試聴する

祈り

この曲の表示回数 61,592
歌手:

長渕剛


作詞:

長渕剛


作曲:

長渕剛


お前が去ってくその前に
なぜに電話くれなかったか
やさしすぎるお前のことだから
それが思いやりのつもりだったのか

俺たち いつでもひとつなんだと
あれほど話し合ってきたよね
お前のことは すべてわかっている
つもりの自分が くやしすぎるよ

二人でいくつもの夜をこえて
新しい朝が目の前だったのに
深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る

お前がえらんだ人生も
お前が歩いてきた道も
信じきれぬままのはがゆさの中で
ためらいながら 俺は人生(みち)を探すだろう

今度生まれてくる時は
しあわせな日々をおくれるといいね
お前の好きだったあの唄を
今夜は朝まで歌ってあげるよ

二人でいくつもの夜をこえて
新しい朝が目の前だったのに
深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る

深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:祈り 歌手:長渕剛

長渕剛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1988-05-25
商品番号:CT32-5202
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP