三浦康照作詞の歌詞一覧リスト  172曲中 1-172曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
172曲中 1-172曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
こころ酒羽山みずき羽山みずき三浦康照山口ひろし渡辺博史泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の ひとり言 酔って淋しさ 忘れるように 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒  雨ににじんだ のれんの蔭で 強く生きてる こぼれ花 苦労かさねた 涙なら 夢を明日に つないだ胸を 温めましょうか 温めましょうか こころ酒  あなた求めて 昔の傷が なんで今更 痛むのよ 意地をささえた 思い出を 捨てて来ました 女がひとり 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒
こころ酒三山ひろし三山ひろし三浦康照山口ひろし伊戸のりお泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の ひとり言 酔って淋しさ 忘れるように 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒  雨ににじんだ のれんの蔭で 強く生きてる こぼれ花 苦労かさねた 涙なら 夢を明日に つないだ胸を 温めましょうか 温めましょうか こころ酒  あなた求めて 昔の傷が なんで今更 痛むのよ 意地をささえた 思い出を 捨てて来ました 女がひとり 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒
さみだれ冠二郎冠二郎三浦康照山口ひろし丸山雅仁さみだれに 紫陽花(あじさい)が 濡れてさみしい 石畳 ふたりでさした 相合傘の 落ちるしずくで 黒髪が 乱れた頬を この俺の 肩に埋めた お前はいない  古傷を お互いに 癒(い)やすふたりに なろうよと 一年前に 交した言葉 そんなお前が 好きだった さみだれだけが 思い出を 胸に炎やして 無情に降るよ  離れゆく ふたりなら なんで逢わせた あの女(ひと)に 運命に負けて 悔(く)やんでみても 俺につくした ひとときの お前の愛と 眞心は 消えやしないよ さみだれ慕情
万里の嵐冠二郎冠二郎三浦康照小野彩櫻庭伸幸・前田俊明雷鳴とどろき 嵐を呼んで 戦雲ただよう 黄河のほとり 瞳を閉じれば その昔 幾千万の 武士(もののふ)の 命を賭けた 雄叫びが 聞こえてくるよ あゝ万里の砦  匈奴(きょうど)やモンゴル 異国の敵と 戦う武将の 勝利の美酒(さけ)よ 戦国時代の この国は 砦をめぐる 興亡の 烈しい歴史 くり返し 涙と汗の あゝ名残りの跡か  黄河の流れは 変わらぬけれど 暮らしを営む 大事な宝 時にはあばれる 河となり 時には恵みの 河となる 幾千年の 時代(とき)を越え 今なお残る あゝ万里の砦
友情の海冠二郎冠二郎三浦康照船村徹南郷達也黒潮よりも 強いやつ 涙を見せぬ 馬鹿なやつ 嵐の海に 何故負けた 俺は独りで 見つめる夕日  喧嘩もしたが 心から 慰めあえる 友だった あいつが俺を 呼ぶ声が 遠い海から 聞こえてくるぜ  地球に海が ある限り あいつは死んじゃ いないんだ 男の船に 友情を 積んで乗り切る 南の海よ
麗人草藤あや子藤あや子三浦康照小野彩若草恵こころの暦を またひとつ 涙で今日も 消しました 慕う私の この想い 誰にも負けない つもりです 麗人草の 花のように 愛に散りたい 美しく  浮世の夜空に 恋文を 淋しさ抱いて 書いてます 私ひとりの 絵空事(えそらごと) あなたの言葉を 忘れない 麗人草の 花のように 君は可憐な 恋の花  女の真心(こころ)も 命まで あなたにあげた 愛でした 人に知られず 道端で 秘かに咲いてる 清らかな 麗人草の 花のように 風に散りゆく さだめです
花くれないに命燃えて…藤あや子藤あや子三浦康照小野彩伊戸のりお男と女の 出逢いがあれば いつかは別離(わかれ)が ふたりを引き裂くの これがこの世の 掟(おきて)なら 夕陽に映えて 風に舞う 花くれないに 命燃えて あゝひとときの 愛に生きたい  苦しいこころの その裏側で あなたを求める 女の情念(じょうねん)が 熱い想いで 身を燒くの 炎のような 山紅葉(やまもみじ) 花くれないに 命燃えて あゝいつまでも 夢に酔いたい  遠くであなたを 慕って生きる 私は嫌です ふたりでいたいのよ 焦(こが)れ死にたい この胸の 願いを誰が 消せましょう 花くれないに 命燃えて あゝ許されぬ 恋を恨むの
夢に賭けろ冠二郎冠二郎三浦康照小野彩伊戸のりお男の夢は ひとすじに 初心貫徹(かんてつ) 怒濤(どとう)の意気で この世を生きて 灰になれ 陰口なんか 気にするな ねたむ奴等にゃ 背を向けろ 夢に命を 賭けよじゃないか  埋(うも)れた雪の 隙間から 花の蕾が 芽を吹くように 希望に満ちた 春も来る 巷(ちまた)の渦(うず)に 負けないで やると決めたら どこまでも 夢に命を 賭けよじゃないか  度胸も意地も ないくせに 他人(ひと)の前では 威張って見せて 上司にゃいつも 機嫌とる この世はしょせん 伏魔殿(ふくまでん) 耐えてゆこうよ 辛くとも 夢に命を 賭けよじゃないか
お久し振りネ マドロスさん美空ひばり美空ひばり三浦康照船村徹船村徹お久し振りネ マドロスさん 肩を叩いて また来ると いつか別れた 港町 やさしく笑う あの瞳 嬉しさに……泣きたいような 私なの  お久し振りネ マドロスさん 船が港に 着くたびに いつも待ってた この波止場に 指折り数え 今日の日を 夢に見た……私の気持を わかるまい  お久し振りネ マドロスさん 点る港の 赤い灯も なぜか今夜は 燃えている 明日は海へ 帰る人 悲しいが……横浜(ハマ)の娘は 泣かぬもの
酒ものがたり冠二郎冠二郎三浦康照小野彩丸山雅仁潮の匂いが しみついた 隙間風が 背中にしみる 古い港の 裏町酒場 客は俺しか いないけど にぼし肴に 手酌酒 旅する男にゃ 似合いの酒だよ  好きな女も いたけれど いつの間にか 別れたきりさ 小雪ちらつく 海辺の酒場 酔ったお酒の せいなのか そんなあいつが 気になるよ 淋しさ飲みほす ほろ苦(にが)酒だよ  酒よお前を 道づれに 根無し草の 男がひとり 北のはずれの 港の酒場 遠い霧笛を 聴きながら 人の情けに ほのぼのと 心が温(ぬく)まる 熱燗酒だよ
女の純情歌恋歌恋三浦康照徳久広司石倉重信私は弱い 女です あなたがいないと 駄目なのよ だからお願い 傍(そば)においてね 叱らないでね やさしくしてね 燃える女の 心ひとすじ あゝ純情  あなたについて 行けるなら 炎の川でも こわくない どんな苦労も 耐えてゆきます 固く結んだ ふたりの絆 燃える女の 夢はひとすじ あゝ純情  あなたにあげた 操(みさお)なら 後悔なんかは してないわ 籠(かご)の鳥でも いいの私は あなたひとりを 愛してゆくわ 燃える女の 恋はひとすじ あゝ純情 あゝ純情
どうせこの世は成り行きまかせ冠二郎冠二郎三浦康照小野彩前田俊明惚れて別れて また惚れて 酒がとりもつ 縁もある 遠い神世の 昔から 男と女の 世界じゃないか くよくよしないで 気楽にゆこう どうせこの世は 成り行きまかせ  他人(ひと)の情が 身にしみる 都はなれた 夢酒場 渡る世間にゃ 鬼もいる 心に決めたら 男じゃないか 泣き言云わずに 元気でゆこう どうせこの世は 成り行きまかせ  夫婦盃(めおとさかずき) くみ交す 夢はふたりの 宝船 照る日曇る日 雨の日も また来る春まで 巷の海で 弱音を吐かずに 笑顔でゆこう どうせこの世は 成り行きまかせ
酒場北川大介北川大介三浦康照叶弦大前田俊明どこにもあるような 酒場の片隅で ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ 薄いしあわせを 酔ってまぎらわす 女の背中の さみしさが 泣いて 泣いてた…忘れない  さだめに流されて さすらう港町 酒場の止り木で あいつを見つけたよ 抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと はげまし合ったね ふたりして 好きだ 好きだよ…思い出す  俺でもよかったら 一緒に暮らそうと あのとき云えたなら こころが痛まない 人に話せない 古い傷あとを 思い出酒場に 捨てるのさ あいつ あいつは…どこにいる
望郷エトランゼ冠二郎冠二郎三浦康照岡千秋前田俊明霧ににじんだ 異国の町の 灯りが淋しい ここは田舎町 酒場の隅で 飲む酒に 浮かぶお前の 可愛い笑顔 あゝ風がむせび泣く 望郷エトランゼ  別れないでと 涙をためて 後追うお前の 声に眼がさめる ホテルの窓を 叩く雨 つのる想いを 絶ち切るように あゝ夢のいたずらか 望郷エトランゼ  ひとりさまよう 異国の果てを 忘れておくれよ 俺のことなんか お前を強く 抱きしめて ついて来いよと 云えない男 あゝ愛が遠ざかる 望郷エトランゼ
気のむくままに冠二郎冠二郎三浦康照川口真竜崎孝路今の世の中 夢もない 何をたよりに 生きりゃいいんだ 俺にはわからない 筋書通りに はこんだら 人生なんて 面白くない いっそふらりと 旅に出ようか ああ…… あてもなく  都会暮しも 味気ない どこを向いても 生きる修羅場さ 俺には嫌になる 心と心を さらけ出す 友達なんて いるわけがない 酒を肴に 憂さを晴らすよ ああ…… 夜明けまで  ひとりタバコに 火をつける 勝手気ままに 生きてゆくのが 俺には好きなのさ 男と女の 出逢いから 人生なんて また変るけど 明日の命は 誰に聞いても ああ…… わからない
冠二郎冠二郎三浦康照三枝伸櫻庭伸幸生きて行くには 道は険しい ほこりだらけの この道だけど なみだ捨てて ひとり歩こう 幸せを 見つけるまで  今は灰色 狭い道でも 花を咲かせる 人の真ごころ 歩き疲れ 迷うこころ 強くはげます 愛の道  道をひとすじ 信じ歩けば いつか消えゆく 悲しみ苦しみ 虹のかかる 山の向うに 道が心に ひらける明日は
ほゝえみを忘れないで弘田三枝子弘田三枝子三浦康照和田香苗あの日の ほゝえみ 忘れないで いつも ふたりで はじめて 交わした ほゝえみ あゝ涙さえ しあわせよ あなたの ほゝえみ 抱いているの いつも あの日が ふたりを どこかで 見ているの やさしい ほゝえみ‥‥ ふたりの ほゝえみ 忘れないで いつも 私のこゝろの 中には 思い出と あなたのそのほゝえみ‥‥
山鹿慕情山本みゆき山本みゆき三浦康照岡千秋伊戸のりおうらむ気持よりも 幸せでした たとえ短い 月日でも 愛し合えたわ ふたりして あゝ 山鹿を… 忘れない あなたがいるから いつまでも  いつか雨に濡れて 八千代座(やちよざ)通り 歩く私の 肩抱いて 寒くないかと なぐさめた あゝ あの日の… やさしさが 心の底まで しみました  あなたいるかしらと はかない夢を 抱いてさまよう 鞠智城(きくちじょう) だけど逢えない 湯の町よ あゝ 山鹿の… 灯籠(とうろう)が こらえる涙に にじむのよ
海峡かもめ桜井くみ子桜井くみ子三浦康照岡千秋南郷達也凍えるような 指先を そっと吐息で 温める 群れをはぐれた かもめが一羽 渚の砂で 淋しそう あなたに逢いに はるばると ひとりで来ました 海峡越えて  あなたに二度と 逢うまいと 誓う心も 無駄でした 恋にせつなく 泣いてる胸を も一度逢って 伝えたい 愛したころの 思い出が 涙ににじむの 燈台灯り  冷たい海に 身を投げて 愛の苦しみ 忘れたい 情けあるなら 恋しいひとに 心の底で 好きですと 波間に叫ぶ この声を とどけておくれよ 海峡かもめ
ぬくもり酒桜井くみ子桜井くみ子三浦康照岡千秋南郷達也胸の痛みを 消すために 飲んだお酒の はずなのに 飲めば飲むほど あの人の 腕に抱かれた ぬくもりが 忘れられない 忘れられない 思い出酒場  別れ涙の せいかしら 路地の灯りも うるんでる 泣けば泣くほど あの人の 言葉やさしい ぬくもりを 酒といっしょに 酒といっしょに 飲みほす私  あんな男と 恨んでも 惚れた私が 悪いのね 酔えば酔うほど あの人と 飲んだお酒の ぬくもりが 炎(も)えてせつない 炎えてせつない 裏町酒場
むらさき雨情松前ひろ子松前ひろ子三浦康照山口ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいいの いつまでも あなたの傍で 尽したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
こころ酒松前ひろ子松前ひろ子三浦康照山口ひろし泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の ひとり言 酔って淋しさ 忘れるように 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒  雨ににじんだ のれんの蔭で 強く生きてる こぼれ花 苦労かさねた 涙なら 夢を明日に つないだ胸を 温めましょうか 温めましょうか こころ酒  あなた求めて 昔の傷が なんで今更 痛むのよ 意地をささえた 思い出を 捨てて来ました 女がひとり 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒
むらさき雨情三山ひろし三山ひろし三浦康照三山ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいゝの いつまでも あなたの傍で 盡(つく)したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
涙の地平線祭小春祭小春三浦康照小野彩前田俊明果てなく続く どこまで続く 夢をさまよう 迷子のように あなたを忘れる 愛の旅 昿野を走る 汽車の駅 ひとりたたずむ せつない胸を 風が切り裂く … 涙の地平線  幾夜も泣いて 諦めながら ひと夜明ければ またいとしさが 未練をつれて 追いかける 戻れぬ想い おんな道 恋のまぼろし 昿野に抱けば 空は灰色 … 涙の地平線  地平の果ての 砂丘に埋もれ 赤い夕陽に 包まれ永遠(とわ)に あなたの夢見て 眠りたい 命を賭けた さすらいの ここが私の 終着駅ね 花が一輪 … 涙の地平線
夜霧冠二郎冠二郎三浦康照水森英夫前田俊明長い黒髪 濡らす夜の霧 抱いたお前の 細い肩 腕に伝わる 温もりが 俺の体で 熱く 燃えてる ふたりだけでいたい いつまでも 霧の夜更けの しのび逢い  あなただけなの 瞳うるませて すがるお前の 可愛いさよ いつか幸せ つかむまで せめて今夜は 愛に 溺れて ふたりだけでいたい 夜明けまで 霧の酒場の しのび逢い  逢えば別れが 辛い口づけを 霧が包むよ 夜の街 たとえ運命が 邪魔しても 俺はお前を 離す ものかよ ふたりだけでいたい いつまでも 霧の夜更けの しのび逢い
孤独の川冠二郎冠二郎三浦康照小野彩宮崎慎二友と語らん 春の宵 時代(とき)を忘れて 飲む酒に 酔っても空しさ 募るだけ どこで死のうと 泣く奴ァいない 心を流れる 孤独の川は 男が選んだ いのちの川よ  愛し愛され お互いに 心を捧げて 儘(つく)しても 別れるさだめの 恋もある 星も見えない 夜空を仰ぎ この身は孤独に 包まれながら 無情にひびくよ 梵鐘(ぼんしょう)だけが  山のわずかな 湧き水も 岩を噛むよな 激流も いつかは大きな 川となる 人も同じさ 巷の渦に もまれて苦しみ 孤独の影と 明日(あした)もこの世を 流れてゆくよ
しぐれ酒岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則伊戸のりお雨が濡らした 私の肩を 抱いたやさしい あなたはいない 今夜も雨ね 逢いたくて ひとり来ました 思い出酒場 胸の淋しさ… あゝしぐれ酒  夢を見たのと 諦めたのに なんで痛むの こころの傷が あなたの好きな このお酒 つげば面影 浮んで消える 泣けてくるのよ… あゝしぐれ酒  指で数えた 短い月日 とても私は 幸せでした 今夜も雨ね せつなくて ひとりあなたの まぼろし追えば 酔えば恋しい… あゝしぐれ酒
女の春岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則伊戸のりお恋も涙も こころの川に 流して生きる せつなさを 誰がわかって くれるでしょうか たとえ明日が 辛くとも 歩いてゆきます ひとすじに 女の春が… 来る日まで  胸の谷間に いとしい人の 面影そっと 抱きしめて 耐える淋しさ わかるでしょうか 夢を追いかけ 夢に泣き わずかな幸せ 喜びを 女の春に… 賭けました  強いようでも 弱いの私 甘えるあなた ほしいのよ いつかわかって くれるでしょうか 未練ごころも 捨てました 涙の向うに きっとある 女の春が… 来る日まで
酒場叶弦大叶弦大三浦康照叶弦大どこにもあるような 酒場の片隅で ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ 薄いしあわせを 酔ってまぎらわす 女の背中の さみしさが 泣いて 泣いてた…忘れない  さだめに流されて さすらう港町 酒場の止り木で あいつを見つけたよ 抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと はげまし合ったね ふたりして 好きだ 好きだよ…思い出す  俺でもよかったら 一緒に暮らそうと あのとき云えたなら こころが痛まない 人に話せない 古い傷あとを 思い出酒場に 捨てるのさ あいつ あいつは…どこにいる
人生はふたりの舞台冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大南郷達也可愛い俺の 妻だから 命を賭けても 守ってあげる 固く結んだ こころの絆 苦労なみだを 明日の夢に つないでゆこうよ 人生は お前と俺の ふたりの舞台  いいことばかり ないけれど 喜び見つけて 暮そう今日も 廻り舞台の その裏側に きっと明るい 青空もある 芝居じゃないのさ 人生は お前と俺の ふたりの舞台  笑顔で耐える その姿 やさしい言葉の ひとつもかけて そっとお前を 慰めたいよ せめて今夜は ぬくもり酒で 温めあおうよ 人生は お前と俺の ふたりの舞台
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ひなげし小唄花村菊江花村菊江三浦康照坂口ふみ緒籠にかわれた 小鳥さえ 青い空みて 泣くものを まして添われぬ 二人なら 私しゃあなたの 胸で泣く  誰が咲かせた 赤い花 街のネオンに 燃える花 ひと夜限りに 散ったとて 知っているのは 月ばかり  惚れているよと 口説かれて 惚れた私が 悪いのか 女ばかりが 泣かされる 男ごころの仇情け  摘んで抱かれる けしの花 枯れてしまえば 捨てられる 人目盗んだ 四畳半 過ぎた昔は 返らない  私しゃ日陰の けしの花 ぬらす枕の なみだ花 いとしあなたを ひとすじに よわい女は 生きるのよ
別れの港桜井くみ子桜井くみ子三浦康照岡千秋南郷達也涙でにじんだ あなたの連絡船(ふね)が けむる小雨の 波間に消える さよならと さよならと 声を殺して つぶやく胸に 風が痛いの 冷たいの あとを追いたい 別れの港  岬のホテルで あなたの腕に 頬を埋めて 明かした夜よ かりそめの かりそめの 恋と知りつつ 未練にすがる 女ごころの 悲しさを 捨てる小島の 思い出港  瞼をとじれば あなたの顔が 浮ぶ渚に たたずむ私 はまなすの はまなすの 花の香りは ふたりの愛の 夢の名残りか 潮騒も 泣いているよな 別れの港
薄化粧桜井くみ子桜井くみ子三浦康照岡千秋南郷達也木の葉の影が 夕暮れの 窓にゆれてる 山の宿 私の心も ゆれている 濡れた黒髪 湯上り姿 鏡の前で 紅をさす あなたの好きな 薄化粧  ふたりの恋の 行く先は 辛い別れの 駅でしょう それでもいいのよ 始めから 知って愛した あなたじゃないの 今夜もひとり 思い出の 鏡に映す 薄化粧  せせらぎ清い 山あいの 道にかくれた 恋の宿 溢れる想いに 耐えながら 女ごころの 未練が今日も 叶わぬ夢を 追いながら あなたを待つの 薄化粧
のれん一代美空ひばり美空ひばり三浦康照市川昭介縞ののれんにこの意地かけて 男まさりが耐えて来た 負けちゃならない浪花の女 通天閣の赤い灯よりも 胸を燃やした土根性  口じゃ云えない幾歳月の 辛い苦労も女ゆえ 人に涙は見せないけれど 儚く消えた初恋抱いて 泣いた涙を誰が知ろ  のれん一代名代の店を 築く明日の夢がある 度胸ひとすじやるぞときめて 道頓堀の水面に映す かけた女の心意気
演歌じゃないか祭小春祭小春三浦康照小野彩伊戸のりお涙に負けては いけないと 浪花の風が 人情が 胸に今夜も しみるのよ 意地で支えた 女ののれん お酒つぐ手に 幾年月の 耐えた苦労は 演歌じゃないか  誰にも云えない 恋もある 未練に泣いた 夜もある 男まさりの 細腕で 生きて来ました ただひとすじに ひとり夜更けの 水掛不動 祈る姿は 演歌じゃないか  お酒でふれ合う 大阪の 巷の夜は 泣き笑い 悩み忘れて 歌うのよ 意気が売り物 女ののれん ままにならない この世だけれど それが人生 演歌じゃないか
ここ一番 男花冠二郎冠二郎三浦康照小野彩南郷達也太く短く 生きるも一生 うまく世間を 渡るも一生 巷の風の 冷たさ辛さ さけて通れぬ この世なら ここ一番の 勝負に夢を 賭けて咲かそう 男花  惚れた女と 暮らすも一生 添えぬさだめで 終るも一生 かくれて俺を 支えてくれた 可愛いお前の 心意気 ここ一番の 闘志が胸に 燃えて炎の 花となる  意地を貫き 生きるも一生 希望(のぞみ)捨てずに 耐えるも一生 つまずきながら また起き上がり 波乱万丈 乗り越えて ここ一番と 心に決めた 人生(みち)を飾ろう 男花
大阪ブルース金田たつえ金田たつえ三浦康照石中仁人佐伯亮うらむ気持よりも 幸せでした たとえ短い 月日でも 愛し合えたわ ふたりして ああ 大阪を 忘れない あなたがいるから いつまでも  いつか雨にぬれて 心斎橋を 歩く私の 肩抱いて 寒くないかと なぐさめた ああ あのときの やさしさが 心の底まで しみました  あなたいるかしらと 儚い夢を 抱いてさまよう 北新地 だけど逢えない 空しさに ああ 大阪の 街の灯が こらえる涙に にじむのよ
人生鏡中村美律子中村美律子三浦康照叶弦大南郷達也人の暮らしを うらやむよりも あなたは私の 宝舟 浮世荒波 辛くとも かわす眼と眼の その奥に 夢にかがやく 明日がある これが二人の これが二人の 人生鏡  かげであなたを 支えて生きる 女でいたいの いつまでも 苦労かけるね ごめんよと そっとやさしく 肩を抱く 愛の証明(あかし)の 夫婦酒 これが二人の これが二人の 人生鏡  妻と呼ばれて 夫と慕う こころの絆は 紅の橋 渡るその日は 遠くとも 悔いはしません この命 みんなあなたの ものだから これが二人の これが二人の 人生鏡
北へ…ひとり旅藤あや子藤あや子三浦康照小野彩伊戸のりおあなたの面影 抱きしめて ひとり来ました さいはて港 かもめ教えて あなたはどこよ 声を殺して つぶやく胸に 風が痛いの 冷たくしみる 女の涙か 北へ…ひとり旅  夕陽が綺麗ね 日本海 白い灯台 おもいで岬 ここで一緒に 暮らしていたい 離れないでと 甘えたあの日 夢の名残りか 潮騒までも 悲しさ誘うの 北へ…ひとり旅  愛するふたりの 命火が 燃えた夜更けの 吹雪の宿よ 逢えぬ淋しさ かみしめながら すがる瀬のない 女の旅路 あなた恋しい 未練の酒は 別れの涙か 北へ…ひとり旅
お前のために冠二郎冠二郎三浦康照小野彩櫻庭伸幸机の上の 便箋に さよならと 置手紙 だまって部屋を 出たお前 指輪ひとつも やれないで つくしてくれて ありがとう 俺も今日から 出直すよ お前のために  小窓の脇(わき)の 鉢植えに 合鍵(あいかぎ)が 置いてある ふたりの愛の 忘れもの 命燃やして 燃えつきて 帰って来ない つもりだね 俺も捨てるよ この部屋を お前のために  一緒に住んだ 仲だもの 幸せに なるんだよ もいちど逢える 日があれば かけた苦労の 償(つぐな)いを 男だったら 果したい 俺も今日から 出直すよ お前のために
くれないの丘冠二郎冠二郎三浦康照小野彩櫻庭伸幸戦火の街の 片隅に 咲いた名もない 白い花 日本(くに)を離れて ただひとり 外人部隊(がいじんぶたい)の 同胞と 異国に散った 我が友が 静かに眠る くれないの丘  星降る夜の 国境(くにさかい) 絶えぬ烈(はげ)しい 弾丸(たま)の音 同じ地球の 人々が 今なほ互いに 憎み合う 未来を背負う 若者の 命の叫び くれないの丘  砂漠の民と 同じよに 砂に埋(う)もれて 倒れても 悔いはないよと 笑ってた 男が選んだ 人生(みち)だから 平和を願う 亡き友の 大地の声が くれないの丘
山百合の駅若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大蔦将包汽車が着くたびに 改札口で 今夜もあなたの 姿をさがす もいちど逢って 思いきり 帰って来てねと 叫びたい 叫びたい 濡れて咲いてる 山百合の 花も淋しい 山の駅  けむる霧雨の 線路の果てに 消えゆくあなたの 別れの汽笛 もいちど逢って 恋しさを あなたの心に 伝えたい 伝えたい 雨のホームに 山百合の 香り切ない 山の駅  あなた待ちながら 待合室の 古びた時計が 別れを刻む もいちど逢って 思いきり 帰って来てねと 縋(すが)りたい 縋(すが)りたい 雨のしずくに 山百合の 花が炎(も)えてる 山の駅
夕月の宿若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明冷たく澄んだ 湖に この身を投げて 沈めたら 愛の苦しみ この涙 消えますか あゝあなたの愛が ただなつかしく ひとり来ました 夕月の宿  あなたの胸に 身を寄せて ふたりで夢に 酔いながら 愛に溺れた この命 悔いはない あゝ湖畔の道を さまよいながら 探す面影 夕月の宿  涙で綴る この手紙 別れの辛さ 恋しさを 書いてみたけど 湖に 捨てました あゝ還らぬ恋の 思い出だけが 残る悲しい 夕月の宿
旅路の果て冠二郎冠二郎三浦康照小野彩櫻庭伸幸川の流れに 愁いあり 山に吹く風 涙あり 俺の体は ボロボロの 夢のかけらが あるだけさ さすらい酒に 酔いしれながら ひとり旅路の 果てを行く  同じさだめか ゆきずりの 酒にこころを 温(あたた)めた あんな女は もういない ついて来いよと 云えないで 涙ぐんでた お前の姿 浮かぶ旅路の 宿灯り  花が一輪 咲いている 遠い昿野の さびれ駅 ここが男の 舞台なら どこで死のうと 悔いはない 夢をもういちど 追いかけながら 明日も旅路の 果てを行く
ふたりの人生岡ゆう子&影山時則岡ゆう子&影山時則三浦康照影山時則あなたの目を見て この人と 決めた女の 愛だから 悔いはしないよ 辛くとも 涙わけ合い 離れずに 生きて行こうよ 生きて行きましょう ふたりの人生  棘(いばら)の道でも ふたりなら 耐えて行けるさ 今日もまた いつも笑顔で 暮らそうと そばで私を 励ますの 熱いあなたの 熱いおまえの 言葉がうれしい  やさしく掌(てのひら) 重ね合い じっと春待つ 花のよに 明日もおまえと 幸せの 夢をこころに 抱きしめて 歩き続ける 歩き続ける ふたりの人生
小雪の酒場冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大南郷達也夕べ小雪の 夢見たよ なんの変りも ないだろね 小雪 小雪 ひと目で惚(ほ)れた 旅の終りの 安らぎに ふたりで飲んだ 忘れられない 雪国の 小雪の酒場  白いうなじに 黒髪の 笑顔やさしい 女(ひと)だった 小雪 小雪 苦労の影を 消してやりたい この俺の 男の胸で 路地の灯りが なつかしい 小雪の酒場  夢でお前を 励ました 泣いちゃいけない 辛くとも 小雪 小雪 好きだよ今も 冷えた体を 抱きしめて ぬくもり酒に 夜を明かした 雪国の 小雪の酒場
さすらいの旅冠二郎冠二郎三浦康照菊池俊輔竹村次郎ながれる雲よ 伝えておくれ 想いを寄せる あのひとに 旅路の夜の さみしさを 旅路の夜の むなしさを  夜空にひかる 一つの星は さすらう俺に やすらぎの 灯りをともす 道しるべ 灯りをともす 友の声  潮騒とおく 海辺の宿で 眼をとじそっと 夢追えば 還らぬ恋が なつかしく 還らぬ恋に 泣かされる  孤独は俺に 夕陽が落ちる どこかにあるさ 幸せが 探して今日も ひとりゆく 探して今日も 旅をゆく
湯の町みれん若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明ついて来るかい 行きますと 天城を越えた あの夜は還(かえ)らぬ まぼろしか 小雨の修善寺 湯もやの桂橋 あゝ思い出を 捨てながら こみあげる 女ごころの涙雨 湯の町みれん  遠く聞こえる 蝉(せみ)しぐれ 淋しさ誘う 面影さがして さまよえば 狩野川(かのがわ)せせらぎ 女の愛の日が あゝなつかしく よみがえる この胸に ひとりいとしさ抱きしめる 湯の町みれん  縋(すが)るあなたは もういない 伊豆路の春よ 儚(はかな)い女の 夢でした 大仁すぎれば 長岡 湯の香り あゝひとたびの 逢いたさが つのるのよ 遠いあの人いまどこに 湯の町みれん
夢灯籠若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明木漏(こも)れ日淡い 石段を あなたとのぼる 秋の暮れ ふたりの幸せ 逃げないように 社(やしろ)の前で 祈ったの 灯籠(とうろう)の灯りが あゝ風にゆれる 私の愛の 夢灯り  冷たい風に散る 落葉 風邪でもひくと いけないよ あなたはコートを 私の肩に やさしくかけて くれました 灯籠(とうろう)の灯りが あゝ炎(も)えて見える 女の胸の 恋灯り  ふたりで買った 御守りを 大事に今も 持ってます あなたのいない 淋しさ抱いて たそがれ迫る 参道に 灯籠(とうろう)の灯りが あゝなみだ誘う 叶わぬ愛の 夢灯り
まごころの花藤あや子藤あや子三浦康照小野彩伊戸のりおあなた体を 大事にしてね いつも元気で ふたりでいたい 蔭(かげ)であなたを 支えて生きる 愛はひとすじ 変わりはしない これが私の あなたに捧(ささ)げる たった一つの まごころの花  仕事疲れを 笑顔でかくす そんなあなたの やさしい気持 胸にうれしさ 溢(あふ)れてくるの 苦労いとわず つくしてゆくわ これが私の あなたに捧(ささ)げる たった一つの まごころの花  あなた私の 手を離さずに 生きて行(ゆ)きましょう ふたりの人生(みち)を そばであなたを 勵(はげ)ましながら 守りつづける 女でいたい これが私の あなたに捧(ささ)げる たった一つの まごころの花
哀愁の町・小樽藤あや子藤あや子三浦康照小野彩伊戸のりお雪が淋しく 運河に溶(と)けて ともるガス燈 あなたはいない いくら呼んでも 還らぬあなた 未練でしょうか 涙をつれて ふたりの愛の 小樽の町へ ひとり来ました 思い出を抱いて  波止場通りを 寄り添いながら 歩くあなたの ぬくもりだけが 肌に残るの 小樽の町よ 港が見える 酒場の隅で ふたりでワイン 飲みほしながら 語り明かした 幸せは夢か  逢えば別れが かならず来ると 知って愛した ふたりの出逢い 肩に粉雪 冷たくしみる 運河の石畳(みち)よ 小樽の町よ 忘れはしない あなたのことを みんな儚い面影の都
人生夢太鼓冠二郎冠二郎三浦康照岡千秋前田俊明櫓(やぐら)太鼓に 諸(もろ)肌ぬいで 汗が飛び散る 若い衆 小倉名物 無法松 負けてなるかと 男の意地を 賭けて打ち込む あばれ打ち 日本一だよ ソレ…人生夢太鼓  祭囃子の 太鼓が緑で 浴衣(ゆかた)姿の あの女(ひと)と 恋が芽生えた 若い日よ 苦労分け合い 夫婦の今も 忘れられない 思い出を 胸に刻んだ ソレ…人生夢太鼓  老いも若きも 心はいつも 燃える炎の 青春だ これが男の ロマンだよ 親父ゆずりの この枹(ばち)さばき 見せてやろうか みだれ打ち 響け宇宙へ ソレ…人生夢太鼓
望郷の駅はまだ遠い冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介佐伯亮渡り鳥さえ ねぐらへ帰る 帰るあてない さすらい暮し 男になれと おふくろの 声がかなしく あと追いかける ああ望郷の 駅はまだ遠い  つれていってと 別れの駅で 泣いてすがった 可愛いお前 夜汽車の隅で この俺も そっと涙を かくれて拭いた ああ望郷の 町が遠ざかる  死んだ積りで 出直す俺に 続く果てない 吹雪の曠野 お前の顔が おふくろが 夢にでてくる 旅路の夜よ ああ望郷の 駅はまだ遠い
エルムの哀愁井上ひろし井上ひろし三浦康照大橋節夫花のかおりが あの日の夢を 思い出させる この道よ あゝたゞひとり いつまでも エルムの木陰に たゝずめば 想い出はかなしい 風の冷たさ  愛の強さは 信じることと いつかなにかに 書いたけど あゝ忘れよう なにもかも エルムの花咲く この道で 幸福(しあわせ)を誓った あつい口づけ  めぐり逢うのが 二人の運命(さだめ) 逢って別れる 恋なのさ あゝあの人の おもかげを エルムの木陰に 訪ね来て たゞのこるこゝろの さみしさよ
忘れないさ北原謙二北原謙二三浦康照山路進一泣かないって 約束したのに 「さよなら」と 言ったら 何んにも言わずに 横向いて お下げが風に ゆれていた 忘れないさ 忘れないさ 好きなのさ  よく似合うね 真赤なリボンが 「しあわせ」と 聞いたら はずかしそうに 爪を噛む 小川の岸で 見た夕陽 二人だけの 二人だけの 思い出さ  淋しいけど 帰ってくるまで 「待ってゝ」と 言ったら 可愛いゝ瞳が うるんでた 綺麗に編んだ お下げ髪 忘れないさ 忘れないさ いつまでも
夕べの星が見ていたよ北原謙二北原謙二三浦康照山路進一夕べの星が 残っているよ 上りの汽車は もう来る頃さ 一年たったら 帰ってくると 云って聞かせた 夜の道 星が 星が 星が見ていた 二人の仲さ‥‥  涙をためた あの娘のひとみ これきり逢えぬ 二人じゃないさ さみしいときは 夕べの星を 僕もどこかで 見ているよ だから だから だから泣かずに 笑っておくれ  別れられずに みじかい夜が つれなくすぎて 白々あけりゃ 夕べの星は もう消える頃 たとえ消えても 二人の 恋は 恋は 恋は消えない また逢えるまで‥‥
わかれ道北原謙二北原謙二三浦康照遠藤実幼なじみさ 喧嘩もしたさ 喧嘩しながら 歩いてた なんにも言わずに 右 左 きっとどこかであの娘は いつも振り返る ねむれないよ ねむれないよ そんな日は………  雲が流れる 日暮れの空を 見ればかなしい わかれ道 今度逢うまで 元気でネ 肩を抱いたらあの娘は そっとふるえてた たまらないさ たまらないさ 僕だって………  好きと一度も 言わないけれど じっと瞳を見りゃ わかるのさ それでいんだよ 僕達は 若い自由が二人に いつもあるからさ 忘れよう 忘れよう わかれ道………
初恋は美しくまた悲し北原謙二北原謙二三浦康照市川昭介茜の空に 雲一つ 流れて風の 冷たさが しみじみ僕を 泣かすのさ いつかは消える 夢だけど ああ初恋は…… 美しくまた悲し  うす紫の りんどうを 二人で摘んだ 山の径 忘れはしない 君の瞳が 残した愁い 初恋の ああ想い出は…… 美しくまた悲し  口では好きと 言えないで 日記に書いた あの頃は しあわせだった 君と僕 だれにもあるよ 青春の ああ初恋は…… 美しくまた悲し
若い太陽北原謙二北原謙二三浦康照遠藤実明日がとても 待ちどおしい 君のせいだよ 恋をしたからさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 君のこゝろを 溶かすまで 僕のこゝろを 溶かすまで  今日から君は 恋人さ 何処へ行くにも つれて歩くのさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 花の蕾が 開くまで 若い蕾が 開くまで  笑って泣いて 喧嘩する 好きだからだよ 恋をしたからさ 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 燃えろ燃えろ 若い若い若い太陽 恋の炎で いつまでも 紅い炎で いつまでも
若い君若い僕北原謙二・谷由美子北原謙二・谷由美子三浦康照遠藤実若い君 若い僕 歌おうよ 青空に 頬寄せて さゝやけば 甘くゆれるよ 君の髪 瞳を閉じて いつまでも 二人のこゝろは 若草色に やさしく やさしく 夢を見る夢を見る  若い空 若い風 口ずさむ 歌声に あの雲も 流れゆく いつか寄りそう 君の肩 瞳を閉じて いつまでも 二人のこゝろは 若草色に やさしく やさしく 夢を見る夢を見る  若い君 若い僕 泣いた日は 何時の日か 星空を 仰ぎ見て 星に語ろう 若い胸 瞳を閉じて いつまでも 二人のこゝろは 若草色に やさしく やさしく 夢を見る夢を見る
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
癪な雨だぜ守屋浩守屋浩三浦康照三和完児街にネオンが 点き出して これから二人の 夜なのに 嫌な雨 嫌な雨 癪な雨が チェッ 降ってきやがった 真紅に燃えている 恋の炎を 消せるもんなら 消してみな  映画帰りの ジャズ喫茶 ロック ロック ムードに 酔ってたら 嫌な雨 嫌な雨 癪な雨が チェッ 降ってきやがった カクテルカラーの 雨だから ぬれて歩こう 何処までも  あばよバイバイ 振り返る 俺らの瞳に しみたんだ 嫌な雨 嫌な雨 癪な雨が チェッ 降ってきやがった 誰が何たって この胸の 恋を流して なるもんか
居酒屋 かもめ 流れ酒冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大理由(わけ)も云わずに 君から逃げた 俺を恨んで いるだろう 詫びる気持で 江差へ来たよ みぞれちらつく 北国の港町 ひとり淋しさ 抱きしめながら 居酒屋 かもめ あ‥流れ酒  ひと目逢いたい 恋しいあの娘に かもめ教えて エエ… どこにいる  群(む)れをはぐれた かもめのように 俺のこころは ひとすじに 君に逢いたい 想いに炎(も)える 逢ってみたって 戻らない愛なのに にしん肴(さかな)の 熱燗酒は 居酒屋 かもめ あ‥流れ酒  俺もあのとき ひとり身ならば 君と暮らして いたものを 風が身を切る 江差の町で 噂聞いたよ 幸せな人の妻 逢えばふたりが 苦しむだけさ 居酒屋 かもめ あ‥流れ酒
流氷岬冠二郎冠二郎三浦康照小野彩風が唸(うな)るよ 飛び散る波しぶき 怒濤逆巻く オホーツク しのび逢う身の 恋だから 離れて行くけど 恨むなよ 俺は一生 お前を忘れない ひとりたたずむ 流氷岬  いつも笑顔で 遅れてごめんねと 俺に甘える 可愛いさよ そんなお前は もういない 淋しさ噛みしめ 飲む酒に 港さい果て 夜更けの居酒屋の 外は海鳴り 流氷岬  男ごころに 寒さが凍りつく 花の蕾は 雪の中 人目しのんで 逢う恋を 断ち切る辛さが わかるまい 俺は今でも お前が好きだよと 叫ぶ吹雪の 流氷岬
浪花酔虎伝冠二郎冠二郎三浦康照水森英夫のれんくぐれば 道頓堀の 呑んべェ横丁に 灯(ひ)がともる 今夜も一杯 また一杯と はしご酒だよ 飲むだけ飲んで 明日(あす)もやるぞと 通天閣を 仰ぐ男の 浪花酔虎伝  夜の大阪 心斎橋の 風を往(い)なして ちどり足 三吉小春の 気分じゃないが 惚れたお前の 肩抱きよせて 歩く姿は 王将気取り 夫婦(めおと)酒だよ 浪花酔虎伝  どうせこの世は 成るよにゃ成らぬ 酔ってぶらりと 御堂筋 ミナミへ行こうか それとも新地 足が向くのは なじみの酒場 意気が溶け合う 仲間と飲んで 男一代 浪花酔虎
俺のふる里冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大あゝふる里へ あゝ帰ろかな 俺のふる里へ  疲れているんだね 少しやつれたね 探していたんだよ 幼なじみの ふたりじゃないか よごれた都会の 空よりも 田舎の星空 綺麗だよ いろり囲んで 語ろうか 俺のふる里で  苦労をしたんだね 辛い涙なら 忘れてしまいなよ 他人(ひと)に云えない 古傷なんか 一つや二つは あるものさ 責めたりなんかは しないから 夢の花咲く ふる里へ 俺と帰ろうよ  今でも惚れてるよ 口にゃ出さないが 一緒に暮らそうか 瞼とじれば 夕陽に映(は)える 小鳥がさえずる 山や川 夜汽車で帰ろう ふたりして 母のぬくもり 温かい 俺のふる里へ
燎原の狼~若き日のジンギスカン~冠二郎冠二郎三浦康照小野彩空を切り裂く 稲妻の 光のように 砂漠を駈けめぐる 軍馬の蹄(ひづめ) 十万騎 行く手を阻(はば)む 敵はなし ウォーウォーウォーウォー 燎原(りょうげん)の狼よ その名は 若きジンギスカン  漢も匈奴(きょうど)も 手に入れて 宴の美酒(さけ)に 今宵も酔いしれる 明日の命 剣に賭け 進む馬上の その勇姿 ウォーウォーウォーウォー モンゴルの英雄(ヒーロー)よ その名は 若きジンギスカン  天に向って 突き上げる 拳の夢よ 願いはただ一つ ローマへ続く 勝利のみ 戦(いくさ)の神に 守られて ウォーウォーウォーウォー 燎原(りょうげん)の狼よ その名は 若きジンギスカン
横浜物語冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大あれから何年 過ぎただろうか 帰って来たよ メリケン波止場 小雨にけむる あの桟橋に お前の姿を 探したが 俺の瞼に 面影が 映って消えるよ まぼろしなのか  山下公園 元町通り 港が見える 桜の丘は お前と俺の 思い出名残り 陸(おか)には住めない 船乗りの どうせ実らぬ 恋なのか もいちど逢えたら 離しはしない  ながれる夜霧に 外国船の 霧笛が横浜(はま)の 静寂(しじま)にむせぶ ひと夜の夢に 酔いしれながら ふたりで飲んだね 馬車道の 古い酒場の カウンター 今でもひとりで いるのだろうか
満天の星冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実遠く連なる 白い峰 続く果てない モンゴル昿野 ひとり孤独に 耐えながら 夢に命を 賭けるのさ 夕映えにかがやく 雪山の姿 満天の星の あ…美しさ  凍る氷河を 吹き抜ける 肌を刺すよな ヒマラヤ颪(おろし) 遙かロマンを 追い駆けて 雪の大地を 踏みしめる 見上げればきらめく メルヘンの世界 満天の星を あ…胸に抱く  見上げればまたたく 星空の女神 満天の星を あ…胸に抱く あ…胸に抱く
都忘れの花のように冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実お前の涙は 俺の涙だよ 小さな幸せ 分け合って 暮らしたころが なつかしい 都忘れの 花のように 想いを抱いて 咲く花の さだめのような ひとだった  お前のはじらう そんな仕草にも 俺には女の 可愛いさが 心にしみて 好きだった 都忘れの 花びらが 淋しく揺れて 泣いている 思い出偲ぶ 旅の空  お前の笑顔を 俺は夢に見た うれしさ浮べて 縋るよに 甘える姿 忘れない 都忘れの 花のように ひそかに咲いて 散る花の いのちのような ひとだった
バイキング冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗狙った獲物は 逃がさない この手に財宝を 握るまで 男はみんな 夢見る旅人だけど 世の中 そんなに 甘くない GO GO GO GO バイキング バイキング バイキング どくろの旗を なびかせて 世界の海を 駆けめぐる  闘う男 の安らぎは 夜空にきらめく 星屑さ お前に弱い 心のすきまがあれば 泣き面みるのは 自分だよ GO GO GO GO バイキング バイキング バイキング 生命を賭けた この帆船は 太平洋の 海賊船(あばれぶね)  目指すは見知らぬ 憧れの 黄金に輝く 大陸さ 地球の海は 俺達仲間じゃないか バルト海の海峡 北極も GO GO GO GO バイキング バイキング バイキング 男の燃える 魂で 嵐の中の 航路をゆく 
まごころ冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大ひとり手酌で 呑む酒よりも 可愛いお前と 道づれに 交わすふたりの お酒の美味(うま)さ 夜風が身にしむ 屋台でも 肩を抱き寄せ 見つめ合う まごころだけが まごころだけが あればいゝ  流れ浮雲 岸辺の花に そっと眼(め)をやる いじらしさ 俺のこの手を 離すじゃないよ 苦労のひとつも かけるけど 明日を夢見た ふたりなら なみだを拭いて なみだを拭いて ついて来い  辛い運命(さだめ)も 笑顔で耐える そんなお前の 温(あたた)かさ 生きてゆこうよ ふたりで今日も 幸せ探して どこまでも 愛の絆で 結ばれた まごころだけが まごころだけが あればいゝ
みれん酒冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介あんな女と うらんでも あんな女が 忘られぬ 夜風がつめたい 路地裏を ひとり歩けば 思い出の 恋の灯りが 眼に痛い  酔って未練が 消えるなら 酒にすがって なぜ悪い 男と女の 仲なんて どうせ他人にゃ わかるまい さびれ酒場の ひとり酒  あんな女と 云うけれど いのち燃やした ときもある 二人で暮らした 毎日が 昨日のように 眼に浮ぶ 辛さわかるか 夜の雨
冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗やると決めたら 男じゃないか 人が笑っても ただひとすじに 生きるぞ人生を 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 炎のように アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 賭けた男の 道ならば 悔いはない  不動明王 炎を背負い にらむあの眼(まなこ) 弱気な俺を 励まし 叱るのさ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 炎のように アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 耐える心が ある限り 花も咲く  強いばかりが 男じゃないよ 可愛あいつには やさしさあげて 芯から 尽しなよ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 燃えろ 炎のように アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 惚れた女と 道づれに どこまでも
しのび酒冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大口じゃ強がり 云いながら なんであいつを 思い出す 雨が淋しい 裏町の 酒場の隅で しみじみと 呑んで酔いたい…… ああ しのび酒  そばにあいつが いるだけで 夢があったよ あの頃は 狭いふたりの 部屋だけど こころの花が 咲いていた 想いめぐらす…… ああ しのび酒  俺が芯から 惚れたのは あいつだけだよ この今も 薄い縁(えにし)の 幸せと 諦めながら 恋しさが つのる夜更けの…… ああ しのび酒
酒場GOLD LYLIC冠二郎GOLD LYLIC冠二郎三浦康照叶弦大どこにもあるような 酒場の片隅で ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ 薄いしあわせを 酔ってまぎらわす 女の背中の さみしさが 泣いて 泣いてた… 忘れない  さだめに流されて さすらう港町 酒場の止まり木で あいつを見つけたよ 抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと はげまし合ったね ふたりして 好きだ 好きだよ… 思い出す  俺でもよかったら 一緒に暮そうと あのとき言えたなら こころが痛まない 人に話せない 古い傷あとを 想い出酒場に 捨てるのさ あいつ あいつは… どこにいる
恋双六(こいすごろく)北見恭子北見恭子三浦康照水森英夫丸山雅仁惚れて別れて 振り出しに 戻る男女の 恋の仲 双六遊びじゃ ないけれど 賽コロ振るよにゃ いかないよ 山あり谷あり 川もある 上りが見えない 恋の双六 迷い道  玉の輿など 狙わずに 男ごころを 射止めなよ 人生双六 泣き笑い お酒がとり持つ 縁もある 男を忘れる 酒もある 上りはまだまだ 恋のかけひき 浮世道  振った賽コロ ゾロ目なら 恋も女の勝負だよ 双六みたいな この世でも こころの絆で 結ばれた 真実一路の 愛もある 上りはふたりの 恋の双六 バラの道
雪どけの宿若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明ひとつ浮雲 あかね雲 梢を渡る 風の冷(つめ)たさ あなたを訪ねて 山間(やまあい)の 雪に埋(うも)れた 温泉(いでゆ)町 あゝ湯けむりに 愛の名残りか 面影か… 雪どけの宿  ひとり湯舟で 湯上りの 湯の香に残る 恋の移り香 命もこころも あの人に みんな捧げた 雪の夜 あゝ思い出が 胸にこみあげ 泣けるのよ… 雪どけの宿  けむる湯もやに まぼろしか あなたの姿 ひとり探すの ふたりで歩いた 温(ぬく)もりが 残る涙の 温泉(いでゆ)橋 あゝ湯けむりに 夢は還らぬ この想い… 雪どけの宿
花びらの雨若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明風が泣く 山が騒ぐ 烈しい愛の 名残りのように 誰にもあなたを 渡さない あゝ狂おしく 悩ましく あなたの体で 咲き匂う 命のしずく 花びらの雨  乱れ髪 指で直し 鏡に映し 薄紅差すの 滝音ながれる 山の宿 あゝ蝉しぐれ 夢で聞き あなたとひと夜を 愛に泣く 命のしずく 花びらの雨  花の雨 あなただけに わかってほしい 女のなみだ 別れる辛さは 死ぬことよ あゝいつまでも 離れずに あなたの心の 奥で咲く 命のしずく 花びらの雨
ふたりの人生岡ゆう子岡ゆう子三浦康照影山時則鈴木英明あなたの目を見て この人と 決めた女の 愛だから 悔いはしません 辛くとも 涙わけ合い 離れずに 生きて行きたい 生きて行きたい ふたりの人生  棘(いばら)の道でも ふたりなら 耐えて行けます 今日もまた いつも笑顔で 暮らそうと そばで私を 励(はげ)ますの 熱いあなたの 熱いあなたの 言葉がうれしい  やさしく掌(てのひら) 重ね合い じっと春待つ 花のよに 明日もあなたと 幸せの 夢のこころに 抱きしめて 歩き続ける 歩き続ける ふたりの人生
木漏れ日冠二郎冠二郎三浦康照小野彩前田俊明木漏れ日が ふたりを包む 冬の公園ベンチ 誰も乗らないブランコが 風に吹かれて ゆれている たとえわずかな 陽ざしでも 夢に向って 歩いてゆこう 辛くとも さんさんと太陽の輝く 幸せの道が かならず待っているよ  木漏れ日に かくれて咲いた 花の命のように 強くこの世を生きようと 熱い心で 誓い合う 愛の陽ざしの 木漏れ日が 今日もふたりを 励ますように 暖かい さんさんと太陽の輝く 幸せの駅に かならず辿り着くよ  木漏れ日の ぬくもり抱いて 春の陽ざしのように 希望捨てずに耐えながら 生きてゆこうよ 離れずに 逢ったときから 神様が 決めたさだめの ふたりの出逢い 不思議だね さんさんと太陽の輝く 幸せの道が かならず待っているよ
海鳴りの酒場若山かずさ若山かずさ三浦康照叶弦大前田俊明小雨まじりの つめたい風が 縄ののれんに からみつく ここはさい果て 海鳴り酒場 嘘で固めた 愛なんて 欲しくないわと 強がりを 言って別れた あなたが あなたが憎い  思い切れない 心の傷が なんで今更 痛むのよ ひとり淋しい 海鳴り酒場 酔えば今夜も 未練虫 胸で泣くのよ しくしくと 逢えぬあなたに 想いを 想いを寄せて  遠い沖から 聞こえてくるの 嵐呼ぶよな 波の音 忘れられない 海鳴り酒場 たった一度の 恋なのに 賭けたなみだの ひとり酒 春はいつ来る あなたを あなたをつれて
女の真実岡ゆう子岡ゆう子三浦康照君塚昭次佐伯亮ひとつふたつと こころの傷を 泣いて数えて 辛さに耐えて 生きて来ました 夢追いながら みんな過去(むかし)の はかない恋ね 命を賭けるわ 女の真実(まこと) 抱いて明日も 生きてゆく  あなた残した みれんに酔えば ついて来るのよ 涙をつれて 遠い霧笛を ひとりで聞いて 胸のさみしさ 噛(か)みしめながら 叶(かな)えてほしいの 女の真実(まこと) ここはさい果て 港町  女ですもの 愛されながら 泣いて甘える あなたがほしい こんな私を 袷ってくれる 強い男に 逢えるでしょうか 芯(しん)から尽(つく)すわ 女の真実(まこと) 強く明日も 生きてゆく
うたかたの恋藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫蛇の目の傘で 人目をさける ふたりの肩を 濡らす雨 辛い別れに なろうとも 泣きはしません うたかたの 恋とあなたを… 諦めましょう  着物がとても よく似合うよと 髪のほつれ毛 手で直す そんなあなたの やさしさに 女心が うたかたの 愛に溺れた… 始まりでしょう  港が見える この坂道は あなたと逢った 石畳 雨に濡れてる あじさいに 浮かぶ面影 うたかたの 恋の名残りを… 抱きしめましょう
むらさき雨情GOLD LYLIC藤あや子GOLD LYLIC藤あや子三浦康照山口ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいゝの いつまでも あなたの傍(そば)で 盡(つく)したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
こころ酒GOLD LYLIC藤あや子GOLD LYLIC藤あや子三浦康照山口ひろし泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の ひとり言 酔って淋しさ 忘れるように 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒  雨ににじんだ のれんの蔭で 強く生きてる こぼれ花 苦労かさねた 涙なら 夢を明日に つないだ胸を 温めましょうか 温めましょうか こころ酒  あなた求めて 昔の傷が なんで今更 痛むのよ 意地をささえた 思い出を 捨てて来ました 女がひとり 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒
別離の雨真木柚布子真木柚布子三浦康照徳久広司前田俊明あなたと暮らした この部屋で 思い出グラスに ついだワインを ひとり飲むのよ 淋しさが 胸をかすめ 逃げてゆく みず色の 涙雨 窓辺を濡らすのよ あのひとは 今はもう 忘れているかしら 別れても 別れても この愛は変わらない  あなたは今頃 誰といる 別れてみたけど 何故か気になる 雨の夕暮れ 好きなのね 今も私 あの人を 酔いたいの 面影を お酒に流したい この想い この愛を わかっているかしら 恋しさが 恋しさが この雨につのるのよ  小雨の舗道に 散る落葉 あなたの吐息が ふたりの傘で 熱く燃えるの なつかしい ふたりだけの このクラブ 外は雨 あのひとと 幸せ語り合い 夜更けまで いたことを 覚えているかしら 別れても 別れても この愛は変わらない
片恋椿星野小百合星野小百合三浦康照水森英夫前田俊明波の彼方に あなたを乗せた 船が涙で にじむのよ 声を限りに 叫んでみても 想いとどかぬ 海の上 どうせ私は 小島の磯に 咲いて散るのよ 片恋椿  遠い沖から 吹く潮風が 乱す私の 黒髪を そっとやさしく 直してくれた 旅のあなたと ゆきずりの 恋におぼれた 浜辺の宿よ 夢は儚い 片恋椿  今日も岬で あなたを待てば 船は都へ 帰り船 別れ間際に また逢おうねと 云った言葉は 嘘かしら つのる恋しさ 抱きしめながら 炎えて散るのよ 片恋椿
忘れないさ星野小百合星野小百合三浦康照山路進一伊戸のりお泣かないって 約束したのに 「さよなら」と 言ったら 何にも言わずに 横向いて お下げが風に ゆれていた 忘れないさ 忘れないさ 好きなのさ  よく似合うね 真赤なリボンが 「しあわせ」と 聞いたら はずかしそうに 爪を噛む 小川の岸で 見た夕陽 二人だけの 二人だけの 思い出さ  淋しいけど 帰ってくるまで 「待ってゝ」と 言ったら 可愛いゝ瞳が うるんでた 綺麗に編んだ お下げ髪 忘れないさ 忘れないさ いつまでも  忘れないさ 忘れないさ いつまでも
しぐれ花岡ゆう子岡ゆう子三浦康照叶弦大前田俊明あなたを怨む ことよりも 愛したこころで 生きたいの 古い女と 笑うでしょうね どうせ私は 涙の蔭で 咲いた哀しい あ…しぐれ花  あなたの傍で 暮らせたら 命をあげても 悔いはない これが女の 真実(まこと)でしょうか 添えぬふたりの さだめの淵に 縋る私は あ…しぐれ花  あなたに逢えて しみじみと 別れの辛さを 知りました 弱い女と 思うでしょうね どうせ私は 淋しさ抱いて 炎えて散るのよ あ…しぐれ花
泣いてもいいよ冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実頬のやつれが 気になるけれど 元気そうだね よかったね 波止場通りの 小さな酒場 やっとお前に 逢えたんだ 俺にすがって 思いきり 思いきり 泣いてもいいよ  何も聞くまい お前を見れば 俺にゃ苦労が わかるのさ 噂たよりに 見知らぬ町で やっとお前に 逢えたんだ 愛が生まれた ふるさとの ふるさとの 話しをしよう  悪い夢だと 思えばいいさ なんで気がねが あるものか 霧の港の 春待つ酒場 やっとお前に 逢えたんだ 俺にすがって 思いきり 思いきり 泣いてもいいよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
うたかたの恋島津悦子島津悦子三浦康照水森英夫蛇(じゃ)の目の傘で 人目をさける ふたりの肩を 濡らす雨 辛い別れに なろうとも 泣きはしません うたかたの 恋とあなたを… 諦(あきら)めましょう  着物がとても よく似合うよと 髪のほつれ毛 手で直す そんなあなたの やさしさに 女心が うたかたの 愛に溺(おぼ)れた… 始まりでしょう  港が見える この坂道は あなたと逢った 石畳 雨に濡れてる あじさいに 浮かぶ面影 うたかたの 恋の名残りを… 抱きしめましょう
無情の酒藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫前田俊明酒よお前は 罪な水 なんで私を いじめるの 飲んであの人 忘れたい 酒といっしょに 泣きながら 酒といっしょに 酔いたいの わかっておくれ 無情の酒よ  (台詞) 「あの人が好きだった辛口のお酒…。 ねぇ お願い、忘れさせて…」  胸の苦しさ 消すために 縋るお酒の はずなのに 飲めばなほ増す 恋しさを ひとり酒場の 片隅で 酒に沈めて 飲みほすの わかっておくれ 無情の酒よ  酒よお前を 責めるより 飲んだ私が 悪いのね どうせ戻らぬ 人なのに 酒といっしょに 泣きながら 酒といっしょに 酔いたいの わかっておくれ 無情の酒よ
花も実もある人生航路冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実伊戸のりおお前とならば たとえ針の山 炎の海も 越えてゆく 長いふたりの 道程(みちのり)だけど 俺のこの手を しっかりと 握って一生 離すなよ 花も実もある 人生航路  照る日もあれば 雨の日もあるさ 浮世の辛い 波もある 俺が舵とる 男の船で 耐えてゆこうよ ふたりして お前と飲みたい 苦労酒 花も実もある 人生航路  お前と俺の こころ結び合う 絆は愛の 命綱 うしろ向かずに 信じた道を ついておいでよ どこまでも 輝く明日が 待っている 花も実もある 人生航路
涙のバラ都はるみ都はるみ三浦康照市川昭介市川昭介夕陽が染めた 涙のバラよ ホロホロこぼれて 炎えている 甘えて泣いてた あなたの胸に 夢でもいいの 頬をよせたい せつなくて 夕陽が染めた 涙のバラよ ホロホロこぼれて 炎えている  私の頬の 涙のバラは あなたのものなの 別れても 虹より星より 夢みた恋が こころの中で いつも想いを つのらせる 私の頬の 涙のバラは あなたのものなの 別れても  虹より星より 夢みた恋が こころの中で いつも想いを つのらせる 私の頬の 涙のバラは あなたのものなの 別れても………
ブラボー酔虎伝冠二郎冠二郎三浦康照水森英夫南郷達也好きなお酒なら 飲まずにゃいられない 仕事が終れば 自由じゃないか 御意見なんかは 聞きたくないよ あの娘を誘って とことん飲もう 酔ってもこころは 青春時代の 若き血あふれる ブラボー 酔虎伝  遠い昔から 現代(いま)でも同じだよ 男と女の 人間模様 真面目な顔して お酒に酔って 甘える仕草に 男は弱い ビールにチューハイ まだまだいけるよ あの娘に二度惚れ ブラボー 酔虎伝  明日(あす)のことなど 誰にもわからない そんなの気にしちゃ お酒がまずい 働くよろこび 分け合いながら あの娘と燃えよう チャンスじゃないか なじみの店だよ 人情酒場は みんなで乾杯 ブラボー 酔虎伝
氷酒大黒裕貴大黒裕貴三浦康照水森英夫前田俊明飲んだお酒が 体の中で 燃えるどころか 凍りつく 私の心を 温めて くれたやさしい あなたはいない つのる想いを 抱きながら ひとり飲む酒 氷酒  一度だけでも 死ぬよな恋に 賭けて一生 終わりたい あなたは私の 命です こんな女の まごころなんか どうせわかって くれないわ 酔えば酔うほど 氷酒  羽根を失くした 小鳥のように 夢の名残りを この部屋で 思い出グラスに 酒をつぐ 冷えたこころを 忘れたはずの 熱い未練が また燃える 夜が寂しい 氷酒
男の道冠二郎冠二郎三浦康照水森英夫南郷達也男の道は ひとすじに 夢に賭けるも いいだろう のらりくらりと 人生を 渡る男の 道もある 人はそれぞれ 苦労を背負い 生きているんだ 巷の道で  男の夢の 道端で 人に知られず 咲いていた 君は可憐な こぼれ花 こころ魅かれて お互いの 胸に芽生えた ふたりの愛で 花を咲かそう 棘(いばら)のみちに  男の道は 遠いけど 人の命の 儚なさよ 悔いを残すな あせらずに 長いものには 巻かれても 胸に燃えてる かくれた意地が いつか飾るよ 男の道を
ほろよい酔虎伝冠二郎冠二郎三浦康照水森英夫南郷達也お酒飲むなら ほろよい酒で 今夜も巷の 憂さ晴らし 空の月まで 浮かれて見える あの娘もほんのり 頬染めながら お酒をつぐ手の 色っぽさ あゝほろよい ほろよい酔虎伝  口説き上手に 口説かれ上手 男と女の 恋遊び さしつさされつ ほろよい酒で 気楽にゆこうよ 人生航路 涙もあるけど 夢もある あゝほろよい ほろよい酔虎伝  虎の尾を踏む 生き方よりも 世渡り上手に なればよい 我慢くらべさ この世の中は ほろよい気分で ゆこうじゃないか 明日も浮世の 風まかせ あゝほろよい ほろよい酔虎伝
この世で一番好きな人石原詢子石原詢子三浦康照影山時則伊戸のりおお前は花なら 白ぼたん あなたに言われて うれしいわ この世で一番 好きな人 わがまま言ったら 叱ってね 可愛い女で いたいから ふたりは巷の 愛の花  たまには喧嘩も するけれど 甘えてみたいの わかってね この世で一番 好きな人 あなたの支えに なりたいの 今夜も幸せ 分け合って ふたりで飲むのよ 愛の酒  愛しているよと 耳許で 私を抱きしめ ささやくの この世で一番 好きな人 命を賭けても 儘します 涙の谷間を 歩いても ふたりは寄り添う 愛の花
おもいでの雨石原詢子石原詢子三浦康照影山時則前田俊明むせび泣くよに 降る雨が 女の胸に しみるのよ ひとり手酌で 飲む酒に 今夜も淋しさ まぎらす私 酔えばなお更 恋しさが つのる旅路の 雨の宿  胸がしくしく 痛みます あなたがくれた 恋の傷 どうせふたりは はじめから 別れるさだめの 出逢いでしょうか ひとり雨音 聞きながら 夢で逢えるの 面影に  古い女で いたいから かくれた愛に 生きてます 雨よ私の せつなさを 流せるものなら 流してほしい 今日もあなたの おもいでに 泣いていました 旅の宿
恋のクンビア弘田三枝子弘田三枝子三浦康照和田香苗河村利夫クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若い二人の こゝろを 奪うような クンビア・リズム 夜明けまで 忘れさす クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ  クンビア 赤いバラのよに クンビア 燃える情熱 クンビア 熱い瞳に 口づけ 交わすような クンビア・リズム 何時までも 恋に酔う クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 赤いバラのように クンビア 燃える情熱  クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸はおどるよ クンビア 若いエレキが 燃やすのよ 恋の炎を クンビア・リズム 喜びに しびれるの クンビア・リズム みんな 踊りましょう 夜は二人のもの クンビア 燃やせ恋の炎を クンビア 胸は踊るよ………
愛の言葉を弘田三枝子弘田三枝子三浦康照原信夫大西修誰かが 私に呼びかける 甘くやさしい 愛をさゝやく そよ風 私に教えて 夢見る 心は 恋なのかしら  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……  ひとりでいても つまらないのよ 私だけを 愛してくれる 誰かが 欲しいの  誰かが 私を見つめるの 太陽のような 燃えるひとみで……
弘田三枝子弘田三枝子三浦康照三枝伸山屋清生きて行くには 道は険しい ほこりだらけの この道だけど なみだ捨てて ひとり歩こう 幸せを 見つけるまで  今は灰色 狭い道でも 花を咲かせる 人の真ごころ 歩き疲れ 迷うこころ 強くはげます 愛の道  道をひとすじ 信じ歩けば いつか消えゆく 悲しみ苦しみ 虹のかかる 山の向うに 道が心に ひらける明日は
これでいいんだよ冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明私のことは いいのよと お前の顔が 淋しく笑う 苦労かけたね これから先は 新たな人生(みち)を 生きようと ふたりで誓った 別れじゃないか これでいいんだ これでいいんだよ  遊びじゃないよ この俺の こころに花を お前はくれた 明日も流れて 行く末知れぬ 男について くるよりは 女の幸せ つかんでおくれ これでいいんだ これでいいんだよ  涙はよそう お互いに 大人じゃないか 運命(さだめ)じゃないか 楽しかったね お前と逢えた 短かい月日 思い出が ふたりの別れの 餞(はなむけ)なのさ これでいいんだ これでいいんだよ
浮草の宿岡ゆう子岡ゆう子三浦康照深谷昭前田俊明髪の 髪の乱れを 鏡の前で 直す私は 薄化粧 もしやあなたに 逢えるかと 女ごころの 儚い夢を 抱きしめながら 面影に 縋る哀しい … 浮草の宿  別れ 別れたくない あなたの胸に 顔を埋めた しのび逢い どうせふたりの 行く先は 辛い涙の 運命でしょうか 叶わぬ恋と 知りながら 炎える女の … 浮草の宿  雨が 雨が淋しく 川面を濡らす どこであなたは 暮らすやら 酔って未練も 思い出も 忘れられたら 苦しまないわ 今夜もひとり 恋しさが つのる想いの 浮草の宿  
しのび川岡ゆう子岡ゆう子三浦康照市川昭介前田俊明湯上りの 船宿で ひとり浴衣の 帯しめながら 残る温もり 抱きしめる たとえわずかな 逢う瀬でも あなたのそばに いたいの私 炎えるふたりの あゝしのび川  川岸に けむる雨 傘にかくれて 人目をさけて 帰るあなたを 見送るの 辛い別れに 耐えながら 女の胸の この淋しさを 水に流した あゝしのび川  この川に 身を投げて 死ねば苦しみ 消えるでしょうか どうせふたりの 行く先は 花も咲かない 春もない 涙で終る さだめの淵で 愛にさまよう あゝしのび川
ひとり旅美空ひばり美空ひばり三浦康照くるみ敏弘くるみ敏弘惚れたお方は 旅の花 蝶々になって その花びらに くるまりたいの 甘えたい 遠い故郷の 嘘つきがらす いとしいお方は どこの空  うしろ姿が 似てるから 道まで変えて ついては来たが 振向く人は 他人の方 春の風にも つれなくされて 探す面影 ひとり旅  好きなお方に 逢いたくて 夕焼け空に すねてはみたが ままにはならぬ 恋の旅 花が蝶々を 待ってるように いつか想いは とどくもの
花びら慕情立樹みか立樹みか三浦康照水森英夫花の命の 儚さと 同じさだめか 私の恋も 燃えて散るなら あなたの胸で 女ごころの 花びらひとつ そっとやさしく掌に ひと夜でいいのよ 包んでほしい  白い椿の 花びらを けむる湯もやが 淋しく濡らす つのる想いに また逢いたさに 夢の名残りを 探しに来たの ひとりたたずむ 湯の町の あなたと別れた 思い出橋に  花に命が あるように 命かけだの ふたりの愛に どうせ私は 涙の花で 散ってゆくのよ 悲しいけれど こんな女の いたことを わかってほしいの あなたにだけは
雪の駅冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大佐伯亮みぞれをさけて 寒さをこらえ 体よせ合う 待合室よ 白くかすんだ 線路の果てに 夢を托した ふたりじゃないか 離すものかよ… 雪の駅  汽笛が呼ぶよ もうこの先は 氷ただよう さい果ての海 裸電気が 凍れる風に ゆれるホームで 夜汽車を待てば 炎えるふたりの… 雪灯り  ふたりの愛の 終着駅は 俺とお前の こころの旅路 都忘れの 野花のように 人に知られず どこかの町で 春を待とうよ… 雪の駅
流転酒冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大南郷達也茜空 港町 誰れに追われて 来たんじゃないが 胸に傷もつ 男と女 知らぬ同士が ひと夜の恋に 酔って燃えても 不思議じゃないよ どうせ別れる… あヽ流転酒  ふたりして 肩寄せて 寒い屋台で 熱燗飲んで 冷えた体を 温ため合った 旅で拾った 夢ものがたり なんで今更 あいつのことが やけに気になる… あヽ流転酒  おふくろは 元気かな 北へ流れて 港の裏の 古いのれんの なじみの酒場 おやじ相手に 色恋ばなし いいじゃないかよ 男がきめた 酒とさすらう… あヽ流転酒
花びら慕情藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫伊戸のりお花の命の 儚なさと 同じさだめか 私の恋も 燃えて散るなら あなたの胸で 女ごころの 花びらひとつ そっとやさしく掌に ひと夜でいいのよ 包んでほしい  白い椿の 花びらを けむる湯もやが 淋しく濡らす つのる想いに また逢いたさに 夢の名残りを 探しに来たの ひとりたたずむ 湯の町の あなたと別れた 思い出橋に  花に命が あるように 命かけたの ふたりの愛に どうせ私は 涙の花で 散ってゆくのよ 悲しいけれど こんな女の いたことを わかってほしいの あなたにだけは
面影の女冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明白いうなじに 細い肩 着物が似合う 女(ひと)だった 思い出だけを この俺に 残してどこへ 消えたのか いとしいお前の いとしいお前の 面影よ  辛い過去(むかし)が あったのか 幸せ薄い 女(ひと)だった ふたりで強く 生きようと 誓ったはずの 愛なのに 瞼に浮かぶよ 瞼に浮かぶよ 面影が  風に乱れた 黒髪が 愁いを誘う 女(ひと)だった お前のいない この道に 木枯らしだけが 泣いている いとしいお前の いとしいお前の 面影よ
ひばりの子守唄美空ひばり美空ひばり三浦康照市川昭介港ヨコハマ 浜の灯も みんな昔の まゝなのに お父さん お父さん なぜに帰らない 遠い人 今は今は… 母と二人で暮らします  くじけそうになる 私の心を 支えてくれた お母さん 悲しいとき 苦しいとき お母さんは 私の心の杖でした これからも 私は強く生きて行きたい お母さんと 二人で…  船の汽笛を 聞くたびに 思い出します 辛い日を お父さん お父さん 今の幸せを 守ってね 遥か遥か… 空でまばたく星のよに  淋しがりやの母さんと 語り明かすの 想い出を お父さん お父さん 部屋の片隅で 見つめてる 今日も今日も… 無事で一日暮れました
雨椿永井みゆき永井みゆき三浦康照深谷昭あなた あなた あなたの胸の 止り木に 羽根を休めて 眠れたら どんなに私は 幸せかしら 雨 雨 伊豆の湯けむり ひとり宿 雨の椿の… あゝ花が散る  なみだ なみだ なみだで濡れた この胸に 遠いあなたの 思い出が いとしさ炎(も)やして つのるの今日も 雨 雨 天城峠の しぐれ道 赤い椿の… あゝ花が散る  こころ こころ こころの花で いゝのよと そっとつぶやく 淋しさが あなたに逢いたい 想いに泣くの 雨 雨 にじむ灯りの 夜の海 雨に椿の… あゝ花が散る
忍冬水田かおり水田かおり三浦康照深谷昭前田俊明あなたひとりに 愛されながら 生きて行けたら 幸せでしょう 風に揺られて 寄り添うように そっと そっと咲いてる 花びら二つ 姿ふたりの あ…忍冬  離さないよと 私の肩を 抱いたあなたの 手の温かさ うれし涙を 笑顔でかくし 歩く 歩くふたりの 小雨の道に 白く咲いてる あ…忍冬  しょせん添えない さだめの恋と 知っていながら 愛した私 炎(も)える命を 抱きしめながら 生きて 生きていたいの あなたのそばで 忍ぶふたりの あ…忍冬
酒に酔いたい冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明別れが辛い 酒もある 忘れるための 酒もある 古い男で いんだよ俺は お前のために 身を引いて さすらう旅の 淋しさを まぎらす酒に酒に 酔いたいよ  思い出流す 酒もある 恋しさつのる 酒もある 未練ごころを ひきずりながら 海辺の町の 居酒屋で 男がひとり しみじみと 今夜も酒に酒に 酔いたいよ  運命を恨む 酒もある 涙であおる 酒もある 逢ったときから ふたりはいつか 別れるための 恋なのさ 面影捨てて 思いきり 旅路の酒に酒に 酔いたいよ
木曽路わかれ雨冠二郎・北見恭子冠二郎・北見恭子三浦康照市川昭介(女)炎えているのに 寒いのあなた (女)抱いて下さい 私を強く (男)すがるお前の 乱れた髪が (男)俺の体で 吐息にかわる (女)羽根を休める小鳥のように  (男女)より添うふたりの かくれ宿 (男女)夜の木曽路は わかれ雨  (女)好きになっては いけない人に (女)なんで逢わせた 運命がにくい (男)俺もお前を 知らずにいれば (男)命けずって 愛しはしない (女)杉の木立を 人目をさけて  (男女)さまようふたりの しのび傘 (男女)秋の木曽路は わかれ雨  (女)あなた信じて これから先も (女)夢を捨てずに 生きます私 (男)たとえ離れて 暮していても (男)俺のこころは お前のものさ (女)恋の名残りが 湯もやに炎える  (男女) かなしいふたりの 愛の里 (男女)夜の木曽路は わかれ雨 
兄貴冠二郎冠二郎三浦康照遠藤実前田俊明あんな男は もういない だから兄貴と 俺は呼んだのさ 他人の痛みが よくわかる 熱い涙も 持っていた 兄貴 兄貴 思い出してる 男酒  惚れた女を 泣かすなと いつか兄貴は 俺を叱ったよ 尽くすお前の 顔見れば そんなお言葉が 身にしみる 兄貴 兄貴 風がつめたい 夜の町  情け知らずの 巷でも 夢を兄貴は 俺にくれたのさ 瞼とじれば 聞こえるよ 強く生きろと 云う声が 兄貴 兄貴 呑んで酔いたい ふたり酒 
消える太陽ささきいさお with コロムビア女声合唱団、ゲイ・スターズ・コンボ、コロムビア・ストリングスささきいさお with コロムビア女声合唱団、ゲイ・スターズ・コンボ、コロムビア・ストリングス三浦康照ベレッタ広い曠野の 果てに 赤い夕陽が 落ちる 俺のかなしい こゝろを 泣かす夜がくる  思い出すのは よそう 思い出しても 還らぬ 夢を追うのは よそう 辛い恋なのさ  胸に咲いた花 あゝ恋の赤い花 俺をはなさない いつまでも  俺の涙の 中に 今日も沈むよ 太陽 だけど泣くのはよそう こゝろに太陽……あるからさ  胸に咲いた花 あゝ恋の赤い花 俺をはなさない いつまでも  俺の涙の 中に 今日も沈むよ 太陽 だけど泣くのはよそう こゝろに太陽……  燃えろよ 燃えろ太陽 夜明けの空に……
戦場の夜ささきいさお with 保坂俊雄とエマニアーズささきいさお with 保坂俊雄とエマニアーズ三浦康照小杉仁三ふるさとは 遠い空 思い出す 母を なつかしい人のほゝえみ やさしまなざし 夜空を仰ぎ見て 瞳を閉じれば 今日もまた 亡き友の声が かなしく 胸に ただよう  眠られぬ 夜の丘 ひとり来て うたう 幼い母がおしえた 故郷のあの歌 明日はどこへ行く 傷つきし 友をつれ 勝利をば 信じ戦う 遠い異国に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ふたり花藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫前田俊明あなたのために 生れて来たの かくれて泣いても 笑顔でいたい 辛いこの世の 雨や風 愛の陽ざしに 包まれながら あなたの胸の 小枝でそっと 手を取り合うのよ ふたり花  疲れて帰る あなたをいつも 私の心で 慰めたいの かわす眼と眼の 暖かさ 今の暮しで 幸せなのよ 明日の夢が 花咲く町を 探して生きたい ふたり花  あなたの愛に 甘えてばかり たまには私を 叱ってほしい 涙なんかは 捨てました どんな苦労も 分け合う人生に かならず咲くわ 希望の花が あなたと私の ふたり花
黄昏藤あや子藤あや子三浦康照弦哲也前田俊明あなたを愛して いればこそ 生きてゆけます 茨の道も むらさき色した 黄昏に 包まれながら ふたりして 明日を夢見た あの頃の 勿忘草が 今日も咲いてます  あなたの心の 苦しみを 分けて下さい 私にだけは むらさき色した 黄昏に かくれて泣いた いとしさは 恋した女の 証明です 胸の想いを 風よ伝えてよ  あなたのやさしさ 暖かさ 今も切なく 覚えています むらさき色した 黄昏が ふたりの町を 今日もまた 思い出残して 染めてゆく 愛のぬくもり ひとり抱きしめる
ふたりの止まり木冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大南郷達也この世で心を 許すのは たったひとりの お前じゃないか たとえ小さな この塒でも ふたりの愛の 止まり木なのさ 体よせ合い 辛い日も うしろを向かずに 歩いてゆこうよ  時には喧嘩も したけれど みんな男の わがままからさ 何も云わずに ただうつむいて お前のかくす 涙を見れば 俺の翼で 抱きしめて 守ってやりたい ふたりの止まり木  冷たい世間の 風さえも 耐えてゆけるさ お前がいれば 春の陽ざしを 待つこの枝は ふたりの愛の 止まり木なのさ 希望叶える 花も咲く 明日を信じて 暮らしてゆこうよ 
太陽に叫ぼう冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗南郷達也君には ファイト 僕には ガッツ それがふたりの 合言葉 太陽に向って 叫ぼうよ 悩みなんかは 吹き飛ばせ ガッツ  ガッツ  ガッツ ガッツ ファイト だけどたまには ひとり静かに 考えて 世の中見るのも いいものさ  君には 光 僕には 力 それがふたりの 合言葉 太陽に向って 叫ぼうよ 涙なんかは 忘れよう ガッツ  ガッツ  ガッツ ガッツ ファイト だけどたまには 時の流れに 青春を 降り返りながら 歩こうよ  君には 未来 僕には 愛を それがふたりの 合言葉 太陽に向って 叫ぼうよ 嵐なんかは こわくない ガッツ  ガッツ  ガッツ ガッツ ファイト だけどこころに いつも明日の 夢を抱き きらめく人生 生きようよ 
女のまごころ藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫前田俊明あなたがいないと 生きて行けない 強いようでも 弱いの私 ひとりにしないで お願いだから そばで死ぬまで 盡していたい これが女のまごころなのよ あなただけの胸に咲いた 花でいたいのよ  あなたに捧げた 愛はひとすじ いつも可愛ゝ 女でいたい 冷たくしないで やさしくしてね 籠にかわれた 小鳥でいゝの それが女のまごころなのよ あなただけに縋りながら 生きていたいのよ  あなたのためなら 命枯れても ついて行きます 地の果てまでも 一度でいゝから あなたに抱かれ 愛の涙を 流してみたい これが女のまごころなのよ あなただけを信じながら 夢を見たいのよ 
別れてもありがとう美空ひばり美空ひばり三浦康照猪俣公章別れても別れても ありがとう あなたを愛して しみじみと 女のなみだを 知りました  淋しさを淋しさを ありがとう 別れたあなたも 同じよに ひとりでいるのね 淋しさと  思い出を思い出を ありがとう 心に抱いてる 面影は あなたの形見に なりました  さよならをさよならを ありがとう あなたが幸せ 見つけたら 私のなみだも 消えるでしょう
夢咲川藤あや子藤あや子三浦康照石中仁人私ひとりに あなたの愛を みんな下さい お願いだから こんなおんなの 想いをこめて 笹の小舟を 夢咲川に そっと流した 雨の夜 あゝ雨の夜  熱いあなたの 吐息(といき)の中で 胸を埋めた 夜明けの舟宿(やど)よ これが女の しあわせなのね ずっとこのまま 夢咲川を 炎えるこころで 渡りたい あゝ渡りたい  悔いはしないわ あなたにあげた 愛のすべては 私のいのち 雨のしずくが 岸辺の花に 濡れて輝く 夢咲川は 永遠にふたりを 結ぶ川 あゝ結ぶ川
男の錦冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗南郷達也意地があるなら 男になれと 俺を叱った おふくろよ 今に見ておれ 天下を取るぞ 握るこぶしに 握るこぶしに あ…血もたぎる  恋におぼれて 未練に負けちゃ 男一代 名がすたる 惚れていりゃこそ あの娘を捨てて ひとり男の ひとり男の あ…道をゆく  何が出来ると 笑った奴に 俺の気持ちは わかるまい 弱音吐くなよ 男じゃないか 故郷へ錦を 故郷へ錦を あ…飾るまで
ひとり居酒屋水沢明美水沢明美三浦康照安藤実親渡辺博史お酒呑むたび 悲しくて たまらないほど 淋しいの そんな心を ひきずりながら 来ないあなたを 今夜も待つの ひとり居酒屋 なみだ酒 なみだ酒  お前ひとりが 命だと 言った言葉は 嘘かしら いいのそれでも あなたに賭けた 夢を信じて だまされましょう しぐれ居酒屋 想い酒 想い酒  酔えば痛むの 胸の傷 なによ今更 泣くなんて 遠い過去(むかし)と 諦らめながら 逢ってもいちど 甘えてみたい ひとり居酒屋 しのび酒 しのび酒
女の波止場岡ゆう子岡ゆう子三浦康照深谷昭はるか波間を 海峡越えて 辿る潮路よ 女の波止場 好きなあなたの あと追いかけりゃ どこで逢えるのョー 私はひとり 帰るあてない… さすらい鴎  出船入船 あなたの船は 今日も着かない 女の波止場 ともる灯りの 酒場の隅で つのる想いをョー グラスの酒に 酔えば淋しさ… こころにしみる  風の便りに 噂を聞いて 流れ訪ねた 女の波止場 波のしぶきに ちぎれる夢を 拾い集めてョー あなたの船が いつか来る日を… 信じて待つわ 
浪花のギター三門忠司三門忠司三浦康照石中仁人池多孝春夜にまぎれて 見えない明日 酔えばなほ更 いとしいあなた ここは大阪 裏町ネオン なみだ下地の お化粧に 倖せ薄い 口紅さして あゝそっと聞いてる… 浪花のギター  昼にゃ咲けない 悲しい花が 俺に似合うと つぶやくあなた ここは大阪 酔いどれ小路 過去を忘れる 香水に  苦労がにじむ 指輪が重い あゝなぜか淋しい… 浪花のギター  朝になったら 他人のように うしろ向かずに あなたは帰る ここは大阪 なみだの酒場 女ごころの マニキュアと 不倖をかくす 頬紅つけて あゝ今日も聞いてる… 浪花のギター 
こころ花冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大丸山雅仁かけた苦労の償いを きっとするよと 誓ったら 涙ひとつも 見せない奴が 指で押えた 眼がしらに にじむ涙が いじらしい お前は俺の… こころの花だよ  たとえ明日が 辛くとも 通う想いが ある限り いつもふたりは 一緒じゃないか 胸にともした 幸せの 夢の灯りを探すのさ お前は俺の… こころの花だよ  どこで死のうと この俺にゃ そばに可愛いゝ 奴がいる 敗けちゃいけない 巷の風に 愛がふたりの 命なら 強く生きよう これからも お前は俺の… こころの花だよ
霧ふる町冠二郎冠二郎三浦康照川口真くもるガラスに 指先で 君の名前を 書いてみた ここは霧ふる 港町 しあわせだったら いいけれど 逢わずにいると 心まで 遠く離れて ゆくようで さみしいよ……  白い手編みの マフラーに 君のぬくもり しみている ここは霧ふる 港町 風邪でもひいては いないかと やさしくそっと なぐさめの 言葉かけたい この気持 わかるかい……  手紙書いたよ 夜更けまで 君の面影 眼にうかぶ ここは霧ふる 港町 逢いたい想いを ふり捨てて 忘れるための 旅なのに つのる未練に 負けそうで 辛いのさ……
ぬくもり冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大男が歩いた人生だから 古い昔の傷あとの ひとつやふたつは許しておくれ 北の町 ふたりのこころ あたためあった ぬくもりが あゝぬくもりが あるじゃないか  安らぐねぐらをお前の胸に やっと見つけて この俺は 離しはしないと 肩抱きよせる 冬の宿 ふたりの命 燃やした夜の ぬくもりが あゝぬくもりが あるじゃないか  わがままばかりの男だけれど かけた苦労の償いに 死ぬまでお前を守ってゆくよ 春の風 二人の花が咲いてるような ぬくもりが あゝぬくもりが あるじゃないか 
うたかたの恋五木ひろし五木ひろし三浦康照水森英夫蛇の目の傘で 人目をさける ふたりの肩を 濡らす雨 辛い別れに なろうとも 泣きはしません うたかたの 恋とあなたを… 諦めましょう  着物がとても よく似合うよと 髪のほつれ毛 手で直す そんなあなたの やさしさに 女心が うたかたの 愛に溺れた… 始まりでしょう  港が見える この坂道は あなたと逢った 石畳 雨に濡れてる あじさいに 浮かぶ面影 うたかたの 恋の名残りを… 抱きしめましょう
大文字冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大南郷達也惚れた女の 情念に たとえこの身が 焼かれて燃えて 灰になっても 悔いはない 生きて添えない ふたりのように 夜空を焦がす 山の火は 盆の送り火… 大文字  いつか別れる 運命でも せめてふたりで いるときだけは 俺の気持ちは 夫婦だよ 固く結んだ 心と心 想いを込めて 灯篭を 水に流した… 夜の川  罪に背いた 仲だけど 忍ぶ女の せつない胸を かくすお前が いとおしい 京の夜空を 火の粉のように ふたりの愛の 精霊が 燃えて舞い散る… 大文字
望楼の果て冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大空に渦巻く 砂漠の嵐 耳を澄ませば 聞こえてくるよ 遠い砂丘の 彼方から 怒涛のような 軍馬の蹄 栄華の都 今はなく あゝ望楼の果てに… 消えた夢  古い歴史を 辿れば今も 運命かなしい 砂漠の国よ シルクロードの 旅人が 疲れをいやす 桃源郷(とうげんきょう)も 流砂の町と 荒れ果てて あゝ楼蘭の風が… 泣いている  遥か天山 菎崙見れば 偲ぶ昔の 猛者たちよ 祝う宴の 盃に 酔いしれながら 舞うその姿 砦に残る 幻か あゝ望楼の果てに… 陽が昇る 
北海あばれ節冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介波のしぶきが 肌刺す風が 五臓六腑に しみとおる 生まれながらの ヤン衆じゃないか 男度胸を 荒海に 賭けて唄うぜ 大漁呼び込む あばれ節  海へ出るしか 能ない俺が 津軽おんなに 恋をした 口にゃ出さぬが 心の中は お前ひとりに 決めてるぜ 綱を引く手に 浜へとどけと あばれ節  獲ったばかりの 魚を焼いて 廻し呑みする 茶わん酒 命あづけた 北海ぐらし 三月振りだよ 大漁の のぼりみやげに 帰る男の あばれ節
恋しずく若山かずさ若山かずさ三浦康照大谷明裕傘を持つ手に しずくがひとつ 肩を濡らして またひとつ しのび逢う夜の 雨の道 ふたりの明日は ないはずなのに あなたについて 行けるなら 雨のしずくのひと粒に あゝなりたいの  遠くかすんで 墨絵のような 町の灯りも 泣いている 雨の淋しさ 抱きしめて 別れる運命と諦めながら 愛した胸の 傷あとに 雨のしずくのひと粒が あゝしみるのよ  頬にこぼれる 涙の粒を 指で拭えば いとしさが 恋のしずくに 変るのよ 小雨に打たれて さまようふたり あなたについて 行けるなら 雨のしずくのひと粒に あゝなりたいの 
ながれ花藤あや子藤あや子三浦康照弦哲也赤く咲いても 悲しさうかべ 風に揺れてる 旅路の花よ けむる湯ぶねで 眼をとじて 炎える体を 抱きしめながら あなた探すの… 私はながれ花  胸の淋しさ 忘れるために 寝酒おぼえた さすらい暮らし さびれ港の 居酒屋で 酔ってボトルに あなたの名前 書けば泣けるの… 私はながれ花  あなた恋しい 想いの糸は いつになったら 切れるでしょうか どうせ名もない 花のよに 人に知られず かくれて咲いて 散ってゆくのね… 私はながれ花
ムサシ冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗剱にひとすじ 命をかけて 無念無想の 心を磨く  ムサシ ムサシ あなたはなぜ 孤独を追うのか ムサシ ムサシ 情けを捨て 恋を捨ててまでも 南無三 南無三 ああ夢を切る 俺も生きたい ムサシのように  惚れた女を 抱いてもやれず ひとり夕陽の 木立に向かう ムサシ ムサシ あなたはなぜ 佛像彫(ほ)るのか ムサシ ムサシ 花も咲き 鳥がさえずるのに 南無三 南無三 ああ振り向かぬ 天下無双の ムサシの心  ムサシ ムサシ あなたはなぜ 孤独を追うのか ムサシ ムサシ 情けを捨て 恋を捨ててまでも 南無三 南無三 ああ夢を切る 俺も生きたい ムサシのように
さだめ舟冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介逢えば苦しさ 増すものを 逢わずにいられぬ ふたりの心 夜露にひかる あ…螢火の 消えてはかない 命のように さだめの川に 浮かぶ舟  夢でいいから さめないで 死ぬまであなたに 愛されたいと 涙ですがる あ…雨の宿 炎えてすごした ふたりの恋は なさけの川を 迷う舟  どうせ一緒に なれぬなら ふたりを逢わせた さだめがにくい 命をかけて あ…愛しても たどる瀬のない かなしい恋の おもいで川に 生きる舟 
むらさき雨情冠二郎冠二郎三浦康照山口ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいいの いつまでも あなたの傍(そば)で 盡(つく)したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
春雨の宿若山かずさ若山かずさ三浦康照市川昭介命ひとつをあなたの愛に 賭けて悔いない女のこころ 夢で瀬音を 聞きながら 強く抱れたふたりの夜が 忘れられずにひとりで来たの あヽ追憶が 泣いている春雨の宿  あなた恋しい想いの糸は いつになったら切れるでしょうか 勿忘草(わすれなぐさ)が 淋しさが 揺れる谷間の小怪をひとり 今日も涙と さまよう私 あヽ紫に けむるのよ春雨の宿  花に飛び交う揚羽の 蝶と 同じさだめのはかない恋ね あなた残した 温りが 夜の湯船で哀しく炎えて 濡れた素肌が面影さがす あヽもう一度逢いたいの春雨の宿
ゆきずりの花若山かずさ若山かずさ三浦康照市川昭介あなたに逢えない 淋しさを ひとりでまぎらす 想い酒 好きよ好きです ひと夜の夢で 終る恋でも 女の命 賭けた眞ごころ 信じてほしい 咲いて儚い… ゆきずりの花  遊びじゃないよと 耳許で あなたの吐息が 炎えました 嫌よ嫌です 別れるなんて 雨がふります 旅路の宿で 泣いて縋った 男の胸に 濡れて咲いてる… ゆきずりの花  あなたの背中を 追いかけて この身に冷たい 冬の風 馬鹿ね馬鹿です こころの操 守り通して 他国の町で 落ちる夕陽を 悲しく見るの 散って儚い… やきずりの花 
しのび傘若山かずさ若山かずさ三浦康照市川昭介あなたの背中に 身を寄せながら 雨をさけるの しのび傘 今夜だけでも ふたりで過す 愛をください 私にも 帰したくない 帰したくない あゝみれん町  あなたを待ってる 淋しい部屋で お酒呑むこと おぼえたの 窓を小雨がつめたく濡らす 胸の想いが 泣くように あなた呼んでる あなた呼んでる あゝしのび雨  あなたの重荷にならないように ついてゆきます しのび傘 しょせん私は さだめの川で 愛におぼれる 女です 耐えて春待つ 耐えて春待つ あゝなみだ橋 
むらさき雨情秋山涼子秋山涼子三浦康照山口ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいいの いつまでも あなたの傍で 尽したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
さよなら岬藤あや子藤あや子三浦康照山口ひろし涙も凍る さいはては みぞれが頬を つめたく打つの しばれる指を 吐く息で そっと温め あの人に 逢いたい想いを 抱きしめる 無情の風よ さよなら岬  海峡わたる 船にのり 恋しさつれて ひとりで来たの 灯りが誘う 港うら 夢のかけらを 探します 愛したふたりの 北の町 ひと夜の情け さよなら岬  霧笛がひとつ 泣くように 私の胸に かなしくしみる 思い出捨てる 流氷の 海にいつくる 春の風 逢いたいあなたは いまどこに 還らぬ夢よ さよなら岬
涙の夜汽車藤あや子藤あや子三浦康照山口ひろし死ぬほどあなたが 好きだから 逃げてゆきます この都会(まち)を 縋(すが)る想いを 振り捨てて ひとりたたずむ つめたいホーム 淋しさが こみあげる 涙の夜汽車  窓打つ小雨が 粉雪に かわる夜更けの みちのくよ 駅で求めた お茶さえも 冷えてつめたく 体にしみる 瞳をとじて つぶやくの さよならあなた  あなたのためなら 身をひくと 決めて溺れた 愛でした 辛いこころを 抱きしめて 春を待ちます 故郷でひとり 灰色の 港町 涙の夜汽車
夢花火金田たつえ金田たつえ三浦康照石中仁人逢えば逢うほど 別れが辛い 辛い別れの しのび逢い 不倫じゃないのよ わかるでしょうか たとえわずかな間でも 燃えていたいの あなたの胸で 女ごころの 夢花火  私ひとりの あなたじゃないと 知っていながら 奪いたい 愛しか見えない いけない女 帰るあなたを 追いかけて ひとり見上げる 夜空に咲いた 運命はかない 夢花火  あなたひとりに 命を賭けて 灰になるまで 燃えたいの 信じて下さい 女のこころ ひとり寝る夜の さみしさを 抱いて探すの あなたの匂い しょせんふたりは 夢花火
冠二郎冠二郎三浦康照深谷昭みぞれ…みぞれまじりの つめたい雨が 小雪にかわる 冬の宿 可愛いいお前の 柔肌を せめて別れの 餞に 俺は抱きたい もう一度  眼には…眼には見えない さだめの糸は 心と心 結ぶ愛 ふたりの明日は ないけれど 炎えるお前の 黒髪を そっとこの手に からませる  北の…北のはずれの 夜明けの町で 別れの朝の 恋みれん 言葉じゃ云えない この俺の 詫びる気持を 餞に お前ひとりを 守りたい
ねぶた男肌冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介意地をぶつけて 根性を燃やす これが日本の 祭りだよ 俺もいっちょう やろうじやないか どんと浮世の うさ晴らし ねぶた囃子に ねぶた囃子に 汗がとび散る 男肌  向こう見ずでも 一途な心 それが男の魅力だぜ ねぶた祭りが とりもつ縁で 今のお前は 恋女房 ぬいだもろ肌 ぬいだもろ肌 腕も折れよと 台車をひく  一生一度の 大見栄きって 胸を叩いて 笑いたい 俺もねぶたの 祭りのように 燃やす度胸と 心意気 夜のみちのく 夜のみちのく 酒だ踊りだ 男肌 
男の子守唄冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介酒で心の 苦しさが 消せるものなら 悩みはしない 雨の夜更けの 裏町は はぐれ男の たまり場さ 胸にしみるよ 故郷の歌は 男の 男の…子守歌  遠くはなれて 思い出す 純情なあいつの 一途な情 知らぬ他国で ひとり寝の 夜が燃やすよ この肌を 惚れた女の あのぬくもりは 男の 男の…子守歌  誰を信じて 生きてゆく しょせんひとりさ 男の世界 暗い酒場の 片隅で 無理に呑みほす 忘れ酒 夜の巷に 流れる風は 男の 男の…子守歌 
人情酒場冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大未練ひきずる そんな夜は やけにお酒が 恋しいよ 路地の灯りが 男の胸に 淋しくしみる お前ひとりが 女じゃないと 酔って 酔って 言いながら 酒をつぐ あゝ夢をつぐ 人情酒場  酒場(みせ)の女将(おかみ)と 呑む酒が 俺のこころを 温(あたた)める 恋に破れた 男がひとり 酔いしれたいよ 悩みなんかは 忘れてしまえ だけど だけど 好きなのさ 酒をつぐ あゝ夢をつぐ 人情酒場  肩につめたい 隙間風 呑んで明した 路地の裏 流したいのさ 昔の傷を 思い出川に お前ひとりの しあわせだけを 祈る 祈る 盃に 酒をつぐ あゝ夢をつぐ 人情酒場
残雪の駅三船和子三船和子三浦康照遠藤実馬場良肌を刺すよな 北風が 待合室の 小窓をたたく 遠い汽笛が 近づくたびに あなたに縋る 私の未練 雪に埋れた あ 冬の駅  人目忍んだ 愛だけど しあわせでした 短い月日 妻と云われる 女の夢を あなたのために 悲しく捨てて 暮らす海辺の あ 雪の町  花の蕾が 残雪の つめたい駅に 告げるの春を 思い出すのよ 別れた夜の 線路の果てに 夜汽車と消えた あなた恋しい あ なみだ駅 
思い出川冠二郎冠二郎三浦康照叶弦大傘もささずに みぞれの中を うしろ向かずに 駆けてゆく 身も世も捨てて 盡してくれた そんなお前の 涙雨 むせび泣くよな 舟唄さえも 思い出川よ  根無し草だよ 流れの淵(ふち)で 生きる男に なぜ惚れた あなたのために 地の果てまでも ついて行くわと 縋る眼が 離れないのさ 瞼の裏で 思い出川よ  俺の背中を 濡らした雨が いつか冷たい 雪になる ふたりのこころ 温めあって 呑んで明(あか)した 舟宿の 遠い灯りが 川面に揺れる 思い出川よ
波涛万里冠二郎冠二郎三浦康照山口ひろし風よ雲よ 嵐を呼んで 行く手さえぎる 怒涛の海よ 波にこの身が 砕けても 男の浪漫だ 万里の果てに 夢を求めて 俺は行く あ…俺は行く  遠い昔 船乗りたちも 海に男の生命を賭けた 星をたよりに 舵をとり 遥かな潮路に まだ見ぬ国を 探す万里の 旅に出た あ…旅に出た  空を紅く 夕陽が染めて 今日も落ちるよ 水平線に 海の藻屑と 消えた友 あいつの心を 無駄にはしない 波涛万里の 男船 あ…男船
淡雪堀内美和堀内美和三浦康照水森英夫伊戸のりお冷たい手だねと 掌(てのひら)を 包むあなたの手の 温かさ 好きよ私の この命 みんなあげても悔いわない 寄り添う肩にああふりかかる 春の淡雪 恋の雪  乱れるこころを押えても 炎える想いがこの身を焦がす 嫌よあなたと 別れたら きっと私は死ぬでしょう 人目をさけてああふたりして 夢を見ました 雪の宿  あなたが残した 胸の傷 いつになったら消えるでしょうか 駄目ね今夜も 淋しさを ひとりお酒でまぎらすの ふたりの愛をああ嘆くよな 春の淡雪 恋の雪
春の雨冠二郎冠二郎三浦康照深谷昭作あなたの重荷に なるのなら 心の妻でも いいのよと すがるお前の 細い肩 抱いて 抱いてたたずむ たそがれの 街にけむるよ 春の雨  椿の花咲く 湯の町の ふたりですごした かくれ宿 窓の小鳥が 告げる朝 髪の 髪の乱れを 指先で 直すしぐさが いじらしい  どんなにお前を 愛しても 一緒になれない しのび恋 俺の心の 片隅で そっと そっと咲いてる 日陰花 炎えるふたりに 春の雨
しのび恋金田たつえ金田たつえ三浦康照石中仁人一つの傘を 二人で持って 人目をさける 雨の町 今夜はあなたを 帰さない わがまま云って 甘えたら きっとあなたは 困るでしょうね 炎えて悲しい あゝしのび恋  あなたの愛を ただひとすじに たよって生きる 私です いけないことと 知りながら 別れてくれと 云うまでは たとえ地獄へ 落ちてもいいの ついてゆきます あゝどこまでも  あなたの妻に なる日は夢ね 夢でもいいの 信じたい 夜明けの部屋に 残されて 涙を拭いて いたことを きっとあなたは 知らないでしょう 辛さこらえる あゝしのび恋
しぐれ坂冠二郎冠二郎三浦康照和田香苗炎える夕陽の こぼれ陽に 笹の小枝が 風に鳴く 肩を落して 遠ざかる あの女(ひと)を 追いかけて 強く抱きたい この俺の こころが痛む… しぐれ坂  うしろ髪ひく 宿灯り 想い振り切る この俺に 体あづけた あの女(ひと)の 情念の 縋る眼を さけてとび出す 夜の道 なみだの雨か… しぐれ坂  遠く聞える 梵鐘(ぼんしょう)は 添えぬさだめの 哀しさか 死ぬほど好きな ふたりでも あの女(ひと)は 人の妻 二度と逢えない この俺の みれんが泣くよ… しぐれ坂
天命冠二郎冠二郎三浦康照山口ひろし裏も表も ある世の中を さけて通れぬ 男の辛さ 天がお前に くれたじゃないか 一つしかない 尊い命 耐えて待つのさ… 勝負の時節(とき)を  遠く離れて ひとりになって 酒に逃げるな 弱虫野郎 天が与えた 試練の鞭(むち)を じっと堪(こら)えて 拳(こぶし)の中の 夢を信じろ… 男じゃないか  人の情けの 重さがしみる 泣いて笑った 幾年月よ 天がお前の 味方じゃないか 花も実もある 男の人生(みち)を 歩くその日が… 必ず来るさ
霧笛中川明中川明三浦康照古山関五柳抱きしめた 胸のぬくもりが 眼をとじりゃ みれん炎やすのさ 長い黒髪 乱れて俺の 肩に残した あいつの匂い ひと夜情けの 忘れもの 逢いたい 逢いたい 同じ想いで いるだろか 霧笛せつない 北酒場 むらさきの 霧に包まれた さい果ての 夜は悲しいよ  淋しさを 夜がつれてくる 恋しさが 俺を追いかける 霧の港の 酒場の隅で ひとり呑みほす グラスの底に 浮かぶあいつの 涙顔 好きだよ 好きだよ 酔えばなお更 逢いたさが 遠い霧笛に つのるのさ 風が鳴る 北の波止場町 思い出を どこへ捨てようか  逢いたい 逢いたい 同じ想いで いるだろか 霧笛せつない 北酒場 むらさきの 霧に包まれた さい果ての 夜は悲しいよ
ひとり居酒屋キム・ヨンジャキム・ヨンジャ三浦康照安藤実規丸山雅人お酒呑むたび 悲しくて たまらないほど 淋しいの そんな心を ひきずりながら 来ないあなたを 今夜も待つの ひとり居酒屋 なみだ酒 なみだ酒  お前ひとりが 命だと 言った言葉は 嘘かしら いいのそれでも あなたに賭けた 夢を信じて だまされましょう しぐれ居酒屋 想い酒 想い酒  酔えば痛むの 胸の傷 なによ今更 泣くなんて 遠い過去と 諦らめながら 逢ってもいちど 甘えてみたい ひとり居酒屋 しのび酒 しのび酒 
湯の町慕情冠二郎冠二郎三浦康照市川昭介うしろ姿の 淋しげな 肩のあたりが お前に似てる 山のいで湯で ゆきずりに 逢って別れた 女の影が 俺の心に しみついて 離れないんだ 湯の町慕情  酒におぼれた 体でも 愛は売らない あなたのものよ 俺にすがって ただ一度 泣いて甘えた 可愛いお前 むせぶ湯の香に しみじみと 思い出すんだ 湯の町慕情  風の便りに また聞いて ひとり訪ねた いで湯の町よ 逢えばお前を 責めるだろう 俺は逢わずに 綺麗な夢を じっと心に 抱きしめて 生きてゆくんだ 湯の町慕情
あなたの恋灯り冠二郎冠二郎三浦康照岸本健介別れの言葉は 死ぬより辛い だからだまって さよならしたの 知らぬ他国で 今夜もひとり あなた忘れる 酒を呑む 酒を呑む  あなたの重荷に なるのがこわい だからだまって さよならしたの 命かけても 惜しくはないと 燃えた心は うそじゃない うそじゃない  忘れてしまえる あなたじゃないわ だからだまって さよならしたの 流れ酒場の ネオンのかげで かくれ泣きした 夜もある 夜もある 
ふたり舟冠二郎・若山かずさ冠二郎・若山かずさ三浦康照叶弦大丸山雅仁あれをごらんよ おし鳥が啼いて仲よく 空を飛ぶ あなたまかせの 私ならついてゆきますどこまでも 波に揺られてゆらゆらと 風に吹かれてゆらゆらと 浮世の 浮世の 川を 川を ああ ふたり舟  いつも笑顔で 俺を見る そんなお前がいじらしい 生きる辛さを分け合って 呑んだお酒の 温かさ 雲の流れを 追いながら 雨に打たれて耐えながら 幸せ 幸せ 探す 探す ああ ふたり舟  舵をとるのが お前なら俺は櫓を漕ぐ 夢を漕ぐ 惚れたあなたのためならば どんな苦労も泣かないわ 波に揺られてゆらゆらと 風に吹かれてゆらゆらと 浮世の 浮世の 川を 川を ああ ふたり舟
むらさき雨情五木ひろし五木ひろし三浦康照山口ひろしいのちを惜しむ 私なら あなたについて 行かないわ ふたりの傘に ふりかかる ふたりの愛の 恋しぐれ むらさきの雨、雨に にじむ想い出は 愛した女の 涙でしょうか  さだめの糸で 結ばれた ふたりの絆 信じたい あなたの匂い しみついた あなたと住んだ あの部屋は むらさきの雨、雨に 遠くかすむ町 訪ねた女の 未練でしょうか  夢でもいいの いつまでも あなたの傍(そば)で 盡(つく)したい 私の胸の 片隅で 私を焦がす 恋灯り むらさきの雨、雨に 濡れて泣いている 愛した女の 心でしょうか
こころ酒冠二郎冠二郎三浦康照山口ひろし泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆけます 辛くとも そんな女の ひとり言 酔って淋しさ 忘れるように 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒  雨ににじんだ のれんの蔭で 強く生きてる こぼれ花 苦労かさねた 涙なら 夢を明日(あした)に つないだ胸を 温(あたた)めましょうか 温(あたた)めましょうか こころ酒  あなた求めて 昔の傷が なんで今更 痛むのよ 意地をささえた 思い出を 捨てて来ました 女がひとり 呑みほしましょうか 呑みほしましょうか こころ酒
流れのままに冠二郎冠二郎三浦康照岸本健介枯葉が肩に 舞い落ちる 愁いが胸に こみあげる 流れのままに 身をゆだね 男の旅を ひとりゆく 灯りが遠い 幸せ遠い 流れのままに  噂に聞けば 君は今 しずかに暮らす 他人(ひと)の妻 流れのままに 身をゆだね 淋しさつれて どこへゆく うらみはしない 忘れはしない 流れのままに  この掌(てのひら)に ひと粒の 明日の夢を 握りしめ 流れのままに 身をゆだね また来る春の 埋(うも)れ陽を 探してゆこう 信じてゆこう 流れのままに
きずな藤あや子藤あや子三浦康照水森英夫夢をあなたと お酒についで 呑めば情けが しみじみ通う そんなふたりの 恋酒場 遠慮しないで 叱ってね ああくじける心を ああ支えてね あなた あなた… 私の、私のあなた  つむじ曲りの 浮世の風に 邪魔をされても あなたがいれば ついてゆきます 苦労坂 強いようでも 弱いのよ ああ私をひとりに ああしないでよ あなた あなた… 私の、私のあなた  咲いていたいわ おんな花 愛がふたりの 命なの ああ死んでも切れない ああ絆なの あなた あなた… 私の、私のあなた
霧の花富士美咲富士美咲三浦康照伊藤雪彦死んでもいいの 悔いはない あなたにあげた 命なら ながれる霧に 包まれて 淋しさ抱いて 咲いて散る 私は花の 私は花の 儚いさだめ  あなたの胸で 黒髪を 乱してすがる 霧の夜 眼をとじながら ひとときの この幸せに 酔いたいの 涙で終る 涙で終る 恋でもいいわ  もいちど抱いて ほしいのよ あなたを探す 霧の中 私に逢いに 来るような あの足音が 胸を刺す 未練が炎える 未練が炎える 女のこころ 
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. ファタール
  3. 新しい恋人達に
  4. シカ色デイズ
  5. I wonder

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. RISE UP
  2. Sharon
  3. 絶対アイドル辞めないで
  4. 伏線回収
  5. 図鑑

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×