試聴する

しのび酒

この曲の表示回数 18,008
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

叶弦大


口じゃ強がり 云いながら
なんであいつを 思い出す
雨が淋しい 裏町の
酒場の隅で しみじみと
呑んで酔いたい……
ああ しのび酒

そばにあいつが いるだけで
夢があったよ あの頃は
狭いふたりの 部屋だけど
こころの花が 咲いていた
想いめぐらす……
ああ しのび酒

俺が芯から 惚れたのは
あいつだけだよ この今も
薄い縁(えにし)の 幸せと
諦めながら 恋しさが
つのる夜更けの……
ああ しのび酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:しのび酒 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35843
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP