祈り

長渕剛

祈り

作詞:長渕剛
作曲:長渕剛
発売日:1988/05/25
この曲の表示回数:98,963回

祈り
お前が去ってくその前に
なぜに電話くれなかったか
やさしすぎるお前のことだから
それが思いやりのつもりだったのか

俺たち いつでもひとつなんだと
あれほど話し合ってきたよね
お前のことは すべてわかっている
つもりの自分が くやしすぎるよ

二人でいくつもの夜をこえて
新しい朝が目の前だったのに
深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る

お前がえらんだ人生も
お前が歩いてきた道も
信じきれぬままのはがゆさの中で
ためらいながら 俺は人生(みち)を探すだろう

今度生まれてくる時は
しあわせな日々をおくれるといいね
お前の好きだったあの唄を
今夜は朝まで歌ってあげるよ

二人でいくつもの夜をこえて
新しい朝が目の前だったのに
深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る

深く瞳(め)を閉じて 今 天女のように
お前は一人 空へ帰る

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません