試聴する

流転酒

この曲の表示回数 8,157
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

叶弦大


茜空 港町
誰れに追われて 来たんじゃないが
胸に傷もつ 男と女
知らぬ同士が ひと夜の恋に
酔って燃えても 不思議じゃないよ
どうせ別れる… あヽ流転酒

ふたりして 肩寄せて
寒い屋台で 熱燗飲んで
冷えた体を 温ため合った
旅で拾った 夢ものがたり
なんで今更 あいつのことが
やけに気になる… あヽ流転酒

おふくろは 元気かな
北へ流れて 港の裏の
古いのれんの なじみの酒場
おやじ相手に 色恋ばなし
いいじゃないかよ 男がきめた
酒とさすらう… あヽ流転酒
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流転酒 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-03-17
商品番号:COCA-15631
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP