試聴する

酒場

この曲の表示回数 47,687
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

叶弦大


どこにもあるような 酒場の片隅で
ひとりで呑む酒に あいつが眼に浮かぶ
薄いしあわせを 酔ってまぎらわす
女の背中の さみしさが
泣いて 泣いてた… 忘れない

さだめに流されて さすらう港町
酒場の止まり木で あいつを見つけたよ
抱いた夢ならば 捨てちゃいけないと
はげまし合ったね ふたりして
好きだ 好きだよ… 思い出す

俺でもよかったら 一緒に暮そうと
あのとき言えたなら こころが痛まない
人に話せない 古い傷あとを
想い出酒場に 捨てるのさ
あいつ あいつは… どこにいる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酒場 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35843
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP