長渕剛の歌詞一覧リスト  298曲中 1-200曲を表示

並び順: []
全2ページ中 1ページを表示
298曲中 1-200曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛こそすべて傷つくことばかり だったね 命の灯さえ 消えかけた そんな時でも 君は僕のそばにいて 僕は 君のそばにいた  もうずいぶん 僕たち二人は 苦しい夜を つむいできた きしむ想い出の 向こう側に 君は一人 歩いて行く  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて  君も僕も 若かったけど 愛を戦い 生きてきた 癒す言葉も むずかしくって 悩み疲れて 眠った  ねぇ、また逢えるの? 君が言うたびに いつか終わりがくるようで 二つの鼓動が重なるたびに 僕たちは傷つき泣いた  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて  君の孤独を 埋められず 僕も全てに 震えていた たとえ時代が 終ろうとも 君を愛してる  永遠に愛を 積み上げて 永遠に愛を育ててきた せつなく過ぎゆく この時だけが… 愛こそすべて  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて 愛こそすべて長渕剛長渕剛長渕剛傷つくことばかり だったね 命の灯さえ 消えかけた そんな時でも 君は僕のそばにいて 僕は 君のそばにいた  もうずいぶん 僕たち二人は 苦しい夜を つむいできた きしむ想い出の 向こう側に 君は一人 歩いて行く  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて  君も僕も 若かったけど 愛を戦い 生きてきた 癒す言葉も むずかしくって 悩み疲れて 眠った  ねぇ、また逢えるの? 君が言うたびに いつか終わりがくるようで 二つの鼓動が重なるたびに 僕たちは傷つき泣いた  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて  君の孤独を 埋められず 僕も全てに 震えていた たとえ時代が 終ろうとも 君を愛してる  永遠に愛を 積み上げて 永遠に愛を育ててきた せつなく過ぎゆく この時だけが… 愛こそすべて  さよなら 君に さよなら 僕に Love Love わかってるよ… 愛こそすべて 愛こそすべて
愛してあなたは私のそばから 消えて行ってしまうの? 心の中探してみても あなたがいない  幾度も交わした口づけ 楽しい日々だけが つややかな夜の海で 静かに泣いてる  揺れる 揺れている 愛した日々だけが 聞こえる 聞こえてくる あなたの声が  愛して もっと愛して 愛して 強く愛して  輝く三日月の夢 私は恋におち 一生けんめいに あなたを 追いかけた  幾度も交わした口づけ 楽しい日々だけが つややかな夜の海で 静かに泣いている  行こう 行ってみよう 愛した日々の向こう ずうっと あなたがずっと 私の中にいる  愛して もっと愛して 愛して 強く愛して 愛して もっと愛して 愛して 強く愛して長渕剛長渕剛長渕剛あなたは私のそばから 消えて行ってしまうの? 心の中探してみても あなたがいない  幾度も交わした口づけ 楽しい日々だけが つややかな夜の海で 静かに泣いてる  揺れる 揺れている 愛した日々だけが 聞こえる 聞こえてくる あなたの声が  愛して もっと愛して 愛して 強く愛して  輝く三日月の夢 私は恋におち 一生けんめいに あなたを 追いかけた  幾度も交わした口づけ 楽しい日々だけが つややかな夜の海で 静かに泣いている  行こう 行ってみよう 愛した日々の向こう ずうっと あなたがずっと 私の中にいる  愛して もっと愛して 愛して 強く愛して 愛して もっと愛して 愛して 強く愛して
愛していると伝えて下さいそこに たったひとつだけでもいい あなたの優しさが あるならば たとえ 私は死んでもかまわない それでも あなたが息づくならば  もしも 明日が無いと知った時 おどおどせずに あなたを抱きしめて 二人で震えながら迎えた朝  永遠(とわ)の愛を海に誓った  あなたは 決して 何も悪くない それより 今は 私の胸の中 誰よりも 深く眠ったら 必ず 必ず 帰って来てくれると…  私の事を ずうっと ずうっと 海よ どうか 伝えて下さい たった一言でいい たった一言でいい 愛していると 伝えて下さい  そして 猛り狂う波がゆらぐ頃 あなたの優しさが 聞こえる わたしは あなたの名を幾度も叫び 星の数ほど涙を流す  ささやかな傷に くじけるわたしの 弱さをあなたは包んでくれた 陽はまた いつものように昇り 命ある限りわたしは祈る  あなたは 決して 何も悪くない それより 今は 私の胸の中 誰よりも 深く眠ったら 必ず 必ず 帰って来てくれると…  私の事を ずうっと ずうっと 海よ どうか 伝えて下さい たった一言でいい たった一言でいい 愛していると 伝えて下さい長渕剛長渕剛長渕剛そこに たったひとつだけでもいい あなたの優しさが あるならば たとえ 私は死んでもかまわない それでも あなたが息づくならば  もしも 明日が無いと知った時 おどおどせずに あなたを抱きしめて 二人で震えながら迎えた朝  永遠(とわ)の愛を海に誓った  あなたは 決して 何も悪くない それより 今は 私の胸の中 誰よりも 深く眠ったら 必ず 必ず 帰って来てくれると…  私の事を ずうっと ずうっと 海よ どうか 伝えて下さい たった一言でいい たった一言でいい 愛していると 伝えて下さい  そして 猛り狂う波がゆらぐ頃 あなたの優しさが 聞こえる わたしは あなたの名を幾度も叫び 星の数ほど涙を流す  ささやかな傷に くじけるわたしの 弱さをあなたは包んでくれた 陽はまた いつものように昇り 命ある限りわたしは祈る  あなたは 決して 何も悪くない それより 今は 私の胸の中 誰よりも 深く眠ったら 必ず 必ず 帰って来てくれると…  私の事を ずうっと ずうっと 海よ どうか 伝えて下さい たった一言でいい たった一言でいい 愛していると 伝えて下さい
愛してるのにひとつだけ 聞いてもいいかい 君が眠るその前に 最後の夜を 迎えるというのに このままじゃ 寒すぎるんだ  君にとっての今までの僕 何がいけなかったの? ねぇ冷たい言葉でもいいから 僕に投げかけておくれよ  君に望むものなど 何ひとつないけれど さよならの一言だけは 言わせないでくれ  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ こんなに愛してるのに  たのむから その瞳閉じないで 僕を見つめておくれよ 流れる涙は どういう意味なの? 最後の優しさなのかい  うまい言葉が 見つからないんだ 何て言えばいいんだろう とにかく君を愛しているんだ 誰よりもそう君だけを  このまま悲しい朝を迎えたくはない 瞳がさめて二人の過去を悔やみたくはない  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ こんなに愛してるのに  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ wow… こんなに愛してるのに  Wow…長渕剛長渕剛長渕剛ひとつだけ 聞いてもいいかい 君が眠るその前に 最後の夜を 迎えるというのに このままじゃ 寒すぎるんだ  君にとっての今までの僕 何がいけなかったの? ねぇ冷たい言葉でもいいから 僕に投げかけておくれよ  君に望むものなど 何ひとつないけれど さよならの一言だけは 言わせないでくれ  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ こんなに愛してるのに  たのむから その瞳閉じないで 僕を見つめておくれよ 流れる涙は どういう意味なの? 最後の優しさなのかい  うまい言葉が 見つからないんだ 何て言えばいいんだろう とにかく君を愛しているんだ 誰よりもそう君だけを  このまま悲しい朝を迎えたくはない 瞳がさめて二人の過去を悔やみたくはない  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ こんなに愛してるのに  出会ったころの二人に 今すぐ戻れるならば きっとうまく行けるさ wow… こんなに愛してるのに  Wow…
I love you「私には私の生き方がある」とか 「自立した女の気持ちがなぜ わからないの?」だとか どこそこのレストランで地中海料理を食べるだとか 「イタめしにエスニック ボルシチなんかも 最高よね」って言いながら  そんな事より 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸のお前の胸にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね  服を着るならARMANI がいいとか VERSACE だとか 靴を履くならFERRAGAMO がいいとか JOURDAN がいいとか バッグを持つなら CHANEL がいいとか PRADA だとか スカーフは HERMES よ 金持ちのボンボンからもらった TIFFANY のオープンハートのネックレス  そんな事より 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸のお前の胸にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね  I love you  そりゃ お前が並べた一流って意味もわかるけど 愛し貫く覚悟や恐さを知る一流になりたい 男が愛をわたす時 女がそれを受け入れる時 もっと大事な事は 互いのつき合いが 一流かどうかって事だろう  だから 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸の お前の心にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね I love you そうだろう I love you きっとそうだよね I love you そうだろう I love you きっとそうだよね長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI「私には私の生き方がある」とか 「自立した女の気持ちがなぜ わからないの?」だとか どこそこのレストランで地中海料理を食べるだとか 「イタめしにエスニック ボルシチなんかも 最高よね」って言いながら  そんな事より 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸のお前の胸にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね  服を着るならARMANI がいいとか VERSACE だとか 靴を履くならFERRAGAMO がいいとか JOURDAN がいいとか バッグを持つなら CHANEL がいいとか PRADA だとか スカーフは HERMES よ 金持ちのボンボンからもらった TIFFANY のオープンハートのネックレス  そんな事より 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸のお前の胸にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね  I love you  そりゃ お前が並べた一流って意味もわかるけど 愛し貫く覚悟や恐さを知る一流になりたい 男が愛をわたす時 女がそれを受け入れる時 もっと大事な事は 互いのつき合いが 一流かどうかって事だろう  だから 俺は お前をベッドに引きずり込み 素っ裸の お前の心にしゃぶりつく I love you そうだろう I love you きっとそうだよね I love you そうだろう I love you きっとそうだよね I love you そうだろう I love you きっとそうだよね
明け方までにはケリがつく砂嵐の風が吹いてた 三日月が高く昇ってた 誰もいない工事現場の駐車場に腰を降ろしてた 飲んでも飲んでもいくら飲んでも酔えない夜がある 流されることなく流れて生きるだけで精一杯 ねえ もう少し正直でいいんじゃないか ねえ もう少しひたむきでいいんじゃないか 明け方になるまでにはきっとケリがつく 見失いそうなこの俺の足元を叩かなければ  もしもやさしさが風ならば 百年だって吹かれよう しがらみが嫌だったからつるまなかっただけさ 突っ張りとおせるものならきっとそのほうがいいさ はじめから物分かりのいい利口者じゃなかったはず ねえ もう少しありのままでいいんじゃないか ねえ もう少しかっこ悪くていいんじゃないか 貨物列車が走ってゆく夜露に濡れたレールを 明け方になるまでにはきっとケリがつく  いくつもの太い車輪の跡 転がり落ちてる鉄パイプ 水たまりを覗きこめば蒼白い月灯りと俺 泣いても泣いてもいくら泣いても泣けない夜がある 流されることなく流れて生きるだけで精一杯 ねえ もう少しかたくなでいいんじゃないか ねえ もう少し真剣でいいんじゃないか もっと心を震わせて深くこだわり続けたい イチかバチかの勝負さ 明け方までにはケリがつく 明け方までにはケリがつく 明け方までにはケリがつく長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI砂嵐の風が吹いてた 三日月が高く昇ってた 誰もいない工事現場の駐車場に腰を降ろしてた 飲んでも飲んでもいくら飲んでも酔えない夜がある 流されることなく流れて生きるだけで精一杯 ねえ もう少し正直でいいんじゃないか ねえ もう少しひたむきでいいんじゃないか 明け方になるまでにはきっとケリがつく 見失いそうなこの俺の足元を叩かなければ  もしもやさしさが風ならば 百年だって吹かれよう しがらみが嫌だったからつるまなかっただけさ 突っ張りとおせるものならきっとそのほうがいいさ はじめから物分かりのいい利口者じゃなかったはず ねえ もう少しありのままでいいんじゃないか ねえ もう少しかっこ悪くていいんじゃないか 貨物列車が走ってゆく夜露に濡れたレールを 明け方になるまでにはきっとケリがつく  いくつもの太い車輪の跡 転がり落ちてる鉄パイプ 水たまりを覗きこめば蒼白い月灯りと俺 泣いても泣いてもいくら泣いても泣けない夜がある 流されることなく流れて生きるだけで精一杯 ねえ もう少しかたくなでいいんじゃないか ねえ もう少し真剣でいいんじゃないか もっと心を震わせて深くこだわり続けたい イチかバチかの勝負さ 明け方までにはケリがつく 明け方までにはケリがつく 明け方までにはケリがつく
明日病気に孤独に不安に恐れ 欲望、鼓動が人間だ 生きることのみ好むから 誰が死んだのかわからない 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  いじくり回せば傷もつく 開いた心が血に濡れる 何故、貴様が罵倒する 卑しい目をした黒い影 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  心で話をしないから 死んでもここから動かない 逃げても責めても追い詰めても 男のわびしさ わかるまい 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  他人の悲惨を笑うより 己の無様に泣けばいい 悔しかったら舌を噛め 生きる力は おぞましい 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  水平線から陽が昇るから 貴様の悲しみ黙り通す 決して揺るがぬ想いなら 明日を待ちましょ、いつまでも 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ長渕剛長渕剛長渕剛病気に孤独に不安に恐れ 欲望、鼓動が人間だ 生きることのみ好むから 誰が死んだのかわからない 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  いじくり回せば傷もつく 開いた心が血に濡れる 何故、貴様が罵倒する 卑しい目をした黒い影 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  心で話をしないから 死んでもここから動かない 逃げても責めても追い詰めても 男のわびしさ わかるまい 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  他人の悲惨を笑うより 己の無様に泣けばいい 悔しかったら舌を噛め 生きる力は おぞましい 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ  水平線から陽が昇るから 貴様の悲しみ黙り通す 決して揺るがぬ想いなら 明日を待ちましょ、いつまでも 明日、明日、明日 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ 明日、天気になーれ
明日の風に身をまかせ銭が欲しいか そらやるぞ 銭じゃ買えねえものもある 一人になると ちょいと淋しい 二人になると もっと淋しい  どうせ俺らは 貧乏ひまなし 田舎者(もん) だけど人の道だけは はずれておりません  Oh…… 明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや  つらいつらいと二度泣きゃ 三度目の朝には気も晴れる なるべく人間(にと)を裏切らず 好きなお方にゃ 恥をかかせぬように  ありがたや 身にしみる 人の深情け 黙り通した分だけ 愛してあげましょうよ  Oh…… 明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや  明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI銭が欲しいか そらやるぞ 銭じゃ買えねえものもある 一人になると ちょいと淋しい 二人になると もっと淋しい  どうせ俺らは 貧乏ひまなし 田舎者(もん) だけど人の道だけは はずれておりません  Oh…… 明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや  つらいつらいと二度泣きゃ 三度目の朝には気も晴れる なるべく人間(にと)を裏切らず 好きなお方にゃ 恥をかかせぬように  ありがたや 身にしみる 人の深情け 黙り通した分だけ 愛してあげましょうよ  Oh…… 明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや  明日の風に身をまかせ ごろんと寝っころがりゃ 何とかなるさ 明日の風に身をまかせ あんたも 腹割って話そうや
明日へ続く道信じる力が欲しい 誰だって傷つくのは こわいけど 飛び込む勇気が欲しい 明日への用意の為に あきらめないで  もしも君が 石につまづき 悔し涙に 明け暮れた夜 後悔と屈辱の今日をにらみつけ 明日への用意をしよう あきらめないで  越えてゆけ そこを 越えてゆけ それを たとえ つっぷし倒れても 何度でも立ち上がってやれ そう 明日への用意を しよう 道はいつでも明日へ 続くから 道はいつでも明日へ 続くのだから…明日へ続く道を…  確かな友情(つながり)が欲しい 腹の底から 抱き合う為に 激しい砂嵐の中を生きてゆこうとも 決して離れはしない あきらめないで  もしも 君が 孤独に悩み たった一粒の淋しさが ほほを 流れる時 怒りを胸に突き進んだあの夕暮れを見て 明日への用意をしよう あきらめないで  越えてゆけ そこを 越えてゆけ それを たとえ つっぷし倒れても 何度でも立ち上がってやれ そう 明日への用意を しよう 道はいつでも明日へ 続くから 道はいつでも明日へ 続くのだから…明日へ続く道を…長渕剛長渕剛長渕剛信じる力が欲しい 誰だって傷つくのは こわいけど 飛び込む勇気が欲しい 明日への用意の為に あきらめないで  もしも君が 石につまづき 悔し涙に 明け暮れた夜 後悔と屈辱の今日をにらみつけ 明日への用意をしよう あきらめないで  越えてゆけ そこを 越えてゆけ それを たとえ つっぷし倒れても 何度でも立ち上がってやれ そう 明日への用意を しよう 道はいつでも明日へ 続くから 道はいつでも明日へ 続くのだから…明日へ続く道を…  確かな友情(つながり)が欲しい 腹の底から 抱き合う為に 激しい砂嵐の中を生きてゆこうとも 決して離れはしない あきらめないで  もしも 君が 孤独に悩み たった一粒の淋しさが ほほを 流れる時 怒りを胸に突き進んだあの夕暮れを見て 明日への用意をしよう あきらめないで  越えてゆけ そこを 越えてゆけ それを たとえ つっぷし倒れても 何度でも立ち上がってやれ そう 明日への用意を しよう 道はいつでも明日へ 続くから 道はいつでも明日へ 続くのだから…明日へ続く道を…
明日へ向かってまだまだ 見捨てたもんじゃないぜ そんな自分に気付く時がある 何か他人と違った事をやらかしたくて 突破口を探してここまでやってきた  本気で笑える奴がそばにいるから 本気で語る夢もあるはずさ 目をつむればいつもそこに誰がいる? 俺には かけがえのない いかした Nice My Friends!  全ては時の流れのせいかい? 堕ちてく影など消してしまえ ヒントはお前の足元に転がってる 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい 10本の指で10本の価値あるものを なぞる必要などどこにもないさ ダサイ クサイは誰のための言葉?  肝心な事は俺がどうするかって事さ 俺が選んだ長い階段の途中には たくさんのもどかしさたちでひしめきあってた そのひとつひとつを噛み砕いては吐き捨て 今だ かつてその答えはミステリー  全ては時の流れのせいかい? 堕ちてく影など消してしまえ ヒントはお前の足元に転がってる 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい長渕剛長渕剛長渕剛まだまだ 見捨てたもんじゃないぜ そんな自分に気付く時がある 何か他人と違った事をやらかしたくて 突破口を探してここまでやってきた  本気で笑える奴がそばにいるから 本気で語る夢もあるはずさ 目をつむればいつもそこに誰がいる? 俺には かけがえのない いかした Nice My Friends!  全ては時の流れのせいかい? 堕ちてく影など消してしまえ ヒントはお前の足元に転がってる 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい 10本の指で10本の価値あるものを なぞる必要などどこにもないさ ダサイ クサイは誰のための言葉?  肝心な事は俺がどうするかって事さ 俺が選んだ長い階段の途中には たくさんのもどかしさたちでひしめきあってた そのひとつひとつを噛み砕いては吐き捨て 今だ かつてその答えはミステリー  全ては時の流れのせいかい? 堕ちてく影など消してしまえ ヒントはお前の足元に転がってる 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい 明日へ向かって 明日へ向かって  ずっとこのまま 突っ走って行けばいい
明日をくだせえ明日をくだせえ 死にたかねえから 明日という 明日が 俺には まったく 見つからねえ  言葉をくだせえ 心に響く 言葉 偉い人ほど 心に 響く 言葉がねえ  銭をくだせえ 一日分の 銭を 働いても 働いても 働いても 俺には まったく 銭がねえ  薬をくだせえ 馬鹿につける 薬を 馬鹿馬鹿しいほど 馬鹿に つける 薬は 見つからねえ  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!  夢をくだせえ ちっぽけでいいから 夢という 夢が 俺には まったく 見つからねえ  眠りをくだせえ 床につける 眠り もうかれこれ 300日 俺には まったく 眠りがねえ  優しさくだせえ 本当の優しさを 優しさ面した 優しさは まったく 意味がねえ  しあわせくだせえ 確かな しあわせを ほんとの しあわせが何かも 俺には さっぱり わからねえ  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!  日の丸と星条旗が 仲良くゆれてらあ よりそうように ゆれながら 友だち面 してらあ  アメリカの傘の下で 黒い雨が降る 俺ら今夜も アメリカの傘の下で 雨にぬれている  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!長渕剛長渕剛長渕剛明日をくだせえ 死にたかねえから 明日という 明日が 俺には まったく 見つからねえ  言葉をくだせえ 心に響く 言葉 偉い人ほど 心に 響く 言葉がねえ  銭をくだせえ 一日分の 銭を 働いても 働いても 働いても 俺には まったく 銭がねえ  薬をくだせえ 馬鹿につける 薬を 馬鹿馬鹿しいほど 馬鹿に つける 薬は 見つからねえ  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!  夢をくだせえ ちっぽけでいいから 夢という 夢が 俺には まったく 見つからねえ  眠りをくだせえ 床につける 眠り もうかれこれ 300日 俺には まったく 眠りがねえ  優しさくだせえ 本当の優しさを 優しさ面した 優しさは まったく 意味がねえ  しあわせくだせえ 確かな しあわせを ほんとの しあわせが何かも 俺には さっぱり わからねえ  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!  日の丸と星条旗が 仲良くゆれてらあ よりそうように ゆれながら 友だち面 してらあ  アメリカの傘の下で 黒い雨が降る 俺ら今夜も アメリカの傘の下で 雨にぬれている  明日をくだせえ 明日を oh! 明日をくだせえ 明日を oh! この手で ガッツリ 明日を くだせーッ!!
あなたとわたしの物語あなたもわたしも今を泳ぎきらねば もともと自由な一匹の魚だったはず あんなに優しく美しい物語の 始まりを深く暗い海に沈めてはいけない  波に逆らったり荒れ狂ったり 身をそらしよじり甘えもがき泣きじゃくっても 乙女の祈りにわたしは決して いどみかかるほど汚れたくないのです  恋というにはうしろめたくて 愛というには行き場がなかった 折り重なる堕落の果てに私は “希望”ただそれだけを見つめていたのです  苦しすぎるよね悲しすぎるよね 死にたいよね生きてゆけないよね こんなに互いが互いを試しあっても いとおしく叫ぶ声だけが真実だった  暮らしにまみれ豊かさの裏側で どうしても忘れきれぬ事がひとつだけあった 忘れきることは罪じゃないけれど あなたもわたしも明日を嫌になっていたのかもしれないね  一人だと認めるにはやりきれなくて 二人だと思うには許しきれなかった あなたの無言の丸い背中を抱きしめたら わたしがわたしでいることを忘れられたのでしょう  恋というには物足りなくて 愛というにはせつなかったから わたしの胸の中でたとえほんの一瞬でも あなたがあなたでいることを忘れられたのでしょう  だからあなたの傷口に今わたしは わたしの傷口に今あなたが そっと触れ合いくちづけをしよう  永遠にあなたとわたしでありますように 永遠にあなたとわたしでありますように長渕剛長渕剛長渕剛あなたもわたしも今を泳ぎきらねば もともと自由な一匹の魚だったはず あんなに優しく美しい物語の 始まりを深く暗い海に沈めてはいけない  波に逆らったり荒れ狂ったり 身をそらしよじり甘えもがき泣きじゃくっても 乙女の祈りにわたしは決して いどみかかるほど汚れたくないのです  恋というにはうしろめたくて 愛というには行き場がなかった 折り重なる堕落の果てに私は “希望”ただそれだけを見つめていたのです  苦しすぎるよね悲しすぎるよね 死にたいよね生きてゆけないよね こんなに互いが互いを試しあっても いとおしく叫ぶ声だけが真実だった  暮らしにまみれ豊かさの裏側で どうしても忘れきれぬ事がひとつだけあった 忘れきることは罪じゃないけれど あなたもわたしも明日を嫌になっていたのかもしれないね  一人だと認めるにはやりきれなくて 二人だと思うには許しきれなかった あなたの無言の丸い背中を抱きしめたら わたしがわたしでいることを忘れられたのでしょう  恋というには物足りなくて 愛というにはせつなかったから わたしの胸の中でたとえほんの一瞬でも あなたがあなたでいることを忘れられたのでしょう  だからあなたの傷口に今わたしは わたしの傷口に今あなたが そっと触れ合いくちづけをしよう  永遠にあなたとわたしでありますように 永遠にあなたとわたしでありますように
雨の嵐山雨の降る京都の 嵐山を二人 息をきらしながら のぼり始めてゆく ひとつの傘を二人 お前との世界 寒さにふるえる声は 霧の中へ消えてく でも今はあの笑い顔も 冷たい雨もみんな すべて僕一人の 想い出の中 やがてくる春に 涙をうずめ 過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる  雨の降る京都の 嵐山を二人 息をきらしながら のぼり始めてゆく 大つぶ小つぶの雨は まるで涙語り 暗い雲の下で 愛を確かめ合う あの時のお前の言葉は 寂しさの中にしがみつき 僕の心までも 孤独にしばられる やがてくる春に 涙をうずめ 過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる  過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる長渕剛長渕剛長渕剛雨の降る京都の 嵐山を二人 息をきらしながら のぼり始めてゆく ひとつの傘を二人 お前との世界 寒さにふるえる声は 霧の中へ消えてく でも今はあの笑い顔も 冷たい雨もみんな すべて僕一人の 想い出の中 やがてくる春に 涙をうずめ 過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる  雨の降る京都の 嵐山を二人 息をきらしながら のぼり始めてゆく 大つぶ小つぶの雨は まるで涙語り 暗い雲の下で 愛を確かめ合う あの時のお前の言葉は 寂しさの中にしがみつき 僕の心までも 孤独にしばられる やがてくる春に 涙をうずめ 過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる  過ぎ去る冬を心で唄い お前の影を抱きしめる
あんたとあたいは数え唄堕ちてきた 堕ちてきた 背伸びをしているあんたが きれい事 並べた あんたの素顔が落ちてきた 木枯らし 吹き抜ける れは寒い夜だった ふらりと入った 飲み屋 あんたが一人で飲んでいた 五杯目を飲むころにゃ あたいはあんたの肩にもたれ 気付いた時にゃ 枕を並べ その日から つまびく数え唄  あんたはあたいの躰を求め あたいはあんたの心を探る ひとつになっても ひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ  日めくりのカレンダー 幾枚破り捨てたものか 口紅の色変えたのは あたいの気紛れ 風まかせ 悲しい歌 唄っても 涙なんて忘れたわ 優しい言葉拾っても でたらめ嘘つき口まかせ  あたいが躰を求めた時にゃ あんたはあたいの心を探る ひとつになっても ひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ  まわりまわって落ち着く果ては 心交わぬ ひとりよがり 指折りいつまで唄えばいいのか あんたとあたいは数え唄みたい Ah あんたがあたいの 躰を求めた時にゃ 心が逃げる ひとつになってもひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ あんたとあたいは数え唄 Wow yeah…長渕剛長渕剛長渕剛堕ちてきた 堕ちてきた 背伸びをしているあんたが きれい事 並べた あんたの素顔が落ちてきた 木枯らし 吹き抜ける れは寒い夜だった ふらりと入った 飲み屋 あんたが一人で飲んでいた 五杯目を飲むころにゃ あたいはあんたの肩にもたれ 気付いた時にゃ 枕を並べ その日から つまびく数え唄  あんたはあたいの躰を求め あたいはあんたの心を探る ひとつになっても ひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ  日めくりのカレンダー 幾枚破り捨てたものか 口紅の色変えたのは あたいの気紛れ 風まかせ 悲しい歌 唄っても 涙なんて忘れたわ 優しい言葉拾っても でたらめ嘘つき口まかせ  あたいが躰を求めた時にゃ あんたはあたいの心を探る ひとつになっても ひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ  まわりまわって落ち着く果ては 心交わぬ ひとりよがり 指折りいつまで唄えばいいのか あんたとあたいは数え唄みたい Ah あんたがあたいの 躰を求めた時にゃ 心が逃げる ひとつになってもひとつになれない 今夜もうつろな影ふたつ あんたとあたいは数え唄 Wow yeah…
いかさまだらけのルーレット春の嵐が吹きぬけるころ 大通りへ出た そこには ほこりにまみれた 危険が待ちかまえてた とてもやるせない気持ちで 全てゲームにかけた ついにその夜 俺らスッパダカにされちまった  次の朝 黒装束の女が目の前に立ってた とびきりいかした最後のゲームを してみませんか? と 首を横に振ったら 金のナイフ 振りかざし 俺の左胸 ひとつき 全てが消えちまった  あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて このまま 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ  全ては誰かが頭ひねったそいつのプランさ いかさまだらけのルーレットに祝杯の鐘が鳴る ほんの1秒前の 時計の結末さ 天使の笑顔に包まれ 眠りたかった  誰かゲームの館に時限爆弾をしかけてくれ 俺の後悔の魂だけは ほうむる為に 奴のルーレットがまた 回り始める前に 天国と地獄の間から叫び続けよう  あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて このまま 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ長渕剛長渕剛長渕剛春の嵐が吹きぬけるころ 大通りへ出た そこには ほこりにまみれた 危険が待ちかまえてた とてもやるせない気持ちで 全てゲームにかけた ついにその夜 俺らスッパダカにされちまった  次の朝 黒装束の女が目の前に立ってた とびきりいかした最後のゲームを してみませんか? と 首を横に振ったら 金のナイフ 振りかざし 俺の左胸 ひとつき 全てが消えちまった  あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて このまま 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ  全ては誰かが頭ひねったそいつのプランさ いかさまだらけのルーレットに祝杯の鐘が鳴る ほんの1秒前の 時計の結末さ 天使の笑顔に包まれ 眠りたかった  誰かゲームの館に時限爆弾をしかけてくれ 俺の後悔の魂だけは ほうむる為に 奴のルーレットがまた 回り始める前に 天国と地獄の間から叫び続けよう  あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて このまま 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ あゝ どうせ地獄に墮ちろと言うなら 笑い転げて 真逆さまに転げ墮ちてやるぜ
いけ!いけ!GO!GO!とんでもなく淋しい 言葉を投げられちまった 一人車で湾岸 東京の空 満月  ぶっちゃけ腹から 我慢のできねえ ねじれた嘘を いけシャーシャーと ゲスなインチキに なじられちまった  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!  とんでもなく悲しい夜に からまれちまった 考えすぎて みても 馬鹿は死んでもなおらねえ  ふさぎこんで どうしようもない からくりの路地裏 歯ぎしりしながら 月を睨めば 俺も狼  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!  とんでもなく悩み過ぎ 眠る事も許されず まぶしすぎる太陽を 遠ざけた 帰り道  大嫌いさ 大嫌いさ 愛されるなんて…と ひとりぼっちで 悔し涙が 溢れて きやがった  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!長渕剛長渕剛長渕剛とんでもなく淋しい 言葉を投げられちまった 一人車で湾岸 東京の空 満月  ぶっちゃけ腹から 我慢のできねえ ねじれた嘘を いけシャーシャーと ゲスなインチキに なじられちまった  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!  とんでもなく悲しい夜に からまれちまった 考えすぎて みても 馬鹿は死んでもなおらねえ  ふさぎこんで どうしようもない からくりの路地裏 歯ぎしりしながら 月を睨めば 俺も狼  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!  とんでもなく悩み過ぎ 眠る事も許されず まぶしすぎる太陽を 遠ざけた 帰り道  大嫌いさ 大嫌いさ 愛されるなんて…と ひとりぼっちで 悔し涙が 溢れて きやがった  いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO! いけ!いけ!GO! GO! いけ!GO! GO!
碑(いしぶみ)正直者が つえをついているよ 遠慮深そうに 裏通り歩いている 信じられるものは 影をひそめてる うたがわしい 奴ばかり 表通りさ  君は この先 どこへ行くのか あてのない 旅は いつまで続く 何かに汗を 流してみても 何かがちがう だからとて 愛に背けば 孤独に堕ちてく  いつも心に 激しさ もって 動かぬ 碑(いしぶみ) 胸にだきしめ といだ 刃(やいば)が おれるまで まだまだ まだまだ まだまだ…… 立ち上がれ!  石ころけとばして あしたを のぞけば 誰かに吐いた うそが 川面に浮かぶ 暮れてく 夕焼けに 心は痛くないか! のぼる朝陽に うしろめたさはないか!  君は この先 どこへ行くのか あてのない 旅は いつまで続く 何かに汗を 流してみても 何かがちがう だからとて 愛に背けば 孤独に堕ちてく  心の すき間に 鍵はかけたか 青春芝居に けりはつけたか といだ 刃(やいば)が おれるまで まだまだ まだまだ まだまだ…… 立ち上がれ!長渕剛長渕剛長渕剛正直者が つえをついているよ 遠慮深そうに 裏通り歩いている 信じられるものは 影をひそめてる うたがわしい 奴ばかり 表通りさ  君は この先 どこへ行くのか あてのない 旅は いつまで続く 何かに汗を 流してみても 何かがちがう だからとて 愛に背けば 孤独に堕ちてく  いつも心に 激しさ もって 動かぬ 碑(いしぶみ) 胸にだきしめ といだ 刃(やいば)が おれるまで まだまだ まだまだ まだまだ…… 立ち上がれ!  石ころけとばして あしたを のぞけば 誰かに吐いた うそが 川面に浮かぶ 暮れてく 夕焼けに 心は痛くないか! のぼる朝陽に うしろめたさはないか!  君は この先 どこへ行くのか あてのない 旅は いつまで続く 何かに汗を 流してみても 何かがちがう だからとて 愛に背けば 孤独に堕ちてく  心の すき間に 鍵はかけたか 青春芝居に けりはつけたか といだ 刃(やいば)が おれるまで まだまだ まだまだ まだまだ…… 立ち上がれ!
一匹の侍傲慢無礼さになす術もなく 大切な男が目の前で死んだとき 俺たちはただ黙って指をくわえるだけなのか! 己、一匹の侍  売られたケンカならば潔く買っちまえ 天空へ突き抜ける鉄拳をねじり込め 修羅場の向こうの葬式が終わったら、今こそ 己、一匹の侍  すみません、灯を貸して下さいよ 命の滴の流れゆく道を照らすから どうせ貴様も軟弱なアバラ骨に手を当てりゃ 己、一匹の侍 裏切りばかりのこの世で表をガッチリ歩くためによく聞け! 己、一匹の侍  イカサマだらけのこの街をぶった切れ! 朝となく昼となく夜となく 骨身を削って汗水垂らせ、まだまだ 己、一匹の侍  腹ン中かっさばき背骨をつくれ 被害者面して芝居上手な貴様 今夜限り縁をたたっ切れ、されど 己、一匹の侍  すみません、灯を貸して下さいよ 命の滴の流れゆく道を照らすから どうせ貴様も軟弱なアバラ骨に手を当てりゃ 己、一匹の侍 裏切りばかりのこの世で表をガッチリ歩くためによく聞け! 己、一匹の侍 己、一匹の侍長渕剛長渕剛長渕剛傲慢無礼さになす術もなく 大切な男が目の前で死んだとき 俺たちはただ黙って指をくわえるだけなのか! 己、一匹の侍  売られたケンカならば潔く買っちまえ 天空へ突き抜ける鉄拳をねじり込め 修羅場の向こうの葬式が終わったら、今こそ 己、一匹の侍  すみません、灯を貸して下さいよ 命の滴の流れゆく道を照らすから どうせ貴様も軟弱なアバラ骨に手を当てりゃ 己、一匹の侍 裏切りばかりのこの世で表をガッチリ歩くためによく聞け! 己、一匹の侍  イカサマだらけのこの街をぶった切れ! 朝となく昼となく夜となく 骨身を削って汗水垂らせ、まだまだ 己、一匹の侍  腹ン中かっさばき背骨をつくれ 被害者面して芝居上手な貴様 今夜限り縁をたたっ切れ、されど 己、一匹の侍  すみません、灯を貸して下さいよ 命の滴の流れゆく道を照らすから どうせ貴様も軟弱なアバラ骨に手を当てりゃ 己、一匹の侍 裏切りばかりのこの世で表をガッチリ歩くためによく聞け! 己、一匹の侍 己、一匹の侍
いつかの少年俺にとってKAGOSHIMAはいつも泣いてた ひ弱で不親切で 邪険な街だった 親父とお袋は泥にまみれ銭をうらやみ そのド真中で俺は打ち震えていた  ごうごうと不安が立ち昇る棲み家を 凍える風が暮らしをすりぬけていった 雨どいを伝う雫を見るのがたまらなく嫌だった 逃げ出したくて想いをかきむしるだけだった  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに  乾ききれない浴衣がゆれていた 縁側のむこう 遠い記憶がかすんでく 俺は今 ゆれる船の上に立ち 叩きつける 七月の雨を見ている  すべてが一秒ごとに意味深く進んでる 水平線からどてっ腹に陽が昇る 今日と昨日とが激しく違うことを知った今 俺はKAGOSHIMAを突んざく波に捨てた  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI俺にとってKAGOSHIMAはいつも泣いてた ひ弱で不親切で 邪険な街だった 親父とお袋は泥にまみれ銭をうらやみ そのド真中で俺は打ち震えていた  ごうごうと不安が立ち昇る棲み家を 凍える風が暮らしをすりぬけていった 雨どいを伝う雫を見るのがたまらなく嫌だった 逃げ出したくて想いをかきむしるだけだった  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに  乾ききれない浴衣がゆれていた 縁側のむこう 遠い記憶がかすんでく 俺は今 ゆれる船の上に立ち 叩きつける 七月の雨を見ている  すべてが一秒ごとに意味深く進んでる 水平線からどてっ腹に陽が昇る 今日と昨日とが激しく違うことを知った今 俺はKAGOSHIMAを突んざく波に捨てた  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに  俺の人生はどこから始まり いったいどこで終わってしまうんだろう 突き動かされるあの時のまま そう“いつかの少年”みたいに
いつものより道もどり道あなたの名前を 呼ぶ 早く 帰って来てよと 二人でいる時は なんともないけど 一人の時は やっぱり つらいのです  あれだけ 約束したのに さよならなんて ずるいよ 二人で暮らすことに 疲れたならば 去ってく前に 話して欲しかった  あゝ 外は こんこん 木枯らし 私の心も 風にさらされて もう待ちました 待ち疲れました 待ちくたびれました いつもの より道 もどり道  お金に 困った時でも 夕食の したくするのに なぜか 楽しさまで 感じてました 一人の今は なぜか のどに つかえます  あなたの 作った唄を 一人 口ずさんでます 私 今ごろ あなたが わかってきました 私に対する 思いやりみたいなもの  あゝ 外は こんこん 木枯らし 私の心も 風にさらされて もう待ちました 待ち疲れました 待ちくたびれました いつもの より道 もどり道長渕剛長渕剛長渕剛あなたの名前を 呼ぶ 早く 帰って来てよと 二人でいる時は なんともないけど 一人の時は やっぱり つらいのです  あれだけ 約束したのに さよならなんて ずるいよ 二人で暮らすことに 疲れたならば 去ってく前に 話して欲しかった  あゝ 外は こんこん 木枯らし 私の心も 風にさらされて もう待ちました 待ち疲れました 待ちくたびれました いつもの より道 もどり道  お金に 困った時でも 夕食の したくするのに なぜか 楽しさまで 感じてました 一人の今は なぜか のどに つかえます  あなたの 作った唄を 一人 口ずさんでます 私 今ごろ あなたが わかってきました 私に対する 思いやりみたいなもの  あゝ 外は こんこん 木枯らし 私の心も 風にさらされて もう待ちました 待ち疲れました 待ちくたびれました いつもの より道 もどり道
愛おしき死者たちよ決して絶望をなげくんじゃなくて 深くみつめてゆくものだ 悲しみを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは生きてゆけるのさ  決して希望などたやすく信じるな 生きてゆくのがみっともなくなる 苦しみを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは涙を流して立ち上がる  よみがえれ愛おしき死者たちよ! 100年かけても眠るんじゃないぞ!! 無言の痛みと無念の怒りたちで 貧弱な俺たちの胸を叩き続けてくれ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ  床に這いつくばり唇を噛んだら 命の行き場を探すものだ 悔しさを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは優しくなれるのさ  ただいたずらにひけらかすな優しさを! なおさら無力に思えるから 何もかも抱きしめる覚悟があるから 俺たちは生きてゆけるのさ  よみがえれ愛おしき死者たちよ! 100年かけても眠るんじゃないぞ!! 無言の痛みと無念の怒りたちで 貧弱な俺たちの胸を叩き続けてくれ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ長渕剛長渕剛長渕剛決して絶望をなげくんじゃなくて 深くみつめてゆくものだ 悲しみを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは生きてゆけるのさ  決して希望などたやすく信じるな 生きてゆくのがみっともなくなる 苦しみを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは涙を流して立ち上がる  よみがえれ愛おしき死者たちよ! 100年かけても眠るんじゃないぞ!! 無言の痛みと無念の怒りたちで 貧弱な俺たちの胸を叩き続けてくれ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ  床に這いつくばり唇を噛んだら 命の行き場を探すものだ 悔しさを抱きしめる覚悟があるから 俺たちは優しくなれるのさ  ただいたずらにひけらかすな優しさを! なおさら無力に思えるから 何もかも抱きしめる覚悟があるから 俺たちは生きてゆけるのさ  よみがえれ愛おしき死者たちよ! 100年かけても眠るんじゃないぞ!! 無言の痛みと無念の怒りたちで 貧弱な俺たちの胸を叩き続けてくれ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ  あぁそして俺たちはまた船をこぐ あの海に立ち向かい船をこぐ
いのち雨が降っていた どしゃぶりの晩 ぬれた地べたに 傘を突っ立てた  しゃくり上げた瞬間 喉をかっ斬り悔しさを幾度も タバコの火で焼っきった  海になりてぇ 激しくうねり狂うほど 海になりてぇ あれは確か俺、19の冬だった  中途半端の親切よりもっとしゃにむに生きた 中途半端の慰めなどに振り向かず走り抜く命が好きだった  風が言葉になった 吹きっさらしの言葉から 心という響き探した  うら優しい母の愛より 物言わぬ親父の背中に 甘え抱かれたかった  正義に倒れ死んでいった者達の墓の上に こっそりつばを吐き弱者を気取る大馬鹿野郎  刑務所(むしょ)や娑婆(しゃば)も流れる水はやっぱり同んなじだった うら寂しい人情の陰の荒くれた厳しい命が好きだった  道は後ろにあった 過去という名の貧弱な俺の 足跡があった  逃げても追いかけた 逃げる自分を許さぬ もう一人の俺が  強い者ほど細やかな風に泣き みっともないくらいの恥を誇りに思うものだ  すたれて貧しくたかるよな大胆不敵より 乱拍子で脈打ちながら希望へかじりつく命が好きだった  すたれて貧しくたかるよな大胆不敵より 乱拍子で脈打ちながら希望へかじりつく命が好きだった長渕剛長渕剛長渕剛雨が降っていた どしゃぶりの晩 ぬれた地べたに 傘を突っ立てた  しゃくり上げた瞬間 喉をかっ斬り悔しさを幾度も タバコの火で焼っきった  海になりてぇ 激しくうねり狂うほど 海になりてぇ あれは確か俺、19の冬だった  中途半端の親切よりもっとしゃにむに生きた 中途半端の慰めなどに振り向かず走り抜く命が好きだった  風が言葉になった 吹きっさらしの言葉から 心という響き探した  うら優しい母の愛より 物言わぬ親父の背中に 甘え抱かれたかった  正義に倒れ死んでいった者達の墓の上に こっそりつばを吐き弱者を気取る大馬鹿野郎  刑務所(むしょ)や娑婆(しゃば)も流れる水はやっぱり同んなじだった うら寂しい人情の陰の荒くれた厳しい命が好きだった  道は後ろにあった 過去という名の貧弱な俺の 足跡があった  逃げても追いかけた 逃げる自分を許さぬ もう一人の俺が  強い者ほど細やかな風に泣き みっともないくらいの恥を誇りに思うものだ  すたれて貧しくたかるよな大胆不敵より 乱拍子で脈打ちながら希望へかじりつく命が好きだった  すたれて貧しくたかるよな大胆不敵より 乱拍子で脈打ちながら希望へかじりつく命が好きだった
祈りGOLD LYLICお前が去ってくその前に なぜに電話くれなかったか やさしすぎるお前のことだから それが思いやりのつもりだったのか  俺たち いつでもひとつなんだと あれほど話し合ってきたよね お前のことは すべてわかっている つもりの自分が くやしすぎるよ  二人でいくつもの夜をこえて 新しい朝が目の前だったのに 深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰る  お前がえらんだ人生も お前が歩いてきた道も 信じきれぬままのはがゆさの中で ためらいながら 俺は人生(みち)を探すだろう  今度生まれてくる時は しあわせな日々をおくれるといいね お前の好きだったあの唄を 今夜は朝まで歌ってあげるよ  二人でいくつもの夜をこえて 新しい朝が目の前だったのに 深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰る  深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰るGOLD LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛お前が去ってくその前に なぜに電話くれなかったか やさしすぎるお前のことだから それが思いやりのつもりだったのか  俺たち いつでもひとつなんだと あれほど話し合ってきたよね お前のことは すべてわかっている つもりの自分が くやしすぎるよ  二人でいくつもの夜をこえて 新しい朝が目の前だったのに 深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰る  お前がえらんだ人生も お前が歩いてきた道も 信じきれぬままのはがゆさの中で ためらいながら 俺は人生(みち)を探すだろう  今度生まれてくる時は しあわせな日々をおくれるといいね お前の好きだったあの唄を 今夜は朝まで歌ってあげるよ  二人でいくつもの夜をこえて 新しい朝が目の前だったのに 深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰る  深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように お前は一人 空へ帰る
言わんこっちゃないさここは東京 夜の新宿CITY 罪と悪がはびこる オールナイトゾーン ばらまかれた セクシャル招待状 にぎりしめ あんたも行く気かい?  光ったバイクでシグナルに けりをいれ 黒い弾丸で女を横目で打ちゃ 右手にMoney 左手にプライド 両手上げて HELPと叫んでる  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 昨日の晩 17の女が行方不明さ ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  ここは東京 夜の新宿CITY わなと誘惑がはびこる オールナイトゾーン 不協和音で耳のいかれちまった ボスが女達を 殺しにやって来る  だけど 俺らの彼女は心配ねえ パーティー嫌いのイージーライダーなんだ この街をつきぬけ あいつを迎えに行くところさ あんたも乗りな やばいぜ この街  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 昨日の晩 17の女が行方不明さ ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  Allright Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Wo Wo Wo Woo Wow Woo Wo Wo Wow…… 長渕剛長渕剛長渕剛ここは東京 夜の新宿CITY 罪と悪がはびこる オールナイトゾーン ばらまかれた セクシャル招待状 にぎりしめ あんたも行く気かい?  光ったバイクでシグナルに けりをいれ 黒い弾丸で女を横目で打ちゃ 右手にMoney 左手にプライド 両手上げて HELPと叫んでる  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 昨日の晩 17の女が行方不明さ ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  ここは東京 夜の新宿CITY わなと誘惑がはびこる オールナイトゾーン 不協和音で耳のいかれちまった ボスが女達を 殺しにやって来る  だけど 俺らの彼女は心配ねえ パーティー嫌いのイージーライダーなんだ この街をつきぬけ あいつを迎えに行くところさ あんたも乗りな やばいぜ この街  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 昨日の晩 17の女が行方不明さ ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  ちょいとlisten to me 言わんこっちゃないさ 気をつけなよ 明日はあんたの命も危ないぜ  Allright Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Woo Wo Woo Wow Wo Wo Wo Woo Wow Woo Wo Wo Wow…… 
WAKE-UP! IT'S MORNINGWake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人  目覚めはいつものTVのニュースキャスターの声 人が殺されたとか 血なま臭い事件ばかり しかめっつらして 世の中憂いて CMつなぐ どこからどこまで うそ気か本気か 人事語る 五感 やま感 第六感 こっぱみじんにやられっちまうよ ママ  誰かが どこかでどうなろうとも 関係ないね それより気になる あの娘はいかした CM Girl どこかで見たよな 俺らを悩ます CM Girl 悩みもなさそうに さわやかしてるね CM Girl 38口径マグナム ブラウン管にぶっぱなしたいぜ ママ  Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人  あの娘は誰もが認める 世界のエンターティナー あの男(ひと)誰もが認める 世界の汚れたヒーロー TVは誰もが認める 世界のエンターティナー 1分たらずのCM Timeを競い合ってる 3分で焼けたトーストかじりながら 大笑いだぜ ママ  Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人長渕剛長渕剛・秋元康長渕剛Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人  目覚めはいつものTVのニュースキャスターの声 人が殺されたとか 血なま臭い事件ばかり しかめっつらして 世の中憂いて CMつなぐ どこからどこまで うそ気か本気か 人事語る 五感 やま感 第六感 こっぱみじんにやられっちまうよ ママ  誰かが どこかでどうなろうとも 関係ないね それより気になる あの娘はいかした CM Girl どこかで見たよな 俺らを悩ます CM Girl 悩みもなさそうに さわやかしてるね CM Girl 38口径マグナム ブラウン管にぶっぱなしたいぜ ママ  Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人  あの娘は誰もが認める 世界のエンターティナー あの男(ひと)誰もが認める 世界の汚れたヒーロー TVは誰もが認める 世界のエンターティナー 1分たらずのCM Timeを競い合ってる 3分で焼けたトーストかじりながら 大笑いだぜ ママ  Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning Wake Up It's Morning 天使の顔したあの娘は 正体不明の重要参考人
Welcome To My House息をはずませ 約束Saturday Night おめかしして来る 君はステキだね シャワーをあびたら コロンをちょいとぬり Hey Hey welcome to my house  俺らの家は ビルの屋上さ 東京タワーの先っ端から ひとっ飛び 乗ってる車はBMW1979 Hey Hey welcome to my house  ベルを鳴らしてから 1、2、3、 口唇重ねて 4、 5、 6、 得意なパターンで 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night  ジョークからみの ポップな言葉で 恋をあそべば 楽しやお嬢さん 君の星座はそして好きなタイプは誰なの Hey Hey welcome to my house  じゃんけんポイで 負けたら on the 69 69 69 ウイスキー回せば 君は俺のもの いやよいやよも好きのうちじゃないの Hey Hey welcome to my house  ステキなBodyさ 1、2、3、 やさしいタッチで 4、 5、 6、 も少しおそばで 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night  ステキなBodyさ 1、2、3、 やさしいタッチで 4、 5、 6、 同じ気持ちかい 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night長渕剛長渕剛長渕剛息をはずませ 約束Saturday Night おめかしして来る 君はステキだね シャワーをあびたら コロンをちょいとぬり Hey Hey welcome to my house  俺らの家は ビルの屋上さ 東京タワーの先っ端から ひとっ飛び 乗ってる車はBMW1979 Hey Hey welcome to my house  ベルを鳴らしてから 1、2、3、 口唇重ねて 4、 5、 6、 得意なパターンで 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night  ジョークからみの ポップな言葉で 恋をあそべば 楽しやお嬢さん 君の星座はそして好きなタイプは誰なの Hey Hey welcome to my house  じゃんけんポイで 負けたら on the 69 69 69 ウイスキー回せば 君は俺のもの いやよいやよも好きのうちじゃないの Hey Hey welcome to my house  ステキなBodyさ 1、2、3、 やさしいタッチで 4、 5、 6、 も少しおそばで 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night  ステキなBodyさ 1、2、3、 やさしいタッチで 4、 5、 6、 同じ気持ちかい 7、8、9、 今夜もこの娘と 1、9、1、9、  てんでついていない3カ月前から 比べてみれば最高じゃん 明日はあの娘かわいやSunday Night
上を向いて歩こう上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜 上を向いて歩こう……長渕剛永六輔中村八大上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜  上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す 夏の日 一人ぽっちの夜  幸せは雲の上に 幸せは空の上に  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜  思い出す 秋の日 一人ぽっちの夜  悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぽっちの夜 一人ぽっちの夜 上を向いて歩こう……
唄を忘れたカナリア生きるか死ぬかの 崖っぷちに立たされたあの時 差し出された優しい手に しがみついた 怖くて震えが 止まらなかったけど 一人ぼっちじゃないと も一度信じた  信じた瞬間 三度目の裏切りに倒れ 生まれて初めて 人が憎らしく思えてきた  唄を忘れたカナリアよ 破れた喉を引き裂き 真っ赤な血を吐き 突き刺すように 泣いてやれ!  いつからだろう 人を疑い 損か得かの術(すべ)を知ったのは 暗闇の夜は 我が身かくした だけど 後ろっから蹴っ飛ばされた  死にたいくらいに 悔しくて悔しくて 泣きたいくらいに 誰よりも強くなりたかった  唄を忘れたカナリアよ 破れた喉を引き裂き 真っ赤な血を吐き 突き刺すように 泣いてやれ!長渕剛長渕剛長渕剛生きるか死ぬかの 崖っぷちに立たされたあの時 差し出された優しい手に しがみついた 怖くて震えが 止まらなかったけど 一人ぼっちじゃないと も一度信じた  信じた瞬間 三度目の裏切りに倒れ 生まれて初めて 人が憎らしく思えてきた  唄を忘れたカナリアよ 破れた喉を引き裂き 真っ赤な血を吐き 突き刺すように 泣いてやれ!  いつからだろう 人を疑い 損か得かの術(すべ)を知ったのは 暗闇の夜は 我が身かくした だけど 後ろっから蹴っ飛ばされた  死にたいくらいに 悔しくて悔しくて 泣きたいくらいに 誰よりも強くなりたかった  唄を忘れたカナリアよ 破れた喉を引き裂き 真っ赤な血を吐き 突き刺すように 泣いてやれ!
俺の背中で力果てたお前の指がすべりおち ゆっくりとゆっくりとシェードランプに灯をともす 白い肌が悲しいほどにシーツに溶けてく お前の顔ひきよせてそっと口づけた  俺は今 月が落ちた波打ち際に立ち 愛する覚悟を一歩づつふみしめてる 「嘘だろう?」ってあの時 聞けなかったのは 互いの寂しさをわかってたからだ  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう  身動きすると逃げてくようにお前は震えた 乱れた髪俺の両手で強く受け止めた にぎりしめた 二つの罪 素っ裸の胸に抱き 23Fホテルの部屋苦しい夜が 降ってた  俺は今 月が落ちた波打ち際に立ち 愛される覚悟を一歩づつふみしめてる こなごなに砕け散る波のしぶきが舞い あの時の俺の胸に(ずるさ)突き刺さる  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI俺の背中で力果てたお前の指がすべりおち ゆっくりとゆっくりとシェードランプに灯をともす 白い肌が悲しいほどにシーツに溶けてく お前の顔ひきよせてそっと口づけた  俺は今 月が落ちた波打ち際に立ち 愛する覚悟を一歩づつふみしめてる 「嘘だろう?」ってあの時 聞けなかったのは 互いの寂しさをわかってたからだ  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう  身動きすると逃げてくようにお前は震えた 乱れた髪俺の両手で強く受け止めた にぎりしめた 二つの罪 素っ裸の胸に抱き 23Fホテルの部屋苦しい夜が 降ってた  俺は今 月が落ちた波打ち際に立ち 愛される覚悟を一歩づつふみしめてる こなごなに砕け散る波のしぶきが舞い あの時の俺の胸に(ずるさ)突き刺さる  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう  夜の海に俺の過去を沈めたら 明日からお前と二人で生きよう
浦安の黒ちゃん「近頃何だかお前 元気ねえみてえだな」と 忘れかけてたころに 電話がなる 「何かいい事ねえか」と「身震いするような女に 会いに街へ出よう」と俺が言うと  買ったばかりのジープで湾岸道路飛ばし 浦安の黒ちゃんはやってくる とりあえずお前の家へ今からすぐ行くから 大阪行きのチケット摂ってくれと言う  赤い靴下をいつものぞかせて 「つまんねえ映画ばっかりだな」と冷蔵庫を開け YEBISUビールにえだ豆をつまみながら 浦安の黒ちゃんは兄貴ぶる  8:30分東京駅プラットホーム 俺達はまずい弁当ぶら下げて 個室に乗り込み 売り子に声をかけ 浦安の黒ちゃんは 頭をかく  ルルルル ルルル…  釣と女と映画を語り始めると 俺はガムを噛みながら 窓の外を見た 田んぼのあぜ道を白いヘルメットかぶり 自転車通学の学生が気になる  名も知らぬ街で名も知らぬ風に吹かれ 「あいつもきっと夢があるんだな」って 急に黙りこくりタバコに火をつけて 浦安の黒ちゃんは目を閉じた  あてもなく俺達は大阪へ着いた 「これからどこへ行くんだよ」って俺が言うと 「わかんねえ」とあっさり黒ちゃんが言ったから 「赤い靴下やめろ」って言ってやった  とりあえず車に乗り南へ走らせた 大阪通天閣に二人で昇った しょうがねえから俺達流れるネオンサイン見て バカヤロウって小さな声で言った  しけたホテルのバーじゃ性に合わねえから 俺達は屋台でうどんをすすった さっぱり色気なしで悪かったなと なりふりかまわずどんぶりをすすった  よろめく足取りのふらふらの街で ド真ン中を俺達は歩いた とんがったまんまの 黒ちゃんの背中が 大阪の街で小さく見えた  ルルルル ルルル…長渕剛長渕剛長渕剛「近頃何だかお前 元気ねえみてえだな」と 忘れかけてたころに 電話がなる 「何かいい事ねえか」と「身震いするような女に 会いに街へ出よう」と俺が言うと  買ったばかりのジープで湾岸道路飛ばし 浦安の黒ちゃんはやってくる とりあえずお前の家へ今からすぐ行くから 大阪行きのチケット摂ってくれと言う  赤い靴下をいつものぞかせて 「つまんねえ映画ばっかりだな」と冷蔵庫を開け YEBISUビールにえだ豆をつまみながら 浦安の黒ちゃんは兄貴ぶる  8:30分東京駅プラットホーム 俺達はまずい弁当ぶら下げて 個室に乗り込み 売り子に声をかけ 浦安の黒ちゃんは 頭をかく  ルルルル ルルル…  釣と女と映画を語り始めると 俺はガムを噛みながら 窓の外を見た 田んぼのあぜ道を白いヘルメットかぶり 自転車通学の学生が気になる  名も知らぬ街で名も知らぬ風に吹かれ 「あいつもきっと夢があるんだな」って 急に黙りこくりタバコに火をつけて 浦安の黒ちゃんは目を閉じた  あてもなく俺達は大阪へ着いた 「これからどこへ行くんだよ」って俺が言うと 「わかんねえ」とあっさり黒ちゃんが言ったから 「赤い靴下やめろ」って言ってやった  とりあえず車に乗り南へ走らせた 大阪通天閣に二人で昇った しょうがねえから俺達流れるネオンサイン見て バカヤロウって小さな声で言った  しけたホテルのバーじゃ性に合わねえから 俺達は屋台でうどんをすすった さっぱり色気なしで悪かったなと なりふりかまわずどんぶりをすすった  よろめく足取りのふらふらの街で ド真ン中を俺達は歩いた とんがったまんまの 黒ちゃんの背中が 大阪の街で小さく見えた  ルルルル ルルル…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
英二くそまみれの公衆便所 鼻をつんざくアンモニア ジッパーおろし、たれ流しゃ 真っ赤な血のしょんべん こびりついた 不良少年の落書き ひきちぎられたエロ雑誌 丸めこまれた 黄ばんだちり紙 そろそろ腹わた 煮えくり返る 叩き割った鏡に うすら寒い俺の面 ぐらんぐらんの糸きり歯 引っこ抜こうか どうしようか 外はどしゃぶり  英二 こみあげるぜ 英二 飲めねえ酒を飲み 英二 抱けない女抱き 英二 残るあと味噛んでみた  天気予報は あてにならねえ 傘もねえ希望もねえ 真っすぐだった、あの道も あの時も、あの日々も 泥にまみれ ふたをしやがる ひん曲がる優しさたちよ 昔なじみのゴロツキも 今じゃ偉くなったもんよ しのぎを削りたおれ もう一度 這い上がってやれ! ふぬけなこの街“花の東京” 空っぽの街笑い散らかせ 花火よ 上がれ!  英二 むなしすぎるぜ 英二 お前に逢いたい 英二 肩で風、切り 英二 この街を歩こう  英二 くわえタバコに 英二 俺がマッチで火をつけよう 英二 花火を上げたら 英二 二人、あの町へ行こう  英二 二人、あの町へ行こう長渕剛長渕剛長渕剛くそまみれの公衆便所 鼻をつんざくアンモニア ジッパーおろし、たれ流しゃ 真っ赤な血のしょんべん こびりついた 不良少年の落書き ひきちぎられたエロ雑誌 丸めこまれた 黄ばんだちり紙 そろそろ腹わた 煮えくり返る 叩き割った鏡に うすら寒い俺の面 ぐらんぐらんの糸きり歯 引っこ抜こうか どうしようか 外はどしゃぶり  英二 こみあげるぜ 英二 飲めねえ酒を飲み 英二 抱けない女抱き 英二 残るあと味噛んでみた  天気予報は あてにならねえ 傘もねえ希望もねえ 真っすぐだった、あの道も あの時も、あの日々も 泥にまみれ ふたをしやがる ひん曲がる優しさたちよ 昔なじみのゴロツキも 今じゃ偉くなったもんよ しのぎを削りたおれ もう一度 這い上がってやれ! ふぬけなこの街“花の東京” 空っぽの街笑い散らかせ 花火よ 上がれ!  英二 むなしすぎるぜ 英二 お前に逢いたい 英二 肩で風、切り 英二 この街を歩こう  英二 くわえタバコに 英二 俺がマッチで火をつけよう 英二 花火を上げたら 英二 二人、あの町へ行こう  英二 二人、あの町へ行こう
Amen真夜中の回転木馬に乗り 戦う意味を考えている 宗教も哲学も科学も思想も 宇宙に逃避しているみたいでわからない  僕が子供の頃手を引かれ あの夏の日 川沿いを歩いた 空は高く青く気高くて 母と一緒にお祈りした  雨にも負けて 風にも負けて 冬の寒さに耐えかねて また空を見た 負けひれ伏しても幸せだった 一家四人がよりそい眠った  エイメーン 1億万回お祈りするから エイメーン 僕が生まれた場所へ 今すぐ帰りたい  真夜中の回転木馬は回り続け 僕がいったいどこにいるのかわからない いつも手を振る愛おしい姿もなく 漆黒の闇の中に葬られていく  僕が僕であり続けるために 人を打ち負かすのはもうやめよう 人のつぶし合いに今日も明け暮れて 生きる意味を見失ってしまうから  雨にも泣いて 風にも泣いて 冬の寒さに耐えかねて また空を見た 泣きひれ伏しても明日を探した ずっとこのままでいられますように…  エイメーン 1億万回お祈りするから エイメーン 僕が生まれた場所へ 今すぐ帰りたい長渕剛長渕剛長渕剛真夜中の回転木馬に乗り 戦う意味を考えている 宗教も哲学も科学も思想も 宇宙に逃避しているみたいでわからない  僕が子供の頃手を引かれ あの夏の日 川沿いを歩いた 空は高く青く気高くて 母と一緒にお祈りした  雨にも負けて 風にも負けて 冬の寒さに耐えかねて また空を見た 負けひれ伏しても幸せだった 一家四人がよりそい眠った  エイメーン 1億万回お祈りするから エイメーン 僕が生まれた場所へ 今すぐ帰りたい  真夜中の回転木馬は回り続け 僕がいったいどこにいるのかわからない いつも手を振る愛おしい姿もなく 漆黒の闇の中に葬られていく  僕が僕であり続けるために 人を打ち負かすのはもうやめよう 人のつぶし合いに今日も明け暮れて 生きる意味を見失ってしまうから  雨にも泣いて 風にも泣いて 冬の寒さに耐えかねて また空を見た 泣きひれ伏しても明日を探した ずっとこのままでいられますように…  エイメーン 1億万回お祈りするから エイメーン 僕が生まれた場所へ 今すぐ帰りたい
おいで僕のそばに別れまぎわに君が おとしてきたものは何? 涙? それとも いくつかの 傷跡 それをひろい集めて 言葉につづるとしたら どんな なぐさめよりも やはり さようなら  街はずれの 月夜 今夜どこへ行くの? 行く場所が ないんだね 外は冷たい 木枯らし  おいで僕のそばに 抱きしめてあげるよ おいで僕のそばに あたためてあげるよ  たとえば遠い昔を 恋しくなどってみても ひとりぼっちの深い夜がこわいだけ 話す言葉よりも とぎれがちのタバコの火 眠る君の横顔が とても悲しい  終わりのない愛が おとずれればいいね 行く場所を探すまで ここにいればいいさ  おいで僕のそばに 抱きしめてあげるよ おいで僕のそばに あたためてあげるよ長渕剛長渕剛長渕剛別れまぎわに君が おとしてきたものは何? 涙? それとも いくつかの 傷跡 それをひろい集めて 言葉につづるとしたら どんな なぐさめよりも やはり さようなら  街はずれの 月夜 今夜どこへ行くの? 行く場所が ないんだね 外は冷たい 木枯らし  おいで僕のそばに 抱きしめてあげるよ おいで僕のそばに あたためてあげるよ  たとえば遠い昔を 恋しくなどってみても ひとりぼっちの深い夜がこわいだけ 話す言葉よりも とぎれがちのタバコの火 眠る君の横顔が とても悲しい  終わりのない愛が おとずれればいいね 行く場所を探すまで ここにいればいいさ  おいで僕のそばに 抱きしめてあげるよ おいで僕のそばに あたためてあげるよ
俺らの家までGOLD LYLIC春の風が表通りを 通り抜けてゆくのに しらん顔はいじわる そろそろ電話待ってる  わかってるさ君の兄貴が 賛成してないのはね 君の立場もわかるし 兄貴の言い分もわかる  女好きは俺らの悪い癖 でも 遊びなんかじゃないよ 機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで  いいかい男は どんな時でも 浮気の一つくらい 誰でも持っているものさ 納得できないだろうが  でもね男は 心の奥に しまってるものだよ 一番大切なものだけ わかるね それが君さ  女好きは俺らの悪い癖 でも 遊びなんかじゃないよ 機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで  機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで 俺らの家までGOLD LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛春の風が表通りを 通り抜けてゆくのに しらん顔はいじわる そろそろ電話待ってる  わかってるさ君の兄貴が 賛成してないのはね 君の立場もわかるし 兄貴の言い分もわかる  女好きは俺らの悪い癖 でも 遊びなんかじゃないよ 機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで  いいかい男は どんな時でも 浮気の一つくらい 誰でも持っているものさ 納得できないだろうが  でもね男は 心の奥に しまってるものだよ 一番大切なものだけ わかるね それが君さ  女好きは俺らの悪い癖 でも 遊びなんかじゃないよ 機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで  機嫌なおして 来いよ!来いよ!! 俺らの家まで 俺らの家まで
俺らの旅はハイウェイ南へ下るこの長い国道沿いを アクセルふかしながら走って行く 行きかう車に気をつけてと警笛ならして 俺らの旅は今また始まった  気分上々心はうきうき見上げる空に 雲ひとつない風が心地よい 10トントラックはいつもステキな唄たちと それを向かえる仲間の夢でいっぱい  あの街からこの街までそいつを届けに行くのがね この俺らの仕事といえば仕事なんだけど 雨の降る日や雪の降る日は ちょいと心重たいが 北から南まだまだ走り続けなければ!  インターチェンジで南の香りが漂ってくる 黒い髪の少女が手をふってる 旅の疲れはいつしかどっかの忘れ物 俺ら陽気な笑顔でごあいさつ  淋しがりやのみんながとっても好きだから 愛をふりまく俺らはきょうもハイウェイ 言葉少なに交い合えるひとときさがして 俺らの旅はきょうもどっかのハイウェイ  あの街からこの街までそいつを届けに行くのがね この俺らの仕事といえば仕事なんだけど 雨の降る日や雪の降る日は ちょいと心重たいが 北から南まだまだ走り続けなければ!長渕剛長渕剛長渕剛南へ下るこの長い国道沿いを アクセルふかしながら走って行く 行きかう車に気をつけてと警笛ならして 俺らの旅は今また始まった  気分上々心はうきうき見上げる空に 雲ひとつない風が心地よい 10トントラックはいつもステキな唄たちと それを向かえる仲間の夢でいっぱい  あの街からこの街までそいつを届けに行くのがね この俺らの仕事といえば仕事なんだけど 雨の降る日や雪の降る日は ちょいと心重たいが 北から南まだまだ走り続けなければ!  インターチェンジで南の香りが漂ってくる 黒い髪の少女が手をふってる 旅の疲れはいつしかどっかの忘れ物 俺ら陽気な笑顔でごあいさつ  淋しがりやのみんながとっても好きだから 愛をふりまく俺らはきょうもハイウェイ 言葉少なに交い合えるひとときさがして 俺らの旅はきょうもどっかのハイウェイ  あの街からこの街までそいつを届けに行くのがね この俺らの仕事といえば仕事なんだけど 雨の降る日や雪の降る日は ちょいと心重たいが 北から南まだまだ走り続けなければ!
お家へかえろうささくれだった うす汚ねぇ古畳の上 割腹自殺する 夢をみた 昼間っからごろごろ ごろつき回り セブンイレブンで臭い女をはじく  東の空では若者が 自由と戦っているのに 原宿ホコ天通りじゃ 自由をもて遊んでる 「これが若者ですか?」と 日の丸をすかしてみりゃ しらけたニッポンが ああ アメリカに溶けてゆく  一攫千金かっさらおうと 東京めざし 甘くねえやと故郷へ とんぼ返り しようがねえべと畑耕し ここが一番さと 開き直ればケツの穴が なぜかむずがゆい  青山通りと表参道の交差点のビルから ミックジャガーが ぶらぶら ぶら下がってる すけべったらしい いかした あの口許から 35億円の唾液を たれ流している  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  敗戦直後に生まれた40代は つまらない日本的資本主義をつくっちまった 履き違えた自由を売り物に ヒッピー ハッピーよろしく さすらいの風が吹く  ところでセブンイレブンには いつもの顔ぶれで 冷凍物のコロッケしか できねえボディコンと そいつの あそこにひざまずき なめまくる包茎どもが 深夜TVのド真ン中に どっぷり漬かってる  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう長渕剛長渕剛長渕剛ささくれだった うす汚ねぇ古畳の上 割腹自殺する 夢をみた 昼間っからごろごろ ごろつき回り セブンイレブンで臭い女をはじく  東の空では若者が 自由と戦っているのに 原宿ホコ天通りじゃ 自由をもて遊んでる 「これが若者ですか?」と 日の丸をすかしてみりゃ しらけたニッポンが ああ アメリカに溶けてゆく  一攫千金かっさらおうと 東京めざし 甘くねえやと故郷へ とんぼ返り しようがねえべと畑耕し ここが一番さと 開き直ればケツの穴が なぜかむずがゆい  青山通りと表参道の交差点のビルから ミックジャガーが ぶらぶら ぶら下がってる すけべったらしい いかした あの口許から 35億円の唾液を たれ流している  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  敗戦直後に生まれた40代は つまらない日本的資本主義をつくっちまった 履き違えた自由を売り物に ヒッピー ハッピーよろしく さすらいの風が吹く  ところでセブンイレブンには いつもの顔ぶれで 冷凍物のコロッケしか できねえボディコンと そいつの あそこにひざまずき なめまくる包茎どもが 深夜TVのド真ン中に どっぷり漬かってる  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう
お家へかえろう 2011ささくれだった うす汚ねえ古畳の上 割腹自殺する 夢をみた 昼間っからごろごろ ごろつき回り セブンイレブンで臭い女をはじく  東の空では若者が 自由と戦っているのに 原宿ホコ天通りじゃ 自由をもて遊んでる 『これが若者ですか?』と 日の丸をすかしてみりゃ しらけたニッポンが アメリカに溶けてゆく  一獲千金かっさらおうと 東京めざし 甘くねえやと故郷へ とんぼ返り しょうがねえべと畑耕し ここが一番さと 開き直ればケツの穴が なぜかむずがゆい  青山通りと表参道の交差点のビルから ミックジャガーが ぶらぶら ぶら下がってる すけべったらしい いかした あの口許から 35億円の唾液を たれ流している  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  敗戦直後に生まれた60代は つまらねえ日本的資本主義をつくっちまった 履き違えた自由を売り物に ヒッピー ハッピーよろしく さすらいの風が吹く  ところで東京永田町は いつもの顔ぶれで まとまりのねえ ケジメのねえ風が吹いてる ぶれまくる日の丸と星条旗が 仲良く揺れている 俺は憂鬱なまんま 黒い雨にさらされてる  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう長渕剛長渕剛長渕剛ささくれだった うす汚ねえ古畳の上 割腹自殺する 夢をみた 昼間っからごろごろ ごろつき回り セブンイレブンで臭い女をはじく  東の空では若者が 自由と戦っているのに 原宿ホコ天通りじゃ 自由をもて遊んでる 『これが若者ですか?』と 日の丸をすかしてみりゃ しらけたニッポンが アメリカに溶けてゆく  一獲千金かっさらおうと 東京めざし 甘くねえやと故郷へ とんぼ返り しょうがねえべと畑耕し ここが一番さと 開き直ればケツの穴が なぜかむずがゆい  青山通りと表参道の交差点のビルから ミックジャガーが ぶらぶら ぶら下がってる すけべったらしい いかした あの口許から 35億円の唾液を たれ流している  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  敗戦直後に生まれた60代は つまらねえ日本的資本主義をつくっちまった 履き違えた自由を売り物に ヒッピー ハッピーよろしく さすらいの風が吹く  ところで東京永田町は いつもの顔ぶれで まとまりのねえ ケジメのねえ風が吹いてる ぶれまくる日の丸と星条旗が 仲良く揺れている 俺は憂鬱なまんま 黒い雨にさらされてる  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう  ああ 明日の朝 ああ 国会議事堂へ行こう ああ しょんべんひっかけて ああ 口笛吹いてお家へ帰ろう
お釈迦さま他人の迷惑かえりみず 転がり込んできた生腐ぼうず どたばた便所のドアを開け いきなり鏡の前に突っ立った  鏡のぼうずは口をおっ広げ ふくれた歯ぐきに虫ピン突き刺し 難行苦行、浮き世に疲れたと しょんべんたらしながら お経おっ始めた  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま へたな説法 数打ちゃ当たると お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  裏切り 腹切り とびっきり 見せてあげましょ 男の筋道 丸い背中で語るなぼうず 義理がすたれりゃ この世の闇さ  つけてもらおか ぼうずの花道 つけて つけられ つきつけられて つかりすぎた たくあんかじりながら あんあん、のんのん、観音様  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま しまりがねえから ケジメもねえんだと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  ぼうずの性根を釈迦がどぶさらい ふす間の影からべんじょ虫 立った立たぬで朝が来りゃ 家なきカラスもカーカー笑う  絶体絶命 生腐ぼうず 遺書をしたため両手を合わす 脳なし、根性なし、 腑抜けなオカマ野郎 忍び込む先ゃ おたすけ念仏寺  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま この世の地獄 お前の為だと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま この世の地獄 お前の為だと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う長渕剛長渕剛長渕剛他人の迷惑かえりみず 転がり込んできた生腐ぼうず どたばた便所のドアを開け いきなり鏡の前に突っ立った  鏡のぼうずは口をおっ広げ ふくれた歯ぐきに虫ピン突き刺し 難行苦行、浮き世に疲れたと しょんべんたらしながら お経おっ始めた  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま へたな説法 数打ちゃ当たると お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  裏切り 腹切り とびっきり 見せてあげましょ 男の筋道 丸い背中で語るなぼうず 義理がすたれりゃ この世の闇さ  つけてもらおか ぼうずの花道 つけて つけられ つきつけられて つかりすぎた たくあんかじりながら あんあん、のんのん、観音様  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま しまりがねえから ケジメもねえんだと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  ぼうずの性根を釈迦がどぶさらい ふす間の影からべんじょ虫 立った立たぬで朝が来りゃ 家なきカラスもカーカー笑う  絶体絶命 生腐ぼうず 遺書をしたため両手を合わす 脳なし、根性なし、 腑抜けなオカマ野郎 忍び込む先ゃ おたすけ念仏寺  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま この世の地獄 お前の為だと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う  釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま 好きが極楽、嫌いが地獄 釈迦 釈迦 Oh! 釈迦さま この世の地獄 お前の為だと お釈迦さまでも シャカシャカ笑う
男は女が必要さやさしい口調で語りかける 君は南の街からやって来た 気さくで 飾り気のない女の子 好きだよ とっても君が  その頃僕はひとりでいることを 何よりも宝にしていたけれど 君と言葉をかわすたびに 孤独に初めて悲しさを感じた  夜のとばりがおりるころ 二人で歩いたね 夕暮れの大濠公園 あれから夜があけるまで 人生論を語りあかしたね  何も強がることはないね 淋しがり屋は僕の方なんだから そんな気持をわかっておくれ いつでも君になぐさめて欲しかったんだ  孤独は僕だけの宝物さ そうさ君に会うまでは そう思いこんでた ニールの唄ではないけれど やっぱり男は女が必要さ  時は11月ある晴れた日曜日 照和っていうこきたないフォーク喫茶で 約束の時間より1時間すぎて ドアの向こうで君が手を振った  二人向かい合い君の長い髪に そっとふれて甘い香りに酔いしれる あゝすばらしき恋のドラマの中で 僕は初めて女のやさしさ感じた  何も強がることはないね 淋しがり屋は僕の方なんだから そんな気持をわかっておくれ いつでも君になぐさめて欲しかったんだ  孤独は僕だけの宝物さ そうさ君に会うまでは そう思いこんでた ニールの唄ではないけれど やっぱり男は女が必要さ  やっぱり男は女が必要さ長渕剛長渕剛長渕剛やさしい口調で語りかける 君は南の街からやって来た 気さくで 飾り気のない女の子 好きだよ とっても君が  その頃僕はひとりでいることを 何よりも宝にしていたけれど 君と言葉をかわすたびに 孤独に初めて悲しさを感じた  夜のとばりがおりるころ 二人で歩いたね 夕暮れの大濠公園 あれから夜があけるまで 人生論を語りあかしたね  何も強がることはないね 淋しがり屋は僕の方なんだから そんな気持をわかっておくれ いつでも君になぐさめて欲しかったんだ  孤独は僕だけの宝物さ そうさ君に会うまでは そう思いこんでた ニールの唄ではないけれど やっぱり男は女が必要さ  時は11月ある晴れた日曜日 照和っていうこきたないフォーク喫茶で 約束の時間より1時間すぎて ドアの向こうで君が手を振った  二人向かい合い君の長い髪に そっとふれて甘い香りに酔いしれる あゝすばらしき恋のドラマの中で 僕は初めて女のやさしさ感じた  何も強がることはないね 淋しがり屋は僕の方なんだから そんな気持をわかっておくれ いつでも君になぐさめて欲しかったんだ  孤独は僕だけの宝物さ そうさ君に会うまでは そう思いこんでた ニールの唄ではないけれど やっぱり男は女が必要さ  やっぱり男は女が必要さ
許せることと許せないことがある そして許しちゃいけないことがある 譲れることと譲れないことがある そして譲っちゃいけないことがある  それは自分自身です それはまぎれもなくこの『俺』です 本性はいつの世でも瞳(め)に見えないものだ 一番大切なものは私の揺るぎない心です  だからかたがつくまで黙り通してみましょう 俺は生まれて初めて本気で怒ってるのだから  我慢するものと我慢できないものがある そして我慢しちゃいけないものがある 笑えるものと笑えないものがある そして笑っちゃいけないものがある  それは自分自身です それはまぎれもなくこの『俺』です 本性はいつの世でも瞳に見えないものだ 一番大切なものは貴方の優しき心です  だからかたがつくまで口を慎みましょう 俺は生まれて初めて本気で怒ってるのだから長渕剛長渕剛長渕剛許せることと許せないことがある そして許しちゃいけないことがある 譲れることと譲れないことがある そして譲っちゃいけないことがある  それは自分自身です それはまぎれもなくこの『俺』です 本性はいつの世でも瞳(め)に見えないものだ 一番大切なものは私の揺るぎない心です  だからかたがつくまで黙り通してみましょう 俺は生まれて初めて本気で怒ってるのだから  我慢するものと我慢できないものがある そして我慢しちゃいけないものがある 笑えるものと笑えないものがある そして笑っちゃいけないものがある  それは自分自身です それはまぎれもなくこの『俺』です 本性はいつの世でも瞳に見えないものだ 一番大切なものは貴方の優しき心です  だからかたがつくまで口を慎みましょう 俺は生まれて初めて本気で怒ってるのだから
オホーツクの海「一晩中、泣き続けた 車の中ひとりぼっちで 急にあなたが私のそばからどこか 遠い所へ行ってしまいそう  あなたの声聞きたくて 淋しさにこれ以上耐えきれない あの時私の心、あなたに置いてきた だけどやっぱりあなたの生き方に追いつけない」  からっ風が吹いている 荒れ狂う真冬の海 俺は今、遙か北、オホーツクの海に在る 容赦無くうねり砕け散る流氷が ゴーゴーと吠え噛みつきながら生きていた  オホーツクの海に 沈む夕陽を真っすぐ、真っすぐ俺は見つめた こらえきれず、泣き叫んだら 勇気が宿った やっと俺の胸に静かな 勇気が宿った  「私の部屋にあなたがいない あなたがもたれるソファーにあなたがいない」 君の笑みに素直に俺が答えなかったのは 君の言う孤独になす術がなかったからだ  『飛んで行きたい 愛しい人のそば 誰もが願う繊細な風に吹かれたい』 人生の途中で迷い、ふさぎ、自信が失せたあの日 たやすく孤独を口にした自分が恥ずかしかった  からっ風が怒っている 荒れ狂う真冬の海 君と泣き、悩み、苦しむことが優しさだと ここへたどり着くまで俺は信じてた だけど海は黙ったまんま厳しさを語ってた  オホーツクの海を 背にして俺はゆっくりゆっくり走った 氷の雨、頬突き刺せば 覚悟が宿った 全て断ち切る覚悟が 静かに宿った  全て断ち切る覚悟が 静かに宿った長渕剛長渕剛長渕剛「一晩中、泣き続けた 車の中ひとりぼっちで 急にあなたが私のそばからどこか 遠い所へ行ってしまいそう  あなたの声聞きたくて 淋しさにこれ以上耐えきれない あの時私の心、あなたに置いてきた だけどやっぱりあなたの生き方に追いつけない」  からっ風が吹いている 荒れ狂う真冬の海 俺は今、遙か北、オホーツクの海に在る 容赦無くうねり砕け散る流氷が ゴーゴーと吠え噛みつきながら生きていた  オホーツクの海に 沈む夕陽を真っすぐ、真っすぐ俺は見つめた こらえきれず、泣き叫んだら 勇気が宿った やっと俺の胸に静かな 勇気が宿った  「私の部屋にあなたがいない あなたがもたれるソファーにあなたがいない」 君の笑みに素直に俺が答えなかったのは 君の言う孤独になす術がなかったからだ  『飛んで行きたい 愛しい人のそば 誰もが願う繊細な風に吹かれたい』 人生の途中で迷い、ふさぎ、自信が失せたあの日 たやすく孤独を口にした自分が恥ずかしかった  からっ風が怒っている 荒れ狂う真冬の海 君と泣き、悩み、苦しむことが優しさだと ここへたどり着くまで俺は信じてた だけど海は黙ったまんま厳しさを語ってた  オホーツクの海を 背にして俺はゆっくりゆっくり走った 氷の雨、頬突き刺せば 覚悟が宿った 全て断ち切る覚悟が 静かに宿った  全て断ち切る覚悟が 静かに宿った
親知らずペンチで親知らずをひっこぬき そいつをボリボリ かじりながら ぼっこりあごがふくれあがった 暗く新しい朝に 根っから貧乏症の この俺ときたら 黒いコウモリ傘をさして TVを見ている 横シマなマスコミは、いつも臭い息を吐き 知識と教養をふりかざす 点数稼ぎのバカ野郎共が! はるか地球の上から 人間を 見下ろしても 日銭暮らしの俺たちにゃ もっともっと 大事な事がある  俺の祖国 日本よ!どうかアメリカに溶けないでくれ! 誰もが我が子を愛するようにー 俺の祖国 日本よ!ちかごろ ふざけすぎちゃ いねえか! もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  ゴルバチョフもフセインもブッシュも海部さんも お暇なら明日 俺の家へ遊びに来てくれねえか! 何にも おもてなしはできないけれど 聞いて欲しい唄が 3つばかりあるんだ いったい俺たちは自由という本当の意味を どれだけ深く深く知っているのか? 目的のない自由に 身をまかせて生きるくらいなら 俺は死ぬまで一睡もせず カラオケかじった方がましだ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  宇宙や世界や宗教 それもいいけれど 女よそっと優しい乳房をさし出してくれ のどをさき血を吐いても そいつを飲みこみ 男よもっと真っすぐな サムライになれ! 土のない街をつくり 眠れない夜をつくり 緑のない空気を吸いたくり 赤ん坊には注射針 つり下がった点滴のビンがぶらぶら揺れている 俺たちは犯した罪を汚れねばついた舌でなめている  俺の祖国 日本よ!どうかアメリカに溶けないでくれ! 誰もが我が子を愛するようにー 俺の祖国 日本よ!ちかごろ ふざけすぎちゃ いねえか! もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある長渕剛長渕剛長渕剛ペンチで親知らずをひっこぬき そいつをボリボリ かじりながら ぼっこりあごがふくれあがった 暗く新しい朝に 根っから貧乏症の この俺ときたら 黒いコウモリ傘をさして TVを見ている 横シマなマスコミは、いつも臭い息を吐き 知識と教養をふりかざす 点数稼ぎのバカ野郎共が! はるか地球の上から 人間を 見下ろしても 日銭暮らしの俺たちにゃ もっともっと 大事な事がある  俺の祖国 日本よ!どうかアメリカに溶けないでくれ! 誰もが我が子を愛するようにー 俺の祖国 日本よ!ちかごろ ふざけすぎちゃ いねえか! もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  ゴルバチョフもフセインもブッシュも海部さんも お暇なら明日 俺の家へ遊びに来てくれねえか! 何にも おもてなしはできないけれど 聞いて欲しい唄が 3つばかりあるんだ いったい俺たちは自由という本当の意味を どれだけ深く深く知っているのか? 目的のない自由に 身をまかせて生きるくらいなら 俺は死ぬまで一睡もせず カラオケかじった方がましだ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  宇宙や世界や宗教 それもいいけれど 女よそっと優しい乳房をさし出してくれ のどをさき血を吐いても そいつを飲みこみ 男よもっと真っすぐな サムライになれ! 土のない街をつくり 眠れない夜をつくり 緑のない空気を吸いたくり 赤ん坊には注射針 つり下がった点滴のビンがぶらぶら揺れている 俺たちは犯した罪を汚れねばついた舌でなめている  俺の祖国 日本よ!どうかアメリカに溶けないでくれ! 誰もが我が子を愛するようにー 俺の祖国 日本よ!ちかごろ ふざけすぎちゃ いねえか! もっともっと自分を激しく愛し貫いてゆけ 銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある  銭はヨオ! 銭はヨオ! そりゃ欲しいけどヨオ! 何ボ積んでも 何ボ積んでも 譲れねえものがある
俺たちのキャスティング・ミスお前は身を起こして もつれた髪を 二・三度静かに 振り動かした 額際から 二つに別れた黒髪を 肩に流して 微笑んだ  Dance Dance Dance Again 凍てついた 俺の白いベッドで 俺はお前の のど元に口唇を這わせ お前は 俺の胸に指を熱く這わせたけど  Far Away Far Away from me 俺たちのキャスティング ミス Far Away Far Away from me 電話はかけないで  俺たちが描いていた 一夜のドラマが 砂丘の砂の中 埋もれてゆく お前の気の病いと透きとおるほどの静脈が 俺の魂 狂わせた  Dance Dance Dance Again 悲惨なほどに 心焦がした現実で 青く痛んだ Love Story 最後の台詞(セリフ)を吐いた 「たのむから私と一緒に呼吸をしてくれる?」  Far Away Far Away from me 俺たちのキャスティング ミス Far Away Far Away from me 電話はかけないで長渕剛長渕剛長渕剛お前は身を起こして もつれた髪を 二・三度静かに 振り動かした 額際から 二つに別れた黒髪を 肩に流して 微笑んだ  Dance Dance Dance Again 凍てついた 俺の白いベッドで 俺はお前の のど元に口唇を這わせ お前は 俺の胸に指を熱く這わせたけど  Far Away Far Away from me 俺たちのキャスティング ミス Far Away Far Away from me 電話はかけないで  俺たちが描いていた 一夜のドラマが 砂丘の砂の中 埋もれてゆく お前の気の病いと透きとおるほどの静脈が 俺の魂 狂わせた  Dance Dance Dance Again 悲惨なほどに 心焦がした現実で 青く痛んだ Love Story 最後の台詞(セリフ)を吐いた 「たのむから私と一緒に呼吸をしてくれる?」  Far Away Far Away from me 俺たちのキャスティング ミス Far Away Far Away from me 電話はかけないで
俺たちの心にジングルベルむかし、むかし、その昔 俺たちにゃ サンタクロースがいた 降り積もる雪の中 赤い靴はき、でっかい袋下げて  メリーメリーメリーメリーX'mas 君の為に メリーメリーメリーメリーX'mas ブリキのおもちゃ 夢にまで見たゼンマイじかけの蒸気機関車 俺の枕元にそっと置いてってくれた  トナカイにまたがり 走ってやって来る 遙か遠い 北の国から 吹雪をけちらし 走ってやって来る  むかし、むかし、その昔 俺たちにゃ サンタクロースがいた 降り積もる雪の中 明日 俺は赤い靴を買いに行こう  メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you  街に灯りがともった 子供たちは歌を唄った どうか どうか 私の明日に サンタクロースが来ますように  メリーメリーメリーメリーX'mas かなえてやろう メリーメリーメリーメリーX'mas あの時のように 優しさだったら小さな嘘でもいいじゃないか せめて ささやかな灯(ともしび)が消えないように  トナカイにまたがり 走り続けるんだ 遙か遠い 見知らぬ国まで 吹雪をけちらし 走り続けるんだ  星降る夜空にジングルベル 雪降る夜空にジングルベル 待ちどおしい俺たちの明日の 心に鳴らせジングルベル 心に鳴らせジングルベル  メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you  ...長渕剛長渕剛長渕剛むかし、むかし、その昔 俺たちにゃ サンタクロースがいた 降り積もる雪の中 赤い靴はき、でっかい袋下げて  メリーメリーメリーメリーX'mas 君の為に メリーメリーメリーメリーX'mas ブリキのおもちゃ 夢にまで見たゼンマイじかけの蒸気機関車 俺の枕元にそっと置いてってくれた  トナカイにまたがり 走ってやって来る 遙か遠い 北の国から 吹雪をけちらし 走ってやって来る  むかし、むかし、その昔 俺たちにゃ サンタクロースがいた 降り積もる雪の中 明日 俺は赤い靴を買いに行こう  メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you  街に灯りがともった 子供たちは歌を唄った どうか どうか 私の明日に サンタクロースが来ますように  メリーメリーメリーメリーX'mas かなえてやろう メリーメリーメリーメリーX'mas あの時のように 優しさだったら小さな嘘でもいいじゃないか せめて ささやかな灯(ともしび)が消えないように  トナカイにまたがり 走り続けるんだ 遙か遠い 見知らぬ国まで 吹雪をけちらし 走り続けるんだ  星降る夜空にジングルベル 雪降る夜空にジングルベル 待ちどおしい俺たちの明日の 心に鳴らせジングルベル 心に鳴らせジングルベル  メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you メリーメリーメリーメリーメリーメリーX'mas for you  ...
俺たちのニライカナイ幾千もの 悲しみなど 数えてみても しかたがない 珊瑚の海に 沈めれば わたしも あなたも 一匹の魚さ  歴史も人生(みち)も 暗い影ならば 高い太陽が 照らすだろう 路地を歩けば 聞こえるよ わたしも あなたも 島の風  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  さらりさらりと 黒髪ゆれる 決して 語らぬ 苦しみなど 笑い 泣きながら 手をさすれば わたしも あなたも よりそってる  東西南北 見わたせば はるか 地平線 陽が昇る ニライカナイの 海が ほほえむ 「いつも お前の そばにいる」と  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  あなたが 抱きしめるのが この島さ  u…u…長渕剛長渕剛長渕剛幾千もの 悲しみなど 数えてみても しかたがない 珊瑚の海に 沈めれば わたしも あなたも 一匹の魚さ  歴史も人生(みち)も 暗い影ならば 高い太陽が 照らすだろう 路地を歩けば 聞こえるよ わたしも あなたも 島の風  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  さらりさらりと 黒髪ゆれる 決して 語らぬ 苦しみなど 笑い 泣きながら 手をさすれば わたしも あなたも よりそってる  東西南北 見わたせば はるか 地平線 陽が昇る ニライカナイの 海が ほほえむ 「いつも お前の そばにいる」と  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  俺たち 島んちゅうは 琉球の国で すべてを受け入れ それでも 突っ立ち ここに在(い)る! どうか忘れないで 心が傷ついたら いつでも 帰っておいで この島へ  あなたが 抱きしめるのが この島さ  u…u…
俺の太陽みょうに小利口な奴を 見ると腹が立ち 口にできねえもどかしさを わかってくれと もの言えぬ 悲しみをずっと 信じてきた 喉の奥がかゆくなるような かけひきに Bye-Bye  世の中 おもしろくねえ 事ばっかりで 筋の通らねえ 事ばっかりが 太々しく 人ゴミから のがれ ようやく弱音を吐けば 喉元のリンパ腺がきまってぶっ潰れた  ホテルの便所じゃズボンを おろしっぱなしで ふんずまりに 悩みながら 神様を信じた 女の前で 三つ指をつき 舌の先を転がすような オモチャのような 優しい男にゃ なりきれねえ  俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!!  ダダダン ダダンダダダダダーダン…  縮み上がった老婆が 金切り声で泣く 俺の顔を さんざん 爪でひっかいた故郷よ 俺は 血まみれになったけど 恨みはしない 強く育ててくれた この日本を愛してる  銭で でっちあげられた 俺たちの魂よ 人間をバカにしながら ニセモノ共が まかり通る 俺は 玉ネギの皮をひん剥き 疲れ果てた2つの目に バリバリとすりつけながら もう明日が 待ちきれねえ  俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!! 俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!!  ダダダン ダダンダダダダダーダン…長渕剛長渕剛長渕剛みょうに小利口な奴を 見ると腹が立ち 口にできねえもどかしさを わかってくれと もの言えぬ 悲しみをずっと 信じてきた 喉の奥がかゆくなるような かけひきに Bye-Bye  世の中 おもしろくねえ 事ばっかりで 筋の通らねえ 事ばっかりが 太々しく 人ゴミから のがれ ようやく弱音を吐けば 喉元のリンパ腺がきまってぶっ潰れた  ホテルの便所じゃズボンを おろしっぱなしで ふんずまりに 悩みながら 神様を信じた 女の前で 三つ指をつき 舌の先を転がすような オモチャのような 優しい男にゃ なりきれねえ  俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!!  ダダダン ダダンダダダダダーダン…  縮み上がった老婆が 金切り声で泣く 俺の顔を さんざん 爪でひっかいた故郷よ 俺は 血まみれになったけど 恨みはしない 強く育ててくれた この日本を愛してる  銭で でっちあげられた 俺たちの魂よ 人間をバカにしながら ニセモノ共が まかり通る 俺は 玉ネギの皮をひん剥き 疲れ果てた2つの目に バリバリとすりつけながら もう明日が 待ちきれねえ  俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!! 俺の太陽よ ほらぐずぐずしてねえで 俺の太陽よ 早くのぼって来てくれ 俺の目は夜通しこんなに 光ってるんだ 悲劇で迎える朝など くそっくらえ!!  ダダダン ダダンダダダダダーダン…
女よ、GOMEN今にみてろと雨にはじかれながら しょっちゅう伏し目がちの昨日を破りすててきた 4、6時中 貧乏ひまなし 頭もはげるほど 頑張れば 頑張るほど イラついていた  いたずらに女に惚れてきたわけじゃねえ 考えてみりゃ女にゃ謝りっぱなしだった 煮ても焼いても 食えねえ 俺ら ごろつきに やわらかい肌で 明日をみさせてくれた  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ  馬鹿か利口かケジメのつかねえ夜だった 夢にしばられ おまけに てめえの首までしめちまい 一生 嘘でかためてやれと俺らひんまがりゃ 向こう見ずの乱暴者とまたののしられた  バカがつくほど正直に街の空を仰いだら すれ違う友は 俺の前から遠去っていった 夢と暮らしのゴッタ返しのざわめきの真ん中で 俺には やっぱり お前しかいなかった  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ長渕剛長渕剛長渕剛今にみてろと雨にはじかれながら しょっちゅう伏し目がちの昨日を破りすててきた 4、6時中 貧乏ひまなし 頭もはげるほど 頑張れば 頑張るほど イラついていた  いたずらに女に惚れてきたわけじゃねえ 考えてみりゃ女にゃ謝りっぱなしだった 煮ても焼いても 食えねえ 俺ら ごろつきに やわらかい肌で 明日をみさせてくれた  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ  馬鹿か利口かケジメのつかねえ夜だった 夢にしばられ おまけに てめえの首までしめちまい 一生 嘘でかためてやれと俺らひんまがりゃ 向こう見ずの乱暴者とまたののしられた  バカがつくほど正直に街の空を仰いだら すれ違う友は 俺の前から遠去っていった 夢と暮らしのゴッタ返しのざわめきの真ん中で 俺には やっぱり お前しかいなかった  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ  女よ GOMEN GOMEN! 女よ GOMEN GOMEN! 100年たっても 1000年たっても Wow Wow 俺らお前に 謝りっぱなしさ
ALL RIGHTもう生きてゆけない 自分が大っ嫌いで 苦しみばかり 喰い散らかしてきたんだ 得体の知れない 不安が僕をおそい 打ち勝つほどの 勇気も失せてしまった  このまま空へ吸いこまれて いなくなっちまえば 僕が誰かも どこかも きっと全てが楽になる  悩み疲れて 涙も枯れて 転がる石を 僕は二つ拾った 「言いしれぬ痛み」と「言いしれぬ悔しさ」 両手のひらに なすりつけるように 握った  生易(なまやさ)しい言葉だらけで うんざりしてるだけ しなびた心の 向こう側に きっと本当の「僕」がいる  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう  ある朝 日が昇り 川を下った 流れる水が 金色に光ってた 得体の知れない 疑いが砕け散った 思わず僕は 川に飛び込んだ  生き残ることに 図々しさまで感じてきたけど しおれた心臓の鼓動さえ 愛おしく今、高なる  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう長渕剛長渕剛長渕剛もう生きてゆけない 自分が大っ嫌いで 苦しみばかり 喰い散らかしてきたんだ 得体の知れない 不安が僕をおそい 打ち勝つほどの 勇気も失せてしまった  このまま空へ吸いこまれて いなくなっちまえば 僕が誰かも どこかも きっと全てが楽になる  悩み疲れて 涙も枯れて 転がる石を 僕は二つ拾った 「言いしれぬ痛み」と「言いしれぬ悔しさ」 両手のひらに なすりつけるように 握った  生易(なまやさ)しい言葉だらけで うんざりしてるだけ しなびた心の 向こう側に きっと本当の「僕」がいる  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう  ある朝 日が昇り 川を下った 流れる水が 金色に光ってた 得体の知れない 疑いが砕け散った 思わず僕は 川に飛び込んだ  生き残ることに 図々しさまで感じてきたけど しおれた心臓の鼓動さえ 愛おしく今、高なる  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう  all right all right all right 死んだふりして 生きてんのが 馬鹿馬鹿しくなる all right all right all right 生きてるふりして 死んでんのも もうやめちまおう
かあちゃんの歌18 半ばで故郷をすて こんな田舎は嫌だよと でっかい男になるんだと かあちゃん見送る汽車の窓  19、20はひたむきに ビルの掃除に明け暮れた 工事現場の親方が 怖くて怖くて嫌だった  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん僕をひっぱたき 「帰ってくるな!」と叱られた  それから3年 どさ回り 博多・小倉でどつかれて 長崎・佐世保で船に乗り 気がつきゃ大阪 花の街  働く先も見つからず コンビニの前に座り込む あかね色した夕焼けが 沈む向こうに故郷あり  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん「お金はあるのか」と 電話の向こうで泣いていた  あれから幾度も冬を越え 何とか大人になったけど 幼き我が子を胸に抱き 僕は立派になれたかな  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん 見ていてくれるかな かあちゃん 僕だとわかるかな  かあちゃん 見ていてくれたかな かあちゃん 僕だとわかるかな 手を引き川沿い歩いたら かあちゃん 空みて歌ってる かあちゃん 空みて歌ってる長渕剛長渕剛長渕剛18 半ばで故郷をすて こんな田舎は嫌だよと でっかい男になるんだと かあちゃん見送る汽車の窓  19、20はひたむきに ビルの掃除に明け暮れた 工事現場の親方が 怖くて怖くて嫌だった  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん僕をひっぱたき 「帰ってくるな!」と叱られた  それから3年 どさ回り 博多・小倉でどつかれて 長崎・佐世保で船に乗り 気がつきゃ大阪 花の街  働く先も見つからず コンビニの前に座り込む あかね色した夕焼けが 沈む向こうに故郷あり  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん「お金はあるのか」と 電話の向こうで泣いていた  あれから幾度も冬を越え 何とか大人になったけど 幼き我が子を胸に抱き 僕は立派になれたかな  行こうか 帰ろうか どっちつかずの僕だった かあちゃん 見ていてくれるかな かあちゃん 僕だとわかるかな  かあちゃん 見ていてくれたかな かあちゃん 僕だとわかるかな 手を引き川沿い歩いたら かあちゃん 空みて歌ってる かあちゃん 空みて歌ってる
帰り道君がのってる最終電車 僕はいそいそ停留所まで 君をむかえに いつものように 心うきうき気はほがら おーい おーいと手をふりながら かけ足3歩で胸の中 さあ帰ろう  静まりかえった商店街で 君は小脇に買い物袋 にんじん玉ねぎじゃがいもたくさん 「今夜のお料理何がいい?」なんて 「うでをめいっぱいふるってさ うまいやつ たのむよ 何でもいいんだ君の得意なやつをね」 「はい、はい わかりました だんな様」 なんて君はおどけてみせる  若い僕と幼い君だから 先のことなど考えまい 大切なのは今生きていること 大切なのはしあわせだということ 人の心なんてうわきなものだから うわきなものだから いつまでこの道帰れるかね 少し心配だけれど  やがて夜は深まり 二人の長い影は 月明かりの下で 笑っていた長渕剛長渕剛長渕剛君がのってる最終電車 僕はいそいそ停留所まで 君をむかえに いつものように 心うきうき気はほがら おーい おーいと手をふりながら かけ足3歩で胸の中 さあ帰ろう  静まりかえった商店街で 君は小脇に買い物袋 にんじん玉ねぎじゃがいもたくさん 「今夜のお料理何がいい?」なんて 「うでをめいっぱいふるってさ うまいやつ たのむよ 何でもいいんだ君の得意なやつをね」 「はい、はい わかりました だんな様」 なんて君はおどけてみせる  若い僕と幼い君だから 先のことなど考えまい 大切なのは今生きていること 大切なのはしあわせだということ 人の心なんてうわきなものだから うわきなものだから いつまでこの道帰れるかね 少し心配だけれど  やがて夜は深まり 二人の長い影は 月明かりの下で 笑っていた
まわりの人が 僕の事を おもしろがっている 生意気な奴だと口にして鼻で笑って信用しない 偉い人に頭を下げたら 良い奴だと口々にほめられた 心とうらはらの顔を鏡にうつしたら 恥ずかしい自分に気がついた  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  どれだけの 言葉を並べても 聞く耳かたむけてくれない いつかは 僕の事 そうだと うなずいて くれる日が きっとくるだろう ひとつの山を 越えたら そこから下を 見おろす人もいる 向こうにそびえる はるか高い山を 忘れて 今の自分に 酔う人もいる  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  今はだまって 春を待とう長渕剛長渕剛長渕剛まわりの人が 僕の事を おもしろがっている 生意気な奴だと口にして鼻で笑って信用しない 偉い人に頭を下げたら 良い奴だと口々にほめられた 心とうらはらの顔を鏡にうつしたら 恥ずかしい自分に気がついた  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  どれだけの 言葉を並べても 聞く耳かたむけてくれない いつかは 僕の事 そうだと うなずいて くれる日が きっとくるだろう ひとつの山を 越えたら そこから下を 見おろす人もいる 向こうにそびえる はるか高い山を 忘れて 今の自分に 酔う人もいる  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  僕の人生 そう自分の人生 したたかに生きて 行かなければ 後指をさす奴の心はいつも寒かろう 今はだまって 春を待とう  今はだまって 春を待とう
鹿児島中央STATIONMy Home Town My Home Town  俺は今 タイムスリップしたかのように 鹿児島中央駅広場に そびえる観覧車を仰ぎ見ている  西鹿児島駅だった頃の 一番街と二番街 ガキの頃からしょっちゅう しょっちゅう遊んでた  ナポリ通りのド真中に そびえ立つでっかい でっかい桜島がいつもほら 爆発してたッ!!  東京を夢見てた ギターぶら下げた俺 夜行列車がガタゴトチューチュー揺れていた!  死んだ母ちゃん泣きながら 俺が見えなくなるまで見送ってくれたっけ せつなく鳴いてた列車のポー 涙でかすんだ列車のポー 3番線プラットホーム  俺の鹿児島は 俺の鹿児島は どこへ行くッ! 俺の鹿児島は 俺の鹿児島は 田舎じゃなかったんか!!  夕焼けとんぼを追いかけ 紙ヒコーキをすっ飛ばし 風を追いかけ走ったまっすぐな路地は今もあるか!!  My Home Town My Home Town  都通りのとい面 深夜食堂カレーライス 腹をすかした俺たち ダチと将来を語りあってた  今も走る路面電車 灰にまみれた路面電車 セーラー服の少女達の瞳の奥に 希望はあるかほら! 将来はあるかほら! 未来はあるか? 夢はあるか? がむしゃらに生きてるか!!  左に傾く商店街 錆びれて傾く商店街 俺には聞こえる切ない列車の悲しいポーの汽笛が  死んだ父ちゃんポリBOX 西鹿児島駅前ポリBOX うかねえ面してポリ公やってた!  少女が瞬きする一瞬 失くしちまった物を探す為に 俺はまたここへ帰ってきた!!  俺の鹿児島は 俺の鹿児島は どこへ行くッ! 俺の鹿児島は 俺の鹿児島は 田舎じゃなかったんか!!  橋は壊され 山は削られ 知恵をつけた錦江湾にプカプカ浮かぶのは 橋は壊され 山は削られ 知恵をつけた錦江湾にプカプカ浮かぶのは 腐った死体と銭じゃ ねえだろうな!!  隠れてねえで 出て来いや! 隠れてねえで 出て来いや! 丸に十字の さっしゅう薩摩のぼっけも者ん 隠れてねえで 出て来いや! 隠れてねえで 出て来いや! 丸に十字の さっしゅう薩摩のぼっけも者ん  観覧車に乗って スタバのCOFFEE飲みながら 観覧車に乗って スタバのCOFFEE飲みながら 田舎者の意地を見せたれや!!  My Home Town My Home Town長渕剛長渕剛長渕剛My Home Town My Home Town  俺は今 タイムスリップしたかのように 鹿児島中央駅広場に そびえる観覧車を仰ぎ見ている  西鹿児島駅だった頃の 一番街と二番街 ガキの頃からしょっちゅう しょっちゅう遊んでた  ナポリ通りのド真中に そびえ立つでっかい でっかい桜島がいつもほら 爆発してたッ!!  東京を夢見てた ギターぶら下げた俺 夜行列車がガタゴトチューチュー揺れていた!  死んだ母ちゃん泣きながら 俺が見えなくなるまで見送ってくれたっけ せつなく鳴いてた列車のポー 涙でかすんだ列車のポー 3番線プラットホーム  俺の鹿児島は 俺の鹿児島は どこへ行くッ! 俺の鹿児島は 俺の鹿児島は 田舎じゃなかったんか!!  夕焼けとんぼを追いかけ 紙ヒコーキをすっ飛ばし 風を追いかけ走ったまっすぐな路地は今もあるか!!  My Home Town My Home Town  都通りのとい面 深夜食堂カレーライス 腹をすかした俺たち ダチと将来を語りあってた  今も走る路面電車 灰にまみれた路面電車 セーラー服の少女達の瞳の奥に 希望はあるかほら! 将来はあるかほら! 未来はあるか? 夢はあるか? がむしゃらに生きてるか!!  左に傾く商店街 錆びれて傾く商店街 俺には聞こえる切ない列車の悲しいポーの汽笛が  死んだ父ちゃんポリBOX 西鹿児島駅前ポリBOX うかねえ面してポリ公やってた!  少女が瞬きする一瞬 失くしちまった物を探す為に 俺はまたここへ帰ってきた!!  俺の鹿児島は 俺の鹿児島は どこへ行くッ! 俺の鹿児島は 俺の鹿児島は 田舎じゃなかったんか!!  橋は壊され 山は削られ 知恵をつけた錦江湾にプカプカ浮かぶのは 橋は壊され 山は削られ 知恵をつけた錦江湾にプカプカ浮かぶのは 腐った死体と銭じゃ ねえだろうな!!  隠れてねえで 出て来いや! 隠れてねえで 出て来いや! 丸に十字の さっしゅう薩摩のぼっけも者ん 隠れてねえで 出て来いや! 隠れてねえで 出て来いや! 丸に十字の さっしゅう薩摩のぼっけも者ん  観覧車に乗って スタバのCOFFEE飲みながら 観覧車に乗って スタバのCOFFEE飲みながら 田舎者の意地を見せたれや!!  My Home Town My Home Town
風は南から僕の家の屋根は 高く空を切り 窓辺から下に家並みを見おろす 朝露にぬれた桜の葉が 朝の光にキラキラ輝いている  今頃君はまだ 深い深い眠りの中 この僕の想いよ君の街まで吹いて行け そして君の胸に突き刺され 今 風は南から  白い鳩が大空を舞う 夏の朝の光を目指してまっすぐに 僕は大地を両足で踏みしめ 風が吹くのをじっと待っていた  沈黙を破り捨て 今高い高いうねりが この僕の想いよ君の街まで吹いて行け そして君の胸に突き刺され 今 風は南から長渕剛長渕剛長渕剛僕の家の屋根は 高く空を切り 窓辺から下に家並みを見おろす 朝露にぬれた桜の葉が 朝の光にキラキラ輝いている  今頃君はまだ 深い深い眠りの中 この僕の想いよ君の街まで吹いて行け そして君の胸に突き刺され 今 風は南から  白い鳩が大空を舞う 夏の朝の光を目指してまっすぐに 僕は大地を両足で踏みしめ 風が吹くのをじっと待っていた  沈黙を破り捨て 今高い高いうねりが この僕の想いよ君の街まで吹いて行け そして君の胸に突き刺され 今 風は南から
家族ギラギラと焼けつくコールタールの屋根に むせかえる灼熱のあの夏の放課後 俺たちはたくさんの自分を閉じ込めて しゃぼん玉を青い空へ飛ばしたよね  七色に輝く俺たちの未来は 「信じる」とか「信じない」からかけ離れてた 何の疑いもなく陽炎といっしょに 天空へ確かにはじけず昇ったよね  あれは遠い、そう夏の日の午後 広い校庭に水をまいた 決まって夕立のあと俺たちは 裸足のまんまで西陽を追いかけた  悲しかったけど… 泣きたかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  そばがらの枕と重たく湿ったふとん 吊した蚊帳をめくると苦しい夢をみた 天井には姉ちゃんのすすり泣きが響き 俺はじっと明日を垂直に考えてた  終業式の木造の校舎まで 明日はバスに揺られる最後の日だ! 割れた窓ガラスにセロテープを貼ろう そして色あせたランドセルを川へ捨てよう  ひざまでザックリつかりハヤを追いかけた 気の遠くなるよな夕暮れまでの瞬間 母親の夕餉の仕度と立ち昇る煙が たまらなく嫌だったけど 明日が待ちどおしくて  つらかったけど… 悔しかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  農夫たちのぶ厚い人間の手のひらに 今日一日分のお椀を返したら 親父もお袋も姉ちゃんも俺も やがて「ふるさと」という呼び名から離れて行くのだ  「さよなら」を言わなきゃいけない数の方が 出会いの数より多かったよね 親父の胸の草むらであの夏の日 「もう母ちゃんを殴らないで!!」と約束をした  今ごろ貴方の父や母は どこの空の下で泣いてるの? 貴方の人間は貧しくなんかない いとおしくなったから生き急ぐのだ  逃げたかったけど… 死にたかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  白地に赤い日の丸 その父をたまらなく愛してる 白地に赤い日の丸 その母をたまらなく愛してる 白地に赤い日の丸 その姉をたまらなく 愛してる 白地に赤い日の丸 殺したくなるよな 夕暮れの赤 白地に赤い日の丸 この国をやっぱり 愛しているのだ長渕剛長渕剛・高山文彦長渕剛ギラギラと焼けつくコールタールの屋根に むせかえる灼熱のあの夏の放課後 俺たちはたくさんの自分を閉じ込めて しゃぼん玉を青い空へ飛ばしたよね  七色に輝く俺たちの未来は 「信じる」とか「信じない」からかけ離れてた 何の疑いもなく陽炎といっしょに 天空へ確かにはじけず昇ったよね  あれは遠い、そう夏の日の午後 広い校庭に水をまいた 決まって夕立のあと俺たちは 裸足のまんまで西陽を追いかけた  悲しかったけど… 泣きたかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  そばがらの枕と重たく湿ったふとん 吊した蚊帳をめくると苦しい夢をみた 天井には姉ちゃんのすすり泣きが響き 俺はじっと明日を垂直に考えてた  終業式の木造の校舎まで 明日はバスに揺られる最後の日だ! 割れた窓ガラスにセロテープを貼ろう そして色あせたランドセルを川へ捨てよう  ひざまでザックリつかりハヤを追いかけた 気の遠くなるよな夕暮れまでの瞬間 母親の夕餉の仕度と立ち昇る煙が たまらなく嫌だったけど 明日が待ちどおしくて  つらかったけど… 悔しかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  農夫たちのぶ厚い人間の手のひらに 今日一日分のお椀を返したら 親父もお袋も姉ちゃんも俺も やがて「ふるさと」という呼び名から離れて行くのだ  「さよなら」を言わなきゃいけない数の方が 出会いの数より多かったよね 親父の胸の草むらであの夏の日 「もう母ちゃんを殴らないで!!」と約束をした  今ごろ貴方の父や母は どこの空の下で泣いてるの? 貴方の人間は貧しくなんかない いとおしくなったから生き急ぐのだ  逃げたかったけど… 死にたかったけど… 「家族」という船に乗り 「孤独」という海に出た 「家族」という船が行き過ぎ、 今「孤独」という魚になった  白地に赤い日の丸 その父をたまらなく愛してる 白地に赤い日の丸 その母をたまらなく愛してる 白地に赤い日の丸 その姉をたまらなく 愛してる 白地に赤い日の丸 殺したくなるよな 夕暮れの赤 白地に赤い日の丸 この国をやっぱり 愛しているのだ
かましたれ!二度と立ち上がれねえと 暗く 踏んづまった夜 誰かに 手を伸ばしたら コロッと 手のひら 返された  不安と恐怖はどこから 襲って来るのか 見えなくて あいつは 俺の胸を叩いて コロッと 手のひら 返しやがった  それでも何か信じたくて 俺達は仲間を探した 吹きっさらしの 春夏秋冬  本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる!  かましたれや!かましたれや! かましたれや!かましたれや! ケジメもクソもねえ空に  みんなで追いかけた夕焼け 一人ぼっちじゃ 淋しくって 夢が沈んで行くのなら 追いかけるのが 当たり前さ  俺達は あれから ずいぶん 誰かのしわざに 騙された 俺達は あれから ずいぶん 見えない拳で 叩かれた  それでも叫ぶ事をやめず 俺達は仲間を探した 吹きっさらしの 春夏秋冬  本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる!  かましたれや!かましたれや! かましたれや!かましたれや! 気にするほどの事じゃねぇ長渕剛長渕剛長渕剛二度と立ち上がれねえと 暗く 踏んづまった夜 誰かに 手を伸ばしたら コロッと 手のひら 返された  不安と恐怖はどこから 襲って来るのか 見えなくて あいつは 俺の胸を叩いて コロッと 手のひら 返しやがった  それでも何か信じたくて 俺達は仲間を探した 吹きっさらしの 春夏秋冬  本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる!  かましたれや!かましたれや! かましたれや!かましたれや! ケジメもクソもねえ空に  みんなで追いかけた夕焼け 一人ぼっちじゃ 淋しくって 夢が沈んで行くのなら 追いかけるのが 当たり前さ  俺達は あれから ずいぶん 誰かのしわざに 騙された 俺達は あれから ずいぶん 見えない拳で 叩かれた  それでも叫ぶ事をやめず 俺達は仲間を探した 吹きっさらしの 春夏秋冬  本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる! 本当の仲間はどこにいる!  かましたれや!かましたれや! かましたれや!かましたれや! 気にするほどの事じゃねぇ
神風特攻隊スポンジみたいな人生かい? あんな大人になんか なりたかねえ 鋭んがった怒りたちも失せちまってる 今夜もしたたか酒に 酔っぱらっちまった  誰かが犯したあやまちなんて 簡単に言うなよ どのつら顔さげて! たとえ純粋さを へし折られたとしても 決して 諦めず ただただ ひと人間を愛し貫いてゆけ!  神風特攻隊のように 傷つくことを 恐れないで… 神風特攻隊のように 真っすぐな愛で 立ち向かって生け!  役立たずの兵士達が100人いるよりも たった一人のかけがえのない本当の友がいい どこを切っても血も出ねえ 真実味もねえ ああ そんなふぬけな戯言などくそっくらえ!!  赤い涙を 強い絆でゆわえて 昨日よりも美しい明日を探して生くんだと 愛すべき者たちに祈りを捧げたら 今 絶望の淵からお前の名を叫ぼう  神風特攻隊のように 清らかなぬくもりを身にまとい 神風特攻隊のように 真っすぐな瞳で愛に立ち向かって生け!  どうせ一度っきりの粗末な人生なら 他人の煙にいぶされて生きるより 野生の牙をひん剥き 焼けこげるほどの魂を 黄金の太陽へ突っ込みむしり取ってや殺れ  やぶれかぶれの真っすぐな命を ガリガリ奥歯で噛み砕き 悲鳴を押し殺し愛おしき者たちの為に 生きる掟を今まっすぐに奮い立たせろ  神風特攻隊のように 一途な愛を犬死にさせてなるものか 神風特攻隊のように 誠実な優しさを身にまとい 神風特攻隊のように けだかい光を放ち 傷つく事を恐れないで! 神風特攻隊のように 真っすぐな瞳で愛に立ち向かって生け!長渕剛長渕剛長渕剛スポンジみたいな人生かい? あんな大人になんか なりたかねえ 鋭んがった怒りたちも失せちまってる 今夜もしたたか酒に 酔っぱらっちまった  誰かが犯したあやまちなんて 簡単に言うなよ どのつら顔さげて! たとえ純粋さを へし折られたとしても 決して 諦めず ただただ ひと人間を愛し貫いてゆけ!  神風特攻隊のように 傷つくことを 恐れないで… 神風特攻隊のように 真っすぐな愛で 立ち向かって生け!  役立たずの兵士達が100人いるよりも たった一人のかけがえのない本当の友がいい どこを切っても血も出ねえ 真実味もねえ ああ そんなふぬけな戯言などくそっくらえ!!  赤い涙を 強い絆でゆわえて 昨日よりも美しい明日を探して生くんだと 愛すべき者たちに祈りを捧げたら 今 絶望の淵からお前の名を叫ぼう  神風特攻隊のように 清らかなぬくもりを身にまとい 神風特攻隊のように 真っすぐな瞳で愛に立ち向かって生け!  どうせ一度っきりの粗末な人生なら 他人の煙にいぶされて生きるより 野生の牙をひん剥き 焼けこげるほどの魂を 黄金の太陽へ突っ込みむしり取ってや殺れ  やぶれかぶれの真っすぐな命を ガリガリ奥歯で噛み砕き 悲鳴を押し殺し愛おしき者たちの為に 生きる掟を今まっすぐに奮い立たせろ  神風特攻隊のように 一途な愛を犬死にさせてなるものか 神風特攻隊のように 誠実な優しさを身にまとい 神風特攻隊のように けだかい光を放ち 傷つく事を恐れないで! 神風特攻隊のように 真っすぐな瞳で愛に立ち向かって生け!
Come Back To My Heart昨日買ってきたばかりの ウイスキーの口を開けて 気まぐれな彼女の愛に疲れた一杯を いっきに飲みほした  恋なんてもう二度とするものか 愛してるなんてもう二度と誰が言うものか こわれた愛のかけらをひとつふたつ拾い集めて ほうり投げた  ため息に君の笑顔がうつっている いいかげんな暮らしの残り火よ 消えうせろ 想い出にしがみつくほど 僕は弱虫じゃないんだ  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  いつまで淋しい夜をすごせば答えが帰ってくるんだろう 手の届かぬ所へ行った君を 追い求めるのは 無理な事だけど  小高い丘の上からもう一人の僕が叫んでる あの日の正直な君と僕が欲しいって叫んでいる 眠たげな目をこすると すりきれた足音が聞こえてくる  アスファルトにきざみこんだ うそばかりの言葉が そうさ 明日から僕は素足で 歩かなければ 傷跡にしがみつくほど僕は弱虫じゃないんだ  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART長渕剛長渕剛長渕剛昨日買ってきたばかりの ウイスキーの口を開けて 気まぐれな彼女の愛に疲れた一杯を いっきに飲みほした  恋なんてもう二度とするものか 愛してるなんてもう二度と誰が言うものか こわれた愛のかけらをひとつふたつ拾い集めて ほうり投げた  ため息に君の笑顔がうつっている いいかげんな暮らしの残り火よ 消えうせろ 想い出にしがみつくほど 僕は弱虫じゃないんだ  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  いつまで淋しい夜をすごせば答えが帰ってくるんだろう 手の届かぬ所へ行った君を 追い求めるのは 無理な事だけど  小高い丘の上からもう一人の僕が叫んでる あの日の正直な君と僕が欲しいって叫んでいる 眠たげな目をこすると すりきれた足音が聞こえてくる  アスファルトにきざみこんだ うそばかりの言葉が そうさ 明日から僕は素足で 歩かなければ 傷跡にしがみつくほど僕は弱虫じゃないんだ  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART  COME BACK TO MY HEART COME BACK TO YOUR HEART
カモメ浪江の街の請戸の港 カモメの群れが飛んでる 秋のコスモスが咲いて 子供たちがはしゃいでる 請戸の海から魚たちも 川を上ってしぶきをあげてる  浪江の街の立野の丘に 牛たちの群れが生きてる 立ち並ぶ朝の牛舎から 生き物の匂いがあふれてる 男たちは藁を運び 毎日牛たちの背中をさすってる  だけど全てが消えてしまった 全てが無くなってしまった 子供の声も消えちまった 漁師の声も消えちまった 農夫の声も消えちまった 牛たちの姿も何もかもが やせ細った野良牛たちの 瞳をどうやって見つめればいいの  僕が歩いてきた道は 正しかったのか! したたり落ちてく命の 最後の最後の一滴を コメカミに突きつけてみた 今一度問いかけてみた 僕たちが歩いてきた道は 本当に正しかったのか!  浪江の街の駅前の ひしゃげたまんまの商店街 パン屋も床屋も雑貨屋も 命の音が聞こえない 全滅していた暮らしの中 壊れた信号機だけが点滅していた 僕はただ立ちつくし空を見上げて泣いた  男は牛たちの乳を泣きながら搾っている 来る日も来る日も毎日 泣きながら乳を搾ってる 捨てては搾って搾っては捨てて泣いてる 男は牛舎でつぶやいた 「原発さえなければ…」  秋のコスモス畑で も一度君たちと会いたい 秋のコスモス畑で も一度君たちと唄いたい 秋のコスモス畑で 君の背中を追いかけたい 請戸の海から昇る朝陽に も一度抱かれて泳ぎたい  生きたいと叫びながら 消えてった農夫たち 生きたいと叫びながら 消えてった漁師たち 生きたいと叫びながら 消えてったあの時の夕焼け やせ細った野良牛たちの 瞳をどうやって僕は見つめればいいの  浪江の街の請戸の港 カモメの群れが飛んでる 4本の煙突の向こう 何も知らずに飛んでる 低く垂れこめた真冬の空 ハラハラと白い雪が降ってた  止めてくれ 原発を 止めてくれ 今すぐ 母親から子供を引き裂き 子供から母親を裂く 乳房をくわえる赤子の 瞳をどうやって僕は見つめればいいの  帰りたいなあ wow wow wow wow 帰りたいなあ wow wow wow wow 生まれた場所へ wow wow wow wow 帰りたいなあ wow wow wow wow 命の音を抱きしめて 浪江のカモメが空を飛んでゆく  カモメよ 飛んでくれ カモメよ 空高く 高く 高く 高く 高く 高く 飛んでくれ 母親から子供を引き裂き 子供から母親を裂く 乳房をくわえる赤子の 瞳をどうやって僕は見つめればいいの長渕剛長渕剛長渕剛浪江の街の請戸の港 カモメの群れが飛んでる 秋のコスモスが咲いて 子供たちがはしゃいでる 請戸の海から魚たちも 川を上ってしぶきをあげてる  浪江の街の立野の丘に 牛たちの群れが生きてる 立ち並ぶ朝の牛舎から 生き物の匂いがあふれてる 男たちは藁を運び 毎日牛たちの背中をさすってる  だけど全てが消えてしまった 全てが無くなってしまった 子供の声も消えちまった 漁師の声も消えちまった 農夫の声も消えちまった 牛たちの姿も何もかもが やせ細った野良牛たちの 瞳をどうやって見つめればいいの  僕が歩いてきた道は 正しかったのか! したたり落ちてく命の 最後の最後の一滴を コメカミに突きつけてみた 今一度問いかけてみた 僕たちが歩いてきた道は 本当に正しかったのか!  浪江の街の駅前の ひしゃげたまんまの商店街 パン屋も床屋も雑貨屋も 命の音が聞こえない 全滅していた暮らしの中 壊れた信号機だけが点滅していた 僕はただ立ちつくし空を見上げて泣いた  男は牛たちの乳を泣きながら搾っている 来る日も来る日も毎日 泣きながら乳を搾ってる 捨てては搾って搾っては捨てて泣いてる 男は牛舎でつぶやいた 「原発さえなければ…」  秋のコスモス畑で も一度君たちと会いたい 秋のコスモス畑で も一度君たちと唄いたい 秋のコスモス畑で 君の背中を追いかけたい 請戸の海から昇る朝陽に も一度抱かれて泳ぎたい  生きたいと叫びながら 消えてった農夫たち 生きたいと叫びながら 消えてった漁師たち 生きたいと叫びながら 消えてったあの時の夕焼け やせ細った野良牛たちの 瞳をどうやって僕は見つめればいいの  浪江の街の請戸の港 カモメの群れが飛んでる 4本の煙突の向こう 何も知らずに飛んでる 低く垂れこめた真冬の空 ハラハラと白い雪が降ってた  止めてくれ 原発を 止めてくれ 今すぐ 母親から子供を引き裂き 子供から母親を裂く 乳房をくわえる赤子の 瞳をどうやって僕は見つめればいいの  帰りたいなあ wow wow wow wow 帰りたいなあ wow wow wow wow 生まれた場所へ wow wow wow wow 帰りたいなあ wow wow wow wow 命の音を抱きしめて 浪江のカモメが空を飛んでゆく  カモメよ 飛んでくれ カモメよ 空高く 高く 高く 高く 高く 高く 飛んでくれ 母親から子供を引き裂き 子供から母親を裂く 乳房をくわえる赤子の 瞳をどうやって僕は見つめればいいの
Come on Stand up!Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy  全て俺が悪いんだと 自分を責めて 自分を責め抜いて 死んでしまおうと 思った瞬間 誰かに 話をしてみよう 誰かに話してみたら 笑えるかもしれない  閉ざした心を開くのも 優しさだし 閉ざした扉を開けるのも 勇気なんだ 焦らなくてもいいから 話をしてみよう 必ずお前の近くに 俺がいるから  Come on Come on Stand up boy 自分を信じる事さえ 疲れ果ててしまった Come on Come on Get up boy 理由もなく 涙で目の前が見えなくなった時 Surely sun is coming up again Surely sun is coming up again La-La La-La‥‥  いったい俺は誰の為に 悩み疲れて いったい俺は何の為に 苦しんでるのか せっかくここまで来たのに もうどうでもいいやと 思った瞬間 誰かに 話をしてみよう  こみあげてくる苛立ちを どこへ向ければいい? 押さえきれっこないのに また押し黙ってしまう 追い込まなくていいから 話をしてみよう 必ずお前の近くに 俺がいるから  Come on Come on Stand up boy 死んでしまうより 生き抜く力がもっと欲しい Come on Come on Get up boy そうだ今までの自分をきっぱり捨てちまおう Surely Sun is coming up again Surely Sun is coming up again La-La La-La‥‥  Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy長渕剛長渕剛長渕剛Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy  全て俺が悪いんだと 自分を責めて 自分を責め抜いて 死んでしまおうと 思った瞬間 誰かに 話をしてみよう 誰かに話してみたら 笑えるかもしれない  閉ざした心を開くのも 優しさだし 閉ざした扉を開けるのも 勇気なんだ 焦らなくてもいいから 話をしてみよう 必ずお前の近くに 俺がいるから  Come on Come on Stand up boy 自分を信じる事さえ 疲れ果ててしまった Come on Come on Get up boy 理由もなく 涙で目の前が見えなくなった時 Surely sun is coming up again Surely sun is coming up again La-La La-La‥‥  いったい俺は誰の為に 悩み疲れて いったい俺は何の為に 苦しんでるのか せっかくここまで来たのに もうどうでもいいやと 思った瞬間 誰かに 話をしてみよう  こみあげてくる苛立ちを どこへ向ければいい? 押さえきれっこないのに また押し黙ってしまう 追い込まなくていいから 話をしてみよう 必ずお前の近くに 俺がいるから  Come on Come on Stand up boy 死んでしまうより 生き抜く力がもっと欲しい Come on Come on Get up boy そうだ今までの自分をきっぱり捨てちまおう Surely Sun is coming up again Surely Sun is coming up again La-La La-La‥‥  Come on Stand up boy Come on Get up boy Come on Stand up boy Come on Get up boy
カラス執念深い 貧乏症が 情ねえほどしみついてる ボロ着を丸めた 枕で眠った Ah 真っ黄色に錆びついたカミソリを 畳に突き刺し 「夢」と書いてよじれるほど笑った Ah  黒いカラスよ お前は寂しくはないか 銭だ銭だと損か得かで日が暮れてゆく 俺達は都会に群れをなすカラスだ わけもないのに夕焼け見るとまた泣けてくる  露骨に人間を信じたら足の裏でけっ飛ばされた  公衆便所に落書きをした Ah イラつく夜に飲んだくれいっせいに 寝ぐらへもどる時俺はただ一人で空を見上げた Ah  黒いカラスよ お前は寂しくはないか 一心不乱 あの青春に日が暮れてゆく 俺達は都会に群れをなすカラスだ わけもないのに夕焼け見るとまた泣けてくる  俺達の行く先は 真っ暗闇と決まっちゃいねぇ だけど何だか夕焼け見るとまた泣けてくる だけど何だか夕焼け見るとまた泣けてくる長渕剛長渕剛長渕剛執念深い 貧乏症が 情ねえほどしみついてる ボロ着を丸めた 枕で眠った Ah 真っ黄色に錆びついたカミソリを 畳に突き刺し 「夢」と書いてよじれるほど笑った Ah  黒いカラスよ お前は寂しくはないか 銭だ銭だと損か得かで日が暮れてゆく 俺達は都会に群れをなすカラスだ わけもないのに夕焼け見るとまた泣けてくる  露骨に人間を信じたら足の裏でけっ飛ばされた  公衆便所に落書きをした Ah イラつく夜に飲んだくれいっせいに 寝ぐらへもどる時俺はただ一人で空を見上げた Ah  黒いカラスよ お前は寂しくはないか 一心不乱 あの青春に日が暮れてゆく 俺達は都会に群れをなすカラスだ わけもないのに夕焼け見るとまた泣けてくる  俺達の行く先は 真っ暗闇と決まっちゃいねぇ だけど何だか夕焼け見るとまた泣けてくる だけど何だか夕焼け見るとまた泣けてくる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
かりそめの夜の海月が落ちてくるまで 心静かに君を見てる 銀色の鏡に流れる とりとめのない優しさよ  君は今、僕の中の何を 探しているの?  悲しいのは君だけじゃない 涙するのは君だけじゃない  いつか君と二人で見た 僕はあの海に帰るだけだよ 泣きたい夜はそこへ駆けてこい  君が結わえた黒髪 やがて艶やかな波にゆれる かりそめの夜の海を 夢枕にして眠ろう  凍える冬を春にすりかえないで 誰かの名をのどが裂けるまで叫んでごらん  悲しいのは君だけじゃない 涙するのは君だけじゃない  いつか君と二人で見た 海の広さに負けぬよう 泣きたい夜はそこへ駆けてこい長渕剛長渕剛長渕剛月が落ちてくるまで 心静かに君を見てる 銀色の鏡に流れる とりとめのない優しさよ  君は今、僕の中の何を 探しているの?  悲しいのは君だけじゃない 涙するのは君だけじゃない  いつか君と二人で見た 僕はあの海に帰るだけだよ 泣きたい夜はそこへ駆けてこい  君が結わえた黒髪 やがて艶やかな波にゆれる かりそめの夜の海を 夢枕にして眠ろう  凍える冬を春にすりかえないで 誰かの名をのどが裂けるまで叫んでごらん  悲しいのは君だけじゃない 涙するのは君だけじゃない  いつか君と二人で見た 海の広さに負けぬよう 泣きたい夜はそこへ駆けてこい
カントリー・ワルツカントリーシャツの 袖をまくりあげ ポップコーン 口に ほおばりながら 汽車の切符を やぶりすて 君と二人で ヒッチハイク  夢にまで見た ここが カリフォルニアさ まずは ここらで 車をつかまえ ハイウェイ 進むは サンタクルーズ 気分は最高さ 聞こえてくるは  カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ 声高らかに yeh……  誰も ここじゃ 俺たちのことなど かぎ回る奴など 一人もいない ぼちぼち行くさ あてない旅 バーガーピットで 腹ごしらえだ  でっかい月が 空にかかるころ 続くレールに 二人の影 思いきり 背のびして さあ唄おう はるか故郷のワルツを Oh……  カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ 夜空に ひびけ Oh…… カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ Oh……長渕剛長渕剛長渕剛カントリーシャツの 袖をまくりあげ ポップコーン 口に ほおばりながら 汽車の切符を やぶりすて 君と二人で ヒッチハイク  夢にまで見た ここが カリフォルニアさ まずは ここらで 車をつかまえ ハイウェイ 進むは サンタクルーズ 気分は最高さ 聞こえてくるは  カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ 声高らかに yeh……  誰も ここじゃ 俺たちのことなど かぎ回る奴など 一人もいない ぼちぼち行くさ あてない旅 バーガーピットで 腹ごしらえだ  でっかい月が 空にかかるころ 続くレールに 二人の影 思いきり 背のびして さあ唄おう はるか故郷のワルツを Oh……  カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ 夜空に ひびけ Oh…… カントリー・ワルツ カントリー・ワルツ Oh……
乾杯PLATINA LYLICかたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日 あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕陽を いくつ数えたろう 故郷の友は 今でも君の 心の中にいますか  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい 明日の光を 身体にあびて ふり返らずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!PLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった あの日 あれから どれくらいたったのだろう 沈む夕陽を いくつ数えたろう 故郷の友は 今でも君の 心の中にいますか  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!  キャンドルライトの中の二人を 今こうして 目を細めてる 大きな喜びと 少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい 明日の光を 身体にあびて ふり返らずに そのまま行けばよい 風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!  乾杯!今君は人生の 大きな 大きな 舞台に立ち 遥か長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ!
乾杯 −NEW RECORDING VERSION−かたい絆に想いをよせて 語り尽くせぬ青春の日々 時には傷つき時には喜び 肩をたたきあったあの日 あれからどれくらいたったのだろう 沈む夕日をいくつ数えたろう 故郷の友は今でも君の 心の中にいますか  乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ!  キャンドルライトの中の二人を 今こうして目を細めてる 大きな喜びと少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい 明日の光を身体にあびて ふり返らずにそのまま行けばよい 風に吹かれても雨に打たれても 信じた愛に背を向けるな  乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ! 乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ!長渕剛長渕剛長渕剛かたい絆に想いをよせて 語り尽くせぬ青春の日々 時には傷つき時には喜び 肩をたたきあったあの日 あれからどれくらいたったのだろう 沈む夕日をいくつ数えたろう 故郷の友は今でも君の 心の中にいますか  乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ!  キャンドルライトの中の二人を 今こうして目を細めてる 大きな喜びと少しのさみしさを 涙の言葉で歌いたい 明日の光を身体にあびて ふり返らずにそのまま行けばよい 風に吹かれても雨に打たれても 信じた愛に背を向けるな  乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ! 乾杯!今君は人生の 大きな大きな舞台に立ち 遥か長い道のりを歩き始めた 君に幸せあれ!
観覧車路面電車に乗り 君がやって来る 毎日僕のそばに 君はやってくる  遠く 離れていても 必ず 逢いに来る そして 真っ赤なリンゴ 僕に むいてくれる  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  何が見えるかな? 丘の上に登ったら 黄色い観覧車から 海の向こう夕焼けかな?  大きな楠がほら 怪獣みたいに伸びてる 神社の境内で おみくじを二人でひいた  君はコスモスの 刺繍の入ったジーンズ 脚が長くって かっこよくてステキだな  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  リンゴを噛じりながら 僕は君にキスしたい とってもおいしいねって 天女になり笑うかな?  やがて月が揺れ 二人ぼっちの僕らは 流れ星を見て 神様にお祈りした  どうか二人で いつまでもいられますよう ずっとずっとこの手を 繋いだまんまでいようよ  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  君が笑ってた 夕焼けのほとりで 黄色い観覧車は いつまでも廻っている長渕剛長渕剛長渕剛路面電車に乗り 君がやって来る 毎日僕のそばに 君はやってくる  遠く 離れていても 必ず 逢いに来る そして 真っ赤なリンゴ 僕に むいてくれる  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  何が見えるかな? 丘の上に登ったら 黄色い観覧車から 海の向こう夕焼けかな?  大きな楠がほら 怪獣みたいに伸びてる 神社の境内で おみくじを二人でひいた  君はコスモスの 刺繍の入ったジーンズ 脚が長くって かっこよくてステキだな  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  リンゴを噛じりながら 僕は君にキスしたい とってもおいしいねって 天女になり笑うかな?  やがて月が揺れ 二人ぼっちの僕らは 流れ星を見て 神様にお祈りした  どうか二人で いつまでもいられますよう ずっとずっとこの手を 繋いだまんまでいようよ  今度の日曜日 あの丘の上にある 黄色い観覧車に乗りに 二人で出かけよう  君が笑ってた 夕焼けのほとりで 黄色い観覧車は いつまでも廻っている
ガンジス4本の火柱がめらめらと 燃えさかり 煙が立ち昇る 俺は今 揺れる小舟の上 ガンジス河を下っている  細い路地裏には死を待つ老人の群れ 座ったまんまで動かない やせこけた右手を道行く人に出し 小銭を手のひらを掴む  俺は船を降り 3時間近く 焼け崩れる真っ黒い人間を見た 「神様はどこにいるのか」と尋ねたら 老婆は自分の胸を指した 笑いながら自分の胸を指した  Bye Bye ガンジス 大いなる河よ Bye Bye ガンジス 何も教えてくれない 鮮やかな色に包まれた女たちは 今日も 明日も この河で乳房を洗う 今日も 明日も この河で乳房を洗う  やがて跡形もなく白い灰になり 黄土色のガンジスに流された わかっちゃいたけど 人間って奴が 確かに目の前で灰になった  裸足で櫓(ろ)をこぐ老人が 憂い顔で 俺に笑いかけた 深いしわを顔中に刻んで 「死んだら灰になるだけさ」と笑った  旅をするのは 帰る家があるからだ さすらいの旅ほど 淋しいものはない ふと虚しさに突き落とされそうになったけど 「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた 「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた  Bye Bye ガンジス もっと生きようと Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ あなたのように 強く死ぬまで生きようと あなたのように 強く死ぬまで生きようと  Bye Bye ガンジス…… Bye Bye ガンジス……  ベナレスの川岸に並ぶヒンズー寺院 ひと群れの牛を引く少年 大きな瞳で手をあげたとき なぜに俺は目をそらしたんだろう  俺はふたたび小舟に乗り ポケットのハモニカを吹いた 悠々と時にまかせて音を飛ばしたら 生まれてきて ほんとによかったと思った  ガンジスは 何故よどんでいるのか なぜ“聖なる河”と人は呼ぶんだろう 考えながら仰向けにひっくり返ったら やけに空は高く青かった やけに空は高く青かった  Bye Bye ガンジス お前は黙ったまんま Bye Bye ガンジス 答えなど始めからない あるのは今 確かに「俺」ここにいる そして明日 東京へ帰る そして明日 東京へ帰る  Bye Bye ガンジス もっと生きようと Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ あなたのように 強く死ぬまで生きようと あなたのように 強く死ぬまで生きようと  Bye Bye ガンジス…… Bye Bye ガンジス……長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI4本の火柱がめらめらと 燃えさかり 煙が立ち昇る 俺は今 揺れる小舟の上 ガンジス河を下っている  細い路地裏には死を待つ老人の群れ 座ったまんまで動かない やせこけた右手を道行く人に出し 小銭を手のひらを掴む  俺は船を降り 3時間近く 焼け崩れる真っ黒い人間を見た 「神様はどこにいるのか」と尋ねたら 老婆は自分の胸を指した 笑いながら自分の胸を指した  Bye Bye ガンジス 大いなる河よ Bye Bye ガンジス 何も教えてくれない 鮮やかな色に包まれた女たちは 今日も 明日も この河で乳房を洗う 今日も 明日も この河で乳房を洗う  やがて跡形もなく白い灰になり 黄土色のガンジスに流された わかっちゃいたけど 人間って奴が 確かに目の前で灰になった  裸足で櫓(ろ)をこぐ老人が 憂い顔で 俺に笑いかけた 深いしわを顔中に刻んで 「死んだら灰になるだけさ」と笑った  旅をするのは 帰る家があるからだ さすらいの旅ほど 淋しいものはない ふと虚しさに突き落とされそうになったけど 「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた 「死んだら灰になるだけさ」と笑ってみた  Bye Bye ガンジス もっと生きようと Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ あなたのように 強く死ぬまで生きようと あなたのように 強く死ぬまで生きようと  Bye Bye ガンジス…… Bye Bye ガンジス……  ベナレスの川岸に並ぶヒンズー寺院 ひと群れの牛を引く少年 大きな瞳で手をあげたとき なぜに俺は目をそらしたんだろう  俺はふたたび小舟に乗り ポケットのハモニカを吹いた 悠々と時にまかせて音を飛ばしたら 生まれてきて ほんとによかったと思った  ガンジスは 何故よどんでいるのか なぜ“聖なる河”と人は呼ぶんだろう 考えながら仰向けにひっくり返ったら やけに空は高く青かった やけに空は高く青かった  Bye Bye ガンジス お前は黙ったまんま Bye Bye ガンジス 答えなど始めからない あるのは今 確かに「俺」ここにいる そして明日 東京へ帰る そして明日 東京へ帰る  Bye Bye ガンジス もっと生きようと Bye Bye ガンジス 俺の命が叫ぶ さよなら 名も知らない死人(しにびと)たちよ あなたのように 強く死ぬまで生きようと あなたのように 強く死ぬまで生きようと  Bye Bye ガンジス…… Bye Bye ガンジス……
頑張れ!日本列島のあっちこっちで ぎりぎりばったんさらし首 あわれ蹴っとばされ富士のお山から 根っこにけっつまずき転がり落ちる  すがる場所もなくすがる人もなく 川原の便所でへたりこむ いんちきくせえ三日前の朝刊拾えば 元気も勇気も失せてゆく  頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! 信じる力が欲しい 頑張れ! 頑張れ! 青い空に唾をひっかけても虚しい風が吹く  語る場所もなく尋ねる人もなく やっとみつけたしあわせ いともたやすくひきさかれ 夕暮れになるとなおさら悲しくなる  二子玉川の鉄橋の下 親父の手をひき俺は川へ出た 黙ったまんま水の音に耳をすませた そして小さな声で俺たちはこう言った  頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! つらぬく力が欲しい 頑張れ! 頑張れ! 青い空に唾をひっかけても虚しい風が吹く長渕剛長渕剛長渕剛日本列島のあっちこっちで ぎりぎりばったんさらし首 あわれ蹴っとばされ富士のお山から 根っこにけっつまずき転がり落ちる  すがる場所もなくすがる人もなく 川原の便所でへたりこむ いんちきくせえ三日前の朝刊拾えば 元気も勇気も失せてゆく  頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! 信じる力が欲しい 頑張れ! 頑張れ! 青い空に唾をひっかけても虚しい風が吹く  語る場所もなく尋ねる人もなく やっとみつけたしあわせ いともたやすくひきさかれ 夕暮れになるとなおさら悲しくなる  二子玉川の鉄橋の下 親父の手をひき俺は川へ出た 黙ったまんま水の音に耳をすませた そして小さな声で俺たちはこう言った  頑張れ! 頑張れ! 頑張れ! つらぬく力が欲しい 頑張れ! 頑張れ! 青い空に唾をひっかけても虚しい風が吹く
ガーベラ私は生まれた そして君と出逢い 小さな庭に咲いた ガーベラを見つめてる  私を困らせた けなげな花は わけも言わず 泣いている 雨に打たれて  傷つき思い悩み 見失いそうでも 私は君を力いっぱい 抱きしめるから  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  風が吹きすさぶ 冬を越えて ガーベラよ君が笑うまで ずっとそばにいるよ ラララ…  花よガーベラよ 君と共に咲いた 私の命の中は しあわせであふれる  私を困らせた けなげな花よ いつまでも いつまでも 咲いておくれ  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  いつか私が死に 土にかえっても 花よ 君は花らしく 咲いてゆくのだ  小さな花たちよ 決してなげかないで 僕が見守ってあげるから 咲き続けてくれ ラララ…  Keep on! There's a way for you. Smile with me. I will be by your side. Yes! We're gonna make it. Keep on!  Don't stop! Can't see the way. Smile for me. I will be by your side. We're gonna make it. Keep on! Praying for you all the best.長渕剛長渕剛長渕剛私は生まれた そして君と出逢い 小さな庭に咲いた ガーベラを見つめてる  私を困らせた けなげな花は わけも言わず 泣いている 雨に打たれて  傷つき思い悩み 見失いそうでも 私は君を力いっぱい 抱きしめるから  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  風が吹きすさぶ 冬を越えて ガーベラよ君が笑うまで ずっとそばにいるよ ラララ…  花よガーベラよ 君と共に咲いた 私の命の中は しあわせであふれる  私を困らせた けなげな花よ いつまでも いつまでも 咲いておくれ  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  いつか私が死に 土にかえっても 花よ 君は花らしく 咲いてゆくのだ  小さな花たちよ 決してなげかないで 僕が見守ってあげるから 咲き続けてくれ ラララ…  Keep on! There's a way for you. Smile with me. I will be by your side. Yes! We're gonna make it. Keep on!  Don't stop! Can't see the way. Smile for me. I will be by your side. We're gonna make it. Keep on! Praying for you all the best.
ガーベラ2017私は生まれた そして君と出逢い 小さな庭に咲いた ガーベラを見つめてる  私を困らせた けなげな花は わけも言わず 泣いている 雨に打たれて  赤い涙が 私の頬をつたい 私は花を抱きしめて 空を見上げた  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  どうか迷いのない あの青い空が ガーベラのために 今すぐ 戻ってきますように  woo…  花よガーベラよ 君と共に咲いた 私の命の中に 刻まれた真実  私を困らせた けなげな花を 私はそっと故郷へ かえしてあげたい  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  いつか私が死に 土にかえるとき 花よ 君は花らしく 咲いておくれ  小さな花たちよ 笑えますように あの人が気づいてくれるまで 祈り続ける  woo…長渕剛長渕剛長渕剛私は生まれた そして君と出逢い 小さな庭に咲いた ガーベラを見つめてる  私を困らせた けなげな花は わけも言わず 泣いている 雨に打たれて  赤い涙が 私の頬をつたい 私は花を抱きしめて 空を見上げた  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  どうか迷いのない あの青い空が ガーベラのために 今すぐ 戻ってきますように  woo…  花よガーベラよ 君と共に咲いた 私の命の中に 刻まれた真実  私を困らせた けなげな花を 私はそっと故郷へ かえしてあげたい  狂おしいほどに 優しく 生きてゆけるのに 狂おしいほどに 愛を抱き 生きてゆけるのに  いつか私が死に 土にかえるとき 花よ 君は花らしく 咲いておくれ  小さな花たちよ 笑えますように あの人が気づいてくれるまで 祈り続ける  woo…
菊一輪の骨北へ北へと向かう 流転の日々に明け暮れ 養う重さに耐えかね 男は今日も酒を飲む  いつかは終わりが来るから ここまで生きて来たけど 山の上から見えたものは 夢尽き果てぬ「希望」の花  咲かせてみせましょう 大輪の花 男は命とひきかえてゆく  誰にも触れられたくない過去がある 墓場にたむけられた菊一輪の骨  一気に飲み干し 空を見上げりゃ 「明日」がくすくす 笑ってやがる  ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ  北へ北へと向かう 汗水たらして向かう 雲の流れをやぶにらみ 男は今日も酒を飲む  毒を喰らわば皿まで 徹底的につらぬき 疲れた肉体を横たえ 女の胸で眠る  生きてみせましょう 涙も見せず 男は命とひきかえてゆく  なみなみとついだ盃のしずくと 墓場にたむけられた菊一輪の骨  一気に飲み干し 空を見上げりゃ 「明日」がくすくす 笑ってやがる  ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ長渕剛長渕剛長渕剛北へ北へと向かう 流転の日々に明け暮れ 養う重さに耐えかね 男は今日も酒を飲む  いつかは終わりが来るから ここまで生きて来たけど 山の上から見えたものは 夢尽き果てぬ「希望」の花  咲かせてみせましょう 大輪の花 男は命とひきかえてゆく  誰にも触れられたくない過去がある 墓場にたむけられた菊一輪の骨  一気に飲み干し 空を見上げりゃ 「明日」がくすくす 笑ってやがる  ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ  北へ北へと向かう 汗水たらして向かう 雲の流れをやぶにらみ 男は今日も酒を飲む  毒を喰らわば皿まで 徹底的につらぬき 疲れた肉体を横たえ 女の胸で眠る  生きてみせましょう 涙も見せず 男は命とひきかえてゆく  なみなみとついだ盃のしずくと 墓場にたむけられた菊一輪の骨  一気に飲み干し 空を見上げりゃ 「明日」がくすくす 笑ってやがる  ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ ヨーイヨーイ ヨオ オーイ ヨーイヨオ
Kiss僕なら 大丈夫 気にすることなんてないから Kiss…  君からの 電話の声で すべて わかっていたし Kiss…  人知れず 君の苦しみが 少しでも やわらいで くれたなら Kiss それより今は 何も考えないで Kiss ありのままの 君でいいんだよ…  そんなに 自分を 責めたりしないでいいんだよ Kiss…  わけもなく 涙を いっぱい 流していいから Kiss…  人知れず 君の悲しみを 少しでも 抱きしめてあげるから Kiss そんな 君の ありのままの Kiss ありのままの 弱さがもっと好き…長渕剛長渕剛長渕剛僕なら 大丈夫 気にすることなんてないから Kiss…  君からの 電話の声で すべて わかっていたし Kiss…  人知れず 君の苦しみが 少しでも やわらいで くれたなら Kiss それより今は 何も考えないで Kiss ありのままの 君でいいんだよ…  そんなに 自分を 責めたりしないでいいんだよ Kiss…  わけもなく 涙を いっぱい 流していいから Kiss…  人知れず 君の悲しみを 少しでも 抱きしめてあげるから Kiss そんな 君の ありのままの Kiss ありのままの 弱さがもっと好き…
傷ついた鳥傷ついたこの鳥に 私はどうやって 語りかけてあげれば いいのでしょう  空におびえて 雲に目を伏せて 羽根をたたんだまんまの 悲しい鳥  青く広がるのは いったい誰の空? よせてかえすは いったい誰の海? 翔べないこの鳥を私は抱きしめて 朝の光をにらみつけてみた  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう  私を瞳(み)つめて 「翼を下さい」と 小さく悲しく ほほえんだ  ちぎれてしまおう 翼を震わし 小さく悲しく ほほえんだ  青く広がるのは いったい誰の空? よせてかえすは いったい誰の海? 翔べないこの鳥を私は抱きしめて 朝の光をにらみつけてみた  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう長渕剛長渕剛長渕剛傷ついたこの鳥に 私はどうやって 語りかけてあげれば いいのでしょう  空におびえて 雲に目を伏せて 羽根をたたんだまんまの 悲しい鳥  青く広がるのは いったい誰の空? よせてかえすは いったい誰の海? 翔べないこの鳥を私は抱きしめて 朝の光をにらみつけてみた  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう  私を瞳(み)つめて 「翼を下さい」と 小さく悲しく ほほえんだ  ちぎれてしまおう 翼を震わし 小さく悲しく ほほえんだ  青く広がるのは いったい誰の空? よせてかえすは いったい誰の海? 翔べないこの鳥を私は抱きしめて 朝の光をにらみつけてみた  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう  自由に翔べるさ きっと 自由に翔べるさ そう信じてまた 生きていくのでしょう
絆 -KIZUNA-我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  ドンパチ花咲く 仕掛け花火が上がる 見栄も張らなきゃ 男も立たねえ 月が空を 怪しめた時 涙 口に含み 太陽をひきずり出せ  血を吐くような せつなさと孤独に震え 「希望」も「自信」も「力」も略奪された 身を全て捨てて かばって生きてきたのに 「悲鳴」と「情け」を捨てろ!!と罵声を突き刺す  あやつっているのは誰? 隠れた手先はどこ? 正義をまとうは誰? こびりつく嘘をぶら下げながら表を歩くのか!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  勝利の為なら みすぼらしくてもいいぜ 落ちゆく枯れ葉が カラッカラになろうとも 法を越えても餌食なんかにゃ ならねえ  堕落も墜落も 破りすてて 風に挑め 気おきれも愚かさも もう許さねえぞ 不安という銃弾なら なお許さねえぞ 俺たちは進む 誰も止められない 鉄柵越えて 突き進む地平線  もっとけたたましく 獣の魂のように 荒くれた牙を立てて 血と骨と肉の破片をつなぎ 地面を蹴り上げてゆけ!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!長渕剛長渕剛長渕剛我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  ドンパチ花咲く 仕掛け花火が上がる 見栄も張らなきゃ 男も立たねえ 月が空を 怪しめた時 涙 口に含み 太陽をひきずり出せ  血を吐くような せつなさと孤独に震え 「希望」も「自信」も「力」も略奪された 身を全て捨てて かばって生きてきたのに 「悲鳴」と「情け」を捨てろ!!と罵声を突き刺す  あやつっているのは誰? 隠れた手先はどこ? 正義をまとうは誰? こびりつく嘘をぶら下げながら表を歩くのか!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  勝利の為なら みすぼらしくてもいいぜ 落ちゆく枯れ葉が カラッカラになろうとも 法を越えても餌食なんかにゃ ならねえ  堕落も墜落も 破りすてて 風に挑め 気おきれも愚かさも もう許さねえぞ 不安という銃弾なら なお許さねえぞ 俺たちは進む 誰も止められない 鉄柵越えて 突き進む地平線  もっとけたたましく 獣の魂のように 荒くれた牙を立てて 血と骨と肉の破片をつなぎ 地面を蹴り上げてゆけ!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!  我慢がならねえ 俺たちの道を ちぎれぬ仲間と 強い絆を結べ 我慢がならねえ 今こそ掲げろ!! 決して恐れず 強い絆を結べ!!
傷まみれの青春三日前から右の奥歯が痛い ガリガリ疼くから酒でチラした 痛み止めがないから薬局に走る 腫れぼったい唇でまた八つ当たりしてる  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 呼べど呼べど答えなし 「あんちきしょう」…傷まみれの青春  不精ヒゲと髪がやけに気になる 鏡に映る俺の顔シャレにならない 壊れかけた橋を渡り川伝いに走れば 散髪屋の親父が人生を語る  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 研いだカミソリひっかかる 「あんちきしょう」…傷まみれの青春  季節はずれの積乱雲 空にポッカリ浮かぶ 時代遅れの俺ボーリング場へ行く たわいない嘘をつく可愛い少年と 卑劣な愛を欲しがる純情な少女  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 誤解・偏見・独断の 「あんちきしょう」…傷まみれの青春 長渕剛長渕剛長渕剛三日前から右の奥歯が痛い ガリガリ疼くから酒でチラした 痛み止めがないから薬局に走る 腫れぼったい唇でまた八つ当たりしてる  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 呼べど呼べど答えなし 「あんちきしょう」…傷まみれの青春  不精ヒゲと髪がやけに気になる 鏡に映る俺の顔シャレにならない 壊れかけた橋を渡り川伝いに走れば 散髪屋の親父が人生を語る  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 研いだカミソリひっかかる 「あんちきしょう」…傷まみれの青春  季節はずれの積乱雲 空にポッカリ浮かぶ 時代遅れの俺ボーリング場へ行く たわいない嘘をつく可愛い少年と 卑劣な愛を欲しがる純情な少女  泣けて 泣けて 泣けるんだよ どうしようもないから 誤解・偏見・独断の 「あんちきしょう」…傷まみれの青春 
気張いやんせどげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にもひとつくらいある やっせんぼ やっどんからん よかぶいごろの あげんな 汚っさね 真似やできん  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  泣こごんなった時や 俺家 来んか! 馬鹿された時や お前も向こて行こや 俺たちゃ どげんしてん 汚れ者 じゃっけど 譲れんもんも あろ  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  生好かん 奴なら 打ったくればよか 負けたら 頭を 下ぐればよか 寂しなったら 唄いやんせ 俺にも お前にも 理由が あろ  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ長渕剛長渕剛長渕剛どげんしてん やらんと いかん事がよ 俺にも お前にもひとつくらいある やっせんぼ やっどんからん よかぶいごろの あげんな 汚っさね 真似やできん  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  泣こごんなった時や 俺家 来んか! 馬鹿された時や お前も向こて行こや 俺たちゃ どげんしてん 汚れ者 じゃっけど 譲れんもんも あろ  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  生好かん 奴なら 打ったくればよか 負けたら 頭を 下ぐればよか 寂しなったら 唄いやんせ 俺にも お前にも 理由が あろ  前つんのめりで 生きて 行こや 誰が悪いち 言うもんか 気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ  気張れ 気張れ 気張いやんせ 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ
君のそばに…しあわせが何であるのかさえ 分からなくなってしまいました 僕が何であるのかさえ 君の中で壊れてしまってるよね  ずうっと一緒にいようと約束したのに 君の孤独を埋められず 一生懸命 大切な想い出だけを 僕は伝えようとした  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっといたい  まだ間に合うかもしれないさ 今すぐ君の手をひいて 本当の自分を取り戻さなければ 後悔なんてしたくないから  ほら 君の心に笑顔が 少しでも残っているんなら も一度 僕の胸に飛び込んでおいで もう二度と離さないから  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっと いたい  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっと いたい長渕剛長渕剛長渕剛しあわせが何であるのかさえ 分からなくなってしまいました 僕が何であるのかさえ 君の中で壊れてしまってるよね  ずうっと一緒にいようと約束したのに 君の孤独を埋められず 一生懸命 大切な想い出だけを 僕は伝えようとした  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっといたい  まだ間に合うかもしれないさ 今すぐ君の手をひいて 本当の自分を取り戻さなければ 後悔なんてしたくないから  ほら 君の心に笑顔が 少しでも残っているんなら も一度 僕の胸に飛び込んでおいで もう二度と離さないから  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっと いたい  好きで 好きで 好きで どうしようも ないほど そばに そばに そばに 君のそばに ずうっと いたい
君は雨の日に降りしきる雨の中 君は傘もささずに 泣き顔で走り去った 駅に続く道  君は僕の胸の中で 震える声で言った 「しあわせになってね」と 小さな声で言った  最後の汽車が 出て行く前に やさしい言葉も かけてあげられなかった  雨よ降れ降れもっと つきさすような雨よ 雨よ降れ降れもっと すべてを流してくれ  君は僕を愛して 僕は君を愛した 君の口づけは 昔ほど やさしくはなかった  季節が変わるたびに 君はおとなになった 僕が求めてたのは 昔のままの君  きっと初めから 雨は降ってた 君が何かを さがそうとするたびに  雨よ降れ降れもっと つきさすような雨よ 雨よ降れ降れもっと すべてを流してくれ長渕剛長渕剛長渕剛降りしきる雨の中 君は傘もささずに 泣き顔で走り去った 駅に続く道  君は僕の胸の中で 震える声で言った 「しあわせになってね」と 小さな声で言った  最後の汽車が 出て行く前に やさしい言葉も かけてあげられなかった  雨よ降れ降れもっと つきさすような雨よ 雨よ降れ降れもっと すべてを流してくれ  君は僕を愛して 僕は君を愛した 君の口づけは 昔ほど やさしくはなかった  季節が変わるたびに 君はおとなになった 僕が求めてたのは 昔のままの君  きっと初めから 雨は降ってた 君が何かを さがそうとするたびに  雨よ降れ降れもっと つきさすような雨よ 雨よ降れ降れもっと すべてを流してくれ
Captain of the Shipじめじめと暗く腐った憂鬱な人生を 俺は憎んでばかりいた 叩かれても突っ伏したまんま ただ頭をひしゃげて生きてきた えげつなさを引っかけられ 横なぐりの雨が頬を突き刺したとき 我慢ならねえ たったひとつの俺の純情が激烈な情熱に変わる  正義ヅラしたどこかの舌足らずな他人の戯言(たわごと)など 叩きつぶしてやれ 眉をひそめられ“でしゃばり”と罵られても 『いい人ネ』と言われるよりよっぽどましだ ガタガタ理屈などあとからついて来やがれ! 街は“自由”という名の留置場さ 「あんな大人になんかなりたかねえ」と 誰もがあのころ噛みしめていたくせに!!  Captain of the ship Oh! 明日からお前が舵を取れ! Captain of the ship Oh! 生きる意味を探しに行こう ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 確かな人生(みち)を ヨーソロー 俺たちの船を出す  こんな理不尽な世の中じゃ 真実はいつもねじ曲げられてきた だけど正直者がバカをみてきた時代は もうすでに遠い昔の戯言さ だから差別も拾え! 苦しみも悲しみも拾え! ついでに神も仏も拾ってしまえ! 根こそぎ拾ったらあの巨大な大海原へ すべてをお前の両手で破り捨てろ!!  ああ この潔さよ 明日からお前がCaptain of the ship いいか! 羅針盤から目を離すな お前がしっかり舵を取れ!! 白い帆を高く上げ 立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け! たとえ雷雨に打ち砕かれても 意味ある人生(みち)を求めて明日 船を出せ!  Captain of the ship Oh! こんな萎(な)えた時代だから Captain of the ship Oh! 噛みつく力が欲しい ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 意味ある人生を ヨーソロー ただ生きて帰って来ればいい  いつだってひとつの時代は たった一夜にしてすべてがひっくり返るものだ たとえ不安という高波にさらわれても 俺たちは生きる為に生まれてきた 上でもなく下でもなく右でもなく左でもなく ただただひたすら前へ突き進め 馬鹿馬鹿しい幻に惑わされる事なく ただただ前へ突き進めばいい  あらゆる挫折を片っぱしから蹴散らし 高鳴る鼓動で血液が噴き出してきた 俺たちの魂が希望の扉を叩くとき 太陽よ! お前は俺たちに明日を約束しろ! そうさ 明日からお前がCaptain of the Ship お前には立ち向かう若さがある 遙かなる水平線の向こう 俺達は今 寒風吹きすさぶ嵐の真っただなか  Captain of the ship Oh! 孤独などガリガリ喰い散らかしてやれ Captain of the ship Oh! 吠える海の力を生命(いのち)に変えろ ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 確かな人生を ヨーソロー 俺たちの船を出す ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー お前が舵を取れ! ヨーソロー こんな萎えた時代に ヨーソロー 噛みつく力が欲しい  もっと心で話をしてくれ! もっと本当の事を聞かせてくれ! 怖がらず ためらわず 腐らず ひるまず 自分を信じて自分を愛して 決して逃げるな 逃げるな お前がやれ お前がやれ お前が舵を取れ 死んでいるのか 生きているのか そんな腐った瞳で人間を見るのはやめろ  生きてくれ! 生きてくれ! 生きてくれ! おまえの命は生きる為に流れている 人間だ!人間だ!たかだか俺もお前も人間だ 決して奢(おご)るな 決して高ぶるな 決して自惚(うぬぼ)れるな 一歩ずつ一歩ずつ確かな道を お前がどうするかだ! お前がどう動くかだ! お前がどうするかだ! お前がどう動くかだ!!  決めるのは誰だ? やるのは誰だ? 行くのは誰だ? そう お前だ! お前が舵を取れ お前が行け! お前が走れ! お前が行くから道になる 前へ 前へ 前へ 前へ ただただひたすら前へ突き進めばいい わかるか! わかるか! お前が決めろ お前がしっかり舵を取れ  人間をなめるな! 自分をなめるな! もっと深くもっと深く もっと深く愛してやれ 信じてくれと言葉を放つ前に 信じきれる自分を愛してやれ 感じてくれ! 感じてくれ! 幸せはなるものじゃなく 感じるものだ 早く行け! 早く行け! 立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け  今すぐ 今すぐ 今すぐ 今すぐ 白い帆を高く上げ お前はお前の弱さを叩きつぶせ 先ずは自分に打ち勝て 打ち勝て! 打ち勝て! 行け 行け 行け 行け お前の命は生きる為に流れている 行け 行け 行け 行け お前の命は生きる為に流れている  生きて 生きて 生きて 生きて ただただ生きて帰ってくればいい 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きまくれ! 生きて 生きて 生きて 生きて お前の命は生きる為に流れている 生きて 生きて 生きて 生きて お前の命は生きる為に流れている  お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろ お前が舵を取れ! お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろ お前が舵を取れ! お前が決めろ お前が決めろ そうさ 明日からお前がCaptain of the ship お前が決めろ お前が決めろ そうさ 明日からお前がCaptain of the ship  ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ・ ・ ・ ・ ・長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHIじめじめと暗く腐った憂鬱な人生を 俺は憎んでばかりいた 叩かれても突っ伏したまんま ただ頭をひしゃげて生きてきた えげつなさを引っかけられ 横なぐりの雨が頬を突き刺したとき 我慢ならねえ たったひとつの俺の純情が激烈な情熱に変わる  正義ヅラしたどこかの舌足らずな他人の戯言(たわごと)など 叩きつぶしてやれ 眉をひそめられ“でしゃばり”と罵られても 『いい人ネ』と言われるよりよっぽどましだ ガタガタ理屈などあとからついて来やがれ! 街は“自由”という名の留置場さ 「あんな大人になんかなりたかねえ」と 誰もがあのころ噛みしめていたくせに!!  Captain of the ship Oh! 明日からお前が舵を取れ! Captain of the ship Oh! 生きる意味を探しに行こう ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 確かな人生(みち)を ヨーソロー 俺たちの船を出す  こんな理不尽な世の中じゃ 真実はいつもねじ曲げられてきた だけど正直者がバカをみてきた時代は もうすでに遠い昔の戯言さ だから差別も拾え! 苦しみも悲しみも拾え! ついでに神も仏も拾ってしまえ! 根こそぎ拾ったらあの巨大な大海原へ すべてをお前の両手で破り捨てろ!!  ああ この潔さよ 明日からお前がCaptain of the ship いいか! 羅針盤から目を離すな お前がしっかり舵を取れ!! 白い帆を高く上げ 立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け! たとえ雷雨に打ち砕かれても 意味ある人生(みち)を求めて明日 船を出せ!  Captain of the ship Oh! こんな萎(な)えた時代だから Captain of the ship Oh! 噛みつく力が欲しい ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 意味ある人生を ヨーソロー ただ生きて帰って来ればいい  いつだってひとつの時代は たった一夜にしてすべてがひっくり返るものだ たとえ不安という高波にさらわれても 俺たちは生きる為に生まれてきた 上でもなく下でもなく右でもなく左でもなく ただただひたすら前へ突き進め 馬鹿馬鹿しい幻に惑わされる事なく ただただ前へ突き進めばいい  あらゆる挫折を片っぱしから蹴散らし 高鳴る鼓動で血液が噴き出してきた 俺たちの魂が希望の扉を叩くとき 太陽よ! お前は俺たちに明日を約束しろ! そうさ 明日からお前がCaptain of the Ship お前には立ち向かう若さがある 遙かなる水平線の向こう 俺達は今 寒風吹きすさぶ嵐の真っただなか  Captain of the ship Oh! 孤独などガリガリ喰い散らかしてやれ Captain of the ship Oh! 吠える海の力を生命(いのち)に変えろ ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー 夕陽が西に沈む前に ヨーソロー 確かな人生を ヨーソロー 俺たちの船を出す ヨーソロー 進路は東へ ヨーソロー お前が舵を取れ! ヨーソロー こんな萎えた時代に ヨーソロー 噛みつく力が欲しい  もっと心で話をしてくれ! もっと本当の事を聞かせてくれ! 怖がらず ためらわず 腐らず ひるまず 自分を信じて自分を愛して 決して逃げるな 逃げるな お前がやれ お前がやれ お前が舵を取れ 死んでいるのか 生きているのか そんな腐った瞳で人間を見るのはやめろ  生きてくれ! 生きてくれ! 生きてくれ! おまえの命は生きる為に流れている 人間だ!人間だ!たかだか俺もお前も人間だ 決して奢(おご)るな 決して高ぶるな 決して自惚(うぬぼ)れるな 一歩ずつ一歩ずつ確かな道を お前がどうするかだ! お前がどう動くかだ! お前がどうするかだ! お前がどう動くかだ!!  決めるのは誰だ? やるのは誰だ? 行くのは誰だ? そう お前だ! お前が舵を取れ お前が行け! お前が走れ! お前が行くから道になる 前へ 前へ 前へ 前へ ただただひたすら前へ突き進めばいい わかるか! わかるか! お前が決めろ お前がしっかり舵を取れ  人間をなめるな! 自分をなめるな! もっと深くもっと深く もっと深く愛してやれ 信じてくれと言葉を放つ前に 信じきれる自分を愛してやれ 感じてくれ! 感じてくれ! 幸せはなるものじゃなく 感じるものだ 早く行け! 早く行け! 立ちはだかる波のうねりに突き進んで行け  今すぐ 今すぐ 今すぐ 今すぐ 白い帆を高く上げ お前はお前の弱さを叩きつぶせ 先ずは自分に打ち勝て 打ち勝て! 打ち勝て! 行け 行け 行け 行け お前の命は生きる為に流れている 行け 行け 行け 行け お前の命は生きる為に流れている  生きて 生きて 生きて 生きて ただただ生きて帰ってくればいい 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きまくれ! 生きて 生きて 生きて 生きて お前の命は生きる為に流れている 生きて 生きて 生きて 生きて お前の命は生きる為に流れている  お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろ お前が舵を取れ! お前が決めろ お前が決めろ お前が決めろ お前が舵を取れ! お前が決めろ お前が決めろ そうさ 明日からお前がCaptain of the ship お前が決めろ お前が決めろ そうさ 明日からお前がCaptain of the ship  ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ヨーソロー ・ ・ ・ ・ ・
Can you hear me?僕が生まれてきたことを 誰が喜んでくれたんだろう? 遠い記憶のその向こうで 寒い北風が吹いていた  Can you hear me? Where is my dad? Can you hear me? Where is my mom?  僕が生まれてきた時に 誰が抱き上げてくれたんだろう たった一度だけ抱きしめてくれ 凍え 冷えきって 壊れそうなんだ  Can you hear me? Where is my dad? Can you hear me? Where is my mom?  人生(みち)の途中 何度も何度も叫んだ叫んだ 叱る声も無く 星だけがゆっくり流れた  Can you hear me? 僕を抱きしめて! Can you hear me? 誰か抱きしめて!  僕は神様にお祈りしたんだ 満月の夜 涙が出るんだよ 僕の心にやきついた 誰かが歌った子守唄  Can you hear me? 僕が歌おう 今夜僕にも 子供が生まれる 聞こえるかい あの時の僕に Can you hear me? 僕の子守唄  If you don't have a dad, wait until you become a dad…長渕剛長渕剛長渕剛僕が生まれてきたことを 誰が喜んでくれたんだろう? 遠い記憶のその向こうで 寒い北風が吹いていた  Can you hear me? Where is my dad? Can you hear me? Where is my mom?  僕が生まれてきた時に 誰が抱き上げてくれたんだろう たった一度だけ抱きしめてくれ 凍え 冷えきって 壊れそうなんだ  Can you hear me? Where is my dad? Can you hear me? Where is my mom?  人生(みち)の途中 何度も何度も叫んだ叫んだ 叱る声も無く 星だけがゆっくり流れた  Can you hear me? 僕を抱きしめて! Can you hear me? 誰か抱きしめて!  僕は神様にお祈りしたんだ 満月の夜 涙が出るんだよ 僕の心にやきついた 誰かが歌った子守唄  Can you hear me? 僕が歌おう 今夜僕にも 子供が生まれる 聞こえるかい あの時の僕に Can you hear me? 僕の子守唄  If you don't have a dad, wait until you become a dad…
金色のライオンSAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける  荒れ果てた地上に立ち 空に牙を剥く 吠えても吠えてもただ風が たて髪を揺さぶるだけかい!!  若き魂を震わせて 立ち向かう勇気を呼べ! 高鳴る鼓動を叩いたら 情熱の尻尾に火をつけろ!!  SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける  撃ち抜かれた悔しさで 死んだはずの俺 明日、お前も露骨な SAMURAIになって這い上がれ!!  ぎらぎら灼熱の太陽を この手で引きずり出して 俺たちの明日が昇るまで 今すぐ希望へ駆け上がれ!!  SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける長渕剛長渕剛長渕剛SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける  荒れ果てた地上に立ち 空に牙を剥く 吠えても吠えてもただ風が たて髪を揺さぶるだけかい!!  若き魂を震わせて 立ち向かう勇気を呼べ! 高鳴る鼓動を叩いたら 情熱の尻尾に火をつけろ!!  SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける  撃ち抜かれた悔しさで 死んだはずの俺 明日、お前も露骨な SAMURAIになって這い上がれ!!  ぎらぎら灼熱の太陽を この手で引きずり出して 俺たちの明日が昇るまで 今すぐ希望へ駆け上がれ!!  SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける SAHLALA…SHALALA…金色のライオン SAHLALA…SHALALA…荒野を駆けぬける
Keep on Fighting震えるてめえの小さな肩も抱きしめられもせず 臆病風にふらふら小突き回されてばかりで 泥水噛んだ負けっ面で路地裏をとぼとぼ歩き 背中丸め今日も孤独(ひとり)よそおい歩くのは誰だ!  ちきしょう! どいつも こいつも あわれみばかりで Fuck You! 破れっかぶれのPassion 飛びかかって殺れ!  Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! どたんば ここが正念場さ Keep on Fighting!Keep on Fighting!Keep on Fighting Yeh!  どかんと一発退屈な空、羽根はばたかせて やけのやんぱちこの世は地獄とひらきなおってみようぜ 都会の天上から浮世をみおろしてみれば 人の情けも今じゃはるか向こうでせせら笑ってる  ちきしょう! どいつも こいつも あわれみばかりで Fuck You! 破れっかぶれのPassion 飛びかかって殺れ!  Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! どたんば ここが正念場さ Keep on Fighting!Keep on Fighting!Keep on Fighting Yeh!長渕剛長渕剛長渕剛震えるてめえの小さな肩も抱きしめられもせず 臆病風にふらふら小突き回されてばかりで 泥水噛んだ負けっ面で路地裏をとぼとぼ歩き 背中丸め今日も孤独(ひとり)よそおい歩くのは誰だ!  ちきしょう! どいつも こいつも あわれみばかりで Fuck You! 破れっかぶれのPassion 飛びかかって殺れ!  Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! どたんば ここが正念場さ Keep on Fighting!Keep on Fighting!Keep on Fighting Yeh!  どかんと一発退屈な空、羽根はばたかせて やけのやんぱちこの世は地獄とひらきなおってみようぜ 都会の天上から浮世をみおろしてみれば 人の情けも今じゃはるか向こうでせせら笑ってる  ちきしょう! どいつも こいつも あわれみばかりで Fuck You! 破れっかぶれのPassion 飛びかかって殺れ!  Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! Fighting!Fighting!Fighting!Fighting!Keep on Fighting Yeh! どたんば ここが正念場さ Keep on Fighting!Keep on Fighting!Keep on Fighting Yeh!
逆転ブルースホステスのお前とは ふた月前のアパート 腕っぷしだけだった くさい恋物語さ 肩で風きりそこねた Dandy! 女に生まれてきたお前なのに 指輪もやれなくて みえっぱりきれない 俺のブルース ふられっぱなしの 俺のブルース  路地裏のバーテンに ひと月前にありついて むかついた客を殴り 生ゴミと一緒に捨てられちまった お前に書いた手紙は Funky! ひらがなばかりで出しづらいからさ“元気だぜ”とフいた しけもくのような 俺のブルース みそっかすだらけの 俺のブルース  腹ペコに運がきたんだ 3日前のヨコハマで やばくてもやってやる 今にこの街は俺のもの お前の笑顔が見たい Candy! 貧しい心に火をつけておくれ 凍えちまう前に 半端でいなせな 俺のブルース 逆転さよなら 俺のブルース 半端でいなせな 俺のブルース 逆転さよなら 俺のブルース長渕剛松井五郎長渕剛ホステスのお前とは ふた月前のアパート 腕っぷしだけだった くさい恋物語さ 肩で風きりそこねた Dandy! 女に生まれてきたお前なのに 指輪もやれなくて みえっぱりきれない 俺のブルース ふられっぱなしの 俺のブルース  路地裏のバーテンに ひと月前にありついて むかついた客を殴り 生ゴミと一緒に捨てられちまった お前に書いた手紙は Funky! ひらがなばかりで出しづらいからさ“元気だぜ”とフいた しけもくのような 俺のブルース みそっかすだらけの 俺のブルース  腹ペコに運がきたんだ 3日前のヨコハマで やばくてもやってやる 今にこの街は俺のもの お前の笑顔が見たい Candy! 貧しい心に火をつけておくれ 凍えちまう前に 半端でいなせな 俺のブルース 逆転さよなら 俺のブルース 半端でいなせな 俺のブルース 逆転さよなら 俺のブルース
逆流僕がここを出て行くわけは 誰もが僕の居場所を知ってたから やさしさを敵にまわしてでも 生きてる証しが欲しかった  竹馬で歩く様に 今はまだぎこちないが 先ずはここから足を踏み出し 飾り言葉を投げ捨てて 「若いくせに!」なんて言わせたくない  奴がブーツのボタンをはずしていようと 奴が他人(ひと)の生きざま馬鹿にしようとも 一歩前のこの道を行かなければ だって僕は僕を失う為に 生きてきたんじゃない  ひび割れた悲しみに 縛られる前に コップ一杯の水を飲みほそう 先ずは喉を うるおして 目の前のいざこざをけちらすんだ  たとえば誰かが さびれたナイフで 僕に軽蔑を突きつけても 腰を据えて受けてやる げんこつひとつ で笑えるさ  奴がブーツのボタンをはずしていようと 奴が他人(ひと)の生きざま馬鹿にしようとも 一歩前のこの道を行かなければ だって僕は僕を失う為に 生きてきたんじゃない長渕剛長渕剛長渕剛僕がここを出て行くわけは 誰もが僕の居場所を知ってたから やさしさを敵にまわしてでも 生きてる証しが欲しかった  竹馬で歩く様に 今はまだぎこちないが 先ずはここから足を踏み出し 飾り言葉を投げ捨てて 「若いくせに!」なんて言わせたくない  奴がブーツのボタンをはずしていようと 奴が他人(ひと)の生きざま馬鹿にしようとも 一歩前のこの道を行かなければ だって僕は僕を失う為に 生きてきたんじゃない  ひび割れた悲しみに 縛られる前に コップ一杯の水を飲みほそう 先ずは喉を うるおして 目の前のいざこざをけちらすんだ  たとえば誰かが さびれたナイフで 僕に軽蔑を突きつけても 腰を据えて受けてやる げんこつひとつ で笑えるさ  奴がブーツのボタンをはずしていようと 奴が他人(ひと)の生きざま馬鹿にしようとも 一歩前のこの道を行かなければ だって僕は僕を失う為に 生きてきたんじゃない
銀色の涙とタバコの煙いつものように僕は 暗いひとりのこの部屋で 帰ることない君を待って 待ちわびた顔で タバコをふかす  ガスコンロの上のやかんは シューシュー音を立てて 窓ごしの空に 蒸気の粒が また ひとつひとつ流れて落ちた  その日の 夕暮れは とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そして 陽は沈み 回りの家の 窓ガラスに灯がともった  それから 僕は朝を待って いつの間にか コタツの 中でスヤスヤ 夢の中 明るい陽ざしが まぶたの上に  その日の夜明けも とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そしてまた僕は タバコに火をつけ しけた気分で プカプカ吸い始めた  その日の夜明けも とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そしてまた僕は タバコに火をつけ しけた気分で プカプカ吸い始めた長渕剛長渕剛長渕剛いつものように僕は 暗いひとりのこの部屋で 帰ることない君を待って 待ちわびた顔で タバコをふかす  ガスコンロの上のやかんは シューシュー音を立てて 窓ごしの空に 蒸気の粒が また ひとつひとつ流れて落ちた  その日の 夕暮れは とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そして 陽は沈み 回りの家の 窓ガラスに灯がともった  それから 僕は朝を待って いつの間にか コタツの 中でスヤスヤ 夢の中 明るい陽ざしが まぶたの上に  その日の夜明けも とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そしてまた僕は タバコに火をつけ しけた気分で プカプカ吸い始めた  その日の夜明けも とっても悲しくて 銀色の涙が こぼれ落ちた そしてまた僕は タバコに火をつけ しけた気分で プカプカ吸い始めた
QUEEN街が燃えてる 夜が吠えてる 鳴り響くパトカーのサイレン 爆発都市の メインストリート 闇にまぎれて かっさらえ (TiririTiri Riri Ti) あの娘はいかしたRock'n'Roll Queen  くびれたBody 真紅なLip-stick なまめかしいほどのHip-line 激しい 息づかいのあと 俺を感じさせてやるぜ (TiririTiri Riri Ti) あの娘はいかしたRock'n'Roll Queen  稲妻が走り ベッドがきしんでる しなやかにすべり込むその時がいい スパークしそうさ一晩中 チェーン・ソウなみの爪を立て (TiririTiri Riri Ti) お前はいかしたRock'n'Roll Queen  フラッシュバックの吐息の中で 塩っからい汗を なめまわしてる 炸裂している 俺のビート お前の脊髄をたたく (TiririTiri Riri Ti) お前はいかしたRock'n'Roll Queen長渕剛長渕剛長渕剛街が燃えてる 夜が吠えてる 鳴り響くパトカーのサイレン 爆発都市の メインストリート 闇にまぎれて かっさらえ (TiririTiri Riri Ti) あの娘はいかしたRock'n'Roll Queen  くびれたBody 真紅なLip-stick なまめかしいほどのHip-line 激しい 息づかいのあと 俺を感じさせてやるぜ (TiririTiri Riri Ti) あの娘はいかしたRock'n'Roll Queen  稲妻が走り ベッドがきしんでる しなやかにすべり込むその時がいい スパークしそうさ一晩中 チェーン・ソウなみの爪を立て (TiririTiri Riri Ti) お前はいかしたRock'n'Roll Queen  フラッシュバックの吐息の中で 塩っからい汗を なめまわしてる 炸裂している 俺のビート お前の脊髄をたたく (TiririTiri Riri Ti) お前はいかしたRock'n'Roll Queen
くしゃみじゃなくてよかったよ俺がふいにあくびをしたことで 君をすっごく傷つけたとしたら 本当に 本当に あ・や・ま・る・よ 考えてみたら こらえきれぬほどの あくびじゃなかったもの  だけどひとつだけ言えるのは くしゃみじゃなくてまだよかったよね だってそうだろう そうだろう そう・なん・だってば・さぁ もしもあの時僕が君の前でくしゃみしちまってたら 20才のバースデイキャンドルライトの灯が 全て消えちまってたものね  くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ  いずれにしても HAPPY BIRTHDAY TO YOU... ごめん長渕剛長渕剛長渕剛俺がふいにあくびをしたことで 君をすっごく傷つけたとしたら 本当に 本当に あ・や・ま・る・よ 考えてみたら こらえきれぬほどの あくびじゃなかったもの  だけどひとつだけ言えるのは くしゃみじゃなくてまだよかったよね だってそうだろう そうだろう そう・なん・だってば・さぁ もしもあの時僕が君の前でくしゃみしちまってたら 20才のバースデイキャンドルライトの灯が 全て消えちまってたものね  くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ くしゃみじゃなくて よかったよ  いずれにしても HAPPY BIRTHDAY TO YOU... ごめん
くそったれの人生本当の事を言えばきっと楽になれるさ 本当の事を言っちまえばきっと自由になれるさ あんちきしょうをぶっ飛ばしとんずらしようか  だけど俺はこの街を根城に生きていこうと決めた 六畳一間の闇にまぎれ腐った空へ夢を突き上げても 呼べど叫べど答なし  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を  ただ足にまかせて俺はくたくたになるまで走った 走れば走るほど俺は無性に真実味が欲しくなった 浮き足立ったあいつは ざらついた風にさらわれた  人の波にせかされれば使い捨てにされちまう 乗り遅れるわけじゃない俺は俺 明日からサングラスを捨てよう 頑固さだけが胸を叩けばいい  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI本当の事を言えばきっと楽になれるさ 本当の事を言っちまえばきっと自由になれるさ あんちきしょうをぶっ飛ばしとんずらしようか  だけど俺はこの街を根城に生きていこうと決めた 六畳一間の闇にまぎれ腐った空へ夢を突き上げても 呼べど叫べど答なし  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を  ただ足にまかせて俺はくたくたになるまで走った 走れば走るほど俺は無性に真実味が欲しくなった 浮き足立ったあいつは ざらついた風にさらわれた  人の波にせかされれば使い捨てにされちまう 乗り遅れるわけじゃない俺は俺 明日からサングラスを捨てよう 頑固さだけが胸を叩けばいい  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を  群れから離れっぱなし ずっと離れっぱなし 遠回りのくそったれの人生 千鳥足でいつもの路地を
くちづけ真実の裏側で むごたらしく焼き捨てられ 愛が御仏の前で  密やかに 忌まわしく 我、情念の炎に死なん  孤独気(さびしげ)に眠りに落ちても すがた哀れみ 命を 落としても私の正義は  愛の河川(かわ)をすさまじく流れ 今、女神の子宮に宿る  猛りよどめく幾千万の星 駆け巡る銀河の下  決して勝ち誇りそびえ立つ邪悪に恐れてはいけない 全て私から何もかも奪ってかまわないから あきらめないで生きるのだ 今、君の瞼にくちづけた  蒼(あお)白い月沈めば やがて苦おしき心に 何人(なんびと)にも朝の光  駆け上がれ、けたたましく 名も無き明日への不安へ  世を偽り、世に捨てられ 遙か見知らぬ異国で 生き倒れ 餌食になりとて  飲み込め無言の悲劇の人生など ささやかに ただただ祈れ!  猛りよどめく幾千万の星 駆け巡る銀河の下  決して勝ち誇りそびえ立つ邪悪に恐れてはいけない 全て私から何もかも奪ってかまわないから あきらめないで生きるのだ 今、君の瞼にくちづけた  今、君の瞼にくちづけた長渕剛長渕剛長渕剛真実の裏側で むごたらしく焼き捨てられ 愛が御仏の前で  密やかに 忌まわしく 我、情念の炎に死なん  孤独気(さびしげ)に眠りに落ちても すがた哀れみ 命を 落としても私の正義は  愛の河川(かわ)をすさまじく流れ 今、女神の子宮に宿る  猛りよどめく幾千万の星 駆け巡る銀河の下  決して勝ち誇りそびえ立つ邪悪に恐れてはいけない 全て私から何もかも奪ってかまわないから あきらめないで生きるのだ 今、君の瞼にくちづけた  蒼(あお)白い月沈めば やがて苦おしき心に 何人(なんびと)にも朝の光  駆け上がれ、けたたましく 名も無き明日への不安へ  世を偽り、世に捨てられ 遙か見知らぬ異国で 生き倒れ 餌食になりとて  飲み込め無言の悲劇の人生など ささやかに ただただ祈れ!  猛りよどめく幾千万の星 駆け巡る銀河の下  決して勝ち誇りそびえ立つ邪悪に恐れてはいけない 全て私から何もかも奪ってかまわないから あきらめないで生きるのだ 今、君の瞼にくちづけた  今、君の瞼にくちづけた
暗闇の中の言葉近頃とっても くやしい事があった それは自分に 肩書きがないこと 今まで 欲しいなんて 一度も 思わなかったけれど あの時ばかりは 震える手を 押さえた  すがる想いで あいつのドアをたたいた すがる想いで あいつのドアをたたいた だけどもあいつは 頭から下げすんだ目で 人を 馬鹿よばわりした  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか  そしてやっとこの手で つかんだしあわせ これですべてうまく行けると思ってたさ だけど暗闇の中で 交された言葉で あいつは俺に つばを吐いた  今まで いろんな人たちが 俺の前を 風が 吹くように知らん顔して 通りすぎた はかない夢を つかみかけた事もあったけど うまい話に 身を寄せたくはなかった  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか長渕剛長渕剛長渕剛近頃とっても くやしい事があった それは自分に 肩書きがないこと 今まで 欲しいなんて 一度も 思わなかったけれど あの時ばかりは 震える手を 押さえた  すがる想いで あいつのドアをたたいた すがる想いで あいつのドアをたたいた だけどもあいつは 頭から下げすんだ目で 人を 馬鹿よばわりした  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか  そしてやっとこの手で つかんだしあわせ これですべてうまく行けると思ってたさ だけど暗闇の中で 交された言葉で あいつは俺に つばを吐いた  今まで いろんな人たちが 俺の前を 風が 吹くように知らん顔して 通りすぎた はかない夢を つかみかけた事もあったけど うまい話に 身を寄せたくはなかった  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか  何が自由だ 不自由ばかりだ 欲深さゆえの がんじがらめの通せんぼ 勝ちほこる 奴ばかりが いつも正しい 世の中 俺はいつまで この雨に 打たれていれば いいのか
クレイジー・ボーイ恋しなつかし あの娘と 二人唄えば Bye Bye Blues 長い黒髪なびかせ いつもそっぽ向いて Bye Bye こんなに愛しているのに 肩に手を回せば Non Non Non キスしてもいいかい? 僕が言う だけどいつも君は Non Non  思いどおりに行かない そんな女ほどいいもんさ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ 寝ても さめても きみに夢中さ  長い電話のあとで 約束の場所 Day Day Date でも待たされるのは 僕 いつも待ちくたびれてばかり Lonely きょうこそ くどき文句を 並べて君に Love with me あいそつくまで 愛して 嫌われたならば Bye Bye  思いどおりに行かない そんな女ほどいいもんさ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ 寝ても さめても きみに夢中さ長渕剛長渕剛長渕剛恋しなつかし あの娘と 二人唄えば Bye Bye Blues 長い黒髪なびかせ いつもそっぽ向いて Bye Bye こんなに愛しているのに 肩に手を回せば Non Non Non キスしてもいいかい? 僕が言う だけどいつも君は Non Non  思いどおりに行かない そんな女ほどいいもんさ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ 寝ても さめても きみに夢中さ  長い電話のあとで 約束の場所 Day Day Date でも待たされるのは 僕 いつも待ちくたびれてばかり Lonely きょうこそ くどき文句を 並べて君に Love with me あいそつくまで 愛して 嫌われたならば Bye Bye  思いどおりに行かない そんな女ほどいいもんさ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ あゝ クレイジー クレイジー クレイジーボーイ 寝ても さめても きみに夢中さ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
CLOSE YOUR EYESGOLD LYLICそれでも この国を たまらなく 愛しているから もう一度 生まれ変わったら 私の名を 呼んで下さい  寒さに 震える夜も 流れる涙 つむぐ夜も もう一度 生まれ変わったら あなたを決して 離しはしない  私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる  close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る  あなたが永遠(とわ)に生きている  それでも この道を 耐え忍び 歩いて来たから もう一度 生まれ変わったら あなたの名を 呼んであげたい  夕暮れに しなだれて 必ず 明日が来るんだと もう一度 生まれ変わったら 諦めないで 待ち続けたい  私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる  close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る  あなたが永遠(とわ)に生きている  close your eyes wooGOLD LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛それでも この国を たまらなく 愛しているから もう一度 生まれ変わったら 私の名を 呼んで下さい  寒さに 震える夜も 流れる涙 つむぐ夜も もう一度 生まれ変わったら あなたを決して 離しはしない  私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる  close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る  あなたが永遠(とわ)に生きている  それでも この道を 耐え忍び 歩いて来たから もう一度 生まれ変わったら あなたの名を 呼んであげたい  夕暮れに しなだれて 必ず 明日が来るんだと もう一度 生まれ変わったら 諦めないで 待ち続けたい  私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる  close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る  あなたが永遠(とわ)に生きている  close your eyes woo
GOOD-BYE 青春GOOD-BYE 青春 いい事なんかなかった季節に 夢だけ置き去りに 白い手紙を破りすてれば ヒラヒラこぼれて ジグソーパズルのようさ GOOD-BYE 青春 答えを探して あてのない風にふかれて立ち止まる 夜明け間近にひざをかかえて 懺悔のウォッカじゃ なんだか酔えないみたい  誰のせいでもなくて 背中がとても寒くて 俺のぬけがらだけが宙に舞う LIE LIE LIE LIE ああ このまま 悲しみよ 雨になれ ああ このまま 悲しみよ 雨になれ  GOOD-BYE 青春 いったいいくつもの涙を流せば 君の胸にささる? 窓の向こうに朝が届けば東のあたりは ため息みたいに白い GOOD-BYE 青春 退屈なんておちこんだ時の 言い訳だったんだね 熱い想いはただの幻 こぼれた朝陽に打ちくだかれたシルエット  誰のせいでもなくて 背中がとても寒くて 俺のぬけがらだけが宙に舞う LIE LIE LIE LIE ああ このまま 悲しみよ 雨になれ ああ このまま 悲しみよ 雨になれ  LIE LIE LIE LIE…長渕剛秋元康長渕剛GOOD-BYE 青春 いい事なんかなかった季節に 夢だけ置き去りに 白い手紙を破りすてれば ヒラヒラこぼれて ジグソーパズルのようさ GOOD-BYE 青春 答えを探して あてのない風にふかれて立ち止まる 夜明け間近にひざをかかえて 懺悔のウォッカじゃ なんだか酔えないみたい  誰のせいでもなくて 背中がとても寒くて 俺のぬけがらだけが宙に舞う LIE LIE LIE LIE ああ このまま 悲しみよ 雨になれ ああ このまま 悲しみよ 雨になれ  GOOD-BYE 青春 いったいいくつもの涙を流せば 君の胸にささる? 窓の向こうに朝が届けば東のあたりは ため息みたいに白い GOOD-BYE 青春 退屈なんておちこんだ時の 言い訳だったんだね 熱い想いはただの幻 こぼれた朝陽に打ちくだかれたシルエット  誰のせいでもなくて 背中がとても寒くて 俺のぬけがらだけが宙に舞う LIE LIE LIE LIE ああ このまま 悲しみよ 雨になれ ああ このまま 悲しみよ 雨になれ  LIE LIE LIE LIE…
結晶「抱きあえば 抱きあうほど 涙が出るのは 決して悲しいからじゃないよね 私を抱いてる その向こう側で あなたは何かを探しているんでしょう」  「遠くへ行かないで お願いだから 私はここにいるのよ あなたがみつめてる 私だけを見て どこか知らない場所へ連れてって」  『たのむから そんなに苦しまないでくれ 一途な願いのまま 時を駆け抜けてゆけ お前は お前を失いながら 俺の中で 迷わず溶けてゆけ』  『お前の吐息が寄せては返すたび 俺の鼓動に重なってゆくだろう きっと生まれる前に 俺たちどこかで 出会っていたのかもしれないね』  「そのかすかな記憶をたぐり寄せるために あなたは私を愛しているの?」 『そうさ もしも この俺が死んでしまったとしても お前の 魂 の中で 俺は生きるから』  『たのむから これ以上 悲しまないでくれ 朝がくるその前に 二人で行こう 雪降る 限りなく白い場所へ お前と二人で 行こう  雪降る 限りなく白い場所へ お前と二人で 行こう』長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI「抱きあえば 抱きあうほど 涙が出るのは 決して悲しいからじゃないよね 私を抱いてる その向こう側で あなたは何かを探しているんでしょう」  「遠くへ行かないで お願いだから 私はここにいるのよ あなたがみつめてる 私だけを見て どこか知らない場所へ連れてって」  『たのむから そんなに苦しまないでくれ 一途な願いのまま 時を駆け抜けてゆけ お前は お前を失いながら 俺の中で 迷わず溶けてゆけ』  『お前の吐息が寄せては返すたび 俺の鼓動に重なってゆくだろう きっと生まれる前に 俺たちどこかで 出会っていたのかもしれないね』  「そのかすかな記憶をたぐり寄せるために あなたは私を愛しているの?」 『そうさ もしも この俺が死んでしまったとしても お前の 魂 の中で 俺は生きるから』  『たのむから これ以上 悲しまないでくれ 朝がくるその前に 二人で行こう 雪降る 限りなく白い場所へ お前と二人で 行こう  雪降る 限りなく白い場所へ お前と二人で 行こう』
決心君は 僕より ひとつ上で とてもとても優しかった 何をやっても 何を言っても すべて笑って 許してくれた  君のその優しさに 僕は甘えていたかったし 僕の愛は少なくとも奴より ずっと ずっと 上だと思ってた  誰よりも誰よりも 愛しているはずじゃなかったのかい たかが一年半の 空白で 何も 奴の胸に 飛び込まなくとも  今まで僕にささやいた愛の言葉の数々 すべて あれは嘘っぱち 冷たい仕打ちの 理由はどこに  何のために ここまで 二人で頑張ってきたんだろう 待つことが そんなに 君にとって つらい事だとは思わなかった  淋しいのは 君一人かい しあわせになるのも 君一人かい そんな女に今までほれてたとは すべて すべて あぁ お笑いだ  奴の胸で 言うがいいさ 「私、私、あなたが すべてよ」 きっと きっと 君なら 言えるよね きっと しあわせに振舞えるよ  今まで 僕にささやいた 愛の言葉の数々 すべて あれは嘘っぱち 冷たい仕打ちの 理由はどこに長渕剛長渕剛長渕剛君は 僕より ひとつ上で とてもとても優しかった 何をやっても 何を言っても すべて笑って 許してくれた  君のその優しさに 僕は甘えていたかったし 僕の愛は少なくとも奴より ずっと ずっと 上だと思ってた  誰よりも誰よりも 愛しているはずじゃなかったのかい たかが一年半の 空白で 何も 奴の胸に 飛び込まなくとも  今まで僕にささやいた愛の言葉の数々 すべて あれは嘘っぱち 冷たい仕打ちの 理由はどこに  何のために ここまで 二人で頑張ってきたんだろう 待つことが そんなに 君にとって つらい事だとは思わなかった  淋しいのは 君一人かい しあわせになるのも 君一人かい そんな女に今までほれてたとは すべて すべて あぁ お笑いだ  奴の胸で 言うがいいさ 「私、私、あなたが すべてよ」 きっと きっと 君なら 言えるよね きっと しあわせに振舞えるよ  今まで 僕にささやいた 愛の言葉の数々 すべて あれは嘘っぱち 冷たい仕打ちの 理由はどこに
訣別どうしても 話しておきたい事がある やさしさを 受け入れられないんだ 心を説き伏せ 鬼にして さようならと 君に告げた  あゝ 午前4時の海は冷たい いっそ このまま 流れに のまれてしまいたい 結ばれぬ 二人の悲しみを ここに 寄せては返す 波に 捨てちまおう  弱い僕は 君の心まで 支えきれない 君には 悪いとは思うが さようなら  弱い僕は 君の心まで 支えきれない 君には 悪いとは思うが さようなら  ……さようなら……長渕剛長渕剛長渕剛どうしても 話しておきたい事がある やさしさを 受け入れられないんだ 心を説き伏せ 鬼にして さようならと 君に告げた  あゝ 午前4時の海は冷たい いっそ このまま 流れに のまれてしまいたい 結ばれぬ 二人の悲しみを ここに 寄せては返す 波に 捨てちまおう  弱い僕は 君の心まで 支えきれない 君には 悪いとは思うが さようなら  弱い僕は 君の心まで 支えきれない 君には 悪いとは思うが さようなら  ……さようなら……
激愛舌を噛み切った からみ合う口唇の中 二人はよじれ合い 激しく揺れていた 震える 流れる 青白い肌 ひきよせても ひきよせても 届かない 溶けてゆく無数の汗 心と躰を流れてゆけ  愛は潜水艇のように 苦しみをもぐり 激烈な痛みが こめかみを突きぬけた 時は過ぎ 夜を越え凍りつく 愛の海 深く深く 沈みゆく 堕ちてゆく憎しみに 息が絶えるまで俺を抱け  俺たちは互いに 愛を戦った 焼け焦げた魂は 灰色に立ち昇り とぼとぼ とぼとぼ 死んでゆく こわれた破片は 風に舞う ひき潮のうねりの中 ふたつの手首よ赤く染まれ  かすかに触れ合う力果てた指先 導かれるように 静かに瞳を閉じた ゆるやかな呼吸は 首すじをすべり 衰弱の闇へと 色あせてゆく 果てしない体気の中 くち果てるまで重なってゆけ長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI舌を噛み切った からみ合う口唇の中 二人はよじれ合い 激しく揺れていた 震える 流れる 青白い肌 ひきよせても ひきよせても 届かない 溶けてゆく無数の汗 心と躰を流れてゆけ  愛は潜水艇のように 苦しみをもぐり 激烈な痛みが こめかみを突きぬけた 時は過ぎ 夜を越え凍りつく 愛の海 深く深く 沈みゆく 堕ちてゆく憎しみに 息が絶えるまで俺を抱け  俺たちは互いに 愛を戦った 焼け焦げた魂は 灰色に立ち昇り とぼとぼ とぼとぼ 死んでゆく こわれた破片は 風に舞う ひき潮のうねりの中 ふたつの手首よ赤く染まれ  かすかに触れ合う力果てた指先 導かれるように 静かに瞳を閉じた ゆるやかな呼吸は 首すじをすべり 衰弱の闇へと 色あせてゆく 果てしない体気の中 くち果てるまで重なってゆけ
恋というもの男は男らしく 女は女らしく うらみつらみも あるでしょうが つらく苦しかったから きっとあの人に 決めたのでしょう  男の背中の 重たい「純情」は 女の瞳には死ぬまで 見えないと誰かが泣く きっとそれは ほんとでしょう  まがりなりにも互いに 恋をしたんでしょう 「信じる」だとか「信じない」だとかは 汚く響くでしょう ああ それでもなぜだか ああ それでもわり切れないね そうです、わり切れないのが恋というもの  女のからだには つつしみが流れて 男のからだには 黙りとおす 悲しみが流れているという きっとどちらも ほんとでしょう  女の守るべき大切なものと 男の守るべき大切なものとは 右と左に別れてる きっとそれがわからないんでしょう  まがりなりにも互いに恋をしたんでしょう 「傷ついた」とか「傷つけた」だとかは 汚く響くでしょう ああ それでもなぜだか ああ それでもわり切れないね そうです、わり切れないのが恋というもの  そうです、わり切れないのが互いというもの そうです、わり切れないから恋をするのでしょう長渕剛長渕剛長渕剛男は男らしく 女は女らしく うらみつらみも あるでしょうが つらく苦しかったから きっとあの人に 決めたのでしょう  男の背中の 重たい「純情」は 女の瞳には死ぬまで 見えないと誰かが泣く きっとそれは ほんとでしょう  まがりなりにも互いに 恋をしたんでしょう 「信じる」だとか「信じない」だとかは 汚く響くでしょう ああ それでもなぜだか ああ それでもわり切れないね そうです、わり切れないのが恋というもの  女のからだには つつしみが流れて 男のからだには 黙りとおす 悲しみが流れているという きっとどちらも ほんとでしょう  女の守るべき大切なものと 男の守るべき大切なものとは 右と左に別れてる きっとそれがわからないんでしょう  まがりなりにも互いに恋をしたんでしょう 「傷ついた」とか「傷つけた」だとかは 汚く響くでしょう ああ それでもなぜだか ああ それでもわり切れないね そうです、わり切れないのが恋というもの  そうです、わり切れないのが互いというもの そうです、わり切れないから恋をするのでしょう
恋のランデブー今夜 朝までおいらとつきあうんだ いやでもおいら お前の手をひくよ まずは手始めに いきつけのスナック お前酔うまで 帰すわけにゃいかない  たかが水割り5杯や6杯で 酔ったなんて 今夜は言わせないぞ まずは手始めに 唇が欲しいんだ お前だってわかっているはずさ  お前のくびれた腰に手をのばし やさしい乳房に顔をうずめたい だから 水割りを片手にちょいと洒落て 恋のランデブー おいら今日こそ お前をくどくつもり  酔ったふりで悩ましいポーズはよせよ 抱き合うには まだまだ早すぎるよ わかってるんだ いつもの手口なんだね スキをねらい 逃げるつもりなんじゃないか  夜がまわれば男の嘘もまわる だましだまされ まだまだ まわれまわれ 水割りを片手にちょいと洒落て 恋のランデブー おいら今日こそ お前をくどくつもり長渕剛長渕剛長渕剛今夜 朝までおいらとつきあうんだ いやでもおいら お前の手をひくよ まずは手始めに いきつけのスナック お前酔うまで 帰すわけにゃいかない  たかが水割り5杯や6杯で 酔ったなんて 今夜は言わせないぞ まずは手始めに 唇が欲しいんだ お前だってわかっているはずさ  お前のくびれた腰に手をのばし やさしい乳房に顔をうずめたい だから 水割りを片手にちょいと洒落て 恋のランデブー おいら今日こそ お前をくどくつもり  酔ったふりで悩ましいポーズはよせよ 抱き合うには まだまだ早すぎるよ わかってるんだ いつもの手口なんだね スキをねらい 逃げるつもりなんじゃないか  夜がまわれば男の嘘もまわる だましだまされ まだまだ まわれまわれ 水割りを片手にちょいと洒落て 恋のランデブー おいら今日こそ お前をくどくつもり
恋人時代モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 僕に笑いかけている 恋人時代 いつも君を待ってた この街角に 今も学生たちで にぎわう白い喫茶店 本を片手に二人で 待ち合わせたあのころ ダイヤル回す指先 公衆電話 かたときも離れられず 話す言葉探しても 好きだと言えば 明日が美しく見えた  時の流れの中で いくつかの恋がある そして モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代  むずかしい話が好きで ケンカもしたっけ ふくれっつらの君が とてもいじらしかったね 若すぎた春の行く方は 最終電車 いつも君を待ってた この街角に 今も学生たちで にぎわう白い喫茶店 あの時と同じカップで 二杯目のコーヒー  時の流れの中で いくつかの恋がある そして モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代  モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代長渕剛長渕剛長渕剛モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 僕に笑いかけている 恋人時代 いつも君を待ってた この街角に 今も学生たちで にぎわう白い喫茶店 本を片手に二人で 待ち合わせたあのころ ダイヤル回す指先 公衆電話 かたときも離れられず 話す言葉探しても 好きだと言えば 明日が美しく見えた  時の流れの中で いくつかの恋がある そして モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代  むずかしい話が好きで ケンカもしたっけ ふくれっつらの君が とてもいじらしかったね 若すぎた春の行く方は 最終電車 いつも君を待ってた この街角に 今も学生たちで にぎわう白い喫茶店 あの時と同じカップで 二杯目のコーヒー  時の流れの中で いくつかの恋がある そして モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代  モノクロの君がほら 僕に笑いかけている 恋人時代
交差点君の胸の痛みが 僕にわかるといいね 無理に笑顔で別れた 涙色の悲しい交差点  暮れてく街並の中 かけてく うしろ姿を ひきとめられもしないで しあわせが またひとつ消えた  もう少し この僕に 大きな心があれば ただそれでいいんだ  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  輝いてるね 昔が きっとそれは本当だね 優しくしてあげたくて 優しくしてあげられなくて  わかり合えない はがゆさを 感じ始めた 僕らが 愛の道しるべ探し たどりついた悲しい交差点  信号が変わったら やっぱり人ごみの中へ消えて行くんだね  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  もう 離しはしないから長渕剛長渕剛長渕剛君の胸の痛みが 僕にわかるといいね 無理に笑顔で別れた 涙色の悲しい交差点  暮れてく街並の中 かけてく うしろ姿を ひきとめられもしないで しあわせが またひとつ消えた  もう少し この僕に 大きな心があれば ただそれでいいんだ  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  輝いてるね 昔が きっとそれは本当だね 優しくしてあげたくて 優しくしてあげられなくて  わかり合えない はがゆさを 感じ始めた 僕らが 愛の道しるべ探し たどりついた悲しい交差点  信号が変わったら やっぱり人ごみの中へ消えて行くんだね  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  行かないで 僕のそばから 泣かないで もう離しはしないから  もう 離しはしないから
コオロギの唄かあちゃんが昨日死にました 夏の暑い暑い午後でした 空いっぱい蝉たちがしきりに鳴いていました 群にまぎれて僕も泣きました  健坊たちもかけつけてくれました 花屋の真ちゃんは祭壇を作ってました 汗だくの真ちゃんの無言の背中を見てたら とめどなく涙があふれてきました  かあちゃんが焼き場に放り出されるその前に でっかい背中が遂に崩れ落ちました そうです僕の親父は最後の最後のお別れを おふくろの口びるに告げました  息絶えるまでのわずかな温もりでした 僕はかあちゃんの右手を握りしめてました 生き抜く力をふりしぼり僕に向けてひとつだけ かあちゃんは息をしてみせてくれました  生まれてよかったと 僕は初めて思いました そしてこの母(ひと)が僕を生んでくれたんだなって なぜかあたりまえのことを考えていました  少しだけ気の早いコオロギが一匹 僕の部屋に舞い込んで来ました そして僕は言いました 『お前も生まれてよかったね』と。  LALALALA LALALALA長渕剛長渕剛長渕剛かあちゃんが昨日死にました 夏の暑い暑い午後でした 空いっぱい蝉たちがしきりに鳴いていました 群にまぎれて僕も泣きました  健坊たちもかけつけてくれました 花屋の真ちゃんは祭壇を作ってました 汗だくの真ちゃんの無言の背中を見てたら とめどなく涙があふれてきました  かあちゃんが焼き場に放り出されるその前に でっかい背中が遂に崩れ落ちました そうです僕の親父は最後の最後のお別れを おふくろの口びるに告げました  息絶えるまでのわずかな温もりでした 僕はかあちゃんの右手を握りしめてました 生き抜く力をふりしぼり僕に向けてひとつだけ かあちゃんは息をしてみせてくれました  生まれてよかったと 僕は初めて思いました そしてこの母(ひと)が僕を生んでくれたんだなって なぜかあたりまえのことを考えていました  少しだけ気の早いコオロギが一匹 僕の部屋に舞い込んで来ました そして僕は言いました 『お前も生まれてよかったね』と。  LALALALA LALALALA
孤独なハートWow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  錆びた螺旋階段を降りて 暮れる街を走って行ったね 少し痩せた肩が悲しくて わざと俺 無視してたよ 違う男 愛したくらいで そんなふうに泣く事ないのに ばかなのさ いつでもおまえは  “おまえなんか愛しちゃいないさ” そんなセリフ 本気じゃないけど 手すりにもたれ SAY GOOD-BYE だから 愛を責めるなよ 愛を責めるなよ 愛を責めるなよ このまま SAY GOOD-BYE  SAY GOOD-BYE  Wow… Wow… Wow…  街の灯り少しずつついて 俺の影は あの日のままだね バスのクラクション 妙にうるさく 耳ふさぐ孤独なハート もっとうまく うそついてくれりゃ こんなふうに 別れずにすんだ 強がりを装った俺さ 俺のことは 忘れちまいなよ 通り過ぎた罪のかけらを 心で蹴れば STILL LOVE YOU そうさ 愛を責めたって 愛を責めたって 愛を責めたって二人は SAY GOOD-BYE SAY GOOD-BYE  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート長渕剛秋元康長渕剛Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  錆びた螺旋階段を降りて 暮れる街を走って行ったね 少し痩せた肩が悲しくて わざと俺 無視してたよ 違う男 愛したくらいで そんなふうに泣く事ないのに ばかなのさ いつでもおまえは  “おまえなんか愛しちゃいないさ” そんなセリフ 本気じゃないけど 手すりにもたれ SAY GOOD-BYE だから 愛を責めるなよ 愛を責めるなよ 愛を責めるなよ このまま SAY GOOD-BYE  SAY GOOD-BYE  Wow… Wow… Wow…  街の灯り少しずつついて 俺の影は あの日のままだね バスのクラクション 妙にうるさく 耳ふさぐ孤独なハート もっとうまく うそついてくれりゃ こんなふうに 別れずにすんだ 強がりを装った俺さ 俺のことは 忘れちまいなよ 通り過ぎた罪のかけらを 心で蹴れば STILL LOVE YOU そうさ 愛を責めたって 愛を責めたって 愛を責めたって二人は SAY GOOD-BYE SAY GOOD-BYE  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート  Wow 恋の出口が見つからないよ Wow 闇を突き刺す 孤独なハート
今宵最後のブルース世間知らずの 男と女 歩き疲れた 満月の夜  背中合わせ お前と二人 愛を語るには まだ早すぎた  ママに電話は おやめよ ひきかえせない 夜だから 君のうなじが ほら こんなに ほら 首にからんでくるよ  天国行きの 汽車に飛び乗る そんな夢が 脳裏を横切る  僕は 君のからだの中で 今宵 最後のブルースでも  ママに電話は おやめよ ひきかえせない 夜だから 君のうなじが ほら こんなに ほら 首にからんでくるよ長渕剛長渕剛長渕剛世間知らずの 男と女 歩き疲れた 満月の夜  背中合わせ お前と二人 愛を語るには まだ早すぎた  ママに電話は おやめよ ひきかえせない 夜だから 君のうなじが ほら こんなに ほら 首にからんでくるよ  天国行きの 汽車に飛び乗る そんな夢が 脳裏を横切る  僕は 君のからだの中で 今宵 最後のブルースでも  ママに電話は おやめよ ひきかえせない 夜だから 君のうなじが ほら こんなに ほら 首にからんでくるよ
金色に輝け50年 ~師、西村公朝先生に捧ぐ~そうだ、そんな事もあったっけ お前に初めて会った時 お前の顔より先に私が見たのは あの畳の上に揃えた両手だった  白くて細くて美しい指だった それはしなやかでどこまでも静かだった その時私は心ひそかに決めた この女性(ひと)と絶対結婚しようと  あれから50年たち 懸命に私は貧しい愚痴をたたいた それでも貴女はいともつつましやかに 優しく私を見ていてくれたっけ  ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年!  そうよ、そんな事もあったわね 貴方と二人で登った比叡の山 あの時の貴方の大きな黒い靴と 力強い後ろ姿がうれしかった  それから30年目の秋でした 初めて私に買ってくれましたね 紫水晶のささやかな指輪 今でも私のささくれだった左指で笑う  あれから50年たち 貴方の瞳は深く悲しい瞳になりましたね だからこそ貴方はいともたやすく 強く弱く私の肩を抱いてくれるのですね  ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! 金色に輝け50年!長渕剛西村公朝・長渕剛長渕剛そうだ、そんな事もあったっけ お前に初めて会った時 お前の顔より先に私が見たのは あの畳の上に揃えた両手だった  白くて細くて美しい指だった それはしなやかでどこまでも静かだった その時私は心ひそかに決めた この女性(ひと)と絶対結婚しようと  あれから50年たち 懸命に私は貧しい愚痴をたたいた それでも貴女はいともつつましやかに 優しく私を見ていてくれたっけ  ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年!  そうよ、そんな事もあったわね 貴方と二人で登った比叡の山 あの時の貴方の大きな黒い靴と 力強い後ろ姿がうれしかった  それから30年目の秋でした 初めて私に買ってくれましたね 紫水晶のささやかな指輪 今でも私のささくれだった左指で笑う  あれから50年たち 貴方の瞳は深く悲しい瞳になりましたね だからこそ貴方はいともたやすく 強く弱く私の肩を抱いてくれるのですね  ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! ありがとう、ありがとう 金色に輝け50年! 金色に輝け50年!
午前0時の向こう側地下鉄の階段を一人で歩いている 深夜喫茶の疲れを吐き出している 身も知らぬチンピラになぐられた頬と 昨日の君のさよならがみょうに痛い どうしようもない やるせなさと 自分自身への愚かさだけが カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  冷たいアスファルトにひびく靴音 誰かこの僕をひろってくれないか 何時間もこうして秋風にさされながら それでも君の愛を欲しがっている どうしようもない 淋しさと 君自身への想いやりのなさが カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  暗闇の中で横たわるゆがんだほほ笑と 酔いつぶれた酒臭い俺の影 明日からのやさしさを失くしたおいぼれた犬 行くあてなく星くずを数えている どうしようもないけだるさと すきっ腹にささった君の涙が カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  他愛ないうそをつく子供になりたい 君の唇からもれる唄になりたい 君の髪をなでる風になりたい 今日の夜明けは みたくない どうしようもないはがゆさと やがておとずれる白い朝が カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ長渕剛長渕剛長渕剛地下鉄の階段を一人で歩いている 深夜喫茶の疲れを吐き出している 身も知らぬチンピラになぐられた頬と 昨日の君のさよならがみょうに痛い どうしようもない やるせなさと 自分自身への愚かさだけが カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  冷たいアスファルトにひびく靴音 誰かこの僕をひろってくれないか 何時間もこうして秋風にさされながら それでも君の愛を欲しがっている どうしようもない 淋しさと 君自身への想いやりのなさが カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  暗闇の中で横たわるゆがんだほほ笑と 酔いつぶれた酒臭い俺の影 明日からのやさしさを失くしたおいぼれた犬 行くあてなく星くずを数えている どうしようもないけだるさと すきっ腹にささった君の涙が カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ  他愛ないうそをつく子供になりたい 君の唇からもれる唄になりたい 君の髪をなでる風になりたい 今日の夜明けは みたくない どうしようもないはがゆさと やがておとずれる白い朝が カラカラ笑ってる さよならなんて したくないんだ
ごめん知らず知らずのうちに僕は君を 傷つけてきたんだね 愛されていることさえ感じようとせず 君の心を殴ってばかりいた  わかっちゃいたけどもう誰も信じたくなかった これからどうやって生きてゆけばいいの  いつから僕はそんなに偉く ねぇ偉くなっちまったんだろう 『もう死んじまいたい』と君の前で 言うなんて  君を抱きしめるその前に 忘れてた言葉がひとつだけある ごめん  知らず知らずのうちに君は僕に 何を語りかけていいかもわからなかっただろう 愛されているのか不安の毎日で 僕は黙ったまんま君を一人ぼっちにした  ねぇ頼むからこっちを向いてくれ 今ならまだやりなおせるかもしれないんだ  いつから僕は富におぼれ 大切なものが何かも忘れてしまってたんだね 『もう死んじまいたい』と君の前で 言うなんて  君を抱きしめるその前に 忘れてた言葉がひとつだけある ごめん長渕剛長渕剛長渕剛知らず知らずのうちに僕は君を 傷つけてきたんだね 愛されていることさえ感じようとせず 君の心を殴ってばかりいた  わかっちゃいたけどもう誰も信じたくなかった これからどうやって生きてゆけばいいの  いつから僕はそんなに偉く ねぇ偉くなっちまったんだろう 『もう死んじまいたい』と君の前で 言うなんて  君を抱きしめるその前に 忘れてた言葉がひとつだけある ごめん  知らず知らずのうちに君は僕に 何を語りかけていいかもわからなかっただろう 愛されているのか不安の毎日で 僕は黙ったまんま君を一人ぼっちにした  ねぇ頼むからこっちを向いてくれ 今ならまだやりなおせるかもしれないんだ  いつから僕は富におぼれ 大切なものが何かも忘れてしまってたんだね 『もう死んじまいたい』と君の前で 言うなんて  君を抱きしめるその前に 忘れてた言葉がひとつだけある ごめん
GO STRAIGHT鼻っ柱が折れた 俺は殴りちらした 嘘八百で生きて笑う てめえらにはあいそつきた  はなっから覚悟がちがう 悪いけど腹はきまった あるがままの心で 俺は生きてやる  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  あざむく人影に ふざけた面が並ぶ たちうちするほどてめえらの 目ん玉はもの言わぬ  勝負に出るなら 魂を磨きやがれ 腹黒い筋書きの てめえじゃ吐き気がする  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  二枚舌でたらふく ふところふくらましてる 化けの皮剥げおちれば 口唇はゆがむだろう  見えすいた両手に 銭がばらまかれてゆく 狂乱怒濤のこの街じゃ 真っすぐも歩けねえ  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI鼻っ柱が折れた 俺は殴りちらした 嘘八百で生きて笑う てめえらにはあいそつきた  はなっから覚悟がちがう 悪いけど腹はきまった あるがままの心で 俺は生きてやる  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  あざむく人影に ふざけた面が並ぶ たちうちするほどてめえらの 目ん玉はもの言わぬ  勝負に出るなら 魂を磨きやがれ 腹黒い筋書きの てめえじゃ吐き気がする  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  二枚舌でたらふく ふところふくらましてる 化けの皮剥げおちれば 口唇はゆがむだろう  見えすいた両手に 銭がばらまかれてゆく 狂乱怒濤のこの街じゃ 真っすぐも歩けねえ  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ  Go Straight! Go Straight! Go! Go! Go! Go! Go! しょせん俺ら大都会のすれっからしにゃなれねえ
Success国境の金網 くぐりぬけて 有刺鉄線 越えれば 太陽が昇る 俺たちは 銭に 変えられない 自由を 掴む為に 絶望を 打ち砕いてきた  死にたい程 誰かを信じたくて 凍えた心臓に「希望」を突き刺し 脈拍が落ちる前に 口唇を噛み切り 真っ赤なツバを 今、吐き捨てた  Oh Success コツコツと淋し気に Oh Success それは すり切れた 君のブーツの音 Oh Success 明日 食う 一切れのパンの為に  君が どれだけ 今日を 生きて行くかだ!“Success” 君が どれだけ 今日を… 愛して行くかだ!!  苦しみだけのはずが無いだろ 命をかけて 人を愛したと言うのなら 捧げた祈りなら 返してもらっちまえ どうせ届かないなら ドブに捨てちまえ  掲げる御旗(みはた)の 見つからない兵士だって 風雪に耐えながら 道ばたに生きてる 石畳のすき間から 咲いてる名もない花も 踏んづけられても 決してひるんだりしない  Oh Success コツコツと淋し気に Oh Success それは すり切れた 君のブーツの音 Oh Success 明日 食う 一切れのパンの為に  君が どれだけ 今日を 生きて行くかだ!“Success” 君が どれだけ 今日を… 愛して行くかだ!!長渕剛長渕剛長渕剛国境の金網 くぐりぬけて 有刺鉄線 越えれば 太陽が昇る 俺たちは 銭に 変えられない 自由を 掴む為に 絶望を 打ち砕いてきた  死にたい程 誰かを信じたくて 凍えた心臓に「希望」を突き刺し 脈拍が落ちる前に 口唇を噛み切り 真っ赤なツバを 今、吐き捨てた  Oh Success コツコツと淋し気に Oh Success それは すり切れた 君のブーツの音 Oh Success 明日 食う 一切れのパンの為に  君が どれだけ 今日を 生きて行くかだ!“Success” 君が どれだけ 今日を… 愛して行くかだ!!  苦しみだけのはずが無いだろ 命をかけて 人を愛したと言うのなら 捧げた祈りなら 返してもらっちまえ どうせ届かないなら ドブに捨てちまえ  掲げる御旗(みはた)の 見つからない兵士だって 風雪に耐えながら 道ばたに生きてる 石畳のすき間から 咲いてる名もない花も 踏んづけられても 決してひるんだりしない  Oh Success コツコツと淋し気に Oh Success それは すり切れた 君のブーツの音 Oh Success 明日 食う 一切れのパンの為に  君が どれだけ 今日を 生きて行くかだ!“Success” 君が どれだけ 今日を… 愛して行くかだ!!
スピード違反でパクられちまった シャクに触ったからヘルメットを小突いてみた ふんぞり返ったら切符切られちまい 目黒警察署でこっぴどく絞られた  あんな風に出来たらいいな あんな男になれたらいいな、なんて 人の事をうらやんでばかりの あゝ俺がいる  山手通りから槍ヶ崎を登り 代官山をぬけ鉢山交番を右へ 渋谷のど真ん中一人突ったったまんま 待っても待ってもまだ来ぬお前待ちくたびれてる  携帯電話の音が気になる だけど電源切る度胸も無いなんて 約束の時間あきらめきれない一人ぼっちの俺がいる  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて 深夜4時 24時間牛丼かっ喰らい あの時二人で見た月は確かに丸かった  100円パーキングに車を停めた トボトボ歩く一人の帰り道 ひらひら舞い散る桜を仰ぎ見て 「もう一度振り出しに戻ろう」と風がささやいた  あんな風に出来たらいいな あんな男になれたらいいな、なんて 「人の事をうらやむのはよそう」と あゝ月が笑った  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて 深夜4時 24時間牛丼かっ喰らい あの時二人で見た月は確かに丸かった  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて長渕剛長渕剛長渕剛スピード違反でパクられちまった シャクに触ったからヘルメットを小突いてみた ふんぞり返ったら切符切られちまい 目黒警察署でこっぴどく絞られた  あんな風に出来たらいいな あんな男になれたらいいな、なんて 人の事をうらやんでばかりの あゝ俺がいる  山手通りから槍ヶ崎を登り 代官山をぬけ鉢山交番を右へ 渋谷のど真ん中一人突ったったまんま 待っても待ってもまだ来ぬお前待ちくたびれてる  携帯電話の音が気になる だけど電源切る度胸も無いなんて 約束の時間あきらめきれない一人ぼっちの俺がいる  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて 深夜4時 24時間牛丼かっ喰らい あの時二人で見た月は確かに丸かった  100円パーキングに車を停めた トボトボ歩く一人の帰り道 ひらひら舞い散る桜を仰ぎ見て 「もう一度振り出しに戻ろう」と風がささやいた  あんな風に出来たらいいな あんな男になれたらいいな、なんて 「人の事をうらやむのはよそう」と あゝ月が笑った  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて 深夜4時 24時間牛丼かっ喰らい あの時二人で見た月は確かに丸かった  目黒川沿いの桜並木 狂い咲きした夜桜よ 桜、桜、咲き乱れ 散るはかなさが悲しくて
桜島錦江湾に陽が沈み 海が赤く血の色に燃え始める 照りかえす雲は紫に染まり 鋭(と)んがったまんまでモクモクと息をしてる  俺は桟橋から 桜島フェリーに乗り 山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ 貴様の前に立つ  燃えて上がるはオハラハー桜島 丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く  立ち昇る煙が天空を突き刺し 情熱の血液が俺のからだを走りかけめぐる  錦江湾に陽が昇り 命の雫が金色に燃え始める 水平線から無言の息吹よ 薩州薩摩の荒くれ俺らぼっけ者(もん)  俺は桟橋から 桜島フェリーに乗り 山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ 貴様にいだかれ俺は眠る  燃えて上がるはオハラハー桜島 丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く  歴史の雨に、風に、嵐に、雷雨に打たれ なおもいどみかかる島よ、岩肌よ、情熱の顔(つら)を出す長渕剛長渕剛長渕剛錦江湾に陽が沈み 海が赤く血の色に燃え始める 照りかえす雲は紫に染まり 鋭(と)んがったまんまでモクモクと息をしてる  俺は桟橋から 桜島フェリーに乗り 山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ 貴様の前に立つ  燃えて上がるはオハラハー桜島 丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く  立ち昇る煙が天空を突き刺し 情熱の血液が俺のからだを走りかけめぐる  錦江湾に陽が昇り 命の雫が金色に燃え始める 水平線から無言の息吹よ 薩州薩摩の荒くれ俺らぼっけ者(もん)  俺は桟橋から 桜島フェリーに乗り 山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ 貴様にいだかれ俺は眠る  燃えて上がるはオハラハー桜島 丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く  歴史の雨に、風に、嵐に、雷雨に打たれ なおもいどみかかる島よ、岩肌よ、情熱の顔(つら)を出す
SAMURAI大和の国から のろしを挙(あ)げて 今、俺達は 北へ向かう  我が道を ただひたすらに 迷う事なく 走ればいい 人のなりふり 気にとめないで ただただ 真っすぐ ひた走れ  時代のせいに よりかかっても 船は動きは しないさ もしも風さえ 吹かなかったら お前が風に なればいい  人がつくった標識など 決してまどわされないで 変えてゆくのは お前自身さ 決めてゆくのはお前さ  容赦なく 血の雨に 叩き付けられても かまわない また誰かの せいにしちまって 夜の闇に ほうむっちまうより  失われた「明日」を今すぐ とりもどしに 行かないか? 力無き正義など くそっくらえ! 屁理屈ばっかの この国で  そ知らぬ顔で裏切るよりも 誰かが抱きしめてやれ 人間(ひと)の悲鳴を今こそ 俺たちは愛し貫こう  俺は見た 鎖を引きづりながら 片脚で駆けてく 野良犬を 誰かに切断された 不自由から はい上がる 自由を  降り下ろされた 金の斧で かっ切られた首が すっ飛ぶ 生臭いハエが ブンブン群がり この国から 背骨が消える  想いが届かぬいらだちより あいつの痛みを信じて 夢を両手でしっかり掴み 意地でも死んでも離すな  悔しさはやがて 力になり 悲しみはやがて 優しさに変わる 死の淵を共に 超えてゆけ そして 勝利の女神を呼べ  生きる記録を グングンガンガン ぬりかえて 突っ走ってゆけ! 命尽き果てるまで 俺もお前も 真っ赤に燃ゆる火だ 炎だ  錆びた線路に突っ立ち ただ待っても汽車は来ねぇ 引き裂かれた魂たちよ も一度絆を呼び戻せ  大和の国から のろしを挙(あ)げて SAMURAI! 今、俺達は 北へ向かう NIPPON!長渕剛長渕剛長渕剛大和の国から のろしを挙(あ)げて 今、俺達は 北へ向かう  我が道を ただひたすらに 迷う事なく 走ればいい 人のなりふり 気にとめないで ただただ 真っすぐ ひた走れ  時代のせいに よりかかっても 船は動きは しないさ もしも風さえ 吹かなかったら お前が風に なればいい  人がつくった標識など 決してまどわされないで 変えてゆくのは お前自身さ 決めてゆくのはお前さ  容赦なく 血の雨に 叩き付けられても かまわない また誰かの せいにしちまって 夜の闇に ほうむっちまうより  失われた「明日」を今すぐ とりもどしに 行かないか? 力無き正義など くそっくらえ! 屁理屈ばっかの この国で  そ知らぬ顔で裏切るよりも 誰かが抱きしめてやれ 人間(ひと)の悲鳴を今こそ 俺たちは愛し貫こう  俺は見た 鎖を引きづりながら 片脚で駆けてく 野良犬を 誰かに切断された 不自由から はい上がる 自由を  降り下ろされた 金の斧で かっ切られた首が すっ飛ぶ 生臭いハエが ブンブン群がり この国から 背骨が消える  想いが届かぬいらだちより あいつの痛みを信じて 夢を両手でしっかり掴み 意地でも死んでも離すな  悔しさはやがて 力になり 悲しみはやがて 優しさに変わる 死の淵を共に 超えてゆけ そして 勝利の女神を呼べ  生きる記録を グングンガンガン ぬりかえて 突っ走ってゆけ! 命尽き果てるまで 俺もお前も 真っ赤に燃ゆる火だ 炎だ  錆びた線路に突っ立ち ただ待っても汽車は来ねぇ 引き裂かれた魂たちよ も一度絆を呼び戻せ  大和の国から のろしを挙(あ)げて SAMURAI! 今、俺達は 北へ向かう NIPPON!
さようならの唄さようなら また会えるね また いつか 会ってくれるね そんなに 悲しい顔 するなよ 僕だって 悲しく なるじゃないか  さようなら また 会おうね また どこかで きっと 会えるね 僕だって 君を好きなんだし 君だって 僕を好きなはずさ  つたない僕の唄だけれど 精一杯 唄って あげられるから 今この時を さようならと 呼ばないでおくれ  君といて とても楽しかったよ しあわせな 気分になれたよ 唄う事の すばらしさを 教えてくれた 気がするよ  さようなら でもまた会おうね 軽く手をふって 行くからね さようならの唄だけは 置いて行くよ 僕らの新しい 出会いの為に  つたない 僕の唄だけれど 精一杯 唄って あげられるから 今この時を さようならと 呼ばないでおくれ長渕剛長渕剛長渕剛さようなら また会えるね また いつか 会ってくれるね そんなに 悲しい顔 するなよ 僕だって 悲しく なるじゃないか  さようなら また 会おうね また どこかで きっと 会えるね 僕だって 君を好きなんだし 君だって 僕を好きなはずさ  つたない僕の唄だけれど 精一杯 唄って あげられるから 今この時を さようならと 呼ばないでおくれ  君といて とても楽しかったよ しあわせな 気分になれたよ 唄う事の すばらしさを 教えてくれた 気がするよ  さようなら でもまた会おうね 軽く手をふって 行くからね さようならの唄だけは 置いて行くよ 僕らの新しい 出会いの為に  つたない 僕の唄だけれど 精一杯 唄って あげられるから 今この時を さようならと 呼ばないでおくれ
さよなら列車さよなら あなた 元気でいてねと 心つつんだ お守り しのばせる ひろげた地図で はかった距離を 涙の列車が 明日 走ります  つらくなるのなら 見送りは この部屋 ひとりで 手をふるつもりです  あゝ ゆらゆらゆれてる 想い出みんな おいてきぼりですね あなたの邪魔にならないように  さみしい 汽笛 呼ぶのは あなた 耳をふさいで よりそうふたり 語るには みじかく ねむるには 惜しい 最後の一夜 抱いてください  あなたが 帰る その時まで かわらぬ 想いで 過ごす わたしです  あゝ どうせかなわぬ 私の わがまま 便りに 書きません 遠い 遠い お別れ街へ  あなたが 帰る その時まで かわらぬ 想いで 過ごす わたしです  あゝ どうせかなわぬ 私の わがまま 便りに 書きません 遠い 遠い お別れ街へ長渕剛長渕剛・松井五郎長渕剛さよなら あなた 元気でいてねと 心つつんだ お守り しのばせる ひろげた地図で はかった距離を 涙の列車が 明日 走ります  つらくなるのなら 見送りは この部屋 ひとりで 手をふるつもりです  あゝ ゆらゆらゆれてる 想い出みんな おいてきぼりですね あなたの邪魔にならないように  さみしい 汽笛 呼ぶのは あなた 耳をふさいで よりそうふたり 語るには みじかく ねむるには 惜しい 最後の一夜 抱いてください  あなたが 帰る その時まで かわらぬ 想いで 過ごす わたしです  あゝ どうせかなわぬ 私の わがまま 便りに 書きません 遠い 遠い お別れ街へ  あなたが 帰る その時まで かわらぬ 想いで 過ごす わたしです  あゝ どうせかなわぬ 私の わがまま 便りに 書きません 遠い 遠い お別れ街へ
猿一匹、唄えば侍平和な暮らしにゃ男が見当たらねぇ 我が子可愛いや守る為にと 女もくどけねぇ  糸切り歯がグラグラで ビールの栓も噛じれねぇ 小さな島国この日本から男がいなくなる  人間様よ、優しい ひとひらの落ち葉の為に 向い風に、命捨て 戦う誇り高き男であれ!  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  私という愚かな生物は 泥にまみれ ひと癖もふた癖もあるものだ  もっと無様で 笑えねぇほどかっこ悪く 恥をさらし生臭くても 勇気を生めばいい  人間様よ、優しい ひとひらの落ち葉の為に 向い風に、命捨て 戦う誇り高き男であれ!  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  La ta ta…Di la la… 長渕剛長渕剛長渕剛平和な暮らしにゃ男が見当たらねぇ 我が子可愛いや守る為にと 女もくどけねぇ  糸切り歯がグラグラで ビールの栓も噛じれねぇ 小さな島国この日本から男がいなくなる  人間様よ、優しい ひとひらの落ち葉の為に 向い風に、命捨て 戦う誇り高き男であれ!  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  私という愚かな生物は 泥にまみれ ひと癖もふた癖もあるものだ  もっと無様で 笑えねぇほどかっこ悪く 恥をさらし生臭くても 勇気を生めばいい  人間様よ、優しい ひとひらの落ち葉の為に 向い風に、命捨て 戦う誇り高き男であれ!  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍 猿一匹、唄えば侍  La ta ta…Di la la… 
THANK YOU WOMAN通りの向こう側に 俺は車停めた Car Radio 消して 15分考えてた ワイパー揺れるたび お前の部屋の灯り 今日の雨音と重なりあって 泣いて見える  もしも 今ここでドアを叩いても 昔に戻れない 揺れない 流れない  やがてシグナルが点滅し始め 雨粒は雪に変わってた  Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No… Woo…  Wow… ゆっくりと 雪にかわってた yeah… Thank You Woman mm… Thank You Woman  倒したドライバーズシート 俺はゆっくり起きた エンジンキーを入れ 湾岸道路へとアクセルふかした バックミラーに遠ざかる 部屋の灯り 降り出した白い雪と重なりあって 悲しく見える  サイドシートを見る Thank You Woman 昔へ戻らない 帰らない 走らない  やがてシグナルが点滅し始め 粉雪は 涙に変わった  サイドシートを見るThank You Woman 昔へ戻らない 帰らない 走らない  叩きつけられる フロントガラス越しの 粉雪は 涙に変わる 涙に変わる 涙に変わった  Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No…  Thank You Woman Thank You Woman Good-bye Woman長渕剛長渕剛長渕剛通りの向こう側に 俺は車停めた Car Radio 消して 15分考えてた ワイパー揺れるたび お前の部屋の灯り 今日の雨音と重なりあって 泣いて見える  もしも 今ここでドアを叩いても 昔に戻れない 揺れない 流れない  やがてシグナルが点滅し始め 雨粒は雪に変わってた  Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No… Woo…  Wow… ゆっくりと 雪にかわってた yeah… Thank You Woman mm… Thank You Woman  倒したドライバーズシート 俺はゆっくり起きた エンジンキーを入れ 湾岸道路へとアクセルふかした バックミラーに遠ざかる 部屋の灯り 降り出した白い雪と重なりあって 悲しく見える  サイドシートを見る Thank You Woman 昔へ戻らない 帰らない 走らない  やがてシグナルが点滅し始め 粉雪は 涙に変わった  サイドシートを見るThank You Woman 昔へ戻らない 帰らない 走らない  叩きつけられる フロントガラス越しの 粉雪は 涙に変わる 涙に変わる 涙に変わった  Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No… Woh Woh Woh No No No…  Thank You Woman Thank You Woman Good-bye Woman
三羽ガラス俺だけが黄昏る夕暮れからかっぱらった 金色の小石を三羽ガラスがくすねる 苛立ちを酒に溺らせて 絆ちぎりにゃむごたらしく筋の通らぬ裏切り  はめた憎しみドブへ流し受けた恩は食い散らかし ごぜん様気取って「今日の仕事は辛かった」と 愚劣なカラス弱いフリ 我が身よろしくねんころりゲスな女に雨やどり  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 さげすみ、おとしめ、たらしこみ 頭かくして尻かくさず 三羽ガラスの逃げっぷり  カーカーカーカー 今鳴いたカラスがもう笑う  純情可憐な花一輪 栄養不良のくちばしで 容赦なくむしり取るから太い首でも回らねえ 泥棒ごっこはお手のもの つるんだ企み闇に消し純情気取りのたぶらか師  放っぽり出された赤子みたいにあの時ゃ俺に泣き叫び ワキの下 足の裏 俺の股の臭いかぐ すっぽり嘘をくわえこみ 媚を売り売り寄っかかる首をはねたら逆恨み  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 手のひら返しに二枚舌 見掛け倒しに口車 三羽ガラスは飛んで行く  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 手のひら返しに二枚舌 見掛け倒しに口車 三羽ガラスは飛んで行く  カーカーカーカー 今鳴いたカラスがもう笑う長渕剛長渕剛長渕剛俺だけが黄昏る夕暮れからかっぱらった 金色の小石を三羽ガラスがくすねる 苛立ちを酒に溺らせて 絆ちぎりにゃむごたらしく筋の通らぬ裏切り  はめた憎しみドブへ流し受けた恩は食い散らかし ごぜん様気取って「今日の仕事は辛かった」と 愚劣なカラス弱いフリ 我が身よろしくねんころりゲスな女に雨やどり  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 さげすみ、おとしめ、たらしこみ 頭かくして尻かくさず 三羽ガラスの逃げっぷり  カーカーカーカー 今鳴いたカラスがもう笑う  純情可憐な花一輪 栄養不良のくちばしで 容赦なくむしり取るから太い首でも回らねえ 泥棒ごっこはお手のもの つるんだ企み闇に消し純情気取りのたぶらか師  放っぽり出された赤子みたいにあの時ゃ俺に泣き叫び ワキの下 足の裏 俺の股の臭いかぐ すっぽり嘘をくわえこみ 媚を売り売り寄っかかる首をはねたら逆恨み  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 手のひら返しに二枚舌 見掛け倒しに口車 三羽ガラスは飛んで行く  ケジメを取れよ 茶・茶 オモチャの茶・茶・茶 手のひら返しに二枚舌 見掛け倒しに口車 三羽ガラスは飛んで行く  カーカーカーカー 今鳴いたカラスがもう笑う
しあわせになろうよPLATINA LYLIC出会った頃の二人に も一度戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ  海の広さに負けないように 輝しい太陽をにらんでみた ずぶぬれの僕は魚になり あの島まで泳いでいった  初めて出会った場所に も一度戻ってみよう そして青い空に抱かれ しあわせになろうよ  緑の大地で鳥が鳴いた 君は両手を広げ空を飛んだ 星空をみあげ夢をかなえた 月の光で歌をうたった  出会った頃の二人に も一度戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ  初めて出会った場所に も一度戻ってみよう そして青い空に抱かれ しあわせになろうよ しあわせになろうよPLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛出会った頃の二人に も一度戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ  海の広さに負けないように 輝しい太陽をにらんでみた ずぶぬれの僕は魚になり あの島まで泳いでいった  初めて出会った場所に も一度戻ってみよう そして青い空に抱かれ しあわせになろうよ  緑の大地で鳥が鳴いた 君は両手を広げ空を飛んだ 星空をみあげ夢をかなえた 月の光で歌をうたった  出会った頃の二人に も一度戻ってみよう そして二人で手をつなぎ しあわせになろうよ  初めて出会った場所に も一度戻ってみよう そして青い空に抱かれ しあわせになろうよ しあわせになろうよ
しあわせの小さな庭気の病に犯された夢遊病者のように 幾日も四畳半に閉じこもりっぱなし 引きちぎった電話線をてめえの首に巻きつけ 『死にてえ』などとお茶目にかわいぶってみた  やっと手に入れた“花の東京”200坪の土地 適当な家をおっ建てた 隔離されてる俺の部屋の窓から みごとな咲きっぷりの赤と白の花々たち  ひと群れの太い木々たちが織りなす花々は 黙ったまんま腐る俺をいやしてくれる そして俺は不安と恐怖からとき放たれる  我が家の庭先に小さな畑を 妻と三人の子供と耕し造った いっしょに汗をかきかき種をまいた 『しあわせの花がどうか咲きますように…』と  お祈りしてからひとつ目の夏の終り やっと花を咲かせた天高い向日葵 俺たち東京 五人家族の土の上から 灰色の空に垂直に向かう五本の向日葵たち  明日、俺 40回目の誕生日だ 花を見上げる俺たちはなぜか黙っている 瞳たちよ、このまま真っ直ぐはるか天まで届いてゆけ  やがて咲いたばかりの背い高ノッポの向日葵も 朽ち果て、しおれ、うなだれ、腐り、土にかえる その時花の命の短いはかなさを 天を仰ぐ我が子は初めて知るのだろう  “希望”という名の裏側の絶望に 叩き落とされ死にたくなる時もあるさ いつか家族で見上げた空の高さを想い出して 人より傷つき優しく厳しい人生(みち)をひたすら願うのだ  許してやろう、よっぽど辛かったんだろう ほっといてやろう、よっぽど痛かったんだろう ほめてやろう、よっぽど悲しく淋しかったんだろう  妻よ、君もいつの間にか三人の母親になった 君の立つ台所からはしあわせが見えるかい 庭先で餌をついばむ雨にぬれた五羽のニワトリを 老いた俺の親父の背中が必死で追いかけてる  きっと遠い昔、君も少女だった ささやかな暮らしでも大切な人がいたはず 今、君の寝室に立てかけてある死んじまった 君の親父の写真から何か聴こえるかい?  悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう 悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ  悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう 悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ  しあわせの小さな庭で 天まで届け向日葵たち長渕剛長渕剛長渕剛気の病に犯された夢遊病者のように 幾日も四畳半に閉じこもりっぱなし 引きちぎった電話線をてめえの首に巻きつけ 『死にてえ』などとお茶目にかわいぶってみた  やっと手に入れた“花の東京”200坪の土地 適当な家をおっ建てた 隔離されてる俺の部屋の窓から みごとな咲きっぷりの赤と白の花々たち  ひと群れの太い木々たちが織りなす花々は 黙ったまんま腐る俺をいやしてくれる そして俺は不安と恐怖からとき放たれる  我が家の庭先に小さな畑を 妻と三人の子供と耕し造った いっしょに汗をかきかき種をまいた 『しあわせの花がどうか咲きますように…』と  お祈りしてからひとつ目の夏の終り やっと花を咲かせた天高い向日葵 俺たち東京 五人家族の土の上から 灰色の空に垂直に向かう五本の向日葵たち  明日、俺 40回目の誕生日だ 花を見上げる俺たちはなぜか黙っている 瞳たちよ、このまま真っ直ぐはるか天まで届いてゆけ  やがて咲いたばかりの背い高ノッポの向日葵も 朽ち果て、しおれ、うなだれ、腐り、土にかえる その時花の命の短いはかなさを 天を仰ぐ我が子は初めて知るのだろう  “希望”という名の裏側の絶望に 叩き落とされ死にたくなる時もあるさ いつか家族で見上げた空の高さを想い出して 人より傷つき優しく厳しい人生(みち)をひたすら願うのだ  許してやろう、よっぽど辛かったんだろう ほっといてやろう、よっぽど痛かったんだろう ほめてやろう、よっぽど悲しく淋しかったんだろう  妻よ、君もいつの間にか三人の母親になった 君の立つ台所からはしあわせが見えるかい 庭先で餌をついばむ雨にぬれた五羽のニワトリを 老いた俺の親父の背中が必死で追いかけてる  きっと遠い昔、君も少女だった ささやかな暮らしでも大切な人がいたはず 今、君の寝室に立てかけてある死んじまった 君の親父の写真から何か聴こえるかい?  悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう 悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ  悲しい瞳で子供たちのしあわせを語ろう 悲しい耳で子供たちの優しさを語ろう そして口は、ただただ物を喰らう為だけに努めるのだ  しあわせの小さな庭で 天まで届け向日葵たち
しあわせの涙何もかも回りが見えないくらい あなたのことが好きなの 幾日も幾日もあなたを想い 待ちわび探し続けているの  ねぇどこにいるのわからなくて夕暮れの道を くる日もくる日も駆けてった 逢いたくて逢えなくて泣きながらわたし ひとりぼっちの帰り道  だいじょうぶじゃないけど だいじょうぶでいてね しあわせの涙 流したいな 流したいな  Ru Ru Ru…  さよならすることになるなら もっと優しくしとけばよかった 悲しくて悲しくてやりきれなくて 「ごめんね」空につぶやいてみた  生きる喜びも悲しみもずっと二人で やっていけると信じてたのに 逢いたくて逢えなくて泣きながらわたし ひとりぼっちの帰り道  だいじょうぶじゃないけど だいじょうぶでいてね しあわせの涙 流したいな 流したいな  Ru Ru Ru…長渕剛長渕剛長渕剛何もかも回りが見えないくらい あなたのことが好きなの 幾日も幾日もあなたを想い 待ちわび探し続けているの  ねぇどこにいるのわからなくて夕暮れの道を くる日もくる日も駆けてった 逢いたくて逢えなくて泣きながらわたし ひとりぼっちの帰り道  だいじょうぶじゃないけど だいじょうぶでいてね しあわせの涙 流したいな 流したいな  Ru Ru Ru…  さよならすることになるなら もっと優しくしとけばよかった 悲しくて悲しくてやりきれなくて 「ごめんね」空につぶやいてみた  生きる喜びも悲しみもずっと二人で やっていけると信じてたのに 逢いたくて逢えなくて泣きながらわたし ひとりぼっちの帰り道  だいじょうぶじゃないけど だいじょうぶでいてね しあわせの涙 流したいな 流したいな  Ru Ru Ru…
シェリー揺れているふたつのからだが海の底深く 透きとおる肌のまんまでだまって抱かれてる 身を震わして俺を見つめてる  どうしてなんだろう なぜにお前はそんなに切なく微笑む 今夜俺はお前のためだけに生きているんだ 悩まされた過去から逃げて来い  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい  愛しきお前よ 俺の肩先で静かな息をしている 濡れた首すじに小さく口づけをすると お前はすべてをすりよせて泣いた  からみついた流れる髪 俺の唇で遊ぶ 俺は目を細め両手で強くひきよせると まぶたを閉じてお前は風になる  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI揺れているふたつのからだが海の底深く 透きとおる肌のまんまでだまって抱かれてる 身を震わして俺を見つめてる  どうしてなんだろう なぜにお前はそんなに切なく微笑む 今夜俺はお前のためだけに生きているんだ 悩まされた過去から逃げて来い  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい  愛しきお前よ 俺の肩先で静かな息をしている 濡れた首すじに小さく口づけをすると お前はすべてをすりよせて泣いた  からみついた流れる髪 俺の唇で遊ぶ 俺は目を細め両手で強くひきよせると まぶたを閉じてお前は風になる  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい  おゝシェリー 俺は砂丘に立ち 真夜中を照らす白い月を見ている おゝシェリー 砂煙が舞い 海が吠えてる 今お前に会いたい
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
静かなるアフガン海の向こうじゃ 戦争がおっ発(ぱじ)まった 人が人を殺し合ってる アメリカが育てたテロリスト ビンラディンがモグラになっちまってる  ブッシュはでっかい星条旗を背に ハリウッド映画のシナリオをすげかえる 悪と戦うヒーロー アフガンの空 黒いカラスに化けた  ほら また 戦争かい ほら また 戦争かい 戦争に人道(みち)などありゃしねぇ 戦争に正義もくそもありゃしねぇ  黒いカラスにぶら下がる ニッポン人 僕らはTV(テレビ)で 銃弾に倒れる兵士を見てる 空爆に両足ふっ飛ばされた少女の 瞳から真っ赤な血液(ち)がしたたりおちる  日の丸と星条旗に僕は尋ねてみたい 戦争と銭(かね)はどうしても必要ですか? 広島と長崎が吠えている 「もう嫌だ!」と 泣き叫んでいる  ほら また 戦争かい ほら また 戦争かい 戦争に人道(みち)などありゃしねぇ 戦争に正義もくそもありゃしねぇ  あゝ 早く アフガンの大地に 平和と緑よ やどってくれ! あの時の少女の瞳をこわさないで 僕は祈る 静かなるアフガンの大地 僕は祈る 静かなるアフガンの大地長渕剛長渕剛長渕剛海の向こうじゃ 戦争がおっ発(ぱじ)まった 人が人を殺し合ってる アメリカが育てたテロリスト ビンラディンがモグラになっちまってる  ブッシュはでっかい星条旗を背に ハリウッド映画のシナリオをすげかえる 悪と戦うヒーロー アフガンの空 黒いカラスに化けた  ほら また 戦争かい ほら また 戦争かい 戦争に人道(みち)などありゃしねぇ 戦争に正義もくそもありゃしねぇ  黒いカラスにぶら下がる ニッポン人 僕らはTV(テレビ)で 銃弾に倒れる兵士を見てる 空爆に両足ふっ飛ばされた少女の 瞳から真っ赤な血液(ち)がしたたりおちる  日の丸と星条旗に僕は尋ねてみたい 戦争と銭(かね)はどうしても必要ですか? 広島と長崎が吠えている 「もう嫌だ!」と 泣き叫んでいる  ほら また 戦争かい ほら また 戦争かい 戦争に人道(みち)などありゃしねぇ 戦争に正義もくそもありゃしねぇ  あゝ 早く アフガンの大地に 平和と緑よ やどってくれ! あの時の少女の瞳をこわさないで 僕は祈る 静かなるアフガンの大地 僕は祈る 静かなるアフガンの大地
SITTING IN THE RAINOh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…  のたうちまわるほど ぶちのめされた夜 おんぼろな傷口を 酒で散らした てめえの器に 嫌気がさしてきた 八つ当たりしても帰る場所もない 生きてる事が 不思議なくらいに 女も友達もみんなとんずら どっぷりどん底 おいらすっからぴん 這いつくばったら 足の裏が見えた  Oh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…  これから俺は 何処へ流れてく? 来た道程を 引き返す力は失せた 遠回りして 裏通りの路地を 右へ曲がって しけモクを噛んだ 二杯目の焼酎と あたりめをしゃぶり てめえの背中を くすぐり笑ってる 今夜も東京の 片隅で叩く しょっぱい雨が俺を叩きやがる  Oh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…長渕剛長渕剛長渕剛Oh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…  のたうちまわるほど ぶちのめされた夜 おんぼろな傷口を 酒で散らした てめえの器に 嫌気がさしてきた 八つ当たりしても帰る場所もない 生きてる事が 不思議なくらいに 女も友達もみんなとんずら どっぷりどん底 おいらすっからぴん 這いつくばったら 足の裏が見えた  Oh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…  これから俺は 何処へ流れてく? 来た道程を 引き返す力は失せた 遠回りして 裏通りの路地を 右へ曲がって しけモクを噛んだ 二杯目の焼酎と あたりめをしゃぶり てめえの背中を くすぐり笑ってる 今夜も東京の 片隅で叩く しょっぱい雨が俺を叩きやがる  Oh…I'm Sitting in the Rain Rain… Oh…I'm Sitting in the Rain… I'm Sitting in the Rain…
しゃぼん玉PLATINA LYLICひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ 泣きっ面にしょんべん ひっかけられた夜 薄情な男だと 夜を 一枚ひんめくりゃ ぐずぐずしてちゃいけねえと 照れずに 思えた つまらぬこだわりは 身を縮めるだけだった ほんの一瞬でも お前を愛せてよかった 枯れ果ててしまっても 温もりだけは残ったよ 妙に悲しくて いさぎよくて 本当に気持ちよかったよ  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと俺は俺で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?  きしりきしりと横っ腹が 痛かった 馬鹿っ面ぶら下げて上等だと ひらきなおった 人生が少しだけ うるさくなってきたけど 逃げ場所のない覚悟が 夢に変わった 帰りたいけど帰れない もどりたいけどもどれない そう考えたら俺も 涙が出てきたよ くじけないで なげかないで うらまないで とばそうよ あの時笑って作った しゃぼん玉のように  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと俺は俺で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと君は君で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?PLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛ひりひりと傷口にしみて 眠れなかったよ 泣きっ面にしょんべん ひっかけられた夜 薄情な男だと 夜を 一枚ひんめくりゃ ぐずぐずしてちゃいけねえと 照れずに 思えた つまらぬこだわりは 身を縮めるだけだった ほんの一瞬でも お前を愛せてよかった 枯れ果ててしまっても 温もりだけは残ったよ 妙に悲しくて いさぎよくて 本当に気持ちよかったよ  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと俺は俺で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?  きしりきしりと横っ腹が 痛かった 馬鹿っ面ぶら下げて上等だと ひらきなおった 人生が少しだけ うるさくなってきたけど 逃げ場所のない覚悟が 夢に変わった 帰りたいけど帰れない もどりたいけどもどれない そう考えたら俺も 涙が出てきたよ くじけないで なげかないで うらまないで とばそうよ あの時笑って作った しゃぼん玉のように  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと俺は俺で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?  淋々と泣きながら はじけてとんだけど もっと君は君で ありますように いったい俺たちはノッペリとした 都会の空に いくつのしゃぼん玉を 打ち上げるのだろう?
SHA-LA-LAシャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  鎖につながれた老いぼれた犬をみたんだ どこへ行こうか 路とうに迷い立ち尽していた 鼻も口も目も耳も全てはぎとられていた 早く走り出さなければ 僕らもぬけがらになっちまう シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  アスファルト ジャングルでは 様々なリズムたちが ぎくしゃくした音を立てながら 歯ぎしりしている 今にも こわれそうな 小っぽけな Boxの中は しあわせなど語る前に 火薬の臭いで 爆発しそうさ シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  誰もがみんな ほんの少しの欲望をもっている 誰もがみんな ほんの少しの夢をもっている 誰もがみんな ほんの少しの挫折をもっている 誰もがほら 満たされないままに 現実の扉をたたいている シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  時代が全てを ちゃかし始めているのが見えたんだ もうこれ以上 僕らが素っ裸にされちまう前に すがりつくものをBagに押し込み 靴ひもを結んだら この翼を精一杯 明日へ広げて飛び立って行こう シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ長渕剛長渕剛長渕剛シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  鎖につながれた老いぼれた犬をみたんだ どこへ行こうか 路とうに迷い立ち尽していた 鼻も口も目も耳も全てはぎとられていた 早く走り出さなければ 僕らもぬけがらになっちまう シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  アスファルト ジャングルでは 様々なリズムたちが ぎくしゃくした音を立てながら 歯ぎしりしている 今にも こわれそうな 小っぽけな Boxの中は しあわせなど語る前に 火薬の臭いで 爆発しそうさ シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  誰もがみんな ほんの少しの欲望をもっている 誰もがみんな ほんの少しの夢をもっている 誰もがみんな ほんの少しの挫折をもっている 誰もがほら 満たされないままに 現実の扉をたたいている シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ  時代が全てを ちゃかし始めているのが見えたんだ もうこれ以上 僕らが素っ裸にされちまう前に すがりつくものをBagに押し込み 靴ひもを結んだら この翼を精一杯 明日へ広げて飛び立って行こう シャラララ ラララ シャラララ ララララ シャラララ ララララ ラララ
賞金めあての宝さがしあれは 去年の年も おしせまったころだったぜ 俺のうちの 回りで 誰かが やけに 騒いでる 何かと思い 窓ごしに 階下を みおろせば 何とか雑誌の 首が並んでた  一瞬たじろぎ 俺は 果たして 悪者なのか やましい事でも この俺 やらかしちまったのかと 想いめぐらし 考える ひまもなかったぜ 次の朝にゃ ごらんの とおりさ  人の心に 土足で かまわず ハーイ失礼と あげくの 果ては ある事ない事 わめきちらしていた だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ  さぞかし人の不幸を ながめりゃ 楽しかろう 人の弱味で めしを食えば うまかろう 探偵もどきで 事実を 何かに すりかえて 闇とりひきは まだまだ 続く  ひと山あてたら 次のえものの けつをかぎ回り きょうも せっせと ここほれワンワン すけべな野郎 しめきり まじかのページをうめたら ハイそれまでさ 200円分 脳なし頭  人の心に 土足で かまわず ハーイ失礼と あげくの 果ては ある事ない事 わめきちらしていた だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ  だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ長渕剛長渕剛長渕剛あれは 去年の年も おしせまったころだったぜ 俺のうちの 回りで 誰かが やけに 騒いでる 何かと思い 窓ごしに 階下を みおろせば 何とか雑誌の 首が並んでた  一瞬たじろぎ 俺は 果たして 悪者なのか やましい事でも この俺 やらかしちまったのかと 想いめぐらし 考える ひまもなかったぜ 次の朝にゃ ごらんの とおりさ  人の心に 土足で かまわず ハーイ失礼と あげくの 果ては ある事ない事 わめきちらしていた だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ  さぞかし人の不幸を ながめりゃ 楽しかろう 人の弱味で めしを食えば うまかろう 探偵もどきで 事実を 何かに すりかえて 闇とりひきは まだまだ 続く  ひと山あてたら 次のえものの けつをかぎ回り きょうも せっせと ここほれワンワン すけべな野郎 しめきり まじかのページをうめたら ハイそれまでさ 200円分 脳なし頭  人の心に 土足で かまわず ハーイ失礼と あげくの 果ては ある事ない事 わめきちらしていた だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ  だけども しょうがないぜ だけども しょうがないぜ 賞金めあての 宝さがしだとさ
少年よ、君は強くなる私の夢を汚さないで あの人の不安を 借り物にしないで 赤裸々な嘘なら 追いつめたりしないで うずくまった背中に 悲しみを感じるのだ  誰かの決め事に とらわれないで 不自由な苦しみを さえぎらないで 無限の星 数える人たちを笑わないで 満ち欠けた 白い月に恋をしようよ  少年よ 君は 君を甘やかさないでおくれ 露骨な怒りなら むきだしで どうか噛みついておくれ 悔しさに明け暮れ 夜通し泣き続けたら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  私の真実に 黙って触れないで あの人の涙を あわれんだりしないで 本物の勇気を ひがんだりしないで けたたましい息吹に 命を感じるのだ  心のままに 吹く風に乗り 気まぐれな空へ 飄々と舞い上がれ 私はさまよえる 季節の流れ者 砂嵐の荒野 獣の瞳になりたい  少年よ 君は 決して流れに のみこまれないでおくれ 血まみれで生まれ来た意味を 決して あなどらないでおくれ 育った街を切り捨てて 海をこえ 自由を掴んだら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  少年よ 君は決して流れに のみこまれないでおくれ 血まみれで生まれ来た意味を 決して あなどらないでおくれ 育った街を切り捨てて 海をこえ 自由を掴んだら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  少年よ 君は今より 確実に強くなる長渕剛長渕剛長渕剛私の夢を汚さないで あの人の不安を 借り物にしないで 赤裸々な嘘なら 追いつめたりしないで うずくまった背中に 悲しみを感じるのだ  誰かの決め事に とらわれないで 不自由な苦しみを さえぎらないで 無限の星 数える人たちを笑わないで 満ち欠けた 白い月に恋をしようよ  少年よ 君は 君を甘やかさないでおくれ 露骨な怒りなら むきだしで どうか噛みついておくれ 悔しさに明け暮れ 夜通し泣き続けたら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  私の真実に 黙って触れないで あの人の涙を あわれんだりしないで 本物の勇気を ひがんだりしないで けたたましい息吹に 命を感じるのだ  心のままに 吹く風に乗り 気まぐれな空へ 飄々と舞い上がれ 私はさまよえる 季節の流れ者 砂嵐の荒野 獣の瞳になりたい  少年よ 君は 決して流れに のみこまれないでおくれ 血まみれで生まれ来た意味を 決して あなどらないでおくれ 育った街を切り捨てて 海をこえ 自由を掴んだら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  少年よ 君は決して流れに のみこまれないでおくれ 血まみれで生まれ来た意味を 決して あなどらないでおくれ 育った街を切り捨てて 海をこえ 自由を掴んだら 少年よ 君は今より 確実に強くなる  少年よ 君は今より 確実に強くなる
昭和傷つけば傷つくほど優しくなれた 貧しさは大きな力になり 意気地のなさは勇気に変わる ひねた瞳は真実を欲しがる  真実はとてつもなく激しかった 愛せば愛すほど苦しくなる はかなさが美しいから 死にたくてもまた歩いた  俺はいま真夜中の湾岸をとばしている カーラジオ消して受話器を耳にかたむける 進路は東へとお前の声を聞きながら走る とうとう昭和の歴史が終わった  悲しめば悲しむほど想いやれた 悔しさは大きな力になり 力はいつしか詩になる 許せないのは自分となる  俺はいま受話器を静かに置いた ああ 吹きすさぶ強く冷たい風に抱かれたい 夜明け前の街が確かに動き始めてる とうとう昭和の歴史が終わった  夜明け前の街が確かに動き始めてる とうとう昭和の歴史が終わった長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI傷つけば傷つくほど優しくなれた 貧しさは大きな力になり 意気地のなさは勇気に変わる ひねた瞳は真実を欲しがる  真実はとてつもなく激しかった 愛せば愛すほど苦しくなる はかなさが美しいから 死にたくてもまた歩いた  俺はいま真夜中の湾岸をとばしている カーラジオ消して受話器を耳にかたむける 進路は東へとお前の声を聞きながら走る とうとう昭和の歴史が終わった  悲しめば悲しむほど想いやれた 悔しさは大きな力になり 力はいつしか詩になる 許せないのは自分となる  俺はいま受話器を静かに置いた ああ 吹きすさぶ強く冷たい風に抱かれたい 夜明け前の街が確かに動き始めてる とうとう昭和の歴史が終わった  夜明け前の街が確かに動き始めてる とうとう昭和の歴史が終わった
しょっぱい三日月の夜うおう!うおう! うおう!うおう!…  逃れようとする この俺と 突っ走る俺が 憎みあいながら腹の底でひっくりかえってる ひからびた手と手をつなぎあい よくもここまで来たものだ うおう!うおう!と負け犬が吠えてる そろりそろりと月が昇るたびに あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  うおう!うおう! うおう!うおう!…  真面目に生きぬく事がなぜにバカバカしいんだろう 人と会う事が無性にわずらわしくて 疲れ果てた身体まるめ女のふとももで眠った うおう!うおう!と俺の肩がきしむ そろりそろりと月が昇るたびに あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  あっちの水は苦いぞと唄えば こっちの水は甘いぞと誰かが言う あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  うおう!うおう! うおう!うおう!…長渕剛長渕剛長渕剛うおう!うおう! うおう!うおう!…  逃れようとする この俺と 突っ走る俺が 憎みあいながら腹の底でひっくりかえってる ひからびた手と手をつなぎあい よくもここまで来たものだ うおう!うおう!と負け犬が吠えてる そろりそろりと月が昇るたびに あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  うおう!うおう! うおう!うおう!…  真面目に生きぬく事がなぜにバカバカしいんだろう 人と会う事が無性にわずらわしくて 疲れ果てた身体まるめ女のふとももで眠った うおう!うおう!と俺の肩がきしむ そろりそろりと月が昇るたびに あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  あっちの水は苦いぞと唄えば こっちの水は甘いぞと誰かが言う あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  あゝあたりまえの男に会いたくて しかめっ面したしょっぱい三日月の夜  うおう!うおう! うおう!うおう!…
知らんふり刃渡り30の出刃包丁 ぬめっと 肝臓をえぐる くの字に 人がぶっ倒れ アスファルトに 血が 流れた 悲鳴と 痛みと 絶叫が 誰かれかまわず 襲いかかった  血しぶきが 僕の目の前で 知らない少女を かすめた 狂った悪魔のうすら笑い それと とりまく やじうま  白昼 歩行天(ホコテン) ド真ん中 僕は 思わず 身をかがめた  恐怖あおるサイレンが鳴り TV カメラが 走ってきた 『でっかい カメラで 殴ってやれ!』と 思わず 僕は 叫んだ 「俺たちゃ 報道の義務だ!!」と 殺しの現場を 盗撮!!  僕は少女を とっさに 抱きしめて 悪魔めがけて 飛びかかった 振りおろされる 恐怖の前に 奴の目ん玉 突き刺した  怒りと憎しみ こみあげて 僕は悪魔に 噛みついた 悪魔は でたらめに 振りまわす 刃渡り30の出刃包丁  『助けて 誰か 今すぐ!』 『助けて 今すぐ この僕を!』 悲鳴で鼓膜 突き刺しても 誰もかれもが 知らんふり 高みの見物 やじうまさん 知らんふりの やじうまさん  携帯電話 僕に向けて 刺される 僕を撮ってる 何度も 何度も 叫んでも 『助けてくれ!!』と叫んでも 携帯電話 僕に向けて 刺される 僕を撮ってる  刑事も 検事も 弁護士も 何だか さっぱり わからない 僕は刺されたみたいだ あちこち ぬるぬる 血の臭い やがて 痛みが 込みあげた 切り裂く程の 激痛が  さっきの少女 人の群れに やっと帰って行くのが見えた  悪魔を囲む人の群れは どんどん どんどん 遠ざかる  ダメダメ そっちも 危ないよ 見て見ぬ 知らんふりだらけ ダメダメ そっちも 危ないよ 見ていて 知らんふりだらけ  そして雨が 街をたたき すべてを 洗い流してくれた 取り残された 僕の死体と 悪魔が一匹 へたり込んでる かかわりあうのは ごめんだと その場に背を向ける 人の群れ  もしもし そこの おまわりさん 僕は このまま 死ぬのかな もしもし そこの 知らんふり 僕は このまま 死ぬのかな もしもし そこの おまわりさん 報道カメラは これでいいの?  ダメダメ ダメダメ 知らんふりをしちゃ ダメダメ ダメダメ 知らんふりをしちゃ ダメダメ ダメダメ 君の心には 知らない 悪魔が ほら ひそんでる  もしもし もしもし 見て見ぬ 知らんふり もしもし もしもし 見ていて 知らんふり もしもし もしもし 見て見ぬ 知らんふり もしもし もしもし 見ていて 知らんふり長渕剛長渕剛長渕剛刃渡り30の出刃包丁 ぬめっと 肝臓をえぐる くの字に 人がぶっ倒れ アスファルトに 血が 流れた 悲鳴と 痛みと 絶叫が 誰かれかまわず 襲いかかった  血しぶきが 僕の目の前で 知らない少女を かすめた 狂った悪魔のうすら笑い それと とりまく やじうま  白昼 歩行天(ホコテン) ド真ん中 僕は 思わず 身をかがめた  恐怖あおるサイレンが鳴り TV カメラが 走ってきた 『でっかい カメラで 殴ってやれ!』と 思わず 僕は 叫んだ 「俺たちゃ 報道の義務だ!!」と 殺しの現場を 盗撮!!  僕は少女を とっさに 抱きしめて 悪魔めがけて 飛びかかった 振りおろされる 恐怖の前に 奴の目ん玉 突き刺した  怒りと憎しみ こみあげて 僕は悪魔に 噛みついた 悪魔は でたらめに 振りまわす 刃渡り30の出刃包丁  『助けて 誰か 今すぐ!』 『助けて 今すぐ この僕を!』 悲鳴で鼓膜 突き刺しても 誰もかれもが 知らんふり 高みの見物 やじうまさん 知らんふりの やじうまさん  携帯電話 僕に向けて 刺される 僕を撮ってる 何度も 何度も 叫んでも 『助けてくれ!!』と叫んでも 携帯電話 僕に向けて 刺される 僕を撮ってる  刑事も 検事も 弁護士も 何だか さっぱり わからない 僕は刺されたみたいだ あちこち ぬるぬる 血の臭い やがて 痛みが 込みあげた 切り裂く程の 激痛が  さっきの少女 人の群れに やっと帰って行くのが見えた  悪魔を囲む人の群れは どんどん どんどん 遠ざかる  ダメダメ そっちも 危ないよ 見て見ぬ 知らんふりだらけ ダメダメ そっちも 危ないよ 見ていて 知らんふりだらけ  そして雨が 街をたたき すべてを 洗い流してくれた 取り残された 僕の死体と 悪魔が一匹 へたり込んでる かかわりあうのは ごめんだと その場に背を向ける 人の群れ  もしもし そこの おまわりさん 僕は このまま 死ぬのかな もしもし そこの 知らんふり 僕は このまま 死ぬのかな もしもし そこの おまわりさん 報道カメラは これでいいの?  ダメダメ ダメダメ 知らんふりをしちゃ ダメダメ ダメダメ 知らんふりをしちゃ ダメダメ ダメダメ 君の心には 知らない 悪魔が ほら ひそんでる  もしもし もしもし 見て見ぬ 知らんふり もしもし もしもし 見ていて 知らんふり もしもし もしもし 見て見ぬ 知らんふり もしもし もしもし 見ていて 知らんふり
シリアス一心不乱に 身を投げ 人を愛しても 何も返って来ないなんて 思わないで  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを閉じ込めて 踏んばってみても 先に進まない事が多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは…  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  妻や子供が しょい込む荷物より 重いなら 一生 淋しがり屋の 男の方がいい  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを 閉じ込めて踏んばってみても から回りする事が多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを 閉じ込めて踏んばってみても 裏切られる事がけっこう多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは…  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある 長渕剛長渕剛長渕剛一心不乱に 身を投げ 人を愛しても 何も返って来ないなんて 思わないで  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを閉じ込めて 踏んばってみても 先に進まない事が多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは…  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  妻や子供が しょい込む荷物より 重いなら 一生 淋しがり屋の 男の方がいい  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを 閉じ込めて踏んばってみても から回りする事が多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  シリアスに全てを 閉じ込めて踏んばってみても 裏切られる事がけっこう多いよね 愛がこんなにも親切で苦しいものだとは…  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある  口に出せない事がある 口に出しちゃいけない事がある 
白と黒みょうに賢い顔のあんたと 話をすれば 決まって 気まずい 妙な風が どこからともなく 吹いてくる 作り笑いで 頭さげさげ 近よってきて へんに親しみぶるのは ああ うんざりだね  「お宅近ごろめっきりうでをあげましたね」と 口先だけのホメホメ言葉の 裏と表の 偽善者ども シェークハンドで またよろしくと 頭かきかき へんに親しみぶるのは ああ うんざりだね  だってあんた俺らの事 嫌ってるんだし だって俺らもあんたの事 嫌ってるもんね 頭なでなで いい子ぶるのは あんた得意のポーズさ よそじゃ人の陰口ばかりで あけてもくれても ハイハイハイ いざとなったら あんたの事 敵とみなして みぞうち一発 殴る覚悟は いつでも いつでもあるのさ  奥歯に物がつまったような 理屈言う前に 悪い事言わないからさ この場から 立ちさって行け あんたの髭面見ているだけで むなくそ悪いぜ 仲よくやって行けそうにない ああ うんざりだね  心の底から 信じられる奴 そんなにいないよ そんなにいないからとて 無理してつき合うことはない 中途半端の受け答えだけは したくないから いやなものは いやなんだし これまたしょうがない  だってあんた俺らの事 嫌ってるんだし だって俺らもあんたの事 嫌ってるもんね 頭なでなで いい子ぶるのは あんた得意のポーズさ よそじゃ人の陰口ばかりで あけてもくれても ハイハイハイ いざとなったら あんたの事 敵とみなして みぞうち一発 殴る覚悟は いつでも いつでもあるのさ長渕剛長渕剛長渕剛みょうに賢い顔のあんたと 話をすれば 決まって 気まずい 妙な風が どこからともなく 吹いてくる 作り笑いで 頭さげさげ 近よってきて へんに親しみぶるのは ああ うんざりだね  「お宅近ごろめっきりうでをあげましたね」と 口先だけのホメホメ言葉の 裏と表の 偽善者ども シェークハンドで またよろしくと 頭かきかき へんに親しみぶるのは ああ うんざりだね  だってあんた俺らの事 嫌ってるんだし だって俺らもあんたの事 嫌ってるもんね 頭なでなで いい子ぶるのは あんた得意のポーズさ よそじゃ人の陰口ばかりで あけてもくれても ハイハイハイ いざとなったら あんたの事 敵とみなして みぞうち一発 殴る覚悟は いつでも いつでもあるのさ  奥歯に物がつまったような 理屈言う前に 悪い事言わないからさ この場から 立ちさって行け あんたの髭面見ているだけで むなくそ悪いぜ 仲よくやって行けそうにない ああ うんざりだね  心の底から 信じられる奴 そんなにいないよ そんなにいないからとて 無理してつき合うことはない 中途半端の受け答えだけは したくないから いやなものは いやなんだし これまたしょうがない  だってあんた俺らの事 嫌ってるんだし だって俺らもあんたの事 嫌ってるもんね 頭なでなで いい子ぶるのは あんた得意のポーズさ よそじゃ人の陰口ばかりで あけてもくれても ハイハイハイ いざとなったら あんたの事 敵とみなして みぞうち一発 殴る覚悟は いつでも いつでもあるのさ
心配しないで私はあなたにいったい何をしてあげられるのでしょうか あなたの前では 素直な私でいたいと思います だけど私のつたない言葉じゃ伝えきれなくて あなたの心を傷つけてしまいそうで恐いんです  俺は今、突き刺す雨に打たれてる 猛り狂う流水に 打ち砕かれている うねる波の彼方から陽が昇ったら 夜明け前の光をもって お前に会いに行こう  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ  あなたが私に優しい言葉を投げかける時 とても深く心が落ち着いてくるのがわかります 強く弱く 私の背中を引き寄せる時 あなたの鼓動に包まれているのがうれしいんです  俺は今、突き刺す雨に打たれてる 猛り狂う流水に 打ち砕かれている うねる波の彼方から陽が昇ったら 夜明け前の光をもって お前に会いに行こう  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI私はあなたにいったい何をしてあげられるのでしょうか あなたの前では 素直な私でいたいと思います だけど私のつたない言葉じゃ伝えきれなくて あなたの心を傷つけてしまいそうで恐いんです  俺は今、突き刺す雨に打たれてる 猛り狂う流水に 打ち砕かれている うねる波の彼方から陽が昇ったら 夜明け前の光をもって お前に会いに行こう  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ  あなたが私に優しい言葉を投げかける時 とても深く心が落ち着いてくるのがわかります 強く弱く 私の背中を引き寄せる時 あなたの鼓動に包まれているのがうれしいんです  俺は今、突き刺す雨に打たれてる 猛り狂う流水に 打ち砕かれている うねる波の彼方から陽が昇ったら 夜明け前の光をもって お前に会いに行こう  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ  愛しているから 心配しないで 愛しているから 心配しないで 俺の胸で おやすみ 俺の胸で おやすみ
時代は僕らに雨を降らしてる古いピアノに耳をかたむける 昔の英雄たちの声が聞こえる あれから もうどのくらいたってしまったろう 何にも教えてもくれずに去ってしまった あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  みせかけの平和はいつからかそこにすわりこんで 僕らから全てのものを取り上げて行った 途方にくれた僕らに「愛はいりませんか?」 まやかしだらけの街に 今日もつったったまんま あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  澄んだ青い空のずっとずっと向こうでは 真黒い鉄の涙が流れてるという それでも僕らはしあわせのベールによりそい 駅前に散らばるニュースの上を踏みつけている あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  誰もがみんな同じ足どりでスキップしてさ 誰もがみんな昔の風にすがりついてさ だけど今度 僕らが窓をたたく番だぜ だからおさらば 1969  青臭い奴だと 笑わば笑うがいい 僕らの汗は 僕らだけの勲章さ 小さな肩をかすめた大きな怒りよ もっともっと 激しく土の上を転がれ! あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  いやでも ひとつずつ みんな大人になってさ だましだまされ 臆病になってきた 踏み出すことをためらう時は終わった 出航まぢかの世代がもうそこまで来てる あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  新しいピアノに耳をかたむける どこからか僕たちだけの唄がきこえる これからあと どのくらい叫び続けよう 鍵盤に僕らの明日をたたきつけるんだ あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  誰もがみんな同じ足どりでスキップしてさ 誰もがみんな昔の風にすがりついてさ だけど今度 僕らが窓をたたく番だぜ だからおさらば 1969長渕剛長渕剛長渕剛古いピアノに耳をかたむける 昔の英雄たちの声が聞こえる あれから もうどのくらいたってしまったろう 何にも教えてもくれずに去ってしまった あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  みせかけの平和はいつからかそこにすわりこんで 僕らから全てのものを取り上げて行った 途方にくれた僕らに「愛はいりませんか?」 まやかしだらけの街に 今日もつったったまんま あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  澄んだ青い空のずっとずっと向こうでは 真黒い鉄の涙が流れてるという それでも僕らはしあわせのベールによりそい 駅前に散らばるニュースの上を踏みつけている あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  誰もがみんな同じ足どりでスキップしてさ 誰もがみんな昔の風にすがりついてさ だけど今度 僕らが窓をたたく番だぜ だからおさらば 1969  青臭い奴だと 笑わば笑うがいい 僕らの汗は 僕らだけの勲章さ 小さな肩をかすめた大きな怒りよ もっともっと 激しく土の上を転がれ! あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  いやでも ひとつずつ みんな大人になってさ だましだまされ 臆病になってきた 踏み出すことをためらう時は終わった 出航まぢかの世代がもうそこまで来てる あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  新しいピアノに耳をかたむける どこからか僕たちだけの唄がきこえる これからあと どのくらい叫び続けよう 鍵盤に僕らの明日をたたきつけるんだ あゝ 時代は僕らに雨を降らしてる  誰もがみんな同じ足どりでスキップしてさ 誰もがみんな昔の風にすがりついてさ だけど今度 僕らが窓をたたく番だぜ だからおさらば 1969
自分のために憎しみの中に 俺はずっと浸ってたんだ 信じることなんて二度と 二度と誰がするものか 優しさのかたわらにそっと咲いてた白い花も 勝つことばかりにふりまわされ見えなくなってしまった  許したくない感情にしばられ 自分が壊れた ちっぽけな事にずっと 震えおびえていた 過去にせきたてられてしばられ追いまくられ しあわせが何かもわからず海を照らす三日月を見た  自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ 自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ  Be What You Wanna Be Be What You Wanna Be Oh Oh Oh  嘘ばっかの響きに もうへきえきしてたんだ 結局馬鹿みて 心が折れて 疲れたんだ 負けてみつけた あの日の 一人の夕暮れに泣いた 泣いて泣いて 泣き疲れ 星を枕に眠った  たったひとつの言葉の向こうに 俺がいて たったひとつの言葉の裏側で 消されてゆく 待ち遠しい明日なんて 本当はひとつも無かった 恥ずかしさも 色あせて 死にたい夜を数えた  自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ 自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ  Be What You Wanna Be Be What You Wanna Be Oh Oh Oh…長渕剛長渕剛長渕剛憎しみの中に 俺はずっと浸ってたんだ 信じることなんて二度と 二度と誰がするものか 優しさのかたわらにそっと咲いてた白い花も 勝つことばかりにふりまわされ見えなくなってしまった  許したくない感情にしばられ 自分が壊れた ちっぽけな事にずっと 震えおびえていた 過去にせきたてられてしばられ追いまくられ しあわせが何かもわからず海を照らす三日月を見た  自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ 自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ  Be What You Wanna Be Be What You Wanna Be Oh Oh Oh  嘘ばっかの響きに もうへきえきしてたんだ 結局馬鹿みて 心が折れて 疲れたんだ 負けてみつけた あの日の 一人の夕暮れに泣いた 泣いて泣いて 泣き疲れ 星を枕に眠った  たったひとつの言葉の向こうに 俺がいて たったひとつの言葉の裏側で 消されてゆく 待ち遠しい明日なんて 本当はひとつも無かった 恥ずかしさも 色あせて 死にたい夜を数えた  自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ 自分のために 自分のために 生きてさえいれば 何にでも また何にでも なれるよ  Be What You Wanna Be Be What You Wanna Be Oh Oh Oh…
ジャック・エンジェルちょいと帽子をよこちょにかぶり ポケットに手をつっこみ 背中丸めて 歩く姿は まるでどこかの フォークシンガーみたいな気がするけれど  笑をうかべ話すときにゃ ブルックリン訛のいかしたセリフ 季節の中に 悲しみ置き去りにして 風と旅する ランブリンジャック  こんな雨降る 暗い空に 君はバッグに アメリカの風をつめて やって来る 僕の家まで やって来る 僕の家まで やって来る 僕の好きなジャック・エンジェル  ほら聞こえてきたよ 君の唄が 鼻唄まじりの いかしたメロディー 決まって僕は バーボングラスにそそぎ 君の声をまねて 酔いしれてみる  この部屋に君がついたら 今夜こそ出かけよう 肩を並べて 君の故郷(くに)へ そして口ずさもう いつものカウボーイソング そうさ 君は最後のブルックリンカウボーイ  灰色の雨降る ここ東京でも 君の唄は 心に届くよ やって来る 僕の家まで やって来る やさしさつれて やって来る 僕の好きなジャック・エンジェル長渕剛長渕剛長渕剛ちょいと帽子をよこちょにかぶり ポケットに手をつっこみ 背中丸めて 歩く姿は まるでどこかの フォークシンガーみたいな気がするけれど  笑をうかべ話すときにゃ ブルックリン訛のいかしたセリフ 季節の中に 悲しみ置き去りにして 風と旅する ランブリンジャック  こんな雨降る 暗い空に 君はバッグに アメリカの風をつめて やって来る 僕の家まで やって来る 僕の家まで やって来る 僕の好きなジャック・エンジェル  ほら聞こえてきたよ 君の唄が 鼻唄まじりの いかしたメロディー 決まって僕は バーボングラスにそそぎ 君の声をまねて 酔いしれてみる  この部屋に君がついたら 今夜こそ出かけよう 肩を並べて 君の故郷(くに)へ そして口ずさもう いつものカウボーイソング そうさ 君は最後のブルックリンカウボーイ  灰色の雨降る ここ東京でも 君の唄は 心に届くよ やって来る 僕の家まで やって来る やさしさつれて やって来る 僕の好きなジャック・エンジェル
JAPANOh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 貫き通す意地の 壊れたこの国で  強い者と 戦う時はただただひたすら 自分を信じればいい 弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ 裏目裏目に 愛が転がる  誰かの弱さを ひき上げたいなどと うぬぼれた己れの 恥を知ったなら 夕陽が青春を まっさかさまにずり堕ちて行く前に 事実をどてっ腹で 受けとめろ  Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing?  だけど 俺は この国で 生まれ 育ってきた  「平和な国だね」と友に語れば  「堅い話はおよし」と誰もがすり抜けた 文化は地に堕ち歴史は教訓ならず 世紀末の雨に 頭のてっぺんから ひっかぶるのか  俺たちはまるでどす黒い油にまみれた ペルシャ湾の水鳥みたいに 息絶えだえ それでも必死に 天高く飛び立とうとしてるのは 富の向こうに何かを見つけたいから  Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing?  そして 俺は 二人の子供を 抱きしめてる  Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? Believin' in myself Believin' in yourself  Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? Believin' in myself Believin' in yourself長渕剛長渕剛長渕剛Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 貫き通す意地の 壊れたこの国で  強い者と 戦う時はただただひたすら 自分を信じればいい 弱い者に真実を語る時は 少しだけ気をつけろ 裏目裏目に 愛が転がる  誰かの弱さを ひき上げたいなどと うぬぼれた己れの 恥を知ったなら 夕陽が青春を まっさかさまにずり堕ちて行く前に 事実をどてっ腹で 受けとめろ  Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing?  だけど 俺は この国で 生まれ 育ってきた  「平和な国だね」と友に語れば  「堅い話はおよし」と誰もがすり抜けた 文化は地に堕ち歴史は教訓ならず 世紀末の雨に 頭のてっぺんから ひっかぶるのか  俺たちはまるでどす黒い油にまみれた ペルシャ湾の水鳥みたいに 息絶えだえ それでも必死に 天高く飛び立とうとしてるのは 富の向こうに何かを見つけたいから  Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? 俺たち この先どこへ 流れて行くんだろう Oh Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing?  そして 俺は 二人の子供を 抱きしめてる  Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? Believin' in myself Believin' in yourself  Japan! Where are you going? Oh Japan! What are you doing? Believin' in myself Believin' in yourself
Jungle Gym無かったじゃないか あ~何処にも 確かなものなど 無かったじゃないか いくつもの嘘に 潰されて生きるより 希望を忍ばせ 明日をつくろう  何かがおかしいと 風を掴みそこねたけど 希望を忍ばせ 明日をつくろう  あきらめたじゃないか あの時あの場所で どれだけ 励まし続けてみても いくつもの傷に 泣かされてきたのに こんな弱虫 意気地なしの僕  みっともない方が かっこいい時があるさ 悔しさばっかり 見つめてきたのさ  Jungle Gym 一人突っ立ったまんま Jungle Gym 今 僕は見上げた Jungle Gym 迷ったりなんかしない Jungle Gym 僕は駆け上がった 高い空へ続く 僕の 僕の Jungle Gym うろたえながら よじ登る Jungle Gym 僕のJungle Gym  富よりも大切なものがある それは 追いかけて行く事だ 惜しまぬ努力などと 語らなくていいから 夢を 掴み続けてごらん  何が「正しくて」 何が「間違い」なのかは 風に聞いても 答えは出ないよ  恥ずかしいんだろ 立ち上がるのが 立ち向かって 行くのが怖いのさ 言いたい事が うまく伝えきれず 思いが 届かぬいらだちでいっぱい  そ知らぬふりして 通り過ぎる夕焼けが そんな僕を見て 何だか笑ってる  Jungle Gym 一人突っ立ったまんま Jungle Gym 今 僕は見上げた Jungle Gym 迷ったりなんかしない Jungle Gym 僕は駆け上がった 高い空へ続く 僕の 僕の Jungle Gym うろたえながら よじ登る Jungle Gym 僕のJungle Gym長渕剛長渕剛長渕剛無かったじゃないか あ~何処にも 確かなものなど 無かったじゃないか いくつもの嘘に 潰されて生きるより 希望を忍ばせ 明日をつくろう  何かがおかしいと 風を掴みそこねたけど 希望を忍ばせ 明日をつくろう  あきらめたじゃないか あの時あの場所で どれだけ 励まし続けてみても いくつもの傷に 泣かされてきたのに こんな弱虫 意気地なしの僕  みっともない方が かっこいい時があるさ 悔しさばっかり 見つめてきたのさ  Jungle Gym 一人突っ立ったまんま Jungle Gym 今 僕は見上げた Jungle Gym 迷ったりなんかしない Jungle Gym 僕は駆け上がった 高い空へ続く 僕の 僕の Jungle Gym うろたえながら よじ登る Jungle Gym 僕のJungle Gym  富よりも大切なものがある それは 追いかけて行く事だ 惜しまぬ努力などと 語らなくていいから 夢を 掴み続けてごらん  何が「正しくて」 何が「間違い」なのかは 風に聞いても 答えは出ないよ  恥ずかしいんだろ 立ち上がるのが 立ち向かって 行くのが怖いのさ 言いたい事が うまく伝えきれず 思いが 届かぬいらだちでいっぱい  そ知らぬふりして 通り過ぎる夕焼けが そんな僕を見て 何だか笑ってる  Jungle Gym 一人突っ立ったまんま Jungle Gym 今 僕は見上げた Jungle Gym 迷ったりなんかしない Jungle Gym 僕は駆け上がった 高い空へ続く 僕の 僕の Jungle Gym うろたえながら よじ登る Jungle Gym 僕のJungle Gym
12色のクレパスあなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐんです あなたが私を見ていてくれるから 何にも恐くないのです  言葉より先にあなたのやさしさが 私のずるさに響くから  そんなあなたに なりたくて そんなあなたに なれなくて どうすれば あなたになれるのでしょうか どうすれば あなたを感じられるのでしょうか  あなたの指先とあなたの背中が いつかの夕暮れの消えてゆく時 私はあなたを追いかけました 泣きたくて泣きたくて 抱きしめられたくて  そんな私にあなたは振り向いて 天高く私を抱き上げました  そんなあなたに なりたくて そんなあなたに なれなくて どうすれば あなたを描けるのでしょうか 12色のクレパスを昨日 買いました  どうすれば あの時のあなたを描けるのでしょうか 12色のクレパスを昨日 買いました長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHIあなたがそばにいるだけで 私の心は安らぐんです あなたが私を見ていてくれるから 何にも恐くないのです  言葉より先にあなたのやさしさが 私のずるさに響くから  そんなあなたに なりたくて そんなあなたに なれなくて どうすれば あなたになれるのでしょうか どうすれば あなたを感じられるのでしょうか  あなたの指先とあなたの背中が いつかの夕暮れの消えてゆく時 私はあなたを追いかけました 泣きたくて泣きたくて 抱きしめられたくて  そんな私にあなたは振り向いて 天高く私を抱き上げました  そんなあなたに なりたくて そんなあなたに なれなくて どうすれば あなたを描けるのでしょうか 12色のクレパスを昨日 買いました  どうすれば あの時のあなたを描けるのでしょうか 12色のクレパスを昨日 買いました
10年前の帽子あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった つぎはぎの皮の帽子 今、どっかの誰がかぶってるんだろう  代々木深町の交差点を 左に曲がり 富ヶ谷一丁目の先の 雑貨屋の奥で  まん丸メガネの関ちゃんは がらくた集めが大好き 今、行っても、もうこの世にゃいねえ  SEKIちゃん Woo woo woo SEKIちゃん Woo woo woo  あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった 忘れられない帽子 今、行っても売り切れてるだろう  俺は井の頭通りを 汗だくで走った 五段変速の自転車 泣きながらこいだ  夏の終わりのせみしぐれ まん丸メガネの関ちゃんと 二人乗り あの日が最後だった  だから、あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても、もう売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても、もう売り切れてるだろう  …長渕剛長渕剛長渕剛あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった つぎはぎの皮の帽子 今、どっかの誰がかぶってるんだろう  代々木深町の交差点を 左に曲がり 富ヶ谷一丁目の先の 雑貨屋の奥で  まん丸メガネの関ちゃんは がらくた集めが大好き 今、行っても、もうこの世にゃいねえ  SEKIちゃん Woo woo woo SEKIちゃん Woo woo woo  あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった 忘れられない帽子 今、行っても売り切れてるだろう  俺は井の頭通りを 汗だくで走った 五段変速の自転車 泣きながらこいだ  夏の終わりのせみしぐれ まん丸メガネの関ちゃんと 二人乗り あの日が最後だった  だから、あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても、もう売り切れてるだろう  あの時買っとけばよかった 10年前の帽子 今、行っても、もう売り切れてるだろう  …
18インチの罠かわいい瞳をした少女がひとり 造花のバラに水をやっている 17の春の荷造りを終え 都会に歌を捜しに来たという  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢が そこにひとつだけあった  出会いはいつも甘い蜜の味 差し出されるもの全てが輝いていた 右も左もわからぬまま ほほえんでいられれば それでよかった  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に うそなどないんだと信じてた  悲しい過去をひきずっていても ガラスの靴でシンデレラにもなれたし 12時過ぎても 自由はなかったけど 白いドレスでお姫様にもなれた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に まばたきするひまもなかった  365日が1秒で 月日はいつしか燃えつきてしまってた ある夜うしろを振り返ってみたら からっぽの星くず つかみかけてた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢を初めて 心に問いかけた  正直な自分を取り戻そうと 勇気をふるって叫んでみたけれど よどんだ流れのまっただ中じゃ どこへも声は 届かなかった  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢は闇の中へ沈もうとしていた  耳をふさげ 口を閉ざせ その瞳つむれと そんなはりめぐらされた罠に落ちる前に 初めて自分の言葉を持って 心の傷口 つくろい直した  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に 安らぎなどひとつもなかった  夢を唄っていたいだけだったのに 夢を唄えぬ日々が多すぎた かわいい嘘もつけないからこそ 大きな嘘を信じすぎた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に 静かに幕をおろした  かわいい瞳をした少女がひとり 咲いたばかりのバラに水をやる 明日からは いついつまでも こもれ陽の中で眠ればいいさ  しあわせですか ねえしあわせですか 確かな夢が ここにひとつだけあった  しあわせですか ねえしあわせですか 確かな夢が ここにひとつだけあった  確かな夢が ここにひとつだけあった長渕剛長渕剛・松井五郎長渕剛かわいい瞳をした少女がひとり 造花のバラに水をやっている 17の春の荷造りを終え 都会に歌を捜しに来たという  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢が そこにひとつだけあった  出会いはいつも甘い蜜の味 差し出されるもの全てが輝いていた 右も左もわからぬまま ほほえんでいられれば それでよかった  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に うそなどないんだと信じてた  悲しい過去をひきずっていても ガラスの靴でシンデレラにもなれたし 12時過ぎても 自由はなかったけど 白いドレスでお姫様にもなれた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に まばたきするひまもなかった  365日が1秒で 月日はいつしか燃えつきてしまってた ある夜うしろを振り返ってみたら からっぽの星くず つかみかけてた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢を初めて 心に問いかけた  正直な自分を取り戻そうと 勇気をふるって叫んでみたけれど よどんだ流れのまっただ中じゃ どこへも声は 届かなかった  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢は闇の中へ沈もうとしていた  耳をふさげ 口を閉ざせ その瞳つむれと そんなはりめぐらされた罠に落ちる前に 初めて自分の言葉を持って 心の傷口 つくろい直した  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に 安らぎなどひとつもなかった  夢を唄っていたいだけだったのに 夢を唄えぬ日々が多すぎた かわいい嘘もつけないからこそ 大きな嘘を信じすぎた  しあわせですか ねえしあわせですか うたかたの夢に 静かに幕をおろした  かわいい瞳をした少女がひとり 咲いたばかりのバラに水をやる 明日からは いついつまでも こもれ陽の中で眠ればいいさ  しあわせですか ねえしあわせですか 確かな夢が ここにひとつだけあった  しあわせですか ねえしあわせですか 確かな夢が ここにひとつだけあった  確かな夢が ここにひとつだけあった
順子PLATINA LYLIC離れない 離さない 離したくない君 いろんな言葉で君に愛を告げてきたけれども 終わりさ みんな終わりさ 僕のひとりよがり 君へつないだ心の糸は今プツリと切れた  順子 君の名を呼べば僕はせつないよ やさしさはいつも僕の前でカラカラから回り 順子 君の名を呼べば僕はかなしいよ だから心のドアをノックしないで  嫌いかい 嫌いなんだね こんな僕の事 あと2年待つことがそんなにいやだったとはね ずるいよ 君はずるいよ 内緒であんな奴と 僕と比べていたとは冗談のひとつにもなりゃしない  順子 君の名を呼べば僕はせつないよ やさしさはいつも僕の前でカラカラから回り 順子 君の名を呼べば僕はかなしいよ だから心のドアをノックしないでPLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛離れない 離さない 離したくない君 いろんな言葉で君に愛を告げてきたけれども 終わりさ みんな終わりさ 僕のひとりよがり 君へつないだ心の糸は今プツリと切れた  順子 君の名を呼べば僕はせつないよ やさしさはいつも僕の前でカラカラから回り 順子 君の名を呼べば僕はかなしいよ だから心のドアをノックしないで  嫌いかい 嫌いなんだね こんな僕の事 あと2年待つことがそんなにいやだったとはね ずるいよ 君はずるいよ 内緒であんな奴と 僕と比べていたとは冗談のひとつにもなりゃしない  順子 君の名を呼べば僕はせつないよ やさしさはいつも僕の前でカラカラから回り 順子 君の名を呼べば僕はかなしいよ だから心のドアをノックしないで
純情地獄の青春は白いお花を咲かせたら しょっぱい涙が出てきます 赤い花には棘(とげ)がある 刺されば血も出る夢の花  純情地獄の青春は つらくて 儚(はかな)い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  涙がでるのは誰のせい 生まれたあなたに罪はない けなさず くさらず ためらわず 自分を愛してあげましょう  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  しおれた花には水をあげ やさしく悲しく撫でました 名もない小さな花なれど 命ある限り咲かせましょう  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI白いお花を咲かせたら しょっぱい涙が出てきます 赤い花には棘(とげ)がある 刺されば血も出る夢の花  純情地獄の青春は つらくて 儚(はかな)い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  涙がでるのは誰のせい 生まれたあなたに罪はない けなさず くさらず ためらわず 自分を愛してあげましょう  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  しおれた花には水をあげ やさしく悲しく撫でました 名もない小さな花なれど 命ある限り咲かせましょう  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花  純情地獄の青春は つらくて 儚い 白い花
巡恋歌PLATINA LYLIC好きです 好きです 心から 愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの寂しさがあった  寂しさゆえに 愛が芽ばえ お互いを知って愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えばなおさらみじめになるでしょう  こんなに好きにさせといて 「勝手に好きになった」はないでしょう さかうらみするわけじゃないけど 本当にあなたは ひどい人だわ  だから私の恋は いつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない  タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに好きな 振りをするのはよして欲しいわ  くやしいけれど ほれたのは どうやら私の方だったみたい 「別れの舞台はどこで?」などと おどけてみせるのもこれで最後ね  さよなら さよなら 心かよわぬ 恋など さようなら こらえきれない涙よ 出来る事なら笑いとなれ  だから私の恋は いつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらないPLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛好きです 好きです 心から 愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの寂しさがあった  寂しさゆえに 愛が芽ばえ お互いを知って愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えばなおさらみじめになるでしょう  こんなに好きにさせといて 「勝手に好きになった」はないでしょう さかうらみするわけじゃないけど 本当にあなたは ひどい人だわ  だから私の恋は いつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない  タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに好きな 振りをするのはよして欲しいわ  くやしいけれど ほれたのは どうやら私の方だったみたい 「別れの舞台はどこで?」などと おどけてみせるのもこれで最後ね  さよなら さよなら 心かよわぬ 恋など さようなら こらえきれない涙よ 出来る事なら笑いとなれ  だから私の恋は いつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない
巡恋歌 ~NEW ARRANGE VERSION~好きです 好きです 心から 愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの寂しさがあった 寂しさゆえに 愛が芽ばえ お互いを知って 愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えばなおさら みじめになるでしょう こんなに好きにさせといて 「勝手に好きになった」は ないでしょう さかうらみするわけじゃないけど 本当にあなたは ひどい人だわ  だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない  タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに 好きな振りをするのは よして欲しいわ くやしいけれど ほれたのは どうやら私の方だったみたい 「別れの舞台はどこで?」などと おどけてみせるのも これで最後ね さよなら さよなら 心かよわぬ恋など さようなら こらえきれない涙よ 出来る事なら笑いとなれ  だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない長渕剛長渕剛長渕剛好きです 好きです 心から 愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮しの寂しさがあった 寂しさゆえに 愛が芽ばえ お互いを知って 愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えばなおさら みじめになるでしょう こんなに好きにさせといて 「勝手に好きになった」は ないでしょう さかうらみするわけじゃないけど 本当にあなたは ひどい人だわ  だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない  タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに 好きな振りをするのは よして欲しいわ くやしいけれど ほれたのは どうやら私の方だったみたい 「別れの舞台はどこで?」などと おどけてみせるのも これで最後ね さよなら さよなら 心かよわぬ恋など さようなら こらえきれない涙よ 出来る事なら笑いとなれ  だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない だから私の恋はいつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない
情熱悔しさをかきむしったら 涙が出てきた とめどもなく初めて俺 弱虫になっちまった  震えてきたよ 震えてきたよ 誰か上等な優しさに すがらせてくれ  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  何かがちがうんだ 何かがおかしいんだ だから俺は叫ぶ「やりたい事が みつからねぇ!」と  恐くなってきたよ 恐くなってきたよ 誰か俺に一歩踏み出す勇気と 力をさずけてくれ  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA …  全て捨てちまえ たかだかそんな俺 ひらきなおって明日をいっちょ ひっぺ返して殺れ!!  ほら 沸いてきたぞ 沸き上がってきたぞ 人間の意地と情熱が 煮えくりかえってる  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA …長渕剛長渕剛長渕剛悔しさをかきむしったら 涙が出てきた とめどもなく初めて俺 弱虫になっちまった  震えてきたよ 震えてきたよ 誰か上等な優しさに すがらせてくれ  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  何かがちがうんだ 何かがおかしいんだ だから俺は叫ぶ「やりたい事が みつからねぇ!」と  恐くなってきたよ 恐くなってきたよ 誰か俺に一歩踏み出す勇気と 力をさずけてくれ  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA …  全て捨てちまえ たかだかそんな俺 ひらきなおって明日をいっちょ ひっぺ返して殺れ!!  ほら 沸いてきたぞ 沸き上がってきたぞ 人間の意地と情熱が 煮えくりかえってる  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  情熱 情熱 情熱 ほら 情熱 情熱 情熱 真っ赤に燃えたぎるあの時の 情熱はどこだ!!  LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA … LA LA LA …
人生はラララもしも人生がやりなおせるのなら 誰も人生を悔やみはしない だけど人生は一度っきりだから 生まれかわるなら生きてるうちに  ちびちび刻んで とぼとぼ歩いて さすらってみたり みじめなしっぽとすりきれた羽根を 震わしてみたり  おまえ 人生よ! 悔しくはないのか! もっと 荒れ狂い 騒ぎ ひっかき ノー・リターン  やがて人生に終わりが来たときに 誰か人生を悲しんでくれる? だけど人生は一度っきりだから 生まれかわるなら生きてるうちに  ガチャガチャさすって コソコソ笑って みせびらかしたり みじめなしっぽとすりきれた羽根を ちぎってみせたり  おまえ 人生よ! 淋しくはないのか! もっと 荒れ狂い 騒ぎ 愛おしく ノー・リターン  人生は ラララ … だけど 人生は ラララ … 人生は ラララ … だけど 人生は ラララ …      ・      ・長渕剛長渕剛長渕剛もしも人生がやりなおせるのなら 誰も人生を悔やみはしない だけど人生は一度っきりだから 生まれかわるなら生きてるうちに  ちびちび刻んで とぼとぼ歩いて さすらってみたり みじめなしっぽとすりきれた羽根を 震わしてみたり  おまえ 人生よ! 悔しくはないのか! もっと 荒れ狂い 騒ぎ ひっかき ノー・リターン  やがて人生に終わりが来たときに 誰か人生を悲しんでくれる? だけど人生は一度っきりだから 生まれかわるなら生きてるうちに  ガチャガチャさすって コソコソ笑って みせびらかしたり みじめなしっぽとすりきれた羽根を ちぎってみせたり  おまえ 人生よ! 淋しくはないのか! もっと 荒れ狂い 騒ぎ 愛おしく ノー・リターン  人生は ラララ … だけど 人生は ラララ … 人生は ラララ … だけど 人生は ラララ …      ・      ・
JEEPワークブーツにはきかえ 赤いジャンパーひっかけ 夜明け前の湾岸道路を俺は西へと走らせ 背中に東京(まち)が遠ざかり 背中に人間(ひと)が遠ざかり 俺の前にはただ風が吹いている  フロントガラスの向こうから やっと太陽が昇った 俺はできたばかりの唄をカーステレオから流した 深く息をすいこみ そいつを吐き出したら 昨日までのざわめきが笑い始めた  Oh my JEEP 悲しくてやりきれなかった Oh my JEEP 愛されていなかったのかも Oh my JEEP 不安ばかりの夜だった Oh my JEEP 俺は今海を見に行くところだ  driving with my JEEP driving with my JEEP driving with my JEEP with my JEEP  海はやっぱり光ってた 砂浜を野良犬が走ってた ずっと遠くで船がゆっくりと動いてた ウェットスーツの若者が くちはてた流木とたわむれ 俺はむしょうにコーヒーが飲みたくなった  俺はJEEPをとめた シーズンOFFのドライブイン コーヒーを飲みながらやめてたタバコに火をつけた 窓ガラス越しに 打ち寄せる波を見てると もう一度自分を信じてみたくなった  Oh my JEEP 全てを許してみよう Oh my JEEP あいつを愛してやろう Oh my JEEP 陽は高く昇った Oh my JEEP 幌をはずしたJEEPを走らせた  driving with my JEEP driving with my JEEP driving with my JEEP with my JEEP長渕剛長渕剛長渕剛ワークブーツにはきかえ 赤いジャンパーひっかけ 夜明け前の湾岸道路を俺は西へと走らせ 背中に東京(まち)が遠ざかり 背中に人間(ひと)が遠ざかり 俺の前にはただ風が吹いている  フロントガラスの向こうから やっと太陽が昇った 俺はできたばかりの唄をカーステレオから流した 深く息をすいこみ そいつを吐き出したら 昨日までのざわめきが笑い始めた  Oh my JEEP 悲しくてやりきれなかった Oh my JEEP 愛されていなかったのかも Oh my JEEP 不安ばかりの夜だった Oh my JEEP 俺は今海を見に行くところだ  driving with my JEEP driving with my JEEP driving with my JEEP with my JEEP  海はやっぱり光ってた 砂浜を野良犬が走ってた ずっと遠くで船がゆっくりと動いてた ウェットスーツの若者が くちはてた流木とたわむれ 俺はむしょうにコーヒーが飲みたくなった  俺はJEEPをとめた シーズンOFFのドライブイン コーヒーを飲みながらやめてたタバコに火をつけた 窓ガラス越しに 打ち寄せる波を見てると もう一度自分を信じてみたくなった  Oh my JEEP 全てを許してみよう Oh my JEEP あいつを愛してやろう Oh my JEEP 陽は高く昇った Oh my JEEP 幌をはずしたJEEPを走らせた  driving with my JEEP driving with my JEEP driving with my JEEP with my JEEP
素顔GOLD LYLIC夜の顔を鏡で映せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで素直になれない なんて悲しい顔なの  こんな私のどこが好きなの なぜに そんなにやさしいの 私が かわいそうに見えるから それとも なつかしく 思えたから  気まぐれだったら やめてちょうだい 本気で好きになりそうだから あなたの前では きれいでいたいし かわいい女で いたいの 厚化粧は嫌いでしょう でも今の私 昔の私じゃないから  「私は いつも 嘘をついてきたわ!」 お前はいつも そう言うけれど けして それは裏切りじゃないんだし そこまで 自分を責める事もないさ  お前の素顔がきれいだったからこそ あの時 手鏡おくったんだ お前の過去を化粧でかくすためじゃなく 素直な 心を映せばいい  誤解しないで 聞いて欲しいんだ 俺が今までして来た事は 時の手のひらの中で お前に示した 精一杯の愛だったんだ さあ化粧をおとしたら 髪をとかして このまま静かに眠ろうGOLD LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛夜の顔を鏡で映せば なんて悲しい顔なの 強がりばかりで素直になれない なんて悲しい顔なの  こんな私のどこが好きなの なぜに そんなにやさしいの 私が かわいそうに見えるから それとも なつかしく 思えたから  気まぐれだったら やめてちょうだい 本気で好きになりそうだから あなたの前では きれいでいたいし かわいい女で いたいの 厚化粧は嫌いでしょう でも今の私 昔の私じゃないから  「私は いつも 嘘をついてきたわ!」 お前はいつも そう言うけれど けして それは裏切りじゃないんだし そこまで 自分を責める事もないさ  お前の素顔がきれいだったからこそ あの時 手鏡おくったんだ お前の過去を化粧でかくすためじゃなく 素直な 心を映せばいい  誤解しないで 聞いて欲しいんだ 俺が今までして来た事は 時の手のひらの中で お前に示した 精一杯の愛だったんだ さあ化粧をおとしたら 髪をとかして このまま静かに眠ろう
少し気になったBreakfastお前はコーヒーとフルーツサラダ 俺はブラックにチーズバーガー 朝の光が お前の肌に溶けて 少し気になった Break-fast  お前は今 鮮やかに笑ってる でもそれがどんな風に次の瞬間 変わってゆくかもしれなくってさ そいつが 俺には恐いんだ  愛はいつもこの俺を 臆病者にしてきた 不安で不安で自分にいつも戻れずじまいで 確かめるほどに 悪くなってきた  愛し合いたい俺がいる 独りに酔いたい俺がいる 夢がかなえば壊したい 気まぐれな 俺の愛のかたち しあわせな朝のすき間から のぞいても何も見えなくて 時に心が痛く痛くうち震えてくるのは なぜだい?  こうして口唇重ねる時も 指先からめる時も 何かが違う お前の鼓動は確かに昔ほど 多くを語らなくなった  男と女 それを包み込むものは何? 互いの優しさ? それとも思いやり? そんな簡単なことじゃないと思う  愛はそれほど素直じゃない  だから お前が包み込め もっと俺を包みこめ 息ができなくなるほど 俺を抱きしめられるかい 言葉はいくらでも あとで吐いてやる  愛し合いたい俺がいる 独りに酔いたい俺がいる 夢がかなえば壊したい 気まぐれな 俺の愛のかたち しあわせな朝のすき間から のぞいても何も見えなくて 時に心が痛く痛くうち震えてくるのは なぜだい?長渕剛長渕剛長渕剛お前はコーヒーとフルーツサラダ 俺はブラックにチーズバーガー 朝の光が お前の肌に溶けて 少し気になった Break-fast  お前は今 鮮やかに笑ってる でもそれがどんな風に次の瞬間 変わってゆくかもしれなくってさ そいつが 俺には恐いんだ  愛はいつもこの俺を 臆病者にしてきた 不安で不安で自分にいつも戻れずじまいで 確かめるほどに 悪くなってきた  愛し合いたい俺がいる 独りに酔いたい俺がいる 夢がかなえば壊したい 気まぐれな 俺の愛のかたち しあわせな朝のすき間から のぞいても何も見えなくて 時に心が痛く痛くうち震えてくるのは なぜだい?  こうして口唇重ねる時も 指先からめる時も 何かが違う お前の鼓動は確かに昔ほど 多くを語らなくなった  男と女 それを包み込むものは何? 互いの優しさ? それとも思いやり? そんな簡単なことじゃないと思う  愛はそれほど素直じゃない  だから お前が包み込め もっと俺を包みこめ 息ができなくなるほど 俺を抱きしめられるかい 言葉はいくらでも あとで吐いてやる  愛し合いたい俺がいる 独りに酔いたい俺がいる 夢がかなえば壊したい 気まぐれな 俺の愛のかたち しあわせな朝のすき間から のぞいても何も見えなくて 時に心が痛く痛くうち震えてくるのは なぜだい?
少しだけ ほほえみがすいこみかけた ちっぽけな 僕の夢ひとつ ねえ 君にも わけてあげようか やっとの想いで ポッケにはいった 夢ひとつ 誰にも やりたくないけれど  灰皿の中に 投げ込んだ 僕の淋しさよ タバコの煙と いっしょに どこか見知らぬ所へでも 飛んでっておくれ いつも そう思ってた  向かい風に あおられて おちこぼれた砂を かじってきたけれど かわいた くちびるの すきまから 少しだけの ほほえみが みえてきた  いくつも いくつも 積み上げてきた ため息を 他人(ひと)に 語るのは よそうよ ステキな事に ためらいなんかは いらないんだ かっこう悪くて いいんだ  夜明け前の 静けさが 好きなんだ ねえ君にも わかるだろう 1日分のしあわせを 唄う事が 今の僕には 最高さ  向かい風に あおられて おちこぼれた砂を かじってきたけれど かわいたくちびるの すきまから 少しだけの ほほえみがみえてきた  かわいたくちびるの すきまから 少しだけの ほほえみが みえてきた長渕剛長渕剛長渕剛すいこみかけた ちっぽけな 僕の夢ひとつ ねえ 君にも わけてあげようか やっとの想いで ポッケにはいった 夢ひとつ 誰にも やりたくないけれど  灰皿の中に 投げ込んだ 僕の淋しさよ タバコの煙と いっしょに どこか見知らぬ所へでも 飛んでっておくれ いつも そう思ってた  向かい風に あおられて おちこぼれた砂を かじってきたけれど かわいた くちびるの すきまから 少しだけの ほほえみが みえてきた  いくつも いくつも 積み上げてきた ため息を 他人(ひと)に 語るのは よそうよ ステキな事に ためらいなんかは いらないんだ かっこう悪くて いいんだ  夜明け前の 静けさが 好きなんだ ねえ君にも わかるだろう 1日分のしあわせを 唄う事が 今の僕には 最高さ  向かい風に あおられて おちこぼれた砂を かじってきたけれど かわいたくちびるの すきまから 少しだけの ほほえみがみえてきた  かわいたくちびるの すきまから 少しだけの ほほえみが みえてきた
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
STANCE背骨が折れるほどの苦しみをしょっちまった 俺はギターのゲージを張りかえいつものステージへ向かった 腹わたが煮えくりかえるほど 愛した女を振りきり 先ずは自分に勝つために生きようと 俺はのどを嗄らした  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  どん底にたたき落とされた時が 俺の Last Chance 走るために生き 生きるために走ろうと吠え続けてきたんだ どうせ吠えるなら 路地裏の負け犬なんかにゃなりたくないさ メインストリート探しあてたら そのまま噛みつけばいい  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  近道は誰にだってできる とてもたやすい手段さ 手ぐすね引いて待ってる奴等のやり方は もうたくさんだ しらけた世代のど真ん中で生まれたこの俺にだって お前一人を両手で強く守る事ぐらいできるはず  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  標的が定まるまでに 10年の時が流れた 人生(みち)の途中にたくさんの情熱もおとしてきたんだ だけど そんな遠回りがこの俺を勇気づけてくれたんだ スピリッツはいつもティーンエイジのソウルがあればそれでいい  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから長渕剛長渕剛長渕剛背骨が折れるほどの苦しみをしょっちまった 俺はギターのゲージを張りかえいつものステージへ向かった 腹わたが煮えくりかえるほど 愛した女を振りきり 先ずは自分に勝つために生きようと 俺はのどを嗄らした  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  どん底にたたき落とされた時が 俺の Last Chance 走るために生き 生きるために走ろうと吠え続けてきたんだ どうせ吠えるなら 路地裏の負け犬なんかにゃなりたくないさ メインストリート探しあてたら そのまま噛みつけばいい  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  近道は誰にだってできる とてもたやすい手段さ 手ぐすね引いて待ってる奴等のやり方は もうたくさんだ しらけた世代のど真ん中で生まれたこの俺にだって お前一人を両手で強く守る事ぐらいできるはず  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから  標的が定まるまでに 10年の時が流れた 人生(みち)の途中にたくさんの情熱もおとしてきたんだ だけど そんな遠回りがこの俺を勇気づけてくれたんだ スピリッツはいつもティーンエイジのソウルがあればそれでいい  Oh Stance Stance Stance 俺は変わっちゃいないさ Oh Stance Stance Stance お前を守りたいから
すっからぴんのからっけつ負けて、負けて、また負けて 八方ふさがり悔しさに耐えきれず 泣いて、泣いて、また泣いて 生きてゆくことが馬鹿らしく思えてきた  人を信じれば半端者だとなじられ 人をうたがえば当たり前だとはじかれた  汗かき、恥かき、頭を下げ わびを入れてもまっぴらしょうがねぇ  ちきしょう! 裏切り、ののしり、ふみにじり 俺の心はすっからぴんのからっけつ  Woh woh woh woh!...  がまん、がまん、またがまん 人恋しさまでもがひきちぎられてゆく 叫んで、叫んで、叫び疲れたら どうしようもないほど俺 ずるく思えて来た  そんな時 飲めない酒に飲まれてやれ たとえ弱い奴だと後指さされたとしても  汗かき、恥かき、頭を下げ わびを入れたら世間様に笑われた  ちきしょう! 裏切り、ののしり、ふみにじり 俺の心はすっからぴんのからっけつ  Woh woh woh woh!...長渕剛長渕剛長渕剛負けて、負けて、また負けて 八方ふさがり悔しさに耐えきれず 泣いて、泣いて、また泣いて 生きてゆくことが馬鹿らしく思えてきた  人を信じれば半端者だとなじられ 人をうたがえば当たり前だとはじかれた  汗かき、恥かき、頭を下げ わびを入れてもまっぴらしょうがねぇ  ちきしょう! 裏切り、ののしり、ふみにじり 俺の心はすっからぴんのからっけつ  Woh woh woh woh!...  がまん、がまん、またがまん 人恋しさまでもがひきちぎられてゆく 叫んで、叫んで、叫び疲れたら どうしようもないほど俺 ずるく思えて来た  そんな時 飲めない酒に飲まれてやれ たとえ弱い奴だと後指さされたとしても  汗かき、恥かき、頭を下げ わびを入れたら世間様に笑われた  ちきしょう! 裏切り、ののしり、ふみにじり 俺の心はすっからぴんのからっけつ  Woh woh woh woh!...
Stay AliveStay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive  そして全てここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく  何かにしがみつき走ってる時はいいんだけど ふとした時に急に生きてることさえつらくなる 涙がかわいた頃によりそうものが 無いのはやっぱり僕は困るんだ  そんな時君の声がしたよ そんな時君の笑顔を想い出したよ 「さびしさって奴に負けてもいいんだよ」って 僕の胸を勇気いっぱいにしてくれた  Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive  そして全てここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく Stay Alive Stay Alive Stay Alive  考えても考えても仕方の無いことを 昨日までの自分をふりかえり悩み続けていたよ やっと立ち上がって歩こうと思うんだ 明日僕は君に手紙を書くよ  どんな時も君の声がしたよ どんな時も君の笑顔を想い出したよ 「もう悲しみって奴にも負けないからね」 僕の胸を勇気いっぱいにしてくれたから  Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして全てがここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく Stay Alive Stay Alive Stay Alive長渕剛長渕剛長渕剛Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive  そして全てここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく  何かにしがみつき走ってる時はいいんだけど ふとした時に急に生きてることさえつらくなる 涙がかわいた頃によりそうものが 無いのはやっぱり僕は困るんだ  そんな時君の声がしたよ そんな時君の笑顔を想い出したよ 「さびしさって奴に負けてもいいんだよ」って 僕の胸を勇気いっぱいにしてくれた  Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive  そして全てここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく Stay Alive Stay Alive Stay Alive  考えても考えても仕方の無いことを 昨日までの自分をふりかえり悩み続けていたよ やっと立ち上がって歩こうと思うんだ 明日僕は君に手紙を書くよ  どんな時も君の声がしたよ どんな時も君の笑顔を想い出したよ 「もう悲しみって奴にも負けないからね」 僕の胸を勇気いっぱいにしてくれたから  Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして君を抱きしめた Stay Alive Stay Alive Stay Alive そして全てがここから始まるのさ Stay Alive Stay Alive Stay Alive 僕は君を抱きしめ生きてゆく Stay Alive Stay Alive Stay Alive
STAY DREAMGOLD LYLIC死んじまいたいほどの苦しみ悲しみ そんなもののひとつやふたつ 誰もがここあそこにしょい込んでるもの 腰をおろし ふさぎ込んでも答えはNothing!  ぶっ飛ばしたいほどの怒りや悔しさ そんなもののひとつやふたつ 殴られた痛みはTRYへのワンステップ 尽きせぬ自由は がんじがらめの不自由さの中にある  くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy その痩せこけた 頬のままで 果てしない迷路の中を 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream そう Stay Stay Dream Stay Stay Dream  ひねくれかけた瞳のずっとずっと奥に もがいてる もうひとりの俺がいる 一番怖いものは 勇気だと知った時 自分の弱さに思わず鼻をつまんだ  もうこれ以上先へは進めない たとえば 挫折が目の前に立ちはだかる そんな夜は心で命の音を聞け たかが こんな自分は! と一度だけからかってみなよ  くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy その痩せこけた 頬のままで 果てしない迷路の中を 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream そう Stay Stay Dream Stay Stay Dream Stay Stay Dream Stay Stay DreamGOLD LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛死んじまいたいほどの苦しみ悲しみ そんなもののひとつやふたつ 誰もがここあそこにしょい込んでるもの 腰をおろし ふさぎ込んでも答えはNothing!  ぶっ飛ばしたいほどの怒りや悔しさ そんなもののひとつやふたつ 殴られた痛みはTRYへのワンステップ 尽きせぬ自由は がんじがらめの不自由さの中にある  くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy その痩せこけた 頬のままで 果てしない迷路の中を 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream そう Stay Stay Dream Stay Stay Dream  ひねくれかけた瞳のずっとずっと奥に もがいてる もうひとりの俺がいる 一番怖いものは 勇気だと知った時 自分の弱さに思わず鼻をつまんだ  もうこれ以上先へは進めない たとえば 挫折が目の前に立ちはだかる そんな夜は心で命の音を聞け たかが こんな自分は! と一度だけからかってみなよ  くよくよするなよ あきらめないで Just like a Boy その痩せこけた 頬のままで 果てしない迷路の中を 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream そう Stay Stay Dream Stay Stay Dream Stay Stay Dream Stay Stay Dream
すべてほんとだよ!!僕が君とつき合うようになって3度目の 夜が今 明けようとしている やわらかい灯りに照らされた君の寝顔 夢といっしょに 天上を舞う 君をこうして強く抱きしめていると 何だかとっても落ち着くんだ 君をこうして強く抱きしめていると 何だかとっても安らぐんだ 不思議だね おかしいね あゝこのまま ずっとずっといっしょにいたいんだ やっぱり僕は君を愛してる um... すべてほんとだよ  恋って奴はなぜかいつも唄をつれてくる 甘い風が 髪をなでるように 君のささやきが午前3時を通りすぎるころ 2つの身体は 河川を流れてった 君の胸にこうしてそっとほほよせてると 何だかとっても落ち着くんだ 君の胸にこうしてそっとほほよせてると 何だかとっても安らぐんだ 不思議だね おかしいね あゝこのまま ずっとずっと朝が来ませんように やっぱり僕は君を愛してる um... すべてほんとだよ長渕剛長渕剛長渕剛僕が君とつき合うようになって3度目の 夜が今 明けようとしている やわらかい灯りに照らされた君の寝顔 夢といっしょに 天上を舞う 君をこうして強く抱きしめていると 何だかとっても落ち着くんだ 君をこうして強く抱きしめていると 何だかとっても安らぐんだ 不思議だね おかしいね あゝこのまま ずっとずっといっしょにいたいんだ やっぱり僕は君を愛してる um... すべてほんとだよ  恋って奴はなぜかいつも唄をつれてくる 甘い風が 髪をなでるように 君のささやきが午前3時を通りすぎるころ 2つの身体は 河川を流れてった 君の胸にこうしてそっとほほよせてると 何だかとっても落ち着くんだ 君の胸にこうしてそっとほほよせてると 何だかとっても安らぐんだ 不思議だね おかしいね あゝこのまま ずっとずっと朝が来ませんように やっぱり僕は君を愛してる um... すべてほんとだよ
スローダウン昨日 初めて出会った女を抱いたんだ 恋というには ほど遠い愛の安売りさ それなりに楽しくて それなりにむなしくて 気が遠くなるほど 君に会いたいと思った  考えてみると 今までのこの僕ときたら つかの間の幸せのために 痛みばかり感じてきた 曲がりくねった道に落ちた石ころけとばせば 振り返る足跡はいつも ひとりぼっちさ  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down  その昔 幼い少年は気弱な瞳だった 物みな全てが 敵にしか見えなかった 手をさしのべる裏側には どろだらけのひくつさと 金色の羽に包まれた裏切りがあった  いつのころからだろう 人の心の裏ばかり 見ることを覚え始めてしまったのは かけがえのない恋人や かけがえのない親たちから 離れて行ったこの僕が いつもうらめしく思える  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down  小高い丘の上から 愛が欲しくて 誰かに寄り添いたくて 泣いた事もあった 人並のしあわせこそ 価値あるものだと 気づくまでに ほんの少し走りすぎちまった  さあごらん この僕の汚れた傷跡を さあごらん この僕のひきつった笑顔を 人はいつの時代でも 真実が欲しいもの 時として 僕みたいに遠回りする事だってある  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down長渕剛長渕剛長渕剛昨日 初めて出会った女を抱いたんだ 恋というには ほど遠い愛の安売りさ それなりに楽しくて それなりにむなしくて 気が遠くなるほど 君に会いたいと思った  考えてみると 今までのこの僕ときたら つかの間の幸せのために 痛みばかり感じてきた 曲がりくねった道に落ちた石ころけとばせば 振り返る足跡はいつも ひとりぼっちさ  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down  その昔 幼い少年は気弱な瞳だった 物みな全てが 敵にしか見えなかった 手をさしのべる裏側には どろだらけのひくつさと 金色の羽に包まれた裏切りがあった  いつのころからだろう 人の心の裏ばかり 見ることを覚え始めてしまったのは かけがえのない恋人や かけがえのない親たちから 離れて行ったこの僕が いつもうらめしく思える  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down  小高い丘の上から 愛が欲しくて 誰かに寄り添いたくて 泣いた事もあった 人並のしあわせこそ 価値あるものだと 気づくまでに ほんの少し走りすぎちまった  さあごらん この僕の汚れた傷跡を さあごらん この僕のひきつった笑顔を 人はいつの時代でも 真実が欲しいもの 時として 僕みたいに遠回りする事だってある  Slow Down 怖がることはないさ Slow Down ここから始まるのさ Slow Down 重たい荷物をしょって Slow Down
SUPER STAR裏街の片隅で くの字にぶったおれちまった ドラム缶の油の臭い 目が覚めれば明日を夢見た  高層ビルを見上げ あの頃の俺をにらんだ 鳥になれないはがゆさだけが 胸の奥で涙をみせた  笑っちまうぜ 足の震えかくし いきがってたティーンエイジ 今日でおさらばさ  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている  かっ飛んでたロードマップ 俺をうつすサイドミラー ちぎれかけた奴のテレフォン “STAY DREAM”と吠えていたっけ  頭をかきむしり 今日がたとえ傷ついても 正直だった青春の 残骸たちがあればいいさ  笑っちまえよ たかがこんな自分と! くよくよふさぎ込んでも そこから何も始まらないぜ  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている長渕剛長渕剛長渕剛裏街の片隅で くの字にぶったおれちまった ドラム缶の油の臭い 目が覚めれば明日を夢見た  高層ビルを見上げ あの頃の俺をにらんだ 鳥になれないはがゆさだけが 胸の奥で涙をみせた  笑っちまうぜ 足の震えかくし いきがってたティーンエイジ 今日でおさらばさ  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている  かっ飛んでたロードマップ 俺をうつすサイドミラー ちぎれかけた奴のテレフォン “STAY DREAM”と吠えていたっけ  頭をかきむしり 今日がたとえ傷ついても 正直だった青春の 残骸たちがあればいいさ  笑っちまえよ たかがこんな自分と! くよくよふさぎ込んでも そこから何も始まらないぜ  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている  I'm a Super Star, I'm a Super Stat 誰もがみんなかみしめている I'm a Super Star, I'm a Super Stat 熱いくちびるかみしめている
青春泣くも 笑うも どうせ最後は 自分なんだ わかっちゃいるけど 誰かにすがりたい  標識を失いながら 彷徨う悲しき青春 言葉がつたないだけです どうかわかってくれよと  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を  『行く』も『行かぬ』も どうせ最後は 自分なんだ 我慢がならない その一瞬の為に  標識を失いながら 彷徨う悲しき青春 優しさが欲しいだけです どうかわかってくれよと  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を長渕剛長渕剛長渕剛泣くも 笑うも どうせ最後は 自分なんだ わかっちゃいるけど 誰かにすがりたい  標識を失いながら 彷徨う悲しき青春 言葉がつたないだけです どうかわかってくれよと  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を  『行く』も『行かぬ』も どうせ最後は 自分なんだ 我慢がならない その一瞬の為に  標識を失いながら 彷徨う悲しき青春 優しさが欲しいだけです どうかわかってくれよと  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を  まちがいだらけの空に 死にかけた青春が一匹飛んで行く  oh それでも 十字路に突っ立ち 生き抜く標識を探し当て 負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ  信じるのさ 永遠と未来と明日を 信じるのさ 永遠と未来と明日を
青春は手品師僕が知る少年は ある日のこと 翼をひろげて鳥になった ひたむきな思いだけ胸に秘めて 大空見上げた少年だった  人間は翔べるのだね 鳥のように 翔べると信じていたいものだね 青春という名の季節の中で いつでもくちびるを結んでいたよ  くちびるを結べば笑えない だけども嘆きも語れない くちびるを結べば笑えない だけども嘆きも語れない  僕が知る少年は ある日のこと 光に染って花になった 思いやる心だけ育てながら 大地を愛した少年だった  人間は咲けるのだね 花のように 咲けると信じていたいものだね 青春という名の手品師たちに いつでもくちびるを開いていたよ  くちびるを開けば怒れない だけども思いが歌になる くちびるを開けば怒れない だけども思いが歌になる長渕剛阿久悠長渕剛僕が知る少年は ある日のこと 翼をひろげて鳥になった ひたむきな思いだけ胸に秘めて 大空見上げた少年だった  人間は翔べるのだね 鳥のように 翔べると信じていたいものだね 青春という名の季節の中で いつでもくちびるを結んでいたよ  くちびるを結べば笑えない だけども嘆きも語れない くちびるを結べば笑えない だけども嘆きも語れない  僕が知る少年は ある日のこと 光に染って花になった 思いやる心だけ育てながら 大地を愛した少年だった  人間は咲けるのだね 花のように 咲けると信じていたいものだね 青春という名の手品師たちに いつでもくちびるを開いていたよ  くちびるを開けば怒れない だけども思いが歌になる くちびるを開けば怒れない だけども思いが歌になる
蝉 semi蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミを 入れようと 己の弱さを呪った 一人の夜  腐って腐って 腐り果て ラーメン横丁の たて看板 ごろまきひっかく チンピラの 哀れ いきがる 悲しさよ  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  刺してみせましょ 己の腹を 刺されてみましょか ボロ雑巾 ため息まじりの ラッパの兵隊  幾人束ねて カチ込んでも 命からがら 負けちまい 正気のさたじゃ ねえなどと 狂った馬鹿が カタギを気取る  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  はったりばかりを かますから 裏と表を すかしましょ 酒におぼれて毒づいた 一人の夜  臭ぇ 人情芝居が 俺にゃ ゆがんで見える サイコロ転がし「チョウ」か「ハン」かで 昇ってみましょか この世の果てまで  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  群れをなさない 都会の蝉よ お前そんなに 悲しいか 切ったはったではじかれ 死んだふり  心揺さぶり ときめかし 肝に命じて はいあがりゃ 裏切り血の雨 ふっかけやがる カタギのくせして 極道の真似事  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…長渕剛長渕剛長渕剛蝶よ花よで かつぎあげられ 背中にスミを 入れようと 己の弱さを呪った 一人の夜  腐って腐って 腐り果て ラーメン横丁の たて看板 ごろまきひっかく チンピラの 哀れ いきがる 悲しさよ  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  刺してみせましょ 己の腹を 刺されてみましょか ボロ雑巾 ため息まじりの ラッパの兵隊  幾人束ねて カチ込んでも 命からがら 負けちまい 正気のさたじゃ ねえなどと 狂った馬鹿が カタギを気取る  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  はったりばかりを かますから 裏と表を すかしましょ 酒におぼれて毒づいた 一人の夜  臭ぇ 人情芝居が 俺にゃ ゆがんで見える サイコロ転がし「チョウ」か「ハン」かで 昇ってみましょか この世の果てまで  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…  群れをなさない 都会の蝉よ お前そんなに 悲しいか 切ったはったではじかれ 死んだふり  心揺さぶり ときめかし 肝に命じて はいあがりゃ 裏切り血の雨 ふっかけやがる カタギのくせして 極道の真似事  蝉が泣く… チキショウと… 蝉が泣く… チキショウと…
卒業毎日見てた君の顔 好きだと言えなくて 落書きだらけの教科書 僕は今、閉じてみた  傷つく事から恐れて 逃げ出したあの夏の日 わざと照れ笑いをしたら そのあと涙が出た  信じても 信じても 何かが壊れてしまいそうで 夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた  卒業って何で こんなに悲しいの? 卒業って何で そんなに切ないの? 桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!  何度も何度でも くじけずに待っててくれた 君は僕の手を握りしめ いっしょに駆けぬけた  信じる事をためらわず 今より高くジャンプした たったひとつの大切な それが宝物だった  愛しても 愛しても 何かが壊れてしまいそうで 夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた  卒業って何で こんなに悲しいの? 卒業って何で そんなに切ないの? 桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!長渕剛長渕剛・県立鹿児島南高校3年7組情報処理科長渕剛毎日見てた君の顔 好きだと言えなくて 落書きだらけの教科書 僕は今、閉じてみた  傷つく事から恐れて 逃げ出したあの夏の日 わざと照れ笑いをしたら そのあと涙が出た  信じても 信じても 何かが壊れてしまいそうで 夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた  卒業って何で こんなに悲しいの? 卒業って何で そんなに切ないの? 桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!  何度も何度でも くじけずに待っててくれた 君は僕の手を握りしめ いっしょに駆けぬけた  信じる事をためらわず 今より高くジャンプした たったひとつの大切な それが宝物だった  愛しても 愛しても 何かが壊れてしまいそうで 夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた  卒業って何で こんなに悲しいの? 卒業って何で そんなに切ないの? 桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!
空~SORA~眠らぬ街 東京の暗い路地裏で ビタミン臭ぇ真っ黄黄のしょんべんたれりゃ どっかの馬鹿っ面の男が電信柱の影から やりきれない程悲しい瞳で俺(ひと)をみつめやがる  ねぇ 優しさが そこにあるんかなぁ ねぇ 恥じらいが そこにあるんかなぁ  だから もう放っといてくれ 祭りぢょうちん 灯は消えた だから もう帰ってくれ ぶら下がり生きる者たちよ  空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて 空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて  眠らぬ街 東京の暗い路地裏にも 朝の光が塩っ辛い涙を照らし始めるから 並べったてたごたくより そっと拭いてやりなよ 一人で生きて行ける程偉くもないだろうに  ねぇ 淋しさが そこにあるんかなぁ ねぇ 傷つくから 人間なんかなぁ  だから もう蹴っ飛ばしてくれ 晴れ渡ったいつかの空へ だから もうわびないでくれ ぶら下がり生きる者たちよ  空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて 空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて長渕剛長渕剛長渕剛眠らぬ街 東京の暗い路地裏で ビタミン臭ぇ真っ黄黄のしょんべんたれりゃ どっかの馬鹿っ面の男が電信柱の影から やりきれない程悲しい瞳で俺(ひと)をみつめやがる  ねぇ 優しさが そこにあるんかなぁ ねぇ 恥じらいが そこにあるんかなぁ  だから もう放っといてくれ 祭りぢょうちん 灯は消えた だから もう帰ってくれ ぶら下がり生きる者たちよ  空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて 空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて  眠らぬ街 東京の暗い路地裏にも 朝の光が塩っ辛い涙を照らし始めるから 並べったてたごたくより そっと拭いてやりなよ 一人で生きて行ける程偉くもないだろうに  ねぇ 淋しさが そこにあるんかなぁ ねぇ 傷つくから 人間なんかなぁ  だから もう蹴っ飛ばしてくれ 晴れ渡ったいつかの空へ だから もうわびないでくれ ぶら下がり生きる者たちよ  空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて 空に吠えろ 風にうろたえるな 火よりも熱く 水にのみこまれず 土をしっかり踏みしめて
TIME GOES AROUNDOh ohoh… oh ohoh… oh ohoh…  ホテルのベッドに横たわり 信じられないほど抱きしめた 俺が息をふきかけると お前は美しく 止まることなく 回り始めた  I Love You! I Love You!  窓の向こうは 輝く銀の港 外国船が向きを変える その前に お前を乗せ たどり着こう 遠い大陸の果てまで  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Pipi pi pipi… Pipi pi pipi…  ルームサービスの冷えたワインを 二人で飲みほし口づけた シャワーのあとの お前の髪のすてきなしずくが 俺の肩にひとつ 落ちてきた  I Love You! I Love You!  壁にかかったシャガールにもたれながら 見下ろすハーバーライトの数をかぞえたら 明日の朝 白い船で 遠い大陸の果てまで  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Pipi pi pipi… Pipi pi pipi…長渕剛長渕剛長渕剛Oh ohoh… oh ohoh… oh ohoh…  ホテルのベッドに横たわり 信じられないほど抱きしめた 俺が息をふきかけると お前は美しく 止まることなく 回り始めた  I Love You! I Love You!  窓の向こうは 輝く銀の港 外国船が向きを変える その前に お前を乗せ たどり着こう 遠い大陸の果てまで  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Pipi pi pipi… Pipi pi pipi…  ルームサービスの冷えたワインを 二人で飲みほし口づけた シャワーのあとの お前の髪のすてきなしずくが 俺の肩にひとつ 落ちてきた  I Love You! I Love You!  壁にかかったシャガールにもたれながら 見下ろすハーバーライトの数をかぞえたら 明日の朝 白い船で 遠い大陸の果てまで  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Time Goes Around 愛をにぎりしめ Time Goes Around お前を離さない  Pipi pi pipi… Pipi pi pipi…
太陽の船太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 荒波に砕かれ 涙が頬つたう時 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ  幾億万の 塩っからい 涙を流しても いつかきっと必ず虹の 架橋を渡ってゆける 溢れる想いを止めないで! 今 空へ駆け上がれ 燃えさかる命の叫びよ! 鐘を打ち鳴らせ!  太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 仰ぎ見る夢よ! 悲しみを超えてゆけ! 立ちふさがる「あきらめ」を今 勇気に変えて  幾億万の 小っぽけな 弱虫の俺がいる 「ひとりぼっちじゃない」と 風がどこかで囁いているよ 恥ずかしがり屋の瞳で 君を 真っすぐ追いかけたら 届くかもしれないさ 一歩踏み出してみたよ  太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 突き進む波のしぶき 水平線を撃て! 胸いっぱい 明日いっぱい こいで行こう!  太陽の船に 俺たちは今 飛び乗り でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 荒波に砕かれ 涙が頬つたう時 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ 長渕剛長渕剛長渕剛太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 荒波に砕かれ 涙が頬つたう時 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ  幾億万の 塩っからい 涙を流しても いつかきっと必ず虹の 架橋を渡ってゆける 溢れる想いを止めないで! 今 空へ駆け上がれ 燃えさかる命の叫びよ! 鐘を打ち鳴らせ!  太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 仰ぎ見る夢よ! 悲しみを超えてゆけ! 立ちふさがる「あきらめ」を今 勇気に変えて  幾億万の 小っぽけな 弱虫の俺がいる 「ひとりぼっちじゃない」と 風がどこかで囁いているよ 恥ずかしがり屋の瞳で 君を 真っすぐ追いかけたら 届くかもしれないさ 一歩踏み出してみたよ  太陽の船に 俺は今 君を乗せて でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 突き進む波のしぶき 水平線を撃て! 胸いっぱい 明日いっぱい こいで行こう!  太陽の船に 俺たちは今 飛び乗り でっかい 空の果てまで こいで行くのさ 荒波に砕かれ 涙が頬つたう時 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ 希望の光 俺たちを強く抱きしめるのさ 
太陽へ続くハイウェイ太陽の下でバイクを走らせ エンジンの爆音を感じてる 奴は はるかに俺よりキラキラ 輝いて見えたんだ 部屋にくすぶり思い悩むより 表通りの人ゴミを 歩きたいように歩く それが今一番の宝物  全ての立ちはだかる 苦しみを この手でぶちこわしたくて ほてったこの俺の頬を 思いきり叩いてくれる奴と Run Away 突っ立ったままの俺から Run Away 果てしない夢を求め太陽の下へ  盗みたくなるよな笑顔を持つ あの娘をバイクに乗せて ハイウェイを明日 南へ下ろうと思うんだ ポケットからひとつずつ 望みを右手に握りしめて 向かい風を受けながら明日 旅に出ようと決めたんだ  誠実さもいい 嘘もいい とりあえずのつくろいもいい だけど何かが違うんだ 今 欲しいものは 本気さだけ Run Away 突っ立ったままの俺から Run Away 果てしない夢を求め太陽の下へ長渕剛長渕剛長渕剛太陽の下でバイクを走らせ エンジンの爆音を感じてる 奴は はるかに俺よりキラキラ 輝いて見えたんだ 部屋にくすぶり思い悩むより 表通りの人ゴミを 歩きたいように歩く それが今一番の宝物  全ての立ちはだかる 苦しみを この手でぶちこわしたくて ほてったこの俺の頬を 思いきり叩いてくれる奴と Run Away 突っ立ったままの俺から Run Away 果てしない夢を求め太陽の下へ  盗みたくなるよな笑顔を持つ あの娘をバイクに乗せて ハイウェイを明日 南へ下ろうと思うんだ ポケットからひとつずつ 望みを右手に握りしめて 向かい風を受けながら明日 旅に出ようと決めたんだ  誠実さもいい 嘘もいい とりあえずのつくろいもいい だけど何かが違うんだ 今 欲しいものは 本気さだけ Run Away 突っ立ったままの俺から Run Away 果てしない夢を求め太陽の下へ
Da! Da! Da!テーブルに 一枚の書き置きをしてきたんだ 重たい荷をしょって この街を出て行くんだ 君のやさしさ とても苦しすぎた 何にもしてあげられない 自分が くやしすぎたよ 一人の男として つらすぎたよ 一人の男として  だから今度 君の目の前に現われる時は ついて来いよと 胸をはるつもりでいるんだ  愛しすぎて ほんの少しの間も 離れられない 毎日の状態から 一度ぬけ出さなければ 二人とも ダメになっちまうのは わかるよね 浸りすぎたよ 男と女に 甘えすぎたよ お前のやさしさに  だから今度 君の目の前に現われる時は ついて来いよと 胸をはるつもりでいるんだ長渕剛長渕剛長渕剛テーブルに 一枚の書き置きをしてきたんだ 重たい荷をしょって この街を出て行くんだ 君のやさしさ とても苦しすぎた 何にもしてあげられない 自分が くやしすぎたよ 一人の男として つらすぎたよ 一人の男として  だから今度 君の目の前に現われる時は ついて来いよと 胸をはるつもりでいるんだ  愛しすぎて ほんの少しの間も 離れられない 毎日の状態から 一度ぬけ出さなければ 二人とも ダメになっちまうのは わかるよね 浸りすぎたよ 男と女に 甘えすぎたよ お前のやさしさに  だから今度 君の目の前に現われる時は ついて来いよと 胸をはるつもりでいるんだ
誰かがこの僕をまたひとつ負けちまった 死にたく なっちまうよ 悔しくて 悲しくて もうどうしようもない  淋しがらないでと 僕はこらえてきたんだ 弱虫が大っ嫌いな この僕だったから  そんな時に この僕は 空を見て考えた いったい誰の為に 生きているんだろう  どれだけ走っても 夕焼けには追いつけないさ 僕は僕の為にやっぱり 生きてゆこう 苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう  心が疲れたんだ 今は涙の雨がいい 心がおれそうで 勇気を探したんだ  泣きたくなるほど 生きてゆけばみつかると 何度でも 立ち上がって 明日をにらみつけた  そんな時に この僕は 空を見て考えた いったい誰の為に 生きているんだろう  どれだけ走っても 夕焼けには追いつけないさ 僕は僕の為にやっぱり 生きてゆこう 苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう  苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう長渕剛長渕剛長渕剛またひとつ負けちまった 死にたく なっちまうよ 悔しくて 悲しくて もうどうしようもない  淋しがらないでと 僕はこらえてきたんだ 弱虫が大っ嫌いな この僕だったから  そんな時に この僕は 空を見て考えた いったい誰の為に 生きているんだろう  どれだけ走っても 夕焼けには追いつけないさ 僕は僕の為にやっぱり 生きてゆこう 苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう  心が疲れたんだ 今は涙の雨がいい 心がおれそうで 勇気を探したんだ  泣きたくなるほど 生きてゆけばみつかると 何度でも 立ち上がって 明日をにらみつけた  そんな時に この僕は 空を見て考えた いったい誰の為に 生きているんだろう  どれだけ走っても 夕焼けには追いつけないさ 僕は僕の為にやっぱり 生きてゆこう 苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう  苦しみを越えたら いつかきっと 誰かがこの僕を 必ず待っていてくれるだろう
だん・だん・だんだん・だん・だん・だん・だん わかりかけてきた しらふでいたくない奴の気持ち  だん・だん・だん・だん・だん おもしろくなくなってきた 妙に顔がゆるみ しらけ笑う  正直さを秘めても すぐに裏切られる てめえのレースばかり とりやがる ところで あんたは どちらまで?  だん・だん・だん・だん・だん 欲張りになってきた いくら着こんでも すきま風  だん・だん・だん・だん・だん 腹もたたなくなった 流されていく俺と今の風に  後ろをふりかえると ほら 調子良い時ばかりの ペラペラ野郎たちが 逃げてゆく ところで あんたは どちらまで? だん・だん・だん・だん...... だん・だん・だん・だん・だん ひとりぼっちになった 友や女が去り 幕が閉まる  だん・だん・だん・だん・だん わかりかけてきた どこへ向かって 走ってるのか  こんなはずじゃなかったと 頭をかきむしり 時を止められない はがゆさがある ところで あんたは どちらまで?......長渕剛長渕剛長渕剛だん・だん・だん・だん・だん わかりかけてきた しらふでいたくない奴の気持ち  だん・だん・だん・だん・だん おもしろくなくなってきた 妙に顔がゆるみ しらけ笑う  正直さを秘めても すぐに裏切られる てめえのレースばかり とりやがる ところで あんたは どちらまで?  だん・だん・だん・だん・だん 欲張りになってきた いくら着こんでも すきま風  だん・だん・だん・だん・だん 腹もたたなくなった 流されていく俺と今の風に  後ろをふりかえると ほら 調子良い時ばかりの ペラペラ野郎たちが 逃げてゆく ところで あんたは どちらまで? だん・だん・だん・だん...... だん・だん・だん・だん・だん ひとりぼっちになった 友や女が去り 幕が閉まる  だん・だん・だん・だん・だん わかりかけてきた どこへ向かって 走ってるのか  こんなはずじゃなかったと 頭をかきむしり 時を止められない はがゆさがある ところで あんたは どちらまで?......
月が吠える月が垂直に立ち上がってる 閉ざされた鉄格子の小窓の向こう 低い屋根瓦から物悲しく 上弦の月が吠えている  一日四十本のタバコの煙で 砕けきしむ私の肋骨が折れるほど 薄い胸板を思いきりふくらまし 冷酷な世間の風を吐き捨てた  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える  叱る母もなく怒鳴る父もなく 帰る家も壊れ沈む時 最後に残るものは悲鳴じゃない 弱き者たちへの瞳(まなざし)が在る  さぞかし辛かったあの人間(ひと)たちと おちょこ一杯分もの塩っ辛い涙を 私の命と貴方の命で酌み交わせば 五臓六腑に優しさがしみる  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える  どうか愛しき人間(ひと)よ、ご無事でいて下さい どうか恨まず憎まず悪びれず 雲行きを明日に賭けて私は行きます 弱き者たちへの瞳(まなざし)在る場所へ  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える長渕剛長渕剛長渕剛月が垂直に立ち上がってる 閉ざされた鉄格子の小窓の向こう 低い屋根瓦から物悲しく 上弦の月が吠えている  一日四十本のタバコの煙で 砕けきしむ私の肋骨が折れるほど 薄い胸板を思いきりふくらまし 冷酷な世間の風を吐き捨てた  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える  叱る母もなく怒鳴る父もなく 帰る家も壊れ沈む時 最後に残るものは悲鳴じゃない 弱き者たちへの瞳(まなざし)が在る  さぞかし辛かったあの人間(ひと)たちと おちょこ一杯分もの塩っ辛い涙を 私の命と貴方の命で酌み交わせば 五臓六腑に優しさがしみる  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える  どうか愛しき人間(ひと)よ、ご無事でいて下さい どうか恨まず憎まず悪びれず 雲行きを明日に賭けて私は行きます 弱き者たちへの瞳(まなざし)在る場所へ  おうおうと私が泣くから おうおうと月が吠える
月がゆれる「ねえ 私の向こう側に あなたは いつも何を見つめているの? 抱きしめた あなたの背中に 涙が止めどなく こぼれてくるわ」  「こんなに人を愛してしまったのは 生まれて初めてだから どうしていいか 分からなくて あなたに嫌われるのが怖いの」 幾つも幾つも 口唇を重ねるたび 遠くへ行ってしまいそうで  行かないで 行かないで 何処にも 傍にいて 傍にいて このまま あなたと歩く街に 月がゆれる  乱れたまんまの お前の黒髪を 愛おしく優しく撫でる時 俺は明日を強く信じられるんだ そして お前の寝息を見つめているよ  頼むから 人を愛する事をそんなに怖がらないで欲しいんだ 俺の胸にしがみつき 震えてるお前の小っちゃな肩を ずっと ずっと 強く 強く 抱きしめてあげるから  泣かないで 泣かないで これ以上 行かないさ 行かないさ もう何処にも お前と歩く街に 月がゆれる  泣かないで 泣かないで これ以上 行かないさ 行かないさ もう何処にも お前と歩く街に 月がゆれる長渕剛長渕剛長渕剛「ねえ 私の向こう側に あなたは いつも何を見つめているの? 抱きしめた あなたの背中に 涙が止めどなく こぼれてくるわ」  「こんなに人を愛してしまったのは 生まれて初めてだから どうしていいか 分からなくて あなたに嫌われるのが怖いの」 幾つも幾つも 口唇を重ねるたび 遠くへ行ってしまいそうで  行かないで 行かないで 何処にも 傍にいて 傍にいて このまま あなたと歩く街に 月がゆれる  乱れたまんまの お前の黒髪を 愛おしく優しく撫でる時 俺は明日を強く信じられるんだ そして お前の寝息を見つめているよ  頼むから 人を愛する事をそんなに怖がらないで欲しいんだ 俺の胸にしがみつき 震えてるお前の小っちゃな肩を ずっと ずっと 強く 強く 抱きしめてあげるから  泣かないで 泣かないで これ以上 行かないさ 行かないさ もう何処にも お前と歩く街に 月がゆれる  泣かないで 泣かないで これ以上 行かないさ 行かないさ もう何処にも お前と歩く街に 月がゆれる
君を初めて 見た時から ずっと ずっと ずっと 好きなんだよ 離したくない 離れたくない こんな気持ちに なるなんて どうかしてるよ  かわいた風に 君の髪がなびく 海の向こう 夕陽が沈む時 ヤシの木陰で僕は恋の唄 君に唄いかけるよ  僕の声が ほんとに届いたら ずっと ずっと ずっと 走ってゆこうよ 波打ち際 裸のまんま 君と僕と 手をつないで かけてゆこうよ  緑の丘 お陽さまのぼったら 君を連れて 故郷(ふるさと)へ飛んでゆこうよ そして二人 街のチャペル 鐘を鳴らして しあわせに なってみようよ  天使の翼を 君は 今 広げ 大きく高く 高く 舞い上がれ ヤシの木陰で僕は君を抱き 永遠(とわ)の愛を誓うよ  君を初めて見た時から ずっと ずっと 明日を信じているよ 今日も 明日も あさっても ずっと ずっと 明日を信じているよ長渕剛長渕剛長渕剛君を初めて 見た時から ずっと ずっと ずっと 好きなんだよ 離したくない 離れたくない こんな気持ちに なるなんて どうかしてるよ  かわいた風に 君の髪がなびく 海の向こう 夕陽が沈む時 ヤシの木陰で僕は恋の唄 君に唄いかけるよ  僕の声が ほんとに届いたら ずっと ずっと ずっと 走ってゆこうよ 波打ち際 裸のまんま 君と僕と 手をつないで かけてゆこうよ  緑の丘 お陽さまのぼったら 君を連れて 故郷(ふるさと)へ飛んでゆこうよ そして二人 街のチャペル 鐘を鳴らして しあわせに なってみようよ  天使の翼を 君は 今 広げ 大きく高く 高く 舞い上がれ ヤシの木陰で僕は君を抱き 永遠(とわ)の愛を誓うよ  君を初めて見た時から ずっと ずっと 明日を信じているよ 今日も 明日も あさっても ずっと ずっと 明日を信じているよ
冷たい外国人昔々 ずっとその昔 身体のとても大きな男が 黒い電話で回したダイヤル 7・3・1 時代の傷跡の中に隠し忘れた 秘密の番号 とても悲しいお話だねと 誰かが 僕に言った 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  灰色の雨が降り続いてた 崩壊の年 1945 その男は退屈しのぎに 自分の舌を噛んだ 流れる赤い血におぼれながら 世紀末への袋小路で 飢えた子供は やせた母親の乳房で死んだ 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  右の頬 左の頬 打たれた 痛みその胸で受けとめろ 打たれた痛み その胸で受けとめろ  あれから38年の月日が 流れ去った今でも その男はひとりで電話の ベルを待ち続けてる もしかして時代の こめかみに引き金 引く時がきたとしても その男が 回すダイヤル 7・3・1 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  右の頬 左の頬 打たれた 痛みその胸で受けとめろ 打たれた痛み その胸で受けとめろ長渕剛長渕剛・松井五郎・秋元康長渕剛昔々 ずっとその昔 身体のとても大きな男が 黒い電話で回したダイヤル 7・3・1 時代の傷跡の中に隠し忘れた 秘密の番号 とても悲しいお話だねと 誰かが 僕に言った 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  灰色の雨が降り続いてた 崩壊の年 1945 その男は退屈しのぎに 自分の舌を噛んだ 流れる赤い血におぼれながら 世紀末への袋小路で 飢えた子供は やせた母親の乳房で死んだ 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  右の頬 左の頬 打たれた 痛みその胸で受けとめろ 打たれた痛み その胸で受けとめろ  あれから38年の月日が 流れ去った今でも その男はひとりで電話の ベルを待ち続けてる もしかして時代の こめかみに引き金 引く時がきたとしても その男が 回すダイヤル 7・3・1 歴史の水面に石を投げれば 本当は 僕らも 冷たい外国人 そうさ 冷たい 冷たい外国人  右の頬 左の頬 打たれた 痛みその胸で受けとめろ 打たれた痛み その胸で受けとめろ
鶴になった父ちゃんもしも も一度 逢えるならば 父ちゃんに やっぱり 逢いたい あの日のでっかい 背中にしがみつき おもいっきり 甘えて みたい  幼い俺を 父ちゃんは バイクに乗せて 宮ケ浜に いつも連れてってくれた 浜の西に沈む 夕陽が赤く揺れていて 海よりも 限りなく 優しかった  俺の父ちゃん…ただ生きていてくれるだけで 本当は 本当は よかった 俺の父ちゃん…最後の最後まで 俺の名を 呼んで くれたよね  俺は今 国道3号線を とばし 東シナ海を左に見て 山並ハイウェイ 米野津川を渡り 記憶をたどれば 出水 高尾野の原野に 雪が降る  父ちゃん綺麗だなあ 1万5000羽の鶴の群れたちがシベリアから飛んできたよ 父ちゃん綺麗だなあ 雪降る空から今天使のように一勢に舞い降りているよ  もしも も一度 逢えるならば 父ちゃんに やっぱり 逢いたい 澄みわたる 冷たい 風の中で おもいきり あたためて 欲しい  さらに 高尾野の原野に 降り積もる しんしんと しんしんと 雪が降る 白銀の空から舞い降りて来る鶴よ お前の 命の 叫びが うれしい!  俺の父ちゃん…ただ生きていてくれるだけで 本当は 本当は よかった 俺の父ちゃん…最後の最後まで 俺の名を 呼んで くれたよね  大切な人と もう二度と会えなくなったけど これ以上もう泣くのは止めちまおう この世で一番俺を愛してくれたから ずっとずっと俺の心に住みついているから  父ちゃん綺麗だなあ 1万5000羽の鶴の群れたちがシベリアから飛んできたよ 父ちゃん綺麗だなあ 雪降る空から今天使のように一勢に舞い降りているよ  La La La La長渕剛長渕剛長渕剛もしも も一度 逢えるならば 父ちゃんに やっぱり 逢いたい あの日のでっかい 背中にしがみつき おもいっきり 甘えて みたい  幼い俺を 父ちゃんは バイクに乗せて 宮ケ浜に いつも連れてってくれた 浜の西に沈む 夕陽が赤く揺れていて 海よりも 限りなく 優しかった  俺の父ちゃん…ただ生きていてくれるだけで 本当は 本当は よかった 俺の父ちゃん…最後の最後まで 俺の名を 呼んで くれたよね  俺は今 国道3号線を とばし 東シナ海を左に見て 山並ハイウェイ 米野津川を渡り 記憶をたどれば 出水 高尾野の原野に 雪が降る  父ちゃん綺麗だなあ 1万5000羽の鶴の群れたちがシベリアから飛んできたよ 父ちゃん綺麗だなあ 雪降る空から今天使のように一勢に舞い降りているよ  もしも も一度 逢えるならば 父ちゃんに やっぱり 逢いたい 澄みわたる 冷たい 風の中で おもいきり あたためて 欲しい  さらに 高尾野の原野に 降り積もる しんしんと しんしんと 雪が降る 白銀の空から舞い降りて来る鶴よ お前の 命の 叫びが うれしい!  俺の父ちゃん…ただ生きていてくれるだけで 本当は 本当は よかった 俺の父ちゃん…最後の最後まで 俺の名を 呼んで くれたよね  大切な人と もう二度と会えなくなったけど これ以上もう泣くのは止めちまおう この世で一番俺を愛してくれたから ずっとずっと俺の心に住みついているから  父ちゃん綺麗だなあ 1万5000羽の鶴の群れたちがシベリアから飛んできたよ 父ちゃん綺麗だなあ 雪降る空から今天使のように一勢に舞い降りているよ  La La La La
手のひら筆無精のあいつが ペンを 走らせたのは 口で言えない さよなら 告げる ためなんだ  窓の外は ひゅう ひゅう からっ風が吹いている あいつは君を 愛せない また ひとつの恋 破れておちてく 女は 悲しいね  人の心なんて いいかげんなものだね 君よりも あの娘を えらんだ 愚か者  しあわせにすると あの時 口から吐いた あいつは もう どこにも 居ない 君が 出て行った すぐそのあとに カーテンの色 変わってた  しあわせ ふしあわせ 手のひら かえすように 信じることは 裏切られることより つらいものだと わかっていても長渕剛長渕剛長渕剛筆無精のあいつが ペンを 走らせたのは 口で言えない さよなら 告げる ためなんだ  窓の外は ひゅう ひゅう からっ風が吹いている あいつは君を 愛せない また ひとつの恋 破れておちてく 女は 悲しいね  人の心なんて いいかげんなものだね 君よりも あの娘を えらんだ 愚か者  しあわせにすると あの時 口から吐いた あいつは もう どこにも 居ない 君が 出て行った すぐそのあとに カーテンの色 変わってた  しあわせ ふしあわせ 手のひら かえすように 信じることは 裏切られることより つらいものだと わかっていても
電信柱にひっかけた夢実に寒い夜だった 貨物列車の通りすぎる音がした これが最後と腹に決め 26のたくらみから足を洗った  新聞配達の自転車の音がした 酒の飲めない俺は 食パンをかじった 錆びた10円玉をひっくりかえし 「ついてねえや」とやぶにらみした 明け方の東京  生き恥をさらしても 裏街道はまっぴらさ ゴメンヨと詫びをいれ お前住む街へひっかえす  東中野の駅前に ああ 突っ立ったまんま 電信柱に ひっかけた夢 未練たらたら ひっかけた夢  浜松町から羽田に向かった 公衆電話から奴に電話した 握りしめた受話器の向こうで 「頑張れや」って奴が泣いた  抜き差しならねえ街だった 危うく俺の背骨をぬかれるとこだった 性に合わねえから家に帰るだけさと ふてくされた顔で 精一杯の負け惜しみ  俺だってあの日の海を 死ぬまで泳ぎ切るつもりさ あぶく銭にうもれて一生 男なんか演りたくねえ あの時の電信柱に ひっかけたくやしさと諦めが 俺の胸をたたきやがる たらたらと 胸をたたきやがる 俺の胸をたたきやがる たらたらと 胸をたたきやがる長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI実に寒い夜だった 貨物列車の通りすぎる音がした これが最後と腹に決め 26のたくらみから足を洗った  新聞配達の自転車の音がした 酒の飲めない俺は 食パンをかじった 錆びた10円玉をひっくりかえし 「ついてねえや」とやぶにらみした 明け方の東京  生き恥をさらしても 裏街道はまっぴらさ ゴメンヨと詫びをいれ お前住む街へひっかえす  東中野の駅前に ああ 突っ立ったまんま 電信柱に ひっかけた夢 未練たらたら ひっかけた夢  浜松町から羽田に向かった 公衆電話から奴に電話した 握りしめた受話器の向こうで 「頑張れや」って奴が泣いた  抜き差しならねえ街だった 危うく俺の背骨をぬかれるとこだった 性に合わねえから家に帰るだけさと ふてくされた顔で 精一杯の負け惜しみ  俺だってあの日の海を 死ぬまで泳ぎ切るつもりさ あぶく銭にうもれて一生 男なんか演りたくねえ あの時の電信柱に ひっかけたくやしさと諦めが 俺の胸をたたきやがる たらたらと 胸をたたきやがる 俺の胸をたたきやがる たらたらと 胸をたたきやがる
でんでん虫ショートホープをくるりとよじり 左親指、爪の上 三、四回吸い口をたたき 何が何でもマッチで火をつけた  あの頃すがる女がいじらしく やんちゃな夜にゃいたずらな花咲かせた つるんだ男のふくみ笑いが 今日も窓打つ雨の向こう  悪党!与太者!ろくでなし!と ののしられてたお前までが下手な優しさに しなだれかかるから馬鹿面になっちまう  死ぬ腹決めて殴り込んだあの日 今じゃ弱虫 毛虫か でんでん虫か ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ! ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ!  でっかい風呂敷、広げたわりにゃ しらけたゴタク並べたて 女の稼ぎにあぐらかき たわ言、泣き言たれるヒモになる  でんでん虫々、かたつむりヨ! シャバの女の乳房をもみに行こう 右手一杯、わしづかんだら 『人生、しんぼうや…!』とニカッと笑おう  悪党!与太者!ろくでなし!と ののしられてたお前までが下手な深情けに しなだれかかるから馬鹿面になっちまう  死ぬ腹決めて殴り込んだあの日 今じゃ弱虫 毛虫か でんでん虫か ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ! ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ!長渕剛長渕剛長渕剛ショートホープをくるりとよじり 左親指、爪の上 三、四回吸い口をたたき 何が何でもマッチで火をつけた  あの頃すがる女がいじらしく やんちゃな夜にゃいたずらな花咲かせた つるんだ男のふくみ笑いが 今日も窓打つ雨の向こう  悪党!与太者!ろくでなし!と ののしられてたお前までが下手な優しさに しなだれかかるから馬鹿面になっちまう  死ぬ腹決めて殴り込んだあの日 今じゃ弱虫 毛虫か でんでん虫か ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ! ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ!  でっかい風呂敷、広げたわりにゃ しらけたゴタク並べたて 女の稼ぎにあぐらかき たわ言、泣き言たれるヒモになる  でんでん虫々、かたつむりヨ! シャバの女の乳房をもみに行こう 右手一杯、わしづかんだら 『人生、しんぼうや…!』とニカッと笑おう  悪党!与太者!ろくでなし!と ののしられてたお前までが下手な深情けに しなだれかかるから馬鹿面になっちまう  死ぬ腹決めて殴り込んだあの日 今じゃ弱虫 毛虫か でんでん虫か ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ! ほら ツノ出せ! ヤリ出せ! 目玉出せ!
Tomorrowこのまま 死んでも かまわないと 僕の 胸の中 君が 泣いている  このまま 息絶え 首を ふさいでも 僕の 腕の中 君が つぶやく  私だけの あなたに あなただけの 私に 離さないで かたときも 私の命は あなたの為だけに 生きている  Tomorrow Tomorrow…明日を信じて Tomorrow Tomorrow…愛に立ち向かう  溢れる 涙に 今 口づけた 君を 抱きよせ ずうっと そばにいるよ  これから 僕らは 互いを 見つめて 吹きすさぶ 嵐へ 永遠の旅に出る  僕だけの 君に 君だけの 僕に 離さないで かたときも 僕の命は 君の為だけに 生きている  Tomorrow Tomorrow…明日を信じて Tomorrow Tomorrow…愛に立ち向かう長渕剛長渕剛長渕剛このまま 死んでも かまわないと 僕の 胸の中 君が 泣いている  このまま 息絶え 首を ふさいでも 僕の 腕の中 君が つぶやく  私だけの あなたに あなただけの 私に 離さないで かたときも 私の命は あなたの為だけに 生きている  Tomorrow Tomorrow…明日を信じて Tomorrow Tomorrow…愛に立ち向かう  溢れる 涙に 今 口づけた 君を 抱きよせ ずうっと そばにいるよ  これから 僕らは 互いを 見つめて 吹きすさぶ 嵐へ 永遠の旅に出る  僕だけの 君に 君だけの 僕に 離さないで かたときも 僕の命は 君の為だけに 生きている  Tomorrow Tomorrow…明日を信じて Tomorrow Tomorrow…愛に立ち向かう
東京都会の暮らしに憧れて 君は出て来たんだね 親や友達に 励まされて 東京に着くんだね  人の歩くその早さや 人の多さに驚かされて ぶつかる肩にも そ知らぬ都会に きっと慣れていくんだね  変わる 変わる 君の目の前が 恐ろしい早さで 変わるな 変わるな 君のその真っすぐな瞳だけは  東京に来るのに 眠れないほど あたふた あたふた 悩んだんだろ? 親父やおふくろの 反対を押し切り あたふた あたふた 悩んだんだろう?  人の問に踏み潰されて 信じることさえ恐くなっても それでも 奥歯を噛みしめて 君は生きて行くんだね  かなり古くさいマンションだけど フローリングの床が気に入った 東京暮らし 初めての正月 都会の初日 睨んでみた  午前6時48分 ビルの群れから太陽が昇った 「今年は田舎に帰らないよ」と わざと明るく言ってみたりした  変わる 変わる 君の目の前が 恐ろしい早さで 変わるな 変わるな 君のその真っすぐな瞳だけは  東京に来るのに 眠れないほど あたふた あたふた 悩んだんだろ? 親父やおふくろの 反対を押し切り あたふた あたふた 悩んだんだろう?  夢が東京(とかい)の暮らしの中で どうか消え失せてしまわぬように 傷つき泣く夜を数えたら この日の太陽 忘れぬように長渕剛長渕剛長渕剛都会の暮らしに憧れて 君は出て来たんだね 親や友達に 励まされて 東京に着くんだね  人の歩くその早さや 人の多さに驚かされて ぶつかる肩にも そ知らぬ都会に きっと慣れていくんだね  変わる 変わる 君の目の前が 恐ろしい早さで 変わるな 変わるな 君のその真っすぐな瞳だけは  東京に来るのに 眠れないほど あたふた あたふた 悩んだんだろ? 親父やおふくろの 反対を押し切り あたふた あたふた 悩んだんだろう?  人の問に踏み潰されて 信じることさえ恐くなっても それでも 奥歯を噛みしめて 君は生きて行くんだね  かなり古くさいマンションだけど フローリングの床が気に入った 東京暮らし 初めての正月 都会の初日 睨んでみた  午前6時48分 ビルの群れから太陽が昇った 「今年は田舎に帰らないよ」と わざと明るく言ってみたりした  変わる 変わる 君の目の前が 恐ろしい早さで 変わるな 変わるな 君のその真っすぐな瞳だけは  東京に来るのに 眠れないほど あたふた あたふた 悩んだんだろ? 親父やおふくろの 反対を押し切り あたふた あたふた 悩んだんだろう?  夢が東京(とかい)の暮らしの中で どうか消え失せてしまわぬように 傷つき泣く夜を数えたら この日の太陽 忘れぬように
東京青春朝焼物語両足が鉄の棒のように 痛かった お前と二人で不動産屋を廻った はり紙を 何度も何度も なぞりながら 井の頭線で五つめの駅で降りた 愛想の悪い酒屋で 俺は缶ビールを買った 植木鉢の下に 鍵を置く事に決めた 荷ほどきできない ダンボール箱を背中にして 俺たちは えびのように丸くなった  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる  二人でおんぼろの自転車にのり 野良猫の“チロ”を お前は拾ってきた 不釣合いな花柄のカーテンには困ったけど 南向きの窓が たまらなくよかった 豆腐屋のばあさんは ゴムのエプロンに長靴で いつも そこら中に 水をまいていた 「ごめんよ」が このばあさんの いつもの挨拶で そこを通るたびに 笑ってた  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる  カンカンと遠くで 踏切が鳴いてた 夕暮れ時の雨は 嫌だった つっかけを履いたまんま 女ものの傘をさし 角のバイク屋へ空気入れを借りに行く 鉄柵の向うからは 空が見えなかったけど 暮らすのに何の理屈も いらなかった ただ初めて お前の台所に立った背中を 抱きしめたのは ささやかな俺の覚悟だった  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる 今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる長渕剛長渕剛長渕剛両足が鉄の棒のように 痛かった お前と二人で不動産屋を廻った はり紙を 何度も何度も なぞりながら 井の頭線で五つめの駅で降りた 愛想の悪い酒屋で 俺は缶ビールを買った 植木鉢の下に 鍵を置く事に決めた 荷ほどきできない ダンボール箱を背中にして 俺たちは えびのように丸くなった  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる  二人でおんぼろの自転車にのり 野良猫の“チロ”を お前は拾ってきた 不釣合いな花柄のカーテンには困ったけど 南向きの窓が たまらなくよかった 豆腐屋のばあさんは ゴムのエプロンに長靴で いつも そこら中に 水をまいていた 「ごめんよ」が このばあさんの いつもの挨拶で そこを通るたびに 笑ってた  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる  カンカンと遠くで 踏切が鳴いてた 夕暮れ時の雨は 嫌だった つっかけを履いたまんま 女ものの傘をさし 角のバイク屋へ空気入れを借りに行く 鉄柵の向うからは 空が見えなかったけど 暮らすのに何の理屈も いらなかった ただ初めて お前の台所に立った背中を 抱きしめたのは ささやかな俺の覚悟だった  今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる 今日から俺 東京の人になる のこのこと 来ちまったけど 今日からお前 東京の人になる せっせせっせと 東京の人になる
友達がいなくなっちゃった学校帰りの屋根裏部屋で 俺達は酒を持ち込み ハイライトを吸っていた にきび面を くしゃくしゃにしかめながら 将来の夢を朝が来るまで語った  あれから一つまばたきをしただけで 16年ぶりに俺達は屋根裏部屋に集まった 話す事といえば ゴルフと銭と出世話 そして 昔の唄ばっかりを朝まで唄った 俺は何となくやりきれない想いで タバコを焦がした明日の情熱をみていた すると友達は俺にこう言った 「お前も変わったな 少し丸くなったよな」って  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  真黒に日焼けした俺達はいつだって それぞれの明日をかきむしっていたのに なぜに友達は酒を飲まなきゃ 本当の事を しゃべらなくなっちまうんだろう なぜに友達は酒をあおりながら うらやむような瞳で愚痴しか言わなくなるんだろう なぜに友達は同じ河川を いっしょに渡れなくなっちまうんだろう  話す事もつきてくると 「それじゃまたな」って 俺達は屋根裏部屋を出た 変わったのは俺じゃなくて お前の方なんだと 最後まで言えなかった  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 長渕剛長渕剛長渕剛学校帰りの屋根裏部屋で 俺達は酒を持ち込み ハイライトを吸っていた にきび面を くしゃくしゃにしかめながら 将来の夢を朝が来るまで語った  あれから一つまばたきをしただけで 16年ぶりに俺達は屋根裏部屋に集まった 話す事といえば ゴルフと銭と出世話 そして 昔の唄ばっかりを朝まで唄った 俺は何となくやりきれない想いで タバコを焦がした明日の情熱をみていた すると友達は俺にこう言った 「お前も変わったな 少し丸くなったよな」って  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  真黒に日焼けした俺達はいつだって それぞれの明日をかきむしっていたのに なぜに友達は酒を飲まなきゃ 本当の事を しゃべらなくなっちまうんだろう なぜに友達は酒をあおりながら うらやむような瞳で愚痴しか言わなくなるんだろう なぜに友達は同じ河川を いっしょに渡れなくなっちまうんだろう  話す事もつきてくると 「それじゃまたな」って 俺達は屋根裏部屋を出た 変わったのは俺じゃなくて お前の方なんだと 最後まで言えなかった  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 気がついたら 一人もいなくなっちゃった だけど俺 寂しくなんかない 仲好しクラブの付き合いはまっぴらさ  友達がいなくなっちゃった 
友への手紙おいお前! このごろ調子はどうだね 相変わらずあの娘(こ)と うまくやっているのかい 俺らと言えば 昔の恋人にも そっぽむかれて 唄う歌はおきまりさ  おいお前! 弘明たちが 結婚するらしいな あのころは 朝まで飲みあかすたびに 『女なんて!』とほざいてたあいつがね さみしさ半分 俺らとまどうばかりさ  ふるさと離れて三年 さみしい街だよ東京 だけど 俺らみたいな へなちょこ野郎は も少しここで もまれなければ  思えばこの街で もう三度目の冬さ コンクリートの冷たさが 靴のかかとで響く まるめた背中で 灯りをともしてみれば お前の写真が 帰って来いと笑う  こんな毎日だけど 当分はここで暮すよ 相変わらず歌ばかり唄って行こうと思う でもな たまには俺の事 想い出して 手紙のひとつでも 出しておくれよ  ふるさと離れて三年 さみしい街だよ東京 だけど 俺らみたいな へなちょこ野郎は も少しここで もまれなければ長渕剛長渕剛長渕剛おいお前! このごろ調子はどうだね 相変わらずあの娘(こ)と うまくやっているのかい 俺らと言えば 昔の恋人にも そっぽむかれて 唄う歌はおきまりさ  おいお前! 弘明たちが 結婚するらしいな あのころは 朝まで飲みあかすたびに 『女なんて!』とほざいてたあいつがね さみしさ半分 俺らとまどうばかりさ  ふるさと離れて三年 さみしい街だよ東京 だけど 俺らみたいな へなちょこ野郎は も少しここで もまれなければ  思えばこの街で もう三度目の冬さ コンクリートの冷たさが 靴のかかとで響く まるめた背中で 灯りをともしてみれば お前の写真が 帰って来いと笑う  こんな毎日だけど 当分はここで暮すよ 相変わらず歌ばかり唄って行こうと思う でもな たまには俺の事 想い出して 手紙のひとつでも 出しておくれよ  ふるさと離れて三年 さみしい街だよ東京 だけど 俺らみたいな へなちょこ野郎は も少しここで もまれなければ
友よもしも貴方にしてあげられることといったら いっしょに泣いてあげることくらい そして両手を合わせて祈ることくらい だけど決して私を優しい男だと どうか思わないで欲しいんだ何故ならば 人知れず俺だってこっそり泣くのだから  友よ その昔 俺たちは汗をかいた 友よ その昔 俺たちは西陽を追いかけた 友よ その昔 俺たちは土の匂いをしてた 友よ その昔 俺たちは守るために走ってた  もしも貴方にいっしょに泣く人間がいなければ 涙が枯れるまで貴方が泣けばいい そして俺たちの昔を思い出して欲しい だけど決して 決してあきらめないでくれ どうかもう一度広い校庭の向こうの手の届かなかった 頭の上 赤錆びた鉄棒にぶら下がろうよ  友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ  友よ その昔 俺たちは汗をかいた 友よ その昔 俺たちは西陽を追いかけた 友よ その昔 俺たちは土の匂いをしてた 友よ その昔 俺たちは守るために走ってた 友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ 友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ長渕剛長渕剛長渕剛もしも貴方にしてあげられることといったら いっしょに泣いてあげることくらい そして両手を合わせて祈ることくらい だけど決して私を優しい男だと どうか思わないで欲しいんだ何故ならば 人知れず俺だってこっそり泣くのだから  友よ その昔 俺たちは汗をかいた 友よ その昔 俺たちは西陽を追いかけた 友よ その昔 俺たちは土の匂いをしてた 友よ その昔 俺たちは守るために走ってた  もしも貴方にいっしょに泣く人間がいなければ 涙が枯れるまで貴方が泣けばいい そして俺たちの昔を思い出して欲しい だけど決して 決してあきらめないでくれ どうかもう一度広い校庭の向こうの手の届かなかった 頭の上 赤錆びた鉄棒にぶら下がろうよ  友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ  友よ その昔 俺たちは汗をかいた 友よ その昔 俺たちは西陽を追いかけた 友よ その昔 俺たちは土の匂いをしてた 友よ その昔 俺たちは守るために走ってた 友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ 友よ 君たちは今 汗をかかなくなったね 友よ 君たちは今 西陽に背を向けてるよね 友よ 君たちは今 土の匂いに鼻をつまんでる 友よ 俺は今でも 守るために走っていたいのだ
TRY AGAINあの時もっと 自分探して あきらめないで 走っていれば こんなことに なりはしなかった 後悔ばかりで どうしようもない  壊れた 過去の 破片を拾って つなぎ合わせ そっと抱きしめたい  掴むか捨てるか! 好きか嫌いか! 行くか行かないかだ! 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 Try Again もう一度 Try Again もう一度 やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない… One More Try  人は誰でも 何か失い 涙 流して 何かを探す やせた瞳は 嘘に傷つき それでも突っ立ち やり直せると  苦しみが 罪なら 破片を拾って つなぎ合わせ そっと償いたい  やるかやめるか! 好きか嫌いか! 止まるか走るかだ! 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中  Try Again もう一度 Try Again もう一度 やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない… One More Try長渕剛長渕剛長渕剛あの時もっと 自分探して あきらめないで 走っていれば こんなことに なりはしなかった 後悔ばかりで どうしようもない  壊れた 過去の 破片を拾って つなぎ合わせ そっと抱きしめたい  掴むか捨てるか! 好きか嫌いか! 行くか行かないかだ! 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 Try Again もう一度 Try Again もう一度 やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない… One More Try  人は誰でも 何か失い 涙 流して 何かを探す やせた瞳は 嘘に傷つき それでも突っ立ち やり直せると  苦しみが 罪なら 破片を拾って つなぎ合わせ そっと償いたい  やるかやめるか! 好きか嫌いか! 止まるか走るかだ! 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中  Try Again もう一度 Try Again もう一度 やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない… One More Try
TRY AGAIN for JAPANTry Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  あの時もっと 自分探して あきらめないで 走っていれば こんなことに なりはしなかった 後悔ばかりで どうしようもない  壊れた 過去の 破片を拾って つなぎ合わせ そっと抱きしめたい  掴むか捨てるか 好きか嫌いか 行くか行かないかだ 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 (悔しさの中)  Try Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  Try Again...  人は誰でも 何か失い 涙 流して 何かを探す やせた瞳は 嘘に傷つき それでも突っ立ち やり直せると  苦しみが 罪なら 破片を拾って つなぎ合わせ そっと償いたい  やるかやめるか 好きか嫌いか 止まるか走るかだ 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 (悔しさの中)  Try Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  One More Try Yes, Yes, Yes  やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない  Try Again! Try Again! Try Again!長渕剛長渕剛長渕剛Try Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  あの時もっと 自分探して あきらめないで 走っていれば こんなことに なりはしなかった 後悔ばかりで どうしようもない  壊れた 過去の 破片を拾って つなぎ合わせ そっと抱きしめたい  掴むか捨てるか 好きか嫌いか 行くか行かないかだ 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 (悔しさの中)  Try Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  Try Again...  人は誰でも 何か失い 涙 流して 何かを探す やせた瞳は 嘘に傷つき それでも突っ立ち やり直せると  苦しみが 罪なら 破片を拾って つなぎ合わせ そっと償いたい  やるかやめるか 好きか嫌いか 止まるか走るかだ 俺の時計は あの時のまま 踏みつぶされた 悔しさの中 (悔しさの中)  Try Again もう一度 (もう一度) Try Again もう一度 (もう一度) やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない…One More Try, One More Try, One More Try  One More Try Yes, Yes, Yes  やり直せる 気がするんだ 今なら 間に合うかもしれない  Try Again! Try Again! Try Again!
とんぼPLATINA LYLICコツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに 俺は俺で在り続けたいそう願った 裏腹な心たちが見えてやりきれない夜を数え のがれられない闇の中で今日も眠ったふりをする  死にたいくらいに憧れた花の都“大東京” 薄っぺらのボストン・バッグ北へ北へ向かった ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが 今ごろになってやけに骨身にしみる  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあ  明日からまた冬の風が横っつらを吹き抜けて行く それでもおめおめと生きぬく俺を恥らう 裸足のまんまじゃ寒くて凍りつくような夜を数え だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ  死にたいくらいに憧れた東京のバカヤローが 知らん顔して黙ったまま突っ立ってる ケツの座りの悪い都会で憤りの酒をたらせば 半端な俺の骨身にしみる  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあ  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあPLATINA LYLIC長渕剛長渕剛長渕剛コツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに 俺は俺で在り続けたいそう願った 裏腹な心たちが見えてやりきれない夜を数え のがれられない闇の中で今日も眠ったふりをする  死にたいくらいに憧れた花の都“大東京” 薄っぺらのボストン・バッグ北へ北へ向かった ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが 今ごろになってやけに骨身にしみる  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあ  明日からまた冬の風が横っつらを吹き抜けて行く それでもおめおめと生きぬく俺を恥らう 裸足のまんまじゃ寒くて凍りつくような夜を数え だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ  死にたいくらいに憧れた東京のバカヤローが 知らん顔して黙ったまま突っ立ってる ケツの座りの悪い都会で憤りの酒をたらせば 半端な俺の骨身にしみる  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあ  ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して笑ってらあ
どしゃぶり Rainy Dayいつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ  月曜の晩どしゃぶり Rainy Day その日俺らは飲んだくれて 熱い吐息であの娘に Love Call Telephone Number 425 ねぼけまなこで Who are you? 疲れたような Sexy Voice 悪い事しようぜ久しぶりじゃん 俺ら宿無し一文無し Oh...  これでやっと君の家のDoorをたたく 俺ら飢えたドーベルマン そして君は荒れた海の上に ひとり迷い込んだカモメ Oh Yeah! Yeah! Yeah!  いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ  火曜の朝もどしゃぶり Rainy Day 二日酔でも気分はRainbow 白いシーツに昨日くるんで ポイと外へ捨てちまえ 背中の爪あと昨日の夢 痛いようなむずがゆいような 理屈抜きだぜ君の負けさ 両手あげて笑いなよ Oh...  これでやっと君の家のDoorをたたく 俺ら飢えたドーベルマン そして君は荒れた海の上に ひとり迷い込んだカモメ Oh Yeah! Yeah! Yeah!  いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ長渕剛長渕剛長渕剛いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ  月曜の晩どしゃぶり Rainy Day その日俺らは飲んだくれて 熱い吐息であの娘に Love Call Telephone Number 425 ねぼけまなこで Who are you? 疲れたような Sexy Voice 悪い事しようぜ久しぶりじゃん 俺ら宿無し一文無し Oh...  これでやっと君の家のDoorをたたく 俺ら飢えたドーベルマン そして君は荒れた海の上に ひとり迷い込んだカモメ Oh Yeah! Yeah! Yeah!  いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ  火曜の朝もどしゃぶり Rainy Day 二日酔でも気分はRainbow 白いシーツに昨日くるんで ポイと外へ捨てちまえ 背中の爪あと昨日の夢 痛いようなむずがゆいような 理屈抜きだぜ君の負けさ 両手あげて笑いなよ Oh...  これでやっと君の家のDoorをたたく 俺ら飢えたドーベルマン そして君は荒れた海の上に ひとり迷い込んだカモメ Oh Yeah! Yeah! Yeah!  いつになく今夜は気分がいい 俺らただ君の上を 3拍子で歩きたいだけさ
どつぼにはまってどっぴんしゃ!!「どうしてそこまで俺の為に 痛み苦しみ、のたうちまわるのか」と 貴様が言うから  『買いかぶりだぜ、調子にのるなよ』と 胸ぐらつかめばひるみやがったから 信じるに及ばず  腐り切ったふぬけな顔で ケジメも知らねえからマジメをあざけ笑う あゝ のっぴきならねぇ半端者 にっちもさっちも袋小路でぬけられねぇ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ  女郎蜘蛛が天井を這う 貴様がすがりしなだれかかった 女のベッドの上  きしむ優しさごっこの後 男の意地を嘘で固めやがるから 俺の勘にさわる  やらせ やられ やりまくられ 愛おしや、いじらしい女の純情よ! あゝ いっぺんてめえの足でこっちに来いや! にっちもさっちも男の血潮がおさまらねぇ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ長渕剛長渕剛長渕剛「どうしてそこまで俺の為に 痛み苦しみ、のたうちまわるのか」と 貴様が言うから  『買いかぶりだぜ、調子にのるなよ』と 胸ぐらつかめばひるみやがったから 信じるに及ばず  腐り切ったふぬけな顔で ケジメも知らねえからマジメをあざけ笑う あゝ のっぴきならねぇ半端者 にっちもさっちも袋小路でぬけられねぇ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ  女郎蜘蛛が天井を這う 貴様がすがりしなだれかかった 女のベッドの上  きしむ優しさごっこの後 男の意地を嘘で固めやがるから 俺の勘にさわる  やらせ やられ やりまくられ 愛おしや、いじらしい女の純情よ! あゝ いっぺんてめえの足でこっちに来いや! にっちもさっちも男の血潮がおさまらねぇ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ  どつぼにはまったまんま チューチュー泣いてらぁ どつぼにはまったまんま ほら、ふんづまってらぁ
DON'T CRY MY LOVE二人をくるむ しわくちゃのシーツに 街はずれの月灯りが 涙をおとした ねえ、今度いつ会える? また私と会ってくれるの? 何回聞けば答えてくれるの?  今夜のお前 とてもきれいだ だけど たのむから この俺をたしかめないで 向こうむきなよ 背中を抱きしめたいから 寒いね 寒いね 二人抱き合っていても  きっと同じ人生を 同じ歩幅で歩いてゆけたら 君をこんなにうたがわせずに すんだのかもしれないね Don't Cry My Love ひとつになっても Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love Don't cry Your Love  離さないで そのうでを ずっとこのまま 気が遠くなるほど あなたの夢でいたかった 通りすぎてく季節の風が 想い出とかす前に ごめんね ごめんね もうここを出て行くわ  いつから愛を使い果たしたのか! 何にもできず 見送ることで 終わりになるなんて 夜が沈み 二人の愛がすべり始める時 壁越しに聞こえるピアノ お前を追いかける  きっと同じ人生を 同じ歩幅で歩いてゆけたら 君をこんなにうたがわせずに すんだのかもしれないね Don't Cry My Love ひとつになっても Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love  ひとつになっても Don't Cry Your Love  Don't Cry My Love yeah yeah Ah oh Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love yeah yeah Ah oh Don't Cry Your Love ひとつになれないよ長渕剛長渕剛・吉見佑子長渕剛二人をくるむ しわくちゃのシーツに 街はずれの月灯りが 涙をおとした ねえ、今度いつ会える? また私と会ってくれるの? 何回聞けば答えてくれるの?  今夜のお前 とてもきれいだ だけど たのむから この俺をたしかめないで 向こうむきなよ 背中を抱きしめたいから 寒いね 寒いね 二人抱き合っていても  きっと同じ人生を 同じ歩幅で歩いてゆけたら 君をこんなにうたがわせずに すんだのかもしれないね Don't Cry My Love ひとつになっても Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love Don't cry Your Love  離さないで そのうでを ずっとこのまま 気が遠くなるほど あなたの夢でいたかった 通りすぎてく季節の風が 想い出とかす前に ごめんね ごめんね もうここを出て行くわ  いつから愛を使い果たしたのか! 何にもできず 見送ることで 終わりになるなんて 夜が沈み 二人の愛がすべり始める時 壁越しに聞こえるピアノ お前を追いかける  きっと同じ人生を 同じ歩幅で歩いてゆけたら 君をこんなにうたがわせずに すんだのかもしれないね Don't Cry My Love ひとつになっても Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love  ひとつになっても Don't Cry Your Love  Don't Cry My Love yeah yeah Ah oh Don't Cry Your Love ひとつになれないよ Don't Cry My Love yeah yeah Ah oh Don't Cry Your Love ひとつになれないよ
Don't Think Twice ~桜並木の面影にゆれて~明日なんてない 希望なんてない 昔の栄光? 誰も知らない 書き直しても かまわないから Don't think twice  生きることなんて 確信など無い ただ今日に爪を突っ立て 時代の壁をひっかき It's all right  昔なんてない 昔は語らない 今日を感じたい 今日にしがみつき 常に今日だけ 今日という日だけ Don't think twice  正しさなんて 変わりゆくもの ただ今日に爪を突っ立て 欲しい物は全て 手に入れちまえ  Not too late ふり出しにもどろう Not too late ふり出しにもどろう 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice  u… 桜舞い散る 面影にゆれて u… 桜舞い散る ヒラヒラ舞い散る  永遠じゃない 最後でもない 夕焼けは嫌い たそがれもない 泣き崩れても かまわないから Don't think twice  今日の孤独に 折り合いをつけ 咲く花の声 響くメロディ 生まれたばかりの Today  自由なんてない 束縛もない 昨日は大嫌い 足跡もない 歩き疲れても かまわないから Don't think twice  愛は語らない 語り尽くせない ただ今日だけ 今日しかなくて 今日 咲き乱れよう It's all right  Not too late ふり出しにもどろう Not too late ふり出しにもどろう 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice  u… 桜舞い散る 面影にゆれて u… 桜舞い散る ヒラヒラ舞い散る長渕剛長渕剛長渕剛明日なんてない 希望なんてない 昔の栄光? 誰も知らない 書き直しても かまわないから Don't think twice  生きることなんて 確信など無い ただ今日に爪を突っ立て 時代の壁をひっかき It's all right  昔なんてない 昔は語らない 今日を感じたい 今日にしがみつき 常に今日だけ 今日という日だけ Don't think twice  正しさなんて 変わりゆくもの ただ今日に爪を突っ立て 欲しい物は全て 手に入れちまえ  Not too late ふり出しにもどろう Not too late ふり出しにもどろう 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice  u… 桜舞い散る 面影にゆれて u… 桜舞い散る ヒラヒラ舞い散る  永遠じゃない 最後でもない 夕焼けは嫌い たそがれもない 泣き崩れても かまわないから Don't think twice  今日の孤独に 折り合いをつけ 咲く花の声 響くメロディ 生まれたばかりの Today  自由なんてない 束縛もない 昨日は大嫌い 足跡もない 歩き疲れても かまわないから Don't think twice  愛は語らない 語り尽くせない ただ今日だけ 今日しかなくて 今日 咲き乱れよう It's all right  Not too late ふり出しにもどろう Not too late ふり出しにもどろう 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice 花びら舞い散る桜 桜並木の面影にゆれて Don't think twice  u… 桜舞い散る 面影にゆれて u… 桜舞い散る ヒラヒラ舞い散る
泣いてチンピラ泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ 泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ  明けても暮れても喧嘩でパクられ イキがった 花の都に憧れて 飛んで来た逸れ鳥 のがれ のがれて 破れた襖にもたれて 流す涙をひとつなめた ああ友情 愛情 人情 何かが足りねえ ああ膝を抱え 全てぶっ壊した夜 Woo woo woo…  ずらかっちまった方が ましだと考えた朝 紙コップの味噌汁をかじれば 天井が笑う 裸電球 ぶら下がった部屋で 忍び泣いてる女は なお哀しくて ああ爪を噛んで 強くお前を抱きしめた ああ吹いてきたぜ 臆病風が吹いてきた Woo woo woo…  六尺足らずの五尺のやせこけた体で 刺せば監獄 刺されば地獄の腐った街で どうせかなわぬ はかない夢なら 散って狂って捨て身で生きてやれよと ああ背中丸め 声を殺し 思いきり ああ泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ  泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ 泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ長渕剛長渕剛長渕剛泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ 泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ  明けても暮れても喧嘩でパクられ イキがった 花の都に憧れて 飛んで来た逸れ鳥 のがれ のがれて 破れた襖にもたれて 流す涙をひとつなめた ああ友情 愛情 人情 何かが足りねえ ああ膝を抱え 全てぶっ壊した夜 Woo woo woo…  ずらかっちまった方が ましだと考えた朝 紙コップの味噌汁をかじれば 天井が笑う 裸電球 ぶら下がった部屋で 忍び泣いてる女は なお哀しくて ああ爪を噛んで 強くお前を抱きしめた ああ吹いてきたぜ 臆病風が吹いてきた Woo woo woo…  六尺足らずの五尺のやせこけた体で 刺せば監獄 刺されば地獄の腐った街で どうせかなわぬ はかない夢なら 散って狂って捨て身で生きてやれよと ああ背中丸め 声を殺し 思いきり ああ泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ  泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ 泣いて 泣いて 泣いて チンピラになりてえ
長いのぼり坂長い長いのぼり坂 走ってみても同じこと のぼり坂は人生さ くだり坂は落ちるだけ 別れ道は 運命さ どの道行こうと 俺たちの 行きつく所へまっしぐら 誰の口出しも無用です  あせってみても 始まらぬ 人生のんびり 生きてやる 後にさがれぬ道ならば 大地を踏みしめ歩きましょう  道草ならば冬が良い 浮かれた頭を冷やすのさ 恋にやつれたら秋が良い 落ち葉ひろってもの想い 夏になったら悩み捨てて 口笛ふいてみてもいい 何も飾らず期待せず 横目で春を見送ろう  あせってみても 始まらぬ 人生のんびり 生きてやる 長い長いのぼり坂 走ってみても同じこと 後にさがれぬ道ならば 大地を踏みしめ歩きましょう 大地を踏みしめ歩きましょう長渕剛長渕剛長渕剛長い長いのぼり坂 走ってみても同じこと のぼり坂は人生さ くだり坂は落ちるだけ 別れ道は 運命さ どの道行こうと 俺たちの 行きつく所へまっしぐら 誰の口出しも無用です  あせってみても 始まらぬ 人生のんびり 生きてやる 後にさがれぬ道ならば 大地を踏みしめ歩きましょう  道草ならば冬が良い 浮かれた頭を冷やすのさ 恋にやつれたら秋が良い 落ち葉ひろってもの想い 夏になったら悩み捨てて 口笛ふいてみてもいい 何も飾らず期待せず 横目で春を見送ろう  あせってみても 始まらぬ 人生のんびり 生きてやる 長い長いのぼり坂 走ってみても同じこと 後にさがれぬ道ならば 大地を踏みしめ歩きましょう 大地を踏みしめ歩きましょう
流れもの調子っぱずれの都会の路地裏で 飲んだくれた帰りにしこたま吐いた いんちきまがいの臭い男の屁理屈に へどが出るほど不愉快な夜だった  真っ赤にただれきった今どきの露骨な 男のやさしさ芝居にゃついてゆけねえ につまった一日を下手くそなカラオケで すすり泣くように唄われるのはゴメンだ  イラつく世間におさまりがつかず 舗道につばを吐きケンカをふっかけた ボロボロになって胸引き裂かれたけど 俺にゃちっとも痛くもかゆくもなかった  どうせ俺らはどこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ どうせ俺らはどこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯  苦しい事など他人に語るな ドブに捨てちまったら一生だんまり決めろ 義理も人情もケジメもねえこの街で 今夜もずけずけと生き恥をさらす  働きっぱなしの24時間 ビルの谷間に日が沈む 夕焼けの色はいつか俺が見た 横たわるおふくろの血の色より赤かった  明日になれば明日の風が吹く 性に合わねえならケツをまくればいい 気にするほどの事じゃもともとねえさ きっぱりふっきったらこの街を出よう  どうせ俺らはどこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ (どうせ俺らは) どこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯 (どうせ俺らは) どこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ (どうせ俺らは) どこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯長渕剛長渕剛長渕剛調子っぱずれの都会の路地裏で 飲んだくれた帰りにしこたま吐いた いんちきまがいの臭い男の屁理屈に へどが出るほど不愉快な夜だった  真っ赤にただれきった今どきの露骨な 男のやさしさ芝居にゃついてゆけねえ につまった一日を下手くそなカラオケで すすり泣くように唄われるのはゴメンだ  イラつく世間におさまりがつかず 舗道につばを吐きケンカをふっかけた ボロボロになって胸引き裂かれたけど 俺にゃちっとも痛くもかゆくもなかった  どうせ俺らはどこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ どうせ俺らはどこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯  苦しい事など他人に語るな ドブに捨てちまったら一生だんまり決めろ 義理も人情もケジメもねえこの街で 今夜もずけずけと生き恥をさらす  働きっぱなしの24時間 ビルの谷間に日が沈む 夕焼けの色はいつか俺が見た 横たわるおふくろの血の色より赤かった  明日になれば明日の風が吹く 性に合わねえならケツをまくればいい 気にするほどの事じゃもともとねえさ きっぱりふっきったらこの街を出よう  どうせ俺らはどこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ (どうせ俺らは) どこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯 (どうせ俺らは) どこかの流れ者 俺らのしかめっ面 今さらなおるわけがねえ (どうせ俺らは) どこかの流れ者 生まれっつきのうらぶれた小汚ねえ暮らしに乾杯
泣き虫泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みついて 理由(わけ)もなく涙が ポロポロポロポロ流れた  こんな時誰かに すがりつきたくて だけど大事な友達さえ 知らん顔して消えてった  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温ったまるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ  人を好きになったのに 涙が出たんじゃこまるのさ 夢を追いかけてきたのに 涙が出たんじゃこまるのさ  大きな背中を追いかけて 誰にも負けずに走った 大きな胸に飛び込んで 『信じてたょ』って叫んだ  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温ったまるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ  真っ直ぐに見つめる事が 出来ないなんて辛いよね わかってもらえないから 空き缶けっ飛ばし帰った  泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みついて 理由(わけ)もなく涙が ポロポロポロポロ流れた  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温まるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ長渕剛長渕剛長渕剛泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みついて 理由(わけ)もなく涙が ポロポロポロポロ流れた  こんな時誰かに すがりつきたくて だけど大事な友達さえ 知らん顔して消えてった  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温ったまるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ  人を好きになったのに 涙が出たんじゃこまるのさ 夢を追いかけてきたのに 涙が出たんじゃこまるのさ  大きな背中を追いかけて 誰にも負けずに走った 大きな胸に飛び込んで 『信じてたょ』って叫んだ  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温ったまるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ  真っ直ぐに見つめる事が 出来ないなんて辛いよね わかってもらえないから 空き缶けっ飛ばし帰った  泣き虫はいつもいつも 俺らの心に住みついて 理由(わけ)もなく涙が ポロポロポロポロ流れた  えーいえい!えーいえい! 俺らの心が温まるまで えーいえい!えーいえい! 子供のように泣いたのさ
泣くな、泣くな、そんな事でうらやむほどの男に「俺」なりたくて みっともねえ真似をずいぶんしてきた だけど良いも悪いも全部自分だから せめて人の心を決して裏切らぬようにと  筋の通らぬせち辛いこの世の中で あいつとうまくやっていきたいだけだった 信じる心はバナナのたたき売りみたいに しおれた花に足をふんづけやがる  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある  だらしのねえ ひ弱な俺の胸を突き刺せば 力のなさと言いわけが 背中でせせら笑う わかっちゃいるけど やめられねえ事もあった だけど生爪(なまづめ)はぎ取るほどの痛みでもねえ  わかってたまるか 大粒の涙をちぎり捨て 眠れぬ夜に ただひとり酒をかじる かみしめる口唇から なおさら血がにじむ だけど容赦なく明日は俺の頭上にやってくる  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHIうらやむほどの男に「俺」なりたくて みっともねえ真似をずいぶんしてきた だけど良いも悪いも全部自分だから せめて人の心を決して裏切らぬようにと  筋の通らぬせち辛いこの世の中で あいつとうまくやっていきたいだけだった 信じる心はバナナのたたき売りみたいに しおれた花に足をふんづけやがる  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある  だらしのねえ ひ弱な俺の胸を突き刺せば 力のなさと言いわけが 背中でせせら笑う わかっちゃいるけど やめられねえ事もあった だけど生爪(なまづめ)はぎ取るほどの痛みでもねえ  わかってたまるか 大粒の涙をちぎり捨て 眠れぬ夜に ただひとり酒をかじる かみしめる口唇から なおさら血がにじむ だけど容赦なく明日は俺の頭上にやってくる  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある  泣くな 泣くな たかだかそんな事で 泣くな 泣くな たかだかそんな事で 叩かれ だまされ おまけに追いつめられ 生きる事が嫌になる時くらい 俺にもある
嘆きのコーヒーサイフォンコーヒー飲みたいな 時間におくれそう 気分が悪いな Ah… 徹夜になるほどの ことでもねえのに あ… かったるい朝  昨日の酒がぬけず 昨日の馬鹿っ面の 臭え あいつの 言い訳 がまんするほどの ことでもねえのに あ… かったるい朝  信じるも信じねえもねえさ やるって決めたことはやんなきゃなんねえし おまえみてえに 何度も何度もしくじるわけにはいかねえし ぶっ飛ばしたって わかんねえし 心の話しても わかんねえし そんでくそまじめな面して「…すみません」って言われても誰が喜ぶ?  おまえがちゃんと普通に伝えてくれてりゃ こんなことにはならなかったってことが この1年でどんだけ?どれだけ? あ… かったるい朝  てめえ 人にぶら下がって生きんなら しっかり掴めや 俺を けど 人にぶら下がって生きねえんなら 自分しっかり持たなきゃよ まぁおまえ一辺ここに座れや!! 『もう2度とてめえの面なんか見たくねえ!』って言ってもよ… 次の朝になりゃ 『あいつ…何とかしてやりてえな』って思うのが優しさってもんだろが!! けど その優しさにあぐらをかいて 汗かかねえんなら もうやめちまえ! だったらもうやめちまえ おまえなんかしらねえよってか おまえ!! 『悔しくねえのか?くやしく!!』 あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  コーヒー飲んでくかい 時間におくれちまった 仕方がねえな Ah… 朝っぱらからマッチで 火をつけりゃシュッシュクポコポコ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  このまんまじゃ ガキに馬鹿にされるっておまえ 魚の腐ったみてえな目ん玉でボォーっとしやがって 「俺かわいそう…」みてえなさ 危機なんだぞ危機!! おまえにはな 危機感ってもんが何にも何にもねえんだよ!!!何にも  北の方じゃ ミサイルがバカバカ撃ち込まれてんだぞ ロシアはロシアで戦争ばっかやってるし アメリカじゃ商売人が大統領だ 国も人も魂も何でも銭で買われっちまうぞ おまえ 女房もガキもいるんだろ? ちったあ楽さしてやれや!! あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  なんで人としっかり物を話せねえんだ? なんであいつの気持ちをわかってやれねえんだ? だったらこの先 人と人との間で仕事できねえじゃん! おい 聞いてんのか? ってか、とりあえず一辺そのパソコン閉じろや!!  おいっ!! だから そのパソコンみながら 俺と話しすんのはやめてくんねえか え? 「僕、人間関係 ダメなんです…」って? おまえな!! だったら何で女房とは肉体関係でガキ何人もつくんだよ!! このやろう 馬鹿かおまえ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  One More Cup of Coffee 時間におくれそう 気分が悪いな Ah… 朝っぱらからマッチで 火をつけりゃシュッシュクポコポコ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン あ… 嘆きのコーヒーサイフォン長渕剛長渕剛長渕剛コーヒー飲みたいな 時間におくれそう 気分が悪いな Ah… 徹夜になるほどの ことでもねえのに あ… かったるい朝  昨日の酒がぬけず 昨日の馬鹿っ面の 臭え あいつの 言い訳 がまんするほどの ことでもねえのに あ… かったるい朝  信じるも信じねえもねえさ やるって決めたことはやんなきゃなんねえし おまえみてえに 何度も何度もしくじるわけにはいかねえし ぶっ飛ばしたって わかんねえし 心の話しても わかんねえし そんでくそまじめな面して「…すみません」って言われても誰が喜ぶ?  おまえがちゃんと普通に伝えてくれてりゃ こんなことにはならなかったってことが この1年でどんだけ?どれだけ? あ… かったるい朝  てめえ 人にぶら下がって生きんなら しっかり掴めや 俺を けど 人にぶら下がって生きねえんなら 自分しっかり持たなきゃよ まぁおまえ一辺ここに座れや!! 『もう2度とてめえの面なんか見たくねえ!』って言ってもよ… 次の朝になりゃ 『あいつ…何とかしてやりてえな』って思うのが優しさってもんだろが!! けど その優しさにあぐらをかいて 汗かかねえんなら もうやめちまえ! だったらもうやめちまえ おまえなんかしらねえよってか おまえ!! 『悔しくねえのか?くやしく!!』 あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  コーヒー飲んでくかい 時間におくれちまった 仕方がねえな Ah… 朝っぱらからマッチで 火をつけりゃシュッシュクポコポコ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  このまんまじゃ ガキに馬鹿にされるっておまえ 魚の腐ったみてえな目ん玉でボォーっとしやがって 「俺かわいそう…」みてえなさ 危機なんだぞ危機!! おまえにはな 危機感ってもんが何にも何にもねえんだよ!!!何にも  北の方じゃ ミサイルがバカバカ撃ち込まれてんだぞ ロシアはロシアで戦争ばっかやってるし アメリカじゃ商売人が大統領だ 国も人も魂も何でも銭で買われっちまうぞ おまえ 女房もガキもいるんだろ? ちったあ楽さしてやれや!! あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  なんで人としっかり物を話せねえんだ? なんであいつの気持ちをわかってやれねえんだ? だったらこの先 人と人との間で仕事できねえじゃん! おい 聞いてんのか? ってか、とりあえず一辺そのパソコン閉じろや!!  おいっ!! だから そのパソコンみながら 俺と話しすんのはやめてくんねえか え? 「僕、人間関係 ダメなんです…」って? おまえな!! だったら何で女房とは肉体関係でガキ何人もつくんだよ!! このやろう 馬鹿かおまえ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン  One More Cup of Coffee 時間におくれそう 気分が悪いな Ah… 朝っぱらからマッチで 火をつけりゃシュッシュクポコポコ あ… 嘆きのコーヒーサイフォン あ… 嘆きのコーヒーサイフォン
何故怒りが悲しみに変わる時 人間(ひと)を愛せるのは何故! 老いさらばえた人たちの丸い背中が 弱き者たちの心を打ち震わすのは何故!  貴方のようになりたいと願わず 貴方のようになればいいだけだ  絶望を力に変える時 明日を待たず明日へ立ち向かわせるのは何故! 孤独を優しさに変える時 絆とは決してちぎれたりしないものだ  憎しみが憂いに変わる時 自分(わたし)を愛せるのは何故! 夜を疑わず月の満ち欠けに涙すれば 生きる事に凛々しさを感じるのは何故!  無言の子供の瞳から目をそらさず 無言の子供の瞳になればいいだけだ  絶望を力に変える時 明日を待たず明日へ立ち向かわせるのは何故! 孤独を優しさに変える時 絆とは決してちぎれたりしないものだ長渕剛長渕剛長渕剛怒りが悲しみに変わる時 人間(ひと)を愛せるのは何故! 老いさらばえた人たちの丸い背中が 弱き者たちの心を打ち震わすのは何故!  貴方のようになりたいと願わず 貴方のようになればいいだけだ  絶望を力に変える時 明日を待たず明日へ立ち向かわせるのは何故! 孤独を優しさに変える時 絆とは決してちぎれたりしないものだ  憎しみが憂いに変わる時 自分(わたし)を愛せるのは何故! 夜を疑わず月の満ち欠けに涙すれば 生きる事に凛々しさを感じるのは何故!  無言の子供の瞳から目をそらさず 無言の子供の瞳になればいいだけだ  絶望を力に変える時 明日を待たず明日へ立ち向かわせるのは何故! 孤独を優しさに変える時 絆とは決してちぎれたりしないものだ
夏の恋人長い黒髪を 風になびかせている 浜辺に君 小麦色 遠くから僕は 視線をなげかけている サーフボード 陰にかくれて  声をかけようかなと 二、三歩前に出て 目と目があってまた 君は知らんぷり 僕はタバコくわえ かっこつけてるけど 心の中はあの 真赤な太陽  君の足もとで くずれる波にさえも 僕のジェラシー 潮の香り 教えておくれよ 君はどこからきたの? 置き忘れた この夏の恋人  言葉もかわさずに 実るはずもないけど ぬれたビーチサンダル 想いをつのらせ ときめくこの胸を うちあけられなくて 強がりの口笛 君にきこえるかい長渕剛長渕剛・藤岡孝章・山梨鐐平長渕剛・藤岡孝章・山梨鐐平長い黒髪を 風になびかせている 浜辺に君 小麦色 遠くから僕は 視線をなげかけている サーフボード 陰にかくれて  声をかけようかなと 二、三歩前に出て 目と目があってまた 君は知らんぷり 僕はタバコくわえ かっこつけてるけど 心の中はあの 真赤な太陽  君の足もとで くずれる波にさえも 僕のジェラシー 潮の香り 教えておくれよ 君はどこからきたの? 置き忘れた この夏の恋人  言葉もかわさずに 実るはずもないけど ぬれたビーチサンダル 想いをつのらせ ときめくこの胸を うちあけられなくて 強がりの口笛 君にきこえるかい
夏祭りGOLD LYLIC夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆかた姿で せんこう花火 きれいだよ きれいだよ きれいだよ とても  さあ そろそろ帰ろうかと 僕が言う まだまだ私 こうしていたいわ チリリン チリリン 窓辺の風鈴 いいよ  いつまで こうして君と よりそい 肩を並べて 来年の夏も せんこう花火 できると いいのにね  燃えて散るのが 恋ならば そのまま消えずに かがやいてくれ  二人で行った 夏まつり もう終わり わたあめ おみくじ 金魚すくい 子供のように はしゃぐ君は かわいいよ  ふたつ みっつくらいの 男の子が おめんを おねだり 母親に 僕もおどけて 君におねだり 買ってよと  いつまで こうして君と よりそい 肩を並べて 来年の夏も せんこう花火 できると いいのにね  燃えて散るのが 恋ならば そのまま消えずに かがやいてくれGOLD LYLIC長渕剛TSUYOSHI NAGABUCHITSUYOSHI NAGABUCHI夏もそろそろ終わりねと 君が言う ゆかた姿で せんこう花火 きれいだよ きれいだよ きれいだよ とても  さあ そろそろ帰ろうかと 僕が言う まだまだ私 こうしていたいわ チリリン チリリン 窓辺の風鈴 いいよ  いつまで こうして君と よりそい 肩を並べて 来年の夏も せんこう花火 できると いいのにね  燃えて散るのが 恋ならば そのまま消えずに かがやいてくれ  二人で行った 夏まつり もう終わり わたあめ おみくじ 金魚すくい 子供のように はしゃぐ君は かわいいよ  ふたつ みっつくらいの 男の子が おめんを おねだり 母親に 僕もおどけて 君におねだり 買ってよと  いつまで こうして君と よりそい 肩を並べて 来年の夏も せんこう花火 できると いいのにね  燃えて散るのが 恋ならば そのまま消えずに かがやいてくれ
生意気なパートナー今まで 俺の前を通りすぎた 女たちの中で 俺を涙で かなしばりにさせちまったのは お前だけ  It's Just Woo…星灯りのステキな夜に It's Just Woo…たくさんの唄を贈った  冷たく光る 唇 で 遠回しのさよならを Downtown の小さなクラブで お前は吐いた  It's Just Woo…まったく勝手なもんさ It's Just Woo…そのグラスをたたき割った  俺の右手から赤い鮮血が 流れ出したんだ だけど お前は見向きもせず 生きかたを選んで出て行っちまった  小さな嘘とぜいたくが好きな 生意気なパートナー 満たされた腹をかかえて 次は誰の胸に転がるのかい?  It's Just Woo…それでもお前を It's Just Woo…愛していたんだ Woo…  一人じゃちょっと大きすぎる 夜のベッドにもぐり込み 光を求めただ一晩中 祈る事だってあった  It's Just Woo…そんな俺の心が It's Just Woo…お前にわかるはずもない  むくわれぬ愛ほど みじめなものはないと わかった時 別れ上手なお前を 今では愛しく思える  It's Just Woo…それは強がりじゃなくて It's Just Woo…嵐のあとの静けさよ  俺の右手から赤い鮮血が 流れ出したんだ だけど お前は見向きもせず 生きかたを選んで出て行っちまった  小さな嘘とぜいたくが好きな 生意気なパートナー 満たされた腹をかかえて 次は誰の胸に転がるのかい?  It's Just Woo…それでもお前を It's Just Woo…愛していたんだ  It's Just Woo…やっとお前の事を It's Just Woo…嫌いになれそうなんだ長渕剛長渕剛長渕剛今まで 俺の前を通りすぎた 女たちの中で 俺を涙で かなしばりにさせちまったのは お前だけ  It's Just Woo…星灯りのステキな夜に It's Just Woo…たくさんの唄を贈った  冷たく光る 唇 で 遠回しのさよならを Downtown の小さなクラブで お前は吐いた  It's Just Woo…まったく勝手なもんさ It's Just Woo…そのグラスをたたき割った  俺の右手から赤い鮮血が 流れ出したんだ だけど お前は見向きもせず 生きかたを選んで出て行っちまった  小さな嘘とぜいたくが好きな 生意気なパートナー 満たされた腹をかかえて 次は誰の胸に転がるのかい?  It's Just Woo…それでもお前を It's Just Woo…愛していたんだ Woo…  一人じゃちょっと大きすぎる 夜のベッドにもぐり込み 光を求めただ一晩中 祈る事だってあった  It's Just Woo…そんな俺の心が It's Just Woo…お前にわかるはずもない  むくわれぬ愛ほど みじめなものはないと わかった時 別れ上手なお前を 今では愛しく思える  It's Just Woo…それは強がりじゃなくて It's Just Woo…嵐のあとの静けさよ  俺の右手から赤い鮮血が 流れ出したんだ だけど お前は見向きもせず 生きかたを選んで出て行っちまった  小さな嘘とぜいたくが好きな 生意気なパートナー 満たされた腹をかかえて 次は誰の胸に転がるのかい?  It's Just Woo…それでもお前を It's Just Woo…愛していたんだ  It's Just Woo…やっとお前の事を It's Just Woo…嫌いになれそうなんだ
涙色の流れ星君が僕に尋ねた 「もしも生まれかわったら 私のこの手を 強く握りしめてね」  抱き合うことより 美しかったよね 無限の星 二人で数え ゆるやかに砂塵が風に舞い 最後の言葉が壊れた  そして さよならが 涙色の流れ星になる あゝ さよならが 涙色の流れ星になる  僕が君に尋ねた 『僕の何がいけなかったの?』 君は急に黙った そして 夜空の星 数え続けた  こんなに早く時が経つんだったら もっと君を喜ばしてあげればよかった ゆるやかに砂塵が風に舞い 最後の言葉が壊れた  そして さよならが 涙色の流れ星になる あゝ さよならが 涙色の流れ星になる  あゝ さよならが 涙色の流れ星になる長渕剛長渕剛長渕剛君が僕に尋ねた 「もしも生まれかわったら 私のこの手を 強く握りしめてね」  抱き合うことより 美しかったよね 無限の星 二人で数え ゆるやかに砂塵が風に舞い 最後の言葉が壊れた  そして さよならが 涙色の流れ星になる あゝ さよならが 涙色の流れ星になる  僕が君に尋ねた 『僕の何がいけなかったの?』 君は急に黙った そして 夜空の星 数え続けた  こんなに早く時が経つんだったら もっと君を喜ばしてあげればよかった ゆるやかに砂塵が風に舞い 最後の言葉が壊れた  そして さよならが 涙色の流れ星になる あゝ さよならが 涙色の流れ星になる  あゝ さよならが 涙色の流れ星になる
全2ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Tot Musica
  2. ウタカタララバイ
  3. 新時代
  4. 逆光
  5. 一気!

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. BF is...
  3. Scream
  4. Move On
  5. 3636

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照