試聴する

みれん酒

この曲の表示回数 21,320
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

市川昭介


あんな女と うらんでも
あんな女が 忘られぬ
夜風がつめたい 路地裏を
ひとり歩けば 思い出の
恋の灯りが 眼に痛い

酔って未練が 消えるなら
酒にすがって なぜ悪い
男と女の 仲なんて
どうせ他人にゃ わかるまい
さびれ酒場の ひとり酒

あんな女と 云うけれど
いのち燃やした ときもある
二人で暮らした 毎日が
昨日のように 眼に浮ぶ
辛さわかるか 夜の雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みれん酒 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-18
商品番号:COCP-35843
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP