試聴する

人情酒場

この曲の表示回数 15,036
歌手:

冠二郎


作詞:

三浦康照


作曲:

叶弦大


未練ひきずる そんな夜は
やけにお酒が 恋しいよ
路地の灯りが 男の胸に
淋しくしみる
お前ひとりが 女じゃないと
酔って 酔って 言いながら
酒をつぐ あゝ夢をつぐ
人情酒場

酒場(みせ)の女将(おかみ)と 呑む酒が
俺のこころを 温(あたた)める
恋に破れた 男がひとり
酔いしれたいよ
悩みなんかは 忘れてしまえ
だけど だけど 好きなのさ
酒をつぐ あゝ夢をつぐ
人情酒場

肩につめたい 隙間風
呑んで明した 路地の裏
流したいのさ 昔の傷を
思い出川に
お前ひとりの しあわせだけを
祈る 祈る 盃に
酒をつぐ あゝ夢をつぐ
人情酒場
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:人情酒場 歌手:冠二郎

冠二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-02-21
商品番号:COCA-13169
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP