試聴する

卒業

この曲の表示回数 35,154
歌手:

長渕剛


作詞:

長渕剛・県立鹿児島南高校3年7組情報処理科


作曲:

長渕剛


毎日見てた君の顔 好きだと言えなくて
落書きだらけの教科書 僕は今、閉じてみた

傷つく事から恐れて 逃げ出したあの夏の日
わざと照れ笑いをしたら そのあと涙が出た

信じても 信じても 何かが壊れてしまいそうで
夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた

卒業って何で こんなに悲しいの?
卒業って何で そんなに切ないの?
桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!

何度も何度でも くじけずに待っててくれた
君は僕の手を握りしめ いっしょに駆けぬけた

信じる事をためらわず 今より高くジャンプした
たったひとつの大切な それが宝物だった

愛しても 愛しても 何かが壊れてしまいそうで
夕暮れの校舎の窓に 「絆」と一言僕は書いた

卒業って何で こんなに悲しいの?
卒業って何で そんなに切ないの?
桜の木の下で君と 明日別れて行くなんて…嫌さ!!
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業 歌手:長渕剛

長渕剛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-04
商品番号:UPCH-80118
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP