったら 二人共 アベック同士の すれ違い 眠れなかった 夜だっけ  あくる日あなたに 電話して 食事をしたいと 言った時 急に感じた 胸さわぎ 心のきりが 晴れたっけ  その日のうちの プロポーズ その夜のうちの くちづけは おさななじみの 倖せに かおるレモンの 味だっけ  あれから二年目 僕たちは 若い陽気な パパとママ それから四年目 幼な子は お手手つないで 幼稚園  おさななじみの 想い出は 青いレモンの 味がする 愛のしるしの いとし子は 遠い昔の 君と僕
続・おさななじみデューク・エイセスデューク・エイセス永六輔中村八大それから十年 いとし子は 今や育って 中学生 ニャロメ読むべし べしなのだ スカートなのだ まくるのだ  十五、十六、十七と 深夜放送で 不眠症 学校で寝不足 とりもどし 夏のキャンプで 初体験  今年も試験に 落っこちて 浪人するのも 三年目 教育ママは ヒステリィ 親父のスネは 骨と皮  やっと入った 大学は デモと封鎖と アルバイト 劇画・マージャン 女の子 遊ぶ事だけ 一人前  革マル 中核 赤軍派 ノンポリなのに つかまって 僕悪かった お母さま 明日から まじめに働くよ  今日から無気力 サラリーマン 会社は何でも コンピューター とどのつまりは めんどうと (ああ~) 結婚相手も コンピューター  (貴方はこの人と結婚するのだ)  夫婦でテレビの クイズ狂 手当り次第に 応募して まぐれあたりの 運の良さ 世界旅行も 二度三度  夫婦共々 浮気して 子供の親が わからない アッチの子供は 我が子だが コッチの子供は わからない  住めば都の 公害は 頭痛にめまいに (ゴホンゴホン) 安保ももとより 無関心 日本も幸福 君と僕  おさななじみが わらわせる 義理や人情じゃ 生きてけない おさななじみも 知らん顔 苦いレモンの 味がする  おさななじみは 今となりゃ 苦いレモンの 味がする
おさななじみ…その後デューク・エイセスデューク・エイセス永六輔中村八大あれから早くも20年 すくすく育った 子供たち 銀婚式から 高砂や おめでた続きで 初孫も  生まれた孫を 目に入れて 入れたり出したり 可愛がり バスでお出かけ 無料パス 孫とお出かけ 動物園  おさななじみの 想い出も すっかり忘れて 二人とも おさななじみの 想い出は (青い?なんだっけ りんごかな? 葡萄かな?ミカン? あっレモンだ 危ない危ない) 青いレモンの味がする  わが子 わが孫 わがひ孫 父さん 爺さん 曾祖父さん 金婚式に 集まって 平均寿命も 無事通過  平均寿命も 無事通過
遠くへ行きたいデューク・エイセスデューク・エイセス永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ行きたい 遠い街 遠い海  夢はるか一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛しあい 信じあい いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
黒い花びら壮一帆壮一帆永六輔中村八大黒い花びら 静かに散った あの人は 帰らぬ 遠い夢 俺は知ってる 恋の悲しさ 恋の苦しさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ  黒い花びら 涙にうかべ 今は亡い あの人 あゝ初恋 俺は知ってる 恋の淋しさ 恋の切なさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ
黄昏のビギン高橋真梨子高橋真梨子永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたい高橋真梨子高橋真梨子永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
上を向いて歩こう feat. Kishi Bashiシャーロット・ケイト・フォックスシャーロット・ケイト・フォックス永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 思い出す春の日 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 思い出す秋の日 一人ぼっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 一人ぼっちの夜
上を向いて歩こう石原詢子石原詢子永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっち の夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの 夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの 夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの 夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの 夜  一人ぽっちの 夜 一人ぽっちの 夜
上を向いて歩こう佐々木真央佐々木真央永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう水谷豊水谷豊永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう白鳥英美子白鳥英美子永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぽっちの夜 しあわせは雲の上に しあわせは空の上に 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜 悲しみは星の影に 悲しみは月の影に 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう玉置浩二玉置浩二永六輔中村八大上を向いて 歩こう なみだがこぼれないように 思い出す春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ 星を数えて 思い出す夏の日 一人ぽっちの夜  しあわせは雲の上に しあわせは 空の上に 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜 悲しみは 星の影に 悲しみは 月の影に 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜
遠くへ行きたい比嘉栄昇比嘉栄昇永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
黄昏のビギン比嘉栄昇比嘉栄昇永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる人影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン大竹しのぶ×山崎まさよし大竹しのぶ×山崎まさよし永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨が止んでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン高岡早紀高岡早紀永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
生きるものの歌デューク・エイセスデューク・エイセス永六輔中村八大もし世界が平和に満ちていても 悲しみは襲ってくる  あなたが この世に生まれ あなたが この世を去る わたしが この世に生まれ わたしが この世を去る その時 愛はあるか その時 夢はあるか そこに 幸せな別れがあるだろうか あるだろうか  殺されなくても人は死に 誰もがいつか別れてゆく 世界が平和でも悲しい夜はくる 誰もが耐えて生きてゆく 思い出と友達と歌が あなたを支えてゆくだろう  その時 未来はある その時 涙がある そこに 生きるものの歌がある 歌がある 歌がある
上を向いて歩こうフランク永井フランク永井永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す 春の日 ひとりぽっちの夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す 夏の日 ひとりぽっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く ひとりぽっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く ひとりぽっちの夜
こんにちは赤ちゃんGOLD LYLIC梓みちよGOLD LYLIC梓みちよ永六輔中村八大こんにちは赤ちゃん あなたの笑顔 こんにちは赤ちゃんあなたの泣き声 その小さな手 つぶらな瞳 はじめまして わたしがママよ  こんにちは赤ちゃん あなたの生命(いのち) こんにちは赤ちゃんあなたの未来に この幸福(しあわせ)が パパの希望(のぞみ)よ はじめまして わたしがママよ  ふたりだけの愛のしるし すこやかに美しく 育てといのる こんにちは赤ちゃんお願いがあるの こんにちは赤ちゃん ときどきはパパと ホラ ふたりだけの 静かな夜を つくってほしいの おやすみなさい おねがい赤ちゃん おやすみ赤ちゃん わたしがママよ
黄昏のビギン吉幾三吉幾三永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン川上大輔川上大輔永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳 うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン薬師丸ひろ子薬師丸ひろ子永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
生きているということは上條恒彦上條恒彦永六輔中村八大生きているということは 誰かに借りをつくること 生きていくということは その借りを返していくこと 誰かに借りたら 誰かに返そう 誰かにそうしてもらったように 誰かにそうしてあげよう  生きていくということは 誰かと手をつなぐこと つないだ手の温もりを 忘れないでいること めぐり逢い愛しあい やがて別れの日 その時に悔やまないように 今日を明日を生きよう  人は一人では生きてゆけない 誰も一人では歩いてゆけない  生きているということは 誰かに借りを作ること 生きていくということは その借りを返していくこと 誰かに借りたら 誰かに返そう 誰かにそうしてもらった様に 誰かにそうしてあげよう 誰かにそうしてあげよう 誰かにそうしてあげよう
明日があるさ中孝介中孝介青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もう来る頃もう来る頃 今日も待ちぼうけ 明日がある明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう声かけよう だまって見てる僕 明日がある明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まであの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある明日がある 明日があるさ  思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出てここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっといつかきっと わかってくれるだろ 明日がある明日がある 明日があるさ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
黄昏のビギンSumireSumire永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜  ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン秋元順子秋元順子永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の 初めてのキス 初めてのキス
黒い貝殻水原弘水原弘永六輔中村八大黒い貝殻 耳に押し当て波に聞く 夏の想い出 悲し あゝあゝ 冬の海に泣く 俺 砂浜に 涙のあと  黒い貝殻 頬にすりよせ 風に聞く いとしあの人 いずこ あゝ 冬の海に泣く 俺 砂浜に 涙のあと あゝ あゝ あゝ
青春を賭けろ水原弘水原弘永六輔中村八大ガッチリ イカスゼ アイゝゝゝ 女の憧れ アイゝゝゝ そいつが俺だよ アイゝゝゝ 男も惚れるぜ アイゝゝゝ 若さ賭けて体当り そら ふむ どかんと行こう まかしとけ そら 乾杯だ 手をつなこう アイゝゝゝ 讃えろ青春 アイゝゝゝ 若さ賭けて体当り そら 乾杯だ まかしとけ 若さが はち切れそうだ  ガッチリ イカスゼ アイゝゝゝ 男の憧れ アイゝゝゝ そいつが彼女さ アイゝゝゝ 女も惚れるよ アイゝゝゝ  若さ賭けて体当り そら ふむ どかんと行こう まかしとけ そら 乾杯だ 手をつなごう アイゝゝゝ 讃えろ青春 アイゝゝゝ 若さ賭けて体当り そら 乾杯だ まかしとけ 若さが はち切れそうだ  若さ賭けて体当り そら ふむ どかんと行こう まかしとけ そら 乾杯だ 手をつなごう アイゝゝゝ 讃えろ青春 アイゝゝゝ 若さ賭けて体当り そら 乾杯だ まかしとけ 若さが はち切れそうだ
黒い落葉水原弘水原弘永六輔中村八大黒い落葉が 夜の銀座を 風に吹かれる 暗い街角 ひとりぼっちで 酔いしれて 俺も今夜は 風まかせ 落葉の唄は ブルース  黒い落葉と 夜の野良犬 風に泣いてる 路地裏さ 浮いてゆれてる 水たまり 俺の涙も こぼれてら 落葉の唄は ブルース  涙ぐんでた あの娘 俺にも若さは あったのさ 落葉の唄は ブルース
別離水原弘水原弘水島哲中村八大別れようぜ 今夜かぎりに 俺もおまえも わがまますぎたのさ 若さだけで恋におぼれた 過ぎた夢も 消えて行くのさ  別れようぜ 涙おふきよ 今でも本当は おまえが好きなのさ 俺と別れて一人で生きる 明日のお前に 星も泣いてる
恋のカクテル水原弘水原弘永六輔中村八大泣いてる娘に グラスをすすめ 今夜は飲みなと 振るシェーカーは 恋に破れた この俺の せめておごりに しておくぜ 苦い酒だよ 恋のカクテル  泣いてた娘と ダイスを振れば 今夜は二人の このカウンター 交す瞳に この俺も 恋の古傷 思い出す 俺も飲みたい 夜があるのさ
黒い花びら水原弘水原弘永六輔中村八大黒い花びら 静かに散った あの人は帰らぬ 遠い夢 俺は知ってる 恋の悲しさ 恋の苦しさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ  黒い花びら 涙にうかべ 今は亡いあの人 あゝ 初恋 俺は知ってる 恋の淋しさ 恋の切なさ だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ
芽生えてそして菅原洋一菅原洋一永六輔中村八大あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたって落ちて 私に芽生えた あなたへの愛  芽生えてひ弱な 愛の心を やさしく やさしく 育てる月日 やがては私を 抱きしめる愛  その愛が 私を育てた愛が 今は私を苦しめ 悩ませるの  あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたって落ちて それが終わりの あなたへの愛  その愛が 私を育てた愛が 今は私を苦しめ 悩ませるの  あなたのまつげが ふるえてとじて なみだのしずくが つたって落ちて それが終わりの あなたへの愛 あなたへの愛
君が好き山崎まさよし山崎まさよし永六輔中村八大ドゥ ドゥ ハゥドゥユードゥ ユー ユー アイラブ ユー オー マイ ダーリン 君が好き  ウィ ウィ マドモアゼル ムゥ ムゥ ジュヴゼーム ジュテム モナミ 君が好き  ダンツ ダンツ ダンケッシェン アウフ アウフ ヴィーダゼン イッヒ リーベ ディッヒ 君が好き  アイ アイ セニョリータ コモ エスタウステ ジョテ キエロ 君が好き  世界の言葉が ここに集まる 語ろう 気軽に みんな 友達だもの  チャオ チャオ バンビーノ シィ シィ シィ グラッツェ オーソレ ミオ 君が好き  アディオス タワリシチ ホーリン チンツァイライ アデュー スィーユー アゲン 又 いつか さよなら さよなら BA
涙をこえて八神純子八神純子かぜ耕士中村八大心の中で明日が 明るく光る 翳りを知らぬ若い 心の中で この世で たった一度 めぐりあえる明日 それを信じて  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて  明日につづく明日も 明るいでしょう こんなに胸がはずむ ふくれた夢で なにかが 心さそう たのしいことが明日 きっとありそう  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて  ラララ… ラララ…  涙をこえてゆこう 輝く明日 みつめて
黄昏のビギン小野リサ小野リサ永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の蔭の 初めてのキス
黄昏のビギン蘭華蘭華永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜  ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中  あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳 うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の蔭(かげ)の 初めてのキス 初めてのキス
誰かさん坂本九坂本九永六輔中村八大あの人とヒョッコリ逢った 久し振りネとみつめたった 玉子とレモンの袋をかかえ 幸福そうだった あの人はつぶやいた 「これから逢うの」と笑っていた 心から 幸福そうだった  あの人とヒョッコリ逢った 元気ですかとみつめあった テニスのラケット 粋にかかえて 幸福そうだった あの人はつぶやいた 「別れちゃった」と笑っていた 心から 幸福そうだった  誰かと逢った めぐり逢った 幸福そうで 嬉しかった  あの人と公園で逢った 疲れているのとためいきついて 大事な人が死んだんだって 淋しそうだった あの人はブランコにのり 「なんとかなるわよ」と笑っていた 笑顔が 淋しそうだった  鏡の中で自分に逢った やっているかとみつめあった それなりに年を重ねて おちつきも出た 一人言でつぶやいた 「しっかりしなきゃ」と笑ってみた この人は 幸福なのかなァ
スポットライト坂本九坂本九永六輔中村八大星がひとつ消えた 又ひとつ 夜あけの空に消えて 雲が赤く燃える 又赤く 東の空が燃えてゆく 陽がのぼり今日という名の 舞台の幕があがる あがる 人は皆自分の人生の主役を 明日のために演じよう 演じよう  朝の光さして輝けば 誰もが皆大スター かけがえのないこの一日を この生命をかけて生きよう 人は一人一人 皆一人 今日の舞台の大スター 大スター  今日の舞台の大スター 大スター
いろはにほへと坂本九坂本九永六輔中村八大いろいろいろいろ いろはにほへと いろいろいろいろ ちりぬるを いろいろいろいろ わかよたれそ いろいろいろいろ つねならむ  お元気でしたか 久し振りです あれからいろいろありました いろんなことが いろいろあって いろんな人と いろいろあって 泣いたり 笑ったり 思い出せないほどです  お元気でしたか 変りませんね 僕にもいろいろありました いろんな時に いろいろあって いろんな奴と いろいろあって 逢ったり 別れたり 思い出したくありません  いろいろいろいろ ういのおくやま いろいろいろいろ けふこえて いろいろいろいろ あさきゆめみし いろいろいろいろ えひもせす  お元気でしたか いろはにほへと あれからいろいろありました 色は匂えど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ やっぱり あなたが 忘れられないのです  いろいろいろいろ いろはにほへと いろいろいろいろ ちりぬるを いろいろいろいろ わかよたれそ いろいろいろいろ つねならむ
灯りを消して坂本九坂本九永六輔中村八大灯りを消して 灯りを消して 生れたままの(生れたままの) 二人だけがいる 二人だけがいる 暗闇の中(暗闇の中) 二人だけの夜 二人だけの夜 愛の炎が燃える  優しく燃える 強く燃える 激しく燃える炎  灯りをつけて 灯りをつけて 生れたままの(生れたままの) 二人だけがいる 二人だけがいる むなしさの中 むなしさの中 一人のこされて 一人のこされて 愛の炎が消えた  二度と燃えない まるで燃えない つめたく消えた炎
坊や坂本九坂本九永六輔中村八大坊や おまえを見つめていると 坊や おまえがにじんでくるんだ 坊や おかしいと思うだろう さあおいで パパのところへ  坊や パパは泣き虫なのさ 坊や パパは照れているのさ 坊や おかしいと思うだろう さあおいで パパのところへ  おまえが初めて パパに笑った時 おまえが初めて 歩いてみせた時 重いランドセルによろめいた時 運動会で 一番ビリで走っていた時 おまえはいつも にじんで見えた  坊や おまえはもう若者だ 坊や おまえはパパと変らない 坊や おかしいと思うだろう  ほら又 おまえがにじむ
上を向いて歩こうシェネルシェネル永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぼっちの夜 幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 一人ぼっちの夜
恋はトマト色デューク・エイセス&中山千夏デューク・エイセス&中山千夏永六輔中村八大あなたを トマトが愛しています あの娘は それが言えないのです  トマトは淋しい片想い 一人で甘い夢をみます 夕焼けの中の二人 くちづけかわす二人 トマトの頬は真赤です  春は黄色い花びら 夏の緑に赤い実が 色づく頃二人は 愛しあえるでしょう トマトの頬は真赤です  あなたを トマトが愛しています あの娘は それが言えないのです  トマトは淋しい片想い 一人で甘い夢をみます 夕焼けの中の二人 くちづけかわす二人 トマトの頬は真赤です
私でよかったら倍賞千恵子倍賞千恵子永六輔中村八大私でよかったら 私はよろこんで あなたの胸に だかれます 明日のことは 知らない きらいになるかも しれない でもいいの 私でよかったら どうぞ  私でよかったら 私はよろこんで あなたの愛を ちかいます わかれの日は 知らない 泣きかなしむかも しれない でもいいの 私でよかったら どうぞ  私でよかったら 私はよろこんで あなたの言葉を 信じます 幸福(しあわせ)かは 知らない 苦しみぬくかも しれない でもいいの 私でよかったら どうぞ どうぞ
遠くへ行きたい倍賞千恵子倍賞千恵子永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい  知らない海を 眺めていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか ひとり旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛しあい 信じあい いつの日か しあわせを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
黄昏のビギンサエラサエラ永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 二人の肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン with 大江千里岩崎宏美岩崎宏美永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン鈴木聖美・鈴木雅之鈴木聖美・鈴木雅之永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
上を向いて歩こう村上ゆき村上ゆき永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜 上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜 幸せは雲の上に 幸せは空の上に 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜 悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜
夢で逢いましょう村上ゆき村上ゆき永六輔中村八大夢で逢いましょう 夢で逢いましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢で逢いましょう うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢で逢いましょう
初めての街でジェロジェロ永六輔中村八大初めての街で いつもの酒 ちょっと気取って 一人ぼっち 初めての人と いつもの酒 気障に口説いて みたりする みたりする  初めての店で いつもの酒 飲み方一つで 馴染みの客 初めての別れに いつもの酒 達者でいろよ 又逢おう 又逢おう  初めての涙に いつもの酒 ふってふられて 又 惚れて いつもの肴で いつもの酒 やっぱり俺は 一人じゃない 一人じゃない 一人じゃない
小唄ロックダーク・ダックスダーク・ダックス藤田敏雄中村八大もしもなれたら 花になりたい 森の小道の 花になりたい あの娘がいつか 通りかかって 僕を見つけて つみとるように もしもなれたら 花になりたい  もしもなれたら 風になりたい 夏のすずしい 風になりたい あの娘の部屋に そっとおとずれ 頬にやさしく くちづける為 もしもなれたら 風になりたい  もしもなれたら 霧になりたい 町の通りの 霧になりたい あの娘の好きな 誰かが来ても 僕につつまれ 見えないように もしもなれたら 霧になりたい  もしもなれたら 雨になりたい 冬の波止場の 雨になりたい あの娘をのせて 旅立つ船が いつになっても 出られないように もしもなれたら 雨になりたい
ブン屋小唄ダーク・ダックスダーク・ダックスみおたみずほ中村八大夜討(よう)ち 朝がけ 坐りこみ つかんだネタは ガセネタか 死んでしまえと 言いたげな 鬼のキャップの 目が笑う  ペンは強しと いうけれど 美人にゃ弱い ダンナ方 抜いて 抜かれて 気がつけば ふところ寒し 秋の空  ニクイ奴よと にらまりょが イヤな奴よと 嫌わりょが 役者はだしの トボケ顔 ごらん下さい 最終版  抜けば 抜いたで 袖にされ 抜かなきゃ 男がすたるのさ 文句あるなら 朝刊で バッチリ勝負と いきましょう  今日も あしたも あさっても ブン屋気質は 死ぬまでと さびしがらせて いるうちに かわいいあの娘は 人の妻  1升酒が 2升でも 質屋に通う いじらしさ 特ダネ記事の 蔭で泣く うちのかあちゃん 日本一
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
上を向いて歩こう松崎しげる松崎しげる永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 思い出す春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
黄昏のビギン稲垣潤一 with 島健稲垣潤一 with 島健永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
明日があるさ天童よしみ天童よしみ青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬボク 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ
黄昏のビギン中条きよし中条きよし永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたい本田路津子本田路津子永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じあい いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
白いボールのファンタジートランザムトランザム嶋田富士彦中村八大青空に輝く スタジアム フィールドに浮かぶ ユニフォーム 子供のころに 夢見た姿は 今も昔も 変わらぬままさ 白いボールの ファンタジー 流れる雲に こだまする その名は その名は パシフィック 我らの 我らの パシフィックリーグ 我らの 我らの パシフィックリーグ  スタンドにわき上がる 熱いメロディー スターとファンの ハーモニー いくつもいつでも 手に汗握り 心を燃やす ひととき求め 白いボールの ファンタジー きらめく夜空に こだまする その名は その名は パシフィック 我らの 我らの パシフィックリーグ 我らの 我らの パシフィックリーグ
黄昏のビギン八反安未果八反安未果永六輔中村八大雨に濡れてた 黄昏の街 あなたと会った 初めての夜 二人の肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに ぼくたちは 歩き続けた 雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨が止んでた 黄昏の街 あなたの瞳に 写る星影  夕空晴れた 黄昏の街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス 小刻みに ふるえてた  二人だけの 黄昏の街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン島津ゆたか島津ゆたか永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
宇宙にとびこめ中山千夏中山千夏中山千夏中村八大バァーババババババ バァーバ… 吠えろ 邪魔な鎖をひきちぎり 吠えろ 背中を伸ばして 駆けろ きつい首輪をひきちぎり 駆けろ 時間のむこうへ 犬小屋みたいな世間は 私の住み家じゃない  バァーババババババ バァーバ… 宇宙にとびこめ 自由に泳ぐんだ 空色に体を染めて 人間だもん…  バァーババババババ バァーバ… あびろ 熱い光をこの胸に あびろ 体が燃えるまで 捨てろ ほんのちっぽけ一握 捨てろ この世の夢なんか 犬小屋みたいな世間は 私の住み家じゃない  バァーババババババ バァーバ… 宇宙にとびこめ 自由に泳ぐんだ 空色に体を染めて 人間だもん…
黄昏のビギン氷川きよし氷川きよし永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
黄昏のビギン和幸和幸永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳に 夜のおとずれ  濡れたブラウス胸元に 雨のしずくかネックレス こきざみにふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
背のび坂本九坂本九永六輔中村八大19… 19… 19? 子供だな 僕は大人なんだと 背のびしてて 疲れちゃったな 僕は子供じゃないと 背のびしてて 疲れちゃったな あの人が言ってたな 若すぎるのよ あなたは 僕は大人なんだと 子供じゃないと 背のびしすぎたな  僕は涙なんか こぼすもんか 大人だもの 僕は泣きたい 泣きたい 甘ったれたい 子供だもの あの人が囁いた こうして大人になるのよ 僕は初めて恋が苦しいもんだと教えられた  あの人は23 23 23か… 大人だな 僕は大人なんだと 子供じゃないと 背のびしすぎたな 背のびしすぎたな 疲れちゃったな
生きていてよかった坂本九坂本九永六輔中村八大手と手 さしのべて 固くにぎりしめよう 人と人をつなぐ あたたかなものが 言葉ではいえない あたたかなものが ホラ 今流れはじめて 歌になる 歌になる  生きていてよかった 生きていてよかった 君と違えたのだもの 生きていてよかった 愛しあうしあわせ 明日のあるしあわせ 君と違えたのだもの 生きていてよかった  一人ぼっちなら 仲間をみつけよう 腕を組み肩をだき 共に歌う時 淋しさを楽しさを 共に歌う時 ホラ もう一人ではない 仲間 仲間  生きていてよかった 生きていてよかった 君と暮せるなんて 生きていてよかった これからは仲間さ 明日のある仲間さ 君と暮せるなんて 生きていてよかった  生きていてよかった 生きていてよかった 君と募せるなんて 生きていてよかった これからは仲間さ 明日のある仲間さ 君と暮せるなんて 生きていてよかった  君と暮せるなんて 生きていてよかった
夢で逢いましょう木村充揮×近藤房之助木村充揮×近藤房之助永六輔中村八大夢で逢いましょう 夢で逢いましょう 夜があなたを抱きしめ 夜があなたに囁く うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢で逢いましょう  うれしげに 悲しげに 楽しげに 淋しげに 夢で 夢で 君も 僕も 夢で逢いましょう
私だけのあなた江利チエミ江利チエミ永六輔中村八大遠い国に行った 私だけのあなた 遠い国にひとり 淋しげなあなた 待ちわびて 涙ぐんでも 誰も ふいてはくれない お願い 帰ってきて 私だけのあなた  私だけのあなた 淋しげなあなた 美しい この故郷で あなたに いだかれたい お願い 帰ってきて 私だけのあなた 私だけのあなた 
黄昏のビギン平山みき平山みき永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜  ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス 初めてのキス
誰かと誰かがジェリー藤尾ジェリー藤尾永六輔中村八大誰かが 誰かを 愛してる 誰かが 誰かを しのんでる 誰かは 僕 誰かは 君 誰だって 誰かを愛してる  誰かと 誰かが 唄ってら 調子はずれで 唄ってら 誰かと 誰かが 笑ってら おなかかかえて 笑ってら  声をかけて 一緒に唄おう 仲間入りして 一緒に笑おう 誰かと 誰かが 唄ってら 誰かと 誰かが 笑ってら  誰かと 誰かが キッスしてら オデコと頬に キッスしてら 誰かと 誰かが 泣いてら 涙がえくぼに たまってら  声をかけて 話を聞こう 通りすがりに ウィンクしよう 誰かと 誰かが キッスしてら 誰かと 誰かが 泣いてら  声をかけて 一緒に唄おう 仲間入りして 一緒に笑おう 誰かと 誰かが 唄ってら 誰かと 誰かが 笑ってら 誰かと 誰かが 笑ってら
遠くへ行きたいボニージャックスボニージャックス永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか一人旅 愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
芽生えてそしてちあきなおみちあきなおみ永六輔中村八大あなたのまつ毛が ふるえて閉じて 涙のしずくが伝って落ちて 私に芽生えた あなたへの愛 芽生えてひ弱な愛の心を やさしくやさしく 育てる月日 やがては私を抱きしめる愛  その愛が 私を育てた愛が 今は私を苦しめ 悲しませるの あなたのまつ毛が ふるえて閉じて 涙のしずくが伝って落ちて それが終わりの あなたへの愛  その愛が 私を育てた愛が 今は私を苦しめ 悲しませるの あなたのまつ毛が ふるえて閉じて 涙のしずくが伝って落ちて それが終わりの あなたへの愛
温度音頭三波春夫三波春夫永六輔中村八大ハァ~ 天婦羅揚げましょ 揚げましょ 一八〇度 コラサット パンも焼きましょ 焼きましょ 一八〇度 燃える太陽 百萬度 ハァ ヨイ ヨイ 今日は晴天 よかったね ソレ よかったネ よかったネ 体温計やら 温度計 ハァ ヨイショ 温度音頭の音頭とり アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭 (アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭)  ハァ~ ほどよい湯加減 湯加減 ホラ 四〇度 コラサット 熱湯好きなら 好きなら 四十三度 お酒人肌 三十六度 ハァ ヨイ ヨイ 今日は乾杯 よかったね ソレ よかったネ よかったネ 体温計やら 温度計 ハァ ヨイショ 温度音頭の音頭とり アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭 (アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭)  ハァ~ 捨てては駄目だよ 駄目だよ 煙草は 千度 コラサット 火事は二千度 二千度 ソレ 火の用心 平均体温 三十六度ハァ ヨイ ヨイ 今日も平熱 よかったね ソレ よかったネ よかったネ 体温計やら 温度計 ハァ ヨイショ 温度音頭の音頭とり アラ いゝ温度 アラ いゝ音頭
万葉集植木等植木等永六輔中村八大(朗詠) 世の中は 空しきものと 知る時し いよいよますます 悲しかりけり 千年以上も昔の男が 今と同じよな愚痴こぼす なんとかしようよ まるで同じじゃ サルに顔向け出来ないよ (朗詠) ますらをや 片恋せむと 嘆けども 思(しご)のますらを なほ恋にけり 千年以上も昔の男が 今と同じよな 片思い いやじゃありませんか 当ってくだけろ 磯のアワビじゃあるまいし (朗詠) 銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 勝れる宝 子に如かめやも 千年以上も昔の親父が 今より立派な育てぶり 学校の成績 あてにはならぬ 夢のある子が宝もの (朗詠) 万葉集 読んでつらつら おもんみた 植木等の 学のあるとこ…… なんともはや
ブランコの唄西郷輝彦西郷輝彦なかにし礼中村八大ユラ ユラ ユラリ ユラ ユラリ  坊やのブランコ 押してあげようね ごらんよ空に お星さま一つ あれはきっと 母さん星だね ほらね ほらね ユラ ユラ ユラリ ユラ ユラリ  坊やのブランコ 天まであがれ 坊やのママは やさしいママかい 甘いミルクの においがするかい いいね いいね ユラ ユラ ユラリ ユラ ユラリ  坊やのブランコ ゆりかごみたい 坊やのママは お歌が上手かい いつでも子守唄 歌ってくれるかい ラララ ラララ ユラ ユラ ユラリ ユラ ユラリ  坊やのブランコ 押してあげようね 坊やはいくつ 大きくなっても ママに優しい いい子でいてね きっと きっと ユラ ユラ ユラリ ユラ ユラリ………
世界の国からこんにちは坂本九坂本九島田陽子中村八大こんにちは こんにちは 西のくにから こんにちは こんにちは 東のくにから こんにちは こんにちは 世界のひとが こんにちは こんにちは さくらの国で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 月へ宇宙へ こんにちは こんにちは 地球をとび出す こんにちは こんにちは 世界の夢が こんにちは こんにちは みどりの丘で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 笑顔あふれる こんにちは こんにちは 心のそこから こんにちは こんにちは 世界をむすぶ こんにちは こんにちは 日本の国で 1970年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう こんにちは こんにちは 握手をしよう
素晴らしい人生水原弘水原弘竹内伸光中村八大嬉しい時に 涙流そう 悲しみは じっとこらえて  悲しい時は 微笑浮かべ 喜びを 待ちましょう  立ちこめる雲の向こうに 幸福の青空 生きている歓びを うんと吸いこもう  嬉しい時に 涙流そう 悲しみは じっとこらえて  悲しい時は 微笑浮かべ 喜びを 待ちましょう  素晴らしい人生 素晴らしい人生
夜明け夕焼け坂本九坂本九永六輔中村八大東京の夜明けは サンパウロの夕焼け テヘランの夜明けは シスコの夕焼け いつもどこかで 夜明け夕焼け  ロンドンの夜明けは タヒチの夕焼け ホノルルの夜明けは アテネの夕焼け いつもどこかに 夜明け夕焼け  まわるまわる朝と夜が 地球をまわる ジェット機 衛星 UFO ハネムーン 世界をまわる  バレンシアの春は ソフィアの秋 京都の春は ザンビアの秋 いつもどこかで 落ち葉若葉  まわるまわる春と秋が 地球をまわる 自動車 若者 船 ジャルパック 世界をまわる  北京の春は キャンベラの秋 ボリビアの春は モスクワの秋 いつもどこかに 落ち葉若葉
結婚通知坂本九坂本九永六輔中村八大昨日二人で ハガキを買った 二十円百枚 ハガキに書いた 結婚通知を 二人で書いた  いつか彼女が ハガキをくれた 十円だった ハガキに読めた 私も好きと それだけ読めた  僕は彼女に ハガキを書いた 七円だった ハガキに書いた 君が好きだと 毎日書いた  生れて 初めて 絵ハガキ出した 五円だった 切手を貼って 修学旅行で 我家に出した  親父が古い ハガキをみせた 一銭五厘と かすかに読めた 親父の親父の名前があった  親父の親父は ハガキで行った 鉄砲持って 戦争に行った 一銭五厘で 生命をすてた  親父の親父は ハガキで行った 鉄砲持って 戦争に行った 一銭五厘で 生命をすてた 一銭五厘のハガキで死んだ 一銭五厘のハガキで死んだ
刀を抜いて坂本九坂本九永六輔中村八大抜いた刀で大根切って 漬けりゃこの世は 丸くなる  ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ  刀を抜いても血は流さずに 汗を流して 働こう  ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ  お江戸名物タクワン漬けと 俺とお前の 味の良さ  ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ ポリポリのバリバリ バリバリのポリポリ  刀を抜いて
僕が君なら坂本九坂本九永六輔中村八大僕が君なら 僕が君なら 君の云ったように さよならと云おう でも僕は君じゃない 僕は君じゃない  君が僕なら 君が僕なら 僕の云うように 別れないと云う でも君は僕じゃない 君は僕じゃない  君は君 僕は僕 君は君 僕は僕  僕が君なら 僕が君なら 君が去ったように ふりむかない でも僕は君じゃない 僕は君じゃない  人は人 夢は夢 人は人 夢は夢  僕が君なら 僕が君なら こんな苦しいことに なるわけはないさ でも僕は君じゃない 僕は君じゃない でも僕は君じゃない 僕は君じゃない
うちの大物坂本九坂本九永六輔中村八大男児志を立てて郷関を出ず 学若し成るなくんば死すとも還らず  「男たらゆうもんは、泣き言ば言わんたい。」  男たらゆうもんは 泣き言ば言わんたい ばってん涙も 大切たい どぎゃんもごぎゃんも ならんときゃ じさまのごたる 男泣き  男たらゆうもんは 度胸ばひとつたい ばってん無茶は いかんたい なんでんかんでん 引受けて じさまのごたる 男伊達  男たらゆうもんは でっかく生きようち ばってん情けも 身につけろ なんじゃかんじゃ 言いよるけん じさまのごたる 心意気
雪村いづみ雪村いづみ藤田敏雄中村八大どんなに つらくてもいいの そうなの だってそのほうが いつでも あなたのことを 想っているから  手に手をそえて ほほにほほよせ 夜明けをみた人なのに 恋することを おしえたままで あれきりかえらない人  ほんとに つらくてもいいの 涙が あふれる時は いつでも 私の中に あなたがいるから  他のだれかを 愛するよりも 一人でないていたいの 私なしでは 何もできない かわいい人だったのよ  死ぬことさえも 出来ない私 夢も望みもないけど あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ  あなたがどこかで 生きてる限り つらくとも生きて行くわ ひとり
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
黄昏のビギン山川豊山川豊永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
遠くへ行きたいGOLD LYLICジェリー藤尾GOLD LYLICジェリー藤尾永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
コメットさん九重佑三子九重佑三子川崎洋中村八大一番星から見える一番星の ずっとずっとむこうから キャラロラ レリリン パッ 私の名前はコメットさん セリフ「地球にもいるんだな」 いたずらっ子 泣き虫 怒りんぼ さびしがり屋 寝ない子 甘えんぼ そら マジック・バトンで キャラロラ レリリン パッ  流れ星から見える流れ星の ずっとずっと遠くから キャラロラ レリリン パッ キャラロラ レリリン パッ 私の名前はコメットさん セリフ「地球に来てよかった」 泥んこの子 歌う子 べっかんこ 笑い上戸 みそっぱ がんばり屋  そら マジック・バトンで キャラロラ レリリン パッ そら マジック・バトンで キャラロラ レリリン パッ  そら マジック・バトンで キャラロラ レリリン パッ そら マジック・バトンで キャラロラ レリリン パッ
帰ろかな北島三郎北島三郎永六輔中村八大淋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷(くに)のおふくろ 便りじゃ元気 だけど気になる やっぱり親子 帰ろかな 帰るのよそうかな  恋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 村のあの娘は 数えて十九 そぞろ気になる やっぱりほの字 帰ろかな 帰るのよそうかな  嬉しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな やればやれそな東京暮し 嫁も貰って おふくろ孝行 帰ろかな 迎えに行こうかな
上を向いて歩こうおおたか静流おおたか静流永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜
遠くへ行きたい上條恒彦上條恒彦永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい 遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい 愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい ルルル………
上を向いて歩こうピンキーとキラーズピンキーとキラーズ永六輔中村八大上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 思い出す 春の日 ひとりぼっちの 夜  上を向いて 歩こう にじんだ 星をかぞえて 思い出す 夏の日 ひとりぽっちの 夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら 歩く ひとりぼっちの 夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて 歩こう 涙が こぼれないように 泣きながら 歩く ひとりぼっちの 夜
みんな聞いてる青春加山雄三加山雄三原六郎中村八大青い夜空が見ている所で 歌を唄おう 夢を話そう 恋も語ろうよ シャボン玉の様に飛んでゆこう 風に吹かれても消えても 悔いはないのさ みんな唄おうよ ふけゆく夜  青い海原が聞いてる所で 胸を開いて 共に語ろう 恋も打ち明けよう 僕が前から君がとても好きさ 誰がなんと言っても 好きなのさ みんな唄おうよ ふけゆく夜 みんな唄おうよ ふけゆく夜
夜の太陽加山雄三加山雄三三田恭次中村八大今日も夜が来て おれに火をつけた 胸に焼けつく 赤い恋の火よ オイラの青春は 二度と来ない どんとドドンパで 踊ろうぜ 熱い炎で 闇を焦がそう  あいつもこいつも 抱いて抱かれてる 俺も燃えるぜ 心の中が 苦い夜なんて吹き飛ばせ どんとドドンパで 踊ろうぜ 熱いくちづけで 夜を焦がそう 夜を焦がそう 焦がそう
日本一の若大将加山雄三加山雄三青島幸男中村八大ほほ俺は  ほほ若大将 ぼうや育ちだけれど 甘く見るなよ タンカも切るぜ ほほ俺は  ほほ若大将 淋しがりやだけれど 何をやっても誰にも負けぬ 古い家柄 自慢じゃないさ 俺の自慢はファイト ほほ俺にゃ ほほ夢がある 空に広がる夢が 日本一の若大将  ほほ俺は  ほほ若大将 ぼうや育ちだけれど 甘く見るなよ タンカも切るぜ ほほ俺は  ほほ若大将 淋しがりやだけれど 何をやっても誰にも負けぬ 古いのれんにゃ 未練はないさ 俺にあるのは 若さ ほほ俺にゃ ほほ夢がある 空に広がる夢が 日本一の若大将
黄昏のビギン中森明菜中森明菜永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜  ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
誰も北島三郎北島三郎永六輔中村八大エーーーエーーー ある日あいつが ひとめぼれして その日のうちに コレ恋わずらい  エーーーエーーー あいつア生まれた 赤チャンかかえて 結婚式も コレ上げそびれ  エーーーエーーー 食うや食わずでも のんきなもんだよ メシの種さえ コレ人まかせ  エーーーエーーー 世間がさわごうが 戦さが起ころうが いつもニコニコ コレ知らん顔  エーーーエーーー 人が良すぎて 年もとりすぎ 女房子供に コレすてられて  エーーーエーーー ある日あいつは ポックリいったよ 誰も悲しみゃ コレしなかった  エーーーエーーー あいつのお墓は ノッペラぼうだよ 誰も名前を コレ知らなんだ  エーーーエーーー 俺が死んだら あいつのことなんか 誰もおぼえちゃ コレいるもんか (誰も覚えちゃ コレいるもんか) エーーーエーーー エーーーエーーー
明日があるさGOLD LYLICRe:JapanGOLD LYLICRe:Japan青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もう来る頃 もう来る頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  修学旅行のバスの中 隣り合わせになれたのに 何もできず 何もできず 寝たふりしてるだけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  いつもの駅でいつも逢う 詰め襟姿のシャイな奴 今日もいない 今日もいない 風邪でもひいたかな 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  やきそば売ってる模擬店で 声かけられて驚いた あの娘がいる あの娘がいる コソコソ逃げる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  フォークダンスのパートナー めぐり巡って僕の番 手をつなごう 手をつなごう そこで目が覚めた 明日がある 明日がある 明日があるさ  徹夜で書いたラブレター そっとあの娘のロッカーに 忍ばせよう 忍ばせよう いつでも誰かいる 明日がある 明日がある 明日があるさ  ラケット握って あの人と ダブルス組めたら 嬉しいな 部活をやろう 部活をやろう でも僕 文化系!? 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ
ヤッポンシング・アウトシング・アウト井上頌一中村八大はずむ心光あふれ はるかかなたへ 夢を乗せた船を引いて 遠い明日へ 愛のある限り 愛の日を信じて 歌のひびきに 若さを信じて やがてここは 一人ずつの 夢と歌と空を広げた 世界だ ヤッポン
涙をこえてシング・アウトシング・アウトかぜ耕士中村八大心の中で明日が明るく光る 翳りを知らぬ若い心の中で この世でたった一度めぐりあえる明日 それを信じて  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日みつめて  明日に続く明日も明るいでしょう こんなに胸がはずむ ふくれた夢で なにかがこころをさそう 楽しいことが明日 きっとありそう  涙をこえてゆこう なくした過去に泣くよりは 涙をこえてゆこう 輝く明日みつめて  涙をこえてゆこう 輝く明日みつめて
黄昏のビギンPLATINA LYLICちあきなおみPLATINA LYLICちあきなおみ永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳うるむ星影  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰(かげ)の初めてのキス 初めてのキス
明日があるさ (ジョージアで行きましょう編)PLATINA LYLICウルフルズPLATINA LYLICウルフルズ青島幸男中村八大明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ  会社をおこした奴がいる 会社に残ったオレがいる あせることないさ あせることないさ 自分に言いきかす 明日がある 明日がある 明日があるさ  新しい上司はフランス人 ボディーランゲージも通用しない これはチャンス これはチャンス 勉強しなおそう 明日がある 明日がある 明日があるさ  ある日突然考えた どうしてオレはがんばっているんだろう 家族のため? 自分のため? 答えは風の中 明日がある 明日がある 明日があるさ  近頃の若いやつはとよく言うけれど 自分の頃よりだいぶまし 大目にみよう 大目に見よう 敬語ができないくらい 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ 明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろう 明日がある 明日がある 明日があるさ
上を向いて歩こうさだまさしさだまさし永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜 思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜
黄昏のビギンさだまさしさだまさし永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜  ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
おさななじみさだまさしさだまさし永六輔中村八大おさななじみの 想い出は 青いレモンの 味がする 閉じるまぶたの そのうらに おさない姿の 君と僕  お手手つないで 幼稚園 つみき ぶらんこ 紙芝居 胸にさがった ハンカチの 君の名前が 読めたっけ  小学校の 運動会 君は一等 僕はびり 泣きたい気持で ゴール・イン そのまま家まで 駈けたっけ  にきびの中に 顔がある 毎朝かがみと にらめっこ セーラー服が よく似合う 君が他人に 見えたっけ  出すあてなしの ラブ・レター 書いて何度も 読みかえし あなたのイニシャル 何となく 書いて破いて すてたっけ  学校出てから 久し振り ばったりあったら 二人共 アベック同士の すれ違い 眠れなかった 夜だっけ  あくる日あなたに 電話して 食事をしたいと 言った時 急に感じた 胸さわぎ 心のきりが 晴れたっけ  その日のうちの プロポーズ その夜のうちの くちづけは おさななじみの 倖せに かおるレモンの 味だっけ  あれから二年目 僕たちは 若い陽気な パパとママ それから四年目 幼な子は お手手つないで 幼稚園
帰ろかなさだまさしさだまさし永六輔中村八大帰ろかな 帰るのよそうかな  淋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 故郷(くに)のおふくろ 便りじゃ元気 だけど気になる やっぱり親子 帰ろかな 帰るのよそうかな  恋しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな 村のあの娘は 数えて十九 そぞろ気になる やっぱりほの字 帰ろかな 帰るのよそうかな  嬉しくて言うんじゃないが 帰ろかな 帰ろかな やればやれそな東京暮し 嫁も貰って おふくろ孝行 帰ろかな 迎えに行こうかな
故郷のようにさだまさしさだまさし永六輔中村八大あなたが故郷を愛すように 私は愛されたい愛されたい 私が故郷を愛すように あなたを愛したい愛したい  そこに生まれ育った私 あなたと見つけ育てた愛  あなたが故郷をしのぶように あなたの面影をしのぶ私  山や海がいつまでもあるように あなたの愛もいつまでも  私が故郷を忘れないよいに あなたを離さない離さない
遠くへ行きたいさだまさしさだまさし永六輔中村八大知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい 知らない海をながめていたい どこか遠くへ行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい
黄昏のビギン石川さゆり石川さゆり永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に 銀色の雨 あなたの唇 濡れていたっけ 傘もささずに 僕達は 歩きつづけた 雨の中 あのネオンが ぼやけてた 雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで 濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
雨の遊園地中尾ミエ中尾ミエ谷内六郎中村八大木立(こだち)も ぶらんこも メリーゴーランドも ベンチも みんなみんな 雨にぬれていた  木立も ぶらんこも メリーゴーランドも ベンチも みんなみんな ねずみ色  ねずみ色の雨の中 ひとりぼっちの子雀と ひとりぼっちの女の子 お話している かさの中 白いレインシューズに しずくが光る 光るしずくに涙が光る  木立も ぶらんこも メリーゴーランドも ベンチも みんなみんな 雨にぬれていた  木立も ぶらんこも メリーゴーランドも ベンチも みんなみんな ねずみ色
黄昏のビギンGOLD LYLIC水原弘GOLD LYLIC水原弘永六輔中村八大雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨 あなたの唇濡れていたっけ  傘もささずに僕達は 歩きつづけた雨の中 あのネオンがぼやけてた  雨がやんでた たそがれの街 あなたの瞳に うつる星かげ  夕空晴れた たそがれの街 あなたの瞳 夜にうるんで  濡れたブラウス 胸元に 雨のしずくか ネックレス こきざみに ふるえてた  ふたりだけの たそがれの街 並木の陰の 初めてのキス 初めてのキス
上を向いて歩こう猿岩石猿岩石永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぼっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぼっちの夜  幸せは 雲の上に 幸せは 空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぼっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜  悲しみは 星のかげに 悲しみは 月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら 歩く 一人ぼっちの夜  一人ぼっちの夜
ヒゲの唄坂本九坂本九永六輔中村八大僕にはひげがある きのうはえたひげ 大人のしるし 男のしるし  僕にはひげがある 一本だけだけど 大切なひげ 生えたてのひげ  僕は待っていた 大人になる日を 愛のささやける日を  僕にはひげがある きのうはえたひげ 大人のしるし 男のしるし  僕は待っていた ひげのそれる日を にきびの消える日を  僕にはひげがある きのうはえたひげ 大人のしるし 男のしるし 僕にはひげがある
君なんか君なんか坂本九坂本九永六輔中村八大君なんか 君なんか 好きじゃないよ 好きじゃない 僕にはいい人 沢山いるもン どうだって いいんだ 君なんか アハハのハだ  君なんか 君なんか なんとも思っちゃ いないんだ 僕はデートの 予約でいっぱい どうだって いいんだ 君なんか ウフフのフだ  君なんか 君なんか ものの数にも はいってない 僕は若いし 仕事もあるし どうだって いいんだ 君なんか イヒヒのヒだ  君なんか 君なんか そりゃ素敵な 女の子 僕もちょっとは いかれているけれど どうだって いいんだ 君なんか エヘヘのヘだ  君なんか 君なんか チットもやさしく してくれない 僕にはそれが トッテも淋しい どうだって いいんだ 僕なんか オホホイのホーイ ホーイだ ホーイだ ホーイだ ホーイ
君が好き坂本九坂本九永六輔中村八大ドゥドゥ ハゥドゥユードゥ ユーユー アイラブ ユー オー マイ ダーリン 君が好き  ウィ ウィ マドモアゼル ムゥムゥ ジュヴゼーム ジュテム モナミ 君が好き  ダンダン ダンケッシェン アウフ アウフ ヴィーダゼン イッヒ リーベ ディッヒ 君が好き  アイ アイ セニヨリータ コモ エスタウステ ジョテ キエロ 君が好き  世界の言葉が 東京に集る 語ろう 気軽に みんな 友達だもの  チャオ チャオ バンビーノ シィ シィ シィ グラッツェ オーソレ ミオ 君が好き  アディオス タワリシチ ホーリン チンツァイライ アデュー スィーユー アゲン 又 いつか さよなら さよなら BA
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夢を育てよう坂本九坂本九青島幸男中村八大夢を育てよう デッカイ夢を はてしなく ひろがる 夢を育てよう  夢を育てよう 明るい夢を いつまでも かがやく 夢を育てよう  夢を育てよう 大きな夢を かぎりなく ふくらむ 夢を育てよう  夢を育てよう みんなで夢を すばらしく 楽しい 夢を育てよう  夢を育てよう 明かるい夢を いつまでも かがやく 夢を育てよう
サヨナラ東京坂本九坂本九永六輔中村八大サヨナラ東京 サヨナラ恋の夜 はじめて逢った なつかしあの日 ふりむけば 街の灯遠く 行くてには こどくな明日 サヨナラ東京 サヨナラなかないで なみだでにじむ サヨナラ東京  サヨナラ東京 サヨナラやさし人 別れの言葉 くちづけにがく 今一人 この街を去る もとめあった 心と心 サヨナラ東京 サヨナラわすれじと 涙で唄う サヨナラ東京
あの時の約束坂本九坂本九永六輔中村八大あの時の夢は あの時の想い出 あれはあれだけの あれだけの 今は遠い夢  あの時の愛は あの時の想い出 あれはあれだけの あれだけの 今は遠い愛  忘れられてゆく 通りすぎてゆく 幸福はなぜかいつでも 後姿だけ  あの時の涙は あの時の想い出 あれはあれだけの あれだけの 今は遠い涙  あの時の嘘は あの時の想い出 あれはあれだけの あれだけの 今は遠い嘘  二度と帰らない 青春は還らない 人生は何故かいつでも 後姿だけ  あの時の約束 あの時の想い出 あれはあれだけの あれだけの あの時の約束  あれはあれだけの あれだけの あの時の約束  あれはあれだけの あれだけの あの時の約束
そして想い出大島花子、大島舞子大島花子、大島舞子永六輔・丸山浩路中村八大誰かと話がしたい 楽しく話がしたい  めぐり逢う誰かと ふるさとの話 そして想い出 想い出  雪舞う山 波寄せる海 なつかしい祭 祭  あなたと 話がしたい 楽しく話がしたい  みつめあうあなたと 初恋の話 そして想い出 想い出  おいしいコーヒー 約束したデート 待ち呆けの 失恋  二人で話がしたい 楽しく話がしたい  よりそう二人 ハネムーンの話 そして未来を 未来を  かわすくちづけ 愛しあう二人 素晴しい夢を 君に
一人ぼっちの二人JAYWALKJAYWALK永六輔中村八大幸は僕のもの 僕達二人のもの だから二人で 手をつなごう  愛されてるのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  しあわせな朝がきたように  悲しい夜が来る時がある その時のために 手をつなごう  愛されてるのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  楽しげな 笑顔もいつかは 涙がキラリと 光るもの 誰もがみんなで 手をつなごう  愛されてるのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人
SUKIYAKIDICK LEEDICK LEE永六輔中村八大IT'S ALL BECAUSE OF YOU I'M FEELIN' SAD AND BLUE YOU WENT AWAY NOW MY LIFE IS JUST A RAINY DAY I LOVE YOU SO HOW MUCH YOU'LL NEVER KNOW YOU'VE GONE AWAY AND LEFT ME LONELY  UNTOUCHABLE MEMORIES SEEM TO KEEP HAUNTING ME,OF A LOVE SO TRUE THAT ONCE TURNED ALL MY GREY SKIES BLUE BUT YOU DISAPPEARED NOW MY EYES ARE FIELLED WITH TEARS I'M WISHING YOU WERE HERE WITH ME  SOFT WITH LOVE ARE MY THOUGHTS OF YOU NOW THAT YOU'RE GONE, I DON'T KNOW WHAT TO DO IF ONLY YOU WERE HERE YOU'D WASH AWAY MY TEARS AND ONCE AGAIN YOU'D BE MINE ALL MINE BUTIN REALITY YOU AND I WILL NEVER BE 'CAUSE YOU TOOK YOUR LOVE AWAY FROM ME  SOFT WITH LOVE ARE MY THOUGHTS OF YOU NOW THAT YOU'RE GONE, I DON'T KNOW WHAT TO DO IF ONLY YOU WERE HERE YOU'D WASH AWAY MY TEARS AND ONCE AGAIN YOU'D BE MINE ALL MINE BUTIN REALITY YOU AND I WILL NEVER BE 'CAUSE YOU TOOK YOUR LOVE AWAY FROM ME 'CAUSE YOU TOOK YOUR LOVE AWAY FROM ME
明日があるさ中西圭三中西圭三青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきって ダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろ 明日がある 明日がある 明日があるさ
上を向いて歩こう長渕剛長渕剛永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜 上を向いて歩こう……
遠くへ行きたい渥美清渥美清永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい 知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい…
こんにちは赤ちゃん中村八大シンガーズ中村八大シンガーズ永六輔中村八大こんにちは 赤ちゃん あなたの笑顔 こんにちは 赤ちゃん あなたの泣き声 そのちいさな手 つぶらな瞳 はじめまして わたしがママよ こんにちは 赤ちゃん あなたの生命 こんにちは 赤ちゃん あなたの未来に この幸福が パパの希望よ はじめまして わたしがママよ  ふたりだけの 愛のしるし すこやかに美しく 育てといのる こんにちは 赤ちゃん お願いがあるの こんにちは 赤ちゃん ときどきはパパと ホラ ふたりだけの 静かな夜を つくってほしいの おやすみなさい おねがい赤ちゃん おやすみ赤ちゃん わたしがママよ
一人ぼっちの二人moonridersmoonriders永六輔中村八大幸せは僕のもの 僕達二人のもの だから二人で 手をつなごう 愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  しあわせな朝がきたように 悲しい夜が来る時がある その時のために 手をつなごう 愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  楽しげな 笑顔もいつかは 涙がキラリと 光るもの 誰もがみんなで 手をつなごう 愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人
初めての街で西田佐知子西田佐知子永六輔中村八大初めての街で いつもの酒 ちょっと気取って 一人ぼっち  初めての人と いつもの酒 気障に口説いて みたりする  初めての店で いつもの酒 飲み方ひとつで なじみの客  初めての別れに いつもの酒 達者でいろよ 又逢おう 又逢おう  初めての涙に いつもの酒 ふってふられて 又惚れて  いつもの肴で いつもの酒 やっぱり俺は 一人じゃない 一人じゃない
帰りたい僕坂本九坂本九永六輔中村八大帰りたいどこへでもなく 誰のところへでもなく帰りたい  この心を 心のままを 抱きしめてくれるところへ帰りたい  山のかなたの空遠くても 歩きつづけて 幸せのふところに 抱きしめられたい  この心を 心のままを 抱きしめてくれるところへ帰りたい  幻の青い鳥でも 探しつづけて 幸せの両うでに 抱きしめられたい  この心を 心のままを 抱きしめてくれるところへ帰りたい
ミーケとマライケ坂本九坂本九永六輔中村八大チューリップ 咲く村に 咲いた二人の娘の名 ミーケ マライケ  約束は 風車小屋 恋人を待つ娘たち ミーケ マライケ  つつましく ひそやかな オランダ娘  待ち呆け 待ち呆け 肩すぼめる ミーケ マライケ  ポコポコと 鳴る木靴 楡の並木のレンガ道 ミーケ マライケ  待ちつかれ 涙ぐむ 白いレースのガラス越しに ミーケ マライケ  つつましく ひそやかな オランダ娘  恋人の 夢をみる 僕の夢みる ミーケ マライケ ミーケ マライケ
僕と今夜坂本九坂本九永六輔中村八大誰でもいい 誰でも 僕に聞いてくれないか 何で泣いてるのか 涙ぐむのか 僕は答える 笑って答える 泣いてなんかいないさ そんな様子に 見えただけだと  誰でもいい 誰でも 僕をなぐってくれないか 元気がない奴と だらしがないと 僕は笑ってなぐり返すさ 元気はあるこの通り そんな様子に みえただけだと  誰でもいい 誰でも 僕に話しかけてくれ なぐさめはいらない 世間話を 僕もしゃべるのさ 馬鹿な話で 朝まで笑わせてやる  誰でもいい 誰でも 何も聞かず 今夜だけ 今夜だけ 今夜だけ
これが音楽坂本九坂本九永六輔中村八大手拍子打とうよ 足ふみならそうよ 歌を歌おうよ これが音楽 手拍子打とうよ 足ふみならそうよ 歌を歌おうよ これが音楽 君もあなたも パパもおふくろも 子供も子豚も カラスもオケラも 手拍子打とうよ 足ふみならそうよ 歌を歌おうよ これが音楽  手拍子打とうよ 足ふみならそうよ 歌を歌おうよ これが音楽 レモンも金魚も 雲もジェット機も 地球も宇宙も 君もあなたも 手拍子打とうよ 足ふみならそうよ 歌を歌おうよ これが音楽
ラブ ラブ ラブ坂本九坂本九永六輔中村八大ラブ ラブ ラブ ラブ ラブ ラブ いい娘がいないかな ブラ ブラ ブラ ブラ ブラ ブラ いい娘がいないかな ウロ ウロ ウロ ウロ ウロ ウロ いい娘がいないかな キョロ キョロ キョロ キョロ キョロ キョロ いい娘がいないかな いい娘がいないかな オーマイラブ  ニヤ ニヤ ニヤ ニヤ ニヤ ニヤ いい娘がみつかった ヘラ ヘラ ヘラ ヘラ ヘラ ヘラ いい娘がみつかった ウキ ウキ ウキ ウキ ウキ ウキ いい娘がみつかった デレ デレ デレ デレ デレ デレ いい娘がみつかった いい娘がみつかった アイラブユー  アラ アラ アラ アラ アラ アラ いい娘がにげちゃった シク シク シク シク シク シク いい娘がにげちゃった プン プン プン プン プン プン いい娘がにげちゃった ブツ ブツ ブツ ブツ ブツ ブツ いい娘がにげちゃった いい娘がにげちゃった オーマイラブ  ラブ ラブ ラブ ラブ ラブ ラブ いい娘がいないかな ブラ ブラ ブラ ブラ ブラ ブラ いい娘がいないかな ウロ ウロ ウロ ウロ ウロ ウロ いい娘がいないかな キョロ キョロ キョロ キョロ キョロ キョロ いい娘がいないかな いい娘がいないかな オーマイラブ
久し振りのあなた坂本九坂本九永六輔中村八大久し振りに 君とあって なつかしさに なんとなく 昔のように 何も言わず 触れた手の 指をからませて歩く あんなにも 狂おしく 燃えた恋は どこにどこに あんなにも 狂おしく 燃えた恋は 消えていった  久し振りに 二人だけの 夜も更けて 何げなく 昔の愛を たしかめあい さぐりあい 今はただ 思い出だけ あんなにも いとおしく 燃えた恋は どこにどこに あんなにも いとおしく 燃えた恋は 消えていった  久し振りに かみしめてみる 別れの夜 思い出す 昔の言葉 上を向いて 歩きなさい 涙がこぼれるわ あんなにも 痛ましく 燃えた恋は どこにどこに あんなにも 痛ましく 燃えた恋は 消えていった
あの娘の名前はなんてんかな坂本九坂本九永六輔中村八大あの娘の名前はなんてんかな 後姿の素敵な娘 手当り次第に名前を呼べば まぐれ当りで可愛い返事 ニッコリ僕に振り向いて 「あら 私どうしましょう」 って云うかどうか わからないけど呼んでやれ 花子さん みどりさん みささん のぶ子さん ふみちゃん みっちゃん まりちゃん あいちゃん  「あれー 振り向かねえや 違っちゃってるんだな」  あの娘の名前はなんてんかな すらりと足が素敵な娘 手当り次第に名前を呼べば まぐれ当りで可愛い返事 ニッコリ僕に振り向いて 「あら あなたってステキね」 って云うかどうか わからないけど呼んでやれ まさ子さま ひろ子さま てつ子さま すみ子さま いくちゃん りこちゃん あこちゃん かよちゃん  「あれー 振り向かねえや 違っちゃってるんだな」  あの娘の名前はなんてんかな リボンの髪が素敵な娘 手当り次第に名前を呼べば まぐれ当りで可愛い返事 ニッコリ僕に振り向いて 「あなたとならば どこまでも」 って云うかどうか わからないけど呼んでやれ きよこちゃん よ−こちゃん みちこちゃん れいこちゃん  「おいおい もしもし 返事したらどうなのよ 振り向かねえや じゃこっちから行きますよ あのー あのー あれー  あの娘の名前は 「マネキン人形なんですよ」
一人ぼっちの二人坂本九坂本九永六輔中村八大幸は僕のもの 僕達二人のもの だから二人で 手をつなごう  愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  しあわせな朝がきたように 悲しい夜が来る時がある その時のために 手をつなごう  愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人  楽しげな 笑顔もいつかは 涙がキラリと 光るもの 誰もがみんなで 手をつなごう  愛されているのに さびしい僕 愛しているのに 悲しい僕 一人ぼっちの二人
上を向いて歩こうPLATINA LYLIC坂本九PLATINA LYLIC坂本九永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜
さよなら さよなら坂本九坂本九マイク真木中村八大さよなら さよなら きみに会えてよかった さよなら さよなら きみに会えてよかった さよなら さよなら とっても とっても楽しかった さよなら さよなら とっても とっても楽しかった さよなら さよなら もっと もっと話したかった さよなら さよなら もっと もっと話したかった  さよなら さよなら いつまでも いつまでもお元気で さよなら さよなら いつまでも いつまでもお元気で さよなら さよなら いつまでも いつまでも忘れない さよなら さよなら いつまでも いつまでも忘れない ルルルル……………………
そして想い出坂本九坂本九永六輔・丸山浩路中村八大誰かと話がしたい 楽しく話がしたい めぐり逢う誰かと ふるさとの話 そして想い出 想い出 雪舞う山 波よせる海 なつかしい祭 祭  あなたと話がしたい 楽しく話がしたい みつめあうあなたと 初恋の話 そして想い出 想い出 おいしいコーヒー 約束したデート 待ち呆けの失恋  二人で話がしたい 楽しく話がしたい よりそう二人 ハネムーンの話 そして未来を 未来を かわすくちづけ 愛しあう二人 素晴らしい夢を 君に
目を閉じて坂本スミ子坂本スミ子永六輔中村八大ルル… ララ… 目を閉じて受けた  やさしいくちびる うるんだひとみ はじめてのキッス  あまくにおうあなたの 腕の中のわたし 幸せに泣き濡れた はじめての愛  ルル…
さよならさよなら坂本スミ子坂本スミ子マイク真木中村八大さよなら さよなら きみに会えてよかった さよなら さよなら きみに会えてよかった さよなら さよなら とっても とっても楽しかった さよなら さよなら とっても とっても楽しかった さよなら さよなら もっと もっと話したかった さよなら さよなら もっと もっと話したかった  さよなら さよなら いつまでも いつまでもお元気で さよなら さよなら いつまでも いつまでもお元気で さよなら さよなら いつまでも いつまでも忘れない さよなら さよなら いつまでも いつまでも忘れない ルル…
遠くへ行きたい美空ひばり美空ひばり永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい  知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを 愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
こんにちは赤ちゃん美空ひばり美空ひばり永六輔中村八大こんにちは赤ちゃん あなたの笑顔 こんにちは赤ちゃん あなたの泣き声 そのちいさな手 つぶらな瞳 はじめまして わたしがママよ こんにちは赤ちゃん あなたの生命 こんにちは赤ちゃん あなたの未来に この幸福が パパの希望よ はじめまして わたしがママよ  ふたりだけの 愛のしるし すこやかに美しく 育てといのる こんにちは赤ちゃん お願いがあるの こんにちは赤ちゃん ときどきはパパと ホラふたりだけの 静かな夜を つくってほしいの おやすみなさい お願い赤ちゃん おやすみ赤ちゃん わたしがママよ
遠くへ行きたい芹洋子芹洋子永六輔中村八大知らない街を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい  知らない海を ながめていたい どこか遠くへ 行きたい  遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい  愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを  愛する人と めぐり逢いたい どこか遠くへ 行きたい
じんじろげおおたか静流おおたか静流渡舟人中村八大ちんちくりんのつんつるてん まっかっかの おさんどん お宮へ 願かけた 内緒にしとこ  ジンジロゲ ヤ ジンジロゲ ドレドンガラガッタ ホーレツラッパノツーレツ マージョリン マージンガラ チョイチョイ ヒッカリコマタキ ワイワイ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ ヒッカリ コマタキ ワイワイ ヒッカリ コマタキ ワイワイ  おっぺけべえの すってんてん まっくろけの じんじろべえ お宮へ 願かけた 内緒にしとこ  ジンジロゲ ヤ ジンジロゲ ドレドンガラガッタ ホーレツラッパノツーレツ マージョリン マージンガラ チョイチョイ ヒッカリコマタキ ワイワイ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ ヒッカリ コマタキ ワイワイ ヒッカリ コマタキ ワイワイ  おさんどんと じんじろべえ まっかっかと まっくろけ お宮で結んだ 内緒にしとこ  ジンジロゲ ヤ ジンジロゲ ドレドンガラガッタ ホーレツラッパノツーレツ マージョリン マージンガラ チョイチョイ ヒッカリコマタキ ワイワイ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ ヒラミヤ パミヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ チョイナダ ディーヤ ヒッカリ コマタキ ワイワイ ヒッカリ コマタキ ワイワイ
明日があるさPLATINA LYLIC坂本九PLATINA LYLIC坂本九青島幸男中村八大いつもの駅でいつも逢う セーラー服のお下げ髪 もうくる頃 もうくる頃 今日も待ちぼうけ 明日がある 明日がある 明日があるさ  ぬれてるあの娘コウモリへ さそってあげよと待っている 声かけよう 声かけよう だまって見てる僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  今日こそはと待ちうけて うしろ姿をつけて行く あの角まで あの角まで 今日はもうヤメタ 明日がある 明日がある 明日があるさ  思いきってダイヤルを ふるえる指で回したよ ベルがなるよ ベルがなるよ 出るまで待てぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  はじめて行った喫茶店 たった一言好きですと ここまで出て ここまで出て とうとう云えぬ僕 明日がある 明日がある 明日があるさ  明日があるさ明日がある 若い僕には夢がある いつかきっと いつかきっと わかってくれるだろ 明日がある 明日がある 明日があるさ
上を向いて歩こうRCサクセションRCサクセション永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す春の日 一人ぼっちの夜 上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 思い出す秋の日 一人ぼっちの夜 悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 一人ぼっちの夜…………
希望の光(福岡県)都道府県歌都道府県歌中畑海次・補作詞:丸山豊中村八大光いっぱい いっぱい 希望がいっぱい 潮よ高鳴れ 玄海の 胸をうつ 歴史うけとめ 光いっぱい おおわれら 福岡県民  朝がいっぱい いっぱい 希望がいっぱい 晴れてさわやか 英彦山(ひこざん)は 生産の 心はづんで 朝がいっぱい おおわれら 福岡県民  緑いっぱい いっぱい 希望がいっぱい 風はかがやく 筑紫野に 収穫の 時は近づく 緑いっぱい おおわれら 福岡県民  若さいっぱい いっぱい 希望がいっぱい 夢をひらいて 空港は 虹のある 未来をつくる 若さいっぱい おおわれら 福岡県民
光あふれて(北海道)都道府県歌都道府県歌太田武彦・北海道民のうた選定委員会中村八大わたる原野の 風青く 光あふれて きたぐにの 朝をうたうよ 北海道 さちありここに かぎりなく  森よ みずうみ 今もなお 秘めるつたえは 数しれず 歴史はるかな 北海道 みちありここに たくましく  あおぐ牧場の 空たかく 山は招くよ あこがれを 若さもえたつ 北海道 ゆめありここに うつくしく  雪よ かがやけ ふるさとの 鐘は平和の 空とおく ゆくて明るい 北海道 あすありここに はてしなく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. 新時代
  3. ミッドナイト・トレンディ
  4. 最愛
  5. ウタカタララバイ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. スーパーレア
  3. ELEVEN -Japanese ver.-
  4. 出町柳パラレルユニバース
  5. LOVE, SO GOOD.

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照