弘田三枝子の歌詞一覧リスト  87曲中 1-87曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
87曲中 1-87曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛の言葉を誰かが 私に呼びかける 甘くやさしい 愛をさゝやく そよ風 私に教えて 夢見る 心は 恋なのかしら  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……弘田三枝子三浦康照原信夫大西修誰かが 私に呼びかける 甘くやさしい 愛をさゝやく そよ風 私に教えて 夢見る 心は 恋なのかしら  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……
愛のゴーゴー誰にも言えない 苦しみは ひとりで悩む ことはない つらい想いを よろこびに かえて歌おう 愛のうた ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ…………  ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ…………  きのうの想い出 涙だけ 悲しい想い出 忘れましょ 楽しく手を組み よろこびを 二人で歌おう 愛のうた ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ………… ラ………… ラ………… ラ………… ラ…………弘田三枝子呉正泰中島安敏中島安敏誰にも言えない 苦しみは ひとりで悩む ことはない つらい想いを よろこびに かえて歌おう 愛のうた ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ…………  ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ…………  きのうの想い出 涙だけ 悲しい想い出 忘れましょ 楽しく手を組み よろこびを 二人で歌おう 愛のうた ラララ…… 手をとって ラララ…… 幸せになろう ラララ…… 楽しくなるよ ラ………… ラ………… ラ………… ラ………… ラ………… ラ…………
愛の翼愛ゆえに 傷ついた私は 地に落ちて 動けない小鳥か 道端で 泣いていた私を あなたがそっと手のひらに 抱きあげたの あなたの やさしさに包まれて 目覚めたの 生きているよろこびに 愛の翼の 痛みも忘れ果て もう一度 羽ばたいてみたいの  幸せは 無いものとあきらめ 微笑みを 失っていたのよ 愛し合い 愛されるひと時 私はずっと待ちわびて 夢見ていた さようなら つきまとう悲しみよ もう二度と 涙する日はこない 愛の翼が ちぎれて折れるまで あなたと 青空の彼方へ  さよなら 果てしない悲しみよ 幸せが すぐそばでうたうから 愛の翼を 重ねて二人して 輝く 青空の彼方へ弘田三枝子なかにし礼川口真愛ゆえに 傷ついた私は 地に落ちて 動けない小鳥か 道端で 泣いていた私を あなたがそっと手のひらに 抱きあげたの あなたの やさしさに包まれて 目覚めたの 生きているよろこびに 愛の翼の 痛みも忘れ果て もう一度 羽ばたいてみたいの  幸せは 無いものとあきらめ 微笑みを 失っていたのよ 愛し合い 愛されるひと時 私はずっと待ちわびて 夢見ていた さようなら つきまとう悲しみよ もう二度と 涙する日はこない 愛の翼が ちぎれて折れるまで あなたと 青空の彼方へ  さよなら 果てしない悲しみよ 幸せが すぐそばでうたうから 愛の翼を 重ねて二人して 輝く 青空の彼方へ
アスパラで生き抜こうチクタク時がたって行く 毎年春がやって来る 眠るこずえが目を覚まし 若いつぼみが花ひらく 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年夏がやって来る ひかる若葉のそのかげに 若いからだが伸びて行く 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年秋がやって来る みのる木の実が落ちたあと 若い力が待っている 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年冬がやって来る 冬の枯木にゃ夢がある やがて若い芽 顔を出す 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう弘田三枝子三木鶏郎三木鶏郎三木鶏郎チクタク時がたって行く 毎年春がやって来る 眠るこずえが目を覚まし 若いつぼみが花ひらく 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年夏がやって来る ひかる若葉のそのかげに 若いからだが伸びて行く 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年秋がやって来る みのる木の実が落ちたあと 若い力が待っている 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう  チクタク時がたって行く 毎年冬がやって来る 冬の枯木にゃ夢がある やがて若い芽 顔を出す 今日の疲れもアスパラ アスパラ アスパラ アスパラ アスパラで生き抜こう
あなたがいなくてもあなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 恋が消えて 悲しみがつのるけど あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 時がたてば 思い出も消えるから  忘れよう つらい恋など 忘れてみれば 過ぎたことよ 泣かないで 泣かないで 私の心  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 一人ぽっち 幸せになれないけど  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 夢が消えて 明日から暗いけど  忘れよう つらい恋など 忘れてみれば 過ぎたことよ 泣かないで 泣かないで 私の心  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ いつの日か 逢える日がある限り弘田三枝子なかにし礼川口真あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 恋が消えて 悲しみがつのるけど あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 時がたてば 思い出も消えるから  忘れよう つらい恋など 忘れてみれば 過ぎたことよ 泣かないで 泣かないで 私の心  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 一人ぽっち 幸せになれないけど  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ 夢が消えて 明日から暗いけど  忘れよう つらい恋など 忘れてみれば 過ぎたことよ 泣かないで 泣かないで 私の心  あなたがいなくても 私は生きてゆく ああ いつの日か 逢える日がある限り
いとしのエリー泣かした事もある 冷たくしてもなお よりそう気持が あればいいのさ 俺にしてみりゃ これで最後のレディー エリー my love so sweet  二人がもしもさめて 目を見りゃつれなくて 人に言えず 思い出だけがつのれば 言葉につまるようじゃ 恋は終りね エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight 誘い涙の日が落ちる エリー my love so sweet エリー my love so sweet  あなたがもしもどこかの 遠くへ行きうせても 今までしてくれたことを 忘れずにいたいよ もどかしさもあなたにゃ 程よくいいね エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight みぞれまじりの心なら エリー my love so sweet エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight 泣かせ文句のその後じゃ エリー my love so sweet エリー my love so sweet ……弘田三枝子桑田佳祐桑田佳祐泣かした事もある 冷たくしてもなお よりそう気持が あればいいのさ 俺にしてみりゃ これで最後のレディー エリー my love so sweet  二人がもしもさめて 目を見りゃつれなくて 人に言えず 思い出だけがつのれば 言葉につまるようじゃ 恋は終りね エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight 誘い涙の日が落ちる エリー my love so sweet エリー my love so sweet  あなたがもしもどこかの 遠くへ行きうせても 今までしてくれたことを 忘れずにいたいよ もどかしさもあなたにゃ 程よくいいね エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight みぞれまじりの心なら エリー my love so sweet エリー my love so sweet  笑ってもっと baby むじゃきに on my mind 映ってもっと baby すてきに in your sight 泣かせ文句のその後じゃ エリー my love so sweet エリー my love so sweet ……
IN THE MOODイン・ザ・ムード 髪をなでて あまい 時の中へ 今夜めぐり逢うなんて 偶然のいたずら  ランデブー 灯り消せば 蒼い月の光 過ぎた恋物語を たどるのも わるくない夜ね  目をとじて ふれあえば 懐かしい ぬくもり あのころの 愛が重なるけど すべりこむ 背中をかすめた指輪の 冷たさに 思わず爪をたてた  イン・ザ・ムード 耳もとには いまも同じシャネル 熱い あなたの吐息に 揺れながら 香るの  ロンリー・デイズ ひとりの日々 少し 疲れただけ 何故か 今ならあなたを 心から わかる気にさせる  指先をとめないで ときめきの波間に 淋しさが しのびこんでくるわ 揺れ動く肩ごし レースのすき間に 蒼ざめた明日が のぞいている弘田三枝子茅野遊高木エリカイン・ザ・ムード 髪をなでて あまい 時の中へ 今夜めぐり逢うなんて 偶然のいたずら  ランデブー 灯り消せば 蒼い月の光 過ぎた恋物語を たどるのも わるくない夜ね  目をとじて ふれあえば 懐かしい ぬくもり あのころの 愛が重なるけど すべりこむ 背中をかすめた指輪の 冷たさに 思わず爪をたてた  イン・ザ・ムード 耳もとには いまも同じシャネル 熱い あなたの吐息に 揺れながら 香るの  ロンリー・デイズ ひとりの日々 少し 疲れただけ 何故か 今ならあなたを 心から わかる気にさせる  指先をとめないで ときめきの波間に 淋しさが しのびこんでくるわ 揺れ動く肩ごし レースのすき間に 蒼ざめた明日が のぞいている
失われた月光月の光よ 今宵レモンの海に 恋しい面影 うかべて見せておくれ もう二度と逢えない あの人のもとに 燃えのこる私の かなしみ伝えて 月の光よ その清らかな海で おんなの涙 洗ってよお願い  月の光よ つめたく蒼い海に 男の愛よ 映して見せておくれ あの夜更け千切れた 思い出とともに 残された私の せつなさ伝えて 月の光よ その手鏡の海に ふたりの姿 ならべてよお願い弘田三枝子岩谷時子いずみたく渋谷毅月の光よ 今宵レモンの海に 恋しい面影 うかべて見せておくれ もう二度と逢えない あの人のもとに 燃えのこる私の かなしみ伝えて 月の光よ その清らかな海で おんなの涙 洗ってよお願い  月の光よ つめたく蒼い海に 男の愛よ 映して見せておくれ あの夜更け千切れた 思い出とともに 残された私の せつなさ伝えて 月の光よ その手鏡の海に ふたりの姿 ならべてよお願い
美しかった場所愛の影が今も残る この街のどこにも 二人別れ 時は流れ過ぎたけれど 街の店に二人すわり 空を見あげていた わけもなくて鳩の行方 二人見ていた 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛つないでみたいの あなたとやり直したい  灯りともる街の中を 肩寄せ歩いてた わけもなくて車ひろい 港に行った 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛 つないでみたいの あなたとやり直したい弘田三枝子山上路夫村井邦彦馬飼野俊一愛の影が今も残る この街のどこにも 二人別れ 時は流れ過ぎたけれど 街の店に二人すわり 空を見あげていた わけもなくて鳩の行方 二人見ていた 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛つないでみたいの あなたとやり直したい  灯りともる街の中を 肩寄せ歩いてた わけもなくて車ひろい 港に行った 愛が静かに育った あの日の場所へと 二人で戻ってみたい そこで壊れたこの愛 つないでみたいの あなたとやり直したい
裏庭の出来事覚えているかしら 今でもあなたは 子供のあの時を 二人は裏庭で結婚したのよ 真似ごとだけれども 小さな花胸に抱き オモチャの指輪をかわしたの春の日のことなの 忘れてしまったの あの日のできごと 今でも逢いたいの  遊びだけど忘れない 私の心に残るのよ あの時のよろこび あなたの花嫁に 私はなりたい 今でも愛してる …………………弘田三枝子山上路夫村井邦彦村井邦彦覚えているかしら 今でもあなたは 子供のあの時を 二人は裏庭で結婚したのよ 真似ごとだけれども 小さな花胸に抱き オモチャの指輪をかわしたの春の日のことなの 忘れてしまったの あの日のできごと 今でも逢いたいの  遊びだけど忘れない 私の心に残るのよ あの時のよろこび あなたの花嫁に 私はなりたい 今でも愛してる …………………
見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車輌に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ 愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやってくる弘田三枝子竹内まりや竹内まりや見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉がとても見つからないわ あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかったのに……  二年の時が 変えたものは 彼のまなざしと 私のこの髪 それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに ひとつ隣の車輌に乗り うつむく横顔 見ていたら 思わず涙 あふれてきそう 今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ 愛してたことも  ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る 改札口を出る頃には 雨もやみかけた この街に ありふれた夜がやってくる
絵空事チャンスがほしい もう一度 そんなセリフも 何度目か ダメな人だと 知りながら ほっておけない はなせない いつもこうして 心ほだされ ベッドの上の 書き置きやぶり 返した鍵を バックに戻す 誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと  信じてくれと 泣きそうな あなたのその目に 嘘がある 嘘と知りつつ また許す バカな女が ここにいる いつもこうして 心ほだされ ふたつのグラスに ワインを注ぎ 黙ってふたり ほほえみかわす 誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと  誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと弘田三枝子藤公之介川口真萩田光雄チャンスがほしい もう一度 そんなセリフも 何度目か ダメな人だと 知りながら ほっておけない はなせない いつもこうして 心ほだされ ベッドの上の 書き置きやぶり 返した鍵を バックに戻す 誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと  信じてくれと 泣きそうな あなたのその目に 嘘がある 嘘と知りつつ また許す バカな女が ここにいる いつもこうして 心ほだされ ふたつのグラスに ワインを注ぎ 黙ってふたり ほほえみかわす 誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと  誓う言葉は絵空事 仕方ないわとひとりごと
Everythingすれ違う時の中で あなたとめぐり逢えた 不思議ね 願った奇跡が こんなにも側にあるなんて  逢いたい想いのまま 逢えない時間だけが 過ぎてく扉 すり抜けて また思い出して あの人と笑い合う あなたを  愛しき人よ 悲しませないで 泣き疲れて 眠る夜もあるから 過去を見ないで 見つめて 私だけ  You're everything You're everything あなたが想うより強く やさしい嘘ならいらない 欲しいのはあなた  どれくらいの時間を 永遠と呼べるだろう 果てしなく 遠い未来なら あなたといきたい あなたと覗いてみたい その日を  愛しき人よ 抱きしめていて いつものように やさしい時の中で この手握って 見つめて 今だけを  You're everything You're everything あなたと離れてる場所でも 会えばきっと許してしまう どんな夜でも  You're everything You're everything あなたの夢見るほど強く 愛せる力を勇気に 今かえていこう  You're everything You're everything あなたと離れてる場所でも 会えばきっと消え去って行く 胸の痛みも  You're everything You're everything あなたが想うより強く やさしい嘘ならいらない 欲しいのはあなた弘田三枝子MISIA松本俊明すれ違う時の中で あなたとめぐり逢えた 不思議ね 願った奇跡が こんなにも側にあるなんて  逢いたい想いのまま 逢えない時間だけが 過ぎてく扉 すり抜けて また思い出して あの人と笑い合う あなたを  愛しき人よ 悲しませないで 泣き疲れて 眠る夜もあるから 過去を見ないで 見つめて 私だけ  You're everything You're everything あなたが想うより強く やさしい嘘ならいらない 欲しいのはあなた  どれくらいの時間を 永遠と呼べるだろう 果てしなく 遠い未来なら あなたといきたい あなたと覗いてみたい その日を  愛しき人よ 抱きしめていて いつものように やさしい時の中で この手握って 見つめて 今だけを  You're everything You're everything あなたと離れてる場所でも 会えばきっと許してしまう どんな夜でも  You're everything You're everything あなたの夢見るほど強く 愛せる力を勇気に 今かえていこう  You're everything You're everything あなたと離れてる場所でも 会えばきっと消え去って行く 胸の痛みも  You're everything You're everything あなたが想うより強く やさしい嘘ならいらない 欲しいのはあなた
踊り明かそう青い月の 光りうけて 踊り明かそう 君の胸に 抱かれて 夢見る 今宵  やさしい 君の瞳 私を見つめて 二人だけで 躍る今宵 アイ グッド ハヴ ダンス ダンス ダンス オール ナイト  やさしい 君の瞳 私を見つめて 二人だけで 躍る今宵 アイ グッド ハヴ ダンス ダンス ダンス オール ナイト弘田三枝子A.J.Lerner・F.Loewe・訳詩:三浦康照A.J.Lerner・F.Loewe山屋清青い月の 光りうけて 踊り明かそう 君の胸に 抱かれて 夢見る 今宵  やさしい 君の瞳 私を見つめて 二人だけで 躍る今宵 アイ グッド ハヴ ダンス ダンス ダンス オール ナイト  やさしい 君の瞳 私を見つめて 二人だけで 躍る今宵 アイ グッド ハヴ ダンス ダンス ダンス オール ナイト
想い出の冬休み想い出すのは 冬休み  冬がすぎて 春がきても 忘れないわ 冬休みに スキー場で 愛をきいた あの時のことを  春がすぎて 夏がきても 忘れないわ スキー・ロッジで あついキスを かわし合った あの時のことを  愛のうちあけを きいたあの時を あたしは 忘れないわ いつまでも いつまでも Wo Wo Wo Wo  春がきても 夏がきても 忘れないわ すてきなひとに めぐり逢えた 冬休みを あの時のことを…弘田三枝子M.Barkan・H.Hunter・訳詩:漣健児M.Barkan・H.Hunter大沢保郎想い出すのは 冬休み  冬がすぎて 春がきても 忘れないわ 冬休みに スキー場で 愛をきいた あの時のことを  春がすぎて 夏がきても 忘れないわ スキー・ロッジで あついキスを かわし合った あの時のことを  愛のうちあけを きいたあの時を あたしは 忘れないわ いつまでも いつまでも Wo Wo Wo Wo  春がきても 夏がきても 忘れないわ すてきなひとに めぐり逢えた 冬休みを あの時のことを…
女の癖おんなは 私の体が私の気持が 生きてしまうものなのね おんなは 朝のため息と馴れたしぐさで コーヒーを飲みます 考えてももう 仕方ないこと 又ふり向く悲しさ 女の癖 このまま 手のひらのグラス 飲んでしまえれば それまでの人生なの このまま 待てばそのうちに私らしさ とりもどすでしょうか  明日も 私の涙が私のまわりが 続いて行くものなのね 明日も 想い出あれこれかかわりながら 一日過ぎます 恨みたいことも つくせたことも うずまいてる悲しさ 女の癖 運命よ あの海に行けば 砕けちる波に それまでの人生なの 運命よ いつか新しい誰かと めぐり逢うことでしょうか弘田三枝子安井かずみ川口真おんなは 私の体が私の気持が 生きてしまうものなのね おんなは 朝のため息と馴れたしぐさで コーヒーを飲みます 考えてももう 仕方ないこと 又ふり向く悲しさ 女の癖 このまま 手のひらのグラス 飲んでしまえれば それまでの人生なの このまま 待てばそのうちに私らしさ とりもどすでしょうか  明日も 私の涙が私のまわりが 続いて行くものなのね 明日も 想い出あれこれかかわりながら 一日過ぎます 恨みたいことも つくせたことも うずまいてる悲しさ 女の癖 運命よ あの海に行けば 砕けちる波に それまでの人生なの 運命よ いつか新しい誰かと めぐり逢うことでしょうか
帰ってね、きっと私の大好きなあの人は どこか遠くへ いってしまったの 私のこころは知っている だけど内緒にしておきたいの あの人を信じてるわ あんなに愛してくれたじゃないの 私がどんなにあの人を 愛しているか 知っているくせに  私はいまでもあの人を こころに抱いて 待っているのに あの人は帰ってくるわ あんなに愛してくれたじゃないの 私のこころは知っている だけど内緒にしておきたいの……弘田三枝子青柳都子鈴木邦彦森岡賢一郎私の大好きなあの人は どこか遠くへ いってしまったの 私のこころは知っている だけど内緒にしておきたいの あの人を信じてるわ あんなに愛してくれたじゃないの 私がどんなにあの人を 愛しているか 知っているくせに  私はいまでもあの人を こころに抱いて 待っているのに あの人は帰ってくるわ あんなに愛してくれたじゃないの 私のこころは知っている だけど内緒にしておきたいの……
鏡の中の天使あなたのその愛で 私はよみがえる 名もない子供のように 私は生まれてくる もしもあの時に あなたがいなければ 傷だらけの身体で 死んでいたでしょう 壊れた鏡など 集めるのはやめて あなたの言うとおりに 私は生きてゆくわ  眼を閉じた小鳥が 夜明けを待つように 悲しい思い出さえ 私は抱いてゆける もしもいつの日か あなたと別れても 鏡と語りながら 生きてゆくでしょう 光のあるかぎり 夜明けはくりかえす あなたの言うとおりに 私は生きてゆくわ ラララ………… ラララ…………弘田三枝子なかにし礼川口真川口真あなたのその愛で 私はよみがえる 名もない子供のように 私は生まれてくる もしもあの時に あなたがいなければ 傷だらけの身体で 死んでいたでしょう 壊れた鏡など 集めるのはやめて あなたの言うとおりに 私は生きてゆくわ  眼を閉じた小鳥が 夜明けを待つように 悲しい思い出さえ 私は抱いてゆける もしもいつの日か あなたと別れても 鏡と語りながら 生きてゆくでしょう 光のあるかぎり 夜明けはくりかえす あなたの言うとおりに 私は生きてゆくわ ラララ………… ラララ…………
鍵を捨てたの部屋の鍵を 捨ててしまったの あなたをもう 帰したくないの 叱らないで 叱らないで この私を 二人だけの 二人だけの 時がほしい ドアを閉めたままで あげるものは 何もないけれど タバコに火を つけて上げましょう 笑わないで 笑わないで この私を 愛するほど 私は今 小さくなる  嫌わないで 嫌わないで この私を 終りのない 終りのない 愛の夢を 遠く人をはなれ 部屋の鍵をさがすのはやめて さよならなど 言わないでほしい 泣かせないで 泣かせないで この私を 愛の中で 私は今 小さくなる弘田三枝子なかにし礼筒美京平部屋の鍵を 捨ててしまったの あなたをもう 帰したくないの 叱らないで 叱らないで この私を 二人だけの 二人だけの 時がほしい ドアを閉めたままで あげるものは 何もないけれど タバコに火を つけて上げましょう 笑わないで 笑わないで この私を 愛するほど 私は今 小さくなる  嫌わないで 嫌わないで この私を 終りのない 終りのない 愛の夢を 遠く人をはなれ 部屋の鍵をさがすのはやめて さよならなど 言わないでほしい 泣かせないで 泣かせないで この私を 愛の中で 私は今 小さくなる
かっこいいツイストかっこいいのよツイスト 踊りましょうよツイスト くよくよしてちゃ駄目よ リズムに酔うのよ  かっこいいのよツイスト 踊りましょうよツイスト 美容体操よりも いかしたかんじよ  ツイスト アンド ツイスト 腰を振って ツイスト アンド ツイスト 足はこう ツイスト アンド ツイスト ほらねこうして  かっこいいでしょツイスト 踊りましょうよツイスト 彼とデイトをするより すてきな気分よ みんなツイスト  朝のラッシュのホームで 電車のるにもツイスト 踊るテンポで行くなら 万事はOK  オマワリさんが車を さばく手つきもツイスト 踊るテンポで行くなら 万事はOK  ツイスト アンド ツイスト 腰を振って ツイスト アンド ツイスト 足はこう ツイスト アンド ツイスト ほらねこうして  かっこいいでしょツイスト 踊りましょうよツイスト 明日の天気はどうでも ツイスト踊ろう パパもママも オマワリさんも 恋人同志も弘田三枝子D.Gerard・L.J.Morisse・J.G.Mengozzi・訳詩:漣健児D.Gerard・L.J.Morisse・J.G.Mengozzi林一かっこいいのよツイスト 踊りましょうよツイスト くよくよしてちゃ駄目よ リズムに酔うのよ  かっこいいのよツイスト 踊りましょうよツイスト 美容体操よりも いかしたかんじよ  ツイスト アンド ツイスト 腰を振って ツイスト アンド ツイスト 足はこう ツイスト アンド ツイスト ほらねこうして  かっこいいでしょツイスト 踊りましょうよツイスト 彼とデイトをするより すてきな気分よ みんなツイスト  朝のラッシュのホームで 電車のるにもツイスト 踊るテンポで行くなら 万事はOK  オマワリさんが車を さばく手つきもツイスト 踊るテンポで行くなら 万事はOK  ツイスト アンド ツイスト 腰を振って ツイスト アンド ツイスト 足はこう ツイスト アンド ツイスト ほらねこうして  かっこいいでしょツイスト 踊りましょうよツイスト 明日の天気はどうでも ツイスト踊ろう パパもママも オマワリさんも 恋人同志も
悲しい恋をしてきたの昔の事を 知りたがるのね 気になる噂を聞いたのね 二年も前の 遠い誰かに 妬いてくれるのね 嬉しいわ  悲しい恋をしてきたの 嘘で心を だますような恋 ポロリと涙こぼしたら 強く抱いてくれた人 笑顔の淋しさが 似てたわ あなたに  幸せなんて 幾つあっても 失くして気がつくものばかり だけど今度は あなたとだけは 終わりのない旅 続けたい  悲しい恋をしてきたの 微笑みながら 今は言えるけど 決して消えない傷がある 重ねあった胸の奥 傷痕痛むのは 同じね あなたも  素敵な恋を始めましょう 明日の二人 予言しあうのよ ポロリと涙こぼしたら 強く抱いてくれるでしょ 傷痕痛むのは 同じね あなたも 傷痕痛むのは 同じね あなたも弘田三枝子森雪之丞合田道人北島直樹昔の事を 知りたがるのね 気になる噂を聞いたのね 二年も前の 遠い誰かに 妬いてくれるのね 嬉しいわ  悲しい恋をしてきたの 嘘で心を だますような恋 ポロリと涙こぼしたら 強く抱いてくれた人 笑顔の淋しさが 似てたわ あなたに  幸せなんて 幾つあっても 失くして気がつくものばかり だけど今度は あなたとだけは 終わりのない旅 続けたい  悲しい恋をしてきたの 微笑みながら 今は言えるけど 決して消えない傷がある 重ねあった胸の奥 傷痕痛むのは 同じね あなたも  素敵な恋を始めましょう 明日の二人 予言しあうのよ ポロリと涙こぼしたら 強く抱いてくれるでしょ 傷痕痛むのは 同じね あなたも 傷痕痛むのは 同じね あなたも
悲しき片想いWow wow wow… wow yeah yeah…  Wow wow wow… wow yeah yeah…  こんな気持ちが どんなに淋しいものか あの人だけに もっとわかってほしいの 小さな胸がときどき痛くなるのも あの人だけが きっと直せるはずのものなの  誰かが私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの こんな気持ちが  いつまでつづくのかしら 誰かあの人だけに 教えてきてほしいの  誰かが私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの こんな気持ちが  いつまでつづくのかしら 誰かあの人だけに 教えてきてほしいの  Wow wow… wow yeah yeah…  Wow wow wow… wow yeah yeah…弘田三枝子Schroeder・M.Hawker・訳詞:漣健児Schroeder・M.HawkerWow wow wow… wow yeah yeah…  Wow wow wow… wow yeah yeah…  こんな気持ちが どんなに淋しいものか あの人だけに もっとわかってほしいの 小さな胸がときどき痛くなるのも あの人だけが きっと直せるはずのものなの  誰かが私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの こんな気持ちが  いつまでつづくのかしら 誰かあの人だけに 教えてきてほしいの  誰かが私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの こんな気持ちが  いつまでつづくのかしら 誰かあの人だけに 教えてきてほしいの  Wow wow… wow yeah yeah…  Wow wow wow… wow yeah yeah…
悲しきハート恋がこんなにも つらいことだとは思わずに あたし あの人を 愛しちゃった 心のそこから  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい  あの日 あの人が 云ったことばを 信じたために 夜も昼もなく あたし一人くるしんでいるの  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい  夜ごと一人泣いているの わたしのハート こんなにつらいことはじめてよ  何もしたくない 何も考えられない程よ あなたの笑顔と あなたの声がぐるぐるまわる  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい弘田三枝子みナみカズみJ.Schroeder恋がこんなにも つらいことだとは思わずに あたし あの人を 愛しちゃった 心のそこから  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい  あの日 あの人が 云ったことばを 信じたために 夜も昼もなく あたし一人くるしんでいるの  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい  夜ごと一人泣いているの わたしのハート こんなにつらいことはじめてよ  何もしたくない 何も考えられない程よ あなたの笑顔と あなたの声がぐるぐるまわる  ねェ おねがいよ もう一度おねがい 幸せにしてちょうだい
悲しみの足音 [BLUE BOSSA NOVA]悲しい恋の足音が 夜に紛れてしのび寄る たとえ貴方に抱かれても 終わった愛に 命はないの 行かないで ほんのちょっとだけ 最後の煙草に 火をつけましょう 乾いた私の心では 涙の泉が揺れているの  行かないで ほんのちょっとだけ 最後の煙草に 火をつけましょう 乾いた私の心では 涙の泉が揺れているの 終わった愛に 命はないの  パパパヤ…弘田三枝子橋本淳筒美京平悲しい恋の足音が 夜に紛れてしのび寄る たとえ貴方に抱かれても 終わった愛に 命はないの 行かないで ほんのちょっとだけ 最後の煙草に 火をつけましょう 乾いた私の心では 涙の泉が揺れているの  行かないで ほんのちょっとだけ 最後の煙草に 火をつけましょう 乾いた私の心では 涙の泉が揺れているの 終わった愛に 命はないの  パパパヤ…
枯葉のうわさあのひとの名は ひとりぼっちの ジョニー マイジョニー 風のように さびしい姿 ジョニー マイジョニー 枯葉の雨を 背にうけながら ジョニー マイジョニー あなたが去って 三年たった ジョニー マイジョニー 雨によごれた 落葉のように 悲しい恋の 想い出は 捨てましょう 今日からは  好きだと言って 涙をくれた ジョニー マイジョニー 私は疲れ 恋に疲れた ジョニー マイジョニー  雨によごれた 落葉のように 悲しい恋の 想い出は 捨てましょう 今日からは  好きだと言って 涙をくれた ジョニー マイジョニー 私は疲れ 恋に疲れた ジョニー マイジョニー弘田三枝子橋本淳筒美京平あのひとの名は ひとりぼっちの ジョニー マイジョニー 風のように さびしい姿 ジョニー マイジョニー 枯葉の雨を 背にうけながら ジョニー マイジョニー あなたが去って 三年たった ジョニー マイジョニー 雨によごれた 落葉のように 悲しい恋の 想い出は 捨てましょう 今日からは  好きだと言って 涙をくれた ジョニー マイジョニー 私は疲れ 恋に疲れた ジョニー マイジョニー  雨によごれた 落葉のように 悲しい恋の 想い出は 捨てましょう 今日からは  好きだと言って 涙をくれた ジョニー マイジョニー 私は疲れ 恋に疲れた ジョニー マイジョニー
可愛い嘘好きなの 可愛い嘘 ラヴュー・ラヴュー 貴方だけ 愛しているわ ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンなっている 今夜の私は 女神なの オー ラヴュー・ラヴュー 貴方の女神  約束 デイトがしたい ラヴュー・ラヴュー 二人きり お酒をのむわ ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジン呼んでいる 私のみりょくに 泣くわ オー ラヴュー・ラヴュー 貴方は泣くわ  どんなに遠く 離れていても 貴方は私の かわいいピエロ ラヴュー・ラヴュー・ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンおこってる 明日になれば あげるわ オー ラヴュー・ラヴュー 愛をあげる  どんなに遠く 離れていても 貴方は私の かわいいピエロ 好きなの 可愛い嘘 ラヴュー・ラヴュー 貴方だけ 私はきらい ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンおこってる 明日になれば あげるわ オー ラヴュー・ラヴュー 愛をあげるわ ジュジュジュンジン……弘田三枝子橋本淳筒美京平筒美京平好きなの 可愛い嘘 ラヴュー・ラヴュー 貴方だけ 愛しているわ ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンなっている 今夜の私は 女神なの オー ラヴュー・ラヴュー 貴方の女神  約束 デイトがしたい ラヴュー・ラヴュー 二人きり お酒をのむわ ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジン呼んでいる 私のみりょくに 泣くわ オー ラヴュー・ラヴュー 貴方は泣くわ  どんなに遠く 離れていても 貴方は私の かわいいピエロ ラヴュー・ラヴュー・ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンおこってる 明日になれば あげるわ オー ラヴュー・ラヴュー 愛をあげる  どんなに遠く 離れていても 貴方は私の かわいいピエロ 好きなの 可愛い嘘 ラヴュー・ラヴュー 貴方だけ 私はきらい ラヴュー・ラヴュー 電話が ジンジンおこってる 明日になれば あげるわ オー ラヴュー・ラヴュー 愛をあげるわ ジュジュジュンジン……
可愛いマリアラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… 花よりやさしいマリア 瞳のきれいなマリア まだ恋など知らないバラの花のつぼみ 星よりきれいなマリア 可愛いしぐさのマリア 長い髪に野菊をかざって微笑む  誰かが恋してる マリアに恋してる でもそんなことには きがつきもしないで あの街角歩いていく 皆んなの憧れマリア 誰でも知ってるマリア 甘い香りふくんだ春風のように  誰かが恋してる マリアに恋してる でもそんなことには きがつきもしないで あの街角歩いていく 皆んなの憧れマリア 誰でも知ってるマリア 甘い香りふくんだ春風のように  ラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… ラララララ…………弘田三枝子訳詩:安井かずみエンジェリスラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… 花よりやさしいマリア 瞳のきれいなマリア まだ恋など知らないバラの花のつぼみ 星よりきれいなマリア 可愛いしぐさのマリア 長い髪に野菊をかざって微笑む  誰かが恋してる マリアに恋してる でもそんなことには きがつきもしないで あの街角歩いていく 皆んなの憧れマリア 誰でも知ってるマリア 甘い香りふくんだ春風のように  誰かが恋してる マリアに恋してる でもそんなことには きがつきもしないで あの街角歩いていく 皆んなの憧れマリア 誰でも知ってるマリア 甘い香りふくんだ春風のように  ラララララ………… ラララララ………… ラララララ………… ラララララ…………
川の向こうに川の向こうに 川の向こうに 愛しいあなたの 幻を見た 引き込まれそうに 優しい笑顔 今なら 一人の女として その胸に 飛びこんでゆけるのに 向こうへ渡る 橋がない  川の向こうに 川の向こうに あなたと過ごした 年月がある 翳りも見えない 白い毎日 今なら あなたの言葉のまま いつまでも 待つことができるのに あまりに二人 遠すぎる  川の向こうに 川の向こうに 立ち去るあなたの 面影を見た ふり向くたびに 笑顔が消える 今なら あなたの後(あと)おいかけ 愛の火を 燃やすことできるのに 向こうへ渡る 橋がない弘田三枝子中里綴川口真川口真川の向こうに 川の向こうに 愛しいあなたの 幻を見た 引き込まれそうに 優しい笑顔 今なら 一人の女として その胸に 飛びこんでゆけるのに 向こうへ渡る 橋がない  川の向こうに 川の向こうに あなたと過ごした 年月がある 翳りも見えない 白い毎日 今なら あなたの言葉のまま いつまでも 待つことができるのに あまりに二人 遠すぎる  川の向こうに 川の向こうに 立ち去るあなたの 面影を見た ふり向くたびに 笑顔が消える 今なら あなたの後(あと)おいかけ 愛の火を 燃やすことできるのに 向こうへ渡る 橋がない
クリスマス・イブ雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night Holy night きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ Silent night Holy night  心深く 秘めた想い 叶えられそうもない 必ず今夜なら言えそうな気がした Silent night Holy night  まだ消え残る 君への想い 夜へと降り続く  街角にはクリスマストゥリー 銀色のきらめき Silent night Holy night 雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night Holy night きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ Silent night Holy night ……弘田三枝子山下達郎山下達郎雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night Holy night きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ Silent night Holy night  心深く 秘めた想い 叶えられそうもない 必ず今夜なら言えそうな気がした Silent night Holy night  まだ消え残る 君への想い 夜へと降り続く  街角にはクリスマストゥリー 銀色のきらめき Silent night Holy night 雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night Holy night きっと君は来ない ひとりきりのクリスマス・イブ Silent night Holy night ……
恋のクンビアクンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若い二人の こゝろを 奪うような クンビア・リズム 夜明けまで 忘れさす クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ  クンビア 赤いバラのよに クンビア 燃える情熱 クンビア 熱い瞳に 口づけ 交わすような クンビア・リズム 何時までも 恋に酔う クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 赤いバラのように クンビア 燃える情熱  クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若いエレキが 燃やすのよ 恋の炎を クンビア・リズム 喜びに しびれるの クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸は踊るよ………弘田三枝子三浦康照和田香苗河村利夫クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若い二人の こゝろを 奪うような クンビア・リズム 夜明けまで 忘れさす クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ  クンビア 赤いバラのよに クンビア 燃える情熱 クンビア 熱い瞳に 口づけ 交わすような クンビア・リズム 何時までも 恋に酔う クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 赤いバラのように クンビア 燃える情熱  クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若いエレキが 燃やすのよ 恋の炎を クンビア・リズム 喜びに しびれるの クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸は踊るよ………
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
恋のクンビア21(English Ver.)Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!senor and senorita Enthralling, Captivating Cumbia Rhythm Empowering, Capturing Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!to sparkling your eyes Kissing, touching, Cumbia Rhythm intoxicating ecstasy, Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!to sparkling your heart Kissing, touching, Cumbia Rhythm intoxicating ecstasy, Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!弘田三枝子三浦康照・英語詞:タケナカテイイチ和田香苗DJ GomiCumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!senor and senorita Enthralling, Captivating Cumbia Rhythm Empowering, Capturing Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!to sparkling your eyes Kissing, touching, Cumbia Rhythm intoxicating ecstasy, Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!to sparkling your heart Kissing, touching, Cumbia Rhythm intoxicating ecstasy, Cumbia Rhythm  Dance!Dance senorita! All night long, Addictive to Cumbia & U  Cumbia!Red roses and fire Cumbia!To Burning Passion  Cumbia!Burn, Burn love fire Cumbia!Rush, Rush adrenaline  Cumbia!
恋はフィーリング愛していれば二人には言葉はいらない 目と目たがいに見つめていれば 心の中までわかる  恋する時は突然に感じるものなの それは心と心の出逢い 言葉などはない世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界 ララ……………弘田三枝子山上路夫村井邦彦馬飼野俊一愛していれば二人には言葉はいらない 目と目たがいに見つめていれば 心の中までわかる  恋する時は突然に感じるものなの それは心と心の出逢い 言葉などはない世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界  若いこの時を 二度と来ない日を 二人大切に 生きてゆきたいの 愛に結ばれて 愛を感じ合い いつも生きてゆくの  愛することはいつだって 素敵なことなの それはあなたとわたしの命 ときめき揺れてる世界 ララ……………
子供ぢゃないのウェル 私はお茶目な ハイティーン  先生は駄目だと 言うけれど お出かけするときはね マッ赤なハイヒール  私もそろそろお年頃 おしろい口紅つけたいな するとね みんなが ステキだって言うの  たまには イカした男の子と 腕くみ二人で 行きたいわよ コーヒーのみに  すてきな人から さそわれて ハートがドキドキ してきたら それはね 恋でしょ もうなんでもわかるの  隣のおじさん ステキだけど いまでもガムを 買ってくれるから嫌い  パパやママは いつまでも私のことを 子供と思っているけれど  外をね 歩けばほら みんながふりむくの 子供じゃないのよ弘田三枝子John Schroeder・Mike Hawker・訳詞:漣健児John Schroeder・Mike Hawkerウェル 私はお茶目な ハイティーン  先生は駄目だと 言うけれど お出かけするときはね マッ赤なハイヒール  私もそろそろお年頃 おしろい口紅つけたいな するとね みんなが ステキだって言うの  たまには イカした男の子と 腕くみ二人で 行きたいわよ コーヒーのみに  すてきな人から さそわれて ハートがドキドキ してきたら それはね 恋でしょ もうなんでもわかるの  隣のおじさん ステキだけど いまでもガムを 買ってくれるから嫌い  パパやママは いつまでも私のことを 子供と思っているけれど  外をね 歩けばほら みんながふりむくの 子供じゃないのよ
この大空に捨ててしまおう夕暮れの散歩は なぜかとても淋しくて 思わず駆け出してしまう 明日天気だったら 空に溶け込んでしまいそうな 青い風船を飛ばそう  この この大空に捨ててしまおう 昨日までの私  明るい日ざしの中で 読みかけの本を開く 新しい季節はもうすぐ 今夜星が出たら 誰よりも一番先に 流れ星を見つけたい  この この大空に捨ててしまおう 昨日までの私弘田三枝子安斉さと小室等夕暮れの散歩は なぜかとても淋しくて 思わず駆け出してしまう 明日天気だったら 空に溶け込んでしまいそうな 青い風船を飛ばそう  この この大空に捨ててしまおう 昨日までの私  明るい日ざしの中で 読みかけの本を開く 新しい季節はもうすぐ 今夜星が出たら 誰よりも一番先に 流れ星を見つけたい  この この大空に捨ててしまおう 昨日までの私
裁かれる女うわさに追われて 街から街を行く 死ぬことすらできない 迷える私 誰のために 歩けばいいの 純白の服も破れ 誰のために歩く 誰のために 見えない鎖で 結ばれてたはずの 愛という名の絆 ほどいた人はあなた  さげすむまなざし 重たい十字架を 背中に受けてひとり さまよう私 何のために 生きればいいの 子供らに石で追われ 何のために生きる 何のために 消えないインクで 額に記された 愛という名の文字を 削った人はあなた弘田三枝子なかにし礼川口真川口真うわさに追われて 街から街を行く 死ぬことすらできない 迷える私 誰のために 歩けばいいの 純白の服も破れ 誰のために歩く 誰のために 見えない鎖で 結ばれてたはずの 愛という名の絆 ほどいた人はあなた  さげすむまなざし 重たい十字架を 背中に受けてひとり さまよう私 何のために 生きればいいの 子供らに石で追われ 何のために生きる 何のために 消えないインクで 額に記された 愛という名の文字を 削った人はあなた
ジングル・ベルふりしきる 雪をけたて そりは走る 丘を越えて ほがらかに 鈴はひゞく こよいは陽気に 歌おうよ  ジングル・ベル ジングル・ベル 鈴がなる そりはゆくゆく 雪の野原  ジングル・ベル ジングル・ベル 鈴がなる そりはゆくゆく 雪の野を  Dashing through the snow In a one-hores open sleigh O're the fields we go, Laughing all the way  Bells on the bobtail ring, Making spirits bright What fun it is to ride and sing A sleighing song tonight  Jingle bells, Jingle bells Jingle all the way, Oh what fun it is to ride In a one-hores open sleigh  Jingle bells, Jingle bells Jingle all the way, Oh what fun it is to ride In a one-hores open sleigh弘田三枝子ジェームス・ピアポント・訳詞:高田三九三ジェームス・ピアポントふりしきる 雪をけたて そりは走る 丘を越えて ほがらかに 鈴はひゞく こよいは陽気に 歌おうよ  ジングル・ベル ジングル・ベル 鈴がなる そりはゆくゆく 雪の野原  ジングル・ベル ジングル・ベル 鈴がなる そりはゆくゆく 雪の野を  Dashing through the snow In a one-hores open sleigh O're the fields we go, Laughing all the way  Bells on the bobtail ring, Making spirits bright What fun it is to ride and sing A sleighing song tonight  Jingle bells, Jingle bells Jingle all the way, Oh what fun it is to ride In a one-hores open sleigh  Jingle bells, Jingle bells Jingle all the way, Oh what fun it is to ride In a one-hores open sleigh
SWEET MEMORIESなつかしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの  「幸福?」と聞かないで 嘘つくのは上手じゃない 友達ならいるけど あんなには燃えあがれなくて  失った夢だけが 美しく見えるのは何故かしら 過ぎ去った優しさも今は 甘い記憶 sweet memories  Don't kiss me baby we can never be So don't add more pain Please don't hurt me again I have spent so many nights Thinking of you longing for your touch I have once loved you so much  あの頃は若すぎて 悪戯に傷つけあった二人 色褪せた哀しみも今は 遠い記憶 sweet memories  失った夢だけが 美しく見えるのは何故かしら 過ぎ去った優しさも今は 甘い記憶 sweet memories弘田三枝子松本隆大村雅朗なつかしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの  「幸福?」と聞かないで 嘘つくのは上手じゃない 友達ならいるけど あんなには燃えあがれなくて  失った夢だけが 美しく見えるのは何故かしら 過ぎ去った優しさも今は 甘い記憶 sweet memories  Don't kiss me baby we can never be So don't add more pain Please don't hurt me again I have spent so many nights Thinking of you longing for your touch I have once loved you so much  あの頃は若すぎて 悪戯に傷つけあった二人 色褪せた哀しみも今は 遠い記憶 sweet memories  失った夢だけが 美しく見えるのは何故かしら 過ぎ去った優しさも今は 甘い記憶 sweet memories
菅平スキー小唄粋なセーターにスキーをつけて 行こうよ信濃のシュワルツワルド 日本ダボスの菅平 タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平  暁の処女雪銀盤ふんで 登る根子岳心もおどる 同じルートを後や先 タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平  銀のコースはどこまでつゞく 雪のしらかば乙女の素足 胸にゃ吹雪の花が咲く タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平弘田三枝子島田芳文杉山長谷夫粋なセーターにスキーをつけて 行こうよ信濃のシュワルツワルド 日本ダボスの菅平 タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平  暁の処女雪銀盤ふんで 登る根子岳心もおどる 同じルートを後や先 タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平  銀のコースはどこまでつゞく 雪のしらかば乙女の素足 胸にゃ吹雪の花が咲く タララッタ ジグザッグ スキーで滑ろ すべろスロープ菅平
すてきな16才Cha la la la… Happy birthday sweet sixteen 今はもう きのうの私とちがうレディーよ 口紅つけて気どってみたの Happy birthday sweet sixteen  やさしい彼の腕に抱かれてみたいわ だって私は もうレディーなの Happy birthday sweet sixteen  青い月や星空さえ 何故か胸をせつなくする 不思議なの だって彼の声もささやく様に 聞こえてくるのよ  今はもう きのうの私とちがうレディーよ 口紅つけて気どってみたの Happy birthday sweet sixteen  やさしい彼の腕に抱かれてみたいわ だって私は もうレディーなの Happy birthday sweet sixteen弘田三枝子漣健児N.セダカCha la la la… Happy birthday sweet sixteen 今はもう きのうの私とちがうレディーよ 口紅つけて気どってみたの Happy birthday sweet sixteen  やさしい彼の腕に抱かれてみたいわ だって私は もうレディーなの Happy birthday sweet sixteen  青い月や星空さえ 何故か胸をせつなくする 不思議なの だって彼の声もささやく様に 聞こえてくるのよ  今はもう きのうの私とちがうレディーよ 口紅つけて気どってみたの Happy birthday sweet sixteen  やさしい彼の腕に抱かれてみたいわ だって私は もうレディーなの Happy birthday sweet sixteen
砂に消えた涙青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて泣いたの ひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 愛の手紙 恋の日記 それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  白い波の打ちよせる 海辺で 私は砂の中に恋の想い出 みんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた甘い言葉 熱いキスそれのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて泣いたの ひとりきりで弘田三枝子訳詞:漣健児P.ソフィッチ山屋清青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて泣いたの ひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 愛の手紙 恋の日記 それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  白い波の打ちよせる 海辺で 私は砂の中に恋の想い出 みんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた甘い言葉 熱いキスそれのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて泣いたの ひとりきりで
砂に消えた涙 (Good bye Kenj Sazanami Version)青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 愛の手紙 恋の日記 それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  白い波の打ちよせる海辺で 私は砂の中に 恋の想い出みんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 甘い言葉 熱いキス それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで  ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 甘い言葉 熱いキス それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで……弘田三枝子Piero Soffici・Alberto Testa・訳詞:漣健児Piero Soffici・Alberto Testa青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 愛の手紙 恋の日記 それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  白い波の打ちよせる海辺で 私は砂の中に 恋の想い出みんなうずめて 泣いたのひとりきりで ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 甘い言葉 熱いキス それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで  ア、ア、ア、 あなたが私にくれた 甘い言葉 熱いキス それのひとつひとつのものが いつわりのプレゼント  青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 愛のかたみをみんなうずめて 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで 泣いたのひとりきりで……
砂の上のひめごとくちづけは 潮の香り 夏の夜の 砂浜 流れ星に 祈りをこめて 私はただ 泣いてた 誰もいない 夜の浜辺 さざ波だけが 見ていた  夏になると 思い出すの 初めての くちづけ 桜貝の 耳飾りは あなたからの 贈り物 忘れないで 夏の夜の 砂の上の ひめごと弘田三枝子なかにし礼中島安敏くちづけは 潮の香り 夏の夜の 砂浜 流れ星に 祈りをこめて 私はただ 泣いてた 誰もいない 夜の浜辺 さざ波だけが 見ていた  夏になると 思い出すの 初めての くちづけ 桜貝の 耳飾りは あなたからの 贈り物 忘れないで 夏の夜の 砂の上の ひめごと
スーベニールススーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス いつもむねに ひめているの 二人だけの恋の おもいでを  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス 愛はいまも 変らないわ とわに生きる 恋のおもいでよ  春には 楽しいドライブ 夏には 海辺のデイト 秋も冬も かたよせて すごした 愛の日を  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス それが今も生きるすべて 忘れないで 恋のメモリー おもいでの スーベニールス  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス それが今も生きるすべて 忘れないで 恋のメモリー おもいでの スーベニールス マイ・スーベニールス マイ・スーベニールス………弘田三枝子訳詩:漣健児ハード山屋清スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス いつもむねに ひめているの 二人だけの恋の おもいでを  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス 愛はいまも 変らないわ とわに生きる 恋のおもいでよ  春には 楽しいドライブ 夏には 海辺のデイト 秋も冬も かたよせて すごした 愛の日を  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス それが今も生きるすべて 忘れないで 恋のメモリー おもいでの スーベニールス  スーベニールス スーベニールス 恋のスーベニールス それが今も生きるすべて 忘れないで 恋のメモリー おもいでの スーベニールス マイ・スーベニールス マイ・スーベニールス………
世界の国からこんにちはこんにちは こんにちは 西のくにから こんにちは こんにちは 東のくにから こんにちは こんにちは 世界のひとが こんにちは こんにちは さくらの国で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 月へ宇宙へ こんにちは こんにちは 地球をとび出す こんにちは こんにちは 世界の夢 こんにちは こんにちは みどりの丘で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 笑顔あふれる こんにちは こんにちは 心のそこから こんにちは こんにちは 世界をむすぶ こんにちは こんにちは 日本の国で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう こんにちは こんにちは 握手をしよう弘田三枝子島田陽子中村八大川村利夫こんにちは こんにちは 西のくにから こんにちは こんにちは 東のくにから こんにちは こんにちは 世界のひとが こんにちは こんにちは さくらの国で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 月へ宇宙へ こんにちは こんにちは 地球をとび出す こんにちは こんにちは 世界の夢 こんにちは こんにちは みどりの丘で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう  こんにちは こんにちは 笑顔あふれる こんにちは こんにちは 心のそこから こんにちは こんにちは 世界をむすぶ こんにちは こんにちは 日本の国で 一九七〇年の こんにちは こんにちは こんにちは 握手をしよう こんにちは こんにちは 握手をしよう
接吻長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに やけに色の無い夢を見る  ああ どこか物足りない今日は あなたの 濡れた眼差しが嬉しい  何時の間にか 枯れ薫色の twilight 子供のように無邪気に欲しくなる  長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに 痩せた色の無い夢を見る  night flight 瞳 移ろうように甘く あなたの素肌 冷たすぎて苛立つ  焼けるような戯れの後に 永遠に独りでいることを知る  長く甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる 前に fall in love きつく抱きしめるたびに 痩せた色の無い夢を見てた 甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる 前に fall in love きつく抱きしめるたびに やけに色の無い夢が続く弘田三枝子田島貴男田島貴男長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに やけに色の無い夢を見る  ああ どこか物足りない今日は あなたの 濡れた眼差しが嬉しい  何時の間にか 枯れ薫色の twilight 子供のように無邪気に欲しくなる  長く甘い口づけを交わす 深く果てしなくあなたを知りたい fall in love 熱く口づけるたびに 痩せた色の無い夢を見る  night flight 瞳 移ろうように甘く あなたの素肌 冷たすぎて苛立つ  焼けるような戯れの後に 永遠に独りでいることを知る  長く甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる 前に fall in love きつく抱きしめるたびに 痩せた色の無い夢を見てた 甘い口づけを交わそう 夜がすべて忘れさせる 前に fall in love きつく抱きしめるたびに やけに色の無い夢が続く
セーラー・ボーイセーラーボーイ アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ あなたは セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ 寂しくて 悲しいの ひとりぼっちで エン エ エ …… セーラーボーイ アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ わたしの セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ 逢いたくて 恋しいの ひとりじゃいや セーラーボーイ セーラーボーイ 海に浮んだ お船から セーラーボーイ マイ エンジェル ボーイ 帰ってきてね アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ あなたは セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ お話をきかせてよ あなただけに ……弘田三枝子F.D.Gari・J.Basile・訳詩:漣健児F.D.Gari・J.Basile山屋清セーラーボーイ アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ あなたは セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ 寂しくて 悲しいの ひとりぼっちで エン エ エ …… セーラーボーイ アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ わたしの セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ 逢いたくて 恋しいの ひとりじゃいや セーラーボーイ セーラーボーイ 海に浮んだ お船から セーラーボーイ マイ エンジェル ボーイ 帰ってきてね アイ ラララララララ ラヴ・ユー セーラーボーイ あなたは セイエン イエン イエン イエン セーラーボーイ お話をきかせてよ あなただけに ……
そよ風に乗って走り去る町も村も森も 森も あなたの瞳にはうつらない 見えない みつめる瞳もやさしいハートも そよ風にのってほほえむ  美しい山も川も越えて 越えて ワゴンは二人を乗せて走る 走る あこがれの国へ幸せの国へ そよ風に乗って走るよ  青空に浮かぶ白い雲も 雲も 走るワゴンを追いかけて来るよ 来るよ 細長い雲も綿きれの雲も そよ風に乗った二人を  あこがれの国へ幸せの国へ そよ風に乗って走るよ  美しい山も川も越えて 越えて ワゴンは二人を乗せて走る 走る弘田三枝子訳詩:漣健児マジェンタ山屋清走り去る町も村も森も 森も あなたの瞳にはうつらない 見えない みつめる瞳もやさしいハートも そよ風にのってほほえむ  美しい山も川も越えて 越えて ワゴンは二人を乗せて走る 走る あこがれの国へ幸せの国へ そよ風に乗って走るよ  青空に浮かぶ白い雲も 雲も 走るワゴンを追いかけて来るよ 来るよ 細長い雲も綿きれの雲も そよ風に乗った二人を  あこがれの国へ幸せの国へ そよ風に乗って走るよ  美しい山も川も越えて 越えて ワゴンは二人を乗せて走る 走る
太陽の海灼けつく砂浜 太陽が呼んでる 輝く青空 若さにあふれる海で あの波を越え 潮風に乗り ヨットで走ろう 胸は躍る 二人の夢をのせて ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも躍るよ 二人の心は燃える  二人で泳げば 太陽が呼びかける 輝く太陽 若さ燃やして今日も 君と二人で 海の果てまで 泳いで行こう 心はずむ 二人はしあわせなの ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも二人の 若さにほゝえみかける  ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも二人の 若さにほゝえみかける  いつまでも しあわせを いつまでも …………………弘田三枝子訳詩:三浦康照ソフイッチ灼けつく砂浜 太陽が呼んでる 輝く青空 若さにあふれる海で あの波を越え 潮風に乗り ヨットで走ろう 胸は躍る 二人の夢をのせて ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも躍るよ 二人の心は燃える  二人で泳げば 太陽が呼びかける 輝く太陽 若さ燃やして今日も 君と二人で 海の果てまで 泳いで行こう 心はずむ 二人はしあわせなの ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも二人の 若さにほゝえみかける  ギラギラ波間を 太陽も泳ぐよ しぶきも二人の 若さにほゝえみかける  いつまでも しあわせを いつまでも …………………
ダーリン・オブ・ディスコティック嘘つきな男の子は 真夜中に現れた エンジェルに恋をする  エンジェルは本当はね 愛の国のスパイなの 知らないのはあなただけ  ふたりは見つめあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque  嘘つきな男の子と エンジェルは今夜だけ 恋人のふりをする  ふたりは愛しあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque  嘘つきな男の子は 真夜中に現れた エンジェルに恋をする  音楽が鳴り止むと エンジェルはもういない さよならも言わないの  ふたりは愛しあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque弘田三枝子小西康陽小西康陽窪田晴男・小西康陽・福富幸宏嘘つきな男の子は 真夜中に現れた エンジェルに恋をする  エンジェルは本当はね 愛の国のスパイなの 知らないのはあなただけ  ふたりは見つめあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque  嘘つきな男の子と エンジェルは今夜だけ 恋人のふりをする  ふたりは愛しあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque  嘘つきな男の子は 真夜中に現れた エンジェルに恋をする  音楽が鳴り止むと エンジェルはもういない さよならも言わないの  ふたりは愛しあう 音楽が続くかぎり ねえ 音楽を止めないで ねえ darlin' darlin' darlin' of discotheque
蝶の雨白い蝶々が 雨に耐えてる あれは昨日までの 私の姿 こんな気持など わからないでしょう あなた わからないまま 何もきかないで 強く抱いてほしい あたたかな あなたの腕の中で 凍りついた心が とける音がする この恋を 最後の恋にしたい 別れの悲しみを 知りすぎたから  白い蝶々が 雨に死んでる あれはあなたなしの 私の姿 女心など 信じないでしょう あなた 信じないままで 何も言わないで そばにおいてほしい くりかえし あなたの指にふれて 肌にしみた涙の あとが消えてゆく この恋を 最後の恋にしたい ひとりぼっちの恐さを 知りすぎたから  この恋を 最後の恋にしたい ひとりぼっちの恐さを 知りすぎたから弘田三枝子なかにし礼馬飼野康二馬飼野康二白い蝶々が 雨に耐えてる あれは昨日までの 私の姿 こんな気持など わからないでしょう あなた わからないまま 何もきかないで 強く抱いてほしい あたたかな あなたの腕の中で 凍りついた心が とける音がする この恋を 最後の恋にしたい 別れの悲しみを 知りすぎたから  白い蝶々が 雨に死んでる あれはあなたなしの 私の姿 女心など 信じないでしょう あなた 信じないままで 何も言わないで そばにおいてほしい くりかえし あなたの指にふれて 肌にしみた涙の あとが消えてゆく この恋を 最後の恋にしたい ひとりぼっちの恐さを 知りすぎたから  この恋を 最後の恋にしたい ひとりぼっちの恐さを 知りすぎたから
できごとどうしてあなたは帰ってこない ひとり待ちわびる愛のまごころ 悲しい心は涙にぬれて 今夜もこんなにふるえているの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  約束を今も覚えているわ しあわせにすると言ったことばを 愛にみちたりた白い部屋で 灯りもつけずに夜明けを待つの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  さだめというにはあまりにむごい おもいもよらないできごとなのね さよならを言うまえに もう一度逢いたい弘田三枝子我谷和夫佐藤健服部克久どうしてあなたは帰ってこない ひとり待ちわびる愛のまごころ 悲しい心は涙にぬれて 今夜もこんなにふるえているの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  約束を今も覚えているわ しあわせにすると言ったことばを 愛にみちたりた白い部屋で 灯りもつけずに夜明けを待つの さよならを言うまえに もう一度逢いたい  さだめというにはあまりにむごい おもいもよらないできごとなのね さよならを言うまえに もう一度逢いたい
都会の女夜明けの舗道を 霧が晴れてゆく あなたと私を 引きさくように からめた指先 あわせたくちびる やがて恋の火も 色あせてゆくのね 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 明日の私は 人形みたいに 乾いたこころに すがるものもないわ  はじめてあなたに 愛するすべてを おしえられたのは 18だった 枯葉の舞い散る 都会の片隅 ひとつのコートにくるまった二人 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 飲めないお酒も 好きになれそうよ あなたに捨てられ 何かがこわれそう弘田三枝子橋本淳三原綱木高田弘夜明けの舗道を 霧が晴れてゆく あなたと私を 引きさくように からめた指先 あわせたくちびる やがて恋の火も 色あせてゆくのね 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 明日の私は 人形みたいに 乾いたこころに すがるものもないわ  はじめてあなたに 愛するすべてを おしえられたのは 18だった 枯葉の舞い散る 都会の片隅 ひとつのコートにくるまった二人 今 時は流れて 今 最後の言葉を あー待つだけなの 私の胸は 飲めないお酒も 好きになれそうよ あなたに捨てられ 何かがこわれそう
ドロップスの歌むかしなきむしかみさまが あさやけみてないて ゆうやけみてないて まっかななみだがポロンポロン きいろいなみだがポロンポロン それがせかいじゅうにちらばって いまではドロップス こどもがなめますペロンペロン おとながなめますペロンペロン  むかしなきむしかみさまが かなしくてもないて うれしくてもないて すっぱいなみだがポロンポロン あまいなみだがポロンポロン それがせかいじゅうにちらばって いまではドロップス こどもがたべますチュルンチュルン おとながたべますチュルンチュルン弘田三枝子まどみちお大中恩大中恩むかしなきむしかみさまが あさやけみてないて ゆうやけみてないて まっかななみだがポロンポロン きいろいなみだがポロンポロン それがせかいじゅうにちらばって いまではドロップス こどもがなめますペロンペロン おとながなめますペロンペロン  むかしなきむしかみさまが かなしくてもないて うれしくてもないて すっぱいなみだがポロンポロン あまいなみだがポロンポロン それがせかいじゅうにちらばって いまではドロップス こどもがたべますチュルンチュルン おとながたべますチュルンチュルン
『ドーベルマン刑事』のテーマJust keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.  Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.  Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.弘田三枝子弘田三枝子弘田三枝子鈴木宏昌Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.  Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.  Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on. Just keep on, just keep on, just keep on, movin' on.
渚のうわさあなたのいない渚は とっても淋しくて こらえきれずに 涙がこぼれる  あなたのいない渚で 名前を呼んでみた 誰れか教えて あなたのうわさ  忘れない素敵な恋 どんなに強く 抱かれてもいつわりの 愛はさみしい  あなたのいない渚は 青い星屑だけが 貝殻てらして 濡れていた  あなたのいない砂山 汐風だけなのに わたしの心は なぜかせつない  あなたのいない砂山 帰ってきてみても 誰れも知らない あなたのうわさ  忘れない素敵な恋 どんなに強く 抱かれてもいつわりの 愛はさみしい  あなたのいない渚は 青い星屑だけが 貝殻てらして 濡れていた弘田三枝子橋本淳筒美京平筒美京平あなたのいない渚は とっても淋しくて こらえきれずに 涙がこぼれる  あなたのいない渚で 名前を呼んでみた 誰れか教えて あなたのうわさ  忘れない素敵な恋 どんなに強く 抱かれてもいつわりの 愛はさみしい  あなたのいない渚は 青い星屑だけが 貝殻てらして 濡れていた  あなたのいない砂山 汐風だけなのに わたしの心は なぜかせつない  あなたのいない砂山 帰ってきてみても 誰れも知らない あなたのうわさ  忘れない素敵な恋 どんなに強く 抱かれてもいつわりの 愛はさみしい  あなたのいない渚は 青い星屑だけが 貝殻てらして 濡れていた
渚の天使バンバン バンバン 夏の浜辺は すばらしい 恋がめばえる はずなのに どうして私の くちびるだけは 風と踊っているの  ピンクのくちべにポケットに 恋の渚を歩いても だれも私に 振り向かないの とてもさみしいわ バンバン バンバン  恋の女神は あなたのひざで 眠っているのね  もえる太陽 うつくしく わたしの肩を てらしてる バンバン バンバン ……………弘田三枝子橋本淳筒美京平筒美京平バンバン バンバン 夏の浜辺は すばらしい 恋がめばえる はずなのに どうして私の くちびるだけは 風と踊っているの  ピンクのくちべにポケットに 恋の渚を歩いても だれも私に 振り向かないの とてもさみしいわ バンバン バンバン  恋の女神は あなたのひざで 眠っているのね  もえる太陽 うつくしく わたしの肩を てらしてる バンバン バンバン ……………
渚のデイト愛したら 何もかも いつまでも あなたのもの 恋したら いのちさえも すべては あなたのもの  いつの日にか めぐり逢い いつかしら 愛し合うの その時を 夢に見ては 夜ごと 心ときめく  いつの日にか めぐり逢い いつかしら 愛し合うの その時を 夢に見ては 夜ごと 心ときめく弘田三枝子漣健児B.Davis・T.Murray愛したら 何もかも いつまでも あなたのもの 恋したら いのちさえも すべては あなたのもの  いつの日にか めぐり逢い いつかしら 愛し合うの その時を 夢に見ては 夜ごと 心ときめく  いつの日にか めぐり逢い いつかしら 愛し合うの その時を 夢に見ては 夜ごと 心ときめく
ナポリは恋人ナポリ 夢の町 しあわせに あふれて 星ふる夜の サンタルチアよ 町に流れる なつかしの歌  ナポリ 恋の町 さあ歌おう 青春(はる)の歌 月の光が 静かにゆれて 二人の舟を やさしくつつむ ナポリ フォルテュナ ミア弘田三枝子R.ラッセル・あらかわひろしR.ラッセルナポリ 夢の町 しあわせに あふれて 星ふる夜の サンタルチアよ 町に流れる なつかしの歌  ナポリ 恋の町 さあ歌おう 青春(はる)の歌 月の光が 静かにゆれて 二人の舟を やさしくつつむ ナポリ フォルテュナ ミア
涙のドライヴあなたの横顔 みるのがつらい フロントグラスに 銀の雨 これが最後の ドライヴかしら 言葉はいらない あなたとわたし さそわれたのが 恋のはじまり それなのに それなのに 愛の終りを 待ってるふたり 待ってるふたり  いつか作った 手あみのピエロ フロントグラスで 踊っているわ これが最後の ドライヴかしら 私のお家は もうすぐそこね さそわれたのが 恋のはじまり それなのに それなのに 愛の終りを 待ってるふたり 待ってるふたり ラララララ……………弘田三枝子橋本淳筒美京平あなたの横顔 みるのがつらい フロントグラスに 銀の雨 これが最後の ドライヴかしら 言葉はいらない あなたとわたし さそわれたのが 恋のはじまり それなのに それなのに 愛の終りを 待ってるふたり 待ってるふたり  いつか作った 手あみのピエロ フロントグラスで 踊っているわ これが最後の ドライヴかしら 私のお家は もうすぐそこね さそわれたのが 恋のはじまり それなのに それなのに 愛の終りを 待ってるふたり 待ってるふたり ラララララ……………
人形の家PLATINA LYLIC顔もみたくないほど あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて捨てられて 忘れられた部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて待ちわびて 泣きぬれる部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた 私はあなたに命をあずけたPLATINA LYLIC弘田三枝子なかにし礼川口真顔もみたくないほど あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて捨てられて 忘れられた部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて待ちわびて 泣きぬれる部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた 私はあなたに命をあずけた
人形の家(ピアノ・バージョン)顔もみたくないほど あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて捨てられて 忘れられた部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて待ちわびて 泣きぬれる部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた 私はあなたに命をあずけた  命をあずけた弘田三枝子なかにし礼川口真北島直樹顔もみたくないほど あなたに嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えたいまも ほこりにまみれた人形みたい 愛されて捨てられて 忘れられた部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた  あれはかりそめの恋 心のたわむれだなんて なぜか思いたくない 胸がいたみすぎて ほこりにまみれた人形みたい 待ちわびて待ちわびて 泣きぬれる部屋のかたすみ 私はあなたに命をあずけた 私はあなたに命をあずけた  命をあずけた
はじめての恋人もしも あたしの恋人が ヨコッちょ向いててスネてたら あたしはどうして ゴキゲンとるの そんなときのことを おしえて  もしも あなたの恋人が ガリガリ亡者の勉強家なら 彼氏をどうして連れだしちゃうの そんなときのことを おしえて  とっても好きになっちゃって どうにもならないあたし あんなとき こんなとき どうしていいか おしえて  もしも あたしの恋人が うそをついてて泣かせたら あたしはいつまで 泣いたらいいの そんなときのことを おしえて  あたしはいつまで泣いたらいいの そんなときのことを おしえて  もしも あたしの恋人が わがままばっかりいってたなら あたしもすこしは 怒っていいの そんなときのことを おしえて そんなときのことを おしえて弘田三枝子訳詩:漣健児レイモンドもしも あたしの恋人が ヨコッちょ向いててスネてたら あたしはどうして ゴキゲンとるの そんなときのことを おしえて  もしも あなたの恋人が ガリガリ亡者の勉強家なら 彼氏をどうして連れだしちゃうの そんなときのことを おしえて  とっても好きになっちゃって どうにもならないあたし あんなとき こんなとき どうしていいか おしえて  もしも あたしの恋人が うそをついてて泣かせたら あたしはいつまで 泣いたらいいの そんなときのことを おしえて  あたしはいつまで泣いたらいいの そんなときのことを おしえて  もしも あたしの恋人が わがままばっかりいってたなら あたしもすこしは 怒っていいの そんなときのことを おしえて そんなときのことを おしえて
花の咲く朝ひと夜泣き明かしました そして答出しました だから別れましょう この日この場かぎり 熱い珈琲を中に じっと向き合っていると まるで恥らってる 恋人に見えるわ ふたりで借りてた この部屋も 今日かぎり 期限ぎれ 何かの知らせなのね せまい庭一面 花が咲いた朝  外は未だ薄暗いわ 人に出逢う気づかいも ないわ別れましょう この日この場かぎり ふたりで歩いた この道を ひとりづつ 歩くのも 幾日ぶりのことね せまい庭一面 花が咲いた朝弘田三枝子千家和也馬飼野康二馬飼野康二ひと夜泣き明かしました そして答出しました だから別れましょう この日この場かぎり 熱い珈琲を中に じっと向き合っていると まるで恥らってる 恋人に見えるわ ふたりで借りてた この部屋も 今日かぎり 期限ぎれ 何かの知らせなのね せまい庭一面 花が咲いた朝  外は未だ薄暗いわ 人に出逢う気づかいも ないわ別れましょう この日この場かぎり ふたりで歩いた この道を ひとりづつ 歩くのも 幾日ぶりのことね せまい庭一面 花が咲いた朝
バイ・バイ・ブロンディ夢を売ります 素敵な夢を あなたの歌と 引きかえに ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー  キラキラ光る ダイヤの夢は 宇宙の星の お姫様 ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー  三角形は 遠足の夢 のりで包んだ おむすびさ ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー弘田三枝子訳詩:峯陽ベルリップ山屋清夢を売ります 素敵な夢を あなたの歌と 引きかえに ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー  キラキラ光る ダイヤの夢は 宇宙の星の お姫様 ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー  三角形は 遠足の夢 のりで包んだ おむすびさ ハイデイ いっしょに 唄おう ハイデイ ヘイ ハイデイ ホー ハイデイ みんなの夢を ハイデイ ハイデイ ホー
ヴァケーションGOLD LYLICVACATION 楽しいな!  ギラギラと輝く太陽背にうけて 青い海 泳ぎましょ 待ちどおしいのは 夏休み!  山に行くこともすてきな事よ 山びこが呼んでいる 待ちどおしいのは 秋休み!  冬は楽しいスキーに行きましょう 白い雪けり 寒さなんか忘れ すべるの Go Go Go Go  マッシュポテトをみずべで あの人と踊ろう 湖も呼んでいる 待ちどおしいのは 春休み!  待ちどおしいのは 冬休み! 冬は楽しいスキーに行きましょう 白い雪けり 寒さなんか忘れ すべるの Go Go Go Go  マッシュポテトをみずべで あの人と踊ろう 湖も呼んでいる  VACATION 楽しいな! (Woow!) VACATION 楽しいな! (Wooooow!!) VACATION 楽しいな! (One more time!!) VACATION 楽しいな…GOLD LYLIC弘田三枝子Connie Francis・Hank Hunter・漣健児Connie Francis・Hank HunterVACATION 楽しいな!  ギラギラと輝く太陽背にうけて 青い海 泳ぎましょ 待ちどおしいのは 夏休み!  山に行くこともすてきな事よ 山びこが呼んでいる 待ちどおしいのは 秋休み!  冬は楽しいスキーに行きましょう 白い雪けり 寒さなんか忘れ すべるの Go Go Go Go  マッシュポテトをみずべで あの人と踊ろう 湖も呼んでいる 待ちどおしいのは 春休み!  待ちどおしいのは 冬休み! 冬は楽しいスキーに行きましょう 白い雪けり 寒さなんか忘れ すべるの Go Go Go Go  マッシュポテトをみずべで あの人と踊ろう 湖も呼んでいる  VACATION 楽しいな! (Woow!) VACATION 楽しいな! (Wooooow!!) VACATION 楽しいな! (One more time!!) VACATION 楽しいな…
バラの革命やがて私は 傷ついて 流れた血の中で 死ぬかしら あなたを愛した その日から 炎の日々が 始まった バラの革命 私の胸に 輝く命の 花開く今  バラの花びら 敷きつめて 白い身体を 抱きしめて 朝にくずれる 砂ならば 明日は 虹をさがすだけ バラの革命 私の胸に いろあせた 昨日をすててゆく今  バラの革命 私の胸に いろあせた 昨日をすててゆく今 いろあせた 昨日をすててゆく今 いろあせた 昨日をすててゆく今弘田三枝子島村葉二いずみたくやがて私は 傷ついて 流れた血の中で 死ぬかしら あなたを愛した その日から 炎の日々が 始まった バラの革命 私の胸に 輝く命の 花開く今  バラの花びら 敷きつめて 白い身体を 抱きしめて 朝にくずれる 砂ならば 明日は 虹をさがすだけ バラの革命 私の胸に いろあせた 昨日をすててゆく今  バラの革命 私の胸に いろあせた 昨日をすててゆく今 いろあせた 昨日をすててゆく今 いろあせた 昨日をすててゆく今
ひいふうみいよう少しビールを頂くわ 飲まずにお話できないわ 好きと心で想ってた あなた空から 見てますか 思い出だけを 算(かぞ)えても ひいふうみいよう ありすぎて 言えない分だけ 好きでした  夢で逢えたら 嬉しいわ 今度は好きだと 言いたいわ 時には泣いたり 笑ったり 人生はかないお芝居ね あれから何年 経つのでしょう ひいふうみいよう 長すぎて 逢えずにいただけ 好きでした  今夜はお化粧しましょうか 若いあの日に返るわね あなたが好きだと 言っていた 古いこの歌 歌いましょう 思い出しては 幾度か ひいふうみいよう 多すぎて 歌った数だけ 好きでした弘田三枝子合田道人合田道人鳴海周平少しビールを頂くわ 飲まずにお話できないわ 好きと心で想ってた あなた空から 見てますか 思い出だけを 算(かぞ)えても ひいふうみいよう ありすぎて 言えない分だけ 好きでした  夢で逢えたら 嬉しいわ 今度は好きだと 言いたいわ 時には泣いたり 笑ったり 人生はかないお芝居ね あれから何年 経つのでしょう ひいふうみいよう 長すぎて 逢えずにいただけ 好きでした  今夜はお化粧しましょうか 若いあの日に返るわね あなたが好きだと 言っていた 古いこの歌 歌いましょう 思い出しては 幾度か ひいふうみいよう 多すぎて 歌った数だけ 好きでした
瞳の中の私あなたの瞳の中には 恋した私がいるの なのに 私の瞳の中には いじわるなあなたがいるの いつもやさしくしてくれないで 浮気ばかりするあなた 私の瞳の中は 涙でくもる 毎日なの  あなたの瞳の中には 知らない女の人が なのに 私の瞳の中には 今もあなたの姿だけ けれどいつかは私のことを きっと見つめてくれるでしょう 私の瞳の中に その時は あなたがいるのよ……弘田三枝子星加ルミ子高井達雄森岡賢一郎あなたの瞳の中には 恋した私がいるの なのに 私の瞳の中には いじわるなあなたがいるの いつもやさしくしてくれないで 浮気ばかりするあなた 私の瞳の中は 涙でくもる 毎日なの  あなたの瞳の中には 知らない女の人が なのに 私の瞳の中には 今もあなたの姿だけ けれどいつかは私のことを きっと見つめてくれるでしょう 私の瞳の中に その時は あなたがいるのよ……
ひとりぼっちの海一人ぼっちになっても 私は生きてゆけると たしかめたくて 海を見に来た あなたのくれた時計も 白い真珠の指輪も ひとつ残らず 砂に埋づめて あなたを忘れたいの 愛したままで 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも 生まれるけれど 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも消えていってしまう  季節はずれの砂浜 風もつめたい渚は 淋しすぎるの 悲しすぎるの あなたとはなればなれで 生きてゆくには余りに 弱い女と 知っていながら どうして さようならを 言ったのかしら 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも 生まれるけれど 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも消えていってしまう弘田三枝子なかにし礼馬飼野康二一人ぼっちになっても 私は生きてゆけると たしかめたくて 海を見に来た あなたのくれた時計も 白い真珠の指輪も ひとつ残らず 砂に埋づめて あなたを忘れたいの 愛したままで 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも 生まれるけれど 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも消えていってしまう  季節はずれの砂浜 風もつめたい渚は 淋しすぎるの 悲しすぎるの あなたとはなればなれで 生きてゆくには余りに 弱い女と 知っていながら どうして さようならを 言ったのかしら 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも 生まれるけれど 浜辺によせかえす さざ波のように 恋はいつも消えていってしまう
ほゝえみを忘れないであの日の ほゝえみ 忘れないで いつも ふたりで はじめて 交わした ほゝえみ あゝ涙さえ しあわせよ あなたの ほゝえみ 抱いているの いつも あの日が ふたりを どこかで 見ているの やさしい ほゝえみ‥‥ ふたりの ほゝえみ 忘れないで いつも 私のこゝろの 中には 思い出と あなたのそのほゝえみ‥‥弘田三枝子三浦康照和田香苗あの日の ほゝえみ 忘れないで いつも ふたりで はじめて 交わした ほゝえみ あゝ涙さえ しあわせよ あなたの ほゝえみ 抱いているの いつも あの日が ふたりを どこかで 見ているの やさしい ほゝえみ‥‥ ふたりの ほゝえみ 忘れないで いつも 私のこゝろの 中には 思い出と あなたのそのほゝえみ‥‥
ホワイト・クリスマスI'm dreaming of a white Christmas Just like the ones I used to know Where the tree-tops glisten, And children listen To hear sleigh bells in the snow  I'm dreaming of a white Christmas With every Christmas card I write May your days be merry and bright And may all your Christmases be white  May your days be merry and bright And may all your Christmases be white弘田三枝子I.BerlinI.BerlinI'm dreaming of a white Christmas Just like the ones I used to know Where the tree-tops glisten, And children listen To hear sleigh bells in the snow  I'm dreaming of a white Christmas With every Christmas card I write May your days be merry and bright And may all your Christmases be white  May your days be merry and bright And may all your Christmases be white
マイ・メモリィこのオルゴールを開ける わたしの耳に やさしく触れた あなたのメロディ 鳴りつづけてるわ わたしの胸の中で そう そうよ ふたりだけの甘いハーモニー いつまでも燃え尽きぬ 熱い炎 だから かえして欲しいの あの夜を もういない もういない あなたを追うのは ああ とても 辛いこと 苦しいことね  どうぞこのまま大切に マイ・メモリィ そう そうよ そっとしておきたいの もう一度かえって来て欲しいの 冷え切ったわたしのこの胸に いま! もう一度かえって来て欲しいの ああ あなたの中にいたい いつまでも……弘田三枝子弘田三枝子弘田三枝子鈴木宏昌このオルゴールを開ける わたしの耳に やさしく触れた あなたのメロディ 鳴りつづけてるわ わたしの胸の中で そう そうよ ふたりだけの甘いハーモニー いつまでも燃え尽きぬ 熱い炎 だから かえして欲しいの あの夜を もういない もういない あなたを追うのは ああ とても 辛いこと 苦しいことね  どうぞこのまま大切に マイ・メモリィ そう そうよ そっとしておきたいの もう一度かえって来て欲しいの 冷え切ったわたしのこの胸に いま! もう一度かえって来て欲しいの ああ あなたの中にいたい いつまでも……
生きて行くには 道は険しい ほこりだらけの この道だけど なみだ捨てて ひとり歩こう 幸せを 見つけるまで  今は灰色 狭い道でも 花を咲かせる 人の真ごころ 歩き疲れ 迷うこころ 強くはげます 愛の道  道をひとすじ 信じ歩けば いつか消えゆく 悲しみ苦しみ 虹のかかる 山の向うに 道が心に ひらける明日は弘田三枝子三浦康照三枝伸山屋清生きて行くには 道は険しい ほこりだらけの この道だけど なみだ捨てて ひとり歩こう 幸せを 見つけるまで  今は灰色 狭い道でも 花を咲かせる 人の真ごころ 歩き疲れ 迷うこころ 強くはげます 愛の道  道をひとすじ 信じ歩けば いつか消えゆく 悲しみ苦しみ 虹のかかる 山の向うに 道が心に ひらける明日は
胸さわぎ別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから 頬を叩かれた時も 服を破られた時も あなたからの愛だと 強く固く信じた  過去を責められた時も 何かねだられた時も 泪見せず私は したがったつもりよ ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない  やっとこの街に慣れて やっと友達も出来て 愛を胸に抱きしめ 微笑んだ私よ―― 別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから  ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない弘田三枝子千家和也川口真高田弘別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから 頬を叩かれた時も 服を破られた時も あなたからの愛だと 強く固く信じた  過去を責められた時も 何かねだられた時も 泪見せず私は したがったつもりよ ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない  やっとこの街に慣れて やっと友達も出来て 愛を胸に抱きしめ 微笑んだ私よ―― 別れ言葉口に出来る あなたが分からないわ 嫌われたの飽きられたの 私はあなたから  ひと思いに死ねと言って そのほうが倖せよ あなた以外どんな人も 愛せるはずがない
燃える手別れはいずれ来るものと 知っていたけど 今はいやなの あまりに 突然すぎるから あまりに 私がかわいそう せめて1時間 わずか15分 ロウソクの炎にかざした 私の手が 手が 燃えてるあいだ だけでいい いたむ私の そばにいて たえる私の そばにいて  たとえ苦しみ多くとも 燃えるこの手は 生きているの かなえて さいごのお願いを かなえて 別れのこのときこそ せめて15分 わずか2分でも ロウソクの炎に燃えてる 私の手に 手に 昨日くちづけしたあなた いたむ私の そばにいて たえる私の そばにいて弘田三枝子なかにし礼筒美京平別れはいずれ来るものと 知っていたけど 今はいやなの あまりに 突然すぎるから あまりに 私がかわいそう せめて1時間 わずか15分 ロウソクの炎にかざした 私の手が 手が 燃えてるあいだ だけでいい いたむ私の そばにいて たえる私の そばにいて  たとえ苦しみ多くとも 燃えるこの手は 生きているの かなえて さいごのお願いを かなえて 別れのこのときこそ せめて15分 わずか2分でも ロウソクの炎に燃えてる 私の手に 手に 昨日くちづけしたあなた いたむ私の そばにいて たえる私の そばにいて
夕陽のなぎさ海を紅く 染めて 沈む夕陽 波間に こゝろを誘われ ひとり なぎさに たゝずむ  何故かにじむ 涙に 過ぎたあの日 よみがえる 初めて恋した 君と 歩いた なぎさよ  波かげにゆれる 夢の日は 胸にしみる 思い出よ  遠い空に 南の 星が光る なぎさに すべてが夢でも いゝの なぎさにまた 来よう………弘田三枝子訳詩:三浦康照ジョンストン海を紅く 染めて 沈む夕陽 波間に こゝろを誘われ ひとり なぎさに たゝずむ  何故かにじむ 涙に 過ぎたあの日 よみがえる 初めて恋した 君と 歩いた なぎさよ  波かげにゆれる 夢の日は 胸にしみる 思い出よ  遠い空に 南の 星が光る なぎさに すべてが夢でも いゝの なぎさにまた 来よう………
誘惑はじめて紹介された その場で 私は予感がしたの 好きになると やさしいまなざしで じっと見つめて 遊びに来てほしいと 誘われたの ひとりで彼の部屋を 訪ねる時は 女の子らしく着飾って 密めていたいの 胸のときめき 止められないのよ私 彼に引かれる気持を 誘惑されて  はじめて彼のキスをくちびるに受け 何かがこわれてしまったの 私はよわい女になるわ 止められないのよ恋を 彼に引かれる気持を 誘惑されて……弘田三枝子橋本淳三原綱木三原綱木はじめて紹介された その場で 私は予感がしたの 好きになると やさしいまなざしで じっと見つめて 遊びに来てほしいと 誘われたの ひとりで彼の部屋を 訪ねる時は 女の子らしく着飾って 密めていたいの 胸のときめき 止められないのよ私 彼に引かれる気持を 誘惑されて  はじめて彼のキスをくちびるに受け 何かがこわれてしまったの 私はよわい女になるわ 止められないのよ恋を 彼に引かれる気持を 誘惑されて……
夢みる乙女大人になりたいの 早く知りたいの 色んな事を 誰にも云えない 青春を 一人で味わってみたいのよ 心で味わってみたいのよ 夢で逢うのも良いでしょう デートするのも良いでしょう そんな事 叱らないで 私が大人になったら 愛してほしい  私に恋人が あれば幸せなの 色んな夢を 誰かに伝える この胸は 一人で味わってみたいのよ 心で味わってみたいのよ 夢で逢うのも良いでしょう デートするのも良いでしょう そんな事 叱らないで 私が大人になったら 愛してほしい……弘田三枝子加藤和枝原信夫大西修大人になりたいの 早く知りたいの 色んな事を 誰にも云えない 青春を 一人で味わってみたいのよ 心で味わってみたいのよ 夢で逢うのも良いでしょう デートするのも良いでしょう そんな事 叱らないで 私が大人になったら 愛してほしい  私に恋人が あれば幸せなの 色んな夢を 誰かに伝える この胸は 一人で味わってみたいのよ 心で味わってみたいのよ 夢で逢うのも良いでしょう デートするのも良いでしょう そんな事 叱らないで 私が大人になったら 愛してほしい……
夢みるシャンソン人形私は夢みる シャンソン人形 心にいつもシャンソン あふれる人形 私のきれいなシャンソン人形 この世はバラ色の ボンボンみたいね 私の歌は 誰でもきけるわ みんな私の 姿も見えるわ 誰でも いつでも笑いながら 私が歌うシャンソン きいて踊り出す みんな楽しそうに しているのに 本当の愛なんて 歌のなかだけよ  私の歌は 誰でもきけるわ みんな私の 姿も見えるわ 私はときどき ためいきつく 男の子ひとりも 知りもしないのに 愛の歌うたう その淋しさ 私はただの人形 それでもいつかは 想いをこめた シャンソン歌って どこかの素敵な誰かさんと 接吻(くちづけ)したいわ弘田三枝子訳詞:岩谷時子ゲンズブール大西修私は夢みる シャンソン人形 心にいつもシャンソン あふれる人形 私のきれいなシャンソン人形 この世はバラ色の ボンボンみたいね 私の歌は 誰でもきけるわ みんな私の 姿も見えるわ 誰でも いつでも笑いながら 私が歌うシャンソン きいて踊り出す みんな楽しそうに しているのに 本当の愛なんて 歌のなかだけよ  私の歌は 誰でもきけるわ みんな私の 姿も見えるわ 私はときどき ためいきつく 男の子ひとりも 知りもしないのに 愛の歌うたう その淋しさ 私はただの人形 それでもいつかは 想いをこめた シャンソン歌って どこかの素敵な誰かさんと 接吻(くちづけ)したいわ
夜の太陽恋のために 夜も Tu Tu Tu Tu Tu 眠れず燃える胸 だから 君は 私だけの 夜の太陽よ 空は いつまでも 夢に輝き 昼も夜もないの Tu Tu Tu Tu…… O O O O O  君といれば 夜は Tu Tu Tu Tu Tu 明るいほゝえみで 見つめ 君は 私だけの ものにするのよ 恋は 何故かしら 夜を 忘れて 二人だけにするの Tu Tu Tu Tu…… Du Lu Du Lu Du  だから 君は 私だけの 夜の太陽よ 空は いつまでも 夢に輝き 昼も夜もないの Tu Tu Tu Tu…… O O O O O弘田三枝子訳詩:三浦康照レオニ恋のために 夜も Tu Tu Tu Tu Tu 眠れず燃える胸 だから 君は 私だけの 夜の太陽よ 空は いつまでも 夢に輝き 昼も夜もないの Tu Tu Tu Tu…… O O O O O  君といれば 夜は Tu Tu Tu Tu Tu 明るいほゝえみで 見つめ 君は 私だけの ものにするのよ 恋は 何故かしら 夜を 忘れて 二人だけにするの Tu Tu Tu Tu…… Du Lu Du Lu Du  だから 君は 私だけの 夜の太陽よ 空は いつまでも 夢に輝き 昼も夜もないの Tu Tu Tu Tu…… O O O O O
レッツ・ゴー・ベイビーすごいスピードで とばしてみたいのよ ハイウェイを オートバイで 遠いところまで  アクセルふかせば かれにしがみつくの あまいスリル こいのスリル すてきなカンジよ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう 彼のドライブは とびきりうまいのよ エンジンさえ あいのうたを 歌って走るの 走れどこまでも 走れいつまでも  あまいスリル こいのスリル かみしめて走れ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう  あまいスリル こいのスリル かみしめて走れ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう……弘田三枝子訳詩:漣健児カッパーすごいスピードで とばしてみたいのよ ハイウェイを オートバイで 遠いところまで  アクセルふかせば かれにしがみつくの あまいスリル こいのスリル すてきなカンジよ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう 彼のドライブは とびきりうまいのよ エンジンさえ あいのうたを 歌って走るの 走れどこまでも 走れいつまでも  あまいスリル こいのスリル かみしめて走れ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう  あまいスリル こいのスリル かみしめて走れ レッツ・ゴー・ベイビー とばそう レッツ・ゴー・ベイビー とばそう……
レナウンワンサカ娘ドライブウエイに春が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ  プールサイドに夏が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ「イイわ!」 レナウン レナウン レナウン レナウン娘が オシャレでシックな レナウン娘が ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ イエイ イエイ イエイ イエー  テニスコートに秋が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ  ロープウエイに冬が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ「イイわ!」 レナウン レナウン レナウン レナウン娘が オシャレでシックな レナウン娘が ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ イエイ イエイ イエイ イエー弘田三枝子小林亜星小林亜星小林亜星ドライブウエイに春が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ  プールサイドに夏が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ「イイわ!」 レナウン レナウン レナウン レナウン娘が オシャレでシックな レナウン娘が ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ イエイ イエイ イエイ イエー  テニスコートに秋が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ  ロープウエイに冬が来りゃ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ「イイわ!」 レナウン レナウン レナウン レナウン娘が オシャレでシックな レナウン娘が ワンサカ ワンサ ワンサカ ワンサ イエイ イエイ イエイ イエー
恋愛専科瞳をとじていたら あなたは 私のくちびるを 盗んだ 揺り椅子のきしむ音 聞きながら あなたに盗まれた あれから この私変なの 椅子にすわるたび キスがほしい  ドレスを着替えてたら あなたに 私の心の中 見られた すがたみにうつってた 私を あなたに見られたの あれから この私変なの 鏡みるたびに きれいになるの 鏡みるたびに きれいになるの弘田三枝子なかにし礼川口真瞳をとじていたら あなたは 私のくちびるを 盗んだ 揺り椅子のきしむ音 聞きながら あなたに盗まれた あれから この私変なの 椅子にすわるたび キスがほしい  ドレスを着替えてたら あなたに 私の心の中 見られた すがたみにうつってた 私を あなたに見られたの あれから この私変なの 鏡みるたびに きれいになるの 鏡みるたびに きれいになるの
ロダンの肖像ナイフのような 別れの悲しみが 私の背中をなでるから……  指からこぼれる 白い砂のように 幸せの時が過ぎて行くから  ロダンの彫刻のように あなたにいだかれたままで 死んで石になって 愛されていたいの 息を止めて 動かないで 愛はいつでも こわれやすいから  秋の枯葉の最後の一枚が はかなく散るのを 見たくないから  ロダンの彫刻のように 口づけかわしたままで 死んで石になって 結ばれていたいの 息を止めて 動かないで 愛はいつでも こわれやすいから 愛はいつでも こわれやすいから弘田三枝子なかにし礼川口真ナイフのような 別れの悲しみが 私の背中をなでるから……  指からこぼれる 白い砂のように 幸せの時が過ぎて行くから  ロダンの彫刻のように あなたにいだかれたままで 死んで石になって 愛されていたいの 息を止めて 動かないで 愛はいつでも こわれやすいから  秋の枯葉の最後の一枚が はかなく散るのを 見たくないから  ロダンの彫刻のように 口づけかわしたままで 死んで石になって 結ばれていたいの 息を止めて 動かないで 愛はいつでも こわれやすいから 愛はいつでも こわれやすいから
別離これでもう終りなの あなたとの愛のくらし あしたからはワイン・グラスも この灰皿なにもかも あなたのにおいのするものは みんな捨てましょう 忘れるために捨てましょう 愛のくらしを涙も流さないで 思い出とわかれるの あきらめてわかれるの 今日でもうおしまいなの あなたとのお話しも あしたからはワイン・グラスも この灰皿なにもかも あなたのにおいのするものは みんな捨てましょう 忘れるために捨てましょう 愛のくらしを涙も流さないで 思い出とわかれるの 涙も流さないで 思い出とわかれるの弘田三枝子訳詞:漣健児フェラー山屋清これでもう終りなの あなたとの愛のくらし あしたからはワイン・グラスも この灰皿なにもかも あなたのにおいのするものは みんな捨てましょう 忘れるために捨てましょう 愛のくらしを涙も流さないで 思い出とわかれるの あきらめてわかれるの 今日でもうおしまいなの あなたとのお話しも あしたからはワイン・グラスも この灰皿なにもかも あなたのにおいのするものは みんな捨てましょう 忘れるために捨てましょう 愛のくらしを涙も流さないで 思い出とわかれるの 涙も流さないで 思い出とわかれるの
私が死んだらもしも私が死んだら あなた きっと涙を流して あなた 見えなくなった 私の眼も 涙を流すでしょう 白い絹をまとい 白い花にだかれ ひとり眼る私だけれど 誰よりもきれいと 誰よりもきれいと あなたに言われたいの  もしも私が死んだら あなた やさしい唄をうたって あなた 冷たくなった 私の耳に くちびるをよせながら あなただけを愛し あなただけに生きて そして死んだ私だけど 可愛い女だと 可愛い女だと 思ってくれるかしら  あなたのうしろから 歩いてゆけなくて 胸が痛む私だけど はなしはしないよと はなしはしないよと 両手に抱きしめて弘田三枝子なかにし礼川口真もしも私が死んだら あなた きっと涙を流して あなた 見えなくなった 私の眼も 涙を流すでしょう 白い絹をまとい 白い花にだかれ ひとり眼る私だけれど 誰よりもきれいと 誰よりもきれいと あなたに言われたいの  もしも私が死んだら あなた やさしい唄をうたって あなた 冷たくなった 私の耳に くちびるをよせながら あなただけを愛し あなただけに生きて そして死んだ私だけど 可愛い女だと 可愛い女だと 思ってくれるかしら  あなたのうしろから 歩いてゆけなくて 胸が痛む私だけど はなしはしないよと はなしはしないよと 両手に抱きしめて
私のベイビー忘れられない ひとみ はなれられない その魅力 だから 愛して うんと 愛して もっと 愛して ほしいのよ わかって ビー・マイ・リトル・ベイビー わたしのベイビー いつまでも  思いきれない きずな 別れられない あなたなの だから 愛して うんと 愛して もっと 愛して ほしいのよ わかって ビー・マイ・リトル・ベイビー 私のベイビー いつまでも ビー・マイ・リトル・ベイビー 私のベイビー いつまでも弘田三枝子Philip Spector・Ellie Greenwich・Jeff Barry・漣健児Philip Spector・Ellie Greenwich・Jeff Barry忘れられない ひとみ はなれられない その魅力 だから 愛して うんと 愛して もっと 愛して ほしいのよ わかって ビー・マイ・リトル・ベイビー わたしのベイビー いつまでも  思いきれない きずな 別れられない あなたなの だから 愛して うんと 愛して もっと 愛して ほしいのよ わかって ビー・マイ・リトル・ベイビー 私のベイビー いつまでも ビー・マイ・リトル・ベイビー 私のベイビー いつまでも
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. 366日
  3. 夢幻
  4. さよーならまたいつか!
  5. 燃えよドラゴンズ!~球場合唱編~

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 夢幻
  2. Love seeker
  3. LOVE BANDITZ
  4. hanataba
  5. 会いに行くのに

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×