試聴する

酔いざめ未練酒

この曲の表示回数 9,395
歌手:

宮史郎


作詞:

大場まさと


作曲:

南郷孝


寒く凍った 昔の傷は
熱い情に 溶かされて
今度こそはと すがったの
何で私を 責めるのよ
濡れた女に 冷たい世間風

酒がつくった あの日の夢は
どうせ一夜の 恋しずく
知っていたけど 淋しくて
すべてあずけた この心
それは女の 切ない忍び泣き

酒に浮かべた涙が沈む
夜は面影 めぐらせる
さめりゃ やさしさ 楽しさが
思い出されて つらくなる
酔いざめ女が 飲みほす未練酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔いざめ未練酒 歌手:宮史郎

宮史郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-21
商品番号:COCA-10986
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP